<4D F736F F D208D8292B AC977D90A791CE8DF45F8EC08E7B977697CC288DC58F4994C529>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D208D8292B29467936497AC977D90A791CE8DF45F8EC08E7B977697CC288DC58F4994C529>"

Transcription

1 24JEITA- 知 基 安 第 190 号 平 成 25 年 3 月 1 日 一 般 社 団 法 人 電 子 情 報 技 術 産 業 協 会 EMC 委 員 会 委 員 長 柳 沢 孝 雄 高 調 波 電 流 抑 制 対 策 実 施 要 領 1. はじめに JEITA 会 員 各 社 が 製 造 または 販 売 する 製 品 ( 電 圧 300 V 以 下 の 商 用 電 源 系 統 に 接 続 して 用 いる 電 気 電 子 機 器 [ 家 電 はん( 汎 ) 用 品 ])は 本 実 施 要 領 に 基 づき JIS C 電 磁 両 立 性 - 第 3-2 部 : 限 度 値 - 高 調 波 電 流 発 生 限 度 値 (1 相 当 たりの 入 力 電 流 が20A 以 下 の 機 器 )を 満 たさなければならない 2. 用 語 本 実 施 要 領 で 用 いる 用 語 の 意 味 は 次 の 通 りとする 尚 その 他 については JIS C の 3. 定 義 による 1) 定 格 入 力 電 圧 公 称 値 銘 板 または 取 扱 説 明 書 等 でメーカによって 指 定 される 機 器 の 定 格 電 圧 (Vnom) 尚 機 器 の 定 格 電 圧 が 電 圧 範 囲 で 示 される 場 合 は 使 用 されることが 可 能 な 電 力 系 統 の すべての 公 称 電 圧 を Vnom と 置 き 換 える 2) 定 格 入 力 電 力 値 銘 板 または 取 扱 説 明 書 等 でメーカによって 指 定 される 定 常 動 作 状 態 での 定 格 入 力 電 圧 公 称 値 における 有 効 電 力 (W) 3) 定 格 入 力 電 流 値 定 格 入 力 電 力 状 態 における 入 力 電 流 値 (A) 4) 専 門 家 用 機 器 (professional equipment) 一 般 に 広 く 販 売 することを 意 図 していない 商 業 専 門 または 産 業 機 器 で かつ 高 調 波 問 題 に 影 響 しない 程 度 の 少 量 しか 生 産 されない 機 器 具 体 的 な 適 用 は 会 員 各 社 の 判 断 に 委 ねる 3. 適 用 時 期 適 用 時 期 は 以 下 による

2 2014 年 4 月 1 日 以 降 新 製 品 として 出 荷 される 機 器 :JIS C :2011 適 用 それまでは JIS C :2005 を 使 用 してもよい TV PC および PC 用 モニタ 高 調 波 対 策 状 況 調 査 :2012 年 度 分 から 廃 止 する 4. 機 器 区 分 JIS C : 機 器 の 分 類 による (クラス A および D が 対 象 とな る クラス D は TV PC および PC 用 モニタのみ その 他 はクラス A) 5. 高 調 波 電 流 限 度 値 JIS C :2011 の 7. 高 調 波 電 流 限 度 値 による 従 来 の 暫 定 限 度 値 であったクラス A の 表 1A および 表 1C は 適 用 しない 1kw を 超 える 専 門 家 用 機 器 (Professional Equipment)には 限 度 値 を 適 用 しない 75W 以 下 の 機 器 については 適 用 を 除 外 する 6. 測 定 方 法 6.1 測 定 回 路 および 測 定 用 電 源 測 定 機 器 1) 定 格 電 流 が 20A/ 相 以 下 の 機 器 JIS C :2011 の 附 属 書 A 測 定 回 路 及 び 測 定 用 電 源 および 附 属 書 B 測 定 器 の 要 求 仕 様 による 2) 定 格 電 流 が 20A/ 相 を 超 える 機 器 における 測 定 回 路 および 測 定 用 電 源 測 定 機 器 A) 測 定 回 路 JIS C :2011 の 附 属 書 A A.1 測 定 回 路 による 測 定 系 のインピーダンス ZS+ZM の 値 は 以 下 のようにする (ただし 測 定 結 果 にば らつきが 生 じる 恐 れがある 場 合 にのみ 下 記 のインピーダンスを 挿 入 する ) 単 相 100V 機 器 の 場 合 :( 直 流 抵 抗 分 0.19Ω± 10%) + (インダクタンス 分 0.18mH ± 10%) 単 相 200V 機 器 の 場 合 :( 直 流 抵 抗 分 0.21Ω± 10%) + (インダクタンス 分 0.25mH ± 10%) 三 相 200V 機 器 の 場 合 :( 直 流 抵 抗 分 0.06Ω± 10%) + (インダクタンス 分 0.07mH ± 10%) B) 測 定 用 電 源 JIS C :2011の 附 属 書 A A.2 測 定 用 電 源 による

3 C) 測 定 機 器 JIS C :2011の 附 属 書 B 測 定 器 の 要 求 仕 様 による 6.2 測 定 条 件 JIS C :2011の 6.2 高 調 波 電 流 測 定 および 附 属 書 C 形 式 試 験 の 条 件 による 尚 JIS C :2011では 6. 一 般 要 求 事 項 で 緩 和 試 験 条 件 が 追 加 規 定 され また 附 属 書 C C.2テレビジョン 受 信 機 の 測 定 条 件 C.3オーディオア ンプの 測 定 条 件 C.10 情 報 技 術 機 器 (ITE)の 測 定 条 件 など 大 幅 に 改 訂 されているので 注 意 のこと レーザプリンタおよび 類 似 機 器 の 測 定 条 件 は JIS C :2011の C.10.2A 複 写 機 及 び 類 似 の 機 器 の 測 定 条 件 による 尚 供 試 機 器 (レーザプリンタおよび 類 似 機 器 を 除 く)の 入 力 電 力 設 定 値 は その 機 器 の 定 格 入 力 電 力 値 の ±10% 以 内 に 収 めることが 望 ましい 7. 適 合 品 または 準 用 品 の 表 示 及 び 定 格 入 力 電 力 表 示 方 法 7.1 適 合 品 または 準 用 品 の 表 示 方 法 機 器 が 全 ての 対 象 高 調 波 次 数 について 限 度 値 を 満 足 する 場 合 取 扱 説 明 書 ま たはそれに 準 ずるもの( 電 子 媒 体 を 含 む)の 裏 表 紙 等 目 立 つところに 下 記 のよ うな 表 示 を 行 う 定 格 電 流 が20A/ 相 以 下 の 機 器 ( 記 載 例 ) 高 調 波 電 流 規 格 JIS C 適 合 品 または JIS C 適 合 品 本 装 置 は 高 調 波 電 流 規 格 JIS C に 適 合 しています

4 定 格 電 流 が20A/ 相 を 超 える 機 器 ( 記 載 例 ) 高 調 波 電 流 規 格 JIS C 準 用 品 または JIS C 準 用 品 本 装 置 は 高 調 波 電 流 規 格 JIS C を 準 用 しています 7.2 定 格 入 力 電 力 表 示 方 法 定 格 入 力 電 力 値 は,JIS C :2011の 限 度 値 適 用 または 適 用 外 の 根 拠 とするため 取 扱 説 明 書 またはそれに 準 ずるものの 裏 表 紙 等 目 立 つところに 下 記 のように 表 示 することが 望 ましい 尚 この 表 示 は 7.1 項 の 適 合 品 または 準 用 品 表 示 と 併 せて 表 示 してもよい 定 格 入 力 電 力 表 示 ( 記 載 例 ) ( 一 社 ) 電 子 情 報 技 術 産 業 協 会 高 調 波 電 流 抑 制 対 策 実 施 要 領 に 基 づく 定 格 入 力 電 力 値 : W 8. 高 調 波 対 策 状 況 調 査 の 廃 止 (2012 年 度 分 から 調 査 不 要 とする) TV PC 及 びPC 用 モニタに 関 する 年 度 毎 の 高 調 波 対 策 実 施 状 況 の 調 査 は 2012 年 度 分 から 廃 止 する ただし JEITA 会 員 各 社 は 本 実 施 要 領 に 基 づき 高 調 波 限 度 値 を 遵 守 しなけ ればならない ( 経 産 省 通 達 : 解 説 参 照 ) また 配 電 系 統 の 高 調 波 歪 み 率 の 上 昇 などの 事 態 が 生 じ IEC/SC77A 国 内 委 員 会 から 高 調 波 対 策 実 施 状 況 調 査 ( 適 合 率 や 定 格 入 力 電 力 50W~75Wと75W 超 の 機 器 の 出 荷 台 数 及 び 消 費 電 力 比 等 )の 再 開 依 頼 があった 場 合 は 会 員 各 社 にお いてはすみやかに 対 応 できるように 準 備 をしておくこと

5 高 調 波 電 流 抑 制 対 策 実 施 要 領 解 説 2013 年 3 月 1 日 A.1 適 用 範 囲 JIS C の 1. 適 用 範 囲 では 電 圧 300V 以 下 の 商 用 電 源 系 統 に 接 続 して 用 いる 定 格 電 流 20A/ 相 以 下 の 電 気 電 子 機 器 ( 家 電 汎 用 品 )に 適 用 する ただし この 範 囲 外 であっても これを 準 用 することを 妨 げない と している 本 実 施 要 領 では 上 記 の 規 定 により 定 格 電 流 が20A 以 下 のJEITA 会 員 各 社 が 製 造 または 販 売 する 機 器 は JIS C :2011を 適 用 し 20Aを 超 える 機 器 については JIS C :2011を 準 用 することとした JEITA 会 員 各 社 におかれては JIS C :2011の 高 調 波 限 度 値 を 含 め た 本 実 施 要 領 を 遵 守 し 高 調 波 抑 制 対 策 を 実 施 しなければならない ( 経 産 省 通 達 による ) なお そのほかの 高 調 波 電 流 規 格 により 規 制 されている 機 器 につ いて 本 実 施 要 領 は 適 用 しない A.2 適 用 時 期 本 実 施 要 領 のベースになっていた 家 電 汎 用 品 高 調 波 抑 制 対 策 ガイドライン の 内 容 は,H15 年 12 月 発 行 のJIS C :2003に 移 行 した その 後, 国 際 規 格 であるIEC Ed2.1にほぼ 整 合 するJIS C が 2005 年 3 月 22 日 に 発 行 された そして 2009 年 4 月 にIEC Ed.3.2が 発 行 され それに 対 応 したJIS C :2011が2011 年 2 月 21 日 に 発 行 され た そこでJEITAとしては,JIS C :2011を 適 用 することにした 従 来 行 っていた 高 調 波 適 合 調 査 は2012 年 度 分 から 廃 止 することにした A.3 定 格 入 力 電 力 の 定 義 の 解 釈 (ノートパソコンの 場 合 ) 定 格 入 力 電 力 は 3 項 の 定 義 での 用 語 の 定 義 に 従 ってメーカ 自 身 が 判 断 し 設 定 することが 原 則 であるが 最 近 の 電 子 計 算 機 及 び 関 連 機 器 においては バッテリ 内 蔵 型 やパワーマネージメント 機 能 搭 載 のいずれかまたは 双 方 を 有 し 電 力 消 費 削 減 効 果 に 寄 与 しているものが 多 くなっているので これを 評 価 し 以 下 のようにして 定 格 入 力 電 力 を 設 定 することも 認 めることとする その 場 合 の 標 準 的 な 考 え 方 は 以 下 による ノートパソコンの 事 務 所 等 での 一 般 的 な 使 用 ( 複 数 台 設 置 )においては, 平 均 的 な 稼 働 時 の 電 力 は35W/ 台 程 度 である ( 当 協 会 国 際 エネルギースター 対

