<4D F736F F D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63>"

Transcription

1 相 模 原 市 -20-

2 目 次 Ⅰ 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 2 計 画 の 位 置 付 けと 計 画 期 間 2 Ⅱ 保 育 所 の 現 状 と 課 題 3 1 保 育 需 要 の 増 加 3 2 保 育 需 要 の 多 様 化 3 3 地 域 の 子 育 て 支 援 4 4 施 設 老 朽 化 への 対 応 と 近 代 化 4 5 保 育 所 経 費 等 の 増 大 4 6 公 立 保 育 所 の 主 な 課 題 5 Ⅲ 課 題 の 解 決 と 役 割 をはたすために 8 Ⅲ 1 公 立 保 育 所 の 活 性 化 9 1 公 立 保 育 所 の 役 割 9 2 公 立 保 育 所 の 活 性 化 の 方 策 9 Ⅲ 2 民 間 活 力 の 活 用 一 部 の 公 立 保 育 所 民 営 化 13 Ⅲ 3 公 立 保 育 所 の 民 営 化 方 法 14 1 移 管 を 行 う 保 育 所 の 選 定 14 2 民 営 化 の 手 法 15 3 移 管 先 の 選 定 16 4 円 滑 な 移 管 17 Ⅳ 計 画 の 後 期 事 業 等 について 18 Ⅴ 計 画 の 推 進 にむけて 19

3 Ⅰ 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 計 画 策 定 の 趣 旨 21 世 紀 をむかえ 社 会 経 済 情 勢 は 少 子 高 齢 化 の 進 行 をはじめ ライフスタイ ルの 多 様 化 経 済 の 低 成 長 など 大 きく 変 化 してきています このような 時 代 の 流 れの 中 で 明 日 の 社 会 の 基 盤 を 支 える 子 どもたちの 健 やか な 育 成 と 女 性 の 社 会 進 出 就 労 支 援 のため 増 大 多 様 化 する 保 育 需 要 への 対 応 と 子 育 て 支 援 対 策 の 充 実 が 望 まれ 保 育 所 が 担 うべき 役 割 がますます 増 加 してい ます 相 模 原 市 では 充 実 した 保 育 サービスの 提 供 と 子 どもが 健 やかに 育 つ 環 境 づく りの 実 現 をめざして 新 さがみはら 子 どもプラン を 定 め このプランの 中 で 様 々 な 保 育 所 に 係 わる 施 策 を 定 めています この 新 さがみはら 子 どもプラン をはじめとする 保 育 子 育 て 支 援 施 策 を 進 め 保 育 所 に 望 まれる 役 割 を 担 い 長 期 的 な 保 育 需 要 に 応 え より 良 い 保 育 環 境 を 築 いて 行 くためには より 有 効 な 人 材 財 源 の 活 用 を 図 ることが 必 要 になってい ます 様 々な 需 要 に 応 えていくためには 公 立 保 育 所 の 事 業 実 施 率 運 営 経 費 の 公 民 差 などから 公 立 保 育 所 のあり 方 運 営 について 抜 本 的 に 見 直 しが 必 要 となってお り これらの 課 題 解 決 に 向 けて 次 の 視 点 に 立 ち 計 画 を 策 定 しました 1) 子 どもの 健 やかな 育 成 のために 保 育 を 必 要 とする 児 童 に 子 どもの 視 点 に 立 った 適 切 な 保 育 の 場 を 提 供 し 入 所 児 童 を 取 巻 く 生 活 衛 生 環 境 の 向 上 を 図 ると 共 に 在 宅 児 童 を 含 めた 地 域 の 子 育 て 支 援 を 拡 充 します 2) 利 用 者 の 視 点 に 立 つ 保 育 子 どもたちの 家 庭 で 過 ごす 時 間 保 護 者 とのふれあいを 大 切 にしながら 働 く 親 に 子 どもを 安 心 して 預 けられる 場 所 を 提 供 し 子 どもと 親 にとって 利 用 しやすい 保 育 所 を 目 指 します 3) 人 材 と 財 源 の 有 効 活 用 人 材 財 源 を 有 効 に 活 用 することにより 保 育 需 要 の 増 加 多 様 化 に 対 応 する と 共 に 保 育 環 境 の 維 持 向 上 に 努 めます -1-

4 2 計 画 の 位 置 付 けと 計 画 期 間 1) 計 画 の 位 置 付 け 本 計 画 は 新 さがみはら 子 どもプラン における 保 育 所 に 関 わる 目 標 を 達 成 し 新 相 模 原 市 行 政 改 革 大 綱 実 施 計 画 にもとづく 市 民 サービス 向 上 等 を 図 るために 学 識 経 験 者 等 で 構 成 された 相 模 原 市 公 立 保 育 所 あり 方 検 討 会 の 検 討 結 果 を 踏 まえ 公 立 保 育 所 の 活 性 化 を 図 ると 共 に 一 部 の 公 立 保 育 所 の 運 営 に 民 間 活 力 を 活 用 することなどにより 子 育 て 支 援 保 育 施 策 の 一 層 の 充 実 をめざすものです 相 模 原 市 21 世 紀 総 合 計 画 新 世 紀 さがみはらプラン 新 相 模 原 市 行 政 改 革 大 綱 相 模 原 市 児 童 育 成 計 画 新 さがみはら 子 どもプラン 相 模 原 市 公 立 保 育 所 あり 方 検 討 会 新 相 模 原 市 行 政 改 革 大 綱 実 施 計 画 保 育 時 間 の 延 長 など 市 民 サービ スの 向 上 や 効 率 的 な 施 設 運 営 を 図 るため 公 立 保 育 所 の 管 理 運 営 の 民 間 委 託 や 退 職 職 員 の 再 雇 用 につ いて 検 討 する 相 模 原 市 公 立 保 育 所 活 性 化 民 間 移 管 計 画 2) 計 画 期 間 この 計 画 の 期 間 は 平 成 14 年 度 から 平 成 23 年 度 までの 10 か 年 とします また 新 さがみはら 子 どもプラン の 目 標 年 次 は 平 成 17 年 度 となっているこ となどを 勘 案 し 平 成 14 年 度 から 平 成 17 年 度 までを 前 期 とし 平 成 18 年 度 か ら 平 成 23 年 度 までを 後 期 として 2 期 に 分 けて 計 画 を 進 めます 新 世 紀 さがみはらプラン(11~22 年 度 ) 実 施 計 画 (11~14 年 度 ) 実 施 計 画 (15~18 年 度 ) 実 施 計 画 (19~22 年 度 ) (8~12 年 度 ) 子 どもプラン (13~17 年 度 ) 公 立 保 育 所 活 性 化 民 間 移 管 計 画 前 期 (14~17 年 度 ) 後 期 (18~23 年 度 ) -2-

5 Ⅱ 保 育 所 の 現 状 と 課 題 1 保 育 需 要 の 増 加 全 国 的 に 少 子 高 齢 化 が 進 む 中 で 就 学 前 児 童 の 増 加 が 続 いていた 相 模 原 市 で も 平 成 11 年 度 以 降 はその 数 が 減 少 していますが 要 保 育 児 童 は 女 性 の 社 会 進 出 などから 増 加 傾 向 にあり 今 後 も 当 面 は 保 育 所 への 入 所 希 望 者 が 増 加 するも のと 見 込 まれています 要 保 育 児 童 の 増 加 に 対 しては 積 極 的 に 保 育 所 の 新 設 分 園 の 設 置 施 設 の 増 改 築 による 入 所 児 童 定 員 の 拡 大 定 員 弾 力 化 ( 待 機 児 童 を 減 少 させるため 一 定 の 範 囲 内 で 定 員 を 超 えて 児 童 が 入 所 できる 制 度 )などの 対 応 策 により 受 入 れ を 拡 大 しているものの 依 然 として 待 機 児 童 が 生 じている 状 況 となっています 平 成 13 年 4 月 現 在 では 457 名 の 待 機 児 童 が 生 じ 今 後 も 保 育 需 要 は 増 加 が 見 込 まれていることから この 状 況 を 改 善 し 保 護 者 の 就 労 を 支 援 するため の 対 策 が 必 要 となっています 待 機 児 童 の 解 消 のため 平 成 14 年 度 には 保 育 所 3 園 を 新 設 するなどの 対 応 を 進 めていますが 保 育 需 要 の 増 加 傾 向 を 考 えると 今 後 も 保 育 所 の 新 設 改 修 などにより 保 育 所 の 受 入 れ 枠 を 拡 大 していくことが 必 要 となっています 2 保 育 需 要 の 多 様 化 女 性 の 社 会 進 出 及 び 就 労 制 限 緩 和 などから 保 護 者 の 雇 用 勤 務 形 態 の 多 様 化 が 進 み 休 日 勤 務 深 夜 当 直 業 務 への 従 事 超 過 勤 務 ( 残 業 )などにより 保 護 者 が 保 育 所 を 利 用 したい 時 間 帯 も 様 々で 通 常 の 保 育 所 の 開 所 時 間 だけで は 対 応 が 困 難 な 状 況 となっています これらの 状 況 から 延 長 保 育 一 時 保 育 夜 間 保 育 休 日 保 育 などを 実 施 し 保 育 所 の 受 入 れ 体 制 を 拡 充 しているところですが 今 後 も 保 育 需 要 の 多 様 化 が 進 展 することが 見 込 まれ 現 行 の 保 育 所 の 体 制 機 能 だけでは 子 どもたちが 適 切 な 保 育 を 受 けられない 状 況 となることが 考 えらます 子 どもたちが 家 庭 で 過 ごす 時 間 保 護 者 とのふれあいを 大 切 にしながら 延 長 保 育 などの 様 々な 時 間 帯 に 対 応 する 保 育 事 業 を 拡 充 し 充 実 した 保 育 環 境 を 提 供 することにより 児 童 の 健 全 な 育 成 と 育 児 の 負 担 がかかりがちな 女 性 の 社 会 進 出 を 支 援 することが 求 められています -3-

6 3 地 域 の 子 育 て 支 援 児 童 とその 家 庭 を 取 巻 く 環 境 は 都 市 化 少 子 化 核 家 族 化 や 地 域 とのつな がりの 希 薄 化 などにより 家 庭 地 域 での 育 児 機 能 が 低 下 すると 共 に 児 童 が 他 の 子 どもたちと 接 する 場 が 限 られ 社 会 性 などを 学 習 する 機 会 が 減 少 する 傾 向 にあります また 保 護 者 も 身 近 な 相 談 相 手 がいないなど 子 育 てに 対 する 不 安 やストレ スが 解 消 されにくい 状 況 にあり 児 童 の 心 身 の 発 育 に 大 きな 支 障 を 及 ぼす 児 童 虐 待 育 児 ノイローゼの 増 加 などの 一 因 となっていることが 考 えられ 育 児 相 談 育 児 情 報 の 提 供 などの 対 応 が 必 要 となっています 平 成 13 年 度 当 初 では 就 学 前 全 児 童 の 54.1% 3 歳 未 満 児 の 87.6%は 保 育 所 幼 稚 園 等 に 入 所 していない 在 宅 児 童 となっている 状 況 から 保 育 所 に 対 し ては 入 所 乳 幼 児 を 養 育 する という 基 本 的 な 目 的 だけでなく 在 宅 児 童 を 含 む 家 庭 や 地 域 への 子 育 て 支 援 が 望 まれています 4 施 設 老 朽 化 への 対 応 と 近 代 化 相 模 原 市 の 保 育 所 は その 多 くが 昭 和 40 年 代 後 半 から 50 年 代 前 半 に 建 設 さ れ 約 7 割 の 保 育 所 が 建 築 後 20 年 を 超 える 状 況 で 保 育 環 境 を 維 持 するため 改 修 を 重 ねていますが 築 30 年 を 超 える 施 設 については 老 朽 化 が 進 み 改 築 又 は 根 本 的 改 修 が 必 要 となってくることが 見 込 まれています これらの 保 育 所 は 老 朽 化 だけではなく 設 立 当 時 専 用 室 を 要 する 一 時 保 育 実 施 や 乳 児 の 受 入 れ 拡 大 を 想 定 しておらず 現 状 の 保 育 所 施 設 ではこれらの 保 育 施 策 の 拡 充 が 困 難 となるなど 保 育 事 業 推 進 に 支 障 をきたしています また 保 育 環 境 を 向 上 させるための 冷 房 設 備 の 導 入 オープン 保 育 ( 広 いス ペースで 異 年 齢 の 子 どもが 主 体 的 に 活 動 する 等 )の 拡 大 など 近 代 的 保 育 を 実 施 するためにも 施 設 の 改 築 改 修 が 望 まれています 特 に 公 立 保 育 所 は 半 数 が 建 築 後 25 年 を 超 えているため 今 後 改 築 改 修 が 集 中 的 に 必 要 となると 考 えられます 5 保 育 所 運 営 経 費 等 の 増 大 平 成 2 年 度 決 算 の 一 般 会 計 総 額 は 約 1,264 億 円 保 育 の 実 施 に 要 する 経 費 ( 公 立 保 育 所 及 び 民 間 保 育 所 の 保 育 所 運 営 等 経 費 の 総 額 )は 約 47 億 円 で 一 般 会 計 に 占 める 割 合 は 約 3.7%でしたが 入 所 児 童 の 増 大 多 様 化 する 保 育 需 要 に 対 応 す るための 特 別 保 育 事 業 の 拡 充 施 設 改 修 などにより 平 成 13 年 度 当 初 予 算 の 一 -4-

