Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1

2

3

4 政 策 評 価 に 関 する 有 識 者 会 議 参 集 者 名 簿 渥 美 由 喜 東 レ 経 営 研 究 所 ダイバーシティ&ワークライフバランス 研 究 部 長 阿 部 正 浩 中 央 大 学 経 済 学 部 教 授 井 部 俊 子 聖 路 加 看 護 大 学 学 長 梅 田 次 郎 行 政 経 営 株 式 会 社 まちづくり 行 政 経 営 プロデューサー 河 北 博 文 社 会 医 療 法 人 河 北 医 療 財 団 理 事 長 菊 池 馨 実 早 稲 田 大 学 法 学 学 術 院 教 授 篠 原 榮 一 公 認 会 計 士 高 橋 紘 士 国 際 医 療 福 祉 大 学 大 学 院 教 授 兼 医 療 福 祉 学 部 教 授 高 橋 弘 行 一 般 社 団 法 人 日 本 経 済 団 体 連 合 会 労 働 政 策 本 部 長 野 川 忍 堀 田 力 明 治 大 学 大 学 院 法 務 研 究 科 ( 法 科 大 学 院 ) 専 任 教 授 財 団 法 人 さわやか 福 祉 財 団 理 事 長 本 田 麻 由 美 読 売 新 聞 東 京 本 社 社 会 保 障 部 記 者 森 田 朗 学 習 院 大 学 法 学 部 教 授 安 永 貴 夫 日 本 労 働 組 合 総 連 合 会 副 事 務 局 長 山 田 篤 裕 慶 応 義 塾 大 学 経 済 学 部 教 授 座 長 五 十 音 順 敬 称 略 ( 平 成 25 年 6 月 17 日 現 在 )

5 政 策 評 価 に 関 する 有 識 者 会 議 WG 参 集 者 名 簿 < 労 働 子 育 てWG> 渥 美 由 喜 東 レ 経 営 研 究 所 ダイバーシティ&ワークライフバランス 研 究 部 長 阿 部 正 浩 中 央 大 学 経 済 学 部 教 授 高 橋 弘 行 一 般 社 団 法 人 日 本 経 済 団 体 連 合 会 労 働 政 策 本 部 長 野 川 忍 明 治 大 学 大 学 院 法 務 研 究 科 ( 法 科 大 学 院 ) 専 任 教 授 安 永 貴 夫 日 本 労 働 組 合 総 連 合 会 副 事 務 局 長 < 医 療 衛 生 WG> 井 部 俊 子 聖 路 加 看 護 大 学 学 長 河 北 博 文 社 会 医 療 法 人 河 北 医 療 財 団 理 事 長 篠 原 榮 一 公 認 会 計 士 本 田 麻 由 美 読 売 新 聞 東 京 本 社 社 会 保 障 部 記 者 森 田 朗 学 習 院 大 学 法 学 部 教 授 < 福 祉 年 金 WG> 梅 田 次 郎 行 政 経 営 株 式 会 社 まちづくり 行 政 経 営 プロデューサー 菊 池 馨 実 早 稲 田 大 学 法 学 学 術 院 教 授 高 橋 紘 士 国 際 医 療 福 祉 大 学 大 学 院 教 授 兼 医 療 福 祉 学 部 教 授 堀 田 力 財 団 法 人 さわやか 福 祉 財 団 理 事 長 山 田 篤 裕 慶 応 義 塾 大 学 経 済 学 部 教 授 WG 座 長 五 十 音 順 敬 称 略 ( 平 成 25 年 6 月 17 日 現 在 )

6 資 料 1-1 厚 生 労 働 省 における 政 策 評 価 に 関 する 基 本 計 画 ( 第 3 期 )の 改 正 について 厚 生 労 働 省 における 政 策 評 価 に 関 する 基 本 計 画 ( 第 3 期 )の 政 策 体 系 について 以 下 のとおり 改 正 を 行 う 削 除 する 施 策 目 標 施 策 目 標 Ⅶ-3-1 災 害 に 際 し 応 急 的 な 支 援 を 実 施 すること 名 称 変 更 する 施 策 目 標 ( 変 更 前 ) 施 策 目 標 Ⅶ-5-2 戦 没 者 の 遺 骨 の 帰 還 等 を 行 うことにより 戦 没 者 遺 族 を 慰 藉 すること ( 変 更 後 ) 施 策 目 標 Ⅶ-4-2 戦 没 者 遺 骨 収 集 帰 還 事 業 等 を 行 うことにより 戦 没 者 遺 族 を 慰 藉 すること 新 設 する 施 策 目 標 施 策 目 標 ⅩⅡ-1-2 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 国 民 の 理 解 を 得 な がら その 着 実 な 導 入 を 図 るとともに 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 利 活 用 を 推 進 し 国 民 の 利 便 性 の 向 上 を 図 ること 1

7 政 策 体 系 新 旧 対 照 表 ( 平 成 25 年 度 平 成 26 年 度 ) 平 成 25 年 度 政 策 体 系 ( 基 本 目 標 施 策 大 目 標 施 策 目 標 ) 基 本 目 標 Ⅰ 安 心 信 頼 してかかれる 医 療 の 確 保 と 国 民 の 健 康 づく りを 推 進 すること 平 成 26 年 度 政 策 体 系 ( 基 本 目 標 施 策 大 目 標 施 策 目 標 ) 基 本 目 標 Ⅰ 安 心 信 頼 してかかれる 医 療 の 確 保 と 国 民 の 健 康 づく りを 推 進 すること 施 策 大 目 標 1 地 域 において 必 要 な 医 療 を 提 供 できる 体 制 を 整 備 すること 施 策 大 目 標 1 地 域 において 必 要 な 医 療 を 提 供 できる 体 制 を 整 備 すること 1-1 施 策 大 目 標 2 日 常 生 活 圏 の 中 で 良 質 かつ 適 切 な 医 療 が 効 率 的 に 提 供 できる 体 制 を 整 備 すること 必 要 な 医 療 従 事 者 を 確 保 するとともに 資 質 の 向 上 を 図 ること 1-1 日 常 生 活 圏 の 中 で 良 質 かつ 適 切 な 医 療 が 効 率 的 に 提 供 できる 体 制 を 整 備 すること 施 策 大 目 標 2 必 要 な 医 療 従 事 者 を 確 保 するとともに 資 質 の 向 上 を 図 ること 今 後 の 医 療 需 要 に 見 合 った 医 療 従 事 者 の 確 保 を 図 ること 医 療 従 事 者 の 資 質 の 向 上 を 図 ること 2-1 今 後 の 医 療 需 要 に 見 合 った 医 療 従 事 者 の 確 保 を 図 ること 2-2 医 療 従 事 者 の 資 質 の 向 上 を 図 ること 施 策 大 目 標 3 利 用 者 の 視 点 に 立 った 効 率 的 で 安 心 かつ 質 の 高 い 医 療 サービ スの 提 供 を 促 進 すること 3-1 医 療 情 報 化 の 体 制 整 備 の 普 及 を 推 進 すること 3-2 医 療 安 全 確 保 対 策 の 推 進 を 図 ること 施 策 大 目 標 4 国 が 医 療 政 策 として 担 うべき 医 療 ( 政 策 医 療 )を 推 進 すること 4-1 政 策 医 療 を 向 上 均 てん 化 させること 施 策 大 目 標 5 感 染 症 など 健 康 を 脅 かす 疾 病 を 予 防 防 止 するとともに 感 染 者 等 に 必 要 な 医 療 等 を 確 保 すること 5-1 感 染 症 の 発 生 まん 延 の 防 止 を 図 ること 施 策 大 目 標 3 利 用 者 の 視 点 に 立 った 効 率 的 で 安 心 かつ 質 の 高 い 医 療 サービ スの 提 供 を 促 進 すること 3-1 医 療 情 報 化 の 体 制 整 備 の 普 及 を 推 進 すること 3-2 医 療 安 全 確 保 対 策 の 推 進 を 図 ること 施 策 大 目 標 4 国 が 医 療 政 策 として 担 うべき 医 療 ( 政 策 医 療 )を 推 進 すること 4-1 政 策 医 療 を 向 上 均 てん 化 させること 施 策 大 目 標 5 感 染 症 など 健 康 を 脅 かす 疾 病 を 予 防 防 止 するとともに 感 染 者 等 に 必 要 な 医 療 等 を 確 保 すること 5-1 感 染 症 の 発 生 まん 延 の 防 止 を 図 ること 治 療 方 法 が 確 立 していない 特 殊 の 疾 病 等 の 予 防 治 療 等 を 充 実 させること 適 正 な 移 植 医 療 を 推 進 すること 原 子 爆 弾 被 爆 者 等 を 援 護 すること 5-2 治 療 方 法 が 確 立 していない 特 殊 の 疾 病 等 の 予 防 治 療 等 を 充 実 させること 5-3 適 正 な 移 植 医 療 を 推 進 すること 5-4 原 子 爆 弾 被 爆 者 等 を 援 護 すること 施 策 大 目 標 施 策 大 目 標 施 策 大 目 標 9 品 質 有 効 性 安 全 性 の 高 い 医 薬 品 医 療 機 器 を 国 民 が 適 切 に 利 用 できるようにすること 有 効 性 安 全 性 の 高 い 新 医 薬 品 医 療 機 器 を 迅 速 に 提 供 できる ようにすること 医 薬 品 等 の 品 質 確 保 の 徹 底 を 図 るとともに 医 薬 品 等 の 安 全 対 策 等 を 推 進 すること 6-3 医 薬 品 の 適 正 使 用 を 推 進 すること 施 策 大 目 標 7 安 全 な 血 液 製 剤 を 安 定 的 に 供 給 すること 7-1 健 康 な 献 血 者 の 確 保 を 図 り 血 液 製 剤 の 国 内 自 給 使 用 適 正 化 を 推 進 し 安 全 性 の 向 上 を 図 ること 新 医 薬 品 医 療 機 器 の 開 発 を 促 進 するとともに 医 薬 品 産 業 等 の 振 興 を 図 ること 新 医 薬 品 医 療 機 器 の 開 発 を 促 進 するとともに 医 薬 品 産 業 等 の 振 興 を 図 ること 全 国 民 に 必 要 な 医 療 を 保 障 できる 安 定 的 効 率 的 な 医 療 保 険 制 度 を 構 築 すること 9-1 適 正 かつ 安 定 的 効 率 的 な 医 療 保 険 制 度 を 構 築 すること 施 策 大 目 標 品 質 有 効 性 安 全 性 の 高 い 医 薬 品 医 療 機 器 を 国 民 が 適 切 に 利 用 できるようにすること 有 効 性 安 全 性 の 高 い 新 医 薬 品 医 療 機 器 を 迅 速 に 提 供 できる ようにすること 医 薬 品 等 の 品 質 確 保 の 徹 底 を 図 るとともに 医 薬 品 等 の 安 全 対 策 等 を 推 進 すること 6-3 医 薬 品 の 適 正 使 用 を 推 進 すること 施 策 大 目 標 7 安 全 な 血 液 製 剤 を 安 定 的 に 供 給 すること 7-1 施 策 大 目 標 施 策 大 目 標 9 健 康 な 献 血 者 の 確 保 を 図 り 血 液 製 剤 の 国 内 自 給 使 用 適 正 化 を 推 進 し 安 全 性 の 向 上 を 図 ること 新 医 薬 品 医 療 機 器 の 開 発 を 促 進 するとともに 医 薬 品 産 業 等 の 振 興 を 図 ること 新 医 薬 品 医 療 機 器 の 開 発 を 促 進 するとともに 医 薬 品 産 業 等 の 振 興 を 図 ること 全 国 民 に 必 要 な 医 療 を 保 障 できる 安 定 的 効 率 的 な 医 療 保 険 制 度 を 構 築 すること 9-1 適 正 かつ 安 定 的 効 率 的 な 医 療 保 険 制 度 を 構 築 すること 9-2 生 活 習 慣 病 対 策 や 長 期 入 院 の 是 正 等 により 中 長 期 的 な 医 療 費 生 活 習 慣 病 対 策 や 長 期 入 院 の 是 正 等 により 中 長 期 的 な 医 療 費 9-2 の 適 正 化 を 図 ること の 適 正 化 を 図 ること 妊 産 婦 児 童 から 高 齢 者 に 至 るまでの 幅 広 い 年 齢 層 において 施 策 大 目 標 10 地 域 職 場 などの 様 々な 場 所 で 国 民 的 な 健 康 づくりを 推 進 する こと 妊 産 婦 児 童 から 高 齢 者 に 至 るまでの 幅 広 い 年 齢 層 において 施 策 大 目 標 10 地 域 職 場 などの 様 々な 場 所 で 国 民 的 な 健 康 づくりを 推 進 する こと 10-1 地 域 住 民 の 健 康 の 保 持 増 進 及 び 地 域 住 民 が 安 心 して 暮 らせる 地 域 住 民 の 健 康 の 保 持 増 進 及 び 地 域 住 民 が 安 心 して 暮 らせる 10-1 地 域 保 健 体 制 の 確 保 を 図 ること 地 域 保 健 体 制 の 確 保 を 図 ること 10-2 生 活 習 慣 の 改 善 等 により 健 康 寿 命 の 延 伸 等 を 図 るとともに が 生 活 習 慣 の 改 善 等 により 健 康 寿 命 の 延 伸 等 を 図 るとともに が 10-2 んによる 死 亡 者 の 減 少 を 図 ること んによる 死 亡 者 の 減 少 を 図 ること 安 全 安 心 な 職 場 づくりを 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅲ 施 策 目 標 2- 安 全 安 心 な 職 場 づくりを 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅲ 施 策 目 標 を 参 照 ) 1を 参 照 ) 母 子 保 健 衛 生 対 策 の 充 実 を 図 ること( 基 本 目 標 Ⅵ 施 策 目 標 5- 母 子 保 健 衛 生 対 策 の 充 実 を 図 ること( 基 本 目 標 Ⅵ 施 策 目 標 を 参 照 ) 1を 参 照 ) 10-5 高 齢 者 の 介 護 予 防 健 康 づくりを 推 進 するとともに 生 きがいづく り 及 び 社 会 参 加 を 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅸ 施 策 目 標 3-1を 参 照 ) 10-5 高 齢 者 の 介 護 予 防 健 康 づくりを 推 進 するとともに 生 きがいづく り 及 び 社 会 参 加 を 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅸ 施 策 目 標 3-1を 参 照 ) 施 策 大 目 標 11 健 康 危 機 管 理 を 推 進 すること 施 策 大 目 標 11 健 康 危 機 管 理 を 推 進 すること 11-1 健 康 危 機 が 発 生 した 際 に 迅 速 かつ 適 切 に 対 応 するための 体 制 を 整 備 すること 11-1 健 康 危 機 が 発 生 した 際 に 迅 速 かつ 適 切 に 対 応 するための 体 制 を 整 備 すること 2

