<4D F736F F D F4390B3816A91E6358D DD8ED891CE8FC6955C82CC8F838E918E5982CC959482CC955C8EA682C98AD682B782E989EF8C768AEE8F E646F63>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6358D86817591DD8ED891CE8FC6955C82CC8F838E918E5982CC959482CC955C8EA682C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8081762E646F63>"

Transcription

1 企 業 会 計 基 準 第 5 号 貸 借 対 照 表 の 純 資 産 の 部 の 表 示 に 関 する 会 計 基 準 平 成 17 年 12 月 9 日 改 正 平 成 21 年 3 月 27 日 最 終 改 正 平 成 25 年 9 月 13 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 会 計 基 準 は 平 成 26 年 11 月 18 日 に 公 表 された 企 業 会 計 基 準 第 21 号 企 業 結 合 に 関 する 会 計 基 準 に 関 連 する 他 の 会 計 基 準 等 の 訂 正 について による 訂 正 が 反 映 されてい る 目 次 項 目 的 1 会 計 基 準 3 範 囲 3 純 資 産 の 部 の 表 示 4 適 用 時 期 等 9 議 決 11 結 論 の 背 景 13 経 緯 13 貸 借 対 照 表 の 区 分 18 純 資 産 の 部 の 表 示 27 株 主 資 本 の 区 分 34 適 用 時 期 等

2 目 的 1. 本 会 計 基 準 は 貸 借 対 照 表 における 純 資 産 の 部 の 表 示 を 定 めることを 目 的 とする 貸 借 対 照 表 の 表 示 に 関 して 既 存 の 会 計 基 準 と 異 なる 取 扱 いを 定 めているものについては 本 会 計 基 準 の 取 扱 いが 優 先 することとなり 本 会 計 基 準 において 特 に 定 めのないものに ついては 該 当 する 他 の 会 計 基 準 の 定 めによる また 貸 借 対 照 表 項 目 の 認 識 及 び 消 滅 の 認 識 貸 借 対 照 表 価 額 の 算 定 などの 会 計 処 理 については 既 存 の 会 計 基 準 によること となる 2. 本 会 計 基 準 の 適 用 にあたっては 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 8 号 貸 借 対 照 表 の 純 資 産 の 部 の 表 示 に 関 する 会 計 基 準 等 の 適 用 指 針 も 参 照 する 必 要 がある 会 計 基 準 範 囲 3. 本 会 計 基 準 は すべての 株 式 会 社 の 貸 借 対 照 表 における 純 資 産 の 部 の 表 示 を 定 める 純 資 産 の 部 の 表 示 4. 貸 借 対 照 表 は 資 産 の 部 負 債 の 部 及 び 純 資 産 の 部 に 区 分 し 純 資 産 の 部 は 株 主 資 本 と 株 主 資 本 以 外 の 各 項 目 ( 第 7 項 参 照 )に 区 分 する 5. 株 主 資 本 は 資 本 金 資 本 剰 余 金 及 び 利 益 剰 余 金 に 区 分 する 6. 個 別 貸 借 対 照 表 上 資 本 剰 余 金 及 び 利 益 剰 余 金 は さらに 次 のとおり 区 分 する (1) 資 本 剰 余 金 は 資 本 準 備 金 及 び 資 本 準 備 金 以 外 の 資 本 剰 余 金 ( 以 下 その 他 資 本 剰 余 金 という )に 区 分 する (2) 利 益 剰 余 金 は 利 益 準 備 金 及 び 利 益 準 備 金 以 外 の 利 益 剰 余 金 ( 以 下 その 他 利 益 剰 余 金 という )に 区 分 し その 他 利 益 剰 余 金 のうち 任 意 積 立 金 のように 株 主 総 会 又 は 取 締 役 会 の 決 議 に 基 づき 設 定 される 項 目 については その 内 容 を 示 す 科 目 を もって 表 示 し それ 以 外 については 繰 越 利 益 剰 余 金 にて 表 示 する 7. 株 主 資 本 以 外 の 各 項 目 は 次 の 区 分 とする (1) 個 別 貸 借 対 照 表 上 評 価 換 算 差 額 等 ( 第 8 項 参 照 ) 及 び 新 株 予 約 権 に 区 分 する (2) 連 結 貸 借 対 照 表 上 評 価 換 算 差 額 等 ( 第 8 項 参 照 ) 新 株 予 約 権 及 び 非 支 配 株 主 持 分 に 区 分 する なお 連 結 貸 借 対 照 表 において 連 結 子 会 社 の 個 別 貸 借 対 照 表 上 純 資 産 の 部 に 計 上 されている 評 価 換 算 差 額 等 は 持 分 比 率 に 基 づき 親 会 社 持 分 割 合 と 非 支 配 株 主 持 分 割 合 とに 按 分 し 親 会 社 持 分 割 合 は 当 該 区 分 において 記 載 し 非 支 配 株 主 持 分 割 合 - 2 -

3 は 非 支 配 株 主 持 分 に 含 めて 記 載 する 8. 評 価 換 算 差 額 等 には その 他 有 価 証 券 評 価 差 額 金 や 繰 延 ヘッジ 損 益 のように 資 産 又 は 負 債 は 時 価 をもって 貸 借 対 照 表 価 額 としているが 当 該 資 産 又 は 負 債 に 係 る 評 価 差 額 を 当 期 の 損 益 としていない 場 合 の 当 該 評 価 差 額 や 為 替 換 算 調 整 勘 定 退 職 給 付 に 係 る 調 整 累 計 額 等 が 含 まれる 当 該 評 価 換 算 差 額 等 は その 他 有 価 証 券 評 価 差 額 金 繰 延 ヘッジ 損 益 退 職 給 付 に 係 る 調 整 累 計 額 等 その 内 容 を 示 す 科 目 をもって 表 示 する なお 当 該 評 価 換 算 差 額 等 については これらに 係 る 繰 延 税 金 資 産 又 は 繰 延 税 金 負 債 の 額 を 控 除 した 金 額 を 記 載 することとなる 適 用 時 期 等 9. 平 成 17 年 に 公 表 された 本 会 計 基 準 ( 以 下 平 成 17 年 会 計 基 準 という )は 会 社 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 86 号 ) 施 行 日 以 後 終 了 する 中 間 連 結 会 計 期 間 及 び 中 間 会 計 期 間 に 係 る 中 間 連 結 財 務 諸 表 及 び 中 間 財 務 諸 表 並 びに 連 結 会 計 年 度 及 び 事 業 年 度 に 係 る 連 結 財 務 諸 表 及 び 財 務 諸 表 から 適 用 する 10. 平 成 17 年 会 計 基 準 の 適 用 初 年 度 においては これまでの 資 本 の 部 の 合 計 に 相 当 する 金 額 を 注 記 するものとする 平 成 21 年 に 改 正 された 本 会 計 基 準 ( 以 下 平 成 21 年 改 正 会 計 基 準 という )は 平 成 20 年 12 月 に 公 表 された 企 業 会 計 基 準 第 22 号 連 結 財 務 諸 表 に 関 する 会 計 基 準 ( 以 下 平 成 20 年 連 結 会 計 基 準 という )が 適 用 された 連 結 会 計 年 度 から 適 用 する 平 成 25 年 に 改 正 された 本 会 計 基 準 ( 以 下 平 成 25 年 改 正 会 計 基 準 という )は 平 成 25 年 に 改 正 された 企 業 会 計 基 準 第 22 号 連 結 財 務 諸 表 に 関 する 会 計 基 準 ( 以 下 平 成 25 年 連 結 会 計 基 準 という )の 表 示 方 法 に 係 る 事 項 が 適 用 された 連 結 会 計 年 度 から 適 用 する 議 決 11. 平 成 17 年 会 計 基 準 は 第 94 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 に 出 席 した 委 員 12 名 全 員 の 賛 成 により 承 認 された 12. 第 94 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 に 出 席 した 委 員 は 以 下 のとおりである 斎 藤 静 樹 ( 委 員 長 ) 西 川 郁 生 ( 副 委 員 長 ) 石 井 泰 次 猪 ノ 口 勝 徳 梅 山 勉 加 藤 厚 - 3 -

4 小 宮 山 賢 逆 瀬 重 郎 辻 山 栄 子 山 田 浩 史 吉 川 満 米 家 正 三 平 成 21 年 改 正 会 計 基 準 は 第 173 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 に 出 席 した 委 員 13 名 全 員 の 賛 成 により 承 認 された なお 出 席 した 委 員 は 以 下 のとおりである 西 川 郁 生 ( 委 員 長 ) 逆 瀬 重 郎 ( 副 委 員 長 ) 新 井 武 広 石 井 健 明 石 原 秀 威 川 北 英 隆 小 宮 山 賢 坂 本 道 美 中 村 亮 一 野 村 嘉 浩 平 松 一 夫 万 代 勝 信 山 田 浩 史 平 成 25 年 改 正 会 計 基 準 は 第 272 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 に 出 席 した 委 員 13 名 全 員 の 賛 成 により 承 認 された なお 出 席 した 委 員 は 以 下 のとおりである 西 川 郁 生 ( 委 員 長 ) 新 井 武 広 ( 副 委 員 長 ) 小 賀 坂 敦 ( 副 委 員 長 ) 関 口 智 和 関 根 愛 子 徳 賀 芳 弘 淵 田 康 之 正 脇 久 昌 増 一 行 弥 永 真 生 柳 橋 勝 人 吉 田 稔 渡 部 仁 - 4 -

5 結 論 の 背 景 経 緯 ( 平 成 17 年 会 計 基 準 の 公 表 ) 13. これまで 貸 借 対 照 表 は 資 産 の 部 負 債 の 部 及 び 資 本 の 部 に 区 分 するものとされ さ らに 資 本 の 部 は 会 計 上 株 主 の 払 込 資 本 と 利 益 の 留 保 額 ( 留 保 利 益 )に 区 分 する 考 え 方 が 反 映 されてきた 14. 平 成 11 年 1 月 に 企 業 会 計 審 議 会 から 公 表 された 金 融 商 品 に 係 る 会 計 基 準 ( 平 成 18 年 8 月 に 企 業 会 計 基 準 第 10 号 金 融 商 品 に 関 する 会 計 基 準 として 改 正 されている ) において その 他 有 価 証 券 に 係 る 評 価 差 額 は 損 益 計 算 書 を 経 由 せず 資 本 の 部 に 直 接 計 上 する 考 え 方 が 導 入 された 同 様 に 平 成 11 年 10 月 に 企 業 会 計 審 議 会 から 公 表 された 改 訂 外 貨 建 取 引 等 会 計 処 理 基 準 において 在 外 子 会 社 等 の 財 務 諸 表 の 換 算 によって 生 じた 換 算 差 額 ( 為 替 換 算 調 整 勘 定 )も 連 結 貸 借 対 照 表 の 資 本 の 部 に 直 接 計 上 すること とされていた 15. 平 成 9 年 6 月 に 企 業 会 計 審 議 会 から 公 表 された 改 訂 連 結 財 務 諸 表 原 則 ( 以 下 連 結 原 則 という )において 連 結 貸 借 対 照 表 には 資 産 の 部 負 債 の 部 少 数 株 主 持 分 及 び 資 本 の 部 を 設 けるものとされ 子 会 社 の 資 本 のうち 親 会 社 に 帰 属 しない 部 分 は 少 数 株 主 持 分 として 負 債 の 部 の 次 に 区 分 して 記 載 するものとされていた これは 親 会 社 説 の 考 え 方 による 連 結 原 則 の 下 において 資 本 の 部 は 原 則 として 親 会 社 の 株 主 に 帰 属 するものを 示 すこと 少 数 株 主 持 分 は 返 済 義 務 のある 負 債 ではないことによる この 結 果 少 数 株 主 持 分 は 負 債 の 部 と 資 本 の 部 の 中 間 に 独 立 の 項 目 として 表 示 するこ ととされていた 16. このように 近 年 資 本 の 部 に 対 する 考 え 方 の 変 更 や 中 間 区 分 の 設 定 が 見 られる 中 当 委 員 会 から 平 成 16 年 12 月 に 公 表 された 企 業 会 計 基 準 公 開 草 案 第 3 号 ストック オ プション 等 に 関 する 会 計 基 準 ( 案 ) では ストック オプションに 対 応 する 金 額 の 貸 借 対 照 表 上 の 表 示 について 負 債 の 部 と 資 本 の 部 の 中 間 に 独 立 の 項 目 として 計 上 するも のとされていた しかしながら このような 項 目 の 性 格 についてはいまだに 論 争 が 多 く 概 念 上 の 整 理 が 定 着 しているとはいえないこと 及 び 個 別 財 務 諸 表 に 新 たに 中 間 区 分 を 設 けることに ついては 慎 重 な 検 討 が 必 要 という 意 見 も 多 いことから 当 該 公 開 草 案 では 別 途 早 急 に 貸 借 対 照 表 における 貸 方 項 目 の 区 分 表 示 のあり 方 全 般 について 検 討 を 行 うことと し その 検 討 の 中 でストック オプションに 対 応 する 金 額 の 表 示 区 分 について 引 き 続 き 議 論 することとした とされていた このため 当 委 員 会 では 貸 借 対 照 表 表 示 検 討 専 門 委 員 会 を 設 置 し 当 該 専 門 委 員 会 での 討 議 を 含 め これらの 問 題 に 対 する 審 議 を 行 い 平 成 17 年 8 月 に 企 業 会 計 基 準 - 5 -

