WebClientGuide

Size: px
Start display at page:

Download "WebClientGuide"

Transcription

1 Create! Form R 7 Web クライアント 印 刷 ガイド

2 目 次 著 作 権 その 他 に 関 する 注 意 Create! の 著 作 権 はインフォテック アーキテクツ 株 式 会 社 にあります 本 書 の 内 容 は 予 告 なしに 変 更 することがあります 本 書 の 全 体 または 一 部 を 形 態 のいかんにかかわらず 複 製 転 載 することを 禁 じます Microsoft MS および MS-DOS は 米 国 Microsoft Corporation の 登 録 商 標 です Windows は 米 国 Microsoft Corporation の 商 標 です Adobe および PostScript Adobe Acrobat は 米 国 Adobe Systems,Inc. の 登 録 商 標 です その 他 本 書 で 記 述 されているシステム 名 製 品 名 は その 版 権 所 有 者 の 商 標 または 登 録 商 標 です

3 目 次 目 次 本 書 の 構 成...1 第 1 章 Create! Form Web クライアント 印 刷 2 Web クライアント 印 刷 概 要...3 処 理 の 流 れ PDF 表 示 印 刷 PDF 非 表 示 印 刷 ブラウザ 標 準 印 刷 ブラウザ 任 意 指 定 印 刷...11 第 2 章 サンプル 実 行...14 共 通 の 設 定 Web サーバの 設 定 クライアントの 設 定...16 PDF 表 示 印 刷 "index.htm" "run.asp" クライアントからの 実 行...20 PDF 非 表 示 印 刷 "index.htm" "run.asp" クライアントからの 実 行...24 ブラウザ 標 準 印 刷 "index.htm" "run.asp" クライアントからの 実 行...28 ブラウザ 任 意 指 定 印 刷 "index.htm" "run.asp" クライアントからの 実 行...32 第 3 章 印 刷 コントロール 仕 様...34 起 動 方 法...35 CWebClient のクラス 情 報...36 印 刷 コントロール 処 理 結 果 コードリスト 41 データ 送 信 における 制 限 事 項...47 第 4 章 印 刷 コントロールの 応 用...48 印 刷 データの 削 除 方 法 バイナリを 扱 えないスクリプト(ASP 等 )を 使 用 している 場 合 49 2.バイナリを 扱 えるスクリプト(Perl 等 )を 使 用 している 場 合 49 スクリプトへのデータ 送 信 POST 文 字 列...51

4 目 次 2.GET 文 字 列 セッション 変 数...52 第 5 章 FormPrintStage WebClient...53 ランタイムとの 連 携...53 FormPrintStage WebClient ランタイムとの 連 携 による 機 能 詳 細 な 印 刷 情 報 の 設 定 CCD ファイルを 使 用 した 印 刷...54 FormPrintStage WebClient ランタイムの 導 入 55 単 一 実 行 可 能 インストーラ...55 Web インストーラ...55 印 刷 情 報 設 定 変 更 ダイアログ 印 刷 情 報 設 定 変 更 ダイアログ 起 動 方 法 印 刷 情 報 設 定 変 更 ダイアログ 説 明...57 CCD ファイル 保 存 機 能 を 利 用 する 印 刷 コントロールを 起 動 する Web ページの 構 成 印 刷 データ 生 成 スクリプトの 構 成...65 第 6 章 Web クライアントセキュリティ 印 刷 67 Web クライアントセキュリティ 印 刷 概 要 概 要 導 入 環 境...68 処 理 の 流 れ...69 データ 送 信 における 制 限 事 項...71 使 用 方 法 製 品 モジュール 呼 び 出 しサンプル 例 呼 び 出 しインターフェース...75 ログの 出 力 サーバーサイド...78 メッセージ 一 覧... 索 引...79

5 本 書 の 構 成 本 書 の 構 成 [ 内 容 ]

6 第 1 章 Create! Form Web クライアント 印 刷 第 1 章 Create! Form Web クライアント 印 刷 この 章 では Create! Form における Web クライアント 印 刷 の 実 装 方 法 処 理 の 概 要 を 説 明 します 2

7 第 1 章 Create! Form Web クライアント 印 刷 Web クライアント 印 刷 概 要 Web クライアント 印 刷 とは インターネットやイントラネットの Web システムにおいて Web ブラウザで 印 刷 処 理 を 行 うことです この Web ブラウザで 印 刷 処 理 を 行 う 方 法 については 以 下 のようなものが 考 えられます A1.PDF 表 示 印 刷 PDF ファイルを 表 示 して 表 示 画 面 から Adobe Acrobat あるいは Adobe Reader の 機 能 で 印 刷 す る 方 法 です この 印 刷 方 法 は サーバ 側 で 作 成 された PDF ファイルを ブラウザのプラグイン 機 能 で Adobe Acrobat あるいは Adobe Reader を 起 動 して 表 示 印 刷 するだけですので 特 別 な 処 理 を 実 装 する 必 要 はありません A2.PDF 非 表 示 印 刷 PDF ファイルを 非 表 示 ( 表 示 も 可 能 )で ブラウザでの 印 刷 指 示 により あらかじめ 指 定 され たプリンタへ 指 定 の 用 紙 で 印 刷 する 方 法 です この 非 表 示 での 印 刷 方 法 は サーバ 側 で 作 成 された PDF ファイルを 表 示 せずに Windows で 通 常 使 用 するプリンタ に 設 定 されたプリンタへ 印 刷 する 場 合 に 利 用 します 給 紙 選 択 などの 印 刷 情 報 は 通 常 使 用 するプリンタ で 設 定 された 内 容 が 使 用 されます この 処 理 を 実 装 するには 製 品 に 付 属 の 印 刷 コントロールを 使 用 する 必 要 があります B1.ブラウザ 標 準 印 刷 ブラウザでの 印 刷 指 示 により あらかじめ 指 定 のプリンタへ 指 定 の 用 紙 で 印 刷 する 方 法 です この 印 刷 方 法 は A2 と 同 様 に Windows で 通 常 使 用 するプリンタ に 設 定 されたプリンタへ 印 刷 を 行 います A2 の 方 法 で PDF ファイルを 利 用 して 印 刷 していたのに 対 し この 方 法 では Windows の 描 画 コ マンド(GDI)のデータを 記 録 したファイル (EMF ファイル ) を 使 用 します この 処 理 を 実 装 するには 製 品 に 付 属 の 印 刷 コントロールを 使 用 する 必 要 があります B2.ブラウザ 任 意 指 定 印 刷 ブラウザでの 印 刷 指 示 により 任 意 のプリンタへ 任 意 の 印 刷 情 報 で 印 刷 する 方 法 です この 印 刷 方 法 は サーバ 側 で 作 成 された 印 刷 データを Windows に 登 録 されているプリンタへ 印 刷 する 場 合 に 利 用 します プリンタが 複 数 の 場 合 にはプリンタの 指 定 給 紙 選 択 などの 印 刷 情 報 を 設 定 し 印 刷 することが できます この 処 理 を 実 装 するには 製 品 に 付 属 の 印 刷 コントロールと FormPrintStage WebClient ラン タイムを 使 用 する 必 要 があります A1 A2 は 印 刷 の 元 となるデータは PDF ファイルとなりますので サーバ 側 では PDF ファイル を 生 成 する FormCast ランタイム(または FormCollect ランタイム)を 使 用 することになります これに 対 して B1 は FormPrintStage ランタイム B2 は FormPrintStage Web ランタイムを 使 用 します ただし B1 の 用 途 においては A2 の 処 理 でも 補 うことが 可 能 なので ご 使 用 の 製 品 が FormCast ランタイム(または FormCollect ランタイム)の 場 合 は A2 の 処 理 で 代 用 すること も 可 能 です 構 築 するシステムの 用 途 に 合 わせて いずれかの 方 法 で Web クライアント 印 刷 処 理 を 実 装 して ください 以 降 では Web クライアント 印 刷 の 実 装 について 方 法 別 に 説 明 します 3

8 第 1 章 Create! Form Web クライアント 印 刷 << 注 意 1 >> A2 B1 B2 の 方 法 で 使 用 する 印 刷 コントロールは ActiveX コントロールですので 使 用 するブラウ ザは InternetExplorer(バージョン 5 以 上 )となります << 注 意 2 >> A1 A2 の 方 法 は Adobe Acrobat あるいは Adobe Reader が 別 途 必 要 になります どちらかの 製 品 のバージョン 4 以 上 をクライアントマシンにインストールしておきます << 参 考 >> Web ブラウザからの 指 示 で 印 刷 する 場 合 でも サーバから LAN 上 にあるプリンタ(または IPP プロ トコルでインターネット 上 にあるプリンタ)に 印 刷 する 場 合 は Web クライアント 印 刷 ではなくサー バ 印 刷 となりますので FormPrintStage ランタイム または FormPrint ランタイムの 印 刷 処 理 で 行 っ てください 電 子 署 名 によるモジュールの 正 当 性 弊 社 の 用 意 する 印 刷 コントロールは ベリサインが 発 行 するコードサイニング 証 明 書 によって 電 子 署 名 されています これにより 印 刷 コントロールが 弊 社 で 開 発 され その 後 モジュール の 変 更 が 一 切 が 行 われていないことを 証 明 することが 可 能 です 証 明 書 の 期 限 コードサイニング 証 明 書 の 有 効 期 間 は 1 年 間 であるため 証 明 書 の 有 効 期 限 が 過 ぎた 際 に 再 度 印 刷 コントロールに 証 明 書 で 電 子 署 名 をしなければなりません 証 明 書 の 有 効 期 限 を 過 ぎた ActiveX コントロールを 使 用 した 場 合 有 効 期 間 内 での IE のセキュ リティ 設 定 では インストール 時 あるいは 実 行 時 に 正 常 に 動 作 できなくなってしまう 可 能 性 があります これを 回 避 するため 弊 社 では Create! Form に 印 刷 コントロールを 含 める 他 に 弊 社 サイト から 有 効 な 証 明 書 が 電 子 署 名 された 印 刷 コントロールをダウンロードできるようにしていま す 証 明 書 の 有 効 期 限 を 過 ぎたモジュールを 提 供 することはありませんが 導 入 の 時 期 によって は 証 明 書 の 有 効 期 限 が 間 近 という 場 合 があります 4

9 第 1 章 Create! Form Web クライアント 印 刷 処 理 の 流 れ この 節 では 前 節 の 印 刷 方 法 (A1 A2 B1 B2) ごとに サーバ クライアントでどのような 処 理 が 行 われるかを 紹 介 します 構 築 するシステムに 関 係 する 項 目 を 参 照 してください 1.PDF 表 示 印 刷 PDF 表 示 印 刷 では サーバで 生 成 された PDF ファイルをブラウザに 表 示 して 印 刷 処 理 を 行 うの で サーバ 側 には FormCast ランタイム(または FormCollect ランタイム)が 導 入 されている 必 要 があります 1クライアントは FormCast ランタイム(あるいは FormCollect ランタイム)を 起 動 するス クリプトにアクセスします 2リクエストを 受 けたスクリプトは ランタイムを 実 行 するのに 必 要 なデータソースを 参 照 あるいは 作 成 し ランタイムを 実 行 します 5

10 第 1 章 Create! Form Web クライアント 印 刷 3ランタイムは サーバ 上 のデータソースと 資 源 ファイルから PDF ファイルを 作 成 します 4 生 成 された PDF ファイルは ブラウザを 通 してクライアント 側 に 表 示 されます 5ブラウザに 表 示 された PDF ファイルを 印 刷 メニューから 印 刷 を 実 行 します 基 本 的 な 流 れは 以 上 ですが 印 刷 を 実 行 するためにはクライアントマシンに Adobe Acrobat あるいは Adobe Reader が 導 入 されている 必 要 があります またブラウザに 関 しては Adobe Acrobat あるいは Adobe Reader のアドインをサポートする Web ブラウザでなければなりません 2.PDF 非 表 示 印 刷 PDF 非 表 示 印 刷 では サーバで 生 成 された PDF ファイルを 印 刷 コントロールでダウンロードし て 印 刷 処 理 を 行 うので サーバ 側 には FormCast ランタイム(または FormCollect ランタイム) が 導 入 されている 必 要 があります また 印 刷 コントロールは ActiveX コントロールなので InternetExplorer バージョン 5 以 上 ( 以 下 IE)が 必 要 になります 6

11 第 1 章 Create! Form Web クライアント 印 刷 1 object タグに 印 刷 コントロールが 埋 め 込 まれた Web ページをクライアントが IE で 参 照 する と 印 刷 コントロールはクライアントマシンにダウンロード インストールされます 2その Web ページから 印 刷 要 求 を 発 生 させます 例 えば Web ページ 上 のボタンをクリックした 場 合 等 に 印 刷 コントロールの API を 実 行 させ ることが 可 能 です 3 印 刷 コントロールは 設 定 されたプロパティ 値 を 元 に Web サーバ 上 のスクリプトにアクセス します 7

12 第 1 章 Create! Form Web クライアント 印 刷 4リクエストを 受 けたスクリプトは ランタイムを 実 行 するのに 必 要 なデータソースを 参 照 あるいは 作 成 し ランタイムを 実 行 します 5ランタイムは サーバ 上 のデータソースと 資 源 ファイルから PDF ファイルを 作 成 します 6 印 刷 コントロールは 生 成 された PDF ファイルをクライアントにダウンロードします 7 印 刷 コントロールは Adobe Acrobat あるいは Adobe Reader を 起 動 して ダウンロードし た PDF ファイルに 対 して 印 刷 処 理 を 実 行 します 基 本 的 な 流 れは 以 上 ですが 印 刷 を 実 行 するためにはクライアントマシンに Adobe Acrobat あるいは Adobe Reader が 導 入 されている 必 要 があります 8

13 第 1 章 Create! Form Web クライアント 印 刷 3.ブラウザ 標 準 印 刷 ブラウザ 標 準 印 刷 では サーバで 生 成 された EMF ファイルを 印 刷 コントロールでダウンロード して 印 刷 処 理 を 行 うので サーバ 側 には FormPrintStage ランタイムが 導 入 されている 必 要 が あります また 印 刷 コントロールは ActiveX コントロールなので InternetExplorer バージョン 5 以 上 ( 以 下 IE)が 必 要 になります 1 object タグに 印 刷 コントロールが 埋 め 込 まれた Web ページをクライアントが IE で 参 照 する と 印 刷 コントロールはクライアントマシンにダウンロード インストールされます 2その Web ページから 印 刷 要 求 を 発 生 させます 例 えば Web ページ 上 のボタンをクリックした 場 合 等 に 印 刷 コントロールの API を 実 行 させ ることが 可 能 です 3 印 刷 コントロールは 設 定 されたプロパティ 値 を 元 に Web サーバ 上 のスクリプトにアクセス します 9

14 第 1 章 Create! Form Web クライアント 印 刷 4リクエストを 受 けたスクリプトは ランタイムを 実 行 するのに 必 要 なデータソースを 参 照 あるいは 作 成 し ランタイムを 実 行 します 5ランタイムは サーバ 上 のデータソースと 資 源 ファイルから EMF ファイルを 作 成 します 6 印 刷 コントロールは 生 成 された EMF ファイルをクライアントにダウンロードします 7 印 刷 コントロールは ダウンロードした EMF ファイルを 使 用 して 印 刷 を 実 行 します EMF ファイルは 圧 縮 して 転 送 することも 可 能 です 10

15 第 1 章 Create! Form Web クライアント 印 刷 4.ブラウザ 任 意 指 定 印 刷 ブラウザ 任 意 指 定 印 刷 では サーバで 生 成 された CCD ファイルを 印 刷 コントロールでダウン ロードして 印 刷 処 理 を 行 うので サーバ 側 には FormPrintStage Web ランタイムが 導 入 されて いる 必 要 があります CCD ファイルとは Create! Form 資 源 ファイルやデータソースといった 帳 票 イメージの " 素 " を 圧 縮 し 一 つにまとめたものです この CCD ファイルを 解 凍 して 印 刷 するには FormPrintStage WebClient ランタイム( 以 下 クライアントランタイム)が 必 要 です 従 って クライアント 側 にはクライアントランタイムを 導 入 しておきます また 印 刷 コントロールは ActiveX コントロールなので InternetExplorer バージョン 5 以 上 ( 以 下 IE)が 必 要 になります 1 object タグに 印 刷 コントロールが 埋 め 込 まれた Web ページをクライアントが IE で 参 照 する と 印 刷 コントロールはクライアントマシンにダウンロード インストールされます 2その Web ページから 印 刷 要 求 を 発 生 させます 例 えば Web ページ 上 のボタンをクリックした 場 合 等 に 印 刷 コントロールの API を 実 行 させ ることが 可 能 です 3 印 刷 コントロールは 設 定 されたプロパティ 値 を 元 に Web サーバ 上 のスクリプトにアクセス します 11

16 第 1 章 Create! Form Web クライアント 印 刷 4リクエストを 受 けたスクリプトは ランタイムを 実 行 するのに 必 要 なデータソースを 参 照 あるいは 作 成 し ランタイムを 実 行 します 5ランタイムは サーバ 上 のデータソースと 資 源 ファイルから CCD ファイルを 作 成 します 6 印 刷 コントロールは 生 成 された CCD ファイルをクライアントにダウンロードします 7 印 刷 コントロールは クライアントランタイムを 起 動 し ダウンロードした CCD ファイルを 使 用 して 指 定 されたプリンタに 印 刷 を 実 行 します 12

17 第 1 章 Create! Form Web クライアント 印 刷 クライアントランタイムは クライアントに 保 存 されている 印 刷 情 報 を 反 映 して 印 刷 します 例 えば 帳 票 "A" はプリンタ "B" に 帳 票 "C" はプリンタ "D" に 印 刷 するという 設 定 を 保 存 す ることができるので 帳 票 によって 複 数 のプリンタを 使 い 分 けることが 可 能 です 設 定 できる 印 刷 情 報 は 以 下 の 通 りです 出 力 するプリンタ 印 刷 部 数 両 面 印 刷 給 紙 トレイ 排 紙 トレイ 拡 大 / 縮 小 解 像 度 出 力 位 置 の 補 正 また CCD ファイルは PDF ファイルや EMF ファイルに 比 べてサイズが 小 さいため ネットワー クのトラフィック 量 を 軽 減 させることが 可 能 です 従 って 1000 ページのような 大 量 印 刷 をクライアントで 印 刷 することも 十 分 可 能 になります << 参 考 >> CCD ファイルはクライアントに 保 存 することも 可 能 です これにより サーバ 側 は 印 刷 要 求 を 受 けた 際 クライアントには 固 定 のデータ(CCD ファイル)が 保 存 されているので 可 変 のデータのみ 送 信 するという 処 理 が 実 現 できるため トラフィック 量 はさらに 軽 減 されることになります 13

18 第 2 章 サンプル 実 行 第 2 章 サンプル 実 行 この 章 では 印 刷 方 法 ごとにサンプルを 使 用 して 実 装 の 方 法 について 説 明 します 14

19 第 2 章 サンプル 実 行 共 通 の 設 定 各 印 刷 方 法 ごとに Web ページや スクリプトの 記 述 は 異 なる 部 分 がありますが サーバの 設 定 などは 共 通 している 部 分 もあるので 共 通 設 定 に 関 しては ここで 説 明 します 1.Web サーバの 設 定 1-1.サーバマシンの 構 成 このサンプルの 環 境 は Windows 2000 Server + IIS ASP です また 印 刷 方 法 ごとに 対 応 したランタイム 製 品 が 導 入 され 正 常 に 動 作 しているものとします ここでは ホスト 名 は "testsv" になっています 必 要 に 応 じて HTML ファイルやスクリプトに 記 述 する URL を 変 更 してください 1-2.コンテンツの 配 置 ここでは 以 下 のようにファイルを 配 置 します C:\ createform/ index.htm HTML ファイル( 1) run.asp ランタイム 実 行 スクリプト( 2) bin/ CWebClient.ocx 印 刷 コントロール( 3) printings/ 印 刷 データ 生 成 ディレクトリ( 4) resource/ cwork/ ランタイム 作 業 ディレクトリ datamap/ form/ style/ data/ test.csv テキストファイルディレクトリ ランタイム 実 行 に 使 用 するデータソース 1: HTML ファイルは 印 刷 要 求 を 発 行 する Web ページになりますので 各 印 刷 方 法 によって 内 容 は 変 わり ます 2: ランタイム 実 行 スクリプトは 各 印 刷 方 法 によって 実 行 するランタイムが 異 なります PDF 表 示 印 刷 PDF 非 表 示 印 刷 であれば FormCast ランタイム(または FormCollect ランタイ ム) ブラウザ 標 準 印 刷 であれば FormPrintStage ランタイム ブラウザ 任 意 指 定 印 刷 であれば FormPrintStage Web ランタイムをスクリプトで 起 動 します 15

