Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1

2

3 こころの 健 康 ハンドブック メンタルヘルスの 早 期 発 見 早 期 支 援 のために contents Chapter Ⅰ 誰 もが 身 近 な 人 の こころの 不 調 の 発 見 者 になります 3 1. 家 庭 での 場 合 2. 学 校 での 場 合 3. 職 場 での 場 合 4. 地 域 社 会 での 場 合 Chapter Ⅱ 年 代 ライフステージ 別 のメンタルヘルス 対 策 若 年 期 のメンタルヘルス 2. 壮 年 期 のメンタルヘルス 3. 高 齢 者 老 年 期 のメンタルヘルス Chapter Ⅲ 主 な 精 神 疾 患 とそのサイン 17 1.こころの 病 気 にはどんなものがあるか 2.いろいろなこころの 病 気 のサイン うつ 病 のサイン 躁 うつ 病 のサイン 摂 食 障 害 のサイン 統 合 失 調 症 のサイン 主 な 不 安 障 害 のサイン 主 な 依 存 症 のサイン その 他 の 心 の 不 調 を 現 わす 主 な 特 徴 とサイン Chapter Ⅳ こころの 病 気 のサインに 気 づいたら 31 みたかこころの 相 談 窓 口 一 覧 34

4 2

5 誰 もが 身 近 な 人 の Ⅰ こころの 不 調 の 発 見 者 になります こころの 健 康 の 問 題 には 問 題 がはっきりと 見 えずにわかりづらいことが 多 かったり また 状 態 もその 時 々によって 良 くなったり 悪 くなったりすることがあ るなど 他 の 問 題 と 違 った 点 があります 一 方 で インターネットに 情 報 は 溢 れてはいますが いざ 身 近 な 人 にこころの 不 調 の 兆 候 が 見 られた 時 に 多 くの 人 が 知 識 がなかった 誰 も 教 えてくれな かった など 正 しく 学 ぶ 機 会 がなかったことも 調 査 などを 通 じて 明 らかに なっています 家 庭 や 学 校 職 場 といった あなたの 生 活 の 中 で 身 近 にいる 大 事 な 人 の 健 康 を 守 るためには そうした 知 識 を 身 に 着 けておくことが 大 事 です また 仕 事 業 務 として 考 えた 時 も こうした 知 識 は 精 神 保 健 医 療 福 祉 の 専 門 家 だけが 身 につけるものではなくなってきています 地 域 社 会 の 中 で 広 い 意 味 で 人 と 関 わる 仕 事 ( 対 人 援 助 サービス)をしていくと 表 面 的 には 見 えてこなかっ たメンタルの 問 題 に 気 づくことがあります 医 師 看 護 師 警 察 官 公 務 員 教 員 ホームヘルパーだけでなく 接 客 業 や 会 社 員 など あるいは 地 域 団 体 の 世 話 役 や 民 生 委 員 様 々なボランティアなど あらゆる 立 場 の 人 が 部 署 や 役 割 によって あるいは 関 わる 対 象 者 によって 精 神 疾 患 について 一 通 りの 知 識 が 必 要 とされるようになってきています こうした 誰 もがこころの 不 調 の 発 見 者 になる 現 在 の 社 会 で いろいろな 方 々 にメンタルヘルスに 関 する 知 識 が 広 まっていくことは まち 全 体 の 安 心 を 皆 で 支 えていく 仕 組 み(こころのセーフティーネット)につながっていきます まずは 様 々な 場 面 ごとに どのようにメンタルヘルスの 問 題 が 現 れてくるか 見 てみましょう 3

6 1 家 庭 での 場 合 いちばん 身 近 なようですが 実 際 に 家 庭 内 の 誰 かにこころの 不 調 が 起 こった 時 に 多 くのご 家 族 が 対 応 に 困 難 を 感 じているという 現 実 があります その 一 方 で 原 因 について 家 庭 に 問 題 がある などと 考 えられてしまうのではという 恐 れから 相 談 に 行 くことにもためらいが 生 じ 社 会 から 孤 立 してしまうこともあ ります 子 どもの 異 変 多 くの 精 神 疾 患 は 10 代 から20 代 にかけて 発 病 することが 多 いことがわかっ ています しかし その 時 期 は 自 我 の 確 立 期 でもあり いわゆる 反 抗 期 などとも 重 な ります そのため 親 の 目 の 届 かないところで 起 こることも 多 い 上 に 多 少 の 問 題 も 時 期 が 来 れば 自 然 に 治 まるだろう 生 活 が 落 ち 着 けば 大 丈 夫 だろう な どと 考 えがちです ある 精 神 疾 患 を 持 つ 若 者 の 家 族 を 対 象 にした 調 査 では 7 割 の 家 族 が 当 初 は 精 神 科 に 受 診 することをためらってしまったと 答 えており その 結 果 3 人 に1 人 が 本 人 の 異 変 に 気 づいてから 精 神 科 の 治 療 につながるまでに1 年 以 上 もかかって いるという 結 果 が 出 ています 自 分 の 家 族 が 精 神 疾 患 にかかるわけがない と いった 精 神 疾 患 に 対 する 情 報 の 不 足 や 近 所 に 知 られたくない などといった 偏 見 があると 問 題 の 長 期 化 や 症 状 の 重 症 化 につながりかねません 以 下 のようなサインが 見 られたときは 早 めに 相 談 機 関 に 相 談 すると 良 いで しょう 昼 夜 逆 転 の 日 が 続 き 学 校 や 職 場 を 休 んでいる 外 出 をせず 閉 じこもりがち 常 に 緊 張 していたり 興 奮 したりする 食 欲 不 振 や 急 激 な 体 重 減 少 逆 に 過 食 や 体 重 増 加 奇 妙 な 言 動 急 激 な 成 績 低 下 や 不 適 応 4 Healthy handbook of mind

7 Ⅰ 誰 もが 身 近 な 人 の こころの 不 調 の 発 見 者 になります ただし このような 状 態 でも 必 ずしも 全 てが 精 神 疾 患 にかかっているというこ とではなく 相 談 や 受 診 をしても 異 常 はありません と 言 われることがありま す 原 因 が 不 明 でもその 後 の 状 況 が 変 わらないような 時 には 相 談 を 続 けることが 大 切 です 親 や 兄 弟 の 異 変 子 どもの 問 題 だけではなく 家 族 の 中 には 産 後 うつ や 介 護 うつ など 家 族 内 の 状 況 が 引 き 金 になっておこるこころの 不 調 もあります これらの 問 題 を そのままにしてしまうと 虐 待 や 自 殺 などの 深 刻 な 問 題 につながることもありま す( 厚 生 労 働 省 の 調 査 では 65 歳 以 上 の 介 護 者 の3 割 以 上 の 人 が 死 んでしま いたいと 感 じたことがある と 答 えています) また からだの 病 気 をした 場 合 には 精 神 的 問 題 を 抱 えやすく 精 神 疾 患 が 何 倍 も 生 じやすいことが 知 られています お 見 舞 いや 連 絡 の 際 には 精 神 的 な 問 題 に も 心 を 配 ることが 大 事 です 夫 婦 間 の 異 変 理 想 の 夫 婦 像 は 人 それぞれですが 健 康 的 な 夫 婦 関 係 を 考 えた 場 合 夫 婦 が 自 分 たちの 関 係 に 満 足 を 得 て 肯 定 的 に 支 えあっていることが 不 可 欠 です こころの 不 調 のかすかなサインに 最 も 早 く 気 づけるのが 配 偶 者 です 早 期 で あれば 正 しい 知 識 を 持 って 受 容 的 に 接 すること( 相 手 を 責 めたりせずにじっく りと 話 を 聞 くなど)で それ 以 上 の 悪 化 を 防 げることもあります もちろん 早 めの 受 診 を 勧 めることも 有 効 です 一 方 で 内 閣 府 の 調 査 によれば 既 婚 女 性 の10 人 に1 人 が 何 度 も 配 偶 者 からの 暴 力 (ドメスティック バイオレンス)を 受 けたことがあった と 答 えていま す こうした 暴 力 の 被 害 者 はうつ 病 やPTSDを 発 症 するなど 大 きく 心 身 の 健 康 を 損 なってしまうことはいうまでもありません しかし 恐 怖 感 や 無 力 感 経 済 的 問 題 などが 原 因 で 誰 にも 相 談 できないことも 多 いため 周 囲 が 気 づき 専 用 窓 口 への 相 談 を 促 すなどの 支 援 が 必 要 になることもあります ( 巻 末 の 相 談 窓 口 一 覧 を 参 照 ) 家 族 にこころの 不 調 がある 時 とても 不 安 な 気 持 ちになることは 当 然 です 同 居 している 家 族 についてだけでなく 別 居 している 場 合 も 同 様 です 5

8 こうした 場 合 に 家 族 の 問 題 を 家 族 以 外 の 人 に 相 談 することはとても 勇 気 がい ることですが しっかりと 相 談 できる 相 手 を 見 つけることが 肝 心 です この 冊 子 の 巻 末 に 乗 っている 窓 口 の 多 くは ご 家 族 だけでも 相 談 することができます ま ずは 連 絡 してみましょう 2 学 校 での 場 合 小 学 校 高 学 年 から 始 まり 中 学 校 高 校 大 学 と 進 む 学 生 期 は そのままここ ろの 病 気 が 発 症 しやすい 時 期 です 学 校 における 精 神 保 健 の 取 り 組 みに 力 を 入 れ ることで 大 勢 の 若 者 がこころの 健 康 を 健 やかに 保 って 社 会 に 元 気 に 飛 び 立 って いくことができます いじめや 不 登 校 引 きこもりといったことの 根 底 に メンタルヘルスの 問 題 が 重 なることもあります 家 族 を 対 象 とした 調 査 でも 最 初 に 気 づいた 本 人 の 異 変 として 不 眠 昼 夜 逆 転 や 不 登 校 引 きこもりなどの 問 題 が 見 られていたと 答 えて います 特 に 教 師 など 教 育 関 係 の 職 に 携 わる 方 は 表 に 現 れにくい 兆 候 についても 知 識 として 身 につけておくと 共 に ちょっとした 異 変 についても 相 談 できる 専 門 機 関 などを 見 つけておくことが 重 要 です 友 達 としてできること 毎 年 若 者 の5 人 に1 人 が 何 らかのこころの 不 調 を 経 験 しているといわれてい ます 家 族 の 人 や 先 生 は 意 外 と 気 づいてなくて 友 達 であるあなたがまずちょっとし た 変 化 に 気 づくこともあります ささいな 変 化 の 例 気 分 の 波 があり 沈 みがちな 様 子 が 続 くようになった 集 中 力 がなく 人 の 言 葉 が 頭 に 入 っていない 様 子 である いつも 眠 そうで 無 気 力 に 見 えるようになった 会 話 の 中 で 自 分 には 価 値 がない 消 えてしまいたい などと 言 う 6 Healthy handbook of mind

9 Ⅰ 誰 もが 身 近 な 人 の こころの 不 調 の 発 見 者 になります 単 なる 落 ち 込 み は 正 常 なことですが これらの 変 化 が1 週 間 以 上 続 いて 改 善 しない 場 合 うつ 状 態 と 考 えられます 担 任 や 保 健 の 先 生 や 家 族 専 門 家 に 相 談 することをすすめてみましょう また 他 にも そんな 事 実 はないのに ばかにされている ずっと 見 られている のけ 者 に されている 自 分 の 考 えが 知 られている などと 思 いこむようになった 話 をしていると 内 容 があちこちに 飛 んで 会 話 にならなくなってきた このような 状 態 が 続 くと 自 分 自 身 も 混 乱 したり 人 前 に 出 るのが 怖 くなって 自 分 の 部 屋 から 出 られなくなったりと 様 々な 影 響 が 出 てきます 早 く 助 けを 求 めることで 早 く 治 療 を 受 け 早 く 回 復 することができます 本 人 に 相 談 をすすめると 同 時 に 友 人 として 相 談 窓 口 に 相 談 することもできます 3 職 場 での 場 合 近 年 精 神 疾 患 で 仕 事 を 休 む 社 員 が 多 くの 職 場 で 増 加 しています 例 えば 2009 年 の 文 部 科 学 省 の 調 査 では 全 国 の 公 立 校 の 教 員 のなかで 精 神 疾 患 によっ て 休 職 している 人 は5,458 人 と 2000 年 の2.4 倍 職 員 全 体 の0.6%となり これは 病 気 休 職 者 の63%を 占 めています しかも30 代 の 働 き 盛 りの 年 代 での 休 職 者 が 最 も 増 加 していることや いった ん 復 職 しても 再 休 職 する 社 員 も 多 くみられるようになるなど 社 会 全 体 組 織 全 体 としてのメンタルヘルス 対 策 が 必 要 となってきました 特 に 休 職 の 要 因 として 最 も 多 いうつ 病 は 5 人 に1 人 が 一 生 のどこかでかか る 病 気 だといわれています 同 僚 や 部 下 などがこころの 問 題 で 苦 しむ 前 に 早 め に 相 談 できる 環 境 を 整 えるなどの 配 慮 をすることが 大 事 です うつ 状 態 にある 人 は 以 下 のような 考 え 方 にとらわれてしまっていることがよ くあります 根 拠 のない 決 めつけ( 証 拠 もないままに 思 いつきを 信 じる 例 ; 仕 事 のとっかか りがうまくつかめない 時 に この 仕 事 はうまくいかない と 決 めつけてしまう) 白 黒 思 考 ( 物 事 を 全 て 白 か 黒 に 割 り 切 ってしまう 例 ; 予 定 していた 作 業 が 最 後 まで 完 了 しなかったことで 私 は 無 能 だ と 思 う) 7

10 自 己 関 連 付 け( 何 か 起 こったことが すべて 自 分 のせいだと 思 う 例 ; 全 体 の システムにミスが 出 た 時 原 因 は 自 分 にあると 思 う) 極 端 な 一 般 化 ( 少 数 の 事 実 を 拡 張 して 全 てのことが 同 様 になると 結 論 づける 例 ; 昇 進 試 験 に 失 敗 したため もう 自 分 はこの 会 社 では 出 世 できないと 思 う) 部 分 的 焦 点 付 け( 自 分 が 着 目 している 部 分 にしか 目 がいかなくなる 例 ; 会 議 で 一 度 失 敗 してしまったことを 過 大 に 考 えてしまい それまでのうまくいった 時 のことが 頭 から 抜 け 落 ちてしまう) こうした 考 え 方 ではストレスがたまりやすく そうでない 考 え 方 の 持 ち 主 に 比 べて うつ 病 にもなりやすいといえます こういった 考 え 方 を 自 分 で 修 正 できる ようにするのが 医 療 機 関 等 で 取 り 組 まれている 認 知 行 動 療 法 です 職 場 に 思 い 当 たる 人 がいる 場 合 頭 に 置 いておくといいかもしれません 復 職 支 援 他 の 多 くの 病 気 と 同 じように 精 神 疾 患 も 適 切 なリハビリテーションを 行 うこ とで 回 復 を 促 進 することができます 特 に うつ 病 で 休 職 中 の 方 を 復 職 させるた めのリハビリテーションは 復 職 支 援 (リワーク)プログラム とも 呼 ばれ 各 地 に 広 がってきています 段 階 に 応 じて 生 活 リズムを 整 えていき 認 知 行 動 療 法 やオフィスワーク セル フケア コミュニケーションスキルなどに 取 り 組 んでいくことで 徐 々に 職 場 に 近 い 状 況 に 身 を 慣 らすことになり 再 発 予 防 にもつながります 社 会 福 祉 法 人 巣 立 ち 会 では 調 布 市 でうつ 病 専 門 復 職 支 援 ルポゼ を 運 営 し ています 相 談 は 随 時 受 け 付 けております お 気 軽 にご 連 絡 下 さい( 連 絡 先 は 巻 末 の 相 談 窓 口 一 覧 をご 覧 下 さい) うつ 病 のほかにも うつ 状 態 と 躁 状 態 が 交 互 に 現 れる 躁 うつ 病 や アル コールに 代 表 される 依 存 症 も 職 場 での 問 題 として 表 面 化 しやすいため 知 識 として 知 っておくと 良 いでしょう (うつ 病 や 躁 うつ 病 依 存 症 についての 詳 細 やよく 見 られるサインは 第 3 章 も ご 参 照 下 さい) 8 Healthy handbook of mind

11 Ⅰ 誰 もが 身 近 な 人 の こころの 不 調 の 発 見 者 になります 4 地 域 社 会 での 場 合 地 域 社 会 とは これまでみてきた 家 庭 学 校 職 場 を 外 部 から 包 み 込 むものと いえます 隣 近 所 との 関 係 が 良 い 長 く 住 みたいと 思 う 愛 着 が 持 てる な ど その 地 域 に 対 しての 信 頼 感 とこころの 健 康 とは 密 接 な 関 わりがあります 特 に 三 鷹 市 やその 周 辺 は 古 くからの 住 民 と 新 しく 転 入 した 市 民 が 混 在 してい ます 向 こう 三 軒 両 隣 という 言 葉 がありますが コミュニティー センター ごとの 祭 りや ほのぼのネット などの 市 民 ボランティア 活 動 スポーツクラ ブや 趣 味 を 通 じたサークルなど 様 々な 活 動 を 通 じて こうした 地 域 への 愛 着 が 生 まれていきます 高 齢 化 社 会 を 迎 えますが 社 会 から 孤 立 してしまうことがないように 地 域 の ネットワークを 築 いていくことが 大 事 です また 地 域 には 様 々な 専 門 的 な 立 場 の 人 がいます 地 域 での 困 りごとを 気 軽 に 相 談 できる 相 手 として 民 生 委 員 の 方 々がいます 例 えば 虐 待 や 家 庭 内 暴 力 孤 独 死 なども これまで 見 てきた 家 庭 や 学 校 職 場 で 解 決 しきれなかった 問 題 が 表 に 出 てきていると 考 えることができます 近 所 に 住 む 人 で 何 か 不 審 なサインを 感 じたら 一 度 そのような 方 々に 相 談 してみてはいかがでしょうか 9

