<4D F736F F D E A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63>"

Transcription

1 平 成 26 年 度 和 歌 山 市 各 会 計 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 書 ( 公 営 企 業 会 計 を 除 く ) 和 歌 山 市 監 査 委 員

2 和 監 査 第 6 6 号 平 成 27 年 8 月 27 日 (2015 年 ) 和 歌 山 市 長 尾 花 正 啓 様 和 歌 山 市 監 査 委 員 伊 藤 隆 通 同 上 森 田 昌 伸 同 上 寒 川 篤 同 上 奥 山 昭 博 平 成 26 年 度 和 歌 山 市 各 会 計 ( 公 営 企 業 会 計 を 除 く ) 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 について 地 方 自 治 法 第 233 条 第 2 項 の 規 定 により 平 成 26 年 度 和 歌 山 市 各 会 計 ( 公 営 企 業 会 計 を 除 く ) 歳 入 歳 出 決 算 を 審 査 したので その 意 見 を 次 のとおり 提 出 する

3 目 次 第 1 審 査 の 対 象 1 1 一 般 会 計 及 び 特 別 会 計 1 2 決 算 附 属 書 類 1 第 2 審 査 の 期 間 1 第 3 審 査 の 方 法 1 第 4 審 査 の 結 果 2 第 5 審 査 の 概 要 2 1 決 算 の 総 括 2 2 決 算 の 概 要 4 (1) 決 算 規 模 4 (2) 決 算 収 支 5 (3) 後 年 度 における 財 政 負 担 6 3 審 査 意 見 10 (1) 財 務 会 計 処 理 等 の 指 摘 要 望 事 項 10 (2)まとめ 13 4 普 通 会 計 における 財 政 状 況 14 (1) 決 算 収 支 14 (2) 財 政 構 造 15 (3) 財 政 指 標 19 5 一 般 会 計 23 (1) 歳 入 24 (2) 歳 出 52 6 特 別 会 計 72 (1) 国 民 健 康 保 険 事 業 特 別 会 計 74 (2) 卸 売 市 場 事 業 特 別 会 計 80 (3) 土 地 造 成 事 業 特 別 会 計 84 (4) 土 地 区 画 整 理 事 業 特 別 会 計 86 (5) 住 宅 改 修 資 金 貸 付 事 業 特 別 会 計 88 (6) 住 宅 新 築 資 金 貸 付 事 業 特 別 会 計 90 (7) 宅 地 取 得 資 金 貸 付 事 業 特 別 会 計 93 (8) 駐 車 場 管 理 事 業 特 別 会 計 96 (9) 下 水 道 事 業 特 別 会 計 99 (10) 漁 業 集 落 排 水 事 業 特 別 会 計 104 (11) 農 業 集 落 排 水 事 業 特 別 会 計 107 (12) 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 事 業 特 別 会 計 110 (13) 介 護 保 険 事 業 特 別 会 計 113

4 (14) 後 期 高 齢 者 医 療 特 別 会 計 118 (15) 直 轄 事 業 用 地 先 行 取 得 事 業 特 別 会 計 121 (16) 街 路 用 地 先 行 取 得 事 業 特 別 会 計 財 産 に 関 する 調 書 125 (1) 公 有 財 産 125 (2) 物 品 127 (3) 債 権 127 (4) 基 金 127 ( 参 考 資 料 ) 主 な 施 設 の 利 用 状 況 128 凡 例 1 金 額 は 原 則 として 千 円 単 位 で 表 示 し 単 位 未 満 は 四 捨 五 入 した したがって 表 中 の 金 額 の 合 計 と 内 訳 が 一 致 しない 場 合 がある 2 比 率 は 原 則 として 小 数 点 以 下 第 3 位 を 四 捨 五 入 し 小 数 点 以 下 第 2 位 まで 表 示 した し たがって 表 中 の 比 率 の 合 計 と 内 訳 が 一 致 しない 場 合 がある 3 増 減 率 は 前 年 度 に 対 する 増 減 の 割 合 とし 前 年 度 に 数 字 がない 場 合 は 皆 増 本 年 度 に 数 字 がない 場 合 は 皆 減 と 表 示 した 4 ポイントとは パーセンテージ 間 又 は 指 数 間 の 単 純 差 引 数 値 である 5 各 表 中 の 符 号 の 用 法 は 次 のとおりである 該 当 数 値 はあるが 表 示 単 位 未 満 のもの ( 差 引 又 は 率 の 場 合 は 零 を 含 む ) - 該 当 数 値 がないもの 負 数 を 示 し 増 減 を 示 すときは 減 を 表 す

5 平 成 26 年 度 和 歌 山 市 各 会 計 ( 公 営 企 業 会 計 を 除 く ) 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 第 1 審 査 の 対 象 1 一 般 会 計 及 び 特 別 会 計 平 成 26 年 度 和 歌 山 市 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 同 和 歌 山 市 国 民 健 康 保 険 事 業 特 別 会 計 歳 入 歳 出 決 算 同 和 歌 山 市 卸 売 市 場 事 業 特 別 会 計 歳 入 歳 出 決 算 同 和 歌 山 市 土 地 造 成 事 業 特 別 会 計 歳 入 歳 出 決 算 同 和 歌 山 市 土 地 区 画 整 理 事 業 特 別 会 計 歳 入 歳 出 決 算 同 和 歌 山 市 住 宅 改 修 資 金 貸 付 事 業 特 別 会 計 歳 入 歳 出 決 算 同 和 歌 山 市 住 宅 新 築 資 金 貸 付 事 業 特 別 会 計 歳 入 歳 出 決 算 同 和 歌 山 市 宅 地 取 得 資 金 貸 付 事 業 特 別 会 計 歳 入 歳 出 決 算 同 和 歌 山 市 駐 車 場 管 理 事 業 特 別 会 計 歳 入 歳 出 決 算 同 和 歌 山 市 下 水 道 事 業 特 別 会 計 歳 入 歳 出 決 算 同 和 歌 山 市 漁 業 集 落 排 水 事 業 特 別 会 計 歳 入 歳 出 決 算 同 和 歌 山 市 農 業 集 落 排 水 事 業 特 別 会 計 歳 入 歳 出 決 算 同 和 歌 山 市 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 事 業 特 別 会 計 歳 入 歳 出 決 算 同 和 歌 山 市 介 護 保 険 事 業 特 別 会 計 歳 入 歳 出 決 算 同 和 歌 山 市 後 期 高 齢 者 医 療 特 別 会 計 歳 入 歳 出 決 算 同 和 歌 山 市 直 轄 事 業 用 地 先 行 取 得 事 業 特 別 会 計 歳 入 歳 出 決 算 同 和 歌 山 市 街 路 用 地 先 行 取 得 事 業 特 別 会 計 歳 入 歳 出 決 算 2 決 算 附 属 書 類 平 成 26 年 度 和 歌 山 市 各 会 計 歳 入 歳 出 決 算 事 項 別 明 細 書 実 質 収 支 に 関 する 調 書 及 び 財 産 に 関 する 調 書 第 2 審 査 の 期 間 平 成 27 年 7 月 10 日 から 同 年 8 月 5 日 まで 第 3 審 査 の 方 法 平 成 26 年 度 一 般 会 計 及 び 特 別 会 計 の 審 査 は 歳 入 歳 出 決 算 書 証 書 類 及 び 附 属 書 類 ( 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 166 条 第 2 項 に 規 定 する 歳 入 歳 出 決 算 事 項 別 明 細 書 実 質 収 支 に 関 する 調 書 及 び 財 産 に 関 する 調 書 をいう )について 会 計 管 理 者 及 び 関 係 課 が 所 管 する 諸 帳 簿 と 照 合 点 検 し 内 容 の 検 討 を 行 うとともに 計 数 の 正 否 予 算 執 行 状 況 の 適 否 などに ついて 審 査 を 行 った - 1 -

6 第 4 審 査 の 結 果 平 成 26 年 度 一 般 会 計 及 び 特 別 会 計 の 歳 入 歳 出 決 算 書 証 書 類 及 び 附 属 書 類 は 会 計 管 理 者 及 び 関 係 課 所 管 の 諸 帳 簿 と 符 合 し 計 数 は 正 確 であり 本 年 度 の 決 算 を 適 正 に 表 示 しているものと 認 めた なお 決 算 審 査 結 果 の 概 要 については 次 に 述 べるとおりである 第 5 審 査 の 概 要 1 決 算 の 総 括 本 年 度 の 一 般 会 計 及 び 特 別 会 計 の 決 算 収 支 の 状 況 は 次 表 のとおりである 区 分 歳 入 1 歳 出 2 形 式 収 支 額 1-2 実 質 収 支 額 ( 単 位 : 千 円 ) 単 年 度 収 支 額 一 般 会 計 145,607, ,735,008 1,872,067 1,448,287 1,083,763 特 別 会 計 108,415, ,413,616 11,997,986 12,102, ,696 国 民 健 康 保 険 事 業 卸 売 市 場 事 業 土 地 造 成 事 業 土 地 区 画 整 理 事 業 住 宅 改 修 資 金 貸 付 事 業 住 宅 新 築 資 金 貸 付 事 業 宅 地 取 得 資 金 貸 付 事 業 駐 車 場 管 理 事 業 43,787,331 43,162, , ,506 1,364,055 5,104,022 14,594 14,594 8,107 84,399 33, ,744 12, , ,968 2,286, , ,739, , , ,054 1,996, , ,739, , , ,054 1,996, , , ,107 11,739 6,841 10,163 下 水 道 事 業 漁 業 集 落 排 水 事 業 農 業 集 落 排 水 事 業 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 事 業 介 護 保 険 事 業 後 期 高 齢 者 医 療 直 轄 事 業 用 地 先 行 取 得 事 業 街 路 用 地 先 行 取 得 事 業 17,203,629 23,879,672 6,676,043 6,780, , , , , , ,785 56,722 56,722 35,540,423 34,895, , ,689 7,916,420 7,807, , , , , , , , , ,766 4, 総 計 254,022, ,148,624 10,125,919 10,653, ,

7 ( 一 般 会 計 及 び 特 別 会 計 ) 本 年 度 の 一 般 会 計 及 び 特 別 会 計 を 合 わせた 決 算 額 は 歳 入 2,540 億 2,270 万 5 千 円 歳 出 2,641 億 4,862 万 4 千 円 で 形 式 収 支 は 101 億 2,591 万 9 千 円 の 赤 字 となっている 実 質 収 支 は 106 億 5,378 万 1 千 円 の 赤 字 であり 単 年 度 収 支 は 6 億 6,806 万 7 千 円 の 赤 字 である ( 一 般 会 計 ) 本 年 度 の 決 算 額 は 歳 入 1,456 億 707 万 5 千 円 歳 出 1,437 億 3,500 万 8 千 円 で 形 式 収 支 は 18 億 7,206 万 7 千 円 の 黒 字 となっている 実 質 収 支 は 14 億 4,828 万 7 千 円 の 黒 字 であり 単 年 度 収 支 は 10 億 8,376 万 3 千 円 の 赤 字 である ( 特 別 会 計 ) 特 別 会 計 は 国 民 健 康 保 険 事 業 特 別 会 計 をはじめ16 会 計 である 本 年 度 の 決 算 額 は 歳 入 1,084 億 1,563 万 円 歳 出 1,204 億 1,361 万 6 千 円 で 形 式 収 支 は 119 億 9,798 万 6 千 円 の 赤 字 となっている 実 質 収 支 は 121 億 206 万 8 千 円 の 赤 字 であり 単 年 度 収 支 は 4 億 1,569 万 6 千 円 の 黒 字 である ( 決 算 額 及 び 実 質 収 支 の 推 移 ) 決 算 額 及 び 実 質 収 支 の 過 去 5 年 間 の 推 移 は 次 図 のとおりである 決 算 額 ( 億 円 ) 3, 決 算 額 及 び 実 質 収 支 の 推 移 実 質 収 支 ( 億 円 ) 50 3,000 2,500 2,000 2,538 2,483 2,489 2,416 2,366 2, ,620 2,530 2,540 2, ,500 1, 平 成 22 年 度 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 平 成 25 年 度 平 成 26 年 度 300 ( 決 算 額 ) ( 実 質 収 支 ) 歳 入 歳 出 一 般 会 計 特 別 会 計 の 合 計 一 般 会 計 特 別 会 計 形 式 収 支 とは 歳 入 決 算 総 額 から 歳 出 決 算 総 額 を 差 し 引 いた 歳 入 歳 出 差 引 額 実 質 収 支 とは 当 該 年 度 に 属 すべき 収 入 と 支 出 の 実 質 的 な 差 額 をみるもので 形 式 収 支 から 翌 年 度 に 繰 り 越 すべき 財 源 を 控 除 した 額 通 常 黒 字 団 体 赤 字 団 体 という 場 合 は 実 質 収 支 の 黒 字 赤 字 により 判 断 する 単 年 度 収 支 とは 当 該 年 度 における 実 質 収 支 から 前 年 度 の 実 質 収 支 を 差 し 引 いた 額 実 質 収 支 は 前 年 度 以 前 からの 収 支 の 累 積 であるので その 影 響 を 控 除 した 単 年 度 の 収 支 のことである - 3 -

8 2 決 算 の 概 要 (1) 決 算 規 模 決 算 規 模 の 状 況 は 次 表 のとおりである 総 計 純 計 区 歳 入 歳 出 歳 入 歳 出 分 決 算 額 前 年 度 比 較 26 年 度 25 年 度 増 減 額 増 減 率 一 般 会 計 145,607, ,924,679 2,682, 特 別 会 計 108,415, ,050,150 1,634, 計 254,022, ,974,829 1,047, 一 般 会 計 143,735, ,629,315 4,105, 特 別 会 計 120,413, ,413,754 2,000, 計 264,148, ,043,069 2,105, 一 般 会 計 145,606, ,923,275 2,683, 特 別 会 計 86,530,658 88,908,355 2,377, 計 232,137, ,831, , 一 般 会 計 121,850, ,487,520 3,362, 特 別 会 計 120,412, ,412,350 1,999, 計 242,263, ,899,870 1,363, 本 年 度 の 一 般 会 計 及 び16 特 別 会 計 を 合 わせた 総 計 決 算 額 は 歳 入 2,540 億 2,270 万 5 千 円 歳 出 2,641 億 4,862 万 4 千 円 となっており 前 年 度 に 比 べ 歳 入 が 10 億 4,787 万 6 千 円 (0.41%) 歳 出 が 21 億 555 万 5 千 円 (0.80%)の 増 となっている 歳 入 の 増 減 額 の 内 訳 は 一 般 会 計 が 26 億 8,239 万 6 千 円 (1.88%)の 増 特 別 会 計 が 16 億 3,452 万 円 (1.49%)の 減 である 歳 出 の 増 減 額 の 内 訳 は 一 般 会 計 が 41 億 569 万 3 千 円 (2.94%)の 増 特 別 会 計 が 20 億 13 万 8 千 円 (1.63%)の 減 である 総 計 決 算 額 のうちには 一 般 会 計 と 各 特 別 会 計 相 互 間 における 繰 出 金 繰 入 金 218 億 8,559 万 5 千 円 が 含 まれているため この 重 複 額 を 控 除 した 純 計 決 算 額 は 歳 入 2,321 億 3,711 万 円 歳 出 2,422 億 6,302 万 9 千 円 となっており 前 年 度 に 比 べ 歳 入 が 3 億 548 万 円 (0.13%) 歳 出 が 13 億 6,315 万 9 千 円 (0.57%)の 増 となっている - 4 -

9 (2) 決 算 収 支 決 算 収 支 の 状 況 は 次 表 のとおりである 区 分 決 算 収 支 ( 単 位 : 千 円 ) 26 年 度 25 年 度 一 般 会 計 特 別 会 計 計 一 般 会 計 特 別 会 計 計 A 歳 入 総 額 145,607, ,415, ,022, ,924, ,050, ,974,829 B 歳 出 総 額 143,735, ,413, ,148, ,629, ,413, ,043,069 C 歳 入 歳 出 差 引 額 A-B 1,872,067 11,997,986 10,125,919 3,295,364 12,363,604 9,068,240 D 翌 年 度 へ 繰 り 越 すべき 財 源 423, , , , , ,474 E 実 質 収 支 C-D 1,448,287 12,102,068 10,653,781 2,532,050 12,517,764 9,985,714 F 単 年 度 収 支 1,083, , ,067 1,028, ,109 1,613,558 本 年 度 の 一 般 会 計 及 び16 特 別 会 計 を 合 わせた 歳 入 歳 出 差 引 額 ( 形 式 収 支 )は 101 億 2,591 万 9 千 円 の 収 支 不 足 となっており これから 歳 出 予 算 の 繰 越 しに 伴 い 翌 年 度 へ 繰 り 越 すべき 財 源 5 億 2,786 万 2 千 円 を 控 除 した 実 質 収 支 は 106 億 5,378 万 1 千 円 の 赤 字 決 算 となってい る また 本 年 度 の 実 質 収 支 から 前 年 度 の 実 質 収 支 を 差 し 引 いた 単 年 度 収 支 は 6 億 6,806 万 7 千 円 の 赤 字 となっており その 内 訳 は 一 般 会 計 が 10 億 8,376 万 3 千 円 の 赤 字 特 別 会 計 が 4 億 1,569 万 6 千 円 の 黒 字 である ( 歳 出 予 算 の 翌 年 度 繰 越 額 及 び 不 用 額 の 状 況 ) 歳 出 予 算 の 翌 年 度 繰 越 額 及 び 不 用 額 の 状 況 は 次 表 のとおりである 翌 年 度 繰 越 額 及 び 不 用 額 ( 単 位 : 千 円 ) 区 分 翌 年 度 繰 越 額 不 用 額 26 年 度 25 年 度 増 減 額 26 年 度 25 年 度 増 減 額 一 般 会 計 5,557,761 6,811,774 1,254,013 4,918,962 5,215, ,120 特 別 会 計 3,317,432 3,662, ,594 2,434,424 3,033, ,923 計 8,875,193 10,473,800 1,598,607 7,353,386 8,248, ,043 歳 出 予 算 の 翌 年 度 繰 越 額 は 88 億 7,519 万 3 千 円 ( 継 続 費 逓 次 繰 越 2 億 55 万 円 繰 越 明 許 費 86 億 7,464 万 3 千 円 )で 前 年 度 に 比 べ 15 億 9,860 万 7 千 円 (15.26%) 減 少 している 増 減 額 の 内 訳 は 一 般 会 計 が 12 億 5,401 万 3 千 円 (18.41%) 特 別 会 計 が 3 億 4,459 万 4 千 円 (9.41%)の 減 である 歳 出 予 算 の 不 用 額 は 73 億 5,338 万 6 千 円 で 前 年 度 に 比 べ 8 億 9,504 万 3 千 円 (10.85%) 減 少 している 増 減 額 の 内 訳 は 一 般 会 計 が 2 億 9,612 万 円 (5.68%) 特 別 会 計 が 5 億 9,892 万 3 千 円 (19.74%)の 減 である - 5 -