20 第 2 章 サンプル 実 行 3: CWebClient.ocx は 印 刷 コントロールのファイル 名 になります Create! Form 導 入 ディレクトリ \lib ディレクトリに 保 存 されているので c:\createform\bin ディ レクトリにコピーしてください ただし 印 刷 コントロールを 使 用 しない PDF 表 示 印 刷 においては CWebClient.ocx を 配 置 する 必 要 はありません 4: 印 刷 データ 生 成 ディレクトリには 各 ランタイムが 生 成 するファイル(PDF ファイル EMF ファイル CCD ファイル)が 格 納 されます 1-3. 仮 想 ディレクトリの 作 成 インターネット サービス マネージャ を 使 用 して 仮 想 ディレクトリを 作 成 します testsv サーバ 上 の C:\createform ディレクトリをエイリアスとして createform で 設 定 し ます 図 :IIS マネージャ 2.クライアントの 設 定 2-1.InternetExplorer のセキュリティ 設 定 ここで 説 明 する 内 容 は PDF 非 表 示 印 刷 ブラウザ 標 準 印 刷 ブラウザ 任 意 指 定 印 刷 での Web クライアント 印 刷 を 実 装 する 場 合 にのみ 関 係 します PDF 表 示 印 刷 で 実 装 する 場 合 は 読 み 飛 ばしても 問 題 ありません 印 刷 コントロールを 使 用 した Web クライアント 印 刷 において クライアントマシンは 初 めに InternetExplorer( 以 下 IE)で 印 刷 コントロールを 起 動 する Web ページにアクセスします この 際 クライアントマシンの IE の 設 定 によっては 次 のようなメッセージが 表 示 されます 図 : 警 告 ダイアログ 16

21 第 2 章 サンプル 実 行 この 場 合 印 刷 コントロールはインストールされませんので IE の 設 定 を 変 更 する 必 要 があ ります IE( 以 下 の 説 明 では IE6 を 使 用 しています)の [ ツール ] メニューから [ インターネット オ プション ] を 選 択 します [ セキュリティ ] タブを 選 択 し [ レベルのカスタマイズ ] を 選 択 します このとき ゾーンが 正 しく 選 択 されていることを 確 認 してください [ActiveX コントロールとプラグイン ] の [ 署 名 済 み ActiveX コントロールのダウンロード ] の 設 定 を [ ダイアログを 表 示 する ] か [ 有 効 にする ] に 設 定 します 図 :セキュリティの 設 定 [ 有 効 にする ] を 選 択 した 場 合 は 自 動 的 にインストールされます [ ダイアログを 表 示 する ] を 選 択 した 場 合 インストールする 前 に 次 のようなメッセージが 表 示 されます 図 :セキュリティ 警 告 ダイアログ ここで [ はい ] を 選 択 すると 印 刷 コントロールがインストールされます また 印 刷 コントロールのプロパティやメソッドにアクセスした 際 に 下 のような 警 告 が 出 る 場 合 もあります 図 : 警 告 ダイアログ この 場 合 も セキュリティの 設 定 を 変 更 する 必 要 があります 先 ほどと 同 様 に [ActiveX コントロールとプラグイン ] で 適 切 な 設 定 を 行 ってください 次 節 からは 各 印 刷 方 法 に 応 じたサンプルの 説 明 をしますので 構 築 するシステムに 関 係 する 節 を 参 照 してください 17

22 第 2 章 サンプル 実 行 PDF 表 示 印 刷 1."index.htm" 例 <html> <head> <title>pdf 表 示 印 刷 </title> <script language="javascript"> function ShowPdf() { window.open("http://testsv/createform/run.asp?outputfilename=test.pdf", "_blank"); } </script> </head> <body> <input type="button" value="pdf 表 示 印 刷 " onclick="showpdf()"/> </body> </html> "index.htm" は クライアントがブラウザに 読 み 込 んで 印 刷 要 求 を 発 行 する Web ページにな ります "PDF 表 示 印 刷 " というボタンをクリックすることで JavaScript の "ShowPdf" という 関 数 を 実 行 します "ShowPdf" 関 数 は FormCast ランタイムを 実 行 するためのスクリプト "run.asp" に 画 面 遷 移 す るためのものです これにより ブラウザ 上 から "PDF 表 示 印 刷 " ボタンをクリックすることで サーバに 対 して PDF 生 成 要 求 を 発 行 することが 可 能 です "index.htm" は c:\createform ディレクトリ 直 下 に 配 置 します << 注 意 >> open 関 数 の 第 1 引 数 に 指 定 している URL の GET 文 字 列 "OutputFileName=test.pdf" は サーバの FormCast ランタイムが 生 成 する PDF ファイルの 名 前 として run.asp に 渡 しています このままでは どのクライアントからのアクセスでも "test.pdf" という PDF ファイルを 生 成 してし まうため アクセス 状 況 によってはクライアントが 印 刷 処 理 を 完 了 する 前 に PDF ファイルが 上 書 き されてしまう 可 能 性 があります 従 って 実 際 には PDF ファイル 名 は クライアントごとにユニークな 文 字 列 を 指 定 する 必 要 がありま すので 注 意 してください 2."run.asp" 例 Language=VBScript%> <% Dim objcast 18

23 第 2 章 サンプル 実 行 Dim strcurpath Dim strtextfile Dim strcworkpath Dim strpdfpath Dim strcmd Dim ErrNum ' 実 行 ディレクトリ ' テキストファイル 名 ' Create! Form 作 業 ディレクトリ ' PDF ファイルパス ' FormCast ランタイム 実 行 コマンドパラメータ ' 戻 り 値 strcurpath = "c:\resource" '============================================================== ' FormCast ランタイム 用 テキストファイル 作 成 '============================================================== ' 通 常 ここで 動 的 にテキストファイルを 生 成 しますが ' このサンプルでは 既 存 のファイルを 指 定 します strtextfile = strcurpath & "\data\test.csv" '============================================================== ' FormCast ランタイムの 実 行 '============================================================== Set objcast = CreateObject("CCastCOM.CCast") strcworkpath = strcurpath & "\cwork" strpdfpath = "c:\createform\printings\" & Request.QueryString("OutputFileName" ) ' コマンドの 作 成 strcmd = "-D" & strcworkpath & " -sschoollife.sty -o" & strpdfpath & " " & strtextfile ' FormCast ランタイム 実 行 ( 第 二 パラメータの 8705 は ' CPW_HIDE ERW_HIDE ERL_ENABLE の 指 定 と 同 じです ) ErrNum = objcast.ccastexec( 0, 8705, "", strcmd ) ' オブジェクトの 解 放 Set objcast = Nothing ' 生 成 された PDF ファイルをリダイレクトで 返 す Response.Redirect("printings/" & Request.QueryString("OuptutFileName")) %> "run.asp" は FormCast ランタイムを 呼 び 出 すスクリプトです FormCast ランタイムは COM コンポーネントを 利 用 して 呼 び 出 しています "index.htm" から GET 文 字 列 で 渡 された "OutputFileName" を 使 用 して PDF ファイル 名 を 設 定 していることが 確 認 できます FormCast ランタイム 実 行 後 生 成 された PDF ファイルをリダイレクトでクライアントに 返 し ています これにより クライアントは PDF ファイルをブラウザで 表 示 できることになります "run.asp" は C:\createform ディレクトリ 直 下 に 配 置 します 19

24 第 2 章 サンプル 実 行 3.クライアントからの 実 行 それでは 実 際 に Web クライアント 印 刷 を 実 行 します ブラウザから "http://testsv/createform/index.htm" にアクセスします ブラウザに 表 示 された "PDF 表 示 印 刷 " ボタンをクリックします 新 しいウィンドウが 起 動 し "run.asp" にアクセスします サーバ 側 で FormCast ランタイムの 実 行 が 終 了 すると 作 成 された PDF ファイルがリダイレク トされるので クライアント 側 に PDF ファイルが 表 示 されます Adobe Acrobat あるいは Adobe Reader がインストールされており アドイン 機 能 が 有 効 なブラウザを 使 用 している 場 合 のみです Adobe Acrobat あるいはAdobe Readerの[ 印 刷 ]ボタンをクリックして 印 刷 処 理 を 実 行 します 以 上 で PDF 表 示 印 刷 による Web クライアント 印 刷 のサンプル 実 行 は 終 了 です 20

25 第 2 章 サンプル 実 行 PDF 非 表 示 印 刷 1."index.htm" 例 <html> <head> <title>pdf 非 表 示 印 刷 </title> <object id="obj" classid="clsid:f58deea6-72e be a7e804b" codebase="http://testsv/createform/bin/cwebclient.ocx#version=7,1,0,0"> </object> <script language="javascript"> function KickPrintExecutePdf() { obj.createprintingdatascripturl = "http://testsv/createform/run.asp"; obj.printexecutepdf(); } </script> </head> <body> <input type="button" value="pdf 非 表 示 印 刷 " onclick="kickprintexecutepdf()" /> </body> </html> "index.htm" は クライアントが IE に 読 み 込 んで 印 刷 要 求 を 発 行 する Web ページになります 印 刷 コントロールをクライアントマシンにダウンロード インストールするため object タ グが 記 述 されています 各 属 性 値 の 意 味 は 以 下 の 通 りです id: 印 刷 コントロールオブジェクトの 変 数 名 として 使 用 され 任 意 の 変 数 名 を 指 定 できます classid: 固 定 値 で clsid:f58deea6-72e be a7e804b を 記 述 します codebase: 印 刷 コントロールが 置 かれているディレクトリの URL と バージョン 番 号 を 追 加 した 形 式 で 記 述 します 現 在 ご 使 用 のバージョン 番 号 を 記 述 してください object タグを 記 述 することにより クライアントマシンに 印 刷 コントロールがインストール されていない 場 合 または codebase で 記 述 したバージョンよりも 古 いコントロールがインス トールされている 場 合 Web サーバより 印 刷 コントロールがダウンロードされクライアントマ シンにインストールされます "PDF 非 表 示 印 刷 " というボタンをクリックすることで JavaScript の "KickPrintExecutePdf" という 関 数 を 実 行 します "KickPrintExecutePdf" 関 数 は 印 刷 コントロールのプロパティやメソッドを 実 行 する 役 割 を 21

26 第 2 章 サンプル 実 行 果 たします ここで 使 用 されている 印 刷 コントロールのプロパティ メソッドについて 簡 単 に 説 明 します プロパティ CreatePrintingDataScriptUrl は FormCast ランタイムを 実 行 するスクリプト の URL を 指 定 します 今 回 は "run.asp" が FormCast ランタイムを 実 行 するスクリプトなので "http://testsv/ createform/run.asp" を 指 定 することになります メソッド PrintExecutePdf は 印 刷 処 理 を 実 行 するメソッドです メソッド PrintExecutePdf が 呼 び 出 されたタイミングで プロパティ CreatePrintingData ScriptUrl で 指 定 されたスクリプトにアクセスし PDF ファイルをダウンロード 印 刷 実 行 ま でを 行 います 処 理 結 果 に 応 じたステータスコード( 数 値 )と 文 字 列 がダイアログに 表 示 されます 戻 り 値 が "0" の 場 合 は 正 常 終 了 を 表 します 印 刷 コントロールの 詳 細 については 第 3 章 印 刷 コントロール 仕 様 を 参 照 してください "index.htm" は c:\createform ディレクトリ 直 下 に 配 置 します 2."run.asp" 例 Language=VBScript%> <% Dim objcast Dim strcurpath Dim strtextfile Dim strcworkpath Dim strpdfpath Dim strcmd Dim ErrNum ' 実 行 ディレクトリ ' テキストファイル 名 ' Create! Form 作 業 ディレクトリ ' PDF ファイルパス ' FormCast ランタイム 実 行 コマンドパラメータ ' 戻 り 値 strcurpath = "c:\resource" '============================================================== ' FormCast ランタイム 用 テキストファイル 作 成 '============================================================== ' 通 常 ここで 動 的 にテキストファイルを 生 成 しますが ' このサンプルでは 既 存 のファイルを 指 定 します strtextfile = strcurpath & "\data\test.csv" '============================================================== ' FormCast ランタイムの 実 行 '============================================================== Set objcast = CreateObject("CCastCOM.CCast") strcworkpath = strcurpath & "\cwork" 22

27 第 2 章 サンプル 実 行 strpdfpath = "c:\createform\printings\" & Request.Form("OutputFileName") ' コマンドの 作 成 strcmd = "-D" & strcworkpath & " -sschoollife.sty -o" & strpdfpath & " " & strtextfile ' FormCast ランタイム 実 行 ( 第 二 パラメータの 8705 は ' CPW_HIDE ERW_HIDE ERL_ENABLE の 指 定 と 同 じです ) ErrNum = objcast.ccastexec( 0, 8705, "", strcmd ) ' オブジェクトの 解 放 Set objcast = Nothing ' 生 成 された PDF ファイルをリダイレクトで 返 す Response.Redirect("printings/" & Request.Form("OuptutFileName")) %> "run.asp" は FormCast ランタイムを 呼 び 出 すスクリプトです FormCast ランタイムは COM コンポーネントを 利 用 して 呼 び 出 しています 変 数 "strpdfpath" に 注 目 してください POST 文 字 列 で "OutputFileName" から PDF ファイル 名 を 取 得 しています "OutputFileName" は 印 刷 コントロールが "run.asp" に 対 して 自 動 で 送 信 したものです PDF ファイル 名 を 固 定 なものにしてしまうと 複 数 のクライアントからアクセスされた 場 合 PDF ファイルが 上 書 きされてしまう 可 能 性 があります その 問 題 を 解 決 するためには 生 成 する PDF ファイルにユニークなファイル 名 を 付 けなければ なりません そこで 印 刷 コントロールでは ユニークな 文 字 列 を 作 成 し それを "OutputFileName" で 送 信 しています また 印 刷 コントロールは "OutputFileName" で 送 信 した PDF ファイル 名 を 印 刷 対 象 の PDF ファ イルと 認 識 します 以 上 の 理 由 から 特 別 な 状 況 がない 限 り このファイル 名 を 使 用 して PDF ファイルを 生 成 する ことを 推 奨 します 今 回 は "OutputFileName" を POST 文 字 列 で 送 信 (POST メソッドによる 送 信 )しましたが 印 刷 コントロールのプロパティ DataSendMethod に "GET" を 指 定 することで GET 文 字 列 と して 送 信 (GET メソッドによる 送 信 )することも 可 能 です 詳 細 は 第 3 章 印 刷 コントロール 仕 様 で 説 明 しています FormCast ランタイム 実 行 後 生 成 された PDF ファイルをリダイレクトでクライアントに 返 し ています これにより 印 刷 コントロールは PDF ファイルを 受 け 取 り クライアント 側 で 印 刷 処 理 を 実 行 することになります "run.asp" は c:\createform ディレクトリ 直 下 に 配 置 します 23

28 第 2 章 サンプル 実 行 3.クライアントからの 実 行 それでは 実 際 に Web クライアント 印 刷 を 実 行 します IE から "http://testsv/createform/index.htm" にアクセスします IE に 表 示 された "PDF 非 表 示 印 刷 " ボタンをクリックします 印 刷 コントロールが 起 動 し "run.asp" にアクセスします サーバ 側 で FormCast ランタイムの 実 行 が 終 了 すると 作 成 された PDF ファイルがリダイレク トされ 印 刷 コントロールは PDF ファイルをダウンロードします 印 刷 コントロールは PDF ファイルのダウンロードを 終 了 すると Adobe Acrobat あるいは Adobe Reader を 起 動 し PDF ファイルを 使 用 して 印 刷 処 理 を 実 行 します 印 刷 処 理 は 通 常 使 用 するプリンタ に 設 定 されているプリンタに 対 して 実 行 されます 印 刷 情 報 も 通 常 使 用 するプリンタ で 設 定 されているデフォルトの 設 定 値 が 使 用 されます Adobe Acrobat あるいは Adobe Reader がインストールされている 必 要 があります << 注 意 1 >> "index.htm" を IE でアクセスした 際 ( 印 刷 コントロールのインストール 時 )や 印 刷 コントロールの プロパティやメソッドにアクセスした 際 に 警 告 ダイアログが 表 示 されることがあります これは IE の 設 定 によるものなので 本 章 の 共 通 の 設 定 から 2.クライアントの 設 定 を 参 照 してください << 注 意 2 >> 印 刷 設 定 はすでに 設 定 されている Acrobat の 印 刷 設 定 が 適 用 されます 印 刷 する PDF ファイルのフォームサイズとプリンタで 選 択 されている 用 紙 サイズが 異 なる 場 合 あら かじめ 以 下 の 操 作 を 行 っておくことにより 用 紙 サイズをあわせて 印 刷 することができます Acrobat 4 の 場 合 Acrobat の [ 印 刷 ] ダイアログボックスにある [ 用 紙 サイズに 合 わせる ] チェックボックスにチェッ クしてください Acrobat 5 の 場 合 Acrobat の [ 印 刷 ] ダイアログボックスにある [ 用 紙 サイズに 合 わせてページを 拡 大 ] と [ 用 紙 サイ ズに 合 わせてページを 縮 小 ] チェックボックスをチェックしてください Acrobat 6 の 場 合 Acrobat の [ 印 刷 ] ダイアログボックスにある [ ページ 処 理 ] の [ ページの 拡 大 / 縮 小 ] リストから [ 用 紙 に 合 わせる ] を 選 択 してください Acrobat 7 につていは 現 在 検 証 中 です 最 新 の 対 応 状 況 については 弊 社 サポート Web サイトでご 覧 いただくか 弊 社 サポート 担 当 までご 連 絡 ください 弊 社 サポート Web サイト: 弊 社 サポート 担 当 : 以 上 で PDF 非 表 示 印 刷 による Web クライアント 印 刷 のサンプル 実 行 は 終 了 です 印 刷 コントロールの 仕 様 については 第 3 章 印 刷 コントロール 仕 様 を 参 照 してください また 第 4 章 印 刷 コントロールの 応 用 には 印 刷 コントロールの 便 利 な 使 用 方 法 を 説 明 し ています 24

29 第 2 章 サンプル 実 行 ブラウザ 標 準 印 刷 1."index.htm" 例 <html> <head> <title> ブラウザ 標 準 印 刷 </title> <object id="obj" classid="clsid:f58deea6-72e be a7e804b" codebase="http://testsv/createform/bin/cwebclient.ocx#version=7,1,0,0"> </object> <script language="javascript"> function KickPrintExecute() { obj.createprintingdatascripturl = "http://testsv/createform/run.asp"; obj.printexecute(); } </script> </head> <body> <input type="button" value=" ブラウザ 標 準 印 刷 " onclick="kickprintexecute()" /> </body> </html> "index.htm" は クライアントが IE に 読 み 込 んで 印 刷 要 求 を 発 行 する Web ページになります 印 刷 コントロールをクライアントマシンにダウンロード インストールするため object タ グが 記 述 されています 各 属 性 値 の 意 味 は 以 下 の 通 りです id: 印 刷 コントロールオブジェクトの 変 数 名 として 使 用 され 任 意 の 変 数 名 を 指 定 できます classid: 固 定 値 で clsid:f58deea6-72e be a7e804b を 記 述 します codebase: 印 刷 コントロールが 置 かれているディレクトリの URL と バージョン 番 号 を 追 加 した 形 式 で 記 述 します 現 在 ご 使 用 のバージョン 番 号 を 記 述 してください object タグを 記 述 することにより クライアントマシンに 印 刷 コントロールがインストール されていない 場 合 または codebase で 記 述 したバージョンよりも 古 いコントロールがインス トールされている 場 合 Web サーバより 印 刷 コントロールがダウンロードされクライアントマ シンにインストールされます " ブラウザ 標 準 印 刷 " というボタンをクリックすることで JavaScript の "KickPrintExecute" という 関 数 を 実 行 します 25