12

13 Ⅱ 年 代 ライフステージ 別 の メンタルヘルス 対 策 年 代 やライフステージによっても こころの 問 題 を 分 類 することができます 進 学 就 職 結 婚 出 産 引 っ 越 しなど いわゆるライフイベントと 呼 ばれるも のは ひとたびこころの 健 康 を 損 なうと マイナスの 影 響 を 本 人 に 及 ぼすことも 珍 しくありません あらかじめ 知 識 として 周 囲 が 身 に 着 けておくことで 結 果 的 に 本 人 にかかるストレスを 減 らすことができます 1 若 年 期 のメンタルヘルス 思 春 期 青 年 期 と 呼 ばれる10 代 から20 代 にかけての 時 期 には 実 はいろい ろなライフイベントが 発 生 します とりわけ 思 春 期 は 親 からの 自 立 ( 反 抗 期 ) や 自 分 探 し 仲 間 づくり といった 課 題 を 持 ちつつ 一 方 で 身 体 のみならず 脳 にも 様 々な 生 理 学 的 変 化 が 起 こる 時 期 でもあるため そうした 生 理 学 的 な 不 調 が 何 かのきっかけでこころの 不 調 として 顕 在 化 することがあります 思 春 期 (10 歳 前 後 から17,18 歳 頃 まで)に 発 生 するライフイベント 引 っ 越 し 転 校 進 級 受 験 恋 愛 他 の 家 族 や 家 庭 の 問 題 ( 特 に 兄 弟 や 親 の 精 神 的 な 問 題 や 経 済 的 な 問 題 など) 友 人 関 係 のトラブル クラスの 問 題 いじめ 不 登 校 引 きこもり 離 別 の 体 験 ( 祖 父 母 との 死 別 や 両 親 の 離 婚 兄 姉 の 一 人 暮 らしなど) 進 路 決 定 就 職 活 動 11

14 青 年 期 ( 思 春 期 から30 歳 前 後 まで)に 発 生 するライフイベント 卒 業 就 職 一 人 暮 らし 転 居 結 婚 同 棲 出 産 子 育 て 職 場 異 動 転 職 失 業 引 きこもり こうしたきっかけは こころが 健 康 であれば 当 然 に 乗 り 越 えていける 成 長 の 機 会 ですが そうでないときには 注 意 して 見 守 ることが 必 要 です 一 見 して 良 いことのように 思 えるイベントも 本 人 の 受 け 止 め 方 が 違 う 場 合 もあります この 時 期 には うつ 病 統 合 失 調 症 摂 食 障 害 強 迫 性 障 害 パニック 障 害 などが かかりやすい 疾 患 として 知 られています ( 統 合 失 調 症 摂 食 障 害 強 迫 性 障 害 パニック 障 害 についての 詳 細 やよく 見 ら れるサインは 第 3 章 もご 参 照 下 さい) 不 登 校 や 引 きこもりについて 不 登 校 や 引 きこもりの 方 々の 一 部 は こころの 不 調 が 原 因 でおこっている 場 合 もあります この 場 合 には 疾 患 に 応 じた 治 療 が 必 要 です 精 神 疾 患 が 原 因 でなくても 誰 とも 会 わない 生 活 を 続 けることで その 年 代 で 当 然 獲 得 していくはずのコミュニケーションや 社 会 生 活 の 能 力 が 停 滞 してしまい ます 家 族 だけでも 何 らかの 相 談 機 関 につながっておくことが 望 ましいと 考 え られます 発 達 障 害 について なお これらの 精 神 疾 患 と 混 同 されることが 多 いのが 発 達 障 害 です 発 達 障 害 があると 対 人 関 係 コミュニケーションなど 特 定 の 領 域 に 著 しい 偏 12 Healthy handbook of mind

15 Ⅱ 年 代 ライフステージ 別 のメンタルヘルス 対 策 りが 見 られます また こだわりが 強 く 変 化 が 苦 手 で 融 通 が 利 かないといった 社 会 生 活 上 に 大 きな 影 響 を 与 える 特 徴 もあるため 疎 外 感 や 自 己 否 定 につなが り うつ 病 や 統 合 失 調 症 に 似 た 症 状 がみられることもあります 発 達 障 害 にも 専 門 家 による 支 援 が 拡 がってきていますので まずは 相 談 してみ てはいかがでしょうか 2 壮 年 期 のメンタルヘルス 30 代 から40 代 にかけては それぞれのライフスタイルに 沿 った 人 生 を 送 る ことになりますが 職 業 上 や 家 庭 のなかでは 必 ずしも 自 分 で 望 んだことばかり が 起 こるわけではありません なかでも 失 業 や 経 済 的 な 困 窮 は 自 殺 のハイリスク 要 因 の 一 つでもあり 社 会 的 な 対 応 も 必 要 とされています その 他 にも 親 の 介 護 や 離 婚 などの 問 題 は う つ 病 やアルコール 依 存 などの 精 神 疾 患 につながることがあるため 周 囲 の 見 守 り がとても 重 要 です ダイレクトに こころの 不 調 の 訴 えはなくても 様 々な 身 体 的 不 調 ( 不 眠 頭 痛 食 欲 不 振 目 まいなど)を 訴 えて 内 科 を 受 診 するが 不 調 が 改 善 されないよ うな 場 合 は 注 意 が 必 要 です 一 方 で 特 に50 歳 前 後 の 女 性 に 多 くみられる 更 年 期 障 害 は ホルモンバ ランスの 乱 れから 生 じますが 時 に 抑 うつ 症 状 やイライラ 不 安 感 などのメンタ ル 的 な 症 状 を 示 すことがあります 更 年 期 障 害 の 治 療 法 としては ホルモン 補 充 療 法 などがありますので 一 度 婦 人 科 等 を 受 診 してみると 良 いでしょう この 時 期 にかかりやすい 精 神 疾 患 は うつ 病 躁 うつ 病 ( 産 後 うつ や 介 護 うつ など 特 定 の 状 況 で 起 こりやすいうつ 病 もありますが このような 心 因 性 の 要 因 がな く 起 こるうつ 病 もあります) 依 存 症 (アルコール ギャンブルなど) が 代 表 的 なものです ストレスが 原 因 でこころの 不 調 になった 場 合 本 人 がこころの 健 康 を 取 り 戻 す ためには その 原 因 となっている 背 景 要 因 にも 目 を 向 ける 必 要 があります 13

16 相 談 窓 口 としては 経 済 的 な 困 窮 が 原 因 の 場 合 子 育 てや 家 庭 (DVなど)の 問 題 介 護 の 問 題 行 政 の 窓 口 や 法 律 相 談 など 子 育 て 家 庭 支 援 センター など 行 政 の 窓 口 や 地 域 包 括 支 援 センター など こういった 窓 口 が 役 に 立 ちます 巻 末 のリストも 参 考 にして 下 さい 3 高 齢 者 老 年 期 のメンタルヘルス 心 身 の 衰 退 からくる 様 々な 健 康 問 題 や 定 年 退 職 子 の 独 立 親 兄 弟 や 配 偶 者 の 死 など 様 々な 喪 失 体 験 が 重 なる 時 期 です 生 活 も 大 きく 変 化 し 他 者 との 交 流 も 自 然 と 狭 まり 孤 立 することもあります がんや 難 病 にかかると 不 安 や 苦 痛 な どこころにも 大 きなストレスがかかるため うつ 状 態 になることもあります 自 殺 が 一 番 多 い 年 代 でもあり 自 殺 の 原 因 動 機 のうちの3 分 の2が 健 康 問 題 で 最 も 多 くなっています 次 いで 経 済 生 活 問 題 が3 分 の1( 重 複 あり)で す 家 族 は 離 れて 住 んでいる 場 合 には 友 人 や 近 所 の 方 介 護 ヘルパーなどから こまめに 様 子 を 聞 くなど 常 にこころの 不 調 のサインをキャッチできるようにし ておくことが 重 要 です 一 方 で 実 は 同 居 している 高 齢 者 の 自 殺 が 多 いことも 日 本 の 特 徴 です 生 活 形 態 だけでは 判 別 せず 自 責 や 孤 立 といったこころの 不 調 要 因 には 気 を 配 っておきましょう この 時 期 にかかりやすい 精 神 疾 患 うつ 病 様 々な 依 存 症 ( 退 職 後 にアルコール 依 存 に 進 展 することもあります) 認 知 症 認 知 症 も 器 質 性 の 精 神 障 害 ですが 意 欲 や 関 心 の 低 下 などうつ 病 と 混 同 される こともあります 認 知 症 は 検 査 により 診 断 が 可 能 ですので 早 めに 専 門 医 の 受 診 を 促 すことも 大 切 です 早 期 対 応 によって 進 行 を 遅 らせることが 可 能 です 14 Healthy handbook of mind

17 Ⅱ 年 代 ライフステージ 別 のメンタルヘルス 対 策 認 知 症 のサイン 物 忘 れがひどく 同 じことを 何 度 も 言 ったり 忘 れ 物 が 増 えたりする 料 理 や 計 算 などができなくなったり テレビ 番 組 の 内 容 が 理 解 できなくなる 道 に 迷 ったり 時 間 がわからなくなる 怒 りっぽくなったり すぐに 人 を 疑 ったりする 身 だしなみが 乱 れてきたり 以 前 に 好 きだった 趣 味 やテレビ 番 組 に 興 味 を 示 さ なくなる 単 に 年 のせい で 考 えて 見 過 ごしてしまうと 次 第 に 症 状 が 進 行 してしまい ます 日 常 の 些 細 な 変 化 でも 気 づいたら 誰 かに 相 談 してみましょう 15

18

19 Ⅲ 主 な 精 神 疾 患 とそのサイン 私 たちはふつう 熱 がある のどが 痛 い 鼻 水 が 出 る 頭 痛 がする と いうような 症 状 のサインに 気 づいたら カゼかな? と 思 い 早 めに 対 処 して いるはずです こころの 病 気 についてはいかがでしょうか? こころの 病 気 は 複 雑 であ り ひとりひとり 異 なったサインを 持 っていますが 共 通 してみられる 一 般 的 な サインもあります カゼと 同 じように こころの 病 気 も 症 状 のサインに 早 め に 気 づき 適 切 な 支 援 を 受 けることによって 症 状 の 悪 化 を 防 ぐことや 回 復 を 早 めることができるのです しかし カゼを 引 いたときのような 気 軽 さで 相 談 したり 治 療 を 受 けたりする 人 はまだ 多 くありません こころの 病 気 についての 知 識 が 少 なかったり 認 めた くないという 気 持 ちがあったり 症 状 のサインが 自 覚 されないことが 多 いため 病 気 の 発 見 や 対 処 が 遅 れてしまうことがよくあります ここでは こころの 病 気 の 兆 しとなる 主 な 症 状 のサインをご 紹 介 します その 中 には 自 分 で 気 づくもの( 自 覚 症 状 )と 周 囲 の 人 が 気 づくもの( 他 覚 症 状 )が あります こころの 病 気 を 診 断 するには 専 門 的 な 知 識 と 経 験 が 必 要 ですので 周 囲 の 人 や 本 人 だけで 判 断 せず 専 門 機 関 などに 相 談 しましょう 17

20 1 こころの 病 気 にはどんなものがあるか 代 表 的 なこころの 病 気 について 病 名 や 特 徴 などを 簡 単 にまとめました うつ 病 うつ 病 とは 気 分 が 落 ち 込 み 何 をしても 興 味 がわかない 状 態 が 続 くため 日 常 生 活 に 支 障 をきたす 病 気 とても 気 分 が 落 ち 込 み ひどく 疲 れ 何 もし なくなる このような 抑 うつ 状 態 が 2 週 間 以 上 続 き 社 会 生 活 が 営 め なくなった 状 態 をうつ 病 と 診 断 する 躁 うつ 病 躁 うつ 病 とは とても 気 分 が 落 ち 込 み ひどく 疲 れ 何 もしなくなる 抑 う つ 状 態 と すごく 気 分 が 高 ぶる 躁 状 態 とが 繰 り 返 し 出 現 する 躁 状 態 のときは 気 分 が 高 揚 し 誇 大 的 で 活 動 性 が 高 まる 睡 眠 欲 求 は 減 少 し 社 交 性 欲 が 高 まり 干 渉 的 で 乱 費 に 至 る 摂 食 障 害 摂 食 障 害 とは 食 べることや 太 ることが 病 的 に 怖 くなる 病 気 拒 食 症 と 過 食 症 の2タイプに 大 別 される 拒 食 症 では 油 物 や 甘 い 物 などカロリーが 高 い 食 べ 物 を 避 けるようになる また 過 食 症 では 短 時 間 に 大 量 に 食 べる 過 食 行 動 を 繰 り 返 す 統 合 失 調 症 統 合 失 調 症 とは ありえないことを 信 じこむ 妄 想 や 実 際 にそこにない ものを 知 覚 してしまう 幻 覚 などが 起 こる 状 態 また 人 との 会 話 にとり とめがなくなったり 行 動 が 混 乱 したりすることもある 表 情 が 無 表 情 に なったり 呼 びかけに 対 する 反 応 が 鈍 くなることもある 社 会 不 安 障 害 社 会 不 安 障 害 とは 他 人 から 悪 い 評 価 を 受 けることや 会 議 や 発 表 などの 多 くの 人 の 目 を 浴 びる 行 動 への 不 安 により 強 い 苦 痛 を 感 じたり 手 が 震 えたり 足 が 震 える 等 の 身 体 症 状 が 現 れ 次 第 にそうした 場 面 を 避 けるようになり 18 Healthy handbook of mind

21 Ⅲ 主 な 精 神 疾 患 とそのサイン 日 常 生 活 に 支 障 をきたすこと 全 般 性 不 安 障 害 全 般 性 不 安 障 害 とは はっきりした 対 象 や 原 因 もなく 漠 然 とした 不 安 を 感 じ 動 悸 などの 身 体 症 状 が 出 たり 気 持 ちが 落 ち 着 かなくなること パニック 障 害 パニック 障 害 とは 突 然 動 悸 がして 息 苦 しくなり 死 ぬのではないか 発 狂 するのではないか という 強 い 不 安 と 恐 怖 (パニック)に 駆 られる 状 態 短 時 間 で 不 安 が 頂 点 に 達 して やがて 治 まるが その 発 作 が 繰 り 返 されやす い パニック 発 作 による 身 体 精 神 症 状 は1 時 間 以 内 に 治 まることもある 外 傷 後 ストレス 障 害 外 傷 後 ストレス 障 害 とは 命 に 関 わる 出 来 事 ( 犯 罪 交 通 事 故 天 災 など) を 体 験 した 後 ちょっとしたきっかけでその 出 来 事 をありありと 思 い 出 した り 似 たような 出 来 事 に 強 い 苦 痛 を 感 じ 回 避 したり 不 眠 や 集 中 力 の 低 下 な どが 続 く 状 態 強 迫 性 障 害 強 迫 性 障 害 とは 考 えないようにしようと 思 っても ある 考 えが 繰 り 返 し 浮 かんできて 消 すことができない また 気 にしなくてもいいと 理 屈 では 分 かっている 考 えにとらわれ その 考 えを 振 り 払 うために 他 人 から 見 ると 無 駄 だと 思 える 行 為 を 何 度 も 繰 り 返 してしまうこと 例 えば 繰 り 返 し 手 を 洗 う 鍵 をかけたか 何 度 も 引 き 返 して 確 認 するなど アルコール 依 存 症 アルコール 依 存 症 とは お 酒 の 飲 み 方 が 自 分 ではコントロールできなくなり 精 神 的 あるいは 身 体 的 に 健 康 を 損 なうような 飲 み 方 をし 続 け 日 常 生 活 仕 事 に 重 大 な 問 題 が 生 じること 飲 酒 がほかの 何 よりも 優 先 され アルコール が 身 体 から 抜 けると 震 えなどの 離 脱 症 状 がでるようになる 薬 物 依 存 症 薬 物 依 存 症 とは 薬 物 を 不 適 切 に( 違 法 に) 使 用 することで 一 時 的 な 陶 酔 19

