<4D F736F F D20382D30365F817989CD90EC8B5A8F C817A816989CD90EC C46924A816A>

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D20382D30365F817989CD90EC8B5A8F7083568393837C817A816989CD90EC959481408C46924A816A>"

Transcription

1 論 文 河 川 技 術 論 文 集, 第 4 巻,2008 年 6 月 セグメント 河 道 における 礫 河 原 環 境 再 生 に 向 けた 三 峰 川 青 島 地 区 での 実 証 的 研 究 POSITIVE STUDY OF GRAVEL BARS RESTORATION IN SEGMENT RIVER AT AOSHIMA AREA OF THE MIBU RIVER 熊 谷 利 彦 本 多 信 二 2 堀 江 幸 生 3 Toshihiko KUMAGAI, Shinji HONDA, and Yukio HORIE 正 会 員 工 修 パシフィックコンサルタンツ( 株 ) 東 京 本 社 河 川 部 ( 新 宿 区 西 新 宿 2-7-) 2 正 会 員 工 修 パシフィックコンサルタンツ( 株 ) 中 部 支 社 水 工 環 境 部 ( 名 古 屋 市 西 区 牛 島 町 2-5) 3 正 会 員 国 土 交 通 省 中 部 地 方 整 備 局 天 竜 川 上 流 河 川 事 務 所 調 査 課 ( 駒 ヶ 根 市 上 穂 南 7-) In the Tenryu River, The river morphology has dramatically changed during 40 years, because of building Dams and erosion control work as Sabo, and gathering sands and gravels from rivers. Because of reduction of gravel bars and a development of riparian woods, plants that depend on gravel bars like Kawara Nogiku are close to extinction. Our aim is to propose appropriate measures as physical index in Segment river for self-sustaining recovery of gravel bars by experimental construction at Aoshima area of the Mibu River. In this study, we found six physical index for cutting gravel for self-sustaining recovery by monitoring flood s impact-response. And we confirm accuracy or these index by the experimental construction by impact of three floods among two years. Furthermore we found that non-dimensional critical share stress of D30 is the important physical index of renewal of gravel bars. Key Words : gravel bars, self-sustaining restoration, impact-response, monitoring. はじめに 2. 対 象 地 区 の 概 要 天 竜 川 では, 過 去 の 多 目 的 ダムの 建 設 や 砂 防 事 業, 砂 利 採 取 等 の 人 為 的 インパクトを 受 け 本 来 の 礫 河 原 環 境 が 失 われた 結 果, 砂 州 の 固 定 化 や 河 道 内 の 樹 林 化 が 進 行 し, カワラノギク(ツツザキヤマジノギク) 等 の 礫 河 原 環 境 に 依 存 する 植 物 ( 以 後, 河 原 固 有 植 物 という)の 生 育 場 が 減 少 し, 絶 滅 が 危 惧 される 状 況 にある. 本 研 究 では, 上 記 の 課 題 を 踏 まえ 天 竜 川 で 失 われつつ ある 礫 河 原 環 境 復 元 に 向 けて, 天 竜 川 支 川 三 峰 川 青 島 地 区 での 礫 河 原 再 生 試 験 施 工 を 通 じ,セグメントの 急 流 河 川 における 礫 河 原 再 生 維 持 するための 設 計 条 件 の 確 立 を 目 的 としたものである. 三 峰 川 は 流 路 延 長 約 60.m, 流 域 面 積 約 48km 2 の 天 竜 川 最 大 の 支 川 である. 流 域 の 地 形 は 急 峻 で, 中 央 構 造 線 が 流 域 を 貫 通 していることから, 元 来 土 砂 生 産 の 多 い 河 川 であった.しかし, 昭 和 34 年 の 美 和 ダム 竣 工 による 洪 水 規 模 頻 度, 土 砂 供 給 の 減 少 に 加 えて, 昭 和 40~50 年 代 にかけての 砂 利 採 取 が 行 われた 結 果, 流 路 の 固 定 化 砂 州 の 樹 林 化 が 進 行 し, 元 来 の 砂 礫 河 原 環 境 が 失 われる こととなった. 試 験 施 工 区 間 は 三 峰 川 p~pに 位 置 する 河 床 勾 配 Ib /, 堤 間 幅 約 200m, 河 床 材 料 代 表 粒 径 dr=50 ~200mmのセグメント 河 道 である( 図 - 参 照 ). 礫 河 原 2.8k 図 - 試 験 施 工 区 間 の 現 況 (H9.9 出 水 後 )

2 論 文 河 川 技 術 論 文 集, 第 4 巻,2008 年 6 月 復 元 試 験 施 工 として, 平 成 7 年 度 末 に 図 - 中 の 破 線 範 囲 の 砂 州 を 切 り 下 げている. 3. 礫 河 原 再 生 の 設 計 条 件 の 設 定 () 礫 河 原 再 生 条 件 設 定 の 考 え 方 三 峰 川 扇 状 地 河 道 は, 下 流 部 は 原 風 景 に 近 い 礫 河 原 の 環 境 が 現 存 し, 上 流 部 は 島 状 化 樹 林 化 が 進 行 し 礫 河 原 の 著 しい 減 少 が 見 受 けられる. 島 状 化 等 が 進 行 した 上 流 部 を 礫 河 原 に 再 生 するにあたっては, 下 流 部 の 礫 河 原 が 有 する 物 理 環 境 を 摸 倣 することで 整 備 内 容 の 形 状 等 を 具 体 化 するものとした. そのため, 試 験 施 工 実 施 前 の 平 成 4 年 当 時 河 道 での 実 績 の 植 生 繁 茂 範 囲 および 冠 水 幅 冠 水 頻 度 摩 擦 速 度 よ り 礫 河 原 が 現 存 し 河 原 固 有 植 物 が 生 育 している 州 ( 原 風 景 州 ) と 樹 林 化 が 進 行 した 州 ( 復 元 州 ) の 物 理 環 境 を 算 定 し,それぞれの 環 境 を 特 徴 づける 物 理 量 を 指 標 として 定 め,その 指 標 を 用 いて 整 備 内 容 の 物 理 的 形 状 つまり, 復 元 州 を 礫 河 原 に 再 生 する 際 の 再 生 高 さ 再 生 幅 を 定 めるものとした. (2) 具 体 的 な 物 理 指 標 の 抽 出 物 理 指 標 の 整 理 にあたっては, 礫 河 原 の 再 生 の 場 を 創 出 ( 設 計 )するために 用 いる 観 点 から, 掘 削 高 及 び 掘 削 幅 の 設 定 に 寄 与 する 物 理 指 標 に 分 類 整 理 した. 掘 削 高 の 指 標 としては, 現 地 観 測 で 得 られる 比 高 差, 表 層 河 床 材 料 の 指 標 ( 一 次 指 標 )と 出 水 時 の 水 位 流 量 等 の 水 理 条 件 と 一 次 指 標 を 組 み 合 わせること で 得 られる 3 冠 水 頻 度 4 砂 州 上 の 無 次 元 掃 流 力 の 物 理 指 標 ( 二 次 指 標 )の 計 4つの 指 標 を 選 定 した. 掘 削 幅 は 安 定 な 低 水 路 幅 管 理 の 観 点 から 設 定 すること とし, 既 往 調 査 結 果 で 平 均 的 な 関 係 が 明 らかになってい る 5Qm Ib( 平 均 年 最 大 流 量 河 床 勾 配 )と 低 水 路 幅 の 関 係 や 6Qm 時 の 川 幅 水 深 比 等 の 二 次 指 標 を 用 い, 現 在 の 流 況 下 において 持 続 可 能 な 低 水 路 幅 を 検 討 した. 表 -は, 河 原 固 有 植 物 生 育 環 境 における 上 記 の 評 価 指 標 を 整 理 したものである. 表 -の 設 定 根 拠 を 以 下 に 整 理 した.なお 2 河 床 材 料 については, 人 為 的 に 河 床 材 料 の 粒 度 分 布 を 目 標 とする 分 布 に 調 整 することは 精 度 面 経 済 面 から 困 難 と 考 え, 礫 河 原 再 生 の 場 を 創 出 する ための 物 理 指 標 としては 用 いないものとした. 一 次 指 標 二 次 指 標 表 - 三 峰 川 において 礫 河 原 が 成 立 するための 物 理 指 標 評 価 指 標 設 定 諸 元 比 高 差 現 地 観 測 値 より 掘 削 後 の 比 高 差 が.7m 以 下 であることを 確 認 する 3 冠 水 頻 度.25~2 年 確 率 流 量 で 冠 水 する 掘 削 高 とする 4 砂 州 上 の Q=440m 3 /s ( 3.33 年 確 率 )で 30% 粒 径 無 次 元 掃 流 力 τ * (40mm)でのτ* 0.06となる 掘 削 高 とする 5 Qm Ibと 現 況 河 道 の 物 理 条 件 より 安 定 な 低 水 路 幅 は 低 水 路 幅 の 関 係 m 程 度 である 6 Qm 時 の 川 幅 水 深 比 原 風 景 州 でのB/Hm 80とする a) 砂 州 状 態 と 比 高 差 の 関 連 性 三 峰 川 の 原 風 景 州, 復 元 州 の 主 流 路 沿 い 河 岸 高 と 平 水 位 との 差 を 比 高 差 と 定 義 し, 比 高 差 を 砂 州 ごとに 縦 断 的 に 集 計 した( 図 -2 参 照 ).その 結 果, 比 高 差 は 全 体 的 に は 下 流 から 上 流 へ 向 かうに 従 い 拡 大 傾 向 にあり,その 平 均 高 は 原 風 景 州 (0.5kp~4.0kp)で.69m, 復 元 州 (4.0kp~8.0kp)で.97mであった. 比 高 差 の 拡 大 により, 砂 州 表 面 への 冠 水 頻 度 や 砂 州 表 面 の 土 砂 移 動 の 減 少 が 予 想 されることから, 礫 河 原 復 元 にあたっては, 原 風 景 州 での 比 高 差 を 確 保 することが 必 要 と 考 えられる. b) 植 物 群 落 と 冠 水 頻 度 の 関 連 性 の 把 握 三 峰 川 で 代 表 的 に 見 られる 植 物 群 落 の 冠 水 頻 度 を 整 理 した( 図 -4 参 照 ).その 結 果, 原 風 景 州 (0.0kp~4.0kp 付 近 )における 河 原 固 有 植 物 生 育 場 の 冠 水 頻 度 は.25 年 ~2 年 確 率 程 度 ( 約 30~280m 3 /s 相 当 )に 多 いことを 確 認 した.また,その 生 育 範 囲 を 平 面 的 に 見 ると( 図 -5 参 照 ), 河 原 固 有 植 物 は 洪 水 時 の 外 力 が 大 きく 河 床 の 撹 乱 を 受 ける 現 況 みお 筋 ( 主 流 路 ) 沿 いに 生 育 している 一 方, 同 様 の 冠 水 頻 度 の 場 に 生 育 するツルヨシ ヨシ 群 落 やヤ ナギ 林 は 洪 水 時 の 撹 乱 が 少 なく, 細 粒 分 の 堆 積 しやすい 旧 流 路 沿 いや 霞 堤 開 口 部 周 辺 に 生 育 しており, 平 面 的 な 棲 み 分 けが 見 られたことから, 河 原 固 有 植 物 の 生 育 場 の 物 理 指 標 としては, 冠 水 頻 度 に 加 え, 主 流 路 沿 いに 位 置 することも 条 件 として 併 せて 考 慮 した. c) 無 次 元 掃 流 力 と 河 原 固 有 植 物 生 育 箇 所 との 関 係 礫 河 原 の 更 新 は, 礫 河 原 表 層 土 砂 の 移 動 に 伴 い 表 層 植 生 が 流 失 することで 生 じるものと 考 え, 植 生 群 落 毎 に 表 層 土 砂 移 動 が 可 能 となる 流 量 規 模 を 推 定 した( 表 -2 参 照 ). なお, 表 層 土 砂 移 動 の 判 定 は, 準 二 次 元 不 等 流 解 析 によ り 算 定 した 断 面 平 均 エネルギー 勾 配 i e,および 対 象 とす る 植 生 群 落 の 平 均 水 深 hより 摩 擦 速 度 u * を 算 定 し,それ より 得 られる 無 次 元 層 流 力 τ * >0.060を 満 足 すること ) を 基 準 に 評 価 した. 一 般 に 河 道 の 低 水 路 幅 形 成 には 平 均 年 最 大 流 量 Qmが 支 配 的 2) と 言 われていることから, 礫 河 原 更 新 のための 条 件 としてQm 程 度 となる 粒 径 条 件 を 逆 算 したところ,D30 (40mm)で3.33 年 確 率 流 量 (Q=440m 3 /s) 時 に 上 記 指 標 を 満 足 することから,これを 管 理 指 標 として 設 定 した. なお, 礫 河 原 更 新 の 支 配 粒 径 としてD60(mm)を 対 象 とする 場 合 には,20 年 確 率 規 模 (Q=,002m 3 /s)と 推 定 され,かなり 大 きな 流 量 規 模 となった. 先 に 得 られた 河 原 固 有 植 物 生 育 場 の 冠 水 頻 度 は.25~2 年 確 率 流 量 ( 約 30~280m 3 /s)であり,20 年 確 率 規 模 はこれと 大 き く 異 なること,また20 年 という 期 間 は 草 本 類 から 木 本 類 への 遷 移 に 十 分 な 期 間 であることから, 草 本 類 である 河 原 固 有 植 物 の 管 理 指 標 としてD60 時 のτ * を 用 いることは 不 適 切 と 判 断 した.

