Ultrastructural observation of keratoderma tylodes palmaris progressiva

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Ultrastructural observation of keratoderma tylodes palmaris progressiva"

Transcription

1 皮 膚 第 29 巻 第 1 号 昭 和 62 年 2 月 進 行 性 指 掌 角 皮 症 ( 土 肥 三 宅 )の 電 子 顕 微 鏡 的 観 察 青 島 敏 行 尾 口 基 48 歳, 主 婦 の 進 行 性 指 掌 角 皮 症 を 電 顕 的 に 観 察 した 角 質 細 胞 内 に 核 の 残 存, 多 数 の 正 円 形 空 胞 が みられ, ケラチン 模 様 は 不 明 瞭 であった ケラトヒアリン 頼 粒 は 小 型, 円 形 で 数 も 少 ない 移 行 細 胞 も 観 察 された 表 皮 細 胞 の 細 胞 融 解 変 性 像 および 岡 部 に 接 するランゲルハンス 細 胞, 細 胞 質 内 デス 毛 ゾーム, さらに 表 皮 細 胞 がapoptosisに 向 う 所 見 も 認 められた 細 胞 内, 細 胞 間 浮 腫 は 軽 度 で, こ れらの 電 顕 像 は 一 次 刺 激 性 接 触 皮 膚 炎 のそれに 類 似 し, 本 症 がアレルギー 性 接 触 皮 膚 炎 でないことが 推 定 された キーワード: 進 行 性 指 掌 角 皮 症 ー 電 顕 I. 緒 言 進 行 性 指 掌 角 皮 症 ( 土 肥 三 宅 ) は 年 発 行 の 土 肥 の 教 科 書 に 記 載 された 疾 患 であり, 乾 燥 性 手 掌 皮 膚 炎 ( 於 保 ), 肢 端 乾 燥 症 ( 旭 ) とも 呼 ばれるが1J, 現 在 では 手 混 疹 ( 主 婦 湿 疹 ) の 一 型 とされる しかし, 手 に 生 ず る 湿 疹 性, 乾 燥 性 病 変 をすべて 手 湿 疹, 主 婦 湿 疹 とする には 無 理 があり, 進 行 性 指 掌 角 皮 症 は 一 つの e ntit yと して 残 したい 病 名 で ある それにしても 三 宅 の 原 著 論 文 が, 種 々の 事 情 によって 終 に 世 に 出 ることがなかった2) ことは 残 念 である 本 症 の 病 理 組 織 学 的 研 究 は, てか, 試 料 採 取 の 困 難 さもあっ これまで 北 村 の 観 察 の 他, わずかにあるのみであ るあ4) そして 電 顕 的 研 究 はないように 思 われる 今 回, 私 共 は 本 症 の 皮 疹 を 電 顕 形 態 学 的 に 詳 細 に 観 察 する 機 会 を 得 たので, について 記 載 する とくに 角 化 の 状 態, 表 皮 細 胞 の 変 化 等 Il. 症 例 48 歳, 主 婦 10 年 前, 卵 巣 刻 出 術 後, 指 腹, 手 掌 lこ 皮 疹 を 生 じた 臨 床 所 見 右 全 指 腹, T oshiyu ki AOS HIMA, M. D. 右 手 掌 の 指 l 乙 近 い 部 大 津 赤 十 字 病 院 皮 膚 科 ( 主 任 : 青 島 敏 行 部 長 ) 520 大 津 市 長 等 1 丁 目 1-35 M ot oi OGUC HI, M. D. 関 西 医 科 大 学 皮 膚 科 学 教 室 ( 主 任 : 朝 田 康 夫 教 授 ) 57 0 守 口 市 文 関 町 1 番 地 昭 和 61 年 11 月 22 日 掲 載 決 定 分, 左 1~3 指 腹 に 角 質 増 殖, 落 屑, 亀 裂 が 認 められ る( 第 1 図 ) 屡 痔 はなく, 指 背, 手 背 に 皮 疹 はみられ ない 左 2 指 末 指 節 掌 面 より 試 料 を 採 取 した 光 顕 所 見 角 質 増 殖 がみられ, 全 体 に 不 全 角 化 が 著 明, 瞭 で, 角 質 層 中 層 は HE 染 色 にて 青 染 し, 透 明 層 は 不 明 穎 粒 層 のケラトヒプリン 穎 粒 (KHG)は 少 ない 有 線 層 肥 厚 があり, 真 皮 l 乙 小 円 形 細 胞 浸 i 問 が 軽 度 みら れ, 表 皮 内 には 浸 潤 していない 真 皮 上 層 の 血 管 は 拡 張 している( 第 2 図 ) 方 法 ill. 電 顕 所 見 生 検 試 料 を29ぢグ ルタールアルデヒド (0. 0 5M リン 酸 緩 衝 液, ph 7. 2 ) で2 時 間 固 定 後, 上 記 緩 衝 液 (0. lm サッカロース 加 )を 用 いて 一 昼 夜 水 洗, 1 %オスミウム 酸 (0.lM サッカ 戸 ース 加 リン 酸 緩 衝 液, ph 7. 2 )にて 1. 5 時 間, 後 回 定 し, エタノール 系 列 にて 脱 水, S purr エポキシ 樹 脂 に 包 埋 した P ort e r-blum 型 超 ミクロトー ムを 使 って 超 薄 切 片 を 作 成 し, 酢 酸 ウラニールとクエン 酸 鉛 i 乙 て 染 色 後, 目 立 HS 結 果 角 質 層, が 多 く, 9 型 電 子 顕 微 鏡 で 観 察 した 穎 粒 層 ::角 質 細 胞 内 iこ 核 の 残 存 しているもの 細 胞 質 内 に 多 数 の 正 円 形 に 近 い 空 胞 が 存 在 す る( 第 3 図 ) ケラチンパターンは 明 瞭 ではなく, 核 周 囲 に 微 細 穎 粒 が 集 合 している 核 の 多 くは 長 円 不 整 形 で あるが, 切 れ 込 みを 有 するものもある( 第 4 図 ) 細 胞 周 辺 は 凹 凸 著 しく, 鋸 歯 状 を 呈 する 移 行 細 胞 も 稀 lこ 観

2 皮 膚 第 29 巻 第 1 c,;- 昭 和 62 年 2 月 第 1 図 臨 床 所 見 指 腹, 三子 掌 のー 部 lこ 角 質 増 殖, 落 府, 亀 裂 が 認 められる 第 3 図 角 質 細 胞 [ 切 に 核 が;i,Qイ干し, 多 数 のIE 円 形 空 胞 がZH亡するつ ( x 5, 000) 第 2 図 )'(JI員 所 見 者 明 な 不 全 角 化, 中 等 度 の 了 1 林 層 JI 巴 厚 がみられる

3 皮 膚 第 29 巻 第 1 号 昭 和 62 年 2 月 第 4 図 切 れ 込 みのある 核 を 有 する 角 質 細 胞 η ( 16, 000) 第 5 図 移 行 細 胞 が 観 察 され, 層 板 頼 粒 ( 矢 印 )の 層 状 構 造 ; 土 不 明 瞭 である ( 16, 000) 第 6 図 ケラトヒプリン 頼 粒 は 小 さく, 円 形 で 数 も 少 ない ( 4, 500)

4 皮 膚 第 29 巻 第 1 号 昭 和 62 年 2 月 41 一一 第 7 図 表 皮 細 胞 の 細 胞 融 解 変 性 がみられる 同 部 にはリボゾームと 忠 土 れる 微 細 穎 粒 が, わずかに 存 在 するのみである ( 28, 000) 第 8 図 ランポルハンス 細 胞 頼 粒 はこの 写 ア 立 とでは 明 らかではないが, その 他 の 電 顕 形 態 学 的 特 徴 からラ ンゲソLハンス 細 胞 と 考 えられる 細 胞 が, 細 胞 融 解 変 性 部 lと 援 して 存 在 する ( 10,000)

5 42ー 皮 膚 第 29 巻 第 1 号 一 昭 和 62i]二会2 月 第 9 図 電 子 密 度 の 高 い 核 と 細 胞 質 の 間 に 空 隙 を 生 第 10 図 表 皮 来日 胞 内 の 空 隙, 細 胞 聞 の 聞 大 は 程 度 認 じ, 細 胞 内 小 出 官 に 代 って 空 胞 を 有 する 表 められる ( 6,000) 皮 細 胞 (X9, 000) 第 11 図 疋 常 ヒト 手 竿: 表 皮 不 整 形 で 大 型 iのケラトヒアリン 頼 粍 が 多 数 観 察 されゐ., ( x 15, 000)