6 応 専 門 委 員 会 報 告 パソコンと 周 辺 機 器 の 省 エネについて より) それに 対 し 従 来 定 格 入 力 電 力 としていた 最 大 電 力 (バッテリ 充 電 時 )は60W/ 台 程 度 であり これは 平 均 的 稼 働 時 電 力 (35W)の 約 2 倍 である 更 にパワーマネージメント 機 能 により1 日 にならした 平 均 消 費 電 力 は18.5W/ 台 程 度 と 最 大 電 力 (60W)の30% 程 度 である 以 上 のように, 実 際 の 消 費 電 力 が 従 来 定 格 入 力 電 力 としていた 最 大 電 力 値 より 非 常 に 小 さくなってきたため フィールドの 実 態 に 合 わせ 平 均 的 に 稼 働 している 状 態 の 電 力 : 例 では35W を 定 格 入 力 電 力 値 と 設 定 することも 認 めることとする 尚 ここで 定 義 する 定 格 入 力 電 力 値 は 機 器 の 銘 板 や 取 扱 説 明 書 に 記 載 する 消 費 電 力 値 とは 異 なる 場 合 があり 誤 解 を 招 くおそれがあるため 本 定 格 入 力 電 力 値 を ( 一 社 ) 電 子 情 報 技 術 産 業 協 会 高 調 波 電 流 抑 制 対 策 実 施 要 領 に 基 づく 定 格 入 力 電 力 ( 消 費 電 力 :W) として 別 途 カタログや 取 扱 説 明 書 等 に 記 載 することが 望 ましい また,レーザプリンタ 及 び 類 似 機 器 の 入 力 電 力 値 ( 有 効 電 力 値 )については ( 一 社 )ビジネス 機 械 情 報 システム 産 業 協 会 (JBMIA) 発 行 の 高 調 波 電 流 抑 制 対 策 ガ イドライン による A.4 専 門 家 用 機 器 (Professional equipment) IEC Ed3.2における 専 門 家 用 機 器 の 定 義 は 一 般 大 衆 が 使 用 し ない 商 業 ( 産 業, 専 門 ) 用 の 機 器 であり 店 頭 販 売 以 外 の 商 業 用 機 器 全 般 に 適 用 される ただし 国 内 では 国 内 配 電 系 統 の 高 調 波 歪 を 抑 制 する 観 点 から 従 来 の 家 電 汎 用 品 高 調 波 抑 制 対 策 ガイドラインの 対 象 機 器 (20A/ 相 以 下 の 機 器 )と 同 等 の 適 用 を 前 提 にしており 実 施 要 領 では 専 門 家 用 機 器 の 定 義 を 一 般 に 広 く 使 用 されることを 意 図 していない そして 高 調 波 問 題 に 影 響 しない 少 量 生 産 機 器 ( 特 定 ユーザ 向 けに 開 発 される 機 器 ) に 限 定 している 尚 具 体 的 な 専 門 家 用 機 器 の 適 用 は 会 員 各 社 に 委 ねるものとした A.5 高 調 波 電 流 限 度 値 高 調 波 電 流 限 度 値 は, 全 てJIS C :2011によった 尚 600Wを 超 えるクラスA 機 器 における 電 子 計 算 機 の 暫 定 限 度 値 については 2003 年 末 に 適 用 を 見 直 すことになっていたが JIS 化 により 電 子 計 算 機 の 暫 定 限 度 値 が 廃 止 され 暫 定 限 度 値 表 1A 及 び 表 1Cは 電 子 計 算 機 については 適 用 され ないため, 注 意 のこと

7 JIS C :2011においては,クラスA Dとも 定 格 入 力 電 力 75W 以 下 の 機 器 は 限 度 値 適 用 対 象 外 で 適 合 となる その 他 の 限 度 値 は 従 来 と 同 じ A.6 測 定 回 路 の 測 定 系 インピーダンスの 規 程 1) 定 格 電 流 20A/ 相 以 下 の 機 器 JIS C :2011にて 規 定 されており その 規 定 を 適 用 する 尚 JIS C :2011では 測 定 用 インピーダンスZAは 測 定 結 果 にば らつきが 生 じる 恐 れのある 場 合 に 使 用 することになっているため 本 実 施 要 領 もそれに 準 じる 2) 定 格 電 流 が20A/ 相 を 超 える 機 器 測 定 用 電 源 及 び 測 定 機 器 については JIS C :2011の 規 定 を 適 用 し た 定 格 電 流 が20A/ 相 を 超 える 機 器 における 測 定 回 路 の 測 定 系 インピ-ダンス 値 については 以 下 のようにして 規 定 した 尚 以 下 のインピーダンスは 測 定 結 果 にばらつきが 生 じる 恐 れのある 場 合 に 使 用 する ( 再 現 性 に 問 題 がない 場 合 は 使 用 しなくても 良 い) JIS C の 測 定 系 インピ-ダンス 値 ZS + ZMは 低 圧 配 電 回 路 のイン ピ-ダンスの 累 積 百 分 率 90% 値 を 採 用 しており 定 格 電 流 Iにおける 測 定 系 イ ンピ-ダンス(ZS + ZM = Zとする)による 電 圧 降 下 VSは 約 8%(100V 回 路 )であ る V S=I Z = = 8.4(V) (100V 回 路 のZ = Rs 2 + Xs 2 = 0.42Ω) 8.4/ = 8.4% 8% ( 低 圧 回 路 の 高 調 波 対 策 の 調 査 研 究 に 関 する 中 間 報 告 ( 社 ) 日 本 電 設 工 業 協 会 技 術 委 員 会 低 圧 回 路 高 調 波 対 策 専 門 委 員 会 昭 和 58 年 9 月 より) 従 って 測 定 系 のインピ-ダンスによる 電 圧 降 下 VSが8%となるような20A/ 相 を 超 える 機 器 の 定 格 電 流 の 累 積 百 分 率 90% 値 におけるインピ-ダンス 値 を 20A/ 相 を 超 える 機 器 の 測 定 系 のインピ-ダンス 値 Zとして 規 定 することとした ( 機 器 の 定 格 電 流 の 累 積 百 分 率 は 当 協 会 旧 高 調 波 対 策 専 門 委 員 会 メンバー 各 社 の 調 査 結 果 によった ) 尚 抵 抗 分 とインダクタンス 分 の 位 相 角 (θ = cos -1 RS / Rs 2 + Xs 2 )は 60Hz のときのJIS C のそれぞれのインピ-ダンスの 位 相 角 に 合 わせた

8 1 単 相 100V 機 器 の 場 合 機 器 の 定 格 電 流 Iの 累 積 百 分 率 90% 値 は 約 40Aであり 測 定 系 のインピ- ダンスによる 電 圧 降 下 Vsは100(V) 0.08 = 8(V) である 従 って インピ-ダンス 値 Zは Z = Vs / I= 8 / 40 = 0.2 (Ω) 位 相 角 は19.3 度 であるため (θ = cos -1 Rs / Z = 19.3 度 ) Rs = 0.2 cos19.3 = 0.19(Ω) Xs = 0.2 sin19.3 = 0.07(Ω) Ls = Xs / 2πf = 0.18(mH) (ただし f = 60Hz 時 ) となる 2 単 相 200V 機 器 の 場 合 機 器 の 定 格 電 流 の 累 積 百 分 率 90% 値 は 約 70Aであり, 測 定 系 のインピ-ダ ンスによる 電 圧 降 下 Vsは200(V) 0.08 = 16(V)である 従 って インピーダンス 値 Zは Z = Vs / Ⅰ= 16 / 70 = 0.229(Ω) 位 相 角 は24 度 であるため Rs = cos24.1 = 0.21(Ω) Xs = sin24.1 = 0.09(Ω) Ls = Xs / 2πf = 0.25(mH) (ただし f = 60Hz 時 ) となる 3 三 相 200V 機 器 の 場 合 機 器 の 定 格 電 流 の 累 積 百 分 率 90% 値 は 約 140Aであり 測 定 系 のインピ-ダ ンスによる1 相 当 たりの 電 圧 降 下 Vs / 3 = 200(V) 0.08 / 3 = 9.24(V)である 従 って インピーダンス 値 Zは Z = Vs / 3 / Ⅰ= 9.24 / 140 = 0.066(Ω)

