< F2D8AB496608EA197C382D682CC905682BD82C88E8E82DD2E6A7464>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<5461726F2D8AB496608EA197C382D682CC905682BD82C88E8E82DD2E6A7464>"

Transcription

1 感 冒 治 療 への 新 たな 試 み ーー 新 型 インフルエンザへの 対 応 を 含 めてーー 中 醫 クリニック コタカ 小 髙 修 司 先 頃 のミャンマーのサイクロン 被 害 そして 四 川 省 を 中 心 とする 大 地 震 被 災 を 見 ても 政 治 が 災 害 時 に 如 何 に 大 きな 役 割 を 果 たすかを 改 めて 認 識 された 方 も 多 かったかと 思 われ る 防 災 に 於 いて 然 り 二 次 災 害 の 拡 大 阻 止 においてもまた 然 りである 歴 史 的 に 見 ても 政 治 的 に 安 定 している 時 は 人 民 は 供 薬 や 減 税 などの 恩 恵 を 受 けることが 出 来 るが 戦 乱 の 時 期 には 国 家 の 防 疫 体 制 も 不 十 分 となり 一 層 大 流 行 をすることになる 異 常 気 象 と 飢 饉 疫 病 の 三 者 は 相 互 に 密 接 な 関 連 を 有 するといえる アジア 各 地 で 鳥 インフルエンザの 拡 大 人 への 感 染 事 例 もたびたび 報 告 されており 我 が 国 においても 政 府 が 対 策 を 行 い 抗 ウイルス 薬 の 備 蓄 を 進 めているという 報 道 が 見 られ る 世 界 各 地 での 新 型 インフルエンザ 大 流 行 は スペイン 風 邪 など 歴 史 的 にもたびたび 見 られ ウイルス 感 染 に 対 し 未 だ 充 分 な 対 策 を 持 たない 医 療 の 現 状 を 考 えれば 新 たな 大 流 行 の 危 険 性 は 非 常 に 大 きいと 云 わざるをえない そういった 中 で 漢 方 薬 を 用 いての 対 策 を 検 討 することにも 大 きな 意 義 があろう 気 候 史 を 見 ると 漢 代 から 五 胡 十 六 国 時 代 迄 は 基 本 的 には 寒 冷 の 気 候 が 多 く 狭 義 の 傷 寒 病 に 対 する 治 療 が 奏 功 したと 考 えられる 従 って 太 平 聖 恵 方 巻 九 に 見 られるような 発 汗 剤 として 附 子 を 多 用 する 張 仲 景 の 原 傷 寒 論 の 治 法 は 有 効 であったと 考 えられる それに 対 し 隋 唐 宋 代 は 基 本 的 には 温 暖 多 雨 の 時 期 であり 温 熱 病 系 統 の 治 法 が 必 要 とされ 附 子 など 辛 温 薬 による 過 剰 発 汗 は 禁 忌 となっていた 気 候 条 件 の 変 化 につれて 感 染 症 への 対 応 のための 臨 床 書 である 傷 寒 論 も 治 法 の 変 化 が 必 要 とされ 宋 板 傷 寒 論 が 新 たに 生 み 出 されたと 云 える 現 代 日 本 で 見 られる 成 無 己 注 解 傷 寒 論 康 平 本 傷 寒 論 康 治 本 傷 寒 論 はいずれも 明 趙 開 美 刊 仲 景 全 書 に 収 載 の 宋 板 傷 寒 論 の 流 れを 引 くものであり 基 本 は 同 じく 温 熱 病 系 傷 寒 に 対 応 する 本 である しかし 温 暖 期 間 中 であっても 傷 寒 もしくは 時 行 寒 疫 に 罹 患 する 可 能 性 が 高 い 気 候 の 混 在 も 史 実 から 明 らかであり しかも 冷 飲 食 が 一 般 化 されている 現 代 日 本 にあっては 肺 や 胃 腸 など 裏 寒 状 態 を 持 つ 人 が 多 く 感 冒 時 の 臨 床 症 状 特 に 悪 寒 の 有 無 程 度 などの 履 歴 を 慎 重 に 問 診 しないと 治 療 を 誤 る 危 険 性 が 高 いと 云 えよう 隋 唐 代 以 前 の 用 薬 法 については 太 平 聖 恵 方 巻 二 に 詳 記 されている それによると 傷 寒 時 気 熱 病 大 熱 病 では いずれも 現 伝 の 傷 寒 論 が 多 用 する 桂 枝 人 參 かくらん おうえつ 附 子 は 使 われていない これらの 用 法 が 見 られるのは 霍 乱 と 嘔 噦 つまり 胃 腸 系 の 外 感 病 である 即 ち これらの 生 薬 を 汎 用 する 宋 板 傷 寒 論 六 経 の 基 本 病 態 は 霍 乱 吐 瀉 性 の 急 性 外 感 胃 腸 病 であるともいえる 傷 寒 = 腸 チフス 論 の 根 拠 であろう そもそも 霍 乱 の 基 本 病 態 は 何 か 隋 唐 代 の 医 学 を 残 している 医 心 方 卷 第 十 一 治 霍 乱 方 第 一 を 参 照 すると 葛 氏 方 に 云 うとして およそ 霍 乱 を 得 る 理 由 は 多 く 飲 食 に 起 因 する 或 る( 場 合 に)は 生 冷 の 物 を 飽 食 したり, 肥 鮮 酒 膾 の 物 をいろいろ 食 べ 合 わせ -1-

2 たりして 風 に 当 たり 湿 を 封 じ 込 めてしまい 薄 衣 をして 露 坐 したり 或 いは 覆 いも 掛 け ずに 夜 臥 した 結 果 なのである と やはり 冷 飲 食 や 過 食 による 宿 食 が 絡 んでいることが 明 記 されている この 病 態 が 現 在 の 日 本 の 状 況 に 多 くの 点 で 合 致 することは 明 らかであろう つまり 日 本 人 が 外 感 病 にかかれば 霍 乱 もしくはそれに 類 似 した 証 候 を 来 すことが 示 唆 さ れるのである 依 然 として 厚 労 省 情 報 では O-157 などの 胃 腸 型 伝 染 疾 患 が 頻 発 しており 単 なる 感 染 症 として 対 策 するのではなく こういった 背 景 因 子 を 併 せて 考 慮 すれば 治 療 と 予 防 に 役 立 つであろう 地 球 温 暖 化 が 喧 伝 されているように 気 候 自 体 は 温 暖 傾 向 にあり 通 常 ならば 風 温 病 に 対 処 することが 求 められるはずである しかし 冷 暖 房 の 普 及 はより 複 雑 な 生 活 環 境 を 生 む ことになり 時 行 寒 疫 などを 生 じる 一 方 では 飽 食 の 時 代 にあって 一 般 化 している 冷 飲 食 は 冷 飲 傷 肺 冷 飲 傷 胃 を 生 み 基 本 体 質 として 肺 脾 気 虚 や 留 飲 宿 食 が 広 く 見 られる こういった 意 味 から 宋 板 傷 寒 論 を 踏 まえつつも 更 に 個 人 の 裏 寒 状 態 に 応 じた 狭 義 の 傷 寒 に 対 する 治 法 も 必 要 となる つまり 附 子 や 辛 温 薬 の 配 慮 である ここで 留 意 しておくべきことは 暑 がり 多 汗 の 人 が 裏 熱 状 態 にあると 誤 解 され ることである 裏 寒 状 態 がひどいほど 虚 陽 上 浮 ( つまり 格 陽 戴 陽 ) の 理 論 から 陽 気 が 浮 いて 暑 がりになるし また 衛 気 の 虚 弱 により 多 汗 を 呈 するのである 一 般 には この 裏 熱 にあるという 誤 解 錯 覚 によりますます 冷 飲 過 多 冷 房 過 多 になり 一 層 裏 寒 が 進 行 するという 悪 循 環 を 呈 するのである 私 が 勧 めている 感 冒 時 の 対 処 法 を 挙 げていこう 初 めに 咽 頭 痛 や 軽 い 悪 寒 ( 悪 風 )によ り あれっ カゼ 引 いたかな と 思 ったり この 時 に 脈 診 の 心 得 があれば 右 寸 脈 に 浮 脈 が 見 られるといった 事 態 に 先 ず 用 いるのは 当 院 で 風 寒 膏 風 熱 膏 と 呼 んでいる 軟 膏 である これは 小 児 や 学 童 妊 産 婦 などは 感 冒 流 行 時 には 予 防 的 に 外 出 前 に 使 うことで も 効 果 が 見 られる これは 千 金 要 方 巻 九 傷 寒 上 傷 寒 膏 第 三 に 出 てくる 青 膏 方 など を 参 考 にした 自 製 薬 である 共 に 両 列 缺 穴 と 大 椎 穴 に 極 少 量 ずつ 塗 布 する 自 験 でも 夜 間 咽 頭 痛 で 目 覚 めたときなどに 枕 頭 に 置 いてある 軟 膏 を 睡 眠 の 合 間 に 繰 り 返 し 塗 布 すれ ば 翌 朝 治 っていることが 多 い 軟 膏 を 塗 っていてもしっかり 引 き 込 んでしまった 場 合 には 五 分 程 度 煎 じる 所 謂 振 り 出 し 薬 を 用 いる 約 束 処 方 の 生 薬 を 粗 末 化 してティーバッグ 状 態 で 用 意 しておく 先 ず 風 寒 1, 2 日 に 使 用 する 当 院 で 聖 桂 枝 湯 と 呼 ぶ 処 方 を 用 いる 本 方 の 出 典 は 太 平 聖 恵 方 巻 九 の 桂 枝 湯 である 処 方 内 容 は: 炮 附 子 麻 黄 桂 皮 乾 生 姜 炙 甘 草 を 粗 末 として 1 包 12 g 葱 白 2 茎 を 加 え 煎 じる 風 熱 による 感 冒 ならば 強 い 咽 喉 痛 や 発 熱 を 主 症 状 とするであろう その 場 合 は 同 じく 太 平 聖 恵 方 巻 十 七 熱 病 候 の 第 一 日 の 種 々の 処 方 を 勘 案 した 熱 1 病 方 を 用 いる 内 容 は : 麻 黄 石 膏 柴 胡 淡 豆 豉 赤 芍 葛 根 白 芷 山 梔 子 炒 黄 芩 乾 生 姜 桂 皮 甘 草 を 粗 末 とした 一 包 20gに 葱 白 15cmを 加 え 煎 じる 但 し 咽 頭 痛 がさほどひどくなく しか も 悪 風 悪 寒 も 伴 う 場 合 は 先 ず 聖 桂 枝 湯 を 用 いた 方 がよい 熱 病 に 辛 温 作 用 を 持 つ 葱 白 を 用 いる 理 由 は 明 らかではないが 発 汗 を 促 すことで 解 熱 に 向 かわせること(や 調 胃 )が 考 えられる それは 熱 病 で 数 日 経 過 後 に 下 法 による 治 療 を 要 する 熱 2 病 方 には 葱 白 を 用 いないことからも 推 測 しうる 熱 2 病 方 : 熱 1 病 方 加 人 参 微 炒 大 黄 水 牛 角 を 粗 末 として 用 いる 葱 白 不 用 -2-