7 般 会 計 総 額 は 1,661 億 円 保 育 所 運 営 等 経 費 は 約 99 億 円 で 一 般 会 計 の 約 5.9% を 占 める 状 況 となっており 2 年 度 決 算 と 13 年 度 当 初 予 算 を 比 較 すると 一 般 会 計 が 約 31%の 増 加 にとどまる 中 で 保 育 所 運 営 等 経 費 は 約 110%の 増 加 とな っています 今 後 も 入 所 児 童 数 の 増 加 及 び 特 別 保 育 の 拡 充 による 運 営 経 費 の 増 加 施 設 改 修 に 要 する 経 費 の 増 加 などが 見 込 まれています 図 表 1 入 所 児 童 数 と 一 般 会 計 及 び 保 育 所 運 営 等 経 費 の 推 移 2 年 度 6 年 度 10 年 度 13 年 度 ( 当 初 ) 対 2 年 度 比 較 増 加 率 入 所 児 童 数 ( 人 ) 4,727 4,782 5,307 5, % 一 般 会 計 決 算 額 ( 億 円 ) 保 育 所 運 営 等 経 費 ( 億 円 ) 1, , , , % % 構 成 比 3.73% 4.06% 4.55% 5.94% * 保 育 所 運 営 等 経 費 = 民 間 保 育 所 費 -( 家 庭 保 育 福 祉 員 委 託 費 )+ 保 育 所 費 6 公 立 保 育 所 の 主 な 課 題 1) 特 別 保 育 の 実 施 状 況 本 市 では 多 様 な 保 育 需 要 に 対 応 するため 特 別 保 育 事 業 の 充 実 を 進 めており 公 立 民 間 保 育 所 を 合 わせた 市 全 体 の 延 長 保 育 の 実 施 率 は 68% 一 時 保 育 の 実 施 率 は 46%など 各 事 業 の 実 施 率 は 全 国 の 水 準 を 大 きく 上 回 っています その 内 民 間 保 育 所 における 実 施 状 況 は 全 保 育 所 で 延 長 保 育 が 実 施 されて いるほか 一 時 保 育 乳 児 保 育 障 害 児 保 育 などの 既 存 事 業 の 拡 充 夜 間 保 育 休 日 保 育 などの 新 規 事 業 にも 積 極 的 に 取 り 組 んでいます また 公 立 保 育 所 においても 全 国 の 公 立 保 育 所 と 比 較 すると 早 くから 延 長 保 育 一 時 保 育 を 実 施 し 産 休 明 け 保 育 についても 平 成 13 年 度 から 全 園 で 実 施 していますが その 後 延 長 保 育 一 時 保 育 の 実 施 率 があまり 上 昇 していない 状 況 となっています -5-

8 図 表 2 延 長 保 育 一 時 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 13 年 度 ) 区 延 長 保 育 分 公 立 保 育 所 ( 全 18 園 ) 民 間 保 育 所 ( 全 32 園 ) 合 計 ( 全 50 園 ) 実 施 園 数 実 施 率 11.1% 100.0% 68.0% 一 時 保 育 実 施 園 数 実 施 率 16.6% 62.5% 46.0% 2) 職 員 配 置 基 準 の 差 異 保 育 の 実 施 には 児 童 の 保 育 環 境 維 持 安 全 管 理 などから 適 切 な 保 育 士 の 配 置 が 必 要 で 国 により 職 員 の 配 置 についての 基 準 が 定 められています また 多 くの 市 町 村 では 通 常 の 保 育 に 関 して 児 童 処 遇 向 上 のため 国 の 基 準 を 上 回 る 職 員 配 置 を 行 っており 相 模 原 市 では 公 立 保 育 所 に 独 自 の 職 員 配 置 基 準 を 設 けると 共 に 民 間 保 育 所 においても 神 奈 川 県 相 模 原 市 独 自 の 各 種 助 成 制 度 を 設 け 国 の 職 員 配 置 基 準 を 上 回 る 保 育 士 を 配 置 しており 通 常 の 保 育 に 関 しては 公 立 保 育 所 と 概 ね 同 水 準 の 正 規 保 育 士 が 配 置 されています また 通 常 の 保 育 以 外 の 特 別 保 育 を 行 う 民 間 保 育 所 に 対 しては 国 の 助 成 制 度 だけでなく 市 独 自 の 助 成 費 への 加 算 を 行 っており 民 間 保 育 所 は この 助 成 制 度 を 基 に 正 規 保 育 士 の 勤 務 ローテーションの 工 夫 や 非 常 勤 保 育 士 を 有 効 に 配 置 し 特 別 保 育 における 保 育 環 境 の 向 上 を 図 っています 一 方 相 模 原 市 の 公 立 保 育 所 では 特 別 保 育 実 施 の 際 に 正 規 保 育 士 を 中 心 と した 職 員 配 置 基 準 を 設 けており 正 規 保 育 士 の 増 員 が 必 要 になるなど 増 大 多 様 化 する 保 育 需 要 に 迅 速 柔 軟 に 対 応 することが 困 難 となっています このため 民 間 保 育 所 と 比 較 すると 延 長 保 育 一 時 保 育 の 実 施 率 が 低 い 状 態 となっています 3) 運 用 の 柔 軟 性 多 様 化 する 保 育 需 要 に 対 して 一 部 の 公 立 保 育 所 では 延 長 保 育 一 時 保 育 な どに 取 り 組 んでいますが その 運 営 については 利 用 者 の 立 場 に 立 った 運 用 が 必 要 です 相 模 原 市 の 民 間 保 育 所 は 様 々な 保 育 需 要 に 柔 軟 な 対 応 が 図 られており 延 長 保 育 では 日 極 め 繁 忙 時 期 年 度 途 中 からの 利 用 が 可 能 であるなど 働 く 親 の 実 態 に 即 した 対 応 が 図 られています -6-

9 公 立 保 育 所 では 延 長 保 育 を 利 用 する 場 合 に 原 則 として 入 所 時 に 登 録 が 必 要 となっており 年 度 途 中 不 定 期 利 用 などへの 対 応 がとられていないなどの 運 用 上 の 課 題 があります 4) 運 営 経 費 保 育 の 実 施 には 多 くの 経 費 を 要 するため 保 育 所 入 所 児 童 の 増 加 に 伴 い 保 育 所 運 営 経 費 が 大 幅 に 増 加 しています また 特 別 保 育 事 業 の 実 施 に 際 しては 国 の 補 助 制 度 を 基 本 に 相 模 原 市 独 自 の 助 成 制 度 を 設 け 保 育 環 境 の 向 上 に 努 めていますが 事 業 の 拡 充 により 経 費 が 増 加 しています これらの 経 費 は 公 立 保 育 所 では 人 件 費 食 材 教 材 等 の 消 耗 品 費 施 設 維 持 費 などの 経 費 となっていますが 民 間 保 育 所 には 主 に 運 営 費 補 助 金 として 支 出 され 民 間 保 育 所 はこれらを 財 源 として 公 立 保 育 所 と 同 様 に 人 件 費 消 耗 品 費 施 設 維 持 費 等 に 充 当 しています 公 立 保 育 所 と 民 間 保 育 所 の 運 営 経 費 の 差 は 公 立 保 育 所 で 平 成 12 年 度 に 行 った 保 育 と 同 内 容 の 保 育 を 民 間 保 育 所 で 実 施 したと 仮 定 した 場 合 に 支 出 する 経 費 を 比 較 すると 公 立 保 育 所 が 児 童 1 人 月 額 平 均 で 約 2 万 9 千 円 高 く 民 間 保 育 所 の 1.34 倍 となっており 保 育 所 1 か 所 の 年 額 平 均 では 約 4, 700 万 円 高 い 状 況 となっています 保 育 所 運 営 経 費 の 財 源 は 国 県 からの 負 担 金 補 助 金 保 護 者 からの 保 育 料 と 市 の 一 般 財 源 ( 主 に 市 税 など)となっており より 有 効 な 活 用 が 求 められ ています 図 表 3 運 営 経 費 児 童 1 人 当 り 月 額 の 財 源 別 内 訳 (12 年 度 決 算 ) 単 位 ; 円 114,600 円 公 立 運 営 経 費 19,200 75,700 6,700 13,000 保 育 料 市 県 国 仮 定 の 試 算 額 19,200 36,900 14,000 15,700 85,800 円 0 20,000 40,000 60,000 80, , ,000 公 立 保 育 所 が 実 際 に 実 施 した 保 育 内 容 を 民 間 保 育 所 が 実 施 したと 仮 定 した 場 合 の 運 営 経 費 と 財 源 内 訳 の 状 況 を 試 算 した -7-

10 Ⅲ 課 題 の 解 決 と 公 立 保 育 所 の 役 割 をはたすために 少 子 高 齢 化 を 迎 える 今 日 明 日 の 社 会 の 基 盤 を 支 える 子 どもたちの 健 やかな 育 成 と 女 性 の 社 会 進 出 就 労 支 援 のため 待 機 児 童 の 解 消 特 別 保 育 の 拡 充 地 域 子 育 て 支 援 の 拡 充 老 朽 施 設 の 改 修 近 代 化 など 増 大 多 様 化 する 保 育 需 要 への 対 応 と 子 育 て 支 援 対 策 の 充 実 など 保 育 所 が 担 うべき 役 割 が 大 きくなってい ます これらの 課 題 への 対 応 や 保 育 所 の 役 割 をはたすため 様 々な 保 育 需 要 に 応 える 保 育 事 業 を 拡 充 する 必 要 があり 相 模 原 市 では 平 成 13 年 3 月 に 策 定 された 新 さが みはら 子 どもプラン の 中 で 延 長 保 育 休 日 保 育 などの 特 別 保 育 事 業 の 推 進 コ ミュニティ 保 育 グループ 支 援 など 地 域 子 育 て 支 援 のため 保 育 所 の 機 能 拡 充 を 図 る こととしています このプランを 始 めとして 今 後 の 保 育 施 策 を 進 めていく 上 で 公 立 保 育 所 にお ける 特 別 保 育 事 業 等 の 拡 大 と 民 間 保 育 所 への 助 成 制 度 拡 充 による 特 別 保 育 事 業 等 の 促 進 が 必 要 となっていますが 経 済 の 低 成 長 時 代 への 移 行 により 財 源 人 材 の 制 約 から 保 育 事 業 の 拡 充 が 困 難 となりつつあり より 一 層 の 工 夫 が 求 められてい ます 子 どもたちを 取 巻 く 課 題 の 解 決 保 育 所 の 役 割 を 担 っていくためには 限 られた 人 材 財 源 をより 柔 軟 で 効 果 的 に 運 用 することが 必 要 であり 特 別 保 育 事 業 の 実 施 率 が 低 く 運 営 経 費 を 多 く 要 する 公 立 保 育 所 の 運 営 について 抜 本 的 な 見 直 しを 行 うことが 必 要 です このため 今 後 保 育 所 に 望 まれている 役 割 を 踏 まえながら 公 立 保 育 所 の 運 営 について 次 のような 見 直 しを 図 り 公 立 保 育 所 民 間 保 育 所 が 共 に 保 育 子 育 て 支 援 の 充 実 を 進 めていきます 公 立 保 育 所 の 活 性 化 : 公 立 保 育 所 の 行 政 組 織 の 機 関 としての 機 能 特 色 を 活 か した 在 宅 児 童 を 含 む 地 域 子 育 て 支 援 の 推 進 と 公 立 保 育 所 における 延 長 保 育 等 の 拡 充 を 図 ります 民 間 活 力 の 活 用 : 民 間 保 育 所 は 保 育 需 要 の 増 加 多 様 化 に 対 して 柔 軟 な 対 応 が 可 能 で 公 立 保 育 所 より 低 額 な 保 育 所 運 営 経 費 で 事 業 実 施 が 可 能 であること から 民 間 の 運 営 主 体 に 一 部 の 公 立 保 育 所 の 運 営 等 を 移 管 するなどの 手 法 によ り 民 営 化 を 進 め 保 育 サービスの 充 実 と 人 材 財 源 の 有 効 活 用 による 保 育 環 境 の 向 上 を 図 ります -8-

11 Ⅲ 1 公 立 保 育 所 の 活 性 化 1 公 立 保 育 所 の 役 割 近 年 の 保 育 需 要 の 増 加 への 対 応 及 び 延 長 保 育 夜 間 保 育 等 利 用 希 望 時 間 帯 の 多 様 化 への 対 応 などには 保 育 事 業 への 柔 軟 性 効 果 的 な 財 源 活 用 から 民 間 保 育 所 を 主 体 とした 展 開 を 進 めることが 有 効 です また 同 様 に 現 行 の 公 立 保 育 所 の 運 営 についても 民 間 活 力 を 活 用 し 社 会 福 祉 法 人 などに 運 営 を 委 ねる 民 営 化 も 保 育 サービス 向 上 の 有 効 な 方 法 です しかしながら 保 育 所 に 対 しては 入 所 乳 幼 児 を 養 育 する と 言 う 基 本 的 な 目 的 だけでなく 多 様 な 保 育 需 要 への 対 応 と 在 宅 児 童 を 含 む 家 庭 や 地 域 の 子 育 て 支 援 が 望 まれています 相 模 原 市 の 保 育 子 育 て 支 援 の 拡 充 については 公 立 保 育 所 民 間 保 育 所 が 共 に 推 進 していますが 地 域 の 子 育 て 支 援 など 従 前 の 保 育 所 の 機 能 を 超 える 需 要 には 行 政 組 織 内 の 公 立 保 育 所 の 特 色 や 機 能 を 活 かすことで より 充 実 が 図 られ る 事 項 があり 地 域 性 を 考 慮 しながら 公 立 保 育 所 はこの 役 割 を 担 っていくこと が 必 要 となっています また 保 育 行 政 の 推 進 には 子 どもや 保 護 者 の 視 点 に 立 ち 保 育 に 対 する 需 要 を 的 確 に 把 握 することが 必 要 で 日 々の 保 育 を 実 施 していく 中 で 子 どもや 保 護 者 と 接 することによる 情 報 が 重 要 な 意 味 を 持 っています 行 政 が 直 接 保 育 所 の 運 営 に 携 ることで 公 立 保 育 所 から 保 育 需 要 の 実 情 や 課 題 などの 的 確 な 把 握 が 行 なわれることにより 需 要 に 即 応 した 保 育 施 策 子 育 て 支 援 施 策 の 推 進 を 図 ることができます 2 公 立 保 育 所 の 活 性 化 の 方 策 1) 公 立 保 育 所 における 子 育 て 支 援 施 策 の 展 開 公 立 保 育 所 は 在 宅 児 童 を 含 む 家 庭 や 地 域 の 子 育 て 支 援 施 策 の 中 で 公 立 である 特 徴 を 活 かし 学 校 福 祉 事 務 所 保 健 所 等 の 公 立 の 組 織 機 関 との 連 携 を 更 に 深 め 保 護 者 の 育 児 不 安 解 消 児 童 虐 待 防 止 など 地 域 の 子 育 て 支 援 へ の 対 応 を 図 っていくことが 必 要 です 相 模 原 市 の 公 立 保 育 所 は 独 自 にコミュニティ 保 育 グループの 支 援 など 地 域 の 育 児 支 援 への 実 績 があり 今 後 も 行 政 組 織 の 機 能 特 色 を 活 かした 業 務 につい て 推 進 します -9-