6 公 開 草 案 第 6 号 貸 借 対 照 表 の 純 資 産 の 部 の 表 示 に 関 する 会 計 基 準 ( 案 ) を 公 表 し 広 く 各 界 からの 意 見 を 求 めた 当 委 員 会 では 寄 せられた 意 見 も 参 考 にしてさらに 審 議 を 行 い 公 開 草 案 の 内 容 を 一 部 修 正 して 平 成 17 年 会 計 基 準 を 公 表 した 17. なお 我 が 国 の 会 計 基 準 を 設 定 するにあたって 概 念 フレームワークを 明 文 化 する 必 要 性 が 各 方 面 から 指 摘 されたのを 受 け 当 委 員 会 は 外 部 の 研 究 者 を 中 心 としたワーキ ング グループを 組 織 して その 問 題 の 検 討 を 委 託 し 平 成 16 年 9 月 に 討 議 資 料 財 務 会 計 の 概 念 フレームワーク を 公 表 している この 討 議 資 料 に 示 されているのは 当 委 員 会 の 見 解 ではなく 当 委 員 会 に 報 告 された 当 該 ワーキング グループの 見 解 である が 今 後 の 基 準 設 定 の 過 程 で 有 用 性 をテストされ 市 場 関 係 者 等 の 意 見 を 受 けてさらに 整 備 改 善 されれば いずれはデファクト スタンダードとしての 性 格 を 持 つことも 期 待 されている このため 平 成 17 年 会 計 基 準 を 検 討 するにあたり 当 委 員 会 では こ の 討 議 資 料 の 一 部 も 素 材 に 議 論 を 重 ねた ( 平 成 21 年 改 正 会 計 基 準 の 公 表 ) 平 成 21 年 改 正 会 計 基 準 及 びその 適 用 指 針 の 改 正 は 平 成 20 年 連 結 会 計 基 準 におい て 支 配 獲 得 時 の 子 会 社 の 資 産 及 び 負 債 の 評 価 は 全 面 時 価 評 価 法 のみとされたことなど に 対 応 して 技 術 的 な 改 正 を 行 ったものである ( 平 成 25 年 改 正 会 計 基 準 の 公 表 ) 平 成 25 年 改 正 会 計 基 準 は 平 成 25 年 連 結 会 計 基 準 において 少 数 株 主 持 分 を 非 支 配 株 主 持 分 に 変 更 したことに 伴 い 所 要 の 改 正 を 行 ったものである なお 本 会 計 基 準 においては 過 去 の 経 緯 等 を 示 す 場 合 にも 便 宜 上 非 支 配 株 主 持 分 の 用 語 を 使 用 して いる 場 合 がある 貸 借 対 照 表 の 区 分 18. 平 成 17 年 会 計 基 準 の 公 表 前 まで 貸 借 対 照 表 上 で 区 分 されてきた 資 産 負 債 及 び 資 本 の 定 義 は 必 ずしも 明 示 されてはいないが そこでいう 資 本 については 一 般 に 財 務 諸 表 を 報 告 する 主 体 の 所 有 者 ( 株 式 会 社 の 場 合 には 株 主 )に 帰 属 するものと 理 解 されて おり また 連 結 貸 借 対 照 表 における 資 本 に 関 しては 連 結 財 務 諸 表 を 親 会 社 の 財 務 諸 表 の 延 長 線 上 に 位 置 づけて 親 会 社 の 株 主 に 帰 属 するもののみを 反 映 させることとされ てきた 19. また 資 産 は 一 般 に 過 去 の 取 引 又 は 事 象 の 結 果 として 財 務 諸 表 を 報 告 する 主 体 が 支 配 している 経 済 的 資 源 負 債 は 一 般 に 過 去 の 取 引 又 は 事 象 の 結 果 として 報 告 主 体 の 資 産 やサービス 等 の 経 済 的 資 源 を 放 棄 したり 引 渡 したりする 義 務 という 特 徴 を それぞれ 有 すると 考 えられている このような 理 解 を 踏 まえて 返 済 義 務 のあるものは - 6 -

7 負 債 の 部 に 記 載 するが 非 支 配 株 主 持 分 や 為 替 換 算 調 整 勘 定 のように 返 済 義 務 のないも のは 負 債 の 部 に 記 載 しないこととする 取 扱 いが 連 結 財 務 諸 表 を 中 心 に 行 われてきた ( 第 14 項 及 び 第 15 項 参 照 ) 20. このように 資 本 は 報 告 主 体 の 所 有 者 に 帰 属 するもの 負 債 は 返 済 義 務 のあるものと それぞれ 明 確 にした 上 で 貸 借 対 照 表 の 貸 方 項 目 を 区 分 する 場 合 資 本 や 負 債 に 該 当 しな い 項 目 が 生 ずることがある この 場 合 には 独 立 した 中 間 的 な 区 分 を 設 けることが 考 え られるが 中 間 区 分 自 体 の 性 格 や 中 間 区 分 と 損 益 計 算 との 関 係 などを 巡 る 問 題 が 指 摘 さ れている また 国 際 的 な 会 計 基 準 においては 中 間 区 分 を 解 消 する 動 きがみられる 21. このような 状 況 に 鑑 み 平 成 17 年 会 計 基 準 では まず 貸 借 対 照 表 上 資 産 性 又 は 負 債 性 をもつものを 資 産 の 部 又 は 負 債 の 部 に 記 載 することとし それらに 該 当 しないも のは 資 産 と 負 債 との 差 額 として 純 資 産 の 部 に 記 載 することとした( 第 4 項 参 照 ) この 結 果 報 告 主 体 の 支 払 能 力 などの 財 政 状 態 をより 適 切 に 表 示 することが 可 能 となる ものと 考 えられる なお 純 資 産 の 部 という 表 記 に 対 しては 平 成 17 年 会 計 基 準 の 公 開 草 案 に 対 す るコメントにおいて 株 主 持 分 の 部 とすべきという 意 見 があった しかしながら 持 分 には 単 なる 差 額 概 念 以 上 の 意 味 が 含 まれる 可 能 性 があり 資 産 と 負 債 との 差 額 を 表 すには 純 資 産 と 表 記 することが 内 容 をより 適 切 に 示 すものと 考 えられる また 平 成 17 年 会 計 基 準 の 公 開 草 案 に 対 するコメントの 中 には 資 本 と 純 資 産 とが 相 違 することに 対 する 懸 念 も 見 られた これに 対 しては 以 前 であれば 株 主 に 帰 属 す る 資 本 が 差 額 としての 純 資 産 となるように 資 産 及 び 負 債 が 取 り 扱 われてきたが その 他 有 価 証 券 評 価 差 額 金 を 資 本 の 部 に 直 接 計 上 する 考 え 方 ( 第 14 項 参 照 )が 導 入 されて 以 降 株 主 に 帰 属 する 資 本 と 資 産 と 負 債 との 差 額 である 純 資 産 とは 既 に 異 なっている という 見 方 がある 平 成 17 年 会 計 基 準 では 資 本 と 利 益 の 連 繋 を 重 視 し( 第 29 項 及 び 第 30 項 参 照 ) 資 本 については 株 主 に 帰 属 するものであることを 明 確 にすることと した また 前 項 で 示 したように 資 産 や 負 債 を 明 確 にすれば これらの 差 額 がそのまま 資 本 となる 保 証 はない このため 貸 借 対 照 表 の 区 分 において 資 本 とは 必 ずしも 同 じ とはならない 資 産 と 負 債 との 単 なる 差 額 を 適 切 に 示 すように これまでの 資 本 の 部 という 表 記 を 純 資 産 の 部 に 代 えることとした 22. 前 項 までの 考 え 方 に 基 づき 平 成 17 年 会 計 基 準 においては 新 株 予 約 権 や 非 支 配 株 主 持 分 を 純 資 産 の 部 に 区 分 して 記 載 することとした (1) 新 株 予 約 権 新 株 予 約 権 は 将 来 権 利 行 使 され 払 込 資 本 となる 可 能 性 がある 一 方 失 効 して 払 込 資 本 とはならない 可 能 性 もある このように 発 行 者 側 の 新 株 予 約 権 は 権 利 行 使 の 有 無 が 確 定 するまでの 間 その 性 格 が 確 定 しないことから これまで 仮 勘 定 とし て 負 債 の 部 に 計 上 することとされていた しかし 新 株 予 約 権 は 返 済 義 務 のある 負 債 ではなく 負 債 の 部 に 表 示 することは 適 当 ではないため 純 資 産 の 部 に 記 載 するこ - 7 -