3 数 日 毎 に 対 応 する 方 剤 をこまめに 決 めてあるが 特 に 有 効 なのは 風 寒 病 が 長 引 いて4,5 日 以 上 経 過 したものに 用 いる 聖 蒼 朮 散 である 咳 嗽 喘 鳴 胸 腹 部 の 脹 満 感 四 肢 の 痛 み 悪 寒 発 熱 などが 適 応 症 状 である 聖 蒼 朮 散 : 蒼 朮 前 胡 葛 根 桑 白 皮 升 麻 赤 芍 石 膏 荊 芥 黄 芩 を 粗 末 として15 gを 採 り 乾 生 姜 と 淡 豆 豉 を 加 え 一 包 とする 忘 れてならない 感 冒 薬 に 藿 香 正 気 散 が 有 る 上 記 したように 基 本 的 に 留 飲 宿 食 を 持 つ 人 が 多 いと 考 えられる 現 代 日 本 では 嘔 吐 下 痢 腹 痛 などの 腹 部 症 状 を 感 冒 の 主 症 状 とする 場 合 も 多 く 本 方 は 良 く 奏 功 する 当 院 では 夏 冬 で 多 少 内 容 を 変 えているが 夏 用 の 処 方 を 呈 示 する 藿 香 正 気 散 ( 夏 用 ): 藿 香 蘭 草 香 薷 荷 葉 大 腹 皮 白 芷 蘇 葉 蘇 梗 乾 生 姜 茯 苓 白 朮 半 夏 麯 厚 朴 陳 皮 桔 梗 甘 草 を 粗 末 として 一 包 6gとする また 留 意 すべきこととして 肺 と 大 腸 は 表 裏 関 係 にあり 大 腸 が 気 の 阻 通 に 起 因 する 便 秘 状 態 にあっては 肺 疾 患 ( 感 冒 も 含 む)は 治 りにくいことがあげられる 肺 の 粛 降 作 用 を 主 る 多 くの 生 薬 は 緩 下 作 用 を 持 っていることを 見 れば 納 得 がいこう 感 冒 罹 患 後 数 日 経 って 便 秘 状 態 がある 場 合 特 に 未 だ 表 邪 による 症 状 が 残 っている 場 合 は 表 裏 双 方 を 併 せ 治 療 する 必 要 がある 留 飲 宿 食 がある 場 合 は 発 汗 法 でなく 下 法 を 優 先 すべきとの 論 からも 本 方 の 適 応 は 大 きいであろう 南 通 市 の 名 医 朱 良 春 老 師 の 創 方 である 表 裏 双 解 散 を 用 いる 表 裏 双 解 散 : 白 僵 蚕 蝉 退 甘 草 大 黄 皀 角 ( 皀 莢 ) 姜 黄 (= 欝 金 ) 烏 梅 滑 石 の 粉 末 を 混 合 した 散 薬 を 藿 香 薄 荷 の 煎 薬 に 適 宜 大 根 汁 を 混 ぜ 服 用 する 散 薬 量 は 成 人 で 4-6 g ( 分 二 ) 体 弱 者 は 減 量 する 小 児 は 10 歳 で 2 g 2-5 歳 は gである 但 し 悪 寒 が 発 熱 より 強 い 場 合 は 使 用 してはならない 次 にかって 中 国 で SARS 騒 動 の 時 各 地 の 老 中 医 達 が 発 表 した 処 方 を 参 考 に 作 った 方 剤 を 挙 げておこう 悪 寒 発 熱 の 両 方 に 対 応 できるので 当 院 では 治 風 寒 内 熱 散 と 呼 ん でいる 治 風 寒 内 熱 散 : 金 銀 花 連 翹 蝉 退 白 僵 蚕 蒼 朮 麻 黄 杏 仁 桔 梗 淡 豆 豉 滑 石 炒 甘 草 を 混 合 粗 末 にし 一 包 18 g 3 p / 日 表 裏 双 解 散 の 用 薬 法 と 近 似 していること にお 気 づきでしょうか 以 上 常 用 の 振 り 出 し 感 冒 薬 について 記 してきたが 新 型 インフルなど 強 烈 な 病 原 力 を 持 つものに 対 しては やはり 煎 薬 などで 強 力 に 対 処 する 必 要 がある 傷 寒 論 薬 方 の 一 銭 を 通 常 の 3g 換 算 ではなく 古 代 薬 量 による 15g 換 算 で 対 処 する 方 法 もあろうが 全 く 異 なる 理 論 によるものも 配 慮 すべきであろう それが 温 滋 潜 陽 法 ( 温 潜 法 ) の 考 えを 取 り 入 れた 方 法 である 温 潜 法 を 多 用 する 医 師 達 を 中 医 火 神 派 と 総 称 することがあるが その 代 表 の 一 人 祝 味 菊 ( )の 医 案 集 (1) を 繙 いてみると 附 子 の 用 法 は 磁 石 などと 組 み 合 わせ ることで 温 滋 潜 陽 (= 温 潜 )するという 理 論 に 基 づいている 上 記 した 太 平 聖 恵 方 巻 九 などに 見 られる 附 子 の 用 法 については 神 農 本 草 経 な どの 古 代 本 草 書 に 見 られる 附 子 類 の 薬 能 を 見 ると 理 解 しうる そこには 附 子 類 が 温 裏 作 用 理 論 ではなく 種 々の 外 邪 に 対 応 する 作 用 を 持 っていることも 明 記 されている 附 子 : 味 辛 温 生 山 谷 治 風 寒 欬 逆 邪 氣 温 中 金 瘡 破 癥 堅 積 聚 血 瘕 寒 濕 踒 躄 拘 -3-

4 攣 膝 痛 不 能 行 歩 烏 頭 : 一 名 奚 毒 一 名 即 子 一 名 烏 喙 味 辛 温 生 山 谷 治 中 風 惡 風 洗 洗 出 汗 除 寒 濕 痺 欬 逆 上 氣 破 積 聚 寒 熱 其 汁 煎 之 名 射 罔 殺 禽 獸 天 雄 : 一 名 白 幕 味 辛 温 生 山 谷 治 大 風 寒 濕 痺 歴 節 痛 拘 攣 緩 急 破 積 聚 邪 氣 金 瘡 強 筋 骨 輕 身 健 行 更 に 天 雄 には 日 華 子 本 草 ( 968 四 明 日 華 子 撰 ) 巻 第 九 に 消 風 痰 下 胸 膈 水 発 汗 止 陰 汗 とある このように 附 子 類 の 薬 能 には 風 邪 寒 邪 湿 邪 に 対 応 し 発 汗 止 汗 作 用 があることが 理 解 できる 附 子 類 のこういった 薬 能 を 念 頭 に 置 いて 以 下 の 祝 味 菊 の 医 案 を 見 れば 彼 が 考 えた 以 上 に 幅 広 い 理 論 展 開 が 出 来 よう 症 例 陳 女 士 初 診 1939 年 7 月 1 日 症 状 : 悪 寒 発 熱 汗 出 でて 彻 (= 徹 )まらず 下 痢 腹 満 おさ 現 症 : 舌 苔 白 膩 脈 沈 緊 辨 証 : 涼 風 犯 表 生 冷 傷 中 営 衛 不 和 脾 失 運 化 治 法 : 辛 温 淡 化 ( 解 表 温 裏 ) 処 方 : 蒼 朮 15g 羌 活 9g 葛 根 9g 大 腹 皮 12g 茯 苓 ( 帯 皮 ) 18g 姜 半 夏 15g 香 薷 3g ( 後 入 ) 薤 白 9g 桂 枝 6g 黄 附 片 15g 乾 姜 9g 霊 磁 石 30g 炒 沢 瀉 9g x3t むさ おか 解 説 時 はまさに 盛 夏 であり 凉 を 貪 ぼり 飲 み 物 で 冷 やしたために 涼 風 が 表 を 干 し やぶ 生 冷 が 中 を 傷 り と 表 裏 共 に 傷 つけられた 香 薷 (= 夏 の 麻 黄 といわれる ) 桂 枝 葛 根 羌 活 で 葛 根 湯 の 方 意 を 含 んで 解 表 作 用 そして 黄 附 片 乾 姜 薤 白 と 磁 石 で 温 潜 し 蒼 朮 半 夏 茯 苓 沢 瀉 で 化 湿 する 温 陽 薬 による 発 汗 作 用 は より 速 やかな 解 熱 に 効 果 があったと 考 えられる 3 日 間 の 服 薬 であることに 留 意 したい 7-4 症 状 : 肌 熱 平 下 痢 も 癒 えた 汗 多 し 四 肢 しびれ 現 症 : 舌 苔 膩 脈 細 緩 治 法 : 再 び 温 潜 淡 化 処 方 : 霊 磁 石 30g 黄 附 片 18g( 先 煎 ) 朱 茯 神 18g 酸 棗 仁 24g 茯 苓 ( 帯 皮 ) 18g 姜 半 夏 15g 大 腹 皮 12g 仙 霊 脾 12g 乾 姜 6g 上 肉 桂 4.5g 炒 茅 朮 15g 砂 仁 9g 牡 蛎 30g 解 説 解 熱 止 痢 したので 解 表 薬 は 去 るも なお 温 裏 化 湿 薬 は 残 す 多 汗 で 四 肢 しびれ は 表 衛 不 固 による 漏 汗 であり 津 液 損 傷 し 筋 脈 は 濡 養 を 失 したことによる 傷 寒 論 辨 太 陽 病 脉 證 并 治 上 第 五 の 以 下 の 条 文 が 参 考 になる 太 陽 病 發 汗 し 遂 に 漏 じて 止 まらず 其 の 人 惡 風 し 小 便 難 く 四 肢 微 急 し 屈 伸 以 てし 難 き 者 は 桂 枝 加 附 子 湯 之 を 主 る 牡 蛎 は 止 汗 と 共 に 潜 陽 を 兼 ねる 牡 蛎 と 共 に 附 子 の 止 汗 作 用 を 採 る 桂 枝 加 附 子 湯 の 考 えを 引 用 していると 本 書 の 編 集 者 は 論 じているが 私 は 多 量 の 附 子 を 夏 季 に 3 日 間 も 用 いたことによる 発 汗 過 多 も 考 える べきと 思 う 従 ってこの 段 階 でさらに 止 汗 作 用 を 期 待 して 附 子 を 再 び 多 量 に 用 いることは 危 険 であったと 考 える 他 のところで 止 汗 の 目 的 で 白 芍 を 用 いると 云 っている 祝 味 菊 が ここでは 肉 桂 は 使 っているが 桂 枝 も 白 芍 も 用 いていず 桂 枝 湯 の 雰 囲 気 がない しかも 香 薷 羌 活 葛 根 桂 枝 と 初 診 で 用 いた 解 表 薬 を 全 て 使 っていないのは 祝 味 菊 自 身 にはこ この 用 法 の 理 論 に 編 集 者 が 解 説 するような 止 汗 を 目 的 とする 桂 枝 加 附 子 湯 の 考 えは 無 く 温 潜 法 と 安 神 祛 痰 の 組 み 合 わせによる 対 処 であったと 思 われる もちろん 附 子 の 止 汗 作 -4-

