H1-H4

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "H1-H4"

Transcription

1

2

3

4

5

6

7

8 基盤となるCSR活動 評価 基盤となるCSR活動 CSR 経営の考え方 アクションプラン 企業ビジョン CSR を啓発する 日本化薬グループは 最良の製品を 2013 年度の目標 教育研修の継続実施 CSR 関連プロジェクトの組織横断的運営 会議 社内誌などによる啓発活動の継続 不断の進歩と良心の結合により社会に提供し続けること を実現することによりすべてのステークホルダーの信頼 に応える CSR 経営を行ってまいります 社会的責任を果たすCSR活動 とCSR 経営 CSR 経営実現のための取り組み 最良の製品を不断の進歩と良心 環境責任を果たすCSR活動 の結合により社会に提供し続けること は 日本化薬グ ループの企業ビジョンです は 50 年 以上前に制定された社是をもとにしており 私たちの中に ずっと息づいているCSR 経営の原点となる考え方です 当 社グループでは を実現させるための 企業活動を行うことによって すべてのステークホルダー 経済的責任を果たすCSR活動 の信頼に応えるCSR 経営を実現してまいります 全事業を CSR の観点から判断できる体制とするため 社長を委員長とし 各事業を統括するすべての役付執行役 員をメンバーとするCSR 経営委員会を設定しています ま た 事業戦略とCSR 活動が一体となるように 中期事業計 画と連動した中期 CSR アクションプラン p6, 7 を策定 し 外部にも公表するとともに その PDCA を実施してい ます 日本化薬グループの全従業員が CSR 経営の意義を理 解し 一体となって目標に向かえるように 経営幹部や各 事業場の責任者からの CSR 意識の浸透に加え 年間数十 回の CSR 研修 コンプライアンス研修を行っています ま た 組織横断的な社内プロジェクトを結成し 全社での CSR 活動を推進しています この他 優秀なグループ会社 の取り組みについては全グループ会社で共有するなどの 試みを進めています CSR 研修回数 回 企業ビジョンである を実現させるための企業活動としてCSR経 営を位置付けています KSM 社での 浸透活動 VOICE David Gutierrez, Isabel Cedillo Ayala KSM 1 社は 2007年設立当時から日本 のトピックに関連するビデオの活用や対話 とメキシコ それぞれの文化を尊重し それぞ 形式のゲームによって理解を促しました れの良い点を融合させ KSM社独自の文化 従業員が の基本を理 を創り出すことを検討してきました 解した後 従業員の家族や地域社会にも拡 2011年には日本化薬グループの企業ビ げるべく 浸透活動の一環として 家族参加 ジョン イベントの開催や 車いす クリスマスのお を従業員に正しく 伝えられるよう スペイン語版 を作成し 教育を始めました 従業員 に説明するだけでなく 全員参加型とし 月度 もちゃ 古着の寄付などの支援活動を行い ました KAYAKU spirit 研修 1 KSM Kayaku Safety Systems de Mexico, S.A. de C.V. メキシコ国モントレー市にある自動車用安全部品の生産販売会社 08

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23 148, , , , , , ,000 50, ,000 20,282 20,000 16,052 15,000 19,916 20,480 26,496 10,000 5,

24

2 CSR -

2 CSR - 20312-1819 2 CSR - 3 1 2 3 ( ) 4 - A 5 B C 5. 6 7 8 9 8. - 9. - 58 9 8 25 16, 7 5 2,500 ( ) 0751,920 07125,2000815,700 10 11 10. - - 12 13 - - 14 13. - - 15 1 61 171228 1843 16F 1 80 25 55 ( 3-21-5 http://akan-nt.or.jp

More information

本日のポイント 事業のグローバル化の進展に伴い 長期ビジョンVG2020 * と共に現在のリスクマネジメントがスタート 経営陣とオムロンらしいリスクマネジメントは何かについて議論しながら 社会的責任の遂行 等を目標とする グローバル に 統合 された仕組み作りを目指して活動をしてきた 現在 取締役会

本日のポイント 事業のグローバル化の進展に伴い 長期ビジョンVG2020 * と共に現在のリスクマネジメントがスタート 経営陣とオムロンらしいリスクマネジメントは何かについて議論しながら 社会的責任の遂行 等を目標とする グローバル に 統合 された仕組み作りを目指して活動をしてきた 現在 取締役会 XX リスクマネジメント 2017 年 12 月 27 日執行役員グローバルリスクマネジメント 法務本部長玉置秀司 Copyright: 2016 OMRON Corporation. All Rights Reserved. 1 本日のポイント 事業のグローバル化の進展に伴い 長期ビジョンVG2020 * と共に現在のリスクマネジメントがスタート 経営陣とオムロンらしいリスクマネジメントは何かについて議論しながら

More information

平成27年度三菱重工グループ保険 フルガードくん(シニア)

平成27年度三菱重工グループ保険 フルガードくん(シニア) TEL 0120-004-443 TEL 045-200-6560 TEL 042-761-2328 TEL 0120-539-022 TEL 042-762-0535 TEL 052-565-5211 TEL 077-552-9161 TEL 0120-430-372 TEL 0120-45-9898 TEL 0120-63-0051 TEL 0120-252-892 TEL 083-266-8041

More information

O157 6/23 7/4 6 25 1000 117,050 6 14:00~15:30 1 2 22 22 14:30~15:30 8 12 1 5 20 6 20 10 11 30 9 10 6 1 30 6 6 0 30 6 19 0 3 27 6 20 0 50 1 2 6 4 61 1 6 5 1 2 1 2 6 19 6 4 15 6 1 6 30 6 24 30 59

More information

2015 中期経営計画財務 非財務ハイライト 2015 中期経営計画 では イノベーション グローバル トランスフォーメーション にフォーカスし 社会イノベーション事業を軸に 成長の実現と日立の改革 を推進し 目標達成をめざしています 014 日立グループサステナビリティレポート

2015 中期経営計画財務 非財務ハイライト 2015 中期経営計画 では イノベーション グローバル トランスフォーメーション にフォーカスし 社会イノベーション事業を軸に 成長の実現と日立の改革 を推進し 目標達成をめざしています 014 日立グループサステナビリティレポート VISION 日立の経営戦略と CSR 日立は 経営戦略と CSRを融合し 社会と価値観を共有することにより 持続的な成長を伴う真のグローバル企業をめざしています 日立グループ ビジョン を達成するための 中期経営計画 と CSR 活動を連携させながら 社会的価値と経済的価値の両立を図ります 013 日立グループサステナビリティレポート 2014 日立の考えるCSRとは 日立グループ ビ範 に則った高い倫理観をもって企業活動をジョン

More information

KAYAKU spirit KAYAKU spirit

KAYAKU spirit KAYAKU spirit KAYAKU spirit KAYAKU spirit KAYAKU spirit KAYAKU spirit 年を迎えました 元々 チェコ共和国は共産圏に属していたため CSRという言葉自体に馴染みが薄く CSRの概念を理解させることから開始しました 近年ようやくCSRという言葉が定着しつつあり それに伴いCSR 活動が活発になり CSR 経営の実現に向けて日々取り組んでいます 他の地域同様に

More information

5. 内部統制推進部内部統制推進部は NEC グループ企業行動憲章 および NEC グループ行動規範 の周知をはじめとしたコンプライアンス徹底のための各種施策を企画立案し 実施しています また 事業部門およびスタッフ部門が実施するリスクマネジメントが体系的かつ効果的に行われるように 必要な支援 調整

5. 内部統制推進部内部統制推進部は NEC グループ企業行動憲章 および NEC グループ行動規範 の周知をはじめとしたコンプライアンス徹底のための各種施策を企画立案し 実施しています また 事業部門およびスタッフ部門が実施するリスクマネジメントが体系的かつ効果的に行われるように 必要な支援 調整 コンプライアンスとリスクマネジメント NEC では コンプライアンス を法令遵守はもちろんのこと 社会通念や一般常識までも含めた広義の概念としてとらえています また リスクマネジメント とは コンプライアンス違反を含め NEC の事業に影響を及ぼすリスクを適切に把握し 効果的 効率的に対策を講じていく活動です NEC は コンプライアンスとリスクマネジメントを企業の存続そのものにかかわる活動と考え

