<4D F736F F F696E74202D CD89FC8A7690F396EC947A957A2E B8CDD8AB B83685D>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20936497CD89FC8A7690F396EC947A957A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>"

Transcription

1 国 内 外 の 電 力 市 場 改 革 電 力 中 央 研 究 所 副 研 究 参 事 東 京 大 学 客 員 教 授 浅 野 浩 志 電 気 学 会 公 開 シンポジウム 2013 年 12 月 2 日 1

2 内 容 1. これまでの 電 力 規 制 改 革 2. 電 力 市 場 とは 3. 国 外 の 電 力 市 場 改 革 から 学 ぶ 欧 州 米 国 4. 我 が 国 の 電 力 システム 改 革 と 課 題 2

3 電 気 事 業 の 規 制 改 革 とは 自 由 化 規 制 緩 和 (Deregulation) vs 規 制 (Regulation) 電 力 供 給 体 制 の 制 度 設 計 電 力 市 場 の 設 計 目 的 : 安 定 供 給 価 格 水 準 の 安 定 環 境 保 全 の 同 時 達 成 卸 売 りの 自 由 化 : 卸 電 力 市 場 の 創 設 小 売 供 給 の 自 由 化 : 選 択 肢 を 増 やす 小 売 競 争 日 本 は 部 分 自 由 化 低 圧 用 スマートメーター 普 及 を 図 る 事 業 体 制 : 垂 直 統 合 か 統 合 分 離 (Unbundling) 3

4 規 模 の 経 済 性 なぜ 独 占 的 な 供 給 が 行 われ 規 制 されてきたか 需 要 規 模 に 比 べて 固 定 費 用 の 大 きい 産 業 では 平 均 費 用 が 生 産 量 の 増 大 に 応 じて 逓 減 する これを 規 模 の 経 済 性 (economy of scale)と 呼 ぶ P: 価 格 q: 供 給 量 D: 需 要 関 数 AC: 平 均 費 用 関 数 4

5 日 本 における 電 気 事 業 制 度 改 革 の 変 遷 1995 年 法 改 正 1999 年 法 改 正 2003 年 法 改 正 1996 年 2000 年 2005 年 2007 年 火 力 全 面 入 札 制 度 廃 止 卸 売 分 野 送 配 電 分 野 卸 電 力 入 札 制 度 経 済 融 通 取 引 廃 止 (IPP 入 札 ) 有 限 責 任 中 間 法 人 日 本 卸 電 力 取 引 所 設 立 卸 電 力 取 引 所 (JEPX) 運 営 開 ( ) 始 (2005.4) 有 限 責 任 中 間 法 人 電 力 系 統 利 用 協 議 会 中 立 機 関 電 力 系 統 利 用 協 議 会 設 立 (ESCJ)を ( 送 配 電 業 務 等 支 援 機 関 ) ( ) 中 立 機 関 に 指 定 ( ) 運 営 開 始 (2005.4) 小 売 分 野 特 別 高 圧 需 要 家 (2000KW ) 特 別 高 圧 需 要 家 (500kW ) 高 圧 需 要 家 特 別 高 圧 需 要 家 高 圧 需 要 家 <2000.3~> <2004.4~> (50kW ) 特 定 電 気 事 業 制 度 < ~> 先 送 り 全 面 自 由 化 への 検 討 開 始 したが 先 送 り< ~2008.3>2013 年 以 降 に 再 検 討 震 災 で 前 倒 し5

6 現 在 の 電 力 市 場 の 構 造 < 卸 電 気 事 業 者 > 電 源 開 発 (Jハ ワー) 日 本 原 子 力 発 電 公 営 電 気 事 業 ( 水 力 ) 共 同 火 力 発 電 事 業 者 発 電 ネットワーク( 送 配 電 ) お 客 さま 一 般 電 気 事 業 者 へ 卸 供 給 < 独 立 系 発 電 事 業 者 (IPP)> 鉄 鋼 石 油 会 社 等 一 般 電 気 事 業 者 PPSに 卸 供 給 < 一 般 電 気 事 業 者 > 発 電 送 配 電 一 貫 体 制 により 電 力 を 供 給 各 地 域 の 電 力 会 社 北 海 道 東 北 東 京 北 陸 中 部 関 西 中 国 四 国 九 州 沖 縄 一 般 電 気 事 業 者 のネットワークを 介 して 顧 客 に 小 売 り 供 給 義 務 小 売 り 競 争 家 庭 用 大 口 法 人 ( 自 家 発 ) < 特 定 電 気 事 業 者 > 供 給 ダイヤモンドパワー 六 本 木 エネルキ ーサーヒ ス 義 特 定 地 域 務 エネット 他 JR 東 日 本 他 の 需 要 家 < 特 定 規 模 電 気 事 業 者 (PPS, 新 電 力 )> 6

7 2005 年 以 降 のわが 国 の 電 力 供 給 体 制 : 2015 年 以 降 変 更 予 定 発 電 部 門 一 般 電 気 事 業 者 ( 電 力 会 社 ) 電 源 日 本 卸 電 力 取 引 所 (JEPX) 卸 電 気 事 業 者 IPP PPS 卸 取 引 契 約 送 電 配 電 部 門 配 電 系 統 送 電 系 統 電 力 系 統 利 用 協 議 会 (ESCJ) 小 売 部 門 供 給 義 務 小 口 需 要 家 高 圧 需 要 家 (50kW 以 上 ) 特 別 高 圧 需 要 家 (2000kW 以 上 ) 非 自 由 化 部 門 自 由 化 部 門

8 卸 電 力 市 場 : 前 日 市 場 のイメージ 集 計 入 札 価 格 売 り 入 札 データ 連 系 線 混 雑 時 には 分 断 したエリア 毎 に,こ のマッチングを 行 う 取 引 参 加 者 からの 入 札 30 分 毎 約 定 価 格 ある 価 格 において 売 り と 買 い の 量 が 一 致 する 買 い 入 札 データ 入 札 量 卸 電 力 取 引 所 (JEPX)は, 現 物 としての 電 気 の 取 引 を 行 う 場 8

9 JEPXのシステム 価 格 システム 価 格 ( 平 日 ) 夏 季 で 24 時 間 平 均 価 格 が16 円 台 ピーク 価 格 が20-23 円 東 西 市 場 分 断 西 日 本 が 高 めに 推 移 (10 月 原 子 力 停 止 の 影 響 が 大 き い) 60 JEPX system price 2013 July August 50 yen/kwh 時 間 平 均 昼 間 (08 22 時 ) ピーク(13 16 時 ) /07/ /07/ /07/ /07/ /08/ /08/ /08/30 date 9

10 卸 電 力 市 場 の 構 造 2011 年 度 ) 10

11 新 電 力 の 供 給 力 に 占 める 電 力 調 達 先 の 内 訳 ( 構 成 比 )( 単 位 :%) 年 度 調 達 先 自 社 発 電 卸 電 力 取 引 所 自 家 発 業 者 等 一 般 電 気 事 業 者 ( 常 時 バックアップ) 合 計 平 成 18 年 度 平 成 22 年 度 大 震 災 後 一 般 電 気 事 業 者 の 供 給 不 足 の 影 響 で 構 造 が 大 きく 変 化 した 11

12 需 要 分 野 別 の 新 電 力 のシェア( 単 位 :%) 年 度 分 野 特 別 高 圧 高 圧 産 業 用 業 務 用 産 業 用 業 務 用 全 体 平 成 16 年 度 平 成 22 年 度 平 成 23 年 度 平 成 16 年 度 については,4 月 から12 月 までの 数 値,また, 契 約 電 力 が 原 則 500kW 以 上 の 需 要 家 に 限 る 出 所 : 平 成 16 年 度 は 経 済 産 業 省 資 料 平 成 22 年 度,23 年 度 は, 一 般 電 気 事 業 者 ( 沖 縄 電 力 を 除 く9 社 ) 及 び 新 電 力 の 市 場 シェア 上 位 11 社 に 対 するアンケートを 基 に 算 出 電 力 供 給 区 域 別 の 新 電 力 のシェア( 平 成 22 年 度 )( 単 位 :%) 供 給 区 域 北 海 道 電 力 東 北 電 力 東 京 電 力 中 部 電 力 北 陸 電 力 関 西 電 力 中 国 電 力 四 国 電 力 九 州 電 力 シェア

13 範 囲 の 経 済 性 範 囲 の 経 済 性 (economy of scope)は ある 企 業 が 複 数 の 種 類 の 財 サービスを 生 産 するときに 必 要 とされるその 企 業 の 費 用 の 合 計 が 個 々の 財 サービスを 単 独 で 生 産 するときの 費 用 の 合 計 に 比 べて 小 さいこと をさす 垂 直 統 合 の 経 済 性 : 上 流 と 下 流 部 門 の 垂 直 統 合 のメリットあり 英 国 等 で 垂 直 統 合 を 分 離 した 後 契 約 や 買 収 を 通 して 再 統 合 13

14 Group1 早 期 ( 積 極 的 ) Group2 中 期 欧 州 主 要 国 の 事 業 者 における 送 電 部 門 の 法 人 格 分 離 / 所 有 権 分 離 の 実 施 時 期 送 電 部 門 のア アンバンドリング グの 実 施 時 期 によるグループ 分 け 国 送 電 事 業 者 法 人 格 分 離 実 施 スペイン REE イギリス National Grid ベルギー Elia (やや 積 極 的 ) イタリア Terna Group3 晩 期 ( 消 極 的 ) Group4 未 実 施 ( 慎 重 ) オランダ TenneT フィンランド FinGrid Amprion (RWE) ドイツ TenneT TSO (E.ON) Hertz Transmission (Vattenfall) 慎 ドイツ EnBW Transportnetz 1997 フランス RTE 所 有 権 分 離 実 施

15 欧 米 の 経 験 から 得 る 教 訓 英 国 1990 年 に 構 造 分 離 発 電 会 社 の 分 割 価 格 ボラティリティのリスクを 避 けるため 小 売 りとの 再 統 合 卸 価 格 低 下 と 小 売 部 門 を 持 たないBritish Energyが 経 営 危 機 安 定 供 給 が 課 題 ( 自 由 化 と 原 子 力 維 持 の 両 立 困 難 の 事 例 ) アメリカ カリフォルニア 州 の 経 験 : 自 由 化 して 計 画 停 電 に 陥 る 自 由 化 してでも 価 格 が 下 がるとは 限 らない 州 外 の 資 源 に 依 存 多 くの 教 訓 を 与 えた 市 場 設 計 が 重 要 北 東 部 ではISO/RTOによる 系 統 運 用 市 場 運 営 の 一 体 化 予 備 力 と 調 整 電 源 の 確 保 が 課 題 ドイツ 電 源 は 需 要 地 近 接 安 定 度 電 圧 安 定 性 の 問 題 はない 風 力 の 過 大 な 導 入 で 南 北 間 で 潮 流 が 偏 る 系 統 影 響 緩 和 の 負 担 大 環 境 政 策 ( 規 制 の 強 い)と 自 由 化 の 制 度 設 計 の 整 合 性 が 必 要 電 力 危 機 の 発 生 供 給 力 不 足 を 解 消 するため 調 整 期 に 入 った その 後 再 生 可 能 電 源 連 系 に 対 応 した 市 場 の 導 入 各 国 固 有 の 特 徴 を 反 映 した 制 度 設 計 の 必 要 性 15

16 電 力 システム 改 革 3つの 目 的 3つの 柱 3つの 段 階 背 景 東 日 本 大 震 災 東 電 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 事 故 とその 後 の 需 給 逼 迫 従 来 の 電 力 システムの 抱 える 限 界 3つの 目 的 安 定 供 給 の 確 保 電 気 料 金 を 最 大 限 抑 制 選 択 肢 事 業 機 会 の 拡 大 これまでの 政 策 をゼロベースで 見 直 し 3つの 柱 広 域 系 統 運 用 の 拡 大 小 売 発 電 全 面 自 由 化 送 配 電 部 門 の 中 立 化 2013 年 法 案 成 立 広 域 的 運 営 推 進 機 関 の 設 立 (2015 年 実 施 目 途 ) 3つの 段 階 2014 年 法 案 提 出 小 売 参 入 の 全 面 自 由 化 (2016 年 実 施 目 途 ) 2015 年 目 途 法 案 提 出 送 配 電 部 門 の 法 的 分 離 ( 年 実 施 目 途 ) 16

