<4D F736F F D E68E6C FC8E C5F96F182CC8EE888F882AB2E646F63>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D208253814091E68E6C9594814093FC8E4481458C5F96F182CC8EE888F882AB2E646F63>"

Transcription

1 第 四 部 入 札 契 約 手 続 きについて 1 契 約 方 法 ( 調 達 先 選 定 方 法 ) 決 定 の 概 略 フロー 検 討 開 始 判 断 1 政 府 調 達 に 関 する 協 定 の 対 象 か? 判 断 2 特 例 政 令 の 随 意 契 約 事 由 に 該 当 するか? 判 断 3 地 方 自 治 法 施 行 令 の 随 意 契 約 事 由 に 該 当 するか? ( 少 額 随 契 は 除 く) 少 額 随 契 については 条 件 付 き 一 般 競 争 入 札 制 度 導 入 により 簡 易 公 開 制 度 によ る 調 達 で 行 うため 使 用 せず 判 断 4 地 方 方 自 治 法 施 行 令 の 指 名 競 争 入 札 事 由 に 該 当 する? 判 断 5 プロポーザル 方 式 により 契 約 の 相 手 方 を 特 定 するか? 判 断 6 価 格 及 び 価 格 以 外 の 要 素 を 含 めた 総 合 的 判 断 が 必 要? 判 断 7 予 定 価 格 が100 万 円 以 下 の 役 務 の 提 供 か? 判 断 8 県 内 に 本 店 又 は 支 店 等 を 有 する 者 による 調 達 か? 一 般 競 争 入 札 ( 最 低 価 格 落 札 ) 簡 易 公 開 調 達 一 般 競 争 入 札 ( 総 合 評 価 落 札 方 式 ) 指 名 競 争 入 札 随 意 契 約 ( 企 画 提 案 方 式 ) 随 意 契 約 ( 単 独 見 積 による) 一 般 競 争 入 札 による 調 達 も 可 能 条 件 付 き 一 般 競 争 入 札 制 度 の 導 入 に より 廃 止 提 案 を 受 けた 後 地 方 自 治 法 施 行 令 の 随 意 契 約 事 由 に 該 当 す ることが 前 提 104

2 1 判 断 1 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( )の 対 象 か?( 特 例 政 令 第 3 条 ) 特 例 政 令 第 3 条 に 該 当 するかどうか 判 断 する 特 例 政 令 の 規 定 が 適 用 される 契 約 を 特 定 調 達 契 約 という 当 該 契 約 に 係 る 予 定 価 格 が 特 例 政 令 第 3 条 第 1 項 に 基 づいて 総 務 大 臣 が 定 める 適 用 基 準 額 以 上 の 契 約 3500 万 円 ( 平 成 20 年 4 月 1 日 から 平 成 22 年 3 月 31 日 までの 間 総 務 省 告 示 第 39 号 ) 2 判 断 2 特 例 政 令 の 随 意 契 約 事 由 に 該 当 するか?( 特 例 政 令 第 10 条 ) 特 例 政 令 第 10 条 に 該 当 しない 場 合 は 随 意 契 約 が 実 施 できないため 一 般 競 争 入 札 の 実 施 となる 3 判 断 3 地 方 自 治 法 施 行 令 の 随 意 契 約 事 由 に 該 当 するか? 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の2の 第 一 項 各 号 に 該 当 しない 場 合 は 随 意 契 約 できないので 一 般 競 争 入 札 若 しくは 条 件 付 き 一 般 競 争 入 札 の 実 施 となる 条 件 付 き 一 般 競 争 入 札 制 度 の 導 入 により 少 額 随 契 ( 第 1 号 に 該 当 )の 場 合 随 意 契 約 はせず 判 断 7 に 従 い 履 行 する 4 判 断 4 地 方 自 治 法 施 行 令 の 指 名 競 争 入 札 事 由 に 該 当 するか? 条 件 付 き 一 般 競 争 入 札 制 度 の 設 置 により 廃 止 5 判 断 5 公 募 型 プロポーザル 方 式 ( 企 画 提 案 方 式 )により 契 約 の 相 手 方 を 特 定 するか? 価 格 だけではなく 技 術 力 品 質 体 制 実 績 等 を 総 合 的 に 評 価 して 調 達 先 を 選 定 する 必 要 があるかど うか 判 断 する 相 手 方 の 特 定 以 降 契 約 事 由 は 判 断 3の 地 方 自 治 法 施 行 令 の 随 意 契 約 事 由 に 該 当 することが 前 提 6 判 断 6 総 合 評 価 落 札 方 式 を 実 施 するか? 価 格 だけでなく 技 術 力 品 質 体 制 実 績 等 を 総 合 的 に 評 価 し 調 達 先 を 選 定 する 必 要 がある 場 合 に 採 用 する 7 判 断 7 予 定 価 格 が100 万 円 以 下 の 役 務 の 調 達 か? 100 万 円 以 下 の 役 務 の 提 供 を 受 ける 場 合 簡 易 公 開 調 達 制 度 に 基 づく 調 達 を 活 用 する 上 記 以 外 の 場 合 リース レンタルの 業 務 については 条 件 付 き 一 般 競 争 入 札 とし 情 報 処 理 の 業 務 の 調 達 については 個 別 発 注 による 仕 様 書 での 入 札 参 加 条 件 の 提 示 を 行 い 一 般 競 争 入 札 とする 一 般 競 争 入 札 の 資 格 審 査 を 行 う 際 和 歌 山 県 役 務 の 提 供 等 に 係 る 入 札 参 加 資 格 に 関 する 要 綱 にある 競 争 入 札 参 加 資 格 者 名 簿 に 登 載 されている 業 者 については 一 部 審 査 書 類 の 提 出 を 省 略 することが 出 来 る 8 判 断 8 県 内 に 本 店 又 は 支 店 等 を 有 する 者 による 調 達 か? 簡 易 公 開 調 達 制 度 を 利 用 できるのは 県 内 に 本 店 又 は 支 店 等 を 有 する 者 に 限 るため 条 件 を 満 たさない 調 達 は 一 般 競 争 入 札 による 調 達 とする 政 府 調 達 に 関 する 協 定 政 府 調 達 に 関 する 協 定 とは WTO( 世 界 貿 易 機 関 )において 外 国 の 産 品 及 び 供 給 者 に 対 し 内 国 民 待 遇 及 び 無 差 別 待 遇 の 原 則 を 適 用 することとして 入 札 の 手 続 等 を 定 めた 国 際 協 定 をいう この 協 定 では 国 の 機 関 だけでなく 地 方 公 共 団 体 ( 都 道 府 県 及 び 指 定 都 市 )も 適 用 対 象 機 関 とさ れており この 協 定 を 実 施 するため 地 方 公 共 団 体 の 物 品 等 又 は 特 定 役 務 の 調 達 手 続 の 特 例 を 定 め る 政 令 ( 特 例 政 令 )が 定 められている なお 本 県 では 和 歌 山 県 の 物 品 等 又 は 特 定 役 務 の 調 達 手 続 の 特 例 を 定 める 規 則 ( 特 例 規 則 )を 定 め 県 が 行 う 契 約 のうち 特 定 調 達 契 約 に 該 当 する 契 約 を 締 結 するための 手 続 きが 定 められて いる 105

3 2 契 約 事 務 の 流 れ 第 四 部 入 札 契 約 手 続 きについて 受 託 業 者 を 選 定 し 委 託 契 約 を 締 結 するまでの 事 務 の 流 れは 以 下 の 概 略 フロー 図 のとおり 契 約 方 式 検 討 選 定 随 意 契 約 単 独 見 積 り 随 意 契 約 企 画 提 案 方 式 一 般 競 争 入 札 総 合 評 価 落 札 方 式 一 般 競 争 入 札 最 低 価 格 落 札 簡 易 公 開 調 達 競 争 入 札 参 加 資 格 者 名 簿 の 事 前 登 載 調 達 準 備 ( 仕 様 書 又 は 提 案 依 頼 書 契 約 書 ( 案 )の 作 成 ) 見 積 書 提 出 依 頼 の 作 成 入 札 公 告 準 備 ( 入 札 説 明 書 業 者 選 定 基 準 予 定 価 格 の 積 算 ) 評 価 委 員 会 の 設 置 準 備 執 行 伺 ( 起 案 決 裁 ) 見 積 書 提 出 の 依 頼 公 告 説 明 書 交 付 公 告 (HPによる) 提 案 書 提 出 者 の 選 定 資 格 審 査 説 明 会 の 開 催 ( 1) 見 積 書 の 受 理 提 案 書 の 受 理 入 札 参 加 資 格 者 の 審 査 資 格 審 査 結 果 の 通 知 入 札 説 明 会 の 開 催 ( 1と 併 せて 実 施 も 可 ) 見 積 もり 合 わせ 入 札 ( 提 案 書 の 受 理 ) 開 札 相 手 方 の 決 定 提 案 書 の 評 価 相 手 方 の 決 定 ( 評 価 委 員 会 等 の 開 催 ) 落 札 ( 相 手 方 の 決 定 ) 支 出 負 担 行 為 起 案 決 裁 契 約 締 結 参 考 入 札 公 告 / 入 札 告 示 から 入 札 までの 手 続 きについては 情 報 システムの 契 約 に 係 る 事 務 手 続 きの 手 引 き ( 情 報 政 策 課 )を 参 照 支 出 事 務 の 手 引 き 第 3 章 第 2 節 契 約 締 結 の 方 法 ( 出 納 室 )も 参 考 にされたし 106