9 位 相 角 は24.53 度 であるため Rs = cos24.53 = 0.06(Ω) Xs = sin24.53 = 0.03(Ω) Ls = Xs / 2πf = 0.07(mH) (ただし f = 60Hz 時 ) となる 尚 測 定 系 のインピ-ダンス 値 の 精 度 は JIS C では ± 8%で あるが インピ-ダンス 値 が 小 さくなると 高 精 度 とすることが 困 難 になるた め 20A/ 相 を 超 える 機 器 の 測 定 系 インピ-ダンス 値 の 精 度 は ± 10%とした A.7 高 調 波 適 合 表 示 取 扱 説 明 書 またはそれに 準 ずるものの 裏 表 紙 等 目 立 つところに 記 載 すること とした 客 先 に 紙 媒 体 の 代 わりに 届 けられる 電 子 媒 体 での 取 扱 説 明 書 への 記 載 も 可 能 である A.8 高 調 波 規 制 適 合 調 査 について 従 来 会 員 各 社 の 高 調 波 抑 制 対 策 の 実 施 状 況 を 把 握 するために 毎 年 各 社 にて 高 調 波 適 合 状 況 調 査 を 実 施 していただき IEC/SC77A 国 内 委 員 会 に 適 合 率 等 の 調 査 結 果 を 提 出 していた しかし IEC/SC77A 国 内 委 員 会 にて 各 工 業 会 の 製 品 がここ 数 年 適 合 率 がほ ぼ100%を 維 持 継 続 していることが 明 らかになったため 電 気 用 品 調 査 委 員 会 に 対 する 高 調 波 対 策 状 況 報 告 の 必 要 性 の 有 無 が 審 議 されてきた その 結 果 2012 年 10 月 のIEC/SC77A 国 内 委 員 会 にて IEC/SC77A 国 内 委 員 会 からは 各 工 業 会 への 調 査 の 指 示 はしない ことが 確 認 された 従 って JEITAとしては TV PC 及 びPC 用 モニタの 高 調 波 適 合 等 の 調 査 を 廃 止 することとする (2012 年 度 <2012 年 4 月 から2013 年 3 月 出 荷 > 分 から 廃 止 ) ただし JEITA 会 員 各 位 におかれてはJIS C の 高 調 波 限 度 値 の 遵 守 を 継 続 維 持 しなければならない ( 平 成 16 年 <2004 年 >9 月 経 済 産 業 省 から IEC/SC77A 国 内 委 員 会 が 所 属 する( 社 ) 日 本 電 気 協 会 に 対 して 傘 下 の 会 員 各 社 にJIS C への 適 合 を 促 すよう 通 達 が 出 ている ) 尚 配 電 系 統 の 高 調 波 歪 み 率 の 上 昇 などの 事 態 が 生 じ IEC/SC77A 国 内 委 員 会 から 高 調 波 対 策 実 施 状 況 調 査 ( 適 合 率 や 定 格 入 力 電 力 50W~75Wと75W 超 の

10 機 器 の 出 荷 台 数 及 び 消 費 電 力 比 等 )の 再 開 依 頼 があった 場 合 は 会 員 各 社 におい てはすみやかに 対 応 できるように 準 備 をしておくこと 従 って 会 員 各 社 は 独 自 に 従 来 の 調 査 を 継 続 し データを 蓄 積 しておくことが 望 ましい A.9 JIS C :2005 IEC Ed3.2 JIS C :2011と 本 実 施 要 領 の 相 違 点 JIS C :2005 IEC Ed3.2 JIS C :2011と 本 実 施 要 領 の 主 な 相 違 点 を 次 表 ( 表 A)に 示 す

11 項 目 表 A JIS C :2005 IEC Ed3.2と JIS C :2011と 本 実 施 要 領 の 相 違 点 JIS C : 年 3 月 発 行 IEC Ed 年 4 月 発 行 JIS C : 年 2 月 発 行 本 実 施 要 領 適 用 範 囲 300V 以 下 の 商 用 電 源 系 統 に 接 続 して 商 用 電 源 系 統 に 接 続 して 使 用 使 用 する 定 格 電 流 20A/ 相 以 下 の 電 する 定 格 電 流 16A/ 相 以 下 の 電 気 電 子 機 器 ( 家 電 汎 用 品 )に 適 用 気 電 子 機 器 に 適 用 (300V 以 下 20A/ 相 を 超 える 機 器 にも 1kW 超 の 専 門 家 用 機 器 には 適 準 用 できる) 用 しない 1kW 超 の 専 門 家 用 機 器 には 適 用 しな い (IECとは 適 用 範 囲 が 異 なる) 300V 以 下 の 商 用 電 源 系 統 に 接 続 して JEITA 会 員 各 社 が 製 造 または 販 売 す 使 用 する 定 格 電 流 20A/ 相 以 下 の 電 る 製 品 ( 家 電 汎 用 品 )に 適 用 気 電 子 機 器 ( 家 電 汎 用 品 )に 適 用 20A/ 相 以 上 の 機 器 は 準 用 (300V 以 下 20A/ 相 を 超 える 機 器 にも 1kW 超 の 専 門 家 用 機 器 には 適 用 しな 準 用 できる い (ただしIECとは 適 用 範 囲 が 異 なる) 1kW 超 の 専 門 家 用 機 器 には 適 用 しな い (IECとは 適 用 範 囲 が 異 なる) 適 用 時 期 記 述 なし 記 述 なし 記 述 なし JIS C :2011を 適 用 2014 年 4 月 1 日 以 降 新 製 品 として 出 荷 される 機 器 ( 今 回 の 改 訂 ) 機 器 の 分 類 クラスA,B,C,D (クラスD: 600W 以 下 のPC PC 用 モニタ TV インバータ 冷 蔵 庫 ) クラスA,B,C,D (クラスD: 600W 以 下 のPC PC 用 モニタ TV) クラスA,B,C,D (クラスD: 600W 以 下 のPC PC 用 モニタ TV インバータ 冷 蔵 庫 ) クラスA,B,C,D (クラスD: 600W 以 下 のTV PC PC 用 モニタ) 高 調 波 電 流 発 生 限 度 値 クラスA: 表 1 クラスB: 表 1の 値 1.5 クラスC: 表 2 クラスD: 表 3 クラスA: 表 1 クラスB: 表 1の 値 1.5 クラスC: 表 2 クラスD: 表 3 クラスA: 表 1 クラスB: 表 1の 値 1.5 クラスC: 表 2 クラスD: 表 3 クラスA: 左 欄 の 表 1 クラスD: 左 欄 の 表 3 ( 600W 超 の 旧 暫 定 限 度 値 : 表 1A 表 1Cは 適 用 不 可 ) 測 定 回 路 20A/ 相 以 下 の 機 器 : 従 来 のJISと 同 じインピーダンスを 規 定 入 力 インピーダンスの 規 定 な (インピーダンスの 適 用 は 測 定 結 果 し にばらつきが 生 じる 恐 れがある 場 合 にのみ 使 用 ) 入 力 インピーダンスを 規 定 (インピーダンスの 適 用 は, 測 定 結 果 にばらつきが 生 じる 恐 れがある 場 合 のみ 使 用 ) 20A/ 相 以 下 の 機 器 : 左 記 と 同 じイン ピーダンスを 規 定 20A/ 相 を 超 える 機 器 : 独 自 に 規 定 (イ ンピーダンスの 適 用 は, 測 定 結 果 にば らつきが 生 じる 恐 れがある 場 合 にの み 使 用 )

12 項 目 JIS C : 年 3 月 年 12 月 発 行 IEC Ed 年 4 月 発 行 JIS C : 年 2 月 発 行 本 実 施 要 領 測 定 用 電 源 規 定 規 定 規 定 左 記 と 同 等 測 定 条 件 電 気 電 子 機 器 全 般 について 規 定 ( 電 子 計 算 機 も 含 む) 同 左 (ただし 測 定 方 法 は 異 なる) (3 相 の 場 合 のN 相 は 測 定 対 象 外 ) 同 左 同 左 表 示 取 扱 説 明 書 等 に 表 示 規 定 なし 取 扱 説 明 書 等 に 表 示 同 左 適 合 調 査 規 定 なし 規 定 なし 規 定 なし TV PC 及 びPC 用 モニタの 高 調 波 対 策 状 況 調 査 報 告 は2012 年 度 分 から 不 要 ( 今 回 の 改 訂 ) 小 電 力 機 器 に 対 する 特 例 75W 以 下 の 機 器 は 限 度 値 を 適 用 しな い ( 適 合 と 判 断 ) 同 左 同 左 同 左 ベースとす る 規 格 類 IEC Ed2.1 IEC Ed3.2 JIS C :2011

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) の 公 表 について 平 成 27 年 1 月 8 日 本 規 定 案 ( 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) )は 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 す るための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 27 号 )に 基 づき 特 定 個 人 情 報 の 適

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

Taro-①【各種基準】建設副産物の

Taro-①【各種基準】建設副産物の 建 設 副 産 物 の 処 理 基 準 及 び 再 生 資 材 の 利 用 基 準 平 成 22 年 4 月 改 正 千 葉 県 目 次 建 設 副 産 物 について 1 建 設 副 産 物 とは 1 2 建 設 副 産 物 と 再 生 資 源 廃 棄 物 との 関 係 1 建 設 副 産 物 の 処 理 基 準 及 び 再 生 資 材 の 利 用 基 準 1 目 的 3 2 対 象 事 業 3 3

More information

消費税増税先送りに伴う他政策への影響

消費税増税先送りに伴う他政策への影響 税 制 A to Z 2014 年 11 月 21 日 全 13 頁 消 費 税 増 税 先 送 りに 伴 う 他 政 策 への 影 響 住 宅 ローン 減 税 自 動 車 税 制 年 金 制 度 給 付 措 置 などに 影 響 金 融 調 査 部 研 究 員 是 枝 俊 悟 [ 要 約 ] 安 倍 首 相 は 2014 年 11 月 18 日 に 記 者 会 見 を 行 い 消 費 税 率 の 10%への

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2052434A538B4B8A69816991E63294C5816A94AD8D7382C982A082BD82C182C42D312E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2052434A538B4B8A69816991E63294C5816A94AD8D7382C982A082BD82C182C42D312E646F6378> RCJS-5-1( 第 2 版 ):2014( 静 電 気 現 象 からの 電 子 デバイスの 保 護 - 一 般 要 求 事 項 ) 規 格 発 行 に 寄 せて 1. はじめに 今 回 RCJS-5-1:2010 の 改 訂 版 の RCJS-5-1( 第 2 版 ):2014 を 発 行 することにしました これは RCJS-5-1:2010 発 行 後 に 改 訂 された 国 際 的 な 静

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

理 事 役 員 報 酬 基 準 は 月 額 及 び 特 別 手 当 から 構 成 されている 月 額 に ついては 情 報 通 信 研 究 機 構 役 員 報 酬 規 程 に 則 り 本 給 (834,000 円 以 内 )に 特 別 調 整 手 当 ( 本 給 の12%) 通 勤 手 当 ( 支

理 事 役 員 報 酬 基 準 は 月 額 及 び 特 別 手 当 から 構 成 されている 月 額 に ついては 情 報 通 信 研 究 機 構 役 員 報 酬 規 程 に 則 り 本 給 (834,000 円 以 内 )に 特 別 調 整 手 当 ( 本 給 の12%) 通 勤 手 当 ( 支 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 情 報 通 信 研 究 機 構 は 通 信 総 合 研 究 所 ( 国 立 研 究 所 )と 通 信 放 送

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

二輪自動車業における表示に関する公正競争規約及び同施行規則

二輪自動車業における表示に関する公正競争規約及び同施行規則 二 輪 自 動 車 業 における 表 示 に 関 する 公 正 競 争 規 約 及 び 同 施 行 規 則 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 公 正 競 争 規 約 ( 以 下 規 約 という )は 不 当 景 品 類 及 び 不 当 表 示 防 止 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 134 号 以 下 景 品 表 示 法 という ) 第 11 条 第 1 項 の 規

More information

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc)

