Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1

2

3

4 靱 靱 靱 靱 靱 靱 捗

5 靱 靱 靱 靱 靱 捗

6 靱 靱

7 捗 捗 捗 靱 捗 捗

8

9 捗 捗

10

11 捗 捗 樋 樋

12

13

14

15 捗 捗 捗

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25 捗 捗

26

27

28

29

30

31 捗 捗

32

33

34

35

36 捗 捗

37 捗 靱

38

39

40

41

42

43

44

45

46 捗 靱 靱 靱

47 靱 靱 靱

48 靱 靱 靱

49 靱 靱 靱 靱 靱

50

51

52 基 本 目 標 事 前 に 備 えるべき 目 標 プログラムにより 回 避 すべき 起 きてはならな い 最 悪 の 事 態 各 府 省 庁 が 取 り 組 む 施 策 (プログラムに 対 応 すると 考 えられるもの) 1) 行 政 機 能 / 警 察 消 防 等 ( 行 政 機 能 ) 1) 行 政 機 能 / 警 察 消 防 等 ( 警 察 消 防 等 ) 2) 住 宅 都 市 Ⅰ. 人 命 を 守 る Ⅱ. 行 政 経 済 社 会 を 維 持 す る 重 要 な 機 能 が 致 命 傷 を 負 わない Ⅲ. 財 産 施 設 等 に 対 する 被 害 のできる 限 りの 低 減 被 害 拡 大 の 防 止 Ⅳ. 迅 速 な 復 旧 回 復 1. 大 規 模 自 然 災 害 が 発 生 したときでも 人 命 の 保 護 が 最 大 限 図 られる 1-1) 大 都 市 での 建 物 交 通 施 設 等 の 複 合 的 大 規 模 倒 壊 や 住 宅 密 集 地 における 火 災 による 死 傷 者 の 発 生 国 交 気 象 地 震 津 波 火 山 に 対 する 防 災 情 報 の 高 度 化 と 警 察 警 察 施 設 の 耐 災 害 性 の 強 化 適 時 的 確 な 発 表 内 閣 府 地 震 対 策 の 推 進 文 科 学 校 施 設 の 耐 震 化 (つり 天 井 等 の 非 構 造 部 材 ライフラインの 耐 震 対 策 を 含 む) 警 察 災 害 時 における 警 察 活 動 確 保 のための 警 察 情 報 通 信 基 盤 の 堅 牢 化 高 度 化 の 推 進 及 び 機 動 警 察 通 信 隊 の 対 国 交 老 朽 化 マンションの 建 替 え 等 の 促 進 処 能 力 の 更 なる 向 上 総 務 拠 点 機 能 形 成 車 両 等 の 緊 急 消 防 援 助 隊 の 車 両 整 備 ヘリ ヘリサット 等 の 整 備 等 による 緊 急 消 防 援 助 隊 の 対 応 国 交 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 の 促 進 力 の 強 化 国 交 TEC-FORCE 等 の 派 遣 特 定 緊 急 水 防 活 動 等 の 発 災 時 の 対 応 と 人 員 資 機 材 等 の 整 備 等 国 交 宅 地 の 耐 震 化 の 推 進 総 務 ICTやG 空 間 情 報 を 活 用 した 災 害 対 応 力 の 強 化 国 交 避 難 地 等 となる 公 園 緑 地 広 場 等 における 老 朽 化 対 策 の 推 進 総 務 消 防 救 急 無 線 のデジタル 化 国 交 主 要 駅 周 辺 等 における 帰 宅 困 難 者 対 策 警 察 災 害 警 備 訓 練 施 設 の 整 備 国 交 地 下 街 の 防 災 対 策 の 推 進 総 務 エネルギー 産 業 基 盤 の 災 害 対 応 力 の 強 化 国 交 避 難 地 避 難 路 の 整 備 延 焼 遮 断 帯 周 辺 の 不 燃 化 対 策 の 推 進 総 務 救 助 活 動 等 拠 点 施 設 の 整 備 国 交 避 難 路 となる 道 路 緑 道 の 整 備 狭 隘 道 路 の 拡 幅 の 整 備 総 務 火 災 予 防 危 険 物 事 故 防 止 対 策 等 の 推 進 国 交 密 集 市 街 地 に 係 る 避 難 路 沿 道 建 築 物 の 改 修 建 替 え 等 の 推 進 警 察 災 害 警 備 訓 練 の 実 施 国 交 老 朽 建 築 物 の 除 却 と 合 わせた 耐 火 建 築 物 への 共 同 建 替 えの 推 進 警 察 災 害 用 装 備 資 機 材 の 充 実 強 化 文 科 実 大 三 次 元 震 動 破 壊 実 験 施 設 (E- ディフェンス)を 活 用 した 震 動 実 験 研 究 警 察 警 察 用 航 空 機 等 の 整 備 国 交 避 難 地 等 となる 公 園 緑 地 広 場 等 の 整 備 警 察 通 信 指 令 施 設 の 更 新 整 備 国 交 長 周 期 地 震 動 による 影 響 が 大 きい 建 築 物 への 検 討 の 義 務 付 け 総 務 高 機 能 消 防 指 令 センターや 耐 震 性 貯 水 槽 等 の 消 防 防 災 施 設 の 整 備 耐 震 化 等 による 地 域 における 防 災 基 盤 等 の 整 備 総 務 消 防 団 員 の 確 保 対 策 安 全 確 保 及 び 消 防 団 自 主 防 災 組 織 等 の 地 域 防 災 リーダーの 充 実 強 化 総 務 常 備 消 防 力 の 強 化 総 務 地 方 公 共 団 体 の 組 織 体 制 の 強 化 危 機 対 応 能 力 の 向 上 防 衛 地 方 公 共 団 体 の 組 織 体 制 の 強 化 のための 人 的 支 援 国 交 天 井 脱 落 対 策 に 係 る 基 準 の 策 定 及 び 建 築 基 準 法 による 適 合 義 務 付 け 国 交 帰 宅 困 難 者 負 傷 者 対 応 のための 防 災 拠 点 の 整 備 促 進 国 交 官 庁 施 設 の 地 震 津 波 対 策 警 察 警 察 施 設 の 耐 災 害 性 の 強 化 文 科 公 立 社 会 体 育 施 設 の 耐 震 化 法 務 法 務 省 施 設 の 防 災 減 災 対 策 警 察 災 害 時 における 警 察 活 動 確 保 のための 警 察 情 報 通 信 基 盤 の 堅 牢 化 高 度 化 の 推 進 及 び 機 動 警 察 通 信 隊 の 対 国 交 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 の 促 進 処 能 力 の 更 なる 向 上 国 交 気 象 地 震 津 波 火 山 に 対 する 防 災 情 報 の 高 度 化 と 総 務 Jアラートの 自 動 起 動 機 等 の 整 備 等 による 住 民 に 対 す 文 科 学 校 施 設 の 耐 震 化 (つり 天 井 等 の 非 構 造 部 材 ライフ 適 時 的 確 な 発 表 る 災 害 情 報 の 迅 速 かつ 確 実 な 伝 達 ラインの 耐 震 対 策 を 含 む) 総 務 拠 点 機 能 形 成 車 両 等 の 緊 急 消 防 援 助 隊 の 車 両 整 備 ヘリ ヘリサット 等 の 整 備 等 による 緊 急 消 防 援 助 隊 の 対 応 文 科 公 立 社 会 教 育 施 設 等 の 耐 震 化 力 の 強 化 文 科 国 指 定 等 文 化 財 の 耐 震 化 石 垣 や 地 総 務 ICTやG 空 間 情 報 を 活 用 した 災 害 対 応 力 の 強 化 盤 の 崩 落 防 止 措 置 火 災 の 早 期 発 見 消 火 の ための 防 火 設 備 の 整 備 など 各 種 防 災 対 策 を 支 援 総 務 消 防 救 急 無 線 のデジタル 化 警 察 災 害 警 備 訓 練 施 設 の 整 備 1-2) 不 特 定 多 数 が 集 まる 施 設 の 倒 壊 火 災 総 務 エネルギー 産 業 基 盤 の 災 害 対 応 力 の 強 化 総 務 救 助 活 動 等 拠 点 施 設 の 整 備 警 察 災 害 警 備 訓 練 の 実 施 警 察 災 害 用 装 備 資 機 材 の 充 実 強 化 警 察 警 察 用 航 空 機 等 の 整 備 警 察 通 信 指 令 施 設 の 更 新 整 備 総 務 火 災 予 防 危 険 物 事 故 防 止 対 策 等 の 推 進 総 務 高 機 能 消 防 指 令 センターや 耐 震 性 貯 水 槽 等 の 消 防 防 災 施 設 の 整 備 耐 震 化 等 による 地 域 における 防 災 基 盤 等 の 整 備 総 務 消 防 団 員 の 確 保 対 策 安 全 確 保 及 び 消 防 団 自 主 防 災 組 織 等 の 地 域 防 災 リーダーの 充 実 強 化 総 務 常 備 消 防 力 の 強 化 総 務 防 災 行 政 無 線 のデジタル 化 情 報 伝 達 手 段 の 多 重 化 多 様 化 耐 災 害 性 の 強 化 等 の 体 制 強 化 資 - 1

53 ( 注 ) 複 数 の 起 きてはならない 最 悪 の 事 態 に 効 果 がある 施 策 は 最 も 効 果 のある 事 態 に 記 載 されているものを 太 字 で 表 記 (KPIも 同 様 ) 3) 保 健 医 療 福 祉 4)エネルギー 5) 金 融 6) 情 報 通 信 厚 労 医 療 施 設 の 耐 震 化 厚 労 社 会 福 祉 施 設 の 耐 震 化 整 備 に 対 する 国 庫 補 助 や( 独 ) 福 祉 医 療 機 構 による 低 利 融 資 厚 労 医 療 施 設 の 耐 震 化 厚 労 社 会 福 祉 施 設 の 耐 震 化 整 備 に 対 する 国 庫 補 助 や( 独 ) 福 祉 医 療 機 構 による 低 利 融 資 金 融 金 融 機 関 における 水 や 食 料 防 災 品 等 の 必 需 品 の 備 蓄 金 融 金 融 機 関 における 非 常 時 参 集 要 員 や 残 留 者 帰 宅 困 難 者 への 対 応 マニュアルの 策 定 金 融 中 央 銀 行 や 各 金 融 機 関 の 本 店 支 店 の 店 舗 やシステムセン ター 等 の 耐 震 化 等 総 務 日 本 郵 便 ( 株 )における 事 業 継 続 のため の 防 災 用 品 の 備 蓄 総 務 日 本 郵 便 ( 株 )における 郵 便 局 施 設 の 耐 震 化 各 施 策 の 達 成 度 (%) = 現 状 の 実 績 値 現 状 の 目 標 値 100 各 施 策 の 達 成 度 は 現 状 の 目 標 に 対 する 現 状 の 実 績 値 を 評 価 したものである 施 策 の 性 質 が 一 定 の 水 準 を 常 に 確 保 すべきもの(= 指 標 値 100%) 51~99% 1~50% 0%( 新 規 施 策 ) 施 策 の 性 質 が 指 標 の 設 定 になじまないもの 未 調 査 のため 実 態 を 把 握 できないもの 資 - 2

54 プログラムにより 回 避 すべき 起 きてはならな い 最 悪 の 事 態 各 府 省 庁 が 取 り 組 む 施 策 (プログラムに 対 応 すると 考 えられるもの) 7) 産 業 構 造 8) 交 通 物 流 9) 農 林 水 産 10) 国 土 保 全 国 交 無 電 柱 化 の 推 進 国 交 下 水 道 施 設 の 戦 略 的 維 持 管 理 更 新 国 交 道 路 橋 梁 の 耐 震 補 強 国 交 水 害 に 強 い 地 域 づくり( 河 川 ) 国 交 鉄 道 施 設 の 耐 震 対 策 国 交 大 規 模 水 害 の 未 然 の 防 止 等 1-1) 大 都 市 での 建 物 交 通 施 設 等 の 複 合 的 大 規 模 倒 壊 や 住 宅 密 集 地 における 火 災 による 死 傷 者 の 発 生 国 交 港 湾 施 設 の 耐 震 耐 波 性 能 の 強 化 の 実 施 や 関 連 す る 技 術 開 発 国 交 空 港 施 設 の 耐 震 性 向 上 国 交 災 害 に 強 い 民 間 物 流 施 設 の 整 備 促 進 国 交 道 路 の 液 状 化 対 策 国 交 緊 急 車 両 の 進 入 路 避 難 路 の 整 備 国 交 農 水 海 岸 保 全 施 設 の 戦 略 的 な 維 持 管 理 の 推 進 国 交 河 川 管 理 施 設 砂 防 設 備 等 の 戦 略 的 維 持 管 理 更 新 国 交 大 規 模 地 震 に 備 えた 河 川 管 理 施 設 の 地 震 津 波 対 策 国 交 農 水 水 門 陸 閘 等 の 自 動 化 遠 隔 操 作 化 効 果 的 な 管 理 運 用 の 推 進 国 交 農 水 台 風 等 による 高 潮 対 策 としての 海 岸 堤 防 等 の 整 備 国 交 農 水 粘 り 強 い 構 造 ( 緑 の 防 潮 堤 を 含 む )を 基 本 と した 海 岸 堤 防 等 の 整 備 耐 震 液 状 化 対 策 ( 地 震 津 波 対 策 ) 文 科 非 破 壊 診 断 技 術 に 関 する 研 究 開 発 文 科 次 世 代 インフラ 構 造 材 料 研 究 開 発 国 交 道 路 橋 梁 の 耐 震 補 強 国 交 下 水 道 施 設 の 戦 略 的 維 持 管 理 更 新 国 交 鉄 道 施 設 の 耐 震 対 策 国 交 空 港 施 設 の 耐 震 性 向 上 国 交 河 川 管 理 施 設 砂 防 設 備 等 の 戦 略 的 維 持 管 理 更 新 文 科 史 跡 名 勝 天 然 記 念 物 に 対 する 地 盤 の 崩 落 防 止 措 置 等 の 防 災 対 策 への 支 援 国 交 災 害 に 強 い 民 間 物 流 施 設 の 整 備 促 進 文 科 次 世 代 インフラ 構 造 材 料 研 究 開 発 国 交 道 路 の 液 状 化 対 策 1-2) 不 特 定 多 数 が 集 まる 施 設 の 倒 壊 火 災 資 - 3

55 ( 注 ) 複 数 の 起 きてはならない 最 悪 の 事 態 に 効 果 がある 施 策 は 最 も 効 果 のある 事 態 に 記 載 されているものを 太 字 で 表 記 (KPIも 同 様 ) 11) 環 境 12) 土 地 利 用 ( 国 土 利 用 ) コラムA ( 起 きてはならない 最 悪 の 事 態 を 回 避 するという 観 点 からの 現 在 取 り 組 んでいる 施 策 の 評 価 ) 重 要 業 績 指 標 KPI (Key Performance Indicator ) 住 宅 建 築 物 等 の 耐 震 化 率 は 住 宅 建 築 物 が 約 8 割 (H20) 国 公 立 学 校 が 約 9 割 (H25)と 一 定 の 進 捗 がみられるが 耐 震 化 の 必 要 性 に 対 する 認 識 不 足 耐 震 診 断 の 義 務 付 けに 伴 う 耐 震 診 断 耐 震 改 修 の 経 済 的 負 担 が 大 きいことなどから 老 朽 化 マンションの 建 替 え 促 進 を 含 め 目 標 達 成 に 向 けてきめ 細 かな 対 策 が 必 要 である また つり 天 井 など 非 構 造 部 材 の 耐 震 対 策 を 推 進 する 必 要 がある 交 通 施 設 等 について 長 時 間 長 周 期 地 震 動 による 影 響 新 たな 構 造 材 料 老 朽 化 点 検 診 断 技 術 に 関 する 知 見 技 術 が 不 足 している ことから 長 期 的 な 視 点 に 立 って 研 究 技 術 開 発 を 着 実 に 進 めていく 必 要 がある 建 築 物 については 長 周 期 地 震 動 の 影 響 を 受 けやすい 超 高 層 建 築 物 等 の 構 造 安 全 性 を 確 保 するための 対 策 を 図 る 必 要 が ある また 交 通 施 設 及 び 沿 線 沿 道 建 物 の 複 合 的 な 倒 壊 を 避 けるた め これらの 耐 震 化 を 促 進 する 必 要 がある 大 規 模 地 震 時 に 被 害 を 受 けやすい 電 柱 大 規 模 盛 土 造 成 地 等 の 施 設 構 造 物 の 脆 弱 性 を 解 消 するための 対 策 が 途 上 であるとともに 地 下 街 の 防 災 対 策 のための 計 画 に 基 づく 取 組 に 着 手 (H26)することと しているところであり それらの 施 設 の 安 全 性 を 向 上 させる 必 要 がある 火 災 予 防 被 害 軽 減 のための 取 組 を 推 進 する 必 要 がある また 大 規 模 火 災 のリスクの 高 い 地 震 時 等 に 著 しく 危 険 な 密 集 市 街 地 (5,745ha)の 改 善 整 備 については 地 方 公 共 団 体 において 取 組 が 進 んでいるものの その 解 消 には 至 っていないため 避 難 地 等 の 整 備 建 築 物 の 不 燃 化 等 により 官 民 が 連 携 して 計 画 的 な 解 消 を 図 る 必 要 が ある また 目 標 達 成 後 も 中 長 期 的 な 視 点 から 密 集 市 街 地 の 改 善 に 向 けて 取 り 組 む 必 要 がある 大 規 模 地 震 火 災 から 人 命 の 保 護 を 図 るための 救 助 救 急 体 制 の 絶 対 的 不 足 が 懸 念 されるため 広 域 的 な 連 携 体 制 を 構 築 する 必 要 が ある 膨 大 な 数 の 帰 宅 困 難 者 の 受 け 入 れに 必 要 な 一 時 滞 在 施 設 の 確 保 を 図 る 必 要 がある 国 交 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 率 住 宅 : 約 79%(H20) 建 築 物 : 約 80%(H20) 国 交 市 街 地 等 の 幹 線 道 路 の 無 電 柱 化 率 15%(H24) 国 交 首 都 直 下 地 震 又 は 南 海 トラフ 地 震 で 震 度 6 強 以 上 が 想 定 される 地 域 等 に 存 在 する 主 要 鉄 道 路 線 の 耐 震 化 率 91%(H24) 国 交 大 規 模 盛 土 造 成 地 マップ 公 表 率 約 4%(H25) 国 交 防 災 対 策 のための 計 画 に 基 づく 取 組 に 着 手 した 地 下 街 の 割 合 0%(H25) 国 交 地 震 時 等 に 著 しく 危 険 な 密 集 市 街 地 の 解 消 面 積 0ha(H23) 建 築 物 の 耐 震 化 については 現 状 の 耐 震 化 率 が 約 8 割 (H20)であ るが 耐 震 化 の 必 要 性 に 対 する 認 識 不 足 耐 震 診 断 の 義 務 付 けに 伴 う 耐 震 診 断 耐 震 改 修 の 経 済 的 負 担 が 大 きいことから 目 標 達 成 に 向 けてきめ 細 かな 対 策 が 必 要 である また つり 天 井 など 非 構 造 部 材 の 耐 震 対 策 を 推 進 する 必 要 がある 官 庁 施 設 (86%(H24)) 学 校 施 設 (88.9%(H25: 公 立 学 校 ) 公 立 社 会 教 育 施 設 (69.5%(H23)) 公 立 社 会 体 育 施 設 (72.6% (H24)) 医 療 施 設 (73%(H24)) 社 会 福 祉 施 設 (84.3%(H24)) 等 については 避 難 所 等 にも 利 用 されることもあることから さらに 促 進 を 図 る 必 要 がある 建 築 物 等 の 耐 震 化 を 着 実 に 推 進 / 促 進 しているが 全 ての 耐 震 化 を 即 座 に 行 うことは 困 難 であることや 火 災 の 発 生 は 様 々な 原 因 があ ることから 装 備 資 機 材 の 充 実 各 種 訓 練 等 により 災 害 対 応 機 関 等 の 災 害 対 応 能 力 を 向 上 させる 必 要 がある 国 交 建 築 物 の 耐 震 化 率 約 80%(H20) 厚 労 全 国 の 災 害 拠 点 病 院 及 び 救 命 救 急 センターの 耐 震 化 率 73%(H24) 厚 労 社 会 福 祉 施 設 の 耐 震 化 率 84%(H24) 各 施 策 の 達 成 度 (%) = 現 状 の 実 績 値 現 状 の 目 標 値 100 各 施 策 の 達 成 度 は 現 状 の 目 標 に 対 する 現 状 の 実 績 値 を 評 価 したものである 施 策 の 性 質 が 一 定 の 水 準 を 常 に 確 保 すべきもの(= 指 標 値 100%) 51~99% 1~50% 0%( 新 規 施 策 ) 施 策 の 性 質 が 指 標 の 設 定 になじまないもの 未 調 査 のため 実 態 を 把 握 できないもの 資 - 4

