2010/10/23

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "2010/10/23"

Transcription

1 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販 売 を 行 うものとする 3. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 が 指 定 するクレジットカード( 以 下 カード という) による 販 売 ( 以 下 信 用 販 売 という)を 行 う 店 舗 施 設 を 指 定 のうえ 予 め 乙 に 届 出 し 承 認 を 得 るものとする( 以 下 乙 の 承 認 を 得 た 店 舗 施 設 を カード 取 扱 店 という) 乙 の 承 認 のない 店 舗 施 設 で 信 用 販 売 はできないものとする 4. 甲 は カード 取 扱 店 の 内 外 の 見 易 いところに 乙 所 定 の 加 盟 店 標 識 を 掲 示 するもの とする 5. 甲 は カード 会 員 ( 以 下 会 員 という)のカード 利 用 促 進 のために 乙 が 個 別 の 承 諾 を 得 ることなく 印 刷 物 等 に 甲 の 名 称 及 び 所 在 地 を 記 載 することを あらかじめ 異 議 なく 認 めるものとする 6. 甲 は 売 上 票 売 上 集 計 票 乙 が 認 めたCAT(クレジット オーソリゼーション ターミナル) 等 の 端 末 機 ( 以 下 端 末 機 という) 乙 所 定 の 商 標 等 を 本 規 約 に 定 める 以 外 の 目 的 に 使 用 してはならないものとし また これを 第 三 者 に 使 用 させてはなら ないものとする 第 2 条 取 扱 いカード 1. 甲 は カード 取 扱 店 において 下 記 各 号 に 定 める 乙 が 取 扱 いを 認 めるカードを 保 有 する 会 員 が カードを 提 示 して 物 品 の 販 売 サービスの 提 供 その 他 加 盟 店 の 営 業 に 属 する 取 引 を 求 めた 場 合 には 本 規 約 に 従 い 信 用 販 売 を 行 うものとする (1) 乙 が 提 携 する 会 社 又 は 組 織 が 発 行 するカード (2) 乙 が 加 盟 又 は 提 携 する 組 織 に 加 盟 している 日 本 国 内 及 び 日 本 国 外 の 会 社 が 発 行 するカード 2. 乙 は 甲 に 通 知 することにより 前 項 の 信 用 販 売 を 行 うカードの 種 類 を 追 加 削 除 変 更 することができるものとする 第 3 条 信 用 販 売 1. 甲 は 割 賦 販 売 法 特 定 商 取 引 に 関 する 法 律 消 費 者 契 約 法 犯 罪 による 収 益 の 移 転 に 関 する 法 律 等 の 関 係 法 令 を 遵 守 して 信 用 販 売 を 行 うものとする 2. 甲 は 正 当 かつ 適 法 な 商 行 為 にのっとり 会 員 に 対 し 信 用 販 売 を 行 うものとする 3. 甲 は 信 用 販 売 を 行 う 商 品 サービスについて あらかじめ 乙 の 承 認 を 得 るものと

2 する ただし 甲 は 以 下 に 該 当 する 商 品 を 取 り 扱 ってはならない (1) 公 序 良 俗 に 反 するもの (2) 商 品 券 プリペイドカード 印 紙 切 手 回 数 券 その 他 の 有 価 証 券 (3) 特 定 商 取 引 法 に 定 められる 継 続 的 役 務 提 供 連 鎖 販 売 取 引 業 務 提 供 誘 引 販 売 取 引 電 話 勧 誘 販 売 取 引 訪 問 販 売 取 引 に 関 わる 利 用 (4)その 他 乙 が 不 適 当 と 判 断 したもの 4. 甲 は 乙 から 依 頼 があったときは 会 員 のカード 利 用 状 況 等 の 調 査 に 協 力 するもの とする 第 4 条 信 用 販 売 の 方 法 1. 甲 は 会 員 からカードの 提 示 による 信 用 販 売 の 申 込 があった 場 合 以 下 の 手 続 きを 行 うものとする (1) 当 該 カードの 真 偽 の 確 認 (2) 有 効 期 限 の 確 認 及 び 無 効 通 知 との 照 合 による 当 該 カードの 有 効 性 の 確 認 (3)カード 用 印 字 機 による 乙 所 定 の 売 上 票 への 当 該 カード 券 面 に 記 載 された 会 員 番 号 会 員 氏 名 有 効 期 限 の 転 写 (4) 当 該 売 上 票 への 加 盟 店 名 加 盟 店 番 号 売 場 名 取 扱 者 名 会 員 の 指 定 する 支 払 方 法 売 上 日 付 金 額 品 名 型 式 数 量 等 の 記 入 2. 甲 は 端 末 機 を 設 置 した 場 合 本 規 約 のほか 当 該 端 末 機 の 使 用 規 則 及 びその 取 扱 規 則 ( 以 下 使 用 規 則 等 という)の 定 めるところに 従 い 端 末 機 を 使 用 し 前 項 の 手 続 きに 代 え 以 下 の 手 続 きを 行 うものとする (1) 当 該 カードの 真 偽 の 確 認 (2) 当 該 端 末 機 の 使 用 規 則 等 の 定 めに 従 い 会 員 番 号 会 員 の 指 定 する 支 払 方 法 金 額 等 の 当 該 端 末 機 への 入 力 による 当 該 カードが 有 効 であることの 確 認 (3) 当 該 端 末 機 から 自 動 発 行 された 売 上 票 への 売 場 名 取 扱 者 名 の 記 入 及 び 以 下 の 事 項 の 確 認 1カード 券 面 に 記 載 された 会 員 氏 名 と 当 該 売 上 票 に 印 字 された 会 員 氏 名 の 一 致 2カード 券 面 に 記 載 された 会 員 番 号 と 当 該 売 上 票 に 印 字 された 会 員 番 号 の 一 致 3. 第 1 項 又 は 第 2 項 の 手 続 きの 後 には それに 加 え 以 下 の 手 続 きを 行 うものとする (1) 当 該 売 上 票 の 所 定 欄 への 会 員 の 署 名 の 徴 求 (2) 当 該 カード 裏 面 の 会 員 の 署 名 と 前 号 により 徴 求 した 署 名 の 一 致 の 確 認 (3) 当 該 売 上 票 の 控 え 又 は 売 上 票 に 記 載 した 内 容 を 表 す 書 面 の 交 付 4. 甲 は 端 末 機 が 故 障 障 害 等 何 らかの 理 由 により 使 用 できない 場 合 には すべての 信 用 販 売 につき その 都 度 事 前 に 乙 の 承 認 を 得 るものとする 5. 売 上 票 に 記 載 できる 金 額 は 当 該 売 上 代 金 ( 税 金 送 料 を 含 む)のみとし 現 金 の 立 て 替 え 及 び 過 去 の 売 掛 金 の 精 算 等 を 含 めることはできないものとする また

3 通 常 1 枚 の 売 上 票 で 処 理 されるべきものを 売 上 日 の 変 更 金 額 の 分 割 等 により 売 上 票 を 複 数 にすること 並 びに 売 上 票 の 金 額 の 訂 正 はできないものとする 6. 甲 は 所 定 の 売 上 票 以 外 は 使 用 できないものとする また 売 上 票 は 甲 の 責 任 に おいて 保 管 し 他 に 譲 渡 できないものとする 第 5 条 無 効 カード 等 の 取 扱 い 1. 前 条 第 1 項 又 は 第 2 項 第 3 項 の 手 続 きにおいて 下 記 各 号 に 該 当 した 場 合 には 甲 は 信 用 販 売 を 中 止 し 当 該 カード( 本 条 においてカードとは 第 2 条 第 1 項 に 定 義 されたカードのほか 偽 造 変 造 されたクレジットカードを 含 む)を 回 収 の うえ 直 ちに 乙 に 連 絡 し 乙 の 指 示 に 従 うものとする (1) 乙 から 当 該 カードが 無 効 である 旨 通 知 されたとき (2) 前 条 第 1 項 (1) 又 は 第 2 項 (1)において 当 該 カードが 明 らかに 偽 造 変 造 と 判 断 できるとき 又 は 当 該 カードが 破 損 しているとき (3) 前 条 第 2 項 (3)1 又 は2の 不 一 致 もしくは 第 3 項 (2)が 明 らかに 不 一 致 のとき (4) 当 該 カードを 提 示 し 信 用 販 売 の 申 込 をした 者 の 挙 動 その 他 が 不 審 であり 当 該 カードの 会 員 でないと 判 断 しうるとき (5) 前 号 までのほか 信 用 販 売 の 申 込 が 明 らかに 不 審 と 判 断 しうるとき 2. 万 一 甲 が 前 項 に 違 反 して 信 用 販 売 を 行 った 場 合 甲 は 当 該 信 用 販 売 に 係 る 代 金 全 額 について 一 切 の 責 任 を 負 うものとする 3. 紛 失 盗 難 又 は 偽 造 変 造 されたカードに 起 因 する 売 り 上 げ 等 が 発 生 し 乙 がカード の 使 用 状 況 等 の 調 査 協 力 を 求 めたときは 甲 は これに 協 力 するものとする 4. 甲 が 信 用 販 売 を 行 うにあたり カードの 有 効 性 等 に 疑 義 が 生 じ 乙 に 対 して 調 査 協 力 を 求 めたときは 乙 はこれに 協 力 するものとする 第 6 条 信 用 販 売 の 拒 否 及 び 差 別 待 遇 の 禁 止 1. 甲 は 有 効 なカードを 提 示 した 会 員 に 対 し 正 当 な 理 由 なく 信 用 販 売 を 拒 否 し 直 接 現 金 払 いもしくは 第 2 条 で 定 める 取 扱 いカード 以 外 のカードの 使 用 を 要 求 すること 又 は 手 数 料 等 名 目 の 如 何 を 問 わず 現 金 払 いの 顧 客 と 異 なる 代 金 を 請 求 する 等 会 員 に 不 利 となる 差 別 的 取 扱 いを 行 ってはならないものとする 第 7 条 信 用 販 売 限 度 額 1. 甲 が 同 一 日 同 一 売 場 で 同 一 の 会 員 に 行 える 信 用 販 売 の 総 額 ( 送 料 税 金 を 含 む) は 乙 が 予 め 定 める 金 額 ( 以 下 信 用 販 売 限 度 額 という )の 範 囲 内 とする なお 乙 は 同 一 の 売 場 において 特 定 の 商 品 又 はサービスに 信 用 販 売 限 度 額 を 個 別 に 定 めることができるものとする