6 皮 膚 第 29 巻 第 1 号 昭 和 62 年 2 月 察 され, 層 板 穎 粒 ( 矢 印 ) はやや 増 加 しているものの, 層 状 構 造 が 不 明 瞭 である( 第 5 図 ) KH Gは 小 型 で, デ スモゾームの 径 よりも 小 さく, 円 形 で 数 も 少 ない( 第 6 図 ) 有 線 膚, 基 底 層 : 表 皮 細 胞 細 胞 質 の 一 部 が 膨 出 し, 細 胞 内 小 器 官 を 全 く 欠 く 細 胞 融 解 変 性 像 が 観 察 された 同 部 にはトノフィラメントもみられず, リボゾームと 思 わ れる 微 細 穎 粒 がわずかに 存 在 するのみであり, 細 胞 表 面 にデスモゾームも 認 められない( 第 T 図 ) 有 線 層 上 層 にあって, 電 子 密 度 の 低 い 核 質 からなる 不 整 形 の 核 と, よく 発 達 した 細 胞 内 小 器 官 を 含 む 電 子 密 度 の 低 い 胞 体 を 有 し, トノフィラメントそ 欠 き, 周 聞 の 表 皮 細 胞 との 問!<::デスモゾームを 認 めず, 突 起 のために 不 規 則 な 輪 廓 を とる 細 胞 一一 ランゲルハンス 細 胞 穎 粒 はこの 切 片 上 では 明 らかではないが, 電 顕 形 態 学 的 特 徴 からランゲ ルハン ス 総 胞 と 考 えられる 細 胞 が, 前 述 の 細 胞 融 解 変 性 部 lこ 接 して 観 察 された( 第 8 図 また, この 細 胞 融 解 変 性 部 内 iζ 細 胞 質 内 デスモゾーム( 矢 印 )が 認 められた その 周 辺 に 存 在 する 表 皮 細 胞 は 形 態 学 的 に 正 常 である さらに, 核, 細 胞 質 の 電 子 密 度 が 高 く, 核 と 細 胞 質 の 問 に 空 隙 を 生 じ, 細 胞 質 内 に 空 胞 を 有 する 細 胞 が 散 見 さ れた( 第 9 函 ) またトノフィラメシトが 凝 集 して 細 胞 質 の 一 部 を 占 める 細 胞 も 観 察 された 表 皮 細 胞 内 の 空 隙, 細 胞 問 の 聞 大 は 軽 度 認 められるが( 第 10 図 ), 細 胞 問 の 他 の 細 胞 としては, ランゲ ルハソス 細 胞, 単 球 がわ ずかにみられるのみである 正 常 ヒト 手 掌 皮 膚 : 対 照 として36 歳, 男 子 の 左 手 掌 小 指 球 部 の 正 常 皮 膚 を 採 取, 本 症 皮 疹 と 同 様 の 操 作 l 乙 て 観 察 した 角 質 細 胞 の 電 子 密 度 は 中 等 度 で, 最 下 層 の 角 質 細 胞 に 電 子 密 度 の 高 い 微 細 頼 粒 の 集 合 した 不 整 形 物 質 が 認 められる 部 位 があり, 核 が 残 存 するものもあるつ 空 胞, 裂 隙 は 著 明 ではない KH G は 穎 粒 層 下 層 ではi 高 状 で, 周 辺 にリボゾームの 付 着 する 小 型 のものも 散 見 され るが, 角 層 近 くでは 不 整 形 の 大 型 のものが 観 察 される ( 第 11 図 ) IV. 考 察 1. 進 行 性 指 掌 角 皮 症 の 位 置 づけ 今 村 らは 子 の 湿 疹 を8 型 lこ 分 類 し,その 第 2 型 が 本 症 に 相 当 するとし, アトピー 素 因 との 関 係 は 否 定 的 として いる5l また 森 山 は 手 の 湿 疹, 皮 膚 炎 をアレルギー 性, 次 刺 激 性, 物 理 的 接 触 皮 膚 炎, アトピー 性 皮 膚 炎, 異 汗 性: 湿 疹, 混 合 型 の6 裂 に 分 類 し, 本 症 は 物 理 的 接 触 皮 膚 炎 ( 角 度 症 型 皮 膚 炎 ) にあたると 記 している6) さら に 須 貝 は 本 症 を 洗 剤 に 類 よる 累 積 刺 激 皮 膚 炎 と 考 えてお りわ, 上 回 は 手 湿 疹 を 湿 疹 i 干 型, 接 触!支 腐 炎 型, 進 行 性 指 掌 角 皮 症 型 の3つに 分 けている 8l 疹, 主 婦 湿 疹 の 中 で, 手 掌, 指 腹 l 乙 限 局 し, 要 するに 手 i 湿 手 背, 指 背 lこ 及 ばず, 角 化,l 朝 紅, 落 屑, 亀 裂 はあるものの, 小 水 子信, 築 i 夜 性 丘 疹, 産 俸 を 欠 くものを 進 行 性 指 掌 角 皮 症 と して 異 論 はないものと 思 われる 接 触 アレルギーとの 関 係 は 否 定 的 である5l 本 症 とアトピー 素 因 や 自 験 伊 jもk 記 の 点 から 本 症 としてよく, 卵 巣 刻 出 術 後 生 じたことは 性 ホルモンとの 関 係 が 推 定 される このような 女 性 ホル モンとの 因 果 関 係 を 支 持 する 説 もあるll 2. 光 額 所 見 本 症 の 組 織 像 に 関 する 研 究 は 少 ないが, 北 村 によれば 不 全 角 化, 角 質 層 の 染 色 異 常 を 示 し, 汗 管 周 囲 性 の 細 胞 浸 潤 の{ 也 は 真 皮 lこ 著 明 な 細 胞 i受i 関 を 認 めず, 海 綿 状 態 もみられないとされるお 自 験 例 も 大 体 同 様 の 所 見 であ り, 湿 疹 性 変 化 は 少 ない しかし, 篠 は 組 織 学 的 に 本 症 を 角 層 変 性 を 伴 う 湿 疹 反 応 とし, 表 皮 の 変 化 はi 毎 綿 状 小 水 チ白からわずかの 浮 腫 まであると 述 べている 9l 累 積 性 接 触 皮 膚 炎 に 関 しては, 著 者 ーらが 化 学 薬 品 により 高 度 な 角 質 増 殖 を 呈 した49 歳, 男 子 例 を 報 告 した10) その 組 織 像 では 真 j 支 に 小 円 形 細 胞 がわずかにみられるのみで, 海 綿 状 態, 表 皮 内 への 細 胞 浸 潤 は 認 められず, 有 線 層 肥 厚 と 高 度 な 角 質 増 殖 (41ll 皿 ) を 示 したが, 不 全 角 化 は 観 察 されなかった f 象 は 本 症 に 類 似 する 角 層 の 状 態 を 除 いては,これらの 醐 t 著 明 な 不 全 角 化 は 尋 常 性 乾 癖, 尋 常 性 沈 資 にみられ, 不 全 角 化 の 研 究 によく 用 いられるが,Ju ve ni le Pla Der matos is( 若 年 性 足 底 皮 膚 炎 )にも 観 察 されているlll この 疾 患 はatop icw inter feet ntar とも 呼 ばれ,その 他 の 組 織 所 見 として 乾 癖 様 の 有 線 層 肥 厚, 真 皮 i受i 間 細 胞 が 汗 管 表 皮 流 入 部 lこ 局 在, 表 皮 内 の 炎 症 変 化 がa rosyr c ing ium lこ 局 在 することが 示 されlll' これは 進 行 性 指 掌 角 皮 症 に 類 似 する 少 し 呉 なる しかし 海 綿 状 態, 水 癌 形 成 がある 点 lllは この 若 年 性 足 底 皮 膚 炎 に[却して, 安 田 は アトピー 素 因 が 関 係 しているのではないかと 述 べてい る121 三子 掌 足 底 の 遠 いはあるものの, 臨 床 的 に 類 似 す る 本 痕 と 若 年 性 足 底 皮 膚 炎 は, 組 織 学 的 には 湿 疹 反 応 の 有 無 により 異 なるようである 3. 電 顕 所 見 手 の 皮 膚 炎 lこは 大 別 すればアレルギー 性, 非 アレルギ -i 生 ( 一 次 刺 激 性 ) の2つがある3 本 研 究 の 目 的 は, 電 顕 形 態 学 的 に 進 行 性 指 掌 角 度 症 がそのどちらであるかを 探 究 することにある Me de nic a によれば, 一 次 刺 激 性 接 触 皮 膚 炎 の 電 践 的 変 化 として,1) 細 胞 膜 と 基 底 板 の 間 での 表 皮 真 皮 分 離,2 ) 表 皮 細 胞 の 壊 死,3) 真 皮 lこ 多 核 白

7 - 44 皮 膚 第 29 巻 第 1 号 昭 和 62 年 2 月 血 球 の 浸 j 問,4) 海 綿 状 態, secondary ly s 凶 mne の 欠 如 が 自 験 例 のKHGは 小 さく, 数 も 少 なく, 正 常 手 掌 表 皮 みられ, 一 方, アレルギー 性 接 触 皮 膚 炎 では,1) 表 皮 真 の 電 顕 像 とくらべて 明 らかな 差 がみられた なお, この 皮 の 分 離, 表 皮 細 胞 の 壊 死 はみられない,2) 表 皮 に 海 綿 ようなKHGの 状 態 は 累 積 性 接 触 皮 膚 炎 でも 同 様 で あっ 状 態, secondary ly sosom eを 有 す,3 ) 真 皮 j受 潤 細 胞 に 多 た2 5) くの 好 塩 基 球 を 含 む,4 ) 単 球,リγパ 球 が 真 皮, 表 皮 l 乙 同 時 に 現 われ,これらはしばしば 接 触 する,5)マグロフ ァージが 遅 れて 出 現 し, 蹴 ondary ly sosom e lこ 満 たされ るとされる13) 自 験 例 の 電 顕 像 は 一 次 刺 激 性 接 触 皮 膚 炎 のそれに 類 似 する 以 上 の 電 顕 所 見 から 考 えて, 進 行 性 指 掌 角 度 症 は 角 化 機 転 l 乙 異 常 を 伴 った, 非 アレルギー 性 接 触 皮 膚 炎 に 近 い 疾 患 であり,アレルギー 性 の 湿 疹 反 応 ではないことが 推 定 された しかし, 本 研 究 は1 例 のみの 観 察 のためデー タとして 不 十 分 なことは 確 かであり, 今 後, 更 なる 症 例 さらに,Komu raらはグロトン 油 皮 膚 炎, 急 性 放 射 線 皮 膚 炎,j 商 状 類 乾 癖 においては, トノフィラメント 束 が 集 積 し, 核 周 囲 lζ 渦 巻 状 となり, 時 には 細 胞 全 体 を 占 め, 細 胞 質 内 デスモゾーム, gapjunc ti on も 観 察 され, 有 株 細 胞 は 細 胞 融 解 変 性 を 示 すと 述 べ, これらの 所 見 は 一 次 刺 激 反 応 に 特 徴 的 で, アレルギー 性 接 触 皮 膚 炎 では の 積 み 重 ねが 必 要 であろう ただ, 女 性 の 手 掌 からの 試 料 採 取 は 極 めて 困 難 なことも 事 実 である 本 論 文 の 要 旨 は 第 36 回 日 本 皮 膚 科 学 会 中 部 支 部 総 会 (1985 年 10 月 12~13 日, 大 津 市 )にて 発 表 しだ 金 戸 三 枝, 浜 田 郁 子 両 嬢 の 技 術 的 御 援 助 に 感 謝 致 します 認 められないと 記 している14J また, このような 像 は 指 漏 性 湿 疹 15J,ジ ベルばら 色 枇 糠 疹 16), 続 発 性 肢 端 皮 膚 炎 17)にも 認 められている 自 験 例 においては 異 常 角 化 は 軽 度 なものの, 細 胞 融 解 変 性 は 高 度 で, 細 胞 質 内 デ スモゾームも 観 察 され, 本 症 が 一 次 刺 激 性 皮 膚 炎 である ことが 示 唆 された また, この 融 解 変 性 部 とヲンゲルハ ンス 細 胞 が 接 着 する 像 がみられた このような 所 見 は 滴 状 類 乾 癖 18)' ジ ベルばら 色 枇 糠 疹 1619), こも 報 告 され ており, 一 次 刺 激 に 対 するランゲノレハンス 細 胞 の 何 らか の 働 きが 推 定 される 文 獄 1. 星 健 二 : 進 行 性 指 掌 角 皮 症, 現 代 皮 膚 科 学 大 系 ( 山 村 雄 一, 他 編 入 14A. 中 山 書 店, 東 京,1981, z. 三 宅 勇 : 進 行 性 指 掌 角 度 症 ( 土 肥 三 宅 ) と 私 の 立 場, 皮 泌,4: , 北 村 精 一 : 所 謁 進 行 性 指 掌 角 皮 症 ( 土 肥 三 宅 )ノ 臨 休 的 誼 病 理 学 的 研 究, 日 皮 泌 誌,29: , 細 胞 壊 死 は 形 態 学 的 に 異 なる2 つの 方 式, 即 ちn ec rosi sと apoptosi sに 分 類 されうる20J これらはそれぞれ coagulative necrosi s ( 凝 固 壊 死 ), shrin kage necrosi s ( 縮 少 壊 死 ) と 呼 ばれていたもので, necrosi sは 細 胞 内 部 の 求 恒 性 の 崩 壊 によって 起 る 細 胞 破 壊 を 意 味 し, 単 独 より も 集 団 的 に 細 胞 を 侵 し, 生 体 内 での 診 出 性 炎 症 を 引 起 す 一 方, ap op tosi sは 単 独 の 細 胞 に 起 り, 核 グロマチ ン, 細 胞 質 の 濃 縮 がみられるが, 小 器 官 は 保 持 され, 隣 接 する 細 胞 によって 食 食 される20) W 民 don は 信 平 苔 需産 のCi vattebodyの 微 細 構 造 が 典 型 的 な apoptosisであることを 最 初 に 指 摘 した21) なお, 電 顕 的 にはKerrらが 記 載 している apoptotic cellは, 通 常 dy skeratotic cell などと 呼 ばれる 核 グロマチンが 凝 集 し, 胞 体 の 濃 縮 した 細 胞 であり22 九 線 維 性 の 集 塊 として 観 察 される 本 来 の Ci vattebody とは 必 ずしも 同 ーのものではなく, 両 者 の 関 係 については 異 論 を 唱 える 意 見 もある23, 2 由 しかしながら 自 験 例 にみられた, 電 子 密 度 の 高 い 細 胞 質 と 核 周 囲 の 空 隙, 核 辺 縁 の 凹 凸, 細 胞 質 内 に 空 胞 を 有 し, 細 胞 内 小 器 官 の 少 ない 表 皮 細 胞 は apoptosi sに 向 う 過 程 のように 思 われる 4. 永 井 隆 吉, 石 原 勝, 小 嶋 理 一, 安 田 利 顕 : 座 談 会, 手 の 湿 疹 様 変 化, 皮 膚 臨 床, 10: , 今 村 貞 夫, 荻 野 篤 彦, 米 沢 郁 雄, 高 橋 千 恵 : 手 の 湿 疹 の 統 計 的 観 察 一 主 としてアトピー 素 因 との 関 係 を 中 心 として 一, 皮 紀 要,67: 41 49, 森 山 マサ ミ: 手 の 湿 疹, 皮 膚 炎 に 関 する 研 究, 日 医 大 誌,41 : 12-24, 須 貝 哲 郎 : 接 触 皮 膚 炎 とパッチテスト, 皮 膚,19: , 上 田 宏, 矢 崎 喜 朔, 沼 井 勝 彦, 早 川 律 子, 小 林 美 恵 : 洗 剤 パッチテストよりみ た 手 病 変 の 検 討, 皮 膚,20 : , 篠 力 : 進 行 性 指 掌 角 皮 症 の2' 3の 問 題 点, 皮 膚,26: 179, 尾 口 基, 大 野 佐 代 子, 尾 崎 元 昭, 青 島 敏 行 : 著 し い 角 質 増 殖 を 示 した 累 積 性 接 触 皮 膚 炎 の1 例, 皮 膚 臨 床, 25: , Ashton, R. E., Jone s, R. R. an d Griffiths, A. : Ju v eni le Plan tar D erm atosi s, Arch. D erm atol.,