56 基 本 目 標 事 前 に 備 えるべき 目 標 プログラムにより 回 避 すべき 起 きてはならな い 最 悪 の 事 態 各 府 省 庁 が 取 り 組 む 施 策 (プログラムに 対 応 すると 考 えられるもの) 1) 行 政 機 能 / 警 察 消 防 等 ( 行 政 機 能 ) 1) 行 政 機 能 / 警 察 消 防 等 ( 警 察 消 防 等 ) 2) 住 宅 都 市 法 務 法 務 省 施 設 の 防 災 減 災 対 策 警 察 警 察 施 設 の 耐 災 害 性 の 強 化 国 交 下 水 道 施 設 の 耐 震 耐 津 波 対 策 警 察 災 害 時 における 警 察 活 動 確 保 のための 警 察 情 報 通 国 交 気 象 地 震 津 波 火 山 に 対 する 防 災 情 報 の 高 度 化 と 信 基 盤 の 堅 牢 化 高 度 化 の 推 進 及 び 機 動 警 察 通 信 隊 の 対 適 時 的 確 な 発 表 処 能 力 の 更 なる 向 上 文 科 学 校 施 設 の 耐 震 化 (つり 天 井 等 の 非 構 造 部 材 ライフ ラインの 耐 震 対 策 を 含 む) 内 閣 府 津 波 対 策 の 推 進 国 交 広 域 防 災 拠 点 の 確 立 国 交 官 庁 施 設 の 地 震 津 波 対 策 総 務 Jアラートの 自 動 起 動 機 等 の 整 備 等 による 住 民 に 対 す る 災 害 情 報 の 迅 速 かつ 確 実 な 伝 達 総 務 拠 点 機 能 形 成 車 両 等 の 緊 急 消 防 援 助 隊 の 車 両 整 備 ヘリ ヘリサット 等 の 整 備 等 による 緊 急 消 防 援 助 隊 の 対 応 力 の 強 化 国 交 TEC-FORCE 等 の 派 遣 特 定 緊 急 水 防 活 動 等 の 発 災 時 の 対 応 と 人 員 資 機 材 等 の 整 備 等 国 交 地 震 津 波 防 災 対 策 のための 海 底 地 殻 変 動 観 測 及 び 津 波 防 災 情 報 図 海 底 地 形 データの 整 備 文 科 学 校 施 設 等 の 避 難 所 としての 防 災 機 能 の 強 化 総 務 ICTやG 空 間 情 報 を 活 用 した 災 害 対 応 力 の 強 化 総 務 消 防 救 急 無 線 のデジタル 化 警 察 災 害 警 備 訓 練 施 設 の 整 備 1-3) 広 域 にわたる 大 規 模 津 波 等 による 多 数 の 死 者 の 発 生 総 務 救 助 活 動 等 拠 点 施 設 の 整 備 警 察 災 害 警 備 訓 練 の 実 施 警 察 災 害 用 装 備 資 機 材 の 充 実 強 化 警 察 警 察 用 航 空 機 等 の 整 備 警 察 通 信 指 令 施 設 の 更 新 整 備 Ⅰ. 人 命 を 守 る Ⅱ. 行 政 経 済 社 会 を 維 持 す る 重 要 な 機 能 が 致 命 傷 を 負 わない Ⅲ. 財 産 施 設 等 に 対 する 被 害 のできる 限 りの 低 減 被 害 拡 大 の 防 止 Ⅳ. 迅 速 な 復 旧 回 復 1. 大 規 模 自 然 災 害 が 発 生 したときでも 人 命 の 保 護 が 最 大 限 図 られる 総 務 高 機 能 消 防 指 令 センターや 耐 震 性 貯 水 槽 等 の 消 防 防 災 施 設 の 整 備 耐 震 化 等 による 地 域 における 防 災 基 盤 等 の 整 備 総 務 消 防 団 員 の 確 保 対 策 安 全 確 保 及 び 消 防 団 自 主 防 災 組 織 等 の 地 域 防 災 リーダーの 充 実 強 化 総 務 常 備 消 防 力 の 強 化 総 務 防 災 行 政 無 線 のデジタル 化 情 報 伝 達 手 段 の 多 重 化 多 様 化 耐 災 害 性 の 強 化 等 の 体 制 強 化 総 務 地 方 公 共 団 体 の 組 織 体 制 の 強 化 危 機 対 応 能 力 の 向 上 国 交 水 防 団 の 充 実 強 化 等 による 地 域 水 防 力 の 強 化 国 交 巡 視 船 艇 航 空 機 の 整 備 国 交 船 舶 に 対 する 災 害 情 報 の 迅 速 かつ 着 実 な 伝 達 防 衛 地 方 公 共 団 体 の 組 織 体 制 の 強 化 のための 人 的 支 援 内 閣 府 大 規 模 水 害 対 策 の 推 進 警 察 警 察 施 設 の 耐 災 害 性 の 強 化 国 交 下 水 道 施 設 の 耐 震 耐 津 波 対 策 警 察 災 害 時 における 警 察 活 動 確 保 のための 警 察 情 報 通 国 交 気 象 地 震 津 波 火 山 に 対 する 防 災 情 報 の 高 度 化 と 信 基 盤 の 堅 牢 化 高 度 化 の 推 進 及 び 機 動 警 察 通 信 隊 の 対 適 時 的 確 な 発 表 処 能 力 の 更 なる 向 上 総 務 Jアラートの 自 動 起 動 機 等 の 整 備 等 による 住 民 に 対 す る 災 害 情 報 の 迅 速 かつ 確 実 な 伝 達 総 務 拠 点 機 能 形 成 車 両 等 の 緊 急 消 防 援 助 隊 の 車 両 整 備 ヘリ ヘリサット 等 の 整 備 等 による 緊 急 消 防 援 助 隊 の 対 応 力 の 強 化 国 交 TEC-FORCE 等 の 派 遣 特 定 緊 急 水 防 活 動 等 の 発 災 時 の 対 応 と 人 員 資 機 材 等 の 整 備 等 総 務 ICTやG 空 間 情 報 を 活 用 した 災 害 対 応 力 の 強 化 総 務 消 防 救 急 無 線 のデジタル 化 国 交 地 震 津 波 防 災 対 策 のための 海 底 地 殻 変 動 観 測 及 び 津 波 防 災 情 報 図 海 底 地 形 データの 整 備 1-4) 異 常 気 象 等 に よる 広 域 かつ 長 期 的 な 市 街 地 等 の 浸 水 警 察 災 害 警 備 訓 練 施 設 の 整 備 国 交 水 防 団 の 充 実 強 化 等 による 地 域 水 防 力 の 強 化 警 察 災 害 警 備 訓 練 の 実 施 警 察 災 害 用 装 備 資 機 材 の 充 実 強 化 警 察 警 察 用 航 空 機 等 の 整 備 警 察 通 信 指 令 施 設 の 更 新 整 備 総 務 高 機 能 消 防 指 令 センターや 耐 震 性 貯 水 槽 等 の 消 防 防 災 施 設 の 整 備 耐 震 化 等 による 地 域 における 防 災 基 盤 等 の 整 備 総 務 消 防 団 員 の 確 保 対 策 安 全 確 保 及 び 消 防 団 自 主 防 災 組 織 等 の 地 域 防 災 リーダーの 充 実 強 化 総 務 常 備 消 防 力 の 強 化 総 務 防 災 行 政 無 線 のデジタル 化 情 報 伝 達 手 段 の 多 重 化 多 様 化 耐 災 害 性 の 強 化 等 の 体 制 強 化 資 - 5

57 ( 注 ) 複 数 の 起 きてはならない 最 悪 の 事 態 に 効 果 がある 施 策 は 最 も 効 果 のある 事 態 に 記 載 されているものを 太 字 で 表 記 (KPIも 同 様 ) 3) 保 健 医 療 福 祉 4)エネルギー 5) 金 融 6) 情 報 通 信 各 施 策 の 達 成 度 (%) = 現 状 の 実 績 値 現 状 の 目 標 値 100 各 施 策 の 達 成 度 は 現 状 の 目 標 に 対 する 現 状 の 実 績 値 を 評 価 したものである 施 策 の 性 質 が 一 定 の 水 準 を 常 に 確 保 すべきもの(= 指 標 値 100%) 51~99% 1~50% 0%( 新 規 施 策 ) 施 策 の 性 質 が 指 標 の 設 定 になじまないもの 未 調 査 のため 実 態 を 把 握 できないもの 資 - 6

58 プログラムにより 回 避 すべき 起 きてはならな い 最 悪 の 事 態 各 府 省 庁 が 取 り 組 む 施 策 (プログラムに 対 応 すると 考 えられるもの) 7) 産 業 構 造 8) 交 通 物 流 9) 農 林 水 産 10) 国 土 保 全 国 交 空 港 における 津 波 避 難 体 制 の 強 化 農 水 海 岸 防 災 林 の 整 備 国 交 無 電 柱 化 の 推 進 国 交 港 湾 施 設 の 耐 震 耐 波 性 能 の 強 化 の 実 施 や 関 連 す る 技 術 開 発 国 交 防 潮 堤 の 整 備 等 の 浸 水 被 害 防 止 軽 減 のための 対 策 国 交 災 害 に 強 い 民 間 物 流 施 設 の 整 備 促 進 農 水 漁 業 地 域 における 避 難 路 の 整 備 保 護 の 強 化 農 水 津 波 減 災 かつ 省 コストのための 漁 港 や 海 岸 施 設 等 による 多 重 防 護 の 考 え 方 の 普 及 国 交 農 水 海 岸 保 全 施 設 の 戦 略 的 な 維 持 管 理 の 推 進 国 交 下 水 道 施 設 の 戦 略 的 維 持 管 理 更 新 国 交 水 害 に 強 い 地 域 づくり( 河 川 ) 農 水 荒 廃 地 等 における 治 山 施 設 の 整 備 国 交 大 規 模 水 害 の 未 然 の 防 止 等 農 水 農 村 における 想 定 被 害 情 報 の 共 有 による 避 難 計 画 の 精 度 の 向 上 国 交 農 水 海 岸 の 侵 食 対 策 国 交 三 大 湾 における 一 元 的 な 海 上 交 通 管 制 の 構 築 農 水 農 村 地 域 レベルでの 総 合 的 な 防 災 減 災 対 策 の 推 進 ( 排 水 対 策 充 実 地 すべり 対 策 等 ) 国 交 大 規 模 地 震 に 備 えた 河 川 管 理 施 設 の 地 震 津 波 対 策 国 交 港 湾 における 津 波 避 難 対 策 の 実 施 農 水 漁 港 施 設 の 耐 震 化 等 国 交 農 水 水 門 陸 閘 等 の 自 動 化 遠 隔 操 作 化 効 果 的 な 管 理 運 用 の 推 進 1-3) 広 域 にわたる 大 規 模 津 波 等 による 多 数 の 死 者 の 発 生 国 交 空 港 同 時 閉 鎖 時 における 飛 行 中 の 航 空 機 の 安 全 かつ 迅 速 な 着 陸 対 策 農 水 農 村 における 地 域 コミュニティの 維 持 活 性 化 や 自 立 的 な 防 災 復 旧 活 動 の 体 制 整 備 の 推 進 国 交 GPS 波 浪 計 の 情 報 伝 達 の 信 頼 性 向 上 農 水 防 災 減 災 に 係 る 新 技 術 の 開 発 共 有 国 交 緊 急 車 両 の 進 入 路 避 難 路 の 整 備 国 交 道 路 施 設 が 持 つ 副 次 的 機 能 の 活 用 ( 道 の 駅 の 防 災 拠 点 化 等 ) 国 交 津 波 発 生 時 における 鉄 道 旅 客 の 安 全 確 保 国 交 農 水 津 波 高 潮 ハザードマップ 作 成 の 推 進 国 交 農 水 粘 り 強 い 構 造 ( 緑 の 防 潮 堤 を 含 む )を 基 本 とした 海 岸 堤 防 等 の 整 備 耐 震 液 状 化 対 策 ( 地 震 津 波 対 策 ) 国 交 河 川 管 理 施 設 砂 防 設 備 等 の 戦 略 的 維 持 管 理 更 新 国 交 大 規 模 災 害 に 備 えた 訓 練 防 災 教 育 等 の 強 化 国 交 農 水 台 風 等 による 高 潮 対 策 としての 海 岸 堤 防 等 の 整 備 国 交 一 元 的 な 災 害 情 報 提 供 国 交 津 波 防 災 地 域 づくりの 推 進 国 交 旅 客 船 事 業 者 における 津 波 避 難 マニュアルの 策 定 等 の 推 進 国 交 無 電 柱 化 の 推 進 農 水 集 中 豪 雨 等 に 対 応 した 排 水 施 設 の 保 全 整 備 国 交 下 水 道 施 設 の 戦 略 的 維 持 管 理 更 新 国 交 港 湾 施 設 の 耐 震 耐 波 性 能 の 強 化 の 実 施 や 関 連 す る 技 術 開 発 農 水 農 村 地 域 レベルでの 総 合 的 な 防 災 減 災 対 策 の 推 進 ( 排 水 対 策 充 実 地 すべり 対 策 等 ) 国 交 洪 水 ハザードマップの 作 成 支 援 等 減 災 対 策 国 交 地 下 鉄 道 の 浸 水 対 策 の 検 討 農 水 土 地 改 良 施 設 に 係 る 施 設 管 理 者 の 業 務 体 制 の 確 立 ( 継 続 計 画 策 定 )の 推 進 及 び 体 制 強 化 国 交 水 害 に 強 い 地 域 づくり( 河 川 ) 国 交 一 元 的 な 災 害 情 報 提 供 国 交 大 規 模 水 害 の 未 然 の 防 止 等 国 交 緊 急 車 両 の 進 入 路 避 難 路 の 整 備 国 交 水 害 に 強 い 地 域 づくり( 下 水 道 ) 国 交 道 路 施 設 が 持 つ 副 次 的 機 能 の 活 用 ( 道 の 駅 の 防 災 拠 点 化 等 ) 国 交 農 水 海 岸 の 侵 食 対 策 国 交 農 水 海 岸 保 全 施 設 の 戦 略 的 な 維 持 管 理 の 推 進 1-4) 異 常 気 象 等 に よる 広 域 かつ 長 期 的 な 市 街 地 等 の 浸 水 国 交 河 川 管 理 施 設 砂 防 設 備 等 の 戦 略 的 維 持 管 理 更 新 国 交 内 水 ハザードマップの 作 成 支 援 等 減 災 対 策 国 交 農 水 台 風 等 による 高 潮 対 策 とし ての 海 岸 堤 防 等 の 整 備 国 交 大 規 模 地 震 に 備 えた 河 川 管 理 施 設 の 地 震 津 波 対 策 国 交 大 規 模 災 害 に 備 えた 訓 練 防 災 教 育 等 の 強 化 国 交 農 水 水 門 陸 閘 等 の 自 動 化 遠 隔 操 作 化 効 果 的 な 管 理 運 用 の 推 進 国 交 農 水 津 波 高 潮 ハザードマップ 作 成 の 推 進 国 交 農 水 粘 り 強 い 構 造 ( 緑 の 防 潮 堤 を 含 む )を 基 本 と した 海 岸 堤 防 等 の 整 備 耐 震 液 状 化 対 策 ( 地 震 津 波 対 策 ) 国 交 洪 水 調 節 施 設 の 操 作 ルールの 見 直 し 等 施 設 等 の 機 能 向 上 文 科 陸 域 観 測 技 術 衛 星 だいち 2 号 等 の 地 球 観 測 衛 星 の 開 発 資 - 7