4 3 競 争 入 札 第 四 部 入 札 契 約 手 続 きについて 3.1 一 般 競 争 入 札 指 名 競 争 入 札 実 施 したい 調 達 に 対 する 詳 細 仕 様 を 発 注 者 が 仕 様 書 としてまとめ その 仕 様 書 を 調 達 先 に 公 開 する 一 般 競 争 入 札 では 応 札 を 呼 びかける 調 達 先 を 限 定 しない 指 名 競 争 入 札 では 応 札 を 呼 びかける 調 達 先 を 限 定 ( 条 件 付 き 一 般 競 争 入 札 制 度 導 入 により 廃 止 ) 入 札 を 実 施 する 調 達 を 請 け 負 いたい 企 業 等 は 仕 様 書 に 基 づき 調 達 実 施 価 格 を 算 出 し 県 にその 価 格 のみを 提 出 県 は 提 出 された 価 格 から 基 本 的 には 最 も 安 価 な 価 格 を 提 示 した 調 達 先 を 選 定 する < 長 所 > 選 定 は 価 格 のみで 実 施 するため 提 案 評 価 等 の 事 務 作 業 が 軽 微 となる また 選 定 ルールが 単 純 であるため 少 なくとも 応 札 後 のプロセスについては 公 正 さが 確 保 しやすい < 短 所 > 価 格 のみの 判 断 となるため 安 いだけで 他 の 問 題 を 抱 える 調 達 先 が 選 定 される 危 険 性 がある 提 示 された 仕 様 書 が 非 常 に 詳 細 で 正 確 な 仕 様 書 ができなければ 価 格 のみの 提 示 は 県 にとってもリスクが 高 く 結 果 的 に 調 達 そのものが 成 功 しない 可 能 性 も 高 くなる 一 般 競 争 入 札 の 場 合 は 応 札 可 能 な 調 達 先 が 基 本 的 に 限 定 されないため 多 くの 応 札 があった 場 合 事 務 作 業 負 荷 が 高 くなる 可 能 性 がある (1) 入 札 による 調 達 手 続 き ア 入 札 準 備 入 札 参 加 資 格 条 件 の 決 定 一 般 競 争 入 札 による 業 者 選 定 を 行 う 場 合 に 調 達 先 に 求 める 条 件 を 検 討 し 入 札 参 加 資 格 条 件 として 設 定 する 入 札 資 格 条 件 の 設 定 項 目 の 例 は 以 下 のようなものが 想 定 される 番 号 項 目 必 須 1 地 方 自 治 法 施 行 令 167 条 の4の 規 定 に 該 当 しない 2 和 歌 山 県 役 務 の 提 供 等 に 係 る 入 札 参 加 資 格 に 関 する 要 綱 による 審 査 を 受 け 資 格 が 認 められている 又 は 同 要 綱 の 附 則 により 情 報 システムの 契 約 に 係 る 競 争 入 札 参 加 者 の 資 格 が 認 められている 3 和 歌 山 県 役 務 の 提 供 等 の 契 約 に 係 る 入 札 参 加 資 格 停 止 要 領 に 基 づく 入 札 参 加 資 格 の 停 止 の 対 象 となっていない 4 会 社 更 生 法 に 基 づく 更 生 手 続 開 始 の 申 立 て 民 事 再 生 法 に 基 づく 再 生 手 続 開 始 の 申 立 て 又 は 破 産 法 に 基 づく 破 産 手 続 開 始 の 申 立 てがなされていない 5 入 札 対 象 業 務 と 同 種 の 業 務 の 履 行 実 績 がある その 他 ISO プライバシーマーク 等 の 認 定 必 要 な 技 術 者 がいる 等 この 他 調 達 しようとする 情 報 システムの 内 容 により 対 象 業 務 のパッケージソフトを 保 有 している こと 等 の 条 件 を 満 たす 業 者 を 参 加 資 格 とする 場 合 もあり 得 るため 情 報 システム 統 括 機 関 への 協 議 をも って 仕 様 書 への 入 札 参 加 条 件 を 提 示 する 107

5 イ 条 件 付 き 一 般 競 争 入 札 調 達 する 業 務 が 役 務 の 提 供 等 の 契 約 に 係 る 条 件 付 き 一 般 競 争 入 札 取 り 扱 い 基 準 に 該 当 する 場 合 条 件 付 き 一 般 競 争 入 札 により 調 達 を 行 う ( 情 報 においてはリース レンタルの 業 務 が 該 当 する ) 情 報 処 理 の 業 務 の 調 達 においては 一 般 競 争 入 札 とし 個 別 に 資 格 審 査 を 実 施 する 該 当 する 業 務 は 下 記 のとおり 業 務 種 目 ( 情 報 処 理 の 業 務 ) システム 分 析 開 発 システム 運 用 保 守 インターネットコンテンツ 作 成 運 用 データ 処 理 ハードウェア 保 守 コンピュータ 研 修 ウ 入 札 関 係 資 料 の 検 討 必 要 に 応 じ 以 下 に 示 す 資 料 の 内 容 を 検 討 する 入 札 説 明 書 仕 様 書 契 約 書 案 落 札 者 決 定 基 準 ( 総 合 評 価 落 札 方 式 の 場 合 ) (2) 入 札 説 明 書 委 託 業 務 の 内 容 入 札 の 手 続 き 入 札 参 加 資 格 条 件 などを 記 載 した 入 札 説 明 書 の 作 成 を 行 う (3) 仕 様 書 ( 基 本 計 画 書 (1~5 頁 ) 新 業 務 フロー 機 能 詳 細 画 面 帳 票 一 覧 の4 種 類 を 使 用 する) 入 札 書 に 情 報 システムの 仕 様 を 示 す 文 書 が 調 達 にかかる 仕 様 書 である この 仕 様 書 には 情 報 システ ムに 求 める 要 件 をできるだけ 具 体 的 に 記 載 することが 重 要 である 仕 様 書 の 内 容 が 不 明 確 である 場 合 以 下 のようなおそれがある ア 応 札 者 の 見 積 もり 金 額 の 精 度 が 低 下 する 可 能 性 技 術 力 の 低 い 業 者 が 低 い 入 札 金 額 で 落 札 するおそれがある イ システム 開 発 工 程 で 発 注 者 側 と 受 託 者 側 で 見 解 の 相 違 が 発 生 仕 様 に 関 する 見 解 の 食 い 違 いにより システム 開 発 の 遅 延 品 質 低 下 のおそれがある 要 件 定 義 を 委 託 業 務 により 実 施 する 場 合 その 成 果 物 ( 仕 様 書 )を 作 成 した 業 者 もシステム 開 発 の 入 札 に 参 加 することがある この 場 合 要 件 定 義 書 作 成 業 者 が 不 公 正 な 利 点 を 享 受 することがないように 留 意 する こと (4) 契 約 書 ( 案 ) 契 約 を 締 結 するにあたっては 和 歌 山 県 財 務 規 則 第 89 条 に 基 づき 契 約 書 ( 案 )を 作 成 する 契 約 書 ( 案 )を 作 成 する 場 合 の 主 な 留 意 事 項 は 下 記 の 通 りであるが 契 約 手 続 き 等 については 支 出 事 務 の 手 引 き( 出 納 室 作 成 ) を 参 照 すること ア 委 託 業 務 の 内 容 及 び 実 施 要 領 委 託 仕 様 書 に 定 められていることを 明 記 する イ 成 果 物 の 納 入 成 果 物 (プログラム システム 設 計 書 操 作 マニュアル 等 )の 受 渡 しは 発 注 者 側 の 事 務 所 で 行 うこと とし その 運 搬 に 要 する 費 用 は 受 託 者 側 が 負 担 することを 明 記 する 108

6 ウ 再 委 託 の 禁 止 発 注 者 は 受 託 業 者 の 技 術 水 準 開 発 実 績 などを 信 頼 してシステム 開 発 を 委 託 するので 再 委 託 は 原 則 として 禁 止 する 技 術 的 要 件 など 再 委 託 により 補 完 しえるものについては 契 約 条 項 に 事 前 の 承 認 を 得 た 上 で 実 施 を 認 める 条 項 を 加 える エ 瑕 疵 担 保 責 任 システム 開 発 完 了 後 においても 隠 れた 瑕 疵 (システムプログラムのバグ 等 )が 発 見 されることがある ので 必 ず 定 めておく 必 要 がある 瑕 疵 担 保 の 期 間 については 通 常 は 成 果 物 の 引 き 渡 しから1 年 間 であるが システムによっては1 年 以 内 に 実 行 されない 業 務 があることが 明 らかな 場 合 もあり 得 るので 内 容 に 応 じて 必 要 な 期 間 を 定 める オ 調 査 等 の 実 施 システム 開 発 においては 進 捗 状 況 の 把 握 や 品 質 管 理 を 適 切 に 行 うことが 非 常 に 重 要 である 受 託 業 者 から 定 期 的 に 報 告 を 受 けることはもちろんのこと 発 注 者 が 必 要 と 認 める 場 合 は いつでも 委 託 業 務 の 実 施 状 況 を 調 査 し 受 託 業 者 から 報 告 を 求 めることができるようにしておくこと カ 権 利 の 帰 属 システムの 開 発 業 務 委 託 では 納 入 される 成 果 物 だけでなく プログラムその 他 の 無 体 財 産 知 的 財 産 も 開 発 作 成 されるので それらに 関 する 著 作 権 及 び 所 有 権 の 帰 属 について 契 約 で 明 確 にしておくこと システム 開 発 終 了 後 のソフトウェアの 頒 布 や 貸 与 改 造 等 が 自 由 に 行 えないことや 運 用 保 守 について 開 発 を 受 託 した 業 者 と 随 意 契 約 をせざるを 得 なくなる 等 のおそれがあることから 基 本 的 には 著 作 物 の 所 有 権 及 び 著 作 権 ( 著 作 権 法 第 21~28 条 に 規 定 する 権 利 )については 発 注 者 側 に 帰 属 するようする キ 第 三 者 の 権 利 の 侵 害 等 委 託 業 務 の 履 行 により 第 三 者 の 著 作 権 等 の 権 利 を 侵 害 することを 禁 止 し もしそのような 事 態 となった 場 合 には 受 託 業 者 側 が 一 切 の 責 めを 負 うこと 明 記 する ク 秘 密 の 保 持 受 託 業 者 が 受 託 業 務 の 履 行 によって 発 注 者 側 の 秘 密 ( 個 人 情 報 など)を 知 る 場 合 があるので 委 託 期 間 にかかわらず 守 秘 義 務 を 課 しておくことが 重 要 である 個 人 情 報 を 取 り 扱 う 事 務 を 委 託 する 場 合 については 和 歌 山 県 個 人 情 報 取 扱 事 務 委 託 基 準 ( 総 務 学 事 課 ) の 規 定 により 契 約 書 に 個 人 情 報 取 扱 特 記 事 項 を 守 るべき 旨 を 記 載 する 必 要 がある (5) 予 定 価 格 の 作 成 和 歌 山 県 財 務 規 則 により 競 争 入 札 に 付 する 場 合 は その 競 争 入 札 に 付 する 事 項 の 価 格 を 当 該 事 項 に 関 す る 仕 様 書 設 計 書 等 によって 予 定 しなければならない とされている また 仕 様 書 設 計 書 等 によって 契 約 の 目 的 となる 物 件 又 は 役 務 について 取 引 の 実 例 価 格 需 給 の 状 況 履 行 の 難 易 数 量 の 多 寡 履 行 期 間 の 長 短 等 を 考 慮 して 適 正 に 予 定 価 格 を 定 めなければならない とされている 実 際 には 委 託 業 務 に 関 する 設 計 金 額 を 外 部 業 者 の 見 積 もりや 類 似 事 例 の 設 計 金 額 等 を 参 考 にしながら 算 出 し その 金 額 をベースとして 入 札 による 応 札 率 等 を 勘 案 しながら 決 定 することが 一 般 的 である 109

