<4D F736F F D B83578F4390B E797748CA E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A E646F63>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63>"

Transcription

1 千 葉 県 用 途 地 域 指 定 基 準 千 葉 県 県 土 整 備 部 都 市 計 画 課 平 成 22 年 4 月

2 - 目 次 - 1. 用 途 地 域 指 定 の 目 的 1 2. 用 途 地 域 指 定 の 基 本 方 針 1 3. 土 地 利 用 と 用 途 地 域 の 指 定 方 針 2 (1) 住 宅 地 (2) 商 業 地 (3) 工 業 地 (4) 幹 線 道 路 の 沿 道 等 (5)その 他 用 途 地 域 に 関 する 指 定 基 準 6 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 第 二 種 低 層 住 居 専 用 地 域 第 一 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 第 二 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 第 一 種 住 居 地 域 第 二 種 住 居 地 域 準 住 居 地 域 近 隣 商 業 地 域 商 業 地 域 準 工 業 地 域 工 業 地 域 工 業 専 用 地 域 用 途 地 域 の 変 更 時 期 用 途 地 域 の 指 定 に 当 たっての 留 意 事 項 30 (1) 用 途 地 域 の 区 域 界 (2) 配 置 及 び 規 模 の 特 例 30 30

3 千 葉 県 用 途 地 域 指 定 基 準 1. 用 途 地 域 指 定 の 目 的 用 途 地 域 は 将 来 の 目 指 すべき 市 街 地 の 姿 を 実 現 するため 建 築 物 の 用 途 形 態 等 を 制 限 し 適 正 かつ 合 理 的 な 土 地 利 用 を 誘 導 することにより 機 能 的 な 都 市 活 動 の 確 保 と 安 全 で 良 好 な 都 市 環 境 の 形 成 を 図 り もって 持 続 可 能 な 都 市 の 形 成 を 目 的 とする 2. 用 途 地 域 指 定 の 基 本 方 針 (1) 用 途 地 域 は 都 市 計 画 法 第 6 条 の2 第 1 項 の 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 以 下 都 市 計 画 区 域 マスタープラン という ) 及 び 都 市 計 画 法 第 18 条 の2 第 1 項 の 市 町 村 の 都 市 計 画 に 関 する 基 本 的 な 方 針 ( 以 下 市 町 村 マスタープラン という )などの 目 指 すべき 市 街 地 像 を 踏 まえて 定 めるものとする (2) 用 途 地 域 は 地 域 の 土 地 利 用 の 現 状 と 動 向 道 路 等 の 公 共 施 設 の 整 備 状 況 円 滑 な 道 路 交 通 の 確 保 これまでの 用 途 地 域 指 定 の 経 緯 住 環 境 への 影 響 隣 接 する 用 途 地 域 との 整 合 などを 総 合 的 に 勘 案 し 定 めるものとする (3) 特 に 用 途 地 域 の 見 直 しに 当 たっては 今 後 の 土 地 利 用 の 転 換 や 地 域 のニー ズに 配 慮 するとともに 周 辺 環 境 や 景 観 を 十 分 に 勘 案 し 市 街 地 開 発 事 業 や 道 路 等 の 公 共 施 設 の 整 備 の 状 況 を 踏 まえ 適 切 な 時 期 に 行 うものとする (4) 市 街 地 開 発 事 業 等 の 実 施 により 土 地 利 用 の 転 換 が 見 込 まれる 地 区 につい ては 建 築 物 が 建 築 されることにより 将 来 の 都 市 基 盤 施 設 の 計 画 的 な 整 備 に 支 障 を 及 ぼす 場 合 暫 定 用 途 地 域 の 指 定 を 行 うなど 事 業 の 進 捗 にあ わせて 段 階 的 な 用 途 地 域 の 変 更 を 行 う (5) 用 途 地 域 と 地 区 計 画 を 併 せて 定 めることで 詳 細 な 土 地 利 用 の 規 制 と 誘 導 を 行 い 地 域 の 実 情 に 応 じたきめ 細 かな 市 街 地 環 境 と 良 好 な 景 観 の 形 成 に 努 めるものとする (6) 用 途 地 域 と 特 別 用 途 地 区 や 高 度 地 区 防 火 地 域 又 は 準 防 火 地 域 等 その 他 の 地 域 地 区 を 併 せて 定 めることにより 良 好 な 市 街 地 環 境 と 景 観 の 形 成 に 努 めるものとする 1

4 3. 土 地 利 用 と 用 途 地 域 の 指 定 方 針 (1) 住 宅 地 住 宅 地 は 土 地 利 用 の 現 況 及 び 動 向 を 勘 案 し 住 居 の 環 境 の 悪 化 をもたらす おそれのある 施 設 の 混 在 を 防 止 し 住 居 の 専 用 性 を 高 めるなど 住 居 の 環 境 を 保 護 することが 望 ましい 住 宅 地 における 用 途 地 域 は 当 該 地 域 における 地 形 等 の 自 然 条 件 都 市 施 設 の 整 備 状 況 義 務 教 育 施 設 を 中 心 とする 住 区 構 成 市 街 化 の 動 向 並 びに 建 築 物 の 用 途 建 ぺい 率 及 び 容 積 率 等 の 現 況 などを 考 慮 して 定 めるものとし 不 適 格 建 築 物 の 分 布 状 況 今 後 の 開 発 動 向 及 び 隣 接 する 用 途 地 域 との 整 合 についても 考 慮 して 次 のように 定 める ア 良 好 な 住 居 の 環 境 を 有 する 低 層 住 宅 地 の 形 成 を 図 る 地 域 については 原 則 として 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 を 定 める また 住 民 の 日 常 の 利 便 性 に 配 慮 し 小 規 模 な 日 用 品 販 売 店 舗 等 の 立 地 を 許 容 する 地 域 については 第 二 種 低 層 住 居 専 用 地 域 を 定 める イ 良 好 な 住 居 の 環 境 を 有 する 中 高 層 住 宅 地 の 形 成 を 図 る 地 域 については 原 則 として 第 一 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 を 定 める また 住 民 の 日 常 の 利 便 性 に 配 慮 し 中 規 模 な 店 舗 等 の 立 地 を 許 容 する 地 域 については 第 二 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 を 定 める ウ その 他 の 住 居 の 環 境 を 保 護 する 住 宅 地 については 原 則 として 第 一 種 住 居 地 域 を 定 める また 住 居 の 環 境 を 保 護 する 住 宅 地 において 住 居 と 比 較 的 規 模 の 大 き な 店 舗 や 事 務 所 等 の 併 存 を 図 る 地 域 については 第 二 種 住 居 地 域 を 定 める エ 幹 線 道 路 等 の 沿 道 の 住 宅 地 で 用 途 の 広 範 な 混 在 を 防 止 しつつ 住 居 と 併 せ 自 動 車 関 連 施 設 等 の 道 路 の 沿 道 にふさわしい 商 業 業 務 の 用 に 供 する 地 域 については 準 住 居 地 域 を 定 める 第 一 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 第 二 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 第 一 種 住 居 地 域 第 二 種 住 居 地 域 及 び 準 住 居 地 域 において 特 に 日 照 等 を 考 慮 する 必 要 のある 場 合 は 高 度 地 区 を 併 せて 定 めることが 望 ましい 第 一 種 住 居 地 域 及 び 第 二 種 住 居 地 域 において 特 に 教 育 環 境 の 保 護 を 図 るべ き 地 域 については 必 要 に 応 じ 特 別 用 途 地 区 ( 文 教 地 区 等 )を 併 せて 定 める ことが 望 ましい (2) 商 業 地 商 業 地 における 用 途 地 域 は 都 市 における 商 業 業 務 機 能 の 適 性 な 構 成 を 図 る 観 点 から 交 通 ネットワークの 形 成 との 関 係 を 考 慮 しつつ 商 業 地 の 位 置 づけ に 応 じて 業 務 等 に 必 要 な 空 間 も 含 め 適 正 な 規 模 及 び 配 置 となるよう 次 のように 定 める 2

5 ア 商 業 業 務 等 の 用 途 に 純 化 した 地 域 及 び 都 市 の 拠 点 としての 位 置 づけが あり 都 市 基 盤 施 設 の 整 備 の 状 況 から 商 業 業 務 の 集 積 を 図 り 利 便 性 を 増 進 すべき 地 域 については 原 則 として 商 業 地 域 を 定 める イ 住 宅 地 に 近 接 し 近 隣 住 民 の 日 常 の 利 便 性 を 増 進 するため 店 舗 や 事 務 所 の 立 地 を 図 る 地 域 や 隣 接 する 住 宅 地 との 環 境 の 調 和 を 図 る 必 要 がある 地 域 については 原 則 として 近 隣 商 業 地 域 を 定 める ウ 商 業 地 域 近 隣 商 業 地 域 ともに 用 途 の 純 化 の 観 点 からその 規 模 が 過 大 とならないよう 定 める 商 業 地 における 用 途 地 域 には 原 則 として 防 火 地 域 又 は 準 防 火 地 域 を 併 せて 定 める (3) 工 業 地 工 業 地 における 用 途 地 域 は 工 業 生 産 活 動 の 増 進 公 害 の 発 生 の 防 止 等 を 勘 案 し 交 通 ネットワークとの 関 係 を 考 慮 しつつ 流 通 業 務 施 設 等 に 必 要 な 空 間 も 含 め 適 正 な 規 模 及 び 配 置 となるよう 次 のように 定 める ア 住 宅 と 工 業 等 の 混 在 を 排 除 することが 困 難 又 は 不 適 当 と 認 められる 区 域 で 環 境 の 悪 化 をもたらすおそれのない 軽 工 業 等 の 工 業 の 利 便 性 の 増 進 を 図 る 地 域 については 原 則 として 準 工 業 地 域 を 定 める イ 工 業 の 利 便 性 の 増 進 を 図 る 地 域 であり 住 宅 や 店 舗 等 の 混 在 を 排 除 する ことが 困 難 又 は 不 適 当 な 工 業 地 については 原 則 として 工 業 地 域 を 定 める ウ 工 場 等 の 集 積 が 著 しく 住 宅 や 店 舗 等 の 混 在 をなくし 工 業 に 特 化 した 工 業 の 利 便 性 の 増 進 を 図 る 工 業 地 及 び 工 業 団 地 等 計 画 的 に 開 発 する 工 業 地 については 原 則 として 工 業 専 用 地 域 を 定 める 特 に 公 害 防 止 上 必 要 のある 場 合 は 必 要 に 応 じ 特 別 用 途 地 区 ( 特 別 工 業 地 区 等 )を 併 せて 定 めることが 望 ましい (4) 幹 線 道 路 の 沿 道 等 幹 線 道 路 の 沿 道 としてふさわしい 業 務 等 の 利 便 性 の 増 進 を 図 る 地 域 において 幹 線 道 路 の 整 備 状 況 や 周 辺 土 地 利 用 の 現 状 と 動 向 を 勘 案 し 地 域 の 実 情 に 応 じ 後 背 地 の 環 境 に 配 慮 した 土 地 利 用 が 図 られるよう 適 切 に 配 置 する 幹 線 道 路 の 沿 道 地 域 については 当 該 沿 道 が 道 路 を 通 行 するものに 利 用 され 背 後 の 地 域 と 異 なった 土 地 利 用 を 行 うことが 適 当 な 場 合 があること 道 路 交 通 騒 音 の 著 しい 又 は 著 しくなることが 予 想 される 地 域 もあることなどを 踏 まえ 土 地 利 用 の 現 況 及 び 動 向 後 背 地 域 の 土 地 利 用 との 調 和 道 路 の 整 備 状 況 円 滑 な 道 路 交 通 の 確 保 などを 勘 案 して 用 途 地 域 を 定 める この 場 合 地 域 の 実 情 に 応 じ 用 途 地 域 の 区 域 を 路 線 的 に 定 めても 差 し 支 えない 3

6 1 幹 線 道 路 沿 道 幹 線 道 路 の 沿 道 としてふさわしい 業 務 等 の 利 便 性 の 増 進 を 図 る 地 域 におい て 地 域 の 特 性 に 応 じ 準 住 居 地 域 近 隣 商 業 地 域 商 業 地 域 準 工 業 地 域 のうちから 適 切 な 用 途 地 域 を 定 める 自 動 車 関 連 施 設 等 の 沿 道 サービス 施 設 の 立 地 を 図 る 地 域 においては 準 住 居 地 域 又 は 準 工 業 地 域 を 定 めることとし このうちあわせて 住 環 境 の 保 全 を 図 る 地 域 については 準 住 居 地 域 を 定 める また 幹 線 道 路 沿 道 で 環 境 保 全 に 十 分 配 慮 されることなどにより 道 路 交 通 騒 音 が 環 境 基 準 を 超 過 していない 又 はそのおそれが 無 い 場 合 は 第 一 種 住 居 地 域 第 二 種 住 居 地 域 のうちから 適 切 な 用 途 地 域 を 定 めることができ る なお 幹 線 道 路 とは 広 域 圏 相 互 を 連 絡 するとともに 広 域 圏 や 都 市 の 骨 格 を 形 成 する 道 路 で 高 速 自 動 車 国 道 一 般 国 道 主 要 地 方 道 一 部 の 一 般 県 道 や 幹 線 市 町 村 道 が 該 当 する 2 補 助 幹 線 道 路 沿 道 補 助 幹 線 道 路 の 沿 道 として 近 隣 住 民 の 日 常 の 利 便 性 及 び 道 路 沿 道 として の 利 便 性 の 増 進 を 図 るべき 地 域 については 地 域 の 特 性 に 応 じ 第 二 種 低 層 住 居 専 用 地 域 第 二 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 第 一 種 住 居 地 域 のうちから 適 切 な 用 途 地 域 を 定 める ただし 道 路 沿 道 で 騒 音 等 の 環 境 上 の 問 題 がある 地 域 においては 住 居 専 用 地 域 を 定 めないこととする なお 補 助 幹 線 道 路 とは 幹 線 道 路 を 補 完 し 幹 線 道 路 と 区 画 道 路 を 連 絡 し 交 通 を 集 散 させる 機 能 を 持 つ 道 路 で 一 部 の 主 要 地 方 道 一 般 県 道 幹 線 市 町 村 道 が 該 当 する 3 鉄 道 沿 線 鉄 道 沿 線 については 騒 音 等 の 問 題 に 配 慮 し 原 則 として 住 居 専 用 地 域 を 定 めない ただし 鉄 道 の 構 造 が 掘 割 式 や 地 下 式 等 の 場 合 又 は 都 市 施 設 である 公 園 緑 地 等 が 緩 衝 帯 としての 役 割 を 果 たす 場 合 など 近 隣 の 住 環 境 に 支 障 がない 場 合 は 周 辺 の 用 途 地 域 に 併 せ 住 居 専 用 地 域 を 定 めることができる (5)その 他 1 流 通 業 務 用 地 流 通 業 務 用 地 は 都 市 内 の 各 地 域 に 対 して 物 資 の 集 配 を 行 うに 適 切 な 位 置 にあって 卸 売 市 場 トラックターミナル 倉 庫 修 理 加 工 工 場 等 の 流 通 関 連 施 設 の 集 中 立 地 を 図 るべき 地 域 について 配 置 する 流 通 業 務 用 地 については 地 区 内 の 工 業 住 宅 店 舗 等 の 混 在 や 周 囲 の 土 地 利 用 の 状 況 を 勘 案 するとともに 周 辺 地 区 との 環 境 の 調 和 に 配 慮 し 流 通 業 務 の 利 便 性 の 増 進 を 図 るべく 準 工 業 地 域 を 定 める 4

