International Economic Review

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "International Economic Review"

Transcription

1 (No.19, 2016) 欧 州 の 難 民 受 け 入 れ 問 題 ~EU は 危 機 をのりきれるか?~ 公 益 財 団 法 人 国 際 通 貨 研 究 所 経 済 調 査 部 上 席 研 究 員 山 口 綾 子 < 要 旨 > 1. 欧 州 への 難 民 流 入 は 2015 年 に 急 増 した 中 東 北 アフリカ 地 域 の 紛 争 長 期 化 に 伴 い 同 地 域 から 庇 護 を 求 める 人 々が 欧 州 に 向 かったためである 大 量 の 難 民 流 入 に 対 応 しきれなくなった 欧 州 連 合 (EU) 加 盟 各 国 は 国 境 での 入 国 管 理 を 厳 しくするなど 欧 州 統 合 の 理 念 である 移 動 の 自 由 が 脅 かされる 事 態 に 至 っている 2. EU は 2015 年 には 一 部 地 域 に 急 増 した 難 民 の EU 全 体 での 割 り 当 てを 決 めるなどの 措 置 により 効 率 的 公 正 人 道 的 な 欧 州 共 通 難 民 システムの 構 築 に 努 めている 3. 経 済 的 にみると 難 民 受 け 入 れは 短 期 的 には 難 民 支 援 のための 財 政 支 出 拡 大 難 民 の 労 働 市 場 参 入 などにより GDP を 押 し 上 げる 中 長 期 的 には 難 民 が 労 働 市 場 にどの 程 度 統 合 されるか その 国 の 労 働 市 場 の 柔 軟 性 開 放 度 等 にかかっている 国 境 管 理 再 導 入 は 拡 大 長 期 化 すれば 中 長 期 的 に 大 きな 影 響 が 出 る 可 能 性 がある 4. 英 国 の 国 民 投 票 で EU 離 脱 派 が 勝 利 した 要 因 の 一 つが 難 民 移 民 に 対 する 社 会 保 障 支 出 の 増 大 や 移 民 流 入 が 英 国 民 の 雇 用 機 会 を 奪 っているとの 懸 念 が 有 権 者 の 間 に 根 強 かったことにある こうした 反 発 は 他 の 加 盟 国 でも 共 通 しており 各 国 の 反 EU 勢 力 の 台 頭 につながりかねないことに 注 意 が 必 要 である 1

2 < 本 文 > 欧 州 では 中 東 やアフリカからの 難 民 移 民 の 流 入 の 急 増 が 大 きな 問 題 となっている 1 難 民 受 け 入 れや EU 加 盟 国 間 の 移 民 の 問 題 に フランスを 始 めとした 各 地 でのイスラム 過 激 派 によるとみられるテロ 問 題 も 加 わり 国 境 での 入 国 管 理 強 化 につながるなど ヒ ト モノ カネの 移 動 の 自 由 という 欧 州 統 合 の 理 念 そのものを 揺 るがすような 問 題 に 発 展 している 欧 州 ではシェンゲン 協 定 によってシェンゲン 圏 内 での 国 境 を 越 える 人 の 移 動 が 自 由 化 されている EU 加 盟 国 28 カ 国 のうち 22 カ 国 (シェンゲン 協 定 に 入 っていないのは アイルランド イギリス ブルガリア キプロス クロアチア ルーマニア)に アイ スランド ノルウェー スイス リヒテンシュタインを 加 えた 26 カ 国 がシェンゲン 協 定 に 加 盟 している このため 中 東 や 北 アフリカの 紛 争 地 域 から 逃 れる 人 々は 地 中 海 ルート(ギリシャやイタリア) 東 欧 からの 陸 路 ルート(ハンガリー)を 通 じて シェ ンゲン 圏 に 入 り さらにそこから より 豊 かで 社 会 保 障 の 充 実 したドイツや 北 欧 を 目 指 して 移 動 するケースが 多 い 庇 護 希 望 者 が 複 数 の EU 加 盟 国 に 重 複 して 難 民 申 請 を 行 うのを 防 ぐために 難 民 申 請 を 行 えるのは ダブリン 規 則 によって 申 請 者 が EU 域 内 に 最 初 に 入 る 経 路 となった 加 盟 国 申 請 者 にビザを 発 給 した 加 盟 国 申 請 者 の 家 族 がいる 加 盟 国 など と 決 められて いる このため 地 理 的 条 件 から 中 東 や 北 アフリカからの 窓 口 となっているギリシャ イタリア ハンガリーなどに 難 民 流 入 が 急 増 し 難 民 申 請 に 対 応 しきれなくなった こ うしたなかで EU 加 盟 国 は 相 次 いで シェンゲン 協 定 による 移 動 の 自 由 を 一 時 停 止 し 国 境 でのパスポート 審 査 などの 入 国 管 理 を 行 うようになった(オーストリア フランス ドイツ ノルウェー スウェーデンなど) 東 欧 では 国 境 にフェンスを 設 置 するなどの 措 置 をとる 国 もみられた(ハンガリー ブルガリア) 1. 急 増 する 難 民 申 請 1 世 界 の 難 民 事 情 国 際 連 合 難 民 高 等 弁 務 官 事 務 所 (UNHCR)によれば 2015 年 末 現 在 世 界 の 難 民 (も しくはそれに 類 する 状 態 にある) 人 口 は 1,612 万 人 となった 年 から 2012 年 まで 1 難 民 とは 人 種 宗 教 国 籍 もしくは 特 定 の 社 会 的 集 団 の 構 成 員 であることまたは 政 治 的 意 見 を 理 由 に 迫 害 を 受 けるおそれがあるという 十 分 に 理 由 のある 恐 怖 を 有 するために 国 籍 国 の 外 にいる 者 であって その 国 籍 国 の 保 護 を 受 けられない 者 またはそのような 恐 怖 を 有 するためにその 国 籍 国 の 保 護 を 受 けること を 望 まない 者 と 定 義 されている(1951 年 難 民 条 約 第 1 条 ) 2 UNHCR は 国 内 避 難 民 などを 含 め 世 界 で 6,530 万 人 が 強 制 移 動 を 強 いられた 避 難 民 としている 2

3 はほぼ 横 ばいであったが 2013 年 以 降 増 加 が 目 立 っている( 図 表 1) また 2015 年 の 世 界 全 体 の 新 規 難 民 申 請 数 は 245 万 人 ( 不 服 申 し 立 て 分 を 含 む)と 前 年 比 48%の 増 加 とな った 3 ( 図 表 2) このうち UNHCR の 事 務 所 に 直 接 申 請 があったものが 27 万 人 同 事 務 所 と 各 国 政 府 が 合 同 で 審 査 にあたったものが 2 万 人 残 りの 217 万 人 が 各 国 政 府 に 対 する 申 請 であった 図 表 1: 世 界 の 難 民 人 口 図 表 2: 新 規 難 民 申 請 件 数 百 万 人 難 民 申 請 者 (ペンディングになっている 者 ) 難 民 千 人 ( 資 料 )UNHCRデータより 作 成 ( 資 料 )UNHCRデータより 作 成 個 別 国 でみると 申 請 受 入 国 のトップはドイツの 44.2 万 人 で 8 年 連 続 して 増 加 2015 年 には 前 年 の 2.5 倍 以 上 となった ドイツへの 難 民 申 請 者 の 出 身 国 をみると シリアが 15.9 万 人 と 全 体 の 1/3 を 占 め 以 下 アルバニア セルビア コソボ アフガニスタン イラクとなっており 中 東 東 欧 が 中 心 だが 6 番 目 にアフリカのエリトリアが 入 って いる( 図 表 3) 受 入 国 の 2 位 は 米 国 の 17.3 万 人 ( 前 年 比 42% 増 )で 米 国 へ 流 入 する 難 民 は メキ シコ 中 米 諸 国 中 国 が 中 心 である 3 位 はスウェーデンの 15.6 万 人 ( 同 108% 増 ) 同 国 での 申 請 者 の 出 身 国 はシリア アフガニスタン イラクの 順 に 多 い 4 位 はロシア 15.3 万 人 と 前 年 から 大 きく 減 少 ( 44%)した これは 2014 年 にウクライナ 東 部 での 独 立 運 動 を 受 けて 同 国 からの 難 民 申 請 が 急 増 したことの 反 動 によるもので 2015 年 につ いても 難 民 申 請 の 98%がウクライナ 人 によるものであった 5 位 はトルコの 13.3 万 人 ( 同 52% 増 ) トルコへの 難 民 はアフガニスタン イラク イランの 順 に 多 い 以 下 オー 3 本 章 での 統 計 データは 特 記 なき 限 り UNHCR による 3

4 ストリア イタリア ハンガリー4 フランス 南 アフリカの 順 になっている 図 表 3: 新 規 難 民 申 請 : 受 入 国 上 位 10 カ 国 増 減 主 要 な 出 身 国 等 ドイツ 441, , % シリア(158,700) アルバニア(53,800) セルビア コソボ(50,100) アフガニスタン(31,400) イラク(29,800) エリトリア(10,900) 米 国 * 172,700 メキシコ(19,300) エルサルバドル(18,900) グアテマラ(16,400) (90,579) (63,913) 42% ホンジュラス(14,300) 中 国 (15,100) スウェーデン 156,354 75, % シリア(50,900) アフガニスタン(41,300) イラク(20,300) ロシア 151, ,764-44% ウクライナ(149,900) トルコ 133,320 87,820 52% アフガニスタン(67,400) イラク(53,800) イラン(11,400) オーストリア 85,798 28, % アフガニスタン(25,200) シリア(24,400)で6 割 イラク(13,300) 急 増 イタリア 83,243 63,657 31% ナイジェリア パキスタン ガンビア セネガル バングラデッシュ マリ ハンガリー** 74,200 41,111 80% シリア アフガニスタン パキスタン イラク フランス 74,185 59,041 26% スーダン セルビア コソボ シリア イラク アフガニスタン 南 アフリカ 62,159 71,914-14% ジンバブエ エチオピア ナイジェリア コンゴ ( 注 )* 米 国 の 数 値 は 下 段 ( ) 内 の 件 数 ベースの 数 値 からUNHCR 推 計 **ハンガリーの2015 年 の 数 値 はUNHCRが 一 時 的 申 請 等 を 調 整 したもの 2014 年 の 数 値 とは 不 連 続 ( 資 料 )UNHCRデータより 作 成 図 表 4: 新 規 難 民 申 請 : 出 身 国 上 位 10 カ 国 2015 主 要 な 申 請 先 シリア 373,700 ドイツ スウェーデン ハンガリー オーストリア オランダ ノルウェー ベルギー アフガニスタン 239,600 トルコ スウェーデン ドイツ オーストリア イラク 203,700 トルコ ドイツ スウェーデン フィンランド オーストリア ウクライナ 175,500 85%がロシア イタリア ドイツ スペインも アルバニア 68,500 72%がドイツ その 他 フランス スウェーデン 英 国 セルビア コソボ 66,100 ドイツ ハンガリー フランス スウェーデン オーストリア エリトリア 57,000 ドイツ スイス オランダ スウェーデン コンゴ 54,800 ウガンダ ケニア 南 アフリカ フランス パキスタン 52,500 ハンガリー イタリア ドイツ 英 国 オーストリア ナイジェリア 44,000 イタリア 南 アフリカ ドイツ フランス ( 資 料 )UNHCRデータより 作 成 難 民 の 国 籍 別 にみると 2015 年 に 申 請 が 最 も 多 かったのはシリアの 37.4 万 人 で そ のほとんどが 欧 州 域 内 ドイツの 15.9 万 人 を 筆 頭 に スウェーデン 5.1 万 人 ハンガリ ー オーストリア オランダ ノルウェー ベルギー で 難 民 申 請 を 行 っている シリ ア 難 民 はほぼ 90%のケースで 難 民 認 定 されている 次 に 多 いのが アフガニスタンの 24 万 人 5 これらのアフガニスタン 人 はトルコ スウェーデン ドイツ オーストリア に 流 入 した 次 がイラクの 20.4 万 件 イラク 人 難 民 はトルコ ドイツ スウェーデン 4 ハンガリーでは 一 時 的 に 難 民 申 請 を 行 い すぐに 他 国 へ 移 動 するケースが 多 い UNHCR のデータはそ れを 調 整 したもの 後 述 する Eurostat の 数 字 とは その 点 で 違 いが 出 ているとみられる 5 現 在 イランやパキスタンに 在 住 する 260 万 人 以 上 のアフガニスタン 難 民 は 含 まない 4