22 感 酩 酊 感 などを 得 るが 疲 労 感 不 安 感 倦 怠 感 知 覚 異 常 意 欲 の 減 退 無 気 力 抑 うつなどの 障 害 がでる 適 応 障 害 適 応 障 害 とは 生 活 上 のさまざまな 出 来 事 がストレスとなり 感 情 面 や 行 動 面 で 症 状 がでる 親 の 離 婚 死 亡 失 業 本 人 の 転 校 失 恋 など さまざまな 体 験 が 引 き 金 になり 生 活 上 の 変 化 に 適 応 できず 勉 強 や 仕 事 などが 続 けら れなくなる 心 気 症 心 気 症 とは 身 体 のある 感 覚 や 症 状 にとらわれ 重 い 進 行 性 の 病 気 にかかっ ていると 思 いこむ( 恐 れる) 医 師 に 病 気 ( 障 害 )ではないと 説 明 されても 受 け 入 れない 心 身 症 心 身 症 とは 心 理 的 なストレスの 影 響 で 自 律 神 経 などの 機 能 を 乱 し 身 体 の 障 害 や 疾 患 が 起 こる 不 眠 症 不 眠 症 とは 眠 りたいのに 眠 れない 寝 てもすぐ 目 が 覚 めてしまうなど ぐっすり 眠 ることができず 心 配 でたまらず 苦 しみを 覚 える 状 態 逆 に 昼 間 に 過 度 の 眠 気 が 持 続 するのを 過 眠 症 という 解 離 性 障 害 解 離 性 障 害 とは つらい 体 験 や 考 えや 感 情 などを 自 分 から 切 り 離 し 自 分 を 守 ろうとし 心 と 体 が 別 々の 行 動 をとる 記 憶 をなくすことで 置 かれてい る 苦 しい 状 況 を 回 避 しようとする 無 意 識 の 試 み パーソナリティ 障 害 パーソナリティ 障 害 とは 平 均 的 な 人 々の 範 囲 から 見 て ものの 考 え 方 や 感 じ 方 行 動 の 仕 方 が 常 に 著 しく 偏 っていて 本 人 にとっても 苦 しい あるい は 人 との 付 き 合 いが 損 なわれるなど 社 会 生 活 に 障 害 がでる 20 Healthy handbook of mind

23 Ⅲ 主 な 精 神 疾 患 とそのサイン 2 いろいろなこころの 病 気 のサイン うつ 病 のサイン 憂 うつな 気 分 でしかたがない 気 分 が 重 いと 感 じている 家 族 や 友 人 からみて とても 表 情 が 暗 くなった 突 然 涙 ぐんだり 不 機 嫌 になり 感 情 が 不 安 定 になった 集 中 できない 思 考 力 や 判 断 力 が 落 ちたように 感 じる なにをするのもおっくうだ 頭 を 使 うのもいやだと 思 う ボーッとしてしまう 何 をすればいいかわからない 日 常 生 活 で 最 低 限 のこと( 食 事 や 入 浴 着 替 えなど)をしなくなり 身 なりに 構 わなくなる 交 際 が 減 り 引 きこもりがちになる 飲 酒 量 が 極 度 に 増 えた 不 安 イライラ 感 に 苦 しみ よく 眠 れない 食 欲 がないなどの 身 体 症 状 が 現 れる 気 分 が 落 ち 込 み 元 気 がないように 周 囲 から 見 える 朝 になると 気 分 がふさぎ なかなか 起 きられない これまでの 自 分 を 恥 じ 一 方 的 に 自 分 を 責 める 仕 事 でミスが 増 え 仕 事 を 休 みがちになる 何 を 聞 いても 見 ても 無 感 動 になった これまで 好 きだったテレビや 本 や 新 聞 などにまったく 興 味 を 示 さなくなった 原 因 がないのにだるさが 続 き いくら 寝 ても 疲 れがとれない 何 を 食 べてもおいしいと 思 わなくなり 極 端 に 食 欲 がなくなる 眠 りたいのに 寝 られない 明 け 方 早 く 目 が 覚 め それから 朝 まで 寝 られない 大 切 なものを 整 理 したり 誰 かにあげてしまう 誰 も 知 らないところに 行 きたい など 自 殺 をほのめかす 遺 書 を 書 いたり 手 首 を 切 るなどの 自 傷 行 為 をする 21

24 躁 うつ 病 のサイン うつ 病 のサイン( 気 分 が 落 ち 込 んだり 活 動 性 が 低 下 する 等 )と 気 分 が 高 ぶ り 活 動 性 が 増 大 する 躁 状 態 が 繰 り 返 される 躁 状 態 が 数 日 (1 週 間 ) 以 上 持 続 する 場 合 は 躁 うつ 病 を 考 える 極 端 に 気 分 爽 快 で 過 度 に 元 気 である 大 声 で 早 口 になり 延 々と 疲 れを 知 らずに 話 し 続 ける 様 々なことに 関 与 し 干 渉 がましく 口 を 挟 む 睡 眠 時 間 が2 時 間 程 でも 平 気 になる 表 情 がいきいきし 自 分 が 偉 くなったような 気 分 でいっぱいになる 勝 てる と 決 め 込 み ギャンブルに 多 額 のお 金 をつぎ 込 む 深 夜 でもかまわず 友 人 に 電 話 をかけたり 友 人 の 家 を 訪 ね 歩 いて 自 分 の 考 え を 話 す 人 の 意 見 に 耳 を 貸 さず 自 分 の 意 見 にこだわり 一 方 的 に 主 張 する 次 々にアイデアが 出 てくるが それらを 組 み 立 てて 最 後 までやり 遂 げることが できない 今 まで 普 通 にしていたのに 突 然 不 機 嫌 になる 明 るくなったかと 思 うと 突 然 落 ち 込 む 高 額 な 品 物 をカードで 大 量 に 買 い 込 む 必 要 のない 高 価 なものを 突 然 購 入 する 22 Healthy handbook of mind

25 Ⅲ 主 な 精 神 疾 患 とそのサイン 摂 食 障 害 ( 拒 食 症 過 食 症 )のサイン 食 欲 がない 何 を 食 べてもおいしく 感 じられない 特 にストレスを 感 じると 過 食 したくなる 食 べている 時 は 何 も 考 えずにいられて 幸 せだけれども 食 べた 後 猛 烈 な 自 己 嫌 悪 に 陥 る ダイエットに 関 連 する 本 を 頻 繁 に 読 んでいる 標 準 体 重 以 下 でも 肥 満 になることを 怖 がり 減 量 するために 極 端 な 運 動 を 続 ける 突 然 菜 食 主 義 者 になると 言 う 食 べ 物 の 好 き 嫌 いが 多 くなる 特 に 健 康 食 品 だけを 食 べるようになる 家 族 のいない 時 や 真 夜 中 などに 短 時 間 のうちに 大 量 に 食 べることをやめられ ない 食 べ 過 ぎて 太 ることが 心 配 で のどに 指 を 入 れて 吐 いたり 下 剤 や 利 尿 剤 を 使 って 無 理 に 排 泄 しようとする 家 族 や 友 人 と 一 緒 に 食 事 をしなくなる 食 事 が 終 ると 必 ずトイレへ 直 行 する 頻 繁 に 胃 腸 の 具 合 が 悪 くなる 定 期 的 に 絶 食 したり 食 事 を 抜 いたりする 23

26 統 合 失 調 症 のサイン 口 数 が 以 前 よりも 甚 だしく 減 っている ように 周 囲 の 人 が 感 じる 一 見 元 気 がない 疲 れている だけのように 周 囲 には 見 える わけもなく 突 然 笑 い 出 したり しかめっ 面 をしたりする 食 欲 がない 寝 られない と 言 う 身 なりにまったくかまわなくなり 入 浴 もしない 小 さなミスや 小 さなケガが 続 いている 話 の 流 れが 途 切 れたり それたりするため 意 味 がつながらない 話 し 方 をす る 周 囲 の 人 が 自 分 の 悪 口 を 言 っていると 思 っている 頭 の 中 がザワザワする 頭 の 中 が 騒 々しい と 感 じる 近 くに 誰 もいないのに どこからともなく 声 が 聞 こえる 空 耳 が 聞 こえる といってとても 敏 感 になる 人 づきあいを 避 けて 引 きこもるようになる 何 もせずにゴロゴロしている ぶつぶつ 独 り 言 を 言 っている 悪 口 をいわれた いじめを 受 けたと 訴 えるが 現 実 には 何 も 起 きていない いつも 不 安 そうで 緊 張 している 人 に 追 われている と 言 って 怯 えている テレビや 新 聞 で 自 分 の 噂 をしていると 言 う なんとなく 周 囲 の 様 子 がおかしい 大 災 害 が 起 きそうだと 漠 然 とした 不 安 を 口 にする そこから 動 くな 等 自 分 に 対 して 命 令 する 声 が 聞 こえるという 突 然 イライラしたり 感 情 を 爆 発 させて 暴 力 をふるったりする 24 Healthy handbook of mind

27 Ⅲ 主 な 精 神 疾 患 とそのサイン 主 な 不 安 障 害 のサイン 社 会 不 安 障 害 人 前 に 出 ることに 対 して 極 度 に 緊 張 し 会 議 などの 日 に 会 社 を 休 む 他 人 にジロジロ 見 られているような 気 がして 人 の 集 まる 所 に 行 きたくないと 感 じる 人 前 に 出 た 時 赤 面 したり 多 量 の 汗 が 出 たり 手 や 声 が 震 える 職 場 や 電 車 の 中 でも 常 に 人 の 視 線 が 気 になり 視 線 を 感 じただけで 赤 面 す る 手 が 震 える 汗 をかく 心 臓 がドキドキする 自 分 から 不 快 なにおいが 出 ていたり 自 分 の 姿 が 醜 いために 周 囲 に 迷 惑 をかけ ているように 感 じる 周 囲 の 人 の 咳 ばらいなどの 行 動 が 自 分 のにおいのせいだと 思 う 全 般 性 不 安 障 害 心 配 で 気 がかり 毎 日 落 ち 着 かずイライラしたり 頭 痛 震 えなどの 苦 痛 があ る 漠 然 とした 不 安 感 があり 口 が 渇 いたり 息 が 詰 まる 感 じや 動 悸 がする 将 来 事 故 にあい 不 幸 になるかもしれない など 根 拠 のない 不 安 を 感 じ ふらつき 呼 吸 困 難 といった 身 体 的 な 症 状 が 出 る 場 所 や 状 況 に 関 係 なく 漠 然 とした 不 安 があったり 理 由 もないのにイライラ する パニック 障 害 無 理 に 出 かけると パニック 発 作 ( 激 しい 動 悸 や 息 切 れ)を 起 こす 一 度 パニック 発 作 をおこした 場 所 ( 電 車 エレベーター 等 )に 行 くと 再 度 発 作 が 起 きるのではないかと 心 配 になり それらの 場 所 には 行 けなくなる パニック 発 作 が 起 こることが 心 配 で 一 人 では 怖 くて 外 出 しなくなる 電 車 やバスの 中 で 激 しい 動 悸 や 息 切 れが 起 こり このまま 死 んでしまうの ではないか という 恐 怖 に 突 然 襲 われる 25

28 心 的 外 傷 後 ストレス 障 害 フラッシュバック( 過 去 の 出 来 事 の 再 体 験 )が 起 こる 目 撃 した 出 来 事 や 体 験 した 出 来 事 が 繰 り 返 し 再 現 され 苦 痛 を 感 じる 出 来 事 について 繰 り 返 し 悪 夢 をみて 苦 痛 を 覚 える 遭 遇 した 出 来 事 が 思 い 出 せない 不 安 が 強 く 眠 れない ちょっとしたことでビクッとする 強 迫 性 障 害 ひとつの 行 動 ( 動 作 )を 反 復 して 繰 り 返 す ひとつのことが 気 になって 頭 から 離 れない 手 にバイ 菌 がついているような 気 がして 手 を 洗 い 続 ける( 繰 り 返 し 手 を 洗 う) 頭 の 中 で 否 定 しても 考 えがわいてきて それを 追 い 払 うことができない 白 か 黒 など 二 者 択 一 にしないと 気 がすまず あいまいなことが 認 められ ない 誰 かに 危 害 を 加 えたかもしれないという 不 安 が 心 を 離 れず 事 件 や 事 故 を 起 こ して 自 分 が 新 聞 やテレビに 出 ていないか 調 べたり 警 察 や 周 囲 の 人 に 確 認 す る モノが 左 右 対 称 に 並 んでいないと 気 がすまず 何 度 も 並 べなおす 外 出 後 戸 じまり ガス 栓 スイッチなどが 心 配 になり 何 度 も 家 に 戻 って 確 認 する ノブや 手 すりなど 不 潔 だと 感 じるものを 恐 れて 触 らない 自 分 の 決 めた 手 順 でものごとをおこなわないと 恐 ろしいことが 起 きるという 不 安 から どんなときも 同 じ 方 法 で 仕 事 や 家 事 をしなくてはならない 文 字 がきちんと 書 けたか 気 になって 何 度 も 書 き 直 す 26 Healthy handbook of mind

29 Ⅲ 主 な 精 神 疾 患 とそのサイン 主 な 依 存 症 のサイン アルコール 依 存 症 とりあえず 一 杯 酒 に 依 存 した 生 活 が 続 く 胸 やけがするが 飲 酒 をすると 治 ってしまう 飲 酒 しないと 眠 れない 朝 から 酒 を 飲 まずにいられない 飲 まないと 不 安 になる イライラする 壁 や 床 に 小 さな 虫 が 這 っているのが 見 える お 酒 を 飲 むべきではない 時 にも 飲 みたい と 強 く 思 う 飲 む 前 に 思 っていた 量 より 飲 みはじめるとつい 多 く 飲 んでしまう いつも 手 元 にお 酒 がないと 落 ち 着 かない 数 時 間 ごとに 飲 酒 する 連 続 飲 酒 をする 日 中 であっても 飲 み もうこれ 以 上 飲 めないというところまで 飲 んでしまう 飲 むのをやめたり 控 えたりすると 手 指 のふるえや 冷 や 汗 悪 寒 などの 不 快 な 症 状 が 出 て 飲 むとおさまる 薬 物 依 存 症 薬 物 を 違 法 に 使 わずにはいられない 薬 物 を 手 に 入 れるために いくつもの 病 院 薬 局 を 回 る 薬 物 の 使 用 をやめたり 量 を 減 らしたりすると 離 脱 症 状 がでることがある 薬 物 の 使 用 をやめたり 量 をコントロールすることができない 27

30 その 他 のこころの 不 調 を 現 わす 主 な 特 徴 とサイン 適 応 障 害 進 学 独 立 結 婚 等 重 大 な 生 活 上 の 変 化 に 適 応 できず 勉 強 や 仕 事 などが 続 け られなくなる 生 活 上 でのさまざまな 出 来 事 がストレスとなり 感 情 面 や 行 動 面 で 症 状 が 現 れ る 親 の 離 婚 死 亡 失 業 本 人 の 転 校 失 恋 など さまざまな 体 験 が 引 き 金 にな りうる 心 気 症 自 分 の 健 康 状 態 の 不 調 が 異 常 に 気 にかかり 病 気 でもないのに 重 い 病 気 にか かっていると 心 配 し 続 ける 重 い 進 行 性 の 病 気 にかかっているかもしれないと 考 えたり 自 分 の 外 見 は 異 常 だと 思 い 込 んだりする 離 人 現 実 感 喪 失 症 候 群 自 分 が 自 分 でないような 感 覚 がくりかえし 起 こる 自 分 の 周 囲 の 物 事 から 現 実 感 が 消 えてしまったような 感 覚 が 起 こり 続 ける 自 分 が 自 分 でない 気 がする 景 色 を 見 てもピンとこない まわりの 風 景 が 映 画 のスクリーンを 通 して 見 ているように 感 じる いつもと 同 じことをしているのに 自 分 がやっているように 感 じない 持 続 性 疼 痛 障 害 複 数 の 医 学 的 検 査 を 受 けても 痛 みの 原 因 はないにもかかわらず 激 し い 痛 みが 続 き 社 会 生 活 に 支 障 がでる 身 体 が 痛 み よくならない 身 体 のどこかに 原 因 不 明 の 痛 みがあり それが 長 く 続 いている 鎮 痛 剤 を 使 っても 痛 みが 緩 和 されない 28 Healthy handbook of mind

31 Ⅲ 主 な 精 神 疾 患 とそのサイン 身 体 化 障 害 医 学 的 な 原 因 はないのに 身 体 のあちこちの 症 状 を 訴 え 続 け 検 査 な どをくりかえし 要 求 する 吐 き 気 手 足 のしびれ かゆみ 飲 み 込 みにくさなどの 身 体 的 苦 痛 を 訴 える 医 師 から 病 気 ではないと 言 われても 身 体 の 不 調 を 訴 え 続 ける 解 離 性 障 害 苦 境 (つらい 出 来 事 など)がきっかけになり 記 憶 意 識 運 動 感 覚 などの 機 能 がバラバラになって 現 れる もの 忘 れが 激 しい 人 の 名 前 が 出 てこない 記 憶 がない 過 去 の 行 動 の 一 部 が 思 い 出 せない 立 てない 声 が 出 ない 目 がよく 見 えない 数 日 間 数 週 間 の 記 憶 がない 自 分 の 名 前 住 所 どこにいたのかも 思 い 出 せ ないこともある 家 庭 や 職 場 から 突 然 失 踪 する パーソナリティ 障 害 考 え 方 や 行 動 が 平 均 的 な 人 々の 範 囲 から 極 端 にずれていて 周 囲 を 困 らせ 自 分 も 苦 しむ 複 数 のタイプに 分 かれている 犯 罪 的 な 行 為 を 繰 り 返 す 社 会 的 ルールを 無 視 する 怒 りっぽい 感 情 を 爆 発 させやすい 興 奮 状 態 に 陥 る ささいなことで 怒 る 暴 力 をふるう 一 方 で 他 人 に 依 存 する 傾 向 がある 相 手 が 自 分 に 好 意 的 と 勝 手 に 思 い 込 み 後 をつける 電 話 をかけるなどを 繰 り 返 す 自 己 破 壊 的 な 衝 動 行 為 ( 手 首 を 切 る 過 食 睡 眠 薬 の 大 量 服 薬 等 )が 目 立 つ 学 校 職 場 などで 対 人 関 係 がうまくいかず 多 くのトラブルを 起 こす 対 人 関 係 のトラブルから がっくり 落 ち 込 んで 外 出 しなくなる 29