12 推 進 策 次 のような 子 育 て 支 援 業 務 などについて 公 立 保 育 所 の 特 色 機 能 を 活 用 す る 事 業 の 具 体 化 について 検 討 と 推 進 を 図 ります 児 童 虐 待 防 止 のための 保 育 相 談 等 の 支 援 乳 児 検 診 時 への 応 援 等 母 子 保 健 事 業 との 連 携 による 保 護 者 への 助 言 指 導 の 充 実 アレルギー 乳 幼 児 突 然 死 症 候 群 への 対 応 策 等 の 情 報 収 集 と 公 立 民 間 保 育 所 保 護 者 への 情 報 提 供 子 育 て 支 援 事 業 に 関 連 する 行 政 機 関 の 情 報 各 種 イベントを 中 心 とした 情 報 の 収 集 と 地 域 の 保 護 者 への 提 供 コミニュニティ 保 育 グループの 活 動 支 援 感 染 症 対 策 に 関 する 調 査 研 究 への 協 力 等 市 関 連 機 関 への 協 力 アトピー 性 皮 膚 炎 などアレルギーを 持 つ 児 童 多 動 児 要 導 尿 児 等 の 保 育 への 対 応 小 中 学 校 の 適 応 指 導 教 室 ( 不 登 校 児 童 生 徒 の 受 入 れ)への 対 応 保 育 所 施 設 の 地 域 開 放 と 来 園 保 護 者 への 助 言 の 充 実 による 児 童 保 護 者 の 交 流 促 進 と 育 児 不 安 の 解 消 各 種 育 児 教 室 の 実 施 など 在 宅 児 世 帯 への 育 児 支 援 の 拡 充 保 育 実 習 生 中 高 校 生 保 育 体 験 の 受 入 れ 等 人 材 育 成 の 促 進 認 可 外 保 育 所 への 訪 問 による 実 態 把 握 と 助 言 などを 実 施 による 認 可 外 保 育 所 の 児 童 処 遇 向 上 の 促 進 事 業 目 標 : 平 成 14 年 度 に 保 育 士 を 含 めた 庁 内 検 討 組 織 を 設 置 し 検 討 を 進 めます 2) 公 立 保 育 所 における 特 別 保 育 への 対 応 保 育 需 要 の 多 様 化 に 応 えるため 相 模 原 市 では 特 別 保 育 の 拡 充 に 努 めている 中 で 民 間 保 育 所 では 延 長 保 育 を 全 園 で 実 施 しているなど 社 会 福 祉 法 人 が 保 育 サービスの 向 上 に 大 きく 貢 献 していますが 近 年 は 特 別 保 育 に 対 する 需 要 も 更 に 増 加 し 現 行 の 民 間 保 育 所 だけでは 需 要 に 十 分 な 対 応 ができない 地 域 が 生 じ てきています このため 今 後 も 公 立 として 運 営 を 継 続 する 保 育 所 においては 地 域 子 育 て 支 援 に 重 点 を 置 きながら 時 代 の 変 化 と 共 に 多 様 化 する 保 育 需 要 に 応 えていく ことが 望 まれています -10-

13 1 事 業 の 拡 充 と 職 員 配 置 基 準 の 見 直 し 延 長 保 育 一 時 保 育 など 特 別 保 育 の 実 施 には 正 規 保 育 士 の 増 員 勤 務 ロー テーションの 工 夫 非 常 勤 職 員 を 有 効 に 活 用 するなど 内 容 に 応 じた 適 切 な 職 員 配 置 が 必 要 です 相 模 原 市 の 公 立 保 育 所 は 全 国 の 公 立 保 育 所 の 中 でも 早 期 に 延 長 保 育 一 時 保 育 を 実 施 し 産 休 明 け 保 育 を 全 園 で 実 施 するなどの 実 績 がありますが 公 立 保 育 所 は 正 規 保 育 士 の 増 員 を 主 体 とする 本 市 独 自 の 職 員 配 置 基 準 が 設 けられ ていることから 特 別 保 育 の 拡 充 を 進 めることが 困 難 な 状 況 となっています 今 後 公 立 保 育 所 における 特 別 保 育 を 拡 充 していくためには より 実 態 に 即 した 職 員 配 置 に 努 め 人 材 を 有 効 に 活 用 することが 必 要 です 推 進 策 特 別 保 育 を 実 施 するために 職 員 の 加 配 を 行 う 際 は 特 別 保 育 の 内 容 利 用 者 の 状 況 保 育 士 の 配 置 状 況 などから 総 合 的 に 判 断 し 勤 務 ローテーション の 工 夫 再 任 用 職 員 の 活 用 など 様 々な 手 法 を 検 討 し 保 育 環 境 を 維 持 しなが ら 職 員 配 置 基 準 の 見 直 しを 検 討 し 特 別 保 育 事 業 の 推 進 を 図 ります 事 業 目 標 1 延 長 保 育 実 施 園 の 拡 大 勤 務 ローテーションの 工 夫 非 常 勤 保 育 士 の 活 用 などを 踏 まえ 配 置 基 準 について 見 直 しを 検 討 し 平 成 17 年 度 までに 公 立 保 育 所 における 午 後 6 時 以 降 の 1 時 間 延 長 保 育 を 新 たに 5 園 程 度 実 施 します 2 一 時 保 育 実 施 園 の 拡 大 定 年 退 職 保 育 士 等 の 再 任 用 による 経 験 豊 富 な 保 育 士 の 活 用 を 図 るなど 平 成 17 年 度 までに 公 立 保 育 所 における 一 時 保 育 を 新 たに 5 園 程 度 実 施 します 3 乳 児 保 育 の 拡 充 公 立 保 育 所 の 民 営 化 などにより 生 じる 職 員 を 活 用 し 年 度 当 初 から 乳 児 受 入 れ 枠 の 拡 大 に 努 めます 4 地 域 担 当 の 機 能 集 約 地 域 性 を 考 慮 し 地 域 子 育 て 支 援 の 中 心 となる 保 育 所 に 機 能 を 集 約 した 中 で 担 当 保 育 士 の 配 置 の 見 直 しを 行 い 一 時 保 育 乳 児 保 育 を 拡 充 するため の 要 員 として 活 用 を 図 ります -11-

14 2 事 業 への 柔 軟 な 対 応 特 別 保 育 の 実 施 に 際 しては 延 長 保 育 一 時 保 育 などの 実 施 保 育 所 の 拡 充 を 図 るだけではなく その 運 用 についても 保 護 者 の 利 便 性 向 上 と 児 童 への 適 切 な 保 育 の 場 を 提 供 するため 利 用 者 の 視 点 に 立 つ 柔 軟 性 をもつことが 必 要 です 働 く 親 にとっては 残 業 などやむを 得 ず 通 常 の 保 育 時 間 を 超 えることや 在 宅 児 童 世 帯 でも 乳 児 を 連 れての 外 出 が 困 難 な 場 合 もあり 実 態 に 即 した 対 応 が 望 まれています 推 進 策 公 立 保 育 所 においても 保 護 者 の 残 業 変 則 勤 務 時 などに 必 要 な 保 育 を 受 ける ことができない 児 童 に 保 育 の 場 を 提 供 できるよう 対 応 を 図 ります 1 延 長 保 育 日 極 め 繁 忙 時 期 の 期 間 的 利 用 年 度 途 中 からの 利 用 など 様 々な 利 用 形 態 への 対 応 を 図 ります 2 一 時 保 育 保 育 需 要 を 勘 案 しながら 土 曜 日 の 実 施 について 検 討 を 進 めます また 一 時 保 育 負 担 金 ( 利 用 料 金 )の 支 払 いが 保 育 所 でできるよう 対 応 を 図 ります * 民 間 保 育 所 を 含 めた 一 時 保 育 の 利 用 条 件 の 緩 和 ( 保 護 者 のリフレッシュ 買 い 物 時 等 による 一 時 保 育 利 用 )について 検 討 を 進 めます 3) 施 設 老 朽 化 と 近 代 化 への 対 応 一 時 保 育 乳 児 保 育 の 拡 充 のためには 専 用 室 の 設 置 乳 児 室 の 拡 張 などが 必 要 となりますが 従 前 の 保 育 所 では 保 育 需 要 の 多 様 化 を 想 定 しておらず 施 設 的 な 対 応 が 困 難 で これらの 保 育 事 業 拡 充 に 支 障 をきたすことがあります また 近 年 では 衛 生 環 境 保 育 環 境 の 向 上 のため 冷 房 設 備 の 設 置 子 どもの 情 操 社 会 性 を 養 うためのオープン 保 育 など 近 代 的 保 育 を 進 めると 共 に 地 域 子 育 て 支 援 施 策 の 展 開 をしていくための 施 設 整 備 など 施 設 の 改 修 が 必 要 とな っています 民 間 保 育 所 では 建 築 後 25 年 を 超 える 施 設 の 改 築 が 進 んでいますが 公 立 保 育 所 は 半 数 が 建 築 後 25 年 を 超 えているため 保 育 需 要 への 対 応 近 代 的 保 育 へ の 対 応 を 含 めた 増 改 築 大 規 模 改 修 が 必 要 となっています -12-

15 推 進 策 冷 房 設 備 の 設 置 改 築 改 修 など 計 画 的 な 公 立 保 育 所 の 再 整 備 を 進 めます 事 業 目 標 : 建 築 後 年 数 施 設 の 状 況 などを 考 慮 しながら 増 改 築 大 規 模 改 修 及 び 全 室 冷 房 設 備 設 置 を 進 めます 14 年 度 15 年 度 16 年 度 17 年 度 冷 房 設 備 3 園 3 園 5 園 改 築 改 修 ( 着 工 ) *2 園 1 園 * 移 管 時 の 改 築 改 修 1 園 を 含 む Ⅲ-2 民 間 活 力 の 活 用 一 部 の 公 立 保 育 所 民 営 化 相 模 原 市 には 認 可 保 育 所 は 50 か 所 あり この 内 民 間 保 育 所 は 32 か 所 で 入 所 児 童 は 全 体 の 約 60%を 占 める 状 況 です 民 間 保 育 所 は 特 別 保 育 の 実 施 についても 延 長 保 育 一 時 保 育 乳 児 保 育 障 害 児 保 育 などの 拡 充 と 共 に 夜 間 保 育 休 日 保 育 などの 新 たな 保 育 事 業 への 取 組 み により 本 市 保 育 施 策 に 大 きく 貢 献 しています また 運 営 に 要 する 経 費 についても 公 立 保 育 所 の 約 7~ 8 割 程 度 となっていま す 延 長 保 育 休 日 保 育 など 特 別 保 育 事 業 を 実 施 するには 職 員 配 置 の 対 応 などに 柔 軟 な 運 営 が 必 要 となっており 特 別 保 育 事 業 等 の 推 進 に 貢 献 している 民 間 保 育 所 の 実 績 から 民 間 活 力 の 活 用 を 図 ることが 有 効 です また 待 機 児 童 の 解 消 特 別 保 育 事 業 の 拡 充 等 の 課 題 解 決 には 施 設 新 設 改 修 及 び 事 業 実 施 に 係 る 助 成 制 度 の 充 実 など 多 くの 支 出 が 見 込 まれ 財 源 を 有 効 に 活 用 する 観 点 からも 一 部 の 公 立 保 育 所 を 社 会 福 祉 法 人 等 へ 移 管 するなどの 民 営 化 に より 経 費 の 軽 減 を 図 り これらの 事 業 を 更 に 推 進 していきます 公 立 保 育 所 の 民 営 化 による 効 果 公 立 保 育 所 の 民 営 化 に 伴 い 財 源 人 材 を 活 用 し 次 のような 事 業 などを 進 め 保 育 環 境 の 向 上 を 図 ります 民 営 化 する 保 育 所 の 受 入 れ 枠 を 拡 大 すると 共 に 軽 減 される 経 費 を 充 当 し 他 の 保 育 所 においても 受 入 れ 枠 を 拡 大 し 待 機 児 童 の 解 消 に 努 めます 民 営 化 する 保 育 所 において 2 時 間 以 上 の 延 長 保 育 一 時 保 育 を 実 施 する と 共 に 助 成 事 業 拡 大 による 民 間 保 育 所 の 特 別 保 育 事 業 促 進 を 図 ります -13-