5 フィンランド オーストリアに 多 い ウクライナ 人 の 難 民 申 請 は 17.6 万 人 その 多 く がロシアでの 申 請 だが イタリア ドイツ スペインでも 申 請 が 行 われた 以 下 アルバ ニア セルビア コソボ エリトリア コンゴ パキスタン ナイジェリアとなってい る これら 上 位 10 カ 国 ではウクライナが 前 年 比 40% 減 セルビア コソボが 微 減 とな ったほかは 軒 並 み 増 加 し 特 にシリアは 前 年 比 倍 以 上 の 水 準 となった 2015 年 の 難 民 申 請 数 245 万 件 のうち 審 査 が 終 了 したのは 118 万 件 45.9 万 人 が 正 式 に 難 民 と 認 められ 24.3 万 人 が 補 完 的 な 保 護 を 受 けることができた 世 界 全 体 で 難 民 認 定 率 6 は 37%(2014 年 27%) 総 認 定 率 は 57%( 同 59%)となり 総 認 定 率 は 若 干 低 下 したものの 2000 年 代 入 り 後 の 平 均 的 な 水 準 (30-40%)を 大 きく 上 回 った 2014 年 にはウクライナ 難 民 がロシアで 一 時 的 保 護 を 受 けるケースが 多 かったこと 2015 年 に はシリア 難 民 の 難 民 認 定 率 が 高 かったことが 直 近 2 年 の 認 定 率 押 し 上 げに 寄 与 した 出 身 国 別 では シリア 南 スーダン 中 央 アフリカ イエメン ウクライナ ブルンジ イラク ミャンマー エリトリア ソマリア パレスチナの 難 民 は 認 定 されるケースが 多 く 総 認 定 率 は 85%であった 一 方 旧 ユーゴスラビア(モンテネグロ マケドニア セルビア コソボ ボスニア ヘルツェゴビナ)の 総 認 定 率 は 4% 未 満 と 低 かった 2 欧 州 の 難 民 事 情 世 界 の 難 民 受 け 入 れ 問 題 は そのまま 欧 州 の 問 題 でもある 図 表 5 にあるように EU28 カ 国 の 難 民 申 請 数 は 年 に 急 増 している 2015 年 には 世 界 全 体 の 新 規 難 民 申 請 の 半 分 以 上 が EU 加 盟 国 で 行 われた 計 算 になる その 中 でもドイツの 急 増 は 目 立 つ 図 表 5:EU 諸 国 への 難 民 申 請 数 千 件 1,400 1,200 1,000 EU 28 countries Germany ( 資 料 )Eurostat 統 計 より 作 成 6 難 民 認 定 率 は 難 民 認 定 者 総 決 定 数 総 認 定 率 は( 難 民 認 定 者 数 + 補 完 的 保 護 決 定 数 ) 総 決 定 数 で 計 算 5

6 先 に 見 た 2015 年 末 現 在 の 世 界 の 難 民 人 口 1,612 万 人 のうち 439 万 人 が 欧 州 に 存 在 し ている 2014 年 から 2015 年 にかけて 難 民 人 口 は 173 万 人 増 加 したが その 3/4 は 欧 州 での 増 加 であった 欧 州 に 流 入 する 難 民 は その 地 理 的 な 理 由 から 中 東 アフリカからの 難 民 が 多 い ただし 欧 州 と 一 口 に 言 っても 国 によって 難 民 出 身 国 との 歴 史 的 つながりや 政 府 の 受 入 姿 勢 などにより 違 いが 出 ている 近 年 難 民 申 請 が 急 増 しているのは ドイツ ハン ガリー スウェーデン オーストリア イタリア フランス オランダ ベルギーなど である( 図 表 6) 図 表 6:EU 加 盟 国 の 国 別 難 民 申 請 数 ( 年 ベース) 500 千 人 ( 注 )2015 年 時 点 で1 万 人 超 の 国 のみ ( 資 料 )Eurostatより 作 成 2. EU の 対 応 1 欧 州 委 員 会 の 移 民 政 策 欧 州 委 員 会 は 2014 年 に 就 任 したユンケル 委 員 長 のもと 10 の 優 先 課 題 の 一 つに 移 民 問 題 を 挙 げている その 基 本 方 針 は 1 不 法 移 民 の 抑 制 2EU 国 境 の 安 全 確 保 3 強 力 な 共 通 難 民 政 策 4 合 法 的 な 移 民 政 策 である このうち 共 通 難 民 政 策 については 人 道 的 公 正 効 率 的 な 共 通 難 民 政 策 の 確 立 をめざし (a) 単 一 の 難 民 判 定 基 準 受 入 条 件 のハーモナイゼーションを 進 める (b) 共 通 の 難 民 再 配 置 システムの 創 設 ( 特 定 の 国 に 難 民 申 請 が 集 中 するのを 防 ぐために 人 口 経 済 規 模 に 応 じて 難 民 申 請 を 各 国 に 割 り 振 る システム 詳 細 後 述 )などが 決 定 された 6

7 2016 年 度 EU 予 算 では 難 民 対 策 に 17 億 ユーロの 追 加 がなされ この 結 果 年 の 2 年 間 で 合 計 100 億 ユーロ 近 くの EU 予 算 が 使 われることになった またギリシャ や 東 欧 経 由 の 不 法 入 国 急 増 に 対 抗 する 政 策 として 2015 年 12 月 には 欧 州 委 員 会 より 欧 州 国 境 沿 岸 警 備 隊 の 創 設 が 提 案 された 図 表 7: 移 民 難 民 を 巡 る EU の 対 応 2014/7 欧 州 委 員 会 移 民 政 策 を10の 優 先 課 題 の 一 つに 掲 げる 2014/11 ユンケル 委 員 長 就 任 2015/5 欧 州 委 員 会 移 民 に 対 する 欧 州 アジェンダ 採 択 難 民 危 機 にある 国 への6000 万 ユーロの 追 加 援 助 イタリア ギリシャの4 万 人 の 難 民 再 配 置 2015/9 イタリア ギリシャの12 万 人 の 難 民 再 配 置 2015/10 EUトルコ 共 同 アクションプラン 2015/ 年 EU 予 算 難 民 危 機 対 策 に 計 約 100 億 ユーロで 合 意 トルコに 対 し 難 民 基 金 30 億 ユーロを 提 案 2015/12 欧 州 委 員 会 欧 州 国 境 沿 岸 警 備 隊 創 設 を 提 案 2016/3 EUトルコ 共 同 ステートメント ( 資 料 ) 欧 州 委 員 会 資 料 各 種 報 道 より 作 成 2 ダブリン 規 則 の 見 直 し 前 述 のように 現 状 ではダブリン 規 則 により 申 請 者 が 最 初 に EU に 到 着 した 国 での 難 民 申 請 が 一 般 的 となっており 少 数 の 特 定 国 に 申 請 が 集 中 し 当 該 国 が 対 応 しきれな いケースが 出 ている このため EU として 各 国 での 難 民 申 請 状 況 をモニタリングし 過 度 の 圧 力 を 受 けているとみなされた 場 合 は 他 の 加 盟 国 に 一 定 のシェアで 割 り 振 る システムを 構 築 するべく 準 備 が 進 められている 具 体 的 には 各 加 盟 国 の 人 口 と 経 済 規 模 (GDP)をもとに 各 加 盟 国 のシェアを 決 め その 150%を 超 える 難 民 申 請 を 受 けた 場 合 それを 超 える 分 は 自 動 的 に 他 の 加 盟 国 にそのシェアに 応 じて 割 り 振 られる 他 の 加 盟 国 はその 国 の 事 情 に 応 じてその 割 り 振 りを 拒 否 することもできるが その 場 合 には 申 請 を 受 け 入 れた 国 に 対 し 申 請 者 一 人 につき 25 万 ユーロを 拠 出 する 義 務 を 負 う 既 に 2015 年 5 9 月 にはギリシャとイタリアおよびハンガリーに 流 入 した 庇 護 希 望 者 を 加 盟 国 全 体 に 割 り 振 る 措 置 が 行 われた( 後 掲 参 考 図 表 参 照 ) 3. 経 済 的 影 響 1 難 民 流 入 急 増 の 影 響 欧 州 委 員 会 は 四 半 期 毎 の 経 済 見 通 し(2015 年 11 月 公 表 )のなかで 難 民 流 入 急 増 の 経 済 的 影 響 の 試 算 を 公 表 した 短 期 的 には 難 民 支 援 のための 財 政 支 出 拡 大 ( 食 料 宿 泊 7

8 場 所 の 提 供 語 学 教 育 など 社 会 に 適 応 するための 支 援 など)が GDP を 押 し 上 げるがそ れは 限 定 的 ( %)としている 中 期 的 には 難 民 が 加 盟 国 の 労 働 市 場 にどこまで 統 合 されるか 次 第 であり 受 入 国 の 労 働 市 場 の 開 放 度 や 教 育 訓 練 などにより 労 働 者 と しての 質 をどこまで 高 められるかによる 欧 州 委 員 会 では 年 に EU 全 体 で 300 万 人 の 難 民 流 入 を 前 提 とした 試 算 7 で 2020 年 までに GDP を % 押 し 上 げ より 慎 重 な 200 万 人 の 流 入 を 前 提 とすると % 押 し 上 げるとしている 2 シェンゲン システム 不 全 ( 国 境 管 理 導 入 )の 影 響 難 民 流 入 急 増 とテロ 対 策 のために 加 盟 国 のなかには シェンゲン システムを 一 方 的 に 停 止 し 国 境 管 理 を 導 入 する 国 が 相 次 いだ これらの 措 置 は 一 時 的 なもので シェ ンゲン 協 定 の 枠 内 で 行 われた 欧 州 委 員 会 は 2016 年 3 月 に シェンゲン システムを 機 能 させるためのロードマップ を 公 表 し 2016 年 中 にシステムを 復 帰 させるとした しかし 難 民 テロ 問 題 は 短 期 的 に 解 決 できる 問 題 ではなく こうした 措 置 が 長 期 化 す る 可 能 性 も 否 定 できない 欧 州 委 員 会 は 経 済 見 通 し(2016 年 5 月 )のなかで 国 境 管 理 導 入 の 影 響 について 他 機 関 によるものを 含 めた 試 算 結 果 をまとめている 1 直 接 的 影 響 : 陸 運 業 での 時 間 のロスに 伴 い 年 間 億 ユーロの 損 失 シェンゲン 圏 内 の 人 の 移 動 の 時 間 のロスに 伴 い 年 間 億 ユーロの 損 失 国 境 管 理 に 伴 う 公 務 員 のコスト 年 間 6-22 億 ユーロ 2 間 接 的 影 響 : 国 境 管 理 は ジャスト イン タイムを 前 提 とした サプライ チェーンの 運 営 に 大 きな 影 響 を 与 え シェンゲン 圏 内 の 貿 易 を 減 少 させるこ とで 2025 年 までの 累 計 で GDP を % 最 大 0.8% 押 し 下 げる 可 能 性 がある こ れらの 試 算 は 国 境 管 理 が 全 面 的 に 導 入 されることを 前 提 にしており 現 状 と 比 べて 厳 しすぎるものだが EU 経 済 にとってシェンゲン 圏 内 の 自 由 移 動 の 持 つ 意 味 の 大 きさを 改 めて 確 認 するものであろう 4. 今 後 の 課 題 2015 年 夏 場 から 急 増 した 欧 州 への 難 民 流 入 も 2015 年 末 頃 にはピークをつけ 減 少 傾 向 にある( 図 表 8) この 背 景 には EU が 加 盟 候 補 国 であるトルコとの 間 で 難 民 危 機 に 協 力 して 対 処 することに 合 意 したことがある 2015 年 10 月 に EU-トルコ 共 同 アクシ ョンプランに 合 意 それを 受 けて 2016 年 3 月 EU-トルコ 共 同 ステートメントが 発 表 さ れた 具 体 的 には EU がトルコに 難 民 支 援 のための 援 助 ( 年 に 30 億 ユーロ 7 EU 全 体 で 2015 年 100 万 人 2016 年 150 万 人 2017 年 50 万 人 の 難 民 受 け 入 れを 想 定 8

