Microsoft Word - h4ki26.htm

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - h4ki26.htm"

Transcription

1 消 防 危 第 26 号 平 成 4 年 3 月 25 日 各 都 道 府 県 消 防 主 管 部 長 殿 消 防 庁 危 険 物 規 制 課 長 内 燃 機 関 を 原 動 機 とする 加 圧 送 水 装 置 の 構 造 及 び 性 能 の 基 準 について( 通 知 ) 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 第 20 条 の 規 定 に 基 づき 製 造 所 等 に 設 ける 消 火 設 備 のうち 屋 内 消 火 栓 設 備 等 に 用 いる 加 圧 送 水 装 置 の 原 動 機 として 内 燃 機 関 を 用 いるこ とについては 危 険 物 規 制 事 務 に 関 する 執 務 資 料 ( 給 油 取 扱 所 を 除 く)の 送 付 につい て ( 平 成 元 年 7 月 4 日 付 け 消 防 危 第 64 号 各 都 道 府 県 消 防 主 管 部 長 あて 消 防 庁 危 険 物 規 制 課 長 通 知 )において 差 し 支 えない 旨 回 答 しているところであるが 当 該 内 燃 機 関 を 原 動 機 とする 加 圧 送 水 装 置 の 機 能 維 持 を 図 るため 今 般 加 圧 送 水 装 置 の 構 造 材 質 性 能 等 について 別 添 のとおり 基 準 を 定 めた 当 該 基 準 に 適 合 する 加 圧 送 水 装 置 については 財 団 法 人 日 本 消 防 設 備 安 全 センタ ーに 設 置 されている 消 火 設 備 等 認 定 委 員 会 において 認 定 を 行 い その 旨 の 認 定 表 示 ( 図 参 照 )を 貼 付 する 予 定 である したがって この 認 定 証 票 が 貼 付 されたものにつ いては 当 該 基 準 に 適 合 するものとして 取 り 扱 って 差 しつかえない なお 電 動 機 を 原 動 機 とする 加 圧 送 水 装 置 については 加 圧 送 水 装 置 等 の 構 造 及 び 性 能 の 基 準 の 細 目 について ( 昭 和 55 年 6 月 2 日 付 け 消 防 予 第 111 号 各 都 道 府 県 消 防 主 管 部 長 あて 消 防 庁 予 防 救 急 課 長 通 知 )に 基 づき すでに 同 委 員 会 におい て 認 定 を 行 い その 旨 の 認 定 表 示 が 貼 付 されているところであり この 認 定 証 票 が 貼 付 されたものについては 同 様 に 取 り 扱 って 差 しつかえないので 念 のため 申 し 添 える おって 管 下 市 町 村 にもこの 旨 示 達 し よろしく 御 指 導 願 いたい 別 添

2 内 燃 機 関 駆 動 による 加 圧 送 水 装 置 等 の 構 造 及 び 性 能 の 基 準 第 1 趣 旨 この 基 準 は 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 第 20 条 の 規 定 に 基 づく 第 1 種 第 2 種 又 は 第 3 種 の 消 火 設 備 のうち 屋 内 消 火 栓 設 備 屋 外 消 火 栓 設 備 スプリンクラ ー 設 備 水 蒸 気 消 火 設 備 水 噴 霧 消 火 設 備 及 び 泡 消 火 設 備 に 用 いる 加 圧 送 水 装 置 のうち 内 燃 機 関 を 原 動 機 とするポンプを 用 いる 加 圧 送 水 装 置 等 ( 以 下 加 圧 送 水 装 置 等 という )に 関 する 基 準 を 定 めるものとする 第 2 用 語 の 定 義 この 基 準 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は それぞれ 当 該 各 号 に 定 めるところによる 1 加 圧 送 水 装 置 等 ポンプ 内 燃 機 関 の 加 圧 送 水 装 置 と 制 御 盤 呼 水 装 置 ポン プ 性 能 試 験 装 置 水 温 上 昇 防 止 用 逃 し 装 置 起 動 用 水 圧 開 閉 装 置 フート 弁 等 の 付 属 装 置 又 は 付 属 機 器 ( 以 下 付 属 装 置 等 という )で 構 成 されたものをいう 2 ポンプ 地 上 に 設 置 されるもので 内 燃 機 関 と 軸 継 手 により 直 結 されたもの 又 は 内 燃 機 関 軸 と 共 通 軸 としたもので 単 段 又 は 多 段 のターボ 形 ポンプをいう 3 制 御 盤 加 圧 送 水 装 置 等 の 監 視 操 作 等 を 行 うものをいう 4 呼 水 装 置 水 源 の 水 位 がポンプより 低 い 位 置 にある 場 合 に ポンプ 及 び 配 管 に 充 水 させるための 装 置 をいう 5 ポンプ 性 能 試 験 装 置 加 圧 送 水 装 置 の 全 揚 程 吐 出 量 を 確 認 するための 試 験 装 置 をいう 6 水 温 上 昇 防 止 用 逃 し 装 置 加 圧 送 水 装 置 の 締 切 運 転 時 にポンプの 水 温 が 上 昇 するのを 防 止 するための 装 置 をいう 7 起 動 用 水 圧 開 閉 装 置 消 火 栓 開 閉 弁 の 開 放 による 配 管 内 の 圧 力 低 下 又 はスプ リンクラーヘッドの 作 動 により 加 圧 送 水 装 置 を 自 動 的 に 起 動 させるための 装 置 をい う 8 フート 弁 水 源 の 水 位 がポンプより 低 い 位 置 にある 場 合 に 吸 水 管 の 先 端 に 設 け る 逆 止 弁 で ろ 過 装 置 を 有 するものをいう 9 内 燃 機 関 自 家 発 電 設 備 の 基 準 ( 昭 和 48 年 消 防 庁 告 示 第 1 号 ) 及 び 消 火 設 備 及 び 警 報 設 備 に 係 る 危 険 物 の 規 制 に 関 する 規 則 の 一 部 を 改 正 する 省 令 の 運 用 につ いて ( 平 成 元 年 3 月 22 日 付 け 消 防 危 第 24 号 各 都 道 府 県 消 防 主 管 部 長 あて 消 防 庁 危 険 物 規 制 課 長 通 知 ) 別 紙 消 火 設 備 及 び 警 報 設 備 に 関 する 運 用 指 針 ( 以 下 運

3 用 指 針 という ) 第 2 6 に 規 定 する 内 燃 機 関 に 適 合 するものをいう 第 3 ポンプ 1 構 造 ポンプの 構 造 は 次 に 定 めるところによる (1) 確 実 に 作 動 するもので 機 械 的 に 十 分 な 耐 久 性 を 有 し 取 扱 操 作 点 検 及 び 部 品 の 取 替 えが 容 易 にできるものであること (2) 鋳 造 品 の 内 外 面 は 滑 らかで 有 害 な 鋳 巣 き 裂 偏 肉 等 のないものであること (3) 羽 根 車 は つり 合 いが 良 好 であり その 通 水 路 は 滑 らかであること (4) 軸 封 部 から 空 気 の 吸 込 みや 過 大 な 漏 水 がないものであること (5) 軸 受 からは 油 漏 れがないものであること (6) 軸 受 部 に 潤 滑 油 を 必 要 とするものの 軸 受 は 外 部 から 油 面 を 点 検 できるもの とし かつ 補 給 のための 注 油 孔 又 は 給 油 口 を 設 けたものであること (7) 外 部 から 容 易 に 人 が 触 れるおそれのある 回 転 部 は 安 全 上 有 効 に 保 護 され ていること (8) さびの 発 生 するおそれのある 部 分 は 有 効 な 防 錆 措 置 を 施 し また 地 上 に 設 置 するポンプ 及 びベッドの 外 部 には 仕 上 塗 装 を 施 したものであること (9) ベッドへの 取 付 ボルト 及 び 基 礎 ボルトは 地 震 等 に 対 し 十 分 な 強 度 を 有 するも のであること (10) ポンプ 本 体 の 配 管 接 続 部 に 使 用 するフランジは JIS( 工 業 標 準 化 法 ( 昭 和 24 年 法 律 第 185 号 ) 第 17 条 第 1 項 の 日 本 工 業 規 格 をいう 以 下 同 じ )B2210( 鉄 鋼 製 管 フランジの 基 準 寸 法 )に 該 当 するものであること 2 材 質 ポンプの 部 品 で 次 表 の 左 欄 に 掲 げるものに 用 いる 材 料 は それぞれ 当 該 右 欄 に 掲 げるもの 又 はこれらと 同 等 以 上 の 強 度 及 び 耐 食 性 を 有 するものであること 部 品 名 材 料 羽 根 車 JISG5501(ねずみ 鋳 鉄 品 )のうち 2 種 3 種 又 は 4 種 のもの 及 び 案 JISH5111( 青 銅 鋳 物 )のうち 3 種 又 は 6 種 のもの 内 羽 根 JISH5202(アルミニウム 合 金 鋳 物 )のうち 4 種 B 4 種 C 4 種 D 又

4 ケーシ ング ポンプ 軸 は7 種 Aのもの JISG5501(ねずみ 鋳 鉄 品 )のうち 2 種 3 種 又 は 4 種 のもの JISG5502( 球 状 黒 鉛 鋳 鉄 )のうち 2 種 のもの JISH5111( 青 銅 鋳 物 )のうち 3 種 又 は 6 種 のもの JISH5202(アルミニウム 合 金 鋳 物 )のうち 4 種 B 4 種 C 4 種 D 又 は7 種 Aのもの JISG4303(ステンレス 鋼 棒 )のうち SUS-304 SUS-403 SUS- 420J1 SUS-420J2 又 は SUS-630 のもの ただし スリーブ 付 きのも の 及 び 防 錆 処 理 を 施 したものに 限 り JISG4051( 機 械 構 造 用 炭 素 鋼 鋼 材 )のうち S30C 又 は S50C のもの JISG4105(クロムモリブデン 鋼 鋼 材 )のうち SCM-415 SCM-420 又 はSCM-435のもの 注 ) 冷 却 水 及 び 放 水 等 において 使 用 される 水 と 接 触 する 部 分 は 耐 食 性 を 有 する 材 料 で 造 らなければならない ただし 防 錆 措 置 を 施 した 場 合 はこの 限 りでない 3 性 能 ポンプの 性 能 は 次 に 定 めるところによる (1) ポンプの 吐 出 量 及 び 全 揚 程 は 別 図 に 示 す 性 能 曲 線 上 において 次 の 各 号 に 適 合 するものであること ア 吐 出 量 は 当 該 ポンプに 表 示 されている 吐 出 量 ( 以 下 定 格 吐 出 量 という ) における 性 能 曲 線 上 の 全 揚 程 は 当 該 ポンプに 表 示 されている 全 揚 程 ( 以 下 定 格 全 揚 程 という )の 100% 以 上 125% 以 下 であること なお この 場 合 の 定 格 全 揚 程 とは 定 格 吐 出 量 におけるポンプ 固 有 の 全 揚 程 をいい 消 防 法 施 行 規 則 第 12 条 第 1 項 第 7 号 ハ(ロ) 及 び 同 条 第 2 項 第 6 号 ロ 第 14 条 第 1 項 第 11 号 ハ(ロ) 第 16 条 第 3 項 第 3 号 ハ(ロ) 並 びに 第 18 条 第 4 項 第 9 号 ハ(ロ)に 定 める 式 により 求 めるポンプの 全 揚 程 とは 異 なる 場 合 があること イ 吐 出 量 が 定 格 吐 出 量 の 150% 吐 出 量 における 全 揚 程 は 定 格 吐 出 量 におけ る 性 能 曲 線 上 の 全 揚 程 の 65% 以 上 であること ウ 締 切 全 揚 程 は 定 格 吐 出 量 における 性 能 曲 線 上 の 全 揚 程 の 140% 以 下 で あること (2) ポンプの 吸 込 性 能 は 次 の 各 号 に 適 合 するものであること ア ポンプを 地 上 に 設 置 するものの 最 大 吸 込 全 揚 程 は 定 格 吐 出 量 において 次 表 の 上 欄 に 掲 げる 定 格 吐 出 量 の 区 分 に 応 じて ポンプ 中 心 線 に 換 算 した 吸 込 口 連 成 計 の 読 みが 常 温 で 同 表 下 欄 に 掲 げる 値 以 上 とし その 状 態 で 異 常 なく 運 転 できること ただし 定 格 吐 出 量 が 8,500 /min を 超 えるものにあっては その 使 用 目 的 に 応 じた 値 以 上 とすること 定 格 吐 出 量 /min 900 未 満 900 以 上 2,700 以 下 2,700 を 超 え 5,000 以 下 5,000 を 超 え 8,500 以 下