5 用 を 完 全 に 否 定 するものではないが 次 に 無 汗 で 高 熱 持 続 する 症 例 を 他 医 が 温 熱 病 による 菌 血 症 と 誤 診 して 治 療 し 腸 管 の 壊 死 脱 落 のため 潰 瘍 出 血 穿 孔 を 起 こした 症 例 に 対 し 祝 味 菊 が 行 った 治 療 である 一 般 ならば 大 量 の 清 熱 解 毒 薬 を 用 い 対 処 すると 思 われる 症 例 に 対 して 彼 は これは 傷 寒 病 の 極 期 であり 人 体 の 正 気 は 漸 く 虚 となっており ここで 清 法 を 行 えば 一 層 正 気 を 損 傷 する として 下 記 の 治 療 を 行 った 症 例 徐 夫 人 初 診 11 月 29 日 症 状 : 肌 熱 2 周 熾 ん 無 汗 神 衰 不 眠 現 症 : 苔 白 脈 息 虚 数 辨 証 : 気 陽 素 虚 心 力 不 足 寒 邪 外 干 営 衛 不 調 虚 陽 上 浮 病 名 : 傷 寒 治 法 : 扶 陽 強 心 兼 調 営 衛 処 方 : 霊 磁 石 60g( 先 煎 ) 酸 棗 仁 30g( 打 先 煎 ) 桂 枝 6g( 後 下 ) 竜 歯 30g( 先 煎 ) 黄 附 片 18g( 先 煎 ) 姜 半 夏 18g 朱 茯 神 18g 水 炙 麻 黄 4.5g 生 茅 朮 15g 藿 梗 9g 大 腹 皮 12g 乾 姜 6g 欝 金 9g x1 T 解 説 麻 黄 桂 枝 で 発 汗 することで 体 温 を 適 当 な 状 態 に 保 たせ 身 体 の 気 機 の 方 向 を 外 に 向 かわしめて 腸 部 の 充 血 や 炎 症 を 減 らす 附 子 や 酸 棗 仁 は 人 体 の 免 疫 力 の 向 上 自 然 療 能 に 役 立 つ と 記 す 磁 石 竜 歯 と 共 に 用 いることで 温 滋 潜 陽 することをこのように 解 釈 するという 意 味 であろう 症 状 : 汗 出 でて 解 熱 胸 悶 して 悪 心 現 症 : 苔 膩 脈 息 虚 にしてやや 緩 辨 証 : 営 衛 較 和 中 陽 未 化 治 法 : 再 び 強 心 和 営 兼 理 三 焦 処 方 : 去 藿 梗 大 腹 皮 加 厚 朴 花 4.5g 白 豆 蔲 6g( 後 入 ) もう 一 例 提 示 する 74 歳 だが 元 来 が 稟 賦 強 く 身 体 健 康 な 老 人 ある 日 突 然 傷 寒 発 熱 し 医 者 は 辛 温 薬 を 投 じたが 症 状 の 改 善 無 く 逆 に 増 悪 熱 はひどく 煩 燥 口 渇 する 六 脈 は 洪 実 であり 終 日 譫 妄 状 態 である 家 族 皆 心 配 し 再 び 診 察 を 乞 う その 医 者 が 言 うのには これは 温 病 であ る 恐 らくその 病 は 心 包 に 入 り 痙 厥 の 変 であろう と そして 銀 翹 散 加 減 を 処 方 し 二 帖 服 用 したが 全 く 効 果 無 く 患 者 も 不 安 になりますます 狂 妄 となった そこで 医 者 を 替 え はいだつ 意 見 を 聞 くと 患 者 は 高 齢 で 病 状 が 重 いのだから 擺 脱 の 変 ( 擺 : 揺 らぐ)を 慎 重 に 防 が なければならない として 潜 陽 の 薬 を 投 与 したが またも 無 効 であった そこで 祝 老 師 の 噂 を 聞 いて 診 察 をお 願 いした 患 者 は 元 々 体 質 は 強 健 であり 桂 枝 湯 を 服 したのだが 陽 明 に 転 入 したので 白 虎 湯 を 用 いるべきなのだ もし 体 質 虚 弱 者 ならば 人 参 を 加 えて 白 虎 加 人 参 湯 を 用 いるのも 良 いであろう しかし 病 も 遷 延 して 日 数 が 経 過 し ているが 幸 い 患 者 の 正 気 は 未 だ 虚 になっていないので 大 剤 を 以 て 速 やかに 病 邪 を 押 さ え 込 むべきである と 云 い 次 の 処 方 を 出 した 処 方 : 生 地 黄 30g 石 膏 30g 知 母 12g -5-

6 家 人 達 はこの 処 方 を 見 て 異 を 唱 えた 祝 先 生 は 温 熱 薬 を 沢 山 使 うことで 有 名 な 人 なの に ここでは 多 量 の 寒 涼 薬 を 使 うのは 解 せない 患 者 は 老 齢 でもあり 有 害 なのではないか と 祝 先 生 曰 く 私 が 温 陽 薬 を 多 用 するのは 近 頃 は 陽 虚 の 人 が 多 いからである この 患 者 は 素 体 頑 健 であり 熱 も 高 く 清 熱 して 邪 を 押 さえ 込 まなければならない 安 心 して 服 用 させなさい と 果 たして 一 剤 服 用 して 熱 も 下 がり 初 め 二 剤 で 解 熱 し 精 神 も 清 らかに なり 三 剤 で 立 って 歩 けるほどになった 通 常 の 感 冒 ではなく 新 型 インフルエンザのような 病 毒 が 強 い 感 染 症 にかかれば 発 熱 や 意 識 障 害 など 重 篤 な 状 態 に 陥 る 可 能 性 は 高 い 上 記 にもあるように 通 常 こういった 場 合 温 病 学 派 の 考 えによる 熱 入 心 包 論 或 いは 湿 熱 が 痰 を 挟 んで 清 竅 を 犯 す 論 胃 熱 が 心 に 乗 じる 論 が 採 用 され 治 療 には 清 法 が 多 用 されることが 多 いと 思 われる しかしその 際 祝 味 菊 の 考 えの 清 法 は 誤 りであり 表 邪 を 発 散 するには 不 利 で かえ って 熱 をひどくする という 考 えも 念 頭 に 置 いて 対 処 する 必 要 があろう 彼 が 用 いたよう な 麻 黄 桂 枝 で 辛 温 発 散 し 附 子 磁 石 で 温 滋 潜 陽 ( 温 潜 )し 蒼 朮 半 夏 で 中 陽 を 宣 発 して 麻 黄 桂 枝 を 助 け 表 に 達 せしむる こういった 配 慮 を 念 頭 に 置 き 対 処 しようではない か 高 熱 意 識 障 害 下 痢 など 様 々な 対 応 が 求 められる 病 態 の 患 者 が 現 れる 可 能 性 が 高 い のだから 特 に 真 寒 仮 熱 で 発 熱 を 来 す 患 者 には 漢 方 の 清 熱 解 毒 薬 も 西 洋 薬 の 鎮 痛 解 熱 剤 も 病 状 を 悪 化 させることを 常 に 忘 れてはならない 正 確 な 辨 証 を 行 うべく 日 頃 より 修 練 することが 大 事 である 文 献 1, 招 萼 華 主 編 : 祝 味 菊 医 案 経 験 集 pp 上 海 科 学 技 術 出 版 社 2007 上 海 -6-

スライド 1

スライド 1 青 竜 塾 平 成 27 年 度 第 4 回 漢 方 生 薬 と 方 剤 滋 陰 剤 医 療 法 人 社 団 ひのき 会 証 クリニック 吉 祥 寺 神 田 檜 山 幸 孝 http://www.kampo-future.com 虚 実 寒 熱 の2 次 元 座 標 における 方 剤 の 位 置 http://www.kampo-future.com 陰 陽 虚 実 の2 次 元 座 標 における

More information

3_62-95

3_62-95 六 二 疼 痛 沈 遅 枝 加 芍 藥 生 姜 各 一 両 人 参 三 両 新 加 沈 証 過 多 遅 足 証 残 存 筋 養 疼 痛 枝 調 栄 衛 加 芍 藥 滋 養 栄 枝 加 芍 藥 生 姜 各 加 生 姜 温 補 焦 一 両 人 参 新 加 人 参 三 両 益 生 津 過 多 は 沈 遅 舌 は 正 常 枝 加 芍 藥 生 姜 各 一 両 人 参 三 両 新 加 の 証 方 意 悪 風 風

More information

一般用漢方製剤の添付文書等に記載する使用上の注意の一部改正について_3

一般用漢方製剤の添付文書等に記載する使用上の注意の一部改正について_3 143. 十 全 大 補 湯 添 付 文 書 等 に 記 載 すべき 事 項 してはいけないこと ( 守 らないと 現 在 の 症 状 が 悪 化 したり 副 作 用 が 起 こりやすくなる) 次 の 人 は 服 用 しないこと 相 談 すること 1. 次 の 人 は 服 用 前 に 医 師 薬 剤 師 又 は 登 録 販 売 者 に 相 談 すること (3) 胃 腸 の 弱 い 人 (4) 高 齢

More information

<タイトル>DES被害の軌跡(1)

<タイトル>DES被害の軌跡(1) 書 評 : 平 成 薬 証 論 を 読 んで 野 口 衛 私 は, 平 成 22 年 12 月 6 日 より 同 20 日 まで, 糖 尿 病 の 検 査 のため 大 阪 市 内 の 西 淀 病 院 に 入 院 することになり,この 間 に 標 記 著 作 に 目 を 通 すことにした そこで, 以 下 に, 簡 単 にその 感 想 を 述 べることにする 1 は じ め に 本 書 の 著 者 渡

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 漢 方 基 本 講 座 八 網 六 病 位 気 血 水 五 臓 論 医 療 法 人 財 団 北 聖 会 北 聖 病 院 漢 方 内 科 後 藤 博 三 = I-1. 証 とは 証 とは 患 者 が 現 時 点 で 現 している 症 状 を 陰 陽 虚 実 寒 熱 表 裏 六 病 位 気 血 水 五 臓 などの 漢 方 医 学 上 の 基 本 概 念 をとおして 認 識 し さらに 病 態 の 特 異

More information

51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100

51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 別 紙 一 連 番 号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 催 眠 鎮 静 薬 1-1 催 眠 鎮 静 薬 2-1 催 眠 鎮 静 薬 3-1 鎮 暈 薬

More information

<4D F736F F F696E74202D2093FA8FED906697C382C996F097A782C28ABF95FB2E707074>

<4D F736F F F696E74202D2093FA8FED906697C382C996F097A782C28ABF95FB2E707074> 日 常 診 療 に 役 立 つ 漢 方 講 座 第 168 回 筑 豊 漢 方 研 究 会 平 成 20 年 (2008)3 月 13 日 入 門 講 座 はじめての 漢 方 診 療 (6) 診 察 の 実 際 : 四 診 飯 塚 病 院 東 洋 医 学 センター 漢 方 診 療 科 三 潴 忠 道 1 N5 N5 漢 方 漢 方 中 国 由 来 の 医 学 漢 とは 中 国 のことを 指 す 漢

More information

気血津液学説: :奈良上眞作成

気血津液学説: :奈良上眞作成 大 阪 医 療 技 術 学 園 専 門 学 校 東 洋 医 療 技 術 教 員 養 成 学 科 講 義 ノート 気 血 津 液 学 説 気 ( 簡 略 解 説 ) 奈 良 上 眞 参 考 文 献 呉 敦 序 主 編 : 中 医 基 礎 理 論, 上 海 科 学 技 術 出 版 社,1995, 中 国 上 海. 気 血 津 液 気 血 津 液 人 体 の 生 命 活 動 を 維 持 する 基 本 物

More information

スライド 1

スライド 1 NPO 法 人 健 康 医 療 開 発 機 構 第 7 回 シンポジウム 未 来 志 向 の 漢 方 ポジティブな 多 世 代 共 生 社 会 を 目 指 して 2014 年 3 月 2 日 学 士 会 館 漢 方 への 期 待 ~ 国 民 の 目 線 から NPO 法 人 みんなの 漢 方 理 事 長 女 性 医 療 ジャーナリスト 増 田 美 加 長 年 の 取 材 を 通 して 感 じたこと

More information

51 胃 腸 薬 3-2 胃 腸 鎮 痛 剤 3 号 A 52 胃 腸 薬 4-2 胃 腸 鎮 痛 剤 4 号 A 53 胃 腸 薬 5-1 健 胃 消 化 剤 1 号 A 54 胃 腸 薬 6-2 胃 腸 鎮 痛 剤 5 号 A 55 胃 腸 薬 7-1 センブリ 重 曹 散 56 胃 腸 薬 8

51 胃 腸 薬 3-2 胃 腸 鎮 痛 剤 3 号 A 52 胃 腸 薬 4-2 胃 腸 鎮 痛 剤 4 号 A 53 胃 腸 薬 5-1 健 胃 消 化 剤 1 号 A 54 胃 腸 薬 6-2 胃 腸 鎮 痛 剤 5 号 A 55 胃 腸 薬 7-1 センブリ 重 曹 散 56 胃 腸 薬 8 一 連 番 号 薬 局 製 剤 指 針 による 処 方 番 号 1 催 眠 鎮 静 薬 1-1 催 眠 剤 1 号 A 2 催 眠 鎮 静 薬 2-1 鎮 静 剤 1 号 A 3 催 眠 鎮 静 薬 3-1 催 眠 剤 2 号 A 4 鎮 暈 薬 1-1 よい 止 め 1 号 5 解 熱 鎮 痛 薬 1-2 解 熱 鎮 痛 剤 1 号 A 6 解 熱 鎮 痛 薬 2-3 解 熱 鎮 痛 剤 8 号

