<4D F736F F D C482C682EA816A E E646F63>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D20816988C482C682EA816A8341834E8356838783938376838983932E646F63>"

Transcription

1 日 本 ブランド 戦 略 アクションプラン Ⅰ.はじめに 年 7 月 3 日 日 本 ブランドの 確 立 と 発 信 に 関 する 関 係 省 庁 連 絡 会 議 本 年 4 月 知 的 財 産 戦 略 本 部 に 日 本 ブランド 戦 略 が 報 告 された この 日 本 ブランド 戦 略 においては 日 本 のソフトパワーを 生 み 出 すアニメ マ ンガ 映 画 ドラマ 音 楽 ゲーム 等 のコンテンツや 食 ファッション デザイン といった 日 本 特 有 のブランド 価 値 創 造 に 関 連 する 産 業 を ソフトパワー 産 業 として 位 置 付 け これら 産 業 の 振 興 や 海 外 展 開 を 総 合 的 に 推 進 することが 提 言 されている また ソフトパワー 産 業 の 振 興 や 海 外 展 開 を 進 めることにより これら 産 業 各 分 野 の 輸 出 規 模 や 産 業 規 模 の 拡 大 (2015 年 までにコンテンツ 産 業 規 模 20 兆 円 ) 幅 広 い 産 業 への 波 及 (2020 年 までに 訪 日 外 国 人 旅 行 者 2,000 万 人 ) 日 本 文 化 の 理 解 促 進 を 目 指 し 2009 年 度 から 日 本 ブランドの 創 造 発 信 に 本 格 的 に 取 り 組 むこととされている これらを 踏 まえて 第 3 期 知 的 財 産 戦 略 の 基 本 方 針 ( 本 年 4 月 6 日 知 的 財 産 戦 略 本 部 決 定 )においては 第 3 期 (2009 年 度 ~2013 年 度 )の 基 本 方 針 の5つの 柱 の 一 つとして ソフトパワー 産 業 の 成 長 戦 略 の 推 進 を 定 め ソフトパワー 産 業 の 創 造 基 盤 の 強 化 と 内 外 市 場 の 開 拓 による 成 長 を 促 進 することとした この 日 本 ブランド 戦 略 を 推 進 し 日 本 ブランドを 創 造 発 信 するためには 各 関 係 省 庁 等 において 積 極 的 に 具 体 的 な 取 組 を 進 めるとともに それらの 様 々な 取 組 の 分 野 横 断 的 な 連 携 によって 相 乗 効 果 を 高 めながら 関 係 省 庁 間 及 び 官 民 の 連 携 を 強 化 していく 必 要 がある このため 政 府 としては 日 本 ブランド 戦 略 アクションプラン を 策 定 し 関 係 省 庁 等 が 一 体 となって 骨 太 に 諸 施 策 を 推 進 するものである Ⅱ. 基 本 的 考 え 方 本 アクションプランは 日 本 ブランド 戦 略 を 推 進 するため 知 的 財 産 推 進 計 画 2009 ( 本 年 6 月 24 日 知 的 財 産 戦 略 本 部 決 定 )に 沿 って 関 係 省 庁 等 が200 9 年 度 に 実 施 する 具 体 的 な 施 策 をとりまとめるとともに 2010 年 度 以 降 の 施 策 の 方 向 性 についても 記 載 している 特 に 日 本 ブランドを 強 力 に 海 外 に 発 信 するためには 一 層 の 省 庁 連 携 が 不 可 欠 で あることから 諸 施 策 のうち まず 最 初 に Ⅲ. 日 本 ブランドの 発 信 に 向 けた 連 携 1

2 において 日 本 ブランドの 発 信 強 化 に 関 し 関 係 省 庁 等 が 連 携 して 推 進 すべき 施 策 を 特 記 した また Ⅳ. 個 別 施 策 による 具 体 的 な 取 組 においては 5つの 戦 略 ごとに 関 係 省 庁 等 が 推 進 する 施 策 を 記 載 している(なお 日 本 ブランドを 創 造 発 信 するための 施 策 はここに 掲 げられたものに 限 定 されるものではない) なお 本 アクションプランを 着 実 に 実 行 し 日 本 ブランドの 確 立 と 発 信 を 推 進 して いくため 個 別 施 策 の 進 捗 状 況 については 適 宜 フォローアップするとともに 一 定 期 間 経 過 後 には 評 価 を 行 い 次 の 施 策 の 展 開 に 役 立 てるものとする Ⅲ. 日 本 ブランドの 発 信 に 向 けた 連 携 日 本 のソフトパワーの 潜 在 力 を 引 き 出 し 経 済 成 長 の 原 動 力 とするためには 創 造 発 信 の 両 面 から 施 策 を 展 開 する 必 要 がある しかし 発 信 面 では 日 本 ブランドに 対 する 海 外 からの 認 知 度 向 上 に 向 けた 取 組 に まだまだ 改 善 の 余 地 がある 特 に 強 力 な 対 外 発 信 を 支 えるのは 断 片 ではなく 分 野 横 断 的 な 発 信 であるが そ れを 可 能 にする 省 庁 連 携 官 民 連 携 については 一 部 のイベントにおいて 取 組 が 進 ん でいるものの 連 携 事 例 は 必 ずしも 豊 富 でなく 改 善 の 余 地 が 大 きい このため 日 本 ブランド 発 信 イベントの 発 信 強 化 アジアにおける 戦 略 的 な 発 信 強 化 海 外 の 流 行 発 信 地 における 発 信 強 化 の3つのテーマの 下 に 関 係 省 庁 等 が 一 体 となって 取 り 組 むべき 施 策 を 特 記 した 1. 日 本 ブランド 発 信 イベントの 発 信 強 化 我 が 国 のコンテンツを 紹 介 する 代 表 的 なイベントである メディア 芸 術 祭 及 び J APAN 国 際 コンテンツフェスティバル 等 の 日 本 ブランド 発 信 イベントについて 海 外 における 認 知 度 を 向 上 させるため 関 係 省 庁 等 が 連 携 して 海 外 向 け 広 報 の 強 化 を 図 るとともに 2010 年 度 以 降 に 向 けてイベントの 充 実 を 図 る Ⅳ. 個 別 施 策 による 具 体 的 な 取 組 抜 粋 (1) 日 本 ブランド 発 信 イベントの 発 信 強 化 (p.13) メディア 芸 術 祭 や JAPAN 国 際 コンテンツフェスティバル 等 の 我 が 国 のコンテンツを 紹 介 するイベントの 海 外 における 認 知 度 を 向 上 させるた め 外 国 人 向 けの 広 報 用 資 料 を 充 実 させるとともに 在 外 公 館 からのプレスリ リースの 実 施 等 による 海 外 メディアへの 発 信 日 本 文 化 センター 等 の 海 外 の 日 本 の 情 報 発 信 拠 点 におけるイベントの 紹 介 ビジット ジャパン キャンペー ンとの 連 携 等 による 外 国 人 への 広 報 に 取 り 組 む 2010 年 度 以 降 についても 関 係 省 庁 等 の 連 携 をさらに 強 化 し 海 外 向 け 2

3 広 報 の 一 層 の 充 実 を 図 るとともに 関 連 イベントの 開 催 時 期 の 集 中 化 今 後 の ビジネス 展 開 をにらんだ 事 業 の 実 施 食 ファッション 等 他 分 野 の 事 業 との 連 携 等 による 海 外 発 信 の 強 化 を 図 る また 文 部 科 学 省 を 中 心 に 関 係 省 庁 等 の 連 携 の 下 メディア 芸 術 の 対 外 発 信 拠 点 である 国 立 メディア 芸 術 総 合 センター ( 仮 称 ) を 活 用 し 発 信 を 強 化 する 2.アジアにおける 戦 略 的 な 発 信 強 化 中 産 階 級 が 急 速 に 拡 大 しているアジア 諸 国 は 今 後 市 場 規 模 が 大 幅 に 拡 大 する 可 能 性 があるものの 日 本 産 品 に 対 する 認 知 がまだ 十 分 でないことや 市 場 拡 大 の 障 壁 が 存 在 していることなどから 日 本 企 業 のビジネスモデルが 確 立 できていないところ が 多 い このため 今 後 のビジネス 拡 大 の 拠 点 となり 得 る 上 海 香 港 韓 国 タイ ベト ナムなどを 重 点 国 都 市 とし それぞれの 市 場 の 特 色 状 況 を 踏 まえつつ 分 野 横 断 的 に 官 民 挙 げて 日 本 ブランドの 発 信 を 強 化 する また 上 海 国 際 博 覧 会 や APEC2010 等 の 国 際 的 なイベントも 活 用 し つつ 効 果 的 な 発 信 を 行 う Ⅳ. 個 別 施 策 による 具 体 的 な 取 組 抜 粋 ( 一 部 省 略 ) (4) 重 点 国 都 市 ( 上 海 香 港 韓 国 タイ ベトナムなど)での 戦 略 的 な 発 信 強 化 (p.18~ 20) 1 コンテンツ 等 の 海 外 展 開 ( アジア コンテンツ ビジネスサミット 開 催 等 ) 2 観 光 プロモーション(ターゲットを 明 確 にした 戦 略 的 なPR) 3 日 本 食 日 本 食 材 の 輸 出 拡 大 ( 対 象 品 目 を 明 確 にした 集 中 支 援 ) 4 日 本 文 化 紹 介 ( 重 点 国 における 日 本 映 画 祭 上 映 会 の 開 催 強 化 等 ) 5 アジア 諸 国 に 対 するコンテンツの 規 制 緩 和 等 の 働 き 掛 けを 強 化 6 国 際 的 なイベントを 活 用 した 発 信 強 化 上 海 国 際 博 覧 会 (2010 年 5 月 から10 月 )や APEC2010 ( 年 間 を 通 じて 様 々な 国 際 会 議 を 国 内 各 地 で 実 施 首 脳 会 議 は2010 年 秋 頃 に 横 浜 で 開 催 予 定 )などの 国 内 外 で 実 施 される 国 際 的 イベントを 日 本 ブランド 発 信 の 好 機 と 捉 え 日 本 ブランド 発 信 イベントの 開 催 時 期 や 開 催 場 所 をこれらの 国 際 的 イベントに 近 づけるなど 効 果 的 な 日 本 ブランドの 発 信 等 に 取 り 組 む このほか 2010 年 度 以 降 についても これらの 重 点 国 都 市 における 集 中 的 なイベントの 開 催 等 効 果 的 な 発 信 を 行 う 3

4 3. 海 外 の 流 行 発 信 地 における 発 信 強 化 海 外 の 流 行 発 信 地 であるニューヨークやパリにおいては 個 々の 日 本 企 業 の 進 出 に より 日 本 産 品 は 認 知 されているものの 日 本 ブランドとしての 存 在 感 は 薄 く 世 界 の 大 きなトレンドとして 日 本 ブランドが 市 場 を 拡 大 するには 至 っていない また これ らの 都 市 において 日 本 ブランドとして 認 知 されることは 世 界 中 での 認 知 につながる ものである このため 世 界 における 日 本 ブランドの 存 在 感 を 高 めるべく 官 民 挙 げ て 分 野 横 断 的 な 発 信 を 強 化 する Ⅳ. 個 別 施 策 による 具 体 的 な 取 組 抜 粋 ( 一 部 省 略 ) (5) 海 外 の 流 行 発 信 地 における 発 信 強 化 (p.20~22) 1 パリにおける 発 信 強 化 ( JAPAN EXPO 2009 に 合 わせて 各 種 イベ ント 等 を 実 施 ) 2 ローマにおける 発 信 強 化 (ティベリーナ 島 での 映 画 関 連 イベントに 合 わせて 日 本 映 画 の 上 映 会 日 本 食 のPR 等 を 実 施 ) 3 ニューヨークにおける 発 信 強 化 ( 北 米 最 大 規 模 の ニューヨーク 国 際 現 代 家 具 見 本 市 に 合 わせた 日 本 のものづくり 紹 介 イベント 実 施 等 ) 年 度 以 降 の 取 組 引 き 続 き パリやニューヨーク 等 で 開 催 される 大 型 日 本 文 化 イベントに 合 わ せて 関 係 省 庁 等 が 連 携 しイベントを 実 施 するほか 各 地 における 情 報 の 一 層 の 共 有 化 を 図 りつつ これらの 流 行 発 信 地 における 新 規 事 業 の 実 施 や 開 催 時 期 の 集 中 化 等 によるイベントの 充 実 広 報 の 連 携 等 により 効 果 的 な 日 本 ブランド の 発 信 等 に 取 り 組 む 4

5 Ⅳ. 個 別 施 策 による 具 体 的 な 取 組 < 施 策 の 構 成 > 戦 略 1: ソフトパワー 産 業 の 振 興 <クリエーターの 活 動 の 場 を 創 出 する> 戦 略 2: 創 造 基 盤 の 整 備 < 創 造 を 支 える 環 境 を 整 備 する> 戦 略 3: 外 に 向 けての 発 信 力 強 化 <ターゲット 方 法 を 重 点 化 する> 戦 略 4: 訪 日 促 進 等 を 通 じた 認 知 度 の 向 上 < 日 本 ファンを 世 界 に 広 げる> 戦 略 5: 推 進 体 制 の 構 築 < 官 民 挙 げての 日 本 の 力 を 結 集 する> 戦 略 1:ソフトパワー 産 業 の 振 興 ソフトパワー 産 業 は 内 需 拡 大 や 海 外 市 場 拡 大 の 原 動 力 となるとともに 我 が 国 の 魅 力 を 発 信 する 上 で 重 要 な 意 義 を 有 するものである しかし ソフトパワー 産 業 において は 中 小 企 業 が 多 いため グローバル 市 場 で 競 争 力 を 発 揮 することが 難 しい また 地 域 には 多 くの 貴 重 なソフト 資 源 が 眠 ったままとなっている さらに デジタル ネット 環 境 が 十 分 に 活 用 されていないといった 課 題 もある このため 中 小 企 業 対 策 の 積 極 的 な 活 用 による 支 援 や 地 域 のソフトパワー 産 業 の 育 成 等 を 行 う また 新 しいメディアを 活 用 した 新 規 サービスの 創 出 やコンテンツの 流 通 を 促 進 するための 基 盤 整 備 等 を 行 う < 中 小 企 業 地 域 における 産 業 の 育 成 > (1) ソフトパワー 産 業 における 中 小 企 業 支 援 策 の 活 用 の 促 進 2009 年 度 から 産 業 クラスター 等 を 活 用 し 地 域 のソフトパワー 産 業 のネットワ ーク 形 成 を 促 進 するとともに 産 学 官 連 携 や 異 業 種 間 連 携 の 支 援 インキュベーション 機 能 の 強 化 販 路 開 拓 等 の 中 小 企 業 支 援 策 のソフトパワー 産 業 における 積 極 的 な 活 用 を 促 進 する (2) 地 域 におけるソフトパワー 産 業 の 育 成 地 域 におけるソフトパワー 産 業 のネットワーク 形 成 を 促 進 し 地 域 の 発 信 力 向 上 を 図 るため 2009 年 度 から 地 域 に 眠 るソフト 資 源 ( 自 然 産 業 遺 産 観 光 資 源 等 )に 関 する 放 送 番 組 を 含 む 映 像 コンテンツの 製 作 対 外 発 信 活 動 を 支 援 する 総 務 省 経 済 産 業 省 地 域 産 品 の 輸 出 を 促 進 するため 世 界 に 通 用 する 地 域 産 品 のブランド 力 ( JAPA 5

6 Nブランド )の 確 立 を 目 指 し 地 域 の 小 規 模 事 業 者 等 と 外 部 から 招 聘 した 輸 出 産 品 プ ロデューサー 等 が 一 丸 となって 行 う 取 組 に 対 し ブランドの 創 成 から 発 展 に 向 けた 段 階 的 支 援 を 行 う < 新 しいサービスの 創 出 を 促 進 する 取 組 > (3) 新 しいメディアを 活 用 した 新 規 サービスの 創 出 の 促 進 通 信 放 送 を 融 合 連 携 させた 新 しいサービスの 創 出 を 促 進 し 得 る 法 制 度 の 在 り 方 に ついて 検 討 を 行 い 2010 年 を 目 途 に 結 論 を 得 る 携 帯 端 末 向 けマルチメディア 放 送 を 円 滑 に 実 施 するため 2010 年 4 月 を 目 途 に 必 要 な 制 度 整 備 を 行 う また コンテンツのインターネット 流 通 等 に 関 するルール 整 備 を 促 進 するため 2009 年 度 から サイバー 特 区 を 活 用 した 様 々な 事 例 の 実 証 実 験 を 実 施 する 以 上 総 務 省 情 報 化 された 商 業 空 間 等 (e 空 間 )を 活 用 した 新 たな 情 報 利 活 用 を 促 進 するため 年 度 から 新 しい 無 線 通 信 技 術 やサービスモデルに 係 る 実 証 実 験 を 実 施 する 2009 年 度 から IPTVや 次 世 代 デジタル サイネージ 等 の 新 たな 形 態 のプラッ トフォームの 普 及 展 開 等 に 関 する 総 合 的 戦 略 の 策 定 に 向 けた 取 組 を 進 めるとともに 自 由 な 発 想 で 新 たなビジネスモデルを 構 築 するための 実 証 実 験 を 行 う 総 務 省 (4) コンテンツの 流 通 を 促 進 するための 基 盤 整 備 著 作 権 情 報 集 中 処 理 機 構 ( 音 楽 分 野 ) 及 び 映 像 コンテンツ 権 利 処 理 機 構 の 取 組 やコン テンツ 取 引 支 援 システムの 構 築 を 促 進 するとともに 共 通 のIDコードの 積 極 的 な 活 用 等 によってシステム 間 の 連 携 を 図 る 総 務 省 文 部 科 学 省 経 済 産 業 省 (5) コンテンツ 関 連 技 術 の 研 究 開 発 の 促 進 ソフトパワー 産 業 の 活 性 化 と 新 産 業 の 創 出 等 を 図 るため 立 体 映 像 技 術 や 超 高 精 細 映 像 技 術 等 の 映 像 技 術 制 作 支 援 技 術 等 の 技 術 開 発 を 支 援 する デジタル ミュージアムの 実 現 に 向 けた 研 究 開 発 の 推 進 事 業 において デジタル ミュージアムのシステム 構 成 機 能 仕 様 コンテンツ 内 容 開 発 すべき 要 素 技 術 研 究 開 発 計 画 等 に 関 する 調 査 検 討 を 行 い 研 究 開 発 内 容 の 具 体 化 明 確 化 を 行 う 文 部 科 学 省 IPTVを 始 めとする 様 々な 配 信 形 態 で 高 品 質 のデジタルコンテンツを 利 用 するため に 必 要 な 伝 送 技 術 の 実 証 実 験 を 実 施 する 総 務 省 6

