<4D F736F F D2089CE8DD082F08EF382AF82BD8BB497C082CC91B98F9D82C682BB82CC91CE899E2E444F43>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D2089CE8DD082F08EF382AF82BD8BB497C082CC91B98F9D82C682BB82CC91CE899E2E444F43>"

Transcription

1 火 災 を 受 けた 橋 梁 の 損 傷 とその 対 応 久 田 宗 昌 1 1 名 古 屋 市 緑 政 土 木 局 道 路 建 設 課 ( 名 古 屋 市 中 区 三 の 丸 3 丁 目 1-1) 本 稿 は, 主 要 地 方 道 名 古 屋 中 環 状 線 の 庄 内 川 に 架 かる 明 徳 橋 の 桁 下 にて 平 成 25 年 6 月 に 発 生 した 火 災 への 対 応 を 報 告 するものである. 橋 梁 が 火 災 により 損 傷 を 受 けた 事 例 の 報 告 が 全 国 的 に 少 ない 中 で 補 修 方 針 を 決 定 する 必 要 があった. 被 災 状 況 に 応 じた 補 修 を 行 うため に,まずは 詳 細 調 査 を 行 った. 詳 細 調 査 については, 受 熱 温 度 を 推 定 し, 鋼 部 材,コンク リート 部 材 について 部 材 強 度 や 変 形 等 を 調 査 することにより 損 傷 程 度 の 確 認 を 行 った. 補 修 方 針 については, 詳 細 調 査 の 結 果 に 基 づいて, 被 災 程 度 に 応 じて 方 針 を 定 めたことによ り 適 切 な 補 修 方 針 を 決 定 することができた. キーワード: 火 災, 受 熱 温 度, 塗 装 損 傷 調 査, 鋼 桁 補 強, 断 面 修 復 1. はじめに 平 成 25 年 6 月 17 日 早 朝, 主 要 地 方 道 名 古 屋 中 環 状 線 の 明 徳 橋 において, 庄 内 川 右 岸 下 流 側 A2 橋 台 前 の 高 水 敷 付 近 で, 所 有 者 不 明 の 古 タイヤをはじめとする 可 燃 物 よ り 発 災 し 一 時 間 程 度 燃 え 続 ける 火 災 が 発 生 した. A1 3 径 間 連 続 鋼 箱 桁 橋 庄 内 川 ; 火 災 発 生 箇 所, ; 影 響 した 範 囲 図 -1 火 災 発 生 箇 所 及 び 影 響 した 範 囲 単 純 鋼 鈑 桁 橋 L=33.99m 橋 梁 が 火 災 により 損 傷 を 受 けた 事 例 は 全 国 的 に 少 ない. また, 橋 梁 の 受 熱 による 被 災 程 度 の 研 究 は 近 年 端 緒 につ いたところであり, 要 領 やマニュアルについても 全 国 統 一 のものは 整 備 されていない.よって,このような 状 況 の 中 で, 道 路 管 理 者 として 火 災 を 受 けた 橋 梁 に 対 する 安 全 性 をいかに 評 価 するか, 及 び 損 傷 に 対 しての 補 修 方 針 をどのように 決 定 するかが 課 題 であった. 本 稿 では, 被 災 直 後 の 一 次 判 断 及 びその 後 の 詳 細 調 査 についての 内 容 を 整 理 するとともに, 長 期 的 な 安 全 性 の 確 保 のための 補 修 設 計 方 針 決 定 までの 経 緯 及 び 結 果 につ いて 述 べる. P3 A2 2. 被 災 状 況 と 通 行 制 限 実 施 の 判 断 (1) 被 災 状 況 写 真 -1~3 は, 被 災 当 日 に 現 場 確 認 を 行 った 際 に 撮 影 したものである. 橋 梁 下 側 はA2 橋 台 直 近 からかな りの 面 積 に 亘 って 延 焼 している( 写 真 -1). 火 災 前 は 古 タイヤを 始 めとした 蓄 積 物 が 散 乱 していたが,これら が 全 て 火 災 により 延 焼 したものと 考 えられる. 橋 台 のコ ンクリートについては,A2 橋 台 の 前 面 が 火 災 による 煤 により 黒 くなっており, 被 災 した 範 囲 を 示 している( 写 真 -2). 上 部 工 については,A2 橋 台 付 近 では 塗 膜 が 剥 がれる などかなりの 損 傷 を 受 けており( 写 真 -3),A2から 10m~20m 離 れていて 塗 膜 の 剥 がれがない 箇 所 でも 煤 が 付 着 していた. 現 地 確 認 の 結 果, 火 災 により 受 熱 したと 考 えられる 部 材 は, 主 桁 等 の 鋼 材, 床 版 コンクリート,A2 橋 台 前 面 コンクリート, 落 橋 防 止 装 置 及 び 支 承 部 であると 推 測 さ れた. (2) 通 行 制 限 実 施 の 判 断 被 災 当 日 にて 現 地 の 確 認 を 行 った. 前 項 の 通 り, 古 タ イヤを 含 む 集 積 物 からの 発 火 という 状 況 を 考 慮 すると 高 温 度 の 受 熱 があったものと 推 定 された. 比 較 的 高 温 と 推 定 される 火 災 により 塗 膜 が 焼 失 している 状 況 から, 鋼 部 材 の 強 度 が 低 下 している 可 能 性 はあるが,その 数 値 を 把 握 するためには, 硬 さ 試 験 や 引 張 試 験 等 の 実 施 が 必 要 で

2 写 真 -1 火 元 の 状 況 いと 考 えられる. RC 床 板 も 被 災 を 受 けたが, 顕 著 な 熱 膨 張 ひび 割 れや 剥 離 は 見 られない. 橋 面 の 舗 装 面, 伸 縮 装 置 部 に 顕 著 な 変 状 (ひび 割 れ, 段 差 等 )も 生 じていない. 落 橋 防 止 ( 緩 衝 チェーン 方 式 )は, 大 きく 被 災 し て 機 能 低 下 を 生 じているが, 常 時 荷 重 への 影 響 はない. 2 時 間 の 現 場 確 認 の 間, 特 に 変 わった 振 動 性 状 や 桁 下 音, 変 状 はなかった. 上 記 の 状 況 から 一 般 通 行 を 制 限 しなくても 調 査 及 び 検 討 期 間 中 の 安 全 を 確 保 できると 判 断 した 3. 詳 細 調 査 写 真 -2 被 災 状 況 ( 橋 台 前 面 ) (1) 詳 細 調 査 について 次 に, 火 災 による 損 傷 状 況 を 明 らかにし, 安 全 性 の 評 価 及 び 補 修 方 針 を 確 定 させるため, 詳 細 調 査 を 行 った. 損 傷 を 受 けた 部 材 は, 主 に 桁 部 分 の 鋼 材 と 床 版, 橋 台 部 分 のコンクリートである. 桁 部 分 の 鋼 材 については, 塗 装 の 損 傷 はもちろん, 受 熱 による 引 張 強 度 の 低 下 や 分 子 構 造 の 変 化 による 性 状 の 変 化 等 が 懸 念 された.また, 体 積 膨 張 による 桁 の 変 形 や 溶 接 部 分 の 割 れについても 調 査 を 行 う 必 要 があった. 一 方,コンクリートについては, 受 熱 による 圧 縮 強 度 の 低 下 や 中 性 化 の 進 行 が 懸 念 された.また, 鋼 材,コンク リート 双 方 について, 消 火 に 河 川 水 ( 汽 水 域 のため 海 水 混 じり)を 用 いたことによる 塩 分 の 付 着 が 懸 念 された. 写 真 -3 被 災 状 況 ( 上 部 工 ) ある.しかしながら, 上 記 の 強 度 低 下 が 懸 念 される 箇 所 について 試 験 を 実 施 し, 結 果 を 判 断 するまでには 相 当 時 間 を 要 するため, 当 面 の 通 行 安 全 に 対 しての 緊 急 的 な 判 断 ( 通 行 制 限 を 実 施 する 必 要 があるか)は, 構 造 的 な 視 点 等 から 以 下 の 事 項 を 踏 まえて 行 うこととした. 強 度 低 下 の 懸 念 箇 所 は, 単 純 桁 の 端 部 付 近 で 比 較 的 曲 げモーメントが 小 さい 箇 所 である. 一 部 の 横 構 に 変 形 が 見 られるが,これは 高 温 膨 張 によるそり 変 形 と 考 えられる. 大 きな 横 荷 重 ( 風 や 地 震 )が 作 用 しない 限 り, 常 時 荷 重 ( 鉛 直 荷 重 )に 与 える 影 響 は 小 さいと 考 えられる. 目 視 で 確 認 できる 範 囲 ではフランジのゆがみ 等 の 大 きな 主 桁 の 変 形 は 確 認 されていない.また, 主 桁 のボルト 添 接 部 は, 塗 膜 損 傷 はあるが 残 存 しておりボルト 耐 力 の 極 度 の 低 下 は 生 じていな (2) 鋼 部 材 についての 詳 細 調 査 項 目 一 般 的 に 鋼 材 ( 構 造 用 鋼 材 )は, 受 熱 時 の 温 度 が 600 を 超 える 場 合, 高 力 ボルトについては450 を 超 え る 場 合 に 冷 却 後 の 引 張 強 度 が 低 下 するとされている.ま た, 鋼 材 は 合 熱 処 理 によって 結 晶 構 造 が 変 化 するという 性 質 を 有 しており, 受 熱 温 度 によってはもともと 付 与 さ れた 性 質 が 失 われる 懸 念 がある. 以 上 のことから, 火 災 による 鋼 材 の 損 傷 評 価 にあたっては 受 熱 温 度 の 推 定 が 重 要 になる. 受 熱 温 度 の 推 定 にあたっては, 既 往 の 論 文 等 を 参 考 と して, 塗 装 の 劣 化 状 況 から 推 定 することとした. また, 塗 装 の 劣 化 状 況 については, 塗 膜 状 態 を 目 視 確 認 するとともに 塗 膜 の 健 全 度 については 塗 膜 付 着 試 験 ( 図 -2)にて 評 価 を 行 うこととした. 図 -2 塗 膜 付 着 試 験 方 法 (クロスカット 法 ) 出 展 : 鋼 構 造 物 塗 膜 調 査 マニュアル( 平 成 18 年 6 月 )

3 図 -3 主 桁 変 形 計 測 位 置 図 次 に, 主 桁 等 の 構 造 部 材 は 受 熱 したことによる 変 形 が 懸 念 される.したがって, 各 部 材 の 変 形 の 計 測 を 行 うこ ととし( 図 -3),その 判 定 については 道 路 橋 示 方 書 Ⅱ ( 鋼 橋 編 )において, 新 設 桁 製 作 工 の はh/250(h = 腹 板 の 高 さ)と 定 められているため, 評 価 はこれに 従 う 方 針 とした. さらに, 受 熱 により 溶 接 の 割 れ 等 の 溶 接 部 の 損 傷 が 懸 念 されため, 主 桁 腹 板 と 下 フランジの 溶 接 部 において 磁 粉 探 傷 試 験 にて 確 認 することとした. その 他, 鋼 部 材 の 調 査 項 目 については 表 -1に 示 す 通 りとした. (3)コンクリート 部 材 についての 詳 細 調 査 項 目 コンクリート 部 材 については, 火 災 により 損 傷 を 受 け たと 考 えられるA2 橋 台 前 面 及 びP3~A2 間 の 床 版 コンク リートについて 行 うこととした. 調 査 項 目 としては, 近 接 目 視 による 点 検,テストハンマーによる 反 発 係 数 の 測 定,ドリル 法 による 中 性 化 測 定,コア 採 取 による 圧 縮 強 度 試 験, 塩 化 物 イオン 濃 度 測 定 である. 調 査 項 目 の 一 覧 を 表 -2に 示 す. b) 塗 装 損 傷 調 査 (クロスカット 試 験 ) 外 観 目 視 調 査 では 塗 膜 の 健 全 性 までは 評 価 できないた め, 健 全 範 囲 を 区 別 するために 塗 膜 付 着 試 験 (クロス カット 試 験 )を 行 った.その 結 果 を 以 下 に 示 す( 図 -5). 塗 装 に 異 常 がある 箇 所 は,C3~A2 間 の 主 桁,G1~G3 端 横 桁 及 び 分 配 横 桁 に 大 別 できる.G4 桁 もC5~A2 間 に 一 部 異 常 が 見 られた. c) 変 形 量 測 定 鋼 上 部 工 の 構 成 部 材 である 主 桁, 端 横 桁 の 平 面 度 測 定 及 び 主 桁 下 フランジの 直 角 度, 端 横 桁 及 び 横 構 の 大 曲 り の 測 定 結 果 を 示 す. 測 定 結 果 を 以 下 に 示 す. 基 準 値 は 新 設 橋 の 平 面 度 管 理 基 準 値 であるh/250(h= 腹 板 の 高 さ)とする.ただし, 既 設 桁 の 補 修 につき 新 設 の 規 格 を 満 足 させるために 加 熱 矯 正 や 外 力 を 無 理 に 加 えれば 鋼 材 の 劣 化 や 残 留 応 力 を 生 じ させることになるため, 補 修 にあたっては, 十 分 考 慮 す る 必 要 がある. 表 -2 コンクリート 部 材 調 査 項 目 一 覧 表 4 調 査 結 果 (1) 鋼 部 材 の 詳 細 調 査 結 果 a) 損 傷 度 の 目 視 確 認 目 視 により 塗 装 の 損 傷 状 態 の 調 査 を 行 った.また, 損 傷 程 度 とその 範 囲 から 部 材 ごとの 塗 装 損 傷 記 録 及 び 被 災 温 度 推 定 マップを 作 成 した.( 図 -4) 表 -1 鋼 部 材 調 査 項 目 一 覧 表 P3 16.5m 5.5m A2 排 水 管 ( 消 滅 ) 8.1m 5.4m 図 -4 被 災 温 度 推 定 マップ

