NAVFAC P307 DEC 2009 Japanese version

Size: px
Start display at page:

Download "NAVFAC P307 DEC 2009 Japanese version"

Transcription

1 クレーン 等 搬 送 装 置 及 び 玉 掛 け 用 具 管 理 規 定 NAVFAC P-307 DECEMBER 2009 CHANGE 1 March 2011 CHANGE 2 August 2011 CHANGE 3 June 2012

2 NAVFAC P-307 を 次 のアドレス にアクセスしてダウン ロードすることができます 印 刷 版 の 注 文 は https://nll.ahf.nmci.navy.mil/(pki デジタ ル 認 証 必 要 )にアクセスするか 以 下 の 問 合 せ 先 にお 問 い 合 わせ 下 さい Naval Inventory Control Point ATTN: NAVICP Room Robbins Avenue Philadelphia, PA Phone: (215) DSN: Fax: (215) 在 庫 番 号 LP 機 密 保 持 要 件 が 強 化 されたことにより the Naval Logistics Library にアクセスするに は System Authorization Access Request (SAAR) の 提 出 が 必 須 となります 上 記 の SAAR に 関 する 詳 細 および 書 式 については the Naval Inventory Control Point ヘルプデ スクにお 問 い 合 わせ 下 さい

3 Official Text( 正 文 ) This publication is a Japanese version of NAVFAC P-307 (December 2009) with Change 1, Change 2 and Change 3, translated by Lifting and Handling Department (Code 700) of U.S. Naval Ship Repair Facility and Japan Regional Maintenance Center, Yokosuka. Translations are to be used solely as reference material to aid in the understanding of English regulations. Should any inconsistency arise between the English and Japanese versions of NAVFAC P-307 (December 2009) with Change 1, Change 2 and Change 3, the English version shall prevail. Code 700 will not be responsible for any consequence resulting from use of the information on this publication. 本 書 は 米 海 軍 横 須 賀 艦 船 修 理 廠 日 本 地 区 造 修 統 括 本 部 クレンー 管 理 部 (コード 700)が NAVFAC P-307(2009 年 12 月 版 )ならびに 改 正 1 改 正 2 および 改 正 3 の 英 語 版 を 翻 訳 したものです なお 翻 訳 はあくまで 英 語 の 規 則 の 理 解 を 助 けるための 参 考 資 料 です NAVFAC P-307(2009 年 12 月 版 )ならびに 改 正 1 改 正 2 および 改 正 3 の 英 語 版 と 日 本 語 版 の 間 で 矛 盾 が 生 じた 場 合 英 語 版 を 優 先 するものとします コー ド 700 は 本 書 の 利 用 によって 生 じたいかなる 問 題 について 責 任 を 負 うものではあり ません

4 序 文 本 書 は 海 軍 の 陸 上 施 設 にあるクレーン 等 搬 送 装 置 ( 以 下 WHE と 略 す)および 非 海 軍 施 設 における WHE の 管 理 保 守 検 査 試 験 認 証 改 造 修 理 および 運 転 に 係 る 海 軍 統 一 プログラムを 規 定 するものである 本 書 の 目 的 は 機 器 の 安 全 な 運 転 を 確 保 し 安 全 で 効 率 的 な 荷 役 作 業 の 実 施 を 確 保 し かつ 機 器 の 最 適 な 耐 用 年 数 を 確 保 すること にある SECNAVINST は Naval Facilities Engineering Command (COMNAVFACENGCOM) 司 令 官 に 対 し 陸 上 で 使 用 される WHE に 係 る 海 軍 の 包 括 的 管 理 任 務 を 命 じるとともに 海 軍 クレーンセンター (NCC) の 設 立 を 認 めるものである 海 軍 クレーンセンター 指 揮 官 は 海 軍 WHE の 安 全 および 信 頼 性 に 関 わる 諸 事 項 について 海 軍 司 令 長 官 および 軍 事 施 設 環 境 担 当 の 海 軍 次 官 補 に 直 接 報 告 する 権 限 を 有 する SECNAV は COMNAVFACENGCOM 発 令 の 方 針 および 指 示 に 従 い WHE プロ グラムを 策 定 し これを 遵 守 するよう 命 じるものである 海 軍 クレーンセンターの 責 務 には 以 下 を 含 む NAVFACINST に 従 い 所 定 の 形 式 の WHE を 調 達 する WHE の 設 計 保 守 試 験 認 証 および 運 転 に 係 る 方 針 を 策 定 する WHE に 携 わる 要 員 の 教 育 要 件 および 資 格 要 件 を 策 定 する WHE を 所 有 ならび に 運 転 する 部 隊 を 監 査 する 特 別 な 計 画 に 属 するクレーンの 部 隊 認 証 の 確 認 を 行 う WHE および OSHA 規 則 により 公 認 の 認 可 が 要 求 される 関 連 機 器 の 認 証 を 行 う 機 器 の 不 具 合 の 傾 向 を 追 跡 調 査 し さらに クレーン 安 全 勧 告 ならびに 不 具 合 通 知 を 発 行 する クレーン 事 故 のデータを 収 集 するとともに 重 大 事 故 の 事 故 調 査 ならびに 事 故 から 得 た 教 訓 を 公 表 する クレーンの 改 造 に 係 る 審 査 および 承 認 を 行 う 所 定 の WHE の 設 定 管 理 を 維 持 する 技 術 的 な 支 援 を 提 供 する 本 書 は SECNAV および COMNAVFACENGCOM 方 針 により 必 要 に 応 じて 工 業 規 格 を 採 用 している 海 軍 クレーンセンターから 事 前 の 許 可 なく これらの 基 準 から 逸 脱 する ことを 認 めていない 本 書 は NAVFAC P 年 6 月 版 に 代 わり 優 先 されるものである 本 書 は SECNAVINST に 定 めるところにより 見 直 され 承 認 を 受 けたものである 改 正 内 容 は それぞれの 該 当 ページに 注 釈 されており さらに 改 正 の 概 要 において 解 説 する 海 軍 の 陸 上 部 隊 は 特 別 の 指 示 がある 場 合 を 除 いて 1 年 以 内 に 改 正 事 項 に 完 全 に 従 わ なければならない W.G. SHEAR JR. Rear Admiral, CEC, U.S. Navy Commander Naval Facilities Engineering Command i

5 許 可 承 認 下 記 文 献 の 一 部 複 製 許 可 を 米 国 機 械 技 師 協 会 (The American Society of Mechanical Engineers) から 受 けている ASME B30.2, 天 井 クレーンおよびガントリクレーン( 上 面 走 行 ブリッジ 単 複 ガーダ 上 面 走 行 式 ホイスト) ASME B30.4, ポータルクレーン タワークレーン ポスト 形 クレーン ASME B30.5, 移 動 式 クレーンおよび 鉄 道 クレーン ASME B30.6, デリック ASME B30.9, スリング ASME B30.22, 屈 曲 式 ブームクレーン ii

6 改 定 内 容 の 記 録 本 ページは P-307 本 版 への 今 後 の 改 定 を 記 録 するために 用 意 されたものである 改 定 番 号 日 付 タイトルまたは 改 定 の 内 容 記 録 者 名 1 3/31/2011 NDT 頻 度 移 動 式 クレー ンの 試 験 弾 薬 取 り 扱 い に 係 るコンプレックスリ フトルール 建 設 におい て 使 用 される 海 軍 クレー ンに 関 わる OSHA 改 正 ル ール 海 軍 クレーンセ ンター 2 8/11/2011 他 のサービスが 所 有 し かつ 海 軍 の 部 隊 で 操 作 されるクレーン 新 たにクレーンを 調 達 オーバーホール 他 の 方 針 について 明 確 化 海 軍 クレーンセ ンター 3 6/20/2012 弾 薬 運 搬 に 関 するコンプ レックスリフトルール 表 5-1 機 器 経 歴 ファイル の 記 述 誤 りを 訂 正 海 軍 クレーンセ ンター iii CHANGE 1 March 2011

7 改 定 の 概 要 この 改 定 の 概 要 は 利 用 者 にNAVFAC P-307の 旧 版 を 改 定 した 箇 所 を 確 認 しやすくする ために 設 けられたものである 文 章 内 の 変 更 箇 所 を 左 側 余 白 および 右 側 余 白 の 縦 線 で 示 す ページ 番 号 のみの 変 更 については 縦 線 で 示 さない 代 わりに この 改 定 の 概 要 に 記 述 する 1.4.k 項 OSHA の 建 設 の 定 義 を 特 別 な 定 義 に 追 加 した 項 移 動 式 クレーンに 係 る 新 試 験 荷 重 を 反 映 するために 変 更 した 1.7 項 玉 掛 け 用 具 および 多 用 途 型 機 械 に 係 る 要 件 を 追 加 した 1-7 ページ ページ 番 号 のみ 変 更 した c 項 建 設 で 使 用 するクレーンの 運 転 士 に 係 る 要 件 を 追 加 した g 項 OSHA の 参 照 を 更 新 した j 項 建 設 で 使 用 するクレーンの 合 図 員 に 係 る 要 件 を 追 加 した 項 建 設 で 使 用 するタワークレーンに 係 る 要 件 を 追 加 した 1-11 ページ ページ 番 号 のみ 変 更 した 1-12 ページ ページ 番 号 のみ 変 更 した 1-13 ページ ページ 番 号 のみ 変 更 した 1-14 ページ ページ 番 号 のみ 変 更 した 3.3 項 明 確 にするために 変 更 した 今 後 補 足 荷 重 試 験 状 態 検 査 証 明 書 が 移 動 式 ク レーンには 必 須 である h 項 クレーンの 組 立 ておよび 分 解 に 係 る 新 しい 追 加 要 件 を 相 互 に 参 照 する 新 しい 項 目 項 明 確 にするために 変 更 した 項 明 確 にするために 変 更 した 項 移 動 式 クレーンに 係 る 新 試 験 荷 重 を 反 映 するために 変 更 した iv CHANGE 1 March 2011

8 3.7.1 項 移 動 式 クレーンに 係 る 新 試 験 荷 重 を 反 映 するために 変 更 した 項 ウォーターバッグ 型 試 験 荷 重 はカテゴリー4 クレーンには 使 用 できない 事 を 明 確 にした 項 移 動 式 クレーンに 係 る 新 試 験 荷 重 を 反 映 するために 変 更 した 項 建 設 で 使 用 する 移 動 式 クレーンを 積 載 するために 使 用 するバージに 係 る 要 件 を 追 加 した 3-12 ページ ページ 番 号 のみ 変 更 した 図 3-1 移 動 式 クレーンの 新 試 験 を 反 映 するために 変 更 した 図 3-2 移 動 式 クレーンの 新 試 験 を 反 映 するために 変 更 した 表 5-1 (2) 項 建 設 で 使 用 する 移 動 式 クレーンに 係 る 追 加 要 件 (6) 項 明 確 にするために 変 更 した (33) 項 新 しい NDT 要 件 に 係 るフックの 材 質 を 記 録 保 存 する 新 項 目 項 建 設 で 使 用 する 海 軍 クレーンを 運 転 する 契 約 業 者 に 係 る 新 要 件 項 段 落 番 号 のみ 変 更 した 6-12 ページ ページ 番 号 のみ 変 更 した 項 明 確 にするために 変 更 した 9.1 項 建 設 で 使 用 する 海 軍 クレーンの 勤 務 毎 の 点 検 に 係 る 新 要 件 項 建 設 で 使 用 する 浮 きクレーンの 使 用 前 点 検 に 係 る 新 要 件 9.2 項 明 確 にするために 変 更 した 9-8 ページ ページ 番 号 のみ 変 更 した 9-9 ページ ページ 番 号 のみ 変 更 した v CHANGE 1 March 2011

9 項 建 設 で 使 用 するクレーンの 運 転 安 全 装 置 一 般 安 全 装 置 および 運 転 補 助 装 置 に 係 る 新 要 件 10.3 項 明 確 にするために 変 更 した OEM が 提 供 しない 場 合 に 部 隊 が 取 扱 説 明 書 を 作 成 する 要 件 について 明 確 にした 10.4.a 項 コンプレックスリフトおよび 爆 発 物 のつり 上 げに 関 して NAVSEA OP-5 と NAVFAC P-307 との 関 連 性 を 明 確 にした 項 および 削 除 した 注 記 コンプレックスリフトのルールに 対 する 例 外 事 項 を 明 確 にした 10-6 ページ ページ 番 号 のみ 変 更 した c 項 傾 斜 装 置 を 使 用 して 弾 薬 のつり 上 げはコンプレックスリフトであること を 明 確 にした 10.5 項 所 定 の 荷 重 表 示 装 置 の 形 式 と 表 示 器 について 明 確 にした 項 クレーンの 運 転 または 組 立 ておよび 分 解 に 求 められる 地 盤 の 状 態 について 要 点 を 記 述 した 10.6 項 音 声 を 転 送 する 装 置 および 指 示 に 係 る 要 点 を 記 述 した 10.7 項 つり 荷 が 落 下 する 区 域 に 立 ち 入 りが 許 される 作 業 員 に 係 る 要 点 を 記 述 した 項 作 業 区 域 の 管 理 に 係 る 新 要 件 項 段 落 番 号 のみ 変 更 した 項 クレーンの 組 立 ておよび 分 解 に 係 る 追 加 要 件 項 組 立 ておよび 分 解 中 のアウトリガーおよびスタビライザーに 係 る 要 件 項 組 立 て 後 の 検 査 要 件 項 ラチスブーム 組 立 ておよび 分 解 に 係 る 特 別 要 件 項 架 空 送 配 電 線 付 近 での 組 立 ておよび 分 解 要 件 10.8.b 項 OSHA 参 照 を 更 新 した 10.8.c 項 OSHA 要 件 を 更 新 した vi CHANGE 1 March 2011

10 項 OSHA 要 件 を 更 新 した 項 OSHA 要 件 を 更 新 した 項 OSHA 要 件 を 更 新 した 項 OSHA 要 件 を 更 新 した 項 OSHA 要 件 を 更 新 した 項 送 電 電 圧 が 350KV 未 満 の 場 合 の 最 低 離 隔 距 離 は 現 在 20 フィートで 350KV を 超 える 場 合 には 50 フィートである 所 定 の 作 業 区 域 の 定 義 項 打 ち 合 わせの 計 画 と 所 定 の 監 視 人 に 係 る 詳 しい 要 件 項 運 転 士 が 設 置 した 警 告 ロープを 視 認 できない 場 合 の 追 加 要 件 について 詳 し く 説 明 項 送 配 電 線 下 での 作 業 項 通 信 塔 付 近 での 作 業 項 送 配 電 線 下 での 移 動 ページ ページ 番 号 のみ 変 更 した ページ ページ 番 号 のみ 変 更 した ページ ページ 番 号 のみ 変 更 した ページ ページ 番 号 のみ 変 更 した ページ ページ 番 号 のみ 変 更 した ページ ページ 番 号 のみ 変 更 した 図 10-3 最 低 必 要 離 隔 距 離 を 更 新 した 附 則 E 1.1 項 公 称 試 験 荷 重 を 変 更 試 験 荷 重 が 該 当 するクレーンを 明 確 にした 1.4 項 NDT を 実 施 するためにフックの 分 解 を 要 求 した vii CHANGE 1 March 2011

11 1.4.1 項 参 照 を 更 新 した および 項 特 定 のフックに 係 る 新 しい 特 別 要 件 および 目 視 検 査 要 件 項 フック NDT 要 件 を 変 更 した 項 小 さな 穴 の 内 部 の NDT 適 用 範 囲 を 明 確 にした 変 更 した NDT 要 件 に 合 わせて 要 件 を 更 新 した 項 検 査 業 者 に 係 る 要 件 を 変 更 した 項 フックの 識 別 に 係 る 要 件 を 更 新 した 項 NDT 要 件 を 変 更 した E-6 ページ ページ 番 号 のみ 変 更 した E-7 ページ ページ 番 号 のみ 変 更 した E-8 ページ ページ 番 号 のみ 変 更 した E-9 ページ ページ 番 号 のみ 変 更 した E-10 ページ ページ 番 号 のみ 変 更 した E-11 ページ ページ 番 号 のみ 変 更 した E-12 ページ ページ 番 号 のみ 変 更 した E-13 ページ ページ 番 号 のみ 変 更 した E-14 ページ ページ 番 号 のみ 変 更 した E-15 ページ ページ 番 号 のみ 変 更 した E-16 ページ ページ 番 号 のみ 変 更 した 5. 項 クレーンの 種 類 ごとに 該 当 する 試 験 および 概 要 説 明 を 明 確 にした 5.1 項 移 動 式 クレーンの 新 しい 公 称 試 験 荷 重 を 定 格 荷 重 の 105 パーセントとす る viii CHANGE 1 March 2011

12 5.2 項 安 定 度 試 験 に 代 えて 荷 重 モーメントを 反 映 するために 更 新 した 5.3 項 明 確 にするために 変 更 した 5.4 項 ラチスブームクレーンを 含 めた 伸 縮 ブームクレーンに 係 る 試 験 をすべて 変 更 した 5.5 項 ラチスブームクレーンに 係 る 試 験 をすべて 変 更 した 5.6 項 段 落 番 号 のみ 変 更 した 5.7 項 新 しい 参 照 試 験 を 採 り 入 れるために 試 験 を 変 更 した 5.8 項 新 しい 参 照 段 落 を 採 用 するために 変 更 した 項 ページ 番 号 のみ 変 更 した a 項 ページ 番 号 のみ 変 更 した d 項 注 ページ 番 号 のみ 変 更 した 項 ページ 番 号 のみ 変 更 した 項 ページ 番 号 のみ 変 更 した 項 ページ 番 号 のみ 変 更 した 項 新 しい 参 照 段 落 を 採 用 するために 変 更 した 5.9 項 段 落 番 号 のみ 変 更 した E-32 ページ ページ 番 号 のみ 変 更 した E-33 ページ ページ 番 号 のみ 変 更 した E-34 ページ ページ 番 号 のみ 変 更 した E-35 ページ ページ 番 号 のみ 変 更 した E-36 ページ ページ 番 号 のみ 変 更 した E-37 ページ ページ 番 号 のみ 変 更 した ix CHANGE 1 March 2011

13 8 項 タイヤ 式 ガントリクレーンの 適 用 範 囲 を 明 確 にした 8.1 項 試 験 荷 重 を 105 パーセントに 変 更 した E-39 ページ ページ 番 号 のみ 変 更 した E-40 ページ ページ 番 号 のみ 変 更 した 附 則 N 1.5.i 項 建 設 合 図 員 の 教 育 および 資 格 に 係 る 新 要 件 1.7 項 注 c,d,c,e および f 建 設 合 図 員 の 教 育 に 係 る 新 要 件 N-5 ページ ページ 番 号 のみ 変 更 した 附 則 P 附 則 Q P-2, 契 約 業 者 クレーンまたは 玉 掛 け 作 業 チェックリスト OSHA の 参 照 を 更 新 し た P-2, 契 約 業 者 クレーンまたは 玉 掛 け 作 業 チェックリスト 列 記 した 項 目 の 番 号 を 付 け 直 した 参 照 39, 40, 41 SAE J122 を 削 除 して 番 号 を 付 け 直 した x CHANGE 1 March 2011

14 改 定 の 概 要 この 改 定 の 概 要 は 利 用 者 にNAVFAC P-307の 旧 版 を 改 定 した 箇 所 を 確 認 しやすくする ために 設 けられたものである 文 章 内 の 変 更 箇 所 を 左 側 余 白 および 右 側 余 白 の 縦 線 で 示 す ページ 番 号 のみの 変 更 については 縦 線 で 示 さない 代 わりに この 改 定 の 概 要 に 記 述 する 1.1. 項 共 同 基 地 および 他 の 基 地 の 海 軍 部 隊 は WHE が 誰 の 所 有 であるかに 関 係 なく P-307 に 従 う 必 要 があることを 明 確 にした WHE の 調 達 およびオーバーホールに 関 す る 参 照 規 則 を 追 加 した 1-2 ページ ページ 番 号 のみ 変 更 した 項 SSP OD および NAVSEA 弾 薬 運 搬 機 器 は 本 書 が 適 用 される 弾 薬 運 搬 機 器 ( 第 14 章 型 機 器 およびクレーン 以 外 )からは 除 外 されることを 明 確 にした これは 変 更 ではなく 明 確 化 である および 1-7 ページ ページ 番 号 のみ 変 更 した e 項 誤 字 を 訂 正 した 最 初 の 文 章 中 にある or から of に 変 更 した 1-9 および 1-10 ページ ページ 番 号 のみ 変 更 した 項 海 軍 の 部 隊 において 海 軍 の 要 員 が 非 海 軍 所 有 の WHE を 操 作 する 場 合 の 要 件 を 説 明 する 段 落 を 追 加 した 1.8 項 共 同 基 地 において 海 軍 の 部 隊 がテナントとして 駐 留 し かつ クレーンサービ スの 提 供 者 ではない 場 合 の 要 件 を 明 確 にした この 説 明 は 追 加 が 加 えられた 項 の 要 件 を 採 り 入 れたものである 共 同 基 地 において 海 軍 がクレーンサービスの 提 供 者 で ある 場 合 の 要 件 は 現 行 のとおりとする 1.9 項 非 海 軍 所 有 で かつ 非 海 軍 が 操 作 する WHE に 対 して 海 軍 の 要 員 が 検 査 保 守 試 験 または 認 証 を 行 う 場 合 の 要 件 を 明 確 にするために 段 落 を 移 動 して 番 号 を 付 け 替 えた および 1.13 項 段 落 番 号 のみ 変 更 した xi CHANGE 2 August 2011