5 最 大 吸 込 全 揚 程 m (3) ポンプの 軸 動 力 は 次 の 各 号 に 適 合 するものであること ア ポンプの 軸 動 力 は 定 格 吐 出 量 において 内 燃 機 関 定 格 出 力 の 90%を 超 え ないこと イ ポンプの 軸 動 力 は 定 格 吐 出 量 の 150% 吐 出 量 において 内 燃 機 関 定 格 出 力 を 超 えないこと (4) ポンプの 効 率 は 次 の 図 において 定 格 吐 出 量 に 応 じて 曲 線 上 に 示 す 効 率 以 上 のものであること (5) ポンプは 円 滑 に 回 転 し かつ 軸 受 等 の 加 熱 異 常 音 及 び 異 常 振 動 が 生 じな いものであること (6) ポンプの 性 能 曲 線 は 次 に 掲 げる 事 項 について JISB8301( 遠 心 ポンプ 斜 流 ポンプ 及 び 軸 流 ポンプの 試 験 及 び 検 査 方 法 ) 及 び JISB8302(ポンプ 吐 出 し 量 測 定 方 法 )に 定 める 試 験 方 法 により 確 認 し これに 適 合 するものであること ア 吐 出 量 イ 全 揚 程 ウ 回 転 数 エ ポンプ 軸 動 力 オ 運 転 状 態

6 4 耐 圧 ポンプ 本 体 は 最 高 吐 出 圧 力 ( 締 切 全 揚 程 を 水 頭 圧 力 に 換 算 した 圧 力 に 最 高 押 込 圧 力 を 加 えた 圧 力 をいう )の 1.5 倍 以 上 の 圧 力 を 3 分 間 加 えた 場 合 各 部 に 漏 れ 等 の 異 常 が 生 じないものであること 5 表 示 ポンプには 次 に 掲 げる 事 項 をその 見 やすい 箇 所 に 容 易 に 消 えないよう 表 示 す ること (1) 製 造 者 名 又 は 商 標 (2) 品 名 及 び 型 式 記 号 (3) 製 造 年 (4) 製 造 番 号 (5) 定 格 吐 出 量 定 格 全 揚 程 ( 範 囲 を 有 する 場 合 は 最 小 吐 出 量 最 小 吐 出 量 にお ける 全 揚 程 及 び 最 大 吐 出 量 最 大 吐 出 量 における 全 揚 程 ) (6) 吸 込 口 径 吐 出 口 径 ( 吸 込 及 び 吐 出 口 径 が 同 一 の 場 合 は 一 つの 表 示 とするこ とができる ) (7) 段 数 (ただし 多 段 ポンプの 場 合 ) 第 4 内 燃 機 関 加 圧 送 水 装 置 に 用 いる 内 燃 機 関 は 自 家 発 電 設 備 の 基 準 及 び 運 用 指 針 の 内 燃 機 関 の 例 による 第 5 付 属 装 置 等 加 圧 送 水 装 置 に 使 用 する 付 属 装 置 等 は 次 に 定 めるところによる 1 制 御 盤 加 圧 送 水 装 置 に 使 用 する 制 御 盤 は 次 に 定 めるところによる (1) 加 圧 送 水 装 置 の 始 動 吸 水 及 び 放 水 等 を 確 実 に 行 うことができるものである こと (2) 外 箱 の 構 造 は 次 に 定 めるところによる ア 外 箱 は 0.8mm 以 上 の 鋼 板 又 はこれと 同 等 以 上 の 強 度 を 有 するもので 造 ら れていること イ 部 品 の 取 替 え 及 び 保 安 点 検 が 容 易 にできる 構 造 であること

7 ウ 点 検 面 は 扉 引 掛 扉 又 はこれらと 同 等 以 上 の 容 易 に 開 閉 できる 構 造 であ ること (3) 操 作 面 には 次 に 掲 げるものを 取 り 付 け その 用 途 及 び 操 作 を 明 示 する 和 文 銘 板 を 設 けること ただし 自 家 発 電 設 備 の 基 準 に 規 定 する 事 項 に 係 る 表 示 灯 を 除 く ア 操 作 スイッチ (ア) 起 動 用 スイッチ (イ) 停 止 用 スイッチ イ 表 示 灯 (ア) 電 源 表 示 灯 (イ) 操 作 回 路 電 源 表 示 灯 (ウ) 運 転 表 示 灯 (エ) 呼 水 槽 減 水 表 示 灯 ウ 計 器 (ア) 回 転 計 (イ) 水 温 計 (4) 盤 内 部 の 取 付 機 器 には 日 本 電 気 工 業 規 格 (JEM) 1090 制 御 器 具 番 号 によ る 表 示 を 行 うこと なお 外 部 機 器 ( 保 安 装 置 用 警 報 回 路 を 含 む )との 接 続 を 容 易 にするため 接 続 端 子 板 等 を 設 け 配 線 は 圧 着 端 子 を 使 用 し ねじ 等 により 強 固 に 締 め 付 け 線 番 及 び 極 性 を 表 示 すること (5) 外 部 と 接 続 できる 次 の 端 子 が 設 けられていること ただし イは 中 継 端 子 とす ることができる ア 起 動 用 入 力 端 子 イ 送 水 検 出 回 路 用 端 子 ウ 接 地 端 子 (6) 制 御 電 源 は 直 流 電 源 とし 蓄 電 池 設 備 の 基 準 ( 昭 和 48 年 消 防 庁 告 示 第 2 号 )に 適 合 するものであること (7) 制 御 盤 には 次 に 掲 げる 事 項 をその 見 やすい 箇 所 に 容 易 に 消 えないように 表 示 すること ア 製 造 者 名 又 は 商 標 イ 品 名 及 び 型 式 記 号 ウ 定 格 出 力 エ 製 造 年 オ 製 造 番 号 2 呼 水 装 置 呼 水 装 置 は 次 に 定 めるところによる

8 (1) 呼 水 装 置 は 次 に 掲 げるものにより 構 成 されているものであること ア 呼 水 槽 イ 溢 水 用 排 水 管 ウ 排 水 管 ( 止 水 弁 を 含 む ) エ 呼 水 管 ( 逆 止 弁 及 び 止 水 弁 を 含 む ) オ 減 水 警 報 装 置 の 発 信 部 カ 呼 水 槽 へ 水 を 自 動 的 に 補 給 するための 装 置 (2) 呼 水 槽 は 次 に 定 めるところによる ア 呼 水 槽 の 材 料 は 鋼 板 とし 腐 食 するおそれがある 場 合 は 有 効 な 防 食 措 置 を 施 したものであること ただし 火 災 等 の 災 害 による 被 害 を 受 けるおそれのない 箇 所 に 設 ける 場 合 は 合 成 樹 脂 製 とすることができる イ 呼 水 槽 の 容 量 は 100 以 上 の 有 効 水 量 を 有 するものであること (3) 呼 水 装 置 に 設 けられる 配 管 口 径 は 次 表 の 上 欄 に 掲 げる 配 管 の 用 途 の 区 分 に 応 じて 同 表 下 欄 に 掲 げる 管 の 呼 び 以 上 であること ただし 呼 水 管 については 逆 止 弁 の 中 心 線 から 呼 水 槽 底 面 までの 高 さが 1.0m 以 下 の 場 合 は 管 の 呼 びを 40A 以 上 としなければならない 管 の 用 途 補 給 水 管 溢 水 用 排 水 管 呼 水 管 管 の 呼 び 15A 50A 25A (4) 減 水 警 報 装 置 の 発 信 部 は フロートスイッチ 又 は 電 極 とし 呼 水 槽 の 貯 水 量 が 2 分 の 1 に 減 水 するまでに 常 時 人 のいる 場 所 へ 音 響 により 警 報 を 発 するための 信 号 を 発 信 するものであること (5) 呼 水 槽 へ 水 を 自 動 的 に 補 給 する 装 置 は 公 設 水 道 高 架 水 槽 等 からボール タップ 等 により 自 動 的 に 補 給 するものであること (6) 真 空 ポンプ 装 置 を 用 いるものにあっては 動 力 消 防 ポンプの 技 術 上 の 規 格 を 定 める 省 令 ( 昭 和 61 年 自 治 省 令 第 24 号 以 下 動 力 消 防 ポンプの 基 準 という ) 第 12 条 第 2 号 に 適 合 するものであること 3 水 温 上 昇 防 止 用 逃 し 装 置 加 圧 送 水 装 置 に 使 用 する 水 温 上 昇 防 止 用 逃 し 装 置 は 次 に 定 めるところによる ただし 動 力 消 防 ポンプの 基 準 第 9 条 第 1 項 第 1 号 イ 又 は 第 13 条 第 2 号 に 規 定 する 冷 却 水 を 用 いるものにあってはこの 限 りではない (1) 水 温 上 昇 防 止 用 逃 し 装 置 の 構 成 は 次 に 定 めるところによる ただし ポンプ 運 転 中 ポンプ 本 体 に 常 時 逃 し 機 構 を 有 するものにあっては こ

9 の 限 りではない ア 呼 水 槽 を 設 ける 場 合 の 水 温 上 昇 防 止 用 逃 し 配 管 は 呼 水 管 の 逆 止 弁 のポ ンプ 側 より 取 り 出 し 途 中 にオリフィス 等 を 設 け ポンプ 運 転 中 に 常 時 呼 水 槽 等 に 放 水 するものであること イ 呼 水 槽 を 設 けない 場 合 の 水 温 上 昇 防 止 用 逃 し 配 管 は ポンプ 吐 出 側 逆 止 弁 の 一 次 側 より 取 り 出 し 途 中 にオリフィス 等 を 設 け ポンプ 運 転 中 に 常 時 貯 水 槽 に 放 水 するものであること ウ 水 温 上 昇 防 止 用 逃 し 配 管 の 途 中 に 止 水 弁 を 設 けるものであること エ 水 温 上 昇 防 止 用 逃 し 配 管 の 管 の 呼 びは 15A 以 上 であること (2) 水 温 上 昇 防 止 用 逃 し 配 管 中 の 流 水 量 は 締 切 運 転 を 連 続 した 場 合 にあって も ポンプ 内 部 の 水 温 上 昇 値 が 30 を 超 えない 水 量 が 流 れるものであること 4 ポンプ 性 能 試 験 装 置 加 圧 送 水 装 置 に 使 用 するポンプ 性 能 試 験 装 置 は 次 に 定 めるところによる (1) ポンプ 性 能 試 験 装 置 の 配 管 は ポンプの 吐 出 側 に 設 ける 逆 止 弁 の 一 次 側 よ り 分 岐 し その 途 中 にはポンプに 定 格 負 荷 (ポンプの 吐 出 量 が 定 格 吐 出 量 である 場 合 の 負 荷 をいう )をかけるための 流 量 調 節 弁 流 量 計 等 を 設 けるものであること ただし 流 量 計 の 前 後 に 設 ける 整 流 のための 直 管 部 は その 流 量 計 の 性 能 に 適 合 する 長 さとする (2) ポンプ 性 能 試 験 装 置 に 流 量 計 を 設 ける 場 合 は 着 圧 式 等 とし 定 格 吐 出 量 を 測 定 できるものであること (3) ポンプ 性 能 試 験 装 置 に 使 用 する 配 管 は ポンプの 定 格 吐 出 量 を 十 分 に 流 す ことができるものであること 5 起 動 用 水 圧 開 閉 装 置 加 圧 送 水 装 置 に 起 動 用 水 圧 開 閉 装 置 を 設 ける 場 合 は 次 に 定 めるところによる (1) 起 動 用 圧 力 タンクの 容 量 は 100 以 上 のものであること (2) 起 動 用 圧 力 タンクは 労 働 安 全 衛 生 法 ( 昭 和 47 年 法 律 第 57 号 )に 定 める 第 二 種 圧 力 容 器 又 は 高 圧 ガス 取 締 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 204 号 )に 定 める 圧 力 容 器 の 規 定 に 適 合 したものであること (3) 起 動 用 圧 力 タンクは ポンプ 吐 出 側 逆 止 弁 の 二 次 側 配 管 に 管 の 呼 び 25A 以 上 の 配 管 で 連 結 し 止 水 弁 を 挿 入 したものであること (4) 起 動 用 圧 力 タンク 又 はその 直 近 には 圧 力 計 起 動 用 水 圧 開 閉 器 及 びポンプ 起 動 試 験 用 の 排 水 弁 を 設 けること