32

33 Ⅳ こころの 病 気 のサインに 気 づいたら 専 門 機 関 につなげるタイミングは? 本 人 や 周 囲 の 人 が こころの 病 気 の 特 徴 やサインに 気 づき こころの 病 気 の 専 門 機 関 にサポートを 求 めた 方 がよいのはどのようなタイミングなのでしょう か? 1 こころの 不 調 を 苦 痛 だと 自 分 で 感 じている 自 分 の 感 情 や 気 分 日 常 的 な 行 動 について 自 分 自 身 で 悩 み 苦 痛 を 感 じ ている 時 または 本 人 が 誰 かに 相 談 したいと 思 っている 時 2 身 体 的 な 症 状 が 現 われている 時 身 体 的 な 検 査 で 異 常 がないのに 動 くのが 辛 い 吐 き 気 がする 息 苦 し い 動 悸 がする 等 の 身 体 的 な 症 状 が 治 まらない 時 3 日 常 生 活 に 支 障 が 出 ている 憂 うつな 気 分 が 続 き 仕 事 や 学 校 の 休 みが 続 いている 不 安 などが 原 因 で 外 に 出 られない 鍵 をかけたか 何 度 も 確 認 しているうちに 会 社 に 遅 刻 するようになった 気 力 が 失 われて 仕 事 が 以 前 のように 手 につかなくなった 31

34 など 日 常 生 活 に 支 障 がでてくるようになった 時 周 囲 の 人 ( 家 族 友 人 同 僚 恋 人 など)が 症 状 のサインに 気 づくこともあり ます 一 緒 に 食 事 をしなくなった 電 話 をかけまくる カードで 高 額 な 商 品 を 買 い 込 む 聞 こえない 音 を 聞 こえる と 言 う みんなが 自 分 の 悪 口 を 言 う と 言 う 極 端 に 口 数 が 少 なくなったと 周 囲 の 人 が 感 じる 二 日 酔 いで 会 社 をしばしば 遅 刻 するようになった これらのサインによって 家 族 友 人 同 僚 恋 人 などが 見 て 以 前 と 変 わっ た と 感 じるような 時 も 専 門 機 関 にサポートを 求 めた 方 が 良 い 時 期 かもしれま せん 32 Healthy handbook of mind

35 Ⅳ こころの 病 気 のサインに 気 づいたら 33

36 くらしと 健 康 みたかこころの 相 談 窓 口 一 覧 くらしと 健 康 窓 口 名 称 電 話 番 号 受 付 時 間 等 相 談 内 容 等 三 鷹 市 役 所 ( 代 表 ) 8 時 30 分 17 時 ( 月 金 ) 三 鷹 市 民 の 暮 らしの 総 合 窓 口 三 鷹 警 察 署 ( 代 表 ) 24 時 間 暮 らしの 安 全 安 心 に 関 する 相 談 警 視 庁 総 合 相 談 センター # 時 30 分 17 時 15 分 ( 月 金 ) 悩 みごと 心 配 ごとの 相 談 三 鷹 消 防 署 時 間 救 急 消 防 に 関 する 相 談 東 京 消 防 庁 救 急 相 談 センター # 時 間 急 な 病 気 やけがをしたときに 救 急 車 を 呼 ぶべきか 病 院 へ 行 った 方 が いいか 迷 った 時 の 相 談 都 保 健 医 療 情 報 センター ひまわり 時 間 24 時 間 体 制 で 医 療 機 関 を 案 内 東 京 いのちの 電 話 時 間 自 殺 などさまざまな 精 神 的 危 機 に 追 い 込 まれている 人 たちのための 相 談 東 京 多 摩 いのちの 電 話 時 21 時 ( 年 中 無 休 ) 第 3( 金 )( 土 )は 24 時 間 法 律 相 談 は 第 1 3( 火 ) 16 時 18 時 自 殺 などさまざまな 精 神 的 危 機 に 追 い 込 まれている 人 たちのための 相 談 東 京 自 殺 防 止 センター 東 京 都 自 殺 相 談 ダイヤル こころといのちのほっとライン 市 相 談 情 報 課 一 般 相 談 市 総 合 保 健 センター 電 話 健 康 相 談 時 6 時 ( 年 中 無 休 ) ( 火 )は 17 時 6 時 14 時 21 時 30 分 ( 年 中 無 休 ) 8 時 30 分 17 時 ( 月 金 ) 8 時 30 分 17 時 ( 月 金 ) 自 殺 防 止 の 電 話 相 談 面 接 相 談 及 び 緊 急 訪 問 自 殺 の 悩 みを 抱 えている 方 ( 都 内 在 住 在 勤 在 学 )のための 総 合 相 談 窓 口 市 政 や 日 常 生 活 全 般 についての 相 談 健 康 に 関 する 電 話 相 談 34 Healthy handbook of mind

37 みたかこころの 相 談 窓 口 一 覧 市 生 活 福 祉 課 生 活 保 護 内 線 2649 市 地 域 福 祉 課 民 生 委 員 児 童 委 員 内 線 時 30 分 17 時 ( 月 金 ) 8 時 30 分 17 時 ( 月 金 ) 病 気 や 高 齢 失 業 や 離 婚 などの 理 由 で 収 入 が 減 少 し 生 活 が 困 窮 したとき の 保 護 を 行 い 自 立 を 援 助 する 地 域 の 中 で 社 会 福 祉 に 関 する 相 談 や 支 援 を 行 う 児 童 福 祉 を 専 門 に 担 当 する 主 任 児 童 委 員 も 配 置 三 鷹 市 社 会 福 祉 協 議 会 福 祉 資 金 貸 付 内 線 時 30 分 17 時 15 分 ( 月 金 ) 低 所 得 世 帯 や 身 体 の 不 自 由 な 方 介 護 を 必 要 とする 65 歳 以 上 の 方 がいる 世 帯 への 福 祉 資 金 や 応 急 対 策 が 必 要 な 収 入 の 少 ない 世 帯 への 緊 急 小 口 資 金 などの 貸 付 精 神 保 健 医 療 福 祉 窓 口 名 称 電 話 番 号 受 付 時 間 等 相 談 内 容 等 都 立 多 摩 総 合 精 神 保 健 福 祉 セン ター こころの 電 話 相 談 東 京 都 福 祉 保 健 局 こころの 夜 間 電 話 相 談 多 摩 府 中 保 健 所 精 神 保 健 福 祉 相 談 精 神 保 健 医 療 相 談 ( 要 予 約 ) 市 総 合 保 健 センター 健 康 相 談 産 後 のお 母 さんの 心 の 相 談 乳 幼 児 の 健 康 相 談 子 育 て 相 談 市 相 談 情 報 課 心 のなやみ 相 談 ( 要 予 約 ) 市 地 域 福 祉 課 内 線 2653 精 神 保 健 福 祉 相 談 ( 要 予 約 ) 9 時 17 時 ( 月 金 ) 17 時 22 時 ( 受 付 は 21 時 30 分 まで) 9 時 17 時 ( 月 金 ) 8 時 30 分 17 時 ( 月 金 ) 第 2 4( 水 ) 13 時 16 時 第 1( 木 ) 午 前 対 人 関 係 やこころの 問 題 で 悩 んで いる 方 の 相 談 薬 物 アルコール ギャンブルなど の 問 題 思 春 期 青 年 期 の 問 題 に ついては 専 門 相 談 を 行 っている 精 神 的 な 問 題 や 眠 れ な い な ど 困 ったときの 相 談 保 健 師 による 精 神 保 健 全 般 の 相 談 及 び 専 門 医 による 精 神 保 健 医 療 相 談 赤 ちゃんからお 年 寄 りまですべて の 市 民 の 健 康 を 守 る 拠 点 対 人 関 係 や 自 己 内 面 について 医 師 が 相 談 に 応 じる 本 人 家 族 関 係 機 関 職 員 を 対 象 に 心 の 健 康 について 精 神 科 医 が 相 談 に 応 じる 市 地 域 福 祉 課 内 線 2653 心 の 健 康 相 談 9 時 17 時 ( 月 金 ) 保 健 師 による 心 の 健 康 相 談 35

38 障 がい 者 自 立 支 援 センター ゆー あい 社 会 福 祉 法 人 巣 立 ち 会 指 定 相 談 支 援 事 業 所 野 の 花 社 会 福 祉 法 人 巣 立 ち 会 ルポゼ 時 17 時 ( 月 金 ) 10 時 15 時 ( 日 ) 9 時 17 時 ( 月 金 ) 9 時 17 時 ( 月 金 ) 障 がい 者 の 日 常 生 活 の 支 援 や 相 談 地 域 交 流 活 動 等 を 行 っている 障 がい 福 祉 サービスの 利 用 に 関 す る 調 整 が 難 しい 方 に 代 わって 相 談 支 援 専 門 員 がサービス 利 用 のため の 支 援 や 調 整 を 行 う うつ 病 のリハビリテーションと 復 職 支 援 子 ども 青 少 年 教 育 窓 口 名 称 電 話 番 号 受 付 時 間 等 相 談 内 容 等 市 子 ども 育 成 課 内 線 2737 市 子 ども 家 庭 支 援 センター のびのびひろば 市 子 ども 家 庭 支 援 センター すくすくひろば 杉 並 児 童 相 談 所 市 総 合 保 健 センター すくすく 保 育 相 談 ( 各 市 立 保 育 園 ) 8 時 30 分 17 時 8 時 30 分 19 時 ( 月 土 ) 10 時 16 時 30 分 ( 月 土 ) 9 時 17 時 ( 月 金 ) 8 時 30 分 17 時 ( 月 金 ) 9 時 16 時 保 育 園 の 開 園 日 子 育 て 家 庭 内 での 暴 力 経 済 的 な 困 りごと 資 金 の 貸 付 等 の 相 談 地 域 の 子 ども 家 庭 総 合 相 談 の 拠 点 施 設 市 内 在 住 の 18 歳 未 満 の 児 童 や 家 庭 の 問 題 についての 相 談 市 内 在 住 の 0 歳 3 歳 のお 子 さ んとその 保 護 者 を 対 象 に 保 育 士 が 子 育 て 相 談 に 応 じる 交 流 の 場 の 提 供 育 児 講 座 も 行 っている 18 歳 未 満 の 子 どもについてのあ らゆる 相 談 に 専 門 職 員 が 応 じる 健 康 相 談 産 後 のお 母 さんの 心 の 相 談 子 育 て 相 談 市 立 保 育 園 で 保 育 士 などが 子 育 ての 悩 みに 応 じる 市 学 務 課 内 線 3291 総 合 教 育 相 談 室 教 育 支 援 の 相 談 8 時 30 分 17 時 ( 月 金 ) 教 育 相 談 ( 要 予 約 ) 9 時 17 時 ( 月 金 第 土 ) 専 門 の 相 談 員 が 学 校 医 療 保 健 福 祉 など 関 係 機 関 と 連 携 した 支 援 の 相 談 を 行 う 教 育 相 談 は 臨 床 心 理 士 のカウンセリングを 行 う 東 京 都 教 育 相 談 センター (いじめ 相 談 ホットライン 専 用 電 話 ) 9 時 21 時 ( 月 金 ) 9 時 17 時 ( 土 日 祝 ) いじめ 相 談 ホットラインは 24 時 間 対 応 ( 年 中 無 休 ) 幼 児 から 高 校 生 相 当 年 齢 まで 本 人 保 護 者 及 び 教 員 を 対 象 に 受 付 けている 子 育 てに 関 する 相 談 不 登 校 障 がいのある 子 供 の 子 育 て 学 校 で のいじめや 体 罰 進 級 や 進 学 に 関 する 相 談 など 36 Healthy handbook of mind

39 みたかこころの 相 談 窓 口 一 覧 東 京 都 ひきこもり サポートネット 時 17 時 ( 月 金 ) ひきこもりで 悩 んでいる 本 人 家 族 友 人 などからの 相 談 みたか 若 者 サポートステーション 社 会 福 祉 法 人 巣 立 ち 会 ユースメンタルサポート Color 時 17 時 ( 月 火 木 金 土 ) 9 時 17 時 ( 月 金 ) 若 者 (15 歳 概 ね 35 歳 ま で ) のための 進 路 進 学 人 間 関 係 などの 総 合 相 談 精 神 的 不 調 に 悩 む 10 代 から 20 代 の 若 者 やその 家 族 を 早 期 に 支 援 する 専 門 相 談 機 関 ひとり 親 家 庭 窓 口 名 称 電 話 番 号 受 付 時 間 等 相 談 内 容 等 市 子 ども 育 成 課 内 線 2737 母 子 相 談 ( 要 予 約 ) 9 時 17 時 ( 月 金 ) 経 済 的 なことから 精 神 面 の 悩 みま で 母 子 家 庭 の 相 談 障 がい 児 者 支 援 窓 口 名 称 電 話 番 号 受 付 時 間 等 相 談 内 容 等 北 野 ハピネスセンター 市 地 域 福 祉 課 内 線 2656 身 体 障 がい 者 知 的 障 がい 者 相 談 員 障 がい 者 就 労 支 援 センター かけはし 福 祉 療 育 相 談 随 時 医 療 相 談 ( 予 約 制 ) 週 1 回 歯 科 相 談 ( 予 約 制 ) 第 1( 土 )( 隔 月 ) 第 4( 木 ) お 問 い 合 わせ 下 さい 9 時 18 時 ( 月 金 ) 相 談 は 予 約 制 で 10 時 17 時 幼 児 から 成 人 までを 対 象 とする 障 がい 者 福 祉 センター 福 祉 療 育 医 療 歯 科 それぞれの 相 談 に 応 じ る 障 がい 者 やその 関 係 者 から 選 ばれ た 相 談 員 が 地 域 の 中 で 身 近 に 相 談 関 係 機 関 とのネットワークを 活 用 して 障 がい 者 の 就 労 支 援 を 行 う 障 がい 者 地 域 自 立 生 活 支 援 セン ターぽっぷ 時 17 時 ( 月 火 木 金 土 )9 時 20 時 ( 水 ) 在 宅 の 障 がい 者 の 自 立 と 社 会 参 加 の 促 進 を 図 るため ピアカウンセ ラーが 中 心 となって 相 談 37

40 高 齢 者 窓 口 名 称 電 話 番 号 受 付 時 間 等 相 談 内 容 等 地 域 包 括 支 援 センター 弘 済 園 地 域 包 括 支 援 センター はなかいどう 地 域 包 括 支 援 セ ンター 野 村 病 院 地 域 包 括 支 援 センター 地 域 包 括 支 援 センター 太 郎 けやき 苑 地 域 包 括 支 援 センター どんぐり 山 地 域 包 括 支 援 センター 新 川 中 原 地 域 包 括 支 援 センター 高 齢 者 安 心 電 話 時 17 時 ( 月 土 ) 19 時 半 22 時 半 ( 年 中 無 休 ) 高 齢 者 の 生 活 を 総 合 的 に 支 えてい くための 拠 点 施 設 介 護 予 防 マネ ジメントをはじめ 心 身 の 健 康 維 持 高 齢 者 福 祉 医 療 などの 全 般 的 な 相 談 や 適 切 なサービス 利 用 へ の 調 整 を 行 う 高 齢 者 及 びその 家 族 等 を 対 象 とし た 福 祉 生 活 人 間 関 係 等 各 種 の 心 配 事 に 対 する 相 談 ( 夜 間 のみ) 高 齢 者 虐 待 防 止 センター 時 16 時 ( 月 水 金 ) 高 齢 者 虐 待 に 関 する 電 話 相 談 女 性 男 女 共 同 参 画 窓 口 名 称 電 話 番 号 受 付 時 間 等 相 談 内 容 等 市 相 談 情 報 課 ( 要 予 約 ) 土 曜 日 は へ 女 性 のための 心 の 相 談 市 企 画 経 営 課 内 線 2115 予 約 は 相 談 情 報 課 へ 男 女 平 等 参 画 相 談 員 13 時 17 時 ( 木 土 ) 1 人 1 時 間 三 鷹 市 女 性 交 流 室 で 8 時 30 分 17 時 暮 らしの 中 のさまざまなことに 悩 んでいる 女 性 のための 相 談 電 話 相 談 にも 応 じる 男 女 平 等 に 関 わる 人 権 侵 害 につい ての 相 談 ( 職 場 のセクシャルハラ スメントなど) 東 京 ウィメンズプラザ 相 談 室 悩 み 法 律 精 神 科 医 による 相 談 男 性 のための 悩 み 相 談 時 21 時 ( 年 末 年 始 を 除 く 毎 日 ) 17 時 20 時 ( 月 水 ) 配 偶 者 からの 暴 力 被 害 職 場 での 人 間 関 係 や 家 族 との 関 係 夫 婦 の 問 題 仕 事 や 生 き 方 についての 悩 みなど 暮 らしの 中 で 抱 えている さまざまな 不 安 や 心 配 に 対 応 38 Healthy handbook of mind