10 (3) 後 年 度 における 財 政 負 担 ( 継 続 費 ) 本 年 度 末 の 継 続 費 の 状 況 は 次 表 のとおりである 継 続 費 の 状 況 ( 単 位 : 千 円 ) 全 体 計 画 翌 年 度 会 計 左 の 財 源 内 訳 前 年 度 末 当 該 年 度 以 降 費 目 年 度 ま で の 年 割 額 特 定 財 源 支 出 済 額 支 出 事 業 名 国 県 一 般 財 源 支 出 済 額 地 方 債 そ の 他 予 定 額 支 出 金 一 般 会 計 24 20,546 7,191 11,000 2,355 20,546 ( 款 ) 衛 生 費 25 1,001, , ,700 94,488 1,001,827 ( 項 ) 清 掃 費 ( 事 業 名 ) 26 4,003,905 1,877,502 1,923, ,503 4,003,905 青 岸 エネルギーセンター 27 1,380,887 7,175 1,364,600 9,112 1,380,887 基 幹 改 良 整 備 事 業 計 6,407,165 2,242,507 3,856, ,458 1,022,373 4,003,905 1,380, ,235 9,200 1,035 4,200 一 般 会 計 ( 款 ) 衛 生 費 ,382 3, ,600 67, ,867 ( 項 ) 清 掃 費 26 1,400, , , ,267 1,200, ,550 ( 事 業 名 ) 27 4,042, ,620 2,700, ,742 4,042,462 汚 泥 再 生 処 理 センター 整 備 事 業 , , , , ,248 計 6,617,631 1,432,473 4,330, , ,067 1,200,304 5,172,260 総 額 には 支 払 利 息 額 を 含 まない ( 注 ) この 表 は 決 算 審 査 時 の 所 管 課 資 料 による 継 続 費 とは 複 数 年 度 にわたる 事 業 を 施 行 する 場 合 その 経 費 の 総 額 及 び 年 割 額 をあらかじめ 一 括 して 予 算 に 定 め 数 年 度 にわたり 支 出 する 制 度 又 はその 経 費 で 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 2 12 条 及 び 第 215 条 で 予 算 の 一 部 を 構 成 することと 規 定 されている - 6 -

11 ( 債 務 負 担 行 為 ) 本 年 度 末 の 債 務 負 担 行 為 の 状 況 は 次 表 のとおりである 債 務 負 担 行 為 の 状 況 ( 単 位 : 千 円 ) 区 分 限 度 額 25 年 度 以 前 26 年 度 中 27 年 度 以 降 左 の 財 源 内 訳 の 支 出 済 額 の 支 出 済 額 の 支 出 予 定 額 特 定 財 源 一 般 財 源 一 般 会 計 29,732,956 7,148,096 5,200,969 17,383,891 8,549,819 8,834,072 ( 款 ) 総 務 費 3,870, , ,725 2,499, ,706 2,332,336 ( 款 ) 民 生 費 2,327, , ,133 1,134, , ,404 ( 款 ) 衛 生 費 5,668,553 2,146, ,194 2,628,018-2,628,018 ( 款 ) 農 林 水 産 業 費 203,751 79,952 42,253 81,546 9,289 72,257 ( 款 ) 商 工 費 608, ,163 94, , , ,262 ( 款 ) 土 木 費 7,788, , ,389 6,768,798 6,559, ,855 ( 款 ) 消 防 費 2,705, ,496 1,401, , , ,271 ( 款 ) 教 育 費 6,534,805 2,123,037 1,257,893 3,153, ,206 2,541,669 その 他 ( 公 用 車 管 理 事 業 ) 24,570 23,554 1, 特 別 会 計 7,080, ,201 1,536,233 4,252,346 4,199,373 52,973 国 民 健 康 保 険 事 業 特 別 会 計 93,177-44,842 48,335 3,399 44,936 卸 売 市 場 事 業 特 別 会 計 8, ,003-8,003 駐 車 場 管 理 事 業 特 別 会 計 1,128, , , , ,809 - 下 水 道 事 業 特 別 会 計 4,091, ,635 1,235,118 1,927,784 1,927, 街 路 用 地 先 行 取 得 事 業 特 別 会 計 1,759, ,385 1,634,415 1,634,415 - 一 般 会 計 特 別 会 計 の 合 計 36,813,213 8,070,297 6,737,202 21,636,237 12,749,192 8,887,045 1 貸 付 補 償 損 失 補 てん 債 務 保 証 に 係 る 債 務 負 担 行 為 は 含 まない 2 限 度 額 には 支 払 利 息 額 を 含 まない ( 注 ) この 表 は 決 算 審 査 時 の 財 政 課 及 び 所 管 課 資 料 による 債 務 負 担 行 為 に 基 づく 翌 年 度 以 降 の 支 出 予 定 額 は 216 億 3,623 万 7 千 円 で その 内 訳 は 一 般 会 計 が 173 億 8,389 万 1 千 円 特 別 会 計 が 42 億 5,234 万 6 千 円 である 債 務 負 担 行 為 とは 数 年 度 にわたる 建 設 工 事 土 地 の 購 入 等 翌 年 度 以 降 の 経 費 支 出 や 債 務 保 証 又 は 損 失 補 償 のように 債 務 不 履 行 等 の 一 定 の 事 実 が 発 生 したときの 支 出 を 予 定 するなどの 将 来 の 財 政 支 出 を 約 束 する 行 為 で 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 214 条 及 び 第 215 条 で 予 算 の 一 部 を 構 成 することと 規 定 されている - 7 -

12 ( 市 債 の 状 況 ) 本 年 度 末 の 市 債 の 状 況 は 次 表 のとおりである 一 般 会 計 区 分 市 債 の 状 況 ( 単 位 : 千 円 ) 25 年 度 末 26 年 度 26 年 度 差 引 26 年 度 末 現 在 高 借 入 額 元 金 償 還 金 増 減 額 現 在 高 158,374,839 16,785,800 13,571,415 3,214, ,589,224 うち 住 民 税 等 減 税 補 てん 債 4,502,336-1,068,560 1,068,560 3,433,776 臨 時 税 収 補 て ん 債 630, , , ,265 臨 時 財 政 対 策 債 50,717,454 7,243,400 2,387,938 4,855,462 55,572,916 減 収 補 てん 債 ( 特 例 分 ) 1,052, , , ,130 特 別 な 市 債 合 計 56,902,866 7,243,400 3,720,179 3,523,221 60,426,087 退 職 手 当 債 9,390, , , ,890 9,544,540 特 別 会 計 125,904,476 6,115,400 7,700,104 1,584, ,319,772 卸 売 市 場 事 業 571, ,300 49, , ,302 土 地 造 成 事 業 8,111,020-1,333,930 1,333,930 6,777,090 住 宅 新 築 資 金 貸 付 事 業 137,960-41,056 41,056 96,904 宅 地 取 得 資 金 貸 付 事 業 65,661-17,508 17,508 48,153 駐 車 場 管 理 事 業 446, , , ,196 下 水 道 事 業 110,005,360 5,021,300 5,926, , ,100,601 漁 業 集 落 排 水 事 業 857,271 18,900 32,040 13, ,131 農 業 集 落 排 水 事 業 784,820-40,049 40, ,771 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 事 業 826, ,822 直 轄 事 業 用 地 先 行 取 得 事 業 215, , ,506 90,802 街 路 用 地 先 行 取 得 事 業 3,882, , ,900 4,767,000 合 計 284,279,315 22,901,200 21,271,519 1,629, ,908,996 特 別 な 市 債 を 除 いた 合 計 227,376,449 15,657,800 17,551,340 1,893, ,482,909 住 民 税 等 減 税 補 てん 債 臨 時 税 収 補 てん 債 臨 時 財 政 対 策 債 及 び 減 収 補 てん 債 ( 特 例 分 )の 元 利 償 還 金 は 後 年 度 の 地 方 交 付 税 の 基 準 財 政 需 要 額 に 算 入 される 特 別 な 市 債 である ( 注 ) この 表 は 決 算 審 査 時 の 財 政 課 資 料 による 市 債 の 本 年 度 末 現 在 高 は 2,859 億 899 万 6 千 円 で 前 年 度 に 比 べ 16 億 2,968 万 1 千 円 (0.57%) 増 加 している 増 減 額 の 内 訳 は 一 般 会 計 が 32 億 1,438 万 5 千 円 (2.03%)の 増 特 別 会 計 が 15 億 8,470 万 4 千 円 (1.26%)の 減 である このうち 住 民 税 等 減 税 補 てん 債 ( 恒 久 的 減 税 の 実 施 等 に 伴 う 影 響 を 補 てんするために 発 行 される 市 債 ) 臨 時 税 収 補 てん 債 ( 税 収 等 の 不 足 を 補 てんするために 発 行 される 市 債 ) 臨 時 財 政 対 策 債 ( 地 方 交 付 税 の 財 源 不 足 の 補 てん 措 置 として 発 行 される 市 債 ) 及 び 減 収 補 てん 債 - 8 -

13 ( 特 例 分 )( 地 方 税 の 収 入 額 が 標 準 税 収 入 額 を 下 回 る 場 合 に その 減 収 を 補 てんするために 発 行 される 減 収 補 てん 債 の 特 例 として 建 設 事 業 以 外 の 経 費 にも 充 てることができる 市 債 )の 特 別 な 市 債 604 億 2,608 万 7 千 円 を 除 いた 市 債 の 本 年 度 末 現 在 高 は 2,254 億 8,290 万 9 千 円 と なり 前 年 度 末 に 比 べ 18 億 9,354 万 円 (0.83%) 減 少 している なお 一 般 会 計 における 本 年 度 借 入 額 167 億 8,580 万 円 の 中 には 資 金 手 当 として 借 り 入 れた 退 職 手 当 債 6 億 5,920 万 円 行 政 改 革 推 進 債 1 億 5,620 万 円 減 収 補 てん 債 3,590 万 円 が 含 まれている 一 般 会 計 の 本 年 度 末 現 在 高 1,615 億 8,922 万 4 千 円 のうち 退 職 手 当 債 残 高 は 95 億 4,454 万 円 となっている 一 般 会 計 及 び 特 別 会 計 全 体 の 市 債 の 年 度 末 現 在 高 及 び 借 入 償 還 額 の 推 移 は 次 図 のとおり である 借 入 償 還 額 ( 億 円 ) 400 2,815 市 債 の 年 度 末 現 在 高 及 び 借 入 償 還 額 の 推 移 2,781 2,753 2,843 2,859 年 度 末 現 在 高 ( 億 円 ) 3, , ,291 2,225 2,274 2, 平 成 22 年 度 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 平 成 25 年 度 平 成 26 年 度 2,500 2,000 1,500 1, 借 入 額 償 還 額 ( 元 金 償 還 金 ) 年 度 末 現 在 高 特 別 な 市 債 を 除 いた 年 度 末 現 在 高 また 市 民 ( 年 度 末 住 民 基 本 台 帳 人 口 )1 人 当 たりの 市 債 残 高 は 76 万 円 で 前 年 度 に 比 べ 7 千 円 (0.93%) 増 加 しており その 推 移 は 次 表 のとおりである 市 民 ( 年 度 末 住 民 基 本 台 帳 人 口 )1 人 当 たりの 市 債 残 高 ( 単 位 : 千 円 ) 平 成 22 年 度 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 平 成 25 年 度 平 成 26 年 度

14 3 審 査 意 見 (1) 財 務 会 計 処 理 等 の 指 摘 要 望 事 項 ア 予 算 の 執 行 について 本 年 度 の 予 算 執 行 について 歳 入 予 算 においては 予 算 現 額 に 対 して 収 入 超 過 や 収 入 不 足 と なったものが 見 受 けられた 歳 入 予 算 は 事 業 執 行 の 基 盤 となるものであり 限 られた 財 源 を 的 確 に 把 握 し 今 後 より 一 層 綿 密 な 予 算 措 置 を 望 むものである 一 方 歳 出 予 算 においては 一 般 会 計 及 び 特 別 会 計 を 合 わせて 不 用 額 は 73 億 5,338 万 6 千 円 で 前 年 度 に 比 べて 8 億 9,504 万 3 千 円 (10.85%) 減 少 し 翌 年 度 繰 越 額 は 88 億 7,519 万 3 千 円 で 前 年 度 に 比 べて 15 億 9,860 万 7 千 円 (15.26%) 減 少 している 不 用 額 には 入 札 等 により 経 費 の 節 減 が 図 られたものもあるが 早 期 の 精 査 と 適 時 の 減 額 補 正 予 算 により 不 用 額 を 最 小 限 に 抑 え 他 の 緊 急 性 の 高 い 事 業 にその 財 源 を 充 当 できるよう 無 駄 のない 適 切 な 予 算 執 行 をされるよう 望 むものである 翌 年 度 繰 越 額 が 生 じた 事 業 は 関 係 機 関 や 地 権 者 との 調 整 に 日 時 を 要 したことによるものに 加 え 平 成 27 年 2 月 に 成 立 した 国 の 補 正 予 算 を 積 極 的 に 活 用 し 地 域 再 生 計 画 に 係 る 事 業 な どを 実 施 することなどによるものである 現 在 その 進 捗 が 図 られているところであるが その 着 実 な 執 行 に 取 り 組 まれたい 前 年 度 に 発 生 した 所 得 税 の 源 泉 徴 収 不 足 により 本 市 が 国 に 納 付 した 源 泉 徴 収 不 足 額 に 係 る 未 徴 収 所 得 税 納 付 金 の 収 入 未 済 額 については 本 年 度 適 切 に 徴 収 されていることを 確 認 したが 本 年 度 は 当 該 源 泉 徴 収 不 足 に 伴 う 延 滞 税 及 び 不 納 付 加 算 税 を 納 付 している また 国 民 健 康 保 険 料 等 においては 事 務 処 理 誤 りによる 還 付 加 算 金 の 支 払 が 発 生 しており これらは 法 令 等 の 解 釈 を 誤 っていたこと 等 が 原 因 であるので 今 後 このようなことのないよう 研 修 を 心 がけ 法 令 等 を 遵 守 するとともに 再 発 防 止 に 努 められたい なお 老 朽 化 施 設 の 更 新 等 にかかる 事 業 において 事 業 進 行 途 中 で 建 設 予 定 地 を 変 更 する 等 市 の 方 針 が 変 更 されたことにより 設 計 委 託 等 において 活 かされない 結 果 となったと 思 料 さ れる 経 費 が 見 受 けられた 今 後 事 業 の 実 施 にあたっては 計 画 決 定 に 至 るプロセスの 透 明 化 に 努 め 厳 しい 財 政 状 況 の 下 で 真 に 必 要 な 事 業 を 取 捨 選 択 して 編 成 した 予 算 であることを 念 頭 に より 周 到 な 計 画 と 適 切 な 執 行 管 理 になお 一 層 努 力 されるよう 要 望 する イ 収 入 未 済 額 に 対 する 滞 納 整 理 について 本 年 度 の 収 入 未 済 額 は 一 般 会 計 では 市 税 住 宅 使 用 料 弁 償 金 生 活 保 護 費 返 還 金 収 入 専 用 水 道 料 等 収 入 などで 36 億 7,108 万 1 千 円 特 別 会 計 では 国 民 健 康 保 険 料 卸 売 市 場 使 用 料 住 宅 改 修 資 金 貸 付 金 収 入 住 宅 新 築 資 金 貸 付 金 収 入 宅 地 取 得 資 金 貸 付 金 収 入 下 水 道 使 用 料 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 金 収 入 介 護 保 険 料 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 などで 41 億 3,613 万 1 千 円 となり 一 般 会 計 及 び 特 別 会 計 を 合 わせて 78 億 721 万 2 千 円 となっている これを 前 年 度 と 比 較 すると 特 別 会 計 で 1,951 万 6 千 円 (0.47%) 増 加 したものの 一 般 会 計 で 1 億 5,159 万 8 千 円 (3.97%) 減 少 したため 一 般 会 計 及 び 特 別 会 計 を 合 わせて 1 億 3,208 万 2 千 円 (1.66%) の 減 少 となっている また 不 納 欠 損 額 については 一 般 会 計 では 市 税 住 宅 使 用 料 生 活 保 護 費 返 還 金 収 入 専 用 水 道 料 等 収 入 などで 2 億 7,216 万 4 千 円 特 別 会 計 では 国 民 健 康 保 険 料 介 護 保 険 料 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 などで 3 億 1,031 万 4 千 円 となり 一 般 会 計 及 び 特 別 会 計 を 合 わせて 5 億 8,