8 皮 膚 第 29 巻 第 1 号 昭 和 62 年 2 月 : , 安 田 利 顕 :Juvenile Plantar Dermatosis, Pediatric Dermatology, 日 本 レダリ- kk, 8 (2): 4, Medeniα,M. and Rostenberg, A. : A comparative light and electron micro 岳 copic study of primary irritant contact dermatitis and allergic contact dermatitis, J. Invest. Derm., 56 : , Komura, J. and Ofuji, S. : Ultrastructural studies f allergic contact dermatitis in man, Arch. Dermatol. Res., 267 : , Metz, J. and Metz, G. : Zur Ultrastr uktur der Epidermis bei seborrhoishen Ekzem, Arch. Der matol. Forsch., 252 : , 青 島 敏 行 :ジベルばら 色 枇 糠 疹 の 電 子 顕 微 的 観 察, 皮 紀 要,81 : , Higashida, T., Futamura, S. and Komura, ]. : Ultrastructural observation of keratinocytes in acrodermatitis enteropathiαーlike eruptions-comparative study of pityriasis rosea Gibert and allergic contact dermatitisー,]. Clin. Electron Microscopy, 17 : , 渡 辺 悟 : 滴 状 類 乾 癖 の 電 子 顕 微 鏡 的 研 究, 皮 紀 要, 72: 1-43, Takaki, Y. and Miyazaki, H. : Cytolytic degeneration of keratinocytes adjacent to Langerhans cells in pi tyriasis rose 混 (Gibert), Acta Dermatovenereol. 56 : , Wyllie, A.H., Kerr, J. F. R. and Currie, A. R. : Cell Death, The significance of apoptosis, Int. Rev. Cytol. 68 : , Weedon, D. : Civatte bodies and apoptosis, Brit. J. Derm., 91 : 357, Kerr, J. F. R., Wyllie, A.H. and Curi ie, A.R. : Apoptosis : A basic biological phenomenon with wideranging implications in tissue kinetics, Br. ]. Canαr, 26: 239ー257, Hashimoto, K. : Apoptosis in lichen planus and several other dermatoses, Acta Dermato venereol. 56: 187ー210, E 冶 dy, R. A.]. and Cowen, T. : Half and half cells in lichen planus, Brit. J. Derm., 98 : , 尾 口 基, 青 島 敏 行 : 累 積 性 接 触 皮 膚 炎 の 電 顕 的 観 察, 準 備 中.

9 皮 j膏 第 29 巻 第 1 号 昭 和 62 年 2 月 Ultrastructural Observation of Keratodermia Tylodes Palmaris Progressiva Toshiyuki Aoshima Division of Dermatology, Otsu Red Cr,臨Hospital (Chief : Dr. T. Aoshima) Motoi Oguchi Department of Dermatology, Kansai Medical University (Director : Prof. Y. Asada) Key words : keratodermiaりlodes palmaris Progressiva-electron microscoρy epidermal cell adjacent to Langerhans cell, intracytoplasmic desmosome and apoptosis. Intra- and intercellular edema was slight. These electron microscopic findings -cytolytic degeneration and apoptosis-resembled those of A case of keratodermia tylodes palmaris progressiva (Dohi-Miyake) was studied ultrastructurally. In the horny layer remnant of the nucleus and numerous round vacuoles were observed, and the keratine pattern was obscure. The granular layer contained only a few primary irritant contact dermatitis. Thus we small, round keratohyaline granules. Transitional cells were also observed. In the prickle sp 巴 culated that this disease was not allergic contact dermatitis. cell layer, we found cytolytic degeneration of

皮膚と表皮と角層なら新しい皮膚科学|皮膚病全般に関する最新情報を載せた皮膚科必携テキスト

皮膚と表皮と角層なら新しい皮膚科学|皮膚病全般に関する最新情報を載せた皮膚科必携テキスト B. 表 皮 3 cutis)という.そして,このいくつかの 皮 丘 が,より 深 い 皮 溝 によって 囲 まれて 多 角 形 の 皮 野 (area cutanea)を 形 成 する. 毛 は 深 い 皮 溝 から 生 えており, 汗 腺 の 汗 孔 は 皮 丘 に 開 口 する( 図.2). この 皮 溝 の 走 行 方 向 は 身 体 部 位 により 定 まっており 皮 膚 紋 理 と 呼

More information

ず 一 見 蕁 麻 疹 様 の 浮 腫 性 紅 斑 が 初 発 疹 で ある 点 です この 蕁 麻 疹 様 の 紅 斑 は 赤 みが 強 く 境 界 が 鮮 明 であることが 特 徴 です こ のような 特 異 疹 の 病 型 で 発 症 するのは 若 い 女 性 に 多 いと 考 えられています

ず 一 見 蕁 麻 疹 様 の 浮 腫 性 紅 斑 が 初 発 疹 で ある 点 です この 蕁 麻 疹 様 の 紅 斑 は 赤 みが 強 く 境 界 が 鮮 明 であることが 特 徴 です こ のような 特 異 疹 の 病 型 で 発 症 するのは 若 い 女 性 に 多 いと 考 えられています 2016 年 7 月 14 日 放 送 第 45 回 日 本 皮 膚 アレルギー 接 触 皮 膚 炎 学 会 7 パネルディスカッション4-4 花 粉 皮 膚 炎 のアップデート 東 京 医 科 歯 科 大 学 大 学 院 皮 膚 科 教 授 横 関 博 雄 はじめに 近 年 スギ 花 粉 症 患 者 に 呼 吸 器 症 状 消 化 器 症 状 咽 頭 症 状 発 熱 なども 見 られることが 良

More information

Microsoft PowerPoint - K-net秦提出用改.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - K-net秦提出用改.ppt [互換モード] 癌 の 画 像 診 断 ( 胸 部 泌 尿 器 その 他 ) 広 島 市 立 広 島 民 病 院 放 射 線 科 秦 良 一 郎 本 日 の 内 容 胸 部 泌 尿 器 その 他 1. 肺 癌 2. 腎 癌 3. 悪 性 リンパ 腫 本 日 の 講 演 は 開 業 医 の 先 生 方 から 紹 介 された 腫 瘤 性 病 変 を 放 射 線 科 医 がどのような 視 点 から 良 悪 性 を 鑑 別

More information

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4 2015 年 6 月 改 訂 薬 価 基 準 収 載 処 方 箋 医 薬 品 : 注 意 - 医 師 等 の 処 方 箋 により 使 用 すること - 医 薬 品 の 適 正 使 用 に 欠 かせない 情 報 です 使 用 前 に 必 ずお 読 みください - 新 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 の 解 説 禁 忌 ( 次 の 患 者 には 投 与 しないこと) 本 剤 の 成 分 に 対

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FC797E182DC82C682DF81698AE2924A90E690B6816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FC797E182DC82C682DF81698AE2924A90E690B6816A> 症 例 1 70 歳 代, 男 性 食 道 症 例 提 供 : 佐 久 医 療 センター 高 橋 亜 紀 子 読 影 は 三 枝 ( 県 立 須 坂 病 院 )が 担 当 した 胸 部 下 部 食 道 後 壁 に 10 mm 大 の IIa+IIc 病 変 を 認 め, 陥 凹 部 の 空 気 変 形 が 乏 しく, 周 囲 の 隆 起 も 認 めることから SM 深 部 浸 潤 を 伴 う 食 道

More information

は し が き 本 号 は 学 位 規 則 ( 昭 和 28 年 4 月 1 日 文 部 省 令 第 9 号 ) 第 8 条 による 公 表 を 目 的 として 2015 年 3 月 19 日 に 本 学 において 博 士 の 学 位 を 授 与 した 者 の 論 文 内 容 の 要 旨 及 び 論

は し が き 本 号 は 学 位 規 則 ( 昭 和 28 年 4 月 1 日 文 部 省 令 第 9 号 ) 第 8 条 による 公 表 を 目 的 として 2015 年 3 月 19 日 に 本 学 において 博 士 の 学 位 を 授 与 した 者 の 論 文 内 容 の 要 旨 及 び 論 博 士 学 位 論 文 内 容 の 要 旨 及 び 論 文 審 査 結 果 の 要 旨 第 11 号 2015 年 3 月 武 蔵 野 大 学 大 学 院 は し が き 本 号 は 学 位 規 則 ( 昭 和 28 年 4 月 1 日 文 部 省 令 第 9 号 ) 第 8 条 による 公 表 を 目 的 として 2015 年 3 月 19 日 に 本 学 において 博 士 の 学 位 を 授 与

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ 採 卵 鶏 農 場 に お け る ア ジ ュ バ ン ト 肉 芽 腫 の 発 生 と そ の 対 策 紀 南 家 畜 保 健 衛 生 所 山 本 敦 司 吉 川 克 郎 背 景 お よ び 目 的 平 成 17 年 ( 2005 ) に 副 作 用 情 報 と し て 顔 面 腫 脹 を 呈 す る 鶏 の 報 告 が あ り そ れ ま で に も 数 件 の 報 告 が な さ れ て い る

More information

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経 1 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : 会 社 名 : 石 川 金 属 株 式 会 社 住 所 : 592-8352 大 阪 府 堺 市 西 区 築 港 浜 寺 西 町 7-21 担 当 部 署 : 品 質 保 証 部 電 話 番 号 : 072-268-1155 緊 急 連 絡 電 話 番 号 : 072-268-1155 FAX 番 号 : 072-268-1159 使 用 用

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

Microsoft Word - 第3版_201209_KCX使用説明書.doc

Microsoft Word - 第3版_201209_KCX使用説明書.doc 脱 灰 液 K-CX 使 用 ガイド 使 用 説 明 書 K-CX を 使 用 される 前 に 必 ず 本 書 をお 読 み 下 さい 目 次 1. はじめに 1 2. K-CX について 1 3. K-CX を 用 いた 一 般 的 な 脱 灰 手 順 2 4. K-CX の 利 用 法 について 4 5. イヌ 硬 組 織 標 本 作 製 における K-CX 低 温 希 釈 脱 灰 法 7 6.

More information

Microsoft Word - SDS No.1-6

Microsoft Word - SDS No.1-6 1/7 安 全 データシート [SDS No. 1-6] 作 成 日 :1993 年 04 月 01 日 改 訂 日 :2016 年 07 月 01 日 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 製 品 名 :エレファクスエッチ 液 Fエッチ 液 会 社 情 報 会 社 名 : 岩 崎 通 信 機 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 杉 並 区 久 我 山 1-7-41

More information

昭和62年度目本獣医公衆衛生学会講演要旨

昭和62年度目本獣医公衆衛生学会講演要旨 4~5 月 1~2 月 で 0.11-0.19%, T@-R18は 14-19 頭,その 他 は 4~8 頭. また, 出 産 の 重 なった 昭 和 61 年 4~5 (* 北 海 道 銀 11 路 保 -~II 路 市 花 園 町 8-6) 年 8 月 ~62 年 4 月 に, 北 海 ミートと 畜 場 に 搬 入 された 某 養 豚 場 の 6~7 カ 月 齢 肉 豚 に 継 続 的 に 発

More information

メノエイドコンビパッチ

メノエイドコンビパッチ メノエイドコンビパッチ 患 者 向 医 薬 品 ガイド 2013 年 2 月 更 新 この 薬 は? 販 売 名 一 般 名 含 有 量 (1 枚 中 ) メノエイドコンビパッチ MENOAID COMBIPATCH エストラジオール Estradiol 酢 酸 ノルエチステロン Norethisterone Acetate エストラジオール 0.62mg 酢 酸 ノルエチステロン 2.70mg 患

More information

Writer標準

Writer標準 はじめに 結 核 診 断 の 手 引 き 年 間 2 万 人 以 上 の 新 規 患 者 が 登 録 されている 結 核 は 今 なお 国 内 最 大 の 感 染 症 です 但 し 下 記 に 示 すように 患 者 数 は 減 少 傾 向 にあるものの 傾 きは 鈍 化 してきており 特 に 山 形 県 では この 10 年 間 は 毎 年 の 新 規 患 者 数 が 140 人 ( 置 賜 では

More information

定 性 が 良 いこと 上 皮 細 胞 により 浸 透 することを 報 告 した 今 回 NANOEGG -atra が 従 来 の atra 製 剤 と 比 較 して 刺 激 が 少 なく 両 親 媒 性 であることから 点 眼 剤 として 使 用 できる 可 能 性 に 着 目 した 本 論 文