17 今 後 始 まる 電 力 制 度 改 革 2016 年 度 から 小 売 全 面 自 由 化 低 圧 まで 含 めて 電 力 供 給 先 を 自 由 に 選 択 低 圧 自 己 託 送 : 自 家 発 の 余 剰 電 力 を 電 力 エリアを 超 えて 融 通 できる 分 散 型 電 源 の 定 格 運 転 で 効 率 向 上 30 分 毎 に 計 測 できるスマートメ ーターの 先 行 導 入 が 必 要 広 域 運 営 機 関 : 広 域 的 運 営 推 進 機 関 の 発 足 に 向 けた 検 討 会 は 2014 年 1 月 をめどに 設 立 準 備 組 合 を 立 ち 上 げる 方 針 が 示 された 2014 年 7~8 月 に 設 立 認 可 を 申 請 2015 年 4 月 の 業 務 開 始 を 予 定 送 配 電 分 離 : 機 能 分 離 法 的 分 離 17

18 総 合 資 源 エネルギー 調 査 会 基 本 政 策 分 科 会 電 力 シ ステム 改 革 小 委 員 会 制 度 設 計 WG 第 1 回 (8/2) 広 域 的 運 営 推 進 機 関 の 業 務 及 び 組 織 運 営 について 卸 電 力 市 場 の 活 性 化 に 向 けた 取 組 状 況 について 第 2 回 (9/19)/ 小 売 全 面 自 由 化 に 係 る 詳 細 制 度 設 計 について 新 たな 供 給 力 確 保 策 について 小 売 自 由 化 送 配 電 部 門 の 一 層 の 中 立 化 に 必 要 なルール ル 整 備 自 己 託 送 制 度 の 制 度 設 計 について 第 3 回 (10/21) 小 売 全 面 自 由 化 に 係 る 詳 細 制 度 設 計 について(2) 卸 電 力 市 場 の 活 性 化 について 改 革 後 の 需 給 調 整 の 仕 組 みについて 電 力 システム 改 革 を 通 じた 再 生 可 能 エネルギーの 導 入 量 拡 大 について 広 域 的 運 営 推 進 機 関 の 発 足 に 向 けた 検 討 会 の 活 動 状 況 18

19 米 国 のISO/RTOが 運 営 する 卸 電 力 市 場 は, 特 にkWhを 取 引 す るエネルギー 市 場 を 中 心 に 制 度 設 計 の 共 通 化 が 進 んできてい る リアルタイム 価 格 のヘッ ジのために 創 設 短 期 の 資 源 配 分 ISO/RTOの 運 営 する 卸 電 力 市 場 の 構 造 前 日 市 場 エネルギー 市 場 リアルタイム 市 場 同 時 最 適 化 アンシラリー サービス 市 場 送 電 権 市 場 地 点 別 限 界 価 格 の 変 動 リスクを ヘッジするための 市 場 系 統 制 約 を 考 慮 した 経 済 負 荷 配 分 (SCED)で 地 点 別 限 界 価 格 (LMP)を 計 算,kWhの 取 引 やイ ンバランスの 精 算 を 行 う 予 備 力 や 周 波 数 制 御 のための 電 源 の 調 達 を 行 う 中 長 期 の 供 給 力 の 確 保 容 量 市 場 ( 全 てのISO/RTOにあるわけではない) 19

20 アンシラリーサービス( 系 統 運 用 維 持 サービス): 電 力 系 統 の 安 定 性 信 頼 性 を 維 持 するためのサービス 分 類 サービス 内 容 周 波 数 制 御 需 要 想 定 の 誤 差 や 負 荷 変 動 に 対 し 系 統 周 波 ガバナ 制 御 負 荷 追 従 及 び 周 数 の 調 整 や 連 系 系 統 間 の 連 系 線 潮 流 を 規 定 値 波 数 応 答 レギュレーション 内 に 保 つための 発 電 機 の 出 力 調 整 予 備 力 瞬 動 予 備 力 運 転 予 備 力 待 機 予 備 力 バックアップサービ ス 電 圧 制 御 無 効 電 力 補 償 及 び 電 圧 制 御 ブラックスタート 需 給 アンバランスを 解 消 するための 発 電 機 の 出 力 調 整 系 統 電 圧 を 維 持 するための 発 電 機 や 調 相 設 備 からの 無 効 電 力 供 給 や 電 圧 制 御 広 範 囲 な 停 電 時 の 系 統 復 旧 のために 単 独 で 発 電 機 を 起 動 し 電 力 を 供 給 20

21 米 国 ではISO/RTOが 運 営 する 卸 電 力 市 場 のエリアが 拡 大 しかし 非 自 由 化 州 も 半 分 ある CAISO (CA) SPP (AR, KS, LA, MS, MO, NE, NM, OK, TX) MISO (IL, IN, IA, KY, MI, MN, MO, MT, ND, SD, WI, Manitoba) NYISO (NY) PJM (PA, DE, IL, IN, KY, MD, MI, NJ, NC, OH, TN, VA, WV, DC) ISO-NE ISO-NE (MA, CT, ME, (MA, NH, CT, RI, ME, VT) NH, RI, VT) 出 所 :FERCのデータに 基 づき 作 成 ERCOT (TX) 年 代 以 降, 連 邦 大 での 卸 電 力 取 引 の 自 由 化 の 進 展 に 伴 い, 送 電 部 門 の 中 立 化 を 徹 底 するため,FERCの 指 令 888により, オープンアクセスの 義 務 化 とともに 独 立 系 統 運 用 者 (Independent System Operator, ISO)の 設 立 が 推 奨 された その 後,FERCの 指 令 2000により,ISOの 広 域 化 や 系 統 計 画 の 役 割 などを 盛 り 込 んだ 地 域 送 電 機 関 (Regional Transmission Organization, RTO)の 設 立 を 促 した

22 米 国 では14の 州 とワシントンD.C.で 小 売 全 面 自 由 化 を 実 施 して いる 米 国 では 小 売 自 由 化 に 関 する 政 策 は 各 州 に 委 ねられており, 規 制 当 局 ( 公 益 事 業 委 員 会 )がその 実 施 に 必 要 な 様 々な 決 定 を 行 う オレゴン 州 は 産 業 用 と 業 務 用 のみ 自 由 化 カリフォルニア 州 では 一 部 小 売 自 由 化 を 再 開 オレゴン カリフォルニア ネバダ モンタナ ミシガン 州 は 競 争 事 業 者 のシェ アを10%に 制 限 イリノイ アーカンソー ミシガン オハイオ ニューヨーク ペンシルバニア バージニア メイン ニューハンプシャー マサチューセッツ ロードアイランド コネチカット ニュージャージー デラウェア ワシントンD.C. メリーランド アリゾナ ニュー メキシコ テキサス 小 売 自 由 化 州 出 所 :Energy Information Administrationのホームページなどより 作 成 22 小 売 自 由 化 延 期 中 断 中 止

23 米 国 家 庭 用 の 電 気 料 金 の 推 移 ニューヨーク 自 由 化 (1998 年 ) セント ト/kWh ペンシルバニア 自 由 化 (2000 年 ) テキサス 自 由 化 (2002 年 ) テキサス ニューヨーク ペンシルバニア 非 自 由 化 州 平 均 比 較 的 競 争 が 進 んでいると 言 われている 州 でも, 少 なくとも 現 時 点 では, 自 由 化 によって 家 庭 用 の 電 気 料 金 が 下 がってきたとは 言 い 難 い 出 所 :EIAデータより 作 成 23

24 欧州における小売自由化の実施状況 2007年7月1日以前に小売全面自由化実施 済 アイルランド イギリス オーストリア オランダ ス ウェーデン スペイン チェコ デンマーク ドイツ フィンランド ベルギー ポルトガル (ノルウェー) *ノルウェーはEU非加盟国 2007年7月1日より小売全面自由化を実施 イタリア 北アイルランド ギリシャ スロバキア ス ロベニア フランス ハンガリー ブルガリア ポーラ ンド ラトビア リトアニア ルクセンブルグ ルーマ ニア 小売全面自由化の実施が延期されている国 エストニア:2013年末まで延期 キプロス:2013年末まで延期 プ マルタ:無期限延期 (エストニアとキプロスは部分自由化を実施済) クロアチア( EU加盟) クロアチア( EU加盟) 2008年7月1日より小売全面自由化を実施 欧州エネルギー共同体加盟国 2015年1月より小売全面自由化実施予定 アルバニア ボスニア ヘルツェゴビナ ゴ マケドニ ア モンテネグロ セルビア モルドバ コソボ 24

25 家 庭 用 電 気 料 金 の 国 際 比 較 円 /kwh 35 米 国 30 英 国 25 フランス ドイツ 20 イタリア スペイン 15 デンマーク 10 カナダ 韓 国 5 日 本 年 為 替 税 込 み 価 格 出 所 : IEA Energy Prices & Taxes 25

26 小 売 全 面 自 由 化 によって 家 庭 用 電 気 料 金 は 下 がるのか? 料 金 供 給 者 変 更 率 等 の 実 デー 制 度 的 に 自 由 化 しても 競 争 は 活 性 化 する とは 限 らない タを 用 いて 自 由 化 後 の 欧 州 の 自 由 化 需 要 家 が 供 給 者 を 積 極 的 に 選 択 する 必 実 態 を 分 析 FIT 等 の 賦 課 金 が 電 気 料 金 を 押 し 上 げる 国 も 要 性 需 要 家 の 選 択 に 足 る 新 規 参 入 者 の 必 要 性 政 策 的 に 安 価 に 設 定 された 規 制 料 金 が 各 国 の 政 策 競 争 の 料 金 上 昇 を 抑 競 争 を 阻 害 するケースも える 国 も 活 性 化 電 源 構 成 に 大 きく 依 存 火 力 比 率 の 高 い 国 は 影 響 大 燃 料 価 格 の 上 昇 電 気 料 金 の 上 昇 事 業 者 の 効 率 化 促 進 費 用 削 減 電 気 料 金 の 低 下 競 争 が 活 性 化 しても 必 ずしも 費 用 削 減 が 達 成 されるとは 限 らない 非 効 率 が 存 在 し 効 率 化 余 地 が 十 分 に なければ 費 用 削 減 は 困 難 競 争 導 入 で 新 たに 発 生 する 費 用 も 費 用 削 減 が 達 成 されても 必 ずしも 料 金 低 下 に 繋 がらない その 原 資 は 料 金 低 下 による 需 要 家 への 還 元 以 外 に 設 備 投 資 等 のための 内 部 留 保 にも 回 されることもある 欧 州 では 自 由 化 による 電 気 料 金 の 低 下 の 効 果 は 極 めて 限 定 的 で 燃 料 価 格 上 昇 や 公 租 公 課 の 影 響 による 料 金 上 昇 が 顕 著 26

27 電力システム改革の工程表 出典: 電力システム改革の工程表 ( ) 27

28 広 域 的 運 営 推 進 機 関 の 機 能 需 要 計 画 供 給 計 画 の 取 りまとめ 周 波 数 変 換 施 設 地 域 間 連 系 線 等 の 送 電 インフラの 増 強 エリアを 越 えた 全 国 大 での 系 統 運 用 平 常 時 各 エリアの 送 配 電 事 業 者 による 需 給 バランス 周 波 数 調 整 広 域 的 な 運 用 の 調 整 災 害 等 の 需 給 逼 迫 時 電 源 の 炊 き 増 し 電 力 融 通 の 指 示 需 給 調 整 を 実 施 中 立 機 関 新 規 電 源 の 受 付 系 統 情 報 の 公 開 28

29 全 国 大 での 需 給 調 整 機 能 の 強 化 広 域 的 な 系 統 計 画 の 必 要 性 広 域 的 な 系 統 計 画 の 策 定 や 需 給 調 整 を 行 う 主 体 であ る 広 域 的 運 営 推 進 機 関 を 創 設 広 域 系 統 運 用 の 拡 大 と 再 生 可 能 エネルギーの 導 入 現 段 階 での 実 証 例 再 生 可 能 エネルギーな ど 変 動 電 源 の 増 加 により 広 域 での 需 給 調 整 周 波 数 う 調 整 の 必 要 性 が 増 すことに 伴 い これに 柔 軟 に 対 応 した 連 系 線 及 び 基 幹 系 等 の 潮 流 の 管 理 等 を 行 う 出 典 : 北 海 道 電 力 と 東 京 電 力 東 北 電 力 と 東 京 電 力 の 実 証 試 験 の 概 要 ( 東 京 電 力 プレスリリース 添 付 資 料 ) 29

