<4D F736F F D DC58F49816A834B AE94F A2E646F63>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>"

Transcription

1 Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整 備 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 整 備 法 ) 及 び 同 法 施 行 規 則 ( 以 下 整 備 規 則 )に 基 づく 移 行 認 可 の 申 請 に 関 し 整 備 法 第 117 条 第 2 号 に 規 定 する 移 行 認 可 の 基 準 及 び 関 連 す る 規 定 のうち 公 益 目 的 支 出 計 画 に 関 するものについての 運 用 を 明 らかにし もって 法 の 円 滑 な 施 行 を 図 ることを 目 的 としている なお 具 体 的 案 件 における 審 査 及 び 監 督 処 分 等 については 法 令 に 照 らし 個 々の 案 件 ごとに 判 断 する 1. 公 益 目 的 支 出 計 画 が 適 正 であることについて( 整 備 法 第 117 条 第 2 号 関 係 ) 公 益 目 的 支 出 計 画 が 適 正 であることについては 以 下 の 事 項 を 確 認 する (1) 公 益 目 的 支 出 計 画 に 記 載 された 実 施 事 業 等 ( 注 )について 整 備 法 第 119 条 第 2 項 第 1 号 の イ ロ 又 は ハ に 該 当 していること (2) 実 施 事 業 等 を 行 うに 当 たり 特 別 の 利 益 を 与 えないものであること (3) 実 施 事 業 を 行 うのに 必 要 な 技 術 的 能 力 を 有 していること (4) 公 益 目 的 支 出 計 画 における 公 益 目 的 財 産 額 の 算 定 などの 計 算 が 整 備 法 及 び 整 備 規 則 に 則 って 行 われていること なお 公 益 目 的 支 出 計 画 に 記 載 する 実 施 事 業 等 について 認 可 申 請 を 行 う 法 人 ( 以 下 法 人 )は 公 益 目 的 支 出 計 画 に 実 施 事 業 等 ごとに 記 載 することを 要 し それぞれについて 内 容 収 益 費 用 に 関 する 額 等 について 記 載 する 収 益 事 業 や 共 益 的 事 業 など 実 施 事 業 に 該 当 しない 部 分 が 含 まれている 場 合 にはこれを 区 分 し 実 施 事 業 に 該 当 する 部 分 について 記 述 することを 要 する ( 注 ) 実 施 事 業 ( 注 1) 及 び 特 定 寄 附 ( 注 2) をいう( 以 下 同 じ ) ( 注 1) 整 備 法 第 119 条 第 2 項 第 1 号 イ 又 はハに 規 定 する 事 業 をいう( 以 下 同 じ ) ( 注 2) 同 号 ロに 規 定 する 寄 附 をいう( 以 下 同 じ ) また 公 益 目 的 支 出 計 画 の 実 施 期 間 については 社 員 等 を 含 む 法 人 の 関 係 者 の 意 思 を 尊 重 することが 適 切 であると 考 えられるため 法 人 において 定 めた 期 間 で 認 める ただし 明 らかに 法 人 の 実 施 事 業 等 の 遂 行 能 力 と 比 較 して 設 定 された 公 益 目 的 支 出 計 画 の 実 施 期 間 が 不 相 応 に 長 期 であると 考 えられる 場 合 は 是

2 正 を 求 めることもあり 得 る (1) 公 益 目 的 支 出 計 画 に 記 載 された 実 施 事 業 等 について 整 備 法 第 119 条 第 2 項 第 1 号 の イ ロ 又 は ハ に 該 当 していることについて 申 請 において 実 施 事 業 等 については 事 業 区 分 ごとに 内 容 及 び 収 益 費 用 に 関 する 額 等 が 記 載 されており 整 備 法 第 119 条 第 2 項 第 1 号 イ ロ 又 は ハ に 該 当 することを 要 する また 実 施 事 業 について 定 款 に 位 置 づけられていることを 要 する ⅰ イ として 記 載 した 支 出 ( 事 業 )について 当 該 事 業 が 公 益 目 的 事 業 であるかどうかは 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 認 定 法 )における 公 益 目 的 事 業 と 同 様 に 判 断 する ⅱ ロ として 記 載 した 支 出 について 当 該 支 出 ( 特 定 寄 附 )の 相 手 方 が 認 定 法 第 5 条 第 17 号 に 掲 げる もののいずれかに 該 当 することを 確 認 する( 同 号 の ト として 同 法 施 行 令 第 8 条 に 該 当 する 場 合 は その 条 件 を 満 たすものであるこ とを 確 認 する ) ⅲ ハ として 記 載 した 支 出 ( 事 業 )について 当 該 事 業 が 旧 主 務 官 庁 の 監 督 下 において 公 益 に 関 する 事 業 と 位 置 づけられており ハ に 該 当 するかどうかについて 整 備 法 第 120 条 第 4 項 に 基 づき 行 政 庁 は 事 業 内 容 等 必 要 な 資 料 を 添 えて 旧 主 務 官 庁 に 対 し 意 見 聴 取 を 行 うものとし 原 則 として 旧 主 務 官 庁 の 意 見 を 尊 重 する ただし 旧 主 務 官 庁 の 意 見 において 公 益 に 関 する 事 業 であるとさ れたものが 指 導 監 督 基 準 等 において 公 益 に 関 する 事 業 としてはふ さわしくないとされた 事 業 に 相 当 すると 考 えられる 場 合 において は 当 該 旧 主 務 官 庁 の 意 見 にかかわらず 実 施 事 業 と 認 めないこと もありうる この 場 合 には 整 備 法 第 120 条 第 5 項 に 基 づき 行 政 庁 が 当 該 旧 主 務 官 庁 に 通 知 する 文 書 に その 旨 及 び 理 由 を 記 載 する (2) 実 施 事 業 等 を 行 うに 当 たり 特 別 の 利 益 を 与 えないものであることにつ いて 実 施 事 業 等 を 行 うに 当 たり 特 別 の 利 益 ( 認 定 法 と 同 様 の 考 え 方 とす る )を 与 えることとなる 事 業 又 は 寄 附 は 実 施 事 業 等 とは 認 められない (Ⅰ-3 認 定 法 第 5 条 第 3 号 第 4 号 関 係 < 特 別 の 利 益 > (3 頁 ) 参 照 )

3 (3) 実 施 事 業 を 行 うのに 必 要 な 技 術 的 能 力 を 有 していることについて 実 施 事 業 を 行 うために 必 要 な 許 認 可 等 の 有 無 を 確 認 するほか 当 該 実 施 事 業 に 必 要 な 技 術 的 能 力 ( 認 定 法 と 同 様 の 考 え 方 とする )を 法 人 が 有 しない 場 合 は その 事 業 は 実 施 事 業 とは 認 められない (Ⅰ-2の 技 術 的 能 力 (2 頁 ) 参 照 ) (4) 公 益 目 的 支 出 計 画 における 公 益 目 的 財 産 額 の 算 定 などの 計 算 が 整 備 法 及 び 整 備 規 則 に 則 って 行 われていることについて 1 公 益 目 的 財 産 額 の 算 定 方 法 について( 整 備 法 第 119 条 第 1 項 関 係 ) ( 資 産 の 評 価 について) 公 益 目 的 財 産 額 の 算 定 に 必 要 な 資 産 の 評 価 に 当 たっては 過 大 な 費 用 をかけることは 適 当 でないと 考 えられるため 以 下 のとおりとする ⅰ 土 地 の 評 価 方 法 について 例 えば 固 定 資 産 税 評 価 額 や 不 動 産 鑑 定 士 が 鑑 定 した 価 額 などが 考 えられる 法 人 の 保 有 する 資 産 であって 移 行 後 において 当 該 法 人 が 長 期 に わたり 継 続 的 に 事 業 を 行 う 場 合 にそれらの 事 業 に 継 続 して 使 用 する ことが 確 実 な 資 産 ( 建 物 等 の 減 価 償 却 資 産 を 含 む )については 当 該 資 産 が 継 続 して 使 用 されることを 前 提 に 算 定 した 額 を 評 価 額 とす ることができる なお 土 地 及 び 建 物 を 一 体 として 評 価 する 場 合 であっても 土 地 に 係 る 算 定 額 と 建 物 に 係 る 算 定 額 を 区 分 することが 可 能 な 場 合 は それらを 区 分 して 申 請 することができる ⅱ 減 価 償 却 資 産 の 評 価 方 法 について 建 物 等 の 減 価 償 却 資 産 については 時 価 評 価 資 産 に 含 めないもの とする ただし 不 動 産 鑑 定 士 による 鑑 定 評 価 を 妨 げない ⅲ 有 価 証 券 の 評 価 方 法 について 上 場 されていることにより 市 場 価 格 が 容 易 に 把 握 できる 場 合 は 市 場 価 格 を 用 いた 時 価 評 価 を 行 うものとする 市 場 性 がない 場 合 で あっても 評 価 を 行 うことが 可 能 な 場 合 は 時 価 評 価 とする なお 市 場 性 がなく 評 価 が 困 難 な 場 合 は 当 該 有 価 証 券 の 取 得 価 額 又 は 帳 簿 価 額 とする ⅳ 美 術 品 等 その 他 の 資 産 の 評 価 方 法 について