15 万 8 千 円 となっている これを 前 年 度 と 比 較 すると 一 般 会 計 で 44 億 7,965 万 9 千 円 (94.27%) 特 別 会 計 で 1,456 万 5 千 円 (4.48%) 減 少 したため 一 般 会 計 及 び 特 別 会 計 を 合 わせて 44 億 9,422 万 4 千 円 (88.53%)の 減 少 となっている 収 入 未 済 のうち 各 部 局 所 管 の 高 額 悪 質 な 滞 納 案 件 については 債 権 回 収 対 策 課 を 中 心 と して 法 的 措 置 を 講 じるなど 公 平 かつ 適 正 な 滞 納 整 理 が 進 められ 市 税 については まずは 滞 納 が 発 生 しないよう 現 年 度 分 の 徴 収 に 重 点 的 に 取 り 組 んだことにより 前 年 度 に 引 き 続 き 収 納 率 が 向 上 している なお 事 業 系 ごみ 処 理 手 数 料 については 市 が 収 集 運 搬 を 委 託 した 業 者 に 委 託 料 を 支 払 い ごみを 排 出 した 事 業 者 が 市 に 対 してその 手 数 料 を 支 払 うという 仕 組 みを 変 更 し 市 の 許 可 を 受 けた 収 集 運 搬 業 者 が ごみを 排 出 した 事 業 者 から 直 接 手 数 料 を 受 け 取 る 収 集 運 搬 許 可 制 度 が 導 入 されたことにより 収 入 未 済 が 発 生 しない 仕 組 みが 確 立 されつつある 今 後 とも 収 入 の 確 保 と 住 民 負 担 の 公 平 性 の 観 点 から 滞 納 者 の 実 態 把 握 と 分 析 を 迅 速 に 行 い 法 的 措 置 をはじめ 適 正 な 滞 納 対 策 を 講 じるとともに 収 入 未 済 額 の 縮 減 に 向 けてなお 一 層 の 努 力 を 傾 注 されたい また 不 納 欠 損 処 分 にあっては 債 権 の 回 収 を 放 棄 するものであるこ とから 安 易 な 時 効 による 不 納 欠 損 処 分 に 至 らないよう 日 常 の 債 権 管 理 を 適 切 に 行 い あらゆ る 手 続 きを 尽 くした 上 で 適 正 に 処 理 されることを 特 に 要 望 する ウ 特 別 会 計 における 自 主 財 源 の 確 保 と 財 政 運 営 について 本 市 では 特 定 の 事 業 を 行 うため 又 は 特 定 の 歳 入 をもって 特 定 の 歳 出 に 充 てるため 国 民 健 康 保 険 事 業 特 別 会 計 など16 特 別 会 計 を 設 置 してその 経 理 の 明 確 化 を 図 っている 特 別 会 計 は 特 定 の 歳 入 歳 出 を 一 般 会 計 から 区 分 して 収 支 経 理 を 行 う 会 計 であり 法 令 等 に より 一 般 会 計 からの 繰 入 基 準 が 定 められているもの 独 立 採 算 を 原 則 とするものなどがある 一 般 会 計 からの 繰 入 金 については 12 特 別 会 計 で 総 額 218 億 8,497 万 2 千 円 の 繰 入 れを 行 っており 前 年 度 に 比 べて 7 億 4,317 万 7 千 円 (3.52%) 増 加 している 独 立 採 算 制 すなわち 当 該 事 業 の 経 営 に 伴 う 収 入 をもって 運 営 を 行 っている 特 別 会 計 について は 安 易 に 一 般 会 計 からの 繰 入 れに 依 存 するのではなく 事 務 事 業 の 合 理 化 財 政 運 営 の 健 全 化 及 び 歳 入 の 確 保 に 最 大 限 の 努 力 を 払 い その 収 支 の 均 衡 が 図 られるようになお 一 層 努 力 され ることを 要 望 する また 実 質 収 支 が 赤 字 になっている 特 別 会 計 は6 会 計 で 総 額 135 億 3,728 万 1 千 円 の 累 積 赤 字 となっている その 内 訳 は 土 地 造 成 事 業 特 別 会 計 で 37 億 3,996 万 7 千 円 住 宅 改 修 資 金 貸 付 事 業 特 別 会 計 で 7,629 万 2 千 円 住 宅 新 築 資 金 貸 付 事 業 特 別 会 計 で 6 億 6,459 万 3 千 円 宅 地 取 得 資 金 貸 付 事 業 特 別 会 計 で 2 億 8,005 万 4 千 円 駐 車 場 管 理 事 業 特 別 会 計 で 19 億 9,635 万 2 千 円 下 水 道 事 業 特 別 会 計 で 67 億 8,002 万 3 千 円 となっており これらについては 翌 年 度 歳 入 をもって 繰 上 充 用 を 行 っている こうした 累 積 赤 字 を 抱 える 特 別 会 計 については 今 まで 以 上 に 歳 入 の 確 保 に 最 大 限 の 努 力 を 払 うなど 健 全 化 を 推 し 進 め その 改 善 に 向 けてより 一 層 の 努 力 を 望 むものである これらの 特 別 会 計 のうち 下 水 道 事 業 については 平 成 24 年 度 に 使 用 料 を 引 き 上 げ 水 洗 化 率 向 上 対 策 についても 具 体 的 な 取 組 を 続 けているが 前 年 度 に 引 き 続 く 実 質 収 支 の 改 善 は 一 般 会 計 から の 支 援 によるところが 大 きいことから 今 後 も 経 営 改 善 を 阻 害 する 諸 問 題 に 対 し 的 確 な 対 策 を 実 施 し 更 なる 健 全 化 に 努 められたい また 土 地 造 成 事 業 駐 車 場 管 理 事 業 及 び 下 水 道 事 業 の3 特 別 会 計 の 累 積 赤 字 は 依 然 として 多 額 であり 特 に 土 地 造 成 事 業 においては 資 金 不 足

16 比 率 が 前 年 度 に 引 き 続 き 悪 化 し その 債 務 超 過 額 は 約 80 億 円 となっている 特 別 会 計 の 累 積 赤 字 は 平 成 18 年 度 をピークに 年 々 減 少 しているが これらの 累 積 赤 字 額 を 更 に 縮 減 していく ことが 喫 緊 の 課 題 であり 全 庁 的 な 体 制 の 下 に 一 般 会 計 からの 支 援 も 含 めたあらゆる 対 策 を 講 じられるよう 強 く 要 望 する エ 市 債 の 適 正 運 用 について 本 年 度 中 の 一 般 会 計 及 び 特 別 会 計 を 合 わせた 後 年 度 負 担 となる 市 債 の 借 入 額 は 229 億 120 万 円 元 金 償 還 額 は 212 億 7,151 万 9 千 円 で 借 入 額 が 償 還 額 を 上 回 ったことから 本 年 度 末 の 市 債 残 高 は 2,859 億 899 万 6 千 円 となり 前 年 度 末 に 比 べて 16 億 2,968 万 1 千 円 (0.57%) 増 加 した なお 元 利 償 還 金 が 後 年 度 の 地 方 交 付 税 の 基 準 財 政 需 要 額 に 算 入 される 特 別 な 市 債 を 除 いた 本 年 度 末 の 市 債 残 高 は 2,254 億 8,290 万 9 千 円 となり 前 年 度 末 に 比 べて 18 億 9,354 万 円 (0.83%) 減 少 したが 前 年 度 において 土 地 開 発 公 社 の 解 散 に 伴 う 債 務 保 証 のために 借 り 入 れた 第 三 セクター 等 改 革 推 進 債 の 償 還 が 増 えたことが 主 な 要 因 となり 普 通 会 計 の 財 政 分 析 指 標 における 本 年 度 の 実 質 公 債 費 比 率 は 11.4%となっており 前 年 度 に 比 べ 0.1 ポイント 上 昇 ( 悪 化 )している 市 債 の 発 行 は 将 来 長 期 間 にわたり 市 民 がサービスを 受 ける 社 会 資 本 整 備 の 財 源 となるも のであり 世 代 間 の 負 担 の 公 平 を 図 る 上 からも 必 要 であるが その 発 行 に 伴 い 後 年 度 の 財 政 の 硬 直 化 を 高 める 大 きな 要 因 となる このことを 認 識 した 上 で 今 後 とも 新 規 発 行 額 と 償 還 額 とのバランスを 十 分 考 慮 し 償 還 財 源 の 確 保 に 努 めるとともに 実 質 公 債 費 比 率 の 推 移 に 注 視 しながら 後 年 度 負 担 に 配 慮 した 適 正 な 運 用 に 努 められることを 望 むものである

17 (2)まとめ 本 年 度 は 歳 入 において 地 価 の 下 落 による 影 響 が 見 られたものの 景 気 回 復 による 企 業 業 績 の 改 善 により 市 税 収 入 が 僅 かながら 増 加 した しかし 一 方 で 歳 出 において 青 岸 エネルギー センター 基 幹 改 良 工 事 や 紀 の 国 わかやま 国 体 わかやま 大 会 に 向 けた 道 路 整 備 をはじめとする 普 通 建 設 事 業 の 増 加 や 障 害 者 支 援 などの 扶 助 費 の 増 加 特 別 会 計 に 対 する 義 務 的 な 繰 出 金 の 増 加 など 厳 しい 財 政 状 況 の 下 退 職 手 当 債 や 行 政 改 革 推 進 債 を 借 り 入 れるとともに 5 年 ぶり に 財 政 調 整 基 金 の 取 崩 しを 行 った 本 年 度 の 決 算 規 模 は 一 般 会 計 及 び 特 別 会 計 を 合 わせた 総 計 決 算 額 では 歳 入 で 2,540 億 2,270 万 5 千 円 歳 出 で 2,641 億 4,862 万 4 千 円 となり 前 年 度 に 比 べて 歳 入 で 10 億 4,787 万 6 千 円 (0.41%) 増 加 歳 出 で 21 億 555 万 5 千 円 (0.80%) 増 加 となった これを 決 算 収 支 で 見 ると 実 質 収 支 は 一 般 会 計 で 14 億 4,828 万 7 千 円 の 黒 字 特 別 会 計 で 121 億 206 万 8 千 円 の 赤 字 となり 一 般 会 計 特 別 会 計 全 体 では 106 億 5,378 万 1 千 円 の 赤 字 とな っている 一 般 会 計 の 実 質 収 支 については 10 年 連 続 の 黒 字 を 確 保 しているが 前 年 度 より 10 億 8,376 万 3 千 円 悪 化 している また 特 別 会 計 全 体 の 実 質 収 支 は 4 億 1,569 万 6 千 円 の 収 支 改 善 が 見 られたものの 国 民 健 康 保 険 事 業 において8 年 間 改 善 を 続 けてきた 収 支 が 悪 化 し 土 地 造 成 事 業 駐 車 場 管 理 事 業 及 び 下 水 道 事 業 の3 特 別 会 計 の 累 積 赤 字 は 合 わせて 125 億 1,634 万 2 千 円 であり 本 市 財 政 は 依 然 として 厳 しい 状 況 にある なお 普 通 会 計 における 財 政 分 析 指 標 で 見 ると 財 政 構 造 の 弾 力 性 を 判 断 するための 指 標 で ある 経 常 収 支 比 率 は 人 事 委 員 会 勧 告 による 給 料 等 の 増 加 や 委 託 料 の 増 加 によって 義 務 的 経 費 が 増 加 したことが 主 な 要 因 となり 98.5%となった これは 前 年 度 に 比 べて 3.8 ポイントと 大 幅 に 上 昇 ( 悪 化 )していることから 財 政 の 硬 直 化 がかなり 進 んでいることが 懸 念 される 今 後 の 財 政 運 営 にあっては 市 税 収 入 の 大 幅 な 増 加 が 見 込 めない 状 況 の 下 小 中 一 貫 校 建 設 や 汚 泥 再 生 処 理 施 設 などの 老 朽 化 施 設 の 更 新 等 の 大 規 模 な 建 設 事 業 少 子 高 齢 化 に 伴 う 社 会 保 障 関 係 費 の 増 加 に 対 応 するため また これまでに 積 み 上 げられた 負 債 を 解 消 するため 最 も 効 率 的 な 運 営 を 追 求 しながら 不 断 の 見 直 しを 行 い 真 に 行 政 として 対 応 するべき 課 題 に 重 点 的 に 取 り 組 むことが 重 要 になってくる 平 成 26 年 8 月 に 産 業 を 元 気 に 街 を 元 気 に 人 を 元 気 に という3つの 約 束 を 掲 げ て 就 任 された 尾 花 新 市 長 は 所 信 表 明 において 元 気 和 歌 山 市 の 実 現 を 提 唱 され その 基 礎 づくりに 取 り 組 まれた また 平 成 26 年 11 月 に 成 立 したまち ひと しごと 創 生 法 におい て 自 治 体 は 区 域 の 実 情 に 応 じた 自 主 的 な 施 策 を 策 定 し 実 施 する 責 務 を 有 していることが 規 定 されており 今 国 は 地 方 創 生 のため 地 方 自 治 体 の 取 組 を 支 援 しようとしている 地 方 とはふるさとであり ふるさとを 創 る 主 役 はそこに 生 まれ 育 った 人 々やそこに 住 む 人 々 であり 市 はその 人 たちにとって 最 も 身 近 な 地 方 自 治 体 であることを 再 認 識 した 上 で 知 恵 と 創 意 工 夫 を 結 集 し 最 少 の 経 費 で 最 大 の 効 果 を 上 げることを 念 頭 に ふるさと 和 歌 山 市 の 実 情 に 応 じた 施 策 を 展 開 することによって 元 気 和 歌 山 市 の 実 現 に 寄 与 されるよう 要 望 する

18 普 通 会 計 4 普 通 会 計 における 財 政 状 況 (1) 決 算 収 支 普 通 会 計 の 決 算 収 支 の 状 況 は 次 表 のとおりである 決 算 収 支 区 分 26 年 度 25 年 度 前 年 度 比 較 金 額 増 減 率 A 歳 入 総 額 145,943, ,982,475 2,960, B 歳 出 総 額 145,049, ,632,912 4,416, C 歳 入 歳 出 差 引 額 A-B 893,313 2,349,563 1,456, D 翌 年 度 へ 繰 り 越 すべき 財 源 454, , , E 実 質 収 支 C-D 439,128 1,541,601 1,102, F 前 年 度 実 質 収 支 1,541, ,196 1,028, G 単 年 度 収 支 E-F 1,102,473 1,028,405 2,130, H 積 立 金 1,268, , , I 繰 上 償 還 金 皆 減 J 積 立 金 取 崩 し 額 1,000,000-1,000,000 皆 増 K 実 質 単 年 度 収 支 G+H+I-J 833,544 1,782,946 2,616, ( 注 ) この 表 は 決 算 審 査 時 の 財 政 課 資 料 による 本 年 度 の 歳 入 総 額 は 1,459 億 4,309 万 5 千 円 で 前 年 度 に 比 べ 29 億 6,062 万 円 (2.1%)の 増 となっており 歳 出 総 額 は 1,450 億 4,978 万 2 千 円 で 前 年 度 に 比 べ 44 億 1,687 万 円 (3.1%) の 増 となっている 歳 入 歳 出 差 引 額 ( 形 式 収 支 )は 8 億 9,331 万 3 千 円 となっており これから 翌 年 度 へ 繰 り 越 すべき 財 源 4 億 5,418 万 5 千 円 を 控 除 した 実 質 収 支 は 4 億 3,912 万 8 千 円 の 黒 字 となっている 普 通 会 計 とは 地 方 財 政 統 計 上 統 一 的 に 用 いられる 会 計 区 分 であり 一 般 会 計 と 特 別 会 計 ( 本 市 の 場 合 土 地 区 画 整 理 事 業 住 宅 改 修 資 金 貸 付 事 業 住 宅 新 築 資 金 貸 付 事 業 宅 地 取 得 資 金 貸 付 事 業 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 事 業 直 轄 事 業 用 地 先 行 取 得 事 業 及 び 街 路 用 地 先 行 取 得 事 業 の7 特 別 会 計 と 介 護 保 険 事 業 及 び 後 期 高 齢 者 医 療 の 一 部 )を 合 算 したものであり 重 複 額 を 控 除 して 一 つの 会 計 とみなしたものである

19 普 通 会 計 (2) 財 政 構 造 ア 歳 入 の 構 成 (ア) 自 主 財 源 と 依 存 財 源 自 主 財 源 及 び 依 存 財 源 の 推 移 は 次 表 のとおりである 自 主 財 源 及 び 依 存 財 源 の 推 移 年 度 自 主 財 源 構 成 比 率 依 存 財 源 構 成 比 率 22 年 度 70,699, ,031, 年 度 71,208, ,971, 年 度 66,732, ,772, 年 度 66,695, ,286, 年 度 70,363, ,579, ( 注 ) この 表 は 決 算 審 査 時 の 財 政 課 資 料 による 本 年 度 の 自 主 財 源 は 703 億 6,310 万 6 千 円 で 前 年 度 に 比 べ 36 億 6,748 万 6 千 円 (5.50%) 増 加 しており その 増 減 の 主 なものは 次 のとおりである 繰 越 金 15 億 1,649 万 2 千 円 繰 入 金 11 億 8,160 万 6 千 円 市 税 6 億 414 万 1 千 円 諸 収 入 2 億 3,554 万 8 千 円 依 存 財 源 は 755 億 7,998 万 9 千 円 で 前 年 度 に 比 べ 7 億 686 万 6 千 円 (0.93%) 減 少 し ており その 増 減 の 主 なものは 次 のとおりである 市 債 65 億 5,970 万 円 国 庫 支 出 金 49 億 9,541 万 3 千 円 地 方 消 費 税 交 付 金 6 億 6,420 万 2 千 円 配 当 割 交 付 金 2 億 6,901 万 1 千 円 県 支 出 金 2 億 1,677 万 1 千 円 この 結 果 自 主 財 源 依 存 財 源 の 構 成 比 率 は それぞれ 48.2% 51.8%となり 自 主 財 源 の 構 成 比 率 は 前 年 度 に 比 べ 1.5 ポイント 上 昇 している