4 図 -5 クロスカット 試 験 結 果 結 果, 太 字 の 箇 所 について であるh/250を 超 え ていた. 特 にG2 桁 は 被 災 中 心 に 近 く, 熱 影 響 による 変 形 度 合 いが 大 きい( 表 -3) 表 -3 主 桁 腹 板 変 形 量 計 測 結 果 [ 単 位 :mm] 測 点 腹 板 高 G1 G2 G3 G S2(A2) 落 橋 防 止 装 置 補 強 材 があり 計 測 不 能 C C 主 桁 下 フランジの 直 角 度 主 桁 下 フランジについては, 新 設 橋 の 管 理 項 目 である フランジの w/200(w;フランジ 幅 )を とする. 測 定 の 結 果, 腹 板 を 起 点 とした 山 谷 折 れは 見 受 けら れなかった.G2~G4の4 点 ( 太 字 )で を 上 回 った ( 表 -4). 下 フランジは 引 張 り 部 材 であり,その 傾 きは 構 造 の 強 度 低 下 に 影 響 しないと 考 えることができるため, 補 修 対 象 とはしない. 端 横 桁 の 変 形 量 端 横 桁 については, 主 桁 の 腹 板 変 形 量 の である h/250を 基 準 として 判 断 を 行 う. 測 定 の 結 果, 損 傷 度 の 大 きいG1~G4 間 で 腹 板 の 面 外 変 形 が 起 こっている( 太 字 ). 変 形 が 生 じた 要 因 は, 受 熱 によりG2 桁 に 伸 びが 生 じ,その 影 響 を 受 けたものと 考 えられる( 表 -5). 端 横 桁, 横 構 大 曲 り これらの 圧 縮 材 についての はL/1000(L; 格 間 長 )とした. 測 定 の 結 果, 太 字 の 箇 所 について を 超 えていた. 特 に, の 箇 所 は を 大 幅 に 超 えてい る( 表 -6) d) 溶 接 部 検 査 溶 接 部 については400 以 上 の 受 熱 があった 範 囲 にお いて 割 れが 発 生 していることが 懸 念 されたため, 磁 粉 探 傷 試 験 により 調 査 を 行 った. 試 験 の 結 果, 割 れなどの 有 害 な 欠 陥 は 検 出 されなかった. e) 付 着 塩 分 量 消 火 の 際 に 海 水 が 混 じった 河 川 水 を 使 用 したことから, 被 災 範 囲 の 塩 分 付 着 が 懸 念 されたため 塩 分 濃 度 の 測 定 を 行 った.ほぼ 全 ての 箇 所 で (50mg/m 2 )より 高 い 塩 分 濃 度 が 測 定 された. f) 鋼 材 試 験 火 災 により 損 傷 を 受 けたと 思 われる 鋼 材 について, 引 張 試 験, 硬 さ 試 験, 組 織 観 察 を 行 った.なお, 試 験 に 用 いる 鋼 材 は,600 以 上 の 受 熱 があったと 推 測 されるA2 橋 台 付 近 の 排 水 管 取 付 金 具 とした. フランジの 直 角 度 G1 フランジ G2 G3 G4 フランジ フランジ フランジ 表 -4 直 角 度 計 測 結 果 mm mm % mm mm mm % mm mm mm % mm mm mm % mm 表 -5 端 横 桁 平 面 度 計 測 結 果 [ 単 位 :mm] 1G1~G2 間 2G2~G3 間 3G3~G4 間 測 点 腹 板 高 S 図 -6 大 曲 り 調 査 位 置 図 表 -6 大 曲 り 計 測 結 果 [ 単 位 :mm] 測 点 L 測 定 値

5 引 張 試 験 は2つの 供 試 体 (SS400)について 行 った( 写 真 -4). 結 果, 両 者 とも 許 容 値 を 満 足 しており, 火 災 による 影 響 はないと 思 われる( 表 -7). ビッカース 硬 さ 試 験 及 び 鋼 材 組 織 観 察 の 結 果,ビッ カース 硬 さから 算 出 した 引 張 強 度 換 算 値 は 全 て 内 であり また 組 織 観 察 結 果 もいずれの 組 織 もフェライ ト+パーライト 組 織 で 表 面 の 焼 き 入 れ 結 晶 粒 の 異 常 成 長 といった 火 災 の 影 響 を 確 認 できるものはなかった ( 写 真 -5). 写 真 -4 引 張 試 験 体 表 -7 引 張 試 験 結 果 定 箇 所 により 中 性 化 深 さが 異 なり, 損 傷 状 況 と 中 性 化 深 さとの 関 係 は 見 受 けられなかった. コア 採 取 による 試 験 結 果 を 以 下 に 示 す. 圧 縮 強 度 試 験 の 結 果, 床 版 部 が40.1N/mm2, 橋 台 部 が35.3N/mm2であ り, 上 記 の 設 計 強 度 を 満 足 していた. 塩 分 含 有 量 試 験 の 結 果, 塩 化 物 イオン 量 の 測 定 結 果 は 鉄 筋 付 近 で 0.27kg/m3であった. 土 木 学 会 の 鋼 材 腐 食 発 生 限 界 濃 度 は1.2kg/m3であることから, 塩 化 物 による 鉄 筋 腐 食 の 可 能 性 は 低 いと 考 えられる. 4. 今 後 の 対 応 表 -8 コンクリートの 変 色 状 況 と 受 熱 温 度 の 関 係 出 展 : 建 物 の 火 災 診 断 及 び 補 修 補 強 方 法 ( 平 成 16 年 3 月 ) ( 比 較 材 ) 写 真 -5 鋼 材 ミクロ 組 織 ( 被 災 材 ) (2)コンクリート 部 材 の 詳 細 調 査 結 果 コンクリート 部 材 についての 調 査 結 果 を 以 下 に 示 す. 近 接 目 視 による 調 査 の 結 果, 床 版 部 はA2 橋 台 付 近 の 火 元 に 近 い 箇 所 においてピンク 色 に 変 色 していた.また, 微 細 な 亀 甲 状 のひび 割 れも 確 認 された.その 他 はP3 橋 脚 に 向 かい,すすが 付 着 していた.A2 橋 台 のコンクリー トについても, 表 層 の 爆 裂 や 亀 甲 状 のひび 割 れが 発 生 し ていた( 写 真 -7).コンクリートの 変 色 状 況 と 受 熱 温 度 の 関 係 を 表 8に 示 す. 火 元 に 近 い 箇 所 でピンク 色 に 変 色 していたことから, 受 熱 温 度 は300 ~600 となる. シュミットハンマーによる 反 発 硬 度 試 験 の 結 果, 橋 台, 床 版 ともに 設 計 上 の 強 度 である24N/mm2を 満 足 していた. ドリル 法 による 中 性 化 試 験 の 結 果, 床 版, 橋 台 ともに 測 G1 4.0m G2 写 真 -7 A2 橋 台 変 色 状 況 G3 浮 き ピンク 色 に 変 色 (1) 鋼 部 材 における 補 修 方 針 鋼 部 材 における 受 熱 温 度 は 最 高 で600 程 度 と 推 定 で きるが,3 章 に 示 した 通 り 鋼 材 の 性 質 には 特 段 の 変 化 は なかった.よって, 鋼 部 材 における 補 修 を 行 うべき 損 傷 は 主 に 入 熱 による 変 形 及 び 塗 装 の 剥 離 であると 考 えられ る.したがって, 補 修 方 針 については 下 記 のようにした. a) 塗 装 の 補 修 火 災 により 損 傷 を 受 けた 鋼 桁 は, 最 も 損 傷 が 激 しい 部 分 では 下 塗 が 剥 がれており, 腐 食 が 懸 念 される 状 況 で あった.したがって, 損 傷 を 受 けた 箇 所 について 塗 替 塗 装 を 行 う. 損 傷 により 鋼 材 の 素 地 が 露 出 していることを 考 慮 し,ケレンは2 種 とした. 塗 装 仕 様 については, 鋼 道 路 橋 塗 装 防 食 便 覧 (H17.12) を 参 考 として, Rc-Ⅱとした( 表 -9). b) 鋼 桁 の 補 強 火 災 に 伴 う 受 熱 により, 主 桁 及 び 横 桁 の 腹 板 において, 新 設 橋 に 求 められる 平 面 度 であるh/250 以 上 の 面 外 変 形 が 見 られた. 確 かに, 現 場 での 測 定 値 はこの を10 mm 程 度 上 回 るものであり, 僅 かな 変 形 と 考 えられる.し かし, 以 上 の 変 形 が 生 じていれば, 上 部 工 に 生 じ る 荷 重 が 正 しく 下 部 工 に 伝 達 されず, 長 期 に 渡 りこの 状 態 であれば 特 定 の 部 材 に 応 力 が 集 中 して 疲 労 による 損 傷 を 招 くことにもなりかねない.したがって, を 超 える 面 外 変 形 が 生 じている 箇 所 に 対 して 補 強 を 行 うこと とした. 本 事 例 では, 補 剛 材 により 桁 の 補 強 を 行 う 方 法 を 採 用 することとした. 具 体 的 には, 桁 の1 方 向 からL 形 鋼 によ り, 反 対 側 から 平 鋼 により 腹 板 を 挟 み 込 み, 補 剛 材 を 高 力 ボルトで 締 め 付 けることにより 変 形 矯 正 を 行 い, 耐 座

