Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1

2

3

4 政 策 評 価 に 関 する 有 識 者 会 議 参 集 者 名 簿 渥 美 由 喜 東 レ 経 営 研 究 所 ダイバーシティ&ワークライフバランス 研 究 部 長 阿 部 正 浩 中 央 大 学 経 済 学 部 教 授 井 部 俊 子 聖 路 加 看 護 大 学 学 長 梅 田 次 郎 行 政 経 営 株 式 会 社 まちづくり 行 政 経 営 プロデューサー 河 北 博 文 社 会 医 療 法 人 河 北 医 療 財 団 理 事 長 菊 池 馨 実 早 稲 田 大 学 法 学 学 術 院 教 授 篠 原 榮 一 公 認 会 計 士 高 橋 紘 士 国 際 医 療 福 祉 大 学 大 学 院 教 授 兼 医 療 福 祉 学 部 教 授 高 橋 弘 行 一 般 社 団 法 人 日 本 経 済 団 体 連 合 会 労 働 政 策 本 部 長 野 川 忍 堀 田 力 明 治 大 学 大 学 院 法 務 研 究 科 ( 法 科 大 学 院 ) 専 任 教 授 財 団 法 人 さわやか 福 祉 財 団 理 事 長 本 田 麻 由 美 読 売 新 聞 東 京 本 社 社 会 保 障 部 記 者 森 田 朗 学 習 院 大 学 法 学 部 教 授 安 永 貴 夫 日 本 労 働 組 合 総 連 合 会 副 事 務 局 長 山 田 篤 裕 慶 応 義 塾 大 学 経 済 学 部 教 授 座 長 五 十 音 順 敬 称 略 ( 平 成 25 年 6 月 17 日 現 在 )

5 政 策 評 価 に 関 する 有 識 者 会 議 WG 参 集 者 名 簿 < 労 働 子 育 てWG> 渥 美 由 喜 東 レ 経 営 研 究 所 ダイバーシティ&ワークライフバランス 研 究 部 長 阿 部 正 浩 中 央 大 学 経 済 学 部 教 授 高 橋 弘 行 一 般 社 団 法 人 日 本 経 済 団 体 連 合 会 労 働 政 策 本 部 長 野 川 忍 明 治 大 学 大 学 院 法 務 研 究 科 ( 法 科 大 学 院 ) 専 任 教 授 安 永 貴 夫 日 本 労 働 組 合 総 連 合 会 副 事 務 局 長 < 医 療 衛 生 WG> 井 部 俊 子 聖 路 加 看 護 大 学 学 長 河 北 博 文 社 会 医 療 法 人 河 北 医 療 財 団 理 事 長 篠 原 榮 一 公 認 会 計 士 本 田 麻 由 美 読 売 新 聞 東 京 本 社 社 会 保 障 部 記 者 森 田 朗 学 習 院 大 学 法 学 部 教 授 < 福 祉 年 金 WG> 梅 田 次 郎 行 政 経 営 株 式 会 社 まちづくり 行 政 経 営 プロデューサー 菊 池 馨 実 早 稲 田 大 学 法 学 学 術 院 教 授 高 橋 紘 士 国 際 医 療 福 祉 大 学 大 学 院 教 授 兼 医 療 福 祉 学 部 教 授 堀 田 力 財 団 法 人 さわやか 福 祉 財 団 理 事 長 山 田 篤 裕 慶 応 義 塾 大 学 経 済 学 部 教 授 WG 座 長 五 十 音 順 敬 称 略 ( 平 成 25 年 6 月 17 日 現 在 )

6 資 料 1-1 厚 生 労 働 省 における 政 策 評 価 に 関 する 基 本 計 画 ( 第 3 期 )の 改 正 について 厚 生 労 働 省 における 政 策 評 価 に 関 する 基 本 計 画 ( 第 3 期 )の 政 策 体 系 について 以 下 のとおり 改 正 を 行 う 削 除 する 施 策 目 標 施 策 目 標 Ⅶ-3-1 災 害 に 際 し 応 急 的 な 支 援 を 実 施 すること 名 称 変 更 する 施 策 目 標 ( 変 更 前 ) 施 策 目 標 Ⅶ-5-2 戦 没 者 の 遺 骨 の 帰 還 等 を 行 うことにより 戦 没 者 遺 族 を 慰 藉 すること ( 変 更 後 ) 施 策 目 標 Ⅶ-4-2 戦 没 者 遺 骨 収 集 帰 還 事 業 等 を 行 うことにより 戦 没 者 遺 族 を 慰 藉 すること 新 設 する 施 策 目 標 施 策 目 標 ⅩⅡ-1-2 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 国 民 の 理 解 を 得 な がら その 着 実 な 導 入 を 図 るとともに 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 利 活 用 を 推 進 し 国 民 の 利 便 性 の 向 上 を 図 ること 1

7 政 策 体 系 新 旧 対 照 表 ( 平 成 25 年 度 平 成 26 年 度 ) 平 成 25 年 度 政 策 体 系 ( 基 本 目 標 施 策 大 目 標 施 策 目 標 ) 基 本 目 標 Ⅰ 安 心 信 頼 してかかれる 医 療 の 確 保 と 国 民 の 健 康 づく りを 推 進 すること 平 成 26 年 度 政 策 体 系 ( 基 本 目 標 施 策 大 目 標 施 策 目 標 ) 基 本 目 標 Ⅰ 安 心 信 頼 してかかれる 医 療 の 確 保 と 国 民 の 健 康 づく りを 推 進 すること 施 策 大 目 標 1 地 域 において 必 要 な 医 療 を 提 供 できる 体 制 を 整 備 すること 施 策 大 目 標 1 地 域 において 必 要 な 医 療 を 提 供 できる 体 制 を 整 備 すること 1-1 施 策 大 目 標 2 日 常 生 活 圏 の 中 で 良 質 かつ 適 切 な 医 療 が 効 率 的 に 提 供 できる 体 制 を 整 備 すること 必 要 な 医 療 従 事 者 を 確 保 するとともに 資 質 の 向 上 を 図 ること 1-1 日 常 生 活 圏 の 中 で 良 質 かつ 適 切 な 医 療 が 効 率 的 に 提 供 できる 体 制 を 整 備 すること 施 策 大 目 標 2 必 要 な 医 療 従 事 者 を 確 保 するとともに 資 質 の 向 上 を 図 ること 今 後 の 医 療 需 要 に 見 合 った 医 療 従 事 者 の 確 保 を 図 ること 医 療 従 事 者 の 資 質 の 向 上 を 図 ること 2-1 今 後 の 医 療 需 要 に 見 合 った 医 療 従 事 者 の 確 保 を 図 ること 2-2 医 療 従 事 者 の 資 質 の 向 上 を 図 ること 施 策 大 目 標 3 利 用 者 の 視 点 に 立 った 効 率 的 で 安 心 かつ 質 の 高 い 医 療 サービ スの 提 供 を 促 進 すること 3-1 医 療 情 報 化 の 体 制 整 備 の 普 及 を 推 進 すること 3-2 医 療 安 全 確 保 対 策 の 推 進 を 図 ること 施 策 大 目 標 4 国 が 医 療 政 策 として 担 うべき 医 療 ( 政 策 医 療 )を 推 進 すること 4-1 政 策 医 療 を 向 上 均 てん 化 させること 施 策 大 目 標 5 感 染 症 など 健 康 を 脅 かす 疾 病 を 予 防 防 止 するとともに 感 染 者 等 に 必 要 な 医 療 等 を 確 保 すること 5-1 感 染 症 の 発 生 まん 延 の 防 止 を 図 ること 施 策 大 目 標 3 利 用 者 の 視 点 に 立 った 効 率 的 で 安 心 かつ 質 の 高 い 医 療 サービ スの 提 供 を 促 進 すること 3-1 医 療 情 報 化 の 体 制 整 備 の 普 及 を 推 進 すること 3-2 医 療 安 全 確 保 対 策 の 推 進 を 図 ること 施 策 大 目 標 4 国 が 医 療 政 策 として 担 うべき 医 療 ( 政 策 医 療 )を 推 進 すること 4-1 政 策 医 療 を 向 上 均 てん 化 させること 施 策 大 目 標 5 感 染 症 など 健 康 を 脅 かす 疾 病 を 予 防 防 止 するとともに 感 染 者 等 に 必 要 な 医 療 等 を 確 保 すること 5-1 感 染 症 の 発 生 まん 延 の 防 止 を 図 ること 治 療 方 法 が 確 立 していない 特 殊 の 疾 病 等 の 予 防 治 療 等 を 充 実 させること 適 正 な 移 植 医 療 を 推 進 すること 原 子 爆 弾 被 爆 者 等 を 援 護 すること 5-2 治 療 方 法 が 確 立 していない 特 殊 の 疾 病 等 の 予 防 治 療 等 を 充 実 させること 5-3 適 正 な 移 植 医 療 を 推 進 すること 5-4 原 子 爆 弾 被 爆 者 等 を 援 護 すること 施 策 大 目 標 施 策 大 目 標 施 策 大 目 標 9 品 質 有 効 性 安 全 性 の 高 い 医 薬 品 医 療 機 器 を 国 民 が 適 切 に 利 用 できるようにすること 有 効 性 安 全 性 の 高 い 新 医 薬 品 医 療 機 器 を 迅 速 に 提 供 できる ようにすること 医 薬 品 等 の 品 質 確 保 の 徹 底 を 図 るとともに 医 薬 品 等 の 安 全 対 策 等 を 推 進 すること 6-3 医 薬 品 の 適 正 使 用 を 推 進 すること 施 策 大 目 標 7 安 全 な 血 液 製 剤 を 安 定 的 に 供 給 すること 7-1 健 康 な 献 血 者 の 確 保 を 図 り 血 液 製 剤 の 国 内 自 給 使 用 適 正 化 を 推 進 し 安 全 性 の 向 上 を 図 ること 新 医 薬 品 医 療 機 器 の 開 発 を 促 進 するとともに 医 薬 品 産 業 等 の 振 興 を 図 ること 新 医 薬 品 医 療 機 器 の 開 発 を 促 進 するとともに 医 薬 品 産 業 等 の 振 興 を 図 ること 全 国 民 に 必 要 な 医 療 を 保 障 できる 安 定 的 効 率 的 な 医 療 保 険 制 度 を 構 築 すること 9-1 適 正 かつ 安 定 的 効 率 的 な 医 療 保 険 制 度 を 構 築 すること 施 策 大 目 標 品 質 有 効 性 安 全 性 の 高 い 医 薬 品 医 療 機 器 を 国 民 が 適 切 に 利 用 できるようにすること 有 効 性 安 全 性 の 高 い 新 医 薬 品 医 療 機 器 を 迅 速 に 提 供 できる ようにすること 医 薬 品 等 の 品 質 確 保 の 徹 底 を 図 るとともに 医 薬 品 等 の 安 全 対 策 等 を 推 進 すること 6-3 医 薬 品 の 適 正 使 用 を 推 進 すること 施 策 大 目 標 7 安 全 な 血 液 製 剤 を 安 定 的 に 供 給 すること 7-1 施 策 大 目 標 施 策 大 目 標 9 健 康 な 献 血 者 の 確 保 を 図 り 血 液 製 剤 の 国 内 自 給 使 用 適 正 化 を 推 進 し 安 全 性 の 向 上 を 図 ること 新 医 薬 品 医 療 機 器 の 開 発 を 促 進 するとともに 医 薬 品 産 業 等 の 振 興 を 図 ること 新 医 薬 品 医 療 機 器 の 開 発 を 促 進 するとともに 医 薬 品 産 業 等 の 振 興 を 図 ること 全 国 民 に 必 要 な 医 療 を 保 障 できる 安 定 的 効 率 的 な 医 療 保 険 制 度 を 構 築 すること 9-1 適 正 かつ 安 定 的 効 率 的 な 医 療 保 険 制 度 を 構 築 すること 9-2 生 活 習 慣 病 対 策 や 長 期 入 院 の 是 正 等 により 中 長 期 的 な 医 療 費 生 活 習 慣 病 対 策 や 長 期 入 院 の 是 正 等 により 中 長 期 的 な 医 療 費 9-2 の 適 正 化 を 図 ること の 適 正 化 を 図 ること 妊 産 婦 児 童 から 高 齢 者 に 至 るまでの 幅 広 い 年 齢 層 において 施 策 大 目 標 10 地 域 職 場 などの 様 々な 場 所 で 国 民 的 な 健 康 づくりを 推 進 する こと 妊 産 婦 児 童 から 高 齢 者 に 至 るまでの 幅 広 い 年 齢 層 において 施 策 大 目 標 10 地 域 職 場 などの 様 々な 場 所 で 国 民 的 な 健 康 づくりを 推 進 する こと 10-1 地 域 住 民 の 健 康 の 保 持 増 進 及 び 地 域 住 民 が 安 心 して 暮 らせる 地 域 住 民 の 健 康 の 保 持 増 進 及 び 地 域 住 民 が 安 心 して 暮 らせる 10-1 地 域 保 健 体 制 の 確 保 を 図 ること 地 域 保 健 体 制 の 確 保 を 図 ること 10-2 生 活 習 慣 の 改 善 等 により 健 康 寿 命 の 延 伸 等 を 図 るとともに が 生 活 習 慣 の 改 善 等 により 健 康 寿 命 の 延 伸 等 を 図 るとともに が 10-2 んによる 死 亡 者 の 減 少 を 図 ること んによる 死 亡 者 の 減 少 を 図 ること 安 全 安 心 な 職 場 づくりを 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅲ 施 策 目 標 2- 安 全 安 心 な 職 場 づくりを 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅲ 施 策 目 標 を 参 照 ) 1を 参 照 ) 母 子 保 健 衛 生 対 策 の 充 実 を 図 ること( 基 本 目 標 Ⅵ 施 策 目 標 5- 母 子 保 健 衛 生 対 策 の 充 実 を 図 ること( 基 本 目 標 Ⅵ 施 策 目 標 を 参 照 ) 1を 参 照 ) 10-5 高 齢 者 の 介 護 予 防 健 康 づくりを 推 進 するとともに 生 きがいづく り 及 び 社 会 参 加 を 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅸ 施 策 目 標 3-1を 参 照 ) 10-5 高 齢 者 の 介 護 予 防 健 康 づくりを 推 進 するとともに 生 きがいづく り 及 び 社 会 参 加 を 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅸ 施 策 目 標 3-1を 参 照 ) 施 策 大 目 標 11 健 康 危 機 管 理 を 推 進 すること 施 策 大 目 標 11 健 康 危 機 管 理 を 推 進 すること 11-1 健 康 危 機 が 発 生 した 際 に 迅 速 かつ 適 切 に 対 応 するための 体 制 を 整 備 すること 11-1 健 康 危 機 が 発 生 した 際 に 迅 速 かつ 適 切 に 対 応 するための 体 制 を 整 備 すること 2