20 普 通 会 計 自 主 財 源 と 依 存 財 源 の 構 成 比 率 の 比 較 ( 単 位 :%) 自 主 財 源 使 用 料 及 び 手 数 料 市 税 諸 収 入 繰 越 金 その 国 庫 他 市 債 支 出 金 依 存 財 源 地 方 交 付 税 県 支 出 金 その 他 自 主 財 源 48.2% 依 存 財 源 51.8% 26 年 度 自 主 財 源 46.7% 依 存 財 源 53.3% 25 年 度 (イ) 一 般 財 源 と 特 定 財 源 使 途 が 特 定 されている 特 定 財 源 と それ 以 外 の 収 入 である 一 般 財 源 の 推 移 は 次 表 のと おりである 一 般 財 源 及 び 特 定 財 源 の 推 移 年 度 一 般 財 源 構 成 比 率 特 定 財 源 構 成 比 率 22 年 度 89,823, ,907, 年 度 86,957, ,222, 年 度 85,016, ,488, 年 度 85,784, ,197, 年 度 88,794, ,148, ( 注 ) この 表 は 決 算 審 査 時 の 財 政 課 資 料 による 歳 入 構 造 としては 原 則 として 一 般 財 源 の 占 める 割 合 が 高 い 方 が 望 ましいとされている 本 年 度 の 一 般 財 源 は 887 億 9,440 万 5 千 円 で 前 年 度 に 比 べ 30 億 955 万 6 千 円 (3.51%) 増 加 しており 特 定 財 源 は 571 億 4,869 万 円 で 前 年 度 に 比 べ 4,893 万 6 千 円 (0.09%) 減 少 している また 一 般 財 源 と 特 定 財 源 の 構 成 比 率 は それぞれ 61.0% 39.0%となっ ており 一 般 財 源 の 構 成 比 率 は 前 年 度 に 比 べ 1.0 ポイント 上 昇 している

21 普 通 会 計 イ 歳 出 の 構 成 (ア) 性 質 別 歳 出 歳 出 決 算 額 の 状 況 は 次 の 図 表 のとおりである 性 質 別 決 算 額 の 状 況 26 年 度 25 年 度 前 年 度 に 義 務 的 経 費 投 資 的 経 費 そ の 他 の 経 費 区 分 差 引 増 減 対 す る 決 算 額 構 成 比 率 決 算 額 構 成 比 率 比 率 人 件 費 24,731, ,956, , 扶 助 費 42,132, ,879, ,253, 公 債 費 15,805, ,263, , 計 82,669, ,100, ,569, 普 通 建 設 事 業 費 18,309, ,995, ,314, 災 害 復 旧 事 業 費 32, , , 計 18,342, ,405, ,936, 物 件 費 13,192, ,996, ,195, 維 持 補 修 費 1,765, ,834, , 補 助 費 等 4,181, ,808, ,626, 繰 出 金 22,065, ,293, , 投 資 及 び 出 資 金 貸 付 金 1,333, ,410, , 積 立 金 1,498, , , 計 44,037, ,127, ,089, 合 計 145,049, ,632, ,416, ( 注 ) この 表 は 決 算 審 査 時 の 財 政 課 資 料 による 性 質 別 歳 出 の 構 成 比 率 の 比 較 ( 単 位 :%) 義 務 的 経 費 投 資 的 経 費 その 他 の 経 費 人 件 費 扶 助 費 公 債 費 普 通 建 設 事 業 費 災 害 復 旧 事 業 費 物 件 費 維 持 補 修 費 補 助 費 等 繰 出 金 投 資 及 び 出 資 金 貸 付 金 積 立 金 義 務 的 経 費 57.1% 投 資 的 経 費 12.6% その 他 の 経 費 30.3% 26 年 度 義 務 的 経 費 56.2% 投 資 的 経 費 11.0% その 他 の 経 費 32.8% 25 年 度

22 普 通 会 計 義 務 的 経 費 は 支 出 が 義 務 付 けられている 経 費 で 人 件 費 扶 助 費 公 債 費 であり こ の 割 合 が 高 いと 相 対 的 に 財 政 構 造 が 硬 直 化 することになる 本 年 度 の 義 務 的 経 費 は 826 億 6,994 万 3 千 円 で 前 年 度 に 比 べ 35 億 6,990 万 7 千 円 (4.5%) 増 加 している 投 資 的 経 費 は その 支 出 が 資 本 形 成 に 向 けられ 施 設 等 財 産 として 将 来 に 残 るものに 支 出 される 経 費 で 普 通 建 設 事 業 費 災 害 復 旧 事 業 費 が 該 当 する 本 年 度 の 投 資 的 経 費 は 183 億 4,213 万 3 千 円 で 前 年 度 に 比 べ 29 億 3,664 万 9 千 円 (19.1%) 増 加 している その 他 の 経 費 は 440 億 3,770 万 6 千 円 で 前 年 度 に 比 べ 20 億 8,968 万 6 千 円 (4.5%) 減 少 している この 結 果 義 務 的 経 費 の 構 成 比 率 は 57.1%( 前 年 度 比 0.9 ポイント 上 昇 ) 投 資 的 経 費 は 12.6%( 同 比 1.6 ポイント 上 昇 ) その 他 の 経 費 は 30.3%( 同 比 2.5 ポイント 低 下 )と なっている (イ) 市 債 及 び 債 務 負 担 行 為 の 状 況 市 債 及 び 債 務 負 担 行 為 は いずれも 次 年 度 以 降 の 支 出 の 義 務 が 発 生 し 後 年 度 の 財 政 運 営 に 影 響 を 及 ぼすものである 市 債 現 在 高 及 び 債 務 負 担 行 為 額 の 推 移 は 次 表 のとおりである 市 債 現 在 高 及 び 債 務 負 担 行 為 額 の 推 移 年 度 市 債 現 在 高 対 前 年 度 比 率 債 務 負 担 行 為 額 対 前 年 度 比 率 22 年 度 152,825, ,390, 年 度 151,772, ,496, 年 度 151,517, ,614, 年 度 162,675, ,310, 年 度 166,592, ,383, ( 注 ) この 表 は 決 算 審 査 時 の 財 政 課 資 料 による 市 債 の 本 年 度 末 現 在 高 は 1,665 億 9,208 万 3 千 円 で 前 年 度 に 比 べ 39 億 1,621 万 5 千 円 (2.4%) 増 加 している 本 年 度 末 の 債 務 負 担 行 為 額 ( 貸 付 補 償 損 失 補 てん 及 び 債 務 保 証 を 除 く )は 173 億 8,389 万 1 千 円 で 前 年 度 に 比 べ 19 億 2,675 万 円 (10.0%) 減 少 している 普 通 会 計 における 市 民 ( 年 度 末 住 民 基 本 台 帳 人 口 )1 人 当 たりの 市 債 残 高 の 推 移 は 次 図 のとおりである ( 千 円 ) 市 民 ( 年 度 末 住 民 基 本 台 帳 人 口 )1 人 当 たりの 市 債 残 高 の 推 移 和 歌 山 市 中 核 市 平 均 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度

23 普 通 会 計 (3) 財 政 指 標 普 通 会 計 における 財 政 指 標 の 推 移 は 次 表 のとおりである 財 政 指 標 の 推 移 区 分 単 位 22 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度 財 政 力 指 数 経 常 収 支 比 率 % 実 質 収 支 比 率 % 実 質 公 債 費 比 率 % 歳 入 総 額 に 占 める 一 般 財 源 の 割 合 % 歳 出 総 額 に 占 める 義 務 的 経 費 の 割 合 % うち 人 件 費 % 扶 助 費 % 公 債 費 % 歳 出 総 額 に 占 める 投 資 的 経 費 の 割 合 % ( 注 ) この 表 は 決 算 審 査 時 の 財 政 課 資 料 による ア 財 政 力 指 数 財 政 力 指 数 は で 前 年 度 に 比 べ ポイント 上 昇 している 平 成 25 年 度 の 財 政 力 指 数 を 中 核 市 平 均 と 比 べると 本 市 は ポイント 高 く 中 核 市 42 市 中 20 位 に 位 置 している 0.84 財 政 力 指 数 の 推 移 和 歌 山 市 中 核 市 平 均 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度 財 政 力 指 数 は 基 準 財 政 収 入 額 の 基 準 財 政 需 要 額 に 対 する 割 合 の 過 去 3 年 間 の 平 均 値 で この 数 値 が1に 近 く あるいは1を 超 えるほど 財 源 に 余 裕 があるとされている

24 普 通 会 計 イ 経 常 収 支 比 率 経 常 収 支 比 率 は 98.5%で 前 年 度 に 比 べ 3.8 ポイント 上 昇 している 平 成 25 年 度 の 経 常 収 支 比 率 を 中 核 市 平 均 と 比 べると 本 市 は 4.8 ポイント 高 く 中 核 市 42 市 中 38 位 となっ ている (%) 経 常 収 支 比 率 の 推 移 和 歌 山 市 98.5 中 核 市 平 均 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度 経 常 収 支 比 率 は 財 政 構 造 の 弾 力 性 を 示 す 指 標 で この 比 率 が 高 いほど 財 政 の 硬 直 化 が 進 んでいると されている ウ 実 質 収 支 比 率 実 質 収 支 比 率 は 0.6%で 前 年 度 と 比 べ 1.4 ポイント 低 下 している 平 成 25 年 度 の 実 質 収 支 比 率 を 中 核 市 平 均 と 比 べると 本 市 は 2.0 ポイント 低 い (%) 実 質 収 支 比 率 の 推 移 和 歌 山 市 中 核 市 平 均 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度 実 質 収 支 比 率 は 実 質 収 支 の 標 準 財 政 規 模 に 対 する 割 合 で 財 政 運 営 の 健 全 化 を 判 断 するために 用 いられる 指 標 である 財 政 規 模 や 経 済 の 景 況 等 によって 一 概 にはいえないが 3%~5% 程 度 が 望 まし いとされている

25 普 通 会 計 エ 実 質 公 債 費 比 率 実 質 公 債 費 比 率 は 11.4%で 前 年 度 に 比 べ 0.1 ポイント 上 昇 している 平 成 25 年 度 の 実 質 公 債 費 比 率 を 中 核 市 平 均 と 比 べると 本 市 は 3.2 ポイント 高 く 中 核 市 42 市 中 32 位 と なっている (%) 13.0 実 質 公 債 費 比 率 の 推 移 和 歌 山 市 中 核 市 平 均 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度 実 質 公 債 費 比 率 は 一 般 会 計 等 が 負 担 する 元 利 償 還 金 及 び 準 元 利 償 還 金 の 標 準 財 政 規 模 を 基 本 とし た 額 に 対 する 比 率 の 過 去 3 年 間 の 平 均 値 で 18% 以 上 になれば 国 の 許 可 制 度 のもとで 地 方 債 の 発 行 を 行 うことになる オ 歳 出 総 額 に 占 める 人 件 費 の 割 合 歳 出 総 額 に 占 める 人 件 費 の 割 合 は 17.1%で 前 年 度 に 比 べ 0.1 ポイント 上 昇 している 平 成 25 年 度 の 割 合 を 中 核 市 平 均 と 比 べると 本 市 は 0.4 ポイント 高 く 中 核 市 42 市 中 2 6 位 に 位 置 している (%) 25.0 歳 出 総 額 に 占 める 人 件 費 の 割 合 の 推 移 和 歌 山 市 中 核 市 平 均 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度

26 普 通 会 計 カ 歳 出 総 額 に 占 める 投 資 的 経 費 の 割 合 歳 出 総 額 に 占 める 投 資 的 経 費 の 割 合 は 12.6%で 前 年 度 に 比 べ 1.6 ポイント 上 昇 している 平 成 25 年 度 の 割 合 を 中 核 市 平 均 と 比 べると 本 市 は 1.9 ポイント 低 く 中 核 市 42 市 中 3 1 位 に 位 置 している (%) 20.0 歳 出 総 額 に 占 める 投 資 的 経 費 の 割 合 の 推 移 和 歌 山 市 中 核 市 平 均 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度

27 一 般 会 計 : 歳 入 5 一 般 会 計 一 般 会 計 の 決 算 収 支 状 況 は 次 表 のとおりである 決 算 収 支 区 分 26 年 度 25 年 度 前 年 度 比 較 金 額 増 減 率 A 歳 入 総 額 145,607, ,924,679 2,682, B 歳 出 総 額 143,735, ,629,315 4,105, C 歳 入 歳 出 差 引 額 A-B 1,872,067 3,295,364 1,423, D 翌 年 度 へ 繰 り 越 すべき 財 源 423, , , E 実 質 収 支 C-D 1,448,287 2,532,050 1,083, F 前 年 度 実 質 収 支 2,532,050 1,503,601 1,028, G 単 年 度 収 支 E-F 1,083,763 1,028,449 2,112, H 積 立 金 1,268, , , I 繰 上 償 還 金 皆 減 J 積 立 金 取 崩 し 額 1,000,000 皆 増 K 実 質 単 年 度 収 支 G+H+I-J 814,834 1,782,990 2,597, 歳 入 歳 出 予 算 現 額 1,542 億 1,173 万 1 千 円 に 対 する 決 算 額 は 歳 入 1,456 億 707 万 5 千 円 歳 出 1,437 億 3,500 万 8 千 円 で 歳 入 歳 出 差 引 額 ( 形 式 収 支 )は 18 億 7,206 万 7 千 円 となっている これから 翌 年 度 へ 繰 り 越 すべき 財 源 4 億 2,378 万 円 を 控 除 した 実 質 収 支 は 14 億 4,828 万 7 千 円 の 黒 字 となり 前 年 度 に 比 べ 黒 字 が 10 億 8,376 万 3 千 円 (42.80%) 減 少 している

28 一 般 会 計 : 歳 入 (1) 歳 入 ア 決 算 状 況 歳 入 の 決 算 状 況 は 次 表 のとおりである 歳 入 の 決 算 状 況 区 分 予 算 現 額 調 定 額 収 入 済 額 不 納 欠 損 額 収 入 未 済 額 26 年 度 154,211, ,550, ,607, ,164 3,671,081 8,604, 年 度 151,656, ,499, ,924,679 4,751,823 3,822,679 8,731, ポイント ポイント 差 引 増 減 2,555,560 1,948,861 2,682,396 4,479, , , 前 年 度 対 比 予 算 現 額 と予 算 現 額 調 定 額 に 収 入 済 額 に 対 す る 対 す る と の 比 較 収 入 比 率 収 入 比 率 収 入 済 額 は 1,456 億 707 万 5 千 円 で 前 年 度 に 比 べ 26 億 8,239 万 6 千 円 (1.88%) 増 加 し ている また 予 算 現 額 に 対 する 収 入 比 率 は 94.42%で 前 年 度 に 比 べ 0.18 ポイント 上 昇 し ている なお 歳 出 における 翌 年 度 繰 越 額 55 億 5,776 万 1 千 円 に 対 する 市 債 等 未 収 入 特 定 財 源 が 51 億 3,398 万 1 千 円 あり これを 勘 案 すると 97.67%の 収 入 比 率 となる 調 定 額 に 対 する 収 入 比 率 は 97.36%で 前 年 度 に 比 べ 3.02 ポイント 上 昇 している また 不 納 欠 損 額 は 2 億 7,216 万 4 千 円 で 前 年 度 に 比 べ 44 億 7,965 万 9 千 円 (94.27%) 減 少 し ており 収 入 未 済 額 は 36 億 7,108 万 1 千 円 で 前 年 度 に 比 べ 1 億 5,159 万 8 千 円 (3.97%) 減 少 している イ 財 源 別 収 入 状 況 (ア) 自 主 財 源 及 び 依 存 財 源 自 主 財 源 及 び 依 存 財 源 の 推 移 は 次 表 のとおりである 自 主 財 源 及 び 依 存 財 源 の 推 移 年 度 自 主 財 源 構 成 比 率 依 存 財 源 構 成 比 率 22 年 度 71,200, ,022, 年 度 72,439, ,257, 年 度 67,461, ,650, 年 度 67,380, ,543, 年 度 70,969, ,637, ( 注 ) この 表 は 決 算 審 査 時 の 財 政 課 資 料 による 自 主 財 源 は 709 億 6,981 万 2 千 円 で 前 年 度 に 比 べ 35 億 8,885 万 円 (5.33%) 増 加 して いる これは 主 に 使 用 料 及 び 手 数 料 が 減 少 した 一 方 で 繰 越 金 繰 入 金 が 増 加 したこと によるものである 依 存 財 源 は 746 億 3,726 万 3 千 円 で 前 年 度 に 比 べ 9 億 645 万 4 千 円 (1.20%) 減 少 し ている これは 主 に 国 庫 支 出 金 が 増 加 した 一 方 で 市 債 が 減 少 したことによるものであ る この 結 果 自 主 財 源 の 構 成 比 は 48.74%となり 前 年 度 に 比 べ 1.60 ポイント 上 昇 してい る

29 一 般 会 計 : 歳 入 なお 財 源 別 の 構 成 比 率 は 次 の 図 表 のとおりである 一 般 会 計 歳 入 一 覧 表 区 分 26 年 度 25 年 度 前 年 度 比 較 金 額 構 成 比 金 額 構 成 比 増 減 額 増 減 率 市 税 58,582, ,978, , 分 担 金 及 び 負 担 金 1,567, ,502, , 使 用 料 及 び 手 数 料 2,532, ,636, , 財 産 収 入 533, , , 寄 附 金 1, , , 繰 入 金 1,261, , ,191, 繰 越 金 3,295, ,784, ,510, 諸 収 入 3,196, ,024, , 自 主 財 源 70,969, ,380, ,588, 地 方 譲 与 税 796, , , 利 子 割 交 付 金 177, , , 配 当 割 交 付 金 595, , , 株 式 等 譲 渡 所 得 割 交 付 金 284, , , 地 方 消 費 税 交 付 金 4,032, ,368, , ゴ ル フ 場 利 用 税 交 付 金 19, , , 自 動 車 取 得 税 交 付 金 78, , , 地 方 特 例 交 付 金 235, , , 地 方 交 付 税 12,377, ,340, , 交 通 安 全 対 策 特 別 交 付 金 58, , , 国 庫 支 出 金 31,285, ,193, ,092, 県 支 出 金 7,908, ,678, , 市 債 16,785, ,656, ,870, 依 存 財 源 74,637, ,543, , 歳 入 合 計 145,607, ,924, ,682, ( 注 ) この 表 は 決 算 審 査 時 の 財 政 課 資 料 による 自 主 財 源 と 依 存 財 源 の 構 成 比 率 の 比 較 ( 単 位 :%) 自 主 財 源 依 存 財 源 市 税 繰 越 金 諸 収 入 使 用 料 及 び 手 数 料 その 他 国 庫 支 出 金 市 債 地 方 交 付 税 県 支 出 金 その 他 自 主 財 源 48.74% 依 存 財 源 51.26% 26 年 度 自 主 財 源 47.14% 依 存 財 源 52.86% 25 年 度