7 < 映 像 コンテンツの 振 興 > (6) デジタルシネマ 設 備 の 整 備 の 支 援 2009 年 度 から 地 域 経 済 の 活 性 化 を 担 う 映 画 館 に 対 して 立 体 映 像 や 多 様 なデジ タルコンテンツ 等 の 上 映 に 必 要 なデジタルシネマ 設 備 の 整 備 を 支 援 する (7) フィルムコミッションの 映 像 制 作 活 動 の 支 援 2009 年 度 から ジャパン フィルムコミッションが 行 う 各 地 域 における 効 率 的 な 撮 影 を 進 めるためのネットワークの 形 成 や 受 入 れ 体 制 構 築 のための 人 材 育 成 事 業 等 を 支 援 する また ジャパン フィルムコミッションや 地 域 のフィルムコミッションが 行 う 国 内 外 からのロケ 誘 致 活 動 を 関 係 省 庁 が 連 携 して 支 援 する 文 部 科 学 省 経 済 産 業 省 国 土 交 通 省 (8) 映 像 産 業 振 興 機 構 の 活 動 の 支 援 映 画 放 送 ゲーム アニメ 音 楽 等 の 各 業 界 が 一 体 となって 映 像 産 業 振 興 機 構 の 活 動 に 協 力 することを 奨 励 するとともに 映 像 産 業 振 興 機 構 によるコンテンツ 産 業 の 人 材 育 成 事 業 やコンテンツ 取 引 の 市 場 整 備 に 係 る 事 業 等 を 支 援 する 総 務 省 文 部 科 学 省 経 済 産 業 省 < 情 報 基 盤 の 整 備 > (9) ソフトパワー 産 業 に 関 する 定 量 的 な 情 報 の 充 実 ネットワーク 上 のコンテンツの 不 正 流 通 の 実 態 調 査 及 びその 対 策 について 検 討 するた めの 調 査 研 究 を 実 施 する 放 送 番 組 制 作 業 に 関 する 実 態 調 査 を 継 続 して 実 施 し 同 業 に 係 る 統 計 の 充 実 を 図 る 以 上 総 務 省 コンテンツ 産 業 等 における 輸 出 入 や 海 外 におけるライセンス 収 入 に 係 る 統 計 の 整 備 に ついて 引 き 続 き 検 討 を 進 める (10) コンテンツ 分 野 における 海 外 市 場 の 情 報 収 集 等 の 強 化 事 業 者 の 戦 略 的 な 海 外 展 開 を 支 援 するため 日 本 貿 易 振 興 機 構 を 通 じたコンテンツ 分 野 における 海 外 市 場 の 基 礎 的 データ 市 場 動 向 政 策 動 向 法 制 度 商 慣 習 海 賊 版 被 害 実 態 ビジネスの 成 功 事 例 等 の 有 用 な 情 報 の 収 集 セミナーの 開 催 やウェブで の 公 開 によるこれら 情 報 の 提 供 を 強 化 するとともに アジアを 中 心 に 日 本 貿 易 振 興 機 構 の 海 外 拠 点 における 企 業 相 談 を 充 実 する 7

8 戦 略 2: 創 造 基 盤 の 整 備 1. 文 化 資 源 のアーカイブ 化 の 促 進 現 在 及 び 将 来 のクリエーターの 創 造 の 基 盤 となるのは 日 本 が 有 する 文 化 資 源 であり そ の 重 要 性 が 社 会 的 に 共 有 され 再 評 価 されることが 重 要 である このため 伝 統 的 な 文 化 財 に 加 え 世 界 的 に 注 目 を 浴 びているアニメ マンガ 映 画 放 送 番 組 音 楽 ファッション デザイン 写 真 などの 分 野 についてのアーカイブ 化 を 進 め 誰 もが 簡 単 にアクセスできる 環 境 を 整 備 し 新 たな 創 造 活 動 の 基 盤 を 構 築 する (1) 文 化 資 源 のアーカイブ 化 東 京 国 立 近 代 美 術 館 フィルムセンターにおいて 収 蔵 機 能 を 約 2 倍 に 整 備 する また 歴 史 的 価 値 を 有 する 日 本 映 画 等 の 映 像 コンテンツの 高 質 で 安 定 的 な 保 存 を 行 うため ネ ガ 素 材 を 作 成 するなど 日 本 映 画 等 のアーカイブ 化 を 推 進 する 文 部 科 学 省 2009 年 度 から 放 送 局 番 組 製 作 会 社 等 による 優 れた 教 育 教 養 分 野 の 放 送 コン テンツのアーカイブ 化 を 推 進 し IPTV 等 新 たな 技 術 を 活 用 して 小 中 学 校 等 へ 配 信 す ることにより 教 育 における 地 上 デジタル 放 送 の 利 活 用 を 促 進 する 総 務 省 文 部 科 学 省 2009 年 度 から 生 地 やデザインのデジタルアーカイブシステムの 構 築 に 向 けた 開 発 等 を 行 うとともに 感 性 価 値 創 造 イニシアティブに 基 づく 体 験 型 イベントでの 展 示 物 をアーカイブ 化 し ウェブサイト 感 性 価 値 創 造 バンク の 充 実 を 図 る 内 外 の 書 籍 情 報 等 のデジタル 化 の 動 向 を 踏 まえ 国 立 国 会 図 書 館 において 中 期 計 画 に 基 づきデジタルアーカイブ 化 が 進 められ 2009 年 度 には 入 手 困 難 な 図 書 雑 誌 古 典 籍 資 料 学 位 論 文 等 約 90 万 冊 のデジタルアーカイブ 化 やシステムの 機 能 拡 張 が 円 滑 に 行 われるよう 連 携 を 強 化 する 国 立 国 会 図 書 館 において2009 年 度 から4 年 に 渡 って 実 施 される 約 5 万 件 の 歴 史 的 文 化 的 資 産 であるSP 原 盤 等 のデジタル 音 源 の 受 け 入 れ 保 存 運 用 事 業 が 円 滑 に 行 われるよう 連 携 する 以 上 内 閣 官 房 文 化 的 歴 史 的 に 貴 重 な 音 楽 資 料 を 適 切 に 承 継 活 用 していくため 近 現 代 の 音 楽 資 料 の 所 在 等 についての 調 査 研 究 を 実 施 する 文 化 的 歴 史 的 に 貴 重 な 写 真 原 板 の 保 存 活 用 を 図 る 観 点 から 写 真 フィルムのデー タベースのプロトタイプ 作 成 に 向 けた 調 査 研 究 を 実 施 する 以 上 文 部 科 学 省 8

9 (2) メディア 芸 術 の 国 際 的 な 発 信 拠 点 の 整 備 メディア アート マンガ アニメ ゲーム 等 我 が 国 のメディア 芸 術 に 関 する 展 示 収 集 保 管 調 査 研 究 人 材 育 成 等 を 総 合 的 に 行 う 国 際 的 な 発 信 拠 点 として 国 立 メデ ィア 芸 術 総 合 センター ( 仮 称 )の 整 備 を 進 める なお その 際 関 係 省 庁 等 との 連 携 をとりつつ 国 際 的 な 発 信 機 能 の 充 実 を 図 る 文 部 科 学 省 2. 人 材 育 成 の 充 実 ソフトパワー 産 業 の 創 造 面 において 良 質 な 素 材 を 生 み 出 す 土 壌 がやせてきているので はないかという 課 題 があり 人 材 育 成 の 観 点 からは 高 等 教 育 機 関 における 教 育 の 充 実 のみならず クリエーターを 職 業 人 として 養 成 し 産 業 と 結 び 付 けることが 必 要 である このため 実 践 的 な 専 門 人 材 の 育 成 メディア 芸 術 等 の 新 しい 分 野 の 人 材 育 成 を 重 点 的 に 進 めていくとともに アジアを 始 め 世 界 の 多 様 な 人 材 に 幅 広 く 担 い 手 となってもらう ために 海 外 から 積 極 的 に 人 材 を 受 け 入 れ 将 来 の 担 い 手 として 養 成 する < 次 代 を 担 う 人 材 の 育 成 > (1) 映 画 アニメ 等 の 若 手 クリエーターの 育 成 事 業 の 実 施 映 画 アニメを 始 めとする 分 野 における 卓 越 した 才 能 を 持 つクリエーターの 輩 出 のた め 2009 年 度 から 若 手 クリエーターの 才 能 を 発 掘 しその 製 作 の 支 援 及 び 評 価 を 行 う (2) メディア 芸 術 祭 における 若 手 クリエーター 表 彰 2009 年 度 から メディア 芸 術 祭 の 場 を 活 用 した 若 手 クリエーターの 新 たな 表 彰 奨 励 の 仕 組 みの 創 設 に 向 けた 取 組 を 進 める 文 部 科 学 省 (3) 我 が 国 映 画 界 を 担 う 新 たな 人 材 育 成 の 充 実 我 が 国 映 画 界 を 担 う 新 たな 人 材 の 育 成 の 充 実 を 図 るため 将 来 を 嘱 望 される 若 手 映 画 作 家 を 対 象 に 本 格 的 な 映 画 製 作 のワークショップの 実 施 や 短 編 映 画 作 品 を 制 作 発 表 する 機 会 の 提 供 等 の 取 組 を 進 める 文 部 科 学 省 (4) 大 学 等 におけるコンテンツ 分 野 の 教 育 プログラムの 充 実 新 規 事 業 や 海 外 展 開 にチャレンジできる 実 践 的 な 人 材 を 育 成 するため 資 格 検 定 制 度 の 活 用 など 学 生 に 対 して 明 確 なキャリアパスを 示 しつつ インターンシップの 実 施 や 産 学 連 携 を 推 進 するなどにより 大 学 等 における 教 育 プログラムの 充 実 を 促 す 文 部 科 学 省 9

10 (5) エンターテインメント ロイヤーズ ネットワークの 人 材 育 成 支 援 エンターテインメント ロイヤーズ ネットワークが 行 うコンテンツ 関 連 の 専 門 的 な 人 材 の 育 成 を 支 援 する 内 閣 官 房 (6) 幼 少 期 からの 創 造 教 育 推 進 メディアリテラシーの 向 上 を 図 るため 放 送 インターネット 携 帯 電 話 等 のメディ アの 特 性 に 応 じたメディアリテラシーに 関 する 教 材 等 を 開 発 し 普 及 を 図 る また 小 中 学 校 において IPTV 等 を 活 用 し 配 信 することにより 教 育 教 養 分 野 の 放 送 コン テンツを 利 活 用 し 効 果 的 な 学 習 に 資 する 取 組 を 支 援 する 総 務 省 子 どもたちの 生 きる 力 をはぐくむことを 目 指 し 基 礎 的 な 知 識 技 能 の 習 得 思 考 力 判 断 力 表 現 力 の 育 成 学 習 意 欲 の 向 上 を 柱 とした 新 学 習 指 導 要 領 等 を 着 実 に 実 施 する 文 部 科 学 省 < 日 本 ブランドの 普 及 に 貢 献 する 外 国 人 の 育 成 > (7) 伝 統 文 化 メディア 芸 術 などの 分 野 における 人 材 の 育 成 伝 統 文 化 メディア 芸 術 などの 分 野 において 外 国 人 芸 術 家 等 に 研 修 機 会 の 提 供 を 行 うなどにより 海 外 で 日 本 ブランドの 普 及 発 展 に 貢 献 し 得 る 外 国 人 を 受 け 入 れ 知 識 技 術 を 習 得 させるための 取 組 を 進 める 文 部 科 学 省 (8) 日 本 食 材 を 活 用 する 人 材 の 育 成 2009 年 度 からニューヨークの 料 理 学 校 において 講 師 学 生 及 びレストランシェ フ 等 に 対 する 日 本 食 材 の 紹 介 や 調 理 デモンストレーションを 実 施 するなど 日 本 食 や 日 本 産 食 材 の 普 及 発 展 に 貢 献 し 得 る 人 材 の 育 成 に 向 けた 取 組 を 進 める 農 林 水 産 省 (9) コンテンツ 分 野 における 人 材 の 育 成 JAPAN 国 際 コンテンツフェスティバル において 海 外 からアニメ 等 のコンテ ンツ 分 野 のクリエーター プロデューサーなどを 招 聘 し 日 本 のコンテンツに 触 れても らうとともに 交 流 イベントを 行 うなど アニメ 文 化 等 の 普 及 発 展 に 貢 献 し 得 る 人 材 の 育 成 に 向 けた 取 組 を 進 める 10

11 < 表 彰 制 度 の 充 実 > (10) 我 が 国 の 文 化 発 信 に 貢 献 している 外 国 人 に 着 目 した 表 彰 の 創 設 文 化 庁 長 官 表 彰 制 度 において 我 が 国 の 文 化 を 世 界 に 発 信 することに 貢 献 している 外 国 人 に 着 目 した 表 彰 奨 励 の 仕 組 みを2009 年 度 中 に 創 設 する 文 部 科 学 省 (11) 外 国 人 叙 勲 の 活 用 外 国 人 叙 勲 において 伝 統 文 化 の 普 及 日 本 研 究 の 促 進 などの 従 来 の 分 野 に 加 え 日 本 関 連 映 画 の 製 作 日 本 食 の 紹 介 など 新 しい 分 野 を 開 拓 する 外 務 省 (12) 国 際 漫 画 賞 の 発 展 海 外 で 漫 画 文 化 の 普 及 活 動 に 貢 献 する 漫 画 作 家 を 顕 彰 する 国 際 漫 画 賞 において 広 報 の 充 実 を 図 ることにより 応 募 作 品 応 募 国 地 域 数 を 増 加 させるための 取 組 を 進 める 外 務 省 3.コンテンツ 製 作 支 援 の 充 実 創 造 を 活 性 化 し 世 界 に 通 用 するコンテンツを 創 出 するため 事 業 者 やクリエーター 等 の 創 造 活 動 を 製 作 技 術 等 の 側 面 から 支 援 する (1) 国 際 共 同 製 作 支 援 事 業 の 実 施 国 際 共 同 製 作 企 画 のプレゼンテーションを 行 うため 海 外 の8 企 画 マーケットに 日 本 のプロデューサーの 派 遣 を 行 うとともに ヨーロッパのプロデューサー 所 属 団 体 AC E 韓 国 の 政 府 系 映 画 団 体 KOFICと 協 力 し 日 本 のプロデューサーの 国 際 ネットワ ーキング 促 進 を 目 的 としたミーティングの 場 を 提 供 する また 国 際 共 同 製 作 を 実 現 す る 上 で 必 要 な 法 務 ファイナンス 等 の 情 報 知 識 を 提 供 するセミナーや 海 外 での 企 画 のプレゼンテーション 技 術 習 得 のためのワークショップを 2009 年 度 を 通 して3 回 程 度 開 催 する 加 えて 各 国 の 映 画 製 作 助 成 システム 映 画 産 業 の 情 報 を J-Pit chのウェブサイトで 公 開 する 放 送 局 や 番 組 製 作 会 社 による 国 際 共 同 製 作 等 を 活 用 した 地 域 の 物 産 観 光 資 源 等 を 紹 介 するコンテンツの 製 作 や 国 内 外 への 発 信 を 支 援 する 総 務 省 (2) メディア 芸 術 拠 点 等 におけるコンテンツ 製 作 支 援 事 業 の 実 施 クリエーターの 創 造 活 動 を 活 性 化 するため 大 学 やメディア 芸 術 拠 点 等 におけるコン テンツ 製 作 への 支 援 を 充 実 する 文 部 科 学 省 11

12 (3) デザインやコンテンツ 等 に 係 る 工 学 分 野 と 芸 術 分 野 との 融 合 領 域 における 創 造 活 動 の 促 進 科 学 技 術 振 興 機 構 の 戦 略 的 創 造 研 究 推 進 事 業 デジタルメディア 作 品 の 制 作 を 支 援 す る 基 盤 技 術 をテーマに コンピュータ 等 の 電 子 技 術 を 駆 使 した 映 画 アニメーション ゲームソフト さらにはその 基 礎 となるCGアート ネットワークアート 作 品 等 の 高 品 質 化 ( 多 次 元 化 も 含 む)を 目 的 とした 映 像 や 画 像 の 入 力 処 理 編 集 表 示 技 術 イン ターフェイス 技 術 ネットワーク 技 術 等 に 関 する 研 究 を 行 う 文 部 科 学 省 4.ブランドを 支 える 制 度 の 見 直 し 創 造 に 関 する 権 利 保 護 と 活 用 のための 制 度 を 整 備 するため ブランドを 支 える 制 度 の 在 り 方 について 見 直 す (1) 農 林 水 産 品 に 対 する 地 理 的 表 示 制 度 (GI)の 導 入 に 向 けた 検 討 WTOにおける 議 論 の 進 捗 状 況 を 見 極 めながら 決 められた 産 地 で 生 産 され 指 定 さ れた 品 種 生 産 方 法 生 産 期 間 等 が 適 切 に 管 理 された 農 林 水 産 品 に 対 し 地 理 的 表 示 を 与 える 制 度 (GI)の 整 備 について 国 内 企 業 等 の 既 存 の 取 組 との 調 整 を 図 りつつ 検 討 を 行 う 農 林 水 産 省 (2) 利 用 者 の 利 便 性 を 高 めるための 商 標 制 度 の 見 直 し 制 度 利 用 者 の 利 便 性 を 高 めるため 著 名 商 標 の 保 護 範 囲 や 登 録 異 議 申 立 制 度 の 見 直 し など 商 標 制 度 の 在 り 方 について 検 討 を 行 い 一 定 の 結 論 を 得 る (3) デザイン 創 作 活 動 を 促 進 する 意 匠 制 度 の 在 り 方 に 関 する 調 査 研 究 の 実 施 多 様 化 しているデザイン 創 作 活 動 を 促 進 するため 意 匠 制 度 の 在 り 方 や 利 便 性 の 向 上 のための 方 策 について 調 査 研 究 を 行 う 12

13 戦 略 3: 外 に 向 けての 発 信 力 強 化 1. 日 本 ブランドの 戦 略 的 な 発 信 これまでの 日 本 ブランドの 発 信 のための 取 組 は 個 別 の 分 野 ごとの 取 組 にとどまってい る 場 合 が 多 く それぞれの 分 野 の 強 みを 相 互 に 活 かしきれていない また 海 外 からの 認 知 度 向 上 に 向 けた 取 組 に 改 善 の 余 地 がある このため 省 庁 連 携 官 民 連 携 の 取 組 をさらに 進 め 分 野 横 断 的 に 日 本 ブランドの 戦 略 的 な 発 信 を 行 う < 関 係 省 庁 等 の 連 携 強 化 > (1) 日 本 ブランド 発 信 イベントの 発 信 強 化 メディア 芸 術 祭 や JAPAN 国 際 コンテンツフェスティバル 等 の 我 が 国 のコ ンテンツを 紹 介 するイベントの 海 外 における 認 知 度 を 向 上 させるため 外 国 人 向 けの 広 報 用 資 料 を 充 実 させるとともに 在 外 公 館 からのプレスリリースの 実 施 等 による 海 外 メ ディアへの 発 信 日 本 文 化 センター 等 の 海 外 の 日 本 の 情 報 発 信 拠 点 におけるイベントの 紹 介 ビジット ジャパン キャンペーンとの 連 携 等 による 外 国 人 への 広 報 に 取 り 組 む 2010 年 度 以 降 についても 関 係 省 庁 等 の 連 携 をさらに 強 化 し 海 外 向 け 広 報 の 一 層 の 充 実 を 図 るとともに 関 連 イベントの 開 催 時 期 の 集 中 化 今 後 のビジネス 展 開 をに らんだ 事 業 の 実 施 食 ファッション 等 他 分 野 の 事 業 との 連 携 等 による 海 外 発 信 の 強 化 を 図 る また 文 部 科 学 省 を 中 心 に 関 係 省 庁 等 の 連 携 の 下 メディア 芸 術 の 対 外 発 信 拠 点 である 国 立 メディア 芸 術 総 合 センター( 仮 称 ) を 活 用 し 発 信 を 強 化 する 以 上 関 係 省 庁 等 < 日 本 ブランド 発 信 イベントの 充 実 > (2) JAPAN 国 際 コンテンツフェスティバル (2009 年 度 は9 月 から10 月 ) ファッションとの 連 携 を 図 るため 2009 年 度 から 東 京 において 開 催 される 東 京 発 日 本 ファッション ウィーク(JFW) (2009 年 10 月 19 日 から25 日 ) をオフィシャルイベントに 加 える 地 域 への 事 業 展 開 を 図 るため 2009 年 度 から 京 都 において Kyoto Cr oss Media Experience (2009 年 9 月 26 日 から10 月 4 日 ) をオフィシャルイベントとして 開 催 する 海 外 への 事 業 展 開 を 図 るため 2009 年 度 から パリにおいて 開 催 される 日 本 のポ ップカルチャーや 伝 統 文 化 を 紹 介 するイベントである JAPAN EXPO (2009 年 7 月 2 日 から5 日 )にブース 出 展 を 行 うとともに 海 外 で 開 催 される コンテンツ 系 のイベントと 連 携 する 13

