< F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C CC8E7B8D7382C9>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>"

Transcription

1 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税 市 第 14 号 平 成 24 年 6 月 11 日 総 税 市 第 31 号 平 成 24 年 6 月 27 日 総 税 市 第 35 号 平 成 25 年 4 月 1 日 総 税 市 第 11 号 平 成 25 年 6 月 12 日 総 税 市 第 26 号 平 成 26 年 4 月 1 日 総 税 市 第 8 号 平 成 26 年 6 月 13 日 総 税 市 第 20 号 平 成 27 年 4 月 1 日 総 税 市 第 22 号 平 成 28 年 4 月 1 日 総 税 市 第 26 号 ( 目 次 ) 第 1 章 一 般 的 事 項 第 1 節 通 則 第 2 節 納 税 義 務 の 承 継 第 3 節 連 帯 納 税 義 務 等 第 4 節 第 二 次 納 税 義 務 第 5 節 人 格 のない 社 団 等 の 納 税 義 務 第 6 節 納 税 の 告 知 等 第 7 節 地 方 税 の 優 先 権 等 第 8 節 納 税 の 猶 予 第 9 節 納 税 の 猶 予 に 伴 う 担 保 等 第 10 節 還 付 第 11 節 更 正 決 定 等 の 期 間 制 限 及 び 消 滅 時 効 第 12 節 不 服 審 査 及 び 訴 訟 第 13 節 雑 則 第 14 節 滞 納 処 分 及 び 犯 則 取 締 処 分 第 15 節 延 滞 金 及 び 還 付 加 算 金 の 割 合 等 の 特 例 第 2 章 市 町 村 民 税 第 1 節 納 税 義 務 者 第 1 個 人 の 納 税 義 務 者 第 2 法 人 の 納 税 義 務 者 -1-

2 第 2 節 課 税 標 準 及 び 税 率 第 3 課 税 標 準 第 4 税 率 及 び 税 額 の 計 算 第 3 節 申 告 制 度 第 4 節 賦 課 徴 収 第 5 一 般 的 事 項 第 6 道 府 県 民 税 の 取 扱 い 第 7 給 与 所 得 に 係 る 個 人 の 市 町 村 民 税 の 特 別 徴 収 第 7の2 公 的 年 金 等 に 係 る 所 得 に 係 る 個 人 の 市 町 村 民 税 の 特 別 徴 収 第 8 法 人 の 市 町 村 民 税 の 申 告 納 付 第 5 節 退 職 所 得 の 課 税 の 特 例 第 6 節 上 場 株 式 等 に 係 る 配 当 所 得 に 係 る 課 税 の 特 例 平 成 29 年 度 以 後 の 年 度 分 の 個 人 の 市 町 村 民 税 について 適 用 第 6 節 上 場 株 式 等 に 係 る 配 当 所 得 等 に 係 る 課 税 の 特 例 第 7 節 土 地 の 譲 渡 等 に 係 る 事 業 所 得 等 の 課 税 の 特 例 等 第 8 節 譲 渡 所 得 の 課 税 の 特 例 第 9 節 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 に 係 る 課 税 の 特 例 第 10 節 先 物 取 引 に 係 る 雑 所 得 等 に 係 る 課 税 の 特 例 第 11 節 滞 納 処 分 第 12 節 租 税 条 約 等 第 3 章 固 定 資 産 税 第 1 節 通 則 第 1 課 税 客 体 第 2 納 税 義 務 者 第 3 非 課 税 の 範 囲 等 第 2 節 課 税 標 準 税 率 及 び 免 税 点 第 1 課 税 標 準 及 びその 特 例 第 2 税 率 第 3 免 税 点 第 3 節 賦 課 徴 収 第 4 節 固 定 資 産 課 税 台 帳 第 5 節 評 価 及 び 価 格 の 決 定 第 6 節 新 築 住 宅 等 に 係 る 固 定 資 産 税 の 減 額 措 置 第 7 節 土 地 に 係 る 固 定 資 産 税 の 特 例 第 8 節 市 街 化 区 域 農 地 に 対 して 課 する 固 定 資 産 税 の 特 例 第 4 章 軽 自 動 車 税 平 成 29 年 4 月 1 日 以 後 に 取 得 された 三 輪 以 上 の 軽 自 動 車 に 対 して 課 する 軽 自 動 車 税 の 環 境 性 能 割 及 び 平 成 29 年 度 以 後 の 年 度 分 の 軽 自 動 車 税 の 種 別 割 について 適 用 第 4 章 軽 自 動 車 税 第 1 節 通 則 -2-

3 第 2 節 環 境 性 能 割 第 1 課 税 標 準 第 2 申 告 納 付 及 び 納 付 義 務 の 免 除 等 第 3 道 府 県 による 賦 課 徴 収 第 3 節 種 別 割 第 1 税 率 等 第 2 徴 収 等 第 5 章 市 町 村 たばこ 税 第 1 納 税 義 務 者 第 2 課 税 客 体 等 第 3 課 税 標 準 第 4 課 税 免 除 第 5 徴 税 吏 員 の 質 問 検 査 権 第 6 徴 収 第 7 犯 則 取 締 り 第 8 たばこ 税 の 都 道 府 県 に 対 する 交 付 第 9 たばこ 税 額 を 条 件 とする 補 助 金 等 の 禁 止 第 6 章 鉱 産 税 第 7 章 特 別 土 地 保 有 税 第 1 節 課 税 客 体 及 び 納 税 義 務 者 第 1 課 税 客 体 第 2 納 税 義 務 者 第 3 非 課 税 第 2 節 課 税 標 準 第 1 土 地 の 取 得 価 額 第 2 免 税 点 第 3 税 額 第 3 節 申 告 納 付 等 第 1 納 税 義 務 の 免 除 等 第 2 恒 久 的 な 建 物 施 設 等 の 用 に 供 する 土 地 に 係 る 納 税 義 務 の 免 除 第 4 節 遊 休 土 地 に 係 る 特 別 土 地 保 有 税 第 1 課 税 客 体 第 2 課 税 標 準 第 3 申 告 納 付 等 第 4 納 税 義 務 の 免 除 第 5 節 課 税 の 特 例 第 1 課 税 標 準 の 特 例 第 2 三 大 都 市 圏 の 特 定 市 における 課 税 の 特 例 第 6 節 課 税 の 停 止 第 8 章 法 定 外 普 通 税 -3-

4 第 9 章 目 的 税 第 10 章 法 定 外 目 的 税 第 1 章 一 般 的 事 項 第 1 節 通 則 1 賦 課 徴 収 に 関 する 規 定 の 形 式 (1) 地 方 税 法 ( 以 下 法 という )は 各 税 目 ごとに 課 税 客 体 納 税 義 務 者 又 は 特 別 徴 収 義 務 者 課 税 標 準 税 率 賦 課 期 日 納 期 納 付 又 は 納 入 の 方 法 及 びそれ らの 手 続 罰 則 その 他 の 制 裁 規 定 滞 納 処 分 の 手 続 犯 則 取 締 り 等 賦 課 徴 収 に 関 す る 規 定 を 網 羅 的 に 規 定 しているが これは 納 税 者 にわかりやすいものとし その 協 力 を 得 ることによって 税 務 行 政 の 円 滑 な 運 営 を 図 ろうとする 趣 旨 によるものである こと (2) 条 例 の 制 定 に 当 たっては 法 律 が 条 例 の 定 めるところによることとしている 事 項 及 び 法 律 が 地 方 団 体 に 選 択 的 判 断 を 許 容 している 事 項 のみならず 法 律 政 令 及 び 規 則 において 明 確 に 規 定 され 各 地 方 団 体 ごとの 選 択 判 断 の 余 地 のないものにつ いても 住 民 の 理 解 のうえで 最 小 限 度 必 要 なものにあっては 重 複 をいとわず 総 合 的 に 規 定 することが 適 当 であること ( 法 3) (3) 臨 時 特 定 の 費 用 に 充 てるために 増 税 を 行 う 場 合 においては 一 般 的 条 例 改 正 の 形 式 によることなく 別 個 に 臨 時 増 徴 条 例 によって 規 定 することが 望 ましいもの であること ( 法 3) (4) 地 方 団 体 の 長 は 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 )の 規 定 によって 一 般 にその 権 限 に 属 する 事 務 の 一 部 を 規 則 によって 委 任 することができるものとされ ているが 地 方 税 法 に 規 定 する 地 方 団 体 の 長 の 権 限 に 属 する 事 務 は 更 正 決 定 地 方 税 の 減 免 納 期 限 の 延 長 過 料 処 分 等 の 納 税 者 又 は 特 別 徴 収 義 務 者 の 権 利 義 務 に 極 めて 重 要 な 関 係 を 有 するものが 多 いので 地 方 団 体 の 長 がこの 事 務 の 一 部 を 委 任 するには 一 般 原 則 にはよらないで 条 例 の 定 めるところにより かつ 支 庁 地 方 事 務 所 指 定 都 市 の 区 の 事 務 所 又 は 税 務 事 務 所 の 長 に 限 ってすることができる ものとされていること ( 法 3の2) 2 課 税 免 除 等 租 税 負 担 の 合 理 化 を 図 るため 非 課 税 規 定 は これを 最 小 限 度 にとどめているのであ るが 地 方 団 体 が 自 ら 行 う 課 税 免 除 不 均 一 課 税 租 税 の 減 免 等 についても その 内 容 について 徹 底 的 検 討 を 加 え 濫 用 することがないよう 特 に 留 意 すること ( 法 6 7) なお 地 方 団 体 において 納 税 義 務 者 に 係 る 一 定 の 事 由 に 該 当 することを 理 由 として 一 律 かつ 無 条 件 に 当 該 税 負 担 を 軽 減 するような 措 置 を 講 ずることのないよう 留 意 すること 3 税 率 税 率 については 一 定 税 率 を 法 定 するもの 標 準 税 率 とともに 制 限 税 率 をも 法 定 する もの 標 準 税 率 を 定 めるにとどめるもの 等 に 区 分 されているが 標 準 税 率 ( 制 限 税 率 を 併 せて 定 めるものを 含 む )を 規 定 する 税 目 について 超 過 課 税 を 行 う 場 合 においては 超 過 課 税 が 納 税 者 に 対 して 通 常 以 上 の 負 担 を 求 めるものであることを 踏 まえ 議 会 にお -4-

5 いて 十 分 に 議 論 をし 納 税 者 に 対 して 十 分 に 説 明 を 行 い 理 解 を 得 るべきものであるこ と 4 課 税 権 の 承 継 市 町 村 の 廃 置 分 合 又 は 境 界 変 更 があった 場 合 においては 承 継 市 町 村 又 は 新 市 町 村 が その 区 域 によって 消 滅 市 町 村 又 は 旧 市 町 村 に 係 る 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 徴 収 を 目 的 とする 権 利 ( 以 下 徴 収 金 に 係 る 権 利 という )を 承 継 するものであること ( 法 8の2 8の3) この 場 合 において 次 の 諸 点 に 留 意 すること (1) 承 継 市 町 村 又 は 新 市 町 村 が 消 滅 市 町 村 又 は 旧 市 町 村 の 徴 収 金 に 係 る 権 利 を 承 継 する 場 合 においては その 徴 収 金 に 係 る 権 利 の 行 使 については 別 段 の 定 めをしな い 限 り 消 滅 市 町 村 又 は 旧 市 町 村 の 条 例 規 則 その 他 の 定 めの 例 によるものとされ ているが 必 要 に 応 じ 承 継 市 町 村 又 は 新 市 町 村 の 条 例 等 で 消 滅 市 町 村 又 は 旧 市 町 村 の 条 例 等 について 特 別 の 定 めをすることは もとより 妨 げないものであること ( 法 8の24) (2) 前 号 の 場 合 において 消 滅 市 町 村 又 は 旧 市 町 村 がした 賦 課 徴 収 その 他 の 手 続 は 承 継 市 町 村 又 は 新 市 町 村 がした 賦 課 徴 収 その 他 の 手 続 と 消 滅 市 町 村 又 は 旧 市 町 村 に 対 してした 申 告 不 服 申 立 てその 他 の 手 続 は 承 継 市 町 村 又 は 新 市 町 村 に 対 してし た 申 告 不 服 申 立 てその 他 の 手 続 とみなされるものとされているので 承 継 市 町 村 又 は 新 市 町 村 は 消 滅 市 町 村 又 は 旧 市 町 村 の 地 方 団 体 の 徴 収 金 で 消 滅 市 町 村 又 は 旧 市 町 村 に 収 入 されていないものを 徴 収 することができるとともに 既 に 消 滅 市 町 村 又 は 旧 市 町 村 に 収 入 された 地 方 団 体 の 徴 収 金 で 過 納 又 は 誤 納 に 係 るものについては 承 継 市 町 村 又 は 新 市 町 村 がこれを 還 付 することとなるものであることに 留 意 するこ と ( 法 8の21 後 段 4) (3) 承 継 市 町 村 が 消 滅 市 町 村 の 徴 収 金 に 係 る 権 利 を 承 継 する 場 合 において 消 滅 市 町 村 が 市 町 村 法 定 外 普 通 税 又 は 法 定 外 目 的 税 を 設 定 しているときは 承 継 市 町 村 は 当 該 消 滅 市 町 村 の 区 域 に 限 り 当 該 消 滅 市 町 村 に 係 る 法 定 外 普 通 税 又 は 法 定 外 目 的 税 を 引 き 続 いて 課 税 するのには 法 第 669 条 又 は 第 731 条 第 2 項 の 規 定 による 総 務 大 臣 への 協 議 を 要 しないものであること ( 法 8の24) (4) 新 市 町 村 が 旧 市 町 村 の 徴 収 金 に 係 る 権 利 を 承 継 する 場 合 においては 申 告 納 付 又 は 申 告 納 入 の 方 法 によって 徴 収 される 地 方 税 に 係 る 地 方 団 体 の 徴 収 金 にあっては 境 界 変 更 又 は 廃 置 分 合 があった 日 前 に 納 期 限 の 到 来 しないもので 旧 市 町 村 に 収 入 されていないものに 限 り 新 市 町 村 に 承 継 されることとなるのであるから 既 に 納 期 限 の 到 来 しているもの 又 は 納 期 限 は 到 来 しないが 既 に 旧 市 町 村 に 収 入 されている ものは 新 市 町 村 に 承 継 されないものであること この 場 合 において 納 期 限 は 法 令 に 定 められた 納 期 限 をいうものであるから 法 令 の 規 定 に 基 づき 納 期 限 が 延 長 されているときは その 延 長 された 納 期 限 によるが 法 第 15 条 の 規 定 に 基 づく 徴 収 猶 予 をしている 場 合 においては その 徴 収 猶 予 期 間 は 納 期 限 の 延 長 とは 認 められ ないので 所 定 の 納 期 限 によることとなるものであること なお 特 別 徴 収 の 方 法 によって 徴 収 する 個 人 の 市 町 村 民 税 は 申 告 納 入 の 方 法 に よって 徴 収 する 地 方 税 には 含 まれないので 旧 市 町 村 に 収 入 されていないものに 限 -5-