59 ( 注 ) 複 数 の 起 きてはならない 最 悪 の 事 態 に 効 果 がある 施 策 は 最 も 効 果 のある 事 態 に 記 載 されているものを 太 字 で 表 記 (KPIも 同 様 ) 11) 環 境 12) 土 地 利 用 ( 国 土 利 用 ) コラムA ( 起 きてはならない 最 悪 の 事 態 を 回 避 するという 観 点 からの 現 在 取 り 組 んでいる 施 策 の 評 価 ) 重 要 業 績 指 標 KPI (Key Performance Indicator ) 津 波 防 災 地 域 づくり 地 域 の 防 災 力 を 高 める 避 難 所 等 の 耐 震 化 J アラートの 自 動 起 動 機 の 整 備 等 による 住 民 への 適 切 な 災 害 情 報 の 提 供 火 災 予 防 危 険 物 事 故 防 止 対 策 等 が 進 められているが 取 組 主 体 となる 地 方 公 共 団 体 の 財 政 状 況 等 により 一 部 で 計 画 的 に 進 捗 して いないこと 南 海 トラフ 巨 大 地 震 等 の 広 域 的 かつ 大 規 模 な 災 害 が 発 生 した 場 合 には 現 状 の 施 策 で 十 分 に 対 応 できない 恐 れがある 等 の 課 題 があるため 進 捗 を 図 るとともに 広 域 的 かつ 大 規 模 な 災 害 発 生 時 の 対 応 方 策 について 検 討 する 必 要 がある 大 規 模 地 震 想 定 地 域 等 における 海 岸 堤 防 等 の 計 画 高 までの 整 備 耐 震 化 率 は 約 3 割 (H24)に 留 まっており 完 了 に 向 けて 計 画 的 かつ 着 実 に 耐 震 化 等 を 進 める 必 要 がある 施 設 整 備 が 途 上 であることが 多 いこと 災 害 には 上 限 がないこと 様 々な 機 関 が 関 係 することを 踏 まえ 関 係 機 関 が 連 携 してハード 対 策 の 着 実 な 推 進 と 警 戒 避 難 体 制 整 備 等 のソフト 対 策 を 組 み 合 わせた 対 策 が 必 要 である 例 えば 人 口 機 能 が 集 積 する 大 都 市 圏 の 湾 域 の 港 湾 や 津 波 等 に 対 する 脆 弱 性 を 有 する 漁 業 地 域 において 低 頻 度 大 規 模 津 波 に 対 してハード ソフト 対 策 等 を 総 合 した 防 護 水 準 を 検 討 する 必 要 がある 津 波 からの 避 難 を 確 実 に 行 うため 避 難 場 所 や 避 難 路 の 確 保 避 難 所 の 耐 震 化 避 難 路 の 整 備 に 合 わせた 無 電 柱 化 沿 道 建 物 の 耐 震 化 などの 対 策 を 関 係 機 関 が 連 携 して 進 める 必 要 がある 大 規 模 地 震 想 定 地 域 等 における 水 門 樋 門 等 の 自 動 化 遠 隔 操 作 化 率 は 約 3 割 (H24)に 留 まっており それらの 着 実 な 推 進 と 合 わせ て 操 作 従 事 者 の 安 全 確 保 を 最 優 先 とする 効 果 的 な 管 理 運 用 を 推 進 する 必 要 がある 河 川 海 岸 堤 防 等 の 整 備 にあたっては 自 然 との 共 生 及 び 環 境 との 調 和 に 配 慮 する 必 要 がある 海 岸 防 災 林 については 地 域 の 実 情 等 を 踏 まえ 津 波 に 対 する 被 害 軽 減 効 果 も 考 慮 した 生 育 基 盤 の 造 成 や 植 栽 等 の 整 備 を 進 める 必 要 がある 国 交 津 波 防 災 情 報 図 の 整 備 20%(H25) 国 交 農 水 最 大 クラスの 津 波 ハザード マップを 作 成 公 表 し 防 災 訓 練 等 を 実 施 した 市 町 村 の 割 合 14%(H24) 国 交 緊 急 地 震 速 報 の 精 度 向 上 ( 震 度 の 予 想 誤 差 が±1 階 級 におさまる 割 合 ) 79%(H24) 国 交 農 水 東 海 東 南 海 南 海 地 震 等 の 大 規 模 地 震 が 想 定 されている 地 域 等 にお ける 海 岸 堤 防 等 の 整 備 率 ( 計 画 高 までの 整 備 と 耐 震 化 ) 約 31%(H24) 農 水 防 災 機 能 の 強 化 対 策 が 講 じられた 漁 村 の 人 口 比 率 49%(H23) 国 交 農 水 東 海 東 南 海 南 海 地 震 等 の 大 規 模 地 震 が 想 定 されている 地 域 等 にお いて 今 後 対 策 が 必 要 な 水 門 樋 門 等 の 自 動 化 遠 隔 操 作 化 率 約 33%(H24) 河 道 掘 削 や 築 堤 洪 水 調 節 施 設 の 整 備 機 能 強 化 等 の 対 策 等 を 進 めるとともに 排 水 機 場 雨 水 貯 留 管 等 の 排 水 施 設 の 整 備 を 推 進 し ている あわせて 土 地 利 用 と 一 体 となった 減 災 対 策 や 洪 水 時 の 避 難 を 円 滑 かつ 迅 速 に 行 うため 洪 水 ハザードマップや 内 水 ハザードマッ プの 作 成 支 援 防 災 情 報 の 高 度 化 地 域 水 防 力 の 強 化 等 のソフト 対 国 交 人 口 資 産 集 積 地 区 等 における 中 策 を 組 み 合 わせて 実 施 しているところであるが 大 規 模 水 害 を 未 然 に 期 的 な 目 標 に 対 する 河 川 の 整 備 率 防 ぐため それらを 一 層 推 進 する 必 要 がある 約 74%(H24) 施 設 整 備 については コスト 縮 減 を 図 りながら 投 資 効 果 の 高 い 箇 所 に 重 点 的 集 中 的 に 行 う 必 要 があるとともに 気 候 変 動 や 少 子 高 齢 化 等 の 自 然 社 会 状 況 の 変 化 に 対 応 しつつ 被 害 を 最 小 化 する 減 災 を 図 るよう 多 様 な 整 備 手 法 の 導 入 や 既 存 施 設 の 有 効 活 用 危 機 管 理 体 制 の 強 化 を 進 める 必 要 がある 内 水 ハザードマップの 整 備 率 (ハザードマップを 作 成 公 表 し 訓 練 を 実 施 した 市 町 村 の 割 合 )が 約 3 割 (H24) 洪 水 ハザードマップが 約 6 割 (H24)であり 各 種 ハザードマップの 作 成 をはじめとしたソフト 対 策 を 推 進 する 必 要 がある 地 方 公 共 団 体 等 の 防 災 部 局 や 下 水 道 部 局 等 において 人 材 組 織 体 制 等 が 不 十 分 である 場 合 が 多 いため 人 材 育 成 適 切 な 組 織 体 制 を 構 築 する 必 要 がある 国 交 下 水 道 による 都 市 浸 水 対 策 達 成 率 約 55%(H24) 国 交 内 水 ハザードマップを 作 成 公 表 し 防 災 訓 練 等 を 実 施 した 市 町 村 の 割 合 31%(H24) 国 交 洪 水 ハザードマップを 作 成 公 表 し 防 災 訓 練 等 を 実 施 した 市 町 村 の 割 合 62%(H24) 各 施 策 の 達 成 度 (%) = 現 状 の 実 績 値 現 状 の 目 標 値 100 各 施 策 の 達 成 度 は 現 状 の 目 標 に 対 する 現 状 の 実 績 値 を 評 価 したものである 施 策 の 性 質 が 一 定 の 水 準 を 常 に 確 保 すべきもの(= 指 標 値 100%) 51~99% 1~50% 0%( 新 規 施 策 ) 施 策 の 性 質 が 指 標 の 設 定 になじまないもの 未 調 査 のため 実 態 を 把 握 できないもの 資 - 8

60 基 本 目 標 事 前 に 備 えるべき 目 標 プログラムにより 回 避 すべき 起 きてはならな い 最 悪 の 事 態 各 府 省 庁 が 取 り 組 む 施 策 (プログラムに 対 応 すると 考 えられるもの) 1) 行 政 機 能 / 警 察 消 防 等 ( 行 政 機 能 ) 1) 行 政 機 能 / 警 察 消 防 等 ( 警 察 消 防 等 ) 2) 住 宅 都 市 国 交 気 象 地 震 津 波 火 山 に 対 する 防 災 情 報 の 高 度 化 と 適 時 的 確 な 発 表 警 察 警 察 施 設 の 耐 災 害 性 の 強 化 内 閣 府 火 山 災 害 対 策 の 推 進 警 察 災 害 時 における 警 察 活 動 確 保 のための 警 察 情 報 通 信 基 盤 の 堅 牢 化 高 度 化 の 推 進 及 び 機 動 警 察 通 信 隊 の 対 処 能 力 の 更 なる 向 上 総 務 Jアラートの 自 動 起 動 機 等 の 整 備 等 による 住 民 に 対 す る 災 害 情 報 の 迅 速 かつ 確 実 な 伝 達 総 務 拠 点 機 能 形 成 車 両 等 の 緊 急 消 防 援 助 隊 の 車 両 整 備 ヘリ ヘリサット 等 の 整 備 等 による 緊 急 消 防 援 助 隊 の 対 応 力 の 強 化 国 交 TEC-FORCE 等 の 派 遣 特 定 緊 急 水 防 活 動 等 の 発 災 時 の 対 応 と 人 員 資 機 材 等 の 整 備 等 1-5) 大 規 模 な 火 山 噴 火 土 砂 災 害 ( 深 層 崩 壊 ) 等 による 多 数 の 死 傷 者 の 発 生 のみな らず 後 年 度 にわたり 国 土 の 脆 弱 性 が 高 ま る 事 態 総 務 ICTやG 空 間 情 報 を 活 用 した 災 害 対 応 力 の 強 化 総 務 消 防 救 急 無 線 のデジタル 化 警 察 災 害 警 備 訓 練 施 設 の 整 備 警 察 災 害 警 備 訓 練 の 実 施 警 察 災 害 用 装 備 資 機 材 の 充 実 強 化 警 察 警 察 用 航 空 機 等 の 整 備 Ⅰ. 人 命 を 守 る Ⅱ. 行 政 経 済 社 会 を 維 持 す る 重 要 な 機 能 が 致 命 傷 を 負 わない Ⅲ. 財 産 施 設 等 に 対 する 被 害 のできる 限 りの 低 減 被 害 拡 大 の 防 止 Ⅳ. 迅 速 な 復 旧 回 復 1. 大 規 模 自 然 災 害 が 発 生 したときでも 人 命 の 保 護 が 最 大 限 図 られる 警 察 通 信 指 令 施 設 の 更 新 整 備 総 務 高 機 能 消 防 指 令 センターや 耐 震 性 貯 水 槽 等 の 消 防 防 災 施 設 の 整 備 耐 震 化 等 による 地 域 における 防 災 基 盤 等 の 整 備 総 務 消 防 団 員 の 確 保 対 策 安 全 確 保 及 び 消 防 団 自 主 防 災 組 織 等 の 地 域 防 災 リーダーの 充 実 強 化 総 務 常 備 消 防 力 の 強 化 総 務 防 災 行 政 無 線 のデジタル 化 情 報 伝 達 手 段 の 多 重 化 多 様 化 耐 災 害 性 の 強 化 等 の 体 制 強 化 総 務 Jアラートの 自 動 起 動 機 等 の 整 備 等 国 交 気 象 地 震 津 波 火 山 に 対 する 防 災 情 報 の 高 度 化 と 適 時 的 確 な 発 表 による 住 民 に 対 する 災 害 情 報 の 迅 速 かつ 確 実 な 伝 達 警 察 警 察 施 設 の 耐 災 害 性 の 強 化 警 察 災 害 時 における 警 察 活 動 確 保 のための 警 察 情 報 通 信 基 盤 の 堅 牢 化 高 度 化 の 推 進 及 び 機 動 警 察 通 信 隊 の 対 処 能 力 の 更 なる 向 上 警 察 災 害 時 における 官 民 連 携 した 災 害 関 連 情 報 収 集 提 供 のためのシステム 整 備 総 務 ICTやG 空 間 情 報 を 活 用 した 災 害 対 応 力 の 強 化 警 察 災 害 警 備 訓 練 施 設 の 整 備 総 務 エネルギー 産 業 基 盤 の 災 害 対 応 力 の 強 化 1-6) 情 報 伝 達 の 不 備 等 による 避 難 行 動 の 遅 れ 等 で 多 数 の 死 傷 者 の 発 生 総 務 防 災 行 政 無 線 のデジタル 化 情 報 伝 達 手 段 の 多 重 化 多 様 化 耐 災 害 性 の 強 化 等 の 体 制 強 化 総 務 地 方 公 共 団 体 の 組 織 体 制 の 強 化 危 機 対 応 能 力 の 向 上 国 交 船 舶 に 対 する 災 害 情 報 の 迅 速 かつ 着 実 な 伝 達 防 衛 地 方 公 共 団 体 の 組 織 体 制 の 強 化 のた めの 人 的 支 援 警 察 災 害 警 備 訓 練 の 実 施 警 察 災 害 用 装 備 資 機 材 の 充 実 強 化 警 察 警 察 用 航 空 機 等 の 整 備 警 察 通 信 指 令 施 設 の 更 新 整 備 総 務 火 災 予 防 危 険 物 事 故 防 止 対 策 等 の 推 進 総 務 高 機 能 消 防 指 令 センターや 耐 震 性 貯 水 槽 等 の 消 防 防 災 施 設 の 整 備 耐 震 化 等 による 地 域 における 防 災 基 盤 等 の 整 備 資 - 9

61 ( 注 ) 複 数 の 起 きてはならない 最 悪 の 事 態 に 効 果 がある 施 策 は 最 も 効 果 のある 事 態 に 記 載 されているものを 太 字 で 表 記 (KPIも 同 様 ) 3) 保 健 医 療 福 祉 4)エネルギー 5) 金 融 6) 情 報 通 信 内 閣 府 災 害 時 要 援 護 者 対 策 避 難 所 の 運 営 状 況 等 に 関 する 取 組 状 況 調 査 総 務 電 気 通 信 設 備 の 損 壊 又 は 故 障 等 に 係 る 技 術 基 準 への 適 合 性 を 維 持 するための 自 己 確 認 制 度 総 務 自 治 体 から 住 民 へより 確 実 に 災 害 情 報 を 伝 達 できる 情 報 通 信 基 盤 の 整 備 総 務 災 害 対 策 としてのラジオ 中 継 局 の 整 備 を 推 進 総 務 難 聴 対 策 としてのラジオ 中 継 局 の 整 備 を 推 進 文 科 通 信 衛 星 の 開 発 各 施 策 の 達 成 度 (%) = 現 状 の 実 績 値 現 状 の 目 標 値 100 各 施 策 の 達 成 度 は 現 状 の 目 標 に 対 する 現 状 の 実 績 値 を 評 価 したものである 施 策 の 性 質 が 一 定 の 水 準 を 常 に 確 保 すべきもの(= 指 標 値 100%) 51~99% 1~50% 0%( 新 規 施 策 ) 施 策 の 性 質 が 指 標 の 設 定 になじまないもの 未 調 査 のため 実 態 を 把 握 できないもの 資 - 10

62 プログラムにより 回 避 すべき 起 きてはならな い 最 悪 の 事 態 各 府 省 庁 が 取 り 組 む 施 策 (プログラムに 対 応 すると 考 えられるもの) 7) 産 業 構 造 8) 交 通 物 流 9) 農 林 水 産 10) 国 土 保 全 国 交 道 路 の 斜 面 崩 落 防 止 対 策 盛 土 のり 尻 補 強 農 水 農 業 水 利 施 設 の 耐 震 化 国 交 大 規 模 地 震 に 備 えた 土 砂 災 害 対 策 国 交 緊 急 車 両 の 進 入 路 避 難 路 の 整 備 農 水 森 林 の 国 土 保 全 機 能 ( 土 壌 侵 食 防 止 洪 水 緩 和 等 ) 国 交 深 層 崩 壊 や 火 山 噴 火 等 に 備 えた 土 の 維 持 発 揮 のための 多 様 で 健 全 な 森 林 の 整 備 等 砂 災 害 対 策 国 交 土 砂 災 害 警 戒 区 域 の 指 定 による 警 農 水 山 村 コミュニティによる 森 林 整 備 保 全 活 動 等 の 推 進 戒 避 難 体 制 の 整 備 等 への 支 援 農 水 荒 廃 地 等 における 治 山 施 設 の 整 備 国 交 下 水 道 施 設 の 戦 略 的 維 持 管 理 更 新 農 水 ため 池 の 耐 震 化 等 国 交 大 規 模 災 害 に 備 えた 訓 練 防 災 教 育 等 の 強 化 1-5) 大 規 模 な 火 山 噴 火 土 砂 災 害 ( 深 層 崩 壊 ) 等 による 多 数 の 死 傷 者 の 発 生 のみな らず 後 年 度 にわたり 国 土 の 脆 弱 性 が 高 ま る 事 態 農 水 農 村 における 想 定 被 害 情 報 の 共 有 による 避 難 計 画 の 精 度 の 向 上 農 水 農 村 地 域 レベルでの 総 合 的 な 防 災 減 災 対 策 の 推 進 ( 排 水 対 策 充 実 地 すべり 対 策 等 ) 農 水 土 地 改 良 施 設 に 係 る 施 設 管 理 者 の 業 務 体 制 の 確 立 ( 継 続 計 画 策 定 )の 推 進 及 び 体 制 強 化 農 水 農 村 における 地 域 コミュニティの 維 持 活 性 化 や 自 立 的 な 防 災 復 旧 活 動 の 体 制 整 備 の 推 進 国 交 河 道 閉 塞 ( 天 然 ダム) 等 が 発 生 し た 場 合 の 土 砂 災 害 防 止 法 に 基 づく 緊 急 調 査 の 実 施 および 緊 急 情 報 の 通 知 国 交 河 川 管 理 施 設 砂 防 設 備 等 の 戦 略 的 維 持 管 理 更 新 内 閣 府 民 間 企 業 及 び 企 業 間 / 企 業 体 / 業 界 等 における BCPの 策 定 促 進 及 びBCMの 普 及 推 進 国 交 空 港 における 津 波 避 難 体 制 の 強 化 農 水 荒 廃 地 等 における 治 山 施 設 の 整 備 文 科 南 海 トラフの 地 震 津 波 観 測 監 視 システムの 構 築 国 交 無 電 柱 化 の 推 進 国 交 三 大 湾 における 一 元 的 な 海 上 交 通 管 制 の 構 築 農 水 農 村 における 想 定 被 害 情 報 の 共 有 による 避 難 計 画 の 精 度 の 向 上 農 水 農 村 地 域 レベルでの 総 合 的 な 防 災 減 災 対 策 の 推 進 ( 排 水 対 策 充 実 地 すべり 対 策 等 ) 文 科 日 本 海 溝 海 底 地 震 津 波 観 測 網 の 整 備 経 産 地 下 水 等 総 合 観 測 施 設 の 整 備 国 交 GPS 波 浪 計 の 情 報 伝 達 の 信 頼 性 向 上 国 交 外 国 人 旅 行 者 に 対 する 災 害 情 報 の 迅 速 かつ 着 実 な 伝 達 国 交 港 湾 における 津 波 避 難 対 策 の 実 施 国 交 一 元 的 な 災 害 情 報 提 供 農 水 農 村 における 地 域 コミュニティの 維 持 活 性 化 や 自 立 的 な 防 災 復 旧 活 動 の 体 制 整 備 の 推 進 国 交 土 砂 災 害 警 戒 区 域 の 指 定 による 警 戒 避 難 体 制 の 整 備 等 への 支 援 国 交 農 水 海 岸 保 全 施 設 の 戦 略 的 な 維 持 管 理 の 推 進 国 交 大 規 模 災 害 に 備 えた 訓 練 防 災 教 育 等 の 強 化 国 交 津 波 予 報 等 に 貢 献 するGNSS 情 報 提 供 システムの 開 発 構 築 1-6) 情 報 伝 達 の 不 備 等 による 避 難 行 動 の 遅 れ 等 で 多 数 の 死 傷 者 の 発 生 国 交 大 規 模 災 害 時 における 情 報 収 集 の 高 度 化 による 初 動 の 強 化 国 交 駅 ナカを 含 めた 旅 客 への 情 報 提 供 の 着 実 な 実 施 国 交 旅 客 船 事 業 者 における 津 波 避 難 マ ニュアルの 策 定 等 の 推 進 国 交 国 内 旅 行 者 に 対 する 情 報 提 供 体 制 の 構 築 国 交 物 流 業 におけるBCP 作 成 の 促 進 国 交 農 水 水 門 陸 閘 等 の 自 動 化 遠 隔 操 作 化 効 果 的 な 管 理 運 用 の 推 進 国 交 農 水 津 波 高 潮 ハザードマップ 作 成 の 推 進 文 科 気 象 庁 の 津 波 予 報 等 への 貢 献 を 目 的 とした 地 震 津 波 火 山 観 測 網 の 強 化 国 交 ITを 活 用 した 災 害 時 の 情 報 収 集 提 供 国 交 河 道 閉 塞 ( 天 然 ダム) 等 が 発 生 した 場 合 の 土 砂 災 害 防 止 法 に 基 づく 緊 急 調 査 の 実 施 および 緊 急 情 報 の 通 知 資 - 11