14 上 海 国 際 博 覧 会 (2010 年 5 月 から10 月 )にブース 出 展 し 日 本 のコンテンツを 発 信 する 以 上 経 済 産 業 省 (3) 国 際 ドラマフェスティバル in TOKYO (2009 年 度 は10 月 東 京 ) 東 京 国 際 映 画 祭 の 併 設 マーケットである TIFFCOM2009 と 連 携 して 放 送 コンテンツのマーケットを 開 設 し 放 送 事 業 者 等 の 共 同 ブースを 充 実 する 海 外 で 開 催 されるコンテンツマーケットにおける 広 報 を 強 化 する 2009 年 度 から マーケットと 連 動 したアワードの 充 実 を 図 り 受 賞 作 品 を 海 外 の 放 送 局 において 放 送 する 等 の 取 組 を 推 進 する 以 上 総 務 省 (4) 文 化 庁 メディア 芸 術 祭 (2009 年 度 は2010 年 2 月 国 立 新 美 術 館 等 ) アート エンターテインメント アニメーション マンガの 各 部 門 ごとに 優 れた 作 品 を 選 定 し 顕 彰 を 行 うとともに 展 示 会 やシンポジウムを 開 催 する 日 本 ドナウ 交 流 年 2009を 踏 まえ 中 東 欧 地 域 においてメディア 芸 術 祭 海 外 展 を 拡 充 して 開 催 する 以 上 文 部 科 学 省 (5) 東 京 国 際 映 画 祭 (2009 年 度 は10 月 六 本 木 ) 併 設 マーケットである TIFFCOM2009 との 連 携 によりマーケット 機 能 を 強 化 する 2009 年 度 から グリーンカーペットクラブ を 設 立 して 様 々な 著 名 人 等 からの 支 援 体 制 を 整 備 する 以 上 経 済 産 業 省 (6) 東 京 発 日 本 ファッション ウィーク(2009 年 度 は10 月 及 び2010 年 3 月 東 京 ) 2009 年 度 から 秋 のコレクションについては JAPAN 国 際 コンテンツフェス ティバル のオフィシャルイベントとして 開 催 するとともに 国 内 外 に 向 け 効 果 的 に 情 報 発 信 を 行 うため 各 広 報 媒 体 と 有 機 的 に 連 携 し 発 信 力 を 強 化 する 日 本 貿 易 振 興 機 構 等 と 連 携 し ニューヨーク 等 海 外 において JFWのPRイベント 等 のプロモーションを 充 実 する 以 上 経 済 産 業 省 (7) 感 性 価 値 創 造 イニシアティブ に 基 づくイベント 感 性 価 値 創 造 ミュージアム (2009 年 9 月 神 戸 ) kansei Japa n Design Exhibition (2009 年 5 月 ニューヨーク)を 開 催 し これらについての 広 報 を 強 化 する 2010 年 度 は 中 国 の 都 市 において kansei Japan Design E xhibition を 開 催 する 以 上 経 済 産 業 省 14

15 2.ソフトパワー 産 業 に 対 する 総 合 的 な 海 外 展 開 支 援 日 本 ブランドは 海 外 においてある 程 度 認 知 されているものの 十 分 に 日 本 の 利 益 に 結 び 付 いているとは 言 い 難 い このため 海 外 で 既 に 受 け 入 れられている 日 本 ブランドの 価 値 を 最 大 限 活 用 し 実 際 のビジネスとして 収 益 に 結 び 付 けていくために 海 外 展 開 を 視 野 に 入 れたコンテンツ 商 品 の 製 作 開 発 や 販 路 開 拓 等 を 含 めた 総 合 的 な 海 外 展 開 支 援 を 実 施 する <コンテンツの 海 外 展 開 > (1) コンテンツ 海 外 展 開 ファンドの 創 設 官 民 の 優 秀 な 人 材 と 資 金 の 力 を 結 集 し 優 れたコンテンツの 海 外 展 開 を 図 る コンテ ンツ 海 外 展 開 ファンド を2009 年 度 中 に 創 設 する (2) ふるさとチャンネルの 創 設 2009 年 度 から ふるさとチャンネル を 創 設 し 地 方 の 放 送 局 や 番 組 製 作 会 社 が 各 地 の 地 域 の 自 然 食 文 化 歴 史 等 を 紹 介 する 放 送 コンテンツを 製 作 し 地 上 放 送 衛 星 放 送 国 際 放 送 海 外 の 放 送 局 IPTV インターネット 等 を 介 して 国 内 外 に 発 信 する 総 務 省 (3) アジア コンテンツ ビジネスサミットの 開 催 中 国 香 港 韓 国 マレーシア シンガポール タイ 日 本 が 連 携 し アジアのコン テンツのための 市 場 作 りを 進 めるため 官 民 のハイレベルな 関 係 者 が 参 加 する アジ ア コンテンツ ビジネスサミット を JAPAN 国 際 コンテンツフェスティバル の 開 催 に 合 わせて2009 年 10 月 に 開 催 する (4) 携 帯 端 末 向 けコンテンツの 海 外 展 開 の 促 進 2009 年 度 から 中 国 の3G 携 帯 端 末 向 けに 着 信 音 ビジネス ゲーム 映 像 配 信 GPSサービス 等 の 我 が 国 の 先 進 サービスに 関 するモデル 事 業 を 実 施 する 総 務 省 (5) 映 画 に 関 する 協 力 覚 書 の 見 直 し 配 給 や 資 金 調 達 等 の 連 携 を 強 化 するため 日 本 映 像 国 際 振 興 協 会 とフランス 国 立 映 画 センターとの 間 で 締 結 した 日 仏 映 画 協 力 覚 書 の 見 直 しを 支 援 する < 日 本 食 日 本 食 材 の 海 外 展 開 > 15

16 (6) 海 外 での 日 本 食 日 本 食 材 のPR 活 動 の 強 化 モスクワ 及 びアブダビにおいてアンテナショップを 設 置 するとともに 上 海 ソウル ニューヨーク 等 の 海 外 都 市 で 開 催 される 食 品 の 国 際 見 本 市 にブースを 出 展 し 日 本 食 日 本 食 材 のPR 活 動 を 行 う 農 林 水 産 省 (7) 日 本 食 レストラン 海 外 普 及 推 進 機 構 (JRO)の 取 組 への 支 援 全 米 レストランショー(シカゴ)への 出 展 やティベリーナ 島 における 映 画 関 連 イベン ト(ローマ)での 日 本 食 紹 介 イベント 等 への 支 援 を 行 う 海 外 の 日 本 食 レストラン 関 係 者 と 日 本 食 材 の 供 給 者 との 意 見 交 換 等 を 行 う JRO 日 本 食 レストラン 国 際 シンポジウム ( 仮 称 )(2009 年 10 月 21 日 東 京 )の 開 催 を 支 援 する 以 上 農 林 水 産 省 (8) 海 外 における 我 が 国 の 地 名 等 に 関 する 商 標 出 願 についての 情 報 収 集 共 有 体 制 の 整 備 我 が 国 の 地 名 品 種 名 等 が 海 外 において 商 標 出 願 又 は 登 録 される 問 題 に 対 処 するため 都 道 府 県 や 農 林 水 産 関 係 団 体 から 構 成 される 農 林 水 産 知 的 財 産 保 護 コンソーシアム を 設 け 中 国 等 における 商 標 出 願 登 録 状 況 の 監 視 や 異 議 申 立 手 続 等 に 係 る 相 談 体 制 を 整 備 する 農 林 水 産 省 <ファッション 日 用 品 等 の 海 外 展 開 > (9) クリエーター 海 外 派 遣 団 事 業 の 実 施 2009 年 度 から 海 外 顧 客 獲 得 のためにデザイナーを 戦 略 重 点 国 に 送 り 込 む クリ エーター 海 外 派 遣 事 業 を 実 施 し 同 年 度 においては アジアとヨーロッパにおいて 各 1 回 実 施 する (10) ポップカルチャー 発 信 使 ( 通 称 カワイイ 大 使 )の 派 遣 海 外 でのわが 国 に 対 する 一 層 の 理 解 を 図 るため 世 界 的 に 若 者 の 間 で 人 気 の 高 い 日 本 のポップカルチャーを 積 極 的 に 活 用 し 特 にファッション 分 野 において 顕 著 な 活 動 を 行 っている 若 手 リーダーをポップカルチャー 発 信 使 ( 通 称 カワイイ 大 使 )として パリ ローマ 等 世 界 各 地 でのイベントに 派 遣 し 日 本 のファッションについて 情 報 発 信 を 行 う 外 務 省 国 際 交 流 基 金 (11) JAPANブランドアンテナショップの 設 置 海 外 の 見 本 市 への 出 展 等 地 域 中 小 企 業 による 地 域 産 品 の 海 外 販 路 開 拓 を 支 援 するため パリ ニューヨークや ロンドン 等 において 国 際 的 な 見 本 市 等 に 合 わせ バイヤー 等 との JAPANブラン ド 展 示 商 談 会 の 実 施 や 現 地 百 貨 店 セレクトショップ 等 を 活 用 した JAPANブ ランドアンテナショップ の 設 置 ( 期 間 限 定 型 )によるテストマーケティングを 行 う 16

17 更 に 現 地 に 進 出 している 日 本 人 業 者 等 のネットワークを 通 じた 海 外 現 地 における 販 路 開 拓 の 強 化 に 取 り 組 む 日 本 の 日 用 品 のブランド 力 発 信 と 販 路 開 拓 の 両 方 を 実 現 するため トレンド セッターとして 世 界 から 注 目 を 集 めるパリ ミラノ 等 で 開 催 される 国 際 見 本 市 に 日 用 品 関 連 企 業 を 取 りまとめ 日 本 展 を 出 展 する また 出 展 前 後 の 流 通 促 進 支 援 を 通 じて 現 地 での 販 路 開 拓 を 強 化 す る 2010 年 度 に 開 催 される APEC 中 小 企 業 大 会 会 合 の 機 会 を 活 用 し 日 本 の 中 小 企 業 が 製 造 する 地 域 産 品 の 展 示 やテストマーケティングを 実 施 し これらの 販 路 開 拓 を 支 援 する 上 海 国 際 博 覧 会 (2010 年 5 月 から10 月 )の 機 会 を 活 用 し 来 場 者 に 対 し 日 本 の 優 れた 地 域 産 品 を 積 極 的 にプロモーションすることで 販 路 開 拓 に 繋 げる 以 上 経 済 産 業 省 (12) 日 本 貿 易 振 興 機 構 における 販 路 拡 大 支 援 の 充 実 日 本 貿 易 振 興 機 構 が 有 する 広 範 なネットワークを 活 用 の 上 実 施 している 海 外 最 新 ニー ズの 情 報 収 集 や 相 談 支 援 事 業 を 強 化 するため 国 内 の 各 地 方 主 要 拠 点 のアドバイザーや 海 外 新 興 国 を 中 心 として 現 地 バイヤーとのマッチング 支 援 を 行 う 海 外 コーディネータ ーの 拡 充 ( 海 外 コーディネーターは3 倍 )を 実 施 する アジア 地 域 等 新 興 国 を 始 めとする 中 小 企 業 の 関 心 の 高 い 有 望 市 場 への 国 際 見 本 市 への 出 展 支 援 及 び 市 場 開 拓 ミッション 派 遣 を 拡 充 し 海 外 現 地 における 販 路 開 拓 ルートの 確 保 に 取 り 組 む 以 上 経 済 産 業 省 日 本 貿 易 振 興 機 構 (13) サービス 業 の 海 外 展 開 を 促 進 小 売 業 や 外 食 業 等 日 本 ブランドの 発 信 につながる 我 が 国 サービス 業 の 海 外 展 開 を 促 進 するため サービス 産 業 生 産 性 協 議 会 内 に 設 置 した グローバル サービス フォ ーラム の 活 動 を 通 じ 業 種 横 断 的 かつ 産 学 官 の 連 携 を 図 りながら 海 外 展 開 に 係 る ベストプラクティスや 現 地 消 費 情 報 の 共 有 現 地 企 業 とのマッチング 通 商 交 渉 対 話 に 対 する 要 望 聴 取 等 の 取 組 を 実 施 する < 模 倣 品 海 賊 版 対 策 の 強 化 > (14) 海 外 市 場 における 模 倣 品 海 賊 版 対 策 の 強 化 海 外 に 氾 濫 する 日 本 ブランドの 模 倣 品 海 賊 版 による 被 害 を 防 止 するため 模 倣 品 海 賊 版 拡 散 防 止 条 約 ( 仮 称 )の 早 期 妥 結 妥 結 後 の 参 加 国 の 拡 大 を 主 導 するなど 国 際 ルールの 形 成 を 促 進 するとともに 二 国 間 や 多 国 間 協 議 等 の 場 を 通 じて 侵 害 発 生 国 地 域 に 対 し 取 締 り 徹 底 に 向 けた 働 き 掛 けを 強 化 する 関 係 省 庁 等 3. 拠 点 地 域 における 発 信 強 化 17

18 アジア 諸 国 は 今 後 市 場 規 模 が 大 幅 に 拡 大 する 可 能 性 があるものの 日 本 産 品 に 対 する 認 知 がまだ 十 分 でないことや 海 賊 版 被 害 輸 入 規 制 等 障 壁 が 存 在 しており 日 本 企 業 のビ ジネスモデルが 確 立 できていないところが 多 い また 世 界 のトレンド 情 報 が 集 積 し 全 世 界 に 拡 散 する 都 市 であるニューヨークやパリにおいては 日 本 ブランドとしての 存 在 感 は 薄 く 世 界 の 大 きなトレンドとして 日 本 ブランドが 市 場 を 拡 大 するには 至 っていな い このため それぞれの 国 地 域 の 市 場 の 特 色 状 況 を 踏 まえつつ 今 後 のビジネス 拡 大 の 拠 点 地 域 となる 場 所 に 対 し 分 野 横 断 的 に 官 民 挙 げて 日 本 ブランドの 発 信 を 強 化 するこ とにより 日 本 ブランド 市 場 を 開 拓 する < 在 外 公 館 の 強 化 > (1) 在 外 公 館 に 日 本 ブランド 支 援 センター ( 仮 称 )を 設 置 現 地 における 情 報 発 信 機 能 等 を 強 化 して 日 本 ブランドの 展 開 を 支 援 するため 日 本 貿 易 振 興 機 構 など 関 係 機 関 との 連 携 を 強 化 しつつ 2010 年 度 に 在 外 公 館 に 日 本 ブラ ンド 支 援 センター ( 仮 称 )を 設 置 することに 向 けた 取 組 を 進 める 外 務 省 (2) 在 外 公 館 等 を 活 用 した 日 本 ブランドの 発 信 強 化 在 外 公 館 等 において 現 地 の 要 人 やオピニオンリーダー 等 を 対 象 に 日 本 からの 高 品 質 な 食 材 を 用 いた 日 本 食 等 を 提 供 する WASHOKU-Try Japan s Good Food 事 業 を 実 施 す る 2009 年 度 においては 6 月 にEU 代 表 部 等 20 箇 所 程 度 で 実 施 する 外 務 省 農 林 水 産 省 在 外 公 館 施 設 等 を 活 用 し 伝 統 工 芸 品 等 の 地 域 産 品 コンテンツ ファッション 等 の 世 界 的 に 注 目 を 集 めている 日 本 ブランドの 紹 介 普 及 等 に 積 極 的 に 取 り 組 む 外 務 省 経 済 産 業 省 (3) アニメ 文 化 大 使 事 業 の 実 施 諸 外 国 における 日 本 アニメに 対 する 関 心 を 日 本 への 関 心 につなげることを 目 指 し 在 外 公 館 等 において 日 本 のアニメ 作 品 を 海 外 で 上 映 する アニメ 文 化 大 使 事 業 を 実 施 する 外 務 省 <アジア 地 域 における 取 組 > (4) 重 点 国 都 市 ( 上 海 香 港 韓 国 タイ ベトナムなど)での 戦 略 的 な 発 信 強 化 1 コンテンツ 等 の 海 外 展 開 中 国 香 港 韓 国 マレーシア シンガポール タイ 日 本 が 連 携 し アジアのコ ンテンツのための 市 場 作 りを 進 めるため 官 民 のハイレベルな 関 係 者 が 参 加 する ア 18

19 ジア コンテンツ ビジネスサミット を JAPAN 国 際 コンテンツフェスティバ ル の 開 催 に 合 わせて2009 年 10 月 に 開 催 する 2009 年 度 から 中 国 の3G 携 帯 端 末 向 けに 着 信 音 ビジネス ゲーム 映 像 配 信 GPSサービス 等 の 我 が 国 の 先 進 サービスに 関 するモデル 事 業 を 実 施 する 総 務 省 上 海 などのアジア 主 要 都 市 を 中 心 に 日 本 のファッション 関 連 商 品 のショールーム 展 示 やテストマーケティング 等 を 行 い 日 本 のファッションの 海 外 展 開 を 促 進 する 2 観 光 プロモーション 上 海 韓 国 については 20 代 ~30 代 の 女 性 を 主 要 なターゲットとし 都 市 のシ ョッピングやグルメに 加 えて 北 海 道 や 九 州 等 のプロモーションを 実 施 する また 2009 年 10 月 に 第 4 回 日 中 韓 観 光 大 臣 会 合 を 名 古 屋 市 及 び 高 山 市 において 開 催 し 三 国 間 の 観 光 交 流 と 協 力 を 強 化 する 香 港 については 2009 年 を 日 本 香 港 観 光 交 流 年 として 共 同 ロゴの 制 作 やスポ ーツイベント 等 との 連 携 によるプロモーションを 強 化 する タイについては バンコク 在 住 の 富 裕 層 中 間 層 を 主 要 ターゲットとし 旅 行 商 品 即 売 会 への 出 展 回 数 を 増 やすなど プロモーションを 強 化 する ベトナムについては 消 費 者 アンケート 等 の 基 礎 調 査 を 実 施 し 市 場 分 析 を 行 う 上 海 国 際 博 覧 会 (2010 年 5 月 から10 月 )において 日 本 のPR 映 像 の 放 映 大 型 パネルや 造 作 物 の 展 示 による 日 本 の 新 旧 町 並 みの 疑 似 体 験 の 提 供 等 の 観 光 プ ロモーションを 実 施 する 以 上 国 土 交 通 省 国 際 観 光 振 興 機 構 3 日 本 食 日 本 食 材 の 輸 出 拡 大 上 海 香 港 韓 国 等 の 東 アジア 向 け 米 野 菜 果 実 木 材 タイ ベトナム 等 の 東 南 アジア 向 け 食 肉 水 産 物 の 輸 出 を 強 化 するため 輸 出 環 境 の 整 備 や 広 報 等 への 集 中 的 な 支 援 を 行 う 農 林 水 産 省 上 海 韓 国 香 港 の 食 品 国 際 見 本 市 への 日 本 ブース 出 展 等 により 展 示 商 談 の 機 会 を 設 ける また ベトナムにおいては 新 たな 需 要 の 開 拓 に 向 け プロモーション 等 の 取 組 を 実 施 する 農 林 水 産 省 日 本 貿 易 振 興 機 構 4 日 本 文 化 紹 介 韓 国 香 港 タイ ベトナムにおいて 日 本 映 画 祭 上 映 会 を 実 施 又 は 支 援 するとと もに 特 に 韓 国 タイにおいては 在 外 フィルムライブラリーを 活 用 した 日 本 映 画 上 映 会 を 実 施 する また 観 光 プロモーション 等 との 連 携 を 図 る 19