30 第 2 章 サンプル 実 行 "KickPrintExecute" 関 数 は 印 刷 コントロールのプロパティやメソッドを 実 行 する 役 割 を 果 たします ここで 使 用 されている 印 刷 コントロールのプロパティ メソッドについて 簡 単 に 説 明 します プロパティ CreatePrintingDataScriptUrl は FormPrintStage ランタイムを 実 行 するスク リプトの URL を 指 定 します 今 回 は "run.asp" が FormPrintStage ランタイムを 実 行 するスクリプトなので "http:// testsv/createform/run.asp" を 指 定 することになります メソッド PrintExecute は 印 刷 処 理 を 実 行 するメソッドです メソッド PrintExecute が 呼 び 出 されたタイミングで プロパティ CreatePrintingDataSc ripturl で 指 定 されたスクリプトにアクセスし EMF ファイルをダウンロード 印 刷 実 行 まで を 行 います 処 理 結 果 に 応 じたステータスコード( 数 値 )と 文 字 列 がダイアログに 表 示 されます 戻 り 値 が "0" の 場 合 は 正 常 終 了 を 表 します 印 刷 コントロールの 詳 細 については 第 3 章 印 刷 コントロール 仕 様 を 参 照 してください "index.htm" は c:\createform ディレクトリ 直 下 に 配 置 します 2."run.asp" 例 Language=VBScript%> <% Dim objprintst Dim strcurpath Dim strtextfile Dim strcworkpath Dim stremfpath Dim strcmd Dim ErrNum ' 実 行 ディレクトリ ' テキストファイル 名 ' Create! Form 作 業 ディレクトリ ' EMF ファイルパス ' FormPrintStage ランタイム 実 行 コマンドパラメータ ' 戻 り 値 strcurpath = "c:\resource" '============================================================== ' FormPrintStage ランタイム 用 テキストファイル 作 成 '============================================================== ' 通 常 ここで 動 的 にテキストファイルを 生 成 しますが ' このサンプルでは 既 存 のファイルを 指 定 します strtextfile = strcurpath & "\data\test.csv" '============================================================== ' FormPrintStage ランタイムの 実 行 '============================================================== Set objprintst = CreateObject("CPrintSTCOM.CPrintST") 26

31 第 2 章 サンプル 実 行 strcworkpath = strcurpath & "\cwork" stremfpath = "c:\createform\printings\" & Request.Form("OutputFileName") ' コマンドの 作 成 strcmd = "-D" & strcworkpath & " -sschoollife.sty -o" & stremfpath & " -c " & strtextfile ' FormPrintStage ランタイム 実 行 ( 第 二 パラメータの 8705 は ' CPW_HIDE ERW_HIDE ERL_ENABLE の 指 定 と 同 じです ) ErrNum = objprintst.cprintstexec( 0, 8705, "", strcmd ) ' オブジェクトの 解 放 Set objprintst = Nothing ' 生 成 された EMF ファイルをリダイレクトで 返 す Response.Redirect("printings/" & Request.Form("OuptutFileName")) %> "run.asp" は FormPrintStage ランタイムを 呼 び 出 すスクリプトです FormPrintStage ランタイムは COM コンポーネントを 利 用 して 呼 び 出 しています 変 数 "stremfpath" に 注 目 してください POST 文 字 列 で "OutputFileName" から EMF ファイル 名 を 取 得 しています "OutputFileName" は 印 刷 コントロールが "run.asp" に 対 して 自 動 で 送 信 したものです EMF ファイル 名 を 固 定 なものにしてしまうと 複 数 のクライアントからアクセスされた 場 合 EMF ファイルが 上 書 きされてしまう 可 能 性 があります その 問 題 を 解 決 するためには 生 成 する EMF ファイルにユニークなファイル 名 を 付 けなければ なりません そこで 印 刷 コントロールでは ユニークな 文 字 列 を 作 成 し それを "OutputFileName" で 送 信 しています また 印 刷 コントロールは "OutputFileName" で 送 信 した EMF ファイル 名 を 印 刷 対 象 の EMF ファ イルと 認 識 します 以 上 の 理 由 から 特 別 な 状 況 がない 限 り このファイル 名 を 使 用 して EMF ファイルを 生 成 する ことを 推 奨 します 今 回 は "OutputFileName" を POST 文 字 列 で 送 信 (POST メソッドによる 送 信 )しましたが 印 刷 コントロールのプロパティ DataSendMethod に "GET" を 指 定 することで GET 文 字 列 と して 送 信 (GET メソッドによる 送 信 )することも 可 能 です 詳 細 は 第 3 章 印 刷 コントロール 仕 様 で 説 明 しています FormPrintStage ランタイム 実 行 後 生 成 された EMF ファイルをリダイレクトでクライアント に 返 しています これにより 印 刷 コントロールは EMF ファイルを 受 け 取 り クライアント 側 で 印 刷 処 理 を 実 行 することになります "run.asp" は c:\createform ディレクトリ 直 下 に 配 置 します 27

32 第 2 章 サンプル 実 行 3.クライアントからの 実 行 それでは 実 際 に Web クライアント 印 刷 を 実 行 します IE から "http://testsv/createform/index.htm" にアクセスします IE に 表 示 された " ブラウザ 標 準 印 刷 " ボタンをクリックします 印 刷 コントロールが 起 動 し "run.asp" にアクセスします サーバ 側 で FormPrintStage ランタイムの 実 行 が 終 了 すると 作 成 された EMF ファイルがリダ イレクトされ 印 刷 コントロールは EMF ファイルをダウンロードします 印 刷 コントロールは EMF ファイルのダウンロードを 終 了 すると EMF ファイルを 使 用 して 印 刷 処 理 を 実 行 します 印 刷 処 理 は 通 常 使 用 するプリンタ に 設 定 されているプリンタに 対 して 実 行 されます 印 刷 情 報 も 通 常 使 用 するプリンタ で 設 定 されているデフォルトの 設 定 値 が 使 用 されます << 注 意 >> "index.htm" を IE でアクセスした 際 ( 印 刷 コントロールのインストール 時 )や 印 刷 コントロールの プロパティやメソッドにアクセスした 際 に 警 告 ダイアログが 表 示 されることがあります これは IE の 設 定 によるものなので 本 章 の 共 通 の 設 定 から 2.クライアントの 設 定 を 参 照 してください 以 上 で ブラウザ 標 準 印 刷 による Web クライアント 印 刷 のサンプル 実 行 は 終 了 です 印 刷 コントロールの 仕 様 については 第 3 章 印 刷 コントロール 仕 様 を 参 照 してください また 第 4 章 印 刷 コントロールの 応 用 には 印 刷 コントロールの 便 利 な 使 用 方 法 を 説 明 し ています 28

33 第 2 章 サンプル 実 行 ブラウザ 任 意 指 定 印 刷 1."index.htm" 例 <html> <head> <title> ブラウザ 任 意 指 定 印 刷 </title> <object id="obj" classid="clsid:f58deea6-72e be a7e804b" codebase="http://testsv/createform/bin/cwebclient.ocx#version=7,1,0,0"> </object> <script language="javascript"> function KickPrintExecuteEx() { obj.createprintingdatascripturl = "http://testsv/createform/run.asp"; // 帳 票 名 (Style ファイル 名 )を 引 数 に 指 定 します obj.printexecuteex("schoollife"); } </script> </head> <body> <input type="button" value=" ブラウザ 任 意 指 定 印 刷 " onclick="kickprintexecutee x()" /> </body> </html> "index.htm" は クライアントが IE に 読 み 込 んで 印 刷 要 求 を 発 行 する Web ページになります 印 刷 コントロールをクライアントマシンにダウンロード インストールするため object タ グが 記 述 されています 各 属 性 値 の 意 味 は 以 下 の 通 りです id: 印 刷 コントロールオブジェクトの 変 数 名 として 使 用 され 任 意 の 変 数 名 を 指 定 できます classid: 固 定 値 で clsid:f58deea6-72e be a7e804b を 記 述 します codebase: 印 刷 コントロールが 置 かれているディレクトリの URL と バージョン 番 号 を 追 加 した 形 式 で 記 述 します 現 在 ご 使 用 のバージョン 番 号 を 記 述 してください object タグを 記 述 することにより クライアントマシンに 印 刷 コントロールがインストール されていない 場 合 または codebase で 記 述 したバージョンよりも 古 いコントロールがインス トールされている 場 合 Web サーバより 印 刷 コントロールがダウンロードされクライアントマ シンにインストールされます " ブ ラ ウ ザ 任 意 指 定 印 刷 " と い う ボ タ ン を ク リ ッ ク す る こ と で JavaScript の "KickPrintExecuteEx" という 関 数 を 実 行 します 29

34 第 2 章 サンプル 実 行 "KickPrintExecuteEx" 関 数 は 印 刷 コントロールのプロパティやメソッドを 実 行 する 役 割 を 果 たします ここで 使 用 されている 印 刷 コントロールのプロパティ メソッドについて 簡 単 に 説 明 します プロパティ CreatePrintingDataScriptUrl は FormPrintStage Web ランタイムを 実 行 する スクリプトの URL を 指 定 します 今 回 は "run.asp" が FormPrintStage Web ランタイムを 実 行 するスクリプトなので "http:// testsv/createform/run.asp" を 指 定 することになります メソッド PrintExecuteEx は 印 刷 処 理 を 実 行 するメソッドです 引 数 に 指 定 する 文 字 列 は サーバで 生 成 する 帳 票 の 帳 票 名 (Style ファイル 名 )です メソッド PrintExecuteEx が 呼 び 出 されたタイミングで プロパティ CreatePrintingData ScriptUrl で 指 定 されたスクリプトにアクセスし CCD ファイルをダウンロード 印 刷 実 行 ま でを 行 います 処 理 結 果 に 応 じたステータスコード( 数 値 )と 文 字 列 がダイアログに 表 示 されます 戻 り 値 が "0" の 場 合 は 正 常 終 了 を 表 します 印 刷 コントロールの 詳 細 については 第 3 章 印 刷 コントロール 仕 様 を 参 照 してください "index.htm" は c:\createform ディレクトリ 直 下 に 配 置 します 2."run.asp" 例 Language=VBScript%> <% Dim objprintst Dim strcurpath Dim strtextfile Dim strcworkpath Dim strccdpath Dim strcmd Dim ErrNum ' 実 行 ディレクトリ ' テキストファイル 名 ' Create! Form 作 業 ディレクトリ ' EMF ファイルパス ' FormPrintStageWeb ランタイム 実 行 コマンドパラメータ ' 戻 り 値 strcurpath = "c:\resource" '============================================================== ' FormPrintStage Web ランタイム 用 テキストファイル 作 成 '============================================================== ' 通 常 ここで 動 的 にテキストファイルを 生 成 しますが ' このサンプルでは 既 存 のファイルを 指 定 します strtextfile = strcurpath & "\data\test.csv" '============================================================== ' FormPrintStage Web ランタイムの 実 行 '============================================================== 30

35 第 2 章 サンプル 実 行 Set objprintst = CreateObject("CPrintSTCOM.CPrintST") strcworkpath = strcurpath & "\cwork" strccdpath = "c:\createform\printings\" & Request.Form("OutputFileName") ' コマンドの 作 成 strcmd = "-D" & strcworkpath & " -s" & Request.Form("StyleName") & ".sty" & " -o" & strccdpath & " -c" & Request.Form("CcdFileOption") & " " & strtextfile ' FormPrintStageWeb ランタイム 実 行 ( 第 二 パラメータの 8705 は ' CPW_HIDE ERW_HIDE ERL_ENABLE の 指 定 と 同 じです ) ErrNum = objprintst.cpcompressexec( 0, 8705, "", strcmd ) ' オブジェクトの 解 放 Set objprintst = Nothing ' 生 成 された CCD ファイルをリダイレクトで 返 す Response.Redirect("printings/" & Request.Form("OuptutFileName")) %> "run.asp" は FormPrintStage Web ランタイムを 呼 び 出 すスクリプトです FormPrintStage Web ランタイムは COM コンポーネントを 利 用 して 呼 び 出 しています 変 数 "strccdpath" に 注 目 してください POST 文 字 列 で "OutputFileName" から CCD ファイル 名 を 取 得 しています "OutputFileName" は 印 刷 コントロールが "run.asp" に 対 して 自 動 で 送 信 したものです CCD ファイル 名 を 固 定 なものにしてしまうと 複 数 のクライアントからアクセスされた 場 合 CCD ファイルが 上 書 きされてしまう 可 能 性 があります その 問 題 を 解 決 するためには 生 成 する CCD ファイルにユニークなファイル 名 を 付 けなければ なりません そこで 印 刷 コントロールでは ユニークな 文 字 列 を 作 成 し それを "OutputFileName" で 送 信 しています また 印 刷 コントロールは "OutputFileName" で 送 信 した CCD ファイル 名 を 印 刷 対 象 の EMF ファ イルと 認 識 します 以 上 の 理 由 から 特 別 な 状 況 がない 限 り このファイル 名 を 使 用 して CCD ファイルを 生 成 する ことを 推 奨 します 今 回 は "OutputFileName" を POST 文 字 列 で 送 信 (POST メソッドによる 送 信 )しましたが 印 刷 コントロールのプロパティ DataSendMethod に "GET" を 指 定 することで GET 文 字 列 と して 送 信 (GET メソッドによる 送 信 )することも 可 能 です 以 下 に 紹 介 される "StyleName" "CcdFileOption" に 関 しても 同 様 です 詳 細 は 第 3 章 印 刷 コントロール 仕 様 で 説 明 しています コマンドの 作 成 で Style ファイルの 指 定 において POST 文 字 列 から "StyleName" を 取 得 して 31

36 第 2 章 サンプル 実 行 います "StyleName" から 取 得 する 文 字 列 は "index.htm" において 印 刷 コントロールのメソッド PrintExecuteEx の 引 数 に 指 定 されたものです これは クライアントが 印 刷 要 求 している 帳 票 の 種 類 とサーバで 出 力 する 帳 票 の 種 類 を 確 実 に 合 わせるためです ブラウザ 任 意 指 定 印 刷 においては クライアント 側 で 印 刷 する 帳 票 ごとに 印 刷 情 報 を 管 理 しているので クライアントの 要 求 する 帳 票 をサーバで 出 力 しなければなりません 従 って "StyleName" で 取 得 した 文 字 列 を Style ファイルに 指 定 することで この 問 題 を 解 決 することが 可 能 です またコマンドの 作 成 で POST 文 字 列 から "CcdFileOption" を 取 得 し "-c" オプションの 引 数 に 指 定 します "-c" オプションは FormPrintStage Web ランタイムが 出 力 する CCD ファイルの 形 式 を 設 定 す るものです "-c" オプションの 値 は クライアントの 要 求 に 合 わせて 指 定 します 印 刷 コントロールは クライアントの 印 刷 情 報 を 参 照 して クライアントの 要 求 に 合 わせた "-c" オプションの 値 を "CcdFileOption" として 送 信 します 従 って スクリプトでは "CcdFileOption" を 受 信 して そのまま "-c" オプションに 指 定 しな ければなりません "CcdFileOption" と "-c" オプションの 詳 細 については CCD ファイル 保 存 機 能 を 利 用 する を 参 照 してください FormPrintStage Web ランタイム 実 行 後 生 成 された CCD ファイルをリダイレクトでクライア ントに 返 しています これにより 印 刷 コントロールは CCD ファイルを 受 け 取 り クライアント 側 で 印 刷 処 理 を 実 行 することになります "run.asp" は c:\createform ディレクトリ 直 下 に 配 置 します 3.クライアントからの 実 行 それでは 実 際 に Web クライアント 印 刷 を 実 行 します IE から "http://testsv/createform/index.htm" にアクセスします IE に 表 示 された " ブラウザ 任 意 指 定 印 刷 " ボタンをクリックします 印 刷 コントロールが 起 動 し "run.asp" にアクセスします サーバ 側 で FormPrintStage Web ランタイムの 実 行 が 終 了 すると 作 成 された CCD ファイルが リダイレクトされ 印 刷 コントロールは CCD ファイルをダウンロードします 印 刷 コントロールは CCD ファイルのダウンロードを 終 了 すると FormPrintStage WebClient ランタイム( 以 下 クライアントランタイム)を 実 行 し CCD ファイルを 使 用 して 印 刷 処 理 を 実 行 します 印 刷 情 報 は 帳 票 の 種 類 ごとにクライアントに 保 存 されている 印 刷 情 報 を 反 映 します 今 回 は "SchoolLife" という 帳 票 が 指 定 されているので "SchoolLife" の 印 刷 情 報 を 参 照 し ます 今 回 "SchoolLife" の 印 刷 情 報 を 設 定 していないのですが 印 刷 コントロールのメソッド PrintExecuteEx 実 行 時 に 自 動 的 に 作 成 されます 自 動 的 に 作 成 された 印 刷 情 報 の 各 設 定 値 は 全 てデフォルト 値 となります 32

37 第 2 章 サンプル 実 行 印 刷 情 報 の 設 定 に 関 しては 後 述 の 第 5 章 FormPrintStageWebClient ランタイムとの 連 携 で 詳 しく 説 明 します << 注 意 >> "index.htm" を IE でアクセスした 際 ( 印 刷 コントロールのインストール 時 )や 印 刷 コントロールの プロパティやメソッドにアクセスした 際 に 警 告 ダイアログが 表 示 されることがあります これは IE の 設 定 によるものなので 本 章 の 2-1. 共 通 の 設 定 から 2.クライアントの 設 定 を 参 照 してください 以 上 で ブラウザ 任 意 指 定 印 刷 による Web クライアント 印 刷 のサンプル 実 行 は 終 了 です 印 刷 コントロールの 仕 様 については 第 3 章 印 刷 コントロール 仕 様 を 参 照 してください 第 4 章 印 刷 コントロールの 応 用 には 印 刷 コントロールの 便 利 な 使 用 方 法 を 説 明 していま す ブラウザ 任 意 指 定 印 刷 は 印 刷 コントロールとクライアントランタイムを 使 用 して 実 装 しま す 印 刷 コントロールとクライアントランタイムを 合 わせて 使 用 することで 強 力 な Web クライア ント 印 刷 を 行 うことが 可 能 になります 第 5 章 FormPrintStage WebClient ランタイムの 連 携 を 参 照 してみてください 様 々なシステムの 構 築 に 役 立 つはずです 33

38 第 3 章 印 刷 コントロール 仕 様 第 3 章 印 刷 コントロール 仕 様 この 章 では 印 刷 コントロールの 仕 様 について 説 明 します 34

39 第 3 章 印 刷 コントロール 仕 様 起 動 方 法 印 刷 コントロールの 実 行 には 次 のファイルを 利 用 します CWebClient.ocx このファイルは Create! Form 導 入 ディレクトリ 直 下 の lib ディレクトリにコピーされていま す 印 刷 コントロールは あらかじめ Web ページに 定 義 しておき この Web ページを IE が 読 み 込 んだ 際 に 起 動 します 起 動 後 に 印 刷 コントロールのプロパティ メソッドを 使 用 して Web クライアント 印 刷 を 実 行 し ます 35