30 一 般 会 計 : 歳 入 諸 収 入 3,196, % 繰 越 金 3,295, % 地 方 消 費 税 交 付 金 4,032, % 県 支 出 金 7,908, % 地 方 交 付 税 12,377, % 市 債 16,785, % 歳 入 構 成 ( 単 位 : 千 円 ) 使 用 料 及 び 手 数 料 2,532, % 国 庫 支 出 金 31,285, % その 他 5,609, % 市 税 58,582, % 平 成 26 年 度 一 般 会 計 歳 入 決 算 総 額 145,607,075 千 円 (イ) 一 般 財 源 及 び 特 定 財 源 一 般 財 源 及 び 特 定 財 源 の 推 移 は 次 表 のとおりである 一 般 財 源 及 び 特 定 財 源 の 推 移 年 度 一 般 財 源 構 成 比 率 特 定 財 源 構 成 比 率 22 年 度 90,499, ,724, 年 度 87,875, ,821, 年 度 85,976, ,134, 年 度 86,626, ,298, 年 度 89,688, ,918, ( 注 ) この 表 は 決 算 審 査 時 の 財 政 課 資 料 による 一 般 財 源 は 896 億 8,834 万 4 千 円 で 前 年 度 に 比 べ 30 億 6,225 万 6 千 円 (3.54%) 増 加 している これは 主 に 市 債 国 庫 支 出 金 が 減 少 した 一 方 で 繰 越 金 繰 入 金 が 増 加 した ことによるものである 特 定 財 源 は 559 億 1,873 万 1 千 円 で 前 年 度 に 比 べ 3 億 7,986 万 円 (0.67%) 減 少 して いる これは 主 に 国 庫 支 出 金 が 増 加 した 一 方 で 市 債 が 減 少 したことによるものである この 結 果 一 般 財 源 の 構 成 比 率 は 61.60%となり 前 年 度 に 比 べ 0.99 ポイント 上 昇 して いる

31 一 般 会 計 : 歳 入 ウ 款 別 決 算 状 況 歳 入 の 款 別 決 算 状 況 は 次 のとおりである 第 1 款 市 税 区 分 予 算 現 額 調 定 額 収 入 済 額 不 納 欠 損 額 収 入 未 済 額 26 年 度 58,082,529 61,167,459 58,582, ,369 2,367, , 年 度 57,654,771 60,833,374 57,978, ,567 2,631, , ポイント ポイント 差 引 増 減 427, , ,141 6, , , 前 年 度 対 比 予 算 現 額 と予 算 現 額 調 定 額 に 収 入 済 額 に 対 す る 対 す る と の 比 較 収 入 比 率 収 入 比 率 ( 収 入 済 額 ) 収 入 済 額 は 585 億 8,246 万 円 で 前 年 度 に 比 べ 6 億 414 万 1 千 円 (1.04%) 増 加 している また 予 算 現 額 に 対 し 4 億 9,993 万 1 千 円 (0.86%)の 収 入 超 過 となっている 収 入 済 額 の 項 別 状 況 は 次 表 のとおりである 区 分 26 年 度 25 年 度 前 年 度 比 較 増 減 額 増 減 率 1 市 民 税 23,830,817 23,199, , 固 定 資 産 税 24,679,921 24,840, , 軽 自 動 車 税 748, ,370 21, 市 た ば こ 税 2,973,892 3,044,298 70, 鉱 産 税 特 別 土 地 保 有 税 都 市 計 画 税 4,157,081 4,160,825 3, 事 業 所 税 2,181,301 1,997, , 入 湯 税 11,197 8,925 2, 合 計 58,582,460 57,978, , 主 な 税 目 を 前 年 度 と 比 べると 市 民 税 は 6 億 3,097 万 円 (2.72%) 増 加 している これは 主 に 個 人 市 民 税 が 減 少 する 一 方 で 企 業 収 益 の 上 昇 により 法 人 市 民 税 が 増 加 したことによるもので ある 固 定 資 産 税 は 1 億 6,091 万 1 千 円 (0.65%) 減 少 している これは 主 に 地 価 の 下 落 及 び 償 却 資 産 についての 新 規 設 備 投 資 の 減 少 によるものである

32 一 般 会 計 : 歳 入 税 目 別 の 構 成 比 率 は 次 図 のとおりである 税 目 別 構 成 ( 単 位 : 千 円 ) 市 たばこ 税 2,973, % 事 業 所 税 2,181, % 軽 自 動 車 税 748, % 入 湯 税 11, % 都 市 計 画 税 4,157, % 固 定 資 産 税 24,679, % 市 民 税 ( 法 人 ) 5,863, % 市 民 税 ( 個 人 ) 17,967, % 平 成 26 年 度 市 税 総 額 58,582,460 千 円 税 目 別 内 訳 は 次 表 のとおりである 税 目 別 内 訳 区 分 調 定 額 収 入 済 額 不 納 欠 損 額 収 入 未 済 額 収 納 率 前 年 度 収 納 率 市 民 税 ( 個 人 ) 18,769,051 17,967,256 45, , 現 年 課 税 分 17,952,044 17,751, , 滞 納 繰 越 分 817, ,343 44, , 市 民 税 ( 法 人 ) 5,958,852 5,863,561 25,329 69, 現 年 課 税 分 5,864,512 5,853, , 滞 納 繰 越 分 94,340 10,157 25,329 58, 固 定 資 産 税 25,971,664 24,679,921 87,490 1,204, 現 年 課 税 分 24,631,201 24,383, , 滞 納 繰 越 分 1,340, ,410 86, , 軽 自 動 車 税 798, ,251 7,455 42, 現 年 課 税 分 751, , , 滞 納 繰 越 分 46,921 12,027 7,441 27, 都 市 計 画 税 4,366,887 4,157,081 13, , 現 年 課 税 分 4,149,914 4,107, , 滞 納 繰 越 分 216,973 49,408 13, , その 他 の 税 5,302,782 5,166,390 37,935 98, 現 年 課 税 分 5,189,123 5,158,228-30, 滞 納 繰 越 分 113,659 8,162 37,935 67, 市 税 合 計 61,167,459 58,582, ,369 2,367, 現 年 課 税 分 58,538,096 57,990,953 1, , 滞 納 繰 越 分 2,629, , ,369 1,821,

33 一 般 会 計 : 歳 入 調 定 額 に 対 する 収 入 比 率 は 95.77%で 前 年 度 に 比 べ 0.46 ポイント 上 昇 している これは 滞 納 繰 越 分 が 22.50%で 前 年 度 に 比 べ 1.51 ポイント 低 下 した 一 方 で 現 年 課 税 分 が 99.07%で 前 年 度 に 比 べ 0.07 ポイント 上 昇 したことによるものである 市 税 の 収 入 状 況 の 推 移 は 次 図 のとおりである ( 千 円 ) 収 入 済 額 不 納 欠 損 額 収 入 未 済 額 収 納 率 (%) ,000,000 60,000,000 40,000,000 4,279,644 3,863,892 2,996,830 2,631,488 2,367, , , , , ,369 59,368,524 59,412,619 58,058,621 57,978,319 58,582, ,000, 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度 0 ( 不 納 欠 損 額 ) 不 納 欠 損 額 は 2 億 1,736 万 9 千 円 で 前 年 度 に 比 べ 619 万 8 千 円 (2.77%) 減 少 している また 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 )に 基 づく 不 納 欠 損 処 分 の 理 由 別 内 訳 は 次 表 の とおりである 不 納 欠 損 処 分 の 理 由 別 内 訳 ( 単 位 : 件 千 円 ) 処 分 理 由 件 数 金 額 地 方 税 法 第 15 条 の7 第 4 項 の 規 定 によるもの(3 年 時 効 ) 6, ,701 地 方 税 法 第 15 条 の7 第 5 項 の 規 定 によるもの( 即 時 消 滅 ) ,488 地 方 税 法 第 18 条 第 1 項 の 規 定 によるもの(5 年 時 効 ) 1,615 27,180 合 計 9, ,369 ( 注 )この 表 は 決 算 審 査 時 の 納 税 課 資 料 による

34 一 般 会 計 : 歳 入 なお 不 納 欠 損 額 の 推 移 は 次 図 のとおりである ( 千 円 ) 市 民 税 固 定 資 産 税 都 市 計 画 税 その 他 総 額 800, , , , , , , ,000 95, , , , , , , ,712 53,751 89,412 87,490 27,515 23,764 13,761 70,630 13,859 14,659 35,835 45,390 9,431 14, 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度 ( 収 入 未 済 額 ) 収 入 未 済 額 は 23 億 6,763 万 円 で 前 年 度 に 比 べ 2 億 6,385 万 8 千 円 (10.03%) 減 少 している なお 収 入 未 済 額 の 推 移 は 次 図 のとおりである 市 民 税 固 定 資 産 税 都 市 計 画 税 その 他 総 額 ( 千 円 ) 6,000,000 4,000,000 4,279,644 3,863,892 2,000,000 1,444, ,996,830 2,631,488 2,259,311 2,367,630 2,072,194 1,253,848 1,535,242 1,340,861 1,204,253 1,046, , , , , , , , , , , , , 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度

35 一 般 会 計 : 歳 入 第 2 款 地 方 譲 与 税 区 分 予 算 現 額 調 定 額 収 入 済 額 不 納 欠 損 額 収 入 未 済 額 予 算 現 額 と予 算 現 額 調 定 額 に 収 入 済 額 に 対 す る 対 す る と の 比 較 収 入 比 率 収 入 比 率 26 年 度 805, , , , 年 度 791, , , , ポイント ポイント 差 引 増 減 14,000 27,678 27, , 前 年 度 対 比 ( 収 入 済 額 ) 収 入 済 額 は 7 億 9,623 万 7 千 円 で 前 年 度 に 比 べ 2,767 万 8 千 円 (3.36%) 減 少 している また 予 算 現 額 に 対 し 876 万 3 千 円 (1.09%)の 収 入 不 足 となっている なお 収 入 済 額 の 項 別 状 況 は 次 表 のとおりである 区 分 26 年 度 25 年 度 前 年 度 比 較 増 減 額 増 減 率 1 特 別 と ん 譲 与 税 174, ,118 3, 自 動 車 重 量 譲 与 税 435, ,354 17, 地 方 揮 発 油 譲 与 税 186, ,443 13, 地 方 道 路 譲 与 税 合 計 796, ,915 27, 地 方 譲 与 税 は 国 が 徴 収 した 特 定 の 国 税 が 一 定 の 基 準 により 地 方 公 共 団 体 に 譲 与 されるもので 平 成 21 年 度 からの 道 路 特 定 財 源 の 一 般 財 源 化 に 伴 い 地 方 道 路 譲 与 税 の 名 称 が 地 方 揮 発 油 譲 与 税 に 改 めら れ 自 動 車 重 量 譲 与 税 とともに 使 途 制 限 は 廃 止 された なお 改 正 前 に 課 税 された 道 路 特 定 財 源 分 は 使 途 を 道 路 事 業 に 限 定 し 地 方 道 路 譲 与 税 として 譲 与 されている 第 3 款 利 子 割 交 付 金 区 分 予 算 現 額 調 定 額 収 入 済 額 不 納 欠 損 額 収 入 未 済 額 予 算 現 額 と 収 入 済 額 と の 比 較 予 算 現 額 に 対 す る 収 入 比 率 調 定 額 に 対 す る 収 入 比 率 26 年 度 178, , , 年 度 216, , , , ポイント ポイント 差 引 増 減 38,000 44,744 44, , 前 年 度 対 比 ( 収 入 済 額 ) 収 入 済 額 は 1 億 7,721 万 円 で 前 年 度 に 比 べ 4,474 万 4 千 円 (20.16%) 減 少 している また 予 算 現 額 に 対 し 79 万 円 (0.44%)の 収 入 不 足 となっている 利 子 割 交 付 金 は 地 方 税 法 の 規 定 により 県 に 納 入 された 県 民 税 利 子 割 収 入 額 が 一 定 の 割 合 で 市 町 村 に 交 付 される

36 一 般 会 計 : 歳 入 第 4 款 配 当 割 交 付 金 区 分 予 算 現 額 調 定 額 収 入 済 額 不 納 欠 損 額 収 入 未 済 額 予 算 現 額 と予 算 現 額 調 定 額 に 収 入 済 額 に 対 す る 対 す る と の 比 較 収 入 比 率 収 入 比 率 26 年 度 550, , , , 年 度 188, , , , ポイント ポイント 差 引 増 減 362, , , , 前 年 度 対 比 ( 収 入 済 額 ) 収 入 済 額 は 5 億 9,565 万 5 千 円 で 前 年 度 に 比 べ 2 億 6,901 万 1 千 円 (82.36%) 増 加 している また 予 算 現 額 に 対 し 4,565 万 5 千 円 (8.30%)の 収 入 超 過 となっている 配 当 割 交 付 金 は 地 方 税 法 の 規 定 により 県 に 納 入 された 県 民 税 配 当 割 収 入 額 が 一 定 の 割 合 で 市 町 村 に 交 付 される 第 5 款 株 式 等 譲 渡 所 得 割 交 付 金 区 分 予 算 現 額 調 定 額 収 入 済 額 不 納 欠 損 額 収 入 未 済 額 予 算 現 額 と 収 入 済 額 と の 比 較 予 算 現 額 に 対 す る 収 入 比 率 調 定 額 に 対 す る 収 入 比 率 26 年 度 33, , , , 年 度 20, , , ,458 2, ポイント ポイント 差 引 増 減 13, , , ,590 1, 前 年 度 対 比 ( 収 入 済 額 ) 収 入 済 額 は 2 億 8,486 万 8 千 円 で 前 年 度 に 比 べ 1 億 3,959 万 円 (32.89%) 減 少 している また 予 算 現 額 に 対 し 2 億 5,186 万 8 千 円 (763.24%)の 収 入 超 過 となっている 株 式 等 譲 渡 所 得 割 交 付 金 は 地 方 税 法 の 規 定 により 県 に 納 入 された 県 民 税 株 式 等 譲 渡 所 得 割 収 入 額 が 一 定 の 割 合 で 市 町 村 に 交 付 される

37 一 般 会 計 : 歳 入 第 6 款 地 方 消 費 税 交 付 金 区 分 予 算 現 額 調 定 額 収 入 済 額 不 納 欠 損 額 収 入 未 済 額 予 算 現 額 と予 算 現 額 調 定 額 に 収 入 済 額 に 対 す る 対 す る と の 比 較 収 入 比 率 収 入 比 率 26 年 度 3,939,000 4,032,889 4,032, , 年 度 3,455,000 3,368,687 3,368, , ポイント ポイント 差 引 増 減 484, , , , 前 年 度 対 比 ( 収 入 済 額 ) 収 入 済 額 は 40 億 3,288 万 9 千 円 で 前 年 度 に 比 べ 6 億 6,420 万 2 千 円 (19.72%) 増 加 してい る また 予 算 現 額 に 対 し 9,388 万 9 千 円 (2.38%)の 収 入 超 過 となっている 地 方 消 費 税 交 付 金 は 都 道 府 県 間 における 精 算 後 の 地 方 消 費 税 の 収 入 額 が 一 定 の 割 合 で 市 町 村 に 交 付 される 第 7 款 ゴルフ 場 利 用 税 交 付 金 区 分 予 算 現 額 調 定 額 収 入 済 額 不 納 欠 損 額 収 入 未 済 額 予 算 現 額 と 収 入 済 額 と の 比 較 予 算 現 額 に 対 す る 収 入 比 率 調 定 額 に 対 す る 収 入 比 率 26 年 度 22,000 19,918 19, , 年 度 23,000 22,231 22, ポイント ポイント 差 引 増 減 1,000 2,313 2, , 前 年 度 対 比 ( 収 入 済 額 ) 収 入 済 額 は 1,991 万 8 千 円 で 前 年 度 に 比 べ 231 万 3 千 円 (10.40%) 減 少 している また 予 算 現 額 に 対 し 208 万 2 千 円 (9.46%)の 収 入 不 足 となっている ゴルフ 場 利 用 税 交 付 金 は 地 方 税 法 の 規 定 により 県 に 納 入 されたゴルフ 場 利 用 税 の 収 入 額 が 一 定 の 割 合 で ゴルフ 場 所 在 の 市 町 村 に 交 付 される

38 一 般 会 計 : 歳 入 第 8 款 自 動 車 取 得 税 交 付 金 区 分 予 算 現 額 調 定 額 収 入 済 額 不 納 欠 損 額 収 入 未 済 額 予 算 現 額 と予 算 現 額 調 定 額 に 収 入 済 額 に 対 す る 対 す る と の 比 較 収 入 比 率 収 入 比 率 26 年 度 86,000 78,171 78, , 年 度 172, , , , ポイント ポイント 差 引 増 減 86,000 98,790 98, , 前 年 度 対 比 ( 収 入 済 額 ) 収 入 済 額 は 7,817 万 1 千 円 で 前 年 度 に 比 べ 9,879 万 円 (55.83%) 減 少 している また 予 算 現 額 に 対 し 782 万 9 千 円 (9.10%)の 収 入 不 足 となっている 自 動 車 取 得 税 交 付 金 は 地 方 税 法 の 規 定 により 県 に 納 入 された 自 動 車 取 得 税 の 収 入 額 が 一 定 の 割 合 で 市 町 村 に 交 付 される 第 9 款 地 方 特 例 交 付 金 区 分 予 算 現 額 調 定 額 収 入 済 額 不 納 欠 損 額 収 入 未 済 額 予 算 現 額 と 収 入 済 額 と の 比 較 予 算 現 額 に 対 す る 収 入 比 率 調 定 額 に 対 す る 収 入 比 率 26 年 度 235, , , 年 度 241, , , ポイント ポイント 差 引 増 減 5,727 5,727 5, 前 年 度 対 比 ( 収 入 済 額 ) 収 入 済 額 は 2 億 3,529 万 6 千 円 で 前 年 度 に 比 べ 572 万 7 千 円 (2.38%) 減 少 している 地 方 特 例 交 付 金 は 個 人 住 民 税 における 住 宅 借 入 金 等 特 別 税 額 控 除 の 実 施 に 伴 う 地 方 公 共 団 体 の 減 収 を 補 てんするためのものである