20 上 海 重 慶 瀋 陽 等 の 中 国 の 各 都 市 において マンガ アニメの 講 演 及 びデモンス トレーションを 実 施 する 日 本 メコン 交 流 年 の 一 環 として タイ 及 びベトナムにおいて 現 代 日 本 デザイン 100 選 展 タイにおいて 現 代 日 本 美 術 展 を 開 催 する ベトナムにおいては 日 本 語 教 育 に 対 する 関 心 ニーズが 高 いことを 踏 まえ 年 に 設 置 した 日 本 文 化 交 流 センターが 中 心 となって 日 本 語 学 習 者 のより 深 い 日 本 理 解 に 資 する 日 本 現 代 文 学 や 舞 台 芸 術 等 の 日 本 文 化 紹 介 事 業 を 積 極 的 に 実 施 する 以 上 国 際 交 流 基 金 日 中 の 文 化 交 流 を 推 進 するため 上 海 国 際 博 覧 会 の 開 催 と 合 わせて 上 海 博 物 館 において 日 本 古 美 術 展 鑑 真 と 空 海 ~ 日 中 文 化 交 流 の 顕 彰 ~ ( 仮 称 )を 開 催 する 文 部 科 学 省 5 アジア 諸 国 に 対 するコンテンツの 規 制 緩 和 等 の 働 き 掛 けを 強 化 日 中 経 済 パートナーシップ 等 の 協 議 の 場 においてコンテンツの 規 制 緩 和 等 を 要 請 す る 中 国 を 始 めとする 侵 害 発 生 国 に 対 し 政 府 間 協 議 や 官 民 合 同 ミッションの 派 遣 等 通 じて 模 倣 品 海 賊 版 取 締 り 徹 底 等 を 具 体 的 に 要 請 する 以 上 関 係 省 庁 等 6 国 際 的 なイベントを 活 用 した 発 信 強 化 上 海 国 際 博 覧 会 (2010 年 5 月 から10 月 )や APEC2010 ( 年 間 を 通 じて 様 々な 国 際 会 議 を 国 内 各 地 で 実 施 首 脳 会 議 は2010 年 秋 頃 に 横 浜 で 開 催 予 定 )などの 国 内 外 で 実 施 される 国 際 的 イベントを 日 本 ブランド 発 信 の 好 機 と 捉 え 日 本 ブランド 発 信 イベントの 開 催 時 期 や 開 催 場 所 をこれらの 国 際 的 イベントに 近 づけ るなど 効 果 的 な 日 本 ブランドの 発 信 等 に 取 り 組 む このほか 2010 年 度 以 降 についても これらの 重 点 国 都 市 における 集 中 的 な イベントの 開 催 等 効 果 的 な 発 信 を 行 う 以 上 関 係 省 庁 等 < 流 行 発 信 地 における 取 組 > (5) 海 外 の 流 行 発 信 地 における 発 信 強 化 1 パリにおける 発 信 強 化 JAPAN EXPO 2009 (2009 年 7 月 2 日 から5 日 )において 効 果 的 な 日 本 ブランドの 発 信 を 行 うため 連 携 して 以 下 の 取 組 を 実 施 する 期 間 中 国 際 交 流 基 金 パリ 日 本 文 化 会 館 において ジャパンポップカルチャー フェスティバル を 開 催 し ラフォーレ 原 宿 による 最 新 ファッションショー ポッ プカルチャー 発 信 使 ( 通 称 カワイイ 大 使 )によるトークショー アニメ 作 品 上 映 ( 宮 本 武 蔵 - 双 剣 に 馳 せる 夢 交 響 詩 篇 エウレカセブン バスカッシュ 鋼 の 錬 金 術 師 他 )とクリエーター 等 による 講 演 アニメーションと 武 道 の 精 神 展 示 マ 20

21 ンガと 日 本 語 コンテストの 優 秀 作 品 展 示 を 行 う また JAPAN EXPO においても カワイイ 大 使 2 名 とアニメ 監 督 及 びプロデューサー 数 名 を 派 遣 し ファッションショーやトークショーを 行 う 外 務 省 国 際 交 流 基 金 JAPAN 国 際 コンテンツフェスティバル のブースを 出 展 し 日 本 の 最 新 コ ンテンツや 東 京 における 関 連 イベントの 紹 介 及 び 記 者 会 見 を 行 い 日 本 のコンテン ツについて 発 信 する ビジット ジャパン キャンペーンの 一 環 としてブースを 出 展 し 国 内 の 低 廉 宿 泊 施 設 やアニメ 関 連 イベント 等 青 少 年 が 必 要 とする 訪 日 情 報 の 提 供 現 地 旅 行 会 社 と 連 携 したアトラクションの 実 施 等 を 通 じ また 日 本 文 化 に 高 い 関 心 を 持 つ 青 年 層 に 人 気 のある 現 地 テレビチャンネルでの 広 告 宣 伝 による 相 乗 効 果 も 図 りながら 日 本 の 観 光 魅 力 についてプロモーションを 行 う 国 土 交 通 省 国 際 観 光 振 興 機 構 JAPAN 国 際 コンテンツフェスティバル 及 びビジット ジャパン キャン ペーンの 各 ブースを 隣 接 させ 相 互 に 連 携 させることにより 更 なる 誘 客 を 図 る ま た JAPAN 国 際 コンテンツフェスティバル レセプションを 国 際 交 流 基 金 パリ 日 本 文 化 会 館 において 開 催 し 日 仏 のコンテンツ 業 界 関 係 者 の 交 流 機 会 の 提 供 等 を 行 う JAPAN EXPO 2009 の 機 会 を 捉 えたこれら 連 携 による 取 組 につい て 関 係 省 庁 等 連 携 による 共 同 記 者 発 表 を 行 うことにより 各 省 庁 のチャンネルを 通 じた 多 方 面 への 周 知 を 図 る 以 上 外 務 省 経 済 産 業 省 国 土 交 通 省 国 際 交 流 基 金 国 際 観 光 振 興 機 構 2 ローマにおける 発 信 強 化 ローマのティベリーナ 島 において 開 催 される 映 画 関 連 イベント(2009 年 6 月 か ら8 月 )において 効 果 的 な 日 本 ブランドの 発 信 を 行 うため 連 携 して 以 下 の 取 組 を 実 施 する カワイイ 大 使 2 名 とアニメ 監 督 及 びプロデューサー 数 名 を 派 遣 し トークショー 等 のイベントを 実 施 するとともに 日 本 のアニメ 作 品 の 上 映 会 を 行 う 他 照 明 デザ インイベント フジテレビ 開 局 50 周 年 記 念 映 画 アマルフィ 女 神 の 報 酬 のワー ルドプレミア 上 映 及 び 舞 台 挨 拶 などに 協 力 する 外 務 省 国 際 交 流 基 金 2009 年 7 月 7 日 及 び13 日 の2 日 間 JROを 通 じて 日 本 食 を 提 供 するブー スを 出 展 し 日 本 食 のプロモーションを 行 う 農 林 水 産 省 3 ニューヨークにおける 発 信 強 化 21

22 ニューヨークにおいて 効 果 的 な 日 本 ブランドの 発 信 を 行 うため 北 米 最 大 規 模 の ニ ューヨーク 国 際 現 代 家 具 見 本 市 の 開 催 に 合 わせたイベント 実 施 やアンテナショップ の 設 置 等 の 取 組 を 実 施 する ニューヨーク 国 際 現 代 家 具 見 本 市 (2009 年 5 月 )に 日 本 ブースを 出 展 す るとともに その 開 催 に 合 わせて 日 本 のものづくりを 紹 介 する 感 性 価 値 創 造 フェ ア kansei Japan Design Exhibition の 開 催 J APANブランド 製 品 のアンテナショップ JAPAN BRAND POP-UP SHOP の 設 置 を 行 う 東 京 発 日 本 ファッション ウィーク(JFW) のPRイベント 等 のプロモー ションを 充 実 する 以 上 経 済 産 業 省 日 本 貿 易 振 興 機 構 わが 国 の 優 れた 文 化 財 を 諸 外 国 に 紹 介 するため ニューヨークメトロポリタン 美 術 館 において 海 外 古 美 術 展 侍 の 芸 術 展 を 開 催 する(2009 年 10 月 ~20 10 年 1 月 ) また その 開 催 期 間 中 に 日 本 の 文 化 財 の 専 門 家 等 が 参 加 して 行 われる シンポジウムを 支 援 する 文 部 科 学 省 国 際 交 流 基 金 年 度 以 降 の 取 組 引 き 続 き パリやニューヨーク 等 で 開 催 される 大 型 日 本 文 化 イベントに 合 わせて 関 係 省 庁 等 が 連 携 したイベントを 実 施 するほか 各 地 における 情 報 の 一 層 の 共 有 化 を 図 りつつ これらの 流 行 発 信 地 における 新 規 事 業 の 実 施 や 開 催 時 期 の 集 中 化 等 によるイ ベントの 充 実 広 報 の 連 携 等 により 効 果 的 な 日 本 ブランドの 発 信 等 に 取 り 組 む 関 係 省 庁 等 <TV 等 のメディアを 活 用 した 発 信 強 化 > (6) 海 外 のメディアを 効 果 的 に 活 用 した 観 光 情 報 の 発 信 海 外 の 有 力 なメディアに 対 し ウェブサイトや 国 際 観 光 振 興 機 構 の 海 外 事 務 所 が 発 行 するニュースレターによる 情 報 提 供 を 通 じて 訪 日 取 材 を 働 き 掛 けるとともに 訪 日 取 材 における 取 材 対 象 の 選 定 やアレンジ 取 材 経 費 の 一 部 負 担 等 の 支 援 を 実 施 する 国 際 観 光 振 興 機 構 ビジット ジャパン キャンペーンにおいて 各 市 場 における 広 告 とウェブサイトと 連 動 したプロモーションや 中 国 の 大 手 検 索 サイトと 連 携 したウェブサイトへの 誘 引 タ イの 日 本 紹 介 テレビ 番 組 と 連 携 したプロモーション 等 を 実 施 する 以 上 国 土 交 通 省 国 際 観 光 振 興 機 構 (7) 外 国 人 向 け 国 際 放 送 の 拡 大 22

23 2009 年 2 月 に 開 始 された 外 国 人 向 け 映 像 国 際 放 送 を 更 に 充 実 させるため 放 送 法 の 規 定 に 基 づき 所 要 の 国 費 を 投 入 するとともに 実 施 状 況 等 を 参 考 にしつつ その 積 極 的 な 活 用 や 受 信 環 境 の 整 備 等 対 外 情 報 発 信 力 の 強 化 に 向 けた 取 組 を 進 める 総 務 省 (8) 海 外 の 放 送 チャンネル 等 を 活 用 したコンテンツの 効 果 的 な 発 信 観 光 誘 致 等 に 資 する 日 本 紹 介 のためのテレビ 番 組 を 作 成 し 海 外 の 放 送 局 で 放 映 する 外 務 省 地 方 の 放 送 局 や 番 組 製 作 会 社 による 海 外 の 放 送 チャンネル 等 を 活 用 した 各 地 の 物 産 観 光 資 源 等 を 紹 介 するコンテンツの 発 信 を 支 援 する アフリカ 諸 国 の 放 送 事 業 者 への 番 組 提 供 を 促 進 するため 我 が 国 で 制 作 された 放 送 番 組 のうち アフリカ 諸 国 の 支 援 に 資 する 番 組 を 外 国 語 版 ( 英 語 フランス 語 アラビア 語 等 )に 改 編 する 経 費 を 負 担 し 国 際 番 組 ライブラリーの 作 成 を 支 援 する 以 上 総 務 省 23

24 戦 略 4: 訪 日 促 進 等 を 通 じた 認 知 度 の 向 上 日 本 ブランドの 良 さを 知 ってもらうためには 海 外 の 人 々にまずは 日 本 に 来 てもらい 本 場 の 日 本 製 品 やコンテンツを 目 で 見 て 体 感 してもらうことが 効 果 的 である そのため 旅 行 者 や 留 学 生 の 受 入 れ 拡 大 を 更 に 推 進 するとともに 日 本 の 質 の 高 い 商 品 サービスを 求 める 外 国 人 層 に 対 する 情 報 発 信 等 を 強 化 する また 海 外 での 若 年 層 の 日 本 に 対 する 興 味 関 心 を 高 めるため 海 外 における 日 本 語 教 育 を 進 める <ビジット ジャパン キャンペーンの 推 進 > (1) 海 外 プロモーションの 強 化 非 日 常 的 な 旅 の 想 い 出 期 待 以 上 の 満 足 感 を 得 ることができる 憧 れの 地 プレミアム デスティネーション としての 日 本 の 魅 力 を 発 信 する 衣 食 住 文 化 等 の 各 面 において 大 衆 文 化 から 芸 術 まで 幅 広 く 豊 かに 存 在 する 我 が 国 の 観 光 魅 力 について 多 様 性 を 機 軸 に 他 国 との 差 別 化 を 図 り 質 の 高 い 観 光 を 求 める 外 国 人 層 の 市 場 において 日 本 の 存 在 感 を 確 立 する 海 外 プロモーション 対 象 市 場 の 拡 大 ( 中 国 韓 国 等 の12の 重 点 市 場 に 加 え インド ロシア マレーシア 等 新 興 市 場 への 対 象 拡 大 ) 関 係 機 関 との 連 携 強 化 を 含 めた 海 外 ネ ットワークの 充 実 広 域 でのプロモーション 等 による 地 方 への 誘 致 民 間 企 業 との 連 携 の 多 様 化 を 図 る 以 上 国 土 交 通 省 国 際 観 光 振 興 機 構 (2) Visit Japan Year の 実 施 2010 年 を Visit Japan Year と 位 置 付 け 重 点 12 市 場 におけ る 需 要 喚 起 のための 海 外 プロモーションを 重 点 的 に 実 施 する さらに 集 中 キャンペー ン 期 間 ( 中 華 圏 の 旧 正 月 を 中 心 とする1 月 から3 月 羽 田 空 港 再 拡 張 に 合 わせた9 月 か ら11 月 )に 外 国 人 旅 行 者 にとって 魅 力 あるコンテンツを 用 意 し 誘 客 を 図 る 国 土 交 通 省 国 際 観 光 振 興 機 構 (3) 国 際 会 議 等 の 誘 致 開 催 国 際 会 議 等 (MICE)の 誘 致 開 催 を 積 極 的 に 推 進 するため MICEの 開 催 地 としての 認 知 度 向 上 に 向 けた 海 外 見 本 市 への 出 展 等 のプロモーションやMICEの 誘 致 開 催 活 動 に 関 する 主 催 団 体 等 への 支 援 等 を 実 施 する 国 土 交 通 省 < 外 国 人 旅 行 者 に 対 する 情 報 発 信 > (4) 外 国 人 富 裕 層 への 地 域 資 源 に 関 する 発 信 を 強 化 外 国 人 のニーズに 対 応 した 地 域 の 伝 統 工 芸 品 等 本 物 の 和 のコンテンツ( 地 域 資 源 )の 発 掘 とともに それらを 高 品 質 な 集 客 プログラムとして 活 用 することに 向 け フ 24

25 ォーラムの 開 催 や 情 報 発 信 等 の 環 境 整 備 を 行 う フランス カンヌで 開 催 される 高 級 豪 華 旅 行 をテーマとした 旅 行 博 インターナシ ョナル ラグジュアリー トラベル マーケット に 日 本 ブースを 出 展 し 世 界 中 の 富 裕 層 向 け 旅 行 業 関 係 者 等 に 対 し 本 物 の 和 のコンテンツの 魅 力 を 発 信 する 国 土 交 通 省 (5) 訪 日 外 国 人 が 利 用 しやすい 高 品 質 なサービス 業 の 環 境 整 備 外 国 人 のニーズを 踏 まえた 我 が 国 の サービス ツーリズム のビジネスモデルの 確 立 を 図 るため 具 体 的 なサービスを 念 頭 においてその 提 供 の 在 り 方 について 議 論 を 行 い 課 題 論 点 の 整 理 ビジネススキーム 案 の 提 示 を 行 う (6) 免 税 エリア 等 での 日 本 ブランド 商 品 の 販 売 日 本 の 魅 力 を 海 外 に 伝 える 日 本 のおみやげを 育 成 発 掘 するため 外 国 人 の 観 点 から 特 に 魅 力 的 なおみやげを 選 定 する 魅 力 あるおみやげコンテスト を2009 年 度 に 開 催 し 受 賞 商 品 については 成 田 羽 田 中 部 関 西 の 各 空 港 内 において 展 示 販 売 を 行 う 国 土 交 通 省 < 教 育 分 野 における 取 組 > (7) 留 学 生 の 受 入 れ 拡 大 留 学 生 30 万 人 計 画 を 推 進 し コンテンツ 分 野 等 の 留 学 生 についても 受 入 れを 拡 大 す る 文 部 科 学 省 海 外 における 日 本 文 化 紹 介 事 業 等 の 機 会 を 活 用 して 日 本 留 学 についての 広 報 を 行 うと ともに 日 本 語 教 育 機 関 に 対 する 留 学 関 連 情 報 の 提 供 を 推 進 する 外 務 省 文 部 科 学 省 (8) 日 本 語 教 育 の 推 進 アニメ マンガ 等 をきっかけとして 日 本 文 化 に 対 して 興 味 を 持 った 層 の 日 本 語 学 習 へ の 関 心 を 高 めるためにも 海 外 のテレビ 局 に 対 し 初 級 学 習 者 向 け 映 像 教 材 エリンが 挑 戦!にほんごできます の 放 送 を 呼 び 掛 ける 2010 年 度 においては 日 本 のマンガを 日 本 語 学 習 の 動 機 付 けとして 活 用 するため ウェブサイト アニメ マンガの 日 本 語 ( 仮 称 )の 開 発 を 進 める 以 上 外 務 省 国 際 交 流 基 金 (9) 訪 日 教 育 旅 行 の 誘 致 促 進 ビジット ジャパン キャンペーンの 一 環 として 現 地 説 明 会 や 商 談 会 等 の 実 施 を 通 じ 将 来 の 日 本 ファン となり 得 る 若 い 世 代 の 訪 日 教 育 旅 行 を 誘 致 するとともに 官 25