16 乳 児 保 育 一 時 保 育 などの 公 立 保 育 所 における 特 別 保 育 拡 充 及 び 保 育 所 の 栄 養 管 理 保 健 衛 生 を 更 に 向 上 させるため 民 営 化 時 に 生 じる 人 材 を 必 要 に 応 じて 活 用 し 事 業 の 推 進 を 図 ります 建 築 後 経 過 年 数 の 長 い 保 育 所 を 中 心 に 保 育 所 施 設 近 代 化 のための 改 築 改 修 に 努 めます Ⅲ 3 公 立 保 育 所 の 民 営 化 方 法 1 民 営 化 を 行 う 保 育 所 の 選 定 1) 選 定 の 考 え 方 現 在 公 立 保 育 所 は 本 庁 地 区 及 び 全 出 張 所 所 管 区 域 に 配 置 され 本 庁 地 区 橋 本 地 区 大 野 中 地 区 は 2 か 所 大 野 南 地 区 は 3 か 所 に 複 数 配 置 されています 公 立 保 育 所 は 地 域 に 密 着 した 地 域 子 育 て 支 援 の 拠 点 としての 役 割 を 担 って いくため 原 則 として 全 出 張 所 区 への 1 施 設 の 配 置 を 基 本 として 地 域 子 育 て 支 援 機 能 の 強 化 集 中 化 を 図 り 公 立 保 育 所 が 複 数 配 置 されている 地 区 を 優 先 し て 民 営 化 を 進 めます 民 営 化 を 行 う 際 には 当 該 保 育 所 での 延 長 保 育 の 開 始 など 特 別 保 育 の 拡 充 が 進 められることから 利 便 性 の 向 上 経 費 的 効 果 等 を 考 慮 し 通 常 保 育 特 別 保 育 の 需 要 が 将 来 的 にもより 見 込 まれる 保 育 所 を 優 先 します なお 本 庁 地 区 に 設 置 されている 2 か 所 の 公 立 保 育 所 については 就 学 児 童 数 等 が 他 地 区 の 2 倍 以 上 であること 等 の 状 況 を 勘 案 して 本 計 画 では 民 営 化 の 対 象 とせず 取 扱 いについて 継 続 して 検 討 していきます 以 上 のことから 本 計 画 においては 橋 本 地 区 大 野 中 地 区 の 各 1 保 育 所 と 大 野 南 地 区 の 2 保 育 所 の 計 4 保 育 所 について 民 営 化 を 進 めます 2) 民 営 化 を 行 う 保 育 所 橋 本 地 区 大 野 中 地 区 大 野 南 地 区 の 3 地 区 の 中 では 橋 本 地 区 の 保 育 需 要 が 最 も 高 く 同 地 区 内 には 平 成 14 年 度 に 民 間 保 育 所 が 新 設 されますが 就 学 前 児 童 数 の 増 加 傾 向 など 今 後 も 最 も 保 育 需 要 の 拡 大 が 見 込 まれ 早 期 の 保 育 需 要 への 対 応 が 必 要 となっています また 大 野 南 地 区 では 当 面 保 育 所 の 新 設 等 の 計 画 がないことから 定 員 増 などを 含 め 保 育 需 要 への 対 応 を 図 ることが 必 要 となります 大 野 中 地 区 は 当 面 の 保 育 需 要 の 増 加 に 対 しては 平 成 14 年 度 における 民 間 -14-

17 保 育 所 の 新 設 大 沼 保 育 園 の 定 員 30 名 拡 大 により 対 応 が 可 能 と 考 えられ 近 年 中 には 就 学 前 児 童 数 も 安 定 していくものと 見 込 まれていますが 将 来 的 な 保 育 需 要 の 多 様 化 の 傾 向 は 進 むものと 思 われます よって 前 記 の 地 域 的 状 況 を 踏 まえ 保 育 需 要 施 設 老 朽 化 に 伴 う 改 築 改 修 時 期 などを 考 慮 し 民 営 化 する 公 立 保 育 所 を 選 定 します 推 進 策 公 立 保 育 所 の 民 営 化 を 次 のとおり 進 めます 実 施 年 度 出 張 所 区 対 象 保 育 所 保 育 所 選 定 の 主 な 理 由 17 年 度 橋 本 地 区 橋 本 保 育 園 20 年 度 大 野 南 地 区 南 大 野 保 育 園 22 年 度 大 野 南 地 区 駅 に 至 近 で 保 護 者 の 利 便 性 が 高 く 今 後 も 保 育 需 要 の 増 加 が 見 込 まれている 入 所 児 童 待 機 児 童 が 最 も 多 い 対 象 地 区 の 保 育 所 の 中 で 最 も 古 く 施 設 の 改 修 後 経 過 年 数 も 最 も 長 い 児 童 定 員 入 所 児 童 数 が 最 も 多 い 鉄 骨 造 りで 早 期 の 改 修 又 は 改 築 が 必 要 で ある 保 育 需 要 の 変 動 を 考 慮 し 後 期 計 画 として 平 成 17 年 度 に 以 降 大 野 中 地 区 別 途 選 定 します * 民 営 化 時 の 事 業 充 実 内 容 保 育 所 の 改 築 ( 冷 暖 房 整 備 オープン 保 育 対 応 30 名 定 員 増 一 時 保 育 室 設 置 乳 児 室 拡 張 等 ) 一 時 保 育 2 時 間 延 長 保 育 の 実 施 など 2 民 営 化 の 手 法 公 立 保 育 所 を 民 営 化 する 場 合 には 新 たな 運 営 主 体 について 広 く 市 外 の 団 体 等 も 選 考 の 対 象 とするなど 範 囲 を 広 げると 共 に 資 産 などの 有 無 や 経 済 力 の 差 異 ではなく 保 育 所 運 営 上 の 内 容 を 基 準 とした 評 価 により 優 良 な 運 営 主 体 を 選 択 することが 必 要 です また 民 営 化 の 大 きな 目 的 の 一 つである 柔 軟 な 運 営 のため 現 在 の 民 間 保 育 所 同 様 施 設 管 理 を 含 め 施 設 の 改 修 及 び 維 持 管 理 に 対 しても 法 人 等 の 自 主 性 を 尊 重 できるような 配 慮 が 必 要 です なお 保 育 所 の 運 営 だけを 民 間 に 移 管 する 公 設 民 営 の 保 育 所 では 国 によ る 運 営 費 の 一 部 ( 民 間 施 設 給 与 等 改 善 費 = 民 改 費 )が 支 給 対 象 外 となるなどの 制 約 があります これらのことを 考 慮 して 民 営 化 の 手 法 については 保 育 所 の 設 置 主 体 運 -15-

18 営 主 体 ともに 民 間 に 移 行 する 民 間 移 管 を 基 本 とします この 場 合 の 保 育 所 用 地 については 移 管 先 法 人 等 へ 無 償 貸 与 とします また 保 育 所 建 物 については 新 たな 運 営 主 体 が 老 朽 化 定 員 増 などに 対 応 するため に 必 要 な 施 設 整 備 を 行 うものとし その 経 費 については 原 則 として 国 市 の 補 助 制 度 により 助 成 を 行 います 3 移 管 先 の 選 定 1) 運 営 主 体 の 考 え 方 平 成 12 年 3 月 の 児 童 福 祉 法 の 改 正 により これまで 原 則 地 方 公 共 団 体 社 会 福 祉 法 人 に 限 られていた 保 育 所 の 運 営 主 体 が 企 業 学 校 法 人 NPO 等 の 団 体 個 人 でも 認 可 の 対 象 となりましたが 社 会 福 祉 法 人 以 外 の 運 営 主 体 では 施 設 整 備 に 関 する 補 助 金 の 支 出 制 限 があること 規 制 緩 和 後 の 実 施 例 が 少 なく 保 育 所 運 営 の 実 績 評 価 が 定 まっていないなどの 課 題 があり 公 立 保 育 所 の 移 管 先 とする 運 営 主 体 については 福 祉 の 専 門 的 な 非 営 利 の 組 織 として 多 くの 実 績 を 有 する 社 会 福 祉 法 人 を 移 管 先 の 対 象 とします なお 社 会 福 祉 法 人 以 外 の 運 営 主 体 に 対 しては 新 たな 発 想 による 保 育 サー ビスの 実 施 事 業 運 営 ノウハウの 活 用 運 営 経 費 節 減 などが 期 待 されることか ら 前 記 の 課 題 が 改 善 された 段 階 において 幼 稚 園 等 の 運 営 実 績 のある 学 校 法 人 優 良 な 認 可 外 保 育 所 を 運 営 している 個 人 NPO 企 業 法 人 などについても 公 立 保 育 所 の 移 管 先 の 対 象 として 改 めて 検 討 を 行 います 2) 運 営 に 関 する 条 件 公 立 保 育 所 の 移 管 は 保 育 サービスの 向 上 を 図 ることが 目 的 であり 移 管 先 法 人 は 各 種 保 育 サービスの 拡 充 保 育 環 境 の 維 持 向 上 を 図 る 体 制 をもつことが 必 要 です 応 募 の 条 件 1 職 員 配 置 など 保 育 環 境 の 維 持 向 上 が 図 られる 体 制 が 確 保 できること 2 多 様 な 保 育 需 要 に 対 応 することため 市 が 指 定 する 特 別 保 育 事 業 を 実 施 すること 3 保 護 者 の 意 向 を 尊 重 し 事 業 の 継 続 性 を 保 てること -16-

19 推 進 策 移 管 先 となる 社 会 福 祉 法 人 の 条 件 移 管 時 及 び 移 管 後 の 運 営 に 関 する 条 件 な どの 詳 細 については 別 途 に 定 めます 3) 選 定 時 の 評 価 より 良 い 移 管 先 法 人 を 選 定 し 保 育 環 境 の 向 上 に 資 するためには 保 育 内 容 事 業 内 容 社 会 福 祉 法 人 の 安 定 性 など 各 方 面 からの 評 価 を 行 うことが 必 要 です また 評 価 については 各 分 野 の 専 門 的 判 断 が 求 められることから 専 門 的 知 識 を 有 する 者 の 意 見 を 求 め より 適 正 公 平 な 選 定 を 行 うことが 必 要 です 評 価 の 主 な 項 目 1 保 育 の 内 容 に 関 すること( 保 育 方 針 職 員 配 置 等 ) 2 事 業 内 容 に 関 すること( 特 別 保 育 行 事 の 実 施 内 容 等 ) 3 運 営 主 体 に 関 すること( 保 育 福 祉 に 対 する 法 人 の 理 念 等 ) 推 進 策 移 管 先 法 人 を 選 定 するための 基 準 並 びに 各 分 野 の 専 門 的 知 識 を 有 する 者 で 構 成 される 選 考 組 織 の 設 置 について 定 めます 4 円 滑 な 移 管 移 管 を 行 なう 際 には 児 童 が 安 心 して 身 を 委 ねられるよう 保 育 士 等 職 員 が 入 れ 替 わることによる 入 所 児 童 への 影 響 を 解 消 することが 必 要 で 事 前 に 移 管 先 法 人 の 職 員 が 児 童 の 状 況 を 把 握 すると 共 に 児 童 保 護 者 と 保 育 者 が 面 識 を 持 つことにより 移 管 当 初 から 円 滑 な 保 育 が 実 施 されることが 必 要 です そのために 移 管 先 法 人 の 職 員 を 移 管 前 の 公 立 保 育 所 に 受 入 れ 保 育 園 業 務 に 従 事 しながら 業 務 の 引 継 ぎを 行 うなどの 対 応 が 必 要 です また 移 管 先 の 保 育 実 施 者 移 管 対 象 保 育 所 の 保 護 者 及 び 市 との 相 互 理 解 を 深 め 意 思 疎 通 を 図 りより 良 い 保 育 所 運 営 をめざします -17-

20 推 進 策 1 移 管 円 滑 化 のための 助 成 制 度 移 管 先 法 人 が 円 滑 な 引 継 ぎをするため 職 員 を 移 管 前 の 公 立 保 育 所 において 研 修 が 受 けられる 制 度 を 定 め その 経 費 についての 助 成 制 度 を 設 けます 2 三 者 懇 談 会 移 管 対 象 保 育 所 の 保 護 者 移 管 先 法 人 相 模 原 市 の 三 者 による 懇 談 の 場 を 設 けます Ⅳ 計 画 の 後 期 事 業 等 について 本 市 の 就 学 前 児 童 数 は 減 少 傾 向 となっていますが 女 性 の 社 会 進 出 等 の 社 会 経 済 事 情 の 変 化 により 当 面 は 増 加 が 見 込 まれる 保 育 需 要 も 長 期 には 流 動 的 に 変 化 して いくものと 考 えられることから 基 本 的 な 計 画 期 間 は 10 年 間 としています また 新 さがみはら 子 どもプラン の 目 標 年 度 は 17 年 度 となっていることな どから 本 計 画 については 17 年 度 までを 前 期 18 年 度 以 降 を 後 期 として 2 期 に 分 けて 計 画 を 進 め 本 計 画 の 主 な 事 業 目 標 等 の 目 標 年 度 は 17 年 度 としています 本 計 画 の 後 期 となる 18 年 度 にむけて 保 育 需 要 の 変 動 など 社 会 情 勢 の 変 化 を 踏 まえ 次 の 事 項 について 改 めて 検 討 を 進 め 後 期 事 業 目 標 の 再 設 定 計 画 推 進 方 法 の 再 確 認 などを 行 います 1 公 立 保 育 所 における 延 長 保 育 などの 特 別 保 育 事 業 実 施 保 育 所 の 改 築 改 修 など 新 さがみはら 子 どもプラン の 計 画 期 間 終 了 後 の 目 標 の 再 設 定 をおこな います 2 22 年 度 以 降 に 移 管 を 行 う 大 野 南 地 区 大 野 中 地 区 の 移 管 保 育 所 選 定 及 び 移 管 先 法 人 等 の 選 定 を 行 います また 社 会 福 祉 法 人 以 外 の 移 管 先 の 適 否 本 庁 地 区 保 育 所 の 民 営 化 実 施 有 無 についての 検 討 と 方 向 性 を 定 めます -18-