8 基 本 目 標 Ⅱ 安 心 快 適 な 生 活 環 境 づくりを 衛 生 的 観 点 から 推 進 す ること 施 策 大 目 標 1 食 品 等 の 安 全 性 を 確 保 すること 1-1 食 品 等 の 飲 食 に 起 因 する 衛 生 上 の 危 害 の 発 生 を 防 止 すること 施 策 大 目 標 2 安 全 で 質 が 高 く 災 害 に 強 い 持 続 的 な 水 道 を 確 保 すること 2-1 安 全 で 質 が 高 く 災 害 に 強 い 持 続 的 な 水 道 を 確 保 すること 施 策 大 目 標 3 麻 薬 覚 醒 剤 等 の 乱 用 を 防 止 すること 3-1 施 策 大 目 標 4 規 制 されている 乱 用 薬 物 について 不 正 流 通 の 遮 断 及 び 乱 用 防 止 を 推 進 すること 国 民 生 活 を 取 り 巻 く 化 学 物 質 による 人 の 健 康 被 害 を 防 止 するこ と 4-1 化 学 物 質 の 適 正 な 評 価 管 理 を 推 進 し 安 全 性 を 確 保 すること 施 策 大 目 標 5 生 活 衛 生 の 向 上 推 進 を 図 ること 5-1 生 活 衛 生 関 係 営 業 の 衛 生 水 準 の 確 保 及 び 振 興 等 により 生 活 衛 生 の 向 上 増 進 を 図 ること 基 本 目 標 Ⅲ ディーセントワークの 実 現 に 向 けて 労 働 者 が 安 心 し て 快 適 に 働 くことができる 環 境 を 整 備 すること 施 策 大 目 標 1 労 働 条 件 の 確 保 改 善 を 図 ること 1-1 労 働 条 件 の 確 保 改 善 を 図 ること 基 本 目 標 Ⅱ 安 心 快 適 な 生 活 環 境 づくりを 衛 生 的 観 点 から 推 進 す ること 施 策 大 目 標 1 食 品 等 の 安 全 性 を 確 保 すること 1-1 食 品 等 の 飲 食 に 起 因 する 衛 生 上 の 危 害 の 発 生 を 防 止 すること 施 策 大 目 標 2 安 全 で 質 が 高 く 災 害 に 強 い 持 続 的 な 水 道 を 確 保 すること 2-1 安 全 で 質 が 高 く 災 害 に 強 い 持 続 的 な 水 道 を 確 保 すること 施 策 大 目 標 3 麻 薬 覚 醒 剤 等 の 乱 用 を 防 止 すること 3-1 施 策 大 目 標 4 規 制 されている 乱 用 薬 物 について 不 正 流 通 の 遮 断 及 び 乱 用 防 止 を 推 進 すること 国 民 生 活 を 取 り 巻 く 化 学 物 質 による 人 の 健 康 被 害 を 防 止 するこ と 4-1 化 学 物 質 の 適 正 な 評 価 管 理 を 推 進 し 安 全 性 を 確 保 すること 施 策 大 目 標 5 生 活 衛 生 の 向 上 推 進 を 図 ること 5-1 生 活 衛 生 関 係 営 業 の 衛 生 水 準 の 確 保 及 び 振 興 等 により 生 活 衛 生 の 向 上 増 進 を 図 ること 基 本 目 標 Ⅲ ディーセントワークの 実 現 に 向 けて 労 働 者 が 安 心 し て 快 適 に 働 くことができる 環 境 を 整 備 すること 施 策 大 目 標 1 労 働 条 件 の 確 保 改 善 を 図 ること 1-1 労 働 条 件 の 確 保 改 善 を 図 ること 1-2 最 低 賃 金 引 上 げにより 影 響 を 受 ける 中 小 企 業 への 支 援 を 推 進 す ること 1-2 最 低 賃 金 引 上 げにより 影 響 を 受 ける 中 小 企 業 への 支 援 を 推 進 す ること 施 策 大 目 標 2 安 全 安 心 な 職 場 づくりを 推 進 すること 2-1 施 策 大 目 標 労 働 者 の 安 全 と 健 康 が 確 保 され 労 働 者 が 安 心 して 働 くことがで きる 職 場 づくりを 推 進 すること 労 働 災 害 に 被 災 した 労 働 者 等 の 公 正 な 保 護 を 行 うとともに その 社 会 復 帰 の 促 進 等 を 図 ること 迅 速 かつ 適 正 な 労 災 保 険 給 付 を 行 い 被 災 労 働 者 等 の 保 護 を 図 ること 3-2 被 災 労 働 者 等 の 社 会 復 帰 促 進 援 護 等 を 図 ること 施 策 大 目 標 4 勤 労 者 生 活 の 充 実 を 図 ること 施 策 大 目 標 2 安 全 安 心 な 職 場 づくりを 推 進 すること 2-1 施 策 大 目 標 労 働 者 の 安 全 と 健 康 が 確 保 され 労 働 者 が 安 心 して 働 くことがで きる 職 場 づくりを 推 進 すること 労 働 災 害 に 被 災 した 労 働 者 等 の 公 正 な 保 護 を 行 うとともに その 社 会 復 帰 の 促 進 等 を 図 ること 迅 速 かつ 適 正 な 労 災 保 険 給 付 を 行 い 被 災 労 働 者 等 の 保 護 を 図 ること 3-2 被 災 労 働 者 等 の 社 会 復 帰 促 進 援 護 等 を 図 ること 施 策 大 目 標 4 勤 労 者 生 活 の 充 実 を 図 ること 4-1 労 働 時 間 等 の 設 定 改 善 の 促 進 等 を 通 じた 仕 事 と 生 活 の 調 和 対 策 を 推 進 すること 4-1 労 働 時 間 等 の 設 定 改 善 の 促 進 等 を 通 じた 仕 事 と 生 活 の 調 和 対 策 を 推 進 すること 4-2 豊 かで 安 定 した 勤 労 者 生 活 の 実 現 を 図 ること 4-2 豊 かで 安 定 した 勤 労 者 生 活 の 実 現 を 図 ること 施 策 大 目 標 5 パートタイム 労 働 者 の 均 等 均 衡 待 遇 の 確 保 を 推 進 するととも に 在 宅 就 業 及 び 家 内 労 働 の 適 正 な 就 業 環 境 を 整 備 すること ( 基 本 目 標 Ⅵ 施 策 目 標 1-1を 参 照 ) 施 策 大 目 標 6 安 定 した 労 使 関 係 等 の 形 成 を 促 進 すること 施 策 大 目 標 5 パートタイム 労 働 者 の 均 等 均 衡 待 遇 の 確 保 を 推 進 するととも に 在 宅 就 業 及 び 家 内 労 働 の 適 正 な 就 業 環 境 を 整 備 すること ( 基 本 目 標 Ⅵ 施 策 目 標 1-1を 参 照 ) 施 策 大 目 標 6 安 定 した 労 使 関 係 等 の 形 成 を 促 進 すること 6-1 労 使 関 係 が 将 来 にわたり 安 定 的 に 推 移 するよう 集 団 的 労 使 関 係 のルールの 確 立 及 び 普 及 等 を 図 るとともに 集 団 的 労 使 紛 争 の 迅 速 かつ 適 切 な 解 決 を 図 ること 6-1 労 使 関 係 が 将 来 にわたり 安 定 的 に 推 移 するよう 集 団 的 労 使 関 係 のルールの 確 立 及 び 普 及 等 を 図 るとともに 集 団 的 労 使 紛 争 の 迅 速 かつ 適 切 な 解 決 を 図 ること 施 策 大 目 標 7 個 別 労 働 紛 争 の 解 決 の 促 進 を 図 ること 7-1 個 別 労 働 紛 争 の 解 決 の 促 進 を 図 ること 施 策 大 目 標 8 労 働 保 険 適 用 徴 収 業 務 の 適 正 かつ 円 滑 な 実 施 を 図 ること 8-1 労 働 保 険 適 用 促 進 及 び 労 働 保 険 料 等 の 適 正 徴 収 を 図 ること 施 策 大 目 標 7 個 別 労 働 紛 争 の 解 決 の 促 進 を 図 ること 7-1 個 別 労 働 紛 争 の 解 決 の 促 進 を 図 ること 施 策 大 目 標 8 労 働 保 険 適 用 徴 収 業 務 の 適 正 かつ 円 滑 な 実 施 を 図 ること 8-1 労 働 保 険 適 用 促 進 及 び 労 働 保 険 料 等 の 適 正 徴 収 を 図 ること 3

9 基 本 目 標 Ⅳ 施 策 大 目 標 意 欲 のあるすべての 人 が 働 くことができるよう 労 働 市 場 において 労 働 者 の 職 業 の 安 定 を 図 ること 労 働 力 需 給 のミスマッチの 解 消 を 図 るために 需 給 調 整 機 能 を 強 化 すること 公 共 職 業 安 定 機 関 等 における 需 給 調 整 機 能 の 強 化 及 び 労 働 者 派 遣 事 業 等 の 適 正 な 運 営 を 確 保 すること 施 策 大 目 標 2 雇 用 機 会 を 創 出 するとともに 雇 用 の 安 定 を 図 ること 2-1 地 域 中 小 企 業 産 業 の 特 性 に 応 じ 雇 用 の 創 出 及 び 雇 用 の 安 定 を 図 ること 施 策 大 目 標 3 労 働 者 等 の 特 性 に 応 じた 雇 用 の 安 定 促 進 を 図 ること 3-1 高 齢 者 障 害 者 若 年 者 等 の 雇 用 の 安 定 促 進 を 図 ること 施 策 大 目 標 施 策 大 目 標 基 本 目 標 Ⅴ 失 業 給 付 等 の 支 給 により 求 職 活 動 中 の 生 活 の 保 障 等 を 行 うこ と 雇 用 保 険 制 度 の 安 定 的 かつ 適 正 な 運 営 及 び 求 職 活 動 を 容 易 に するための 保 障 等 を 図 ること 求 職 者 支 援 制 度 の 活 用 により 雇 用 保 険 を 受 給 できない 求 職 者 の 就 職 を 支 援 すること 求 職 者 支 援 訓 練 の 実 施 や 職 業 訓 練 受 講 給 付 金 の 支 給 等 を 通 じ 雇 用 保 険 を 受 給 できない 求 職 者 の 就 職 を 支 援 すること 労 働 者 の 職 業 能 力 の 開 発 及 び 向 上 を 図 るとともに その 能 力 を 十 分 に 発 揮 できるような 環 境 整 備 をするこ と 施 策 大 目 標 1 多 様 な 職 業 能 力 開 発 の 機 会 を 確 保 すること 1-1 多 様 な 職 業 能 力 開 発 の 機 会 を 確 保 すること 施 策 大 目 標 2 働 く 者 の 職 業 生 涯 を 通 じた 持 続 的 な 職 業 キャリア 形 成 への 支 援 をすること 2-1 若 年 者 等 に 対 して 段 階 に 応 じた 職 業 キャリア 支 援 を 講 ずること 2-2 福 祉 から 自 立 へ 向 けた 職 業 キャリア 形 成 の 支 援 等 をすること 施 策 大 目 標 3 現 場 力 の 強 化 と 技 能 の 継 承 振 興 を 推 進 すること 3-1 技 能 継 承 振 興 のための 施 策 を 推 進 すること 基 本 目 標 Ⅳ 施 策 大 目 標 意 欲 のあるすべての 人 が 働 くことができるよう 労 働 市 場 において 労 働 者 の 職 業 の 安 定 を 図 ること 労 働 力 需 給 のミスマッチの 解 消 を 図 るために 需 給 調 整 機 能 を 強 化 すること 公 共 職 業 安 定 機 関 等 における 需 給 調 整 機 能 の 強 化 及 び 労 働 者 派 遣 事 業 等 の 適 正 な 運 営 を 確 保 すること 施 策 大 目 標 2 雇 用 機 会 を 創 出 するとともに 雇 用 の 安 定 を 図 ること 2-1 地 域 中 小 企 業 産 業 の 特 性 に 応 じ 雇 用 の 創 出 及 び 雇 用 の 安 定 を 図 ること 施 策 大 目 標 3 労 働 者 等 の 特 性 に 応 じた 雇 用 の 安 定 促 進 を 図 ること 3-1 高 齢 者 障 害 者 若 年 者 等 の 雇 用 の 安 定 促 進 を 図 ること 施 策 大 目 標 施 策 大 目 標 基 本 目 標 Ⅴ 失 業 給 付 等 の 支 給 により 求 職 活 動 中 の 生 活 の 保 障 等 を 行 うこ と 雇 用 保 険 制 度 の 安 定 的 かつ 適 正 な 運 営 及 び 求 職 活 動 を 容 易 に するための 保 障 等 を 図 ること 求 職 者 支 援 制 度 の 活 用 により 雇 用 保 険 を 受 給 できない 求 職 者 の 就 職 を 支 援 すること 求 職 者 支 援 訓 練 の 実 施 や 職 業 訓 練 受 講 給 付 金 の 支 給 等 を 通 じ 雇 用 保 険 を 受 給 できない 求 職 者 の 就 職 を 支 援 すること 労 働 者 の 職 業 能 力 の 開 発 及 び 向 上 を 図 るとともに その 能 力 を 十 分 に 発 揮 できるような 環 境 整 備 をするこ と 施 策 大 目 標 1 多 様 な 職 業 能 力 開 発 の 機 会 を 確 保 すること 1-1 多 様 な 職 業 能 力 開 発 の 機 会 を 確 保 すること 施 策 大 目 標 2 働 く 者 の 職 業 生 涯 を 通 じた 持 続 的 な 職 業 キャリア 形 成 への 支 援 をすること 2-1 若 年 者 等 に 対 して 段 階 に 応 じた 職 業 キャリア 支 援 を 講 ずること 2-2 福 祉 から 自 立 へ 向 けた 職 業 キャリア 形 成 の 支 援 等 をすること 施 策 大 目 標 3 現 場 力 の 強 化 と 技 能 の 継 承 振 興 を 推 進 すること 3-1 技 能 継 承 振 興 のための 施 策 を 推 進 すること 基 本 目 標 Ⅵ 施 策 大 目 標 施 策 大 目 標 男 女 がともに 能 力 を 発 揮 し 安 心 して 子 どもを 産 み 育 てることなどを 可 能 にする 社 会 づくりを 推 進 すること 男 女 労 働 者 の 均 等 な 機 会 と 待 遇 の 確 保 対 策 仕 事 と 家 庭 の 両 立 支 援 パートタイム 労 働 者 と 正 社 員 間 の 均 等 均 衡 待 遇 等 を 推 進 すること 男 女 労 働 者 の 均 等 な 機 会 と 待 遇 の 確 保 対 策 仕 事 と 家 庭 の 両 立 支 援 パートタイム 労 働 者 と 正 社 員 間 の 均 等 均 衡 待 遇 等 を 推 進 すること 利 用 者 のニーズに 対 応 した 多 様 な 保 育 サービスなどの 子 育 て 支 援 事 業 を 提 供 し 子 どもの 健 全 な 育 ちを 支 援 する 社 会 を 実 現 す ること 地 域 における 子 育 て 支 援 等 施 策 の 推 進 を 図 ること 基 本 目 標 Ⅵ 施 策 大 目 標 施 策 大 目 標 2 男 女 がともに 能 力 を 発 揮 し 安 心 して 子 どもを 産 み 育 てることなどを 可 能 にする 社 会 づくりを 推 進 すること 男 女 労 働 者 の 均 等 な 機 会 と 待 遇 の 確 保 対 策 仕 事 と 家 庭 の 両 立 支 援 パートタイム 労 働 者 と 正 社 員 間 の 均 等 均 衡 待 遇 等 を 推 進 すること 男 女 労 働 者 の 均 等 な 機 会 と 待 遇 の 確 保 対 策 仕 事 と 家 庭 の 両 立 支 援 パートタイム 労 働 者 と 正 社 員 間 の 均 等 均 衡 待 遇 等 を 推 進 すること 利 用 者 のニーズに 対 応 した 多 様 な 保 育 サービスなどの 子 育 て 支 援 事 業 を 提 供 し 子 どもの 健 全 な 育 ちを 支 援 する 社 会 を 実 現 す ること 2-1 地 域 における 子 育 て 支 援 等 施 策 の 推 進 を 図 ること 児 童 の 健 全 な 育 成 及 び 資 質 の 向 上 に 必 要 なサービスを 提 供 す ること 保 育 所 の 受 入 児 童 数 を 拡 大 するとともに 多 様 なニーズに 対 応 できる 保 育 サービスを 確 保 すること 施 策 大 目 標 3 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 を 支 援 すること 3-1 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 を 支 援 すること 施 策 大 目 標 児 童 虐 待 や 配 偶 者 による 暴 力 等 の 発 生 予 防 から 保 護 自 立 支 援 までの 切 れ 目 のない 支 援 体 制 を 整 備 すること 児 童 虐 待 防 止 や 配 偶 者 による 暴 力 被 害 者 等 への 支 援 体 制 の 充 実 を 図 ること 施 策 大 目 標 5 母 子 保 健 衛 生 対 策 の 充 実 を 図 ること 5-1 母 子 保 健 衛 生 対 策 の 充 実 を 図 ること 施 策 大 目 標 6 ひとり 親 家 庭 の 自 立 を 図 ること 6-1 ひとり 親 家 庭 の 自 立 のための 総 合 的 な 支 援 を 図 ること 児 童 の 健 全 な 育 成 及 び 資 質 の 向 上 に 必 要 なサービスを 提 供 す ること 保 育 所 の 受 入 児 童 数 を 拡 大 するとともに 多 様 なニーズに 対 応 できる 保 育 サービスを 確 保 すること 施 策 大 目 標 3 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 を 支 援 すること 3-1 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 を 支 援 すること 施 策 大 目 標 児 童 虐 待 や 配 偶 者 による 暴 力 等 の 発 生 予 防 から 保 護 自 立 支 援 までの 切 れ 目 のない 支 援 体 制 を 整 備 すること 児 童 虐 待 防 止 や 配 偶 者 による 暴 力 被 害 者 等 への 支 援 体 制 の 充 実 を 図 ること 施 策 大 目 標 5 母 子 保 健 衛 生 対 策 の 充 実 を 図 ること 5-1 母 子 保 健 衛 生 対 策 の 充 実 を 図 ること 施 策 大 目 標 6 ひとり 親 家 庭 の 自 立 を 図 ること 6-1 ひとり 親 家 庭 の 自 立 のための 総 合 的 な 支 援 を 図 ること 4