10 (5) 起 動 用 水 圧 開 閉 器 の 設 定 圧 力 が 著 しく 変 動 しないものであること 6 バルブ 類 バルブ 類 は 次 に 定 めるところによる (1) 加 圧 送 水 装 置 に 使 用 するバルブ 類 は ポンプの 最 高 吐 出 圧 力 の 1.5 倍 の 圧 力 に 十 分 耐 えることができる 強 度 耐 食 性 及 び 耐 熱 性 を 有 する JIS 適 合 品 又 はこれ らと 同 等 以 上 の 性 能 を 有 するものであること (2) 吐 出 側 主 配 管 に 内 ねじ 式 の 弁 を 取 り 付 ける 場 合 は 開 閉 位 置 表 示 を 付 したも のであること (3) 開 閉 弁 又 は 止 水 弁 にあっては 開 閉 方 向 逆 止 弁 にあっては 流 水 方 向 を 表 示 したもので 容 易 に 消 えないものであること 7 フート 弁 フート 弁 は 次 に 定 めるところによる (1) フート 弁 は ろ 過 装 置 を 有 するもので 鎖 ワイヤー 等 で 手 動 により 開 閉 でき る 構 造 のものであること (2) フート 弁 主 要 部 ( 弁 箱 ろ 過 装 置 弁 体 及 び 弁 座 等 をいう )の 材 質 は 次 の 各 号 に 掲 げるもののいずれか 又 はこれらと 同 等 以 上 の 強 度 及 び 耐 食 性 を 有 するもので あること ア JISG5501(ねずみ 鋳 鉄 品 ) イ JISG4305( 冷 間 圧 延 ステンレス 鋼 板 ) ウ JISH5111( 青 銅 鋳 物 ) 又 は JISH3110( 銅 合 金 板 ) (3) 真 空 ポンプ 装 置 を 用 いるもので フート 弁 を 使 用 しないものにあっては 吸 水 管 の 先 端 にろ 過 装 置 を 有 するものであること 8 圧 力 計 及 び 連 成 計 加 圧 送 水 装 置 に 設 ける 圧 力 計 及 び 連 成 計 は JISB7505(ブルドン 管 圧 力 計 )に 適 合 するもののうち 1.5 級 以 上 の 精 度 を 有 するもの 又 はこれと 同 等 以 上 の 性 能 及 び 強

11 度 を 有 するものであること

Microsoft Word - h doc

Microsoft Word - h doc 消 防 予 第 192 号 平 成 9 年 12 月 5 日 各 都 道 府 県 消 防 主 管 部 長 殿 消 防 庁 予 防 課 長 消 防 用 設 備 等 に 係 る 届 出 等 に 関 する 運 用 について( 通 知 ) 消 防 法 ( 以 下 法 という ) 第 17 条 14 規 定 に 基 づく 消 防 用 設 備 等 着 工 届 法 第 17 条 32 規 定 に 基 づく 消 防

More information

5 法 第 32 条 の 規 定 が 適 用 される 電 気 設 備 6 法 第 33 条 の 規 定 が 適 用 される 避 雷 設 備 電 気 設 備 の 構 造 詳 細 図 付 近 見 取 図 二 面 以 上 の 立 面 図 小 屋 伏 図 避 雷 設 備 の 構 造 詳 細 図 避 雷 設

5 法 第 32 条 の 規 定 が 適 用 される 電 気 設 備 6 法 第 33 条 の 規 定 が 適 用 される 避 雷 設 備 電 気 設 備 の 構 造 詳 細 図 付 近 見 取 図 二 面 以 上 の 立 面 図 小 屋 伏 図 避 雷 設 備 の 構 造 詳 細 図 避 雷 設 1 建 築 設 備 第 1 条 の3 第 4 項 ( 建 築 物 の 計 画 に 建 築 設 備 が 含 まれる 場 合 の 確 認 申 請 ) 表 1 い 法 第 28 条 第 2 項 から 第 4 項 までの 規 定 が 適 用 され る 換 気 設 備 ( 居 室 の 採 光 及 び 換 気 ) 換 気 設 備 の 使 用 材 料 2 法 第 28 条 の2 第 3 号 の 規 定 が 適 用

More information

公共建築設備数量積算基準 平成15年版

公共建築設備数量積算基準 平成15年版 公 共 建 築 設 備 数 量 積 算 基 準 平 成 15 年 版 平 成 15 年 3 月 31 日 国 営 計 第 196 号 この 基 準 は 国 土 交 通 省 官 庁 営 繕 部 及 び 地 方 整 備 局 等 営 繕 部 が 官 庁 施 設 の 営 繕 を 実 施 するための 基 準 として 制 定 したものです また この 基 準 は 官 庁 営 繕 関 係 基 準 類 等 の 統

More information

図面審査指導基準

図面審査指導基準 ビル 衛 生 管 理 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 基 準 第 1 目 的 この 基 準 は 特 定 建 築 物 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 について 必 要 な 事 項 を 定 め 適 正 かつ 統 一 性 のある 指 導 を 行 うことにより 特 定 建 築 物 の 良 好 な 衛 生 的 環 境 を 確 保 し もって 町 田 市

More information

2 避 難 安 全 検 証 法 適 用 無 階 避 難 安 全 検 証 ( 階 ) 全 館 避 難 安 全 検 証 避 難 安 全 検 証 法 により 適 用 しない 規 定 種 類 エレベーター( 基 ) エスカレーター( 基 ) [ ( 基 )] 確 認 年 月 日 確 認 番 号 年 月 日

2 避 難 安 全 検 証 法 適 用 無 階 避 難 安 全 検 証 ( 階 ) 全 館 避 難 安 全 検 証 避 難 安 全 検 証 法 により 適 用 しない 規 定 種 類 エレベーター( 基 ) エスカレーター( 基 ) [ ( 基 )] 確 認 年 月 日 確 認 番 号 年 月 日 別 記 様 式 1-11 給 排 水 区 分 概 要 給 水 源 水 道 水 井 水 排 水 再 利 用 水 ( ) 給 水 方 式 直 結 方 式 直 結 増 圧 方 式 受 水 タンク 方 式 ( 受 水 タンク 高 置 タンク) 受 水 タンク 置 場 所 地 下 室 内 (B F) 地 上 階 室 内 ( F) 屋 外 排 水 方 法 公 共 下 水 道 合 併 処 理 浄 化 槽 ( 放

More information

神戸市防火基準適合表示要綱

神戸市防火基準適合表示要綱 防 火 基 準 適 合 表 示 制 度 実 施 要 綱 運 用 要 領 第 1 目 的 ( 第 1 条 関 係 ) この 要 領 は 防 火 基 準 適 合 表 示 制 度 実 施 要 綱 ( 以 下 実 施 要 綱 という )の 運 用 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 表 示 対 象 物 の 範 囲 ( 第 2 条 関 係 ) 1 ホテル 旅 館 等 ( 消 防 法

More information

           目    次

           目    次 第 10 章 維 持 管 理 第 10 章 維 持 管 理 1 給 水 装 置 の 維 持 管 理 給 水 装 置 は 年 月 の 経 過 に 伴 う 材 質 の 劣 化 により 故 障 漏 水 等 の 事 故 が 発 生 す ることがある 事 故 を 未 然 に 防 止 するため 又 は 最 小 限 に 抑 えるためには 維 持 管 理 を 行 うことが 重 要 である (1) 給 水 装 置 工

More information

裁決録

裁決録 平 成 17 年 広 審 第 66 号 油 送 船 第 三 八 宝 丸 火 災 事 件 言 渡 年 月 日 平 成 17 年 10 月 18 日 審 判 庁 広 島 地 方 海 難 審 判 庁 ( 吉 川 進, 黒 田 均, 道 前 洋 志 ) 理 事 官 河 本 和 夫 指 定 海 難 関 係 人 A 社 業 種 名 船 舶 修 繕 業 指 定 海 難 関 係 人 B 職 名 A 社 現 業 グループ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081793689CE8B5A89F08EDF8169967B91CC816A817A5F88F38DFC9770722E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081793689CE8B5A89F08EDF8169967B91CC816A817A5F88F38DFC9770722E646F63> 発 電 用 火 力 設 備 の 技 術 基 準 の 解 釈 平 成 17 年 12 月 14 日 制 定 平 成 17 年 12 月 27 日 一 部 改 正 平 成 18 年 10 月 27 日 一 部 改 正 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 ボイラー 及 びその 附 属 設 備 ( 第 2 条 - 第 17 条 ) 第 3 章 蒸 気 タービン 及 びその 附 属 設

More information

12

12 12. 維 持 管 理 12.1 維 持 管 理 1 給 水 装 置 は 水 道 使 用 者 に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 であり その 維 持 管 理 の 適 否 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えることから 水 が 汚 染 し 又 は 漏 れないように 的 確 に 管 理 を 行 うことが 必 要 である 2 給 水 装 置 は 水 道 使 用 者 等 が

More information

第1章.indd

第1章.indd 第 3 章 消 防 用 設 備 等 の 技 術 基 準 第 2 屋 内 消 火 栓 設 備 1 用 語 の 定 義 ⑴ 1 号 消 火 栓 とは, 政 令 第 11 条 第 3 項 第 1 号 に 規 定 するものをいい, 次 号 に 掲 げるものを 除 く ⑵ 易 操 作 性 1 号 消 火 栓 とは,1 号 消 火 栓 のうち, 一 人 操 作 が 可 能 なものとして 易 操 作 性 1 号

More information

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 七 号 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 ( 平 成 十 八 年 法 律 第 四 十 号 ) 及 び 自 動 車 点 検 基 準 の 一 部 を 改 正 す る 省 令 ( 平 成 十 九 年 国 土 交 通 省 令 第 十 一 号 ) の 施 行 に 伴 い 自 動 車 の 点 検 及 び 整 備 に 関 す る 手 引 の

More information

の 流 出 が 妨 げられないようにするこ (6) 加 湿 水 の 補 給 水 槽 がある 場 合 には, 定 期 的 に 清 掃 するこ (7) 気 化 式 加 湿 器 については, 加 湿 材 の 汚 れ 及 び 加 湿 能 力 を 点 検 し, 必 要 に 応 じて 洗 浄 又 は 交 換 を