7 3.2 総 合 評 価 入 札 方 式 の 概 要 第 四 部 入 札 契 約 手 続 きについて 調 達 するシステムに 対 する 要 求 事 項 を 仕 様 書 ( 基 本 計 画 書 (1~5 頁 ) 新 業 務 フロー 機 能 詳 細 画 面 帳 票 一 覧 の4 種 類 を 使 用 する)に 加 え 県 が 提 案 依 頼 として 提 案 依 頼 書 にまとめ 公 開 する 調 達 を 請 け 負 いた い 企 業 は 提 案 依 頼 書 に 基 づく 提 案 書 を 作 成 し 県 に 提 出 する 県 は 提 出 された 提 案 書 を 事 前 に 決 めた 提 案 評 価 基 準 等 に 従 い 提 案 内 容 と 提 案 価 格 を 総 合 的 に 評 価 し 調 達 先 を 選 定 する 方 式 < 長 所 > 価 格 だけでなく 提 案 内 容 を 総 合 的 に 判 断 した 上 で 調 達 先 を 決 定 するため 調 達 を 成 功 させるための 正 しい 選 定 が 行 われる 可 能 性 が 高 い < 短 所 > 評 価 基 準 等 のルール 作 成 評 価 のための 審 査 委 員 会 等 の 体 制 整 備 定 量 的 評 価 の 実 施 等 選 定 のための 作 業 負 荷 が 高 い 定 性 的 な 提 案 の 良 し 悪 しを 人 間 の 判 断 による 定 性 評 価 に 置 き 換 える 必 要 があるため 評 価 ル ールの 公 正 性 や 評 価 プロセスの 透 明 性 を 確 保 しなければ 選 定 自 体 の 公 正 さが 担 保 できなくなる 可 能 性 があ る (1) 特 別 な 入 札 手 続 標 準 的 な 一 般 競 争 入 札 の 事 務 手 続 きに 加 え 下 記 に 掲 げる 特 別 な 入 札 手 続 が 必 要 となる 落 札 者 決 定 基 準 の 作 成 学 識 経 験 者 を 有 する 者 の 意 見 聴 取 ( 委 員 会 の 開 催 ) 総 合 評 価 落 札 方 式 による 一 般 競 争 入 札 ( 以 下 総 合 評 価 一 般 競 争 入 札 という)を 行 うとき 総 合 評 価 一 般 競 争 入 札 において 落 札 者 を 決 定 しようとするとき 落 札 者 決 定 基 準 を 定 めようとするとき 特 別 に 公 告 すべき 事 項 総 合 評 価 一 般 競 争 入 札 の 方 法 による 旨 当 該 総 合 評 価 一 般 競 争 入 札 に 係 る 落 札 者 決 定 基 準 110

8 総 合 評 価 一 般 競 争 入 札 の 事 務 手 順 について 第 四 部 入 札 契 約 手 続 きについて 調 達 準 備 入 札 関 係 書 類 の 作 成 入 札 説 明 書 仕 様 書 ( 案 ) 提 案 依 頼 書 ( 案 ) 契 約 書 ( 案 ) 予 算 書 業 者 選 定 基 準 ( 案 ) 等 審 査 委 員 会 設 置 審 査 委 員 の 選 任 審 査 委 員 会 要 綱 ( 案 )の 作 成 執 行 伺 審 査 委 員 会 設 置 伺 審 査 委 員 会 (1 回 目 ) 仕 様 書 提 案 依 頼 書 業 者 選 定 基 準 の 決 定 告 示 公 告 伺 い 告 示 公 告 入 札 説 明 書 等 の 交 付 資 格 審 査 及 び 入 札 説 明 会 入 札 参 加 資 格 審 査 審 査 結 果 通 知 入 札 書 及 び 提 案 書 提 出 審 査 委 員 会 (2 回 目 ) 提 案 書 の 評 価 技 術 点 の 算 出 開 札 入 札 書 の 開 札 価 格 点 の 算 出 支 出 負 担 行 為 起 案 決 裁 契 約 締 結 111

9 (2) 具 体 的 な 評 価 基 準 等 の 策 定 について 地 方 公 共 団 体 が 総 合 評 価 落 札 方 式 を 行 う 場 合 の 具 体 的 な 評 価 基 準 等 ( 提 案 書 評 価 ワークシート)について は 法 令 等 での 定 めはないが 評 価 項 目 と 評 価 基 準 についての 設 定 例 については 以 下 のようなものが 想 定 さ れる 評 価 項 目 システム 概 要 構 成 開 発 体 制 ハードウェア ソフトウェア システム 導 入 に 伴 う 研 修 運 用 保 守 業 務 受 託 実 績 その 他 評 価 基 準 必 要 とする 機 能 が 網 羅 されているか 不 正 アクセスに 対 する 有 効 な 対 策 があるか 機 能 拡 張 が 効 率 的 経 済 的 に 行 えるか 等 必 要 とする 業 務 従 事 者 が 確 保 されているか 事 故 発 生 時 の 対 応 連 絡 体 制 は 作 業 スケジュールが 適 正 か 業 者 と 県 の 作 業 分 担 は 適 正 か 等 処 理 性 能 は 十 分 か 過 剰 な 機 器 構 成 になっていないか 急 激 な 負 荷 により 応 答 遅 延 等 は 発 生 しないか 障 害 時 における 業 務 継 続 性 拡 張 性 等 ソフトウェアの 選 定 理 由 更 新 によるシステム 停 止 が 頻 繁 に 発 生 しない か 処 理 性 能 拡 張 性 等 研 修 スケジュール 研 修 方 法 は 適 正 か 等 障 害 対 応 等 運 用 支 援 の 内 容 等 システム 導 入 実 績 等 ライフサイクルのコストでの 比 較 等 4 随 意 契 約 調 達 するシステムに 対 する 要 求 事 項 を 県 がまとめその 内 容 を 調 達 先 の 企 業 等 に 提 示 する 提 示 を 受 けた 企 業 等 は 調 達 要 求 に 応 じるかどうか 判 断 し 応 じる 場 合 はその 価 格 を 県 に 提 示 する 提 示 された 内 容 に 基 づき 調 達 を 実 施 する < 長 所 > 選 定 は 何 らかの 事 情 により 既 に 確 定 しているため 提 案 評 価 等 の 事 務 作 業 が 軽 微 となる 調 達 に 応 じる 能 力 の 無 い 調 達 先 が 選 定 される 可 能 性 が 低 い < 短 所 > 選 定 のプロセスが 明 らかでなく 公 正 さに 欠 ける 選 定 となる 可 能 性 がある 価 格 競 争 の 要 素 がなくなるため 結 果 的 に 割 高 な 調 達 となる 可 能 性 がある 上 価 格 以 外 の 他 の 競 争 原 理 も 働 かなくなるため 調 達 全 体 のパフォ ーマンスも 低 下 する 可 能 性 がある 4.1 企 画 提 案 方 式 ( 公 募 型 プロポーザル 方 式 ) 調 達 するシステムに 対 する 要 求 事 項 を 県 が 提 案 依 頼 として 提 案 依 頼 書 にまとめ その 提 案 依 頼 書 を 公 開 す る 調 達 を 請 け 負 いたい 企 業 は 依 頼 書 に 基 づく 提 案 を 作 成 し 県 に 提 出 県 は 提 出 された 提 案 書 を 事 前 に 決 め た 提 案 評 価 ルールに 従 い 提 案 内 容 と 提 案 価 格 を 総 合 的 に 評 価 し 調 達 先 を 選 定 する 方 式 これは 地 方 自 治 法 が 認 めている 随 意 契 約 の 相 手 方 を 契 約 手 続 の 事 前 段 階 で 選 定 することである < 長 所 > 情 報 システムの 調 達 においては 技 術 的 仕 様 の 決 定 において 設 計 者 の 提 案 に 負 うべき 要 素 が 大 きい 場 合 が 多 いと 思 われる その 場 合 には 企 画 提 案 方 式 によって 低 廉 で 高 品 質 なシステムを 開 発 することが 可 能 となる 112