15 改 定 の 概 要 この 改 定 の 概 要 は 利 用 者 にNAVFAC P-307の 旧 版 を 改 定 した 箇 所 を 確 認 しやすくする ために 設 けられたものである 文 章 内 の 変 更 箇 所 を 左 側 余 白 および 右 側 余 白 の 縦 線 で 示 す ページ 番 号 のみの 変 更 については 縦 線 で 示 さない 代 わりに この 改 定 の 概 要 に 記 述 する 表 5-1 (9) 項 海 軍 クレーンセンターウェブサイト 上 の 改 定 2 版 において 誤 って 削 除 さ れていた 項 目 を 追 加 した 10.4.a. 項 弾 薬 運 搬 に 関 するコンプレックスリフトルールを 明 確 にした d 項 容 量 の 80 パーセントを 超 えるつり 上 げによってコンプレックスリフトに 該 当 するという 要 件 から 弾 薬 をつり 上 げるカテゴリー 3 クレーンを 除 外 した 項 弾 薬 を 運 搬 するクレーンに 関 するコンプレックスリフト 要 件 のルールを 監 督 者 が 説 明 することを 明 確 にした a 項 d 項 に 例 外 を 注 記 した xii CHANGE 3 June 2012

16 目 次 序 文 許 可 承 認 改 正 内 容 の 記 録 改 正 の 概 要 i ii iii iv 章 1 総 括 保 守 使 用 許 可 認 証 改 造 機 器 経 歴 ファイル 運 転 士 免 許 制 度 運 転 士 の 資 格 および 試 験 免 許 取 得 手 順 および 書 類 作 成 運 転 士 が 行 う 点 検 安 全 運 転 追 加 要 件 クレーンおよび 玉 掛 け 用 具 事 故 の 事 故 調 査 および 報 告 教 育 および 資 格 玉 掛 け 用 具 およびその 他 の 機 器 14-1 附 則 A 専 門 用 語 集 A-1 B クレーン 等 搬 送 装 置 の 種 類 B-1 C カテゴリー1 クレーンの 年 次 保 守 検 査 仕 様 と 記 録 C-1 D カテゴリー2およびカテゴリー3 クレーンの 年 次 保 守 検 査 仕 様 と 記 録 D-1 E クレーン 試 験 手 順 E-1 F 荷 重 支 持 部 品 荷 重 制 御 部 品 および 運 転 安 全 装 置 の 例 F-1 G カテゴリー1 クレーンおよびカテゴリー4 クレーン 運 転 士 筆 記 試 験 基 本 問 題 G-1 H カテゴリー2 および 運 転 室 付 きカテゴリー3 クレーン 運 転 士 筆 記 試 験 基 本 問 題 H-1 I 移 動 式 ボートホイストおよびタイヤ 式 ガントリクレーン 運 転 士 筆 記 試 験 基 I-1 本 問 題 J カテゴリー1 クレーンおよびカテゴリー4 クレーン 運 転 士 運 転 実 技 試 験 要 領 J-1 K カテゴリー2 クレーンおよび 運 転 室 付 きカテゴリー3 クレーン 運 転 士 運 転 実 技 試 験 要 領 K-1 L 移 動 式 ボートホイスト 運 転 士 およびタイヤ 式 ガントリクレーン 運 転 士 運 転 実 技 試 験 要 領 L-1 M 海 軍 クレーンセンターによる 第 三 者 認 証 の 手 順 M-1 N 個 人 資 格 N-1 O クレーン 改 造 申 請 に 関 する 海 軍 クレーンセンター 方 針 および 指 針 O-1 P 契 約 業 者 クレーン 要 件 P-1 Q 参 考 文 献 Q-1 R 関 連 文 書 R-1 xi

17 目 次 索 引 索 引 -1 図 表 1-1 説 明 一 部 変 更 改 定 要 請 書 クレーン 等 搬 送 装 置 不 具 合 報 告 書 荷 重 試 験 状 態 検 査 証 明 書 荷 重 試 験 状 態 検 査 証 明 書 ( 移 動 式 クレーン 試 験 の 補 足 ) クレーン 状 態 検 査 記 録 クレーン 改 造 申 請 書 必 須 改 造 申 請 書 クレーン 運 転 免 許 申 請 書 クレーン 運 転 士 免 許 クレーン 運 転 士 免 許 記 録 クレーン 日 常 点 検 表 クレーンの 標 準 手 信 号 天 井 クレーン ガントリクレーンの 標 準 手 信 号 送 電 線 付 近 でクレーンおよびつり 荷 を 扱 う 作 業 における 危 険 区 域 ワイヤロープ 端 末 止 め 方 法 クレーン 玉 掛 け 用 具 事 故 報 告 書 クレーン 玉 掛 け 用 具 ニアミス 報 告 書 目 通 しつり 角 度 M-1 クレーン デリック およびその 他 の 荷 役 装 置 のユニット 試 験 および/また M-3 は 検 査 証 明 書 M-2 認 証 検 査 時 に 発 見 した 不 具 合 の 所 有 者 への 報 告 書 M-4 P-1 コンプライアンス 証 書 P-1 P-2 契 約 者 業 者 クレーン 運 転 チェックリスト P-2 表 5-1 機 器 経 歴 ファイル 設 置 方 法 に 応 じた 負 荷 定 格 クレーン 業 務 従 事 者 の 必 須 講 習 初 期 定 期 荷 重 試 験 の 試 験 荷 重 の 割 合 定 期 荷 重 試 験 の 頻 度 および 定 期 検 査 の 頻 度 チェーンスリングリンクのあらゆる 箇 所 における 最 低 許 容 厚 さ 各 種 ワイヤロープスリングの 効 率 係 数 スリングを 目 通 しつりにした 場 合 の 定 格 荷 重 肩 付 きアイボルトの 負 荷 荷 重 xii

18 第 1 章 総 括 1.1 序 文 本 書 は 海 軍 の 所 有 または 海 軍 施 設 部 隊 (NAVFAC) の 技 術 承 認 下 あるい はその 両 方 においてクレーン 等 搬 送 装 置 玉 掛 け 用 具 (WHE) の 保 守 点 検 試 験 認 証 修 理 改 造 操 作 および/または 使 用 に 関 する 要 件 を 規 定 するものである 対 象 となる 部 隊 には 海 軍 陸 上 部 隊 海 軍 建 設 部 隊 (NCF) 海 軍 特 殊 部 隊 (SOU) 海 軍 建 設 トレー ニングセンター (NCTC) が 含 まれている さらに 陸 上 を 拠 点 とする WHE を 運 転 する 海 軍 艦 隊 および 分 隊 のほかに 共 同 基 地 および 他 の 軍 事 施 設 および 機 関 の 基 地 に 駐 留 する 海 軍 部 隊 が 含 まれる これらの 基 準 は すべての 該 当 機 器 に 関 する 最 低 要 件 である 本 書 は 本 書 に 該 当 する 機 器 の 保 守 点 検 試 験 認 証 修 理 改 造 および 操 作 に 関 す る OSHA 適 用 要 件 を 満 たし またはそれを 上 回 るものである WHE の 調 達 および 既 設 の WHE オーバーホールについては NAVCRANECENINST に 掲 げる 方 針 に 従 わ なければならない その 指 令 書 は 海 軍 クレーンセンターウェブサイト https://portal.navfac.navy.mil/ncc から 入 手 できる 例 外 本 書 の 一 部 が 軍 事 的 な 特 殊 任 務 において 軍 事 任 務 の 遂 行 を 厳 密 に 妨 げる ような 場 合 NCF および SOU の 部 隊 は その 部 分 に 従 うことから 免 除 される これに は 高 架 桟 橋 モジュラー (ELCAS M ) 高 架 桟 橋 海 軍 艀 (ELCAS NL ) の 他 に 緊 急 の 出 港 作 業 や 行 動 も 含 まれる 当 該 部 隊 の 司 令 官 は 常 に 危 険 を 伴 うこれらの 任 務 が 最 も 安 全 な 方 法 で 遂 行 されるようあらゆる 手 立 てを 尽 くさなければならない 必 要 な 訓 練 要 領 および 標 準 作 業 要 領 を 定 め これらの 見 直 しは 毎 年 行 わなければならない 1.2. 目 的 本 書 の 目 的 は a. 製 造 元 (OEM) により 該 当 機 器 の 各 ユニットにもともと 備 わる 安 全 性 と 信 頼 性 のレベルを 維 持 する b. 最 適 な 耐 用 年 数 を 確 保 する c. WHE の 保 守 検 査 試 験 認 証 技 術 管 理 玉 掛 け 作 業 運 転 に 従 事 する 全 要 員 に 対 する 訓 練 および 認 定 基 準 を 定 める d. WHE の 安 全 なつり 上 げ 能 力 および 制 御 能 力 を 確 保 し かつ 本 書 に 規 定 の 技 術 検 査 試 験 認 証 資 格 運 転 および 玉 掛 け 要 件 における 安 全 な 作 業 方 法 を 普 及 する 1.3. 該 当 機 器 第 1 章 から 第 12 章 第 1 章 から 第 12 章 は 次 の 種 類 の 機 器 に 適 用 される 陸 上 部 隊 のバージ 搭 載 形 クレーン(カテゴリー1 からカテゴリー4 まで)も 含 まれる 1-1 CHANGE 2 August 2011

19 カテゴリー1 クレーン ポータルクレーン ハンマーヘッドクレーン ロコクレーン デリック 浮 きクレーン (YD) タワークレーン コンテナクレーン トラック クルーザー クローラ 倉 庫 / 産 業 用 クレーン およびドラグライン 杭 打 ち クラムシェル マグネット バケット 作 業 用 クレーンを 含 む 移 動 式 クレ ーン(カテゴリー4 の 表 示 があるものを 除 く) 航 空 機 用 クラッシュクレーン 自 走 式 または 牽 引 式 を 含 む 移 動 式 ボートホイスト タイヤ 式 ガントリクレーン カテゴリー2 およびカテゴリー3 クレーン(クレーンの 認 証 荷 重 が 20,000 ポンド 以 上 のクレーンはカテゴリー2 とする 認 証 荷 重 が 20,000 ポンド 未 満 のクレーンは カテゴリー3 とする ) 天 井 走 行 クレーン( 懸 垂 形 クレーンの 軌 道 とハンガーサポートを 含 む) ガントリクレーン(レール 式 ) 壁 クレーン ジブクレーン ダビット 塔 形 クレーン 塔 形 ジブクレーン モノレールおよび 付 属 ホイスト( 軌 道 スイッチ およびハンガーサポートを 含 む) 固 定 式 手 動 ホイストおよび 動 力 ホイスト(1.3.2 項 に 定 義 され かつ 第 14 章 に て 扱 われるポータブル 手 動 ホイストおよび 動 力 ホイスト 部 隊 がこれらをカテゴ リー2 またはカテゴリー3 クレーンとして 扱 う 選 択 をした 場 合 に 限 る)を 含 む 固 定 式 天 上 ホイスト 常 置 型 ホストを 備 えるポータブル A フレームおよびポータブルガントリ 固 定 トラック トレーラー 平 台 型 トラック または 鉄 道 車 両 に 付 属 あるいは 埠 頭 等 に 据 付 の 認 証 荷 重 2,000 ポンド 未 満 の 基 盤 設 置 形 汎 用 ブーム 装 置 ( 長 さ 固 定 型 および 伸 縮 型 ) カテゴリー4 クレーン 汎 用 トラック 積 載 形 クレーン 機 器 カテゴリーコード 0704 弾 薬 運 搬 用 トラック/クレーンを 含 む 屈 曲 ブーム 積 載 形 トラッククレーン CHANGE 2 August

20 固 定 トラック トレーラー 平 台 型 トラック または 鉄 道 車 両 に 付 属 あるいは 埠 頭 等 に 据 付 された 認 証 荷 重 2,000 ポンド 以 上 の 基 盤 取 付 け 形 汎 用 ブーム 装 置 ( 長 さ 固 定 型 および 伸 縮 型 ) 注 汎 用 トラック 積 載 形 クレーン(ASME B30.5 に 記 述 )および 屈 曲 ブーム 式 ク レーン(ASME B30.22 に 記 述 )は つり 上 げ 荷 重 にかかわらづカテゴリー4ク レーンであり 管 理 上 の 理 由 により 容 量 を 引 き 下 げられたクレーンであっても 有 資 格 運 転 者 が 必 要 となる クレーン 機 器 が 海 軍 の 代 替 基 準 によって 管 理 されていない 限 り 第 1 章 から 第 12 章 は 艦 船 上 の 訓 練 のために 陸 上 に 設 置 したクレーンにも 適 用 される 第 14 章 第 14 章 は 荷 役 作 業 に 使 用 される 次 の 機 器 に 適 用 される 玉 掛 け 用 具 (スリング シャックル アイボルト スイベルホイストリング リ ンク リング ターンバックル 絶 縁 リンク 等 ) クレーン 構 造 物 コンテナスプレッダ 作 業 員 をつり 上 げる 搭 乗 設 備 ポータブル 手 動 ホイストおよびポータブル 動 力 ホイスト これらは 上 部 フックを 利 用 して 設 置 する 手 動 ホイストおよび 動 力 ホイスト(エアー 電 気 手 動 などの 動 力 源 に 関 係 なく)である 部 隊 は これが 該 当 する 場 合 当 該 機 器 をカテゴリ ー2 または 3 クレーンに 指 定 することができる ポータブル 荷 重 表 示 計 (ダイナモメーター ロードセル クレーン 秤 等 ) ASME B30.20 に 規 定 のフックに 取 り 付 けるつり 具 ポータブル A フレーム ポータブルフロアクレーン およびポータブルガントリ 常 置 型 ホストを 備 えるポータブル A フレームおよびポータブルガントリは カテ ゴリー2 または 3 クレーンである 大 型 機 械 装 置 (フライス 盤 プレスブレーキ ショアパワーブーム 等 )と 併 せて 調 達 されたクレーンやホイスト 同 装 置 と 一 体 型 のクレーンやホイスト および 単 独 で 同 装 置 を 支 えるために 使 われるクレーンやホイスト 特 に 記 載 がない 限 り この 機 器 には 第 2 章 から 第 11 章 の 要 件 を 適 用 しない 適 用 外 機 器 本 書 は 浮 き 乾 ドック 上 のクレーンを 含 む 海 軍 艦 艇 に 設 置 の WHE には 適 用 しない 艦 船 の WHE に 関 する 要 件 は 該 当 する NAVSEA 技 術 資 料 に 規 定 され ている カテゴリーコード および 0735 が 付 いた 機 器 には NAVFAC P-300 が 適 用 される ただし 前 述 の 機 器 をフックによるつり 上 げ 作 業 に 使 用 していて 第 12 章 に 定 義 される 事 故 が 発 生 した 場 合 その 事 故 を 海 軍 クレーンセンターに 報 告 しなければ ならない NAVFAC P-300 に 規 定 の 人 をつり 上 げる 機 器 NAVFAC MO-118 に 規 定 の 垂 直 搬 送 機 器 (スタッカクレーン コンベアー 車 両 運 搬 機 器 等 ) キャプスタン(MIL- STD-1625 を 参 考 ) ラインハンドリングおよび 品 物 の 水 平 移 動 等 に 使 われる 基 盤 据 付 け 形 ドラムホイストとウィンチ 該 当 する Naval Supply Systems Command 基 準 ( 本 書 に 規 1-3 CHANGE 2 August 2011

21 定 の 産 業 用 および 倉 庫 用 クレーンを 除 く)に 規 定 の 資 材 運 搬 機 器 Naval Air Systems Command 基 準 に 規 定 の 地 上 支 援 機 器 Strategic Systems Program Ordnance Data (OD) 基 準 に 規 定 の 機 器 ( 第 14 章 型 機 器 およびクレーン 以 外 ) NAVSEA 承 認 の 弾 薬 運 搬 機 器 ( 第 14 章 型 機 器 およびクレーン 以 外 )は 除 外 される 陸 上 部 隊 において 艦 船 に 設 置 のクレーンと 同 一 のクレーンの 教 習 を 要 員 に 行 うために 利 用 するクレーンの 場 合 当 該 艦 船 のクレーン 保 守 検 査 運 転 および 認 証 計 画 ( 例 NAVAIR NAVSEA 等 )を 本 書 の 代 わりに 利 用 することが 可 能 である 天 井 走 行 クレーン ガントリクレーン およ び 壁 クレーン 用 の 地 上 のクレーンレールと 走 行 レール およびこれらに 付 随 する 支 持 具 および 基 礎 には NAVFAC 規 則 が 適 用 される 1.4. 専 門 用 語 の 定 義 本 書 を 利 用 するには 次 の 定 義 を 十 分 に 理 解 することが 不 可 欠 で ある WHE に 関 連 して 使 われる 追 加 の 用 語 を 附 則 A に 記 述 する a. 荷 重 支 持 部 品 つり 荷 を 支 持 する WHE の 部 品 のことで これらの 不 具 合 は つり 荷 の 落 下 制 御 不 能 な 移 動 または 制 御 不 能 な 動 作 を 引 き 起 こす 原 因 となる b. 荷 重 制 御 部 品 つり 荷 の 位 置 決 め 保 持 または 動 作 を 制 御 する WHE の 部 品 ( 例 旋 回 走 行 ブレーキ クラッチ)で これらの 不 具 合 は つり 荷 の 落 下 制 御 不 能 な 移 動 または 制 御 不 能 な 動 作 を 引 き 起 こす 原 因 となる クレーンに 備 わるディーゼルエンジン 発 電 機 配 電 装 置 および 品 物 の 動 きに 関 る 電 気 制 御 回 路 は 例 外 を 除 いて 荷 重 制 御 部 品 として 扱 われなければならない 注 二 次 ブレーキなどの 主 要 な 荷 重 支 持 および 荷 重 制 御 部 品 のバックアップ 装 置 も 荷 重 支 持 部 品 または 荷 重 制 御 部 品 として 扱 われなければならない c. 安 全 装 置 (1) 運 転 安 全 装 置 インターロック リミットスイッチ 停 止 機 能 付 きロー ドモーメントリミッタおよび 過 負 荷 防 止 装 置 警 報 機 能 付 きツーブロッキン グ 防 止 装 置 緊 急 停 止 スイッチ 半 径 表 示 計 ロック 装 置 など 機 器 の 安 全 な 搬 送 能 力 に 影 響 を 及 ぼす 安 全 装 置 (2) 一 般 安 全 装 置 ベル ホーン 警 告 灯 バンパーなどの 安 全 装 置 のこと で 運 転 士 や 保 守 要 員 クレーン 上 の 機 器 運 転 経 路 上 のクレーンを 保 護 す る 注 荷 重 支 持 部 品 荷 重 制 御 部 品 および 運 転 安 全 装 置 の 詳 細 は 附 則 F を 参 照 するこ と d. 重 大 な 不 具 合 荷 重 支 持 部 品 荷 重 制 御 部 品 または 運 転 安 全 装 置 の 不 具 合 のことで 安 全 な 運 転 に 影 響 を 及 ぼしたり 機 器 や 部 品 の 荷 重 支 持 能 力 または 荷 重 制 御 能 力 を 減 退 させたりする 1-4 CHANGE 2 August 2011