More information

IR 活動の実施状況 IR 活動を実施している企業は 96.6% 全回答企業 1,029 社のうち IR 活動を 実施している と回答した企業は 994 社 ( 全体の 96.6%) であり 4 年連続で実施比率は 95% を超えた IR 活動の体制 IR 専任者がいる企業は約 76% 専任者数は平

IR 活動の実施状況 IR 活動を実施している企業は 96.6% 全回答企業 1,029 社のうち IR 活動を 実施している と回答した企業は 994 社 ( 全体の 96.6%) であり 4 年連続で実施比率は 95% を超えた IR 活動の体制 IR 専任者がいる企業は約 76% 専任者数は平 2014 年度 IR 活動の実態調査 結果まとまる 株式の売買高を IR 活動の効果測定指標とする企業が前回調査 (2012 年 ) から大幅に増加 一般社団法人日本 IR 協議会 ( 会長 : 隅修三東京海上ホールディングス代表取締役会長 ) は この度 第 21 回 IR 活動の実態調査 の結果をまとめました 調査は全上場会社 (3543 社 ) を 対象に 2014 年 1 月 31 日から

More information

パラダイムシフトブック.indb

パラダイムシフトブック.indb 3. 記録管理プログラムの作成記録管理のプログラムとは 組織ごとの記録管理の方針からルール ( 管理規則 実施手順など ) 教育計画 監査基準まで すべてがセットになったものであり 組織における包括的な記録管理の仕組みである この項では ISO15489の考え方をベースに国際標準に基づいた記録管理プログラムとはどのようなものか示す 記録管理のプログラムを作成する場合 先に述べた基本的な記録管理の要求事項

More information

平成30年3月期のアクションプラン、KPIについて

平成30年3月期のアクションプラン、KPIについて のアクションプラン KPI について 1. 総括 (1) お客さま本位の業務運営に関する基本方針 アクションプランの行内浸透に向けた施策を積極的に実施いたしました (2) また お客さまに応じたわかりやすい情報提供に向け ITを活用した提案機能の充実を図りました (3) 今後もお客さまの最善の利益実現に向け 最適かつ最良な金融商品 サービスの提供 および分かりやすい情報提供の充実に取り組んでまいります

More information

CSRレポート2930

CSRレポート2930 CSR REPORT 2009 CSR REPORT 2009 CSR REPORT 2009 CSR REPORT 2009 CSR REPORT 2009 CSR REPORT 2009 CSR REPORT 2009 CSR REPORT 2009 CSR REPORT 2009 15 8 14 34 39 5 85 CSR REPORT 2009 CSR REPORT 2009 CSR REPORT

More information

いないか B レ 野生生物や生物多様性への悪影響を及ぼ C レ 先住民族 居住者の生活や土地 文化を 侵害 D レ 児童労働や 劣悪な環境での労働を行っ ていないか E レ 武装勢力の資金源となる等 紛争に関連 F その他 ( 特定せず特定せず特定せず 金(Au タンタル (Ta タングステン (W

いないか B レ 野生生物や生物多様性への悪影響を及ぼ C レ 先住民族 居住者の生活や土地 文化を 侵害 D レ 児童労働や 劣悪な環境での労働を行っ ていないか E レ 武装勢力の資金源となる等 紛争に関連 F その他 ( 特定せず特定せず特定せず 金(Au タンタル (Ta タングステン (W エシカルな鉱物 金属調達に関する公開質問状 2014 及び回答票 質問 0. 鉱物 金属に関するサプライチェーン上で貴社がどの部分にあたるかお答えください ( 複数選択可 A. 鉱山操業 B. 精錬 C. 一次加工 ( 地金等 D. 二次加工 ( 部品等 レ E. 最終製品製造 F. 商社 卸売 G. 最終製品販売 H. その他 ( 質問 1. 環境 社会問題に配慮した鉱物 金属調達を行うための方針や基準について伺います

More information

NEC CSR レポート 2017 CSR 経営ガバナンス社会環境 人権の尊重 ダイバーシティ & インクルージョン 多様な働き方への環境づくり 人材開発 育成 安全と健康 CS( 顧客満足 ) 品質 安

NEC CSR レポート 2017 CSR 経営ガバナンス社会環境 人権の尊重 ダイバーシティ & インクルージョン 多様な働き方への環境づくり 人材開発 育成 安全と健康 CS( 顧客満足 ) 品質 安 安全と健康 NEC では 働く人の安全と健康を確保し 快適で働きやすい職場の維持 向上に取り組みます という基本理念を掲げて います この基本理念のもとで 安全衛生を統括する総務部と健康管理センター 事業場ごとの安全衛生管理組織が中心とな って 予防管理に重点を置いたさまざまな活動に取り組んでいます 方針 当社では 全社安全衛生活動方針 のもと 従業員 ( 派遣社員も含む ) の安全と健康を確保し

More information

CSR2014 当社の経営とCSR 日立国際電気グループの情報開示 企業理念 経営理念 に示した基本理念を 行動基準 当社グループの事業活動についての情報は 財務情報を中 と グループ行動規範 に示す活動の積み重ねにより実現 心に扱う事業報告書と 社会性や環境保全などの非財務情報 することを当社グループの CSR 方針としています を主に扱うCSR報告書に分け 定期的に開示しています 企業理念 経営理念および行動基準とCSR

More information

1) 3 層構造による進捗管理の仕組みを理解しているか 持続可能な開発に向けた意欲目標としての 17 のゴール より具体的な行動目標としての 169 のターゲット 達成度を計測する評価するインディケーターに基づく進捗管理 2) 目標の設定と管理 優先的に取り組む目標( マテリアリティ ) の設定のプ

1) 3 層構造による進捗管理の仕組みを理解しているか 持続可能な開発に向けた意欲目標としての 17 のゴール より具体的な行動目標としての 169 のターゲット 達成度を計測する評価するインディケーターに基づく進捗管理 2) 目標の設定と管理 優先的に取り組む目標( マテリアリティ ) の設定のプ 資料 1 自治体による SDGs の取組の評価の視点 評価における基本的姿勢評価に際しては 実質的に効果の上がりそうな企画 取組を高く評価するという評価サイドの姿勢を明確にし これを自治体サイドにも認知してもらうことが重要である 主要な視点として 以下のような事例が指摘される SDGs の取組が地方創生や地域活性化に 実質的に貢献する企画となっているか 自身の過去 現在を踏まえて未来を見据えた 独自性の高い内容を提案しているか

More information

<355F838A E837D836C B E696E6464>

<355F838A E837D836C B E696E6464> 目 次 1. はじめに (1) 社会環境とリスクマネジメントシステム 1 (2) 本ガイドラインの目的と構成 3 2. リスクとリスクマネジメント (1) 正しいリスクの理解 4 (2) 正しいリスクマネジメントの理解 5 (3) リスクマネジメントの原則 6 3.Plan - 計画 (1) リスクマネジメントシステム 7 1 リスクマネジメント方針の決定 8 2 リスクマネジメント組織体制の決定

More information

目次 4. 組織 4.1 組織及びその状況の理解 利害関係者のニーズ 適用範囲 環境活動の仕組み 3 5. リーダーシップ 5.1 経営者の責務 環境方針 役割 責任及び権限 5 6. 計画 6.1 リスクへの取り組み 環境目標

目次 4. 組織 4.1 組織及びその状況の理解 利害関係者のニーズ 適用範囲 環境活動の仕組み 3 5. リーダーシップ 5.1 経営者の責務 環境方針 役割 責任及び権限 5 6. 計画 6.1 リスクへの取り組み 環境目標 版名 管理番号 4 版 原本 環境マニュアル 環境企業株式会社 目次 4. 組織 4.1 組織及びその状況の理解 2 4.2 利害関係者のニーズ 2 4.3 適用範囲 2 4.4 環境活動の仕組み 3 5. リーダーシップ 5.1 経営者の責務 4 5.2 環境方針 4 5.3 役割 責任及び権限 5 6. 計画 6.1 リスクへの取り組み 7 6.2 環境目標及び計画 8 6.3 変更の計画 9