6 り 新 市 町 村 に 承 継 されるものであること ( 法 8の31) (5) 承 継 市 町 村 が 消 滅 市 町 村 の 徴 収 金 に 係 る 権 利 を 承 継 する 場 合 において 既 に 消 滅 市 町 村 が 特 別 徴 収 義 務 者 に 通 知 した 特 別 徴 収 税 額 を 二 以 上 の 承 継 市 町 村 が 承 継 す ることとなるとき 又 は 新 市 町 村 が 旧 市 町 村 の 徴 収 金 に 係 る 権 利 を 承 継 する 場 合 にお いて 既 に 旧 市 町 村 が 特 別 徴 収 義 務 者 に 通 知 した 特 別 徴 収 税 額 があるときは 承 継 市 町 村 又 は 新 市 町 村 は 遅 滞 なく 特 別 徴 収 義 務 者 に 対 し その 納 入 すべき 特 別 徴 収 税 額 等 を 通 知 するものであること ( 令 1の2) 5 納 期 市 町 村 民 税 及 び 固 定 資 産 税 については 納 期 が 法 定 されているが これは 国 税 の 徴 収 時 期 との 競 合 をできる 限 り 避 けるとともに 財 政 経 理 の 円 滑 を 期 する 趣 旨 によるもの であるから 特 別 の 事 由 がない 限 り できる 限 りこれによることが 望 ましいこと 6 事 務 所 又 は 事 業 所 (1) 事 務 所 又 は 事 業 所 ( 以 下 6において 事 務 所 等 という )とは それが 自 己 の 所 有 に 属 するものであるか 否 かにかかわらず 事 業 の 必 要 から 設 けられた 人 的 及 び 物 的 設 備 であって そこで 継 続 して 事 業 が 行 われる 場 所 をいうものであること この 場 合 において 事 務 所 等 において 行 われる 事 業 は 当 該 個 人 又 は 法 人 の 本 来 の 事 業 の 取 引 に 関 するものであることを 必 要 とせず 本 来 の 事 業 に 直 接 間 接 に 関 連 し て 行 われる 付 随 的 事 業 であっても 社 会 通 念 上 そこで 事 業 が 行 われていると 考 えられ るものについては 事 務 所 等 として 取 り 扱 って 差 し 支 えないものであるが 宿 泊 所 従 業 員 詰 所 番 小 屋 監 視 所 等 で 番 人 小 使 等 のほかに 別 に 事 務 員 を 配 置 せず 専 ら 従 業 員 の 宿 泊 監 視 等 の 内 部 的 便 宜 的 目 的 のみに 供 されるものは 事 務 所 等 の 範 囲 に 含 まれないものであること (2) 事 務 所 等 と 認 められるためには その 場 所 において 行 われる 事 業 がある 程 度 の 継 続 性 をもったものであることを 要 するから たまたま2 3か 月 程 度 の1 時 的 な 事 業 の 用 に 供 する 目 的 で 設 けられる 現 場 事 務 所 仮 小 屋 等 は 事 務 所 等 の 範 囲 に 入 ら ないものであること 7 金 融 機 関 の 指 定 市 町 村 税 は 会 計 管 理 者 若 しくは 出 納 職 員 又 は 指 定 金 融 機 関 指 定 代 理 金 融 機 関 若 し くは 収 納 代 理 金 融 機 関 ( 法 第 321 条 の5 第 4 項 ( 法 第 328 条 の5 第 3 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 納 入 金 にあっては 同 項 の 金 融 機 関 を 含 む 以 下 同 じ )に 納 付 又 は 納 入 するのであるが 市 町 村 は 市 町 村 税 を 納 付 又 は 納 入 する 者 の 便 宜 を 図 るた め 指 定 代 理 金 融 機 関 又 は 収 納 代 理 金 融 機 関 をできるだけ 多 く 指 定 するよう 配 慮 するこ と 8 口 座 振 替 による 納 付 又 は 納 入 申 告 納 付 又 は 申 告 納 入 に 係 る 市 町 村 税 が 口 座 振 替 の 方 法 により 一 定 の 日 までに 納 付 され 又 は 納 入 された 場 合 には その 納 付 又 は 納 入 が 納 期 限 後 である 場 合 においても 納 期 限 においてされたものとみなして 延 滞 金 に 関 する 規 定 を 適 用 するものとされている ものであること ( 法 20の5の4 令 6の18の2) なお 申 告 納 付 又 は 申 告 納 入 に 係 る 税 目 に 限 らず 徴 収 率 の 向 上 徴 収 事 務 の 効 率 化 等 を 促 進 する 観 点 から 市 町 村 の 実 情 に 即 しつつ 口 座 振 替 による 納 付 又 は 納 入 の 推 進 -6-

7 に 努 めることが 望 ましいものであること 第 2 節 納 税 義 務 の 承 継 9 相 続 による 納 税 義 務 の 承 継 相 続 の 開 始 があった 場 合 には 相 続 人 及 び 相 続 財 産 法 人 は 被 相 続 人 の 納 税 義 務 を 無 限 に 承 継 することを 原 則 とし 限 定 承 認 をした 相 続 人 は 相 続 によって 得 た 財 産 の 限 度 で 承 継 するものであること なお 相 続 人 が2 人 以 上 あるときは 各 相 続 人 は その 相 続 分 によりあん 分 して 計 算 した 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 納 付 又 は 納 入 義 務 を 承 継 することとし その 相 続 によって 得 た 財 産 の 価 額 がその 相 続 人 が 納 付 し 又 は 納 入 すべき 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 額 を 超 えている ときは その 相 続 人 はその 超 える 価 額 を 限 度 として 他 の 相 続 人 が 納 付 し 又 は 納 入 す べき 地 方 団 体 の 徴 収 金 を 納 付 し 又 は 納 入 すべき 責 任 を 負 うものであること ( 法 9) 10 相 続 人 からの 徴 収 手 続 納 税 者 又 は 特 別 徴 収 義 務 者 につき 相 続 の 開 始 があった 場 合 においてこれらの 者 に 送 達 すべき 書 類 は 各 相 続 人 の 承 継 額 につき 個 別 に 送 達 するのが 原 則 であるが 地 方 団 体 及 び 納 税 者 等 相 互 間 の 徴 税 及 び 納 税 手 続 の 便 宜 を 考 慮 し 相 続 人 は 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 賦 課 徴 収 ( 滞 納 処 分 を 除 く ) 及 び 還 付 に 関 する 書 類 を 受 領 する 代 表 者 を 定 め この 旨 を 地 方 団 体 の 長 に 届 け 出 たときは その 代 表 者 がこれらの 処 分 に 関 する 書 類 を 受 領 する ことができるものであること なお すべての 相 続 人 又 は 相 続 分 のうちに 明 らかでないものがあり かつ 相 当 の 期 間 内 に 当 該 届 出 がないときは 地 方 団 体 の 長 は 相 続 人 の1 人 を 指 定 し その 者 を 代 表 者 とすることができるものであること ( 法 9の2 令 2) 第 3 節 連 帯 納 税 義 務 等 11 連 帯 納 税 義 務 共 有 者 共 同 事 業 者 等 は 共 有 物 共 同 事 業 等 に 係 る 地 方 団 体 の 徴 収 金 について そ れぞれ 連 帯 納 付 義 務 又 は 連 帯 納 入 義 務 を 負 うものであること この 場 合 において 連 帯 納 付 義 務 又 は 連 帯 納 入 義 務 の 効 力 等 については 民 法 ( 明 治 29 年 法 律 第 89 号 )に 定 められている 連 帯 債 務 に 関 する 規 定 が 準 用 されるものであること ( 法 10 10の2 令 3) 平 成 29 年 1 月 1 日 以 後 に 行 われる 合 併 又 は 分 割 について 適 用 11の2 法 人 の 合 併 等 の 無 効 判 決 に 係 る 連 帯 納 税 義 務 合 併 又 は 分 割 ( 以 下 この 項 において 合 併 等 という )を 無 効 とする 判 決 が 確 定 した 場 合 には 当 該 合 併 等 をした 法 人 は 合 併 後 存 続 する 法 人 若 しくは 合 併 により 設 立 した 法 人 又 は 分 割 により 事 業 を 承 継 した 法 人 の 当 該 合 併 等 の 日 以 後 に 納 付 し 又 は 納 入 する 義 務 の 成 立 した 地 方 団 体 の 徴 収 金 について 連 帯 して 納 付 し 又 は 納 入 する 義 務 を 負 うものであること ( 法 10の3) 11の3 法 人 の 分 割 に 係 る 連 帯 納 税 の 責 任 法 人 が 分 割 ( 分 社 型 分 割 を 除 く 以 下 この 項 において 同 じ )をした 場 合 には 当 該 分 割 により 営 業 を 承 継 した 法 人 が 当 該 分 割 をした 法 人 から 承 継 した 財 産 の 価 額 を 限 度 -7-

8 として 当 該 分 割 をした 法 人 の 地 方 税 について 連 帯 して 納 付 し 又 は 納 入 する 責 任 を 負 うものであること ( 法 10の4) この 場 合 において 次 の 諸 点 に 留 意 すること (1) 連 帯 して 納 付 し 又 は 納 入 する 責 任 は 特 段 の 手 続 をとることなく 法 人 の 分 割 により 当 然 に 発 生 するものであること (2) 承 継 した 財 産 の 価 額 とは 積 極 財 産 の 価 額 をいうものであり 負 債 を 差 し 引 いた 額 とは 異 なるものであること (3) 連 帯 して 納 付 し 又 は 納 入 する 責 任 の 対 象 となる 地 方 税 には 当 該 地 方 税 に 係 る 督 促 手 数 料 延 滞 金 等 を 含 むものとされていることから 例 えば 分 割 の 日 から 後 に 納 期 限 が 到 来 したが 納 付 又 は 納 入 が 行 われなかった 地 方 税 に 係 る 督 促 手 数 料 延 滞 金 等 についても 当 該 分 割 により 営 業 を 承 継 した 法 人 が 連 帯 して 納 付 し 又 は 納 入 する 責 任 を 負 う 範 囲 に 含 まれるものであること 第 4 節 第 二 次 納 税 義 務 12 第 二 次 納 税 義 務 制 度 第 二 次 納 税 義 務 の 制 度 は その 財 産 は 形 式 的 には 第 三 者 に 帰 属 している 場 合 であって も 実 質 的 には 納 税 者 又 は 特 別 徴 収 義 務 者 にその 財 産 が 帰 属 していると 認 めても 公 平 を 失 しないときにおいて 形 式 的 な 権 利 の 帰 属 を 否 認 して 私 法 秩 序 を 乱 すことを 避 けつ つ その 形 式 的 に 権 利 が 帰 属 している 者 に 対 して 補 充 的 に 納 税 義 務 を 負 担 させることに より 徴 収 の 合 理 化 を 図 るために 認 められている 制 度 であること 13 同 族 会 社 の 第 二 次 納 税 義 務 滞 納 者 が 同 族 会 社 の 株 式 又 は 出 資 を 有 している 場 合 において その 株 式 又 は 出 資 を 公 売 しても 買 受 人 がないか 又 は 定 款 等 によりその 譲 渡 が 制 限 されているため その 株 式 等 を 売 却 できず かつ 滞 納 者 の 他 の 財 産 につき 滞 納 処 分 をしてもなお 徴 収 すべき 地 方 団 体 の 徴 収 金 に 不 足 すると 認 められるときは その 株 式 又 は 出 資 の 価 額 を 限 度 として 同 族 会 社 に 対 し その 滞 納 に 係 る 地 方 団 体 の 徴 収 金 につき 第 二 次 納 税 義 務 を 負 わせる ことができるものであること ただし 株 式 又 は 出 資 につき その 滞 納 に 係 る 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 法 定 納 期 限 の1 年 前 までに 取 得 したものについては その 適 用 が 除 外 されて いるものであるが この 法 定 納 期 限 とは 1 法 又 はこれに 基 づいて 定 められた 条 例 に 規 定 している 納 付 又 は 納 入 期 限 であって 2 納 期 を 分 けている 地 方 税 例 えば 普 通 徴 収 の 方 法 によって 徴 収 する 個 人 の 住 民 税 及 び 固 定 資 産 税 にあっては その 第 一 期 分 の 納 期 限 をいうものであり 3 修 正 申 告 期 限 後 申 告 更 正 決 定 繰 上 徴 収 徴 収 の 猶 予 普 通 徴 収 の 方 法 によって 徴 収 する 地 方 税 の 賦 課 もれ 若 しくは 追 徴 に 係 る 賦 課 決 定 若 しくは 換 価 の 猶 予 をした 場 合 の 納 期 限 又 は 法 第 474 条 第 1 項 の 規 定 による 納 期 限 は 除 かれる ものであること 4また 督 促 手 数 料 延 滞 金 過 少 申 告 加 算 金 不 申 告 加 算 金 重 加 算 金 及 び 滞 納 処 分 費 については その 徴 収 の 基 因 となった 地 方 税 の 当 該 期 限 をいうもの であること ( 法 11の4 令 3の2) 14 実 質 課 税 額 等 の 第 二 次 納 税 義 務 (1) 事 業 税 等 の 課 税 においては 登 記 又 は 登 録 等 による 私 法 上 の 権 利 関 係 のいかん にかかわらず 収 益 が 実 質 的 に 帰 属 する 者 に 対 し いわゆる 実 質 課 税 が 行 われるこ とにかんがみ 課 税 と 徴 収 の 一 体 化 を 図 る 趣 旨 から その 実 質 課 税 に 係 る 地 方 団 体 -8-

9 の 徴 収 金 につき 滞 納 処 分 をしてもなおその 徴 収 すべき 額 に 不 足 すると 認 められると きは その 事 業 税 等 の 賦 課 の 基 因 となった 収 益 が 法 律 上 帰 属 するとみられる 者 に 対 し その 収 益 が 生 じた 財 産 を 限 度 として その 滞 納 に 係 る 地 方 団 体 の 徴 収 金 につき 第 二 次 納 税 義 務 を 負 わせることができるものであること (2) 同 族 会 社 の 行 為 若 しくは 計 算 又 は 合 併 等 によりその 有 する 資 産 等 の 移 転 を 行 っ た 法 人 若 しくは 当 該 資 産 等 の 移 転 を 受 けた 法 人 若 しくはこれらの 法 人 の 株 主 等 であ る 法 人 の 行 為 若 しくは 計 算 につきこれを 容 認 した 場 合 には 事 業 税 等 の 負 担 を 不 当 に 減 少 させる 結 果 となると 認 められるときは その 行 為 又 は 計 算 を 否 認 して 課 税 す ることができることとされているのであるが その 否 認 された 行 為 又 は 計 算 により 利 益 を 受 けたとみなされる 者 に 対 しても (1)の 趣 旨 に 準 じ その 受 けた 利 益 の 額 を 限 度 として 第 二 次 納 税 義 務 を 負 わせることができるものであること ( 法 1 1の5 令 4) (3) 事 業 所 税 の 課 税 においては 登 記 又 は 登 録 等 による 私 法 上 の 権 利 関 係 のいかん にかかわらず 事 実 上 当 該 事 業 を 行 っていると 認 められる 者 に 対 し いわゆる 実 質 課 税 が 行 われることとされているのであるが その 事 業 所 税 の 賦 課 の 基 因 となった 事 業 を 法 律 上 行 うとみられる 者 に 対 しても (1)の 趣 旨 に 準 じ その 受 けた 利 益 の 額 を 限 度 として 第 二 次 納 税 義 務 を 負 わせることができるものであること 15 共 同 的 な 事 業 者 の 第 二 次 納 税 義 務 納 税 者 又 は 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 業 の 遂 行 に 欠 くことのできない 重 要 な 財 産 が 納 税 者 又 は 特 別 徴 収 義 務 者 と 生 計 を 一 にする 配 偶 者 その 他 の 親 族 の 所 有 となっており かつ これらの 者 がその 事 業 から 所 得 を 受 けているときは その 納 税 者 又 は 特 別 徴 収 義 務 者 が その 供 されている 事 業 に 係 る 地 方 団 体 の 徴 収 金 を 滞 納 し その 地 方 団 体 の 徴 収 金 につき 滞 納 処 分 をしてもなおその 徴 収 すべき 額 に 不 足 すると 認 められるときは その 配 偶 者 そ の 他 の 親 族 に 対 し その 財 産 を 限 度 として その 滞 納 に 係 る 地 方 団 体 の 徴 収 金 につき 第 二 次 納 税 義 務 を 負 わせることができるものであること また 納 税 者 又 は 特 別 徴 収 義 務 者 が 同 族 会 社 である 場 合 においては その 判 定 の 基 礎 となった 株 主 又 は 社 員 に 対 し 上 記 と 同 様 に 第 二 次 納 税 義 務 を 負 わせることができるも のであること ( 法 11の6) 16 事 業 を 譲 り 受 けた 特 殊 関 係 者 の 第 二 次 納 税 義 務 納 税 者 又 は 特 別 徴 収 義 務 者 が 親 族 その 他 の 特 殊 関 係 者 に 事 業 を 譲 渡 (その 譲 渡 が 滞 納 に 係 る 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 法 定 納 期 限 より1 年 以 上 前 にされているものを 除 く )し かつ その 譲 受 人 が 同 一 とみられる 場 所 において 同 一 又 は 類 似 の 事 業 を 営 んでいる 場 合 において 納 税 者 又 は 特 別 徴 収 義 務 者 のその 事 業 に 係 る 地 方 団 体 の 徴 収 金 につき 滞 納 処 分 をしてもなおその 徴 収 すべき 額 に 不 足 すると 認 められるときは その 譲 受 人 に 対 し その 譲 受 財 産 を 限 度 としてその 滞 納 に 係 る 地 方 団 体 の 徴 収 金 につき 第 二 次 納 税 義 務 を 負 わせることができるものであること ( 法 11の7 令 5) 平 成 29 年 1 月 1 日 以 後 に 滞 納 となった 地 方 団 体 の 徴 収 金 ( 同 日 前 に 事 業 を 譲 渡 した 場 合 における 当 該 事 業 に 係 るものを 除 く )について 適 用 16 事 業 を 譲 り 受 けた 特 殊 関 係 者 の 第 二 次 納 税 義 務 納 税 者 又 は 特 別 徴 収 義 務 者 が 生 計 を 一 にする 親 族 その 他 納 税 者 又 は 特 別 徴 収 義 務 者 -9-