22 e. 改 造 OEM の WHE 設 計 構 成 に 何 らかの 変 更 が 加 えられる 改 造 この 改 造 に 含 まれるのは 次 のとおりとする 元 の 部 品 または 構 成 機 器 とは 異 なる 物 で 部 品 または 構 成 機 器 を 交 換 する( 材 料 寸 法 または 設 計 構 成 の 変 更 ) 第 4 章 に 記 載 のある 場 合 を 除 く 既 設 の 機 器 にこれまでにない 部 品 または 構 成 機 器 を 追 加 する 既 設 の 機 器 からこれまで 使 用 されている 構 成 機 器 を 取 り 外 す 部 品 または 構 成 機 器 を 再 配 置 する 既 存 の 部 品 および 材 料 を 変 更 する f. 認 証 担 当 官 部 隊 の 司 令 官 の 任 命 を 受 けて 本 書 の 要 件 に 従 った 検 査 と 試 験 が 当 該 部 隊 のクレーンに 対 して 実 施 され かつ クレーンが 本 来 の 用 途 で 安 全 に 使 用 されることを 確 保 する 責 任 を 負 う g. 第 三 者 認 証 造 船 船 舶 修 理 または 船 舶 解 体 に 使 用 される 浮 きクレーンお よびあらゆる 種 類 のクレーンおよび 貨 物 運 搬 に 使 用 される 専 用 の 関 連 用 具 に 対 し て OSHA 認 定 の 認 証 機 関 が 行 なう 認 証 のこと この 認 証 は 第 3 章 の 認 証 要 件 とは 別 に 行 われる h. 貨 物 他 の 船 舶 または 陸 上 部 隊 に 搬 送 されるあらゆる 材 料 または 機 器 のこと i. 貨 物 運 搬 貨 物 の 荷 積 み 荷 降 ろし 移 動 取 り 扱 いをあらゆる 船 舶 の 中 船 舶 上 または 船 舶 内 外 から 行 なうこと j. 艦 船 の 備 品 艦 船 の 任 務 遂 行 において 当 該 艦 船 が 使 用 または 消 費 する 材 料 お よび 機 器 のこと k. 建 設 OSHA の 29 CFR 1926 にて 定 義 される 建 設 改 造 または 修 理 などの 作 業 活 動 のこと これには 一 般 工 業 規 則 29 CFR 1910 造 船 業 規 則 29 CFR 1915 海 港 業 規 則 29 CFR 1917 および 港 湾 業 規 則 29 CFR 1918 にて 扱 われるものは 含 ま れない 詳 しい 分 類 については 所 属 部 隊 の 安 全 室 に 問 い 合 わせること 1.5. 要 員 の 資 格 WHE の 保 守 改 造 修 理 点 検 試 験 および 運 転 に 従 事 する 要 員 は 担 当 の 職 務 を 遂 行 するための 訓 練 を 受 け かつ 資 格 を 有 していなければならな い 海 軍 所 有 の WHE を 操 作 する 者 はすべて 本 書 の 要 件 を 満 たさなければならない クレーン 運 転 士 の 資 格 および 免 許 に 関 する 詳 しい 要 件 は 第 6 章 第 7 章 第 8 章 で 説 明 する WHE プログラムに 関 わる 他 の 要 員 については 第 13 章 訓 練 および/または 資 格 要 件 を 参 照 のこと 1.6. 貨 物 運 搬 に 使 用 されるクレーン デリック および 他 の 装 置 ならびに 造 船 船 舶 修 理 船 舶 解 体 に 使 用 される 浮 きクレーンおよび 浮 きデリック(バージに 搭 載 の 移 動 式 クレーンを 含 む)の 第 三 者 認 証 貨 物 運 搬 に 使 用 されるクレーン デリック 他 の 特 定 の 装 置 (1.6.2 項 を 参 照 )および 造 船 船 舶 修 理 船 舶 解 体 に 使 用 される 浮 きクレーン 1-5 CHANGE 2 August 2011

23 および 浮 きデリックは OSHA 規 則 に 基 づき OSHA 公 認 の 認 証 機 関 による 認 証 を 受 けな ければならない 海 軍 クレーンセンターは 海 軍 が 所 有 するクレーンに 対 する 本 書 の 要 件 に 基 づいた 第 三 者 認 証 を 行 う OSHA 公 認 の 第 三 者 認 証 機 関 である 第 三 者 認 証 要 件 は 米 国 および 米 国 領 域 内 の 海 軍 部 隊 のクレーンおよび 他 の 装 置 に 適 用 される 注 造 船 船 舶 修 理 および 船 舶 解 体 に 使 用 される 非 浮 きクレーン デリック および 他 の 装 置 には 第 三 者 認 証 を 要 しない 造 船 船 舶 修 理 または 船 舶 解 体 に 付 随 する 構 成 部 品 材 料 部 品 等 のつり 上 げは 貨 物 運 搬 ではない 艦 船 貯 蔵 庫 への 積 み 込 みには 第 三 者 認 証 を 要 しない ホースおよび 艦 船 用 桟 橋 のつり 上 げには 第 三 者 認 証 を 要 しな い 1998 年 1 月 21 日 付 け 施 行 の 29 CFR に 従 い 陸 上 に 設 置 のクレーンおよびデリッ クによる 貨 物 運 搬 には 29 CFR 1917 が 適 用 される 貨 物 運 搬 用 にバージ( 台 船 )に 積 載 された 移 動 式 クレーンには 引 き 続 き 29 CFR 1918 が 適 用 されることとなる 以 下 は これらの 規 定 の 認 証 要 件 の 履 行 に 関 る 海 軍 方 針 である クレーンおよびデリック 海 軍 所 有 のクレーンおよびデリックの 場 合 第 三 者 認 証 は 海 軍 クレーンセンターによって 行 われなければならない この 第 三 者 認 証 は 第 3 章 に 記 述 する 認 証 担 当 官 による 認 証 とは 別 に 行 われるものである 海 軍 所 有 のクレ ーンおよびデリックが 契 約 下 で 運 転 または 管 理 される(Base Operating Service 契 約 等 ) 場 合 認 証 担 当 官 は 契 約 担 当 官 が 海 軍 クレーンセンター 第 三 者 認 証 に 関 る 要 件 を 該 当 するクレーンの 契 約 に 加 えていることを 確 保 しなければならない 認 証 手 順 については 附 則 M を 参 照 のこと 前 項 の 作 業 に 使 用 される 他 のクレーンおよびデリック(レンタル リース および 契 約 業 者 が 所 有 し 運 転 するクレーンとデリックも 含 む)の 場 合 第 三 者 認 証 は OSHA 公 認 の 認 証 機 関 によって OSHA 規 則 に 従 い 行 われなければならない 最 新 の 公 認 機 関 のリ ストは 地 域 の OSHA 事 務 所 から 入 手 することが 可 能 である 注 貨 物 運 搬 に 使 用 されるクレーンおよびデリックは OSHA 要 件 に 適 合 した 荷 重 表 示 計 (またはこれに 相 当 する 装 置 )を 具 備 していなければならない この 荷 重 表 示 計 は クレーンに 取 り 付 けられていたり クレーン 運 転 室 内 に 表 示 計 がある 場 合 にはフックに 掛 けられていたりする クレーンを 貨 物 運 搬 に 使 用 する 際 に 貨 物 の 重 量 が 把 握 ( 荷 の 重 量 が 表 示 されている)されてあり この 貨 物 重 量 が 11,200 ポンド 未 満 の 場 合 またはこ の 11,200 ポンドが 実 際 の 使 用 条 件 下 の 予 想 最 大 作 業 半 径 でのクレーン 定 格 荷 重 未 満 の 場 合 荷 重 表 示 計 は 不 要 である また 貨 物 運 搬 に 使 用 されるポータルクレーンおよび 橋 形 クレーンは OSHA 要 件 に 適 合 した 風 力 指 示 計 を 具 備 していなければならない コンテナスプレッダーおよびフックの 下 に 取 り 付 けるつり 上 げ 装 置 ( 第 三 者 認 証 を 要 するフックの 下 に 取 り 付 けるつり 具 には スプレッダービーム 特 殊 貨 物 用 つり 具 および 特 別 に 製 作 された 付 属 品 を 備 えるバーパレット 用 つり 具 の 例 ) 1-6 CHANGE 2 August 2011

24 1998 年 1 月 21 日 以 降 に 購 入 または 製 造 された 定 格 荷 重 10,000 ポンドを 超 えるコンテナ スプレッダーおよびフックの 下 に 取 り 付 けるつり 上 げ 装 置 ( 一 般 用 途 向 け 玉 掛 け 用 具 は 含 まれない)は 使 用 前 に OSHA 公 認 機 関 による 第 三 者 認 証 を 受 けなければならない これは 一 度 限 りの 第 三 者 認 証 である 貨 物 運 搬 に 使 用 される 海 軍 所 有 の 装 置 の 場 合 第 三 者 認 証 は 海 軍 クレーンセンターにより 行 なわれるものとし かつ 検 査 および 表 14-1 に 記 述 の 試 験 荷 重 の 割 合 による 荷 重 試 験 を 取 り 入 れなければならない 第 三 者 認 証 は 機 器 経 歴 ファイルに 当 該 機 器 の 寿 命 まで 保 管 されなければならない 貨 物 運 搬 に 使 用 する 契 約 業 者 所 有 の 機 器 には 29 CFR (c) の 要 件 を 適 用 する 1998 年 1 月 21 日 以 前 に 購 入 あるいは 製 造 された 装 置 または 定 格 荷 重 10,000 ポンド 以 下 の 装 置 には 第 三 者 認 証 は 不 要 である 1.7. 海 軍 部 隊 における 非 海 軍 が 所 有 するクレーンおよび 玉 掛 け 用 具 海 軍 または Base Operating Service (BOS) 契 約 業 者 が 運 転 するレンタルまたはリー スしたクレーンおよび (BOS) 契 約 業 者 が 所 有 ならびに 運 転 するクレーンおよび 玉 掛 け 用 具 クレーンは 使 用 前 に 第 3 章 の 要 件 に 従 い 点 検 荷 重 試 験 認 証 を 受 けなければな らない( 附 則 E フック NDT 要 件 を 除 く) OEM の 制 限 または 定 期 過 荷 重 試 験 を 妨 げる 構 造 のために 本 書 に 規 定 の 過 荷 重 試 験 を 行 うことができないクレーンの 場 合 当 該 クレ ーンは OEM の 定 格 荷 重 の 90 パーセント( 非 移 動 式 クレーンの 場 合 76 パーセント)ま で 引 き 下 げるものとし かつ 本 書 の 要 件 に 従 い 試 験 を 行 わなければならない 長 期 リ ース(4 ヶ 月 を 越 える)のクレーンおよび BOS 契 約 業 者 所 有 のクレーンにあっては さ らに 第 2 章 の 保 守 および 検 査 要 件 ならびに 附 則 E フック NDT 要 件 を 適 用 しなければな らない 第 2 章 および 第 3 章 にて 要 求 される 関 連 書 類 ならびに 該 当 する 附 則 を 列 記 する 第 5 章 の 機 器 経 歴 ファイルは レンタルまたはリースしたクレーン 毎 に 管 理 され 保 管 されなければならない これらの 機 器 経 歴 ファイルについては リース 期 限 日 から 起 算 して 1 年 間 保 管 しなければならない(クレーンがクレーン 事 故 または 玉 掛 け 事 故 に 関 与 している 場 合 には 7 年 間 ) これらの 要 件 は 該 当 する 契 約 に 含 まれていなければなら ない クレーンの 運 転 士 は 第 6 章 から 第 8 章 までの 要 件 に 従 い 免 許 を 取 得 していなければな らない(または BOS 契 約 業 者 の 従 業 員 と 同 等 ) クレーン 作 業 は 第 9 章 から 第 12 章 までの 要 件 に 従 わなければならない 玉 掛 け 用 具 および 使 用 方 法 は 第 14 章 の 要 件 に 従 わなければならない 契 約 業 者 が 運 転 するクレーン( 多 用 途 型 機 械 資 材 運 搬 機 器 (フォークリフト) 建 設 機 械 をクレーンとして 利 用 して 玉 掛 した 品 物 をつり 上 げる 場 合 ) 荷 役 作 業 での 玉 掛 け 用 具 部 隊 の 作 業 のためにレンタルまたはリースしたクレーンの 他 に 非 海 軍 が 所 有 する 他 のクレーン 多 用 途 型 機 械 資 材 運 搬 機 器 (フォークリフト) 建 設 機 械 は 玉 掛 けした 品 物 をつり 上 げるために 海 軍 の 所 有 地 で 使 われている 玉 掛 け 用 具 は これら の 機 械 と 併 せて 使 われていたり 単 体 で 荷 役 作 業 に 使 われていたりすることがある こ れらのクレーンおよび 用 具 は さまざまな 供 給 元 から 供 給 されており 一 般 に 建 設 契 約 船 舶 修 理 契 約 解 体 契 約 保 守 契 約 他 のサービス 契 約 品 物 および 機 器 等 の 引 き 渡 し 1-7 CHANGE 2 August 2011

25 に 付 随 する テナント 部 隊 艦 船 供 給 部 門 ROICC 等 を 含 む 多 くの 組 織 は 契 約 権 を 有 しているが 契 約 書 類 を 作 成 する 段 階 でクレーンの 必 要 性 を 頻 繁 に 見 落 としている 以 下 の 要 件 は 海 軍 部 隊 でクレーンを 使 用 するあらゆる 契 約 作 業 ( 玉 掛 け 用 具 で 玉 掛 け された 品 物 のつり 上 げに 使 われる 多 用 途 型 機 械 資 材 運 搬 機 器 建 設 機 械 )および 荷 役 作 業 に 使 われるあらゆる 玉 掛 け 用 具 に 適 用 される これらの 要 件 は 艦 艇 のクレーンお よび 玉 掛 け 用 具 には 適 用 外 とする 部 隊 ( 担 当 部 隊 )の 司 令 官 は 以 下 の 最 低 要 件 を 契 約 作 業 内 容 注 文 書 などに 加 えるようテナントおよび 契 約 担 当 官 に 普 及 することとす る (これらの 要 件 は 部 隊 内 に 乗 り 入 れるが 荷 役 作 業 には 使 用 しないクレーンまた は 玉 掛 け 用 具 で 玉 掛 けされた 品 物 のつり 上 げには 使 用 しない 他 の 機 械 類 には 適 用 外 とす る) a. 契 約 業 者 に 対 してクレーンの 安 全 および 運 転 ( 許 可 を 受 けたクレーンの 通 行 経 路 と 地 耐 力 限 界 を 含 む)に 関 する 部 隊 特 有 の 規 則 に 準 拠 するよう 義 務 付 け さ らに あらゆるクレーンを 部 隊 内 に 乗 り 入 れるとき または 玉 掛 けした 品 物 をつ り 上 げるために 多 用 途 型 機 械 資 材 運 搬 機 器 建 設 機 械 をクレーンとして 使 用 す る 場 合 に 事 前 に 契 約 担 当 官 に 通 知 するよう 義 務 付 ける 契 約 業 者 には 該 当 する ANSI または ASME 基 準 (ASME B30.5 移 動 式 クレーン ASME B30.22 屈 曲 式 ブー ムクレーン ASME B30.3 建 設 用 タワークレーン ASME B30.8 浮 きクレーン ASME B30.9 スリング 類 ASME B30.20 フックの 下 に 取 り 付 けるつり 上 げ 装 置 ASME B30.26 玉 掛 け 用 金 具 ANSI./ITSDF B56.6 荒 地 用 フォークリフト)に 準 拠 するよう 義 務 付 ける 米 国 外 の 海 軍 部 隊 のクレーン 機 械 および 玉 掛 け 用 具 の 場 合 該 当 するクレーン 機 械 および 玉 掛 け 用 具 は 受 入 国 の 適 切 な 安 全 基 準 に 準 拠 しなければならない バージ( 台 船 )に 積 載 された 移 動 式 クレーンの 場 合 OSHA 公 認 機 関 による 第 三 者 認 証 (または OSHA 公 認 の 州 立 計 画 を 持 つ 州 に 対 する 州 立 公 認 機 関 からの 第 三 者 認 証 ) 荷 重 表 示 装 置 風 速 計 2 分 の 1 度 の 傾 きを 読 み 取 り 可 能 な 海 事 用 リスト トリム 計 を 義 務 付 ける 第 三 者 認 証 は 米 国 外 の 海 軍 部 隊 のバージに 積 載 された 移 動 式 クレーンについては 必 要 ない b. クレーン(および 玉 掛 けした 品 物 のつり 上 げに 他 の 機 械 が 使 われる 場 合 )お よび 玉 掛 け 用 具 が 該 当 する OSHA および ANSI/ASME 規 則 に 適 合 していることを 証 明 するコンプライアンス 証 書 ( 附 則 P 図 P-1)が 必 要 となる ( 契 約 業 者 は 該 当 する OSHA および ANSI/ASME 規 則 を 列 挙 する 例 貨 物 運 搬 に 使 用 されるク レーン/ 多 用 途 型 機 械 は 29 CFR 1917 に 準 拠 しなければならない 建 設 解 体 ま たは 保 守 に 使 用 されるクレーン/ 多 用 途 型 機 械 は 29 CFR 1926 に 準 拠 しなければな らない 造 船 船 舶 修 理 船 舶 解 体 に 使 用 されるクレーン/ 多 用 途 型 機 械 は 29 CFR 1915 に 準 拠 しなければならない スリングは ASME B30.9 に 準 拠 しなければ ならない 玉 掛 け 用 金 具 は ASME B30.26 準 拠 しなければならない ) 米 国 外 の 海 軍 部 隊 のクレーン(および 玉 掛 けされた 品 物 のつり 上 げに 他 の 機 械 が 使 われる 場 合 )および 玉 掛 け 用 具 の 場 合 契 約 業 者 は 当 該 クレーン(または 他 の 機 械 ) および 玉 掛 け 用 具 が 現 地 の 該 当 する 安 全 基 準 に 適 合 していることを 証 明 しなけれ ばならない さらに 契 約 業 者 は 海 軍 の 部 隊 において 作 業 する 契 約 業 者 のクレー ン(または 他 の 機 械 ) 運 転 士 はすべてクレーン 作 業 中 に 安 全 装 置 ( 例 ツーブロ 1-8 CHANGE 2 August 2011

26 ック 防 止 装 置 )を 解 除 しないよう 訓 練 を 受 けていることを 証 明 しなければならな い 最 新 の 証 明 書 をクレーンに 掲 示 することが 必 要 となる c. OEM 定 格 荷 重 2000 ポンド 以 上 の 移 動 式 クレーンおよび 汎 用 トラック 積 載 形 クレーンの 場 合 クレーン 運 転 士 は クレーン 運 転 士 を 認 定 する 機 関 ( 組 合 政 府 機 関 またはクレーン 運 転 士 の 試 験 と 資 格 認 定 を 行 う 組 織 )により 公 認 の 資 格 を 受 けることが 必 要 となる 最 新 の 資 格 証 明 を 提 供 しなければならない 米 国 の 管 轄 区 域 下 の 部 隊 において 建 設 に 使 用 するクレーンを 運 転 する 者 は 29 CFR の 資 格 および 認 証 要 件 に 従 わなければならない d. 契 約 業 者 は クレーン 運 転 士 が 資 格 を 有 し かつ 使 用 するクレーンまたは 機 械 の 操 作 に 関 わる 訓 練 を 受 けたことを 証 明 ( 附 則 P 図 P-1)すること e. 玉 掛 け 用 具 で 玉 掛 けされた 品 物 をつり 上 げるために 使 われる 多 用 途 型 機 械 資 材 運 搬 機 器 建 設 機 械 の 場 合 当 該 機 械 の OEM から 玉 掛 け 用 具 で 玉 掛 けされ た 品 物 のつり 上 げが 可 能 であることの 許 可 証 が 必 要 となる 契 約 業 者 は 当 該 機 器 がそのようなつり 上 げを 行 う 適 切 な 設 定 となっており かつ 定 格 総 荷 重 表 を 備 えていることを 証 明 しなければならない f. クレーン ホイスト 他 の 機 械 玉 掛 け 用 具 に 利 用 されるフックはすべて 自 動 閉 鎖 式 の 外 れ 止 めを 具 備 しているか フックの 開 口 部 が 閉 じられて いる か(ワイヤー ロープ 丈 夫 なテープ 等 で 閉 じる) または 玉 掛 け 用 具 が 緩 ん だ 状 況 下 でフックに 取 り 付 けた 品 物 が 外 れないよう 固 定 されていなければならな い 次 の 例 外 事 項 を 適 用 するとともに 契 約 業 者 の 技 術 部 門 による 承 認 を 得 なけ ればならない フックの 開 口 部 が 完 全 に 妨 げられて 手 動 で 閉 じる 方 法 がない 場 合 および 鍛 造 工 場 や 浸 漬 タンク 作 業 水 中 での 作 業 のようにフックの 開 口 部 を 閉 じ ることにより 作 業 員 に 対 する 危 険 性 が 増 す 場 合 g. 次 の 各 クレーン 作 業 には 非 定 常 作 業 計 画 書 を 義 務 付 ける つり 上 げのあら ゆる 作 業 半 径 においてクレーン ホイスト または 他 の 機 械 の 定 格 荷 重 の 75 パー セントを 超 えるクレーン 作 業 (バージに 積 載 した 移 動 式 クレーンのホイスト 定 格 荷 重 の 50 パーセントを 超 えるクレーン 作 業 ) 複 数 のクレーン ホイスト また は 他 の 機 械 が 関 わる 作 業 作 業 員 のつり 上 げ( 多 用 途 型 機 械 資 材 運 搬 機 器 建 設 機 械 に 付 けた 玉 掛 け 用 具 で 玉 掛 けする 作 業 員 のつり 上 げをしてはならない) 架 空 送 電 線 付 近 でのつり 上 げ クレーンの 組 立 非 定 常 の 玉 掛 けまたは 作 業 精 密 機 器 または 安 全 上 極 めて 危 険 を 伴 うつり 上 げ 計 画 書 には 次 に 該 当 する 内 容 が 含 まれていなければならない (1) つり 荷 の 重 量 に 加 えるクレーン(または 他 の 機 械 )および 玉 掛 け 用 具 を 含 むつり 荷 の 寸 法 と 重 量 クレーン 作 業 の 全 域 における OEM の 最 大 負 荷 荷 重 も 提 出 しなければならない 1-9 CHANGE 2 August 2011