4 2. 乙 は 甲 に 通 知 することにより 前 項 の 信 用 販 売 限 度 額 を 引 き 下 げることができる ものとする 3. 甲 が 信 用 販 売 限 度 額 を 超 えて 信 用 販 売 を 行 おうとする 場 合 は 甲 はその 都 度 事 前 に 乙 の 承 認 をとるものとし 売 上 票 に 承 認 番 号 を 記 入 するものとする 但 し 端 末 機 が 自 動 的 に 乙 の 承 認 を 取 得 する 機 能 を 有 する 場 合 には これにより 乙 の 承 認 を 得 る ものとし 売 上 票 に 承 認 番 号 の 印 字 を 受 けるものとする 第 8 条 会 員 の 支 払 方 法 1. 甲 の 取 扱 う 信 用 販 売 に 係 る 会 員 の 支 払 方 法 は 1 回 払 い 2 回 払 い リボルビン グ 払 い ボーナス 一 括 払 い ボーナス 二 回 払 い 分 割 払 いの6 種 類 とする 但 し 会 員 の 提 示 したカードが 第 2 条 第 1 項 で 定 める 日 本 国 外 の 会 社 が 発 行 したもので あるときは 1 回 払 いに 限 られるものとする 2. 分 割 払 いの 回 数 は 加 盟 店 申 込 書 ( 表 面 )に 記 載 された 回 数 とし 1 回 あたりの 支 払 い 金 額 に1 円 未 満 の 端 数 がある 場 合 には 初 回 支 払 い 金 額 に 加 えるものとする 3. 第 1 項 で 定 める 各 支 払 方 法 の 取 扱 金 額 は 以 下 のとおりとする (1)1 回 払 い リボルビング 払 い 1 円 以 上 (2)2 回 払 い ボーナス 一 括 払 い 1 万 円 以 上 (3) 分 割 払 い 1 万 円 以 上 かつ1 回 の 支 払 金 額 が 3,000 円 以 上 (4)ボーナス2 回 払 い 5 万 円 以 上 第 9 条 商 品 の 引 渡 し 等 甲 は 信 用 販 売 後 直 ちに 会 員 に 対 して 商 品 の 引 渡 し 又 は サービスの 提 供 を 行 う ものとする 但 し 商 品 を 会 員 の 住 所 に 送 付 する 等 直 ちに 商 品 の 引 渡 し 又 は サービスの 提 供 を 行 わない 場 合 には 会 員 に 商 品 の 引 渡 日 又 はサービスの 提 供 日 を 記 載 した 書 面 を 交 付 するものとする 第 10 条 立 替 金 の 請 求 1. 甲 は 次 項 の 場 合 を 除 き 信 用 販 売 を 行 った 売 上 票 を 加 盟 店 申 込 書 記 載 の 売 上 伝 票 提 出 日 までに 取 りまとめ 乙 所 定 の 売 上 集 計 表 ( 兼 請 求 書 )を 添 付 して 乙 宛 に 送 付 して 立 替 金 を 請 求 するものとする 2. 端 末 機 が 信 用 販 売 の 件 数 金 額 の 情 報 ( 以 下 データ という)を 伝 送 する 機 能 を 有 する 場 合 には データの 伝 送 により 立 替 金 を 請 求 するものとする 3. 前 項 の 方 法 による 場 合 甲 及 び 乙 は 毎 日 所 定 の 時 間 並 びに 方 法 により 端 末 機 に 記 録 された 信 用 販 売 の 件 数 金 額 と 乙 が 承 認 した 信 用 販 売 の 件 数 金 額 の 記 録 を 交 換 しその 一 致 を 確 認 するものとし( 以 下 カウンター 交 換 という) 不 一 致 の ときには 直 ちに 相 手 方 に 通 知 のうえ 当 該 不 一 致 の 原 因 を 究 明 するものとする

5 但 し 別 途 乙 が 承 認 した 場 合 には カウンター 交 換 を 省 略 できるものとする 4. 前 項 一 致 の 確 認 後 甲 は 当 該 一 致 した 信 用 販 売 の 件 数 金 額 が 第 4 条 第 2 項 の 売 上 票 とも 一 致 することを 確 認 するものとする 但 し カウンター 交 換 を 省 略 する 場 合 には 端 末 機 に 記 録 された 信 用 販 売 の 件 数 金 額 と 第 4 条 第 2 項 の 売 上 票 の 一 致 を 確 認 するものとする 5. 立 替 金 の 請 求 は 売 上 票 等 又 はデータが 乙 に 到 着 した 時 に 成 立 し 効 力 を 生 じるもの とする 但 し カウンター 交 換 を 行 う 場 合 には カウンター 交 換 による 一 致 が 確 認 された 時 に 成 立 し 効 力 が 生 じるものとする 第 11 条 立 替 金 の 支 払 い 1. 乙 は 前 条 により 効 力 の 生 じた 請 求 を 加 盟 店 申 込 書 ( 表 面 )に 記 載 の 売 上 締 日 まで の 信 用 販 売 代 金 合 計 額 から 所 定 の 手 数 料 を 差 し 引 いた 金 額 を 加 盟 店 申 込 書 ( 表 面 ) に 記 載 の 支 払 日 に 別 途 甲 の 指 定 する 金 融 機 関 口 座 に 振 込 む 方 法 により 支 払 うもの とする なお 手 数 料 の 算 出 において1 円 未 満 の 端 数 が 生 じた 場 合 には 切 り 捨 て るものとする 2. 前 項 の 支 払 いに 必 要 な 振 り 込 み 手 数 料 は 乙 が 負 担 するものとする 第 12 条 商 品 の 所 有 権 1. 甲 が 会 員 に 信 用 販 売 を 行 った 商 品 の 所 有 権 は 前 条 に 基 づき 乙 が 当 該 信 用 販 売 の 立 替 金 を 支 払 った 時 に 甲 より 乙 に 移 転 するものとする 2. 前 条 にかかわらず 本 規 約 に 基 づき 当 該 立 替 金 が 返 還 された 場 合 又 は 当 該 立 替 金 相 当 額 が 次 回 以 降 の 甲 に 対 する 支 払 い 金 から 差 し 引 きされた 場 合 には 当 該 商 品 の 所 有 権 はその 時 に 乙 より 甲 に 復 帰 するものとする 3. 甲 が 偽 造 カードの 使 用 又 はカードの 第 三 者 による 使 用 等 により 会 員 以 外 の 者 に 対 し て 誤 って 信 用 販 売 を 行 った 商 品 の 所 有 権 は 乙 に 帰 属 するものとする なお この 場 合 においても 前 項 の 規 定 を 準 用 する 第 13 条 信 用 販 売 の 取 消 又 は 解 除 1. 甲 が 信 用 販 売 の 取 消 又 は 解 除 を 行 う 場 合 には 予 め 乙 の 承 認 を 得 たうえで 乙 所 定 の 方 法 によるものとし 会 員 に 対 し 直 接 当 該 信 用 販 売 代 金 相 当 額 の 金 銭 の 支 払 は 行 わず 乙 所 定 の 方 法 により 取 消 処 理 を 行 うものとする 2. 前 項 の 場 合 において 乙 が 当 該 立 替 金 をすでに 支 払 い 済 みであるときは 甲 はこれを 直 ちに 返 還 するものとする また 乙 は 当 該 立 替 金 相 当 額 を 次 回 以 降 の 甲 に 対 する 支 払 い 金 から 差 し 引 くことができるものとする

6 第 14 条 支 払 停 止 の 抗 弁 等 1. 甲 は 信 用 販 売 による 会 員 への 商 品 の 引 渡 し 並 びにサービス 提 供 及 び 引 渡 した 商 品 並 びに 提 供 したサービスの 瑕 疵 アフターサービスその 他 信 用 販 売 に 関 する 一 切 の 責 任 を 負 担 するものとし これを 原 因 に 会 員 との 間 に 紛 議 が 生 じた 場 合 には 速 やかにその 解 決 にあたるものとする 2. 第 1 項 の 紛 議 を 理 由 に 会 員 が 当 該 カード 利 用 代 金 の 支 払 いを 拒 絶 した 場 合 は 甲 は 乙 が 甲 に 支 払 った 当 該 立 替 金 を 直 ちに 返 還 する 当 該 立 替 金 の 支 払 が 済 んでいない 場 合 は 乙 はその 支 払 を 留 保 できるものとする なお 第 1 項 の 紛 議 が 当 該 信 用 販 売 日 に 対 応 する 締 切 日 より60 日 を 経 過 しても 解 決 しないときは 乙 は 当 該 立 替 金 の 支 払 いを 拒 絶 することができ この 場 合 甲 は 当 該 立 替 金 の 請 求 を 取 り 消 すものと する 3. 乙 が 関 係 法 令 に 基 づき 甲 又 は 甲 による 本 規 約 に 基 づく 取 引 等 あるいは 会 員 からの 苦 情 等 その 他 必 要 とする 事 項 に 関 して 調 査 を 要 すると 判 断 した 場 合 には 乙 は 甲 に 対 して 調 査 を 実 施 又 は 要 請 することができ 甲 はその 調 査 に 協 力 しなければならないものと する 第 15 条 苦 情 等 の 処 理 1. 甲 は 会 員 から 申 出 のあった 苦 情 等 の 処 理 に 対 し 誠 実 な 対 応 をもって 適 切 かつ 迅 速 な 処 理 に 努 めるものとする 2. 甲 は 認 定 割 賦 販 売 協 会 の 消 費 者 相 談 室 消 費 者 センターその 他 の 機 関 を 介 して 苦 情 等 の 申 出 があった 場 合 においても 誠 実 な 対 応 をもって 適 切 かつ 迅 速 な 処 理 に 努 める ものとする 第 16 条 立 替 払 いの 拒 絶 1. 乙 は 甲 からの 請 求 について 以 下 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 は 承 認 番 号 の 有 無 にかかわらず 立 替 金 の 支 払 いを 拒 絶 することができるものとする この 場 合 甲 は 当 該 立 替 金 の 請 求 を 取 り 消 すものとする (1) 本 規 約 に 違 反 して 信 用 販 売 がなされたとき (2) 信 用 販 売 を 行 った 日 より60 日 以 上 経 過 して 立 替 金 の 請 求 がなされたとき (3)その 他 立 替 金 の 請 求 の 正 当 性 に 疑 義 が 存 するとき 2. 前 項 の 場 合 において 乙 が 当 該 立 替 金 をすでに 支 払 い 済 みであるときは 甲 はこれ を 直 ちに 返 還 するものとする また 乙 は 当 該 立 替 金 相 当 額 を 次 回 以 降 の 甲 に 対 する 支 払 い 金 から 差 し 引 くことができるものとする 3. 乙 は 甲 からの 請 求 について 第 1 項 各 号 の 事 由 に 該 当 するおそれがあると 認 めた ときは 調 査 が 完 了 するまで 当 該 立 替 金 の 支 払 いを 留 保 することができるものと する この 場 合 甲 は 乙 の 調 査 に 協 力 するものとし 調 査 の 結 果 乙 が 立 替 金 の

7 支 払 いを 相 当 と 認 めたときは 乙 は 甲 に 当 該 立 替 金 を 支 払 うものとする なお 乙 の 調 査 により 当 該 信 用 販 売 が 行 われた 日 より60 日 を 経 過 しても 立 替 金 の 支 払 い が 相 当 と 認 められないときは 乙 は 当 該 立 替 金 の 支 払 いを 拒 絶 することができ 甲 は 当 該 立 替 金 の 請 求 を 取 り 消 すものとする 既 に 乙 から 甲 に 当 該 信 用 販 売 に かかる 立 替 金 が 支 払 われている 場 合 は 前 項 のとおりとする 第 17 条 地 位 の 譲 渡 等 の 禁 止 1. 甲 は 本 規 約 上 の 地 位 を 第 三 者 に 譲 渡 できないものとする 2. 甲 は 乙 に 対 する 債 権 を 第 三 者 に 譲 渡 及 び 質 入 れできないものとする 第 18 条 営 業 秘 密 等 の 守 秘 義 務 1. 甲 及 び 乙 は 本 規 約 の 履 行 上 知 り 得 た 相 手 方 の 技 術 上 又 は 営 業 上 その 他 の 秘 密 ( 以 下 営 業 秘 密 等 という)を 相 手 方 の 書 面 による 事 前 の 同 意 を 得 ることなく 第 三 者 に 提 供 開 示 漏 洩 せず 本 規 約 の 履 行 以 外 の 目 的 に 利 用 しないものとする 2. 前 項 の 営 業 秘 密 等 には 乙 より 甲 宛 に 提 供 する 事 務 連 絡 票 の 情 報 等 が 含 まれるもの とする 3. 甲 及 び 乙 は 営 業 秘 密 等 を 滅 失 毀 損 漏 洩 等 することがないよう 必 要 な 措 置 を 講 ずるものとし 当 該 情 報 の 滅 失 毀 損 漏 洩 等 に 関 し 責 任 を 負 うものとする 4. 甲 は 本 規 約 に 係 る 業 務 処 理 等 の 一 部 又 は 全 部 を 第 三 者 に 委 託 する 場 合 本 条 に 定 める 義 務 のあることを 当 該 委 託 先 に 周 知 し かつ 必 要 な 管 理 を 行 うものとする なお 当 該 委 託 先 による 本 規 約 に 規 定 する 事 項 に 違 反 があった 場 合 であっても 甲 は 本 規 約 に 定 める 責 を 免 れないものとする 5. 本 条 の 規 定 は 本 規 約 による 契 約 終 了 後 においても 効 力 を 有 するものとする 第 19 条 個 人 情 報 の 守 秘 義 務 1. 甲 は 本 規 約 の 履 行 上 知 り 得 た 会 員 の 個 人 に 関 する 一 切 の 情 報 及 びクレジット カード 番 号 や 有 効 期 限 情 報 などのカードに 関 する 一 切 の 情 報 ( 以 下 個 人 情 報 等 といい 記 録 保 存 媒 体 を 問 わない)を 秘 密 として 保 持 し 乙 の 書 面 による 事 前 の 同 意 を 得 ることなく 第 三 者 に 提 供 開 示 漏 洩 せず 本 規 約 の 履 行 以 外 の 目 的 に 利 用 しないものとする 2. 甲 が 前 項 の 規 定 に 違 反 して 個 人 情 報 等 の 紛 失 漏 洩 等 が 発 生 し 又 は 発 生 する おそれが 生 じたときは 甲 は 直 ちに 乙 に 報 告 するとともに 二 次 被 害 及 びその 他 被 害 の 拡 大 を 防 止 するための 適 切 な 措 置 を 講 じるものとする 3. 甲 は 個 人 情 報 等 を 滅 失 毀 損 漏 洩 等 することがないよう 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 及 び 経 済 産 業 分 野 ガイドライン( 信 用 分 野 ガイドラインを 含 む) 金 融 庁 ガイドラインを 遵 守 するものとする またこれらに 定 められる 必 要 な 措 置 を 講 じる