10 と 特 殊 の 関 係 のある 個 人 又 は 被 支 配 会 社 に 事 業 を 譲 渡 (その 譲 渡 が 滞 納 に 係 る 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 法 定 納 期 限 より1 年 以 上 前 にされているものを 除 く )し かつ その 譲 受 人 が 同 一 又 は 類 似 の 事 業 を 営 んでいる 場 合 において 納 税 者 又 は 特 別 徴 収 義 務 者 のその 事 業 に 係 る 地 方 団 体 の 徴 収 金 につき 滞 納 処 分 をしてもなおその 徴 収 すべき 額 に 不 足 すると 認 められるときは その 譲 受 人 に 対 し その 譲 受 財 産 の 価 額 の 限 度 におい て その 滞 納 に 係 る 地 方 団 体 の 徴 収 金 につき 第 二 次 納 税 義 務 を 負 わせることができ るものであること ( 法 11の7 令 5) 17 無 償 又 は 著 しい 低 額 の 譲 受 人 等 の 第 二 次 納 税 義 務 滞 納 者 の 地 方 団 体 の 徴 収 金 につき 滞 納 処 分 をしてもなおその 徴 収 すべき 額 に 不 足 する と 認 められる 場 合 において その 不 足 すると 認 められることが 無 償 又 は 著 しく 低 い 額 の 対 価 による 譲 渡 等 の 処 分 ( 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 法 定 納 期 限 の1 年 前 に 譲 渡 等 の 処 分 が 行 われているものを 除 く )に 基 因 すると 認 められるときは これらの 処 分 により 権 利 を 取 得 し 又 は 義 務 を 免 れた 者 に 対 し これらの 処 分 により 受 けた 利 益 が 現 に 存 する 限 度 (これらの 者 がその 処 分 の 時 にその 滞 納 者 の 親 族 その 他 滞 納 者 と 特 殊 の 関 係 のある 個 人 又 は 同 族 会 社 であるときは これらの 処 分 により 受 けた 利 益 の 限 度 )において その 滞 納 に 係 る 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 第 二 次 納 税 義 務 を 負 わせることができるものであること ( 法 11の8 令 6) 18 軽 自 動 車 等 の 売 主 の 第 二 次 納 税 義 務 (1) 法 第 442 条 の2 第 2 項 に 規 定 する 軽 自 動 車 等 ( 以 下 所 有 権 留 保 付 軽 自 動 車 等 という )については 当 該 軽 自 動 車 等 の 買 主 を 所 有 者 とみなして 軽 自 動 車 税 を 課 することとされているが 当 該 買 主 が 当 該 軽 自 動 車 等 に 対 して 課 する 軽 自 動 車 税 に 係 る 地 方 団 体 の 徴 収 金 を 滞 納 した 場 合 において その 者 の 財 産 につき 滞 納 処 分 をしてもなおその 徴 収 すべき 額 に 不 足 すると 認 められるときは 当 該 軽 自 動 車 等 の 売 主 に 対 し 当 該 軽 自 動 車 等 の 引 渡 しと 同 時 にその 代 金 の 受 渡 しを 行 うものとした 場 合 の 価 額 ( 現 金 販 売 価 格 )を 限 度 として 当 該 滞 納 に 係 る 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 第 二 次 納 税 義 務 を 負 わせることができるものであること ( 法 11の91 令 6の2 ) 平 成 29 年 度 以 後 の 年 度 分 の 軽 自 動 車 税 の 種 別 割 について 適 用 (1) 法 第 444 条 第 1 項 の 規 定 の 適 用 を 受 ける 売 買 契 約 に 係 る 軽 自 動 車 等 ( 以 下 所 有 権 留 保 付 軽 自 動 車 等 という )については 当 該 軽 自 動 車 等 の 買 主 を 所 有 者 とみなして 軽 自 動 車 税 の 種 別 割 を 課 することとされているが 当 該 買 主 が 当 該 軽 自 動 車 等 に 対 して 課 する 軽 自 動 車 税 の 種 別 割 に 係 る 地 方 団 体 の 徴 収 金 を 滞 納 した 場 合 において その 者 の 財 産 につき 滞 納 処 分 をしてもなおその 徴 収 すべき 額 に 不 足 すると 認 められるときは 当 該 軽 自 動 車 等 の 売 主 に 対 し 当 該 軽 自 動 車 等 の 引 渡 しと 同 時 にその 代 金 の 受 渡 しを 行 うものとした 場 合 の 価 額 ( 現 金 販 売 価 格 )を 限 度 として 当 該 滞 納 に 係 る 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 第 二 次 納 税 義 務 を 負 わせることができるものであること ( 法 11の91 令 6の2) (2) 売 主 に 対 する 所 有 権 留 保 付 軽 自 動 車 等 に 係 る 第 二 次 納 税 義 務 の 告 知 は 当 該 軽 自 動 車 等 について 売 主 が 所 有 権 を 留 保 している 間 に 限 り 行 うことができるものであ ること -10-

11 (3) 所 有 権 留 保 付 軽 自 動 車 等 の 所 在 及 び 買 主 の 住 所 又 は 居 所 が 不 明 である 場 合 にお いて 当 該 軽 自 動 車 等 の 売 主 が 当 該 軽 自 動 車 等 の 売 買 に 係 る 代 金 の 全 部 又 は 一 部 を 受 け 取 ることができなくなったと 認 められるときは 当 該 受 け 取 ることができなく なったと 認 められる 額 を 限 度 として 当 該 軽 自 動 車 等 の 売 主 の 第 二 次 納 税 義 務 に 係 る 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 納 付 の 義 務 を 免 除 するものとされているが その 運 用 に 当 た っては 免 除 の 事 由 に 該 当 するかどうかの 認 定 につき 適 正 を 期 するよう 留 意 するこ と ( 法 11の92) (4) 受 け 取 ることができなくなつたと 認 められるとき とは 一 般 的 には 当 該 受 け 取 ることができなくなった 賦 払 金 について 税 務 計 算 上 損 金 又 は 必 要 経 費 として 処 理 された 場 合 をいうものであること なお 売 主 からの 申 出 により 税 務 計 算 上 損 金 又 は 必 要 経 費 として 処 理 するまでに 相 当 の 日 時 を 要 すると 認 められる 場 合 は 納 付 の 催 告 書 の 発 付 を 留 保 する 等 適 切 な 措 置 を 講 ずることが 適 当 であること (5) 売 主 が 法 第 11 条 の9 第 3 項 の 規 定 により 第 二 次 納 税 義 務 に 係 る 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 納 付 義 務 の 免 除 の 規 定 の 適 用 があるべき 旨 の 申 告 をするに 当 たっては 免 除 の 事 由 に 該 当 する 事 実 等 を 記 載 した 書 面 を 提 出 させるとともに これと 併 せて 次 に 掲 げるような 免 除 の 認 定 に 関 し 必 要 と 認 められる 書 類 又 はその 写 しを 提 出 させるこ とが 適 当 であること ア 当 該 軽 自 動 車 等 に 係 る 売 買 契 約 書 イ 当 該 軽 自 動 車 等 の 所 在 についての 調 査 記 録 等 軽 自 動 車 等 の 所 在 が 不 明 であるこ とを 証 する 書 類 ウ 返 戻 された 買 主 あて 軽 自 動 車 等 の 代 金 払 込 催 告 書 に 係 る 配 達 証 明 郵 便 物 等 買 主 の 住 所 又 は 居 所 が 不 明 であることを 証 する 書 類 エ 支 払 いを 拒 絶 された 手 形 及 び 貸 倒 損 失 に 関 する 会 計 上 の 記 録 等 軽 自 動 車 等 の 代 金 の 全 部 又 は 一 部 を 売 主 が 受 け 取 ることができないことを 証 する 書 類 第 5 節 人 格 のない 社 団 等 の 納 税 義 務 19 人 格 のない 社 団 等 の 納 税 義 務 (1) 法 人 でない 社 団 又 は 財 団 で 代 表 者 又 は 管 理 人 の 定 めがあり かつ 収 益 事 業 又 は 法 人 課 税 信 託 の 引 受 けを 行 うものに 対 しては 法 人 とみなして 住 民 税 を 課 する 場 合 があるのであるが この 場 合 において 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するときは 代 表 者 又 は 管 理 人 の 定 めのあるものと 認 められるものであること ア 法 人 でない 社 団 又 は 財 団 の 規 約 規 則 等 において 代 表 者 又 は 管 理 人 を 置 くもの とし 当 該 規 約 規 則 等 に 基 づいて 代 表 者 又 は 管 理 人 が 定 められているとき イ 当 該 規 約 規 則 等 に 基 づかないものであっても 法 人 でない 社 団 又 は 財 団 の 事 業 活 動 を 代 表 する 者 又 は 管 理 する 者 が 定 められていると 認 められるとき ウ ア 及 びイのいずれにも 該 当 しないが 例 えば その 経 理 の 収 支 が 法 人 でない 社 団 又 は 財 団 の 一 定 の 者 の 名 においてのみ 行 われ 又 は 一 定 の 者 が 法 人 でない 社 団 又 は 財 団 の 行 為 として 行 ったものが 通 常 その 法 人 でない 社 団 又 は 財 団 の 行 為 とし て 認 められる 等 外 部 的 にみてその 社 団 又 は 財 団 を 代 表 し 又 は 管 理 する 者 があると -11-

12 認 められるとき (2) 2 以 上 の 個 人 が 組 合 契 約 等 により 共 同 して 事 業 を 経 営 する 場 合 においても 代 表 者 又 は 管 理 人 の 定 めがあるときは 法 人 でない 社 団 又 は 財 団 とすること (3) 法 人 でない 社 団 又 は 財 団 で 代 表 者 又 は 管 理 人 の 定 めがあり かつ 収 益 事 業 又 は 法 人 課 税 信 託 の 引 受 けを 行 うもの( 以 下 この 節 において 人 格 のない 社 団 等 と いう )については 法 第 1 章 の 総 則 においては これを 法 人 とみなして 法 人 に 関 する 規 定 がこれに 適 用 されるものであること (4) 法 人 が 人 格 のない 社 団 等 の 財 産 に 属 する 権 利 義 務 を 承 継 する 場 合 には その 法 人 はその 人 格 のない 社 団 等 の 納 税 義 務 を 承 継 するものであること (5) 人 格 のない 社 団 等 が 地 方 団 体 の 徴 収 金 を 滞 納 した 場 合 において これに 属 する 財 産 ( 第 三 者 が 名 義 人 となっているため 当 該 第 三 者 に 法 律 上 帰 属 するとみられる 財 産 を 除 く )につき 滞 納 処 分 をしてもなおその 徴 収 すべき 額 に 不 足 すると 認 めら れるときは その 第 三 者 に 対 し その 法 律 上 帰 属 するとみられる 財 産 を 限 度 として その 滞 納 に 係 る 地 方 団 体 の 徴 収 金 につき 第 二 次 納 税 義 務 を 負 わせることができ るものであること ( 法 12 12の2) 第 6 節 納 税 の 告 知 等 20 納 税 の 告 知 (1) 納 税 の 告 知 は 文 書 をもってし その 文 書 は 納 税 通 知 書 のように 法 に 別 段 の 定 めがあるものを 除 くほか 納 付 又 は 納 入 の 金 額 納 付 又 は 納 入 の 期 限 納 付 又 は 納 入 の 場 所 その 他 必 要 な 事 項 を 記 載 する 要 式 行 為 であること なお 滞 納 処 分 費 はその 性 質 上 事 前 に 納 税 の 告 知 をすることが 困 難 であることに かんがみ 除 かれているものであること ( 法 131) (2) 地 方 団 体 の 徴 収 金 ( 滞 納 処 分 費 を 除 く )が 完 納 され 滞 納 処 分 費 だけが 未 納 となっている 場 合 において その 滞 納 処 分 費 につき 滞 納 者 の 財 産 を 差 し 押 さえよう とするときは 滞 納 処 分 費 の 徴 収 の 基 因 となった 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 年 度 及 び 税 目 納 付 すべき 金 額 納 期 限 並 びに 納 付 場 所 を 記 載 した 文 書 で 納 付 の 告 知 をしなけれ ばならないこと なお 滞 納 処 分 費 につき 直 ちに 滞 納 処 分 をしなければならないときは 徴 税 吏 員 に 口 頭 で 行 わせることができるものであること ( 法 132 令 6の2の2) 21 繰 上 徴 収 繰 上 徴 収 とは 既 に 納 付 又 は 納 入 の 義 務 の 確 定 している 者 について その 租 税 債 権 の 納 期 限 の 到 来 を 待 っては 徴 収 すべき 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 全 額 を 徴 収 することができない と 認 められる 特 定 の 事 情 が 生 じた 場 合 には 直 ちに 地 方 団 体 の 徴 収 金 を 徴 収 することを いうものであること なお 上 記 の 納 付 又 は 納 入 の 義 務 の 確 定 している 地 方 団 体 の 徴 収 金 とは 次 に 掲 げる ものであること ( 法 13の2 令 6の2の3) (1) 納 付 又 は 納 入 の 告 知 をした 地 方 団 体 の 徴 収 金 (2) 申 告 又 は 更 正 若 しくは 決 定 の 通 知 があった 申 告 納 付 に 係 る 地 方 税 (3) 特 別 徴 収 義 務 者 が 徴 収 した 個 人 の 住 民 税 -12-

13 (4) 課 税 すべき 売 渡 し 又 は 消 費 その 他 の 処 分 があった 市 町 村 たばこ 税 (5) 課 税 すべき 行 為 又 は 事 実 があった 特 別 徴 収 の 方 法 によって 徴 収 される 地 方 税 22 強 制 換 価 の 場 合 の 市 町 村 たばこ 税 等 の 徴 収 市 町 村 たばこ 税 等 の 課 税 対 象 となる 製 造 たばこ 等 について 強 制 換 価 手 続 により 換 価 さ れる 場 合 においては 新 たな 課 税 原 因 が 発 生 することとなり またこの 場 合 の 市 町 村 た ばこ 税 額 等 は 売 買 価 格 の 一 部 を 構 成 しているところから このような 場 合 には その 市 町 村 たばこ 税 額 等 をその 強 制 換 価 を 行 った 執 行 機 関 等 から 直 接 徴 収 することができる 途 が 開 かれているものであること この 場 合 において その 市 町 村 たばこ 税 額 等 は 他 の すべての 地 方 団 体 の 徴 収 金 国 税 及 びその 他 の 債 権 に 優 先 して 徴 収 するものであること なお 法 定 外 普 通 税 又 は 法 定 外 目 的 税 のうち その 課 税 客 体 が 売 渡 し 又 は 引 取 りに 係 る 物 件 等 市 町 村 たばこ 税 等 に 類 するもので 法 第 13 条 の3を 適 用 しようとするとき は あらかじめ 総 務 大 臣 に 申 請 してその 指 定 を 受 けることを 要 するものであること ( 法 13の3 14の4 令 6の3) 第 7 節 地 方 税 の 優 先 権 等 23 地 方 税 の 優 先 の 原 則 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 徴 収 順 位 は 国 税 と 全 く 同 順 位 であり 国 税 及 び 地 方 団 体 の 徴 収 金 以 外 の 他 の 一 切 の 公 課 及 び 債 権 に 対 して 優 先 するものであること ただし 近 代 担 保 制 度 における 公 示 の 原 則 を 尊 重 する 趣 旨 から 地 方 団 体 の 徴 収 金 と 担 保 付 債 権 との 優 先 劣 後 を 決 定 する 時 期 を 原 則 として 法 定 納 期 限 とするとともに 質 権 抵 当 権 のほかに 私 法 が 担 保 制 度 として 認 めている 先 取 特 権 又 は 留 置 権 についてもそれに 応 じた 優 先 権 を 認 めている 反 面 担 保 的 作 用 を 営 む 仮 登 記 及 び 譲 渡 担 保 についてはそれに 応 じた 効 力 の 制 限 が 付 されていることに 留 意 すること 24 共 益 費 用 の 優 先 強 制 換 価 手 続 の 費 用 及 び 直 接 の 滞 納 処 分 費 ( 督 促 手 数 料 を 含 む )は 共 益 費 用 優 先 の 原 則 に 従 い 優 先 権 が 与 えられているものであること ( 法 14の2 14の3) 25 地 方 団 体 の 徴 収 金 のうちの 優 先 順 位 (1) 地 方 団 体 の 徴 収 金 を 滞 納 処 分 により 徴 収 する 場 合 において 当 該 地 方 団 体 の 徴 収 金 に 配 当 された 金 銭 を 地 方 税 及 び 当 該 地 方 税 の 延 滞 金 過 少 申 告 加 算 金 不 申 告 加 算 金 又 は 重 加 算 金 に 充 てるべきときは その 金 銭 は まず 地 方 税 に 充 てるものと すること ( 法 14の51) (2) 滞 納 処 分 費 ( 督 促 手 数 料 を 含 む )については その 徴 収 の 基 因 となった 地 方 団 体 の 徴 収 金 に 先 立 って 強 制 換 価 手 続 により 配 当 すべき 金 銭 を 配 当 し 又 は 誤 納 金 及 び 過 誤 納 金 以 外 の 法 の 規 定 による 還 付 金 を 充 当 するものであること ( 法 14 の52) 26 租 税 相 互 間 の 優 先 順 位 (1) 納 税 者 又 は 特 別 徴 収 義 務 者 の 財 産 につき 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 滞 納 処 分 による 差 押 をした 場 合 において 他 の 地 方 団 体 の 徴 収 金 又 は 国 税 の 交 付 要 求 があったときは その 差 押 に 係 る 地 方 団 体 の 徴 収 金 は その 換 価 代 金 につき これらの 交 付 要 求 に 係 る 地 方 団 体 の 徴 収 金 又 は 国 税 に 先 立 って 徴 収 するものであること( 差 押 先 着 手 主 -13-