63 ( 注 ) 複 数 の 起 きてはならない 最 悪 の 事 態 に 効 果 がある 施 策 は 最 も 効 果 のある 事 態 に 記 載 されているものを 太 字 で 表 記 (KPIも 同 様 ) 11) 環 境 12) 土 地 利 用 ( 国 土 利 用 ) コラムA ( 起 きてはならない 最 悪 の 事 態 を 回 避 するという 観 点 からの 現 在 取 り 組 んでいる 施 策 の 評 価 ) 重 要 業 績 指 標 KPI (Key Performance Indicator ) 環 境 森 林 等 の 自 然 生 態 系 のもつ 防 災 減 災 機 能 の 定 量 評 価 及 びそれを 踏 まえた 自 然 環 境 の 保 全 再 生 Jアラートの 自 動 起 動 機 の 整 備 等 による 住 民 への 適 切 な 災 害 情 報 の 提 供 土 砂 災 害 警 戒 区 域 の 指 定 火 山 災 害 に 係 る 避 難 計 画 の 策 定 等 が 進 められているが 具 体 的 で 実 践 的 な 避 難 計 画 の 策 定 率 が 13%(H24)であることなど 進 捗 が 途 上 であり 広 域 的 かつ 大 規 模 な 災 害 が 発 生 した 場 合 には 現 状 の 施 策 で 十 分 に 対 応 できない 恐 れがあ るため 広 域 的 かつ 大 規 模 な 災 害 発 生 時 の 対 応 方 策 について 検 討 す る 必 要 がある 想 定 している 規 模 以 上 の 土 砂 災 害 ( 深 層 崩 壊 等 ) 火 山 噴 火 等 に 対 して 対 応 が 困 難 となり 人 的 被 害 が 発 生 する 恐 れがあるため 被 害 を 軽 減 する 方 策 を 検 討 する 必 要 がある 社 会 経 済 上 重 要 な 施 設 の 保 全 のための 土 砂 災 害 対 策 実 施 率 が 47%(H24)であることなど 施 設 整 備 が 途 上 であることや 災 害 には 上 限 がないこと 様 々な 機 関 が 関 係 することを 踏 まえ 関 係 機 関 が 連 携 してハード 対 策 の 着 実 な 推 進 と 警 戒 避 難 体 制 整 備 等 のソフト 対 策 を 組 み 合 わせた 対 策 を 進 める 必 要 がある 山 村 の 地 域 活 動 の 停 滞 や 農 地 の 管 理 の 放 棄 等 に 伴 う 森 林 農 地 の 国 土 保 全 機 能 の 低 下 地 球 温 暖 化 に 伴 う 集 中 豪 雨 の 発 生 頻 度 の 増 加 等 による 農 村 や 山 地 における 災 害 発 生 リスクの 高 まりが 懸 念 される とともに ため 池 基 幹 的 水 利 施 設 等 の 耐 震 化 や 山 地 災 害 危 険 地 区 等 に 対 する 治 山 施 設 の 整 備 等 の 対 策 に 時 間 を 要 するため 人 的 被 害 が 発 生 する 恐 れがある また 森 林 の 整 備 にあたっては 鳥 獣 害 対 策 を 徹 底 した 上 で 地 域 に 根 差 した 植 生 の 活 用 等 自 然 と 共 生 した 多 様 な 森 林 づくりが 図 られるよう 対 応 する 必 要 がある 地 域 コミュニティと 連 携 した 施 設 の 保 全 管 理 等 のソフト 対 策 を 組 み 合 わせた 対 策 を 推 進 する 必 要 がある 内 閣 府 具 体 的 で 実 践 的 な 避 難 計 画 の 策 定 率 ( 火 山 ) 13%(H24) 国 交 土 砂 災 害 から 保 全 される 人 家 戸 数 約 108 万 戸 (H24) 国 交 社 会 経 済 上 重 要 な 施 設 の 保 全 のた めの 土 砂 災 害 対 策 実 施 率 ( 重 要 交 通 網 に 係 る 箇 所 ) 約 47%(H24) 農 水 ダム 等 極 めて 重 要 な 農 業 水 利 施 設 のレベル2 地 震 動 に 対 応 した 耐 震 設 計 照 査 の 実 施 割 合 4 割 (H24) 農 水 決 壊 すると 多 大 な 影 響 を 与 えるため 池 のうち ハザードマップ 等 ソフト 対 策 を 実 施 した 割 合 3 割 (H24) 農 水 周 辺 の 森 林 の 山 地 災 害 防 止 機 能 等 が 適 切 に 発 揮 される 集 落 の 数 55 千 集 落 (H25) 市 町 村 におけるJアラートの 自 動 起 動 機 の 整 備 ( 整 備 率 93% (H25))や 防 災 行 政 無 線 のデジタル 化 の 推 進 公 共 情 報 コモンズの 加 入 促 進 ラジオ 放 送 局 の 難 聴 対 策 旅 行 者 に 対 する 情 報 提 供 の 着 手 警 察 消 防 等 の 通 信 基 盤 施 設 の 堅 牢 化 高 度 化 等 により 地 方 公 共 団 体 や 一 般 への 情 報 の 確 実 かつ 迅 速 な 提 供 手 段 の 多 様 化 が 進 められてきており それらの 施 策 を 着 実 に 推 進 する 必 要 がある 民 間 事 業 者 等 との 連 携 による 自 動 車 のプローブ 情 報 等 を 活 用 した 被 害 状 況 の 早 期 把 握 やGPS 波 浪 計 海 域 の 地 震 津 波 観 測 網 GNSS 情 報 提 供 システムによる 地 震 関 連 情 報 の 提 供 電 子 防 災 情 報 システ ム 等 の 整 備 等 ITも 活 用 して 情 報 収 集 手 段 の 多 様 化 確 実 化 が 図 ら れてきているが 地 震 の 規 模 等 の 提 供 に300 分 (H24) 要 するなどして いるため それぞれの 施 策 について 更 なる 促 進 推 進 を 図 る 必 要 があ る 情 報 収 集 提 供 手 段 の 整 備 が 進 む 一 方 で それらにより 得 られた 情 報 の 効 果 的 な 利 活 用 をより 一 層 充 実 させることが 課 題 であり 特 に 情 報 収 集 提 供 の 主 要 な 主 体 である 地 方 公 共 団 体 の 人 員 体 制 を 整 備 する 必 要 がある 発 災 後 に 発 生 することが 想 定 される 交 通 渋 滞 による 避 難 の 遅 れを 回 避 する 必 要 がある 総 務 全 国 瞬 時 警 報 システム(J- ALERT) 自 動 起 動 装 置 の 整 備 率 93%(H25) 総 務 公 共 情 報 コモンズの 都 道 府 県 の 導 入 状 況 32%(H25) 総 務 AM 放 送 局 ( 親 局 )に 係 る 難 聴 対 策 としての 中 継 局 整 備 率 0%(H25) 国 交 地 震 の 規 模 等 の 提 供 に 要 する 時 間 300 分 (H24) 国 交 外 国 人 旅 行 者 に 対 する 災 害 情 報 の 伝 達 に 関 する 自 治 体 向 けの 指 針 の 周 知 0 市 町 村 (H25) 警 察 停 電 による 信 号 機 の 機 能 停 止 を 防 止 する 信 号 機 電 源 付 加 装 置 の 整 備 台 数 5,229 台 (H24) 各 施 策 の 達 成 度 (%) = 現 状 の 実 績 値 現 状 の 目 標 値 100 各 施 策 の 達 成 度 は 現 状 の 目 標 に 対 する 現 状 の 実 績 値 を 評 価 したものである 施 策 の 性 質 が 一 定 の 水 準 を 常 に 確 保 すべきもの(= 指 標 値 100%) 51~99% 1~50% 0%( 新 規 施 策 ) 施 策 の 性 質 が 指 標 の 設 定 になじまないもの 未 調 査 のため 実 態 を 把 握 できないもの 資 - 12

64 基 本 目 標 事 前 に 備 えるべき 目 標 プログラムにより 回 避 すべき 起 きてはならな い 最 悪 の 事 態 各 府 省 庁 が 取 り 組 む 施 策 (プログラムに 対 応 すると 考 えられるもの) 1) 行 政 機 能 / 警 察 消 防 等 ( 行 政 機 能 ) 1) 行 政 機 能 / 警 察 消 防 等 ( 警 察 消 防 等 ) 2) 住 宅 都 市 国 交 気 象 地 震 津 波 火 山 に 対 する 防 災 情 報 の 高 度 化 と 総 務 危 険 物 の 仮 貯 蔵 等 に 関 するガイドラ 厚 労 効 果 的 な 耐 震 化 推 進 及 び 応 急 給 水 の 適 時 的 確 な 発 表 インの 周 知 徹 底 円 滑 化 のための 水 道 事 業 の 連 携 強 化 警 察 警 察 施 設 の 耐 災 害 性 の 強 化 警 察 災 害 時 における 警 察 活 動 確 保 のための 警 察 情 報 通 信 基 盤 の 堅 牢 化 高 度 化 の 推 進 及 び 機 動 警 察 通 信 隊 の 対 処 能 力 の 更 なる 向 上 警 察 災 害 時 における 官 民 連 携 した 災 害 関 連 情 報 収 集 提 供 のためのシステム 整 備 防 衛 災 害 救 助 に 係 る 装 備 品 の 取 得 整 備 国 交 迅 速 な 航 路 啓 開 のための 体 制 の 整 備 総 務 地 方 公 共 団 体 の 組 織 体 制 の 強 化 危 機 対 応 能 力 の 向 上 国 交 巡 視 船 艇 航 空 機 の 整 備 内 閣 官 房 都 市 再 生 緊 急 整 備 地 域 における 滞 在 者 等 の 安 全 の 確 保 国 交 主 要 駅 周 辺 等 における 帰 宅 困 難 者 対 策 文 科 学 校 施 設 等 の 避 難 所 としての 防 災 機 能 の 強 化 国 交 帰 宅 困 難 者 負 傷 者 対 応 のための 防 災 拠 点 の 整 備 促 進 防 衛 地 方 公 共 団 体 の 組 織 体 制 の 強 化 のための 人 的 支 援 2-1) 被 災 地 での 食 料 飲 料 水 等 生 命 に 関 わる 物 資 供 給 の 長 期 停 止 Ⅰ. 人 命 を 守 る Ⅱ. 行 政 経 済 社 会 を 維 持 す る 重 要 な 機 能 が 致 命 傷 を 負 わない Ⅲ. 財 産 施 設 等 に 対 する 被 害 のできる 限 りの 低 減 被 害 拡 大 の 防 止 Ⅳ. 迅 速 な 復 旧 回 復 2. 大 規 模 自 然 災 害 発 生 直 後 から 救 助 救 急 医 療 活 動 等 が 迅 速 に 行 われる (それがなされない 場 合 の 必 要 な 対 応 を 含 む) 国 交 気 象 地 震 津 波 火 山 に 対 する 防 災 情 報 の 高 度 化 と 警 察 警 察 施 設 の 耐 災 害 性 の 強 化 適 時 的 確 な 発 表 警 察 災 害 時 における 警 察 活 動 確 保 のための 警 察 情 報 通 信 基 盤 の 堅 牢 化 高 度 化 の 推 進 及 び 機 動 警 察 通 信 隊 の 対 処 能 力 の 更 なる 向 上 国 交 TEC-FORCE 等 の 派 遣 特 定 緊 急 水 防 活 動 等 の 発 災 時 の 対 応 と 人 員 資 機 材 等 の 整 備 等 警 察 災 害 時 における 官 民 連 携 した 災 害 関 連 情 報 収 集 提 供 のためのシステム 整 備 防 衛 災 害 救 助 に 係 る 装 備 品 の 取 得 整 備 国 交 巡 視 船 艇 航 空 機 の 整 備 国 交 迅 速 な 航 路 啓 開 のための 体 制 の 整 備 2-2) 多 数 かつ 長 期 にわたる 孤 立 集 落 等 の 同 時 発 生 資 - 13

65 ( 注 ) 複 数 の 起 きてはならない 最 悪 の 事 態 に 効 果 がある 施 策 は 最 も 効 果 のある 事 態 に 記 載 されているものを 太 字 で 表 記 (KPIも 同 様 ) 3) 保 健 医 療 福 祉 4)エネルギー 5) 金 融 6) 情 報 通 信 経 産 災 害 時 石 油 供 給 連 携 計 画 の 訓 練 の 継 続 及 び 計 画 の 見 直 し 経 産 石 油 製 品 の 国 家 備 蓄 を 増 強 経 産 ガス 工 作 物 等 に 係 る 地 震 津 波 対 応 力 強 化 経 産 災 害 時 等 に 備 えて 需 要 家 側 に 燃 料 タンク や 自 家 発 電 設 備 の 設 置 等 の 推 進 経 産 製 油 所 の 非 常 時 出 荷 能 力 確 保 経 産 石 油 及 び 石 油 ガスの 国 家 備 蓄 基 地 の 地 震 対 策 等 経 産 石 油 製 品 の 国 家 備 蓄 を 増 強 (LPガス 分 ) 経 産 製 油 所 の 耐 震 強 化 等 による 石 油 製 品 入 出 荷 機 能 の 確 保 経 産 被 災 地 以 外 からのバックアップ 体 制 強 化 経 産 災 害 時 石 油 ガス 供 給 連 携 計 画 の 訓 練 の 継 続 及 び 計 画 の 見 直 し 経 産 SS LPガス 充 填 所 の 災 害 対 応 能 力 強 化 経 産 災 害 時 に 地 域 の 石 油 製 品 供 給 を 維 持 するため 災 害 対 応 型 SSを 引 き 続 き 整 備 経 産 石 油 LPガスサプライチェーンの 維 持 強 化 に 向 けた 関 係 機 関 の 協 議 体 制 を 強 化 経 産 災 害 時 における 石 油 製 品 需 要 を 想 定 した 備 蓄 量 の 検 討 及 び 関 係 府 省 庁 間 連 携 スキームの 構 築 経 産 電 気 設 備 の 大 規 模 自 然 災 害 等 対 応 力 強 化 及 び 復 旧 迅 速 化 の 検 討 国 交 雨 水 下 水 道 再 生 水 等 の 水 資 源 の 有 効 利 用 等 国 交 気 候 変 動 等 に 対 応 した 渇 水 対 策 及 び 災 害 時 における 用 水 供 給 の 確 保 各 施 策 の 達 成 度 (%) = 現 状 の 実 績 値 現 状 の 目 標 値 100 各 施 策 の 達 成 度 は 現 状 の 目 標 に 対 する 現 状 の 実 績 値 を 評 価 したものである 施 策 の 性 質 が 一 定 の 水 準 を 常 に 確 保 すべきもの(= 指 標 値 100%) 51~99% 1~50% 0%( 新 規 施 策 ) 施 策 の 性 質 が 指 標 の 設 定 になじまないもの 未 調 査 のため 実 態 を 把 握 できないもの 資 - 14