More information

< 実働組織 > コンプライアンス企画部会 任命 報告等 設置 取締役会 コンプライアンス委員会 コンプライアンス委員長 コンプライアンス委員 審議 決定事項の報告 コンプライアンス特別委員 ( 社外弁護士 ) コンプライアンス規程 当社はコンプライアンスに関する体制 組織および運営方法を定めた基本

< 実働組織 > コンプライアンス企画部会 任命 報告等 設置 取締役会 コンプライアンス委員会 コンプライアンス委員長 コンプライアンス委員 審議 決定事項の報告 コンプライアンス特別委員 ( 社外弁護士 ) コンプライアンス規程 当社はコンプライアンスに関する体制 組織および運営方法を定めた基本 コンプライアンス 基本的な考え方 方針 当社はコンプライアンスの実践を経営の最重要課題のひとつと位置付け 全社的なコンプライアンスの徹底が当社の経営の基盤を成すことを強く認識し 企業活動上求められるあらゆる法令 社内諸規程等の順守はもとより 社会規範に則した公明かつ公正な企業活動を遂行します 企業行動規範と行動ガイドライン 当社はコンプライアンスを実践するための順守基準として 企業行動規範 と 行動ガイドライン

More information

JICA 事業評価ガイドライン ( 第 2 版 ) 独立行政法人国際協力機構 評価部 2014 年 5 月 1

JICA 事業評価ガイドライン ( 第 2 版 ) 独立行政法人国際協力機構 評価部 2014 年 5 月 1 JICA 事業評価ガイドライン ( 第 2 版 ) 独立行政法人国際協力機構 評価部 2014 年 5 月 1 JICA 事業評価ガイドライン ( 第 2 版 ) ( 事業評価の目的 ) 1. JICA は 主に 1PDCA(Plan; 事前 Do; 実施 Check; 事後 Action; フィードバック ) サイクルを通じた事業のさらなる改善 及び 2 日本国民及び相手国を含むその他ステークホルダーへの説明責任

More information

5) 輸送の安全に関する教育及び研修に関する具体的な計画を策定し これを適確に実施する こと ( 輸送の安全に関する目標 ) 第 5 条前条に掲げる方針に基づき 目標を策定する ( 輸送の安全に関する計画 ) 第 6 条前条に掲げる目標を達成し 輸送の安全に関する重点施策に応じて 輸送の安全を確 保

5) 輸送の安全に関する教育及び研修に関する具体的な計画を策定し これを適確に実施する こと ( 輸送の安全に関する目標 ) 第 5 条前条に掲げる方針に基づき 目標を策定する ( 輸送の安全に関する計画 ) 第 6 条前条に掲げる目標を達成し 輸送の安全に関する重点施策に応じて 輸送の安全を確 保 株式会社伊集院運送安全管理規程 第一章総則第二章輸送の安全を確保するための事業の運営の方針等第三章輸送の安全を確保するための事業の実施及びその管理の体制第四章輸送の安全を確保するための事業の実施及びその管理の方法第一章総則 ( 目的 ) 第 1 条この規程 ( 以下 本規程 という ) は 貨物自動車運送事業法 ( 以下 法 という ) 第 15 条及び第 16 条の規程に基づき 輸送の安全を確保するために遵守すべき事項を定め

More information

1 2 3 4 5 6 3 3 4 4 5 5 6 6 7 7 8 8 9 9 10 10 11 11 12 12 13 13 14 2

1 2 3 4 5 6 3 3 4 4 5 5 6 6 7 7 8 8 9 9 10 10 11 11 12 12 13 13 14 2 1 2 3 4 5 6 3 3 4 4 5 5 6 6 7 7 8 8 9 9 10 10 11 11 12 12 13 13 14 2 1 The Founder s Spirit 3 1 The Founder s Spirit 4 2 5 2 6 3 7 3 8 4 9 4 10 5 11 5 12 6 The Founder s Spirit 13 6 The Founder s Spirit

More information

sus12j_pdf_H1_FIX.indd

sus12j_pdf_H1_FIX.indd 2012 V A L U E C R E A T I O N F O R A S U S T A I N A B L E S O C I E T Y 001 COMMITMENT VISION FEATURE Hitachi Group Sustainability Report 2012 002 WEB Hitachi Group Sustainability Report 2012 V A L

More information

Message 2012 CSR 02 03 04 08 10 12 14 16 18 20 22 23 5 Mission Vision 2 KAJIMA ROAD CSR REPORT 2012

Message 2012 CSR 02 03 04 08 10 12 14 16 18 20 22 23 5 Mission Vision 2 KAJIMA ROAD CSR REPORT 2012 CSR 2012 Message 2012 CSR 02 03 04 08 10 12 14 16 18 20 22 23 5 Mission Vision 2 KAJIMA ROAD CSR REPORT 2012 CSR 1. 2. 3. 4. 1. 2. 3. 4. 5. 1. 2. 3. 4. KAJIMA ROAD CSR REPORT 2012 3 4 KAJIMA ROAD CSR REPORT

More information

お客様への約束 1. 安全の確保を最優先とします - 安全確保を最優先に 全てにおいて万全のコンディションでお客様をお迎えします 2. お客様の時間を大切にします - 欠航 遅延は最小限にします - やむを得ない場合は代替の移動手段の確保に努め お客様にご迷惑をおかけしないよう全力を尽くします -

お客様への約束 1. 安全の確保を最優先とします - 安全確保を最優先に 全てにおいて万全のコンディションでお客様をお迎えします 2. お客様の時間を大切にします - 欠航 遅延は最小限にします - やむを得ない場合は代替の移動手段の確保に努め お客様にご迷惑をおかけしないよう全力を尽くします - 新生スカイマークの方針および 2016~2018 年度中期経営計画を策定 2016 年 3 月 28 日 スカイマーク株式会社は 新生スカイマークの方針 および 2016~2018 年度中期経営計画 を策定いたしましたので お知らせいたします 新生スカイマーク は社会から評価されお客様に愛される航空会社となるべく また社員一人一人が新生スカイマークの一員として共通の目標を持ち日々の業務にあたることができるよう

More information

TEIN,INC. コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当社のコーポレート ガバナンスの状況は以下のとおりです 1/7 ページ 最終更新日 :2008 年 11 月 19 日 株式会社テイン 代表取締役社長市野諮問合せ先 : 取締役 ( 管理課担当 ) 那須賢司証券コード :7217 http://www.tein.co.jp Ⅰ コーポレート ガバナンスに関する基本的な考え方及び資本構成

More information

また 営業秘密の取扱いについても 社内の規程を整備することが秘密情報の流出時に法的保護を受ける上で重要であることから 今回の職務発明規程の整備に併せて 同期間 IN PITでは 営業秘密管理規程を含む企業の秘密情報管理体制の構築に関する情報提供や周知活動も積極的に行っていきます ( 本発表資料のお問

また 営業秘密の取扱いについても 社内の規程を整備することが秘密情報の流出時に法的保護を受ける上で重要であることから 今回の職務発明規程の整備に併せて 同期間 IN PITでは 営業秘密管理規程を含む企業の秘密情報管理体制の構築に関する情報提供や周知活動も積極的に行っていきます ( 本発表資料のお問 平成 28 年 10 月 28 日 職務発明規程の整備支援強化期間のお知らせ ~ せっかくの発明 今のままではもったいない!~ 平成 28 年 11 月 1 日より平成 29 年 2 月 28 日の期間 独立行政法人工業所有権情報 研修館 (INPIT) は 当該期間中の相談体制を強化し 中堅 中小 ベンチャー企業における職務発明規程の整備を強力に支援します 特許庁でも説明会やセミナーを開催し 関心が薄かった中堅