10 基 本 目 標 Ⅶ ナショナル ミニマムを 保 障 し 利 用 者 の 視 点 に 立 った 質 の 高 い 福 祉 サービスの 提 供 等 を 図 ること 施 策 大 目 標 1 生 活 困 窮 者 に 対 し 適 切 に 福 祉 サービスを 提 供 すること 1-1 生 活 困 窮 者 に 対 し 適 切 に 福 祉 サービスを 提 供 すること 施 策 大 目 標 地 域 社 会 のセーフティネット 機 能 を 強 化 し 地 域 の 要 援 護 者 の 福 祉 の 向 上 を 図 ること 地 域 社 会 のセーフティネット 機 能 を 強 化 し 地 域 の 要 援 護 者 の 福 祉 の 向 上 を 図 ること 施 策 大 目 標 3 災 害 時 の 被 災 者 等 に 対 し 適 切 に 福 祉 サービスを 提 供 すること 基 本 目 標 Ⅶ ナショナル ミニマムを 保 障 し 利 用 者 の 視 点 に 立 った 質 の 高 い 福 祉 サービスの 提 供 等 を 図 ること 施 策 大 目 標 1 生 活 困 窮 者 に 対 し 適 切 に 福 祉 サービスを 提 供 すること 1-1 生 活 困 窮 者 に 対 し 適 切 に 福 祉 サービスを 提 供 すること 施 策 大 目 標 地 域 社 会 のセーフティネット 機 能 を 強 化 し 地 域 の 要 援 護 者 の 福 祉 の 向 上 を 図 ること 地 域 社 会 のセーフティネット 機 能 を 強 化 し 地 域 の 要 援 護 者 の 福 祉 の 向 上 を 図 ること 3-1 災 害 に 際 し 応 急 的 な 支 援 を 実 施 すること 施 策 大 目 標 施 策 大 目 標 基 本 目 標 Ⅷ 施 策 大 目 標 基 本 目 標 Ⅸ 福 祉 サービスを 支 える 人 材 養 成 利 用 者 保 護 等 の 基 盤 整 備 を 図 ること 社 会 福 祉 に 関 する 事 業 に 従 事 する 人 材 の 養 成 確 保 を 推 進 する こと 等 により より 質 の 高 い 福 祉 サービスを 提 供 すること 戦 傷 病 者 戦 没 者 遺 族 の 援 護 中 国 残 留 邦 人 等 の 支 援 を 行 うと ともに 旧 陸 海 軍 の 残 務 を 整 理 すること 戦 傷 病 者 戦 没 者 遺 族 等 に 対 して 援 護 年 金 の 支 給 療 養 の 給 付 等 の 援 護 を 行 うこと 戦 没 者 の 遺 骨 の 帰 還 等 を 行 うことにより 戦 没 者 遺 族 を 慰 藉 す ること 中 国 残 留 邦 人 等 の 円 滑 な 帰 国 を 促 進 するとともに 永 住 帰 国 者 の 自 立 を 支 援 すること 旧 陸 海 軍 に 関 する 人 事 資 料 を 適 切 に 整 備 保 管 すること 及 び 旧 陸 海 軍 に 関 する 恩 給 請 求 書 を 適 切 に 進 達 すること 障 害 のある 人 も 障 害 のない 人 も 地 域 でともに 生 活 し 活 動 する 社 会 づくりを 推 進 すること 必 要 な 保 健 福 祉 サービスが 的 確 に 提 供 される 体 制 を 整 備 し 障 害 者 の 地 域 における 生 活 を 支 援 すること 障 害 者 の 地 域 における 生 活 を 支 援 するため 障 害 者 の 生 活 の 場 働 く 場 や 地 域 における 支 援 体 制 を 整 備 すること 障 害 者 の 雇 用 を 促 進 すること( 基 本 目 標 Ⅳ 施 策 目 標 3-1を 参 照 ) 高 齢 者 ができる 限 り 自 立 し 生 きがいを 持 ち 安 心 し て 暮 らせる 社 会 づくりを 推 進 すること 施 策 大 目 標 1 老 後 生 活 の 経 済 的 自 立 の 基 礎 となる 所 得 保 障 の 充 実 を 図 ること 施 策 大 目 標 施 策 大 目 標 基 本 目 標 Ⅷ 施 策 大 目 標 基 本 目 標 Ⅸ 福 祉 サービスを 支 える 人 材 養 成 利 用 者 保 護 等 の 基 盤 整 備 を 図 ること 社 会 福 祉 に 関 する 事 業 に 従 事 する 人 材 の 養 成 確 保 を 推 進 する こと 等 により より 質 の 高 い 福 祉 サービスを 提 供 すること 戦 傷 病 者 戦 没 者 遺 族 の 援 護 中 国 残 留 邦 人 等 の 支 援 を 行 うと ともに 旧 陸 海 軍 の 残 務 を 整 理 すること 戦 傷 病 者 戦 没 者 遺 族 等 に 対 して 援 護 年 金 の 支 給 療 養 の 給 付 等 の 援 護 を 行 うこと 戦 没 者 遺 骨 収 集 帰 還 事 業 等 を 行 うことにより 戦 没 者 遺 族 を 慰 藉 すること 中 国 残 留 邦 人 等 の 円 滑 な 帰 国 を 促 進 するとともに 永 住 帰 国 者 の 自 立 を 支 援 すること 旧 陸 海 軍 に 関 する 人 事 資 料 を 適 切 に 整 備 保 管 すること 及 び 旧 陸 海 軍 に 関 する 恩 給 請 求 書 を 適 切 に 進 達 すること 障 害 のある 人 も 障 害 のない 人 も 地 域 でともに 生 活 し 活 動 する 社 会 づくりを 推 進 すること 必 要 な 保 健 福 祉 サービスが 的 確 に 提 供 される 体 制 を 整 備 し 障 害 者 の 地 域 における 生 活 を 支 援 すること 障 害 者 の 地 域 における 生 活 を 支 援 するため 障 害 者 の 生 活 の 場 働 く 場 や 地 域 における 支 援 体 制 を 整 備 すること 障 害 者 の 雇 用 を 促 進 すること( 基 本 目 標 Ⅳ 施 策 目 標 3-1を 参 照 ) 高 齢 者 ができる 限 り 自 立 し 生 きがいを 持 ち 安 心 し て 暮 らせる 社 会 づくりを 推 進 すること 施 策 大 目 標 1 老 後 生 活 の 経 済 的 自 立 の 基 礎 となる 所 得 保 障 の 充 実 を 図 ること 国 民 に 信 頼 される 持 続 可 能 な 公 的 年 金 制 度 を 構 築 すること 公 的 年 金 制 度 の 信 頼 を 確 保 するため 公 的 年 金 制 度 の 適 正 な 事 業 運 営 を 図 ること 企 業 年 金 等 の 健 全 な 育 成 を 図 ること 1-1 国 民 に 信 頼 される 持 続 可 能 な 公 的 年 金 制 度 を 構 築 すること 1-2 公 的 年 金 制 度 の 信 頼 を 確 保 するため 公 的 年 金 制 度 の 適 正 な 事 業 運 営 を 図 ること 1-3 企 業 年 金 等 の 健 全 な 育 成 を 図 ること 1-4 企 業 年 金 等 の 適 正 な 運 営 を 図 ること 施 策 大 目 標 2 高 齢 者 の 雇 用 就 業 を 促 進 すること( 基 本 目 標 Ⅳ 施 策 目 標 3-1を 参 照 ) 高 齢 者 の 健 康 づくり 生 きがいづくりを 推 進 するとともに 介 護 保 施 策 大 目 標 3 険 制 度 の 適 切 な 運 営 等 を 通 じて 介 護 を 必 要 とする 高 齢 者 への 支 援 を 図 ること 3-1 高 齢 者 の 介 護 予 防 健 康 づくりを 推 進 するとともに 生 きがいづく り 及 び 社 会 参 加 を 推 進 すること 3-2 介 護 保 険 制 度 の 適 切 な 運 営 を 図 るとともに 質 量 両 面 にわたり 介 護 サービス 基 盤 の 整 備 を 図 ること 基 本 目 標 Ⅹ 国 際 化 時 代 にふさわしい 厚 生 労 働 行 政 を 推 進 するこ と 施 策 大 目 標 1 国 際 社 会 への 参 画 貢 献 を 行 うこと 1-1 国 際 機 関 の 活 動 への 参 画 協 力 や 海 外 広 報 を 通 じて 国 際 社 会 に 貢 献 すること 1-2 二 国 間 等 の 国 際 協 力 を 推 進 し 連 携 を 強 化 すること 施 策 大 目 標 2 国 際 化 に 対 応 した 施 策 を 推 進 すること( 再 掲 ) 1-4 企 業 年 金 等 の 適 正 な 運 営 を 図 ること 施 策 大 目 標 2 高 齢 者 の 雇 用 就 業 を 促 進 すること( 基 本 目 標 Ⅳ 施 策 目 標 3-1を 参 照 ) 高 齢 者 の 健 康 づくり 生 きがいづくりを 推 進 するとともに 介 護 保 施 策 大 目 標 3 険 制 度 の 適 切 な 運 営 等 を 通 じて 介 護 を 必 要 とする 高 齢 者 への 支 援 を 図 ること 3-1 高 齢 者 の 介 護 予 防 健 康 づくりを 推 進 するとともに 生 きがいづく り 及 び 社 会 参 加 を 推 進 すること 3-2 介 護 保 険 制 度 の 適 切 な 運 営 を 図 るとともに 質 量 両 面 にわたり 介 護 サービス 基 盤 の 整 備 を 図 ること 基 本 目 標 Ⅹ 国 際 化 時 代 にふさわしい 厚 生 労 働 行 政 を 推 進 するこ と 施 策 大 目 標 1 国 際 社 会 への 参 画 貢 献 を 行 うこと 1-1 国 際 機 関 の 活 動 への 参 画 協 力 や 海 外 広 報 を 通 じて 国 際 社 会 に 貢 献 すること 1-2 二 国 間 等 の 国 際 協 力 を 推 進 し 連 携 を 強 化 すること 施 策 大 目 標 2 国 際 化 に 対 応 した 施 策 を 推 進 すること( 再 掲 ) 感 染 症 の 発 生 まん 延 の 防 止 等 を 図 ること( 基 本 目 標 Ⅰ 施 策 目 標 5-1を 参 照 ) 食 品 等 の 飲 食 に 起 因 する 衛 生 上 の 危 害 の 発 生 を 防 止 すること ( 基 本 目 標 Ⅱ 施 策 目 標 1-1を 参 照 ) 国 民 に 信 頼 される 持 続 可 能 な 公 的 年 金 制 度 を 構 築 すること( 基 本 目 標 Ⅸ 施 策 目 標 1-1を 参 照 ) 外 国 人 労 働 者 対 策 を 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅳ 施 策 目 標 3-1を 参 照 ) 感 染 症 の 発 生 まん 延 の 防 止 等 を 図 ること( 基 本 目 標 Ⅰ 施 策 目 標 5-1を 参 照 ) 食 品 等 の 飲 食 に 起 因 する 衛 生 上 の 危 害 の 発 生 を 防 止 すること ( 基 本 目 標 Ⅱ 施 策 目 標 1-1を 参 照 ) 国 民 に 信 頼 される 持 続 可 能 な 公 的 年 金 制 度 を 構 築 すること( 基 本 目 標 Ⅸ 施 策 目 標 1-1を 参 照 ) 外 国 人 労 働 者 対 策 を 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅳ 施 策 目 標 3-1を 参 照 ) 5

11 基 本 目 標 ⅩⅠ 国 民 生 活 の 向 上 に 関 わる 科 学 技 術 の 振 興 を 図 ること 基 本 目 標 ⅩⅠ 国 民 生 活 の 向 上 に 関 わる 科 学 技 術 の 振 興 を 図 ること 施 策 大 目 標 1 国 立 試 験 研 究 機 関 の 適 正 かつ 効 果 的 な 運 営 を 確 保 すること 1-1 国 立 試 験 研 究 機 関 の 適 正 かつ 効 果 的 な 運 営 を 確 保 すること 施 策 大 目 標 2 研 究 を 支 援 する 体 制 を 整 備 すること 2-1 厚 生 労 働 科 学 研 究 事 業 の 適 正 かつ 効 果 的 な 実 施 を 確 保 するこ と 施 策 大 目 標 3 厚 生 労 働 分 野 の 研 究 開 発 を 推 進 すること( 再 掲 ) 施 策 大 目 標 1 国 立 試 験 研 究 機 関 の 適 正 かつ 効 果 的 な 運 営 を 確 保 すること 1-1 国 立 試 験 研 究 機 関 の 適 正 かつ 効 果 的 な 運 営 を 確 保 すること 施 策 大 目 標 2 研 究 を 支 援 する 体 制 を 整 備 すること 2-1 厚 生 労 働 科 学 研 究 事 業 の 適 正 かつ 効 果 的 な 実 施 を 確 保 するこ と 施 策 大 目 標 3 厚 生 労 働 分 野 の 研 究 開 発 を 推 進 すること( 再 掲 ) 感 染 症 の 発 生 まん 延 の 防 止 を 図 るための 研 究 開 発 を 推 進 する こと( 基 本 目 標 Ⅰ 施 策 目 標 5-1を 参 照 ) 治 療 方 法 が 確 立 していない 特 殊 の 疾 病 等 の 予 防 治 療 等 の 研 究 開 発 を 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅰ 施 策 目 標 5-2を 参 照 ) 新 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 研 究 開 発 を 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅰ 施 策 目 標 8-1を 参 照 ) 生 活 習 慣 の 改 善 等 により 健 康 寿 命 の 延 伸 等 を 図 る 研 究 開 発 を 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅰ 施 策 目 標 10-2を 参 照 ) 食 品 等 の 飲 食 に 起 因 する 衛 生 上 の 危 害 の 発 生 を 防 止 するため の 研 究 開 発 を 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅱ 施 策 目 標 1-1を 参 照 ) 国 民 生 活 の 利 便 性 の 向 上 に 関 わるIT 化 を 推 進 するこ 基 本 目 標 ⅩⅡ と 感 染 症 の 発 生 まん 延 の 防 止 を 図 るための 研 究 開 発 を 推 進 する こと( 基 本 目 標 Ⅰ 施 策 目 標 5-1を 参 照 ) 治 療 方 法 が 確 立 していない 特 殊 の 疾 病 等 の 予 防 治 療 等 の 研 究 開 発 を 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅰ 施 策 目 標 5-2を 参 照 ) 新 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 研 究 開 発 を 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅰ 施 策 目 標 8-1を 参 照 ) 生 活 習 慣 の 改 善 等 により 健 康 寿 命 の 延 伸 等 を 図 る 研 究 開 発 を 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅰ 施 策 目 標 10-2を 参 照 ) 食 品 等 の 飲 食 に 起 因 する 衛 生 上 の 危 害 の 発 生 を 防 止 するため の 研 究 開 発 を 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅱ 施 策 目 標 1-1を 参 照 ) 国 民 生 活 の 利 便 性 の 向 上 に 関 わるIT 化 を 推 進 するこ 基 本 目 標 ⅩⅡ と 施 策 大 目 標 1 電 子 行 政 推 進 に 関 する 基 本 方 針 を 推 進 すること 1-1 行 政 分 野 へのIT( 情 報 通 信 技 術 )の 活 用 とこれに 併 せた 業 務 や 制 度 の 見 直 しにより 国 民 の 利 便 性 の 向 上 と 行 政 運 営 の 簡 素 化 効 率 化 を 図 ること 施 策 大 目 標 2 医 療 健 康 介 護 福 祉 分 野 の 情 報 化 を 推 進 すること( 再 掲 ) 医 療 情 報 化 インフラの 普 及 のための 取 組 みを 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅰ 施 策 目 標 3-1を 参 照 ) レセプトオンライン 化 のための 取 組 みを 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅰ 施 策 目 標 9-1を 参 照 ) 施 策 大 目 標 3 その 他 の 政 策 分 野 における 情 報 化 を 推 進 すること( 再 掲 ) 施 策 大 目 標 1 電 子 行 政 推 進 に 関 する 基 本 方 針 を 推 進 すること 行 政 分 野 へのIT( 情 報 通 信 技 術 )の 活 用 とこれに 併 せた 業 務 や 制 度 の 見 直 しにより 国 民 の 利 便 性 の 向 上 と 行 政 運 営 の 簡 素 化 効 率 化 を 図 ること 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 国 民 の 理 解 を 得 ながら その 着 実 な 導 入 を 図 るとともに 社 会 保 障 税 番 号 の 利 活 用 を 推 進 し 国 民 の 利 便 性 の 向 上 を 図 ること 施 策 大 目 標 2 医 療 健 康 介 護 福 祉 分 野 の 情 報 化 を 推 進 すること( 再 掲 ) 医 療 情 報 化 インフラの 普 及 のための 取 組 みを 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅰ 施 策 目 標 3-1を 参 照 ) レセプトオンライン 化 のための 取 組 みを 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅰ 施 策 目 標 9-1を 参 照 ) 施 策 大 目 標 3 その 他 の 政 策 分 野 における 情 報 化 を 推 進 すること( 再 掲 ) 仕 事 と 生 活 の 調 和 を 図 るための 情 報 化 の 取 組 みを 推 進 すること ( 基 本 目 標 Ⅲ 施 策 目 標 4-1を 参 照 ) 求 人 求 職 情 報 への 円 滑 なアクセスを 図 るための 情 報 化 の 取 組 みを 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅳ 施 策 目 標 1-1を 参 照 ) 女 性 の 再 就 職 再 就 業 支 援 のための 情 報 化 の 取 組 みを 推 進 す ること( 基 本 目 標 Ⅵ 施 策 目 標 1-1を 参 照 ) 国 民 に 信 頼 されるとともに 職 員 一 人 一 人 がやりがい 基 本 目 標 ⅩⅢ をもって 働 くことができる 体 制 を 確 立 すること 仕 事 と 生 活 の 調 和 を 図 るための 情 報 化 の 取 組 みを 推 進 すること ( 基 本 目 標 Ⅲ 施 策 目 標 4-1を 参 照 ) 求 人 求 職 情 報 への 円 滑 なアクセスを 図 るための 情 報 化 の 取 組 みを 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅳ 施 策 目 標 1-1を 参 照 ) 女 性 の 再 就 職 再 就 業 支 援 のための 情 報 化 の 取 組 みを 推 進 す ること( 基 本 目 標 Ⅵ 施 策 目 標 1-1を 参 照 ) 国 民 に 信 頼 されるとともに 職 員 一 人 一 人 がやりがい 基 本 目 標 ⅩⅢ をもって 働 くことができる 体 制 を 確 立 すること 施 策 大 目 標 1 情 報 発 信 情 報 公 開 と 効 率 的 効 果 的 な 業 務 運 営 を 図 ること 施 策 大 目 標 1 情 報 発 信 情 報 公 開 と 効 率 的 効 果 的 な 業 務 運 営 を 図 ること 1-1 国 民 に 伝 わるように 分 かりやすく 情 報 を 発 信 するとともに 国 民 の 声 に 耳 を 傾 け 改 善 へ 活 かすこと 1-2 コスト 意 識 ムダ 削 減 を 徹 底 するための 取 組 を 進 めること 国 民 に 伝 わるように 分 かりやすく 情 報 を 発 信 するとともに 国 民 の 声 に 耳 を 傾 け 改 善 へ 活 かすこと コスト 意 識 ムダ 削 減 を 徹 底 するための 取 組 を 進 めること 施 策 大 目 標 2 職 員 の 育 成 と 職 場 環 境 の 改 善 を 図 ること 施 策 大 目 標 2 職 員 の 育 成 と 職 場 環 境 の 改 善 を 図 ること 次 代 の 厚 生 労 働 行 政 を 担 う 人 物 像 に 照 らした 適 切 な 人 事 評 価 と 前 例 にとらわれない 適 材 適 所 の 人 事 を 推 進 すること 省 に 不 足 する 能 力 の 向 上 を 図 り 意 欲 と 能 力 を 兼 ね 備 えた 職 員 の 育 成 を 進 めること 職 員 一 人 一 人 がやりがいをもって 業 務 を 行 うことができるよう 職 場 環 境 の 改 善 等 を 進 めること 政 策 の 企 画 立 案 に 時 間 を 割 くことができるような 体 制 を 確 立 す るため 業 務 改 善 効 率 化 の 取 組 を 進 めること 次 代 の 厚 生 労 働 行 政 を 担 う 人 物 像 に 照 らした 適 切 な 人 事 評 価 と 前 例 にとらわれない 適 材 適 所 の 人 事 を 推 進 すること 省 に 不 足 する 能 力 の 向 上 を 図 り 意 欲 と 能 力 を 兼 ね 備 えた 職 員 の 育 成 を 進 めること 職 員 一 人 一 人 がやりがいをもって 業 務 を 行 うことができるよう 職 場 環 境 の 改 善 等 を 進 めること 政 策 の 企 画 立 案 に 時 間 を 割 くことができるような 体 制 を 確 立 す るため 業 務 改 善 効 率 化 の 取 組 を 進 めること 6

12 資 料 1-2 厚 生 労 働 省 における 政 策 評 価 に 関 する 基 本 計 画 ( 第 3 期 )( 案 ) 平 成 24 年 3 月 30 日 厚 生 労 働 大 臣 決 定 平 成 26 年 月 日 一 部 変 更

13 厚 生 労 働 省 における 政 策 評 価 に 関 する 基 本 計 画 ( 第 3 期 ) 目 次 頁 第 1 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 計 画 期 間 1 第 3 政 策 評 価 の 実 施 に 関 する 方 針 2 1 政 策 評 価 の 実 施 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 2 政 策 体 系 3 政 策 評 価 の 実 施 方 法 第 4 政 策 評 価 の 観 点 に 関 する 事 項 3 第 5 政 策 効 果 の 把 握 に 関 する 事 項 4 1 政 策 効 果 の 把 握 方 法 2 政 策 効 果 の 把 握 に 当 たっての 留 意 点 第 6 事 前 評 価 の 実 施 に 関 する 事 項 4 1 事 前 評 価 の 対 象 とする 政 策 及 び 評 価 方 式 2 事 前 評 価 の 評 価 結 果 の 検 証 第 7 事 後 評 価 の 実 施 に 関 する 事 項 6 1 事 後 評 価 の 対 象 とする 政 策 及 び 評 価 方 式 2 モニタリングの 実 施 第 8 学 識 経 験 を 有 する 者 の 知 見 の 活 用 に 関 する 事 項 8 1 学 識 経 験 者 等 の 知 見 活 用 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 2 政 策 評 価 に 関 する 有 識 者 会 議 第 9 政 策 評 価 の 結 果 の 政 策 への 反 映 に 関 する 事 項 9 1 評 価 結 果 の 反 映 2 反 映 状 況 の 報 告 及 び 公 表