More information

Microsoft PowerPoint - 漢方講座.ppt

Microsoft PowerPoint - 漢方講座.ppt 日 常 診 療 に 役 立 つ 漢 方 講 座 第 165 回 筑 豊 漢 方 研 究 会 平 成 19 年 (2007)11 月 8 日 入 門 講 座 はじめての 漢 方 診 療 (4) 少 陽 2) 諸 方 と 運 用 飯 塚 院 東 洋 医 学 センター 漢 方 診 療 科 三 潴 忠 道 1 しょう 漢 方 医 学 的 な 態 ( 証 )の 二 大 別 N8 陽 証 陰 証 陽 性 の 態

More information

マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマ肺炎 マイコプラズマ 肺 炎 マイコプラズマ 肺 炎 [ 日 本 での 感 染 症 発 生 動 向 調 査 ] 晩 秋 から 早 春 にかけて 多 い 患 者 の 年 齢 は 幼 児 期 学 童 期 青 年 期 (5 歳 から35 歳 )が 中 心 流 行 は 学 童 から 始 まり 家 庭 内 感 染 へと 広 まる 病 原 体 分 離 例 でみると7 歳 から8 歳 にピーク 5 歳 未 満 の 幼

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

syounin385

syounin385 1 催 眠 鎮 静 薬 1-1 催 眠 剤 1 号 A 2 催 眠 鎮 静 薬 2-1 鎮 静 剤 1 号 A 3 催 眠 鎮 静 薬 3-1 催 眠 剤 2 号 A 4 鎮 暈 薬 1-1 よい 止 め1 号 5 解 熱 鎮 痛 薬 1-2 解 熱 鎮 痛 剤 1 号 A 6 解 熱 鎮 痛 薬 2-3 解 熱 鎮 痛 剤 8 号 A 7 解 熱 鎮 痛 薬 4-2 解 熱 鎮 痛 剤 9 号 8

More information

スライド 1

スライド 1 QLife 漢 方 がん 治 療 における 漢 方 薬 の 処 方 状 況 に 関 する 医 師 調 査 結 果 報 告 書 平 成 25 年 11 月 1 日 株 式 会 社 QLife(キューライフ) 調 査 の 背 景 ここ 数 年 漢 方 薬 の 効 能 について 科 学 的 医 学 的 解 明 が 進 み エビデンスに 基 づいた 医 薬 品 と しての 認 知 が 広 まっている 特 にがん

More information

抗微生物薬安全性評価基準検討委員会 最終報告(確定版)

抗微生物薬安全性評価基準検討委員会 最終報告(確定版) 表 1. 臨 床 検 査 値 の 異 常 変 動 を 有 害 事 象 と 判 断 するための 基 準 臨 床 検 査 項 目 赤 血 球 数 ヘモグロビン 量 ヘマトクリット 値 白 血 球 数 好 酸 球 数 血 小 板 数 AST(GOT) ALT(GPT) γ-gtp ALP LDH LAP CK 総 ビリルビン 直 接 ビリルビン 血 清 クレアチニン BUN Na K Cl 血 糖 ( 空

More information

49 胃 腸 薬 1-1 ( ) 複 方 ロートエキス シ アスターセ 散 50 2-2 ( ) 胃 腸 鎮 痛 剤 2 号 A 51 3-2 ( ) 胃 腸 鎮 痛 剤 3 号 A 52 4-2 ( ) 胃 腸 鎮 痛 剤 4 号 A 53 5-1 ( ) 健 胃 消 化 剤 1 号 A 54 6

49 胃 腸 薬 1-1 ( ) 複 方 ロートエキス シ アスターセ 散 50 2-2 ( ) 胃 腸 鎮 痛 剤 2 号 A 51 3-2 ( ) 胃 腸 鎮 痛 剤 3 号 A 52 4-2 ( ) 胃 腸 鎮 痛 剤 4 号 A 53 5-1 ( ) 健 胃 消 化 剤 1 号 A 54 6 製 造 販 売 承 認 を 要 する 薬 局 製 剤 指 針 収 載 品 目 (420 品 目 ) 及 び 1 催 眠 鎮 静 薬 1-1 ( ) 催 眠 剤 1 号 A 2 2-1 ( ) 鎮 静 剤 1 号 A 3 3-1 ( ) 催 眠 剤 2 号 A 4 鎮 暈 薬 1-1 ( ) よい 止 め1 号 5 解 熱 鎮 痛 薬 1-2 ( ) 解 熱 鎮 痛 剤 1 号 A 6 2-3 ( )

More information

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況 市 販 直 後 調 査 平 成 26 年 5 月 ~ 平 成 26 年 11 月 製 造 販 売 :サノフィ 株 式 会 社 163-1488 東 京 都 新 宿 区 西 新 宿 三 丁 目 20 番 2 号 発 売 4 ヵ 月 間 の 副 作 用 発 現 状 況 謹 啓 先 生 方 におかれましては 時 下 ますますご 清 祥 のことと お 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は 弊 社 が 製

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 び に 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相

More information

37 Vol. 111 37 Vol. 111 ノ ロ ゼ 称 最 称 末 梢 筋 肉 起 梗 塞 血 パ キ ソ 発 硬 化 脊 椎 小 変 進 筋 ジ ロ フ ィ 三 叉 例 消 化 吸 臓 種 様 臓 種 発 過 影 響 態 腰 潰 瘍 ピ ギ 鼻 顎 節 管 支 ぜ 26ペ ジ 覧 例 苦

37 Vol. 111 37 Vol. 111 ノ ロ ゼ 称 最 称 末 梢 筋 肉 起 梗 塞 血 パ キ ソ 発 硬 化 脊 椎 小 変 進 筋 ジ ロ フ ィ 三 叉 例 消 化 吸 臓 種 様 臓 種 発 過 影 響 態 腰 潰 瘍 ピ ギ 鼻 顎 節 管 支 ぜ 26ペ ジ 覧 例 苦 36 36 野 崎 京 子 野 崎 長 阪 府 推 薦 136 奈 川 県 ペ 麻 酔 京 都 部 卒 京 都 部 麻 酔 入 局 後 北 野 阪 市 国 立 京 都 阪 赤 十 字 住 友 阪 市 17 3 月 阪 府 豊 中 市 ペ 野 崎 長 阪 府 面 肝 玉 母 ド 頼 長 福 田 正 博 氏 評 博 3 男 1 女 母 顔 著 書 安 向 マガジハ 野 崎 http://www.myclinic.ne.jp/nozaki/

More information

製造販売承認を要する薬局製剤指針収載医薬品一覧

製造販売承認を要する薬局製剤指針収載医薬品一覧 販 売 名 :[ ] ( 以 下 [ ] 部 分 に 全 て 共 通 適 用 ) 1 催 眠 鎮 静 薬 1-1 [ ] 催 眠 剤 1 号 A 48 歯 科 口 腔 用 薬 5 [ ]シ フ カイン アネスタミン 液 2 催 眠 鎮 静 薬 2-1 [ ] 鎮 静 剤 1 号 A 49 胃 腸 薬 1-1 [ ] 複 方 ロートエキス シ アスターセ 散 3 催 眠 鎮 静 薬 3-1 [ ] 催

More information

57 胃 腸 薬 9-1 塩 酸 リモナ-テ 58 胃 腸 薬 10-2 胃 腸 鎮 痛 剤 7 号 A 59 胃 腸 薬 11-1 胃 腸 鎮 痛 剤 1 号 60 胃 腸 薬 12-2 健 胃 剤 2 号 A 61 胃 腸 薬 13 便 秘 薬 62 胃 腸 薬 14 複 方 タ イオウ センナ

57 胃 腸 薬 9-1 塩 酸 リモナ-テ 58 胃 腸 薬 10-2 胃 腸 鎮 痛 剤 7 号 A 59 胃 腸 薬 11-1 胃 腸 鎮 痛 剤 1 号 60 胃 腸 薬 12-2 健 胃 剤 2 号 A 61 胃 腸 薬 13 便 秘 薬 62 胃 腸 薬 14 複 方 タ イオウ センナ 1 催 眠 鎮 静 薬 1-1 催 眠 剤 1 号 A 2 催 眠 鎮 静 薬 2-1 鎮 静 剤 1 号 A 3 催 眠 鎮 静 薬 3-1 催 眠 剤 2 号 A 4 鎮 暈 薬 1-1 よい 止 め1 号 5 解 熱 鎮 痛 薬 1-2 解 熱 鎮 痛 剤 1 号 A 6 解 熱 鎮 痛 薬 2-3 解 熱 鎮 痛 剤 8 号 A 7 解 熱 鎮 痛 薬 4-2 解 熱 鎮 痛 剤 9 号 8

More information

光 輪 はさみこども 園 学 校 保 健 安 全 法 ( 第 19 条 )に 準 ずる(H24.4 改 定 ) 病 名 感 染 しやすい 期 間 登 園 のめやす 症 状 ( 発 熱 全 身 症 状 呼 吸 器 症 状 )がある 期 間 インフルエンザ ( 発 症 前 24 時 間 ~ 発 病 後

光 輪 はさみこども 園 学 校 保 健 安 全 法 ( 第 19 条 )に 準 ずる(H24.4 改 定 ) 病 名 感 染 しやすい 期 間 登 園 のめやす 症 状 ( 発 熱 全 身 症 状 呼 吸 器 症 状 )がある 期 間 インフルエンザ ( 発 症 前 24 時 間 ~ 発 病 後 主 治 医 様 下 記 太 線 枠 内 をご 記 入 願 います 登 園 許 可 証 光 輪 はさみこども 園 園 長 殿 入 所 園 児 氏 名. 病 名 平 成 年 月 日 から 病 状 も 回 復 し 集 団 生 活 に 支 障 がない 状 態 になったので 登 園 可 能 と 判 断 します 平 成 年 月 日 医 療 機 関 名 医 師 名 印 こども 園 は 乳 幼 児 が 集 団 で

More information

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378>

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378> 香 川 県 立 丸 亀 病 院 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 目 的 病 院 給 食 関 係 法 令 に 基 づき 医 療 の 一 環 として 入 院 患 者 等 の 病 態 に 応 じた 適 切 な 食 事 を 提 供 し 治 療 又 は 回 復 を 図 るとともに その 生 活 の 質 の 向 上 に 資 することを 目 的 とする 2 基 本 的 運 営 方 針 患 者 給 食 は

More information

Writer標準

Writer標準 はじめに 結 核 診 断 の 手 引 き 年 間 2 万 人 以 上 の 新 規 患 者 が 登 録 されている 結 核 は 今 なお 国 内 最 大 の 感 染 症 です 但 し 下 記 に 示 すように 患 者 数 は 減 少 傾 向 にあるものの 傾 きは 鈍 化 してきており 特 に 山 形 県 では この 10 年 間 は 毎 年 の 新 規 患 者 数 が 140 人 ( 置 賜 では

More information

第37回 漢方で見える!聞こえる!(漢方)

第37回 漢方で見える!聞こえる!(漢方) 第 37 回 漢 方 教 室 ( 漢 方 ) 漢 方 で 見 える! 聞 こえる!- 目 や 耳 の 病 気 は 漢 方 で 治 せるか?- Ⅰ. 漢 方 治 療 の 適 応 1 西 洋 医 学 と 漢 方 の 病 気 に 対 するアプローチの 違 い 漢 方 : 患 者 側 からのアプローチ 不 快 な 自 覚 症 状 など ホスト 側 ( 生 体 側 )に 着 目 ホストの defense 力