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc) 定 款 平 成 19 年 6 月 全 国 商 工 会 連 合 会 全 国 商 工 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 連 合 会 ( 以 下 本 連 合 会 という )は 商 工 会 及 び 都 道 府 県 商 工 会 連 合 会 の 健 全 な 発 達 を 図 り もって 商 工 業 の 振 興 に 寄 与 することを 目 的 と する ( 名

More information

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 3 条 ) 第 2 章 共 済 契 約 ( 第 4 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 運 営 委 員 会 ( 第 11 条 ~ 第 13 条 ) 第 4 章 運 営 資 金 及 び 会 計 ( 第 14 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 掛

More information

( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 に

( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 に 資 料 3 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 する ガイドラインの 概 要 平 成 27 年 2 月 16 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個

More information

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 四 月 二 十 六 日 法 律 第 四 十 八 号 ) 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 主 要 な 資 源 の 大 部 分 を 輸 入 に 依 存 している 我 が 国 にお いて 近 年 の 国 民 経 済 の 発 展 に 伴 い 資 源 が 大 量 に 使 用 されていることにより

More information

管 理 図 とは 目 次 へ 管 理 図 は, 工 程 を 管 理 または 解 析 する 道 具 として,アメリカの 統 計 学 者 であるシューハート (W.A.Shewhart)によって 考 案 された.これは, 工 程 の 異 常 を 検 出 するため, 工 程 が 偶 然 原 因 によっての

管 理 図 とは 目 次 へ 管 理 図 は, 工 程 を 管 理 または 解 析 する 道 具 として,アメリカの 統 計 学 者 であるシューハート (W.A.Shewhart)によって 考 案 された.これは, 工 程 の 異 常 を 検 出 するため, 工 程 が 偶 然 原 因 によっての 管 理 図 目 次 管 理 図 とは 工 程 のバラツキについて 管 理 図 の 種 類 (1) 統 計 量 による 分 類 (2) 使 用 目 的 による 分 類 データの 性 質 と 管 理 図 の 選 択 管 理 図 の 見 方 (1) 統 計 的 管 理 状 態 の 判 断 (2) 統 計 的 管 理 状 態 にない 場 合 の 判 定 基 準 (3) 工 程 の 変 化 と 管 理 図 の

More information

スライド 1

スライド 1 建 築 物 エネルギー 消 費 性 能 基 準 等 の 整 備 の 方 向 性 ( 案 ) 基 準 の 体 系 については 原 則 として 省 エネ 法 の 現 行 の 建 築 主 等 の 判 断 基 準 (H25 基 準 )の 体 系 を 継 承 しつつ 以 下 について 見 直 しを 行 う 1. 適 用 する 基 準 について 1 適 合 義 務 等 の 非 の 規 制 に 係 る 基 準 (エネルギー

More information

<5461726F2D30393039303496F290488B4094AD3039303491E682508D8620>

<5461726F2D30393039303496F290488B4094AD3039303491E682508D8620> 薬 食 機 発 0904 第 1 号 平 成 21 年 9 月 4 日 都 道 府 県 各 政 令 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 特 別 区 厚 生 労 働 省 医 薬 食 品 局 審 査 管 理 課 医 療 機 器 審 査 管 理 室 長 薬 事 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 等 の 施 行 に 伴 う 医 療 機 器 の 販 売 業 及 び 賃 貸 業 の 取 扱 いについて

More information

Microsoft Word - kanri-text.doc

Microsoft Word - kanri-text.doc 第 2 節 事 業 部 の 業 績 評 価 1. 業 績 評 価 の 対 象 (A) 事 業 部 の 業 績 評 価 には, 事 業 部 長 の 業 績 評 価 と 事 業 部 自 体 の 業 績 評 価 があり, 両 者 を 区 別 する 点 に 注 意 す ること 評 価 対 象 業 績 比 較 方 法 業 績 評 価 の 概 念 事 業 部 長 事 業 部 長 が, 事 業 部 ごとに 設 定

More information

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら 独 立 行 政 法 人 造 幣 局 が 平 成 27 年 度 に 達 成 すべき 目 標 Ⅰ. 政 策 体 系 における 法 人 の 位 置 付 けおよび 役 割 (ミッション) 通 貨 は 経 済 活 動 国 民 生 活 の 基 盤 であり 通 貨 に 対 する 信 頼 の 維 持 は 財 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 95 号 )に 定 められた 財 務 省 の 任 務

More information

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7>

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7> 薬 事 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 145 号 ) ( 抄 ) ( 医 薬 品 等 の 製 造 販 売 の 承 認 ) 第 十 四 条 医 薬 品 ( 厚 生 労 働 大 臣 が 基 準 を 定 めて 指 定 する 医 薬 品 及 び 第 二 十 三 条 の 二 第 一 項 の 規 定 により 指 定 する 体 外 診 断 用 医 薬 品 を 除 く ) 医 薬 部 外 品 ( 厚 生 労

More information

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地 仕 様 書 1 業 務 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 における 土 壌 汚 染 調 査 にかかる 土 地 履 歴 調 査 業 務 委 託 2 業 務 期 間 契 約 日 ~ 平 成 27 年 3 月 20 日 3 実 施 場 所 ( 対 象 地 ) (1) 用 地 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 (2) 地 番 大 阪 市 浪 速 区 恵 美 須 西 3 丁 目 13 番 5 (3) 面 積

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

アレスタの 電 気 的 特 性 劣 化 により 損 傷 し 貫 通 導 体 間 で 短 絡 に 至 ったと 推 定 モールドケースの 経 年 的 絶 縁 劣 化 により 取 付 け 板 を 介 し 短 絡 に 至 ったと 推 定 配 線 用 遮 断 器 油 入 変 圧 器 絶 縁 物 の 経 年 的

アレスタの 電 気 的 特 性 劣 化 により 損 傷 し 貫 通 導 体 間 で 短 絡 に 至 ったと 推 定 モールドケースの 経 年 的 絶 縁 劣 化 により 取 付 け 板 を 介 し 短 絡 に 至 ったと 推 定 配 線 用 遮 断 器 油 入 変 圧 器 絶 縁 物 の 経 年 的 日 立 受 配 電 機 器 リニューアルの ご 提 案 アレスタの 電 気 的 特 性 劣 化 により 損 傷 し 貫 通 導 体 間 で 短 絡 に 至 ったと 推 定 モールドケースの 経 年 的 絶 縁 劣 化 により 取 付 け 板 を 介 し 短 絡 に 至 ったと 推 定 配 線 用 遮 断 器 油 入 変 圧 器 絶 縁 物 の 経 年 的 熱 劣 化 により 電 磁 機 械 力 に

More information

第5章

第5章 第 5 章 その 他 の 金 融 に 関 する 制 度 の 企 画 立 案 第 1 節 電 子 記 録 債 権 法 について Ⅰ 経 緯 ( 資 料 5-1-1 参 照 ) 1. 新 たな 資 金 調 達 環 境 整 備 のニーズ 企 業 間 信 用 の 手 段 である 手 形 については 紙 媒 体 を 利 用 することに 内 在 するリスク やコストの 問 題 があり また 指 名 債 権 についても

More information

いよいよ適用開始 投信制度改革 目論見書・運用報告書などの見直し

いよいよ適用開始 投信制度改革 目論見書・運用報告書などの見直し 証 券 金 融 取 引 の 法 制 度 いよいよ 適 用 開 始 投 信 制 度 改 革 目 論 見 書 運 用 報 告 書 などの 見 直 し 手 数 料 情 報 リスク 情 報 運 用 報 告 書 の 二 段 階 化 2014 年 12 月 8 日 全 15 頁 金 融 調 査 部 主 任 研 究 員 横 山 淳 [ 要 約 ] 2014 年 12 月 1 日 から 一 連 の 投 信 制 度

More information

結 論 の 背 景 26 検 討 の 経 緯 26 自 己 株 式 の 会 計 処 理 及 び 表 示 29 自 己 株 式 の 取 得 及 び 保 有 29 自 己 株 式 の 処 分 34 自 己 株 式 の 消 却 44 自 己 株 式 の 処 分 及 び 消 却 時 の 帳 簿 価 額 の

結 論 の 背 景 26 検 討 の 経 緯 26 自 己 株 式 の 会 計 処 理 及 び 表 示 29 自 己 株 式 の 取 得 及 び 保 有 29 自 己 株 式 の 処 分 34 自 己 株 式 の 消 却 44 自 己 株 式 の 処 分 及 び 消 却 時 の 帳 簿 価 額 の 企 業 会 計 基 準 第 1 号 自 己 株 式 及 び 準 備 金 の 額 の 減 少 等 に 関 する 会 計 基 準 平 成 14 年 2 月 21 日 改 正 平 成 17 年 12 月 27 日 改 正 平 成 18 年 8 月 11 日 最 終 改 正 平 成 2 7 年 3 月 2 6 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 会 計 基 準 3 範 囲 3 用

More information

船舶電気装備工事関係法令・規則集(無線)

船舶電気装備工事関係法令・規則集(無線) 平 成 27 年 度 船 舶 電 装 士 検 定 試 験 問 題 標 準 解 答 - 電 気 工 学 の 基 礎 編 - 問 1. 下 の 文 は 半 導 体 について 述 べた 文 章 である 語 句 を 選 び 記 入 せよ (3 点 ) の 部 分 に 下 記 の 用 語 より 適 切 な 半 導 体 は 通 常 の 状 態 では 導 体 と 不 導 体 との 中 間 的 な 電 気 抵 抗

More information

なお 生 存 しない 個 人 に 関 する 情 報 が 同 時 に 遺 族 等 の 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 に 当 たる 場 合 には 当 該 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 となる また 企 業 名 等 法 人 その 他 の 団 体 に 関 する 情 報 は 基 本

なお 生 存 しない 個 人 に 関 する 情 報 が 同 時 に 遺 族 等 の 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 に 当 たる 場 合 には 当 該 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 となる また 企 業 名 等 法 人 その 他 の 団 体 に 関 する 情 報 は 基 本 金 融 分 野 における 個 人 情 報 保 護 に 関 するガイドライン 第 1 条 目 的 ( 法 第 1 条 関 連 ) 1 本 ガイドラインは 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 平 成 15 年 法 律 第 57 号 以 下 法 という ) 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 15 年 政 令 第 507 号 以 下 施 行 令 という

More information

平成23年度税制改正について

平成23年度税制改正について 日 医 発 第 896 号 ( 年 税 48) 平 成 2 2 年 1 2 月 2 2 日 都 道 府 県 医 師 会 長 殿 日 本 医 師 会 長 原 中 勝 征 平 成 23 年 度 税 制 改 正 について 去 る12 月 16 日 平 成 23 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されまし た の で 平 成 23 年 度 税 制 改 正 についてご 報 告 申 し 上 げます