14 義 ) ( 法 14の6) (2) 納 税 者 又 は 特 別 徴 収 義 務 者 の 財 産 につき 強 制 換 価 手 続 が 行 われた 場 合 において 地 方 団 体 の 徴 収 金 及 び 国 税 の 交 付 要 求 があったときは その 換 価 代 金 につき 先 にされた 交 付 要 求 に 係 る 地 方 団 体 の 徴 収 金 は 後 にされた 交 付 要 求 に 係 る 地 方 団 体 の 徴 収 金 又 は 国 税 に 先 立 って 徴 収 するものであること( 交 付 要 求 先 着 手 主 義 ) ( 法 14の7) (3) 地 方 団 体 の 徴 収 金 につき 徴 した 担 保 財 産 があるときは 前 記 (1) 及 び(2) にかかわらずその 地 方 団 体 の 徴 収 金 は その 換 価 代 金 につき 他 の 地 方 団 体 の 徴 収 金 及 び 国 税 に 先 立 って 徴 収 するものであること ( 法 14の8) 27 質 権 及 び 抵 当 権 の 優 先 納 税 者 又 は 特 別 徴 収 義 務 者 がその 財 産 上 に 質 権 又 は 抵 当 権 を 設 定 している 場 合 におい て その 質 権 又 は 抵 当 権 が 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 法 定 納 期 限 等 以 前 に 設 定 されているもの であるときは その 地 方 団 体 の 徴 収 金 は その 換 価 代 金 につき その 質 権 又 は 抵 当 権 に より 担 保 される 債 権 に 次 いで 徴 収 するものであること この 場 合 において 法 定 納 期 限 等 とは 納 税 者 又 は 特 別 徴 収 義 務 者 の 財 産 上 に 質 権 又 は 抵 当 権 を 設 定 しようとする 第 三 者 がその 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 存 在 を 認 識 することがで きる 時 期 を 定 めたものであって 原 則 として 法 定 納 期 限 ( 第 4 節 13 参 照 )をいうもの であるが 期 限 後 申 告 更 正 及 び 決 定 等 に 係 る 地 方 団 体 の 徴 収 金 又 は 国 税 の 所 得 税 及 び 法 人 税 の 課 税 に 基 づいて 課 税 される 住 民 税 ( 当 該 法 人 税 に 係 る 個 別 帰 属 法 人 税 額 を 課 税 標 準 として 課 する 住 民 税 を 含 む ) 及 び 事 業 税 に 係 る 地 方 団 体 の 徴 収 金 については 次 のような 特 例 が 規 定 されていることに 留 意 すること ( 法 14の の10 ) (1) 法 定 納 期 限 後 にその 納 付 し 又 は 納 入 すべき 税 額 が 確 定 した 地 方 税 その 他 法 定 納 期 限 において 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 存 在 が 明 らかでないものについては これが 明 らかになる 日 (2) 国 税 の 所 得 税 又 は 法 人 税 の 課 税 に 基 づいて 課 税 される 住 民 税 ( 当 該 法 人 税 に 係 る 個 別 帰 属 法 人 税 額 を 課 税 標 準 として 課 する 住 民 税 を 含 む ) 及 び 事 業 税 について は 所 得 税 又 は 法 人 税 の 存 在 が 明 らかになる 日 において 同 時 に 明 らかとなるから その 住 民 税 及 び 事 業 税 については 国 税 徴 収 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 147 号 ) 第 1 5 条 第 1 項 に 定 められている 所 得 税 又 は 法 人 税 の 法 定 納 期 限 等 28 質 権 等 の 証 明 質 権 又 は 抵 当 権 の 証 明 は 登 記 又 は 登 録 されている 質 権 及 び 抵 当 権 については 登 記 簿 等 により 設 定 の 事 実 が 確 認 できるから この 証 明 は 要 しないものであること また 登 記 又 は 登 録 制 度 のない 質 権 については 取 引 慣 行 を 尊 重 して 証 明 手 続 の 簡 素 化 を 図 る ため 公 正 証 書 のほか 登 記 所 若 しくは 公 証 人 役 場 において 日 付 のある 印 章 が 押 されて いる 私 署 証 書 又 は 内 容 証 明 郵 便 によることもできるとともに 有 価 証 券 を 目 的 とする 質 権 については その 設 定 の 事 実 の 証 明 で 足 りるものであること なお 質 権 者 は 適 法 に 証 明 しなかったため 地 方 団 体 の 徴 収 金 に 劣 後 する 金 額 の 範 囲 内 においては 地 方 団 体 の 徴 収 金 に 優 先 する 後 順 位 の 質 権 者 に 対 して 優 先 権 を 行 使 する ことができないものであること ( 法 14の 令 6の4) -14-

15 29 担 保 権 付 財 産 が 譲 渡 された 場 合 の 地 方 税 の 徴 収 (1) 納 税 者 又 は 特 別 徴 収 義 務 者 が 質 権 又 は 抵 当 権 の 設 定 されている 財 産 を 譲 り 受 け たときは その 財 産 の 譲 受 人 である 納 税 者 又 は 特 別 徴 収 義 務 者 の 地 方 団 体 の 徴 収 金 は その 換 価 代 金 につき その 質 権 又 は 抵 当 権 により 担 保 される 債 権 に 次 いで 徴 収 するものであること ( 法 14の11) (2) 納 税 者 又 は 特 別 徴 収 義 務 者 に 他 に 十 分 な 財 産 がない 場 合 において その 者 が 地 方 団 体 の 徴 収 金 に 劣 後 する 質 権 又 は 抵 当 権 の 設 定 されている 財 産 を 第 三 者 に 譲 渡 したときは 納 税 者 又 は 特 別 徴 収 義 務 者 の 財 産 につき 滞 納 処 分 をしてもなお 地 方 団 体 の 徴 収 金 に 不 足 すると 認 められるときに 限 り 質 権 者 又 は 抵 当 権 者 がその 財 産 の 強 制 換 価 手 続 において 配 当 を 受 けるべき 金 額 のうちから その 地 方 団 体 の 徴 収 金 を 徴 収 することができるものであること ( 法 14の16 令 6の61 2) 30 根 質 等 の 優 先 額 の 限 度 等 根 質 又 は 根 抵 当 が 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 法 定 納 期 限 等 以 前 に 設 定 されている 場 合 におい ては 私 法 上 の 制 度 によれば 換 価 時 における 債 権 額 の 全 額 がその 地 方 団 体 の 徴 収 金 に 優 先 するのであるが 一 般 の 質 権 又 は 抵 当 権 との 調 整 を 図 る 趣 旨 からその 優 先 する 範 囲 は 原 則 として 滞 納 処 分 による 差 押 又 は 交 付 要 求 の 通 知 を 受 けた 時 における 債 権 額 を 限 度 とするものであること また 根 質 金 又 は 根 抵 当 の 極 度 金 額 を 増 額 した 場 合 には その 増 額 分 の 根 質 又 は 根 抵 当 権 は 地 方 団 体 の 徴 収 金 との 関 係 においては 増 額 の 登 記 がさ れた 時 において 新 たに 設 定 したものとみなして その 優 先 順 位 を 定 めるものであること ( 法 14の12) 31 先 取 特 権 の 優 先 先 取 特 権 のうち 不 動 産 保 存 の 先 取 特 権 及 び 不 動 産 工 事 の 先 取 特 権 等 財 産 の 価 値 保 存 又 は 増 価 等 を 行 ったものの 先 取 特 権 が 納 税 者 又 は 特 別 徴 収 義 務 者 の 財 産 上 にあるときは その 成 立 時 期 にかかわらずその 地 方 団 体 の 徴 収 金 は その 換 価 代 金 につき その 先 取 特 権 により 担 保 される 債 権 に 次 いで 徴 収 するものであること ( 法 14の13 令 6の5 ) なお 不 動 産 賃 貸 の 先 取 特 権 その 他 質 権 と 同 一 又 はこれに 優 先 する 権 利 を 有 する 動 産 に 関 する 特 別 の 先 取 特 権 不 動 産 売 買 の 先 取 特 権 及 び 登 記 された 一 般 の 先 取 特 権 等 によ り 担 保 される 債 権 については 質 権 又 は 抵 当 権 により 担 保 される 債 権 に 準 じて(27 参 照 ) 地 方 団 体 の 徴 収 金 との 優 先 順 位 が 定 められているものであること ( 法 14の14 ) 32 留 置 権 の 優 先 留 置 権 が 納 税 者 又 は 特 別 徴 収 義 務 者 の 財 産 上 にある 場 合 において その 財 産 を 滞 納 処 分 により 換 価 したときは その 成 立 の 時 期 にかかわらずその 地 方 団 体 の 徴 収 金 は その 換 価 代 金 につき その 留 置 権 により 担 保 されていた 債 権 に 次 いで 徴 収 するものであるこ と ( 法 14の15) 33 仮 登 記 により 担 保 される 債 権 の 優 先 等 (1) 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 法 定 納 期 限 等 以 前 に 納 税 者 又 は 特 別 徴 収 義 務 者 の 財 産 につ き その 者 を 登 記 義 務 者 ( 登 録 義 務 者 を 含 む )として 仮 登 記 担 保 契 約 に 関 する 法 律 ( 昭 和 53 年 法 律 第 78 号 ) 第 1 条 に 規 定 する 仮 登 記 担 保 契 約 に 基 づく 仮 登 記 -15-

16 又 は 仮 登 録 ( 以 下 担 保 のための 仮 登 記 という )がされているときは その 地 方 団 体 の 徴 収 金 は その 換 価 代 金 につき その 担 保 のための 仮 登 記 により 担 保 され る 債 権 に 次 いで 徴 収 するものであること ( 法 14の171) (2) 担 保 のための 仮 登 記 がされた 財 産 の 上 に 先 取 特 権 抵 当 権 質 権 又 は 担 保 の ための 仮 登 記 がある 場 合 における 仮 登 記 担 保 契 約 に 関 する 法 律 第 3 条 第 1 項 ( 同 法 第 20 条 において 準 用 する 場 合 を 含 む )に 規 定 する 清 算 金 に 係 る 換 価 代 金 につい ての これらにより 担 保 される 債 権 と 地 方 団 体 の 徴 収 金 との 優 先 劣 後 の 関 係 は 次 によるものであること ( 法 14の172) ア 清 算 金 の 支 払 請 求 権 に 対 して 物 上 代 位 権 の 行 使 をした 法 第 14 条 の13 第 1 項 各 号 に 掲 げる 先 取 特 権 により 担 保 される 債 権 は 清 算 金 に 係 る 換 価 代 金 につき 常 に 地 方 団 体 の 徴 収 金 に 優 先 するものであること イ 清 算 金 の 支 払 請 求 権 に 対 して 物 上 代 位 権 の 行 使 をした 法 第 14 条 の14 第 1 項 各 号 に 掲 げる 先 取 特 権 の 登 記 ( 仮 登 記 を 含 む )が 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 法 定 納 期 限 等 以 前 にされているときは その 先 取 特 権 により 担 保 される 債 権 は 清 算 金 に 係 る 換 価 代 金 につき 地 方 団 体 の 徴 収 金 に 優 先 するものであること ウ 清 算 金 の 支 払 請 求 権 に 対 して 物 上 代 位 権 の 行 使 をした 質 権 若 しくは 抵 当 権 の 登 記 ( 仮 登 記 を 含 む ) 又 は 担 保 のための 仮 登 記 が 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 法 定 納 期 限 等 以 前 にされているときは その 質 権 抵 当 権 又 は 担 保 のための 仮 登 記 により 担 保 される 債 権 は 清 算 金 に 係 る 換 価 代 金 につき 地 方 団 体 の 徴 収 金 に 優 先 するも のであること (3) 納 税 者 又 は 特 別 徴 収 義 務 者 が 担 保 のための 仮 登 記 がされた 財 産 を 譲 り 受 けたと きは その 財 産 の 譲 受 人 である 納 税 者 又 は 特 別 徴 収 義 務 者 の 地 方 団 体 の 徴 収 金 は その 換 価 代 金 につき その 担 保 のための 仮 登 記 により 担 保 される 債 権 に 次 いで 徴 収 するものであること ( 法 14の173 14の111) (4) 納 税 者 又 は 特 別 徴 収 義 務 者 に 他 に 十 分 な 財 産 がない 場 合 において その 者 が 地 方 団 体 の 徴 収 金 に 劣 後 する 担 保 のための 仮 登 記 がされている 財 産 を 第 三 者 に 譲 渡 したときは 納 税 者 又 は 特 別 徴 収 義 務 者 の 財 産 につき 滞 納 処 分 をしてもなお 地 方 団 体 の 徴 収 金 に 不 足 すると 認 められるときに 限 り 担 保 のための 仮 登 記 の 権 利 者 がそ の 財 産 の 強 制 換 価 手 続 において 配 当 を 受 けるべき 金 額 のうちから その 地 方 団 体 の 徴 収 金 を 徴 収 することができるものであること ( 法 14の173 14の16 令 6の63) なお 担 保 のための 仮 登 記 の 権 利 者 は 競 売 を 請 求 する 権 利 を 有 していないため 担 保 のための 仮 登 記 に 関 しては 抵 当 権 又 は 質 権 が 設 定 されている 場 合 のように 地 方 団 体 の 長 がその 権 利 を 代 位 して 実 行 をするという 制 度 はないものであること (5) 仮 登 記 担 保 契 約 で 消 滅 すべき 金 銭 債 務 がその 契 約 の 時 に 特 定 されていないも のに 基 づく 担 保 のための 仮 登 記 (いわゆる 根 担 保 仮 登 記 )は 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 滞 納 処 分 においては その 効 力 を 有 しないものであること ( 法 14の174) 34 譲 渡 担 保 権 者 の 物 的 納 税 責 任 譲 渡 担 保 は 所 有 権 は 移 転 するが それは 単 に 法 律 形 式 を 借 りるにとどまり その 経 済 的 実 質 においては 債 権 担 保 である 点 に 着 目 し 納 税 者 又 は 特 別 徴 収 義 務 者 の 財 産 につ -16-