10 < 短 所 > 評 価 ルールの 作 成 定 量 的 評 価 の 実 施 等 選 定 のための 作 業 負 荷 が 高 い 提 案 の 良 し 悪 しを 人 間 の 判 断 によ る 定 性 評 価 に 置 き 換 える 必 要 があるため 評 価 ルールの 公 正 性 や 評 価 プロセスの 透 明 性 を 確 保 しなければ 選 定 自 体 の 公 正 さが 担 保 できなくなる 可 能 性 がある (1) 提 案 依 頼 書 の 作 成 情 報 システム 企 画 書 の 内 容 を 検 討 し 提 案 依 頼 書 を 作 成 する なお 必 要 以 上 の 項 目 を 盛 り 込 むと 委 託 先 の 提 案 する 幅 が 狭 まり 自 由 な 発 想 に 基 づいた 提 案 を 受 けら れなくなる 可 能 性 があることから 注 意 する 必 要 がある また 委 託 先 が 提 案 依 頼 書 の 内 容 について 誤 解 を 招 かないよう できるだけ 具 体 的 に 記 載 する 盛 り 込 むべき 項 目 は 以 下 の 様 なものが 想 定 される 項 目 内 容 システムの 概 要 システムの 目 的 背 景 解 決 したい 課 題 効 果 等 業 務 業 務 の 概 要 要 件 等 システムの 要 件 システム 化 の 範 囲 調 達 内 容 システム 構 成 等 開 発 導 入 の 要 件 開 発 体 制 役 割 分 担 開 発 スケジュール 導 入 引 渡 要 件 等 運 用 保 守 にかかる 要 件 運 用 保 守 範 囲 内 容 体 制 等 提 案 にかかる 要 件 提 案 対 象 範 囲 提 案 書 に 記 載 する 内 容 提 出 に 関 する 条 件 ( 提 出 方 法 期 限 質 問 事 項 結 果 通 知 方 法 ) 等 (2) 評 価 項 目 と 評 価 基 準 等 について 総 合 評 価 落 札 方 式 の 例 にならい 評 価 基 準 等 ( 提 案 書 評 価 ワークシート)を 作 成 する (3) 予 定 価 格 基 本 的 には 入 札 による 調 達 と 同 様 必 要 な 経 費 を 積 算 することとなるが 提 案 を 募 集 する 段 階 で 業 者 に 対 して 予 定 価 格 を 明 示 する 場 合 としない 場 合 が 考 えられる また 評 価 基 準 における 価 格 の 取 扱 いとして 価 格 に 対 する 評 価 点 を 採 用 する 場 合 が 多 い 113

11 5 総 合 評 価 落 札 方 式 企 画 提 案 方 式 のライフサイクルコストベース 価 格 評 価 次 年 度 以 降 の 随 意 契 約 による 利 益 確 保 を 目 的 とした 初 年 度 の 安 値 入 札 を 防 ぎ より 透 明 性 のある 公 正 な 入 札 を 実 施 するため 原 則 として 同 一 業 者 と 複 数 年 にわたって 契 約 を 行 う 方 が 効 率 的 な 調 達 となることが 想 定 さ れ 複 数 年 の 仕 様 が 確 定 できる 案 件 については 債 務 負 担 行 為 を 設 定 し 複 数 年 契 約 を 締 結 する また 債 務 負 担 行 為 を 活 用 できない 場 合 についても 複 数 年 にわたるライフサイクルコストベースの 価 格 評 価 を 実 施 したり 評 価 項 目 において2 年 目 以 降 のシステム 開 発 費 や 運 用 保 守 経 費 を 抑 える 取 組 の 提 案 を 高 く 配 点 するような 評 価 項 目 を 盛 り 込 むことで ライフサイクルコストの 縮 減 を 図 る 必 要 がある ライフサイクルコストベースでの 価 格 評 価 ライフサイクルコストとは 原 則 として 情 報 システムの 企 画 から 開 発 運 用 保 守 にわたるライフサイ クル 全 てに 発 生 する 調 達 コストをいう ただし 企 画 段 階 を 外 部 業 者 に 委 託 し 開 発 以 降 の 段 階 を 新 たに 調 達 するような 場 合 は 開 発 以 降 の 段 階 全 てに 必 要 とされるコスト 全 体 がライフサイクルコストとなる 債 務 負 担 行 為 による 複 数 年 契 約 について 当 初 の 調 達 において 開 発 スケジュール 及 びライフサイクルコスト 全 体 の 仕 様 が 確 定 しており 同 一 業 者 と 複 数 年 にわたって 契 約 を 行 う 方 が 結 果 として 効 率 的 な 調 達 となることが 想 定 される 案 件 については 債 務 負 担 行 為 を 設 定 した 複 数 年 契 約 とする 長 期 継 続 契 約 について 平 成 17 年 4 月 1 日 に 施 行 された 長 期 継 続 契 約 を 締 結 することができる 契 約 を 定 める 条 例 では 長 期 継 続 契 約 を 締 結 できる 契 約 の 範 囲 が 定 められており 情 報 システムの 調 達 関 係 では 下 記 の 契 約 について 債 務 負 担 行 為 を 設 定 しなくても 原 則 3 年 間 を 限 度 として 複 数 年 契 約 を 行 うことができる ただし 複 数 年 契 約 を 締 結 する 場 合 には それによって 経 費 削 減 効 果 が 見 込 めることが 必 要 なので 事 前 に 十 分 な 検 証 を 行 う 必 要 がある また 長 期 継 続 契 約 は 翌 年 度 以 降 の 予 算 までが 保 証 されるものではないという 点 及 び 契 約 の 予 定 価 格 が 7 千 万 円 未 満 であることが 債 務 負 担 行 為 に 基 づく 契 約 とは 異 なる 点 に 留 意 すること ( 対 象 となる 契 約 ) 機 器 の 賃 貸 借 契 約 ソフトウェアの 保 守 運 用 又 は 管 理 の 業 務 委 託 契 約 機 器 の 保 守 運 用 又 は 管 理 の 業 務 委 託 契 約 114

12 6 参 考 第 四 部 入 札 契 約 手 続 きについて 6.1 個 別 仕 様 書 ( 個 人 情 報 保 護 について) 個 別 仕 様 書 による 資 格 審 査 を 実 施 する 際 下 記 の 添 付 を 検 討 する 委 託 業 務 を 処 理 するための 個 人 情 報 の 取 扱 いについては 契 約 に 基 づく 個 人 情 報 の 保 護 を 遵 守 すると ともに 受 託 者 は 情 報 セキュリティ 及 び 個 人 情 報 保 護 に 関 する 下 記 の 事 項 に 従 うこと (1) 受 託 者 は 財 団 法 人 日 本 情 報 処 理 開 発 協 会 (JIPDEC)のプライバシーマーク 制 度 の 認 定 又 はISMS 適 合 性 評 価 制 度 の 認 証 を 取 得 している 者 であって 次 のいずれかのものを 入 札 資 格 審 査 申 請 時 に 提 出 できること ア プライバシーマーク 使 用 許 諾 証 の 写 し( 複 写 )1 部 イ ISMS 認 定 証 の 写 し( 複 写 )1 部 (2) 受 託 者 は 委 託 業 務 を 実 施 するにあたり 和 歌 山 県 情 報 セキュリティ 基 本 方 針 及 び 和 歌 山 県 情 報 セキュリティ 対 策 基 準 規 程 の 内 容 に 基 づく 情 報 の 取 り 扱 いについて 県 の 指 示 に 従 うこと (3) 受 託 者 は 委 託 業 務 の 実 施 者 に 対 して 次 の 項 目 について 教 育 を 実 施 すること ア 和 歌 山 県 情 報 セキュリティ 基 本 方 針 及 び 和 歌 山 県 情 報 セキュリティ 対 策 基 準 規 程 に 基 づ く 情 報 の 取 り 扱 いに 関 すること イ 委 託 業 務 の 実 施 に 伴 い 和 歌 山 県 が 提 供 した 情 報 に 関 して 紛 失 毀 損 漏 洩 等 の 事 件 又 は 事 故 が 発 生 したときの 報 告 方 法 に 関 すること (4) 受 託 者 は (3)の 教 育 を 下 記 により 実 施 すること ア 委 託 業 務 の 実 施 責 任 者 及 び 技 術 者 に 対 し 委 託 業 務 に 携 わる 前 に 教 育 すること イ 委 託 業 務 の 実 施 者 を 変 更 するときは 新 しい 実 施 者 に 対 し 委 託 業 務 に 携 わる 前 に 教 育 すること 115

援 を 行 う (4) 家 計 収 支 の 改 善 や 家 計 管 理 能 力 の 向 上 等 を 図 るため 家 計 支 援 計 画 を 策 定 し 必 要 に 応 じて 債 務 整 理 や 成 年 後 見 制 度 等 を 実 施 する 支 援 機 関 社 会 保 障 制 度 や 公 租 公 課

援 を 行 う (4) 家 計 収 支 の 改 善 や 家 計 管 理 能 力 の 向 上 等 を 図 るため 家 計 支 援 計 画 を 策 定 し 必 要 に 応 じて 債 務 整 理 や 成 年 後 見 制 度 等 を 実 施 する 支 援 機 関 社 会 保 障 制 度 や 公 租 公 課 千 葉 市 生 活 困 窮 者 自 立 促 進 支 援 事 業 業 務 委 託 ( 家 計 相 談 支 援 事 業 ) 仕 様 書 1 業 務 の 目 的 本 事 業 は 現 に 経 済 的 に 困 窮 し 最 低 限 度 の 生 活 を 維 持 することができなくなるおそ れのある 者 ( 以 下 生 活 困 窮 者 という )が 困 窮 状 態 から 早 期 に 脱 却 することを 支 援 するため

More information

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地 仕 様 書 1 業 務 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 における 土 壌 汚 染 調 査 にかかる 土 地 履 歴 調 査 業 務 委 託 2 業 務 期 間 契 約 日 ~ 平 成 27 年 3 月 20 日 3 実 施 場 所 ( 対 象 地 ) (1) 用 地 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 (2) 地 番 大 阪 市 浪 速 区 恵 美 須 西 3 丁 目 13 番 5 (3) 面 積

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

( 審 査 委 員 会 の 設 置 ) 第 5 条 前 条 の 規 定 によりプロポーザル 方 式 の 実 施 が 決 定 したときは, 所 管 課 長 は 対 象 業 務 の 内 容 に 合 わせてプロポーザル 方 式 受 託 者 特 定 審 査 委 員 会 ( 以 下 審 査 委 員 会 とい