30 小 売 自 由 化 と 供 給 義 務 撤 廃 問 題 となる 事 例 小 売 自 由 化 実 施 後 需 要 家 が 積 極 的 に 供 給 者 を 選 択 してくれない 場 合 自 由 化 市 場 において 需 要 家 が 供 給 者 との 契 約 ができない 場 合 需 要 家 に 供 給 をしていた 事 業 者 が 急 に 自 由 化 市 場 から 撤 退 した 場 合 対 応 する 制 度 Standard Offer( 標 準 値 としてのサービス 提 供 ) Default Service( 需 要 家 が デフォルト= 何 もしない ) 最 終 保 障 ( 日 本 ) Last Resort Service( 最 終 保 障 ) Default Service( 需 要 家 に 対 するの デフォルト= 事 前 用 意 ) 最 終 保 障 ( 日 本 ) Last Resort Service( 最 終 保 障 ) Default Service( 供 給 者 が デフォルト= 供 給 できない ) 欧 州 : Provider of Last Resort:EU 指 令 に 出 てくるが 定 義 なし Default Service:EU 指 令 にも 定 義 なし 米 国 : 州 により 定 義 が 異 なる

31 安 定 供 給 のための 供 給 力 確 保 策 1 時 間 前 市 場 リアルタイム 市 場 の 創 設 1 時 間 前 市 場 小 売 事 業 者 等 が 利 用 リアルタイム 市 場 系 統 運 用 者 が 利 用 新 たな 供 給 力 確 保 の 仕 組 み 供 給 予 備 力 の 確 保 義 務 小 売 事 業 者 が 負 担 中 長 期 的 な 供 給 予 備 力 の 確 保 中 長 期 の 供 給 力 確 保 策 容 量 市 場 最 終 的 な 電 源 入 札 制 度 推 進 機 関 の 役 割 31

32 電 力 システム 改 革 : 検 討 すべき 課 題 3つの 目 的 安 定 供 給 の 確 保 電 気 料 金 を 最 大 限 抑 制 選 択 肢 事 業 機 会 の 拡 大 供 給 力 が 不 足 気 味 の 選 択 肢 の 拡 大 と 価 格 中 で 小 売 自 由 化 をした 抑 制 は 両 立 できない 例 はあまりない 例 が 多 い 原 子 力 発 電 の 取 り 扱 い 再 生 可 能 エネルギー の 取 り 扱 いと 将 来 の 電 源 設 備 の 確 保 3つの 柱 広 域 系 統 運 用 の 拡 大 小 売 発 電 全 面 自 由 化 送 配 電 部 門 の 中 立 化 競 争 導 入 による 価 格 低 下 などのメリットが 新 体 制 へ 移 行 する 費 用 を 正 当 化 するか 32

33 文 献 横 山 隆 一 監 修 : 電 力 自 由 化 と 技 術 開 発 東 京 電 機 大 学 出 版 局 2001 年 南 部 鶴 彦 編 : 電 力 自 由 化 の 制 度 設 計 ー 系 統 技 術 と 市 場 メカニズムー 東 大 出 版 会 2003 年 八 田 達 夫 田 中 誠 編 著 : 電 力 自 由 化 の 経 済 学 東 洋 経 済 新 報 社 2004 年 浅 野 浩 志 デマンドレスポンスによる 需 給 安 定 化 電 気 学 会 誌 Vol.132, No.10, 2012 年 10 月 pp 浅 野 浩 志 電 気 料 金 による 電 力 需 要 の 調 整 と 市 場 機 能 による 需 給 調 整 電 気 評 論 2012 年 11 月 知 っておきたい 電 気 事 業 の 基 礎 日 本 電 気 協 会 2012 世 界 の 電 力 事 情 ENECO,2013 電 力 中 央 研 究 所 HP 報 告 書 米 国 の 卸 電 力 市 場 の 制 度 設 計 と 課 題 - 短 期 の 市 場 の 効 率 性 と 長 期 の 供 給 力 の 確 保 - Y 欧 州 の 電 力 小 売 全 面 自 由 化 と 競 争 の 実 態 - 規 制 料 金 の 現 状 需 要 家 の 選 択 行 動 供 給 者 の 対 応 - Y12017,

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション アーカンソー Arkansas AR 501 アーカンソー Arkansas AR 870 アイオワ Iowa IA 515 アイオワ Iowa IA 712 アイオワ Iowa IA 319 アイダホ Idaho ID 208 アラスカ Alaska AK 907 アラバマ Alabama AL 205 アラバマ Alabama AL 334 アラバマ Alabama AL 256 アリゾナ Arizona

More information

議論の前提

議論の前提 第 1 章 の 補 足 資 料 ( 消 費 税 はだれが 負 担 するのか) 消 費 税 のしくみ 日 本 の 消 費 税 は 付 加 価 値 税 (value added tax VAT)と 呼 ばれる 税 の 一 種 であり 卸 売 り 小 売 りの 各 段 階 で 生 み 出 された 付 加 価 値 に 対 して 課 税 する 売 り 手 が 納 税 の 義 務 を 負 っているので 消 費

More information

2

2 2 ... 2... 3... 5... 6 1... 7 1-1... 8 1-1-1... 8 1-1-2... 9 1-2... 10 1-3... 11 1-4... 11... 16 2-1PPS... 17 2-1-1PPS... 17 2-1-2... 20 2-2... 23 2-2-1... 23 2-2-2... 25... 29 3-1... 30 3-1-1... 30 3-1-2...

More information

電 力 小 売 自 由 化 の 認 知 度 ( 震 災 前 の 調 査 結 果 ) 118 電 力 小 売 自 由 化 をよく 知 っている もしくは 知 っていると 回 答 した 需 要 家 は 自 治 体 で76% 企 業 で84%である その 割 合 が 高 いのは 自 治 体 の 特 高 (

電 力 小 売 自 由 化 の 認 知 度 ( 震 災 前 の 調 査 結 果 ) 118 電 力 小 売 自 由 化 をよく 知 っている もしくは 知 っていると 回 答 した 需 要 家 は 自 治 体 で76% 企 業 で84%である その 割 合 が 高 いのは 自 治 体 の 特 高 ( 選 択 肢 に 関 する 需 要 家 の 声 117 電 力 小 売 自 由 化 の 認 知 度 ( 震 災 前 の 調 査 結 果 ) 118 電 力 小 売 自 由 化 をよく 知 っている もしくは 知 っていると 回 答 した 需 要 家 は 自 治 体 で76% 企 業 で84%である その 割 合 が 高 いのは 自 治 体 の 特 高 (7%)で 低 いのは 自 治 体 の 高 圧 (5~5kW)の65%である

More information

(2) 海 外 調 査 国 際 連 系 線 ( 又 は 国 内 地 域 間 連 系 線 )に 係 る 連 系 線 利 用 ルール( )に 関 し 下 記 1の 調 査 項 目 について 網 羅 的 に 文 献 調 査 を 行 う また 下 記 2の 海 外 諸 国 の 政 府 関 係 機 関 市 場

(2) 海 外 調 査 国 際 連 系 線 ( 又 は 国 内 地 域 間 連 系 線 )に 係 る 連 系 線 利 用 ルール( )に 関 し 下 記 1の 調 査 項 目 について 網 羅 的 に 文 献 調 査 を 行 う また 下 記 2の 海 外 諸 国 の 政 府 関 係 機 関 市 場 仕 様 書 1. 件 名 地 域 間 連 系 線 の 利 用 ルールなどに 関 する 調 査 ( 平 成 28 年 度 下 期 - 海 外 調 査 ) 2. 調 査 目 的 平 成 27 年 4 月 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )が 設 立 され た 本 機 関 では 各 地 域 (エリア)をまたぐ 地 域 間 連 系 線 の 利 用 ルールを 定 め

More information

1-1. 電 力 システム 革 の 全 体 像 1 電 力 システム 革 は 1 広 域 的 な 送 電 線 運 用 の 拡 大 2 小 売 の 全 面 自 由 化 3 法 的 分 離 による 送 配 電 部 門 の 中 立 性 の 一 層 の 確 保 の3つを 大 きな 柱 としています 3つの

1-1. 電 力 システム 革 の 全 体 像 1 電 力 システム 革 は 1 広 域 的 な 送 電 線 運 用 の 拡 大 2 小 売 の 全 面 自 由 化 3 法 的 分 離 による 送 配 電 部 門 の 中 立 性 の 一 層 の 確 保 の3つを 大 きな 柱 としています 3つの 電 力 システム 革 について - 電 力 の 小 売 全 面 自 由 化 は 電 力 システム 革 の 一 部 と して 位 置 づけられています ここでは 自 由 化 の 背 景 としての 電 力 システム 革 について 概 要 をご 説 明 します 2015 年 11 月 経 済 産 業 省 資 源 エネルギー 庁 1-1. 電 力 システム 革 の 全 体 像 1 電 力 システム 革 は

More information

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに 1 現 行 の 電 気 料 金 制 度 と 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 平 成 24 年 2 月 3 日 2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報

More information

1. 本 資 料 の 趣 旨 電 気 の 大 口 使 用 者 への 小 売 事 業 ( 電 気 の 供 給 事 業 )については 平 成 12 年 から 参 入 規 制 が 順 次 撤 廃 され 地 域 の 電 力 会 社 ( 北 海 道 電 力 から 沖 縄 電 力 までの 計 10 社 の こと

1. 本 資 料 の 趣 旨 電 気 の 大 口 使 用 者 への 小 売 事 業 ( 電 気 の 供 給 事 業 )については 平 成 12 年 から 参 入 規 制 が 順 次 撤 廃 され 地 域 の 電 力 会 社 ( 北 海 道 電 力 から 沖 縄 電 力 までの 計 10 社 の こと 電 力 小 売 市 場 の 自 由 化 について 経 済 産 業 省 資 源 エネルギー 庁 電 力 ガス 事 業 部 電 力 市 場 整 備 課 平 成 24 年 8 月 本 資 料 は 資 源 エネルギー 庁 のホームページからもダウンロードできます http://www.enecho.meti.go.jp/denkihp/index.html http://www.enecho.meti.go.jp/denkihp/genjo/seido.pdf

More information

目 次 1 1. 日 本 の 電 力 供 給 の 仕 組 み p2 2. 電 力 の 小 売 全 面 自 由 化 とは? p3 ( 参 考 ) 電 力 の 小 売 自 由 化 の 歴 史 ( 参 考 ) 既 に 自 由 化 された 大 口 部 門 での 新 規 参 入 者 の 動 向 ( 参 考 )

目 次 1 1. 日 本 の 電 力 供 給 の 仕 組 み p2 2. 電 力 の 小 売 全 面 自 由 化 とは? p3 ( 参 考 ) 電 力 の 小 売 自 由 化 の 歴 史 ( 参 考 ) 既 に 自 由 化 された 大 口 部 門 での 新 規 参 入 者 の 動 向 ( 参 考 ) 2015 年 11 月 経 済 産 業 省 資 源 エネルギー 庁 目 次 1 1. 日 本 の 電 力 供 給 の 仕 組 み p2 2. 電 力 の 小 売 全 面 自 由 化 とは? p3 ( 参 考 ) 電 力 の 小 売 自 由 化 の 歴 史 ( 参 考 ) 既 に 自 由 化 された 大 口 部 門 での 新 規 参 入 者 の 動 向 ( 参 考 ) 小 売 全 面 自 由 化 によって

More information

者 にご 連 絡 下 さい 切 替 に 要 する 期 間 は 切 替 日 が 1スマートメーターへの 取 替 工 事 が 必 要 となる 場 合 は 原 則 8 営 業 日 に 2 暦 日 を 加 えた 日 以 降 の 最 初 の 定 例 検 針 日 2 取 替 工 事 が 不 要 である 場 合