3 比 高 差 (m ) 論 文 ~ ~.8 2.0~2.4 砂 州 毎 の 平 均 比 高 差 原 風 景 州 平 均 値 線 形 近 似 2.4~3. 3.2~ ~ ~4.8 復 元 州 平 均 値 4.7~ ~ ~ ~ ~ ~7.8 図 -2 砂 州 の 平 均 比 高 差 の 縦 断 分 布 河 原 草 本 ヤナギ 林 7.8~ 砂 州 番 号 および 合 流 点 からの 距 離 (kp) 通 過 重 量 百 分 率 % 中 流 域 (3.7k~5.0k) S34-4.0k S48-5.0k -0.8m S53-5.0k -0.8m H5-3.7k(No.2) -.2m H5-3.7k(No.3) -.0m 粒 径 mm 図 -3 河 床 材 料 粒 度 分 布 ツルヨシ ヨシ 群 落 外 来 種 木 本 調 査 地 点 植 物 区 分 河 川 技 術 論 文 集, 第 4 巻,2008 年 6 月 表 -2 植 生 群 落 地 点 の 無 次 元 掃 流 力 τ * >0.060 となる 出 水 生 起 確 率 粒 径 (mm) D60 D30 D6 τ*>0.06となる 確 率 年 粒 径 (mm) τ*>0.06となる 確 率 年 粒 径 (mm) τ*>0.06となる 確 率 年 0.7- ツルヨシ ヨシ 群 落 平 均 年 最 大 外 来 種 木 本 平 均 年 最 大 河 原 草 本 年 以 上 河 原 草 本 年 以 上 その 他 の 草 本 年 以 上 年 以 上 年 以 上 その 他 の 草 本 年 以 上 年 以 上 年 以 上 2.3- 河 原 草 本 年 以 上 38.0 平 均 年 最 大 ヤナギ 林 年 以 上 河 原 草 本 年 以 上 外 来 種 木 本 年 以 上 平 均 年 最 大 ヤナギ 林 年 以 上 平 均 年 最 大 河 原 草 本 年 以 上 38.0 平 均 年 最 大.0 平 均 年 最 大 ツルヨシ ヨシ 群 落 その 他 の 草 本 年 以 上 年 以 上 年 以 上 ツルヨシ ヨシ 群 落 平 均 年 最 大 その 他 の 草 本 年 以 上 その 他 の 草 本 年 以 上 外 来 種 木 本 年 以 上 年 以 上 その 他 の 草 本 年 以 上 年 以 上 年 以 上 5.9- ツルヨシ ヨシ 群 落 ツルヨシ ヨシ 群 落 ヤナギ 林 その 他 の 草 本 外 来 種 木 本 オギ 群 落 ツルヨシ ヨシ 群 落 外 来 種 木 本 外 来 種 木 本 ヤナギ 林 ツルヨシ ヨシ 群 落 76.0 平 均 年 最 大 26.0 平 均 年 最 大 その 他 の 草 本 年 以 上 年 以 上 ヤナギ 林 年 以 上 ツルヨシ ヨシ 群 落 外 来 種 木 本 年 以 上 年 以 上 年 以 上 図 -4 植 物 群 落 成 育 範 囲 と 冠 水 頻 度 の 関 係 (H4 年 河 道 ) 低 水 路 幅 B (m) 美 和 ダム 完 成 後 の 安 定 した 河 道 状 況 河 道 全 体 が 礫 河 原 の 状 況 外 来 種 木 本 ヤナギ 林 河 原 草 本 ツルヨシ ヨシ 群 落 図 -5 三 峰 川 p~4.0kp 植 生 分 布 図 (H4 年 河 道 ) 水 域 Q m I b (m 3 /s) 図 -6 三 峰 川 での 低 水 路 幅 BとQm Ibとの 関 係 川 幅 水 深 比 B/Hm 平 均 年 最 大 流 量 時 の 川 幅 水 深 比 B/Hm 川 幅 水 深 比 B/Hm=80 水 面 幅 水 面 幅 B (m) d) 現 状 の 流 量 条 件 下 での 安 定 的 な 低 水 路 幅 の 設 定 礫 河 原 掘 削 幅 の 目 安 として, 日 本 全 国 の 他 河 川 におけ る 平 均 年 最 大 流 量 Qmと 河 床 勾 配 Ibの 積 と 低 水 路 川 幅 Bの 関 係 図 3) に 対 し 三 峰 川 の 既 往 データをプロットした( 図 - 6 参 照 ). 現 在 の 三 峰 川 の 平 均 年 最 大 流 量 Qmおよび 河 床 勾 配 Ib, 河 床 材 料 粒 径 dr( 表 層 河 床 材 料 D60を 代 用 ) 等 の 物 理 条 件 のもとで 安 定 する 低 水 路 幅 Bはm 前 後 の 範 囲 であることから, 礫 河 原 掘 削 後 の 低 水 路 幅 としてm 程 度 を 目 安 とした. e) 平 均 年 最 大 流 量 Qm 時 の 川 幅 水 深 比 B/Hmの 把 握 現 状 の 三 峰 川 扇 状 地 区 間 の 平 均 年 最 大 流 量 時 の 川 幅 水 深 比 および 水 面 幅 (= 低 水 路 幅 )について 整 理 した( 図 - 7 参 照 ). 原 風 景 州 のうち 特 に 礫 河 原 環 境 が 維 持 されて いる0.0~2.p 区 間 において 川 幅 水 深 比 B/Hmおよび 水 面 距 離 標 (kp) 図 -7 Qm 時 の 川 幅 水 深 比 水 面 幅 幅 Bに 着 目 すると,d)で 設 定 した 低 水 路 幅 Bの 目 安 ( 約 m 程 度 )に 相 当 する.p~.6kp 付 近 のB/Hmが80 程 度 であることから, 掘 削 後 河 道 ではB/Hm 80となるよう 掘 削 幅 を 設 定 した. 4. 現 地 試 験 施 工 を 通 じた 設 計 条 件 の 妥 当 性 確 認 3 章 で 設 定 した 物 理 指 標 に 従 い, 平 成 7 年 度 末 に 三 峰 川 青 島 地 区 (p~p) 右 岸 側 の 寄 州 を 掘 削 した 礫 河 原 再 生 試 験 施 工 が 行 われた( 図 -9 参 照 ). 以 下 では, 表 -3に 示 した 試 験 施 工 竣 工 後 の 平 成 8 年 度, 平 成 9 年 度 の2カ 年 に 発 生 した 計 3 回 の 出 水 による 試 験 施 工 区 間 へのインパクトとレスポンスを 整 理 し, 当 初 設 定 50 0

4 した 物 理 指 標 の 妥 当 性 について 検 証 した. 洪 水 名 表 -3 試 験 施 工 竣 工 後 の 出 水 概 要 美 和 ダム ピーク 流 入 量 高 遠 ダム ピーク 放 流 量 三 峰 川 確 率 規 模 推 定 流 量 H 約 /5 H 約 /2 H 約 / () モニタリング 調 査 からの 物 理 指 標 妥 当 性 の 確 認 3 出 水 前 後 の 変 化 を 現 地 モニタリング 調 査 により 把 握 した.モニタリング 調 査 では, 地 形 変 化 ( 河 川 横 断 測 量, 航 空 写 真, 瀬 淵 流 路 調 査 ), 表 層 植 生 分 布 ( 優 占 群 落, 河 原 固 有 植 物, 外 来 種 ), 横 断 植 生 分 布, 水 生 生 物 ( 魚 類 底 生 生 物 ) 等 を 実 施 している. 以 下 では, 出 水 によ る 礫 河 原 環 境 の 変 化 に 着 目 するため, 表 層 植 生 分 布 およ び 瀬 淵 流 路 調 査 結 果 を 基 に 説 明 する. a) 出 水 によるみお 筋 瀬 淵 環 境 の 変 化 試 験 施 工 では 砂 州 掘 削 に 伴 い 低 水 路 幅 を 拡 大 するため, 拡 大 した 低 水 路 内 での 土 砂 移 動 が 活 性 化 することが 期 待 された.このような 観 点 を 踏 まえ, 以 下 では 出 水 による みお 筋 瀬 淵 環 境 の 変 化 について 経 年 的 に 追 跡 する. 図 -の 瀬 淵 変 化 図 より, 試 験 施 工 直 後 には 低 水 路 へ の 大 粒 径 土 砂 の 埋 め 戻 しにより 平 瀬 早 瀬 の 連 続 する 環 境 であったが,H8.7 出 水 後 には 瀬 淵 の 連 続 する 複 数 の 流 路 が 形 成 されたことが 確 認 される.その 後 のH9.7 出 水 では, 出 水 後 に 細 流 路 が 失 われたものの, 主 流 路 の 形 状 瀬 淵 位 置 に 大 きな 変 化 は 見 られず, 低 水 路 部 に 河 床 変 動 を 引 き 起 こすほどの 外 力 が 作 用 しなかったものと 推 察 される. 更 にH9.9 出 水 では, 出 水 前 の 流 路 形 状 が 大 きく 変 化 し, 砂 州 形 状 が 単 列 砂 州 から 複 列 砂 州 形 状 に 変 化 したように 見 受 けられる. b) 出 水 による 礫 河 原 表 層 植 生 分 布 の 変 化 出 水 による 表 層 植 生 分 布 の 変 化 を 図 -より 追 跡 した. なお, 試 験 施 工 区 は3 出 水 共 に 冠 水 が 確 認 されている. H8.7 出 水 直 前 には 竣 工 後 に 繁 茂 した 植 生 群 落 が 見 ら れたが,H8.7 出 水 を 受 けて 流 失 し, 植 生 群 落 面 積 の 縮 小 が 確 認 できる. その 約 年 後 のH9.7 出 水 では,H8.7 出 水 後 に 繁 茂 し た 植 生 群 落 が 出 水 後 にも 流 失 せず, 試 験 施 工 区 間 表 層 に 残 っており, 礫 河 原 表 層 植 生 の 更 新 が 行 われたかったこ とが 示 唆 される.H9.9 出 水 では,H9.7 出 水 前 から 繁 茂 していた 植 生 群 落 の 大 半 が 流 失 し, 礫 河 原 環 境 が 回 復 し た 様 子 が 確 認 できる. H8.7 出 水 やH9.9 出 水 のような 大 規 模 出 水 では, 礫 河 原 表 層 からの 植 生 流 失 に 加 え, 出 水 時 の 流 路 の 変 化 に 伴 いツルヨシ 等 の 多 年 生 草 本 群 落 やハリエンジュ 等 の 木 本 群 落 も 基 盤 となる 砂 州 地 形 と 共 に 流 出 するため, 植 生 群 落 面 積 が 大 きく 減 少 するものと 考 えられる. 試 験 施 工 区 間 全 体 の 植 生 分 布 割 合 より( 図 -8 参 照 ), 裸 地 環 境 と 河 原 固 有 植 物 (カワラハハコ-カワラヨモギ 群 落 )を 足 し 合 わせると 概 ね7~8 割 程 度 の 面 積 を 占 めて いる.カワラノギク 等 の 河 原 固 有 植 物 は 他 の 植 物 が 進 入 しない 裸 地 環 境 に 生 育 することから, 河 原 固 有 植 物 の 生 育 環 境 が 維 持 されているものと 判 断 される. 占 有 率 (%) % 90% 80% 70% 60% 50% 40% 30% 20% % 0% レキ 河 原 復 元 部 の 植 生 占 有 率 H8.7 H8. H9.8 H9. 開 放 水 面 自 然 裸 地 カワラヨモギ- カワラハハコ 群 落 木 本 類 草 本 類 (カワラヨモギ-カワラハハコ 群 落 は 除 く) 図 -8 試 験 施 工 竣 工 後 の 出 水 概 要 c) モニタリング 調 査 からの 物 理 指 標 妥 当 性 の 評 価 以 上 のモニタリング 調 査 結 果 より, 礫 河 原 表 層 植 生 の 更 新 及 びみお 筋 部 瀬 淵 環 境 の 変 化 は,5 年 確 率 出 水 規 模 (Qp=499m 3 /s)で 生 じることが 確 認 された. 表 -に 示 した 当 初 指 標 と 比 較 すると, 礫 河 原 更 新 にお いては 表 層 土 砂 移 動 植 生 流 失 が 重 要 と 考 えられること から, 冠 水 頻 度 は 礫 河 原 更 新 の 主 な 指 標 となり 得 ず, 礫 河 原 表 層 に 作 用 する 無 次 元 掃 流 力 τ * が 主 たる 指 標 とな る 可 能 性 が 示 唆 された. (2) 水 理 解 析 からの 物 理 指 標 妥 当 性 の 確 認 試 験 施 工 後 の3 出 水 ピーク 流 量 時 外 力 を 平 面 二 次 元 流 況 解 析 により 算 定 し, 礫 河 原 更 新 実 績 との 比 較 を 通 じて 礫 河 原 更 新 に 寄 与 する 物 理 指 標 である 無 次 元 掃 流 力 τ * 評 価 の 妥 当 性 を 確 認 する. 無 次 元 掃 流 力 τ * の 評 価 においては, 礫 河 原 表 層 に 作 用 する 外 力 規 模 ( 摩 擦 速 度 u * )および 評 価 対 象 粒 径 dの2 つのパラメータが 必 要 となる.ここでは, 外 力 として 実 績 3 出 水 ピーク 流 量, 評 価 対 象 粒 径 として 表 層 河 床 材 料 粒 径 のD(2mm),D30(40mm),D60(mm)を 抽 出 し,そ れぞれの 無 次 元 掃 流 力 τ * を 算 定 した.なお, 図 - 中 の 破 線 内 が 試 験 施 工 での 掘 削 区 間 に 該 当 する. 図 -9 青 島 地 区 試 験 施 工 イメージ 図