More information

Ⅲ 設 例 による 解 説 設 例 1 市 場 販 売 目 的 のソフトウェアの 減 価 償 却 の 方 法 (その1) 販 売 開 始 時 における 見 込 みどおりに 各 年 度 の 販 売 収 益 が 計 上 された 場 合 設 例 2 市 場 販 売 目 的 のソフトウェアの 減 価 償 却

Ⅲ 設 例 による 解 説 設 例 1 市 場 販 売 目 的 のソフトウェアの 減 価 償 却 の 方 法 (その1) 販 売 開 始 時 における 見 込 みどおりに 各 年 度 の 販 売 収 益 が 計 上 された 場 合 設 例 2 市 場 販 売 目 的 のソフトウェアの 減 価 償 却 会 計 制 度 委 員 会 報 告 第 12 号 研 究 開 発 費 及 びソフトウェアの 会 計 処 理 に 関 する 実 務 指 針 平 成 11 年 3 月 31 日 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 項 Ⅰ 研 究 開 発 費 及 びソフトウェアの 会 計 処 理 に 関 する 実 務 指 針 はじめに 1-1-2 研 究 開 発 の 範

More information

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 水 準 の 公 表 について Ⅰ. 公 表 の 経 緯 について 国 立 大 学 法 人 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 いについて (H22.11.1 閣 議 決 定 ) 3(4) 独 立 行 政 法 人 ( 総 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 91 号 ) 第 4 条 第 13 号 に 規 定 する

More information

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 沖 縄 県 土 木 建 築 部 平 成 25 年 7 月 1 日 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 第 101 条 適 用 範 囲 1. 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 ( 以 下 共 通 仕 様 書 という )は 沖 縄 県 土 木 建 築 部 の 発 注 する 現 場 技 術 業 務 に 係 る 土 木 設 計 業 務 等 請

More information

Microsoft Word - セット版●報告書要約2月28日「タイにおける省エネルギー技術として有効な屋根用省エネ塗料の技術協力事業」実証事業20130228 (2)

Microsoft Word - セット版●報告書要約2月28日「タイにおける省エネルギー技術として有効な屋根用省エネ塗料の技術協力事業」実証事業20130228 (2) 平 成 24 年 度 経 済 産 業 省 委 託 事 業 平 成 24 年 度 貿 易 投 資 円 滑 化 支 援 事 業 ( 実 証 事 業 一 般 案 件 ) タイにおける 省 エネルギー 技 術 として 有 効 な 屋 根 用 省 エネ 塗 料 の 技 術 協 力 事 業 実 証 事 業 報 告 書 ( 要 約 版 ) 平 成 25 年 2 月 社 団 法 人 日 本 塗 料 工 業 会 禁

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 電 気 回 路 学 I 秋 田 県 立 大 学 システム 科 学 技 術 学 部 電 子 情 報 システム 学 科 徐 粒 第 1 回 基 本 概 念 : 電 気 回 路 電 気 回 路 解 析 とは? 電 流 電 圧 とは? オームの 法 則 抵 抗 とコンダクタンス その 物 理 的 な 意 味 電 気 回 路 とは? 抵 抗 (R) キャパシタ(C) インダクタ(L) 直 流 電 圧 源 直

More information

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業 平 成 28 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 案 ) 速 報 ( 平 成 27 年 12 月 10 日 現 在 ) 0 1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 1-1 23.9% 平 成 28 年 4 月 1 日 以

More information

積 載 せず かつ 燃 料 冷 却 水 及 び 潤 滑 油 の 全 量 を 搭 載 し 自 動 車 製 作 者 が 定 める 工 具 及 び 付 属 品 (スペアタイヤを 含 む )を 全 て 装 備 した 状 態 をいう この 場 合 に おいて 燃 料 の 全 量 を 搭 載 するとは 燃 料

積 載 せず かつ 燃 料 冷 却 水 及 び 潤 滑 油 の 全 量 を 搭 載 し 自 動 車 製 作 者 が 定 める 工 具 及 び 付 属 品 (スペアタイヤを 含 む )を 全 て 装 備 した 状 態 をいう この 場 合 に おいて 燃 料 の 全 量 を 搭 載 するとは 燃 料 別 添 72 後 退 灯 の 技 術 基 準 1. 適 用 範 囲 等 この 技 術 基 準 は 自 動 車 に 備 える 後 退 灯 に 適 用 する( 保 安 基 準 第 40 条 関 係 ) ただし 法 第 75 条 の2 第 1 項 の 規 定 によりその 型 式 について 指 定 を 受 けた 白 色 の 前 部 霧 灯 が 後 退 灯 として 取 付 けられている 自 動 車 にあっては

More information

Microsoft PowerPoint - 5989-9887JAJP.ppt

Microsoft PowerPoint - 5989-9887JAJP.ppt Agilent Technologies ベクトル ネットワーク アナライザを 用 いた 実 稼 動 状 態 でのインピーダンス 測 定 -DCバイアス 重 畳 によるEMC 対 策 部 品 の 評 価 - Application Note 目 次 3. はじめに 4. フェライト ビーズについて 7. ベクトル ネットワーク アナライザによるインピーダンス 測 定 9. E5071C ベクトル ネットワーク

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63> Ⅱ マンション 標 準 管 理 委 託 契 約 書 コメント 1 全 般 関 係 1 この 契 約 書 は マンションの 管 理 組 合 ( 以 下 管 理 組 合 という )とマンショ ン 管 理 業 者 の 間 で 協 議 がととのった 事 項 を 記 載 した 管 理 委 託 契 約 書 を マンション の 管 理 の 適 正 化 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 12 年 法 律

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 25 号 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 を 次 のとおり 定 める 平 成 18 年 11 月 9 日 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 文 雄 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 改 正 平 成 20 年 5 月 22 日 中 日 本 高 速

More information

H27 資料2

H27 資料2 指 導 監 査 における 主 な 指 導 事 項 について 資 料 2 ~ 目 次 ~ Ⅰ 実 地 指 導 における 主 な 指 摘 事 項 の 内 訳 ( 平 成 26 度 ) Ⅱ 運 営 に 関 する 事 項 1 運 営 規 程 及 び 重 要 事 項 説 明 書 2 各 種 規 則 や 規 程 3 衛 生 管 理 等 4 虐 待 苦 情 事 故 5 非 常 災 害 対 策 6 個 別 支 援

More information

年金通信25-30厚年基金見直し(法改正概要)

年金通信25-30厚年基金見直し(法改正概要) 25-30 第 17 号 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しについて( 法 改 正 の 概 要 ) 平 成 25 年 6 月 19 日 団 体 年 金 事 業 部 平 成 25 年 6 月 19 日 の 参 議 院 本 会 議 にて 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 し 法 案 ( 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20355F315F32322E322E32348CC2906C8FEE95F182CC95DB8CEC82C98AD682B782E98EE688B58E77906A8140915395B62E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20355F315F32322E322E32348CC2906C8FEE95F182CC95DB8CEC82C98AD682B782E98EE688B58E77906A8140915395B62E646F63> 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 取 扱 指 針 平 成 17 年 3 月 23 日 理 事 会 決 議 平 成 19 年 10 月 24 日 一 部 改 正 平 成 22 年 2 月 24 日 一 部 改 正 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 取 扱 指 針 取 扱 指 針 の 考 え 方 参 照 条 文 ( 目 的 ) 第 1 条 この 取 扱 指 針 は 個 人 情 報 の 保

More information

3.2. 画 像 表 示 部 の 取 付 け 位 置 について 画 像 表 示 部 の 取 付 け 位 置 は 画 面 を 視 認 しているときに 視 野 内 に 前 方 の 交 通 状 況 を 捕 捉 できる 位 置 でなければならない 詳 細 は 附 則 1 による また 画 像 表 示 部 の

3.2. 画 像 表 示 部 の 取 付 け 位 置 について 画 像 表 示 部 の 取 付 け 位 置 は 画 面 を 視 認 しているときに 視 野 内 に 前 方 の 交 通 状 況 を 捕 捉 できる 位 置 でなければならない 詳 細 は 附 則 1 による また 画 像 表 示 部 の 平 成 16 年 8 月 18 日 ( 社 ) 日 本 自 動 車 工 業 会 画 像 表 示 装 置 の 取 り 扱 いについて 改 訂 第 3.0 版 1. 基 本 的 考 え 方 車 載 画 像 表 示 装 置 が 有 する 渋 滞 情 報 表 示 機 能 やナビゲーション 機 能 は 道 路 交 通 の 安 全 円 滑 化 並 びに 環 境 保 全 等 に 役 立 つ 機 能 であるが 一

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 25 年 度 税 制 改 正 について ( 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 税 制 ) 平 成 25 年 2 月 中 小 企 業 庁 1. 事 業 承 継 税 制 の 拡 充 1 ( 相 続 税 贈 与 税 ) 拡 充 中 小 企 業 経 営 者 の 平 均 年 齢 が 約 60 歳 となっており 事 業 承 継 の 円 滑 化 は 喫 緊 の 課 題 事 業 承 継 税 制

More information

目 次 ( 地 方 共 済 事 務 局 ) Ⅰ 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 の 基 本 的 な 方 針 1 基 本 的 な 方 針 2 2 運 用 の 目 標 2 3 年 金 資 産 運 用 検 討 委 員 会 の 活 用 3 4 資 金 運 用

目 次 ( 地 方 共 済 事 務 局 ) Ⅰ 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 の 基 本 的 な 方 針 1 基 本 的 な 方 針 2 2 運 用 の 目 標 2 3 年 金 資 産 運 用 検 討 委 員 会 の 活 用 3 4 資 金 運 用 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 係 る 基 本 的 な 方 針 地 方 職 員 共 済 組 合 ( 平 成 27 年 10 月 1 日 制 定 ) 目 次 ( 地 方 共 済 事 務 局 ) Ⅰ 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 の 基 本 的 な 方 針 1 基 本 的 な 方 針 2 2 運 用 の

More information

消防法等施行細則(H26.8.1改正後HP掲載用全文)

消防法等施行細則(H26.8.1改正後HP掲載用全文) 消 防 法 等 施 行 細 則 昭 和 48 年 7 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 改 正 昭 和 50 年 4 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 2 号 昭 和 55 年 5 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 昭 和 59 年 4 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 2 号 平 成 2 年 5 月 23 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 平 成 4

More information

1 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務

1 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いについて 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 1 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的

More information

Microsoft Word - (最終網提出用)快適住まいのリフォーム補助金交付要

Microsoft Word - (最終網提出用)快適住まいのリフォーム補助金交付要 快 適 住 まいのリフォーム 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 の 安 全 性 耐 久 性 及 び 居 住 性 の 向 上 と 住 まいの 長 寿 命 化 省 エネ 寒 冷 地 仕 様 化 バリアフリー 化 のため 子 育 て 世 帯 をはじめとした 町 民 が 実 施 する 住 宅 リフォームに 要 す る 費 用 の 一 部 を 補 助 することにより