6 表 -9 旧 塗 膜 と 塗 替 え 塗 装 系 の 組 み 合 わせ 用 いることとする. 出 展 : 鋼 道 路 橋 塗 装 防 食 便 覧 ( 平 成 17 年 12 月 ) 図 -7 補 剛 材 設 置 イメージ 屈 性 能 を 向 上 させ,かつ, 桁 材 に 作 用 する 荷 重 の 一 部 を 負 担 するものである( 図 -7). 桁 材 に 作 用 する 死 荷 重 については 既 設 部 材 により 負 担 できているものと 考 えら れるため, 補 剛 材 により 負 担 する 荷 重 は 活 荷 重 とした. なお, 補 強 方 法 の 検 討 にあたっては, 加 熱 矯 正 を 行 う 方 法 も 検 討 したが, 加 熱 矯 正 に 必 要 な 温 度 は900 程 度 であり, 火 災 による 入 熱 を 上 回 る 温 度 であることから 鋼 材 への 影 響 を 勘 案 して 加 熱 矯 正 を 行 わない 方 針 とした. c) 部 材 取 替 火 災 により 損 傷 を 受 けた 鋼 部 材 のうち, 損 傷 が 重 大 で あり 取 替 が 可 能 なものについては, 取 替 を 行 う 方 針 とし た. 取 替 を 行 う 部 材 は 下 横 構, 落 橋 防 止 装 置 工, 高 力 ボ ルトとした. 下 横 構 については, 風 荷 重 や 地 震 荷 重 に 対 して 抵 抗 して 剛 性 を 確 保 するものであり, 常 時 ( 活 荷 重, 死 荷 重 )の 鉛 直 力 に 対 しては, 直 接 影 響 する 部 材 ではな いことから, 取 替 が 可 能 な 部 材 を 取 替 えることとした. 落 橋 防 止 装 置 工 については, 火 災 により 緩 衝 ゴムがかな り 損 傷 を 受 けているため, 取 替 を 行 うこととした. 高 力 ボルトについては, 既 往 の 論 文 等 によると 受 熱 温 度 450 で 損 傷 を 受 けるとある. 想 定 される 受 熱 温 度 が 最 大 600 であることを 考 慮 し, 影 響 範 囲 について 全 数 取 替 を 行 う 方 針 とした. (2)コンクリート 部 材 における 補 修 方 針 火 災 によるコンクリート 部 材 の 損 傷 は, 浮 き 及 び 微 細 な 亀 甲 状 のひび 割 れであった. 補 修 については,これら の 損 傷 部 をはつり 取 った 上 で 断 面 補 修 を 行 う. 断 面 補 修 の 工 法 については, 厚 さ2~3cm 程 度 の 浮 きであればポリ マーセメントモルタルを 用 いた 左 官 工 法 とし,さらに 深 い 場 合 は 無 収 縮 モルタルを 型 枠 内 に 注 入 する 型 枠 工 法 を (3) 補 修 の 優 先 順 位 鋼 部 材 については, 詳 細 調 査 により 部 材 の 強 度 低 下 は 確 認 されなかった. 補 修 方 針 では, 塗 装 による 防 食 及 び 鋼 桁 の 補 強, 部 材 取 替 えを 挙 げた. 本 事 例 では, 部 材 の 強 度 低 下 が 見 られないこと,また 排 水 管 が 焼 失 し, 橋 面 からの 排 水 が 直 接 主 桁 等 に 当 たり 腐 食 しやすい 環 境 であ るため, 塗 装 による 防 食 を 最 優 先 で 行 い, 鋼 桁 の 補 強 及 び 部 材 取 替 については, 直 ちに 行 う 必 要 はないと 判 断 し た.ただし, 鋼 部 材 に 見 られた 変 形 については, 長 期 に 渡 る 応 力 集 中 等 の 影 響 も 懸 念 されることから, 早 期 に 補 修 することが 望 ましいと 考 えている.なお, 現 状 では 塗 装 塗 替 のみ 昨 年 度 に 実 施 している. コンクリ ト 部 材 は, 詳 細 調 査 により 圧 縮 強 度 の 低 下 等 は 見 られなかった. 補 修 方 針 では 断 面 補 修 を 行 うこと としたが, 直 ちに 行 う 必 要 はないと 考 えている. 特 に 床 版 については, 床 版 補 強 工 事 と 同 時 期 に 補 修 を 行 う 考 え である. 現 状 では,コンクリート 部 材 の 補 修 は 未 実 施 で ある. 5. おわりに 本 稿 では, 明 徳 橋 で 発 生 した 火 災 につき, 通 行 制 限 の 要 否 の 判 断, 詳 細 調 査 の 実 施 方 針, 補 修 方 針 の 決 定 を 述 べた. 全 国 的 に 事 例 が 少 ない 中 で 火 災 を 受 けた 橋 梁 の 安 全 性 を 判 断 し, 詳 細 調 査 や 補 修 方 針 を 決 定 した. 一 次 判 断 としての 通 行 制 限 の 要 否 については, 構 造 的 な 視 点 か ら 通 行 制 限 は 不 要 と 判 断 し, 被 災 の 状 況 と 構 造 的 な 要 素 について 総 合 的 に 判 断 することで, 安 全 性 を 評 価 した 上 で 交 通 に 与 える 影 響 を 最 小 限 にした.また, 詳 細 調 査 に ついては, 鋼 部 材,コンクリート 部 材 それぞれについて あらゆる 観 点 から 調 査 を 行 うことにより, 部 材 の 安 全 性 を 適 切 に 評 価 することができた. 今 後 も 橋 梁 の 維 持 管 理 を 行 う 上 で, 予 期 せぬ 事 故 により 重 大 な 損 傷 が 発 生 した 場 合 の 安 全 性 評 価 及 び 調 査, 補 修 の 方 向 性 を 決 定 する 際 に 本 事 例 は 参 考 になるものと 考 えている. 参 考 文 献 道 路 橋 示 方 書 Ⅱ( 鋼 橋 編 ), 社 団 法 人 日 本 道 路 協 会, 平 成 24 年 3 月 鋼 道 路 橋 防 食 便 覧, 社 団 法 人 日 本 道 路 協 会, 平 成 26 年 3 月 玉 越 隆 史 他 ; 鋼 道 路 橋 の 受 熱 温 度 推 定 に 関 する 調 査, 国 総 研 資 料 第 710 号 平 成 24 年 12 月 今 川 雄 亮 他 ; 合 成 桁 橋 を 含 む 鋼 橋 の 火 災 診 断 マニュア ルの 作 成 と 適 用 例, 橋 梁 と 基 礎

Microsoft Word 秋田報告書3章

Microsoft Word 秋田報告書3章 第 3 章 学 校 施 設 の 老 朽 化 状 況 の 把 握 1. 構 造 躯 体 の 健 全 性 の 把 握 29 第 3 章 学 校 施 設 の 老 朽 化 状 況 の 把 握 1. 構 造 躯 体 の 健 全 性 の 把 握 老 朽 化 状 況 の 把 握 フロー 老 朽 化 状 況 は 1 躯 体 の 健 全 性 調 査 と2 躯 体 以 外 の 劣 化 状 況 調 査 の2つに 分 けて

More information

1. 方 法 平 成 26 に 実 施 した 国 立 市 市 有 施 設 構 造 体 劣 化 結 果 を 踏 まえ 構 造 躯 体 健 全 性 評 価 を 行 いました 構 造 体 劣 化 で 対 象 とした 施 設 は 本 計 画 対 象 施 設 うち 鉄 筋 コンクリート 造 *1 建 築 物

1. 方 法 平 成 26 に 実 施 した 国 立 市 市 有 施 設 構 造 体 劣 化 結 果 を 踏 まえ 構 造 躯 体 健 全 性 評 価 を 行 いました 構 造 体 劣 化 で 対 象 とした 施 設 は 本 計 画 対 象 施 設 うち 鉄 筋 コンクリート 造 *1 建 築 物 第 2 章 構 造 躯 体 健 全 性 評 価 9 1. 方 法 平 成 26 に 実 施 した 国 立 市 市 有 施 設 構 造 体 劣 化 結 果 を 踏 まえ 構 造 躯 体 健 全 性 評 価 を 行 いました 構 造 体 劣 化 で 対 象 とした 施 設 は 本 計 画 対 象 施 設 うち 鉄 筋 コンクリート 造 *1 建 築 物 です 対 象 施 設 :52 施 設 68 棟 延

More information

2. 上 部 工 形 式 の 検 討 (1) 現 橋 における 課 題 昭 和 63 年 に 完 成 した 現 橋 は 当 時 の 最 先 端 技 術 に より 以 下 の 上 部 工 形 式 となっている 3 径 間 連 続 鋼 床 版 2 主 鈑 桁 側 橋 梁 3 径 間 連

2. 上 部 工 形 式 の 検 討 (1) 現 橋 における 課 題 昭 和 63 年 に 完 成 した 現 橋 は 当 時 の 最 先 端 技 術 に より 以 下 の 上 部 工 形 式 となっている 3 径 間 連 続 鋼 床 版 2 主 鈑 桁 側 橋 梁 3 径 間 連 別 紙 2 平 成 22 年 度 長 大 橋 における 異 種 構 造 の 連 続 化 と 経 済 的 な 支 間 割 による 合 理 化 橋 梁 一 般 国 道 337 号 当 別 町 札 幌 大 橋 札 幌 開 発 建 設 部 札 幌 道 路 事 務 所 秋 山 隆 住 岡 栄 悦 濱 下 和 久 札 幌 大 橋 ( 下 流 橋 )は 一 般 国 道 337 号 の4 車 線 化 の 一 環 として

More information

<30325F9574985E2D315F91B98F9D955D89BF8AEE8F80816988C4816A5F48323289FC92F994C5>

<30325F9574985E2D315F91B98F9D955D89BF8AEE8F80816988C4816A5F48323289FC92F994C5> 付 録 1 損 傷 評 価 基 準 目 次 1 1 腐 食...1 2 2 亀 裂...3 3 3ゆるみ 脱 落...8 4 4 破 断... 10 5 5ひび 割 れ 漏 水 遊 離 石 灰... 11 6 6 剥 離 鉄 筋 露 出... 15 7 7 床 版 ひび 割 れ 遊 離 石 灰... 16 8 8 床 版 抜 け 落 ち... 18 9 9コンクリート 補 強 材 の 損 傷...

More information

鋼 橋 の 損 傷 1 腐 食 2 疲 労 2

鋼 橋 の 損 傷 1 腐 食 2 疲 労 2 国 土 交 通 省 関 東 地 方 整 備 局 道 路 の 老 朽 化 対 策 に 関 する 講 演 会 道 路 橋 の 劣 化 損 傷 と 対 策 - 既 設 橋 の 主 な 損 傷 と 対 応 の 考 え 方 - 国 立 研 究 開 発 法 人 土 木 研 究 所 構 造 物 メンテナンス 研 究 センター(CAESAR) 鋼 橋 の 損 傷 1 腐 食 2 疲 労 2 鋼 橋 の 損 傷 ~1

More information

2. 上 尾 市 における 公 共 施 設 マネジメントの 原 則 公 共 建 築 物 (ハコモノ)における 原 則 施 設 の 複 合 化 や 多 機 能 化 及 び 更 新 の 際 に 必 要 とされる 機 能 の 峻 別 と 補 完 により 総 量 を 縮 減 し 新 規 整 備 は 抑 制

2. 上 尾 市 における 公 共 施 設 マネジメントの 原 則 公 共 建 築 物 (ハコモノ)における 原 則 施 設 の 複 合 化 や 多 機 能 化 及 び 更 新 の 際 に 必 要 とされる 機 能 の 峻 別 と 補 完 により 総 量 を 縮 減 し 新 規 整 備 は 抑 制 第 3 章 公 共 施 設 マネジメントの 方 針 1. 現 状 や 課 題 に 関 する 基 本 認 識 上 尾 市 が 置 かれている 人 口 や 財 政 などの 現 状 を 踏 まえると 公 共 施 設 等 をこれまでと 同 じ 規 模 や 手 法 で 整 備 維 持 管 理 していくことは 現 実 的 ではありません 公 共 建 築 物 の 更 新 費 用 予 測 から 建 替 えや 大 規

More information

2

2 大 規 模 修 繕 工 事 の 進 め 方 ~ 注 意 するポイント~ 平 成 28 年 2 月 13 日 公 益 財 団 法 人 マンション 管 理 センター 1 2 世 帯 主 の 年 齢 世 帯 主 の 年 齢 1.6 1.2 0.8 0.2 100% 90% 19.2 13.2 11.9 7.6 18.9 80% 25.8 22.9 30 歳 未 満 70% 60% 27.9 24.1 22.8

More information

Microsoft PowerPoint - 基礎セミナー配付用資料(墨田区22.8.7).ppt

Microsoft PowerPoint - 基礎セミナー配付用資料(墨田区22.8.7).ppt 大 規 模 修 繕 工 事 進 め 方 ~ 管 理 組 合 仕 事 アラカルト~ 平 成 22 年 8 月 7 日 財 団 法 人 マンション 管 理 センター 1 2 分 譲 マンションへ 永 住 意 識 3 大 規 模 修 繕 工 事 目 的 4 大 規 模 修 繕 とは 大 規 模 修 繕 : 計 画 修 繕 等 うち 工 事 内 容 工 事 費 工 事 期 間 等 が 多 大 となる 修 繕

More information

松 江 市 庁 舎 総 合 評 価 業 務 報 告 書 概 要 版 目 次 1. 庁 舎 の 物 理 的 状 況 の 評 価 1 (1) 建 物 概 要 1 (2)これまでの 検 討 経 緯 1 (3) 評 価 対 象 1 (4) 各 種 調 査 データの 整 理 2 1 耐 震 診 断 3 2 躯

松 江 市 庁 舎 総 合 評 価 業 務 報 告 書 概 要 版 目 次 1. 庁 舎 の 物 理 的 状 況 の 評 価 1 (1) 建 物 概 要 1 (2)これまでの 検 討 経 緯 1 (3) 評 価 対 象 1 (4) 各 種 調 査 データの 整 理 2 1 耐 震 診 断 3 2 躯 松 江 市 庁 舎 総 合 評 価 業 務 報 告 書 概 要 版 平 成 26 年 12 月 株 式 会 社 ファインコラボレート 研 究 所 松 江 市 庁 舎 総 合 評 価 業 務 報 告 書 概 要 版 目 次 1. 庁 舎 の 物 理 的 状 況 の 評 価 1 (1) 建 物 概 要 1 (2)これまでの 検 討 経 緯 1 (3) 評 価 対 象 1 (4) 各 種 調 査 データの

More information

2. 損 傷 状 況 調 査 および 構 造 安 全 性 の 評 価 2.1 対 象 橋 梁 今 回 の 調 査 検 討 で 対 象 とした 神 取 橋 は 写 真 -1 および 図 -3に 示 す 1965 年 に 建 設 された3 径 間 連 続 下 路 式 トラス 橋 +3 連 単 純 合 成

2. 損 傷 状 況 調 査 および 構 造 安 全 性 の 評 価 2.1 対 象 橋 梁 今 回 の 調 査 検 討 で 対 象 とした 神 取 橋 は 写 真 -1 および 図 -3に 示 す 1965 年 に 建 設 された3 径 間 連 続 下 路 式 トラス 橋 +3 連 単 純 合 成 神 取 橋 の 補 修 塗 装 に 関 する 調 査 検 討 * 若 山 昌 彦 ** 斎 藤 一 彦 *** 安 波 博 道 **** 中 島 和 俊 1.はじめに 1 1.1 目 的 と 概 要 トラス 格 点 部 や 桁 端 部 などの 局 所 に 腐 食 損 傷 が 生 じた 神 取 橋 について 鋼 橋 の 長 寿 命 化 を 志 向 し た 局 部 補 修 塗 装 工 法 の 適 用 を