7 2 文 教 施 設 用 地 学 校 図 書 館 その 他 の 教 育 施 設 の 立 地 を 図 る 地 域 及 びその 周 辺 の 地 域 の うち 特 に 教 育 環 境 の 保 護 を 図 る 地 域 については 施 設 の 内 容 や 規 模 周 囲 の 土 地 利 用 の 状 況 に 勘 案 するとともに 周 辺 地 区 との 環 境 の 調 和 に 配 慮 し 住 居 専 用 地 域 第 一 種 住 居 地 域 第 二 種 住 居 地 域 から 適 切 な 用 途 地 域 を 定 め る 5

8 4. 用 途 地 域 に 関 する 指 定 基 準 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 (1) 指 定 すべき 区 域 ア 良 好 な 低 層 の 住 環 境 を 保 護 する 区 域 又 は 良 好 な 住 居 の 環 境 を 有 する 低 層 住 宅 地 の 形 成 を 図 る 区 域 イ 土 地 区 画 整 理 事 業 などの 市 街 地 開 発 事 業 地 区 計 画 等 により 面 的 に 公 共 施 設 を 整 備 し 新 たに 計 画 的 に 市 街 化 を 図 るべき 区 域 (2) 配 置 規 模 の 基 準 ア 原 則 として 規 模 はおおむね10ha 以 上 とし 不 整 形 でないこと イ 他 の 住 居 専 用 地 域 に 隣 接 している 場 合 は 一 団 として 扱 い 区 域 全 体 の 規 模 はおおむね10ha 以 上 であり かつ 当 該 用 途 地 域 もおおむね2ha 以 上 で 整 形 であること ウ 原 則 として 商 業 地 域 工 業 地 域 又 は 工 業 専 用 地 域 とは 接 して 定 めな いこと ただし 以 下 の 場 合 においては 接 して 指 定 することができる a 都 市 施 設 である 公 園 や 緑 地 地 区 計 画 等 により 確 保 される 緑 地 帯 及 び 地 形 等 が 緩 衝 的 な 役 割 を 果 たす 場 合 b 地 区 計 画 等 及 び 特 別 用 途 地 区 により 接 する 区 域 に 必 要 な 制 限 がな される 場 合 などであって 当 該 地 域 の 良 好 な 住 居 の 環 境 の 保 護 に 支 障 がないと 認 められる 場 合 エ 原 則 として 幹 線 道 路 沿 道 及 び 鉄 道 沿 線 航 空 機 騒 音 障 害 防 止 地 区 内 など 騒 音 等 の 環 境 上 の 問 題 がある 区 域 には 定 めないこと (3) 建 築 物 の 高 さの 最 高 限 度 建 築 物 の 高 さの 最 高 限 度 について 10m 又 は12mに 指 定 する (4) 建 築 物 の 壁 面 の 後 退 距 離 建 築 物 の 壁 面 の 後 退 距 離 について 必 要 に 応 じ1m 又 は1.5mに 指 定 することができる (5) 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 について 必 要 に 応 じ200m2 以 内 の 範 囲 内 におい て 指 定 することができる (6) 他 の 地 域 地 区 等 低 層 住 宅 地 の 良 好 な 住 環 境 の 保 全 を 図 るため 地 区 計 画 等 を 定 めること が 望 ましい 6

9 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 指 定 標 準 指 定 区 域 建 ぺい 率 容 積 率 高 さの 最 高 限 度 (m) 良 好 な 低 層 の 住 環 境 を 保 護 する 区 域 又 は 良 好 な 住 居 の 環 境 を 有 する 低 層 住 宅 地 の 形 成 を 図 るべ き 区 域 ( 標 準 ) 優 れた 低 層 の 住 環 境 を 保 護 する 区 域 又 は 新 たに 計 画 的 市 街 地 を 図 るべき 区 域 良 好 な 低 層 の 住 環 境 を 維 持 しつつ 土 地 の 有 効 利 用 を 図 るべき 区 域 のうち 必 要 な 公 共 施 設 が 整 備 された 区 域 一 体 的 計 画 的 に 整 備 される 低 層 集 合 住 宅 地 等 の 区 域 土 地 区 画 整 理 事 業 等 の 市 街 地 開 発 事 業 地 区 計 画 等 により 面 的 に 公 共 施 設 を 整 備 して 新 たに 計 画 的 に 市 街 化 を 図 るべき 区 域 ( 暫 定 用 途 地 域 )

10 第 二 種 低 層 住 居 専 用 地 域 (1) 指 定 すべき 区 域 ア 良 好 な 住 居 の 環 境 を 有 する 低 層 住 宅 地 において 住 民 の 日 常 の 利 便 性 に 配 慮 し 小 規 模 な 日 用 品 販 売 店 舗 等 の 立 地 を 許 容 する 区 域 イ 補 助 幹 線 道 路 沿 道 で 利 便 施 設 の 立 地 を 許 容 しつつ 良 好 な 住 環 境 の 保 全 を 図 るべき 区 域 ウ 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 では 建 築 できない 建 築 物 の 混 在 がみられる 住 宅 地 で 将 来 とも 低 層 住 宅 地 とすべき 区 域 (2) 配 置 規 模 の 基 準 ア 原 則 として 規 模 はおおむね10ha 以 上 とし 不 整 形 でないこと イ 他 の 住 居 専 用 地 域 に 隣 接 している 場 合 は 一 団 として 扱 い 区 域 全 体 の 規 模 はおおむね10ha 以 上 であり かつ 当 該 用 途 地 域 もおおむね2ha 以 上 で 整 形 であること ウ 補 助 幹 線 道 路 沿 道 に 路 線 的 に 定 めることができる この 場 合 規 模 の 規 定 を 設 けない エ 原 則 として 商 業 地 域 工 業 地 域 又 は 工 業 専 用 地 域 とは 接 して 定 めな いこと ただし 以 下 の 場 合 においては 接 して 指 定 することができる a 都 市 施 設 である 公 園 や 緑 地 地 区 計 画 等 により 確 保 される 緑 地 帯 及 び 地 形 等 が 緩 衝 的 な 役 割 を 果 たす 場 合 b 地 区 計 画 等 及 び 特 別 用 途 地 区 により 接 する 区 域 に 必 要 な 制 限 がな される 場 合 などであって 当 該 地 域 の 良 好 な 住 居 の 環 境 の 保 護 に 支 障 がないと 認 められる 場 合 オ 原 則 として 幹 線 道 路 沿 道 及 び 鉄 道 沿 線 航 空 機 騒 音 障 害 防 止 地 区 内 など 騒 音 等 の 環 境 上 の 問 題 がある 区 域 には 定 めないこと (3) 建 築 物 の 高 さの 最 高 限 度 建 築 物 の 高 さの 最 高 限 度 について 10m 又 は12mに 指 定 する (4) 建 築 物 の 壁 面 の 後 退 距 離 建 築 物 の 壁 面 の 後 退 距 離 について 必 要 に 応 じ1m 又 は1.5mに 指 定 することができる (5) 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 について 必 要 に 応 じ200m2 以 内 の 範 囲 内 におい て 指 定 することができる (6) 他 の 地 域 地 区 等 低 層 住 宅 地 の 良 好 な 住 環 境 の 保 全 を 図 るため 地 区 計 画 等 を 定 めること が 望 ましい 8

11 第 二 種 低 層 住 居 専 用 地 域 指 定 標 準 指 定 区 域 建 ぺい 率 容 積 率 高 さの 最 高 限 度 (m) 良 好 な 住 居 の 環 境 を 有 する 低 層 住 宅 地 において 住 民 の 日 常 の 利 便 性 に 配 慮 し 小 規 模 な 日 用 品 販 売 店 舗 等 の 立 地 を 許 容 する 区 域 ( 標 準 ) 優 れた 住 居 の 環 境 を 有 する 低 層 住 宅 地 において 住 民 の 日 常 の 利 便 性 に 配 慮 し 小 規 模 な 日 用 品 販 売 店 舗 等 の 立 地 を 許 容 する 区 域 良 好 な 低 層 の 住 環 境 を 維 持 しつつ 小 規 模 な 日 用 品 販 売 店 舗 等 の 立 地 を 許 容 し 土 地 の 有 効 利 用 を 図 るべき 区 域 のうち 必 要 な 公 共 施 設 が 整 備 され た 区 域 一 体 的 計 画 的 に 整 備 される 低 層 集 合 住 宅 地 等 の 区 域 で 小 規 模 な 日 用 品 販 売 店 舗 等 の 立 地 を 許 容 する 区 域 補 助 幹 線 道 路 沿 道 で 利 便 施 設 の 立 地 を 許 容 しつ つ 良 好 な 住 環 境 の 保 全 を 図 るべき 区 域 9

12 第 一 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 (1) 指 定 すべき 区 域 ア 良 好 な 中 高 層 の 住 環 境 を 保 護 する 区 域 又 は 良 好 な 住 居 の 環 境 を 有 す る 中 高 層 住 宅 地 の 形 成 を 図 る 区 域 イ 第 二 種 低 層 住 居 専 用 地 域 では 建 築 できない 建 築 物 の 混 在 がみられる 既 存 の 住 宅 地 で 将 来 とも 住 宅 地 とすべき 区 域 (2) 配 置 規 模 の 基 準 ア 原 則 として 規 模 はおおむね5ha 以 上 とし 不 整 形 でないこと なお 異 なる 建 ぺい 率 容 積 率 を 定 める 場 合 は おおむね2ha 以 上 と する イ 他 の 住 居 専 用 地 域 に 隣 接 している 場 合 は 一 団 として 扱 い 区 域 全 体 の 規 模 はおおむね5ha 以 上 であり かつ 当 該 用 途 地 域 もおおむね2ha 以 上 で 整 形 であること ウ 原 則 として 商 業 地 域 工 業 地 域 又 は 工 業 専 用 地 域 とは 接 して 定 めな いこと ただし 以 下 の 場 合 においては 接 して 指 定 することができる a 都 市 施 設 である 公 園 や 緑 地 地 区 計 画 等 により 確 保 される 緑 地 帯 及 び 地 形 等 が 緩 衝 的 な 役 割 を 果 たす 場 合 b 地 区 計 画 等 及 び 特 別 用 途 地 区 により 接 する 区 域 に 必 要 な 制 限 がな される 場 合 などであって 当 該 地 域 の 良 好 な 住 居 の 環 境 の 保 護 に 支 障 がないと 認 められる 場 合 エ 原 則 として 幹 線 道 路 沿 道 及 び 鉄 道 沿 線 航 空 機 騒 音 障 害 防 止 地 区 内 など 騒 音 等 の 環 境 上 の 問 題 がある 区 域 には 定 めないこと (3) 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 について 必 要 に 応 じ200m2 以 内 の 範 囲 内 におい て 指 定 することができる (4) 他 の 地 域 地 区 等 ア 日 照 等 を 考 慮 し 高 度 地 区 を 定 めることが 望 ましい イ 良 好 な 住 環 境 の 保 全 を 図 るため 地 区 計 画 等 を 定 めることが 望 ましい エ 容 積 率 300%を 定 める 場 合 は 防 火 地 域 又 は 準 防 火 地 域 の 指 定 に 努 めるものとする 10

13 第 一 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 指 定 標 準 指 定 区 域 良 好 な 中 高 層 の 住 環 境 を 保 護 する 区 域 又 は 良 好 な 住 居 の 環 境 を 有 する 中 高 層 住 宅 地 の 形 成 を 図 るべき 区 域 ( 標 準 ) 建 ぺい 率 容 積 率 優 れた 中 高 層 の 住 環 境 を 保 護 する 区 域 又 は 優 れた 住 居 の 環 境 を 有 する 中 高 層 住 宅 地 の 形 成 を 図 るべき 区 域 鉄 道 駅 の 徒 歩 圏 等 で 土 地 の 高 度 利 用 を 図 るべき 区 域 の うち 必 要 な 公 共 施 設 が 整 備 された 又 は 整 備 されること が 確 実 であり かつ 地 区 計 画 等 により 良 好 な 住 環 境 が 誘 導 される 区 域

14 第 二 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 (1) 指 定 すべき 区 域 ア 良 好 な 住 居 の 環 境 を 有 する 中 高 層 住 宅 地 において 住 民 の 日 常 の 利 便 性 に 配 慮 し 中 規 模 な 店 舗 等 の 立 地 を 許 容 する 区 域 イ 補 助 幹 線 道 路 沿 道 で 利 便 施 設 の 立 地 を 許 容 しつつ 良 好 な 住 環 境 の 保 全 を 図 るべき 区 域 ウ 第 一 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 では 建 築 できない 建 築 物 の 混 在 がみられる 住 宅 地 で 将 来 とも 住 宅 地 とすべき 区 域 (2) 配 置 規 模 の 基 準 ア 原 則 として 規 模 はおおむね5ha 以 上 とし 不 整 形 でないこと なお 異 なる 建 ぺい 率 容 積 率 を 定 める 場 合 は おおむね2ha 以 上 と する イ 第 一 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 及 び 他 の 住 居 専 用 地 域 に 隣 接 している 場 合 は 一 団 として 扱 い 区 域 全 体 の 規 模 はおおむね5ha 以 上 であり かつ 当 該 用 途 地 域 もおおむね2ha 以 上 で 整 形 であること ウ 補 助 幹 線 道 路 沿 道 に 路 線 的 に 定 めることができる この 場 合 規 模 の 規 定 を 設 けない エ 原 則 として 商 業 地 域 工 業 地 域 又 は 工 業 専 用 地 域 とは 接 して 定 めな いこと ただし 以 下 の 場 合 においては 接 して 指 定 することができる a 都 市 施 設 である 公 園 や 緑 地 地 区 計 画 等 により 確 保 される 緑 地 帯 及 び 地 形 等 が 緩 衝 的 な 役 割 を 果 たす 場 合 b 地 区 計 画 等 及 び 特 別 用 途 地 区 により 接 する 区 域 に 必 要 な 制 限 が なされる 場 合 などであって 当 該 地 域 の 良 好 な 住 居 の 環 境 の 保 護 に 支 障 がないと 認 められる 場 合 オ 原 則 として 幹 線 道 路 沿 道 及 び 鉄 道 沿 線 航 空 機 騒 音 障 害 防 止 地 区 内 など 騒 音 等 の 環 境 上 の 問 題 がある 区 域 には 定 めないこと (3) 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 について 必 要 に 応 じ200m2 以 内 の 範 囲 内 におい て 指 定 することができる (4) 他 の 地 域 地 区 等 ア 日 照 等 を 考 慮 し 高 度 地 区 を 定 めることが 望 ましい イ 良 好 な 住 環 境 の 保 全 を 図 るため 地 区 計 画 等 を 定 めることが 望 ましい ウ 容 積 率 300%を 定 める 場 合 は 防 火 地 域 又 は 準 防 火 地 域 の 指 定 に 努 めるものとする 12