66 プログラムにより 回 避 すべき 起 きてはならな い 最 悪 の 事 態 各 府 省 庁 が 取 り 組 む 施 策 (プログラムに 対 応 すると 考 えられるもの) 7) 産 業 構 造 8) 交 通 物 流 9) 農 林 水 産 10) 国 土 保 全 国 交 支 援 物 資 の 輸 送 保 管 物 流 専 門 家 派 遣 に 関 する 協 力 協 定 の 締 結 促 進 国 交 民 間 物 資 拠 点 への 非 常 用 電 源 非 常 用 通 信 設 備 の 導 入 促 進 国 交 道 路 の 斜 面 崩 落 防 止 対 策 盛 土 の り 尻 補 強 国 交 道 路 橋 梁 の 耐 震 補 強 農 水 応 急 用 食 料 等 物 資 供 給 体 制 の 充 実 及 び 備 蓄 の 推 進 国 交 下 水 道 施 設 の 戦 略 的 維 持 管 理 更 新 農 水 農 業 水 利 施 設 等 の 機 能 診 断 を 踏 まえた 保 全 対 策 国 交 水 害 に 強 い 地 域 づくり( 河 川 ) 農 水 農 業 水 利 施 設 の 耐 震 化 国 交 大 規 模 水 害 の 未 然 の 防 止 等 農 水 津 波 減 災 かつ 省 コストのための 漁 港 や 海 岸 施 設 等 による 多 重 防 護 の 考 え 方 の 普 及 国 交 水 害 に 強 い 地 域 づくり( 下 水 道 ) 国 交 貨 物 鉄 道 事 業 者 のBCP 策 定 の 推 進 農 水 農 道 農 道 橋 等 の 保 全 対 策 の 推 進 国 交 農 水 海 岸 保 全 施 設 の 戦 略 的 な 維 持 管 理 の 推 進 国 交 緊 急 物 資 輸 送 システムの 構 築 農 水 ため 池 の 耐 震 化 等 国 交 港 湾 施 設 の 耐 震 耐 波 性 能 の 強 化 の 実 施 や 関 連 する 技 術 開 発 農 水 農 村 地 域 レベルでの 総 合 的 な 防 災 減 災 対 策 の 推 進 ( 排 水 対 策 充 実 地 すべり 対 策 等 ) 国 交 代 替 性 確 保 のための 道 路 ネットワークの 整 備 農 水 漁 港 施 設 の 耐 震 化 等 国 交 大 都 市 圏 環 状 道 路 の 整 備 国 交 無 電 柱 化 の 推 進 国 交 空 港 施 設 の 耐 震 性 向 上 農 水 農 林 道 の 迂 回 路 等 としての 活 用 に 係 る 道 路 管 理 者 間 の 情 報 共 有 等 の 促 進 国 交 河 川 管 理 施 設 砂 防 設 備 等 の 戦 略 的 維 持 管 理 更 新 国 交 大 規 模 地 震 に 備 えた 河 川 管 理 施 設 の 地 震 津 波 対 策 国 交 農 水 水 門 陸 閘 等 の 自 動 化 遠 隔 操 作 化 効 果 的 な 管 理 運 用 の 推 進 国 交 農 水 台 風 等 による 高 潮 対 策 としての 海 岸 堤 防 等 の 整 備 国 交 農 水 粘 り 強 い 構 造 ( 緑 の 防 潮 堤 を 含 む )を 基 本 と 農 水 土 地 改 良 施 設 に 係 る 施 設 管 理 者 の 業 務 体 制 の 確 立 した 海 岸 堤 防 等 の 整 備 耐 震 液 状 化 対 策 ( 地 震 津 波 対 ( 継 続 計 画 策 定 )の 推 進 及 び 体 制 強 化 策 ) 農 水 農 村 における 地 域 コミュニティの 維 持 活 性 化 や 自 立 的 な 防 災 復 旧 活 動 の 体 制 整 備 の 推 進 国 交 ICT 等 を 活 用 した 災 害 対 策 の 構 築 国 交 空 港 の 津 波 早 期 復 旧 計 画 の 策 定 の 推 進 国 交 津 波 防 災 地 域 づくりの 推 進 2-1) 被 災 地 での 食 料 飲 料 水 等 生 命 に 関 わる 物 資 供 給 の 長 期 停 止 国 交 広 域 物 資 拠 点 としての 民 間 物 流 施 設 の 選 定 及 び 活 用 マニュアルの 作 成 国 交 支 援 物 資 物 流 に 関 する 官 民 連 携 訓 練 及 び 研 修 の 実 施 国 交 港 湾 広 域 防 災 施 設 の 機 能 確 保 国 交 多 モード 間 の 相 互 連 携 による 支 援 物 資 輸 送 体 制 整 備 国 交 効 果 的 な 航 路 啓 開 等 に 係 る 関 係 機 関 等 の 連 携 の 強 化 国 交 港 湾 における 津 波 避 難 対 策 の 実 施 内 閣 府 官 民 が 連 携 した 物 資 調 達 の 仕 組 み 構 築 のための 検 討 国 交 道 路 の 液 状 化 対 策 国 交 道 路 啓 開 計 画 策 定 ( 災 害 に 備 えた 関 係 機 関 との 連 携 ) 国 交 道 路 の 雪 寒 対 策 の 推 進 ( 雪 崩 防 止 柵 等 の 防 雪 施 設 の 整 備 除 雪 作 業 凍 結 防 止 剤 散 布 各 機 関 による 情 報 連 絡 チェー ン 装 着 指 導 ) 国 交 一 元 的 な 災 害 情 報 提 供 国 交 緊 急 車 両 の 進 入 路 避 難 路 の 整 備 国 交 道 路 施 設 が 持 つ 副 次 的 機 能 の 活 用 ( 道 の 駅 の 防 災 拠 点 化 等 ) 国 交 災 害 時 における 海 上 輸 送 ネットワークの 確 保 のた め 利 用 可 能 船 舶 の 把 握 船 舶 の 利 用 に 係 る 関 係 者 との 体 制 構 築 等 を 推 進 国 交 代 替 性 確 保 のための 道 路 ネットワークの 整 備 農 水 応 急 用 食 料 等 物 資 供 給 体 制 の 充 実 及 び 備 蓄 の 推 進 国 交 下 水 道 施 設 の 戦 略 的 維 持 管 理 更 新 国 交 大 都 市 圏 環 状 道 路 の 整 備 農 水 荒 廃 地 等 における 治 山 施 設 の 整 備 国 交 水 害 に 強 い 地 域 づくり( 河 川 ) 国 交 道 路 橋 梁 の 耐 震 補 強 農 水 海 岸 防 災 林 の 整 備 国 交 大 規 模 水 害 の 未 然 の 防 止 等 2-2) 多 数 かつ 長 期 にわたる 孤 立 集 落 等 の 同 時 発 生 国 交 道 路 の 斜 面 崩 落 防 止 対 策 盛 土 のり 尻 補 強 農 水 農 道 農 道 橋 等 の 保 全 対 策 の 推 進 国 交 水 害 に 強 い 地 域 づくり( 下 水 道 ) 国 交 無 電 柱 化 の 推 進 国 交 貨 物 鉄 道 事 業 者 のBCP 策 定 の 推 進 国 交 鉄 道 施 設 の 耐 震 対 策 農 水 漁 港 施 設 の 耐 震 化 等 国 交 港 湾 施 設 の 耐 震 耐 波 性 能 の 強 化 の 実 施 や 関 連 す る 技 術 開 発 内 閣 府 地 域 再 生 の 推 進 のための 施 設 整 備 農 水 農 村 における 想 定 被 害 情 報 の 共 有 による 避 難 計 画 の 精 度 の 向 上 国 交 大 規 模 地 震 に 備 えた 土 砂 災 害 対 策 農 水 農 村 地 域 レベルでの 総 合 的 な 防 災 減 災 対 策 の 推 進 ( 排 水 対 策 充 実 地 すべり 対 策 等 ) 国 交 深 層 崩 壊 や 火 山 噴 火 等 に 備 えた 土 砂 災 害 対 策 農 水 農 林 道 の 迂 回 路 等 としての 活 用 に 係 る 道 路 管 理 者 間 の 情 報 共 有 等 の 促 進 国 交 土 砂 災 害 警 戒 区 域 の 指 定 による 警 戒 避 難 体 制 の 整 備 等 への 支 援 国 交 河 川 管 理 施 設 砂 防 設 備 等 の 戦 略 的 維 持 管 理 更 新 国 交 大 規 模 地 震 に 備 えた 河 川 管 理 施 設 の 地 震 津 波 対 策 国 交 港 湾 広 域 防 災 施 設 の 機 能 確 保 国 交 大 規 模 災 害 に 備 えた 訓 練 防 災 教 育 等 の 強 化 国 交 一 元 的 な 災 害 情 報 提 供 国 交 内 水 ハザードマップの 作 成 支 援 等 減 災 対 策 国 交 道 路 の 液 状 化 対 策 国 交 ICT 等 を 活 用 した 災 害 対 策 の 構 築 国 交 緊 急 車 両 の 進 入 路 避 難 路 の 整 備 国 交 大 規 模 災 害 時 における 情 報 収 集 の 高 度 化 による 初 動 の 強 化 国 交 道 路 啓 開 計 画 策 定 ( 災 害 に 備 えた 関 係 機 関 との 連 携 ) 国 交 道 路 施 設 が 持 つ 副 次 的 機 能 の 活 用 ( 道 の 駅 の 防 災 拠 点 化 等 ) 国 交 河 道 閉 塞 ( 天 然 ダム) 等 が 発 生 した 場 合 の 土 砂 災 害 防 止 法 に 基 づく 緊 急 調 査 の 実 施 および 緊 急 情 報 の 通 知 国 交 津 波 防 災 地 域 づくりの 推 進 国 交 道 路 の 雪 寒 対 策 の 推 進 ( 雪 崩 防 止 柵 等 の 防 雪 施 設 の 整 備 除 雪 作 業 凍 結 防 止 剤 散 布 各 機 関 による 情 報 連 絡 チェーン 装 着 指 導 ) 資 - 15

67 ( 注 ) 複 数 の 起 きてはならない 最 悪 の 事 態 に 効 果 がある 施 策 は 最 も 効 果 のある 事 態 に 記 載 されているものを 太 字 で 表 記 (KPIも 同 様 ) 11) 環 境 12) 土 地 利 用 ( 国 土 利 用 ) コラムA ( 起 きてはならない 最 悪 の 事 態 を 回 避 するという 観 点 からの 現 在 取 り 組 んでいる 施 策 の 評 価 ) 重 要 業 績 指 標 KPI (Key Performance Indicator ) 陸 海 空 の 物 資 輸 送 ルートを 確 実 に 確 保 するため 輸 送 基 盤 の 地 震 津 波 水 害 土 砂 災 害 雪 害 対 策 等 を 着 実 に 進 めるとともに 輸 送 モード 間 の 連 携 等 による 複 数 輸 送 ルートの 確 保 を 図 る 必 要 がある 例 えば 大 規 模 地 震 が 特 に 懸 念 される 地 域 における 港 湾 による 緊 急 物 資 供 給 可 能 人 口 カバー 率 は 約 6 割 (H24)であり 陸 上 輸 送 の 寸 断 に 備 えた 海 上 輸 送 拠 点 の 耐 震 化 を 進 める 必 要 がある 発 災 後 に 民 間 プローブ 情 報 の 活 用 等 により 道 路 交 通 情 報 を 的 確 に 把 握 するとともに 迅 速 な 輸 送 経 路 啓 開 に 向 けて 関 係 機 関 の 連 携 等 により 装 備 資 機 材 の 充 実 情 報 収 集 共 有 情 報 提 供 など 必 要 な 体 制 整 備 を 図 る 必 要 がある 水 道 施 設 の 耐 震 化 率 は34%(H24)であり 老 朽 化 対 策 と 合 わせ 耐 震 化 を 着 実 に 推 進 する 一 方 地 下 水 や 雨 水 再 生 水 など 多 様 な 水 源 利 用 の 検 討 を 進 める 必 要 がある 耐 食 性 耐 震 性 に 優 れたガス 管 への 取 替 えは 約 8 割 (H24)であり 学 校 病 院 等 の 関 係 機 関 と 連 携 しつつ 老 朽 化 対 策 と 合 わせ 着 実 に 推 進 する 必 要 がある 地 域 における 食 料 燃 料 等 の 備 蓄 供 給 拠 点 となる 民 間 物 流 施 設 等 の 災 害 対 応 力 を 強 化 するとともに 各 家 庭 避 難 所 等 における 備 蓄 量 の 確 保 を 促 進 する 必 要 がある 例 えば 学 校 施 設 の 多 くが 避 難 所 に 指 定 されているが 備 蓄 機 能 等 の 防 災 機 能 が 不 十 分 である 燃 料 等 の 仮 貯 蔵 取 扱 いに 関 するガイドラインが 策 定 されたところで あり 関 係 機 関 への 十 分 な 周 知 情 報 提 供 を 図 る 必 要 がある 国 交 大 規 模 地 震 が 特 に 懸 念 される 地 域 における 港 湾 による 緊 急 物 資 供 給 可 能 人 口 カバー 率 59%(H24) 厚 労 上 水 道 の 基 幹 管 路 の 耐 震 適 合 率 34%(H24) 経 産 低 圧 本 支 管 延 長 に 占 めるポリエチレ ン 管 等 高 い 耐 震 性 を 有 する 導 管 の 割 合 ( 全 国 ) 81%(H24) 農 水 応 急 用 食 料 の 充 足 率 100%(H24) 経 産 避 難 所 となり 得 る 施 設 への 石 油 製 品 貯 槽 の 配 備 率 31%(H25) 国 交 広 域 的 支 援 物 資 輸 送 訓 練 実 施 箇 所 率 33%(H25) 民 間 物 流 施 設 の 活 用 関 係 者 による 協 議 会 の 開 催 協 定 の 締 結 国 交 多 様 な 物 流 事 業 者 からなる 協 議 会 BCPの 策 定 等 により 自 治 体 国 民 間 事 業 者 等 が 連 携 した 物 資 調 等 の 設 置 地 域 率 達 供 給 体 制 を 構 築 するとともに 官 民 の 関 係 者 が 参 画 する 支 援 物 資 0%(H25) 輸 送 訓 練 を 実 施 し 迅 速 かつ 効 率 的 な 対 応 に 向 けて 実 効 性 を 高 めて いく 必 要 がある また 被 災 地 の 状 況 に 合 わせたプッシュ 型 支 援 プル 型 支 援 の 円 滑 かつ 的 確 な 実 施 に 向 けて 情 報 収 集 供 給 体 制 の 構 築 と 合 わせ 対 応 手 順 等 の 検 討 を 進 める 必 要 がある 道 路 の 防 災 震 災 対 策 や 緊 急 輸 送 道 路 の 無 電 柱 化 洪 水 土 砂 災 害 津 波 高 潮 雪 害 対 策 等 を 進 めているが 進 捗 が 途 上 であること 広 域 的 かつ 大 規 模 の 災 害 が 発 生 した 場 合 には 現 状 の 施 策 では 十 分 に 対 応 できない 恐 れがある 等 の 課 題 があるため 進 捗 を 推 進 するとと もに 対 応 方 策 を 検 討 する 必 要 がある 山 間 地 等 において 民 間 を 含 め 多 様 な 主 体 が 管 理 する 道 を 把 握 し 活 用 すること 等 により 避 難 路 や 代 替 輸 送 路 を 確 保 するための 取 組 を 促 進 する 必 要 がある 災 害 発 生 時 に 機 動 的 効 率 的 な 活 動 を 確 保 するための 体 制 の 整 備 必 要 な 装 備 資 機 材 の 整 備 通 信 基 盤 施 設 の 堅 牢 化 高 度 化 等 について 進 めているが 進 捗 途 上 にあるため それらを 推 進 する 必 要 が ある 広 範 囲 に 被 災 が 及 んだ 場 合 原 材 料 が 入 手 できない 等 の 理 由 によ り 十 分 な 応 急 用 食 料 等 を 調 達 できない 恐 れがあり 民 間 備 蓄 との 連 携 等 による 国 全 体 の 備 蓄 の 推 進 や 着 手 したばかりの 企 業 連 携 型 BCP の 取 り 組 みの 促 進 改 善 を 図 る 必 要 がある 地 方 行 政 機 関 等 ( 警 察 等 含 む)の 職 員 施 設 等 の 被 災 による 機 能 の 大 幅 な 低 下 を 回 避 する 必 要 がある 民 間 プローブ 情 報 の 活 用 等 による 道 路 交 通 情 報 の 的 確 な 把 握 と 提 供 を 推 進 する 必 要 がある 国 交 橋 梁 の 耐 震 補 強 完 了 率 79%(H24) 国 交 道 路 斜 面 等 の 要 対 策 箇 所 の 対 策 率 60%(H24) 防 衛 災 害 対 処 能 力 の 向 上 に 資 する 装 備 品 の 整 備 率 0%(H25) 各 施 策 の 達 成 度 (%) = 現 状 の 実 績 値 現 状 の 目 標 値 100 各 施 策 の 達 成 度 は 現 状 の 目 標 に 対 する 現 状 の 実 績 値 を 評 価 したものである 施 策 の 性 質 が 一 定 の 水 準 を 常 に 確 保 すべきもの(= 指 標 値 100%) 51~99% 1~50% 0%( 新 規 施 策 ) 施 策 の 性 質 が 指 標 の 設 定 になじまないもの 未 調 査 のため 実 態 を 把 握 できないもの 資 - 16

68 基 本 目 標 事 前 に 備 えるべき 目 標 プログラムにより 回 避 すべき 起 きてはならな い 最 悪 の 事 態 各 府 省 庁 が 取 り 組 む 施 策 (プログラムに 対 応 すると 考 えられるもの) 1) 行 政 機 能 / 警 察 消 防 等 ( 行 政 機 能 ) 1) 行 政 機 能 / 警 察 消 防 等 ( 警 察 消 防 等 ) 2) 住 宅 都 市 防 衛 情 報 収 集 体 制 の 整 備 防 衛 各 種 災 害 を 想 定 した 対 処 訓 練 の 継 続 的 実 施 警 察 警 察 施 設 の 耐 災 害 性 の 強 化 総 務 拠 点 機 能 形 成 車 両 等 の 緊 急 消 防 援 助 隊 の 車 両 整 備 ヘリ ヘリサット 等 の 整 備 等 による 緊 急 消 防 援 助 隊 の 対 応 力 の 強 化 国 交 TEC-FORCE 等 の 派 遣 特 定 緊 急 水 防 活 動 等 の 発 災 時 の 対 応 と 人 員 資 機 材 等 の 整 備 等 防 衛 災 害 医 療 基 幹 要 員 集 合 訓 練 警 察 災 害 時 における 警 察 活 動 確 保 のための 警 察 情 報 通 信 基 盤 の 堅 牢 化 高 度 化 の 推 進 及 び 機 動 警 察 通 信 隊 の 対 処 能 力 の 更 なる 向 上 警 察 災 害 時 における 官 民 連 携 した 災 害 関 連 情 報 収 集 提 供 のためのシステム 整 備 総 務 ICTやG 空 間 情 報 を 活 用 した 災 害 対 応 力 の 強 化 総 務 消 防 救 急 無 線 のデジタル 化 警 察 災 害 警 備 訓 練 施 設 の 整 備 総 務 救 助 活 動 等 拠 点 施 設 の 整 備 Ⅰ. 人 命 を 守 る Ⅱ. 行 政 経 済 社 会 を 維 持 す る 重 要 な 機 能 が 致 命 傷 を 負 わない Ⅲ. 財 産 施 設 等 に 対 する 被 害 のできる 限 りの 低 減 被 害 拡 大 の 防 止 Ⅳ. 迅 速 な 復 旧 回 復 2. 大 規 模 自 然 災 害 発 生 直 後 から 救 助 救 急 医 療 活 動 等 が 迅 速 に 行 われる (それがなされない 場 合 の 必 要 な 対 応 を 含 む) 2-3) 自 衛 隊 警 察 消 防 海 保 等 の 被 災 等 による 救 助 救 急 活 動 等 の 絶 対 的 不 足 防 衛 災 害 派 遣 時 の 対 処 能 力 を 高 める 措 置 防 衛 災 害 救 助 に 係 る 装 備 品 の 取 得 整 備 内 閣 府 災 害 対 応 業 務 標 準 化 の 推 進 警 察 災 害 警 備 訓 練 の 実 施 警 察 災 害 用 装 備 資 機 材 の 充 実 強 化 警 察 警 察 用 航 空 機 等 の 整 備 警 察 通 信 指 令 施 設 の 更 新 整 備 総 務 消 防 庁 舎 の 耐 震 化 総 務 高 機 能 消 防 指 令 センターや 耐 震 性 貯 水 槽 等 の 消 防 防 災 施 設 の 整 備 耐 震 化 等 によ る 地 域 における 防 災 基 盤 等 の 整 備 総 務 消 防 団 員 の 確 保 対 策 安 全 確 保 及 び 消 防 団 自 主 防 災 組 織 等 の 地 域 防 災 リーダー の 充 実 強 化 総 務 常 備 消 防 力 の 強 化 国 交 巡 視 船 艇 航 空 機 の 整 備 防 衛 UTMグリッド( 座 標 )の 有 効 活 用 防 衛 自 衛 隊 艦 艇 の 接 岸 可 能 港 湾 等 の 調 査 防 衛 場 外 離 着 陸 場 指 定 の 推 進 (CH47の 降 着 地 を 重 点 指 定 ) 防 衛 自 衛 隊 施 設 の 津 波 対 策 防 衛 自 衛 隊 施 設 の 耐 震 化 防 衛 大 規 模 災 害 時 における 在 日 米 軍 との 連 携 総 務 地 方 公 共 団 体 の 組 織 体 制 の 強 化 危 機 対 応 能 力 の 向 上 国 交 水 防 団 の 充 実 強 化 等 による 地 域 水 防 力 の 強 化 国 交 迅 速 な 航 路 啓 開 のための 体 制 の 整 備 防 衛 地 方 公 共 団 体 の 組 織 体 制 の 強 化 のための 人 的 支 援 資 - 17