8 ものとし 個 人 情 報 の 滅 失 毀 損 漏 洩 等 に 関 し 責 任 を 免 れないものとする 4. 甲 は 個 人 情 報 等 をその 責 任 において 万 全 に 保 管 し 本 規 約 による 契 約 が 終 了 した 場 合 は 直 ちに 乙 に 返 却 又 は 乙 の 指 示 に 従 い 廃 棄 するものとする 但 し 法 令 社 内 規 則 等 により 甲 が 当 該 個 人 情 報 等 を 一 定 期 間 保 存 する 必 要 がある 場 合 は 甲 乙 協 議 のうえその 取 扱 いについて 決 定 する 5. 甲 は 本 規 約 に 係 る 業 務 処 理 等 の 一 部 又 は 全 部 を 第 三 者 に 委 託 する 場 合 には 乙 の 事 前 の 承 認 を 得 たうえで 十 分 な 個 人 情 報 保 護 水 準 を 満 たしている 委 託 先 を 選 定 し 委 託 先 に 本 規 約 における 甲 と 同 等 の 義 務 を 課 す 内 容 を 含 む 契 約 を 委 託 先 と 締 結 する ものとする なお 当 該 委 託 先 による 本 規 約 に 規 定 する 事 項 に 違 反 があった 場 合 で あっても 甲 は 本 規 約 に 定 める 責 を 免 れないものとする 6. 本 条 の 規 定 は 本 規 約 による 契 約 終 了 後 においてもその 効 力 を 有 するものとする 第 20 条 情 報 の 収 集 登 録 及 び 利 用 の 同 意 1. 情 報 の 収 集 登 録 及 び 利 用 の 同 意 1 甲 及 び 甲 の 代 表 者 は 本 条 第 2 項 記 載 の 目 的 の 遂 行 に 必 要 な 範 囲 内 で 本 条 第 3 項 に 定 める 範 囲 の 情 報 を 乙 が 収 集 し 利 用 することに 同 意 する 2 甲 及 び 甲 の 代 表 者 は 乙 が 加 盟 する 本 条 第 4 項 の 加 盟 店 情 報 機 関 に 本 条 第 3 項 に 定 める 範 囲 の 内 当 該 機 関 の 定 める 情 報 項 目 を 登 録 すること また 当 該 機 関 に 登 録 されている 情 報 があるときは 本 条 第 2 項 に 定 める 目 的 の 範 囲 内 で 乙 及 び 当 該 機 関 に 加 盟 する 会 員 会 社 ( 以 下 会 員 会 社 といいます )がその 情 報 を 利 用 するこ とに 同 意 する 2. 利 用 目 的 割 賦 販 売 等 に 係 る 取 引 の 健 全 な 発 達 及 び 利 用 者 等 の 利 益 の 保 護 に 資 するために 行 う 会 員 会 社 による 加 盟 店 審 査 並 びに 加 盟 店 契 約 締 結 後 の 加 盟 店 調 査 の 義 務 の 履 行 及 び 取 引 継 続 に 係 る 審 査 等 のため 3. 乙 が 収 集 登 録 及 び 利 用 する 情 報 の 範 囲 1 割 賦 販 売 法 第 30 条 の5の2( 同 施 行 規 則 第 60 条 )における 包 括 信 用 購 入 あっせん 関 係 販 売 契 約 等 の 勧 誘 に 係 る 調 査 を 行 った 事 実 並 びに 調 査 の 内 容 及 び 調 査 事 項 2 包 括 信 用 購 入 あっせん 業 者 が 信 用 購 入 あっせんにかかる 契 約 を 解 除 した 事 実 及 び 事 項 3 会 員 会 社 と 甲 との 加 盟 店 契 約 の 申 込 を 受 けた 事 実 とその 加 盟 店 審 査 の 結 果 並 びに クレジット 取 引 を 行 った 事 実 その 取 引 内 容 取 引 の 結 果 会 員 会 社 顧 客 に 不 当 な 損 害 を 与 える 行 為 その 他 取 引 に 関 する 客 観 的 事 実 4 顧 客 から 会 員 会 社 に 申 し 出 のあった 内 容 及 び 当 該 内 容 について 会 員 会 社 が 顧 客 などの 関 係 者 から 調 査 収 集 した 情 報

9 5 行 政 機 関 消 費 者 団 体 報 道 機 関 が 公 表 した 事 実 とその 内 容 ( 特 定 商 取 引 に 関 する 法 律 等 について 違 反 し 公 表 された 情 報 等 ) 及 び 当 該 内 容 について 加 盟 店 情 報 交 換 センター( 以 下 センター という) 及 びセンターの 会 員 会 社 が 調 査 収 集 した 情 報 6センターが 興 信 所 から 提 供 を 受 けた 内 容 ( 倒 産 情 報 等 ) 7 前 記 各 号 に 係 る 包 括 信 用 購 入 あっせん 関 係 販 売 業 者 の 氏 名 住 所 電 話 番 号 及 び 生 年 月 日 ( 法 人 の 場 合 は 名 称 住 所 電 話 番 号 並 びに 代 表 者 の 氏 名 及 び 生 年 月 日 ) 8 甲 の 代 表 者 が 他 に 経 営 参 画 する 販 売 業 者 等 について センターに 前 記 各 号 に 係 る 情 報 が 登 録 されている 場 合 は 当 該 情 報 4. 乙 が 加 盟 する 加 盟 店 情 報 機 関 一 般 社 団 法 人 日 本 クレジット 協 会 加 盟 店 情 報 交 換 センター 住 所 : 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 小 網 町 14-1 住 友 生 命 日 本 橋 小 網 町 ビル 6 階 電 話 番 号 : 第 21 条 ( 届 出 事 項 の 変 更 ) 1. 甲 は 乙 に 対 して 届 け 出 ている 商 号 代 表 者 名 所 在 地 カード 取 扱 店 連 絡 先 及 び 指 定 金 融 機 関 口 座 等 の 重 要 事 項 に 変 更 が 生 じたときは 速 やかに 乙 に 届 け 出 る ものとする 2. 甲 が 前 項 の 届 出 を 怠 ったことにより 相 手 方 からの 通 知 又 は 送 付 書 類 その 他 のもの が 延 着 もしくは 到 着 しなかった 場 合 は 通 常 到 着 すべき 時 に 到 着 したものとみなす 第 22 条 本 規 約 の 変 更 等 乙 は 本 規 約 の 一 部 又 は 全 部 を 変 更 することができるものとする 変 更 等 の 手 続 きは 乙 が 甲 に 変 更 等 の 事 項 を 通 知 するものとし 甲 がその 後 会 員 に 信 用 販 売 を 行 った 場 合 には 甲 は 変 更 等 を 承 認 したものとする 第 23 条 解 約 甲 及 び 乙 は 書 面 により3ヶ 月 前 迄 に 相 手 方 に 対 し 予 告 することにより 本 規 約 による 契 約 を 解 除 することができるものとする 第 24 条 解 除 1. 甲 及 び 乙 は 相 手 方 が 以 下 の 各 号 のいずれかに 該 当 するに 至 ったときは 何 らの 催 告 を 要 することなく 本 規 約 による 契 約 を 直 ちに 解 除 することができるものとし これにより 損 害 が 生 じたときは その 賠 償 を 請 求 することができる (1) 本 規 約 に 違 反 したとき

10 (2) 営 業 に 免 許 もしくは 登 録 を 要 する 場 合 に これらの 取 り 消 しその 他 の 行 政 処 分 を 受 けたとき (3) 自 ら 振 出 し 又 は 裏 書 した 手 形 小 切 手 が 不 渡 りとなったとき (4) 強 制 執 行 競 売 の 申 立 て 保 全 処 分 又 は 滞 納 処 分 等 を 受 けたとき (5) 破 産 手 続 民 事 再 生 手 続 又 は 会 社 更 生 手 続 開 始 の 申 立 てを 受 け 又 は 自 ら 行 った とき (6) 前 三 号 のほか 信 用 状 態 に 重 大 な 変 化 が 生 じたと 判 断 されたとき (7) 合 併 によらず 解 散 したとき 2. 乙 は 以 下 の 各 号 のいずれかの 事 由 が 生 じたときは 何 らの 催 告 を 要 することなく 本 規 約 による 契 約 を 直 ちに 解 除 することができるものとし これにより 損 害 が 生 じ たときは 甲 にその 賠 償 を 請 求 することができる (1) 甲 が 加 盟 店 の 申 し 込 みにあたり 虚 偽 の 申 請 をしたことが 判 明 したとき (2) 甲 が 信 用 販 売 制 度 を 悪 用 して いることが 判 明 したとき (3) 甲 の 商 品 サービスもしくは 販 売 方 法 等 会 員 からの 苦 情 等 その 他 の 事 由 により 甲 が 乙 の 加 盟 店 として 不 適 当 であると 乙 が 判 断 したとき 第 25 条 本 規 約 による 契 約 終 了 後 の 処 理 1. 本 規 約 による 契 約 が 終 了 したときは 甲 は 直 ちに 加 盟 店 標 識 を 取 りはずすととも に 乙 から 交 付 されている 白 紙 売 上 票 その 他 の 書 類 を 乙 に 返 却 しなければならない 2. 乙 は 本 規 約 による 契 約 終 了 後 は 個 別 の 了 承 を 得 ることなく 相 手 方 の 商 標 名 称 等 を 使 用 してはならない 3. 第 23 条 により 本 規 約 による 契 約 が 終 了 した 場 合 本 規 約 による 契 約 終 了 日 までに 行 われた 信 用 販 売 は 有 効 に 存 続 するものとし 甲 及 び 乙 は 当 該 信 用 販 売 を 本 規 約 に 従 い 取 り 扱 うものとする 但 し 甲 及 び 乙 が 別 途 合 意 した 場 合 は この 限 りでは ない 4. 乙 は 前 条 により 本 規 約 による 契 約 を 解 除 した 場 合 は 甲 からすでに 請 求 を 受 けて いる 立 替 金 について 支 払 いを 拒 絶 又 は 会 員 から 当 該 代 金 の 支 払 いを 受 けるまで 甲 に 対 する 支 払 いを 保 留 することができるものとする 第 26 条 反 社 会 的 勢 力 の 排 除 1. 甲 及 び 乙 は 次 の 各 号 に 定 める 事 項 を 表 明 し 保 証 する (1) 自 己 及 び 自 己 の 役 員 並 びに 重 要 な 地 位 の 使 用 人 又 はこれらに 準 ずる 顧 問 等 ( 以 下 役 員 等 という)が 反 社 会 的 勢 力 ( 平 成 19 年 6 月 19 日 付 犯 罪 対 策 閣 僚 会 議 発 表 の 企 業 が 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 指 針 に 定 義 する 反 社 会 的 勢 力 をいう 以 下 同 じ)でないこと また 反 社 会 的 勢 力 でなかったこと (2) 自 己 及 び 自 己 の 役 員 等 が 自 己 の 不 当 な 利 得 その 他 目 的 の 如 何 を 問 わず 反 社 会