定 性 が 良 いこと 上 皮 細 胞 により 浸 透 することを 報 告 した 今 回 NANOEGG -atra が 従 来 の atra 製 剤 と 比 較 して 刺 激 が 少 なく 両 親 媒 性 であることから 点 眼 剤 として 使 用 できる 可 能 性 に 着 目 した 本 論 文 ( 様 式 甲 5) 氏 名 出 垣 昌 子 ( ふ り が な ) (いでがき まさこ) 学 位 の 種 類 博 士 ( 医 学 ) 学 位 授 与 番 号 甲 第 号 学 位 審 査 年 月 日 平 成 24 年 1 月 31 日 学 位 授 与 の 要 件 学 位 規 則 第 4 条 第 1 項 該 当 学 位 論 文 題 名 Effects of All-Trans Retinoic Acid

More information

担 当 医 は 重 症 度 (グレード)により 治 療 の 継 続 薬 の 減 量 休 薬 中 止 治 療 再 開 の 時 期 などを 決 定 します 手 足 症 候 群 は 適 切 な 処 置 により 良 くなることがわかっています また 手 足 症 候 群 によって 一 時 的 に 薬 を 休

担 当 医 は 重 症 度 (グレード)により 治 療 の 継 続 薬 の 減 量 休 薬 中 止 治 療 再 開 の 時 期 などを 決 定 します 手 足 症 候 群 は 適 切 な 処 置 により 良 くなることがわかっています また 手 足 症 候 群 によって 一 時 的 に 薬 を 休 3. 早 期 発 見 と 早 期 対 応 のポイント 抗 がん 剤 の 治 療 が 始 まったら 自 分 の 手 や 足 をよく 観 察 してくだ さい 手 足 症 候 群 の 初 期 症 状 に 気 づいたら できるだけその 部 位 に 刺 激 を 与 えず 安 静 を 保 つようにして すぐに 担 当 医 に 相 談 してく ださい 手 足 症 候 群 は 症 状 が 軽 い 初 期 段 階 のうちに

More information

日本アレルギー学会第27期理事会

日本アレルギー学会第27期理事会 化 粧 品 中 のタンパク 加 水 分 解 物 の 安 全 性 に 関 する 特 別 委 員 会 報 告 第 2 回 ( 第 6 回 ) 化 粧 品 中 のタンパク 加 水 分 解 物 の 安 全 性 に 関 する 特 別 委 員 会 日 時 :2012 年 10 月 8 日 ( 月 祝 日 ) 11:00~15:30 場 所 : 日 本 アレルギー 学 会 事 務 局 会 議 室 出 席 者 :

More information

平成22年6月28日

平成22年6月28日 平 成 22 年 6 月 28 日 海 洋 深 層 水 及 びβ-グルカンを 基 材 に 用 いた 化 粧 品 の 機 能 評 価 皮 膚 における 機 能 性 の 研 究 高 知 大 学 医 学 部 看 護 学 科 臨 床 看 護 学 教 室 渡 部 嘉 哉 溝 渕 俊 二 我 々はこれまで 深 層 水 と ソフィβ グルカン(SBG) の 機 能 性 をそれ ぞれ 独 立 したテーマとして 研

More information

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に 1/7 安 全 データシート(SDS) 1 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : N2タッピングスプレー (N2-TSE) 会 社 名 : トラスコ 中 山 株 式 会 社 住 所 : 105-0004 東 京 都 港 区 新 橋 4 丁 目 28 番 1 号 担 当 部 門 : 東 京 本 社 商 品 部 PB 品 質 保 証 課 電 話 : 0120-509-849 FAX : 0120-509-839

More information

マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマ肺炎 マイコプラズマ 肺 炎 マイコプラズマ 肺 炎 [ 日 本 での 感 染 症 発 生 動 向 調 査 ] 晩 秋 から 早 春 にかけて 多 い 患 者 の 年 齢 は 幼 児 期 学 童 期 青 年 期 (5 歳 から35 歳 )が 中 心 流 行 は 学 童 から 始 まり 家 庭 内 感 染 へと 広 まる 病 原 体 分 離 例 でみると7 歳 から8 歳 にピーク 5 歳 未 満 の 幼

More information

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない 直 腸 癌 の 手 術 ( 肛 門 温 存 )に 対 する 説 明 書 1. 直 腸 癌 とは 直 腸 癌 は 粘 膜 より 発 生 し 徐 々に 大 きくなり 進 行 していきます 進 行 の 形 式 には 1 直 腸 壁 を 壊 し 徐 々に 深 く 浸 潤 して( 壁 浸 潤 ) さらに 進 行 すると 腸 壁 を 貫 いて 他 の 臓 器 へ 直 接 浸 潤 する 形 式 ( 直 接 浸 潤

More information

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出 第 回 発 症 発 症 原 因 型 脳 血 管 性 小 体 型 前 頭 側 頭 型 脳 細 胞 部 分 的 壊 気 発 症 解 明 型 全 体 割 割 占 患 者 脳 内 現 象 発 症 程 度 見 解 明 切 治 治 療 法 発 症 症 状 進 行 介 護 必 要 寝 肺 炎 感 染 症 亡 大 変 重 要 世 界 中 疫 学 調 査 行 危 険 因 子 抑 制 因 子 抽 出 法 食 事 運 動

More information

研修計画

研修計画 産 婦 人 科 Ⅰ プログラムの 名 称 日 野 市 立 病 院 産 婦 人 科 初 期 臨 床 研 修 プログラム Ⅱ プログラムの 運 営 日 野 市 立 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 を 中 心 として 運 営 管 理 し 産 婦 人 科 に 配 属 された 研 修 医 に 対 しては, 臨 床 経 験 4 年 以 上 の 上 級 医 が 各 々 組 み 合 わせとなり, 直 接

More information

Microsoft Word - 膵臓癌ホームページ用.doc

Microsoft Word - 膵臓癌ホームページ用.doc 膵 臓 がんの 症 状 と 治 療 2010 年 4 月 26 日 作 成 医 療 法 人 財 団 神 戸 海 星 病 院 目 次 1 2 3 4 5 膵 臓 の 解 剖 特 徴 診 断 方 法 進 行 度 当 院 での 治 療 法 Ⅰ. 手 術 治 療 Ⅱ. 内 視 鏡 的 ステント 留 置 術 1 2 2 3 4 4 9 Ⅲ. 化 学 療 法 10 手 術 実 績 膵 臓 悪 性 腫 瘍 手 術

More information

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2 1. 診 療 圏 直 近 12ヶ 月 分 1 年 間 の 診 療 圏 ( 市 ) 東 大 和 市 4% 国 分 寺 市 1% 府 中 市 2% 小 金 井 市 3% 清 瀬 市 3% 立 川 市 1% その 他 7% 東 村 山 市 41% 東 村 山 市 小 平 市 西 東 京 市 東 久 留 米 市 東 大 和 市 清 瀬 市 小 金 井 市 東 久 留 米 市 7% 府 中 市 国 分 寺 市

More information

炎 症 の 定 義 を 説 明 できる 到 達 目 標 自 己 評 価 炎 症 の 分 類 組 織 形 態 学 的 変 化 と 経 時 的 変 化 を 説 明 できる 血 漿 タンパク 質 の 種 類 と 機 能 を 説 明 できる 白 血 球 の 種 類 と 機 能 を 説 明 できる 血 漿 タ

炎 症 の 定 義 を 説 明 できる 到 達 目 標 自 己 評 価 炎 症 の 分 類 組 織 形 態 学 的 変 化 と 経 時 的 変 化 を 説 明 できる 血 漿 タンパク 質 の 種 類 と 機 能 を 説 明 できる 白 血 球 の 種 類 と 機 能 を 説 明 できる 血 漿 タ 10: 免 疫 膠 原 病 アレルギーコース 1. 免 疫 膠 原 病 アレルギーコースの 概 要 本 コースでは 人 体 の 免 疫 応 答 の 異 常 に 関 連 する 疾 患 を 学 習 する 免 疫 応 答 の 異 常 とは 免 疫 能 低 下 免 疫 寛 容 の 破 綻 および 過 敏 反 応 等 であり 疾 患 として 免 疫 不 全 症 膠 原 病 アレルギー 性 疾 患 に 該 当

More information

はじめに ABVD 療 法 はホジキンリンパ 腫 に 対 する 標 準 的 な 治 療 方 法 の 一 つです ホジキンリンパ 腫 の 治 療 法 として,ABVD 療 法 以 外 の 化 学 療 法 や 放 射 線 療 法 などもあります ホジキンリンパ 腫 の 進 行 程 度 などにより,これら

はじめに ABVD 療 法 はホジキンリンパ 腫 に 対 する 標 準 的 な 治 療 方 法 の 一 つです ホジキンリンパ 腫 の 治 療 法 として,ABVD 療 法 以 外 の 化 学 療 法 や 放 射 線 療 法 などもあります ホジキンリンパ 腫 の 進 行 程 度 などにより,これら ABVD 療 法 の 手 引 き 2013 年 1 月 国 立 がん 研 究 センター 中 央 病 院 血 液 腫 瘍 科 薬 剤 部 看 護 部 はじめに ABVD 療 法 はホジキンリンパ 腫 に 対 する 標 準 的 な 治 療 方 法 の 一 つです ホジキンリンパ 腫 の 治 療 法 として,ABVD 療 法 以 外 の 化 学 療 法 や 放 射 線 療 法 などもあります ホジキンリンパ

More information

国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の 中 で 臨 床 研 修 は 個 人 のみならず 社 会 的 必 要 性 の 強 いものである その 社

国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の 中 で 臨 床 研 修 は 個 人 のみならず 社 会 的 必 要 性 の 強 いものである その 社 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プ ログラ ム 平 成 25 年 度 版 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の

More information

北海道医療大学歯学部シラバス

北海道医療大学歯学部シラバス 病 理 学 口 腔 病 理 学 口 腔 病 理 学 [ 講 義 ] 第 3 学 年 後 期 必 修 担 当 者 名 教 授 / 安 彦 善 裕 講 師 / 講 師 / 佐 藤 惇 助 教 / 非 常 勤 講 師 / 下 野 正 基 非 常 勤 講 師 / 松 原 茂 非 常 勤 講 師 / 浜 野 弘 規 概 要 口 腔 病 理 学 は 歯 をはじめ 口 腔 領 域 に 発 生 する 疾 病 や 病

More information

Microsoft Word - 5腎、膠原病内科 後期臨床研修プログラム、専門医養成

Microsoft Word - 5腎、膠原病内科 後期臨床研修プログラム、専門医養成 5 腎 膠 原 病 内 科 後 期 臨 床 研 修 カリキュラム 専 門 医 養 成 コース 1. 腎 膠 原 病 内 科 の 概 要 1.スタッフ 部 長 1 名 小 山 勝 志 医 長 1 名 医 員 3 名 後 期 研 修 医 3 名 日 本 内 科 学 会 : 認 定 内 科 医 3 名 専 門 医 1 名 指 導 医 1 名 日 本 腎 臓 学 会 : 専 門 医 2 名 指 導 医 1

More information

Microsoft Word - ”‚Š¿…V…−†[…YNo19-7.doc

Microsoft Word - ”‚Š¿…V…−†[…YNo19-7.doc じん 臓 機 能 障 害 (1 級 3 級 4 級 ) じん 臓 は 体 の 適 切 な 水 分 量 や 必 要 な 塩 分 量 の 調 節 老 廃 物 の 排 泄 血 圧 や 血 液 成 分 の 数 時 間 から 数 日 にわたる 比 較 的 緩 やかな 継 続 的 な 調 節 を 主 な 機 能 としてしている この 機 能 に 障 害 があると 体 内 の 水 分 量 や 塩 分 の 調 節

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E718B7B8C7A82AA82F182CD838F834E8360839382C5975C966882C582AB82E92E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E718B7B8C7A82AA82F182CD838F834E8360839382C5975C966882C582AB82E92E646F6378> 子 宮 頚 がんはワクチンで 予 防 できる 50 歳 代 に 多 い 子 宮 体 がん 子 宮 体 がんは 女 性 ホルモンのエストロゲンの 割 合 がプロゲステロンより 高 くなる 状 態 が 長 く 続 くと 発 生 します ちょうど 更 年 期 から 閉 経 期 がその 時 期 に 一 致 するので 50 歳 代 がピークとなるわけです エストロゲンは 卵 巣 だけ でなく 脂 肪 からも