8 ととした (2) 非 支 配 株 主 持 分 非 支 配 株 主 持 分 は 子 会 社 の 資 本 のうち 親 会 社 に 帰 属 していない 部 分 であり 返 済 義 務 のある 負 債 でもなく また 連 結 財 務 諸 表 における 親 会 社 株 主 に 帰 属 するもので もないため これまで 負 債 の 部 と 資 本 の 部 の 中 間 に 独 立 の 項 目 として 表 示 すること とされていた しかし 平 成 17 年 会 計 基 準 では 独 立 した 中 間 区 分 を 設 けないこと とし 純 資 産 の 部 に 記 載 することとした 23. さらに 平 成 17 年 会 計 基 準 では 貸 借 対 照 表 上 これまで 損 益 計 算 の 観 点 から 資 産 又 は 負 債 として 繰 り 延 べられてきた 項 目 についても 資 産 性 又 は 負 債 性 を 有 しない 項 目 については 純 資 産 の 部 に 記 載 することが 適 当 と 考 えた このような 項 目 には ヘッジ 会 計 の 原 則 的 な 処 理 方 法 における 繰 延 ヘッジ 損 益 (ヘッジ 対 象 に 係 る 損 益 が 認 識 される まで 繰 り 延 べられるヘッジ 手 段 に 係 る 損 益 又 は 時 価 評 価 差 額 )が 該 当 する( 第 8 項 参 照 ) 24. なお この 他 にも 例 えば 仮 受 金 や 未 決 算 勘 定 割 賦 未 実 現 利 益 修 繕 引 当 金 など 損 益 計 算 の 観 点 から 資 産 又 は 負 債 として 繰 り 延 べられてきたのではないかと 考 えられ る 項 目 もある しかしながら 仮 受 金 や 未 決 算 勘 定 については 将 来 収 益 に 計 上 され る 可 能 性 ではなく 外 部 に 返 済 される 可 能 性 を 重 視 すれば 負 債 に 該 当 すること 割 賦 未 実 現 利 益 や 修 繕 引 当 金 については 利 益 の 繰 り 延 べではなく 資 産 の 控 除 項 目 という 見 方 も あることなどから 平 成 17 年 会 計 基 準 では 繰 延 ヘッジ 損 益 以 外 の 項 目 について 既 存 の 会 計 基 準 と 異 なる 取 扱 いを 定 めることはしないものとした 25. 平 成 17 年 会 計 基 準 では 第 13 項 から 第 16 項 で 示 した 経 緯 を 踏 まえ 貸 借 対 照 表 の 純 資 産 の 部 の 表 示 を 定 めることを 目 的 としており 表 記 上 これまでの 資 本 の 部 を 純 資 産 の 部 に 代 え( 第 21 項 参 照 ) その 上 で 新 株 予 約 権 や 非 支 配 株 主 持 分 繰 延 ヘッジ 損 益 を 当 該 純 資 産 の 部 に 記 載 することとした( 第 22 項 及 び 第 23 項 参 照 ) また 平 成 17 年 会 計 基 準 公 表 前 において 資 本 の 部 には 払 込 資 本 や 留 保 利 益 のほか その 他 有 価 証 券 評 価 差 額 金 など 払 込 資 本 でもなく 損 益 計 算 書 を 経 由 した 利 益 剰 余 金 で もない 項 目 が 含 まれて 表 記 されていた このため 平 成 17 年 会 計 基 準 では 純 資 産 の うち 株 主 ( 連 結 財 務 諸 表 においては 親 会 社 の 株 主 )に 帰 属 する 部 分 を 資 本 とは 表 記 せず 株 主 に 帰 属 するものであることをより 強 調 する 観 点 から 株 主 資 本 と 称 する ものとしている 26. 貸 借 対 照 表 の 表 示 に 関 しては 企 業 会 計 原 則 などに 定 めがあるが これらの 会 計 基 準 と 異 なる 取 扱 いを 定 めているものについては 本 会 計 基 準 の 取 扱 いが 優 先 すること となり 自 己 株 式 の 表 示 など 本 会 計 基 準 において 特 に 定 めのないものについては 該 当 する 他 の 会 計 基 準 の 定 めによる( 第 1 項 参 照 ) また 表 示 を 除 く 会 計 処 理 については 既 存 の 会 計 基 準 と 異 なる 定 めはしていないた め 貸 借 対 照 表 項 目 の 認 識 及 び 消 滅 の 認 識 貸 借 対 照 表 価 額 の 算 定 などの 会 計 処 理 につ いては 既 存 の 会 計 基 準 によることとなる( 第 1 項 参 照 ) - 8 -

9 なお 繰 延 ヘッジ 損 益 については 純 資 産 の 部 に 計 上 されることとなるため その 他 有 価 証 券 評 価 差 額 金 などと 同 様 に 当 該 繰 延 ヘッジ 損 益 に 係 る 繰 延 税 金 資 産 又 は 繰 延 税 金 負 債 の 額 を 控 除 して 計 上 することとなる( 第 8 項 なお 書 き 参 照 ) 平 成 25 年 改 正 会 計 基 準 においても 第 21 項 から 第 26 項 の 考 え 方 を 踏 襲 している 純 資 産 の 部 の 表 示 27. かつて 資 本 の 部 は 資 本 金 資 本 準 備 金 利 益 準 備 金 及 びその 他 の 剰 余 金 に 区 分 され ていたが 平 成 13 年 における 商 法 の 改 正 により 資 本 金 及 び 資 本 準 備 金 の 取 崩 によっ て 株 主 からの 払 込 資 本 でありながら 資 本 金 資 本 準 備 金 では 処 理 されないものが 生 ず ることとなった また 同 改 正 に 伴 う 自 己 株 式 の 取 得 や 処 分 規 制 の 緩 和 により 生 ずるこ ととなった 自 己 株 式 処 分 差 益 も 同 様 の 性 格 を 有 するものと 考 えられている これらに 対 応 するために 当 委 員 会 では 平 成 14 年 2 月 に 企 業 会 計 基 準 第 1 号 自 己 株 式 及 び 法 定 準 備 金 の 取 崩 等 に 関 する 会 計 基 準 ( 平 成 17 年 12 月 に 自 己 株 式 及 び 準 備 金 の 額 の 減 少 等 に 関 する 会 計 基 準 として 改 正 されている )を 公 表 し 資 本 性 の 剰 余 金 を 計 上 する 資 本 剰 余 金 の 区 分 を 設 け また これに 合 わせ 利 益 性 の 剰 余 金 を 計 上 する 利 益 剰 余 金 の 区 分 を 設 けた 28. このような 区 分 は 債 権 者 保 護 の 観 点 から 資 本 の 部 を 資 本 金 法 定 準 備 金 剰 余 金 に 区 分 してきた 商 法 の 考 え 方 と 払 込 資 本 と 留 保 利 益 に 区 分 する 企 業 会 計 の 考 え 方 の 調 整 によるものと 考 えられる もちろん 払 込 資 本 も 留 保 利 益 も 株 主 資 本 であることには 変 わりはなく 会 計 上 はこの 留 保 利 益 を 含 む 株 主 資 本 の 変 動 ( 増 資 や 配 当 など)と その 株 主 資 本 が 生 み 出 す 利 益 との 区 分 が 本 質 的 に 重 要 である しかし 同 じ 株 主 資 本 でも 株 主 が 拠 出 した 部 分 と 利 益 の 留 保 部 分 を 分 けることは 配 当 制 限 を 離 れた 情 報 開 示 の 面 で も 従 来 から 強 い 要 請 があったと 考 えられる このため 平 成 17 年 会 計 基 準 でも 従 来 の 考 え 方 を 引 き 継 ぎ 株 主 資 本 は 資 本 金 資 本 剰 余 金 及 び 利 益 剰 余 金 に 区 分 するものと している( 第 5 項 参 照 ) 29. 財 務 報 告 における 情 報 開 示 の 中 で 特 に 重 要 なのは 投 資 の 成 果 を 表 す 利 益 の 情 報 で あると 考 えられている 報 告 主 体 の 所 有 者 に 帰 属 する 利 益 は 基 本 的 に 過 去 の 成 果 であ るが 企 業 価 値 を 評 価 する 際 の 基 礎 となる 将 来 キャッシュ フローの 予 測 やその 改 訂 に 広 く 用 いられている 当 該 情 報 の 主 要 な 利 用 者 であり 受 益 者 であるのは 報 告 主 体 の 企 業 価 値 に 関 心 を 持 つ 当 該 報 告 主 体 の 現 在 及 び 将 来 の 所 有 者 ( 株 主 )であると 考 えられる ため 当 期 純 利 益 とこれを 生 み 出 す 株 主 資 本 は 重 視 されることとなる 30. 平 成 17 年 会 計 基 準 では 貸 借 対 照 表 上 これまでの 資 本 の 部 を 資 産 と 負 債 との 差 額 を 示 す 純 資 産 の 部 に 代 えたため 資 産 や 負 債 に 該 当 せず 株 主 資 本 にも 該 当 しないものも 純 資 産 の 部 に 記 載 されることとなった ただし 前 項 で 示 したように 株 主 資 本 を 他 の 純 資 産 に 属 する 項 目 から 区 分 することが 適 当 であると 考 えられるため 純 資 産 を 株 主 資 - 9 -

10 本 と 株 主 資 本 以 外 の 各 項 目 に 区 分 することとした この 結 果 損 益 計 算 書 における 当 期 純 利 益 の 額 と 貸 借 対 照 表 における 株 主 資 本 の 資 本 取 引 を 除 く 当 期 変 動 額 は 一 致 するこ ととなる 31. 平 成 17 年 会 計 基 準 の 検 討 においては 第 4 項 及 び 第 7 項 のように 純 資 産 を 株 主 資 本 と 株 主 資 本 以 外 の 各 項 目 に 並 列 的 に 区 分 するのではなく 株 主 資 本 をより 強 調 するよう に 純 資 産 を 株 主 資 本 とその 他 純 資 産 に 大 きく 区 分 し その 他 純 資 産 をさらに 評 価 換 算 差 額 等 新 株 予 約 権 及 び 非 支 配 株 主 持 分 に 区 分 するという 考 え 方 も 示 された しかし 株 主 資 本 以 外 の 各 項 目 をその 他 純 資 産 として 一 括 りにする 意 義 は 薄 いと 考 えられたた め そのような 考 え 方 は 採 用 しなかった また 純 資 産 の 部 の 区 分 においては 財 務 分 析 における 重 要 な 指 標 である ROE( 株 主 資 本 利 益 率 又 は 自 己 資 本 利 益 率 )の 計 算 上 従 来 から 資 本 の 部 の 合 計 額 を 分 母 として 用 いることが 多 く また この 分 母 を 株 主 資 本 と 呼 ぶことも 多 いため 株 主 資 本 評 価 換 算 差 額 等 及 び 新 株 予 約 権 を 括 った 小 計 を 示 すべきではないかという 指 摘 があった し かしながら ROE のみならず 自 己 資 本 比 率 や 他 の 財 務 指 標 については 本 来 利 用 目 的 に 応 じて 用 いられるべきものと 考 えられ 平 成 17 年 会 計 基 準 の 適 用 によっても 従 来 と 同 じ 情 報 は 示 されており これまでと 同 様 の 方 法 による ROE などの 財 務 指 標 の 算 定 が 困 難 になるわけではないと 考 えられる このため 企 業 の 財 政 状 態 及 び 経 営 成 績 を 示 す 上 で 株 主 資 本 評 価 換 算 差 額 等 及 び 新 株 予 約 権 を 一 括 りとして 意 味 をもたせるこ とが 必 ずしも 適 当 ではないと 考 え これらを 括 ることは 行 わなかった 32. 平 成 17 年 会 計 基 準 では 新 株 予 約 権 は 報 告 主 体 の 所 有 者 である 株 主 とは 異 なる 新 株 予 約 権 者 との 直 接 的 な 取 引 によるものであり また 非 支 配 株 主 持 分 は 子 会 社 の 資 本 のうち 親 会 社 に 帰 属 していない 部 分 であり いずれも 親 会 社 株 主 に 帰 属 するものでは ないため 株 主 資 本 とは 区 別 することとした( 第 7 項 及 び 第 22 項 参 照 ) また 連 結 貸 借 対 照 表 上 非 支 配 株 主 持 分 には 平 成 17 年 会 計 基 準 公 表 前 と 同 様 に 連 結 子 会 社 における 評 価 換 算 差 額 等 の 非 支 配 株 主 持 分 割 合 が 含 められる さらに 非 支 配 株 主 持 分 を 純 資 産 の 部 に 記 載 することとしても 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 については 従 来 どおり 親 会 社 の 株 主 に 帰 属 するもののみを 連 結 貸 借 対 照 表 における 株 主 資 本 に 反 映 させることとしている 33. 平 成 17 年 会 計 基 準 では 評 価 換 算 差 額 等 は 払 込 資 本 ではなく かつ 未 だ 当 期 純 利 益 に 含 められていないことから 株 主 資 本 とは 区 別 し 株 主 資 本 以 外 の 項 目 とした ( 第 7 項 及 び 第 8 項 参 照 ) 平 成 17 年 会 計 基 準 の 検 討 過 程 では その 他 有 価 証 券 評 価 差 額 金 や 繰 延 ヘッジ 損 益 為 替 換 算 調 整 勘 定 などは 国 際 的 な 会 計 基 準 において その 他 包 括 利 益 累 積 額 とし て 区 分 されているため 国 際 的 な 調 和 を 図 る 観 点 などから このような 表 記 を 用 いては どうかという 考 え 方 も 示 されたが 包 括 利 益 が 開 示 されていない 中 で その 他 包 括 利 益 累 積 額 という 表 記 は 適 当 ではないため その 主 な 内 容 を 示 すよう 評 価 換 算 差 額 等