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平 成 27 年 6 月 1 日 / 毎 月 1 日 発 行 NPO 法 人 全 日 本 薬 膳 食 医 情 報 協 会 情 報 紙 Any 第 146 号 1 NPO 法 人 全 日 本 薬 膳 食 医 情 報 協 会 113-0033 東 京 都 文 京 区 本 郷 2 丁 目 18 番 13 号 イシダビル3F Tel 03(5684)5661 Fax 03(5684)5669 Mail to

More information

Microsoft Word - 【HP用】運営状況(~H27)

Microsoft Word - 【HP用】運営状況(~H27) 相 談 実 績 1 年 度 別 相 談 実 績 H19 年 度 H2 年 度 H21 年 度 H22 年 度 H23 年 度 H24 年 度 H25 年 度 H26 年 度 H27 年 度 (9 月 ~) 572 1,41 2,7 2,17 2,111 2,116 2,491 3,61 4,186 (81) (117) (167) (175) (175) (176) (27) (255) (348)

More information

抗 剤 解 熱 鎮 痛 消 炎 剤 精 神 神 経 用 剤 骨 格 筋 弛 緩 剤 鎮 剤 抗 ン 薬 血 管 拡 張 剤 強 心 剤 系 強 心 剤 昇 剤 利 剤 気 管 支 拡 張 剤 消 化 性 潰 瘍 用 剤 脳 垂 体 ン 剤 腎 ン 剤 昇 交 換 神 経 薬 腎 ン 剤 ンン 製 剤

抗 剤 解 熱 鎮 痛 消 炎 剤 精 神 神 経 用 剤 骨 格 筋 弛 緩 剤 鎮 剤 抗 ン 薬 血 管 拡 張 剤 強 心 剤 系 強 心 剤 昇 剤 利 剤 気 管 支 拡 張 剤 消 化 性 潰 瘍 用 剤 脳 垂 体 ン 剤 腎 ン 剤 昇 交 換 神 経 薬 腎 ン 剤 ンン 製 剤 ~ 度 成 作 成 : 薬 剤 科 医 薬 品 情 報 室 青 医 薬 品 発 品 称 用 法 用 量 欄 注 釈 用 ] 適 ] 添 付 文 記 載 い 用 法 用 量 当 院 適 応 中 心 記 載 禁 ] 投 禁 忌 患 者 状 態 併 用 禁 忌 薬 示 い ] 重 篤 作 用 頻 度 高 い 作 用 中 心 注 意 代 表 的 い 記 載 い 特 ] 薬 剤 特 長 薬 剤 系 統 利 使

More information

メイン・サブ記事一覧2

メイン・サブ記事一覧2 591 ガンの 三 大 療 法 ( 外 科 抗 ガン 剤 放 射 線 ) 後 遺 症 副 作 用 に 可 視 総 合 光 線 療 法 で 効 果 が 見 られた 症 例 いぼに 対 する 可 視 総 合 光 線 療 法 平 成 27 年 8 月 590 589 588 587 586 585 584 583 582 581 580 579 578 577 576 575 574 573 股 関 節

More information

    <脉診の基本とその手順>

    <脉診の基本とその手順> < 脉 診 の 基 本 とその 手 順 > 名 古 屋 漢 方 鍼 医 会 はじめに 凡 そ 診 脉 は 須 らく 先 ず 時 脉 胃 脉 と 臓 腑 の 平 脉 とを 知 りて 然 る 後 に 病 脉 に 及 ぶこと を 要 す ( 診 家 枢 要. 景 岳 全 書 - 脉 診 章 等 ) 脉 診 を 行 うには 平 脉 ( 健 康 人 の 脉 )を 知 ってから 病 脉 ( 病 人 の 脉 )を

More information

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出 第 回 発 症 発 症 原 因 型 脳 血 管 性 小 体 型 前 頭 側 頭 型 脳 細 胞 部 分 的 壊 気 発 症 解 明 型 全 体 割 割 占 患 者 脳 内 現 象 発 症 程 度 見 解 明 切 治 治 療 法 発 症 症 状 進 行 介 護 必 要 寝 肺 炎 感 染 症 亡 大 変 重 要 世 界 中 疫 学 調 査 行 危 険 因 子 抑 制 因 子 抽 出 法 食 事 運 動

More information

044 多発血管炎性肉芽腫症

044 多発血管炎性肉芽腫症 44 多 発 血 管 炎 性 肉 芽 腫 症 概 要 1. 概 要 多 発 血 管 炎 性 肉 芽 腫 症 は 以 前 はウェゲナー 肉 芽 腫 症 と 称 されていた 疾 患 で 病 理 組 織 学 的 に(1) 全 身 の 壊 死 性 肉 芽 腫 性 血 管 炎 (2) 上 気 道 と 肺 を 主 とする 壊 死 性 肉 芽 腫 性 炎 (3) 半 月 体 形 成 腎 炎 を 呈 し その 発

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 びに 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相 談

More information

1 救 急 搬 送 実 施 基 準 策 定 の 背 景 救 急 搬 送 における 受 入 医 療 機 関 の 選 定 に 困 難 な 事 案 の 発 生 が 全 国 的 に 社 会 問 題 化 した ことを 背 景 として, 消 防 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 平 成 21 年 5

1 救 急 搬 送 実 施 基 準 策 定 の 背 景 救 急 搬 送 における 受 入 医 療 機 関 の 選 定 に 困 難 な 事 案 の 発 生 が 全 国 的 に 社 会 問 題 化 した ことを 背 景 として, 消 防 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 平 成 21 年 5 資 料 Ⅱ-2 救 急 搬 送 実 施 基 準 宮 城 県 平 成 25 年 X 月 1 救 急 搬 送 実 施 基 準 策 定 の 背 景 救 急 搬 送 における 受 入 医 療 機 関 の 選 定 に 困 難 な 事 案 の 発 生 が 全 国 的 に 社 会 問 題 化 した ことを 背 景 として, 消 防 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 平 成 21 年 5 月 1 日 に

More information

PM2.5による健康影響

PM2.5による健康影響 中 国 におけるPM2.5に 関 する 説 明 相 談 会 PM2.5による 健 康 影 響 京 都 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 金 谷 久 美 子 kanatani.kumiko.2r@kyotou.ac.jp 1 本 日 の 内 容 1. どんな 疾 患 の 可 能 性?(15 分 ) 1. 過 去 の 事 例 から 2. 実 験 結 果 から 3. 疫 学 調 査 から 2. どんな

More information

web在宅下腿潰瘍.doc

web在宅下腿潰瘍.doc 在 宅 下 腿 潰 瘍 高 岡 駅 南 クリニック 院 長 塚 田 邦 夫 在 宅 では 褥 創 の 他 に 下 腿 潰 瘍 も 多 く 経 験 し 治 療 に 難 渋 することがあります 今 回 は 下 腿 潰 瘍 としての 典 型 的 な 例 として 動 脈 性 潰 瘍 静 脈 うっ 滞 性 下 腿 潰 瘍 熱 傷 性 下 腿 潰 瘍 ( 低 温 熱 傷 ) 爪 白 癬 による 下 腿 潰 瘍

More information

症 状 斑 点 赤 い- 血 熱 血 瘀 白 い- 血 虚 気 滞 発 疹 血 熱 風 風 熱 疱 水 痘 - 湿 熱 膿 疱 - 熱 風 団 ( 皮 膚 面 に 急 に 盛 り 上 がってくるもの)- 風 風 熱 風 寒 落 屑 熱 血 虚 びらん 湿 湿 熱 かさぶた 痂 皮 (かひ) 膿 がた

症 状 斑 点 赤 い- 血 熱 血 瘀 白 い- 血 虚 気 滞 発 疹 血 熱 風 風 熱 疱 水 痘 - 湿 熱 膿 疱 - 熱 風 団 ( 皮 膚 面 に 急 に 盛 り 上 がってくるもの)- 風 風 熱 風 寒 落 屑 熱 血 虚 びらん 湿 湿 熱 かさぶた 痂 皮 (かひ) 膿 がた 皮 膚 病 病 理 外 邪 --- 風 邪 病 気 の 出 方 突 発 速 やかに 消 える あちこちに 出 来 る 移 動 する 全 身 に 広 がる かゆみを 伴 う 湿 性 はあまりない ( 風 湿 は 別 ) 風 寒 --- 冷 風 に 当 ると 出 る 寒 気 を 伴 う 風 熱 --- 熱 赤 み 風 湿 湿 邪 病 気 の 出 方 水 痘 湿 潤 分 泌 物 多 い 糜 爛 し 易 い

More information

日産婦誌60巻10号研修コーナー

日産婦誌60巻10号研修コーナー α α ( 図 D-19-4)-1) 新 生 児 黄 疸 の 診 断 手 順 ( 文 献 1より 引 用 ) ( 表 D-19-5)-1) 新 生 児 痙 攣 の 原 因 ( 文 献 2より 引 用 ) 1. 周 産 期 脳 障 害 1) 低 酸 素 性 虚 血 性 脳 症 2) 頭 蓋 内 出 血 1クモ 膜 下 出 血 2 脳 室 内 出 血 3 硬 膜 下 出 血 3) 脳 梗 塞 2. 代

More information

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない 直 腸 癌 の 手 術 ( 肛 門 温 存 )に 対 する 説 明 書 1. 直 腸 癌 とは 直 腸 癌 は 粘 膜 より 発 生 し 徐 々に 大 きくなり 進 行 していきます 進 行 の 形 式 には 1 直 腸 壁 を 壊 し 徐 々に 深 く 浸 潤 して( 壁 浸 潤 ) さらに 進 行 すると 腸 壁 を 貫 いて 他 の 臓 器 へ 直 接 浸 潤 する 形 式 ( 直 接 浸 潤

More information

長 野 県 における 熱 中 症 の 主 な 発 生 事 例 業 種 発 生 状 況 の 概 要 道 路 貨 物 運 送 業 工 場 内 で アルミ 合 金 の 鋳 造 作 業 中 に 脱 水 状 態 になり 同 僚 が 臥 床 させ 身 体 を 冷 却 して 病 院 へ 搬 送 した ボイラのばい

長 野 県 における 熱 中 症 の 主 な 発 生 事 例 業 種 発 生 状 況 の 概 要 道 路 貨 物 運 送 業 工 場 内 で アルミ 合 金 の 鋳 造 作 業 中 に 脱 水 状 態 になり 同 僚 が 臥 床 させ 身 体 を 冷 却 して 病 院 へ 搬 送 した ボイラのばい 長 野 県 における 熱 中 症 の 発 生 状 況 熱 中 症 の 発 生 件 数 の 推 移 ( 休 業 4 日 以 上 単 位 : 人 ) 長 野 労 働 局 8 9(1) 5 5 1 平 成 21 年 平 成 22 年 平 成 23 年 平 成 24 年 平 成 25 年 ( ) 内 は 死 亡 者 で 内 数 熱 中 症 の 業 種 別 年 別 発 生 状 況 ( 休 業 4 日 以 上

More information

Microsoft PowerPoint - 高齢者.ppt

Microsoft PowerPoint - 高齢者.ppt 日 常 診 療 に 役 立 つ 漢 方 講 座 第 154 回 筑 豊 漢 方 研 究 会 平 成 18 年 (2006)7 月 13 日 高 齢 者 のための 漢 方 治 療 ~ 尿 路 不 定 愁 訴 痛 み ほてり 感 不 眠 など~ 飯 塚 病 院 東 洋 医 学 センター 漢 方 診 療 科 三 潴 忠 道 1 八 味 地 黄 丸 の 投 与 基 準 P19 ( 厚 生 省 長 寿 科 学