More information

アニュアルレポート2016

アニュアルレポート2016 価値創造のメカニズム すべての人が自由で 希望を持てる 持続可能な世界を目指して リクルートグループは 創業以来 57 年 起業家精神 や 圧倒的な当事者 意識 でイノベーションを起こし 社会の 不 を解消して 新しい価値 を創造 し続けてきました リクルートグループ経営理念の実現 長期ビジョン 2030 年 : 人材 販促領域グローバル No.1 サービス利用者数 No.1 2020 年 : 人材領域グローバル

More information

営業秘密管理実務マニュアル

営業秘密管理実務マニュアル 目次 3 営業秘密管理実務マニュアル 目 次 第 1 章 営業秘密管理の必須知識 第 1 なぜ 営業秘密 を管理するのか 2 Ⅰ 営業秘密の意義と定義 2 1 営業秘密 と 企業秘密 2 2 秘密管理性 4 3 有用性 4 4 非公知性 4 Ⅱ 企業の知的財産としての営業秘密 6 1 営業秘密の特性と法的保護 6 2 技術的な情報に係る営業秘密と特許との相違 6 Ⅲ 経済のグローバル化と営業秘密防衛の意義

More information

h1_h4.ai

h1_h4.ai 01 02 03 04 05 PS RC RC CSR CSR CSR 10 11 14 15 400 350 300 250 200 150 100 50 0 2011/12 2012/02 2012/04 2012/06 2012/08 2012/10 2012/12 2013/02 2013/04 2013/06 2013/08 2013/10 2013/12 2014/02 2014/04

More information

02 CSR REPORT 09

02 CSR REPORT 09 02 CSR REPORT 09 CSR REPORT 09 03 04 CSR REPORT 09 CSR REPORT 09 05 06 CSR REPORT 09 REPORT 01 CSR REPORT 09 07 REPORT 02 08 CSR REPORT 09 REPORT 03 CSR REPORT 09 09 MESSAGE 10 CSR REPORT 09 MESSAGE CSR

More information

20 21 The Hachijuni Bank, LTD.

20 21 The Hachijuni Bank, LTD. 八十二銀行の CSR The Hachijuni Bank, LTD. 20 21 The Hachijuni Bank, LTD. 22 23 The Hachijuni Bank, LTD. Corporate Social Re al Responsibility 24 25 The Hachijuni Bank, LTD. 26 27 28 29 30 31 32 33 業務推進体制 中小企業向け融資や本業支援を主に担当している支店従業員数

More information

品質マニュアル(サンプル)|株式会社ハピネックス

品質マニュアル(サンプル)|株式会社ハピネックス 文書番号 QM-01 制定日 2015.12.01 改訂日 改訂版数 1 株式会社ハピネックス (TEL:03-5614-4311 平日 9:00~18:00) 移行支援 改訂コンサルティングはお任せください 品質マニュアル 承認 作成 品質マニュアル 文書番号 QM-01 改訂版数 1 目次 1. 適用範囲... 1 2. 引用規格... 2 3. 用語の定義... 2 4. 組織の状況... 3

More information

目次 1. 会社概要 2. の人材育成施策 2.1 IT スキル標準 (ITSS) の活用 2.2 社内コミュニケーションの活性化 2.3 要員スキルマップの維持運用 2.4 その他の人材育成施策 3. 今後の取り組み 2

目次 1. 会社概要 2. の人材育成施策 2.1 IT スキル標準 (ITSS) の活用 2.2 社内コミュニケーションの活性化 2.3 要員スキルマップの維持運用 2.4 その他の人材育成施策 3. 今後の取り組み 2 中小 IT ベンダー人材育成優秀賞 受賞記念講演 人材育成の取り組み ~ 審査において評価を得た点について ~ ( 株 ) 日本コンピュータコンサルタント 2010.10.28 1 目次 1. 会社概要 2. の人材育成施策 2.1 IT スキル標準 (ITSS) の活用 2.2 社内コミュニケーションの活性化 2.3 要員スキルマップの維持運用 2.4 その他の人材育成施策 3. 今後の取り組み

More information

8. 内部監査部門を設置し 当社グループのコンプライアンスの状況 業務の適正性に関する内部監査を実施する 内部監査部門はその結果を 適宜 監査等委員会及び代表取締役社長に報告するものとする 9. 当社グループの財務報告の適正性の確保に向けた内部統制体制を整備 構築する 10. 取締役及び執行役員は

8. 内部監査部門を設置し 当社グループのコンプライアンスの状況 業務の適正性に関する内部監査を実施する 内部監査部門はその結果を 適宜 監査等委員会及び代表取締役社長に報告するものとする 9. 当社グループの財務報告の適正性の確保に向けた内部統制体制を整備 構築する 10. 取締役及び執行役員は 内部統制システム構築の基本方針 サントリー食品インターナショナル株式会社 ( 以下 当社 という ) は 下記のとおり 内部統制システム構築の基本方針を策定する Ⅰ. 当社の取締役 執行役員及び使用人並びに当社子会社の取締役 執行役員その他これ らの者に相当する者 ( 以下 取締役等 という ) 及び使用人の職務の執行が法令及び定款 に適合することを確保するための体制 1. 当社及び当社子会社 (

More information

2

2 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 研究会 意識の高い関係者 広告主 有識者 とともに議論を繰り広げる研究会 専門家としての知見とノウハウをもとに 貴社のブランド構築をつくることが目的です 研究会の全体像 食品 飲料 流通 小売 化粧品 有識者 大学教授など 研究会参加企業の依頼 例 研究会の開催 セミナーの開催 生活者のライフスタイルや趣味趣向は日々変化しています

More information

合併後の交付税について

合併後の交付税について (1) (2) 1 0.9 0.7 0.5 0.3 0.1 2 3 (1) (a), 4 (b) (a), (c) (a) 0.9 0.7 0.5 0.3 0.1 (b) (d),(e) (f) (g) (h) (a) (i) (g) (h) (j) (i) 5 (2) 6 (3) (A) (B) (A)+(B) n 1,000 1,000 2,000 n+1 970 970 1,940 3.0%

More information

Microsoft Word - 三菱商事株式会社の企業分析.doc

Microsoft Word - 三菱商事株式会社の企業分析.doc 三菱商事株式会社の企業分析 3 目次 1. はじめに 2. 企業概要 3. 財務分析 4. 経営戦略と今後の展望 5. 参考文献 1 はじめに 現在 三菱商事をはじめに総合商社の事業スタイルが形を変えつつある もとは物の売り手と買い手の間に入って手数料を得る仲介や 顧客に金融機能を提供する商社金融が事業の中心であった 1990 年代に入って生産者と消費者を締結する情報技術が発達し 経済のグローバル化によって業界が激しい国際競争の中に巻き込まれると

More information

Microsoft Word - 内部統制システム構築の基本方針.doc

Microsoft Word - 内部統制システム構築の基本方針.doc 内部統制システム構築の基本方針 1. 目的 当社は 健全で持続的な発展をするために内部統制システムを構築及び運用 ( 以下 構築 という ) することが経営上の重要な課題であると考え 会社法及び会社法施行規則並びに金融商品取引法の規定に従い 次のとおり 内部統制システム構築の基本方針 ( 以下 本方針 という ) を決定し 当社及び子会社の業務の有効性 効率性及び適正性を確保し 企業価値の維持 増大につなげます

More information

ANNUAL REPORT

ANNUAL REPORT ANNUAL REPORT 218 218 3 31 1 1 2 3 5 9 11 13 13 15 16 17 18 19 21 23 25 26 27 28 28 29 31 32 33 34 35 37 39 4 41 42 43 44 2 214 215 216 217 218 218 483,112 54,153 49,314 451,627 438,26 $ 4,132,32 27,196

More information

東洋アルミグループ 経営理念

東洋アルミグループ 経営理念 東洋アルミグループ 経営理念 経営理念 行動方針 私たち東洋アルミグループは 1. 堅実な事業経営を通じて 常にお客様に感動を与え 社会に有用で 且つ環境にやさしい製品およびサービスの提供を目指します 2. 絶えざる技術革新に努め 高い技術力を活かした製品の提供に努めます 3. 活き活きとした自由闊達な企業風土を育み 集団の天才を目指します 4. 社会的責任を自覚し 品格のある企業として社会貢献します