40 第 3 章 印 刷 コントロール 仕 様 CWebClient のクラス 情 報 プロパティ:BSTR CreatePrintingDataScriptUrl 概 要 : メソッド PrintExecute PrintExecuteEx PrintExecutePdf PreviewExecutePdf を 実 行 した 際 に このプロパティ 値 で 設 定 された URL にアクセスします このプロパティで 設 定 されるURLは データソースを 作 成 し ランタイムを 実 行 して 印 刷 デー タをクライアントに 返 すスクリプトになります URL は HTTP HTTPS プロトコルに 対 応 しています このプロパティは 必 須 です 各 メソッド 実 行 時 に ヌル 値 や 空 文 字 列 が 設 定 されている 場 合 エラーが 発 生 します 印 刷 コントロールは このプロパティで 設 定 されるスクリプトに 対 して GET 文 字 列 (GET で 送 信 される 文 字 列 )あるいは POST 文 字 列 (POST で 送 信 される 文 字 列 )で "OuptutFileName" を 送 信 します "OutputFileName" から 常 にユニークな 文 字 列 のファイル 名 が 取 得 できるので ランタイ ム 出 力 時 にファイル 名 に 使 用 することで クライアントからのリクエストが 多 数 発 生 した 場 合 でも 上 書 きすることなく 印 刷 データのファイルを 作 成 することが 可 能 です メ ソ ッ ド PrintExecuteEx を 実 行 し た 場 合 に は さ ら に "StyleName" と "CcdFileOption" を 取 得 することができます 詳 細 はメソッド PrintExecuteEx の 欄 及 び 第 5 章 FormPrintStageWebClient ランタ イムとの 連 携 を 参 照 してください プロパティ:BSTR DeletePrintingDataScriptUrl 概 要 : メソッド PrintExecute PrintExecuteEx PrintExecutePdf PreviewExecutePdf を 実 行 した 際 に このプロパティ 値 で 設 定 された URL にアクセスします サーバ 上 に 残 った 印 刷 データを 削 除 したい 場 合 に このプロパティに 印 刷 データ(PDF ファ イル EMF ファイル CCD ファイル)を 削 除 する 記 述 をしたスクリプトの URL を 指 定 します URL は HTTP HTTPS プロトコルに 対 応 しています ヌル 値 や 空 文 字 列 が 設 定 されている 場 合 削 除 スクリプトへのアクセスは 行 いません 印 刷 コントロールは このプロパティで 設 定 されるスクリプトに 対 して GET 文 字 列 (GET で 送 信 される 文 字 列 )あるいは POST 文 字 列 (POST で 送 信 される 文 字 列 )で "DeleteFileName" を 送 信 します プロパティ CreatePrintingDataScriptUrl で 指 定 されたスクリプトに 送 信 される "OutputFileName" と 全 く 同 じ 文 字 列 を 取 得 するので 削 除 したい 印 刷 データのファイル 名 に 指 定 することが 可 能 です プロパティ:BSTR DataSendMethod 概 要 : メソッド PrintExecute PrintExecuteEx PrintExecutePdf PreviewExecutePdf を 実 行 した 際 に このプロパティ 値 で 設 定 された 方 法 で プロパティ CreatePrintingDataSc ripturl DeletePrintingDataScriptUrl に 対 して 文 字 列 を 送 信 します このプロパティで 設 定 できる 値 は "GET" と "POST" です 36

41 第 3 章 印 刷 コントロール 仕 様 デフォルト 値 は "POST" です またこのプロパティ 値 は 必 須 です 各 メソッド 実 行 時 に ヌル 値 は 空 文 字 列 または "GET" "POST" 以 外 の 値 が 設 定 されてい る 場 合 エラーが 発 生 します プロパティ:BSTR FormRequestArray 概 要 : メソッド PrintExecute PrintExecuteEx PrintExecutePdf PreviewExecutePdf を 実 行 した 際 に プロパティ CreatePrintingDataScriptUrl で 指 定 されたスクリプトに 対 してこのプロパティ 値 で 設 定 した 文 字 列 を 送 信 します プロパティ DeletePrintingDataScriptUrl で 指 定 するスクリプトへは 送 信 しません また このプロパティ 値 が 送 信 されるのは プロパティ DataSendMethod に "POST" が 指 定 されている 時 のみです 設 定 のフォーマットは 以 下 のようになっています "<key1>=<value1>&<key2>=<value2>&...&<keyn>=<valuen>" 例 えば 以 下 のような 文 字 列 を 指 定 した 場 合 は プロパティ CreatePrintingDataScriptUrl で 設 定 されたスクリプトでは POST 文 字 列 を 取 得 する 方 法 で "name" "product" からそ れぞれ "create" "form" を 取 得 することができます obj.formrequestarray = "name=create&product=form" プロパティ:Integer MinimizedProgressDlg 概 要 : メソッド PrintExecute PrintExecuteEx PrintExecutePdf PreviewExecutePdf 実 行 時 に 表 示 される 処 理 進 行 ダイアログの 表 示 設 定 を 指 定 します このプロパティに "1" を 指 定 すると 処 理 進 行 ダイアログは 最 小 化 で 表 示 されます 指 定 なし 及 び "0" を 指 定 すると ダイアログは 通 常 サイズの 大 きさで 表 示 されます メソッド:PrintExecute 概 要 : プロパティ CreatePrintingDataScriptUrl で 設 定 されたスクリプトにアクセスし 印 刷 データをダウンロード 後 印 刷 を 行 います このメソッドが 使 用 できる 印 刷 データは EMF ファイル です 従 って サーバのランタイムは FormPrintStage ランタイムでなければなりません メソッド:PrintExecuteEx BSTR StyleName 引 数 : StyleName 文 字 列 型 指 定 された 文 字 列 は プロパティ CreatePrintingDataScriptUrl で 設 定 されたスク リプトに 対 して GET 文 字 列 あるいは POST 文 字 列 で 送 信 される(どちらで 送 信 され るかはプロパティ DataSendMethod の 設 定 値 によります)ので スクリプト 側 では "StyleName" で 取 得 することが 可 能 です 概 要 : プロパティ CreatePrintingDataScriptUrl で 設 定 されたスクリプトを 実 行 し 印 刷 デー タをダウンロード 後 印 刷 を 行 います 37

42 第 3 章 印 刷 コントロール 仕 様 このメソッドが 使 用 できる 印 刷 データは CCD ファイル です 従 って サーバのランタイムは FormPrintStage Web ランタイムでなければなりません また クライアントマシンには FormPrintStage WebClient ランタイムが 導 入 されている 必 要 があります 詳 細 は 後 述 の 第 5 章 FormPrintStage WebClient ランタイムとの 連 携 を 参 照 してく ださい メソッド:PrintExecutePdf 概 要 : プロパティ CreatePrintingDataScriptUrl で 設 定 されたスクリプトを 実 行 し 印 刷 デー タをダウンロード 後 印 刷 を 行 います このメソッドが 使 用 できる 印 刷 データは PDF ファイル です 従 って サーバのランタイムは FormCast ランタイム あるいは FormCollect ランタイムで なければなりません また クライアントマシンには Adobe Acrobat(あるいは Adobe Reader)が 必 要 です メソッド:PreviewExecutePdf 概 要 : プロパティ CreatePrintingDataScriptUrl で 設 定 されたスクリプトを 実 行 し 印 刷 デー タをダウンロード 後 PDF ファイルの 表 示 を 行 います このメソッドが 使 用 できる 印 刷 データは PDF ファイル です 従 って サーバのランタイムは FormCast ランタイム あるいは FormCollect ランタイムで なければなりません また クライアントマシンには Adobe Acrobat(あるいは Adobe Reader)が 必 要 です メソッド:Init 概 要 : 印 刷 コントロールクラスの 各 プロパティを 全 て 初 期 化 します メソッド:ChangePrintInfo BSTR StyleName 引 数 : StyleName 文 字 列 型 クライアントに 保 存 されている 印 刷 情 報 の 帳 票 名 あるいは 新 規 作 成 する 帳 票 名 を 指 定 し ます 概 要 : 引 数 StyleName で 指 定 された 帳 票 名 を 持 つ 印 刷 情 報 の 設 定 変 更 あるいは 新 規 作 成 を 行 います 帳 票 名 は Style ファイル 名 となります このメソッドを 実 行 すると 印 刷 情 報 設 定 変 更 ダイアログが 起 動 します このメソッドを 実 行 するには クライアントに FormPrintStage WebClient ランタイムが 導 入 されている 必 要 があります 印 刷 情 報 設 定 変 更 ダイアログの 詳 細 は 後 述 の 第 5 章 FormPrintStage WebClient ラン タイムとの 連 携 を 参 照 してください メソッド:ResetClosedFinishing 概 要 : メソッド PrintExecute PrintExecuteEx PrintExecutePdf PreviewExecutePdf 実 38

43 第 3 章 印 刷 コントロール 仕 様 行 時 に 表 示 される 処 理 進 行 ダイアログの 処 理 終 了 後 このダイアログボックスを 閉 じる で 閉 じる 設 定 (オンにしている 状 態 )を 指 定 している 場 合 これを 強 制 的 に 解 除 するメソッ ドになります 処 理 が 正 常 終 了 していない 場 合 などで 処 理 結 果 を 確 認 する 際 にご 使 用 ください メソッド:SetClosedFinishing 概 要 : メソッド PrintExecute PrintExecuteEx PrintExecutePdf PreviewExecutePdf 実 行 時 に 表 示 される 処 理 進 行 ダイアログの 処 理 終 了 後 このダイアログボックスを 閉 じる で 閉 じない 設 定 (オフにしている 状 態 )を 指 定 している 場 合 これを 強 制 的 に 閉 じる 設 定 に 変 更 するメソッドになります ユーザー 側 に 処 理 進 行 ダイアログを 表 示 させない 場 合 に 指 定 します プロパティ:BSTR ResultString 概 要 : メ ソ ッ ド SyncPrintExecute SyncPrintExecuteEx SyncPrintExecutePdf SyncPreviewExecutePdf を 実 行 した 際 の 処 理 結 果 を 文 字 列 で 返 します メソッド:long retval SyncPrintExecute 戻 り 値 : retval 数 値 型 処 理 結 果 を 返 します 処 理 が 成 功 した 場 合 は "0" です "0" 以 外 は 不 正 終 了 です プロパティ ResultString で 詳 細 なエラー 情 報 を 確 認 できます 概 要 : 処 理 内 容 はメソッド PrintExecute と 同 様 ですが メソッド PrintExecute が 戻 り 値 を 返 さないのに 対 して このメソッドは 戻 り 値 を 返 します 処 理 中 はブラウザを 操 作 することができません メソッド:long retval SyncPrintExecuteEx BSTR StyleName 戻 り 値 : retval 数 値 型 処 理 結 果 を 返 します 処 理 が 成 功 した 場 合 は "0" です "0" 以 外 は 不 正 終 了 です プロパティ ResultString で 詳 細 なエラー 情 報 を 確 認 できます 引 数 : StyleName 文 字 列 型 指 定 された 文 字 列 は プロパティ CreatePrintingDataScriptUrl で 設 定 されたスク リプトに 対 して GET 文 字 列 あるいは POST 文 字 列 で 送 信 される(どちらで 送 信 され るかはプロパティ DataSendMethod の 設 定 値 によります)ので スクリプト 側 では "StyleName" で 取 得 することが 可 能 です 概 要 : 処 理 内 容 はメソッド PrintExecuteEx と 同 様 ですが メソッド PrintExecuteEx が 戻 39

44 第 3 章 印 刷 コントロール 仕 様 り 値 を 返 さないのに 対 して このメソッドは 戻 り 値 を 返 します 処 理 中 はブラウザを 操 作 することができません メソッド:long retval SyncPrintExecutePdf 戻 り 値 : retval 数 値 型 処 理 結 果 を 返 します 処 理 が 成 功 した 場 合 は "0" です "0" 以 外 は 不 正 終 了 です プロパティ ResultString で 詳 細 なエラー 情 報 を 確 認 できます 概 要 : 処 理 内 容 はメソッド PrintExecutePdf と 同 様 ですが メソッド PrintExecutePdf が 戻 り 値 を 返 さないのに 対 して このメソッドは 戻 り 値 を 返 します 処 理 中 はブラウザを 操 作 することができません メソッド:long retval PreviewExecutePdf 戻 り 値 : retval 数 値 型 処 理 結 果 を 返 します 処 理 が 成 功 した 場 合 は "0" です "0" 以 外 は 不 正 終 了 です プロパティ ResultString で 詳 細 なエラー 情 報 を 確 認 できます 概 要 : 処 理 内 容 はメソッド PreviewExecutePdf と 同 様 ですが メソッド PreviewExecutePdf が 戻 り 値 を 返 さないのに 対 して このメソッドは 戻 り 値 を 返 します 処 理 中 はブラウザを 操 作 することができません 40

45 第 3 章 印 刷 コントロール 仕 様 印 刷 コントロール 処 理 結 果 コードリスト 印 刷 コントロールのメソッド PrintExecute PrintExecuteEx PrintExecutePdf PreviewExecutePdf ( 及 び SyncPrintExecute SyncPrintExecuteEx SyncPrintExecutePdf SyncPreviewExecutePdf )の 処 理 結 果 は 各 メソッド 共 通 です 以 下 にその 一 覧 と 対 処 法 あるいは 詳 細 説 明 を 示 します 正 常 レベル 0: 処 理 は 正 常 に 終 了 しました 警 告 レベル 1100: 印 刷 データ 削 除 スクリプトにアクセスできませんでした DeletePrintingDataScriptUr l に 不 正 な 値 が 指 定 されているか スクリプトへの 要 求 に 失 敗 しています 対 処 :プロパティ DeletePrintingDataScriptUrl で 指 定 された URL が 正 しくないか サー バあるいはクライアントの 設 定 に 問 題 があります 1101: 印 刷 データ 削 除 スクリプトにアクセスできませんでした ステータスコード < 数 値 > が 返 されました 対 処 :プロパティ DeletePrintingDataScriptUrl で 指 定 されたスクリプトへのアクセス 時 に 返 されたステータスコードが < 数 値 > に 表 示 されています ステータスコードを 元 に サーバの 設 定 あるいはスクリプトにエラーがないか 確 認 してください 1101:ダウンロードした 印 刷 データの 削 除 に 失 敗 しました ディレクトリのアクセス 権 等 を 確 認 してください 1400:ダウンロードした CCD ファイルは 保 存 できません この 帳 票 資 源 データは 保 存 が 禁 止 さ れています 1401:クライアントランタイム 処 理 中 に 警 告 < クライアントランタイム 処 理 結 果 > が 返 さ れました 詳 細 情 報 はマニュアルで 確 認 してください 対 処 :クライアントランタイムが 印 刷 処 理 結 果 に 警 告 を 返 しました < クライアントランタ イム 処 理 結 果 > は 警 告 コードで 表 示 されるので そのコードを 元 に 原 因 を 調 査 することが 可 能 です 1500:Adobe Acrobat Adobe Reader のプロセス 終 了 に 失 敗 しました 対 処 :Adobe Acrobat あるいは Adobe Reader のプロセスが 残 ってしまっているので タ スクマネージャから 該 当 するプロセスを 削 除 してください エラーレベル 2100:メモリが 不 足 しています 対 処 :その 他 のアプリケーションを 終 了 するなどして メモリを 確 保 してください 2101: 通 常 使 用 するプリンタ を 取 得 することができません 通 常 使 用 するプリンタ の 設 定 を 行 ってください 対 処 :プリンタがインストールされていない 可 能 性 があります プリンタの 設 定 を 確 認 し 41

46 第 3 章 印 刷 コントロール 仕 様 てください 2102: 処 理 は 中 断 されました 2103: 一 時 ファイルを 保 存 するディレクトリの 取 得 に 失 敗 しました 対 処 :アカウントの 権 限 が 制 限 されている 可 能 性 があります アカウントの 権 限 等 を 確 認 してください 2104: 印 刷 データ 生 成 スクリプトにアクセスできません ステータスコード < 数 値 > が 返 されました 対 処 :プロパティ CreatePrintingDataScriptUrl で 指 定 されたスクリプトへのアクセス 時 に 返 されたステータスコードが < 数 値 > に 表 示 されています ステータスコードを 元 に サーバの 設 定 あるいはスクリプトにエラーがないか 確 認 してください 2105:Create! Form V7 の 導 入 ディレクトリを 取 得 できませんでした 正 常 にインストールさ れていない 可 能 性 があります 対 処 :Create! Form をアンインストールして 再 度 インストールしてください 2106:DLL ファイルを 参 照 できませんでした 正 常 にインストールされていない 可 能 性 があり ます 対 処 :Create! Form をアンインストールして 再 度 インストールしてください 2107: 関 数 < 関 数 名 > を 参 照 できませんでした 正 常 にインストールされていない 可 能 性 があります 対 処 :Create! Form をアンインストールして 再 度 インストールしてください 2108:プリンタハンドルの 取 得 に 失 敗 しました プリンタの 設 定 等 を 確 認 してください 2109:プリンタ 情 報 の 取 得 に 失 敗 しました プリンタの 設 定 等 を 確 認 してください 2111:クライアント 印 刷 の 初 期 化 に 失 敗 しました 説 明 :クライアントランタイムが 正 しくインストールされていない 可 能 性 があります 2112:クライアント 印 刷 の 実 行 に 失 敗 しました 説 明 :クライアントランタイムが 正 しくインストールされていない 可 能 性 があります 2113: 強 制 終 了 しました 処 理 結 果 を 確 認 して 下 さい 説 明 : 処 理 進 行 ダイアログの ボタンを 押 して 終 了 した 場 合 にこのエラーメッセージ が 表 示 されます 2114: 一 時 ファイルの 作 成 に 失 敗 しました 説 明 : 一 時 ファイルの 作 成 に 失 敗 しました テンポラリフォルダが 正 しく 設 定 されている ことを 確 認 してください 2115: 一 時 ファイルの 書 き 込 みに 失 敗 しました 説 明 : 一 時 ファイルへの 書 き 込 みに 失 敗 しました テンポラリフォルダへのアクセス 権 を 確 認 してください 42

47 第 3 章 印 刷 コントロール 仕 様 2116: 一 時 ファイルの 読 み 込 みに 失 敗 しました 一 時 ファイルの 読 み 込 みに 失 敗 しました テンポラリフォルダへのアクセス 権 を 確 認 して ください 2117: 一 時 ファイルの 読 み 込 みに 失 敗 しました 一 時 ファイルの 読 み 込 みに 失 敗 しました テンポラリフォルダへのアクセス 権 を 確 認 して ください 2200:URL でない 文 字 列 が 指 定 されています CreatePrintingDataScriptUrl プロパティの 設 定 値 を 確 認 してください 説 明 :CreatePrintingDataScriptUrl に URL でない 値 が 代 入 されています 2201: 不 正 なプロトコルが 指 定 されています 本 製 品 は HTTP あるいは HTTPS のみ 有 効 です 2202:サーバへの 接 続 に 失 敗 しました サーバの 環 境 を 確 認 してください 2203:サーバスクリプトへの 要 求 に 失 敗 しました 対 処 :サーバのスクリプトへ 要 求 を 発 行 することができませんでした クライアントのネッ トワーク 環 境 を 確 認 してください 2204: 印 刷 データのダウンロードに 失 敗 しました 対 処 :クライアントのネットワーク 環 境 を 確 認 してください 2205:DataSendMethod プロパティに 不 正 なメソッドが 指 定 されています 本 製 品 は POST GET のみ 有 効 です 2206:インターネットに 接 続 できません 環 境 を 確 認 してください 対 処 :クライアントのネットワーク 環 境 を 確 認 してください 2207:アクセス 設 定 情 報 の 取 得 に 失 敗 しました 対 処 :クライアントのネットワーク 環 境 を 確 認 してください 2208:サーバへのアクセス 設 定 に 失 敗 しました 対 処 :クライアントのネットワーク 環 境 を 確 認 してください 2209:HTTP レスポンスの 取 得 に 失 敗 しました サーバの 設 定 等 を 確 認 してください 2210:サーバスクリプトへの 接 続 に 失 敗 しました 対 処 :クライアントのネットワーク 環 境 を 確 認 してください 2211: 転 送 量 の 取 得 に 失 敗 しました サーバの 設 定 等 を 確 認 してください 2212: 制 限 以 上 の 長 さの URL が 指 定 されています CreatePrintingDataScriptUrl プロパティ に 設 定 できる URL の 長 さは 2048 バイトまでです 43