9 2018 年 末 までにさらに 最 大 30 億 ユーロ)を 与 えるとともに トルコ 人 のビザなし 渡 航 交 渉 の 進 展 を 図 り その 見 返 りにトルコから EU に 流 入 した 不 法 移 民 を 一 定 の 条 件 のも とで 送 り 返 すこととした このステートメントが 発 効 してから 2016 年 6 月 までに 難 民 申 請 を 行 わない 462 人 がギリシャからトルコに 送 り 返 され 2016 年 に 入 ってからギリ シャからトルコに 送 り 返 された 不 法 移 民 は 1,546 人 となった この 結 果 トルコから 海 路 でギリシャに 向 かう 難 民 移 民 は 大 幅 に 減 少 した(3 月 以 前 はギリシャには 1 日 平 均 1,740 人 の 移 民 が 入 国 したが 5 月 以 降 6 月 までは 同 47 人 に 減 少 ) ただし トルコで は 7 月 にクーデター 未 遂 があり その 後 も 政 治 的 混 乱 が 続 いている EU からの 不 法 移 民 送 還 が 今 後 もうまくいく 保 証 はない また シリアを 中 心 とした 中 東 情 勢 は 依 然 改 善 の 兆 しはみえず 欧 州 への 難 民 流 入 も 2015 年 ほどではないにせよ 高 水 準 が 続 くと みられる 2015 年 5 月 と 9 月 にギリシャ イタリアの 難 民 の 再 配 置 割 当 が 決 定 されたが 2016 年 9 月 1 日 時 点 で 再 配 置 された 難 民 は 4,473 人 (ギリシャ 3,453 人 イタリア 1,020 人 ) にとどまっている ハンガリー ポーランドなどの 東 欧 諸 国 を 中 心 に 難 民 再 配 置 への 反 発 は 根 強 い ハンガリーでは 10 月 に 難 民 再 配 置 の 受 け 入 れを 巡 って 国 民 投 票 が 予 定 さ れている 今 後 制 度 を 如 何 に 定 着 させていくかが 課 題 であるが 難 民 問 題 を 巡 る 議 論 が 再 び EU 分 裂 の 危 機 につながる 可 能 性 も 否 定 できない 図 表 8:EU28 カ 国 の 域 外 からの 難 民 申 請 数 ( 月 次 ベース) 千 人 Total うちSyria ( 資 料 )Eurostatより 作 成 英 国 で 6 月 に 行 われた 国 民 投 票 で EU 離 脱 が 選 択 されたことの 背 景 には 難 民 移 9

10 民 に 対 する 社 会 保 障 支 出 の 増 大 や 移 民 流 入 が 英 国 民 の 雇 用 機 会 を 奪 っているとの 懸 念 が 有 権 者 の 間 に 根 強 かったことがある こうした 懸 念 は 他 の 加 盟 国 にも 共 通 しており 各 国 の 反 EU 勢 力 の 台 頭 につながりかねない 2016 年 秋 から 2017 年 にかけて 重 要 な 政 治 日 程 が 多 く 予 定 されており( 図 表 9) 各 国 での EU 懐 疑 派 ポピュリスト 勢 力 の 台 頭 には 注 意 が 必 要 であろう 8 図 表 9: 主 要 な 政 治 日 程 2016 年 2017 年 10 月 ハンガリー 国 民 投 票 ( 難 民 受 け 入 れ) 月 オーストリア 大 統 領 再 選 挙 月 イタリア 国 民 投 票 ( 議 会 制 度 改 革 ) 3 月 オランダ 総 選 挙 4 月 23 日 5 月 7 日 フランス 大 統 領 選 挙 9 月 ドイツ 総 選 挙 ( 資 料 ) 各 種 報 道 より 作 成 なお Eurostat のデータによれば EU28 カ 国 に 居 住 する 移 民 の 人 口 動 態 は 自 国 民 と 比 べ 男 女 とも 代 の 働 き 盛 りの 人 口 の 比 率 が 高 い 移 民 の 存 在 は 少 子 高 齢 化 問 題 を 抱 える EU 諸 国 にとっては 潜 在 的 な 働 き 手 納 税 者 として 重 要 であることを 忘 れ てはならないであろう < 参 考 文 献 > European Commission, Spring Economic Forecast, May 2016 European Commission, Autumn Economic Forecast, Nov.2015 IMF, The Refugee Surge in Europe: Economic Challenges, IMF-SDN, Jan.2016 UNHCR, Global Trends, Forced Displacement in 2015, June 2016 欧 州 委 員 会 プレスリリース 各 号 年 9 月 にはドイツのメルケル 首 相 の 地 元 の 州 議 会 選 挙 で 与 党 キリスト 教 民 主 同 盟 (CDU)が 反 EU 新 興 勢 力 であるドイツのための 選 択 肢 (AfD)の 得 票 数 を 下 回 り 第 3 党 に 転 落 する 事 態 が 発 生 した メ ルケル 首 相 の 寛 大 な 難 民 受 入 政 策 に 対 する 反 発 が CDU 敗 北 の 理 由 とみられ 首 相 への 批 判 が 高 まっている CDU の 姉 妹 政 党 である CSU や 連 立 相 手 である 社 会 民 主 党 (SPD)も 首 相 の 難 民 政 策 には 批 判 的 と 伝 え られており 2017 年 秋 の 総 選 挙 に 向 けての 連 立 政 権 の 足 並 みの 乱 れが 目 立 ってきている 10

11 < 参 考 図 表 > イタリア ギリシャにおける 難 民 申 請 の 再 配 置 割 り 当 て 2015 年 9 月 22 日 イタリア 分 ギリシャ 分 15,600 50,400 オーストリア 462 1,491 ベルギー 579 1,869 ブルガリア クロアチア キプロス チェコ 376 1,215 エストニア フィンランド フランス 3,064 9,898 ドイツ 4,027 13,009 ハンガリー ラトビア リトアニア ルクセンブルク マルタ オランダ 922 2,978 ポーランド 1,201 3,881 ポルトガル 388 1,254 ルーマニア 585 1,890 スロヴァキア スロヴェニア スペイン 1,896 6,127 スウェーデン 567 1,830 ( 資 料 )EU 資 料 より 作 成 当 資 料 は 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作 成 されたものであり 何 らかの 行 動 を 勧 誘 するものではありませ ん ご 利 用 に 関 しては すべて 御 客 様 御 自 身 でご 判 断 下 さいますよう 宜 しくお 願 い 申 し 上 げます 当 資 料 は 信 頼 できると 思 われる 情 報 に 基 づいて 作 成 されていますが その 正 確 性 を 保 証 するものではあり ません 内 容 は 予 告 なしに 変 更 することがありますので 予 めご 了 承 下 さい また 当 資 料 は 著 作 物 で あり 著 作 権 法 により 保 護 されております 全 文 または 一 部 を 転 載 する 場 合 は 出 所 を 明 記 してください Copyright 2016 Institute for International Monetary Affairs( 公 益 財 団 法 人 国 際 通 貨 研 究 所 ) All rights reserved. Except for brief quotations embodied in articles and reviews, no part of this publication may be reproduced in any form or by any means, including photocopy, without permission from the Institute for International Monetary Affairs. Address: 3-2, Nihombashi Hongokucho 1-chome, Chuo-ku, Tokyo , Japan Telephone: , Facsimile: 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 本 石 町 電 話 : ( 代 )ファックス: URL: 11

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在 下 記 査 証 情 報 は 日 本 国 籍 での 観 光 旅 行 者 を 対 象 とした 及 び 必 要 な となります 外 国 籍 の 方 は 各 大 使 館 及 び 領 事 館 にお 問 合 せ 下 さい 査 証 情 報 は 各 大 使 館 領 事 館 からの 発 出 情 報 ですが 予 告 なく 変 更 になる 場 合 があります 予 めご 了 承 ください : 観 光 要 : 観 光 不 要

More information

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 1 immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 Ibrahim Baylan (skolministern) km segregation citizen 3 4 5 1 2 1950 3 4 5 市 民 (Citizens) 自 治 体 ( 県 )による 医 療 支 援 U N H C R 書 類 選 考 受 入 決 定 政 府

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 結 果 調 査 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 現 在 神 奈 川 県 県 民 局 くらし 文 化 部 国 際 課 1 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 概 要 2 調 査 対 象 者 程 神 ) 奈 川 高 県

More information

月 16 日 英 労 働 党 の 下 院 議 員 で 残 留 派 として 活 動 していたジョー コックス 氏 が 極 右 思 想 に 影 響 されたとみられる 人 物 に 殺 害 される 事 件 が 発 生 した 同 事 件 が EU 離 脱 をめぐる 議 論 に 与 える 影 響 は 判 断 が

月 16 日 英 労 働 党 の 下 院 議 員 で 残 留 派 として 活 動 していたジョー コックス 氏 が 極 右 思 想 に 影 響 されたとみられる 人 物 に 殺 害 される 事 件 が 発 生 した 同 事 件 が EU 離 脱 をめぐる 議 論 に 与 える 影 響 は 判 断 が 2016 年 6 月 22 日 BTMU Economic Brief, London 経 済 調 査 室 ロンドン 駐 在 情 報 The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ, Ltd Economic Research Office (London) Shin Takayama 髙 山 真 (shin.takayama@uk.mufg.jp) 英 国 の EU 離 脱 問

More information

議論の前提

議論の前提 第 1 章 の 補 足 資 料 ( 消 費 税 はだれが 負 担 するのか) 消 費 税 のしくみ 日 本 の 消 費 税 は 付 加 価 値 税 (value added tax VAT)と 呼 ばれる 税 の 一 種 であり 卸 売 り 小 売 りの 各 段 階 で 生 み 出 された 付 加 価 値 に 対 して 課 税 する 売 り 手 が 納 税 の 義 務 を 負 っているので 消 費

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63> 世 界 50カ 国 潜 在 力 調 査 2007 年 ( 要 約 ) 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター Japan Center for Economic Research 2008 年 1 月 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 13 位 にやや 後 退 50 カ 国 を 対 象 に 潜 在 競 争 力 ランキングを 作 成 した 潜 在 競 争 力 とは

More information

EU総まとめ

EU総まとめ 平 成 28 年 5 月 号 改 めて EU とは 何 か を 考 える 千 葉 銀 行 ロンドン 支 店 英 国 では 先 月 エリザベス 女 王 が 90 歳 の 誕 生 日 を 迎 えました 昨 年 9 月 に 歴 代 君 主 で 在 位 最 長 期 間 (63 年 )を 更 新 した 女 王 ですが 今 なお 精 力 的 に 公 務 をこなし ています 英 国 では 6 月 10 日 11

More information

数字で見る国連WFP 2014

数字で見る国連WFP 2014 2014 レベル3の 緊急支援 2014年 国連WFPはレベル3の緊急支援活動6件に並行して取り組みました レベル3とは 国連WFPが定める緊急事態の最高段階です 国連WFPは レベル3と判断した事態には 国事務所や地域事務所を中心としつつ 全組織を挙げて対応します 数字で見る国連WFP 2014 レベル3の 緊急支援 中央アフリカ共和国 法と秩序の崩壊により住む家を追われた100万人以上に支援を届けました

More information

ヨーロッパ各国における乗用車の安全要件

ヨーロッパ各国における乗用車の安全要件 オーストリア 視 界 不 良 時 は 防 塵 で 頑 丈 な 箱 で 保 管 のこと 任 意 ドライバーは 市 街 地 や 高 速 道 路 において 故 障 に より 自 車 を 離 れざるを 得 ない 場 合 は 着 用 が 必 要 ベラルーシ けん 引 車 を 伴 う 自 動 車 お よび 特 殊 自 動 車 1 は 自 動 車 はすべて 救 急 セットの 車 載 が 必 須 ベルギー 乗 用

More information

「東欧の金融・経済」 ~EU、ユーロ動向の最前線~

「東欧の金融・経済」 ~EU、ユーロ動向の最前線~ 東 欧 の 金 融 経 済 ~EU ユーロ 動 向 の 最 前 線 ~ 7 月 1 日 にEUに 加 盟 したクロアチアの 聖 マルコ 寺 院 ( 筆 者 撮 影 ) H25.7.20 拓 殖 大 学 政 経 学 部 高 橋 智 彦 東 欧 とは 一 般 に 日 本 では 冷 戦 時 の 欧 州 の 社 会 主 義 圏 のイメー ジ 国 連 定 義 ではこのイメージに 近 くポーランド チェコ スロバキア

More information

: 用 : 観 光 査 証 渡 ギリシャ 共 和 国 6ヵ 月 間 で90 日 以 内 の 滞 在 は 査 証 不 シェンゲン 協 定 加 盟 国 入 国 時 3ヵ 月 + 滞 在 日 数 (ギリシャ 含 むシェンゲン 加 盟 国 ) 以 上 必 グリーンランド 6ヶ 月 間 で90 日 以 内 の