More information

Microsoft PowerPoint - 技術発表会2009保全?ver0825

Microsoft PowerPoint - 技術発表会2009保全?ver0825 鋼 橋 の 維 持 管 理 に 配 慮 した 設 計 施 工 の 留 意 点 ~ 過 去 の 補 修 補 強 事 例 からのフィードバック ~ 日 本 橋 梁 建 設 協 会 保 全 委 員 会 保 全 技 術 小 委 員 会 1 目 次 (1/2) 弱 点 を 知 って 設 計 施 工 に 留 意 しよう! 最 も 損 傷 事 例 が 多 いのはここだ! 昔 の 橋 はこんなところに 注 意! 今

More information

(Microsoft Word - ASJ008 \221\317\220k\224\273\222\350\220R\215\270\227v\227\314\(\210\304\)20150705.doc)

(Microsoft Word - ASJ008 \221\317\220k\224\273\222\350\220R\215\270\227v\227\314\(\210\304\)20150705.doc) 耐 震 判 定 審 査 要 領 2015 年 8 月 ビューローベリタスジャパン 株 式 会 社 耐 震 判 定 委 員 会 目 次 1. 判 定 方 針 概 要 2 2. 適 用 範 囲 2 3. 耐 震 診 断 方 針 2 4. 現 地 調 査 3 5. 診 断 計 算 4 6. 耐 震 改 修 7 7. 躯 体 以 外 の 検 討 部 位 9 8. その 他 10-1- 1. 判 定 方 針

More information

Microsoft Word - 耐震診断ガイドライン.doc

Microsoft Word - 耐震診断ガイドライン.doc 既 存 建 築 物 の 耐 震 診 断 耐 震 改 修 ガイドライン 制 定 平 成 25 年 4 月 1 日 愛 媛 建 築 住 宅 センター 耐 震 評 定 委 員 会 1 - 目 次 - Ⅰ 総 論 A ガイドラインの 目 的 など B 適 用 範 囲 C 診 断 方 法 および 判 定 基 準 D 準 拠 する 基 規 準 E 参 考 とする 技 術 マニュアル 手 引 書 Ⅱ 現 地 調

More information

【行革委】資料5 アセットマネジメント

【行革委】資料5 アセットマネジメント アセットマネジメントの 推 進 について 資 料 公 共 土 木 施 設 本 県 における 主 な 社 会 インフラ 高 度 経 済 成 長 期 に 集 中 的 に 整 備 された 橋 梁 やトンネル 河 川 砂 防 港 湾 施 設 など 社 会 インフラの 老 朽 化 が 進 行 橋 梁 トンネルの 老 朽 化 の 現 状 県 管 理 の 橋 梁,39 橋 のうち 建 設 後 年 を 経 過 したものが

More information

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計 山 口 県 港 湾 施 設 維 持 管 理 点 検 マニュアル( 案 ) 平 成 25 年 8 月 山 口 県 土 木 建 築 部 港 湾 課 目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF097AC89EF94AD955C985F95B681698AA38EAE9081957482C692599166914088DB834F838A8362836882F095B9977082B582BD91CF906B95E28BAD8D489640816A88C48C8F817C82502E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF097AC89EF94AD955C985F95B681698AA38EAE9081957482C692599166914088DB834F838A8362836882F095B9977082B582BD91CF906B95E28BAD8D489640816A88C48C8F817C82502E646F63> 乾 式 吹 付 工 法 と 炭 素 繊 維 グリッドを 併 用 した 耐 震 補 強 工 法 発 表 者 : 早 田 和 紀 所 属 協 会 名 : 建 設 業 協 会 中 国 ブロック 協 議 会 発 表 会 社 名 : 株 式 会 社 加 藤 組 土 木 課 ( 728-0013 広 島 県 三 次 市 十 日 市 東 一 丁 目 8-13). 1.はじめに 半 永 久 構 造 物 として 考

More information

Microsoft PowerPoint - 09:耐久性2014web.pptx

Microsoft PowerPoint - 09:耐久性2014web.pptx 耐 久 設 計 施 工 指 針 (AIJ) 耐 久 性 ( 中 性 化 を 例 に) 鉄 筋 コンクリート 造 建 築 物 の 耐 久 設 計 施 工 指 針 ( 案 ) 同 解 説 要 求 性 能 耐 用 年 数 の 確 保 型 設 計 法 構 造 詳 細 配 筋 設 計 かぶり 厚 さ コンクリートの 品 質 コンクリートの 材 料 鉄 筋 コンクリートの 調 合 仕 上 げ 材 などの 仕 様

More information

(6) 明 渡 し 請 求 から 組 合 解 散 までの 手 続 きに 関 わる 書 式 等 書 式 6-1 施 行 マンション 等 の 明 渡 し 通 知 F... 資 38 書 式 6-2 マンション 建 替 組 合 解 散 認 可 申 請 書 F... 資 39 書 式 6-3 決 算 報 告

(6) 明 渡 し 請 求 から 組 合 解 散 までの 手 続 きに 関 わる 書 式 等 書 式 6-1 施 行 マンション 等 の 明 渡 し 通 知 F... 資 38 書 式 6-2 マンション 建 替 組 合 解 散 認 可 申 請 書 F... 資 39 書 式 6-3 決 算 報 告 資 料 1 建 替 え 関 連 書 式 1. 参 考 様 式 (1) 建 替 え 決 議 の 手 続 きに 関 わる 書 式 書 式 1-1 建 替 え 決 議 集 会 招 集 通 知 書 ( 説 明 会 開 催 通 知 書 と 併 せた 場 合 ) A... 資 1~3 書 式 1-2 議 決 権 行 使 書 ( 建 替 え 決 議 ) A... 資 4 書 式 1-3 議 決 権 行 使 者 選

More information

耐震改修評定委員会での検討事項                 2000,4,13

耐震改修評定委員会での検討事項                 2000,4,13 平 成 24 年 6 月 耐 震 改 修 計 画 評 定 審 査 委 員 会 での 留 意 事 項 耐 震 改 修 計 画 評 定 審 査 委 員 会 の 説 明 用 資 料 の 作 成 にあたり これまでの 審 査 委 員 会 での 指 摘 の 多 い 事 項 について 以 下 の 通 りとりまとめましたので 留 意 願 います 1. 対 象 1-1. 耐 震 診 断 耐 震 改 修 計 画 評

More information

1. 河 川 河 川 については 平 成 23 年 4 月 に 計 画 的 避 難 区 域 に 指 定 され 全 避 難 を 余 儀 なく されたため 地 震 による 詳 細 な 被 害 の 把 握 ができていない 今 後 周 辺 の 除 染 作 業 の 工 程 にあわせ 線 量 の 減 衰 を 見

1. 河 川 河 川 については 平 成 23 年 4 月 に 計 画 的 避 難 区 域 に 指 定 され 全 避 難 を 余 儀 なく されたため 地 震 による 詳 細 な 被 害 の 把 握 ができていない 今 後 周 辺 の 除 染 作 業 の 工 程 にあわせ 線 量 の 減 衰 を 見 福 島 県 飯 舘 ( 基 本 方 針 ) インフラ( 道 路 水 道 集 落 排 水 等 )については の 復 興 に 必 要 な 社 会 基 盤 であ り 早 急 に 復 旧 をしなければならない では 避 難 をするまでの 間 に 道 路 水 道 集 落 排 水 等 は 応 急 的 に 復 旧 をし 一 時 帰 宅 等 で 必 要 な 最 低 限 の 生 活 基 盤 は 整 っている 状 況

More information

3 維 持 整 備 実 施 計 画 財 務 局 等 は 1により 把 握 した 要 整 備 案 件 について 毎 年 1 月 1 日 時 点 において 所 要 額 処 理 能 力 等 を 勘 案 の 上 別 紙 第 1 号 様 式 による 翌 年 度 の 維 持 整 備 実 施 計 画 を 作 成

3 維 持 整 備 実 施 計 画 財 務 局 等 は 1により 把 握 した 要 整 備 案 件 について 毎 年 1 月 1 日 時 点 において 所 要 額 処 理 能 力 等 を 勘 案 の 上 別 紙 第 1 号 様 式 による 翌 年 度 の 維 持 整 備 実 施 計 画 を 作 成 合 同 宿 舎 の 維 持 整 備 について 昭 和 44 年 2 月 24 日 蔵 理 第 643 号 改 正 昭 和 46 年 10 月 20 日 蔵 理 第 4554 号 同 52 年 6 月 10 日 同 第 2513 号 同 56 年 6 月 24 日 同 第 2538 号 平 成 元 年 4 月 1 日 同 第 1668 号 同 4 年 6 月 19 日 同 第 2379 号 同 26

More information

<4D F736F F F696E74202D2092B78EF596BD82CC8D5C91A295A882C682B782E982C982CD82518FE32E B8CDD8AB B83685D>

<4D F736F F F696E74202D2092B78EF596BD82CC8D5C91A295A882C682B782E982C982CD82518FE32E B8CDD8AB B83685D> メンテナンスからの 情 報 が 構 造 物 の 長 寿 命 化 を 可 能 とする (コンクリート 構 造 物 ) 石 橋 忠 良 1 報 告 内 容 1. 鉄 道 構 造 物 の 経 年 2. 主 な 劣 化 事 例 と 対 策 2.1 コンクリート 片 の 剥 落 2.2 アルカリ 骨 材 反 応 2.3 塩 害 2.4 凍 害 2.5 支 承 部 2.6 PC 鋼 棒 破 断 による 突 出

More information

. 曖 昧 な 表 現 は 評 価 しません ません 原 則 として するように 努 める 必 要 に 応 じ する 出 来 る 限 り する などの 表 現 は 記 載 内 容 について 履 行 するのかしないのか 不 明 確 ですので 評 価 しません 解 体 工 事 にあたっては 振 動 の

. 曖 昧 な 表 現 は 評 価 しません ません 原 則 として するように 努 める 必 要 に 応 じ する 出 来 る 限 り する などの 表 現 は 記 載 内 容 について 履 行 するのかしないのか 不 明 確 ですので 評 価 しません 解 体 工 事 にあたっては 振 動 の ( 別 紙 ) 簡 易 型 総 合 評 価 落 札 方 式 における 施 工 計 画 評 価 に 関 する 留 意 事 項 について 施 工 計 画 型 では 技 術 的 な 工 夫 の 余 地 の 小 さい 工 事 において 工 事 の 条 件 や 現 場 条 件 等 を 踏 まえて 目 標 を 達 成 するための 施 工 上 の 配 慮 を 評 価 します 施 工 計 画 を 作 成 する 場

More information

ホームズ 君 耐 震 診 断 Pro Ver.3. ( 財 ) 日 本 建 築 防 災 協 会 P 評 価 改 W プログラム 評 価 とは 木 造 住 宅 耐 震 診 断 プログラム 評 価 とは 財 団 法 人 日 本 建 築 防 災 協 会 が 実 施 している 制 度 です 木 造 住 宅

ホームズ 君 耐 震 診 断 Pro Ver.3. ( 財 ) 日 本 建 築 防 災 協 会 P 評 価 改 W プログラム 評 価 とは 木 造 住 宅 耐 震 診 断 プログラム 評 価 とは 財 団 法 人 日 本 建 築 防 災 協 会 が 実 施 している 制 度 です 木 造 住 宅 ホームズ 君 耐 震 診 断 Pro Ver.3. ( 財 ) 日 本 建 築 防 災 協 会 P 評 価 改 W ホームズ 君 耐 震 診 断 Pro Ver.3. ( 財 ) 日 本 建 築 防 災 協 会 P 評 価 改 W プログラム 評 価 とは 木 造 住 宅 耐 震 診 断 プログラム 評 価 とは 財 団 法 人 日 本 建 築 防 災 協 会 が 実 施 している 制 度 です 木

More information

コンクリート工学年次論文集 Vol.32

コンクリート工学年次論文集 Vol.32 論 文 損 傷 を 受 けた 鋼 板 巻 き 立 て 補 強 RC 柱 の 補 修 効 果 に 関 する 研 究 松 枝 修 平 *1 田 所 敏 弥 *2 岡 本 大 *3 *4 谷 村 幸 裕 要 旨 : 兵 庫 県 南 部 地 震 以 降, 鋼 板 巻 き 立 て 補 強 が 実 施 されてきた 今 後,これらの 構 造 物 が 被 災 することも 想 定 されるが, 耐 震 補 強 した 柱

More information

公共建築設備数量積算基準 平成15年版

公共建築設備数量積算基準 平成15年版 公 共 建 築 設 備 数 量 積 算 基 準 平 成 15 年 版 平 成 15 年 3 月 31 日 国 営 計 第 196 号 この 基 準 は 国 土 交 通 省 官 庁 営 繕 部 及 び 地 方 整 備 局 等 営 繕 部 が 官 庁 施 設 の 営 繕 を 実 施 するための 基 準 として 制 定 したものです また この 基 準 は 官 庁 営 繕 関 係 基 準 類 等 の 統