69 ( 注 ) 複 数 の 起 きてはならない 最 悪 の 事 態 に 効 果 がある 施 策 は 最 も 効 果 のある 事 態 に 記 載 されているものを 太 字 で 表 記 (KPIも 同 様 ) 3) 保 健 医 療 福 祉 4)エネルギー 5) 金 融 6) 情 報 通 信 厚 労 災 害 派 遣 医 療 チーム(DMAT)の 養 成 総 務 電 気 通 信 設 備 の 損 壊 又 は 故 障 等 に 係 る 技 術 基 準 への 適 合 性 を 維 持 するための 自 己 確 認 制 度 各 施 策 の 達 成 度 (%) = 現 状 の 実 績 値 現 状 の 目 標 値 100 各 施 策 の 達 成 度 は 現 状 の 目 標 に 対 する 現 状 の 実 績 値 を 評 価 したものである 施 策 の 性 質 が 一 定 の 水 準 を 常 に 確 保 すべきもの(= 指 標 値 100%) 51~99% 1~50% 0%( 新 規 施 策 ) 施 策 の 性 質 が 指 標 の 設 定 になじまないもの 未 調 査 のため 実 態 を 把 握 できないもの 資 - 18

70 プログラムにより 回 避 すべき 起 きてはならな い 最 悪 の 事 態 各 府 省 庁 が 取 り 組 む 施 策 (プログラムに 対 応 すると 考 えられるもの) 7) 産 業 構 造 8) 交 通 物 流 9) 農 林 水 産 10) 国 土 保 全 国 交 防 災 減 災 の 担 い 手 ( 建 設 業 )の 確 保 等 の 推 進 国 交 空 港 施 設 の 耐 震 性 向 上 国 交 下 水 道 施 設 の 戦 略 的 維 持 管 理 更 新 国 交 空 港 の 津 波 早 期 復 旧 計 画 の 策 定 の 推 進 国 交 洪 水 ハザードマップの 作 成 支 援 等 減 災 対 策 国 交 代 替 性 確 保 のための 道 路 ネットワークの 整 備 国 交 水 害 に 強 い 地 域 づくり( 河 川 ) 国 交 大 都 市 圏 環 状 道 路 の 整 備 国 交 大 規 模 水 害 の 未 然 の 防 止 等 国 交 道 路 橋 梁 の 耐 震 補 強 国 交 水 害 に 強 い 地 域 づくり( 下 水 道 ) 国 交 無 電 柱 化 の 推 進 国 交 大 規 模 地 震 に 備 えた 土 砂 災 害 対 策 国 交 港 湾 施 設 の 耐 震 耐 波 性 能 の 強 化 の 実 施 や 関 連 す る 技 術 開 発 国 交 広 域 的 な 大 規 模 災 害 発 生 時 に 必 要 な 空 港 機 能 等 の 輸 送 能 力 の 確 保 国 交 深 層 崩 壊 や 火 山 噴 火 等 に 備 えた 土 砂 災 害 対 策 国 交 土 砂 災 害 警 戒 区 域 の 指 定 による 警 戒 避 難 体 制 の 整 備 等 への 支 援 国 交 港 湾 広 域 防 災 施 設 の 機 能 確 保 国 交 農 水 海 岸 保 全 施 設 の 戦 略 的 な 維 持 管 理 の 推 進 国 交 効 果 的 な 航 路 啓 開 等 に 係 る 関 係 機 関 等 の 連 携 の 強 化 国 交 一 元 的 な 災 害 情 報 提 供 国 交 河 川 管 理 施 設 砂 防 設 備 等 の 戦 略 的 維 持 管 理 更 新 国 交 大 規 模 地 震 に 備 えた 河 川 管 理 施 設 の 地 震 津 波 対 策 国 交 道 路 の 液 状 化 対 策 国 交 大 規 模 災 害 に 備 えた 訓 練 防 災 教 育 等 の 強 化 国 交 緊 急 車 両 の 進 入 路 避 難 路 の 整 備 国 交 内 水 ハザードマップの 作 成 支 援 等 減 災 対 策 2-3) 自 衛 隊 警 察 消 防 海 保 等 の 被 災 等 による 救 助 救 急 活 動 等 の 絶 対 的 不 足 国 交 大 規 模 災 害 時 における 情 報 収 集 の 高 度 化 による 初 動 の 強 化 国 交 道 路 啓 開 計 画 策 定 ( 災 害 に 備 えた 関 係 機 関 との 連 携 ) 国 交 道 路 の 雪 寒 対 策 の 推 進 ( 雪 崩 防 止 柵 等 の 防 雪 施 設 の 整 備 除 雪 作 業 凍 結 防 止 剤 散 布 各 機 関 による 情 報 連 絡 チェーン 装 着 指 導 ) 国 交 災 害 時 における 海 上 輸 送 ネットワークの 確 保 のた め 利 用 可 能 船 舶 の 把 握 船 舶 の 利 用 に 係 る 関 係 者 との 体 制 構 築 等 を 推 進 国 交 農 水 水 門 陸 閘 等 の 自 動 化 遠 隔 操 作 化 効 果 的 な 管 理 運 用 の 推 進 国 交 農 水 台 風 等 による 高 潮 対 策 としての 海 岸 堤 防 等 の 整 備 国 交 農 水 粘 り 強 い 構 造 ( 緑 の 防 潮 堤 を 含 む )を 基 本 と した 海 岸 堤 防 等 の 整 備 耐 震 液 状 化 対 策 ( 地 震 津 波 対 策 ) 資 - 19

71 ( 注 ) 複 数 の 起 きてはならない 最 悪 の 事 態 に 効 果 がある 施 策 は 最 も 効 果 のある 事 態 に 記 載 されているものを 太 字 で 表 記 (KPIも 同 様 ) 11) 環 境 12) 土 地 利 用 ( 国 土 利 用 ) コラムA ( 起 きてはならない 最 悪 の 事 態 を 回 避 するという 観 点 からの 現 在 取 り 組 んでいる 施 策 の 評 価 ) 重 要 業 績 指 標 KPI (Key Performance Indicator ) 自 衛 隊 警 察 消 防 海 保 等 において 災 害 対 応 力 強 化 のための 体 制 装 備 資 機 材 等 の 充 実 強 化 を 推 進 する 必 要 がある 加 えて 消 防 団 の 体 制 装 備 訓 練 の 充 実 強 化 や 緊 急 災 害 対 策 派 遣 隊 (TEC- FORCE) 水 防 団 自 主 防 災 組 織 の 充 実 強 化 災 害 派 遣 医 療 チーム (DMAT)の 養 成 道 路 啓 開 等 を 担 う 建 設 業 の 人 材 確 保 を 推 進 する 必 要 がある さらに 海 外 からの 応 援 部 隊 の 受 入 連 携 活 動 の 調 整 方 法 等 について 事 前 に 明 確 化 しておく 必 要 がある 災 害 対 応 において 関 係 省 庁 ごとに 体 制 や 資 機 材 運 営 要 領 が 異 な ることから 災 害 対 応 業 務 の 標 準 化 情 報 の 共 有 化 に 関 する 検 討 を 行 い 必 要 な 事 項 について 標 準 化 を 推 進 する 必 要 がある また 地 域 の 特 性 や 様 々な 災 害 現 場 に 対 応 した 訓 練 環 境 を 整 備 するとともに 明 確 な 目 標 の 下 に 合 同 訓 練 等 を 実 施 し 災 害 対 応 業 務 の 実 効 性 を 高 め ていく 必 要 がある 警 察 施 設 自 衛 隊 施 設 及 び 消 防 庁 舎 の 耐 震 化 率 は 約 8 割 (H24) であることなどから 地 域 における 活 動 拠 点 となる 施 設 の 耐 災 害 性 を 強 化 する 必 要 がある また 消 防 救 急 無 線 のデジタル 化 は 約 3 割 (H25) 警 察 の 無 線 中 継 所 リンク 回 線 の 高 度 化 の 達 成 率 は 約 5 割 (H25)であることなどから 情 報 通 信 機 能 の 耐 災 害 性 の 強 化 高 度 化 を 着 実 に 推 進 する 必 要 がある 自 治 体 関 係 府 省 庁 の 連 携 等 により 活 動 拠 点 活 動 経 路 の 耐 災 害 性 を 向 上 させるとともに 民 間 プローブ 情 報 の 活 用 信 号 機 電 源 付 加 装 置 の 整 備 地 図 情 報 の 標 準 化 に 関 する 検 討 等 を 推 進 し 円 滑 な 活 動 を 支 援 する 必 要 がある 総 務 緊 急 消 防 援 助 隊 の 増 強 4,600 隊 (H25) 国 交 リエゾン 協 定 締 結 率 93%(H25) 防 衛 災 害 対 処 能 力 の 向 上 に 資 する 装 備 品 の 整 備 率 0%(H25) 警 察 災 害 警 備 訓 練 施 設 の 設 置 0%(H25) 警 察 都 道 府 県 警 察 本 部 及 び 警 察 署 の 耐 震 化 率 82%(H24) 総 務 消 防 救 急 無 線 のデジタル 化 整 備 済 団 体 の 割 合 31%(H25) 警 察 停 電 による 信 号 機 の 機 能 停 止 を 防 止 する 信 号 機 電 源 付 加 装 置 の 整 備 台 数 5,229 台 (H24) 各 施 策 の 達 成 度 (%) = 現 状 の 実 績 値 現 状 の 目 標 値 100 各 施 策 の 達 成 度 は 現 状 の 目 標 に 対 する 現 状 の 実 績 値 を 評 価 したものである 施 策 の 性 質 が 一 定 の 水 準 を 常 に 確 保 すべきもの(= 指 標 値 100%) 51~99% 1~50% 0%( 新 規 施 策 ) 施 策 の 性 質 が 指 標 の 設 定 になじまないもの 未 調 査 のため 実 態 を 把 握 できないもの 資 - 20

72 基 本 目 標 事 前 に 備 えるべき 目 標 プログラムにより 回 避 すべき 起 きてはならな い 最 悪 の 事 態 各 府 省 庁 が 取 り 組 む 施 策 (プログラムに 対 応 すると 考 えられるもの) 1) 行 政 機 能 / 警 察 消 防 等 ( 行 政 機 能 ) 1) 行 政 機 能 / 警 察 消 防 等 ( 警 察 消 防 等 ) 2) 住 宅 都 市 警 察 警 察 施 設 の 耐 災 害 性 の 強 化 警 察 災 害 時 における 警 察 活 動 確 保 のための 警 察 情 報 通 信 基 盤 の 堅 牢 化 高 度 化 の 推 進 及 び 機 動 警 察 通 信 隊 の 対 処 能 力 の 更 なる 向 上 警 察 災 害 時 における 官 民 連 携 した 災 害 関 連 情 報 収 集 提 供 のためのシステム 整 備 防 衛 災 害 救 助 に 係 る 装 備 品 の 取 得 整 備 国 交 巡 視 船 艇 航 空 機 の 整 備 国 交 迅 速 な 航 路 啓 開 のための 体 制 の 整 備 2-4) 救 助 救 急 医 療 活 動 のためのエネ ルギー 供 給 の 長 期 途 絶 Ⅰ. 人 命 を 守 る Ⅱ. 行 政 経 済 社 会 を 維 持 す る 重 要 な 機 能 が 致 命 傷 を 負 わない Ⅲ. 財 産 施 設 等 に 対 する 被 害 のできる 限 りの 低 減 被 害 拡 大 の 防 止 Ⅳ. 迅 速 な 復 旧 回 復 2. 大 規 模 自 然 災 害 発 生 直 後 から 救 助 救 急 医 療 活 動 等 が 迅 速 に 行 われる (それがなされない 場 合 の 必 要 な 対 応 を 含 む) 国 交 気 象 地 震 津 波 火 山 に 対 する 防 災 情 報 の 高 度 化 と 警 察 警 察 施 設 の 耐 災 害 性 の 強 化 適 時 的 確 な 発 表 警 察 災 害 時 における 警 察 活 動 確 保 のための 警 察 情 報 通 信 基 盤 の 堅 牢 化 高 度 化 の 推 進 及 び 機 動 警 察 通 信 隊 の 対 処 能 力 の 更 なる 向 上 警 察 災 害 時 における 官 民 連 携 した 災 害 関 連 情 報 収 集 提 供 のためのシステム 整 備 国 交 巡 視 船 艇 航 空 機 の 整 備 内 閣 官 房 都 市 再 生 緊 急 整 備 地 域 における 滞 在 者 等 の 安 全 の 確 保 国 交 主 要 駅 周 辺 等 における 帰 宅 困 難 者 対 策 国 交 帰 宅 困 難 者 対 策 に 資 する 公 園 緑 地 の 活 用 国 交 帰 宅 困 難 者 負 傷 者 対 応 のための 防 災 拠 点 の 整 備 促 進 文 科 学 校 施 設 等 の 避 難 所 としての 防 災 機 能 の 強 化 2-5) 想 定 を 超 える 大 量 かつ 長 期 の 帰 宅 困 難 者 への 水 食 糧 等 の 供 給 不 足 資 - 21

73 ( 注 ) 複 数 の 起 きてはならない 最 悪 の 事 態 に 効 果 がある 施 策 は 最 も 効 果 のある 事 態 に 記 載 されているものを 太 字 で 表 記 (KPIも 同 様 ) 3) 保 健 医 療 福 祉 4)エネルギー 5) 金 融 6) 情 報 通 信 経 産 災 害 時 石 油 供 給 連 携 計 画 の 訓 練 の 継 続 及 び 計 画 の 見 直 し 経 産 石 油 製 品 の 国 家 備 蓄 を 増 強 経 産 製 油 所 の 非 常 時 出 荷 能 力 確 保 経 産 石 油 及 び 石 油 ガスの 国 家 備 蓄 基 地 の 地 震 対 策 等 経 産 災 害 時 等 に 備 えて 需 要 家 側 に 燃 料 タンクや 自 家 発 電 設 備 の 設 置 等 の 推 進 経 産 石 油 製 品 の 国 家 備 蓄 を 増 強 (LPガス 分 ) 経 産 製 油 所 の 耐 震 強 化 等 による 石 油 製 品 入 出 荷 機 能 の 確 保 経 産 被 災 地 以 外 からのバックアップ 体 制 強 化 経 産 災 害 時 石 油 ガス 供 給 連 携 計 画 の 訓 練 の 継 続 及 び 計 画 の 見 直 し 経 産 SS LPガス 充 填 所 の 災 害 対 応 能 力 強 化 経 産 災 害 時 に 地 域 の 石 油 製 品 供 給 を 維 持 するため 災 害 対 応 型 SSを 引 き 続 き 整 備 経 産 石 油 LPガスサプライチェーンの 維 持 強 化 に 向 けた 関 係 機 関 の 協 議 体 制 を 強 化 経 産 災 害 時 における 石 油 製 品 需 要 を 想 定 した 備 蓄 量 の 検 討 及 び 関 係 府 省 庁 間 連 携 スキームの 構 築 環 境 病 院 施 設 等 への 自 立 分 散 型 エネルギー 整 備 の 支 援 経 産 電 気 設 備 の 大 規 模 自 然 災 害 等 対 応 力 強 化 及 び 復 旧 迅 速 化 の 検 討 各 施 策 の 達 成 度 (%) = 現 状 の 実 績 値 現 状 の 目 標 値 100 各 施 策 の 達 成 度 は 現 状 の 目 標 に 対 する 現 状 の 実 績 値 を 評 価 したものである 施 策 の 性 質 が 一 定 の 水 準 を 常 に 確 保 すべきもの(= 指 標 値 100%) 51~99% 1~50% 0%( 新 規 施 策 ) 施 策 の 性 質 が 指 標 の 設 定 になじまないもの 未 調 査 のため 実 態 を 把 握 できないもの 資 - 22