8 基 本 目 標 Ⅱ 安 心 快 適 な 生 活 環 境 づくりを 衛 生 的 観 点 から 推 進 す ること 施 策 大 目 標 1 食 品 等 の 安 全 性 を 確 保 すること 1-1 食 品 等 の 飲 食 に 起 因 する 衛 生 上 の 危 害 の 発 生 を 防 止 すること 施 策 大 目 標 2 安 全 で 質 が 高 く 災 害 に 強 い 持 続 的 な 水 道 を 確 保 すること 2-1 安 全 で 質 が 高 く 災 害 に 強 い 持 続 的 な 水 道 を 確 保 すること 施 策 大 目 標 3 麻 薬 覚 醒 剤 等 の 乱 用 を 防 止 すること 3-1 施 策 大 目 標 4 規 制 されている 乱 用 薬 物 について 不 正 流 通 の 遮 断 及 び 乱 用 防 止 を 推 進 すること 国 民 生 活 を 取 り 巻 く 化 学 物 質 による 人 の 健 康 被 害 を 防 止 するこ と 4-1 化 学 物 質 の 適 正 な 評 価 管 理 を 推 進 し 安 全 性 を 確 保 すること 施 策 大 目 標 5 生 活 衛 生 の 向 上 推 進 を 図 ること 5-1 生 活 衛 生 関 係 営 業 の 衛 生 水 準 の 確 保 及 び 振 興 等 により 生 活 衛 生 の 向 上 増 進 を 図 ること 基 本 目 標 Ⅲ ディーセントワークの 実 現 に 向 けて 労 働 者 が 安 心 し て 快 適 に 働 くことができる 環 境 を 整 備 すること 施 策 大 目 標 1 労 働 条 件 の 確 保 改 善 を 図 ること 1-1 労 働 条 件 の 確 保 改 善 を 図 ること 基 本 目 標 Ⅱ 安 心 快 適 な 生 活 環 境 づくりを 衛 生 的 観 点 から 推 進 す ること 施 策 大 目 標 1 食 品 等 の 安 全 性 を 確 保 すること 1-1 食 品 等 の 飲 食 に 起 因 する 衛 生 上 の 危 害 の 発 生 を 防 止 すること 施 策 大 目 標 2 安 全 で 質 が 高 く 災 害 に 強 い 持 続 的 な 水 道 を 確 保 すること 2-1 安 全 で 質 が 高 く 災 害 に 強 い 持 続 的 な 水 道 を 確 保 すること 施 策 大 目 標 3 麻 薬 覚 醒 剤 等 の 乱 用 を 防 止 すること 3-1 施 策 大 目 標 4 規 制 されている 乱 用 薬 物 について 不 正 流 通 の 遮 断 及 び 乱 用 防 止 を 推 進 すること 国 民 生 活 を 取 り 巻 く 化 学 物 質 による 人 の 健 康 被 害 を 防 止 するこ と 4-1 化 学 物 質 の 適 正 な 評 価 管 理 を 推 進 し 安 全 性 を 確 保 すること 施 策 大 目 標 5 生 活 衛 生 の 向 上 推 進 を 図 ること 5-1 生 活 衛 生 関 係 営 業 の 衛 生 水 準 の 確 保 及 び 振 興 等 により 生 活 衛 生 の 向 上 増 進 を 図 ること 基 本 目 標 Ⅲ ディーセントワークの 実 現 に 向 けて 労 働 者 が 安 心 し て 快 適 に 働 くことができる 環 境 を 整 備 すること 施 策 大 目 標 1 労 働 条 件 の 確 保 改 善 を 図 ること 1-1 労 働 条 件 の 確 保 改 善 を 図 ること 1-2 最 低 賃 金 引 上 げにより 影 響 を 受 ける 中 小 企 業 への 支 援 を 推 進 す ること 1-2 最 低 賃 金 引 上 げにより 影 響 を 受 ける 中 小 企 業 への 支 援 を 推 進 す ること 施 策 大 目 標 2 安 全 安 心 な 職 場 づくりを 推 進 すること 2-1 施 策 大 目 標 労 働 者 の 安 全 と 健 康 が 確 保 され 労 働 者 が 安 心 して 働 くことがで きる 職 場 づくりを 推 進 すること 労 働 災 害 に 被 災 した 労 働 者 等 の 公 正 な 保 護 を 行 うとともに その 社 会 復 帰 の 促 進 等 を 図 ること 迅 速 かつ 適 正 な 労 災 保 険 給 付 を 行 い 被 災 労 働 者 等 の 保 護 を 図 ること 3-2 被 災 労 働 者 等 の 社 会 復 帰 促 進 援 護 等 を 図 ること 施 策 大 目 標 4 勤 労 者 生 活 の 充 実 を 図 ること 施 策 大 目 標 2 安 全 安 心 な 職 場 づくりを 推 進 すること 2-1 施 策 大 目 標 労 働 者 の 安 全 と 健 康 が 確 保 され 労 働 者 が 安 心 して 働 くことがで きる 職 場 づくりを 推 進 すること 労 働 災 害 に 被 災 した 労 働 者 等 の 公 正 な 保 護 を 行 うとともに その 社 会 復 帰 の 促 進 等 を 図 ること 迅 速 かつ 適 正 な 労 災 保 険 給 付 を 行 い 被 災 労 働 者 等 の 保 護 を 図 ること 3-2 被 災 労 働 者 等 の 社 会 復 帰 促 進 援 護 等 を 図 ること 施 策 大 目 標 4 勤 労 者 生 活 の 充 実 を 図 ること 4-1 労 働 時 間 等 の 設 定 改 善 の 促 進 等 を 通 じた 仕 事 と 生 活 の 調 和 対 策 を 推 進 すること 4-1 労 働 時 間 等 の 設 定 改 善 の 促 進 等 を 通 じた 仕 事 と 生 活 の 調 和 対 策 を 推 進 すること 4-2 豊 かで 安 定 した 勤 労 者 生 活 の 実 現 を 図 ること 4-2 豊 かで 安 定 した 勤 労 者 生 活 の 実 現 を 図 ること 施 策 大 目 標 5 パートタイム 労 働 者 の 均 等 均 衡 待 遇 の 確 保 を 推 進 するととも に 在 宅 就 業 及 び 家 内 労 働 の 適 正 な 就 業 環 境 を 整 備 すること ( 基 本 目 標 Ⅵ 施 策 目 標 1-1を 参 照 ) 施 策 大 目 標 6 安 定 した 労 使 関 係 等 の 形 成 を 促 進 すること 施 策 大 目 標 5 パートタイム 労 働 者 の 均 等 均 衡 待 遇 の 確 保 を 推 進 するととも に 在 宅 就 業 及 び 家 内 労 働 の 適 正 な 就 業 環 境 を 整 備 すること ( 基 本 目 標 Ⅵ 施 策 目 標 1-1を 参 照 ) 施 策 大 目 標 6 安 定 した 労 使 関 係 等 の 形 成 を 促 進 すること 6-1 労 使 関 係 が 将 来 にわたり 安 定 的 に 推 移 するよう 集 団 的 労 使 関 係 のルールの 確 立 及 び 普 及 等 を 図 るとともに 集 団 的 労 使 紛 争 の 迅 速 かつ 適 切 な 解 決 を 図 ること 6-1 労 使 関 係 が 将 来 にわたり 安 定 的 に 推 移 するよう 集 団 的 労 使 関 係 のルールの 確 立 及 び 普 及 等 を 図 るとともに 集 団 的 労 使 紛 争 の 迅 速 かつ 適 切 な 解 決 を 図 ること 施 策 大 目 標 7 個 別 労 働 紛 争 の 解 決 の 促 進 を 図 ること 7-1 個 別 労 働 紛 争 の 解 決 の 促 進 を 図 ること 施 策 大 目 標 8 労 働 保 険 適 用 徴 収 業 務 の 適 正 かつ 円 滑 な 実 施 を 図 ること 8-1 労 働 保 険 適 用 促 進 及 び 労 働 保 険 料 等 の 適 正 徴 収 を 図 ること 施 策 大 目 標 7 個 別 労 働 紛 争 の 解 決 の 促 進 を 図 ること 7-1 個 別 労 働 紛 争 の 解 決 の 促 進 を 図 ること 施 策 大 目 標 8 労 働 保 険 適 用 徴 収 業 務 の 適 正 かつ 円 滑 な 実 施 を 図 ること 8-1 労 働 保 険 適 用 促 進 及 び 労 働 保 険 料 等 の 適 正 徴 収 を 図 ること 3

9 基 本 目 標 Ⅳ 施 策 大 目 標 意 欲 のあるすべての 人 が 働 くことができるよう 労 働 市 場 において 労 働 者 の 職 業 の 安 定 を 図 ること 労 働 力 需 給 のミスマッチの 解 消 を 図 るために 需 給 調 整 機 能 を 強 化 すること 公 共 職 業 安 定 機 関 等 における 需 給 調 整 機 能 の 強 化 及 び 労 働 者 派 遣 事 業 等 の 適 正 な 運 営 を 確 保 すること 施 策 大 目 標 2 雇 用 機 会 を 創 出 するとともに 雇 用 の 安 定 を 図 ること 2-1 地 域 中 小 企 業 産 業 の 特 性 に 応 じ 雇 用 の 創 出 及 び 雇 用 の 安 定 を 図 ること 施 策 大 目 標 3 労 働 者 等 の 特 性 に 応 じた 雇 用 の 安 定 促 進 を 図 ること 3-1 高 齢 者 障 害 者 若 年 者 等 の 雇 用 の 安 定 促 進 を 図 ること 施 策 大 目 標 施 策 大 目 標 基 本 目 標 Ⅴ 失 業 給 付 等 の 支 給 により 求 職 活 動 中 の 生 活 の 保 障 等 を 行 うこ と 雇 用 保 険 制 度 の 安 定 的 かつ 適 正 な 運 営 及 び 求 職 活 動 を 容 易 に するための 保 障 等 を 図 ること 求 職 者 支 援 制 度 の 活 用 により 雇 用 保 険 を 受 給 できない 求 職 者 の 就 職 を 支 援 すること 求 職 者 支 援 訓 練 の 実 施 や 職 業 訓 練 受 講 給 付 金 の 支 給 等 を 通 じ 雇 用 保 険 を 受 給 できない 求 職 者 の 就 職 を 支 援 すること 労 働 者 の 職 業 能 力 の 開 発 及 び 向 上 を 図 るとともに その 能 力 を 十 分 に 発 揮 できるような 環 境 整 備 をするこ と 施 策 大 目 標 1 多 様 な 職 業 能 力 開 発 の 機 会 を 確 保 すること 1-1 多 様 な 職 業 能 力 開 発 の 機 会 を 確 保 すること 施 策 大 目 標 2 働 く 者 の 職 業 生 涯 を 通 じた 持 続 的 な 職 業 キャリア 形 成 への 支 援 をすること 2-1 若 年 者 等 に 対 して 段 階 に 応 じた 職 業 キャリア 支 援 を 講 ずること 2-2 福 祉 から 自 立 へ 向 けた 職 業 キャリア 形 成 の 支 援 等 をすること 施 策 大 目 標 3 現 場 力 の 強 化 と 技 能 の 継 承 振 興 を 推 進 すること 3-1 技 能 継 承 振 興 のための 施 策 を 推 進 すること 基 本 目 標 Ⅳ 施 策 大 目 標 意 欲 のあるすべての 人 が 働 くことができるよう 労 働 市 場 において 労 働 者 の 職 業 の 安 定 を 図 ること 労 働 力 需 給 のミスマッチの 解 消 を 図 るために 需 給 調 整 機 能 を 強 化 すること 公 共 職 業 安 定 機 関 等 における 需 給 調 整 機 能 の 強 化 及 び 労 働 者 派 遣 事 業 等 の 適 正 な 運 営 を 確 保 すること 施 策 大 目 標 2 雇 用 機 会 を 創 出 するとともに 雇 用 の 安 定 を 図 ること 2-1 地 域 中 小 企 業 産 業 の 特 性 に 応 じ 雇 用 の 創 出 及 び 雇 用 の 安 定 を 図 ること 施 策 大 目 標 3 労 働 者 等 の 特 性 に 応 じた 雇 用 の 安 定 促 進 を 図 ること 3-1 高 齢 者 障 害 者 若 年 者 等 の 雇 用 の 安 定 促 進 を 図 ること 施 策 大 目 標 施 策 大 目 標 基 本 目 標 Ⅴ 失 業 給 付 等 の 支 給 により 求 職 活 動 中 の 生 活 の 保 障 等 を 行 うこ と 雇 用 保 険 制 度 の 安 定 的 かつ 適 正 な 運 営 及 び 求 職 活 動 を 容 易 に するための 保 障 等 を 図 ること 求 職 者 支 援 制 度 の 活 用 により 雇 用 保 険 を 受 給 できない 求 職 者 の 就 職 を 支 援 すること 求 職 者 支 援 訓 練 の 実 施 や 職 業 訓 練 受 講 給 付 金 の 支 給 等 を 通 じ 雇 用 保 険 を 受 給 できない 求 職 者 の 就 職 を 支 援 すること 労 働 者 の 職 業 能 力 の 開 発 及 び 向 上 を 図 るとともに その 能 力 を 十 分 に 発 揮 できるような 環 境 整 備 をするこ と 施 策 大 目 標 1 多 様 な 職 業 能 力 開 発 の 機 会 を 確 保 すること 1-1 多 様 な 職 業 能 力 開 発 の 機 会 を 確 保 すること 施 策 大 目 標 2 働 く 者 の 職 業 生 涯 を 通 じた 持 続 的 な 職 業 キャリア 形 成 への 支 援 をすること 2-1 若 年 者 等 に 対 して 段 階 に 応 じた 職 業 キャリア 支 援 を 講 ずること 2-2 福 祉 から 自 立 へ 向 けた 職 業 キャリア 形 成 の 支 援 等 をすること 施 策 大 目 標 3 現 場 力 の 強 化 と 技 能 の 継 承 振 興 を 推 進 すること 3-1 技 能 継 承 振 興 のための 施 策 を 推 進 すること 基 本 目 標 Ⅵ 施 策 大 目 標 施 策 大 目 標 男 女 がともに 能 力 を 発 揮 し 安 心 して 子 どもを 産 み 育 てることなどを 可 能 にする 社 会 づくりを 推 進 すること 男 女 労 働 者 の 均 等 な 機 会 と 待 遇 の 確 保 対 策 仕 事 と 家 庭 の 両 立 支 援 パートタイム 労 働 者 と 正 社 員 間 の 均 等 均 衡 待 遇 等 を 推 進 すること 男 女 労 働 者 の 均 等 な 機 会 と 待 遇 の 確 保 対 策 仕 事 と 家 庭 の 両 立 支 援 パートタイム 労 働 者 と 正 社 員 間 の 均 等 均 衡 待 遇 等 を 推 進 すること 利 用 者 のニーズに 対 応 した 多 様 な 保 育 サービスなどの 子 育 て 支 援 事 業 を 提 供 し 子 どもの 健 全 な 育 ちを 支 援 する 社 会 を 実 現 す ること 地 域 における 子 育 て 支 援 等 施 策 の 推 進 を 図 ること 基 本 目 標 Ⅵ 施 策 大 目 標 施 策 大 目 標 2 男 女 がともに 能 力 を 発 揮 し 安 心 して 子 どもを 産 み 育 てることなどを 可 能 にする 社 会 づくりを 推 進 すること 男 女 労 働 者 の 均 等 な 機 会 と 待 遇 の 確 保 対 策 仕 事 と 家 庭 の 両 立 支 援 パートタイム 労 働 者 と 正 社 員 間 の 均 等 均 衡 待 遇 等 を 推 進 すること 男 女 労 働 者 の 均 等 な 機 会 と 待 遇 の 確 保 対 策 仕 事 と 家 庭 の 両 立 支 援 パートタイム 労 働 者 と 正 社 員 間 の 均 等 均 衡 待 遇 等 を 推 進 すること 利 用 者 のニーズに 対 応 した 多 様 な 保 育 サービスなどの 子 育 て 支 援 事 業 を 提 供 し 子 どもの 健 全 な 育 ちを 支 援 する 社 会 を 実 現 す ること 2-1 地 域 における 子 育 て 支 援 等 施 策 の 推 進 を 図 ること 児 童 の 健 全 な 育 成 及 び 資 質 の 向 上 に 必 要 なサービスを 提 供 す ること 保 育 所 の 受 入 児 童 数 を 拡 大 するとともに 多 様 なニーズに 対 応 できる 保 育 サービスを 確 保 すること 施 策 大 目 標 3 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 を 支 援 すること 3-1 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 を 支 援 すること 施 策 大 目 標 児 童 虐 待 や 配 偶 者 による 暴 力 等 の 発 生 予 防 から 保 護 自 立 支 援 までの 切 れ 目 のない 支 援 体 制 を 整 備 すること 児 童 虐 待 防 止 や 配 偶 者 による 暴 力 被 害 者 等 への 支 援 体 制 の 充 実 を 図 ること 施 策 大 目 標 5 母 子 保 健 衛 生 対 策 の 充 実 を 図 ること 5-1 母 子 保 健 衛 生 対 策 の 充 実 を 図 ること 施 策 大 目 標 6 ひとり 親 家 庭 の 自 立 を 図 ること 6-1 ひとり 親 家 庭 の 自 立 のための 総 合 的 な 支 援 を 図 ること 児 童 の 健 全 な 育 成 及 び 資 質 の 向 上 に 必 要 なサービスを 提 供 す ること 保 育 所 の 受 入 児 童 数 を 拡 大 するとともに 多 様 なニーズに 対 応 できる 保 育 サービスを 確 保 すること 施 策 大 目 標 3 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 を 支 援 すること 3-1 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 を 支 援 すること 施 策 大 目 標 児 童 虐 待 や 配 偶 者 による 暴 力 等 の 発 生 予 防 から 保 護 自 立 支 援 までの 切 れ 目 のない 支 援 体 制 を 整 備 すること 児 童 虐 待 防 止 や 配 偶 者 による 暴 力 被 害 者 等 への 支 援 体 制 の 充 実 を 図 ること 施 策 大 目 標 5 母 子 保 健 衛 生 対 策 の 充 実 を 図 ること 5-1 母 子 保 健 衛 生 対 策 の 充 実 を 図 ること 施 策 大 目 標 6 ひとり 親 家 庭 の 自 立 を 図 ること 6-1 ひとり 親 家 庭 の 自 立 のための 総 合 的 な 支 援 を 図 ること 4