More information

公正な事業活動 マネジメントシステム 国境を越えたグローバルな企業活動が活発になるなか 意図的な不正行為や犯罪だけでなく 関係者の意識不足や認識不足によるさまざまな不祥事が頻発しています また 法制度が未整備な国や地域で事業活動を行なう従業員は 常に高い規範意識を持ち続ける必要があります パナソニッ

公正な事業活動 マネジメントシステム 国境を越えたグローバルな企業活動が活発になるなか 意図的な不正行為や犯罪だけでなく 関係者の意識不足や認識不足によるさまざまな不祥事が頻発しています また 法制度が未整備な国や地域で事業活動を行なう従業員は 常に高い規範意識を持ち続ける必要があります パナソニッ 公正な事業活動 マネジメントシステム 国境を越えたグローバルな企業活動が活発になるなか 意図的な不正行為や犯罪だけでなく 関係者の意識不足や認識不足によるさまざまな不祥事が頻発しています また 法制度が未整備な国や地域で事業活動を行なう従業員は 常に高い規範意識を持ち続ける必要があります パナソニックでは 世界のどの国 地域においても公正な事業を推進し 持続可能な社会を実現していくために 経済協力開発機構

More information

マネジメント体制マネジメント体制コーポレート ガバナンス 公正で効率的な企業経営を行うために コーポレート ガバナンスの充実に努めています ガバナンスの体制を整備グループ企業理念 人と自然と響きあ 督する仕組みとして 監査役制度を採 用しています カンパニー制による自立した事業運営 う を実現するた

マネジメント体制マネジメント体制コーポレート ガバナンス 公正で効率的な企業経営を行うために コーポレート ガバナンスの充実に努めています ガバナンスの体制を整備グループ企業理念 人と自然と響きあ 督する仕組みとして 監査役制度を採 用しています カンパニー制による自立した事業運営 う を実現するた マネジメント体制 サントリーは 酒類 飲料をはじめとする食品の総合企業としての責任を果たすため法規制の遵守はもちろんのこと 透明性の高い経営 組織体制を構築 維持しながら ステークホルダーとともに持続可能な成長をめざしています 13 サントリー CSR レポート 2006 マネジメント体制マネジメント体制コーポレート ガバナンス 公正で効率的な企業経営を行うために コーポレート ガバナンスの充実に努めています

More information

【PDF】コーポレートガバナンス・ガイドライン

【PDF】コーポレートガバナンス・ガイドライン コーポレートガバナンス ガイドライン 第 1 章総則第 1 条 ( 目的 ) 本ガイドラインは 株式会社セブン銀行 ( 以下 当社 という ) が 持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に向け 実効的なコーポレートガバナンスの実現を目指して取り組むべきコーポレートガバナンスに関する基本的な考え方 枠組み及び運営指針を定めるものである 第 2 条 ( コーポレートガバナンスに関する基本的な考え方 )

More information

安全管理規程

安全管理規程 飛鳥交通株式会社安全管理規程 平成 23 年 11 月 10 日改定 目次第一章総則第二章輸送の安全を確保するための事業の運営の方針等第三章輸送の安全を確保するための事業の実施及びその管理の体制第四章輸送の安全を確保するための事業の実施及びその管理の方法 第一章総則 ( 目的 ) 第一条この規程 ( 以下 本規程 という ) は 道路運送法第 22 条及び旅客自動車運送事業運輸規則第 2 条の 2

More information

マネジメントアプローチ 株主総会 会計監査人の選解任 監査役の選解任 取締役の選解任 監査 選解任議案の決定 連携 監査役会 会計監査人 補助 監査役室 監査 経営の意思決定権限委譲 取締役会 監督 答申 経営 監督 役員等報酬諮問委員会役員等指名諮問委員会コーポレート ガバナンス委員会 連携 業務

マネジメントアプローチ 株主総会 会計監査人の選解任 監査役の選解任 取締役の選解任 監査 選解任議案の決定 連携 監査役会 会計監査人 補助 監査役室 監査 経営の意思決定権限委譲 取締役会 監督 答申 経営 監督 役員等報酬諮問委員会役員等指名諮問委員会コーポレート ガバナンス委員会 連携 業務 味の素グループは コーポレート ガバナンスの強化 充実を図り 株主をはじめ顧客 従業員 地域社会などのステークホルダーとの良好な関係を築くことで 持続的な成長と中長期的な企業価値の向上 確かなグローバル スペシャリティ カンパニー の実現を目指しています 2016 年より グローバルガバナンスの強化を目的に グローバル ポリシー インデックス を作成し各種ポリシー類を整備してきましたが 2018 年

More information

責任ある行動 環境にやさしいしくみの提供 ととらえ 経営戦略と CSR が一体となった事業運営 を推進し 企業価値向上を図ります 3. 東洋製罐グループ第五次中期経営計画 における基本戦略本中期経営計画において 2018 年度を創業的出直しの年として位置づけ 東洋製罐グループの成長戦略とその成長戦略

責任ある行動 環境にやさしいしくみの提供 ととらえ 経営戦略と CSR が一体となった事業運営 を推進し 企業価値向上を図ります 3. 東洋製罐グループ第五次中期経営計画 における基本戦略本中期経営計画において 2018 年度を創業的出直しの年として位置づけ 東洋製罐グループの成長戦略とその成長戦略 各位 平成 30 年 5 月 15 日 会社名東洋製罐グループホールディングス株式会社代表者名取締役社長中井隆夫 ( コード番号 5901 東証第一部 ) 問合せ先執行役員総務部長小笠原宏喜 (TEL 03-4514-2001) 東洋製罐グループ中期経営計画の策定に関するお知らせ 当社は 2016 年度から 2018 年度までの3ヶ年計画である 東洋製罐グループ第四次中期経営計画 を策定し 計画の実行に努めて参りましたが

More information

会社案内 2015

会社案内 2015 01 mandom Company Profile 02 基本理念 美 と 健 康 を 通じ 快適な生活にお役立ちする CONTENTS 人は 美 に触れたとき 心に深い感動を覚え 満足感が広がっていきます その 胸躍る感情と満ち足りた気持ちが心身に好影響を与え 健康へと結び付いていくという思いを 美と健康を通じ という言葉に込めました 生活者の美意識を呼び起こすような価値あるモノをつくり アジアでグローバ

More information

味の素グループ サステナビリティレポート 2014

味の素グループ サステナビリティレポート 2014 責任ある経営で企業価値を高める 企業の競争力を強化し 社会性を保ち 企業価値を向上させるためには コーポレート ガバナンスの強化 充実は重要な経営課題です 加えて 確かなグローバル スペシャリティ カンパニー を目指すためには確固たるコンプライアンス体制の構築も不可欠です の全役員および従業員は 一丸となって 行動規範 に基づく行動と実践に努めることで 理念 の実現を目指していきます INDEX P39

More information

I. はじめに 平成 28 年度においては 社会福祉法人制度改革の対応として 1 経営組織のガバナンス 2 事業運営の透明性 3 財務規律の強化 4 地域貢献事業に取り組んでいかなければならないと考えています 社会福祉法人は社会から期待される役割を果たすため 積極的な取り組みを進めていくことが必要で

I. はじめに 平成 28 年度においては 社会福祉法人制度改革の対応として 1 経営組織のガバナンス 2 事業運営の透明性 3 財務規律の強化 4 地域貢献事業に取り組んでいかなければならないと考えています 社会福祉法人は社会から期待される役割を果たすため 積極的な取り組みを進めていくことが必要で 平成 28 年度事業計画書 平成 28 年 4 月 1 日 ~ 平成 29 年 3 月 31 日 社会福祉法人宰府福祉会 I. はじめに 平成 28 年度においては 社会福祉法人制度改革の対応として 1 経営組織のガバナンス 2 事業運営の透明性 3 財務規律の強化 4 地域貢献事業に取り組んでいかなければならないと考えています 社会福祉法人は社会から期待される役割を果たすため 積極的な取り組みを進めていくことが必要です