26 民 からなる 地 域 訪 日 教 育 旅 行 促 進 協 議 会 等 を 通 じ 青 少 年 の 交 流 促 進 を 図 る 国 土 交 通 省 国 際 観 光 振 興 機 構 (10) 日 中 の 高 校 生 交 流 の 推 進 日 中 の 高 校 生 の 交 流 を 促 進 するため 中 国 の 高 校 生 が 約 1 年 間 ホームステイをし ながら 日 本 の 高 校 に 留 学 する 中 国 高 校 生 長 期 招 へい 事 業 を 実 施 するとともに ウェブ サイト 心 連 心 日 中 交 流 コミュニティサイト において 日 中 の 最 新 トレンド 情 報 の 発 信 やブログによる 交 流 を 進 める 外 務 省 国 際 交 流 基 金 戦 略 5: 推 進 体 制 の 構 築 日 本 ブランド 戦 略 推 進 の 実 効 性 を 確 保 するため 内 閣 官 房 において 総 合 調 整 機 能 を 発 揮 しつつ 省 庁 連 携 官 民 連 携 による 日 本 ブランドの 戦 略 的 継 続 的 な 創 造 発 信 を 推 進 する 体 制 を 整 備 する (1) 関 係 省 庁 等 の 連 携 によるブランド 戦 略 の 推 進 日 本 ブランド 戦 略 を 着 実 に 推 進 するため 関 係 者 間 の 会 議 の 開 催 等 を 通 じて 分 野 横 断 的 に 連 携 した 施 策 の 実 施 イベント 等 に 関 する 情 報 の 一 層 の 共 有 化 具 体 的 な 成 功 事 例 の 蓄 積 などを 図 り 関 係 省 庁 等 及 び 民 間 が 連 携 して 取 り 組 む 特 に アジアにおける 戦 略 的 な 発 信 強 化 ニューヨークやパリ 等 の 海 外 の 流 行 発 信 地 における 発 信 強 化 を 進 め るにあたっては 国 内 に 所 在 する 関 係 機 関 間 のみならず 現 地 の 在 外 公 館 や 独 立 行 政 法 人 の 海 外 事 務 所 において 一 層 の 情 報 共 有 化 を 図 るなど 連 携 を 強 化 する 内 閣 官 房 関 係 省 庁 等 (2) クリエーター 懇 談 会 施 策 の 実 効 性 を 高 めるため クリエーター 等 第 一 線 で 活 躍 する 人 材 からの 意 見 聴 取 を 行 い 施 策 の 企 画 立 案 に 反 映 させる 内 閣 官 房 26

27 国 内 および 重 点 国 都 市 における 主 な 関 連 イベント 国 内 韓 国 上 海 香 港 ( 中 国 ) タイ ベトナム その 他 2009 年 周 年 事 業 等 日 本 香 港 観 光 交 流 年 日 メコン 交 流 年 日 メコン 交 流 年 日 本 文 化 交 流 センターにおける 活 動 強 化 (2008 年 3 月 開 設 ) 4 月 5 月 津 軽 三 味 線 公 演 (ソウル)(JF) 食 品 見 本 市 HOFEX 2009 (JETRO) 6 月 KOTFA 旅 行 博 (ソウル)( 国 JNTO) ITE 旅 行 博 ( 国 JNTO) 7 月 津 軽 三 味 線 公 演 ( 春 川 済 州 ) (JF) BITE 旅 行 博 ( 北 京 )( 国 JNTO) アニメ 文 化 大 使 ( 広 州 )( 外 ) アニメ 文 化 大 使 (シアトル レイキャビック)( 外 ) 手 仕 事 のかたち 展 (デンバー~5 月 )(JF) WA: 現 代 日 本 のデザインと 調 和 の 精 神 展 (ハンガリー 国 立 工 芸 博 物 館 ~5 月 ) (JF) 国 際 家 具 見 本 市 ミラノ サローネ - 日 本 展 (ミラノ)( 経 ) ニューヨーク 国 際 家 具 見 本 市 - 日 本 ブース 出 展 感 性 kansei-japan-design Exhibition 展 ( 経 JETRO) - 期 間 中 にJAPANブランドアンテナショップを 設 置 ( 経 ) 全 米 レストランショー NRA での 日 本 食 PR(シカゴ)( 農 ) JAPANブランドアンテナショップ 設 置 (ロンドン フランクフルト)( 経 ) 文 楽 ロシア 公 演 (モスクワ~7 月 )(JF) アニメ 文 化 大 使 (イラン タンザニア)( 外 ) 手 仕 事 のかたち 展 ( 南 米 各 国 ~3 月 )(JF) JAPAN EXPO(パリ) -カワイイ 大 使 イベント ファッションショー JAPAN 国 際 コンテンツフェスティバ ル 及 びビジット ジャパン キャンペーンのブース 出 展 ( 外 経 国 JF JNTO) -パリ 日 本 文 化 会 館 で ジャパンポップカルチャーフェスティバル 開 催 ( 外 JF) ティベリーナ 島 映 画 祭 (ローマ) -アニメ 映 画 上 映 会 講 演 カワイイ 大 使 イベント 日 本 食 PR( 外 農 JF) アニメ 文 化 大 使 (ブラジル)( 外 ) 日 本 食 材 アンテナショップ 設 置 (モスクワ~3 月 アブダビ~2 月 ( 予 定 ))( 農 ) 8 月 中 国 国 際 木 造 エコ 住 宅 博 覧 会 ( 農 ) WA: 現 代 日 本 のデザインと 調 和 の 精 神 展 (エッセン~9 月 )(JF) アニメ 文 化 大 使 (キューバ)( 外 ) 9 月 感 性 価 値 創 造 フェア( 神 戸 ) JAPANコンテンツフェスティバル( 総 外 文 経 国 ) BITF 旅 行 博 ( 釜 山 )( 国 JNTO) 日 本 映 画 祭 (ソウル)(JF) 鑑 真 と 空 海 ( 仮 称 ) 展 ( 上 海 博 物 館 ) ( 文 ) 中 国 国 際 農 産 品 交 易 会 ( 長 春 ) (JETRO) 中 国 花 き 博 覧 会 ( 北 京 )( 農 ) ポップ 映 画 上 映 会 (ケルン~12 月 )( 外 ) カナダ 巡 回 日 本 映 画 祭 ( 各 都 市 ~12 月 )(JF) アニメ 文 化 大 使 (ペルー)( 外 ) 土 偶 展 ( 仮 称 )( 大 英 博 物 館 ~11 月 )( 文 ) 10 月 国 際 ドラマフェスティバルinTokyo( 総 ) 第 9 回 東 京 発 日 本 ファッション ウィーク( 経 ) JRO 日 本 食 レストラン 国 際 シンポジウム( 農 ) 旅 行 博 Discovery World (バンコク) ( 国 JNTO) アニメ 文 化 大 使 (イスラマバード ダッカ ルクセンブルク ローマ)( 外 ) 現 代 アニメ 映 画 祭 (ボリビア~11 月 )(JF) 侍 の 芸 術 展 (メトロポリタン 美 術 館 ~1 月 )( 文 ) 11 月 国 際 文 化 フォーラム( 文 ) Food Week 2009(ソウル)( 農 ) 食 品 見 本 市 FHC China 2009 ( 農 ) インテリアライフスタイル チャイナ( 経 ) -クリエーター 派 遣 日 本 展 開 催 CITM 旅 行 博 ( 昆 明 )( 国 JNTO) 現 代 日 本 アート 展 TWIST and SHOUT (バンコク 芸 術 文 化 センター)(JF) テクノロジー&デザイン:ジャパンデザインの 軌 跡 展 (シンガポール)(JF) アニメ 文 化 大 使 (ヤンゴン)( 外 ) アニメソング 公 演 ( 中 米 諸 国 )(JF) 12 月 現 代 日 本 デザイン100 選 展 (バンコク チェンマイ)(JF) 現 代 日 本 デザイン100 選 展 (ハノイ ハ イフォン ホーチミン)(JF) アニメ 文 化 大 使 (ファイサラバード)( 外 ) インターナショナル ラグジュアリー トラベル マーケット(パリ)( 国 JNTO) 1 月 Visit Japan Year 冬 キャンペーン( 国 JNTO) 国 際 室 内 装 飾 見 本 市 メゾン エ オブジェ ( 経 ) - 日 本 展 開 催 (パリ) 2 月 メディア 芸 術 祭 ( 文 ) ジャパン ラグジュアリー トラベル フォーラム ( 予 定 )( 経 ) Kyunghyang Housing Fair 2010(ソウル) ( 農 ) TTAA 旅 行 博 (バンコク)( 国 JNTO) アニメ 文 化 大 使 (ストックホルム)( 外 ) ジェトロ ミラノ ファブリクス 展 (ミラノ)(JETRO) 国 際 消 費 財 見 本 市 アンビエンテ (フランクフルト)( 経 ) -クリエーター 派 遣 日 本 展 開 催 3 月 第 10 回 東 京 発 日 本 ファッション ウィーク( 経 ) 香 港 フィルムマート(JETRO) アニメ 文 化 大 使 (パリ)( 外 ) 4 月 2010 年 JAPAN 国 際 コンテンツフェスティバル 文 化 庁 メディア 芸 術 祭 Visit Japan Year 秋 キャンペーン APEC2010 上 海 国 際 博 覧 会 (5/1-10/31) JAPAN 国 際 コンテンツフェスティバル 伝 統 工 芸 品 観 光 等 に 関 するプロモーション 実 施 ( 総 ) 総 務 省 ( 外 ) 外 務 省 ( 文 ) 文 部 科 学 省 ( 農 ) 農 林 水 産 省 ( 経 ) 経 済 産 業 省 ( 国 ) 国 土 交 通 省 (JF) 独 立 行 政 法 人 国 際 交 流 基 金 (JETRO) 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (JNTO) 独 立 行 政 法 人 国 際 観 光 振 興 機 構

<4D F736F F F696E74202D E9197BF A8DA18CE382CC93FA967B ED97AA82C982C282A282C42E707074>

<4D F736F F F696E74202D E9197BF A8DA18CE382CC93FA967B ED97AA82C982C282A282C42E707074> 資 料 5 今 後 の 日 本 ブランド 戦 略 について 第 2 回 コンテンツ 日 本 ブランド 専 門 調 査 会 平 成 20 年 3 月 6 日 1 1. 主 な 日 本 ブランド 振 興 策 の 例 日 本 ブランド 戦 略 の 推 進 魅 力 ある 日 本 を 世 界 に 発 信 - (コンテンツ 専 門 調 査 会 日 本 ブランド ワーキンググループ 2005 年 2 月 25 日

More information

6 27 年 度 外 務 省 在 外 公 館 課 在 外 公 館 用 の 日 本 産 酒 類 関 連 経 費 在 外 公 館 での 任 国 要 人 との 会 食 やレセションにおいて 日 本 産 酒 類 をPRするための 酒 類 購 入 輸 送 費 7 27 年 度 外 務 省 地 方 連 携 推

6 27 年 度 外 務 省 在 外 公 館 課 在 外 公 館 用 の 日 本 産 酒 類 関 連 経 費 在 外 公 館 での 任 国 要 人 との 会 食 やレセションにおいて 日 本 産 酒 類 をPRするための 酒 類 購 入 輸 送 費 7 27 年 度 外 務 省 地 方 連 携 推 平 成 27 年 度 の 日 本 産 酒 類 の 輸 出 促 進 関 係 事 業 取 組 等 一 覧 実 施 年 度 省 庁 担 当 課 名 事 業 名 等 事 業 概 要 内 閣 官 房 ( 日 本 産 酒 類 の 輸 出 促 進 連 絡 会 議 担 当 ) 調 べ ( 平 成 27 年 9 月 17 日 現 在 ) 1 27 年 度 沖 縄 県 ( 商 工 労 働 部 国 際 物 流 商 業 課

More information

様式1 全体(観光交流局)

様式1 全体(観光交流局) ( 様 式 1: 総 括 表 ) 平 成 22 年 度 商 工 観 光 部 観 光 交 流 局 運 営 プログラム 平 成 22 年 度 における 商 工 観 光 部 観 光 交 流 局 の 運 営 については 以 下 のとおりとする 1 重 点 施 策 及 び 目 標 の 一 覧 施 策 番 号 重 点 施 策 の 名 称 重 点 施 策 の 目 標 1 魅 力 溢 れる 観 光 交 流 山 形

More information

1.24 年 度 補 正 及 び25 年 度 本 予 算 における 主 な 国 の 海 外 展 開 支 援 施 策 1

1.24 年 度 補 正 及 び25 年 度 本 予 算 における 主 な 国 の 海 外 展 開 支 援 施 策 1 国 の 海 外 展 開 販 路 拡 大 支 援 施 策 について 東 北 経 済 産 業 局 産 業 部 国 際 課 1.24 年 度 補 正 及 び25 年 度 本 予 算 における 主 な 国 の 海 外 展 開 支 援 施 策 1 中 小 企 業 海 外 展 開 一 環 支 援 事 業 (F/S( ) 支 援 事 業 ) F/S(フィージビリティ スタディ) : 新 規 事 業 への 参 入

More information

(部局運営プログラム(仮称)の様式例)

(部局運営プログラム(仮称)の様式例) < 総 括 表 > 平 成 27 年 度 商 工 労 働 観 光 部 観 光 経 済 交 流 局 運 営 プログラム 基 本 的 考 え 方 今 年 度 は おもてなし 山 形 県 観 光 計 画 のスタート 初 年 度 であり 観 光 立 県 山 形 の 実 現 に 向 けて 計 画 に 掲 げる 施 策 を 総 合 的 かつ 一 体 的 に 展 開 し 観 光 に よる 交 流 人 口 の 着

More information

平成13年度事業計画及び収支予算

平成13年度事業計画及び収支予算 平 成 27 年 度 (2015 年 度 ) 事 業 計 画 書 自 平 成 27 年 4 月 1 日 至 平 成 28 年 3 月 31 日 公 益 財 団 法 人 ユニジャパン 1 事 業 計 画 書 案 自 至 平 成 27 年 4 月 31 日 平 成 28 年 3 月 31 日 事 業 の 目 的 本 法 人 は わが 国 の 映 像 文 化 並 びに 映 像 産 業 の 振 興 を 通

More information

第3期知的財産戦略の基本方針(案)

第3期知的財産戦略の基本方針(案) 資 料 4 知 的 財 産 推 進 計 画 2009 ( 案 ) 2009 年 6 月 24 日 知 的 財 産 戦 略 本 部 知 的 財 産 推 進 計 画 2009 目 次 重 点 Ⅰ. 基 本 的 考 え 方... 1 Ⅱ. 重 点 的 に 講 ずべき... 2 1.イノベーション 促 進 のための 知 財 戦 略 を 強 化 する... 2 (1) 技 術 革 新 や 市 場 変 化 に

More information

4-2 主 な 産 業 の 動 向 (1) 食 関 連 産 業 分 野 当 市 の 食 料 品 製 造 業 は 優 良 漁 場 が 生 み 出 す 豊 富 なイカや 昆 布 などの 水 産 資 源 を 背 景 に 水 産 加 工 業 が 集 積 しているほか 北 海 道 大 学 大 学 院 水 産

4-2 主 な 産 業 の 動 向 (1) 食 関 連 産 業 分 野 当 市 の 食 料 品 製 造 業 は 優 良 漁 場 が 生 み 出 す 豊 富 なイカや 昆 布 などの 水 産 資 源 を 背 景 に 水 産 加 工 業 が 集 積 しているほか 北 海 道 大 学 大 学 院 水 産 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 函 館 ブランド 確 立 による 雇 用 創 出 拡 大 プロジェクト 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 函 館 市 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 函 館 市 の 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 4-1 地 域 の 現 状 函 館 市 は 津 軽 海 峡 に 面 した 北 海 道 の

More information

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5>

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5> 1 技 能 実 習 制 度 の 見 直 し 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014 抜 粋 第 一 ( 総 論 ) Ⅱ. 改 定 戦 略 における 鍵 となる 施 策 2. 担 い 手 を 生 み 出 す ~ 女 性 の 活 躍 促 進 と 働 き 方 改 革 (3) 外 国 人 材 の 活 用 多 様 な 価 値 観 や 経 験, 技 術 を 持 った 海 外 からの 人 材 がもっと 日 本

More information

第3章 観光産業振興プランの実現に向けて

第3章 観光産業振興プランの実現に向けて 第 3 章 観 光 産 業 振 興 プランの 実 現 に 向 けて 本 プランの 計 画 期 間 である5 年 間 において より 大 きな 成 果 を 生 み 出 していくた めには 行 政 や 観 光 協 会 等 の 観 光 関 連 団 体 民 間 事 業 者 都 民 等 の 総 力 を 結 集 した 複 合 的 な 取 組 が 必 要 である そこで 本 章 では 第 2 章 の 戦 略 を

More information

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外 2016 年 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 自 2016 年 ( 平 成 28 年 )4 月 1 日 至 2017 年 ( 平 成 29 年 )3 月 31 日 公 益 財 団 法 人 国 際 研 修 協 力 機 構 2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の

More information

疑 問 東 京 の 外 国 人 旅 行 客 はどんな 所 へ 行 き その 満 足 度 はどうなのか? 森 記 念 財 団 では 2010 年 に 成 田 空 港 にて 訪 日 外 国 人 1,761 人 に 対 し 東 京 圏 でどのような 観 光 をしたか 満 足 度 調 査 を 行 った 近

疑 問 東 京 の 外 国 人 旅 行 客 はどんな 所 へ 行 き その 満 足 度 はどうなのか? 森 記 念 財 団 では 2010 年 に 成 田 空 港 にて 訪 日 外 国 人 1,761 人 に 対 し 東 京 圏 でどのような 観 光 をしたか 満 足 度 調 査 を 行 った 近 東 京 のブランド 力 ~ 世 界 が 憧 れる5つの 魅 力 ~ 概 要 版 この 研 究 報 告 書 は 外 国 人 から 見 た 東 京 の 魅 力 が 何 であるかを 探 り それを 東 京 の 都 市 ブラ ンドとして 世 界 から 認 知 されるための 課 題 と 戦 略 を 研 究 したものである 東 京 の 魅 力 向 上 によって 国 際 競 争 力 を 高 め 東 京 を 訪 問

More information

資料3 東アジアにおける文化交流のあり方について(文化庁提出資料)

資料3 東アジアにおける文化交流のあり方について(文化庁提出資料) 資 料 3 東 アジアにおける 文 化 交 流 のあり 方 について 平 成 22 年 4 月 8 日 文 化 庁 目 次 1. 国 際 文 化 交 流 の 枠 組 み (1) 国 の 機 関 (2) 地 方 公 共 団 体 (3) 民 間 団 体 (4) 東 アジアにおける 既 存 の 交 流 枠 組 み 2. 国 際 文 化 交 流 の 実 績 (1) 舞 台 芸 術 交 流 実 績 (2) 映

More information

スライド 1

スライド 1 資 料 2 観 光 の 現 状 と 政 府 の 取 組 平 成 28 年 2 月 17 日 観 光 庁 長 官 田 村 明 比 古 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 推 移 万 人 2000 1900 1800 1700 1600 1973.7 万 人 (47.1% 増 ) 12 月 :177.3 万 人 (43.4% 増 ) 11 月 :164.8 万 人 (41.0% 増 ) 10 月 :182.9

More information

デジタル ネット 時 代 に 対 応 した 知 財 制 度 の 構 築 世 界 最 高 水 準 の 情 報 通 信 環 境 をいかし 新 たなネットビジネスの 発 展 や 技 術 開 発 を 促 すとともに クリ エーターの 創 作 インセンティブを 高 める 知 財 制 度 を 構 築 する 情

デジタル ネット 時 代 に 対 応 した 知 財 制 度 の 構 築 世 界 最 高 水 準 の 情 報 通 信 環 境 をいかし 新 たなネットビジネスの 発 展 や 技 術 開 発 を 促 すとともに クリ エーターの 創 作 インセンティブを 高 める 知 財 制 度 を 構 築 する 情 参 考 資 料 デジタル ネット 時 代 における 知 財 制 度 の 在 り 方 について 平 成 20 年 12 月 知 的 財 産 戦 略 本 部 デジタル ネット 時 代 における 知 財 制 度 専 門 調 査 会 デジタル ネット 時 代 に 対 応 した 知 財 制 度 の 構 築 世 界 最 高 水 準 の 情 報 通 信 環 境 をいかし 新 たなネットビジネスの 発 展 や 技

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

ウ. 海 外 誘 客 宣 伝 用 パンフレット 等 作 成 海 外 からの 観 光 客 の 誘 致 促 進 を 図 るため 本 県 の 観 光 地 交 通 アクセス 等 を 紹 介 する パンフレット トラベルマニュアルガイドブックを 作 成 し 海 外 の 旅 行 社 やマスコミ 及 び 不 特