の 流 出 が 妨 げられないようにするこ (6) 加 湿 水 の 補 給 水 槽 がある 場 合 には, 定 期 的 に 清 掃 するこ (7) 気 化 式 加 湿 器 については, 加 湿 材 の 汚 れ 及 び 加 湿 能 力 を 点 検 し, 必 要 に 応 じて 洗 浄 又 は 交 換 を 別 添 茨 城 県 建 築 物 環 境 衛 生 維 持 管 理 要 領 第 1 空 気 環 境 の 調 整 1 空 気 調 和 設 備 等 の 運 転 操 作 空 気 調 和 設 備 等 ( 空 気 調 和 設 備 又 は 機 械 換 気 設 備 をいう )の 運 転 操 作 については, 気 象 条 件, 各 居 室 の 使 用 状 況, 過 去 における 空 気 環 境 の 測 定 結 果 等

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2048323530345F82B382A282BD82DC8E738CF68BA48C9A927A8D488E9693E096F38F918DEC90AC977697CC2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2048323530345F82B382A282BD82DC8E738CF68BA48C9A927A8D488E9693E096F38F918DEC90AC977697CC2E646F6378> さいたま 市 公 共 建 築 工 事 内 訳 書 作 成 要 領 平 成 25 年 4 月 さいたま 市 さいたま 市 公 共 建 築 工 事 内 訳 書 作 成 要 領 目 次 第 章 総 則 () 目 的 第 2 章 内 訳 書 の 作 成 () 一 般 事 項 (2) 内 訳 書 の 構 成 第 3 章 内 訳 書 の 内 容 () 種 目 別 内 訳 書 (2) 科 目 別 内 訳 書 (3)

More information

瀬戸内市消防訓令第  号

瀬戸内市消防訓令第  号 〇 うるま 市 防 火 対 象 物 防 火 基 準 適 合 表 示 制 度 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は ホテル 旅 館 等 不 特 定 多 数 の 者 を 収 容 する 防 火 対 象 物 の 防 火 安 全 対 策 の 重 要 性 に 鑑 み 防 火 対 象 物 の 関 係 者 の 防 火 に 対 する 認 識 を 高 め 防 火 管 理 業 務 の 適 正 化

More information

第 5 章 配 管 工 事 第 節 配 管 基 準 事 1 給 水 管 及 給 水 用 具 最 終 水 機 構 流 出 側 設 置 給 水 用 具 耐 圧 性 能 有 用 い 省 第 条 第 2 減 圧 弁 逃 弁 逆 弁 空 気 弁 及 電 磁 弁 耐 久 性 能 有 用 い 省 第 条 3 家 屋 主 配 管 配 管 経 路 い 構 物 通 過 避 等 漏 水 時 修 理 容 易 行 う う

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089CE8B438E67977090DD94F58E7793B18AEE8F80816988F38DFC90BB967B9770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089CE8B438E67977090DD94F58E7793B18AEE8F80816988F38DFC90BB967B9770816A2E646F63> 第 4 厨 房 設 備 1 用 語 の 定 義 (1) 厨 房 設 備 とは 調 理 を 目 的 として 使 用 する 火 を 使 用 する 設 備 及 び 当 該 設 備 に 附 属 する 設 備 の 全 体 をいう (2) 業 務 用 厨 房 設 備 とは 営 業 用 及 び 一 般 事 業 所 の 従 業 員 食 堂 学 校 病 院 の 給 食 用 等 の 厨 房 設 備 をいう (3) グリスフィルターとは

More information

Microsoft Word - h doc

Microsoft Word - h doc 8 保 安 第 12 号 消 防 特 第 39 号 平 成 8 年 3 月 29 日 関 係 都 道 府 県 消 防 防 災 主 管 部 長 殿 通 商 産 業 省 環 境 立 地 局 保 安 課 長 自 治 省 消 防 庁 特 殊 災 害 室 長 新 設 等 の 計 画 の 届 出 に 係 る 審 査 事 務 の 簡 素 合 理 化 に ついて( 通 知 ) 改 正 平 成 10 年 1 月 19

More information

147

147 第 8 章 維 持 管 理 1. 維 持 管 理 給 水 装 置 は 需 用 者 に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 でありその 維 持 管 理 の 適 否 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えることから 水 が 汚 染 し 又 は 漏 れないように 的 確 に 管 理 を 行 う 必 要 がある 給 水 用 具 によっては 間 違 った 使 用 方 法 や 適 切

More information

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63>

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63> 防 災 業 務 計 画 平 成 27 年 4 月 西 部 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 章 総 則 1 第 1 節 防 災 業 務 計 画 の 目 的 第 2 節 防 災 業 務 計 画 の 基 本 構 想 第 3 節 防 災 業 務 計 画 の 運 用 第 2 章 防 災 体 制 の 確 立 2 第 1 節 防 災 体 制 第 2 節 対 策 組 織 の 運 営 第 3 節 災 害 対

More information

1. 簡 易 専 用 水 道 とは 水 道 事 業 者 から 供 給 を 受 ける 水 のみが 水 源 であり マンションや 大 型 店 舗 など 受 水 槽 を 経 由 して 建 物 に 水 道 水 を 供 給 する 施 設 ( 貯 水 槽 水 道 )のうち 受 水 槽 の 有 効 容 量 の 合

1. 簡 易 専 用 水 道 とは 水 道 事 業 者 から 供 給 を 受 ける 水 のみが 水 源 であり マンションや 大 型 店 舗 など 受 水 槽 を 経 由 して 建 物 に 水 道 水 を 供 給 する 施 設 ( 貯 水 槽 水 道 )のうち 受 水 槽 の 有 効 容 量 の 合 太 田 市 簡 易 専 用 水 道 の 手 引 き 問 い 合 わせ 先 太 田 市 役 所 環 境 政 策 課 電 話 : 0276-47-1893 FAX : 0276-47-1881 1. 簡 易 専 用 水 道 とは 水 道 事 業 者 から 供 給 を 受 ける 水 のみが 水 源 であり マンションや 大 型 店 舗 など 受 水 槽 を 経 由 して 建 物 に 水 道 水 を 供 給

More information

Ordinance for Enforcement of the Civil Aeronautics Act

Ordinance for Enforcement of the Civil Aeronautics Act 航 空 法 施 行 規 則 ( 昭 和 二 十 七 年 七 月 三 十 一 日 運 輸 省 令 第 五 十 六 号 ) 第 一 章 総 則 ( 航 空 保 安 施 設 ) 第 一 条 航 空 法 ( 昭 和 二 十 七 年 法 律 第 二 百 三 十 一 号 以 下 法 という ) 第 二 条 第 五 項 の 規 定 による 航 空 保 安 施 設 は 次 のとおりとする 一 航 空 保 安 無 線

More information

建築基準法第52条第14項第1号に基づく練馬区容積率の許可に関する取扱基準

建築基準法第52条第14項第1号に基づく練馬区容積率の許可に関する取扱基準 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 に 基 づく 練 馬 区 容 積 率 の 許 可 に 関 する 取 扱 基 準 練 都 建 第 282 号 平 成 14 年 3 月 11 日 第 1 運 用 方 針 練 馬 区 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 52 条 第 14 項 第 1 号 の 規 定 による 機 械

More information

( 消 防 法 の 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 施 行 対 応 ) 全 体 についての 消 防 計 画 作 成 例 ( 統 括 防 火 管 理 者 の 選 任 が 必 要 となる 対 象 物 の 建 物 全 体 についての 消 防 計 画 作 成 例 ) 第 1 章 総 則 第

( 消 防 法 の 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 施 行 対 応 ) 全 体 についての 消 防 計 画 作 成 例 ( 統 括 防 火 管 理 者 の 選 任 が 必 要 となる 対 象 物 の 建 物 全 体 についての 消 防 計 画 作 成 例 ) 第 1 章 総 則 第 全 体 についての 消 防 計 画 作 成 について 作 成 例 は 統 括 防 火 管 理 義 務 対 象 物 における 基 本 的 な 全 体 についての 防 火 管 理 に 係 る 消 防 計 画 の 作 成 例 であ ることから 次 の 点 に 留 意 する 1 統 括 防 火 管 理 者 が 作 成 する 建 物 全 体 についての 消 防 計 画 は 当 該 防 火 対 象 物 の 各

More information

「設備機器の保守・点検のポイント」

「設備機器の保守・点検のポイント」 施 設 管 理 に 役 立 つ 点 検 のポイント ( 公 社 ) 全 国 ビルメンテナンス 協 会 建 築 物 の 機 能 や 性 能 を 良 好 な 状 態 に 保 ち 利 用 者 に 安 全 で 衛 生 的 な 環 境 を 提 供 し 更 に 建 物 の 長 寿 命 化 を 図 るためには 適 切 な 維 持 保 全 が 重 要 である 建 築 設 備 の 維 持 保 全 は 日 常 の 点

More information

消防法等施行細則(H26.8.1改正後HP掲載用全文)

消防法等施行細則(H26.8.1改正後HP掲載用全文) 消 防 法 等 施 行 細 則 昭 和 48 年 7 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 改 正 昭 和 50 年 4 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 2 号 昭 和 55 年 5 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 昭 和 59 年 4 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 2 号 平 成 2 年 5 月 23 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 平 成 4

More information

取扱基準 本文

取扱基準 本文 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 に 基 づく 東 京 都 容 積 率 の 許 可 に 関 する 取 扱 基 準 1 制 定 15 都 市 建 市 第 282 号 平 成 16 年 3 月 4 日 改 正 16 都 市 建 企 第 233 号 平 成 16 年 9 月 10 日 改 正 21 都 市 建 企 第 893 号 平 成 22 年 3 月 31 日 改 正 25

More information

高 崎 市 中 高 層 建 物 直 結 給 水 及 び 増 圧 式 設 計 施 工 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 高 崎 市 の 給 水 区 域 において の 圧 力 を 利 用 して 中 高 層 の 建 物 ( 以 下 中 高 層 という )の 給 水 装 置 に 直 結

高 崎 市 中 高 層 建 物 直 結 給 水 及 び 増 圧 式 設 計 施 工 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 高 崎 市 の 給 水 区 域 において の 圧 力 を 利 用 して 中 高 層 の 建 物 ( 以 下 中 高 層 という )の 給 水 装 置 に 直 結 改 訂 版 高 崎 市 中 高 層 建 物 直 結 給 水 及 び 増 圧 給 水 設 計 施 工 基 準 平 成 24 年 4 月 1 日 改 定 高 崎 市 水 道 局 高 崎 市 中 高 層 建 物 直 結 給 水 及 び 増 圧 式 設 計 施 工 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 高 崎 市 の 給 水 区 域 において の 圧 力 を 利 用 して 中 高 層 の 建

More information

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 に 関 する 許 可 基 準 改 定 平 成 23 年 10 月 1 日 Ⅰ 趣 旨 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 52 条 第 14 項 第 1 号 の 許 可 制 度 は 機 械 室 等 部 分 の 床 面 積 の 合 計 の 建 築 物 の 延 べ 面 積 に 対 する

More information

第 節 ○○計画

第 節 ○○計画 第 40 節 ライフライン 応 急 対 策 (ガス) 本 所 災 害 対 策 班 都 市 施 設 班 庁 舎 総 務 企 画 班 建 設 班 実 施 主 体 鶴 岡 ガス( 株 ) 庄 内 中 部 ガス( 株 ) LPガス 充 てん 事 業 所 計 画 の 目 的 鶴 岡 ガス 株 式 会 社 及 び 庄 内 中 部 ガス 株 式 会 社 並 びにその 他 ガス 事 業 者 は 災 害 発 生 後

More information

資料5-1

資料5-1 資 料 5-1 石 油 コンビナート 防 災 アセスメント 施 設 調 査 票 ( 案 ) 本 調 査 は 平 成 21 年 度 に 千 葉 県 が 実 施 した 防 災 アセスメント 調 査 による 施 設 調 査 データのご 確 認 及 び 更 新 をお 願 いするものです ご 提 供 いただいたデータの 取 扱 いは 厳 重 に 行 い 当 該 データは 本 業 務 以 外 には 使 用 いたしません