15 第 二 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 指 定 標 準 指 定 区 域 良 好 な 住 居 の 環 境 を 有 する 中 高 層 住 宅 地 において 住 民 の 日 常 の 利 便 性 に 配 慮 し 中 規 模 な 店 舗 等 の 立 地 を 許 容 する 区 域 ( 標 準 ) 建 ぺい 率 容 積 率 優 れた 住 居 の 環 境 を 有 する 中 高 層 住 宅 地 において 住 民 の 日 常 の 利 便 性 に 配 慮 し 中 規 模 な 店 舗 等 の 立 地 を 許 容 する 区 域 鉄 道 駅 の 徒 歩 圏 や 補 助 幹 線 道 路 の 沿 道 等 で 良 好 な 住 居 の 環 境 を 有 する 中 高 層 住 宅 地 において 中 規 模 な 店 舗 等 の 立 地 を 許 容 し 土 地 の 高 度 利 用 を 図 るべき 区 域 のうち 必 要 な 公 共 施 設 が 整 備 された 又 は 整 備 されることが 確 実 であり かつ 地 区 計 画 等 により 良 好 な 住 環 境 が 誘 導 され る 区 域

16 第 一 種 住 居 地 域 (1) 指 定 すべき 区 域 ア 比 較 的 大 規 模 な 店 舗 事 務 所 等 の 立 地 を 制 限 しつつ 住 環 境 の 保 護 を 図 る 区 域 イ 幹 線 補 助 幹 線 道 路 沿 道 で 利 便 施 設 の 立 地 を 許 容 する 区 域 鉄 道 沿 線 で 良 好 な 住 環 境 の 保 全 を 図 るべき 区 域 (2) 配 置 規 模 の 基 準 ア 原 則 として 規 模 はおおむね5ha 以 上 とし 不 整 形 でないこと なお 異 なる 建 ぺい 率 容 積 率 を 定 める 場 合 は おおむね2ha 以 上 と する イ 他 の 住 居 地 域 に 隣 接 している 場 合 は 一 団 として 扱 い 区 域 全 体 の 規 模 はおおむね5ha 以 上 であり かつ 当 該 用 途 地 域 もおおむね2ha 以 上 で 整 形 であること ウ 幹 線 道 路 等 沿 道 及 び 鉄 道 沿 線 に 路 線 的 に 定 めることができる この 場 合 規 模 の 規 定 を 設 けない エ 幹 線 道 路 等 沿 道 及 び 鉄 道 沿 線 において 騒 音 が 著 しく 良 好 な 住 環 境 の 確 保 が 困 難 と 考 えられる 区 域 には 定 めないこと ただし 以 下 の 場 合 においては 指 定 することができる a 幹 線 道 路 及 び 鉄 道 の 構 造 ( 掘 割 式 地 下 式 等 )などにより 住 環 境 に 支 障 がない 場 合 地 形 や 公 園 や 緑 地 及 び 地 区 計 画 等 により 確 保 さ れる 緑 地 帯 及 び 地 形 等 が 緩 衝 的 な 役 割 を 果 たす 場 合 b 地 区 計 画 及 び 特 別 用 途 地 区 により 必 要 な 制 限 がなされる 場 合 な どであって 当 該 地 域 の 良 好 な 住 居 の 環 境 の 保 護 に 支 障 がないと 認 められる 場 合 (3) 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 について 必 要 に 応 じ200m2 以 内 の 範 囲 内 におい て 指 定 することができる (4) 他 の 地 域 地 区 等 ア 日 照 等 を 考 慮 する 必 要 のある 場 合 には 高 度 地 区 を 併 せて 定 めること が 望 ましい イ 幹 線 道 路 等 沿 道 及 び 鉄 道 沿 線 に 路 線 的 に 定 める 場 合 周 辺 の 住 環 境 に 配 慮 し 地 区 計 画 等 を 定 めることが 望 ましい ウ 土 地 の 高 度 利 用 を 図 るため 容 積 率 300% 以 上 を 定 める 場 合 は 周 辺 の 住 環 境 に 配 慮 し 良 好 な 住 環 境 が 誘 導 されるよう 地 区 計 画 や 他 の 地 域 地 区 を 定 めることが 望 ましい エ 建 ぺい 率 80% 若 しくは 容 積 率 300% 以 上 を 定 める 場 合 は 建 築 物 の 立 地 状 況 などを 勘 案 し 防 火 地 域 又 は 準 防 火 地 域 の 指 定 に 努 めるもの とする 14

17 第 一 種 住 居 地 域 指 定 標 準 指 定 区 域 比 較 的 大 規 模 な 店 舗 事 務 所 等 の 立 地 を 制 限 しつつ 住 環 境 の 保 護 を 図 る 区 域 ( 標 準 ) 建 ぺい 率 容 積 率 200 幹 線 道 路 等 沿 道 で 利 便 施 設 の 立 地 を 許 容 する 区 域 鉄 道 沿 線 で 良 好 な 住 環 境 の 保 全 を 図 るべき 区 域 比 較 的 大 規 模 な 店 舗 事 務 所 等 の 立 地 を 制 限 しつつ 優 れ た 住 環 境 の 保 護 を 図 る 住 宅 地 の 区 域 密 集 市 街 地 で 道 路 公 園 等 の 基 盤 整 備 を 行 いつつ 建 物 の 更 新 を 図 るなどの 区 域 鉄 道 駅 の 徒 歩 圏 や 幹 線 道 路 の 沿 道 等 で 良 好 な 住 環 境 を 保 全 しつつ 土 地 の 高 度 利 用 を 図 るべき 区 域 で 必 要 な 公 共 施 設 が 整 備 された 又 は 整 備 されることが 確 実 であり かつ 地 区 計 画 等 により 良 好 な 住 環 境 が 誘 導 される 区 域 300 鉄 道 駅 の 徒 歩 圏 や 幹 線 道 路 の 沿 道 等 で 良 好 な 住 環 境 を 保 全 しつつ 特 に 土 地 の 高 度 利 用 を 図 るべき 区 域 のうち 近 隣 商 業 地 域 や 商 業 地 域 から 変 更 を 行 う 等 の 区 域 で 必 要 な 公 共 施 設 が 整 備 された 又 は 整 備 されることが 確 実 であり かつ 地 区 計 画 等 により 良 好 な 住 環 境 が 誘 導 される 区 域

18 第 二 種 住 居 地 域 (1) 指 定 すべき 区 域 ア 大 規 模 な 店 舗 業 務 ビルが 相 当 数 立 地 している 住 宅 地 又 は 住 環 境 の 保 護 を 図 りつつ 大 規 模 施 設 の 立 地 を 許 容 する 区 域 イ 幹 線 道 路 沿 道 で 大 規 模 な 利 便 施 設 の 立 地 を 許 容 する 区 域 ウ 第 一 種 住 居 地 域 では 建 築 できない 建 築 物 の 混 在 がみられる 区 域 で 主 として 住 居 の 環 境 を 保 護 する 必 要 のある 区 域 (2) 配 置 規 模 の 基 準 ア 原 則 として 規 模 はおおむね5ha 以 上 とし 不 整 形 でないこと なお 異 なる 建 ぺい 率 容 積 率 を 定 める 場 合 は おおむね2ha 以 上 と する イ 他 の 住 居 地 域 に 隣 接 している 場 合 は 一 団 として 扱 い 区 域 全 体 の 規 模 はおおむね5ha 以 上 であり かつ 当 該 用 途 地 域 もおおむね2ha 以 上 で 整 形 であること ウ 幹 線 道 路 沿 道 及 び 鉄 道 沿 線 に 路 線 的 に 定 めることができる この 場 合 規 模 の 規 定 を 設 けない エ 幹 線 道 路 沿 道 及 び 鉄 道 沿 線 において 騒 音 が 著 しく 良 好 な 住 環 境 の 確 保 が 困 難 と 考 えられる 区 域 には 定 めないこと ただし 以 下 の 場 合 においては 指 定 することができる a 幹 線 道 路 及 び 鉄 道 の 構 造 ( 掘 割 式 地 下 式 等 )などにより 住 環 境 に 支 障 がない 場 合 地 形 や 公 園 や 緑 地 及 び 地 区 計 画 等 により 確 保 さ れる 緑 地 帯 及 び 地 形 等 が 緩 衝 的 な 役 割 を 果 たす 場 合 b 地 区 計 画 等 及 び 特 別 用 途 地 区 により 必 要 な 制 限 がなされる 場 合 などであって 当 該 地 域 の 良 好 な 住 居 の 環 境 の 保 護 に 支 障 がないと 認 められる 場 合 (3) 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 について 必 要 に 応 じ200m2 以 内 の 範 囲 内 におい て 指 定 することができる (4) 他 の 地 域 地 区 等 ア 日 照 等 を 考 慮 する 必 要 のある 場 合 には 高 度 地 区 を 併 せて 定 めること が 望 ましい イ 幹 線 道 路 沿 道 及 び 鉄 道 沿 線 に 路 線 的 に 定 める 場 合 周 辺 の 住 環 境 に 配 慮 し 地 区 計 画 等 を 定 めることが 望 ましい ウ 土 地 の 高 度 利 用 を 図 るため 容 積 率 300% 以 上 を 定 める 場 合 は 周 辺 の 住 環 境 に 配 慮 し 良 好 な 住 環 境 が 誘 導 されるよう 地 区 計 画 や 他 の 地 域 地 区 を 定 めることが 望 ましい エ 建 ぺい 率 80% 若 しくは 容 積 率 300% 以 上 を 定 める 場 合 は 建 築 物 の 立 地 状 況 などを 勘 案 し 防 火 地 域 又 は 準 防 火 地 域 の 指 定 に 努 めるもの とする 16

19 第 二 種 住 居 地 域 指 定 標 準 指 定 区 域 大 規 模 な 店 舗 業 務 ビルが 相 当 数 立 地 している 住 宅 地 又 は 住 環 境 の 保 護 を 図 りつつ 大 規 模 施 設 の 立 地 を 許 容 する 区 域 ( 標 準 ) 建 ぺい 率 容 積 率 200 幹 線 道 路 沿 道 で 大 規 模 な 利 便 施 設 の 立 地 を 許 容 する 区 域 大 規 模 な 店 舗 業 務 ビルが 相 当 数 立 地 している 中 高 層 住 宅 地 又 は 優 れた 住 環 境 の 保 護 を 図 りつつ 大 規 模 施 設 の 立 地 を 許 容 する 区 域 密 集 市 街 地 で 道 路 公 園 等 の 基 盤 整 備 を 行 いつつ 建 物 の 更 新 を 図 るなどの 区 域 鉄 道 駅 の 徒 歩 圏 や 幹 線 道 路 の 沿 道 等 で 良 好 な 住 環 境 を 保 全 しつつ 土 地 の 高 度 利 用 を 図 るべき 区 域 で 必 要 な 公 共 施 設 が 整 備 された 又 は 整 備 されることが 確 実 であり かつ 地 区 計 画 等 により 良 好 な 住 環 境 が 誘 導 される 区 域 300 鉄 道 駅 の 徒 歩 圏 や 幹 線 道 路 の 沿 道 等 で 良 好 な 住 環 境 を 保 全 しつつ 特 に 土 地 の 高 度 利 用 を 図 るべき 区 域 のうち 近 隣 商 業 地 域 や 商 業 地 域 から 変 更 を 行 う 等 の 区 域 で 必 要 な 公 共 施 設 が 整 備 された 又 は 整 備 されることが 確 実 であり かつ 地 区 計 画 等 により 良 好 な 住 環 境 が 誘 導 される 区 域

20 準 住 居 地 域 (1) 指 定 すべき 区 域 幹 線 道 路 の 沿 道 として 地 域 の 特 性 にふさわしい 業 務 の 利 便 の 増 進 を 図 りつつ これと 調 和 した 住 環 境 を 保 護 する 区 域 (2) 配 置 規 模 の 基 準 幹 線 道 路 沿 道 及 び 鉄 道 沿 線 に 路 線 的 に 指 定 する この 場 合 規 模 の 規 定 を 設 けない (3) 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 について 必 要 に 応 じ200m2 以 内 の 範 囲 内 におい て 指 定 することができる (4) 他 の 地 域 地 区 等 ア 日 照 等 を 考 慮 する 必 要 のある 場 合 には 高 度 地 区 を 併 せて 定 めること が 望 ましい イ 土 地 の 高 度 利 用 を 図 るため 容 積 率 300% 以 上 を 定 める 場 合 は 周 辺 の 住 環 境 に 配 慮 し 良 好 な 住 環 境 が 誘 導 されるよう 地 区 計 画 や 他 の 地 域 地 区 を 定 めることが 望 ましい ウ 建 ぺい 率 80% 若 しくは 容 積 率 300% 以 上 を 定 める 場 合 は 建 築 物 の 立 地 状 況 などを 勘 案 し 防 火 地 域 又 は 準 防 火 地 域 の 指 定 に 努 めるもの とする 18

21 準 住 居 地 域 指 定 標 準 指 定 区 域 幹 線 道 路 の 沿 道 の 住 宅 地 で 住 環 境 に 配 慮 しつつ 自 動 車 関 連 施 設 等 の 沿 道 サービス 施 設 などの 商 業 業 務 の 利 便 を 図 る 区 域 ( 標 準 ) 建 ぺい 率 容 積 率 200 幹 線 道 路 の 沿 道 の 住 宅 地 で 住 環 境 に 配 慮 しつつ 自 動 車 関 連 施 設 等 の 沿 道 サービス 施 設 などの 商 業 業 務 の 利 便 を 図 る 区 域 で 優 れた 住 環 境 の 保 護 を 図 りつつ 沿 道 サービ ス 施 設 の 立 地 を 許 容 する 区 域 密 集 市 街 地 で 道 路 公 園 等 の 基 盤 整 備 を 行 いつつ 建 物 の 更 新 を 図 るなどの 区 域 幹 線 道 路 の 沿 道 等 であって 良 好 な 住 環 境 を 保 全 しつつ 土 地 の 高 度 利 用 を 計 画 的 に 図 るべき 区 域 で 必 要 な 公 共 施 設 が 整 備 された 又 は 整 備 されることが 確 実 であり かつ 地 区 計 画 等 により 良 好 な 環 境 が 誘 導 される 区 域 300 幹 線 道 路 の 沿 道 等 であって 特 に 土 地 の 高 度 利 用 を 計 画 的 に 図 るべき 区 域 であり 必 要 な 公 共 施 設 が 整 備 された 又 は 整 備 されることが 確 実 であり かつ 地 区 計 画 等 により 良 好 な 環 境 が 誘 導 される 区 域