More information

<4D F736F F F696E74202D2093FA8FED906697C382C996F097A782C28ABF95FB2E707074>

<4D F736F F F696E74202D2093FA8FED906697C382C996F097A782C28ABF95FB2E707074> 日 常 診 療 に 役 立 つ 漢 方 講 座 第 173 回 筑 豊 漢 方 研 究 会 平 成 20 年 (2008)11 月 13 日 入 門 講 座 はじめての 漢 方 診 療 (11) 気 の 異 常 とその 治 療 飯 塚 病 院 東 洋 医 学 センター 漢 方 診 療 科 三 潴 忠 道 1 21 世 紀 の 医 療 における 知 の 創 造 漢 方 中 国 由 来 の 医 学 漢

More information

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記 載 要 領 について ( 平 成 九 年 四 月 二 五 日 ) ( 薬 発 第 六 〇 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 知 事 あて 厚 生 省 薬 務 局 長 通 知 ) 標 記 については 昭 和 五 一 年 二 月 二 〇 日 薬 発 第 一 五 三 号 薬 務 局 長 通 知 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記

More information

Microsoft Word マスターQ&A.doc

Microsoft Word マスターQ&A.doc 長 野 式 臨 床 研 究 会 平 成 20 年 第 10 期 マスタークラス 大 阪 セミナーQ&A 第 6 回 20 年 11 月 23 日 テーマ 動 悸 眩 暈 講 師 長 野 康 司 動 悸 治 療 上 の 注 意 点 まとめ * 動 悸 治 療 のポイント 1 腹 部 瘀 血 処 置 ( 動 悸 治 療 のためには 必 須 ) 2 肝 門 脈 うっ 血 処 置 ( 腹 部 瘀 血 に 連

More information

平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )の 概 況 ( 福 島 県 ) 目 次 調 査 の 概 要 結 果 の 概 要 ( 統 計 表 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 4 表 生 活 習 慣 病

More information

Microsoft PowerPoint - 大野Dr..ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 大野Dr..ppt [互換モード] 運 動 における 安 全 管 理 バイタルサインということばを ご 存 じですか? ヒトの 生 命 に 基 本 的 な 徴 候 生 命 の 維 持 に 直 接 関 係 する 安 全 管 理 に 最 低 必 要 な 情 報 脈 拍 呼 吸 体 温 血 圧 意 識 状 態 など 脈 拍 をどこで 測 るかご 存 じですか? 脈 拍 を 測 ってみましょう 親 指 側 の 手 首 に 脈 を 触 れ ます

More information

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63>

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63> 日 本 褥 瘡 学 会 第 3 回 実 態 調 査 患 者 用 下 記 の 質 問 に 対 して 該 当 するものの 番 号 に 印 を その 他 の 項 目 を 選 択 する 場 合 には 具 体 的 な 内 容 を 記 入 してください Q1 患 者 ID を 記 入 してください これはあなたがどの 患 者 について 解 答 したか 確 認 できるようにするための 質 問 です 訂 正 の 時

More information

ただし 本 提 案 は 技 術 的 検 討 結 果 であり 国 民 に 対 して 広 く 接 種 機 会 を 提 供 する 仕 組 みとして 実 施 するためには 前 提 として ワクチンの 供 給 実 施 体 制 の 確 保 必 要 となる 財 源 の 捻 出 方 法 等 の 検 討 を 行 った

ただし 本 提 案 は 技 術 的 検 討 結 果 であり 国 民 に 対 して 広 く 接 種 機 会 を 提 供 する 仕 組 みとして 実 施 するためには 前 提 として ワクチンの 供 給 実 施 体 制 の 確 保 必 要 となる 財 源 の 捻 出 方 法 等 の 検 討 を 行 った 資 料 1-1 B 型 肝 炎 ワクチンの 定 期 接 種 化 について これまでの 経 緯 1986 年 1 月 :B 型 肝 炎 母 子 感 染 防 止 事 業 において 乳 児 に 対 する 感 染 防 止 事 業 を 開 始 1992 年 3 月 : WHOがB 型 肝 炎 ワクチンのユニバーサル 化 を 推 奨 2012 年 5 月 : 厚 生 科 学 審 議 会 感 染 症 分 科 会

More information

救急科  臨床研修プログラム

救急科  臨床研修プログラム 13. 救 急 科 初 期 臨 床 研 修 カリキュラム 特 徴 1. 内 因 性 疾 患 外 傷 熱 中 症 急 性 薬 物 中 毒 各 種 ショック ( 出 血 敗 血 症 アナフィラ キシーなど) 院 外 心 肺 機 能 停 止 など 軽 症 から 超 重 症 まで 診 るER 型 救 急 を 行 っている 2. 初 療 処 置 諸 検 査 を 行 い 診 断 がついた 時 点 で 各 科 専

More information

ミティキュウア治療を始める患者さんへ

ミティキュウア治療を始める患者さんへ ミティキュアによる 治 療 をはじめる 患 者 さんへ インフォームド コンセント 用 監 修 : 日 本 医 科 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 頭 頸 部 感 覚 器 科 学 分 野 教 授 大 久 保 公 裕 先 生 CONTENTS 本 資 材 は ミティキュアによるアレルゲン 免 疫 療 法 を 行 う 患 者 さんやご 家 族 に 向 け 治 療 の 概 要 や 服 用 方 法

More information

アフターケア.indd

アフターケア.indd 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 中 の 方 治 った 方 へ アフターケア 制 度 のご 案 内 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 されている 方 は そのケガ や 病 気 が 治 った 後 も 再 発 や 後 遺 障 害 に 伴 う 新 たな 病 気 を 防 ぐため 労 災 指 定 医 療 機 関 でアフターケア( 診 察 や 保 健 指 導 検 査 など)を 無 料 で 受 診

More information

Taro-入浴介護(2008)

Taro-入浴介護(2008) Ⅰ 生 活 文 化 としての 入 浴 入 浴 介 護 入 浴 は わ た し た ち 人 類 が 持 つ 生 活 の 営 み の 中 で 不 思 議 な 魅 力 を 有 す る 部 分 で あ る 食 事 や 排 泄 睡 眠 性 行 動 攻 撃 逃 避 な ど の よ う に 固 体 や 種 族 の 維 持 の た め に 絶 対 に 必 要 な も の で は な く 何 か の 理 由 で そ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9892C592C58AD494C28377838B836A834182CC906697C381418347815B8358834E8389836283768CB48D658141323031312E31322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9892C592C58AD494C28377838B836A834182CC906697C381418347815B8358834E8389836283768CB48D658141323031312E31322E646F63> 腰 椎 椎 間 板 ヘルニアについて - 正 しい 理 解 とより 良 い 治 療 を 受 けるために- 金 明 博 [はじめに] 整 形 外 科 の 外 来 を 訪 れる 患 者 さんの 多 くは 腰 痛 を 主 訴 にされてい ます その 腰 痛 の 患 者 さんが 心 配 している 病 気 の 中 で 腰 椎 椎 間 板 ヘルニアほ ど 有 名 な 病 気 はないでしょう 腰 椎 椎 間 板

More information

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4> 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療

More information

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 平 成 25 年 度 高 額 レセプト 上 位 の 概 要 健 保 連 が 行 う 平 成 25 年 度 の 高 額 医 療 交 付 金 交 付 事 業 に 申 請 された 医 療 費 のうち 1ヵ 月 の 医 療 費 が1,000 万 円 以 上 のものは 前 年 度 比 82 件 増 (32.28% 増 )の336 件 で 過 去 最 高 となった 全 336 件 のうち 先 天 性 疾 患 が125

More information

Microsoft Word - 210202菊地

Microsoft Word - 210202菊地 中 耳 炎 の 病 態 と 予 防 埼 玉 医 科 大 学 総 合 医 療 センター 耳 鼻 咽 喉 科 菊 地 茂 1.はじめに 中 耳 炎 とは 中 耳 に 生 じる 炎 症 の 総 称 で 中 耳 炎 には 急 性 中 耳 炎 慢 性 中 耳 炎 滲 出 性 中 耳 炎 真 珠 腫 性 中 耳 炎 癒 着 性 中 耳 炎 結 核 性 中 耳 炎 壊 疽 性 中 耳 炎 航 空 性 中 耳 炎

More information

Microsoft Word - 腰痛.doc

Microsoft Word - 腰痛.doc 第 41 回 東 北 鍼 灸 学 会 青 森 大 会 ( 八 戸 市 ) 平 成 19 年 9 月 鍼 灸 臨 床 研 修 会 講 演 第 2 席 腰 痛 福 島 県 鍼 灸 師 会 三 瓶 真 一 はじめに 開 業 鍼 灸 院 にて 腰 痛 はもっとも 来 院 頻 度 の 多 い 疾 患 であろう 海 外 では 生 涯 罹 患 率 が 84.1% 年 間 罹 患 率 が 48.9%(1998,Cassidy)という

More information

病児保育室 ぞうさん

病児保育室 ぞうさん 病 児 保 育 室 ぞうさん お 子 さんが 病 気 で 保 育 所 への 通 園 等 ができず かつ 保 護 者 の 仕 事 の 都 合 等 で 家 庭 での 保 育 が 困 難 な 場 合 に 院 内 保 育 所 ぞうさんで 一 時 的 にお 子 さんをお 預 かりします 病 気 等 の 回 復 期 に 至 らない 病 状 からお 預 かりできます < 施 設 概 要 > 保 育 日 月 曜 日

More information

3 肩 こりの 分 類 (1) 肩 こりの 発 生 因 子 からみた 分 類 肩 こりは,その 発 生 因 子 からみて, 本 態 性 ( 原 発 性 ), 症 候 性, 心 因 性 に 分 類 される( 参 考 文 献 1 17 頁, 参 考 文 献 2 1) 1 本 態 性 ( 原 発 性 )

3 肩 こりの 分 類 (1) 肩 こりの 発 生 因 子 からみた 分 類 肩 こりは,その 発 生 因 子 からみて, 本 態 性 ( 原 発 性 ), 症 候 性, 心 因 性 に 分 類 される( 参 考 文 献 1 17 頁, 参 考 文 献 2 1) 1 本 態 性 ( 原 発 性 ) 肩 こり 2011 年 9 月 3 日 文 責 : 今 井 力 第 1 肩 こりの 定 義 1 定 義 肩 こり を 明 確 に 定 義 する 教 科 書 的 な 記 載 は 見 当 たらない しかも, 肩 こり と 一 般 的 にいわれるものには, 肩 のこり 背 中 のこり 首 の 筋 肉 の こり 頭 痛 までもが 含 まれる よって,さまざまな 自 覚 的 な 症 状 群 をまと めて 表

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 糖 尿 病 眼 合 併 症 と 治 療 について 糖 尿 病 とは? 糖 尿 病 とは 尿 に 糖 が 混 じるだけの 病 気 ではない 血 糖 値 上 昇 により 全 身 の 血 管 障 害 を 引 き 起 こし ます 製 鉄 記 念 広 畑 病 院 眼 科 藤 井 誠 士 郎 日 本 人 の 糖 尿 病 疫 学 調 査 眼 の 構 造 と 機 能 糖 尿 病 患 者 数 :820 万 人 (2007

More information

36program

36program 介 助 犬 とは 肢 体 不 自 由 者 に 落 としたものを 拾 って 渡 す, 手 が 届 かないものを 持 って 来 る 等 の 動 作 を 行 なうよう 訓 練 され 自 立 と 社 会 参 加 促 進 をする 生 きた 補 装 具 である. 将 来 介 助 犬 使 用 者 になり 得 る 生 徒 がいる 特 別 支 援 学 校 の 教 師 に 介 助 犬 についての 理 解 度 を 調 査

More information

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H )

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H ) 平 成 25 年 10 月 22 日 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 保 健 統 計 室 室 長 瀧 村 佳 代 室 長 補 佐 岩 﨑 容 子 ( 担 当 ) 患 者 統 計 係 ( 内 線 7516,7517) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2958 平 成 2 4 年 (2012) 福

More information

「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第12条第1項及び第14条第2項に基づく届出の基準等について」の一部改正について

