Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1

2

3 ( 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )の 遵 守 ) 第 1 条 乙 は 別 紙 1の 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )に 従 って 委 託 業 務 を 実 施 しなければならな い 2 甲 は 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 ) 記 載 の 支 出 計 画 により 委 託 業 務 の 実 施 に 必 要 な 経 費 を 負 担 するものとする ( 納 入 物 の 提 出 ) 第 2 条 乙 は 委 託 業 務 についての 納 入 物 を 完 了 期 限 内 に 甲 に 提 出 しなければならない 2 乙 は 前 項 の 納 入 物 を 作 成 する 場 合 は 国 等 による 環 境 物 品 等 の 調 達 の 推 進 等 に 関 す る 法 律 ( 平 成 12 年 法 律 第 100 号 ) 第 6 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 定 められた 環 境 物 品 等 の 調 達 の 推 進 に 関 する 基 本 方 針 ( 平 成 20 年 2 月 5 日 閣 議 決 定 )による 紙 類 の 印 刷 用 紙 及 び 役 務 の 印 刷 の 基 準 を 満 たすこととし 様 式 第 1により 印 刷 物 基 準 実 績 報 告 書 を 前 項 の 納 入 物 とともに 甲 に 提 出 しなければならない ( 事 故 の 報 告 ) 第 3 条 乙 は 委 託 業 務 を 完 了 期 限 内 に 完 了 することができないと 見 込 まれるときは 速 やかに 様 式 第 2により 事 故 報 告 書 を 甲 に 提 出 し その 指 示 を 受 けなければならない ( 計 画 変 更 等 ) 第 4 条 乙 は 次 の 各 号 の 一 に 該 当 するときは 速 やかに 様 式 第 3により 計 画 変 更 承 認 申 請 書 を 甲 に 提 出 し その 承 認 を 受 けなければならない (1) 実 施 計 画 を 変 更 しようとするとき ただし 事 業 内 容 の 軽 微 な 変 更 の 場 合 支 出 計 画 の 区 分 経 費 ( 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 相 当 額 を 含 む )の10パーセント 以 下 の 流 用 ( 人 件 費 及 び 一 般 管 理 費 への 流 用 は 人 件 費 及 び 一 般 管 理 費 に 係 るそれぞれの 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 に 限 る )の 場 合 並 びに 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 を 流 用 する 場 合 は 除 く (2) 委 託 業 務 を 中 止 し 又 は 廃 止 しようとするとき 2 甲 は 前 項 の 承 認 をする 場 合 は 条 件 を 付 することができる ( 履 行 体 制 の 変 更 ) 第 5 条 乙 は 別 紙 2の 履 行 体 制 図 に 従 って 委 託 業 務 を 実 施 しなければならない 2 乙 は 別 紙 2の 履 行 体 制 図 に 変 更 があるときは 速 やかに 様 式 第 4により 履 行 体 制 図 変 更 届 出 書 を 甲 に 届 け 出 なければならない ただし 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 については 届 出 を 要 しない (1) 受 託 業 務 の 実 施 に 参 加 する 事 業 者 ( 以 下 事 業 参 加 者 という )の 名 称 のみの 変 更 の 場 合 (2) 事 業 参 加 者 の 住 所 の 変 更 のみの 場 合 (3) 契 約 金 額 の 変 更 のみの 場 合 3 前 項 の 場 合 において 甲 は 本 契 約 の 適 正 な 履 行 の 確 保 のため 必 要 があると 認 めたとき は 乙 に 対 して 変 更 の 理 由 等 の 説 明 を 求 めることができる ( 債 権 譲 渡 の 禁 止 ) 第 6 条 乙 は 本 契 約 によって 生 じる 権 利 の 全 部 又 は 一 部 を 甲 の 承 諾 を 得 ずに 第 三 者 に 譲 渡 し 又 は 承 継 させてはならない ただし 信 用 保 証 協 会 資 産 の 流 動 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 10 年 法 律 第 105 号 ) 第 2 条 第 3 項 に 規 定 する 特 定 目 的 会 社 又 は 中 小 企 業 信

4 用 保 険 法 施 行 令 ( 昭 和 25 年 政 令 第 350 号 ) 第 1 条 の2に 規 定 する 金 融 機 関 に 対 して 債 権 を 譲 渡 する 場 合 にあっては この 限 りでない 2 乙 が 本 契 約 により 行 うこととされたすべての 給 付 を 完 了 する 前 に 乙 が 前 項 ただし 書 に 基 づいて 債 権 の 譲 渡 を 行 い 乙 が 甲 に 対 し 民 法 ( 明 治 29 年 法 律 第 89 号 ) 第 46 7 条 又 は 動 産 及 び 債 権 の 譲 渡 の 対 抗 要 件 に 関 する 民 法 の 特 例 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 10 年 法 律 第 104 号 以 下 債 権 譲 渡 特 例 法 という ) 第 4 条 第 2 項 に 規 定 する 通 知 又 は 承 諾 の 依 頼 を 行 う 場 合 には 甲 は 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 を 主 張 する 権 利 を 留 保 し 又 は 次 の 各 号 に 掲 げる 異 議 を 留 めるものとする また 乙 から 債 権 を 譲 り 受 けた 者 ( 以 下 丙 という )が 甲 に 対 し 債 権 譲 渡 特 例 法 第 4 条 第 2 項 に 規 定 する 通 知 若 しくは 民 法 第 4 67 条 又 は 債 権 譲 渡 特 例 法 第 4 条 第 2 項 に 規 定 する 承 諾 の 依 頼 を 行 う 場 合 についても 同 様 とする (1) 甲 は 乙 に 対 して 有 する 請 求 債 権 については 譲 渡 対 象 債 権 金 額 と 相 殺 し 又 は 譲 渡 債 権 金 額 を 軽 減 する 権 利 を 保 留 する (2) 丙 は 譲 渡 対 象 債 権 を 前 項 ただし 書 に 掲 げる 者 以 外 への 譲 渡 又 はこれへの 質 権 の 設 定 その 他 債 権 の 帰 属 並 びに 行 使 を 害 すべきことを 行 わないこと (3) 甲 は 乙 による 債 権 譲 渡 後 も 乙 との 協 議 のみにより 納 地 の 変 更 契 約 金 額 の 変 更 その 他 契 約 内 容 の 変 更 を 行 うことがあり この 場 合 丙 は 異 議 を 申 し 立 てない ものとし 当 該 契 約 の 変 更 により 譲 渡 対 象 債 権 の 内 容 に 影 響 が 及 ぶ 場 合 の 対 応 に ついては 専 ら 乙 と 丙 の 間 の 協 議 により 決 定 されなければならないこと 3 第 1 項 ただし 書 に 基 づいて 乙 が 第 三 者 に 債 権 の 譲 渡 を 行 った 場 合 においては 甲 が 行 う 弁 済 の 効 力 は 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 第 42 条 の2の 規 定 に 基 づき 甲 が 同 令 第 1 条 第 3 号 に 規 定 するセンター 支 出 官 に 対 して 支 出 の 決 定 の 通 知 を 行 ったときに 生 ずるものとする ( 再 委 託 ) 第 7 条 乙 は 委 託 業 務 の 全 部 を 第 三 者 に 委 託 することはできない 2 乙 は 再 委 託 ( 委 託 業 務 の 一 部 を 第 三 者 に 委 託 することをいい 請 負 を 含 む 以 下 同 じ )する 場 合 には 様 式 第 5により 甲 に 再 委 託 に 係 る 承 認 申 請 書 を 提 出 し その 承 認 を 受 けなければならない ただし 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 はこの 限 りでな い (1) 当 該 再 委 託 が 別 紙 2の 履 行 体 制 図 ( 承 認 後 等 により 第 5 条 第 2 項 の 届 出 がなされ た 場 合 は 変 更 後 の 履 行 体 制 図 をいう )に 記 載 のあるものである 場 合 (2) 別 紙 3の 条 件 に 該 当 する 第 三 者 に 再 委 託 する 場 合 (3) 当 該 再 委 託 が 別 紙 4に 規 定 する 軽 微 な 再 委 託 に 該 当 する 場 合 3 乙 は 再 委 託 する 場 合 には 再 委 託 した 業 務 に 伴 う 当 該 第 三 者 ( 以 下 再 委 託 者 と いう )の 行 為 について 甲 に 対 しすべての 責 任 を 負 うものとする 4 乙 は 再 委 託 する 場 合 には 乙 がこの 契 約 を 遵 守 するために 必 要 な 事 項 について 本 委 託 契 約 書 を 準 用 して 再 委 託 者 と 約 定 しなければならない ( 再 委 託 先 の 変 更 ) 第 8 条 乙 は 再 委 託 先 を 変 更 する 場 合 当 該 再 委 託 が 前 条 第 2 項 第 3 号 に 該 当 する 場 合 を 除 き 様 式 第 5の 再 委 託 に 係 る 承 認 申 請 書 を 甲 に 提 出 し その 承 認 を 受 けなければな らない ( 監 督 )