39 一 般 会 計 : 歳 入 第 10 款 地 方 交 付 税 区 分 予 算 現 額 調 定 額 収 入 済 額 不 納 欠 損 額 収 入 未 済 額 予 算 現 額 と 収 入 済 額 と の 比 較 予 算 現 額 に 対 す る 収 入 比 率 調 定 額 に 対 す る 収 入 比 率 26 年 度 12,373,190 12,377,688 12,377, , 年 度 12,310,519 12,340,120 12,340, , ポイント ポイント 差 引 増 減 62,671 37,568 37, , 前 年 度 対 比 ( 収 入 済 額 ) 収 入 済 額 は 123 億 7,768 万 8 千 円 で 前 年 度 に 比 べ 3,756 万 8 千 円 (0.30%) 増 加 している また 予 算 現 額 に 対 し 449 万 8 千 円 (0.04%)の 収 入 超 過 となっている 地 方 交 付 税 及 び 臨 時 財 政 対 策 債 の 推 移 は 次 図 のとおりである 地 方 交 付 税 及 び 臨 時 財 政 対 策 債 の 推 移 ( 千 円 ) 60,000,000 50,000,000 40,000,000 地 方 交 付 税 臨 時 財 政 対 策 債 借 入 額 臨 時 財 政 対 策 債 年 度 末 残 高 55,572,916 50,717,454 45,103,194 39,787,569 34,889,663 30,000,000 20,000,000 6,934,700 6,445,800 7,059,500 7,604,700 7,243,400 10,000, ,756,738 12,870,146 12,712,512 12,340,120 12,377, 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度 なお 臨 時 財 政 対 策 債 は 地 方 財 政 の 通 常 収 支 不 足 を 補 てんするため 借 り 入 れる 市 債 で 元 利 償 還 金 相 当 額 は 後 年 度 の 基 準 財 政 需 要 額 に 算 入 されることになっている 地 方 交 付 税 は 地 方 公 共 団 体 が 等 しく 一 定 水 準 の 行 政 を 維 持 するため 国 税 である 所 得 税 法 人 税 酒 税 消 費 税 たばこ 税 の 課 税 の 一 定 割 合 と 基 準 により 交 付 される 地 方 交 付 税 には 普 通 交 付 税 と 特 別 交 付 税 があり 普 通 交 付 税 は 基 準 財 政 需 要 額 から 基 準 財 政 収 入 額 を 控 除 して 不 足 する 額 が 補 てんされる ものであり 特 別 交 付 税 は 普 通 交 付 税 に 算 定 されない 特 別 の 財 政 需 要 に 対 して 具 体 的 事 情 を 考 慮 して 交 付 される 制 度 となっている

40 一 般 会 計 : 歳 入 第 11 款 交 通 安 全 対 策 特 別 交 付 金 区 分 予 算 現 額 調 定 額 収 入 済 額 不 納 欠 損 額 収 入 未 済 額 予 算 現 額 と 収 入 済 額 と の 比 較 予 算 現 額 に 対 す る 収 入 比 率 調 定 額 に 対 す る 収 入 比 率 26 年 度 63,000 58,807 58, , 年 度 71,000 68,741 68, , ポイント ポイント 差 引 増 減 8,000 9,934 9, , 前 年 度 対 比 ( 収 入 済 額 ) 収 入 済 額 は 5,880 万 7 千 円 で 前 年 度 に 比 べ 993 万 4 千 円 (14.45%) 減 少 している また 予 算 現 額 に 対 し 419 万 3 千 円 (6.66%)の 収 入 不 足 となっている 交 通 安 全 対 策 特 別 交 付 金 は 道 路 交 通 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 105 号 )の 規 定 により 国 に 納 付 され た 交 通 反 則 金 を 交 通 安 全 施 設 の 整 備 等 に 充 てるために 交 付 されるもので 交 通 事 故 発 生 件 数 人 口 集 中 地 区 人 口 及 び 改 良 済 道 路 延 長 により 按 分 し 市 町 村 に 配 分 される

羽村市各会計決算書及び基金運用状況審査意見書

羽村市各会計決算書及び基金運用状況審査意見書 平 成 20 年 度 羽 村 市 各 会 計 決 算 及 び 基 金 運 用 状 況 審 査 意 見 書 羽 村 市 監 査 委 員 文 中 及 び 各 表 中 の 金 額 を 千 円 単 位 で 表 示 した 場 合 は 単 位 未 満 は 原 則 として 四 捨 五 入 した パーセンテージ 間 又 は 指 数 間 の 単 純 差 引 はポイントで 表 した 比 率 (%)は 原 則 として 小

More information

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状 横 市 浜 の 財 状 政 況 25 年 度 決 算 財 政 状 況 1 - 横 浜 市 - - 財 政 局 - 平 成 26 年 11 月 横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成

More information

平成23年度福知山市企業会計決算審査意見書

平成23年度福知山市企業会計決算審査意見書 平 成 26 年 度 福 知 山 市 一 般 会 及 び 各 特 別 会 歳 入 歳 出 決 算 並 び に 基 金 の 運 用 状 況 審 査 意 見 書 福 知 山 市 監 査 委 員 監 査 発 第 54 号 平 成 27 年 9 月 2 日 福 知 山 市 長 松 山 正 治 様 福 知 山 市 監 査 委 員 芦 田 芳 樹 福 知 山 市 監 査 委 員 大 谷 洋 介 平 成 26

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 平 成 25 年 5 月 神 奈 川 県 南 足 柄 市 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革

More information

Microsoft Word - 19年度3(70-104)修.doc

Microsoft Word - 19年度3(70-104)修.doc 3. 地 方 率 等 推 移 一 覧 表 -1- 区 分 昭 和 25 年 昭 和 26 年 昭 和 27 年 均 等 割 標 準 率 400~ 800 円 制 限 率 500~1,000 円 所 得 割 第 1 課 方 式 ( 所 得 ) 制 限 率 100 分 18 制 限 率 100 分 20 第 2 課 方 式 制 限 率 100 分 20 第 3 課 方 式 制 限 率 100 分 20

More information

3 地 方 率 等 推 移 -2- 昭 和 30 年 昭 和 31 年 昭 和 32 年 昭 和 33 年 昭 和 34 年 昭 和 35 年 第 1 課 方 式 率 引 下 標 準 率 100 分 15 制 限 率 第 2 課 方 式 及 び 第 3 課 方 式 について 準 拠 率 を 法 制

3 地 方 率 等 推 移 -2- 昭 和 30 年 昭 和 31 年 昭 和 32 年 昭 和 33 年 昭 和 34 年 昭 和 35 年 第 1 課 方 式 率 引 下 標 準 率 100 分 15 制 限 率 第 2 課 方 式 及 び 第 3 課 方 式 について 準 拠 率 を 法 制 3 地 方 率 等 推 移 -1- 昭 和 25 年 均 等 割 標 準 率 400~1,800 円 制 限 率 500~1,000 円 第 1 課 方 式 ( 所 得 割 ) 制 限 率 100 分 18 制 限 率 100 分 20 第 2 課 方 式 制 限 率 100 分 20 第 3 課 方 式 制 限 率 100 分 20 賦 課 期 日 8 月 1 日 昭 和 26 年 昭 和 27

More information

平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会 計 決 算 審 査 意 見 書 室 蘭 市 土 地 開 発 基 金 の 運 用 状 況 審 査 意 見 書 室 蘭 市 監 査 委 員 室 監 査 第 133 号 平 成 26 年 9 月 30 日 室 蘭 市 長 青 山 剛 様 室 蘭 市 監 査 委 員 土 倉 崇 室 蘭 市 監 査 委 員 羽 立 秀 光 平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

平 成 埼 玉 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 特 別 会 計 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 書 埼 玉 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 監 査 委 員 目 次 第 1 審 査 の 対 象 1 第 2 審 査 の 期 間 1 第 3 審 査 の 方 法 1 第 4 審 査 の 結 果 1 第 5 審 査 の 概 要 2 1 決 算 の 総 括

More information

m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 1 財 務 書 類 作 成 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 2 貸 借 対 照 表 (B/S)とは 3 3 行 政 コスト 計 算 書 (P/L)

はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 1 財 務 書 類 作 成 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 2 貸 借 対 照 表 (B/S)とは 3 3 行 政 コスト 計 算 書 (P/L) 平 成 24 年 度 稚 内 市 財 務 書 類 報 告 書 ( 新 地 方 公 会 計 制 度 - 総 務 省 方 式 改 訂 モデル) 貸 借 対 照 表 行 政 コ ス ト 計 算 書 純 資 産 変 動 計 算 書 資 金 収 支 計 算 書 北 海 道 稚 内 市 平 成 26 年 3 月 はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する

More information

Microsoft Word - H25普通会計決算状況 .docx

Microsoft Word - H25普通会計決算状況 .docx 平 成 25 年 度 佐 倉 市 決 算 ( 普 通 会 計 )の 概 要 各 地 方 公 共 団 体 は 毎 年 度 決 算 状 況 を 1 枚 のカード( 決 算 カード)にまとめて 公 表 していま す この 決 算 状 況 のまとめは 総 務 省 が 行 う 地 方 財 政 状 況 調 査 の 会 計 区 分 である 普 通 会 計 に より 算 定 されます これは 一 般 会 計 及 び

More information

03《G》資料1-2当初予算【H28】280207

03《G》資料1-2当初予算【H28】280207 平 成 28 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) ( 計 数 資 料 編 ) 平 成 28 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 計 数 資 料 編 1 歳 入 歳 出 予 算 の 概 要 1 (1) 歳 入 予 算 の 概 要 2 (2) 歳 出 予 算 の 概 要 5 2 計 数 に よ る 予 算 の 概 要 8 ( 参 考 ) 予 算 の 推 移 等 12 3 特 別 会 計 予 算 の 概

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73>

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73> 公 的 資 金 補 償 金 免 除 繰 上 償 還 に 係 る 財 政 健 全 化 画 別 添 Ⅰ 基 本 的 事 項 団 体 の 概 要 団 体 名 桑 名 市 国 調 人 口 (H7.0. 現 在 ) 38,963 職 員 数 (H22.. 現 在 ),093 構 成 団 体 名 財 政 再 生 基 準 以 上 早 期 健 全 化 基 準 以 上 健 全 化 判 断 比 率 の 状 況 画 期

More information

目 次 ( 資 産 の 部 金 融 資 産 ) 1. 資 金 4 1 資 金 明 細 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 5 2 資 金 の 明 細 台 帳 ( 付 属 明 細 表 ) 5 2. 税 等 未 収 金 6 3 債 権 債 務 整 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 6 4 当

目 次 ( 資 産 の 部 金 融 資 産 ) 1. 資 金 4 1 資 金 明 細 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 5 2 資 金 の 明 細 台 帳 ( 付 属 明 細 表 ) 5 2. 税 等 未 収 金 6 3 債 権 債 務 整 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 6 4 当 平 成 20 年 度 地 方 公 会 改 革 研 究 プロジェクト 報 告 書 金 融 資 産 負 債 台 帳 の 作 成 手 引 き 平 成 20 年 6 月 30 日 地 方 公 会 改 革 研 究 プロジェクト 目 次 ( 資 産 の 部 金 融 資 産 ) 1. 資 金 4 1 資 金 明 細 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 5 2 資 金 の 明 細 台 帳 ( 付 属 明 細 表

More information

平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 愛 知 県 監 査 委 員 27 監 査 第 71 号 平 成 27 年 9 月 7 日 愛 知 県 知 事 大 村 秀 章 殿 愛 知 県 監 査 委 員 西 川 洋 二 同 青 山 學 同 後 藤 貞 明 同 中 野 治 美 同 神 戸 洋 美 平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 の 決

More information

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の 平 成 22 年 度 決 算 行 田 市 の 財 務 書 類 4 表 総 務 省 方 式 改 訂 モデル 平 成 24 年 3 月 行 田 市 目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体

More information

1 予 算 の 姿 ( 平 成 25 当 初 予 算 ) 長 野 県 財 政 の 状 況 H25.11.15 現 在 長 野 県 の 予 算 を 歳 入 面 から 見 ると 自 主 財 源 の 根 幹 である 県 税 が 全 体 の5 分 の1 程 度 しかなく 地 方 交 付 税 や 国 庫 支

1 予 算 の 姿 ( 平 成 25 当 初 予 算 ) 長 野 県 財 政 の 状 況 H25.11.15 現 在 長 野 県 の 予 算 を 歳 入 面 から 見 ると 自 主 財 源 の 根 幹 である 県 税 が 全 体 の5 分 の1 程 度 しかなく 地 方 交 付 税 や 国 庫 支 長 野 県 における 行 政 財 政 改 革 の 取 組 について 参 考 資 料 3 1 行 政 財 政 改 革 を 推 進 するための 計 画 1 財 政 改 革 推 進 プログラム(H14~H18 ) 2 長 野 県 行 財 政 改 革 プラン(H19~H23 ) 3 長 野 県 行 政 財 政 改 革 方 針 (H24~H28 ) 事 務 事 業 の 見 直 し 民 間 委 託 など 外 部

More information

平 成 25 年 度 豊 島 区 各 会 計 決 算 審 査 意 見 書 豊 島 区 健 全 化 判 断 比 率 審 査 意 見 書 平 成 26 年 9 月 豊 島 区 監 査 委 員 平 成 25 年 度 豊 島 区 各 会 計 決 算 審 査 意 見 書 平 成 26 年 9 月 豊 島 区 監 査 委 員 目 次 各 会 計 決 算 審 査 意 見 第 1 審 査 の 対 象 1 頁 第

More information

平成12年度重点事項実施要領

平成12年度重点事項実施要領 平 成 25 年 度 定 例 監 査 重 点 事 項 実 施 結 果 平 成 25 年 度 定 例 監 査 重 点 事 項 について 実 施 した 結 果 は 次 のとおりであった 第 1 監 査 の 概 要 1 平 成 25 年 度 重 点 事 項 税 外 収 入 未 済 に 対 する 債 権 管 理 は 適 切 か 2 選 定 理 由 平 成 24 年 度 定 例 監 査 重 点 事 項 として

More information

目 次 1 国 民 健 康 と 国 民 健 康 保 険 税 ------------------------------------------------------ 1 2 基 準 政 令 と 共 通 基 準 -------------------------------------------

目 次 1 国 民 健 康 と 国 民 健 康 保 険 税 ------------------------------------------------------ 1 2 基 準 政 令 と 共 通 基 準 ------------------------------------------- 参 考 1 国 民 健 康 ( 統 一 方 式 )について 平 成 23 年 8 月 26 日 練 馬 区 区 民 部 国 保 年 金 課 目 次 1 国 民 健 康 と 国 民 健 康 保 険 税 ------------------------------------------------------ 1 2 基 準 政 令 と 共 通 基 準 ------------------------------------------------------

More information

平 成 説 シート 務 総 点 新 規 / 継 続 継 続 ポンプ 場 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 施 設 課 (0)934-345 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 昭 和 5 ポンプ 場 下 水 道

平 成 説 シート 務 総 点 新 規 / 継 続 継 続 ポンプ 場 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 施 設 課 (0)934-345 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 昭 和 5 ポンプ 場 下 水 道 新 規 / 継 続 継 続 管 渠 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 管 理 課 (0)934-963 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 不 管 渠 下 水 道 法 要 綱 等 5-6 下 水 道 整 備 個 別 計 画 下 水 道 中 期 ビジョン あかし 下 水 道 計 画 ガイド 委 託 指 定 管 理

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

平成19年度版

平成19年度版 平 成 27 年 度 版 市 税 概 要 松 江 市 目 次 松 江 市 の 概 況 ページ 1 市 域 1 2 町 別 人 口 世 帯 数 2 財 政 1 一 般 会 計 歳 入 決 算 の 推 移 3 2 一 般 会 計 予 算 の 構 成 比 ( 平 成 27 年 度 当 初 ) 3 3 平 成 27 年 度 当 初 予 算 構 成 調 4 4 平 成 26 年 度 決 算 額 調 ( 一 般

More information

平 成 20 年 度

平 成 20 年 度 議 案 第 9 号 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 の 認 定 について 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 は 別 冊 決 算 書 のとおりであるので 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 233 条 第 3 項 の 規 定 により 滋 賀

More information

<83528373815B4832338E918E598C888E5A8F912E786C73>

<83528373815B4832338E918E598C888E5A8F912E786C73> 山 形 県 公 営 企 業 資 産 運 用 事 業 会 決 算 書 目 次 1 決 算 書 1 決 算 報 告 書 1 2 損 益 算 書 5 3 剰 余 金 算 書 8 4 剰 余 金 処 分 算 書 ( 案 ) 9 5 貸 借 対 照 表 11 2 事 業 報 告 書 1 概 況 13 2 業 務 13 3 会 14 3 決 算 附 属 書 1 収 益 費 用 明 細 書 15 2 固 定 資

More information

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477>

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477> 平 成 26 年 度 (2014 年 度 ) 豊 島 区 当 初 予 算 の 概 要 平 成 26 年 3 月 豊 島 区 - 目 次 - 1 編 成 方 針 1 2 財 政 規 模 2 3 26 年 度 予 算 の 特 徴 3 4 歳 入 の 概 要 4 5 歳 出 の 概 要 6 6 消 費 税 率 引 き 上 げに 伴 う 区 財 政 への 影 響 12 7 基 金 と 起 債 の 残 高 15

More information

平 成 2 6 年 度 分 会 社 標 本 調 査 - 調 査 結 果 報 告 - 税 務 統 計 から 見 た 法 人 企 業 の 実 態 平 成 2 8 年 3 月 国 税 庁 長 官 官 房 企 画 課 目 次 会 社 標 本 調 査 について 概 要 調 査 結 果 の 概 要 Ⅰ 法 人 企 業 の 動 向 1 法 人 数 2 資 本 金 総 額 Ⅱ 法 人 企 業 の 状 況 1 利

More information

250912資料.xdw

250912資料.xdw 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 について ~ 会 計 基 準 の 概 要 運 用 指 針 ~ 平 成 25 年 9 月 12 日 ( 木 ) 小 野 瀬 木 下 税 理 士 法 人 小 野 瀬 公 認 会 計 士 事 務 所 大 木 芳 則 本 日 の 研 修 の 目 的 1. 新 会 計 基 準 の 構 成 について 理 解 しましょう! > 基 準 本 文 > 基 準 注 解 > 運 用