21 Ⅴ 計 画 の 推 進 にむけて 本 計 画 は 増 大 多 様 化 する 保 育 需 要 への 対 応 子 育 て 支 援 施 策 の 充 実 のため 公 立 保 育 所 のあり 方 運 営 について 抜 本 的 な 見 直 しの 方 策 を 位 置 付 けたものです が この 計 画 の 目 標 が 単 に 公 立 保 育 所 における 保 育 施 策 子 育 て 支 援 施 策 の 拡 充 に 留 まるものではなく 公 立 民 間 を 問 わず 子 どもの 最 善 の 利 益 を 優 先 した 上 で 全 ての 保 育 所 の 保 育 サービスの 向 上 と 子 育 て 支 援 事 業 の 拡 充 にあることか ら 本 計 画 の 推 進 にあたっては 次 のことに 留 意 することとします 1 公 立 保 育 所 の 活 性 化 地 域 子 育 て 支 援 事 業 については 民 間 保 育 所 と 共 に 推 進 すべき 事 業 も 多 く 公 立 保 育 所 の 特 色 機 能 を 活 用 する 事 業 の 具 体 化 を 進 める 中 で 民 間 保 育 所 における 拡 充 についても 検 討 を 進 めます 公 立 保 育 所 における 特 別 保 育 への 対 応 は 保 育 需 要 や 利 用 者 の 利 便 性 に 配 慮 した 運 営 が 必 要 となりますが そのためには 保 育 を 実 施 する 側 の 主 体 的 な 取 組 み 意 識 の 改 革 も 重 要 な 要 素 となり その 構 築 にも 努 めます 2 公 立 保 育 所 の 民 営 化 公 立 保 育 所 の 民 営 化 の 目 的 は 財 源 人 材 の 有 効 活 用 による 保 育 環 境 の 向 上 で すが 対 象 となる 保 育 所 の 園 児 保 護 者 の 不 安 感 にも 配 慮 し 説 明 会 等 の 開 催 を 十 分 に 行 い 円 滑 な 移 行 に 努 めます -19-

【公表資料】28.3.28緊急対策資料

【公表資料】28.3.28緊急対策資料 待 機 児 童 解 消 に 向 けて 緊 急 的 に 対 応 する 施 策 について 平 成 28 年 3 月 28 日 厚 生 労 働 省 待 機 児 童 解 消 までの 緊 急 的 な 取 組 として 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 の 待 機 児 童 数 が50 人 以 上 いる114 市 区 町 村 及 び 待 機 児 童 を 解 消 するために 受 け 皿 拡 大 に 積 極 的

More information

少子化の急速な進行は、労働力人口の減少、高齢者比率の上昇や市場規模の縮小、現役世代の負担の増大などにより、経済成長へのマイナス効果や地域社会の活力低下、子どもの健全な成長への悪影響など、将来の我が国の社会経済に深刻な影響を与えると懸念されています

少子化の急速な進行は、労働力人口の減少、高齢者比率の上昇や市場規模の縮小、現役世代の負担の増大などにより、経済成長へのマイナス効果や地域社会の活力低下、子どもの健全な成長への悪影響など、将来の我が国の社会経済に深刻な影響を与えると懸念されています 島 田 市 立 保 育 園 民 営 化 計 画 平 成 21 年 3 月 島 田 市 島 田 市 立 保 育 園 民 営 化 計 画 1. 計 画 策 定 の 背 景 趣 旨 島 田 市 の 人 口 規 模 は 平 成 17 年 5 月 の 旧 島 田 市 と 旧 金 谷 町 との 合 併 及 び 平 成 20 年 4 月 の 旧 川 根 町 との 合 併 により 人 口 10 万 を 超 える 人

More information

【報告】組合要求書回答(総務部).xls

【報告】組合要求書回答(総務部).xls 1 全 職 場 で 共 通 する 要 求 について (1) 15 人 勧 での 地 域 手 当 偏 重 では 私 たちの 生 活 は 実 質 的 に 賃 下 げです 政 府 に 地 域 手 当 廃 止 を 求 め るとともに 生 計 費 ( 地 公 法 第 24 条 第 3 項 ( 均 衡 の 原 則 ))に 考 慮 し 給 与 の 改 善 に 努 めるこ (2) 県 に 準 拠 し 新 幹 線 利

More information

社会福祉法人改革等について

社会福祉法人改革等について 社 会 福 祉 法 人 改 革 について 平 成 27 年 12 月 1. 社 会 福 祉 法 人 改 革 の 経 緯 社 会 福 祉 法 人 制 度 を 巡 る 状 況 平 成 25 年 6 月 8 月 平 成 26 年 6 月 規 制 改 革 実 施 計 画 閣 議 決 定 全 社 会 福 祉 法 人 の 平 成 25 年 度 以 降 の 財 務 諸 表 の 公 表 保 育 所 の 第 三 者

More information

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO 今 後 の 幼 児 教 育 の 動 向 と 課 題 子 ども 子 育 て 新 システムと 保 育 の 質 国 立 特 別 支 援 教 育 総 合 研 究 所 小 田 豊 プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題 4 (1) 人 口 出 生 数 合 計 特

目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題 4 (1) 人 口 出 生 数 合 計 特 長 野 市 公 立 保 育 所 の 適 正 規 模 及 び 民 営 化 等 基 本 計 画 ( 素 案 ) 平 成 24 年 9 月 長 野 市 目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題

More information

基本指針骨子

基本指針骨子 資 料 5 基 本 指 針 の 主 な 記 載 事 項 1 第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を 含 め 全 ての 子 どもや 子 育 て

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会 計 決 算 審 査 意 見 書 室 蘭 市 土 地 開 発 基 金 の 運 用 状 況 審 査 意 見 書 室 蘭 市 監 査 委 員 室 監 査 第 133 号 平 成 26 年 9 月 30 日 室 蘭 市 長 青 山 剛 様 室 蘭 市 監 査 委 員 土 倉 崇 室 蘭 市 監 査 委 員 羽 立 秀 光 平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会

More information

南 相 馬 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 ( 案 ) ( 概 要 版 ) 平 成 26 年 11 月 南 相 馬 市 1 計 画 の 概 要 (1) 計 画 の 位 置 づけ 子 ども 子 育 て 支 援 法 第 61 条 第 7 項 に 定 める 市 町 村 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 あるとともに 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 第 8 条

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

平成 年 月 日

平成 年 月 日 磐 田 市 幼 児 教 育 振 興 計 画 平 成 23 年 2 月 磐 田 市 目 次 第 1 章 磐 田 市 幼 児 教 育 振 興 計 画 の 策 定 1 計 画 策 定 の 必 要 性 2 2 計 画 の 位 置 づけ 2 3 幼 児 教 育 の 目 標 重 点 4 4 計 画 の 期 間 4 5 基 本 施 策 5 6 計 画 の 構 成 6 第 2 章 計 画 の 内 容 1 保 育 教

More information

山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] 母 子 健 康 手 帳 の 交 付 妊 娠 出 産 育 児 期 の 母 子 の 健 康 管 理 を 図 るため 母 子 健 康 手 帳 を 交 付 しま 健 康 課 妊 婦 健 康 診 査 事

山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] 母 子 健 康 手 帳 の 交 付 妊 娠 出 産 育 児 期 の 母 子 の 健 康 管 理 を 図 るため 母 子 健 康 手 帳 を 交 付 しま 健 康 課 妊 婦 健 康 診 査 事 基 本 目 標 1 十 分 な 保 育 設 等 の 数 量 を 確 保 するとともに 保 育 環 境 の 改 善 及 び 充 実 を 図 り ま 山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] の 内 容 ( 区 分 ) 事 業 名 事 業 内 容 根 拠 法 令 等 関 連 計 画 担 当 課 (1) 設 型 給 付 地 域 型 保 育 給

More information

小山市保育所整備計画

小山市保育所整備計画 第 1 章 計 画 策 定 にあたり 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 (1) 本 格 的 な 少 子 化 時 代 の 到 来 近 年 合 計 特 殊 出 生 率 の 急 速 な 低 下 とともに 総 人 口 が 減 少 傾 向 にあるなど 我 が 国 は 本 格 的 な 少 子 化 時 代 を 迎 えようとしています 少 子 化 の 進 行 は 家 族 生 活 や 地 域 社 会 の 変 容 のほか

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について 改 正 後 一 時 預 かり 事 業 実 施 要 綱 新 旧 対 照 表 改 正 前 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 一 次 改 正 28 文 科 初 第 519 号 雇 児 発 0705 第 1 号 平 成 2 8 年

More information

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 について 報 告 書 平 成 21 年 11 月 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 検 討 委 員 会 目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 4 2-1 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び

More information

平 成 28 年 度 認 可 保 育 所 講 習 会 資 料 日 時 平 成 28 年 7 月 1 日 ( 金 曜 日 ) 場 所 東 京 都 庁 第 一 本 庁 舎 5 階 大 会 議 場 東 京 都 福 祉 保 健 局 指 導 監 査 部 指 導 第 二 課 保 育 施 設 検 査 担 当 平 成 28 年 度 認 可 保 育 所 講 習 会 次 第 1 日 時 平 成 28 年 7 月 1

More information

「こどもカフェ」設置・運営に係る基本方針

「こどもカフェ」設置・運営に係る基本方針 こどもカフェ 設 置 運 営 に 係 る 基 本 方 針 第 1 総 則 1 目 的 こどもカフェ の 設 置 運 営 については 市 基 本 計 画 及 び 第 一 次 実 施 計 画 に 位 置 付 け 市 内 2 か 所 で モデル 運 営 を 実 施 し その 実 績 検 証 等 をもとに 今 後 の 拡 充 について 検 討 することとして おります また こどもカフェ は 次 世 代 育

More information

施 設 事 業 No. 幼 保 認 家 小 事 居 事 項 質 問 頁 15 基 本 部 分 16 基 本 部 分 調 整 部 分 ( 定 員 を 恒 常 的 に 超 過 する 場 合 ) 基 本 分 単 価 に 含 まれる 教 員 のうち1 人 は 主 幹 教 諭 として 費 用 を 定 されてい

施 設 事 業 No. 幼 保 認 家 小 事 居 事 項 質 問 頁 15 基 本 部 分 16 基 本 部 分 調 整 部 分 ( 定 員 を 恒 常 的 に 超 過 する 場 合 ) 基 本 分 単 価 に 含 まれる 教 員 のうち1 人 は 主 幹 教 諭 として 費 用 を 定 されてい 公 定 価 格 に 関 す る F A Q ( よ く あ る 質 問 ) Ver.9( 平 成 27 年 6 月 17 日 時 点 版 ) このFAQは 仮 単 価 を 基 に 年 間 の 運 営 費 額 を 定 する 際 の 参 考 となるよう 現 行 の 幼 稚 園 保 育 所 等 における 取 り 扱 いを 基 に 作 成 したもので あり 今 後 詳 細 を 検 討 していく 過 程 で

More information

大阪の子どもの貧困対策

大阪の子どもの貧困対策 参 考 資 料 1 大 阪 府 における 子 どもの 貧 困 対 策 について 11/18/2014 1 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 の 位 置 づけ 都 道 府 県 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 について 都 道 府 県 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 は 子 どもの 貧 困 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 第 9 条 において 国 の 大 綱 を 勘 案 し 当 該

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037303831308CF6955C95B68169955C8E86816096DA8E9F8160967B95B6816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037303831308CF6955C95B68169955C8E86816096DA8E9F8160967B95B6816A2E646F63> 公 立 幼 稚 園 のあり 方 について( 方 針 ) 平 成 19 年 7 月 いわき 市 教 育 委 員 会 目 次 1 これまでの 公 立 幼 稚 園 P.1 2 今 後 の 公 立 幼 稚 園 の 役 割 について P.1 ⑴ 公 立 幼 稚 園 と 私 立 幼 稚 園 の 役 割 ⑵ 障 がい 児 統 合 保 育 ⑶ 幼 保 連 携 への 対 応 ⑷ 子 育 て 支 援 の 推 進 3 公

More information

千葉市認可保育所

千葉市認可保育所 認 可 保 育 所 整 備 手 引 き 平 成 28 年 1 月 千 葉 市 こども 未 来 局 こども 未 来 部 保 育 支 援 課 目 次 はじめに... 2 1 施 設 概 要 について... 2 (1) 保 育 所 とは... 2 2 認 可 保 育 所 整 備 について... 4 (1) 募 集 形 態 について... 4 (2) 募 集 地 域... 4 (3) 運 営 主 体...