27 (2) クレーン(または 他 の 機 械 )の 位 置 ブーム 長 と 角 度 揚 程 およびク レーン 作 業 の 全 域 における 作 業 半 径 を 含 むクレーン 作 業 の 段 取 り 図 1 台 およ び 複 数 のクレーン/ 機 械 を 使 用 する 作 業 に 適 用 される (3) つり 上 げ 位 置 玉 掛 け 用 具 および 玉 掛 け 手 順 を 示 した 玉 掛 け 作 業 計 画 書 (4) クレーン 作 業 を 中 止 する 場 合 の 環 境 条 件 (5) 作 業 員 を 吊 り 上 げる 場 合 作 業 計 画 は 29 CFR の 要 件 に 適 合 し ていることを 証 明 しなければならない (6) バージ( 台 船 )に 積 載 された 移 動 式 クレーンの 場 合 クレーンの 設 置 / 面 積 予 想 負 荷 荷 重 に 基 づくバージのリストとトリム クレーンをバージに 設 置 した 場 合 に 限 定 して 計 算 で 求 めたリストとトリムに 基 づく 定 格 総 荷 重 表 リスト 量 とトリム 量 は クレーン 製 造 元 の 指 定 範 囲 内 でなければらならない (7) 架 空 送 電 線 付 近 でのつり 上 げ( 計 画 した 作 業 において 伸 縮 ブームクレー ンまたは 機 械 の 完 全 に 伸 長 したブームあるいは 品 物 を 含 めてクレーンまたは 他 の 機 械 のあらゆる 部 分 が 図 10-3 に 記 述 の 距 離 に 接 近 する 可 能 性 がある 場 合 )は 作 業 計 画 が 29 CFR の 要 件 に 準 拠 していることを 証 明 しなければならない h. 契 約 業 者 は あらゆる WHE 事 故 ( 第 12 章 の 定 義 を 参 照 ) 発 生 から 速 やかに 契 約 担 当 官 に 報 告 するよう 義 務 付 けるが ただし 4 時 間 以 内 とする 契 約 業 者 は 事 故 現 場 を 閉 鎖 して 契 約 担 当 官 の 許 可 が 出 るまで 証 拠 物 件 を 保 存 するよう 義 務 付 ける 契 約 業 者 は 事 故 調 査 を 行 い WHE 事 故 の 原 因 を 特 定 するよう 義 務 付 ける クレーン 作 業 は 事 故 原 因 を 特 定 し かつ 是 正 処 置 を 実 施 して 契 約 担 当 官 が 認 めるまで 再 開 してはならない i. 契 約 業 者 は 事 故 の 概 要 原 因 の 説 明 写 真 ( 用 意 できれば) および 実 施 した 是 正 措 置 をまとめた 第 12 章 に 規 定 のクレーンおよび 玉 掛 け 用 具 事 故 報 告 書 を 契 約 担 当 官 にあらゆる 事 故 発 生 から 30 日 以 内 に 提 出 するよう 義 務 付 ける こ れらは OPNAVINST および 関 連 部 隊 規 則 により 公 布 された 通 知 および 報 告 要 件 を 補 足 するものである j. 契 約 業 者 は 建 設 において 利 用 する 合 図 員 が 29 CFR に 準 拠 した 資 格 を 有 することを 証 明 するよう 求 められている 担 当 部 隊 は 契 約 に 上 述 の 要 件 が 加 えられていること 契 約 担 当 官 の 監 視 計 画 ( 項 )の 同 意 を 得 ること 監 視 計 画 が 実 施 されていること さらに 契 約 業 者 の 事 故 調 査 および 是 正 措 置 の 監 視 を 実 施 することを 保 証 する 1-10 CHANGE 2 August 2011

28 タワークレーンに 関 る 追 加 要 件 建 設 において 使 用 契 約 業 者 が 提 供 するタワー クレーンは CFR に 準 拠 しなければならない 次 の 追 加 書 類 を 契 約 業 者 が 提 供 するタワークレーンに 対 して 要 求 する(ASME B30.3 により 定 義 されたクレーン) a. 基 礎 設 計 および 要 件 b. 設 置 指 示 書 c. クライミング/ジャンピング 手 順 書 ( 該 当 する 場 合 )を 含 む 組 立 て 分 解 手 順 書 d. 取 り 扱 い 説 明 書 制 限 事 項 および 注 意 事 項 e. 定 期 検 査 および 保 守 要 件 契 約 担 当 官 の 責 務 a. 契 約 担 当 官 は 項 および 項 の 契 約 業 者 のクレーンに 関 る 最 低 要 件 を 契 約 に 加 えるものとし 契 約 要 件 の 順 守 を 確 保 するものとし 契 約 業 者 のクレ ーンおよび 玉 掛 け 作 業 の 監 視 を 行 うものとし かつ 契 約 業 者 の 事 故 調 査 および 是 正 措 置 の 監 視 を 行 なわなければならない 監 視 の 度 合 いは 政 府 の 要 員 および 財 産 に 及 ぼす 危 険 性 に 基 づいているものとする 附 則 P の 図 P-2 に 用 意 するチエ ックリストを 契 約 業 者 のクレーンおよび 玉 掛 け 作 業 の 監 視 において 使 用 しなけれ ばならない 担 当 部 隊 は 監 視 計 画 を 承 認 しなければならない 附 則 P の 図 P-2 の 写 しをファイルに 1 年 間 保 管 しなければならない b. 契 約 担 当 官 は 契 約 業 者 からあらゆる WHE 事 故 の 報 告 を 受 けた 後 に 担 当 部 隊 に 報 告 しなければならない また 契 約 担 当 官 は 死 亡 入 院 クレーンの 転 倒 ブームの 崩 壊 重 大 なクレーンの 損 傷 隣 接 する 建 物 に 対 する 重 大 な 損 害 を 引 き 起 こした 事 故 などを 早 急 に 可 能 であれば 契 約 業 者 から 報 告 を 受 けてから 24 時 間 以 内 に 海 軍 クレーンセンターに 報 告 しなければならない 他 の 事 故 については 海 軍 クレーンセンターに 用 意 が 整 いしだい 報 告 しなければならない ただし 事 故 発 生 から 3 就 業 日 以 内 とする c. 契 約 担 当 官 は 契 約 業 者 から 事 故 報 告 書 を 受 領 した 後 に 事 故 の 規 模 にかかわ らず すべての 事 故 報 告 書 の 写 しを 海 軍 クレーンセンターおよび 担 当 部 隊 に 提 出 しなければならない これらの 要 件 は OPNAVINST ならびに 部 隊 の 指 示 書 により 公 布 された 通 知 および 報 告 要 件 を 補 足 するものである 契 約 事 務 所 が 現 地 にない 場 合 契 約 担 当 官 は 上 記 要 件 の 順 守 を 確 保 するための 現 地 代 理 人 を 任 命 しなければならない 他 の 軍 サービスおよび 他 の 政 府 機 関 所 有 の WHE 他 の 軍 サービスおよび 機 関 の 基 地 の 海 軍 部 隊 を 含 む 海 軍 の 部 隊 において 海 軍 の 要 員 が 他 のサービスまたは 機 関 が 所 有 する WHE を 操 作 する 場 合 この WHE は 本 書 に 従 った 保 守 検 査 試 験 および 認 証 を 受 けなければならない 本 書 の 訓 練 免 許 発 行 および 操 作 要 件 が 適 用 される 1-11 CHANGE 2 August 2011

29 他 のサービスまたは 機 関 が 所 有 ならびに 操 作 する WHE を 海 軍 の 軍 事 行 動 の 支 援 に 利 用 する 場 合 該 当 する 部 隊 の 司 令 官 は 機 器 の 安 全 な 運 転 を 確 保 する 方 針 を 定 め かつ これを 公 布 しなければならない この 方 針 には 契 約 業 者 が 運 転 するクレーンについて 規 定 する 項 の 要 件 が 必 ず 含 まれていなければならない 1.8. 共 同 基 地 の WHE 共 同 基 地 の 海 軍 部 隊 において 操 作 される WHE は 本 書 に 従 っ た 保 守 検 査 試 験 および 認 証 を 受 けなければならない 他 の 軍 サービスが 操 作 する WHE で 海 軍 に 引 き 渡 されたもの または 他 の 軍 サービスが 操 作 する WHE を 海 軍 が 検 査 保 守 試 験 および 認 証 をする 場 合 には 該 当 する WHE は 次 回 の 定 期 検 査 また は 保 守 の 期 間 に 本 書 に 基 づく 検 査 保 守 試 験 および 認 証 を 受 けなければならない た だし 引 渡 しまたは 完 全 に 運 転 可 能 (FOC) になった 時 点 から 1 年 を 経 過 してはならな い 他 の 軍 サービスの 要 員 が 海 軍 が 保 守 ならびに 認 証 する WHE を 操 作 したり この WHE に 対 して 玉 掛 けをする 場 合 これらの 者 は 本 書 に 従 った 教 育 を 受 けて 資 格 を 有 す るものとし かつ 本 書 の 運 転 要 件 に 従 わなければならない 本 項 は 陸 軍 または 空 軍 の 移 動 型 戦 術 用 WHE には 適 用 外 とする 他 の 軍 サービスまたは 機 関 が 所 有 ならびに 操 作 する WHE を 支 援 機 器 として 海 軍 の 軍 事 行 動 の 支 援 に 利 用 する 場 合 該 当 する 部 隊 の 司 令 官 は 機 器 の 安 全 な 運 転 を 確 保 する 方 針 を 定 め かつ これを 公 布 しなければならない この 方 針 には 契 約 業 者 が 運 転 する クレーンについて 規 定 する 項 の 要 件 が 必 ず 含 まれていなければならない 1.9. 非 海 軍 所 有 ならびに 非 海 軍 が 操 作 する WHE の 検 査 保 守 または 運 転 あるいは それらすべてに 関 わる 海 軍 の 要 員 海 軍 の 要 員 が 非 海 軍 所 有 の WHE を 検 査 保 守 試 験 および 認 証 する 場 合 には 第 1 章 2 章 3 章 5 章 11 章 12 章 13 章 14 章 および 該 当 する 附 則 の 要 件 に 従 わなければならない 記 録 用 書 式 本 書 中 の 書 式 見 本 は 記 録 の 保 持 に 最 低 限 必 要 な 情 報 を 示 す 必 要 な 情 報 が 含 まれているならば 部 隊 が 作 成 した 書 式 を 代 用 することが 可 能 である 部 隊 は 対 象 機 器 に 該 当 しない 項 目 に 限 り 書 式 見 本 からその 項 目 を 削 除 することが 可 能 で ある 部 隊 で 書 式 を 複 製 することを 許 可 する 監 査 および 自 己 評 価 SECNAVINST の 指 示 に 基 づき 海 軍 陸 上 部 隊 にお ける 荷 役 作 業 プログラムの 監 査 は 海 軍 クレーンセンター 規 則 に 従 い 海 軍 ク レーンセンターにより 定 期 的 に 行 われなければならない 部 隊 は 自 己 評 価 を 行 なうもの とし 監 査 の 約 30 日 前 に 自 己 評 価 結 果 を 海 軍 クレーンセンターに 提 出 しなければなら ない 部 隊 は 監 査 結 果 に 対 する 対 応 および 是 正 措 置 について 当 該 部 隊 の 関 係 部 署 と 調 整 しなければならない 実 施 手 順 部 隊 は 本 書 の 該 当 要 件 を 履 行 するための 荷 役 作 業 プログラムを 管 理 する 標 準 基 準 書 を 作 成 しなければならない 説 明 一 部 変 更 または 改 定 の 要 求 本 書 の 説 明 一 部 変 更 または 改 定 の 要 求 は 図 1-1 説 明 一 部 変 更 または 改 定 の 要 求 (RCDR) の 書 式 を 利 用 して 記 入 しな 1-12 CHANGE 2 August 2011

30 ければならない 要 求 に 関 る 適 切 な 資 料 背 景 および 理 由 を 提 出 しなければならない この 書 式 は 海 軍 クレーンセンター 発 行 のクレーン 安 全 広 報 機 器 不 具 合 報 告 書 他 の 指 示 に 関 る 説 明 一 部 変 更 または 改 定 の 要 求 に 利 用 することが 可 能 である 海 軍 クレ ーンセンターウェブサイト(http://portal.navfac.navy.mil/ncc) に 掲 示 された RCDR を 除 き この 改 定 版 NAVFAC P-307 の 発 行 日 より 前 に 発 行 済 みの 説 明 や 解 説 を 記 述 する RCDR は 取 り 消 されたものとみなす 一 度 限 りの 一 部 変 更 または 特 定 の 機 器 に 向 けて 既 に 発 行 された RCDR については 現 行 とおりとする 該 当 する 場 合 過 去 の RCDR がこの 書 類 に 加 えられていること 海 軍 クレーンセンターウェブサイトに 掲 示 の RCDR は すべての 部 隊 に 適 用 される 1-13 CHANGE 2 August 2011

31 説 明 一 部 変 更 改 定 の 要 請 書 (RCDR) 該 当 個 所 をチェックする 説 明 一 部 変 更 改 訂 部 隊 部 隊 リクエスト 番 号 WHE 番 号 表 題 製 造 元 SPS クレーン YES NO 作 成 者 電 話 FAX 日 付 E メール 承 認 者 電 話 FAX 日 付 E メール 契 約 担 当 官 の 代 表 者 ( 契 約 業 者 が 要 請 書 を 用 意 し 承 認 した 場 合 ) 電 話 E メール FAX 日 付 参 考 文 献 同 封 物 目 的 背 景 検 討 内 容 要 請 事 項 海 軍 クレーンセンターの 回 答 海 軍 クレーンセンター 管 理 番 号 作 成 者 電 話 FAX 日 付 承 認 者 電 話 軍 電 図 1-1 (1/2) FAX 日 付 1-14

32 説 明 一 部 変 更 または 改 定 の 要 請 方 法 この 書 類 は カバーページ 不 要 のファクス 送 信 用 または 電 子 メール 送 信 用 のものである 署 名 および 添 付 書 類 付 きの 書 類 は 正 式 文 書 とみなす 署 名 を 入 れないで 電 子 的 に 提 出 できるが 作 成 者 と 承 認 者 の 氏 名 を 必 ず 記 載 すること 電 子 メールアドレスは ファクス 番 号 は (757) である 1. 説 明 一 部 変 更 または 改 定 : 該 当 する 項 目 の 欄 をチェックする 2. 部 隊 : 所 属 部 隊 の 標 準 海 軍 配 布 リスト (SNDL) 平 易 な 表 現 で 書 かれた 住 所 (PLA) および ユニット 識 別 コード (UIC) を 記 入 3. 部 隊 要 求 番 号 : 所 属 部 隊 からの 要 求 番 号 を 以 下 の 書 式 のとおりに 記 入 例 UIC-FY-000 とは 所 属 部 隊 の 識 別 コード ダッシュ (-) 現 会 計 年 度 ダッシュ (-) 所 属 部 隊 の 要 求 番 号 (4 桁 の 数 字 を 使 用 )を 順 に 示 す 4. WHE 番 号 : 説 明 省 略 WHE に 関 連 していない 場 合 は N/A と 記 入 5. 製 造 元 : 説 明 省 略 WHE に 関 連 していない 場 合 は N/A と 記 入 6. SPS クレーン:NAVSEA より 定 義 される SPS WHE と 関 連 がない 場 合 は N/A と 記 入 7. 表 題 : 段 落 または 取 り 扱 うマニュアルの 他 の 部 分 を 記 入 8. 作 成 者 : 説 明 省 略 9. 承 認 者 : 説 明 省 略 10. 契 約 担 当 官 の 代 表 者 : 契 約 業 者 が 要 請 書 を 用 意 し その 要 請 書 を 承 認 した 場 合 には 契 約 担 当 官 の 代 表 者 の 同 意 を 記 す 11. 参 考 文 献 等 : 使 用 した 参 考 文 献 を 記 入 12. 添 付 書 類 等 : 使 用 した 同 封 物 のリストを 記 入 13. 目 的 : 要 請 書 の 目 的 を 一 行 から 二 行 の 文 章 で 簡 潔 に 説 明 14. 背 景 : 要 請 をした 背 景 および 理 由 を 記 入 15. 論 考 : 要 請 をした 論 理 的 根 拠 を 記 入 16. 要 請 事 項 : 具 体 的 な 要 請 内 容 を 記 入 17. NCC の 回 答 等 :NCC 使 用 欄 のため 記 入 不 用 図 1-1 (2/2) 1-15

33 第 2 章 保 守 2.1 保 守 検 査 保 守 検 査 は 本 章 に 定 める 頻 度 と 実 施 細 目 で 行 なわれなければならな い 保 守 検 査 担 当 員 は 第 13 章 に 基 づく 教 育 を 受 け かつ 検 査 員 の 資 格 を 有 していな ければならない ー 般 に 検 査 は 特 定 の 構 成 部 品 や 部 品 の 機 能 を 運 転 前 運 転 中 およ び 停 止 後 に 確 認 することから 成 るものとする 検 査 は 目 視 聴 音 触 診 の 他 に 必 要 に 応 じて 計 測 器 非 破 壊 検 査 および 分 解 により 行 なわれなければならない 検 査 における 最 優 先 課 題 は 荷 重 支 持 部 品 荷 重 制 御 部 品 運 転 安 全 装 置 類 をすべて 安 全 かつ 良 好 な 作 動 状 態 に 保 つことによって 安 全 性 を 最 大 限 保 証 することである 検 査 員 は 不 具 合 が 重 大 な 不 具 合 か 否 かを 判 断 しなければならない(すなわち 荷 重 支 持 部 品 荷 重 制 御 部 品 または 運 転 安 全 装 置 の 不 具 合 が 安 全 な 運 転 を 妨 げたり 機 器 や 構 成 部 品 の 荷 重 支 持 能 力 や 荷 重 制 御 能 力 を 低 下 させたりすること) 検 査 員 は 問 題 がるあると みられる 部 品 の 状 態 について 確 信 が 持 てない 場 合 には 想 定 されるリスクを 冒 したり 個 人 の 判 断 にのみ 依 存 してはならない 問 題 がるあるとみられる 荷 重 支 持 部 品 荷 重 制 御 部 品 または 運 転 安 全 装 置 については 部 隊 の 担 当 技 術 部 門 にただちに 問 い 合 わせ 必 要 に 応 じて 使 用 許 可 認 証 担 当 官 に 解 決 策 を 問 い 合 わせなければならない 部 隊 に 技 術 部 門 を 持 たない 場 合 検 査 組 織 が 不 具 合 を 評 価 するものとし さらに 使 用 許 可 認 証 担 当 官 は 是 正 措 置 を 承 認 するものとする 浮 きクレーンのクレーン 部 分 の 保 守 は 本 章 に 従 って 行 なわれなければならない バー ジ( 台 船 )の 保 守 は OPNAVINST またはバージ 製 造 元 (OEM) の 保 守 要 領 ある いは 推 奨 事 項 に 従 い 行 なわれなければならない バージの 保 守 について 文 書 化 すること を 義 務 付 け さらに その 書 類 を 最 低 2 年 間 ( 前 年 と 当 年 ) 保 管 しなければならない 不 具 合 不 具 合 には 機 器 の 故 障 や 不 調 不 適 切 な 設 計 管 理 検 査 または 保 守 方 法 および 設 計 図 面 と 機 器 構 成 との 重 大 または 不 安 全 な 相 違 が 含 まれる これには 機 器 の 通 常 の 摩 耗 は 含 まれていない 前 述 の 状 況 から 他 の 海 軍 部 隊 にも 波 及 する 不 具 合 を 発 見 した 場 合 には 用 意 が 整 いしだい 海 軍 クレーンセンターに 報 告 しなければならない ただし 不 具 合 を 発 見 した 日 から 起 算 して5 日 以 内 に 報 告 しなければならない 是 正 処 置 内 容 または 推 奨 する 処 置 を 含 む 不 具 合 の 概 要 報 告 書 を21 日 以 内 に 海 軍 クレーンセンタ ーに 送 達 しなければならない 不 具 合 については 図 2-1の 書 式 を 利 用 して 海 軍 クレー ンセンターに 報 告 しなければならない 荷 重 支 持 部 品 荷 重 制 御 部 品 および 運 転 安 全 装 置 の 不 具 合 (および 是 正 処 置 )を 記 録 するものとし さらに 機 器 経 歴 ファイルに 保 存 しなければならない 2.2 検 査 仕 様 カテゴリー1 カテゴリー2 カテゴリー3クレーン(クレーンのカテ ゴリーについては 第 1 章 を 参 照 )の 保 守 検 査 仕 様 書 を 附 則 C および 附 則 D に 記 す これ らは 検 査 の 種 類 (A B C 年 次 ) 検 査 対 象 の 構 成 部 品 およqび 部 品 検 査 項 目 を 定 めている 分 解 の 程 度 は 指 示 のとおりでなければならない 各 部 隊 は 附 則 Cおよ び 附 則 Dに 記 す 書 式 見 本 に 従 い 保 守 検 査 仕 様 書 と 記 録 用 紙 を 作 成 しなければならない 2-1