5 第 9 条 乙 は 甲 が 定 める 監 督 職 員 の 指 示 に 従 うとともに その 職 務 に 協 力 しなければな らない ( 報 告 書 の 提 出 ) 第 10 条 乙 は この 委 託 業 務 が 完 了 したときは 様 式 第 6により 委 託 業 務 完 了 報 告 書 を 直 ちに 甲 に 提 出 しなければならない ただし 様 式 第 2により 事 故 報 告 書 を 甲 に 提 出 し その 指 示 を 受 けた 場 合 は その 期 限 によることができる 2 乙 は 様 式 第 7により 委 託 業 務 についての 実 績 報 告 書 を 甲 に 提 出 しなければならない ただし 様 式 第 8により 提 出 期 限 延 期 承 認 申 請 書 を 甲 に 提 出 し その 承 認 を 受 けた 場 合 は その 期 限 によることができる 3 前 項 の 実 績 報 告 書 における 一 般 管 理 費 の 支 出 実 績 額 は 契 約 締 結 時 において 一 般 管 理 費 の 算 出 基 礎 とした 経 費 に 対 応 する 受 けるべき 委 託 金 の 額 の 合 計 額 に 契 約 締 結 時 にお ける 一 般 管 理 費 の 実 質 率 ( 計 画 変 更 により 率 に 変 動 が 生 じた 場 合 はその 率 )を 乗 じて 得 た 額 を 超 えない 額 とする 4 第 2 項 の 実 績 報 告 書 の 受 けるべき 委 託 金 の 額 は 区 分 経 費 ごとに 委 託 契 約 額 ( 流 用 額 がある 場 合 は 流 用 後 額 )と 支 出 実 績 額 とのいずれか 低 い 額 とする ( 委 託 業 務 完 了 の 検 査 の 時 期 ) 第 11 条 甲 は 前 条 第 1 項 の 報 告 書 を 受 理 したときは 受 理 した 日 から10 日 以 内 の 日 又 は 委 託 業 務 実 施 年 度 の3 月 31 日 ( 前 条 第 1 項 ただし 書 により 期 限 を 延 長 した 場 合 はその 日 )のいずれか 早 い 日 までに 完 了 した 委 託 業 務 が 契 約 の 内 容 に 適 合 するもので あるかどうかを 検 査 し 委 託 業 務 の 完 了 を 確 認 しなければならない ( 支 払 うべき 額 の 確 定 ) 第 12 条 甲 は 第 10 条 第 2 項 の 規 定 により 提 出 された 実 績 報 告 書 の 内 容 の 審 査 及 び 必 要 に 応 じて 現 地 調 査 を 行 い 委 託 業 務 の 実 施 に 要 した 経 費 の 証 ひょう 帳 簿 等 の 調 査 に より 支 払 うべき 額 を 確 定 し これを 乙 に 通 知 しなければならない 支 払 うべき 金 額 を 修 正 すべき 事 由 が 判 明 した 場 合 も 同 様 とする ( 支 払 ) 第 13 条 甲 は 前 条 の 規 定 により 支 払 うべき 額 を 確 定 した 後 乙 の 提 出 する 様 式 第 9に よる 精 算 払 請 求 書 に 基 づいて 支 払 を 行 う この 場 合 において 甲 は 乙 から 適 法 な 精 算 払 請 求 書 を 受 理 した 日 から30 日 ( 以 下 約 定 期 間 という ) 以 内 にこれをしなけれ ばならない 2 前 項 の 規 定 にかかわらず 概 算 払 財 務 大 臣 協 議 が 整 い 乙 が 委 託 業 務 の 完 了 前 に 委 託 業 務 に 必 要 な 経 費 の 支 払 を 受 けようとするときは 様 式 第 10による 概 算 払 請 求 書 を 提 出 することができ 甲 は 適 当 と 認 めたときこれを 支 払 うことができる ( 遅 延 利 息 ) 第 14 条 甲 は 前 条 第 1 項 の 約 定 期 間 内 に 支 払 を 行 わない 場 合 には 遅 延 利 息 として 約 定 期 間 満 了 の 日 の 翌 日 から 支 払 をする 日 までの 日 数 に 応 じ 当 該 未 払 金 額 に 対 し 財 務 大 臣 が 決 定 する 率 を 乗 じて 計 算 した 金 額 を 支 払 うものとする ( 差 額 の 返 還 又 は 支 払 ) 第 15 条 乙 は 第 12 条 により 確 定 した 支 払 うべき 金 額 ( 以 下 確 定 額 という )を

6 超 える 金 額 の 概 算 払 を 既 に 受 けている 場 合 は 甲 の 指 示 により その 超 える 額 を 返 還 し なければならない 2 甲 は 確 定 額 に 満 たない 金 額 を 乙 に 支 払 っている 場 合 は その 不 足 額 を 乙 に 支 払 うも のとする ( 契 約 の 解 除 等 ) 第 16 条 甲 は 乙 がこの 契 約 の 条 項 に 違 反 したと 認 めたときは 契 約 を 解 除 することが できる 2 甲 は 前 項 により 契 約 を 解 除 した 場 合 において 委 託 金 の 全 部 又 は 一 部 を 支 払 っている ときは その 全 部 又 は 一 部 を 期 限 を 定 めて 返 還 させることができる ( 延 滞 金 ) 第 17 条 乙 は 第 15 条 第 1 項 及 び 前 条 第 2 項 の 規 定 により 甲 に 確 定 額 を 超 える 額 又 は 委 託 金 の 全 部 若 しくは 一 部 を 返 還 する 場 合 甲 の 定 めた 期 限 内 に 返 還 しなかったときは 期 限 の 翌 日 から 支 払 をする 日 までの 日 数 に 応 じ 年 利 5パーセントの 割 合 により 計 算 し た 延 滞 金 を 支 払 わなければならない ( 帳 簿 等 の 整 備 ) 第 18 条 乙 は 委 託 金 について その 収 支 を 明 らかにした 帳 簿 等 を 備 え かつ すべて の 証 拠 書 類 を 整 備 しなければならない 2 乙 は 委 託 業 務 に 従 事 した 時 間 等 を 明 らかにするため 次 の 各 号 の 帳 簿 等 を 日 々 作 成 しなければならない (1) 委 託 業 務 に 従 事 した 者 の 出 勤 状 況 を 証 明 するに 足 る 帳 簿 等 (2) 前 号 の 者 ごとにおいて 実 際 に 委 託 業 務 に 従 事 した 時 間 を 証 明 するに 足 る 帳 簿 等 3 乙 は 前 二 項 の 帳 簿 等 を 委 託 業 務 の 完 了 の 日 の 属 する 年 度 終 了 後 5 年 間 保 存 しておか なければならない ( 財 産 の 管 理 ) 第 19 条 乙 は 委 託 業 務 の 実 施 により 取 得 した 財 産 については 委 託 業 務 完 了 後 又 は 廃 止 後 においても 善 良 な 管 理 者 の 注 意 をもって 管 理 し 甲 の 指 示 があったときはその 指 示 に 従 って 処 分 しなければならない 2 乙 は 取 得 財 産 について 様 式 第 11による 取 得 財 産 管 理 台 帳 を 備 え 甲 から 別 に 指 示 がある 場 合 のほかは 委 託 業 務 完 了 後 取 得 財 産 明 細 表 を 実 績 報 告 書 に 添 付 して 提 出 し 必 要 な 場 合 は 処 分 に 関 して 甲 の 指 示 を 受 けるものとする ( 現 地 調 査 等 ) 第 20 条 甲 は 委 託 業 務 の 実 施 状 況 の 調 査 及 び 支 払 うべき 額 の 確 定 のために 必 要 と 認 め るときは 乙 に 対 し 報 告 をさせ 又 は 所 属 の 職 員 に 乙 の 事 務 所 事 業 場 等 において 委 託 業 務 に 関 する 帳 簿 類 その 他 の 物 件 を 調 査 させ 若 しくは 関 係 者 に 質 問 させることがで きる ( 故 意 又 は 重 過 失 による 過 払 いがある 場 合 の 措 置 ) 第 21 条 甲 は 乙 の 故 意 又 は 重 過 失 により 委 託 金 の 過 払 いが 発 生 していると 認 めるとき は 乙 に 対 してその 事 実 関 係 の 説 明 や 資 料 の 提 出 を 求 める 等 事 実 関 係 の 調 査 を 行 うこ とができる

7 2 前 項 に 基 づく 調 査 の 結 果 甲 が 乙 の 故 意 又 は 重 過 失 に 起 因 する 過 払 いがあると 判 断 し たときは 乙 は 甲 の 要 求 に 従 い 甲 が 指 定 する 期 日 までに 甲 に 対 して 委 託 業 務 につい ての 修 正 実 績 報 告 書 を 提 出 しなければならない 3 甲 は 必 要 と 認 める 場 合 には 第 1 項 の 調 査 の 結 果 及 び 前 項 の 修 正 実 績 報 告 書 をふま えて 甲 が 過 払 いと 認 める 金 額 につき 乙 に 対 して 直 ちに 返 還 するよう 求 めることができ る この 場 合 甲 は 当 該 過 払 い 額 につき 乙 がこれを 受 領 した 日 の 翌 日 から 過 払 い 額 の 納 付 の 日 までの 日 数 に 応 じ 年 利 5パーセントの 割 合 により 計 算 した 利 息 を 付 すこと ができる ( 公 表 の 禁 止 ) 第 22 条 乙 は 甲 の 許 可 を 得 ないで 委 託 業 務 の 内 容 を 公 表 してはならない ( 著 作 権 の 国 への 帰 属 ) 第 23 条 乙 は 委 託 契 約 の 目 的 として 作 成 される 納 入 物 に 係 る 著 作 権 を 甲 に 無 償 で 引 き 渡 すものとし その 引 渡 しは 乙 が 甲 に 納 入 物 を 提 出 したときに 行 われたものとする ( 秘 密 の 保 持 ) 第 24 条 乙 は 本 契 約 による 作 業 の 一 切 について 秘 密 の 保 持 に 留 意 し 漏 えい 防 止 の 責 任 を 負 うものとする 2 乙 は 本 契 約 終 了 後 においても 前 項 の 責 任 を 負 うものとする ( 契 約 の 公 表 ) 第 25 条 乙 は 本 契 約 の 名 称 委 託 金 額 並 びに 乙 の 氏 名 及 び 住 所 等 が 公 表 されることに 同 意 するものとする ( 契 約 書 の 解 釈 ) 第 26 条 本 契 約 の 目 的 の 一 部 完 了 期 限 その 他 一 切 の 事 項 については 甲 乙 協 議 の 上 何 時 でも 変 更 することができるものとする 2 前 項 の 規 定 によるほか 本 契 約 の 条 項 について 解 釈 上 疑 義 を 生 じた 場 合 又 は 契 約 に 定 めのない 事 項 については 甲 乙 協 議 の 上 決 定 する 3 前 二 項 の 規 定 による 協 議 が 整 わない 場 合 は 乙 は 甲 の 意 見 に 従 わなければならない 特 記 事 項 ( 談 合 等 の 不 正 行 為 による 契 約 の 解 除 ) 第 1 条 甲 は 次 の 各 項 のいずれかに 該 当 したときは 契 約 を 解 除 することができる 1 本 契 約 に 関 し 乙 が 私 的 独 占 の 禁 止 及 び 公 正 取 引 の 確 保 に 関 する 法 律 ( 昭 和 22 年 法 律 第 54 号 以 下 独 占 禁 止 法 という ) 第 3 条 又 は 第 8 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 に 違 反 する 行 為 を 行 ったことにより 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 することとなったとき (1) 独 占 禁 止 法 第 49 条 第 1 項 に 規 定 する 排 除 措 置 命 令 が 確 定 したとき (2) 独 占 禁 止 法 第 50 条 第 1 項 に 規 定 する 課 徴 金 納 付 命 令 が 確 定 したとき (3) 独 占 禁 止 法 第 66 条 第 4 項 の 審 決 が 確 定 したとき (4) 独 占 禁 止 法 第 7 条 の2 第 13 項 又 は 第 16 項 の 課 徴 金 納 付 命 令 を 命 じない 旨 の 通 知 があったとき