More information

001-01 建物配置図(20.10.15).xls

001-01 建物配置図(20.10.15).xls ( 別 紙 1) 和 光 校 舎 配 置 図 グラウンド テニスコート 霞 寮 若 松 寮 船 橋 寮 和 光 寮 厚 生 棟 体 育 館 西 門 司 法 研 修 所 研 修 棟 階 段 教 室 棟 バ ス 停 留 所 ( 樹 林 公 園 ) バ ス 停 留 所 ( 樹 林 公 園 ) 管 理 棟 バ ス 停 留 所 ( 税 務 大 学 校 ) エントランス 東 京 外 環 自 動 車 道 バ ス

More information

給水装置工事施行要領

給水装置工事施行要領 5 図 面 作 成 5.1 図 面 作 成 図 面 は 給 水 装 置 計 画 の 技 術 的 表 現 であり 工 事 施 行 の 際 の 基 礎 であるとともに 給 水 装 置 の 適 切 な 維 持 管 理 のための 必 須 の 資 料 であるので 明 確 かつ 容 易 に 理 解 できるもの であること 1 図 面 は 設 計 図 と 給 水 装 置 しゅん 工 図 ( 以 下 しゅん 工 図

More information

001-01 建物配置図.xls

001-01 建物配置図.xls ( 別 紙 1) 和 光 校 舎 配 置 図 グラウンド テニスコート 霞 寮 若 松 寮 船 橋 寮 和 光 寮 厚 生 棟 体 育 館 西 門 司 法 研 修 所 研 修 棟 階 段 教 室 棟 バ ス 停 留 所 ( 樹 林 公 園 ) バ ス 停 留 所 ( 樹 林 公 園 ) 管 理 棟 バ ス 停 留 所 ( 税 務 大 学 校 ) エントランス 東 京 外 環 自 動 車 道 バ ス

More information

概 要 1. 植 物 工 場 の 立 地 における 主 な 法 律 と 課 題 の 概 要 農 業 として 認 められる 植 物 工 場 は 法 的 な 規 制 が 少 なく 一 般 工 場 との 位 置 づけ では 農 地 転 用 建 築 基 準 法 消 防 法 等 の 法 律 規 制 がある 2

概 要 1. 植 物 工 場 の 立 地 における 主 な 法 律 と 課 題 の 概 要 農 業 として 認 められる 植 物 工 場 は 法 的 な 規 制 が 少 なく 一 般 工 場 との 位 置 づけ では 農 地 転 用 建 築 基 準 法 消 防 法 等 の 法 律 規 制 がある 2 第 5 章 植 物 工 場 の 法 規 制 等 -73- 概 要 1. 植 物 工 場 の 立 地 における 主 な 法 律 と 課 題 の 概 要 農 業 として 認 められる 植 物 工 場 は 法 的 な 規 制 が 少 なく 一 般 工 場 との 位 置 づけ では 農 地 転 用 建 築 基 準 法 消 防 法 等 の 法 律 規 制 がある 2. 農 地 関 連 (1) 農 業 振 興

More information

Microsoft Word - 成田市給水装置工事施行基準(H27改定版)(黒)

Microsoft Word - 成田市給水装置工事施行基準(H27改定版)(黒) 第 7 章 維 持 管 理 138 第 7 章 維 持 管 理 7.1 維 持 管 理 給 水 装 置 はお 客 様 ( 需 要 者 )に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 であり 給 水 装 置 の 的 確 な 維 持 管 理 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えるため 水 を 汚 染 し 又 は 漏 水 のない よう 随 時 又 は 定 期 的 に 行 うこと 給

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20925093C689D789B582B581698AAE90AC92CA926D816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20925093C689D789B582B581698AAE90AC92CA926D816A2E646F63> 消 防 危 第 245 号 平 成 1 7 年 1 0 月 2 6 日 各 都 道 府 県 消 防 防 災 主 管 部 長 東 京 消 防 庁 各 指 定 都 市 消 防 長 殿 消 防 庁 危 険 物 保 安 室 長 給 油 取 扱 所 等 における 単 独 荷 卸 しに 係 る 運 用 について 危 険 物 取 扱 者 の 立 会 いなしに 移 動 タンク 貯 蔵 所 に 乗 務 する 危 険

More information

歩 行 距 離 20m 以 下

歩 行 距 離 20m 以 下 歩 行 距 離 20m 以 下 1 2 4 3 5 6 8 7 9 蓄 圧 式 消 火 器 の 指 示 圧 力 計 緑 色 範 囲 NEW 水 系 消 火 器 粉 末 消 火 器 別 記 様 式 第 1 名 所 称 在 消 火 器 具 点 検 票 防 火 管 理 者 立 会 者 (その1) 点 検 種 別 機 器 点 検 点 検 年 月 日 年 月 日 ~ 年 月 日 資 格 番 号 社 名

More information

第 節 ○○計画

第 節 ○○計画 第 40 節 ライフライン 応 急 対 策 (ガス) 本 所 災 害 対 策 班 都 市 施 設 班 庁 舎 総 務 企 画 班 建 設 班 実 施 主 体 鶴 岡 ガス( 株 ) 庄 内 中 部 ガス( 株 ) LPガス 充 てん 事 業 所 LPガス 販 売 事 業 者 一 般 社 団 法 人 山 形 県 LPガス 協 会 山 形 県 高 圧 ガス 地 域 防 災 協 議 会 関 係 機 関 県

More information

乙種第4類(危険物取扱者試験)

乙種第4類(危険物取扱者試験) 過 去 に 出 題 された 問 題 乙 種 第 4 類 危 険 物 取 扱 者 試 験 解 答 は 最 後 のページに 記 載 されています ( 注 ) 問 題 中 に 使 用 した 略 語 は 次 のとおりです 法 令 消 防 法 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 又 は 危 険 物 の 規 制 に 関 する 規 則 法 消 防 法 政 令 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令

More information

南青葉台道路舗装工事に伴う引込管更新業務仕様書

南青葉台道路舗装工事に伴う引込管更新業務仕様書 増 圧 式 及 び 3 4 階 直 結 式 に 関 する 基 本 書 河 内 長 野 市 上 下 水 道 部 目 次 Ⅰ. 総 説 1. 目 的 1 2. 給 水 方 式 1 3. 責 任 分 界 点 5 Ⅱ. 構 造 及 び 材 料 1. 増 圧 ポンプ 等 の 位 置 構 造 6 2. 使 用 材 料 8 Ⅲ. 設 計 1. 設 計 水 圧 9 2. 水 理 計 算 9 3. 給 水 管 口 径

More information

附 則 この 規 程 は 平 成 25 年 7 月 8 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 7 月 9 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 8 月 6 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 11 月 12

附 則 この 規 程 は 平 成 25 年 7 月 8 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 7 月 9 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 8 月 6 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 11 月 12 制 定 平 成 25 年 6 月 19 日 原 規 技 発 第 1306194 号 原 子 力 規 制 委 員 会 決 定 改 正 平 成 26 年 7 月 9 日 原 規 技 発 第 1407092 号 原 子 力 規 制 委 員 会 決 定 改 正 平 成 26 年 8 月 6 日 原 規 技 発 第 1408062 号 原 子 力 規 制 委 員 会 決 定 改 正 平 成 26 年 11 月

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 10 月 大 分 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 想 定 する 事 態 2 第 2 編 平

More information

佐 賀 市 建 築 計 特 記 仕 様 書 この 特 記 仕 様 書 は 佐 賀 市 が 発 注 する 委 託 のうち 建 築 計 に 係 る 特 記 仕 様 書 であり 発 注 方 法 によって 実 際 の 委 託 名 称 とは 異 なる 場 合 があります なお 佐 賀 市 は 佐 賀 県 建

佐 賀 市 建 築 計 特 記 仕 様 書 この 特 記 仕 様 書 は 佐 賀 市 が 発 注 する 委 託 のうち 建 築 計 に 係 る 特 記 仕 様 書 であり 発 注 方 法 によって 実 際 の 委 託 名 称 とは 異 なる 場 合 があります なお 佐 賀 市 は 佐 賀 県 建 計 委 託 特 記 仕 様 書 平 成 27 年 8 月 佐 賀 市 建 築 住 宅 課 佐 賀 市 建 築 計 特 記 仕 様 書 この 特 記 仕 様 書 は 佐 賀 市 が 発 注 する 委 託 のうち 建 築 計 に 係 る 特 記 仕 様 書 であり 発 注 方 法 によって 実 際 の 委 託 名 称 とは 異 なる 場 合 があります なお 佐 賀 市 は 佐 賀 県 建 築 計 工

More information

れた 工 作 物 (イ 及 びウに 規 定 するものを 除 く )に 張 り 付 けられた 保 温 材 耐 火 被 覆 材 等 が 損 傷 等 により 石 綿 等 の 粉 じんを 発 散 させ 及 び 労 働 者 がその 粉 じんに ばく 露 するおそれがあるときは 当 該 保 温 材 耐 火 被

れた 工 作 物 (イ 及 びウに 規 定 するものを 除 く )に 張 り 付 けられた 保 温 材 耐 火 被 覆 材 等 が 損 傷 等 により 石 綿 等 の 粉 じんを 発 散 させ 及 び 労 働 者 がその 粉 じんに ばく 露 するおそれがあるときは 当 該 保 温 材 耐 火 被 別 添 基 発 0423 第 8 号 平 成 26 年 4 月 23 日 別 記 関 係 団 体 の 長 あて 厚 生 労 働 省 労 働 基 準 局 長 石 綿 障 害 予 防 規 則 の 改 正 及 び 労 働 者 の 石 綿 ばく 露 防 止 に 関 する 技 術 上 の 指 針 の 制 定 について 日 ごろから 労 働 基 準 行 政 の 推 進 に 格 段 の 御 理 解 御 協 力 を

More information

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 衛 生 管 理 センター 適 正 管 理 計 画 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 アルミニウム 及 びその 化 合 物 TKフロック 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

浜 3 4 号 機 の 審 査 状 況 について 1 新 規 制 基 準 施 に 伴 う 審 査 状 況 T3 4 (H25.7.8) 申 請 T3 4 T3 4 (H25.7.8)(H25.8.5) 追 加 申 申 請 請 1 原 炉 設 置 変 更 許 可 申 請 の 審 査 補 正 1 1:H

浜 3 4 号 機 の 審 査 状 況 について 1 新 規 制 基 準 施 に 伴 う 審 査 状 況 T3 4 (H25.7.8) 申 請 T3 4 T3 4 (H25.7.8)(H25.8.5) 追 加 申 申 請 請 1 原 炉 設 置 変 更 許 可 申 請 の 審 査 補 正 1 1:H 資 料 No.1-1 高 浜 発 電 所 3 4 号 機 工 事 計 画 の 概 要 について 平 成 27 年 9 月 3 日 関 西 電 力 株 式 会 社 浜 3 4 号 機 の 審 査 状 況 について 1 新 規 制 基 準 施 に 伴 う 審 査 状 況 T3 4 (H25.7.8) 申 請 T3 4 T3 4 (H25.7.8)(H25.8.5) 追 加 申 申 請 請 1 原 炉 設

More information

高 第 3 種 17m 第 3 種 20m 第 3 種 30m 第 3 種 40m 第 3 種 30m 40m 建 築 物 の 各 部 分 の 高 さは 当 該 部 分 から 前 面 道 路 1 建 築 物 の 高 さは20メートル

高 第 3 種 17m 第 3 種 20m 第 3 種 30m 第 3 種 40m 第 3 種 30m 40m 建 築 物 の 各 部 分 の 高 さは 当 該 部 分 から 前 面 道 路 1 建 築 物 の 高 さは20メートル 東 京 都 市 計 画 の 変 更 ( 目 黒 区 決 定 ) 都 市 計 画 を 次 のように 変 更 する す 面 積 欄 の( ) 内 は 変 更 前 を 示 種 類 面 積 建 築 物 の 高 さの 高 又 は 低 備 考 高 第 1 種 17m 第 1 種 第 2 種 17m 第 2 種 20m 第 2 種 30m 第 2 種 587.2 64.4 (66.6) 4.7 480.6 (478.4)