: 用 : 観 光 査 証 渡 ギリシャ 共 和 国 6ヵ 月 間 で90 日 以 内 の 滞 在 は 査 証 不 シェンゲン 協 定 加 盟 国 入 国 時 3ヵ 月 + 滞 在 日 数 (ギリシャ 含 むシェンゲン 加 盟 国 ) 以 上 必 グリーンランド 6ヶ 月 間 で90 日 以 内 の 日 本 国 籍 の 日 本 人 観 光 旅 行 者 を 対 象 とした 査 証 渡 航 認 証 及 び 必 要 な です 訪 問 の 目 的 や 訪 問 頻 度 滞 在 日 数 によっては 査 証 が 必 要 な 国 地 域 があります インドネシアやタイなどでは 訪 問 目 的 が 技 術 指 導 機 械 設 置 やメンテナンスの 場 合 には 目 的 に 応 じた 査 証 が 必 要 となります

More information

EUの東方拡大とその行方

EUの東方拡大とその行方 EU の 東 方 拡 大 とその 行 方 文 責 角 賢 二 0.はじめに 先 月 24 25 日 にブリュッセルで 開 かれた 首 脳 会 議 において 中 東 欧 地 中 海 諸 国 1 2カ 国 の 新 規 EU 加 盟 を12 月 のコペンハーゲン 首 脳 会 議 で 決 めることが 決 まった これ は 27ヶ 国 人 口 約 4 億 5 千 万 人 経 済 規 模 は GDP 約 10

More information

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書 別 紙 様 式 第 三 十 三 財 務 大 臣 殿 ( 日 本 銀 行 経 由 ) 銀 行 等 の 非 居 住 者 等 に 対 する 国 別 債 権 債 務 に 関 する 報 告 書 ( 年 月 末 現 在 ) 報 告 年 月 日 : 根 拠 法 規 : 外 国 為 替 の 取 引 等 の 報 告 に 関 する 省 令 主 務 官 庁 : 財 務 省 短 期 債 権 報 告 者 : 名 称 及 び

More information

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc 平 成 25 年 3 月 8 日 社 団 法 人 日 本 アクチュアリー 会 平 成 24 年 度 CERA 資 格 認 定 について 日 本 アクチュアリー 会 ( 理 事 長 : 野 呂 順 一 )は 平 成 24 年 度 から ERM(エンタープライズ リ スク マネジメント)の 専 門 資 格 である CERA の 資 格 認 定 を 開 始 いたしました CERA 資 格 認 定 の 概

More information

Microsoft PowerPoint - 160407 - Unitary Patent & UPC_HP掲載用

Microsoft PowerPoint - 160407 - Unitary Patent & UPC_HP掲載用 免 責 事 項 2016 年 4 月 7 日 知 財 情 報 研 究 会 欧 州 中 東 アフリカ 部 会 本 スライドは 記 載 事 項 についていかなる 保 証 をするものではなく 法 的 アドバイスを 提 供 するものではありません OVERVIEW 欧 州 単 一 特 許 統 一 特 許 裁 判 所 移 行 期 間 中 の 手 続 メリット デメリット 出 願 人 特 許 権 者 の 観 点

More information

地方独立行政法人大阪市立工業研究所職員旅費規程

地方独立行政法人大阪市立工業研究所職員旅費規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 市 立 工 業 研 究 所 職 員 の 外 国 旅 行 の 旅 費 に 関 する 規 程 制 定 平 成 20 年 6 月 1 日 規 程 第 221 号 最 近 改 正 平 成 26 年 5 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 市 立 工 業 研 究 所 旅 費 規 程 ( 以 下 国 内 旅 費

More information

1 覚 醒 剤 密 輸 入 事 犯 の 概 況 押 収 量 は 5 年 連 続 で2kg 超 となる 約 289kgであった 摘 発 件 数 124 件 は 過 去 1 年 間 で2 番 目 となった 東 京 税 関 における 覚 醒 剤 摘 発 実 績 4 35 kg 押 収 量 件 数 件 2

1 覚 醒 剤 密 輸 入 事 犯 の 概 況 押 収 量 は 5 年 連 続 で2kg 超 となる 約 289kgであった 摘 発 件 数 124 件 は 過 去 1 年 間 で2 番 目 となった 東 京 税 関 における 覚 醒 剤 摘 発 実 績 4 35 kg 押 収 量 件 数 件 2 報 道 発 表 平 成 27 年 2 月 23 日 東 京 税 関 不 正 薬 物 の 摘 発 件 数 196 件 押 収 量 約 346kg 覚 醒 剤 大 麻 の 押 収 量 が 不 正 薬 物 全 体 の 約 98%を 占 めた 覚 醒 剤 の 摘 発 件 数 が 過 去 1 年 間 で2 番 目 を 記 録 ~ 平 成 26 年 の 東 京 税 関 における 不 正 薬 物 密 輸 入 事

More information

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73>

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73> 生 活 1 人 口 世 帯 数 世 帯 人 員 の 減 少 傾 向 が 続 く 人 口,, 3, 3,,,, 1,, 17,7 9,1 13,13 1,1 39,7 人 17,19 戸,9 人 17,7 人 19 19 19 197 197 19 19 199 199 9 女 男 世 帯 数 人 口 の 合 計 世 帯 数 ( 戸 ), 1, 1, 1, 1, 1,,,,, 豊 中 市 の 人 口

More information

1. 世界における日 経済 人口 (216 年 ) GDP(216 年 ) 貿易 ( 輸出 + 輸入 )(216 年 ) +=8.6% +=28.4% +=36.8% 1.7% 6.9% 6.6% 4.% 68.6% 中国 18.5% 米国 4.3% 32.1% 中国 14.9% 米国 24.7%

1. 世界における日 経済 人口 (216 年 ) GDP(216 年 ) 貿易 ( 輸出 + 輸入 )(216 年 ) +=8.6% +=28.4% +=36.8% 1.7% 6.9% 6.6% 4.% 68.6% 中国 18.5% 米国 4.3% 32.1% 中国 14.9% 米国 24.7% 日 経済情勢 217 年 7 月 外務省 1 1. 世界における日 経済 人口 (216 年 ) GDP(216 年 ) 貿易 ( 輸出 + 輸入 )(216 年 ) +=8.6% +=28.4% +=36.8% 1.7% 6.9% 6.6% 4.% 68.6% 中国 18.5% 米国 4.3% 32.1% 中国 14.9% 米国 24.7% 21.8% 41.1% 中国 11.3% 32.8% 米国

More information

EU離脱で危機に瀕するロンドン国際金融センター

EU離脱で危機に瀕するロンドン国際金融センター 2016 年 6 月 30 日 経 済 レポート EU 離 脱 で 危 機 に 瀕 するロンドン 国 際 金 融 センター ~7 万 人 の 雇 用 が 英 国 から 移 転 し バーゼル 規 制 の 行 方 にも 影 響 か~ 調 査 部 主 席 研 究 員 廉 了 英 国 (ロンドン)は 米 国 (ニューヨーク)と 並 び 金 融 取 引 を 多 く 抱 える 国 際 金 融 センターとして 圧

More information

1.はじめに 英 国 では 欧 州 連 合 (EU)からの 離 脱 の 是 非 を 問 う 国 民 投 票 が 6 月 23 日 に 実 施 される 離 脱 後 の 英 国 と EU の 関 係 に 関 してはいくつかのパターンが 考 えられるが( 第 1 表 ) 本 レ ポートでは EU と 幅

1.はじめに 英 国 では 欧 州 連 合 (EU)からの 離 脱 の 是 非 を 問 う 国 民 投 票 が 6 月 23 日 に 実 施 される 離 脱 後 の 英 国 と EU の 関 係 に 関 してはいくつかのパターンが 考 えられるが( 第 1 表 ) 本 レ ポートでは EU と 幅 2016 年 6 月 17 日 BTMU Economic Brief, London 経 済 調 査 室 ロンドン 駐 在 情 報 The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ, Ltd Economic Research Office (London) Akiko Darvell ダーベル 暁 子 (Akiko.darvell@uk.mufg.jp) 英 国 の EU 離 脱

More information

2009年度調査国際結果の要約

2009年度調査国際結果の要約 OECD 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 Programme for International Student Assessment ~2009 年 調 査 国 際 結 果 の 要 約 ~ PISA 調 査 の 概 要 参 加 国 が 共 同 して 国 際 的 に 開 発 し 実 施 している 15 歳 児 を 対 象 とする 学 習 到 達 度 調 査 読 解 力 数 学 的 リテラシー

More information

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0%

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0% 8 8 グローバル 化 の 急 速 な 進 展 の 中 人 事 行 政 の 分 野 においても 国 際 協 力 や 国 際 交 流 の 重 要 性 は 高 まっており 開 発 途 上 国 政 府 や 国 際 機 関 への 技 術 協 力 を 目 的 とする 日 本 の 公 務 員 に 対 する 派 遣 要 請 に 加 え 各 国 政 府 職 員 の 人 材 育 成 や 公 務 員 制 度 の 整 備

More information

ITI

ITI 論 文 欧 州 の 反 グローバリズム 台 頭 の 背 景 - 経 済 格 差 難 民 危 機 エリート 大 衆 ポピュリズムという 要 因 - 田 中 友 義 Tomoyoshi Tanaka 一 財 国 際 貿 易 投 資 研 究 所 客 員 研 究 員 駿 河 台 大 学 名 誉 教 授 要 約 反 グローバリズムの 動 きが 欧 州 全 域 に 燎 原 の 火 のような 勢 いで 強 まっ

More information

第4章:国連が取り組む人権、環境、難民問題、グローバルコンパルと

第4章:国連が取り組む人権、環境、難民問題、グローバルコンパルと 1989 1991 1993 1995 1997 1999 2001 2003 2005 2007 2009 2011 2013 論 説 混 迷 する 中 東 の 行 方 を 探 る: 難 民 問 題 解 決 のカギは? 滝 澤 三 郎 東 洋 英 和 女 学 院 大 学 大 学 院 客 員 教 授 国 連 UNHCR 協 会 理 事 長 1 始 めに 2015 年 の 難 民 と 難 民 申 請

More information

Microsoft Word - 2014-04 French Economy_JP_.doc

Microsoft Word - 2014-04 French Economy_JP_.doc 海 外 駐 在 情 報 BTMU Focus, London Akiko Darvell 44-20-7577-1591 akiko.darvell@uk.mufg.jp April 11, 2014 経 済 の 成 長 力 低 下 懸 念 について < 要 旨 > 欧 州 経 済 が 緩 慢 ながらも 持 ち 直 し 傾 向 を 辿 るなか 経 済 の 低 調 さが 懸 念 材 料 のひとつとなっている

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20455589C196BF82C98CFC82AF82BD93EC938C89A28F948D9182CC906992BB8FF38BB582C982C282A282C431302E30332E30382E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20455589C196BF82C98CFC82AF82BD93EC938C89A28F948D9182CC906992BB8FF38BB582C982C282A282C431302E30332E30382E646F63> EU 加 盟 に 向 けた 南 東 欧 諸 国 における 進 捗 状 況 について (0.0 0.0) 平 成 年 月 ( 株 ) 日 本 政 策 金 融 公 庫 国 際 協 力 銀 行 フランクフルト 事 務 所 しEUの 約 にEUと け009 し0 EEA ヵ は5 の. はじめに ベルリンの (ヵ 推 計 国 同 壁 時 崩 加 壊 盟 周 年 ユーロ 導 入 年 周 年 また の 中 人

More information

21 北 朝 鮮 22 台 湾 23 大 韓 民 国 24 香 港 特 別 行 政 区 25 中 華 人 民 共 和 国 26 アイスランド 共 和 国 27 アイルランド 28 アルバニア 共 和 国 29 アンドラ 公 国 (フランス) 30 イタリア 共 和 国 31 オランダ 王 国 32

21 北 朝 鮮 22 台 湾 23 大 韓 民 国 24 香 港 特 別 行 政 区 25 中 華 人 民 共 和 国 26 アイスランド 共 和 国 27 アイルランド 28 アルバニア 共 和 国 29 アンドラ 公 国 (フランス) 30 イタリア 共 和 国 31 オランダ 王 国 32 日 本 国 籍 の 観 光 査 証 渡 航 認 証 要 否 旅 券 の 残 存 期 間 ご 注 意! 渡 航 される 場 合 は 必 ず 関 係 諸 機 関 へお 問 い 合 わせいただき その 時 点 の 最 新 情 報 を 入 手 してください 弊 社 では 下 記 情 報 に 起 因 する 一 切 の 責 任 を 負 いかねます 事 をあらかじめご 承 知 おきください 2013 年 9 月