5 論 文 河 川 技 術 論 文 集, 第 4 巻,2008 年 6 月 瀬 淵 の 分 布 流 路 位 置 礫 河 原 再 生 範 囲 ( 概 略 ) 植 生 分 布 H8.7 H8.7 出 水 (Qp=499m 3 /s: 約 /5 確 率 ) H8. H9.7 出 水 (Qp=289m 3 /s: 約 /2 確 率 ) H9.8 H9.9 出 水 (Qp=78m 3 /s: 約 / 確 率 ) H9.9 図 - 出 水 前 後 での 流 路 ( 瀬 淵 ) 表 層 植 生 分 布 の 変 化 H9.7 出 水 (Q=289m 3 /s):/2 確 率 H8.7 出 水 (Q=499m 3 /s):/5 確 率 H9.9 出 水 (Q=78m 3 /s):/ 確 率 実 績 : 礫 河 原 更 新 なし 実 績 : 礫 河 原 更 新 あり 実 績 : 礫 河 原 更 新 あり D(2mm) D30(40mm) D60(mm) 図 - 平 面 二 次 元 解 析 による 出 水 ピーク 流 量 時 の 無 次 元 掃 流 力 τ*の 平 面 分 布

6 図 -より, 掘 削 区 間 全 体 でτ * >0.060となる 条 件 に 着 目 すると,H9.7 出 水 ではD(2mm),H8.7 出 水 ではD30(40mm)が 該 当 することが 確 認 できる. H8.7 出 水 時 には 現 地 にて 礫 河 原 更 新 されており, 土 砂 移 動 実 態 と 土 砂 移 動 判 定 を 合 わせて 考 慮 すると, 礫 河 原 更 新 の 物 理 指 標 として Q=500m 3 /s 規 模 出 水 (5 年 確 率 ) 時 にD30 粒 径 (40mm)が 移 動 する とい う 指 標 は 妥 当 と 考 えられ, 当 初 設 定 指 標 は, 流 量 規 模 (3.33 年 確 率 :Q=440m 3 /s)が 実 績 と 比 べて 若 干 小 さいものの, 当 初 概 ね 妥 当 と 判 断 される. 三 峰 川 のようなセグメント 河 川 の 河 床 材 料 粒 度 分 布 は, 図 -3に 示 した 様 に,mm 以 上 の 大 粒 径 材 料 が 河 床 材 料 の 骨 格 間 に 砂 礫 等 の 細 粒 土 砂 が 存 在 す る 構 造 となっている. 礫 河 原 環 境 に 依 存 する 河 原 固 有 植 物 は,このような 環 境 が 生 育 基 盤 となること 4) から, 三 峰 川 での 礫 河 原 更 新 においては, 礫 成 分 に 相 当 するD30 粒 径 (40mm)の 移 動 条 件 を 礫 河 原 更 新 指 標 とすることは 妥 当 と 考 えられる. 5.おわりに 三 峰 川 における 現 況 の 礫 河 原 環 境 を 維 持 するため の 物 理 指 標 を 抽 出 し,それを 踏 まえた 礫 河 原 再 生 試 験 施 工 を 行 った 結 果, 試 験 施 工 後 2カ 年 において 礫 河 原 環 境 が 維 持 されていることが 確 認 されており, 当 初 設 定 指 標 が 妥 当 であることが 確 認 された. 特 に, 礫 河 原 掘 削 高 の 設 定 指 標 として,D30 粒 径 の 移 動 開 始 条 件 とすることの 妥 当 性 が 確 認 された. これは 礫 河 原 更 新 が 河 床 の 主 構 成 材 料 ではなく, 主 構 成 材 料 間 に 存 在 する 細 粒 土 砂 移 動 に 依 存 すること を 示 唆 しているものである. 今 後, 三 峰 川 および 三 峰 川 合 流 点 下 流 の 天 竜 川 本 川 において 礫 河 原 再 生 を 行 う 際 には, 今 回 得 られた 知 見 を 基 本 として, 次 の 課 題 に 着 目 しつつ 進 めてゆ く 予 定 である. a) 洪 水 発 生 間 隔 による 影 響 評 価 今 回 の 試 験 施 工 では2カ 年 に3 出 水 が 発 生 しており, 過 去 の 実 態 と 比 べて 出 水 頻 度 規 模 が 大 きいもので あった. 今 後 は 出 水 規 模 頻 度 が 小 さい 状 況 での 礫 河 原 環 境 の 維 持 可 能 性 について 現 地 モニタリングを 通 じて 観 察 してゆく 必 要 がある. b) 河 床 勾 配 河 床 材 料 粒 径 の 違 いによる 影 響 天 竜 川 本 川 は 三 峰 川 に 比 べて 河 床 勾 配 Ib=/200~ /300と 緩 勾 配 であり,また 河 床 材 料 粒 径 も 小 さい 特 徴 がある. 礫 河 原 更 新 の 物 理 指 標 として 着 目 した D30 粒 径 についても 天 竜 川 本 川 では 異 なることから, 天 竜 川 において 施 工 を 行 う 際 には, 河 道 特 性 の 違 い に 着 目 してD30 粒 径 評 価 の 妥 当 性 を 追 跡 してゆくこ とが 必 要 である. 参 考 文 献 ) 潮 崎, 服 部, 近 藤, 徳 田, 吉 田 : 礫 州 上 草 本 植 生 の 流 出 機 構 に 関 する 現 地 観 測 と 考 察, 水 工 学 論 文 集, 第 44 巻,pp ) 山 本 晃 一 : 構 造 沖 積 河 川 学 -その 構 造 特 性 と 動 態 - pp49-5,2004 3) 山 本 晃 一 : 河 道 特 性 論 土 木 研 究 資 料, 第 2662 号, pp37-50,988 4) 島 谷 幸 広, 高 野 匡 裕 : 多 摩 川 永 田 地 区 における 学 術 研 究 と 河 道 修 復 ( 順 応 的 管 理 の 実 践 と 課 題 ), 河 川 技 術 論 文 集, 第 7 巻,pp38-386,200 ( 受 付 )

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C91E5924A90EC90858C6E89CD90EC90AE94F58AEE967B95FB906A5F4832332E338C8E8DF492E8>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C91E5924A90EC90858C6E89CD90EC90AE94F58AEE967B95FB906A5F4832332E338C8E8DF492E8> 東 大 谷 川 水 系 河 川 整 備 基 本 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 第 1 河 川 の 総 合 的 な 保 全 と 利 用 に 関 する 基 本 方 針 1 1 河 川 及 び 流 域 の 現 状 1 (1) 河 川 及 び 流 域 の 概 要 1 (2) 治 水 事 業 の 沿 革 と 現 状 1 (3) 河 川 の 利 用 及 び 住 民 との 関 わり 2 (4)

More information

漁 獲 の 不 良 が 続 く 漁 場 が 顕 在 化 してきた 特 に, 三 国 川 合 流 点 より 下 流 側 で 大 きく 減 少 し, 上 流 側 と 比 較 して 減 少 の 程 度 が 著 し い( 図 ) 河 川 生 態 系 は, 様 々な 要 因 の 複 雑 な 相 互 作 用 に

漁 獲 の 不 良 が 続 く 漁 場 が 顕 在 化 してきた 特 に, 三 国 川 合 流 点 より 下 流 側 で 大 きく 減 少 し, 上 流 側 と 比 較 して 減 少 の 程 度 が 著 し い( 図 ) 河 川 生 態 系 は, 様 々な 要 因 の 複 雑 な 相 互 作 用 に -- 魚 野 川 におけるアユ 不 振 原 因 の 解 明 伊 藤 陽 人 小 池 利 通 樋 口 正 仁 野 上 泰 宏 森 直 也 新 潟 県 内 水 面 水 産 試 験 場 要 旨 魚 野 川 では,アユ 種 苗 の 放 流 を 行 っているにも 関 わらずアユの 漁 獲 が 不 良 な 漁 場 が 顕 在 化 してい る このため,アユの 漁 獲 が 良 好 な 漁 場 と 不 良 な 漁

More information

( 水 害 の 歴 史 と 治 水 事 業 の 沿 革 ) 下 流 部 では 享 保 15 年 (1730 年 ) 新 発 田 藩 により 松 ヶ 崎 を 分 水 路 として 開 削 したことを 契 機 に 信 濃 から 分 離 大 正 4 年 から 昭 和 8 年 にかけ 新 潟 市 周 辺 地

( 水 害 の 歴 史 と 治 水 事 業 の 沿 革 ) 下 流 部 では 享 保 15 年 (1730 年 ) 新 発 田 藩 により 松 ヶ 崎 を 分 水 路 として 開 削 したことを 契 機 に 信 濃 から 分 離 大 正 4 年 から 昭 和 8 年 にかけ 新 潟 市 周 辺 地 阿 賀 野 水 系 河 整 備 基 本 方 針 の 骨 子 1. 河 の 総 合 的 な 保 全 と 利 用 に 関 する 基 本 方 針 (1) 流 域 及 び 河 の 概 要 ( 概 要 ) 水 源 から 河 口 までの 概 要 河 流 路 延 長 流 域 面 積 流 域 の 土 地 利 用 本 州 日 本 海 側 初 の 政 令 指 定 都 市 である 新 潟 市 や 福 島 県 の 地 方

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B7697E790EC90AE94F58C7689E65F8CF68D90816A2E444F43>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B7697E790EC90AE94F58C7689E65F8CF68D90816A2E444F43> 久 礼 川 水 系 河 川 整 備 計 画 平 成 24 年 2 月 高 知 県 目 次 1. 流 域 および 河 川 の 概 要 1 2. 久 礼 川 の 現 状 と 課 題 3 2.1 治 水 の 現 状 と 課 題 3 2.2 河 川 の 適 正 な 利 用 及 び 流 水 の 正 常 な 機 能 の 現 状 と 課 題 6 2.3 河 川 環 境 の 現 状 と 課 題 7 3. 河 川 整

More information

北 又 ダム 出 し 平 ダム 小 屋 平 ダム 仙 人 谷 ダム 黒 部 ダム 図 1-1 黒 部 川 流 域 図 表 1-1 黒 部 川 流 域 の 概 要 ( 市 町 村 数 は H18.4.1 現 在 ) 項 目 諸 元 備 考 流 路 延 長 85km 全 国 60 位 流 域 面 積 6

北 又 ダム 出 し 平 ダム 小 屋 平 ダム 仙 人 谷 ダム 黒 部 ダム 図 1-1 黒 部 川 流 域 図 表 1-1 黒 部 川 流 域 の 概 要 ( 市 町 村 数 は H18.4.1 現 在 ) 項 目 諸 元 備 考 流 路 延 長 85km 全 国 60 位 流 域 面 積 6 甲 66 号 証 国 土 交 通 省 のホームページより 入 手 した 近 隣 の 各 水 系 の 主 要 洪 水 の 概 要 ( 富 山 県 ) 黒 部 川 常 願 寺 川 神 通 川 小 矢 部 川 ( 石 川 県 ) 梯 川 手 取 川 北 又 ダム 出 し 平 ダム 小 屋 平 ダム 仙 人 谷 ダム 黒 部 ダム 図 1-1 黒 部 川 流 域 図 表 1-1 黒 部 川 流 域 の 概

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095AA8DFB322D385F89CD90EC97AC88E682A982E782CC97AC8F6F93798DBB82C682C682E082C98A4388E682C997AC8F6F82B782E995FA8ECB90AB835A83568345838082CC92E897CA9349946388AC2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095AA8DFB322D385F89CD90EC97AC88E682A982E782CC97AC8F6F93798DBB82C682C682E082C98A4388E682C997AC8F6F82B782E995FA8ECB90AB835A83568345838082CC92E897CA9349946388AC2E646F6378> 河 川 流 域 からの 流 出 土 砂 とともに 海 域 に 流 出 する 放 射 性 セシウムの 定 量 的 把 握 清 水 康 行 岩 崎 理 樹 Mohamed NABI( 北 海 道 大 学 ) 恩 田 裕 一 ( 筑 波 大 学 ) 1. 目 的 本 検 討 は 阿 武 隈 川 の 流 域 から 土 砂 の 移 動 に 伴 い 河 川 に 流 入 するセシウム 137 の 移 行 を モデル

More information

目 次 1. 流 域 の 概 要...1 1-1 西 除 ブロックの 構 成... 1 1-2 流 域 の 歴 史... 1 1-3 流 域 の 現 状... 2 1) 自 然 環 境 特 性...2 2) 社 会 環 境 特 性...4 3) 河 特 性... 5 4) 水 利 用 と 空 間 利

目 次 1. 流 域 の 概 要...1 1-1 西 除 ブロックの 構 成... 1 1-2 流 域 の 歴 史... 1 1-3 流 域 の 現 状... 2 1) 自 然 環 境 特 性...2 2) 社 会 環 境 特 性...4 3) 河 特 性... 5 4) 水 利 用 と 空 間 利 大 和 水 系 西 除 ブロック 河 整 備 計 画 平 成 17 年 4 月 大 阪 府 目 次 1. 流 域 の 概 要...1 1-1 西 除 ブロックの 構 成... 1 1-2 流 域 の 歴 史... 1 1-3 流 域 の 現 状... 2 1) 自 然 環 境 特 性...2 2) 社 会 環 境 特 性...4 3) 河 特 性... 5 4) 水 利 用 と 空 間 利 用...