11 的 勢 力 の 威 力 等 を 利 用 しないこと (3) 自 己 及 び 自 己 の 役 員 等 が 反 社 会 的 勢 力 に 対 して 資 金 を 提 供 するなど 反 社 会 的 勢 力 の 維 持 運 営 に 協 力 しないこと (4) 自 己 及 び 自 己 の 役 員 等 が 反 社 会 的 勢 力 と 社 会 的 に 非 難 されるべき 関 係 を 有 しない こと (5) 自 己 及 び 自 己 の 役 員 等 が 自 ら 又 は 第 三 者 を 利 用 して 相 手 方 に 対 し 暴 力 的 な 要 求 行 為 をしないこと 及 び 法 的 な 責 任 の 範 囲 を 超 えて 不 当 な 要 求 相 手 方 の 名 誉 や 信 用 の 毀 損 又 は 相 手 方 の 業 務 を 妨 害 しないこと (6) 本 規 約 に 関 する 業 務 の 全 部 又 は 一 部 を 反 社 会 的 勢 力 に 該 当 する 者 に 行 わせない こと 2. 甲 及 び 乙 は 前 項 各 号 に 違 反 する 事 実 が 判 明 した 場 合 には 相 手 方 に 直 ちに 通 知 する ものとする また 甲 および 乙 は 相 手 方 に 前 項 各 号 に 違 反 する 事 実 が 具 体 的 に 疑 われ る 場 合 当 該 事 項 に 関 する 報 告 を 求 めることができるものとし 甲 および 乙 は 報 告 を 求 められた 場 合 合 理 的 な 期 間 内 に 当 該 事 項 に 関 する 報 告 を 行 うものとする 3. 甲 又 は 乙 は 相 手 方 が 本 条 の 規 定 に 違 反 した 場 合 は 何 らの 通 知 催 告 を 要 せず 直 ち に 本 規 約 による 契 約 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 することができる 4. 甲 又 は 乙 は 相 手 方 が 本 条 の 規 定 に 違 反 したことにより 損 害 を 被 った 場 合 相 手 方 に 対 し 前 項 に 基 づく 契 約 解 除 にかかわらず 当 該 損 害 について 本 規 約 に 基 づく 損 害 賠 償 を 請 求 することができる なお 甲 又 は 乙 は 前 項 の 規 定 により 契 約 を 解 除 したことに より 相 手 方 に 生 じた 損 害 については 一 切 賠 償 する 責 任 を 負 わないものとする 第 27 条 規 定 外 事 項 本 規 約 に 定 めのない 事 務 処 理 上 の 事 項 については 乙 が 別 に 定 める 取 扱 要 領 等 による ものとする 第 28 条 準 拠 法 本 規 約 に 関 する 準 拠 法 は 全 て 日 本 国 法 が 適 用 されるものとする 第 29 条 合 意 管 轄 裁 判 所 甲 と 乙 との 間 に 訴 訟 の 必 要 が 生 じた 場 合 は 乙 の 本 社 を 管 轄 する 裁 判 所 を 第 一 審 の 専 属 的 合 意 管 轄 裁 判 所 とする

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター 建 築 物 調 査 業 務 約 款 ( 趣 旨 ) 第 1 条 建 築 物 調 査 申 請 者 ( 以 下 甲 という ) 及 び 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター( 以 下 乙 という )は エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 54 年 法 律 第 49 号 以 下 法 という ) 第 76

More information

(4) 会 員 が 加 盟 店 で miyoca サービスを 利 用 して 商 品 等 の 購 入 または 提 供 を 受 ける 場 合 に 利 用 できるカードの 枚 数 は 加 盟 店 により 異 なり (5) 会 員 は miyoca サービスを 利 用 した 場 合 は 交 付 するレシート

(4) 会 員 が 加 盟 店 で miyoca サービスを 利 用 して 商 品 等 の 購 入 または 提 供 を 受 ける 場 合 に 利 用 できるカードの 枚 数 は 加 盟 店 により 異 なり (5) 会 員 は miyoca サービスを 利 用 した 場 合 は 交 付 するレシート miyoca 利 用 規 約 (クラブカード 一 体 型 ) 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 約 は イズミヤ 株 式 会 社 が 発 行 する イズミヤクラブカード ( 以 下 クラブカード といい)の 会 員 に 対 す る 付 帯 サービスとして 提 供 される イズミヤカード 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といい)が 発 行 する 電 子 マネーである miyoca を 利 用 することができるサービス(

More information

パソコン賃貸借契約

パソコン賃貸借契約 委 託 契 約 書 ( 案 ) 公 立 大 学 法 人 福 井 県 立 大 学 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という ) とは 福 井 県 立 大 学 の 情 報 ネットワーク 管 理 補 助 業 務 に 関 し 次 の 各 条 項 により 委 託 契 約 を 締 結 し 信 義 に 従 って 誠 実 にこれを 履 行 するものとする ( 総 則 ) 第 1 条 甲 は 情 報 ネットワーク

More information

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド)

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド) 投 資 契 約 書 目 次 第 1 章 本 契 約 の 目 的 払 込 手 続 等... - 1 - 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 )... - 1 - 第 2 条 ( 本 株 式 の 発 行 及 び 取 得 )... - 1 - 第 3 条 ( 払 込 手 続 き)... - 1 - 第 4 条 ( 前 提 条 件 )... - 1 - 第 2 章 発 行 会 社 及 び 経 営 株 主

More information

第 5 条 ( 有 効 期 間 ) 1. 本 サービスの 有 効 期 間 は 当 社 が 指 定 した 日 をもって 開 始 とし 当 該 サービス 対 象 物 件 に 入 居 する 契 約 が 終 了 した 日 をもって 終 了 とします 2. 既 に 入 居 している 住 戸 が 新 たにサービ

第 5 条 ( 有 効 期 間 ) 1. 本 サービスの 有 効 期 間 は 当 社 が 指 定 した 日 をもって 開 始 とし 当 該 サービス 対 象 物 件 に 入 居 する 契 約 が 終 了 した 日 をもって 終 了 とします 2. 既 に 入 居 している 住 戸 が 新 たにサービ コンシェルジュサービス 会 員 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 適 用 関 係 ) 1.この 会 員 規 約 は 株 式 会 社 三 ラージ( 以 下 当 社 といいます )が 株 式 会 社 アクトコ ールを 通 じて 運 営 するコンシェルジュサービス( 以 下 本 サービス といいます )の 提 供 及 びその 利 用 に 関 して 適 用 されます( 以 下 会 員 規 約 といいます

More information

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW WAON 利 用 加 盟 店 規 約 第 1 条 目 的 1. 本 規 約 は 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)と 利 用 者 間 の 取 引 代 金 の 決 済 に WAON を 利 用 することに 関 し 甲 とイオンクレジットサービス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という) との 間 におけるWAONの 取 扱 い 及 びWAONに 係 る 契 約 関 係 ( 以 下 本 契 約 という)に

More information

ー ただお 課 長 を 表 示 するものとする ( 第 三 者 に 対 する 許 諾 ) 第 4 条 甲 は 第 三 者 に 対 して 本 契 約 において 乙 に 与 えた 許 諾 と 同 一 又 は 類 似 の 許 諾 を することができる この 場 合 において 乙 は 甲 に 対 して 当

ー ただお 課 長 を 表 示 するものとする ( 第 三 者 に 対 する 許 諾 ) 第 4 条 甲 は 第 三 者 に 対 して 本 契 約 において 乙 に 与 えた 許 諾 と 同 一 又 は 類 似 の 許 諾 を することができる この 場 合 において 乙 は 甲 に 対 して 当 様 式 第 4 号 ( 第 5 条 関 係 ) 忠 岡 町 イメージキャラクター 使 用 契 約 書 忠 岡 町 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )とは 忠 岡 町 イメージキャラクター( 以 下 キャラクター という )の 使 用 について 次 のとお り 契 約 を 締 結 する (キャラクターの 使 用 許 諾 ) 第 1 条 甲 は 乙 に 対 して キャラクターを 使

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

Taro-契約条項(全部)

Taro-契約条項(全部) 糧 食 品 売 買 契 約 条 項 ( 総 則 ) 第 1 条 甲 及 び 乙 は 契 約 書 記 載 の 糧 食 品 売 買 契 約 に 関 し 契 約 書 及 び こ の 契 約 条 項 に 基 づ き 乙 は 甲 の 示 し た 規 格 仕 様 又 は 見 本 品 同 等 の 糧 食 品 ( 以 下 契 約 物 品 と い う ) を 納 入 期 限 ( 以 下 納 期 と い う ) ま で

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

Suica付学生証等利用特約(案)

Suica付学生証等利用特約(案) PASMO 付 身 分 証 等 利 用 特 約 第 1 条 ( 目 的 ) 本 特 約 は PASMO 付 身 分 証 等 の 発 行 者 である 身 分 証 等 の 発 行 者 ( 以 下 身 分 証 等 発 行 者 といいます ) 東 京 急 行 電 鉄 株 式 会 社 ( 以 下 事 業 者 といいます ) 及 び 株 式 会 社 パスモ( 以 下 パスモ といいます )が PASMO 付 身

More information

ができます 4. 対 象 取 引 の 範 囲 第 1 項 のポイント 付 与 の 具 体 的 な 条 件 対 象 取 引 自 体 の 条 件 は 各 加 盟 店 が 定 めます 5.ポイントサービスの 利 用 終 了 その 他 いかなる 理 由 によっても 付 与 されたポイントを 換 金 すること

ができます 4. 対 象 取 引 の 範 囲 第 1 項 のポイント 付 与 の 具 体 的 な 条 件 対 象 取 引 自 体 の 条 件 は 各 加 盟 店 が 定 めます 5.ポイントサービスの 利 用 終 了 その 他 いかなる 理 由 によっても 付 与 されたポイントを 換 金 すること 大 好 きポイント コンサドーレ 札 幌 サービス 利 用 規 約 第 1 条 ( 目 的 ) 1. 本 規 約 は フェリカポケットマーケティング 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 )が 発 行 する 大 好 きコンサドーレ 札 幌 WAON カ ード 及 びポイントサービスの 利 用 条 件 について 定 めます 2. 利 用 者 が 大 好 きコンサドーレ 札 幌 WAON カードの 利 用

More information

Taro-事務処理要綱250820

Taro-事務処理要綱250820 大 分 県 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 事 務 処 理 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 知 事 は 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 の 貸 付 事 務 を 円 滑 に 処 理 するため 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 ( 昭 和 54 年 法 律 第 25 号 ) 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 施 行 令 ( 昭 和 54 年 政 令 第 124

More information

Gi電気料金一括請求サービス約款

Gi電気料金一括請求サービス約款 Gi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービス 約 款 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 本 約 款 の 適 用 ) 株 式 会 社 インボイス( 以 下 当 社 といいます)は このGi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービ ス 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます)を 定 め 本 約 款 に 基 づき 第 4 条 に 定 めるサービ ス( 以 下 本 サービス1と 本 サービス2を 総

More information

弁護士報酬規定(抜粋)

弁護士報酬規定(抜粋) はなみずき 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 定 ( 抜 粋 ) 2008 年 10 月 改 訂 2014 年 4 月 * 以 下 の 弁 護 士 報 酬 は いずれも 税 込 です ただし D E L の2の 表 に 基 づき 算 出 さ れた 金 額 については 消 費 税 を 上 乗 せした 額 を 弁 護 士 報 酬 とします 目 次 A 法 律 相 談 料 B 顧 問 料 C 手

More information

2. 本 契 約 を 変 更 するときは 乙 は 甲 に 対 し 変 更 する7 日 前 までに 通 知 するものとする 第 5 条 業 務 内 容 の 変 更 乙 は 甲 への 事 情 の 通 知 なくして 前 条 に 定 める 本 商 品 内 容 につき 変 更 廃 止 すること が 出 来 る

2. 本 契 約 を 変 更 するときは 乙 は 甲 に 対 し 変 更 する7 日 前 までに 通 知 するものとする 第 5 条 業 務 内 容 の 変 更 乙 は 甲 への 事 情 の 通 知 なくして 前 条 に 定 める 本 商 品 内 容 につき 変 更 廃 止 すること が 出 来 る ホームページ 制 作 業 務 委 託 契 約 書 株 式 会 社 ( 以 下 甲 という )と 株 式 会 社 ブルーダイヤモンド( 以 下 乙 と いう )とは 甲 が 乙 に 委 託 するホームページ 制 作 業 務 に 関 して 次 のとおり 契 約 を 締 結 する 第 1 条 目 的 甲 は 下 記 の 業 務 ( 以 下 本 業 務 という)を 乙 に 委 託 し 乙 は 下 記 の 契