者 にご 連 絡 下 さい 切 替 に 要 する 期 間 は 切 替 日 が 1スマートメーターへの 取 替 工 事 が 必 要 となる 場 合 は 原 則 8 営 業 日 に 2 暦 日 を 加 えた 日 以 降 の 最 初 の 定 例 検 針 日 2 取 替 工 事 が 不 要 である 場 合 電 力 小 売 全 面 自 由 化 に 関 する 消 費 者 向 けのFAQについて 1. 概 要 項 目 (9 問 ) 以 下 の 内 容 は 詳 細 項 目 から 主 要 なものを 抜 粋 小 売 の 全 面 自 由 化 により 一 般 家 庭 にとって 何 が 変 わるのですか いつから 小 売 の 全 面 自 由 化 が 行 われるのですか 小 売 電 気 事 業 者 を 切 り 替 えるための

More information

電 力 システム 改 革 ( 電 力 自 由 化 ) 1

電 力 システム 改 革 ( 電 力 自 由 化 ) 1 資 料 2 電 力 システム 改 革 ( 電 力 自 由 化 ) と 原 子 力 発 電 について 平 成 26 年 10 月 資 源 エネルギー 庁 電 力 システム 改 革 ( 電 力 自 由 化 ) 1 電 力 システム 改 革 の 目 的 2 1. 安 定 供 給 を 確 保 する 震 災 以 降 多 様 な 電 源 の 活 用 が 不 可 避 な 中 で 送 配 電 部 門 の 中 立 化

More information

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73>

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73> 生 活 1 人 口 世 帯 数 世 帯 人 員 の 減 少 傾 向 が 続 く 人 口,, 3, 3,,,, 1,, 17,7 9,1 13,13 1,1 39,7 人 17,19 戸,9 人 17,7 人 19 19 19 197 197 19 19 199 199 9 女 男 世 帯 数 人 口 の 合 計 世 帯 数 ( 戸 ), 1, 1, 1, 1, 1,,,,, 豊 中 市 の 人 口

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 電 力 自 由 化 / 再 エネ 大 量 導 入 時 代 における 蓄 電 技 術 ICT その 他 重 要 要 素 - 欧 州 からの 学 び - 2015/2/18 1. 欧 州 エネルギー 供 給 におけるキーファクター 1.1. 欧 州 委 員 会 とエネルギー 欧 州 委 員 会 欧 州 連 合 の 政 策 執 行 機 関 1950 年 フランス 外 相 ロベール シューマン 提 唱 に

More information

目 次 1. 託 送 供 給 等 約 款 の 認 可 申 請 について P2 2. 料 金 原 価 算 定 の 概 要 主 な 前 提 諸 元 P4 物 価 上 昇 率 の 織 込 P5 申 請 原 価 の 内 訳 P6 電 圧 別 原 価 単 価 P7 経 営 効 率 化 の 内 訳 P8 3.

目 次 1. 託 送 供 給 等 約 款 の 認 可 申 請 について P2 2. 料 金 原 価 算 定 の 概 要 主 な 前 提 諸 元 P4 物 価 上 昇 率 の 織 込 P5 申 請 原 価 の 内 訳 P6 電 圧 別 原 価 単 価 P7 経 営 効 率 化 の 内 訳 P8 3. 資 料 4 託 送 供 給 等 約 款 申 請 の 概 要 平 成 2 7 年 9 月 4 日 北 陸 電 力 株 式 会 社 目 次 1. 託 送 供 給 等 約 款 の 認 可 申 請 について P2 2. 料 金 原 価 算 定 の 概 要 主 な 前 提 諸 元 P4 物 価 上 昇 率 の 織 込 P5 申 請 原 価 の 内 訳 P6 電 圧 別 原 価 単 価 P7 経 営 効 率 化

More information

ヨーロッパ各国における乗用車の安全要件

ヨーロッパ各国における乗用車の安全要件 オーストリア 視 界 不 良 時 は 防 塵 で 頑 丈 な 箱 で 保 管 のこと 任 意 ドライバーは 市 街 地 や 高 速 道 路 において 故 障 に より 自 車 を 離 れざるを 得 ない 場 合 は 着 用 が 必 要 ベラルーシ けん 引 車 を 伴 う 自 動 車 お よび 特 殊 自 動 車 1 は 自 動 車 はすべて 救 急 セットの 車 載 が 必 須 ベルギー 乗 用

More information

我 が 国 の 電 気 事 業 制 度 1 1. 戦 後 我 が 国 においては 民 間 電 力 会 社 10 社 の 垂 直 一 貫 体 制 による 地 域 独 占 と 総 括 原 価 方 式 により 投 資 回 収 を 保 証 する 電 気 事 業 制 度 の 下 大 規 模 電 源 の 確 保

我 が 国 の 電 気 事 業 制 度 1 1. 戦 後 我 が 国 においては 民 間 電 力 会 社 10 社 の 垂 直 一 貫 体 制 による 地 域 独 占 と 総 括 原 価 方 式 により 投 資 回 収 を 保 証 する 電 気 事 業 制 度 の 下 大 規 模 電 源 の 確 保 電 力 システム 改 革 の 概 要 平 成 26 年 10 月 経 済 産 業 省 我 が 国 の 電 気 事 業 制 度 1 1. 戦 後 我 が 国 においては 民 間 電 力 会 社 10 社 の 垂 直 一 貫 体 制 による 地 域 独 占 と 総 括 原 価 方 式 により 投 資 回 収 を 保 証 する 電 気 事 業 制 度 の 下 大 規 模 電 源 の 確 保 と 地 域 への

More information

スライド 1

スライド 1 摂 南 大 学 講 演 会 資 料 テーマ 税 の 役 割 と 税 務 署 の 仕 事 平 成 24 年 6 月 27 日 枚 方 税 務 署 税 の 役 割 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ 財 政 の 現 状 社 会 資 本 整 備 と 公 共 サービスの 費 用 教 育 費 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ ~ 支 え 合 いにより 成 り 立 っている 社 会 ~ 公

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 1 資 料 4 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 の 活 動 状 況 について 平 成 27 年 6 月 25 日 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 理 事 長 金 本 良 嗣 目 次 2 1. 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 広 域 機 関 ) 発 足 までの 経 緯 2. 広 域 機 関 の 概 要 3. 発 足 後 の 活 動 概 要 4. 発 足 後 の

More information

2009年度調査国際結果の要約

2009年度調査国際結果の要約 OECD 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 Programme for International Student Assessment ~2009 年 調 査 国 際 結 果 の 要 約 ~ PISA 調 査 の 概 要 参 加 国 が 共 同 して 国 際 的 に 開 発 し 実 施 している 15 歳 児 を 対 象 とする 学 習 到 達 度 調 査 読 解 力 数 学 的 リテラシー

More information

固 定 価 格 買 取 制 度 の 本 家 はドイツ 2000 年 に 再 生 可 能 エネルギー 法 の 導 入 2013 年 の 発 電 量 の 4 分 の 1 が 再 生 エネで すでに 原 発 より 多 い 雇 用 は 38 万 人 ( 原 子 力 は 約 3 万 人 ) 再 生 エネルギー

固 定 価 格 買 取 制 度 の 本 家 はドイツ 2000 年 に 再 生 可 能 エネルギー 法 の 導 入 2013 年 の 発 電 量 の 4 分 の 1 が 再 生 エネで すでに 原 発 より 多 い 雇 用 は 38 万 人 ( 原 子 力 は 約 3 万 人 ) 再 生 エネルギー 電 力 自 由 化 と 電 力 市 場 レジュメ 2015/12 朴 勝 俊 ( 関 西 学 院 大 学 総 合 政 策 学 部 ) 問 題 (1) 再 生 エネ 固 定 価 格 買 取 制 度 のせいで 電 力 市 場 価 格 は 上 がるか? yes / no (2) 電 力 自 由 化 によって 原 発 はなくなるか? yes / no / どちらとも 言 えない (3) 発 電 会 社 への

More information

( 2015 年 目 途 : 新 たな 規 制 組 織 ) 電 力 システム 革 の 工 程 表 と 第 2 弾 正 の 位 置 づけ 電 事 法 第 1 弾 正 法 の 規 定 ( )に 基 づき 第 2 弾 正 ( 小 売 参 入 全 面 自 由 化 等 )について 平 成 28 年 目 途 に

( 2015 年 目 途 : 新 たな 規 制 組 織 ) 電 力 システム 革 の 工 程 表 と 第 2 弾 正 の 位 置 づけ 電 事 法 第 1 弾 正 法 の 規 定 ( )に 基 づき 第 2 弾 正 ( 小 売 参 入 全 面 自 由 化 等 )について 平 成 28 年 目 途 に 電 力 自 由 化 に 関 連 した 各 種 取 組 について 平 成 26 年 5 月 13 日 経 済 産 業 省 ( 2015 年 目 途 : 新 たな 規 制 組 織 ) 電 力 システム 革 の 工 程 表 と 第 2 弾 正 の 位 置 づけ 電 事 法 第 1 弾 正 法 の 規 定 ( )に 基 づき 第 2 弾 正 ( 小 売 参 入 全 面 自 由 化 等 )について 平 成 28

More information

の 少 ない 労 働 者 の 比 率 が 次 第 に 大 きくなってきている 図 表 3-1 週 平 均 労 働 時 間 の 分 布 (1990 年 ~2005 年 ) ( 単 位 :%) EU12:ベルギー フランス オランダ イタリア ルクセンブルク 西 ドイツ デンマーク アイルランド イギリ

の 少 ない 労 働 者 の 比 率 が 次 第 に 大 きくなってきている 図 表 3-1 週 平 均 労 働 時 間 の 分 布 (1990 年 ~2005 年 ) ( 単 位 :%) EU12:ベルギー フランス オランダ イタリア ルクセンブルク 西 ドイツ デンマーク アイルランド イギリ 付 属 資 料 欧 州 における 労 働 時 間 とワーク ライフ バランスの 実 態 欧 州 労 働 条 件 調 査 から 欧 州 は 拡 大 を 続 けており 域 内 における 労 働 生 活 条 件 の 水 準 の 格 差 もまた 明 らかに 拡 大 し 続 けている 欧 州 レベルで 生 産 性 を 向 上 させ 雇 用 を 拡 大 し 労 働 の 質 を 改 善 しようとす る 政 策 立

More information

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 2004 年 11 月 26 日 発 行 地 方 税 の 国 際 比 較 ~ 三 位 一 体 の 改 革 の 税 源 移 譲 に 向 けての 留 意 点 ~ 本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 はじめに 地 方 税 財 政 における 三 位 一 体 の 改 革 の 具 体 像 を 固 める

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63> 世 界 50カ 国 潜 在 力 調 査 2007 年 ( 要 約 ) 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター Japan Center for Economic Research 2008 年 1 月 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 13 位 にやや 後 退 50 カ 国 を 対 象 に 潜 在 競 争 力 ランキングを 作 成 した 潜 在 競 争 力 とは

More information

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在 下 記 査 証 情 報 は 日 本 国 籍 での 観 光 旅 行 者 を 対 象 とした 及 び 必 要 な となります 外 国 籍 の 方 は 各 大 使 館 及 び 領 事 館 にお 問 合 せ 下 さい 査 証 情 報 は 各 大 使 館 領 事 館 からの 発 出 情 報 ですが 予 告 なく 変 更 になる 場 合 があります 予 めご 了 承 ください : 観 光 要 : 観 光 不 要

More information

Microsoft PowerPoint - 160407 - Unitary Patent & UPC_HP掲載用

Microsoft PowerPoint - 160407 - Unitary Patent & UPC_HP掲載用 免 責 事 項 2016 年 4 月 7 日 知 財 情 報 研 究 会 欧 州 中 東 アフリカ 部 会 本 スライドは 記 載 事 項 についていかなる 保 証 をするものではなく 法 的 アドバイスを 提 供 するものではありません OVERVIEW 欧 州 単 一 特 許 統 一 特 許 裁 判 所 移 行 期 間 中 の 手 続 メリット デメリット 出 願 人 特 許 権 者 の 観 点

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 結 果 調 査 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 現 在 神 奈 川 県 県 民 局 くらし 文 化 部 国 際 課 1 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 概 要 2 調 査 対 象 者 程 神 ) 奈 川 高 県