8 2 本 契 約 に 関 し 乙 の 独 占 禁 止 法 第 89 条 第 1 項 又 は 第 95 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 刑 が 確 定 したとき 3 本 契 約 に 関 し 乙 ( 法 人 の 場 合 にあっては その 役 員 又 は 使 用 人 を 含 む )の 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 第 96 条 の3 又 は 第 198 条 に 規 定 する 刑 が 確 定 したとき ( 談 合 等 の 不 正 行 為 に 係 る 通 知 文 書 の 写 しの 提 出 ) 第 2 条 乙 は 前 条 第 1 項 各 号 のいずれかに 該 当 することとなったときは 速 やかに 次 の 各 号 の 文 書 のいずれかの 写 しを 甲 に 提 出 しなければならない (1) 独 占 禁 止 法 第 49 条 第 1 項 の 排 除 措 置 命 令 書 (2) 独 占 禁 止 法 第 50 条 第 1 項 の 課 徴 金 納 付 命 令 書 (3) 独 占 禁 止 法 第 66 条 第 4 項 の 審 決 についての 審 決 書 (4) 独 占 禁 止 法 第 7 条 の2 第 13 項 又 は 第 16 項 の 課 徴 金 納 付 命 令 を 命 じない 旨 の 通 知 文 書 ( 談 合 等 の 不 正 行 為 による 損 害 の 賠 償 ) 第 3 条 乙 が 本 契 約 に 関 し 第 1 条 の 各 項 のいずれかに 該 当 したときは 甲 が 本 契 約 を 解 除 するか 否 かにかかわらず かつ 甲 が 損 害 の 発 生 及 び 損 害 額 を 立 証 することを 要 す ることなく 乙 は 契 約 金 額 ( 本 契 約 締 結 後 契 約 金 額 の 変 更 があった 場 合 には 変 更 後 の 契 約 金 額 )の100 分 の10に 相 当 する 金 額 (その 金 額 に100 円 未 満 の 端 数 があ るときは その 端 数 を 切 り 捨 てた 金 額 )を 違 約 金 ( 損 害 賠 償 額 の 予 定 )として 甲 の 指 定 する 期 間 内 に 支 払 わなければならない 2 前 項 の 規 定 は 本 契 約 による 履 行 が 完 了 した 後 も 適 用 するものとする 3 第 1 項 に 規 定 する 場 合 において 乙 が 事 業 者 団 体 であり 既 に 解 散 しているときは 甲 は 乙 の 代 表 者 であった 者 又 は 構 成 員 であった 者 に 違 約 金 の 支 払 を 請 求 することがで きる この 場 合 において 乙 の 代 表 者 であった 者 及 び 構 成 員 であった 者 は 連 帯 して 支 払 わなければならない 4 第 1 項 の 規 定 は 甲 に 生 じた 実 際 の 損 害 額 が 同 項 に 規 定 する 損 害 賠 償 金 の 金 額 を 超 え る 場 合 において 甲 がその 超 える 分 について 乙 に 対 し 損 害 賠 償 金 を 請 求 することを 妨 げ るものではない 5 乙 が 第 1 項 の 違 約 金 及 び 前 項 の 損 害 賠 償 金 を 甲 が 指 定 する 期 間 内 に 支 払 わないとき は 乙 は 当 該 期 間 を 経 過 した 日 から 支 払 をする 日 までの 日 数 に 応 じ 年 5パーセント の 割 合 で 計 算 した 金 額 の 遅 延 利 息 を 甲 に 支 払 わなければならない ( 暴 力 団 関 与 の 場 合 の 契 約 の 解 除 等 ) 第 4 条 甲 は 乙 ( 法 人 の 場 合 にあっては その 役 員 又 は 使 用 人 を 含 む )について 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 ) 第 2 条 に 規 定 する 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 と 関 係 があることが 判 明 したときは 本 契 約 を 解 除 することが できる 2 乙 が 本 契 約 に 関 し 前 項 の 規 定 に 該 当 したときは 甲 が 本 契 約 を 解 除 するか 否 かに かかわらず かつ 甲 が 損 害 の 発 生 及 び 損 害 額 を 立 証 することを 要 することなく 乙 は 契 約 金 額 ( 本 契 約 締 結 後 契 約 金 額 の 変 更 があった 場 合 には 変 更 後 の 契 約 金 額 )の1 00 分 の10に 相 当 する 金 額 (その 金 額 に100 円 未 満 の 端 数 があるときは その 端 数 を 切 り 捨 てた 金 額 )を 違 約 金 ( 損 害 賠 償 額 の 予 定 )として 甲 の 指 定 する 期 間 内 に 支 払 わ なければならない 3 前 項 の 規 定 は 本 契 約 による 履 行 が 完 了 した 後 も 適 用 するものとする

9 4 第 1 項 に 規 定 する 場 合 において 乙 が 事 業 者 団 体 であり 既 に 解 散 しているときは 甲 は 乙 の 代 表 者 であった 者 又 は 構 成 員 であった 者 に 違 約 金 の 支 払 を 請 求 することがで きる この 場 合 において 乙 の 代 表 者 であった 者 及 び 構 成 員 であった 者 は 連 帯 して 支 払 わなければならない 5 第 2 項 の 規 定 は 甲 に 生 じた 実 際 の 損 害 額 が 同 項 に 規 定 する 損 害 賠 償 金 の 金 額 を 超 え る 場 合 において 甲 がその 超 える 分 について 乙 に 対 し 損 害 賠 償 金 を 請 求 することを 妨 げ るものではない 6 乙 が 第 2 項 の 違 約 金 及 び 前 項 の 損 害 賠 償 金 を 甲 が 指 定 する 期 間 内 に 支 払 わないとき は 乙 は 当 該 期 間 を 経 過 した 日 から 支 払 をする 日 までの 日 数 に 応 じ 年 5パーセント の 割 合 で 計 算 した 金 額 の 遅 延 利 息 を 甲 に 支 払 わなければならない

10 ( 様 式 第 1) 記 号 番 号 平 成 年 月 日 支 出 負 担 行 為 担 当 官 中 小 企 業 庁 長 官 官 房 参 事 官 殿 住 所 名 称 代 表 者 氏 名 印 印 刷 物 基 準 実 績 報 告 書 契 約 件 名 ( 契 約 締 結 時 の 日 付 番 号 も 記 載 のこと ) 品 名 ( ) 1. 印 刷 用 紙 (カラー 用 紙 を 除 く ) 基 準 実 績 基 準 を 満 たせなかった 理 由 1 古 紙 パルプ 配 合 率 70% 以 上 2 バージンパルプ( 間 伐 材 及 び 合 板 製 材 工 場 から 発 生 する 端 材 等 の 再 生 資 源 により 製 造 されたバージンパルプを 除 く )が 原 料 として 使 用 される 場 合 にあっては 原 料 とされる 原 木 はその 伐 採 に 当 たって 生 産 された 国 における 森 林 に 関 する 法 令 に 照 らして 合 法 なも のであること 3 非 塗 工 紙 については 白 色 度 が7 0% 程 度 以 下 4 塗 工 紙 については 塗 工 量 が 両 面 で 30g/m2 以 下 5 再 生 利 用 しにくい 加 工 が 施 されてい ない (プラスチックをラミネート 又 はコーティングされていない ) 配 合 率 白 色 度 塗 工 量 % % g/m2 2. 印 刷 用 紙 (カラー 用 紙 ) 基 準 実 績 基 準 を 満 たせなかった 理 由 1 古 紙 パルプ 配 合 率 70% 以 上 配 合 率 %

11 2 バージンパルプ( 間 伐 材 及 び 合 板 製 材 工 場 から 発 生 する 端 材 等 の 再 生 資 源 により 製 造 されたバージンパルプを 除 く )が 原 料 として 使 用 される 場 合 にあっては 原 料 とされる 原 木 はその 伐 採 に 当 たって 生 産 された 国 における 森 林 に 関 する 法 令 に 照 らして 合 法 なも のであること 3 塗 工 紙 については 塗 工 量 が 両 面 で 30g/m2 以 下 4 再 生 利 用 しにくい 加 工 が 施 されてい ない (プラスチックをラミネート 又 はコーティングされていない ) 塗 工 量 g/m2 3. 印 刷 基 準 実 績 基 準 を 満 たせなかった 理 由 1 印 刷 用 紙 に 係 る 判 断 の 基 準 ( 上 記 参 照 )を 満 たす 用 紙 が 使 用 されている (ただし 冊 子 形 状 のものについては 表 紙 を 除 く ) 2 古 紙 再 生 の 阻 害 要 因 となる 次 に 掲 げ る 材 料 等 が 使 用 されていない ホットメルト 接 着 剤 ( 難 細 裂 化 改 良 EVA 系 ホットメルト 接 着 剤 ポ リウレタン 系 ホットメルト 接 着 剤 及 び 水 溶 性 ホットメルト 接 着 剤 を 除 く ) プラスチック 類 ( 紙 のコーティン グ 又 はラミネートに 使 用 するものを 除 く ) 布 類 不 織 布 樹 脂 含 浸 紙 ( 水 溶 性 のものを 除 く ) 硫 酸 紙 捺 染 紙 感 熱 性 発 泡 紙 ( 点 字 印 刷 に 用 いる 場 合 を 除 く ) 合 成 紙 インディアペーパ ー UVインキ(フォーム 印 刷 に 用 い る 場 合 又 はハイブリッドUVインキ を 除 く ) 発 泡 インキ( 点 字 印 刷 に 用 いる 場 合 を 除 く ) 金 銀 パールインキ(オフセット 用 のもの を 除 く ) 立 体 印 刷 物 ( 印 刷 物 にレンチキュ ラーレンズを 貼 り 合 わせたもの ) 芳 香 付 録 品 ( 芳 香 剤 香 水 口 紅 等 )