10 基 本 目 標 Ⅶ ナショナル ミニマムを 保 障 し 利 用 者 の 視 点 に 立 った 質 の 高 い 福 祉 サービスの 提 供 等 を 図 ること 施 策 大 目 標 1 生 活 困 窮 者 に 対 し 適 切 に 福 祉 サービスを 提 供 すること 1-1 生 活 困 窮 者 に 対 し 適 切 に 福 祉 サービスを 提 供 すること 施 策 大 目 標 地 域 社 会 のセーフティネット 機 能 を 強 化 し 地 域 の 要 援 護 者 の 福 祉 の 向 上 を 図 ること 地 域 社 会 のセーフティネット 機 能 を 強 化 し 地 域 の 要 援 護 者 の 福 祉 の 向 上 を 図 ること 施 策 大 目 標 3 災 害 時 の 被 災 者 等 に 対 し 適 切 に 福 祉 サービスを 提 供 すること 基 本 目 標 Ⅶ ナショナル ミニマムを 保 障 し 利 用 者 の 視 点 に 立 った 質 の 高 い 福 祉 サービスの 提 供 等 を 図 ること 施 策 大 目 標 1 生 活 困 窮 者 に 対 し 適 切 に 福 祉 サービスを 提 供 すること 1-1 生 活 困 窮 者 に 対 し 適 切 に 福 祉 サービスを 提 供 すること 施 策 大 目 標 地 域 社 会 のセーフティネット 機 能 を 強 化 し 地 域 の 要 援 護 者 の 福 祉 の 向 上 を 図 ること 地 域 社 会 のセーフティネット 機 能 を 強 化 し 地 域 の 要 援 護 者 の 福 祉 の 向 上 を 図 ること 3-1 災 害 に 際 し 応 急 的 な 支 援 を 実 施 すること 施 策 大 目 標 施 策 大 目 標 基 本 目 標 Ⅷ 施 策 大 目 標 基 本 目 標 Ⅸ 福 祉 サービスを 支 える 人 材 養 成 利 用 者 保 護 等 の 基 盤 整 備 を 図 ること 社 会 福 祉 に 関 する 事 業 に 従 事 する 人 材 の 養 成 確 保 を 推 進 する こと 等 により より 質 の 高 い 福 祉 サービスを 提 供 すること 戦 傷 病 者 戦 没 者 遺 族 の 援 護 中 国 残 留 邦 人 等 の 支 援 を 行 うと ともに 旧 陸 海 軍 の 残 務 を 整 理 すること 戦 傷 病 者 戦 没 者 遺 族 等 に 対 して 援 護 年 金 の 支 給 療 養 の 給 付 等 の 援 護 を 行 うこと 戦 没 者 の 遺 骨 の 帰 還 等 を 行 うことにより 戦 没 者 遺 族 を 慰 藉 す ること 中 国 残 留 邦 人 等 の 円 滑 な 帰 国 を 促 進 するとともに 永 住 帰 国 者 の 自 立 を 支 援 すること 旧 陸 海 軍 に 関 する 人 事 資 料 を 適 切 に 整 備 保 管 すること 及 び 旧 陸 海 軍 に 関 する 恩 給 請 求 書 を 適 切 に 進 達 すること 障 害 のある 人 も 障 害 のない 人 も 地 域 でともに 生 活 し 活 動 する 社 会 づくりを 推 進 すること 必 要 な 保 健 福 祉 サービスが 的 確 に 提 供 される 体 制 を 整 備 し 障 害 者 の 地 域 における 生 活 を 支 援 すること 障 害 者 の 地 域 における 生 活 を 支 援 するため 障 害 者 の 生 活 の 場 働 く 場 や 地 域 における 支 援 体 制 を 整 備 すること 障 害 者 の 雇 用 を 促 進 すること( 基 本 目 標 Ⅳ 施 策 目 標 3-1を 参 照 ) 高 齢 者 ができる 限 り 自 立 し 生 きがいを 持 ち 安 心 し て 暮 らせる 社 会 づくりを 推 進 すること 施 策 大 目 標 1 老 後 生 活 の 経 済 的 自 立 の 基 礎 となる 所 得 保 障 の 充 実 を 図 ること 施 策 大 目 標 施 策 大 目 標 基 本 目 標 Ⅷ 施 策 大 目 標 基 本 目 標 Ⅸ 福 祉 サービスを 支 える 人 材 養 成 利 用 者 保 護 等 の 基 盤 整 備 を 図 ること 社 会 福 祉 に 関 する 事 業 に 従 事 する 人 材 の 養 成 確 保 を 推 進 する こと 等 により より 質 の 高 い 福 祉 サービスを 提 供 すること 戦 傷 病 者 戦 没 者 遺 族 の 援 護 中 国 残 留 邦 人 等 の 支 援 を 行 うと ともに 旧 陸 海 軍 の 残 務 を 整 理 すること 戦 傷 病 者 戦 没 者 遺 族 等 に 対 して 援 護 年 金 の 支 給 療 養 の 給 付 等 の 援 護 を 行 うこと 戦 没 者 遺 骨 収 集 帰 還 事 業 等 を 行 うことにより 戦 没 者 遺 族 を 慰 藉 すること 中 国 残 留 邦 人 等 の 円 滑 な 帰 国 を 促 進 するとともに 永 住 帰 国 者 の 自 立 を 支 援 すること 旧 陸 海 軍 に 関 する 人 事 資 料 を 適 切 に 整 備 保 管 すること 及 び 旧 陸 海 軍 に 関 する 恩 給 請 求 書 を 適 切 に 進 達 すること 障 害 のある 人 も 障 害 のない 人 も 地 域 でともに 生 活 し 活 動 する 社 会 づくりを 推 進 すること 必 要 な 保 健 福 祉 サービスが 的 確 に 提 供 される 体 制 を 整 備 し 障 害 者 の 地 域 における 生 活 を 支 援 すること 障 害 者 の 地 域 における 生 活 を 支 援 するため 障 害 者 の 生 活 の 場 働 く 場 や 地 域 における 支 援 体 制 を 整 備 すること 障 害 者 の 雇 用 を 促 進 すること( 基 本 目 標 Ⅳ 施 策 目 標 3-1を 参 照 ) 高 齢 者 ができる 限 り 自 立 し 生 きがいを 持 ち 安 心 し て 暮 らせる 社 会 づくりを 推 進 すること 施 策 大 目 標 1 老 後 生 活 の 経 済 的 自 立 の 基 礎 となる 所 得 保 障 の 充 実 を 図 ること 国 民 に 信 頼 される 持 続 可 能 な 公 的 年 金 制 度 を 構 築 すること 公 的 年 金 制 度 の 信 頼 を 確 保 するため 公 的 年 金 制 度 の 適 正 な 事 業 運 営 を 図 ること 企 業 年 金 等 の 健 全 な 育 成 を 図 ること 1-1 国 民 に 信 頼 される 持 続 可 能 な 公 的 年 金 制 度 を 構 築 すること 1-2 公 的 年 金 制 度 の 信 頼 を 確 保 するため 公 的 年 金 制 度 の 適 正 な 事 業 運 営 を 図 ること 1-3 企 業 年 金 等 の 健 全 な 育 成 を 図 ること 1-4 企 業 年 金 等 の 適 正 な 運 営 を 図 ること 施 策 大 目 標 2 高 齢 者 の 雇 用 就 業 を 促 進 すること( 基 本 目 標 Ⅳ 施 策 目 標 3-1を 参 照 ) 高 齢 者 の 健 康 づくり 生 きがいづくりを 推 進 するとともに 介 護 保 施 策 大 目 標 3 険 制 度 の 適 切 な 運 営 等 を 通 じて 介 護 を 必 要 とする 高 齢 者 への 支 援 を 図 ること 3-1 高 齢 者 の 介 護 予 防 健 康 づくりを 推 進 するとともに 生 きがいづく り 及 び 社 会 参 加 を 推 進 すること 3-2 介 護 保 険 制 度 の 適 切 な 運 営 を 図 るとともに 質 量 両 面 にわたり 介 護 サービス 基 盤 の 整 備 を 図 ること 基 本 目 標 Ⅹ 国 際 化 時 代 にふさわしい 厚 生 労 働 行 政 を 推 進 するこ と 施 策 大 目 標 1 国 際 社 会 への 参 画 貢 献 を 行 うこと 1-1 国 際 機 関 の 活 動 への 参 画 協 力 や 海 外 広 報 を 通 じて 国 際 社 会 に 貢 献 すること 1-2 二 国 間 等 の 国 際 協 力 を 推 進 し 連 携 を 強 化 すること 施 策 大 目 標 2 国 際 化 に 対 応 した 施 策 を 推 進 すること( 再 掲 ) 1-4 企 業 年 金 等 の 適 正 な 運 営 を 図 ること 施 策 大 目 標 2 高 齢 者 の 雇 用 就 業 を 促 進 すること( 基 本 目 標 Ⅳ 施 策 目 標 3-1を 参 照 ) 高 齢 者 の 健 康 づくり 生 きがいづくりを 推 進 するとともに 介 護 保 施 策 大 目 標 3 険 制 度 の 適 切 な 運 営 等 を 通 じて 介 護 を 必 要 とする 高 齢 者 への 支 援 を 図 ること 3-1 高 齢 者 の 介 護 予 防 健 康 づくりを 推 進 するとともに 生 きがいづく り 及 び 社 会 参 加 を 推 進 すること 3-2 介 護 保 険 制 度 の 適 切 な 運 営 を 図 るとともに 質 量 両 面 にわたり 介 護 サービス 基 盤 の 整 備 を 図 ること 基 本 目 標 Ⅹ 国 際 化 時 代 にふさわしい 厚 生 労 働 行 政 を 推 進 するこ と 施 策 大 目 標 1 国 際 社 会 への 参 画 貢 献 を 行 うこと 1-1 国 際 機 関 の 活 動 への 参 画 協 力 や 海 外 広 報 を 通 じて 国 際 社 会 に 貢 献 すること 1-2 二 国 間 等 の 国 際 協 力 を 推 進 し 連 携 を 強 化 すること 施 策 大 目 標 2 国 際 化 に 対 応 した 施 策 を 推 進 すること( 再 掲 ) 感 染 症 の 発 生 まん 延 の 防 止 等 を 図 ること( 基 本 目 標 Ⅰ 施 策 目 標 5-1を 参 照 ) 食 品 等 の 飲 食 に 起 因 する 衛 生 上 の 危 害 の 発 生 を 防 止 すること ( 基 本 目 標 Ⅱ 施 策 目 標 1-1を 参 照 ) 国 民 に 信 頼 される 持 続 可 能 な 公 的 年 金 制 度 を 構 築 すること( 基 本 目 標 Ⅸ 施 策 目 標 1-1を 参 照 ) 外 国 人 労 働 者 対 策 を 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅳ 施 策 目 標 3-1を 参 照 ) 感 染 症 の 発 生 まん 延 の 防 止 等 を 図 ること( 基 本 目 標 Ⅰ 施 策 目 標 5-1を 参 照 ) 食 品 等 の 飲 食 に 起 因 する 衛 生 上 の 危 害 の 発 生 を 防 止 すること ( 基 本 目 標 Ⅱ 施 策 目 標 1-1を 参 照 ) 国 民 に 信 頼 される 持 続 可 能 な 公 的 年 金 制 度 を 構 築 すること( 基 本 目 標 Ⅸ 施 策 目 標 1-1を 参 照 ) 外 国 人 労 働 者 対 策 を 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅳ 施 策 目 標 3-1を 参 照 ) 5

11 基 本 目 標 ⅩⅠ 国 民 生 活 の 向 上 に 関 わる 科 学 技 術 の 振 興 を 図 ること 基 本 目 標 ⅩⅠ 国 民 生 活 の 向 上 に 関 わる 科 学 技 術 の 振 興 を 図 ること 施 策 大 目 標 1 国 立 試 験 研 究 機 関 の 適 正 かつ 効 果 的 な 運 営 を 確 保 すること 1-1 国 立 試 験 研 究 機 関 の 適 正 かつ 効 果 的 な 運 営 を 確 保 すること 施 策 大 目 標 2 研 究 を 支 援 する 体 制 を 整 備 すること 2-1 厚 生 労 働 科 学 研 究 事 業 の 適 正 かつ 効 果 的 な 実 施 を 確 保 するこ と 施 策 大 目 標 3 厚 生 労 働 分 野 の 研 究 開 発 を 推 進 すること( 再 掲 ) 施 策 大 目 標 1 国 立 試 験 研 究 機 関 の 適 正 かつ 効 果 的 な 運 営 を 確 保 すること 1-1 国 立 試 験 研 究 機 関 の 適 正 かつ 効 果 的 な 運 営 を 確 保 すること 施 策 大 目 標 2 研 究 を 支 援 する 体 制 を 整 備 すること 2-1 厚 生 労 働 科 学 研 究 事 業 の 適 正 かつ 効 果 的 な 実 施 を 確 保 するこ と 施 策 大 目 標 3 厚 生 労 働 分 野 の 研 究 開 発 を 推 進 すること( 再 掲 ) 感 染 症 の 発 生 まん 延 の 防 止 を 図 るための 研 究 開 発 を 推 進 する こと( 基 本 目 標 Ⅰ 施 策 目 標 5-1を 参 照 ) 治 療 方 法 が 確 立 していない 特 殊 の 疾 病 等 の 予 防 治 療 等 の 研 究 開 発 を 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅰ 施 策 目 標 5-2を 参 照 ) 新 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 研 究 開 発 を 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅰ 施 策 目 標 8-1を 参 照 ) 生 活 習 慣 の 改 善 等 により 健 康 寿 命 の 延 伸 等 を 図 る 研 究 開 発 を 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅰ 施 策 目 標 10-2を 参 照 ) 食 品 等 の 飲 食 に 起 因 する 衛 生 上 の 危 害 の 発 生 を 防 止 するため の 研 究 開 発 を 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅱ 施 策 目 標 1-1を 参 照 ) 国 民 生 活 の 利 便 性 の 向 上 に 関 わるIT 化 を 推 進 するこ 基 本 目 標 ⅩⅡ と 感 染 症 の 発 生 まん 延 の 防 止 を 図 るための 研 究 開 発 を 推 進 する こと( 基 本 目 標 Ⅰ 施 策 目 標 5-1を 参 照 ) 治 療 方 法 が 確 立 していない 特 殊 の 疾 病 等 の 予 防 治 療 等 の 研 究 開 発 を 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅰ 施 策 目 標 5-2を 参 照 ) 新 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 研 究 開 発 を 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅰ 施 策 目 標 8-1を 参 照 ) 生 活 習 慣 の 改 善 等 により 健 康 寿 命 の 延 伸 等 を 図 る 研 究 開 発 を 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅰ 施 策 目 標 10-2を 参 照 ) 食 品 等 の 飲 食 に 起 因 する 衛 生 上 の 危 害 の 発 生 を 防 止 するため の 研 究 開 発 を 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅱ 施 策 目 標 1-1を 参 照 ) 国 民 生 活 の 利 便 性 の 向 上 に 関 わるIT 化 を 推 進 するこ 基 本 目 標 ⅩⅡ と 施 策 大 目 標 1 電 子 行 政 推 進 に 関 する 基 本 方 針 を 推 進 すること 1-1 行 政 分 野 へのIT( 情 報 通 信 技 術 )の 活 用 とこれに 併 せた 業 務 や 制 度 の 見 直 しにより 国 民 の 利 便 性 の 向 上 と 行 政 運 営 の 簡 素 化 効 率 化 を 図 ること 施 策 大 目 標 2 医 療 健 康 介 護 福 祉 分 野 の 情 報 化 を 推 進 すること( 再 掲 ) 医 療 情 報 化 インフラの 普 及 のための 取 組 みを 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅰ 施 策 目 標 3-1を 参 照 ) レセプトオンライン 化 のための 取 組 みを 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅰ 施 策 目 標 9-1を 参 照 ) 施 策 大 目 標 3 その 他 の 政 策 分 野 における 情 報 化 を 推 進 すること( 再 掲 ) 施 策 大 目 標 1 電 子 行 政 推 進 に 関 する 基 本 方 針 を 推 進 すること 行 政 分 野 へのIT( 情 報 通 信 技 術 )の 活 用 とこれに 併 せた 業 務 や 制 度 の 見 直 しにより 国 民 の 利 便 性 の 向 上 と 行 政 運 営 の 簡 素 化 効 率 化 を 図 ること 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 国 民 の 理 解 を 得 ながら その 着 実 な 導 入 を 図 るとともに 社 会 保 障 税 番 号 の 利 活 用 を 推 進 し 国 民 の 利 便 性 の 向 上 を 図 ること 施 策 大 目 標 2 医 療 健 康 介 護 福 祉 分 野 の 情 報 化 を 推 進 すること( 再 掲 ) 医 療 情 報 化 インフラの 普 及 のための 取 組 みを 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅰ 施 策 目 標 3-1を 参 照 ) レセプトオンライン 化 のための 取 組 みを 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅰ 施 策 目 標 9-1を 参 照 ) 施 策 大 目 標 3 その 他 の 政 策 分 野 における 情 報 化 を 推 進 すること( 再 掲 ) 仕 事 と 生 活 の 調 和 を 図 るための 情 報 化 の 取 組 みを 推 進 すること ( 基 本 目 標 Ⅲ 施 策 目 標 4-1を 参 照 ) 求 人 求 職 情 報 への 円 滑 なアクセスを 図 るための 情 報 化 の 取 組 みを 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅳ 施 策 目 標 1-1を 参 照 ) 女 性 の 再 就 職 再 就 業 支 援 のための 情 報 化 の 取 組 みを 推 進 す ること( 基 本 目 標 Ⅵ 施 策 目 標 1-1を 参 照 ) 国 民 に 信 頼 されるとともに 職 員 一 人 一 人 がやりがい 基 本 目 標 ⅩⅢ をもって 働 くことができる 体 制 を 確 立 すること 仕 事 と 生 活 の 調 和 を 図 るための 情 報 化 の 取 組 みを 推 進 すること ( 基 本 目 標 Ⅲ 施 策 目 標 4-1を 参 照 ) 求 人 求 職 情 報 への 円 滑 なアクセスを 図 るための 情 報 化 の 取 組 みを 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅳ 施 策 目 標 1-1を 参 照 ) 女 性 の 再 就 職 再 就 業 支 援 のための 情 報 化 の 取 組 みを 推 進 す ること( 基 本 目 標 Ⅵ 施 策 目 標 1-1を 参 照 ) 国 民 に 信 頼 されるとともに 職 員 一 人 一 人 がやりがい 基 本 目 標 ⅩⅢ をもって 働 くことができる 体 制 を 確 立 すること 施 策 大 目 標 1 情 報 発 信 情 報 公 開 と 効 率 的 効 果 的 な 業 務 運 営 を 図 ること 施 策 大 目 標 1 情 報 発 信 情 報 公 開 と 効 率 的 効 果 的 な 業 務 運 営 を 図 ること 1-1 国 民 に 伝 わるように 分 かりやすく 情 報 を 発 信 するとともに 国 民 の 声 に 耳 を 傾 け 改 善 へ 活 かすこと 1-2 コスト 意 識 ムダ 削 減 を 徹 底 するための 取 組 を 進 めること 国 民 に 伝 わるように 分 かりやすく 情 報 を 発 信 するとともに 国 民 の 声 に 耳 を 傾 け 改 善 へ 活 かすこと コスト 意 識 ムダ 削 減 を 徹 底 するための 取 組 を 進 めること 施 策 大 目 標 2 職 員 の 育 成 と 職 場 環 境 の 改 善 を 図 ること 施 策 大 目 標 2 職 員 の 育 成 と 職 場 環 境 の 改 善 を 図 ること 次 代 の 厚 生 労 働 行 政 を 担 う 人 物 像 に 照 らした 適 切 な 人 事 評 価 と 前 例 にとらわれない 適 材 適 所 の 人 事 を 推 進 すること 省 に 不 足 する 能 力 の 向 上 を 図 り 意 欲 と 能 力 を 兼 ね 備 えた 職 員 の 育 成 を 進 めること 職 員 一 人 一 人 がやりがいをもって 業 務 を 行 うことができるよう 職 場 環 境 の 改 善 等 を 進 めること 政 策 の 企 画 立 案 に 時 間 を 割 くことができるような 体 制 を 確 立 す るため 業 務 改 善 効 率 化 の 取 組 を 進 めること 次 代 の 厚 生 労 働 行 政 を 担 う 人 物 像 に 照 らした 適 切 な 人 事 評 価 と 前 例 にとらわれない 適 材 適 所 の 人 事 を 推 進 すること 省 に 不 足 する 能 力 の 向 上 を 図 り 意 欲 と 能 力 を 兼 ね 備 えた 職 員 の 育 成 を 進 めること 職 員 一 人 一 人 がやりがいをもって 業 務 を 行 うことができるよう 職 場 環 境 の 改 善 等 を 進 めること 政 策 の 企 画 立 案 に 時 間 を 割 くことができるような 体 制 を 確 立 す るため 業 務 改 善 効 率 化 の 取 組 を 進 めること 6

12 資 料 1-2 厚 生 労 働 省 における 政 策 評 価 に 関 する 基 本 計 画 ( 第 3 期 )( 案 ) 平 成 24 年 3 月 30 日 厚 生 労 働 大 臣 決 定 平 成 26 年 月 日 一 部 変 更

13 厚 生 労 働 省 における 政 策 評 価 に 関 する 基 本 計 画 ( 第 3 期 ) 目 次 頁 第 1 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 計 画 期 間 1 第 3 政 策 評 価 の 実 施 に 関 する 方 針 2 1 政 策 評 価 の 実 施 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 2 政 策 体 系 3 政 策 評 価 の 実 施 方 法 第 4 政 策 評 価 の 観 点 に 関 する 事 項 3 第 5 政 策 効 果 の 把 握 に 関 する 事 項 4 1 政 策 効 果 の 把 握 方 法 2 政 策 効 果 の 把 握 に 当 たっての 留 意 点 第 6 事 前 評 価 の 実 施 に 関 する 事 項 4 1 事 前 評 価 の 対 象 とする 政 策 及 び 評 価 方 式 2 事 前 評 価 の 評 価 結 果 の 検 証 第 7 事 後 評 価 の 実 施 に 関 する 事 項 6 1 事 後 評 価 の 対 象 とする 政 策 及 び 評 価 方 式 2 モニタリングの 実 施 第 8 学 識 経 験 を 有 する 者 の 知 見 の 活 用 に 関 する 事 項 8 1 学 識 経 験 者 等 の 知 見 活 用 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 2 政 策 評 価 に 関 する 有 識 者 会 議 第 9 政 策 評 価 の 結 果 の 政 策 への 反 映 に 関 する 事 項 9 1 評 価 結 果 の 反 映 2 反 映 状 況 の 報 告 及 び 公 表

14 第 10 インターネットの 利 用 その 他 の 方 法 による 政 策 評 価 に 関 する 情 報 の 公 開 に 関 する 事 項 9 1 公 表 内 容 方 法 2 国 民 の 意 見 要 望 の 受 付 第 11 政 策 評 価 の 実 施 体 制 に 関 する 事 項 9 1 政 策 評 価 の 担 当 組 織 2 政 策 評 価 の 実 施 に 関 する 関 係 課 長 会 議 3 政 策 評 価 に 関 する 有 識 者 会 議 ( 再 掲 ) 第 12 その 他 政 策 評 価 の 実 施 に 関 し 必 要 な 事 項 10 1 政 策 評 価 の 継 続 的 改 善 2 職 員 の 人 材 の 確 保 及 び 資 質 の 向 上 3 地 方 公 共 団 体 等 との 連 携 協 力 4 本 計 画 の 改 正 5 実 施 計 画 厚 生 労 働 省 における 政 策 評 価 実 施 要 領 別 紙 政 策 体 系 ( 基 本 目 標 施 策 大 目 標 及 び 施 策 中 目 標 )