More information

耐震構造委員会資料                         2006/3/24

耐震構造委員会資料                         2006/3/24 耐 震 診 断 改 修 の 手 引 き この 手 引 きは 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 同 施 行 令 に 定 められている 指 針 基 準 ( 以 下 耐 震 診 断 基 準 * という) 等 に 基 づき その 具 体 的 な 取 り 扱 いを 示 していま す これらは 耐 震 診 断 基 準 等 の 中 で 診 断 者 の 判 断 に 委 ねられているもののうち

More information

アルカリ 骨 材 反 応 コンクリートの 劣 化 要 因 セメントペースト 中 の 微 細 な 孔 に 存 在 する 高 いアルカリ 濃 度 の 水 酸 化 溶 液 と 骨 材 中 に 含 まれるシリカ 成 分 が 反 応 し ゲルが 生 成 生 成 したゲルは コンクリート 中 や 外 気 の 水

アルカリ 骨 材 反 応 コンクリートの 劣 化 要 因 セメントペースト 中 の 微 細 な 孔 に 存 在 する 高 いアルカリ 濃 度 の 水 酸 化 溶 液 と 骨 材 中 に 含 まれるシリカ 成 分 が 反 応 し ゲルが 生 成 生 成 したゲルは コンクリート 中 や 外 気 の 水 無 機 リチウム 系 ミックスタイプ 浸 透 シーラ コンクリートキーパー 説 明 資 料 営 業 担 当 : 津 波 直 樹 TEL:098-878-7878 FAX:098-870-1587 1 アルカリ 骨 材 反 応 コンクリートの 劣 化 要 因 セメントペースト 中 の 微 細 な 孔 に 存 在 する 高 いアルカリ 濃 度 の 水 酸 化 溶 液 と 骨 材 中 に 含 まれるシリカ

More information

<4D F736F F D C834C E838A815B836790BB C A8D658CB48D652E646F63>

<4D F736F F D C834C E838A815B836790BB C A8D658CB48D652E646F63> 資 料 FPR 製 防 食 パネルを 装 着 したプレキャストコクリート 製 品 への 適 用 につ いて 柄 澤 英 明 *1 新 居 隆 *2 要 旨 : 従 来, 新 構 造 物 の 防 食 工 法 として, 現 場 で 防 食 材 を 塗 布 する 工 法 が 用 いられてきた しかし,これらの 工 法 をプレキャストコクリート 製 品 ( 以 下 PCa 製 品 )に 適 用 する 場 合,

More information

Microsoft Word 印刷ver 本編最終no1(黒字化) .doc

Microsoft Word 印刷ver 本編最終no1(黒字化) .doc 3 目 標 使 用 年 数 の 設 定 3-1. 耐 用 年 数 と 目 標 使 用 年 数 の 考 え 方 1. 目 標 使 用 年 数 の 考 え 方 (1) 台 東 区 施 設 白 書 ( 平 成 26 年 7 月 ) における 使 用 年 数 ( 更 新 周 期 ) 台 東 区 施 設 白 書 ( 平 成 26 年 7 月 ) においては 国 が 示 す 試 算 基 準 ( 地 方 公 共

More information

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 島 根 県 県 有 施 設 長 寿 命 化 指 針 平 成 27 年 3 月 島 根 県 < 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 3 長 寿

More information

1. 総 説 1.1 背 景 橋 梁 コンクリート 床 版 の 防 水 層 として 2010 年 より 技 術 基 準 化 された 床 版 防 水 層 グレ ードⅡ 上 の 舗 装 に 対 して 従 前 のものより 施 工 性 を 向 上 させることが 求 められたことを 背 景 に,NEXCO 総

1. 総 説 1.1 背 景 橋 梁 コンクリート 床 版 の 防 水 層 として 2010 年 より 技 術 基 準 化 された 床 版 防 水 層 グレ ードⅡ 上 の 舗 装 に 対 して 従 前 のものより 施 工 性 を 向 上 させることが 求 められたことを 背 景 に,NEXCO 総 高 性 能 床 版 防 水 に 適 合 した 新 たな 橋 梁 レベリング 層 用 アスファルト 混 合 物 設 計 施 工 暫 定 要 領 平 成 26 年 12 月 東 日 本 高 速 道 路 1. 総 説 1.1 背 景 橋 梁 コンクリート 床 版 の 防 水 層 として 2010 年 より 技 術 基 準 化 された 床 版 防 水 層 グレ ードⅡ 上 の 舗 装 に 対 して 従 前

More information

給 水 人 口 と 普 及 率 の 推 移 給 水 人 口 ( 人 ) 普 及 率 (%) 22,000 88.0% 20,000 86.0% 84.0% 18,000 82.0% 16,000 80.0% 78.0% 14,000 76.0% 12,000 74.0% 72.0% 10,000 給

給 水 人 口 と 普 及 率 の 推 移 給 水 人 口 ( 人 ) 普 及 率 (%) 22,000 88.0% 20,000 86.0% 84.0% 18,000 82.0% 16,000 80.0% 78.0% 14,000 76.0% 12,000 74.0% 72.0% 10,000 給 1 柳 井 市 水 道 事 業 の 現 況 給 水 収 益 ( 千 円 ) 700,000 600,000 500,000 400,000 300,000 200,000 100,000 給 水 収 益 と 有 収 水 量 の 推 移 有 収 水 量 (m3) 2,950.00 2,900.00 2,850.00 2,800.00 2,750.00 2,700.00 0 2,650.00 給 水 収

More information

<4D F736F F D F4390B35F96688E4B8BA689EF817A976E975A889F899482DF82C182AB93538BD882C E838A815B836782CC AB945C2E646F63>

<4D F736F F D F4390B35F96688E4B8BA689EF817A976E975A889F899482DF82C182AB93538BD882C E838A815B836782CC AB945C2E646F63> 溶 融 亜 鉛 めっき 鉄 筋 とコンクリートの 付 着 性 能 について デンロコーポレーション 今 野 貴 史 那 須 電 機 鉄 工 盛 永 康 文 森 純 一 郎 横 浜 ガルバー 渡 会 竹 志 田 中 剣 治 シーケー 金 属 大 橋 一 善 西 田 雄 治 ガルバ 興 業 菊 川 美 仁 1.はじめに 我 が 国 の 社 会 資 本 は 今 一 斉 に 更 新 時 期 を 迎 えているが

More information

Microsoft PowerPoint - 熊本地震被災調査(増田).pptx

Microsoft PowerPoint - 熊本地震被災調査(増田).pptx 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 公 共 土 木 施 設 の 被 災 状 況 と 斜 面 被 害 愛 媛 県 技 術 士 会 増 田 信 ( 愛 媛 建 設 コンサルタント) 1 被 災 調 査 員 : 愛 媛 県 技 術 士 会 会 長 須 賀 幸 一 ( 芙 蓉 コンサルタント) 副 会 長 増 田 信 ( 愛 媛 建 設 コンサルタント) 副 会 長 米 虫 聡 ( アースコンサルタント)

More information

大 規 模 更 新 修 繕 の 概 要 平 成 27 年 5 月 8 日

大 規 模 更 新 修 繕 の 概 要 平 成 27 年 5 月 8 日 www.hanshin-exp.co.jp 阪 神 高 速 道 路 の 大 規 模 更 新 修 繕 事 業 ~ 事 業 実 施 に 係 る 課 題 と 求 める 新 技 術 ~ 平 成 27 年 5 月 8 日 大 規 模 更 新 修 繕 の 概 要 平 成 27 年 5 月 8 日 阪 神 高 速 道 路 の 現 状 と 課 題 1 昭 和 39 年 の 開 通 以 降 現 阪 神 圏 の 開 通

More information

○6編 目次(1304)

○6編 目次(1304) 第 6 編 耐 震 設 計 編 目 次 1 章 設 計 一 般 6-1 1.1 耐 震 設 計 の 基 本 方 針 6-1 1.2 耐 震 設 計 の 原 則 6-1 1.3 橋 梁 の 重 要 度 区 分 6-2 2 章 耐 震 設 計 上 考 慮 すべき 荷 重 および 設 計 条 件 6-3 2.1 耐 震 設 計 上 考 慮 すべき 荷 重 の 組 み 合 わせ 6-3 2.2 地 震 の

More information

Microsoft Word - H24_技研論文130110

Microsoft Word - H24_技研論文130110 平 成 24 年 度 凍 害 および 塩 分 環 境 下 における 埋 設 型 枠 工 法 の 耐 久 性 について ( 独 ) 土 木 研 究 所 寒 地 土 木 研 究 所 耐 寒 材 料 チーム 嶋 田 久 俊 田 口 史 雄 吉 田 行 塩 分 環 境 下 において 凍 害 を 受 けるコンクリート 構 造 物 への 有 効 な 対 策 として, 種 々の 表 面 被 覆 工 法 が 適 用

More information

コンクリート工学年次論文集 Vol.33

コンクリート工学年次論文集 Vol.33 論 文 コンクリートの 表 層 と 内 部 の 湿 度 の 相 違 が 乾 燥 収 縮 と 耐 久 性 に 与 える 影 響 井 ノ 口 公 寛 *1 歌 川 紀 之 *2 *3 伊 代 田 岳 史 要 旨 :トンネルの 覆 工 コンクリートに 発 生 しているひび 割 れの 原 因 はさまざまであると 考 えられるが, 養 生 不 足 や 貫 通 前 後 における 急 激 な 湿 度 低 下 による

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C46967B926E906B94ED8A5192B28DB895F18D908F91816993BD96BC94C5816A303531332E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C46967B926E906B94ED8A5192B28DB895F18D908F91816993BD96BC94C5816A303531332E646F6378> 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 被 害 調 査 ( 速 報 ) 早 稲 田 大 学 創 造 理 工 学 部 建 築 学 科 広 島 大 学 大 学 院 工 学 研 究 院 1.はじめに 4 月 14 日 夜 に 発 生 した 強 い 地 震 により 熊 本 県 を 中 心 に 多 くの 被 害 をもたらした 本 報 告 の 作 成 者 の 一 人 である 宮 津 は 4 月 21

More information

ÿþ

ÿþ ホームズ 君 耐 震 診 断 Pro Ver.3. ( 財 ) 日 本 建 築 防 災 協 会 P 評 価 改 W 日 付 :3 年 4 月 7 日 8:3:3 耐 震 診 断 ( 一 般 診 断 法 ) 建 物 名 様 邸. 総 合 評 価. 上 部 構 造 評 点 3. 壁 の 耐 力 明 細 表 4. 柱 保 有 耐 力 明 細 表 ( 伝 統 的 構 法 のみ) 5. 耐 力 要 素 の 配

More information

水道用ゴム輪形硬質ポリ塩化ビニル管 検査施行要項(案) 対比表

水道用ゴム輪形硬質ポリ塩化ビニル管 検査施行要項(案) 対比表 水 道 用 ポリエチレン 被 覆 方 法 検 査 施 行 要 項 対 比 表 改 正 前 改 正 後 備 考 日 本 水 道 協 会 水 道 用 ポリエチレン 被 覆 方 法 検 査 施 行 要 項 平 成 12 年 3 月 31 日 制 定 平 成 19 年 12 月 6 日 改 正 日 本 水 道 協 会 水 道 用 ポリエチレン 被 覆 方 法 検 査 施 行 要 項 平 成 12 年 3 月

More information

第 5 章 配 管 工 事 第 節 配 管 基 準 事 1 給 水 管 及 給 水 用 具 最 終 水 機 構 流 出 側 設 置 給 水 用 具 耐 圧 性 能 有 用 い 省 第 条 第 2 減 圧 弁 逃 弁 逆 弁 空 気 弁 及 電 磁 弁 耐 久 性 能 有 用 い 省 第 条 3 家 屋 主 配 管 配 管 経 路 い 構 物 通 過 避 等 漏 水 時 修 理 容 易 行 う う

More information

構 造 物 の 維 持 管 理 と 検 査 技 術 へ の 期 待 2010 年 6 月 30 日 長 岡 技 術 科 学 大 学 丸 山 久 一 長 岡 技 術 科 学 大 学 Nagaoka University of Technology 内 容 1.コンクリートの 略 歴 2. 塩 害 環

構 造 物 の 維 持 管 理 と 検 査 技 術 へ の 期 待 2010 年 6 月 30 日 長 岡 技 術 科 学 大 学 丸 山 久 一 長 岡 技 術 科 学 大 学 Nagaoka University of Technology 内 容 1.コンクリートの 略 歴 2. 塩 害 環 構 造 物 の 維 持 管 理 と 検 査 技 術 への 期 待 * 丸 山 久 一 * 長 岡 技 術 科 学 大 学 環 境 建 設 系 kmaru@vos.nagaokaut.ac.jp 要 旨 : セメントあるいはコンクリートの 歴 史 は 古 く 今 から 2000 年 前 の 古 代 ローマ 帝 国 の 時 代 には 既 に コンクリートで 構 造 物 が 建 造 されていた 現 在 のセメントに