41 みたかこころの 相 談 窓 口 一 覧 人 権 窓 口 名 称 電 話 番 号 受 付 時 間 等 相 談 内 容 等 権 利 擁 護 センターみたか 市 企 画 経 営 課 内 線 2115 予 約 は 相 談 情 報 課 へ 男 女 平 等 参 画 相 談 員 市 相 談 情 報 課 人 権 身 の 上 相 談 8 時 30 分 17 時 15 分 ( 月 金 ) 8 時 30 分 17 時 ( 月 金 ) 第 3( 水 )13 時 16 時 高 齢 者 や 知 的 障 がい 者 精 神 障 が い 者 など 判 断 能 力 が 不 十 分 な 方 の 権 利 擁 護 に 関 する 相 談 窓 口 成 年 後 見 制 度 の 利 用 相 談 にも 応 じ る 男 女 平 等 に 関 わる 人 権 侵 害 ( 職 場 のセクシャルハラスメントなど) についての 相 談 日 常 生 活 での 人 権 問 題 心 配 なこ とについて 相 談 しごと 労 働 問 題 窓 口 名 称 電 話 番 号 受 付 時 間 等 相 談 内 容 等 市 生 活 経 済 課 内 線 2542 しごとの 相 談 三 鷹 産 業 プラザで 10 時 12 時 30 分 ( 第 1( 月 ) 祝 日 の 場 合 は 翌 週 ) 求 職 中 の 方 就 労 中 の 方 事 業 者 の 方 などを 対 象 に 仕 事 に 関 するさ まざまな 相 談 ハローワーク 三 鷹 東 京 しごとセンター 多 摩 東 京 都 労 働 相 談 情 報 センター 国 分 寺 事 務 所 国 分 寺 市 南 町 来 所 相 談 心 の 健 康 相 談 東 京 都 ろうどう 110 番 三 鷹 労 働 基 準 監 督 署 または フリー ダイヤル( 有 楽 町 新 宿 南 相 談 コ ー ナ ー 直 通 ) 総 合 労 働 相 談 コーナー 8 時 30 分 17 時 15 分 ( 月 金 ) 9 時 20 時 ( 月 金 ) 9 時 17 時 ( 土 ) 来 所 相 談 ( 要 予 約 ) 9 時 17 時 ( 月 金 ) 夜 間 :17 時 45 分 20 時 ( 月 ) 心 の 健 康 相 談 第 1 第 4( 金 ) 14 時 17 時 9 時 20 時 ( 月 金 ) 9 時 17 時 ( 土 ) 9 時 17 時 ( 月 金 ) 就 職 活 動 中 の 方 への 職 業 相 談 再 就 職 へ 向 けた 個 別 支 援 を 行 う 幅 広 い 年 齢 層 の 求 職 活 動 中 の 方 を 対 象 に 就 業 相 談 やキャリアカウ ンセリング 職 業 紹 介 を 行 う 労 働 者 使 用 者 からの 労 働 条 件 就 業 規 則 賃 金 不 払 い 解 雇 セ クシャルハラスメントなど 労 働 全 般 に 関 する 相 談 心 の 健 康 相 談 では 専 門 カウンセラーが 職 場 にお ける 心 の 悩 みに 関 する 相 談 に 応 じ る 賃 金 退 職 金 等 の 労 働 条 件 や 労 使 関 係 などの 労 働 問 題 全 般 の 相 談 解 雇 労 働 条 件 募 集 採 用 男 女 均 等 取 扱 いじめ 嫌 がらせ セクシャルハラスメント 等 を 含 め た 労 働 問 題 に 関 するあらゆる 分 野 の 相 談 39

42 多 摩 東 部 地 域 産 業 保 健 センター 健 康 相 談 コーナー 総 合 相 談 と 夜 間 の 健 康 相 談 は 三 鷹 市 医 師 会 館 で 総 合 相 談 11 時 14 時 ( 月 金 ) 働 く 人 の 健 康 相 談 毎 週 ( 木 )13 時 30 分 15 時 三 鷹 産 業 プ ラ ザ 2 階 ( 株 )ま ち づ くり 三 鷹 地 域 情 報 セン ターで 夜 間 の 健 康 相 談 第 1( 火 ) 20 時 21 時 30 分 50 人 未 満 の 事 業 所 を 対 象 に 働 く 人 の 身 体 や 心 の 健 康 相 談 や 健 康 診 断 後 の 相 談 生 活 安 全 犯 罪 被 害 窓 口 名 称 電 話 番 号 受 付 時 間 等 相 談 内 容 等 警 視 庁 犯 罪 被 害 者 ホットライン 警 視 庁 生 活 安 全 相 談 センター プッシュホン# 時 30 分 17 時 15 分 ( 月 金 ) 8 時 30 分 17 時 15 分 ( 月 金 ) 性 犯 罪 や 傷 害 事 件 の 被 害 者 殺 人 や 交 通 死 亡 事 故 のご 遺 族 の 型 に 対 する 相 談 やみ 金 融 や 悪 質 商 法 男 女 間 暴 力 つきまといなど 様 々な 相 談 遺 族 支 援 窓 口 名 称 電 話 番 号 受 付 時 間 等 相 談 内 容 等 NPO 法 人 全 国 自 死 遺 族 総 合 支 援 センター 電 話 相 談 NPO 法 人 グリーフケア サポー トプラザ 電 話 相 談 10 時 20 時 ( 金 ) 10 時 18 時 ( 火 木 土 ) 自 死 遺 族 を 対 象 とした 相 談 消 費 生 活 多 重 債 務 窓 口 名 称 電 話 番 号 受 付 時 間 等 相 談 内 容 等 消 費 者 活 動 センター 消 費 者 相 談 窓 口 10 時 12 時 13 時 16 時 ( 月 金 ) 消 費 者 相 談 員 が 契 約 トラブル 等 消 費 生 活 上 の 相 談 に 応 じる 40 Healthy handbook of mind

43 みたかこころの 相 談 窓 口 一 覧 東 京 都 消 費 者 総 合 センター 消 費 生 活 相 談 多 重 債 務 問 題 相 談 架 空 請 求 相 談 専 用 電 話 高 齢 者 被 害 110 番 時 16 時 ( 月 土 ) 架 空 請 求 専 用 電 話 は 17 時 まで 契 約 トラブル 等 消 費 生 活 に 関 する トラブル 架 空 請 求 多 重 債 務 問 題 等 さまざまな 相 談 金 融 多 重 債 務 窓 口 名 称 電 話 番 号 受 付 時 間 等 相 談 内 容 等 東 京 都 産 業 労 働 局 金 融 部 貸 金 業 対 策 課 電 話 相 談 9 時 12 時 13 時 17 時 ( 月 金 ) 貸 金 業 者 に 関 する 苦 情 及 び 相 談 照 会 など 貸 金 業 に 係 る 相 談 法 律 多 重 債 務 窓 口 名 称 電 話 番 号 受 付 時 間 等 相 談 内 容 等 市 相 談 情 報 課 法 律 相 談 ( 要 予 約 ) 税 務 相 談 ( 要 予 約 ) 法 テラス 情 報 提 供 犯 罪 被 害 者 専 用 時 15 時 30 分 ( 月 金 ) 13 時 16 時 ( 木 ) 9 時 21 時 ( 平 日 ) 9 時 17 時 ( 土 ) 弁 護 士 税 理 士 による 専 門 的 な 相 談 法 的 トラブルに 巻 き 込 まれて 困 っ たときの 相 談 その 他 窓 口 名 称 電 話 番 号 受 付 時 間 等 相 談 内 容 等 市 相 談 情 報 課 行 政 苦 情 相 談 外 国 人 相 談 三 鷹 市 社 会 福 祉 協 議 会 ほのぼのネット 時 16 時 第 1( 金 ) 英 語 : 第 2( 金 ) 中 国 語 : 第 4( 金 ) 随 時 行 政 の 仕 事 に 関 する 苦 情 市 内 に 居 住 する 外 国 人 の 生 活 相 談 や 行 政 相 談 高 齢 者 や 子 育 て 中 の 方 を 対 象 にし たお 茶 会 や 行 事 講 演 会 相 談 相 手 や 見 守 りを 行 う 41

44 精 神 科 心 療 内 科 を 標 榜 している 医 療 機 関 医 療 機 関 名 所 在 地 電 話 番 号 診 療 科 目 井 之 頭 病 院 上 連 雀 長 谷 川 病 院 大 沢 杏 林 大 学 医 学 部 付 属 病 院 新 川 三 鷹 駅 前 こころのクリニック 下 連 雀 三 鷹 三 協 ビル 1 階 B 室 小 川 クリニック 下 連 雀 ライオンズプラザ 三 鷹 駅 前 花 楯 こころ からだのクリニック 下 連 雀 鈴 木 ビル 2 階 精 神 科 心 療 内 科 内 科 精 神 科 歯 科 心 療 内 科 神 経 内 科 内 科 外 科 産 婦 人 科 小 児 科 耳 鼻 咽 喉 科 皮 膚 科 泌 尿 器 科 精 神 科 脳 神 経 外 科 神 経 内 科 眼 科 呼 吸 器 科 消 化 器 科 他 心 療 内 科 神 経 科 精 神 科 内 科 生 活 保 護 は 不 可 神 経 科 内 科 精 神 科 心 療 内 科 神 経 科 精 神 科 42 Healthy handbook of mind

45

46

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464>

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464> 災 害 発 生 後 における 児 童 生 徒 の 健 康 管 理 の 手 引 き 北 海 道 教 育 庁 学 校 教 育 局 健 康 体 育 課 ま え が き こ の た び の 東 日 本 大 震 災 で は 児 童 生 徒 を 含 む 多 く の 尊 い 命 が 失 わ れ 現 在 も 安 否 が 不 明 な 方 や 被 災 さ れ 避 難 所 等 で の 生 活 を 余 儀 な く さ れ

More information

第2章 健康づくりの現状と課題

第2章 健康づくりの現状と課題 第 2 章 吹 田 市 の 現 状 と 課 題 1 吹 田 市 の 現 状 (1) 人 口 世 帯 数 について 吹 田 市 の 人 口 は 平 成 16 年 (2004 年 )9 月 30 日 現 在 351, 283 人 です うち 65 歳 以 上 は55,017 人 15 歳 ~64 歳 は244,336 人 15 歳 未 満 は51,930 人 です 高 齢 化 率 は 15.7% 少 子

More information

秋 田 県 精 神 科 救 急 搬 送 及 び 受 入 れ 対 応 事 例 集 ( 身 体 合 併 症 を 有 する 精 神 疾 患 患 者 の 受 入 医 療 機 関 確 保 のための 基 準 と 対 応 ) 平 成 28 年 2 月 1 日 秋 田 県 健 康 福 祉 部 障 害 福 祉 課 目 次 秋 田 県 精 神 科 救 急 搬 送 及 び 受 入 れ 対 応 事 例 集 の 概 要 1

More information

現 代 の 社 会 情 勢

現 代 の 社 会 情 勢 時 代 不 安 と 職 業 観 パートⅦ - 不 況 時 代 のメンタルヘルス- 臨 床 心 理 士 の 立 場 から ティーペック 株 式 会 社 EAPセンター 臨 床 心 理 士 鴨 澤 あかね 現 代 の 社 会 情 勢 若 者 ( 新 入 社 員 )の の 意 識 今 の 会 社 に 一 生 勤 めようと 思 っている とする 回 答 出 典 : 2009 年 度 新 入 社 員 意 識

More information

KT6 定年制職員就業規程

KT6 定年制職員就業規程 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 第 2 条 適 用 範 囲 第 2 章 勤 務 第 1 節 勤 務 心 得 第 3 条 職 務 の 遂 行 第 4 条 禁 止 事 項 第 5 条 許 可 及 び 届 出 事 項 第 2 節 勤 務 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 6

More information

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 非 常 勤 職 員 ( 研 修 医 ) 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 制 定 平 成 27 年 4 月 1 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 とい う ) 第 2 条 第 2 項

More information

Microsoft Word - ★250822【発出版】子ども虐待対応の手引き

Microsoft Word - ★250822【発出版】子ども虐待対応の手引き 第 6 章 1. 各 種 診 断 はどのように 行 うか 児 童 相 談 所 における 子 ども 虐 待 対 応 は 専 門 的 な 科 学 的 知 見 に 基 づき 問 題 の 本 質 背 景 を 分 析 す ることにより 合 理 的 客 観 的 見 地 から 個 々の 事 例 につ の 過 程 が 診 断 であり 診 断 には 児 童 福 祉 司 による 社 会 診 断 児 童 心 理 司 による

More information

(2) 少 年 による 薬 物 乱 用 の 推 移 7-2 図 は 特 別 法 犯 少 年 の 送 致 人 員 に 占 める 薬 物 事 犯 を 示 している 薬 物 事 犯 は 昭 和 55 年 ~ 6 年 に 最 も 多 かったが 現 在 は 減 少 傾 向 にある しかし 平 成 2 年 に

(2) 少 年 による 薬 物 乱 用 の 推 移 7-2 図 は 特 別 法 犯 少 年 の 送 致 人 員 に 占 める 薬 物 事 犯 を 示 している 薬 物 事 犯 は 昭 和 55 年 ~ 6 年 に 最 も 多 かったが 現 在 は 減 少 傾 向 にある しかし 平 成 2 年 に 第 7 章 薬 物 乱 用 犯 罪 被 害 等 1. 薬 物 乱 用 の 実 態 (1) 薬 物 乱 用 とその 影 響 薬 物 乱 用 とは 医 薬 品 を 医 療 以 外 の 目 的 で 使 用 すること 医 療 目 的 ではない 化 学 物 質 を 不 正 に 使 用 することである 乱 用 される 薬 物 には 前 者 の 例 として 睡 眠 薬 や 鎮 痛 剤 のような 向 精 神 薬 があり

More information

田中英高氏提出資料1

田中英高氏提出資料1 震 災 や 放 射 線 が 児 童 生 徒 への 心 身 に 与 える 影 響 について 日 本 小 児 心 身 医 学 会 田 中 英 高 ( 大 阪 医 科 大 学 小 児 科 ) 福 島 県 内 で 一 定 の 放 射 線 量 が 計 測 された 学 校 等 に 通 う 児 童 生 徒 等 の 日 常 生 活 等 に 関 する 専 門 家 からのヒアリング( 第 1 回 )について 平 成 23

More information

Q4 被 災 した 家 の 代 わりに 住 宅 を 新 築 する 計 画 で 既 に 被 災 者 生 活 再 建 支 援 法 に 基 づく 加 算 支 援 金 150 万 円 ( 単 身 者 )を 受 給 しているが 会 社 を 退 職 するため 家 の 建 設 をやめることにした この 場 合 加

Q4 被 災 した 家 の 代 わりに 住 宅 を 新 築 する 計 画 で 既 に 被 災 者 生 活 再 建 支 援 法 に 基 づく 加 算 支 援 金 150 万 円 ( 単 身 者 )を 受 給 しているが 会 社 を 退 職 するため 家 の 建 設 をやめることにした この 場 合 加 生 活 を 再 建 する 被 災 者 生 活 再 建 支 援 法 Q1 被 災 者 生 活 再 建 支 援 法 では 住 宅 を 建 設 購 入 した 場 合 加 算 支 援 金 200 万 円 ( 単 身 者 は 150 万 円 )が 受 けられることになっています しかし 高 齢 のため ローンを 組 むことができません 加 算 支 援 金 200 万 円 ( 単 身 者 は 150 万 円 )を

More information

(2) トイレ 避 難 所 に 洋 式 トイレがあるか バリアフリーになっているかも 心 配 です < 知 的 障 害 のある 子 どもの 保 護 者 の 方 の 声 > 子 どもは 洋 式 トイレでなくては 用 がたせません おむつをしているので 一 人 でトイレに 行 かせると 失 敗 する 着

(2) トイレ 避 難 所 に 洋 式 トイレがあるか バリアフリーになっているかも 心 配 です < 知 的 障 害 のある 子 どもの 保 護 者 の 方 の 声 > 子 どもは 洋 式 トイレでなくては 用 がたせません おむつをしているので 一 人 でトイレに 行 かせると 失 敗 する 着 避 難 所 について 1. 運 営 は 地 域 住 民 で 避 難 所 の 運 営 は 地 域 防 災 組 織 を 中 心 とした 地 域 の 住 民 や 避 難 所 の 代 表 者 による 自 治 組 織 避 難 所 運 営 委 員 会 で 行 うことになっています また 市 職 員 学 校 施 設 管 理 者 及 びボランティアは 支 援 にあたります 障 害 のある 方 やご 高 齢 の 方

More information

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換 就 業 規 則 平 成 22 年 2 月 23 日 改 正 ( 個 人 情 報 保 護 に 関 する 規 定 を 追 加 ) コンピュータ レスキュー 株 式 会 社 就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

(Microsoft Word - \203p\203\217\203n\203\211\201i\225\312\216\206\202P\201j.doc)

(Microsoft Word - \203p\203\217\203n\203\211\201i\225\312\216\206\202P\201j.doc) 別 紙 1 パワー ハラスメントの 防 止 のために 職 員 が 認 識 すべき 事 項 についての 指 針 第 1 パワー ハラスメント( 以 下 パワハラ という )をしないようにするため に 職 員 が 認 識 すべき 事 項 1 意 識 の 重 要 性 パワハラをしないようにするためには 職 員 一 人 一 人 が 次 の 事 項 の 重 要 性 について 十 分 認 識 しなければならない