12 3 オフセット 印 刷 については 芳 香 族 成 分 が1% 以 下 の 溶 剤 ( 動 植 物 油 系 等 の 溶 剤 を 含 む )のみを 用 いる 印 刷 用 インキが 使 用 されている 記 載 要 領 1. 品 名 欄 には 調 査 報 告 書 パンフレット チラシ ポスター 等 印 刷 物 の 種 類 を 記 載 し 別 葉 に 作 成 のこと 2. パンフレット チラシ ポスター 等 については 委 託 先 から 当 省 以 外 に 普 及 広 報 等 のために 作 成 配 布 されたものも 対 象 とすること 3. 実 績 欄 について 及 び3は 数 値 ( 使 用 されている 印 刷 用 紙 が 複 数 種 類 ある 場 合 はすべてに 対 応 するページ 数 を 実 績 欄 に 書 で 記 載 のこと ) を 及 び3.1~3については 又 は を 実 績 のない 部 分 につい ては 斜 線 を 記 載 のこと 4. 使 用 している 用 紙 が 複 数 種 類 混 在 している 場 合 については ページ 数 の 大 部 分 が 基 準 を 満 たす 用 紙 を 使 用 している 場 合 には 基 準 を 満 たしたこととする 5. 基 準 を 満 たせなかった 理 由 欄 については 該 当 する 場 合 に 各 欄 に 記 載 のこと 1. 印 刷 用 紙 2(2.も 同 じ)の 合 法 性 に 係 る 確 認 を 行 う 場 合 には 林 野 庁 作 成 の 木 材 木 材 製 品 の 合 法 性 持 続 可 能 性 の 証 明 のためのガイドライン( 平 成 18 年 2 月 15 日 ) に 準 拠 して 行 うものとする ただし 平 成 18 年 4 月 1 日 より 前 に 伐 採 業 者 が 加 工 流 通 業 者 等 と 契 約 を 締 結 している 原 木 に 係 る 合 法 性 の 確 認 については 平 成 18 年 4 月 1 日 の 時 点 で 原 料 製 品 等 を 保 管 している 者 が 証 明 書 に 平 成 18 年 4 月 1 日 より 前 に 契 約 を 締 結 していることを 記 載 した 場 合 には 上 記 ガイドラインに 定 める 合 法 な 木 材 であることの 証 明 は 不 要 とする 3. 印 刷 3の 芳 香 族 成 分 とは 日 本 工 業 規 格 K2536に 規 定 されている 石 油 製 品 の 成 分 試 験 法 をインキ 溶 剤 に 準 用 して 検 出 される 芳 香 族 炭 化 水 素 化 合 物 をいう

13 ( 様 式 第 2) 記 号 番 号 平 成 年 月 日 支 出 負 担 行 為 担 当 官 中 小 企 業 庁 長 官 官 房 参 事 官 殿 住 所 名 称 代 表 者 氏 名 印 事 故 報 告 書 契 約 書 第 3 条 の 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 報 告 します 記 1. 契 約 件 名 ( 契 約 締 結 時 の 日 付 番 号 も 記 載 のこと ) 2. 委 託 金 額 ( 委 託 金 額 に 変 更 があった 場 合 は 変 更 後 の 金 額 を 記 載 のこと ) 3. 事 故 の 原 因 及 び 内 容 4. 事 故 に 係 る 金 額 5. 事 故 に 対 して 採 った 措 置 6. 業 務 の 遂 行 と 完 了 日 の 予 定 7. 事 故 が 業 務 に 及 ぼす 影 響

14 ( 様 式 第 3) 記 号 番 号 平 成 年 月 日 支 出 負 担 行 為 担 当 官 中 小 企 業 庁 長 官 官 房 参 事 官 殿 住 所 名 称 代 表 者 氏 名 印 計 画 変 更 承 認 申 請 書 契 約 書 第 4 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 申 請 します 記 1. 契 約 件 名 ( 契 約 締 結 時 の 日 付 番 号 も 記 載 のこと ) 2. 委 託 金 額 ( 委 託 金 額 に 変 更 があった 場 合 は 変 更 後 の 金 額 を 記 載 のこと ) 3. 業 務 の 進 ちょく 状 況 4. 計 画 変 更 の 内 容 5. 計 画 変 更 の 理 由 6. 計 画 変 更 が 業 務 に 及 ぼす 影 響 7. 計 画 変 更 後 の 支 出 計 画 ( 新 旧 対 比 のこと ) ( 注 ) 中 止 又 は 廃 止 の 場 合 は 中 止 又 は 廃 止 後 の 措 置 を 含 めて この 様 式 に 準 じて 申 請 す ること

15 ( 様 式 第 4) 記 号 番 号 平 成 年 月 日 支 出 負 担 行 為 担 当 官 中 小 企 業 庁 長 官 官 房 参 事 官 殿 住 所 名 称 代 表 者 氏 名 印 履 行 体 制 図 変 更 届 出 書 契 約 書 第 5 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 届 け 出 します 記 1. 契 約 件 名 ( 契 約 締 結 時 の 日 付 番 号 も 記 載 のこと ) 2. 変 更 の 内 容 3. 変 更 後 の 体 制 図

16 ( 様 式 第 5) 記 号 番 号 平 成 年 月 日 支 出 負 担 行 為 担 当 官 中 小 企 業 庁 長 官 官 房 参 事 官 殿 住 所 名 称 代 表 者 氏 名 印 再 委 託 に 係 る 承 認 申 請 書 契 約 書 第 7 条 第 2 項 ( 再 委 託 先 の 変 更 の 場 合 は 第 8 条 )の 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 申 請 します 記 ( 再 委 託 する 場 合 ) 1. 委 託 する 相 手 方 の 事 業 者 名 及 び 住 所 2. 委 託 する 相 手 方 の 業 務 の 範 囲 3. 業 務 を 終 了 すべき 時 期 4. 委 託 する 必 要 性 5. 契 約 金 額 ( 再 委 託 の 相 手 方 を 変 更 する 場 合 ) 1. 変 更 前 の 事 業 者 及 び 変 更 後 の 事 業 者 の 事 業 者 名 及 び 住 所 2. 変 更 後 の 事 業 者 の 業 務 の 範 囲 3. 変 更 する 理 由 4. 契 約 金 額

17 ( 様 式 第 6) 記 号 番 号 平 成 年 月 日 支 出 負 担 行 為 担 当 官 中 小 企 業 庁 長 官 官 房 参 事 官 殿 住 所 名 称 代 表 者 氏 名 印 委 託 業 務 完 了 報 告 書 契 約 書 第 10 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 報 告 します 記 1. 契 約 件 名 ( 契 約 締 結 時 の 日 付 番 号 も 記 載 のこと ) 2. 契 約 年 月 日 3. 委 託 金 額 ( 委 託 金 額 に 変 更 があった 場 合 は 変 更 後 の 金 額 を 記 載 のこと ) 4. 委 託 業 務 完 了 期 限 5. 委 託 業 務 完 了 年 月 日

18 ( 様 式 第 7) 記 号 番 号 平 成 年 月 日 支 出 負 担 行 為 担 当 官 中 小 企 業 庁 長 官 官 房 参 事 官 殿 住 所 名 称 代 表 者 氏 名 印 実 績 報 告 書 契 約 書 第 10 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 報 告 します 記 1. 契 約 件 名 ( 契 約 締 結 時 の 日 付 番 号 も 記 載 のこと ) 2. 委 託 金 額 ( 委 託 金 額 に 変 更 があった 場 合 は 変 更 後 の 金 額 を 記 載 のこと ) 3. 実 施 した 委 託 業 務 の 概 要 4. 委 託 業 務 に 要 した 経 費 (1) 支 出 総 額 総 括 表 ( 単 位 : 円 ) 受 けるべき 区 分 委 託 契 約 額 流 用 額 流 用 後 額 支 出 実 績 額 委 託 金 の 額 受 けるべき 委 託 金 の 額 は 区 分 経 費 ごとに 委 託 契 約 額 ( 流 用 額 がある 場 合 は 流 用 後 額 )と 支 出 実 績 額 とのいずれか 低 い 額 とする (2) 支 出 内 訳 ( 実 施 計 画 書 中 支 出 計 画 の 例 による )

19 ( 様 式 第 8) 記 号 番 号 平 成 年 月 日 支 出 負 担 行 為 担 当 官 中 小 企 業 庁 長 官 官 房 参 事 官 殿 住 所 名 称 代 表 者 氏 名 印 実 績 報 告 書 提 出 期 限 延 期 承 認 申 請 書 契 約 書 第 10 条 第 2 項 ただし 書 の 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 申 請 します 記 1. 契 約 件 名 ( 契 約 締 結 時 の 日 付 番 号 も 記 載 のこと ) 2. 委 託 金 額 ( 委 託 金 額 に 変 更 があった 場 合 は 変 更 後 の 金 額 を 記 載 のこと ) 3. 延 期 する 理 由 4. 希 望 する 提 出 年 月 日

20 ( 様 式 第 9) 記 号 番 号 平 成 年 月 日 官 署 支 出 官 中 小 企 業 庁 長 官 殿 住 所 名 称 代 表 者 氏 名 印 精 算 払 請 求 書 精 算 払 を 下 記 のとおり 請 求 します 記 1. 契 約 件 名 ( 契 約 締 結 時 の 日 付 番 号 も 記 載 のこと ) 2. 請 求 金 額 ( 単 位 は 円 とし 算 用 数 字 を 用 いること ) 3. 振 込 先 金 融 機 関 名 支 店 名 預 金 の 種 別 口 座 番 号 及 び 預 金 の 名 義

21 ( 様 式 第 10) 記 号 番 号 平 成 年 月 日 官 署 支 出 官 中 小 企 業 庁 長 官 殿 住 所 名 称 代 表 者 氏 名 印 概 算 払 請 求 書 概 算 払 を 下 記 のとおり 請 求 します 記 1. 契 約 件 名 ( 契 約 締 結 時 の 日 付 番 号 も 記 載 のこと ) 2. 請 求 金 額 ( 単 位 は 円 とし 算 用 数 字 を 用 いること ) 3. 概 算 払 を 必 要 とする 理 由 4. 振 込 先 金 融 機 関 名 支 店 名 預 金 の 種 別 口 座 番 号 及 び 預 金 の 名 義 ( 注 )この 請 求 書 には 別 紙 概 算 払 請 求 内 訳 書 を 添 付 すること