More information

<32303135303932348E9E935F5F938C8B9E834B835895AA90CD2E786C7378>

<32303135303932348E9E935F5F938C8B9E834B835895AA90CD2E786C7378> PEST 項 目 顧 客 のビジネスを 取 り 巻 く 動 向 変 化 要 するに 顧 客 にとってどのような 環 境 か?( 顧 客 にとっての 機 会 / 脅 威 ) Political ( 政 治 法 制 度 動 向 ) 地 域 独 占 の 弊 害 をふまえた 電 力 ガス 自 由 化 の 加 速 2017 年 ガス 参 入 全 面 自 由 化 ( 電 力 会 社 は 発 電 所 燃 料 としてLNGを

More information

や 2016 年 末 に 期 限 切 れとなる 予 定 だったソーラー 発 電 への 投 資 税 額 控 除 (ITC)は 2015 年 12 月 ともに 議 会 で 延 長 が 可 決 された( 再 エネ 政 策 の 項 参 照 ) 2. 気 候 変 動 政 策 の 動 向 京 都 議 定 書 か

や 2016 年 末 に 期 限 切 れとなる 予 定 だったソーラー 発 電 への 投 資 税 額 控 除 (ITC)は 2015 年 12 月 ともに 議 会 で 延 長 が 可 決 された( 再 エネ 政 策 の 項 参 照 ) 2. 気 候 変 動 政 策 の 動 向 京 都 議 定 書 か 米 国 1.エネルギー 政 策 動 向 シェール 革 命 米 国 は 長 らく 世 界 最 大 のエネルギー 生 産 国 にして 消 費 国 であり エネルギー 輸 入 大 国 で もあった その 米 国 が 非 在 来 型 の 天 然 ガスであるシェールガスやシェールオイルの 登 場 に よって 大 きく 変 貌 しようとしている これまで 頁 岩 (シェール)と 呼 ばれる 固 い 岩 盤 層

More information

平成27年度企業年金税制改正に関する要望.PDF

平成27年度企業年金税制改正に関する要望.PDF 平 成 27 年 度 企 業 年 金 税 制 改 正 に 関 する 要 望 平 成 26 年 8 月 8 日 企 業 年 金 連 合 会 少 子 高 齢 化 の 進 展 を 背 景 に 公 的 年 金 がスリム 化 していく 中 で 高 齢 期 における 所 得 保 障 としての 企 業 年 金 には 公 的 年 金 を 補 完 する 重 要 な 役 割 が 求 められている 企 業 年 金 連 合

More information

企業年金の先行きは縮小か、普及・拡大か

企業年金の先行きは縮小か、普及・拡大か 金 融 資 本 市 場 215 年 9 月 3 日 全 1 頁 企 業 年 金 の 先 行 きは 縮 小 か 普 及 拡 大 か 厚 生 年 金 基 金 と 同 時 に DB DC においても 全 体 的 な 見 直 しが 進 む 金 融 調 査 部 研 究 員 佐 川 あぐり [ 要 約 ] 214 年 4 月 に 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20352E81798E9197BF8254817A938C8B9E936497CD8A948EAE89EF8ED0814192869594936497CD8A948EAE89EF8ED08B7982D18AD690BC936497CD8A948EAE89EF8ED092F18F6F8E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20352E81798E9197BF8254817A938C8B9E936497CD8A948EAE89EF8ED0814192869594936497CD8A948EAE89EF8ED08B7982D18AD690BC936497CD8A948EAE89EF8ED092F18F6F8E9197BF2E70707478> 資 料 5 0 ガスシステム 改 [ 重 導 管 規 制 託 送 供 給 料 需 要 開 拓 費 について] 平 成 27 年 12 15 東 京 電 株 式 会 社 中 部 電 株 式 会 社 関 電 株 式 会 社 1. 重 導 管 規 制 を 緩 和 することによる 効 果 ご 検 討 いただきたい 視 点 - 1 今 回 ガス 導 管 事 業 者 が 供 給 するガスを 託 送 供 給 不

More information

1.調査の目的、方法等

1.調査の目的、方法等 1. 調 査 の 目 的 方 法 等 (1) 調 査 の 目 的 平 成 27 年 度 において 高 齢 化 問 題 基 礎 調 査 として の 高 齢 者 と 諸 外 国 の 高 齢 者 の 生 活 意 識 を 把 握 するため 第 8 回 高 齢 者 の 生 活 と 意 識 に 関 する 国 際 比 較 調 査 を 実 施 し た 本 調 査 は5 年 ごとに 過 去 7 回 ( 昭 和 55

More information

2 ご 議 論 いただきたい 事 項 今 後 の 設 備 形 成 の 考 え 方 について ご 報 告 事 項 技 術 調 査 の 取 り 組 み 状 況 について

2 ご 議 論 いただきたい 事 項 今 後 の 設 備 形 成 の 考 え 方 について ご 報 告 事 項 技 術 調 査 の 取 り 組 み 状 況 について 第 9 回 広 域 系 統 整 備 委 員 会 資 料 2 1 広 域 系 統 長 期 方 針 の 策 定 について 2016 年 1 月 29 日 広 域 系 統 整 備 委 員 会 事 務 局 2 ご 議 論 いただきたい 事 項 今 後 の 設 備 形 成 の 考 え 方 について ご 報 告 事 項 技 術 調 査 の 取 り 組 み 状 況 について 長 期 方 針 の 策 定 の 方 向

More information

厚 生 年 金 基 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 たる 厚 生 年 金 の 一 部 を 国 に 代 わって 支 給 ( 代 行 給 付 )しており 当 該 支 給 を 行 うための 費 用 として 事 業 主 から 保 険 料 を 徴 収 している 加 えて 各 基 金 ごとに 上 乗 せ

厚 生 年 金 基 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 たる 厚 生 年 金 の 一 部 を 国 に 代 わって 支 給 ( 代 行 給 付 )しており 当 該 支 給 を 行 うための 費 用 として 事 業 主 から 保 険 料 を 徴 収 している 加 えて 各 基 金 ごとに 上 乗 せ 参 考 資 料 厚 生 年 金 基 金 等 の 現 状 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 たる 厚 生 年 金 の 一 部 を 国 に 代 わって 支 給 ( 代 行 給 付 )しており 当 該 支 給 を 行 うための 費 用 として 事 業 主 から 保 険 料 を 徴 収 している 加 えて 各 基 金 ごとに 上 乗 せ 給

More information

本 日 の 内 容 1 事 業 概 要 2 1 将 来 への 取 り 組 み 技 術 開 発 戦 略 商 品 戦 略 海 外 戦 略 3 ま と め 1

本 日 の 内 容 1 事 業 概 要 2 1 将 来 への 取 り 組 み 技 術 開 発 戦 略 商 品 戦 略 海 外 戦 略 3 ま と め 1 エレクトロニクスで 病 魔 に 挑 戦 する 日 本 光 電 - 事 業 概 要 と 今 後 の 取 り 組 み- 日 本 光 電 工 業 株 式 会 社 ( 証 券 コード:6849) 2009 年 12 月 13 日 執 行 役 員 経 営 企 画 室 長 広 瀬 文 男 0 本 日 の 内 容 1 事 業 概 要 2 1 将 来 への 取 り 組 み 技 術 開 発 戦 略 商 品 戦 略 海

More information

1. 官 業 時 代 の 簡 保 事 業 に 対 する 問 題 認 識 簡 易 生 命 保 険 と 民 間 生 保 との 競 争 条 件 の 不 整 合 国 営 事 業 として 一 定 の 事 業 制 限 のもと 民 間 と 競 合 することなく 民 業 を 補 完 する 目 的 (*1)で 事 業

1. 官 業 時 代 の 簡 保 事 業 に 対 する 問 題 認 識 簡 易 生 命 保 険 と 民 間 生 保 との 競 争 条 件 の 不 整 合 国 営 事 業 として 一 定 の 事 業 制 限 のもと 民 間 と 競 合 することなく 民 業 を 補 完 する 目 的 (*1)で 事 業 郵 政 改 革 推 進 室 ヒアリング 資 料 平 成 21 年 12 月 11 日 生 命 保 険 協 会 1. 官 業 時 代 の 簡 保 事 業 に 対 する 問 題 認 識 簡 易 生 命 保 険 と 民 間 生 保 との 競 争 条 件 の 不 整 合 国 営 事 業 として 一 定 の 事 業 制 限 のもと 民 間 と 競 合 することなく 民 業 を 補 完 する 目 的 (*1)で

More information

は5% 制 限 税 率 は6% 市 町 村 税 の 標 準 税 率 は 12.3% 制 限 税 率 は 14.7%となって いる また 都 道 府 県 税 である 法 人 事 業 税 ( 所 得 課 税 部 分 )の 標 準 税 率 は 5%~ 9.6% 制 限 税 率 は 1.1 倍 などとなって

は5% 制 限 税 率 は6% 市 町 村 税 の 標 準 税 率 は 12.3% 制 限 税 率 は 14.7%となって いる また 都 道 府 県 税 である 法 人 事 業 税 ( 所 得 課 税 部 分 )の 標 準 税 率 は 5%~ 9.6% 制 限 税 率 は 1.1 倍 などとなって 平 成 16 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 書 は じ め に わが 国 経 済 の 喫 緊 の 課 題 は デフレの 克 服 内 需 拡 大 特 に GDPの6 割 を 占 める 個 人 消 費 を 中 心 とした 民 間 需 要 の 回 復 にある 税 制 の 見 直 しは これらの 課 題 を 解 決 するうえで 多 くの 企 業 を 活 性 化 さ せ また 個 人 の 消

More information

[2] 労 働 保 険 海 外 派 遣 の 場 合 雇 用 保 険 は 日 本 の 会 社 との 雇 用 契 約 が 継 続 している 場 合 には 被 保 険 者 資 格 は 継 続 します 一 方 労 災 保 険 は 属 地 主 義 のため 原 則 として 国 内 の 労 災 保 険 が 適 用

[2] 労 働 保 険 海 外 派 遣 の 場 合 雇 用 保 険 は 日 本 の 会 社 との 雇 用 契 約 が 継 続 している 場 合 には 被 保 険 者 資 格 は 継 続 します 一 方 労 災 保 険 は 属 地 主 義 のため 原 則 として 国 内 の 労 災 保 険 が 適 用 営 ViewPoint 相 談 海 外 派 遣 に 伴 う 社 会 保 険 労 働 保 険 の 取 扱 いの 留 意 点 松 田 由 員 部 東 京 室 市 本 進 治 部 大 阪 室 ビジネスの 国 際 化 が 益 々 進 展 する 経 営 環 境 のなか 中 小 中 堅 企 業 においても 社 員 を 海 外 派 遣 する 機 会 が 増 加 しています そこで 今 回 は 従 業 員 の 海

More information

untitled

untitled 平 成 21 年 (29 年 )1 月 22 日 NO.29-26 ベビーブーマーの 高 齢 化 による 米 住 宅 需 給 の 構 造 変 化 ~ 人 口 動 態 からみた 米 国 住 宅 市 場 の 中 期 展 望 ~ 長 らく 低 迷 していた 米 国 の 住 宅 市 場 は ようやく 底 入 れした 住 宅 バブルの 崩 壊 後 歴 史 的 な 低 水 準 に 落 ち 込 んだ 住 宅 販

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

東京電力に関する経営・財務調査委員会報告書を踏まえた経営合理化策等の対処方針

東京電力に関する経営・財務調査委員会報告書を踏まえた経営合理化策等の対処方針 東 京 電 力 に 関 する 経 営 財 務 調 査 委 員 会 報 告 書 を 踏 まえた 経 営 合 理 化 策 等 の 対 処 方 針 平 成 23 年 10 月 28 日 原 子 力 損 害 賠 償 支 援 機 構 東 京 電 力 株 式 会 社 東 京 電 力 に 関 する 経 営 財 務 調 査 委 員 会 ( 委 員 会 )は 本 年 10 月 3 日 東 京 電 力 が 経 営 合