17 いて 滞 納 処 分 をしてもなお 徴 収 できないと 認 められるときに 限 り その 滞 納 に 係 る 地 方 団 体 の 徴 収 金 につき 譲 渡 担 保 権 者 を 第 二 次 納 税 義 務 者 とみなして その 財 産 につき 滞 納 処 分 をすることができるものであること なお 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 法 定 納 期 限 等 以 前 にされた 譲 渡 担 保 については 本 条 の 適 用 がないことに 留 意 すること ( 法 14の18 令 6の8 6の9) 35 地 方 税 及 び 国 税 等 と 私 債 権 との 競 合 の 調 整 地 方 税 及 び 国 税 等 と 私 債 権 との3 者 間 の 優 先 順 位 が 競 合 する 場 合 における 調 整 方 法 は 1まず 強 制 換 価 手 続 の 費 用 直 接 の 滞 納 処 分 費 及 び 不 動 産 保 存 の 先 取 特 権 等 特 別 の 優 先 権 をもつ 債 権 の 金 額 を 定 め 2 次 に 地 方 税 国 税 と 私 債 権 との 関 係 において 地 方 税 国 税 の 差 押 先 着 手 主 義 又 は 交 付 要 求 先 着 手 主 義 にかかわりなく 地 方 税 国 税 の 法 定 納 期 限 等 と 担 保 権 の 設 定 時 期 ( 担 保 のための 仮 登 記 にあっては 仮 登 記 又 は 仮 登 録 の 時 期 )とにより 地 方 税 国 税 に 充 てるべき 金 額 の 総 額 と 私 債 権 に 充 てるべき 金 額 の 総 額 を 定 め 3 次 に 地 方 税 国 税 に 充 てるべき 金 額 の 総 額 については 地 方 税 国 税 の 差 押 先 着 手 主 義 及 び 交 付 要 求 先 着 手 主 義 の 順 位 により 配 当 順 位 を 定 め 私 債 権 に 充 てるべき 金 額 の 総 額 については 民 法 その 他 の 法 律 の 規 定 により 順 次 私 債 権 に 充 てるものであること ( 法 14の20) 第 8 節 納 税 の 猶 予 36 納 税 の 猶 予 納 税 の 猶 予 制 度 は 納 税 者 の 申 請 又 は 届 出 による 猶 予 特 別 徴 収 義 務 者 の 申 請 による 猶 予 及 び 地 方 団 体 の 長 の 職 権 による 猶 予 とがあり いずれも 納 税 者 又 は 特 別 徴 収 義 務 者 の 個 別 的 具 体 的 な 事 情 に 即 応 して 地 方 税 の 徴 収 を 緩 和 することをその 目 的 とするもの であること また 法 において 認 められている 納 税 の 猶 予 は 徴 収 の 猶 予 換 価 の 猶 予 及 び 滞 納 処 分 の 停 止 に 限 るものであり これらの 猶 予 に 該 当 しない 事 実 上 の 猶 予 は 法 の 認 めるところではないことに 留 意 すること 37 徴 収 の 猶 予 (1) 納 税 者 又 は 特 別 徴 収 義 務 者 に 災 害 疾 病 事 業 の 休 廃 止 等 納 税 を 困 難 とさせる 法 定 の 事 由 が 発 生 した 場 合 においては その 申 請 により1 年 以 内 の 期 間 を 限 って 徴 収 を 猶 予 することができるものとされ また 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 法 定 納 期 限 から1 年 を 経 過 した 後 にその 納 付 し 又 は 納 入 すべき 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 額 が 確 定 した 場 合 においては その 申 請 により 当 該 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 納 期 限 から 1 年 以 内 の 期 間 を 限 って 徴 収 を 猶 予 することができるものであるが この 場 合 においては 法 に 定 める 担 保 を 徴 しなければならないものであること なお この 徴 収 の 猶 予 の 期 間 は 納 税 者 又 は 特 別 徴 収 義 務 者 にやむを 得 ない 特 別 の 理 由 があるときは 更 に1 年 以 内 の 期 間 に 限 り 徴 収 の 猶 予 の 期 間 を 延 長 するこ とができるものであること したがって その 運 営 については 徴 収 確 保 の 見 地 か ら 濫 用 することがないよう 十 分 留 意 すること ( 法 15 16) (2) 2 以 上 の 市 町 村 において 事 務 所 又 は 事 業 所 を 有 する 法 人 が 法 第 321 条 の8 第 27 項 の 規 定 による 申 告 書 を 提 出 した 場 合 又 は 第 321 条 の11 第 1 項 若 しくは 第 3 項 の 規 定 による 更 正 ( 法 人 税 額 の 分 割 の 基 準 となる 従 業 者 数 が 事 実 と 異 なること -17-

18 による 更 正 に 限 る )を 受 けた 場 合 において その 申 告 又 は 更 正 により 納 付 すべき 市 町 村 民 税 の 額 が2 千 円 未 満 であるときは 次 の 納 付 に 関 する 期 限 まで 徴 収 を 猶 予 するものとされているが その 運 用 に 当 たっては 次 の 諸 点 に 留 意 すること ( 法 15の4 令 6の9の2) ア 地 方 税 法 施 行 令 ( 以 下 令 という ) 第 6 条 の9の2 第 2 項 第 1 号 の 税 額 が 完 納 されていないとき には 法 第 15 条 の 規 定 による 徴 収 の 猶 予 によって 未 納 となっている 場 合 も 含 まれるものであること イ 徴 収 を 猶 予 するのは 2 以 上 の 市 町 村 において 事 務 所 又 は 事 業 所 を 有 する 法 人 から 届 出 書 ( 地 方 税 法 施 行 規 則 ( 以 下 規 則 という ) 第 1 条 の4 第 2 項 の 規 定 により 届 出 書 に 代 わるものを 含 む )の 提 出 があった 場 合 に 限 るものであるこ と 38 換 価 の 猶 予 滞 納 者 が 納 税 について 誠 実 な 意 思 を 有 する 場 合 において 事 業 の 継 続 又 は 生 活 の 維 持 を 困 難 にする 等 の 事 由 があるときは 地 方 団 体 の 長 は 職 権 又 は 滞 納 者 の 申 請 により 換 価 の 猶 予 をすることができるものとされていること なお この 場 合 においては 法 に 定 める 担 保 を 徴 しなければならないものであること ( 法 15の5 15の6 16) 39 滞 納 処 分 の 停 止 滞 納 者 が 無 財 産 であるとき あるいは 滞 納 処 分 を 執 行 することにより 滞 納 者 の 生 活 を 著 しく 窮 迫 の 状 態 に 陥 れるおそれのある 場 合 等 においては 滞 納 処 分 の 執 行 を 停 止 す ることができるものであること この 場 合 において その 滞 納 処 分 の 停 止 が3 年 間 継 続 したときは 納 税 義 務 は 消 滅 するものであること なお 滞 納 処 分 の 執 行 を 停 止 した 場 合 において その 地 方 団 体 の 徴 収 金 が 限 定 承 認 に 係 るものであるときその 他 その 地 方 団 体 の 徴 収 金 を 徴 収 することができないことが 明 ら かであるときは 地 方 団 体 の 長 はその 納 税 義 務 を 直 ちに 消 滅 させることができるものと されているのであるが その 運 営 に 当 たっては 特 に 慎 重 に 取 り 扱 われたいこと ( 法 1 5の7) 第 9 節 納 税 の 猶 予 に 伴 う 担 保 等 40 納 付 又 は 納 入 の 委 託 納 税 者 又 は 特 別 徴 収 義 務 者 が 次 に 掲 げる 地 方 団 体 の 徴 収 金 を 納 付 し 又 は 納 入 するた め 地 方 団 体 の 長 が 定 める 有 価 証 券 を 提 供 してその 証 券 の 取 立 てと その 取 り 立 てた 金 額 による 当 該 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 納 付 又 は 納 入 を 委 託 しようとする 場 合 には 徴 税 吏 員 は その 証 券 が 最 近 において 確 実 に 取 り 立 てることができるものであると 認 められると きに 限 り その 委 託 を 受 けることができるものであること (1) 徴 収 の 猶 予 若 しくは 換 価 の 猶 予 を 受 けた 場 合 におけるその 猶 予 に 係 る 地 方 団 体 の 徴 収 金 (2) 納 付 又 は 納 入 の 委 託 をしようとする 有 価 証 券 の 支 払 期 日 以 後 に 納 期 限 の 到 来 す る 地 方 団 体 の 徴 収 金 (3) 滞 納 に 係 る 地 方 団 体 の 徴 収 金 ((1)に 掲 げるものを 除 く )で その 納 付 又 -18-

19 は 納 入 につき 納 税 者 又 は 特 別 徴 収 義 務 者 が 誠 実 な 意 思 を 有 し かつ その 納 付 又 は 納 入 の 委 託 を 受 けることが 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 徴 収 上 有 利 と 認 められるもの なお 上 記 (1)の 徴 収 金 について 納 付 又 は 納 入 の 委 託 があったときは その 証 券 は 徴 収 の 猶 予 又 は 換 価 の 猶 予 が 認 められた 場 合 に 徴 される 担 保 とみなすことがで きるものであること ( 法 16の2) 41 保 全 担 保 市 町 村 たばこ 税 等 法 第 16 条 の3 第 1 項 各 号 に 掲 げる 地 方 税 に 係 る 地 方 団 体 の 徴 収 金 を 納 税 者 又 は 特 別 徴 収 義 務 者 が 滞 納 した 場 合 において その 後 その 者 に 課 されるべきこ れらの 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 徴 収 を 確 保 することができないと 認 められるときは 地 方 団 体 の 長 は その 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 担 保 として 金 額 ( 原 則 として 前 月 分 のその 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 額 の3 倍 に 相 当 する 金 額 を 限 度 とする ) 及 び 期 限 を 指 定 してその 納 税 者 又 は 特 別 徴 収 義 務 者 に 担 保 の 提 供 を 命 ずることができ この 担 保 の 提 供 命 令 に 応 じない ときは 納 税 者 又 は 特 別 徴 収 義 務 者 の 財 産 のうち 抵 当 権 を 設 定 できるものにつき 地 方 団 体 の 長 が1 方 的 にその 抵 当 権 を 設 定 することができるものであること また この 担 保 を 徴 した 後 その 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 滞 納 がない 期 間 が 縦 続 して3か 月 に 達 したときは その 担 保 を 解 除 しなければならないものであるから 留 意 すること ( 法 16の3 令 6の10 6の11) 42 保 全 差 押 地 方 団 体 の 徴 収 金 につき 納 付 又 は 納 入 の 義 務 があると 認 められる 者 が 不 正 に 地 方 団 体 の 徴 収 金 を 免 れ 又 は 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 還 付 を 受 けたことの 嫌 疑 に 基 づき 法 に おいて 準 用 する 国 税 犯 則 取 締 法 ( 明 治 33 年 法 律 第 67 号 )の 規 定 による 差 押 若 しくは 領 置 又 は 刑 事 訴 訟 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 131 号 )の 規 定 による 押 収 領 置 若 しくは 逮 捕 を 受 けた 場 合 において その 処 分 に 係 る 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 納 付 し 又 は 納 入 すべき 額 の 確 定 後 においてはその 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 徴 収 を 確 保 することができないと 認 めら れるときは 地 方 団 体 の 長 は その 調 査 等 に 係 る 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 確 定 前 においてそ の 税 額 を 仮 に 決 定 し 徴 税 吏 員 は その 金 額 ( 以 下 この 項 において 保 全 差 押 金 額 と いう )を 限 度 として その 者 の 財 産 を 直 ちに 差 し 押 さえることができるものであるこ と この 場 合 において 保 全 差 押 金 額 に 相 当 する 金 銭 又 は 担 保 の 提 供 があったときには その 差 押 ができず 既 に 差 し 押 さえている 場 合 は その 差 押 を 解 除 することとし ま た 保 全 差 押 金 額 の 決 定 の 通 知 後 6か 月 を 経 過 した 日 までに その 差 押 に 係 る 地 方 団 体 の 徴 収 金 又 はその 保 全 差 押 金 額 について 提 供 されている 担 保 に 係 る 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 納 付 し 又 は 納 入 すべき 額 が 確 定 しないときは その 差 押 又 はその 担 保 を 解 除 しなければ ならないものであること また その 差 押 後 地 方 団 体 の 徴 収 金 を 納 付 し 又 は 納 入 する 義 務 がないこととなった 場 合 には 地 方 団 体 は その 差 押 により 損 害 を 受 けた 者 に 対 して 無 過 失 の 場 合 におい ても その 損 害 を 賠 償 しなければならないものであるから 運 営 に 当 たっては 慎 重 に 取 り 扱 うこと なお 所 得 税 又 は 法 人 税 について 国 税 通 則 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 66 号 ) 第 38 条 第 3 項 の 規 定 による 差 押 がなされた 場 合 において その 所 得 税 の 課 税 標 準 を 基 準 として 課 する 個 人 住 民 税 その 法 人 税 の 課 税 に 基 づいて 課 する 法 人 住 民 税 ( 当 該 法 人 税 に 係 る 個 -19-

20 別 帰 属 法 人 税 額 を 課 税 標 準 として 課 する 住 民 税 を 含 む ) 又 はその 所 得 税 若 しくは 法 人 税 の 課 税 標 準 を 基 準 として 課 する 事 業 税 について その 納 付 義 務 の 確 定 後 においてはそ の 徴 収 を 確 保 することができないと 認 められるときには 保 全 差 押 についての 規 定 が 準 用 されるものであること ( 法 16の4 令 6の12) 第 10 節 還 付 43 過 誤 納 金 の 還 付 及 び 充 当 (1) 地 方 団 体 の 長 は 納 税 者 又 は 特 別 徴 収 義 務 者 の 過 誤 納 金 がある 場 合 においては これをその 納 税 者 又 は 特 別 徴 収 義 務 者 に 遅 滞 なく 還 付 しなければならないもので あること ( 法 17) (2) 地 方 団 体 の 長 は (1)の 場 合 において その 納 税 者 又 は 特 別 徴 収 義 務 者 につ き 未 納 に 係 る 地 方 団 体 の 徴 収 金 がある 場 合 においては 過 誤 納 金 をこれに 充 当 し なければならないものであること ( 法 17の21 17の4 令 6の13) (3) 道 府 県 が 個 人 の 道 府 県 民 税 と 併 せて 徴 収 した 個 人 の 市 町 村 民 税 に 係 る 地 方 団 体 の 徴 収 金 又 は 市 町 村 が 個 人 の 市 町 村 民 税 と 併 せて 徴 収 した 個 人 の 道 府 県 民 税 に 係 る 地 方 団 体 の 徴 収 金 で 納 税 者 又 は 特 別 徴 収 義 務 者 の 過 誤 納 金 があるときは 道 府 県 知 事 又 は 市 町 村 長 は その 過 誤 納 金 をそれぞれその 道 府 県 又 は 市 町 村 の 地 方 団 体 の 徴 収 金 に 係 る 過 誤 納 金 とみなして それぞれその 納 税 者 又 は 特 別 徴 収 義 務 者 の 未 納 に 係 る 道 府 県 又 は 市 町 村 の 地 方 団 体 の 徴 収 金 に 充 当 しなければならないものであるこ と ( 法 17の22) (4) 過 誤 納 金 を 充 当 する 場 合 において 未 納 に 係 る 地 方 団 体 の 徴 収 金 のうちに 延 滞 金 があるときは まず 延 滞 金 の 額 の 計 算 の 基 礎 となる 地 方 税 に 充 当 しなければなら ないものであること ( 法 17の23) なお 過 誤 納 金 以 外 の 法 の 規 定 による 還 付 金 を 未 納 に 係 る 地 方 団 体 の 徴 収 金 に 充 当 する 場 合 においても 同 様 の 取 扱 いをすべきものであること (5) 充 当 の 時 期 は 充 当 適 状 となった 時 であり 充 当 適 状 となった 時 とは 原 則 と して 未 納 に 係 る 地 方 団 体 の 徴 収 金 が 納 期 限 を 経 過 する 時 と 過 誤 納 金 が 発 生 した 時 ( 還 付 加 算 金 については その 計 算 の 基 礎 となった 過 誤 納 金 が 生 じた 時 )とを 比 較 し いずれか 遅 い 時 をいうものであること ( 法 17の24 令 6の14) (6) 地 方 団 体 の 長 は 過 誤 納 金 の 充 当 をしたときは その 旨 を 納 税 者 又 は 特 別 徴 収 義 務 者 に 通 知 しなければならないものであること ( 法 17の25) 44 還 付 加 算 金 (1) 過 誤 納 金 を 還 付 し 又 は 充 当 する 場 合 に 加 算 すべき 還 付 加 算 金 の 計 算 に 当 たっ ては 過 誤 納 金 を 過 納 金 と 誤 納 金 とに 区 分 するとともに 過 納 金 については 原 則 と して 過 納 に 係 る 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 額 が 地 方 団 体 の 更 正 決 定 若 しくは 賦 課 決 定 に よって 確 定 したものであるか 納 税 者 の 申 告 によって 確 定 したものであるかによって 区 分 し それぞれその 計 算 期 間 の 始 期 を 異 ならせることとされているものであるこ と (イに 該 当 する 場 合 を 除 く ) なお 還 付 加 算 金 の 計 算 に 当 たっては 次 の 諸 点 に 留 意 すること ( 法 17の4 令 6の133 6の15) -20-