More information

Microsoft Word - (資料2)滋賀県県有施設長寿命化ガイドライン

Microsoft Word - (資料2)滋賀県県有施設長寿命化ガイドライン 滋 賀 県 県 有 施 設 長 寿 命 化 ガイドライン 平 成 27 年 1 月 滋 賀 県 目 次 1. 本 ガイドラインについて 1 (1) 本 ガイドラインの 位 置 づけ 基 本 的 な 考 え 方 (2) 本 ガイドラインの 目 的 (3) 本 ガイドラインの 対 象 施 設 (4) 本 ガイドラインの 適 用 2. 具 体 的 な 取 組 2 (1) 長 寿 命 化 対 象 施 設 (2)

More information

工 事 に 伴 う 伐 採 木 量 を 表 5163 に 示 す 伐 採 木 量 は 340.2tと 予 測 する 発 生 する 木 くずについては 樹 木 の 状 態 により 処 理 が 異 なるため できる 限 り 有 効 利 用 が 図 れる 方 法 で 処 理 を 行 う 区 分 表 516

工 事 に 伴 う 伐 採 木 量 を 表 5163 に 示 す 伐 採 木 量 は 340.2tと 予 測 する 発 生 する 木 くずについては 樹 木 の 状 態 により 処 理 が 異 なるため できる 限 り 有 効 利 用 が 図 れる 方 法 で 処 理 を 行 う 区 分 表 516 第 16 節 廃 棄 物 等 161 予 測 及 び 評 価 の 結 果 1. 工 事 中 における 発 生 土 量 建 設 廃 棄 物 伐 採 木 による 影 響 1) 予 測 結 果 工 事 に 伴 う 建 設 発 生 土 量 場 内 再 利 用 量 及 び 場 外 搬 出 量 を 表 5161 に 示 す 建 設 発 生 土 については 工 事 計 画 において 盛 土 作 業 と 掘 削 作

More information

別 添 1 中 間 検 査 実 施 基 準 ( 目 的 ) 第 1 この 基 準 は 静 岡 県 建 設 工 事 検 査 要 領 に 基 づく 中 間 検 査 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め るものとする ( 中 間 検 査 の 指 定 ) 第 2 中 間 検 査 の 対 象

別 添 1 中 間 検 査 実 施 基 準 ( 目 的 ) 第 1 この 基 準 は 静 岡 県 建 設 工 事 検 査 要 領 に 基 づく 中 間 検 査 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め るものとする ( 中 間 検 査 の 指 定 ) 第 2 中 間 検 査 の 対 象 静 岡 県 建 設 工 事 検 査 要 領 の 運 用 について 1 中 間 検 査 について( 第 3 条 ) 中 間 検 査 の 実 施 は 別 添 1 中 間 検 査 実 施 基 準 によるものとする 2 検 査 の 対 象 について( 第 4 条 ) (1) 本 庁 検 査 の 対 象 となる 検 査 は 知 事 部 局 に 係 る 建 設 工 事 の 検 査 であるが 教 育 委 員 会

More information

Microsoft Word - chojumyou.doc

Microsoft Word - chojumyou.doc 香 川 県 県 有 建 物 長 寿 命 化 指 針 月 香 川 県 目 次 はじめに 長 寿 命 化 指 針 策 定 の 背 景 () 県 有 建 物 の 建 築 経 過 数 等 の 現 状 () 県 有 建 物 の 改 修 修 繕 の 現 状 長 寿 命 化 の 必 要 性 () 基 本 的 な 考 え 方 () 長 寿 命 化 に 伴 う 効 果 予 測 長 寿 命 化 指 針 の 策 定 目

More information

Microsoft Word - 特記仕様書

Microsoft Word - 特記仕様書 樹 木 健 全 度 緊 急 調 査 業 務 特 記 仕 様 書 1. 業 務 概 要 本 業 務 は 今 後 の 維 持 管 理 を 見 据 えて 本 市 が 管 理 する 樹 木 の 一 部 について 街 路 樹 の 倒 伏 対 策 の 手 引 き( 国 土 交 通 省 国 土 技 術 政 策 総 合 研 究 所 ) に 基 づく 樹 木 健 全 度 調 査 を 行 うものである 2. 業 務 目

More information

別 紙 火 力 設 備 における 電 気 事 業 法 施 行 規 則 第 94 条 の2 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 定 期 事 業 者 検 査 の 時 期 変 更 承 認 に 係 る 標 準 的 な 審 査 基 準 例 及 び 申 請 方 法 等 に ついて 1. 審 査 基 準 電

別 紙 火 力 設 備 における 電 気 事 業 法 施 行 規 則 第 94 条 の2 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 定 期 事 業 者 検 査 の 時 期 変 更 承 認 に 係 る 標 準 的 な 審 査 基 準 例 及 び 申 請 方 法 等 に ついて 1. 審 査 基 準 電 別 紙 火 力 設 備 における 電 気 事 業 法 施 行 規 則 第 94 条 の2 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 定 期 事 業 者 検 査 の 時 期 変 更 承 認 に 係 る 標 準 的 な 審 査 基 準 例 及 び 申 請 方 法 等 に ついて 1. 審 査 基 準 電 気 事 業 法 施 行 規 則 ( 平 成 7 年 通 商 産 業 省 令 第 77 号 ) 第 94

More information

スライド 1

スライド 1 資 料 2-5 災 害 公 営 住 宅 の 発 注 の 円 滑 化 に 向 けた 取 組 みについて ~ 多 様 な 発 注 方 式 工 法 に 係 る 情 報 ~ 平 成 26 年 4 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 1 災 害 公 営 住 宅 の 供 給 円 滑 化 に 向 けた 更 なる 取 組 み 趣 旨 これまでの 災 害 公 営 住 宅 整 備 は 早 期 発 注 早 期 供 給 の

More information

1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 称 豊 成 団 地 2 号 棟 他 1 棟 耐 震 改 修 設 計 業 務 ( 業 務 概 要 ) 本 業 務 は 豊 成 団 地 2 3 号 棟 の 耐 震 診 断 耐 震 改 修 基 本 検 討 耐 震 改 修 設 計 ( 耐 震 改 修 評 定 取 得

1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 称 豊 成 団 地 2 号 棟 他 1 棟 耐 震 改 修 設 計 業 務 ( 業 務 概 要 ) 本 業 務 は 豊 成 団 地 2 3 号 棟 の 耐 震 診 断 耐 震 改 修 基 本 検 討 耐 震 改 修 設 計 ( 耐 震 改 修 評 定 取 得 豊 成 団 地 2 号 棟 他 1 棟 耐 震 改 修 設 計 業 務 仕 様 書 ( 平 成 27 年 度 ) 平 成 27 年 11 月 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 中 部 支 社 住 宅 経 営 部 ストック 技 術 チーム 1 1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 称 豊 成 団 地 2 号 棟 他 1 棟 耐 震 改 修 設 計 業 務 ( 業 務 概 要 ) 本

More information

スライド 1

スライド 1 第 2 期 大 規 模 修 繕 工 事 調 査 結 果 概 要 物 件 名 称 :ライオンズマンション 大 宮 指 扇 第 2 株 式 会 社 外 部 役 員 一 級 建 築 士 事 務 所 調 査 概 要 1.バルコニーのアンケート 調 査 ( 平 成 26 年 3 月 ~4 月 にかけて 実 施 ) 109 世 帯 から 回 答 を 頂 きました ( 本 文 作 成 平 成 26 年 6 月 15

More information

Microsoft Word - 建築2級(表紙).doc

Microsoft Word - 建築2級(表紙).doc 2 級 損 害 保 険 登 録 鑑 定 人 建 築 試 験 問 題 用 紙 (2010 年 7 月 ) 注 意 事 項 1. 試 験 責 任 者 の 指 示 があるまで 開 かないで 下 さい 2. 解 答 用 紙 は 試 験 問 題 用 紙 の 最 初 の 頁 に 入 っています 試 験 開 始 の 合 図 があったら 解 答 用 紙 があることを 確 認 して 下 さい 解 答 用 紙 がない

More information

2. 予 測 2.1. 予 測 項 目 予 測 項 目 は 以 下 のとおりとした 1 埋 設 廃 棄 物 の 掘 削 除 去 に 伴 う 廃 棄 物 2 造 成 等 の 施 工 の 一 時 的 な 影 響 による 建 設 工 事 に 伴 う 副 産 物 ( 建 設 発 生 土 建 設 廃 棄 物

2. 予 測 2.1. 予 測 項 目 予 測 項 目 は 以 下 のとおりとした 1 埋 設 廃 棄 物 の 掘 削 除 去 に 伴 う 廃 棄 物 2 造 成 等 の 施 工 の 一 時 的 な 影 響 による 建 設 工 事 に 伴 う 副 産 物 ( 建 設 発 生 土 建 設 廃 棄 物 第 12 節 廃 棄 物 等 1. 調 査 1.1. 調 査 する 情 報 調 査 する 情 報 は 以 下 のとおりとする 1 埋 設 廃 棄 物 の 状 況 1.2. 調 査 手 法 (1) 埋 設 廃 棄 物 の 状 況 埋 設 廃 棄 物 の 状 況 については 現 在 業 務 実 施 中 である 今 治 市 新 ごみ 処 理 施 設 に 係 る 環 境 影 響 評 価 および 施 設 発

More information

目 次 1. 改 修 技 術 ワーキンググループについて 1ページ 2. 課 題 と 目 標 2ページ 3. 工 事 仕 様 の 検 討 3ページ 4. 大 規 模 修 繕 周 期 延 長 の 検 討 6ページ 5. 工 事 仕 様 を 判 断 するための 指 針 8ページ 6.モデル 棟 の 工

目 次 1. 改 修 技 術 ワーキンググループについて 1ページ 2. 課 題 と 目 標 2ページ 3. 工 事 仕 様 の 検 討 3ページ 4. 大 規 模 修 繕 周 期 延 長 の 検 討 6ページ 5. 工 事 仕 様 を 判 断 するための 指 針 8ページ 6.モデル 棟 の 工 横 浜 若 葉 台 100 年 マンション 世 代 循 環 型 団 地 プロジェクト 横 浜 若 葉 台 における 大 規 模 修 繕 工 事 と 長 期 修 繕 計 画 のための 指 針 改 修 技 術 ワーキンググループ 目 次 1. 改 修 技 術 ワーキンググループについて 1ページ 2. 課 題 と 目 標 2ページ 3. 工 事 仕 様 の 検 討 3ページ 4. 大 規 模 修 繕 周

More information

財建技第  号

財建技第  号 構 造 設 計 指 針 平 成 28 年 4 月 東 京 都 財 務 局 目 次 第 1 章 総 則 P. 1 1.1 目 的 P. 1 1.2 適 用 範 囲 P. 1 第 2 章 構 造 計 画 P. 1 2.1 一 般 事 項 P. 1 2.2 構 造 形 式 及 び 種 別 P. 1 2.3 上 部 構 造 P. 1 2.4 基 礎 構 造 P. 2 第 3 章 構 造 材 料 P. 2

More information

コンクリート工学年次論文集 Vol.30

コンクリート工学年次論文集 Vol.30 論 文 孔 内 局 部 載 荷 試 験 によるコンクリート 強 度 推 定 に 関 する 一 考 察 皿 井 剛 典 *1 田 中 徹 *2 北 山 穂 高 *3 *4 金 子 勝 比 古 要 旨 : 本 稿 は, 構 造 物 の 任 意 の 深 度 におけるコンクリート 強 度 を 推 定 するために 開 発 した 孔 内 局 部 載 荷 試 験 装 置 を 用 いた,コンクリートへの 局 部 載

More information

Microsoft PowerPoint - 06床・床材料

Microsoft PowerPoint - 06床・床材料 床 の 機 能 床 床 材 料 野 口 貴 文 構 築 機 能 積 載 荷 重 の 支 持 振 動 などの 障 害 に 対 する 十 分 な 耐 力 居 住 機 能 人 に 対 する 安 全 性 快 適 性 下 階 に 対 する 防 音 防 振 防 水 精 密 機 器 に 対 する 障 害 防 止 床 に 対 する 要 求 条 件 床 に 対 する 要 求 と 材 料 性 能 (1) 安 全 性 居

More information

既存共同住宅の診断・改修技術の適用に関する「ワークフロー」の整理

既存共同住宅の診断・改修技術の適用に関する「ワークフロー」の整理 資 料 2-3-2 既 存 共 同 住 宅 の 診 断 改 修 技 術 の 適 用 に 関 する ワークフロー の 整 理 1. 目 的 マンション 管 理 組 合 やそれを 支 援 する 専 門 家 向 けに 改 修 工 事 の 進 め 方 や 工 事 内 容 等 の 妥 当 性 を 判 断 するための 技 術 情 報 の 提 供 を 行 うことを 目 的 とし 改 修 の 実 施 に 向 けた