14 第 10 インターネットの 利 用 その 他 の 方 法 による 政 策 評 価 に 関 する 情 報 の 公 開 に 関 する 事 項 9 1 公 表 内 容 方 法 2 国 民 の 意 見 要 望 の 受 付 第 11 政 策 評 価 の 実 施 体 制 に 関 する 事 項 9 1 政 策 評 価 の 担 当 組 織 2 政 策 評 価 の 実 施 に 関 する 関 係 課 長 会 議 3 政 策 評 価 に 関 する 有 識 者 会 議 ( 再 掲 ) 第 12 その 他 政 策 評 価 の 実 施 に 関 し 必 要 な 事 項 10 1 政 策 評 価 の 継 続 的 改 善 2 職 員 の 人 材 の 確 保 及 び 資 質 の 向 上 3 地 方 公 共 団 体 等 との 連 携 協 力 4 本 計 画 の 改 正 5 実 施 計 画 厚 生 労 働 省 における 政 策 評 価 実 施 要 領 別 紙 政 策 体 系 ( 基 本 目 標 施 策 大 目 標 及 び 施 策 中 目 標 )

15 平 成 24 年 3 月 30 日 厚 生 労 働 大 臣 決 定 厚 生 労 働 省 における 政 策 評 価 に 関 する 基 本 計 画 ( 第 3 期 ) 第 1 基 本 的 な 考 え 方 政 策 評 価 については 行 政 機 関 が 行 う 政 策 の 評 価 に 関 する 法 律 ( 平 成 13 年 法 律 第 86 号 以 下 法 という )が 平 成 14 年 4 月 に 施 行 され 厚 生 労 働 省 において も これに 基 づき 政 策 評 価 を 実 施 してきたところであり 政 策 評 価 の 実 施 から10 年 が 経 過 した この 間 国 民 に 対 する 説 明 責 任 (アカウンタビリティ)の 徹 底 や 国 民 本 位 の 効 率 的 で 質 の 高 い 行 政 の 実 現 国 民 的 視 野 に 立 った 成 果 (アウトカム) 重 視 の 行 政 への 転 換 等 を 目 的 として 政 策 評 価 を 実 施 してきたところであるが 今 後 も 厚 生 労 働 省 の 各 政 策 が 国 民 生 活 の 質 の 一 層 の 向 上 に 貢 献 できるよう 政 策 評 価 の 充 実 や 改 善 を 図 っていく 必 要 がある 本 計 画 においては 法 第 6 条 第 1 項 に 基 づく 政 策 評 価 に 関 する 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 12 月 16 日 閣 議 決 定 以 下 政 策 評 価 基 本 方 針 という )を 踏 まえて 当 省 が 実 施 する 政 策 評 価 について その 評 価 の 観 点 政 策 効 果 の 把 握 の 手 法 事 前 評 価 及 び 事 後 評 価 の 対 象 とする 政 策 など 評 価 の 実 施 に 関 する 基 本 的 事 項 を 明 らかに するものである 第 2 計 画 期 間 本 計 画 は 平 成 24 年 度 から 平 成 28 年 度 までの5 年 間 に 実 施 する 政 策 評 価 を 対 象 とする - 1 -

16 第 3 政 策 評 価 の 実 施 に 関 する 方 針 1 政 策 評 価 の 実 施 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 当 省 においては 政 策 の 質 の 向 上 政 策 形 成 能 力 の 向 上 や 職 員 の 意 識 改 革 等 を 図 るため 政 策 評 価 を 政 策 ( 組 織 定 員 要 求 予 算 要 求 税 制 改 正 要 望 を 含 む)の 企 画 立 案 Plan - 実 施 Do - 評 価 Check - 見 直 し 改 善 Action を 主 要 な 要 素 とする 政 策 のマネジメントサイクルの 中 に 明 確 に 組 み 込 み 実 施 するも のとする 2 政 策 体 系 政 策 評 価 を 体 系 的 に 実 施 するため 基 本 目 標 施 策 大 目 標 施 策 目 標 及 び 事 務 事 業 を 政 策 体 系 とする これらのうち 基 本 目 標 施 策 大 目 標 及 び 施 策 目 標 につい ては 別 紙 のとおり 定 め 事 務 事 業 については 基 本 計 画 に 基 づく 厚 生 労 働 省 に おける 事 後 評 価 の 実 施 に 関 する 計 画 ( 以 下 実 施 計 画 という )に 定 めるものと する 3 政 策 評 価 の 実 施 方 式 政 策 評 価 は 政 策 の 特 性 や 評 価 の 目 的 等 に 応 じて 次 の3つの 方 式 を 適 切 に 選 択 して 実 施 することとする また いずれの 方 式 においても 政 策 評 価 を 効 果 的 効 率 的 に 実 施 するため 政 策 の 目 的 とその 手 段 の 関 係 を 明 確 にするとともに 評 価 の 対 象 を 重 点 化 し 政 策 評 価 を 実 施 する 時 期 や 把 握 する 政 策 効 果 の 範 囲 などは 政 策 効 果 の 発 現 時 期 や 政 策 効 果 の 把 握 に 要 するコストなどを 勘 案 して 適 切 に 判 断 するものとする (1) 評 価 方 式 政 策 を 決 定 した 後 に 政 策 の 不 断 の 見 直 しや 改 善 に 資 する 見 地 から 政 策 の 目 的 と 手 段 の 対 応 関 係 を 明 示 しつつ あらかじめ 政 策 効 果 に 着 目 した 達 成 すべ き 目 標 を 設 定 し これに 対 する を 定 期 的 継 続 的 に 測 定 するとともに 目 標 期 間 が 終 了 した 時 点 で 目 標 期 間 全 体 における 取 組 や 最 終 的 な 等 を 総 括 し 目 標 の 達 成 度 合 いについて 評 価 する (2) 総 合 評 価 方 式 政 策 の 決 定 から 一 定 期 間 を 経 過 した 後 を 中 心 に 問 題 点 の 解 決 に 資 する 多 様 な 情 報 を 提 供 することにより 政 策 の 見 直 しや 改 善 に 資 する 見 地 から 特 定 の テーマについて 当 該 テーマに 係 る 政 策 効 果 の 発 現 状 況 を 様 々な 角 度 から 掘 り 下 げて 分 析 し 政 策 に 係 る 問 題 点 を 把 握 するとともにその 原 因 を 分 析 するなど 総 合 的 に 評 価 する (3) 事 業 評 価 方 式 個 々の 具 体 的 な 事 業 や 施 策 の 実 施 を 目 的 とする 政 策 を 決 定 する 前 に その - 2 -

17 採 否 選 択 等 に 資 する 見 地 から 当 該 事 業 又 は 施 策 を 対 象 として あらかじめ 期 待 される 政 策 効 果 やそれらに 要 する 費 用 等 を 推 計 測 定 するとともに 必 要 に 応 じ 事 後 の 時 点 で 事 前 の 時 点 に 行 った 評 価 内 容 を 踏 まえて 検 証 するものであり 個 々の 具 体 的 な 事 業 や 施 策 の 採 択 及 びその 継 続 の 可 否 や 見 直 しを 目 的 とす る 第 4 政 策 評 価 の 観 点 に 関 する 事 項 政 策 評 価 の 観 点 としては 以 下 の(1)から(5)があり 評 価 の 際 には 必 要 性 効 率 性 及 び 有 効 性 の 観 点 を 基 本 としつつ 評 価 の 対 象 とする 政 策 の 特 性 等 に 応 じ て 公 平 性 優 先 性 等 の 観 点 を 用 いるなど 総 合 的 に 評 価 を 行 うこととする その 際 政 策 評 価 の 実 施 方 式 や 評 価 の 対 象 とする 政 策 の 特 性 等 に 応 じて 評 価 書 等 ( 法 第 10 条 に 規 定 する 評 価 書 及 びその 要 旨 をいう 以 下 同 じ )に 政 策 評 価 の 観 点 を 具 体 的 に 記 載 することにより 実 効 性 の 高 い 評 価 を 行 うものとする (1) 必 要 性 の 観 点 イ 政 策 の 目 的 が 国 民 や 社 会 のニーズに 照 らして 妥 当 か また 上 位 の 目 的 に 照 らして 妥 当 か ロ 行 政 関 与 の 在 り 方 から 見 て 行 政 が 担 う 必 要 があるか (2) 効 率 性 の 観 点 イ 投 入 された 資 源 量 に 見 合 った 効 果 が 得 られるか 又 は 実 際 に 得 られている か ロ 必 要 な 効 果 がより 少 ない 資 源 量 で 得 られるものが 他 にないか ハ 同 一 の 資 源 量 でより 大 きな 効 果 が 得 られるものが 他 にないか (3) 有 効 性 の 観 点 か 政 策 の 実 施 により 期 待 される 効 果 が 得 られるか 又 は 実 際 に 得 られている (4) 公 平 性 の 観 点 政 策 の 目 的 に 照 らして 政 策 の 効 果 の 受 益 や 費 用 の 負 担 が 公 平 に 分 配 され るか 又 は 実 際 に 分 配 されているか (5) 優 先 性 の 観 点 他 の 政 策 よりも 優 先 的 に 実 施 すべきか - 3 -

18 第 5 政 策 効 果 の 把 握 に 関 する 事 項 1 政 策 効 果 の 把 握 方 法 (1) 政 策 効 果 の 把 握 については それに 要 するコスト 得 られる 結 果 の 分 析 精 度 評 価 を 実 施 する 職 員 の 能 力 等 を 考 慮 しつつ 政 策 の 特 性 に 応 じた 合 理 的 な 手 法 を 用 いて できる 限 り 定 量 的 に 行 うこととする (2) 政 策 効 果 を 定 量 的 に 把 握 することが 困 難 である 場 合 又 は 政 策 評 価 の 客 観 的 かつ 厳 格 な 実 施 の 確 保 に 結 びつかない 場 合 には できる 限 り 客 観 的 な 情 報 データや 事 実 を 用 いつつ 政 策 効 果 を 定 性 的 に 把 握 する 手 法 を 用 いるものとす る (3) 特 に 厚 生 労 働 行 政 は 保 健 医 療 社 会 福 祉 所 得 保 障 労 働 といった 国 民 生 活 に 密 着 した 幅 広 い 分 野 を 所 掌 しており 社 会 のセーフティネットとして 機 能 している 政 策 も 多 く 政 策 効 果 の 把 握 に 関 する 手 法 等 が 確 立 されていない 分 野 も 存 在 することから 具 体 的 に 数 値 等 で 把 握 しにくい 効 果 も 十 分 に 勘 案 しな がら 適 正 な 評 価 に 努 めるものとする 2 政 策 効 果 の 把 握 に 当 たっての 留 意 点 政 策 評 価 の 実 施 に 当 たり 評 価 の 対 象 となる 政 策 に 基 づく 具 体 的 活 動 の 実 施 主 体 が 厚 生 労 働 省 以 外 であり 政 策 効 果 の 把 握 のために 当 該 実 施 主 体 における 活 動 に 関 する 情 報 等 が 必 要 となる 場 合 にあっては 事 前 に 当 該 実 施 主 体 に 対 して 把 握 しようとする 政 策 効 果 やそのために 必 要 となる 情 報 政 策 効 果 の 把 握 の 方 法 等 について 具 体 的 に 示 すことなどにより できる 限 りその 理 解 と 協 力 を 得 るように 努 めることとする 第 6 事 前 評 価 の 実 施 に 関 する 事 項 1 事 前 評 価 の 対 象 とする 政 策 及 び 評 価 方 式 事 前 評 価 の 対 象 とする 政 策 は 以 下 のとおりとし 事 業 評 価 方 式 を 基 本 とする (1) 個 々の 研 究 開 発 ( 注 1) イ 10 億 円 以 上 の 費 用 を 要 することが 見 込 まれるものの 実 施 を 目 的 とする 政 策 ロ 10 億 円 以 上 の 費 用 を 要 することが 見 込 まれるものを 実 施 する 者 に 対 し そ の 実 施 に 要 する 費 用 の 全 部 又 は 一 部 を 補 助 することを 目 的 とする 政 策 ハ 国 の 研 究 開 発 評 価 に 関 する 大 綱 的 指 針 ( 平 成 20 年 10 月 31 日 内 閣 総 理 大 臣 決 定 以 下 大 綱 的 指 針 という )に 基 づき 事 前 評 価 の 対 象 とされた 研 - 4 -

19 究 開 発 (2) 個 々の 公 共 的 な 建 設 の 事 業 ( 注 2) 公 共 の 用 に 供 する 施 設 を 整 備 する 事 業 その 他 の 個 々の 公 共 的 な 建 設 の 事 業 であって イ 10 億 円 以 上 の 費 用 を 要 することが 見 込 まれるものの 実 施 を 目 的 とする 政 策 ロ 10 億 円 以 上 の 費 用 を 要 することが 見 込 まれるものを 実 施 する 者 に 対 し そ の 実 施 に 要 する 費 用 の 全 部 又 は 一 部 を 補 助 することを 目 的 とする 政 策 (3) 個 々の 政 府 開 発 援 助 イ 無 償 の 資 金 供 与 による 協 力 ( 注 3) 当 該 資 金 供 与 の 額 が10 億 円 以 上 となることが 見 込 まれるものの 実 施 を 目 的 とする 政 策 ロ 有 償 の 資 金 供 与 による 協 力 ( 注 4) 当 該 資 金 供 与 の 額 が150 億 円 以 上 となることが 見 込 まれるものの 実 施 を 目 的 とする 政 策 (4) 規 制 の 新 設 等 を 目 的 とする 政 策 ( 注 5 6) 法 律 又 は 法 律 の 委 任 に 基 づく 政 令 の 制 定 又 は 改 廃 により 規 制 を 新 設 し 若 しくは 廃 止 し 又 は 規 制 の 内 容 の 変 更 をすることを 目 的 とする 政 策 (5) 租 税 特 別 措 置 等 の 新 設 拡 充 又 は 延 長 ( 注 7) 租 税 特 別 措 置 等 のうち 法 人 税 法 人 住 民 税 及 び 法 人 事 業 税 の 新 設 拡 充 又 は 延 長 を 目 的 とする 政 策 注 1: 人 文 科 学 のみに 係 るものを 除 く( 行 政 機 関 が 行 う 政 策 の 評 価 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 13 年 9 月 27 日 政 令 第 323 号 以 下 令 という ) 第 3 条 第 1 号 及 び2 号 参 照 ) 注 2: 施 設 の 維 持 又 は 修 繕 に 係 る 事 業 を 除 く( 令 第 3 条 第 3 号 及 び4 号 参 照 ) 注 3: 条 約 その 他 の 国 際 約 束 に 基 づく 技 術 協 力 又 はこれに 密 接 な 関 連 性 を 有 する 事 業 のための 施 設 ( 船 舶 を 含 む )の 整 備 ( 当 該 施 設 の 維 持 及 び 運 営 に 必 要 な 設 備 及 び 資 材 の 調 達 を 含 む )を 目 的 として 行 われるものに 限 る ( 令 第 3 条 第 5 号 参 照 ) 注 4: 資 金 の 供 与 の 条 件 が 開 発 途 上 地 域 にとって 重 い 負 担 にならないよう 金 利 償 還 期 間 等 について 緩 やかな 条 件 が 付 されているものであって 独 立 行 政 法 人 国 際 協 力 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 136 号 ) 第 13 条 第 1 項 第 2 号 イの 規 定 に 基 づき 外 務 大 臣 が 指 定 する 者 に 対 して その 行 う 開 発 事 業 の 実 施 に 必 要 な 資 金 を 貸 し 付 けるものに 限 る( 令 第 3 条 第 5 号 参 照 ) 注 5: 規 制 とは 国 民 の 権 利 を 制 限 し 又 はこれに 義 務 を 課 する 作 用 ( 租 税 裁 - 5 -

20 判 手 続 補 助 金 の 交 付 の 申 請 手 続 その 他 の 行 政 機 関 が 行 う 政 策 の 評 価 に 関 する 法 律 施 行 規 則 ( 平 成 19 年 総 務 省 令 第 95 号 以 下 規 則 とい う ) 第 1 条 で 定 めるものに 係 る 作 用 を 除 く )である( 令 第 3 条 6 号 参 照 ) 注 6: 規 制 の 内 容 の 変 更 については 提 出 すべき 書 類 の 種 類 記 載 事 項 又 は 様 式 の 軽 微 な 変 更 その 他 の 国 民 生 活 又 は 社 会 経 済 に 相 当 程 度 の 影 響 を 及 ぼすことが 見 込 まれないものとして 規 則 第 2 条 で 定 める 変 更 を 除 く( 令 第 3 条 6 号 参 照 ) 注 7: 租 税 特 別 措 置 等 の 具 体 的 な 評 価 の 範 囲 については 令 第 3 条 第 7 号 及 び 第 8 号 並 びに 政 策 評 価 基 本 方 針 Ⅰ4キの 規 定 に 従 うものとする 2 事 前 評 価 の 評 価 結 果 の 検 証 事 前 評 価 の 対 象 とした 政 策 については 政 策 効 果 の 把 握 の 手 法 等 の 調 査 研 究 及 び 開 発 を 積 極 的 に 進 めるために 評 価 書 等 に 当 該 政 策 の 目 標 の 達 成 状 況 を 示 す 評 価 指 標 と 政 策 効 果 の 発 現 時 期 を 示 し その 評 価 指 標 のモニタリングの 結 果 ( 以 下 モニタリング 結 果 という )や 推 移 政 策 効 果 の 発 現 時 期 を 参 考 にすること などにより 必 要 に 応 じて 又 は 事 前 評 価 の 実 施 後 一 定 期 間 が 経 過 したときに 事 前 評 価 の 評 価 結 果 を 重 点 的 に 検 証 することとする 第 7 事 後 評 価 の 実 施 に 関 する 事 項 1 事 後 評 価 の 対 象 とする 政 策 及 び 評 価 方 式 事 後 評 価 の 対 象 とする 政 策 及 び 評 価 方 式 については 以 下 のとおりとする (1) 政 策 体 系 に 基 づき 対 象 とする 政 策 イ 評 価 の 単 位 施 策 目 標 ごとに 評 価 を 行 い 評 価 書 等 を 作 成 することを 原 則 とする ロ 評 価 予 定 ( 評 価 時 期 及 び 評 価 方 式 )の 設 定 実 施 計 画 において 施 策 目 標 ごとに 政 策 の 特 性 や 政 策 の 見 直 し 時 期 等 を 踏 まえて 基 本 計 画 の 期 間 中 に 全 ての 施 策 目 標 について 事 後 評 価 を 実 施 ( 以 下 ローテーション という )できるよう 概 ねの 時 期 及 び 評 価 方 式 を 設 定 する こととする ハ 事 後 評 価 の 対 象 とする 政 策 及 び 評 価 方 式 の 決 定 ローテーションで 評 価 を 実 施 するもののほか 以 下 の1から3までに 該 当 する 場 合 は 原 則 として 事 後 評 価 の 対 象 とすることとし 具 体 的 には 前 年 度 の 実 施 計 画 の 評 価 予 定 を 踏 まえつつ 毎 年 度 実 施 計 画 において 定 める 評 価 方 式 は 政 策 の 特 性 や 評 価 の 目 的 等 に 応 じて 適 切 に 選 択 する 1 政 策 の 特 性 に 応 じて 定 期 的 な 見 直 しを 行 う 場 合 - 6 -