More information

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で みずほインサイト 政 策 2015 年 12 月 18 日 COP21 がパリ 協 定 を 採 択 地 球 温 暖 化 抑 止 に 向 けた 今 後 の 課 題 政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 堀 千 珠 03-3591-1304 chizu.hori@mizuho-ri.co.jp 2015 年 11 月 末 からフランスで 開 催 された 気 候 変 動 枠 組 条 約 第 21 回 締

More information

(発出)【rapid alert】「医薬品・医療機器等の回収について」の一部改正について

(発出)【rapid alert】「医薬品・医療機器等の回収について」の一部改正について 薬 食 発 0701 第 2 号 平 成 26 年 7 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 医 薬 食 品 局 長 ( 公 印 省 略 ) 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 回 収 について の 一 部 改 正 について 医 薬 品 医 薬 部 外 品 化 粧 品 又 は 医 療 機 器 ( 以 下 医 薬 品 医 療 機 器 等 と いう )の 回 収 については 薬

More information

の 少 ない 労 働 者 の 比 率 が 次 第 に 大 きくなってきている 図 表 3-1 週 平 均 労 働 時 間 の 分 布 (1990 年 ~2005 年 ) ( 単 位 :%) EU12:ベルギー フランス オランダ イタリア ルクセンブルク 西 ドイツ デンマーク アイルランド イギリ

の 少 ない 労 働 者 の 比 率 が 次 第 に 大 きくなってきている 図 表 3-1 週 平 均 労 働 時 間 の 分 布 (1990 年 ~2005 年 ) ( 単 位 :%) EU12:ベルギー フランス オランダ イタリア ルクセンブルク 西 ドイツ デンマーク アイルランド イギリ 付 属 資 料 欧 州 における 労 働 時 間 とワーク ライフ バランスの 実 態 欧 州 労 働 条 件 調 査 から 欧 州 は 拡 大 を 続 けており 域 内 における 労 働 生 活 条 件 の 水 準 の 格 差 もまた 明 らかに 拡 大 し 続 けている 欧 州 レベルで 生 産 性 を 向 上 させ 雇 用 を 拡 大 し 労 働 の 質 を 改 善 しようとす る 政 策 立

More information

スライド 1

スライド 1 摂 南 大 学 講 演 会 資 料 テーマ 税 の 役 割 と 税 務 署 の 仕 事 平 成 24 年 6 月 27 日 枚 方 税 務 署 税 の 役 割 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ 財 政 の 現 状 社 会 資 本 整 備 と 公 共 サービスの 費 用 教 育 費 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ ~ 支 え 合 いにより 成 り 立 っている 社 会 ~ 公

More information

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業 厚 生 労 働 科 学 研 究 推 進 事 業 新 型 インフルエンザ 等 新 興 再 興 感 染 症 研 究 推 進 事 業 公 募 申 込 の 手 引 き Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 公 益 社 団 法 人 国 際 厚 生 事 業 団 目 次 Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 第 1. 事 業 の 目 的 1 第 2. 対 象 となる 日

More information

人 6 年 が11 人 平 成 27 年 が 統 計 を 有 している3 月 末 日 時 点 で2 人 である 申 請 数 と 認 定 数 認 定 率 の 推 移 6 5 4 3 2 1 25 26 27 28 29 21 211 212 213 214 215 年 3 月 申 請 数 ( 人 )

人 6 年 が11 人 平 成 27 年 が 統 計 を 有 している3 月 末 日 時 点 で2 人 である 申 請 数 と 認 定 数 認 定 率 の 推 移 6 5 4 3 2 1 25 26 27 28 29 21 211 212 213 214 215 年 3 月 申 請 数 ( 人 ) 人 第 189 回 国 会 質 問 第 233 号 参 議 院 議 員 石 橋 通 宏 議 員 我 が 国 における 難 民 認 定 の 状 況 に 関 す る 質 問 主 意 書 (215 年 8 月 1 日 ) 答 弁 書 第 233 号 参 議 院 議 員 石 橋 通 宏 君 提 出 我 が 国 における 難 民 認 定 の 状 況 に 関 する 質 問 に 対 する 答 弁 書 (215 年

More information

Microsoft Word - レポートフォーマット1

Microsoft Word - レポートフォーマット1 NYマーケットレポート(2015 年 3 月 13 日 ) NY 市 場 では 序 盤 に 発 表 された 米 生 産 者 物 価 指 数 が 予 想 外 の 悪 化 となり 4ヵ 月 連 続 のマイナスとなったことや ミシガン 大 学 消 費 者 信 頼 感 指 数 が 昨 年 11 月 以 来 4ヵ 月 ぶりの 低 水 準 となったことを 受 けて 米 経 済 に 対 する 楽 観 的 な 見

More information

(3) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 出 張 中 に 退 職 等 となった 場 合 ( 当 該 退 職 等 に 伴 う 旅 行 を 必 要 としない 場 合 を 除 く )には 当 該 役 職 員 (4) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 旅 行 中 に 死 亡 した 場 合 に

(3) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 出 張 中 に 退 職 等 となった 場 合 ( 当 該 退 職 等 に 伴 う 旅 行 を 必 要 としない 場 合 を 除 く )には 当 該 役 職 員 (4) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 旅 行 中 に 死 亡 した 場 合 に 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 旅 費 規 程 平 成 13 年 4 月 1 日 規 程 第 9 号 平 成 18 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国

More information

旅費規程改正案(2012.4.1~)

旅費規程改正案(2012.4.1~) 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 旅 費 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 43 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 13 条 ) 第 2 章 内 国 旅 行 の 旅 費 ( 第 14 条 - 第 26 条 ) 第 3 章 外 国 旅 行 の 旅 費 ( 第 27 条 - 第 34 条 ) 第 4

More information

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 序 章 2015 年 の 東 アジア - 厳 しさを 増 す 戦 略 環 境 - 1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 上 に シリア 領

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378> 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の 状 況 に 関 する 年 次 報 告 書 平 成 28 年 8 月 経 済 産 業 省 防 衛 装 備 移 転 三 原 則 の 運 用 指 針 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 以 下 運 用 指 針 という )5.(1)により 経 済 産 業 省 は 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の

More information

明 治 大 学 2/5, 全 学 部 統 一 経 営 国 際 日 本 商 情 報 コミュニケーション 政 治 経 済 農 (1) 第 二 次 世 界 大 戦 の 戦 場 となったヨーロッパの 戦 後 復 興 は, 新 たな 国 家 間 の 枠 組 みの 形 成 と 並 行 して 進 め

明 治 大 学 2/5, 全 学 部 統 一 経 営 国 際 日 本 商 情 報 コミュニケーション 政 治 経 済 農 (1) 第 二 次 世 界 大 戦 の 戦 場 となったヨーロッパの 戦 後 復 興 は, 新 たな 国 家 間 の 枠 組 みの 形 成 と 並 行 して 進 め 1 2010 学 習 院 大 学 2/7 文 問 1 下 図 の 空 欄 1~3に 適 する 国 際 経 済 組 織 名 をアルファベットを 用 いた 略 称 で 答 えなさい また, 空 欄 4 ~8に 適 する 加 盟 国 名 を 答 えなさい 解 答 用 紙 記 述 問 2 EEC に 対 抗 して 発 足 し た EFTA の 現 在 の 加 盟 国 は, 設 立 当 時 と 大 きく 異

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323132303381798267826F9770817A874094AD955C8E9197BF8169955C8E86816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323132303381798267826F9770817A874094AD955C8E9197BF8169955C8E86816A> 国 際 数 学 理 科 教 育 動 向 調 査 の 2011 年 調 査 (T I M S S 2 0 1 1) 国 際 調 査 結 果 報 告 ( 概 要 ) 国 際 数 学 理 科 教 育 動 向 調 査 の 2011 年 調 査 (TIMSS2011) 国 際 調 査 結 果 報 告 ( 概 要 ) 平 成 24 年 12 月 Ⅰ 調 査 の 概 要 -----------------------------------------------------------

More information

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書 1 1 21 22 23 2 2 2 2 2 2 30 31 32 33 3 3 3 3 3 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 別 紙 様 式 第 三 十 三 財 務 大 臣 殿 ( 日 本 銀 行 経 由 ) 責 任 者 氏 名 担 当 者 の 氏 名 電 話 番 号 短 期 債 権 国 ( 地 域 ) 別 ミャンマー 中 国 香

More information

区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) ( 原 則 ) *ただし 建 設 の 場 合 年 金 健 康 におい ては 日 雇 勤 労 者 は 現 場 別 に 適 用 するの が 原 則 例 外 当 然 一 括 適 用 分

区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) ( 原 則 ) *ただし 建 設 の 場 合 年 金 健 康 におい ては 日 雇 勤 労 者 は 現 場 別 に 適 用 するの が 原 則 例 外 当 然 一 括 適 用 分 Ⅳ 社 会 保 険 社 会 保 険 とは 国 民 に 発 生 する 社 会 的 危 険 を 保 険 方 式 により 対 処 することで 国 民 の 健 康 及 び 所 得 を 保 障 する 制 度 を 意 味 する( 社 会 保 障 基 本 法 第 3 条 第 2 項 ) 同 制 度 は 国 家 及 び 社 会 が 責 任 を 持 って 国 民 生 活 を 脅 かす 様 々な 生 活 上 の 危 険

More information

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 23 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 22 年 度 調 査 により 把

More information

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418 制 定 平 成 22 年 10 月 1 日 改 訂 平 成 25 年 4 月 18 日 JAHIS 規 程 5010 号 海 外 旅 費 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 会 員 会 社 に 所 属 する 者 一 般 社 団 法 人 保 健 医 療 福 祉 情 報 システム 工 業 会 ( 以 下 本 会 という)への 出 向 者 本 会 が 雇 用 した 職 員 および 業

More information

[2] 労 働 保 険 海 外 派 遣 の 場 合 雇 用 保 険 は 日 本 の 会 社 との 雇 用 契 約 が 継 続 している 場 合 には 被 保 険 者 資 格 は 継 続 します 一 方 労 災 保 険 は 属 地 主 義 のため 原 則 として 国 内 の 労 災 保 険 が 適 用

[2] 労 働 保 険 海 外 派 遣 の 場 合 雇 用 保 険 は 日 本 の 会 社 との 雇 用 契 約 が 継 続 している 場 合 には 被 保 険 者 資 格 は 継 続 します 一 方 労 災 保 険 は 属 地 主 義 のため 原 則 として 国 内 の 労 災 保 険 が 適 用 営 ViewPoint 相 談 海 外 派 遣 に 伴 う 社 会 保 険 労 働 保 険 の 取 扱 いの 留 意 点 松 田 由 員 部 東 京 室 市 本 進 治 部 大 阪 室 ビジネスの 国 際 化 が 益 々 進 展 する 経 営 環 境 のなか 中 小 中 堅 企 業 においても 社 員 を 海 外 派 遣 する 機 会 が 増 加 しています そこで 今 回 は 従 業 員 の 海

More information

スリランカの 主 権 独 立 統 一 および 領 土 保 全 に 対 する 理 事 会 の 公 約 を 再 確 認 し 各 国 の 全 住 民 のあらゆる 人 権 および 基 本 的 自 由 の 完 全 な 享 受 を 確 保 することは 各 国 の 責 任 で あることもまた 再 確 認 し テロ

スリランカの 主 権 独 立 統 一 および 領 土 保 全 に 対 する 理 事 会 の 公 約 を 再 確 認 し 各 国 の 全 住 民 のあらゆる 人 権 および 基 本 的 自 由 の 完 全 な 享 受 を 確 保 することは 各 国 の 責 任 で あることもまた 再 確 認 し テロ 総 会 A/HRC/RES/25/1 配 布 : 一 般 2014 年 4 月 9 日 原 文 : 英 語 人 権 理 事 会 第 25 会 期 議 事 日 程 議 題 2 国 際 連 合 人 権 高 等 弁 務 官 年 次 報 告 書 および 高 等 弁 務 官 事 務 所 並 びに 事 務 総 長 報 告 書 人 権 理 事 会 により 採 択 された 決 議 25/1. スリランカにおける 和