More information

コンクリート工学年次論文集Vol.35

コンクリート工学年次論文集Vol.35 論 文 斜 めひび 割 れを 生 じた RC 梁 の 修 復 効 果 に 関 する 研 究 深 澤 優 一 *1 斉 藤 成 彦 *2 *2 高 橋 良 輔 要 旨 : 地 震 により 被 災 した RC 構 造 物 の 早 期 かつ 適 切 な 復 旧 には, 部 材 損 傷 量 の 定 量 的 把 握 に 基 づく 効 果 的 な 修 復 の 実 施 が 要 求 される 樹 脂 注 入 によるひび

More information

Ⅰ 第 6 章 公 共 施 等 の 管 理 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 1. 公 共 施 公 共 施 の 総 合 的 かつ 計 画 的 な 管 理 は, 図 表 6-1 に 示 す 通 り, 概 ね4つの 段 階 で 構 成 され, 中 長 期 保 全 計 画 を 策 定 実 行 することにあります まず, 実 態 把 握 として, 構 造 躯 体 の 健 全 性 を 把 握 することで

More information

コンクリート工学年次論文集 Vol.29

コンクリート工学年次論文集 Vol.29 論 文 細 片 化 した 木 材 を 混 合 したコンクリートの 基 礎 的 性 状 *1 *2 *3 新 藤 健 太 平 松 靖 宮 武 敦 要 旨 : 木 材 とセメントを 混 練 する 場 合, 木 材 の 樹 種 や 部 位 によってはセメントの 硬 化 を 阻 害 することが 知 られている 本 研 究 では, 細 片 化 した 木 材 =スギ 心 材 をコンクリート( 本 研 究 ではモルタルに

More information

那 覇 市 で 想 定 される 地 震 と 被 害 沖 縄 県 の 位 置 する 南 西 諸 島 周 辺 では 鹿 児 島 県 の 喜 界 島 付 近 や 台 湾 の 東 海 岸 付 近 で 比 較 的 活 発 な 地 震 活 動 が 認 められ 県 内 においても 過 去 に 多 くの 地 震 被

那 覇 市 で 想 定 される 地 震 と 被 害 沖 縄 県 の 位 置 する 南 西 諸 島 周 辺 では 鹿 児 島 県 の 喜 界 島 付 近 や 台 湾 の 東 海 岸 付 近 で 比 較 的 活 発 な 地 震 活 動 が 認 められ 県 内 においても 過 去 に 多 くの 地 震 被 那 覇 市 耐 震 診 断 耐 震 改 修 のすすめ あなたの 家 は 地 震 に 耐 えられますか? ホップ ステップ ジャンプで 地 震 に 強 い 建 築 物 を!! ナハタイシンジャー 那 覇 市 で 想 定 される 地 震 と 被 害 沖 縄 県 の 位 置 する 南 西 諸 島 周 辺 では 鹿 児 島 県 の 喜 界 島 付 近 や 台 湾 の 東 海 岸 付 近 で 比 較 的 活

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 鉄 筋 腐 食 抑 制 タイプ RC 構 造 物 用 含 浸 系 表 面 保 護 材 取 扱 : 関 西 ペイント 株 式 会 社 国 内 総 代 理 店 :BASFジャパン 株 式 会 社 建 設 化 学 品 事 業 部 プロテクトシルCITの 効 果 鉄 筋 コンクリート 構 造 物 全 般 の 長 寿 命 化 対 策 として 有 効 コンクリート 表 面 に 塗 布 するだけで 鉄 筋 の 腐

More information

図 -1 縦 桁 上 フランジ 交 換 施 工 配 置 図 2. 施 工 方 法 上 フランジ 交 換 施 工 フローチャート 今 年 度 までに 施 工 した 縦 桁 上 フランジの 交 換 箇 所 を 図 -1に 示 す 上 淀 川 橋 梁 上 り 線 22 連 において 毎 年 1 連 : 縦

図 -1 縦 桁 上 フランジ 交 換 施 工 配 置 図 2. 施 工 方 法 上 フランジ 交 換 施 工 フローチャート 今 年 度 までに 施 工 した 縦 桁 上 フランジの 交 換 箇 所 を 図 -1に 示 す 上 淀 川 橋 梁 上 り 線 22 連 において 毎 年 1 連 : 縦 報 告 上 淀 川 橋 りょう 補 修 縦 桁 上 フランジ 交 換 装 置 Repair of Kamiyodogawa Bridge : Exchange Device of Flange on Stringer *1 牧 本 健 一 Kenichi MAKIMOTO *2 江 川 義 広 Yoshihiro EGAWA *3 酒 井 啓 充 Hiromitsu SAKAI *4 濵 井 功 Tsutomu

More information

<4D F736F F D2092B28DB895F18D908F918DEC90AC82CC8EE888F882AB E352E332E646F63>

<4D F736F F D2092B28DB895F18D908F918DEC90AC82CC8EE888F882AB E352E332E646F63> 植 栽 基 盤 調 査 報 告 書 作 成 の 手 引 き (Ver.5.3) 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 -1- 目 次 Ⅰ. 本 書 の 使 い 方 Ⅱ. 記 入 方 法 の 手 引 き 表 紙 1. 調 査 実 施 者 2. 調 査 の 目 的 3. 調 査 報 告 書 の 概 要 4. 調 査 の 手 順 5. 設 計 図 書 の 確 認 (1) 計 画 地

More information

untitled

untitled . 低 コスト 木 造 化 のためのチェックポイントと 解 説 1 建 設 費 以 外 のコスト 評 価 ここでは 建 設 費 以 外 のコスト 評 価 におけるチェックポイントを5つ 挙 げ 解 説 します 1) 県 産 材 利 用 の 助 成 制 度 1. 教 育 福 祉 関 連 施 設 建 設 費 の 補 助 を 利 用 岐 阜 県 の 木 の 香 る 快 適 な 教 育 施 設 等 整 備

More information

Microsoft Word - PBプログラムQ&A.doc

Microsoft Word - PBプログラムQ&A.doc プレビーム 橋 設 計 計 算 プログラム Q&A 集 項 目 2008.06 1. 仕 様 入 力 方 法 について 2. 入 力 時 の 制 限 エラーについて 3. 床 版 の 設 計 について 4. 計 算 結 果 照 査 NGへの 対 応 方 法 について 5. 断 面 決 定 要 領 について 6.プログラムの 不 具 合 情 報 プログラムに 関 する 質 問 や 指 摘 があれば プレビーム

More information

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 名 古 屋 市 アセットマネジメント 基 本 方 針 平 成 21 年 3 月 名 古 屋 市 目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 備 保

More information

古賀市土地対策指導要綱に関する公共・公益施設整備の手引き

古賀市土地対策指導要綱に関する公共・公益施設整備の手引き 古 賀 市 土 地 対 策 指 導 要 綱 に 関 する 公 共 公 益 施 設 整 備 の 手 引 き ( 平 成 25 年 4 月 1 日 ) 本 書 は 古 賀 市 土 地 対 策 指 導 要 綱 に 定 められた 公 共 公 益 施 設 の 各 整 備 指 導 基 準 を 要 約 したものです この 他 各 基 準 の 詳 細 については 各 担 当 課 にお 尋 ねください 1. 道 路

More information

18 18 18 18 18 18 18 図 又 は 完 成 図 の 作 成 のため 以 外 に 使 用 してはならない 図 又 は 完 成 図 の 作 成 のため 以 外 に 使 用 してはならない 図 又 は 完 成 図 の 作 成 のため 以 外 に 使 用 してはならない 図 又 は 完 成 図 の 作 成 のため 以 外 に 使 用 してはならない 図 又 は 完 成 図 の 作 成 のため

More information

「設備機器の保守・点検のポイント」

「設備機器の保守・点検のポイント」 施 設 管 理 に 役 立 つ 点 検 のポイント ( 公 社 ) 全 国 ビルメンテナンス 協 会 建 築 物 の 機 能 や 性 能 を 良 好 な 状 態 に 保 ち 利 用 者 に 安 全 で 衛 生 的 な 環 境 を 提 供 し 更 に 建 物 の 長 寿 命 化 を 図 るためには 適 切 な 維 持 保 全 が 重 要 である 建 築 設 備 の 維 持 保 全 は 日 常 の 点

More information

スライド 1

スライド 1 電 気 用 品 に 起 因 した 製 品 事 故 & 原 因 解 析 事 例 の 紹 介 電 気 用 品 安 全 法 セミナー 資 料 ( 平 成 26 年 11 月 14 日 : 広 島 市 ) ( 独 ) 製 品 評 価 技 術 基 盤 機 構 中 国 支 所 ウォーターサーバーからの 出 火 事 例 ー1 事 故 発 生 は2011 年 11 月 使 用 期 間 は 約 3 年 出 火 箇 所

More information

長 期 保 証 保 証 対 象 部 分 内 容 屋 根 外 壁 壁 柱 梁 床 基 礎 構 造 強 度 に 支 障 を 及 ぼす 著 しい 亀 裂 破 損 変 形 室 内 への 雨 漏 り 保 証 期 間 ( 年 ) 10 年 適 用 除 外 コンクリート 木 材 の 材 質 的 な 収 縮 に 起

長 期 保 証 保 証 対 象 部 分 内 容 屋 根 外 壁 壁 柱 梁 床 基 礎 構 造 強 度 に 支 障 を 及 ぼす 著 しい 亀 裂 破 損 変 形 室 内 への 雨 漏 り 保 証 期 間 ( 年 ) 10 年 適 用 除 外 コンクリート 木 材 の 材 質 的 な 収 縮 に 起 アフターサービス 基 準 ( 新 築 戸 建 対 象 ) 第 1 条 アフターサービス 売 主 は 買 主 に 対 しアフターサービス 基 準 に 基 づいてアフターサービスを 行 います 第 条 アフターサービス 期 間 アフターサービス 期 間 は 引 渡 し 日 に 始 まり アフターサービス 内 容 に 記 載 された 期 間 が 経 過 した 時 に 終 了 いたします 第 3 条 補 修

More information

1. 簡 易 専 用 水 道 とは 水 道 事 業 者 から 供 給 を 受 ける 水 のみが 水 源 であり マンションや 大 型 店 舗 など 受 水 槽 を 経 由 して 建 物 に 水 道 水 を 供 給 する 施 設 ( 貯 水 槽 水 道 )のうち 受 水 槽 の 有 効 容 量 の 合

1. 簡 易 専 用 水 道 とは 水 道 事 業 者 から 供 給 を 受 ける 水 のみが 水 源 であり マンションや 大 型 店 舗 など 受 水 槽 を 経 由 して 建 物 に 水 道 水 を 供 給 する 施 設 ( 貯 水 槽 水 道 )のうち 受 水 槽 の 有 効 容 量 の 合 太 田 市 簡 易 専 用 水 道 の 手 引 き 問 い 合 わせ 先 太 田 市 役 所 環 境 政 策 課 電 話 : 0276-47-1893 FAX : 0276-47-1881 1. 簡 易 専 用 水 道 とは 水 道 事 業 者 から 供 給 を 受 ける 水 のみが 水 源 であり マンションや 大 型 店 舗 など 受 水 槽 を 経 由 して 建 物 に 水 道 水 を 供 給

More information

2-3.xdw

2-3.xdw 第 2 章 第 3 節 路 計 画 第 3 節 路 計 画 [ 幅 員 に 関 する 担 当 : 開 発 審 査 課 ] [ 構 造 に 関 する 担 当 : 各 区 役 所 建 設 センター] 路 の 基 準 は 都 市 計 画 法 の 技 術 基 準 により 幅 員 などに 関 する 具 体 的 な 基 準 が 定 められてお ります 本 市 では それらの 基 準 に 従 うと 共 に 小 規

More information

<4D F736F F D F937393B9957B8CA795CA82CC90858E598AEE94D58E7B90DD82C98C5782E E646F63>

<4D F736F F D F937393B9957B8CA795CA82CC90858E598AEE94D58E7B90DD82C98C5782E E646F63> 都 道 府 県 別 の 水 産 基 盤 施 設 に 係 る 更 新 費 用 と 事 業 費 との 比 較, およびストックマネジメント 事 業 によるコスト 縮 減 効 果 について Comparison Between Replacement Costs And Project Costs With Respect To FIsheries Fundamental Facilities of Each

More information

写 真 は 機 械 室 ( 受 水 槽 とポンプ 設 備 ( 上 )) 電 気 室 ( 受 変 電 設 備 ( 下 )) 72

写 真 は 機 械 室 ( 受 水 槽 とポンプ 設 備 ( 上 )) 電 気 室 ( 受 変 電 設 備 ( 下 )) 72 3 第 章 この 章 の 要 点 施 設 の 改 築 改 修 経 費 1 平 成 22 年 ごろから 建 築 後 5 年 の 耐 用 年 数 を 迎 える 施 設 が 増 えてきます 2 小 中 学 校 の 耐 震 改 修 工 事 は 改 築 対 象 になったもの 以 外 は 平 成 24 年 度 に 完 了 する 予 定 です 3 小 中 学 校 の 改 築 経 費 を 想 定 すると 平 成 21