48 第 3 章 印 刷 コントロール 仕 様 2300:EMF ファイルの 取 得 に 失 敗 しました サーバで 使 用 しているランタイムを 確 認 してくだ さい 対 処 :ダウンロードしたファイルが EMF ファイルではありませんでした サーバで 出 力 し た 印 刷 データのファイルフォーマットを 確 認 してください 2301:デバイスコンテキストの 取 得 に 失 敗 しました 対 処 :アカウントの 権 限 が 制 限 されている 可 能 性 があります アカウントの 権 限 等 を 確 認 してください 2302: 印 刷 処 理 が 開 始 できませんでした プリンタの 設 定 等 を 確 認 してください 2303: 印 刷 処 理 が 実 行 できません サーバで 使 用 しているランタイムを 確 認 してください 2304: 印 刷 処 理 を 終 了 できませんでした プリンタの 設 定 等 を 確 認 してください 2305:EMF ファイルヘッダの 取 得 に 失 敗 しました サーバで 使 用 しているランタイムを 確 認 し てください 対 処 :ダウンロードしたファイルが EMF ファイルではありませんでした サーバで 出 力 し た 印 刷 データのファイルフォーマットを 確 認 してください 2306:EMF ファイルの 解 凍 に 失 敗 しました サーバで 使 用 しているランタイムを 確 認 してくだ さい 対 処 :ダウンロードしたファイルが EMF ファイルではありませんでした サーバで 出 力 し た 印 刷 データのファイルフォーマットを 確 認 してください 2307: 印 刷 処 理 の 続 行 に 失 敗 しました プリンタの 設 定 等 を 確 認 してください 2308: 印 刷 処 理 の 続 行 に 失 敗 しました プリンタの 設 定 等 を 確 認 してください 2309: 印 刷 データは EMF ファイルではありません サーバで 使 用 しているランタイムを 確 認 し てください 対 処 :ダウンロードしたファイルが EMF ファイルではありませんでした サーバで 出 力 し た 印 刷 データのファイルフォーマットを 確 認 してください 2310: 用 紙 の 向 きを 設 定 することができませんでした プリンタの 設 定 等 を 確 認 してください 2400: 印 刷 データ 生 成 スクリプトへ 送 信 する 文 字 列 の 作 成 に 失 敗 しました 不 正 なスタイル 名 が 指 定 されているか または 印 刷 情 報 が 正 常 でない 可 能 性 があります 2401:ダウンロードした CCD ファイルにアクセスできません ディレクトリのアクセス 権 等 を 確 認 してください 対 処 :アカウントの 権 限 が 制 限 されている 可 能 性 があります アカウントの 権 限 等 を 確 認 してください 44

49 第 3 章 印 刷 コントロール 仕 様 2402:ダウンロードした CCD ファイルを 読 み 込 むことができません ディレクトリのアクセス 権 等 を 確 認 してください 対 処 :アカウントの 権 限 が 制 限 されている 可 能 性 があります アカウントの 権 限 等 を 確 認 してください 2403:ダウンロードした CCD ファイルを 正 常 に 閉 じることができませんでした ディレクトリ のアクセス 権 等 を 確 認 してください 対 処 :アカウントの 権 限 が 制 限 されている 可 能 性 があります アカウントの 権 限 等 を 確 認 してください 2404:ダウンロードした CCD ファイルのヘッダを 読 み 込 むことができません サーバに 導 入 さ れているランタイムを 確 認 してください 対 処 :ダウンロードしたファイルが CCD ファイルではありませんでした サーバで 出 力 し た 印 刷 データのファイルフォーマットを 確 認 してください 2405:ダウンロードした CCD ファイルは 要 求 した 帳 票 のものではありません サーバ 管 理 者 に 問 い 合 わせてください 説 明 : 引 数 で 指 定 された 帳 票 名 とダウンロードした CCD ファイルの 帳 票 名 が 同 じではあり ません 2406:CCD ファイル 保 存 フォルダパスの 取 得 に 失 敗 しました 対 処 :アカウントの 権 限 が 制 限 されている 可 能 性 があります アカウントの 権 限 等 を 確 認 してください 2407:CCD ファイルの 保 存 に 失 敗 しました ディレクトリのアクセス 権 等 を 確 認 してください 対 処 :アカウントの 権 限 が 制 限 されている 可 能 性 があります アカウントの 権 限 等 を 確 認 してください 2408:CCD ファイルのタイムスタンプを 保 存 できません 対 処 :アカウントの 権 限 が 制 限 されている 可 能 性 があります アカウントの 権 限 等 を 確 認 してください 2409:ダウンロードした CCD ファイルのヘッダが 正 しくありません サーバに 導 入 されている ランタイムを 確 認 してください 対 処 :ダウンロードしたファイルが CCD ファイルではありませんでした サーバで 出 力 し た 印 刷 データのファイルフォーマットを 確 認 してください 2410: 実 行 コマンドオプションの 生 成 に 失 敗 しました 対 処 :アカウントの 権 限 が 制 限 されている 可 能 性 があります アカウントの 権 限 等 を 確 認 してください 2411:クライアントランタイム 処 理 中 にエラー 値 < クライアントランタイム 処 理 結 果 > が 返 されました 詳 細 情 報 はマニュアルで 確 認 してください 対 処 :クライアントランタイムが 印 刷 処 理 中 にエラーを 返 しました < クライアントランタ イム 処 理 結 果 > はエラーコードで 表 示 されるので そのコードを 元 に 原 因 を 調 査 すること が 可 能 です 45

50 第 3 章 印 刷 コントロール 仕 様 2412:クライアントランタイムから 不 明 な 処 理 結 果 が 返 されました 説 明 :クライアントランタイムが 印 刷 処 理 中 にエラーを 返 す あるいは 異 常 終 了 した 可 能 性 があります 2413:クライアントランタイムの 実 行 権 限 がありません FormPrintStage WebClient ランタ イムのライセンスを 取 得 してください 2500:Adobe Acrobat Adobe Reader の 情 報 を 取 得 できませんでした 対 処 :Adobe Acrobat あるいは Adobe Reader を 再 インストールしてください 2501:Adobe Acrobat Adobe Reader の 情 報 を 取 得 できませんでした 対 処 :Adobe Acrobat あるいは Adobe Reader を 再 インストールしてください 2502:Adobe Acrobat Adobe Reader の 起 動 に 失 敗 しました 説 明 :Adobe Acrobat あるいは Adobe Reader を 動 作 するプロセスを 起 動 することができ ませんでした 2503: 印 刷 ジョブの 監 視 に 失 敗 しました プリンタの 設 定 等 を 確 認 してください 2504: 印 刷 ジョブ 情 報 の 取 得 に 失 敗 しました プリンタの 設 定 等 を 確 認 してください 2505: 印 刷 ジョブへの 送 信 に 失 敗 しました プリンタの 設 定 等 を 確 認 してください 2506: 現 在 導 入 されている Adobe Acrobat Adobe Reader のバージョンでは 本 製 品 は 使 用 でき ません 46

51 第 3 章 印 刷 コントロール 仕 様 データ 送 信 における 制 限 事 項 プロパティ FormRequestArray や GET 文 字 列 を 使 用 して プロパティ CreatePrintingDataS cripturl で 指 定 したスクリプトに 対 して データ 送 信 を 行 うことが 可 能 ですが 使 用 するメソッ ドによって 予 約 されたキー 名 があります このキー 名 を 設 定 してしまうと 印 刷 コントロールが 正 常 終 了 できなくなってしまう 可 能 性 が あります 以 下 を 参 考 にしてください 使 用 するメソッド PrintExecute (SyncPrintExecute) 予 約 されたキー 名 "OutputFileName" PrintExecutePdf (SyncPrintExecutePdf) "OutputFileName" PreviewExecutePdf (SyncPreviewExecutePdf) "OutputFileName" PrintExecuteEx (SyncPrintExecuteEx) "OutputFileName" "StyleName" "CcdFileOption" 47

52 第 4 章 印 刷 コントロールの 応 用 第 4 章 印 刷 コントロールの 応 用 この 章 では 印 刷 コントロールをより 便 利 に 使 用 できる 方 法 を 説 明 します 48

53 第 4 章 印 刷 コントロールの 応 用 印 刷 データの 削 除 方 法 システムの 運 用 ポリシーによっては サーバで 作 成 された 印 刷 データが 不 要 である 場 合 があり ます ここでは サーバ 側 に 残 った 印 刷 データを 削 除 する 方 法 を 説 明 します 1.バイナリを 扱 えないスクリプト(ASP 等 )を 使 用 している 場 合 CreatePrintingDataScriptUrl で 指 定 された 印 刷 データ 作 成 スクリプトは HTTP レスポンスに 印 刷 データを 書 き 込 まなければなりません 従 って ASP のようなバイナリを 使 用 できないスクリプトでは 印 刷 データを Web で 参 照 でき るディレクトリに 作 成 して URL リダイレクトを 使 用 して HTTP レスポンスに 印 刷 データをセッ トする 必 要 があります 後 述 の 2.バイナリを 扱 えるスクリプト(Perl 等 )を 使 用 している 場 合 のように 印 刷 デー タ 作 成 スクリプトで 印 刷 データを 削 除 することはできません このような 場 合 は 印 刷 コントロールのプロパティ DeletePrintingDataScriptUrl に 印 刷 デー タを 削 除 する 処 理 を 行 うスクリプトを 設 定 しなければなりません 印 刷 コントロールは CreatePrintingDataScriptUrl で 指 定 されたスクリプトにアクセスした 後 DeletePrintingDataScriptUrl で 指 定 されたスクリプトにアクセスします 印 刷 データ 削 除 スクリプトの 例 は 以 下 の 通 りです 例 Language=VBScript%> <% Set obj = Server.CreateObject("Scripting.FileSystemObject") obj.deletefile(server.mappath("printings/" + Request.Form("DeleteFileName"))) Set obj = Nothing %> 2.バイナリを 扱 えるスクリプト(Perl 等 )を 使 用 している 場 合 バイナリを 扱 える Perl 等 のスクリプトで 印 刷 データを 作 成 している 場 合 その 印 刷 データを 削 除 する 方 法 は 簡 単 です CreatePrintingDataScriptUrl で 指 定 された 印 刷 データ 作 成 スクリプトは HTTP レスポンスに 印 刷 データを 書 き 込 まなければなりません ASP のようなバイナリを 使 用 できないスクリプトでは URL リダイレクト 等 を 使 用 して HTTP レ スポンスに 印 刷 データをセットしなければなりませんが Perl のようなスクリプトはバイナ リデータを HTTP レスポンスに 書 き 込 めるため 印 刷 データを HTTP レスポンスに 書 き 込 んだ 後 その 印 刷 データを 削 除 することができます 以 下 に 例 を 示 します 49

54 第 4 章 印 刷 コントロールの 応 用 例 #!C:/usr/Perl/bin/perl.exe : : # ランタイム 実 行 など : : # 印 刷 データファイルオープン open(file, "$OutputFilePath"); binmode FILE; print "Content-type: application/x-compress\n\n"; print while (<FILE>); close(file); # 印 刷 データを 削 除 unlink("$outputfilepath"); また リダイレクトを 使 用 する 必 要 がないため 印 刷 データファイルはサーバのローカルであ ればどこにでも 作 成 できる という 利 点 もあります 50

改 訂 履 歴 版 数 日 付 改 訂 内 容 改 訂 箇 所 1.0 2015 年 3 月 31 日 初 版 作 成 - - i -

改 訂 履 歴 版 数 日 付 改 訂 内 容 改 訂 箇 所 1.0 2015 年 3 月 31 日 初 版 作 成 - - i - ( 事 業 者 向 け) 1.0 版 2015 年 3 月 31 日 改 訂 履 歴 版 数 日 付 改 訂 内 容 改 訂 箇 所 1.0 2015 年 3 月 31 日 初 版 作 成 - - i - 目 次 1. はじめに... 1 2. システム 動 作 環 境... 1 2.1. 動 作 の 条 件 注 意 事 項... 1 2.1.1. JAVA スクリプトの 設 定... 1 2.1.2.

More information

intra-mart EX申請システム version.7.2 操作説明書(システム利用者編)

intra-mart EX申請システム version.7.2 操作説明書(システム利用者編) intra-mart EX 申 請 システム Ver.7.2 操 作 説 明 書 (システム 利 用 者 編 ) 第 三 版 2014 年 4 月 23 日 株 式 会 社 NTT データイントラマート > 変 更 年 月 日 変 更 内 容 2011/2/28 初 版 2011/10/3 第 二 版 メッセージ 一 覧 のワーニングメッセージを 追 記 しました 2014/4/23

More information

1.Web 履 修 登 録 とは 大 学 では 同 じ 学 科 の 学 生 であっても 全 員 が 同 じ 科 目 を 受 けるわけではなく 各 自 が 選 択 した 科 目 を 履 修 しますので 学 生 ごとに 履 修 科 目 が 異 なります 学 生 は 毎 学 期 の 始 めに その 学 期

1.Web 履 修 登 録 とは 大 学 では 同 じ 学 科 の 学 生 であっても 全 員 が 同 じ 科 目 を 受 けるわけではなく 各 自 が 選 択 した 科 目 を 履 修 しますので 学 生 ごとに 履 修 科 目 が 異 なります 学 生 は 毎 学 期 の 始 めに その 学 期 東 北 工 業 大 学 ( 注 ) 各 種 問 い 合 わせ 窓 口 統 合 認 証 システムのパスワードを 忘 れた 場 合 の 再 発 行 について 情 報 サービスセンター 演 習 システム 管 理 室 八 木 山 ( 八 木 山 キャンパス8 号 館 1 階 ) 長 町 ( 長 町 キャンパス2 号 館 3 階 ) 統 合 認 証 システムのユーザID パスワードとは 本 学 情 報 サービスセンターが

More information

本 書 は 電 子 証 明 書 に 関 する 資 料 となります ます 本 書 で サービスにログインした 後 は 改 めて 各 サービスのマニュアルのご 参 照 をお 願 いいたし 重 要 動 作 環 境 により マニュアルの 記 載 内 容 と 差 異 が 発 生 する 場 合 がございます

本 書 は 電 子 証 明 書 に 関 する 資 料 となります ます 本 書 で サービスにログインした 後 は 改 めて 各 サービスのマニュアルのご 参 照 をお 願 いいたし 重 要 動 作 環 境 により マニュアルの 記 載 内 容 と 差 異 が 発 生 する 場 合 がございます 本 書 は 電 子 証 明 書 に 関 する 資 料 となります ます 本 書 で サービスにログインした 後 は 改 めて 各 サービスのマニュアルのご 参 照 をお 願 いいたし 重 要 動 作 環 境 により マニュアルの 記 載 内 容 と 差 異 が 発 生 する 場 合 がございます 1. 動 作 確 認 状 況... 1 2. 事 前 準 備... 2 2.1. OS 共 通 設 定...2

More information

はじめに をご 利 用 いただき 誠 に 有 難 うございます 本 ガイドは を 利 用 したサーバ 構 築 の 方 法 や Biz/PrintServer で 構 築 し たサーバからの 移 行 について 理 解 していただくことを 目 的 として 作 成 致 しました 本 製 品 の 導 入 に

はじめに をご 利 用 いただき 誠 に 有 難 うございます 本 ガイドは を 利 用 したサーバ 構 築 の 方 法 や Biz/PrintServer で 構 築 し たサーバからの 移 行 について 理 解 していただくことを 目 的 として 作 成 致 しました 本 製 品 の 導 入 に サーバ 構 築 ガイド Copyright (C) Open Stream,Inc. All Rights Reserved. はじめに をご 利 用 いただき 誠 に 有 難 うございます 本 ガイドは を 利 用 したサーバ 構 築 の 方 法 や Biz/PrintServer で 構 築 し たサーバからの 移 行 について 理 解 していただくことを 目 的 として 作 成 致 しました

More information

目 次 1. Internet Explorer の 設 定 3 2. NetISMS ナビゲータへのログイン 15 3. ActiveX コントロールのインストール 17 4. Internet Explorer 以 外 の 設 定 18 1

目 次 1. Internet Explorer の 設 定 3 2. NetISMS ナビゲータへのログイン 15 3. ActiveX コントロールのインストール 17 4. Internet Explorer 以 外 の 設 定 18 1 NetISMS システム 端 末 設 定 ガイド 注 意 事 項 各 社 各 部 門 等 でのセキュリティ 上 の 規 定 と 相 反 する 場 合 があります 必 ずご 自 身 の 使 用 する PC 端 末 のセキュリティ 管 理 者 等 にご 確 認 願 います 第 4.0 版 2016 年 7 月 1 日 目 次 1. Internet Explorer の 設 定 3 2. NetISMS

More information

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 又 は

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 又 は 書 類 閲 覧 用 端 末 要 件 平 成 25 年 4 月 金 融 庁 総 務 企 画 局 企 業 開 示 課 Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商

More information

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 又 は

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 又 は 書 類 閲 覧 用 端 末 要 件 平 成 28 年 3 月 金 融 庁 総 務 企 画 局 企 業 開 示 課 Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商

More information

28年オンライン調査システム操作説明書

28年オンライン調査システム操作説明書 平 成 28 年 科 学 技 術 研 究 調 査 オ ン ラ イ ン 調 査 シ ス テ ム 操 作 説 明 書 科 学 技 術 研 究 調 査 では 郵 送 に 加 えてオンライン 調 査 システムを 利 用 した インターネットによるご 回 答 も 可 能 となっています オンライン 調 査 システムの 利 用 には フリーソフトである AdobeReader の 所 定 バージョン 等 の 利

More information

Biz eスケジューラ よくあるご質問(FAQ)

Biz eスケジューラ よくあるご質問(FAQ) Biz e スケジューラ よくあるご 質 問 (FAQ) NTT Communications ( 第 3.0 版 ) 改 版 履 歴 改 版 履 歴 版 数 日 付 項 番 主 な 更 新 内 容 1.0 版 2013/10/21 - 新 規 作 成 2.0 版 2014/07/28 - Q1-8 Q1-9/Q2-7 グローバル 対 応 に 伴 い FAQ を 追 加 スケジュール 管 理 機 能

More information

スライド 1

スライド 1 2014.10.28 スタディライター 教 材 動 作 確 認 設 定 手 順 Java Runtime Environment のセキュリティ 強 化 により スタディライターで 作 成 したJavaを 利 用 するアプリケーションの 動 作 確 認 及 び 動 作 のために 各 種 設 定 が 必 要 になりました ここではWindows 8.1 Internet Explorer 11を 例

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817989E6919C8EE68D9E817A979897708ED2837D836A83858341838B2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817989E6919C8EE68D9E817A979897708ED2837D836A83858341838B2E646F63> 住 My Note お 客 様 マ ニ ュ ア ル ID パスワード 情 報 お 名 前 お 客 様 I D パスワード1 パスワード2 更 新 日 ID パスワード 情 報 を 忘 れないよう システム 利 用 時 に 記 入 してください ID パスワード 情 報 は 紛 失 しないよう 管 理 してください 平 成 27 年 6 月 住 宅 金 融 支 援 機 構 目 次 1.ご 利 用 案

More information

はじめに

はじめに 3 3 AppleTalk 共 有 istorage NS から Macintosh クライアントへ 公 開 する 共 有 を 設 定 します クライアントがアクセス するための 共 有 名 と その 共 有 を istorage NS 内 のどのフォルダに 作 成 するかを 指 定 します 工 場 出 荷 時 にはサービスは 無 効 に 設 定 されています AppleTalk 共 有 を 行 なう

More information

1. はじめに 独 立 行 政 法 人 日 本 学 術 振 興 会 科 研 費 電 子 申 請 システム( 以 下 電 子 申 請 システム という ) は 申 請 者 申 請 者 の 所 属 研 究 機 関 担 当 者 ( 以 下 所 属 研 究 機 関 担 当 者 という ) と 日 本 学 術

1. はじめに 独 立 行 政 法 人 日 本 学 術 振 興 会 科 研 費 電 子 申 請 システム( 以 下 電 子 申 請 システム という ) は 申 請 者 申 請 者 の 所 属 研 究 機 関 担 当 者 ( 以 下 所 属 研 究 機 関 担 当 者 という ) と 日 本 学 術 独 立 行 政 法 人 日 本 学 術 振 興 会 科 研 費 電 子 申 請 システム 研 究 者 向 け 操 作 手 引 ( 一 部 基 金 ) ( 交 付 内 定 時 決 定 後 用 ) 第 2.3 版 1. はじめに 独 立 行 政 法 人 日 本 学 術 振 興 会 科 研 費 電 子 申 請 システム( 以 下 電 子 申 請 システム という ) は 申 請 者 申 請 者 の 所 属

More information

SciFinder エラーへの対処法

SciFinder エラーへの対処法 SciFinder エラーへの 対 処 法 2016 年 3 月 18 日 改 訂 SciFinder でエラーが 起 きた 場 合 は,まずはご 利 用 環 境 が 推 奨 環 境 下 にあるかどうかをご 確 認 ください. http://www.jaici.or.jp/scifinder/require.html 目 次 ケース 1:SciFinder にアクセスできない... 2 ケース 2:ID

More information

たよれーる どこでもキャビネット ご利用の手引き(Windows版アプリ)

たよれーる どこでもキャビネット ご利用の手引き(Windows版アプリ) Windows 版 アプリ 操 作 マニュアル 2016 年 7 月 版 目 次 目 次 サービス 内 容... 2 どこでもキャビネットとは... 2 Windows 版 アプリの 概 要... 2 お 問 い 合 わせ 窓 口... 2 インストール/アンインストール... 3 インストールする... 3 アカウントを 設 定 する... 6 アンインストールする... 8 基 本 操 作...