4 法 人 において 移 行 後 も 引 き 続 き 実 施 事 業 に 使 用 するものは 時 価 評 価 が 可 能 であっても 簿 価 とすることを 認 める 継 続 的 に 実 施 事 業 に 使 用 する 予 定 がないもの 売 却 の 予 定 がある ものについては 時 価 評 価 を 行 う ただし 帳 簿 価 額 と 時 価 との 差 額 が 著 しく 多 額 でないと 法 人 において 判 断 する 場 合 や 時 価 評 価 を 行 うことが 困 難 な 場 合 は 帳 簿 価 額 とすることを 認 める ( 引 当 金 等 について) 負 債 ( 資 産 の 控 除 を 含 む )として 計 上 されている 引 当 金 ( 引 当 金 に 準 ずるものを 含 む )については 公 益 目 的 財 産 額 の 算 定 から 控 除 する また 会 費 等 の 積 み 立 てによる 準 備 金 等 ( 法 令 等 により 将 来 の 支 出 又 は 不 慮 の 支 出 に 備 えて 設 定 することが 要 請 されているもの)に ついては 負 債 として 計 上 されていない 場 合 であっても 法 人 にお いて 合 理 的 な 算 定 根 拠 を 示 すことが 可 能 である 場 合 には 引 当 金 と 同 様 に 公 益 目 的 財 産 額 の 算 定 から 除 くことができる 退 職 給 付 会 計 の 導 入 に 伴 う 会 計 基 準 変 更 時 差 異 ( 注 )の 扱 いについて 費 用 処 理 期 間 を 定 めて 当 該 期 間 にわたり 費 用 処 理 を 行 っている 法 人 にあっては 当 該 未 処 理 額 についても 公 益 目 的 財 産 額 の 算 定 から 控 除 することができる(この 場 合 未 処 理 額 の 算 定 根 拠 などの 資 料 の 提 出 を 求 める ) なお 公 益 目 的 財 産 額 の 算 定 時 に 控 除 した 未 処 理 額 について 移 行 後 の 各 事 業 年 度 における 費 用 処 理 の 額 は 公 益 目 的 支 出 の 額 に 算 入 しない ( 注 ) 会 計 基 準 変 更 時 において 本 来 計 上 すべき 引 当 金 額 の 満 額 と 実 際 に 計 上 してい る 引 当 金 の 差 額 をいう 会 計 基 準 変 更 時 差 異 は 平 成 18 年 4 月 1 日 以 降 15 年 以 内 の 一 定 の 年 数 にわ たり 定 額 法 により 費 用 処 理 をすることとなる 2 実 施 事 業 等 に 係 る 収 入 と 支 出 について( 整 備 法 第 119 条 第 2 項 第 1 号 2 号 関 係 ) ⅰ 公 益 目 的 支 出 の 額 について 整 備 規 則 第 16 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 の 額 のうち 同 条 第 1 号 の 実 施 事 業 に 係 る 事 業 費 とは 実 施 事 業 の 目 的 のために 要 する 費 用 とする また 事 業 費 に 含 むことができるものの 取 扱 いについては 認 定 法 と 同 様 の 考 え 方 とする (Ⅰ-7の (1) 事 業 費 と 管 理 費 (8 頁 )

5 参 照 ) 実 施 事 業 資 産 についても 当 該 実 施 事 業 資 産 が 複 数 の 用 途 に 供 し ている 場 合 には 認 定 法 と 同 様 の 考 え 方 とし 当 該 用 途 に 応 じて 区 分 するものとする ( Ⅰ-8の (1) 公 益 目 的 保 有 財 産 (14 頁 ) 参 照 ) ⅱ 実 施 事 業 収 入 の 額 について 整 備 規 則 第 17 条 第 1 項 に 規 定 する 実 施 事 業 収 入 の 額 のうち 同 項 第 1 号 の 実 施 事 業 に 係 る 収 益 とは 原 則 として 次 のとおりと する 一 実 施 事 業 の 実 施 に 係 る 対 価 としての 収 益 ( 入 場 料 手 数 料 等 ) 二 使 途 が 実 施 事 業 に 特 定 されている 収 益 三 法 人 においてルールを 設 定 し 実 施 事 業 収 入 と 定 めた 収 益 なお 使 途 が 実 施 事 業 に 特 定 されている 積 立 金 ( 基 金 )の 運 用 益 について 実 施 事 業 の 財 源 を 実 施 事 業 に 係 る 収 益 とした 場 合 には 公 益 目 的 支 出 計 画 が 終 了 しないと 予 想 される 場 合 には 実 施 事 業 に 係 る 収 益 としないことができる 同 項 第 2 号 の 実 施 事 業 資 産 から 生 じた 収 益 とは 例 えば 実 施 事 業 資 産 の 売 却 益 などが 該 当 する なお 使 途 が 実 施 事 業 に 特 定 されている 積 立 金 ( 基 金 )の 運 用 益 について 実 施 事 業 の 財 源 を 実 施 事 業 資 産 から 生 じた 収 益 とした 場 合 には 公 益 目 的 支 出 計 画 が 終 了 しないと 予 想 される 場 合 には 実 施 事 業 資 産 から 生 じた 収 益 としないことができる 法 人 が 公 益 目 的 支 出 計 画 に 記 載 する 実 施 事 業 等 については 支 出 の 総 額 が 収 入 の 総 額 を 上 回 ることを 要 する なお 複 数 の 実 施 事 業 等 を 盛 り 込 む 場 合 であり それらの 実 施 事 業 のうちいくつ かの 実 施 事 業 については 支 出 額 が 収 入 額 を 上 回 らないものであっても 上 記 を 満 た す 限 り 可 能 とする 2. 公 益 目 的 支 出 計 画 を 確 実 に 実 施 すると 見 込 まれることについて( 整 備 法 第 117 条 第 2 号 関 係 ) 法 人 が 公 益 目 的 支 出 計 画 を 確 実 に 実 施 すると 見 込 まれること とは 実 施 事 業 等 以 外 の 事 業 及 び 管 理 運 営 を 含 む 法 人 活 動 全 般 について その 財 務 的 な 影 響 により 実 施 事 業 等 のための 資 金 が 不 足 するなど 公 益 目 的 支 出 計 画 の 安 定 的 な 実 施 が 妨 げられることがないと 見 込 まれることとする

6 申 請 時 には 法 人 全 体 の 直 近 1 年 間 の 事 業 計 画 書 及 び 公 益 目 的 支 出 計 画 実 施 期 間 における 当 該 法 人 全 体 の 収 支 の 見 込 みを 記 載 した 書 類 により 確 認 する 収 支 の 見 込 みには 多 額 の 借 入 れや 施 設 の 更 新 高 額 財 産 の 取 得 処 分 など 法 人 全 体 の 財 務 に 大 きな 影 響 を 与 える 活 動 についても 含 むこととし 計 画 があれば 当 該 申 請 書 類 に 記 載 する なお 申 請 時 には 公 益 目 的 支 出 計 画 に 記 載 する 事 業 以 外 の 事 業 につい て 申 請 をする 法 人 の 全 体 の 事 業 のうち 主 な 事 業 について 記 載 することとす る これらの 見 通 しから 確 実 に 実 施 すると 見 込 まれるもの と 認 めないこと もありうる 移 行 後 においては 多 額 の 借 入 れ 等 や 資 産 運 用 方 針 の 大 幅 な 変 更 などを 行 うことにより 申 請 時 の 収 支 の 見 込 みが 変 更 される 場 合 には 事 前 に 行 政 庁 に 届 け 出 ることを 求 める なお これらの 活 動 により 公 益 目 的 支 出 計 画 が 当 初 の 実 施 期 間 内 に 完 了 しないこととなる 場 合 には あらかじめ 整 備 法 第 125 条 第 1 項 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 の 変 更 認 可 を 受 けなければならない