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2048323689AA8E528CA795EF8A878A4F95948AC48DB895F18D908F91816991E6348D65816A46494E414C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2048323689AA8E528CA795EF8A878A4F95948AC48DB895F18D908F91816991E6348D65816A46494E414C2E646F6378> 平 成 26 年 度 包 括 外 部 監 査 結 果 報 告 書 県 税 の 賦 課 徴 収 事 務 について 岡 山 県 包 括 外 部 監 査 人 公 認 会 計 士 井 上 信 二 目 次 第 1 包 括 外 部 監 査 の 概 要... 1 1 外 部 監 査 の 種 類... 1 2 選 定 した 特 定 の 事 件 (テーマ)... 1 3 監 査 の 対 象... 1 4 包 括 外

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B9E93738E739856906C95DB8CEC915B927594EF82CC8E7895D982C98AD682B782E997768D6A2E727466>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B9E93738E739856906C95DB8CEC915B927594EF82CC8E7895D982C98AD682B782E997768D6A2E727466> 京 都 市 老 保 護 措 置 費 の 支 弁 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 養 護 老 ホーム( 以 下 施 設 という )の 入 所 者 に 係 る 老 福 祉 法 第 11 条 第 1 項 の 規 定 による 措 置 に 要 する 費 用 ( 以 下 措 置 費 という )の 支 弁 に 関 し, 必 要 な 事 項 を 定 める ものとする ( 事 務

More information

40 総 論 41 法 人 課 税 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 02 税 制 の 動 向 ( 4002 ) 91 事 例 研 究 ( 4091 ) 99 その 他 ( 4099 ) 01 法 人 税 ( 4101 ) 3. 税 務 官 庁 の 組 織 4. 不 服 申 立 て 税 務

40 総 論 41 法 人 課 税 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 02 税 制 の 動 向 ( 4002 ) 91 事 例 研 究 ( 4091 ) 99 その 他 ( 4099 ) 01 法 人 税 ( 4101 ) 3. 税 務 官 庁 の 組 織 4. 不 服 申 立 て 税 務 平 成 28 年 度 版 CPE カリキュラム 一 覧 表 4. 税 務 40 総 論 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 租 税 法 入 門 税 法 総 論 1. 租 税 の 意 義 種 類 とその 役 割 2. 租 税 法 の 法 体 系 及 び 仕 組 み 3. 憲 法 との 関 係 国 家 と 税 制 1. 財 政 法 2. 会 計 法 3. 国 家 と 税 の 仕 組 み 4. 国

More information

参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例 19 中 期 目 標

参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例 19 中 期 目 標 資 料 1-2 参 考 資 料 ( 財 政 規 律 情 報 公 開 報 酬 給 与 ) 平 成 25 年 4 月 2 日 参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例

More information

<5461726F31322D819B328250944E93788B8B975E814592E888F58AC7979D>

<5461726F31322D819B328250944E93788B8B975E814592E888F58AC7979D> 能 代 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 ( 参 考 ) 区 分 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 前 年 度 の ( 年 度 末 ) A B B/A 人 件 費 率 20 年 度 人 千 円 千 円 千 円 % % 61,416 23,586,992 339,618

More information

= 目 次 = 1 はじめに...2 2 普 通 会 計 財 務 書 類 の 作 成 方 法 等...3 3 普 通 会 計 財 務 書 類...7 4 連 結 財 務 書 類... 13 5 財 務 書 類 に 基 づく 財 務 分 析... 18 資 料 編 平 成 22 年 度 決 算 状 況

= 目 次 = 1 はじめに...2 2 普 通 会 計 財 務 書 類 の 作 成 方 法 等...3 3 普 通 会 計 財 務 書 類...7 4 連 結 財 務 書 類... 13 5 財 務 書 類 に 基 づく 財 務 分 析... 18 資 料 編 平 成 22 年 度 決 算 状 況 平 成 22 年 度 多 久 市 財 務 書 類 報 告 書 平 成 23 年 12 月 = 目 次 = 1 はじめに...2 2 普 通 会 計 財 務 書 類 の 作 成 方 法 等...3 3 普 通 会 計 財 務 書 類...7 4 連 結 財 務 書 類... 13 5 財 務 書 類 に 基 づく 財 務 分 析... 18 資 料 編 平 成 22 年 度 決 算 状 況 ( 普 通

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホーム(A 型 及 びB 型 ) 運 営 費 補 助 要 綱 14 福 高 施 第 8 号 平 成 14 年 4 月 19 日 15 福 高 施 第 924 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 578 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 1007 号 平 成 1 8 年 3 月 3 日 17 福 保 高 施 第 1141 号 平

More information

平成27年度市税のしおり

平成27年度市税のしおり 枚 方 市 平 成 27 年 度 市 税 のしおり 市 民 税 課 版 平 成 27 年 度 市 税 のしおり 市 民 税 課 版 目 次 個 人 の 市 民 税 均 等 割 と 所 得 割 ---------------------------------------- 2 市 民 税 と 府 民 税 所 得 税 と 個 人 市 府 民 税 個 人 市 府 民 税 を 納 める 人 ( 納 税 義

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081A193878DAA8CA78DE090AD82CC8CBB8BB581A18169506F776572506F696E74816A81408255815E8250825189EF8B6397708169826F826382658CB48D65816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081A193878DAA8CA78DE090AD82CC8CBB8BB581A18169506F776572506F696E74816A81408255815E8250825189EF8B6397708169826F826382658CB48D65816A> 参 考 資 料 資 料 No.5 財 政 制 度 財 政 用 語 目 次 地 方 交 付 税 について 1 普 通 交 付 税 における 財 源 調 整 機 能 2 財 政 力 指 数 3 標 準 財 政 規 模 4 地 方 債 について 5 地 方 債 の 効 果 6 地 方 債 の 償 還 7 人 事 委 員 会 勧 告 制 度 8 民 間 給 与 との 比 較 方 法 9 地 方 財 政 をめぐる

More information

<5461726F2D8A678F5B92CA92428169926E95FB8CF68BA4926391CC9770816A>

<5461726F2D8A678F5B92CA92428169926E95FB8CF68BA4926391CC9770816A> 建 設 省 経 振 発 第 8 号 平 成 11 年 1 月 28 日 改 正 国 総 建 第 199 号 国 総 建 整 第 156 号 平 成 20 年 10 月 17 日 都 道 府 県 知 事 政 令 指 定 都 市 長 あて 建 設 省 建 設 経 済 局 長 公 共 工 事 に 係 る 工 事 請 負 代 金 債 権 の 譲 渡 を 活 用 した 融 資 制 度 について 建 設 投 資

More information

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金 別 表 第 二 ( 第 17 条 関 係 ) 水 道 用 水 供 給 事 業 勘 定 科 目 表 収 益 の 部 款 項 目 節 説 明 細 節 事 業 収 益 すべての 収 益 的 収 入 を 記 載 し 営 業 収 益 営 業 外 収 益 及 び 特 別 利 益 に 区 分 する 営 業 収 益 営 業 外 収 益 給 水 収 益 受 託 工 事 収 益 その 他 の 営 業 収 益 受 取 利

More information

<453A5C89FC8A76837683898393816991E6318E9F89FC92F9816A955C8E862E646F63>

<453A5C89FC8A76837683898393816991E6318E9F89FC92F9816A955C8E862E646F63> ~ 健 全 で 自 立 した 病 院 経 営 を 目 指 して~ 第 1 次 改 訂 ( 平 成 23~25 ) 平 成 23 年 11 月 岡 山 県 備 前 市 目 次 1 はじめに 1 2 計 画 期 間 1 3 備 前 病 院 1 (1) 現 況 及 び 役 割 1 (2) 経 営 効 率 化 計 画 3 4 日 生 病 院 5 (1) 現 況 及 び 役 割 5 (2) 経 営 効 率 化

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

ア 改 正 法 の 施 行 日 以 後 に 設 立 された 医 療 法 人 (ただし 改 正 法 の 施 行 日 以 後 に 設 立 の 申 請 を 行 った 医 療 法 人 に 限 る ) 又 は 改 正 法 の 施 行 日 前 に 設 立 された 医 療 法 人 で 施 行 日 以 降 に 法

ア 改 正 法 の 施 行 日 以 後 に 設 立 された 医 療 法 人 (ただし 改 正 法 の 施 行 日 以 後 に 設 立 の 申 請 を 行 った 医 療 法 人 に 限 る ) 又 は 改 正 法 の 施 行 日 前 に 設 立 された 医 療 法 人 で 施 行 日 以 降 に 法 改 正 後 全 文 医 政 指 発 第 0330003 号 平 成 1 9 年 3 月 30 日 最 終 改 正 医 政 指 発 0809 第 3 号 平 成 25 年 8 月 9 日 各 都 道 府 県 医 政 主 管 部 ( 局 ) 長 各 地 方 厚 生 局 健 康 福 祉 部 長 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 指 導 課 長 医 療 法 人 における 事 業 報 告 書 等 の 様 式

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 及 び 平 均 給 与 の 状 況 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 埼 玉 県 43.3 類 似 団 体 平 均 年 齢 44. 43.5 42.

2 職 員 の 平 均 給 与 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 及 び 平 均 給 与 の 状 況 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 埼 玉 県 43.3 類 似 団 体 平 均 年 齢 44. 43.5 42. の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 出 額 件 費 件 費 率 実 質 収 支 ( 平 成 27 年 1 月 1 日 ) A B B/A 平 成 26 年 度 千 千 千 57,249 18,943,425 843,562 2,87,314 14.8 件 費 には 特 別 職 に 支 給 される 給

More information

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表 法 人 単 位 連 結 財 務 諸 表 -1- ( 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ) ( 単 位 : 円 ) 連 結 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 資 産 の 部 Ⅰ 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 383,930,868,159 代 理 店 勘 定 50,479,456,400 有 価 証 券 759,499,383,243

More information

<81798AAE90AC94C5817A483236906C8E968D7390AD81694832372E348C668DDA94C5816A288F4390B3292E786C73>

<81798AAE90AC94C5817A483236906C8E968D7390AD81694832372E348C668DDA94C5816A288F4390B3292E786C73> 函 館 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 25 年 度 住 民 基 本 台 帳 人 口 (25 年 12 月 31 日 ) 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B/A 人 274,485 135,133,615 1,560,497 17,631,082 B 人 件 費 率 13.1 ( 参 考 ) 24

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6> 東 京 大 学 固 定 資 産 管 理 規 程 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 東 大 規 則 第 178 号 ) 改 正 : 平 成 17 年 2 月 8 日 東 大 規 則 第 289 号 改 正 : 平 成 18 年 9 月 26 日 東 大 規 則 第 33 号 改 正 : 平 成 19 年 7 月 1 日 東 大 規 則 第 15 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 30 日

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

平成21年2月17日

平成21年2月17日 平 成 26 年 12 月 18 日 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 公 益 社 団 法 人 福 岡 中 部 法 人 会 福 岡 地 区 の5 公 益 社 団 法 人 会 は 平 成 28 年 度 の 税 制 改 正 に 関 して 中 小 企 業 に 係 る 税 制 を 中 心 に 下 記 のとおり その 実 現 を 強 く 要 望 します 記 1 重 点 要 望 事 項 1

More information

有 収 率 (%) 年 間 総 有 収 水 量 年 間 総 配 水 量 100 施 設 効 率 を 見 る 場 合 施 設 の 稼 働 状 況 がそのまま 収 益 につながっているかについては 有 収 率 で 確 認 することが 重 要 である 有 収 率 が 低 いということは 漏 水 が 多 い

有 収 率 (%) 年 間 総 有 収 水 量 年 間 総 配 水 量 100 施 設 効 率 を 見 る 場 合 施 設 の 稼 働 状 況 がそのまま 収 益 につながっているかについては 有 収 率 で 確 認 することが 重 要 である 有 収 率 が 低 いということは 漏 水 が 多 い 水 道 事 業 経 営 に 関 する 各 指 標 の 説 明 (1) 事 業 の 概 要 普 及 率 (%) 現 在 給 水 人 口 行 政 区 域 内 人 口 100 平 均 有 収 水 量 (l) 一 日 平 均 有 収 水 量 現 在 給 水 人 口 有 形 固 定 資 産 減 価 償 却 率 (%) 有 形 固 定 資 産 減 価 償 却 累 計 額 有 形 固 定 資 産 のうち 償 却

More information

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を 学 校 法 人 会 計 の 特 徴 や 企 業 会 計 との 違 い 学 校 法 人 は 学 校 を 運 営 し 教 育 研 究 を 遂 行 することを 目 的 としており 企 業 のよう に 利 益 を 追 求 する 経 済 活 動 そのものを 事 業 目 的 とすることはできません 学 校 法 人 会 計 では 文 部 科 学 省 令 により 定 められた 学 校 法 人 会 計 基 準 に 基

More information

() ラスパイレス 指 数 の 状 況 110.0 10.0 100.0 (H0..1) 98.0 (H..1) 10.6 (H.7.1) (H..1) 99.8 参 考 値 97. (H0..1) 100.9 (H..1) 108. (H..1) (H.7.1) 106.6 10. (H.7.1)

() ラスパイレス 指 数 の 状 況 110.0 10.0 100.0 (H0..1) 98.0 (H..1) 10.6 (H.7.1) (H..1) 99.8 参 考 値 97. (H0..1) 100.9 (H..1) 108. (H..1) (H.7.1) 106.6 10. (H.7.1) の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 ( 年 度 末 ) 平 成 年 度 6,86 人 歳 出 額 (A) 10,090,11 実 質 収 支 人 件 費 (B) 人 件 費 率 (B/A) % 6,1 6,19,119 18.6 ( 参 考 ) 平 成 年 度 の 人 件 費 率 1.7

More information

資 金 不 足 比 率 (%) 資 金 の 不 足 額 事 業 の 規 模 資 金 不 足 比 率 は 各 公 営 企 業 の 資 金 不 足 を 公 営 企 業 の 事 業 規 模 である 料 金 収 入 の 規 模 と 比 較 して 指 標 化 し 経 営 状 態 の 悪 化 の 度 合 いを

資 金 不 足 比 率 (%) 資 金 の 不 足 額 事 業 の 規 模 資 金 不 足 比 率 は 各 公 営 企 業 の 資 金 不 足 を 公 営 企 業 の 事 業 規 模 である 料 金 収 入 の 規 模 と 比 較 して 指 標 化 し 経 営 状 態 の 悪 化 の 度 合 いを 用 語 解 説 1 共 通 事 項 用 語 算 出 方 法 解 説 経 常 収 支 比 率 (%) ( 法 適 用 企 業 ) 経 常 収 益 経 常 費 用 損 益 計 算 書 の 項 目 間 の 分 析 であり 企 業 にとっては 最 も 重 要 な 指 標 の 一 つである この 比 率 は 主 たる 営 業 活 動 によって 得 た 収 益 と 他 の 関 連 する 収 益 の 合 算 を

More information

Microsoft Word - 事業報告_監査法人用_FINAL.doc

Microsoft Word - 事業報告_監査法人用_FINAL.doc 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 2 月 28 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 そ の 他 貸 倒 引 当 金 固 定 資 産 有 形 固 定 資 産 建 物 構 築

More information

(4) 給 与 改 定 の 状 況 須 坂 市 には 事 委 員 会 が 設 置 されていないため 事 委 員 会 による 勧 告 はありません 月 例 給 の 給 与 改 定 率 特 別 給 の 年 間 支 給 月 数 は 国 に 準 じて 改 定 をおこなっています 1 月 例 給 区 分 民

(4) 給 与 改 定 の 状 況 須 坂 市 には 事 委 員 会 が 設 置 されていないため 事 委 員 会 による 勧 告 はありません 月 例 給 の 給 与 改 定 率 特 別 給 の 年 間 支 給 月 数 は 国 に 準 じて 改 定 をおこなっています 1 月 例 給 区 分 民 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 須 坂 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 25 年 1 月 1 日 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 25 年 度 千 千 千 52,53 2,86,482 523,994 3,612,15

More information

予 算 のはなし 予 算 とは 何 ですか? 予 算 の 種 類 と 一 般 会 計 の 予 算 額 について 予 算 とは 1 年 間 に 行 おうとしている 市 の 行 政 の 仕 事 ( 事 業 など)をお 金 で 表 したもので 市 の 活 動 資 金 計 画 のことです 予 算 は お 金

予 算 のはなし 予 算 とは 何 ですか? 予 算 の 種 類 と 一 般 会 計 の 予 算 額 について 予 算 とは 1 年 間 に 行 おうとしている 市 の 行 政 の 仕 事 ( 事 業 など)をお 金 で 表 したもので 市 の 活 動 資 金 計 画 のことです 予 算 は お 金 平 成 27 年 度 美 濃 市 一 般 会 計 当 初 予 算 説 明 資 料 予 算 のはなし 予 算 とは 何 ですか? 予 算 の 種 類 と 一 般 会 計 の 予 算 額 について 予 算 とは 1 年 間 に 行 おうとしている 市 の 行 政 の 仕 事 ( 事 業 など)をお 金 で 表 したもので 市 の 活 動 資 金 計 画 のことです 予 算 は お 金 の 使 い 道 などにより

More information

般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目 指 そ 効 果 早 期 届 期 待 ろ 自 乏 割 占 交 付 況 加 自 根 幹 当 幹 産 産 不 振 継 者 不 足 観 光 産

般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目 指 そ 効 果 早 期 届 期 待 ろ 自 乏 割 占 交 付 況 加 自 根 幹 当 幹 産 産 不 振 継 者 不 足 観 光 産 ご 蛇 易 下 呂 式 No. 発 発 : 青 森 県 編 集 : 広 編 集 - 青 森 県 下 北 郡 大 字 易 字 大 川 目 - TEL --(FAX 兼 ) 常 任 総 常 任 大 原 子 力 発 電 般 質 動 編 集 記 般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目