21 ア 法 第 17 条 の4 第 1 項 第 1 号 の 更 正 により 納 付 し 又 は 納 入 すべき 額 が 確 定 し た 地 方 団 体 の 徴 収 金 に 係 る 過 納 金 とは 増 額 の 更 正 により 納 付 し 又 は 納 入 すべ きことが 確 定 した 増 加 額 について 減 額 の 更 正 があったことにより 生 じた 過 納 金 を いうものであること なお 第 二 次 納 税 義 務 者 が 納 付 し 又 は 納 入 した 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 額 につき 生 じた 過 納 金 は 法 第 17 条 の4 第 1 項 第 1 号 の 過 納 金 とみなされているもので あること イ 法 第 17 条 の4 第 1 項 第 3 号 の 所 得 税 の 更 正 又 は 所 得 税 の 申 告 書 の 提 出 に 基 因 してされた 賦 課 決 定 により 納 付 し 又 は 納 入 すべき 額 が 減 少 した 地 方 税 に 係 る 過 納 金 とは 所 得 税 の 課 税 標 準 である 所 得 を 基 準 として 課 した 道 府 県 民 税 若 しくは 市 町 村 民 税 の 所 得 割 又 は 個 人 の 事 業 税 につき 所 得 税 における 減 額 の 更 正 ( 更 正 又 は 決 定 により 納 付 すべき 税 額 が 確 定 した 所 得 税 額 につき 行 われた 更 正 にあっては 更 正 の 請 求 に 基 づくものに 限 る )に 基 因 して 減 額 の 賦 課 決 定 がなされたこと により 生 じた 過 納 金 をいうものであり これら 以 外 の 税 目 ( 国 民 健 康 保 険 税 等 ) につき 減 額 の 賦 課 決 定 がなされたことにより 生 じた 過 納 金 は 含 まれないものであ ること この 場 合 における 過 納 金 に 係 る 還 付 加 算 金 については これらの 税 が 所 得 税 の 課 税 標 準 である 所 得 を 基 準 として 課 したものであることにかんがみ 所 得 税 の 更 正 の 通 知 が 発 せられた 日 の 翌 日 から 起 算 して1か 月 を 経 過 する 日 又 は 所 得 税 の 申 告 書 の 提 出 がされた 日 の 翌 日 から 起 算 して1か 月 を 経 過 する 日 の 翌 日 をも ってその 計 算 期 間 の 始 期 とされているものであること ウ 地 方 団 体 の 徴 収 金 に 係 る 誤 納 金 はすべて 法 第 17 条 の4 第 1 項 第 4 号 の 規 定 の 適 用 を 受 けるものであること (2) 法 第 17 条 の4 第 5 項 の 規 定 の 適 用 がある 場 合 において 普 通 徴 収 に 係 る 地 方 税 について 減 額 の 賦 課 決 定 前 に 納 税 者 から 税 額 が 過 納 となる 旨 の 申 出 があったときは 減 額 の 賦 課 決 定 の 遅 延 によって 納 税 者 に 不 利 になることを 避 けるためその 申 出 の 日 を 還 付 加 算 金 の 計 算 期 間 の 始 期 の 基 準 とすることとされているものであるが こ の 場 合 における 申 出 については 申 出 の 日 が 明 確 になるよう 文 書 により 行 うよう 措 置 することが 適 当 であること 45 地 方 税 の 予 納 納 税 の 便 宜 を 図 るため 納 税 者 又 は 特 別 徴 収 義 務 者 は 納 付 し 又 は 納 入 すべき 額 が 確 定 している 地 方 団 体 の 徴 収 金 でその 納 期 が 到 来 していないもの 又 は 最 近 において 納 付 し 若 しくは 納 入 すべき 額 の 確 定 が 確 実 であると 認 められる 地 方 団 体 の 徴 収 金 について は あらかじめ 納 付 し 又 は 納 入 することができるものであること ( 法 17の3) 第 11 節 更 正 決 定 等 の 期 間 制 限 及 び 消 滅 時 効 46 更 正 決 定 等 の 期 間 制 限 租 税 債 権 を 確 定 させる 処 分 をすることができる 地 方 団 体 の 権 利 は 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 徴 収 を 目 的 とする 地 方 団 体 の 権 利 と 性 質 が 異 なるので 両 者 を 明 確 に 区 別 するとともに 租 税 債 権 は 納 税 者 地 方 団 体 の 双 方 にとってできる 限 り 速 やかに 確 定 することが 望 ましいので 租 税 債 権 を 確 定 させる 処 分 をすることができる 期 間 を 制 限 したものである -21-

22 こと ( 法 17の5 17の6 令 6の16) (1) 更 正 若 しくは 決 定 又 は 加 算 金 の 決 定 は 原 則 として 法 定 納 期 限 ( 不 動 産 取 得 税 等 随 時 に 課 する 地 方 税 については 不 動 産 の 取 得 があった 日 等 その 地 方 税 を 課 す ることができることとなった 日 以 下 (3)から(5)まで 及 び47において 同 じ ) の 翌 日 から 起 算 して5 年 を 経 過 した 日 以 後 はすることができないものであること (2) (1)により 更 正 をすることができないこととなる 日 前 6か 月 以 内 にされた 法 第 20 条 の9の3 第 1 項 の 規 定 による 更 正 の 請 求 に 係 る 更 正 は (1)にかかわらず 当 該 更 正 の 請 求 があった 日 から6か 月 を 経 過 する 日 まで することができるもので あること 当 該 更 正 に 伴 う 加 算 金 の 決 定 をすることができる 期 間 についても 同 様 であること (3) 賦 課 決 定 ( 普 通 徴 収 の 方 法 によって 徴 収 する 地 方 税 の 税 額 を 確 定 する 処 分 をい い 特 別 徴 収 の 方 法 によって 徴 収 する 個 人 の 住 民 税 に 係 る 特 別 徴 収 税 額 を 確 定 する 処 分 を 含 む )は 法 定 納 期 限 の 翌 日 から 起 算 して3 年 を 経 過 した 日 以 後 において は することができないものであること (4) (3)にかかわらず 次 に 掲 げる 賦 課 決 定 は 課 税 の 公 平 又 は 適 正 を 期 するため 法 定 納 期 限 の 翌 日 から 起 算 して5 年 を 経 過 する 日 まで 行 うことができるものである こと ア 地 方 税 の 課 税 標 準 又 は 税 額 を 減 少 させる 賦 課 決 定 イ 不 動 産 取 得 税 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 に 係 る 賦 課 決 定 (5) (1)から(4)までにかかわらず 偽 りその 他 不 正 の 行 為 により 税 額 を 免 れ 若 し くは 税 額 の 還 付 を 受 けた 地 方 税 ( 当 該 脱 税 が 地 方 税 の 一 部 である 場 合 は 当 該 地 方 税 の 全 部 )についての 更 正 決 定 若 しくは 賦 課 決 定 又 はその 地 方 税 に 係 る 加 算 金 の 決 定 は 特 に 課 税 の 適 正 化 を 図 り 税 負 担 の 公 平 を 確 保 する 必 要 があるため 法 定 納 期 限 の 翌 日 から 起 算 して7 年 を 経 過 する 日 まで 行 うことができるものであること (6) (1)から(5)までによる 期 間 制 限 によることとしたのではかえって 課 税 の 公 平 を 欠 くこととなる 次 のような 特 殊 な 場 合 における 更 正 決 定 等 は (1)から(5)ま でに 規 定 した 更 正 決 定 等 をすることができる 期 間 経 過 後 においても 次 に 定 める 日 まではすることができるものであること ア 更 正 決 定 若 しくは 賦 課 決 定 に 係 る 不 服 申 立 て 又 は 訴 えについての 決 定 裁 決 又 は 判 決 によって 原 処 分 に 異 動 を 生 じたことによってその 決 定 等 を 受 けた 者 ( 当 該 決 定 等 を 受 けた 者 が 分 割 等 に 係 る 分 割 法 人 等 である 場 合 には 当 該 分 割 等 に 係 る 分 割 承 継 法 人 等 を 含 むものとし 当 該 決 定 等 を 受 けた 者 が 分 割 等 に 係 る 分 割 承 継 法 人 である 場 合 には 当 該 分 割 等 に 係 る 分 割 法 人 等 を 含 むものとし 当 該 受 けた 者 が 連 結 親 法 人 である 場 合 には 当 該 連 結 親 法 人 に 係 る 連 結 子 法 人 を 含 むものとし 当 該 受 けた 者 が 連 結 子 法 人 である 場 合 には 当 該 連 結 子 法 人 に 係 る 他 の 連 結 法 人 を 含 むものとする )に 対 して 行 われる 更 正 決 定 若 しくは 賦 課 決 定 又 は 加 算 金 の 決 定 その 裁 決 等 があった 日 の 翌 日 から 起 算 して6か 月 間 イ 課 税 権 の 帰 属 その 他 について 関 係 地 方 団 体 の 長 の 意 見 が 異 なる 場 合 等 になされ る 決 定 裁 決 又 は 判 決 に 基 づいてする 更 正 決 定 又 は 賦 課 決 定 その 決 定 裁 決 又 は 判 決 があった 日 の 翌 日 から 起 算 して6か 月 間 -22-

23 ウ 課 税 標 準 の 計 算 の 基 礎 となった 事 実 について 行 為 の 無 効 が 確 認 され 又 はその 事 実 のうちに 含 まれていた 取 り 消 しうべき 行 為 が 取 り 消 されたこと 等 の 理 由 に 基 づ いて 行 われる 課 税 標 準 又 は 税 額 を 減 少 させる 更 正 若 しくは 賦 課 決 定 又 はその 更 正 がなされた 地 方 税 に 係 る 加 算 金 の 決 定 その 理 由 が 生 じた 日 の 翌 日 から 起 算 して 3 年 間 エ 更 正 の 請 求 期 間 について 災 害 等 により 期 限 延 長 され 又 は 期 間 の 満 了 日 が 日 曜 日 祝 日 等 に 当 たりその 翌 日 が 期 限 とみなされる 場 合 における 更 正 の 請 求 に 係 る 更 正 又 はその 更 正 に 伴 う 加 算 金 の 決 定 その 更 正 の 請 求 があった 日 の 翌 日 から 起 算 して6か 月 間 (7) 所 得 税 の 課 税 標 準 を 基 準 として 課 する 個 人 住 民 税 法 人 住 民 税 又 は 事 業 税 ( 収 入 金 額 を 課 税 標 準 として 課 するもの 及 び 法 人 税 が 課 されない 法 人 に 対 して 課 するも の 並 びに 法 第 72 条 の50 第 2 項 の 規 定 により 課 するものを 除 く )についての 更 正 決 定 若 しくは 賦 課 決 定 又 は 加 算 金 の 決 定 は 国 税 の 確 定 と 関 連 しているので (1)から(6)までに 掲 げる 期 間 経 過 後 においても 1 所 得 税 又 は 法 人 税 について 更 正 決 定 があった 場 合 は その 更 正 又 は 決 定 の 通 知 が 発 せられた 日 の 翌 日 から 2 所 得 税 又 は 法 人 税 についての 期 限 後 申 告 書 又 は 修 正 申 告 書 の 提 出 があった 場 合 は その 提 出 があった 日 の 翌 日 から 3 所 得 税 又 は 法 人 税 に 係 る 不 服 申 立 て 又 は 訴 えに ついての 決 定 裁 決 又 は 判 決 があった 場 合 は その 裁 決 等 があった 日 の 翌 日 からそ れぞれ 起 算 して2 年 間 行 うことができるものであること 47 消 滅 時 効 (1) 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 徴 収 を 目 的 とする 地 方 団 体 の 権 利 ( 以 下 地 方 税 の 徴 収 権 という )は 原 則 として 法 定 納 期 限 の 翌 日 から 起 算 して5 年 を 経 過 したとき に 時 効 により 消 滅 するものであること なお この 時 効 は 援 用 を 必 要 とせず また その 利 益 を 放 棄 することができない ものであること ( 法 18) (2) 地 方 税 の 徴 収 権 の 時 効 は 納 付 若 しくは 納 入 に 関 する 告 知 督 促 又 は 交 付 要 求 等 により 中 断 されるものであり 徴 収 の 猶 予 又 は 差 押 財 産 の 換 価 の 猶 予 がされてい る 期 間 内 は 進 行 しないものであること また 地 方 税 の 徴 収 権 で 偽 りその 他 不 正 の 行 為 により 税 額 を 免 れ 又 は 税 額 の 還 付 を 受 けた 地 方 税 ( 当 該 脱 税 が 地 方 税 の 一 部 である 場 合 は 当 該 地 方 税 の 全 部 )に 係 るものの 時 効 は その 地 方 税 の 法 定 納 期 限 の 翌 日 から 起 算 して2 年 間 ( 納 付 若 しくは 納 入 に 関 する 告 知 又 は 申 告 納 付 若 しくは 申 告 納 入 に 係 る 地 方 税 の 申 告 書 の 提 出 があった 部 分 については その 処 分 又 は 行 為 の 日 まで)は 進 行 しないものであること ( 法 18の2) (3) 地 方 税 についての 地 方 税 の 徴 収 権 の 時 効 が 中 断 し 又 は 地 方 税 が 納 付 され 若 しくは 納 入 されたときは その 中 断 し 又 は 納 付 され 若 しくは 納 入 された 部 分 の 地 方 税 に 係 る 延 滞 金 についての 地 方 税 の 徴 収 権 につき その 時 効 が 中 断 するもので あること ( 法 18の25) なお この 場 合 時 効 が 中 断 した 地 方 税 又 は 納 付 され 若 しくは 納 入 された 地 方 税 に 係 る 延 滞 金 の 全 額 について 時 効 が 中 断 するものであること (4) 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 過 誤 納 金 等 の 還 付 請 求 権 は その 請 求 をすることができる -23-

24 日 から5 年 を 経 過 したときは 時 効 により 消 滅 するものであること ( 法 18の3 ) 第 12 節 不 服 審 査 及 び 訴 訟 48 不 服 審 査 (1) 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 賦 課 徴 収 又 は 還 付 に 関 する 処 分 についての 不 服 申 立 てにつ いては 法 に 特 別 の 定 めがあるもののほかは 行 政 不 服 審 査 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 160 号 )の 定 めるところによるものであること ( 法 19) (2) 法 においては 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 賦 課 徴 収 又 は 還 付 に 関 する 処 分 が 大 量 的 反 復 的 な 処 分 であり かつ 迅 速 な 確 定 を 要 する 処 分 である 等 の 特 色 を 有 している ので 執 行 停 止 等 について 行 政 不 服 審 査 法 に 対 する 特 例 を 定 めているものであるこ と ( 法 19の2から19の10まで) 49 訴 訟 (1) 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 賦 課 徴 収 又 は 還 付 に 関 する 処 分 についての 訴 訟 については 法 に 特 別 の 定 めがあるもののほかは 行 政 事 件 訴 訟 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 139 号 )その 他 の 一 般 の 行 政 事 件 訴 訟 に 関 する 法 律 の 定 めるところによるものであるこ と ( 法 19の11) (2) 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 賦 課 徴 収 又 は 還 付 に 関 する 処 分 についての 訴 訟 については その 対 象 となる 処 分 が 大 量 的 であり かつ 専 門 的 技 術 的 な 内 容 をもつものが 多 いこと 等 にかんがみ 直 接 裁 判 所 の 判 断 にゆだねるよりも 行 政 庁 により 審 査 させ る 方 が 適 当 であるので 出 訴 につき 不 服 申 立 て 前 置 とされているものであること ( 法 19の12) 50 原 告 が 行 うべき 証 拠 の 申 出 地 方 税 の 更 正 決 定 等 に 対 する 取 消 訴 訟 において 訴 えを 提 起 した 者 は 一 定 の 場 合 に 相 手 方 当 事 者 が 当 該 処 分 の 基 礎 となった 事 実 を 主 張 した 日 以 後 遅 滞 なくそれと 異 なる 事 実 の 主 張 及 び 証 拠 の 申 出 をしなければならないものであること なお この 規 定 は 裁 判 手 続 における 訴 訟 経 済 に 資 する 観 点 から 設 けられたものである こと ( 法 19の14) 第 13 節 雑 則 51 書 類 の 送 達 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 賦 課 徴 収 又 は 還 付 に 関 する 書 類 は 郵 便 又 は 民 間 事 業 者 による 信 書 の 送 達 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 99 号 ) 第 2 条 第 6 項 に 規 定 する 一 般 信 書 便 事 業 者 若 しくは 同 条 第 9 項 に 規 定 する 特 定 信 書 便 事 業 者 による 同 条 第 2 項 に 規 定 する 信 書 便 ( 以 下 信 書 便 という )による 送 達 又 は 交 付 送 達 により その 送 達 を 受 けるべ き 者 の 住 所 居 所 事 務 所 又 は 事 業 所 に 送 達 するものであること ただし 納 税 管 理 人 があるときは 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 賦 課 徴 収 ( 滞 納 処 分 を 除 く ) 又 は 還 付 に 関 する 書 類 に 限 り その 住 所 居 所 事 務 所 又 は 事 業 所 に 送 達 することができるものであること ( 法 20 20の2) 52 課 税 標 準 額 税 額 等 の 端 数 計 算 -24-