22 近 隣 商 業 地 域 (1) 指 定 すべき 区 域 ア 商 店 街 鉄 道 駅 周 辺 や 郊 外 の 小 規 模 な 商 業 地 など 近 隣 の 住 宅 地 の 住 民 に 対 する 日 用 品 の 供 給 を 主 たる 内 容 とする 店 舗 等 の 立 地 を 図 る 区 域 イ 隣 接 する 住 宅 地 との 環 境 の 調 和 を 図 る 必 要 がある 商 業 地 などの 区 域 (2) 配 置 規 模 の 基 準 ア 原 則 として 規 模 はおおむね2ha 以 上 とし 不 整 形 でないこと なお 異 なる 建 ぺい 率 容 積 率 を 定 める 場 合 は おおむね1ha 以 上 と する イ 幹 線 道 路 沿 道 及 び 鉄 道 沿 線 に 路 線 的 に 指 定 することができる この 場 合 規 模 の 規 定 を 設 けない (3) 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 について 必 要 に 応 じ200m2 以 内 の 範 囲 内 におい て 指 定 することができる (4) 他 の 地 域 地 区 等 ア 特 に 日 照 等 を 考 慮 する 必 要 のある 場 合 には 高 度 地 区 を 併 せて 定 める ことが 望 ましい イ 土 地 の 高 度 利 用 を 図 るため 容 積 率 300% 以 上 を 定 める 場 合 は 周 辺 の 住 環 境 に 配 慮 し 良 好 な 市 街 地 環 境 が 誘 導 されるよう 地 区 計 画 や 他 の 地 域 地 区 を 定 めることが 望 ましい ウ 建 ぺい 率 80% 若 しくは 容 積 率 300% 以 上 を 定 める 場 合 は 建 築 物 の 立 地 状 況 などを 勘 案 し 防 火 地 域 又 は 準 防 火 地 域 の 指 定 に 努 めるもの とする 20

23 近 隣 商 業 地 域 指 定 標 準 指 定 区 域 近 隣 の 住 宅 地 の 住 民 に 対 する 日 用 品 の 供 給 を 主 たる 内 容 とする 店 舗 等 の 立 地 を 図 る 区 域 又 は 隣 接 する 住 宅 地 との 環 境 の 調 和 を 図 る 必 要 がある 商 業 地 の 区 域 ( 標 準 ) 建 ぺい 率 80 容 積 率 200 土 地 の 高 度 利 用 を 前 提 とせず 近 隣 の 住 宅 地 の 住 民 に 対 す る 日 用 品 の 供 給 を 主 たる 内 容 とする 店 舗 等 の 立 地 を 図 る 区 域 又 は 隣 接 する 住 宅 地 との 環 境 の 調 和 を 図 る 必 要 があ る 区 域 で 地 域 の 環 境 を 保 全 するため 土 地 の 高 度 利 用 を 図 ることが 不 適 当 な 区 域 鉄 道 駅 周 辺 や 幹 線 道 路 の 沿 道 等 で 商 業 地 として 土 地 の 高 度 利 用 を 図 るべき 区 域 で 必 要 な 公 共 施 設 が 整 備 された 又 は 整 備 されることが 確 実 であり かつ 地 区 計 画 等 により 良 好 な 市 街 地 環 境 が 誘 導 される 区 域 鉄 道 駅 周 辺 や 幹 線 道 路 の 沿 道 等 で 商 業 地 として 特 に 土 地 の 高 度 利 用 を 図 るべき 区 域 で 必 要 な 公 共 施 設 が 整 備 さ れた 又 は 整 備 されることが 確 実 であり かつ 地 区 計 画 等 に より 良 好 な 市 街 地 環 境 が 誘 導 される 区 域 原 則 として 街 区 が 幅 員 16m 以 上 の 道 路 に 面 すること

24 商 業 地 域 (1) 指 定 すべき 区 域 ア 主 として 商 業 業 務 の 利 便 を 増 進 するため 定 める 区 域 イ 地 域 の 核 として 店 舗 事 務 所 娯 楽 施 設 等 の 集 積 を 図 る 主 要 な 鉄 道 駅 周 辺 又 はニュータウンのセンター 地 区 ウ 郊 外 において 大 規 模 集 客 施 設 等 の 立 地 を 図 る 拠 点 的 な 地 区 (2) 配 置 規 模 の 基 準 ア 原 則 として 規 模 はおおむね2ha 以 上 とし 不 整 形 でないこと なお 異 なる 容 積 率 を 定 める 場 合 は おおむね1ha 以 上 とする イ 原 則 として 住 居 専 用 地 域 とは 接 して 定 めないこと ただし 以 下 の 場 合 においては 接 して 指 定 することができる a 都 市 施 設 である 公 園 や 緑 地 地 区 計 画 等 により 確 保 される 緑 地 帯 及 び 地 形 等 が 緩 衝 的 な 役 割 を 果 たす 場 合 b 地 区 計 画 等 及 び 特 別 用 途 地 区 により 必 要 な 制 限 がなされる 場 合 などであって 住 居 地 域 の 良 好 な 住 居 の 環 境 の 保 護 に 支 障 がないと 認 められる 場 合 ウ 幹 線 道 路 沿 道 及 び 鉄 道 沿 線 に 路 線 的 に 指 定 することができる この 場 合 規 模 の 規 定 を 設 けない (3) 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 について 必 要 に 応 じ200m2 以 内 の 範 囲 内 におい て 指 定 することができる (4) 他 の 地 域 地 区 等 ア 商 業 地 域 を 定 める 場 合 は 周 辺 の 住 環 境 に 配 慮 し 良 好 な 市 街 地 環 境 が 誘 導 されるよう 地 区 計 画 や 他 の 地 域 地 区 を 定 めることが 望 ましい イ 商 業 地 域 を 定 める 場 合 は 原 則 として 防 火 地 域 を 併 せて 定 める ただし 容 積 率 200%を 指 定 する 場 合 は 準 防 火 地 域 を 指 定 するこ とができる 22

25 商 業 地 域 指 定 標 準 指 定 区 域 建 ぺい 率 容 積 率 主 として 商 業 業 務 の 利 便 を 増 進 するため 定 める 区 域 ( 標 準 ) 原 則 として 街 区 が 幅 員 16m 以 上 の 道 路 に 面 すること 土 地 の 高 度 利 用 を 前 提 とせず 商 業 業 務 の 利 便 を 増 進 する 区 域 で 地 域 の 環 境 を 保 全 するため 土 地 の 高 度 利 用 を 図 ることが 不 適 当 な 区 域 商 業 地 として 土 地 の 高 度 利 用 を 図 るべき 区 域 で 必 要 な 道 路 等 の 公 共 施 設 が 整 備 された 又 は 整 備 されることが 確 実 であり かつ 地 区 計 画 等 により 良 好 な 市 街 地 環 境 が 誘 導 される 区 域 原 則 として 街 区 が 幅 員 22m 以 上 の 道 路 に 面 すること 1 日 平 均 の 乗 車 人 員 がおおむね10 万 人 を 超 える 主 要 駅 周 辺 で 商 業 業 務 施 設 の 集 積 を 図 るべき 区 域 であり 特 に 土 地 の 高 度 利 用 を 図 るべき 区 域 で 必 要 な 道 路 等 の 公 共 施 設 が 整 備 された 又 は 整 備 されることが 確 実 であ り かつ 地 区 計 画 等 により 良 好 な 市 街 地 環 境 が 誘 導 され る 区 域 原 則 として 街 区 が 幅 員 22m 以 上 と 幅 員 16m 以 上 の 2 本 の 道 路 又 は 幅 員 22m 以 上 と 駅 前 広 場 に 面 するこ と

26 準 工 業 地 域 (1) 指 定 すべき 区 域 ア 主 として 環 境 の 悪 化 をもたらすおそれのない 工 業 の 利 便 を 増 進 するた め 定 める 区 域 イ 住 宅 と 工 業 等 の 混 在 を 排 除 することが 困 難 又 は 不 適 当 と 認 められる 区 域 で 環 境 の 悪 化 をもたらすおそれのない 軽 工 業 等 の 立 地 を 図 る 区 域 ウ 流 通 業 務 施 設 等 の 立 地 を 図 る 区 域 (2) 配 置 規 模 の 基 準 ア 原 則 として 規 模 はおおむね5ha 以 上 とし 不 整 形 でないこと なお 異 なる 建 ぺい 率 容 積 率 を 定 める 場 合 は おおむね2ha 以 上 と する イ 工 業 専 用 地 域 及 び 工 業 地 域 と 一 体 になり 良 好 な 生 産 環 境 の 保 全 など やむを 得 ないと 認 められる 場 合 は 規 模 を 緩 和 することができる ウ 幹 線 道 路 沿 道 及 び 鉄 道 沿 線 に 路 線 的 に 指 定 することができる この 場 合 規 模 の 規 定 を 設 けない (3) 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 について 必 要 に 応 じ200m2 以 内 の 範 囲 内 におい て 指 定 することができる (4) 他 の 地 域 地 区 等 ア 特 に 日 照 等 を 考 慮 する 必 要 のある 場 合 には 高 度 地 区 を 併 せて 定 める ことが 望 ましい イ 土 地 の 高 度 利 用 を 図 るため 容 積 率 300%を 定 める 場 合 は 周 辺 の 住 環 境 に 配 慮 し 良 好 な 市 街 地 環 境 が 誘 導 されるよう 地 区 計 画 や 他 の 地 域 地 区 を 定 めることが 望 ましい ウ 建 ぺい 率 80% 若 しくは 容 積 率 300%を 定 める 場 合 は 建 築 物 の 立 地 状 況 などを 勘 案 し 防 火 地 域 又 は 準 防 火 地 域 の 指 定 に 努 めるものとす る 24

27 準 工 業 地 域 指 定 標 準 指 定 区 域 主 として 環 境 の 悪 化 をもたらすおそれのない 工 業 の 利 便 を 増 進 するため 定 める 区 域 ( 標 準 ) 建 ぺい 率 容 積 率 200 土 地 の 高 度 利 用 を 前 提 とせず 主 として 環 境 の 悪 化 をもた らすおそれのない 工 業 の 利 便 を 増 進 するため 定 める 区 域 で 地 域 の 環 境 を 保 全 するため 土 地 の 高 度 利 用 を 図 ること が 不 適 当 な 区 域 密 集 市 街 地 で 道 路 公 園 等 の 基 盤 整 備 を 行 いつつ 建 物 の 更 新 を 図 るなどの 区 域 土 地 の 高 度 利 用 を 図 るべき 区 域 で 必 要 な 公 共 施 設 が 整 備 された 又 は 整 備 されることが 確 実 であり かつ 地 区 計 画 等 により 良 好 な 市 街 地 環 境 が 誘 導 される 区 域

28 工 業 地 域 (1) 指 定 すべき 区 域 ア 主 として 工 業 の 利 便 を 増 進 するため 定 める 区 域 イ 工 業 専 用 地 域 では 建 築 できない 建 築 物 の 立 地 を 許 容 する 工 業 区 域 (2) 配 置 規 模 の 基 準 ア 原 則 として 規 模 はおおむね5ha 以 上 とし 不 整 形 でないこと なお 異 なる 建 ぺい 率 容 積 率 を 定 める 場 合 は おおむね2ha 以 上 と する イ 工 業 専 用 地 域 及 び 準 工 業 地 域 と 一 体 になり 良 好 な 生 産 環 境 の 保 全 な ど やむを 得 ないと 認 められる 場 合 は 規 模 を 緩 和 することができる ウ 原 則 として 住 居 専 用 地 域 とは 接 して 定 めないこと ただし 以 下 の 場 合 においては 接 して 指 定 することができる a 都 市 施 設 である 公 園 や 緑 地 地 区 計 画 等 により 確 保 される 緑 地 帯 及 び 地 形 等 が 緩 衝 的 な 役 割 を 果 たす 場 合 b 地 区 計 画 等 及 び 特 別 用 途 地 区 により 必 要 な 制 限 がなされる 場 合 などであって 住 居 地 域 の 良 好 な 住 居 の 環 境 の 保 護 に 支 障 がないと 認 められる 場 合 (3) 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 について 必 要 に 応 じ200m2 以 内 の 範 囲 内 におい て 指 定 することができる (4) 他 の 地 域 地 区 等 ア 住 宅 の 排 除 などの 用 途 形 態 規 制 に 関 する 地 区 計 画 や 高 度 地 区 等 を 併 せて 定 めることが 望 ましい イ 土 地 の 高 度 利 用 を 図 るため 容 積 率 300%を 定 める 場 合 は 周 辺 の 環 境 に 配 慮 し 良 好 な 市 街 地 環 境 が 誘 導 されるよう 地 区 計 画 や 他 の 地 域 地 区 を 定 めることが 望 ましい ウ 容 積 率 300%を 定 める 場 合 は 建 築 物 の 立 地 状 況 などを 勘 案 し 防 火 地 域 又 は 準 防 火 地 域 の 指 定 に 努 めるものとする エ 公 害 防 止 上 必 要 のある 場 合 は 必 要 に 応 じ 特 別 用 途 地 区 ( 特 別 工 業 地 区 等 )を 併 せて 定 めることが 望 ましい 26

29 工 業 地 域 指 定 標 準 指 定 区 域 建 ぺい 率 主 として 工 業 の 利 便 を 増 進 するため 定 める 区 域 ( 標 準 ) 容 積 率 200 土 地 の 高 度 利 用 を 前 提 とせず 主 として 工 業 の 利 便 を 増 進 するため 定 める 区 域 で 地 域 の 環 境 を 保 全 するため 土 地 の 高 度 利 用 を 図 ることが 不 適 当 な 区 域 土 地 の 高 度 利 用 を 図 るべき 区 域 で 必 要 な 公 共 施 設 が 整 備 された 又 は 整 備 されることが 確 実 であり かつ 地 区 計 画 等 により 良 好 な 市 街 地 環 境 が 誘 導 される 区 域

30 工 業 専 用 地 域 (1) 指 定 すべき 区 域 ア 工 業 の 利 便 を 増 進 するため 定 める 区 域 イ 住 宅 と 工 業 の 混 在 を 排 除 し 又 はこれを 防 止 し 工 業 に 特 化 した 土 地 利 用 を 図 る 区 域 ウ 新 たに 工 業 地 として 計 画 的 に 整 備 を 図 る 区 域 など (2) 配 置 規 模 の 基 準 ア 原 則 として 規 模 はおおむね10ha 以 上 とし 不 整 形 でないこと なお 異 なる 建 ぺい 率 容 積 率 を 定 める 場 合 は おおむね2ha 以 上 と する イ 工 業 地 域 及 び 準 工 業 地 域 と 隣 接 している 場 合 は 一 団 として 扱 い 区 域 全 体 の 規 模 はおおむね10ha 以 上 であり かつ 当 該 用 途 地 域 もおおむね 5ha 以 上 で 整 形 であること ウ 原 則 として 住 居 専 用 地 域 とは 接 して 定 めないこと ただし 以 下 の 場 合 においては 接 して 指 定 することができる a 都 市 施 設 である 公 園 や 緑 地 地 区 計 画 等 により 確 保 される 緑 地 帯 及 び 地 形 等 が 緩 衝 的 な 役 割 を 果 たす 場 合 b 地 区 計 画 等 及 び 特 別 用 途 地 区 により 必 要 な 制 限 がなされる 場 合 などであって 住 居 地 域 の 良 好 な 住 居 の 環 境 の 保 護 に 支 障 がないと 認 められる 場 合 (3) 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 について 必 要 に 応 じ200m2 以 内 の 範 囲 内 におい て 指 定 することができる (4) 他 の 地 域 地 区 等 ア 土 地 の 高 度 利 用 を 図 るため 容 積 率 300%を 定 める 場 合 は 周 辺 の 環 境 に 配 慮 し 良 好 な 市 街 地 環 境 が 誘 導 されるよう 地 区 計 画 や 他 の 地 域 地 区 を 定 めることが 望 ましい イ 容 積 率 300%を 定 める 場 合 は 建 築 物 の 立 地 状 況 などを 勘 案 し 防 火 地 域 又 は 準 防 火 地 域 の 指 定 に 努 めるものとする 28