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation エネルギーネットワーク 工 学 電 力 自 由 化 担 当 教 員 長 坂 研 1998 年 に 決 定! 小 売 の 部 分 自 由 化 が 決 定 自 由 化 の 範 囲 は2000[kW] 20000[V] 以 上 の 特 別 高 圧 需 要 家 送 電 線 の 託 送 * 料 金 は 電 力 会 社 の 制 定 条 件 をもと に 交 渉 により 決 定 する 2000 年 3 月 から 小

More information

1. 地 震 に 伴 う 電 気 火 災 発 生 等 の 状 況 (1) (1) 電 気 火 災 の 発 生 状 況 と 想 定 等 阪 神 淡 路 大 震 災 において85 件 の 電 気 火 災 が 報 告 されているが その 内 電 気 用 品 ( 移 動 可 能 な 電 熱 器 ( 電 気

1. 地 震 に 伴 う 電 気 火 災 発 生 等 の 状 況 (1) (1) 電 気 火 災 の 発 生 状 況 と 想 定 等 阪 神 淡 路 大 震 災 において85 件 の 電 気 火 災 が 報 告 されているが その 内 電 気 用 品 ( 移 動 可 能 な 電 熱 器 ( 電 気 資 料 1 自 然 災 害 ( 地 震 ) 時 における 電 気 火 災 防 止 への 対 応 について 平 成 26 年 5 月 14 日 商 務 流 通 保 安 グループ 電 力 安 全 課 1. 地 震 に 伴 う 電 気 火 災 発 生 等 の 状 況 (1) (1) 電 気 火 災 の 発 生 状 況 と 想 定 等 阪 神 淡 路 大 震 災 において85 件 の 電 気 火 災 が 報

More information

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc 平 成 25 年 3 月 8 日 社 団 法 人 日 本 アクチュアリー 会 平 成 24 年 度 CERA 資 格 認 定 について 日 本 アクチュアリー 会 ( 理 事 長 : 野 呂 順 一 )は 平 成 24 年 度 から ERM(エンタープライズ リ スク マネジメント)の 専 門 資 格 である CERA の 資 格 認 定 を 開 始 いたしました CERA 資 格 認 定 の 概

More information

給付減額を行った厚生年金基金数

給付減額を行った厚生年金基金数 論 点 3 厚 生 年 金 基 金 制 度 等 の 在 り 方 関 係 資 料 資 料 2-2 代 行 制 度 の 意 義 役 割 と 変 遷 1 1. 代 行 制 度 の 性 格 代 行 制 度 は 公 的 年 金 の 一 部 を 基 金 という 国 以 外 の 者 が 管 理 運 用 する 仕 組 み イギリスの 適 用 除 外 制 度 とは 異 なり 公 的 年 金 としての 性 格 を 持

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20816992F990B381459094926C8366815B835E92F990B3816A817595BD90AC3238944E82528C8E8AFA81408C888E5A925A904D816B93FA967B8AEE8F80816C816998418C8B816A817682CC88EA959492F990B382C982C282A282C42E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20816992F990B381459094926C8366815B835E92F990B3816A817595BD90AC3238944E82528C8E8AFA81408C888E5A925A904D816B93FA967B8AEE8F80816C816998418C8B816A817682CC88EA959492F990B382C982C282A282C42E646F6378> 平 成 28 年 5 月 23 日 各 位 会 社 名 株 式 会 社 小 林 洋 行 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 細 金 成 光 ( コード 番 号 8742 東 証 第 一 部 ) 問 合 せ 先 取 締 役 業 務 部 長 渡 辺 宏 (TEL 0336643511) ( 訂 正 数 値 データ 訂 正 ) 平 成 28 年 3 月 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連

More information

1. 世界における日 経済 人口 (216 年 ) GDP(216 年 ) 貿易 ( 輸出 + 輸入 )(216 年 ) +=8.6% +=28.4% +=36.8% 1.7% 6.9% 6.6% 4.% 68.6% 中国 18.5% 米国 4.3% 32.1% 中国 14.9% 米国 24.7%

1. 世界における日 経済 人口 (216 年 ) GDP(216 年 ) 貿易 ( 輸出 + 輸入 )(216 年 ) +=8.6% +=28.4% +=36.8% 1.7% 6.9% 6.6% 4.% 68.6% 中国 18.5% 米国 4.3% 32.1% 中国 14.9% 米国 24.7% 日 経済情勢 217 年 7 月 外務省 1 1. 世界における日 経済 人口 (216 年 ) GDP(216 年 ) 貿易 ( 輸出 + 輸入 )(216 年 ) +=8.6% +=28.4% +=36.8% 1.7% 6.9% 6.6% 4.% 68.6% 中国 18.5% 米国 4.3% 32.1% 中国 14.9% 米国 24.7% 21.8% 41.1% 中国 11.3% 32.8% 米国

More information

<834F838D815B836F838B947A93968A F D706C E786C736D>

<834F838D815B836F838B947A93968A F D706C E786C736D> マニュライフ グローバル 配 当 株 ファンド 商 品 概 要 商 品 分 類 決 算 日 追 加 型 投 信 / 内 外 / 株 式 毎 年 8 月 10 日 ( 休 業 日 の 場 合 は 翌 営 業 日 ) 設 定 日 信 託 期 間 2014 年 11 月 26 日 無 期 限 運 用 実 績 ファンドの 現 況 基 準 価 額 8,682 円 ( 前 月 末 比 -714 円 )

More information

小 売 電 気 の 登 録 数 の 推 移 昨 年 8 月 の 前 登 録 申 請 の 受 付 開 始 以 降 小 売 電 気 の 登 録 申 請 は 着 実 に 増 加 しており これまでに310 件 を 登 録 (6 月 30 日 時 点 ) 本 年 4 月 の 全 面 自 由 化 以 降 申

小 売 電 気 の 登 録 数 の 推 移 昨 年 8 月 の 前 登 録 申 請 の 受 付 開 始 以 降 小 売 電 気 の 登 録 申 請 は 着 実 に 増 加 しており これまでに310 件 を 登 録 (6 月 30 日 時 点 ) 本 年 4 月 の 全 面 自 由 化 以 降 申 資 料 3-1 小 売 全 面 自 由 化 に 関 する 進 捗 状 況 平 成 28 年 7 月 1 日 資 源 エネルギー 庁 小 売 電 気 の 登 録 数 の 推 移 昨 年 8 月 の 前 登 録 申 請 の 受 付 開 始 以 降 小 売 電 気 の 登 録 申 請 は 着 実 に 増 加 しており これまでに310 件 を 登 録 (6 月 30 日 時 点 ) 本 年 4 月 の 全

More information

資料3 諸外国の地方自治制度

資料3 諸外国の地方自治制度 資 料 3 諸 外 国 の 地 方 自 治 制 度 平 成 2 5 年 7 月 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 Ⅰ. 地 方 自 治 体 が 教 育 事 務 を 実 施 している 国 (アメリカ 合 衆 国 韓 国 イギリス) 1.アメリカ 合 衆 国 (1) 地 方 自 治 制 度 アメリカ 合 衆 国 の 地 方 府 (Local Government)は 多 様 であり 日 本

More information

平成24年度税制改正要望 公募結果 153. 不動産取得税

平成24年度税制改正要望 公募結果 153. 不動産取得税 項 目 : 153. 不 動 産 取 得 税 岩 手 県 ( 商 工 労 働 観 光 部 企 業 立 地 推 進 課 ) 被 災 地 域 の 企 業 が 投 資 する 再 生 可 能 エネルギー 設 備 に 対 する 課 税 免 除 大 震 災 津 波 において 被 災 地 域 では 電 気 水 道 ガスなどのインフラ 機 能 が 喪 失 し 工 場 では 稼 働 再 開 まで 長 期 間 を 要

More information

エネットの 概 要 と 制 度 改 の 向 性

エネットの 概 要 と 制 度 改 の 向 性 電 力 自 由 化 におけるエネットのスマートサービス ~エネルギーとITの 融 合 によるスマートなエネルギーサービスの 取 り 組 み~ 2015 年 6 月 5 日 株 式 会 社 エネット 谷 口 直 行 エネットの 概 要 と 制 度 改 の 向 性 会社概要 エネルギーの新しい価値を創造する Ennet ENERGY NETWORK 株式会社エネット 英文名 ENNET Corporation

More information

運用方針

運用方針 金 融 経 済 全 般 (5 月 ) 日 本 経 済 は 景 気 持 ち 直 しの 動 きが 続 いています 2010 年 1-3 月 期 の 実 質 GDP 成 長 率 ( 一 次 推 計 値 )は 前 期 比 年 率 +4.9%と 2009 年 10-12 月 期 の 同 +4.2%から 加 速 し 景 気 回 復 の 勢 いが 衰 えていないことを 示 しました 内 訳 を 見 ると 外 需

More information

NIRA 財 政 再 建 研 究 会 報 告 書 財 政 再 建 の 道 筋 震 災 を 超 えて 次 世 代 に 健 全 な 財 政 を 引 継 ぐために エグゼクティブサマリー NIRA 理 事 長 / 東 京 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 教 授 伊 藤 元 重 経 済 低 迷

NIRA 財 政 再 建 研 究 会 報 告 書 財 政 再 建 の 道 筋 震 災 を 超 えて 次 世 代 に 健 全 な 財 政 を 引 継 ぐために エグゼクティブサマリー NIRA 理 事 長 / 東 京 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 教 授 伊 藤 元 重 経 済 低 迷 2011.4 NIRA 財 政 再 建 研 究 会 報 告 書 財 政 再 建 の 道 筋 震 災 を 超 えて 次 世 代 に 健 全 な 財 政 を 引 継 ぐために エグゼクティブサマリー NIRA 理 事 長 / 東 京 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 教 授 伊 藤 元 重 経 済 低 迷 の 長 期 化 や 急 速 な 高 齢 化 等 を 背 景 として 日 本 の 財 政

More information

住宅に係る消費税の負担軽減の具体化についての要望

住宅に係る消費税の負担軽減の具体化についての要望 宅 に 係 る 消 費 の 負 担 軽 減 の 具 体 化 についての 要 望 ( 説 明 資 料 ) 社 団 法 人 宅 生 産 団 体 連 合 会 社 会 保 障 の 安 定 財 源 の 確 保 等 を 図 る 制 の 抜 本 改 革 を 行 うための 消 費 法 等 の 一 部 を 改 正 する 等 の 法 律 抜 粋 ( 平 成 24 年 3 月 30 日 閣 議 決 定 ) 第 七 条

More information

(現状認識)足元の電力市場の状況 – 卸市場

(現状認識)足元の電力市場の状況 – 卸市場 資 料 3ー1 第 6 回 制 度 設 計 専 門 会 合 事 務 局 提 出 資 料 事 業 者 回 答 ~ 卸 電 力 市 場 活 性 化 に 係 る 事 業 者 ヒアリング~ 平 成 28 年 4 月 26 日 ( 火 ) 本 日 ご 説 明 を 頂 く 皆 様 電 源 開 発 エネット F-Power 日 本 卸 電 力 取 引 所 1 電 源 開 発 からの 回 答 (1/2) 切 り 出

More information

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業 厚 生 労 働 科 学 研 究 推 進 事 業 新 型 インフルエンザ 等 新 興 再 興 感 染 症 研 究 推 進 事 業 公 募 申 込 の 手 引 き Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 公 益 社 団 法 人 国 際 厚 生 事 業 団 目 次 Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 第 1. 事 業 の 目 的 1 第 2. 対 象 となる 日

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

< F2D E31322E313889FC90B3817A926E88E68CF68BA4>

< F2D E31322E313889FC90B3817A926E88E68CF68BA4> 改 正 国 自 旅 第 161 号 平 成 18 年 9 月 15 日 平 成 21 年 12 月 18 日 各 地 方 運 輸 局 長 沖 縄 総 合 事 務 局 長 殿 殿 自 動 車 交 通 局 長 地 域 公 共 交 通 会 議 に 関 する 国 土 交 通 省 としての 考 え 方 について 今 般 の 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法

More information

(Microsoft PowerPoint - 02.\214\247\223\340IR\216\221\227\2772013\202\2261.0.pptx)