21 2 次 のいずれかに 該 当 し かつ 当 該 年 度 において 評 価 を 実 施 することが 適 切 であると 認 められる 場 合 なお 課 題 の 選 定 及 び 評 価 に 当 たっては 審 議 会 の 答 申 や 白 書 等 による 分 析 結 果 を 積 極 的 に 活 用 するように 努 める a 施 政 方 針 演 説 等 で 示 された 内 閣 としての 重 要 政 策 b 当 省 の 主 要 な 制 度 の 新 設 改 定 等 3 指 標 のモニタリング 結 果 や 推 移 により 必 要 が 生 じた 場 合 ニ 政 策 体 系 及 び 指 標 並 びに 目 標 値 の 見 直 し 各 年 度 の 評 価 結 果 等 を 踏 まえ 必 要 に 応 じて 政 策 体 系 及 び 指 標 並 びに 目 標 値 の 見 直 しを 行 う この 場 合 において 指 標 及 び 目 標 値 については 評 価 の 対 象 となる 政 策 の 性 質 等 に 応 じ さらに 客 観 的 かつ 的 確 に 達 成 度 を 測 定 で きるものとなるよう 努 める ホ 評 価 方 式 評 価 方 式 又 は 総 合 評 価 方 式 を 基 本 とする (2) 研 究 開 発 る 大 綱 的 指 針 に 基 づき 事 後 評 価 の 対 象 とするもの 事 業 評 価 方 式 を 基 本 とす (3) 公 共 事 業 水 道 施 設 整 備 事 業 の 評 価 の 実 施 について ( 平 成 23 年 7 月 7 日 付 健 発 0707 第 1 号 )で 定 めるところにより 事 後 評 価 の 対 象 とするもの 事 業 評 価 方 式 を 基 本 とする (4) 事 前 評 価 を 実 施 した 政 策 以 下 の 政 策 を 対 象 とし 事 業 評 価 方 式 を 基 本 とする イ 事 前 評 価 の 実 施 後 一 定 期 間 が 経 過 したもの ロ 事 前 評 価 の 際 に 設 定 した 評 価 指 標 のモニタリング 結 果 や 推 移 政 策 効 果 の 発 現 時 期 を 参 考 にして 必 要 が 生 じたもの (5) 法 第 7 条 第 2 項 第 2 号 に 規 定 する 政 策 ( 政 策 決 定 後 5 年 間 が 経 過 した 時 点 で 未 着 手 のもの 又 は 政 策 決 定 後 10 年 間 が 経 過 した 時 点 で 継 続 中 のもの) 事 業 評 価 評 価 又 は 総 合 評 価 方 式 を 基 本 とする (6) 今 後 の 経 済 財 政 運 営 及 び 経 済 社 会 の 構 造 改 革 に 関 する 基 本 方 針 ( 平 成 1 3 年 6 月 26 日 閣 議 決 定 ) 以 下 累 次 の 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革 に 関 する 基 本 方 針 に 基 づき 定 められた 成 果 重 視 事 業 事 業 評 価 方 式 を 基 本 とする - 7 -

22 (7) 租 税 特 別 措 置 等 政 策 評 価 基 本 方 針 に 基 づき 租 税 特 別 措 置 等 のうち 法 人 税 法 人 住 民 税 及 び 法 人 事 業 税 に 関 するもの 事 業 評 価 評 価 又 は 総 合 評 価 方 式 を 基 本 とす る (8) (1)から(7)までに 掲 げるもののほか 閣 議 決 定 等 の 内 閣 の 基 本 方 針 に 基 づ き 政 策 評 価 を 実 施 するもの 事 業 評 価 評 価 又 は 総 合 評 価 方 式 を 基 本 とする 2 モニタリングの 実 施 厚 生 労 働 行 政 全 般 の を 明 らかにするため 担 当 部 局 ( 個 別 の 政 策 を 所 管 す る 大 臣 官 房 の 各 課 を 含 む 以 下 同 じ )は 各 年 度 開 始 後 遅 滞 なく 施 策 目 標 に 係 る 指 標 並 びに 事 前 評 価 を 行 った 事 業 について 事 前 評 価 の 際 に 設 定 した 指 標 の 前 年 度 までの 進 捗 状 況 を 把 握 (モニタリング)することとする 第 8 学 識 経 験 を 有 する 者 の 知 見 の 活 用 に 関 する 事 項 1 学 識 経 験 者 等 の 知 見 の 活 用 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 政 策 評 価 の 実 施 に 当 たって 客 観 性 の 確 保 や 多 様 な 意 見 の 反 映 を 図 るため 以 下 の 方 法 等 により 学 識 経 験 者 等 の 高 度 の 専 門 性 や 実 践 的 な 知 見 の 活 用 等 を 積 極 的 に 図 るとともに その 活 用 の 状 況 等 を 評 価 書 に 明 記 するよう 努 めることとす る 1 学 識 経 験 者 等 からの 個 別 の 意 見 聴 取 2 学 識 経 験 者 等 により 構 成 される 検 討 会 研 究 会 等 の 開 催 3 既 存 の 審 議 会 の 活 用 4 外 部 研 究 機 関 等 の 活 用 2 政 策 評 価 に 関 する 有 識 者 会 議 当 省 における 政 策 評 価 制 度 評 価 方 法 等 について 改 善 向 上 を 図 るとともに 評 価 書 等 に 対 する 評 価 の 客 観 的 かつ 厳 格 な 実 施 を 確 保 するため 有 識 者 からなる 政 策 評 価 に 関 する 有 識 者 会 議 ( 以 下 有 識 者 会 議 という )を 設 置 し 以 下 の 事 項 について 有 識 者 会 議 の 意 見 等 を 聴 くこととする また 有 識 者 会 議 の 構 成 及 び 運 営 に 関 し 必 要 な 事 項 については 別 に 定 める イ 当 省 における 政 策 評 価 に 関 する 基 本 計 画 実 施 計 画 の 策 定 又 は 変 更 ロ 作 成 した 評 価 書 等 ハ その 他 政 策 評 価 に 関 する 基 本 的 事 項 の 変 更 等 - 8 -

23 第 9 政 策 評 価 の 結 果 の 政 策 への 反 映 に 関 する 事 項 1 評 価 結 果 の 反 映 (1) 評 価 結 果 は 新 たな 政 策 の 企 画 立 案 ( 組 織 定 員 要 求 予 算 要 求 税 制 改 正 要 望 等 を 含 む) 既 存 の 政 策 の 見 直 し 改 善 に 反 映 させるための 情 報 として 活 用 する (2) 政 策 評 価 と 予 算 決 算 等 の 連 携 を 強 化 するため 政 策 統 括 官 付 政 策 評 価 官 室 ( 以 下 政 策 評 価 官 室 という )は 関 連 する 閣 議 決 定 等 の 趣 旨 を 踏 まえ 必 要 な 取 組 を 推 進 するとともに 担 当 部 局 及 び 査 定 課 と 緊 密 な 連 携 を 図 る 2 反 映 状 況 の 報 告 及 び 公 表 毎 年 度 一 回 評 価 結 果 の 政 策 への 反 映 状 況 を 公 表 する 第 10 インターネットの 利 用 その 他 の 方 法 による 政 策 評 価 に 関 する 情 報 の 公 開 に 関 する 事 項 1 公 表 内 容 方 法 本 計 画 実 施 計 画 評 価 書 等 及 び 政 策 評 価 の 結 果 の 政 策 への 反 映 状 況 につい ては それぞれの 公 表 時 に 厚 生 労 働 省 ホームページへの 掲 載 や 政 策 評 価 官 室 へ の 備 付 けなどの 方 法 により 公 表 することとする なお 評 価 書 等 及 び 政 策 評 価 の 結 果 の 政 策 への 反 映 状 況 の 公 表 に 当 たって は 公 表 することにより 国 及 び 公 共 の 安 全 を 害 する 情 報 や 個 人 のプライバシー 企 業 秘 密 に 関 する 情 報 等 の 取 扱 いに 関 し 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 す る 法 律 ( 平 成 11 年 法 律 第 42 号 ) 行 政 機 関 の 保 有 する 個 人 情 報 の 保 護 に 関 す る 法 律 ( 平 成 15 年 法 律 第 58 号 )の 考 え 方 に 基 づき 適 切 に 対 応 するものとする 2 国 民 の 意 見 要 望 の 受 付 政 策 評 価 に 関 する 外 部 からの 意 見 等 については 当 省 ホームページ 等 におい て 広 く 受 け 付 ける 政 策 評 価 官 室 は 外 部 からの 意 見 に 対 して 担 当 部 局 と 調 整 の 上 回 答 を 行 うなど 適 切 な 対 応 に 努 めることとする 第 11 政 策 評 価 の 実 施 体 制 に 関 する 事 項 1 政 策 評 価 の 担 当 組 織 個 別 の 政 策 の 担 当 部 局 査 定 課 及 び 政 策 評 価 官 室 が 次 のような 役 割 分 担 の - 9 -

24 下 互 いに 協 力 連 携 をしつつ 政 策 評 価 を 実 施 するものとする (1) 担 当 部 局 は 自 ら 又 は 有 識 者 の 活 用 により その 担 当 する 政 策 について 評 価 を 実 施 し 部 局 のとりまとめ 課 で 評 価 書 等 を 確 認 の 上 査 定 課 及 び 政 策 評 価 官 室 に 提 出 する また 政 策 評 価 の 実 施 により 得 た 政 策 効 果 の 把 握 に 関 する 手 法 等 に 係 る 知 識 や 経 験 を 蓄 積 し 活 用 する (2) 査 定 課 は 提 出 された 評 価 書 等 を 参 考 に 査 定 又 は 審 査 を 行 い 組 織 定 員 要 求 予 算 要 求 税 制 改 正 要 望 等 に 適 切 に 反 映 する (3) 政 策 評 価 官 室 は 以 下 の 事 務 を 行 う 1 当 省 における 政 策 評 価 に 関 する 基 本 計 画 実 施 計 画 などの 政 策 評 価 に 関 する 基 本 的 事 項 の 企 画 立 案 2 当 省 における 政 策 評 価 に 関 する 基 本 計 画 実 施 計 画 政 策 体 系 の 指 標 の モニタリング 結 果 評 価 書 等 及 び 政 策 評 価 の 結 果 の 政 策 への 反 映 状 況 のとり まとめ 並 びに 公 表 3 評 価 手 法 の 調 査 研 究 及 び 開 発 の 推 進 4 政 策 評 価 を 担 当 する 職 員 の 技 能 向 上 の 推 進 5 政 策 評 価 に 関 する 情 報 提 供 及 び 助 言 等 を 通 じた 関 係 部 局 への 支 援 6 有 識 者 会 議 に 関 する 庶 務 2 政 策 評 価 の 実 施 に 関 する 関 係 課 長 会 議 省 内 に 政 策 評 価 の 実 施 に 関 する 関 係 課 長 会 議 ( 以 下 関 係 課 長 会 議 とい う )を 設 け 当 省 の 政 策 評 価 の 実 施 に 関 する 基 本 的 事 項 について 総 合 的 観 点 から 調 整 等 を 行 う また 関 係 課 長 会 議 の 構 成 及 び 運 営 に 関 し 必 要 な 事 項 につい ては 別 に 定 める 3 政 策 評 価 に 関 する 有 識 者 会 議 ( 再 掲 ) 当 省 における 政 策 評 価 制 度 評 価 方 法 等 について 改 善 向 上 を 図 るとともに 評 価 書 等 に 対 する 評 価 の 客 観 的 かつ 厳 格 な 実 施 を 確 保 するため 有 識 者 会 議 を 設 け 政 策 評 価 制 度 に 関 する 基 本 的 事 項 や 具 体 的 な 評 価 方 法 作 成 した 評 価 書 等 について 意 見 等 を 聴 取 する 第 12 その 他 政 策 評 価 の 実 施 に 関 し 必 要 な 事 項 1 政 策 評 価 の 継 続 的 改 善 (1) 政 策 評 価 官 室 は 担 当 部 局 が 蓄 積 した 政 策 評 価 に 関 する 知 識 や 経 験 他 府 省 地 方 公 共 団 体 等 及 び 外 国 の 状 況 に 関 する 知 識 などの 政 策 評 価 に 関 する 情

25 報 を 幅 広 く 収 集 し 政 策 評 価 制 度 全 般 の 改 善 充 実 を 図 るとともに 担 当 部 局 等 に 対 して 情 報 提 供 を 行 うこととする また 担 当 部 局 は 提 供 された 情 報 や 蓄 積 した 知 識 や 経 験 を 踏 まえ 政 策 評 価 の 実 施 の 改 善 充 実 を 図 っていくこととする (2) 政 策 効 果 の 把 握 に 関 する 手 法 等 については 個 々の 手 法 についての 特 性 を 十 分 に 検 証 し 知 識 や 経 験 を 蓄 積 していくとともに 新 たな 手 法 の 開 発 や 詳 細 な 分 析 を 行 うために 必 要 な 情 報 データの 収 集 に 努 め 段 階 的 に 評 価 の 質 の 向 上 を 図 ることとする 特 に 事 前 評 価 については 必 要 に 応 じて 又 は 事 前 評 価 の 実 施 後 一 定 期 間 が 経 過 したときに 事 前 評 価 の 評 価 結 果 を 重 点 的 に 検 証 することにより 政 策 効 果 の 把 握 の 手 法 等 の 調 査 研 究 及 び 開 発 を 積 極 的 に 進 めるものとする (3) 規 制 の 新 設 等 を 目 的 とする 政 策 の 評 価 については その 評 価 手 法 の 開 発 に 資 するため 規 制 影 響 分 析 の 実 施 に 一 層 積 極 的 に 取 り 組 むこととする 2 職 員 の 人 材 の 確 保 及 び 資 質 の 向 上 政 策 評 価 官 室 は 収 集 した 政 策 評 価 に 関 する 知 識 や 経 験 等 を 担 当 部 局 等 に 提 供 するとともに 政 策 評 価 に 関 する 研 修 の 機 会 を 設 けるなど 職 員 の 資 質 の 向 上 を 図 ることとする また 職 員 の 人 材 の 確 保 については 政 策 評 価 に 必 要 となる 専 門 的 実 務 的 な 知 識 を 得 るため 積 極 的 に 省 内 外 の 人 材 を 活 用 することとする 3 地 方 公 共 団 体 等 との 連 携 協 力 政 策 評 価 の 客 観 的 かつ 効 率 的 な 実 施 を 図 るため 評 価 の 対 象 となる 政 策 の 特 性 に 応 じて 地 方 公 共 団 体 等 と 必 要 な 情 報 や 意 見 の 交 換 を 行 うなど 地 方 公 共 団 体 等 と 適 切 な 連 携 協 力 を 図 ることとする 4 本 計 画 の 改 正 本 計 画 については 厚 生 労 働 行 政 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 政 策 評 価 基 本 方 針 の 変 更 政 策 評 価 の 実 施 状 況 政 策 効 果 の 把 握 の 手 法 等 その 他 政 策 評 価 の 方 法 に 関 する 調 査 研 究 及 び 開 発 の 成 果 や 動 向 等 を 踏 まえ 必 要 に 応 じて 改 正 を 行 うも のとする 5 実 施 計 画 厚 生 労 働 省 における 政 策 評 価 実 施 要 領 本 計 画 に 定 めるもののほか 当 省 が 実 施 する 政 策 評 価 に 関 する 具 体 的 な 評 価 の 実 施 手 順 実 施 時 期 等 必 要 な 事 項 は 実 施 計 画 及 び 厚 生 労 働 省 における 政 策 評 価 実 施 要 領 によるものとする

26 政 策 体 系 ( 基 本 目 標 施 策 大 目 標 施 策 目 標 ) 基 本 目 標 Ⅰ 安 心 信 頼 してかかれる 医 療 の 確 保 と 国 民 の 健 康 づくりを 推 進 すること 施 策 大 目 標 1 地 域 において 必 要 な 医 療 を 提 供 できる 体 制 を 整 備 すること 1-1 日 常 生 活 圏 の 中 で 良 質 かつ 適 切 な 医 療 が 効 率 的 に 提 供 できる 体 制 を 整 備 すること 施 策 大 目 標 2 必 要 な 医 療 従 事 者 を 確 保 するとともに 資 質 の 向 上 を 図 ること 2-1 今 後 の 医 療 需 要 に 見 合 った 医 療 従 事 者 の 確 保 を 図 ること 2-2 医 療 従 事 者 の 資 質 の 向 上 を 図 ること 施 策 大 目 標 3 利 用 者 の 視 点 に 立 った 効 率 的 で 安 心 かつ 質 の 高 い 医 療 サービスの 提 供 を 促 進 すること 3-1 医 療 情 報 化 の 体 制 整 備 の 普 及 を 推 進 すること 3-2 医 療 安 全 確 保 対 策 の 推 進 を 図 ること 施 策 大 目 標 4 国 が 医 療 政 策 として 担 うべき 医 療 ( 政 策 医 療 )を 推 進 すること 4-1 政 策 医 療 を 向 上 均 てん 化 させること 施 策 大 目 標 5 感 染 症 など 健 康 を 脅 かす 疾 病 を 予 防 防 止 するとともに 感 染 者 等 に 必 要 な 医 療 等 を 確 保 すること 5-1 感 染 症 の 発 生 まん 延 の 防 止 を 図 ること 5-2 治 療 方 法 が 確 立 していない 特 殊 の 疾 病 等 の 予 防 治 療 等 を 充 実 させること 5-3 適 正 な 移 植 医 療 を 推 進 すること 5-4 原 子 爆 弾 被 爆 者 等 を 援 護 すること 施 策 大 目 標 6 品 質 有 効 性 安 全 性 の 高 い 医 薬 品 医 療 機 器 を 国 民 が 適 切 に 利 用 できるようにすること 6-1 有 効 性 安 全 性 の 高 い 新 医 薬 品 医 療 機 器 を 迅 速 に 提 供 できるようにすること 6-2 医 薬 品 等 の 品 質 確 保 の 徹 底 を 図 るとともに 医 薬 品 等 の 安 全 対 策 等 を 推 進 すること 6-3 医 薬 品 の 適 正 使 用 を 推 進 すること 施 策 大 目 標 7 安 全 な 血 液 製 剤 を 安 定 的 に 供 給 すること 7-1 健 康 な 献 血 者 の 確 保 を 図 り 血 液 製 剤 の 国 内 自 給 使 用 適 正 化 を 推 進 し 安 全 性 の 向 上 を 図 るこ と 施 策 大 目 標 8 新 医 薬 品 医 療 機 器 の 開 発 を 促 進 するとともに 医 薬 品 産 業 等 の 振 興 を 図 ること 8-1 新 医 薬 品 医 療 機 器 の 開 発 を 促 進 するとともに 医 薬 品 産 業 等 の 振 興 を 図 ること 施 策 大 目 標 9 全 国 民 に 必 要 な 医 療 を 保 障 できる 安 定 的 効 率 的 な 医 療 保 険 制 度 を 構 築 すること 9-1 適 正 かつ 安 定 的 効 率 的 な 医 療 保 険 制 度 を 構 築 すること 9-2 生 活 習 慣 病 対 策 や 長 期 入 院 の 是 正 等 により 中 長 期 的 な 医 療 費 の 適 正 化 を 図 ること