More information

Microsoft Word - 24 kasennizikannrikeikakku.doc

Microsoft Word - 24 kasennizikannrikeikakku.doc 阿 武 隈 川 上 流 河 川 維 持 管 理 計 画 ( 案 ) 平 成 24 年 3 月 東 北 地 方 整 備 局 福 島 河 川 国 道 事 務 所 阿 武 隈 川 上 流 河 川 維 持 管 理 計 画 ( 案 ) ~ 目 次 ~ 1. 河 川 の 概 要... 1 1-1. 流 域 の 概 要... 1 1-2. 流 域 の 自 然 特 性 および 社 会 特 性... 2 1-2-1.

More information

第 70 回 奈 良 県 河 川 整 備 委 員 会 (H ) 資 料 2-1 大 和 川 ( 初 瀬 川 ) 河 川 改 修 事 業 再 評 価 平 成 26 年 12 月 県 土 マネジメント 部

第 70 回 奈 良 県 河 川 整 備 委 員 会 (H ) 資 料 2-1 大 和 川 ( 初 瀬 川 ) 河 川 改 修 事 業 再 評 価 平 成 26 年 12 月 県 土 マネジメント 部 事 事 業 業 評 価 項 目 大 和 覧 川 表 名 一 級 河 ( 川 初 瀬 大 やまと 川 和 ) 川 河 ( 川 初 はせ 改 瀬 修 川 事 ) 業 事 業 箇 主 所 体 奈 桜 良 さくらいし 井 県 市 おおいずみ 大 泉 地 内 ~ 三 みわ 河 川 の 概 と 事 業 の 目 的 及 び 必 要 性 評 価 項 目 及 び 評 価 の 内 容 輪 地 内 河 川 の 概 要 流

More information

Microsoft PowerPoint - 100302_第1回委員会資料ver16.ppt

Microsoft PowerPoint - 100302_第1回委員会資料ver16.ppt 第 1 回 委 員 会 資 料 -5 桂 川 下 流 圏 域 河 川 整 備 計 画 検 討 委 員 会 第 1 回 資 料 ( 河 川 及 び 圏 域 の 概 要 ) 平 成 22 年 3 月 3 日 有 栖 川 ( 大 覚 寺 付 近 ) 京 都 府 建 設 交 通 部 河 川 課 京 都 土 木 事 務 所 乙 訓 土 木 事 務 所 目 次 瀬 戸 川 起 点 付 近 小 泉 川 有 栖 川

More information

Microsoft Word - 3-(2)-0表紙

Microsoft Word - 3-(2)-0表紙 3-(2) 3(2) 事 業 内 容 について 3-(2)-1 土 砂 3-(2)-2 美 謝 川 切 替 3-(2)-3 海 上 ヤード 3-(2)-1 知 事 意 見 への 対 応 方 針 知 事 の 意 見 対 応 方 針 備 考 分 類 土 砂 について (1) 土 砂 の 調 達 計 画 については 沖 縄 県 はも とより 県 外 も 対 象 として 検 討 していますが 現 時 点 において

More information

表 4.2.2 実 績 降 雨 による 最 大 流 量 候 補 No. 計 画 No. 洪 水 名 日 時 河 北 潟 流 入 量 河 北 潟 水 位 (T.P.+m) 日 時 貯 木 場 流 入 量 貯 木 場 水 位 (T.P.+m) 日 時 宇 ノ 気 気 屋 合 流 点 日 時 能 瀬 石

表 4.2.2 実 績 降 雨 による 最 大 流 量 候 補 No. 計 画 No. 洪 水 名 日 時 河 北 潟 流 入 量 河 北 潟 水 位 (T.P.+m) 日 時 貯 木 場 流 入 量 貯 木 場 水 位 (T.P.+m) 日 時 宇 ノ 気 気 屋 合 流 点 日 時 能 瀬 石 4. 高 水 流 量 のチェック 4.1 検 討 方 針 2.および 3.において 大 野 水 系 の 基 本 高 水 および 計 画 高 水 流 量 を 過 去 の 降 雨 群 を 対 象 とした 高 水 解 析 により 算 定 した 本 章 では 以 下 に 示 すような 他 の 観 点 から 高 水 流 量 を 検 討 し 高 水 流 量 設 定 の 妥 当 性 に 関 する 基 礎 資 料

More information

<4D F736F F D F91E D CE97AC814597AC96D891CE8DF48C7689E62E646F63>

<4D F736F F D F91E D CE97AC814597AC96D891CE8DF48C7689E62E646F63> 第 Ⅱ 編 土 石 流 流 木 対 策 計 画 第 Ⅱ 編 土 石 流 流 木 対 策 計 画 目 次 第 Ⅱ 編 土 石 流 流 木 対 策 計 画...Ⅱ-1-1 第 1 章 土 石 流 流 木 対 策 計 画 の 基 本 事 項... Ⅱ-1-1 第 1 節 計 画 策 定 の 基 本 方 針...Ⅱ-1-1 第 2 節 保 全 対 象...Ⅱ-1-2 第 3 節 計 画 規 模...Ⅱ-1-2

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2048323591E63689F190E096BE8E9197BF8169899389EA90EC8FB08FE3816A3134303231348F4390B32E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2048323591E63689F190E096BE8E9197BF8169899389EA90EC8FB08FE3816A3134303231348F4390B32E70707478> 平 成 25 年 度 第 6 回 九 州 地 方 整 備 局 事 業 評 価 監 視 委 員 会 遠 賀 川 床 上 浸 水 対 策 特 別 緊 急 事 業 ( 飯 塚 穂 波 地 区 ) 事 後 評 価 1 事 業 完 了 後 5 年 以 内 の 事 業 2 審 議 結 果 を 踏 まえ 事 後 評 価 の 実 施 主 体 が 改 めて 事 後 評 価 を 行 う 必 要 があると 判 断 した

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F8DC4955D89BF92B28F915F8D4C93638DBB90E895942E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F8DC4955D89BF92B28F915F8D4C93638DBB90E895942E646F63> ( 別 紙 2) 再 評 価 調 書 ( 案 ) Ⅰ 概 要 名 床 上 浸 水 対 策 特 別 緊 急 地 区 名 一 級 河 川 箇 所 岡 崎 市 西 尾 市 幸 田 町 あ らまし は 幸 田 町 桐 山 を 源 とし 右 支 川 である 等 を 合 流 させ 岡 崎 市 市 街 地 を 貫 流 し て 矢 作 古 川 に 注 ぐ 流 域 面 積 約 101km 2 河 川 延 長 約 19km

More information

Microsoft Word - 05編_建築物被害.doc

Microsoft Word - 05編_建築物被害.doc 第 5 編 建 築 物 被 害 の 想 定 5-1 5.1 被 害 基 準 5-1 5.2 現 況 データ 5-5 5.3 揺 れによる 被 害 5-13 5.3.1 予 測 方 針 5-13 5.3.2 予 測 手 法 5-14 5.3.3 予 測 結 果 5-16 5.4 液 状 化 による 被 害 5-20 5.4.1 予 測 方 針 5-20 5.4.2 予 測 手 法 5-21 5.4.3

More information

Microsoft PowerPoint 資料4-1(真間川【印刷用】).ppt

Microsoft PowerPoint 資料4-1(真間川【印刷用】).ppt 真 間 総 合 治 水 対 策 特 定 河 事 業 ( 千 葉 県 ) 大 柏 都 市 基 盤 整 備 事 業 ( 市 市 ) 事 業 再 評 価 社 会 情 勢 と 公 共 事 業 のこれまで 我 が 国 の 経 済 状 況 S30~48 高 度 成 長 期 S48~H1 安 定 成 長 期 円 高 不 況 S58~60 バブル 景 気 S61~H3 真 間 の 治 水 事 業 31 年 経 過

More information

Microsoft Word - 05藤本.doc

Microsoft Word - 05藤本.doc 安 藤 建 設 技 術 研 究 所 報 造 建 物 の 振 動 特 性 地 震 時 挙 動 と 振 動 特 性 のモニタリング 藤 本 利 昭 * 野 中 康 友 ** 清 水 秀 哲 *** Vibration Characteristic of CFT Buildings Earthquake response and monitoring on the vibration characteristics

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323388A295908C4790EC814596C290A390EC8145966B8FE390EC82CC94ED8A512E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323388A295908C4790EC814596C290A390EC8145966B8FE390EC82CC94ED8A512E646F63> 阿 武 隈 川 鳴 瀬 川 北 上 川 の 被 害 株 式 会 社 エイト 日 本 技 術 開 発 保 全 耐 震 防 災 事 業 部 東 京 支 社 保 全 耐 震 防 災 部 土 谷 基 大 岩 田 克 司 藤 本 哲 生 1.はじめに 2011 年 3 月 11 日 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 (Mw=9.0)が 発 生 し 宮 城 県 栗 原 市 築 館 で 最 大 震 度

More information

◆安全と安心

◆安全と安心 第 6 章 地 域 別 の 環 境 配 慮 宇 土 市 を 分 割 した7 地 区 について,それぞれの 特 性 を 踏 まえた 計 画 の 方 向 性 について, 地 域 別 の 環 境 配 慮 指 針 として 明 らかにします なお, 地 区 区 分 は 上 位 計 画 である 宇 土 市 総 合 計 画 や 関 連 計 画 である 宇 土 市 都 市 計 画 マス タープラン * の 考 え

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030365F819A8E9197BF342D325F8A4388E690B695A882CC8F87899E93498AC7979D81698CF6955C9770816A313430353232>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030365F819A8E9197BF342D325F8A4388E690B695A882CC8F87899E93498AC7979D81698CF6955C9770816A313430353232> 第 2 回 那 覇 空 港 滑 走 路 増 設 事 業 環 境 監 視 委 員 会 資 料 4-2 海 域 生 物 の 順 応 的 管 理 (カサノリ 類 ) 平 成 26 年 6 月 5 日 内 閣 府 沖 縄 総 合 事 務 局 国 土 交 通 省 大 阪 航 空 局 < 目 次 > 1. これまでの 検 討 内 容... 1 1.1 順 応 的 管 理 の 概 要... 1 1.2 評 価

More information

<31342E30382E31398C9F93A289EF8E9197BF2E786264>

<31342E30382E31398C9F93A289EF8E9197BF2E786264> 岐 阜 県 農 業 用 小 水 力 発 電 導 入 技 術 検 討 会 恵 電 測 第 2601 号 県 営 農 村 環 境 整 備 事 業 ( 小 水 力 発 電 整 備 型 ) 鎌 瀬 用 水 地 区 基 本 設 計 業 務 小 水 力 発 電 計 画 概 要 書 平 成 26 年 8 月 19 日 目 次 page 1. 計 画 概 要 -----------------------------------------------------

More information

Microsoft Word - 5-(1)-0表紙

Microsoft Word - 5-(1)-0表紙 5-1 51 海 域 生 物 について 5-1-1 ウミガメ 類 の 上 陸 産 卵 孵 化 5-1-2 事 業 実 施 に 伴 うウミガメ 類 の 他 域 への 逃 避 5-1-3 環 境 保 全 措 置 5-1-1 知 事 意 見 への 対 応 方 針 知 事 の 意 見 対 応 方 針 備 考 分 類 ウミガメ 類 に 係 る 予 測 について エ ウミガメ 類 に 係 る 予 測 について

More information

Microsoft Word - 提出論文 2007.doc

Microsoft Word - 提出論文 2007.doc 地 上 形 レーザスキャナとVRS-RTKによる 河 川 計 測 手 法 について 伊 藤 与 志 雄 By Yoshio,Ito 1.はじめに わが 国 の 国 土 は 環 太 平 洋 造 山 帯 に 位 置 し,その 成 因 から 地 質 が 脆 弱 で 地 形 も 急 峻 であるため 山 地 の 侵 食 が 生 じやすい. 山 地 部 で 生 産 された 土 砂 は 河 川 をとおして 下 流

More information

Microsoft PowerPoint - 02安田先生_HPアップ版.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 02安田先生_HPアップ版.ppt [互換モード] 東 北 地 方 の 液 状 化 地 点 関 東 地 方 の 液 状 化 地 点 東 日 本 大 震 災 における 液 状 化 被 害 の 特 徴 と 課 題 1. 東 京 湾 岸 の 液 状 化 2. 関 東 地 方 のその 他 の 液 状 化 3. 東 北 地 方 の 液 状 化 東 京 電 機 大 学 理 工 学 部 安 田 進 黄 点 : 吉 田, 風 間, 仙 頭 による 赤 点 : 安 田