(Microsoft PowerPoint - 02.\214\247\223\340IR\216\221\227\2772013\202\2261.0.pptx) 会 社 説 明 会 資 料 2013 年 3 月 1 日 地 域 とともに 地 域 のために 証 券 コード 9511 沖 縄 電 力 の 概 要 当 社 の 特 徴 広 大 な 海 域 に 点 在 する 沖 縄 本 島 および37 37の の 島 々に 電 力 を 供 給 沖 縄 県 の 発 展 とともに 今 後 も 成 長 本 土 と 送 電 線 が 繋 がっていない 単 独 系 統 のため ため

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378> 経 済 産 業 省 20140304 貿 局 第 4 号 輸 出 注 意 事 項 26 第 6 号 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 包 括 承 認 取 扱 要 領 を 次 のとおり 制 定 する 平 成 26 年 3 月 14 日 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 長 横 尾 英 博 包 括 承 認 取 扱 要 領 の 制 定 について 包 括 承 認 取 扱 要 領

More information

問 3.いつから 小 売 の 全 面 自 由 化 が 行 われるのですか 答.2016 年 ( 平 成 28 年 )4 月 1 日 です 問 4.いつから 小 売 電 気 事 業 者 の 変 更 申 込 みが 可 能 となるのですか 答.2016 年 ( 平 成 28 年 )1 月 より 小 売 電

問 3.いつから 小 売 の 全 面 自 由 化 が 行 われるのですか 答.2016 年 ( 平 成 28 年 )4 月 1 日 です 問 4.いつから 小 売 電 気 事 業 者 の 変 更 申 込 みが 可 能 となるのですか 答.2016 年 ( 平 成 28 年 )1 月 より 小 売 電 電 力 小 売 全 面 自 由 化 に 関 する 消 費 者 向 けのQ&Aについて 1. 概 要 項 目 (10 問 ) 以 下 の 内 容 は 詳 細 項 目 から 主 要 なものを 抜 粋 小 売 の 全 面 自 由 化 により 一 般 家 庭 にとって 何 が 変 わるのですか いつから 小 売 の 全 面 自 由 化 が 行 われるのですか 小 売 電 気 事 業 者 を 切 り 替 えるための

More information

デンマーク 住 民 登 録 番 号 10 桁 1968 年 税 務 年 金 住 民 登 録 選 挙 兵 役 諸 統 計 教 育 等 韓 国 住 民 登 録 番 号 13 桁 1968 年 税 務 社 会 保 険, 年 金 住 民 登 録 選 挙 兵 役 教 育 等 スウエーデン 住 民 登 録 番

デンマーク 住 民 登 録 番 号 10 桁 1968 年 税 務 年 金 住 民 登 録 選 挙 兵 役 諸 統 計 教 育 等 韓 国 住 民 登 録 番 号 13 桁 1968 年 税 務 社 会 保 険, 年 金 住 民 登 録 選 挙 兵 役 教 育 等 スウエーデン 住 民 登 録 番 マイナンバー 制 度 と その 対 策 と 対 応 評 議 員 経 営 労 務 コンサルタント 部 部 長 大 阪 兵 庫 支 部 長 靱 隆 幸 マイナンバーは 国 内 に 住 所 のある 人 に 割 り 当 てられる12 桁 の 番 号 です 制 度 の 開 始 にあたり 個 人 も 企 業 も 準 備 が 要 ります 各 世 帯 には10 月 に 入 るとマイナンバーを 記 載 した 通 知

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進 第 2 節 安 定 成 長 を 模 索 する 中 国 経 済 中 国 経 済 が 大 規 模 な 景 気 刺 激 策 に 頼 ることなく 自 律 的 かつ 安 定 的 な 成 長 を 実 現 するた めには 過 剰 投 資 過 剰 生 産 過 剰 信 用 の 調 整 と 投 資 から 消 費 への 移 行 を 進 めるとと もに 人 口 減 少 高 齢 化 の 進 展 に 伴 う 問 題 に 対 処

More information

はじめに 本 報 告 書 は 2012 年 に 実 施 された OECD( 経 済 協 力 開 発 機 構 ) 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 (PISA: Programme for International Student Assessment)のうち 国 際 オプ ションとして 実 施 された 問 題 解 決 能 力 の 国 際 調 査 結 果 を 基 に 日 本 にとって 特 に

More information

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関 所 得 税 確 定 申 告 等 ( 平 成 23 年 分 ) 手 続 名 所 得 税 申 告 帳 票 名 平 成 年 分 の 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 B( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 分 離 課 税 用 )( 第 三 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税

More information

目 次 1 国 民 健 康 と 国 民 健 康 保 険 税 ------------------------------------------------------ 1 2 基 準 政 令 と 共 通 基 準 -------------------------------------------

目 次 1 国 民 健 康 と 国 民 健 康 保 険 税 ------------------------------------------------------ 1 2 基 準 政 令 と 共 通 基 準 ------------------------------------------- 参 考 1 国 民 健 康 ( 統 一 方 式 )について 平 成 23 年 8 月 26 日 練 馬 区 区 民 部 国 保 年 金 課 目 次 1 国 民 健 康 と 国 民 健 康 保 険 税 ------------------------------------------------------ 1 2 基 準 政 令 と 共 通 基 準 ------------------------------------------------------

More information

1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 24 26 28 面 積 率 1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22

1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 24 26 28 面 積 率 1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 参 考 資 料 2 ヒートアイランド 現 象 の 要 因 変 化 の 推 定 方 法 本 マニュアルではヒートアイランド 現 象 が 顕 著 な 大 都 市 ( 東 京 都 区 部 名 古 屋 市 大 阪 市 福 岡 市 )を 対 象 に ヒートアイランド 現 象 の 主 な 要 因 である1 地 表 面 被 覆 の 人 工 化 2 都 市 形 態 の 高 密 度 化 3 人 工 排 熱 の 増 加

More information

第2部-6.indd

第2部-6.indd 第 6 章 金 融 保 険 業 第 6 章 金 融 保 険 業 1 金 融 保 険 業 の 概 況 (1) 再 編 が 進 む 金 融 保 険 業 金 融 保 険 業 は 金 融 取 引 の 規 制 緩 和 を 背 景 に 銀 行 業 や 証 券 業 保 険 業 等 の 業 態 の 垣 根 を 越 えて 収 益 力 の 高 い 金 融 コングロマリット( 複 合 企 業 )を 目 指 す 時 代 に

More information

Microsoft Word - レポートフォーマット1

Microsoft Word - レポートフォーマット1 NYマーケットレポート(2015 年 3 月 13 日 ) NY 市 場 では 序 盤 に 発 表 された 米 生 産 者 物 価 指 数 が 予 想 外 の 悪 化 となり 4ヵ 月 連 続 のマイナスとなったことや ミシガン 大 学 消 費 者 信 頼 感 指 数 が 昨 年 11 月 以 来 4ヵ 月 ぶりの 低 水 準 となったことを 受 けて 米 経 済 に 対 する 楽 観 的 な 見

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 項 目 制 度 改 正 の 要 望 第 1 酒 税 の 減 税 要 望 等 について 1ページ 1 今 日 の 酒 類 業 界 の 厳 しい 現 状 を 勘 案 し 酒 税 の 大 幅 な 減 税 をしてもらいたい 2 酒 類 は 酒

平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 項 目 制 度 改 正 の 要 望 第 1 酒 税 の 減 税 要 望 等 について 1ページ 1 今 日 の 酒 類 業 界 の 厳 しい 現 状 を 勘 案 し 酒 税 の 大 幅 な 減 税 をしてもらいたい 2 酒 類 は 酒 平 成 27 年 8 月 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 書 酒 類 業 中 央 団 体 連 絡 協 議 会 幹 事 日 本 洋 酒 酒 造 組 合 日 本 酒 造 組 合 中 央 会 日 本 蒸 留 酒 酒 造 組 合 ビ ー ル 酒 造 組 合 全 国 卸 売 酒 販 組 合 中 央 会 全 国 小 売 酒 販 組 合 中 央 会 日 本 ワ イ ナ リ ー 協

More information

(2) 業 界 構 造 ( 競 争 状 況 ) 航 空 事 業 者 は 数 百 機 の 機 材 を 運 航 する 事 業 規 模 の 大 きい 航 空 会 社 から 数 機 を 繰 り 回 している 新 興 の LCC まで 幅 広 い 航 空 運 送 事 業 は 公 共 性 が 高 いことから 行

(2) 業 界 構 造 ( 競 争 状 況 ) 航 空 事 業 者 は 数 百 機 の 機 材 を 運 航 する 事 業 規 模 の 大 きい 航 空 会 社 から 数 機 を 繰 り 回 している 新 興 の LCC まで 幅 広 い 航 空 運 送 事 業 は 公 共 性 が 高 いことから 行 業 種 別 格 付 方 法 空 運 公 表 日 :2015 年 5 月 29 日 この 格 付 方 法 は 航 空 運 送 事 業 を 担 う 事 業 者 に 適 用 する 国 内 外 の 大 手 航 空 会 社 に 加 え 新 規 参 入 事 業 者 や 格 安 航 空 会 社 (LCC)もこの 格 付 方 法 の 対 象 になる I. 事 業 リスクの 評 価 1. 産 業 リスクの 見 方 世

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 資 料 6-2 第 14 回 制 度 設 計 ワーキンググループ 事 務 局 提 出 資 料 ~ 卸 電 力 市 場 の 活 性 化 策 について~ 平 成 27 年 7 月 28 日 ( 火 ) 目 次 1 卸 市 場 の 活 性 化 に 関 するこれまでの 取 組 と 今 後 の 論 点 取 引 所 取 引 の 活 性 化 に 関 する 現 状 の 評 価 と 課 題 相 対 取 引 の 活 性

More information

Microsoft PowerPoint - 〔資料2〕①総括資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 〔資料2〕①総括資料.pptx 地 方 法 人 課 税 関 係 資 料 資 料 1 成 長 志 向 に 重 点 を 置 いた 法 人 税 改 革 改 革 の 趣 旨 欧 米 各 国 も 行 ってきたように 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる ことにより 法 人 課 税 を 成 長 志 向 型 の 構 造 に 変 える より 広 く 負 担 を 分 かち 合 い 稼 ぐ 力 のある 企 業 等 の 税 負

More information

注 記 事 項 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ): 有 新 規 1 社 ( 社 名 ) 日 本 電 力 株 式 会 社 除 外 - 社 ( 社 名 )- (2) 会 計 方 針 の 変 更 会

注 記 事 項 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ): 有 新 規 1 社 ( 社 名 ) 日 本 電 力 株 式 会 社 除 外 - 社 ( 社 名 )- (2) 会 計 方 針 の 変 更 会 平 成 28 年 6 月 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 8 月 12 日 上 場 会 社 名 穴 吹 興 産 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 8928 URL http://www.anabuki.ne.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 穴 吹 忠 嗣 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役

More information

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状 横 市 浜 の 財 状 政 況 25 年 度 決 算 財 政 状 況 1 - 横 浜 市 - - 財 政 局 - 平 成 26 年 11 月 横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成

More information

学校制度(学制)-諸外国との比較

学校制度(学制)-諸外国との比較 資 料 1 学 校 制 度 ( 学 制 )- 諸 外 国 との 比 較 再 生 実 行 会 議 平 成 25 年 11 月 26 日 ( 火 )17:45-19:15 官 邸 2 階 小 ホール あきら 二 宮 皓 比 治 山 大 学 比 治 山 大 学 短 期 大 学 部 学 長 二 宮 皓 @ 比 治 山 大 学 1 1 学 制 学 校 体 系 ( 学 校 段 階 の 区 分 接 続 及 び 学

More information

震 災 の 経 済 効 果 2

震 災 の 経 済 効 果 2 東 日 本 大 震 災 からの 経 済 復 興 の 課 題 と 提 言 佐 藤 主 光 一 橋 大 学 1 震 災 の 経 済 効 果 2 震 災 の3つの 影 響 第 1 次 災 害 第 2 次 災 害 第 3 次 災 害 インフラ 住 宅, 工 場 等 の 震 災 の 直 接 的 被 害 内 閣 府 の 試 算 ( 平 成 23 年 3 月 23 日 ) 約 16 兆 円 ~ 最 大 25 兆

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

消 費 ~ 軽 減 率 消 費 の 軽 減 率 制 度 が 消 費 率 10% 時 に 導 入 することとされています 平 成 26 年 4 月 1 日 平 成 27 年 10 月 1 日 ( 予 定 ) 消 費 率 5% 消 費 率 8% 消 費 率 10% 軽 減 率 の 導 入 平 成 26

消 費 ~ 軽 減 率 消 費 の 軽 減 率 制 度 が 消 費 率 10% 時 に 導 入 することとされています 平 成 26 年 4 月 1 日 平 成 27 年 10 月 1 日 ( 予 定 ) 消 費 率 5% 消 費 率 8% 消 費 率 10% 軽 減 率 の 導 入 平 成 26 消 費 ~ 簡 易 課 制 度 のみなし 仕 入 率 の 見 直 し 簡 易 課 制 度 におけるみなし 仕 入 率 が 以 下 のとおり 見 直 されます 該 当 する 区 分 改 正 前 みなし 仕 入 率 みなし 仕 入 率 改 正 後 区 分 卸 売 業 小 売 業 製 造 業 等 金 融 業 その 他 の サービス 及 び 業 等 保 険 業 不 動 産 業 第 1 種 第 2 種 第 3

More information

閣議版-第3章

閣議版-第3章 第 節 日 本 的 雇 用 システムと 今 後 の 課 題 前 節 では 企 業 が 若 手 正 社 員 として 求 める 人 材 とは 何 かを 中 心 にみてきたが 企 業 を 取 り 巻 く 環 境 が 大 きく 変 化 する 中 で 正 社 員 の 雇 用 システムも 変 化 を 求 められている 日 本 では 大 企 業 を 中 心 に 長 期 雇 用 やいわゆる 年 功 賃 金 という

More information

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene.