More information

資料3 家電エコポイント制度の政策効果等について

資料3      家電エコポイント制度の政策効果等について 家 電 エコポイント 制 度 の 政 策 効 果 等 について 資 料 3 政 策 効 果 環 境 省 経 済 産 業 省 総 務 省 地 上 デジタル 放 送 対 応 テレビを 中 心 に 対 象 家 電 3 品 目 の 販 売 を 押 し 上 げるとともに 省 エネ 性 能 の 高 い 製 品 への 買 い 換 えに 大 きく 貢 献 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 の 観 点 統 一

More information

借 入 先 一 覧 ( 別 紙 1) 私 が 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン( 以 下 本 ガイ ドライン という )に 基 づく 債 務 整 理 の 対 象 としたい 借 入 先 等 は 下 表 のとおり です 下 表 の 内 容 に 漏 れや 誤

借 入 先 一 覧 ( 別 紙 1) 私 が 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン( 以 下 本 ガイ ドライン という )に 基 づく 債 務 整 理 の 対 象 としたい 借 入 先 等 は 下 表 のとおり です 下 表 の 内 容 に 漏 れや 誤 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 御 中 平 成 年 月 日 依 頼 人 氏 名 登 録 支 援 専 門 家 委 嘱 ( 初 回 委 嘱 )の 依 頼 について(GL5 項 (2)) 私 は 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン 第 5 項 (2)に 基 づき 債 務 整 理 の 手 続 の 支 援 を 受 けるために 主 たる 債 権 者

More information

マイナンバーガイドライン入門

マイナンバーガイドライン入門 マイナンバーガイドライン 入 門 ~ 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) ( 案 )の 概 要 ~ 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 事 務 局 長 其 田 真 理 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) ( 案 )の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6> 東 京 大 学 固 定 資 産 管 理 規 程 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 東 大 規 則 第 178 号 ) 改 正 : 平 成 17 年 2 月 8 日 東 大 規 則 第 289 号 改 正 : 平 成 18 年 9 月 26 日 東 大 規 則 第 33 号 改 正 : 平 成 19 年 7 月 1 日 東 大 規 則 第 15 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 30 日

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E518D6C20918D8D878E7B8D488C7689E68F918DEC90AC82CC8EE888F882AB2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E518D6C20918D8D878E7B8D488C7689E68F918DEC90AC82CC8EE888F882AB2E646F63> 総 合 施 工 計 画 書 作 成 の 手 引 き( 建 築 工 事 編 ) 平 成 22 年 度 版 鳥 取 市 都 市 整 備 部 建 築 住 宅 課 目 次 総 合 施 工 計 画 書 作 成 の 手 引 き( 建 築 工 事 編 )... 3 1 総 合 施 工 計 画 書 の 構 成... 3 2 総 合 施 工 計 画 書 の 記 載 事 項... 4 3 総 合 施 工 計 画 書 の

More information

12 理化学研究所

12 理化学研究所 国 立 研 究 開 発 法 人 理 化 学 研 究 所 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 理 化 学 研 究 所 は 長 い 歴 史 を 有 し これまで 世 界 の 第 一 線 にて 研 究 をリー ドしてきたところである

More information

プライバシーマーク 付 与 適 格 性 審 査 業 務 基 本 規 程 改 廃 履 歴 版 数 制 定 改 定 日 改 訂 箇 所 改 訂 理 由 備 考 1.0 2009 年 8 月 26 日 初 版 制 定 2.0 2011 年 7 月 1 日 JIPDEC プライバシーマーク 制 度 基 本

プライバシーマーク 付 与 適 格 性 審 査 業 務 基 本 規 程 改 廃 履 歴 版 数 制 定 改 定 日 改 訂 箇 所 改 訂 理 由 備 考 1.0 2009 年 8 月 26 日 初 版 制 定 2.0 2011 年 7 月 1 日 JIPDEC プライバシーマーク 制 度 基 本 プライバシーマーク 付 与 適 格 性 審 査 業 務 基 本 規 程 (V2.0) 制 定 日 :2009 年 8 月 26 日 改 訂 日 :2013 年 4 月 1 日 一 般 社 団 法 人 日 本 印 刷 産 業 連 合 会 プライバシーマーク 審 査 センター プライバシーマーク 付 与 適 格 性 審 査 業 務 基 本 規 程 改 廃 履 歴 版 数 制 定 改 定 日 改 訂 箇

More information

「知る前契約」に関するインサイダー見直し

「知る前契約」に関するインサイダー見直し 証 券 金 融 取 引 の 法 制 度 2015 年 9 月 18 日 全 14 頁 知 る 前 契 約 に 関 するインサイダー 見 直 し 金 融 調 査 部 主 任 研 究 員 横 山 淳 [ 要 約 ] 2015 年 9 月 2 日 インサイダー 取 引 規 制 の 適 用 除 外 規 定 に 関 する 内 閣 府 令 及 びガイド ラインの 改 正 が 行 われた 具 体 的 には いわゆる

More information

第 二 章 政 府 機 関 の 情 報 セキュリティ 対 策 のための 基 本 指 針 (リスク 評 価 ) 第 三 条 各 府 省 庁 は 別 に 定 める 政 府 機 関 の 情 報 セキュリティ 対 策 における 政 府 機 関 統 一 管 理 基 準 及 び 政 府 機 関 統 一 技 術

第 二 章 政 府 機 関 の 情 報 セキュリティ 対 策 のための 基 本 指 針 (リスク 評 価 ) 第 三 条 各 府 省 庁 は 別 に 定 める 政 府 機 関 の 情 報 セキュリティ 対 策 における 政 府 機 関 統 一 管 理 基 準 及 び 政 府 機 関 統 一 技 術 政 府 機 関 の 情 報 セキュリティ 対 策 のための 統 一 規 範 平 成 23 年 4 月 21 日 平 成 24 年 4 月 26 日 改 定 情 報 セキュリティ 政 策 会 議 決 定 第 一 章 目 的 及 び 対 象 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 政 府 機 関 の 情 報 セキュリティ 対 策 のための 基 本 指 針 ( 第 三 条 第 四 条 ) 第 三 章

More information

事 務 連 絡 平 成 28 年 3 月 31 日 各 都 道 府 県 知 事 衛 生 主 管 部 ( 局 ) がん 対 策 担 当 課 御 中 厚 生 労 働 省 健 康 局 がん 疾 病 対 策 課 事 業 評 価 のためのチェックリスト 等 について がん 対 策 の 推 進 につきましては

事 務 連 絡 平 成 28 年 3 月 31 日 各 都 道 府 県 知 事 衛 生 主 管 部 ( 局 ) がん 対 策 担 当 課 御 中 厚 生 労 働 省 健 康 局 がん 疾 病 対 策 課 事 業 評 価 のためのチェックリスト 等 について がん 対 策 の 推 進 につきましては ( 地 Ⅲ26) 平 成 28 年 4 月 21 日 都 道 府 県 医 師 会 担 当 理 事 殿 日 本 医 師 会 常 任 理 事 道 永 麻 里 がん 検 診 に 係 る 事 業 評 価 のためのチェックリスト 等 について 時 下 益 々ご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます さて 標 記 につきまして 平 成 28 年 1 月 15 日 付 け 文 書 ( 地 Ⅲ211)(

More information

<90DD8C768F91955C8E868169967B92AC93EC9594816A2D32>

<90DD8C768F91955C8E868169967B92AC93EC9594816A2D32> ( 建 設 リサイクル 法 に 関 する 条 件 明 示 等 ) 1. 本 工 事 は 建 設 工 事 に 係 る 資 材 の 再 資 源 化 等 に 関 する 法 律 (( 平 成 12 年 法 律 第 104 号 ) 以 下 建 設 リサイクル 法 という )に 基 づき 特 定 建 設 資 材 の 分 別 解 体 等 及 び 再 資 源 化 等 の 実 施 について 適 正 な 措 置 を 講

More information

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E>

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E> 42-00 42 00 審 理 の 終 結 及 び 再 開 1. 審 理 の 終 結 ( 結 審 ) 審 判 長 は 特 許 無 効 審 判 以 外 の 審 判 においては 事 件 が 審 決 をするのに 熟 し たときは 審 理 の 終 結 を 当 事 者 及 び 参 加 人 ( 以 下 単 に 当 事 者 という )に 通 知 し なければならない( 特 1561 実 41 意 52 商 561

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032343130323993DE97C78CA78CA48F4389EF8E96914F9197957481698C9A90DD8BC6964097DF8F858EE7816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032343130323993DE97C78CA78CA48F4389EF8E96914F9197957481698C9A90DD8BC6964097DF8F858EE7816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 建 設 業 法 令 遵 守 について 平 成 24 年 11 月 28 日 近 畿 地 方 整 備 局 建 政 部 建 設 産 業 課 1 建 設 業 法 の 目 的 と 建 設 業 許 可 について 2 1 の 効 請 仕 力 負 事 を は 生 の ずる 結 当 果 事 に 者 対 の してその 一 方 がある 報 酬 仕 を 事 支 を 払 完 うことを 成 することを 約 することによって

More information

投資減税証明発行手続きガイド(20140710)

投資減税証明発行手続きガイド(20140710) 一 般 社 団 法 人 日 本 産 業 機 械 工 業 会 (2014.07.10 改 訂 ) 産 業 競 争 力 強 化 法 の 生 産 性 向 上 設 備 等 のうち 先 端 設 備 に 係 る 仕 様 等 の 証 明 書 発 行 申 請 手 続 きガイド 証 明 制 度 について 生 産 性 向 上 設 備 投 資 促 進 税 制 ( 中 小 企 業 者 等 においては 中 小 企 業 投 資

More information

コンビネーション 波 形 パルス 1.2/50-8/20 µs (ハイブリッドサージパルス) パルスはIEC/EN 61000-4-5に 適 合 パルス 電 圧 ( 開 回 路 ): パルス 電 流 ( 短 回 路 ): インピーダンス: パルス 繰 返 し: 結 合 : ±200 V ~ 4.4

コンビネーション 波 形 パルス 1.2/50-8/20 µs (ハイブリッドサージパルス) パルスはIEC/EN 61000-4-5に 適 合 パルス 電 圧 ( 開 回 路 ): パルス 電 流 ( 短 回 路 ): インピーダンス: パルス 繰 返 し: 結 合 : ±200 V ~ 4.4 CEアプリケーション 向 け スマートな4 kvシステム Teseqの 新 しいNSG3040は 国 際 国 内 および 社 内 規 格 また 最 新 のIEC/EN 規 格 に 適 合 した 電 磁 妨 害 をシミュレー トする 使 いやすく 便 利 な 多 機 能 試 験 機 です NSG 3040 が 製 品 ラインアップに 追 加 されることによってTeseqの 新 デザイン 理 念 に 基