11 として 表 記 することとした なお 当 委 員 会 は 平 成 22 年 6 月 に 企 業 会 計 基 準 第 25 号 包 括 利 益 の 表 示 に 関 する 会 計 基 準 ( 以 下 企 業 会 計 基 準 第 25 号 という )を 公 表 し 平 成 24 年 改 正 の 企 業 会 計 基 準 第 25 号 により 当 面 の 間 同 会 計 基 準 を 個 別 財 務 諸 表 に は 適 用 しないこととしたため 個 別 財 務 諸 表 上 は 引 き 続 き 評 価 換 算 差 額 等 として 表 記 することとしている また 平 成 17 年 会 計 基 準 の 公 開 草 案 に 対 するコメントの 中 には 評 価 換 算 差 額 等 の 各 項 目 は 株 主 資 本 に 含 める 方 が 妥 当 ではないかという 意 見 があった これは その 他 有 価 証 券 評 価 差 額 金 や 為 替 換 算 調 整 勘 定 などが 資 本 の 部 に 直 接 計 上 されていたことな どの 理 由 によるものと 考 えられる しかしながら 一 般 的 に 資 本 取 引 を 除 く 資 本 の 変 動 と 利 益 が 一 致 するという 関 係 は 会 計 情 報 の 信 頼 性 を 高 め 企 業 評 価 に 役 立 つものと 考 えられている 平 成 17 年 会 計 基 準 では 当 期 純 利 益 が 資 本 取 引 を 除 く 株 主 資 本 の 変 動 をもたらすという 関 係 を 重 視 し 評 価 換 算 差 額 等 を 株 主 資 本 とは 区 別 することとし た 平 成 25 年 改 正 会 計 基 準 においても 第 28 項 から 第 33 項 の 考 え 方 を 踏 襲 している 株 主 資 本 の 区 分 34. 株 主 資 本 は 平 成 17 年 会 計 基 準 の 公 表 前 と 同 様 に 資 本 金 資 本 剰 余 金 及 び 利 益 剰 余 金 に 区 分 する 資 本 性 の 剰 余 金 を 計 上 する 資 本 剰 余 金 は 個 別 貸 借 対 照 表 上 はさらに 会 社 法 で 定 める 資 本 準 備 金 とそれ 以 外 のその 他 資 本 剰 余 金 に 区 分 する これまで その 他 資 本 剰 余 金 は 資 本 金 及 び 資 本 準 備 金 の 取 崩 によって 生 ずる 剰 余 金 や 自 己 株 式 の 処 分 差 益 等 がその 内 容 を 示 す 科 目 に 区 分 して 表 示 されていた しかし 平 成 17 年 会 計 基 準 の 適 用 時 期 と 同 時 に 導 入 される 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 があれば 当 期 の 変 動 状 況 は 把 握 できることなどから 継 続 的 にその 他 資 本 剰 余 金 の 残 高 を 内 容 に 応 じて 区 別 しておく 必 然 性 は 乏 しく 平 成 17 年 会 計 基 準 では 個 別 貸 借 対 照 表 上 においても その 他 資 本 剰 余 金 の 内 訳 を 示 さないものとした( 第 6 項 (1) 参 照 ) 35. 利 益 性 の 剰 余 金 を 計 上 する 利 益 剰 余 金 は 個 別 貸 借 対 照 表 上 利 益 準 備 金 及 びその 他 利 益 剰 余 金 に 区 分 する これまで 利 益 剰 余 金 は 利 益 準 備 金 任 意 積 立 金 及 び 当 期 未 処 分 利 益 ( 又 は 当 期 未 処 理 損 失 )に 区 分 されていた これは 任 意 積 立 金 と 当 期 未 処 分 利 益 を 括 るだけの 区 分 を 設 ける 実 益 に 乏 しいことなどの 理 由 による しかしながら 会 計 上 は 任 意 積 立 金 の 区 分 を 設 ける 必 然 性 はなく また 会 社 法 上 も 利 益 準 備 金 任 意 積 立 金 及 びその 他 の 各 項 目 が 示 されれば 足 りると 解 されることから 平 成 17 年 会 計 基 準 では 利 益 剰 余 金 の 区 分 を 資 本 剰 余 金 の 区 分 と 対 称 とすることとした さらに その 他 利 益 剰 余 金 のうち 任 意 積 立 金 のように 株 主 総 会 又 は 取 締 役 会 の 決 議 に 基 づき 設 定 さ れる 項 目 については その 内 容 を 示 す 科 目 をもって 表 示 し それ 以 外 については 繰 越 利 益 剰 余 金 として 表 示 するものとした 後 者 は 今 後 決 算 日 後 の 利 益 処 分 としてで

12 はなく 剰 余 金 の 配 当 を 行 うことができるようになることなどから これまで 利 益 処 分 の 前 後 で 使 い 分 けられてきた 当 期 未 処 分 利 益 と 繰 越 利 益 に 代 え 繰 越 利 益 剰 余 金 と 称 したものである( 第 6 項 (2) 参 照 ) なお その 他 利 益 剰 余 金 又 は 繰 越 利 益 剰 余 金 の 金 額 が 負 となる 場 合 には マイナス 残 高 として 表 示 することとなる 36. 平 成 17 年 会 計 基 準 の 公 表 前 まで 個 別 損 益 計 算 書 においては 前 期 繰 越 利 益 に 当 期 純 利 益 やその 他 当 期 に 生 じた 利 益 剰 余 金 の 変 動 額 ( 一 定 の 目 的 のために 設 定 した 積 立 金 のその 目 的 に 従 った 取 崩 額 中 間 配 当 額 中 間 配 当 に 伴 う 利 益 準 備 金 の 積 立 額 等 )を 加 減 して 当 期 未 処 分 利 益 が 表 示 されてきた これを 受 けて 個 別 貸 借 対 照 表 では 当 期 未 処 分 利 益 が 表 示 され 決 算 日 後 の 利 益 処 分 を 経 て 利 益 処 分 計 算 書 において 当 期 未 処 分 利 益 から 利 益 処 分 額 を 控 除 し 次 期 繰 越 利 益 が 示 されていた 平 成 17 年 会 計 基 準 の 適 用 時 期 と 同 時 に 導 入 される 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 により 前 期 末 のその 他 利 益 剰 余 金 に 当 期 純 利 益 や 配 当 額 などの 当 期 の 変 動 額 を 加 減 して 当 期 末 のその 他 利 益 剰 余 金 が 示 されることとなる 37. なお 資 本 剰 余 金 には (1) 株 主 からの 払 込 資 本 を 表 す 払 込 剰 余 金 のほか (2) 贈 与 に より 発 生 する 剰 余 金 ( 資 本 的 支 出 に 充 てた 国 庫 補 助 金 等 )や (3) 資 本 修 正 により 発 生 する 剰 余 金 ( 貨 幣 価 値 変 動 に 伴 う 固 定 資 産 の 評 価 替 等 )を 含 むとの 考 えがある しかし (2)については 実 際 上 ほとんど 採 用 されていないと 思 われ (3)は 我 が 国 の 現 行 の 制 度 上 生 ずる 余 地 がない したがって これらの 論 点 については 平 成 17 年 会 計 基 準 では 検 討 の 対 象 とはしていない 平 成 25 年 改 正 会 計 基 準 においても 第 34 項 から 第 37 項 の 考 え 方 を 踏 襲 している 適 用 時 期 等 38. 平 成 17 年 会 計 基 準 の 適 用 時 期 について 公 開 草 案 では 平 成 18 年 4 月 1 日 以 後 開 始 する 事 業 年 度 から 適 用 することを 提 案 していた しかし その 後 会 社 法 の 計 算 書 類 に 関 する 規 定 が 当 該 施 行 日 以 後 終 了 する 事 業 年 度 から 適 用 されることが 明 らかとなった ため 平 成 17 年 会 計 基 準 では 一 律 に 会 社 法 施 行 日 以 後 終 了 する 中 間 連 結 会 計 期 間 及 び 中 間 会 計 期 間 に 係 る 中 間 連 結 財 務 諸 表 及 び 中 間 財 務 諸 表 並 びに 連 結 会 計 年 度 及 び 事 業 年 度 に 係 る 連 結 財 務 諸 表 及 び 財 務 諸 表 から 適 用 するものとした なお 会 社 法 施 行 日 以 後 終 了 する 連 結 会 計 年 度 及 び 事 業 年 度 に 係 る 連 結 財 務 諸 表 及 び 財 務 諸 表 から 適 用 した 場 合 でも これは 平 成 17 年 会 計 基 準 及 び 会 社 法 の 定 めに 基 づく ものであって 中 間 期 において 複 数 の 会 計 処 理 が 認 められている 中 から 選 択 適 用 する 場 合 ではないため いわゆる 中 間 年 度 の 首 尾 一 貫 性 が 保 持 されていない 場 合 には 該 当 し ないものと 考 えられる 39. 平 成 17 年 会 計 基 準 の 適 用 初 年 度 においては 期 間 比 較 を 容 易 にするように これま

13 での 資 本 の 部 の 合 計 に 相 当 する 金 額 を 注 記 することが 適 当 である なお 適 用 初 年 度 に おいては 会 計 基 準 の 変 更 に 伴 う 会 計 方 針 の 変 更 として 取 り 扱 うことに 留 意 する 以 上

結 論 の 背 景 26 検 討 の 経 緯 26 自 己 株 式 の 会 計 処 理 及 び 表 示 29 自 己 株 式 の 取 得 及 び 保 有 29 自 己 株 式 の 処 分 34 自 己 株 式 の 消 却 44 自 己 株 式 の 処 分 及 び 消 却 時 の 帳 簿 価 額 の

結 論 の 背 景 26 検 討 の 経 緯 26 自 己 株 式 の 会 計 処 理 及 び 表 示 29 自 己 株 式 の 取 得 及 び 保 有 29 自 己 株 式 の 処 分 34 自 己 株 式 の 消 却 44 自 己 株 式 の 処 分 及 び 消 却 時 の 帳 簿 価 額 の 企 業 会 計 基 準 第 1 号 自 己 株 式 及 び 準 備 金 の 額 の 減 少 等 に 関 する 会 計 基 準 平 成 14 年 2 月 21 日 改 正 平 成 17 年 12 月 27 日 改 正 平 成 18 年 8 月 11 日 最 終 改 正 平 成 2 7 年 3 月 2 6 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 会 計 基 準 3 範 囲 3 用

More information

⑨持分法基準

⑨持分法基準 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に 関 する 会 計 基 準 - 1 - 平 成 20 年 3 月 10 日 改 正 平 成 20 年 12 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 会 計 基 準 3 範 囲 3 用 語 の 定 義 4 会 計 処 理 6 持 分 法 の 適 用 範 囲 6 被 投 資 会 社 の 財 務 諸 表 8 持 分 法

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63> 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 9 号 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 17 年 12 月 27 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 最 終 改 正 平 成 25 年 9 月 13 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 適 用 指 針 は 平 成 26 年 11 月 18 日 に 公 表 された 企 業

More information

Microsoft Word - 外貨建取引.docx

Microsoft Word - 外貨建取引.docx 外 貨 建 取 引 第 1 回 : 外 貨 建 取 引 と 在 外 支 店 の 換 算 2010.09.02 新 日 本 有 限 責 任 監 査 法 人 公 認 会 計 士 山 岸 聡 はじめに 外 貨 建 取 引 等 会 計 処 理 基 準 ( 以 下 会 計 基 準 )および 会 計 制 度 委 員 会 報 告 第 4 号 外 貨 建 取 引 等 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 指 針

More information

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 23 号 信 託 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 19 年 8 月 2 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 20 年 12 月 26 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている (1) 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に

More information

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 (

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 ( 実 務 対 応 報 告 第 22 号 厚 生 年 金 基 金 に 係 る 交 付 金 の 会 計 処 理 に 関 する 当 面 の 取 扱 い 平 成 18 年 10 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 24 年 5 月 17 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている 企 業 会 計 基 準

More information

別添資料

別添資料 貸 借 対 照 表 ( 平 成 18 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 520,174 流 動 負 債 543,802 現 金 及 び 預 金 割 賦 債 権 営 業 貸 付 金 その 他 の 営 業 貸 付 債 権 賃 貸 料 等 未 収 入 金 カ ー ド 未 収 入 金 営 業 投 資 有