ウ. 海 外 誘 客 宣 伝 用 パンフレット 等 作 成 海 外 からの 観 光 客 の 誘 致 促 進 を 図 るため 本 県 の 観 光 地 交 通 アクセス 等 を 紹 介 する パンフレット トラベルマニュアルガイドブックを 作 成 し 海 外 の 旅 行 社 やマスコミ 及 び 不 特 平 成 26 年 度 公 益 社 団 法 人 鹿 児 島 県 観 光 連 盟 事 業 計 画 書 Ⅰ 公 1 事 業 1 観 光 客 の 誘 致 促 進 に 関 する 事 業 本 事 業 は 会 員 非 会 員 を 問 わず 不 特 定 多 数 の 観 光 客 等 に 対 し 県 内 各 地 の 観 光 スポ ットや 旬 のイベントなどを 広 く 情 報 発 信 するほか 国 内 外 の 旅 行 会

More information

スライド 1

スライド 1 訪 日 旅 行 の 全 体 像 4 ( 単 位 : 千 人 ) 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2, 1, 訪 日 旅 行 者 数 訪 日 旅 行 マーケットの 全 体 像 -199 年 以 降 の 訪 日 旅 行 者 数 の 推 移 - 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO)がまとめた 訪 日 旅 行 者 数 の199 年 からの 推 移 をみると 24 年 から 急 速 に 訪 日

More information

平成27年度 教育行政執行方針

平成27年度 教育行政執行方針 平 成 2 8 年 度 教 育 行 政 執 行 方 針 Ⅰ はじめに 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 名 寄 市 教 育 委 員 会 の 教 育 行 政 の 執 行 に 関 す る 基 本 的 な 方 針 に つ い て 申 し 上 げ ま す 現 在 国 に お い て は 第 2 期 教 育 振 興 基 本 計 画 の も と 教 育 改 革 を 着 実 に

More information

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 産 業 競 争 力 会 議 実 行 実 現 点 検 会 合 ( 女 性 の 活 躍 推 進 ) 資 料 2-2 平 成 27 年 5 月 26 日 厚 生 労 働 省 提 出 資 料 待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 待 機 児 童 解 消 加 速 化 プラン 2 平 成 25 26 年 度 の2か 年 の 保 育 拡 大 量 は 約 19.1 万 人 となり

More information

( 別 添 1) 東 南 アジアにおけるメディア 事 業 等 展 開 の 検 討 に 関 する 基 本 合 意 のお 知 らせ 株 式 会 社 海 外 需 要 開 拓 支 援 機 構 ( 以 下 )は スカパー JSAT 株 式 会 社 ( 以 下 スカパーJSAT )と 共 同 で 東 南 アジア

( 別 添 1) 東 南 アジアにおけるメディア 事 業 等 展 開 の 検 討 に 関 する 基 本 合 意 のお 知 らせ 株 式 会 社 海 外 需 要 開 拓 支 援 機 構 ( 以 下 )は スカパー JSAT 株 式 会 社 ( 以 下 スカパーJSAT )と 共 同 で 東 南 アジア News Release 事 業 支 援 に 関 する 基 本 合 意 等 のお 知 らせ 株 式 会 社 海 外 需 要 開 拓 支 援 機 構 ( )は 日 本 の 魅 力 ある 商 品 サー ビスの 海 外 需 要 開 拓 に 関 連 する 支 援 促 進 を 目 指 し 2013 年 11 月 に 設 立 されました 日 本 の 魅 力 (クールジャパン) を 事 業 化 し 海 外 需 要

More information

目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7 5. 観 光 施 設 の 入 込 み 状 況 8 6.

目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7 5. 観 光 施 設 の 入 込 み 状 況 8 6. 平 成 26 年 観 光 統 計 ( 平 成 26 年 1 月 1 日 ~12 月 31 日 ) 古 い 町 並 高 山 市 商 工 観 光 部 観 光 課 目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7

More information

1 東 日 本 大 震 災 の 影 響 に 対 する 対 策 (1) 道 内 経 済 への 影 響 対 策 東 日 本 大 震 災 の 影 響 により 消 費 者 マインドの 悪 化 や 生 産 活 動 が 低 下 し たほか 原 発 事 故 の 風 評 被 害 による 道 産 品 輸 出 の 低

1 東 日 本 大 震 災 の 影 響 に 対 する 対 策 (1) 道 内 経 済 への 影 響 対 策 東 日 本 大 震 災 の 影 響 により 消 費 者 マインドの 悪 化 や 生 産 活 動 が 低 下 し たほか 原 発 事 故 の 風 評 被 害 による 道 産 品 輸 出 の 低 Ⅱ 自 立 型 経 済 産 業 構 造 に 向 けた 施 策 展 開 本 道 経 済 の 活 性 化 に 向 けた 取 組 に 当 たっては 東 日 本 大 震 災 の 影 響 に 対 する 対 策 と 人 々の 生 活 を 支 える 力 強 い 地 域 経 済 づくり 本 道 経 済 の 成 長 力 強 化 に 向 けた 取 組 の 推 進 を 柱 に 施 策 を 展 開 する < 施 策 の 柱

More information

2 しまねのものづくり 381,450 ものづくり 企 業 の 経 営 管 理 生 産 管 理 技 術 369,420 事 業 費 精 査 商 工 労 働 部 産 業 活 性 化 プロジェ 力 の 強 化 新 規 取 引 先 の 開 拓 新 分 野 への 進 出 一 部 を 前 倒 して 実 施 [

2 しまねのものづくり 381,450 ものづくり 企 業 の 経 営 管 理 生 産 管 理 技 術 369,420 事 業 費 精 査 商 工 労 働 部 産 業 活 性 化 プロジェ 力 の 強 化 新 規 取 引 先 の 開 拓 新 分 野 への 進 出 一 部 を 前 倒 して 実 施 [ 平 成 27 年 度 当 初 予 算 の 要 求 の 概 要 ( 主 な 事 業 ) Ⅰ 1.ものづくり IT 産 業 の 振 興 1 ものづくり 産 業 生 産 235,526 ものづくり 企 業 のグローバル 競 争 への 対 応 や 235,526 要 求 どおり 商 工 労 働 部 力 受 注 力 強 化 緊 急 国 内 成 長 産 業 への 参 入 に 向 けた 取 組 を 支 援 [ 産

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

平成20年度事業計画(案)及び収支予算(案)について

平成20年度事業計画(案)及び収支予算(案)について 平 成 27 年 度 事 業 計 画 1 環 境 認 識 及 び 基 本 方 針 (1) 伊 勢 志 摩 地 域 としての 方 向 性 式 年 遷 宮 後 のおかげ 年 にあたる 平 成 26 年 の 伊 勢 神 宮 参 拝 客 数 は 約 1,086 万 人 で 前 年 に 引 き 続 き 多 くの 人 々で 賑 わい 日 本 人 の 心 の 源 郷 というイメージをさらに 印 象 付 けました

More information

① 報 告 事 項 平 成 2 6 年 度 事 業 計 画 当 連 盟 では 平 成 27 年 春 の 北 陸 新 幹 線 の 開 業 や 同 年 秋 のJR 北 陸 三 県 等 と 連 携 した 北 陸 デスティネーションキャンペーン の 実 施 を 見 据 え 今 年 秋 に 本 県 で 開 催 される 全 国 販 売 促 進 会 議 に 向 けて 諸 準 備 を 進 めるとともに 県 や 市 町

More information

平成26年1-3月期 報告書

平成26年1-3月期 報告書 訪 日 外 国 人 の 消 費 動 向 訪 日 外 国 人 消 費 動 向 調 査 結 果 及 び 分 析 平 成 26 年 1-3 月 期 報 告 書 JAPAN TOURISM AGENCY 2 訪 日 外 国 人 消 費 動 向 調 査 平 成 26 年 1-3 月 期 報 告 書 訪 日 外 国 人 の 消 費 動 向 平 成 26 年 1-3 月 期 目 次 報 告 書 Ⅰ 平 成 26

More information

学 会 活 動 の 活 性 化 の 推 進 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 29 年 3 月 31 日 まで はじめに 情 報 通 信 産 業 は 我 が 国 の 重 要 な 産 業 の 一 つに 成 長 し 経 済 の 回 復 や 地 方 創 生 といった 国 の 重 要 政 策

学 会 活 動 の 活 性 化 の 推 進 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 29 年 3 月 31 日 まで はじめに 情 報 通 信 産 業 は 我 が 国 の 重 要 な 産 業 の 一 つに 成 長 し 経 済 の 回 復 や 地 方 創 生 といった 国 の 重 要 政 策 自 平 成 28 年 4 月 1 日 至 平 成 29 年 3 月 31 日 平 成 28 年 度 事 業 計 画 書 公 益 財 団 法 人 情 報 通 信 学 会 1 学 会 活 動 の 活 性 化 の 推 進 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 29 年 3 月 31 日 まで はじめに 情 報 通 信 産 業 は 我 が 国 の 重 要 な 産 業 の 一 つに 成 長 し 経

More information

委託契約書

委託契約書 資 料 目 次 資 料 1 福 岡 女 子 大 学 の 沿 革 資 料 2 公 立 大 学 法 人 福 岡 女 子 大 学 中 期 目 標 中 期 計 画 資 料 3 福 岡 女 子 大 学 改 革 基 本 計 画 の 概 要 資 料 4 福 岡 県 の 主 要 施 策 資 料 5 福 岡 県 の 貿 易 額 の 推 移 資 料 6 福 岡 県 の 輸 出 入 国 ( 地 域 ) 順 位 表 資 料

More information

業 務 名 業 務 の 意 図 必 須 の 展 開 手 段 委 託 料 上 限 額 1 とちぎブ ラ ン ド 推 進 業 務 すべての 分 野 で 選 ばれると ちぎを 目 指 し 本 県 のブラ ンド 力 向 上 のため 統 一 感 を 持 った 戦 略 的 な 取 組 を 展 開 すること とち

業 務 名 業 務 の 意 図 必 須 の 展 開 手 段 委 託 料 上 限 額 1 とちぎブ ラ ン ド 推 進 業 務 すべての 分 野 で 選 ばれると ちぎを 目 指 し 本 県 のブラ ンド 力 向 上 のため 統 一 感 を 持 った 戦 略 的 な 取 組 を 展 開 すること とち とちぎブランド デザイン 業 務 委 託 仕 様 書 本 仕 様 書 は 栃 木 県 ( 以 下 甲 という )が 発 注 するとちぎブランド デザイン 業 務 を 受 託 する 者 ( 以 下 乙 という )の 業 務 について 必 要 な 事 項 を 定 める 1 委 託 業 務 名 とちぎブランド デザイン 業 務 2 委 託 業 務 の 目 的 〇 本 県 では 栃 木 県 重 点 戦 略

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 資 料 3-1 地 域 コンテンツの 発 信 と インバウンドの 連 携 平 成 26 年 12 月 9 日 ( 火 ) 文 化 庁 地 域 コンテンツの 発 信 とインバウンドの 連 携 1 知 的 財 産 推 進 計 画 2014 記 載 内 容 海 外 からの 日 本 コンテンツのファンの 誘 致 海 外 のアーティストやクリエーター 等 の 我 が 国 での 活 動 促 進 海 外 からのロケ

More information

2012年4月 日本政府観光局(JNTO)

2012年4月 日本政府観光局(JNTO) PRESS RELEASE( 報 道 発 表 資 料 ) 経 営 戦 略 部 総 務 広 報 グループ TEL:03-3216-1905 FAX:03-3214-7680 http://www.jnto.go.jp 本 リリースは 国 土 交 通 記 者 会 交 通 運 輸 記 者 会 に 配 布 しております 平 成 26 年 5 月 23 日 理 事 長 松 山 良 一 中 国 旅 行 会 社

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63> 平 成 27 年 度 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 予 算 財 政 投 融 資 計 画 の 概 要 平 成 27 年 4 月 中 小 企 業 庁 中 小 企 業 対 策 費 の 予 算 及 び 財 政 投 融 資 計 画 1. 中 小 企 業 対 策 費 27 年 度 予 算 額 ( 注 1) 26 年 度 予 算 額 ( 注 2) 対 前 年 比 政 府 全 体 1,856 億

More information

<受賞団体の取組概要>

<受賞団体の取組概要> 別 紙 < 受 賞 団 体 の 取 組 概 要 > 最 優 秀 賞 諏 訪 市 教 育 委 員 会 諏 訪 市 ものづくり 委 員 会 諏 訪 市 内 全 小 中 学 校 11 校 ( 小 学 校 7 校 中 学 校 4 校 ) 学 校 支 援 地 域 本 部 中 州 小 学 校 学 校 運 営 協 議 会 諏 訪 市 校 長 会 及 び 教 頭 会 諏 訪 市 経 済 部 商 工 課 諏 訪 商

More information

記 Ⅰ. 産 業 振 興 1. 中 野 区 の 制 度 融 資 における 支 援 ( 信 用 保 証 料 ならびに 利 子 の 補 助 )の 拡 充 過 去 の 要 望 では 制 度 融 資 に 対 する 各 種 要 望 に 柔 軟 な 対 応 をいただき 大 変 感 謝 して いる 昨 年 度 に

記 Ⅰ. 産 業 振 興 1. 中 野 区 の 制 度 融 資 における 支 援 ( 信 用 保 証 料 ならびに 利 子 の 補 助 )の 拡 充 過 去 の 要 望 では 制 度 融 資 に 対 する 各 種 要 望 に 柔 軟 な 対 応 をいただき 大 変 感 謝 して いる 昨 年 度 に 平 成 27 年 7 月 28 日 中 野 区 長 田 中 大 輔 殿 中 野 区 議 会 議 長 北 原 ともあき 殿 東 京 商 工 会 議 所 中 野 支 部 会 長 麻 沼 雅 海 中 野 工 業 産 業 協 会 会 長 溝 口 秀 二 中 野 区 の 産 業 活 性 化 に 関 する 要 望 東 京 商 工 会 議 所 中 野 支 部 および 中 野 工 業 産 業 協 会 は 中 野 区

More information

第8回 徳島県徳島市(Tokushima/Tokushima City)配布資料03

第8回 徳島県徳島市(Tokushima/Tokushima City)配布資料03 地 方 創 生 に 向 けた ジェトロ 徳 島 の 取 り 組 み 2015 年 10 月 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 徳 島 貿 易 情 報 センター ジェトロにおけるクールジャパンの 推 進 日 本 各 地 のクールジャパン( 日 本 の 魅 力 )を 海 外 に 発 信 するとともに 海 外 との 継 続 的 なビジネスに 結 びつくためのプラットフォーム 作 りを 支 援

More information

< 公 益 目 的 事 業 > 1 地 方 税 財 政 制 度 に 関 する 調 査 (1) 調 査 研 究 専 門 研 究 員 等 が 地 方 税 財 政 制 度 及 び 税 務 行 政 の 運 営 に 関 して 調 査 研 究 を 行 うもの で その 内 容 を 適 宜 機 関 誌 東 京 税

< 公 益 目 的 事 業 > 1 地 方 税 財 政 制 度 に 関 する 調 査 (1) 調 査 研 究 専 門 研 究 員 等 が 地 方 税 財 政 制 度 及 び 税 務 行 政 の 運 営 に 関 して 調 査 研 究 を 行 うもの で その 内 容 を 適 宜 機 関 誌 東 京 税 平 成 26 年 度 事 業 計 画 書 我 が 国 の 経 済 状 況 は 円 高 の 是 正 や 株 価 の 回 復 等 により 企 業 収 益 の 改 善 が 進 むと 共 に 2020 年 オリンピック パラリンピックの 東 京 開 催 決 定 による 経 済 効 果 への 期 待 なども あり 明 るい 兆 しが 見 え 始 めている 一 方 で 欧 州 債 務 危 機 の 再 燃 や 新

More information

目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割 16 Ⅶ. 産 学 界 の 役 割 17 Ⅷ.その 他

目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割 16 Ⅶ. 産 学 界 の 役 割 17 Ⅷ.その 他 インフラ 長 寿 命 化 基 本 計 画 平 成 25 年 11 月 インフラ 老 朽 化 対 策 の 推 進 に 関 する 関 係 省 庁 連 絡 会 議 目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割

More information

第 1 章 我 が 国 の 中 長 期 的 な 構 造 変 化 我 が 国 では 中 長 期 的 な 経 済 社 会 構 造 の 変 化 が 起 こっており 中 小 企 小 規 模 事 者 の 経 営 環 境 はますます 厳 しいものとなっている また 中 小 企 の 数 は 長 期 にわたり 減

第 1 章 我 が 国 の 中 長 期 的 な 構 造 変 化 我 が 国 では 中 長 期 的 な 経 済 社 会 構 造 の 変 化 が 起 こっており 中 小 企 小 規 模 事 者 の 経 営 環 境 はますます 厳 しいものとなっている また 中 小 企 の 数 は 長 期 にわたり 減 中 小 企 小 規 模 事 者 が 直 面 する 経 済 社 会 構 造 の 変 化 第 2 部 第 1 章 我 が 国 の 中 長 期 的 な 構 造 変 化 我 が 国 では 中 長 期 的 な 経 済 社 会 構 造 の 変 化 が 起 こっており 中 小 企 小 規 模 事 者 の 経 営 環 境 はますます 厳 しいものとなっている また 中 小 企 の 数 は 長 期 にわたり 減 少

More information

様 式 2-1) [ 経 済 局 誘 致 推 進 課 ] 名 特 記 項 5 款 1 項 2 目 中 期 計 画 - 戦 略 中 期 計 画 - 1 企 誘 致 促 進 新 規 拡 充 1) 企 誘 致 促 進 活 動 区 分 金 額 平 成 28 年 度 計 画 書 局 統 括 本 部 ) 国 財

様 式 2-1) [ 経 済 局 誘 致 推 進 課 ] 名 特 記 項 5 款 1 項 2 目 中 期 計 画 - 戦 略 中 期 計 画 - 1 企 誘 致 促 進 新 規 拡 充 1) 企 誘 致 促 進 活 動 区 分 金 額 平 成 28 年 度 計 画 書 局 統 括 本 部 ) 国 財 様 式 1) 計 画 書 目 次 [ 経 済 局 ] 5 款 1 項 2 目 単 位 : 千 円 ) 計 画 書 頁 名 28 年 度 27 年 度 増 減 28-27) 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 戦 略 基 本 政 策 新 規 拡 充 1 企 誘 致 促 進 3,174,89 3,173,552 3,158,145 3,157,191 15,944

More information

南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 平 成 23 年 度 ) 平 成 24 年 3 月 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) 目 次 1. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 の 検 討 の 目 的 と 経 過 1 (1) 広 域 連 携 の 検 討 趣 旨 (2) 南

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874281698DC58F49816A834B834383688389834383938169836083468362834E837C834383938367816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874281698DC58F49816A834B834383688389834383938169836083468362834E837C834383938367816A2E646F63> 参 考 公 益 目 的 事 業 のチェックポイントについて 構 成 第 1 公 益 目 的 事 業 のチェックポイントの 性 格 第 2 不 特 定 かつ 多 数 の 者 の 利 益 の 増 進 に 寄 与 するもの の 事 実 認 定 に 当 たっての 留 意 点 1. 事 業 区 分 ごとの 公 益 目 的 事 業 のチェックポイント (1) 検 査 検 定 (2) 資 格 付 与 (3) 講

More information

12 理化学研究所

12 理化学研究所 国 立 研 究 開 発 法 人 理 化 学 研 究 所 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 理 化 学 研 究 所 は 長 い 歴 史 を 有 し これまで 世 界 の 第 一 線 にて 研 究 をリー ドしてきたところである