74 プログラムにより 回 避 すべき 起 きてはならな い 最 悪 の 事 態 各 府 省 庁 が 取 り 組 む 施 策 (プログラムに 対 応 すると 考 えられるもの) 7) 産 業 構 造 8) 交 通 物 流 9) 農 林 水 産 10) 国 土 保 全 国 交 代 替 性 確 保 のための 道 路 ネットワークの 整 備 国 交 下 水 道 施 設 の 戦 略 的 維 持 管 理 更 新 国 交 大 都 市 圏 環 状 道 路 の 整 備 国 交 洪 水 ハザードマップの 作 成 支 援 等 減 災 対 策 国 交 道 路 橋 梁 の 耐 震 補 強 国 交 水 害 に 強 い 地 域 づくり( 河 川 ) 国 交 道 路 の 斜 面 崩 落 防 止 対 策 盛 土 のり 尻 補 強 国 交 大 規 模 水 害 の 未 然 の 防 止 等 国 交 無 電 柱 化 の 推 進 国 交 水 害 に 強 い 地 域 づくり( 下 水 道 ) 国 交 貨 物 鉄 道 事 業 者 のBCP 策 定 の 推 進 国 交 大 規 模 地 震 に 備 えた 土 砂 災 害 対 策 2-4) 救 助 救 急 医 療 活 動 のためのエネ ルギー 供 給 の 長 期 途 絶 国 交 港 湾 施 設 の 耐 震 耐 波 性 能 の 強 化 の 実 施 や 関 連 す る 技 術 開 発 国 交 港 湾 広 域 防 災 施 設 の 機 能 確 保 国 交 効 果 的 な 航 路 啓 開 等 に 係 る 関 係 機 関 等 の 連 携 の 強 化 国 交 物 流 業 におけるBCP 作 成 の 促 進 国 交 一 元 的 な 災 害 情 報 提 供 国 交 深 層 崩 壊 や 火 山 噴 火 等 に 備 えた 土 砂 災 害 対 策 国 交 土 砂 災 害 警 戒 区 域 の 指 定 による 警 戒 避 難 体 制 の 整 備 等 への 支 援 国 交 農 水 海 岸 保 全 施 設 の 戦 略 的 な 維 持 管 理 の 推 進 国 交 河 川 管 理 施 設 砂 防 設 備 等 の 戦 略 的 維 持 管 理 更 新 国 交 大 規 模 地 震 に 備 えた 河 川 管 理 施 設 の 地 震 津 波 対 策 国 交 道 路 の 液 状 化 対 策 国 交 大 規 模 災 害 に 備 えた 訓 練 防 災 教 育 等 の 強 化 国 交 緊 急 車 両 の 進 入 路 避 難 路 の 整 備 国 交 内 水 ハザードマップの 作 成 支 援 等 減 災 対 策 国 交 道 路 啓 開 計 画 策 定 ( 災 害 に 備 えた 関 係 機 関 との 連 携 ) 国 交 道 路 施 設 が 持 つ 副 次 的 機 能 の 活 用 ( 道 の 駅 の 防 災 拠 点 化 等 ) 国 交 道 路 の 雪 寒 対 策 の 推 進 ( 雪 崩 防 止 柵 等 の 防 雪 施 設 の 整 備 除 雪 作 業 凍 結 防 止 剤 散 布 各 機 関 による 情 報 連 絡 チェーン 装 着 指 導 ) 国 交 災 害 時 における 海 上 輸 送 ネットワークの 確 保 のた め 利 用 可 能 船 舶 の 把 握 船 舶 の 利 用 に 係 る 関 係 者 との 体 制 構 築 等 を 推 進 国 交 農 水 水 門 陸 閘 等 の 自 動 化 遠 隔 操 作 化 効 果 的 な 管 理 運 用 の 推 進 国 交 農 水 台 風 等 による 高 潮 対 策 としての 海 岸 堤 防 等 の 整 備 国 交 農 水 粘 り 強 い 構 造 ( 緑 の 防 潮 堤 を 含 む )を 基 本 と した 海 岸 堤 防 等 の 整 備 耐 震 液 状 化 対 策 ( 地 震 津 波 対 策 ) 国 交 水 力 エネルギーの 有 効 活 用 及 び 小 水 力 発 電 の 推 進 国 交 ICT 等 を 活 用 した 災 害 対 策 の 構 築 国 交 空 港 における 津 波 避 難 体 制 の 強 化 国 交 支 援 物 資 の 輸 送 保 管 物 流 専 門 家 派 遣 に 関 する 協 力 協 定 の 締 結 促 進 農 水 応 急 用 食 料 等 物 資 供 給 体 制 の 充 実 及 び 備 蓄 の 推 進 国 交 下 水 道 施 設 の 戦 略 的 維 持 管 理 更 新 国 交 洪 水 ハザードマップの 作 成 支 援 等 減 災 対 策 国 交 民 間 物 資 拠 点 への 非 常 用 電 源 非 常 用 通 信 設 備 の 導 入 促 進 国 交 水 害 に 強 い 地 域 づくり( 河 川 ) 国 交 大 都 市 圏 環 状 道 路 の 整 備 国 交 大 規 模 水 害 の 未 然 の 防 止 等 2-5) 想 定 を 超 える 大 量 かつ 長 期 の 帰 宅 困 難 者 への 水 食 糧 等 の 供 給 不 足 国 交 広 域 物 資 拠 点 としての 民 間 物 流 施 設 の 選 定 及 び 活 用 マニュアルの 作 成 国 交 支 援 物 資 物 流 に 関 する 官 民 連 携 訓 練 及 び 研 修 の 実 施 国 交 港 湾 広 域 防 災 施 設 の 機 能 確 保 国 交 多 モード 間 の 相 互 連 携 による 支 援 物 資 輸 送 体 制 整 備 国 交 地 方 公 共 団 体 等 と 連 携 した 帰 宅 困 難 者 対 策 の 検 討 実 施 国 交 物 流 業 におけるBCP 作 成 の 促 進 国 交 一 元 的 な 災 害 情 報 提 供 国 交 道 路 施 設 が 持 つ 副 次 的 機 能 の 活 用 ( 道 の 駅 の 防 災 拠 点 化 等 ) 国 交 災 害 時 における 海 上 輸 送 ネットワークの 確 保 のた め 利 用 可 能 船 舶 の 把 握 船 舶 の 利 用 に 係 る 関 係 者 との 体 制 構 築 等 を 推 進 国 交 水 害 に 強 い 地 域 づくり( 下 水 道 ) 国 交 農 水 海 岸 保 全 施 設 の 戦 略 的 な 維 持 管 理 の 推 進 国 交 河 川 管 理 施 設 砂 防 設 備 等 の 戦 略 的 維 持 管 理 更 新 国 交 大 規 模 地 震 に 備 えた 河 川 管 理 施 設 の 地 震 津 波 対 策 国 交 内 水 ハザードマップの 作 成 支 援 等 減 災 対 策 国 交 農 水 水 門 陸 閘 等 の 自 動 化 遠 隔 操 作 化 効 果 的 な 管 理 運 用 の 推 進 国 交 農 水 台 風 等 による 高 潮 対 策 としての 海 岸 堤 防 等 の 整 備 国 交 農 水 粘 り 強 い 構 造 ( 緑 の 防 潮 堤 を 含 む )を 基 本 と した 海 岸 堤 防 等 の 整 備 耐 震 液 状 化 対 策 ( 地 震 津 波 対 策 ) 資 - 23

75 ( 注 ) 複 数 の 起 きてはならない 最 悪 の 事 態 に 効 果 がある 施 策 は 最 も 効 果 のある 事 態 に 記 載 されているものを 太 字 で 表 記 (KPIも 同 様 ) 11) 環 境 12) 土 地 利 用 ( 国 土 利 用 ) コラムA ( 起 きてはならない 最 悪 の 事 態 を 回 避 するという 観 点 からの 現 在 取 り 組 んでいる 施 策 の 評 価 ) 重 要 業 績 指 標 KPI (Key Performance Indicator ) 災 害 時 の 石 油 製 品 需 要 を 想 定 した 備 蓄 量 の 検 討 及 び 関 係 府 省 庁 間 の 連 携 枠 組 みの 構 築 が 進 められているが いまだ 確 立 していないた め 引 き 続 き 関 係 省 庁 において 調 整 を 継 続 し 早 期 に 連 携 体 制 を 構 築 する 必 要 がある 需 要 家 側 においても 災 害 時 に 備 え 燃 料 タンクや 自 家 発 電 装 置 の 設 置 等 を 進 めることが 必 要 である また 医 療 施 設 又 は 福 祉 施 設 にお いて 災 害 時 にエネルギー 供 給 が 長 期 途 絶 することを 回 避 するため 自 立 分 散 型 エネルギー(ガスコージェネレーション) 整 備 への 支 援 が 進 められており 現 在 約 1,000 施 設 にて 整 備 されている 今 後 の 普 及 の 推 移 に 応 じて 支 援 方 策 について 検 討 する 必 要 がある そもそもエネルギー 供 給 のためのインフラ 被 災 時 には 供 給 できなくな るため 道 路 の 防 災 震 災 対 策 や 地 震 津 波 風 水 害 対 策 等 を 着 実 に 推 進 する 必 要 がある 経 産 避 難 所 となり 得 る 施 設 への 石 油 製 品 貯 槽 の 配 備 率 31%(H25) 帰 宅 困 難 者 対 策 については 都 市 再 生 安 全 確 保 計 画 及 びエリア 防 災 計 画 等 に 基 づく 取 組 に 着 手 しているところであり 膨 大 な 数 の 帰 宅 困 難 者 の 受 け 入 れに 必 要 な 一 時 滞 在 施 設 の 確 保 徒 歩 での 帰 宅 支 援 の 取 組 を 推 進 する 必 要 がある また 一 時 滞 在 施 設 や 避 難 所 となる 学 校 施 設 等 について 必 ずしも 耐 震 化 防 災 機 能 ( 備 蓄 倉 庫 蓄 電 機 能 代 替 水 源 等 )を 有 しておらず 帰 宅 困 難 者 避 難 者 等 の 受 け 入 れ 態 勢 の 確 保 を 図 る 必 要 がある 帰 宅 するために 必 要 な 交 通 インフラの 復 旧 を 早 期 に 実 施 するため 道 路 の 防 災 震 災 対 策 や 緊 急 輸 送 道 路 の 無 電 柱 化 洪 水 土 砂 災 害 津 波 高 潮 対 策 等 について 関 係 府 省 庁 間 の 連 携 調 整 を 事 前 に 行 う 必 要 がある 自 動 車 の 民 間 プローブ 情 報 を 活 用 し 渋 滞 状 況 を 正 確 に 把 握 する とともに 停 電 による 信 号 機 の 停 止 が 原 因 で 発 生 する 交 通 渋 滞 を 回 避 する 必 要 がある 地 方 行 政 機 関 等 ( 警 察 等 含 む)の 職 員 施 設 等 の 被 災 による 機 能 の 大 幅 な 低 下 を 回 避 する 必 要 がある 大 都 市 において 鉄 道 不 通 時 の 代 替 輸 送 手 段 の 確 保 等 へ 対 応 す る 必 要 がある 国 交 内 閣 官 房 都 市 再 生 安 全 確 保 計 画 及 びエリア 防 災 計 画 を 策 定 した 地 域 数 11 地 域 (H25) 各 施 策 の 達 成 度 (%) = 現 状 の 実 績 値 現 状 の 目 標 値 100 各 施 策 の 達 成 度 は 現 状 の 目 標 に 対 する 現 状 の 実 績 値 を 評 価 したものである 施 策 の 性 質 が 一 定 の 水 準 を 常 に 確 保 すべきもの(= 指 標 値 100%) 51~99% 1~50% 0%( 新 規 施 策 ) 施 策 の 性 質 が 指 標 の 設 定 になじまないもの 未 調 査 のため 実 態 を 把 握 できないもの 資 - 24

( 別 紙 1) 国 土 の 強 靭 性 (レジリエンス)を 確 保 するうえで 目 標 1 大 規 模 災 害 が 発 生 したときでもすべての 人 命 を 守 る Ⅰ. 人 命 を 守 る 大 規 模 災 害 発 生 直 後 から 救 助 救 急 医 療 活 動 等 が 2 迅 速 に 行 われる(それがなされない 場 合 の 必 要 な 対 応 を 含 む) Ⅱ. 行 政 経 済 社 会 を

More information

目 次 ( 頁 ) 第 1 章 国 土 強 靱 化 アクションプランの 位 置 づけと 構 成 1 第 2 章 プログラムごとの 脆 弱 性 評 価 4 第 3 章 各 プログラムの 推 進 計 画 5 第 4 章 プログラム 推 進 のための 主 要 施 策 38 ( 別 紙 )プログラムごとの

目 次 ( 頁 ) 第 1 章 国 土 強 靱 化 アクションプランの 位 置 づけと 構 成 1 第 2 章 プログラムごとの 脆 弱 性 評 価 4 第 3 章 各 プログラムの 推 進 計 画 5 第 4 章 プログラム 推 進 のための 主 要 施 策 38 ( 別 紙 )プログラムごとの 資 料 3 国 土 強 靱 化 アクションプラン2014 ( 案 ) 平 成 26 年 6 月 3 日 国 土 強 靱 化 推 進 本 部 目 次 ( 頁 ) 第 1 章 国 土 強 靱 化 アクションプランの 位 置 づけと 構 成 1 第 2 章 プログラムごとの 脆 弱 性 評 価 4 第 3 章 各 プログラムの 推 進 計 画 5 第 4 章 プログラム 推 進 のための 主 要 施 策

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

1. 基 本 理 念 我 が 国 は 国 土 の 特 性 として 様 々な 災 害 が 多 発 するが 災 害 は それを 迎 え 撃 つ 社 会 のあり 方 に よって 被 害 の 状 況 が 大 きく 異 なる 大 地 震 等 の 発 生 の 度 に 甚 大 な 被 害 を 受 け その 都 度

1. 基 本 理 念 我 が 国 は 国 土 の 特 性 として 様 々な 災 害 が 多 発 するが 災 害 は それを 迎 え 撃 つ 社 会 のあり 方 に よって 被 害 の 状 況 が 大 きく 異 なる 大 地 震 等 の 発 生 の 度 に 甚 大 な 被 害 を 受 け その 都 度 平 成 27 年 度 国 土 強 靱 化 関 係 予 算 案 の 概 要 平 成 27 年 1 月 内 閣 官 房 国 土 強 靱 化 推 進 室 1. 基 本 理 念 我 が 国 は 国 土 の 特 性 として 様 々な 災 害 が 多 発 するが 災 害 は それを 迎 え 撃 つ 社 会 のあり 方 に よって 被 害 の 状 況 が 大 きく 異 なる 大 地 震 等 の 発 生 の 度 に

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必 要 な 電 気 ガス 燃 料 を 供 給 東 日 本 大 震 災

現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必 要 な 電 気 ガス 燃 料 を 供 給 東 日 本 大 震 災 資 料 5 平 成 28 年 熊 本 地 震 における 緊 急 石 油 供 給 について 平 成 28 年 5 月 17 日 資 源 エネルギー 庁 資 源 燃 料 部 現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必

More information

南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 章 総 則 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 章 総 則 実 施 担 当 全 部 班. 推 進 計 画 の 目 的 この 計 画 は 南 海 トラフ 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 の 推 進 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 平 成 年 法 律 9 号 以 下 南 海 トラフ 法 という ) 条 項 の

More information

目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 プログラムの 推 進 方 針 9 第 3 章 施 策 分 野 の 推 進 方 針 11 おわりに 25 ( 別 紙 1)プログラムにより 回 避 すべき 起 こってはならない 事 態 26 ( 別 紙 2)プログラ

目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 プログラムの 推 進 方 針 9 第 3 章 施 策 分 野 の 推 進 方 針 11 おわりに 25 ( 別 紙 1)プログラムにより 回 避 すべき 起 こってはならない 事 態 26 ( 別 紙 2)プログラ 国 土 強 靱 化 政 策 大 綱 ( 案 ) 資 料 2-2 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 プログラムの 推 進 方 針 9 第 3 章 施 策 分 野 の 推 進 方 針 11 おわりに 25 ( 別 紙 1)プログラムにより 回 避 すべき 起 こってはならない 事 態 26 ( 別 紙 2)プログラムの 推 進 方 針 27 ( 別 紙

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 策 定 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 以 下 基 本 法 という ) 第 4 2 条 の 規 定 に 基 づき 鹿 部 町 ( 以 下 本 町 という )の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 し 災 害 予 防 災 害 応 急 対 策 及 び 災 害 復 旧 等 の 災 害 対 策 を

More information

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc 第 1 章 総 則 広 尾 町 地 域 防 災 計 画 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 及 び 広 尾 町 防 災 会 議 条 例 ( 昭 和 38 年 条 例 第 5 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 に 基 づき 広 尾 町 防 災 会 議 が 作 成

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074> 東 海 地 震 対 策 について 東 海 地 震 の 切 迫 性 について 九 州 四 国 紀 伊 半 島 南 海 トラフ 東 海 地 震 東 海 地 震 の 想 定 震 源 域 では 概 ね100~150 年 の 間 隔 で 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しているが 東 南 海 地 震 (1944)でひず みが 解 放 されず 安 政 東 海 地 震 (1854)から157 年 間 大 地

More information

<< 目 次 >> Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 強 靭 化 の 基 本 的 な 考 え 方 1 計 画 の 位 置 づけ 2 2 計 画 の 期 間 2 3 小 松 市 がめざす 都 市 デザイン 2 4 基 本 目 標 事 前 に 備 えるべき 目 標 3 5 基 本 的 な 方 針 4 Ⅲ 脆 弱 性

<< 目 次 >> Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 強 靭 化 の 基 本 的 な 考 え 方 1 計 画 の 位 置 づけ 2 2 計 画 の 期 間 2 3 小 松 市 がめざす 都 市 デザイン 2 4 基 本 目 標 事 前 に 備 えるべき 目 標 3 5 基 本 的 な 方 針 4 Ⅲ 脆 弱 性 小 松 市 強 靱 化 地 域 計 画 平 成 28 年 7 月 石 川 県 小 松 市 > Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 強 靭 化 の 基 本 的 な 考 え 方 1 計 画 の 位 置 づけ 2 2 計 画 の 期 間 2 3 小 松 市 がめざす 都 市 デザイン 2 4 基 本 目 標 事 前 に 備 えるべき 目 標 3 5 基 本 的 な 方 針 4 Ⅲ 脆 弱 性 評 価 1

More information

「大規模自然災害に対する脆弱性の評価の結果」本文

「大規模自然災害に対する脆弱性の評価の結果」本文 大 規 模 自 然 災 害 に 対 する 脆 弱 性 の 評 価 の 結 果 平 成 27(2015) 年 6 月 東 京 都 防 災 会 議 目 次 脆 弱 性 評 価 とは 1 第 1 章 脆 弱 性 評 価 の 実 施 手 法 3 1 基 本 的 事 項 4 2 評 価 の 実 施 手 順 7 第 2 章 施 策 群 (プログラム) 別 の 評 価 11 1 大 規 模 自 然 災 害 が

More information

美 浜 町 地 域 防 災 計 画 平 成 18 年 9 月 美 浜 町 防 災 会 議 美 浜 町 地 域 防 災 計 画 一 般 災 害 対 策 計 画 平 成 18 年 9 月 美 浜 町 防 災 会 議 一 般 災 害 対 策 計 画 : 目 次 第 1 章 総 則...1 第 1 節 計 画 の 目 的...1 第 2 節 町 の 概 況...2 第 3 節 計 画 の 基 本...4

More information

羅臼町地域防災計画

羅臼町地域防災計画 第 1 章 総 第 1 節 計 画 策 定 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 羅 臼 町 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 羅 臼 町 の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 し 予 防 応 急 及 び 復 旧 等 の 災 害 対 策 を 実 施 するに 当 たり 防 災

More information

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63>

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63> 防 災 業 務 計 画 平 成 27 年 4 月 西 部 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 章 総 則 1 第 1 節 防 災 業 務 計 画 の 目 的 第 2 節 防 災 業 務 計 画 の 基 本 構 想 第 3 節 防 災 業 務 計 画 の 運 用 第 2 章 防 災 体 制 の 確 立 2 第 1 節 防 災 体 制 第 2 節 対 策 組 織 の 運 営 第 3 節 災 害 対

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 平 成 2 8 年 4 月 室 蘭 開 発 建 設 部

平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 平 成 2 8 年 4 月 室 蘭 開 発 建 設 部 平 成 2 8 年 4 月 1 日 報 道 機 関 各 位 室 蘭 開 発 建 設 部 広 報 官 お 知 ら せ 件 名 平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 について お 知 らせ 内 容 平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 について 別 紙 のとおりお