34 これらの 見 本 に 記 述 のない 特 殊 な 項 目 については 検 査 項 目 を 別 途 追 加 しなければなら ない カテゴリー4クレーンの 検 査 仕 様 については 附 則 C の 該 当 項 目 と 製 造 元 (OEM) の 推 奨 事 項 を 基 に 各 部 隊 が 作 成 しなければならない 使 用 許 可 認 証 担 当 官 に 提 出 する 許 可 証 明 には 所 定 の 年 次 保 守 検 査 記 録 を 添 付 しなければならない 検 査 仕 様 書 各 部 隊 は 前 項 に 記 述 の 検 査 仕 様 に 仕 様 データシートを 加 えて 補 完 しなければならない 仕 様 データシートには 検 査 員 が 検 査 中 に 必 要 な 摩 耗 調 整 設 定 許 容 値 の 確 認 に 係 る 指 図 と 技 術 情 報 が 含 まれていなければならない この 情 報 は OEMの 技 術 マニュアル 保 守 経 験 および 他 の 信 頼 がおける 技 術 資 料 等 から 引 用 され ていなければならない 設 定 確 認 用 の 測 定 位 置 を 明 確 に 表 示 しなければならない OEM 提 供 の 情 報 特 に 移 動 式 クレーンの 製 造 元 は 最 新 の 情 報 ( 例 技 術 情 報 )と 併 せて 特 定 のクレーンに 付 属 の 保 守 マニュアルを 補 足 する 情 報 を 定 期 的 に 発 行 し ている 技 術 情 報 の 大 半 は クレーンの 保 守 に 係 る 内 容 である 部 隊 は OEM または 部 隊 所 有 のクレーンに 該 当 する 技 術 情 報 について 指 定 販 売 代 理 店 に 問 い 合 わせるものと し 可 能 ならば そのような 技 術 情 報 を 入 手 するために OEM の 顧 客 リストに 登 録 しな ければならない 2.3 検 査 および 是 正 措 置 検 査 毎 に 保 守 検 査 仕 様 書 と 記 録 用 紙 を 利 用 して 検 査 結 果 を 記 録 しなければならない さらに その 保 守 検 査 仕 様 書 と 記 録 用 紙 を 機 器 経 歴 ファイル に 保 管 しなければならない 附 則 C および 附 則 Dの 検 査 における 分 解 を 含 む 構 成 部 品 の 分 解 と 再 組 立 て 作 業 と 併 せて 実 施 したすべての 作 業 について 工 場 修 理 指 令 書 (SRO)または 他 の 作 業 指 示 書 に 記 録 しなければならない(これには 点 検 用 カバーの 取 り 付 け 取 り 外 しは 含 まれない) 荷 重 支 持 部 品 荷 重 制 御 部 品 運 転 安 全 装 置 類 の 修 理 交 換 分 解 改 造 または 調 整 が 含 まれる 作 業 指 令 書 については 作 業 の 開 始 にあたり 検 査 員 またはエンジニアにより 精 査 しなければならない 作 業 指 示 書 には 取 り 付 ける 交 換 部 品 作 業 完 了 後 に 検 査 が 困 難 なものに 対 する 中 間 検 査 項 目 を 含 む 作 業 実 施 内 容 を 明 確 に 記 述 するものとしかつ 該 当 する 試 験 要 件 を 記 さなければならない 改 造 が 要 求 された 場 合 には 所 定 の 改 造 番 号 および 改 造 内 容 を 作 業 指 示 書 に 示 さなければならない 修 理 部 品 または 交 換 部 品 には 具 体 的 なサブシステム 群 ( 例 主 巻 きモーターのギアボックスカップリング)あるいは 場 所 ( 例 左 後 部 アウトリガージャッキ 戻 り 側 油 圧 ホース)を 明 示 しなければならない 年 次 検 査 中 および 荷 重 試 験 中 のクレーン 除 き 作 業 指 令 書 は 再 使 用 許 可 認 証 の 要 否 を 示 さなければならない クレーンの 保 守 や 修 理 を 行 なう 前 に 以 下 の 安 全 対 策 が 確 実 に 取 られていること ( 第 11 章 タグアウト ロックアウト 要 件 を 参 照 ) a. 修 理 対 象 のクレーンは 修 理 区 域 内 において 他 のクレーンおよび 作 業 との 干 渉 を 最 小 に 抑 えられ かつ クレーンで 作 業 する 作 業 員 の 安 全 な 通 行 を 妨 げない 場 所 に 配 置 されなければならない 2-2

35 b. 制 御 器 のスイッチ 類 をすべて 切 り の 位 置 にしなければならない c. 蓄 えられたエネルギー 源 を 各 部 隊 のタグアウト/ロックアウト 手 順 に 従 い 遮 断 し なければならない d. 実 施 区 域 周 辺 の 作 業 員 に 保 守 作 業 への 注 意 を 促 すための 注 意 標 識 またはバリケ ードを 設 置 しなければならない e. 同 一 レール 上 で 他 のクレーンが 稼 動 している 場 合 車 輪 止 または 他 の 適 切 な 方 法 を 用 いて 運 転 休 止 中 のクレーンとの 衝 突 事 故 を 避 けなければならない 調 整 および 修 理 完 了 後 すべての 保 護 カバー 類 が 元 通 りに 取 り 付 けられ 安 全 装 置 類 が 復 帰 し かつ 保 守 用 機 材 が 片 付 けられるまでクレーンを 使 用 してはならない 交 換 部 品 荷 重 支 持 部 品 荷 重 制 御 部 品 および 運 転 安 全 装 置 等 の 交 換 部 品 は 元 の 設 計 と 同 一 でなければならない 材 料 または 設 計 構 成 の 代 替 が 必 要 な 場 合 その 事 実 を 解 決 に 向 けて 部 隊 の 技 術 部 門 に 委 託 するものとする 検 査 作 業 荷 重 支 持 部 品 荷 重 制 御 部 品 または 運 転 安 全 装 置 の 調 整 修 理 お よび 交 換 に 対 する 検 査 を 行 なうものとする( 必 要 に 応 じて 中 間 検 査 を 含 む) 必 要 に 応 じて 検 査 に 操 作 試 験 を 取 り 入 れるものとする 検 査 員 は 作 業 指 示 書 に 作 業 が 無 事 に 完 了 したことを 認 める 署 名 をしなければならない 年 次 検 査 / 認 証 中 における 作 業 の 延 期 特 定 の 装 置 が 休 止 中 および/または 使 用 を 開 始 する 予 定 がない 場 合 ( 例 主 巻 と 補 巻 を 備 えるブリッジクレーンおよびその 補 巻 き は 認 証 を 受 けられない)を 除 いて 重 大 な 不 具 合 を 年 次 認 証 の 前 に 是 正 しなければな らない 荷 重 支 持 部 品 荷 重 制 御 部 品 および 運 転 安 全 装 置 に 対 する 他 の 作 業 を 完 了 す ることが 難 しい 場 合 それらの 作 業 は 使 用 許 可 認 証 担 当 官 の 許 可 を 得 ると 延 期 するこ とが 可 能 である 延 期 のための 技 術 的 な 正 当 事 由 を 提 出 しなければならない 延 期 が 認 められた 作 業 については 使 用 許 可 認 証 担 当 官 が 再 延 期 を 承 認 しない 限 り 次 回 の 年 次 認 証 の 前 に 完 了 しなければならない( 装 置 が 引 き 続 き 運 転 休 止 となる 場 合 延 期 が 認 め られた 作 業 を 次 回 の 年 次 認 証 の 前 に 完 了 させる 必 要 はない) 2.4 保 守 検 査 の 種 類 と 頻 度 あらゆるカテゴリーのクレーン( 第 1 章 に 定 義 )に 対 する 定 期 検 査 を 以 下 のとおりに 計 画 し かつ 実 施 しなければならない( 年 次 保 守 検 査 およびタイプ B 検 査 を 年 次 認 証 と 併 せて 行 なうものとする) カテゴリー1 および 4 クレーン 部 隊 には 保 守 検 査 をメインエンジンまたは 主 動 力 源 のアワーメーターに 記 録 されるエンジン 運 転 時 間 (またはメインエンジンを 持 た ないクレーンについては 電 気 的 に 通 電 された 時 間 )あるいは 暦 月 の 時 間 間 隔 ( 日 程 計 画 が 同 形 式 のクレーンの 中 でも 異 なる 場 合 がある)を 基 準 にする 選 択 肢 がある 保 守 検 査 計 画 はこれら 二 つの 基 準 のいづれかで 設 定 (いづれか 早 い 方 )しなければならない 保 2-3

36 守 検 査 計 画 の 基 準 (アワーメーターまたは 暦 月 )をクレーンの 機 器 経 歴 ファイルに 記 さ なければならない タイプ B 検 査 は 保 守 検 査 の 基 準 を 変 更 する 前 に 完 了 しなけれ ばならない 種 類 の 指 定 と 頻 度 a. タイプ A 検 査 ( 附 則 C) 暦 月 基 準 - 認 証 後 から 起 算 して 4 ヵ 月 (プラス 10 日 )ごと アワーメーター 基 準 -500 エンジン 運 転 時 間 ごと(プラス 50 運 転 時 間 ) に 行 なう b. タイプ B 検 査 ( 附 則 C) 暦 月 基 準 -タイプ A 検 査 を 3 回 に 1 回 の 割 合 ア ワーメーター 基 準 エンジン 運 転 時 間 ごと(プラス 200 運 転 時 間 ) ただし タイプ B 検 査 を 最 低 年 1 回 行 わなければならない c. タイプ C 検 査 ( 附 則 C) 暦 月 基 準 -タイプ B 検 査 を 3 回 に 1 回 の 割 合 ア ワーメーター 基 準 エンジン 運 転 時 間 ごと(プラス 800 運 転 時 間 )に 行 なう ただし タイプ C 検 査 を 最 低 6 年 に 一 度 の 年 次 認 証 で 行 わなければならない 注 :タイプ B 検 査 は タイプ A 検 査 において 指 示 される 検 査 項 目 をすべて 含 ま なければならない タイプ C 検 査 は タイプ A およびタイプ B 検 査 において 指 示 する 検 査 項 目 をすべて 含 まなければならない カテゴリー2クレーンおよびカテゴリー3クレーン 年 次 検 査 項 目 を 年 次 保 守 検 査 仕 様 書 と 記 録 ( 附 則 D)に 定 める 2.5 給 油 と 保 守 業 務 各 部 隊 は 2.2 項 に 定 める 検 査 仕 様 に 加 えて 給 油 に 関 する 独 自 の 手 順 書 を 作 成 し さらに 給 油 および 保 守 計 画 を 立 てこれを 実 施 するものとする OEM 推 奨 の 計 画 を 変 更 する 上 で 部 隊 と 海 軍 の 経 験 およびクレーンの 使 用 状 況 を 基 準 と して 利 用 することが 可 能 である OEM 推 奨 の 計 画 を 変 更 する 際 は 部 隊 の 技 術 部 門 の 承 認 を 得 るものとする 海 軍 の3M 計 画 (OPNAVINST ) を 陸 上 専 用 のクレーンに 利 用 する 場 合 当 該 計 画 は すべてのOEM 要 件 を 当 該 クレーンの 保 守 要 求 項 目 カード 取 り 入 れなければならない 給 油 OEM の 取 扱 い 説 明 書 と 手 順 書 を 利 用 可 能 な 場 合 には それらを 参 考 に 給 油 手 順 書 を 作 成 しなければならない 所 定 の 期 間 に 給 油 する 潤 滑 油 量 および 特 に 小 さな 揺 動 をする 装 置 (ガジョンピン 水 平 イコライザーピン)や 大 径 の 軸 受 類 ( 旋 回 輪 ベア リング)に 潤 滑 油 が 行 き 渡 るよう 特 に 注 意 を 払 わなければならない 過 度 の 給 油 は 悪 影 響 を 与 えることが 多 いため これを 行 なってはならない 新 しい 機 器 は OEM によっ て 給 油 を 受 けていると 考 えられるが 機 器 の 使 用 を 始 める 前 に 十 分 な 潤 滑 油 量 であるか どうか 確 認 しなければならない 新 品 の 機 器 または 修 理 された 機 器 の 給 油 箇 所 について は 潤 滑 油 が 行 き 渡 り 適 切 に 組 立 てられているかどうか 確 認 しなければならない 給 油 手 順 書 は 使 用 するさまざまな 潤 滑 油 の 種 類 を 少 なく 抑 えなければならない 現 行 の 潤 滑 油 の 在 庫 を 最 大 限 有 効 に 活 用 するよう 考 慮 しなければならない 次 の 使 用 までの 間 に 2-4

37 長 期 間 待 機 状 態 におかれたクレーンについては 密 閉 部 の 破 裂 および 構 成 部 品 の 固 着 や 腐 食 を 防 ぐために すべての 可 動 部 品 を 定 期 的 に 動 作 させるよう 考 慮 しなければならな い 保 守 業 務 ブレーキ クラッチ エンジン 電 気 ならびに 電 子 制 御 装 置 と 個 々の 装 置 および 同 種 の 装 置 と 構 成 部 品 などの 定 期 的 な 調 整 整 備 または 微 調 整 を 要 する すべての 機 械 および 電 気 機 器 のための 保 守 要 領 書 をOEMの 取 扱 い 説 明 書 と 指 示 書 を 利 用 して 作 成 しなければならない OEMの 取 扱 い 説 明 書 や 指 導 書 を 入 手 できない 場 合 ま たはOEMの 取 扱 い 説 明 書 や 指 導 書 に 使 用 すべき 要 件 や 基 準 に 係 る 内 容 が 含 まれていな い 場 合 には 工 業 規 格 や 団 体 規 格 を 最 低 基 準 として 充 てなければならない 文 書 化 給 油 および 保 守 作 業 内 容 についてSRO 運 転 士 日 常 点 検 表 または 他 の 適 切 な 書 類 に 適 宜 記 録 しなければならない これらの 作 業 内 容 の 文 書 記 録 は 機 器 経 歴 ファイルに 保 管 されていなければならない 検 査 確 認 検 査 員 は 給 油 と 保 守 作 業 が 指 示 通 りに 適 切 に 行 なわれることを 確 保 するため 所 定 の 検 査 の 間 に 保 守 記 録 と 機 器 を 詳 しく 調 べなければならない 2.6 保 守 検 査 給 油 保 守 の 延 期 緊 急 または 他 の 偶 発 的 な 事 態 の 発 生 により 所 定 の 保 守 検 査 または 給 油 予 定 保 守 予 定 の 計 画 に 従 った 完 了 が 困 難 な 場 合 には 使 用 許 可 認 証 担 当 官 は 所 定 の 保 守 検 査 (または 保 守 検 査 の 一 部 ) 給 油 または 保 守 の 延 期 を 許 可 することが 可 能 である 延 期 のための 技 術 的 な 正 当 事 由 を 提 出 しなければならない 各 延 期 および 正 当 事 由 は 書 面 にて 行 なわれるものとし それらを 機 器 経 歴 ファイルに 保 存 しなければならない 使 用 許 可 証 が 3.5.1, a 項 に 基 づき 延 長 された 場 合 には 保 守 検 査 および/または 給 油 予 定 および 保 守 予 定 の 延 期 書 類 は 不 要 である 緊 急 または 他 の 偶 発 的 な 事 態 が 終 息 しだい 延 期 された 保 守 検 査 給 油 または 保 守 を 速 やかに 完 了 させ なければならない 2.7 マイクロプロセッサ( 超 小 型 演 算 装 置 ) 制 御 クレーンシステムの 手 順 ユーザー がプログラム 可 能 なソフトウエアおよび/またはファームウエアを 内 蔵 したマイクロプ ロセッサ 制 御 型 クレーンシステムを 所 有 する 部 隊 は 当 該 システムのソフトウエアおよ び/またはファームウエアを 管 理 する 手 順 書 を 作 成 する これらの 手 順 書 は ファイル 管 理 ファイル 名 の 指 定 /ラベル 付 け 方 を 含 む 変 更 管 理 パラメータ 一 覧 表 プログラ ム 可 能 なパラメータの 現 行 の 設 定 プログラム 可 能 なパラメータの 許 容 クレーン 設 計 範 囲 ファイルのアップロード/ダウンロード 方 法 プログラム 可 能 なパラメータの 変 更 方 法 およびセキュリティーに 関 する 手 順 を 記 述 しなければならない 2-5

38 クレーン 等 搬 送 装 置 不 具 合 報 告 書 部 隊 施 設 名 : 不 具 合 報 告 書 番 号 : 件 名 : 作 成 者 名 : 電 話 番 号 : FAX または E メール 日 付 : 承 認 者 名 : 電 話 番 号 : FAX または E メール 日 付 : クレーンまたは 機 器 番 号 : 製 造 元 / 製 造 年 : SPS クレーン Yes No 型 式 / 製 造 番 号 : つり 上 げ 荷 重 / 形 式 : 不 具 合 によって 事 故 を 引 き 起 こしたか: 事 故 の 種 類 : は い いいえ 報 告 書 作 成 理 由 : 荷 重 保 持 部 / 荷 重 制 御 部 / 運 転 安 全 装 置 /ディーゼルエンジン- 発 電 機 装 置 の 故 障 / 不 具 合 第 14 章 の 項 目 で 安 全 に 影 響 を 及 ぼす 故 障 / 不 具 合 図 面 / 設 計 上 の 不 具 合 その 他 重 大 と 思 われる 故 障 / 不 具 合 不 具 合 に 関 する 詳 細 ( 製 造 者 の 部 品 番 号 連 邦 在 庫 番 号 その 他 を 含 む) 不 具 合 の 要 因 : 実 施 した 是 正 措 置 / 推 奨 する 措 置 : 海 軍 クレーンセンター (NCC) 記 入 欄 海 軍 クレーンセンター 管 理 番 号 : CSA 発 行 報 告 書 発 行 者 への 回 答 ( 必 要 な 場 合 ) 処 置 の 必 要 なし EDM 発 行 クレーン 必 須 改 造 を 発 行 備 考 欄 ( 上 記 の 空 所 にチェックした 場 合 に 理 由 を 記 入 する): 図 2-1 (1 of 2) 2-6