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2031363035313048323795E290B3814548323893968F89837C834383938367816994928D9588F38DFC82C582B7816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2031363035313048323795E290B3814548323893968F89837C834383938367816994928D9588F38DFC82C582B7816A2E70707478> 中 企 業 規 模 事 業 者 関 係 予 算 税 制 改 正 のポイント 詳 しい 情 報 は ミラサポ の 施 策 マップでご 覧 いただけます ミラサポ 検 索 1. 中 企 業 の 産 性 向 上 を 援 します 1 ものづくり サービスの 新 展 開 (ものづくり 補 助 ) ものづくり 商 業 サービス 新 展 開 援 補 助 1020.5 億 円 < 平 成 27 年 度 補 正 >

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032383037313391538D918C7C8F708C6E91E58A7783528393835C815B83568341838081698376838C8358838A838A815B8358816A5F905F89698F4390B3>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032383037313391538D918C7C8F708C6E91E58A7783528393835C815B83568341838081698376838C8358838A838A815B8358816A5F905F89698F4390B3> PRESS RELEASE 平 成 28 年 7 月 13 日 報 道 機 関 各 位 全 国 芸 術 系 大 学 コンソーシアム ( 事 務 局 : 東 京 藝 術 大 学 ) 全 国 芸 術 系 大 学 コンソーシアム の 設 立 について この 度 2020 年 の 東 京 オリンピック 競 技 大 会 及 び 東 京 パラリンピック 競 技 大 会 ( 以 下 2020 年 東 京 大 会

More information

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科 06. 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 Ⅰ 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 の 教 育 目 標 と 特 徴 06-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 06-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 06-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 06-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 06-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 06-10 分 析

More information

平成15年度予算理事会

平成15年度予算理事会 公 益 財 団 法 人 神 戸 国 際 協 力 交 流 センター 平 成 27 年 度 事 業 計 画 1. 事 業 計 画 はじめに 現 在 の 神 戸 市 国 際 化 推 進 大 綱 は 平 成 27 年 度 が 目 標 年 次 であり その 最 終 年 度 として 引 き 続 き 神 戸 の 魅 力 を 活 かした 新 たな 国 際 都 市 を 目 指 し 1 開 発 途 上 国 に 対 する

More information

Ⅰ 山 形 ~ 名 古 屋 小 牧 路 線 に 係 る 取 組 実 績 概 要 1. 取 組 目 標 課 題 を 踏 まえた 取 組 方 針 両 地 域 の 観 光 ビジネス 交 流 そのものを 拡 大 させる 取 組 を 支 援 し 持 続 的 な 需 要 創 出 を 図 る 実 施 体 制 取

Ⅰ 山 形 ~ 名 古 屋 小 牧 路 線 に 係 る 取 組 実 績 概 要 1. 取 組 目 標 課 題 を 踏 まえた 取 組 方 針 両 地 域 の 観 光 ビジネス 交 流 そのものを 拡 大 させる 取 組 を 支 援 し 持 続 的 な 需 要 創 出 を 図 る 実 施 体 制 取 資 料 1 地 方 航 空 路 線 活 性 化 プログラムに 係 る 効 果 検 証 に 関 する 懇 談 会 発 表 資 料 平 成 27 年 12 月 11 日 山 形 空 港 利 用 拡 大 推 進 協 議 会 ( 事 務 局 : 山 形 県 ) 山 形 ~ 名 古 屋 小 牧 路 線 (フジドリームエアラインズ) プロジェクト 名 発 着 両 側 の 分 野 別 連 携 体 制 の 構 築

More information

スライド 1

スライド 1 原 子 力 災 害 による 風 評 被 害 を 含 む 影 響 への 対 策 国 土 交 通 省 観 光 庁 目 次 1. 福 島 県 における 観 光 関 連 復 興 支 援 事 業 2. 福 島 県 教 育 旅 行 再 生 事 業 実 績 と 課 題 3. 福 島 県 観 光 戦 略 会 議 4. 東 北 地 域 観 光 復 興 対 策 事 業 5. 訪 日 旅 行 促 進 事 業 (ビジット

More information

参考資料2 産学官連携関連資料_2

参考資料2 産学官連携関連資料_2 (3)リサーチ アドミニストレーターを 育 成 確 保 する システムの 整 備 リサーチ アドミニストレーター(URA) 大 学 等 において 研 究 資 金 の 調 達 管 理 知 財 の 管 理 活 用 等 を 総 合 的 にマネジメント できる 研 究 開 発 に 知 見 のある 人 材 を 育 成 確 保 する 全 国 的 なシステムを 整 備 する とともに 専 門 性 の 高 い 職

More information

観光の潜在力を探る ―訪日外国人数の中期見通し

観光の潜在力を探る ―訪日外国人数の中期見通し 観 光 の 潜 在 力 を 探 る 訪 日 外 国 人 数 の 中 期 見 通 し 2011 年 1 月 12 日 日 本 経 済 研 究 センター 研 究 員 蓮 見 亮 * * hasumi@jcer.or.jp 1 目 次 1.はじめに 産 業 としての 観 光 2.データで 探 る 観 光 の 潜 在 力 3. 分 析 : 訪 日 外 国 人 数 の 将 来 予 測 4. 観 光 立 国 実

More information

<81798E9197BF8250817A2E786C73>

<81798E9197BF8250817A2E786C73> 生 活 者 としての 外 国 人 に 関 する 総 合 的 対 応 策 の 実 施 状 況 について 総 合 的 対 応 策 における 対 策 実 施 状 況 1. 外 国 人 が 暮 らしやすい 地 域 社 会 づくり (1) 日 本 語 教 育 の 充 実 地 域 の 日 本 語 教 育 の 充 実 を 図 るため 平 成 18 年 度 より 人 材 育 本 年 度 中 に 成 果 をホームページ

More information

国 際 観 光 振 興 の 中 で MICE 誘 致 の 役 割 が 明 確 に MICEの 誘 致 の 割 合 は 都 道 府 県 と 政 令 指 定 都 市 とでは 大 きな 差 がみられる また 2010 年 度 調 査 ( )と 比 較 すると 都 道 府 県 の MICEの 誘 致 は 微

国 際 観 光 振 興 の 中 で MICE 誘 致 の 役 割 が 明 確 に MICEの 誘 致 の 割 合 は 都 道 府 県 と 政 令 指 定 都 市 とでは 大 きな 差 がみられる また 2010 年 度 調 査 ( )と 比 較 すると 都 道 府 県 の MICEの 誘 致 は 微 News Release 2014 年 12 月 5 日 都 道 府 県 及 び 政 令 指 定 都 市 の 観 光 政 策 に 関 するアンケート 調 査 公 益 財 団 法 人 日 本 交 通 公 社 横 浜 商 科 大 学 高 崎 経 済 大 学 株 式 会 社 JTB 総 合 研 究 所 は 共 同 研 究 により 都 道 府 県 及 び 政 令 指 定 都 市 における 観 光 の 位 置

More information

<5461726F2D95F18D908F9181698DC58F498A6D92E881A888F38DFC82D6816A>

<5461726F2D95F18D908F9181698DC58F498A6D92E881A888F38DFC82D6816A> 参 考 資 料 参 考 資 料 目 次 国 家 公 務 員 採 用 試 験 一 覧 1 国 家 公 務 員 採 用 試 験 の 申 込 者 数 の 推 移 2 国 家 公 務 員 の 採 用 の 状 況 ( 平 成 19 年 度 新 規 採 用 者 ) 3 多 様 で 有 為 な 人 材 の 確 保 に 向 けた 取 組 み 4 国 家 公 務 員 制 度 改 革 基 本 法 ( 抄 ) 5 国 家

More information

Microsoft PowerPoint _wb_Ministry_of_Internal_Affairs_jp [Read-Only]

Microsoft PowerPoint _wb_Ministry_of_Internal_Affairs_jp [Read-Only] 21 世 紀 型 ICT 社 会 の 実 現 に 向 けて ーユビキタスネット 社 会 ー 2 0 0 8 年 4 月 2 日 総 務 省 大 臣 官 房 企 画 課 長 阪 本 泰 男 トレンド デジタル 化 ブロードバンド 化 シームレス 化 (TCP/IP 等 ) 情 報 処 理 の 高 速 化 情 報 蓄 積 の 高 度 化 主 要 課 題 更 に 加 速 化 ユーザ インターフェース の

More information

記 者 発 表 資 料 平 成 25 年 12 月 5 日 大 阪 経 済 記 者 クラブ 会 員 各 位 りょゆう 旅 游 都 市 化 推 進 プロジェクト ムスリム 観 光 客 接 遇 基 礎 知 識 集 アッサラーム アライクム! の 発 行 について 問 合 先 大 阪 商 工 会 議 所 流 通 サービス 産 業 部 ( 土 居 松 澤 )TEL:06-6944-6440 りょゆう 大 阪

More information

Microsoft Word - 22年度事業報告.doc

Microsoft Word - 22年度事業報告.doc 平 成 22 年 度 事 業 報 告 1. 総 会 (22.6.16 於 高 松 市 ) 第 48 回 定 時 総 会 1 平 成 21 年 度 事 業 報 告 ならびに 決 算 ( 案 ) 2 平 成 22 年 度 事 業 計 画 ならびに 予 算 ( 案 ) 3 理 事 監 事 の 選 任 の3 議 案 について 審 議 し 原 案 どおり 承 認 された 特 別 講 演 三 菱 UFJモルガン

More information

止 できる 者 を 配 置 し 夜 間 における 酒 類 の 販 売 体 制 を 整 備 するよう 必 要 な 助 言 と 指 導 を 実 施 ( 平 成 10 年 4 月 ~) 5 年 齢 確 認 の 実 施 をはじめとする 取 組 を 推 進 していくためには 酒 類 販 売 に 従 事 する

止 できる 者 を 配 置 し 夜 間 における 酒 類 の 販 売 体 制 を 整 備 するよう 必 要 な 助 言 と 指 導 を 実 施 ( 平 成 10 年 4 月 ~) 5 年 齢 確 認 の 実 施 をはじめとする 取 組 を 推 進 していくためには 酒 類 販 売 に 従 事 する 25 未 成 年 者 の 飲 酒 防 止 等 に 関 する 取 組 等 国 税 庁 においては アルコール 飲 料 としての 酒 類 の 特 性 に 鑑 み より 良 い 飲 酒 環 境 を 形 成 して 消 費 者 利 益 と 酒 類 業 の 健 全 な 発 達 を 期 する 観 点 から 従 来 から 酒 類 業 界 に 対 し 未 成 年 者 飲 酒 防 止 に 配 意 し た 販 売 や 広

More information

(2) 企 画 編 集 業 務 各 号 の 企 画 については 上 記 2の 目 的 を 踏 まえるとともに 以 下 の(ア)から(オ) を 基 本 軸 として 構 成 を 考 えること 各 号 の 具 体 的 な 内 容 については 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 TC

(2) 企 画 編 集 業 務 各 号 の 企 画 については 上 記 2の 目 的 を 踏 まえるとともに 以 下 の(ア)から(オ) を 基 本 軸 として 構 成 を 考 えること 各 号 の 具 体 的 な 内 容 については 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 TC 仕 様 書 1 件 名 平 成 27 年 度 東 京 観 光 情 報 メールマガジン の 制 作 及 び 配 信 委 託 2 目 的 (1) 欧 米 豪 市 場 において 海 外 メディア( 一 般 業 界 ) 及 び 現 地 旅 行 事 業 者 ( 販 売 ) 等 を 主 なターゲットとしてメールマガジンを 年 12 回 配 信 し B to B to C 及 び B to C への 訴 求 を

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208742208CBB8BB55F8CA48B865F33335F30315F90AD8DF48CA48B8691E58A77894091E58A775F90AD8DF48CA48B8689C82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208742208CBB8BB55F8CA48B865F33335F30315F90AD8DF48CA48B8691E58A77894091E58A775F90AD8DF48CA48B8689C82E646F63> 学 部 研 究 科 等 の 現 況 調 査 表 研 究 平 成 20 年 6 月 政 策 研 究 大 学 院 大 学 目 次 1. 政 策 研 究 科 1-1 政 策 研 究 大 学 院 大 学 政 策 研 究 科 1. 政 策 研 究 科 Ⅰ 政 策 研 究 科 の 研 究 目 的 と 特 徴 1-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 1-3 分 析 項 目 Ⅰ 研 究 活 動 の

More information

旅 行 産 業 とツーリズム 1. 経 験 産 業 としてのツーリズム 2. 観 光 立 国 とは 何? 3.マーケットクリエータとしての 役 割 4.ビジネスポートフォリオの 転 換 価 値 創 造 の 進 化 ~ 経 験 経 済 (Experience ~ 経 験 経 済 (Experience

旅 行 産 業 とツーリズム 1. 経 験 産 業 としてのツーリズム 2. 観 光 立 国 とは 何? 3.マーケットクリエータとしての 役 割 4.ビジネスポートフォリオの 転 換 価 値 創 造 の 進 化 ~ 経 験 経 済 (Experience ~ 経 験 経 済 (Experience 旅 行 産 業 のビジネスモデルと 戦 略 早 稲 田 大 学 2010.4.22 近 畿 日 本 ツーリスト 専 務 取 締 役 越 智 良 典 皆 既 日 食 ツアー ~ 市 場 創 造 への 挑 戦 C 十 島 村 HPより 1 旅 行 産 業 とツーリズム 1. 経 験 産 業 としてのツーリズム 2. 観 光 立 国 とは 何? 3.マーケットクリエータとしての 役 割 4.ビジネスポートフォリオの

More information

別 添 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 ( 平 成 25 年 度 ) 資 料 1 国 家 公 務 員 採 用 試 験 からの 採 用 者 に 占 める 女 性 の 割 合 は26.8% ( 平 成 17 年 のフォ

別 添 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 ( 平 成 25 年 度 ) 資 料 1 国 家 公 務 員 採 用 試 験 からの 採 用 者 に 占 める 女 性 の 割 合 は26.8% ( 平 成 17 年 のフォ 平 成 25 年 9 月 10 日 人 事 院 総 務 省 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 公 表 の 趣 旨 国 の 政 策 方 針 決 定 過 程 への 女 性 の 参 画 の 拡 大 に 資 するため 第 3 次 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 平 成 22 年 12 月 17 日 閣 議 決 定 ) 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 登

More information

1 世 界 のICT/ 通 信 インフラ 市 場 の 動 向 1. 世 界 のICT( 情 報 通 信 技 術 ) 投 は 増 加 傾 向 世 界 のICT 投 規 模 予 測 ( 単 位 : 百 万 ドル) 5,000,000 4,500,000 4,000,000 3,500,000 全 世 界

1 世 界 のICT/ 通 信 インフラ 市 場 の 動 向 1. 世 界 のICT( 情 報 通 信 技 術 ) 投 は 増 加 傾 向 世 界 のICT 投 規 模 予 測 ( 単 位 : 百 万 ドル) 5,000,000 4,500,000 4,000,000 3,500,000 全 世 界 料 2 株 式 会 社 海 外 通 信 放 送 郵 便 事 業 支 援 機 構 について 平 成 27 年 7 月 総 務 省 1 世 界 のICT/ 通 信 インフラ 市 場 の 動 向 1. 世 界 のICT( 情 報 通 信 技 術 ) 投 は 増 加 傾 向 世 界 のICT 投 規 模 予 測 ( 単 位 : 百 万 ドル) 5,000,000 4,500,000 4,000,000 3,500,000

More information

目 次 1. 国 民 に 対 して 提 供 するサービスその 他 の 業 務 の 質 の 向 上 に 関 する 目 標 を 達 成 する ためにとるべき 措 置... 1 (1) 対 日 直 接 投 資 の 促 進... 1 (2) 農 林 水 産 物 食 品 の 輸 出 促 進... 3 (3)

目 次 1. 国 民 に 対 して 提 供 するサービスその 他 の 業 務 の 質 の 向 上 に 関 する 目 標 を 達 成 する ためにとるべき 措 置... 1 (1) 対 日 直 接 投 資 の 促 進... 1 (2) 農 林 水 産 物 食 品 の 輸 出 促 進... 3 (3) 2016( 平 成 28) 年 度 年 度 計 画 自 2016( 平 成 28) 年 4 月 1 日 至 2017( 平 成 29) 年 3 月 31 日 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 目 次 1. 国 民 に 対 して 提 供 するサービスその 他 の 業 務 の 質 の 向 上 に 関 する 目 標 を 達 成 する ためにとるべき 措 置... 1 (1) 対 日

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798E9197BF8251817A926D93498DE08E59908490698C7689E68251824F824F8257816988C4816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798E9197BF8251817A926D93498DE08E59908490698C7689E68251824F824F8257816988C4816A2E646F63> 資 料 2 知 的 財 産 推 進 計 画 2008 - 世 界 を 睨 んだ 知 財 戦 略 の 強 化 - ( 案 ) 2008 年 6 月 18 日 知 的 財 産 戦 略 本 部 1 2 知 的 財 産 推 進 計 画 2008 目 次 知 的 財 産 推 進 計 画 2008 の 基 本 的 考 え 方 世 界 を 睨 んだ 知 財 戦 略 の 強 化... 1 重 点 編 Ⅰ. 我 が

More information

スライド 1

スライド 1 2014 年 7 月 8 日 2014 年 度 APIR GRIPS 共 催 セミナー 資 料 ものづくり 中 小 企 業 の 海 外 進 出 と 地 方 自 治 体 の 役 割 APIR 研 究 事 業 中 小 企 業 の 東 南 アジア 進 出 に 関 する 比 較 研 究 リサーチャー 大 阪 府 商 工 労 働 部 中 小 企 業 支 援 室 ものづくり 支 援 課 領 家 誠 ものづくり

More information

Jtbコミュニケーションデザインの 強 み Jtbコミュニケーションデザインは インバウンド 市 場 におけるマーケティング 支 援 No.1 企 業 を 目 指 します 市 場 を 牽 引 する 豊 富 な 実 績 Jtbコミュニケーションデザインは 国 交 通 省 観 光 庁 が 推 進 する

Jtbコミュニケーションデザインの 強 み Jtbコミュニケーションデザインは インバウンド 市 場 におけるマーケティング 支 援 No.1 企 業 を 目 指 します 市 場 を 牽 引 する 豊 富 な 実 績 Jtbコミュニケーションデザインは 国 交 通 省 観 光 庁 が 推 進 する インバウンド 市 場 における マーケティング 支 援 事 業 のご 案 内 2016/04/01 あらゆる 法 人 コミュニケーションを 支 援 する JTBグループのソリューション カンパニー Ver1.1/2016/04 Jtbコミュニケーションデザインの 強 み Jtbコミュニケーションデザインは インバウンド 市 場 におけるマーケティング 支 援 No.1 企 業 を 目 指 します 市

More information

1 文 化 庁 が 進 める 文 化 プログラムとその 三 つの 枠 組 み 文 化 芸 術 立 国 の 実 現 のために,2020 年 東 京 大 会 及 びラグビーワールドカップ い 2019 の 機 会 を 活 かすとともに,それ 以 降 も 多 様 な 文 化 芸 術 活 動 の 発 展 や

1 文 化 庁 が 進 める 文 化 プログラムとその 三 つの 枠 組 み 文 化 芸 術 立 国 の 実 現 のために,2020 年 東 京 大 会 及 びラグビーワールドカップ い 2019 の 機 会 を 活 かすとともに,それ 以 降 も 多 様 な 文 化 芸 術 活 動 の 発 展 や 文 化 プログラムの 実 施 に 向 けた 文 化 庁 の 基 本 構 想 ~2020 年 東 京 オリンピック パラリンピック 競 技 大 会 を 契 機 とした 文 化 芸 術 立 国 の 実 現 のために~ 平 成 27 年 7 月 文 化 庁 0 はじめに 2020 年 に 東 京 でオリンピック パラリンピック 競 技 大 会 ( 以 下, 2020 年 東 京 大 会 という )が 開

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A8ACF8CF594928F91817997768E7C817A92F990B38DCF2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A8ACF8CF594928F91817997768E7C817A92F990B38DCF2E646F63> 平 成 20 年 度 観 光 の 状 況 第 Ⅰ 部 観 光 政 策 の 新 たな 展 開 第 1 章 観 光 を 巡 る 国 際 情 勢 と 政 府 を 挙 げた 観 光 政 策 の 推 進 第 1 節 観 光 庁 の 発 足 平 成 18 年 12 月 の 観 光 立 国 推 進 基 本 法 の 成 立 平 成 19 年 6 月 の 観 光 立 国 推 進 基 本 計 画 の 閣 議 決 定 等

More information

資料2スポーツを通じた国際交流と青少年の国際交流

資料2スポーツを通じた国際交流と青少年の国際交流 資 料 2 スポーツを 通 じた 国 際 交 流 と 青 少 年 の 国 際 交 流 平 成 22 年 4 月 30 日 ( 金 ) 文 部 科 学 省 スポーツ 青 少 年 局 1.スポーツを 通 じた 国 際 交 流 について 11 国 際 競 技 力 の 向 上 と 国 際 スポーツ 界 をリードする 人 材 育 成 の 強 化 スポーツを 通 じた 国 際 交 流 は 国 際 競 技 力 の

More information

(1) 特 区 対 内 直 接 投 資 促 進 に 係 る 主 要 施 策 事 業 の 取 組 状 況 1. 制 度 整 備 グローバル 企 業 を 惹 き 付 ける 世 界 で 一 番 企 業 が 活 動 しやすい 国 を 目 指 し 国 家 戦 略 特 区 の 創 設 経 済 連 携 の 戦 略

(1) 特 区 対 内 直 接 投 資 促 進 に 係 る 主 要 施 策 事 業 の 取 組 状 況 1. 制 度 整 備 グローバル 企 業 を 惹 き 付 ける 世 界 で 一 番 企 業 が 活 動 しやすい 国 を 目 指 し 国 家 戦 略 特 区 の 創 設 経 済 連 携 の 戦 略 資 料 9-2 対 内 直 接 投 資 促 進 に 係 る 主 要 施 策 事 業 の 取 組 状 況 ( 概 要 ) 1. 制 度 整 備 グローバル 企 業 を 惹 き 付 ける 世 界 で 一 番 企 業 が 活 動 しやすい 国 を 目 指 し 国 家 戦 略 特 区 の 創 設 経 済 連 携 の 戦 略 的 推 進 法 制 度 その 他 の 制 度 整 備 等 に 取 り 組 む 2.