More information

目 次 1.システムの 動 作 環 境 2.セットアップ 手 順 3.マクロのセキュリティレベルについて 4.システムの 操 作 説 明 5.システムの 基 本 構 成 6. 基 本 情 報 設 定 7.マスタ 設 定 8.バックアップ 復 元 9.データ 削 除 エラーリセット 10. 需 要 数

目 次 1.システムの 動 作 環 境 2.セットアップ 手 順 3.マクロのセキュリティレベルについて 4.システムの 操 作 説 明 5.システムの 基 本 構 成 6. 基 本 情 報 設 定 7.マスタ 設 定 8.バックアップ 復 元 9.データ 削 除 エラーリセット 10. 需 要 数 教 科 書 事 務 執 行 管 理 システム( 学 校 用 ) システム 操 作 マニュアル Ver.1.6.1 平 成 28 年 5 月 11 日 1 / 232 目 次 1.システムの 動 作 環 境 2.セットアップ 手 順 3.マクロのセキュリティレベルについて 4.システムの 操 作 説 明 5.システムの 基 本 構 成 6. 基 本 情 報 設 定 7.マスタ 設 定 8.バックアップ

More information

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 Active! mail 6.54 ユーザーズマニュアル(スマートフォン 版 ) Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 権 の 侵 害 とな

More information

ITF Finder ヘルプ

ITF Finder ヘルプ もくじ 1.はじめに 1-1.ITF Finder について 1-2. 動 作 環 境 2.ITF Finder の 起 動 と 終 了 2-1.ITF Finder を 起 動 する 2-2.ITF Finder を 終 了 する 3.ITF Finder の 画 面 概 要 4.ITFファイルを 閲 覧 する 5.ITFファイルを 印 刷 する 6.ITFファイルをメールに 添 付 する 7.NETセキュリティのセキュリティ

More information

Microsoft Word - 150410_e-Gov提出マニュアル(化審法3条).doc

Microsoft Word - 150410_e-Gov提出マニュアル(化審法3条).doc e-gov 電 子 申 請 システムを 使 用 した 少 量 新 規 化 学 物 質 製 造 輸 入 申 出 提 出 マニュアル 平 成 27 年 4 月 経 済 産 業 省 製 造 産 業 局 化 学 物 質 管 理 課 化 学 物 質 安 全 室 e-gov 電 子 申 請 システムを 使 用 した 少 量 新 規 化 学 物 質 製 造 輸 入 申 出 の 提 出 マニュアル 目 次 提 出

More information

送信アイコン操作ガイド

送信アイコン操作ガイド 送 信 アイコン 操 作 ガイド 日 本 ワムネット 株 式 会 社 技 術 部 2016 年 6 月 第 2.12 版 1 目 次 1 はじめに... 3 2 インストール... 4 Windows でのインストール 方 法... 5 MacOS X でのインストール 方 法... 6 3 アンインストール... 8 Windows でのアンインストール 方 法... 8 MacOS X でのアンインストール

More information

<8250814493648E7190BF8B818EF39574835683588365838082C98AD682B782E94641512E786C73>

<8250814493648E7190BF8B818EF39574835683588365838082C98AD682B782E94641512E786C73> 障 害 者 自 立 支 援 給 付 支 払 等 システム に 関 するFAQ に 関 するFAQ 1 簡 易 入 力 システム 導 入 作 業 環 境 以 前 簡 易 入 力 ソフトの 仕 様 はMicrosoft Office Excel 2003(Service Pack2 以 降 )となっ ていましたが この 点 について 現 状 でも 変 更 はないのでしょうか Excel 2007 2002

More information

ア ク セス 統 計 の 確 認 月 ごとのアクセス 数 を 確 認 する 1 ア クセス 統 計 画 面 を 表 示 し 確 認 する 月 を 選 択 しま アクセス 統 計 画 面 の 表 示 方 法 アクセス 統 計 画 面 を 表 示 する (P.70) 最 も 古 い 月 の 統 計 デー

ア ク セス 統 計 の 確 認 月 ごとのアクセス 数 を 確 認 する 1 ア クセス 統 計 画 面 を 表 示 し 確 認 する 月 を 選 択 しま アクセス 統 計 画 面 の 表 示 方 法 アクセス 統 計 画 面 を 表 示 する (P.70) 最 も 古 い 月 の 統 計 デー ア ク セス 統 計 の 確 認 ア ク セス 統 計 の 確 認 お 客 様 のホームページへアクセスされた 回 数 を 確 認 しま 統 計 データの 保 証 期 間 統 計 デー タの 保 証 期 間 は 1 年 (12ヶ 月 ) で ア ク セス 統 計 画 面 を 表 示 す る 1 管 理 者 メ ニ ューを 表 示 し ア クセス 統 計 をクリックしま 管 理 者 メニューの 表 示

More information

次 1 確 認 申 請 書 作 成 支 援 ソフト SPICA セットアップ 手 順 1 2 3 システム 要 件 P. 1 セットアップ 手 順 P. 2 最 新 プログラムの 更 新 について P.11 2 操 作 マニュアル 1 物 件 の 操 作 Ⅰ. 物 件 登 録 P.12 Ⅱ. 申 請

次 1 確 認 申 請 書 作 成 支 援 ソフト SPICA セットアップ 手 順 1 2 3 システム 要 件 P. 1 セットアップ 手 順 P. 2 最 新 プログラムの 更 新 について P.11 2 操 作 マニュアル 1 物 件 の 操 作 Ⅰ. 物 件 登 録 P.12 Ⅱ. 申 請 建 築 確 認 申 請 書 作 成 ソフト SPICA (スピカ) 基 本 操 作 マニュアル Ver.1.3.3 (2015/5/29) 次 1 確 認 申 請 書 作 成 支 援 ソフト SPICA セットアップ 手 順 1 2 3 システム 要 件 P. 1 セットアップ 手 順 P. 2 最 新 プログラムの 更 新 について P.11 2 操 作 マニュアル 1 物 件 の 操 作 Ⅰ.

More information

目 次 00.ログイン 画 面 1 ログインします 01. 連 絡 掲 示 板 4 北 酪 検 へのメッセージ 送 信 北 酪 検 からのメッセージ 受 信 を 行 います 02. 公 開 情 報 7 PDF ファイル CSV ファイルのダウンロードを 行 います 03.メール 通 知 設 定 19

目 次 00.ログイン 画 面 1 ログインします 01. 連 絡 掲 示 板 4 北 酪 検 へのメッセージ 送 信 北 酪 検 からのメッセージ 受 信 を 行 います 02. 公 開 情 報 7 PDF ファイル CSV ファイルのダウンロードを 行 います 03.メール 通 知 設 定 19 牛 群 検 定 Web システム アプリケーション 操 作 手 引 書 平 成 28 年 7 月 目 次 00.ログイン 画 面 1 ログインします 01. 連 絡 掲 示 板 4 北 酪 検 へのメッセージ 送 信 北 酪 検 からのメッセージ 受 信 を 行 います 02. 公 開 情 報 7 PDF ファイル CSV ファイルのダウンロードを 行 います 03.メール 通 知 設 定 19 公

More information

電子証明書の更新

電子証明書の更新 < 電 子 証 明 書 更 新 マニュアル > 電 子 証 明 書 の 更 新 は 有 効 期 限 の 前 後 で 手 順 が 異 なります 下 図 をご 確 認 いただき 更 新 をお 願 いします 30 日 前 有 効 期 限 終 了 日 90 日 ログイン 後 電 子 証 明 書 更 新 ボタン から 更 新 します 電 子 証 明 書 取 得 ボタン から 更 新 します 再 発 行 の 申

More information

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 Active! mail 6.52 ユーザーズマニュアル(スマートフォン 版 ) Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 権 の 侵 害 とな

More information

目 次 1 はじめに... 2 1.1 概 要... 2 1.2 利 用 環 境... 2 2 リモート PC の 利 用... 3 2.1 利 用 手 順... 3 2.2 Firefox での 利 用 手 順... 11 2.3 注 意 事 項... 11 3 利 用 環 境 の 確 認...

目 次 1 はじめに... 2 1.1 概 要... 2 1.2 利 用 環 境... 2 2 リモート PC の 利 用... 3 2.1 利 用 手 順... 3 2.2 Firefox での 利 用 手 順... 11 2.3 注 意 事 項... 11 3 利 用 環 境 の 確 認... 関 西 学 院 大 学 教 育 研 究 システム リモート PC 利 用 マニュアル (Windows 版 ) 2.1 版 2016 年 6 月 1 日 目 次 1 はじめに... 2 1.1 概 要... 2 1.2 利 用 環 境... 2 2 リモート PC の 利 用... 3 2.1 利 用 手 順... 3 2.2 Firefox での 利 用 手 順... 11 2.3 注 意 事 項...

More information

<『みずほ e-ビジネスサイト』操作マニュアル>

<『みずほ e-ビジネスサイト』操作マニュアル> みずほ e-ビジネスサイト 操 作 マニュアル 個 人 住 民 税 一 括 納 付 編 Copyright 2016 Mizuho Bank, Ltd. この 操 作 マニュアルについて 表 記 について このマニュアルでは 操 作 方 法 を 説 明 するために 以 下 の 表 記 を 使 用 しています メニュー 名 アイコン 名 ボタン 名 項 目 名 は[ ]で 囲 んでいます ( 例 )[OK]ボタンをクリックしてください

More information

試 作 ツールは MIT ライセンスによって 提 供 いたします その 他 内 包 されたオ ープンソース ソフトウェアについてはそれぞれのライセンスに 従 ってご 利 用 くださ い 2

試 作 ツールは MIT ライセンスによって 提 供 いたします その 他 内 包 されたオ ープンソース ソフトウェアについてはそれぞれのライセンスに 従 ってご 利 用 くださ い 2 情 報 連 携 用 語 彙 データベースと 連 携 するデータ 設 計 作 成 支 援 ツール 群 の 試 作 及 び 試 用 並 びに 概 念 モデルの 構 築 ( 浦 安 市 都 市 整 備 部 市 街 地 開 発 課 液 状 化 対 策 推 進 室 ) 操 作 説 明 書 2014 年 9 月 30 日 実 施 企 業 : インディゴ 株 式 会 社 独 立 行 政 法 人 情 報 処 理 推

More information



 スタートアップガイド Ver. 3.0 管 理 者 編 株 式 会 社 アバンセシステム クラウド コンピューティング 事 業 部 JECC E-mail jecc_support@avancesys.co.jp URL http://www.avancesys.co.jp/ ANPIC スタートアップガイド 管 理 者 編 2 ごあいさつ このたびは 安 否 情 報 システム ANPIC をご 導

More information

Adobe Acrobat を 用 いた PDF の 作 成 方 法 Step1. インストール インストール 作 業 は 言 語 の 選 択 契 約 書 に 同 意 する シリアルナンバー 入 力 が 求 められますが それ 以 降 はダイアログに 従 って 次 へ OK をク リックしていけば

Adobe Acrobat を 用 いた PDF の 作 成 方 法 Step1. インストール インストール 作 業 は 言 語 の 選 択 契 約 書 に 同 意 する シリアルナンバー 入 力 が 求 められますが それ 以 降 はダイアログに 従 って 次 へ OK をク リックしていけば 印 刷 入 稿 データは PDFで 安 心 PDFは 一 般 のデータでは 他 のPCで 体 裁 が 変 わる という 問 題 を 回 避 するた めに 作 られたファイル 形 式 です 印 刷 向 けデータはこの 形 式 で 入 稿 するのがベスト です しかし 一 言 でPDFといっても Web 向 けの 設 定 で 変 換 をすると 画 質 が 落 ちる 等 のトラブルが 起 きます 印 刷

More information

SQL Server データベース接続設定 マニュアル

SQL Server データベース接続設定 マニュアル 2013/06 SQL Server (MSDE) データベース 接 続 設 定 マニュアル アルファテック 株 式 会 社 本 マニュアルについて このマニュアルは SQL Server (MSDE) データベースへの 接 続 設 定 などについて 説 明 するものです 設 定 作 業 を 始 める 前 に Windows やネットワーク 環 境 などが 正 しく 動 作 することを あらかじめ

More information

目 次 1. Web メールのご 利 用 について... 2 2. Web メール 画 面 のフロー 図... 3 3. Web メールへのアクセス... 4 4. ログイン 画 面... 5 5. ログイン 後 (メール 一 覧 画 面 )... 6 6. 画 面 共 通 項 目... 7 7.

目 次 1. Web メールのご 利 用 について... 2 2. Web メール 画 面 のフロー 図... 3 3. Web メールへのアクセス... 4 4. ログイン 画 面... 5 5. ログイン 後 (メール 一 覧 画 面 )... 6 6. 画 面 共 通 項 目... 7 7. Web メール 操 作 説 明 書 京 都 与 謝 野 町 有 線 テレビ 0 目 次 1. Web メールのご 利 用 について... 2 2. Web メール 画 面 のフロー 図... 3 3. Web メールへのアクセス... 4 4. ログイン 画 面... 5 5. ログイン 後 (メール 一 覧 画 面 )... 6 6. 画 面 共 通 項 目... 7 7. メール 一 覧 画 面...

More information

教 務 Webシステム( 学 生 用 ) 操 作 説 明 書 目 次. 概 要 2 2. 注 意 事 項 3 2-. 利 用 全 般 の 注 意 事 項 3 2-2. 学 習 申 告 上 の 注 意 事 項 4 3. 日 程 について 5 4. ログイン 6 5. トップページ 7 6. 学 部 -

教 務 Webシステム( 学 生 用 ) 操 作 説 明 書 目 次. 概 要 2 2. 注 意 事 項 3 2-. 利 用 全 般 の 注 意 事 項 3 2-2. 学 習 申 告 上 の 注 意 事 項 4 3. 日 程 について 5 4. ログイン 6 5. トップページ 7 6. 学 部 - 教 務 Webシステム ( 学 生 用 ) 操 作 説 明 書 修 正 版 更 新 日 :204//07 表 紙 国 立 大 学 法 人 東 京 工 業 大 学 204 年 月 教 務 Webシステム( 学 生 用 ) 操 作 説 明 書 目 次. 概 要 2 2. 注 意 事 項 3 2-. 利 用 全 般 の 注 意 事 項 3 2-2. 学 習 申 告 上 の 注 意 事 項 4 3. 日 程

More information

e-Gov電子申請システムを利用した

e-Gov電子申請システムを利用した e-gov 電 子 申 請 システムを 利 用 した RPS 法 に 係 る 申 請 書 提 出 マニュアル -ITEM2000 形 式 のファイルを 利 用 した 申 請 方 法 について- 平 成 22 年 4 月 資 源 エネルギー 庁 省 エネルギー 新 エネルギー 部 新 エネルギー 等 電 気 利 用 推 進 室 電 子 政 府 の 実 現 に 向 けた 政 府 全 体 の 取 組 みの

More information

Acrobat 8 早分かりガイド

Acrobat 8 早分かりガイド Acrobat の 基 本 操 と PDF 成 Acrobat 操 ガイド Acrobat 操 ガイドではじめる Acrobat を 起 動 するとまず Acorbat 操 ガイドが 表 示 されます PDF の 成 ファイルの 結 合 セキュリティ など Acorbat の 主 要 な 機 能 はここから 開 始 することが 出 来 ま すので 操 に 迷 うことはありません Acrobat 8

More information

目 次 第 1 章 はじめに... 3 第 2 章 動 作 環 境... 3 1 Microsoft Excel のバージョン... 3 2 Excel マクロのセキュリティレベル... 3 3 ActiveXコントロールの 設 定... 3 第 3 章 会 員 利 用 手 順... 4 1 データ

目 次 第 1 章 はじめに... 3 第 2 章 動 作 環 境... 3 1 Microsoft Excel のバージョン... 3 2 Excel マクロのセキュリティレベル... 3 3 ActiveXコントロールの 設 定... 3 第 3 章 会 員 利 用 手 順... 4 1 データ 振 込 依 頼 書 作 成 ツール ご 利 用 説 明 書 (データ 作 成 機 能 編 ) 第 1 版 2015 年 3 月 中 国 労 働 金 庫 1 Ver2.8 目 次 第 1 章 はじめに... 3 第 2 章 動 作 環 境... 3 1 Microsoft Excel のバージョン... 3 2 Excel マクロのセキュリティレベル... 3 3 ActiveXコントロールの 設 定...

More information

返還金同意書作成支援ツール_操作説明書

返還金同意書作成支援ツール_操作説明書 20131101_ 東 北 厚 生 局 返 還 金 同 意 書 等 作 成 支 援 ツール 操 作 説 明 書 平 成 25 年 12 月 東 北 厚 生 局 1. はじめに 返 還 金 同 意 書 作 成 支 援 ツールは 保 険 医 療 機 関 及 び 保 険 薬 局 において 診 療 報 酬 を 誤 って 請 求 したこと 等 により 保 険 者 に 診 療 報 酬 を 返 還 する 場 合

More information

スライド 1

スライド 1 Hos-CanR 3.0 運 用 マニュアル Hos-CanR 3.0 運 用 マニュアル 登 録 作 業 者 用 Ver. 2 バージョン 改 訂 日 付 改 訂 内 容 Ver. 1 2010/3/15 初 版 Ver. 2 2010/8/9 ファイル 取 り 込 み 時 の 同 一 レコードの 判 定 についての 記 載 を 追 記 Hos-CanR 3.0 運 用 マニュアル 目 次 1.