「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第12条第1項及び第14条第2項に基づく届出の基準等について」の一部改正について 健 感 発 0307 第 2 号 平 成 25 年 3 月 7 日 都 道 府 県 各 政 令 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 特 別 区 厚 生 労 働 省 健 康 局 結 核 感 染 症 課 長 感 染 症 の 予 防 及 び 感 染 症 の 患 者 に 対 する 医 療 に 関 する 法 律 第 12 条 第 1 項 及 び 第 14 条 第 2 項 に 基 づく 届 出 の 基

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20BEC1D8BCDEDD82A8926D82E782B95F38505F838D83532E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20BEC1D8BCDEDD82A8926D82E782B95F38505F838D83532E646F63> - 医 薬 品 の 適 正 使 用 に 欠 かせない 情 報 です 必 ずお 読 み 下 さい - 使 用 上 の 注 意 改 訂 のお 知 らせ 2011 年 7 月 販 売 マルホ 株 式 会 社 製 造 販 売 高 田 製 薬 株 式 会 社 この 度 セチリジン 塩 酸 塩 錠 5 mg タカタ セチリジン 塩 酸 塩 錠 10 mg タカタ の 添 付 文 書 使 用 上 の 注 意 を

More information

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要 保 医 発 0325 第 8 号 平 成 28 年 3 月 25 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 ( 公

More information

Microsoft Word - ①PET-CT 説明書 コンパクトに改良 紹介患者用に編集.doc

Microsoft Word - ①PET-CT 説明書 コンパクトに改良 紹介患者用に編集.doc カルテNo. PET-CT 検 査 について 検 査 日 時 : 月 日 ( ) 時 分 ( 開 始 予 定 ) 絶 食 時 間 : 月 日 朝 食 抜 き 時 分 から 様 用 スムーズに 行 うために 検 査 時 間 の 45 分 前 迄 に 紹 介 患 者 様 窓 口 へお 越 し 下 さい ( 検 査 時 間 を 30 分 以 上 過 ぎると 検 査 ができなくなる 場 合 があります )

More information

研修計画

研修計画 産 婦 人 科 Ⅰ プログラムの 名 称 日 野 市 立 病 院 産 婦 人 科 初 期 臨 床 研 修 プログラム Ⅱ プログラムの 運 営 日 野 市 立 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 を 中 心 として 運 営 管 理 し 産 婦 人 科 に 配 属 された 研 修 医 に 対 しては, 臨 床 経 験 4 年 以 上 の 上 級 医 が 各 々 組 み 合 わせとなり, 直 接

More information

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4 2015 年 6 月 改 訂 薬 価 基 準 収 載 処 方 箋 医 薬 品 : 注 意 - 医 師 等 の 処 方 箋 により 使 用 すること - 医 薬 品 の 適 正 使 用 に 欠 かせない 情 報 です 使 用 前 に 必 ずお 読 みください - 新 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 の 解 説 禁 忌 ( 次 の 患 者 には 投 与 しないこと) 本 剤 の 成 分 に 対

More information

喘 息 の 全 体 像 健 康 な 人 の 気 管 支 の 断 面 喘 息 患 者 の 発 作 時 の 気 管 支 の 断 面 上 皮 喘 鳴 炎 症 により 気 道 粘 膜 はむくみ 痰 などの 分 泌 物 が 増 えて 空 気 の 通 り 道 が 狭 く 不 整 になっています 気 道 過 敏

喘 息 の 全 体 像 健 康 な 人 の 気 管 支 の 断 面 喘 息 患 者 の 発 作 時 の 気 管 支 の 断 面 上 皮 喘 鳴 炎 症 により 気 道 粘 膜 はむくみ 痰 などの 分 泌 物 が 増 えて 空 気 の 通 り 道 が 狭 く 不 整 になっています 気 道 過 敏 気 管 支 喘 息 おとなの 喘 息 管 理 と 最 新 治 療 信 州 大 学 医 学 部 保 健 学 科 生 体 情 報 検 査 学 講 座 藤 本 圭 作 喘 息 は 気 管 支 のアレルギーによる 炎 症 と 気 道 過 敏 性 および 発 作 的 な 気 管 支 の 狭 窄 により 特 徴 づけ られ 繰 り 返 す 発 作 性 の 咳 喘 鳴 (ヒューヒュー ゼーゼー)および 呼 吸 困

More information

首 は 下 あ ご の 骨 の 下 か ら 鎖 骨 の 上 ま で 自 分 の 首 を 両 手 で は さ ん で お さ え て み ま し ょ う 師 首 っ て ど ん な 仕 事 を し て い る か な 子 頭 を の せ て い る 頭 を お さ え て い る 頭 を 動 か し

首 は 下 あ ご の 骨 の 下 か ら 鎖 骨 の 上 ま で 自 分 の 首 を 両 手 で は さ ん で お さ え て み ま し ょ う 師 首 っ て ど ん な 仕 事 を し て い る か な 子 頭 を の せ て い る 頭 を お さ え て い る 頭 を 動 か し の ど の 仕 事 2 0 1 5 年 3 月 4 日 黒 川 理 科 研 究 会 永 澤 義 人 私 は ふ だ ん は 自 分 の か ら だ に つ い て 深 く 考 え る こ と は ほ と ん ど あ り ま せ ん で も 一 昨 年 食 道 癌 に な り 担 当 医 か ら 食 道 癌 の 後 遺 症 で い ち ば ん 多 く 恐 ろ し い の は 誤 飲 に よ る 肺 炎

More information

Microsoft Word - IF48new.DOC

Microsoft Word - IF48new.DOC 2007 年 8 月 作 成 ( 第 3 版 ) インタビューフォーム 日 本 標 準 商 品 分 類 番 号 875200 医 療 用 漢 方 製 剤 ジュウゼンタイホトウ 本 草 十 全 大 補 湯 エキス 顆 粒 -M H48 剤 形 顆 粒 剤 含 量 規 格 一 般 名 十 全 大 補 湯 製 造 会 社 名 本 草 製 薬 株 式 会 社 販 売 会 社 名 本 草 製 薬 株 式 会

More information

第32回 漢方でがんと向き合う(漢方)

第32回 漢方でがんと向き合う(漢方) 第 32 回 漢 方 教 室 ( 漢 方 ) 漢 方 でがんと 向 き 合 う- 心 と 体 の 免 疫 力 をアップ- Ⅰ. 日 本 における 漢 方 治 療 の 現 状 西 洋 医 学 を 学 んだ 医 師 と 薬 剤 師 だけが 漢 方 治 療 を 実 践 できる( 免 許 の 一 本 化 ) 保 険 医 療 制 度 の 中 で 西 洋 医 学 治 療 と 同 時 に 漢 方 治 療 を 行

More information

4 接 種 の 受 け 方 (1) 指 定 医 療 機 関 へ 予 約 (2) 持 ち 物 次 のものを 持 参 のうえ 体 調 の 良 いときに 接 種 を 受 けてください 母 子 健 康 手 帳 ( 他 の 予 防 接 種 との 間 隔 等 の 確 認 接 種 の 記 録 をします) 予 診

4 接 種 の 受 け 方 (1) 指 定 医 療 機 関 へ 予 約 (2) 持 ち 物 次 のものを 持 参 のうえ 体 調 の 良 いときに 接 種 を 受 けてください 母 子 健 康 手 帳 ( 他 の 予 防 接 種 との 間 隔 等 の 確 認 接 種 の 記 録 をします) 予 診 ~ 予 防 接 種 に 欠 かせない 情 報 です 必 ずお 読 みください~ 子 宮 頸 がんワクチン 予 防 接 種 をご 希 望 の 方 へ 市 では 平 成 23 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 法 律 に 基 づかない 任 意 接 種 と して 子 宮 頸 がんワクチン 予 防 接 種 費 用 の 約 9 割 を 助 成 していましたが 予 防 接 種

More information

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用)

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用) 診 療 報 酬 の 内 容 および 算 定 の 方 法 ( 新 入 会 員 用 ) 従 事 者 1 人 / 日 の 実 施 単 位 上 限 の 緩 和 従 事 者 1 人 1 日 18 単 位 を 標 準 週 に108 単 位 まで 実 施 可 能 1 日 あたり24 単 位 を 上 限 1 単 位 : 個 別 PT OT ST 20 分 患 者 1 人 1 日 当 たり 算 定 単 位 数 の 上

More information

院内肺炎予防策

院内肺炎予防策 3-3. 院 内 肺 炎 予 防 策 Ⅰ. 病 院 感 染 肺 炎 (Nosocomial Pneumonia ; NP) なんらかの 基 礎 疾 患 のため 入 院 治 療 を 行 っている 患 者 が, 入 院 後 48 時 間 から 72 時 間 後 に 発 症 する 下 気 道 の 肺 炎 である Ⅱ. 肺 炎 の 疫 学 米 国 では, 肺 炎 は 尿 路 感 染 についで 多 く 全 病

More information

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身 第 11 部 麻 酔 通 則 1 麻 酔 の 費 用 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各 の 所 定 点 数 により 算 定 する ただし 麻 酔 に 当 た って 薬 剤 又 は 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 保 険 医 療 材 料 ( 以 下 この 部 において 特 定 保 険 医 療 材 料 という )を 使 用 した 場 合 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各

More information

イクセロンパッチの患者向け医薬品ガイド2015年8月改定

イクセロンパッチの患者向け医薬品ガイド2015年8月改定 パッチ 4.5mg パッチ 9mg パッチ 13.5mg パッチ 18mg 患 者 向 医 薬 品 ガイド 2015 年 8 月 更 新 この 薬 は? 販 売 名 一 般 名 含 有 量 (1 枚 中 ) パッチ 4.5mg EXELON PATCH 4.5mg 4.5mg パッチ 9mg EXELON PATCH 9mg 9mg Rivastigmine パッチ 13.5mg EXELON PATCH

More information

(2) 少 年 による 薬 物 乱 用 の 推 移 7-2 図 は 特 別 法 犯 少 年 の 送 致 人 員 に 占 める 薬 物 事 犯 を 示 している 薬 物 事 犯 は 昭 和 55 年 ~ 6 年 に 最 も 多 かったが 現 在 は 減 少 傾 向 にある しかし 平 成 2 年 に

(2) 少 年 による 薬 物 乱 用 の 推 移 7-2 図 は 特 別 法 犯 少 年 の 送 致 人 員 に 占 める 薬 物 事 犯 を 示 している 薬 物 事 犯 は 昭 和 55 年 ~ 6 年 に 最 も 多 かったが 現 在 は 減 少 傾 向 にある しかし 平 成 2 年 に 第 7 章 薬 物 乱 用 犯 罪 被 害 等 1. 薬 物 乱 用 の 実 態 (1) 薬 物 乱 用 とその 影 響 薬 物 乱 用 とは 医 薬 品 を 医 療 以 外 の 目 的 で 使 用 すること 医 療 目 的 ではない 化 学 物 質 を 不 正 に 使 用 することである 乱 用 される 薬 物 には 前 者 の 例 として 睡 眠 薬 や 鎮 痛 剤 のような 向 精 神 薬 があり

More information

<8BA492CA8349815B835F815B8356815B83678140566F6C2E332E786C73>

<8BA492CA8349815B835F815B8356815B83678140566F6C2E332E786C73> 呼 吸 器 外 科 クリニカルパス 適 応 基 準 術 式 : 肺 葉 切 除 肺 全 摘 胸 腔 鏡 下 (VATS 下 ) 肺 部 分 切 除 縦 隔 腫 瘍 切 除 胸 腔 鏡 下 (VATS 下 ) 肺 葉 切 除 肺 区 域 切 除 呼 吸 器 外 科 手 術 予 定 患 者 において( 縦 隔 鏡 生 検 リンパ 節 郭 清 は 除 く)は 全 て 術 前 共 通 パスを 使 用 する