31 工 業 専 用 地 域 指 定 標 準 指 定 区 域 建 ぺい 率 工 業 の 利 便 を 増 進 するため 定 める 区 域 ( 標 準 ) 容 積 率 200 市 街 地 開 発 事 業 等 により 面 的 に 公 共 施 設 を 整 備 し 新 たに 計 画 的 な 工 業 地 を 形 成 する 区 域 ( 暫 定 用 途 地 域 ) 土 地 の 高 度 利 用 を 前 提 とせず 工 業 の 利 便 を 増 進 するため 定 める 区 域 で 地 域 の 環 境 を 保 全 するため 土 地 の 高 度 利 用 を 図 ることが 不 適 当 な 区 域 土 地 の 高 度 利 用 を 図 るべき 区 域 で 必 要 な 公 共 施 設 が 整 備 された 又 は 整 備 されることが 確 実 であり かつ 地 区 計 画 等 により 良 好 な 生 産 環 境 が 誘 導 される 区 域

32 5. 用 途 地 域 の 変 更 時 期 ア 都 市 計 画 区 域 マスタープラン 及 び 市 町 村 マスタープランなどの 変 更 に 応 じ 計 画 的 な 土 地 利 用 の 誘 導 を 図 る 必 要 がある 場 合 で 市 街 地 整 備 等 基 盤 の 整 備 が 確 実 となった 時 点 で 用 途 地 域 の 変 更 を 行 う イ 都 市 計 画 基 礎 調 査 の 結 果 等 による 土 地 利 用 の 転 換 や 建 築 物 の 動 向 を 踏 まえ 適 切 な 土 地 利 用 の 誘 導 及 び 保 全 を 図 る 必 要 がある 場 合 用 途 地 域 の 変 更 を 行 う ウ 市 街 地 開 発 事 業 ( 土 地 区 画 整 理 事 業 を 除 く)が 実 施 される 場 合 は 原 則 として 事 業 の 都 市 計 画 決 定 に 併 せ 用 途 地 域 の 変 更 を 行 う エ 土 地 区 画 整 理 事 業 においては 仮 換 地 指 定 等 事 業 の 進 捗 に 伴 い 適 切 な 時 期 に 用 途 地 域 の 変 更 を 行 う ( 市 街 化 区 域 用 途 地 域 への 編 入 の 際 は 原 則 として 暫 定 用 途 地 域 の 指 定 を 行 う ) オ 都 市 計 画 道 路 等 の 沿 道 については 整 備 状 況 を 踏 まえ 適 切 な 時 期 に 用 途 地 域 の 変 更 を 行 う 6. 用 途 地 域 の 指 定 に 当 たっての 留 意 事 項 (1) 用 途 地 域 の 区 域 界 ア 用 途 地 域 及 び 容 積 率 等 の 指 定 区 域 の 境 界 は 原 則 として 道 路 鉄 道 河 川 水 路 等 の 明 確 な 地 形 地 物 とする イ 幹 線 道 路 沿 道 や 鉄 道 沿 線 に 路 線 的 に 指 定 する 場 合 は 原 則 として 道 路 端 鉄 道 又 は 鉄 道 敷 界 から1 宅 地 (25m)の 区 域 に 指 定 できるものと する また 4 車 線 以 上 の 幹 線 道 路 沿 道 及 び 鉄 道 沿 線 については 道 路 端 鉄 道 又 は 鉄 道 敷 界 から2 宅 地 (m)の 区 域 に 指 定 できるものとする なお これらの 近 傍 に 区 画 道 路 などの 明 確 な 地 形 地 物 がある 場 合 は これを 用 途 地 域 界 とすることができる ウ 明 確 な 地 形 地 物 等 により 難 い 場 合 は 市 街 地 開 発 事 業 界 行 政 界 など を 境 界 とすることができる (2) 配 置 及 び 規 模 の 特 例 下 記 に 該 当 する 場 合 は 本 基 準 の 配 置 及 び 規 模 について 緩 和 しても 差 し 支 えないものとする ただし その 地 域 あるいは 隣 接 地 域 の 住 環 境 等 に 配 慮 するよう 努 めるものとする ア 土 地 区 画 整 理 事 業 などで 計 画 的 面 整 備 がされた 又 はされることが 確 実 な 区 域 のうち 小 規 模 な 利 便 施 設 立 地 地 区 として 位 置 づけられた 地 区 など で 隣 接 の 住 環 境 に 支 障 のない 地 区 等 イ 路 線 的 に 用 途 地 域 を 定 めることなどにより 飛 び 地 として 残 る 区 域 又 は 新 たに 路 線 的 用 途 地 域 の 設 定 をして 路 線 的 用 途 地 域 に 囲 まれた 区 域 で 既 に 低 層 住 宅 等 が 立 地 しており 住 宅 地 の 住 居 の 環 境 を 保 護 するため 小 規 模 な 指 定 を 続 けていくことがやむを 得 ない 区 域 30

33 ウ 地 形 等 により 小 規 模 な 指 定 がやむを 得 ない かつ 隣 接 する 他 の 用 途 地 域 への 影 響 が 少 ない 区 域 エ 商 業 地 域 と 住 居 専 用 地 域 との 間 に 緩 衝 的 に 配 置 する 近 隣 商 業 地 域 工 業 地 域 又 は 工 業 専 用 地 域 と 住 居 専 用 地 域 との 間 に 緩 衝 的 に 配 置 する 準 工 業 地 域 又 は 第 一 種 住 居 地 域 などの 用 途 地 域 等 周 辺 の 住 宅 地 の 住 居 の 環 境 を 保 護 するため 小 規 模 な 指 定 がやむを 得 ない 区 域 オ その 他 地 域 の 特 性 や 実 情 によりやむを 得 ないと 認 められる 区 域 31

用途地域等に関する指定方針

用途地域等に関する指定方針 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 大 和 市 は じ め に これまで 東 京 都 においては 東 京 の 新 しい 都 市 づくりビジョン 及 び 東 京 におけ る 土 地 利 用 に 関 する 基 本 方 針 について を 踏 まえ 政 策 誘 導 型 の 都 市 づくりを 進 めるた め 平 成 14 年 7 月 に

More information

用 途 地 域 等 に 関 す る 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 4 月 昭 島 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 地 域 の 自 主 性 及 び 自 立 性 を 高 めるための 改 革 の 推 進 を 図 る ための 関 係 法 律 の 整 備 に 関 する 法 律 ( 分 権 一 括 法 ) の 公 布 に 伴 い 都 市 計 画 法 が 一 部 改 正

More information

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 25 年 4 月 狛 江 市 目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第

More information

Microsoft Word - 資料3(用途)

Microsoft Word - 資料3(用途) 姶 良 用 途 地 域 見 直 し 方 針 について 資 料 4 1 用 途 地 域 現 状 都 計 画 区 域 内 に 地 域 地 区 として 用 途 地 域 を 定 めることができます 用 途 地 域 は 地 域 地 区 制 うち 最 も 基 本 的 なもで 建 築 物 用 途 形 態 高 さなどに 制 限 を 加 えることにより 都 機 能 維 持 増 進 居 住 環 境 保 護 商 工 業

More information

市街化区域と市街化調整区域との区分

市街化区域と市街化調整区域との区分 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 平 成 27 年 9 月 埼 玉 県 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 趣 旨 本 県 では 昭 和 45 年 に 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )を 都 市 計

More information

用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 村 山 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 に 住 民 に 身 近 な 行 政 は 地 方 公 共 団 体 が 自 主 的 かつ 総 合 的 に 広 く 担 うとともに 地 域 住 民 が 自 らの 判 断 と 責 任 において 地 域 の 諸 課 題 に 取 り 組 むことができるようにする

More information

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 27(2015) 年 4 月 立 川 市 はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施

More information

1 目的

1 目的 第 5 回 区 域 区 分 定 期 見 直 し 基 本 方 針 1 目 的 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )は 無 秩 序 な 市 街 地 の 拡 大 による 環 境 悪 化 の 防 止 計 画 的 な 公 共 施 設 整 備 による 良 好 な 市 街 地 の 形 成 都 市 近 郊 の 優 良 な 農 地 との 健 全 な

More information

はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基 礎 的 な 制 度 と

はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基 礎 的 な 制 度 と 三 鷹 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 25 年 12 月 三 鷹 市 はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基

More information

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 )

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 ) 加 古 川 市 域 の 市 街 化 調 整 区 域 では 加 古 川 市 都 市 計 画 マスター プラン( 土 地 利 用 方 針 )に 基 づき 地 域 の 皆 さんが 主 体 となっ て 定 める 地 区 計 画 制 度 により 周 辺 環 境 と 調 和 した 適 切 な 建 築 開 発 行 為 が 容 認 されます この 地 区 計 画 制 度 を 有 効 に 活 用 し 市 街 化 調

More information

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環 資 料 2-2 容 積 率 規 制 等 について Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保

More information

天 然 記 念 物 の 指 定 区 域 (9) 鳥 獣 の 保 護 及 び 狩 猟 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 88 号 ) 第 28 条 第 1 項 の 規 定 による 鳥 獣 保 護 区 (10) 急 傾 斜 地 の 崩 壊 による 災 害 の 防 止

天 然 記 念 物 の 指 定 区 域 (9) 鳥 獣 の 保 護 及 び 狩 猟 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 88 号 ) 第 28 条 第 1 項 の 規 定 による 鳥 獣 保 護 区 (10) 急 傾 斜 地 の 崩 壊 による 災 害 の 防 止 長 浜 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 地 区 計 画 の 原 案 を 作 成 するための 案 ( 以 下 地 区 計 画 の 素 案 という )の 作 成 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるこ

More information

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第 伊 達 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 地 区 計 画 の 原 案 を 作 成 するための 案 ( 以 下 地 区 計 画 の 素 案 という )の 作 成 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより

More information

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案)

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案) 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 に お け る 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 ( 案 ) 平 成 2 4 年 12 月 三 郷 市 ま ち づ く り 推 進 部 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 における 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 開 発 行 為

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 11 章 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 法 律 ( 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ) 第 四 十 一 条 都 道 府 県 知 事 は 用 途 地 域 の 定 められていない 土 地 の 区 域 における 開 発 行 為 につい て 開

More information

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備 松 原 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 地 区 計 画 は 市 街 化 調 整 区 域 における 大 規 模 な 開 発 や 広 域 的 な 都 市 機 能 の 立 地 などを 可 能 とするものであり その 内 容 によっては 都 市 機 能 の 拡 散 により 都 市 施 設 の 維 持 管 理 福 祉 施 設 等 の 行 政 コストの 増 大 自

More information

2 次 に 掲 げ 区 域 を 含 もうとす 場 合 は 各 々の 区 域 が 指 定 された 主 旨 を 尊 重 し その 意 義 が 失 われないよう 留 意 すものとす (1) 農 村 地 域 工 業 等 導 入 促 進 法 に 規 定 す 工 業 等 導 入 地 区 (2) 鳥 獣 の 保

2 次 に 掲 げ 区 域 を 含 もうとす 場 合 は 各 々の 区 域 が 指 定 された 主 旨 を 尊 重 し その 意 義 が 失 われないよう 留 意 すものとす (1) 農 村 地 域 工 業 等 導 入 促 進 法 に 規 定 す 工 業 等 導 入 地 区 (2) 鳥 獣 の 保 延 岡 市 市 街 化 調 整 区 域 におけ 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 平 成 17 年 3 月 28 日 策 定 平 成 18 年 8 月 12 日 改 正 平 成 22 年 3 月 31 日 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 この 地 区 計 画 の 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 内 におけ 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 当 該

More information

目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行 区 位 置 図 1 (3) 施 行 区 の 区 域 1 (4) 施

目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行 区 位 置 図 1 (3) 施 行 区 の 区 域 1 (4) 施 北 部 大 阪 都 市 画 事 業 JR 高 槻 駅 北 東 土 区 画 整 理 事 業 事 業 画 書 高 槻 市 JR 高 槻 駅 北 東 土 区 画 整 理 組 合 目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行

More information

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン 参 考 資 料 2 第 2 回 懇 談 会 (H27.8.10) 能 勢 町 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 25 年 8 月 大 阪 府 豊 能 郡 能 勢 町 目 次 1.ガイドラインの 趣 旨 1 2. 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 3. 地 区 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 策 定 にあたっての

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案)

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案) 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 27 年 4 月 大 阪 狭 山 市 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 10 年 5 月 の 都 市 計 画 法 の 改 正 により 市 街 化 調 整 区 域 においても 市 町 村 が 定 める 地 区 計 画 の 内 容 に 適 合

More information

<837083758352838194C55F8E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E786477>

<837083758352838194C55F8E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E786477> 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 運 用 基 準 平 成 28 年 3 月 富 津 市 目 次 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 運 用 基 準 1. 運 用 基 準 策 定 の 趣 旨... 1 1 都 市 計 画 制 度 変 更 への 対 応 2 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 の 実 現 に 向 けた 運 用 基 準 策 定

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FE3927291DC926E8BE6926E8BE68C7689E681408C7689E68F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FE3927291DC926E8BE6926E8BE68C7689E681408C7689E68F912E646F63> 東 京 都 市 計 画 地 区 計 画 の 決 定 ( 豊 島 区 決 定 ) 都 市 計 画 上 池 袋 二 三 四 丁 目 地 区 地 区 計 画 を 次 のように 決 定 する 名 称 上 池 袋 二 三 四 丁 目 地 区 地 区 計 画 位 置 豊 島 区 上 池 袋 二 丁 目 上 池 袋 三 丁 目 上 池 袋 四 丁 目 及 び 池 袋 本 町 一 丁 目 各 地 内 面 積 約 46.5ha

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B8C49938C8E738E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E690A7937882CC895E97708AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B8C49938C8E738E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E690A7937882CC895E97708AEE8F802E646F63> 栗 東 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより 市 街 化 調 整 区 域 における 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 形 成 並 びに 適 正

More information

目 次 第 1 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 1. 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 2. 施 行 者 の 名 称 1 第 2 施 行 地 区 1 1. 施 行 地 区 の 位 置 1 2. 施 行 地 区 位 置 図 1 3. 施 行 地 区 の 区 域 1 4

目 次 第 1 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 1. 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 2. 施 行 者 の 名 称 1 第 2 施 行 地 区 1 1. 施 行 地 区 の 位 置 1 2. 施 行 地 区 位 置 図 1 3. 施 行 地 区 の 区 域 1 4 資 料 1 土 地 区 画 整 理 事 業 画 書 ( 案 ) ( 仮 称 ) 箕 面 市 船 場 東 地 区 土 地 区 画 整 理 組 合 目 次 第 1 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 1. 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 2. 施 行 者 の 名 称 1 第 2 施 行 地 区 1 1. 施 行 地 区 の 位 置 1 2. 施 行 地 区 位 置 図 1