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料 2】岡本委員提出資料

Microsoft PowerPoint - 【資料 2】岡本委員提出資料 資 料 2 アレルギー 性 鼻 炎 / 花 粉 症 /アレルギー 性 結 膜 炎 1. 現 状 と 問 題 点 2. 診 療 / 治 療 の 課 題 千 葉 大 学 大 学 院 医 学 研 究 院 耳 鼻 咽 喉 科 頭 頸 部 腫 瘍 学 岡 本 美 孝 1 アレルギ 性 鼻 炎 (/アレルギー 性 結 膜 炎 ) 全 体 として 国 民 の 約 4 割 : 罹 患 数 第 1 位 の 疾 患 女

More information

第12回 代謝統合の破綻 (糖尿病と肥満)

第12回 代謝統合の破綻 (糖尿病と肥満) 第 12 回 代 謝 統 合 の 破 綻 ( 糖 尿 病 と 肥 満 ) 日 紫 喜 光 良 基 礎 生 化 学 講 義 2014.7.15 1 糖 尿 病 とは インスリンの 相 対 的 もしくは 絶 対 的 な 不 足 に 起 因 する 空 腹 時 の 血 糖 値 上 昇 で さまざまな 疾 患 からなる 症 候 群 2 図 25.1より 1 型 糖 尿 病 と2 型 糖 尿 病 1 型 糖 尿

More information

1 検 討 経 過 及 び 目 的 について 平 成 2 4 年 12 月 に 調 布 市 立 小 学 校 で 発 生 し た 食 物 レ ル ギ ー 死 亡 事 故 を 踏 まえ, 調 布 市 で は, 食 物 レ ル ギ ー 事 故 の 再 発 防 止 に 向 け て 調 布 市 食 物 レルギ

1 検 討 経 過 及 び 目 的 について 平 成 2 4 年 12 月 に 調 布 市 立 小 学 校 で 発 生 し た 食 物 レ ル ギ ー 死 亡 事 故 を 踏 まえ, 調 布 市 で は, 食 物 レ ル ギ ー 事 故 の 再 発 防 止 に 向 け て 調 布 市 食 物 レルギ 福 祉 健 康 部 食 物 レルギー 対 策 ワーキングチーム 検 討 結 果 報 告 書 福 祉 健 康 部 食 物 レルギー 対 策 ワーキングチーム 平 成 26 年 3 月 1 検 討 経 過 及 び 目 的 について 平 成 2 4 年 12 月 に 調 布 市 立 小 学 校 で 発 生 し た 食 物 レ ル ギ ー 死 亡 事 故 を 踏 まえ, 調 布 市 で は, 食 物 レ ル

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 び に 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E> 九 州 ブロック 医 療 保 険 協 議 会 社 会 保 険 委 員 協 議 会 議 事 録 平 成 26 年 10 月 25 日 15:00~17:30 場 所 : 別 府 ロイヤルホテル 4. 協 議 事 項 1) 提 案 事 項 1. 超 音 波 の 算 定 について 1 子 宮 内 胎 児 死 亡 で 自 然 流 産 を 待 つ 場 合 経 過 観 察 として 超 音 波 断 層 法 を1

More information

第 5 章 配 管 工 事 第 節 配 管 基 準 事 1 給 水 管 及 給 水 用 具 最 終 水 機 構 流 出 側 設 置 給 水 用 具 耐 圧 性 能 有 用 い 省 第 条 第 2 減 圧 弁 逃 弁 逆 弁 空 気 弁 及 電 磁 弁 耐 久 性 能 有 用 い 省 第 条 3 家 屋 主 配 管 配 管 経 路 い 構 物 通 過 避 等 漏 水 時 修 理 容 易 行 う う

More information

【分割ファイル4-4】

【分割ファイル4-4】 4 糖 尿 病 - 81 - 糖 尿 病 の 医 療 連 携 体 制 ( 不 可 ) 重 症 急 性 増 悪 時 治 療 目 標 糖 尿 病 昏 睡 等 重 症 な 急 性 合 併 症 の 治 療 を 実 施 すること 求 められる 主 な 機 能 糖 尿 病 昏 睡 等 急 性 合 併 症 の 治 療 が4 時 間 実 施 可 能 であること 等 支 援 機 関 血 糖 コントロール 不 可 例

More information

第 15 回 先 端 医 療 センター 再 生 医 療 審 査 委 員 会 審 査 結 果 日 時 : 平 成 20 年 2 月 26 日 ( 火 )16:00~ 場 所 : 先 端 医 療 センター4 階 大 会 議 室 委 員 長 : 山 岡 義 生 委 員 : 井 上 明 大 内 ますみ 大 田 清 志 守 殿 貞 夫 神 田 勉 玉 岡 かおる 永 井 謙 一 西 田 芳 矢 村 上 雅 義

More information

<88A4926D8CA782AA82F1835A E815B815E82AA82F1835A E815B836A B835891E6398D86>

<88A4926D8CA782AA82F1835A E815B815E82AA82F1835A E815B836A B835891E6398D86> 第 9 号 平 成 16 年 7 月 1 日 発 行 愛 知 県 がんセンター Tel.052-762-6111 代 私 たちは 病 む 人 の 立 場 にたって 最 新 の 研 究 成 果 に 基 づく 最 良 の 心 あるがん 医 療 を 提 供 します The mission of Aichi Cancer Center is to provide patients suffering from

More information

活 環 境 を 築 くための 科 学 的 基 礎 資 料 を 提 供 したいと 考 えている 2. 研 究 実 施 内 容 目 的 都 市 大 気 浮 遊 粒 子 状 物 質 の 約 40%はディーゼル 排 気 由 来 であることから 本 研 究 では (1)ディーゼル 排 ガス(DE)に 含 まれ

活 環 境 を 築 くための 科 学 的 基 礎 資 料 を 提 供 したいと 考 えている 2. 研 究 実 施 内 容 目 的 都 市 大 気 浮 遊 粒 子 状 物 質 の 約 40%はディーゼル 排 気 由 来 であることから 本 研 究 では (1)ディーゼル 排 ガス(DE)に 含 まれ 内 分 泌 かく 乱 物 質 平 成 12 年 度 採 択 研 究 代 表 者 武 田 健 ( 東 京 理 科 大 学 薬 学 部 教 授 ) 大 気 中 に 存 在 する 新 しいタイプの 内 分 泌 撹 乱 物 質 1. 研 究 実 施 の 概 要 我 々は 本 プロジェクトにおいて 大 気 中 に 存 在 する 内 分 泌 撹 乱 物 質 に 注 目 した 都 市 大 気 浮 遊 粒 子 状

More information

医 療 での 乳 腺 炎 の 診 断 と 治 療 の 実 際 される うっ 滞 性 乳 腺 炎 は 物 理 的 な 炎 症 が 主 体 であるが 時 として 発 赤 熱 感 微 熱 などを 呈 することがある しかしながら 次 に 述 べる 化 膿 性 乳 腺 炎 に 比 べるとその 臨 床 症 状

医 療 での 乳 腺 炎 の 診 断 と 治 療 の 実 際 される うっ 滞 性 乳 腺 炎 は 物 理 的 な 炎 症 が 主 体 であるが 時 として 発 赤 熱 感 微 熱 などを 呈 することがある しかしながら 次 に 述 べる 化 膿 性 乳 腺 炎 に 比 べるとその 臨 床 症 状 Clinical management of mastitis 総 説 医 療 での 乳 腺 炎 の 診 断 と 治 療 の 実 際 竹 下 茂 樹 帝 京 大 学 医 学 部 産 婦 人 科 学 教 室 (173-8606 東 京 都 板 橋 区 加 賀 2-11-1) 電 話 :03-3964-1211(モバイル 7155) Fax:03-5375-1274 e-mail:stake@med.teikyo-u.ac.jp

More information

2 製 品 概 要 有 効 成 分 (1 錠 中 含 量 ) 製 造 販 売 承 認 番 号 薬 価 基 準 収 載 医 薬 品 コード レセプト 電 算 処 理 システム 用 コード 薬 価 薬 価 基 準 収 載 日 規 制 区 分 使 用 期 限 貯 法 注 意 ピートル チュアブル 錠 25

2 製 品 概 要 有 効 成 分 (1 錠 中 含 量 ) 製 造 販 売 承 認 番 号 薬 価 基 準 収 載 医 薬 品 コード レセプト 電 算 処 理 システム 用 コード 薬 価 薬 価 基 準 収 載 日 規 制 区 分 使 用 期 限 貯 法 注 意 ピートル チュアブル 錠 25 2015.11 No. 475 高 リン 血 症 治 療 剤 注 ) 処 方 箋 医 薬 品 注 ) 注 意 - 医 師 等 の 処 方 箋 により 使 用 すること 新 発 売 のお 知 らせ 謹 啓 時 下 ますますご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は 弊 社 製 品 に 格 別 のお 引 き 立 てを 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます この 度 高 リン 血

More information

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況 市 販 直 後 調 査 平 成 26 年 5 月 ~ 平 成 26 年 11 月 製 造 販 売 :サノフィ 株 式 会 社 163-1488 東 京 都 新 宿 区 西 新 宿 三 丁 目 20 番 2 号 発 売 4 ヵ 月 間 の 副 作 用 発 現 状 況 謹 啓 先 生 方 におかれましては 時 下 ますますご 清 祥 のことと お 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は 弊 社 が 製

More information

「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第12条第1項及び第14条第2項に基づく届出の基準等について」の一部改正について

「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第12条第1項及び第14条第2項に基づく届出の基準等について」の一部改正について 健 感 発 0307 第 2 号 平 成 25 年 3 月 7 日 都 道 府 県 各 政 令 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 特 別 区 厚 生 労 働 省 健 康 局 結 核 感 染 症 課 長 感 染 症 の 予 防 及 び 感 染 症 の 患 者 に 対 する 医 療 に 関 する 法 律 第 12 条 第 1 項 及 び 第 14 条 第 2 項 に 基 づく 届 出 の 基

More information

IF 利 用 の 手 引 きの 概 要 日 本 病 院 薬 剤 師 会 1. 医 薬 品 インタビューフォーム 作 成 の 経 緯 当 該 医 薬 品 について 製 薬 企 業 の 医 薬 情 報 担 当 者 ( 以 下 MRと 略 す) 等 にインタビュ ーし 当 該 医 薬 品 の 評 価 を

IF 利 用 の 手 引 きの 概 要 日 本 病 院 薬 剤 師 会 1. 医 薬 品 インタビューフォーム 作 成 の 経 緯 当 該 医 薬 品 について 製 薬 企 業 の 医 薬 情 報 担 当 者 ( 以 下 MRと 略 す) 等 にインタビュ ーし 当 該 医 薬 品 の 評 価 を 2006 年 11 月 ( 改 訂 第 1 版 ) 日 本 標 準 商 品 分 類 番 号 872669 医 薬 品 インタビューフォーム 日 本 病 院 薬 剤 師 会 のIF 記 載 要 領 (1998 年 )に 準 処 して 作 成 角 化 症 治 療 剤 ウレアクリーム 20% イワキ Urea Cream 20% IWAKI 剤 形 クリーム 剤 規 格 含 量 1g 中 日 本 薬 局

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

<B3D8D3AFB8BD955C8E862697A0955C8E86572E786C73>

<B3D8D3AFB8BD955C8E862697A0955C8E86572E786C73> 2009 年 9 月 ( 新 様 式 第 1 版 ) 日 本 標 準 商 品 分 類 番 号 8 7 2 6 6 9 医 薬 品 イ ン タ ビュ ー フォ ー ム 日 本 病 院 薬 剤 師 会 のIF 記 載 要 領 2008に 準 拠 して 作 成 剤 形 クリーム 剤 製 剤 の 規 制 区 分 該 当 なし 規 格 含 量 1g 中 に 尿 素 100mgを 含 有 する 一 般 名 和

More information

【不妊外来問診票2012版】

【不妊外来問診票2012版】 記 入 した 日 付 ( 年 月 日 ) 血 圧 測 定 ( / )mmhg 氏 名 ( ) 様 年 齢 ( ) 歳 夫 (またはパートナー)の 氏 名 ( ) 様 年 齢 ( ) 歳 1 本 日 はどのようなことで 受 診 されましたか?( 心 配 な 点 やご 希 望 など) 該 当 項 目 があれば 印 を 付 けて 下 さい ( ) 話 相 談 のみ 希 望 ( ) 不 妊 検 査 を 希