More information

Microsoft Word - 020-2_帳票類確定版0327

Microsoft Word - 020-2_帳票類確定版0327 厚 生 労 働 省 25 度 セーフティネット 支 援 対 策 等 事 業 ( 社 会 福 祉 推 進 事 業 ) 自 立 相 談 支 援 機 関 使 用 標 準 様 式 研 究 事 業 自 立 相 談 支 援 機 関 使 用 標 準 様 式 ~アセスメントシート プランシート 等 帳 票 類 ~ < 改 訂 版 > 26 3 目 次 基 本 帳 票 類 1 相 談 申 込 受 付 票... 2 2

More information

ですから 日 常 で 診 療 している いつもの 患 者 さん の 中 に 実 はうつも 沢 山 隠 れています そういう 意 味 で みなさんの 持 つうつ 病 のイメージを 刷 新 していただきたいたいと 思 います では 自 律 神 経 症 状 を 呈 する 精 神 疾 患 には 他 に 何

ですから 日 常 で 診 療 している いつもの 患 者 さん の 中 に 実 はうつも 沢 山 隠 れています そういう 意 味 で みなさんの 持 つうつ 病 のイメージを 刷 新 していただきたいたいと 思 います では 自 律 神 経 症 状 を 呈 する 精 神 疾 患 には 他 に 何 シリーズ 第 6 回 /2012 年 4 月 30 日 放 送 日 常 診 療 で 遭 遇 するうつ 病 -その 診 断 と 治 療 - 藤 田 保 健 衛 生 大 学 精 神 神 経 科 学 教 授 内 藤 宏 かかりつけ 医 が 遭 遇 する 軽 症 うつ 病 一 般 的 に うつ 病 というと 自 殺 のリスクが 高 い 重 症 例 をイメージされることが 多 いと 思 いま すが 今 回 は

More information

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5>

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5> 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 64 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 50 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 の 給 与

More information

西予市人口ビジョン

西予市人口ビジョン 西 予 市 人 口 ビジョン 28 年 3 月 西 予 市 目 次 西 予 市 のお 財 布 事 情... 1 Ⅰ 人 口 ビジョン 策 定 の 目 的... 2 Ⅱ 西 予 市 の 人 口 動 向... 2 1. 人 口 推 移... 2 2. 自 然 増 減... 6 3. 社 会 増 減... 10 Ⅲ 西 予 市 の 将 来 人 口 推 計... 12 1. 市 全 体... 12 ア 推

More information

避難所についての内閣府等のこれまでの対応

避難所についての内閣府等のこれまでの対応 ( 資 料 5 関 連 : 参 考 資 料 ) 避 難 所 の 確 保 と 質 の 向 上 に 関 する 検 討 会 について 平 成 27 年 7 月 22 日 内 閣 府 ( 防 災 担 当 ) 1. 取 組 指 針 での トイレ に 関 する 主 な 規 定 P9 第 1-2-(2) 福 祉 避 難 所 の 整 備 福 祉 避 難 所 とは 要 配 慮 者 のために 特 別 の 配 慮 がなされた

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

就 業 規 則

就 業 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 国 語 研 究 所 契 約 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 平 成 18 年 4 月 1 日 国 語 研 規 則 第 7 号 改 正 平 成 20 年 2 月 12 日 改 正 平 成 21 年 3 月 10 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 独 立 行 政 法 人 国 立 国 語 研 究 所 ( 以 下 研 究 所 という )の 業 務

More information

休 憩 時 間 休 憩 時 間 は 勤 務 時 間 の 途 中 で 自 分 の 時 間 として 自 由 に 利 用 することが 法 律 で 保 障 されている 時 間 です 学 校 職 場 では1 日 45 分 です 勤 務 する 義 務 がないの で 給 与 の 対 象 外 です 仕 事 による 肉 体 的 精 神 的 な 疲 労 を 回 復 するために 労 働 基 準 法 で 決 められています

More information

Taro-栃木県教育委員会における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(本文)

Taro-栃木県教育委員会における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(本文) 栃 木 県 教 育 委 員 会 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の 規 定

More information

Microsoft Word - DV基本計画(第2次)策定にあたっての提言.doc

Microsoft Word - DV基本計画(第2次)策定にあたっての提言.doc 蕨 市 配 偶 者 等 からの 暴 力 の 防 止 及 び 被 害 者 の 支 援 に 関 する 基 本 計 画 ( 第 2 次 ) 策 定 に 向 けての 提 言 平 成 27 年 10 月 26 日 蕨 市 男 女 共 同 参 画 推 進 委 員 会 蕨 市 における 配 偶 者 間 の 暴 力 防 止 および 被 害 者 支 援 の 方 向 性 について 趣 旨 配 偶 者 等 からの 暴 力

More information

現 状 把 握 グループ 協 議 結 果 Aグループ 健 康 強 み 健 康 への 意 識 が 高 い 病 院 が 多 い 6 8 年 間 を 通 して 健 康 づくり 活 動 を 行 なっている 高 齢 者 の 学 習 の 場 がたくさんある 運 動 意 識 が 高 い ( 高 齢 者 運 動 会

現 状 把 握 グループ 協 議 結 果 Aグループ 健 康 強 み 健 康 への 意 識 が 高 い 病 院 が 多 い 6 8 年 間 を 通 して 健 康 づくり 活 動 を 行 なっている 高 齢 者 の 学 習 の 場 がたくさんある 運 動 意 識 が 高 い ( 高 齢 者 運 動 会 現 状 把 握 グループ 協 議 結 果 Aグループ 福 祉 強 み 参 考 資 料 河 内 総 合 福 祉 センターまでのバスが 巡 回 ( 温 泉 入 浴 が 可 ) 福 祉 施 設 の 充 実 地 区 内 に 河 内 総 合 福 祉 センターがある 福 祉 の 拠 点 として,もっと 利 用 し よう 介 護 施 設 等 では 軒 先 まで 送 迎 してもらえるので,とても 便 利 に 思 います

More information

高齢者等の居室内での死亡事故等に対する賃貸人の不安解消に関する調査<概要版>

高齢者等の居室内での死亡事故等に対する賃貸人の不安解消に関する調査<概要版> 高 齢 者 等 の 居 室 内 での 死 亡 事 故 等 に 対 する 賃 貸 人 の 不 安 解 消 に 関 する 調 査 < 概 要 版 > 1. 調 査 目 的 民 間 賃 貸 住 宅 において 賃 貸 人 が 高 齢 者 等 の 入 居 を 制 限 する 実 態 が 見 られ その 理 由 として 家 賃 の 支 払 い 居 室 内 での 死 亡 事 故 等 等 への 賃 貸 人 の 不 安

More information

産婦人科 転職ガイド

産婦人科 転職ガイド 転 職 をお 考 えの 先 生 へ 産 婦 人 科 転 職 ガイド 株 式 会 社 プライオネット ( 本 社 ) 愛 知 県 豊 橋 市 藤 沢 町 141 ロワジールホテル 豊 橋 8F 求 人 フリーダイヤル:0120-480-501 求 人 専 用 メール:sdr info@priornet.info 産 婦 人 科 医 師 求 人 サイト 産 婦 人 科 ドクターズバンク http://www.priornet.info/sanfujinkdr/

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 (22 年 度 末 ) A B 22 年 度 1,025,619 539,469,112 4,455,499 151,781,717 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年 度 の 件 費 率 28.1 27.9 (2)

More information

第 2 節 各 領 域 における と 取 組 み 1 食 育 栄 養 食 生 活 1 朝 食 の 欠 食 者 が 多 い( 重 点 ) 2 野 菜 を 毎 食 摂 る 人 が 少 ない 3 牛 乳 又 は 乳 製 品 を 毎 日 摂 る 人 が 少 ない 4 地 場 産 食 品 を 知 っている 人

第 2 節 各 領 域 における と 取 組 み 1 食 育 栄 養 食 生 活 1 朝 食 の 欠 食 者 が 多 い( 重 点 ) 2 野 菜 を 毎 食 摂 る 人 が 少 ない 3 牛 乳 又 は 乳 製 品 を 毎 日 摂 る 人 が 少 ない 4 地 場 産 食 品 を 知 っている 人 第 3 章 弟 子 屈 町 の 健 康 づくりの 推 進 第 1 節 健 康 づくりの 目 標 町 民 一 人 ひとりが 主 体 的 に 健 康 づくりに 取 り 組 み 健 康 的 な 生 活 習 慣 について 考 えることができるよう 行 動 指 針 として 食 育 栄 養 食 生 活 をはじめ8つの 生 活 習 慣 について わかりやすい 健 康 づくりの 目 標 を 設 定 しています また

More information

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2>

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2> 赤 ちゃんポスト と 匿 名 出 産 についての 法 的 検 討 平 成 18 年 12 月 弁 護 士 由 井 照 二 熊 本 市 の 病 院 で 提 案 された 赤 ちゃんポスト 設 置 問 題 と これに 関 連 する 匿 名 出 産 についての 法 律 問 題 の 検 討 内 容 を 以 下 のとおり 検 討 いたします 1はじめに 1この 検 討 書 は いわゆる 赤 ちゃんポスト との

More information

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 )

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 ) 任 期 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 16 規 程 第 10 号 平 成 16 年 4 月 1 日 ) 改 正 平 17 規 程 第 4 号 平 成 17 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 57 号 平 成 19 年 3 月 13 日 平 18 規 程 第 101 号 平 成 19 年 3 月 30 日 平 19 規 程 第 20 号 平 成 19 年 8 月 23 日 平 19 規

More information

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 平 成 26 年 3 月 25 日 ) 改 正 平 26 規 程 第 16 号 平 成 26 年 11 月 28 日 平 26 規 程 第 41 号 平 成 27 年 1 月 28 日 平 26 規 程 第 67 号 平 成 27 年 3 月 31 日 平 27 規 程 第 28 号 平 成 28 年 3 月

More information

Microsoft Word - 概要版_130325_3

Microsoft Word - 概要版_130325_3 基 本 理 念 健 康 寿 命 を 延 伸 する 健 康 都 市 金 沢 金 沢 市 の 平 均 寿 命 と 健 康 寿 命 ( 平 成 22 年 ) 健 康 寿 命 とは 健 康 上 の 問 題 で 日 常 生 活 が 制 限 されることなく 生 活 できる 期 間 です 金 沢 市 の 平 成 22 年 の 健 康 寿 命 は 男 性 78.16 歳 女 性 83.17 歳 となり 平 均 寿

More information

0511

0511 関 係 機 関 との 連 携 で 登 校 に 繋 がったケース 祖 父 祖 母 父 母 病 院 姉 本 人 SSW 中 学 校 ( 中 3) 1 気 になる 状 況 当 該 生 徒 は 保 健 室 登 校 はできるようになったが 学 校 への 復 帰 は 難 しい 精 神 的 に 不 安 定 な 状 態 となり 平 成 25 年 6 月 より 精 神 科 を 受 診 している 当 該 生 徒 は 父

More information

88

88 第 4 章 高 齢 者 福 祉 施 策 の 推 進 87 88 第 4 章 高 齢 者 福 祉 施 策 の 推 進 1 自 立 支 援 と 生 活 の 質 の 向 上 (1) 高 齢 者 の 生 活 支 援 施 設 等 の 活 用 生 活 に 関 する 不 安 の 解 消 や 寝 たきりにならないための 予 防 事 業 を 推 進 する 場 として 高 齢 者 の 生 活 支 援 施 設 等 の 活

More information

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾 審 査 基 準 平 成 26 年 11 月 6 日 作 成 法 令 名 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 等 による 犯 罪 被 害 者 等 の 支 援 に 関 する 法 律 根 拠 条 項 : 第 11 条 第 1 項 処 分 の 概 要 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 についての 裁 定 原 権 者 ( 委 任 先 ): 京 都 府 公 安 委 員 会 法

More information

雇 い 人 がいる 人 をいう (2) 自 営 業 主 ( 雇 入 なし) 個 人 経 営 の 商 店 主 工 場 主 農 業 主 などの 事 業 主 や 開 業 医 弁 護 士 著 述 家 などで 個 人 または 家 族 のみで 事 業 を 営 んでいる 人 をいう (3) 家 族 従 事 者 農

雇 い 人 がいる 人 をいう (2) 自 営 業 主 ( 雇 入 なし) 個 人 経 営 の 商 店 主 工 場 主 農 業 主 などの 事 業 主 や 開 業 医 弁 護 士 著 述 家 などで 個 人 または 家 族 のみで 事 業 を 営 んでいる 人 をいう (3) 家 族 従 事 者 農 2 主 な 用 語 の 説 明 世 帯 世 帯 とは 調 査 基 準 日 現 在 同 一 住 居 又 は 同 一 敷 地 内 の 別 棟 に 居 住 しており かつ 生 計 を 共 にしている 人 ( 世 帯 員 )の 集 まり 又 は 独 立 して 生 計 を 営 む 単 身 者 をいう 世 帯 員 世 帯 員 とは 調 査 基 準 日 現 在 この 世 帯 に 住 んでいる 人 のほか 一 時

More information

再 犯 防 止 に 向 けた 総 合 対 策 平 成 24 年 7 月 犯 罪 対 策 閣 僚 会 議 はじめに 1 第 1 再 犯 の 現 状 と 課 題 3 1 全 般 的 状 況 3 (1) 再 犯 者 率 の 上 昇 3 (2) 再 入 者 率 の 上 昇 3 (3) 仮 釈 放 率 の 低 下 3 2 対 象 者 の 特 性 別 に 見 た 現 状 3 (1) 早 期 対 策 が 必 要

More information

2007 年 ( 平 成 19 年 )7 月 四 万 十 市 目 次 Ⅰ 基 本 方 針 策 定 の 趣 旨 1 Ⅱ 基 本 理 念 2 Ⅲ 推 進 方 針 3 1 共 通 事 項 3 2 個 別 事 項 4 (1) 子 ども 4 (2) 女 性 4 (3) 高 齢 者 5 (4) 同 和 問 題 6 (5) 障 害 者 6 (6) ハンセン 病 HIV 感 染 者 等 7 (7) 外 国 人 7

More information

表紙.indd

表紙.indd コミュニティ 通 訳 の つなぐ 行 為 にみる 橋 渡 しとは 三 木 紅 虹 みなみ 市 民 活 動 多 文 化 共 生 ラウンジ コーディネーター NPO 法 人 MICかながわ 中 国 語 医 療 通 訳 はじめに 近 年 各 自 治 体 や 国 際 交 流 協 会 など 民 間 団 体 において コミュニティ 通 訳 が 無 視 できない 存 在 となりつつあるが その 人 材 の 育 成

More information

160615宮本先生セミナーレポート_d_docx

160615宮本先生セミナーレポート_d_docx 公 益 財 団 法 人 日 本 健 康 アカデミー 健 康 セミナー 誰 も 教 えてくれなかった 薬 の 話 ~ご 存 知 ですか? 薬 を 知 ることが 国 民 の 義 務 になったこと~ 講 師 : 宮 本 法 子 氏 東 京 薬 科 大 学 薬 学 部 客 員 教 授 日 時 平 成 28 年 6 月 15 日 (18:30~20:00) 会 場 日 本 生 命 八 王 子 ビル8 階 研

More information

表紙

表紙 15. 母 子 健 康 手 帳 交 付 時 期 と 妊 娠 産 及 びその 児 の 健 康 関 連 問 題 の 実 態 飯 田 芳 枝 ( 石 川 県 こころの 健 康 センター) 竹 島 ゆり ( 健 康 福 祉 部 少 子 化 対 策 監 室 母 子 保 健 食 育 グループ) 茗 荷 谷 弘 子 ( 小 松 市 いきいき 健 康 課 すこやかセンター) 目 的 母 子 健 康 手 帳 の 交

More information

Taro-職員給与規程(最終改正20141

Taro-職員給与規程(最終改正20141 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づ き 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 (

More information

Taro-★H26育児休業Q&A(H26改訂版)県立学校版

Taro-★H26育児休業Q&A(H26改訂版)県立学校版 育 児 休 業 Q&A 平 成 26 年 改 定 県 立 学 校 版 教 育 人 事 課 目 次 育 児 休 業 の 意 義 目 的 1 Q1 育 児 休 業 の 目 的 は? Q2 育 児 休 業 を 取 得 することによってどういう 効 果 があるの? 育 児 休 業 をすることができる 職 員 2 Q3 誰 でも 育 児 休 業 をすることができるの? Q4 育 児 休 業 中 の 身 分 はどうなるの?