More information

指 定 - 第 2 表 エネルギー 管 理 指 定 工 場 等 のエネルギーの 使 用 量 及 び 販 売 した 副 生 エネルギーの 量 平 成 27 年 度 エネルギーの 種 類 単 位 使 用 量 販 売 した 副 生 エネルギーの 量 数 値 熱 量 GJ 数 値 熱 量 GJ 原 油 (コ

指 定 - 第 2 表 エネルギー 管 理 指 定 工 場 等 のエネルギーの 使 用 量 及 び 販 売 した 副 生 エネルギーの 量 平 成 27 年 度 エネルギーの 種 類 単 位 使 用 量 販 売 した 副 生 エネルギーの 量 数 値 熱 量 GJ 数 値 熱 量 GJ 原 油 (コ 指 定 工 場 等 定 期 報 告 書 (エクセル 形 式 支 援 ツールによる 記 載 例 ) エネルギー 管 理 指 定 工 場 等 単 位 の 報 告 指 定 - 第 1 表 エネルギー 管 理 指 定 工 場 等 の 名 称 等 工 業 株 式 会 社 には 三 つの 指 定 工 場 等 が 存 在 しますが 本 記 載 例 は 高 岡 工 場 の 例 を 示 したものです エネルギー 管

More information

利 回 り( 積 立 金 の 運 用 利 回 りから 名 目 賃 金 上 昇 率 を 差 し 引 いたものをいう )を 最 低 限 のリスクで 確 保 するよう 基 本 ポートフォリオを 定 め これを 適 切 に 管 理 する その 際 市 場 の 価 格 形 成 や 民 間 の 投 資 行 動

利 回 り( 積 立 金 の 運 用 利 回 りから 名 目 賃 金 上 昇 率 を 差 し 引 いたものをいう )を 最 低 限 のリスクで 確 保 するよう 基 本 ポートフォリオを 定 め これを 適 切 に 管 理 する その 際 市 場 の 価 格 形 成 や 民 間 の 投 資 行 動 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 に 関 する 基 本 方 針 公 本 財 第 390の96 号 平 成 27 年 10 月 1 日 制 定 公 立 学 校 共 済 組 合 ( 以 下 当 共 済 組 合 という )は 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 152 号 以 下 法 という ) 第 112 条 の4 第 1 項 の 規 定 に

More information

1 生 徒 の 成 績 評 価 等 に 関 する 規 程 第 1 章 考 査 ( 考 査 の 種 類 ) 第 1 条 考 査 は 定 期 考 査 実 力 考 査 追 認 考 査 繰 り 上 げ 考 査 及 び 随 時 考 査 とする ( 考 査 の 計 画 ) 第 2 条 定 期 考 査 は 学 校

1 生 徒 の 成 績 評 価 等 に 関 する 規 程 第 1 章 考 査 ( 考 査 の 種 類 ) 第 1 条 考 査 は 定 期 考 査 実 力 考 査 追 認 考 査 繰 り 上 げ 考 査 及 び 随 時 考 査 とする ( 考 査 の 計 画 ) 第 2 条 定 期 考 査 は 学 校 Ⅳ 生 徒 の 管 理 指 導 - 35 - 1 生 徒 の 成 績 評 価 等 に 関 する 規 程 第 1 章 考 査 ( 考 査 の 種 類 ) 第 1 条 考 査 は 定 期 考 査 実 力 考 査 追 認 考 査 繰 り 上 げ 考 査 及 び 随 時 考 査 とする ( 考 査 の 計 画 ) 第 2 条 定 期 考 査 は 学 校 の 年 間 計 画 に 従 い 各 学 期 毎 に 中

More information

PMK220プライバシーマーク付与適格性審査の実施基準

PMK220プライバシーマーク付与適格性審査の実施基準 プライバシーマーク 付 与 適 格 性 審 査 の 実 施 基 準 一 般 財 団 法 人 日 本 情 報 経 済 社 会 推 進 協 会 プライバシーマーク 推 進 センター 改 廃 履 歴 版 制 定 改 定 日 改 定 箇 所 理 由 施 行 日 1.0 平 成 22 年 10 月 15 日 プライバシーマーク 制 度 設 置 及 び 運 営 要 平 成 23 年 3 月 1 日 領 の 全

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

Microsoft Word - 247サンプル1.DOC

Microsoft Word - 247サンプル1.DOC 第 3 章 ハイブリッド 自 動 車 の 永 久 磁 石 モータ 制 御 技 術 トヨタ 自 動 車 株 式 会 社 佐 々 木 正 一 トヨタ 自 動 車 株 式 会 社 佐 藤 栄 次 トヨタ 自 動 車 株 式 会 社 岡 村 賢 樹 株 式 会 社 豊 田 中 央 研 究 所 稲 熊 幸 雄 3.1 まえがき 自 動 車 の 排 出 ガスによる 環 境 問 題 は 以 前 から 叫 ばれ 電

More information

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 秋 田 市 ( 以 下 甲 という )が 受 託 者 ( 以 下 乙 という ) に 対 し 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 を 委 託 するために 定 めたものである ( 目 的 ) 第 2 条 甲 が 委 託 する 秋 田 市 固 定 資 産 土

More information

目 次 (1) 基 本 計 画 策 定 1 基 本 的 な 考 え 方 1 2 配 置 計 画 1 3 建 築 計 画 2 4 建 築 附 帯 設 備 計 画 2 5 建 替 計 画 3 6 動 線 計 画 3 7 土 地 利 用 計 画 4 (2) 環 境 保 全 計 画 1 環 境 保 全 計

目 次 (1) 基 本 計 画 策 定 1 基 本 的 な 考 え 方 1 2 配 置 計 画 1 3 建 築 計 画 2 4 建 築 附 帯 設 備 計 画 2 5 建 替 計 画 3 6 動 線 計 画 3 7 土 地 利 用 計 画 4 (2) 環 境 保 全 計 画 1 環 境 保 全 計 小 松 島 市 葬 斎 場 整 備 基 本 計 画 平 成 25 年 11 月 小 松 島 市 目 次 (1) 基 本 計 画 策 定 1 基 本 的 な 考 え 方 1 2 配 置 計 画 1 3 建 築 計 画 2 4 建 築 附 帯 設 備 計 画 2 5 建 替 計 画 3 6 動 線 計 画 3 7 土 地 利 用 計 画 4 (2) 環 境 保 全 計 画 1 環 境 保 全 計 画 6

More information

(2) 広 島 国 際 学 院 大 学 ( 以 下 大 学 という ) (3) 広 島 国 際 学 院 大 学 自 動 車 短 期 大 学 部 ( 以 下 短 大 という ) (4) 広 島 国 際 学 院 高 等 学 校 ( 以 下 高 校 という ) ( 学 納 金 の 種 類 ) 第 3 条

(2) 広 島 国 際 学 院 大 学 ( 以 下 大 学 という ) (3) 広 島 国 際 学 院 大 学 自 動 車 短 期 大 学 部 ( 以 下 短 大 という ) (4) 広 島 国 際 学 院 高 等 学 校 ( 以 下 高 校 という ) ( 学 納 金 の 種 類 ) 第 3 条 学 生 生 徒 等 の 納 入 金 に 関 する 規 則 平 成 15 年 12 月 16 日 規 則 第 19 号 沿 革 1 平 成 17 年 5 月 17 日 改 正 2 平 成 17 年 10 月 3 日 改 正 3 平 成 18 年 1 月 25 日 改 正 5 平 成 21 年 9 月 16 日 改 正 7 平 成 22 年 2 月 12 日 改 正 9 平 成 23 年 12 月 6

More information

(2) 検 体 採 取 に 応 ずること (3) ドーピング 防 止 と 関 連 して 自 己 が 摂 取 し 使 用 するものに 責 任 をもつこと (4) 医 師 に 禁 止 物 質 及 び 禁 止 方 法 を 使 用 してはならないという 自 己 の 義 務 を 伝 え 自 己 に 施 される

(2) 検 体 採 取 に 応 ずること (3) ドーピング 防 止 と 関 連 して 自 己 が 摂 取 し 使 用 するものに 責 任 をもつこと (4) 医 師 に 禁 止 物 質 及 び 禁 止 方 法 を 使 用 してはならないという 自 己 の 義 務 を 伝 え 自 己 に 施 される 日 本 水 中 スポーツ 連 盟 ドーピング 防 止 規 程 1. 世 界 ドーピング 防 止 規 程 日 本 ドーピング 防 止 規 程 及 び CMAS ドーピング 防 止 規 程 1.1 日 本 水 中 スポーツ 連 盟 ( 以 下 JUSF という )は 世 界 ドーピング 防 止 規 程 ( 以 下 WADA 規 程 という ) 日 本 ドーピング 防 止 規 程 ( 以 下 JADA 規

More information

大阪市ホーム > 各局・各区 > 財政局 > 財政 > 広告事業 > 大阪市広告事業のご案内 > 大阪市広告掲載要綱

大阪市ホーム > 各局・各区 >  財政局  >  財政  > 広告事業  > 大阪市広告事業のご案内  > 大阪市広告掲載要綱 東 広 島 市 広 告 掲 載 基 準 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 基 準 は 東 広 島 市 広 告 掲 載 要 綱 ( 平 成 19 年 東 広 島 市 東 広 島 市 議 会 東 広 島 市 教 育 委 員 会 東 広 島 市 消 防 局 東 広 島 市 水 道 事 業 東 広 島 市 選 挙 管 理 委 員 会 東 広 島 市 農 業 委 員 会 訓 令 第 1 号 以 下 要 綱 という

More information

~ ~.86 ~.02 ~.08 ~.01 ~.01 ~.1 6 ~.1 3 ~.01 ~.ω ~.09 ~.1 7 ~.05 ~.03 ~.01 ~.23 ~.1 6 ~.01 ~.1 2 ~.03 ~.04 ~.01 ~.1 0 ~.1 5 ~.ω ~.02 ~.29 ~.01 ~.01 ~.11 ~.03 ~.02 ~.ω 本 ~.02 ~.1 7 ~.1 4 ~.02 ~.21 ~.I

More information

用 するためのガイドラインを 次 のとおり 定 めました ガイドラインの 対 象 は 公 共 的 団 体 が 公 共 空 間 に 設 置 する 防 犯 カメラとし ていますが 個 人 や 事 業 者 など 防 犯 カメラを 設 置 する 場 合 の 参 考 としてご 活 用 ください 2 定 義 ⑴