More information

JAP - viza OBÁLKA – 2013 - ŘÍJEN.indd

JAP - viza OBÁLKA – 2013 - ŘÍJEN.indd 投 資 家 向 け 情 報 チェコ 共 和 国 における 外 国 投 資 家 向 けの 就 労 及 び 自 営 業 を 行 うための ビザ 労 働 許 可 証 滞 在 許 可 証 CzechRepublic チェコ 共 和 国 における 外 国 投 資 家 向 けの 就 労 及 び 自 営 業 を 行 うためのビザ 労 働 許 可 証 滞 在 許 可 証 本 資 料 作 成 に 当 たり チェコの

More information

Microsoft Word - 本編2-3.doc

Microsoft Word - 本編2-3.doc 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 19 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 18 年 度 調 査 により 把

More information

Microsoft PowerPoint - 150302上村局長講演用資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 150302上村局長講演用資料.pptx 最 近 の 中 東 情 勢 について 外 務 省 中 東 アフリカ 局 長 上 村 司 中 東 北 アフリカ 情 勢 平 成 26 年 8 月 中 東 アフリカ 局 中 東 地 域 の 特 質 と 重 要 性 (1) 異 なる 帰 属 意 識 ( 宗 教 宗 派 民 族 )の 混 在 と 人 為 的 国 境 線 により 国 家 統 治 が 脆 弱 (2)5つの 主 要 勢 力 (サウジ(GCC),エジプト,イラン,イスラエル,トルコ)が

More information

内 政 国 会 総 選 挙 の 結 果 (5 日 ) 与 党 Smerは 第 1 党 となったものの 議 席 数 は49で 選 挙 前 の83から 大 幅 減 となった 事 前 調 査 では5% 前 後 の 支 持 率 であったSaSが 約 12%の 得 票 で 第 2 党 となった また 事 前

内 政 国 会 総 選 挙 の 結 果 (5 日 ) 与 党 Smerは 第 1 党 となったものの 議 席 数 は49で 選 挙 前 の83から 大 幅 減 となった 事 前 調 査 では5% 前 後 の 支 持 率 であったSaSが 約 12%の 得 票 で 第 2 党 となった また 事 前 在 スロバキア 日 本 国 大 使 館 政 治 経 済 月 報 ( 年 3 月 ) 目 次 内 政 国 会 総 選 挙 の 結 果 2 連 立 交 渉 の 動 向 2 第 3 次 フィツォ 政 権 の 成 立 2 外 政 スロバキア スイス 外 相 会 談 3 ノルド ストリーム2 への 異 議 申 し 立 て 3 ライチャーク 外 相 のエジプト 訪 問 3 社 会 スロバキアの 物 価 3 経

More information

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 平 成 22 年 (2010 年 ) 外 国 貿 易 年 表 長 崎 税 関 凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 月 まで)を 含 む )

More information

危機にある世界遺産

危機にある世界遺産 人 間 開 発 指 標 (HDI) 高 0.8 中 ベネズエラ エクアドル アセ ルハ イシ ャン イラン アルジェリア カンボジア パキスタン ネパール 0.5 イエメン ウガンダ ギニア コートジボアール コンゴ 民 主 エチオピア ニジェール 低 中 央 アフリカ ポーランド クロアチア アルバニア ブルガリア ブラジル オーマン ペルー ヨルダン チュニジア フィリピン エジプト ホンジュラス

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378> 経 済 産 業 省 20140304 貿 局 第 4 号 輸 出 注 意 事 項 26 第 6 号 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 包 括 承 認 取 扱 要 領 を 次 のとおり 制 定 する 平 成 26 年 3 月 14 日 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 長 横 尾 英 博 包 括 承 認 取 扱 要 領 の 制 定 について 包 括 承 認 取 扱 要 領

More information

第 1の 不 安 は 雇 用 に 関 するものだ 欧 州 委 員 会 の 調 査 によると 雇 用 不 安 を 背 景 に ドイツの 消 費 者 マインドが 弱 含 んでいる( 図 表 1) 雇 用 環 境 が 良 好 なドイツでなぜ 雇 用 不 安 が 生 じるのか この 点 に 関 する 調 査

第 1の 不 安 は 雇 用 に 関 するものだ 欧 州 委 員 会 の 調 査 によると 雇 用 不 安 を 背 景 に ドイツの 消 費 者 マインドが 弱 含 んでいる( 図 表 1) 雇 用 環 境 が 良 好 なドイツでなぜ 雇 用 不 安 が 生 じるのか この 点 に 関 する 調 査 みずほインサイト 欧 州 2016 年 3 月 1 日 過 去 最 多 の 難 民 に 苦 慮 するドイツ 難 民 流 入 を 抑 制 すべくトルコ 頼 みの 様 相 が 鮮 明 に 欧 米 調 査 部 主 任 エコノミスト 松 本 惇 03-3591-1199 atsushi.matsumoto@mizuho-ri.co.jp 難 民 を 積 極 的 に 受 け 入 れようとするドイツ 政 府 に

More information

(ホームページ掲載用原稿)

(ホームページ掲載用原稿) 米 国 の 新 政 権 の 通 商 政 策 に 関 する 調 査 研 究 第 Ⅰ 報 告 市 場 の 上 向 き 傾 向 の 継 続 12 月 上 旬 機 関 投 資 家 やアセットマネージャーは 年 末 をネガティブな 打 撃 に 見 舞 わ れずに 迎 えることばかりを 考 えているように 見 える 彼 らの 関 心 は 主 に その 年 の 利 益 を 計 上 することと 賞 与 を 確 保

More information

1 諸 外 国 における 第 三 国 定 住 難 民 受 入 れ 状 況 (1) 受 入 れ 数 世 界 全 体 で 難 民 問 題 解 決 のために 第 三 国 定 住 が 必 要 と 考 えられる 難 民 は,UNHCRによると, 平 成 24 年 には 約 17 万 2 千 人 に 上 るとさ

1 諸 外 国 における 第 三 国 定 住 難 民 受 入 れ 状 況 (1) 受 入 れ 数 世 界 全 体 で 難 民 問 題 解 決 のために 第 三 国 定 住 が 必 要 と 考 えられる 難 民 は,UNHCRによると, 平 成 24 年 には 約 17 万 2 千 人 に 上 るとさ 諸 外 国 における 第 三 国 定 住 による 難 民 の 受 入 れの 概 要 平 成 24 年 6 月 19 日 1 1 諸 外 国 における 第 三 国 定 住 難 民 受 入 れ 状 況 (1) 受 入 れ 数 世 界 全 体 で 難 民 問 題 解 決 のために 第 三 国 定 住 が 必 要 と 考 えられる 難 民 は,UNHCRによると, 平 成 24 年 には 約 17 万 2

More information

( 東 京 都 の 特 別 区 にあっては 特 別 区 の 存 する 地 域 )をいい 外 国 にあってはこれに 準 ずる 地 域 をいうものとする ただし 本 邦 において 在 勤 地 という 場 合 には 在 勤 事 務 所 (バイオテクノロジーセンター( 木 更 津 市 )を 除 く)から8キ

( 東 京 都 の 特 別 区 にあっては 特 別 区 の 存 する 地 域 )をいい 外 国 にあってはこれに 準 ずる 地 域 をいうものとする ただし 本 邦 において 在 勤 地 という 場 合 には 在 勤 事 務 所 (バイオテクノロジーセンター( 木 更 津 市 )を 除 く)から8キ 独 立 行 政 法 人 製 品 評 価 技 術 基 盤 機 構 出 張 旅 費 支 給 規 程 制 定 平 成 13 年 4 月 1 日 最 終 改 正 平 成 28 年 1 月 1 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 製 品 評 価 技 術 基 盤 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 役 員 及 び 職 員 ( 派 遣 労 働 者 を

More information

持 しているものをいう (8) 遺 族 とは 職 員 等 の 配 偶 者 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 並 びに 職 員 等 の 死 亡 当 時 職 員 等 と 生 計 を 一 にしていた 他 の 親 族 をいう 2 この 規 程 において 何 級 の 職 務 という 場 合

持 しているものをいう (8) 遺 族 とは 職 員 等 の 配 偶 者 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 並 びに 職 員 等 の 死 亡 当 時 職 員 等 と 生 計 を 一 にしていた 他 の 親 族 をいう 2 この 規 程 において 何 級 の 職 務 という 場 合 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 旅 費 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 26 年 12 月 24 日 平 成 27 年 3 月 26 日 平 成 28 年 3 月 23 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 (

More information

本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590

本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590 2004 年 10 月 22 日 発 行 来 港 中 国 人 旅 行 者 の 増 加 と 香 港 経 済 本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590 E-mail hiroshi.inagaki@mizuho-cb.com 活 気 を 取 り 戻 す 香 港 観 光 セクター 香 港

More information

産業トピックス

産業トピックス 平 成 2 年 (28 年 )9 月 12 日 ~オリンピック 後 難 度 を 増 す 政 策 運 営 ~ 1. 経 済 動 向 (1)オリンピック 後 の 景 気 後 退 回 避 策 中 国 では 未 だ 実 質 GDP が 二 桁 成 長 ながら 景 気 は 減 速 傾 向 にあり オ リンピックという 節 目 を 経 て 景 気 後 退 に 陥 るのではないかという 危 惧 が 広 がっている

More information

学校制度(学制)-諸外国との比較

学校制度(学制)-諸外国との比較 資 料 1 学 校 制 度 ( 学 制 )- 諸 外 国 との 比 較 再 生 実 行 会 議 平 成 25 年 11 月 26 日 ( 火 )17:45-19:15 官 邸 2 階 小 ホール あきら 二 宮 皓 比 治 山 大 学 比 治 山 大 学 短 期 大 学 部 学 長 二 宮 皓 @ 比 治 山 大 学 1 1 学 制 学 校 体 系 ( 学 校 段 階 の 区 分 接 続 及 び 学

More information

海外たばこ事業実績補足資料2015年1-12月期及び10-12月期

海外たばこ事業実績補足資料2015年1-12月期及び10-12月期 2016 年 2 月 4 日 日 本 たばこ 産 業 株 式 会 社 Japan Tobacco International (JTI) 海 外 たばこ 事 業 実 績 補 足 資 料 (2015 年 1-12 月 期 及 び 10-12 月 期 ) JTI GFB 好 調 とプライシングにより 二 桁 の 利 益 成 長 前 年 同 期 比 1-12 月 10-12 月 ( 億 本 百 万 ドル)

More information

JCER 世 界 50ヶ 国 潜 在 力 調 査 2006 年 ( 要 約 ) 別 紙 1-1 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 セ ン タ ー Japan Center for Economic Research 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 12 位 に 浮

JCER 世 界 50ヶ 国 潜 在 力 調 査 2006 年 ( 要 約 ) 別 紙 1-1 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 セ ン タ ー Japan Center for Economic Research 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 12 位 に 浮 都 市 力 について 考 えましょう H20.3.21 春 夏 秋 冬 本 音 クラブ 話 題 提 供 者 安 達 司 郎 あなたは 今 の 日 本 を 東 京 をどんな 街 にしたいですか 都 市 力 とは 将 来 に 向 かっての 都 市 の 競 争 力 や 社 会 資 本 の 充 実 度 その 都 市 の 多 様 な 魅 力 の 総 合 力 と 仮 定 します 1. 今 日 の 議 論 のポイント

More information

融 インフラ から 政 策 の 翼 を 担 う 港 港 は 世 界 最 のオフショア 元 市 場 を 持 つことから 世 界 の 融 センターとしての ち 位 置 があります オフショアとは 融 の 世 界 においては 規 制 が 非 常 に 少 なく 国 外 からの 所 得 に 対 して 所 得

融 インフラ から 政 策 の 翼 を 担 う 港 港 は 世 界 最 のオフショア 元 市 場 を 持 つことから 世 界 の 融 センターとしての ち 位 置 があります オフショアとは 融 の 世 界 においては 規 制 が 非 常 に 少 なく 国 外 からの 所 得 に 対 して 所 得 ハーベスト グローバル インベストメント リミテッド 提 供 の 情 報 に 基 づき SBIアセットマネジメントが 作 成 帯 路 政 策 の 窓 となる 港 2016 年 7 月 吉 日 サミットの 様 子 2016 年 5 が 提 唱 する 帯 路 構 想 に 関 するサミットが 港 特 別 政 区 政 府 主 導 で 開 催 され 全 代 委 員 をはじ め 政 策 の 恩 恵 を 受 ける

More information

平成26年度日本留学試験結果の概要(第2回)