15 平 成 24 年 3 月 30 日 厚 生 労 働 大 臣 決 定 厚 生 労 働 省 における 政 策 評 価 に 関 する 基 本 計 画 ( 第 3 期 ) 第 1 基 本 的 な 考 え 方 政 策 評 価 については 行 政 機 関 が 行 う 政 策 の 評 価 に 関 する 法 律 ( 平 成 13 年 法 律 第 86 号 以 下 法 という )が 平 成 14 年 4 月 に 施 行 され 厚 生 労 働 省 において も これに 基 づき 政 策 評 価 を 実 施 してきたところであり 政 策 評 価 の 実 施 から10 年 が 経 過 した この 間 国 民 に 対 する 説 明 責 任 (アカウンタビリティ)の 徹 底 や 国 民 本 位 の 効 率 的 で 質 の 高 い 行 政 の 実 現 国 民 的 視 野 に 立 った 成 果 (アウトカム) 重 視 の 行 政 への 転 換 等 を 目 的 として 政 策 評 価 を 実 施 してきたところであるが 今 後 も 厚 生 労 働 省 の 各 政 策 が 国 民 生 活 の 質 の 一 層 の 向 上 に 貢 献 できるよう 政 策 評 価 の 充 実 や 改 善 を 図 っていく 必 要 がある 本 計 画 においては 法 第 6 条 第 1 項 に 基 づく 政 策 評 価 に 関 する 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 12 月 16 日 閣 議 決 定 以 下 政 策 評 価 基 本 方 針 という )を 踏 まえて 当 省 が 実 施 する 政 策 評 価 について その 評 価 の 観 点 政 策 効 果 の 把 握 の 手 法 事 前 評 価 及 び 事 後 評 価 の 対 象 とする 政 策 など 評 価 の 実 施 に 関 する 基 本 的 事 項 を 明 らかに するものである 第 2 計 画 期 間 本 計 画 は 平 成 24 年 度 から 平 成 28 年 度 までの5 年 間 に 実 施 する 政 策 評 価 を 対 象 とする - 1 -

16 第 3 政 策 評 価 の 実 施 に 関 する 方 針 1 政 策 評 価 の 実 施 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 当 省 においては 政 策 の 質 の 向 上 政 策 形 成 能 力 の 向 上 や 職 員 の 意 識 改 革 等 を 図 るため 政 策 評 価 を 政 策 ( 組 織 定 員 要 求 予 算 要 求 税 制 改 正 要 望 を 含 む)の 企 画 立 案 Plan - 実 施 Do - 評 価 Check - 見 直 し 改 善 Action を 主 要 な 要 素 とする 政 策 のマネジメントサイクルの 中 に 明 確 に 組 み 込 み 実 施 するも のとする 2 政 策 体 系 政 策 評 価 を 体 系 的 に 実 施 するため 基 本 目 標 施 策 大 目 標 施 策 目 標 及 び 事 務 事 業 を 政 策 体 系 とする これらのうち 基 本 目 標 施 策 大 目 標 及 び 施 策 目 標 につい ては 別 紙 のとおり 定 め 事 務 事 業 については 基 本 計 画 に 基 づく 厚 生 労 働 省 に おける 事 後 評 価 の 実 施 に 関 する 計 画 ( 以 下 実 施 計 画 という )に 定 めるものと する 3 政 策 評 価 の 実 施 方 式 政 策 評 価 は 政 策 の 特 性 や 評 価 の 目 的 等 に 応 じて 次 の3つの 方 式 を 適 切 に 選 択 して 実 施 することとする また いずれの 方 式 においても 政 策 評 価 を 効 果 的 効 率 的 に 実 施 するため 政 策 の 目 的 とその 手 段 の 関 係 を 明 確 にするとともに 評 価 の 対 象 を 重 点 化 し 政 策 評 価 を 実 施 する 時 期 や 把 握 する 政 策 効 果 の 範 囲 などは 政 策 効 果 の 発 現 時 期 や 政 策 効 果 の 把 握 に 要 するコストなどを 勘 案 して 適 切 に 判 断 するものとする (1) 評 価 方 式 政 策 を 決 定 した 後 に 政 策 の 不 断 の 見 直 しや 改 善 に 資 する 見 地 から 政 策 の 目 的 と 手 段 の 対 応 関 係 を 明 示 しつつ あらかじめ 政 策 効 果 に 着 目 した 達 成 すべ き 目 標 を 設 定 し これに 対 する を 定 期 的 継 続 的 に 測 定 するとともに 目 標 期 間 が 終 了 した 時 点 で 目 標 期 間 全 体 における 取 組 や 最 終 的 な 等 を 総 括 し 目 標 の 達 成 度 合 いについて 評 価 する (2) 総 合 評 価 方 式 政 策 の 決 定 から 一 定 期 間 を 経 過 した 後 を 中 心 に 問 題 点 の 解 決 に 資 する 多 様 な 情 報 を 提 供 することにより 政 策 の 見 直 しや 改 善 に 資 する 見 地 から 特 定 の テーマについて 当 該 テーマに 係 る 政 策 効 果 の 発 現 状 況 を 様 々な 角 度 から 掘 り 下 げて 分 析 し 政 策 に 係 る 問 題 点 を 把 握 するとともにその 原 因 を 分 析 するなど 総 合 的 に 評 価 する (3) 事 業 評 価 方 式 個 々の 具 体 的 な 事 業 や 施 策 の 実 施 を 目 的 とする 政 策 を 決 定 する 前 に その - 2 -

17 採 否 選 択 等 に 資 する 見 地 から 当 該 事 業 又 は 施 策 を 対 象 として あらかじめ 期 待 される 政 策 効 果 やそれらに 要 する 費 用 等 を 推 計 測 定 するとともに 必 要 に 応 じ 事 後 の 時 点 で 事 前 の 時 点 に 行 った 評 価 内 容 を 踏 まえて 検 証 するものであり 個 々の 具 体 的 な 事 業 や 施 策 の 採 択 及 びその 継 続 の 可 否 や 見 直 しを 目 的 とす る 第 4 政 策 評 価 の 観 点 に 関 する 事 項 政 策 評 価 の 観 点 としては 以 下 の(1)から(5)があり 評 価 の 際 には 必 要 性 効 率 性 及 び 有 効 性 の 観 点 を 基 本 としつつ 評 価 の 対 象 とする 政 策 の 特 性 等 に 応 じ て 公 平 性 優 先 性 等 の 観 点 を 用 いるなど 総 合 的 に 評 価 を 行 うこととする その 際 政 策 評 価 の 実 施 方 式 や 評 価 の 対 象 とする 政 策 の 特 性 等 に 応 じて 評 価 書 等 ( 法 第 10 条 に 規 定 する 評 価 書 及 びその 要 旨 をいう 以 下 同 じ )に 政 策 評 価 の 観 点 を 具 体 的 に 記 載 することにより 実 効 性 の 高 い 評 価 を 行 うものとする (1) 必 要 性 の 観 点 イ 政 策 の 目 的 が 国 民 や 社 会 のニーズに 照 らして 妥 当 か また 上 位 の 目 的 に 照 らして 妥 当 か ロ 行 政 関 与 の 在 り 方 から 見 て 行 政 が 担 う 必 要 があるか (2) 効 率 性 の 観 点 イ 投 入 された 資 源 量 に 見 合 った 効 果 が 得 られるか 又 は 実 際 に 得 られている か ロ 必 要 な 効 果 がより 少 ない 資 源 量 で 得 られるものが 他 にないか ハ 同 一 の 資 源 量 でより 大 きな 効 果 が 得 られるものが 他 にないか (3) 有 効 性 の 観 点 か 政 策 の 実 施 により 期 待 される 効 果 が 得 られるか 又 は 実 際 に 得 られている (4) 公 平 性 の 観 点 政 策 の 目 的 に 照 らして 政 策 の 効 果 の 受 益 や 費 用 の 負 担 が 公 平 に 分 配 され るか 又 は 実 際 に 分 配 されているか (5) 優 先 性 の 観 点 他 の 政 策 よりも 優 先 的 に 実 施 すべきか - 3 -

18 第 5 政 策 効 果 の 把 握 に 関 する 事 項 1 政 策 効 果 の 把 握 方 法 (1) 政 策 効 果 の 把 握 については それに 要 するコスト 得 られる 結 果 の 分 析 精 度 評 価 を 実 施 する 職 員 の 能 力 等 を 考 慮 しつつ 政 策 の 特 性 に 応 じた 合 理 的 な 手 法 を 用 いて できる 限 り 定 量 的 に 行 うこととする (2) 政 策 効 果 を 定 量 的 に 把 握 することが 困 難 である 場 合 又 は 政 策 評 価 の 客 観 的 かつ 厳 格 な 実 施 の 確 保 に 結 びつかない 場 合 には できる 限 り 客 観 的 な 情 報 データや 事 実 を 用 いつつ 政 策 効 果 を 定 性 的 に 把 握 する 手 法 を 用 いるものとす る (3) 特 に 厚 生 労 働 行 政 は 保 健 医 療 社 会 福 祉 所 得 保 障 労 働 といった 国 民 生 活 に 密 着 した 幅 広 い 分 野 を 所 掌 しており 社 会 のセーフティネットとして 機 能 している 政 策 も 多 く 政 策 効 果 の 把 握 に 関 する 手 法 等 が 確 立 されていない 分 野 も 存 在 することから 具 体 的 に 数 値 等 で 把 握 しにくい 効 果 も 十 分 に 勘 案 しな がら 適 正 な 評 価 に 努 めるものとする 2 政 策 効 果 の 把 握 に 当 たっての 留 意 点 政 策 評 価 の 実 施 に 当 たり 評 価 の 対 象 となる 政 策 に 基 づく 具 体 的 活 動 の 実 施 主 体 が 厚 生 労 働 省 以 外 であり 政 策 効 果 の 把 握 のために 当 該 実 施 主 体 における 活 動 に 関 する 情 報 等 が 必 要 となる 場 合 にあっては 事 前 に 当 該 実 施 主 体 に 対 して 把 握 しようとする 政 策 効 果 やそのために 必 要 となる 情 報 政 策 効 果 の 把 握 の 方 法 等 について 具 体 的 に 示 すことなどにより できる 限 りその 理 解 と 協 力 を 得 るように 努 めることとする 第 6 事 前 評 価 の 実 施 に 関 する 事 項 1 事 前 評 価 の 対 象 とする 政 策 及 び 評 価 方 式 事 前 評 価 の 対 象 とする 政 策 は 以 下 のとおりとし 事 業 評 価 方 式 を 基 本 とする (1) 個 々の 研 究 開 発 ( 注 1) イ 10 億 円 以 上 の 費 用 を 要 することが 見 込 まれるものの 実 施 を 目 的 とする 政 策 ロ 10 億 円 以 上 の 費 用 を 要 することが 見 込 まれるものを 実 施 する 者 に 対 し そ の 実 施 に 要 する 費 用 の 全 部 又 は 一 部 を 補 助 することを 目 的 とする 政 策 ハ 国 の 研 究 開 発 評 価 に 関 する 大 綱 的 指 針 ( 平 成 20 年 10 月 31 日 内 閣 総 理 大 臣 決 定 以 下 大 綱 的 指 針 という )に 基 づき 事 前 評 価 の 対 象 とされた 研 - 4 -

19 究 開 発 (2) 個 々の 公 共 的 な 建 設 の 事 業 ( 注 2) 公 共 の 用 に 供 する 施 設 を 整 備 する 事 業 その 他 の 個 々の 公 共 的 な 建 設 の 事 業 であって イ 10 億 円 以 上 の 費 用 を 要 することが 見 込 まれるものの 実 施 を 目 的 とする 政 策 ロ 10 億 円 以 上 の 費 用 を 要 することが 見 込 まれるものを 実 施 する 者 に 対 し そ の 実 施 に 要 する 費 用 の 全 部 又 は 一 部 を 補 助 することを 目 的 とする 政 策 (3) 個 々の 政 府 開 発 援 助 イ 無 償 の 資 金 供 与 による 協 力 ( 注 3) 当 該 資 金 供 与 の 額 が10 億 円 以 上 となることが 見 込 まれるものの 実 施 を 目 的 とする 政 策 ロ 有 償 の 資 金 供 与 による 協 力 ( 注 4) 当 該 資 金 供 与 の 額 が150 億 円 以 上 となることが 見 込 まれるものの 実 施 を 目 的 とする 政 策 (4) 規 制 の 新 設 等 を 目 的 とする 政 策 ( 注 5 6) 法 律 又 は 法 律 の 委 任 に 基 づく 政 令 の 制 定 又 は 改 廃 により 規 制 を 新 設 し 若 しくは 廃 止 し 又 は 規 制 の 内 容 の 変 更 をすることを 目 的 とする 政 策 (5) 租 税 特 別 措 置 等 の 新 設 拡 充 又 は 延 長 ( 注 7) 租 税 特 別 措 置 等 のうち 法 人 税 法 人 住 民 税 及 び 法 人 事 業 税 の 新 設 拡 充 又 は 延 長 を 目 的 とする 政 策 注 1: 人 文 科 学 のみに 係 るものを 除 く( 行 政 機 関 が 行 う 政 策 の 評 価 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 13 年 9 月 27 日 政 令 第 323 号 以 下 令 という ) 第 3 条 第 1 号 及 び2 号 参 照 ) 注 2: 施 設 の 維 持 又 は 修 繕 に 係 る 事 業 を 除 く( 令 第 3 条 第 3 号 及 び4 号 参 照 ) 注 3: 条 約 その 他 の 国 際 約 束 に 基 づく 技 術 協 力 又 はこれに 密 接 な 関 連 性 を 有 する 事 業 のための 施 設 ( 船 舶 を 含 む )の 整 備 ( 当 該 施 設 の 維 持 及 び 運 営 に 必 要 な 設 備 及 び 資 材 の 調 達 を 含 む )を 目 的 として 行 われるものに 限 る ( 令 第 3 条 第 5 号 参 照 ) 注 4: 資 金 の 供 与 の 条 件 が 開 発 途 上 地 域 にとって 重 い 負 担 にならないよう 金 利 償 還 期 間 等 について 緩 やかな 条 件 が 付 されているものであって 独 立 行 政 法 人 国 際 協 力 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 136 号 ) 第 13 条 第 1 項 第 2 号 イの 規 定 に 基 づき 外 務 大 臣 が 指 定 する 者 に 対 して その 行 う 開 発 事 業 の 実 施 に 必 要 な 資 金 を 貸 し 付 けるものに 限 る( 令 第 3 条 第 5 号 参 照 ) 注 5: 規 制 とは 国 民 の 権 利 を 制 限 し 又 はこれに 義 務 を 課 する 作 用 ( 租 税 裁 - 5 -

20 判 手 続 補 助 金 の 交 付 の 申 請 手 続 その 他 の 行 政 機 関 が 行 う 政 策 の 評 価 に 関 する 法 律 施 行 規 則 ( 平 成 19 年 総 務 省 令 第 95 号 以 下 規 則 とい う ) 第 1 条 で 定 めるものに 係 る 作 用 を 除 く )である( 令 第 3 条 6 号 参 照 ) 注 6: 規 制 の 内 容 の 変 更 については 提 出 すべき 書 類 の 種 類 記 載 事 項 又 は 様 式 の 軽 微 な 変 更 その 他 の 国 民 生 活 又 は 社 会 経 済 に 相 当 程 度 の 影 響 を 及 ぼすことが 見 込 まれないものとして 規 則 第 2 条 で 定 める 変 更 を 除 く( 令 第 3 条 6 号 参 照 ) 注 7: 租 税 特 別 措 置 等 の 具 体 的 な 評 価 の 範 囲 については 令 第 3 条 第 7 号 及 び 第 8 号 並 びに 政 策 評 価 基 本 方 針 Ⅰ4キの 規 定 に 従 うものとする 2 事 前 評 価 の 評 価 結 果 の 検 証 事 前 評 価 の 対 象 とした 政 策 については 政 策 効 果 の 把 握 の 手 法 等 の 調 査 研 究 及 び 開 発 を 積 極 的 に 進 めるために 評 価 書 等 に 当 該 政 策 の 目 標 の 達 成 状 況 を 示 す 評 価 指 標 と 政 策 効 果 の 発 現 時 期 を 示 し その 評 価 指 標 のモニタリングの 結 果 ( 以 下 モニタリング 結 果 という )や 推 移 政 策 効 果 の 発 現 時 期 を 参 考 にすること などにより 必 要 に 応 じて 又 は 事 前 評 価 の 実 施 後 一 定 期 間 が 経 過 したときに 事 前 評 価 の 評 価 結 果 を 重 点 的 に 検 証 することとする 第 7 事 後 評 価 の 実 施 に 関 する 事 項 1 事 後 評 価 の 対 象 とする 政 策 及 び 評 価 方 式 事 後 評 価 の 対 象 とする 政 策 及 び 評 価 方 式 については 以 下 のとおりとする (1) 政 策 体 系 に 基 づき 対 象 とする 政 策 イ 評 価 の 単 位 施 策 目 標 ごとに 評 価 を 行 い 評 価 書 等 を 作 成 することを 原 則 とする ロ 評 価 予 定 ( 評 価 時 期 及 び 評 価 方 式 )の 設 定 実 施 計 画 において 施 策 目 標 ごとに 政 策 の 特 性 や 政 策 の 見 直 し 時 期 等 を 踏 まえて 基 本 計 画 の 期 間 中 に 全 ての 施 策 目 標 について 事 後 評 価 を 実 施 ( 以 下 ローテーション という )できるよう 概 ねの 時 期 及 び 評 価 方 式 を 設 定 する こととする ハ 事 後 評 価 の 対 象 とする 政 策 及 び 評 価 方 式 の 決 定 ローテーションで 評 価 を 実 施 するもののほか 以 下 の1から3までに 該 当 する 場 合 は 原 則 として 事 後 評 価 の 対 象 とすることとし 具 体 的 には 前 年 度 の 実 施 計 画 の 評 価 予 定 を 踏 まえつつ 毎 年 度 実 施 計 画 において 定 める 評 価 方 式 は 政 策 の 特 性 や 評 価 の 目 的 等 に 応 じて 適 切 に 選 択 する 1 政 策 の 特 性 に 応 じて 定 期 的 な 見 直 しを 行 う 場 合 - 6 -