More information

資料3 その2 

資料3 その2  (3) 取 組 1 東 京 都 による 対 策 と 現 況 東 京 都 下 水 道 局 では 平 成 25~27 年 度 までに 皇 居 外 苑 濠 への 雨 天 時 の 下 水 道 からの 越 流 を 50mm/ 時 以 上 の 豪 雨 時 を 除 き 防 止 する 措 置 を 行 う 予 定 である 2 環 境 省 による 水 質 改 善 計 画 に 基 づく 取 組 環 境 省 では 下 水

More information

電気設備自然災害等対策WG 水力設備に係る検討項目及び検討の進め方

電気設備自然災害等対策WG 水力設備に係る検討項目及び検討の進め方 資 料 5 水 力 発 電 設 備 についての 検 討 に 係 る 考 え 方 平 成 26 年 2 月 18 日 商 務 流 通 保 安 グループ 電 力 安 全 課 - 目 次 - Ⅰ. 検 討 範 囲 3 Ⅱ. 水 力 設 備 に 関 する 検 討 項 目 4 Ⅲ.L2 地 震 動 に 対 するダムの 耐 性 評 価 5 Ⅳ. 洪 水 に 対 するダムの 耐 性 評 価 8 Ⅴ. 大 規 模

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798E9197BF322D312D32817A95E291AB90E096BE8E9197BF816982DE82C28FAC90EC8CB4816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798E9197BF322D312D32817A95E291AB90E096BE8E9197BF816982DE82C28FAC90EC8CB4816A2E646F6378> 資 料 2-1-2 平 成 27 年 11 月 10 日 風 力 部 会 資 料 むつ 小 川 原 港 洋 上 風 力 発 電 事 業 環 境 影 響 評 価 準 備 書 補 足 説 明 資 料 平 成 27 年 11 月 むつ 小 川 原 港 洋 上 風 力 開 発 株 式 会 社 目 次 1. 超 低 周 波 音 の 予 測 結 果 について 1 2. 水 底 の 底 質 のCODの 単 位 について

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E4797709085979897708CF889CA816990858D488A77816A3131323281698DB893C78CE38F4390B3816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E4797709085979897708CF889CA816990858D488A77816A3131323281698DB893C78CE38F4390B3816A> 福 岡 市 における 雑 用 水 利 用 の 利 水 効 果 に 関 する 検 討 A STUDY ON THE EFFECT OF TREATED DOMESTIC WASTEWATER REUSE ON WATER UTILITIZATION IN FUKUOKA CITY 三 石 真 也 1 豊 田 忠 宏 2 3 天 方 匡 純 Shinya MITSUISHI, Tadahiro TOYODA,

More information

秋 田 県 河 川 概 要 図 浅 内 海 岸 能 代 北 秋 田 大 館 鹿 角 琴 浜 海 岸 男 鹿 秋 田 岩 城 二 古 海 岸 窪 堰 川 本 荘 海 岸 大 仙 横 手 由 利 本 湯 沢 - 72 -

秋 田 県 河 川 概 要 図 浅 内 海 岸 能 代 北 秋 田 大 館 鹿 角 琴 浜 海 岸 男 鹿 秋 田 岩 城 二 古 海 岸 窪 堰 川 本 荘 海 岸 大 仙 横 手 由 利 本 湯 沢 - 72 - 第 6 章 河 川 海 岸 第 1 節 河 川 海 岸 の 概 要 秋 田 県 を 流 れる 河 川 は 雄 物 川 米 代 川 子 吉 川 の 一 級 水 系 302 河 川 馬 場 目 川 などの 二 級 水 系 51 河 川 で 合 計 353 河 川 となっており 総 延 長 は3,189kmに 及 んでいます また 海 岸 については 総 延 長 264kmのうち 国 土 交 通 省 で169kmを

More information

目 次 海 岸 領 域 における 取 組 状 況 の 報 告 ~ 三 保 松 原 の 海 岸 景 観 の 改 善 ~ 清 水 海 岸 侵 食 対 策 事 業 の 概 要 3 景 観 改 善 検 討 の 概 要 6 参 考 資 料 24

目 次 海 岸 領 域 における 取 組 状 況 の 報 告 ~ 三 保 松 原 の 海 岸 景 観 の 改 善 ~ 清 水 海 岸 侵 食 対 策 事 業 の 概 要 3 景 観 改 善 検 討 の 概 要 6 参 考 資 料 24 資 料 -7 平 成 26 年 12 月 10 日 静 岡 県 河 川 砂 防 局 目 次 海 岸 領 域 における 取 組 状 況 の 報 告 ~ 三 保 松 原 の 海 岸 景 観 の 改 善 ~ 清 水 海 岸 侵 食 対 策 事 業 の 概 要 3 景 観 改 善 検 討 の 概 要 6 参 考 資 料 24 清 水 海 岸 侵 食 対 策 事 業 の 概 要 全 体 必 要 最 小 限 の

More information

2. 地 形 地 質 概 要 地 形 地 質 調 査 と 年 代 測 定 試 料 採 取 の 対 象 としたのは,2011 年 に 斜 面 崩 壊 に 起 因 した 土 石 流 が 流 下 堆 積 した 斜 面 のうち,カルデラ 西 端 の 立 野 新 所 地 区,カルデラ 北 東 部 の 野 中

2. 地 形 地 質 概 要 地 形 地 質 調 査 と 年 代 測 定 試 料 採 取 の 対 象 としたのは,2011 年 に 斜 面 崩 壊 に 起 因 した 土 石 流 が 流 下 堆 積 した 斜 面 のうち,カルデラ 西 端 の 立 野 新 所 地 区,カルデラ 北 東 部 の 野 中 11. 阿 蘇 カルデラ 斜 面 における 斜 面 崩 壊 土 石 流 の 発 生 頻 度 Frequency of occurrence of slope failure and debris flow at the caldera wall slopes of Aso volcano, Central Kyushu 西 山 賢 一 ( 徳 島 大 学 ) 鳥 井 真 之 ( 熊 本 大 学 )

More information

最上圏域河川整備計画 最上地区小委員会

最上圏域河川整備計画 最上地区小委員会 資 料 6 最 上 小 国 川 流 域 の 治 水 対 策 の 検 討 経 緯 について 平 成 22 年 11 月 5 日 山 形 県 県 土 整 備 部 河 川 課 1 最 上 小 国 川 ダムの 検 討 の 経 緯 と 治 水 対 策 2 たび 重 なる 洪 水 被 害 を 防 ぐための 調 査 等 の 経 緯 S62 年 度 たび 重 なる 洪 水 被 害 のため 最 上 町 が ダム 建

More information

2 事 業 により 整 備 された 施 設 の 管 理 状 況 (1) 施 設 の 概 況 本 事 業 で 整 備 された 施 設 は 六 堰 頭 首 工 左 岸 幹 線 導 水 路 右 岸 幹 線 導 水 路 大 里 幹 線 用 水 路 奈 良 堰 幹 線 用 水 路 玉 井 堰 幹 線 用 水

2 事 業 により 整 備 された 施 設 の 管 理 状 況 (1) 施 設 の 概 況 本 事 業 で 整 備 された 施 設 は 六 堰 頭 首 工 左 岸 幹 線 導 水 路 右 岸 幹 線 導 水 路 大 里 幹 線 用 水 路 奈 良 堰 幹 線 用 水 路 玉 井 堰 幹 線 用 水 おおさと 事 業 名 国 営 総 合 農 地 防 災 事 業 地 区 名 大 里 県 名 埼 玉 県 関 係 市 町 村 く ま が や し おおさとまち こうなんまち ぎ よ う だ し みなみかわらむら こ う の す し 熊 谷 市 ( 旧 熊 谷 市 旧 大 里 町 旧 江 南 町 ) 行 田 市 ( 旧 行 田 市 旧 南 河 原 村 ) 鴻 巣 市 ふきあげまち ふ か や し かわもとまち

More information

【論文】

【論文】 隅 田 川 の 堤 防 形 態 とその 利 用 実 態 谷 下 雅 義 本 島 将 行 浅 田 拓 海 辻 野 五 郎 丸 正 会 員 中 央 大 学 教 授 理 工 学 部 都 市 環 境 学 科 ( -8 東 京 都 文 京 区 春 日 一 丁 目 番 地 7 号 ) E-mail:tanishi@civil.chuo-u.ac.jp 非 会 員 中 央 大 学 理 工 学 部 都 市 環 境

More information

Microsoft Word - 01_一宮川水系河川整備計画_本文

Microsoft Word - 01_一宮川水系河川整備計画_本文 二 級 河 川 一 宮 川 水 系 河 川 整 備 計 画 平 成 27 年 8 月 7 日 千 葉 県 目 次 頁 1. 流 域 及 び 河 川 の 概 要 1 2. 河 川 整 備 の 現 状 と 課 題 4 (1) 治 水 の 現 状 と 課 題 4 (2) 河 川 利 用 の 現 状 と 課 題 8 (3) 環 境 の 現 状 と 課 題 8 3. 河 川 整 備 計 画 の 目 標 に 関

More information

香 川 高 等 専 門 学 校 研 究 紀 要 4(213) した 1 つは 振 動 台 に 剛 結 し, 入 力 加 速 度 を 計 測 し た もう 一 方 はブロック 木 枠 の 天 端 にピン 留 めして, 応 答 加 速 度 を 計 測 した 実 験 開 始 前 には, 重 力 加 速 度

香 川 高 等 専 門 学 校 研 究 紀 要 4(213) した 1 つは 振 動 台 に 剛 結 し, 入 力 加 速 度 を 計 測 し た もう 一 方 はブロック 木 枠 の 天 端 にピン 留 めして, 応 答 加 速 度 を 計 測 した 実 験 開 始 前 には, 重 力 加 速 度 抵 抗 板 を 設 置 した 空 積 みブロック 模 型 の 地 震 時 加 速 度 応 答 特 性 に 関 する 一 考 察 向 谷 光 彦 *, 末 松 吉 生 **, 水 越 睦 視 ***, 乃 村 智 子 *, 松 原 三 郎 *** Seismic Accelerative Response of Dry Masonry Block Retaining Wall Structure with

More information

る 被 害 が 生 じた.さらには, 漁 網 を 用 いるスズキなどの 漁 では, 網 に 漂 流 物 がひっかかるのを 懸 念 し, 操 業 を 控 えるケースがあった. 加 えて, 9 月 上 旬 までに 漂 流 物 を 回 収 しなければノリ 養 殖 に 甚 大 な 被 害 が 出 ることが

る 被 害 が 生 じた.さらには, 漁 網 を 用 いるスズキなどの 漁 では, 網 に 漂 流 物 がひっかかるのを 懸 念 し, 操 業 を 控 えるケースがあった. 加 えて, 9 月 上 旬 までに 漂 流 物 を 回 収 しなければノリ 養 殖 に 甚 大 な 被 害 が 出 ることが 第 10 章 今 回 の 災 害 における 特 徴 的 な 事 象 10.1 有 明 海 沿 岸 域 への 漂 流 漂 着 物 について 10.1.1 本 豪 雨 災 害 での 漂 流 漂 着 物 の 大 量 発 生 の 概 要 本 豪 雨 災 害 の 特 徴 として 沿 岸 海 域 への 漂 流 漂 着 物 が 大 量 に 発 生 したことが 挙 げられる. 一 般 的 に, 洪 水 時 の 流

More information

3 今 後 の 活 動 ( 実 現 に 向 けた 調 査 研 究 ) 区 部 周 辺 部 における 環 状 公 共 交 通 の 整 備 について エイトライナー 促 進 協 議 会 及 び 東 京 都 メトロセブン 促 進 協 議 会 で 構 成 する 都 区 連 絡 会 におい て 次 期 交 通

3 今 後 の 活 動 ( 実 現 に 向 けた 調 査 研 究 ) 区 部 周 辺 部 における 環 状 公 共 交 通 の 整 備 について エイトライナー 促 進 協 議 会 及 び 東 京 都 メトロセブン 促 進 協 議 会 で 構 成 する 都 区 連 絡 会 におい て 次 期 交 通 都 市 建 設 委 員 会 資 料 平 成 26 年 9 月 30 日 都 市 整 備 部 都 市 計 画 課 エイトライナー 促 進 協 議 会 の 実 施 結 果 について 1 これまでの 協 議 会 の 活 動 平 成 6 年 度 エイトライナー 促 進 協 議 会 設 立 平 成 10~16 年 度 エイトライナー メトロセブン 合 同 促 進 大 会 を 実 施 平 成 11 年 度 運

More information

SUMMARY There might be no other business that has high uncertainty like Live Entertainment Business. This is because the success and failure of this business depend a great deal on the unscientific element

More information

Microsoft PowerPoint - 熊本地震被災調査(増田).pptx

Microsoft PowerPoint - 熊本地震被災調査(増田).pptx 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 公 共 土 木 施 設 の 被 災 状 況 と 斜 面 被 害 愛 媛 県 技 術 士 会 増 田 信 ( 愛 媛 建 設 コンサルタント) 1 被 災 調 査 員 : 愛 媛 県 技 術 士 会 会 長 須 賀 幸 一 ( 芙 蓉 コンサルタント) 副 会 長 増 田 信 ( 愛 媛 建 設 コンサルタント) 副 会 長 米 虫 聡 ( アースコンサルタント)

More information

大船渡市における

大船渡市における 陸 前 高 田 市 災 害 公 営 住 宅 供 給 基 本 方 針 平 成 24 年 6 月 岩 手 県 陸 前 高 田 市 目 次 第 1 章 市 内 の 状 況 の 整 理... 1 1-1 被 災 前 の 状 況... 1 (1) 市 の 概 要... 1 1-2 被 災 状 況... 3 (1) 住 宅 被 災 状 況... 3 (2) 復 興 計 画 における 住 宅 整 備 の 位 置