27 施 策 大 目 標 10 妊 産 婦 児 童 から 高 齢 者 に 至 るまでの 幅 広 い 年 齢 層 において 地 域 職 場 などの 様 々な 場 所 で 国 民 的 な 健 康 づくりを 推 進 すること 10-1 地 域 住 民 の 健 康 の 保 持 増 進 及 び 地 域 住 民 が 安 心 して 暮 らせる 地 域 保 健 体 制 の 確 保 を 図 ること 10-2 生 活 習 慣 の 改 善 等 により 健 康 寿 命 の 延 伸 等 を 図 るとともに がんによる 死 亡 者 の 減 少 を 図 ること 10-3 安 全 安 心 な 職 場 づくりを 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅲ 施 策 目 標 2-1を 参 照 ) 10-4 母 子 保 健 衛 生 対 策 の 充 実 を 図 ること( 基 本 目 標 Ⅵ 施 策 目 標 5-1を 参 照 ) 10-5 高 齢 者 の 介 護 予 防 健 康 づくりを 推 進 するとともに 生 きがいづくり 及 び 社 会 参 加 を 推 進 すること ( 基 本 目 標 Ⅸ 施 策 目 標 3-1を 参 照 ) 施 策 大 目 標 11 健 康 危 機 管 理 を 推 進 すること 11-1 健 康 危 機 が 発 生 した 際 に 迅 速 かつ 適 切 に 対 応 するための 体 制 を 整 備 すること 基 本 目 標 Ⅱ 施 策 大 目 標 1 安 心 快 適 な 生 活 環 境 づくりを 衛 生 的 観 点 から 推 進 すること 食 品 等 の 安 全 性 を 確 保 すること 1-1 食 品 等 の 飲 食 に 起 因 する 衛 生 上 の 危 害 の 発 生 を 防 止 すること 施 策 大 目 標 2 安 全 で 質 が 高 く 災 害 に 強 い 持 続 的 な 水 道 を 確 保 すること 2-1 安 全 で 質 が 高 く 災 害 に 強 い 持 続 的 な 水 道 を 確 保 すること 施 策 大 目 標 3 麻 薬 覚 醒 剤 等 の 乱 用 を 防 止 すること 3-1 規 制 されている 乱 用 薬 物 について 不 正 流 通 の 遮 断 及 び 乱 用 防 止 を 推 進 すること 施 策 大 目 標 4 国 民 生 活 を 取 り 巻 く 化 学 物 質 による 人 の 健 康 被 害 を 防 止 すること 4-1 化 学 物 質 の 適 正 な 評 価 管 理 を 推 進 し 安 全 性 を 確 保 すること 施 策 大 目 標 5 生 活 衛 生 の 向 上 推 進 を 図 ること 5-1 生 活 衛 生 関 係 営 業 の 衛 生 水 準 の 確 保 及 び 振 興 等 により 生 活 衛 生 の 向 上 増 進 を 図 ること 基 本 目 標 Ⅲ 施 策 大 目 標 1 ディーセントワークの 実 現 に 向 けて 労 働 者 が 安 心 して 快 適 に 働 くことができる 環 境 を 整 備 すること 労 働 条 件 の 確 保 改 善 を 図 ること 1-1 労 働 条 件 の 確 保 改 善 を 図 ること 1-2 最 低 賃 金 引 上 げにより 影 響 を 受 ける 中 小 企 業 への 支 援 を 推 進 すること 施 策 大 目 標 2 安 全 安 心 な 職 場 づくりを 推 進 すること 2-1 労 働 者 の 安 全 と 健 康 が 確 保 され 労 働 者 が 安 心 して 働 くことができる 職 場 づくりを 推 進 すること 施 策 大 目 標 3 労 働 災 害 に 被 災 した 労 働 者 等 の 公 正 な 保 護 を 行 うとともに その 社 会 復 帰 の 促 進 等 を 図 ること 3-1 迅 速 かつ 適 正 な 労 災 保 険 給 付 を 行 い 被 災 労 働 者 等 の 保 護 を 図 ること 3-2 被 災 労 働 者 等 の 社 会 復 帰 促 進 援 護 等 を 図 ること

28 施 策 大 目 標 4 勤 労 者 生 活 の 充 実 を 図 ること 施 策 大 目 標 労 働 時 間 等 の 設 定 改 善 の 促 進 等 を 通 じた 仕 事 と 生 活 の 調 和 対 策 を 推 進 すること 4-2 豊 かで 安 定 した 勤 労 者 生 活 の 実 現 を 図 ること パートタイム 労 働 者 の 均 等 均 衡 待 遇 の 確 保 を 推 進 するとともに 在 宅 就 業 及 び 家 内 労 働 の 適 正 な 就 業 環 境 を 整 備 すること( 基 本 目 標 Ⅵ 施 策 目 標 1-1を 参 照 ) 施 策 大 目 標 6 安 定 した 労 使 関 係 等 の 形 成 を 促 進 すること 6-1 労 使 関 係 が 将 来 にわたり 安 定 的 に 推 移 するよう 集 団 的 労 使 関 係 のルールの 確 立 及 び 普 及 等 を 図 るとともに 集 団 的 労 使 紛 争 の 迅 速 かつ 適 切 な 解 決 を 図 ること 施 策 大 目 標 7 個 別 労 働 紛 争 の 解 決 の 促 進 を 図 ること 7-1 個 別 労 働 紛 争 の 解 決 の 促 進 を 図 ること 施 策 大 目 標 8 労 働 保 険 適 用 徴 収 業 務 の 適 正 かつ 円 滑 な 実 施 を 図 ること 8-1 労 働 保 険 適 用 促 進 及 び 労 働 保 険 料 等 の 適 正 徴 収 を 図 ること 基 本 目 標 Ⅳ 施 策 大 目 標 施 策 大 目 標 2 意 欲 のあるすべての 人 が 働 くことができるよう 労 働 市 場 にお いて 労 働 者 の 職 業 の 安 定 を 図 ること 労 働 力 需 給 のミスマッチの 解 消 を 図 るために 需 給 調 整 機 能 を 強 化 すること 公 共 職 業 安 定 機 関 等 における 需 給 調 整 機 能 の 強 化 及 び 労 働 者 派 遣 事 業 等 の 適 正 な 運 営 を 確 保 すること 雇 用 機 会 を 創 出 するとともに 雇 用 の 安 定 を 図 ること 2-1 地 域 中 小 企 業 産 業 の 特 性 に 応 じ 雇 用 の 創 出 及 び 雇 用 の 安 定 を 図 ること 施 策 大 目 標 3 労 働 者 等 の 特 性 に 応 じた 雇 用 の 安 定 促 進 を 図 ること 3-1 高 齢 者 障 害 者 若 年 者 等 の 雇 用 の 安 定 促 進 を 図 ること 施 策 大 目 標 4 失 業 給 付 等 の 支 給 により 求 職 活 動 中 の 生 活 の 保 障 等 を 行 うこと 4-1 雇 用 保 険 制 度 の 安 定 的 かつ 適 正 な 運 営 及 び 求 職 活 動 を 容 易 にするための 保 障 等 を 図 ること 施 策 大 目 標 5 求 職 者 支 援 制 度 の 活 用 により 雇 用 保 険 を 受 給 できない 求 職 者 の 就 職 を 支 援 すること 5-1 基 本 目 標 Ⅴ 施 策 大 目 標 1 求 職 者 支 援 訓 練 の 実 施 や 職 業 訓 練 受 講 給 付 金 の 支 給 等 を 通 じ 雇 用 保 険 を 受 給 できない 求 職 者 の 就 職 を 支 援 すること 労 働 者 の 職 業 能 力 の 開 発 及 び 向 上 を 図 るとともに その 能 力 を 十 分 に 発 揮 できるような 環 境 整 備 をすること 多 様 な 職 業 能 力 開 発 の 機 会 を 確 保 すること 1-1 多 様 な 職 業 能 力 開 発 の 機 会 を 確 保 すること 施 策 大 目 標 2 働 く 者 の 職 業 生 涯 を 通 じた 持 続 的 な 職 業 キャリア 形 成 への 支 援 をすること 2-1 若 年 者 等 に 対 して 段 階 に 応 じた 職 業 キャリア 支 援 を 講 ずること 2-2 福 祉 から 自 立 へ 向 けた 職 業 キャリア 形 成 の 支 援 等 をすること

29 施 策 大 目 標 基 本 目 標 Ⅵ 施 策 大 目 標 現 場 力 の 強 化 と 技 能 の 継 承 振 興 を 推 進 すること 技 能 継 承 振 興 のための 施 策 を 推 進 すること 男 女 がともに 能 力 を 発 揮 し 安 心 して 子 どもを 産 み 育 てること などを 可 能 にする 社 会 づくりを 推 進 すること 男 女 労 働 者 の 均 等 な 機 会 と 待 遇 の 確 保 対 策 仕 事 と 家 庭 の 両 立 支 援 パートタイム 労 働 者 と 正 社 員 間 の 均 等 均 衡 待 遇 等 を 推 進 すること 男 女 労 働 者 の 均 等 な 機 会 と 待 遇 の 確 保 対 策 仕 事 と 家 庭 の 両 立 支 援 パートタイム 労 働 者 と 正 社 員 間 の 均 等 均 衡 待 遇 等 を 推 進 すること 施 策 大 目 標 2 利 用 者 のニーズに 対 応 した 多 様 な 保 育 サービスなどの 子 育 て 支 援 事 業 を 提 供 し 子 どもの 健 全 な 育 ちを 支 援 する 社 会 を 実 現 すること 2-1 地 域 における 子 育 て 支 援 等 施 策 の 推 進 を 図 ること 2-2 児 童 の 健 全 な 育 成 及 び 資 質 の 向 上 に 必 要 なサービスを 提 供 すること 2-3 保 育 所 の 受 入 児 童 数 を 拡 大 するとともに 多 様 なニーズに 対 応 できる 保 育 サービスを 確 保 すること 施 策 大 目 標 3 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 を 支 援 すること 施 策 大 目 標 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 を 支 援 すること 児 童 虐 待 や 配 偶 者 による 暴 力 等 の 発 生 予 防 から 保 護 自 立 支 援 までの 切 れ 目 のない 支 援 体 制 を 整 備 すること 4-1 児 童 虐 待 防 止 や 配 偶 者 による 暴 力 被 害 者 等 への 支 援 体 制 の 充 実 を 図 ること 施 策 大 目 標 5 母 子 保 健 衛 生 対 策 の 充 実 を 図 ること 5-1 母 子 保 健 衛 生 対 策 の 充 実 を 図 ること 施 策 大 目 標 6 ひとり 親 家 庭 の 自 立 を 図 ること 6-1 ひとり 親 家 庭 の 自 立 のための 総 合 的 な 支 援 を 図 ること 基 本 目 標 Ⅶ 施 策 大 目 標 1 ナショナル ミニマムを 保 障 し 利 用 者 の 視 点 に 立 った 質 の 高 い 福 祉 サービスの 提 供 等 を 図 ること 生 活 困 窮 者 に 対 し 適 切 に 福 祉 サービスを 提 供 すること 1-1 生 活 困 窮 者 に 対 し 適 切 に 福 祉 サービスを 提 供 すること 施 策 大 目 標 2 地 域 社 会 のセーフティネット 機 能 を 強 化 し 地 域 の 要 援 護 者 の 福 祉 の 向 上 を 図 ること 2-1 地 域 社 会 のセーフティネット 機 能 を 強 化 し 地 域 の 要 援 護 者 の 福 祉 の 向 上 を 図 ること 施 策 大 目 標 3 施 策 大 目 標 福 祉 サービスを 支 える 人 材 養 成 利 用 者 保 護 等 の 基 盤 整 備 を 図 ること 社 会 福 祉 に 関 する 事 業 に 従 事 する 人 材 の 養 成 確 保 を 推 進 すること 等 により より 質 の 高 い 福 祉 サービスを 提 供 すること 戦 傷 病 者 戦 没 者 遺 族 の 援 護 中 国 残 留 邦 人 等 の 支 援 を 行 うとともに 旧 陸 海 軍 の 残 務 を 整 理 す ること 4-1 戦 傷 病 者 戦 没 者 遺 族 等 に 対 して 援 護 年 金 の 支 給 療 養 の 給 付 等 の 援 護 を 行 うこと 4-2 戦 没 者 遺 骨 収 集 帰 還 事 業 等 を 行 うことにより 戦 没 者 遺 族 を 慰 藉 すること 4-3 中 国 残 留 邦 人 等 の 円 滑 な 帰 国 を 促 進 するとともに 永 住 帰 国 者 の 自 立 を 支 援 すること 4-4 旧 陸 海 軍 に 関 する 人 事 資 料 を 適 切 に 整 備 保 管 すること 及 び 旧 陸 海 軍 に 関 する 恩 給 請 求 書 を 適 切 に 進 達 すること

30 基 本 目 標 Ⅷ 施 策 大 目 標 障 害 のある 人 も 障 害 のない 人 も 地 域 でともに 生 活 し 活 動 す る 社 会 づくりを 推 進 すること 必 要 な 保 健 福 祉 サービスが 的 確 に 提 供 される 体 制 を 整 備 し 障 害 者 の 地 域 における 生 活 を 支 援 すること 障 害 者 の 地 域 における 生 活 を 支 援 するため 障 害 者 の 生 活 の 場 働 く 場 や 地 域 における 支 援 体 制 を 整 備 すること 1-2 障 害 者 の 雇 用 を 促 進 すること( 基 本 目 標 Ⅳ 施 策 目 標 3-1を 参 照 ) 基 本 目 標 Ⅸ 施 策 大 目 標 1 高 齢 者 ができる 限 り 自 立 し 生 きがいを 持 ち 安 心 して 暮 らせ る 社 会 づくりを 推 進 すること 老 後 生 活 の 経 済 的 自 立 の 基 礎 となる 所 得 保 障 の 充 実 を 図 ること 1-1 国 民 に 信 頼 される 持 続 可 能 な 公 的 年 金 制 度 を 構 築 すること 1-2 公 的 年 金 制 度 の 信 頼 を 確 保 するため 公 的 年 金 制 度 の 適 正 な 事 業 運 営 を 図 ること 1-3 企 業 年 金 等 の 健 全 な 育 成 を 図 ること 1-4 企 業 年 金 等 の 適 正 な 運 営 を 図 ること 施 策 大 目 標 2 高 齢 者 の 雇 用 就 業 を 促 進 すること( 基 本 目 標 Ⅳ 施 策 目 標 3-1を 参 照 ) 施 策 大 目 標 3 高 齢 者 の 健 康 づくり 生 きがいづくりを 推 進 するとともに 介 護 保 険 制 度 の 適 切 な 運 営 等 を 通 じて 介 護 を 必 要 とする 高 齢 者 への 支 援 を 図 ること 3-1 高 齢 者 の 介 護 予 防 健 康 づくりを 推 進 するとともに 生 きがいづくり 及 び 社 会 参 加 を 推 進 すること 3-2 介 護 保 険 制 度 の 適 切 な 運 営 を 図 るとともに 質 量 両 面 にわたり 介 護 サービス 基 盤 の 整 備 を 図 るこ と 基 本 目 標 Ⅹ 施 策 大 目 標 1 国 際 化 時 代 にふさわしい 厚 生 労 働 行 政 を 推 進 すること 国 際 社 会 への 参 画 貢 献 を 行 うこと 1-1 国 際 機 関 の 活 動 への 参 画 協 力 や 海 外 広 報 を 通 じて 国 際 社 会 に 貢 献 すること 1-2 二 国 間 等 の 国 際 協 力 を 推 進 し 連 携 を 強 化 すること 施 策 大 目 標 2 国 際 化 に 対 応 した 施 策 を 推 進 すること( 再 掲 ) 2-1 感 染 症 の 発 生 まん 延 の 防 止 等 を 図 ること( 基 本 目 標 Ⅰ 施 策 目 標 5-1を 参 照 ) 2-2 食 品 等 の 飲 食 に 起 因 する 衛 生 上 の 危 害 の 発 生 を 防 止 すること( 基 本 目 標 Ⅱ 施 策 目 標 1-1を 参 照 ) 2-3 国 民 に 信 頼 される 持 続 可 能 な 公 的 年 金 制 度 を 構 築 すること( 基 本 目 標 Ⅸ 施 策 目 標 1-1を 参 照 ) 2-4 外 国 人 労 働 者 対 策 を 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅳ 施 策 目 標 3-1を 参 照 ) 基 本 目 標 ⅩⅠ 施 策 大 目 標 1 国 民 生 活 の 向 上 に 関 わる 科 学 技 術 の 振 興 を 図 ること 国 立 試 験 研 究 機 関 の 適 正 かつ 効 果 的 な 運 営 を 確 保 すること 1-1 国 立 試 験 研 究 機 関 の 適 正 かつ 効 果 的 な 運 営 を 確 保 すること 施 策 大 目 標 2 研 究 を 支 援 する 体 制 を 整 備 すること 2-1 厚 生 労 働 科 学 研 究 事 業 の 適 正 かつ 効 果 的 な 実 施 を 確 保 すること