22 ( 別 紙 ) 概 算 払 請 求 内 訳 書 ( 単 位 : 円 ) 区 分 委 託 流 用 額 流 用 支 出 支 出 合 計 額 既 受 領 額 請 求 額 残 額 契 約 額 後 額 実 績 額 見 込 額 (a) (b) (a)+(b)=(c) (d) (e) (d)+(e)=(f) (g) (h) (c)-(g)-(h)

23 ( 様 式 第 11) 取 得 財 産 管 理 台 帳 取 得 財 産 明 細 表 ( 平 成 年 度 ) 区 分 財 産 名 規 格 数 量 単 価 金 額 取 得 年 月 日 保 管 場 所 備 考 円 円 ( 注 ) 1.この 様 式 は 管 理 台 帳 明 細 表 両 表 とし いずれかを 表 示 すること ただし 対 象 と なる 取 得 財 産 は 取 得 価 格 の 単 価 が 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 込 みで20 万 円 以 上 の 財 産 と する 2. 区 分 は (ア) 事 務 用 備 品 (イ) 事 業 用 備 品 (ウ) 書 籍 資 料 図 面 類 (エ) 無 体 財 産 権 ( 産 業 財 産 権 等 ) (オ)その 他 の 物 件 ( 不 動 産 及 びその 従 物 )とする 3. 数 量 は 同 一 規 格 等 であれば 一 括 して 記 載 して 差 し 支 えない 単 価 が 異 なる 場 合 は 分 割 して 記 載 すること 4. 取 得 年 月 日 は 検 収 年 月 日 を 記 載 すること

24

25

26

27

28

29

30

31

32

33

34

35

36

37

38

39

40

41

42

43

44

45

46

47 ( 別 紙 2) 履 行 体 制 図 に 記 載 すべき 事 項 各 事 業 参 加 者 の 事 業 者 名 及 び 住 所 契 約 金 額 ( 乙 が 再 委 託 する 事 業 者 のみ 記 載 のこと ) 各 事 業 参 加 者 の 行 う 業 務 の 範 囲 業 務 の 分 担 関 係 を 示 すもの ただし 次 に 掲 げる 事 業 参 加 者 については 記 入 の 必 要 は 無 い 契 約 金 額 50 万 円 未 満 の 契 約 の 相 手 方 印 刷 会 場 借 料 ( 会 場 提 供 者 からの 付 帯 設 備 を 含 む ) 翻 訳 その 他 これに 類 する 契 約 の 相 手 方 履 行 体 制 図 の 記 載 例 事 業 者 名 住 所 契 約 金 額 業 務 の 範 囲 A B 東 京 都 区 円 乙 事 業 者 A 事 業 者 B 事 業 者 C

48 ( 別 紙 3) 特 定 の 再 委 託 先 を 決 定 するに 当 たっての 条 件 別 紙 2 以 外 の 再 委 託 先 を 増 やす 場 合 の 条 件 の 記 載 例 (1) 再 委 託 の 必 要 性 及 び 妥 当 性 の 観 点 から 次 の 条 件 に 該 当 すること 委 託 業 務 を 行 う 事 業 者 自 身 が 再 委 託 する 業 務 を 行 う 能 力 を 有 していないこと 又 は 再 委 託 を 行 うことにより 委 託 事 業 において 効 率 化 が 図 られると 見 込 まれること (2) 事 業 者 の 事 業 執 行 能 力 の 観 点 から 次 のいずれにも 該 当 すること 1 再 委 託 を 受 ける 事 業 者 が 当 該 再 委 託 契 約 を 履 行 する 能 力 を 有 し 委 託 事 業 の 確 実 な 履 行 が 確 保 されること 2 再 委 託 を 受 ける 事 業 者 が 債 務 超 過 又 はそれに 類 する 状 態 にないこと なお 債 務 超 過 に 類 する 状 態 とは 例 えば 自 己 資 本 比 率 が 著 しく 低 い 状 態 を 指 す 3 再 委 託 を 受 ける 事 業 者 が 経 済 産 業 省 所 管 補 助 金 交 付 等 の 停 止 及 び 契 約 に 係 る 指 名 停 止 等 措 置 要 領 ( 平 成 会 課 第 1 号 ) 別 表 第 二 各 号 第 一 欄 に 掲 げる 措 置 要 件 のいずれにも 該 当 しないこと ( 別 紙 2 記 載 を 含 む) 再 委 託 を 行 わない 場 合 の 記 載 例 条 件 による 再 委 託 先 決 定 は 行 わない

49 ( 別 紙 4) 軽 微 な 再 委 託 軽 微 な 再 委 託 とは 以 下 のいずれかのものをいう 1. 金 50 万 円 未 満 の 再 委 託 2. 印 刷 費 会 場 借 料 ( 会 場 提 供 者 からの 付 帯 設 備 を 含 む ) 翻 訳 費 その 他 これに 類 す るもの

50 公 益 法 人 と 契 約 する 際 には 以 下 の 条 文 及 び 様 式 を 追 加 するものとする ただし 地 方 公 共 団 体 所 管 の 公 益 法 人 の 場 合 は 第 2 項 及 び 第 3 項 は 不 要 第 条 乙 は 委 託 業 務 完 了 後 公 益 法 人 に 対 する 行 政 の 関 与 の 在 り 方 の 改 革 実 施 計 画 ( 平 成 14 年 3 月 29 日 閣 議 決 定 )に 基 づき 様 式 による 委 託 費 支 出 明 細 書 を 作 成 し 乙 の 事 務 所 に 備 え 付 け 公 開 することとし 甲 に 第 10 条 第 2 項 に 規 定 する 実 績 報 告 書 とと もに 提 出 しなければならない 2 乙 は 甲 に 提 出 するほか 所 管 官 庁 ( 経 済 産 業 省 を 除 く )に 対 しても 委 託 費 支 出 明 細 書 を 提 出 しなければならない 3 前 二 項 において 提 出 された 委 託 費 支 出 明 細 書 は 乙 の 所 管 官 庁 のホームページに 掲 載 されることになる

51 ( 様 式 第 ) 1. 委 託 費 の 名 称 2. 事 業 の 目 的 及 び 内 容 (1) 目 的 (2) 具 体 的 な 内 容 委 託 費 支 出 明 細 書 3. 委 託 先 の 公 益 法 人 の 名 称 4. 委 託 費 支 出 実 績 額 千 円 (A) 5. 委 託 費 における 管 理 費 (1) 人 件 費 千 円 (2) 一 般 管 理 費 千 円 (3)その 他 の 管 理 費 内 容 金 額 千 円 千 円 合 計 千 円 合 計 千 円 6. 外 部 への 支 出 (1) 外 部 に 再 委 託 されているものに 関 する 支 出 支 出 内 容 支 出 先 金 額 千 円 千 円 千 円 千 円 合 計 千 円 (B) (2)(1) 以 外 の 支 出 支 出 内 容 支 出 先 金 額 千 円 千 円 千 円 千 円 合 計 千 円 7.その 他 内 容 金 額 千 円 千 円 合 計 千 円 8. 再 委 託 の 割 合 %(B/A)

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

委託契約書フォーマット02(精算払用)

委託契約書フォーマット02(精算払用) 16 規 総 第 XXX 号 平 成 28 年 度 事 業 名 に 関 する 委 託 契 約 書 ( テ ー マ 名 ) 一 般 財 団 法 人 日 本 規 格 協 会 ( 以 下 甲 という )は 再 委 託 事 業 者 ( 以 下 乙 という )と 甲 が 経 済 産 業 省 ( 以 下 丙 という )との 間 に 締 結 した 平 成 28 年 度 事 業 に 関 する 委 託 契 約 書 に

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

パソコン賃貸借契約

パソコン賃貸借契約 委 託 契 約 書 ( 案 ) 公 立 大 学 法 人 福 井 県 立 大 学 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という ) とは 福 井 県 立 大 学 の 情 報 ネットワーク 管 理 補 助 業 務 に 関 し 次 の 各 条 項 により 委 託 契 約 を 締 結 し 信 義 に 従 って 誠 実 にこれを 履 行 するものとする ( 総 則 ) 第 1 条 甲 は 情 報 ネットワーク

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

( 交 付 の 申 請 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 申 請 しよ うとする 者 ( 以 下 申 請 者 という )は 様 式 第 1 による 交 付 申 請 書 に SIIが 定 める 書 類 を 添 付 して SIIが 別 に 定 める 時 期 までに 提 出 しなけ れ ばならな

( 交 付 の 申 請 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 申 請 しよ うとする 者 ( 以 下 申 請 者 という )は 様 式 第 1 による 交 付 申 請 書 に SIIが 定 める 書 類 を 添 付 して SIIが 別 に 定 める 時 期 までに 提 出 しなけ れ ばならな 中 小 企 業 等 の 省 エネ 生 産 性 革 命 投 資 促 進 事 業 費 補 助 金 交 付 規 程 平 成 28 年 2 月 16 日 SII-2 7X- 規 程 -001 ( 目 的 ) 第 1 条 こ の 規 程 は 一 般 社 団 法 人 環 境 共 創 イニシアチ ブ( 以 下 S II という )が 行 う 経 済 産 業 省 からの 中 小 企 業 等 の 省 エネ 生 産 性

More information

発 表 集 本 文 構 成 構 成 印 刷 色 頁 枚 数 備 考 局 長 挨 拶 3 両 面 モノクロ 目 次 5 (ページ 番 号 はつけない) 発 表 会 写 真 両 面 6 (ページ 番 号 はつけない)3 枚 目 の 裏 白 紙 Ⅰ 森 林 技 術 部 門 片 面 2 (ページ 番 号 は