More information

2. 県 (1) 県 は 県 の 地 域 並 びに 県 の 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 地 震 災 害 から 保 護 するため 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定 地 方 公 共 機 関 及 び 他 の 地 方 公 共 団 体 等 の 協 力 を 得

2. 県 (1) 県 は 県 の 地 域 並 びに 県 の 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 地 震 災 害 から 保 護 するため 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定 地 方 公 共 機 関 及 び 他 の 地 方 公 共 団 体 等 の 協 力 を 得 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 五 戸 町 の 地 域 に 係 る 地 震 防 災 対 策 に 関 し 必 要 な 体 制 を 確 立 するとともに 関 係 機 関 の 総 合 的 かつ 計 画 的 な 対 策 の 整 備 推 進 を 図 り 住

More information

2 ご 議 論 いただきたい 事 項 今 後 の 設 備 形 成 の 考 え 方 について ご 報 告 事 項 技 術 調 査 の 取 り 組 み 状 況 について

2 ご 議 論 いただきたい 事 項 今 後 の 設 備 形 成 の 考 え 方 について ご 報 告 事 項 技 術 調 査 の 取 り 組 み 状 況 について 第 9 回 広 域 系 統 整 備 委 員 会 資 料 2 1 広 域 系 統 長 期 方 針 の 策 定 について 2016 年 1 月 29 日 広 域 系 統 整 備 委 員 会 事 務 局 2 ご 議 論 いただきたい 事 項 今 後 の 設 備 形 成 の 考 え 方 について ご 報 告 事 項 技 術 調 査 の 取 り 組 み 状 況 について 長 期 方 針 の 策 定 の 方 向

More information

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 27(2015) 年 4 月 立 川 市 はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施

More information

<955C8E86814597A0955C8E862E6169>

<955C8E86814597A0955C8E862E6169> 徳 島 県 の 海 岸 保 全 基 本 計 画 改 定 ( 概 要 版 ) ~ 自 然 と 人 が 息 づく 阿 波 の 海 岸 づくり ~ 徳 島 県 1. 海 岸 保 全 基 本 計 画 とは 海 岸 保 全 基 本 計 画 とは 海 岸 法 の 改 正 ( 平 成 11 年 )に 伴 い 美 しく 安 全 で いきい きとした 海 岸 の 継 承 を 基 本 理 念 とする 国 の 定 めた

More information

熊本地震被害調査 ver. 3.0

熊本地震被害調査 ver. 3.0 2016 年 熊 本 地 震 地 盤 被 害 と 復 旧 状 況 ver. 4.0 一 次 : 4 月 16 日 ~17 日 二 次 : 4 月 22 日 ~24 日 三 次 : 4 月 29 日 ~5 月 1 日 東 京 大 学 生 産 技 術 研 究 所 清 田 隆 ( 一 次 二 次 三 次 ) 長 岡 技 術 科 学 大 学 池 田 隆 明 ( 一 次 二 次 ) 東 京 大 学 内 村 太

More information

<874681408E9197BF34814088DB8E9D8AC7979D8C7689E68F9181602E786477>

<874681408E9197BF34814088DB8E9D8AC7979D8C7689E68F9181602E786477> 土 地 改 良 区 の 維 持 管 理 計 画 の 変 更 について 1 土 地 改 良 区 の 維 持 管 理 計 画 とは 平 成 28 年 2 月 4 日 ( 木 ) 熊 本 県 農 村 計 画 課 土 地 改 良 指 導 班 土 地 改 良 法 の 中 には 実 は 維 持 管 理 計 画 という 表 記 はありません 土 地 改 良 法 第 7 条 第 1 項 などに 登 場 する 土 地

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63> 第 1 編 総 論 第 1 章 市 の 責 務 計 画 の 位 置 づけ 構 成 等 廿 日 市 市 ( 市 長 及 びその 他 の 執 行 機 関 をいう 以 下 市 という )は 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 する 責 務 にかんがみ 国 民 の 保 護 のための 措 置 を 的 確 かつ 迅 速 に 実 施 するため 以 下 のとおり 市 の 責 務 を 明 らかにするとともに

More information

Microsoft Word - _2013目次

Microsoft Word - _2013目次 大 阪 湾 における 水 環 境 変 化 と 水 産 資 源 の 変 遷 木 下 歩 * 宇 野 宏 司 ** Temporal Spatial Variation on Water Environment and Fishery Resources in Osaka Bay Ayumi KINOSHITA* Kohji UNO** ABSTRACT The industrial development

More information

REP02_01.exe

REP02_01.exe 第 1 編 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 及 び 構 成 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 姶 良 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であって 市 防 災 関 係 機 関 住 民 等 がその 全 機 能 を 発 揮 し 相 互 に 有 機 的 な

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D836A83858341838B94AD936494C5816991E693F194C5816A814691E688EA90DF815131333033323720816995B68E9A904690AE979D816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D836A83858341838B94AD936494C5816991E693F194C5816A814691E688EA90DF815131333033323720816995B68E9A904690AE979D816A> 水 力 発 電 水 利 審 査 マニュアル( 案 ) 平 成 25 年 4 月 第 二 版 掲 載 web: http://www.mlit.go.jp/river/shishin_guideline/suirisinsa/pdf/manual.pdf 国 土 交 通 省 水 管 理 国 土 保 全 局 水 政 課 河 川 環 境 課 目 次 本 マニュアルについて 2 第 一 節 許 可 に 当

More information

<4D F736F F D2092B28DB895F18D908F918DEC90AC82CC8EE888F882AB E352E332E646F63>

<4D F736F F D2092B28DB895F18D908F918DEC90AC82CC8EE888F882AB E352E332E646F63> 植 栽 基 盤 調 査 報 告 書 作 成 の 手 引 き (Ver.5.3) 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 -1- 目 次 Ⅰ. 本 書 の 使 い 方 Ⅱ. 記 入 方 法 の 手 引 き 表 紙 1. 調 査 実 施 者 2. 調 査 の 目 的 3. 調 査 報 告 書 の 概 要 4. 調 査 の 手 順 5. 設 計 図 書 の 確 認 (1) 計 画 地

More information

し,99 年 度 の 98 kg から 年 近 く 減 少 傾 向 にあ り,9 年 度 は 9 kg であった. 図 - わが における 人 当 たりセメント 消 費 量 の 推 移 9~9 年 度 わが 体 としての 減 少 傾 向 の 一 方 で, 減 少 傾 向 には 地 域 差 も 認 め

し,99 年 度 の 98 kg から 年 近 く 減 少 傾 向 にあ り,9 年 度 は 9 kg であった. 図 - わが における 人 当 たりセメント 消 費 量 の 推 移 9~9 年 度 わが 体 としての 減 少 傾 向 の 一 方 で, 減 少 傾 向 には 地 域 差 も 認 め 土 学 会 論 文 集 F( 建 設 マネジメント), Vol., No., I_9-I_8,. 各 府 県 の 人 増 減 が コンクリート 需 要 に 及 ぼす 影 響 工 科 学 内 雅 博 * By Masahiro OUCHI コンクリート 構 造 物 や 建 築 物 のストックが 量 的 に 充 足 した 段 階 においては, 人 増 加 率 の 小 がコンクリートの 規 需 要 の 差

More information

淀川水系 湖東圏域

淀川水系 湖東圏域 淀 川 水 系 湖 東 圏 域 河 川 整 備 計 画 計 画 概 要 説 明 資 料 平 成 25 年 12 月 滋 賀 県 目 次 1. 圏 域 河 川 の 概 要 1 1.1 湖 東 圏 域 の 概 要 1 1.2 河 川 の 現 状 と 課 題 15 2. 河 川 整 備 計 画 の 目 標 に 関 する 事 項 39 2.1 計 画 対 象 期 間 計 画 対 象 河 川 39 2.2

More information

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流 . 本 部 員 会 議 平 成 23 年 6 月 15 日 部 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 津 波 の 発 生 に 伴 う 課 題 と 対 応 1 区 分 課 題 対 応 畜 1 飼 料 や 燃 油 不 足 による 生 乳 廃 棄 や 家 畜 死 亡 に 対 する 支 援 地 用 2 津 波 により 冠 した 地 の 塩 害 土 砂 堆 積 への 技 術 対 策

More information

<4D F736F F D D38F8A92F990B A DC58F4994C5817A8EA58B DB88EC08E7B977697CC816988C4816A2E646F63>

<4D F736F F D D38F8A92F990B A DC58F4994C5817A8EA58B DB88EC08E7B977697CC816988C4816A2E646F63> 磁 気 探 査 実 施 要 領 ( 案 ) 平 成 24 年 10 月 沖 縄 総 合 事 務 局 開 発 建 設 部 目 次 1 総 則 1 1-1 目 的 1 1-2 適 用 範 囲 1 1-3 用 語 の 定 義 1 1-3-1 磁 気 探 査 1 1-3-2 不 発 弾 不 発 弾 等 1 1-3-3 不 発 弾 貫 入 深 度 1 1-3-4 磁 気 量 2 2 探 査 計 画 3 2-1

More information

Ⅱ 点 検 項 目. 費 用 対 効 果 分 析 の 算 定 基 礎 となった 要 因 の 変 化 直 前 の 評 価 今 回 の 評 価 総 費 用 ( ) 総 便 益 ( ),8,7,99,7,8,,0,9 別 紙 費 用 対 効 果 分 析 集 計 表 の とおり 費 用 便 益 費 (B/C

Ⅱ 点 検 項 目. 費 用 対 効 果 分 析 の 算 定 基 礎 となった 要 因 の 変 化 直 前 の 評 価 今 回 の 評 価 総 費 用 ( ) 総 便 益 ( ),8,7,99,7,8,,0,9 別 紙 費 用 対 効 果 分 析 集 計 表 の とおり 費 用 便 益 費 (B/C 事 業 評 価 書 ( 期 中 の 評 価 ) 整 理 番 号 都 道 府 県 名 千 葉 県 関 係 市 町 村 フッツ 富 津 シ 市 期 中 評 価 実 施 の 理 由 事 業 名 水 産 物 供 給 基 盤 整 備 事 業 ( 水 産 流 通 基 盤 整 備 事 業 ) フッツ 地 区 名 事 業 主 体 千 葉 県 Ⅰ 基 本 事 項. 地 区 概 要 フッツ 漁 港 名 ( 種 別 )

More information

小 惑 星 探 査 機 はやぶさ を 帰 還 させた 隠 し 回 路 Jaxaホームページより 引 用

小 惑 星 探 査 機 はやぶさ を 帰 還 させた 隠 し 回 路 Jaxaホームページより 引 用 2015.05.14 災 害 復 旧 実 務 講 習 会 災 害 採 択 の 基 本 原 則 について 〇 災 害 復 旧 事 業 の 概 要 適 用 除 外 他 〇 災 害 申 請 の 基 本 知 識 1 箇 所 工 事 応 急 工 事 とは 原 型 復 旧 の 定 義 他 〇 査 定 時 に 議 論 となる 点 応 急 工 事 の 範 囲 二 重 対 策 被 災 程 度 工 法 の 妥 当 性

More information

米国における活断層及び液状化痕跡の掘削調査工事

米国における活断層及び液状化痕跡の掘削調査工事 No.2, p.235-243, 2002 Survey of tsunami deposits at an archaeological site along the eastern Nankai trough 1 2 3 4 5 6 7 Keita Takada 1, Kenji Satake 2, Akira Sangawa 3, Koichi Shimokawa 4, Hiroyuki Kumagai

More information

目 次 まえがき 1 Ⅰ 森 林 の 整 備 及 び 保 全 の 目 標 その 他 森 林 の 整 備 及 び 保 全 に 関 する 基 本 的 な 事 項 1 森 林 の 整 備 及 び 保 全 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 森 林 の 整 備 及 び 保 全 の 目 標 4 Ⅱ 森 林

目 次 まえがき 1 Ⅰ 森 林 の 整 備 及 び 保 全 の 目 標 その 他 森 林 の 整 備 及 び 保 全 に 関 する 基 本 的 な 事 項 1 森 林 の 整 備 及 び 保 全 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 森 林 の 整 備 及 び 保 全 の 目 標 4 Ⅱ 森 林 全 国 森 林 計 画 平 成 25 年 10 月 4 日 閣 議 決 定 農 林 水 産 省 目 次 まえがき 1 Ⅰ 森 林 の 整 備 及 び 保 全 の 目 標 その 他 森 林 の 整 備 及 び 保 全 に 関 する 基 本 的 な 事 項 1 森 林 の 整 備 及 び 保 全 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 森 林 の 整 備 及 び 保 全 の 目 標 4 Ⅱ 森 林 の

More information

<5461726F2D3238303330315F97D18BC690EA977093B98DEC90DD8E77906A>

<5461726F2D3238303330315F97D18BC690EA977093B98DEC90DD8E77906A> 16 林 業 専 用 道 作 設 指 針 北 海 道 スタンダ-ド 平 成 23 年 3 月 31 日 各 振 興 局 長 あて 森 林 第 1280 号 水 産 林 務 部 長 [ 沿 革 ] 平 成 26 年 3 月 28 日 森 整 第 1331 号 改 正 平 成 27 年 1 月 13 日 森 整 第 915 号 改 正 平 成 27 年 3 月 30 日 森 整 第 1201 号 改 正