7 参 照 条 文 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整 備 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 八 年 法 律 第 五 十 号 ) ( 認 可 の 基 準 ) 第 百 十 七 条 行 政 庁 は 第 四 十 五 条 の 認 可 の 申 請 をした 特 例 民 法 法 人 ( 以 下 この 款 におい て 認 可 申 請 法 人 という )が 次 に 掲 げる 基 準 に 適 合 すると 認 めるときは 当 該 認 可 申 請 法 人 について 同 条 の 認 可 をするものとする 一 第 百 二 十 条 第 二 項 第 二 号 の 定 款 の 変 更 の 案 の 内 容 が 一 般 社 団 財 団 法 人 法 及 びこれ に 基 づく 命 令 の 規 定 に 適 合 するものであること 二 第 百 十 九 条 第 一 項 に 規 定 する 公 益 目 的 財 産 額 が 内 閣 府 令 で 定 める 額 を 超 える 認 可 申 請 法 人 にあっては 同 項 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 が 適 正 であり かつ 当 該 認 可 申 請 法 人 が 当 該 公 益 目 的 支 出 計 画 を 確 実 に 実 施 すると 見 込 まれるものであること ( 公 益 目 的 支 出 計 画 の 作 成 ) 第 百 十 九 条 第 四 十 五 条 の 認 可 を 受 けようとする 特 例 民 法 法 人 は 当 該 認 可 を 受 けたとき に 解 散 するものとした 場 合 において 旧 民 法 第 七 十 二 条 の 規 定 によれば 当 該 特 例 民 法 法 人 の 目 的 に 類 似 する 目 的 のために 処 分 し 又 は 国 庫 に 帰 属 すべきものとされる 残 余 財 産 の 額 に 相 当 するものとして 当 該 特 例 民 法 法 人 の 貸 借 対 照 表 上 の 純 資 産 額 を 基 礎 として 内 閣 府 令 で 定 めるところにより 算 定 した 額 が 内 閣 府 令 で 定 める 額 を 超 える 場 合 には 内 閣 府 令 で 定 めるところにより 当 該 算 定 した 額 ( 以 下 この 款 において 公 益 目 的 財 産 額 とい う )に 相 当 する 金 額 を 公 益 の 目 的 のために 支 出 することにより 零 とするための 計 画 ( 以 下 この 款 において 公 益 目 的 支 出 計 画 という )を 作 成 しなければならない 2 公 益 目 的 支 出 計 画 においては 次 に 掲 げる 事 項 を 定 めなければならない 一 公 益 の 目 的 のための 次 に 掲 げる 支 出 イ 公 益 目 的 事 業 のための 支 出 ロ 公 益 法 人 認 定 法 第 五 条 第 十 七 号 に 規 定 する 者 に 対 する 寄 附 ハ 第 四 十 五 条 の 認 可 を 受 けた 後 も 継 続 して 行 う 不 特 定 かつ 多 数 の 者 の 利 益 の 増 進 に 寄 与 する 目 的 に 関 する 事 業 のための 支 出 (イに 掲 げるものを 除 く )その 他 の 内 閣 府 令 で 定 める 支 出 二 公 益 目 的 財 産 額 に 相 当 する 金 額 から 前 号 の 支 出 の 額 ( 当 該 支 出 をした 事 業 に 係 る 収 入 があるときは 内 閣 府 令 で 定 めるところにより これを 控 除 した 額 に 限 る )を 控 除 して 得 た 額 ( 以 下 この 款 において 公 益 目 的 財 産 残 額 という )が 零 となるまで の 各 事 業 年 度 ごとの 同 号 の 支 出 に 関 する 計 画 三 前 号 に 掲 げるもののほか 第 一 号 の 支 出 を 確 保 するために 必 要 な 事 項 として 内 閣 府 令 で 定 める 事 項 ( 認 可 の 申 請 手 続 等 ) 第 百 二 十 条

8 4 行 政 庁 は 認 可 申 請 法 人 が 作 成 した 公 益 目 的 支 出 計 画 が 第 百 十 七 条 第 二 号 に 掲 げる 基 準 に 適 合 するかどうかを 判 断 するために 必 要 な 場 合 には 当 該 認 可 申 請 法 人 の 事 業 活 動 の 内 容 について 旧 主 務 官 庁 の 意 見 を 聴 くものとする 5 行 政 庁 は 第 一 項 の 申 請 書 の 提 出 を 受 け 又 は 第 四 十 五 条 の 認 可 をし 若 しくはしな い 処 分 をしたときは 直 ちに その 旨 を 旧 主 務 官 庁 に 通 知 しなければならない ( 公 益 目 的 支 出 計 画 の 実 施 が 完 了 したことの 確 認 ) 第 百 二 十 四 条 移 行 法 人 は 第 百 十 九 条 第 二 項 第 一 号 の 支 出 により 公 益 目 的 財 産 残 額 が 零 となったときは 内 閣 府 令 で 定 めるところにより 認 可 行 政 庁 に 公 益 目 的 支 出 計 画 の 実 施 が 完 了 したことの 確 認 を 求 めることができる ( 公 益 目 的 支 出 計 画 の 変 更 の 認 可 等 ) 第 百 二 十 五 条 移 行 法 人 は 公 益 目 的 支 出 計 画 の 変 更 ( 内 閣 府 令 で 定 める 軽 微 な 変 更 を 除 く )をしようとするときは 内 閣 府 令 で 定 めるところにより 認 可 行 政 庁 の 認 可 を 受 けなければならない ( 合 併 をした 場 合 の 届 出 等 ) 第 百 二 十 六 条 移 行 法 人 が 合 併 をした 場 合 には 合 併 後 存 続 する 法 人 ( 公 益 法 人 を 除 く 以 下 この 項 次 項 及 び 第 四 項 において 同 じ ) 又 は 合 併 により 設 立 する 法 人 ( 公 益 法 人 を 除 く 次 項 から 第 四 項 までにおいて 同 じ )は 内 閣 府 令 で 定 めるところにより 次 の 各 号 に 掲 げる 合 併 の 場 合 の 区 分 に 応 じ 当 該 各 号 に 定 める 認 可 行 政 庁 に 合 併 をした 旨 を 届 け 出 なければならない 一 移 行 法 人 が 吸 収 合 併 をした 場 合 であって 合 併 後 存 続 する 法 人 が 移 行 法 人 であるとき 当 該 移 行 法 人 に 係 る 認 可 行 政 庁 及 び 合 併 により 消 滅 する 移 行 法 人 がある 場 合 にあって は 当 該 移 行 法 人 に 係 る 認 可 行 政 庁 二 移 行 法 人 が 吸 収 合 併 をした 場 合 であって 合 併 後 存 続 する 法 人 が 移 行 法 人 以 外 の 法 人 であるとき 合 併 により 消 滅 する 移 行 法 人 に 係 る 認 可 行 政 庁 三 移 行 法 人 が 新 設 合 併 をした 場 合 合 併 により 消 滅 する 移 行 法 人 に 係 る 認 可 行 政 庁 2 前 項 の 規 定 による 届 出 には 次 に 掲 げる 書 類 を 添 付 しなければならない 一 合 併 後 存 続 する 法 人 又 は 合 併 により 設 立 する 法 人 の 定 款 二 合 併 をする 移 行 法 人 の 最 終 事 業 年 度 ( 一 般 社 団 法 人 である 移 行 法 人 にあっては 一 般 社 団 財 団 法 人 法 第 二 条 第 二 号 に 規 定 する 最 終 事 業 年 度 をいい 一 般 財 団 法 人 である 移 行 法 人 にあっては 同 条 第 三 号 に 規 定 する 最 終 事 業 年 度 をいう 次 号 において 同 じ ) に 係 る 貸 借 対 照 表 その 他 の 財 務 内 容 を 示 す 書 類 として 内 閣 府 令 で 定 めるもの 三 合 併 をする 移 行 法 人 の 最 終 事 業 年 度 に 係 る 次 条 第 一 項 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 実 施 報 告 書 四 前 三 号 に 掲 げるもののほか 内 閣 府 令 で 定 める 書 類 3 第 一 項 第 二 号 又 は 第 三 号 に 掲 げる 場 合 における 同 項 の 規 定 による 届 出 をした 一 般 社 団 法 人 又 は 一 般 財 団 法 人 は 同 項 第 二 号 に 掲 げる 場 合 にあっては 当 該 吸 収 合 併 がその 効 力