発 表 集 本 文 構 成 構 成 印 刷 色 頁 枚 数 備 考 局 長 挨 拶 3 両 面 モノクロ 目 次 5 (ページ 番 号 はつけない) 発 表 会 写 真 両 面 6 (ページ 番 号 はつけない)3 枚 目 の 裏 白 紙 Ⅰ 森 林 技 術 部 門 片 面 2 (ページ 番 号 は 仕 様 書 1, 件 名 平 成 27 年 度 北 の 国 森 林 づくり 技 術 交 流 発 表 集 印 刷 2, 規 格 A4 版 簡 易 製 本 無 線 綴 じ 300 部 表 紙 :モノクロ 印 刷 表 表 紙 2 頁 裏 表 紙 2 頁 計 4 頁 本 文 :モノクロ 14 頁 ( 白 紙 片 面 印 刷 の 裏 面 1 頁 ) カラー 232 頁 ( 白 紙 片 面 印 刷 の 裏 面

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事 常 呂 川 FC 簡 易 水 洗 トイレ 賃 貸 借 (レンタル) 仕 様 書 1. 賃 貸 借 物 件 仕 様 表 区 分 型 式 仕 様 簡 易 水 洗 ポンプ 式 用 途 大 小 兼 用 ホ ンフ 吐 出 CC) 量 ( 水 タンク 容 量 (リットル) 便 タンク 容 量 (リットル) 250 以 上 / 回 100 以 上 450 以 上 2. 設 置 期 間 平 成 22 年 5 月 17

More information

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第 定 款 沿 革 昭 和 29 年 11 月 1 日 制 定 昭 和 30 年 3 月 28 日 改 正 昭 和 31 年 3 月 17 日 改 正 昭 和 32 年 3 月 13 日 改 正 昭 和 33 年 5 月 16 日 改 正 昭 和 34 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 35 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 39 年 3 月 29 日 改 正 昭 和 42 年 5 月 25 日

More information

独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 に 基 づく 監 査 を 行 う 会 計 監 査 人 の 候 補 者 選 定 のための 企 画 書 募 集 要 領 国 立 研 究 開 発 国 立 環 境 研 究 所 は 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 によ

独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 に 基 づく 監 査 を 行 う 会 計 監 査 人 の 候 補 者 選 定 のための 企 画 書 募 集 要 領 国 立 研 究 開 発 国 立 環 境 研 究 所 は 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 によ 会 計 監 査 人 候 補 者 選 定 のための 企 画 書 募 集 説 明 書 ( 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 に 基 づく 会 計 監 査 人 業 務 ( 平 成 28 年 度 から 平 成 32 年 度 )) 平 成 28 年 9 月 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 に

More information

1 入札説明書

1 入札説明書 平 成 28 年 度 びわこボート 開 催 告 知 広 告 業 務 ( 関 西 スポーツ 新 聞 5 紙 ) 入 札 説 明 書 平 成 28 年 2 月 滋 賀 県 総 務 部 事 業 課 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 平 成 7 年 条 約 第 23 号 ) 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号

More information

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について 日 環 協 第 8 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 土 壌 汚 染 対 策 法 政 令 市 市 長 殿 公 益 財 団 法 人 日 本 環 境 協 会 理 事 長 森 嶌 昭 夫 土 壌 環 境 保 全 対 策 推 進 助 成 金 交 付 事 業 実 施 要 領 の 変 更 について 当 協 会 の 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 の 御 協 力 を

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

01

01 業 務 契 約 書 ( 案 ) 1 業 務 名 国 有 財 産 分 筆 測 量 業 務 ( 釧 路 市 千 歳 町 ほか) 2 業 務 場 所 釧 路 市 千 歳 町 58-1 58-8 川 上 郡 弟 子 屈 町 泉 1 丁 目 51 3 履 行 期 間 平 成 28 年 月 日 から ( 契 約 締 結 の 翌 日 から) 平 成 28 年 3 月 16 日 まで 4 契 約 金 額 円 (うち

More information

定   款

定   款 定 款 損 害 保 険 契 約 者 保 護 機 構 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 保 険 契 約 者 保 護 機 構 ( 以 下 本 機 構 という )は 保 険 業 法 ( 平 成 7 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )の 定 めるところにより 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会

More information

Taro-契約条項(全部)

Taro-契約条項(全部) 糧 食 品 売 買 契 約 条 項 ( 総 則 ) 第 1 条 甲 及 び 乙 は 契 約 書 記 載 の 糧 食 品 売 買 契 約 に 関 し 契 約 書 及 び こ の 契 約 条 項 に 基 づ き 乙 は 甲 の 示 し た 規 格 仕 様 又 は 見 本 品 同 等 の 糧 食 品 ( 以 下 契 約 物 品 と い う ) を 納 入 期 限 ( 以 下 納 期 と い う ) ま で

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E9197BF32816A8AEE967B8BA692E88F91>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E9197BF32816A8AEE967B8BA692E88F91> 資 料 2 よこはまウォーキングポイント 事 業 基 本 協 定 書 ( 目 次 ) 第 1 条 ( 定 義 ) 第 2 条 ( 協 働 事 業 ) 第 3 条 ( 本 事 業 の 目 的 ) 第 4 条 ( 本 協 定 の 趣 旨 ) 第 5 条 ( 基 本 的 合 意 ) 第 6 条 ( 協 定 期 間 ) 第 7 条 ( 協 働 契 約 の 締 結 ) 第 8 条 ( 本 事 業 の 役 割

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

様式第2                                        (別添)

様式第2                                        (別添) 外 部 用 科 学 技 術 学 術 政 策 局 研 究 振 興 局 及 び 研 究 開 発 局 委 託 契 約 事 務 処 理 要 領 平 成 20 年 1 月 改 正 平 成 19 年 2 月 制 定 文 部 科 学 省 科 学 技 術 学 術 政 策 局 研 究 振 興 局 研 究 開 発 局 目 次 1. 科 学 技 術 学 術 政 策 局 研 究 振 興 局 及 び 研 究 開 発 局 委

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63> Ⅱ マンション 標 準 管 理 委 託 契 約 書 コメント 1 全 般 関 係 1 この 契 約 書 は マンションの 管 理 組 合 ( 以 下 管 理 組 合 という )とマンショ ン 管 理 業 者 の 間 で 協 議 がととのった 事 項 を 記 載 した 管 理 委 託 契 約 書 を マンション の 管 理 の 適 正 化 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 12 年 法 律

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地 仕 様 書 1 業 務 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 における 土 壌 汚 染 調 査 にかかる 土 地 履 歴 調 査 業 務 委 託 2 業 務 期 間 契 約 日 ~ 平 成 27 年 3 月 20 日 3 実 施 場 所 ( 対 象 地 ) (1) 用 地 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 (2) 地 番 大 阪 市 浪 速 区 恵 美 須 西 3 丁 目 13 番 5 (3) 面 積

More information

契約書(案)

契約書(案) 契 約 書 ( 案 ) 1. 件 名 平 成 28 年 度 新 潟 労 働 局 所 有 管 理 の 官 用 自 動 車 に 係 る 車 検 等 点 検 整 備 業 務 委 託 に 係 る 単 価 契 約 2. 仕 様 別 冊 官 用 自 動 車 車 検 等 点 検 整 備 業 務 仕 様 書 のとおり 3. 契 約 単 価 契 約 書 別 紙 に 記 載 されている 契 約 単 価 金 額 のとおり

More information

司 令  副 長  運用班長

司 令  副 長  運用班長 平 成 25 年 8 月 1 日 海 上 自 衛 隊 硫 黄 島 航 空 基 地 における 携 帯 電 話 サービスのための 携 帯 電 話 基 地 局 の 設 置 事 前 調 査 及 び 設 置 工 事 に 関 する 業 者 の 募 集 について 海 上 自 衛 隊 硫 黄 島 航 空 基 地 隊 司 令 富 田 清 浩 東 京 都 小 笠 原 村 硫 黄 島 における 在 島 隊 員 の 福 利

More information

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす 全 国 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 制 定 昭 和 29 年 11 月 15 日 改 正 平 成 14 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 8 月 18 日 改 正 平 成 19 年 3 月 29 日 改 正 平 成 20 年 3 月 27 日 改 正 平 成 22 年 3 月 29 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) の 公 表 について 平 成 27 年 1 月 8 日 本 規 定 案 ( 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) )は 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 す るための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 27 号 )に 基 づき 特 定 個 人 情 報 の 適

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

(Microsoft Word - \211^\211c\213K\226\361.doc)

(Microsoft Word - \211^\211c\213K\226\361.doc) 永 平 寺 町 商 工 会 運 営 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 永 平 寺 町 商 工 会 定 款 第 7 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 永 平 寺 町 商 工 会 ( 以 下 本 商 工 会 という )の 円 滑 な 運 営 及 び 業 務 の 執 行 に 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とす る 第 2 章 会 員 ( 加

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

【発出版】H26年度 街頭防犯カメラ等補助金交付要綱

【発出版】H26年度 街頭防犯カメラ等補助金交付要綱 高 知 県 街 頭 防 犯 カメラ 等 設 置 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 知 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 43 年 高 知 県 規 則 第 7 号 以 下 規 則 という ) 第 24 条 の 規 定 に 基 づき 高 知 県 街 頭 防 犯 カメラ 等 設 置 支 援 事 業 費 補 助 金 ( 以 下 補

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

る 第 三 者 機 関 情 報 保 護 関 係 認 証 プライバシーマーク ISO27001 ISMS TRUSTe 等 の 写 しを 同 封 のうえ 持 参 又 は 郵 送 とする 但 し 郵 送 による 場 合 は 書 留 郵 便 とし 同 日 同 時 刻 必 着 とする 提 出 場 所 は 上

る 第 三 者 機 関 情 報 保 護 関 係 認 証 プライバシーマーク ISO27001 ISMS TRUSTe 等 の 写 しを 同 封 のうえ 持 参 又 は 郵 送 とする 但 し 郵 送 による 場 合 は 書 留 郵 便 とし 同 日 同 時 刻 必 着 とする 提 出 場 所 は 上 オープンカウンター 方 式 による 見 積 合 せの 公 示 次 のとおり オープンカウンター 方 式 による 見 積 合 せを 実 施 します 平 成 28 年 5 月 27 日 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 中 部 支 社 総 務 部 長 畔 柳 健 二 1 調 達 内 容 (1) 調 達 件 名 平 成 28 年 度 共 用 書 庫 機 密 文 書 廃 棄 ( 未 開 封 溶

More information

山梨みらいファンド事業費助成金交付要領(案)