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene. 平 成 23 年 11 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 23 年 9 月 29 日 上 場 会 社 名 象 印 マホービン 株 式 会 社 上 場 取 引 所 大 コ ー ド 番 号 7965 URL http://www.zojirushi.co.jp 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 市 川 典 男 問 合 せ

More information

Microsoft PowerPoint - 131003【シンポ資料】北開局小水力ver130925提出版.pptx

Microsoft PowerPoint - 131003【シンポ資料】北開局小水力ver130925提出版.pptx 農 業 水 利 施 設 を 活 用 した 小 水 力 等 発 電 の 導 入 促 進 について 平 成 25 年 10 月 3 日 国 土 交 通 省 北 海 道 開 発 局 農 業 水 産 部 農 業 振 興 課 目 次 1. 小 水 力 等 発 電 導 入 の 状 況 について 2. 制 度 手 続 き 規 制 緩 和 について 3. 農 業 農 村 整 備 事 業 等 における 助 成 制 度

More information

平 成 24 年 度 損 保 1 2 (5) 平 成 10 年 6 月 8 日 大 蔵 省 告 示 第 232 号 においては 大 規 模 自 然 災 害 ファンドの 計 算 に 用 いる 工 学 的 事 故 発 生 モデルの 要 件 として 次 のように 記 載 されている 当 該 要 件 を 地

平 成 24 年 度 損 保 1 2 (5) 平 成 10 年 6 月 8 日 大 蔵 省 告 示 第 232 号 においては 大 規 模 自 然 災 害 ファンドの 計 算 に 用 いる 工 学 的 事 故 発 生 モデルの 要 件 として 次 のように 記 載 されている 当 該 要 件 を 地 平 成 24 年 度 損 保 1 1 損 保 1( 問 題 ) 第 Ⅰ 部 問 題 1. 次 の(1)~(5)の 各 問 に 解 答 しなさい 解 答 は 解 答 用 紙 の 所 定 の 欄 に 記 入 すること 各 5 点 (1) 傷 害 保 険 において 1 被 保 険 者 の 職 業 職 種 2 被 保 険 者 の 年 齢 および3 担 保 危 険 の 時 間 的 制 限 の 各 要 素 が

More information

地方独立行政法人大阪市立工業研究所職員旅費規程

地方独立行政法人大阪市立工業研究所職員旅費規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 市 立 工 業 研 究 所 職 員 の 外 国 旅 行 の 旅 費 に 関 する 規 程 制 定 平 成 20 年 6 月 1 日 規 程 第 221 号 最 近 改 正 平 成 26 年 5 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 市 立 工 業 研 究 所 旅 費 規 程 ( 以 下 国 内 旅 費

More information

Microsoft Word - 2014-04 French Economy_JP_.doc

Microsoft Word - 2014-04 French Economy_JP_.doc 海 外 駐 在 情 報 BTMU Focus, London Akiko Darvell 44-20-7577-1591 akiko.darvell@uk.mufg.jp April 11, 2014 経 済 の 成 長 力 低 下 懸 念 について < 要 旨 > 欧 州 経 済 が 緩 慢 ながらも 持 ち 直 し 傾 向 を 辿 るなか 経 済 の 低 調 さが 懸 念 材 料 のひとつとなっている

More information

【ご参考資料】

【ご参考資料】 141-0022 東 京 都 品 川 区 東 五 反 田 2-10-2 東 五 反 田 スクエア 5 階 お 客 様 サポートダイヤル:0120-580446 金 融 商 品 取 引 業 者 関 東 財 務 局 長 ( 金 商 ) 第 387 号 商 品 投 資 顧 問 業 者 農 経 (1) 第 21 号 加 入 協 会 : 一 般 社 団 法 人 投 資 信 託 協 会 / 一 般 社 団 法

More information

ベトナム 建 設 省 及 び 政 府 官 房 が 集 計 した 受 注 金 額 データによると 計 上 額 に 偏 在 が 見 ら れるが 全 体 的 な 傾 向 としては 受 注 を 伸 ばしたいという 日 本 の 意 向 に 拘 わらず 特 に 韓 国 に 大 きな 差 をつけられている 状 態

ベトナム 建 設 省 及 び 政 府 官 房 が 集 計 した 受 注 金 額 データによると 計 上 額 に 偏 在 が 見 ら れるが 全 体 的 な 傾 向 としては 受 注 を 伸 ばしたいという 日 本 の 意 向 に 拘 わらず 特 に 韓 国 に 大 きな 差 をつけられている 状 態 建 設 分 野 における 競 合 国 に 関 する 調 査 研 究 概 要 (1) 調 査 研 究 の 目 的 技 術 力 等 の 強 みを 活 かした 海 外 展 開 の 取 組 が 進 められているところ 日 本 の 技 術 力 品 質 信 頼 等 に 関 する 定 評 に 拘 わらず 受 注 に 結 びつかない 状 況 が 生 じている また 人 口 減 少 に 伴 う 日 本 国 内 市 場

More information

1. 資 産 運 標 針 7. 運 評 価 について 厚 生 年 金 国 民 年 金 の 積 立 金 の 運 用 については 将 来 にわたった 年 金 事 業 の 安 定 化 を 目 的 に 専 ら 年 金 加 入 者 の 利 益 のた め 長 期 的 な 観 点 から 安 全 かつ 効 率 的

1. 資 産 運 標 針 7. 運 評 価 について 厚 生 年 金 国 民 年 金 の 積 立 金 の 運 用 については 将 来 にわたった 年 金 事 業 の 安 定 化 を 目 的 に 専 ら 年 金 加 入 者 の 利 益 のた め 長 期 的 な 観 点 から 安 全 かつ 効 率 的 資 料 2-1 厚 生 年 金 国 民 年 金 積 立 金 の 性 格 法 規 制 等 について 厚 生 労 働 省 平 成 25 年 7 月 30 日 ( 火 ) 1. 資 産 運 標 針 7. 運 評 価 について 厚 生 年 金 国 民 年 金 の 積 立 金 の 運 用 については 将 来 にわたった 年 金 事 業 の 安 定 化 を 目 的 に 専 ら 年 金 加 入 者 の 利 益 のた

More information

Microsoft Word - UT_20120130.2012年米選挙の行方.doc

Microsoft Word - UT_20120130.2012年米選挙の行方.doc U.S.Trends 米 国 大 統 領 選 挙 議 会 選 挙 の 行 方 ~オバマ 氏 優 位 だが 議 会 は 共 和 党 支 配 となり 米 国 は 再 び 小 さな 政 府 へ~ 発 表 日 :2012 年 1 月 30 日 ( 月 ) ポイント 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 主 任 エコノミスト 桂 畑 誠 治 03-5221-5001 2012 年 11 月

More information

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気 別 添 2 て 電 気 事 業 法 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 の 設 立 の 認 可 の 基 準 につい 電 気 事 業 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 170 号 ) 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 推 進 機 関 という )の 設 立 の 認 可 に 係 る 審 査 基 準 については

More information

注 記 事 項 (1) 会 計 方 針 の 変 更 会 計 上 の 見 積 りの 変 更 修 正 再 表 示 1 会 計 基 準 等 の 改 正 に 伴 う 会 計 方 針 の 変 更 : 無 2 1 以 外 の 会 計 方 針 の 変 更 3 会 計 上 の 見 積 りの 変 更 4 修 正 再

注 記 事 項 (1) 会 計 方 針 の 変 更 会 計 上 の 見 積 りの 変 更 修 正 再 表 示 1 会 計 基 準 等 の 改 正 に 伴 う 会 計 方 針 の 変 更 : 無 2 1 以 外 の 会 計 方 針 の 変 更 3 会 計 上 の 見 積 りの 変 更 4 修 正 再 平 成 28 年 3 月 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 非 連 結 ) 平 成 28 年 5 月 10 日 上 場 会 社 名 株 式 会 社 大 谷 工 業 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 5939 URL http://www.otanikogyo.com 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 芝 崎 安 宏 問 合 せ 先 責 任 者 (

More information

Microsoft Word - 101009金融危機シンポジウム

Microsoft Word - 101009金融危機シンポジウム 金 融 危 機 シンポジウム 第 2 編 危 機 後 の 金 融 界 第 2 回 日 本 の 金 融 市 場 の 活 性 化 に 向 けて 山 澤 光 太 郎 氏 株 式 会 社 大 阪 証 券 取 引 所 取 締 役 常 務 執 行 役 員 日 時 :2010 年 7 月 28 日 ( 水 ) 場 所 : 早 稲 田 大 学 日 本 橋 キャンパス ホール 報 告 日 本 の 金 融 市 場 は

More information

Microsoft Word - AMT Capital Markets Legal Update _February 2013_.doc

Microsoft Word - AMT Capital Markets Legal Update _February 2013_.doc CAPITAL MARKETS LEGAL UPDATE 2013 年 2 月 C ONTENTS 1 見 直 しの 背 景 2 資 金 調 達 資 本 政 策 手 段 の 多 様 化 3 ガバナンスの 向 上 に 向 けた 仕 組 みの 導 入 4 インサイダー 取 引 規 制 の 導 入 5 その 他 の 提 言 6 改 正 時 期 投 資 法 人 法 制 の 見 直 しの 動 向 弁 護 士

More information

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 23 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 22 年 度 調 査 により 把

More information

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt 資 料 5 土 地 利 用 計 画 と 農 業 振 興 地 域 制 度 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 平 成 19 年 3 月 農 林 水 産 省 目 次 1 土 地 基 本 法 国 土 利 用 計 画 1 2 農 業 振 興 地 域 制 度 及 び 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 4 3 農 業 振 興 地 域 制 度 5 4 農 地 転 用 許 可 制 度 12 5 都

More information

2016 年 8 月 31 日 資 産 の 状 況 当 ページの 数 値 はマザーファンドベースです 債 券 評 価 額 には 経 過 利 子 を 含 めています 資 産 内 容 特 性 値 債 券 97.79% 債 券 先 物 取 引 1.61% 残 存 年 数 修 正 デュレーション 8.26

2016 年 8 月 31 日 資 産 の 状 況 当 ページの 数 値 はマザーファンドベースです 債 券 評 価 額 には 経 過 利 子 を 含 めています 資 産 内 容 特 性 値 債 券 97.79% 債 券 先 物 取 引 1.61% 残 存 年 数 修 正 デュレーション 8.26 2016 年 8 月 31 日 基 準 価 額 の 推 移 基 準 価 額 純 資 産 総 額 30,000 26,000 22,000 150 125 100 当 月 末 前 月 末 比 基 準 価 額 19,414 円 - 169 円 純 資 産 総 額 61.22 億 円 - 0.39 億 円 18,000 14,000 10,000 6,000 0 2001/2 2004/3 2007/5

More information