More information

Microsoft Word - ...S.. .y.n...p.v...doc

Microsoft Word - ...S.. .y.n...p.v...doc 第 4 章 土 地 利 用 計 画 第 4 章 土 地 利 用 計 画 4-1 都 市 計 画 区 域 の 設 定 現 在 本 市 には 松 阪 都 市 計 画 嬉 野 都 市 計 画 三 雲 都 市 計 画 の3つの 都 市 計 画 があ るが 新 市 としての 一 体 的 な 都 市 づくりに 向 けて 本 市 の 都 市 計 画 区 域 を 以 下 のように 設 定 されることを 前 提 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63> 調 布 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 26 年 9 月 調 布 市 は じ め に 本 市 は, 平 成 10 年 に 策 定 した 調 布 市 都 市 計 画 マスタープラン で 示 されたまちづく りの 目 標 を 実 現 するため, 各 種 の 取 組 を 進 めてきた この 中 で, 用 途 地 域 の 指 定 見 直 しは, 土 地

More information

目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 --------------------------------------------------

目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 -------------------------------------------------- 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 及 び 地 区 計 画 運 用 基 準 平 成 28 年 1 月 大 網 白 里 市 目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 ------------------------------------------------------------------

More information

和 光 市 駅 南 口 地 区 地 区 計 画 整 備 計 画 の 内 容 地 区 計 画 の 方 針 名 称 和 光 市 駅 南 口 地 区 地 区 計 画 位 置 和 光 市 本 町 の 一 部 和 光 市 丸 山 台 一 丁 目 面 積 約 8.6ha 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保

和 光 市 駅 南 口 地 区 地 区 計 画 整 備 計 画 の 内 容 地 区 計 画 の 方 針 名 称 和 光 市 駅 南 口 地 区 地 区 計 画 位 置 和 光 市 本 町 の 一 部 和 光 市 丸 山 台 一 丁 目 面 積 約 8.6ha 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 和 光 市 駅 南 口 地 区 地 区 計 画 整 備 計 画 の 内 容 地 区 計 画 の 方 針 名 称 和 光 市 駅 南 口 地 区 地 区 計 画 位 置 和 光 市 本 町 の 一 部 和 光 市 丸 山 台 一 丁 目 面 積 約 8.6ha 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 地 区 計 画 の 目 標 土 地 利 用 の 方 針 地 区 施 設 の 整 備 方

More information

京成成田駅東口地区地区計画運用基準

京成成田駅東口地区地区計画運用基準 京 成 成 田 駅 東 口 地 区 地 区 計 画 運 用 基 準 1. 目 的 この 運 用 基 準 は 成 田 市 京 成 成 田 駅 東 口 地 区 地 区 計 画 ( 以 下 地 区 計 画 という ) の 都 市 計 画 決 定 に 伴 い 地 区 整 備 計 画 に 規 定 する 事 項 に 関 する 運 用 の 基 準 を 定 める ことにより 適 正 な 都 市 機 能 と 健 全

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E646F6378> 東 広 島 市 街 化 調 における 運 用 基 準 の 1 作 目 的 成 この に 関 運 し 用 必 基 要 準 な は 事 項 本 を 市 定 の めることにより 市 街 化 調 整 区 域 内 市 における 街 化 調 整 地 区 区 域 計 における 画 制 度 の 良 運 好 用 な 及 環 び 境 地 の 区 維 計 持 画 及 の び 素 形 案 成 に 寄 与 することを 目 的

More information

市街化調整区域における地区計画の

市街化調整区域における地区計画の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 運 用 方 針 平 成 23 年 8 月 日 野 市 1. 背 景 及 び 目 的 平 成 18 年 の 都 市 計 画 法 の 改 正 により 市 街 化 調 整 区 域 における 開 発 行 為 については 大 規 模 な 開 発 計 画 などを 開 発 許 可 制 度 により 認 める 制 度 が 廃 止 され 改 正 後 地 区 計

More information

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号 市 街 化 調 整 区 域 に お け る 区 域 指 定 の 許 可 基 準 等 に つ い て 1 背 景 取 手 市 では 都 市 計 画 法 ( 1) の 規 定 に 基 づき 昭 和 45 年 から 市 内 を 市 街 化 区 域 ( 2) と 市 街 化 調 整 区 域 ( 3) に 区 分 ( 線 引 き)し 市 街 化 調 整 区 域 では 原 則 市 街 化 を 抑 制 する 区

More information

準 工 業 工 業 環 境 の 悪 化 をもたらすおそれのない 工 業 の 利 便 の 増 進 を 図 る 工 業 の 利 便 の 増 進 を 図 る 計 画 書 ( 平 成 19 年 11 月 13 日 第 583 号 ) 種 類 面 積 建 築 物 の 容 積 率 建 築 物 の 建 ぺい 率

準 工 業 工 業 環 境 の 悪 化 をもたらすおそれのない 工 業 の 利 便 の 増 進 を 図 る 工 業 の 利 便 の 増 進 を 図 る 計 画 書 ( 平 成 19 年 11 月 13 日 第 583 号 ) 種 類 面 積 建 築 物 の 容 積 率 建 築 物 の 建 ぺい 率 (1) 区 区 分 市 街 化 区 及 び 市 街 化 調 整 区 都 市 計 画 区 のうち すでに 市 街 化 を 形 成 している 区 及 びおおむね10 年 以 内 に 優 先 的 かつ 計 画 的 に 市 街 化 を 図 るべき 区 として 市 街 化 区 を また 市 街 化 を 抑 制 すべき 区 として 市 街 化 調 整 区 をそれぞれ 決 定 しています 計 画 書 ( 平 成

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 6 章 市 街 化 調 整 区 域 における 整 備 保 全 の 方 策 本 構 想 を 実 現 していくためには 地 域 別 構 想 で 定 めた 地 区 区 分 ごとにその 方 針 に 基 づく 具 体 的 な 整 備 及 び 保 全 手 法 を 展 開 していく 必 要 がある そこで 本 市 で 適 用 が 考 えられる 手 法 内 容 及 びその 適 用 の 方 針 について 以 下 に

More information

目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 村 の 都 市 計 画 マスタープランが 目 指 す 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 の 基

目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 村 の 都 市 計 画 マスタープランが 目 指 す 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 の 基 千 早 赤 阪 村 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 28 年 6 月 千 早 赤 阪 村 目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 村 の 都 市 計 画 マスタープランが 目 指 す 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方

More information

別 表 1 土 地 建 物 提 案 型 の 供 給 計 画 に 関 する 評 価 項 目 と 評 価 点 数 表 項 目 区 分 評 価 内 容 と 点 数 一 般 評 価 項 目 100 1 立 地 条 件 (1) 交 通 利 便 性 ( 徒 歩 =80m/1 分 ) 25 (2) 生 活 利 便

別 表 1 土 地 建 物 提 案 型 の 供 給 計 画 に 関 する 評 価 項 目 と 評 価 点 数 表 項 目 区 分 評 価 内 容 と 点 数 一 般 評 価 項 目 100 1 立 地 条 件 (1) 交 通 利 便 性 ( 徒 歩 =80m/1 分 ) 25 (2) 生 活 利 便 石 巻 市 公 募 型 買 取 市 営 住 宅 の 供 給 計 画 に 関 する 選 定 基 準 制 定 平 成 24 年 10 月 10 日 改 正 平 成 25 年 5 月 1 日 改 正 平 成 26 年 7 月 8 日 改 正 平 成 27 年 12 月 4 日 改 正 平 成 28 年 6 月 27 日 第 1 目 的 この 基 準 は 石 巻 市 公 募 型 買 取 市 営 住 宅 制

More information

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 *

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 * 市 街 化 調 整 区 域 における 計 画 開 発 ( 地 区 計 画 )の 取 扱 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 別 表 に 掲 げるものに 限 る 以 下 対 象 開 発 行 為 という )が 見 込 まれる 地 区 計 画 の 決 定 又 は 変 更 ( 以 下 決 定 等 という )については 土

More information

佐渡市都市計画区域の見直し

佐渡市都市計画区域の見直し 都 市 計 画 区 域 の 拡 大 について 佐 渡 市 建 設 課 都 市 計 画 とは 土 地 の 使 い 方 や 建 物 の 建 て 方 についての ルールをはじめ まちづくりに 必 要 なことがら について 総 合 的 一 体 的 に 定 め まちづく り 全 体 を 秩 序 だてて 進 めていくことを 目 的 と した 都 市 計 画 法 という 法 律 で 定 められた 計 画 です 住

More information

目 次 都 市 づくりの 全 体 構 想 偏 1. 都 市 づくりの 理 念 と 目 標 1 1. 都 市 づくりの 理 念 と 将 来 像 1 2. 都 市 づくりの 目 標 とテーマ 2 3. 計 画 期 間 3 4. 将 来 人 口 フレーム 3 2. 将 来 都 市 構 造 4 1. 将 来

目 次 都 市 づくりの 全 体 構 想 偏 1. 都 市 づくりの 理 念 と 目 標 1 1. 都 市 づくりの 理 念 と 将 来 像 1 2. 都 市 づくりの 目 標 とテーマ 2 3. 計 画 期 間 3 4. 将 来 人 口 フレーム 3 2. 将 来 都 市 構 造 4 1. 将 来 とうおん まちづくりプラ プラン 東 温 市 の 都 市 計 画 に 関 する 基 本 的 な 方 針 都 市 づくりの 全 体 構 想 編 愛 媛 県 東 温 市 目 次 都 市 づくりの 全 体 構 想 偏 1. 都 市 づくりの 理 念 と 目 標 1 1. 都 市 づくりの 理 念 と 将 来 像 1 2. 都 市 づくりの 目 標 とテーマ 2 3. 計 画 期 間 3 4. 将 来 人

More information

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 平 成 27 年 8 月 佐 世 保 市 目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章

More information

岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開

岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 24 年 11 月 岸 和 田 市 岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 12 章 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 1 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ( 都 市 計 画 法 第 42 条 ) 法 律 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 第 四 十 二 条 何 人 も 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 内 においては 第 三 十

More information

【1

【1 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 19 年 11 月 大 阪 府 都 市 整 備 部 総 合 計 画 課 目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 大 阪 府 が 目 指 す 都 市 の 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方

More information

★計画書(石江地区計画).doc

★計画書(石江地区計画).doc 名 称 新 城 地 区 計 画 位 置 青 森 市 大 字 新 城 字 山 田 一 部 区 域 計 画 図 表 示 とおり 面 積 約 2.6ha 区 域 整 備 開 発 及 び 保 全 方 針 地 区 計 画 目 標 土 地 利 用 方 針 建 築 物 等 整 備 方 針 本 地 区 は 本 市 中 心 部 から 約 6.5km 西 部 市 街 地 縁 辺 部 に 位 置 し 工 業 及 び 流

More information

守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学 校 づくりについて 2 第 4 東 小

守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学 校 づくりについて 2 第 4 東 小 守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 平 成 27 年 2 月 守 口 市 教 育 委 員 会 守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学

More information

高 第 3 種 17m 第 3 種 20m 第 3 種 30m 第 3 種 40m 第 3 種 30m 40m 建 築 物 の 各 部 分 の 高 さは 当 該 部 分 から 前 面 道 路 1 建 築 物 の 高 さは20メートル

高 第 3 種 17m 第 3 種 20m 第 3 種 30m 第 3 種 40m 第 3 種 30m 40m 建 築 物 の 各 部 分 の 高 さは 当 該 部 分 から 前 面 道 路 1 建 築 物 の 高 さは20メートル 東 京 都 市 計 画 の 変 更 ( 目 黒 区 決 定 ) 都 市 計 画 を 次 のように 変 更 する す 面 積 欄 の( ) 内 は 変 更 前 を 示 種 類 面 積 建 築 物 の 高 さの 高 又 は 低 備 考 高 第 1 種 17m 第 1 種 第 2 種 17m 第 2 種 20m 第 2 種 30m 第 2 種 587.2 64.4 (66.6) 4.7 480.6 (478.4)

More information

越谷の都市計画2012.indd

越谷の都市計画2012.indd LAND USE それぞれの 地 域 に 見 合 った 土 地 の 使 い 方 や 建 物 の 建 て 方 な どのルールを 定 めていくことが 都 市 で 生 活 する 私 たちに は 必 要 なのです 都 市 計 画 区 域 City Planning Areas 区 域 区 分 ( 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ) Urbanization Promotion

More information

公 共 公 益 的 施 設 用 地 の 負 担 がほとんど 生 じないと 認 められる 土 地 ( 例 ) 道 路 に 面 しており 間 口 が 広 く 奥 行 がそれほどではない 土 地 ( 道 路 が 二 方 三 方 四 方 にある 場 合 も 同 様 ) ⑶ マンション 適 地 の 判 定 評

公 共 公 益 的 施 設 用 地 の 負 担 がほとんど 生 じないと 認 められる 土 地 ( 例 ) 道 路 に 面 しており 間 口 が 広 く 奥 行 がそれほどではない 土 地 ( 道 路 が 二 方 三 方 四 方 にある 場 合 も 同 様 ) ⑶ マンション 適 地 の 判 定 評 別 紙 広 大 地 の 判 定 に 当 たり 留 意 すべき 事 項 広 大 地 については 平 成 16 年 6 月 4 日 付 課 評 2-7 ほか2 課 共 同 財 産 評 価 基 本 通 達 の 一 部 改 正 に ついて( 法 令 解 釈 通 達 ) により その 評 価 方 法 を 改 正 し その 改 正 の 趣 旨 等 については 平 成 16 年 6 月 29 日 付 資 産 評

More information

法第34条第1号から9号に係る基準

法第34条第1号から9号に係る基準 * 印 は 運 用 又 は 注 を 表 す 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 等 の 許 可 基 準 第 1 章 総 則 第 1 目 的 この 基 準 は 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 の 許 可 の 範 囲 を 明 確 化 することによって 法 律 の 運 用 を 円 滑 に 行 い 開 発 許 可 権 限 の 公 平 な 行 使 に 資

More information

<5461726F2D82508251817C88EF96D88E7381402E6A7464>

<5461726F2D82508251817C88EF96D88E7381402E6A7464> 1. 本 市 の 区 域 内 において 行 われる 開 発 行 為 等 ただし 都 市 計 画 法 第 29 条 第 4 号 から 第 9 号 までに 規 定 される 開 発 行 為 は 除 く 2. 建 築 基 準 法 第 6 条 第 1 項 又 は 第 18 条 第 1 項 に 規 定 する 建 築 物 を 建 築 し 若 しくは 工 作 物 を 設 置 する 行 為 3. 建 築 基 準 法

More information

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 に 関 する 許 可 基 準 改 定 平 成 23 年 10 月 1 日 Ⅰ 趣 旨 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 52 条 第 14 項 第 1 号 の 許 可 制 度 は 機 械 室 等 部 分 の 床 面 積 の 合 計 の 建 築 物 の 延 べ 面 積 に 対 する

More information

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A>

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A> 恵 庭 市 教 員 住 宅 のあり 方 基 本 方 針 平 成 25 年 2 月 恵 庭 市 教 育 委 員 会 目 次 1. 教 員 住 宅 の 現 状 (1) 教 員 住 宅 の 役 割 1 (2) 教 員 住 宅 の 実 態 1 (3) 環 境 の 変 化 1 (4) 教 員 の 住 宅 事 情 1 2 2. 基 本 方 針 の 目 的 2 3.あり 方 検 討 会 議 の 答 申 内 容