More information

Microsoft Word - IF25new.DOC

Microsoft Word - IF25new.DOC 2007 年 8 月 作 成 ( 第 3 版 ) インタビューフォーム 日 本 標 準 商 品 分 類 番 号 875200 医 療 用 漢 方 製 剤 ケイシブクリョウガンリョウ 本 草 桂 枝 茯 苓 丸 料 エキス 顆 粒 -M H25 剤 形 顆 粒 剤 含 量 規 格 一 般 名 桂 枝 茯 苓 丸 製 造 会 社 名 本 草 製 薬 株 式 会 社 販 売 会 社 名 本 草 製 薬 株

More information

Microsoft Word - 2007.04村田.doc

Microsoft Word - 2007.04村田.doc 豊 浦 獣 医 科 クリニック 村 田 知 下 痢 症 対 策 まずは 環 境 対 策 から はじめに なぜ 動 物 は 下 痢 をするのでしょ 表 1: 下 痢 の 発 生 機 序 うか 実 はこの 下 痢 という 現 象 は ウイルス 感 染 による 発 熱 と 同 じよ うな もともとは 体 を 守 るための 生 体 防 御 反 応 の1つです 通 常 ヒトでは 1 日 に 約 9l の 水

More information

はじめまして

はじめまして きし 整 形 外 科 内 科 痛 みの 外 来 院 長 医 学 博 士 岸 秀 行 茨 城 県 土 浦 市 大 和 町 9-2 ウララ 2-303 電 話 029-825-5200 HP http://www.kishi.or.jp/ 当 院 ではさまざまな 腰 痛 に 対 して 痛 みの 軽 減 を 行 っております 腰 痛 といっても 原 因 はいろいろありますし 治 療 法 も 多 方 面 に

More information

夏 場 に 多 い 食 中 毒 も 感 染 症 の 一 種 温 度 湿 度 ともに 上 昇 する 日 本 の 夏 は 細 菌 や 真 菌 (カビ)の 増 殖 も 活 発 になります 当 然 夏 場 に 多 くなる 食 中 毒 もあります 暑 い 時 期 に 特 に 気 をつけたいのは 腸 炎 ビブリ

夏 場 に 多 い 食 中 毒 も 感 染 症 の 一 種 温 度 湿 度 ともに 上 昇 する 日 本 の 夏 は 細 菌 や 真 菌 (カビ)の 増 殖 も 活 発 になります 当 然 夏 場 に 多 くなる 食 中 毒 もあります 暑 い 時 期 に 特 に 気 をつけたいのは 腸 炎 ビブリ 夏 に 気 をつけたい 感 染 症 について 2014 年 夏 東 京 でデング 熱 の 国 内 感 染 が 報 告 されました 感 染 症 という と 国 内 ではインフルエンザやノロウイルスなど 寒 い 時 期 を 連 想 しがちです が 暑 い 時 期 に 流 行 する 熱 帯 性 の 感 染 症 の 国 内 流 行 もあります そこで 愛 知 医 科 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科

More information

Microsoft Word - ”‚Š¿…V…−†[…YNo19-7.doc

Microsoft Word - ”‚Š¿…V…−†[…YNo19-7.doc じん 臓 機 能 障 害 (1 級 3 級 4 級 ) じん 臓 は 体 の 適 切 な 水 分 量 や 必 要 な 塩 分 量 の 調 節 老 廃 物 の 排 泄 血 圧 や 血 液 成 分 の 数 時 間 から 数 日 にわたる 比 較 的 緩 やかな 継 続 的 な 調 節 を 主 な 機 能 としてしている この 機 能 に 障 害 があると 体 内 の 水 分 量 や 塩 分 の 調 節

More information

(6) 薬 剤 師 のとった 措 置 ( 複 数 回 答 ) ( 件 ) 平 成 18 年 度 平 成 17 年 度 平 成 16 年 度 平 成 15 年 度 使 用 の 中 止 を 指 示 244(28.0%) 210(29.5%) 304(30.1%) 477(27.0%) 服 薬 指 導 2

(6) 薬 剤 師 のとった 措 置 ( 複 数 回 答 ) ( 件 ) 平 成 18 年 度 平 成 17 年 度 平 成 16 年 度 平 成 15 年 度 使 用 の 中 止 を 指 示 244(28.0%) 210(29.5%) 304(30.1%) 477(27.0%) 服 薬 指 導 2 (5) 副 作 用 の 相 談 のあった 一 般 薬 の 薬 効 分 類 と 主 な 症 状 ( 複 数 回 答 ) ( 件 ) 平 成 18 年 度 平 成 17 年 度 平 成 16 年 度 平 成 15 年 度 薬 効 別 分 類 主 な 症 状 薬 効 別 分 類 主 な 症 状 薬 効 別 分 類 主 な 症 状 薬 効 別 分 類 主 な 症 状 風 邪 薬 (216) 解 熱 鎮 痛

More information

1 学 校 保 健 安 全 法 の 規 定 学 校 において 予 防 すべき 感 染 症 分 類 第 一 種 感 染 症 法 の 一 類 感 染 症 と 結 核 を 除 く 二 類 感 染 症 を 規 定 している 第 二 種 空 気 感 染 または 飛 沫 感 染 するも ので 学 校 におい て

1 学 校 保 健 安 全 法 の 規 定 学 校 において 予 防 すべき 感 染 症 分 類 第 一 種 感 染 症 法 の 一 類 感 染 症 と 結 核 を 除 く 二 類 感 染 症 を 規 定 している 第 二 種 空 気 感 染 または 飛 沫 感 染 するも ので 学 校 におい て 学 校 における 感 染 症 発 生 時 の 対 応 学 校 保 健 法 が 学 校 保 健 安 全 法 に 改 正 され 平 成 21 年 4 月 1 日 から 施 行 されました その 後 学 校 保 健 安 全 法 施 行 規 則 の 学 校 において 予 防 すべき 感 染 症 の 種 類 や 出 席 停 止 の 期 間 の 基 準 が 見 直 されました 本 資 料 は 長 野 県 における

More information

マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに 服 用 するために 医

マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに 服 用 するために 医 熊 本 県 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 後 の 抗 HIV 薬 服 用 マニュアル 平 成 25 年 3 月 マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに

More information

第8回地方独立行政法人神戸市民病院機構評価委員会

第8回地方独立行政法人神戸市民病院機構評価委員会 平 成 23 年 度 第 4 回 神 戸 市 保 健 医 療 審 議 会 保 健 医 療 連 絡 協 議 専 門 分 科 会 ( 議 事 録 ) 日 時 : 平 成 23 年 10 月 17 日 ( 月 ) 午 後 1 時 30 分 ~2 時 32 分 場 所 : 神 戸 市 役 所 1 号 館 14 階 大 会 議 室 議 題 : 病 院 開 設 許 可 事 務 に 係 る 意 見 について 神

More information

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2 1. 診 療 圏 直 近 12ヶ 月 分 1 年 間 の 診 療 圏 ( 市 ) 東 大 和 市 4% 国 分 寺 市 1% 府 中 市 2% 小 金 井 市 3% 清 瀬 市 3% 立 川 市 1% その 他 7% 東 村 山 市 41% 東 村 山 市 小 平 市 西 東 京 市 東 久 留 米 市 東 大 和 市 清 瀬 市 小 金 井 市 東 久 留 米 市 7% 府 中 市 国 分 寺 市

More information

Microsoft PowerPoint - 漢方講座 (NXPowerLite) (NXPowerLite).ppt

Microsoft PowerPoint - 漢方講座 (NXPowerLite) (NXPowerLite).ppt 日 常 診 療 に 役 立 つ 漢 方 講 座 第 164 回 筑 豊 漢 方 研 究 会 平 成 19 年 (2007)10 月 11 日 入 門 講 座 はじめての 漢 方 診 療 (3) 少 陽 病 1) 柴 胡 剤 飯 塚 病 院 東 洋 医 学 センター 漢 方 診 療 科 三 潴 忠 道 1 しょう 漢 方 医 学 的 な 病 態 ( 証 )の 二 大 別 N8 陽 証 陰 証 陽 性

More information

<355F8389837E836D83938FF98DC58F495F835F834383672E786477>

<355F8389837E836D83938FF98DC58F495F835F834383672E786477> ラノミン 錠 50 ラノミン 錠 100 患 者 向 医 薬 品 ガイド 2006 年 3 月 作 成 この 薬 は? 販 売 名 一 般 名 含 有 量 (1 錠 中 ) ラノミン 錠 50 RANOMIN TABLETS 50mg cilostazol 50mg ラノミン 錠 100 RANOMIN TABLETS 100mg cilostazol 100mg 患 者 向 医 薬 品 ガイドについて

More information

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 (

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 ( 年 金 手 当 など 1 各 種 障 害 年 金 制 度 障 害 基 礎 年 金 支 給 要 件 国 民 年 金 に 加 入 中 又 は 加 入 していた 方 が 病 気 やけがによって65 歳 の 誕 生 日 の 前 々 日 までに 障 害 者 となり 医 療 機 関 を 受 診 していたとき また20 歳 前 に 障 害 者 となった 方 は20 歳 から 障 害 等 級 表 のいずれかの 状

More information

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 訪 問 看 護 について 診 療 報 酬 改 定 の 主 な 改 正 点 は 次 のとおりです なお 詳 しくは このあとの 表 で 医 療 保 険 と 介 護 保 険 との 較 訪 問 看 護 ステーションが う 訪 問 看 護 について 記 載 しています 平 成 26 年 改 定 同 建 物 居 住 者 訪 問 看 護 指 導 料 において 同 に3 以 上 訪 問 した 場 合 の 点 数

More information

報告

報告 北 区 中 央 地 域 における 在 宅 医 療 介 護 意 見 交 換 会 川 崎 病 院 における 在 宅 医 療 介 護 連 携 カンファレンス ( 第 6 回 岡 山 市 訪 問 診 療 ステップアップ 研 修 会 ) 主 催 : 川 崎 医 科 大 学 付 属 川 崎 病 院 北 区 中 央 地 域 保 健 医 療 福 祉 連 携 懇 話 会 岡 山 市 共 催 : 岡 山 市 医 師 会

More information

別 紙 1 被 災 地 復 興 作 業 において 事 業 者 が 講 ずべき 労 働 者 の 熱 中 症 予 防 対 策 1) 作 業 環 境 の 温 熱 条 件 を 評 価 し 改 善 すること WBGT( 暑 さ 指 数 )*を 測 定 すること * 屋 内 の 場 合 及 び 屋 外 で 太

別 紙 1 被 災 地 復 興 作 業 において 事 業 者 が 講 ずべき 労 働 者 の 熱 中 症 予 防 対 策 1) 作 業 環 境 の 温 熱 条 件 を 評 価 し 改 善 すること WBGT( 暑 さ 指 数 )*を 測 定 すること * 屋 内 の 場 合 及 び 屋 外 で 太 平 成 23 年 6 月 23 日 ( 社 ) 日 本 産 業 衛 生 学 会 理 事 長 大 前 和 幸 東 日 本 大 震 災 に 関 連 した 作 業 における 労 働 者 の 熱 中 症 予 防 対 策 について 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 及 び 復 興 のための 作 業 では これまで 身 体 負 荷 のある 作 業 の 経 験 が 少 ない 者 が 一 部 は 電 離 放

More information

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換 就 業 規 則 平 成 22 年 2 月 23 日 改 正 ( 個 人 情 報 保 護 に 関 する 規 定 を 追 加 ) コンピュータ レスキュー 株 式 会 社 就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤

More information

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学 科 目 名 解 剖 学 Ⅱa 単 講 師 名 渡 邊 利 明 開 講 期 前 期 後 期 通 位 人 体 を 構 成 する 細 胞 組 織 器 官 の 位 置 機 能 及 び 形 態 を 理 解 させ 医 療 従 事 者 として 必 要 な 解 剖 学 的 知 識 を 習 得 させる 国 家 試 験 対 策 として 出 題 基 準 に 関 係 ある 部 分 に 重 点 をおいて 授 業 を 進 め

More information