( 審 査 委 員 会 の 設 置 ) 第 5 条 前 条 の 規 定 によりプロポーザル 方 式 の 実 施 が 決 定 したときは, 所 管 課 長 は 対 象 業 務 の 内 容 に 合 わせてプロポーザル 方 式 受 託 者 特 定 審 査 委 員 会 ( 以 下 審 査 委 員 会 とい 小 松 島 市 プロポーザル 方 式 実 施 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 市 が 発 注 する 企 画 調 査, 計 画, 設 計 等 の 業 務 のうち, 高 度 な 技 術 又 は 専 門 的 な 知 識 を 必 要 とする 業 務 等 の 契 約 に 当 たり, 当 該 業 務 に 係 る 提 案 を 求 め, 当 該 業 務 の 目 的 及 び 内 容 に 最 も

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気 別 添 2 て 電 気 事 業 法 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 の 設 立 の 認 可 の 基 準 につい 電 気 事 業 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 170 号 ) 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 推 進 機 関 という )の 設 立 の 認 可 に 係 る 審 査 基 準 については

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

Microsoft Word - ③改正後全文(交付要綱).docx

Microsoft Word - ③改正後全文(交付要綱).docx 参 考 ( 改 正 後 全 文 ) 厚 生 労 働 省 発 老 0717 第 2 号 平 成 2 4 年 7 月 1 7 日 最 終 改 正 厚 生 労 働 省 発 老 0309 第 2 号 平 成 2 8 年 3 月 9 日 指 定 都 市 市 長 各 中 核 市 市 長 殿 市 区 町 村 長 厚 生 労 働 事 務 次 官 ( 公 印 省 略 ) 地 域 介 護 福 祉 空 間 整 備 等 施

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

厚生年金基金の制度改正201404

厚生年金基金の制度改正201404 厚 生 年 金 基 金 の 制 度 改 正 に 係 る 解 説 ~ 政 省 令 告 示 の 公 布 および 通 知 の 発 出 を 受 けて~ 2014 年 4 月 AD908- 年 14-01 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. はじめに 2013( 平 成 25) 年 6 月 19 日 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しおよび

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

3 参 加 資 格 つぎの 条 件 をすべて 満 たすこと ⑴ 提 案 書 提 出 時 において 練 馬 区 での 入 札 参 加 資 格 を 有 していること ⑵ 他 自 治 体 で 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 窓 口 受 付 事 務 電 話 受 付 事 務 収 納 事 務 入 力 お

3 参 加 資 格 つぎの 条 件 をすべて 満 たすこと ⑴ 提 案 書 提 出 時 において 練 馬 区 での 入 札 参 加 資 格 を 有 していること ⑵ 他 自 治 体 で 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 窓 口 受 付 事 務 電 話 受 付 事 務 収 納 事 務 入 力 お 平 成 2 8 年 9 月 2 0 日 練 馬 区 区 民 部 国 保 年 金 課 練 馬 区 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 窓 口 受 付 事 務 等 業 務 委 託 に 係 るプロポーザル 募 集 要 領 1 趣 旨 本 要 領 は 練 馬 区 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 窓 口 受 付 事 務 電 話 受 付 事 務 内 部 事 務 等 を 総 合 的 に 委 託 する 練

More information

Microsoft Word - 03.大和高田市仕様書 介護認定業務委託 H27

Microsoft Word - 03.大和高田市仕様書 介護認定業務委託 H27 大 和 高 田 市 要 介 護 認 定 業 務 一 部 委 託 業 務 仕 様 書 平 成 27 年 4 月 大 和 高 田 市 保 健 部 介 護 保 険 課 1 目 次 1. 委 託 業 務 の 概 要 1 (1) 背 景 及 び 目 的 1 (2) アウトソーシングの 基 本 的 な 考 え 方 1 (3) 受 託 者 に 求 めること 1 (4) 期 待 する 効 果 2 2. 委 託 内

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

目 次 第 1 目 的 3 第 2 業 務 内 容 3 1 委 託 業 務 名 2 業 務 内 容 3 委 託 業 務 期 間 4 委 託 費 の 上 限 5 委 託 団 体 数 第 3 プロポーザル 係 る 事 項 3 1 プロポーザル 参 加 の 要 件 2 企 画 提 案 書 の 作 成 3

目 次 第 1 目 的 3 第 2 業 務 内 容 3 1 委 託 業 務 名 2 業 務 内 容 3 委 託 業 務 期 間 4 委 託 費 の 上 限 5 委 託 団 体 数 第 3 プロポーザル 係 る 事 項 3 1 プロポーザル 参 加 の 要 件 2 企 画 提 案 書 の 作 成 3 販 路 拡 大 促 進 事 業 委 託 業 務 プロポーザル 募 集 要 項 留 意 事 項 平 成 28 年 第 1 回 岐 阜 県 議 会 定 例 会 おいて 本 事 業 係 る 予 算 案 が 可 決 成 立 しな い 場 合 は 今 回 の 企 画 提 案 よる 委 託 業 務 の 執 行 は 行 いませんので 予 めご 承 知 願 いま す なお 上 記 伴 い プロポーザル 参 加 者

More information

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について 日 環 協 第 8 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 土 壌 汚 染 対 策 法 政 令 市 市 長 殿 公 益 財 団 法 人 日 本 環 境 協 会 理 事 長 森 嶌 昭 夫 土 壌 環 境 保 全 対 策 推 進 助 成 金 交 付 事 業 実 施 要 領 の 変 更 について 当 協 会 の 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 の 御 協 力 を

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088E38BC696968EFB8BE08AC7979D89F18EFB8BC696B18376838D837C815B8355838B70646697702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088E38BC696968EFB8BE08AC7979D89F18EFB8BC696B18376838D837C815B8355838B70646697702E646F63> 盛 岡 市 立 病 院 医 業 末 収 金 管 理 回 収 業 務 公 募 型 プロポーザル 実 施 要 綱 平 成 21 年 8 月 3 日 盛 岡 市 立 病 院 1. 目 的 医 業 未 収 金 については 全 国 的 に 医 療 機 関 の 運 営 に 支 障 を 及 ぼす 大 きな 問 題 となっ ており 未 収 金 対 策 の 充 実 強 化 は 喫 緊 の 課 題 となっている 盛 岡

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

(Microsoft Word - \225x\216m\216R\203\202\201[\203\213\217o\223X\213K\226\361.doc)

(Microsoft Word - \225x\216m\216R\203\202\201[\203\213\217o\223X\213K\226\361.doc) 富 士 山 モール 出 店 規 約 第 1 条 ( 総 則 ) 本 規 約 は 富 士 吉 田 市 富 士 河 口 湖 町 西 桂 町 鳴 沢 村 忍 野 村 山 中 湖 村 ( 以 下 甲 という)がイ ンターネット 上 で 運 営 する 総 合 情 報 サイト 富 士 山 モール ( 以 下 モール という)への 出 店 に 関 し 甲 と 出 店 申 込 者 ( 以 下 乙 という)との 間

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

250912資料.xdw

250912資料.xdw 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 について ~ 会 計 基 準 の 概 要 運 用 指 針 ~ 平 成 25 年 9 月 12 日 ( 木 ) 小 野 瀬 木 下 税 理 士 法 人 小 野 瀬 公 認 会 計 士 事 務 所 大 木 芳 則 本 日 の 研 修 の 目 的 1. 新 会 計 基 準 の 構 成 について 理 解 しましょう! > 基 準 本 文 > 基 準 注 解 > 運 用

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料3】中小規模事業者向け+はじめてのマイナンバーガイドライン

Microsoft PowerPoint - 【資料3】中小規模事業者向け+はじめてのマイナンバーガイドライン 中 小 規 模 事 業 者 向 け はじめてのマイナンバーガイドライン ~マイナンバーガイドラインを 読 む 前 に~ 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために 中 小 規 模 事 業 者 ( 注 ) 向 けにまとめたものです

More information

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 基 本 協 定 書 ( 案 ) 仙 台 市 ( 以 下 委 託 者 という )と ( 以 下 受 託 者 という )は 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 ( 以 下 本 という )ついて 募 集 要 項 及 び 受 託 者 の

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

住宅・建築物環境対策事業費補助金交付要綱

住宅・建築物環境対策事業費補助金交付要綱 住 宅 建 築 物 環 境 対 策 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 22 年 4 月 1 日 国 住 生 第 9 号 第 1 通 則 住 宅 建 築 物 環 境 対 策 事 業 費 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 に 関 しては 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 179 号

More information

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 コンパルホール 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 営 管 理

More information

Taro-△H28仕様書(案)

Taro-△H28仕様書(案) 仕 様 書 ( 案 ) 1 業 務 の 名 称 岡 山 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 ( 自 立 相 談 支 援 等 業 務 ) 委 託 2 業 務 の 目 的 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )に 基 づき 生 活 困 窮 者 を 早 期 に 把 握 し 多 様 で 複 合 的 な 課 題 を 解 きほぐしながら

More information

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の 伊 勢 原 市 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 仕 様 書 1 件 名 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 2 業 務 に 関 する 基 本 方 針 (1) 市 役 所 において 日 常 特 に 多 くの 市 民 が 訪 れる 窓 口 であり 様 々な 権 利 義 務 を 伴 う 手 続 きにあたって 必 要 となる 重 要 な 業 務 であることを 認 識 し 適 正

More information

機器保証利用規約

機器保証利用規約 端 末 補 償 for ismart 利 用 規 約 株 式 会 社 フォーバルテレコム( 以 下 当 社 といいます )は 当 社 の 指 定 する 商 品 を 購 入 するお 客 様 ( 以 下 利 用 者 といいます ) 向 けに 以 下 に 定 める 機 器 保 証 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 といいます )に 基 づき 端 末 補 償 for ismart ( 以 下 本 サービス

More information

○○施設指定管理者募集要項(例)

○○施設指定管理者募集要項(例) 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 教 育 委 員 会 - 0 - 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 大 分 市 情 報 学 習 センターは 本 市 の 情 報 学 習 の 支 援 及 び 生 涯 学 習 の 振 興 を 図 るため 設 置 されました 今 般 大 分 市 情 報 学