21 2 次 のいずれかに 該 当 し かつ 当 該 年 度 において 評 価 を 実 施 することが 適 切 であると 認 められる 場 合 なお 課 題 の 選 定 及 び 評 価 に 当 たっては 審 議 会 の 答 申 や 白 書 等 による 分 析 結 果 を 積 極 的 に 活 用 するように 努 める a 施 政 方 針 演 説 等 で 示 された 内 閣 としての 重 要 政 策 b 当 省 の 主 要 な 制 度 の 新 設 改 定 等 3 指 標 のモニタリング 結 果 や 推 移 により 必 要 が 生 じた 場 合 ニ 政 策 体 系 及 び 指 標 並 びに 目 標 値 の 見 直 し 各 年 度 の 評 価 結 果 等 を 踏 まえ 必 要 に 応 じて 政 策 体 系 及 び 指 標 並 びに 目 標 値 の 見 直 しを 行 う この 場 合 において 指 標 及 び 目 標 値 については 評 価 の 対 象 となる 政 策 の 性 質 等 に 応 じ さらに 客 観 的 かつ 的 確 に 達 成 度 を 測 定 で きるものとなるよう 努 める ホ 評 価 方 式 評 価 方 式 又 は 総 合 評 価 方 式 を 基 本 とする (2) 研 究 開 発 る 大 綱 的 指 針 に 基 づき 事 後 評 価 の 対 象 とするもの 事 業 評 価 方 式 を 基 本 とす (3) 公 共 事 業 水 道 施 設 整 備 事 業 の 評 価 の 実 施 について ( 平 成 23 年 7 月 7 日 付 健 発 0707 第 1 号 )で 定 めるところにより 事 後 評 価 の 対 象 とするもの 事 業 評 価 方 式 を 基 本 とする (4) 事 前 評 価 を 実 施 した 政 策 以 下 の 政 策 を 対 象 とし 事 業 評 価 方 式 を 基 本 とする イ 事 前 評 価 の 実 施 後 一 定 期 間 が 経 過 したもの ロ 事 前 評 価 の 際 に 設 定 した 評 価 指 標 のモニタリング 結 果 や 推 移 政 策 効 果 の 発 現 時 期 を 参 考 にして 必 要 が 生 じたもの (5) 法 第 7 条 第 2 項 第 2 号 に 規 定 する 政 策 ( 政 策 決 定 後 5 年 間 が 経 過 した 時 点 で 未 着 手 のもの 又 は 政 策 決 定 後 10 年 間 が 経 過 した 時 点 で 継 続 中 のもの) 事 業 評 価 評 価 又 は 総 合 評 価 方 式 を 基 本 とする (6) 今 後 の 経 済 財 政 運 営 及 び 経 済 社 会 の 構 造 改 革 に 関 する 基 本 方 針 ( 平 成 1 3 年 6 月 26 日 閣 議 決 定 ) 以 下 累 次 の 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革 に 関 する 基 本 方 針 に 基 づき 定 められた 成 果 重 視 事 業 事 業 評 価 方 式 を 基 本 とする - 7 -

22 (7) 租 税 特 別 措 置 等 政 策 評 価 基 本 方 針 に 基 づき 租 税 特 別 措 置 等 のうち 法 人 税 法 人 住 民 税 及 び 法 人 事 業 税 に 関 するもの 事 業 評 価 評 価 又 は 総 合 評 価 方 式 を 基 本 とす る (8) (1)から(7)までに 掲 げるもののほか 閣 議 決 定 等 の 内 閣 の 基 本 方 針 に 基 づ き 政 策 評 価 を 実 施 するもの 事 業 評 価 評 価 又 は 総 合 評 価 方 式 を 基 本 とする 2 モニタリングの 実 施 厚 生 労 働 行 政 全 般 の を 明 らかにするため 担 当 部 局 ( 個 別 の 政 策 を 所 管 す る 大 臣 官 房 の 各 課 を 含 む 以 下 同 じ )は 各 年 度 開 始 後 遅 滞 なく 施 策 目 標 に 係 る 指 標 並 びに 事 前 評 価 を 行 った 事 業 について 事 前 評 価 の 際 に 設 定 した 指 標 の 前 年 度 までの 進 捗 状 況 を 把 握 (モニタリング)することとする 第 8 学 識 経 験 を 有 する 者 の 知 見 の 活 用 に 関 する 事 項 1 学 識 経 験 者 等 の 知 見 の 活 用 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 政 策 評 価 の 実 施 に 当 たって 客 観 性 の 確 保 や 多 様 な 意 見 の 反 映 を 図 るため 以 下 の 方 法 等 により 学 識 経 験 者 等 の 高 度 の 専 門 性 や 実 践 的 な 知 見 の 活 用 等 を 積 極 的 に 図 るとともに その 活 用 の 状 況 等 を 評 価 書 に 明 記 するよう 努 めることとす る 1 学 識 経 験 者 等 からの 個 別 の 意 見 聴 取 2 学 識 経 験 者 等 により 構 成 される 検 討 会 研 究 会 等 の 開 催 3 既 存 の 審 議 会 の 活 用 4 外 部 研 究 機 関 等 の 活 用 2 政 策 評 価 に 関 する 有 識 者 会 議 当 省 における 政 策 評 価 制 度 評 価 方 法 等 について 改 善 向 上 を 図 るとともに 評 価 書 等 に 対 する 評 価 の 客 観 的 かつ 厳 格 な 実 施 を 確 保 するため 有 識 者 からなる 政 策 評 価 に 関 する 有 識 者 会 議 ( 以 下 有 識 者 会 議 という )を 設 置 し 以 下 の 事 項 について 有 識 者 会 議 の 意 見 等 を 聴 くこととする また 有 識 者 会 議 の 構 成 及 び 運 営 に 関 し 必 要 な 事 項 については 別 に 定 める イ 当 省 における 政 策 評 価 に 関 する 基 本 計 画 実 施 計 画 の 策 定 又 は 変 更 ロ 作 成 した 評 価 書 等 ハ その 他 政 策 評 価 に 関 する 基 本 的 事 項 の 変 更 等 - 8 -

23 第 9 政 策 評 価 の 結 果 の 政 策 への 反 映 に 関 する 事 項 1 評 価 結 果 の 反 映 (1) 評 価 結 果 は 新 たな 政 策 の 企 画 立 案 ( 組 織 定 員 要 求 予 算 要 求 税 制 改 正 要 望 等 を 含 む) 既 存 の 政 策 の 見 直 し 改 善 に 反 映 させるための 情 報 として 活 用 する (2) 政 策 評 価 と 予 算 決 算 等 の 連 携 を 強 化 するため 政 策 統 括 官 付 政 策 評 価 官 室 ( 以 下 政 策 評 価 官 室 という )は 関 連 する 閣 議 決 定 等 の 趣 旨 を 踏 まえ 必 要 な 取 組 を 推 進 するとともに 担 当 部 局 及 び 査 定 課 と 緊 密 な 連 携 を 図 る 2 反 映 状 況 の 報 告 及 び 公 表 毎 年 度 一 回 評 価 結 果 の 政 策 への 反 映 状 況 を 公 表 する 第 10 インターネットの 利 用 その 他 の 方 法 による 政 策 評 価 に 関 する 情 報 の 公 開 に 関 する 事 項 1 公 表 内 容 方 法 本 計 画 実 施 計 画 評 価 書 等 及 び 政 策 評 価 の 結 果 の 政 策 への 反 映 状 況 につい ては それぞれの 公 表 時 に 厚 生 労 働 省 ホームページへの 掲 載 や 政 策 評 価 官 室 へ の 備 付 けなどの 方 法 により 公 表 することとする なお 評 価 書 等 及 び 政 策 評 価 の 結 果 の 政 策 への 反 映 状 況 の 公 表 に 当 たって は 公 表 することにより 国 及 び 公 共 の 安 全 を 害 する 情 報 や 個 人 のプライバシー 企 業 秘 密 に 関 する 情 報 等 の 取 扱 いに 関 し 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 す る 法 律 ( 平 成 11 年 法 律 第 42 号 ) 行 政 機 関 の 保 有 する 個 人 情 報 の 保 護 に 関 す る 法 律 ( 平 成 15 年 法 律 第 58 号 )の 考 え 方 に 基 づき 適 切 に 対 応 するものとする 2 国 民 の 意 見 要 望 の 受 付 政 策 評 価 に 関 する 外 部 からの 意 見 等 については 当 省 ホームページ 等 におい て 広 く 受 け 付 ける 政 策 評 価 官 室 は 外 部 からの 意 見 に 対 して 担 当 部 局 と 調 整 の 上 回 答 を 行 うなど 適 切 な 対 応 に 努 めることとする 第 11 政 策 評 価 の 実 施 体 制 に 関 する 事 項 1 政 策 評 価 の 担 当 組 織 個 別 の 政 策 の 担 当 部 局 査 定 課 及 び 政 策 評 価 官 室 が 次 のような 役 割 分 担 の - 9 -

24 下 互 いに 協 力 連 携 をしつつ 政 策 評 価 を 実 施 するものとする (1) 担 当 部 局 は 自 ら 又 は 有 識 者 の 活 用 により その 担 当 する 政 策 について 評 価 を 実 施 し 部 局 のとりまとめ 課 で 評 価 書 等 を 確 認 の 上 査 定 課 及 び 政 策 評 価 官 室 に 提 出 する また 政 策 評 価 の 実 施 により 得 た 政 策 効 果 の 把 握 に 関 する 手 法 等 に 係 る 知 識 や 経 験 を 蓄 積 し 活 用 する (2) 査 定 課 は 提 出 された 評 価 書 等 を 参 考 に 査 定 又 は 審 査 を 行 い 組 織 定 員 要 求 予 算 要 求 税 制 改 正 要 望 等 に 適 切 に 反 映 する (3) 政 策 評 価 官 室 は 以 下 の 事 務 を 行 う 1 当 省 における 政 策 評 価 に 関 する 基 本 計 画 実 施 計 画 などの 政 策 評 価 に 関 する 基 本 的 事 項 の 企 画 立 案 2 当 省 における 政 策 評 価 に 関 する 基 本 計 画 実 施 計 画 政 策 体 系 の 指 標 の モニタリング 結 果 評 価 書 等 及 び 政 策 評 価 の 結 果 の 政 策 への 反 映 状 況 のとり まとめ 並 びに 公 表 3 評 価 手 法 の 調 査 研 究 及 び 開 発 の 推 進 4 政 策 評 価 を 担 当 する 職 員 の 技 能 向 上 の 推 進 5 政 策 評 価 に 関 する 情 報 提 供 及 び 助 言 等 を 通 じた 関 係 部 局 への 支 援 6 有 識 者 会 議 に 関 する 庶 務 2 政 策 評 価 の 実 施 に 関 する 関 係 課 長 会 議 省 内 に 政 策 評 価 の 実 施 に 関 する 関 係 課 長 会 議 ( 以 下 関 係 課 長 会 議 とい う )を 設 け 当 省 の 政 策 評 価 の 実 施 に 関 する 基 本 的 事 項 について 総 合 的 観 点 から 調 整 等 を 行 う また 関 係 課 長 会 議 の 構 成 及 び 運 営 に 関 し 必 要 な 事 項 につい ては 別 に 定 める 3 政 策 評 価 に 関 する 有 識 者 会 議 ( 再 掲 ) 当 省 における 政 策 評 価 制 度 評 価 方 法 等 について 改 善 向 上 を 図 るとともに 評 価 書 等 に 対 する 評 価 の 客 観 的 かつ 厳 格 な 実 施 を 確 保 するため 有 識 者 会 議 を 設 け 政 策 評 価 制 度 に 関 する 基 本 的 事 項 や 具 体 的 な 評 価 方 法 作 成 した 評 価 書 等 について 意 見 等 を 聴 取 する 第 12 その 他 政 策 評 価 の 実 施 に 関 し 必 要 な 事 項 1 政 策 評 価 の 継 続 的 改 善 (1) 政 策 評 価 官 室 は 担 当 部 局 が 蓄 積 した 政 策 評 価 に 関 する 知 識 や 経 験 他 府 省 地 方 公 共 団 体 等 及 び 外 国 の 状 況 に 関 する 知 識 などの 政 策 評 価 に 関 する 情

25 報 を 幅 広 く 収 集 し 政 策 評 価 制 度 全 般 の 改 善 充 実 を 図 るとともに 担 当 部 局 等 に 対 して 情 報 提 供 を 行 うこととする また 担 当 部 局 は 提 供 された 情 報 や 蓄 積 した 知 識 や 経 験 を 踏 まえ 政 策 評 価 の 実 施 の 改 善 充 実 を 図 っていくこととする (2) 政 策 効 果 の 把 握 に 関 する 手 法 等 については 個 々の 手 法 についての 特 性 を 十 分 に 検 証 し 知 識 や 経 験 を 蓄 積 していくとともに 新 たな 手 法 の 開 発 や 詳 細 な 分 析 を 行 うために 必 要 な 情 報 データの 収 集 に 努 め 段 階 的 に 評 価 の 質 の 向 上 を 図 ることとする 特 に 事 前 評 価 については 必 要 に 応 じて 又 は 事 前 評 価 の 実 施 後 一 定 期 間 が 経 過 したときに 事 前 評 価 の 評 価 結 果 を 重 点 的 に 検 証 することにより 政 策 効 果 の 把 握 の 手 法 等 の 調 査 研 究 及 び 開 発 を 積 極 的 に 進 めるものとする (3) 規 制 の 新 設 等 を 目 的 とする 政 策 の 評 価 については その 評 価 手 法 の 開 発 に 資 するため 規 制 影 響 分 析 の 実 施 に 一 層 積 極 的 に 取 り 組 むこととする 2 職 員 の 人 材 の 確 保 及 び 資 質 の 向 上 政 策 評 価 官 室 は 収 集 した 政 策 評 価 に 関 する 知 識 や 経 験 等 を 担 当 部 局 等 に 提 供 するとともに 政 策 評 価 に 関 する 研 修 の 機 会 を 設 けるなど 職 員 の 資 質 の 向 上 を 図 ることとする また 職 員 の 人 材 の 確 保 については 政 策 評 価 に 必 要 となる 専 門 的 実 務 的 な 知 識 を 得 るため 積 極 的 に 省 内 外 の 人 材 を 活 用 することとする 3 地 方 公 共 団 体 等 との 連 携 協 力 政 策 評 価 の 客 観 的 かつ 効 率 的 な 実 施 を 図 るため 評 価 の 対 象 となる 政 策 の 特 性 に 応 じて 地 方 公 共 団 体 等 と 必 要 な 情 報 や 意 見 の 交 換 を 行 うなど 地 方 公 共 団 体 等 と 適 切 な 連 携 協 力 を 図 ることとする 4 本 計 画 の 改 正 本 計 画 については 厚 生 労 働 行 政 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 政 策 評 価 基 本 方 針 の 変 更 政 策 評 価 の 実 施 状 況 政 策 効 果 の 把 握 の 手 法 等 その 他 政 策 評 価 の 方 法 に 関 する 調 査 研 究 及 び 開 発 の 成 果 や 動 向 等 を 踏 まえ 必 要 に 応 じて 改 正 を 行 うも のとする 5 実 施 計 画 厚 生 労 働 省 における 政 策 評 価 実 施 要 領 本 計 画 に 定 めるもののほか 当 省 が 実 施 する 政 策 評 価 に 関 する 具 体 的 な 評 価 の 実 施 手 順 実 施 時 期 等 必 要 な 事 項 は 実 施 計 画 及 び 厚 生 労 働 省 における 政 策 評 価 実 施 要 領 によるものとする

26 政 策 体 系 ( 基 本 目 標 施 策 大 目 標 施 策 目 標 ) 基 本 目 標 Ⅰ 安 心 信 頼 してかかれる 医 療 の 確 保 と 国 民 の 健 康 づくりを 推 進 すること 施 策 大 目 標 1 地 域 において 必 要 な 医 療 を 提 供 できる 体 制 を 整 備 すること 1-1 日 常 生 活 圏 の 中 で 良 質 かつ 適 切 な 医 療 が 効 率 的 に 提 供 できる 体 制 を 整 備 すること 施 策 大 目 標 2 必 要 な 医 療 従 事 者 を 確 保 するとともに 資 質 の 向 上 を 図 ること 2-1 今 後 の 医 療 需 要 に 見 合 った 医 療 従 事 者 の 確 保 を 図 ること 2-2 医 療 従 事 者 の 資 質 の 向 上 を 図 ること 施 策 大 目 標 3 利 用 者 の 視 点 に 立 った 効 率 的 で 安 心 かつ 質 の 高 い 医 療 サービスの 提 供 を 促 進 すること 3-1 医 療 情 報 化 の 体 制 整 備 の 普 及 を 推 進 すること 3-2 医 療 安 全 確 保 対 策 の 推 進 を 図 ること 施 策 大 目 標 4 国 が 医 療 政 策 として 担 うべき 医 療 ( 政 策 医 療 )を 推 進 すること 4-1 政 策 医 療 を 向 上 均 てん 化 させること 施 策 大 目 標 5 感 染 症 など 健 康 を 脅 かす 疾 病 を 予 防 防 止 するとともに 感 染 者 等 に 必 要 な 医 療 等 を 確 保 すること 5-1 感 染 症 の 発 生 まん 延 の 防 止 を 図 ること 5-2 治 療 方 法 が 確 立 していない 特 殊 の 疾 病 等 の 予 防 治 療 等 を 充 実 させること 5-3 適 正 な 移 植 医 療 を 推 進 すること 5-4 原 子 爆 弾 被 爆 者 等 を 援 護 すること 施 策 大 目 標 6 品 質 有 効 性 安 全 性 の 高 い 医 薬 品 医 療 機 器 を 国 民 が 適 切 に 利 用 できるようにすること 6-1 有 効 性 安 全 性 の 高 い 新 医 薬 品 医 療 機 器 を 迅 速 に 提 供 できるようにすること 6-2 医 薬 品 等 の 品 質 確 保 の 徹 底 を 図 るとともに 医 薬 品 等 の 安 全 対 策 等 を 推 進 すること 6-3 医 薬 品 の 適 正 使 用 を 推 進 すること 施 策 大 目 標 7 安 全 な 血 液 製 剤 を 安 定 的 に 供 給 すること 7-1 健 康 な 献 血 者 の 確 保 を 図 り 血 液 製 剤 の 国 内 自 給 使 用 適 正 化 を 推 進 し 安 全 性 の 向 上 を 図 るこ と 施 策 大 目 標 8 新 医 薬 品 医 療 機 器 の 開 発 を 促 進 するとともに 医 薬 品 産 業 等 の 振 興 を 図 ること 8-1 新 医 薬 品 医 療 機 器 の 開 発 を 促 進 するとともに 医 薬 品 産 業 等 の 振 興 を 図 ること 施 策 大 目 標 9 全 国 民 に 必 要 な 医 療 を 保 障 できる 安 定 的 効 率 的 な 医 療 保 険 制 度 を 構 築 すること 9-1 適 正 かつ 安 定 的 効 率 的 な 医 療 保 険 制 度 を 構 築 すること 9-2 生 活 習 慣 病 対 策 や 長 期 入 院 の 是 正 等 により 中 長 期 的 な 医 療 費 の 適 正 化 を 図 ること