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

Microsoft Word - 070219役員選挙規程.doc

Microsoft Word - 070219役員選挙規程.doc 役 員 選 挙 規 程 昭 和 55 年 10 月 21 日 制 定 昭 和 57 年 11 月 16 日 改 正 昭 和 61 年 5 月 27 日 改 正 昭 和 62 年 2 月 23 日 改 正 昭 和 63 年 3 月 7 日 改 正 平 成 2 年 5 月 14 日 改 正 平 成 6 年 5 月 24 日 改 正 平 成 8 年 2 月 27 日 改 正 平 成 11 年 2 月 23

More information

る 第 三 者 機 関 情 報 保 護 関 係 認 証 プライバシーマーク ISO27001 ISMS TRUSTe 等 の 写 しを 同 封 のうえ 持 参 又 は 郵 送 とする 但 し 郵 送 による 場 合 は 書 留 郵 便 とし 同 日 同 時 刻 必 着 とする 提 出 場 所 は 上

る 第 三 者 機 関 情 報 保 護 関 係 認 証 プライバシーマーク ISO27001 ISMS TRUSTe 等 の 写 しを 同 封 のうえ 持 参 又 は 郵 送 とする 但 し 郵 送 による 場 合 は 書 留 郵 便 とし 同 日 同 時 刻 必 着 とする 提 出 場 所 は 上 オープンカウンター 方 式 による 見 積 合 せの 公 示 次 のとおり オープンカウンター 方 式 による 見 積 合 せを 実 施 します 平 成 28 年 5 月 27 日 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 中 部 支 社 総 務 部 長 畔 柳 健 二 1 調 達 内 容 (1) 調 達 件 名 平 成 28 年 度 共 用 書 庫 機 密 文 書 廃 棄 ( 未 開 封 溶

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 組 合 は 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 共 済 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行 によって 他 人

More information

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 基 本 協 定 書 ( 案 ) 仙 台 市 ( 以 下 委 託 者 という )と ( 以 下 受 託 者 という )は 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 ( 以 下 本 という )ついて 募 集 要 項 及 び 受 託 者 の

More information

第 2 章 サービス (サービスの 内 容 及 び 提 供 ) 第 6 条 本 サービスは ホームページの 制 作 改 変 等 の 代 行 を 行 うサービス 及 びサービス 提 供 に 必 要 な 機 能 を 第 7 種 ホスティングサービス 契 約 とともに 提 供 します 2 本 サービスに

第 2 章 サービス (サービスの 内 容 及 び 提 供 ) 第 6 条 本 サービスは ホームページの 制 作 改 変 等 の 代 行 を 行 うサービス 及 びサービス 提 供 に 必 要 な 機 能 を 第 7 種 ホスティングサービス 契 約 とともに 提 供 します 2 本 サービスに おまかせ!ホームページ 制 作 更 新 パック 利 用 規 約 第 1 章 総 則 ( 本 規 約 の 目 的 ) 第 1 条 エヌ ティ ティ コミュニケーションズ 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )は この おまかせ!ホームページ 制 作 更 新 パック 利 用 規 約 ( 料 金 表 を 含 みます 以 下 本 規 約 といいます )を 定 め おまかせ!ホームページ 制 作

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203135313281408E598BC68E78898781408FA495698C942096F18ABC2895CF8D58292E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203135313281408E598BC68E78898781408FA495698C942096F18ABC2895CF8D58292E646F63> 久 喜 市 地 域 住 民 生 活 等 緊 急 支 援 のための 交 付 金 事 業 地 域 限 定 プレミアム 付 商 品 券 発 行 事 業 約 款 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 久 喜 市 商 工 会 ( 以 下 商 工 会 等 という )は 地 方 創 生 に 向 けた 国 の 交 付 金 を 活 用 して 消 費 税 率 引 き 上 げによる 市 民 生 活 を 支 援

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

ただし 当 該 事 故 が 本 特 典 の 適 用 対 象 となった 会 員 の 直 近 の 事 故 発 生 日 から 起 算 して 1 年 以 内 に 発 生 した 事 故 である 場 合 補 償 の 対 象 とはなりません 対 象 端 末 について 当 社 が 別 途 提 供 する ケータイ 補

ただし 当 該 事 故 が 本 特 典 の 適 用 対 象 となった 会 員 の 直 近 の 事 故 発 生 日 から 起 算 して 1 年 以 内 に 発 生 した 事 故 である 場 合 補 償 の 対 象 とはなりません 対 象 端 末 について 当 社 が 別 途 提 供 する ケータイ 補 dカードケータイ 補 償 規 約 dカードケータイ 補 償 規 約 ( 以 下 本 規 約 といいます)は 当 社 がdカードの 会 員 に 対 し 提 供 する dカードケータイ 補 償 ( 以 下 本 特 典 といいます)の 内 容 および 提 供 条 件 等 の 基 本 的 事 項 を 定 めるものです 第 1 条 ( 定 義 ) 本 規 約 において 使 用 する 用 語 の 定 義 は 以

More information

約款・規定集

約款・規定集 総 合 取 引 約 款 第 1 章 総 合 取 引 口 座 第 1 条 ( 約 款 の 趣 旨 ) この 総 合 取 引 約 款 は お 客 様 ( 以 下 申 込 者 という )とヘッジファンド 証 券 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という )との 間 の 権 利 義 務 関 係 を 明 確 にすることを 目 的 とするものであります 第 2 条 ( 総 合 取 引 口 座 の 利 用 )

More information

競 争 参 加 資 格 審 査 等 事 務 取 扱 要 領 ( 抜 粋 ) ( 有 資 格 者 としない 者 ) 第 6 条 契 約 事 務 責 任 者 は 契 約 を 締 結 する 能 力 を 有 しない 者 破 産 者 で 復 権 を 得 ない 者 及 び 暴 力 団 等 の 反 社 会 的 勢

競 争 参 加 資 格 審 査 等 事 務 取 扱 要 領 ( 抜 粋 ) ( 有 資 格 者 としない 者 ) 第 6 条 契 約 事 務 責 任 者 は 契 約 を 締 結 する 能 力 を 有 しない 者 破 産 者 で 復 権 を 得 ない 者 及 び 暴 力 団 等 の 反 社 会 的 勢 企 画 競 争 に 係 る 募 集 公 告 平 成 25 年 12 月 16 日 独 立 行 政 法 人 農 畜 産 業 振 興 機 構 契 約 事 務 責 任 者 理 事 馬 場 一 洋 平 成 25 年 度 消 費 税 確 定 申 告 に 係 る 事 前 準 備 ( 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 等 ) 及 び 確 定 申 告 書 作 成 等 委 託 業 務 に 係 る 企 画 競 争

More information

1. はじめに 差 押 不 動 産 公 売 差 押 不 動 産 の 公 売 とは 市 税 等 滞 納 のため 差 し 押 さえた 不 動 産 ( 以 下 公 売 財 産 と いう )について 所 有 者 等 の 権 利 者 の 同 意 を 得 ることなく 強 制 的 に 買 受 人 との 間 で 売

1. はじめに 差 押 不 動 産 公 売 差 押 不 動 産 の 公 売 とは 市 税 等 滞 納 のため 差 し 押 さえた 不 動 産 ( 以 下 公 売 財 産 と いう )について 所 有 者 等 の 権 利 者 の 同 意 を 得 ることなく 強 制 的 に 買 受 人 との 間 で 売 差 押 不 動 産 公 売 参 加 の 手 引 ( 期 間 入 札 ) 目 次 1.はじめに P2 2. 公 売 参 加 資 格 P3 3. 入 札 の 流 れ P3 4. 公 売 保 証 金 の 返 還 P5 5.その 他 P5 参 考 ( 国 税 徴 収 法 抜 粋 ) P6 1 1. はじめに 差 押 不 動 産 公 売 差 押 不 動 産 の 公 売 とは 市 税 等 滞 納 のため 差 し

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 美 作 市 防 犯 カメラ 設 置 支 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 地 域 の 防 犯 活 動 を 推 進 し 安 全 安 心 のまちづくりの 実 現 を 図 るため 犯 罪 等 の 防 止 を 目 的 に 防 犯 カメラの 設 置 を 行 う 住 民 団 体 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において その 設 置 に 要 する 経 費

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20D8BDB8CFC8BCDED2DDC482A882E682D1BADDCCDFD7B2B1DDBD8B4B92F632303133303832362E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20D8BDB8CFC8BCDED2DDC482A882E682D1BADDCCDFD7B2B1DDBD8B4B92F632303133303832362E646F63> リスクマネジメントおよび コンプライアンス 規 程 株 式 会 社 不 二 ビルサービス リスクマネジメントおよびコンプライアンス 規 程 1 リスクマネジメントおよびコンプライアンス 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 規 程 は 当 社 におけるリスクマネジメントに 関 して 必 要 な 事 項 を 定 め もってリスクの 防 止 および 会 社 損 失 の 最 小 化

More information

2. 前 項 の 規 定 にかかわらず 証 券 会 社 等 又 は 機 構 を 通 じた 届 出 の 対 象 となっていない 事 項 については 当 会 社 の 定 める 書 式 により 株 主 名 簿 管 理 人 宛 に 届 け 出 るものとす る ( 法 人 株 主 等 の 代 表 者 ) 第

2. 前 項 の 規 定 にかかわらず 証 券 会 社 等 又 は 機 構 を 通 じた 届 出 の 対 象 となっていない 事 項 については 当 会 社 の 定 める 書 式 により 株 主 名 簿 管 理 人 宛 に 届 け 出 るものとす る ( 法 人 株 主 等 の 代 表 者 ) 第 日 本 ユニシス 株 式 会 社 株 式 取 扱 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 当 会 社 における 株 主 権 行 使 手 続 きその 他 株 式 に 関 する 取 扱 い 及 びその 手 数 料 につい ては 株 式 会 社 証 券 保 管 振 替 機 構 ( 以 下 機 構 という) 又 は 株 主 が 振 替 口 座 を 開 設 している 証 券 会 社 銀 行 又

More information

2. 個 人 情 報 の 利 用 目 的 (1) 本 投 資 法 人 による 物 件 ( 信 託 受 益 権 に 係 る 不 動 産 を 含 みます 以 下 同 様 )の 取 得 取 得 に 先 立 つ 調 査 及 び 取 得 の 検 討 並 びに 事 後 管 理 業 務 を 行 うため (2) 本

2. 個 人 情 報 の 利 用 目 的 (1) 本 投 資 法 人 による 物 件 ( 信 託 受 益 権 に 係 る 不 動 産 を 含 みます 以 下 同 様 )の 取 得 取 得 に 先 立 つ 調 査 及 び 取 得 の 検 討 並 びに 事 後 管 理 業 務 を 行 うため (2) 本 個 人 情 報 保 護 方 針 アドバンス レジデンス 投 資 法 人 ( 以 下 本 投 資 法 人 といいます )は 個 人 情 報 の 重 要 性 を 認 識 し 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 その 他 の 関 係 諸 法 令 及 びガイドライン 等 ( 以 下 個 人 情 報 保 護 法 等 といいます )を 遵 守 するとともに 個 人 情 報 保 護 に 関 する 基

More information

( 第 2 項 ) 会 員 がサービスを 利 用 するためにカードを 提 示 した 場 合 当 社 及 び 関 連 会 社 は 会 員 本 人 であることを 確 認 するために 身 分 証 明 書 の 提 示 を 要 求 することがあります この 場 合 会 員 は 当 社 及 び 関 連 会 社