9 を 生 ずる 日 以 後 同 項 第 三 号 に 掲 げる 場 合 にあっては 合 併 により 設 立 する 法 人 の 成 立 の 日 以 後 同 項 第 二 号 又 は 第 三 号 に 定 める 認 可 行 政 庁 ( 認 可 行 政 庁 が 二 以 上 あるときは これらの 認 可 行 政 庁 が 内 閣 府 令 で 定 めるところにより 協 議 して 定 める 一 の 認 可 行 政 庁 ) を 認 可 行 政 庁 とする 移 行 法 人 とみなして 第 百 二 十 三 条 から 第 百 三 十 条 まで 及 び 第 百 三 十 二 条 の 規 定 を 適 用 する 4 移 行 法 人 が 合 併 をした 場 合 における 合 併 後 存 続 する 法 人 又 は 合 併 により 設 立 する 法 人 についての 公 益 目 的 財 産 額 は 合 併 をする 移 行 法 人 の 公 益 目 的 財 産 額 の 合 計 額 とする 5 次 の 各 号 に 掲 げる 場 合 にあっては 合 併 により 消 滅 する 移 行 法 人 は 当 該 各 号 に 定 め る 日 において 第 百 二 十 四 条 の 確 認 を 受 けたものとみなす 一 移 行 法 人 が 吸 収 合 併 をした 場 合 であって 合 併 後 存 続 する 法 人 が 公 益 法 人 であるとき 当 該 吸 収 合 併 がその 効 力 を 生 ずる 日 二 移 行 法 人 が 新 設 合 併 をした 場 合 であって 合 併 により 設 立 する 法 人 が 公 益 法 人 である とき 当 該 新 設 合 併 により 設 立 する 法 人 の 成 立 の 日 6 前 項 の 場 合 には 合 併 後 存 続 する 公 益 法 人 又 は 合 併 により 設 立 する 公 益 法 人 は 遅 滞 なく 内 閣 府 令 で 定 めるところにより 当 該 合 併 により 消 滅 した 移 行 法 人 が 第 百 二 十 四 条 の 確 認 を 受 けたものとみなされた 旨 を 当 該 移 行 法 人 に 係 る 従 前 の 認 可 行 政 庁 に 届 け 出 なければならない ( 移 行 法 人 の 清 算 時 の 残 余 財 産 の 帰 属 の 制 限 ) 第 百 三 十 条 移 行 法 人 が 清 算 をする 場 合 において 公 益 目 的 財 産 残 額 があるときは 当 該 移 行 法 人 の 残 余 財 産 のうち 当 該 公 益 目 的 財 産 残 額 に 相 当 する 額 の 財 産 ( 当 該 残 余 財 産 の 額 が 当 該 公 益 目 的 財 産 残 額 を 下 回 っているときは 当 該 残 余 財 産 )については 一 般 社 団 財 団 法 人 法 第 二 百 三 十 九 条 の 規 定 にかかわらず 内 閣 府 令 で 定 めるところにより 認 可 行 政 庁 の 承 認 を 受 けて 公 益 法 人 認 定 法 第 五 条 第 十 七 号 に 規 定 する 者 に 帰 属 させな ければならない 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整 備 等 に 関 する 法 律 施 行 規 則 ( 平 成 十 九 年 内 閣 府 令 第 六 十 九 号 ) ( 公 益 目 的 財 産 額 ) 第 十 四 条 整 備 法 第 百 十 九 条 第 一 項 に 規 定 する 公 益 目 的 財 産 額 は 特 例 民 法 法 人 が 整 備 法 第 百 二 十 一 条 第 一 項 において 読 み 替 えて 準 用 する 整 備 法 第 百 六 条 第 一 項 の 登 記 ( 以 下 移 行 の 登 記 という )をした 日 以 前 にその 末 日 が 到 来 した 事 業 年 度 のうち 最 終 のもの( 事 業 年 度 に 関 する 規 定 を 定 める 他 の 法 律 の 規 定 により 移 行 の 登 記 をした 日 の 属 する 事 業 年 度 の 開 始 の 日 から 移 行 の 登 記 をした 日 までの 期 間 が 当 該 法 人 の 事 業 年 度 とみなされる 場 合 にあっては 当 該 期 間 )の 末 日 ( 以 下 算 定 日 という )における 貸 借 対 照 表 の 純 資 産 の 部 に 計 上 すべき 額 に 第 一 号 及 び 第 二 号 に 掲 げる 額 を 加 算 し 第 三 号 及 び 第 四 号 に 掲 げる 額 を 減 算 して 得 た 額 とする

10 一 特 例 民 法 法 人 が 算 定 日 において 次 に 掲 げる 資 産 ( 以 下 時 価 評 価 資 産 という ) を 有 する 場 合 の 当 該 時 価 評 価 資 産 の 算 定 日 における 時 価 が 算 定 日 における 帳 簿 価 額 を 超 える 場 合 のその 超 える 部 分 の 額 イ 土 地 又 は 土 地 の 上 に 存 する 権 利 ロ 有 価 証 券 ハ 書 画 骨 とう 生 物 その 他 の 資 産 のうち 算 定 日 における 帳 簿 価 額 と 時 価 との 差 額 が 著 しく 多 額 である 資 産 二 算 定 日 における 貸 借 対 照 表 の 引 当 金 勘 定 ( 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 施 行 規 則 ( 平 成 十 九 年 法 務 省 令 第 二 十 八 号 以 下 一 般 社 団 財 団 法 人 法 施 行 規 則 という ) 第 二 十 三 条 第 四 項 又 は 第 二 十 四 条 第 二 項 第 一 号 の 規 定 により 計 上 する 引 当 金 ( 次 に 掲 げる 引 当 金 を 除 く 以 下 同 じ )に 係 る 勘 定 をいう 以 下 同 じ )に 繰 り 入 れた 金 額 ( 当 該 引 当 金 勘 定 に 繰 り 入 れるべき 金 額 に 達 するまでのものに 限 る ) イ 賞 与 引 当 金 ( 当 該 事 業 年 度 の 翌 事 業 年 度 以 降 において 使 用 人 に 賞 与 を 支 給 する 場 合 における 事 業 年 度 の 末 日 において 繰 り 入 れるべき 引 当 金 をいう 以 下 同 じ ) ロ 退 職 給 付 引 当 金 ( 使 用 人 が 退 職 した 後 に 当 該 使 用 人 に 退 職 一 時 金 退 職 年 金 その 他 これらに 類 する 財 産 を 支 給 する 場 合 における 事 業 年 度 の 末 日 において 繰 り 入 れる べき 引 当 金 をいう 以 下 同 じ ) 三 特 例 民 法 法 人 が 算 定 日 において 時 価 評 価 資 産 を 有 する 場 合 の 当 該 時 価 評 価 資 産 の 算 定 日 における 帳 簿 価 額 が 算 定 日 における 時 価 を 超 える 場 合 のその 超 える 部 分 の 額 四 基 金 の 額 2 前 項 の 規 定 により 貸 借 対 照 表 の 純 資 産 の 部 に 加 算 され 又 は 減 算 された 時 価 評 価 資 産 については この 章 の 規 定 の 適 用 に 当 たっては 当 該 時 価 評 価 資 産 の 帳 簿 価 額 は 当 該 加 算 された 額 が 増 額 され 又 は 当 該 減 算 された 額 が 減 額 されたものとみなす ( 整 備 法 第 百 十 九 条 第 二 項 第 一 号 の 支 出 の 額 ) 第 十 六 条 移 行 法 人 の 各 事 業 年 度 の 整 備 法 第 百 十 九 条 第 二 項 第 一 号 の 支 出 の 額 ( 以 下 公 益 目 的 支 出 の 額 という )は この 府 令 に 別 段 の 定 めのあるものを 除 き 次 に 掲 げる 額 の 合 計 額 とする 一 当 該 事 業 年 度 の 損 益 計 算 書 に 計 上 すべき 当 該 移 行 法 人 が 整 備 法 第 四 十 五 条 の 認 可 を 受 けた 公 益 目 的 支 出 計 画 ( 整 備 法 第 百 二 十 五 条 第 一 項 の 変 更 の 認 可 を 受 けたときは その 変 更 後 の 公 益 目 的 支 出 計 画 )に 記 載 した 整 備 法 第 百 十 九 条 第 二 項 第 一 号 イ 又 はハ に 規 定 する 事 業 ( 以 下 実 施 事 業 という )に 係 る 事 業 費 の 額 二 当 該 事 業 年 度 において 支 出 をした 整 備 法 第 百 十 九 条 第 二 項 第 一 号 ロに 規 定 する 寄 附 ( 以 下 特 定 寄 附 という )の 額 ( 当 該 支 出 に 付 随 して 発 生 した 費 用 の 額 を 含 む ) 三 前 二 号 に 掲 げるもののほか 当 該 事 業 年 度 の 損 益 計 算 書 に 計 上 すべき 実 施 事 業 に 係 る 経 常 外 費 用 の 額 ( 当 該 移 行 法 人 の 資 産 ( 商 品 ( 販 売 の 目 的 をもって 所 有 する 土 地 建 物 その 他 の 不 動 産 を 含 む ) 及 び 製 品 を 除 く )のうち 貸 借 対 照 表 において 実 施 事 業 に 係 る 資 産 として 明 らかにされた 資 産 ( 以 下 実 施 事 業 資 産 という ) 以 外 の 資 産 に 係 るものを 除 く )