More information

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会 1 税 目 1. 国 税 ( 所 得 税 ) 要 望 カテゴリー 1 69. その 他 所 得 税 ( 国 税 ) 不 動 産 所 得 と 事 業 所 得 を 統 合 すること 事 業 所 得 と 不 動 産 所 得 の 区 分 は 資 産 所 得 の 合 算 課 税 が 行 われていたころの 名 残 であり 不 動 産 所 得 にも 一 定 の 労 務 の 提 供 及 びリスクの 負 担 があり

More information

側 方 2, 裏 ), 38 正 面 路 線 ( 路 線 価 NO, 路 線 価 下 落 率 第 1 年 度 1, 路 線 価 下 落 率 第 2 年 度 1, 路 線 価 下 落 率 第 3 年 度 1, 正 面 非 道 路 サイン, 現 基 準 年 度 路 線 価, 奥 行 率, 補 正 1,

側 方 2, 裏 ), 38 正 面 路 線 ( 路 線 価 NO, 路 線 価 下 落 率 第 1 年 度 1, 路 線 価 下 落 率 第 2 年 度 1, 路 線 価 下 落 率 第 3 年 度 1, 正 面 非 道 路 サイン, 現 基 準 年 度 路 線 価, 奥 行 率, 補 正 1, ( 別 添 2) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 宛 名 情 報 1 レコードキー, 2 宛 名 番 号, 3 履 歴 番 号, 4 個 人 法 人 区 分, 5 宛 名 種 別, 6 住 所 コード, 7 市 外 識 別 サイン, 8 市 町 村 コード, 9 住 所 文 字 数, 10 住 所, 11 方 書, 12 個 人 法 人 名, 13 個 人 本 名, 14 個 人

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 平 成 2 年 度 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 の 結 果 会 計 検 査 院 1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 及 び

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

目 次 決 算 書 1 平 成 25 年 度 丸 亀 市 水 道 事 業 決 算 報 告 書 ⑴ 収 益 的 収 入 及 び 支 出 1 ⑵ 資 本 的 収 入 及 び 支 出 3 2 平 成 25 年 度 丸 亀 市 水 道 事 業 損 益 計 算 書 5 3 平 成 25 年 度 丸 亀 市 水

目 次 決 算 書 1 平 成 25 年 度 丸 亀 市 水 道 事 業 決 算 報 告 書 ⑴ 収 益 的 収 入 及 び 支 出 1 ⑵ 資 本 的 収 入 及 び 支 出 3 2 平 成 25 年 度 丸 亀 市 水 道 事 業 損 益 計 算 書 5 3 平 成 25 年 度 丸 亀 市 水 平 成 25 年 度 丸 亀 市 水 道 事 業 会 計 決 算 書 丸 亀 市 目 次 決 算 書 1 平 成 25 年 度 丸 亀 市 水 道 事 業 決 算 報 告 書 ⑴ 収 益 的 収 入 及 び 支 出 1 ⑵ 資 本 的 収 入 及 び 支 出 3 2 平 成 25 年 度 丸 亀 市 水 道 事 業 損 益 計 算 書 5 3 平 成 25 年 度 丸 亀 市 水 道 事 業 剰 余

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 級 の 給 料 月 額 最 高 号 級 の 給 料 月 額 1 級 ( 単 位 : ) 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 9 級 1 級 135,6 185,8 222,9 261,

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 級 の 給 料 月 額 最 高 号 級 の 給 料 月 額 1 級 ( 単 位 : ) 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 9 級 1 級 135,6 185,8 222,9 261, 別 紙 3 宇 治 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 (23 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 19,158 6,283,229 364,56 11,757,664 19.5 ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 2.9

More information

<4D F736F F D E B782AB82DE82E782F182C78BC696B18E64976C8F F4390B38DCF82DD816A2E646F63>

<4D F736F F D E B782AB82DE82E782F182C78BC696B18E64976C8F F4390B38DCF82DD816A2E646F63> すきむらんど 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 ( 平 成 29 年 4 月 1 日 ~ 平 成 34 年 3 月 31 日 分 ) 小 林 市 須 木 庁 舎 地 域 振 興 課 1 すきむらんど 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 すきむらんどの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 びその 範 囲 等 は この 仕 様 書 ( 以 下 本 仕 様 書 と いう)による

More information

第25回税制調査会 総25-2

第25回税制調査会 総25-2 主 要 税 目 ( 地 方 税 )の 税 収 ( 決 算 額 地 方 財 政 計 画 ベース)の 推 移 10 11 固 定 資 産 税 の 性 格 1 わが 国 税 制 の 現 状 と 課 題 -21 世 紀 に 向 けた 国 民 の 参 加 と 選 択 -( 抄 )( 平 成 12 年 7 月 税 制 調 査 会 ) 第 一 基 本 的 考 え 方 四 税 制 の 検 討 の 視 点 4. 地

More information

厚生年金基金の制度改正201404

厚生年金基金の制度改正201404 厚 生 年 金 基 金 の 制 度 改 正 に 係 る 解 説 ~ 政 省 令 告 示 の 公 布 および 通 知 の 発 出 を 受 けて~ 2014 年 4 月 AD908- 年 14-01 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. はじめに 2013( 平 成 25) 年 6 月 19 日 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しおよび

More information

地 方 自 治 法 第 233 条 第 5 項 の 規 定 により 平 成 27 年 度 決 算 に 係 る 主 要 施 策 成 果 説 明 書 を 次 のとおり 提 出 する 平 成 28 年 8 月 29 日 小 布 施 町 長 市 村 良 三

地 方 自 治 法 第 233 条 第 5 項 の 規 定 により 平 成 27 年 度 決 算 に 係 る 主 要 施 策 成 果 説 明 書 を 次 のとおり 提 出 する 平 成 28 年 8 月 29 日 小 布 施 町 長 市 村 良 三 平 成 27 年 度 事 業 実 績 及 び 主 要 施 策 成 果 説 明 書 小 布 施 町 地 方 自 治 法 第 233 条 第 5 項 の 規 定 により 平 成 27 年 度 決 算 に 係 る 主 要 施 策 成 果 説 明 書 を 次 のとおり 提 出 する 平 成 28 年 8 月 29 日 小 布 施 町 長 市 村 良 三 目 次 1.はじめに 1 2. 平 成 27 年 度

More information

Ⅱ 1. 厚 生 年 金 保 険 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 厚 生 年 金 保 険 が 適 用 されている 事 業 所 をいう すなわち 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 第 1 項 第 1 号 に 掲 げられている 事 業 の 事 業 所 であって 常 時 5 人 以 上 の 従 業 員 を 使 用 する 事 業 所 又 は 船 舶 及 び 国

More information

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378> 財 務 諸 表 の 見 方 岡 山 大 学 目 次 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 財 務 諸 表 の 体 系 貸 借 対 照 表 表 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 負 債 の 部 純 資 産 の 部 損 益 計 算 書 経 常 費 用 経 常 収 益 臨 時 損 益 等 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031957B92868E7382CC8DE096B18F94955C8169955C8E86816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031957B92868E7382CC8DE096B18F94955C8169955C8E86816A2E646F6378> 府 中 市 の 財 務 諸 表 ( 平 成 2 年 度 決 算 ) 広 島 県 府 中 市 平 成 22 年 3 月 は じ め に 今 日 わが 国 全 体 の 財 政 状 況 は 危 機 的 状 況 にあるといわれる 中 で 公 会 計 について 現 在 の 現 金 主 義 による 財 務 情 報 に 加 え 資 産 債 務 の 現 状 とその 推 移 などの 情 報 を 国 が 示 した 統

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 出 資 金 の 運 用 益 を 事 業 費 としており 出 資 金 の 利 払 いの 一 部 を 地 方 交 付 税 措 置 している ことから 復 興 基 金 の 事 業 費 を 地 方 交 付 税 で 支 える 仕 組 みということができる なお 図 表 6-3 にあるように 事 業 費 の 一 部 だけを 交 付 税 措 置 するのは 公 的 資 金 を 被 災 者 の 住 宅 再 建 や 個

More information

国税連携ファイル記録項目一覧

国税連携ファイル記録項目一覧 様 式 ID 等 帳 票 名 記 録 項 目 等 様 式 ID 等 帳 票 名 記 録 項 目 等 KOA010 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) KOB381 事 業 基 盤 強 化 設 備 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 す る 明

More information

1 2 3 4 5

1 2 3 4 5 1 2 3 4 5 1 人 口 及 び 世 帯 数 の 推 移 (3 月 末 現 在 ) 年 別 世 帯 数 人 口 男 女 人 口 伸 指 数 人 口 密 度 平 成 13 年 20,991 43,184 19,620 23,564 100.0 701.6 14 20,931 42,740 19,441 23,299 99.0 694.4 15 21,087 42,582 19,318 23,264

More information

平 成 1 3 年 度

平 成 1 3 年 度 27 豊 建 維 第 33-3 号 平 成 27 年 7 月 31 日 豊 前 市 監 査 委 員 初 山 吉 治 様 豊 前 市 監 査 委 員 鈴 木 正 博 様 豊 前 市 長 後 藤 ( 建 設 課 ) 元 秀 定 期 監 査 等 の 結 果 について( 回 答 ) 平 成 27 年 5 月 に 実 施 されました 定 期 監 査 等 においてご 指 摘 いただきました 事 項 について 下

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 区 分 民 間 給 与 本 市 では 人 口 が15 万 人 未 満 のため 人 事 委 員 会 を 設 置 していないため 記 載 していません ( 給 与 改 定 については 国 と 同 様 です ) 人 事 委 員 会 の 勧 告 公 務 員

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 区 分 民 間 給 与 本 市 では 人 口 が15 万 人 未 満 のため 人 事 委 員 会 を 設 置 していないため 記 載 していません ( 給 与 改 定 については 国 と 同 様 です ) 人 事 委 員 会 の 勧 告 公 務 員 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 垂 水 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 3 月 31 日 時 点 ) A B B/A 平 成 21 年 度 の 人

More information

1

1 第 3 章 大 規 模 修 繕 及 び 建 替 えにかかる 将 来 用 3. 大 規 模 修 繕 及 び 建 替 えにかかる 将 来 用 1 将 来 用 試 算 のための 条 件 現 在 市 が 保 有 している 建 物 借 用 物 件 は 除 くについて 将 来 もそのまま 保 有 し 続 け るために 必 要 となる 用 を 試 算 します ア 建 替 えコストの 考 え 方 1 建 替 え

More information

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A>

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A> 平 成 23 年 平 成 24 年 改 正 等 に 伴 う 理 論 マスタ-の 改 訂 ( 理 論 マスターに 貼 付 可 能 ) 平 成 23 年 改 正 等 2ー4 給 与 所 得 者 の 特 定 支 出 控 除 の 特 例 Ⅲ 申 告 要 件 ( 法 57の23) この 規 定 は 確 定 申 告 書 修 正 申 告 書 又 は 更 正 請 求 書 にこの 規 定 の 適 用 を 受 け る

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

2 連 結 注 記 表 連 結 計 算 書 類 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 連 結 子 会 社 の 数 8 社 連 結 子 会 社 の 名 称 日 精 興 産 日 精 バイリス アルボース オレオトレ

2 連 結 注 記 表 連 結 計 算 書 類 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 連 結 子 会 社 の 数 8 社 連 結 子 会 社 の 名 称 日 精 興 産 日 精 バイリス アルボース オレオトレ 1 法 令 および 定 款 に 基 づく インターネット 開 示 事 項 連 結 注 記 表 個 別 注 記 表 第 146 期 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 から 平 成 26 年 3 月 31 日 まで) 上 記 の 事 項 につきましては 法 令 および 当 社 定 款 第 15 条 の 規 定 に 基 づき インターネット 上 の 当 社 ホームページ (http://www.nipponseika.co.jp/)に

More information

<82678251824F8144825082518DE090AD8FF38BB58CF6955C2E786477>

<82678251824F8144825082518DE090AD8FF38BB58CF6955C2E786477> 目 次 Ⅰ 決 算 の 概 要 1 Ⅱ 一 般 会 計 決 算 の 状 況 2 1 決 算 規 模 と 決 算 収 支 2 2 歳 入 決 算 の 状 況 3 (1) 総 括 3 (2) 財 源 の 性 質 別 分 類 4 (3) 市 税 の 状 況 5 (4) 地 方 交 付 税 の 状 況 5 (5) 市 債 の 状 況 6 3 歳 出 決 算 の 状 況 7 (1) 総 括 7 (2) 歳 出

More information

目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費 13 下 水 道 費 14 その 他 の 土 木 費 16

目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費 13 下 水 道 費 14 その 他 の 土 木 費 16 普 通 交 付 税 算 定 事 務 の 手 引 きについて 平 成 26 年 12 月 改 訂 岐 阜 県 清 流 の 国 推 進 部 市 町 村 課 税 政 係 目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費

More information

スライド 1

スライド 1 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 地 方 公 営 企 業 とは 那 覇 市 上 下 水 道 局 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 な 考 え 方 地 方 公 営 企 業 の 会 計 制 度 は 地 方 公 営 企 業 法 及 び 関 係 政 省 令 の 改 正 に 伴 い 昭 和 41 年 以 来 約 半 世 紀 ぶりに

More information

1 検 査 の 背 景 地 方 財 政 の 状 況 について 会 計 検 査 院 は 平 成 17 年 6 月 に 参 議 院 から 国 会 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 79 号 ) 第 105 条 の 規 定 に 基 づく 検 査 要 請 を 受 けて その 検 査 結 果 を18 年

1 検 査 の 背 景 地 方 財 政 の 状 況 について 会 計 検 査 院 は 平 成 17 年 6 月 に 参 議 院 から 国 会 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 79 号 ) 第 105 条 の 規 定 に 基 づく 検 査 要 請 を 受 けて その 検 査 結 果 を18 年 地 方 財 政 計 画 及 び 地 方 公 務 員 の 特 殊 勤 務 手 当 等 の 状 況 につい ての 報 告 書 ( 要 旨 ) 平 成 2 6 年 4 月 会 計 検 査 院 1 検 査 の 背 景 地 方 財 政 の 状 況 について 会 計 検 査 院 は 平 成 17 年 6 月 に 参 議 院 から 国 会 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 79 号 ) 第 105 条 の 規

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089FC82575F976E82AF8D9E82DD5F814030393035313520836083468362834E837C83438393836781698E518D6C8E8E88C4816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089FC82575F976E82AF8D9E82DD5F814030393035313520836083468362834E837C83438393836781698E518D6C8E8E88C4816A2E646F63> 地 方 公 共 団 体 財 政 健 全 化 法 における 健 全 化 判 断 比 率 及 び 資 金 不 足 比 率 に 関 するチェックポイント( 参 考 試 案 ) 目 次 総 括 表 1 健 全 化 判 断 比 率 の 状 況 P. 2 総 括 表 2 連 結 実 質 赤 字 比 率 等 の 状 況 P. 5 総 括 表 3 実 質 公 債 費 比 率 の 状 況 P. 7 総 括 表 4 将

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

Microsoft Word - 24kyuyoteiinkanri.doc

Microsoft Word - 24kyuyoteiinkanri.doc 芦 屋 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 (23 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A 人 23 年 度 94,463 35,526,420 1,552,807 7,922,645 22.3 ( 参 考 ) 22 年 度 の

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 津 山 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) 年 度 25 (26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 105,557 人 千 千 60,713,839 1,443,250 千 7,634,637 12.6

More information

議 案 第 132 号 平 成 28 年 度 北 上 市 一 般 会 計 予 算 平 成 28 年 度 北 上 市 の 一 般 会 計 の 予 算 は 次 に 定 めるところによる ( 歳 入 歳 出 予 算 ) 第 1 条 歳 入 歳 出 予 算 の 総 額 は 歳 入 歳 出 それぞれ36,79

議 案 第 132 号 平 成 28 年 度 北 上 市 一 般 会 計 予 算 平 成 28 年 度 北 上 市 の 一 般 会 計 の 予 算 は 次 に 定 めるところによる ( 歳 入 歳 出 予 算 ) 第 1 条 歳 入 歳 出 予 算 の 総 額 は 歳 入 歳 出 それぞれ36,79 平 成 28 年 度 北 上 市 一 般 会 計 予 算 議 案 第 132 号 平 成 28 年 度 北 上 市 一 般 会 計 予 算 平 成 28 年 度 北 上 市 の 一 般 会 計 の 予 算 は 次 に 定 めるところによる ( 歳 入 歳 出 予 算 ) 第 1 条 歳 入 歳 出 予 算 の 総 額 は 歳 入 歳 出 それぞれ36,796,000 千 円 と 定 め る 2 歳

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 新 潟 県 政 令 指 定 都 市 平 均 平 均 年 齢 43

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 新 潟 県 政 令 指 定 都 市 平 均 平 均 年 齢 43 別 紙 3 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A B B/A 21 年 度 の 件 費 率 22 年 度 803,072 349,918,053 1,594,508 54,662,625 15.6 15.4

More information

資料2-1

資料2-1 下 水 道 と 合 併 処 理 浄 化 槽 の 連 携 事 例 資 料 2-1 平 成 18 年 (2006 年 )1 月 31 日 広 島 市 Ⅰ 市 街 化 区 域 外 の 生 活 排 水 処 理 に 係 る 整 備 方 針 について 1 衛 生 的 で 快 適 な 生 活 環 境 の 実 現 と 良 好 な 水 環 境 の 保 全 を 図 るため 遅 れてい る 市 街 化 区 域 外 の

More information

: 1 () () () () 5013,000 () 55 14,300 () 95 152,000 70 () 35 () 17,965 () () () 75 72,100 30 () 55,558 2 () () 33,630 35,780 () 1/240,253 ()75% 85,200 50 () 75% 7,000 ()1,531 () 21,340 () 3 () () 100%190,000

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 要 綱 13 福 高 施 第 965 号 平 成 14 年 1 月 22 日 15 福 高 施 第 925 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 93 号 平 成 16 年 10 月 21 日 16 福 保 高 施 第 579 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 第 1008

More information

第29回税制調査会 総29-2

第29回税制調査会 総29-2 平 28. 1.28 総 29-2 説 明 資 料 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 について( 地 方 税 ) 平 成 28 年 1 月 28 日 ( 木 ) 法 人 税 改 革 1 2 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 引 下 げと 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 ( 案 ) 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 を 引 き 下 げ 外 形 標 準 課 税 を5/8に

More information