27 施 策 大 目 標 10 妊 産 婦 児 童 から 高 齢 者 に 至 るまでの 幅 広 い 年 齢 層 において 地 域 職 場 などの 様 々な 場 所 で 国 民 的 な 健 康 づくりを 推 進 すること 10-1 地 域 住 民 の 健 康 の 保 持 増 進 及 び 地 域 住 民 が 安 心 して 暮 らせる 地 域 保 健 体 制 の 確 保 を 図 ること 10-2 生 活 習 慣 の 改 善 等 により 健 康 寿 命 の 延 伸 等 を 図 るとともに がんによる 死 亡 者 の 減 少 を 図 ること 10-3 安 全 安 心 な 職 場 づくりを 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅲ 施 策 目 標 2-1を 参 照 ) 10-4 母 子 保 健 衛 生 対 策 の 充 実 を 図 ること( 基 本 目 標 Ⅵ 施 策 目 標 5-1を 参 照 ) 10-5 高 齢 者 の 介 護 予 防 健 康 づくりを 推 進 するとともに 生 きがいづくり 及 び 社 会 参 加 を 推 進 すること ( 基 本 目 標 Ⅸ 施 策 目 標 3-1を 参 照 ) 施 策 大 目 標 11 健 康 危 機 管 理 を 推 進 すること 11-1 健 康 危 機 が 発 生 した 際 に 迅 速 かつ 適 切 に 対 応 するための 体 制 を 整 備 すること 基 本 目 標 Ⅱ 施 策 大 目 標 1 安 心 快 適 な 生 活 環 境 づくりを 衛 生 的 観 点 から 推 進 すること 食 品 等 の 安 全 性 を 確 保 すること 1-1 食 品 等 の 飲 食 に 起 因 する 衛 生 上 の 危 害 の 発 生 を 防 止 すること 施 策 大 目 標 2 安 全 で 質 が 高 く 災 害 に 強 い 持 続 的 な 水 道 を 確 保 すること 2-1 安 全 で 質 が 高 く 災 害 に 強 い 持 続 的 な 水 道 を 確 保 すること 施 策 大 目 標 3 麻 薬 覚 醒 剤 等 の 乱 用 を 防 止 すること 3-1 規 制 されている 乱 用 薬 物 について 不 正 流 通 の 遮 断 及 び 乱 用 防 止 を 推 進 すること 施 策 大 目 標 4 国 民 生 活 を 取 り 巻 く 化 学 物 質 による 人 の 健 康 被 害 を 防 止 すること 4-1 化 学 物 質 の 適 正 な 評 価 管 理 を 推 進 し 安 全 性 を 確 保 すること 施 策 大 目 標 5 生 活 衛 生 の 向 上 推 進 を 図 ること 5-1 生 活 衛 生 関 係 営 業 の 衛 生 水 準 の 確 保 及 び 振 興 等 により 生 活 衛 生 の 向 上 増 進 を 図 ること 基 本 目 標 Ⅲ 施 策 大 目 標 1 ディーセントワークの 実 現 に 向 けて 労 働 者 が 安 心 して 快 適 に 働 くことができる 環 境 を 整 備 すること 労 働 条 件 の 確 保 改 善 を 図 ること 1-1 労 働 条 件 の 確 保 改 善 を 図 ること 1-2 最 低 賃 金 引 上 げにより 影 響 を 受 ける 中 小 企 業 への 支 援 を 推 進 すること 施 策 大 目 標 2 安 全 安 心 な 職 場 づくりを 推 進 すること 2-1 労 働 者 の 安 全 と 健 康 が 確 保 され 労 働 者 が 安 心 して 働 くことができる 職 場 づくりを 推 進 すること 施 策 大 目 標 3 労 働 災 害 に 被 災 した 労 働 者 等 の 公 正 な 保 護 を 行 うとともに その 社 会 復 帰 の 促 進 等 を 図 ること 3-1 迅 速 かつ 適 正 な 労 災 保 険 給 付 を 行 い 被 災 労 働 者 等 の 保 護 を 図 ること 3-2 被 災 労 働 者 等 の 社 会 復 帰 促 進 援 護 等 を 図 ること

28 施 策 大 目 標 4 勤 労 者 生 活 の 充 実 を 図 ること 施 策 大 目 標 労 働 時 間 等 の 設 定 改 善 の 促 進 等 を 通 じた 仕 事 と 生 活 の 調 和 対 策 を 推 進 すること 4-2 豊 かで 安 定 した 勤 労 者 生 活 の 実 現 を 図 ること パートタイム 労 働 者 の 均 等 均 衡 待 遇 の 確 保 を 推 進 するとともに 在 宅 就 業 及 び 家 内 労 働 の 適 正 な 就 業 環 境 を 整 備 すること( 基 本 目 標 Ⅵ 施 策 目 標 1-1を 参 照 ) 施 策 大 目 標 6 安 定 した 労 使 関 係 等 の 形 成 を 促 進 すること 6-1 労 使 関 係 が 将 来 にわたり 安 定 的 に 推 移 するよう 集 団 的 労 使 関 係 のルールの 確 立 及 び 普 及 等 を 図 るとともに 集 団 的 労 使 紛 争 の 迅 速 かつ 適 切 な 解 決 を 図 ること 施 策 大 目 標 7 個 別 労 働 紛 争 の 解 決 の 促 進 を 図 ること 7-1 個 別 労 働 紛 争 の 解 決 の 促 進 を 図 ること 施 策 大 目 標 8 労 働 保 険 適 用 徴 収 業 務 の 適 正 かつ 円 滑 な 実 施 を 図 ること 8-1 労 働 保 険 適 用 促 進 及 び 労 働 保 険 料 等 の 適 正 徴 収 を 図 ること 基 本 目 標 Ⅳ 施 策 大 目 標 施 策 大 目 標 2 意 欲 のあるすべての 人 が 働 くことができるよう 労 働 市 場 にお いて 労 働 者 の 職 業 の 安 定 を 図 ること 労 働 力 需 給 のミスマッチの 解 消 を 図 るために 需 給 調 整 機 能 を 強 化 すること 公 共 職 業 安 定 機 関 等 における 需 給 調 整 機 能 の 強 化 及 び 労 働 者 派 遣 事 業 等 の 適 正 な 運 営 を 確 保 すること 雇 用 機 会 を 創 出 するとともに 雇 用 の 安 定 を 図 ること 2-1 地 域 中 小 企 業 産 業 の 特 性 に 応 じ 雇 用 の 創 出 及 び 雇 用 の 安 定 を 図 ること 施 策 大 目 標 3 労 働 者 等 の 特 性 に 応 じた 雇 用 の 安 定 促 進 を 図 ること 3-1 高 齢 者 障 害 者 若 年 者 等 の 雇 用 の 安 定 促 進 を 図 ること 施 策 大 目 標 4 失 業 給 付 等 の 支 給 により 求 職 活 動 中 の 生 活 の 保 障 等 を 行 うこと 4-1 雇 用 保 険 制 度 の 安 定 的 かつ 適 正 な 運 営 及 び 求 職 活 動 を 容 易 にするための 保 障 等 を 図 ること 施 策 大 目 標 5 求 職 者 支 援 制 度 の 活 用 により 雇 用 保 険 を 受 給 できない 求 職 者 の 就 職 を 支 援 すること 5-1 基 本 目 標 Ⅴ 施 策 大 目 標 1 求 職 者 支 援 訓 練 の 実 施 や 職 業 訓 練 受 講 給 付 金 の 支 給 等 を 通 じ 雇 用 保 険 を 受 給 できない 求 職 者 の 就 職 を 支 援 すること 労 働 者 の 職 業 能 力 の 開 発 及 び 向 上 を 図 るとともに その 能 力 を 十 分 に 発 揮 できるような 環 境 整 備 をすること 多 様 な 職 業 能 力 開 発 の 機 会 を 確 保 すること 1-1 多 様 な 職 業 能 力 開 発 の 機 会 を 確 保 すること 施 策 大 目 標 2 働 く 者 の 職 業 生 涯 を 通 じた 持 続 的 な 職 業 キャリア 形 成 への 支 援 をすること 2-1 若 年 者 等 に 対 して 段 階 に 応 じた 職 業 キャリア 支 援 を 講 ずること 2-2 福 祉 から 自 立 へ 向 けた 職 業 キャリア 形 成 の 支 援 等 をすること

29 施 策 大 目 標 基 本 目 標 Ⅵ 施 策 大 目 標 現 場 力 の 強 化 と 技 能 の 継 承 振 興 を 推 進 すること 技 能 継 承 振 興 のための 施 策 を 推 進 すること 男 女 がともに 能 力 を 発 揮 し 安 心 して 子 どもを 産 み 育 てること などを 可 能 にする 社 会 づくりを 推 進 すること 男 女 労 働 者 の 均 等 な 機 会 と 待 遇 の 確 保 対 策 仕 事 と 家 庭 の 両 立 支 援 パートタイム 労 働 者 と 正 社 員 間 の 均 等 均 衡 待 遇 等 を 推 進 すること 男 女 労 働 者 の 均 等 な 機 会 と 待 遇 の 確 保 対 策 仕 事 と 家 庭 の 両 立 支 援 パートタイム 労 働 者 と 正 社 員 間 の 均 等 均 衡 待 遇 等 を 推 進 すること 施 策 大 目 標 2 利 用 者 のニーズに 対 応 した 多 様 な 保 育 サービスなどの 子 育 て 支 援 事 業 を 提 供 し 子 どもの 健 全 な 育 ちを 支 援 する 社 会 を 実 現 すること 2-1 地 域 における 子 育 て 支 援 等 施 策 の 推 進 を 図 ること 2-2 児 童 の 健 全 な 育 成 及 び 資 質 の 向 上 に 必 要 なサービスを 提 供 すること 2-3 保 育 所 の 受 入 児 童 数 を 拡 大 するとともに 多 様 なニーズに 対 応 できる 保 育 サービスを 確 保 すること 施 策 大 目 標 3 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 を 支 援 すること 施 策 大 目 標 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 を 支 援 すること 児 童 虐 待 や 配 偶 者 による 暴 力 等 の 発 生 予 防 から 保 護 自 立 支 援 までの 切 れ 目 のない 支 援 体 制 を 整 備 すること 4-1 児 童 虐 待 防 止 や 配 偶 者 による 暴 力 被 害 者 等 への 支 援 体 制 の 充 実 を 図 ること 施 策 大 目 標 5 母 子 保 健 衛 生 対 策 の 充 実 を 図 ること 5-1 母 子 保 健 衛 生 対 策 の 充 実 を 図 ること 施 策 大 目 標 6 ひとり 親 家 庭 の 自 立 を 図 ること 6-1 ひとり 親 家 庭 の 自 立 のための 総 合 的 な 支 援 を 図 ること 基 本 目 標 Ⅶ 施 策 大 目 標 1 ナショナル ミニマムを 保 障 し 利 用 者 の 視 点 に 立 った 質 の 高 い 福 祉 サービスの 提 供 等 を 図 ること 生 活 困 窮 者 に 対 し 適 切 に 福 祉 サービスを 提 供 すること 1-1 生 活 困 窮 者 に 対 し 適 切 に 福 祉 サービスを 提 供 すること 施 策 大 目 標 2 地 域 社 会 のセーフティネット 機 能 を 強 化 し 地 域 の 要 援 護 者 の 福 祉 の 向 上 を 図 ること 2-1 地 域 社 会 のセーフティネット 機 能 を 強 化 し 地 域 の 要 援 護 者 の 福 祉 の 向 上 を 図 ること 施 策 大 目 標 3 施 策 大 目 標 福 祉 サービスを 支 える 人 材 養 成 利 用 者 保 護 等 の 基 盤 整 備 を 図 ること 社 会 福 祉 に 関 する 事 業 に 従 事 する 人 材 の 養 成 確 保 を 推 進 すること 等 により より 質 の 高 い 福 祉 サービスを 提 供 すること 戦 傷 病 者 戦 没 者 遺 族 の 援 護 中 国 残 留 邦 人 等 の 支 援 を 行 うとともに 旧 陸 海 軍 の 残 務 を 整 理 す ること 4-1 戦 傷 病 者 戦 没 者 遺 族 等 に 対 して 援 護 年 金 の 支 給 療 養 の 給 付 等 の 援 護 を 行 うこと 4-2 戦 没 者 遺 骨 収 集 帰 還 事 業 等 を 行 うことにより 戦 没 者 遺 族 を 慰 藉 すること 4-3 中 国 残 留 邦 人 等 の 円 滑 な 帰 国 を 促 進 するとともに 永 住 帰 国 者 の 自 立 を 支 援 すること 4-4 旧 陸 海 軍 に 関 する 人 事 資 料 を 適 切 に 整 備 保 管 すること 及 び 旧 陸 海 軍 に 関 する 恩 給 請 求 書 を 適 切 に 進 達 すること

30 基 本 目 標 Ⅷ 施 策 大 目 標 障 害 のある 人 も 障 害 のない 人 も 地 域 でともに 生 活 し 活 動 す る 社 会 づくりを 推 進 すること 必 要 な 保 健 福 祉 サービスが 的 確 に 提 供 される 体 制 を 整 備 し 障 害 者 の 地 域 における 生 活 を 支 援 すること 障 害 者 の 地 域 における 生 活 を 支 援 するため 障 害 者 の 生 活 の 場 働 く 場 や 地 域 における 支 援 体 制 を 整 備 すること 1-2 障 害 者 の 雇 用 を 促 進 すること( 基 本 目 標 Ⅳ 施 策 目 標 3-1を 参 照 ) 基 本 目 標 Ⅸ 施 策 大 目 標 1 高 齢 者 ができる 限 り 自 立 し 生 きがいを 持 ち 安 心 して 暮 らせ る 社 会 づくりを 推 進 すること 老 後 生 活 の 経 済 的 自 立 の 基 礎 となる 所 得 保 障 の 充 実 を 図 ること 1-1 国 民 に 信 頼 される 持 続 可 能 な 公 的 年 金 制 度 を 構 築 すること 1-2 公 的 年 金 制 度 の 信 頼 を 確 保 するため 公 的 年 金 制 度 の 適 正 な 事 業 運 営 を 図 ること 1-3 企 業 年 金 等 の 健 全 な 育 成 を 図 ること 1-4 企 業 年 金 等 の 適 正 な 運 営 を 図 ること 施 策 大 目 標 2 高 齢 者 の 雇 用 就 業 を 促 進 すること( 基 本 目 標 Ⅳ 施 策 目 標 3-1を 参 照 ) 施 策 大 目 標 3 高 齢 者 の 健 康 づくり 生 きがいづくりを 推 進 するとともに 介 護 保 険 制 度 の 適 切 な 運 営 等 を 通 じて 介 護 を 必 要 とする 高 齢 者 への 支 援 を 図 ること 3-1 高 齢 者 の 介 護 予 防 健 康 づくりを 推 進 するとともに 生 きがいづくり 及 び 社 会 参 加 を 推 進 すること 3-2 介 護 保 険 制 度 の 適 切 な 運 営 を 図 るとともに 質 量 両 面 にわたり 介 護 サービス 基 盤 の 整 備 を 図 るこ と 基 本 目 標 Ⅹ 施 策 大 目 標 1 国 際 化 時 代 にふさわしい 厚 生 労 働 行 政 を 推 進 すること 国 際 社 会 への 参 画 貢 献 を 行 うこと 1-1 国 際 機 関 の 活 動 への 参 画 協 力 や 海 外 広 報 を 通 じて 国 際 社 会 に 貢 献 すること 1-2 二 国 間 等 の 国 際 協 力 を 推 進 し 連 携 を 強 化 すること 施 策 大 目 標 2 国 際 化 に 対 応 した 施 策 を 推 進 すること( 再 掲 ) 2-1 感 染 症 の 発 生 まん 延 の 防 止 等 を 図 ること( 基 本 目 標 Ⅰ 施 策 目 標 5-1を 参 照 ) 2-2 食 品 等 の 飲 食 に 起 因 する 衛 生 上 の 危 害 の 発 生 を 防 止 すること( 基 本 目 標 Ⅱ 施 策 目 標 1-1を 参 照 ) 2-3 国 民 に 信 頼 される 持 続 可 能 な 公 的 年 金 制 度 を 構 築 すること( 基 本 目 標 Ⅸ 施 策 目 標 1-1を 参 照 ) 2-4 外 国 人 労 働 者 対 策 を 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅳ 施 策 目 標 3-1を 参 照 ) 基 本 目 標 ⅩⅠ 施 策 大 目 標 1 国 民 生 活 の 向 上 に 関 わる 科 学 技 術 の 振 興 を 図 ること 国 立 試 験 研 究 機 関 の 適 正 かつ 効 果 的 な 運 営 を 確 保 すること 1-1 国 立 試 験 研 究 機 関 の 適 正 かつ 効 果 的 な 運 営 を 確 保 すること 施 策 大 目 標 2 研 究 を 支 援 する 体 制 を 整 備 すること 2-1 厚 生 労 働 科 学 研 究 事 業 の 適 正 かつ 効 果 的 な 実 施 を 確 保 すること