More information

CSR報告書2007

CSR報告書2007 http://www.unisys.co.jp/csr/ Web 01 Nihon Unisys Group CSR Report 2007 02 03 Nihon Unisys Group CSR Report 2007 04 05 Nihon Unisys Group CSR Report 2007 06 07 Nihon Unisys Group CSR Report 2007 08 09 Nihon

More information

主な調査結果 分析のポイント カンパニー制 事業部制レベルの労使協議機関の設置はまだ 5% 未満カンパニーレベルの労使協議を実施しているが まだ約 4% と少ないことから 現状ではの経営形態は柔軟化に必ずしも対応しきれていない状況が伺える 今後のグループ労使協議制の重要性については労使で認識が一致労

主な調査結果 分析のポイント カンパニー制 事業部制レベルの労使協議機関の設置はまだ 5% 未満カンパニーレベルの労使協議を実施しているが まだ約 4% と少ないことから 現状ではの経営形態は柔軟化に必ずしも対応しきれていない状況が伺える 今後のグループ労使協議制の重要性については労使で認識が一致労 平成 8 年 月 5 日 関係各位 財団法人社会経済生産性本部 労使関係特別委員会 これからの労使協議制のあり方に関するアンケート調査 中間報告. 調査の目的産業界労使 学識経験者等で構成される財団法人社会経済生産性本部に設置されている 労使関係特別委員会 ( 委員長 : 諏訪康雄法政大学教授 ) は これからの労使協議制のあり方に関するアンケート調査 を実施した 実施に際しては 労使学識経験者からなる

More information

( 選定提案 ) は 利用者に貸与しようと福祉用具の種目の候補が決まった後で 具体的な提案品目 ( 商品名 ) を検討する際に用いる つまり ( 選定提案 ) に記載されるのは 候補となる福祉用具を利用者に対して提案 説明を行う内容である 平成 30 年度の制度改正では 提案する種目 ( 付属品含む

( 選定提案 ) は 利用者に貸与しようと福祉用具の種目の候補が決まった後で 具体的な提案品目 ( 商品名 ) を検討する際に用いる つまり ( 選定提案 ) に記載されるのは 候補となる福祉用具を利用者に対して提案 説明を行う内容である 平成 30 年度の制度改正では 提案する種目 ( 付属品含む 第 5 章 様式の確定とガイドラインの作成 1. ふくせん福祉用具サービス計画書( 選定提案 ) の様式の確定第 2 章 ふくせん福祉用具サービス計画書 ( 選定提案 ) の様式の検討 第 3 章 ふくせん福祉用具サービス計画書 ( 選定提案 ) の検証 第 4 章 ふくせん福祉用具サービス計画書 ( 選定提案 ) の普及啓発を踏まえて ( 選定提案 ) の様式を確定した ふくせん福祉用具サービス計画書(

More information

コーポレートガバナンス ガイドライン 2015 年 10 月 27 日制定 2018 年 12 月 13 日改定 大王製紙株式会社 1

コーポレートガバナンス ガイドライン 2015 年 10 月 27 日制定 2018 年 12 月 13 日改定 大王製紙株式会社 1 各位 2018 年 12 月 13 日 会 社 名 大王製紙株式会社 代表者名 代表取締役社長佐光正義 コード番号 3880 東証第一部 問合せ先 取締役 経営企画本部長田中幸広 TEL 03-6856-7502 コーポレートガバナンス ガイドライン 改定に関するお知らせ 当社は 本日開催の取締役会において 当社グループの コーポレートガバナンス ガイドライン を改定いたしましたので 下記のとおりお知らせします

More information

品質での際立ち CS 品質経営の取り組みロードマップ 魅力品質 基盤品質 2014 年度 2015 年度 2016 年度 商品企画力を高めるプロジェクト的実践塾 ( 毎年開催 ) 成功事例を表彰 紹介する 魅力品質選定制度 (3 年ごとに開催 ) お客様志向の組織風土を確認 改善する 従業員 CS

品質での際立ち CS 品質経営の取り組みロードマップ 魅力品質 基盤品質 2014 年度 2015 年度 2016 年度 商品企画力を高めるプロジェクト的実践塾 ( 毎年開催 ) 成功事例を表彰 紹介する 魅力品質選定制度 (3 年ごとに開催 ) お客様志向の組織風土を確認 改善する 従業員 CS 人 モノ 仕組みの品質を高めて 指名され続ける品質 を実現していきます CS お客様 社会 お客様の声の徹底活用 指名され続ける品質 魅力品質の創出 お客様の声の徹底活用 中期計画 (2009 ~ 2013 年度 ) のまとめ 外部損失費を 2004 年度比 66% 削減 情報収集 苦情 クレーム解決 施工 販売 サービス 私たちの想い 基盤品質の強化 研究 開発 商品企画 人 モノ 仕組み の品質を高める

More information

カルビー表1-表4

カルビー表1-表4 211 Corporate Citizenship Report http://www.calbee.co.jp/ http://www.calbee.co.jp/q/csr/ Contents この報告書でお伝えしたいこと 編集方針 1 トップメッセージ 3 私たちは211年3月に株式上場を果たしました 特集 これを新たなスタートととらえ 今一度 私たちの事業活動に間違いはないか すべてのステークホルダーに対し

More information

改定の背景とポイント

改定の背景とポイント 新 PGL 普及研修 第 2 部 経営認識プロセスの趣旨とポイント 2011 年 12 月 2 日 特定非営利活動法人 コーディネータ協会 経営研究所 C 活動の課題 なぜ思った通りの成果が出ないのか? 経営戦略策定 経営戦略企画書各組織経営戦略実行計画書 C は一貫して支援したいと思っている フィードバック 戦略策定 資源調達 戦略企画書 プロセス改革実行計画書 導入 戦略実行計画書 RFP 発行

More information

預金を確保しつつ 資金調達手段も確保する 収益性を示す指標として 営業利益率を採用し 営業利益率の目安となる数値を公表する 株主の皆様への還元については 持続的な成長による配当可能利益の増加により株主還元を増大することを基本とする 具体的な株主還元方針は 持続的な成長と企業価値向上を実現するための投

預金を確保しつつ 資金調達手段も確保する 収益性を示す指標として 営業利益率を採用し 営業利益率の目安となる数値を公表する 株主の皆様への還元については 持続的な成長による配当可能利益の増加により株主還元を増大することを基本とする 具体的な株主還元方針は 持続的な成長と企業価値向上を実現するための投 ミスミグループコーポレートガバナンス基本方針 本基本方針は ミスミグループ ( 以下 当社グループ という ) のコーポレートガバナンスに関する基本的な考え方を定めるものである 1. コーポレートガバナンスの原則 (1) 当社グループのコーポレートガバナンスは 当社グループの持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に資することを目的とする (2) 当社グループは 戦略的経営の追求 経営者人材の育成及びグローバルの事業成長を通じて中長期的な企業価値の向上を図る

More information

直しも行う これらの事務については 稟議規程 文書管理規程 契約書取扱規程は管理本部長が所管 情報管理規程 情報セキュリティ管理規程はコンプライアンス推進部長が所管し 運用状況の検証 見直しの経過等 適宜取締役会に報告する なお 業務を効率的に推進するために 業務システムの合理化や IT 化をさらに

直しも行う これらの事務については 稟議規程 文書管理規程 契約書取扱規程は管理本部長が所管 情報管理規程 情報セキュリティ管理規程はコンプライアンス推進部長が所管し 運用状況の検証 見直しの経過等 適宜取締役会に報告する なお 業務を効率的に推進するために 業務システムの合理化や IT 化をさらに 平成 28 年 6 月 22 日 各 位 会社名トランスコスモス株式会社 ( 登記社名 : トランス コスモス株式会社 ) 代表者名代表取締役社長兼 COO 奥田昌孝 ( コード番号 9715 東証第一部 ) 問合せ先上席常務取締役 CFO 本田仁志 TEL 03-4363-1111( 代表 ) 内部統制システム構築の基本方針の一部改定に関する決議のお知らせ 当社は 平成 28 年 6 月 22 日開催の第