More information

’ÓŠ¹/‰´„û

’ÓŠ¹/‰´„û Core Ethics Vol. transition from school to work [][] [] Core Ethics Vol. [], pp.- [], p. [a], p.ojt OJT. [] OJT [] [] [], p. OJTOffJTp. [] p. [], pp.- [] [] [] [] [a] [], p. Core Ethics Vol. [], p. []

More information

3 19 2 23 2

3 19 2 23 2 24 3 1 3 19 2 23 2 目 次 目 次 第 I 部 越 水 破 堤 現 象 をとりまく 環 境 5 1. 近 年 の 実 破 堤 事 例 6 2. 越 水 破 堤 現 象 に 関 する 既 往 研 究 6 3. 研 究 過 程 と 本 報 告 書 の 内 容 7 第 II 部 十 勝 川 千 代 田 実 験 水 路 における 破 堤 実 験 9 4. 十 勝 川 千 代 田 実 験 水

More information

02 基本事項の検討

02 基本事項の検討 駒 ヶ 根 市 中 田 切 地 区 の 小 水 力 発 電 概 略 検 討 長 野 県 土 地 改 良 事 業 団 体 連 合 会 目 次 第 1 章 調 査 の 概 要... 1-1 1.1 調 査 目 的... 1-1 1.2 工 期... 1-1 1.3 調 査 位 置... 1-1 1.4 調 査 内 容... 1-1 1.5 報 告 書 の 作 成... 1-2 第 2 章 発 電 計 画

More information

目 次 1 別 表 別 表 第 1 水 門 等 一 覧 表 ( 第 4 章 第 2) 1 別 表 第 2 水 防 資 機 材 保 有 状 況 ( 第 6 章 第 1 節 第 1) 5 別 表 第 3 国 土 交 通 省 管 理 重 要 水 防 箇 所 ( 第 7 章 第 2 節 第 1) 6 別 表

目 次 1 別 表 別 表 第 1 水 門 等 一 覧 表 ( 第 4 章 第 2) 1 別 表 第 2 水 防 資 機 材 保 有 状 況 ( 第 6 章 第 1 節 第 1) 5 別 表 第 3 国 土 交 通 省 管 理 重 要 水 防 箇 所 ( 第 7 章 第 2 節 第 1) 6 別 表 長 沼 町 水 防 計 画 別 冊 別 表 資 料 綴 平 成 28 年 4 月 1 日 北 海 道 長 沼 町 目 次 1 別 表 別 表 第 1 水 門 等 一 覧 表 ( 第 4 章 第 2) 1 別 表 第 2 水 防 資 機 材 保 有 状 況 ( 第 6 章 第 1 節 第 1) 5 別 表 第 3 国 土 交 通 省 管 理 重 要 水 防 箇 所 ( 第 7 章 第 2 節 第 1)

More information

九州大学キャンパス内の埋蔵文化財資料について

九州大学キャンパス内の埋蔵文化財資料について 平 成 22 年 度 貴 重 文 物 講 習 会 101217 九 州 大 学 キャンパスに 眠 る 埋 蔵 文 化 財 ー 元 寇 防 塁 を 中 心 にー 九 州 大 学 埋 蔵 文 化 財 調 査 室 学 術 研 究 員 田 尻 義 了 はじめに 1. 埋 蔵 文 化 財 調 査 室 の 紹 介 2. 各 キャンパスにおける 埋 蔵 文 化 財 資 料 の 紹 介 a. 筑 紫 キャンパス b.

More information

1959 ( 昭 34) 9.23~ 26 台 風 第 15 号 ( 伊 勢 湾 台 風 ) 1960 低 気 圧 と 前 ( 昭 35) 線 10.6~ 7 梅 雨 前 線 ( 昭 和 36 年 梅 1961 雨 前 線 豪 雨 ) ( 昭 36) 6.24~ 29 南 部 台 風 第 15 号

1959 ( 昭 34) 9.23~ 26 台 風 第 15 号 ( 伊 勢 湾 台 風 ) 1960 低 気 圧 と 前 ( 昭 35) 線 10.6~ 7 梅 雨 前 線 ( 昭 和 36 年 梅 1961 雨 前 線 豪 雨 ) ( 昭 36) 6.24~ 29 南 部 台 風 第 15 号 三 重 県 における 戦 後 の 主 な 気 象 災 害 主 な 被 害 発 生 年 月 日 要 因 主 な 被 害 地 域 概 況 死 者 行 方 不 明 者 ( 名 ) 負 傷 者 ( 名 ) 住 宅 全 壊 流 出 ( 棟 ) 住 宅 半 壊 一 部 破 損 ( 棟 ) 床 上 浸 1987 年 水 ( 棟 ) までは 住 家 半 壊 の み 床 下 浸 水 ( 棟 ) 台 風 第 28 号

More information

Taro-8671.jtd

Taro-8671.jtd 平 成 21 年 3 23 日 報 8671 章 平 成 21 年 3 23 日 8671 目 ページ 財 部 正 計 課 2 告 示 監 視 伝 染 病 検 査 命 令 畜 産 課 3 4 家 畜 注 射 実 施 4 公 告 河 川 整 備 計 画 変 更 原 案 河 川 課 5 河 川 整 備 計 画 変 更 係 縦 覧 7 1 2 財 部 正 公 布 平 成 年 日 知 大 澤 正 明 財 部

More information

香 川 高 等 専 門 学 校 研 究 紀 要 4(2013) 2. 試 料, 実 験 装 置, 実 験 の 概 要 模 型 は 木 製 で 作 成 し, 中 詰 材 ( 礫 5mm 以 下 )は 現 場 での 1/10 スケールをそれぞれ 想 定 している 模 型 にはコンクリートと 比 重 を

香 川 高 等 専 門 学 校 研 究 紀 要 4(2013) 2. 試 料, 実 験 装 置, 実 験 の 概 要 模 型 は 木 製 で 作 成 し, 中 詰 材 ( 礫 5mm 以 下 )は 現 場 での 1/10 スケールをそれぞれ 想 定 している 模 型 にはコンクリートと 比 重 を 抵 抗 板 を 設 置 した 空 積 みブロックの 動 的 変 形 特 性 向 谷 光 彦 *, 末 松 吉 生 **, 水 越 睦 視 ***, 乃 村 智 子 *, 岡 崎 芳 行 *** Seismic Characteristics of Dry Masonry Block Retaining Wall Structure with a Resistance Plate Mitsuhiko

More information

<4D F736F F D DC58F4994C5816A8AC B E646F63>

<4D F736F F D DC58F4994C5816A8AC B E646F63> 静 岡 県 土 木 施 設 長 寿 命 化 計 画 下 水 道 管 路 ガイドライン 平 成 21 年 3 月 建 設 部 都 市 局 生 活 排 水 室 はじめに 本 ガイドラインは 静 岡 県 土 木 部 ( 当 時 )が 平 成 15 年 度 にとりまとめた 土 木 施 設 長 寿 命 化 行 動 方 針 ( 案 ) を 受 け 県 が 管 理 している 流 域 下 水 道 幹 線 をはじめとする

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20874431313036323490E591E489968A988D60816990E591E48D608BE6819589968A988D608BE6816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20874431313036323490E591E489968A988D60816990E591E48D608BE6819589968A988D608BE6816A> 1 5. 仙 台 塩 釜 港 ( 仙 台 港 区 ) 6. 仙 台 塩 釜 港 ( 塩 釜 港 区 ) 調 査 団 メンバー 小 黒 章 二 八 谷 好 高 菅 野 真 弘 亀 井 重 信 建 設 マネジメント 研 究 所 主 任 研 究 員 理 事 兼 建 設 マネジメント 研 究 所 副 所 長 調 査 部 調 査 役 仙 台 支 部 調 査 役 仙 台 塩 釜 港 調 査 行 程 塩 釜 港

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63> 田 方 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 2 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際

More information

熊本地震現地調査結果報告書

熊本地震現地調査結果報告書 熊 本 地 震 現 地 調 査 結 果 ( 速 報 ) 報 告 書 平 成 28 年 4 月 27 日 中 央 開 発 株 式 会 社 目 次 Ⅰ. 熊 本 地 震 の 概 要... 1 Ⅰ-1 地 震 の 概 要... 1 Ⅰ-2 熊 本 県 周 辺 の 地 質 構 造... 6 Ⅰ-3 別 府 - 島 原 地 溝... 7 Ⅰ-4 布 田 川 - 日 奈 久 断 層 帯... 8 Ⅱ. 液 状

More information

出 水 時 の 予 測 対 象 は ダムサイト 濁 水 とダムの 堤 体 の 工 事 原 石 の 採 取 の 工 事 建 設 発 生 土 の 処 理 の 工 事 施 工 設 備 及 び 工 事 用 道 路 の 設 置 の 工 事 道 路 の 付 替 の 工 事 に おいて 降 雨 時 に 発 生 す

出 水 時 の 予 測 対 象 は ダムサイト 濁 水 とダムの 堤 体 の 工 事 原 石 の 採 取 の 工 事 建 設 発 生 土 の 処 理 の 工 事 施 工 設 備 及 び 工 事 用 道 路 の 設 置 の 工 事 道 路 の 付 替 の 工 事 に おいて 降 雨 時 に 発 生 す 6.1.4.3 予 測 の 結 果 (1) 工 事 の 実 施 (1-1) 試 験 湛 水 以 外 の 期 間 (1-1-1) 土 砂 による 水 の 濁 り 1) 予 測 の 手 法 予 測 対 象 とする 影 響 要 因 を 表 6.1.4-16 及 び 図 6.1.4-27に 示 す 工 事 の 実 施 影 響 要 因 ダムの 堤 体 の 工 事 導 水 施 設 の 建 設 の 工 事 ダムの

More information

関連データ及び参考資料(1)

関連データ及び参考資料(1) 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 71 72 目 次 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 公 共 施 設 における 学 校 施 設 の 割 合... 74 学 校 数 幼 児 児 童 生 徒 数 の 推 移... 74 小 中 学 校 数 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 一 校 当 たりの 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 公

More information

<4D F736F F D D89BF92B28F C6A90EC816A8F4390B38CE38DC58F4994C E312E3135>

<4D F736F F D D89BF92B28F C6A90EC816A8F4390B38CE38DC58F4994C E312E3135> 平 成 24 年 度 公 共 事 業 評 価 調 書 かつらがわ 桂 広 域 河 改 修 事 業 評 価 の 別 : 再 々 評 価 しの やまもと ひよし との だ 事 業 箇 所 ( 区 間 ): 亀 岡 市 篠 町 山 本 地 先 ~ 南 丹 市 日 吉 町 殿 田 地 先 事 業 着 手 年 度 : 昭 和 50 年 度 全 体 事 業 ( 内 用 地 費 ) 費 : 969. 5 億 円

More information

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc 参 考 4 平 成 23 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 3ページ 下 段 に 記 載 した 指 摘 の 主 な 内 容 を 表 しています 指 摘 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理 の 不 備 庁 舎 保 全 関 係 の 不 備 異 なる 間 の 有

More information

古 代 京 都 山 科 の 製 鉄 遺 跡 如 意 ヶ 岳 南 製 鉄 遺 跡 群 御 陵 大 岩 町 製 鉄 遺 跡 調 査 資 料 1. 古 代 の 製 鉄 遺 跡 京 都 山 科 御 陵 大 岩 製 鉄 遺 跡 の 位 置 京 都 比 叡 山 大 文 字 山 の 南 の 鉄 鉱 石 などを 原

古 代 京 都 山 科 の 製 鉄 遺 跡 如 意 ヶ 岳 南 製 鉄 遺 跡 群 御 陵 大 岩 町 製 鉄 遺 跡 調 査 資 料 1. 古 代 の 製 鉄 遺 跡 京 都 山 科 御 陵 大 岩 製 鉄 遺 跡 の 位 置 京 都 比 叡 山 大 文 字 山 の 南 の 鉄 鉱 石 などを 原 インタ インターネット 検 索 山 科 古 代 のたたら 跡 整 理 資 料 古 代 7 世 紀 の 京 都 山 科 の 如 意 ヶ 岳 南 製 鉄 遺 跡 群 御 陵 大 岩 町 製 鉄 遺 跡 日 本 書 紀 巻 27 天 智 天 皇 9 年 (670 年 )の 項 に 是 歳 コトシ コトシ 水 碓 ミス ミス ウス ウス を 造 りて 冶 鉄 カネワカ カネワカ す 京 都 大 文 字 山

More information

1988 表 1 奈 良 文 化 財 研 究 所 収 録 地 方 別 縄 文 遺 跡 数 および 遺 跡 密 度 (/1000km2) 地 方 東 北 関 東 北 陸 中 部 山 国 東 海 近 畿 中 国 四 国 九 州 遺 跡 数 6542 10852 824 1257 2748 1235 10

1988 表 1 奈 良 文 化 財 研 究 所 収 録 地 方 別 縄 文 遺 跡 数 および 遺 跡 密 度 (/1000km2) 地 方 東 北 関 東 北 陸 中 部 山 国 東 海 近 畿 中 国 四 国 九 州 遺 跡 数 6542 10852 824 1257 2748 1235 10 GIS Theory and Applications of GIS, 2009, Vol. 17, No.1, pp.63-72 縄 文 遺 跡 の 立 地 性 向 枝 村 俊 郎 熊 谷 樹 一 郎 The Disposition of Jomon Ruins Toshiro EDAMURA and Kiichiro KUMAGAI Abstract: The theory, which the