More information

<8C928D4E8BB388E7947D91CC2E786477>

<8C928D4E8BB388E7947D91CC2E786477> Ⅷ 健 康 教 育 媒 体 及 び 参 考 資 料 1 健 康 教 育 媒 体 発 災 直 後 から 中 長 期 にいたる 災 害 時 の 保 健 活 動 において 避 難 所 等 での 健 康 教 育 に 活 用 できる 媒 体 があると 有 用 である 災 害 時 の 電 源 が 途 絶 えた 状 況 でも 困 らないように 印 刷 しておいたり 日 頃 の 地 域 保 健 活 動 で 活 用

More information

<4D F736F F D208AEE967B8C7689E68C8892E894C DC48D5C90AC816A2E646F63>

<4D F736F F D208AEE967B8C7689E68C8892E894C DC48D5C90AC816A2E646F63> アルコール 健 康 障 害 対 策 推 進 基 本 計 画 ( 案 ) 平 成 28 年 2 月 はじめに 〇 我 が 国 における 状 況 〇 WHOの 動 向 〇 アルコール 健 康 障 害 対 策 基 本 法 (Ⅰ)アルコール 健 康 障 害 対 策 推 進 基 本 計 画 について 1.アルコール 健 康 障 害 対 策 推 進 基 本 計 画 の 位 置 付 け 2. 第 1 期 アルコール

More information

目 次 Ⅰ 秋 田 市 の 各 種 相 談 窓 口 1 犯 罪 被 害 者 等 支 援 の 総 合 的 対 応 窓 口 1 2 経 済 的 支 援 に 関 する 相 談 (1) 高 額 療 養 費 の 支 給 1 (2) 医 療 費 の 一 部 負 担 金 の 徴 収 猶 予 および 免 除 1 (

目 次 Ⅰ 秋 田 市 の 各 種 相 談 窓 口 1 犯 罪 被 害 者 等 支 援 の 総 合 的 対 応 窓 口 1 2 経 済 的 支 援 に 関 する 相 談 (1) 高 額 療 養 費 の 支 給 1 (2) 医 療 費 の 一 部 負 担 金 の 徴 収 猶 予 および 免 除 1 ( 犯 罪 被 害 者 等 支 援 施 策 に 関 する 相 談 窓 口 のご 紹 介 平 成 28 年 度 秋 田 市 目 次 Ⅰ 秋 田 市 の 各 種 相 談 窓 口 1 犯 罪 被 害 者 等 支 援 の 総 合 的 対 応 窓 口 1 2 経 済 的 支 援 に 関 する 相 談 (1) 高 額 療 養 費 の 支 給 1 (2) 医 療 費 の 一 部 負 担 金 の 徴 収 猶 予 および

More information

不安障害について

不安障害について ハートクリニック 家 族 教 室 不 安 障 害 について 2013 年 10 月 6 日 ハートクリニック 医 師 田 村 紀 郎 本 日 の 流 れ 不 安 という 感 情 について 不 安 障 害 という 疾 患 について 不 安 障 害 の 治 療 について 不 安 不 安 障 害 と 家 族 について 不 安 の 役 割 について 不 安 は 身 に 迫 った 危 機 に 対 応 するために

More information

7 情緒障害

7 情緒障害 Ⅶ 情 緒 障 害 情 緒 障 害 と は, 状 況 に 合 わ な い 感 情 気 分 が 持 続 し, 不 適 切 な 行 動 が 引 き 起 こ さ れ, そ れ ら を 自 分 の 意 思 で は コ ン ト ロ ー ル で き な い こ と が 継 続 し, 学 校 生 活 や 社 会 生 活 に 適 応 で き な くな る 状 態 を い う 1 情 緒 障 害 の ある 子 供 の

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20939693FA97708B4C8ED28DA7926B89EF2D90AB94C68DDF2094928D95>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20939693FA97708B4C8ED28DA7926B89EF2D90AB94C68DDF2094928D95> 平 成 24 年 12 月 12 日 ( 水 ) 性 犯 罪 被 害 者 の 現 状 と 公 的 医 療 支 援 の 問 題 点 - 産 婦 人 科 医 会 の 調 査 より- 日 本 産 婦 人 科 医 会 常 務 理 事 母 子 愛 育 会 愛 育 病 院 安 達 知 子 性 犯 罪 の 分 類 Wikipediaより 暴 力 的 性 犯 罪 強 姦 強 制 わいせつ 強 盗 強 姦 わいせつ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63> 第 1 章 医 療 関 連 の 法 令 遵 守 及 び 職 業 倫 理 1. 医 師 歯 科 医 師 のプロフェショナリズム 我 が 国 では 医 学 の 進 歩 に 伴 い 平 均 寿 命 は 男 性 78 歳 女 性 85 歳 に 達 し 乳 児 死 亡 率 新 生 児 死 亡 率 周 産 期 死 亡 率 の 低 下 妊 産 婦 死 亡 率 の 低 下 心 疾 患 による 年 齢 調 整 死 亡

More information

6 月 1 日 に 日 本 年 金 機 構 の 年 金 の 個 人 情 報 を 管 理 しているシス テムが ウイルスメールによる 不 正 アクセスを 受 け 加 入 者 の 氏 名 や 年 金 番 号 など 約 125 万 件 に 上 る 個 人 情 報 が 流 失 しました ある 公 共 機 関

6 月 1 日 に 日 本 年 金 機 構 の 年 金 の 個 人 情 報 を 管 理 しているシス テムが ウイルスメールによる 不 正 アクセスを 受 け 加 入 者 の 氏 名 や 年 金 番 号 など 約 125 万 件 に 上 る 個 人 情 報 が 流 失 しました ある 公 共 機 関 マイナンバー 制 度 について 質 問 をします マイナンバー 社 会 保 障 税 番 号 制 度 は 今 年 10 月 赤 ちゃん からお 年 寄 りまで 住 民 登 録 をしているすべての 人 へ12 桁 法 人 へ は13 桁 の 番 号 が 通 知 され 2016 年 1 月 から 運 用 が 開 始 されます 政 府 はマイナンバーによって 国 民 一 人 ひとりの 社 会 保 障 の 利

More information

第 3 章 異 動 第 7 条 ( 異 動 ) 業 務 の 都 合 により 必 要 がある 場 合 は 社 員 に 異 動 ( 配 置 転 換 転 勤 出 向 )を 命 じ または 担 当 業 務 以 外 の 業 務 を 行 わせることがある 第 4 章 就 業 時 間 休 憩 時 間 休 日 およ

第 3 章 異 動 第 7 条 ( 異 動 ) 業 務 の 都 合 により 必 要 がある 場 合 は 社 員 に 異 動 ( 配 置 転 換 転 勤 出 向 )を 命 じ または 担 当 業 務 以 外 の 業 務 を 行 わせることがある 第 4 章 就 業 時 間 休 憩 時 間 休 日 およ 就 業 規 則 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は ( 以 下 会 社 という)の 秩 序 を 維 持 し 業 務 の 円 滑 な 運 営 を 期 すため 社 員 の 就 業 に 関 する 労 働 条 件 および 服 務 規 律 を 定 めたものである 第 2 条 ( 社 員 の 定 義 ) 1. 社 員 とは 会 社 と 雇 用 契 約 を 締 結 した 者 のうち

More information

Microsoft Word - 本文

Microsoft Word - 本文 精 神 保 健 及 び 精 神 障 害 者 福 祉 に 関 する 法 律 施 行 細 則 昭 和 四 十 一 年 五 月 十 日 規 則 第 二 十 五 号 改 正 昭 和 四 四 年 九 月 一 六 日 規 則 第 七 五 号 昭 和 四 八 年 三 月 九 日 規 則 第 九 号 昭 和 四 九 年 七 月 三 〇 日 規 則 第 五 四 号 昭 和 五 〇 年 九 月 九 日 規 則 第 五

More information

はじめに 運 行 管 理 者 は 自 動 車 の 安 全 運 行 を 確 保 するうえで 重 要 な 役 割 を 担 っています 点 呼 などの 機 会 を 通 じて 運 転 者 の 健 康 管 理 を 行 うことが 大 切 な 役 目 です このマニュアル を 参 照 して 運 転 者 の 健 康

はじめに 運 行 管 理 者 は 自 動 車 の 安 全 運 行 を 確 保 するうえで 重 要 な 役 割 を 担 っています 点 呼 などの 機 会 を 通 じて 運 転 者 の 健 康 管 理 を 行 うことが 大 切 な 役 目 です このマニュアル を 参 照 して 運 転 者 の 健 康 運 行 管 理 者 用 トラックドライバーの 健 康 管 理 マニュアル 運 転 者 の 体 調 不 良 による 交 通 事 故 を 撲 滅 しよう はじめに 運 行 管 理 者 は 自 動 車 の 安 全 運 行 を 確 保 するうえで 重 要 な 役 割 を 担 っています 点 呼 などの 機 会 を 通 じて 運 転 者 の 健 康 管 理 を 行 うことが 大 切 な 役 目 です このマニュアル

More information

<4832332E338B8B975E8CF6955C8169967B92A1816A2E786C73>

<4832332E338B8B975E8CF6955C8169967B92A1816A2E786C73> 総 括 () 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 塩 竈 市 の 給 与 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 22 年 度 末 ) A B B/A 平 成 2 年 度 の 人 件 費 率 平 成 22 年 度 57,266 人 2,59,774 486,43 3,398,0 5.7% 6.2%

More information

虐 待 防 止 委 員 会 運 用 指 針 ( 委 員 会 の 目 的 ) 第 1 条 虐 待 防 止 委 員 会 は 利 用 者 の 安 全 と 人 権 保 護 の 観 点 から 適 正 な 支 援 が 実 施 され 利 用 者 の 自 立 と 社 会 参 加 のための 支 援 を 妨 げることの

虐 待 防 止 委 員 会 運 用 指 針 ( 委 員 会 の 目 的 ) 第 1 条 虐 待 防 止 委 員 会 は 利 用 者 の 安 全 と 人 権 保 護 の 観 点 から 適 正 な 支 援 が 実 施 され 利 用 者 の 自 立 と 社 会 参 加 のための 支 援 を 妨 げることの 虐 待 防 止 委 員 会 運 用 指 針 社 会 福 祉 法 人 共 生 会 虐 待 防 止 委 員 会 運 用 指 針 ( 委 員 会 の 目 的 ) 第 1 条 虐 待 防 止 委 員 会 は 利 用 者 の 安 全 と 人 権 保 護 の 観 点 から 適 正 な 支 援 が 実 施 され 利 用 者 の 自 立 と 社 会 参 加 のための 支 援 を 妨 げることのないよう 必 要 に

More information

2016/3/4 2

2016/3/4 2 2016/3/4 久 留 米 大 学 門 田 光 司 1 2016/3/4 2 < > 2000 年 2 月 25 日 8 歳 の 少 女 ビクトリアが 父 方 の 伯 母 カウアオと 同 居 中 の 男 性 マニングに 殺 害 されると いう 事 件 が 起 きる カウアオはビクトリアを 連 れて フランスからイギリ スに 移 り その 後 自 宅 では 木 製 のスプーンやハン ガーで 殴 ることが

More information

CW6_A2200A01.indd

CW6_A2200A01.indd 1 発 育 発 達 について 1 発 育 発 達 子 どもの 特 徴 は 常 に 発 育 ( 成 長 発 達 )していることです 成 長 は 身 体 の 量 的 な 増 大 のことで 発 達 は 機 能 的 な 成 熟 を 意 味 しています 子 どもの 発 育 期 を 区 分 すると 新 生 児 期 ( 出 生 後 の4 週 間 ) 乳 児 期 ( 出 生 より1 年 ) 幼 児 期 ( 小 学

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63> 東 京 芸 術 大 学 教 育 研 究 等 非 常 勤 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 12 月 15 日 制 定 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 平 成 18 年 6 月 15 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 20 年 1 月 29 日 平 成 20 年 3 月 21 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 12 月 1 日 平 成 22 年

More information

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残 交 通 事 故 防 止 ガ イ ド ラ イ ン 平 成 1 8 年 度 は じ め に 大 磯 町 教 育 委 員 会 ( 平 成 1 8 年 1 0 月 3 1 日 改 正 ) 神 奈 川 県 全 国 の 教 職 員 の 交 通 事 故 が 多 発 し て い ま す 文 部 科 学 省 の 2 0 0 2 年 度 調 査 に よ る と, 交 通 事 故 に 関 わ る 懲 戒 処 分 を 受

More information

「誰に喰わせてもらっていると思っているんだ

「誰に喰わせてもらっていると思っているんだ 北 本 市 いじめ 自 殺 裁 判 最 高 裁 決 定 を 受 けて 原 告 弁 護 団 支 援 団 より 声 明 メッセージ 2014 年 10 月 7 日 A 弁 護 団 声 明 1 2005 年 に 自 殺 した 埼 玉 県 北 本 市 の 中 学 校 1 年 の 女 子 生 徒 ( 当 時 12 歳 )の 両 親 が 市 と 国 に 計 約 7670 万 円 の 損 害 賠 償 を 求 めた

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63> 伊 予 市 暴 力 団 排 除 条 例 質 疑 応 答 集 平 成 23 年 10 月 伊 予 市 総 務 部 総 務 課 目 次 総 論 問 1 本 条 例 の 概 要 は 1 問 2 本 条 例 を 制 定 する 目 的 は 1 問 3 本 条 例 の 特 徴 は 2 問 4 全 国 における 暴 力 団 情 勢 は 2 問 5 愛 媛 県 における 暴 力 団 情 勢 は 3 問 6 伊 予

More information

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 第 1 項 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 ( 以 下 大 学 という )に

More information

記 事 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セン 現 状 と 課 題 ター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 行 政 一 繰 越 控 除 限 度 額 に 係 る 最 も 古 い 年

記 事 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セン 現 状 と 課 題 ター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 行 政 一 繰 越 控 除 限 度 額 に 係 る 最 も 古 い 年 判 例 時 報 平 成 26 年 6 月 21 日 号 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セ 現 状 と 課 題 ンター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 < 行 政 > 1 件 33 < 民 事 > 6 件 46 < 知 の 財 産 権 > 2 件 100 < 商 事 > 1

More information

Microsoft PowerPoint - 大野Dr..ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 大野Dr..ppt [互換モード] 運 動 における 安 全 管 理 バイタルサインということばを ご 存 じですか? ヒトの 生 命 に 基 本 的 な 徴 候 生 命 の 維 持 に 直 接 関 係 する 安 全 管 理 に 最 低 必 要 な 情 報 脈 拍 呼 吸 体 温 血 圧 意 識 状 態 など 脈 拍 をどこで 測 るかご 存 じですか? 脈 拍 を 測 ってみましょう 親 指 側 の 手 首 に 脈 を 触 れ ます

More information

Microsoft Word - いじめ防止基本方針HP版(06大津高校)

Microsoft Word - いじめ防止基本方針HP版(06大津高校) 滋 賀 県 立 大 津 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに 本 校 は 教 育 理 念 を 表 すスローガンとして SMILEで 輝 く 未 来 へのまなざし を 掲 げ 教 育 活 動 に 取 り 組 んでいます SMILE の 各 文 字 は 次 に 示 した 教 育 への 思 いを 表 しています Study: 学 習 意 欲 と 学 力 の 向 上 で より 高 い 希

More information

Unknown

Unknown 国 民 健 康 44-2000 病 気 やけがをしたときに 医 療 費 の 負 担 が 高 額 とならないように みんなで 支 え 合 うのが 国 民 健 康 で 医 療 費 の 負 担 国 民 健 康 に 入 っている 人 は 医 療 費 の 負 担 額 が3 割 (70 歳 以 上 の 人 は 住 民 税 課 税 所 得 により 異 なります) で 済 みま 国 民 健 康 被 者 証 ( 証

More information

1) 保 育 所 認 定 こども 園 地 域 型 保 育 とは 保 育 所 共 働 きなど 家 庭 で 保 育 ができない 保 護 者 に 代 わって 保 育 を 行 なう 児 童 福 祉 施 設 * 利 用 時 間 : 朝 ~ 夕 (0 歳 ~ 満 3 歳 未 満 ) 3 号 認 定 が 必 要

1) 保 育 所 認 定 こども 園 地 域 型 保 育 とは 保 育 所 共 働 きなど 家 庭 で 保 育 ができない 保 護 者 に 代 わって 保 育 を 行 なう 児 童 福 祉 施 設 * 利 用 時 間 : 朝 ~ 夕 (0 歳 ~ 満 3 歳 未 満 ) 3 号 認 定 が 必 要 ~ 保 育 所 認 定 こども 園 (2 3 号 認 定 子 ども) 地 域 型 保 育 の 入 園 向 け~ 平 成 28 年 度 保 育 利 用 のご 案 内 利 根 町 役 場 子 育 て 支 援 課 子 ども 福 祉 係 新 制 度 では 幼 稚 園 や 認 定 こども 園 保 育 所 等 を 利 用 するために 子 どものための 教 育 保 育 給 付 にかかる 認 定 を 受 けていただく

More information

1 様 人 工 肛 門 (ストーマ)について 大 阪 市 立 大 学 医 学 部 附 属 病 院 消 化 器 外 科 主 治 医 説 明 をした 日 年 月 日 1.はじめに 人 工 肛 門 というと 人 工 の 器 具 のようなものを 想 像 する 人 も 多 いのですが 人 工 物 をお 腹 につけるわけではありません すべて 自 分 の 腸 や 尿 の 管 を 用 いて 便 や 尿 の 出 口 をつくるわけです

More information

F8 昨 年 の 世 帯 年 収 をお 知 らせください 1 100 万 円 未 満 4 300 万 円 ~400 万 円 7 600 万 円 ~700 万 円 2 100 万 円 ~200 万 円 5 400 万 ~500 万 円 8 700 万 円 以 上 3 200 万 円 ~300 万 円

F8 昨 年 の 世 帯 年 収 をお 知 らせください 1 100 万 円 未 満 4 300 万 円 ~400 万 円 7 600 万 円 ~700 万 円 2 100 万 円 ~200 万 円 5 400 万 ~500 万 円 8 700 万 円 以 上 3 200 万 円 ~300 万 円 はじめに あなたご 自 身 のことについてお 伺 いいします F1 あなたのお 住 まいは 次 のどの 地 域 ですか 1 県 北 地 域 3 県 南 地 域 5 南 会 津 地 域 7 いわき 地 域 2 県 中 地 域 4 会 津 地 域 6 相 双 地 域 お 住 まいの 地 域 がわからない 場 合 は 以 下 に 市 町 村 名 をご 記 入 ください ( ) F2 あなたの 出 身 地