25 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 端 数 計 算 については 法 に 完 結 的 に 規 定 され 国 等 の 債 権 債 務 等 の 金 額 の 端 数 計 算 に 関 する 法 律 ( 昭 和 25 年 法 律 第 61 号 )の 適 用 はないものであるこ と ( 法 20の4の2 令 6の17) 53 期 間 の 計 算 及 び 期 限 の 特 例 期 間 の 計 算 については 民 法 第 139 条 から 第 141 条 まで 及 び 第 143 条 の 規 定 が 準 用 されるものであること また 期 限 が 休 日 土 曜 日 又 は12 月 29 日 同 月 30 日 若 しくは 同 月 31 日 に 該 当 するときは 民 法 の 期 間 の 計 算 に 関 する 規 定 によって 律 する ことができないので これらの 日 の 翌 日 をもってその 期 限 とみなされるものであること ( 法 20の5 令 6の18 6の19) 54 災 害 等 による 期 限 の 延 長 災 害 その 他 やむを 得 ない 理 由 により 期 限 内 に 書 類 の 提 出 又 は 納 付 若 しくは 納 入 をす ることができないと 認 められるときには 条 例 で 定 めるところによって 地 方 団 体 の 長 は これらの 期 限 を 延 長 することができるものであること この 場 合 において 条 例 に は 地 方 団 体 の 長 が 職 権 によって 又 は 申 請 に 基 づいてこれらの 期 限 を 延 長 することがで きる 旨 を 規 定 することが 適 当 であること なお 不 服 申 立 てに 関 する 書 類 の 提 出 期 限 については 行 政 不 服 審 査 法 に 規 定 されてい るので 法 第 20 条 の5の2の 規 定 の 適 用 はないものであること ( 法 20の5の2) 55 郵 送 等 に 係 る 書 類 の 提 出 時 期 の 特 例 地 方 団 体 の 徴 収 金 に 関 する 書 類 の 提 出 については 到 達 主 義 をもって 原 則 とするが 納 税 者 の 便 宜 を 考 慮 し 申 告 徴 収 の 猶 予 の 申 請 又 は 更 正 の 請 求 に 関 する 書 類 が 郵 便 又 は 信 書 便 により 提 出 されたときには 特 例 的 に 発 信 主 義 を 認 めることとしたものである こと この 場 合 において 徴 収 の 猶 予 の 申 請 に 関 する 書 類 には 法 第 15 条 の4 第 2 項 の 届 出 書 も 含 めて 取 り 扱 うこととすること なお 税 金 が 郵 送 等 によって 納 付 又 は 納 入 された 場 合 ( 現 金 の 送 付 があった 場 合 のほ か 当 地 払 の 小 切 手 郵 便 為 替 証 書 等 の 送 付 があった 場 合 を 含 む )には 郵 便 又 は 信 書 便 による 書 類 の 提 出 について 発 信 主 義 がとられたことと 関 連 して その 郵 便 物 又 は 民 間 事 業 者 による 信 書 の 送 達 に 関 する 法 律 第 2 条 第 3 項 に 規 定 する 信 書 便 物 ( 以 下 信 書 便 物 という )の 通 信 日 付 印 により 表 示 された 日 (その 表 示 がないとき 又 はその 表 示 が 明 らかでないときは その 郵 便 物 又 は 信 書 便 物 について 通 常 要 する 送 付 日 数 を 基 準 と したときにその 日 に 相 当 するものと 認 められる 日 )が 納 期 限 ( 期 限 内 申 告 修 正 申 告 ( 法 第 321 条 の8 第 28 項 の 規 定 によるものに 限 る )に 係 る 納 期 限 又 は 納 税 通 知 書 に 指 定 された 納 期 限 をいう ) 前 であれば その 到 達 の 日 が 納 期 限 後 であっても その 税 金 に 係 る 延 滞 金 額 はこれを 徴 収 しないこと ( 法 20の5の3) 56 第 三 者 納 付 等 地 方 団 体 の 徴 収 金 は 納 税 者 又 は 特 別 徴 収 義 務 者 のために 第 三 者 は 何 らの 条 件 を 必 要 とせず 納 付 し 又 は 納 入 することができるものであること なお 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 納 付 若 しくは 納 入 について 正 当 な 利 益 を 有 する 第 三 者 又 は 納 税 者 若 しくは 特 別 徴 収 義 務 者 の 同 意 を 得 た 第 三 者 が 納 税 者 又 は 特 別 徴 収 義 務 者 に 代 わ ってこれを 納 付 し 又 は 納 入 した 場 合 において その 地 方 団 体 の 徴 収 金 を 担 保 するため 抵 当 権 が 設 定 されていたときは これらの 者 は その 納 付 又 は 納 入 により その 抵 当 権 が -25-

26 根 抵 当 である 場 合 においてその 担 保 すべき 元 本 の 確 定 前 に 納 付 又 は 納 入 があったときを 除 き その 抵 当 権 につき 地 方 団 体 に 代 位 することができることに 留 意 すること ( 法 2 0の6 令 6の20) 57 相 殺 地 方 団 体 の 徴 収 金 と 地 方 団 体 に 対 する 一 般 債 権 とは 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 特 殊 性 にか んがみ 法 律 に 別 段 の 定 めがある 場 合 を 除 き 相 殺 することができないものであること ( 法 20の9) 58 更 正 の 請 求 申 告 納 付 又 は 申 告 納 入 に 係 る 地 方 税 について 申 告 書 を 提 出 した 者 は 原 則 として 法 定 納 期 限 から5 年 以 内 に 限 り 更 正 の 請 求 をすることができるものであるが その 運 用 につ いては 次 の 諸 点 に 留 意 すること ( 法 20の9の3) (1) 法 第 20 条 の9の3 第 1 項 の 規 定 による 更 正 の 請 求 は 申 告 に 係 る 課 税 標 準 等 又 は 税 額 等 に 関 し 更 正 があった 場 合 には 当 該 更 正 後 においてもすることができる ものであるが この 場 合 においても 申 告 書 に 記 載 した 課 税 標 準 等 又 は 税 額 等 につい てのみ 更 正 の 請 求 をすることができるものであること (2) 法 第 20 条 の9の3 第 1 項 第 3 号 に 規 定 する 当 該 申 告 書 に 記 載 したこの 法 律 の 規 定 による 還 付 金 とは 道 府 県 民 税 若 しくは 市 町 村 民 税 の 法 人 税 割 の 中 間 納 付 額 に 係 る 還 付 金 又 は 法 人 事 業 税 の 中 間 納 付 額 に 係 る 還 付 金 をいうものであること (3) 法 第 20 条 の9の3 第 2 項 各 号 に 規 定 する 後 発 的 な 理 由 がある 場 合 は 同 条 第 1 項 の 更 正 の 請 求 期 間 経 過 後 においても 更 正 の 請 求 をすることができるものである が この 場 合 においては 申 告 書 に 記 載 した 課 税 標 準 等 又 は 税 額 等 のみならず 更 正 又 は 決 定 に 係 る 課 税 標 準 等 又 は 税 額 等 についても 更 正 の 請 求 をすることができるもの であること 59 一 部 納 付 又 は 納 入 があった 場 合 の 延 滞 金 の 計 算 等 (1) 延 滞 金 の 額 を 計 算 する 場 合 において その 計 算 の 基 礎 となる 地 方 税 の 一 部 が 納 付 され 又 は 納 入 されているときは その 納 付 又 は 納 入 の 日 の 翌 日 以 後 の 期 間 に 係 る 延 滞 金 の 額 の 計 算 の 基 礎 となる 税 額 は その 納 付 され 又 は 納 入 された 税 額 を 控 除 し た 金 額 とするものであること ( 法 20の9の41) (2) 納 税 者 又 は 特 別 徴 収 義 務 者 が 延 滞 金 をその 額 の 計 算 の 基 礎 となる 地 方 税 に 加 算 して 納 付 し 又 は 納 入 すべき 場 合 において 納 税 者 又 は 特 別 徴 収 義 務 者 が 納 付 し 又 は 納 入 した 金 額 がその 延 滞 金 の 額 の 計 算 の 基 礎 となる 地 方 税 の 額 に 達 するまでは その 納 付 し 又 は 納 入 した 金 額 は まずその 計 算 の 基 礎 となる 地 方 税 に 充 てられ たものとすること ( 法 20の9の42) 60 納 税 証 明 書 の 交 付 等 地 方 団 体 の 長 は 納 税 者 又 は 特 別 徴 収 義 務 者 等 が 法 令 に 掲 げられている 事 項 につき 納 税 証 明 書 の 交 付 を 求 めたときは これを 交 付 しなければならないものであるが これは 融 資 の 円 滑 化 を 通 じ 債 権 者 及 び 納 税 者 又 は 特 別 徴 収 義 務 者 等 の 保 護 を 図 ろうとする のがその 主 たる 目 的 であるので その 運 営 に 当 たっては 遺 憾 のないよう 十 分 留 意 された いこと なお 納 税 証 明 書 の 交 付 に 係 る 手 数 料 は 地 方 自 治 法 第 227 条 の 規 定 に 基 づき 徴 収 -26-

27 することができるものであること ( 法 20の10 令 6の21) 61 特 別 徴 収 義 務 者 に 対 する 徴 収 取 扱 費 特 別 徴 収 制 度 は その 特 別 徴 収 義 務 者 の 特 殊 な 立 場 にかんがみ その 徴 収 義 務 を 課 せ られたものであるから 特 別 徴 収 義 務 者 に 対 しては 徴 収 取 扱 費 は 交 付 すべきでないこ とは 当 然 であること 62 官 公 署 等 への 協 力 要 請 徴 税 吏 員 は 地 方 税 に 関 する 調 査 について 必 要 があるときは 官 公 署 等 に 簿 書 及 び 資 料 の 閲 覧 又 は 提 供 その 他 の 協 力 を 求 めることができるものであるが その 運 用 について は 次 の 諸 点 に 留 意 すること ( 法 20の11) (1) 法 第 20 条 の11の 規 定 は 官 公 署 等 に 対 する 徴 税 吏 員 の 協 力 要 請 に 法 的 根 拠 を 与 えるものであること (2) 法 第 20 条 の11に 規 定 する 特 別 の 定 め とは 法 第 46 条 第 4 項 及 び 第 5 項 第 63 条 第 1 項 第 72 条 の59 第 325 条 第 354 条 の2 第 605 条 及 び 第 701 条 の55の 規 定 をいうものであること (3) 法 第 20 条 の11の 規 定 は 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 等 に 規 定 されている 守 秘 義 務 を 解 除 するものではないが この 規 定 により 地 方 団 体 が 協 力 を 求 められた 場 合 には できるだけ 協 力 していくべきものであること 第 14 節 滞 納 処 分 及 び 犯 則 取 締 処 分 63 滞 納 処 分 滞 納 処 分 については 国 税 徴 収 法 第 5 章 の 規 定 が 準 用 されるものであること なお その 詳 細 な 取 扱 いについては 別 途 通 知 するところによられたいこと 64 犯 則 取 締 処 分 犯 則 取 締 処 分 については 国 税 犯 則 取 締 法 の 規 定 が 準 用 されるものであること なお その 詳 細 な 取 扱 いについては 地 方 税 犯 則 事 件 の 取 締 について ( 昭 和 25 年 8 月 28 日 25 発 地 財 委 官 第 253 号 )によられたいこと 第 15 節 延 滞 金 及 び 還 付 加 算 金 の 割 合 等 の 特 例 65 延 滞 金 及 び 還 付 加 算 金 の 割 合 等 の 特 例 法 附 則 第 3 条 の2 第 1 項 に 規 定 する 特 例 基 準 割 合 は その 年 の 前 年 に 租 税 特 別 措 置 法 第 93 条 第 2 項 の 規 定 により 告 示 された 割 合 に 年 1%の 割 合 を 加 算 した 割 合 をいうもの であること ( 法 附 則 3の2 令 附 則 3の2) なお これらの 特 例 の 適 用 がある 場 合 の 各 年 における 延 滞 金 及 び 還 付 加 算 金 の 割 合 に ついては 各 地 方 団 体 においては 納 税 者 に 対 し 十 分 な 周 知 を 図 るよう 努 めるべきもの であること 第 2 章 市 町 村 民 税 第 1 節 納 税 義 務 者 第 1 個 人 の 納 税 義 務 者 1 法 第 292 条 第 1 項 第 7 号 の 配 偶 者 及 び 同 項 第 8 号 の 親 族 とは 民 法 の 規 定 するとこ -27-

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

た 滞 納 処 分 の 効 力 には 影 響 がないこ (2) 賦 課 処 分 のかしが 明 白 かつ 重 大 であり 第 5 賦 課 処 分 が 無 効 である 場 合 の 滞 納 処 分 は そ の 前 提 を 欠 く 処 分 と な り 無 効 と な る こ 滞 納 情 報 の 管 理 1

た 滞 納 処 分 の 効 力 には 影 響 がないこ (2) 賦 課 処 分 のかしが 明 白 かつ 重 大 であり 第 5 賦 課 処 分 が 無 効 である 場 合 の 滞 納 処 分 は そ の 前 提 を 欠 く 処 分 と な り 無 効 と な る こ 滞 納 情 報 の 管 理 1 第 5 章 第 1 意 義 滞 納 処 分 事 務 第 1 節 通 則 滞 納 処 分 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 納 付 ( 納 入 )が 遅 滞 した 場 合 において 原 則 として 督 促 を 前 提 条 件 とし て 徴 税 吏 員 が 滞 納 者 の 財 産 を 差 し 押 さえ その 換 価 代 金 等 を 地 方 団 体 の 徴 収 金 に 充 てる 行 政 処 分 をいい

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 法 発 令 : 平 成 14 年 12 月 13 日 号 外 法 律 第 171 号 最 終 改 正 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 改 正 内 容 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 [ 平 成 28 年 4 月 1 日 ] 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 安

More information

Microsoft Word - 103030

Microsoft Word - 103030 国 立 大 学 法 人 北 陸 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 北 院 大 規 則 第 17 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 格 及 び 降 格 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 3 節 異 動

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

税務証明事務取扱要綱

税務証明事務取扱要綱 税 務 証 明 及 び 閲 覧 事 務 取 扱 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 証 明 交 付 及 び 閲 覧 事 務 ( 第 2 条 ~ 第 5 条 ) 第 3 章 証 明 閲 覧 申 請 者 及 びその 確 認 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 4 章 手 数 料 ( 第 18 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 証 明 書 の 様 式 ( 第 20

More information

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 の 運 用 方 針 昭 和 60 年 4 月 30 日 総 人 第 261 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 19 日 閣 人 人 第 67 号 第 二 条 関 係 一 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 施 行 令 ( 昭 和 二 十 八 年 政 令 第 二 百 十 五 号 以 下 施 行 令 という ) 第 一 条 第 一 項 第 二 号

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 1 5 年 法 律 第 112 号 ) 第 3 5 条 の 規 定 及 び 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

東京土建国民健康保険組合

東京土建国民健康保険組合 東 京 土 建 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 4 5 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 46 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 47 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 48 年 2 月 20 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 2 月 25 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 7 月 24 日 一 部 改 正 昭 和 50 年 2 月 19 日 一 部

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 事 故 受 付 サービス 東 京 海 上 日 動 のサービス 体 制 なら 安 心 です 365 日 24 時 間 のサポート 体 制 医 師 賠 償 責 任 保 険 約 款 東 京 海 上 日 動 安 心 110 番 事 故 の 報 告 ご 相 談 をフリーダイヤルで 承 ります いざというとき 全 国 どこからでも ご 利 用 頂 けます 事 故 の 受 付 ご 相 談 受 付 時 間 :365

More information

スター報酬規定

スター報酬規定 第 1 章 総 則 スター 綜 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 程 平 成 27 年 1 月 1 日 施 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 当 事 務 所 所 属 の 弁 護 士 が,その 職 務 に 関 して 受 ける 弁 護 士 の 受 託 業 務 の 対 価 等 に 関 する 基 準 を 示 すことを 目 的 とする ( 個 別 契 約 による 修 正 ) 第

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及 規 約 等 目 次 1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 66 2. 同 保 険 給 付 規 程 77 3. 同 保 険 料 賦 課 徴 収 規 程 78 4. 同 保 険 料 減 免 規 程 79 5. 同 常 務 理 事 専 決 規 程 79 6. 同 支 部 規 程 80 7. 同 職 員 事 務 分 掌 規 程 81 8. 同 会 計 事 務 規 程 82 9.