More information

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について 日 環 協 第 8 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 土 壌 汚 染 対 策 法 政 令 市 市 長 殿 公 益 財 団 法 人 日 本 環 境 協 会 理 事 長 森 嶌 昭 夫 土 壌 環 境 保 全 対 策 推 進 助 成 金 交 付 事 業 実 施 要 領 の 変 更 について 当 協 会 の 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 の 御 協 力 を

More information

乙種第1、2、3、4、5、6類(危険物取扱者試験)

乙種第1、2、3、4、5、6類(危険物取扱者試験) 過 去 に 出 題 された 問 題 乙 種 第 1 2 3 5 6 類 危 険 物 取 扱 者 試 験 解 答 は 最 後 のページに 記 載 されています ( 注 ) 問 題 中 に 使 用 した 略 語 は 次 のとおりです 法 令 消 防 法 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 又 は 危 険 物 の 規 制 に 関 する 規 則 法 消 防 法 政 令 危 険 物 の 規 制 に

More information

中部析水苑他運転管理業務委託特記仕様書

中部析水苑他運転管理業務委託特記仕様書 姫 路 市 コミュニティ プラント 等 運 転 管 理 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 姫 路 市 下 水 道 管 理 センター 姫 路 市 コミュニティ プラント 等 運 転 管 理 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 仕 様 書 は 姫 路 市 が 発 注 するコミュニティ プラント 上 菅 処 理 場 城 山 浄 化 センター 及 びマ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139303731318A7795948C9A95A889FC8F43984A88C0836083468362834E8356815B83672E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139303731318A7795948C9A95A889FC8F43984A88C0836083468362834E8356815B83672E646F63> 平 成 19 年 7 月 版 安 全 衛 生 チェックリスト 総 務 部 労 務 課 安 全 衛 生 係 学 部 名 棟 名 称 階 室 名 室 番 記 入 者 氏 名 記 入 日 該 当 記 入 文 字 : 対 応 済 項 目 マーク: 未 対 応 項 目 X マーク 第 1 章 実 験 室 等 の 安 全 衛 生 チェック 1. 化 学 物 質 ( 化 学 的 危 険 等 ) 等 を 取 り 扱

More information

120808改正請負契約書(最低価格落札方式)

120808改正請負契約書(最低価格落札方式) 印 紙 契 約 書 ( 案 ) 支 出 負 担 行 為 担 当 官 中 国 四 国 地 方 環 境 事 務 所 総 務 課 長 遠 藤 正 ( 以 下 甲 という ) は ( 以 下 乙 という )と 平 成 25 年 度 五 色 台 ビジターセンター 及 び 自 然 体 験 施 設 定 期 点 検 及 び 保 守 管 理 業 務 ( 以 下 業 務 という )について 次 の 条 項 により 契

More information

第8章 消防施設に関する事項

第8章 消防施設に関する事項 第 8 章 消 防 施 設 に 関 する 事 項 1 消 防 水 利 の 設 置 消 防 水 利 は 次 の 基 準 により 設 置 するものとする 1) 消 防 水 利 の 種 別 消 防 水 利 は 消 防 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 186 号 ) 第 20 条 第 1 項 の 規 定 により 消 防 庁 が 定 める 消 防 水 利 の 基 準 ( 昭 和 39 年 消 防 庁 告

More information

都計法等講習会における説明メモ

都計法等講習会における説明メモ 国 住 街 第 1 4 5 号 平 成 2 6 年 12 月 5 日 各 都 道 府 県 建 築 行 政 主 務 部 長 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 市 街 地 建 築 課 長 マンションの 建 替 え 等 の 円 滑 化 に 関 する 法 律 第 105 条 の 規 定 の 運 用 について 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 ) 第 59 条 の2に 基 づくいわゆる

More information

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当 四 日 市 港 ポートビル 自 家 用 電 気 工 作 物 保 安 管 理 業 務 仕 様 書 1 目 的 本 仕 様 書 は 委 託 者 ( 以 下 甲 という )が 設 置 した 自 家 用 電 気 工 作 物 の 保 安 管 理 業 務 に 係 わる 委 託 契 約 の 内 容 について 当 該 業 務 のみを 内 容 とし 統 一 的 な 解 釈 及 び 運 用 を 図 るととも に その

More information

5. 給 湯 量 の 算 定 給 湯 量 の 算 定 は 人 員 による 算 定 方 法 と 器 具 数 による 算 定 方 法 があるが 一 般 的 には 人 員 による 算 定 を 行 い 必 要 に 応 じて 器 具 数 による 算 定 によりチェックを 行 う 1 1 日 の 使 用 湯 量

5. 給 湯 量 の 算 定 給 湯 量 の 算 定 は 人 員 による 算 定 方 法 と 器 具 数 による 算 定 方 法 があるが 一 般 的 には 人 員 による 算 定 を 行 い 必 要 に 応 じて 器 具 数 による 算 定 によりチェックを 行 う 1 1 日 の 使 用 湯 量 給 湯 設 備 1. 給 湯 設 備 の 概 要 給 湯 設 備 は 給 水 設 備 と 同 様 に 必 要 な 水 量 ( 湯 量 ) 使 用 目 的 に 適 した 水 圧 衛 生 的 に 安 全 な 水 質 これらに 加 えて 適 温 の 湯 を 建 物 内 の 給 湯 必 要 箇 所 に 供 給 することが 目 的 である 2. 湯 の 性 質 比 体 積 単 位 重 量 当 たりの 体 積

More information

<874681408E9197BF34814088DB8E9D8AC7979D8C7689E68F9181602E786477>

<874681408E9197BF34814088DB8E9D8AC7979D8C7689E68F9181602E786477> 土 地 改 良 区 の 維 持 管 理 計 画 の 変 更 について 1 土 地 改 良 区 の 維 持 管 理 計 画 とは 平 成 28 年 2 月 4 日 ( 木 ) 熊 本 県 農 村 計 画 課 土 地 改 良 指 導 班 土 地 改 良 法 の 中 には 実 は 維 持 管 理 計 画 という 表 記 はありません 土 地 改 良 法 第 7 条 第 1 項 などに 登 場 する 土 地

More information

2014/6/27 長 崎 大 学 電 気 工 作 物 保 安 規 程 長 崎 大 学 電 気 工 作 物 保 安 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 106 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は, 電 気 事 業 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 170 号 以 下 法 という ) 第 42 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき, 長 崎 大 学 ( 以 下

More information

直 ちに 飛 行 停 止 飛 行 制 限 その 他 の 適 切 な 措 置 をとるとともに 当 該 措 置 の 内 容 を 防 衛 大 臣 に 報 告 しなければならない 3 幕 僚 長 等 は 第 1 項 又 は 前 項 の 措 置 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 したときは 直 ちに そ

直 ちに 飛 行 停 止 飛 行 制 限 その 他 の 適 切 な 措 置 をとるとともに 当 該 措 置 の 内 容 を 防 衛 大 臣 に 報 告 しなければならない 3 幕 僚 長 等 は 第 1 項 又 は 前 項 の 措 置 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 したときは 直 ちに そ 防 衛 庁 訓 令 第 32 号 自 衛 隊 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 165 号 ) 第 107 条 第 5 項 の 規 定 に 基 づき 航 空 機 の 安 全 性 の 確 保 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 平 成 7 年 4 月 17 日 防 衛 庁 長 官 玉 沢 徳 一 郎 航 空 機 の 安 全 性 の 確 保 に 関 する 訓 令 改 正 平 成 19

More information

Microsoft Word - (資料2)滋賀県県有施設長寿命化ガイドライン

Microsoft Word - (資料2)滋賀県県有施設長寿命化ガイドライン 滋 賀 県 県 有 施 設 長 寿 命 化 ガイドライン 平 成 27 年 1 月 滋 賀 県 目 次 1. 本 ガイドラインについて 1 (1) 本 ガイドラインの 位 置 づけ 基 本 的 な 考 え 方 (2) 本 ガイドラインの 目 的 (3) 本 ガイドラインの 対 象 施 設 (4) 本 ガイドラインの 適 用 2. 具 体 的 な 取 組 2 (1) 長 寿 命 化 対 象 施 設 (2)

More information

<483236303894F692A388AE8B8B90859195927590DD8C7681458E7B8D738AEE8F80816982508FCD816091E682568FCD816A2E786477>

<483236303894F692A388AE8B8B90859195927590DD8C7681458E7B8D738AEE8F80816982508FCD816091E682568FCD816A2E786477> 第 6 章 給 水 装 置 の 実 施 基 準 ( 関 係 法 規 等 ) 第 30 条 直 結 直 圧 給 水 における 給 水 装 置 は 施 行 令 第 5 条 及 び 構 造 材 質 基 準 に 基 づき 安 全 上 及 び 衛 生 上 支 障 のない 構 造 とする 2 直 結 直 圧 給 水 装 置 は 本 市 の 水 道 水 のみの 専 用 系 統 による 給 水 装 置 とし 他 の

More information

<4D F736F F D C835894AD955C8E9197BF81698F4390B394C5816A2E646F63>

<4D F736F F D C835894AD955C8E9197BF81698F4390B394C5816A2E646F63> ドライクリーニング 工 場 に 係 る 調 査 状 況 並 びに 引 火 性 溶 剤 を 用 いるドライクリーニング 工 場 に 係 る 建 築 基 準 法 用 途 規 制 違 反 への 対 応 及 び 同 法 第 48 条 の 規 定 に 基 づく 許 可 の 運 用 に 関 する 技 術 的 助 言 について 平 成 22 年 9 月 10 日 国 土 交 通 省 引 火 性 溶 剤 を 用 いるドライクリーニング

More information

<32342D945F2D313597A2907B936393C18B4C8E64976C8F91816948323481443481443189FC90B3816A2E786C73>

<32342D945F2D313597A2907B936393C18B4C8E64976C8F91816948323481443481443189FC90B3816A2E786C73> 特 記 仕 様 書 工 事 番 号 工 事 名 24- 農 -15 里 須 田 取 水 施 設 整 備 工 事 施 工 箇 所 木 津 川 市 加 茂 町 里 地 内 工 期 平 成 25 年 1 月 11 日 ~ 平 成 25 年 3 月 29 日 第 1 章 総 則 1-1 ( 総 則 ) 1 本 工 事 は 土 木 工 事 共 通 仕 様 書 ( 平 成 24 年 3 月 農 林 水 産 省

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

2 製 品 に 関 する 要 求 2.1 構 成 構 成 は, 表 1 による 2.2 材 料 材 料 は, 表 1 に 示 す 引 用 規 格 などによるほか, 日 本 工 業 規 格 を 標 準 とする 2.3 構 造 形 状 寸 法 性 能 構 造, 形 状, 寸 法 及 び 性 能 は, 表

2 製 品 に 関 する 要 求 2.1 構 成 構 成 は, 表 1 による 2.2 材 料 材 料 は, 表 1 に 示 す 引 用 規 格 などによるほか, 日 本 工 業 規 格 を 標 準 とする 2.3 構 造 形 状 寸 法 性 能 構 造, 形 状, 寸 法 及 び 性 能 は, 表 調 達 要 求 番 号 : 陸 上 自 衛 隊 仕 様 書 物 品 番 号 小 火 器 係 用 工 具 セット 仕 様 書 番 号 GW-B250010B 防 衛 大 臣 承 認 年 月 日 作 成 平 成 21 年 6 月 11 日 変 更 平 成 24 年 5 月 23 日 作 成 部 隊 等 名 補 給 統 制 本 部 火 器 車 両 部 1 総 則 1.1 適 用 範 囲 この 仕 様 書

More information

3 芸 術 創 造 館 駐 車 場 管 制 機 器 保 守 点 検 業 務 (1) 具 体 業 務 の 内 容 保 守 点 検 大 阪 市 立 芸 術 創 造 館 指 定 管 理 者 は 対 象 機 器 が 有 効 的 に 機 能 するよう 定 期 的 に 点 検 を 実 施 し 良 好 な 状 態