31 施 策 大 目 標 3 厚 生 労 働 分 野 の 研 究 開 発 を 推 進 すること( 再 掲 ) 感 染 症 の 発 生 まん 延 の 防 止 を 図 るための 研 究 開 発 を 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅰ 施 策 目 標 5-1 を 参 照 ) 治 療 方 法 が 確 立 していない 特 殊 の 疾 病 等 の 予 防 治 療 等 の 研 究 開 発 を 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅰ 施 策 目 標 5-2を 参 照 ) 3-3 新 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 研 究 開 発 を 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅰ 施 策 目 標 8-1を 参 照 ) 生 活 習 慣 の 改 善 等 により 健 康 寿 命 の 延 伸 等 を 図 る 研 究 開 発 を 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅰ 施 策 目 標 10-2を 参 照 ) 食 品 等 の 飲 食 に 起 因 する 衛 生 上 の 危 害 の 発 生 を 防 止 するための 研 究 開 発 を 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅱ 施 策 目 標 1-1を 参 照 ) 再 掲 : 基 本 目 標 ⅩⅠ 施 策 中 目 標 3-1~5は 研 究 開 発 のうち 主 なものを 列 挙 したものである 基 本 目 標 ⅩⅡ 施 策 大 目 標 国 民 生 活 の 利 便 性 の 向 上 に 関 わるIT 化 を 推 進 すること 電 子 行 政 推 進 に 関 する 基 本 方 針 を 推 進 すること 行 政 分 野 へのIT( 情 報 通 信 技 術 )の 活 用 とこれに 併 せた 業 務 や 制 度 の 見 直 しにより 国 民 の 利 便 性 の 向 上 と 行 政 運 営 の 簡 素 化 効 率 化 を 図 ること 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 国 民 の 理 解 を 得 ながら その 着 実 な 導 入 を 図 るとともに 社 会 保 障 税 番 号 の 利 活 用 を 推 進 し 国 民 の 利 便 性 の 向 上 を 図 ること 施 策 大 目 標 2 医 療 健 康 介 護 福 祉 分 野 の 情 報 化 を 推 進 すること( 再 掲 ) 2-1 医 療 情 報 化 インフラの 普 及 ための 取 組 みを 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅰ 施 策 目 標 3-1を 参 照 ) 2-2 レセプトオンライン 化 のための 取 組 みを 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅰ 施 策 目 標 9-1を 参 照 ) 施 策 大 目 標 3 その 他 の 政 策 分 野 における 情 報 化 を 推 進 すること( 再 掲 ) 基 本 目 標 ⅩⅢ 施 策 大 目 標 仕 事 と 生 活 の 調 和 を 図 るための 情 報 化 の 取 組 みを 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅲ 施 策 目 標 4-1を 参 照 ) 求 人 求 職 情 報 への 円 滑 なアクセスを 図 るための 情 報 化 の 取 組 みを 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅳ 施 策 目 標 1-1を 参 照 ) 女 性 の 再 就 職 再 就 業 支 援 のための 情 報 化 の 取 組 みを 推 進 すること( 基 本 目 標 Ⅵ 施 策 目 標 1-1 を 参 照 ) 国 民 に 信 頼 されるとともに 職 員 一 人 一 人 がやりがいをもって 働 くことができる 体 制 を 確 立 すること 情 報 発 信 情 報 公 開 と 効 率 的 効 果 的 な 業 務 運 営 を 図 ること 国 民 に 伝 わるように 分 かりやすく 情 報 を 発 信 するとともに 国 民 の 声 に 耳 を 傾 け 改 善 へ 活 かす こと 1-2 コスト 意 識 ムダ 削 減 を 徹 底 するための 取 組 を 進 めること 施 策 大 目 標 2 職 員 の 育 成 と 職 場 環 境 の 改 善 を 図 ること 2-1 次 代 の 厚 生 労 働 行 政 を 担 う 人 物 像 に 照 らした 適 切 な 人 事 評 価 と 前 例 にとらわれない 適 材 適 所 の 人 事 を 推 進 すること 2-2 省 に 不 足 する 能 力 の 向 上 を 図 り 意 欲 と 能 力 を 兼 ね 備 えた 職 員 の 育 成 を 進 めること 2-3 職 員 一 人 一 人 がやりがいをもって 業 務 を 行 うことができるよう 職 場 環 境 の 改 善 等 を 進 めること 2-4 政 策 の 企 画 立 案 に 時 間 を 割 くことができるような 体 制 を 確 立 するため 業 務 改 善 効 率 化 の 取 組 を 進 めること

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

003-00個人の健康増進・疾病予防の推進のための所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用)

003-00個人の健康増進・疾病予防の推進のための所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用) 平 成 28 年 度 地 方 税 制 改 正 ( 税 負 担 軽 減 措 置 等 ) 要 望 事 項 ( 新 設 拡 充 延 長 その 他 ) No 3 府 省 庁 名 厚 生 労 働 省 対 象 税 目 要 望 項 目 名 要 望 内 容 ( 概 要 ) 個 人 住 民 税 法 人 住 民 税 事 業 税 不 動 産 取 得 税 固 定 資 産 税 事 業 所 税 その 他 ( ) 個 人 の 健

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

●幼児教育振興法案

●幼児教育振興法案 第 一 九 〇 回 衆 第 五 〇 号 幼 児 教 育 振 興 法 案 目 次 前 文 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 八 条 ) 第 二 章 幼 児 教 育 振 興 基 本 方 針 等 ( 第 九 条 第 十 条 ) 第 三 章 基 本 的 施 策 ( 第 十 一 条 - 第 十 七 条 ) 附 則 幼 児 期 において 人 は その 保 護 者 や 周 囲 の 大 人 との 愛 情

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 幼 児 教 育 の 無 償 化 について 資 料 3-1 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 (

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

001-00 セルフメディケーション推進のための一般用医薬品等に関する所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用)

001-00 セルフメディケーション推進のための一般用医薬品等に関する所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用) 平 成 28 年 度 地 方 税 制 改 正 ( 税 負 担 軽 減 措 置 等 ) 要 望 事 項 ( 新 設 拡 充 延 長 その 他 ) No 1 府 省 庁 名 厚 生 労 働 省 対 象 税 目 個 人 住 民 税 法 人 住 民 税 事 業 税 不 動 産 取 得 税 固 定 資 産 税 事 業 所 税 その 他 ( ) 要 望 項 目 名 要 望 内 容 ( 概 要 ) セルフメディケーション

More information

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼 高 浜 市 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援 事 業 実 施 要 綱 平 成 27 年 9 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 1 05 号 以 下 法 という ) 第 6 条 第 1 項 第 3 号 の 規 定 に 基 づ き 市 が 実 施 する 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について 資 料 5 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し( 案 )について 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 ( 現 行 制 度 )の 概 要 目 的 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 昭 和 36 年

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

1 資 料 編 我 が 国 の 人 口 の 推 移 厚 労 働 全 般 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 5

1 資 料 編 我 が 国 の 人 口 の 推 移 厚 労 働 全 般 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 5 1 厚 労 働 全 般 人 口 構 造 概 要 我 が 国 の 人 口 ピラミッド 我 が 国 の 人 口 動 態 ( 平 成 23 年 ) 4 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 1 資 料 編 我 が 国 の 人 口 の 推 移 厚 労 働 全 般 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 5 詳 細 データ1 日 本 の 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 24 年 1 月 推 計 )

More information

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 共 同 立 法 行 革 プラットフォーム 法 案 について ( 総 合 的 な 行 財 政 改 革 を 推 進 するための 基 盤 の 整 備 に 関 する 法 律 案 ) 1. 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 について (1) 構 成 ( 共 同 代 表 ) 前 原 誠 司 衆 議 院 議 員 ( 民 主 党 )

More information

18 国立高等専門学校機構

18 国立高等専門学校機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 当 機 構 役 員 給 与 規 則 で 文 部 科

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

官報掲載【セット版】

官報掲載【セット版】 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 厚 生 労 働 省 告 示 第 二 百 八 十 四 号 ( ) 平 成 十 一 年 法 律 第 十 八 号 る 事 業 分 野 別 指 針 を 次 の よ う に 策 定 し た の で 第 十 二 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づ き 同 条 第 五 項 の 規 定 に 基 づ き 告 示 す る 介 護 分 野 に 係 厚 生 労 働 大 臣 塩 崎

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 21 年 7 月 3 日 決 裁 )の 全 部 を 改 正 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るため 私 立 幼 稚 園 又 は 無 認 可 幼 稚 園 に 在 園 する

More information

3 薬 局 サービス 等 (1) 健 康 サポート 薬 局 である 旨 の 表 示 健 康 サポート 薬 局 である 旨 を 表 示 している 場 合 健 康 サポート 薬 局 とは かかりつけ 薬 剤 師 薬 局 としての 基 本 的 な 機 能 に 加 えて 積 極 的 な 健 康 サポート 機

3 薬 局 サービス 等 (1) 健 康 サポート 薬 局 である 旨 の 表 示 健 康 サポート 薬 局 である 旨 を 表 示 している 場 合 健 康 サポート 薬 局 とは かかりつけ 薬 剤 師 薬 局 としての 基 本 的 な 機 能 に 加 えて 積 極 的 な 健 康 サポート 機 薬 局 機 能 情 報 の 事 項 の 説 明 薬 局 機 能 情 報 の 各 事 項 については 次 のとおりです また 等 の 欄 は 各 事 項 についての 該 当 の 又 は が 薬 局 機 能 に 関 する 情 報 欄 は その 項 目 について 該 当 する 情 報 の 内 容 が 記 載 されています 第 1 管 理 運 営 サービス 等 に 関 する 事 項 1 基 本 事 項 (1)

More information

アルコール健康障害対策基本法の施行について(通知)

アルコール健康障害対策基本法の施行について(通知) 府 政 共 生 第 411 号 法 務 省 矯 成 第 1174 号 課 酒 2-4 26 文 科 ス 第 144 号 健 発 0602 第 1 号 障 発 0602 第 1 号 平 成 26 年 6 月 2 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 各 都 道 府 県 教 育 委 員 会 教 育 長 殿 内 閣 府 政 策 統 括 官 ( 共 生 社 会 政 策 担 当 ) 武 川 光 夫 法 務 省

More information

Taro-07-1提言概要.jtd

Taro-07-1提言概要.jtd 新 たな 在 留 管 理 制 度 に 関 する 提 言 の 概 要 について 資 料 7 1 在 留 管 理 制 度 見 直 しのねらい 法 務 大 臣 が 外 国 人 の 在 留 管 理 に 必 要 な 情 報 を 一 元 的, 正 確 かつ 継 続 的 に 把 握 する 制 度 を 構 築 し, 的 確 な 在 留 管 理 を 行 う一 方 で, 市 区 町 村 において 整 備 される 予 定

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73>

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73> 国 立 大 学 法 人 新 潟 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 18 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 本 学 が 定 める 役 員 に 支 給 する 期 末 特 別 手 当 (ボーナス)において, 役 員 の 本 給

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料)

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料) 資 料 2 年 金 制 度 等 について 平 成 27 年 3 月 9 日 山 下 馨 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 理 事 公 的 年 金 制 度 の 仕 組 み 公 的 年 金 制 度 は 加 齢 などによる 稼 得 能 力 の 減 退 喪 失 に 備 えるための 社 会 保 険 ( 防 貧 機 能 ) 現 役 世 代 は 全 て 国 民 年 金 の 被 保 険 者 となり

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6 様 式 租 税 特 別 措 置 等 に 係 る 政 策 の 事 前 評 価 書 1 政 策 評 価 の 対 象 とした 産 業 活 力 の 再 生 及 び 産 業 活 動 の 革 新 に 関 する 特 別 措 置 法 に 基 づく 登 録 免 租 税 特 別 措 置 等 の 名 称 許 税 の 特 例 措 置 の 延 長 ( 国 税 32)( 登 録 免 許 税 : 外 ) 2 要 望 の 内 容

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B6388C491E6825282558D8681408E7390EC8E738D7390AD8EE891B182C982A882AF82E993C192E882CC8CC2906C82F08EAF95CA82B782E982BD82DF82CC94D48D8682CC97989770939982C98AD682B782E9964097A582C98AEE82C382AD8CC2906C94D48D868

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B6388C491E6825282558D8681408E7390EC8E738D7390AD8EE891B182C982A882AF82E993C192E882CC8CC2906C82F08EAF95CA82B782E982BD82DF82CC94D48D8682CC97989770939982C98AD682B782E9964097A582C98AEE82C382AD8CC2906C94D48D868 議 案 第 36 号 市 川 市 行 政 手 続 における 特 定 個 人 を 識 別 するため 番 号 利 用 等 に 関 する 法 律 に 基 づく 個 人 番 号 利 用 及 び 特 定 個 人 情 報 提 供 に 関 する 条 例 制 定 について 市 川 市 行 政 手 続 における 特 定 個 人 を 識 別 するため 番 号 利 用 等 に 関 する 法 律 に 基 づく 個 人 番

More information

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf 障 精 発 0124 第 2 号 平 成 26 年 1 月 24 日 各 都 道 府 県 知 事 指 定 都 市 市 長 殿 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 診 断 書 の 記 入 に 当 たって 留 意 すべき 事 項 について 等 の について 今 般 精

More information

国立研究開発法人土木研究所の役職員の報酬・給与等について

国立研究開発法人土木研究所の役職員の報酬・給与等について 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 研 究 開 発 法 人 土 木 研 究 所 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 別 添 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 研 究 所 は 土 木 技 術 に 関 する 研 究 開 発 技 術

More information

Microsoft Word - 目次.doc

Microsoft Word - 目次.doc 長 寿 医 療 制 度 と 国 民 健 康 保 険 一 体 化 に 関 する 舛 添 大 臣 私 案 イメージ < 現 行 > < 見 直 し 後 > 75 歳 長 寿 医 療 制 度 ( 県 単 位 広 域 連 合 ) 長 寿 医 療 ( 都 道 府 県 ) 1 両 者 を 一 体 化 し 都 道 府 県 が 運 営 75 歳 65 歳 被 用 者 保 険 から 財 政 調 整 国 保 国 保 被

More information

資料2 利用者負担(保育費用)

資料2 利用者負担(保育費用) 新 制 度 の 保 育 料 ( 利 用 者 負 担 額 )について 資 料 2 新 制 度 における 保 育 料 については 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づき 現 行 の 保 育 制 度 と 同 様 世 帯 の 所 得 の 状 況 その 他 の 事 情 を 勘 案 し 国 が 定 める 水 準 を 上 限 として 市 町 村 が 定 めることになりま す 国 が 定 める 水 準 については

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和 福 山 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 家 庭 の 所 得 状 況 に 応 じて 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るとともに, 公 私 立 幼 稚 園 間 の 保 護 者 負 担 の 格 差 の 是 正 を 図 るため, 予 算 の 範 囲 内 において 福 山 市 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨

More information

老発第    第 号

老発第    第 号 事 務 連 絡 平 成 23 年 10 月 7 日 各 都 道 府 県 介 護 保 険 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 高 額 医 療 合 算 介 護 ( 予 防 )サービス 費 の 受 給 権 及 び 介 護 報 酬 の 返 還 請 求 権 の 消 滅 時 効 の 取 扱 いに 関 する 事 務 連 絡 等 の 一 部 改 正 について

More information

03 平成28年度文部科学省税制改正要望事項

03 平成28年度文部科学省税制改正要望事項 平 成 28 年 度 文 部 科 学 省 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 8 月 28 日 H27 税 制 改 正 要 望 事 項 1. 寄 附 税 制 の 拡 充 (1) 国 立 大 学 法 人 等 への 個 人 寄 附 に 係 る 税 額 控 除 の 導 入 等 所 得 税 等 新 設 (2) 学 校 法 人 への 個 人 寄 附 に 係 る 所 得 控 除 上 限 額 の 引

More information

退職手当とは

退職手当とは 第 3 退 職 手 当 について 1 退 職 手 当 とは 退 職 手 当 は 教 職 員 が 退 職 ( 又 は 死 亡 )した 場 合 に その 者 又 は 遺 族 に 一 時 金 として 支 給 される 給 与 で 給 料 の 補 充 的 な 性 格 をもつ 他 の 手 当 とは 異 なり 勤 続 報 償 的 な 性 格 を 有 する 手 当 であ って その 取 扱 いは 教 職 員 及 び

More information

PR版

PR版 平 成 2 9 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 28 年 9 月 厚 生 労 働 省 目 次 < 子 ども 子 育 て> 1 < 健 康 医 療 > 1 < 医 療 保 険 > 3 < 介 護 社 会 福 祉 > 3 < 年 金 > 4 < 雇 用 > 4 < 生 活 衛 生 > 5 6 * 印 を 付 している 項 目 は 他 省 庁 が 主 管 で 要 望 をしている

More information

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提 国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 財 務 省 主 計 局 給 与 共 済 課 長 調 査 主 任 土 谷 晃 浩 加 塩 雄 斗 1.はじめに ( 以 下 19 年 一 元 化 法 案 という )において 厚 退 職 給 付 ( 退 職 金 + 年 金 ( 事 業 主 分 ))の 官 民 均 衡 を 図 る 観 点 から 国 家 公 務 員 の 退 職 手

More information

目 次 1. 社 会 保 障 分 野 でできること 1 1 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 制 度 の 改 善 2 保 険 証 機 能 の 一 元 化 3 自 己 診 療 情 報 の 活 用 4 給 付 可 能 サービスの 行 政 側 からの 通 知 2. 年 金 分 野 でできること 5

目 次 1. 社 会 保 障 分 野 でできること 1 1 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 制 度 の 改 善 2 保 険 証 機 能 の 一 元 化 3 自 己 診 療 情 報 の 活 用 4 給 付 可 能 サービスの 行 政 側 からの 通 知 2. 年 金 分 野 でできること 5 資 料 3 番 号 制 度 で 何 ができるようになるか 2011 年 1 月 31 日 内 閣 官 房 社 会 保 障 改 革 担 当 室 ( 注 )ここで 示 される 利 用 場 面 については 関 係 者 にシステム 対 応 等 の 負 担 を 求 める 可 能 性 があることや 個 人 情 報 等 の 取 扱 い 等 に 特 に 留 意 が 必 要 な 場 合 もあることから 引 き 続 き

More information

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震 Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 東 海 地 震 注 意 情 報 発 表 時 (1) 医 務 課 衛 生 薬 務 課 Ⅶ-1 Ⅶ-1 Ⅶ-2 2 病 院 診 療 所 の 対 応 (1) 院 内 の 安 全 確 保 等 (2) 医 療 救 護 活 動 の 準 備 Ⅶ-3 Ⅶ-4 Ⅶ-4 3 基 幹 災 害 拠 点 病 院 基

More information

社会保険加入促進計画に盛込むべき内容

社会保険加入促進計画に盛込むべき内容 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 社 会 保 険 等 加 入 促 進 計 画 平 成 24 年 10 月 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 1 計 画 策 定 の 趣 旨 目 的 この 計 画 は 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 ( 以 下 日 造 協 という ) 及 び 日 造 協 の 正 会 員 ( 以 下 会 員

More information

別 添 1 女 性 国 家 公 務 員 の 登 用 状 況 資 料 1 指 定 職 に 占 める 女 性 の 割 合 は3.0%( 平 成 27 年 11 月 1 日 現 在 ) ( 前 年 9 月 1 日 現 在 から0.2ポイント 増 ) 本 省 課 室 長 相 当 職 以 上 に 占 める 女

別 添 1 女 性 国 家 公 務 員 の 登 用 状 況 資 料 1 指 定 職 に 占 める 女 性 の 割 合 は3.0%( 平 成 27 年 11 月 1 日 現 在 ) ( 前 年 9 月 1 日 現 在 から0.2ポイント 増 ) 本 省 課 室 長 相 当 職 以 上 に 占 める 女 報 道 資 料 平 成 27 年 12 月 1 日 内 閣 官 房 内 閣 人 事 局 女 性 国 家 公 務 員 の 登 用 状 況 及 び 国 家 公 務 員 の 育 児 休 業 等 の 取 得 状 況 の フォローアップ 1 公 表 の 趣 旨 各 府 省 等 は 第 3 次 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 平 成 22 年 12 月 17 日 閣 議 決 定 )に 定 める 目

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで 定 年 後 再 雇 用 職 員 就 業 規 則 01- 一 般 -00006 平 成 13 年 4 月 1 日 改 正 03- 一 般 -00030 平 成 15 年 12 月 4 日 改 正 06- 一 般 -00117 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 09- 一 般 -00109 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 10- 一 般 -00258 平 成 22 年 6 月 30 日