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと 千 葉 県 電 気 工 事 工 業 組 合 定 款 ( 昭 和 40 年 8 月 5 日 制 定 ) ( 昭 和 45 年 12 月 25 日 改 正 ) ( 昭 和 54 年 9 月 29 日 改 正 ) ( 昭 和 58 年 5 月 24 日 改 正 ) ( 昭 和 60 年 5 月 21 日 改 正 ) ( 平 成 4 年 5 月 28 日 改 正 ) ( 平 成 5 年 5 月 19 日 改

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63> 平 成 21 年 4 月 1 日 借 主 は 株 式 会 社 三 井 住 友 銀 行 ( 以 下 銀 行 といいます )との 間 で 新 車 ローン ネット de カー のローン 契 約 ( 以 下 ローン 契 約 といいます )を 行 う 場 合 には 銀 行 と 別 途 締 結 する ローン 契 約 書 ( 兼 保 証 委 託 契 約 書 ) ( 以 下 ローン 契 約 書

More information

定   款

定   款 定 款 損 害 保 険 契 約 者 保 護 機 構 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 保 険 契 約 者 保 護 機 構 ( 以 下 本 機 構 という )は 保 険 業 法 ( 平 成 7 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )の 定 めるところにより 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会

More information

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個 別 紙 新 旧 対 照 表 改 正 後 改 正 前 ( 注 )アンダーラインを 付 した 部 分 は 改 正 部 分 である 目 次 目 次 第 1 編 総 則 第 1 編 総 則 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第

More information

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 和 医 大 規 程 第 53 号 最 終 改 正 平 成 26 年 5 月 27 日 和 医 大 規 程 第 14 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 18

More information

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第 定 款 沿 革 昭 和 29 年 11 月 1 日 制 定 昭 和 30 年 3 月 28 日 改 正 昭 和 31 年 3 月 17 日 改 正 昭 和 32 年 3 月 13 日 改 正 昭 和 33 年 5 月 16 日 改 正 昭 和 34 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 35 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 39 年 3 月 29 日 改 正 昭 和 42 年 5 月 25 日

More information

賠償責任保険普通保険約款

賠償責任保険普通保険約款 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 この 普 通 保 険 約 款 およびこの 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 使 用 される 用 語 の 説 明 は 次 のとおりとします ただし この 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 別 途 用 語 の 説 明 がある 場 合 は その 説 明 に 従 います 用 語 説

More information

00_改正税法の概要_白表紙

00_改正税法の概要_白表紙 所 得 税 法 等 ( 扶 養 控 除 関 係 )の 改 正 1 年 少 扶 養 親 族 に 対 する 扶 養 控 除 の 廃 止 ⑴ 年 少 扶 養 親 族 ( 扶 養 親 族 のうち 年 齢 16 歳 未 満 の 者 をいいます )に 対 す る 扶 養 控 除 が 廃 止 されました ( 平 成 23 年 分 以 降 適 用 ) ⑵ 上 記 ⑴の 改 正 にあわせて 扶 養 控 除 の 対 象

More information

○ 町 村 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 改 正 平 成 9 年 8 月 5 日 条 例 第 6 号 平 成 13 年 1 月 16 日 条 例 第 1 号 平 成 13 年 8 月 1 日 条 例 第 9 号 平 成 8 年 4 月 1 日 条 例 第 11 号 平 成 9 年 10 月 16 日 条 例 第 8 号 平 成 13 年 3 月 28 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この 公 益 認 定 等 に 関 する 運 用 について ( 公 益 認 定 等 ガイドライン) 平 成 20 年 4 月 ( 平 成 25 年 1 月 改 定 ) 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

匿名組合出資契約

匿名組合出資契約 匿 名 組 合 契 約 書 SBIソーシャルレンディング 株 式 会 社 ( 以 下 営 業 者 と 言 う )と ( 以 下 本 匿 名 組 合 員 と 言 う )は 20 年 月 日 付 で 以 下 のとおり 匿 名 組 合 契 約 ( 以 下 本 契 約 と 言 う )を 締 結 する ( 目 的 ) 第 1 条 本 契 約 は 本 匿 名 組 合 員 が 営 業 者 に 対 し 本 契 約

More information

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす 全 国 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 制 定 昭 和 29 年 11 月 15 日 改 正 平 成 14 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 8 月 18 日 改 正 平 成 19 年 3 月 29 日 改 正 平 成 20 年 3 月 27 日 改 正 平 成 22 年 3 月 29 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条

More information

につき 過 誤 納 となった 税 ( 金 ) 額 を 基 礎 金 額 として 端 数 計 算 を 行 うこと (2) 還 付 加 算 金 確 定 金 額 に100 円 未 満 の 端 数 があるとき 又 はその 全 額 が1,000 円 未 満 であるときは その 端 数 金 額 又 はその 全 額

につき 過 誤 納 となった 税 ( 金 ) 額 を 基 礎 金 額 として 端 数 計 算 を 行 うこと (2) 還 付 加 算 金 確 定 金 額 に100 円 未 満 の 端 数 があるとき 又 はその 全 額 が1,000 円 未 満 であるときは その 端 数 金 額 又 はその 全 額 ら 順 次 さか のぼって 過 誤 納 金 が 納 付 された ものとみ なして 計 算 すること (4) 還 付 又 は 充 当 をすべき 金 額 に 加 算 還 付 加 算 金 を 過 誤 納 金 に 加 算 して 還 付 し 又 は 充 当 を す る こ と を い う も の で あ る こ と オ 過 誤 納 金 債 権 の 質 入 れの 通 知 を 受 けた 場 合 に おいて そ の

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

27-042職員退職手当規程270401

27-042職員退職手当規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 10 月 1 日 18 規 程 第 39 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 42 号 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則

More information

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額 国 民 年 金 法 目 次 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 1 1 目 的 2 2 管 掌 等 2 3 権 限 の 委 任 等 3 4 用 語 の 定 義 4 5 被 保 険 者 7 6 資 格 の 取 得 12 7 資 格 の 喪 失 14 8 被 保 険 者 期 間 の 計 算 と 種 別 の 変 更 16 9 国 民 年 金 原 簿 等 18 第 2 章 費 用 21 1 国 庫

More information

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12 東 京 建 設 職 能 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 45 年 7 月 23 日 制 定 昭 和 55 年 5 月 26 日 一 部 改 正 平 成 4 年 3 月 4 日 一 部 改 正 平 成 15 年 3 月 5 日 一 部 改 正 昭 和 46 年 2 月 27 日 一 部 改 正 昭 和 56 年 2 月 26 日 一 部 改 正 平 成 5 年 3 月 4 日 一 部

More information

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2 全 国 天 然 木 化 粧 合 単 板 工 業 協 同 組 合 連 合 会 定 款 昭 和 47 年 4 月 10 日 設 立 認 可 昭 和 47 年 4 月 21 日 成 立 昭 和 49 年 10 月 3 日 定 款 変 更 昭 和 51 年 6 月 17 日 定 款 変 更 昭 和 53 年 6 月 19 日 定 款 変 更 昭 和 57 年 7 月 1 日 定 款 変 更 昭 和 62 年

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 33 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 21 号 以 下 教 職 員 就 業 規 則 という ) 第 44 条 の 規 定 に 基

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

職員退職手当支給条例

職員退職手当支給条例 小 樽 市 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 全 部 改 正 昭 和 36 年 10 月 18 日 条 例 第 31 号 最 近 改 正 平 成 28 年 3 月 23 日 条 例 第 3 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 2 条 の2) 第 2 章 一 般 の 退 職 手 当 ( 第 2 条 の3- 第 9 条 ) 第 3 章 特 別 の 退 職 手 当 ( 第 10

More information

定 款

定 款 ダイヤモンド 工 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第

More information

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 25 号 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 を 次 のとおり 定 める 平 成 18 年 11 月 9 日 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 文 雄 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 改 正 平 成 20 年 5 月 22 日 中 日 本 高 速

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63> Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号)

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号) 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 静 岡 県 静 岡 市 清 水 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 を 経 て 必 要

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

19

19 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 19 年 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 規 則 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 33 条 の 規 定 に 基 づき 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 (

More information

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神

More information

職員退職手当規程

職員退職手当規程 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 高 エネルギー 加 速 器 研 究 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 1 5 号 改 正 平 成 17 年 3 月 29 日 規 程 第 36 号 改 正 平 成 18 年 3 月 30 日 規 程 第 49 号 改 正 平 成 20 年 3 月 31 日 規 程 第 9 号 改 正 平 成 21 年 3 月

More information

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477>

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 7 号 最 近 改 正 平 成 28 年 2 月 16 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 3 条 ) 第 2 章 基 本 給 第 1 節 通 則 ( 第 4 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 初 任 給 ( 第 11 条 第

More information

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 と 称 し 英 文 では Type II Financial Instruments Firms Associationと 表 示 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 本 協

More information

Microsoft Word - 教職員退職手当規程( ).doc

Microsoft Word - 教職員退職手当規程( ).doc 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 - 1-27.4.1 最 終 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき 就 業 規 則 第 2 条 に 規 定 する 教 職 員 ( 以 下 教

More information

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 に 基 づく 利 用 請 求 に 対 する 処 分 に 係 る 審 査 基 準 平 成 27 年 2 月 18 日 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 ( 平 成 25 年 香 川 県 条 例 第 5 号 以 下 条 例 という )に 基 づく 特 定 歴 史 公 文 書 等 の 利 用 の 請 求 に 対 する

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

< F2D F591DE90458EE893968B4B92F62E6A7464>

< F2D F591DE90458EE893968B4B92F62E6A7464> 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 事 務 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 54 条 及 び 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 教 員 就 業 規 則 ( 以 下 教 員 就 業 規

More information

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド)

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド) 投 資 契 約 書 目 次 第 1 章 本 契 約 の 目 的 払 込 手 続 等... - 1 - 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 )... - 1 - 第 2 条 ( 本 株 式 の 発 行 及 び 取 得 )... - 1 - 第 3 条 ( 払 込 手 続 き)... - 1 - 第 4 条 ( 前 提 条 件 )... - 1 - 第 2 章 発 行 会 社 及 び 経 営 株 主

More information

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2 個 人 市 民 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 平 成 25 年 5 月 23 日 平 成 25 年 8 月 30 日 改 正 平 成 26 年 1 月 27 日 改 正 平 成 27 年 3 月 12 日 改 正 財 政 局 税 務 部 課 税 課 ( 個 人 課 税 G) 内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨...

More information

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 73 号 ) 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 10 規 程 第 74 号 改 正 平 成 25 年 2 月 19 日 12 規 程 第 44 号 改 正 平 成 26 年 6 月 3 日 14 規 程 第 01 号 改 正

More information

務 組 合 としての 業 務 (9) 組 合 員 の 事 業 に 関 する 経 営 及 び 技 術 の 改 善 向 上 又 は 組 合 事 業 に 関 する 知 識 の 普 及 を 図 るための 教 育 及 び 情 報 の 提 供 (10) 組 合 員 のためにする 司 法 書 士 業 務 の 受

務 組 合 としての 業 務 (9) 組 合 員 の 事 業 に 関 する 経 営 及 び 技 術 の 改 善 向 上 又 は 組 合 事 業 に 関 する 知 識 の 普 及 を 図 るための 教 育 及 び 情 報 の 提 供 (10) 組 合 員 のためにする 司 法 書 士 業 務 の 受 神 奈 川 県 司 法 書 士 協 同 組 合 定 款 平 成 7 年 4 月 24 日 神 奈 川 県 指 令 商 総 第 1-1 号 認 可 平 成 10 年 6 月 18 日 神 奈 川 県 指 令 商 総 第 57-4 号 認 可 平 成 14 年 6 月 27 日 神 奈 川 県 指 令 新 産 第 10040 号 認 可 平 成 20 年 7 月 2 日 神 奈 川 県 指 令 金 第

More information

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし 財 産 形 成 定 額 貯 金 規 定 1 財 産 形 成 定 額 貯 金 財 産 形 成 定 額 貯 金 ( 以 下 この 貯 金 といいます )は 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 ( 以 下 財 形 法 といいます )に 規 定 する 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 ( 以 下 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 といいます )に 基 づき 預 入 される 定 額 貯 金 です

More information

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事 独 立 行 政 法 人 年 金 健 康 保 険 福 祉 施 設 整 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 17 年 10 月 1 日 1 7 規 程 第 6 号 改 正 平 成 18 年 3 月 29 日 18 規 程 第 4 号 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 19 規 程 第 2 号 改 正 平 成 19 年 8 月 29 日 19 規 程 第 6 号 改 正 平 成 19 年

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 30 日 規 則 第 156 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 73 条 の 規 定

More information

目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項 5 ( 事 例 1) 6 ( 事 例 2) 7 4.

目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項 5 ( 事 例 1) 6 ( 事 例 2) 7 4. 公 益 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 ( 理 事 理 事 会 会 計 監 査 人 評 議 員 評 議 員 会 社 員 社 員 総 会 ) 目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項

More information

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定)

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定) 公 立 大 学 法 人 兵 庫 県 立 大 学 教 職 員 就 業 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 評 価 ( 第 11 条 ) 第 3 節 昇 任 および 降 任 ( 第 12 条 - 第 14 条 ) 第 4 節 休 職 及 び 復 職 ( 第 15 条 - 第 19

More information

ができる 2 本 組 合 は 加 入 の 申 込 みがあったときは 理 事 会 においてその 諾 否 を 決 する ( 加 入 者 の 出 資 払 込 み) 第 10 条 前 条 第 2 項 の 承 諾 を 得 た 者 は 遅 滞 なく その 引 き 受 けようとする 出 資 の 全 額 の 払 込

ができる 2 本 組 合 は 加 入 の 申 込 みがあったときは 理 事 会 においてその 諾 否 を 決 する ( 加 入 者 の 出 資 払 込 み) 第 10 条 前 条 第 2 項 の 承 諾 を 得 た 者 は 遅 滞 なく その 引 き 受 けようとする 出 資 の 全 額 の 払 込 広 島 魚 商 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第 2 条

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 平 成 26 年 3 月 25 日 ) 改 正 平 26 規 程 第 16 号 平 成 26 年 11 月 28 日 平 26 規 程 第 41 号 平 成 27 年 1 月 28 日 平 26 規 程 第 67 号 平 成 27 年 3 月 31 日 平 27 規 程 第 28 号 平 成 28 年 3 月

More information

7-25給与規則160303

7-25給与規則160303 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 教 職 員 給 与 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 1 1 3 号 ( 目 的 ) 改 正 平 成 17. 3.28 16 規 則 220 平 成 17.11. 1 17 規 則 16 平 成 17.12. 1 17 規 則 22 平 成 18. 4. 1 18 規 則 4 平 成 19. 4. 1 19 規 則 9 平 成 19. 5.17

More information

与 規 則 第 42 条 に 規 定 する 教 職 調 整 額 の 月 額 の 合 計 額 ( 職 員 が 退 職 の 日 において 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 によりその 給 与 (これに 相 当 する 給 与 を 含 む )の 一 部 又 は 全 部 を 支 給 され ない 場

与 規 則 第 42 条 に 規 定 する 教 職 調 整 額 の 月 額 の 合 計 額 ( 職 員 が 退 職 の 日 において 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 によりその 給 与 (これに 相 当 する 給 与 を 含 む )の 一 部 又 は 全 部 を 支 給 され ない 場 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 職 員 の 退 職 金 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 法 人 規 則 第 8 号 改 正 平 成 16 年 法 人 規 則 第 27 号 平 成 17 年 法 人 規 則 第 28 号 平 成 17 年 法 人 規 則 第 29 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 25 号 平 成

More information

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 12 号 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 24 年 12 月 7 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 3 月 13 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

平成23年12月13日

平成23年12月13日 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 11 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 に 基 づき 地 方 独 立 行 政 法 人 大

More information

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 本 部 等 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 3 月 24 日 法 人 規 則 第 7 号 改 正 平 成 18 年 法 人 規 則 第 8 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 45 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 53 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 56 号 平 成 20 年

More information

(Microsoft Word - \211^\211c\213K\226\361.doc)

(Microsoft Word - \211^\211c\213K\226\361.doc) 永 平 寺 町 商 工 会 運 営 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 永 平 寺 町 商 工 会 定 款 第 7 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 永 平 寺 町 商 工 会 ( 以 下 本 商 工 会 という )の 円 滑 な 運 営 及 び 業 務 の 執 行 に 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とす る 第 2 章 会 員 ( 加

More information

Microsoft Word - ◆最新00定款140213認可

Microsoft Word - ◆最新00定款140213認可 日 本 ブランド 農 業 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称

More information

静岡県公立大学法人職員就業規則

静岡県公立大学法人職員就業規則 平 成 21 年 4 月 1 日 規 程 第 7 号 地 方 独 立 行 政 法 人 静 岡 県 立 病 院 機 構 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 9 条 ) 第 2 節 評 定 ( 第 10 条 ) 第 3 節 昇 任 及 び 降 任 等 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

二 川 幹 線 水 路 の 改 修 及 び 川 支 線 水 路 の 新 設 三 地 区 の 区 画 整 理 四 地 区 全 域 にわたる 農 道 の 維 持 管 理 五 地 区 において 一 体 事 業 として 施 行 するかんがい 施 設 の 新 設 並 びに 区 画 整 理 及 び 農 用 地

二 川 幹 線 水 路 の 改 修 及 び 川 支 線 水 路 の 新 設 三 地 区 の 区 画 整 理 四 地 区 全 域 にわたる 農 道 の 維 持 管 理 五 地 区 において 一 体 事 業 として 施 行 するかんがい 施 設 の 新 設 並 びに 区 画 整 理 及 び 農 用 地 土 地 改 良 区 定 款 例 昭 和 40 年 3 月 22 日 40 農 地 B 第 881 号 改 正 - 昭 和 48 年 6 月 4 日 48 構 改 B 第 1845 号 昭 和 60 年 2 月 28 日 60 構 改 B 第 199 号 平 成 26 年 4 月 1 日 25 農 振 第 2467 号 平 成 28 年 4 月 1 日 27 農 振 第 2205 号 農 地 局 長

More information

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条 職 員 給 与 規 程 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 (この 規 程 の 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information