3 芸 術 創 造 館 駐 車 場 管 制 機 器 保 守 点 検 業 務 (1) 具 体 業 務 の 内 容 保 守 点 検 大 阪 市 立 芸 術 創 造 館 指 定 管 理 者 は 対 象 機 器 が 有 効 的 に 機 能 するよう 定 期 的 に 点 検 を 実 施 し 良 好 な 状 態 芸 術 創 造 館 施 設 維 持 管 理 等 検 業 務 仕 様 書 1 スタジオ 等 機 材 保 守 点 検 業 務 (1) 具 体 業 務 内 容 保 守 点 検 大 阪 市 立 芸 術 創 造 館 指 定 管 理 者 はスタジオ 等 機 材 に 対 し 一 切 の 点 検 調 整 を 行 い 機 材 の 安 全 かつ 良 好 な 状 態 を 保 つこと 1 スタジオのミキシングルームに 収

More information

平 成 29 年 度 以 降 包 括 的 委 託 が 考 えられる 業 務 業 務 内 容 業 務 の 頻 度 2 運 転 管 理 日 報 等 データ 管 理 質 検 査 に 係 る 業 務 質 検 査 業 務 ( 自 己 検 査 ) 工 業 用 薬 品 類 に 関 すること ペットボトル 事 業

平 成 29 年 度 以 降 包 括 的 委 託 が 考 えられる 業 務 業 務 内 容 業 務 の 頻 度 2 運 転 管 理 日 報 等 データ 管 理 質 検 査 に 係 る 業 務 質 検 査 業 務 ( 自 己 検 査 ) 工 業 用 薬 品 類 に 関 すること ペットボトル 事 業 松 江 市 における 維 持 管 理 等 委 託 業 務 と 直 営 業 務 の 詳 細 について 資 料 1 包 括 委 託 が 考 えられる 業 務 と 委 託 業 務 修 繕 工 事 の 明 細 直 営 業 務 ( 人 ) 金 額 平 成 29 年 度 以 降 包 括 的 委 託 が 考 えられる 業 務 に 係 る 人 員 人 件 費 (1+2) 非 税 職 員 嘱 託 臨 時 12.14

More information

<90EC8DE88E738FC196688BC78ED497BC8AC7979D97768D6A81758E7B8D7381762E786477>

<90EC8DE88E738FC196688BC78ED497BC8AC7979D97768D6A81758E7B8D7381762E786477> 川 崎 市 消 防 局 車 両 管 理 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 崎 市 消 防 局 車 両 管 理 規 程 ( 平 成 21 年 消 防 局 訓 令 第 3 号 以 下 規 程 という )に 基 づき 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 用 語 の 意 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当

More information

<8E518D6C8E9197BF2E786477>

<8E518D6C8E9197BF2E786477> 参 考 1 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 123 2 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 施 行 令 ( 抄 ) 140 3 愛 知 県 石 油 コンビナート 等 防 災 本 部 条 例 154 4 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 第 28 条 第 5 項 第 6 号 の 規 定 に 基 づく 市 町 村 の 指 定 155 5 愛 知 県 石 油 コンビナート

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

H26改訂案【西諸県】応急業務(BCP推進会議資料)

H26改訂案【西諸県】応急業務(BCP推進会議資料) 添 付 資 料 西 諸 県 地 域 版 BCP 実 施 要 領 この 実 施 要 領 は 非 常 時 における 具 体 的 な 対 応 方 法 必 要 な 人 員 体 制 連 携 体 制 を 想 定 し こ れを 実 現 するために 事 前 に 準 備 しておかなければならないこと 等 について 定 めるものです 実 施 要 領 は 次 のように 構 成 します 項 目 責 任 所 属 非 常 時

More information

2 炊 飯 器 とは 外 がま 内 がま 加 熱 源 などから 構 成 され これらを 一 体 として 使 用 したときに 内 圧 を 上 昇 させることができる 器 具 であるとする 4. 安 全 性 品 質 に 関 して 基 準 () ばり まくれ とは 成 型 加 工 切 断 加 工 時 のば

2 炊 飯 器 とは 外 がま 内 がま 加 熱 源 などから 構 成 され これらを 一 体 として 使 用 したときに 内 圧 を 上 昇 させることができる 器 具 であるとする 4. 安 全 性 品 質 に 関 して 基 準 () ばり まくれ とは 成 型 加 工 切 断 加 工 時 のば 家 庭 用 の 圧 力 なべ 及 び 圧 力 がまの 検 査 マニュアル 制 定 平 成 20 年 4 月 日 改 正 平 成 22 年 2 月 27 日 改 正 平 成 28 年 4 月 日 一 般 財 団 法 人 製 品 安 全 協 会 この 検 査 マニュアルは 家 庭 用 の 圧 力 なべ 及 び 圧 力 がまの 基 準 並 びに 基 準 確 認 方 法 に 基 づいた 検 査 を 適 切

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2097E293808E7B90DD8AEE8F802046433230C4DD96A2969E>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2097E293808E7B90DD8AEE8F802046433230C4DD96A2969E> 冷 凍 空 調 装 置 の 施 設 基 準 フルオロカーボン( 不 活 性 のものに 限 る ) 冷 凍 能 力 20トン 未 満 の 施 設 編 KHKS 0302-2(2011) 制 定 平 成 年 月 高 圧 ガス 保 安 協 会 0 表 紙 裏 基 準 の 全 体 冷 凍 空 調 装 置 の 施 設 基 準 は 4 種 の 基 準 から 成 り 立 つシリーズ 基 準 である シリーズの 全

More information

積 載 せず かつ 燃 料 冷 却 水 及 び 潤 滑 油 の 全 量 を 搭 載 し 自 動 車 製 作 者 が 定 める 工 具 及 び 付 属 品 (スペアタイヤを 含 む )を 全 て 装 備 した 状 態 をいう この 場 合 に おいて 燃 料 の 全 量 を 搭 載 するとは 燃 料

積 載 せず かつ 燃 料 冷 却 水 及 び 潤 滑 油 の 全 量 を 搭 載 し 自 動 車 製 作 者 が 定 める 工 具 及 び 付 属 品 (スペアタイヤを 含 む )を 全 て 装 備 した 状 態 をいう この 場 合 に おいて 燃 料 の 全 量 を 搭 載 するとは 燃 料 別 添 72 後 退 灯 の 技 術 基 準 1. 適 用 範 囲 等 この 技 術 基 準 は 自 動 車 に 備 える 後 退 灯 に 適 用 する( 保 安 基 準 第 40 条 関 係 ) ただし 法 第 75 条 の2 第 1 項 の 規 定 によりその 型 式 について 指 定 を 受 けた 白 色 の 前 部 霧 灯 が 後 退 灯 として 取 付 けられている 自 動 車 にあっては

More information

03

03 東 京 都 市 計 画 の 変 更 ( 文 京 区 決 定 ) 平 成 年 月 日 文 京 区 告 示 第 号 最 高 面 積 欄 の( ) 内 は 変 更 前 を 示 す 種 類 面 積 建 築 物 の 高 さの 最 高 又 は 最 低 備 考 第 1 種 建 築 物 の 各 部 分 の 高 さ( 地 盤 面 からの 高 さによる 以 下 同 じ )は 当 該 部 分 から 前 面 道 路 の 反

More information

資 産 課 税 1. 農 地 保 有 にかかる 課 税 の 強 化 軽 減 (1) 利 用 の 効 率 化 及 び 高 度 化 の 促 進 が 必 要 な 農 地 の 保 有 に 係 る 課 税 の 強 化 軽 減 農 地 法 に 基 づく 農 業 委 員 会 による 農 地 中 間 管 理 機 構

資 産 課 税 1. 農 地 保 有 にかかる 課 税 の 強 化 軽 減 (1) 利 用 の 効 率 化 及 び 高 度 化 の 促 進 が 必 要 な 農 地 の 保 有 に 係 る 課 税 の 強 化 軽 減 農 地 法 に 基 づく 農 業 委 員 会 による 農 地 中 間 管 理 機 構 2016( 平 成 28) 年 度 税 制 改 正 大 綱 決 定 2016.1.15 ~ 収 益 力 ある 企 業 の 投 資 や 賃 金 の 引 き 上 げ 促 進! 本 年 度 の 税 制 改 正 大 綱 について この 度 政 府 は 2016 年 度 税 制 改 正 の 関 連 法 案 を 閣 議 決 定 しました(2015.12.24) 3 月 末 までの 成 立 を 目 指 します 本

More information

別 紙 火 力 設 備 における 電 気 事 業 法 施 行 規 則 第 94 条 の2 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 定 期 事 業 者 検 査 の 時 期 変 更 承 認 に 係 る 標 準 的 な 審 査 基 準 例 及 び 申 請 方 法 等 に ついて 1. 審 査 基 準 電

別 紙 火 力 設 備 における 電 気 事 業 法 施 行 規 則 第 94 条 の2 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 定 期 事 業 者 検 査 の 時 期 変 更 承 認 に 係 る 標 準 的 な 審 査 基 準 例 及 び 申 請 方 法 等 に ついて 1. 審 査 基 準 電 別 紙 火 力 設 備 における 電 気 事 業 法 施 行 規 則 第 94 条 の2 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 定 期 事 業 者 検 査 の 時 期 変 更 承 認 に 係 る 標 準 的 な 審 査 基 準 例 及 び 申 請 方 法 等 に ついて 1. 審 査 基 準 電 気 事 業 法 施 行 規 則 ( 平 成 7 年 通 商 産 業 省 令 第 77 号 ) 第 94

More information

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 総 務 省 自 治 税 務 局 平 成 23 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 1 月 17 日 更 新 ) 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する

More information

<5461726F2D30373081468DE08C609299927E93998AD68C578E9696B18EE6>

<5461726F2D30373081468DE08C609299927E93998AD68C578E9696B18EE6> 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 職 員 の 財 形 貯 蓄 等 関 係 事 務 取 扱 要 項 ( 昭 和 63 年 4 月 1 日 制 定 ) ( 趣 旨 ) 第 1 本 学 職 員 の 財 産 形 成 貯 蓄, 財 産 形 成 年 金 貯 蓄 及 び 財 産 形 成 住 宅 貯 蓄 ( 以 下 財 形 貯 蓄 等 という )の 事 務 の 取 扱 いについては 勤 労 者 財 産

More information

表 2 河 川 管 理 施 設 の 種 類 及 び 設 置 数 ( 単 位 : 施 設 ) 区 分 種 類 設 置 数 堰 103 ゲート 施 設 水 門 309 地 方 整 備 局 等 樋 門 樋 管 等 8,993 ポンプ 施 設 排 水 機 場 425 揚 水 機 場 浄 化 機 場 等 78

表 2 河 川 管 理 施 設 の 種 類 及 び 設 置 数 ( 単 位 : 施 設 ) 区 分 種 類 設 置 数 堰 103 ゲート 施 設 水 門 309 地 方 整 備 局 等 樋 門 樋 管 等 8,993 ポンプ 施 設 排 水 機 場 425 揚 水 機 場 浄 化 機 場 等 78 (5) 河 川 管 理 施 設 ア 河 川 管 理 施 設 の 現 状 現 状 (ア) 河 川 管 理 施 設 の 種 類 設 置 数 等 河 川 は 河 川 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 167 号 ) 第 3 条 第 1 項 に 基 づき 一 級 河 川 ( 指 定 区 間 指 定 区 間 外 ) 及 び 二 級 河 川 に 区 分 され 河 川 管 理 施 設 を 含 むも のとされている