11 ( 整 備 法 第 百 十 九 条 第 二 項 第 一 号 の 支 出 をした 事 業 に 係 る 収 入 の 額 ) 第 十 七 条 移 行 法 人 の 各 事 業 年 度 の 整 備 法 第 百 十 九 条 第 二 項 第 二 号 の 規 定 により 公 益 目 的 支 出 の 額 から 控 除 すべき 実 施 事 業 に 係 る 収 入 の 額 ( 以 下 実 施 事 業 収 入 の 額 という ) は この 府 令 に 別 段 の 定 めのあるものを 除 き 次 に 掲 げる 額 の 合 計 額 とする 一 当 該 事 業 年 度 の 損 益 計 算 書 に 計 上 すべき 実 施 事 業 に 係 る 収 益 の 額 二 当 該 事 業 年 度 の 損 益 計 算 書 に 計 上 すべき 実 施 事 業 資 産 から 生 じた 収 益 の 額 2 前 項 各 号 の 収 益 の 額 の 算 定 に 当 たっては 当 該 収 益 の 発 生 に 伴 って 受 け 入 れる 資 産 が 金 銭 以 外 のものである 場 合 には 当 該 資 産 の 額 は 受 け 入 れた 時 における 時 価 によるも のとする ( 整 備 法 第 四 十 五 条 の 認 可 の 申 請 の 添 付 書 類 ) 第 三 十 一 条 整 備 法 第 百 二 十 条 第 二 項 第 六 号 の 内 閣 府 令 で 定 める 書 類 は 次 に 掲 げる 書 類 とする 五 整 備 法 第 百 二 十 四 条 の 確 認 を 受 けるまでの 間 の 収 支 の 見 込 みを 記 載 した 書 類 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 八 年 法 律 第 四 十 九 号 ) 第 五 条 二 公 益 目 的 事 業 を 行 うのに 必 要 な 経 理 的 基 礎 及 び 技 術 的 能 力 を 有 するものであること 三 その 事 業 を 行 うに 当 たり 社 員 評 議 員 理 事 監 事 使 用 人 その 他 の 政 令 で 定 め る 当 該 法 人 の 関 係 者 に 対 し 特 別 の 利 益 を 与 えないものであること 四 その 事 業 を 行 うに 当 たり 株 式 会 社 その 他 の 営 利 事 業 を 営 む 者 又 は 特 定 の 個 人 若 し くは 団 体 の 利 益 を 図 る 活 動 を 行 うものとして 政 令 で 定 める 者 に 対 し 寄 附 その 他 の 特 別 の 利 益 を 与 える 行 為 を 行 わないものであること ただし 公 益 法 人 に 対 し 当 該 公 益 法 人 が 行 う 公 益 目 的 事 業 のために 寄 附 その 他 の 特 別 の 利 益 を 与 える 行 為 を 行 う 場 合 は この 限 りでない 十 七 第 二 十 九 条 第 一 項 若 しくは 第 二 項 の 規 定 による 公 益 認 定 の 取 消 しの 処 分 を 受 け た 場 合 又 は 合 併 により 法 人 が 消 滅 する 場 合 (その 権 利 義 務 を 承 継 する 法 人 が 公 益 法 人 であるときを 除 く )において 公 益 目 的 取 得 財 産 残 額 ( 第 三 十 条 第 二 項 に 規 定 する 公 益 目 的 取 得 財 産 残 額 をいう )があるときは これに 相 当 する 額 の 財 産 を 当 該 公 益 認 定 の 取 消 しの 日 又 は 当 該 合 併 の 日 から 一 箇 月 以 内 に 類 似 の 事 業 を 目 的 とする 他 の 公 益 法 人 若 しくは 次 に 掲 げる 法 人 又 は 国 若 しくは 地 方 公 共 団 体 に 贈 与 する 旨 を 定 款 で 定 めているものであること イ 私 立 学 校 法 ( 昭 和 二 十 四 年 法 律 第 二 百 七 十 号 ) 第 三 条 に 規 定 する 学 校 法 人 ロ 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 二 十 六 年 法 律 第 四 十 五 号 ) 第 二 十 二 条 に 規 定 する 社 会 福 祉 法 人 ハ 更 生 保 護 事 業 法 ( 平 成 七 年 法 律 第 八 十 六 号 ) 第 二 条 第 六 項 に 規 定 する 更 生 保 護 法 人

12 ニ 独 立 行 政 法 人 通 則 法 ( 平 成 十 一 年 法 律 第 百 三 号 ) 第 二 条 第 一 項 に 規 定 する 独 立 行 政 法 人 ホ 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 十 五 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 第 二 条 第 一 項 に 規 定 する 国 立 大 学 法 人 又 は 同 条 第 三 項 に 規 定 する 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 ヘ 地 方 独 立 行 政 法 人 法 ( 平 成 十 五 年 法 律 第 百 十 八 号 ) 第 二 条 第 一 項 に 規 定 する 地 方 独 立 行 政 法 人 ト その 他 イからヘまでに 掲 げる 法 人 に 準 ずるものとして 政 令 で 定 める 法 人 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 九 年 政 令 第 二 百 七 十 六 号 ) ( 公 益 目 的 取 得 財 産 残 額 に 相 当 する 額 の 財 産 の 贈 与 を 受 けることができる 法 人 ) 第 八 条 法 第 五 条 第 十 七 号 トの 政 令 で 定 める 法 人 は 次 に 掲 げる 法 人 とする 一 特 殊 法 人 ( 株 式 会 社 であるものを 除 く ) 二 前 号 に 掲 げる 法 人 以 外 の 法 人 のうち 次 のいずれにも 該 当 するもの イ 法 令 の 規 定 により 当 該 法 人 の 主 たる 目 的 が 学 術 技 芸 慈 善 祭 祀 宗 教 そ の 他 の 公 益 に 関 する 事 業 を 行 うものであることが 定 められていること ロ 法 令 又 は 定 款 その 他 の 基 本 約 款 (ホにおいて 法 令 等 という )の 規 定 により 各 役 員 について 当 該 役 員 及 びその 配 偶 者 又 は 三 親 等 内 の 親 族 である 役 員 の 合 計 数 が 役 員 の 総 数 の 三 分 の 一 を 超 えないことが 定 められていること ハ 社 員 その 他 の 構 成 員 に 剰 余 金 の 分 配 を 受 ける 権 利 を 与 えることができないもの であること ニ 社 員 その 他 の 構 成 員 又 は 役 員 及 びこれらの 者 の 配 偶 者 又 は 三 親 等 内 の 親 族 に 対 して 特 別 の 利 益 を 与 えないものであること ホ 法 令 等 の 規 定 により 残 余 財 産 を 当 該 法 人 の 目 的 に 類 似 する 目 的 のために 処 分 し 又 は 国 若 しくは 地 方 公 共 団 体 に 帰 属 させることが 定 められていること

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この 公 益 認 定 等 に 関 する 運 用 について ( 公 益 認 定 等 ガイドライン) 平 成 20 年 4 月 ( 平 成 25 年 1 月 改 定 ) 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

第1条を次のように改める

第1条を次のように改める 公 益 財 団 法 人 西 熊 谷 病 院 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 西 熊 谷 病 院 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 埼 玉 県 熊 谷 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 精 神 疾 患 を 持 つ 人

More information

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号)

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号) 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 静 岡 県 静 岡 市 清 水 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 を 経 て 必 要

More information

定 款

定 款 一 般 財 団 法 人 大 阪 湾 ベイエリア 開 発 推 進 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 大 阪 湾 ベイエリア 開 発 推 進 機 構 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 大 阪 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

<92E88ABC2E786477>

<92E88ABC2E786477> 定 款 公 益 財 団 法 人 橋 谷 奨 学 会 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 橋 谷 奨 学 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 江 戸 川 区 に 置 く 2.この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 により 従 たる 事 務 所 を 必 要 な 地 に 置 くことができる

More information

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期 (12) 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 36 4 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 は 法 第 36 条 第 3 項 に 規 定 するもの を 除 き それぞれ 次 に 掲 げる 日 によるものとする ⑴ 剰 余 金 の 配 当 利 益 の 配 当 剰 余 金 の 分 配 又 は 基 金 利 息 ( 以 下 この 項 におい て 剰 余

More information

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 の 記 載 方 法 等 平 成 19 年 1 月 1 日 以 降 用 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 は 相 続 遺 贈 又 は 贈 与 により 取 得 した 取 引 相 場 のない 株 式 及 び 持 分 会 社 の 出 資 等 並 びにこれらに 関 する 権 利 の 価 額 を 評 価 するために

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

定   款

定   款 定 款 損 害 保 険 契 約 者 保 護 機 構 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 保 険 契 約 者 保 護 機 構 ( 以 下 本 機 構 という )は 保 険 業 法 ( 平 成 7 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )の 定 めるところにより 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

Taro-一般社団定款(H25.11.26)