( 第 2 項 ) 会 員 がサービスを 利 用 するためにカードを 提 示 した 場 合 当 社 及 び 関 連 会 社 は 会 員 本 人 であることを 確 認 するために 身 分 証 明 書 の 提 示 を 要 求 することがあります この 場 合 会 員 は 当 社 及 び 関 連 会 社 ロッテ 免 税 店 VIP 会 員 利 用 規 約 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 約 は ロッテ 免 税 店 の 会 員 がロッテ 免 税 店 ( 以 下 当 社 という )が 提 供 する 会 員 サービスを 利 用 するにあたり ロッテ 免 税 店 の 会 員 と 当 社 内 における 諸 権 利 義 務 及 び 関 連 諸 手 続 きなどを 規 定 することにその 目 的 があります 第

More information

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンターエネルギー 回 収 推 進 施 設 等 長 期 包 括 的 運 転 維 持 管 理 業 務 委 託 に 係 る 発 注 支 援 業 務 公 募 型 プロポ-ザル 実 施 要 領 1 プロポーザルの 目 的 この 要 領 は 平 成 30 年 4 月 から 運 転 を 予 定 している 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンター エネルギー 回 収 推 進 施

More information

2. 個 人 情 報 の 利 用 目 的 (1) 本 投 資 法 人 による 物 件 ( 信 託 受 益 権 に 係 る 不 動 産 を 含 みます 以 下 同 様 )の 取 得 取 得 に 先 立 つ 調 査 及 び 取 得 の 検 討 並 びに 事 後 管 理 業 務 を 行 うため (2) 本

2. 個 人 情 報 の 利 用 目 的 (1) 本 投 資 法 人 による 物 件 ( 信 託 受 益 権 に 係 る 不 動 産 を 含 みます 以 下 同 様 )の 取 得 取 得 に 先 立 つ 調 査 及 び 取 得 の 検 討 並 びに 事 後 管 理 業 務 を 行 うため (2) 本 個 人 情 報 保 護 方 針 ADインベストメント マネジメント 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )は 個 人 情 報 の 重 要 性 を 認 識 し 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 その 他 の 関 係 諸 法 令 及 びガイドライン 等 ( 以 下 個 人 情 報 保 護 法 等 といいます )を 遵 守 するとともに 個 人 情 報 保 護 に 関 する 基

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

中 間 利 払 日 とし 預 入 日 または 前 回 の 中 間 利 払 日 からその 中 間 利 払 日 の 前 日 までの 日 数 および 通 帳 または 証 書 記 載 の 中 間 利 払 利 率 によって 計 算 した 中 間 利 払 額 ( 以 下 中 間 払 利 息 といいます )を 利

中 間 利 払 日 とし 預 入 日 または 前 回 の 中 間 利 払 日 からその 中 間 利 払 日 の 前 日 までの 日 数 および 通 帳 または 証 書 記 載 の 中 間 利 払 利 率 によって 計 算 した 中 間 利 払 額 ( 以 下 中 間 払 利 息 といいます )を 利 自 由 金 利 型 定 期 預 金 M 型 (スーパー 定 期 ) 規 定 1.( 取 扱 店 の 範 囲 ) (1) 個 人 のお 客 さま この 預 金 は 当 店 のほか 当 金 庫 本 支 店 および 当 金 庫 が 提 携 した 他 の 労 働 金 庫 ( 以 下 提 携 金 庫 といいます )のどこの 店 舗 でも 預 入 れができます (2) 団 体 のお 客 さま この 預 金 は

More information

疑わしい取引の参考事例

疑わしい取引の参考事例 ( 別 添 ) 疑 わしい 取 引 の 参 考 事 例 記 号 記 号 記 号 記 号 預 金 取 扱 い 金 融 機 関 保 険 会 社 証 券 会 社 外 国 証 券 会 社 及 び 投 資 信 託 委 託 業 者 証 券 金 融 会 社 貸 金 業 者 抵 当 証 券 業 者 商 品 投 資 販 売 業 者 小 口 債 権 販 売 業 者 不 動 産 特 定 共 同 事 業 者 金 融 先 物

More information

ホームページ制作業務委託契約書

ホームページ制作業務委託契約書 ホームページ 制 作 業 務 委 託 契 約 書 ( 以 下 甲 という )と 株 式 会 社 フロリシュコーポレーション ( 以 下 乙 という )とは 甲 乙 間 において 次 の 通 り 契 約 を 締 結 する 甲 及 び 乙 は 以 下 のとおり 契 約 が 成 立 したので これを 証 するため 本 書 2 通 を 作 成 し 甲 乙 それぞれ 記 名 押 印 のうえ 各 1 通 を 保

More information

(10) 本 工 事 の 契 約 締 結 日 において 現 場 代 理 人 を 工 事 現 場 に 常 駐 で 配 置 し 得 ること ただし 本 入 札 の 一 般 競 争 入 札 参 加 申 込 書 の 提 出 日 現 在 において 3カ 月 以 上 直 接 的 かつ 恒 常 的 な 雇 用 関

(10) 本 工 事 の 契 約 締 結 日 において 現 場 代 理 人 を 工 事 現 場 に 常 駐 で 配 置 し 得 ること ただし 本 入 札 の 一 般 競 争 入 札 参 加 申 込 書 の 提 出 日 現 在 において 3カ 月 以 上 直 接 的 かつ 恒 常 的 な 雇 用 関 豊 中 市 告 示 第 282 号 豊 中 市 立 北 条 小 学 校 トイレ 改 修 工 事 に 伴 う 給 排 水 衛 生 設 備 工 事 の 工 事 請 負 契 約 に 係 る 一 般 競 争 入 札 について 豊 中 市 立 北 条 小 学 校 トイレ 改 修 工 事 に 伴 う 給 排 水 衛 生 設 備 工 事 の 工 事 請 負 契 約 について 次 のとおり 一 般 競 争 入 札

More information

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の 期 間 制 及 び 短 時 間 勤 労 者 保 護 等 に 関 する 法 律 ( 制 定 2006.12.21) ( 法 律 第 12469 号 2014.3.18, 一 部 改 正 ) 翻 訳 : 新 谷 眞 人 日 本 大 学 法 学 部 教 授 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 法 律 は 期 間 制 勤 労 者 及 び 短 時 間 勤 労 者 に 対 する 不 合 理 な

More information

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第 定 款 沿 革 昭 和 29 年 11 月 1 日 制 定 昭 和 30 年 3 月 28 日 改 正 昭 和 31 年 3 月 17 日 改 正 昭 和 32 年 3 月 13 日 改 正 昭 和 33 年 5 月 16 日 改 正 昭 和 34 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 35 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 39 年 3 月 29 日 改 正 昭 和 42 年 5 月 25 日

More information

目     次

目     次 制 裁 規 程 第 1 章 総 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 定 款 第 57 条 に 基 づき 会 員 及 び 会 員 を 所 属 商 品 先 物 取 引 業 者 とする 商 品 先 物 取 引 仲 介 業 者 ( 以 下 会 員 等 という )の 商 品 先 物 取 引 業 務 ( 定 款 第 3 条 第 1 項 第 5 号 に 定 める 業 務 をいう 以 下 この 規 程 において

More information

Microsoft Word - 0425実施要綱⑦H24.doc

Microsoft Word - 0425実施要綱⑦H24.doc 省 エネチャレンジ 応 援 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 民 の 省 エネ 行 動 の 促 進 を 目 的 として 実 施 する 省 エネチャレンジ 応 援 事 業 の 運 営 について 必 要 な 事 項 を 定 め 家 庭 部 門 の 温 室 効 果 ガスの 排 出 削 減 を 推 進 し もって 地 球 温 暖 化 対 策 の 促 進 を 図 ることを

More information

郵 便 約 款 の 変 更 の 認 可 申 請 の 概 要 及 び 審 査 結 果 ( 本 人 限 定 受 取 郵 便 のサービス 内 容 の 追 加 ) 平 成 21 年 3 月 2 日 総 務 省 1 変 更 の 認 可 申 請 の 概 要 (1) 変 更 の 趣 旨 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 ( 以 下 収 益 移 転 防 止 法 という ) が 平 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F7493FA95948E738A4A94AD8E968BC682CC8EE891B18B7982D18AEE8F8082C98AD682B782E98FF097E182C98AD682B782E98F9590AC8BE093998CF0957497768D6A7665725B315D2E3781698B4E88C49770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F7493FA95948E738A4A94AD8E968BC682CC8EE891B18B7982D18AEE8F8082C98AD682B782E98FF097E182C98AD682B782E98F9590AC8BE093998CF0957497768D6A7665725B315D2E3781698B4E88C49770816A> 春 日 部 市 開 発 事 業 の 手 続 及 び 基 準 に 関 する 条 例 に 関 する 助 成 金 等 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 春 日 部 市 開 発 事 業 の 手 続 及 び 基 準 に 関 する 条 例 ( 平 成 24 年 条 例 第 37 号 以 下 条 例 という ) 第 43 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 助 成 金 を 交 付

More information

( 会 員 登 録 の 不 承 諾 ) 第 4 条 当 社 は 入 会 申 込 みを 受 けた 場 合 であっても 次 の 各 号 のいずれかの 事 由 に 該 当 すると 当 社 が 判 断 したときは 会 員 としての 登 録 を 承 諾 しないことがあります (1) 入 会 申 込 を 行 っ

( 会 員 登 録 の 不 承 諾 ) 第 4 条 当 社 は 入 会 申 込 みを 受 けた 場 合 であっても 次 の 各 号 のいずれかの 事 由 に 該 当 すると 当 社 が 判 断 したときは 会 員 としての 登 録 を 承 諾 しないことがあります (1) 入 会 申 込 を 行 っ KDDIまとめてオフィス 会 員 規 約 ( 総 則 ) 第 1 条 KDDI 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )が 第 3 条 の 定 めに 基 づき 登 録 された 会 員 ( 以 下 会 員 といいます )に 対 して 当 社 の 法 人 向 け 電 気 通 信 サービス 及 び 当 社 グループ 会 社 の 電 気 通 信 サービス 等 ( 但 し 当 社 が 別 に 定 めるも

More information

第 3 条 ( 事 業 者 ) 1. 事 業 者 は 本 ポイントプログラムの 利 用 にあたり 当 社 が 要 請 する 情 報 を 遅 滞 なく 提 供 するものとしま す なお 事 業 者 は 事 業 者 が 当 社 の 当 該 要 請 に 従 わない 場 合 や 情 報 の 提 供 が 遅

第 3 条 ( 事 業 者 ) 1. 事 業 者 は 本 ポイントプログラムの 利 用 にあたり 当 社 が 要 請 する 情 報 を 遅 滞 なく 提 供 するものとしま す なお 事 業 者 は 事 業 者 が 当 社 の 当 該 要 請 に 従 わない 場 合 や 情 報 の 提 供 が 遅 ポイントプログラム 利 用 約 款 第 1 条 ( 規 約 の 適 用 ) 1. ポイントプログラム 利 用 約 款 ( 以 下 本 ポイントプログラム 利 用 約 款 といいます )は 株 式 会 社 リクルー トホールディングス( 以 下 当 社 といいます )と 当 社 が 別 途 定 めるホットペッパーグルメ 利 用 約 款 または /およびホットペッパーお 食 事 券 サービス 利 用 約

More information

                                         2008

                                         2008 ぷららポイントプログラム 利 用 規 約 第 1 条 ( 総 則 ) このぷららポイントプログラム 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 といいます )は 株 式 会 社 NTT ぷらら( 以 下 当 社 といいます )が 運 営 提 供 するぷららポイントプログラム( 以 下 本 プログラム といいま す )の 対 象 者 ( 以 下 会 員 といいます )に 対 し ぷららポイント( 以 下

More information

理化学研究所の役職員への兼業(兼職)依頼について

理化学研究所の役職員への兼業(兼職)依頼について 理 化 学 研 究 所 の 役 職 員 への 兼 業 ( 兼 職 ) 依 頼 について 役 職 員 が 兼 業 を 行 なう 場 合 事 前 に 弊 所 の 承 認 が 必 要 です 役 職 員 へ 兼 業 を 依 頼 さ れる 場 合 は 下 記 を 御 一 読 戴 き 役 職 員 本 人 宛 に 御 依 頼 くださいますようお 願 い 致 し ます 1. 兼 業 依 頼 から 承 認 までの 流