More information

未来へつなぐ 心安らぐ 国際文化都市 International Cultural City with Peaceful Future 6 三沢に暮らすすべての人が 多様な文化を尊重し 心豊かで国際性に富んだまちをつくりましょう 未来 三沢が持つ素晴らしい伝統 文化 自然を活かして 穏やかな暮らしを守りましょう 三沢の子どもたちの未来をみんなで創り 希望あふれる明日へと贈りましょう 7 Present

More information

[ 指針 ] 1. 組織体および組織体集団におけるガバナンス プロセスの改善に向けた評価組織体の機関設計については 株式会社にあっては株主総会の専決事項であり 業務運営組織の決定は 取締役会等の専決事項である また 組織体集団をどのように形成するかも親会社の取締役会等の専決事項である したがって こ

[ 指針 ] 1. 組織体および組織体集団におけるガバナンス プロセスの改善に向けた評価組織体の機関設計については 株式会社にあっては株主総会の専決事項であり 業務運営組織の決定は 取締役会等の専決事項である また 組織体集団をどのように形成するかも親会社の取締役会等の専決事項である したがって こ 実務指針 6.1 ガバナンス プロセス 平成 29( 2017) 年 5 月公表 [ 根拠とする内部監査基準 ] 第 6 章内部監査の対象範囲第 1 節ガバナンス プロセス 6.1.1 内部監査部門は ガバナンス プロセスの有効性を評価し その改善に貢献しなければならない (1) 内部監査部門は 以下の視点から ガバナンス プロセスの改善に向けた評価をしなければならない 1 組織体として対処すべき課題の把握と共有

More information

1 制定の目的 方針 当社におけるコーポレートガバナンスを向上させるための枠組みである パーク 24 コーポレートガバナンスガイドライン を制定し コーポレートガバナンスの強化 充実に努めることで 当社の中長期的な価値向上と持続的成長を実現する コーポレートガバナンスに対する基本的な考え方公正で透明

1 制定の目的 方針 当社におけるコーポレートガバナンスを向上させるための枠組みである パーク 24 コーポレートガバナンスガイドライン を制定し コーポレートガバナンスの強化 充実に努めることで 当社の中長期的な価値向上と持続的成長を実現する コーポレートガバナンスに対する基本的な考え方公正で透明 コーポレート ガバナンスガイドライン 平成 28 年 1 月 27 日制定 パーク 24 株式会社 1 制定の目的 方針 当社におけるコーポレートガバナンスを向上させるための枠組みである パーク 24 コーポレートガバナンスガイドライン を制定し コーポレートガバナンスの強化 充実に努めることで 当社の中長期的な価値向上と持続的成長を実現する コーポレートガバナンスに対する基本的な考え方公正で透明性の高い経営を通して

More information

働き方の現状と今後の課題

働き方の現状と今後の課題 1 女性部下の育成を担う管理職に関して企業に求められる対応 ( 提言に関する付属資料 ) 2018 年 11 月 30 日 2 本提言の調査対象 営業部門で女性の部下を持つ管理職 具体的には 以下の条件を満たす者を条件にモニター調査を実施し 回答が得られた 320 名 正規従業員規模 100 人以上の民間企業に勤務するもの 本人の年齢が 35 歳 ~49 歳の管理職で正社員であるもの 営業部門に所属するもの

More information

2010年2月3日

2010年2月3日 報道発表資料 2012 年 3 月 30 日 KDDI 株式会社 重大事故への対応について 当社は 2011 年 4 月から 2012 年 2 月に発生した計 5 件の重大事故に対し 再発防止策を含む十全な対策を早急に講じ その実施結果および今後の取組みについて報告するよう総務省より 2012 年 2 月 15 日に指導を受けました また 2012 年 2 月 22 日総務省開催の携帯電話通信障害対策連絡会においても

More information

Microsoft Word _コーポレートガバナンスガイドライン_h

Microsoft Word _コーポレートガバナンスガイドライン_h コーポレート ガバナンスガイドライン パーク 24 株式会社 2018 年 12 月 17 日改定 1. ガイドライン制定の目的 方針当社におけるコーポレートガバナンスを向上させるための枠組みである パーク24コーポレートガバナンスガイドライン を制定し コーポレートガバナンスの強化 充実に努めることで 当社の中長期的な価値向上と持続的成長を実現する コーポレートガバナンスに対する基本的な考え方公正で透明性の高い経営を通して

More information

ESG PRI ESG NGO NGO Sumitomo Trust and Banking 2010 Corporate Social Responsibility Report 21

ESG PRI ESG NGO NGO Sumitomo Trust and Banking 2010 Corporate Social Responsibility Report 21 ステークホルダー ダイアログ 日本におけるESGの普及について 金井 司 司会 企画部 CSR担当部長 社会活動統括室長 小森 博司 証券代行部 IRグループ長 川添 誠司 受託資産企画部 審議役 伊藤 雅人 不動産営業開発部 CSR担当次長 兼環境不動産推進課長 今回のステークホルダー ダイアログは BSR*のアジア統括責任者であるジェレミー プ レプサスさんとBSR北京事務所のシン チュオさんをお招きしました

More information

日本版スチュワードシップ コード についての第一生命の取組み 当社は 責任ある機関投資家 の諸原則 ( 日本版スチュワードシップ コード ) の趣旨に深く賛同し 受け入れることを表明し ます 当コードの原則 1 から 7 について 以下のような方針で取り組んでいきます 原則 1 機関投資家は スチュ

日本版スチュワードシップ コード についての第一生命の取組み 当社は 責任ある機関投資家 の諸原則 ( 日本版スチュワードシップ コード ) の趣旨に深く賛同し 受け入れることを表明し ます 当コードの原則 1 から 7 について 以下のような方針で取り組んでいきます 原則 1 機関投資家は スチュ 2014 年 8 月 26 日 責任ある機関投資家 の諸原則 ( 日本版スチュワードシップ コード ) の方針公表 第一生命保険株式会社 ( 社長 : 渡邉光一郎 ) は 責任ある機関投資家 の諸原則 ( 日本版スチュワードシ ップ コード ) の方針を公表いたします 日本再興戦略 (2013 年 6 月閣議決定 ) を踏まえ 2014 年 2 月に策定 公表された 責任ある機関投資家 の諸原則 (

More information

1 川崎市長マニフェスト評価研究報告書表紙

1 川崎市長マニフェスト評価研究報告書表紙 1 2 3 5 5 10 11 13 15 17 20 42 47 50 88 89 90 1 () 2 2 2005 17 2008 20 3 2009 21 11 2008 20 4 20 14 70100 70 1 60 50 83100 83 35 27 77100 77 5 15 12 80% 10 9 5 3 5 3 3 8012 44 35 15 8 15 60%9 44 43 44

More information

1

1 CSR 2006 Corporate Social Responsibility Report 1 2 Profile 3 Profile 4 5 6 Management report 7 8 9 10 11 Management report 12 13 14 Company report 15 16 Company report 17 Company report 18 19 Company

More information

表 ごあいさつ JA 全 国 監 査 機 構 は 都 道 府 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 の 監 査 事 業 をJA 全 中 ( 全 国 農 業 協 同 組 合 中 央 会 )に 統 合 した 農 協 法 に 基 づく 農 業 協 同 組 合 の 外 部 監 査 組 織 です 平 成 14 年 の 設 立 以 来 監 査 の 体 制 充 実 や 技 術 の 向 上 等 監 査 の 品 質 向

More information

40木村Y2.indd

40木村Y2.indd 379 57 1458148 9/101632/1633 16 264 ( 15) 170321705 21745 18 31820 51834 1861 10 379 493 凡 例 1 3 2 ( 16) 263 3 9/101632/33 1968 16170315 21705 192007 21745 1944 31820 2 1974 51834 21975 11861 41969 12

More information

csr-report2013rev.

csr-report2013rev. CSR 2013 NISSHA CSR NISSHA GRI 2 4 5 8 9 10 13 15 16 18 19 21 22 24 27 28 31 34 36 38 41 43 46 49 50 53 55 57 60 61 64 66 69 71 1 2013 CSR 報告書目次 トップメッセージ 2 2013 CSR 報告書 トップメッセージ 3 2013 CSR 報告書 NISSHA の