Taro-一般社団定款(H25.11.26) 定 款 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 1 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 第 5 条 - 第 7 条 ) 1 第 3 章 会 員 及 び 特 別 会 員 ( 第 8 条 - 第 18 条 ) 2 第 4 章 会 員

More information

二 生 活 保 護 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 四 号 ) 第 三 十 八 条 第 一 項 第 一 号 に 規 定 する 救 護 施 設 の 中 に 設 けられた 診 療 所 三 生 活 保 護 法 第 三 十 八 条 第 一 項 第 二 号 に 規 定 する 更 生 施

二 生 活 保 護 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 四 号 ) 第 三 十 八 条 第 一 項 第 一 号 に 規 定 する 救 護 施 設 の 中 に 設 けられた 診 療 所 三 生 活 保 護 法 第 三 十 八 条 第 一 項 第 二 号 に 規 定 する 更 生 施 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 及 び 派 遣 労 働 者 の 就 業 条 件 の 整 備 等 に 関 する 法 律 施 行 規 則 ( 昭 和 六 十 一 年 四 月 十 七 日 労 働 省 令 第 二 十 号 ) 目 次 第 一 章 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 に 関 する 措 置 第 一 節 業 務 の 範 囲 ( 第 一 条

More information

(Microsoft Word - \222\350\212\274.docx)

(Microsoft Word - \222\350\212\274.docx) 公 益 財 団 法 人 風 戸 研 究 奨 励 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 風 戸 研 究 奨 励 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 昭 島 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 電 子 顕 微

More information

( 参 考 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 107 号 )( 抄 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 及 び 構 造 改 革 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 56 号 ) による 改 正 後 (

( 参 考 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 107 号 )( 抄 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 及 び 構 造 改 革 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 56 号 ) による 改 正 後 ( 事 務 連 絡 平 成 27 年 9 月 1 日 各 都 道 府 県 人 事 担 当 課 各 都 道 府 県 市 区 町 村 担 当 課 各 指 定 都 市 人 事 担 当 課 各 人 事 委 員 会 事 務 局 御 中 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 地 方 公 共 団 体 が 国 家 戦 略 特 別 区 域 創 業 者 人 材 確 保 支 援 事 業

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63> 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 9 号 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 17 年 12 月 27 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 最 終 改 正 平 成 25 年 9 月 13 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 適 用 指 針 は 平 成 26 年 11 月 18 日 に 公 表 された 企 業

More information

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

Microsoft Word - 00定款.doc

Microsoft Word - 00定款.doc 定 款 公 益 財 団 法 人 内 視 鏡 医 学 研 究 振 興 財 団 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 内 視 鏡 医 学 研 究 振 興 財 団 という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 渋 谷 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 により 従 たる

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6> 東 京 大 学 固 定 資 産 管 理 規 程 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 東 大 規 則 第 178 号 ) 改 正 : 平 成 17 年 2 月 8 日 東 大 規 則 第 289 号 改 正 : 平 成 18 年 9 月 26 日 東 大 規 則 第 33 号 改 正 : 平 成 19 年 7 月 1 日 東 大 規 則 第 15 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 30 日

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc)

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc) 定 款 平 成 19 年 6 月 全 国 商 工 会 連 合 会 全 国 商 工 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 連 合 会 ( 以 下 本 連 合 会 という )は 商 工 会 及 び 都 道 府 県 商 工 会 連 合 会 の 健 全 な 発 達 を 図 り もって 商 工 業 の 振 興 に 寄 与 することを 目 的 と する ( 名

More information

19

19 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 19 年 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 規 則 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 33 条 の 規 定 に 基 づき 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 (

More information

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 1 5 年 法 律 第 112 号 ) 第 3 5 条 の 規 定 及 び 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう

More information

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に 法 制 WG19-2-4 参 考 資 料 平 成 19 年 10 月 31 日 金 融 庁 目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 における 課

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

( 初 任 本 俸 の 基 準 ) 第 4 条 新 たに 採 用 する 者 の 初 任 本 俸 は 6 等 級 29 号 俸 を 大 学 卒 業 者 の 基 準 とし 学 歴 職 歴 能 力 等 を 総 合 的 に 勘 案 して 決 定 する ( 昇 給 ) 第 5 条 昇 給 は 職 員 各 人

( 初 任 本 俸 の 基 準 ) 第 4 条 新 たに 採 用 する 者 の 初 任 本 俸 は 6 等 級 29 号 俸 を 大 学 卒 業 者 の 基 準 とし 学 歴 職 歴 能 力 等 を 総 合 的 に 勘 案 して 決 定 する ( 昇 給 ) 第 5 条 昇 給 は 職 員 各 人 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 2 月 29 日 2004 年 ( 総 企 ) 規 程 第 9 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 15 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 ( 以 下 機 構 とい う )の 職

More information

○ 町 村 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 改 正 平 成 9 年 8 月 5 日 条 例 第 6 号 平 成 13 年 1 月 16 日 条 例 第 1 号 平 成 13 年 8 月 1 日 条 例 第 9 号 平 成 8 年 4 月 1 日 条 例 第 11 号 平 成 9 年 10 月 16 日 条 例 第 8 号 平 成 13 年 3 月 28 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

社会福祉法人みなと工房定款

社会福祉法人みなと工房定款 社 会 福 祉 法 人 港 福 会 定 款 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 社 会 福 祉 法 人 ( 以 下 法 人 という )は 多 様 な 福 祉 サービス がその 利 用 者 の 意 向 を 尊 重 して 総 合 的 に 提 供 されるよう 創 意 工 夫 することに より 利 用 者 が 個 人 の 尊 厳 を 保 持 しつつ 自 立 した 生 活 を 地 域 社 会

More information

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規 会 員 等 の 外 務 員 の 登 録 等 に 関 する 規 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 は 商 品 先 物 取 引 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 239 号 以 下 法 という ) 第 206 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 主 務 大 臣 から 委 任 を 受 けた 外 務 員 の 登 録 事 務 に 関 し 外 務 員 の 登 録 申 請 手 続 き 登 録 の 拒

More information

財団法人市川市清掃公社寄附行為

財団法人市川市清掃公社寄附行為 公 益 財 団 法 人 市 川 市 清 掃 公 社 定 款 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 ) 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 6 月 20 日 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 市 川 市 清 掃 公 社 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 千 葉 県 市

More information

目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット... 2 (4) 認 定 の 基 準... 3 (

目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット... 2 (4) 認 定 の 基 準... 3 ( 認 定 ( 仮 認 定 )NPO 法 人 制 度 申 請 の 手 引 き ( 改 訂 版 ) 平 成 28 年 5 月 神 奈 川 県 NPO 協 働 推 進 課 目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット...

More information

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 和 医 大 規 程 第 53 号 最 終 改 正 平 成 26 年 5 月 27 日 和 医 大 規 程 第 14 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 18

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

山口県PTA連合会の運営に関する細則(案)

山口県PTA連合会の運営に関する細則(案) 山 口 県 PTA 連 合 会 の 運 営 に 関 する 細 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 細 則 は 山 口 県 PTA 連 合 会 規 約 ( 以 下 規 約 という ) 第 37 条 により 山 口 県 PTA 連 合 会 ( 以 下 本 会 という )の 運 営 に 関 する 細 則 を 定 めるものとする 第 2 章 役 員 選 考 ( 総 則 ) 第 2 条

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

公 益 財 団 法 人 広 島 県 地 域 保 健 医 療 推 進 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は, 公 益 財 団 法 人 広 島 県 地 域 保 健 医 療 推 進 機 構 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は, 主 た

公 益 財 団 法 人 広 島 県 地 域 保 健 医 療 推 進 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は, 公 益 財 団 法 人 広 島 県 地 域 保 健 医 療 推 進 機 構 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は, 主 た 公 益 財 団 法 人 広 島 県 地 域 保 健 医 療 推 進 機 構 定 款 公 益 財 団 法 人 広 島 県 地 域 保 健 医 療 推 進 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は, 公 益 財 団 法 人 広 島 県 地 域 保 健 医 療 推 進 機 構 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は, 主 たる 事 務 所 を

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

Microsoft Word - 第5編 学校教育 第2章 授業料 全文 201412

Microsoft Word - 第5編 学校教育 第2章 授業料 全文 201412 第 5 編 学 校 教 育 / 第 2 章 /1 収 入 学 校 事 務 提 要 > 第 5 編 学 校 教 育 > 第 2 章 > 1 収 入 (1) 収 入 の 意 義 収 入 とは, 県 の 各 般 の 需 要 を 充 たすための 支 払 の 財 源 となるべき 現 金 ( 現 金 に 代 えて 納 付 される 証 券 を 含 む )の 収 納 をいい, 法 令 又 は 公 権 力 に 基 づくもの,あるいは