More information

Microsoft Word - MSDS A3H.doc

Microsoft Word - MSDS A3H.doc Mediracs P/N MPH090015 Co.,Ltd. MS090015_201004ver2 別 化 学 物 質 等 安 全 データシート (MSDS MSDS) 製 名 : 4%テトラヒドロフラン 溶 液 MSDS 称 品 : 番 整 号 N 理 : 末 番 端 MPH090015 号 プロテインシーケンス : MS090015_201004ver2 用 試 薬 A3H 1. 製 品 及

More information

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学 科 目 名 解 剖 学 Ⅱa 単 講 師 名 渡 邊 利 明 開 講 期 前 期 後 期 通 位 人 体 を 構 成 する 細 胞 組 織 器 官 の 位 置 機 能 及 び 形 態 を 理 解 させ 医 療 従 事 者 として 必 要 な 解 剖 学 的 知 識 を 習 得 させる 国 家 試 験 対 策 として 出 題 基 準 に 関 係 ある 部 分 に 重 点 をおいて 授 業 を 進 め

More information

日産婦誌60巻10号研修コーナー

日産婦誌60巻10号研修コーナー α α ( 図 D-19-4)-1) 新 生 児 黄 疸 の 診 断 手 順 ( 文 献 1より 引 用 ) ( 表 D-19-5)-1) 新 生 児 痙 攣 の 原 因 ( 文 献 2より 引 用 ) 1. 周 産 期 脳 障 害 1) 低 酸 素 性 虚 血 性 脳 症 2) 頭 蓋 内 出 血 1クモ 膜 下 出 血 2 脳 室 内 出 血 3 硬 膜 下 出 血 3) 脳 梗 塞 2. 代

More information

アルカリ 骨 材 反 応 コンクリートの 劣 化 要 因 セメントペースト 中 の 微 細 な 孔 に 存 在 する 高 いアルカリ 濃 度 の 水 酸 化 溶 液 と 骨 材 中 に 含 まれるシリカ 成 分 が 反 応 し ゲルが 生 成 生 成 したゲルは コンクリート 中 や 外 気 の 水

アルカリ 骨 材 反 応 コンクリートの 劣 化 要 因 セメントペースト 中 の 微 細 な 孔 に 存 在 する 高 いアルカリ 濃 度 の 水 酸 化 溶 液 と 骨 材 中 に 含 まれるシリカ 成 分 が 反 応 し ゲルが 生 成 生 成 したゲルは コンクリート 中 や 外 気 の 水 無 機 リチウム 系 ミックスタイプ 浸 透 シーラ コンクリートキーパー 説 明 資 料 営 業 担 当 : 津 波 直 樹 TEL:098-878-7878 FAX:098-870-1587 1 アルカリ 骨 材 反 応 コンクリートの 劣 化 要 因 セメントペースト 中 の 微 細 な 孔 に 存 在 する 高 いアルカリ 濃 度 の 水 酸 化 溶 液 と 骨 材 中 に 含 まれるシリカ

More information

ケラチナミンコーワクリーム20%

ケラチナミンコーワクリーム20% 2012 年 6 月 ( 改 訂 第 2 版 ) 日 本 標 準 商 品 分 類 番 号 :872669 医 薬 品 インタビューフォーム 日 本 病 院 薬 剤 師 会 の IF 記 載 要 領 2008 に 準 拠 して 作 成 剤 形 クリーム 剤 製 剤 の 規 制 区 分 規 格 含 量 1g 中 尿 素 200mg 一 般 名 製 造 販 売 承 認 年 月 日 薬 価 基 準 収 載

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 糖 尿 病 眼 合 併 症 と 治 療 について 糖 尿 病 とは? 糖 尿 病 とは 尿 に 糖 が 混 じるだけの 病 気 ではない 血 糖 値 上 昇 により 全 身 の 血 管 障 害 を 引 き 起 こし ます 製 鉄 記 念 広 畑 病 院 眼 科 藤 井 誠 士 郎 日 本 人 の 糖 尿 病 疫 学 調 査 眼 の 構 造 と 機 能 糖 尿 病 患 者 数 :820 万 人 (2007

More information

2. 研 究 手 法 と 成 果 研 究 チームは 高 分 子 材 料 にイオンビームを 照 射 することによって, 高 分 子 表 面 を 改 質 し, 抗 血 栓 性, 細 胞 接 着 性 などの 性 質 を 制 御 することができ, 生 体 材 料 への 応 用 が 可 能 であることを 報

2. 研 究 手 法 と 成 果 研 究 チームは 高 分 子 材 料 にイオンビームを 照 射 することによって, 高 分 子 表 面 を 改 質 し, 抗 血 栓 性, 細 胞 接 着 性 などの 性 質 を 制 御 することができ, 生 体 材 料 への 応 用 が 可 能 であることを 報 報 道 発 表 資 料 2004 年 1 月 30 日 独 立 行 政 法 人 理 化 学 研 究 所 東 京 女 子 医 科 大 学 イオンビーム 照 射 で 人 工 硬 膜 の 生 体 適 合 性 が 大 幅 に 向 上 - 脳 外 科 手 術 後 の 髄 液 漏 を 防 ぎ 動 脈 瘤 治 療 にも 有 効 な 新 手 法 - 独 立 行 政 法 人 理 化 学 研 究 所 ( 野 依 良 治

More information

Microsoft Word - IF25new.DOC

Microsoft Word - IF25new.DOC 2007 年 8 月 作 成 ( 第 3 版 ) インタビューフォーム 日 本 標 準 商 品 分 類 番 号 875200 医 療 用 漢 方 製 剤 ケイシブクリョウガンリョウ 本 草 桂 枝 茯 苓 丸 料 エキス 顆 粒 -M H25 剤 形 顆 粒 剤 含 量 規 格 一 般 名 桂 枝 茯 苓 丸 製 造 会 社 名 本 草 製 薬 株 式 会 社 販 売 会 社 名 本 草 製 薬 株

More information

腫 瘍 随 伴 性 天 疱 瘡 IgG デスモプラキン I/II, BP230, エンボプラキン, ペリプラキン, 170kDa 蛋 白 ( 未 同 定 ), Dsg3, Dsg1 薬 剤 誘 発 性 天 疱 瘡 IgG 多 様 IgA 天 疱 瘡 SPD 型 IgA デスモコリン 1 IEN 型

腫 瘍 随 伴 性 天 疱 瘡 IgG デスモプラキン I/II, BP230, エンボプラキン, ペリプラキン, 170kDa 蛋 白 ( 未 同 定 ), Dsg3, Dsg1 薬 剤 誘 発 性 天 疱 瘡 IgG 多 様 IgA 天 疱 瘡 SPD 型 IgA デスモコリン 1 IEN 型 2010 年 12 月 16 日 放 送 第 109 回 日 本 皮 膚 科 学 会 総 会 11 教 育 講 演 22 検 査 の 読 み 方 ( 自 己 抗 体 を 含 む) より 自 己 免 疫 水 疱 症 の 自 己 抗 体 の 読 み 方 と 治 療 への 応 用 久 留 米 大 学 皮 膚 科 講 師 濱 田 尚 宏 はじめに 自 己 免 疫 水 疱 症 は 多 彩 な 表 皮 抗 原

More information

Microsoft Word - IF48new.DOC

Microsoft Word - IF48new.DOC 2007 年 8 月 作 成 ( 第 3 版 ) インタビューフォーム 日 本 標 準 商 品 分 類 番 号 875200 医 療 用 漢 方 製 剤 ジュウゼンタイホトウ 本 草 十 全 大 補 湯 エキス 顆 粒 -M H48 剤 形 顆 粒 剤 含 量 規 格 一 般 名 十 全 大 補 湯 製 造 会 社 名 本 草 製 薬 株 式 会 社 販 売 会 社 名 本 草 製 薬 株 式 会

More information

アフターケア.indd

アフターケア.indd 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 中 の 方 治 った 方 へ アフターケア 制 度 のご 案 内 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 されている 方 は そのケガ や 病 気 が 治 った 後 も 再 発 や 後 遺 障 害 に 伴 う 新 たな 病 気 を 防 ぐため 労 災 指 定 医 療 機 関 でアフターケア( 診 察 や 保 健 指 導 検 査 など)を 無 料 で 受 診

More information

Microsoft Word - 通知 _2_.doc

Microsoft Word - 通知  _2_.doc 医 政 発 第 0331042 号 平 成 20 年 3 月 31 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 広 告 可 能 な 診 療 科 名 の 改 正 について 平 成 18 年 の 良 質 な 医 療 を 提 供 する 体 制 の 確 立 を 図 るための 医 療 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 84 号 以 下

More information

52 新 潟 歯 学 会 誌 43(1):2013 した 唾 石 は 容 易 に 摘 出 され, 術 後 創 部 の 治 癒 は 良 好 で あった 摘 出 標 本 所 見 : 径 2mm の 黄 白 色 を 呈 する 球 状 の 石 灰 化 様 硬 固 物 であった( 写 真 2) 症 例 2 患

52 新 潟 歯 学 会 誌 43(1):2013 した 唾 石 は 容 易 に 摘 出 され, 術 後 創 部 の 治 癒 は 良 好 で あった 摘 出 標 本 所 見 : 径 2mm の 黄 白 色 を 呈 する 球 状 の 石 灰 化 様 硬 固 物 であった( 写 真 2) 症 例 2 患 Niigata Dent. J. 43(1):51-55, 2013 51 - 臨 床 - 小 唾 液 腺 に 発 生 した 唾 石 症 の3 例 横 林 敏 夫, 須 田 大 亮, 細 尾 麻 衣, 五 島 秀 樹 長 野 赤 十 字 病 院 口 腔 外 科 ( 主 任 : 横 林 敏 夫 部 長 ) Sialolithiasis of the minor salivary glands: Report

More information

Untitled

Untitled 目 的 : 角 膜 移 植 手 術 において 拒 絶 反 応 は 予 後 に 影 響 する 最 も 大 きな 因 子 の 一 つであるが 現 在 のところ 拒 絶 反 応 の 出 現 を 予 測 することは 困 難 である 角 膜 の 免 疫 学 的 体 系 の 研 究 が 進 められているが 拒 絶 反 応 におけるメカニズムはいまだに 明 らかにされていない 角 膜 に 拒 絶 反 応 がおこったときの

More information

創薬データマイニングにおける 副作用予測モデルの提案

創薬データマイニングにおける 副作用予測モデルの提案 創 薬 データマイニングにおける 副 作 用 予 測 モデルの 提 案 江 谷 典 子 京 都 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 独 立 行 政 法 人 科 学 技 術 研 究 機 構 CREST 2014 年 11 月 18 日 2014/11/18 1 概 要 背 景 1.ビッグデータ 応 用 2. 副 作 用 の 少 ない 創 薬 課 題 1.ビッグデータを 有 益 に 活 用 するための

More information

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性 別 表 4 手 術 支 払 割 合 表 手 術 の 保 障 が 付 帯 されているコースの 手 術 共 済 金 額 は 下 記 のとおりで す ジュニア20コース J1000 円 コース J1600 円 コース J2000 円 コース J1900 円 コース 5,000 円 7,000 円 10,000 円 4,000 円 女 性 コース 医 療 コース L2000 円 コース L3000 円 コース

More information

( 図 )STIM1 のストア 作 動 性 カルシウム 流 入 活 性 化 メカニズム

( 図 )STIM1 のストア 作 動 性 カルシウム 流 入 活 性 化 メカニズム 60 秒 でわかるプレスリリース 2007 年 12 月 3 日 独 立 行 政 法 人 理 化 学 研 究 所 アレルギー 反 応 を 制 御 する 重 要 分 子 STIM1 を 発 見 - 細 胞 外 からのカルシウム 流 入 が アレルギー 反 応 を 引 き 起 こす - 鼻 がむずむずして くしゃみが 止 まらない 体 中 がかゆくて ついつい 引 っかいて しまう 花 粉 症 やアレルギー

More information

Taro-H21.05(改正).jtd

Taro-H21.05(改正).jtd 5. 養 豚 農 家 濃 密 指 導 による 経 営 改 善 事 例 豊 後 大 野 家 畜 保 健 衛 生 所 丸 山 信 明 芦 刈 美 穂 里 秀 樹 廣 瀬 英 明 1. 農 家 の 概 要 平 成 7 年 度 に 県 の 指 導 により 農 場 から 食 卓 へ をキャッチフレ-ス に 有 名 な 料 理 研 究 家 を 招 いて 養 豚 生 産 者 3 戸 が 共 同 でハム 加 工 販