More information

hennkouzenngo.doc

hennkouzenngo.doc 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン( 改 定 案 前 後 対 照 表 ) 改 定 後 改 定 前 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 平 成 23 年 3 月 に 策 定 した 北 部 大 阪 東 部 大 阪 南

More information

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎 重 要 事 項 調 査 シート( 法 令 に 基 づく 限 の 調 べ 方 ) 尾 張 旭 市 版 1. 都 市 計 画 法 に 基 づく 限 項 目 市 内 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 区 都 市 計 画 区 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計 画 道 路 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計

More information

第1章 開発許可の立地基準(法第34条)

第1章 開発許可の立地基準(法第34条) 第 8 章 市 街 化 調 整 区 域 の 立 地 基 準 ( 法 第 34 条 ) 法 第 34 条 前 条 の 規 定 にかかわらず 市 街 化 調 整 区 域 に 係 る 開 発 行 為 ( 主 として 第 二 種 特 定 工 作 物 の 建 設 の 用 に 供 する 目 的 で 行 う 開 発 行 為 を 除 く )については 当 該 申 請 に 係 る 開 発 行 為 及 びその 申 請

More information

4. 基 本 な 事 項 (1) 地 区 計 画 の 区 域 は 原 則 として 道 路 その 他 の 施 設 河 川 その 他 の 地 形 地 物 等 土 地 の 範 囲 を 明 示 するのに 適 切 なものにより 定 めることとし できるだけ 整 形 なものにするものとする また 必 要 以 上

4. 基 本 な 事 項 (1) 地 区 計 画 の 区 域 は 原 則 として 道 路 その 他 の 施 設 河 川 その 他 の 地 形 地 物 等 土 地 の 範 囲 を 明 示 するのに 適 切 なものにより 定 めることとし できるだけ 整 形 なものにするものとする また 必 要 以 上 会 津 若 松 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 ( 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 )の 運 用 基 準 1. 背 景 地 方 都 市 においては 高 度 成 長 期 に 都 市 部 への 人 口 都 市 機 能 の 集 中 が 進 み 都 市 の 外 延 化 の 進 行 に 伴 うモータリゼーションの 進 展 を 背 景 に 住 宅 や 公 共 公 益 施

More information

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc 佐 野 市 生 活 排 水 処 理 構 想 ( 案 ) 平 成 27 年 12 月 佐 野 市 目 次 1. 生 活 排 水 処 理 構 想 について 1.1 生 活 排 水 処 理 構 想 とは P.1 1.2 生 活 排 水 処 理 施 設 の 種 類 P.1 2. 佐 野 市 の 現 状 と 課 題 2.1 整 備 状 況 P.2 2.2 主 な 汚 水 処 理 施 設 P.2 2.3 生 活

More information

2 地 地 区 整 備 方 針 名 称 芝 樋 ノ 爪 及 び 芝 4 5 丁 目 地 区 地 区 計 画 位 置 川 口 市 芝 樋 ノ 爪 1 2 丁 目 芝 4 5 丁 目 及 び 大 字 芝 の 一 部 面 積 約 51.0ha 本 地 区 は 川 口 市 の 西 端 部 に 位 置 しJR

2 地 地 区 整 備 方 針 名 称 芝 樋 ノ 爪 及 び 芝 4 5 丁 目 地 区 地 区 計 画 位 置 川 口 市 芝 樋 ノ 爪 1 2 丁 目 芝 4 5 丁 目 及 び 大 字 芝 の 一 部 面 積 約 51.0ha 本 地 区 は 川 口 市 の 西 端 部 に 位 置 しJR 芝 樋 ノ 爪 及 び 芝 4 5 丁 目 地 区 地 区 計 画 都 市 計 画 決 定 平 成 27 年 4 月 1 日 1 芝 樋 ノ 爪 及 び 芝 4 5 丁 目 地 区 のまちづくりについて 本 地 区 は 川 口 市 の 西 端 部 に 位 置 し JR 京 浜 東 北 線 蕨 駅 東 口 から 徒 歩 圏 内 に 位 置 し 約 3/4が 延 焼 危 険 性 又 は 避 難 困 難

More information

Microsoft Word - H27概要版

Microsoft Word - H27概要版 本 市 は 大 正 14 年 4 月 の 都 市 計 画 法 の 適 用 を 受 け 大 正 15 年 4 月 30 日 に 都 市 計 画 区 域 の 決 定 をしました 昭 和 6 年 には 都 市 計 画 道 路 翌 昭 和 7 年 には 用 途 地 域 昭 和 10 年 には 風 致 地 区 が それぞれ 計 画 決 定 され 本 市 における 都 市 計 画 の 礎 が 定 められました

More information

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定)

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定) 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 知 事 同 意 又 は 協 議 にあたっての 判 断 指 針 平 成 24 年 2 月 茨 城 県 土 木 部 都 市 局 都 市 計 画 課 目 次 1 判 断 指 針 策 定 の 趣 旨 1 2 本 判 断 指 針 が 対 象 とする 地 区 計 画 1 3 県 が 判 断 するにあたっての 基 本 方 針 2 4 地 区 計 画 の 対

More information

広島駅新幹線口周辺地区における用途地域及び容積率の見直し等の都市計画に関する運用方針

広島駅新幹線口周辺地区における用途地域及び容積率の見直し等の都市計画に関する運用方針 広 島 駅 新 幹 線 口 周 辺 地 区 における 用 途 地 域 及 び 容 積 率 の 見 直 し 等 の 都 市 計 画 に 関 する 運 用 方 針 平 成 21 年 (2009 年 )12 月 広 島 市 都 市 整 備 局 都 市 計 画 課 目 次 第 1 総 則 1 1 目 的 1 2 本 運 用 方 針 の 位 置 づけ 1 3 本 運 用 方 針 の 適 用 範 囲 1 4 用

More information

現 行 工 業 地 域 準 工 業 地 域 商 業 地 域 近 隣 商 業 地 域 改 正 後 準 工 業 地 域 ( 特 別 業 務 地 区 ( 第 2 種 ) 及 び 指 定 集 積 区 域 を 除 く) 近 隣 商 業 地 域 2 / 7

現 行 工 業 地 域 準 工 業 地 域 商 業 地 域 近 隣 商 業 地 域 改 正 後 準 工 業 地 域 ( 特 別 業 務 地 区 ( 第 2 種 ) 及 び 指 定 集 積 区 域 を 除 く) 近 隣 商 業 地 域 2 / 7 岸 和 田 市 環 境 保 全 条 例 の 一 部 改 正 について 1. 改 正 の 背 景 岸 和 田 市 環 境 保 全 条 例 ( 以 下 条 例 という )では 日 照 障 害 により 近 隣 の 生 活 環 境 に 支 障 を 及 ぼさないことを 目 的 に 建 物 高 さに 対 して 規 制 を 定 めております この 規 制 は 建 築 基 準 法 に 定 める 日 影 規 制 より

More information

(2) 都 市 計 画 区 域 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 の 変 遷 1 都 市 計 画 区 域 の 変 遷 2 市 街 化 区 域 及 び 市 街 化 調 整 区 域 の 変 遷 旧 石 巻 市 ( 単 位 :ha) ( 単 位 :ha) 変 更 都 市 計 画 区 域 行

(2) 都 市 計 画 区 域 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 の 変 遷 1 都 市 計 画 区 域 の 変 遷 2 市 街 化 区 域 及 び 市 街 化 調 整 区 域 の 変 遷 旧 石 巻 市 ( 単 位 :ha) ( 単 位 :ha) 変 更 都 市 計 画 区 域 行 1. 都 市 計 画 区 域 等 について (1) 全 体 総 括 表 (H27.3.31 現 在 ) 行 政 区 域 都 市 計 画 区 域 石 巻 市 (A) (B) 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 B/A (C) C/A C/B (D) D/A D/B ha ha % ha % % ha % % 旧 石 巻 市 11,765.0 21.2 3,001.2 5.4 25.5 8,763.8

More information

区 分 後 退 距 離 要 件 説 明 要 件 道 路 側 隣 側 ( 緑 化 基 準 ) B 1 都 市 の 美 観 風 致 を 維 持 するための 樹 木 の 保 存 に 関 する 法 律 により 指 定 された 保 存 樹 木 または これに 準 ずる 樹 木 の 保 全 のために これらの

区 分 後 退 距 離 要 件 説 明 要 件 道 路 側 隣 側 ( 緑 化 基 準 ) B 1 都 市 の 美 観 風 致 を 維 持 するための 樹 木 の 保 存 に 関 する 法 律 により 指 定 された 保 存 樹 木 または これに 準 ずる 樹 木 の 保 全 のために これらの 別 表 第 1( 第 4 条 関 係 ) 2つの 要 件 に 該 当 する 場 合 または のうち の 緩 い 方 との 組 合 せが 適 用 できる : 緩 和 措 置 あり : 限 定 緩 和 措 置 あり : 緩 和 措 置 なし 区 分 後 退 距 離 要 件 説 明 要 件 道 路 側 隣 側 ( 緑 化 基 準 ) A 1 都 市 の 美 観 風 致 を 維 持 するための 樹 木 の

More information

主要生活道路について

主要生活道路について 議 題 2 資 料 1. 本 日 の 検 討 テーマ 主 要 生 活 道 路 について 基 本 構 想 ( 平 成 23 年 3 月 の 中 間 報 告 資 料 )では 主 要 生 活 道 路 A~C 主 要 生 活 道 路 D~G の2 種 類 の 主 要 生 活 道 路 整 備 を 提 言 しています 各 路 線 の 具 体 的 な 整 備 手 法 については 地 区 計 画 制 度 の 適 用

More information

03

03 東 京 都 市 計 画 の 変 更 ( 文 京 区 決 定 ) 平 成 年 月 日 文 京 区 告 示 第 号 最 高 面 積 欄 の( ) 内 は 変 更 前 を 示 す 種 類 面 積 建 築 物 の 高 さの 最 高 又 は 最 低 備 考 第 1 種 建 築 物 の 各 部 分 の 高 さ( 地 盤 面 からの 高 さによる 以 下 同 じ )は 当 該 部 分 から 前 面 道 路 の 反

More information

スライド 1

スライド 1 本 資 料 は 学 会 代 議 員 との 意 見 交 換 を 踏 まえて 多 数 意 見 をまとめたものです しかし 学 術 団 体 として 多 様 な 意 見 があります これを 契 機 に 議 論 が 活 性 化 することを 期 待 します マンション 建 替 えに 関 する 意 見 ( 第 2 版 ) 当 日 の 口 頭 説 明 を 一 部 加 筆 千 葉 大 学 小 林 秀 樹 < 一 般

More information

1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 土 地 の 高 度 利 用 については 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 横 須 賀 市 条 例 第 72 号 以 下 条 例 という ) 同 条 例 施 行 規 則 ( 平 成

1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 土 地 の 高 度 利 用 については 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 横 須 賀 市 条 例 第 72 号 以 下 条 例 という ) 同 条 例 施 行 規 則 ( 平 成 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 都 市 計 画 及 び 総 合 設 計 等 運 用 基 準 目 次 1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 ------------------- 1 第 2 本 基 準 の 構 成 ------------------- 1 2 章 土 地 の 高 度 利 用 に 係 る 適 用 評 価 について 第 1 適 用

More information

騒 音 に 係 る 環 境 基 準 の 類 型 を 当 てはめる 並 びに 騒 音 及 び 振 動 の 規 制 の 変 更 について 1 趣 旨 奥 州 市 二 戸 市 滝 沢 村 及 び 矢 巾 町 において 都 市 計 画 法 第 8 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 用 途 が 変

騒 音 に 係 る 環 境 基 準 の 類 型 を 当 てはめる 並 びに 騒 音 及 び 振 動 の 規 制 の 変 更 について 1 趣 旨 奥 州 市 二 戸 市 滝 沢 村 及 び 矢 巾 町 において 都 市 計 画 法 第 8 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 用 途 が 変 資 料 -1 審 議 事 項 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 の 類 型 を 当 てはめる 並 びに 騒 音 及 び 振 動 の 規 制 の 変 更 について ( 案 ) 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 の 類 型 を 当 てはめる 並 びに 騒 音 及 び 振 動 の 規 制 の 変 更 について 1 趣 旨 奥 州 市 二 戸 市 滝 沢 村 及 び 矢 巾 町 において 都 市 計 画

More information

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378>

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378> 東 近 江 市 市 街 化 調 整 区 域 等 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 の 解 説 東 近 江 市 都 市 整 備 部 都 市 計 画 課 策 定 の 背 景 昭 和 43 年 に 制 定 された 新 都 市 計 画 法 ( 昭 和 43 年 法 律 第 100 号 以 下 法 という )で 都 市 計 画 区 域 を 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域

More information

既 存 建 築 物 の 建 替 市 街 化 調 整 区 域 で 許 可 を 不 要 とする 取 扱 いについて 既 存 建 築 物 の 建 替 は 以 下 の1)~3)をすべて 満 たしている 場 合 に 可 能 です 1) 建 替 前 の 建 築 物 ( 以 下 既 存 建 築 物 という )につ

既 存 建 築 物 の 建 替 市 街 化 調 整 区 域 で 許 可 を 不 要 とする 取 扱 いについて 既 存 建 築 物 の 建 替 は 以 下 の1)~3)をすべて 満 たしている 場 合 に 可 能 です 1) 建 替 前 の 建 築 物 ( 以 下 既 存 建 築 物 という )につ 市 街 化 調 整 区 域 において 開 発 行 為 を 行 おうとする 者 は 開 発 許 可 を 開 発 行 為 が 伴 わない 建 築 物 の 新 築 等 を 行 おうとする 者 は 建 築 許 可 をあらかじめ 市 長 から 得 る 必 要 がありますが ここでは 許 可 を 不 要 とする 場 合 について 説 明 しています 区 分 市 街 化 調 整 区 域 建 築 物 を 建 築 したい

More information

Microsoft Word - 14_1パンフレット最終版v02_111024【決定版】.docx

Microsoft Word - 14_1パンフレット最終版v02_111024【決定版】.docx 石 神 井 公 園 駅 南 地 まちづくり 計 画 1 まちづくり 計 画 目 標 ------------------------------------------------ 2 2 まちづくり 計 画 ------------------------------------------------ 3 3 土 地 利 用 考 え 方 ----------------------------------------------------

More information

配 し 国 道 及 び 市 道 から 直 接 来 客 者 が 駐 車 場 へ 乗 り 入 れできるようになっていまた 店 舗 北 側 は 従 業 員 用 駐 車 場 と 仕 入 れた 食 材 等 の 業 務 車 両 搬 入 路 積 み 降 ろしの 際 の 作 業 スペースとして 利 用 されてい 今