39 クレーン 等 搬 送 装 置 不 具 合 報 告 書 記 入 要 領 この 書 類 は カバーページ 不 要 のファクス 送 付 用 または 電 子 メール 送 付 用 のものである 署 名 およ び 添 付 書 類 付 きの 書 類 は 正 式 文 書 とみなすものとする 署 名 を 省 略 して 電 子 的 に 提 出 できるが 作 成 者 と 承 認 者 の 氏 名 を 必 ず 記 載 しなければならない 電 子 メールアドレスは ファクス 番 号 は (757) 部 隊 施 設 : 標 準 海 軍 送 付 先 リスト(SNDL) 平 易 な 表 現 で 書 かれた 住 所 (PLA) および 所 属 部 隊 のユニット 識 別 コード (UIC) を 記 入 する 2. 不 具 合 報 告 書 番 号 : 所 属 部 隊 からの 不 具 合 報 告 書 番 号 を 以 下 の 書 式 のとおりに 記 入 する 例 UIC-FY-000とは 所 属 部 隊 の 識 別 コード ダッシュ (-) 現 会 計 年 度 ダッシュ (-) 所 属 部 隊 の 要 求 番 号 (4 桁 の 数 字 を 使 用 )を 順 に 示 す 3. 件 名 : 該 当 する 機 器 の 部 品 装 置 名 を 記 入 する 4. 作 成 者 名 : 報 告 書 作 成 者 の 氏 名 と 所 属 部 署 コードを 記 入 する 5. 電 話 番 号 :この 報 告 書 作 成 者 の 電 話 番 号 (DSNと 一 般 用 )を 記 入 する 6. ファックス 番 号 :この 報 告 書 作 成 者 のファックス 用 内 線 番 号 の4 桁 の 数 字 を 記 入 する 7. 日 付 :この 報 告 書 の 作 成 日 を 記 入 する 8. 報 告 書 承 認 者 名 :この 報 告 書 の 承 認 者 の 氏 名 と 所 属 部 署 コードを 記 入 する 9. 電 話 番 号 :この 報 告 書 の 承 認 者 の 電 話 番 号 (DSNと 一 般 用 )を 記 入 する 10. ファックス 番 号 :この 報 告 書 の 承 認 者 のファックス 用 内 線 番 号 の4 桁 の 数 字 を 記 入 する 11. 日 付 : 報 告 書 が 承 認 された 日 付 を 記 入 する 12. クレーンまたは 機 器 番 号 : 当 該 部 隊 施 設 で 使 用 する 番 号 方 式 からクレーンまたは 機 器 の 番 号 を 記 入 する 13. 製 造 者 名 / 製 造 年 :クレーンまたは 他 の 機 器 の 製 造 者 名 と 製 造 年 を 記 入 する 14. SPSクレーン:NAVSEA により 定 義 されるSPS 15. 型 式 / 製 造 番 号 : 該 当 するクレーンまたは 他 の 機 器 の 型 式 製 造 番 号 を 記 入 する 16. つり 上 げ 荷 重 / 形 式 :クレーンまたはその 他 の 機 器 のつり 上 げ 荷 重 と 形 式 を 記 入 する 17. 不 具 合 によって 事 故 を 引 き 起 こしたか: 該 当 する 枠 にチェックマークを 入 れる 18. 事 故 の 種 類 : 該 当 する 場 合 には 事 故 の 種 類 を 記 入 する ( 例 人 身 事 故 つり 荷 の 衝 突 クレ ーンの 衝 突 過 荷 重 ツーブロッキング つり 荷 の 損 傷 脱 線 つり 荷 の 落 下 玉 掛 け 用 具 の 損 傷 クレーンの 損 傷 その 他 ( 具 体 的 な 内 容 を 書 く) 19. 報 告 書 作 成 理 由 : 該 当 する 枠 にチェックする 20. 不 具 合 に 関 する 詳 細 : 不 具 合 の 内 容 を 記 入 必 要 であれば 状 況 説 明 の 写 真 や 図 を 添 付 する 21. 不 具 合 の 要 因 : 調 査 結 果 から 推 測 される 不 具 合 の 要 因 を 記 入 する 22. 実 施 した 是 正 措 置 / 推 奨 する 措 置 : 実 施 した 是 正 措 置 内 容 と 海 軍 クレーンセンターの 措 置 に 対 す る 推 奨 事 項 を 記 入 する 23. 海 軍 クレーンセンター 使 用 欄 : 海 軍 クレーンセンター 使 用 のため 記 入 不 用 図 2-1(2 of 2) 2-7

40 ( 余 白 ) 2-8

41 第 3 章 使 用 許 可 認 証 3.1 使 用 許 可 認 証 プログラム 司 令 官 は 部 隊 内 の 安 全 を 確 保 する 責 務 を 負 う 司 令 官 は 部 隊 のクレーンが 本 章 に 従 った 検 査 試 験 および 認 証 を 受 けていることを 保 証 す る 使 用 許 可 認 証 担 当 官 を 任 命 しなければならない 使 用 許 可 は 本 章 に 定 める 状 態 点 検 および 荷 重 試 験 に 基 づいていなければならない 状 態 検 査 の 目 的 は 機 器 の 構 造 部 品 機 械 部 品 電 気 部 品 が 安 全 で 使 用 可 能 な 状 態 に 維 持 されることを 保 証 し かつ これら の 正 常 な 作 動 を 確 保 することである 荷 重 試 験 の 目 的 は 所 定 の 試 験 荷 重 で 規 定 の 運 転 することにより 当 該 機 器 が 所 定 の 試 験 荷 重 を 安 全 につり 上 げ 設 計 上 のあらゆる 動 作 域 を 移 動 する 能 力 を 確 認 することにある これらの 点 検 と 試 験 は 任 命 を 受 けた 試 験 監 督 者 の 指 揮 の 下 技 術 的 な 能 力 を 有 する 検 査 試 験 員 によって 行 なわれなければならない 状 態 検 査 および 荷 重 試 験 が 無 事 完 了 した 後 荷 重 試 験 状 態 検 査 証 明 書 には 担 当 の 試 験 監 督 官 検 査 員 および 使 用 許 可 認 証 担 当 官 の 署 名 を 付 けなければならない 3.2 使 用 許 可 認 証 担 当 官 の 任 命 使 用 許 可 認 証 担 当 官 および 代 理 を 所 属 部 隊 の 司 令 官 の 書 面 または 部 隊 あるいは 地 域 の 指 令 書 をもって 任 命 しなければならない 使 用 許 可 認 証 担 当 官 を 氏 名 に 代 えて 役 職 名 / 肩 書 で 任 命 する 場 合 がある この 任 命 は 取 消 しまたは 見 直 されるまで 有 効 である 次 に 使 用 許 可 認 証 担 当 官 は 使 用 許 可 認 証 行 程 に 携 わる 公 認 の 試 験 監 督 者 および 検 査 員 を 書 面 をもって 任 命 しなければならない 荷 役 作 業 の 業 務 を 他 の 部 隊 に 委 託 している 部 隊 については 該 当 する 部 隊 は 書 面 をもって 特 定 の 担 当 官 の 代 わりに 部 隊 および 委 託 する 業 務 を 指 定 しなければならない 3.3 使 用 許 可 認 証 手 続 き 荷 重 試 験 状 態 検 査 証 明 の 書 式 は 図 3-1 に 示 される 書 式 と 同 様 でなければならない 移 動 式 クレーン ロコクレーン 航 空 機 用 クラッシュクレー ン およびカテゴリー4 クレーンについては 図 3-2 と 同 様 の 別 紙 を 提 出 しなければな らない クレーン 識 別 番 号 認 証 容 量 および 使 用 許 可 証 の 有 効 期 限 日 が 記 載 されたカ ードまたはタグは 周 囲 から 見 える 場 所 またはクレーンの 付 近 に 取 り 付 けられていなけ ればならない 使 用 許 可 証 の 有 効 期 限 日 は 使 用 許 可 証 の 周 年 日 の 1 日 前 までとする クレーンは 許 可 証 失 効 当 日 に 使 用 可 能 状 態 にしておくことが 可 能 である 例 えば あ るカテゴリー1 クレーンが 6 月 30 日 に 認 証 されたとすると この 有 効 期 限 日 は 翌 年 の 6 月 29 日 とする 使 用 許 可 認 証 担 当 官 が 署 名 をした 日 が 正 式 な 使 用 許 可 認 証 日 であ り ここから 使 用 許 可 証 の 有 効 期 限 日 が 決 定 される 項 の 場 合 を 除 き 使 用 許 可 認 証 担 当 官 の 署 名 を 得 る 前 にクレーン 等 の 使 用 を 再 開 してはならない 使 用 許 可 認 証 担 当 官 は 荷 重 試 験 後 の 検 査 において 判 明 したすべての 不 具 合 の 是 正 が 未 済 で これらが 不 安 全 状 態 を 招 く 恐 れがあると 判 断 した 場 合 には 使 用 許 可 証 を 保 留 しなければならない 3.4 使 用 許 可 要 件 有 効 な 使 用 許 可 証 のないクレーンを 業 務 に 使 用 してはならない 年 次 使 用 許 可 この 使 用 許 可 証 は 使 用 許 可 認 証 担 当 官 が 署 名 をした 日 から 1 年 間 有 効 である 使 用 許 可 手 続 きには 状 態 検 査 および 適 切 な 試 験 が 含 まれていなければ ならない カテゴリー1 およびカテゴリー4 クレーンについては 年 次 試 験 に 荷 重 試 験 CHANGE 1 March

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63> 海 洋 汚 染 の 準 備 対 応 に 関 する 国 家 防 除 基 本 計 画 目 次 Ⅰ. 総 則 1. 計 画 の 目 的...1 2. 適 用 の 範 囲...1 3.その 他 の 計 画 と 関 係...1 Ⅱ. 油 汚 染 の 防 除 体 制 1. 防 除 体 制 等...2 2. 防 除 対 策 本 部...2 3. 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会...5 4. 地 域 海

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

直 ちに 飛 行 停 止 飛 行 制 限 その 他 の 適 切 な 措 置 をとるとともに 当 該 措 置 の 内 容 を 防 衛 大 臣 に 報 告 しなければならない 3 幕 僚 長 等 は 第 1 項 又 は 前 項 の 措 置 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 したときは 直 ちに そ

直 ちに 飛 行 停 止 飛 行 制 限 その 他 の 適 切 な 措 置 をとるとともに 当 該 措 置 の 内 容 を 防 衛 大 臣 に 報 告 しなければならない 3 幕 僚 長 等 は 第 1 項 又 は 前 項 の 措 置 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 したときは 直 ちに そ 防 衛 庁 訓 令 第 32 号 自 衛 隊 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 165 号 ) 第 107 条 第 5 項 の 規 定 に 基 づき 航 空 機 の 安 全 性 の 確 保 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 平 成 7 年 4 月 17 日 防 衛 庁 長 官 玉 沢 徳 一 郎 航 空 機 の 安 全 性 の 確 保 に 関 する 訓 令 改 正 平 成 19

More information

11使用済燃料輸送安対書(案)

11使用済燃料輸送安対書(案) 平 成 26 年 度 伊 方 発 電 所 放 射 性 固 体 廃 棄 物 輸 送 安 全 対 策 書 ( 要 約 ) 平 成 26 年 12 月 愛 媛 県 目 次 1 概 要 1 2 輸 送 物 件 2 3 輸 送 物 の 安 全 対 策 3 4 事 故 発 生 の 未 然 防 止 対 策 5 5 法 令 に 基 づく 輸 送 時 の 安 全 確 認 10 6 安 全 評 価 11 7 結 論 13

More information

整 理 番 号 設 計 担 当 課 建 築 局 公 共 建 築 部 施 設 整 備 課 秋 葉 中 学 校 外 壁 改 修 その 他 工 事 に 伴 う 設 計 業 務 委 託 設 計 図 書 ( 金 額 入 り 金 抜 き ) 1 設 計 書 3 ページ 2 特 記 共 通 仕 様 書 一 式 3

整 理 番 号 設 計 担 当 課 建 築 局 公 共 建 築 部 施 設 整 備 課 秋 葉 中 学 校 外 壁 改 修 その 他 工 事 に 伴 う 設 計 業 務 委 託 設 計 図 書 ( 金 額 入 り 金 抜 き ) 1 設 計 書 3 ページ 2 特 記 共 通 仕 様 書 一 式 3 委 託 業 務 内 容 1 委 託 名 称 秋 葉 中 学 校 外 壁 改 修 その 他 工 事 に 伴 う 設 計 業 務 委 託 2 業 務 内 容 学 校 の 校 舎 は 経 年 劣 化 による 老 朽 化 等 により 不 具 合 が 生 じているため 安 全 性 の 確 保 及 び 適 正 な 維 持 保 全 施 設 の 長 寿 命 化 を 目 的 とした 外 壁 改 修 工 事 に 伴 う

More information

Microsoft Word - 01_むつ小川原港BCP160302-1(公表用).docx

Microsoft Word - 01_むつ小川原港BCP160302-1(公表用).docx むつ 小 川 原 港 BCP 平 成 28 年 3 月 むつ 小 川 原 港 港 湾 機 能 継 続 協 議 会 改 訂 履 歴 改 訂 年 月 改 訂 ページ 改 訂 内 容 H28.3.2 新 規 策 定 目 次 1. 港 湾 機 能 継 続 計 画 策 定 の 必 要 性 1 2. 想 定 地 震 津 波 の 規 模 及 び 回 復 目 標 の 設 定 4 2-1 想 定 地 震 津 波 の

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 9 個 人 住 民 税 関 係 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 個 人 住 民 税 関 係 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いにあたり 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱

More information

(Microsoft Word - \211^\215s\212\307\227\235\213K\222\366)

(Microsoft Word - \211^\215s\212\307\227\235\213K\222\366) 運 行 管 理 規 程 平 成 制 定 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 規 程 は ( 事 業 者 名 ) 運 行 管 理 規 程 と 称 する ( 目 的 ) 第 2 条 この 規 程 は 旅 客 自 動 車 運 送 事 業 運 輸 規 則 ( 以 下 運 輸 規 則 という ) 第 48 条 の2の 定 めに 基 づき 運 行 管 理 者 の 職 務 及 び 権 限 並 びに

More information

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業 第 4 部 災 害 種 別 対 策 計 画 第 1 章 海 上 災 害 対 策 第 1 節 周 辺 海 域 の 状 況 及 び 海 上 災 害 の 態 様 1 本 市 周 辺 海 域 の 状 況 本 市 の 海 岸 及 び 周 辺 海 域 は 本 市 港 湾 区 域 を 含 む 東 京 湾 側 と 5 つの 漁 港 区 域 を 含 む 相 模 湾 側 に 分 かれる 東 京 湾 側 は その 正 面

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

構造設備、機器及び衛生管理

構造設備、機器及び衛生管理 構 造 設 備 機 器 及 び 衛 生 管 理 構 造 設 備 4.1 原 則 構 造 設 備 は 次 のように 設 置 し 設 計 し 建 設 し 利 用 す a) 製 品 の 保 護 を 確 保 する b) 効 率 的 に 清 掃 衛 生 管 理 及 び 保 守 が 行 えるよ うにする c) 製 品 原 料 及 び 包 装 材 料 の 混 同 のリスクを 最 小 限 にする 区 域 の 種 類

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203133935393B995748BDF82C582CC8D488E968169503139378160323033816A8169938C966B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203133935393B995748BDF82C582CC8D488E968169503139378160323033816A8169938C966B816A2E646F63> 第 13 章 鉄 道 付 近 での 工 事 第 1 節 事 前 協 議 及 び 事 前 調 査 1. 適 用 線 路 に 近 接 して 列 車 運 転 に 影 響 を 及 ぼすおそれのある 土 木 工 事 に 適 用 する なお 鉄 道 の 線 路 内 で 土 木 工 事 を 施 工 する 場 合 は 鉄 道 事 業 者 と 十 分 協 議 のうえ その 指 示 に 従 うこと 2. 事 前 協 議

More information

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計 山 口 県 港 湾 施 設 維 持 管 理 点 検 マニュアル( 案 ) 平 成 25 年 8 月 山 口 県 土 木 建 築 部 港 湾 課 目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書

More information

独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 いに 関 する 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 運 営 管 理 責 任 体 制 ( 第 3 条 第 7 条 ) 第 3 章 適 正 な 運

独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 いに 関 する 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 運 営 管 理 責 任 体 制 ( 第 3 条 第 7 条 ) 第 3 章 適 正 な 運 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 い 関 する 行 動 規 範 平 成 27 月 6 月 1 日 制 定 国 立 病 院 機 構 における 研 究 活 動 とり 分 け 公 的 研 究 費 等 ( 注 )は 国 民 の 信 頼 と 負 託 によって 支 えられているものであり その 不 正 使 用 はこれを 大 きく 損

More information

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当 四 日 市 港 ポートビル 自 家 用 電 気 工 作 物 保 安 管 理 業 務 仕 様 書 1 目 的 本 仕 様 書 は 委 託 者 ( 以 下 甲 という )が 設 置 した 自 家 用 電 気 工 作 物 の 保 安 管 理 業 務 に 係 わる 委 託 契 約 の 内 容 について 当 該 業 務 のみを 内 容 とし 統 一 的 な 解 釈 及 び 運 用 を 図 るととも に その

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074> 東 海 地 震 対 策 について 東 海 地 震 の 切 迫 性 について 九 州 四 国 紀 伊 半 島 南 海 トラフ 東 海 地 震 東 海 地 震 の 想 定 震 源 域 では 概 ね100~150 年 の 間 隔 で 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しているが 東 南 海 地 震 (1944)でひず みが 解 放 されず 安 政 東 海 地 震 (1854)から157 年 間 大 地

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 9 個 人 住 民 税 賦 課 に 関 する 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 三 島 市 は 個 人 住 民 税 賦 課 に 関 する 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いにあたり

More information

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 衛 生 管 理 センター 適 正 管 理 計 画 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 アルミニウム 及 びその 化 合 物 TKフロック 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の

More information

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の 伊 勢 原 市 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 仕 様 書 1 件 名 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 2 業 務 に 関 する 基 本 方 針 (1) 市 役 所 において 日 常 特 に 多 くの 市 民 が 訪 れる 窓 口 であり 様 々な 権 利 義 務 を 伴 う 手 続 きにあたって 必 要 となる 重 要 な 業 務 であることを 認 識 し 適 正

More information

点 検 等 維 持 管 理 業 務 一 覧 業 務 名 業 務 の 概 要 ( 詳 細 は 仕 様 書 のとおり) 1 清 掃 業 務 艇 庫 等 の 日 常 清 掃 定 期 清 掃 特 別 清 掃 2 機 械 警 備 業 務 開 場 時 間 外 の 防 犯 火 災 設 備 監 視 駐 車 場 自

点 検 等 維 持 管 理 業 務 一 覧 業 務 名 業 務 の 概 要 ( 詳 細 は 仕 様 書 のとおり) 1 清 掃 業 務 艇 庫 等 の 日 常 清 掃 定 期 清 掃 特 別 清 掃 2 機 械 警 備 業 務 開 場 時 間 外 の 防 犯 火 災 設 備 監 視 駐 車 場 自 滋 賀 県 立 柳 が 崎 ヨットハーバー 現 行 の 仕 様 書 平 成 27 年 9 月 滋 賀 県 教 育 委 員 会 事 務 局 スポーツ 健 康 課 点 検 等 維 持 管 理 業 務 一 覧 業 務 名 業 務 の 概 要 ( 詳 細 は 仕 様 書 のとおり) 1 清 掃 業 務 艇 庫 等 の 日 常 清 掃 定 期 清 掃 特 別 清 掃 2 機 械 警 備 業 務 開 場 時 間

More information

Microsoft Word - 一般仕様書(H27)

Microsoft Word - 一般仕様書(H27) 一 般 仕 様 書 ( 目 的 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 旧 吉 野 川 浄 化 センターの 運 転 管 理 業 務 を 円 滑 に 実 施 するため 業 務 の 内 容 等 を 定 めることを 目 的 とする ( 業 務 の 履 行 ) 第 2 条 受 託 者 ( 以 下 乙 という )は 下 水 道 法 水 質 汚 濁 防 止 法 電 気 事 業 法 及 びその 他 の 関 係 法 令

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令 岡 山 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 ( 平 成 6 年 3 月 22 日 警 察 訓 令 第 9 号 ) 改 正 平 成 6 年 12 月 22 日 警 察 訓 令 第 26 号 平 成 12 年 3 月 14 日 警 察 訓 令 第 8 号 平 成 13 年 7 月 2 日 警 察 訓 令 第 19 号 平 成 21 年 3 月 19 日 警 察 訓 令 第

More information

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に

More information

Ordinance for Enforcement of the Civil Aeronautics Act

Ordinance for Enforcement of the Civil Aeronautics Act 航 空 法 施 行 規 則 ( 昭 和 二 十 七 年 七 月 三 十 一 日 運 輸 省 令 第 五 十 六 号 ) 第 一 章 総 則 ( 航 空 保 安 施 設 ) 第 一 条 航 空 法 ( 昭 和 二 十 七 年 法 律 第 二 百 三 十 一 号 以 下 法 という ) 第 二 条 第 五 項 の 規 定 による 航 空 保 安 施 設 は 次 のとおりとする 一 航 空 保 安 無 線

More information

(Microsoft Word - \216Q\215l\227l\216\256\202\331\202\251.doc)

(Microsoft Word - \216Q\215l\227l\216\256\202\331\202\251.doc) Ⅱ チェックシート 1 平 常 時 のチェックシート 地 震 風 水 害 等 に 対 する 備 えが 十 分 かどうかを 定 期 的 に 少 なくとも 防 災 訓 練 時 にチェックして 万 全 の 体 制 を 整 える (その1) 立 地 条 件 と 災 害 予 測 地 盤 地 形 などの 立 地 環 境 と 起 こりうる 災 害 予 測 の 確 認 1 1 1 情 報 伝 達 強 化 館 内 一