More information

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪 平 成 28 年 6 月 13 日 都 市 局 都 市 計 画 課 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 に 係 る 通 知 を 発 出 本 年 3 月 30 日 に 策 定 された 明 日 の 日 本 を 支 える 観 光 ビジョン において 観 光 立 国 の 推 進 に 寄 与 する 宿 泊 施 設 の 整 備 促 進 に 向 けた 取 組 として

More information

【公表版】関連事業一覧H28

【公表版】関連事業一覧H28 いばらきグローバル 化 推 進 計 画 関 連 事 一 覧 (H28 年 度 ) 計 画 上 の 主 な 基 本 方 針 1 グローバル 化 にふさわしい 人 づくり 1 身 近 な 文 化 や 環 境 への 理 解 促 進 自 分 たちが 暮 らす 国 や 郷 土 の 文 化 を 理 解 し 愛 する 心 の 醸 成 自 分 たちのルーツにつながる 文 化 への 誇 りの 醸 成 国 籍 や 母

More information

平成14年度事業計画(案)

平成14年度事業計画(案) 平 成 26 年 度 事 業 計 画 一 般 社 団 法 人 外 国 映 画 輸 入 配 給 協 会 が 平 成 26 年 4 月 1 日 より 同 27 年 3 月 31 日 迄 の 間 に 行 う 予 定 の 主 要 事 業 は 下 記 の 通 りである 当 協 会 は 一 般 社 団 法 人 映 画 産 業 団 体 連 合 会 傘 下 にあり 邦 人 系 外 国 映 画 輸 入 配 給 業 者

More information

外国人の受入れ対策に関する行政評価・監視結果報告書 3 外国人留学生の在籍管理等

外国人の受入れ対策に関する行政評価・監視結果報告書 3 外国人留学生の在籍管理等 3 外 国 人 留 学 生 の 在 籍 管 理 等 制 度 の 概 要 等 (1) 外 国 人 留 学 生 の 受 入 れに 関 する 政 策 制 度 の 概 要 ア 外 国 人 留 学 生 受 入 れに 関 する 制 度 の 概 要 等 (ア) 外 国 人 留 学 生 受 入 れ 制 度 a 本 勧 告 でいう 外 国 人 留 学 生 の 定 義 外 国 人 留 学 生 とは 入 管 法 においては

More information

宮 城 県 ( 以 下 県 という )は, 平 成 19 年 3 月 に 策 定 した 宮 城 の 将 来 ビジョン に 基 づ き, 観 光 を 経 済 波 及 効 果 の 大 きい 本 県 経 済 の 成 長 のカギと 位 置 づけ, 県 民 の 参 加 のもと 幅 広 い 分 野 で 観 光

宮 城 県 ( 以 下 県 という )は, 平 成 19 年 3 月 に 策 定 した 宮 城 の 将 来 ビジョン に 基 づ き, 観 光 を 経 済 波 及 効 果 の 大 きい 本 県 経 済 の 成 長 のカギと 位 置 づけ, 県 民 の 参 加 のもと 幅 広 い 分 野 で 観 光 第 3 期 みやぎ 観 光 戦 略 プラン 概 要 版 みやぎ 観 光 創 造 県 民 条 例 に 基 づく 観 光 振 興 に 関 する 基 本 的 な 計 画 ~みやぎの 観 光 の 創 造 的 復 興 とさらなる 飛 躍 へ~ 平 成 26 年 3 月 宮 城 県 宮 城 県 ( 以 下 県 という )は, 平 成 19 年 3 月 に 策 定 した 宮 城 の 将 来 ビジョン に 基 づ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BF38D60834183938350815B83678DC58F4995F18D908F9188EA8A872E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BF38D60834183938350815B83678DC58F4995F18D908F9188EA8A872E646F63> 首 都 圏 の 空 港 に 関 する 企 業 へのアンケート 調 査 調 査 結 果 報 告 書 平 成 18 年 8 月 横 浜 市 目 次 調 査 の 概 要... 2 調 査 結 果 ( 要 旨 )... 3 アンケートの 集 計 結 果... 12 1 回 答 企 業 の 属 性... 12 1) 業 種 別... 12 2) 所 在 地 別... 13 3) 資 本 金 規 模 別...

More information

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈 平 成 26 年 度 神 奈 川 県 政 に 関 する 要 望 書 平 成 25 年 9 月 横 浜 商 工 会 議 所 神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26

More information

13年度事業計画書の作成について

13年度事業計画書の作成について 平 成 28 年 度 事 業 計 画 書 Ⅰ. 計 画 の 概 要 政 府 は TPP( 環 太 平 洋 連 携 協 定 )の 大 筋 合 意 を 受 け 平 成 27 年 11 月 に 閣 議 決 定 した 総 合 的 なTPP 関 連 政 策 大 綱 に 基 づき 農 業 者 の 不 安 払 拭 と 再 生 産 を 可 能 とする 経 営 安 定 対 策 の 充 実 強 化 を 図 るとともに

More information

窓口支援担当者募集要項

窓口支援担当者募集要項 平 成 27 年 2 月 窓 口 相 談 支 援 事 業 における 窓 口 支 援 担 当 者 募 集 要 項 一 般 社 団 法 人 発 明 推 進 協 会 次 により 全 国 各 地 域 の 知 財 総 合 支 援 窓 口 において 中 小 企 業 等 における 知 的 財 産 の 活 用 事 業 化 促 進 のための 支 援 を 行 う 窓 口 支 援 担 当 者 を 募 集 します 1. 事

More information

(2) 経 営 改 善 目 標 項 目 名 1 顧 客 視 点 での 経 営 に 向 けた 改 革 の 継 続 1 顧 客 満 足 度 2 職 員 満 足 度 2 組 織 と 職 員 個 人 の 能 力 の 向 上 : 職 員 研 修 の 実 施 件 数 3 業 務 の 改 善 改 革 :リスク 管

(2) 経 営 改 善 目 標 項 目 名 1 顧 客 視 点 での 経 営 に 向 けた 改 革 の 継 続 1 顧 客 満 足 度 2 職 員 満 足 度 2 組 織 と 職 員 個 人 の 能 力 の 向 上 : 職 員 研 修 の 実 施 件 数 3 業 務 の 改 善 改 革 :リスク 管 No.13 公 益 財 団 法 人 いわて 産 業 振 興 センター Ⅰ 法 人 の 概 要 平 成 25 年 7 月 1 日 現 在 2 所 管 部 局 1 法 人 の 名 称 公 益 財 団 法 人 いわて 産 業 振 興 センター 商 工 労 働 観 光 部 室 課 商 工 企 画 室 3 設 立 の 根 拠 法 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及

More information

海外レースの馬券発売をめぐる課題

海外レースの馬券発売をめぐる課題 海 外 レースの 馬 券 発 売 をめぐる 課 題 競 馬 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 成 立 農 林 水 産 委 員 会 調 査 室 高 橋 陽 子 はじめに 競 馬 の 国 際 化 の 進 展 等 最 近 の 競 馬 をめぐる 情 勢 の 変 化 に 鑑 み 海 外 で 実 施 される 特 定 の 競 馬 の 競 走 について 日 本 中 央 競 馬 会 等 が 勝 馬 投 票

More information

最近10年間の動き(平成11年7月~21年6月)

最近10年間の動き(平成11年7月~21年6月) 第 11 章 税 務 協 力 体 制 第 1 節 関 係 民 間 団 体 1 日 本 税 理 士 会 連 合 会 (1) 組 織 等 の 状 況 日 本 税 理 士 会 連 合 会 ( 以 下 この 節 において 日 税 連 という )は 原 則 として 国 税 局 ( 沖 縄 国 税 事 務 所 を 含 む 以 下 この 章 において 国 税 局 ( 所 ) という )の 管 轄 区 域 ごとに

More information

1 資 料 2 放 送 分 野 におけるコンテンツ 流 通 の 概 況 第 1 市 場 の 概 況 1 市 場 規 模 映 像 コンテンツの 流 通 規 模 は, 近 年, 約 5 兆 円 で 停 滞 している 映 像 コンテンツ 市 場 の 流 通 メディア 別 の 内 訳 は, 新 興 のインターネット 配 信 が 占 める 割 合 が 平 成 20 年 度 においても 1パーセント 程 度 であり(

More information

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら 独 立 行 政 法 人 造 幣 局 が 平 成 27 年 度 に 達 成 すべき 目 標 Ⅰ. 政 策 体 系 における 法 人 の 位 置 付 けおよび 役 割 (ミッション) 通 貨 は 経 済 活 動 国 民 生 活 の 基 盤 であり 通 貨 に 対 する 信 頼 の 維 持 は 財 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 95 号 )に 定 められた 財 務 省 の 任 務

More information

平 成 25 年 度 事 業 計 画 書 本 財 団 は 本 年 4 月 の 公 益 財 団 法 人 への 移 行 を 機 に 公 益 法 人 として 果 たすべき 社 会 的 使 命 を 自 覚 し 積 極 的 に 公 益 目 的 事 業 を 展 開 していく 平 成 24 年 に 入 ってからの

平 成 25 年 度 事 業 計 画 書 本 財 団 は 本 年 4 月 の 公 益 財 団 法 人 への 移 行 を 機 に 公 益 法 人 として 果 たすべき 社 会 的 使 命 を 自 覚 し 積 極 的 に 公 益 目 的 事 業 を 展 開 していく 平 成 24 年 に 入 ってからの 平 成 25 年 度 事 業 計 画 書 公 益 財 団 法 人 財 団 法 人 J K A 0 平 成 25 年 度 事 業 計 画 書 本 財 団 は 本 年 4 月 の 公 益 財 団 法 人 への 移 行 を 機 に 公 益 法 人 として 果 たすべき 社 会 的 使 命 を 自 覚 し 積 極 的 に 公 益 目 的 事 業 を 展 開 していく 平 成 24 年 に 入 ってからの 我

More information

第5号議案 平成24年度事業計画及び予算案

第5号議案 平成24年度事業計画及び予算案 平 成 24 年 度 事 業 計 画 1. 租 研 をめぐる 環 境 わが 国 は 内 外 の 経 済 社 会 構 造 の 激 しい 変 化 の 中 で 短 期 中 長 期 共 に 多 くの 問 題 に 直 面 し ている 昨 年 発 生 した 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 については 政 府 による 復 興 対 策 や 税 制 特 例 措 置 等 により 今 後 の 日 本 経

More information

用 途 地 域 等 に 関 す る 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 4 月 昭 島 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 地 域 の 自 主 性 及 び 自 立 性 を 高 めるための 改 革 の 推 進 を 図 る ための 関 係 法 律 の 整 備 に 関 する 法 律 ( 分 権 一 括 法 ) の 公 布 に 伴 い 都 市 計 画 法 が 一 部 改 正

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC82518253944E93788E968BC68C7689E62E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC82518253944E93788E968BC68C7689E62E646F63> 平 成 24 年 度 事 業 計 画 社 団 法 人 全 国 競 輪 施 行 者 協 議 会 方 針 我 が 国 の 経 済 は 東 日 本 大 震 災 や 世 界 的 金 融 危 機 などの 影 響 を 受 け 未 だに 景 気 回 復 が 見 えない 状 況 が 続 いている 競 輪 業 界 においても 競 輪 の 認 知 度 向 上 新 た な 市 場 創 設 に 向 けた 企 画 立 案 等

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798E9197BF33817A95BD90AC3235944E93784F4356428A438A4F8376838D8382815B835683878393205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798E9197BF33817A95BD90AC3235944E93784F4356428A438A4F8376838D8382815B835683878393205B8CDD8AB78382815B83685D> 資 料 3 平 成 25 年 度 OCVB 海 外 誘 客 プロモーション 報 告 日 時 : 平 成 26 年 3 月 7 日 ( 金 ) 場 所 : 自 治 会 館 大 会 議 室 来 沖 外 国 人 観 光 客 数 の 推 移 過 去 5 年 間 外 国 人 来 沖 観 光 客 入 域 数 の 推 移 600000 平 成 25 年 ( 暦 年 ) 550,800 人! 400000 200000

More information

名 古 屋 地 区 平 成 27 年 10 月 7 日 ( 水 ) 大 阪 地 区 平 成 27 年 10 月 20 日 ( 火 ) 広 島 地 区 平 成 27 年 11 月 20 日 ( 金 ) 福 岡 地 区 平 成 27 年 11 月 19 日 ( 木 ) 2 提 案 型 受 入 体 制 整

名 古 屋 地 区 平 成 27 年 10 月 7 日 ( 水 ) 大 阪 地 区 平 成 27 年 10 月 20 日 ( 火 ) 広 島 地 区 平 成 27 年 11 月 20 日 ( 金 ) 福 岡 地 区 平 成 27 年 11 月 19 日 ( 木 ) 2 提 案 型 受 入 体 制 整 平 成 27 年 度 事 業 報 告 1 宣 伝 紹 介 事 業 山 口 県 観 光 の 紹 介 宣 伝 観 光 客 誘 致 のため 次 の 事 業 を 行 った (1)Webサイト 強 化 及 び 情 報 更 新 業 務 の 実 施 約 1,514 万 ページビュー( 平 成 27 年 4 月 ~ 平 成 28 年 3 月 ) 山 口 県 観 光 情 報 データベースの 更 新 地 域 情 報 書

More information

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉 第 3 期 障 がい 者 就 労 支 援 推 進 計 画 北 海 道 働 く 障 がい 者 応 援 プラン 第 Ⅲ 章 の 概 要 第 1 計 画 の 基 本 事 項 1 計 画 策 定 の 趣 旨 北 海 道 障 がい 者 及 び 障 がい 児 の 権 利 擁 護 並 びに 障 がい 者 及 び 障 がい 児 が 暮 ら しやすい 地 域 づくりの 推 進 に 関 する 条 例 ( 以 下 北 海

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 報 道 関 係 者 各 位 2015 年 9 月 1 日 推 進 室 いよいよ9 月 24 日 から 開 催! ~ 動 く 感 じる 旅 になる ~ 2015 開 催 日 時 :2015 年 9 月 24 日 ( 木 )~9 月 27 日 ( 日 ) 会 場 : 東 京 ビッグサイト 東 展 示 棟 会 議 棟 レセプションホール 東 京 丸 の 内 公 益 社 団 法 人 日 本 観 光 振 興

More information

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 概 要 ) Ⅰ 策 定 の 趣 旨 今 後 の 我 が 国 の 防 衛 の 在 り 方 について 国 家 安 全 保 障 戦 略 (NSS) を 踏 まえ 新 たな 指 針 を 示 す Ⅱ 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 グローバルな 安 全 保 障 環 境 国 家 間 の 相 互 依 存 関 係 が

More information

島 根 大 学 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 法 文 学 部 は, 尐 子 高 齢 化 過 疎 化 が 深 刻 な 問 題 と な る 一 方, 豊 か な 自 然 や 文 化 を 有 し て い る 山 陰 地 域 唯 一 の 人 文 科 学 社 会 科 学

島 根 大 学 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 法 文 学 部 は, 尐 子 高 齢 化 過 疎 化 が 深 刻 な 問 題 と な る 一 方, 豊 か な 自 然 や 文 化 を 有 し て い る 山 陰 地 域 唯 一 の 人 文 科 学 社 会 科 学 島 根 大 学 法 文 学 部 1. 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 1-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 1-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 1-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 1-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 1-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 1-10 分 析 項 目 Ⅴ 進 路 就 職 の

More information

OTMムンバイ

OTMムンバイ インドにおける 観 光 プロモーション 事 業 参 加 について 報 告 書 財 団 法 人 自 治 体 国 際 化 協 会 シンガポール 事 務 所 CLAIRシンガポール 事 務 所 では 2012 年 2 月 に 行 われた 観 光 庁 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO) のインドにおける 観 光 プロモーション( 旅 行 会 社 向 けセミナーおよび 旅 行 フェア)に 参 加 し 日

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

(2) 教 育 の 実 施 体 制 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 引 き 続 き 学 術 院 及 び 人 事 調 整 委 員 会 が 中 心 となり 人 事 活 性 化 大 綱 人 事 計 画 策 定 指 針 に 基 づき 教 育 プログラムの 目 的 に 即 した

(2) 教 育 の 実 施 体 制 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 引 き 続 き 学 術 院 及 び 人 事 調 整 委 員 会 が 中 心 となり 人 事 活 性 化 大 綱 人 事 計 画 策 定 指 針 に 基 づき 教 育 プログラムの 目 的 に 即 した 平 成 23 年 度 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 年 度 計 画 Ⅰ 大 学 の 教 育 研 究 等 の 質 の 向 上 に 関 する 目 標 を 達 成 するためにとるべき 措 置 1 教 育 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 (1) 教 育 の 内 容 及 び 教 育 の 成 果 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 学 士 課

More information