More information

第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を

第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を 参 考 資 料 2 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づく 基 本 指 針 の 主 な 記 載 事 項 ( 市 町 村 関 連 部 分 のみ 抜 粋 ) 第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支

More information

目 次 1.はじめに 学 校 施 設 の 現 状 (1) 学 校 施 設 の 現 状 (2)これまでの 学 校 施 設 の 改 築 改 修 の 経 過 木 造 校 舎 の 不 燃 化 事 業 創 意 ある 教

目 次 1.はじめに 学 校 施 設 の 現 状 (1) 学 校 施 設 の 現 状 (2)これまでの 学 校 施 設 の 改 築 改 修 の 経 過 木 造 校 舎 の 不 燃 化 事 業 創 意 ある 教 中 野 区 立 小 中 学 校 施 設 整 備 計 画 平 成 26 年 10 月 中 野 区 教 育 委 員 会 目 次 1.はじめに... - 1-2. 学 校 施 設 の 現 状... - 1 - (1) 学 校 施 設 の 現 状... - 1 - (2)これまでの 学 校 施 設 の 改 築 改 修 の 経 過... - 2-1 木 造 校 舎 の 不 燃 化 事 業... - 2-2 創

More information

認可保育所募集要項

認可保育所募集要項 平 成 28 年 度 中 野 区 認 可 保 育 所 開 設 事 業 者 募 集 要 項 ( 追 加 募 集 ) 平 成 28 年 6 月 中 野 区 8 月 一 部 修 正 版 1 平 成 28 年 度 中 野 区 認 可 保 育 所 開 設 事 業 者 募 集 要 項 (6 月 追 加 募 集 ) 平 成 28 年 6 月 中 野 区 8 月 24 日 : 下 線 部 修 正 第 1 募 集 概

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

1 平 成 24 年 度 税 制 改 正 の 主 な 内 容 について 改 正 障 害 者 自 立 支 援 法 等 の 平 成 24 年 4 月 施 行 により いずれも 第 1 種 社 会 福 祉 事 業 である1 知 的 障 害 児 施 設 2 知 的 障 害 児 通 園 施 設 3 盲 ろうあ

1 平 成 24 年 度 税 制 改 正 の 主 な 内 容 について 改 正 障 害 者 自 立 支 援 法 等 の 平 成 24 年 4 月 施 行 により いずれも 第 1 種 社 会 福 祉 事 業 である1 知 的 障 害 児 施 設 2 知 的 障 害 児 通 園 施 設 3 盲 ろうあ 連 絡 事 項 企 画 課 145 1 平 成 24 年 度 税 制 改 正 の 主 な 内 容 について 改 正 障 害 者 自 立 支 援 法 等 の 平 成 24 年 4 月 施 行 により いずれも 第 1 種 社 会 福 祉 事 業 である1 知 的 障 害 児 施 設 2 知 的 障 害 児 通 園 施 設 3 盲 ろうあ 児 施 設 4 肢 体 不 自 由 児 施 設 及 び5 重 症

More information

(Microsoft Word \220\316\220\354\216O\220\347\221\343\227v\216|.doc)

(Microsoft Word \220\316\220\354\216O\220\347\221\343\227v\216|.doc) 一 時 特 定 保 育 の 役 割 とその 課 題 児 童 学 研 究 科 児 童 学 専 攻 06-0632 0632 石 川 三 千 代 1. 研 究 の 動 機 と 目 的 少 子 化 は 1990( 平 成 2) 年 の 1.57 ショックから 大 きな 社 会 問 題 として 取 り 上 げられる ようになった 国 はエンゼルプラン 1994( 平 成 6) 年 新 エンゼルプラン 1999(

More information

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について 精 神 障 害 者 の 地 域 移 行 について 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 精 神 保 健 医 療 福 祉 の 現 状 について 2 精 神 疾 患 の 患 者 数 ( 医 療 機 関 にかかっている 患 者 ) ( 万 人 ) 350 300 250 200 218.1 204.1 258.4 302.8 323.3 320.1

More information

1. 本 市 の 保 育 所 運 営 費 と 保 育 料 の 現 状 2 (1) 前 回 (5/29 5/29) 児 童 福 祉 専 門 分 科 会 資 料 国 基 準 に 対 する 本 市 の 保 育 料 階 層 区 分 別 軽 減 率 国 基 準 に 対 する 本 市 の 保 育 料 階 層 区

1. 本 市 の 保 育 所 運 営 費 と 保 育 料 の 現 状 2 (1) 前 回 (5/29 5/29) 児 童 福 祉 専 門 分 科 会 資 料 国 基 準 に 対 する 本 市 の 保 育 料 階 層 区 分 別 軽 減 率 国 基 準 に 対 する 本 市 の 保 育 料 階 層 区 資 料 4-1 第 2 回 長 野 市 社 会 福 祉 審 議 会 児 童 福 祉 専 門 分 科 会 平 成 26 年 7 月 15 日 保 育 課 作 成 1 新 制 度 における 利 用 者 負 担 ( 保 育 料 )の 設 定 について( 案 ) ~ 保 育 所 等 (2 号 3 号 ) 保 育 料 ~ 平 成 26 年 7 月 こども 未 来 部 保 育 課 1. 本 市 の 保 育 所

More information

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 要 望 事 項 の 内 容 及 び 説 明 - 15 - 1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 還 等 の 促 進 > ア 基 地 の 整

More information

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料 資 料 6 地 方 教 育 行 政 の 現 状 等 に 関 する 資 料 平 成 25 年 5 月 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 1. 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 みと 趣 旨 1 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 み 教 育 委 員 会 は 首 長 から 独 立 した 行 政 委 員 会 として 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 等 に 設 置 教

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について 資 料 5 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し( 案 )について 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 ( 現 行 制 度 )の 概 要 目 的 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 昭 和 36 年

More information

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 幼 児 教 育 の 無 償 化 について 資 料 3-1 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 (

More information

延長保育料について

延長保育料について 資 料 3 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 事 業 及 び 一 時 預 かり 事 業 について 平 成 27 年 1 月 桐 生 市 保 健 福 祉 部 子 育 て 支 援 課 教 育 委 員 会 教 育 部 学 校 教 育 課 1 1. 事 業 について (1) 概 要 就 労 形 態 の 多 様 化 等 に 伴 う の 需 要 に 対 応 するための 事 業 につい ては 平 成 27

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

1

1 第 3 章 大 規 模 修 繕 及 び 建 替 えにかかる 将 来 用 3. 大 規 模 修 繕 及 び 建 替 えにかかる 将 来 用 1 将 来 用 試 算 のための 条 件 現 在 市 が 保 有 している 建 物 借 用 物 件 は 除 くについて 将 来 もそのまま 保 有 し 続 け るために 必 要 となる 用 を 試 算 します ア 建 替 えコストの 考 え 方 1 建 替 え

More information

(6) 苦 情 解 決 安 全 管 理 について 1 福 祉 サ-ビス 苦 情 解 決 のための 第 三 者 委 員 研 修 2 賠 償 責 任 保 険 等 への 加 入 3 防 火 管 理 の 充 実 4 車 両 の 安 全 管 理 (7) 事 務 事 業 の 効 率 的 推 進 1 事 務 分

(6) 苦 情 解 決 安 全 管 理 について 1 福 祉 サ-ビス 苦 情 解 決 のための 第 三 者 委 員 研 修 2 賠 償 責 任 保 険 等 への 加 入 3 防 火 管 理 の 充 実 4 車 両 の 安 全 管 理 (7) 事 務 事 業 の 効 率 的 推 進 1 事 務 分 平 成 26 年 度 社 会 福 祉 法 人 安 芸 太 田 町 社 会 福 祉 協 議 会 事 業 計 画 書 基 本 方 針 第 3 次 地 域 福 祉 活 動 計 画 3 年 目 に 突 入 し 事 業 の 推 進 に 向 かって 実 施 してまいります 併 せて 中 間 点 での 再 点 検 と 反 省 及 び 評 価 並 びに 残 りの2 年 間 の 事 業 計 画 を 見 直 します 少

More information

平成23年度税制改正について

平成23年度税制改正について 日 医 発 第 896 号 ( 年 税 48) 平 成 2 2 年 1 2 月 2 2 日 都 道 府 県 医 師 会 長 殿 日 本 医 師 会 長 原 中 勝 征 平 成 23 年 度 税 制 改 正 について 去 る12 月 16 日 平 成 23 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されまし た の で 平 成 23 年 度 税 制 改 正 についてご 報 告 申 し 上 げます

More information

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 27(2015) 年 4 月 立 川 市 はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施

More information

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版 平 成 2 7 年 度 税 制 改 正 の 概 要 ( 厚 生 労 働 省 関 係 ) 平 成 27 年 1 月 厚 生 労 働 省 目 次 < 子 ども 子 育 て> P.1 < 雇 用 就 労 の 促 進 > P.1 < 健 康 医 療 関 係 > P.2 < 医 療 保 険 関 係 > P.5 < 介 護 社 会 福 祉 関 係 > P.6 < 年 金 関 係 等 > P.7 < 生 活 衛

More information

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成 益 田 市 社 会 教 育 推 進 計 画 益 田 市 教 育 委 員 会 平 成 26 年 2 月 策 定 目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進

More information

Microsoft Word - H25普通会計決算状況 .docx

Microsoft Word - H25普通会計決算状況 .docx 平 成 25 年 度 佐 倉 市 決 算 ( 普 通 会 計 )の 概 要 各 地 方 公 共 団 体 は 毎 年 度 決 算 状 況 を 1 枚 のカード( 決 算 カード)にまとめて 公 表 していま す この 決 算 状 況 のまとめは 総 務 省 が 行 う 地 方 財 政 状 況 調 査 の 会 計 区 分 である 普 通 会 計 に より 算 定 されます これは 一 般 会 計 及 び

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

Microsoft Word - 【概要版】伊勢原市子ども・若者育成支援指針_最終確・

Microsoft Word - 【概要版】伊勢原市子ども・若者育成支援指針_最終確・ 伊 勢 原 市 子 ども 若 者 育 成 支 援 指 針 < 概 要 版 > ~ 子 ども 若 者 が 夢 に 向 かって 自 立 しながら 成 長 するまち いせはら~ 平 成 27 年 4 月 伊 勢 原 市 1 指 針 策 定 の 経 緯 近 年 少 子 化 核 家 族 化 情 報 化 経 済 情 勢 などの 影 響 を 受 け 子 ども 若 者 を 取 り 巻 く 環 境 は 大 きく 様

More information

新 宿 区 施 設 白 書 新宿区施設白書 平成 28 年 3 月 新 宿 区 宿 区 平 成 二 十 八 年 三 月 新 目 次 序 章 施 設 白 書 について 第 1 節 施 設 白 書 作 成 の 背 景 3 第 2 節 新 宿 区 基 本 構 想 総 合 計 画 実 行 計 画 4 第 3 節 施 設 白 書 の 内 容 と 構 成 6 第 1 章 新 宿 区 の 概 要 第 1 節 区

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208A4F8A73926391CC82CC91DE90458EE893968DE08CB995E2935594708E7E82C994BA82A48F9590AC8BE08E788B8B82C982C282A282C45F482E32302E312E31365F>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208A4F8A73926391CC82CC91DE90458EE893968DE08CB995E2935594708E7E82C994BA82A48F9590AC8BE08E788B8B82C982C282A282C45F482E32302E312E31365F> 外 郭 団 体 の 退 職 手 当 財 源 補 填 廃 止 に 伴 う 助 成 金 支 給 について ~ 見 直 し 方 針 ~ 第 1 背 景 外 郭 団 体 ( 以 下 団 体 )は 高 度 化 複 雑 化 する 市 民 ニーズに 対 し 本 市 が 直 接 実 施 するより 機 動 的 かつ 柔 軟 に 公 共 サービスが 提 供 できるよう 設 立 され 高 い 専 門 性 を 発 揮 しつつ

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識 第 4 章 これからの 幼 児 教 育 のあり 方 1. 幼 稚 園 における 教 育 の 方 向 性 (1) 幼 稚 園 における 教 育 のあり 方 1 幼 稚 園 の 役 割 幼 稚 園 は 子 どもが 家 庭 では 体 験 できない 友 達 との 集 団 生 活 を 通 して 教 員 に 支 えられながら 幼 児 期 なりの 豊 かさに 出 会 う 場 です 少 子 化 の 進 行 に 伴

More information

1. 事 業 の 目 的 北 志 津 保 育 園 ( 以 下 当 園 といいます )は 以 下 の 運 営 方 針 に 基 づき 児 童 への 保 育 と 子 育 て 支 援 を 行 うことを 目 的 とします 2. 運 営 の 方 針 家 庭 との 緊 密 な 連 携 のもとに 子 どもの 状 況

1. 事 業 の 目 的 北 志 津 保 育 園 ( 以 下 当 園 といいます )は 以 下 の 運 営 方 針 に 基 づき 児 童 への 保 育 と 子 育 て 支 援 を 行 うことを 目 的 とします 2. 運 営 の 方 針 家 庭 との 緊 密 な 連 携 のもとに 子 どもの 状 況 北 志 津 保 育 園 の 運 営 についてのお 知 らせ ( 重 要 事 項 説 明 書 ) 平 成 27 年 4 月 佐 倉 市 立 北 志 津 保 育 園 1. 事 業 の 目 的 北 志 津 保 育 園 ( 以 下 当 園 といいます )は 以 下 の 運 営 方 針 に 基 づき 児 童 への 保 育 と 子 育 て 支 援 を 行 うことを 目 的 とします 2. 運 営 の 方 針 家

More information

参 考 介 護 保 険 3 施 設 の 概 要 特 別 養 護 老 人 ホーム 老 人 保 健 施 設 介 護 療 養 型 医 療 施 設 基 本 的 性 格 要 介 護 高 齢 者 のための 生 活 施 設 要 介 護 高 齢 者 にリハビリ 等 を 提 供 し 在 宅 復 帰 を 目 指 す 施

参 考 介 護 保 険 3 施 設 の 概 要 特 別 養 護 老 人 ホーム 老 人 保 健 施 設 介 護 療 養 型 医 療 施 設 基 本 的 性 格 要 介 護 高 齢 者 のための 生 活 施 設 要 介 護 高 齢 者 にリハビリ 等 を 提 供 し 在 宅 復 帰 を 目 指 す 施 参 考 資 料 1 第 1 回 検 討 委 員 会 資 料 平 成 25 年 度 老 人 保 険 健 康 増 進 等 事 業 養 護 老 人 ホーム 軽 費 老 人 ホーム の 現 状 等 について 高 齢 者 の 住 まいについて 1サービス 付 き 齢 者 向 け 住 宅 2 有 料 ホーム 3 養 護 ホーム 4 軽 費 ホーム 5 認 知 症 高 齢 者 グループホーム 根 拠 法 高 齢

More information

 

  旧 体 育 文 化 館 および 周 辺 施 設 に 係 るサウンディング 型 市 場 調 査 実 施 要 領 1. 調 査 名 称 旧 体 育 文 化 館 および 周 辺 施 設 に 係 るサウンディング 型 市 場 調 査 サウンディング 型 市 場 調 査 とは 公 有 資 産 の 有 効 活 用 の 検 討 にあたって その 活 用 方 法 について 民 間 事 業 者 から 広 く 意 見

More information

平成26年度渋谷区の給与・定員管理等について

平成26年度渋谷区の給与・定員管理等について の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 25 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 (26 年 1 月 1 日 ) 214,665 歳 出 額 A 千 72,276,923 実 質 収 支 千 8,3,724 件 費 B 千 18,568,667 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 24 年 度 の 件 費 率 25.7 27.