配 し 国 道 及 び 市 道 から 直 接 来 客 者 が 駐 車 場 へ 乗 り 入 れできるようになっていまた 店 舗 北 側 は 従 業 員 用 駐 車 場 と 仕 入 れた 食 材 等 の 業 務 車 両 搬 入 路 積 み 降 ろしの 際 の 作 業 スペースとして 利 用 されてい 今 自 動 車 の 保 管 場 所 の 補 償 について 田 中 和 広 1 高 田 河 川 国 道 事 務 所 用 地 第 二 課 ( 943-0847 上 越 市 南 新 町 3 番 56 号 ) 国 道 事 業 の 用 地 取 得 において 食 堂 の 駐 車 場 が 支 障 となり 駐 車 場 の 減 少 に 伴 い 営 業 に 影 響 が 生 じるのか また 残 地 内 での 営 業 継 続

More information

草 加 都 市 計 画 事 業 新 田 西 部 土 地 区 画 整 理 事 業 土 地 評 価 基 準 ( 目 的 ) 第 1 この 基 準 は 土 地 区 画 整 理 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 119 号 ) 第 3 条 第 4 項 の 規 定 により 草 加 市 が 施 行 する 草

草 加 都 市 計 画 事 業 新 田 西 部 土 地 区 画 整 理 事 業 土 地 評 価 基 準 ( 目 的 ) 第 1 この 基 準 は 土 地 区 画 整 理 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 119 号 ) 第 3 条 第 4 項 の 規 定 により 草 加 市 が 施 行 する 草 草 加 都 市 計 画 事 業 新 田 西 部 土 地 区 画 整 理 事 業 土 地 評 価 基 準 草 加 市 草 加 都 市 計 画 事 業 新 田 西 部 土 地 区 画 整 理 事 業 土 地 評 価 基 準 ( 目 的 ) 第 1 この 基 準 は 土 地 区 画 整 理 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 119 号 ) 第 3 条 第 4 項 の 規 定 により 草 加 市 が 施

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

Microsoft Word - 10第1編第9章(201~210).doc

Microsoft Word - 10第1編第9章(201~210).doc 第 9 章 市 街 化 調 整 区 域 内 における 建 築 等 の 制 限 第 1 節 建 築 行 為 建 設 行 為 の 許 可 法 第 43 条 第 2 節 許 可 の 条 件 令 第 36 条 第 3 節 既 存 宅 地 における 建 築 物 に 係 る 暫 定 措 置 法 第 43 条 - 201 - 第 9 章 市 街 化 調 整 区 域 内 における 建 築 等 の 制 限 第 1 節

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63> 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 < 概 要 版 > 平 成 22 年 3 月 北 海 道 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 の 背 景 国 では 公 的 直 接 供 給 やフローを 重 視 する 住 宅 建 設 計 画 法 を 廃 止 し 平 成 18 年 6 月 に 新 たな 時 代 の

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

(11) 建 築 物 特 定 施 設 等 本 許 可 基 準 により 容 積 率 緩 和 対 象 とした 施 設 2. 運 用 方 針 この 許 可 基 準 は, 市 街 地 環 境 の 保 護 を 図 りつつ, 地 域 の 安 定 的 な 医 療 福 祉 環 境 の 確 保 を 図 ることを 目

(11) 建 築 物 特 定 施 設 等 本 許 可 基 準 により 容 積 率 緩 和 対 象 とした 施 設 2. 運 用 方 針 この 許 可 基 準 は, 市 街 地 環 境 の 保 護 を 図 りつつ, 地 域 の 安 定 的 な 医 療 福 祉 環 境 の 確 保 を 図 ることを 目 福 岡 市 バリアフリー 容 積 率 緩 和 許 可 基 準 ( 福 岡 市 : 高 齢 者, 障 害 者 等 の 移 動 等 の 円 滑 化 の 促 進 に 関 する 法 律 第 24 条 の 規 定 による 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 許 可 基 準 ) 平 成 20 年 8 月 福 岡 市 住 宅 都 市 局 建 築 指 導 部 1. 用 語 の 定 義 この

More information

目 次 第 1 条 目 的 1 第 2 条 用 語 の 定 義 1 第 3 条 評 価 方 法 1 第 4 条 土 地 利 用 区 分 2 第 5 条 路 線 価 を 付 す 道 路 2 第 6 条 路 線 価 の 付 け 方 2 第 7 条 路 線 価 指 数 の 算 定 2 第 8 条 画 地

目 次 第 1 条 目 的 1 第 2 条 用 語 の 定 義 1 第 3 条 評 価 方 法 1 第 4 条 土 地 利 用 区 分 2 第 5 条 路 線 価 を 付 す 道 路 2 第 6 条 路 線 価 の 付 け 方 2 第 7 条 路 線 価 指 数 の 算 定 2 第 8 条 画 地 第 14 回 審 議 会 資 料 1 和 光 都 市 計 画 事 業 和 光 市 駅 北 口 土 地 区 画 整 理 事 業 土 地 評 価 基 準 和 光 市 目 次 第 1 条 目 的 1 第 2 条 用 語 の 定 義 1 第 3 条 評 価 方 法 1 第 4 条 土 地 利 用 区 分 2 第 5 条 路 線 価 を 付 す 道 路 2 第 6 条 路 線 価 の 付 け 方 2 第 7

More information

(Microsoft Word - \202P\201`3\217\315_H16\224N3\214\216.doc)

(Microsoft Word - \202P\201`3\217\315_H16\224N3\214\216.doc) 1 章 現 況 調 査 1-1 筑 紫 野 市 の 現 況 (1) 都 市 計 画 の 概 要 筑 紫 野 市 においては 昭 和 23 年 に 都 市 計 画 区 域 の 決 定 が 行 われた その 後 幾 度 かの 変 更 が 行 われ 平 成 12 年 に 現 在 の 4,393ha に 達 している 一 方 線 引 き 指 定 については 昭 和 45 年 に 当 初 決 定 され その

More information

<5461726F2D91E6825181408A4A94AD8D7388D782CC8B9689C22E6A7464>

<5461726F2D91E6825181408A4A94AD8D7388D782CC8B9689C22E6A7464> 第 2 開 発 行 為 の 許 可 第 1 節 許 可 を 要 する 開 発 行 為 1 面 積 要 件 ( 法 第 29 条 第 1 項 第 1 号 第 2 項 本 文 ) 下 表 のそれぞれの 区 域 ごとに 定 めた 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 法 令 により 許 可 不 要 及 び 協 議 が 必 要 とされるものを 除 く )を 行 おうとする 者 は あらかじめ 知 事 の

More information

Microsoft Word - 220401 要綱.doc

Microsoft Word - 220401 要綱.doc 国 立 市 開 発 行 為 等 指 導 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 立 市 における 開 発 行 為 等 によって 無 秩 序 な 市 街 化 が 行 われる ことを 規 制 し 良 好 な 市 街 地 の 造 成 並 びに 快 適 な 生 活 環 境 を 保 持 するとともに 人 間 を 大 切 にするまちづくり の 実 現 をはかることを 目 的

More information

第 1 本 報 告 の 位 置 付 け 平 成 20 年 4 月 下 旬 立 川 基 地 跡 地 昭 島 地 区 ( 以 下 本 地 という )で 絶 滅 のおそれのあ る 野 生 動 植 物 の 種 の 保 存 に 関 する 法 律 の 国 内 希 少 野 生 動 植 物 種 に 指 定 されてい

第 1 本 報 告 の 位 置 付 け 平 成 20 年 4 月 下 旬 立 川 基 地 跡 地 昭 島 地 区 ( 以 下 本 地 という )で 絶 滅 のおそれのあ る 野 生 動 植 物 の 種 の 保 存 に 関 する 法 律 の 国 内 希 少 野 生 動 植 物 種 に 指 定 されてい 立 川 基 地 跡 地 昭 島 地 区 に 係 る 猛 禽 類 保 護 方 策 について 報 告 書 立 川 基 地 跡 地 昭 島 地 区 に 係 る 猛 禽 類 保 護 方 策 検 討 委 員 会 平 成 22 年 10 月 18 日 第 1 本 報 告 の 位 置 付 け 平 成 20 年 4 月 下 旬 立 川 基 地 跡 地 昭 島 地 区 ( 以 下 本 地 という )で 絶 滅 のおそれのあ

More information

Microsoft PowerPoint - 20150615_【HP用】綱島SST素案説明会.pptx

Microsoft PowerPoint - 20150615_【HP用】綱島SST素案説明会.pptx 綱 島 サスティナブル スマートタウン 地 区 地 区 計 画 都 市 計 画 市 素 案 説 明 会 平 成 27 年 6 月 12 日 横 浜 市 ~ 本 日 の 説 明 内 容 ~ 地 区 の 概 要 と 上 位 計 画 経 緯 地 区 計 画 の 都 市 計 画 市 素 案 今 後 の 都 市 計 画 手 続 地区の概要 港北区 日吉駅 綱島サスティナブル スマートタウン地区 面積 約4.4ha

More information

(2) 基 準 地 の 価 格 の 審 査 調 整 及 び 判 定 (3) 周 知 措 置 ( 地 価 公 示 との 関 係 等 ) 第 4 条 知 事 は 事 業 の 実 施 にあたっては 地 価 公 示 法 の 規 定 に 基 づいて 国 が 行 う 地 価 公 示 との 調 和 を 保 ち 一

(2) 基 準 地 の 価 格 の 審 査 調 整 及 び 判 定 (3) 周 知 措 置 ( 地 価 公 示 との 関 係 等 ) 第 4 条 知 事 は 事 業 の 実 施 にあたっては 地 価 公 示 法 の 規 定 に 基 づいて 国 が 行 う 地 価 公 示 との 調 和 を 保 ち 一 和 歌 山 県 地 価 調 査 事 業 実 施 要 綱 ( 平 成 12 年 3 月 21 日 制 定 ) ( 総 則 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 昭 和 49 年 政 令 第 387 号 以 下 令 という ) 第 9 条 の 規 定 に 基 づく 和 歌 山 県 地 価 調 査 事 業 ( 以 下 事 業 という )の 円 滑 な 遂 行 に 資

More information

(Microsoft Word - \221\346\202P\202U\201@\214i\212\317.doc)

(Microsoft Word - \221\346\202P\202U\201@\214i\212\317.doc) (1) 1 ア 調 査 すべき の 手 法 情 報 できる 主 要 な 眺 望 地 点 及 び 主 要 で 身 近 な 視 点 の 状 況 な 実 視 施 点 地 ( 区 点 不 域 のうち 特 周 定 辺 の 多 主 数 の 要 な なものをいう 人 々 眺 望 又 地 は 点 周 ( 辺 の 不 以 住 特 下 民 定 が 同 多 じ ) 数 の する 人 及 々が 場 び 所 対 利 で 象

More information

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱 千 葉 市 耐 震 改 修 費 補 助 事 業 要 綱 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 震 による 住 宅 の 倒 壊 等 の 被 害 から 市 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 するため 住 宅 の 耐 震 改 修 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め 耐 震 改 修 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 することにより

More information

表紙

表紙 現 況 の 指 定 容 積 率 をすべて 使 い 切 った 場 合 に 現 況 容 積 率 の 2.25 倍 以 上 になるかどうかを 確 認 する 現 況 の 街 区 面 積 は 3,569,759m2 延 べ 床 面 積 は 3,569,759m2であるから 目 標 とする 延 べ 床 面 積 はその 2.25 倍 の 8,031,958m2である 一 方 指 定 容 積 率 をすべて 使 い

More information

< F2D30325F E738CF C98AEE82C382AD93738E73>

< F2D30325F E738CF C98AEE82C382AD93738E73> 都 市 公 園 法 に 基 づく 都 市 公 園 の 設 置 等 の 基 準 に 関 する 条 例 ( 仮 称 ) の 骨 子 について 条 例 制 定 の 背 景 等 地 域 の 自 主 性 及 び 自 立 性 を 高 めるための 改 革 の 推 進 を 図 るための 関 係 法 律 の 整 備 に 関 する 法 律 ( 平 成 23 年 法 律 第 105 号 )が 公 布 され 都 市 公 園

More information

第2回 制度設計専門会合 事務局提出資料

第2回 制度設計専門会合 事務局提出資料 第 3 回 制 度 設 計 専 門 会 合 事 務 局 提 出 資 料 ~ 電 力 の 小 売 営 業 に 関 する 指 針 ( 案 )の 概 要 について~ 平 成 27 年 12 月 4 日 ( 金 ) 電 力 の 小 売 営 業 に 関 する 指 針 ( 案 )で 整 備 する の 目 次 1. 需 要 家 への 適 切 な 情 報 提 供 (1) 一 般 的 な 情 報 提 供 (2) 契

More information

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の 消 防 法 施 行 令 別 表 第 1(6) 項 ロに 掲 げる 施 設 の 概 要 ( 細 目 欄 の 印 は275m2 未 満 の 施 設 が 想 定 されるものを 示 す ) 細 目 根 拠 法 令 規 定 規 模 要 件 根 拠 規 定 構 造 要 件 根 拠 規 定 参 考 資 料 10 老 短 期 入 所 施 設 ( ) (ショートステイ) 第 20 条 の3 ( 老 短 期 入 所 施

More information

1号店舗運用基準

1号店舗運用基準 市 街 化 調 整 区 域 における 都 市 計 画 法 第 3 4 条 第 1 2 号 の 規 定 に よ る 開 発 許 可 等 の 基 準 を 定 める について 法 第 34 条 第 12 号 及 び 令 第 36 条 第 1 項 第 3 号 ハ でいう 開 発 区 域 の 周 辺 にお ける 市 街 化 区 域 を 促 進 するおそれがないと 認 められ かつ 市 街 化 区 域 内 にお

More information

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 論 点 と 意 見 について ( 概 要 ) 神 奈 川 県 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 検 討 会 議 について 1 テーマ 地 方 公 務 員 制 度 改 革 ( 総 務 省 地 方 公 務 員 の 労 使 関 係 制 度 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 )の 課 題 の 整

More information

土師地区地区計画

土師地区地区計画 資 料 1-2 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 に 関 する 運 用 基 準 ( 案 ) 平 成 27 年 月 堺 市 目 次 第 1 章 背 景 目 的... 2 第 2 章 対 象 外 区 域... 3 第 3 章 運 用 の 考 え 方... 4 第 4 章 運 用 の 基 準... 5 第 5 章 提 案 の 審 査... 7 1 第 1 章 背 景 目 的 市 街 化

More information

5

5 社 会 保 障 審 議 会 介 護 保 険 部 会 ( 第 55 回 ) 資 料 5 平 成 28 年 2 月 17 日 介 護 保 険 制 度 における 所 得 指 標 の 見 直 しについて 介 護 保 険 制 度 における 所 得 指 標 の 見 直 しについて 現 状 課 題 介 護 保 険 制 度 では 所 得 の 状 況 に 応 じて 保 険 料 や 利 用 者 負 担 額 等 を 負

More information

Microsoft Word - jigyoukeikakusho.docx

Microsoft Word - jigyoukeikakusho.docx 様 式 (7)~1 建 売 住 宅 共 同 住 宅 宅 地 分 譲 公 営 住 宅 公 共 施 設 関 係 1. 転 用 目 的 とその 内 容 イ. 建 売 住 宅 ロ. 共 同 住 宅 ハ. 宅 地 分 譲 ニ. 公 営 住 宅 ホ. 公 共 施 設 ( ) 転 用 敷 地 総 面 積 ( 内 農 地 面 積 その 他 ) 土 地 利 用 計 画 住 宅 用 地 店 舗 集 会 所 等 施 設

More information