More information

契約の手引き

契約の手引き 契 約 の 手 引 き 平 成 25 年 10 月 横 浜 市 健 康 福 祉 局 監 査 課 0 社 会 福 祉 法 人 等 が 横 浜 市 から 補 助 を 受 けて 社 会 福 祉 施 設 等 を 整 備 する 場 合 の 契 約 手 続 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 建 設 等 に 係 る 契 約 指 導 要 綱 ( 以 下 要 綱 という )に 基 づき 適 正 に 執 り 行 わなけ

More information

Taro 宮崎県営住宅指定管理

Taro 宮崎県営住宅指定管理 愛 媛 県 県 営 住 宅 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 愛 媛 県 目 次 第 1 県 営 住 宅 の 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 事 項 1 1 管 理 に 係 る 基 本 理 念 1 2 関 係 規 定 の 遵 守 1 3 管 理 運 営 を 行 うにあたっての 留 意 事 項 2 第 2 指 定 管 理 者 が 管 理 を 行 う 県 営 住 宅 3 第 3 業 務

More information

私 立 学 校 関 係 事 務 の 手 引 ( 平 成 23 年 3 月 改 訂 ) 青 森 県 総 務 部 総 務 学 事 課 は じ め に 私 立 学 校 は 私 人 の 寄 附 財 産 によって 設 立 運 営 され 設 立 者 の 建 学 の 精 神 や 独 自 の 校 風 のもと 自 律 性 自 主 性 が 重 んじられていますが 公 教 育 の 一 翼 を 担 っている 点 において

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6> 東 京 大 学 固 定 資 産 管 理 規 程 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 東 大 規 則 第 178 号 ) 改 正 : 平 成 17 年 2 月 8 日 東 大 規 則 第 289 号 改 正 : 平 成 18 年 9 月 26 日 東 大 規 則 第 33 号 改 正 : 平 成 19 年 7 月 1 日 東 大 規 則 第 15 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 30 日

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BA3918893FC8E448E5189C18E918A6990528DB88B7982D18C5F96F18E9696B18EE688B597768D6A81699056816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BA3918893FC8E448E5189C18E918A6990528DB88B7982D18C5F96F18E9696B18EE688B597768D6A81699056816A2E646F63> 目 平 成 17 年 10 月 1 日 次 21 総 資 則 格 ( の 第 審 1 査 条 ( 第 第 32 条 条 ) 34 工 事 等 の 施 契 行 約 手 の 続 手 ( 続 第 ( 9 14 8 条 ) 第 13 第 条 21 条 )) 65 建 設 工 締 事 結 及 ( び 第 監 24 理 条 の 委 第 託 33 契 条 約 ) の 手 続 ( 第 22 条 第 23 条 ) 第

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

6. 予 算 限 度 額 総 額 4,273,000 円 ( 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 を 含 む) 以 内 とする なお この 予 算 限 度 額 には 返 礼 品 代 は 含 まれない 7. 受 注 決 定 までの 事 務 手 順 項 目 日 程 プロポーザル 公 募 要 項 の

6. 予 算 限 度 額 総 額 4,273,000 円 ( 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 を 含 む) 以 内 とする なお この 予 算 限 度 額 には 返 礼 品 代 は 含 まれない 7. 受 注 決 定 までの 事 務 手 順 項 目 日 程 プロポーザル 公 募 要 項 の 南 相 馬 市 ふるさと 応 援 寄 附 金 推 進 業 務 プロポーザル 募 集 要 項 1. 目 的 南 相 馬 市 が 行 う 南 相 馬 市 ふるさと 応 援 寄 附 金 のインターネットを 利 用 した 受 付 サイ ト 構 築 返 礼 品 等 に 関 連 する 業 務 及 びその 他 関 連 業 務 の 代 行 業 務 に 関 し 事 業 者 を 選 定 するため 公 募 型 プロポーザル(

More information

①宮古島市ふるさと納税業務委託事業公募型プロポーザル実施要領

①宮古島市ふるさと納税業務委託事業公募型プロポーザル実施要領 宮 古 島 市 ふるさと 納 税 寄 附 金 委 託 業 務 公 募 型 プロポーザル 実 施 要 綱 1. 趣 旨 宮 古 島 市 ( 以 下 本 市 という )では ふるさと 納 税 制 度 を 活 用 し ふるさと 宮 古 島 市 の 役 に 立 ちたい 宮 古 島 市 に 関 心 があり 応 援 したい と 考 えてくださる 方 々 に 対 し 本 市 の PRやふるさと 納 税 寄 附 金

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

中小規模事業者向けはじめてのマイナンバーガイドライン

中小規模事業者向けはじめてのマイナンバーガイドライン 中 小 規 模 事 業 者 向 け はじめてのマイナンバーガイドライン ~マイナンバーガイドラインを 読 む 前 に~ 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために 中 小 規 模 事 業 者 ( 注 ) 向 けにまとめたものです

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

Microsoft Word リスク説明書(HP掲載用:消費税対応)

Microsoft Word リスク説明書(HP掲載用:消費税対応) 家 賃 返 済 特 約 付 きフラット35に 関 する 覚 書 に 関 する 制 度 リスク 説 明 Ⅰ 制 度 内 容 について< 住 宅 金 融 支 援 機 構 が 実 施 する 内 容 の 説 明 > 1~17は 住 宅 金 融 支 援 機 構 が 実 施 する 家 賃 返 済 特 約 付 きフラット35 の 制 度 内 容 留 意 点 等 についての 説 明 です なお 本 内 容 については

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E9197BF32816A8AEE967B8BA692E88F91>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E9197BF32816A8AEE967B8BA692E88F91> 資 料 2 よこはまウォーキングポイント 事 業 基 本 協 定 書 ( 目 次 ) 第 1 条 ( 定 義 ) 第 2 条 ( 協 働 事 業 ) 第 3 条 ( 本 事 業 の 目 的 ) 第 4 条 ( 本 協 定 の 趣 旨 ) 第 5 条 ( 基 本 的 合 意 ) 第 6 条 ( 協 定 期 間 ) 第 7 条 ( 協 働 契 約 の 締 結 ) 第 8 条 ( 本 事 業 の 役 割

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

(2) 基 準 地 の 価 格 の 審 査 調 整 及 び 判 定 (3) 周 知 措 置 ( 地 価 公 示 との 関 係 等 ) 第 4 条 知 事 は 事 業 の 実 施 にあたっては 地 価 公 示 法 の 規 定 に 基 づいて 国 が 行 う 地 価 公 示 との 調 和 を 保 ち 一

(2) 基 準 地 の 価 格 の 審 査 調 整 及 び 判 定 (3) 周 知 措 置 ( 地 価 公 示 との 関 係 等 ) 第 4 条 知 事 は 事 業 の 実 施 にあたっては 地 価 公 示 法 の 規 定 に 基 づいて 国 が 行 う 地 価 公 示 との 調 和 を 保 ち 一 和 歌 山 県 地 価 調 査 事 業 実 施 要 綱 ( 平 成 12 年 3 月 21 日 制 定 ) ( 総 則 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 昭 和 49 年 政 令 第 387 号 以 下 令 という ) 第 9 条 の 規 定 に 基 づく 和 歌 山 県 地 価 調 査 事 業 ( 以 下 事 業 という )の 円 滑 な 遂 行 に 資

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

Microsoft Word - 委託仕様書_H270327修正

Microsoft Word - 委託仕様書_H270327修正 福 岡 市 プレミアム 付 商 品 券 事 業 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 名 福 岡 市 プレミアム 付 商 品 券 事 業 業 務 委 託 2 委 託 期 間 契 約 締 結 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで 3 業 務 の 概 要 (1) 目 的 福 岡 市 に 所 在 し, 地 域 振 興 に 貢 献 する 商 店 等 において 使 用 できるプレミアム 付 商

More information

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引 資 料 3 横 手 市 上 下 水 道 部 料 金 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1. 目 的 この 仕 様 書 は 横 手 市 ( 以 下 委 託 者 という )の 委 託 する 業 務 等 ( 以 下 委 託 業 務 とい う )について 必 要 な 事 項 を 定 める 2. 法 令 の 遵 守 受 託 者 は 委 託 業 務 の 施 行 に 当 たり 委 託 業 務

More information

(18) 教 育 保 育 給 付 費 国 庫 負 担 金 に 関 する 業 務 (19) 子 ども 子 育 て 支 援 交 付 金 に 関 する 業 務 (20) 保 育 対 策 総 合 支 援 事 業 費 補 助 金 教 育 支 援 体 制 整 備 事 業 費 交 付 金 に 関 する 業 務 (

(18) 教 育 保 育 給 付 費 国 庫 負 担 金 に 関 する 業 務 (19) 子 ども 子 育 て 支 援 交 付 金 に 関 する 業 務 (20) 保 育 対 策 総 合 支 援 事 業 費 補 助 金 教 育 支 援 体 制 整 備 事 業 費 交 付 金 に 関 する 業 務 ( 堺 市 子 育 て 支 援 業 務 事 務 処 理 センター 運 営 業 務 仕 様 書 1 業 務 名 称 堺 市 子 育 て 支 援 業 務 事 務 処 理 センター 運 営 業 務 2 業 務 目 的 堺 市 役 所 本 庁 区 役 所 においては 児 童 手 当 や 児 童 扶 養 手 当 等 を 含 め 膨 大 な 事 務 処 理 を 行 っている さらに 平 成 27 年 度 からの 子

More information

放送法第9条第2項第2号の業務の基準案の策定にあたっての考え方

放送法第9条第2項第2号の業務の基準案の策定にあたっての考え方 放 送 法 第 20 条 第 2 項 第 2 号 の 業 務 の 基 準 協 会 が 放 送 した 放 送 番 組 およびその 編 集 上 必 要 な 資 料 (これらを 編 集 したものを 含 む 以 下 既 放 送 番 組 等 という )を 電 気 通 信 回 線 を 通 じて 一 般 の 利 用 に 供 する 業 務 ( 放 送 に 該 当 するものを 除 く )( 放 送 法 第 20 条

More information

Microsoft Word - 01_入札公示(総合評価:履行確実性評価)