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

現   行

現   行 高 層 建 築 物 の 計 画 に 対 する 指 導 指 針 ( 抜 粋 ) 新 旧 表 現 行 改 正 案 高 層 建 築 物 の 計 画 に 対 する 指 導 指 針 高 層 建 築 物 の 計 画 に 対 する 指 導 指 針 第 1 ( 略 ) 第 1 ( 略 ) 第 2 ( 略 ) 第 2 ( 略 ) 第 3 出 火 防 止 対 策 1 火 気 使 用 設 備 器 具 (1) 電 気 を

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

第 1 編 一 般 事 項 第 1 章 一 般 事 項 本 要 領 は 建 築 保 全 業 務 積 算 基 準 ( 以 下 積 算 基 準 という )に 基 づき 建 築 保 全 業 務 の 積 算 をするための 標 準 的 な 考 え 方 具 体 的 な 資 料 等 を 示 すものである 積 算

第 1 編 一 般 事 項 第 1 章 一 般 事 項 本 要 領 は 建 築 保 全 業 務 積 算 基 準 ( 以 下 積 算 基 準 という )に 基 づき 建 築 保 全 業 務 の 積 算 をするための 標 準 的 な 考 え 方 具 体 的 な 資 料 等 を 示 すものである 積 算 建 築 保 全 業 務 積 算 要 領 平 成 20 年 3 月 国 土 交 通 省 大 臣 官 房 官 庁 営 繕 部 計 画 課 保 全 指 導 室 第 1 編 一 般 事 項 第 1 章 一 般 事 項 本 要 領 は 建 築 保 全 業 務 積 算 基 準 ( 以 下 積 算 基 準 という )に 基 づき 建 築 保 全 業 務 の 積 算 をするための 標 準 的 な 考 え 方 具 体

More information

ポンプ、流体機器について

ポンプ、流体機器について ポンプ 流 体 機 器 について 株 式 会 社 相 互 ポンプ 製 作 所 1.ポンプ 1-1A.ポンプの 種 類 (ターボ 形 ) 羽 根 車 を 回 転 し 遠 心 力 やスクリューの 推 力 で 送 水 する 構 造 遠 心 式 軸 流 式 斜 流 式 1-1B.ポンプの 種 類 ( 容 積 形 ) 一 定 量 をポンプに 吸 い 込 んで 吸 い 込 んだ 液 体 を 押 し 出 す 構

More information

(Microsoft Word - \216Q\215l\227l\216\256\202\331\202\251.doc)

(Microsoft Word - \216Q\215l\227l\216\256\202\331\202\251.doc) Ⅱ チェックシート 1 平 常 時 のチェックシート 地 震 風 水 害 等 に 対 する 備 えが 十 分 かどうかを 定 期 的 に 少 なくとも 防 災 訓 練 時 にチェックして 万 全 の 体 制 を 整 える (その1) 立 地 条 件 と 災 害 予 測 地 盤 地 形 などの 立 地 環 境 と 起 こりうる 災 害 予 測 の 確 認 1 1 1 情 報 伝 達 強 化 館 内 一

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B9E93738E739856906C95DB8CEC915B927594EF82CC8E7895D982C98AD682B782E997768D6A2E727466>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B9E93738E739856906C95DB8CEC915B927594EF82CC8E7895D982C98AD682B782E997768D6A2E727466> 京 都 市 老 保 護 措 置 費 の 支 弁 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 養 護 老 ホーム( 以 下 施 設 という )の 入 所 者 に 係 る 老 福 祉 法 第 11 条 第 1 項 の 規 定 による 措 置 に 要 する 費 用 ( 以 下 措 置 費 という )の 支 弁 に 関 し, 必 要 な 事 項 を 定 める ものとする ( 事 務

More information

目 次 1 検 討 部 会 の 目 的 検 討 体 制 開 催 状 況... 1 ⑴ 検 討 部 会 の 目 的... 1 ⑵ 検 討 体 制... 1 ⑶ 検 討 部 会 の 開 催 状 況... 1 2 福 知 山 花 火 大 会 火 災 の 概 要... 1 ⑴ 火 災 の 概 要... 1

目 次 1 検 討 部 会 の 目 的 検 討 体 制 開 催 状 況... 1 ⑴ 検 討 部 会 の 目 的... 1 ⑵ 検 討 体 制... 1 ⑶ 検 討 部 会 の 開 催 状 況... 1 2 福 知 山 花 火 大 会 火 災 の 概 要... 1 ⑴ 火 災 の 概 要... 1 屋 外 イベント 会 場 等 火 災 対 策 報 告 書 平 成 25 年 10 月 屋 外 イベント 会 場 等 火 災 対 策 検 討 部 会 目 次 1 検 討 部 会 の 目 的 検 討 体 制 開 催 状 況... 1 ⑴ 検 討 部 会 の 目 的... 1 ⑵ 検 討 体 制... 1 ⑶ 検 討 部 会 の 開 催 状 況... 1 2 福 知 山 花 火 大 会 火 災 の 概 要...

More information

目 次 ページ 第 1 章 策 定 の 趣 旨 1 第 2 章 整 備 計 画 の 体 系 1 第 3 章 施 設 整 備 の 現 状 と 課 題 2 第 1 節 施 設 整 備 のあゆみ 2 第 2 節 施 設 整 備 の 現 状 と 課 題 7 第 4 章 施 設 整 備 の 基 本 的 な 考

目 次 ページ 第 1 章 策 定 の 趣 旨 1 第 2 章 整 備 計 画 の 体 系 1 第 3 章 施 設 整 備 の 現 状 と 課 題 2 第 1 節 施 設 整 備 のあゆみ 2 第 2 節 施 設 整 備 の 現 状 と 課 題 7 第 4 章 施 設 整 備 の 基 本 的 な 考 ( 平 成 25 年 度 ~ 平 成 33 年 度 ) 目 次 ページ 第 1 章 策 定 の 趣 旨 1 第 2 章 整 備 計 画 の 体 系 1 第 3 章 施 設 整 備 の 現 状 と 課 題 2 第 1 節 施 設 整 備 のあゆみ 2 第 2 節 施 設 整 備 の 現 状 と 課 題 7 第 4 章 施 設 整 備 の 基 本 的 な 考 え 方 8 第 1 節 ビジョン 経 営 計

More information

目 次 第 1 仮 貯 蔵 又 は 仮 取 扱 いの 承 認 1-1~ 22 第 2 製 造 所 等 の 設 置 又 は 変 更 の 許 可 等 2-1~13 第 3 仮 使 用 の 承 認 3-1~ 45 第 4 製 造 所 4-1~16 4-1~22 第 5 一 般 取 扱 所 5-1~12 5

目 次 第 1 仮 貯 蔵 又 は 仮 取 扱 いの 承 認 1-1~ 22 第 2 製 造 所 等 の 設 置 又 は 変 更 の 許 可 等 2-1~13 第 3 仮 使 用 の 承 認 3-1~ 45 第 4 製 造 所 4-1~16 4-1~22 第 5 一 般 取 扱 所 5-1~12 5 危 険 物 審 査 基 準 制 定 平 成 7 年 4 月 9 日 浜 消 達 第 47 号 全 改 正 平 成 17 年 12 月 27 日 浜 消 達 第 223 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 浜 消 達 第 51 号 (い) 平 成 21 年 2 月 27 日 浜 消 達 第 159 号 (ろ) 浜 松 市 消 防 本 部 予 防 課 危 険 物 保 安 グル-プ 目 次 第

More information

(3) 口 座 振 替 の 推 進 の 取 組 み 口 座 振 替 は 納 期 限 を 忘 れる 心 配 がなく 納 付 に 出 向 く 手 間 を 省 略 するなど 利 便 性 の 高 い 納 付 方 法 である また 納 付 書 の 印 刷 において 紙 の 使 用 量 が 少 ない など 環

(3) 口 座 振 替 の 推 進 の 取 組 み 口 座 振 替 は 納 期 限 を 忘 れる 心 配 がなく 納 付 に 出 向 く 手 間 を 省 略 するなど 利 便 性 の 高 い 納 付 方 法 である また 納 付 書 の 印 刷 において 紙 の 使 用 量 が 少 ない など 環 滞 納 整 理 事 務 要 綱 ( 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 第 1 自 主 納 付 の 推 進 及 び 滞 納 整 理 の 促 進 に 伴 う 基 本 方 針 市 税 は 本 市 が 取 り 組 むさまざまな 公 共 サービス 等 の 原 資 になっており 市 民 福 祉 の 充 実 や 市 民 ニーズに 対 応 する 施 策 の 推 進 に 役 立 てられている これら 施 策 の

More information

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

Microsoft Word - 第1章 県有建築物等の設計業務等積算基準

Microsoft Word - 第1章 県有建築物等の設計業務等積算基準 建 築 設 計 業 務 等 積 算 基 準 平 成 28 年 4 月 1 日 沖 縄 県 土 木 建 築 部 目 次 第 1 章 県 有 建 築 物 等 の 設 計 業 務 等 積 算 基 準 1 第 2 章 県 有 建 築 物 等 の 設 計 業 務 等 積 算 要 領 3 第 1 節 総 則 3 第 2 節 業 務 人 時 間 数 の 算 定 方 法 5 第 3 節 対 象 外 業 務 率 の

More information

委託契約書

委託契約書 業 務 委 託 仕 様 書 第 章 総 則 ( 目 的 ) 第 条 この 仕 様 書 は 焼 津 市 水 道 部 ( 以 下 委 託 者 という )が 管 理 する 配 水 場 及 び 水 源 井 戸 導 水 送 水 施 設 ポンプ 所 調 整 池 の 各 施 設 ( 以 下 配 水 場 等 という )の 設 備 及 び 装 置 等 の 運 転 管 理 及 び 維 持 管 理 業 務 ( 以 下 本

More information

原 子 力 発 電 所 の 新 規 制 基 準 適 合 性 に 係 る 審 査 会 合 第 168 回 議 事 録 1. 日 時 平 成 2 6 年 12 月 4 日 ( 木 ) 10: 01~ 17: 51 2. 場 所 原 子 力 規 制 委 員 会 13 階 会 議 室 A 3. 出 席 者

原 子 力 発 電 所 の 新 規 制 基 準 適 合 性 に 係 る 審 査 会 合 第 168 回 議 事 録 1. 日 時 平 成 2 6 年 12 月 4 日 ( 木 ) 10: 01~ 17: 51 2. 場 所 原 子 力 規 制 委 員 会 13 階 会 議 室 A 3. 出 席 者 原 子 力 発 電 所 の 新 規 制 基 準 適 合 性 に 係 る 審 査 会 合 第 168 回 平 成 26 年 12 月 4 日 ( 木 ) 原 子 力 規 制 委 員 会 原 子 力 発 電 所 の 新 規 制 基 準 適 合 性 に 係 る 審 査 会 合 第 168 回 議 事 録 1. 日 時 平 成 2 6 年 12 月 4 日 ( 木 ) 10: 01~ 17: 51 2. 場

More information

京都市危険物事務処理規程

京都市危険物事務処理規程 京 都 市 危 険 物 事 務 処 理 規 程 昭 和 63 年 4 月 1 日 京 都 市 消 防 局 訓 令 甲 第 2 号 各 部 消 防 学 校 各 消 防 署 京 都 市 危 険 物 事 務 処 理 規 程 を 次 のように 定 める 京 都 市 危 険 物 事 務 処 理 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 訓 令 は, 消 防 法, 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令,

More information

<5461726F2D818391E682548FCD8140976794729085837C8393837690DD94F5>

<5461726F2D818391E682548FCD8140976794729085837C8393837690DD94F5> 第 5 章 揚 排 水 ポンプ 設 備 第 1 節 通 則 5-1-1 適 用 この 章 は 揚 排 水 機 場 に 設 置 される 主 ポンプ 設 備 とその 関 連 設 備 並 びに 付 属 設 備 に 適 用 する なお 対 象 となる 主 ポンプ 設 備 の 形 式 は 横 軸 及 び 立 軸 軸 流 斜 流 ポンプ 横 軸 立 軸 渦 巻 ポンプ 潜 水 ポンプとする 5-1-2 一 般

More information