More information

ESET NOD32アンチウイルス V4.0 リリースノート

ESET NOD32アンチウイルス V4.0 リリースノート ====================================================================== ESET NOD32 アンチウイルス V4.0 リリースノート キヤノンITソリューションズ 株 式 会 社 ====================================================================== はじめに

More information

目 次 1. 概 要...1 2. 作 成 できる 帳 票...1 3. 年 調 法 定 調 書 の 達 人 の 起 動 方 法...2 3-1. 最 新 年 度 版 の 起 動... 2 3-2. 過 年 度 版 の 起 動... 2 4. 関 与 先 データ 作 成 方 法...3 4-1. 前

目 次 1. 概 要...1 2. 作 成 できる 帳 票...1 3. 年 調 法 定 調 書 の 達 人 の 起 動 方 法...2 3-1. 最 新 年 度 版 の 起 動... 2 3-2. 過 年 度 版 の 起 動... 2 4. 関 与 先 データ 作 成 方 法...3 4-1. 前 達 人 シ ス テ ム 年 調 法 定 調 書 の 達 人 平 成 27 年 分 版 東 京 地 方 税 理 士 会 データ 通 信 協 同 組 合 2015/12/08 目 次 1. 概 要...1 2. 作 成 できる 帳 票...1 3. 年 調 法 定 調 書 の 達 人 の 起 動 方 法...2 3-1. 最 新 年 度 版 の 起 動... 2 3-2. 過 年 度 版 の 起 動...

More information

.1 を する 有 効 期 限 は 取 得 後 1 年 間 です は 有 効 期 限 30 日 前 から 有 効 期 限 日 より 最 大 180 日 間 は 操 作 可 能 です 有 効 期 限 が 過 ぎた では 平 塚 信 用 金 庫 ビジネスW ebをご 利 用 できません 期 間 を 過

.1 を する 有 効 期 限 は 取 得 後 1 年 間 です は 有 効 期 限 30 日 前 から 有 効 期 限 日 より 最 大 180 日 間 は 操 作 可 能 です 有 効 期 限 が 過 ぎた では 平 塚 信 用 金 庫 ビジネスW ebをご 利 用 できません 期 間 を 過 第 章 こ 章 では について 説 します.1 を する -2 (1) 案 内 -2 (2) を する -3 (3) 古 い を 削 除 する -13 .1 を する 有 効 期 限 は 取 得 後 1 年 間 です は 有 効 期 限 30 日 前 から 有 効 期 限 日 より 最 大 180 日 間 は 操 作 可 能 です 有 効 期 限 が 過 ぎた では 平 塚 信 用 金 庫 ビジネスW

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション Ver1.00 C01 ご 利 用 前 の 準 備 について Windows 7 2014 年 4 月 エスピーメディアテック 株 式 会 社 ~ 目 次 ~ WEB 版 送 り 状 発 行 システム 1 章 動 作 環 境 1.1 動 作 に 必 要 な 環 境 について 1.2 帳 票 作 成 用 ActiveXの 自 動 インストール... 2... 2 STEP 1 システム 起 動...

More information

Microsoft PowerPoint - webmail_manual-estore_482.ppt

Microsoft PowerPoint - webmail_manual-estore_482.ppt 店 舗 メール 利 用 マニュアル 2013.04 04.08 08 ver.2.3 1 1. 目 次 表 紙... 1 1. 目 次... 2 2.ログイン(PC)... 3 3. 受 信... 4 4.メール 閲 覧,,,,,... 5 5.メール 削 除... 6 6.メール 作 成... 7 7.メール 作 成 ( 添 付 ファイル)... 12 8.メール 返 信... 13 9.フォルダ

More information

文科省様式3-2集計オプションマニュアル

文科省様式3-2集計オプションマニュアル 文 科 省 様 式 3-2 集 計 オプション 利 用 マニュアル 平 成 25 年 3 月 8 日 日 本 加 除 出 版 株 式 会 社 1 文 科 省 様 式 3-2 集 計 オプション とは 文 科 省 様 式 3-2 集 計 オプションは 日 本 加 除 出 版 株 式 会 社 発 行 の 小 学 校 理 科 教 育 等 設 備 台 帳 ( 平 成 23 年 度 ~ 平 成 34 年 度

More information

サーバサイドスクリプトPHPを実感しよう

サーバサイドスクリプトPHPを実感しよう 第 3 講 サーバサイドスクリプト PHP を 実 感 しよう! クライアントサイドでは HTML に 埋 め 込 んだ(あるいは 別 ファイルから HTML に 読 み 込 まれた)JavaScript によって さまざまな 処 理 や 動 的 ページの 生 成 を 行 えることは すで に 第 3 講 までで 学 習 しました しかし HTML と JavaScript の 組 合 せではどうしても

More information

Microsoft Word - i_navi.txt

Microsoft Word - i_navi.txt Internet Explorer 7 留 意 事 項 ======================================================================= Internet Navigware 製 品 を Internet Explorer 7.0 で 使 用 する 場 合 の 留 意 事 項 を 以 下 現 象 ごとに 記 述 しますので ご 利 用 の

More information

目 次 1.システムの 動 作 環 境 3 2.セットアップ 手 順 4 3.マクロのセキュリティレベルについて 5 4.システムの 操 作 説 明 5.システムの 基 本 構 成 6. 基 本 情 報 設 定 7.マスタ 設 定 8.データの 取 り 込 み 削 除 9.バックアップ 復 元 10

目 次 1.システムの 動 作 環 境 3 2.セットアップ 手 順 4 3.マクロのセキュリティレベルについて 5 4.システムの 操 作 説 明 5.システムの 基 本 構 成 6. 基 本 情 報 設 定 7.マスタ 設 定 8.データの 取 り 込 み 削 除 9.バックアップ 復 元 10 教 科 書 事 務 執 行 管 理 システム( 設 置 者 用 ) システム 操 作 マニュアル Ver.1.6.0 平 成 28 年 5 月 11 日 1 / 163 目 次 1.システムの 動 作 環 境 3 2.セットアップ 手 順 4 3.マクロのセキュリティレベルについて 5 4.システムの 操 作 説 明 5.システムの 基 本 構 成 6. 基 本 情 報 設 定 7.マスタ 設 定

More information

intra-mart Accel GroupMail 2016 Spring — リリースノート   初版 2016-04-01  

intra-mart Accel GroupMail 2016 Spring — リリースノート   初版 2016-04-01   intra-mart Accel GroupMail 2016 Spring リリースノート 初 版 2016-04-01 Copyright 2016 NTT DATA INTRAMART CORPORATION 1 Top 目 次 intra-mart Accel GroupMail 2016 Spring リリースノート 初 版 2016-04-01 1. 改 訂 情 報 2. はじめに 3.

More information

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Excel Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Excel Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 XBRL から CSV への 変 換 ツール 操 作 ガイド 平 成 25 年 8 月 金 融 庁 総 務 企 画 局 企 業 開 示 課 Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Excel Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその

More information

目 次 本 書 では GP-Webシステムの 購 入 先 操 作 方 法 を 説 明 します 1 1. GP-Webを 活 用 した 化 学 物 質 情 報 収 集 の 流 れ 2. GP-Webへログインする 3. 調 査 依 頼 情 報 を 確 認 する 4. 製 品 情 報 を 登 録 する

目 次 本 書 では GP-Webシステムの 購 入 先 操 作 方 法 を 説 明 します 1 1. GP-Webを 活 用 した 化 学 物 質 情 報 収 集 の 流 れ 2. GP-Webへログインする 3. 調 査 依 頼 情 報 を 確 認 する 4. 製 品 情 報 を 登 録 する GP-Webシステム 購 入 先 様 用 基 本 操 作 説 明 書 2011 年 12 月 29 日 パナソニック 株 式 会 社 コーポレート 情 報 システム 社 0 目 次 本 書 では GP-Webシステムの 購 入 先 操 作 方 法 を 説 明 します 1 1. GP-Webを 活 用 した 化 学 物 質 情 報 収 集 の 流 れ 2. GP-Webへログインする 3. 調 査 依

More information

確 定 申 告 書 作 成 システム 操 作 手 順 書 ~ 個 人 利 用 者 向 け 操 作 説 明 書 ~ 平 成 27 年 1 月 JA 長 野 県 営 農 センター ( 株 ) 長 野 県 協 同 電 算 目 次 1.システムの 起 動... 1 ... 1 ... 2 2.ログインとログアウト... 2 ... 3 ...

More information

目 次 第 1 章 はじめに 1 1.1 電 子 入 札 システムを 使 用 するまでの 流 れ 1 第 2 章 Java ポリシーを 設 定 する 前 に 2 2.1 前 提 条 件 の 確 認 2 第 3 章 Java のバージョンについて 4 3.1 Java バージョン 確 認 方 法 5

目 次 第 1 章 はじめに 1 1.1 電 子 入 札 システムを 使 用 するまでの 流 れ 1 第 2 章 Java ポリシーを 設 定 する 前 に 2 2.1 前 提 条 件 の 確 認 2 第 3 章 Java のバージョンについて 4 3.1 Java バージョン 確 認 方 法 5 電 子 入 札 サービス IC カードを 利 用 しない 事 業 者 向 け Java ポリシー 設 定 マニュアル (Windows Vista/Windows 7/ Windows 8.1 用 ) 平 成 28 年 6 月 目 次 第 1 章 はじめに 1 1.1 電 子 入 札 システムを 使 用 するまでの 流 れ 1 第 2 章 Java ポリシーを 設 定 する 前 に 2 2.1 前

More information

目 次 事 前 設 定 Internet Explorer の 設 定... 2 電 子 証 明 書 の 取 得 登 録 (パソコン 方 式 )... 7 電 子 証 明 書 の 更 新 (パソコン 方 式 )... 12 電 子 証 明 書 の 削 除 (パソコン 方 式 )... 17 電 子

目 次 事 前 設 定 Internet Explorer の 設 定... 2 電 子 証 明 書 の 取 得 登 録 (パソコン 方 式 )... 7 電 子 証 明 書 の 更 新 (パソコン 方 式 )... 12 電 子 証 明 書 の 削 除 (パソコン 方 式 )... 17 電 子 Ver.5.5 2016/7/11 Ver.5.5 目 次 事 前 設 定 Internet Explorer の 設 定... 2 電 子 証 明 書 の 取 得 登 録 (パソコン 方 式 )... 7 電 子 証 明 書 の 更 新 (パソコン 方 式 )... 12 電 子 証 明 書 の 削 除 (パソコン 方 式 )... 17 電 子 証 明 書 の 取 得 登 録 (IC カード 方

More information

はじめに このたびは 株 式 会 社 ミントウェーブのシンクライアント 端 末 をお 買 い 求 めいただき ま ことにありがとうございます シンクライアント 端 末 の 持 つ 機 能 を 最 大 限 に 引 き 出 すためにも ご 使 用 になる 前 に 本 マ ニュアルをよくお 読 みになり

はじめに このたびは 株 式 会 社 ミントウェーブのシンクライアント 端 末 をお 買 い 求 めいただき ま ことにありがとうございます シンクライアント 端 末 の 持 つ 機 能 を 最 大 限 に 引 き 出 すためにも ご 使 用 になる 前 に 本 マ ニュアルをよくお 読 みになり TS15-034-02 Basilware64ユーザーズマニュアル 第 2 版 :2016-02-04 株 式 会 社 ミントウェーブ はじめに このたびは 株 式 会 社 ミントウェーブのシンクライアント 端 末 をお 買 い 求 めいただき ま ことにありがとうございます シンクライアント 端 末 の 持 つ 機 能 を 最 大 限 に 引 き 出 すためにも ご 使 用 になる 前 に 本 マ

More information

ファイル格納通知ツール 取扱説明書

ファイル格納通知ツール 取扱説明書 ファイル 格 納 通 知 ツール 取 扱 説 明 書 本 ツールは ネットワーク 上 の MFP から SEND 機 能 を 使 って 送 信 したファイルをクライアン ト PC が 受 信 格 納 したときに PC のディスプレイ 上 に 通 知 するツールです ファイルが 送 信 されたことを 音 やバルーン 表 示 などでお 知 らせするので 他 の 業 務 に 専 念 するこ とができます

More information

あいち電子調達共同システム

あいち電子調達共同システム (2) 提 出 依 頼 書 の 確 認 提 出 依 頼 書 が 発 行 されると 利 用 者 登 録 で 指 定 したメールアドレスへお 知 らせが 送 信 されま すので 提 出 依 頼 書 を 確 認 します 調 達 案 件 一 覧 画 面 で 案 件 情 報 を 確 認 し 提 出 依 頼 書 を 表 示 します 操 作 1 調 達 案 件 検 索 画 面 で 検 索 条 件 を 入 力 し

More information

賃貸名人(東京版)バージョンアップ項目

賃貸名人(東京版)バージョンアップ項目 賃 貸 管 理 データベース 賃 貸 名 人 ( 東 京 版 )Version 4.0 バージョンアップ 項 目 マニュアル 株 式 会 社 ダンゴネット DANGO NET 1 目 次 1. 新 しい 機 能 1-1. 予 約 者 を 検 索 できる 予 約 者 情 報 管 理 画 面 1-2. 修 繕 履 歴 一 覧 表 の 印 刷 1-3. 販 売 図 面 の EXCEL 出 力 対 応 2.デザインの

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 操 作 説 明 書 3 版 03 年 7 月 エスピーメディアテック 株 式 会 社 Biz-Logi CLOUD 章 環 境 設 定 ( 動 作 環 境 ) ~ 目 次 ~. 動 作 に 必 要 な 環 境 について. OCR-Bフォントインストール.3 帳 票 発 行 用 ActiveXの 自 動 インストール 5 章 操 作 方 法. ログイン 画 面 6. メインメニュー 8.3 新 着 のお

More information

スライド 1

スライド 1 ログイン 登 録 確 認 編 集 Copyright(C)2013 Agilecore Co.,Ltd.All right reserved. 1 ログイン Copyright(C)2013 Agilecore Co.,Ltd.All right reserved. 2 1 パソコンのWEBブラウザから 下 記 URLに 接 続 してください https://www.kintai-ebisu.com/koara-series/

More information

Microsoft Word - hojin_manual_ds.doc

Microsoft Word - hojin_manual_ds.doc しんきん 法 人 インターネットバンキングサービス 操 作 マニュアル 別 冊 ( 電 子 証 明 書 方 式 への 変 更 操 作 ) はじめに このたびは しんきん 法 人 インターネットバンキングサービス( 以 下 法 人 IB サービス とい います)を 利 用 いただき まことにありがとうございます 本 マニュアル 別 冊 は 法 人 IB サービスの 本 人 認 証 方 式 を ID パスワード

More information

個人 推奨環境_修正141204

個人 推奨環境_修正141204 推 奨 環 境 新 システムにおけるインターネットバンキングの 推 奨 環 境 は 以 下 のとおりです 推 奨 環 境 には 開 発 元 のサポートが 終 了 し セキュリティ 更 新 プログラム 等 の 提 供 が 行 わ れていないOSやブラウザは 含 まれません また 推 奨 環 境 については 動 作 確 認 をしておりますが パソコンの 機 種 や 設 定 において 多 くの 差 異 が

More information

CEAS/Sakai 困ったときのヘルプ集20150401

CEAS/Sakai 困ったときのヘルプ集20150401 CEAS/Sakai 連 携 システム 困 ったときのヘルプ 集 (version 1.1) 2015.4.1. 本 書 では 問 い 合 わせ 口 に 寄 せられる 問 い 合 わせの 内 頻 度 の 高 い 物 を 中 心 にリスト アップし 主 な 対 処 法 をまとめて 掲 載 しています エラー 画 面 が 表 示 されたり 問 題 が 発 生 した 際 に 参 考 にしてください なお

More information

改 版 履 歴 版 発 行 年 月 日 改 版 内 容 作 成 者 1.0 2014/04/15 初 版 ビッグローブ - 2 -

改 版 履 歴 版 発 行 年 月 日 改 版 内 容 作 成 者 1.0 2014/04/15 初 版 ビッグローブ - 2 - BIGLOBE クラウドストレージ ios アプリ 操 作 マニュアル 2014 年 4 月 15 日 ビッグローブ 株 式 会 社 - 1 - 改 版 履 歴 版 発 行 年 月 日 改 版 内 容 作 成 者 1.0 2014/04/15 初 版 ビッグローブ - 2 - 目 次 目 次... 3 はじめに... 4 1. ログイン... 5 1.1 新 規 ログイン( 初 めて ios アプリをご

More information

はじめに このたびは フリーウェイ 税 務 をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 は フリーウェイ 税 務 の 操 作 方 法 について 説 明 しています 本 システムをご 使 用 になる 前 また 必 要 に 応 じて 本 書 を 参 照 してください なお 本 書 の 内

はじめに このたびは フリーウェイ 税 務 をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 は フリーウェイ 税 務 の 操 作 方 法 について 説 明 しています 本 システムをご 使 用 になる 前 また 必 要 に 応 じて 本 書 を 参 照 してください なお 本 書 の 内 フリーウェイ 税 務 操 作 マニュアル はじめに このたびは フリーウェイ 税 務 をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 は フリーウェイ 税 務 の 操 作 方 法 について 説 明 しています 本 システムをご 使 用 になる 前 また 必 要 に 応 じて 本 書 を 参 照 してください なお 本 書 の 内 容 は 本 システムの 操 作 に 関 するものが 中 心

More information

WPM Web Server for AIX V3.2 FixPack 2

WPM Web Server for AIX V3.2 FixPack 2 WPM Web Server for AIX V3.2 FixPack 2 (V3.2.2.0) 2015/09 ============================================================================ 対 象 製 品 名 : WPM Web Server for AIX V3.2 前 提 条 件 : WPM Web Server for

More information

03 CMS機能審査表.xls

03 CMS機能審査表.xls 厚 真 町 ホームページ 構 築 業 務 CMS 機 能 調 査 表 ( 別 紙 ) 対 応 欄 : 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 : 代 替 案 により 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 ( 代 替 案 欄 に 代 替 案 をご 記 入 ください ) : 対 応 不 可 項 目 番 号 要 件 対 応 代 替 案 1 1.システム 基 本 要 件 Windows

More information

000表紙.ai

000表紙.ai かんたん シンプルな 給 与 計 算 ソフト Simple Client 共 通 マニュアル 給 与 くん 2016 マニュアル ( 平 成 28 年 版 ) 目 次 Ⅰ 給 与 くんの 概 要 1 ご 利 用 条 件 2 サポートについて 3 給 与 計 算 まで 全 体 の 流 れ 4 申 込 み~ダウンロード 5 インストール 6 バージョンアップについて ------------------

More information

Acrobat早分かりガイド

Acrobat早分かりガイド Adobe PDF を 加 工 編 集 する PDF を 再 利 用 する PDF ファイルの Word 文 書 書 き 出 し [ 名 前 を 付 けて 保 存 ] ダイアログが 開 くので ファイルの 書 き 出 し 先 を 指 定 し [ 保 存 ] ボタンをクリックします Acrobat を 使 用 すると Adobe PDF から Word の フォーマットに 書 き 出 してファイルを

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション WebARENA SuiteX V2 EC-CUBE 2.13 インストールマニュアル( 標 準 MySQL+ 独 自 SSL ) 作 成 :2014 年 2 月 Ver.1.1 注 意 事 項 EC-CUBEは 株 式 会 社 ロックオンの 提 供 するソフトウェアです ここでは 株 式 会 社 ロックオンから 提 供 されているEC-CUBEバージョン2.13 のパッケージをご 利 用 される

More information

SonicWeb2.1操作マニュアル

SonicWeb2.1操作マニュアル 地 図 情 報 ねりまっぷ では 以 下 のことができます 1. はじめに... 1 1.1 地 図 情 報 ねりまっぷの 機 能... 1 1.2 動 作 環 境... 2 1.3 マニュアル 表 記 について... 3 1.3.1 操 作 手 順...3 1.3.2 コントロール 等 の 表 記...3 1.3.3 操 作 上 のヒントなど...3 1.3.4 その 他 マニュアル 表 記 上

More information

ご 注 意 1. 本 ソフトウェアの 著 作 権 は 株 式 会 社 サトーにあります 2. 本 ソフトウェアおよびマニュアルの 一 部 または 全 部 を 無 断 で 使 用 複 製 することはできません 3. 本 ソフトウェアは コンピュータ 1 台 につき 1セット 購 入 が 原 則 となっ