More information

Microsoft Word - 02[1].基本方針(正本)表紙.doc

Microsoft Word - 02[1].基本方針(正本)表紙.doc 幼 児 教 育 のあり 方 と 適 正 配 置 についての 基 本 方 針 平 成 21 年 9 月 橿 原 市 橿 原 市 教 育 委 員 会 はじめに 2 1. 公 立 幼 稚 園 保 育 所 の 現 状 課 題 3 2. 幼 児 教 育 のあり 方 についての 基 本 的 な 考 え 方 3 (1) 幼 稚 園 保 育 所 の 役 割 1 幼 稚 園 の 役 割 2 保 育 所 の 役 割 (2)

More information

特別養護老人ホーム麻布慶福苑・事業計画

特別養護老人ホーム麻布慶福苑・事業計画 特 別 養 護 老 人 ホーム 麻 布 慶 福 苑 事 業 計 画 特 別 養 護 老 人 ホーム 麻 布 慶 福 苑 ( 以 下 慶 福 苑 という )は 利 用 定 100 床 の 指 定 介 護 老 人 福 祉 施 設 及 び 利 用 定 4 床 の 短 期 入 所 生 活 介 護 事 業 所 としての 認 可 を 受 け 施 設 運 営 を 行 っています 平 成 27 年 度 国 の 介

More information

第 4 章 基 本 的 な 方 針 1 課 題 ⑴ 希 望 する 市 営 住 宅 に 入 居 できる 世 帯 は 限 られており 住 宅 困 窮 者 の 入 居 機 会 の 向 上 や 入 居 者 と 住 宅 困 窮 者 間 の 公 平 性 の 確 保 世 帯 人 員 数 と 住 戸 規 模 のミス

第 4 章 基 本 的 な 方 針 1 課 題 ⑴ 希 望 する 市 営 住 宅 に 入 居 できる 世 帯 は 限 られており 住 宅 困 窮 者 の 入 居 機 会 の 向 上 や 入 居 者 と 住 宅 困 窮 者 間 の 公 平 性 の 確 保 世 帯 人 員 数 と 住 戸 規 模 のミス 広 島 市 市 営 住 宅 マネジメント 計 画 基 本 方 針 編 ( 素 案 )< 概 要 版 > 平 成 26 年 8 月 広 島 市 住 宅 政 策 課 第 1 章 計 画 の 目 的 等 1 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 人 口 減 少 社 会 の 到 来 や 一 層 の 高 齢 化 の 進 展 が 見 込 まれること また 高 度 経 済 成 長 期 に 建 設 された 市 営

More information

子ども・子育て支援新制度とは

子ども・子育て支援新制度とは 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 新 制 度 について:こども 政 策 課 620-1625 保 育 所 幼 稚 園 認 定 こども 園 について: 保 育 幼 稚 園 課 620-1638 学 童 保 育 について: 学 童 保 育 課 620-1801 利 用 者 支 援 について: 子 育 て 支 援 課 620-1633 新 制 度 の 詳 しい 内 容 は 内 閣 府 HP http://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/index.html

More information

計 画 書 は4 章 立 てで 第 1 章 が 計 画 策 定 にあたって 第 2 章 が 障 がい 者 を 取 り 巻 く 環 境 第 3 章 が 障 がい 者 計 画 第 4 章 が 障 がい 福 祉 計 画 です 第 1 章 計 画 策 定 にあたってについて 説 明 します まず 計 画 策

計 画 書 は4 章 立 てで 第 1 章 が 計 画 策 定 にあたって 第 2 章 が 障 がい 者 を 取 り 巻 く 環 境 第 3 章 が 障 がい 者 計 画 第 4 章 が 障 がい 福 祉 計 画 です 第 1 章 計 画 策 定 にあたってについて 説 明 します まず 計 画 策 日 置 市 障 がい 者 計 画 及 び 障 がい 福 祉 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 24 年 3 月 鹿 児 島 県 日 置 市 0 計 画 書 は4 章 立 てで 第 1 章 が 計 画 策 定 にあたって 第 2 章 が 障 がい 者 を 取 り 巻 く 環 境 第 3 章 が 障 がい 者 計 画 第 4 章 が 障 がい 福 祉 計 画 です 第 1 章 計 画 策 定 にあたってについて

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 課 ( 室 ) 各 市 町 村 介 護 保 険 担 当 課 ( 室 ) 各 介 護 保 険 関 係 団 体 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 費 用 負 担 の 見 直 しに 係 る 事 務 処 理 の 取 扱 いについて 計 29 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.490

More information

Microsoft Word - 180214利用者負担マニュアル.doc

Microsoft Word - 180214利用者負担マニュアル.doc 利 用 者 負 担 について 1. 所 得 区 分 認 定 個 別 減 免 補 足 給 付 の 認 定 方 法 について 2 (1) 負 担 上 限 月 額 を 定 める 際 の 所 得 区 分 の 設 定 について 2 (2) 個 別 減 免 の 収 入 資 産 等 の 認 定 について 7 (3) 補 足 給 付 の 認 定 について 14 2. 生 活 保 護 境 界 層 対 象 者 に 対

More information

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477>

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477> 平 成 26 年 度 (2014 年 度 ) 豊 島 区 当 初 予 算 の 概 要 平 成 26 年 3 月 豊 島 区 - 目 次 - 1 編 成 方 針 1 2 財 政 規 模 2 3 26 年 度 予 算 の 特 徴 3 4 歳 入 の 概 要 4 5 歳 出 の 概 要 6 6 消 費 税 率 引 き 上 げに 伴 う 区 財 政 への 影 響 12 7 基 金 と 起 債 の 残 高 15

More information

新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 ページ 変 更 後 変 更 前 表 紙 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 平 成 27 年 3 月 変 更 安 中 市 6 2. 計 画 策 定 の 方 針 (3) 計

新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 ページ 変 更 後 変 更 前 表 紙 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 平 成 27 年 3 月 変 更 安 中 市 6 2. 計 画 策 定 の 方 針 (3) 計 新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 安 中 市 新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 ページ 変 更 後 変 更 前 表 紙 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 平 成 27 年 3 月 変 更 安 中 市 6 2. 計 画 策 定 の 方 針 (3) 計 画 の 期 間 本 計

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 介 護 保 険 制 度 の 改 正 及 び 介 護 報 酬 改 定 について 神 奈 川 県 平 成 24 年 2 月 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 について 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 における 介 護 保 険 制 度 の 対 応 について 12 13 14 15 16 17 18 19 社 会 保 障 税 一 体 改

More information

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集 平 成 28 年 度 主 な 税 制 改 正 要 望 の 概 要 平 成 27 年 8 月 厚 生 労 働 省 目 次 セルフメディケーション 推 進 のための 一 般 用 医 薬 品 等 に 関 する 所 得 控 除 制 度 の 創 設 1 セルフメディケーション 推 進 に 資 する 薬 局 に 係 る 税 制 措 置 の 創 設 2 個 人 の 健 康 増 進 疾 病 予 防 の 推 進 のための

More information

福 祉 貸 付 に 係 る 融 資 相 談 から 事 業 完 了 までのポイント(ガイドライン) 事 務 手 続 きの 流 れ 当 機 構 が 実 施 する 主 な 具 体 的 確 認 事 項 確 認 のポイント Ⅰ 福 祉 審 査 課 所 掌 事 務 計 画 ~ 借 入 申 込 1. 融 資 相 談 (1) 電 話 相 談 右 欄 に 記 載 する 事 項 のうち 電 話 に より 把 握 可 能

More information

(2) 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 保 育 の 必 要 な 子 どものいる 家 庭 だけでなく 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 のために 利 用 者 支 援 事 業 や 地 域 子 育 て 支 援 事 業 な

(2) 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 保 育 の 必 要 な 子 どものいる 家 庭 だけでなく 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 のために 利 用 者 支 援 事 業 や 地 域 子 育 て 支 援 事 業 な 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 に 係 る 基 準 ( 案 )の 概 要 1. 子 ども 子 育 て 新 制 度 について 平 成 24 年 8 月 幼 児 期 の 学 校 教 育 保 育 の 総 合 的 な 提 供 保 育 の 量 的 拡 大 確 保 地 域 の 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 などを 目 的 に 子 ども 子 育 て3 法 (1 子 ども 子 育 て 支 援

More information

特別区人事委員会の業務状況の報告

特別区人事委員会の業務状況の報告 平 成 19 年 度 文 京 区 人 事 行 政 の 運 営 状 況 等 の 公 表 平 成 19 年 12 月 文 京 区 総 務 部 職 員 課 目 次 文 京 区 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 1 1 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 2 2 職 員 の 給 与 の 状 況 4 3 職 員 の 勤 務 時 間 その 他 の 勤 務 条 件 の

More information

<87408A778D5A9640906C89EF8C768AEE8F8081698267323782A982E782CC90568AEE8F80816A82C982C282A282C42E786C73>

<87408A778D5A9640906C89EF8C768AEE8F8081698267323782A982E782CC90568AEE8F80816A82C982C282A282C42E786C73> 学 校 法 人 会 計 基 準 について ( 平 成 27 年 度 以 降 ) 予 算 と 決 算 の 両 方 を 満 たす 計 算 体 系 の 説 明 学 校 法 人 の 概 要 学 校 法 人 とは 学 校 教 育 法 私 立 学 校 法 の 定 めるところにより 私 立 学 校 の 設 置 を 目 的 に 設 立 された 法 人 です 私 立 学 校 は この 学 校 法 人 によって 設 置

More information

Ⅰ 総 論 Ⅰ 総 論 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 策 定 の 趣 旨 本 県 では 障 害 のある 人 もない 人 も 共 に 生 活 し 活 動 できる 社 会 の 構 築 を 目 指 す 本 県 では 障 害 のある 人 もない 人 も 共 に 生 活 し 活 動 できる 社

Ⅰ 総 論 Ⅰ 総 論 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 策 定 の 趣 旨 本 県 では 障 害 のある 人 もない 人 も 共 に 生 活 し 活 動 できる 社 会 の 構 築 を 目 指 す 本 県 では 障 害 のある 人 もない 人 も 共 に 生 活 し 活 動 できる 社 新 旧 対 照 表 ( 変 更 箇 所 対 照 表 : 修 正 部 のみ 抜 粋 ) 変 更 後 ( 案 ) 変 更 前 第 3 次 沖 縄 県 障 害 者 基 本 計 画 ~ 美 らしま 障 害 者 プラン~ 第 3 次 沖 縄 県 障 害 者 基 本 計 画 ~ 美 らしま 障 害 者 プラン~ 平 成 16 年 3 月 18 日 策 定 平 成 21 年 6 月 16 日 変 更 平 成 24

More information

「次世代育成支援対策推進法」に基づく特定事業主行動計画

「次世代育成支援対策推進法」に基づく特定事業主行動計画 第 3 期 あったか 家 族 応 援 プログラム 山 形 市 役 所 次 世 代 育 成 支 援 特 定 事 業 主 行 動 計 画 山 形 市 役 所 女 性 活 躍 推 進 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 28 年 3 月 16 日 山 形 市 Ⅰ はじめに 1 プログラム 策 定 の 背 景 及 び 目 的 我 が 国 における 急 速 な 少 子 化 の 進 行 等 を 踏 まえ

More information

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 平 成 25 年 5 月 神 奈 川 県 南 足 柄 市 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革

More information

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光 長 期 計 画 起 草 委 員 会 配 付 資 料 一 覧 平 成 21 年 10 月 11 日 資 料 名 備 考 第 1 回 1 小 金 井 市 長 期 計 画 起 草 委 員 会 設 置 要 綱 (9 月 12 日 ) 2 素 案 の 骨 格 を 考 える 上 での 各 項 目 の 要 約 (キーワード) 三 橋 委 員 第 4 次 小 金 井 市 基 本 構 想 ( 素 案 ) 前 半 についての

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

(Microsoft Word - \222\206\212\324\225\361\215\220.doc)

(Microsoft Word - \222\206\212\324\225\361\215\220.doc) 佐 賀 市 行 政 改 革 推 進 会 議 中 間 報 告 平 成 1 3 年 3 月 1 中 間 報 告 の 提 出 にあたって 佐 賀 市 行 政 改 革 推 進 会 議 は, 平 成 12 年 7 月 18 日 に 発 足 以 来, 今 日 に 至 るまで 官 と 民 の 役 割 分 担, 官 から 民 への 委 託 の 観 点 から16 項 目 について 議 論 を 重 ねてきた この 間,