More information

⑫企業会計基準適用指針第6号

⑫企業会計基準適用指針第6号 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 6 号 固 定 資 産 の 減 損 に 係 る 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 15 年 10 月 31 日 改 正 平 成 20 年 1 月 24 日 最 終 改 正 平 成 21 年 3 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 3 範 囲 3 用 語 の 定 義 4 対 象 資 産 5 資

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱 っ

目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱 っ IFRSに 基 づく 連 結 財 務 諸 表 の 開 示 例 2016 年 3 月 31 日 金 融 庁 目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで ) 項 目 株 主 資 本 ( 単 位 : 百 万 円 ) 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 当 連 結 会

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで ) 項 目 株 主 資 本 ( 単 位 : 百 万 円 ) 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 当 連 結 会 法 令 および 定 款 に 基 づく インターネット 開 示 事 項 連 結 計 算 書 類 の 連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 計 算 書 類 の 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで) 木 村 化 工 機

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

Microsoft Word - 事業報告_監査法人用_FINAL.doc

Microsoft Word - 事業報告_監査法人用_FINAL.doc 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 2 月 28 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 そ の 他 貸 倒 引 当 金 固 定 資 産 有 形 固 定 資 産 建 物 構 築

More information

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378> 財 務 諸 表 の 見 方 岡 山 大 学 目 次 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 財 務 諸 表 の 体 系 貸 借 対 照 表 表 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 負 債 の 部 純 資 産 の 部 損 益 計 算 書 経 常 費 用 経 常 収 益 臨 時 損 益 等 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表

More information

<4D F736F F D B AD6938C81408E968BC695F18D908F AFA2E646F63>

<4D F736F F D B AD6938C81408E968BC695F18D908F AFA2E646F63> 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 8 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 そ の 他 固 定 資 産 有 形 固 定 資 産 建 物 構 築 物 機 械 装 置

More information

表1_4

表1_4 2010 2 4 9 12 14 17 22 24 26 28 30 34 34 35 39 40 43 46 50 52 54 55 56 58 70 110 111 113 114 117 118 120 121 124 131 12 14 17 22 24 26 28 30 34 34 35 39 40 43 1,318 64.6 19 39.2 42 64 747.7

More information

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477>

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477> Ⅳ 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 考 え 方 総 務 省 では 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 今 後 のあり 方 等 について 検 討 を 行 うため 平 成 年 6 月 8 日 から 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 等 研 究 会 を 開 催 し その 研 究 会 で 報 告 書 が 取 り まとめられました

More information

平成26年第Ⅱ回短答式試験-財務会計論

平成26年第Ⅱ回短答式試験-財務会計論 平 成 26 年 公 認 会 計 士 試 験 第 Ⅱ 回 短 答 式 試 験 財 務 会 計 論 講 評 ~ 計 算 の 講 評 ~ 財 務 会 計 論 計 算 問 題 に 関 しては, 個 別 問 題 (10 問 )に 加 えて, 問 題 19 以 降, 総 合 問 題 形 式 の 出 題 が 個 別 論 点 の 総 合 問 題 (7 問 )と 連 結 会 計 の 総 合 問 題 (7 問 )の2

More information

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表 法 人 単 位 連 結 財 務 諸 表 -1- ( 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ) ( 単 位 : 円 ) 連 結 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 資 産 の 部 Ⅰ 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 383,930,868,159 代 理 店 勘 定 50,479,456,400 有 価 証 券 759,499,383,243

More information

2 連 結 注 記 表 連 結 計 算 書 類 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 連 結 子 会 社 の 数 8 社 連 結 子 会 社 の 名 称 日 精 興 産 日 精 バイリス アルボース オレオトレ

2 連 結 注 記 表 連 結 計 算 書 類 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 連 結 子 会 社 の 数 8 社 連 結 子 会 社 の 名 称 日 精 興 産 日 精 バイリス アルボース オレオトレ 1 法 令 および 定 款 に 基 づく インターネット 開 示 事 項 連 結 注 記 表 個 別 注 記 表 第 146 期 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 から 平 成 26 年 3 月 31 日 まで) 上 記 の 事 項 につきましては 法 令 および 当 社 定 款 第 15 条 の 規 定 に 基 づき インターネット 上 の 当 社 ホームページ (http://www.nipponseika.co.jp/)に

More information

スライド 1

スライド 1 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 地 方 公 営 企 業 とは 那 覇 市 上 下 水 道 局 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 な 考 え 方 地 方 公 営 企 業 の 会 計 制 度 は 地 方 公 営 企 業 法 及 び 関 係 政 省 令 の 改 正 に 伴 い 昭 和 41 年 以 来 約 半 世 紀 ぶりに

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

Microsoft Word - 2-13-3-2-20080902.doc

Microsoft Word - 2-13-3-2-20080902.doc 非 営 利 法 人 委 員 会 研 究 資 料 第 3 号 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 と 展 望 平 成 20 年 9 月 2 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1. 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 認 識 と 問 題 点... 1 (1) 設 立 根 拠 法 令 ごとの 会 計 基 準... 1 (2) 所 轄 庁 の 指 導 監 督 目 的 と 会 計 基 準...

More information

独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q& につい て 1 性 格 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q&( 以 下 本 Q& という )は 独 立 行

独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q& につい て 1 性 格 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q&( 以 下 本 Q& という )は 独 立 行 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 するQ& 平 成 12 年 8 月 ( 平 成 24 年 3 月 最 終 改 訂 ) 総 務 省 行 政 管 理 局 財 務 省 主 計 局 日 本 公 認 会 計 士 協 会 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q& につい

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

たものであり 必 ずしも 理 屈 の 面 から 定 められたものではないことから 5 年 を 超 える 見 積 可 能 期 間 に 係 る 繰 延 税 金 資 産 の 計 上 金 額 と 計 上 根 拠 を 開 示 する 理 由 が 乏 し いこと 結 果 として 企 業 の 分 類 を 開 示 す

たものであり 必 ずしも 理 屈 の 面 から 定 められたものではないことから 5 年 を 超 える 見 積 可 能 期 間 に 係 る 繰 延 税 金 資 産 の 計 上 金 額 と 計 上 根 拠 を 開 示 する 理 由 が 乏 し いこと 結 果 として 企 業 の 分 類 を 開 示 す 第 332 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 資 料 番 号 日 付 審 議 事 項 (6)-3 2016 年 3 月 23 日 プロジェクト 項 目 税 効 果 会 計 税 効 果 会 計 に 関 する 開 示 の 検 討 - 合 理 的 な 説 明 に 関 連 する 開 示 本 資 料 の 目 的 1. 本 資 料 は 税 効 果 会 計 に 係 る 開 示 に 関 する 論 点 のうち

More information

しかし 主 に 欧 州 の 一 部 の 回 答 者 は 受 託 責 任 について 資 源 配 分 の 意 思 決 定 の 有 用 性 とは 独 立 の 財 務 報 告 の 目 的 とすべきであると 回 答 した 本 ED に 対 する ASBJ のコメント レターにおける 意 見 経 営 者 の 受

しかし 主 に 欧 州 の 一 部 の 回 答 者 は 受 託 責 任 について 資 源 配 分 の 意 思 決 定 の 有 用 性 とは 独 立 の 財 務 報 告 の 目 的 とすべきであると 回 答 した 本 ED に 対 する ASBJ のコメント レターにおける 意 見 経 営 者 の 受 第 337 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 資 料 番 号 日 付 審 議 (2)-3 2016 年 5 月 31 日 プロジェクト 項 目 概 念 フレームワーク 概 念 フレームワークの 見 直 しに 関 する IASB における 議 論 の 状 況 Ⅰ. 本 資 料 の 目 的 1. 2016 年 5 月 の 国 際 会 計 基 準 審 議 会 (IASB)ボード 会 議 では 公 開

More information

連 結 注 記 表 1. 連 結 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 (1) 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 子 会 社 22 社 は 全 て 連 結 しております なお 当 連 結 会 計 年 度 より 新 たに 山 形 ア

連 結 注 記 表 1. 連 結 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 (1) 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 子 会 社 22 社 は 全 て 連 結 しております なお 当 連 結 会 計 年 度 より 新 たに 山 形 ア 連 結 注 記 表 1. 連 結 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 (1) 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 子 会 社 22 社 は 全 て 連 結 しております なお 当 連 結 会 計 年 度 より 新 たに 山 形 アキレスエアロン 株 式 会 社 を 設 立 したことにより 連 結 の 範 囲 に 含 めております

More information

連 結 注 記 表 1. 連 結 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 (1) 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 1 連 結 子 会 社 の 数 及 び 名 称 連 結 子 会 社 の 数 0 社 連 結 子 会 社 の 名 称

連 結 注 記 表 1. 連 結 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 (1) 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 1 連 結 子 会 社 の 数 及 び 名 称 連 結 子 会 社 の 数 0 社 連 結 子 会 社 の 名 称 第 18 回 定 時 株 主 総 会 招 集 ご 通 知 に 際 しての イ ン タ ー ネ ッ ト 開 示 事 項 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 ( 自 平 成 27 年 4 月 1 日 至 平 成 28 年 3 月 31 日 ) 株 式 会 社 Eストアー 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 及 び 計 算 書 類 の 個 別

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

している 5. これに 対 して 親 会 社 の 持 分 変 動 による 差 額 を 資 本 剰 余 金 として 処 理 した 結 果 資 本 剰 余 金 残 高 が 負 の 値 となるような 場 合 の 取 扱 いの 明 確 化 を 求 めるコメントが 複 数 寄 せられた 6. コメントでは 親

している 5. これに 対 して 親 会 社 の 持 分 変 動 による 差 額 を 資 本 剰 余 金 として 処 理 した 結 果 資 本 剰 余 金 残 高 が 負 の 値 となるような 場 合 の 取 扱 いの 明 確 化 を 求 めるコメントが 複 数 寄 せられた 6. コメントでは 親 第 265 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 資 料 番 号 日 付 審 議 事 項 (3) 2013 年 5 月 29 日 プロジェクト 項 目 企 業 結 合 (ステップ2) 公 開 草 案 に 対 するコメントへの 対 応 I. 検 討 の 経 緯 1. 平 成 25 年 1 月 に 企 業 会 計 基 準 公 開 草 案 第 49 号 企 業 結 合 に 関 する 会 計 基 準 (

More information

250912資料.xdw

250912資料.xdw 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 について ~ 会 計 基 準 の 概 要 運 用 指 針 ~ 平 成 25 年 9 月 12 日 ( 木 ) 小 野 瀬 木 下 税 理 士 法 人 小 野 瀬 公 認 会 計 士 事 務 所 大 木 芳 則 本 日 の 研 修 の 目 的 1. 新 会 計 基 準 の 構 成 について 理 解 しましょう! > 基 準 本 文 > 基 準 注 解 > 運 用

More information

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 一 般 社 団 法 人 全 国 農 業 経 営 コンサルタント 協 会 公 益 社 団 法 人 日 本 農 業 法 人 協 会 1 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が

More information

連 結 注 記 表 ( 連 結 計 算 書 類 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 ) 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 (1) 連 結 子 会 社 の 数 3 社 連 結 子 会 社 の 名 称 株 式 会 社 ミック 株 式 会 社 モリワン 株 式 会 社 テッ

連 結 注 記 表 ( 連 結 計 算 書 類 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 ) 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 (1) 連 結 子 会 社 の 数 3 社 連 結 子 会 社 の 名 称 株 式 会 社 ミック 株 式 会 社 モリワン 株 式 会 社 テッ 第 42 回 定 時 株 主 総 会 招 集 ご 通 知 に 際 しての インターネット 開 示 事 項 第 42 期 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで) 1 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 2 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 はるやま 商 事 株 式 会 社 本 内 容 は 法 令 及 び 当 社 定 款 第 17 条 の

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

Microsoft Word - ②【発出版】140319通知案(医療法人会計基準)

Microsoft Word - ②【発出版】140319通知案(医療法人会計基準) 医 政 発 0319 第 7 号 平 成 26 年 3 月 19 日 各 都 道 府 県 知 事 各 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 長 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 医 療 法 人 会 計 基 準 について 医 療 法 人 の 会 計 処 理 については これまで 病 院 会 計 準 則 の 改 正 について ( 平 成 16 年 8 月 19 日 医 政 発 0819001 号 厚 生