More information

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個 別 紙 新 旧 対 照 表 改 正 後 改 正 前 ( 注 )アンダーラインを 付 した 部 分 は 改 正 部 分 である 目 次 目 次 第 1 編 総 則 第 1 編 総 則 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第

More information

財団法人日本相撲連盟寄附行為

財団法人日本相撲連盟寄附行為 公 益 財 団 法 人 日 本 相 撲 連 盟 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 日 本 相 撲 連 盟 という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 新 宿 区 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 我 が 国 におけるアマチュア

More information

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 73 号 ) 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 10 規 程 第 74 号 改 正 平 成 25 年 2 月 19 日 12 規 程 第 44 号 改 正 平 成 26 年 6 月 3 日 14 規 程 第 01 号 改 正

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

Microsoft Word - H27 競走馬要綱.doc

Microsoft Word - H27 競走馬要綱.doc 競 走 馬 生 産 振 興 事 業 補 助 実 施 要 綱 ( 平 成 27 年 度 ) 地 方 競 馬 全 国 協 会 1 地 方 競 馬 全 国 協 会 競 走 馬 生 産 振 興 事 業 補 助 実 施 要 綱 変 更 ( 平 成 17 年 3 月 24 日 16 地 全 協 畜 第 128 号 ) 平 成 22 年 2 月 22 日 21 地 全 協 畜 第 82 号 平 成 22 年 4

More information

2 特 殊 勤 務 手 当 時 間 外 勤 務 手 当 及 び 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 は 毎 月 17 日 に その 前 月 の 月 額 の 全 額 を 支 給 する 3 第 12 条 に 規 定 する 日 割 計 算 による 給 与 の 支 給 日 は 給 与 支 給 細 則 で

2 特 殊 勤 務 手 当 時 間 外 勤 務 手 当 及 び 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 は 毎 月 17 日 に その 前 月 の 月 額 の 全 額 を 支 給 する 3 第 12 条 に 規 定 する 日 割 計 算 による 給 与 の 支 給 日 は 給 与 支 給 細 則 で 防 災 科 学 技 術 研 究 所 職 員 給 与 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 14 条 ) 第 2 章 給 与 第 1 節 俸 給 ( 第 15 条 - 第 21 条 ) 第 2 節 諸 手 当 ( 第 22 条 - 第 37 条 ) 第 3 章 給 与 の 特 例 ( 第 38 条 - 第 42 条 ) 附 則 ( 平 成 13 年 4 月 1 日 13 規 程

More information

奈良商工会議所定款

奈良商工会議所定款 奈 良 商 工 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もって 我 が 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名

More information

飯塚毅育英会第2号

飯塚毅育英会第2号 公 益 財 団 法 人 飯 塚 毅 育 英 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 飯 塚 毅 育 英 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 栃 木 県 宇 都 宮 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 学 業 が 優 れ

More information

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に

More information

加茂商工会議所・定款(H12.5改正)

加茂商工会議所・定款(H12.5改正) 加 茂 商 工 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もってわが 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名 称

More information

公益財団法人プラン・ジャパン定款

公益財団法人プラン・ジャパン定款 定 款 公 益 財 団 法 人 プラン インターナショナル ジャパン 公 益 財 団 法 人 プラン インターナショナル ジャパン 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 プラン インターナショナル ジャパン( 以 下 本 財 団 という ) と 称 し その 英 文 名 を Plan International Japan と 称 する (

More information

 

  新 公 益 法 人 制 度 新 制 度 のポイント 総 論 1- 制 度 のポイント 2- 移 行 申 請 の 検 討 のポイント 移 行 認 定 編 (1) 基 礎 編 - 事 業 と 財 務 の 分 析 (2) 実 践 編 1- 事 業 の 公 益 性 2- 別 表 Gの 作 成 3- 収 支 相 償 公 益 目 的 事 業 比 率 4- 別 表 C(2)の 作 成 控 除 対 象 財 産 5-その

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和 福 山 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 家 庭 の 所 得 状 況 に 応 じて 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るとともに, 公 私 立 幼 稚 園 間 の 保 護 者 負 担 の 格 差 の 是 正 を 図 るため, 予 算 の 範 囲 内 において 福 山 市 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨

More information

国立大学法人福島大学職員給与規程

国立大学法人福島大学職員給与規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 給 与 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 17 年 6 月 6 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 18 年 6 月 5 日 平 成 18 年 10 月 16 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 19 年 12 月 7 日 平 成

More information

( 会 員 の 資 格 喪 失 ) 第 8 条 会 員 が 次 のいずれか に 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する (1) 退 会 したとき (2) 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 となったとき (3) 死 亡 し 若 しくは 失 踪 宣 告 を 受 け 又

( 会 員 の 資 格 喪 失 ) 第 8 条 会 員 が 次 のいずれか に 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する (1) 退 会 したとき (2) 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 となったとき (3) 死 亡 し 若 しくは 失 踪 宣 告 を 受 け 又 一 般 社 団 法 人 青 森 県 計 量 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 青 森 県 計 量 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 青 森 県 青 森 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 協 会 は 県 民 の 正 しい 計 量 思 想 の 啓 発 及 び

More information

- 141 - 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 6 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 規 則 第 14-1 号 以 下 育 児 休 業 規 則 という ) 第 1 条 の2の 育 児 休

- 141 - 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 6 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 規 則 第 14-1 号 以 下 育 児 休 業 規 則 という ) 第 1 条 の2の 育 児 休 - 140 - 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 12 月 24 日 法 律 第 110 号 ) 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 新 潟 県 条 例 第 4 号 ) 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 4 年 3 月 30 日 人 委 規 則 第 14-1 号 ) 育 児 休

More information

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出 所 得 税 法 等 ( 国 外 転 出 時 の 特 例 の 創 設 )の 改 正 目 次 一 制 度 創 設 の 趣 旨 81 二 制 度 の 内 容 82 一 制 度 創 設 の 趣 旨 株 式 等 のキャピタルゲインについては 株 式 等 の 売 却 等 により 実 現 した 時 点 で 株 式 を 売 却 した 納 税 者 が 居 住 している 国 において 課 税 されること が 原 則 となっています

More information

事 業 に 協 力 すること (11) 全 日 本 アマチュア 野 球 連 盟 を 通 じた 国 際 野 球 連 盟 アジア 野 球 連 盟 及 び 公 益 財 団 法 人 日 本 オリンピック 委 員 会 の 事 業 に 協 力 すること (12) 野 球 競 技 に 関 する 刊 行 物 を 発

事 業 に 協 力 すること (11) 全 日 本 アマチュア 野 球 連 盟 を 通 じた 国 際 野 球 連 盟 アジア 野 球 連 盟 及 び 公 益 財 団 法 人 日 本 オリンピック 委 員 会 の 事 業 に 協 力 すること (12) 野 球 競 技 に 関 する 刊 行 物 を 発 公 益 財 団 法 人 日 本 野 球 連 盟 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 日 本 野 球 連 盟 といい 外 国 に 対 しては Japan Amateur Baseball Association( 略 称 JABA)と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 千 代

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

(15) 兵 庫 県 道 高 速 湾 岸 線 (16) 神 戸 市 道 高 速 道 路 2 号 線 (17) 兵 庫 県 道 高 速 北 神 戸 線 (18) 神 戸 市 道 高 速 道 路 北 神 戸 線 (19) 神 戸 市 道 高 速 道 路 湾 岸 線 のうち 上 り 線 については 神 戸

(15) 兵 庫 県 道 高 速 湾 岸 線 (16) 神 戸 市 道 高 速 道 路 2 号 線 (17) 兵 庫 県 道 高 速 北 神 戸 線 (18) 神 戸 市 道 高 速 道 路 北 神 戸 線 (19) 神 戸 市 道 高 速 道 路 湾 岸 線 のうち 上 り 線 については 神 戸 大 阪 府 道 高 速 大 阪 池 田 線 等 に 関 する 協 定 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 以 下 機 構 という )と 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 ( 以 下 会 社 という )は 高 速 道 路 株 式 会 社 法 ( 平 成 16 年 法 律 第 99 号 以 下 道 路 会 社 法 という ) 第 6 条 第 1 項

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

250912資料.xdw

250912資料.xdw 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 について ~ 会 計 基 準 の 概 要 運 用 指 針 ~ 平 成 25 年 9 月 12 日 ( 木 ) 小 野 瀬 木 下 税 理 士 法 人 小 野 瀬 公 認 会 計 士 事 務 所 大 木 芳 則 本 日 の 研 修 の 目 的 1. 新 会 計 基 準 の 構 成 について 理 解 しましょう! > 基 準 本 文 > 基 準 注 解 > 運 用