平成26年度日本留学試験結果の概要(第2回) 平 成 6 年 度 日 本 留 学 試 験 ( 第 回 ) 実 施 結 果 の 概 要 目 次 平 成 6 年 度 (04 年 度 ) 日 本 留 学 試 験 実 施 要 項 実 施 状 況 3 科 目 別 平 均 点 等 一 覧 7 得 点 分 布 図 8 得 点 累 積 分 布 図 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 平 成 6 年 度 (04 年 度 ) 日 本 留 学 試

More information

海賊対策の強化に向けた提言

海賊対策の強化に向けた提言 海 賊 対 策 の 強 化 に 向 けた 提 言 2011 年 10 月 18 日 ( 社 ) 日 本 経 済 団 体 連 合 会 ソマリア 沖 アデン 湾 はアジアと 欧 州 を 結 ぶ 海 上 輸 送 の 要 衝 であり 同 海 域 に 出 没 する 海 賊 問 題 への 対 応 は 世 界 各 国 の 海 上 輸 送 の 安 全 の 確 保 にとって 重 要 な 鍵 である そこで NATO(

More information

第 3 節 新 たな 国 際 分 業 と 日 本 経 済 第 3-3 - 20 図 日 米 欧 の 収 益 性 と 総 資 本 回 転 率 米 欧 に 比 日 本 収 益 率 (1)( 総 資 産 益 率 ) (2)( 資 本 益 率 ) 第 (3) 上 益 率 (4) 総 資 本 回 転 率 3

第 3 節 新 たな 国 際 分 業 と 日 本 経 済 第 3-3 - 20 図 日 米 欧 の 収 益 性 と 総 資 本 回 転 率 米 欧 に 比 日 本 収 益 率 (1)( 総 資 産 益 率 ) (2)( 資 本 益 率 ) 第 (3) 上 益 率 (4) 総 資 本 回 転 率 3 第 3 章 3 日 本 経 済 の 競 争 力 一 国 経 済 の 競 争 力 というのは 曖 昧 な 概 念 であるが ここでは そこに 立 地 する 企 業 が 成 長 できるような 環 境 を 提 供 する 力 であると 考 えてみよう そうした 定 義 の 下 では 競 争 力 のある 国 の 企 業 は 高 い 収 益 を 上 げているはずであり また 海 外 から 多 くの 直 接 投

More information

日 本 の 成 人 の 読 解 力 と 数 的 思 考 力 は 参 加 中 1 位 となった 日 本 の 成 人 の IT を 活 用 した 問 題 解 決 能 力 は 平 均 並 みだった 日 本 は 成 人 力 調 査 の 読 解 力 が 上 位 3 レベルとなった 生 産 年 齢 (16~65

日 本 の 成 人 の 読 解 力 と 数 的 思 考 力 は 参 加 中 1 位 となった 日 本 の 成 人 の IT を 活 用 した 問 題 解 決 能 力 は 平 均 並 みだった 日 本 は 成 人 力 調 査 の 読 解 力 が 上 位 3 レベルとなった 生 産 年 齢 (16~65 日 本 主 な 問 題 点 日 本 の 成 人 の 読 解 力 と 数 的 思 考 力 の 習 熟 度 は 参 加 国 中 1 位 となった 日 本 の 成 人 の IT を 活 用 した 問 題 解 決 能 力 は 平 均 並 みであった 日 本 では 若 年 層 の 成 人 の 得 点 が この 分 野 で 平 均 以 下 であった 日 本 の 成 人 の 情 報 処 理 能 力 の 習 熟 度

More information

Microsoft Word - 141120 回収通知(局長修正・最終版)【溶け込み】

Microsoft Word - 141120 回収通知(局長修正・最終版)【溶け込み】 薬 食 発 1 1 2 1 第 1 0 号 平 成 26 年 11 月 21 日 都 道 府 県 知 事 各 保 健 所 設 置 市 長 殿 特 別 区 長 厚 生 労 働 省 医 薬 食 品 局 長 ( 公 印 省 略 ) 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 回 収 について これまで 医 薬 品 医 薬 部 外 品 化 粧 品 及 び 医 療 機 器 の 回 収 については 回 収 に 着 手

More information

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

( 表 D3.1) しかし 日 本 の 初 等 中 等 教 育 の 教 員 の 初 任 給 は 25 454 米 ドルと OECD 平 均 ( 初 等 教 育 28 523 米 ドル 前 期 中 等 教 育 29 801 米 ドル 後 期 中 等 教 育 30 899 米 ドル)を 下 回 っており

( 表 D3.1) しかし 日 本 の 初 等 中 等 教 育 の 教 員 の 初 任 給 は 25 454 米 ドルと OECD 平 均 ( 初 等 教 育 28 523 米 ドル 前 期 中 等 教 育 29 801 米 ドル 後 期 中 等 教 育 30 899 米 ドル)を 下 回 っており カントリーノート 図 表 でみる 教 育 :OECDインディケータ 2012 報 道 解 禁 :9 月 11 日 午 前 11 時 (パリ 時 間 ) 日 本 お 問 い 合 わせ 先 : Andreas Schleicher, Advisor to the Secretary-General on Education Policy, Deputy Director for Education Email:

More information

られているということが 含 まれます 9 月 から 続 く 大 方 遵 守 されている 停 戦 重 火 器 小 火 器 の 撤 去 の 開 始 分 離 派 支 配 地 域 での 選 挙 実 施 の 撤 回 ないしは 選 挙 日 の 延 期 は 私 が 2 月 に ミンスク 合 意 が 調 印 された

られているということが 含 まれます 9 月 から 続 く 大 方 遵 守 されている 停 戦 重 火 器 小 火 器 の 撤 去 の 開 始 分 離 派 支 配 地 域 での 選 挙 実 施 の 撤 回 ないしは 選 挙 日 の 延 期 は 私 が 2 月 に ミンスク 合 意 が 調 印 された 翻 訳 ブ リュッセ ル 欧 州 理 事 会 ( 2 0 1 5 年 1 0 月 1 5,1 6 日 )に 向 け ての 1 連 邦 首 相 アンゲラ メルケル 博 士 のドイツ 連 邦 議 会 での 政 府 演 説 齋 藤 義 彦 訳 議 長 親 愛 なる 同 僚 議 員 の 皆 様 ご 臨 席 の 皆 様 欧 州 の 結 束 はローマ 条 約 調 印 58 年 後 でも 自 明 のことではありません

More information

2.ドバイ ショック 発 生 の 背 景 ドバイ ショックはそもそもバブルとも 言 われる 不 動 産 開 発 をドバイが 進 め てきたことに 原 因 がある ドバイは 原 油 がほとんど 産 出 されず このため 石 油 に 依 存 しない 経 済 開 発 を 余 儀 なくされ 地 理 的 な

2.ドバイ ショック 発 生 の 背 景 ドバイ ショックはそもそもバブルとも 言 われる 不 動 産 開 発 をドバイが 進 め てきたことに 原 因 がある ドバイは 原 油 がほとんど 産 出 されず このため 石 油 に 依 存 しない 経 済 開 発 を 余 儀 なくされ 地 理 的 な 2009.12.4 (No.21, 2009) Newsletter Institute for International Monetary Affairs ( 財 ) 国 際 通 貨 研 究 所 ドバイ ショックの 背 景 と 今 後 ( 財 ) 国 際 通 貨 研 究 所 開 発 経 済 調 査 部 主 任 研 究 員 糠 谷 英 輝 nukaya@iima.or.jp 1.ドバイ ショックの

More information

NRIメディアフォーラム:中国人訪日旅行者の実態とニーズ①

NRIメディアフォーラム:中国人訪日旅行者の実態とニーズ① 第 228 回 メディア フォーラム 中 国 人 訪 日 旅 行 者 の 実 態 とニーズ1 - 統 計 等 からみた 概 況 - 2015 年 10 月 29 日 株 式 会 社 野 村 総 合 研 究 所 社 会 システムコンサルティング 部 産 業 インフラグループ グループマネージャー 岡 村 篤 100-0005 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 1-6-5 丸 の 内 北 口 ビル

More information

2 目 次 1. 輸 出 管 理 の 必 要 性 2. 日 本 の 輸 出 管 理 制 度 (1) 制 度 の 概 要 (2)リスト 規 制 (3)キャッチオール 規 制 (4) 包 括 許 可 (5) 違 反 に 対 する 罰 則

2 目 次 1. 輸 出 管 理 の 必 要 性 2. 日 本 の 輸 出 管 理 制 度 (1) 制 度 の 概 要 (2)リスト 規 制 (3)キャッチオール 規 制 (4) 包 括 許 可 (5) 違 反 に 対 する 罰 則 日 本 の 輸 出 管 理 制 度 の 概 要 2015 年 11 月 経 済 産 業 省 貿 易 管 理 部 安 全 保 障 貿 易 国 際 室 2 目 次 1. 輸 出 管 理 の 必 要 性 2. 日 本 の 輸 出 管 理 制 度 (1) 制 度 の 概 要 (2)リスト 規 制 (3)キャッチオール 規 制 (4) 包 括 許 可 (5) 違 反 に 対 する 罰 則 1. 輸 出 管 理

More information

(RS - 8 2 9 ) 禁 複 製 総 選 挙 直 前 ドイツのいまを 読 む 3 1 年 前 倒 しとなった 総 選 挙 ドイツの 現 状 を 探 る 本 来 なら 来 年 の 予 定 だったドイツの 総 選 挙 が 今 年 9 月 18 日 に 実 施 の 予 定 だ 与 党 の 人 気 が 低 迷 地 方 選 挙 で 敗 北 続 きとなり シュレーダー 首 相 が 議 会 の 解 散 総

More information

大 学 専 門 校 等 卒 業 後 の 在 留 資 格 の 切 り 替 えのルールと 手 続 き 資 料 1: 在 留 資 格 一 覧 表 資 料 2: 平 成 26 年 における 留 学 生 の 日 本 企 業 等 への 就 職 状 況 について 資 料 3: 技 術 人 文 知 識 国 際 業 務 の 在 留 資 格 の 明 確 化 等 について 資 料 4: 就 労 資 格 の 在 留 諸 申

More information

H1

H1 The Magazine of Fukui International Association GNTB.Cowin,Andrew GNTB.Mainau GmbH GNTB.Cowin,Andrew Vol.81 2015.11 ドイツ 福井県とドイツには 昔からのつながりがあることをご存知ですか?福井県では 国際青年の翼 船 昭和51年 平成15年 や国際婦人の船 昭和60年 平成2年 により

More information

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し) 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 Ⅰ. 防 衛 協 力 と 指 針 の 目 的 平 時 から 緊 急 事 態 までのいかなる 状 況 においても 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 確 保 するため また アジア 太 平 洋 地 域 及 びこれを 越 えた 地 域 が 安 定 し 平 和 で 繁 栄 したものとなるよう 日 米 両 国 間 の 安 全 保

More information

はじめに 本 報 告 書 は 2012 年 に 実 施 された OECD( 経 済 協 力 開 発 機 構 ) 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 (PISA: Programme for International Student Assessment)のうち 国 際 オプ ションとして 実 施 された 問 題 解 決 能 力 の 国 際 調 査 結 果 を 基 に 日 本 にとって 特 に

More information

平 成 の 全 国 の 税 関 における 関 税 法 違 反 事 件 の 取 締 り 状 況. 不 正 薬 物 等 不 正 薬 物 全 体 の 押 収 量 は 約 5kg( 前 比 8% 減 )と 連 続 で 減 少 したものの 5 連 続 で 5kg を 超 えた また 指 定 薬 物 が 関 税

平 成 の 全 国 の 税 関 における 関 税 法 違 反 事 件 の 取 締 り 状 況. 不 正 薬 物 等 不 正 薬 物 全 体 の 押 収 量 は 約 5kg( 前 比 8% 減 )と 連 続 で 減 少 したものの 5 連 続 で 5kg を 超 えた また 指 定 薬 物 が 関 税 平 成 8 月 日 財 務 省 財 務 省 は 平 成 の 間 に 全 国 の 税 関 が 空 港 や 港 湾 等 において 不 正 薬 物 の 密 輸 入 その 他 の 関 税 法 違 反 事 件 を 取 り 締 まった 実 績 をまとめましたのでお 知 らせします. 不 正 薬 物 等 報 道 発 表 指 定 薬 物 の 輸 入 してはならない 貨 物 への 追 加 に 伴 い 摘 発 件 数