More information

1. 重 要 な 会 計 方 針 財 務 諸 表 の 注 記 財 務 諸 表 の 作 成 は NPO 法 人 会 計 基 準 (2010 年 7 月 20 日 2011 年 11 月 20 日 一 部 改 正 NPO 法 人 会 計 基 準 協 議 会 )によっています 同 基 準 では 特 定 非

1. 重 要 な 会 計 方 針 財 務 諸 表 の 注 記 財 務 諸 表 の 作 成 は NPO 法 人 会 計 基 準 (2010 年 7 月 20 日 2011 年 11 月 20 日 一 部 改 正 NPO 法 人 会 計 基 準 協 議 会 )によっています 同 基 準 では 特 定 非 記 載 例 1 ( 現 預 金 以 外 に 資 産 負 債 がない 場 合 ) ( 名 称 ) 活 動 計 算 書 ( 注 ) 年 月 日 から 年 月 日 まで Ⅰ 経 常 収 益 1. 受 取 会 費 700,000 2. 受 取 寄 付 金 290,000 3. その 他 収 益 10,000 経 常 収 益 計 1,000,000 Ⅱ 経 常 費 用 1. 事 業 費 臨 時 雇 賃 金 200,000

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303130944E91E6318E6C94BC8AFA925A904D8354837D838A815B8BA693AF8E9497BF2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303130944E91E6318E6C94BC8AFA925A904D8354837D838A815B8BA693AF8E9497BF2E646F63> 平 成 23 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 22 年 7 月 30 日 上 場 会 社 名 協 同 飼 料 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 2052 URL http://www.kyodo-shiryo.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 村 井 弘 一

More information

<874031343033814091DD8ED891CE8FC6955C2E786C73>

<874031343033814091DD8ED891CE8FC6955C2E786C73> 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 181,154,164 流 動 負 債 158,796,609 現 金 及 び 預 金 1,266,240 買 掛 金 88,750,649 割 賦 売 掛 金 157,726,828 短 期 借 入 金 31,500,000 営 業 貸 付 金 20,381

More information

リング 不 能 な 将 来 減 算 一 時 差 異 に 係 る 繰 延 税 金 資 産 について 回 収 可 能 性 がないも のとする 原 則 的 な 取 扱 いに 対 して スケジューリング 不 能 な 将 来 減 算 一 時 差 異 を 回 収 できることを 反 証 できる 場 合 に 原 則

リング 不 能 な 将 来 減 算 一 時 差 異 に 係 る 繰 延 税 金 資 産 について 回 収 可 能 性 がないも のとする 原 則 的 な 取 扱 いに 対 して スケジューリング 不 能 な 将 来 減 算 一 時 差 異 を 回 収 できることを 反 証 できる 場 合 に 原 則 第 323 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 資 料 番 号 日 付 審 議 事 項 (5)-4 2015 年 11 月 6 日 プロジェクト 項 目 税 効 果 会 計 公 開 草 案 に 対 するコメントへの 対 応 - 合 理 的 な 説 明 に 関 する 取 扱 い 本 資 料 の 目 的 1. 本 資 料 は 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 公 開 草 案 第 54 号 繰

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093648E718CF68D9097708C768E5A8F9197DE>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093648E718CF68D9097708C768E5A8F9197DE> 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 1,424,389 流 動 負 債 1,460,450 現 金 及 び 預 金 988,384 買 掛 金 753 売 掛 金 334,616 短 期 借 入 金 182,000 リ ー ス 債 権 15,287 一 年 内 返 済 予 定 の 長

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 27 年 4 月 1 日 至 平 成 28 年 3 月 31 日 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 包 括 信 用 購 入 あっせん 収 益 14,805,239 融 資 収 益 3,334,100 受 託 収 益 1,049,043 キャッシュプリカ 収 益

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 27 年 4 月 1 日 至 平 成 28 年 3 月 31 日 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 包 括 信 用 購 入 あっせん 収 益 14,805,239 融 資 収 益 3,334,100 受 託 収 益 1,049,043 キャッシュプリカ 収 益 貸 借 対 照 表 ( 平 成 28 年 3 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 153,178,424 流 動 負 債 123,325,404 現 金 及 び 預 金 1,672,110 買 掛 金 65,401,410 割 賦 売 掛 金 134,705,965 短 期 借 入 金 27,000,000 リース 投 資 資 産

More information

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形 第 44 期 計 算 書 類 ( 自 平 成 25 年 12 月 1 日 至 平 成 26 年 11 月 30 日 ) (1) 貸 借 対 照 表 (2) 損 益 計 算 書 (3) 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 (4) 個 別 注 記 表 株 式 会 社 アクタス 東 京 都 新 宿 区 新 宿 2 丁 目 19 番 1 号 1 (1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月

More information

会社法施行規則及び会社計算規則による株式会社の各種書類のひな型(改訂版)

会社法施行規則及び会社計算規則による株式会社の各種書類のひな型(改訂版) 会 社 法 施 行 規 則 及 び 会 社 計 算 規 則 による 株 式 会 社 の 各 種 書 類 のひな 型 ( 改 訂 版 ) 2010 年 12 月 17 日 社 団 法 人 日 本 経 済 団 体 連 合 会 経 済 法 規 委 員 会 企 画 部 会 会 社 法 施 行 規 則 及 び 会 社 計 算 による 株 式 会 社 の 各 種 書 類 のひな 型 ( 改 訂 版 ) 目 次

More information

6-1 第 6 章 ストック オプション 会 計 設 例 1 基 本 的 処 理 Check! 1. 費 用 の 計 上 ( 1 年 度 ) 2. 費 用 の 計 上 ( 2 年 度 )- 権 利 不 確 定 による 失 効 見 積 数 の 変 動 - 3. 費 用 の 計 上 ( 3 年 度 )-

6-1 第 6 章 ストック オプション 会 計 設 例 1 基 本 的 処 理 Check! 1. 費 用 の 計 上 ( 1 年 度 ) 2. 費 用 の 計 上 ( 2 年 度 )- 権 利 不 確 定 による 失 効 見 積 数 の 変 動 - 3. 費 用 の 計 上 ( 3 年 度 )- テキスト 6-1 第 6 章 ストック オプション 会 計 設 例 1 基 本 的 処 理 Check! 1. 費 用 の 計 上 ( 1 年 度 ) 2. 費 用 の 計 上 ( 2 年 度 )- 権 利 不 確 定 による 失 効 見 積 数 の 変 動 - 3. 費 用 の 計 上 ( 3 年 度 )- 権 利 の 確 定 - 4. 権 利 行 使 ( 新 株 の 発 行 ) 5. 権 利 行

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

Ⅲ 設 例 による 解 説 設 例 1 市 場 販 売 目 的 のソフトウェアの 減 価 償 却 の 方 法 (その1) 販 売 開 始 時 における 見 込 みどおりに 各 年 度 の 販 売 収 益 が 計 上 された 場 合 設 例 2 市 場 販 売 目 的 のソフトウェアの 減 価 償 却

Ⅲ 設 例 による 解 説 設 例 1 市 場 販 売 目 的 のソフトウェアの 減 価 償 却 の 方 法 (その1) 販 売 開 始 時 における 見 込 みどおりに 各 年 度 の 販 売 収 益 が 計 上 された 場 合 設 例 2 市 場 販 売 目 的 のソフトウェアの 減 価 償 却 会 計 制 度 委 員 会 報 告 第 12 号 研 究 開 発 費 及 びソフトウェアの 会 計 処 理 に 関 する 実 務 指 針 平 成 11 年 3 月 31 日 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 項 Ⅰ 研 究 開 発 費 及 びソフトウェアの 会 計 処 理 に 関 する 実 務 指 針 はじめに 1-1-2 研 究 開 発 の 範

More information

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 (2015 年 6 月 1 日 から2016 年 5 月 31 日 まで) 株 主 資 本 ( 単 位 : 千 円 ) 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 当 期 首 残 高 2,049,318

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 (2015 年 6 月 1 日 から2016 年 5 月 31 日 まで) 株 主 資 本 ( 単 位 : 千 円 ) 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 当 期 首 残 高 2,049,318 株 主 各 位 第 79 回 定 時 株 主 総 会 招 集 ご 通 知 に 際 しての インターネット 開 示 情 報 連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 (2015 年 6 月 1 日 から2016 年 5 月 31 日 まで) 上 記 の 事 項 は 法

More information

生 命 保 険 会 社 損 益 状 況 を 見 る 通 常 事 業 活 動 による 損 益 ( 経 常 損 益 ) 一 般 に 経 常 損 益 とは 通 常 事 業 活 動 で 発 生 した 損 益 得 られる 収 益 です ことです 経 常 損 益 中 には 経 常 収 益 経 常 費 用 これに

生 命 保 険 会 社 損 益 状 況 を 見 る 通 常 事 業 活 動 による 損 益 ( 経 常 損 益 ) 一 般 に 経 常 損 益 とは 通 常 事 業 活 動 で 発 生 した 損 益 得 られる 収 益 です ことです 経 常 損 益 中 には 経 常 収 益 経 常 費 用 これに 生 命 保 険 会 社 損 益 状 況 を 見 る 損 益 計 算 書 は 事 業 年 度 経 営 成 績 を 表 すもです こ 章 では まず 生 命 保 険 会 社 損 益 計 算 特 徴 を 説 明 し さらに 主 な 項 目 について どように 損 益 を 計 算 しているかを 解 説 していきます 生 命 保 険 会 社 損 益 計 算 特 徴 を 知 る 生 命 保 険 会 社 損 益

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 23 年 4 月 1 日 至 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 包 括 信 用 購 入 あっせん 収 益 13,520,219 融 資 収 益 4,434,360 受 託 収 益 1,234,189 キャッシュプリカ 収 益

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 23 年 4 月 1 日 至 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 包 括 信 用 購 入 あっせん 収 益 13,520,219 融 資 収 益 4,434,360 受 託 収 益 1,234,189 キャッシュプリカ 収 益 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 163,840,934 流 動 負 債 153,126,123 現 金 及 び 預 金 2,624,413 買 掛 金 76,611,319 割 賦 売 掛 金 140,771,196 短 期 借 入 金 28,000,000 営 業 貸 付 金 36,353

More information

連結計算書

連結計算書 第 54 期 決 算 公 告 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 728,213 流 動 負 債 527,973 現 金 及 び 預 金 22,917 短 期 借 入 金 398,450 営 業 貸 付 金 714,350 1 年 内 返

More information

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= 平 成 22 年 3 月 期 決 算 短 信 平 成 22 年 5 月 14 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 ) 管 理 本 部 経

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 85,772 流 動 負 債 22,025 現 金 及 び 預 金 49,232 営 業 未 払 金 1,392 営 業 未 収 入 金 6,597 未 払 金 1,173 前 払 費 用 313 未

More information

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙 平 成 22 事 業 年 度 財 務 諸 表 自 : 平 成 22 年 4 月 1 日 至 : 平 成 23 年 3 月 31 日 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項

More information

連 結 損 益 計 算 書 売 上 高 及 びその 他 の 営 業 収 入 営 業 費 用 売 上 原 価 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 研 究 開 発 費 営 業 費 用 合 計 営 業 利 益 営 業 外 収 益 ( 費 用 ) 受 取 利 息 支 払 利 息 営 業 外 収 益 (

連 結 損 益 計 算 書 売 上 高 及 びその 他 の 営 業 収 入 営 業 費 用 売 上 原 価 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 研 究 開 発 費 営 業 費 用 合 計 営 業 利 益 営 業 外 収 益 ( 費 用 ) 受 取 利 息 支 払 利 息 営 業 外 収 益 ( 任 意 適 用 に 伴 う 連 結 財 務 諸 表 の 変 化 点 国 際 財 務 報 告 基 準 () 任 意 適 用 に 伴 い 2015 年 4 月 下 旬 に 発 表 を 予 定 しております 2016 年 3 月 期 連 結 業 績 予 想 につきましてはで 開 示 いたします 2016 年 3 月 期 連 結 業 績 予 想 の 米 国 会 計 基 準 との 数 値 の 差 異 につきましては