More information

<4D F736F F D DC58F4994C5816A8AC B E646F63>

<4D F736F F D DC58F4994C5816A8AC B E646F63> 静 岡 県 土 木 施 設 長 寿 命 化 計 画 下 水 道 管 路 ガイドライン 平 成 21 年 3 月 建 設 部 都 市 局 生 活 排 水 室 はじめに 本 ガイドラインは 静 岡 県 土 木 部 ( 当 時 )が 平 成 15 年 度 にとりまとめた 土 木 施 設 長 寿 命 化 行 動 方 針 ( 案 ) を 受 け 県 が 管 理 している 流 域 下 水 道 幹 線 をはじめとする

More information

Microsoft Word - 06_地震編140515修正★.doc

Microsoft Word - 06_地震編140515修正★.doc < 第 1 編 地 震 による 被 害 > 地 震 による 被 害 とは 地 震 により 地 震 力 が 作 用 することによる 住 家 の 損 傷 及 び 地 震 に 伴 う 液 状 化 等 の 地 盤 被 害 による 住 家 の 損 傷 をいう 地 震 により 被 災 した 住 家 に 対 する 被 害 調 査 は 第 1 次 調 査 第 2 次 調 査 の2 段 階 で 実 施 する( 調 査

More information

平成25年住宅・土地統計調査(速報集計) 結果の概要

平成25年住宅・土地統計調査(速報集計) 結果の概要 平 成 25 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 速 報 集 計 結 果 の 概 要 平 成 26 年 7 月 29 日 総 務 省 統 計 局 目 次 結 果 の 概 要 第 1 章 住 宅 世 帯 の 概 況 1 総 住 宅 数 と 総 世 帯 数 1 2 居 住 世 帯 の 有 無 2 第 2 章 住 宅 の 状 況 1 住 宅 の 種 類 3 2 建 て 方, 構 造 4 3 建 築 の 時

More information

Microsoft Word - h4ki26.htm

Microsoft Word - h4ki26.htm 消 防 危 第 26 号 平 成 4 年 3 月 25 日 各 都 道 府 県 消 防 主 管 部 長 殿 消 防 庁 危 険 物 規 制 課 長 内 燃 機 関 を 原 動 機 とする 加 圧 送 水 装 置 の 構 造 及 び 性 能 の 基 準 について( 通 知 ) 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 第 20 条 の 規 定 に 基 づき 製 造 所 等 に 設 ける 消 火 設

More information

関連データ及び参考資料(1)

関連データ及び参考資料(1) 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 71 72 目 次 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 公 共 施 設 における 学 校 施 設 の 割 合... 74 学 校 数 幼 児 児 童 生 徒 数 の 推 移... 74 小 中 学 校 数 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 一 校 当 たりの 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 公

More information

目 次 1.はじめに 学 校 施 設 の 現 状 (1) 学 校 施 設 の 現 状 (2)これまでの 学 校 施 設 の 改 築 改 修 の 経 過 木 造 校 舎 の 不 燃 化 事 業 創 意 ある 教

目 次 1.はじめに 学 校 施 設 の 現 状 (1) 学 校 施 設 の 現 状 (2)これまでの 学 校 施 設 の 改 築 改 修 の 経 過 木 造 校 舎 の 不 燃 化 事 業 創 意 ある 教 中 野 区 立 小 中 学 校 施 設 整 備 計 画 平 成 26 年 10 月 中 野 区 教 育 委 員 会 目 次 1.はじめに... - 1-2. 学 校 施 設 の 現 状... - 1 - (1) 学 校 施 設 の 現 状... - 1 - (2)これまでの 学 校 施 設 の 改 築 改 修 の 経 過... - 2-1 木 造 校 舎 の 不 燃 化 事 業... - 2-2 創

More information

Microsoft Word - ‡S†|‡U .doc

Microsoft Word - ‡S†|‡U .doc 4-6 賃 貸 活 用 の 具 体 的 な 手 順 例 (JTIの 取 組 み) ここでは 高 齢 者 等 の 持 家 の 建 物 診 断 等 の 手 順 の 例 として JTIの マイホーム 借 上 げ 制 度 で 用 いている 建 物 診 断 マニュアルを 抜 粋 して 紹 介 する マイホーム 借 上 げ 制 度 は 以 下 に 示 す1~8のステップで 整 理 されるが ここでは JT Iが

More information

青少年教育施設の施設管理者点検マニュアル 25ページ~32ページ

青少年教育施設の施設管理者点検マニュアル 25ページ~32ページ 外 部 建 具 1 窓 開 閉 動 作 は 良 好 か 雨 水 の 浸 入 や 結 露 水 があふれた 痕 はないか 方 法 頻 度 の 種 類 目 視 触 診 日 常 事 後 保 全 劣 化 スチー 製 又 は 木 製 のサッシに 著 しい 腐 食 開 閉 不 良 がないか 確 認 する 窓 の 下 部 に 雨 水 の 侵 入 や 結 露 水 が 室 内 にあふれた 等 の 痕 跡 がないか 確

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203038303232328D5C91A290528DB88C9F8DB882CC895E977089F090E081698DC58F4994C5816A476F6A6F4B6F4F7381698D589056959495AA82CC90D48F9182AB816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203038303232328D5C91A290528DB88C9F8DB882CC895E977089F090E081698DC58F4994C5816A476F6A6F4B6F4F7381698D589056959495AA82CC90D48F9182AB816A2E646F63> 編 集 : 日 本 建 築 行 政 会 議 構 造 審 査 検 査 の 運 用 解 説 平 成 19 年 10 月 10 日 ( 修 正 : 平 成 20 年 2 月 22 日 ) 指 針 研 修 等 検 討 委 員 会 指 針 等 検 討 WG 目 次 本 書 について...4 1. 本 書 の 位 置 づけ...4 2. 本 書 の 取 扱 いに 関 する 留 意 事 項...4 3. 本 書

More information

untitled

untitled アウトブレース 工 法 1. 工 法 の 概 要 アウトブレース 工 法 は 既 存 RC 建 物 の 外 側 に 鉄 骨 ブレースを 取 り 付 け PC 鋼 棒 を 用 いて 既 存 建 物 と 一 体 化 を 図 り 耐 震 性 能 を 向 上 させる 補 強 工 法 です ブレースの 取 り 付 けに 際 しては 既 存 梁 側 面 に 削 孔 し 鉄 骨 の 交 差 部 分 ( 以 下 台

More information

平成23年度事例集06

平成23年度事例集06 違 反 是 正 事 例 ( 事 例 6-3) テーマ < 消 防 用 設 備 設 置 工 事 の 基 準 違 反 に 対 する 違 反 通 告 措 置 平 成 22 年 > 平 成 22 年 消 防 設 備 士 が 建 物 5 階 のベランダに 設 置 した 緩 降 機 の 取 り 付 け 方 法 が 不 適 切 であったことから 違 反 事 項 を 通 告 した 事 例 防 火 対 象 物 の 概

More information

<874390DD8C7695738BEF8D8751264181698FEA8F8A91C582BF82B082BD81798A4F8350815B8375838B817A816A5F52657630322E786477>

<874390DD8C7695738BEF8D8751264181698FEA8F8A91C582BF82B082BD81798A4F8350815B8375838B817A816A5F52657630322E786477> 設 計 不 具 合 場 所 打 PCちげた 外 ケーブル 1/8 外 ケーブル 構 造 に 関 する 設 計 不 具 合 防 止 にはどのようなものがあるか 目 次 ( 原 則 共 通 不 具 合 事 例 原 則 PC 橋 において 外 ケーブル 工 法 は 内 ケーブル 工 法 に 比 べ 部 材 厚 を 薄 くできること コンクリート の 打 設 性 能 の 向 上 橋 りょう 完 成 後 の

More information

Microsoft PowerPoint - 職務発明

Microsoft PowerPoint - 職務発明 職 務 発 明 制 度 とその 活 用 平 成 27 年 12 月 8 日 弁 理 士 弁 護 士 加 藤 光 宏 自 己 紹 介 略 歴 昭 和 63 年 3 月 京 都 大 学 工 学 部 航 空 工 学 科 卒 業 昭 和 63 年 4 月 川 崎 重 工 業 株 式 会 社 航 空 宇 宙 事 業 本 部 平 成 9 年 1 月 弁 理 士 登 録 平 成 16 年 4 月 名 古 屋 大

More information

147

147 第 8 章 維 持 管 理 1. 維 持 管 理 給 水 装 置 は 需 用 者 に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 でありその 維 持 管 理 の 適 否 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えることから 水 が 汚 染 し 又 は 漏 れないように 的 確 に 管 理 を 行 う 必 要 がある 給 水 用 具 によっては 間 違 った 使 用 方 法 や 適 切

More information

アスファルトルーフィングフェルト

アスファルトルーフィングフェルト RK 改 質 アスファルトルーフィング 下 葺 き 材 RK 04 s -03 :2006 平 成 17 年 3 月 18 日 制 定 平 成 18 年 3 月 17 日 改 定 平 成 18 年 12 月 22 日 改 定 アスファルトルーフィング 工 業 会 ( 日 本 規 格 協 会 発 行 ) (1) 目 次 ページ 1. 適 用 範 囲 3 2. 引 用 規 格 3 3. 種 類 3 4.

More information

<4D F736F F D F8CF08FC295FB8EAE834B CA982A68FC182B594C5816A>

<4D F736F F D F8CF08FC295FB8EAE834B CA982A68FC182B594C5816A> 国 土 交 通 省 直 轄 工 事 における 技 術 提 案 交 渉 方 式 の 運 用 ガイドライン 平 成 27 年 6 月 国 土 交 通 省 大 臣 官 房 地 方 課 大 臣 官 房 技 術 調 査 課 大 臣 官 房 官 庁 営 繕 部 計 画 課 目 次 1. 本 運 用 ガイドラインの 位 置 付 け... 1 1.1 背 景 及 び 目 的... 1 1.2 本 運 用 ガイドラインの

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C82528144825090BB8DEC318140976E90DA8E7E925B8E648FE382B0814031323038323381698DB893C788D38CA994BD89665F3132303931305F8DC58F4994C55F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C82528144825090BB8DEC318140976E90DA8E7E925B8E648FE382B0814031323038323381698DB893C788D38CA994BD89665F3132303931305F8DC58F4994C55F2E646F63> 3. 鋼 橋 の 耐 久 性 向 上 に 関 わる 取 組 について (1) 溶 接 部 の 止 端 仕 上 げ 形 状 と 仕 上 げ 方 法 製 作 小 委 員 会 溶 接 技 術 部 会 村 上 貴 紀 山 田 浩 二 大 前 暢 鈴 木 俊 光 綿 谷 剛 1.はじめに 近 年 鋼 道 路 橋 においては 自 動 車 交 通 量 の 増 加 と 過 積 載 等 の 影 響 により 溶 接 接

More information

Microsoft PowerPoint - mainte13-3 [互換モード]

Microsoft PowerPoint - mainte13-3 [互換モード] 社 会 基 盤 維 持 管 理 工 学 特 論 概 説 コンクリート 構 造 物 を 長 持 ちさせるには? ~ 劣 化 と 耐 久 性,メンテナンスの 考 え 方 ~ 平 成 25 年 4 月 23 日 岩 城 一 郎 1 講 義 の 内 容 1. コンクリートとは? 鉄 筋 コンクリートとは? 2. コンクリート 構 造 物 に 求 められるもの 3. 劣 化 とは? 耐 久 性 とは? 4.

More information

3分の1ビル破壊031203

3分の1ビル破壊031203 大 規 模 空 間 に 設 置 された 耐 震 吊 り 天 井 の 耐 震 余 裕 度 検 証 実 験 結 果 速 報 1.はじめに 2011 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 で 発 生 した 吊 り 天 井 の 脱 落 被 害 を 受 け 関 係 各 機 関 では 各 種 法 規 の 整 備 や 既 存 施 設 の 早 急 な 点 検 対 策 の 推 進 などの 対 応 が 進 められています

More information

<4D F736F F D CC8E9197BF B98C9A927A95A CF906B D836A B2D E646F63>

<4D F736F F D CC8E9197BF B98C9A927A95A CF906B D836A B2D E646F63> 東 京 における 緊 急 輸 送 道 路 沿 道 建 築 物 の 耐 震 化 推 進 に 係 わる 耐 震 診 断 マニュアル 2011 年 9 月 1 日 社 団 法 人 N P O 法 人 一 般 社 団 法 人 日 本 建 築 構 造 技 術 者 協 会 耐 震 総 合 安 全 機 構 東 京 都 建 築 士 事 務 所 協 会 耐 震 診 断 マニュアル 1. 適 用 範 囲 本 マニュアルは

More information