More information

2 積 極 的 な 接 種 勧 奨 の 差 し 控 え 国 は 平 成 25 年 4 月 から 定 期 接 種 化 したが ワクチン 接 種 との 関 連 を 否 定 できない 持 続 的 な 痛 みなどの 症 状 が 接 種 後 に 見 られたことから 平 成 25 年 6 月 定 期 接 種 と

2 積 極 的 な 接 種 勧 奨 の 差 し 控 え 国 は 平 成 25 年 4 月 から 定 期 接 種 化 したが ワクチン 接 種 との 関 連 を 否 定 できない 持 続 的 な 痛 みなどの 症 状 が 接 種 後 に 見 られたことから 平 成 25 年 6 月 定 期 接 種 と 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチンの 状 況 について 1 接 種 費 用 の 公 費 助 成 (1) 県 の 助 成 制 度 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチンの 接 種 費 用 は 3 回 の 接 種 で 約 45,000 円 (1 回 当 たり 約 15,000 円 )であり 被 接 種 者 の 経 済 的 負 担 が 大 きいものであった そのため がん 対 策 推 進 の 観 点 から 公

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の 支 給 等 に 関 する 特 別 措 置 法 の 概 要 配 付 資 料 趣 旨 現 下 の 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 をめぐる 状 況 に 鑑 み 平 成 24 年 度 からの 恒 久 的 な 子 どものための 金 銭 の 給 付 の 制 度 に 円 滑 に 移 行 できるよう 平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の

More information

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の 3 月 1 日 ( 火 )HP 公 表 基 本 関 係 社 会 保 険 等 未 加 入 対 策 に 関 する 想 定 問 答 問 1 社 会 保 険 等 とは 何 か 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 )と 労 働 保 険 ( 雇 用 保 険 )を 指 します 問 2 どのような 場 合 でも 元 請 と 未 加 入 業 者 との 一 次 下 請 契 約 が 禁 止

More information

スライド 1

スライド 1 835.0 840.0 810.0 900.0 800.0 700.0 706.4 751.5 722.2 739.8 771.2 766.8 784.3 774.3 754.8 739.5 731.3 732.8 736.3 653.7 600.0 556.0 602.2 500.0 400.0 H1 H2 H3 H4 H5 H6 H7 H8 H9 H10 H11 H12 H13 H14 H15

More information

新 行 財 政 改 革 推 進 大 綱 実 施 計 画 個 票 2051102 87 取 組 施 策 国 や 研 究 機 関 への 派 遣 研 修 による 資 質 向 上 の 推 進 鳥 インフルエンザ 等 新 たな 感 染 症 等 に 対 する 検 査 技 術 の 習 得 など 職 員 の 専 門

新 行 財 政 改 革 推 進 大 綱 実 施 計 画 個 票 2051102 87 取 組 施 策 国 や 研 究 機 関 への 派 遣 研 修 による 資 質 向 上 の 推 進 鳥 インフルエンザ 等 新 たな 感 染 症 等 に 対 する 検 査 技 術 の 習 得 など 職 員 の 専 門 新 行 財 政 改 革 推 進 大 綱 実 施 計 画 個 票 2051101 86 取 組 施 策 地 方 政 府 を 担 う 職 員 像 の 策 定 と 人 材 育 成 ( 新 人 材 育 成 ビジョンの 策 定 ) 平 成 17 年 度 静 岡 市 人 材 育 成 ビジョン を 策 定 平 成 20 年 度 進 捗 管 理 に 伴 う 一 部 改 訂 職 員 セッションの 試 行 を 行 った

More information

七 の 二 自 然 公 園 法 ( 昭 和 三 十 二 年 法 律 第 百 六 十 一 号 ) 第 二 十 条 第 一 項 に 規 定 する 国 立 公 園 又 は 国 定 公 園 の 特 別 地 域 のうち 同 法 第 二 十 一 条 第 一 項 に 規 定 する 特 別 保 護 地 区 その 他

七 の 二 自 然 公 園 法 ( 昭 和 三 十 二 年 法 律 第 百 六 十 一 号 ) 第 二 十 条 第 一 項 に 規 定 する 国 立 公 園 又 は 国 定 公 園 の 特 別 地 域 のうち 同 法 第 二 十 一 条 第 一 項 に 規 定 する 特 別 保 護 地 区 その 他 地 方 税 法 ( 固 定 資 産 税 の 非 課 税 の 範 囲 ) 第 三 百 四 十 八 条 市 町 村 は 国 並 びに 都 道 府 県 市 町 村 特 別 区 これらの 組 合 財 産 区 及 び 合 併 特 例 区 に 対 しては 固 定 資 産 税 を 課 することができない 2 固 定 資 産 税 は 次 に 掲 げる 固 定 資 産 に 対 しては 課 することができない ただし

More information

1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること

1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること 第 三 者 の 道 具 箱 訪 問 調 査 表 ( 組 織 マネジメント) 訪 問 調 査 日 訪 問 先 評 価 者 1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 1-1-1 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目

More information

Taro-01 議案概要.jtd

Taro-01 議案概要.jtd 資 料 1 平 成 28 年 第 1 回 志 木 市 議 会 定 例 会 市 長 提 出 議 案 等 概 要 1 2 第 1 号 議 案 企 画 部 政 策 推 進 課 志 木 市 将 来 ビジョン( 第 五 次 志 木 市 総 合 振 興 計 画 将 来 構 想 )の 策 定 について ( 政 策 推 進 課 ) 1 将 来 ビジョンとは? 2 志 木 市 がおかれている 状 況 3 まちづくりの

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

m07 北見工業大学 様式①

m07 北見工業大学 様式① 国 立 大 学 法 人 北 見 工 業 大 学 ( 法 人 番 号 6460305000387)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 該 法 人 の 主 要 事 業 は 教 育 研 究 事 業 である 役

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について 改 正 後 一 時 預 かり 事 業 実 施 要 綱 新 旧 対 照 表 改 正 前 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 一 次 改 正 28 文 科 初 第 519 号 雇 児 発 0705 第 1 号 平 成 2 8 年

More information

27-045人事規程270401

27-045人事規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 人 事 規 程 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 17 規 程 第 21 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 45 号 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規

More information

(2) 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 保 育 の 必 要 な 子 どものいる 家 庭 だけでなく 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 のために 利 用 者 支 援 事 業 や 地 域 子 育 て 支 援 事 業 な

(2) 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 保 育 の 必 要 な 子 どものいる 家 庭 だけでなく 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 のために 利 用 者 支 援 事 業 や 地 域 子 育 て 支 援 事 業 な 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 に 係 る 基 準 ( 案 )の 概 要 1. 子 ども 子 育 て 新 制 度 について 平 成 24 年 8 月 幼 児 期 の 学 校 教 育 保 育 の 総 合 的 な 提 供 保 育 の 量 的 拡 大 確 保 地 域 の 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 などを 目 的 に 子 ども 子 育 て3 法 (1 子 ども 子 育 て 支 援

More information

Microsoft Word - 保育園管理規程(決定案)

Microsoft Word - 保育園管理規程(決定案) 社 会 福 祉 法 人 渋 谷 区 社 会 福 祉 事 業 団 認 可 保 育 所 管 理 規 程 ( 総 則 ) 第 1 条 社 会 福 祉 法 人 渋 谷 区 社 会 福 祉 事 業 団 ( 以 下 事 業 団 という )が 設 置 経 営 する 認 可 保 育 所 ( 以 下 園 という )の 運 営 管 理 については 法 令 に 定 めるものの ほか この 規 程 に 定 めるところによる

More information

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の 消 防 法 施 行 令 別 表 第 1(6) 項 ロに 掲 げる 施 設 の 概 要 ( 細 目 欄 の 印 は275m2 未 満 の 施 設 が 想 定 されるものを 示 す ) 細 目 根 拠 法 令 規 定 規 模 要 件 根 拠 規 定 構 造 要 件 根 拠 規 定 参 考 資 料 10 老 短 期 入 所 施 設 ( ) (ショートステイ) 第 20 条 の3 ( 老 短 期 入 所 施

More information

Microsoft Word - 交野市産業振興基本計画 20140320.doc

Microsoft Word - 交野市産業振興基本計画 20140320.doc 資 料 基 本 条 例 P36 規 則 P38 委 員 名 簿 P39 基 本 計 画 の 策 定 に 係 る 経 過 P40-35 - 基 本 条 例 ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 交 野 の 自 然 環 境 歴 史 文 化 市 民 力 等 の 地 域 資 源 を 有 効 活 用 した 地 域 産 業 の 振 興 についての 基 本 となる 事 項 を 定 め 市 事 業 者 及

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続 (7) 就 業 規 則 の 必 要 記 載 事 項 必 ず 記 載 しなければならない 事 項 ( 労 基 法 89 条 1 号 ~3 号 ) 1 始 業 終 業 時 刻 休 憩 時 間 休 日 休 暇 交 替 制 勤 務 をさせる 場 合 は 就 業 時 転 換 に 関 する 事 項 2 賃 金 の 決 定 計 算 及 び 支 払 の 方 法 賃 金 の 締 切 り 及 び 支 払 の 時 期 並

More information

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73>

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73> 株 式 会 社 国 際 協 力 銀 行 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 国 会 で 認 められた 予 算 に 従 い 国 家 公 務 員 指 定 職 に 準 じた 水 準 としている なお 役 員

More information

(1) 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 する 場 合 ( 以 下 産 休 の 場 合 という ) 次 のア 又 はイに 掲 げる 期 間 ア その 職 員 の 出 産 予 定 日 の6 週 間 多 胎 妊 娠 の 場 合 は14 週 間 前 の 日 から 産 後 8 週 間 を

(1) 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 する 場 合 ( 以 下 産 休 の 場 合 という ) 次 のア 又 はイに 掲 げる 期 間 ア その 職 員 の 出 産 予 定 日 の6 週 間 多 胎 妊 娠 の 場 合 は14 週 間 前 の 日 から 産 後 8 週 間 を 産 休 等 代 替 職 員 制 度 実 施 要 綱 第 1 性 格 及 び 目 的 産 休 等 代 替 職 員 制 度 は 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 又 は 傷 病 のため 長 期 間 にわたって 継 続 する 休 暇 を 必 要 とする 場 合 その 職 員 の 職 務 を 行 わせるための 産 休 等 代 替 職 員 を 当 該 児 童 福 祉 施 設 等 の 長 が

More information

Taro13-公示.jtd

Taro13-公示.jtd 参 加 者 の 有 無 を 確 認 する 公 募 手 続 に 係 る 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 求 める 公 示 平 成 19 年 4 月 12 日 九 州 地 方 整 備 局 熊 本 河 川 国 道 事 務 所 長 七 條 牧 生 次 のとおり 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 招 請 する 1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 用 地 補 償 総 合 技 術 (

More information

子ども・子育て支援新制度とは

子ども・子育て支援新制度とは 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 新 制 度 について:こども 政 策 課 620-1625 保 育 所 幼 稚 園 認 定 こども 園 について: 保 育 幼 稚 園 課 620-1638 学 童 保 育 について: 学 童 保 育 課 620-1801 利 用 者 支 援 について: 子 育 て 支 援 課 620-1633 新 制 度 の 詳 しい 内 容 は 内 閣 府 HP http://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/index.html

More information

類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 者 等 との 連 絡 調 整 を 行 う 等 の 事 必 要

類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 者 等 との 連 絡 調 整 を 行 う 等 の 事 必 要 Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホーム ページアド レス 代 表 者 祉 法 人 氏 名 人 見 君 子 年 齢 公 表 / 非 公 表 主 たる 事 務 所 の 所 在 メールアド レス 9 祉 法 人 現 況 報 告 書 平 成 6 年 4 月 日 現 在 606-8336 京 都 市 左 京 区 岡 崎 北 御 所 町 番 の 電 話 番 号 075-77 - 388 FAX 番

More information

国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 防 災 業 務 計 画 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 25 年 3 月 8 日 修 正 平 成 26 年 6 月 19 日 修 正 平 成 27 年 12 月 1 日 修 正 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力

More information

<817993FA967B8E E A E815B817A B F976C8EAE82502D322E786C73>

<817993FA967B8E E A E815B817A B F976C8EAE82502D322E786C73> 日 本 司 法 支 援 センター( 法 人 番 号 2011205001573)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 センターの 主 要 事 業 は 総 合 法 律 支 援 に 関 する 事 業 である 役

More information

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た 市 民 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た た め, 生 活 が 著 し く 困 難

More information

小山市保育所整備計画

小山市保育所整備計画 第 1 章 計 画 策 定 にあたり 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 (1) 本 格 的 な 少 子 化 時 代 の 到 来 近 年 合 計 特 殊 出 生 率 の 急 速 な 低 下 とともに 総 人 口 が 減 少 傾 向 にあるなど 我 が 国 は 本 格 的 な 少 子 化 時 代 を 迎 えようとしています 少 子 化 の 進 行 は 家 族 生 活 や 地 域 社 会 の 変 容 のほか

More information

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 呉 医 療 センタ- 医 療 機 器 安 全 管 理 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 4 条 ) 第 2 章 組 織 及 び 職 務 ( 第 5 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 研 修 ( 第 11 条 ~ 第 12 条 ) 第 4 章 保 守 点 検 及 び 修 理 ( 第 13 条 ~ 第 16 条 ) 第 5 章

More information

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活 西 宮 市 外 国 人 等 高 齢 者 特 別 給 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 制 度 上 国 籍 要 件 があったために 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできなかった 外 国 人 ( 外 国 人 登 録 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 125 号 )に 規 定 する 外 国 人 で 本 市 を 居 住 地

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 清 瀬 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) 25 年 度 千 74,247 27,195,534 A 768,602 千 4,616,550 B 千 17.0 B/A 昨 年 度 の 件 費 率 17.3

More information

類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 1 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 者 等 との 連 絡 調 整 を 行 う 等 の 事 必

類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 1 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 者 等 との 連 絡 調 整 を 行 う 等 の 事 必 Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホーム ページアド レス 代 表 者 氏 名 人 見 君 子 市 祉 法 人 年 齢 公 表 / 非 公 表 主 たる 事 務 所 の 所 在 メールアド レス 9 祉 法 人 現 況 報 告 書 平 成 7 年 4 月 1 日 現 在 606-8336 京 都 市 左 京 区 岡 崎 北 御 所 町 1 番 の1 電 話 番 号 075-771 - 388

More information

(3) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 5 年 月 日 現 在 ) 決 定 初 任 給 採 用 年 経 過 後 給 料 月 額 大 学 卒 7, 8, 一 般 行 政 職 短 大 卒 9,8 6, 高 校 卒, 8,5 () 職 員 の 経 験 年 数 別 学 歴 別 平 均 給 料

(3) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 5 年 月 日 現 在 ) 決 定 初 任 給 採 用 年 経 過 後 給 料 月 額 大 学 卒 7, 8, 一 般 行 政 職 短 大 卒 9,8 6, 高 校 卒, 8,5 () 職 員 の 経 験 年 数 別 学 歴 別 平 均 給 料 総 括 平 成 5 年 度 標 津 町 の 事 行 政 の 運 営 状 況 について () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 総 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 件 費 率 年 度 5,587 6,5,9 % % 8,5 87,75 3..6 () 職 員 給 与 費 の 状

More information

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 余 市 町 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 1 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 保 育 料 等 の 減 免 をする 場 合 に 余 市 町 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 の 交 付 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 この 要 綱 でいう ひとり 親 世 帯 等 とは 保 護 者 又

More information

3 体 制 整 備 等 (1) 全 ての 特 定 事 業 主 が 共 同 して 取 組 むものとする () 総 務 部 人 事 管 理 室 人 事 課 を 計 画 推 進 の 主 管 課 とし 全 ての 市 職 員 により 推 進 する (3) 実 施 状 況 を 把 握 し 計 画 期 間 中 で

3 体 制 整 備 等 (1) 全 ての 特 定 事 業 主 が 共 同 して 取 組 むものとする () 総 務 部 人 事 管 理 室 人 事 課 を 計 画 推 進 の 主 管 課 とし 全 ての 市 職 員 により 推 進 する (3) 実 施 状 況 を 把 握 し 計 画 期 間 中 で 甲 府 市 における 女 性 職 員 の 活 躍 の 推 進 に 関 する 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 8 年 3 月 31 日 策 定 甲 府 市 長 甲 府 市 議 会 議 長 甲 府 市 教 育 委 員 会 甲 府 市 選 挙 管 理 委 員 会 甲 府 市 代 表 監 査 委 員 甲 府 市 農 業 委 員 会 甲 府 市 上 下 水 道 事 業 管 理 者 1 計 画 策

More information

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱 千 葉 市 耐 震 改 修 費 補 助 事 業 要 綱 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 震 による 住 宅 の 倒 壊 等 の 被 害 から 市 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 するため 住 宅 の 耐 震 改 修 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め 耐 震 改 修 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 することにより

More information

新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 ページ 変 更 後 変 更 前 表 紙 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 平 成 27 年 3 月 変 更 安 中 市 6 2. 計 画 策 定 の 方 針 (3) 計

新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 ページ 変 更 後 変 更 前 表 紙 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 平 成 27 年 3 月 変 更 安 中 市 6 2. 計 画 策 定 の 方 針 (3) 計 新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 安 中 市 新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 ページ 変 更 後 変 更 前 表 紙 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 平 成 27 年 3 月 変 更 安 中 市 6 2. 計 画 策 定 の 方 針 (3) 計 画 の 期 間 本 計

More information

文化政策情報システムの運用等

文化政策情報システムの運用等 名 開 始 終 了 ( 予 定 ) 年 度 番 号 0406 平 成 25 年 行 政 レビューシート ( 文 部 科 学 省 ) 文 化 政 策 情 報 システム 運 用 等 担 当 部 局 庁 文 化 庁 作 成 責 任 者 平 成 8 年 度 なし 担 当 課 室 長 官 官 房 政 策 課 政 策 課 長 清 水 明 会 計 区 分 一 般 会 計 政 策 施 策 名 根 拠 法 令 ( 具

More information

独立行政法人国立病院機構

独立行政法人国立病院機構 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 仙 台 医 療 センターにおける 医 薬 品 等 の 使 用 成 績 調 査 特 定 使 用 成 績 調 査 及 び 副 作 用 感 染 症 報 告 その 他 の 受 託 研 究 の 実 施 に 関 する 標 準 業 務 手 順 書 平 成 27 年 8 月 3 日 第 8 版 第 1 章 総 則 1. 目 的 と 適 用 範 囲 この 標 準 業 務

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 26 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 副 理 事 長 A 理 事 16,638 10,332 4,446 1,

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 26 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 副 理 事 長 A 理 事 16,638 10,332 4,446 1, 原 子 力 損 害 賠 償 廃 炉 等 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 別 添 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 機 構 は 未 曽 有 の 大 事 故 となった 平 成 23 年 3 月 の 東 京 電 力 福 島

More information