Microsoft Word - 01_入札公示(総合評価:履行確実性評価) 入 札 公 示 ( 設 計 等 ) 総 合 評 価 落 札 方 式 による 設 計 等 競 争 入 札 参 加 者 を 招 請 するので 公 示 する 1 掲 載 日 平 成 28 年 9 月 16 日 2 掲 載 責 任 者 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 近 畿 農 政 局 和 歌 山 平 野 農 地 防 災 事 業 所 長 奥 平 浩 3 担 当 部 局 640-0413 和 歌

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 3 条 ) 第 2 章 共 済 契 約 ( 第 4 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 運 営 委 員 会 ( 第 11 条 ~ 第 13 条 ) 第 4 章 運 営 資 金 及 び 会 計 ( 第 14 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 掛

More information

6 設 計 業 務 委 託 契 約 の 締 結 に 関 する 支 援 (3) 設 計 者 の 指 導 及 び 調 整 1 設 計 スケジュールの 管 理 2 設 計 進 捗 の 確 認 3 設 計 内 容 のチェック 及 び 改 善 指 導 4 工 事 費 積 算 書 のチェック 及 び 改 善 指

6 設 計 業 務 委 託 契 約 の 締 結 に 関 する 支 援 (3) 設 計 者 の 指 導 及 び 調 整 1 設 計 スケジュールの 管 理 2 設 計 進 捗 の 確 認 3 設 計 内 容 のチェック 及 び 改 善 指 導 4 工 事 費 積 算 書 のチェック 及 び 改 善 指 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 産 業 技 術 総 合 研 究 所 施 設 改 修 工 事 等 に 関 する コンストラクション マネジメント 業 務 委 託 事 業 者 募 集 要 項 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 産 業 技 術 総 合 研 究 所 は 平 成 25 年 度 から 平 成 27 年 度 において 実 施 が 予 定 される 施 設 改 修 工 事

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

パソコン賃貸借契約

パソコン賃貸借契約 委 託 契 約 書 ( 案 ) 公 立 大 学 法 人 福 井 県 立 大 学 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という ) とは 福 井 県 立 大 学 の 情 報 ネットワーク 管 理 補 助 業 務 に 関 し 次 の 各 条 項 により 委 託 契 約 を 締 結 し 信 義 に 従 って 誠 実 にこれを 履 行 するものとする ( 総 則 ) 第 1 条 甲 は 情 報 ネットワーク

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

契約の適正化について

契約の適正化について 平 成 27 年 1 月 5 日 鎌 倉 市 随 意 契 約 ガイドライン 平 成 26 年 1 月 日 改 正 1 趣 旨 このガイドラインは 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の 2 第 1 項 に 定 める 随 意 契 約 の 公 正 性 を 確 保 するため 鎌 倉 市 が 締 結 する 個 々の 契 約 案 件 ごとに 特 殊 性 緊 急 性 経 済 的 合 理 性 等 の

More information

競争の導入による公共サービスの改革に関する法律に基づく

競争の導入による公共サービスの改革に関する法律に基づく 競 争 の 導 入 による 公 共 サービスの 改 革 に 関 する 法 律 に 基 づく 矯 正 情 報 ネットワークシステムの 運 用 管 理 業 務 における 民 間 競 争 入 札 に 係 る 契 約 の 締 結 について 競 争 の 導 入 による 公 共 サービスの 改 革 に 関 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 51 号 以 下 法 という )に 基 づく 民 間 競

More information

法 律 の 概 要 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 概 要 ( 制 度 の 見 直 しに 関 する 部 分 ) 本 ページ 以 降 厚 生 年 金 は と 表 記 施 行 日 以

法 律 の 概 要 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 概 要 ( 制 度 の 見 直 しに 関 する 部 分 ) 本 ページ 以 降 厚 生 年 金 は と 表 記 施 行 日 以 厚 生 年 金 制 度 の 見 直 し 2014 年 4 月 Member of Multinational Group of Actuaries and Consultants 法 律 の 概 要 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 概 要 ( 制 度 の 見 直 しに 関 する 部

More information

Taro-契約条項(全部)

Taro-契約条項(全部) 糧 食 品 売 買 契 約 条 項 ( 総 則 ) 第 1 条 甲 及 び 乙 は 契 約 書 記 載 の 糧 食 品 売 買 契 約 に 関 し 契 約 書 及 び こ の 契 約 条 項 に 基 づ き 乙 は 甲 の 示 し た 規 格 仕 様 又 は 見 本 品 同 等 の 糧 食 品 ( 以 下 契 約 物 品 と い う ) を 納 入 期 限 ( 以 下 納 期 と い う ) ま で

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC096B18AEE8F80874B82538D862E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC096B18AEE8F80874B82538D862E646F63> 厚 生 年 金 基 金 実 務 基 準 第 4 号 [ 平 成 17 年 4 月 改 訂 ] 基 金 解 散 時 の 最 低 積 立 基 準 額 の 算 定 分 配 の 実 務 基 準 [ 内 容 ] 基 金 解 散 時 の 最 低 積 立 基 準 額 の 算 定 基 金 解 散 時 の 分 配 < 参 考 資 料 > 解 散 実 務 の 流 れ( 例 ) [ 留 意 事 項 ] 解 散 時 の 最

More information

e-Probatio PS2サービス利用約款

e-Probatio PS2サービス利用約款 e-probatio PS2 サービス 利 用 約 款 ( 本 約 款 の 目 的 と 範 囲 ) 第 1 条 e-probatio PS2 サービス 利 用 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます)は 株 式 会 社 エヌ テ ィ ティ ネオメイト( 以 下 当 社 といいます)が 運 営 する 電 子 認 証 局 ( 以 下 認 証 局 とい います)が 提 供 する e-probatio

More information

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす 全 国 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 制 定 昭 和 29 年 11 月 15 日 改 正 平 成 14 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 8 月 18 日 改 正 平 成 19 年 3 月 29 日 改 正 平 成 20 年 3 月 27 日 改 正 平 成 22 年 3 月 29 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条

More information

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンターエネルギー 回 収 推 進 施 設 等 長 期 包 括 的 運 転 維 持 管 理 業 務 委 託 に 係 る 発 注 支 援 業 務 公 募 型 プロポ-ザル 実 施 要 領 1 プロポーザルの 目 的 この 要 領 は 平 成 30 年 4 月 から 運 転 を 予 定 している 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンター エネルギー 回 収 推 進 施

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

高 松 市 告 示 第 403 号 )に 基 づく 指 名 停 止 期 間 中 でないこと (5) 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 のいずれにも 該 当 していないこと 4 提 案 公 募 関 係 資 料 の

高 松 市 告 示 第 403 号 )に 基 づく 指 名 停 止 期 間 中 でないこと (5) 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 のいずれにも 該 当 していないこと 4 提 案 公 募 関 係 資 料 の 平 成 28 年 度 路 線 バス 基 幹 系 統 サービスレベル 向 上 策 検 討 業 務 委 託 提 案 公 募 要 領 1 提 案 公 募 の 目 的 中 心 市 街 地 の 公 共 交 通 において 基 幹 的 役 割 を 担 っている 路 線 バスについて 沿 線 住 民 の 意 識 調 査 等 を 実 施 することにより その 需 要 予 測 を 行 うとともに 公 共 交 通 としての

More information

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要 札 幌 市 管 工 事 業 協 同 組 合 定 款 昭 和 48 年 12 月 18 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を

More information

れた 公 開 鍵 に 対 応 する 秘 密 鍵 を 電 子 署 名 において 利 用 することができます 第 3 条 ( 電 子 証 明 書 の 発 行 申 請 ) 1. 申 請 者 は 所 定 の 様 式 の 申 請 書 を 機 構 又 は 居 住 する 市 区 町 村 の 受 付 窓 口 ( 以

れた 公 開 鍵 に 対 応 する 秘 密 鍵 を 電 子 署 名 において 利 用 することができます 第 3 条 ( 電 子 証 明 書 の 発 行 申 請 ) 1. 申 請 者 は 所 定 の 様 式 の 申 請 書 を 機 構 又 は 居 住 する 市 区 町 村 の 受 付 窓 口 ( 以 公 的 個 人 認 証 サービス 利 用 者 規 約 ( 個 人 番 号 カード) 第 1 条 ( 総 則 ) 1. 公 的 個 人 認 証 サービス ( 以 下 本 サービス という )は 地 方 公 共 団 体 情 報 システ ム 機 構 ( 以 下 機 構 という )が 運 営 する 署 名 用 認 証 局 ( 以 下 署 名 用 CA という ) が 提 供 する 署 名 用 電 子 証 明

More information

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 四 月 二 十 六 日 法 律 第 四 十 八 号 ) 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 主 要 な 資 源 の 大 部 分 を 輸 入 に 依 存 している 我 が 国 にお いて 近 年 の 国 民 経 済 の 発 展 に 伴 い 資 源 が 大 量 に 使 用 されていることにより

More information

浦 市 奈 良 輪 雨 水 ポンプ 場 整 備 工 事 ( 電 気 ) を 受 注 していない 者 ⑶ 資 格 者 名 簿 における 建 築 一 式 工 事 の 格 付 がA 等 級 である 者 ⑷ 千 葉 県 内 に 本 店 又 は 建 設 業 法 に 基 づく 許 可 を 得 た 営 業 所 が

浦 市 奈 良 輪 雨 水 ポンプ 場 整 備 工 事 ( 電 気 ) を 受 注 していない 者 ⑶ 資 格 者 名 簿 における 建 築 一 式 工 事 の 格 付 がA 等 級 である 者 ⑷ 千 葉 県 内 に 本 店 又 は 建 設 業 法 に 基 づく 許 可 を 得 た 営 業 所 が 公 益 財 団 法 人 千 葉 県 下 水 道 公 社 建 設 工 事 一 般 競 争 入 札 公 告 第 11 号 袖 ケ 浦 市 奈 良 輪 雨 水 ポンプ 場 整 備 工 事 ( 建 築 )の 一 般 競 争 入 札 の 実 施 について 一 般 競 争 入 札 を 次 のとおり 実 施 する 平 成 25 年 10 月 2 日 公 益 財 団 法 人 千 葉 県 下 水 道 公 社 理 事