山梨みらいファンド事業費助成金交付要領(案) 市 場 調 査 展 示 会 等 支 援 事 業 費 助 成 金 交 付 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 山 梨 県 が 定 める 山 梨 県 市 場 調 査 展 示 会 出 展 等 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 に 基 づいて 公 益 財 団 法 人 やまなし 産 業 支 援 機 構 ( 以 下 支 援 機 構 という )が 実 施 する 市 場 調 査 展

More information

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 25 号 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 を 次 のとおり 定 める 平 成 18 年 11 月 9 日 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 文 雄 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 改 正 平 成 20 年 5 月 22 日 中 日 本 高 速

More information

契約書(案)例

契約書(案)例 ( 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )の 遵 守 ) 第 1 条 乙 は 本 契 約 に 明 記 されていると 否 とを 問 わず 関 係 法 令 諸 規 則 ( 要 綱 等 を 含 む ) を 遵 守 し 別 紙 1の 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )に 従 って 委 託 業 務 を 実 施 しなければならない ( 納 入 物 の 提 出 ) 第 2 条 乙 は 委 託 業 務 についての

More information

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター 建 築 物 調 査 業 務 約 款 ( 趣 旨 ) 第 1 条 建 築 物 調 査 申 請 者 ( 以 下 甲 という ) 及 び 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター( 以 下 乙 という )は エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 54 年 法 律 第 49 号 以 下 法 という ) 第 76

More information

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 基 本 協 定 書 ( 案 ) 仙 台 市 ( 以 下 委 託 者 という )と ( 以 下 受 託 者 という )は 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 ( 以 下 本 という )ついて 募 集 要 項 及 び 受 託 者 の

More information

この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に 作 成 されています 参 考

この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に 作 成 されています 参 考 平 成 25 年 度 知 的 財 産 権 制 度 説 明 会 ( 実 務 者 向 け)テキスト 産 業 財 産 権 登 録 の 実 務 平 成 25 年 度 この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

匿名組合出資契約

匿名組合出資契約 匿 名 組 合 契 約 書 SBIソーシャルレンディング 株 式 会 社 ( 以 下 営 業 者 と 言 う )と ( 以 下 本 匿 名 組 合 員 と 言 う )は 20 年 月 日 付 で 以 下 のとおり 匿 名 組 合 契 約 ( 以 下 本 契 約 と 言 う )を 締 結 する ( 目 的 ) 第 1 条 本 契 約 は 本 匿 名 組 合 員 が 営 業 者 に 対 し 本 契 約

More information

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW WAON 利 用 加 盟 店 規 約 第 1 条 目 的 1. 本 規 約 は 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)と 利 用 者 間 の 取 引 代 金 の 決 済 に WAON を 利 用 することに 関 し 甲 とイオンクレジットサービス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という) との 間 におけるWAONの 取 扱 い 及 びWAONに 係 る 契 約 関 係 ( 以 下 本 契 約 という)に

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 要 綱 13 福 高 施 第 965 号 平 成 14 年 1 月 22 日 15 福 高 施 第 925 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 93 号 平 成 16 年 10 月 21 日 16 福 保 高 施 第 579 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 第 1008

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

目 次 第 1 章 総 則 1 1.1 目 的 1 1.2 原 則 1 1.3 資 料 の 提 出 提 示 1 第 2 章 公 告 及 び 競 争 入 札 等 1 2.1 公 告 等 1 2.2 説 明 会 2 2.3 入 札 保 証 金 2 2.4 入 札 等 3 2.5 落 札 者 決 定 の

目 次 第 1 章 総 則 1 1.1 目 的 1 1.2 原 則 1 1.3 資 料 の 提 出 提 示 1 第 2 章 公 告 及 び 競 争 入 札 等 1 2.1 公 告 等 1 2.2 説 明 会 2 2.3 入 札 保 証 金 2 2.4 入 札 等 3 2.5 落 札 者 決 定 の 入 札 及 び 契 約 心 得 ( 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 ) 航 空 自 衛 隊 市 ヶ 谷 基 地 航 空 中 央 業 務 隊 会 計 科 目 次 第 1 章 総 則 1 1.1 目 的 1 1.2 原 則 1 1.3 資 料 の 提 出 提 示 1 第 2 章 公 告 及 び 競 争 入 札 等 1 2.1 公 告 等 1 2.2 説 明 会 2 2.3 入 札 保 証 金

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

スター報酬規定

スター報酬規定 第 1 章 総 則 スター 綜 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 程 平 成 27 年 1 月 1 日 施 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 当 事 務 所 所 属 の 弁 護 士 が,その 職 務 に 関 して 受 ける 弁 護 士 の 受 託 業 務 の 対 価 等 に 関 する 基 準 を 示 すことを 目 的 とする ( 個 別 契 約 による 修 正 ) 第

More information

120808改正請負契約書(最低価格落札方式)

120808改正請負契約書(最低価格落札方式) 印 紙 契 約 書 ( 案 ) 支 出 負 担 行 為 担 当 官 中 国 四 国 地 方 環 境 事 務 所 総 務 課 長 遠 藤 正 ( 以 下 甲 という ) は ( 以 下 乙 という )と 平 成 25 年 度 五 色 台 ビジターセンター 及 び 自 然 体 験 施 設 定 期 点 検 及 び 保 守 管 理 業 務 ( 以 下 業 務 という )について 次 の 条 項 により 契

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 沖 縄 県 土 木 建 築 部 平 成 25 年 7 月 1 日 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 第 101 条 適 用 範 囲 1. 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 ( 以 下 共 通 仕 様 書 という )は 沖 縄 県 土 木 建 築 部 の 発 注 する 現 場 技 術 業 務 に 係 る 土 木 設 計 業 務 等 請

More information

日 本 語 及 び 日 本 国 通 貨 7 入 札 に 参 加 する 者 に 必 要 な 資 格 (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4 第 1 項 及 び 第 2 項 に 規 定 する 者 に 該 当 しない 者 で あること (2) 平 成 23 年 6 月 29 日 青

日 本 語 及 び 日 本 国 通 貨 7 入 札 に 参 加 する 者 に 必 要 な 資 格 (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4 第 1 項 及 び 第 2 項 に 規 定 する 者 に 該 当 しない 者 で あること (2) 平 成 23 年 6 月 29 日 青 入 札 説 明 書 除 雪 車 両 の 交 換 に 係 る 一 般 競 争 入 札 の 公 告 ( 平 成 26 年 5 月 23 日 付 け)に 基 づく 入 札 に ついては 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 契 約 担 当 者 青 森 県 知 事 三 村 申 吾 2 一 般 競 争 入 札 に 付 する 事 項 次 の(1)と(2)に 掲

More information

があることに 留 意 し 必 要 に 応 じて 例 えば 汚 泥 ( 含 水 率 何 パーセント 以 下 の 無 機 性 のものに 限 る ) のように 限 定 するものであること 具 体 的 な 申 請 書 の 記 載 については 後 述 する 許 可 証 の 記 載 の 例 によるものとするこ

があることに 留 意 し 必 要 に 応 じて 例 えば 汚 泥 ( 含 水 率 何 パーセント 以 下 の 無 機 性 のものに 限 る ) のように 限 定 するものであること 具 体 的 な 申 請 書 の 記 載 については 後 述 する 許 可 証 の 記 載 の 例 によるものとするこ 平 成 25 年 3 月 29 日 環 廃 産 発 第 13032910 号 各 都 道 府 県 政 令 市 産 業 廃 棄 物 行 政 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 環 境 省 大 臣 官 房 廃 棄 物 リサイクル 対 策 部 産 業 廃 棄 物 課 長 産 業 廃 棄 物 処 理 業 及 び 特 別 管 理 産 業 廃 棄 物 処 理 業 並 びに 産 業 廃 棄 物 処 理 施 設 の 許

More information

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド)

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド) 投 資 契 約 書 目 次 第 1 章 本 契 約 の 目 的 払 込 手 続 等... - 1 - 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 )... - 1 - 第 2 条 ( 本 株 式 の 発 行 及 び 取 得 )... - 1 - 第 3 条 ( 払 込 手 続 き)... - 1 - 第 4 条 ( 前 提 条 件 )... - 1 - 第 2 章 発 行 会 社 及 び 経 営 株 主

More information

三 日 本 国 内 で 事 業 を 行 う 個 人 又 は 法 人 であること 四 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 第 2 条 に 規 定 する 風 俗 営 業 性 風 俗 関 連 特 殊 営 業 及 び 接 客 業 務 受 諾 営 業 を

三 日 本 国 内 で 事 業 を 行 う 個 人 又 は 法 人 であること 四 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 第 2 条 に 規 定 する 風 俗 営 業 性 風 俗 関 連 特 殊 営 業 及 び 接 客 業 務 受 諾 営 業 を 消 費 税 軽 減 税 率 対 策 費 補 助 金 交 付 規 程 平 成 28 年 3 月 15 日 規 程 2 7 第 5 2 号 改 正 規 程 2 8 第 8 号 ( 通 則 ) 第 1 条 消 費 税 軽 減 税 率 対 策 費 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 事 業 については 消 費 税 軽 減 税 率 対 策 費 補 助 金 交 付 要 綱 (20151218

More information

別 紙 平 成 2 8 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上

別 紙 平 成 2 8 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 別 紙 平 成 2 8 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 継 続 し 借 入 申 込 日 において 貯 蓄 残 高 が50 万 円 以 上 ある 者 2 融

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

< E95E CC BE689E6817A8CF695E A6D92E894C52E786477>

< E95E CC BE689E6817A8CF695E A6D92E894C52E786477> 市 有 財 産 公 売 ( 一 般 競 争 入 札 ) 応 募 要 領 [ 平 成 28 年 度 ] 宇 都 宮 市 経 済 部 商 工 振 興 課 028-632-2433 公 売 物 件 一 覧 表 1 物 件 及 び 現 地 説 明 日 時 物 件 番 号 物 件 の 所 在 実 測 面 積 現 況 地 目 最 低 入 札 価 格 現 地 説 明 日 時 1 宇 都 宮 市 ゆいの 杜 8 丁