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 8 固 定 資 産 税 賦 課 に 関 する 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 松 山 市 は 固 定 資 産 税 賦 課 に 関 する 事 務 での 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いが 個 人 のプライバシー

More information

1. 東 京 手 形 交 換 所 規 則 ( 総 会 決 議 昭 和 46.4.27) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 6 号

1. 東 京 手 形 交 換 所 規 則 ( 総 会 決 議 昭 和 46.4.27) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 6 号 東 京 手 形 交 換 所 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 参 加 銀 行 第 1 節 参 加 および 脱 退 ( 第 5 条 第 15 条 ) 第 2 節 加 入 金 および 経 費 分 担 金 ( 第 16 条 第 19 条 ) 第 3 節 保 証 金 ( 第 20 条 第 21 条 ) 第 3 章 手 形 交 換 第 1 節 総 則 ( 第 22

More information

数 字 は 枠 に 掛 からない 様 に 御 記 入 下 さい 1 整 理 番 号 第 三 十 六 号 の 四 様 式 ( 第 六 条 第 六 条 の 二 の 二 関 係 ) (A4) 2. 定 期 検 査 報 告 書 ( 昇 降 機 ) ( 第 一 面 ) 建 築 基 準 法 第 12 条 第 3

数 字 は 枠 に 掛 からない 様 に 御 記 入 下 さい 1 整 理 番 号 第 三 十 六 号 の 四 様 式 ( 第 六 条 第 六 条 の 二 の 二 関 係 ) (A4) 2. 定 期 検 査 報 告 書 ( 昇 降 機 ) ( 第 一 面 ) 建 築 基 準 法 第 12 条 第 3 定 期 検 査 報 告 書 作 成 上 の 注 意 事 項 等 1. 適 用 範 囲 この 記 入 要 領 は 昇 降 機 等 の 検 査 員 資 格 者 が 所 有 者 ( 又 は 管 理 者 )に 代 って 作 成 し 特 定 行 政 庁 へ 検 査 の 結 果 を 報 告 する 定 期 検 査 報 告 書 ( 建 築 基 準 法 第 88 条 第 1 項 に 規 定 する 昇 降 機 等 を

More information

浜 3 4 号 機 の 審 査 状 況 について 1 新 規 制 基 準 施 に 伴 う 審 査 状 況 T3 4 (H25.7.8) 申 請 T3 4 T3 4 (H25.7.8)(H25.8.5) 追 加 申 申 請 請 1 原 炉 設 置 変 更 許 可 申 請 の 審 査 補 正 1 1:H

浜 3 4 号 機 の 審 査 状 況 について 1 新 規 制 基 準 施 に 伴 う 審 査 状 況 T3 4 (H25.7.8) 申 請 T3 4 T3 4 (H25.7.8)(H25.8.5) 追 加 申 申 請 請 1 原 炉 設 置 変 更 許 可 申 請 の 審 査 補 正 1 1:H 資 料 No.1-1 高 浜 発 電 所 3 4 号 機 工 事 計 画 の 概 要 について 平 成 27 年 9 月 3 日 関 西 電 力 株 式 会 社 浜 3 4 号 機 の 審 査 状 況 について 1 新 規 制 基 準 施 に 伴 う 審 査 状 況 T3 4 (H25.7.8) 申 請 T3 4 T3 4 (H25.7.8)(H25.8.5) 追 加 申 申 請 請 1 原 炉 設

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必 要 な 電 気 ガス 燃 料 を 供 給 東 日 本 大 震 災

現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必 要 な 電 気 ガス 燃 料 を 供 給 東 日 本 大 震 災 資 料 5 平 成 28 年 熊 本 地 震 における 緊 急 石 油 供 給 について 平 成 28 年 5 月 17 日 資 源 エネルギー 庁 資 源 燃 料 部 現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必

More information

1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 称 豊 成 団 地 2 号 棟 他 1 棟 耐 震 改 修 設 計 業 務 ( 業 務 概 要 ) 本 業 務 は 豊 成 団 地 2 3 号 棟 の 耐 震 診 断 耐 震 改 修 基 本 検 討 耐 震 改 修 設 計 ( 耐 震 改 修 評 定 取 得

1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 称 豊 成 団 地 2 号 棟 他 1 棟 耐 震 改 修 設 計 業 務 ( 業 務 概 要 ) 本 業 務 は 豊 成 団 地 2 3 号 棟 の 耐 震 診 断 耐 震 改 修 基 本 検 討 耐 震 改 修 設 計 ( 耐 震 改 修 評 定 取 得 豊 成 団 地 2 号 棟 他 1 棟 耐 震 改 修 設 計 業 務 仕 様 書 ( 平 成 27 年 度 ) 平 成 27 年 11 月 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 中 部 支 社 住 宅 経 営 部 ストック 技 術 チーム 1 1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 称 豊 成 団 地 2 号 棟 他 1 棟 耐 震 改 修 設 計 業 務 ( 業 務 概 要 ) 本

More information

本 仮 訳 は 2015 年 2 月 3 日 に 韓 国 で 制 定 された 輸 入 食 品 安 全 管 理 特 別 法 (2016 年 2 月 4 日 施 行 )に 付 随 して 制 定 された 輸 入 食 品 安 全 管 理 特 別 法 施 行 令 (2016 年 2 月 4 日 施 行 )を

本 仮 訳 は 2015 年 2 月 3 日 に 韓 国 で 制 定 された 輸 入 食 品 安 全 管 理 特 別 法 (2016 年 2 月 4 日 施 行 )に 付 随 して 制 定 された 輸 入 食 品 安 全 管 理 特 別 法 施 行 令 (2016 年 2 月 4 日 施 行 )を 農 林 水 産 省 補 助 事 業 韓 国 輸 入 食 品 安 全 管 理 特 別 法 施 行 令 ( 仮 訳 ) 2016 年 7 月 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) ソウル 事 務 所 農 林 水 産 食 品 部 農 林 水 産 食 品 課 本 仮 訳 は 2015 年 2 月 3 日 に 韓 国 で 制 定 された 輸 入 食 品 安 全 管 理 特 別 法 (2016 年 2

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

(8) 入 札 参 加 者 資 格 者 が 関 係 法 令 等 を 遵 守 しないなど 請 負 者 として 不 適 当 であると 認 め られるときは 指 名 業 者 として 選 定 することを 制 限 する 2. 労 働 者 の 福 祉 向 上 について 労 働 者 の 福 祉 向 上 のため 各

(8) 入 札 参 加 者 資 格 者 が 関 係 法 令 等 を 遵 守 しないなど 請 負 者 として 不 適 当 であると 認 め られるときは 指 名 業 者 として 選 定 することを 制 限 する 2. 労 働 者 の 福 祉 向 上 について 労 働 者 の 福 祉 向 上 のため 各 入 札 参 加 時 の 遵 守 事 項 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 決 裁 ) 羽 生 市 発 注 工 事 及 び 委 託 の 入 札 及 び 施 工 等 に 当 たっては 下 記 の 事 項 を 遵 守 してください なお 請 け 負 った 工 事 等 の 一 部 を 下 請 させるときは 下 請 負 者 に 対 し この 遵 守 事 項 について 周 知 し また これらの 従 事 する

More information

目 次 第 1 章 総 括 事 項 P1 第 1 節 一 般 事 項 P1 第 2 節 委 託 細 則 P2 第 2 章 施 設 の 概 要 P3 第 1 節 空 港 の 諸 元 P3 第 2 節 航 空 灯 火 施 設 の 概 要 P3 第 3 章 維 持 管 理 業 務 P3 第 1 節 業 務

目 次 第 1 章 総 括 事 項 P1 第 1 節 一 般 事 項 P1 第 2 節 委 託 細 則 P2 第 2 章 施 設 の 概 要 P3 第 1 節 空 港 の 諸 元 P3 第 2 節 航 空 灯 火 施 設 の 概 要 P3 第 3 章 維 持 管 理 業 務 P3 第 1 節 業 務 山 形 空 港 航 空 灯 火 施 設 維 持 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 平 成 28 年 4 月 山 形 県 山 形 空 港 事 務 所 目 次 第 1 章 総 括 事 項 P1 第 1 節 一 般 事 項 P1 第 2 節 委 託 細 則 P2 第 2 章 施 設 の 概 要 P3 第 1 節 空 港 の 諸 元 P3 第 2 節 航 空 灯 火 施 設 の 概 要 P3 第 3 章

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

(4) 活 動 部 隊 のオペレーション 関 係 機 関 と 連 携 を 図 るため 現 場 指 揮 本 部 や 合 同 指 揮 本 部 の 体 制 を 早 期 に 築 くことが 必 要 である 天 候 不 順 時 水 難 救 助 登 山 中 に 急 病 を 発 症 した 要 救 助 者 の 救 助

(4) 活 動 部 隊 のオペレーション 関 係 機 関 と 連 携 を 図 るため 現 場 指 揮 本 部 や 合 同 指 揮 本 部 の 体 制 を 早 期 に 築 くことが 必 要 である 天 候 不 順 時 水 難 救 助 登 山 中 に 急 病 を 発 症 した 要 救 助 者 の 救 助 救 助 活 動 要 領 において 踏 まえるべき 視 点 ( 案 ) 1 現 場 指 揮 本 部 の 運 営 (1) 情 報 収 集 初 期 に 収 集 する 情 報 は 通 報 者 や 関 係 機 関 等 から 様 々な 情 報 が 入 ってくるが 今 後 の 活 動 方 針 を 検 討 するためにも 必 要 な 簡 潔 な 情 報 を 迅 速 に 聞 き 取 り 把 握 できること が 必 要

More information

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 沖 縄 県 土 木 建 築 部 平 成 25 年 7 月 1 日 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 第 101 条 適 用 範 囲 1. 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 ( 以 下 共 通 仕 様 書 という )は 沖 縄 県 土 木 建 築 部 の 発 注 する 現 場 技 術 業 務 に 係 る 土 木 設 計 業 務 等 請

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 ( 別 添 1) 事 務 の 内 容 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 2) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いプロセスにおけるリスク 対 策 Ⅳ その 他 のリスク 対

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 ( 別 添 1) 事 務 の 内 容 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 2) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いプロセスにおけるリスク 対 策 Ⅳ その 他 のリスク 対 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 全 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 11 評 価 書 名 地 方 税 の 賦 課 徴 収 に 関 する 事 務 全 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 福 山 市 は, 地 方 税 の 賦 課 徴 収 に 関 する 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイ ルの 取 扱 いにあたり,

More information

4業務仕様書(道路法面除草伐採業務仕様書その5)

4業務仕様書(道路法面除草伐採業務仕様書その5) 業 務 仕 様 書 ( 道 路 法 面 除 草 伐 採 業 務 その5) 1. 一 般 (1) 受 託 者 は 本 仕 様 書 に 基 づき 監 督 員 の 指 示 に 従 って 業 務 内 容 を 速 やかに 履 行 すること 業 務 指 示 ( 承 諾 ) 書 受 理 後 7 日 以 内 に 着 手 及 び 完 了 予 定 日 を 記 入 し FAX 等 にて 返 信 すること また 上 記 着

More information

『自動車保険の概況(11年度版)』 第1部 本編

『自動車保険の概況(11年度版)』 第1部 本編 自 賠 責 保 険 制 度 の 推 移 年 月 日 事 項 摘 要 昭 和 30 年 7 月 29 日 自 動 車 損 害 賠 償 保 障 法 ( 自 賠 法 ) 公 布 自 賠 法 が 公 布 されただし 施 行 については 昭 和 30 年 8 月 から 翌 31 年 2 月 までの 間 段 階 的 に 行 われ 30 年 12 月 1 日 自 賠 責 保 険 の 引 受 開 始 自 賠 責 保

More information

Ⅰ 交 通 法 規 (40 問 ) 次 の 設 問 について 正 しいと 思 うものについては 解 答 用 紙 の の 欄 に 誤 っていると 思 うもの については 解 答 用 紙 の の 欄 に マークを 付 けなさい 問 1. 車 両 通 行 帯 が 設 けられていない 道 路 を 通 行 中

Ⅰ 交 通 法 規 (40 問 ) 次 の 設 問 について 正 しいと 思 うものについては 解 答 用 紙 の の 欄 に 誤 っていると 思 うもの については 解 答 用 紙 の の 欄 に マークを 付 けなさい 問 1. 車 両 通 行 帯 が 設 けられていない 道 路 を 通 行 中 第 44 回 全 国 トラックドライバー コンテスト 学 科 競 技 問 題 用 紙 ( 制 限 時 間 :60 分 間 ) 平 成 24 年 10 月 27 日 実 施 注 意 事 項 1 2 3 解 答 はすべて 別 紙 の 解 答 用 紙 (マークシート 方 式 )に 記 入 すること 解 答 用 紙 (マークシート 方 式 )は 鉛 筆 を 使 用 して 必 要 な 箇 所 にマークし 誤

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

1青森県防災ヘリコプター運航管理要綱

1青森県防災ヘリコプター運航管理要綱 ( 昭 和 二 十 七 年 七 月 十 五 日 法 律 第 二 百 三 十 一 号 ) E-1 航 空 法 ( 抜 粋 ) 最 終 改 正 : 平 成 二 六 年 六 月 一 三 日 法 律 第 七 〇 号 (この 法 律 の 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 国 際 民 間 航 空 条 約 の 規 定 並 びに 同 条 約 の 附 属 書 として 採 択 された 標 準 方 式 及 び 手

More information

( 別 添 ) 治 験 に 係 る 文 書 又 は 記 録 一 覧 について 治 験 関 係 者 は 治 験 を 実 施 する 際 には 医 薬 品 の 臨 床 試 験 の 実 施 の 基 準 に 関 する 省 令 (GCP 省 令 )をはじめとする 関 係 法 規 等 を 遵 守 し 被 験 者

( 別 添 ) 治 験 に 係 る 文 書 又 は 記 録 一 覧 について 治 験 関 係 者 は 治 験 を 実 施 する 際 には 医 薬 品 の 臨 床 試 験 の 実 施 の 基 準 に 関 する 省 令 (GCP 省 令 )をはじめとする 関 係 法 規 等 を 遵 守 し 被 験 者 事 務 連 絡 平 成 25 年 2 月 14 日 各 都 道 府 県 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 医 薬 食 品 局 審 査 管 理 課 治 験 に 係 る 文 書 又 は 記 録 について 治 験 に 係 る 文 書 又 は 記 録 ( 以 下 治 験 に 係 る 文 書 等 という )については 治 験 に 係 る 文 書 又 は 記 録 について ( 平 成

More information

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引 資 料 3 横 手 市 上 下 水 道 部 料 金 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1. 目 的 この 仕 様 書 は 横 手 市 ( 以 下 委 託 者 という )の 委 託 する 業 務 等 ( 以 下 委 託 業 務 とい う )について 必 要 な 事 項 を 定 める 2. 法 令 の 遵 守 受 託 者 は 委 託 業 務 の 施 行 に 当 たり 委 託 業 務

More information

第 3 章 異 動 第 7 条 ( 異 動 ) 業 務 の 都 合 により 必 要 がある 場 合 は 社 員 に 異 動 ( 配 置 転 換 転 勤 出 向 )を 命 じ または 担 当 業 務 以 外 の 業 務 を 行 わせることがある 第 4 章 就 業 時 間 休 憩 時 間 休 日 およ

第 3 章 異 動 第 7 条 ( 異 動 ) 業 務 の 都 合 により 必 要 がある 場 合 は 社 員 に 異 動 ( 配 置 転 換 転 勤 出 向 )を 命 じ または 担 当 業 務 以 外 の 業 務 を 行 わせることがある 第 4 章 就 業 時 間 休 憩 時 間 休 日 およ 就 業 規 則 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は ( 以 下 会 社 という)の 秩 序 を 維 持 し 業 務 の 円 滑 な 運 営 を 期 すため 社 員 の 就 業 に 関 する 労 働 条 件 および 服 務 規 律 を 定 めたものである 第 2 条 ( 社 員 の 定 義 ) 1. 社 員 とは 会 社 と 雇 用 契 約 を 締 結 した 者 のうち

More information

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc 第 1 章 総 則 広 尾 町 地 域 防 災 計 画 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 及 び 広 尾 町 防 災 会 議 条 例 ( 昭 和 38 年 条 例 第 5 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 に 基 づき 広 尾 町 防 災 会 議 が 作 成

More information

( 消 防 法 の 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 施 行 対 応 ) 全 体 についての 消 防 計 画 作 成 例 ( 統 括 防 火 管 理 者 の 選 任 が 必 要 となる 対 象 物 の 建 物 全 体 についての 消 防 計 画 作 成 例 ) 第 1 章 総 則 第

( 消 防 法 の 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 施 行 対 応 ) 全 体 についての 消 防 計 画 作 成 例 ( 統 括 防 火 管 理 者 の 選 任 が 必 要 となる 対 象 物 の 建 物 全 体 についての 消 防 計 画 作 成 例 ) 第 1 章 総 則 第 全 体 についての 消 防 計 画 作 成 について 作 成 例 は 統 括 防 火 管 理 義 務 対 象 物 における 基 本 的 な 全 体 についての 防 火 管 理 に 係 る 消 防 計 画 の 作 成 例 であ ることから 次 の 点 に 留 意 する 1 統 括 防 火 管 理 者 が 作 成 する 建 物 全 体 についての 消 防 計 画 は 当 該 防 火 対 象 物 の 各

More information

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd 6 章 広 域 的 な 視 点 からの 応 急 対 応 力 の 強 化 基 本 方 針 予 防 対 策 1 節 初 動 対 応 体 制 の 整 備 2 節 事 業 継 続 体 制 の 確 保 3 節 消 火 救 助 救 急 活 動 体 制 の 整 備 4 節 応 急 活 動 拠 点 の 整 備 応 急 対 策 1 節 初 動 態 勢 2 節 消 火 救 助 救 急 活 動 3 節 応 援 協 力 派

More information

(Microsoft Word - \222\350\212\274\225\252_\222\371\220\26308.1.10\201j.doc)

(Microsoft Word - \222\350\212\274\225\252_\222\371\220\26308.1.10\201j.doc) 福 岡 県 運 輸 事 業 協 同 組 合 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 会 は 地 区 内 において 主 として 貨 物 自 動 車 運 送 業 を 営 むものの 中 小 企 業 等 組 合 法 に 依 る 協 同 組 合 の 事 業 および 経 営 の 指 導 を 為 し そ の 健 全 な 発 達 をはかるために 必 要 な 事 業 を 行 うことを

More information

Microsoft Word - koukankisoku(28.9

Microsoft Word - koukankisoku(28.9 大 阪 手 形 交 換 所 規 則 ( 昭 和 47 年 2 月 7 日 総 会 決 議 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 大 阪 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 2 号 の 規 定 にもとづき 協 会 が 設 置 運 営 する 大 阪 手 形 交 換 所 ( 以 下

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

国民の保護に関する業務計画

国民の保護に関する業務計画 国 民 の 保 護 に 関 する 業 務 計 画 平 成 26 年 12 月 中 部 電 力 株 式 会 社 1 2 目 次 第 1 章 総 則... 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的... 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針... 1 第 3 節 国 が 想 定 する 武 力 攻 撃 事 態 等 における 電 力 供 給 電

More information

<81798A6D92E894C5817A4A4141979897708B4B96F132332E4D61722E323031305F90BC90EC2E786C73>

<81798A6D92E894C5817A4A4141979897708B4B96F132332E4D61722E323031305F90BC90EC2E786C73> 1/6 利 用 規 約 株 式 会 社 オークション トランスポート 利 用 規 約 標 準 内 航 利 用 運 送 約 款 ( 平 成 十 八 年 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 六 号 ) 株 式 会 社 オークション トランスポート トランスポートWEB 利 用 規 約 第 1 条 ( 定 義 ) 本 規 約 および 輸 送 サービス 利 用 規 約 において 用 いられる 字 句

More information

大規模特殊災害時における広域航空消防応援実施細目

大規模特殊災害時における広域航空消防応援実施細目 9 大 規 模 特 殊 災 害 時 における 広 域 航 空 消 防 応 援 実 施 細 目 昭 和 61 年 5 月 30 日 消 防 救 第 61 号 改 正 平 成 4 年 3 月 23 日 消 防 救 第 39 号 改 正 平 成 5 年 3 月 26 日 消 防 救 第 36 号 改 正 平 成 5 年 5 月 14 日 消 防 救 第 66 号 改 正 平 成 6 年 4 月 1 日 消

More information

Untitled

Untitled 2 27 2 3601-1 28 2 26 R( 2 248 514 2514 建 築 設 計 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 第 1 章 業 務 概 要 1 業 務 名 称 : 南 方 熊 楠 記 念 館 ( 旧 館 ) 耐 震 改 修 工 事 設 計 業 務 2 計 画 施 設 概 要 本 業 務 の 対 象 となる 施 設 ( 以 下 対 象 施 設 という )の 概 要 は 次 のとおりとする

More information

Taro 宮崎県営住宅指定管理

Taro 宮崎県営住宅指定管理 愛 媛 県 県 営 住 宅 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 愛 媛 県 目 次 第 1 県 営 住 宅 の 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 事 項 1 1 管 理 に 係 る 基 本 理 念 1 2 関 係 規 定 の 遵 守 1 3 管 理 運 営 を 行 うにあたっての 留 意 事 項 2 第 2 指 定 管 理 者 が 管 理 を 行 う 県 営 住 宅 3 第 3 業 務

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868FAC8AE98BC693998C6F89638BAD89BB964082C98AEE82C382AD8CC592E88E918E5990C593C197E1915B927582CC8EE888F882AB816991E63194C5816A3230313630383139>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868FAC8AE98BC693998C6F89638BAD89BB964082C98AEE82C382AD8CC592E88E918E5990C593C197E1915B927582CC8EE888F882AB816991E63194C5816A3230313630383139> 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 に 基 づく 固 定 資 産 税 特 例 措 置 の 手 引 き < 第 1 版 > この 手 引 きは 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 の 認 定 経 営 力 向 上 計 画 に 基 づき 中 小 事 業 者 等 がファイナンス リース 取 引 により 設 備 を 導 入 した 場 合 に 適 用 が 受 けられる 固 定 資 産 税 特 例 措 置

More information

厚生年金基金の制度改正201404

厚生年金基金の制度改正201404 厚 生 年 金 基 金 の 制 度 改 正 に 係 る 解 説 ~ 政 省 令 告 示 の 公 布 および 通 知 の 発 出 を 受 けて~ 2014 年 4 月 AD908- 年 14-01 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. はじめに 2013( 平 成 25) 年 6 月 19 日 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しおよび

More information

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及 規 約 等 目 次 1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 66 2. 同 保 険 給 付 規 程 77 3. 同 保 険 料 賦 課 徴 収 規 程 78 4. 同 保 険 料 減 免 規 程 79 5. 同 常 務 理 事 専 決 規 程 79 6. 同 支 部 規 程 80 7. 同 職 員 事 務 分 掌 規 程 81 8. 同 会 計 事 務 規 程 82 9.