用 するためのガイドラインを 次 のとおり 定 めました ガイドラインの 対 象 は 公 共 的 団 体 が 公 共 空 間 に 設 置 する 防 犯 カメラとし ていますが 個 人 や 事 業 者 など 防 犯 カメラを 設 置 する 場 合 の 参 考 としてご 活 用 ください 2 定 義 ⑴ 長 久 手 市 公 共 的 団 体 による 防 犯 カメラの 設 置 及 び 利 用 に 関 するガイドライン 逐 条 解 説 1 目 的 このガイドラインは 防 犯 カメラによる 犯 罪 防 止 への 有 用 性 と 市 民 の 容 ぼ うや 行 動 をみだりに 撮 影 されないなどプライバシーの 保 護 との 調 和 を 旨 に 地 域 の 公 共 的 団 体 が 市 内 の 公 共 空 間 を

More information

指 定 ( 又 は 選 択 ) 官 庁 PCT 出 願 人 の 手 引 - 国 内 段 階 - 国 内 編 - インド 特 許 庁 国 内 段 階 に 入 るための 要 件 の 概 要 3 頁 概 要 国 内 段 階 に 入 るための 期 間 PCT 第 22 条 (3)に 基 づく 期 間 : 優

指 定 ( 又 は 選 択 ) 官 庁 PCT 出 願 人 の 手 引 - 国 内 段 階 - 国 内 編 - インド 特 許 庁 国 内 段 階 に 入 るための 要 件 の 概 要 3 頁 概 要 国 内 段 階 に 入 るための 期 間 PCT 第 22 条 (3)に 基 づく 期 間 : 優 PCT 出 願 人 の 手 引 - 国 内 段 階 - 国 内 編 - 1 頁 インド 特 許 庁 ( 指 定 官 庁 又 は 選 択 官 庁 ) 国 内 段 階 - 概 要 目 次 国 内 段 階 の 手 続 附 属 書 手 数 料 附 属 書.Ⅰ 特 許 付 与 願 書 (Form 1) 附 属 書.Ⅱ 仮 / 完 全 明 細 書 (Form 2) 附 属 書.Ⅲ 第 8 条 に 基 づく 陳

More information

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について 日 環 協 第 8 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 土 壌 汚 染 対 策 法 政 令 市 市 長 殿 公 益 財 団 法 人 日 本 環 境 協 会 理 事 長 森 嶌 昭 夫 土 壌 環 境 保 全 対 策 推 進 助 成 金 交 付 事 業 実 施 要 領 の 変 更 について 当 協 会 の 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 の 御 協 力 を

More information

経産省の総会運営ガイドライン

経産省の総会運営ガイドライン Legal and Tax Report 経 産 省 の 総 会 運 営 ガイドライン 震 災 対 応 も 含 めて 2011 年 5 月 31 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 2011 年 4 月 28 日 経 産 省 は 当 面 の 株 主 総 会 の 運 営 について を 公 表 した これは 有 識 者 や 実 務 担 当 者 によるタスクフォースでの

More information

(別添)特定個人情報の適正な取扱いに関する安全管理措置

(別添)特定個人情報の適正な取扱いに関する安全管理措置 資 料 1 ( 別 添 ) 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 する 安 全 管 理 措 置 目 次 要 点... 1 1 安 全 管 理 措 置 の 検 討 手 順... 2 A 個 人 番 号 を 取 り 扱 う 事 務 の 範 囲 の 明 確 化... 2 B 特 定 個 人 情 報 ファイルの 範 囲 の 明 確 化... 2 C 事 務 取 扱 担 当 者 の 明 確

More information

Microsoft Word - 様式(H22)[1].rtf

Microsoft Word - 様式(H22)[1].rtf 別 紙 3 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 (21 年 度 末 ) 21 年 度 18,774 当 別 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 A B B/A 9,004,766 161,383 1,749,847 19.4 ( 参 考 ) 20 年 度 の 件 費 率

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

【1

【1 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 19 年 11 月 大 阪 府 都 市 整 備 部 総 合 計 画 課 目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 大 阪 府 が 目 指 す 都 市 の 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方

More information

Microsoft Word - 第3回模擬問題.doc

Microsoft Word - 第3回模擬問題.doc 第 3 種 電 力 第 2 回 A 問 題 ( 配 点 は1 問 題 当 たり5 点 ) 問 1 最 大 使 用 水 量 20[m 3 /s], 総 落 差 110[m], 損 失 落 差 10[m]の 水 力 発 電 所 がある. 年 平 均 使 用 水 量 を 最 大 使 用 水 量 の65[%]とするとき,この 発 電 所 の 年 間 発 電 電 力 量 [GWh]の 値 として, 最 も 近

More information

(8) 入 札 参 加 者 資 格 者 が 関 係 法 令 等 を 遵 守 しないなど 請 負 者 として 不 適 当 であると 認 め られるときは 指 名 業 者 として 選 定 することを 制 限 する 2. 労 働 者 の 福 祉 向 上 について 労 働 者 の 福 祉 向 上 のため 各

(8) 入 札 参 加 者 資 格 者 が 関 係 法 令 等 を 遵 守 しないなど 請 負 者 として 不 適 当 であると 認 め られるときは 指 名 業 者 として 選 定 することを 制 限 する 2. 労 働 者 の 福 祉 向 上 について 労 働 者 の 福 祉 向 上 のため 各 入 札 参 加 時 の 遵 守 事 項 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 決 裁 ) 羽 生 市 発 注 工 事 及 び 委 託 の 入 札 及 び 施 工 等 に 当 たっては 下 記 の 事 項 を 遵 守 してください なお 請 け 負 った 工 事 等 の 一 部 を 下 請 させるときは 下 請 負 者 に 対 し この 遵 守 事 項 について 周 知 し また これらの 従 事 する

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477>

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477> 開 発 許 可 審 査 基 準 平 成 24 年 8 月 春 日 部 市 目 次 総 則 第 01 目 的 1 第 02 法 令 の 略 称 規 定 1 第 03 開 発 行 為 の 定 義 1 都 市 計 画 法 第 29 条 開 発 行 為 の 許 可 3 都 市 計 画 法 第 33 条 開 発 許 可 の 基 準 5 都 市 計 画 法 第 34 条 市 街 化 調 整 区 域 の 許 可

More information

税制改革について

税制改革について 税 制 改 革 について 平 成 20 年 5 月 20 日 伊 藤 隆 敏 丹 羽 宇 一 郎 御 手 洗 冨 士 夫 八 代 尚 宏 税 制 は 国 民 生 活 や 経 済 社 会 にとって 極 めて 重 要 な 制 度 インフラであ り 21 世 紀 の 我 が 国 にふさわしい 税 体 系 の 再 構 築 は 喫 緊 の 課 題 となっ ている 国 民 の 視 点 に 立 った 分 かりやすい

More information

Microsoft Word - Ⅰ章_100525.doc

Microsoft Word - Ⅰ章_100525.doc Ⅰ. 市 街 化 区 域 内 農 地 の 資 産 価 値 の 整 理 1. 一 般 農 地 市 街 化 区 域 内 農 地 及 び 宅 地 に 係 る 固 定 資 産 税 の 負 担 水 準 等 の 経 年 変 化 等 についての 税 制 上 の 整 理 1) 一 般 農 地 市 街 化 区 域 内 農 地 及 び 宅 地 に 係 る 固 定 資 産 税 制 度 の 基 本 的 な 仕 組 み 農

More information

当 しない 範 囲 で 実 施 されなければならない また 医 師 が 行 う 運 動 又 は 栄 養 に 関 する 指 導 助 言 を 書 面 又 は 電 子 データ 等 の 形 で 発 出 す ること 及 びその 対 価 を 徴 収 することが 健 康 保 険 法 第 63 条 に 規 定 され

当 しない 範 囲 で 実 施 されなければならない また 医 師 が 行 う 運 動 又 は 栄 養 に 関 する 指 導 助 言 を 書 面 又 は 電 子 データ 等 の 形 で 発 出 す ること 及 びその 対 価 を 徴 収 することが 健 康 保 険 法 第 63 条 に 規 定 され 健 康 寿 命 延 伸 産 業 分 野 における 新 事 業 活 動 のガイドライン 平 成 26 年 3 月 31 日 厚 生 労 働 省 経 済 産 業 省 1.ガイドラインの 趣 旨 概 要 産 業 競 争 力 強 化 法 第 9 条 において 新 事 業 活 動 を 実 施 しようとする 者 は 主 務 大 臣 に 対 して 事 業 活 動 に 関 する 規 制 法 の 解 釈 及 び 事

More information

帝国議会の運営と会議録をめぐって

帝国議会の運営と会議録をめぐって 23 1890 10 10 11 25 11 26 11 27 11 29 115 56 16 19 23 92 22 3125 32 16 16 14 10 12 23 21 22 11 23 22 22 2211 23 73 9020 73 69 75 33 23 23 10 10 4111 25 10 11 23 220 10 20 6 64 10 11 12 13 15 16 73 49 40

More information

28年1定.xdw

28年1定.xdw 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 総 務 委 員 会 委 員 長 報 告 資 料 平 成 28 年 3 月 18 日 総 務 委 員 長 吉 沢 章 子 議 案 第 1 号 川 崎 市 職 員 の 退 職 管 理 に 関 する 条 例 の 制 定 について * 過 去 の 再 就 職 者 状 況 の 公 表 対 象 年 数 及 び 公 表 開 始 時 期 について 過 去 の 再 就 職 者

More information

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx ( 別 添 ) 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

目 次 Ⅰ 関 税 評 価 制 度 の 概 要 1 1. 関 税 評 価 2. 評 価 申 告 3. 課 税 価 格 の 決 定 方 法 Ⅱ 原 則 的 な 課 税 価 格 の 決 定 方 法 3 1. 輸 入 貨 物 の 課 税 価 格 1 輸 入 取 引 2 買 手 と 売 手 2. 加 算 要

目 次 Ⅰ 関 税 評 価 制 度 の 概 要 1 1. 関 税 評 価 2. 評 価 申 告 3. 課 税 価 格 の 決 定 方 法 Ⅱ 原 則 的 な 課 税 価 格 の 決 定 方 法 3 1. 輸 入 貨 物 の 課 税 価 格 1 輸 入 取 引 2 買 手 と 売 手 2. 加 算 要 輸 入 者 のための 関 税 評 価 セミナー 輸 入 貨 物 代 金 とは 別 に 買 手 により 負 担 される 加 算 要 素 ( 無 償 提 供 費 用 等 )の 取 扱 いについて 平 成 27 年 1 月 23 日 東 京 税 関 業 務 部 首 席 関 税 評 価 官 目 次 Ⅰ 関 税 評 価 制 度 の 概 要 1 1. 関 税 評 価 2. 評 価 申 告 3. 課 税 価 格

More information