More information

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金 別 表 第 二 ( 第 17 条 関 係 ) 水 道 用 水 供 給 事 業 勘 定 科 目 表 収 益 の 部 款 項 目 節 説 明 細 節 事 業 収 益 すべての 収 益 的 収 入 を 記 載 し 営 業 収 益 営 業 外 収 益 及 び 特 別 利 益 に 区 分 する 営 業 収 益 営 業 外 収 益 給 水 収 益 受 託 工 事 収 益 その 他 の 営 業 収 益 受 取 利

More information

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業 平 成 28 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 案 ) 速 報 ( 平 成 27 年 12 月 10 日 現 在 ) 0 1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 1-1 23.9% 平 成 28 年 4 月 1 日 以

More information

定款  変更

定款  変更 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 ( 以 下 公 社 という )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 公

More information

59501-59800 育児休業給付【25.12】

59501-59800 育児休業給付【25.12】 業 務 取 扱 要 領 59501-59800 雇 用 継 続 給 付 関 係 ( 育 児 休 業 給 付 ) 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 保 険 課 目 次 59501- 第 1 制 度 の 概 要 等 1 59520 59501-1 制 度 の 概 要 1 59510 59501 (1) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 1 59502 (2) 給 付 の 種 類

More information

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事 独 立 行 政 法 人 年 金 健 康 保 険 福 祉 施 設 整 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 17 年 10 月 1 日 1 7 規 程 第 6 号 改 正 平 成 18 年 3 月 29 日 18 規 程 第 4 号 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 19 規 程 第 2 号 改 正 平 成 19 年 8 月 29 日 19 規 程 第 6 号 改 正 平 成 19 年

More information

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か 別 表 五 ( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 等 の 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に 規 定 する 利 益 積 立 金 額 を 計 算 するために 使 用

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

4 第 1 項 第 1 号 の 規 定 は, 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 にいう 配 偶 者 の 意 義 について( 大 蔵 省 主 計 局 長 照 会 昭 和 38 年 9 月 28 日 決 裁 )の 見 解 による 5 職 員 の 死 亡 当 時, 第 1 項 に 規 定 する 遺

4 第 1 項 第 1 号 の 規 定 は, 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 にいう 配 偶 者 の 意 義 について( 大 蔵 省 主 計 局 長 照 会 昭 和 38 年 9 月 28 日 決 裁 )の 見 解 による 5 職 員 の 死 亡 当 時, 第 1 項 に 規 定 する 遺 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 改 正 平 成 20 年 7 月 8 日 改 正 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 改 正 平 成 23 年 1 月 1 日 改 正 平 成 24 年 10 月 1 日

More information

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章 駐 労 規 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 3 号 改 正 改 正 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 11 号 平 成 18 年 6 月 29 日 駐 労 規 第 13 号 平 成 19 年 7 月 27 日 駐 労 規 第 12 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 駐 労 規 第 8 号 改 正 平 成 22 年 3

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63> 3 月 決 算 法 人 の 決 算 申 告 のポイント 平 成 23 年 4 月 7 日 九 州 北 部 税 理 士 会 福 岡 支 部 夜 間 研 修 税 理 士 有 田 義 博 目 次 平 成 22 年 度 税 制 改 正 から... 1 いわゆる 自 販 機 節 税 封 じ( 消 費 税 )... 1 1. 平 成 22 年 度 改 正 の 内 容... 1 2. 適 用 時 期 ( 改 正

More information

無年金外国人高齢者福祉手当要綱

無年金外国人高齢者福祉手当要綱 東 浦 町 無 年 金 外 国 人 住 民 高 齢 者 福 祉 手 当 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 う 改 正 後 の 年 金 制 度 において 国 民 年 金 の 受 給 資 格 を 有 しない 在 日 の 外 国 人 住 民 高 齢 者

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

1 法律の目的と法人格取得の効果

1 法律の目的と法人格取得の効果 第 1 章 認 定 NPO 法 人 制 度 について ( 問 1) 認 定 NPO 法 人 制 度 とは どのような 制 度 でしょうか ( 答 ) NPO 法 人 のうち 一 定 の 基 準 等 に 適 合 するものとして 所 轄 庁 の 認 定 又 は 仮 認 定 を 受 けた 法 人 ( 以 下 認 定 NPO 法 人 等 といいます )に 対 して 支 出 した 寄 附 について 次 のような

More information

特定非営利活動法人 定款例

特定非営利活動法人 定款例 特 定 非 営 利 活 動 法 人 3keys 定 款 平 成 26 年 3 月 13 日 変 更 平 成 25 年 5 月 15 日 変 更 平 成 23 年 6 月 29 日 変 更 平 成 22 年 12 月 12 日 作 成 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 特 定 非 営 利 活 動 法 人 3keys という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人

More information

定款

定款 定 款 豊 田 商 工 会 議 所 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もってわが 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名 称

More information

<944692E893C192E894F1896397988A8893AE9640906C90A7937882CC8EE888F882AB8169944692E895D2816A2E786477>

<944692E893C192E894F1896397988A8893AE9640906C90A7937882CC8EE888F882AB8169944692E895D2816A2E786477> 認 定 特 定 非 営 利 活 動 法 人 制 度 の 手 引 きQ&A 163 164 第 1 章 認 定 特 定 非 営 利 活 動 法 人 制 度 の 概 要 第 2 章 認 定 NPO 法 人 制 度 について ( 問 1) 認 定 NPO 法 人 制 度 とは どのような 制 度 でしょうか ( 問 2) 認 定 等 を 受 けたいと 考 えていますが どこに 相 談 すればよいでしょうか

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208199935995748F9196CA8DEC90AC8AEE8F805F8E77906A5F5F95BD32312E30342E303190A792E85F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208199935995748F9196CA8DEC90AC8AEE8F805F8E77906A5F5F95BD32312E30342E303190A792E85F2E646F63> 添 付 書 面 作 成 基 準 ( 指 針 ) 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 日 本 税 理 士 会 連 合 会 一 はじめに 税 理 士 の 使 命 は 税 理 士 法 第 1 条 に 規 定 する 独 立 した 公 正 な 立 場 において 国 民 の 納 税 義 務 の 適 正 な 実 現 を 図 ることであり この 使 命 に 沿 って 税 理 士 業 務 を 遂 行 することで

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc 18 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 給 与 規 程 27.4.24 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 勤 務

More information

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 3 条 ) 第 2 章 共 済 契 約 ( 第 4 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 運 営 委 員 会 ( 第 11 条 ~ 第 13 条 ) 第 4 章 運 営 資 金 及 び 会 計 ( 第 14 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 掛

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 法 発 令 : 平 成 14 年 12 月 13 日 号 外 法 律 第 171 号 最 終 改 正 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 改 正 内 容 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 [ 平 成 28 年 4 月 1 日 ] 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 安

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089FC82575F976E82AF8D9E82DD5F814030393035313520836083468362834E837C83438393836781698E518D6C8E8E88C4816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089FC82575F976E82AF8D9E82DD5F814030393035313520836083468362834E837C83438393836781698E518D6C8E8E88C4816A2E646F63> 地 方 公 共 団 体 財 政 健 全 化 法 における 健 全 化 判 断 比 率 及 び 資 金 不 足 比 率 に 関 するチェックポイント( 参 考 試 案 ) 目 次 総 括 表 1 健 全 化 判 断 比 率 の 状 況 P. 2 総 括 表 2 連 結 実 質 赤 字 比 率 等 の 状 況 P. 5 総 括 表 3 実 質 公 債 費 比 率 の 状 況 P. 7 総 括 表 4 将

More information

27-042職員退職手当規程270401

27-042職員退職手当規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 10 月 1 日 18 規 程 第 39 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 42 号 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則

More information

第 2 章 会 員 ( 会 員 の 種 類 ) 第 6 条 本 会 議 所 の 会 員 は 次 の 2 種 とし 正 会 員 をもって 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 ( 以 下 一 般 社 団 及 び 財 団 法 人 法 という ) 上 の 社 員 と

第 2 章 会 員 ( 会 員 の 種 類 ) 第 6 条 本 会 議 所 の 会 員 は 次 の 2 種 とし 正 会 員 をもって 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 ( 以 下 一 般 社 団 及 び 財 団 法 人 法 という ) 上 の 社 員 と 一 般 社 団 法 人 出 雲 青 年 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 こ の 法 人 は 一 般 社 団 法 人 出 雲 青 年 会 議 所 (Izumo Junior Chamber Inc. 以 下 本 会 議 所 という )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 会 議 所 は 主 たる 事 務 所 を 島 根 県 出 雲 市 に 置 く ( 目

More information

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の 別 表 五 別 ( 表 一 五 )( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 金 等 等 の 額 の 額 計 の 算 計 に 算 関 に する 関 明 する 細 書 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に

More information

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という )

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という ) 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 3 日 平 成 21 年 6 月 23 日 平 成 22 年 3 月 19 日 平 成 22 年 11 月 30 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 24 年 3 月 30 日 平 成 26 年 12 月

More information