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

目 次 第 1 目 的 3 第 2 業 務 内 容 3 1 委 託 業 務 名 2 業 務 内 容 3 委 託 業 務 期 間 4 委 託 費 の 上 限 5 委 託 団 体 数 第 3 プロポーザル 係 る 事 項 3 1 プロポーザル 参 加 の 要 件 2 企 画 提 案 書 の 作 成 3

目 次 第 1 目 的 3 第 2 業 務 内 容 3 1 委 託 業 務 名 2 業 務 内 容 3 委 託 業 務 期 間 4 委 託 費 の 上 限 5 委 託 団 体 数 第 3 プロポーザル 係 る 事 項 3 1 プロポーザル 参 加 の 要 件 2 企 画 提 案 書 の 作 成 3 販 路 拡 大 促 進 事 業 委 託 業 務 プロポーザル 募 集 要 項 留 意 事 項 平 成 28 年 第 1 回 岐 阜 県 議 会 定 例 会 おいて 本 事 業 係 る 予 算 案 が 可 決 成 立 しな い 場 合 は 今 回 の 企 画 提 案 よる 委 託 業 務 の 執 行 は 行 いませんので 予 めご 承 知 願 いま す なお 上 記 伴 い プロポーザル 参 加 者

More information

目 次 Ⅰ. 入 札 説 明 書... 1 Ⅱ. 契 約 書 ( 案 )... 6 Ⅲ. 仕 様 書... 15 Ⅳ.その 他 関 連 資 料... 19

目 次 Ⅰ. 入 札 説 明 書... 1 Ⅱ. 契 約 書 ( 案 )... 6 Ⅲ. 仕 様 書... 15 Ⅳ.その 他 関 連 資 料... 19 スマートフォン 標 的 型 攻 撃 メールのセキュリティに 関 する 広 告 等 業 務 に 係 る 一 般 競 争 入 札 ( 最 低 価 格 落 札 方 式 ) 入 札 説 明 書 2014 年 3 月 10 日 目 次 Ⅰ. 入 札 説 明 書... 1 Ⅱ. 契 約 書 ( 案 )... 6 Ⅲ. 仕 様 書... 15 Ⅳ.その 他 関 連 資 料... 19 Ⅰ. 入 札 説 明 書 独

More information

PMK220プライバシーマーク付与適格性審査の実施基準

PMK220プライバシーマーク付与適格性審査の実施基準 プライバシーマーク 付 与 適 格 性 審 査 の 実 施 基 準 一 般 財 団 法 人 日 本 情 報 経 済 社 会 推 進 協 会 プライバシーマーク 推 進 センター 改 廃 履 歴 版 制 定 改 定 日 改 定 箇 所 理 由 施 行 日 1.0 平 成 22 年 10 月 15 日 プライバシーマーク 制 度 設 置 及 び 運 営 要 平 成 23 年 3 月 1 日 領 の 全

More information

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱 宮 城 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 つなぎ 融 資 利 子 補 給 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 県 は,NPO 等 との 協 働 業 務 を 促 進 して 新 しい 公 共 の 拡 大 と 定 着 を 図 るため, 行 政 から 受 託 した 業 務 の 実 施 に 際 して 金 融 機 関 等 からの 借 入 れ(つなぎ 融 資 )を 利 用 するNPO 等 に 対

More information

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 秋 田 市 ( 以 下 甲 という )が 受 託 者 ( 以 下 乙 という ) に 対 し 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 を 委 託 するために 定 めたものである ( 目 的 ) 第 2 条 甲 が 委 託 する 秋 田 市 固 定 資 産 土

More information

Untitled

Untitled 2 27 2 3601-1 28 2 26 R( 2 248 514 2514 建 築 設 計 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 第 1 章 業 務 概 要 1 業 務 名 称 : 南 方 熊 楠 記 念 館 ( 旧 館 ) 耐 震 改 修 工 事 設 計 業 務 2 計 画 施 設 概 要 本 業 務 の 対 象 となる 施 設 ( 以 下 対 象 施 設 という )の 概 要 は 次 のとおりとする

More information

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 と 称 し 英 文 では Type II Financial Instruments Firms Associationと 表 示 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 本 協

More information

(2) 本 人 本 人 の 配 偶 者 及 び 扶 養 義 務 者 の 前 年 (1 月 から3 月 までの 間 に 申 請 する ときは 前 々 年 )の 所 得 を 確 認 できる 書 類 (3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 めた 書 類 2 市 長 は 前 項 の 申 請 書 に 添

(2) 本 人 本 人 の 配 偶 者 及 び 扶 養 義 務 者 の 前 年 (1 月 から3 月 までの 間 に 申 請 する ときは 前 々 年 )の 所 得 を 確 認 できる 書 類 (3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 めた 書 類 2 市 長 は 前 項 の 申 請 書 に 添 茨 木 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 福 祉 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 等 で 年 金 制 度 上 の 理 由 により 国 民 年 金 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 141 号 )に 規 定 する 老 齢 年 金 等 を 受 給 することができない 高 齢 者 に 対 し 在 日 外 国 人 高 齢 者 福 祉 金 ( 以 下 高

More information

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に 法 制 WG19-2-4 参 考 資 料 平 成 19 年 10 月 31 日 金 融 庁 目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 における 課

More information

(5) 組 織 体 制 の 整 備 特 定 個 人 情 報 ガイドライン 第 4-2 別 添 2 -C 組 織 的 安 全 管 理 措 置 a 組 織 体 制 の 整 備 (51 頁 ) 参 照 組 織 体 制 として 整 備 する 項 目 は 次 に 掲 げるものが 挙 げられる 1 事 務 にお

(5) 組 織 体 制 の 整 備 特 定 個 人 情 報 ガイドライン 第 4-2 別 添 2 -C 組 織 的 安 全 管 理 措 置 a 組 織 体 制 の 整 備 (51 頁 ) 参 照 組 織 体 制 として 整 備 する 項 目 は 次 に 掲 げるものが 挙 げられる 1 事 務 にお マイナンバー 法 等 に 関 するガイドラインとその 取 扱 に 関 するQ&Aについて ( 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 作 成 分 の 抜 粋 ) (1) 定 義 特 定 個 人 情 報 ガイドライン 第 2 用 語 の 定 義 等 (3 頁 ) 参 照 (2) 個 人 番 号 関 係 事 務 マイナンバー 法 第 9 条 第 3 項 特 定 個 人 情 報 ガイドライン 第 4-1-⑴

More information

Gi電気料金一括請求サービス約款

Gi電気料金一括請求サービス約款 Gi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービス 約 款 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 本 約 款 の 適 用 ) 株 式 会 社 インボイス( 以 下 当 社 といいます)は このGi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービ ス 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます)を 定 め 本 約 款 に 基 づき 第 4 条 に 定 めるサービ ス( 以 下 本 サービス1と 本 サービス2を 総

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6> 東 京 大 学 固 定 資 産 管 理 規 程 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 東 大 規 則 第 178 号 ) 改 正 : 平 成 17 年 2 月 8 日 東 大 規 則 第 289 号 改 正 : 平 成 18 年 9 月 26 日 東 大 規 則 第 33 号 改 正 : 平 成 19 年 7 月 1 日 東 大 規 則 第 15 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 30 日

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

請 書 収 入 印 紙 貼 付 独 立 行 政 法 人 高 齢 障 害 求 職 者 雇 用 支 援 機 構 職 業 能 力 開 発 総 合 大 学 校 契 約 担 当 役 校 長 古 川 勇 二 殿 平 成 5 年 月 日 住 所 氏 名 印 ( 法 人 の 場 合 は 名 称 及 び 代 表 者

請 書 収 入 印 紙 貼 付 独 立 行 政 法 人 高 齢 障 害 求 職 者 雇 用 支 援 機 構 職 業 能 力 開 発 総 合 大 学 校 契 約 担 当 役 校 長 古 川 勇 二 殿 平 成 5 年 月 日 住 所 氏 名 印 ( 法 人 の 場 合 は 名 称 及 び 代 表 者 オープンカウンタ 公 告 平 成 5 年 6 月 0 日 1 オープンカウンタ 番 号 オ5060- 件 名 三 菱 製 昇 降 機 保 守 業 務 案 件 の 提 示 場 所 ホームページにて 提 示 及 び 独 立 行 政 法 人 高 齢 障 害 求 職 者 雇 用 支 援 機 構 職 業 能 力 開 発 総 合 大 学 校 1 号 館 1 階 経 理 課 前 掲 示 板 ( 東 京 都 小 平

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホーム(A 型 及 びB 型 ) 運 営 費 補 助 要 綱 14 福 高 施 第 8 号 平 成 14 年 4 月 19 日 15 福 高 施 第 924 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 578 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 1007 号 平 成 1 8 年 3 月 3 日 17 福 保 高 施 第 1141 号 平

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 組 合 は 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 共 済 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行 によって 他 人

More information

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2 業 務 委 託 契 約 書 ( 案 ) 収 入 印 紙 1 委 託 業 務 名 北 部 処 理 区 浄 化 センター 等 運 転 管 理 業 務 委 託 2 業 務 履 行 場 所 いわき 市 平 下 神 谷 他 35 箇 所 地 内 3 契 約 期 間 平 成 28 年 月 日 から 平 成 31 年 3 月 31 日 まで 4 業 務 履 行 期 間 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平

More information

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015 居 宅 介 護 サービス 事 業 等 の 手 引 き Ⅴ 居 宅 療 養 管 理 指 導 平 成 27 年 6 月 島 根 県 高 齢 者 福 祉 課 平 成 27 年 度 報 酬 改 定 反 映 版 [ 注 意 事 項 ] 介 護 予 防 サービスについては 居 宅 介 護 サービスと 同 趣 旨 の 場 合 記 載 を 省 略 した 事 項 があります 掲 載 した Q&A は 一 部 ですので

More information

Taro-H24 梅雨対策実施要領(2408

Taro-H24 梅雨対策実施要領(2408 梅 雨 前 線 豪 雨 等 被 災 農 業 者 向 け 経 営 体 育 成 支 援 事 業 実 施 要 領 第 1 趣 旨 平 成 24 年 6 月 8 日 から7 月 23 日 までの 間 の 豪 雨 及 び 暴 風 雨 による 農 業 被 害 ( 以 下 気 象 災 害 による 農 業 被 害 という )により 農 産 物 の 生 産 に 必 要 な 施 設 が 倒 壊 し 農 業 経 営 の

More information