More information

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc 第 1 章 定 款 規 約 山 梨 県 土 地 改 良 事 業 団 体 連 合 会 定 款 昭 和 33 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 33 年 10 月 9 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 会 は 土 地 改 良 事 業 を 行 う 者 ( 国 県 及 び 土 地 改 良 法 第 95 条 第 1 項 の 規 定 により 土 地 改 良 事 業 を 行 う

More information

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx 全 国 エリアマネジメントネットワーク 規 約 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 会 は 全 国 エリアマネジメントネットワーク( 以 下 本 会 という )と 称 する ( 目 的 ) 第 2 条 本 会 は 全 国 のエリアマネジメント 組 織 による 連 携 協 議 の 場 を 提 供 し エリアマネジメン トに 係 る 政 策 提 案 情 報 共 有 及 び 普 及 啓

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平

国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平 平 成 23 年 度 改 正 関 係 参 考 資 料 ( 国 税 通 則 法 関 係 ) 国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平 成 25

More information

東京大学生協ICカード利用規約

東京大学生協ICカード利用規約 西 南 学 院 大 学 生 活 協 同 組 合 IC カード 規 則 西 南 学 院 大 学 生 活 協 同 組 合 第 1 条 (IC カードの 定 義 ) この 規 則 でいう 大 学 生 協 のIC カードとは Tuo カ-ド と 呼 称 する 大 学 生 協 がクレジット 会 社 との 提 携 により 発 行 す るクレジット 機 能 付 きのカードに IC チップを 搭 載 したカ-ド(

More information

サイバートラスト デバイスマネジメント オプションサービス特約

サイバートラスト デバイスマネジメント オプションサービス特約 サイバートラスト デバイスマネジメント オプションサービス 特 約 発 効 日 : 平 成 23 年 (2011 年 ) 10 月 24 日 第 1 条 特 約 の 適 用 1.サイバートラスト デバイスマネジメント オプションサービス 特 約 ( 以 下 本 特 約 という)は サイバー トラスト デバイスマネジメント( 以 下 デバイスマネジメント という)の 附 帯 サービスの 提 供 条 件

More information

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定 1.( 自 動 継 続 ) (1) 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 ( 以 下 この 預 金 といいます )は 通 帳 記 載 の 満 期 日 に 前 回 と 同 一 期 間 の 自 由 金 利 型 定 期 預 金 に 自 動 的 に 継 続 します 継 続 された 預 金 についても 同 様 とします (2) この 預 金 の 継 続 後 の 利 率 は 継 続 日 ( 継 続

More information

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します なお 本 業 務 の 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 が 可 能 となってい ることを 条 件 とします 平 成 27 年 2 月 17 日 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 契 約 担 当 役 鉄 道 建 設 本 部 九 州

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 程 平 成 19 年 3 月 30 日 制 定 改 正 平 成 19 年 9 月 10 日 平 成 20 年 3 月 25 日 平 成 21 年 1 月 29 日 平 成 21 年 9 月 3 日 平 成 21 年 11 月 27 日 平 成 23 年 3 月 30 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081795745428C668DDA9770817A57414F4E979897708B4B96F1816991E6825194C5816A5F905692F994C581698251969C816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081795745428C668DDA9770817A57414F4E979897708B4B96F1816991E6825194C5816A5F905692F994C581698251969C816A2E646F63> WAON 利 用 約 款 規 約 をよくお 読 みになってご 納 得 のうえ カードをご 利 用 ください 第 1 条 ( 目 的 ) 本 約 款 は イオン 株 式 会 社 が 管 理 及 び 運 営 する 電 子 マネー WAON によるお 取 引 について 規 定 するもので 次 条 に 定 義 する WAON 発 行 者 及 びカード 発 行 者 は WAON のお 取 引 について 本 約

More information

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 3 月 29 日 告 示 第 98 号 改 正 平 成 25 年 9 月 27 日 告 示 第 297 号 平 成 27 年 4 月 1 日 告 示 第 155 号 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 空 き 家 の 有 効 活 用 による

More information

フリーローン「TOHOスマートネクスト」規定

フリーローン「TOHOスマートネクスト」規定 フリーローン TOHOスマートネクスト 規 定 (WEB 契 約 用 ) 私 はエム ユー 信 用 保 証 株 式 会 社 ( 以 下 保 証 会 社 といいます )の 保 証 に 基 づく 株 式 会 社 東 邦 銀 行 ( 以 下 銀 行 といいます )との 金 銭 消 費 貸 借 契 約 ( 以 下 この 契 約 といいます )について 別 に 定 める 個 人 情 報 の 取 扱 い に 関

More information

教育資金管理約款

教育資金管理約款 教 育 資 金 管 理 約 款 ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 この 約 款 は お 客 様 ( 以 下 申 込 者 といいます )が 租 税 特 別 措 置 法 第 70 条 の2 の2 第 1 項 の 適 用 を 受 けるため 同 条 第 2 項 第 2 号 に 規 定 する 教 育 資 金 管 理 契 約 を 締 結 し 同 項 に 規 定 される 要 件 及 び 当 社 との 権 利

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

(7) 会 社 更 生 法 第 17 条 又 は 民 事 再 生 法 第 21 条 の 規 定 に 基 づく 更 生 手 続 又 は 再 生 手 続 を 行 っていないこと (8) 国 税 県 税 及 び 市 町 村 税 について 未 納 のないこと 指 名 通 知 時 点 または 参 加 意 思

(7) 会 社 更 生 法 第 17 条 又 は 民 事 再 生 法 第 21 条 の 規 定 に 基 づく 更 生 手 続 又 は 再 生 手 続 を 行 っていないこと (8) 国 税 県 税 及 び 市 町 村 税 について 未 納 のないこと 指 名 通 知 時 点 または 参 加 意 思 平 成 28 年 度 嘉 手 納 町 観 光 ガイド 養 成 講 座 委 託 業 務 公 募 プロポーザル 募 集 要 領 1. 事 業 名 称 嘉 手 納 町 観 光 ガイド 養 成 講 座 委 託 業 務 2. 事 業 目 的 別 紙 嘉 手 納 町 観 光 ガイド 養 成 講 座 委 託 業 務 仕 様 書 のとおり 3. 業 務 内 容 嘉 手 納 町 の 観 光 資 源 や 観 光 ガイドとして

More information

(2) 協 会 加 入 月 の1カ 月 前 までに 様 式 1が 提 出 された 市 町 村 等 に 対 して 契 約 書 及 び 掛 金 請 求 書 を 送 付 します その 後 返 送 されてきた 様 式 2-2を 保 管 し 掛 金 の 納 入 を 確 認 します 第 2 章 契 約 更 新

(2) 協 会 加 入 月 の1カ 月 前 までに 様 式 1が 提 出 された 市 町 村 等 に 対 して 契 約 書 及 び 掛 金 請 求 書 を 送 付 します その 後 返 送 されてきた 様 式 2-2を 保 管 し 掛 金 の 納 入 を 確 認 します 第 2 章 契 約 更 新 事 務 取 扱 要 領 この 事 務 取 扱 要 領 は 防 火 防 災 訓 練 災 害 補 償 等 共 済 契 約 約 款 第 37 条 に 基 づき 防 火 防 災 訓 練 災 害 補 償 等 共 済 に 係 る 市 町 村 特 別 区 及 び 市 町 村 の 一 部 事 務 組 合 ( 以 下 市 町 村 等 という )と 公 益 財 団 法 人 日 本 消 防 協 会 ( 以 下 協 会 という

More information

(8) 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 ) 第 2 条 第 2 号 に 掲 げる 暴 力 団 及 びそれらの 利 益 となる 活 動 を 行 う 者 でないこと (9) 国 税 県 税 及 び 市 町 村 税

(8) 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 ) 第 2 条 第 2 号 に 掲 げる 暴 力 団 及 びそれらの 利 益 となる 活 動 を 行 う 者 でないこと (9) 国 税 県 税 及 び 市 町 村 税 嘉 手 納 町 住 環 境 整 備 基 本 計 画 ( 基 礎 調 査 ) 業 務 に 関 する 企 画 提 案 募 集 要 領 この 要 領 は 嘉 手 納 町 住 環 境 整 備 基 本 計 画 ( 基 礎 調 査 ) 業 務 に 関 する 企 画 提 案 に 係 る 優 先 候 補 者 の 選 定 にあたり 本 募 集 要 領 に 基 づき 広 く 企 画 提 案 を 募 集 し 最 も 適

More information

はファクシミリ 装 置 を 用 いて 送 信 し 又 は 訪 問 する 方 法 により 当 該 債 務 を 弁 済 す ることを 要 求 し これに 対 し 債 務 者 等 から 直 接 要 求 しないよう 求 められたにもかか わらず 更 にこれらの 方 法 で 当 該 債 務 を 弁 済 するこ

はファクシミリ 装 置 を 用 いて 送 信 し 又 は 訪 問 する 方 法 により 当 該 債 務 を 弁 済 す ることを 要 求 し これに 対 し 債 務 者 等 から 直 接 要 求 しないよう 求 められたにもかか わらず 更 にこれらの 方 法 で 当 該 債 務 を 弁 済 するこ 求 償 権 の 管 理 回 収 に 関 する 事 例 研 究 (その2) - 平 成 23 年 度 求 償 権 管 理 回 収 等 事 務 研 修 会 から- 農 業 第 二 部 前 号 に 引 き 続 き 昨 年 9 月 に 開 催 された 求 償 権 管 理 回 収 等 事 務 研 修 会 で 求 償 権 の 管 理 回 収 事 例 研 究 として 掲 げられたテーマから4つの 事 例 について

More information

平成23年度本庁舎西館弁当販売者募集要項

平成23年度本庁舎西館弁当販売者募集要項 たつの 市 民 病 院 新 聞 自 動 販 売 機 設 置 事 業 者 募 集 要 項 たつの 市 民 病 院 ( 以 下 病 院 という )が 行 う 自 動 販 売 機 設 置 事 業 者 ( 以 下 設 置 事 業 者 という )の 募 集 に 参 加 される 方 は この 要 項 をよく 読 み 記 載 事 項 をご 承 知 の 上 お 申 し 込 みください 1 公 募 物 件 の 概 要

More information

( 運 用 制 限 ) 第 5 条 労 働 基 準 局 は 本 システムの 維 持 補 修 の 必 要 があるとき 天 災 地 変 その 他 の 事 由 によりシステムに 障 害 又 は 遅 延 の 生 じたとき その 他 理 由 の 如 何 を 問 わず その 裁 量 により システム 利 用 者

( 運 用 制 限 ) 第 5 条 労 働 基 準 局 は 本 システムの 維 持 補 修 の 必 要 があるとき 天 災 地 変 その 他 の 事 由 によりシステムに 障 害 又 は 遅 延 の 生 じたとき その 他 理 由 の 如 何 を 問 わず その 裁 量 により システム 利 用 者 労 災 レセプト 電 算 処 理 システム 利 用 規 約 ( 目 的 及 び 定 義 ) 第 1 条 本 規 約 は 厚 生 労 働 省 労 働 基 準 局 ( 以 下 労 働 基 準 局 という )が 運 営 する 労 災 レセプト 電 算 処 理 システムを 利 用 する 場 合 に 必 要 な 事 項 を 定 めるものです 2 本 規 約 において 使 用 する 用 語 の 意 義 は 次

More information

第 4 条 ( 申 込 ) 本 規 約 における 応 募 者 とは 当 社 に 対 し 本 サービスでのオーディション 申 込 を 行 った 者 をいいます 当 社 は 別 途 定 める 応 募 者 資 格 に 基 づき 必 要 な 審 査 手 続 等 を 経 た 後 に 選 考 対 象 として 申

第 4 条 ( 申 込 ) 本 規 約 における 応 募 者 とは 当 社 に 対 し 本 サービスでのオーディション 申 込 を 行 った 者 をいいます 当 社 は 別 途 定 める 応 募 者 資 格 に 基 づき 必 要 な 審 査 手 続 等 を 経 た 後 に 選 考 対 象 として 申 HKT48 オーディション 受 付 サイト 利 用 規 約 第 1 条 ( 総 則 ) HKT48 オーディション 受 付 サイト 利 用 規 約 は( 以 下 本 規 約 といいます) 株 式 会 社 AKS( 以 下 当 社 といいます)が 運 営 する HKT48 へのオーディション 申 込 およびその 後 の 審 査 に 関 する 全 サービ スの 利 用 条 件 を 定 めるものです 第