More information

目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV ファイルの

目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV ファイルの (28.3) ハローワークシステム 外 国 人 雇 用 状 況 届 出 雇 用 情 報 複 数 登 録 手 順 書 目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV

More information

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 概 要 ) Ⅰ 策 定 の 趣 旨 今 後 の 我 が 国 の 防 衛 の 在 り 方 について 国 家 安 全 保 障 戦 略 (NSS) を 踏 まえ 新 たな 指 針 を 示 す Ⅱ 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 グローバルな 安 全 保 障 環 境 国 家 間 の 相 互 依 存 関 係 が

More information

資 料 6 第 6 期 第 3 回 福 岡 市 男 女 共 同 参 画 審 議 会 ( 平 成 27 年 7 月 6 日 ) 男 女 共 同 参 画 に 関 するデータ 集 目 次 項 目 ページ 1 福 岡 市 の 人 口 推 移 と 推 計 人 口 (1985 年 ~2040 年 ) 1 2 福 岡 市 の 人 口 推 計 人 口 における 年 齢 構 造 の 変 化 (1985 年 ~2040

More information

Copyright 2002-2003 SATO International All rights reserved. http://www.satoworldwide.com/ This software is based in part on the work of the Independen

Copyright 2002-2003 SATO International All rights reserved. http://www.satoworldwide.com/ This software is based in part on the work of the Independen SATO Label Gallery SATO International Pte Ltd Version : BSI-021227-01 Copyright 2002-2003 SATO International All rights reserved. http://www.satoworldwide.com/ This software is based in part on the work

More information

210X297

210X297 Education at a Glance: OECD Indicators - 2004 Edition Summary in Japanese 図 表 でみる 教 育 OECD インディケータ(2004 年 版 ) まとめ 経 済 状 況 や 社 会 情 勢 の 変 化 に 伴 い 個 人 の 成 功 や 国 家 の 繁 栄 に 果 たす 教 育 の 役 割 はますます 重 要 になってきている

More information

(BIMCO/ISF Manpower 2010 Update 及 び 各 国 当 局 ヒアリングに 基 づき 作 成 ) 邦 船 社 もこれら 3 か 国 の 船 員 を 船 舶 職 員 として 採 用 している 2015 年 2 月 1 日 時 点 で ブルガリア 人 船 員 355 名 クロア

(BIMCO/ISF Manpower 2010 Update 及 び 各 国 当 局 ヒアリングに 基 づき 作 成 ) 邦 船 社 もこれら 3 か 国 の 船 員 を 船 舶 職 員 として 採 用 している 2015 年 2 月 1 日 時 点 で ブルガリア 人 船 員 355 名 クロア ブルガリア クロアチア ルーマニアの 船 員 教 育 海 技 資 格 制 度 掲 載 誌 掲 載 年 月 : 船 長 第 132 号 201503 日 本 海 事 センター 企 画 研 究 部 研 究 員 野 村 摂 雄 1.はじめに ブルガリア クロアチア 及 びルーマニアは バルカン 1 船 員 マーケット の 一 部 として EU/EEA 域 内 ではポーランドとともに 船 員 供 給 国 として

More information

デンマーク 住 民 登 録 番 号 10 桁 1968 年 税 務 年 金 住 民 登 録 選 挙 兵 役 諸 統 計 教 育 等 韓 国 住 民 登 録 番 号 13 桁 1968 年 税 務 社 会 保 険, 年 金 住 民 登 録 選 挙 兵 役 教 育 等 スウエーデン 住 民 登 録 番

デンマーク 住 民 登 録 番 号 10 桁 1968 年 税 務 年 金 住 民 登 録 選 挙 兵 役 諸 統 計 教 育 等 韓 国 住 民 登 録 番 号 13 桁 1968 年 税 務 社 会 保 険, 年 金 住 民 登 録 選 挙 兵 役 教 育 等 スウエーデン 住 民 登 録 番 マイナンバー 制 度 と その 対 策 と 対 応 評 議 員 経 営 労 務 コンサルタント 部 部 長 大 阪 兵 庫 支 部 長 靱 隆 幸 マイナンバーは 国 内 に 住 所 のある 人 に 割 り 当 てられる12 桁 の 番 号 です 制 度 の 開 始 にあたり 個 人 も 企 業 も 準 備 が 要 ります 各 世 帯 には10 月 に 入 るとマイナンバーを 記 載 した 通 知

More information

取扱説明書[SH705iⅡ]

取扱説明書[SH705iⅡ] 海 国 際 ローミング(WORLD WING)の 概 要...................... 378 海 で できるサービスについて......................... 378 海 でご になる 前 の 確 認............................... 379 滞 在 先 で 電 話 をかける.....................................

More information

IMF理事会、対日4条協議を完了; プレスリリースNo. 14/374; 2014年7月31日

IMF理事会、対日4条協議を完了; プレスリリースNo. 14/374; 2014年7月31日 国 際 通 貨 基 金 コミュニケー ション 局 ( 参 考 仮 訳 ) プレスリリース No. 14/374 即 時 解 禁 国 際 通 貨 基 金 (IMF) 米 国 ワシントン DC 2014 年 7 月 31 日 IMF 理 事 会 対 日 4 条 協 議 を 完 了 2014 年 7 月 23 日 国 際 通 貨 基 金 (IMF) 理 事 会 は 対 日 4 条 協 議 を 完 了 した

More information

香 港 & 中 国 中 国 紙 新 京 報 などは10 月 に 続 き11 月 も 資 金 が 海 外 へ 流 出 したとみられると 伝 えた 高 成 長 を 続 けてきた 中 国 経 済 の 減 速 と 欧 州 債 務 危 機 の 影 響 により 投 資 家 が 保 有 株 を 減 らす 後 押

香 港 & 中 国 中 国 紙 新 京 報 などは10 月 に 続 き11 月 も 資 金 が 海 外 へ 流 出 したとみられると 伝 えた 高 成 長 を 続 けてきた 中 国 経 済 の 減 速 と 欧 州 債 務 危 機 の 影 響 により 投 資 家 が 保 有 株 を 減 らす 後 押 2011 年 12 月 26 日 米 国 新 規 失 業 保 険 申 請 件 数 は36.4 万 件 に 減 少 08 年 4 月 以 来 の 低 水 準 となった 11 月 の 中 古 住 宅 販 売 件 数 は 前 月 比 で4% 増 を 示 し 10か 月 ぶりの 高 水 準 となった 米 議 会 が 給 与 減 税 の2ヶ 月 延 長 で 合 意 に 達 し オバマ 大 統 領 の 支 持

More information

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額 リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 社 団 法 人 日 本 貿 易 会 調 査 グループ 米 国 での 金 融 不 安 の 発 生 とそれに 拍 車 を 掛 けた 年 9 月 のリーマンショックから1 年 が 経 過 した 米 国 経 済 の 急 速 な 景 気 後 退 は 米 国 と 相 互 依 存 関 係 を 深 める 世 界 各 国 の 実 体 経 済 にも 波 及 し 世 界 貿 易

More information

証 券 レビュー 第 56 巻 第 4 号 暗 黒 時 代 は 戦 後 国 家 独 占 資 本 主 義 に 対 応 した EEC 条 約 が 新 自 由 主 義 型 資 本 主 義 ( 自 由 化 グローバル 化 ) 対 応 の SEA に 飛 躍 するための 期 間 であった 〇 SEA による

証 券 レビュー 第 56 巻 第 4 号 暗 黒 時 代 は 戦 後 国 家 独 占 資 本 主 義 に 対 応 した EEC 条 約 が 新 自 由 主 義 型 資 本 主 義 ( 自 由 化 グローバル 化 ) 対 応 の SEA に 飛 躍 するための 期 間 であった 〇 SEA による EU: 二 〇 世 紀 型 統 合 と 二 一 世 紀 の 現 実 EU:20 世 紀 型 統 合 と21 世 紀 の 現 実 証 券 セミナー 2016.03.09. 報 告 : 田 中 素 香 はじめに 〇 EU の 現 実 (Wolfgang Muenchau, FT04.01.2016)より: EU3つの divide 1 南 北 2ユーロスケプティクスとユーロファイル 3 社 会 的 にリベラルな

More information

北 米 地 域 統 合 と 途 上 国 経 済 解 明 に 向 かっている 筆 者 は これを 取 り 上 げる 理 由 として 産 業 集 積 自 体 そ してそれとの 多 国 籍 企 業 との 関 わりについては これまでも 研 究 が 蓄 積 されてき たが この 議 論 を 一 国 民 経

北 米 地 域 統 合 と 途 上 国 経 済 解 明 に 向 かっている 筆 者 は これを 取 り 上 げる 理 由 として 産 業 集 積 自 体 そ してそれとの 多 国 籍 企 業 との 関 わりについては これまでも 研 究 が 蓄 積 されてき たが この 議 論 を 一 国 民 経 書 評 所 康 弘 著 北 米 地 域 統 合 と 途 上 国 経 済 NAFTA 多 国 籍 企 業 地 域 経 済 西 田 書 店 2009 年 東 京 外 国 語 大 学 田 島 陽 一 1. 本 書 の 分 析 視 点 本 書 は メキシコを 輸 入 代 替 工 業 化 戦 略 から 新 自 由 主 義 的 開 発 戦 略 に 転 換 を 遂 げた 途 上 国 開 発 モデルの 先 駆 的

More information

P.1~18

P.1~18 JCM Copyright 2011 Japanese by JCM Copyright 2008 bymelvin W Wong Published by ARMOUR Publishing Pte Ltd Kent Ridge Post Office P.O.Box 1193,Singapore 911107 Email: mail@armourpublishing.com Website: www.armourpublising.com

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 電 力 自 由 化 / 再 エネ 大 量 導 入 時 代 における 蓄 電 技 術 ICT その 他 重 要 要 素 - 欧 州 からの 学 び - 2015/2/18 1. 欧 州 エネルギー 供 給 におけるキーファクター 1.1. 欧 州 委 員 会 とエネルギー 欧 州 委 員 会 欧 州 連 合 の 政 策 執 行 機 関 1950 年 フランス 外 相 ロベール シューマン 提 唱 に

More information

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中)

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中) 平 成 26 年 公 的 年 金 財 政 検 証 と 今 後 の 年 金 制 度 改 正 の 行 方 ( 中 ) 厚 生 労 働 委 員 会 調 査 室 棱 野 佑 希 1.はじめに 2. 財 政 検 証 の 意 義 3. 平 成 16 年 改 正 財 政 フレームの 完 成 4. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 前 提 5. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 結 果 6.オプション 試

More information

目 次 はじめに/ 調 査 について...3 第 一 章 : 新 たな 需 要 の 牽 引 者 に 接 触 する 方 法... 5 新 車 / 中 古 車 とも 枠 にとらわれない 販 売 戦 略 を 考 える... 6 感 情 的 な 要 素 を 強 調 して 購 入 を 促 進 ( 特 にミレニ

目 次 はじめに/ 調 査 について...3 第 一 章 : 新 たな 需 要 の 牽 引 者 に 接 触 する 方 法... 5 新 車 / 中 古 車 とも 枠 にとらわれない 販 売 戦 略 を 考 える... 6 感 情 的 な 要 素 を 強 調 して 購 入 を 促 進 ( 特 にミレニ これからの 需 要 と マーケティング 世 界 の 需 要 拡 大 に 応 える4つの 戦 略 2014 年 4 月 Copyright 2014 The Nielsen Company 目 次 はじめに/ 調 査 について...3 第 一 章 : 新 たな 需 要 の 牽 引 者 に 接 触 する 方 法... 5 新 車 / 中 古 車 とも 枠 にとらわれない 販 売 戦 略 を 考 える...

More information

国 民 年 金 繰 上 げ 受 給 率 の 推 移 17 資 料 出 所 社 会 保 険 事 業 の 概 況 ( 社 会 保 険 庁 )

国 民 年 金 繰 上 げ 受 給 率 の 推 移 17 資 料 出 所 社 会 保 険 事 業 の 概 況 ( 社 会 保 険 庁 ) 満 額 でない 基 礎 年 金 等 の 受 給 権 者 無 年 金 者 が 生 じる 要 因 として 考 えられる 理 由 年 金 の 額 の 算 定 の 基 礎 となる 保 険 料 納 付 済 期 間 が 満 額 受 給 の 期 間 に 満 たないこと 昭 和 61 年 3 月 以 前 に 被 用 者 の 配 偶 者 であった 者 で 国 民 年 金 に 任 意 加 入 しなかった 者 この 場

More information