More information

Microsoft Word - 腰痛.doc

Microsoft Word - 腰痛.doc 第 41 回 東 北 鍼 灸 学 会 青 森 大 会 ( 八 戸 市 ) 平 成 19 年 9 月 鍼 灸 臨 床 研 修 会 講 演 第 2 席 腰 痛 福 島 県 鍼 灸 師 会 三 瓶 真 一 はじめに 開 業 鍼 灸 院 にて 腰 痛 はもっとも 来 院 頻 度 の 多 い 疾 患 であろう 海 外 では 生 涯 罹 患 率 が 84.1% 年 間 罹 患 率 が 48.9%(1998,Cassidy)という

More information

発行日 2010/12/28

発行日 2010/12/28 日 立 ISE 用 洗 浄 液 (N), 日 立 ハイテクノロジーズ, 1/7 発 行 日 2011/7/10 製 品 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 の 名 称 製 品 コード 986-8008 整 理 番 号 会 社 名 住 所 担 当 部 門 日 立 ISE 用 洗 浄 液 (N) MSM0003 日 立 ハイテクノロジーズ 電 話

More information

J1-4-80.pdf

J1-4-80.pdf れ, 民 間 にも 本 伎 を 取 り 吸 ったと 思 われるものがある. 広 K~ 県 では 弘 化 4 年 (1 84 7 ) 藤 井 好 直 b i opsy ) による 日 本 住 血 吸 虫 使 の 惨 断 法 を 提 閉 し, 流 行 地 に 於 いては 他 ~ 雌 より 大 きいが, 以 後 雌 は 長 さをま~し, 雄 は 体 幅 を 憎 し 3 8 日 目 には 発 刊 の

More information

抗微生物薬安全性評価基準検討委員会 最終報告(確定版)

抗微生物薬安全性評価基準検討委員会 最終報告(確定版) 表 1. 臨 床 検 査 値 の 異 常 変 動 を 有 害 事 象 と 判 断 するための 基 準 臨 床 検 査 項 目 赤 血 球 数 ヘモグロビン 量 ヘマトクリット 値 白 血 球 数 好 酸 球 数 血 小 板 数 AST(GOT) ALT(GPT) γ-gtp ALP LDH LAP CK 総 ビリルビン 直 接 ビリルビン 血 清 クレアチニン BUN Na K Cl 血 糖 ( 空

More information

図 2 皮 膚 の 表 面 (55 歳 の 男 性 ) まず, 自 分 で 確 認! 表 皮 epidermis 1 表 皮 の 構 造 S T E P 表 皮 は 約 0.2mm の 厚 さで,ほとんどがケラチノサイトで 構 成 される ターンオーバー 時 間 は 約 28 日 組 織 構 成 表

図 2 皮 膚 の 表 面 (55 歳 の 男 性 ) まず, 自 分 で 確 認! 表 皮 epidermis 1 表 皮 の 構 造 S T E P 表 皮 は 約 0.2mm の 厚 さで,ほとんどがケラチノサイトで 構 成 される ターンオーバー 時 間 は 約 28 日 組 織 構 成 表 第 1 章 皮 膚 の 構 造 と 機 能 ヒトの 体 を 覆 っている 皮 膚 skin は, 単 に 外 界 との 隔 壁 として 存 在 しているだけではなく, A 体 温 の 維 持, 水 分 代 謝, 異 物 や 紫 外 線 に 対 する 防 御 や 免 疫 反 応 など, 生 命 維 持 のためにさま ざまな 機 能 を 果 たしています 皮 膚 は, 解 剖 学 的 には 最 外 層

More information

Microsoft Word - 2.妊娠期の管理.doc

Microsoft Word - 2.妊娠期の管理.doc 2. 妊 娠 期 の 管 理 1) 妊 娠 鑑 定 超 音 波 検 査 による 妊 娠 鑑 定 の 実 施 時 期 1 妊 娠 ( 交 配 後 )14 日 目 受 胎 および 双 胎 の 有 無 の 確 認 2 妊 娠 ( 交 配 後 )16 日 目 胚 胞 の 発 育 状 態 の 確 認 シストとの 識 別 双 胎 の 有 無 の 確 認 不 受 胎 の 場 合 は 卵 胞 の 発 育 状 態 を

More information

アレルギーを 取 り 巻 く 現 状 日 本 を 含 む 先 進 諸 国 でアレルギー 疾 患 の 患 者 数 が 急 増! 日 本 国 民 の3 人 に1 人 がなんらかのア レルギー 様 症 状 をもっている 低 年 齢 化 が 進 んでいる 参 考 : 扇 元 敬 司 著 わかりやすいアレルギ

アレルギーを 取 り 巻 く 現 状 日 本 を 含 む 先 進 諸 国 でアレルギー 疾 患 の 患 者 数 が 急 増! 日 本 国 民 の3 人 に1 人 がなんらかのア レルギー 様 症 状 をもっている 低 年 齢 化 が 進 んでいる 参 考 : 扇 元 敬 司 著 わかりやすいアレルギ 緑 井 レディースクリニック 様 アレルギーについて ( 花 粉 症 タ ニアレルキ ー アレルキ ー 検 査 ) ( 社 ) 広 島 市 医 師 会 臨 床 検 査 センター アレルギーを 取 り 巻 く 現 状 日 本 を 含 む 先 進 諸 国 でアレルギー 疾 患 の 患 者 数 が 急 増! 日 本 国 民 の3 人 に1 人 がなんらかのア レルギー 様 症 状 をもっている 低 年 齢

More information

OD 研 究 会 報 No.74 号 -- 内 視 鏡 達 負 担 精 密 可 能 除 頃 バ 条 件 ぜ 条 件 細 胞 傷 爆 四 八 散 例 胃 肝 へ ぜ 肝 器 血 量 至 ぐ 閉 肝 限 学 界 識 率 語 婦 産 卵 巣 爆 婦 系 引 張 上 げ 破 細 胞 び 散 播 腫 ゅ 識

OD 研 究 会 報 No.74 号 -- 内 視 鏡 達 負 担 精 密 可 能 除 頃 バ 条 件 ぜ 条 件 細 胞 傷 爆 四 八 散 例 胃 肝 へ ぜ 肝 器 血 量 至 ぐ 閉 肝 限 学 界 識 率 語 婦 産 卵 巣 爆 婦 系 引 張 上 げ 破 細 胞 び 散 播 腫 ゅ 識 OD 研 究 会 報 No.74 号 -- 統 計 書 予 測 順 胃 3 ' 比 倍 総 7 万 8 千 ぼ 予 測 精 液 器 代 表 高 齢 社 会 到 来 時 加 然 然 回 排 夜 迫 ( イ 行 我 慢 ) 下 快 結 肥 比 較 類 早 期 過 剰 放 寿 命 係 摘 放 射 線 照 射 消 滅 副 用 失 禁 機 能 障 害 回 高 齢 社 会 到 来 加 丹 羽 話 伺 4 月 行

More information

<5461726F2D31302E977B93D88AC7979D82C982A882AF82E98F8B944D8358>

<5461726F2D31302E977B93D88AC7979D82C982A882AF82E98F8B944D8358> 養 豚 管 理 における 暑 熱 ストレスの 影 響 と 効 果 的 対 策 の 検 討 中 央 家 畜 保 健 衛 生 所 大 城 守 池 宮 城 一 文 津 波 修 比 嘉 喜 政 ほか 高 温 多 湿 な 気 候 条 件 は 家 畜 の 生 産 性 に 大 きな 影 響 を 及 ぼすことが 知 られており 暑 熱 対 策 は 重 要 な 管 理 の 一 つと 考 えられている しかし 2008

More information

指 導 担 当 医 山 谷 秀 喜 (やまや ひでき) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 所 属 日 本 移 植 学 会 所 属 日 本 アフェレシス 学 会 所 属 慢 性 腎 臓 病 の 管 理 内 シャント 拡 張 術 奥 山 宏 (おくやま ひろし) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 専 門 医

指 導 担 当 医 山 谷 秀 喜 (やまや ひでき) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 所 属 日 本 移 植 学 会 所 属 日 本 アフェレシス 学 会 所 属 慢 性 腎 臓 病 の 管 理 内 シャント 拡 張 術 奥 山 宏 (おくやま ひろし) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 専 門 医 腎 臓 内 科 科 長 のメッセージ 腎 炎 から 腎 臓 移 植 まですべての 領 域 をカバーしている 日 本 唯 一 といっていい 総 合 腎 臓 内 科 であ り 6つの 専 門 医 が 取 得 可 能 です One for all, all for one の 精 神 で 皆 が 連 帯 しています 科 長 横 山 仁 (よこやま ひとし) 教 授 腎 臓 内 科 学 腎 炎 ネフローゼ

More information

採択一覧

採択一覧 10000 E019 九 州 内 分 泌 外 科 甲 状 腺 上 皮 小 体 5 13 日 ( 金 ) 14:20-15:00 第 2 会 場 (3F 会 議 室 4) 胸 腺 カルチノイドを 合 併 した 多 発 性 内 分 泌 腫 瘍 症 1 型 症 10001 S095 九 州 外 科 胃 十 二 指 腸 悪 性 1 14 日 ( 土 ) 10:51-11:55 第 2 会 場 (3F 会 議

More information

原 因 菌 とリスク 因 子 内 因 性 真 菌 性 眼 病 変 の 原 因 となる 真 菌 で 最 も 多 いものはカンジダ 属 で 90%を 占 める とされています カンジダ 属 の 他 にはアスペルギルス 属 クリプトコックス 属 などが 続 きます カンジダ 属 のなかでは Candida

原 因 菌 とリスク 因 子 内 因 性 真 菌 性 眼 病 変 の 原 因 となる 真 菌 で 最 も 多 いものはカンジダ 属 で 90%を 占 める とされています カンジダ 属 の 他 にはアスペルギルス 属 クリプトコックス 属 などが 続 きます カンジダ 属 のなかでは Candida 2014 年 9 月 17 日 放 送 真 菌 性 眼 内 炎 の 予 防 と 治 療 兵 庫 医 科 大 学 感 染 制 御 部 講 師 中 嶋 一 彦 はじめに カンジダ 血 症 真 菌 による 眼 内 感 染 症 は 眼 科 手 術 や 外 傷 コンタクトレンズなどが 原 因 でフサリウム 属 やアスペルギルス 属 などの 糸 状 菌 による 感 染 症 を 生 じる 外 因 性 のもの と

More information

<95CA8DFB2D32312D94E AA82F12E6D6364>

<95CA8DFB2D32312D94E AA82F12E6D6364> 1 皮 膚 がん は じめに 皮 膚 がんは 他 の 癌 同 様 近 年 増 加 傾 向 にあります まれではあります が 皮 膚 がんのタイプや 進 行 程 度 に よっては 命 を 落 とすような 重 篤 な 場 合 があります 全 身 を 覆 っている 皮 膚 のすべての 部 位 から 皮 膚 がんは 発 生 し ますが 一 方 見 える 場 所 にあります ので 最 も 早 期 発 見 が

More information

想 像 思 行 ず 消 毒 擦 む 薄 血 混 じ 滲 み ぶ 痂 ぶ 取 下 薄 来 経 験 沢 山 お 思 健 常 人 間 元 々 備 能 力 中 具 的 何 起 ょ 簡 単 説 明 ず 人 間 負 部 リ ン パ 球 血 小 板 マ ク ロ フ ァ ジ 悪 食 べ 集 死 溶 食 べ 清 浄

想 像 思 行 ず 消 毒 擦 む 薄 血 混 じ 滲 み ぶ 痂 ぶ 取 下 薄 来 経 験 沢 山 お 思 健 常 人 間 元 々 備 能 力 中 具 的 何 起 ょ 簡 単 説 明 ず 人 間 負 部 リ ン パ 球 血 小 板 マ ク ロ フ ァ ジ 悪 食 べ 集 死 溶 食 べ 清 浄 想 像 思 行 ず 消 毒 擦 む 薄 血 混 じ 滲 み ぶ 痂 ぶ 取 下 薄 来 経 験 沢 山 お 思 健 常 人 間 元 々 備 能 力 中 具 的 何 起 ょ 簡 単 説 明 ず 人 間 負 部 リ ン パ 球 血 小 板 マ ク ロ フ ァ ジ 悪 食 べ 集 死 溶 食 べ 清 浄 一 肉 作 線 維 芽 作 表 活 発 肉 芽 コ ラ ゲ ン 線 維 呼 増 殖 埋 縮 併 進 先