More information

https://edits1.pronexus.co.jp/cgi-bin/WebObjects/Edits.woa/67/w

https://edits1.pronexus.co.jp/cgi-bin/WebObjects/Edits.woa/67/w 四 半 期 報 告 書 ( 第 67 期 第 1 四 半 期 ) 自 平 成 20 年 4 月 1 日 至 平 成 20 年 6 月 30 日 丸 八 証 券 株 式 会 社 目 次 表 紙 頁 第 一 部 企 業 情 報 第 1 企 業 の 概 況 1 主 要 な 経 営 指 標 等 の 推 移 1 2 事 業 の 内 容 2 3 関 係 会 社 の 状 況 2 4 従 業 員 の 状 況 2 第

More information

<ご 参 考 資 料 1> 要 約 連 結 財 政 状 態 計 算 書 ( 単 位 : 億 円 ) 平 成 21 年 3 月 31 日 平 成 22 年 3 月 31 日 資 産 : 現 金 及 び 預 け 金 6,681 10,278 コールローン 298 1,124 債 券 貸 借 取 引 支

<ご 参 考 資 料 1> 要 約 連 結 財 政 状 態 計 算 書 ( 単 位 : 億 円 ) 平 成 21 年 3 月 31 日 平 成 22 年 3 月 31 日 資 産 : 現 金 及 び 預 け 金 6,681 10,278 コールローン 298 1,124 債 券 貸 借 取 引 支 各 位 平 成 22 年 11 月 9 日 米 国 証 券 取 引 委 員 会 宛 て Form F-4 の 提 出 について ( 以 下 中 央 三 井 )と ( 以 下 住 友 信 託 )は 両 社 の 経 営 統 合 につき 米 国 証 券 法 に 基 づく 登 録 届 出 書 Form F-4 を 作 成 し 中 央 三 井 は 平 成 22 年 11 月 8 日 ( 米 国 東 部 時 間

More information

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor2/html_gene.asp

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor2/html_gene.asp 平 成 21 年 3 月 期 決 算 短 信 平 成 21 年 5 月 15 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 ) 管 理 本 部 経

More information

<8DE096B18F94955C816996BE8DD78ADC82DE816A81798F4390B394C5817A8169959F89AA8BB388E791E58A77816A2E786C73>

<8DE096B18F94955C816996BE8DD78ADC82DE816A81798F4390B394C5817A8169959F89AA8BB388E791E58A77816A2E786C73> 平 成 16 事 業 年 度 ( 第 1 期 事 業 年 度 ) 財 務 諸 表 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 ~ 平 成 17 年 3 月 31 日 ) 国 立 大 学 法 人 福 岡 教 育 大 学 資 産 の 部 Ⅰ 固 定 資 産 1 有 形 固 定 資 産 土 地 24,078,450 建 物 1,416,003 減 価 償 却 累 計 額 53,476 1,362,527 構

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 24 年 4 月 1 日 至 平 成 25 年 3 月 31 日 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 包 括 信 用 購 入 あっせん 収 益 14,068,775 融 資 収 益 3,687,647 受 託 収 益 1,203,223 キャッシュプリカ 収 益

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 24 年 4 月 1 日 至 平 成 25 年 3 月 31 日 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 包 括 信 用 購 入 あっせん 収 益 14,068,775 融 資 収 益 3,687,647 受 託 収 益 1,203,223 キャッシュプリカ 収 益 貸 借 対 照 表 ( 平 成 25 年 3 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 160,714,729 流 動 負 債 141,541,788 現 金 及 び 預 金 2,059,886 買 掛 金 78,123,590 割 賦 売 掛 金 138,651,962 短 期 借 入 金 27,000,000 営 業 貸 付 金 16,098

More information

 

  第 4 経 理 の 状 況 1. 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 方 法 について 当 社 の 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 は 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 用 語 様 式 及 び 作 成 方 法 に 関 する 規 則 ( 平 成 19 年 内 閣 府 令 第 64 号 )に 基 づいて 作 成 しております 2. 監 査 証 明 について 当 社 は 金 融 商

More information

1 2 3 4 1 2 3 4 5 1 2 3 4 5

1 2 3 4 1 2 3 4 5 1 2 3 4 5 ROKIN DISCLOSURE 2016 1 2 3 4 1 2 3 4 5 1 2 3 4 5 ROKIN 2016 DISCLOSURE 1 2 貸 借 対 照 表 注 記 1. 記 載 金 額 は 百 万 円 未 満 を 切 り 捨 てて 表 示 しております 2. 有 価 証 券 の 評 価 基 準 および 評 価 方 法 有 価 証 券 の 評 価 は 子 会 社 株 式 については 移

More information

貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 12 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 364,872,135 流 動 負 債 321,091,150 現 金 及 び 預 金 31,827,208 支 払 手 形 6,

貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 12 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 364,872,135 流 動 負 債 321,091,150 現 金 及 び 預 金 31,827,208 支 払 手 形 6, 計 算 書 類 第 13 期 平 成 24 年 1 月 1 日 から 平 成 24 年 12 月 31 日 まで 楽 天 カード 株 式 会 社 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 12 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 364,872,135 流 動 負 債 321,091,150 現 金 及 び 預 金

More information

平成25年度決算への新会計基準の影響

平成25年度決算への新会計基準の影響 平 成 25 年 度 決 算 への 新 会 計 基 準 の 影 響 枚 方 市 上 下 水 道 局 2015/03/31 新 会 計 基 準 適 用 による 決 算 への 影 響 解 説 目 次 平 成 25 年 度 決 算 の 概 況... 1 地 方 公 営 企 業 会 計 の 特 徴... 1 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 見 直 しの 概 要... 3 借 入 賅 本 金 制 度

More information

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会 1 税 目 1. 国 税 ( 所 得 税 ) 要 望 カテゴリー 1 69. その 他 所 得 税 ( 国 税 ) 不 動 産 所 得 と 事 業 所 得 を 統 合 すること 事 業 所 得 と 不 動 産 所 得 の 区 分 は 資 産 所 得 の 合 算 課 税 が 行 われていたころの 名 残 であり 不 動 産 所 得 にも 一 定 の 労 務 の 提 供 及 びリスクの 負 担 があり

More information

Microsoft Word - 1608 ETF・日経400ベア決算短信.doc

Microsoft Word - 1608 ETF・日経400ベア決算短信.doc 平 成 ( 平 成 27 年 8 月 21 日 ~ 平 成 28 年 8 月 20 日 ) 決 算 短 信 平 成 28 年 9 月 28 日 上 場 取 引 所 東 証 フ ァ ン ド 名 JPX 日 経 400ベア 上 場 投 信 (インバース) コ ー ド 番 号 1468 連 動 対 象 指 標 JPX 日 経 400インバース インデックス 主 要 投 資 資 産 公 社 債 売 買 単

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63> 3 月 決 算 法 人 の 決 算 申 告 のポイント 平 成 23 年 4 月 7 日 九 州 北 部 税 理 士 会 福 岡 支 部 夜 間 研 修 税 理 士 有 田 義 博 目 次 平 成 22 年 度 税 制 改 正 から... 1 いわゆる 自 販 機 節 税 封 じ( 消 費 税 )... 1 1. 平 成 22 年 度 改 正 の 内 容... 1 2. 適 用 時 期 ( 改 正

More information

目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 損 益 計 算 書 3 7. 指 定 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 個 別 注 記 表 4 8. 附 帯 事 業 損 益 明 細 表 固 定 資 産

目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 損 益 計 算 書 3 7. 指 定 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 個 別 注 記 表 4 8. 附 帯 事 業 損 益 明 細 表 固 定 資 産 電 気 通 信 役 務 に 関 する 収 支 の 状 況 その 他 会 計 に 関 する 事 項 ( 電 気 通 信 事 業 法 第 30 条 第 5 項 による) 第 16 期 平 成 2 6 年 4 月 1 日 から 平 成 2 7 年 3 月 31 日 まで 西 日 本 電 信 電 話 株 式 会 社 目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明

More information

連 結 注 記 表 ( 連 結 計 算 書 類 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 ) 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 連 結 子 会 社 の 状 況 (1) 連 結 子 会 社 の 数 22 社 当 連 結 会 計 年 度 より 次 のとおり 連 結 の 範 囲

連 結 注 記 表 ( 連 結 計 算 書 類 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 ) 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 連 結 子 会 社 の 状 況 (1) 連 結 子 会 社 の 数 22 社 当 連 結 会 計 年 度 より 次 のとおり 連 結 の 範 囲 法 令 及 び 定 款 に 基 づくインターネット 開 示 事 項 第 5 回 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 ~ 平 成 28 年 3 月 31 日 ) 1 2 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 法 令 及 び 定 款 第 16 条 の 規 定 に 基 づき 当 社 ホームページ (http://tokaiholdings.co.jp/ir/library/meeting.html)に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031957B92868E7382CC8DE096B18F94955C8169955C8E86816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031957B92868E7382CC8DE096B18F94955C8169955C8E86816A2E646F6378> 府 中 市 の 財 務 諸 表 ( 平 成 2 年 度 決 算 ) 広 島 県 府 中 市 平 成 22 年 3 月 は じ め に 今 日 わが 国 全 体 の 財 政 状 況 は 危 機 的 状 況 にあるといわれる 中 で 公 会 計 について 現 在 の 現 金 主 義 による 財 務 情 報 に 加 え 資 産 債 務 の 現 状 とその 推 移 などの 情 報 を 国 が 示 した 統

More information

Microsoft Word - 平27答申.doc

Microsoft Word - 平27答申.doc 平 成 28 年 3 月 17 日 中 小 法 人 の 範 囲 と 税 制 のあり 方 について - 平 成 27 年 度 諮 問 に 対 する 答 申 - 日 本 税 理 士 会 連 合 会 税 制 審 議 会 税 制 審 議 会 委 員 名 簿 本 答 申 の 審 議 に 参 加 した 特 別 委 員 及 び 専 門 委 員 は 次 のとおりである 特 別 委 員 ( 会 長 ) 金 子 宏

More information

目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった 事 例 1 事 例 3 持 株 奨 励 金 を

目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった 事 例 1 事 例 3 持 株 奨 励 金 を 外 形 標 準 課 税 に 関 する 申 告 誤 り 事 例 ( 調 査 で 判 明 した 事 例 ) 平 成 28 年 3 月 福 井 県 税 事 務 所 目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった

More information

9 キャッシュ フロー 計 算 書 の 導 入 10 勘 定 科 目 等 の 見 直 し 11 組 入 資 本 金 制 度 の 廃 止 ( 資 本 制 度 の 見 直 しの 積 み 残 し) 財 務 諸 表 趣 旨 見 直 し 項 目 1 貸 借 対 照 表 財 産 状 態 の 適 切 な 反 映

9 キャッシュ フロー 計 算 書 の 導 入 10 勘 定 科 目 等 の 見 直 し 11 組 入 資 本 金 制 度 の 廃 止 ( 資 本 制 度 の 見 直 しの 積 み 残 し) 財 務 諸 表 趣 旨 見 直 し 項 目 1 貸 借 対 照 表 財 産 状 態 の 適 切 な 反 映 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 改 正 概 要 について < 趣 旨 > 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 改 正 については 総 務 省 資 料 では4つの 背 景 を 掲 げ ているが その 趣 旨 は 公 営 企 業 が 経 営 の 実 態 をより 正 確 に 把 握 し それに 基 づいた 経 営 戦 略 を 立 てることができるようにするとともに その 戦 略 を 主 体

More information

敷 金 保 証 金 投 資 有 価 証 券 子 会 社 株 式 関 連 会 社 株 式 ( 負 債 の 部 ) 科 目 大 科 目 中 科 目 流 動 負 債 固 定 負 債 ( 正 味 財 産 の 部 ) 基 金 科 支 払 手 形 未 払 金 前 受 金 預 り 金 短 期 借 入 金 1 年