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378> UR 賃 貸 住 宅 ストック 再 生 再 編 方 針 に 基 づく 実 施 計 画 平 成 27 年 3 月 目 次 1. 実 施 計 画 を 策 定 する 背 景 目 的 1 2.ストック 再 生 再 編 方 針 ( 平 成 19 年 12 月 26 日 策 定 )の 概 要 2 (1) 団 地 の 類 型 化 及 び 団 地 別 整 備 方 針 の 策 定 2 (2) 居 住 の 安 定 の

More information

県 民 局 次 世 代 育 成 部 次 世 代 育 成 課 保 育 所 認 可 等 の 手 引 き ~ 新 設 編 ~ 平 成 27 年 10 月 目 次 はじめに 2 第 1 章 保 育 所 設 置 認 可 の 手 続 き 4 第 2 章 保 育 所 設 置 届 出 の 手 続 き 26 1 はじめに 保 育 所 認 可 等 の 手 引 き~ 新 設 編 ~ は 児 童 福 祉 法 に 基 づく

More information

南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 平 成 23 年 度 ) 平 成 24 年 3 月 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) 目 次 1. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 の 検 討 の 目 的 と 経 過 1 (1) 広 域 連 携 の 検 討 趣 旨 (2) 南

More information

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら 独 立 行 政 法 人 造 幣 局 が 平 成 27 年 度 に 達 成 すべき 目 標 Ⅰ. 政 策 体 系 における 法 人 の 位 置 付 けおよび 役 割 (ミッション) 通 貨 は 経 済 活 動 国 民 生 活 の 基 盤 であり 通 貨 に 対 する 信 頼 の 維 持 は 財 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 95 号 )に 定 められた 財 務 省 の 任 務

More information

70 愛媛大学

70 愛媛大学 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 の 期 末 特 別 手 当 の 額 は 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 役 員 給 与 規 程 により

More information

よくある質問とその回答

よくある質問とその回答 平 成 2 年 度 課 題 解 決 型 医 療 機 器 の 開 発 改 良 に 向 けた 病 院 企 業 間 の 連 携 支 援 事 業 よくある 質 問 とその 回 答 ( 平 成 2 年 度 第 1 弾 ) 平 成 2 年 7 月 8 日 経 済 産 業 省 商 務 情 報 政 策 局 サービス 産 業 課 医 療 福 祉 機 器 産 業 室 事 業 管 理 支 援 法 人 : 三 菱 総 合

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 通 所 支 援 等 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き 平 成 24 年 4 月 版 Ver.7 障 害 福 祉 課 利 用 者 負 担 の 概 要 ( 福 祉 型 ) * 障 害 児 施 設 についても 含 む 自 己 負 担 ( 福 グループホーム ケアホーム 注 1 入 所 施 設 (20 歳 以 上 ) 入 所 施 設 (20 歳 未 満 )

More information

社団法人 青森県宅地建物取引業協会

社団法人 青森県宅地建物取引業協会 公 益 社 団 法 人 青 森 県 宅 地 建 物 取 引 業 協 会 平 成 28 年 度 事 業 計 画 書 自 : 平 成 28 年 4 月 1 日 至 : 平 成 29 年 3 月 31 日 昨 年 の 日 本 経 済 は 2014 年 4 月 の 消 費 税 率 引 上 げや 輸 入 物 価 の 上 昇 等 の 影 響 を 受 けて 景 気 の 回 復 力 に 弱 さがみられた 局 面 もありましたが

More information

目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記 入 欄 1 第 2 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 Ⅰ 障 害

目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記 入 欄 1 第 2 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 Ⅰ 障 害 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 にかかる 請 求 事 務 処 理 要 領 Ver.6 神 戸 市 保 健 福 祉 局 障 害 者 支 援 課 平 成 26 年 4 月 目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記

More information

2 妊 婦 健 康 診 査 妊 婦 健 康 診 査 は 妊 婦 の 健 康 管 理 に 努 めることにより 妊 産 婦 及 び 乳 児 死 亡 の 低 下 や 流 早 産 の 防 止 心 身 障 害 児 の 発 生 を 予 防 するこ とを 目 的 に 実 施 されています 近 年 高 齢 やストレ

2 妊 婦 健 康 診 査 妊 婦 健 康 診 査 は 妊 婦 の 健 康 管 理 に 努 めることにより 妊 産 婦 及 び 乳 児 死 亡 の 低 下 や 流 早 産 の 防 止 心 身 障 害 児 の 発 生 を 予 防 するこ とを 目 的 に 実 施 されています 近 年 高 齢 やストレ 第 4 部 施 策 の 展 開 1 妊 産 婦 乳 幼 児 への 保 健 対 策 の 充 実 < 現 状 と 課 題 > 地 域 で 母 子 が 安 心 して 生 活 するためには 妊 娠 出 産 産 後 における 地 域 での 切 れ 目 の ない 支 援 が 必 要 となります そのためには 医 療 機 関 行 政 NPO 関 係 団 体 等 が 密 接 に 関 わりながら 産 前 から の 相

More information

はじめに 我 が 国 の 精 神 障 害 者 を 巡 る 状 況 は ノーマライゼーション 理 念 の 浸 透 のもと 精 神 病 院 における 入 院 治 療 を 主 とした 処 遇 から 早 期 社 会 復 帰 の 支 援 へと 大 きく 転 換 しようとしています また 現 代 は こころの

はじめに 我 が 国 の 精 神 障 害 者 を 巡 る 状 況 は ノーマライゼーション 理 念 の 浸 透 のもと 精 神 病 院 における 入 院 治 療 を 主 とした 処 遇 から 早 期 社 会 復 帰 の 支 援 へと 大 きく 転 換 しようとしています また 現 代 は こころの 県 立 友 部 病 院 改 築 整 備 検 討 委 員 会 検 討 結 果 報 告 平 成 15 年 9 月 県 立 友 部 病 院 改 築 整 備 検 討 委 員 会 はじめに 我 が 国 の 精 神 障 害 者 を 巡 る 状 況 は ノーマライゼーション 理 念 の 浸 透 のもと 精 神 病 院 における 入 院 治 療 を 主 とした 処 遇 から 早 期 社 会 復 帰 の 支 援 へと

More information

下 IOM という )による 健 康 診 断 結 果 を 踏 まえ 受 入 れ 予 定 者 を 決 定 した 政 府 の 委 託 を 受 けた IOM が タイにおいて 受 入 れ 予 定 者 に 対 する 出 国 前 研 修 ( 我 が 国 における 基 本 的 な 生 活 習 慣 に 関 するガ

下 IOM という )による 健 康 診 断 結 果 を 踏 まえ 受 入 れ 予 定 者 を 決 定 した 政 府 の 委 託 を 受 けた IOM が タイにおいて 受 入 れ 予 定 者 に 対 する 出 国 前 研 修 ( 我 が 国 における 基 本 的 な 生 活 習 慣 に 関 するガ 第 三 国 定 住 による 難 民 の 受 入 れ 事 業 の 今 後 の 方 針 について 平 成 2 6 年 1 月 2 2 日 難 民 対 策 連 絡 調 整 会 議 第 1 経 緯 我 が 国 は 平 成 20 年 12 月 の 閣 議 了 解 及 び 難 民 対 策 連 絡 調 整 会 議 決 定 に より アジア 地 域 で 発 生 している 難 民 に 関 する 諸 問 題 に 対 処

More information

吉 野 町 第 4 期 障 害 福 祉 計 画 平 成 27 年 3 月 吉 野 町 目 次 第 1 章 計 画 策 定 にあたって 1 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 (1) 制 度 改 正 の 流 れ 3 (2) 第 4 期 障 害 福 祉 計 画 について 4 2 計 画 の 性 格 及 び 位 置 づけ 5 (1) 計 画 の 性 格 5 (2) 計 画 の 位 置 づけ 5 3 計

More information

(3) 福 祉 施 設 から 一 般 就 労 への 移 行 本 市 の 福 祉 施 設 利 用 者 の 中 で 平 成 24 年 度 に 一 般 就 労 により 退 所 した 人 は 3 人 です ここでいう 福 祉 施 設 とは 生 活 介 護 事 業 自 立 訓 練 事 業 ( 生 活 訓 練

(3) 福 祉 施 設 から 一 般 就 労 への 移 行 本 市 の 福 祉 施 設 利 用 者 の 中 で 平 成 24 年 度 に 一 般 就 労 により 退 所 した 人 は 3 人 です ここでいう 福 祉 施 設 とは 生 活 介 護 事 業 自 立 訓 練 事 業 ( 生 活 訓 練 第 5 章 数 値 目 標 ( 第 4 期 案 ) (1) 入 所 施 設 入 所 者 の 地 域 生 活 への 移 行 本 市 の 平 成 25 年 度 末 時 点 の 施 設 入 所 者 は39 人 です 平 成 29 年 度 までに 入 所 施 設 を 退 所 し 自 立 訓 練 事 業 等 を 利 用 しながら グル ープホームや 一 般 住 宅 等 に 移 行 する 人 ( 地 域 移 行

More information

第 3 章 提 供 する 保 育 等 の 内 容 ( 提 供 する 保 育 等 の 内 容 ) 第 4 条 当 園 は 保 育 所 保 育 方 針 ( 平 成 20 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 141 号 )に 基 づき 以 下 に 掲 げる 保 育 そ の 他 の 便 宜 の 提 供 を

第 3 章 提 供 する 保 育 等 の 内 容 ( 提 供 する 保 育 等 の 内 容 ) 第 4 条 当 園 は 保 育 所 保 育 方 針 ( 平 成 20 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 141 号 )に 基 づき 以 下 に 掲 げる 保 育 そ の 他 の 便 宜 の 提 供 を 社 会 福 祉 法 人 若 杉 保 育 園 管 理 規 程 第 1 章 総 則 ( 事 業 所 等 の 名 称 など) 第 1 条 社 会 福 祉 法 人 若 杉 福 祉 会 が 設 置 するこの 保 育 園 の 名 称 及 び 所 在 地 は 次 のとおりにする (1) 名 称 社 会 福 祉 法 人 若 杉 保 育 園 (2) 所 在 地 那 覇 市 首 里 大 名 町 1 64 5 ( 施 設

More information

【資料2】生業扶助及び一時扶助について

【資料2】生業扶助及び一時扶助について 第 15 回 社 会 保 障 審 議 会 生 活 保 護 基 準 部 会 平 成 25 年 11 月 22 日 資 料 2 生 業 扶 助 及 び 一 時 扶 助 について 平 成 25 年 11 月 22 日 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 保 護 課 目 次 生 業 扶 助 生 業 扶 助 の 概 要 3p 就 労 支 援 の 概 要 4p 生 業 費 6p 技 能 修 得 費 9p 就

More information

関連データ及び参考資料(1)

関連データ及び参考資料(1) 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 71 72 目 次 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 公 共 施 設 における 学 校 施 設 の 割 合... 74 学 校 数 幼 児 児 童 生 徒 数 の 推 移... 74 小 中 学 校 数 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 一 校 当 たりの 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 公

More information

別添2(表紙・目次)

別添2(表紙・目次) 別 添 2 配 偶 者 を 対 象 とした 手 当 に 関 する 見 直 しが 実 施 検 討 された 事 例 等 目 次 配 偶 者 を 対 象 とした 手 当 に 関 する 見 直 しが 実 施 検 討 された 事 例 35 全 体 概 要 36 企 業 事 例 一 覧 38 賃 金 制 度 の 見 直 しに 当 たって 従 業 員 の 納 得 性 を 高 めるための 取 組 事 例 57 中

More information

1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ 結 婚 出 産 子 育 て 教 育 など の 面 で 所 得 や 生 活 の 質 (QOL)に 大 きく 影 響 する 税

1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ 結 婚 出 産 子 育 て 教 育 など の 面 で 所 得 や 生 活 の 質 (QOL)に 大 きく 影 響 する 税 資 料 2 骨 太 方 針 に 向 けて ~ 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を~ 平 成 28 年 4 月 18 日 伊 藤 元 重 榊 原 定 征 高 橋 進 新 浪 剛 史 1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ

More information

目 次 1 小 平 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題 (1) 小 平 市 の 就 学 前 児 童 数 1 (2) 保 育 サービスの 利 用 状 況 1 (3) 保 育 サービスの 利 用 希 望 5 (4) 待 機 児 童 の 状 況 6 (5) 子 育 て 支 援 事 業 8 (6) 公

目 次 1 小 平 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題 (1) 小 平 市 の 就 学 前 児 童 数 1 (2) 保 育 サービスの 利 用 状 況 1 (3) 保 育 サービスの 利 用 希 望 5 (4) 待 機 児 童 の 状 況 6 (5) 子 育 て 支 援 事 業 8 (6) 公 公 立 保 育 の 運 営 のあり 方 に 関 する 方 針 平 成 22 年 12 月 小 平 市 次 世 代 育 成 部 目 次 1 小 平 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題 (1) 小 平 市 の 就 学 前 児 童 数 1 (2) 保 育 サービスの 利 用 状 況 1 (3) 保 育 サービスの 利 用 希 望 5 (4) 待 機 児 童 の 状 況 6 (5) 子 育 て 支 援

More information

政 策 評 価 に 関 する 有 識 者 会 議 参 集 者 名 簿 渥 美 由 喜 東 レ 経 営 研 究 所 ダイバーシティ&ワークライフバランス 研 究 部 長 阿 部 正 浩 中 央 大 学 経 済 学 部 教 授 井 部 俊 子 聖 路 加 看 護 大 学 学 長 梅 田 次 郎 行 政 経 営 株 式 会 社 まちづくり 行 政 経 営 プロデューサー 河 北 博 文 社 会 医 療 法

More information