ご 注 意 1. 本 ソフトウェアの 著 作 権 は 株 式 会 社 サトーにあります 2. 本 ソフトウェアおよびマニュアルの 一 部 または 全 部 を 無 断 で 使 用 複 製 することはできません 3. 本 ソフトウェアは コンピュータ 1 台 につき 1セット 購 入 が 原 則 となっ Multi LABELIST V5 練 習 マニュアル - - 2014.3 第 2 版 2014 年 3 月 18 日 株 式 会 社 サトー ご 注 意 1. 本 ソフトウェアの 著 作 権 は 株 式 会 社 サトーにあります 2. 本 ソフトウェアおよびマニュアルの 一 部 または 全 部 を 無 断 で 使 用 複 製 することはできません 3. 本 ソフトウェアは コンピュータ 1 台

More information

機 能 概 要 概 要 平 成 24 年 度 シームレスな 地 域 連 携 医 療 の 実 現 実 証 事 業 に 対 応 するため 地 域 連 携 システム( 能 登 北 部 版 )を 構 築 する 機 能 < 機 能 追 加 変 更 一 覧 > 1. 画 像 連 携 機 能 院 内 で 撮 影

機 能 概 要 概 要 平 成 24 年 度 シームレスな 地 域 連 携 医 療 の 実 現 実 証 事 業 に 対 応 するため 地 域 連 携 システム( 能 登 北 部 版 )を 構 築 する 機 能 < 機 能 追 加 変 更 一 覧 > 1. 画 像 連 携 機 能 院 内 で 撮 影 厚 生 労 働 省 シームレスな 健 康 情 報 活 用 基 盤 実 証 事 業 地 域 連 携 システム システム 仕 様 書 1 機 能 概 要 概 要 平 成 24 年 度 シームレスな 地 域 連 携 医 療 の 実 現 実 証 事 業 に 対 応 するため 地 域 連 携 システム( 能 登 北 部 版 )を 構 築 する 機 能 < 機 能 追 加 変 更 一 覧 > 1. 画 像 連

More information

HYEC.ORGにおけるWinSCPの設定方法

HYEC.ORGにおけるWinSCPの設定方法 HYEC.ORG における WinSCP の 使 用 方 法 著 :HYEC.ORG 1. 始 めに このドキュメントは WinSCP の 使 用 方 法 について 簡 単 にまとめたものです このドキュメントを 読 み 始 める 前 にキーペアを 作 成 しておいてください キーペアの 作 成 方 法 については HYEC.ORG におけるキーペアの 作 成 方 法 に 手 順 をまとめてありますので

More information

FOCUSシステムへのSSL-VPNによるログイン手順

FOCUSシステムへのSSL-VPNによるログイン手順 FOCUS システム SSL-VPN 利 用 者 マニュアル 第 1.05 版 (2013 年 1 月 版 ) SSL-VPN を 利 用 する 際 の 動 作 環 境 - 1 - ( 第 1.05 版 ) FOCUS システムへの SSL-VPN 接 続 では Java によるポートフォワーディング 方 式 を 用 いて FOCUS 内 のサーバと 接 続 します その 際 に 使 用 する 利

More information

(3) 下 記 画 面 が 表 示 されます 参 照 ボタンを 押 下 すると 図 5.1-4フォルダ 指 定 画 面 が 表 示 されるので 保 存 先 を 指 定 し OKボタン を 押 下 します 展 開 ボタンを 押 下 します 図 5.1-3 ファイルの 展 開 先 ( 保 存 場 所 )

(3) 下 記 画 面 が 表 示 されます 参 照 ボタンを 押 下 すると 図 5.1-4フォルダ 指 定 画 面 が 表 示 されるので 保 存 先 を 指 定 し OKボタン を 押 下 します 展 開 ボタンを 押 下 します 図 5.1-3 ファイルの 展 開 先 ( 保 存 場 所 ) 第 5 章 Java ポリシーの 設 定 5.1 Java ポリシー 設 定 ツールのダウンロードと 解 凍 Java のインストールが 終 了 致 しましたら 電 子 入 札 システムポータルサイトより Java ポリシー 設 定 ツールをダウンロードします Java ポリシー 設 定 ツールは OS のバージョンによって 異 なります 適 切 なものをダウンロードしてください Window10(32bit

More information

ID:MAN18H2165

ID:MAN18H2165 ID:MAN13H3070 HGSEALED for Web 管 理 者 マニュアル 注 意 事 項 株 式 会 社 ハイパーギア 株 式 会 社 ハイパーセキュア 許 可 なく 複 製 翻 案 または 翻 訳 することを 禁 止 します Copyright(c) HyperGEAR, Inc. / HyperSECURE,Inc. 2011-2015 Ver.3.2.2.6 2015/09/24

More information

SciFinder (Web 版) エラーへの対処法

SciFinder (Web 版) エラーへの対処法 SciFinder (Web 版 ) のエラーへの 対 処 法 2013 年 6 月 27 日 改 訂 SciFinder (Web 版 )でエラーが 起 きた 場 合 は,まずはご 利 用 環 境 が 推 奨 環 境 下 にあるかどうかをご 確 認 ください. http://www.jaici.or.jp/sci/scifinder/require.html 特 に Java は 最 新 バージョンの

More information

ADSFamilyVer9セットアップ手順

ADSFamilyVer9セットアップ手順 ADS Ver9 セットアップ ガ イ ド 対 象 製 品 〇 ADS-win スタンドアロン 版 〇 ADS-LAX 〇 ADS-LA 平 成 25 年 7 月 生 活 産 業 研 究 所 株 式 会 社 目 次 はじめに... 3 1. 動 作 環 境... 3 2. 注 意 事 項... 4 3.ソフトウェアのセットアップ(スタンドアロン 版 )... 5 1)セットアップ 概 要... 5

More information

1.3. アドインボタンの 場 所 2007 / 2010 / 2013 / 2016 の 各 バージョンのアプリケーションにおいては アドインボタン はリボン 名 アンテナハウス に 登 録 されます アドインボタンの 表 示 状 態 (Word 2010 の 例 ) アドインボタンの 表 示 状

1.3. アドインボタンの 場 所 2007 / 2010 / 2013 / 2016 の 各 バージョンのアプリケーションにおいては アドインボタン はリボン 名 アンテナハウス に 登 録 されます アドインボタンの 表 示 状 態 (Word 2010 の 例 ) アドインボタンの 表 示 状 1. Antenna House PDF Driver の Office アドイン 機 能 について 本 機 能 は PDF Driver のバンドル 製 品 の 仕 様 やライセンスの 種 類 などにより 実 装 さ れていない 場 合 があります 1.1. アドイン 機 能 の 概 要 PDF Driver は Microsoft Word Excel PowerPoint のアドイン 機 能

More information

はじめに このたびは フリーウェイ 確 定 申 告 をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 は フリーウェイ 確 定 申 告 の 操 作 方 法 について 説 明 しています 本 システムをご 使 用 になる 前 また 必 要 に 応 じて 本 書 を 参 照 してください なお

はじめに このたびは フリーウェイ 確 定 申 告 をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 は フリーウェイ 確 定 申 告 の 操 作 方 法 について 説 明 しています 本 システムをご 使 用 になる 前 また 必 要 に 応 じて 本 書 を 参 照 してください なお フリーウェイ 確 定 申 告 操 作 マニュアル はじめに このたびは フリーウェイ 確 定 申 告 をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 は フリーウェイ 確 定 申 告 の 操 作 方 法 について 説 明 しています 本 システムをご 使 用 になる 前 また 必 要 に 応 じて 本 書 を 参 照 してください なお 本 書 の 内 容 は 本 システムの 操 作 に

More information

ワンタッチプライバシー ユーザーズマニュアル

ワンタッチプライバシー ユーザーズマニュアル ワンタッチプライバシー ユーザーズマニュアル B5FW-0341-01 Z0 目 次 マニュアルの 表 記... 3 1.ワンタッチプライバシーへようこそ... 4.ワンタッチプライバシーを 使 うための 準 備... 5-1. 初 回 起 動 時 の 設 定... 5 -. 起 動 時 のパスワード 入 力... 8 3.データを 登 録 する... 9 3-1. データを 登 録 するうえでの

More information

入札情報サービスシステム(職員)

入札情報サービスシステム(職員) 那 須 塩 原 市 電 子 入 札 システム 受 注 者 向 け クライアント 設 定 マニュアル 目 次 1. はじめに...1 1.1. 設 定 手 順...1 1.2. 準 備...1 2. 環 境 設 定...2 2.1. 機 器 等 の 準 備...2 2.2. 電 子 証 明 書 (IC カード)の 準 備...2 2.3. IC カード 等 のセットアップ...2 2.4. Java

More information

Microsoft Word - 受講者「操作全般」マニュアル(琉球大).docx

Microsoft Word - 受講者「操作全般」マニュアル(琉球大).docx 教 員 免 許 状 更 新 講 習 管 理 システム 受 講 者 操 作 全 般 マニュアル( 琉 球 大 学 ) 目 次 1. はじめに... - 1-2. システムトップの 画 面 構 成... - 2-3. 受 講 者 ID を 取 得 する... - 6-4. 本 システムにログインする... - 11-5. 本 システムからログオフする... - 11-6. 受 講 科 目 の 予 約 を

More information

目 次 必 ずお 読 みください...2 1. 接 続 方 法...2 1-1 WEB ブラウザ 操 作 方 法... 3 1-2 閲 覧 用 PC で 直 接 ZERO 本 体 と 接 続 する 場 合... 3 2. 各 ページについて...3 2-1 発 電 状 況 画 面 表 示... 3

目 次 必 ずお 読 みください...2 1. 接 続 方 法...2 1-1 WEB ブラウザ 操 作 方 法... 3 1-2 閲 覧 用 PC で 直 接 ZERO 本 体 と 接 続 する 場 合... 3 2. 各 ページについて...3 2-1 発 電 状 況 画 面 表 示... 3 Solar Link ZERO WEB アプリケーション 取 扱 説 明 書 Ver1.2 株 式 会 社 ラプラス システム 2010 年 10 月 4 日 目 次 必 ずお 読 みください...2 1. 接 続 方 法...2 1-1 WEB ブラウザ 操 作 方 法... 3 1-2 閲 覧 用 PC で 直 接 ZERO 本 体 と 接 続 する 場 合... 3 2. 各 ページについて...3

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション インターネット 出 願 手 引 き (システムWAKABA 継 続 入 学 申 請 手 引 き) 目 次 1.システムWAKABAトップ 画 面 2 2. 学 生 種 選 択 画 面 3 3. 出 願 申 請 画 面 (1) 全 科 履 修 生 の 場 合 4 (2) 全 科 履 修 生 以 外 の 場 合 6 4.オンライン 授 業 8 5. 科 目 登 録 申 請 画 面 (1) 授 業 種 別

More information

fusion_place は 株 式 会 社 フュージョンズの 商 標 です Oracle, Java は 米 国 Oracle Corporation の 米 国 およびその 他 の 国 における 商 標 または 登 録 商 標 です Microsoft, Windows, Windows Vis

fusion_place は 株 式 会 社 フュージョンズの 商 標 です Oracle, Java は 米 国 Oracle Corporation の 米 国 およびその 他 の 国 における 商 標 または 登 録 商 標 です Microsoft, Windows, Windows Vis fusion_place インストールマニュアル スタンドアロン 編 対 応 製 品 バージョン:3.0 第 3.0 版 :2014 年 10 月 15 日 Copyright 2014- fusions corporation fusion_place は 株 式 会 社 フュージョンズの 商 標 です Oracle, Java は 米 国 Oracle Corporation の 米 国 およびその

More information

SciFinder (Web 版) エラーへの対処法

SciFinder (Web 版) エラーへの対処法 SciFinder (Web 版 ) のエラーへの 対 処 法 化 学 情 報 協 会 2012 年 4 月 改 訂 ケース1:SciFinder (Web 版 ) にアクセスできない 症 状 : ブラウザの お 気 に 入 り から SciFinder (Web 版 ) にアクセ スしている 場 合, 左 記 のエラ ー (HTTP 500 内 部 サーバー エラー)によりアクセスできな い. 解

More information

プランセスPDF印刷 Plus マニュアル

プランセスPDF印刷 Plus マニュアル プランセス PDF 印 刷 Plus マニュアル 最 終 更 新 日 : 2015 年 12 月 2 日 株 式 会 社 プランセス PDF No Save サポート 1. ( 機 能 1) 許 可 するプリンターを 限 定 する の 概 要 パスワード 制 御 機 能 がメインの 目 的 でご 購 入 いただいている 場 合 も 本 機 能 は 使 われれることを 強 くお 勧 めします また 基

More information

医 療 費 自 己 負 担 額 支 払 明 細 書 入 力 シート - 目 次 - < 第 1 章 > 共 通 事 項 説 明 医 療 費 自 己 負 担 額 支 払 明 細 書 入 力 シート 目 次 1.1 本 システムの 注 意 点 1 1.2 入 力 項 目 について 1.2.1 基 本 情

医 療 費 自 己 負 担 額 支 払 明 細 書 入 力 シート - 目 次 - < 第 1 章 > 共 通 事 項 説 明 医 療 費 自 己 負 担 額 支 払 明 細 書 入 力 シート 目 次 1.1 本 システムの 注 意 点 1 1.2 入 力 項 目 について 1.2.1 基 本 情 医 療 費 自 己 負 担 額 支 払 明 細 書 入 力 シート - 目 次 - < 第 1 章 > 共 通 事 項 説 明 医 療 費 自 己 負 担 額 支 払 明 細 書 入 力 シート 目 次 1.1 本 システムの 注 意 点 1 1.2 入 力 項 目 について 1.2.1 基 本 情 報 入 力 項 目 2 1.2.2 子 ども 医 療 費 明 細 入 力 項 目 3 1.2.3 ひとり

More information

システム設計書

システム設計書 二 松 學 舍 大 学 二 松 メール(Gmail) 利 用 マニュアル バージョン 2.00 発 効 日 改 訂 日 2016 年 04 月 06 日 二 松 学 舎 大 学 情 報 センター i 目 次 1. はじめに...1 2. 二 松 メール(Gmail)ログイン ログアウト 方 法...1 2.1. 二 松 メール(Gmail)ログイン 方 法... 1 2.2. 二 松 メール(Gmail)ログアウト

More information

沖縄科学技術研究基盤整備機構

沖縄科学技術研究基盤整備機構 第 3 章 Microsoft Outlook 利 用 マニュアル ( 利 用 者 向 け)/Windows 版 第 1.2 版 作 成 日 :2011/10/21 株 式 会 社 オーシーシー. 更 新 履 歴 日 付 版 更 新 内 容 2011/05/31 1.0 初 版 の 作 成 2011/10/14 1.1 文 言 修 正 by 尾 崎 @OIST 2011/10/21 1.2 文 言

More information

Microsoft Word - k-k_1-6.doc

Microsoft Word - k-k_1-6.doc 個 人 向 けインターネットバンキング 推 奨 環 境 と 設 定 について 新 システムにおけるインターネットバンキングの 推 奨 環 境 は 以 下 のとおりです 推 奨 環 境 には 開 発 元 のサポートが 終 了 し セキュリティ 更 新 プログラム 等 の 提 供 が 行 わ れていないOSやブラウザは 含 まれません また 推 奨 環 境 については 動 作 確 認 をしておりますが

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332D375F6F6E746865487562979897708ED2837D836A83858341838B32303136303833305F8D8296D882A282EB82A282EB8F4390B32E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332D375F6F6E746865487562979897708ED2837D836A83858341838B32303136303833305F8D8296D882A282EB82A282EB8F4390B32E646F6378> 学 向 け onthehub 利 者 マニュアル 次 概 要 利 条 件 3 2 近 畿 学 学 向 け 専 サイトでのアカウント 登 録 について 3 3 プロダクトキーの 発 について 4 4 インストール 5 4. 事 前 確 認 5 4.2 インストールメディア 作 成 6 4.2. 7 4.2.2 8 4.2.3

More information

(Microsoft PowerPoint - D-SPA_NTML\224F\217\330\202\311\202\302\202\242\202\30420120621.pptx)

(Microsoft PowerPoint - D-SPA_NTML\224F\217\330\202\311\202\302\202\242\202\30420120621.pptx) option i-filter for D-SPA NTLM 認 証 - 基 本 設 定 説 明 資 料 デジタルアーツ 株 式 会 社 営 業 部 セールスエンジニア 課 NTLM 認 証 のメリット シングルサインオンによるWebアクセス 管 理 を 実 現! 認 証 サーバー 上 のグループ 情 報 を 用 いたルール 振 り 分 けも 可 能 ユーザー 追 加 削 除 時 などの 運 用 管

More information

従 来 版 をすでにご 利 用 の 方 の 場 合 互 換 表 示 設 定 がある 状 態 になっていると 思 わ れますので 必 ず 解 除 の 設 定 を 行 ってください 従 来 版 では IE の 10 以 上 では 互 換 表 示 設 定 が 必 要 でした

<IE の 設 定 について> 従 来 版 をすでにご 利 用 の 方 の 場 合 互 換 表 示 設 定 がある 状 態 になっていると 思 わ れますので 必 ず 解 除 の 設 定 を 行 ってください 従 来 版 では IE の 10 以 上 では 互 換 表 示 設 定 が 必 要 でした 地 盤 情 報 検 索 サイト KuniJiban の 新 たな 検 索 画 面 ( 地 理 院 地 図 版 )について これまで 本 サイトで 地 盤 情 報 検 索 の 背 景 地 図 として 使 用 しておりました 電 子 国 土 web システム が 平 成 27 年 7 月 に 運 用 を 停 止 することから 新 たに 地 理 院 地 図 を 背 景 地 図 とする 検 索

More information

スライド 1

スライド 1 セキュリティ 安 心 ブラウザ Android 版 WEBフィルタリングソフト 簡 単 マニュアル 本 マニュアルはAndroid4.2.2をベースに 構 成 しております 端 末 やOSのバージョンによって 名 称 が 違 う 場 合 があります ファイナル スマホ セキュリティのインストール ファイナル スマホ セキュリティの 初 期 設 定 ファイナル スマホ セキュリティの 使 い 方 (ブラウザ)

More information

エ CarotDAV が 起 動 すると 次 のようなウィンドウが 表 示 されます メニューバーにある File から New Connection の WebDAV を 選 択 します オ 次 のような 設 定 画 面 が 表 示 されたら General タブでネットワークアドレスなどを 設

エ CarotDAV が 起 動 すると 次 のようなウィンドウが 表 示 されます メニューバーにある File から New Connection の WebDAV を 選 択 します オ 次 のような 設 定 画 面 が 表 示 されたら General タブでネットワークアドレスなどを 設 Windows7での WebDAV 接 続 Windows7 などでは ネットワークドライブの 割 り 当 て や ネットワークドライブの 割 り 当 て という 従 来 の 方 法 では 認 証 がうまく 通 らず WebDAV の 利 用 が 簡 単 に 利 用 できなくなってきました そこで ここでは 次 の フリーソフト CarotDAV の 利 用 についてご 紹 介 します ご 参 考

More information

4. 発 注 者 コード 及 び 成 績 評 定 8 (Q4-1) 該 当 の 発 注 者 コードが 付 与 されていないので 追 加 してください... 8 (Q4-2) 発 注 者 コードが 不 正 確 空 白 のものがあり 点 数 を 入 力 できません 成 績 評 定 の 入 力 ができませ

4. 発 注 者 コード 及 び 成 績 評 定 8 (Q4-1) 該 当 の 発 注 者 コードが 付 与 されていないので 追 加 してください... 8 (Q4-2) 発 注 者 コードが 不 正 確 空 白 のものがあり 点 数 を 入 力 できません 成 績 評 定 の 入 力 ができませ 2012.06.26 検 索 システムFAQ( 目 次 ) 1.PUBDIS 登 録 ( 対 象 等 ) 3 (Q1-1)PFI のテクニカルアドバイザリー 業 務 のような 調 査 業 務 は 登 録 できますか... 3 (Q1-2) 業 務 カルテは 受 注 金 額 によって 受 付 けているのですか また 業 務 受 注 時 に PUBDIS センターから 何 か 書 類 を 出 していますか...

More information