敷 金 保 証 金 投 資 有 価 証 券 子 会 社 株 式 関 連 会 社 株 式 ( 負 債 の 部 ) 科 目 大 科 目 中 科 目 流 動 負 債 固 定 負 債 ( 正 味 財 産 の 部 ) 基 金 科 支 払 手 形 未 払 金 前 受 金 預 り 金 短 期 借 入 金 1 年 公 益 法 人 会 計 基 準 の 運 用 指 針 ( 平 成 20 年 4 月 平 成 21 年 10 月 改 正 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 ) 抜 粋 12. 財 務 諸 表 の 科 目 ここに 示 した 財 務 諸 表 を 作 成 する 際 の 科 目 は 一 般 的 標 準 的 なものであり 事 業 の 種 類 規 模 等 に 応 じて 科 目 を 追 加 することができる

More information

連 結 注 記 表 連 結 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 等 ( 連 結 の 範 囲 等 に 関 する 事 項 ) 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 (1) 連 結 子 会 社 の 状 況 1 連 結 子 会 社 の 数 15 社 2 主 要

連 結 注 記 表 連 結 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 等 ( 連 結 の 範 囲 等 に 関 する 事 項 ) 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 (1) 連 結 子 会 社 の 状 況 1 連 結 子 会 社 の 数 15 社 2 主 要 第 153 期 定 時 株 主 総 会 招 集 ご 通 知 に 際 してのインターネット 開 示 事 項 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 連 結 注 記 表 および 個 別 注 記 表 につきましては 法 令 および 当 社 定 款 第 14 条 の 規 定 に 基 づき インターネット 上 の 当 社 ウェブサイト (http://www.dynic.co.jp)に

More information

第316回取締役会議案

第316回取締役会議案 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 30,235,443 流 動 負 債 25,122,730 現 金 及 び 預 金 501,956 支 払 手 形 2,652,233 受 取 手 形 839,303 買 掛 金 20,067,598 売 掛 金 20,810,262

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 23 年 4 月 1 日 至 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 金 額 ( 単 位 : 百 万 円 ) 売 上 高 99,163 売 上 原 価 90,815 売 上 総 利 益 8,347 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 4,661 営 業 利 益

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 23 年 4 月 1 日 至 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 金 額 ( 単 位 : 百 万 円 ) 売 上 高 99,163 売 上 原 価 90,815 売 上 総 利 益 8,347 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 4,661 営 業 利 益 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 金 額 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 59,772 流 動 負 債 30,678 現 金 及 び 預 金 7,239 支 払 手 形 121 受 取 手 形 1,047 買 掛 金 22,341 売 掛 金 43,230 短 期 借 入 金 5,506 商

More information

Microsoft Word - AMT Capital Markets Legal Update _February 2013_.doc

Microsoft Word - AMT Capital Markets Legal Update _February 2013_.doc CAPITAL MARKETS LEGAL UPDATE 2013 年 2 月 C ONTENTS 1 見 直 しの 背 景 2 資 金 調 達 資 本 政 策 手 段 の 多 様 化 3 ガバナンスの 向 上 に 向 けた 仕 組 みの 導 入 4 インサイダー 取 引 規 制 の 導 入 5 その 他 の 提 言 6 改 正 時 期 投 資 法 人 法 制 の 見 直 しの 動 向 弁 護 士

More information

1_2013BS(0414)

1_2013BS(0414) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) 三 井 住 友 金 属 鉱 山 伸 銅 株 式 会 社 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 25,869,002 流 動 負 債 9,707,274 現 金 及 び 預 金 987,167 買 掛 金 3,612,919 受 取 手 形 1,225,710 短 期 借

More information

1.ポイントについての 会 計 処 理 例 (1) 会 計 基 準 等 の 状 況 我 が 国 においては ポイントについて 個 別 の 会 計 処 理 の 基 準 等 は 存 在 しておらず ポイント 発 行 企 業 は 企 業 会 計 原 則 等 に 則 り 会 計 処 理 をしている 具 体

1.ポイントについての 会 計 処 理 例 (1) 会 計 基 準 等 の 状 況 我 が 国 においては ポイントについて 個 別 の 会 計 処 理 の 基 準 等 は 存 在 しておらず ポイント 発 行 企 業 は 企 業 会 計 原 則 等 に 則 り 会 計 処 理 をしている 具 体 決 済 WG4-2 ポイント 及 びプリペイドカードに 関 する 会 計 処 理 について ( 改 訂 ) 平 成 20 年 7 月 2 日 金 融 庁 1.ポイントについての 会 計 処 理 例 (1) 会 計 基 準 等 の 状 況 我 が 国 においては ポイントについて 個 別 の 会 計 処 理 の 基 準 等 は 存 在 しておらず ポイント 発 行 企 業 は 企 業 会 計 原 則

More information

第 一 部 企 業 情 報 第 1 企 業 の 概 況 1 主 要 な 経 営 指 標 等 の 推 移 回 次 第 90 期 第 1 四 半 期 累 計 期 間 自 平 成 22 年 4 月 1 日 至 平 成 22 年 6 月 30 日 第 91 期 第 1 四 半 期 累 計 期 間 自 平 成

第 一 部 企 業 情 報 第 1 企 業 の 概 況 1 主 要 な 経 営 指 標 等 の 推 移 回 次 第 90 期 第 1 四 半 期 累 計 期 間 自 平 成 22 年 4 月 1 日 至 平 成 22 年 6 月 30 日 第 91 期 第 1 四 半 期 累 計 期 間 自 平 成 表 紙 提 出 書 類 根 拠 条 文 金 融 商 品 取 引 法 第 24 条 の4の7 第 1 項 提 出 先 東 北 財 務 局 長 提 出 日 平 成 23 年 8 月 10 日 四 半 期 会 計 期 間 第 91 期 第 1 四 半 期 ( 自 平 成 23 年 4 月 1 日 至 平 成 23 年 6 月 30 日 ) 会 社 名 株 式 会 社 かわでん 英 訳 名 KAWADEN

More information

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の 平 成 22 年 度 決 算 行 田 市 の 財 務 書 類 4 表 総 務 省 方 式 改 訂 モデル 平 成 24 年 3 月 行 田 市 目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC096B18AEE8F80874B82538D862E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC096B18AEE8F80874B82538D862E646F63> 厚 生 年 金 基 金 実 務 基 準 第 4 号 [ 平 成 17 年 4 月 改 訂 ] 基 金 解 散 時 の 最 低 積 立 基 準 額 の 算 定 分 配 の 実 務 基 準 [ 内 容 ] 基 金 解 散 時 の 最 低 積 立 基 準 額 の 算 定 基 金 解 散 時 の 分 配 < 参 考 資 料 > 解 散 実 務 の 流 れ( 例 ) [ 留 意 事 項 ] 解 散 時 の 最

More information

第177回定時株主総会招集ご通知に際してのインターネット開示事項

第177回定時株主総会招集ご通知に際してのインターネット開示事項 第 177 回 定 時 株 主 総 会 招 集 ご 通 知 に 際 しての インターネット 開 示 事 項 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 1 頁 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 14 頁 上 記 の 事 項 につきましては 法 令 及 び 当 社 定 款 第 15 条 の 規 定 に 基 づき インター ネット 上 の 当 社 ホームページ(http://www.kirinholdings.co.jp/irinfo/)に

More information

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この 公 益 認 定 等 に 関 する 運 用 について ( 公 益 認 定 等 ガイドライン) 平 成 20 年 4 月 ( 平 成 25 年 1 月 改 定 ) 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法

More information

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 23 年 5 月 19 日 ( 平 成 23 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 247 号 ) 答 申 日 : 平 成 24 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 25 号 ) 事 件 名 : 特 定 会 社 に 係 る 売 掛 金 内 訳 書 等 の 不 開 示 決 定 ( 存 否 応 答 拒 否 )に

More information

Ⅱ 1. 厚 生 年 金 保 険 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 厚 生 年 金 保 険 が 適 用 されている 事 業 所 をいう すなわち 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 第 1 項 第 1 号 に 掲 げられている 事 業 の 事 業 所 であって 常 時 5 人 以 上 の 従 業 員 を 使 用 する 事 業 所 又 は 船 舶 及 び 国

More information

) 1. 2. [ ] [ ] 個 別 決 算 4 貸 借 対 照 表 平 成 25 年 3 月 31 日 資 産 の 部 本 州 四 国 連 絡 高 速 道 路 株 式 会 社 ( 単 位 : 百 万 円 ) 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 10,721 高 速 道 路 事 業 営 業 未 収 入 金 5,882 未 収 入 金 144 未 収 還

More information

 

  法 令 及 び 定 款 に 基 づ く インターネット 開 示 事 項 1 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 2 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 平 成 25 年 度 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 ~ 平 成 26 年 3 月 31 日 ) 三 菱 食 品 株 式 会 社 法 令 及 び 当 社 定 款 第 16 条 の 規 定 に 基 づき 当 社 ホームページ (http://www.mitsubishi-shokuhin.com/)に

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

<8E9197BF DE096B18F94955C2E786C73>

<8E9197BF DE096B18F94955C2E786C73> 平 成 19 年 度 財 務 諸 表 第 1 期 事 業 年 度 自 平 成 19 年 4 月 1 日 至 平 成 20 年 3 月 31 日 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 134 貸 借 対 照 表 ) 567 損 益 計 算 書 キャッシュ フロー 計 算 書 損 失 の 処 理 に 関 する 書 類 ( 案 行 政 サービス 実 施 コスト 計 算 書 注 記 11

More information

連 結 注 記 表 ( 連 結 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 ) 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 連 結 子 会 社 の 数 連 結 子 会 社 の 名 称 10 社 スミトモ セイカ ヨーロッパ S.A./N.V

連 結 注 記 表 ( 連 結 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 ) 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 連 結 子 会 社 の 数 連 結 子 会 社 の 名 称 10 社 スミトモ セイカ ヨーロッパ S.A./N.V 第 101 回 定 時 株 主 総 会 招 集 ご 通 知 に 際 しての インターネット 開 示 事 項 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 から 平 成 26 年 3 月 31 日 まで) 連 結 注 記 表 および 個 別 注 記 表 につきましては 法 令 および 定 款 第 14 条 の 規 定 に

More information

Microsoft Word )40期決算公開用.doc

Microsoft Word )40期決算公開用.doc 貸 借 対 照 表 [ 株 式 会 社 ニラク] ( 平 成 21 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 有 価 証 券 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 貸 倒 引 当 金 固 定

More information

Microsoft Word - (会社法用)2013.03期_02.計算書類.doc

Microsoft Word - (会社法用)2013.03期_02.計算書類.doc 計 算 書 類 第 1 期 平 成 24 年 7 月 31 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 1. 貸 借 対 照 表 2. 損 益 計 算 書 3. 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 4. 個 別 注 記 表 株 式 会 社 あきんどスシロー 貸 借 対 照 表 ( 平 成 25 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金

More information

質 問 1 契 約 上 のサービス マージンの 調 整 次 のようにすれば 財 務 諸 表 が 企 業 の 財 政 状 態 及 び 財 務 業 績 を 忠 実 に 表 現 する 目 的 適 合 性 のある 情 報 を 提 供 するものとなることに 同 意 するか (a) 将 来 のカバー 及 び 他

質 問 1 契 約 上 のサービス マージンの 調 整 次 のようにすれば 財 務 諸 表 が 企 業 の 財 政 状 態 及 び 財 務 業 績 を 忠 実 に 表 現 する 目 的 適 合 性 のある 情 報 を 提 供 するものとなることに 同 意 するか (a) 将 来 のカバー 及 び 他 IASB 公 開 草 案 保 険 契 約 に 対 する 意 見 平 成 2 5 年 1 0 月 2 5 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 日 本 公 認 会 計 士 協 会 は 国 際 会 計 基 準 審 議 会 (IASB)の 継 続 的 な 努 力 に 敬 意 を 表 すと ともに 公 開 草 案 ED/2013/7 保 険 契 約 ( 以 下 改 訂 ED という )に 対 するコメント

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information