31 施 策 大 目 標 3 厚 生 労 働 分 野 の 研 究 開 発 を 推 進 すること( 再 掲 ) 感 染 症 の 発 生 まん 延 の 防 止 を 図 るための 研 究 開 発 を 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅰ 施 策 目 標 5-1 を 参 照 ) 治 療 方 法 が 確 立 していない 特 殊 の 疾 病 等 の 予 防 治 療 等 の 研 究 開 発 を 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅰ 施 策 目 標 5-2を 参 照 ) 3-3 新 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 研 究 開 発 を 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅰ 施 策 目 標 8-1を 参 照 ) 生 活 習 慣 の 改 善 等 により 健 康 寿 命 の 延 伸 等 を 図 る 研 究 開 発 を 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅰ 施 策 目 標 10-2を 参 照 ) 食 品 等 の 飲 食 に 起 因 する 衛 生 上 の 危 害 の 発 生 を 防 止 するための 研 究 開 発 を 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅱ 施 策 目 標 1-1を 参 照 ) 再 掲 : 基 本 目 標 ⅩⅠ 施 策 中 目 標 3-1~5は 研 究 開 発 のうち 主 なものを 列 挙 したものである 基 本 目 標 ⅩⅡ 施 策 大 目 標 国 民 生 活 の 利 便 性 の 向 上 に 関 わるIT 化 を 推 進 すること 電 子 行 政 推 進 に 関 する 基 本 方 針 を 推 進 すること 行 政 分 野 へのIT( 情 報 通 信 技 術 )の 活 用 とこれに 併 せた 業 務 や 制 度 の 見 直 しにより 国 民 の 利 便 性 の 向 上 と 行 政 運 営 の 簡 素 化 効 率 化 を 図 ること 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 国 民 の 理 解 を 得 ながら その 着 実 な 導 入 を 図 るとともに 社 会 保 障 税 番 号 の 利 活 用 を 推 進 し 国 民 の 利 便 性 の 向 上 を 図 ること 施 策 大 目 標 2 医 療 健 康 介 護 福 祉 分 野 の 情 報 化 を 推 進 すること( 再 掲 ) 2-1 医 療 情 報 化 インフラの 普 及 ための 取 組 みを 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅰ 施 策 目 標 3-1を 参 照 ) 2-2 レセプトオンライン 化 のための 取 組 みを 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅰ 施 策 目 標 9-1を 参 照 ) 施 策 大 目 標 3 その 他 の 政 策 分 野 における 情 報 化 を 推 進 すること( 再 掲 ) 基 本 目 標 ⅩⅢ 施 策 大 目 標 仕 事 と 生 活 の 調 和 を 図 るための 情 報 化 の 取 組 みを 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅲ 施 策 目 標 4-1を 参 照 ) 求 人 求 職 情 報 への 円 滑 なアクセスを 図 るための 情 報 化 の 取 組 みを 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅳ 施 策 目 標 1-1を 参 照 ) 女 性 の 再 就 職 再 就 業 支 援 のための 情 報 化 の 取 組 みを 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅵ 施 策 目 標 1-1 を 参 照 ) 国 民 に 信 頼 されるとともに 職 員 一 人 一 人 がやりがいをもって 働 くことができる 体 制 を 確 立 すること 情 報 発 信 情 報 公 開 と 効 率 的 効 果 的 な 業 務 運 営 を 図 ること 国 民 に 伝 わるように 分 かりやすく 情 報 を 発 信 するとともに 国 民 の 声 に 耳 を 傾 け 改 善 へ 活 かす こと 1-2 コスト 意 識 ムダ 削 減 を 徹 底 するための 取 組 を 進 めること 施 策 大 目 標 2 職 員 の 育 成 と 職 場 環 境 の 改 善 を 図 ること 2-1 次 代 の 厚 生 労 働 行 政 を 担 う 人 物 像 に 照 らした 適 切 な 人 事 評 価 と 前 例 にとらわれない 適 材 適 所 の 人 事 を 推 進 すること 2-2 省 に 不 足 する 能 力 の 向 上 を 図 り 意 欲 と 能 力 を 兼 ね 備 えた 職 員 の 育 成 を 進 めること 2-3 職 員 一 人 一 人 がやりがいをもって 業 務 を 行 うことができるよう 職 場 環 境 の 改 善 等 を 進 めること 2-4 政 策 の 企 画 立 案 に 時 間 を 割 くことができるような 体 制 を 確 立 するため 業 務 改 善 効 率 化 の 取 組 を 進 めること

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気 別 添 2 て 電 気 事 業 法 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 の 設 立 の 認 可 の 基 準 につい 電 気 事 業 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 170 号 ) 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 推 進 機 関 という )の 設 立 の 認 可 に 係 る 審 査 基 準 については

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

長 寿 第 3 0 0 号 平 成 23 年 5 月 11 日 岡 山 県 医 師 会 長 岡 山 県 歯 科 医 師 会 長 岡 山 県 薬 剤 師 会 長 殿 岡 山 県 病 院 協 会 長 岡 山 県 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン 連 絡 協 議 会 長 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援

More information

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について 精 神 障 害 者 の 地 域 移 行 について 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 精 神 保 健 医 療 福 祉 の 現 状 について 2 精 神 疾 患 の 患 者 数 ( 医 療 機 関 にかかっている 患 者 ) ( 万 人 ) 350 300 250 200 218.1 204.1 258.4 302.8 323.3 320.1

More information

我 が 国 の 人 口 は 世 界 でも 例 を 見 ない 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しており 平 成 22 年 (2010 年 )から 平 成 32 年 (2020 年 )までの 10 年 間 においては 15~59 歳 の 者 が 約 492 万 人 減 少 するのに 対 し

我 が 国 の 人 口 は 世 界 でも 例 を 見 ない 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しており 平 成 22 年 (2010 年 )から 平 成 32 年 (2020 年 )までの 10 年 間 においては 15~59 歳 の 者 が 約 492 万 人 減 少 するのに 対 し 高 年 齢 者 等 職 業 安 定 対 策 基 本 方 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 559 号 はじめに 1 方 針 のねらい 少 子 高 齢 化 の 急 速 な 進 行 により 今 後 労 働 力 人 口 の 減 少 が 見 込 まれる 中 で 我 が 国 経 済 の 活 力 を 維 持 していくためには 若 者 女 性 高 年 齢 者 障 害 者 など

More information

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 計 画 独 立 行 政 法 人 通 則 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 103 号 ) 第 29 条 第 1 項 に 基 づき 平 成 26 年 3 月 14 日 付 けをもって 厚 生 労 働 大 臣 から 指 示 のあった 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 目 標 を 達 成 するため 同 法 第 30 条 の

More information

特定施設入居者生活介護

特定施設入居者生活介護 平 成 28 年 4 月 1 日 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介 護 (サービス 付 き 高 齢 者 向 け 住 宅 ) の 手 引 ( 介 護 予 防 ) 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介 護 の 事 業 を 実 施 する 事 業 者 は 介 護 保 険 法 及 び 関 係 法 令 等 を 遵 守 し 都 道 府 県 知 事 に 必 要 な 手 続 きを 行 うとともに 適 切 なサービス

More information

がん治療(放射線療法、化学療法の評価)

がん治療(放射線療法、化学療法の評価) 平 成 22 年 2 月 12 日 厚 生 労 働 大 臣 長 妻 昭 殿 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 会 長 遠 藤 久 夫 答 申 書 ( 平 成 22 年 度 診 療 報 酬 改 定 について) 平 成 22 年 1 月 15 日 付 け 厚 生 労 働 省 発 保 0115 第 1 号 をもって 諮 問 のあった 件 について 別 紙 1から 別 紙 6までの 改 正 案 を

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63> Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整

More information

東 北 厚 生 局 の 業 務 概 要 ( 平 成 23 年 度 ) 厚 生 労 働 省 東 北 厚 生 局 平 成 23 年 度 の 業 務 報 告 に 当 たって ~ 東 北 の 復 興 を 全 国 の 福 幸 に~ 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 により 人 々の 生 活 や 人 生 は 一 瞬 のうちに 激 変 しました 食 事 も 寝 る 所

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホーム(A 型 及 びB 型 ) 運 営 費 補 助 要 綱 14 福 高 施 第 8 号 平 成 14 年 4 月 19 日 15 福 高 施 第 924 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 578 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 1007 号 平 成 1 8 年 3 月 3 日 17 福 保 高 施 第 1141 号 平

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 要 綱 13 福 高 施 第 965 号 平 成 14 年 1 月 22 日 15 福 高 施 第 925 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 93 号 平 成 16 年 10 月 21 日 16 福 保 高 施 第 579 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 第 1008

More information

ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た 当 協 議 会 は こ れ ら の 諮 問 事 項 の 検

ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た 当 協 議 会 は こ れ ら の 諮 問 事 項 の 検 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 のあり 方 について ( 答 申 ) 平 成 24 年 7 月 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た

More information

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 特 定 秘 密 保 護 法 ) 概 説 Cubic Argument 代 表 平 成 26 年 2 月 9 日 大 江 弘 之 1.はじめに 法 律 の 構 造 について 法 律 用 語 ( 及 び, 並 びに,ものとする) 2. 特 定 秘 密 保 護 法 の 概 観 法 律 としての 特 徴 他 の 法 律 との 関 係 3. 各 章 概 説

More information

山口県PTA連合会の運営に関する細則(案)

山口県PTA連合会の運営に関する細則(案) 山 口 県 PTA 連 合 会 の 運 営 に 関 する 細 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 細 則 は 山 口 県 PTA 連 合 会 規 約 ( 以 下 規 約 という ) 第 37 条 により 山 口 県 PTA 連 合 会 ( 以 下 本 会 という )の 運 営 に 関 する 細 則 を 定 めるものとする 第 2 章 役 員 選 考 ( 総 則 ) 第 2 条

More information

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する 資 料 4 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 に 関 する 論 点 等 ( 第 1 回 意 見 交 換 会 資 料 3) 平 成 24 年 3 月 22 日 国 家 公 務 員 制 度 改 革 推 進 本 部 事 務 局 論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平

More information

参 考 介 護 保 険 3 施 設 の 概 要 特 別 養 護 老 人 ホーム 老 人 保 健 施 設 介 護 療 養 型 医 療 施 設 基 本 的 性 格 要 介 護 高 齢 者 のための 生 活 施 設 要 介 護 高 齢 者 にリハビリ 等 を 提 供 し 在 宅 復 帰 を 目 指 す 施

参 考 介 護 保 険 3 施 設 の 概 要 特 別 養 護 老 人 ホーム 老 人 保 健 施 設 介 護 療 養 型 医 療 施 設 基 本 的 性 格 要 介 護 高 齢 者 のための 生 活 施 設 要 介 護 高 齢 者 にリハビリ 等 を 提 供 し 在 宅 復 帰 を 目 指 す 施 参 考 資 料 1 第 1 回 検 討 委 員 会 資 料 平 成 25 年 度 老 人 保 険 健 康 増 進 等 事 業 養 護 老 人 ホーム 軽 費 老 人 ホーム の 現 状 等 について 高 齢 者 の 住 まいについて 1サービス 付 き 齢 者 向 け 住 宅 2 有 料 ホーム 3 養 護 ホーム 4 軽 費 ホーム 5 認 知 症 高 齢 者 グループホーム 根 拠 法 高 齢

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

1 資 料 編 我 が 国 の 人 口 の 推 移 厚 労 働 全 般 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 5

1 資 料 編 我 が 国 の 人 口 の 推 移 厚 労 働 全 般 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 5 1 厚 労 働 全 般 人 口 構 造 概 要 我 が 国 の 人 口 ピラミッド 我 が 国 の 人 口 動 態 ( 平 成 23 年 ) 4 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 1 資 料 編 我 が 国 の 人 口 の 推 移 厚 労 働 全 般 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 5 詳 細 データ1 日 本 の 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 24 年 1 月 推 計 )

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

【報告】組合要求書回答(総務部).xls

【報告】組合要求書回答(総務部).xls 1 全 職 場 で 共 通 する 要 求 について (1) 15 人 勧 での 地 域 手 当 偏 重 では 私 たちの 生 活 は 実 質 的 に 賃 下 げです 政 府 に 地 域 手 当 廃 止 を 求 め るとともに 生 計 費 ( 地 公 法 第 24 条 第 3 項 ( 均 衡 の 原 則 ))に 考 慮 し 給 与 の 改 善 に 努 めるこ (2) 県 に 準 拠 し 新 幹 線 利

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

3 薬 局 サービス 等 (1) 健 康 サポート 薬 局 である 旨 の 表 示 健 康 サポート 薬 局 である 旨 を 表 示 している 場 合 健 康 サポート 薬 局 とは かかりつけ 薬 剤 師 薬 局 としての 基 本 的 な 機 能 に 加 えて 積 極 的 な 健 康 サポート 機

3 薬 局 サービス 等 (1) 健 康 サポート 薬 局 である 旨 の 表 示 健 康 サポート 薬 局 である 旨 を 表 示 している 場 合 健 康 サポート 薬 局 とは かかりつけ 薬 剤 師 薬 局 としての 基 本 的 な 機 能 に 加 えて 積 極 的 な 健 康 サポート 機 薬 局 機 能 情 報 の 事 項 の 説 明 薬 局 機 能 情 報 の 各 事 項 については 次 のとおりです また 等 の 欄 は 各 事 項 についての 該 当 の 又 は が 薬 局 機 能 に 関 する 情 報 欄 は その 項 目 について 該 当 する 情 報 の 内 容 が 記 載 されています 第 1 管 理 運 営 サービス 等 に 関 する 事 項 1 基 本 事 項 (1)

More information

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版 平 成 2 7 年 度 税 制 改 正 の 概 要 ( 厚 生 労 働 省 関 係 ) 平 成 27 年 1 月 厚 生 労 働 省 目 次 < 子 ども 子 育 て> P.1 < 雇 用 就 労 の 促 進 > P.1 < 健 康 医 療 関 係 > P.2 < 医 療 保 険 関 係 > P.5 < 介 護 社 会 福 祉 関 係 > P.6 < 年 金 関 係 等 > P.7 < 生 活 衛

More information

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め 政 府 全 体 における 外 国 人 材 の 受 入 れ 活 用 に 関 する 動 き 等 日 本 語 小 委 (H27.04.17) 参 考 資 料 4 経 済 財 政 運 営 と 改 革 の 基 本 方 針 2014 ~デフレから 好 循 環 拡 大 へ~ ( 抄 ) 平 成 26 年 6 月 24 日 閣 議 決 定 第 2 章 2.イノベーションの 促 進 等 による 民 需 主 導 の 成

More information

3 特 定 地 域 活 性 化 事 業 の 名 称 介 護 が 必 要 になっても 高 齢 者 が 住 み 慣 れた 地 域 で 暮 らしていくことを 目 指 し 来 るべ き 超 高 齢 社 会 を 乗 り 越 えることができる 新 しい 社 会 経 済 モデルを 構 築 するため 規 制 の 特

3 特 定 地 域 活 性 化 事 業 の 名 称 介 護 が 必 要 になっても 高 齢 者 が 住 み 慣 れた 地 域 で 暮 らしていくことを 目 指 し 来 るべ き 超 高 齢 社 会 を 乗 り 越 えることができる 新 しい 社 会 経 済 モデルを 構 築 するため 規 制 の 特 地 域 活 性 化 総 合 特 別 区 域 計 画 作 成 主 体 の 名 称 : 岡 山 市 1 地 域 活 性 化 総 合 特 別 区 域 の 名 称 岡 山 型 持 続 可 能 な 社 会 経 済 モデル 構 築 総 合 特 区 トリプルエー ~AAA(エイジレス アクティブ アドバンスト)シティおかやま~ 2 地 域 活 性 化 総 合 特 別 区 域 計 画 の 実 施 が 地 域 活 性

More information

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集 平 成 28 年 度 主 な 税 制 改 正 要 望 の 概 要 平 成 27 年 8 月 厚 生 労 働 省 目 次 セルフメディケーション 推 進 のための 一 般 用 医 薬 品 等 に 関 する 所 得 控 除 制 度 の 創 設 1 セルフメディケーション 推 進 に 資 する 薬 局 に 係 る 税 制 措 置 の 創 設 2 個 人 の 健 康 増 進 疾 病 予 防 の 推 進 のための

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63> 相 模 原 市 -20- 目 次 Ⅰ 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 2 計 画 の 位 置 付 けと 計 画 期 間 2 Ⅱ 保 育 所 の 現 状 と 課 題 3 1 保 育 需 要 の 増 加 3 2 保 育 需 要 の 多 様 化 3 3 地 域 の 子 育 て 支 援 4 4 施 設 老 朽 化 への 対 応 と 近 代 化 4 5 保 育

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 等 対 策 ) 第 1 章 第 1 節 応 急 活 動 体 制 の 確 立 活 動 体 制 の 確 立 市 県 NTT 西 日 本 山 口 支 店 災 害 応 急 対 策 を 迅 速 かつ 効 果 的 に 実 施 するため 本 防 災 計 画 に 定 める 組 織 所 掌 事 務 により 諸 活 動 を 実 施 するものとする このため

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AB38ED294C091975F92B28DB893E097652E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AB38ED294C091975F92B28DB893E097652E646F63> 公 開 用 医 療 関 連 サービスマーク 制 度 調 査 内 容 ( 患 者 搬 送 業 務 ) 一 般 財 団 法 人 医 療 関 連 サービス 振 興 会 1. 認 定 申 請 時 の 提 出 書 類 及 び 実 地 調 査 時 の 確 認 書 類 等 P 2 2. 調 査 内 容 P 3~P8 Ⅰ. 認 定 申 請 時 の 提 出 書 類 1. 医 療 関 連 サービスマーク 認 定 申 請

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

横断学習①

横断学習① 社 会 保 険 労 務 士 2013 年 横 断 学 習 第 1 章 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 第 7 章 総 則 適 用 事 業 等 被 保 険 者 保 険 給 付 の 通 則 賃 金 報 酬 保 険 給 付 不 服 申 立 雑 則 2013 年 度 版 日 建 学 院 社 労 士 過 去 問 横 断 学 習 用 小 冊 子 株 式 会 社 建 築 資 料 研 究

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

(4) 手 数 料 等 の 徴 収 制 度 的 には 独 占 となっていない 事 務 事 業 で も 実 態 上 独 占 となっている 場 合 独 占 の 弊 害 を 生 まないための 是 正 措 置 の 内 容 ( 行 っていない 場 合 はその 理 由 ) 手 数 料 等 の 対 価 の 徴 収

(4) 手 数 料 等 の 徴 収 制 度 的 には 独 占 となっていない 事 務 事 業 で も 実 態 上 独 占 となっている 場 合 独 占 の 弊 害 を 生 まないための 是 正 措 置 の 内 容 ( 行 っていない 場 合 はその 理 由 ) 手 数 料 等 の 対 価 の 徴 収 ( 別 添 1) 特 別 の 法 律 により 設 立 される 民 間 法 人 の 運 営 に 関 する 指 導 監 督 基 準 に 基 づく 指 導 監 督 状 況 ( 平 成 2 5 年 度 ) 法 人 名 社 会 保 険 診 療 報 酬 支 払 基 金 根 拠 法 令 名 1. 法 人 の 概 要 社 会 保 険 診 療 報 酬 支 払 基 金 法 業 務 の 概 要 ( 平 成 15 年 10