More information

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記 載 要 領 について ( 平 成 九 年 四 月 二 五 日 ) ( 薬 発 第 六 〇 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 知 事 あて 厚 生 省 薬 務 局 長 通 知 ) 標 記 については 昭 和 五 一 年 二 月 二 〇 日 薬 発 第 一 五 三 号 薬 務 局 長 通 知 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記

More information

Taro-入浴介護(2008)

Taro-入浴介護(2008) Ⅰ 生 活 文 化 としての 入 浴 入 浴 介 護 入 浴 は わ た し た ち 人 類 が 持 つ 生 活 の 営 み の 中 で 不 思 議 な 魅 力 を 有 す る 部 分 で あ る 食 事 や 排 泄 睡 眠 性 行 動 攻 撃 逃 避 な ど の よ う に 固 体 や 種 族 の 維 持 の た め に 絶 対 に 必 要 な も の で は な く 何 か の 理 由 で そ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF332D3120939C9441956181418C7689E68169916688C4816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF332D3120939C9441956181418C7689E68169916688C4816A2E646F63> 糖 尿 病 の 医 療 体 制 構 築 について 第 1 糖 尿 病 の 現 状 1 糖 尿 病 の 疫 学 状 況 糖 尿 病 は 血 液 中 のブドウ 糖 ( 血 糖 )が 過 剰 に 増 える 疾 病 で 血 糖 値 を 下 げるホルモンである インスリンの 不 足 により 主 に 幼 児 から 小 児 期 に 発 症 する1 型 糖 尿 病 と 過 食 運 動 不 足 肥 満 な どによりインスリンの

More information

がんとは 監 修 草 津 総 合 病 院 乳 腺 外 科 部 長 木 下 一 夫 Contents がんとは 3 抗 がん 剤 とは 4 について 5 外 来 化 学 療 法 とは 6 薬 の 投 与 を 受 ける 前 の 注 意 点 7 投 与 中 に 注 意 すること 8 副 作 用 について

がんとは 監 修 草 津 総 合 病 院 乳 腺 外 科 部 長 木 下 一 夫 Contents がんとは 3 抗 がん 剤 とは 4 について 5 外 来 化 学 療 法 とは 6 薬 の 投 与 を 受 ける 前 の 注 意 点 7 投 与 中 に 注 意 すること 8 副 作 用 について の 治 療 を 受 ける 患 者 さんへ がんとは 監 修 草 津 総 合 病 院 乳 腺 外 科 部 長 木 下 一 夫 Contents がんとは 3 抗 がん 剤 とは 4 について 5 外 来 化 学 療 法 とは 6 薬 の 投 与 を 受 ける 前 の 注 意 点 7 投 与 中 に 注 意 すること 8 副 作 用 について 9 で 起 こりやすい 副 作 用 10 吐 き 気 嘔 吐

More information

クサトールFP水溶剤

クサトールFP水溶剤 製 品 安 全 データシート 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 整 理 番 号 クサトールFP 水 溶 剤 GG-6 会 社 名 株 式 会 社 日 本 グリーンアンドガーデン 住 所 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 小 伝 馬 町 10 番 11 号 担 当 部 門 研 究 開 発 部 担 当 者 電 話 番 号 03-3669-5888 FAX 番 号 03-3669-5889

More information

北海道臨床工学技士会ニュース

北海道臨床工学技士会ニュース 2015-(1) 公 益 社 団 法 人 北 海 道 臨 床 工 学 技 士 会 ニュース 2015 年 4 月 公 益 社 団 法 人 北 海 道 臨 床 工 学 技 士 会 ニュース No.122 ホームページ http://hcea.umin.ac.jp 事 務 局 へのお 問 い 合 わせは 上 記 Homepage お 問 い 合 わせフォームより 発 行 人 : 室 橋 高 男 060-8543

More information

会 員 各 位 2011 年 8 月 12 日 日 本 化 粧 品 技 術 者 会 事 務 局 第 38 回 SCCJセミナー 開 催 のご 案 内 本 セミナーは 化 粧 品 を 創 るための 必 要 な 技 術 情 報 からテーマを 選 定 し 化 粧 品 技 術 者 の 皆 様 へ 提 供 す

会 員 各 位 2011 年 8 月 12 日 日 本 化 粧 品 技 術 者 会 事 務 局 第 38 回 SCCJセミナー 開 催 のご 案 内 本 セミナーは 化 粧 品 を 創 るための 必 要 な 技 術 情 報 からテーマを 選 定 し 化 粧 品 技 術 者 の 皆 様 へ 提 供 す 会 員 各 位 2011 年 8 月 12 日 日 本 化 粧 品 技 術 者 会 事 務 局 第 38 回 SCCJセミナー 開 催 のご 案 内 本 セミナーは 化 粧 品 を 創 るための 必 要 な 技 術 情 報 からテーマを 選 定 し 化 粧 品 技 術 者 の 皆 様 へ 提 供 すべく 取 り 組 んで 参 りました 折 しも2011 年 7 月 厚 生 労 働 省 から 化 粧

More information

Microsoft Word - 210202菊地

Microsoft Word - 210202菊地 中 耳 炎 の 病 態 と 予 防 埼 玉 医 科 大 学 総 合 医 療 センター 耳 鼻 咽 喉 科 菊 地 茂 1.はじめに 中 耳 炎 とは 中 耳 に 生 じる 炎 症 の 総 称 で 中 耳 炎 には 急 性 中 耳 炎 慢 性 中 耳 炎 滲 出 性 中 耳 炎 真 珠 腫 性 中 耳 炎 癒 着 性 中 耳 炎 結 核 性 中 耳 炎 壊 疽 性 中 耳 炎 航 空 性 中 耳 炎

More information

「解剖学用語 改訂13版」解剖学会ホームページ公開版

「解剖学用語 改訂13版」解剖学会ホームページ公開版 感 覚 器 感 覚 器 視 覚 器 眼 および 関 連 する 構 造 視 神 経 眼 球 内 部 篩 板 前 部 篩 板 内 部 篩 板 後 部 眼 窩 部 管 内 部 ; 視 神 経 管 部 頭 蓋 内 部 視 神 経 外 鞘 視 神 経 内 鞘 鞘 間 鮎 眼 球 前 極 後 極 赤 道 経 線 外 眼 球 軸 内 眼 球 軸 視 軸 眼 球 前 区 眼 球 後 区 眼 胞 眼 杯 眼 球 線

More information

4 接 種 の 受 け 方 (1) 指 定 医 療 機 関 へ 予 約 (2) 持 ち 物 次 のものを 持 参 のうえ 体 調 の 良 いときに 接 種 を 受 けてください 母 子 健 康 手 帳 ( 他 の 予 防 接 種 との 間 隔 等 の 確 認 接 種 の 記 録 をします) 予 診

4 接 種 の 受 け 方 (1) 指 定 医 療 機 関 へ 予 約 (2) 持 ち 物 次 のものを 持 参 のうえ 体 調 の 良 いときに 接 種 を 受 けてください 母 子 健 康 手 帳 ( 他 の 予 防 接 種 との 間 隔 等 の 確 認 接 種 の 記 録 をします) 予 診 ~ 予 防 接 種 に 欠 かせない 情 報 です 必 ずお 読 みください~ 子 宮 頸 がんワクチン 予 防 接 種 をご 希 望 の 方 へ 市 では 平 成 23 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 法 律 に 基 づかない 任 意 接 種 と して 子 宮 頸 がんワクチン 予 防 接 種 費 用 の 約 9 割 を 助 成 していましたが 予 防 接 種

More information

盛 土 底 部 は 泥 炭 層 の 中 にめり 込 み 地 下 水 位 以 下 に 飽 和 した 状 態 で 存 在 しており この 部 分 が 液 状 化 したとして いる なお 被 災 後 の 地 盤 調 査 によって 地 下 水 位 以 下 に 盛 土 材 料 が 存 在 したことが 確 認

盛 土 底 部 は 泥 炭 層 の 中 にめり 込 み 地 下 水 位 以 下 に 飽 和 した 状 態 で 存 在 しており この 部 分 が 液 状 化 したとして いる なお 被 災 後 の 地 盤 調 査 によって 地 下 水 位 以 下 に 盛 土 材 料 が 存 在 したことが 確 認 泥 炭 地 盤 における 盛 土 の 地 震 時 沈 下 の 簡 易 予 測 と 補 強 技 術 - 盛 土 底 部 の 液 状 化 による 沈 下 の 発 生 機 構 から 対 策 まで- 寒 地 土 木 研 究 所 寒 地 地 盤 チーム 同 上 同 上 林 宏 親 西 本 聡 橋 本 聖 北 海 道 において 発 生 したいくつかの 大 規 模 地 震 によって 泥 炭 地 盤 上 の 道 路

More information

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要 保 医 発 0325 第 8 号 平 成 28 年 3 月 25 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 ( 公

More information

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 七 号 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 ( 平 成 十 八 年 法 律 第 四 十 号 ) 及 び 自 動 車 点 検 基 準 の 一 部 を 改 正 す る 省 令 ( 平 成 十 九 年 国 土 交 通 省 令 第 十 一 号 ) の 施 行 に 伴 い 自 動 車 の 点 検 及 び 整 備 に 関 す る 手 引 の

More information

vol.54.pmd

vol.54.pmd 平 成 25 年 度 神 奈 川 県 立 がんセンター がん 臨 床 講 座 予 定 表 ( 毎 週 水 曜 日 18:30-19:30 管 理 医 局 棟 3 階 総 合 診 断 室 ) 日 付 曜 日 演 題 名 所 属 講 師 名 ( 敬 称 略 ) 平 成 25 年 4 月 17 日 水 病 理 診 断 の ABC 病 理 診 断 科 横 瀬 智 之 24 日 水 放 射 線 治 療 総 論

More information

と 運 動 持 久 力 を 豊 富 に 含 んだ 赤 血 球 は 細 い 血 管 もスムーズに 流 れます 一 般 に 牛 脂 や 豚 脂 などの 動 物 性 脂 肪 には 飽 和 脂 肪 酸 が 多 く 含 ま れ 常 温 では 固 体 です これに 対 して 大 豆 油 やごま 油 のような 植

と 運 動 持 久 力 を 豊 富 に 含 んだ 赤 血 球 は 細 い 血 管 もスムーズに 流 れます 一 般 に 牛 脂 や 豚 脂 などの 動 物 性 脂 肪 には 飽 和 脂 肪 酸 が 多 く 含 ま れ 常 温 では 固 体 です これに 対 して 大 豆 油 やごま 油 のような 植 エイコサペンタエン 酸 ()は 青 魚 の 脂 肪 に 多 く 含 まれている 必 須 脂 肪 酸 です これまでに 心 血 管 系 疾 患 の 予 防 炎 症 を 抑 える 作 用 などが 知 られていま したが 新 たに 運 動 持 久 力 を 高 め ドライアイの 症 状 を 和 らげる 効 果 もあるこ とが 分 かってきました の 新 しい 機 能 について 小 林 悟 先 生 守 口 徹

More information

5. 火 災 時 の 措 置 消 火 剤 : 周 辺 の 貯 蔵 品 に 適 用 される 消 火 剤 消 火 を 行 う 者 の 保 護 : 適 切 な 保 護 具 を 着 用 し 安 全 な 場 所 から 消 火 活 動 を 行 う 6. 漏 出 時 の 措 置 人 体 に 対 する 注 意 事

5. 火 災 時 の 措 置 消 火 剤 : 周 辺 の 貯 蔵 品 に 適 用 される 消 火 剤 消 火 を 行 う 者 の 保 護 : 適 切 な 保 護 具 を 着 用 し 安 全 な 場 所 から 消 火 活 動 を 行 う 6. 漏 出 時 の 措 置 人 体 に 対 する 注 意 事 安 全 データシート 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 製 品 番 号 :AB5174 PURIFIED POLYCLONAL ANTIBODY 製 品 和 名 :RABBIT ANTI-Kv1.1, VOLTAGE GATED POTASSIUM CHANNEL AFFINITY PURIFIED POLYCLONAL ANTIBODY 会 社 名 :メルク 株 式 会 社 住 所 : 東

More information

<9561894096BC95EB>

<9561894096BC95EB> 東 区 病 名 称 医 療 法 人 相 生 会 福 岡 みらい 病 813-0017 東 区 香 椎 照 葉 3 丁 目 5 医 療 法 人 相 生 会 病 名 簿 内 科 リウマチ 科 外 科 整 形 外 科 脳 神 経 外 科 リハビリテー ション 科 神 経 内 科 麻 酔 科 循 環 器 内 科 179 239 0 0 0 418 662-3001 平 成 27 年 6 月 1 日 石 束

More information