More information

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に 法 制 WG19-2-4 参 考 資 料 平 成 19 年 10 月 31 日 金 融 庁 目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 における 課

More information

マンション 建 替 え 実 務 マニュアル 平 成 1 7 年 8 月 平 成 22 年 7 月 改 訂 国 土 交 通 省 各 マニュアルの 関 係 について 分 譲 マンションストックは 国 土 交 通 省 の 推 計 によると 平 成 21 年 末 時 点 で562 万 戸 約 1, 400 万 人 が 居 住 しています このうち 築 30 年 を 超 えるストックが100 万 戸 近 くあり

More information

Microsoft Word - H27 競走馬要綱.doc

Microsoft Word - H27 競走馬要綱.doc 競 走 馬 生 産 振 興 事 業 補 助 実 施 要 綱 ( 平 成 27 年 度 ) 地 方 競 馬 全 国 協 会 1 地 方 競 馬 全 国 協 会 競 走 馬 生 産 振 興 事 業 補 助 実 施 要 綱 変 更 ( 平 成 17 年 3 月 24 日 16 地 全 協 畜 第 128 号 ) 平 成 22 年 2 月 22 日 21 地 全 協 畜 第 82 号 平 成 22 年 4

More information

事 業 規 模 金 11,000 千 円 ( 消 費 税, 及 び 地 方 消 費 税 を 含 む 金 額 ) 構 築 時 から 本 稼 働 までに 必 要 な 費 用 この 金 額 は, 本 業 務 に 係 る 契 約 時 の 予 定 価 格 を 示 すものでは 無 く, 事 業 規 模 を 示

事 業 規 模 金 11,000 千 円 ( 消 費 税, 及 び 地 方 消 費 税 を 含 む 金 額 ) 構 築 時 から 本 稼 働 までに 必 要 な 費 用 この 金 額 は, 本 業 務 に 係 る 契 約 時 の 予 定 価 格 を 示 すものでは 無 く, 事 業 規 模 を 示 気 仙 沼 市 ホームページ 作 成 システム 構 築 業 務 プロポーザル 実 施 要 領 1 目 的 この 要 領 は, 気 仙 沼 市 ホームページ 作 成 システム 構 築 業 務 に 係 る 委 託 事 業 者 を 選 定 するにあたり, 必 要 な 事 項 を 定 めるものである 2 プロポーザル 方 式 を 採 用 する 理 由 本 市 では, 現 在 運 用 しているホームページ 作

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

第 二 章 政 府 機 関 の 情 報 セキュリティ 対 策 のための 基 本 指 針 (リスク 評 価 ) 第 三 条 各 府 省 庁 は 別 に 定 める 政 府 機 関 の 情 報 セキュリティ 対 策 における 政 府 機 関 統 一 管 理 基 準 及 び 政 府 機 関 統 一 技 術

第 二 章 政 府 機 関 の 情 報 セキュリティ 対 策 のための 基 本 指 針 (リスク 評 価 ) 第 三 条 各 府 省 庁 は 別 に 定 める 政 府 機 関 の 情 報 セキュリティ 対 策 における 政 府 機 関 統 一 管 理 基 準 及 び 政 府 機 関 統 一 技 術 政 府 機 関 の 情 報 セキュリティ 対 策 のための 統 一 規 範 平 成 23 年 4 月 21 日 平 成 24 年 4 月 26 日 改 定 情 報 セキュリティ 政 策 会 議 決 定 第 一 章 目 的 及 び 対 象 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 政 府 機 関 の 情 報 セキュリティ 対 策 のための 基 本 指 針 ( 第 三 条 第 四 条 ) 第 三 章

More information

クレジットカード納付導入に伴う指定代理納付書の選定に係る実施要領

クレジットカード納付導入に伴う指定代理納付書の選定に係る実施要領 石 巻 市 立 病 院 クレジットカード 納 付 導 入 に 伴 う 指 定 代 理 納 付 者 選 定 に 係 る プロポーザル 実 施 要 領 1 目 的 この 実 施 要 領 は 石 巻 市 立 病 院 におけるクレジットカード 納 付 導 入 に 関 し 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 231 条 の2 第 6 項 に 規 定 する 指 定 代 理 納

More information

関税評価

関税評価 平 成 28 年 度 評 価 研 修 平 成 28 年 4 月 14.15 日 名 古 屋 税 関 業 務 部 関 税 評 価 部 門 1 税 関 における 租 税 収 入 額 について 税 関 約 8.9 兆 円 ( 関 税 輸 入 消 費 税 等 ) 事 後 調 査 における 徴 収 額 等 租 税 収 入 約 58 兆 円 ( 平 成 26 年 度 ) 種 別 申 告 漏 れ 課 税 価 格

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B9E93738E739856906C95DB8CEC915B927594EF82CC8E7895D982C98AD682B782E997768D6A2E727466>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B9E93738E739856906C95DB8CEC915B927594EF82CC8E7895D982C98AD682B782E997768D6A2E727466> 京 都 市 老 保 護 措 置 費 の 支 弁 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 養 護 老 ホーム( 以 下 施 設 という )の 入 所 者 に 係 る 老 福 祉 法 第 11 条 第 1 項 の 規 定 による 措 置 に 要 する 費 用 ( 以 下 措 置 費 という )の 支 弁 に 関 し, 必 要 な 事 項 を 定 める ものとする ( 事 務

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information

<5461726F2D8B7B8DE88CA7835C837483678345834683418E918E598AC7979D>

<5461726F2D8B7B8DE88CA7835C837483678345834683418E918E598AC7979D> 宮 崎 県 ソフトウェア 資 産 管 理 基 準 1 目 的 宮 崎 県 ソフトウェア 資 産 管 理 基 準 ( 以 下 本 基 準 という )は 次 に 定 める 組 織 の 対 象 範 囲 におけるソフトウェア(ソフトウェアとは その 機 能 を 利 用 するためにパーソ ナルコンピュータやサーバに 導 入 することができる 又 は 導 入 されたものをいう 実 行 可 能 なアプリケーションだけでなく

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

匿名組合出資契約

匿名組合出資契約 匿 名 組 合 契 約 書 SBIソーシャルレンディング 株 式 会 社 ( 以 下 営 業 者 と 言 う )と ( 以 下 本 匿 名 組 合 員 と 言 う )は 20 年 月 日 付 で 以 下 のとおり 匿 名 組 合 契 約 ( 以 下 本 契 約 と 言 う )を 締 結 する ( 目 的 ) 第 1 条 本 契 約 は 本 匿 名 組 合 員 が 営 業 者 に 対 し 本 契 約

More information

慎 重 な 取 扱 いが 求 められる 個 人 番 号 マイナンバー( 個 人 番 号 )はe-TAXのように 個 人 が 特 に 希 望 し た 場 合 にのみ 利 用 されるものではなく 国 民 の 意 志 と 関 係 なく 政 府 や 地 方 公 共 団 体 とデジタル 的 に 結 ばれ 使

慎 重 な 取 扱 いが 求 められる 個 人 番 号 マイナンバー( 個 人 番 号 )はe-TAXのように 個 人 が 特 に 希 望 し た 場 合 にのみ 利 用 されるものではなく 国 民 の 意 志 と 関 係 なく 政 府 や 地 方 公 共 団 体 とデジタル 的 に 結 ばれ 使 . 事 業 者 が 備 えるべき マイナンバー 対 応 のポイント 平 成 2 7 年 5 月 1 5 日 JIPDEC( 一 般 財 団 法 人 日 本 情 報 経 済 社 会 推 進 協 会 ) マイナンバー 対 応 プロジェクト 室 慎 重 な 取 扱 いが 求 められる 個 人 番 号 マイナンバー( 個 人 番 号 )はe-TAXのように 個 人 が 特 に 希 望 し た 場 合 にのみ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BDF91E389BB8CF0957497768D6A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BDF91E389BB8CF0957497768D6A> 平 成 24 年 度 高 知 県 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 知 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 43 年 高 知 県 規 則 第 7 号 以 下 規 則 という ) 第 24 条 の 規 定 に 基 づき 高 知 県 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 ( 以

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

る 第 三 者 機 関 情 報 保 護 関 係 認 証 プライバシーマーク ISO27001 ISMS TRUSTe 等 の 写 しを 同 封 のうえ 持 参 又 は 郵 送 とする 但 し 郵 送 による 場 合 は 書 留 郵 便 とし 同 日 同 時 刻 必 着 とする 提 出 場 所 は 上

る 第 三 者 機 関 情 報 保 護 関 係 認 証 プライバシーマーク ISO27001 ISMS TRUSTe 等 の 写 しを 同 封 のうえ 持 参 又 は 郵 送 とする 但 し 郵 送 による 場 合 は 書 留 郵 便 とし 同 日 同 時 刻 必 着 とする 提 出 場 所 は 上 オープンカウンター 方 式 による 見 積 合 せの 公 示 次 のとおり オープンカウンター 方 式 による 見 積 合 せを 実 施 します 平 成 28 年 5 月 27 日 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 中 部 支 社 総 務 部 長 畔 柳 健 二 1 調 達 内 容 (1) 調 達 件 名 平 成 28 年 度 共 用 書 庫 機 密 文 書 廃 棄 ( 未 開 封 溶

More information

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 土 佐 市 住 宅 耐 震 改 修 費 等 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 28 年 5 月 13 日 平 成 28 年 要 綱 第 44 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 既 存 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 り 地 震 発 生 時 の 住 宅 の 倒 壊 等 によ る 被 害 を 軽 減 することを 目 的 とし 土 佐 市 にある 既 存 住 宅 の 耐

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 85,772 流 動 負 債 22,025 現 金 及 び 預 金 49,232 営 業 未 払 金 1,392 営 業 未 収 入 金 6,597 未 払 金 1,173 前 払 費 用 313 未

More information

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交 常 陸 大 宮 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は, 常 陸 大 宮 市 ( 以 下 甲 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 委 託 業 務 という )について 必 要 な 事 項 を 定 め, 受 託 者 ( 以 下 乙 という )は,この 仕 様 書 に 基 づき,

More information