More information

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記 載 要 領 について ( 平 成 九 年 四 月 二 五 日 ) ( 薬 発 第 六 〇 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 知 事 あて 厚 生 省 薬 務 局 長 通 知 ) 標 記 については 昭 和 五 一 年 二 月 二 〇 日 薬 発 第 一 五 三 号 薬 務 局 長 通 知 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記

More information

Microsoft Word - 103030

Microsoft Word - 103030 国 立 大 学 法 人 北 陸 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 北 院 大 規 則 第 17 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 格 及 び 降 格 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 3 節 異 動

More information

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A 目 次 Q1 災 害 弔 慰 金 の 支 給 内 容 について 教 えて 下 さい Q2 震 災 により 重 い 障 害 を 負 いました 何 か 支 援 制 度 はありませんか Q3 震 災 で 息 子 が 亡 くなりました 息 子 は 結 婚 していましたが 長 年 別 居 していました この 場 合 でも 息 子 の 妻 が 災 害 弔 慰 金 を 受 け 取 ることになるのでしょうか Q4

More information

Taro-第1部

Taro-第1部 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 に その 災 害 に よって 生 じた 損 害 を 補 償 し 及 び 必 要 な 福 祉 事 業 を 行 い

More information

(1)セクシュアル ハラスメント セクシャル ハラスメントとは 性 的 な 言 動 や 性 的 欲 求 性 別 により 役 割 を 分 担 すべき とする 意 識 に 基 づく 言 動 等 によって 相 手 方 に 不 快 感 や 不 利 益 を 与 え 就 労 就 学 や 教 育 研 究 課 外

(1)セクシュアル ハラスメント セクシャル ハラスメントとは 性 的 な 言 動 や 性 的 欲 求 性 別 により 役 割 を 分 担 すべき とする 意 識 に 基 づく 言 動 等 によって 相 手 方 に 不 快 感 や 不 利 益 を 与 え 就 労 就 学 や 教 育 研 究 課 外 ハラスメントの 防 止 等 のために 東 京 藝 術 大 学 職 員 及 び 学 生 等 が 認 識 すべき 事 項 についての 指 針 第 1 ハラスメントを 行 わないために 認 識 すべき 事 項 1 ハラスメントについて ハラスメントとは 様 々な 場 面 での 嫌 がらせ いじめ 等 をいう ハラスメントには セクシャル ハラスメント アカデミック ハラスメント パワー ハラスメント 及

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C93878CA794C68DDF94ED8A518ED28E7889878D75898989EF5F947A95749770>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C93878CA794C68DDF94ED8A518ED28E7889878D75898989EF5F947A95749770> 犯 罪 平 被 成 害 24 者 年 支 2 援 月 講 28 演 会 日 犯 罪 被 害 者 等 への 地 域 での 支 援 について 福 山 大 学 人 間 文 化 学 部 心 理 学 科 教 授 平 伸 二 ( 公 益 社 団 法 人 広 島 被 害 者 支 援 センター 理 事 ) 今 日 の 話 題 と 予 定 犯 罪 被 害 者 支 援 の 経 緯 と 現 状 わが 国 の 歴 史 と

More information

銀杏52.indd

銀杏52.indd 病 院 だより No.53 1 愛 知 県 厚 生 農 業 協 同 組 合 連 合 会 愛 知 県 稲 沢 市 祖 父 江 町 本 甲 拾 町 野 7 番 地 TEL(0587)97-2131 FAX(0587)97-3633 から 望 む 祖 父 江 町 伊 吹 山 2 病 院 だより No.53 動 脈 硬 化 の 早 期 診 断 と 評 価 について ~ 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 など 突

More information

Ⅰ 高齢者虐待防止の基本

Ⅰ 高齢者虐待防止の基本 1 待 とは (1) の 成 立 平 成 23 年 6 月 17 日 待 の 防 止 障 害 者 の 養 護 者 に 対 する 支 援 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 といいます )が 成 立 し 平 成 24 年 10 月 1 日 から 施 行 されました (2) 待 の 定 義 ア 障 害 者 障 害 者 とは 身 体 障 害 知 的 障 害 精 神 障 害 ( 発 達 障 害 を 含 む

More information

は じ め に 世 界 有 数 の 長 寿 国 となった 日 本 において 年 を 重 ねても いかに 健 康 で 充 実 し た 暮 らしをしてくことができるかが 最 大 の 課 題 です 山 形 県 の 健 康 増 進 計 画 とし て 平 成 24 年 度 に 策 定 された 健 康 やまがた

は じ め に 世 界 有 数 の 長 寿 国 となった 日 本 において 年 を 重 ねても いかに 健 康 で 充 実 し た 暮 らしをしてくことができるかが 最 大 の 課 題 です 山 形 県 の 健 康 増 進 計 画 とし て 平 成 24 年 度 に 策 定 された 健 康 やまがた 一 人 暮 らし 後 期 高 齢 者 の 食 と 生 活 習 慣 に 関 する 実 態 調 査 報 告 平 成 27 年 3 月 山 形 県 置 賜 保 健 所 は じ め に 世 界 有 数 の 長 寿 国 となった 日 本 において 年 を 重 ねても いかに 健 康 で 充 実 し た 暮 らしをしてくことができるかが 最 大 の 課 題 です 山 形 県 の 健 康 増 進 計 画 とし て

More information

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章 駐 労 規 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 3 号 改 正 改 正 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 11 号 平 成 18 年 6 月 29 日 駐 労 規 第 13 号 平 成 19 年 7 月 27 日 駐 労 規 第 12 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 駐 労 規 第 8 号 改 正 平 成 22 年 3

More information

Ⅱ 市 民 の 健 康 づくり-ⅰあなたの 健 康 づくり- 0% 20% 40% 60% 80% 100% 非 常 に 健 康 である まあまあ 健 康 である あまり 健 康 ではない 健 康 ではない 全 体 (N=1372) 性 男 性 (N=6

Ⅱ 市 民 の 健 康 づくり-ⅰあなたの 健 康 づくり- 0% 20% 40% 60% 80% 100% 非 常 に 健 康 である まあまあ 健 康 である あまり 健 康 ではない 健 康 ではない 全 体 (N=1372) 性 男 性 (N=6 Ⅱ 市 民 の 健 康 づくり -ⅰあなたの 健 康 づくり- 自 分 の 健 康 状 態 に 関 する 認 識 問 1 あなたは 現 在 のご 自 分 の 健 康 状 態 をどのように 感 じていますか 次 の 中 か ら あてはまるものに1つ をつけてください 全 体 (N=1372) 健 康 ではない 3.4% 0.5% 非 常 に 健 康 である 15.3% あまり 健 康 ではない 12.9%

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

精神症状を持つ認知症高齢者のための初期対応プログラム(案)

精神症状を持つ認知症高齢者のための初期対応プログラム(案) 1. 暴 言 暴 力 暴 言 暴 力 は 老 人 福 祉 施 設 などで 働 くケアワーカーにとって 最 も 対 忚 に 苦 慮 する 問 題 の 一 つです 老 人 福 祉 施 設 に 入 所 する 認 知 症 高 齢 者 のう ち 約 1 割 が 暴 力 を 振 るったり 暴 言 を 吐 いたりするという 報 告 もあり 暴 言 暴 力 の 頻 度 は 小 さくありません ケアワーカーと 他 の

More information

1304_jyuusetu_riturin.xls

1304_jyuusetu_riturin.xls 別 紙 様 式 重 要 事 項 説 明 書 記 入 者 名 武 田 博 文 記 入 年 月 日 所 属 職 名 平 成 25 年 4 月 4 日 マネジメント 本 部 長 1. 事 業 主 体 概 要 事 業 主 体 の 名 称 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 及 び 電 話 番 号 その 他 の 連 絡 先 事 業 主 体 の 名 称 法 人 等 の 種 類 営 利 法 人 名 称 (ふりがな)

More information

はじめに せんてんせいがんけんかすい 先 天 性 眼 瞼 下 垂 という 病 気 について まぶたの 開 かない 新 生 児 に 巡 り 合 ったことはありませんか? 赤 ちゃんのまぶたが 十 分 に 開 かないことは 決 して 珍 しいことではありません 分 娩 時 の 圧 迫 等 の 影 響 で

はじめに せんてんせいがんけんかすい 先 天 性 眼 瞼 下 垂 という 病 気 について まぶたの 開 かない 新 生 児 に 巡 り 合 ったことはありませんか? 赤 ちゃんのまぶたが 十 分 に 開 かないことは 決 して 珍 しいことではありません 分 娩 時 の 圧 迫 等 の 影 響 で 産 科 のスタッフのみなさんへ 贈 る まぶたの 開 かない 赤 ちゃんに 出 会 ったときの 本 特 定 非 営 利 活 動 法 人 眼 瞼 下 垂 の 会 編 ( 監 修 ) 金 子 博 行 帝 京 大 学 医 療 技 術 学 部 視 能 矯 正 学 科 講 師 はじめに せんてんせいがんけんかすい 先 天 性 眼 瞼 下 垂 という 病 気 について まぶたの 開 かない 新 生 児 に 巡

More information

人権ポケットブックシリーズ④性的少数者と人権

人権ポケットブックシリーズ④性的少数者と人権 J 04 1 2 3 4 4 1 世 の 中 には 男 と 女 しか いない? 性 的 指 向 には いろいろな 形 があります 異 性 を 愛 す る 人 だけではなく 同 性 愛 や 両 性 愛 の 人 もいます また 性 の 自 己 認 識 こころの 性 と 生 物 学 的 な 性 か らだの 性 が 違 うと 感 じて さまざまな 葛 藤 が 生 じる 性 同 一 性 障 害 の 人 々もいます

More information

介護保険施設等運営指導マニュアル(案)

介護保険施設等運営指導マニュアル(案) 介 護 サービス 計 画 書 の 様 式 及 び 課 題 分 析 標 準 項 目 の 提 示 について ( 平 成 11 年 11 月 12 日 老 企 第 29 号 厚 生 省 老 人 保 健 福 祉 局 企 画 課 長 通 知 )の 別 紙 4の 別 添 ( 別 添 ) 課 題 分 析 標 準 項 目 基 本 情 報 に 関 する 項 目 No 標 準 項 目 名 項 目 の 主 な 内 容 (

More information

第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 試 用 期 間 ( 採 用 の 方 法 ) 第 3 条 職 員 の 採 用 は 公 募 により 行 うものとし 公 募 に 応 じた 採 用 希 望 者 の 中 から 試 験 又 は 選 考 に 合 格 し 所 定 の 手 続 きを 経 たものを 職 員 とし

第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 試 用 期 間 ( 採 用 の 方 法 ) 第 3 条 職 員 の 採 用 は 公 募 により 行 うものとし 公 募 に 応 じた 採 用 希 望 者 の 中 から 試 験 又 は 選 考 に 合 格 し 所 定 の 手 続 きを 経 たものを 職 員 とし 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 2 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 15 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 36 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 3 号 平 成 20 年 12 月 25 日 20 規 程

More information

Microsoft PowerPoint - ■食生活調査2014・150303完成版_.pptx

Microsoft PowerPoint - ■食生活調査2014・150303完成版_.pptx 1 牛 乳 食 生 活 動 向 調 査 2014 改 めて 確 認 されたこと 新 しく 分 かったこと ~ 最 終 公 表 版 ~ 2015 年 3 月 3 日 目 次 3 P4 調 査 の 概 要 1. 牛 乳 飲 用 に 関 する 行 動 や 意 識 の 主 要 な 変 化 (2012~2014) P6 (1) 牛 乳 類 飲 用 ( 利 用 ) 頻 度 の 変 化 P7 (2) 牛 乳 を

More information

避 難 生 活 の 現 実 被 災 者 が 置 かれがちな 状 況 ( 誰 でも どの 立 場 になるかはわからない ) 災 害 発 生 自 宅 を 失 う 自 宅 が 残 る 自 宅 は 当 分 住 めない 自 宅 だと 恐 い 情 報 が 欲 しい 直 後 ~ 2 3 日 指 定 避 難 所 へ

避 難 生 活 の 現 実 被 災 者 が 置 かれがちな 状 況 ( 誰 でも どの 立 場 になるかはわからない ) 災 害 発 生 自 宅 を 失 う 自 宅 が 残 る 自 宅 は 当 分 住 めない 自 宅 だと 恐 い 情 報 が 欲 しい 直 後 ~ 2 3 日 指 定 避 難 所 へ 資 料 1-1 災 害 時 に 女 性 ( 男 性 )が 直 面 する 困 難 と 男 女 共 同 参 画 による 対 策 報 告 者 浅 野 幸 子 早 稲 田 大 学 地 域 社 会 と 危 機 管 理 研 究 所 客 員 研 究 員 東 京 女 学 館 大 学 非 常 勤 講 師 別 添 資 料 1-2 いくつかの 自 治 体 の 計 画 ガイドラインの 紹 介 資 料 1-3 現 場 に 学

More information

(セクシュアルハラスメントの 禁 止 ) 第 条 性 的 言 動 により 他 の 労 働 者 に 不 利 益 や 不 快 感 を 与 えることや 就 業 環 境 を 害 するようなことをしてはならない 1 職 場 におけるセクシュアルハラスメントを 防 止 するため 事 業 主 は 雇 用 管 理

(セクシュアルハラスメントの 禁 止 ) 第 条 性 的 言 動 により 他 の 労 働 者 に 不 利 益 や 不 快 感 を 与 えることや 就 業 環 境 を 害 するようなことをしてはならない 1 職 場 におけるセクシュアルハラスメントを 防 止 するため 事 業 主 は 雇 用 管 理 5 就 業 規 則 ( 服 務 休 暇 福 利 厚 生 等 ) 関 係 介 護 サービス 事 業 所 施 設 の 事 業 規 模 にかかわらず 職 員 が 安 心 して 働 け る 明 るい 職 場 を 作 ることは すべての 事 業 所 施 設 にとって 重 要 なことです そのためには あらかじめ 就 業 規 則 等 で 労 働 時 間 や 賃 金 をはじめ 人 事 服 務 規 律 など 職 員

More information

学校法人盛岡大学就業規則

学校法人盛岡大学就業規則 学 校 法 人 盛 岡 大 学 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 学 校 法 人 盛 岡 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 の 就 業 に 関 し 基 本 的 な 事 項 を 定 めるものである 2 この 規 則 及 びこの 規 則 において 別 に 定 めることとされている 制 度 は すべて 一 体 として 常 に 法

More information

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information

Taro-外来治療テキスト1・アルコ

Taro-外来治療テキスト1・アルコ アルコール 依 存 症 外 来 治 療 テキスト 1 アルコール 依 存 症 とは? - 1 - どうして アルコール 中 毒 と 呼 ばないか アルコールに 起 因 するこの 病 気 に 対 する 研 究 も 大 いに 進 歩 してきました そ の 結 果 この 病 気 の 中 心 は 心 と 体 のアルコールへの 依 存 (とらわれ)である ことがわかってきました 酔 いによる 急 性 中 毒

More information

 

  雇 用 契 約 書 〇 〇 〇 〇 ( 以 下 従 業 員 という )とA 株 式 会 社 ( 以 下 会 社 という )は 本 日 会 社 による 従 業 員 の 雇 用 に 関 し 以 下 のとおり 契 約 した 第 1 条 ( 従 業 員 の 地 位 契 約 期 間 等 ) 1 会 社 は 従 業 員 を 会 社 の 正 社 員 として 採 用 し 従 業 員 は 平 成 〇 〇 年 〇 〇

More information

太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 学 校 でのいじめ 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 的 な 考 え いじめは 児 童 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し 心 身 の 健 全 な 成 長 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与

太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 学 校 でのいじめ 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 的 な 考 え いじめは 児 童 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し 心 身 の 健 全 な 成 長 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与 平 成 27 年 度 太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 久 喜 市 立 太 田 小 学 校 太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 学 校 でのいじめ 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 的 な 考 え いじめは 児 童 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し 心 身 の 健 全 な 成 長 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響

More information

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午 第 6 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 参 考 資 料 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 の 議 事 概 要 平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係

More information

【報告】組合要求書回答(総務部).xls

【報告】組合要求書回答(総務部).xls 1 全 職 場 で 共 通 する 要 求 について (1) 15 人 勧 での 地 域 手 当 偏 重 では 私 たちの 生 活 は 実 質 的 に 賃 下 げです 政 府 に 地 域 手 当 廃 止 を 求 め るとともに 生 計 費 ( 地 公 法 第 24 条 第 3 項 ( 均 衡 の 原 則 ))に 考 慮 し 給 与 の 改 善 に 努 めるこ (2) 県 に 準 拠 し 新 幹 線 利

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF315F8F4095D088CF88F592F18F6F8E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF315F8F4095D088CF88F592F18F6F8E9197BF2E70707478> 資 料 1 ( 宗 片 委 員 提 出 資 料 ) 災 害 時 における 女 性 のニーズ 調 査 ~なぜ 防 災 災 害 復 興 に 女 性 の 視 点 が 必 要 か~ 特 定 非 営 利 活 動 法 人 イコールネット 仙 台 宗 片 恵 美 子 はじめに 宮 城 県 沖 地 震 発 生 確 率 10 年 以 内 70% 程 度 20 年 以 内 90% 程 度 以 上 30 年 以 内 99%

More information