More information

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし 財 産 形 成 定 額 貯 金 規 定 1 財 産 形 成 定 額 貯 金 財 産 形 成 定 額 貯 金 ( 以 下 この 貯 金 といいます )は 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 ( 以 下 財 形 法 といいます )に 規 定 する 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 ( 以 下 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 といいます )に 基 づき 預 入 される 定 額 貯 金 です

More information

学校法人日本医科大学利益相反マネジメント規程

学校法人日本医科大学利益相反マネジメント規程 学 校 法 人 日 本 医 科 大 学 利 益 相 反 マネジメント 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 学 校 法 人 日 本 医 科 大 学 ( 以 下 本 法 人 という )が 本 法 人 利 益 相 反 マネジメントポリシー( 平 成 18 年 12 月 1 日 制 定 )の 精 神 に 則 り 教 職 員 等 の 産 学 官 連 携 活 動 に 伴 い

More information

一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 御 中 依 頼 人 氏 名 平 成 年 月 日 印 登 録 支 援 専 門 家 委 嘱 ( 初 回 委 嘱 )の 依 頼 について(GL5 項 (2)) 私 は 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン 第 5

一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 御 中 依 頼 人 氏 名 平 成 年 月 日 印 登 録 支 援 専 門 家 委 嘱 ( 初 回 委 嘱 )の 依 頼 について(GL5 項 (2)) 私 は 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン 第 5 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン の 利 用 を 考 えら れている 皆 様 へ 大 分 県 弁 護 士 会 平 成 28 年 4 月 14 日 に 発 生 し,その 後 も 断 続 的 に 発 生 している 熊 本, 大 分 の 地 震 により 被 災 された 方 に 対 して, 心 よりお 見 舞 い 申 し 上 げます 大 分 県 においては,

More information

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の Page 1 of 5 伊 東 市 個 人 情 報 保 護 条 例 平 成 9 年 4 月 1 日 伊 東 市 条 例 第 14 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 個 人 情 報 の 管 理 等 ( 第 6 条 第 12 条 ) 第 3 章 自 己 情 報 の 開 示 等 ( 第 13 条 第 20 条 ) 第 4 章 救 済 手 続 及 び 救 済 機 関

More information

機器保証利用規約

機器保証利用規約 端 末 補 償 for ismart 利 用 規 約 株 式 会 社 フォーバルテレコム( 以 下 当 社 といいます )は 当 社 の 指 定 する 商 品 を 購 入 するお 客 様 ( 以 下 利 用 者 といいます ) 向 けに 以 下 に 定 める 機 器 保 証 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 といいます )に 基 づき 端 末 補 償 for ismart ( 以 下 本 サービス

More information

(3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 める 書 類 ( 補 助 金 の 交 付 決 定 ) 第 6 条 市 長 は 前 条 の 申 請 書 を 受 理 したときは 速 やかにその 内 容 を 審 査 し 補 助 金 を 交 付 すべきものと 認 めたときは 規 則 第 7 条 に 規 定 す

(3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 める 書 類 ( 補 助 金 の 交 付 決 定 ) 第 6 条 市 長 は 前 条 の 申 請 書 を 受 理 したときは 速 やかにその 内 容 を 審 査 し 補 助 金 を 交 付 すべきものと 認 めたときは 規 則 第 7 条 に 規 定 す 篠 山 市 防 犯 カメラ 設 置 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 9 月 30 日 要 綱 第 55 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 民 が 安 心 して 暮 らせるまちづくりを 目 指 し 自 主 防 犯 活 動 を 補 完 するため 防 犯 カメラの 設 置 に 係 る 経 費 の 一 部 を 補 助 することに 関 し 篠 山 市 補 助 金 交 付

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

Microsoft Word - s-17-yatukan

Microsoft Word - s-17-yatukan 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 会 社 は, 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 保 険 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 保 険 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行

More information

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 と 称 し 英 文 では Type II Financial Instruments Firms Associationと 表 示 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 本 協

More information

の 権 限 と 責 任 を 明 確 に 定 め,これを 学 内 外 に 公 表 し, 関 係 者 に 周 知 するものとする ( 不 正 防 止 計 画 ) 第 6 条 最 高 管 理 責 任 者 は, 公 的 研 究 費 の 不 正 使 用 の 防 止 計 画 ( 以 下 不 正 防 止 計 画

の 権 限 と 責 任 を 明 確 に 定 め,これを 学 内 外 に 公 表 し, 関 係 者 に 周 知 するものとする ( 不 正 防 止 計 画 ) 第 6 条 最 高 管 理 責 任 者 は, 公 的 研 究 費 の 不 正 使 用 の 防 止 計 画 ( 以 下 不 正 防 止 計 画 徳 山 大 学 公 的 研 究 費 取 扱 規 程 ( 平 成 27 年 1 月 30 日 制 定 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 徳 山 大 学 教 育 職 員 倫 理 綱 領 及 び 徳 山 大 学 における 研 究 に 携 わる 者 の 行 動 規 範 の 定 めに 従 い, 徳 山 大 学 ( 以 下 本 学 という )において 公 的 研 究 費 を 適 正 に 運 営

More information

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱 宮 城 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 つなぎ 融 資 利 子 補 給 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 県 は,NPO 等 との 協 働 業 務 を 促 進 して 新 しい 公 共 の 拡 大 と 定 着 を 図 るため, 行 政 から 受 託 した 業 務 の 実 施 に 際 して 金 融 機 関 等 からの 借 入 れ(つなぎ 融 資 )を 利 用 するNPO 等 に 対

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 事 業 承 継 と 民 法 < 遺 留 分 > 相 続 までに 自 社 株 の 価 値 が 上 昇 すると 想 定 外 の 遺 留 分 の 主 張 を 受 けないか 心 配 だ 後 継 者 に 自 社 株 を 集 中 させたいが 相 続 紛 争 が 心 配 だ 民 法 の 遺 留 分 の 事 前 放 棄 は 利 用 しにくい 相 続 紛 争 や 自 社 株 式 の 分 散 を 防 止 でき 後 継

More information

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領 四 国 中 央 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 23 年 9 月 26 日 告 示 第 182 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る た め 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平

More information

レノボ・クリスタル・パートナー

レノボ・クリスタル・パートナー lenovo レジスタード リセラー 規 約 (Rev2) lenovo レジスタード リセラー 規 約 ( 以 下 本 規 約 とします)は レノボ ジャパン 株 式 会 社 ( 以 下 両 社 を 総 称 して 当 社 とします)が 販 売 パートナーに 提 供 するサポートプ ログラム lenovo レジスタード リセラー に 関 する 諸 条 件 を 定 めるものです 同 プログ ラム 登

More information

( 会 員 資 格 の 取 得 ) 第 6 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 別 に 定 める 入 会 届 により 申 し 込 みを し 理 事 会 の 承 認 を 得 なければならない ( 会 員 の 権 利 義 務 ) 第 7 条 会 員 は 本 会 の 事 業 活 動 につき そ

( 会 員 資 格 の 取 得 ) 第 6 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 別 に 定 める 入 会 届 により 申 し 込 みを し 理 事 会 の 承 認 を 得 なければならない ( 会 員 の 権 利 義 務 ) 第 7 条 会 員 は 本 会 の 事 業 活 動 につき そ 一 般 社 団 法 人 宮 崎 県 法 人 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 宮 崎 県 法 人 会 連 合 会 ( 以 下 本 会 とう ) と 称 ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 会 は 主 たる 事 務 所 を 宮 崎 県 宮 崎 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information

宿泊施設トイレ整備推進事業要綱

宿泊施設トイレ整備推進事業要綱 茨 城 県 宿 泊 施 設 のトイレ 整 備 推 進 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 平 成 31 年 茨 城 国 体 全 国 障 害 者 スポーツ 大 会, 平 成 32 年 東 京 オリンピック パ ラリンピックを 見 据 え, 県 内 宿 泊 施 設 の 受 入 体 制 の 強 化 を 図 るため, 宿 泊 施 設 内 のトイレを 改 修 する

More information

(5) 人 権 侵 害, 差 別 又 は 名 誉 毀 損 となるもの, 又 はおそれがあるもの (6) 他 人 を 誹 謗 し, 中 傷 し, 又 は 排 斥 するもの (7) 投 機 心, 射 幸 心 をあおるもの, 又 はそのおそれがあるもの (8) 内 容 が 虚 偽 誇 大 であるなど 過

(5) 人 権 侵 害, 差 別 又 は 名 誉 毀 損 となるもの, 又 はおそれがあるもの (6) 他 人 を 誹 謗 し, 中 傷 し, 又 は 排 斥 するもの (7) 投 機 心, 射 幸 心 をあおるもの, 又 はそのおそれがあるもの (8) 内 容 が 虚 偽 誇 大 であるなど 過 公 益 財 団 法 人 福 岡 市 スポーツ 協 会 ホームページ 広 告 掲 載 取 扱 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 公 益 財 団 法 人 福 岡 市 スポーツ 協 会 ( 以 下 協 会 という )ホー ムページに 掲 載 する 広 告 の 募 集 及 び 掲 載 に 関 して 必 要 な 事 項 を 定 める ( 広 告 の 規 格 等 ) 第 2 条 広 告 枠

More information

PMK220プライバシーマーク付与適格性審査の実施基準

PMK220プライバシーマーク付与適格性審査の実施基準 プライバシーマーク 付 与 適 格 性 審 査 の 実 施 基 準 一 般 財 団 法 人 日 本 情 報 経 済 社 会 推 進 協 会 プライバシーマーク 推 進 センター 改 廃 履 歴 版 制 定 改 定 日 改 定 箇 所 理 由 施 行 日 1.0 平 成 22 年 10 月 15 日 プライバシーマーク 制 度 設 置 及 び 運 営 要 平 成 23 年 3 月 1 日 領 の 全

More information

持 する 者 ( 入 会 の 申 込 ) 第 5 条 本 サービスへの 入 会 登 録 を 希 望 する 者 は サービス 提 供 者 が 定 める 手 続 に 従 って オッズパークID パスワード ニックネーム 電 子 メールアドレス 等 その 他 ポータル 会 員 登 録 のために 必 要 な

持 する 者 ( 入 会 の 申 込 ) 第 5 条 本 サービスへの 入 会 登 録 を 希 望 する 者 は サービス 提 供 者 が 定 める 手 続 に 従 って オッズパークID パスワード ニックネーム 電 子 メールアドレス 等 その 他 ポータル 会 員 登 録 のために 必 要 な オッズパークポータル 会 員 利 用 規 約 ( 利 用 規 約 の 適 用 ) 第 1 条 オッズパークポータル 会 員 利 用 規 約 ( 以 下 本 利 用 規 約 といいます )は オ ッズ パーク 株 式 会 社 ( 以 下 サービス 提 供 者 といいます )が 提 供 するインターネッ ト 情 報 提 供 サービス オッズパークホームページ ( 以 下 本 サービス といいます )の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323031353038303682DC82C682DF90BF8B818169938C8B9E816A4850>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323031353038303682DC82C682DF90BF8B818169938C8B9E816A4850> J:COM まとめ 請 求 利 用 規 約 第 1 条 ( 規 約 の 適 用 ) 株 式 会 社 ジェイコム 東 京 ( 以 下 当 社 といいます )は この J:COM まとめ 請 求 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 といいます )に 基 づき 第 3 条 に 定 める J:COM 料 金 ならび に 当 社 が KDDI 株 式 会 社 および 沖 縄 セルラー 電 話 株 式 会

More information

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業 安 来 運 動 公 園 管 理 業 務 仕 様 書 る 安 来 運 動 公 園 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び そ の 範 囲 等 は こ の 仕 様 書 に よ ( 有 料 公 園 施 設 に 関 す る 事 項 ) 1 施 設 の 概 要 1 所 在 地 安 来 市 吉 岡 町 450 番 地 2 面 積 46,614m2 3 概 要 区 分 面 積 等 区 分

More information

240709

240709 綾 瀬 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 障 害 者 等 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 の 高 齢 者 障 害 者 等 に 福 祉 給 付 金 を 支 給 し 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該

More information