More information

Microsoft Word - 議事次第

Microsoft Word - 議事次第 平 成 25 年 6 月 28 日 金 10:00~12:00 厚 生 労 働 省 9 階 省 議 室 第 7 回 特 定 機 能 病 院 及 び 地 域 医 療 支 援 病 院 のあり 方 に 関 する 検 討 会 議 事 次 第 1. 特 定 機 能 病 院 及 び 地 域 医 療 支 援 病 院 のあり 方 について 2. その 他 配 付 資 料 資 料 1 特 定 機 能 病 院 及 び

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

住 民 基 本 台 帳 カード 住 民 基 本 台 帳 カード( 住 基 カード)は 住 民 基 本 台 帳 に 基 づき 各 市 区 町 村 において 交 付 希 望 者 に 住 民 基 本 台 帳 カード(ICカード)を 交 付 住 民 基 本 台 帳 カード 市 20 年 月 日 まで 有 効

住 民 基 本 台 帳 カード 住 民 基 本 台 帳 カード( 住 基 カード)は 住 民 基 本 台 帳 に 基 づき 各 市 区 町 村 において 交 付 希 望 者 に 住 民 基 本 台 帳 カード(ICカード)を 交 付 住 民 基 本 台 帳 カード 市 20 年 月 日 まで 有 効 マイナンバー 制 度 の 動 向 と 個 人 番 号 カードについて 総 務 省 住 民 制 度 課 住 民 基 本 台 帳 カード 住 民 基 本 台 帳 カード( 住 基 カード)は 住 民 基 本 台 帳 に 基 づき 各 市 区 町 村 において 交 付 希 望 者 に 住 民 基 本 台 帳 カード(ICカード)を 交 付 住 民 基 本 台 帳 カード 市 20 年 月 日 まで 有 効

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 73 号 ) 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 10 規 程 第 74 号 改 正 平 成 25 年 2 月 19 日 12 規 程 第 44 号 改 正 平 成 26 年 6 月 3 日 14 規 程 第 01 号 改 正

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録 徹 底 マスター 社 労 士 過 去 問 10 年 分 2015 年 版 追 録 サービス 改 正 情 報 のまとめ 2015/06/15 労 働 基 準 法 ( 第 1 章 )に 関 する 改 正 契 約 期 間 等 の 例 外 に 係 る 厚 生 労 働 省 告 示 の 改 正 ( 平 成 27 年 3 月 18 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 68 号 ) 有 期 労 働 契 約 の 契

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

1 平 成 24 年 度 税 制 改 正 の 主 な 内 容 について 改 正 障 害 者 自 立 支 援 法 等 の 平 成 24 年 4 月 施 行 により いずれも 第 1 種 社 会 福 祉 事 業 である1 知 的 障 害 児 施 設 2 知 的 障 害 児 通 園 施 設 3 盲 ろうあ

1 平 成 24 年 度 税 制 改 正 の 主 な 内 容 について 改 正 障 害 者 自 立 支 援 法 等 の 平 成 24 年 4 月 施 行 により いずれも 第 1 種 社 会 福 祉 事 業 である1 知 的 障 害 児 施 設 2 知 的 障 害 児 通 園 施 設 3 盲 ろうあ 連 絡 事 項 企 画 課 145 1 平 成 24 年 度 税 制 改 正 の 主 な 内 容 について 改 正 障 害 者 自 立 支 援 法 等 の 平 成 24 年 4 月 施 行 により いずれも 第 1 種 社 会 福 祉 事 業 である1 知 的 障 害 児 施 設 2 知 的 障 害 児 通 園 施 設 3 盲 ろうあ 児 施 設 4 肢 体 不 自 由 児 施 設 及 び5 重 症

More information

二 生 活 保 護 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 四 号 ) 第 三 十 八 条 第 一 項 第 一 号 に 規 定 する 救 護 施 設 の 中 に 設 けられた 診 療 所 三 生 活 保 護 法 第 三 十 八 条 第 一 項 第 二 号 に 規 定 する 更 生 施

二 生 活 保 護 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 四 号 ) 第 三 十 八 条 第 一 項 第 一 号 に 規 定 する 救 護 施 設 の 中 に 設 けられた 診 療 所 三 生 活 保 護 法 第 三 十 八 条 第 一 項 第 二 号 に 規 定 する 更 生 施 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 及 び 派 遣 労 働 者 の 就 業 条 件 の 整 備 等 に 関 する 法 律 施 行 規 則 ( 昭 和 六 十 一 年 四 月 十 七 日 労 働 省 令 第 二 十 号 ) 目 次 第 一 章 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 に 関 する 措 置 第 一 節 業 務 の 範 囲 ( 第 一 条

More information

特別区人事委員会の業務状況の報告

特別区人事委員会の業務状況の報告 平 成 19 年 度 文 京 区 人 事 行 政 の 運 営 状 況 等 の 公 表 平 成 19 年 12 月 文 京 区 総 務 部 職 員 課 目 次 文 京 区 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 1 1 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 2 2 職 員 の 給 与 の 状 況 4 3 職 員 の 勤 務 時 間 その 他 の 勤 務 条 件 の

More information

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら 独 立 行 政 法 人 造 幣 局 が 平 成 27 年 度 に 達 成 すべき 目 標 Ⅰ. 政 策 体 系 における 法 人 の 位 置 付 けおよび 役 割 (ミッション) 通 貨 は 経 済 活 動 国 民 生 活 の 基 盤 であり 通 貨 に 対 する 信 頼 の 維 持 は 財 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 95 号 )に 定 められた 財 務 省 の 任 務

More information

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 令 等 の 司 法 審 査 8 (4) 特 定 独 立 行 政 法 人 等 に 係 る 不 当 労

More information

003-00個人の健康増進・疾病予防の推進のための所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用)

003-00個人の健康増進・疾病予防の推進のための所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用) 平 成 28 年 度 地 方 税 制 改 正 ( 税 負 担 軽 減 措 置 等 ) 要 望 事 項 ( 新 設 拡 充 延 長 その 他 ) No 3 府 省 庁 名 厚 生 労 働 省 対 象 税 目 要 望 項 目 名 要 望 内 容 ( 概 要 ) 個 人 住 民 税 法 人 住 民 税 事 業 税 不 動 産 取 得 税 固 定 資 産 税 事 業 所 税 その 他 ( ) 個 人 の 健

More information

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料 資 料 6 地 方 教 育 行 政 の 現 状 等 に 関 する 資 料 平 成 25 年 5 月 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 1. 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 みと 趣 旨 1 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 み 教 育 委 員 会 は 首 長 から 独 立 した 行 政 委 員 会 として 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 等 に 設 置 教

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 要 望 事 項 の 内 容 及 び 説 明 - 15 - 1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 還 等 の 促 進 > ア 基 地 の 整

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

59501-59800 育児休業給付【25.12】

59501-59800 育児休業給付【25.12】 業 務 取 扱 要 領 59501-59800 雇 用 継 続 給 付 関 係 ( 育 児 休 業 給 付 ) 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 保 険 課 目 次 59501- 第 1 制 度 の 概 要 等 1 59520 59501-1 制 度 の 概 要 1 59510 59501 (1) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 1 59502 (2) 給 付 の 種 類

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例 19 中 期 目 標

参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例 19 中 期 目 標 資 料 1-2 参 考 資 料 ( 財 政 規 律 情 報 公 開 報 酬 給 与 ) 平 成 25 年 4 月 2 日 参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例

More information

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の 準 職 員 就 業 規 則 及 び 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 麦 の 子 会 ( 以 下 法 人 という ) 就 業 規 則 第 3 条 の 規 定 に 基 づいて 雇 用 する 準 職 員 の 労 働 条 件 服 務 規 律 その 他 の 就 業 に 関 する 事 項 を 定 めるものである 2 この 規 則 に 定

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 施 設 支 援 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き( 改 訂 案 ) 平 成 23 年 10 月 版 Ver.6 留 意 点 10 月 1 日 からの 施 行 を 予 定 している 特 定 障 害 者 特 別 給 付 費 関 係 の 改 正 箇 所 は 赤 字 下 線 今 後 の 政 省 令 等 の 改 正 作 業 等 により 内 容 の 変 更 がありうる

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

アルコール健康障害対策基本法の施行について(通知)

アルコール健康障害対策基本法の施行について(通知) 府 政 共 生 第 411 号 法 務 省 矯 成 第 1174 号 課 酒 2-4 26 文 科 ス 第 144 号 健 発 0602 第 1 号 障 発 0602 第 1 号 平 成 26 年 6 月 2 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 各 都 道 府 県 教 育 委 員 会 教 育 長 殿 内 閣 府 政 策 統 括 官 ( 共 生 社 会 政 策 担 当 ) 武 川 光 夫 法 務 省

More information

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015 居 宅 介 護 サービス 事 業 等 の 手 引 き Ⅴ 居 宅 療 養 管 理 指 導 平 成 27 年 6 月 島 根 県 高 齢 者 福 祉 課 平 成 27 年 度 報 酬 改 定 反 映 版 [ 注 意 事 項 ] 介 護 予 防 サービスについては 居 宅 介 護 サービスと 同 趣 旨 の 場 合 記 載 を 省 略 した 事 項 があります 掲 載 した Q&A は 一 部 ですので

More information

神栖市児童館指定管理業務仕様書

神栖市児童館指定管理業務仕様書 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 平 成 28 年 8 月 茨 城 県 神 栖 市 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 児 童 館 等 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 びその 範 囲 は, 募 集 要 項 のほかこの 仕 様 書 による 第 1 管 理 運 営 の 基 本 方 針 児 童 館 は, 地 域 児 童 の 健

More information

< F2D E31322E313889FC90B3817A926E88E68CF68BA4>

< F2D E31322E313889FC90B3817A926E88E68CF68BA4> 改 正 国 自 旅 第 161 号 平 成 18 年 9 月 15 日 平 成 21 年 12 月 18 日 各 地 方 運 輸 局 長 沖 縄 総 合 事 務 局 長 殿 殿 自 動 車 交 通 局 長 地 域 公 共 交 通 会 議 に 関 する 国 土 交 通 省 としての 考 え 方 について 今 般 の 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法

More information

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮)

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮) 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 平 成 25 年 12 月 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 研 究 会 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン はじめに 1. 目 的 2. 経 営 者 保 証 の 準 則 3. ガイドラインの 適 用 対 象 となり 得 る 保 証 契 約 4. 経 営 者 保 証 に 依 存 しない 融 資 の 一 層 の 促 進 (1) 主 たる

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 通 所 支 援 等 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き 平 成 24 年 4 月 版 Ver.7 障 害 福 祉 課 利 用 者 負 担 の 概 要 ( 福 祉 型 ) * 障 害 児 施 設 についても 含 む 自 己 負 担 ( 福 グループホーム ケアホーム 注 1 入 所 施 設 (20 歳 以 上 ) 入 所 施 設 (20 歳 未 満 )

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378> UR 賃 貸 住 宅 ストック 再 生 再 編 方 針 に 基 づく 実 施 計 画 平 成 27 年 3 月 目 次 1. 実 施 計 画 を 策 定 する 背 景 目 的 1 2.ストック 再 生 再 編 方 針 ( 平 成 19 年 12 月 26 日 策 定 )の 概 要 2 (1) 団 地 の 類 型 化 及 び 団 地 別 整 備 方 針 の 策 定 2 (2) 居 住 の 安 定 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63> 海 洋 汚 染 の 準 備 対 応 に 関 する 国 家 防 除 基 本 計 画 目 次 Ⅰ. 総 則 1. 計 画 の 目 的...1 2. 適 用 の 範 囲...1 3.その 他 の 計 画 と 関 係...1 Ⅱ. 油 汚 染 の 防 除 体 制 1. 防 除 体 制 等...2 2. 防 除 対 策 本 部...2 3. 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会...5 4. 地 域 海

More information

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人 平 成 8 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 ( 地 域 移 行 支 援 地 域 定 着 支 援 ) 資 料 長 野 県 障 がい 者 支 援 課 (1) 地 域 相 談 の 必 要 性 15 施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア

More information

01医政局:医療介護総合確保概要(医療部分)

01医政局:医療介護総合確保概要(医療部分) 具 体 的 な 報 告 項 目 報 告 方 法 時 期 等 について 今 年 度 一 般 病 床 療 養 病 床 を 有 する 病 院 診 療 所 は 以 下 の 項 目 を 平 成 26 年 11 月 14 日 ( 金 )までに 報 告 することとする(10 月 1 日 ( 水 ) 受 付 開 始 ) 報 告 項 目 1 平 成 26 年 7 月 1 日 時 点 における 医 療 機 能 ( 病

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 26 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 副 理 事 長 A 理 事 16,638 10,332 4,446 1,

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 26 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 副 理 事 長 A 理 事 16,638 10,332 4,446 1, 原 子 力 損 害 賠 償 廃 炉 等 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 別 添 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 機 構 は 未 曽 有 の 大 事 故 となった 平 成 23 年 3 月 の 東 京 電 力 福 島

More information

Taro-第1部

Taro-第1部 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 に その 災 害 に よって 生 じた 損 害 を 補 償 し 及 び 必 要 な 福 祉 事 業 を 行 い

More information

大 阪 府 における 公 益 通 報 制 度 に 関 する 取 組 について 大 阪 府 総 務 部 法 務 課 コンプライアンス 推 進 グループ 1 通 報 窓 口 体 制 について 2 コンプライアンス 委 員 について 3 通 報 処 理 の 流 れについて 4 処 理 件 数 について 5 その 他 ( 資 料 ) 大 阪 府 職 員 等 のコンプライアンスの 推 進 に 関 する 要 綱

More information

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知)

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知) 保 保 発 0116 第 3 号 平 成 27 年 1 月 16 日 健 康 保 険 組 合 理 事 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 保 険 課 長 ( 公 印 省 略 ) 健 康 保 険 組 合 の 平 成 27 年 度 予 算 の 編 成 について 平 成 27 年 度 の 予 算 については 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )の 実 情 や 以 下 に 掲 げる 事

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

Taro-★H26育児休業Q&A(H26改訂版)県立学校版

Taro-★H26育児休業Q&A(H26改訂版)県立学校版 育 児 休 業 Q&A 平 成 26 年 改 定 県 立 学 校 版 教 育 人 事 課 目 次 育 児 休 業 の 意 義 目 的 1 Q1 育 児 休 業 の 目 的 は? Q2 育 児 休 業 を 取 得 することによってどういう 効 果 があるの? 育 児 休 業 をすることができる 職 員 2 Q3 誰 でも 育 児 休 業 をすることができるの? Q4 育 児 休 業 中 の 身 分 はどうなるの?

More information

1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害

1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 概 要 - 1 - 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 にその

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 資 料 2 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 概 要 基 本 理 念 個 人 番 号 及 び 法 人 番 号 の 利 用 に 関 する 施 策 の 推 進 は 個 人 情 報 の 保 護 に 十 分 に 配 慮 しつつ 社 会 保 障 制 度 税 制 災 害 対 策 に 関 する 分 野 に おける 利 用 の 促 進 を 図 るとともに 他 の

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

事務引継書

事務引継書 事 務 引 継 書 神 奈 川 県 相 模 原 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の 19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 21 年 政 令 第 251 号 )により 平 成 22 年 4 月 1 日 に 相 模 原 市 が 政 令 指 定 都 市 に 指 定 されることに 伴 い 地 方 自 治 法 ( 昭

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) 平 成 5 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 人 材 育 成 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力

More information

12 理化学研究所

12 理化学研究所 国 立 研 究 開 発 法 人 理 化 学 研 究 所 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 理 化 学 研 究 所 は 長 い 歴 史 を 有 し これまで 世 界 の 第 一 線 にて 研 究 をリー ドしてきたところである

More information

平成23年度税制改正について

平成23年度税制改正について 日 医 発 第 896 号 ( 年 税 48) 平 成 2 2 年 1 2 月 2 2 日 都 道 府 県 医 師 会 長 殿 日 本 医 師 会 長 原 中 勝 征 平 成 23 年 度 税 制 改 正 について 去 る12 月 16 日 平 成 23 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されまし た の で 平 成 23 年 度 税 制 改 正 についてご 報 告 申 し 上 げます

More information

第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合

第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合 第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合 には 当 初 その 被 害 の 原 因 が 明

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 介 護 保 険 制 度 の 改 正 及 び 介 護 報 酬 改 定 について 神 奈 川 県 平 成 24 年 2 月 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 について 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 における 介 護 保 険 制 度 の 対 応 について 12 13 14 15 16 17 18 19 社 会 保 障 税 一 体 改

More information

必 要 な 場 合 には 保 安 業 務 の 従 事 者 に 対 して 指 示 することが 想 定 される こうした 職 務 の 実 効 性 を 確 保 する 観 点 から モデル 保 安 業 務 規 程 第 3 条 第 2 項 では 保 安 業 務 監 督 者 に 業 務 を 統 括 管 理 する

必 要 な 場 合 には 保 安 業 務 の 従 事 者 に 対 して 指 示 することが 想 定 される こうした 職 務 の 実 効 性 を 確 保 する 観 点 から モデル 保 安 業 務 規 程 第 3 条 第 2 項 では 保 安 業 務 監 督 者 に 業 務 を 統 括 管 理 する 資 料 4-4 ガス 小 売 事 業 者 が 保 安 業 務 規 程 を 定 める 際 の 留 意 点 1. 総 論 平 成 28 年 5 月 経 済 産 業 省 ガス 安 全 室 モデル 保 安 業 務 規 程 は ガス 事 業 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 51 号 ) 第 160 条 第 1 項 の 規 定 により ガス 小 売 事 業 者 が 保 安 業 務 規 程 を 作 成 するに

More information

動 を 生 じた 者 には その 日 から 新 たに 定 められた 給 料 を 支 給 する 2 職 員 が 離 職 した 時 は その 日 まで 給 料 を 支 給 する 3 職 員 が 死 亡 した 時 は その 月 まで 給 料 を 支 給 する 4 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定

動 を 生 じた 者 には その 日 から 新 たに 定 められた 給 料 を 支 給 する 2 職 員 が 離 職 した 時 は その 日 まで 給 料 を 支 給 する 3 職 員 が 死 亡 した 時 は その 月 まで 給 料 を 支 給 する 4 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定 地 方 独 立 行 政 法 人 山 形 県 酒 田 市 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 山 形 県 酒 田 市 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう ) 第 21 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 同 規 則 第 3 条 第 1 項 の 規 定 により 任 命 された 者 (

More information