More information

東 日 本 大 震 災 対 応 報 告 書 ~ 地 球 観 測 衛 星 及 び 通 信 衛 星 による 対 応 の 記 録 ~ 4 近 代 技 術 で 大 規 模 に 構 築 された 港 湾 の 浸 水 災 害 対 策 にも 万 全 を 期 して 設 計 された と 思 われる 港 湾 施 設 宮

東 日 本 大 震 災 対 応 報 告 書 ~ 地 球 観 測 衛 星 及 び 通 信 衛 星 による 対 応 の 記 録 ~ 4 近 代 技 術 で 大 規 模 に 構 築 された 港 湾 の 浸 水 災 害 対 策 にも 万 全 を 期 して 設 計 された と 思 われる 港 湾 施 設 宮 2.1.7 現 地 調 査 結 果 2.1.7.1 現 地 調 査 世 界 観 測 史 上 4 番 目 の 規 模 となる M9.0 の 東 日 本 大 震 災 では 広 域 に 亘 る 津 波 による 被 災 が 発 生 した 高 さ 数 十 メートルの 地 盤 までの 浸 水 海 岸 付 近 の 低 地 部 の 沈 下 海 没 湛 水 津 波 の 河 川 遡 上 津 波 堤 防 の 破 壊 市

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 7 河 川 改 修 堤 防 のかさ 上 げの 検 討 護 岸 の 改 修 な ど 盛 川 須 崎 川 大 立 川 など 県 管 理 河 川 茶 屋 前 水 路 ほか 市 管 理 河 川 県 市 23~ 着 手 済 3 須 崎 川 河 川 改 修 の 設 計

名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 7 河 川 改 修 堤 防 のかさ 上 げの 検 討 護 岸 の 改 修 な ど 盛 川 須 崎 川 大 立 川 など 県 管 理 河 川 茶 屋 前 水 路 ほか 市 管 理 河 川 県 市 23~ 着 手 済 3 須 崎 川 河 川 改 修 の 設 計 名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 方 針 1 被 災 した 都 市 基 盤 施 設 を 早 期 に 復 旧 するとともに 防 災 機 能 向 上 のために 必 要 な 整 備 を 行 います 施 策 ア 道 路 河 川 港 湾 施 設 などを 復 旧 します 1 道 路 復 旧 被 災 した 道 路 の 復 旧 主 要 地 方 道 大 船 渡 綾 里 三 陸 線 主 要 地 方 道 大 船

More information

目 次 1. 流 域 の 概 要... 1 2. 治 水 事 業 の 経 緯... 4 3. 既 往 洪 水 の 概 要... 8 4. 基 本 高 水 の 検 討... 9

目 次 1. 流 域 の 概 要... 1 2. 治 水 事 業 の 経 緯... 4 3. 既 往 洪 水 の 概 要... 8 4. 基 本 高 水 の 検 討... 9 資 料 4 利 根 川 水 系 河 川 整 備 基 本 方 針 基 本 高 水 等 に 関 する 資 料 抜 粋 平 成 18 年 2 月 国 土 交 通 省 河 川 局 目 次 1. 流 域 の 概 要... 1 2. 治 水 事 業 の 経 緯... 4 3. 既 往 洪 水 の 概 要... 8 4. 基 本 高 水 の 検 討... 9 1. 流 域 の 概 要 と ね おおみなかみ あかぎ

More information

資料5-1

資料5-1 資 料 - 平 成 年 熊 本 地 震 による 自 然 環 境 等 へ 影 響 把 握 調 査 実 施 状 況 自 然 景 観 維 持 土 砂 崩 壊 調 査 これまでに 実 施 された 影 響 把 握 調 査 断 層 による 亀 裂 調 査 国 土 地 理 院 中 央 火 口 丘 エ リアなし) 国 土 地 理 院 火 口 周 辺 と 草 原 土 砂 崩 壊 調 査 環 境 省 が 実 施 する

More information

Microsoft PowerPoint - 01-1 津波法説明資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 01-1 津波法説明資料.pptx 資 料 1-1 第 2 回 津 波 避 難 対 策 推 進 マニュアル 検 討 会 津 波 防 災 地 域 づくりに 関 する 法 律 について 平 成 24 年 8 月 22 日 ( 水 ) Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 津 波 防 災 地 域 づくりに 関 する 法 律 の 制 定 経 緯 平 成 23 年 3 月

More information

ÿþ

ÿþ Abstract The aim of this paper is to describe 1. how media, especially mobile phones, have been utilized in childrearing practices, and 2. how the process of adoption influences the placement of techno-social

More information

2. 上 部 工 形 式 の 検 討 (1) 現 橋 における 課 題 昭 和 63 年 に 完 成 した 現 橋 は 当 時 の 最 先 端 技 術 に より 以 下 の 上 部 工 形 式 となっている 3 径 間 連 続 鋼 床 版 2 主 鈑 桁 側 橋 梁 3 径 間 連

2. 上 部 工 形 式 の 検 討 (1) 現 橋 における 課 題 昭 和 63 年 に 完 成 した 現 橋 は 当 時 の 最 先 端 技 術 に より 以 下 の 上 部 工 形 式 となっている 3 径 間 連 続 鋼 床 版 2 主 鈑 桁 側 橋 梁 3 径 間 連 別 紙 2 平 成 22 年 度 長 大 橋 における 異 種 構 造 の 連 続 化 と 経 済 的 な 支 間 割 による 合 理 化 橋 梁 一 般 国 道 337 号 当 別 町 札 幌 大 橋 札 幌 開 発 建 設 部 札 幌 道 路 事 務 所 秋 山 隆 住 岡 栄 悦 濱 下 和 久 札 幌 大 橋 ( 下 流 橋 )は 一 般 国 道 337 号 の4 車 線 化 の 一 環 として

More information

総務部元気宣言

総務部元気宣言 福 井 新 々 元 気 宣 言 推 進 に 関 する 政 策 合 意 私 は 知 事 の 政 策 スタッフとして 福 井 県 民 の 将 来 ビジョン に 基 づき 福 井 新 々 元 気 宣 言 の 元 気 な 産 業 元 気 な 社 会 元 気 な 県 土 元 気 な 県 政 に 掲 げられた 政 策 等 を 実 現 するため 県 民 の 理 解 と 参 加 を 得 な がら 責 任 を 持 って

More information

sl ( 高 粘 度 改 質 アスファルト) 表 -1 実 験 に 用 いた 排 水 性 混 合 物 の 配 合 使 用 材 料 名 配 合 1 2 3 骨 材 6 号 砕 石 85 87.5 90 配 合 砂 10 7.5 5 率 (%) 石 粉 5 5 5 アスファルト(%) 5 4.6 4.4

sl ( 高 粘 度 改 質 アスファルト) 表 -1 実 験 に 用 いた 排 水 性 混 合 物 の 配 合 使 用 材 料 名 配 合 1 2 3 骨 材 6 号 砕 石 85 87.5 90 配 合 砂 10 7.5 5 率 (%) 石 粉 5 5 5 アスファルト(%) 5 4.6 4.4 2001 12 Key Wordporous asphalt, topcoat for porous asphalt, voids blocking, recovery performance, adhesional wetting sl 19 sl ( 高 粘 度 改 質 アスファルト) 表 -1 実 験 に 用 いた 排 水 性 混 合 物 の 配 合 使 用 材 料 名 配 合 1 2 3 骨

More information

2-3.xdw

2-3.xdw 第 2 章 第 3 節 路 計 画 第 3 節 路 計 画 [ 幅 員 に 関 する 担 当 : 開 発 審 査 課 ] [ 構 造 に 関 する 担 当 : 各 区 役 所 建 設 センター] 路 の 基 準 は 都 市 計 画 法 の 技 術 基 準 により 幅 員 などに 関 する 具 体 的 な 基 準 が 定 められてお ります 本 市 では それらの 基 準 に 従 うと 共 に 小 規

More information

16_.....E...._.I.v2006

16_.....E...._.I.v2006 55 1 18 Bull. Nara Univ. Educ., Vol. 55, No.1 (Cult. & Soc.), 2006 165 2002 * 18 Collaboration Between a School Athletic Club and a Community Sports Club A Case Study of SOLESTRELLA NARA 2002 Rie TAKAMURA

More information

2 更 新 世 ( 洪 積 世 )の 台 地 があり 西 縁 の 市 之 瀬 台 地 南 縁 の 曽 根 丘 陵 があります 一 方 盆 地 底 面 は 第 四 紀 に 周 辺 の 山 地 に 対 し 相 対 的 に 沈 降 を 続 け 堆 積 作 用 区 域 と して 岩 屑 堆 積 の 場 にな

2 更 新 世 ( 洪 積 世 )の 台 地 があり 西 縁 の 市 之 瀬 台 地 南 縁 の 曽 根 丘 陵 があります 一 方 盆 地 底 面 は 第 四 紀 に 周 辺 の 山 地 に 対 し 相 対 的 に 沈 降 を 続 け 堆 積 作 用 区 域 と して 岩 屑 堆 積 の 場 にな 1 平 成 24 年 度 やまなし 再 発 見 講 座 & 埋 蔵 文 化 財 センターシンポジウム 自 然 災 害 と 考 古 学 ~ 過 去 からの 警 告 ~ 第 3 回 温 故 知 震 ~ 遺 跡 に 学 ぶ 地 震 災 害 ~ 平 成 25 年 2 月 21 日 ( 木 ) 保 坂 和 博 ( 山 梨 県 埋 蔵 文 化 財 センター) 1 はじめに 17 年 前 の 平 成 7 年 (1995)に

More information

<378D7296D8925A95F12E6D6966>

<378D7296D8925A95F12E6D6966> 立 命 館 地 理 学 第 16 号 (2004) 95 ~ 104 岡 山 県 内 の 市 街 化 調 整 区 域 における 開 発 行 為 の 許 可 の 基 準 に 関 する 条 例 の 研 究 荒 木 俊 之 * Ⅰ.はじめに わが 国 の 都 市 およびその 郊 外 では 都 市 計 画 区 域 の 指 定 など 様 々な 土 地 利 用 制 度 に 基 づ いて 土 地 の 有 効 利

More information

第 1 本 報 告 の 位 置 付 け 平 成 20 年 4 月 下 旬 立 川 基 地 跡 地 昭 島 地 区 ( 以 下 本 地 という )で 絶 滅 のおそれのあ る 野 生 動 植 物 の 種 の 保 存 に 関 する 法 律 の 国 内 希 少 野 生 動 植 物 種 に 指 定 されてい

第 1 本 報 告 の 位 置 付 け 平 成 20 年 4 月 下 旬 立 川 基 地 跡 地 昭 島 地 区 ( 以 下 本 地 という )で 絶 滅 のおそれのあ る 野 生 動 植 物 の 種 の 保 存 に 関 する 法 律 の 国 内 希 少 野 生 動 植 物 種 に 指 定 されてい 立 川 基 地 跡 地 昭 島 地 区 に 係 る 猛 禽 類 保 護 方 策 について 報 告 書 立 川 基 地 跡 地 昭 島 地 区 に 係 る 猛 禽 類 保 護 方 策 検 討 委 員 会 平 成 22 年 10 月 18 日 第 1 本 報 告 の 位 置 付 け 平 成 20 年 4 月 下 旬 立 川 基 地 跡 地 昭 島 地 区 ( 以 下 本 地 という )で 絶 滅 のおそれのあ

More information

目 次 1 圏 域 及 び 河 川 の 概 要...1 (1) 圏 域 及 び 河 川 の 概 要...1 2 現 状 と 課 題...4 (1) 治 水 に 関 する 現 状 と 課 題...4 (2) 利 水 に 関 する 現 状 と 課 題...10 (3) 河 川 環 境 に 関 する 現

目 次 1 圏 域 及 び 河 川 の 概 要...1 (1) 圏 域 及 び 河 川 の 概 要...1 2 現 状 と 課 題...4 (1) 治 水 に 関 する 現 状 と 課 題...4 (2) 利 水 に 関 する 現 状 と 課 題...10 (3) 河 川 環 境 に 関 する 現 吉 野 川 水 系 中 央 南 部 圏 域 ( 飯 尾 川 除 く) 河 川 整 備 計 画 ( 指 定 区 間 ) 平 成 24 年 12 月 徳 島 県 目 次 1 圏 域 及 び 河 川 の 概 要...1 (1) 圏 域 及 び 河 川 の 概 要...1 2 現 状 と 課 題...4 (1) 治 水 に 関 する 現 状 と 課 題...4 (2) 利 水 に 関 する 現 状 と 課

More information

平成17年度 静岡県地域防災計画

平成17年度 静岡県地域防災計画 資 料 2 平 成 17 年 度 静 岡 県 地 域 防 災 計 画 新 旧 対 照 表 一 般 対 策 編 1ページ-23ページ 地 震 対 策 編 24ページ-62ページ 原 子 力 対 策 編 63ページ-66ページ 平 成 17 年 4 月 静 岡 県 地 域 防 災 計 画 ( 一 般 対 策 編 ) 修 正 新 旧 対 照 表 第 1 章 総 論 第 1 章 総 論 1 1 2 3 3

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information