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 策 定 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 以 下 基 本 法 という ) 第 4 2 条 の 規 定 に 基 づき 鹿 部 町 ( 以 下 本 町 という )の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 し 災 害 予 防 災 害 応 急 対 策 及 び 災 害 復 旧 等 の 災 害 対 策 を

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208347838C8378815B835E815B95DB8EE78E64976C8F918169826F826E82668C5F96F1816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208347838C8378815B835E815B95DB8EE78E64976C8F918169826F826E82668C5F96F1816A> 広 陵 町 管 理 施 設 エレベーター 保 守 点 検 業 務 共 通 仕 様 書 以 下 に 掲 げる 広 陵 町 管 理 施 設 エレベーター 保 守 点 検 業 務 については 本 仕 様 書 の 内 容 に 基 づき 業 務 を 行 うものとする 1 事 業 ( 委 託 ) 名 広 陵 町 管 理 施 設 エレベーター 保 守 点 検 業 務 2 対 象 昇 降 機 の 所 在 台 数 及

More information

平成14年度 償却資産申告の手引

平成14年度 償却資産申告の手引 償 却 資 産 ( 固 定 資 産 税 ) 申 告 の 手 引 償 却 資 産 の 所 有 者 は 毎 年 1 月 1 日 ( 賦 課 期 日 ) 現 在 における 償 却 資 産 の 状 況 ( 資 産 の 種 類 数 量 取 得 年 月 取 得 価 額 耐 用 年 数 等 )を 当 該 償 却 資 産 所 在 地 の 市 町 村 長 に 申 告 するよう 地 方 税 法 第 383 条 で 定

More information

ずれかに 属 しなければならないものとする 但 し パートは 同 一 種 類 の 楽 器 に 1 パート 以 上 形 成 できないものとし 運 営 委 員 会 の 承 認 を 経 たものであ ることを 要 する ( 団 員 の 義 務 ) 第 8 条 団 員 は 次 の 義 務 を 負 う (1)こ

ずれかに 属 しなければならないものとする 但 し パートは 同 一 種 類 の 楽 器 に 1 パート 以 上 形 成 できないものとし 運 営 委 員 会 の 承 認 を 経 たものであ ることを 要 する ( 団 員 の 義 務 ) 第 8 条 団 員 は 次 の 義 務 を 負 う (1)こ 東 村 山 交 響 楽 団 規 約 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 団 は 東 村 山 交 響 楽 団 と 称 する ( 所 在 地 ) 第 2 条 本 団 の 所 在 地 を 次 のとおりとする 東 京 都 東 村 山 市 秋 津 町 4 丁 目 41 番 地 4 ( 目 的 ) 第 3 条 本 団 は 音 楽 愛 好 家 による 演 奏 活 動 を 行 うこと 並 びにその

More information

DIACERTサービス利用規約

DIACERTサービス利用規約 DIACERT サービス 利 用 規 約 ( 利 用 者 同 意 書 ) 2015 年 12 月 8 日 版 第 1 条 ( 総 則 ) 1. DIACERT サービス 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 という )は ジャパンネット 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という )が 提 供 する DIACERT サービス ( 以 下 本 サービス という )の 利 用 に 関 し て 定 めたものです

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63>

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63> 防 災 業 務 計 画 平 成 27 年 4 月 西 部 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 章 総 則 1 第 1 節 防 災 業 務 計 画 の 目 的 第 2 節 防 災 業 務 計 画 の 基 本 構 想 第 3 節 防 災 業 務 計 画 の 運 用 第 2 章 防 災 体 制 の 確 立 2 第 1 節 防 災 体 制 第 2 節 対 策 組 織 の 運 営 第 3 節 災 害 対

More information

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金 別 表 第 二 ( 第 17 条 関 係 ) 水 道 用 水 供 給 事 業 勘 定 科 目 表 収 益 の 部 款 項 目 節 説 明 細 節 事 業 収 益 すべての 収 益 的 収 入 を 記 載 し 営 業 収 益 営 業 外 収 益 及 び 特 別 利 益 に 区 分 する 営 業 収 益 営 業 外 収 益 給 水 収 益 受 託 工 事 収 益 その 他 の 営 業 収 益 受 取 利

More information

航空機の防衛生産・技術基盤に必要な論点・視点

航空機の防衛生産・技術基盤に必要な論点・視点 航 空 自 衛 隊 の 戦 闘 機 における 防 衛 生 産 技 術 基 盤 の 役 割 平 成 23 年 1 月 25 日 防 衛 省 航 空 幕 僚 監 部 1 目 次 1 我 が 国 の 航 空 作 戦 における 戦 闘 機 の 役 割 等 2 航 空 自 衛 隊 における 運 用 支 援 の 現 状 3 航 空 自 衛 隊 における 防 衛 生 産 技 術 基 盤 の 役 割 2 1 我 が

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 10 月 大 分 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 想 定 する 事 態 2 第 2 編 平

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

2 代 金 の 請 求 及 び 受 領 に 関 する 一 切 の 権 限 3 復 代 理 人 選 任 に 関 する 一 切 の 権 限 4 契 約 の 締 結 及 び 履 行 に 関 する 一 切 の 権 限 5 上 記 に 附 帯 する 一 切 の 権 限 (6) 過 去 15 年 間 同 種 業

2 代 金 の 請 求 及 び 受 領 に 関 する 一 切 の 権 限 3 復 代 理 人 選 任 に 関 する 一 切 の 権 限 4 契 約 の 締 結 及 び 履 行 に 関 する 一 切 の 権 限 5 上 記 に 附 帯 する 一 切 の 権 限 (6) 過 去 15 年 間 同 種 業 別 記 第 2 号 千 葉 県 道 路 公 社 一 般 競 争 入 札 公 告 第 4 号 千 葉 外 房 有 料 道 路 料 金 徴 収 業 務 委 託 の 一 般 競 争 入 札 の 実 施 について 平 成 27 年 12 月 21 日 千 葉 県 道 路 公 社 理 事 長 金 谷 隆 司 1 一 般 競 争 入 札 に 付 する 事 項 (1) 委 託 名 千 葉 外 房 有 料 道 路

More information

<4D F736F F D F8CF08FC295FB8EAE834B CA982A68FC182B594C5816A>

<4D F736F F D F8CF08FC295FB8EAE834B CA982A68FC182B594C5816A> 国 土 交 通 省 直 轄 工 事 における 技 術 提 案 交 渉 方 式 の 運 用 ガイドライン 平 成 27 年 6 月 国 土 交 通 省 大 臣 官 房 地 方 課 大 臣 官 房 技 術 調 査 課 大 臣 官 房 官 庁 営 繕 部 計 画 課 目 次 1. 本 運 用 ガイドラインの 位 置 付 け... 1 1.1 背 景 及 び 目 的... 1 1.2 本 運 用 ガイドラインの

More information

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464>

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464> 5. 滋 賀 県 建 設 工 事 監 督 要 領 5-1 滋 賀 県 工 事 監 督 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 滋 賀 県 建 設 工 事 執 行 規 則 ( 昭 和 58 年 4 月 20 日 滋 賀 県 規 則 第 30 号 以 下 執 行 規 則 という )に 定 めるもののほか 県 が 施 行 する 請 負 工 事 の 監 督 について 必 要 な 事 項 を 定

More information

新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食 業 務 は 治 療

新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食 業 務 は 治 療 新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 平 成 25 年 6 月 稲 沢 市 民 病 院 新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食

More information

消 防 計 画

消 防 計 画 サンプラザ 熊 野 店 消 防 計 画 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 消 防 計 画 は 消 防 法 第 8 条 第 1 項 及 び 消 防 法 第 8 条 の2 第 1 項 に 基 づき サンプラ ザ 熊 野 店 の 防 火 管 理 についての 必 要 事 項 を 定 め 火 災 地 震 その 他 の 災 害 の 予 防 と 人 命 の 安 全 被 害 のならびに 災 害

More information

<5461726F2D926E88E6895E977089DB81608E528CFB8CA78C788E4082CC8D71>

<5461726F2D926E88E6895E977089DB81608E528CFB8CA78C788E4082CC8D71> 山 口 県 警 察 の 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 平 成 6 年 9 月 1 日 本 部 訓 令 第 26 号 山 口 県 警 察 の 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 航 空 隊 ( 第 3 条 - 第 13 条 ) 第 3 章 運 用 ( 第 14- 第 25

More information

航空自衛隊物品管理補給規則

航空自衛隊物品管理補給規則 航 空 自 衛 隊 物 品 管 理 補 給 規 則 昭 和 43 年 12 月 25 日 航 空 幕 僚 長 空 将 大 室 孟 航 空 自 衛 隊 達 第 35 号 改 正 昭 和 44 年 9 月 29 日 航 空 自 衛 隊 達 第 41 号 昭 和 60 年 9 月 20 日 航 空 自 衛 隊 達 第 22 号 昭 和 45 年 6 月 23 日 航 空 自 衛 隊 達 第 17 号 昭

More information

はじめに 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 ( 以 下 新 病 院 という )におけ る 物 品 管 理 業 務 の 実 施 にあたっては この 仕 様 書 に 定 めるところにより 行 い 当 該 委 託 業 務 が 適 正 かつ 円 滑 に

はじめに 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 ( 以 下 新 病 院 という )におけ る 物 品 管 理 業 務 の 実 施 にあたっては この 仕 様 書 に 定 めるところにより 行 い 当 該 委 託 業 務 が 適 正 かつ 円 滑 に 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 物 品 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 目 次 I. 業 務 概 要... 2 1 委 託 業 務 名... 2 2 業 務 の 目 的... 2 3 期 間... 2 4 病 院 概 要... 2 5 開 院 スケジュール... 3 6 対 象 業 務... 3 1 7 管 理 対 象 及 び 搬 送 対

More information

この約款は、この組合が漁船損害等補償法(昭和27年法律第28号

この約款は、この組合が漁船損害等補償法(昭和27年法律第28号 保 険 約 款 山 口 県 漁 船 保 険 組 合 目 次 第 1 部 漁 船 保 険 ( 第 1 条 - 第 68 条 ) -------------------------------------------------- 1 第 1 章 保 険 契 約 ( 第 1 条 - 第 47 条 ) -------------------------------------------------- 1

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798DC58F498F4390B3817A8E9197BF87408F848E8B914492F882CC8D8290AB945C89BB82C982C282A282C42E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798DC58F498F4390B3817A8E9197BF87408F848E8B914492F882CC8D8290AB945C89BB82C982C282A282C42E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 予 算 事 業 名 担 当 部 局 庁 会 計 区 分 根 拠 法 令 ( 具 体 的 な 条 項 も 記 載 ) 事 業 の 目 的 ( 目 指 す 姿 を 簡 潔 に 3 行 程 度 以 内 ) 巡 視 船 艇 の 整 備 に 関 する 経 費 海 上 保 安 庁 は 海 難 救 助 犯 罪 の 予 防 及 び 鎮 圧 海 上 防 災 海 上 交 通 安 全 海 洋 汚 染 防 止 等 に 係

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 1 ページ

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 1 ページ 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 8 個 人 住 民 税 の 賦 課 に 関 する 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 西 東 京 市 は 個 人 住 民 税 の 賦 課 に 関 する 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイ ルの 取 扱

More information

本 報 告 書 の 利 用 についての 注 意 免 責 事 項 本 報 告 書 は 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ)モスクワ 事 務 所 が 現 地 法 律 事 務 所 GOLTSBLAT BLPに 作 成 委 託 し 2016 年 2 月 に 入 手 した 情 報 に 基 づくものであ

本 報 告 書 の 利 用 についての 注 意 免 責 事 項 本 報 告 書 は 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ)モスクワ 事 務 所 が 現 地 法 律 事 務 所 GOLTSBLAT BLPに 作 成 委 託 し 2016 年 2 月 に 入 手 した 情 報 に 基 づくものであ ロシアにおける 保 税 倉 庫 の 概 要 と 認 定 要 件 (2016 年 2 月 ) 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) モスクワ 事 務 所 ビジネス 展 開 支 援 部 ビジネス 展 開 支 援 課 本 報 告 書 の 利 用 についての 注 意 免 責 事 項 本 報 告 書 は 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ)モスクワ 事 務 所 が 現 地 法 律 事 務 所

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E591BA8E7393B9984888CA92758E7792E8905C90BF8EE891B182AB82CC8EE888F882AB>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E591BA8E7393B9984888CA92758E7792E8905C90BF8EE891B182AB82CC8EE888F882AB> 大 村 市 位 置 指 定 申 請 手 続 きの 手 引 き 平 成 23 年 4 月 1 日 大 村 市 建 築 住 宅 課 目 次 1. 適 用 1 2. 事 前 協 議 及 び 取 扱 基 準 について (1) 事 前 協 議 1 (2) 取 扱 基 準 1 1) の 位 置 指 定 から 指 定 を 延 長 する 場 合 の 取 り 扱 い 1 2) 関 係 規 定 の 適 用 における 指

More information

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交 常 陸 大 宮 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は, 常 陸 大 宮 市 ( 以 下 甲 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 委 託 業 務 という )について 必 要 な 事 項 を 定 め, 受 託 者 ( 以 下 乙 という )は,この 仕 様 書 に 基 づき,

More information

沼津市戸田温泉施設 指定管理者の仕様書

沼津市戸田温泉施設 指定管理者の仕様書 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 指 定 管 理 者 仕 様 書 平 成 24 年 10 月 沼 津 市 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 指 定 管 理 者 仕 様 書 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 ( 以 下 温 泉 施 設 という )の 指 定 管 理 業 務 は 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 条 例 ( 以 下 条 例 という ) 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 条 例

More information

佐賀空港への陸自ティルト・ローター機の配備について

佐賀空港への陸自ティルト・ローター機の配備について 平 成 26 年 9 月 防 衛 省 佐 賀 空 港 への 陸 自 ティルト ローター 機 の 配 備 について 佐 賀 空 港 への 配 備 について 今 後 のティルト ローター 機 の 運 用 に 際 して 同 機 の 配 備 先 につ いて 九 州 地 方 を 中 心 に 部 隊 運 用 の 実 効 性 強 化 日 米 協 力 の 強 化 配 備 のための 十 分 な 地 積 の 確 保 市

More information

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 要 望 事 項 の 内 容 及 び 説 明 - 15 - 1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 還 等 の 促 進 > ア 基 地 の 整

More information

甲府市中央卸売市場清掃業務委託

甲府市中央卸売市場清掃業務委託 市 立 甲 府 病 院 警 備 等 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 1. 目 的 本 業 務 は 市 立 甲 府 病 院 の 建 物 内 及 び 敷 地 内 の 秩 序 維 持 火 災 等 の 事 故 防 止 に 努 め 施 設 財 産 と 利 用 者 等 の 安 全 と 快 適 な 医 療 環 境 を 確 保 することを 目 的 とする 2. 業 務 名 市 立 甲 府 病 院 警 備 等

More information

1: 改 正 航 空 法 ホームページの 無 人 航 空 機 の 飛 行 に 関 する 許 可 承 認 申 請 書 ( 様 式 ) からダウンロード 可 能 2: 自 作 機 であって 趣 味 目 的 で 飛 行 させる 無 人 航 空 機 の 場 合 には 資 料 の 添 付 を 省 略 す るこ

1: 改 正 航 空 法 ホームページの 無 人 航 空 機 の 飛 行 に 関 する 許 可 承 認 申 請 書 ( 様 式 ) からダウンロード 可 能 2: 自 作 機 であって 趣 味 目 的 で 飛 行 させる 無 人 航 空 機 の 場 合 には 資 料 の 添 付 を 省 略 す るこ 平 成 28 年 9 月 1 日 版 ~~ 申 請 書 類 の 作 成 について~~ 申 請 手 続 きに 必 要 な 書 類 は 以 下 のとおりです それぞれの 書 類 の 具 体 的 な 記 載 方 法 については 3ページ 目 以 降 を 参 照 してください また 申 請 にあたっては 本 文 書 の 最 後 尾 に 掲 載 している 申 請 書 類 のチェックリスト も 記 入 の 上

More information

目 次 第 1 四 半 期 事 前 審 査 案 件 ( 内 部 部 局 ) 周 辺 環 境 整 備 課 大 阪 府 和 泉 市 市 道 山 の 谷 伏 屋 線 道 路 改 修 等 事 業 1 ( 統 合 幕 僚 監 部 ) システム 装 備 課 情 報 通 信 研 究 課 中 央 指 揮 システム(

目 次 第 1 四 半 期 事 前 審 査 案 件 ( 内 部 部 局 ) 周 辺 環 境 整 備 課 大 阪 府 和 泉 市 市 道 山 の 谷 伏 屋 線 道 路 改 修 等 事 業 1 ( 統 合 幕 僚 監 部 ) システム 装 備 課 情 報 通 信 研 究 課 中 央 指 揮 システム( 予 算 執 行 事 前 審 査 等 調 書 ( 平 成 23 年 度 第 1 2 四 半 期 ) 防 衛 省 予 算 監 視 効 率 化 チーム 目 次 第 1 四 半 期 事 前 審 査 案 件 ( 内 部 部 局 ) 周 辺 環 境 整 備 課 大 阪 府 和 泉 市 市 道 山 の 谷 伏 屋 線 道 路 改 修 等 事 業 1 ( 統 合 幕 僚 監 部 ) システム 装 備 課 情 報 通

More information

はじめに 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 以 下 科 研 費 という)は 国 民 の 貴 重 な 税 金 等 で 賄 われて いるため その 執 行 にあたっては 公 正 な 使 用 により 最 小 の 費 用 で 最 大 の 効 果 をあげるよう 経 費 を 効 率 的 に 使 用 することが

はじめに 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 以 下 科 研 費 という)は 国 民 の 貴 重 な 税 金 等 で 賄 われて いるため その 執 行 にあたっては 公 正 な 使 用 により 最 小 の 費 用 で 最 大 の 効 果 をあげるよう 経 費 を 効 率 的 に 使 用 することが 平 成 26 年 7 月 作 成 平 成 26 年 度 科 学 研 究 費 補 助 金 使 用 のルール 長 浜 バイオ 大 学 研 究 推 進 機 構 事 務 室 center.jim@nagahama-i-bio.ac.jp 1 はじめに 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 以 下 科 研 費 という)は 国 民 の 貴 重 な 税 金 等 で 賄 われて いるため その 執 行 にあたっては

More information