More information

次 1. 社是 2. 第 9 次中期経営計画の振り返り 3. 三洋化成のありたい姿 4.New Sanyo for 227

次 1. 社是 2. 第 9 次中期経営計画の振り返り 3. 三洋化成のありたい姿 4.New Sanyo for 227 第 1 次中期経営計画 218 年 5 22 三洋化成 業株式会社 次 1. 社是 2. 第 9 次中期経営計画の振り返り 3. 三洋化成のありたい姿 4.New Sanyo for 227 1. 社是 社是 ( 経営理念 ) 企業を通じてよりよい社会を建設しよう 2. 第 9 次中期経営計画の振り返り 第 9 次中期経営計画 (ʼ15 ʼ18 年度 ) 顧客との協創グローバル展開 標 (218 年度

More information

倫理綱領の解説 ( 信託制度 ) 信託制度は 委託者から財産の移転等を受け 受託者が財産の名義人となり 受益者のためにその管理 運用を行う財産管理制度である 財産の所有権等を移転するものであるから 委託者 受益者からの受託者に対する高度な信頼関係が存在することが前提となる 受託者は その信頼に応える

倫理綱領の解説 ( 信託制度 ) 信託制度は 委託者から財産の移転等を受け 受託者が財産の名義人となり 受益者のためにその管理 運用を行う財産管理制度である 財産の所有権等を移転するものであるから 委託者 受益者からの受託者に対する高度な信頼関係が存在することが前提となる 受託者は その信頼に応える 倫理綱領の解説 ( 信託制度 ) 信託制度は 委託者から財産の移転等を受け 受託者が財産の名義人となり 受益者のためにその管理 運用を行う財産管理制度である 財産の所有権等を移転するものであるから 委託者 受益者からの受託者に対する高度な信頼関係が存在することが前提となる 受託者は その信頼に応えるため 信託法において課せられる受託者責任 および信託業法等において特に営業受託者に課せられる受託者責任を誠実に果たし

More information

02 IT 導入のメリットと手順 第 1 章で見てきたように IT 技術は進展していますが ノウハウのある人材の不足やコスト負担など IT 導入に向けたハードルは依然として高く IT 導入はなかなか進んでいないようです 2016 年版中小企業白書では IT 投資の効果を分析していますので 第 2 章

02 IT 導入のメリットと手順 第 1 章で見てきたように IT 技術は進展していますが ノウハウのある人材の不足やコスト負担など IT 導入に向けたハードルは依然として高く IT 導入はなかなか進んでいないようです 2016 年版中小企業白書では IT 投資の効果を分析していますので 第 2 章 IT 導入のメリットと手順 第 1 章で見てきたように IT 技術は進展していますが ノウハウのある人材の不足やコスト負担など IT 導入に向けたハードルは依然として高く IT 導入はなかなか進んでいないようです 2016 年版中小企業白書では IT 投資の効果を分析していますので 第 2 章では そのデータを参考にIT 導入のメリットについてご紹介するとともに 生産性向上の観点からIT 導入の方向性を示した上で

More information

SQiP シンポジウム 2016 アジャイルプロジェクトにおけるペアワーク適用の改善事例 日本電気株式会社小角能史 2016 年 9 月 16 日 アジェンダ 自己紹介ペアワークとはプロジェクトへのペアワークの適用方法 スクラム適用ルール作成 最適化の流れ KPTを用いたふりかえり 適用ルールの改善事例 適用プロジェクトの概要ペアワーク適用ルール ( 初期 ) 改善例 1 - ペアのローテーション改善例

More information

4. icd 取組みの効果及び今後予定する効果内容 4.1. 効果のあった項目効果内容 お客様への価値提供に向けた人財在庫見える化 事業 ( 業種 ) 別戦略の高度化 経営の PDCA と連動した人財育成 経営戦略に必要な役割を定義し 人財在庫を見える化することで 経営の意思である お客様への価値提

4. icd 取組みの効果及び今後予定する効果内容 4.1. 効果のあった項目効果内容 お客様への価値提供に向けた人財在庫見える化 事業 ( 業種 ) 別戦略の高度化 経営の PDCA と連動した人財育成 経営戦略に必要な役割を定義し 人財在庫を見える化することで 経営の意思である お客様への価値提 三菱総研 DCS 株式会社 1. 活用推進者 icd 活用 WG (26 部門の代表者によるワーキンググループ ) PMO 部人財育成アカデミー室室長岡崎勇人齋尾和徳但吉英山木村未知子 2. 会社概要 社名 所在地 設立 代表者 資本金 社員数 : 三菱総研 DCS 株式会社 : 東京都品川区東品川四丁目 12 番 2 号品川シーサイドウエストタワー :1970 年 ( 昭和 45 年 )7 月 10

More information

第 2 章職階および等級 ( 職 階 ) 第 7 条 職階は 職務遂行に要求される能力の範囲と程度に基づき 一般職 監督職 管理職およ ( 等級 ) 第 8 条等級は 各々の職階における職務遂行能力の成熟度の差に応じ 次の9 等級に区分するものとする 2. 前項の職階および等級の職能資格基準は 別表

第 2 章職階および等級 ( 職 階 ) 第 7 条 職階は 職務遂行に要求される能力の範囲と程度に基づき 一般職 監督職 管理職およ ( 等級 ) 第 8 条等級は 各々の職階における職務遂行能力の成熟度の差に応じ 次の9 等級に区分するものとする 2. 前項の職階および等級の職能資格基準は 別表 職能等級規程 第 1 章総則 ( 目的 ) 第 1 条この規程は 社 ( 以下 会社 という ) の従業員の職務遂行に係る能力および範囲を職階別に区分するため 会社の職能等級の格付けに関する管理基準および管理手続を定めるとともに 組織運営の円滑化ならびに経営効率の向上を図ることを目的とする ( 用語の定義 ) 第 2 条この規程における用語の定義は 次の各号に定めるものとする (1) 職位とは 会社組織の各階層における組織単位を統轄する

More information

0_カゴメ_CSR2013表紙案_131129

0_カゴメ_CSR2013表紙案_131129 カゴメサステナビリティレポート2013 今後 カゴメグループとし ての環境マネジメントの拡 大 環境保全への取り組み を進めてまいります カゴメサステナビリティレポート2013 カゴメサステナビリティレポート2013 カゴメサステナビリティレポート2013 カゴメサステナビリティレポート2013 カゴメサステナビリティレポート2013 カゴメサステナビリティレポート2013

More information

mc_H1-H4J_06.eps

mc_H1-H4J_06.eps Editorial Policy Company Profile To Protect the Future To Create the Future Contents 02 04 06 08 10 12 14 16 18 20 24 32 34 36 44 46 48 50 Contents 1 CEO Statement ごあ いさつ 2006年8月 取締役社長 企業の在り方 企業市民としての責務

More information

大和コーポレートガバナンス ガイドライン正式

大和コーポレートガバナンス ガイドライン正式 大和コーポレート ガバナンスガイドライン 制定 :2016 年 10 月 13 日 第 1 章総則 ( 目的 ) 第 1 条本ガイドラインは 当社グループにおける最良のコーポレート ガバナンスの実現を目的として コーポレート ガバナンスについての基本的な考え方 枠組み等を定めるものである ( コーポレート ガバナンスの基本的な考え方 ) 第 2 条当社は 店祖遺訓 正しきを履んで怖れず真剣たれ を常に企業活動の信条

More information

1.有限会社ウェルネス前田(平成29年度前期認証企業の概要)_1

1.有限会社ウェルネス前田(平成29年度前期認証企業の概要)_1 有限会社ウェルネス前田 代表者名 宮城さゆり 所在地沖縄県浦添市字前田 1-9-13 098-988-1250 老人通所介護サービス 住宅型有料老人ホーム 障害児通所支援事 50 人うち女性 2004 年 ( 平成 16 年 ) 11 人 39 人 1-3: ビジョンと人材像の浸透 共有理念経営を基に 社内外向けの各種パンフレットや関連施設内での掲示物等を活用しながら 常に情報発信をすると共に 社内研修においても勤務の

More information