More information

第1編

第1編 平 成 27 年 6 月 9 日 糸 島 市 防 災 会 議 資 料 -4 糸 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 ) 修 正 ( 新 旧 対 照 表 ) 抜 粋 記 述 の 凡 例 下 線 : 災 害 対 策 基 本 法 改 正 防 災 基 本 計 画 改 正 による 福 岡 県 地 域 防 災 計 画 の 見 直 しに 基 づく 修 正 部 分 二

More information

sora

sora 小 豆 島 町 地 域 防 災 計 画 ( 一 般 対 策 編 ) 平 成 2 8 年 1 月 小 豆 島 町 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 則 ------------------------------------------------------------ 1 第 1 節 総 則 ----------------------------------------------------------

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

Microsoft Word - 03_県地域防災計画(印刷用)0611 時点

Microsoft Word - 03_県地域防災計画(印刷用)0611 時点 震 災 対 策 編 第 1 部 災 害 予 防 計 画 第 2 章 被 害 想 定 (2) 被 害 等 の 概 況 区 分 人 的 被 害 建 物 被 害 交 通 施 設 被 害 ライフ ライン 施 設 362 内 容 ( 死 傷 者 ) 鹿 野 吉 岡 断 層 による 地 震 の 場 合 の 冬 18 時 の 設 定 が 最 も 死 者 及 び 負 傷 者 が 多 くなる この 地 震 の 場 合

More information

Microsoft Word - 01_むつ小川原港BCP160302-1(公表用).docx

Microsoft Word - 01_むつ小川原港BCP160302-1(公表用).docx むつ 小 川 原 港 BCP 平 成 28 年 3 月 むつ 小 川 原 港 港 湾 機 能 継 続 協 議 会 改 訂 履 歴 改 訂 年 月 改 訂 ページ 改 訂 内 容 H28.3.2 新 規 策 定 目 次 1. 港 湾 機 能 継 続 計 画 策 定 の 必 要 性 1 2. 想 定 地 震 津 波 の 規 模 及 び 回 復 目 標 の 設 定 4 2-1 想 定 地 震 津 波 の

More information

山 梨 県 強 靱 化 計 画 ( 素 案 ) 平 成 27 年 3 月 山 梨 県 素 案 の 内 容 は 修 正 される 可 能 性 があります 目 次 はじめに 1 第 1 章 計 画 策 定 の 趣 旨 位 置 付 け 2 1 計 画 の 策 定 趣 旨 2 計 画 の 位 置 付 け 3 基 本 計 画 との 関 係 第 2 章 基 本 的 な 考 え 方 3 1 基 本 目 標 2 事

More information

という )を 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 末 までの 第 3 期 計 画 として 改 正 し 緊 急 防 援 助 隊 の 機 能 強 化 を 進 めているところであり その 概 要 は 以 下 のとおり である. 南 海 トラフ 地 震 首 都 直 下 地 震 等 に 備 えた

という )を 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 末 までの 第 3 期 計 画 として 改 正 し 緊 急 防 援 助 隊 の 機 能 強 化 を 進 めているところであり その 概 要 は 以 下 のとおり である. 南 海 トラフ 地 震 首 都 直 下 地 震 等 に 備 えた 特 集 緊 急 防 援 助 隊 の 機 能 強 化 東 日 本 大 震 災 では 発 災 日 から88 日 間 にわたり 延 べ 約 3 万,000 隊 約 万 人 の 緊 急 防 援 助 隊 が 防 救 助 活 動 に 尽 力 し 5,064 人 の 人 命 を 救 助 した 南 海 トラフでは 過 去 00 年 から50 年 程 度 の 周 期 でマグニチュード8クラスの 海 溝 型 地 震 が

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

資料3-地域防災計画【基本対策】.doc

資料3-地域防災計画【基本対策】.doc 資 料 3 基 本 対 策 ( 修 正 案 ) 平 成 26 年 修 正 大 阪 府 防 災 会 議 平 成 26 年 月 日 施 行 但 し 第 183 回 国 会 提 出 災 害 対 策 基 本 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 に 係 る 修 正 部 分 については 同 法 附 則 第 1 条 に 定 める 施 行 の 日 から 施 行 する 総 則 目 次 第 1 節 目 的 等

More information

<3134303831398BF8967B92AC816991E6825195D28145975C9668816A81698CA98FC196B3816A2D322E786477>

<3134303831398BF8967B92AC816991E6825195D28145975C9668816A81698CA98FC196B3816A2D322E786477> 第 1 部 災 害 に 強 いまちづくり 第 1 章 防 災 都 市 計 画 担 当 関 係 各 課 等 1. 現 況 人 口 産 業 が 集 中 している 市 街 地 の 密 集 地 域 においては 地 震 発 生 時 には 大 規 模 な 災 害 が 起 きる 危 険 性 が 高 い 都 市 計 画 としては 避 難 地 避 難 路 等 としての 都 市 基 盤 施 設 の 整 備 や 建 築

More information

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 4 月 16 日 (18:00) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 (

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 4 月 16 日 (18:00) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 ( これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 4 月 16 日 (18:00) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 (1) 発 生 日 時 平 成 28 年 4 月 16 日 01:25 (2) 震 源 及 び 規 模

More information

Microsoft PowerPoint - 01-1 津波法説明資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 01-1 津波法説明資料.pptx 資 料 1-1 第 2 回 津 波 避 難 対 策 推 進 マニュアル 検 討 会 津 波 防 災 地 域 づくりに 関 する 法 律 について 平 成 24 年 8 月 22 日 ( 水 ) Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 津 波 防 災 地 域 づくりに 関 する 法 律 の 制 定 経 緯 平 成 23 年 3 月

More information

碧南市地域防災計画

碧南市地域防災計画 碧 南 市 地 域 防 災 計 画 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 平 成 25 年 度 碧 南 市 防 災 会 議 風 水 害 等 とは 台 風 高 潮 集 中 豪 雨 等 異 常 降 雨 大 規 模 火 災 危 険 物 の 爆 発 可 燃 性 ガスの 拡 散 有 毒 性 ガスの 拡 散 航 空 機 事 故 放 射 性 物 質 及 び 原 子 力 災 害 その 他 の 特 殊 災 害 目

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

Microsoft Word - 本文280128

Microsoft Word - 本文280128 岡 山 県 国 土 強 靭 化 地 域 計 画 - 強 くて しなやかな 生 き 活 き 岡 山 へ- 平 成 28 年 2 月 岡 山 県 目 次 (はじめに) 1 計 画 策 定 の 趣 旨 2 計 画 の 位 置 付 け 3 計 画 の 推 進 期 間 1 1 1 第 1 章 基 本 的 な 考 え 方 1 目 標 設 定 2 強 靭 化 を 推 進 する 上 での 基 本 的 な 方 針 2

More information

目    次

目    次 目 次 一 般 対 策 編... 23 第 1 章 総 則... 23 第 1 節 目 的... 23 1 計 画 の 構 成... 23 2 災 害 の 想 定 と 計 画 作 成 の 基 礎 資 料... 23 3 用 語... 23 4 他 の 計 画 との 関 係... 23 5 市 計 画 の 修 正... 23 6 市 計 画 の 周 知 徹 底... 24 7 市 民 運 動 の 展

More information

【行革委】資料5 アセットマネジメント

【行革委】資料5 アセットマネジメント アセットマネジメントの 推 進 について 資 料 公 共 土 木 施 設 本 県 における 主 な 社 会 インフラ 高 度 経 済 成 長 期 に 集 中 的 に 整 備 された 橋 梁 やトンネル 河 川 砂 防 港 湾 施 設 など 社 会 インフラの 老 朽 化 が 進 行 橋 梁 トンネルの 老 朽 化 の 現 状 県 管 理 の 橋 梁,39 橋 のうち 建 設 後 年 を 経 過 したものが

More information

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置.

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置. 明 石 市 地 域 防 災 計 画 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 4 編 災 害 復 旧 復 興 計 画 第 5 編 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 資 料 編 様 式 編 ( 平 成 27 年 度 修 正 ) 明 石 市 防 災 会 議 目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し 平 常 時 からの

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 10 月 大 分 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 想 定 する 事 態 2 第 2 編 平

More information

大 目 次 総 則 1 災 害 予 防 対 策 29 災 害 応 急 対 策 地 震 編 119 風 水 害 編 211 事 故 等 編 305 災 害 復 旧 復 興 対 策 337 附 属 353 I

大 目 次 総 則 1 災 害 予 防 対 策 29 災 害 応 急 対 策 地 震 編 119 風 水 害 編 211 事 故 等 編 305 災 害 復 旧 復 興 対 策 337 附 属 353 I 高 石 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 3 月 改 定 高 石 市 防 災 会 議 大 目 次 総 則 1 災 害 予 防 対 策 29 災 害 応 急 対 策 地 震 編 119 風 水 害 編 211 事 故 等 編 305 災 害 復 旧 復 興 対 策 337 附 属 353 I 目 次 総 則 第 1 節 目 的 等 1 第 1 目 的 第 2 計 画 の 性 格 第 3 計

More information

伊勢市地域防災計画

伊勢市地域防災計画 伊 勢 市 地 震 防 災 強 化 計 画 平 成 28 年 3 月 伊 勢 市 防 災 会 議 目 次 第 1 節 総 則...1 第 2 節 地 震 災 害 警 戒 本 部 の 設 置 等...6 第 3 節 情 報 伝 達 計 画...8 第 4 節 広 報 計 画...9 第 5 節 自 主 防 災 活 動... 11 第 6 節 避 難 対 策 計 画... 13 第 7 節 緊 急 輸

More information

目 次 はじめに 1 第 1 章 計 画 の 策 定 趣 旨 位 置 付 け 2 1 計 画 の 策 定 趣 旨 2 計 画 の 位 置 付 け 3 基 本 計 画 との 関 係 第 2 章 基 本 的 な 考 え 方 3 1 基 本 目 標 2 事 前 に 備 えるべき 目 標 3 取 組 方 針

目 次 はじめに 1 第 1 章 計 画 の 策 定 趣 旨 位 置 付 け 2 1 計 画 の 策 定 趣 旨 2 計 画 の 位 置 付 け 3 基 本 計 画 との 関 係 第 2 章 基 本 的 な 考 え 方 3 1 基 本 目 標 2 事 前 に 備 えるべき 目 標 3 取 組 方 針 山 梨 県 強 靱 化 計 画 平 成 27 年 12 月 山 梨 県 目 次 はじめに 1 第 1 章 計 画 の 策 定 趣 旨 位 置 付 け 2 1 計 画 の 策 定 趣 旨 2 計 画 の 位 置 付 け 3 基 本 計 画 との 関 係 第 2 章 基 本 的 な 考 え 方 3 1 基 本 目 標 2 事 前 に 備 えるべき 目 標 3 取 組 方 針 第 3 章 脆 弱 性 評

More information

目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件

目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件 熊 谷 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 8 月 熊 谷 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件 6 第 3

More information

三浦市地域防災計画

三浦市地域防災計画 三 浦 市 地 域 防 災 計 画 ( 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 編 ) 新 旧 対 照 表 平 成 25 年 度 平 成 25 年 度 修 正 三 浦 市 防 災 会 議 三 浦 市 地 域 防 災 計 画 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 編 目 次 第 1 編 風 水 害 等 災 害 対 策 の 計 画 的 推 進 1 第 1 章 計 画 の 目 的 及 び 性 格 1 第

More information

昭 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 平 成 25 年 修 正 ) 昭 島 市 防 災 会 議 凡 例 本 計 画 で 使 用 する 用 語 等 は 次 によるものとする (1) 市 昭 島 市 (2) 市 防 災 会 議 昭 島 市 防 災 会 議 (3) 市 本 部 昭 島 市 災 害 対 策 本 部 (4) 本 部 長 又 は 市 長 昭 島 市 災 害 対 策 本 部 長 又 は 昭 島

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63> 海 洋 汚 染 の 準 備 対 応 に 関 する 国 家 防 除 基 本 計 画 目 次 Ⅰ. 総 則 1. 計 画 の 目 的...1 2. 適 用 の 範 囲...1 3.その 他 の 計 画 と 関 係...1 Ⅱ. 油 汚 染 の 防 除 体 制 1. 防 除 体 制 等...2 2. 防 除 対 策 本 部...2 3. 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会...5 4. 地 域 海

More information

5 市 本 部 名 護 市 災 害 対 策 本 部 をいう 6 市 現 地 本 部 名 護 市 現 地 災 害 対 策 本 部 をいう 7 市 水 防 本 部 名 護 市 水 防 対 策 本 部 をいう 8 県 本 部 沖 縄 県 災 害 対 策 本 部 をいう 9 県 地 方 本 部 沖 縄 県

5 市 本 部 名 護 市 災 害 対 策 本 部 をいう 6 市 現 地 本 部 名 護 市 現 地 災 害 対 策 本 部 をいう 7 市 水 防 本 部 名 護 市 水 防 対 策 本 部 をいう 8 県 本 部 沖 縄 県 災 害 対 策 本 部 をいう 9 県 地 方 本 部 沖 縄 県 第 1 章 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 目 的 災 害 は 一 瞬 にして 市 民 の 生 活 を 破 壊 し 多 大 な 損 害 をもたらす 名 護 市 は 市 民 の 生 命 身 体 財 産 を 守 り 災 害 に 強 く 安 心 して 住 めるまちをつくるため 総 合 的 かつ 計 画 的 な 対 策 を 名 護 市 地 域 防 災 計 画 に 定 める 第 1 節 目 的

More information

5 運 航 経 費 に 係 る 負 担 の 考 え 方 (1)ドクターヘリ 事 業 に 係 る 経 費 厚 生 労 働 省 における ドクターヘリ 導 入 促 進 事 業 の 基 準 額 を 参 考 にすると 1 機 当 たり 約 2 億 円 の 経 費 が 必 要 となる 平 成 23 年 度 ド

5 運 航 経 費 に 係 る 負 担 の 考 え 方 (1)ドクターヘリ 事 業 に 係 る 経 費 厚 生 労 働 省 における ドクターヘリ 導 入 促 進 事 業 の 基 準 額 を 参 考 にすると 1 機 当 たり 約 2 億 円 の 経 費 が 必 要 となる 平 成 23 年 度 ド 将 来 の 配 置 構 想 ( 案 ) 関 西 全 体 において 未 整 備 地 域 の 解 消 を 図 るため まず 兵 庫 県 南 部 ( 播 磨 地 域 ) への 追 加 配 備 を 行 う また 既 に 運 航 範 囲 となっている 地 域 のうち 30 分 以 内 での 救 急 搬 送 体 制 の 確 立 及 び 補 完 体 制 の 充 実 を 図 るため 滋 賀 県 全 域 及 び 京

More information

震災予防計画

震災予防計画 第 5 編 第 1 節 概 要 第 5 編 広 域 応 援 編 第 1 節 概 要 1 都 6 県 と 県 境 を 接 する 本 県 は 関 東 の 中 央 に 位 置 し さいたま 新 都 心 には 国 の 行 政 機 関 等 が 集 積 してい5つの 高 速 道 路 と 主 要 国 道 が 縦 横 に 設 けられ 東 北 や 上 信 越 から 首 都 への 玄 関 口 でもあ 首 都 圏 同 時

More information

untitled

untitled 常 滑 市 地 域 防 災 計 画 ( 制 定 年 月 日 昭 和 38 年 8 月 1 日 ) 目 次 第 1 編 総 則 常 滑 市 地 域 防 災 計 画 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 1 計 画 の 構 成 1 第 2 計 画 の 修 正 1 第 3 計 画 の 運 用 1 第 3 節 防 災 関 係 機 関 等 の 処 理 すべき 事 務 又

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698DB791D6816A95CA935982508179835A8362836794C5817A8EF1937392BC89BA926E906B8BD98B7D91CE8DF4908490698AEE967B8C7689E62E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698DB791D6816A95CA935982508179835A8362836794C5817A8EF1937392BC89BA926E906B8BD98B7D91CE8DF4908490698AEE967B8C7689E62E646F6378> 首 都 直 下 地 震 緊 急 対 策 推 進 基 本 計 画 平 成 27 年 3 月 31 日 閣 議 決 定 目 次 はじめに... 1 1 緊 急 対 策 区 域 における 緊 急 対 策 の 円 滑 かつ 迅 速 な 推 進 の 意 義 に 関 する 事 項. 2 (1) 首 都 直 下 地 震 対 策 の 対 象 とする 地 震... 2 (2) 緊 急 対 策 の 円 滑 かつ 迅

More information

新 旧 風 水 害 対 策 編 第 1 章 第 2 節 防 災 の 基 本 理 念 及 び 背 策 の 概 要 第 2 節 防 災 の 基 本 理 念 及 び 施 策 の 概 要 第 2 節 防 災 の 基 本 理 念 及 び 施 策 の 概 要 本 県 は 多 くの 活 断 層 急 峻 な 地 形

新 旧 風 水 害 対 策 編 第 1 章 第 2 節 防 災 の 基 本 理 念 及 び 背 策 の 概 要 第 2 節 防 災 の 基 本 理 念 及 び 施 策 の 概 要 第 2 節 防 災 の 基 本 理 念 及 び 施 策 の 概 要 本 県 は 多 くの 活 断 層 急 峻 な 地 形 新 旧 風 水 害 対 策 編 第 1 章 第 1 節 計 画 作 成 の 趣 旨 第 1 節 計 画 作 成 の 趣 旨 第 1 節 計 画 作 成 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 県 民 生 活 に 甚 大 な 被 害 を 及 ぼすおそれのある 大 規 模 な 風 水 害 に 備 え 対 処 するため 平 成 7 年 の 梅 雨 前 線 豪 雨 災 害 や 平 成 18 年

More information

防災計画(基本編)

防災計画(基本編) 安 芸 高 田 市 地 域 防 災 計 画 ( 基 本 編 ) 平 成 28 年 7 月 安 芸 高 田 市 防 災 会 議 基 本 編 目 次 ~ 目 次 ~ 第 1 章 総 則 ------------------------------------------------------------- 1 第 1 節 防 災 計 画 作 成 の 目 的 --------------------------------------------------

More information

第1章  総   則

第1章  総   則 魚 津 市 地 域 防 災 計 画 第 2 編 地 震 津 波 災 害 対 策 編 第 1 章 災 害 予 防 計 画 第 1 節 地 震 に 強 いまちづくり 第 2 節 津 波 災 害 予 防 対 策 第 3 節 防 災 知 識 の 普 及 第 4 節 防 災 訓 練 の 実 施 第 5 節 自 主 防 災 組 織 等 の 育 成 第 6 節 避 難 行 動 要 支 援 者 の 安 全 確 保

More information

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 平 成 28 年 4 月 16 日 (10:20) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 (

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 平 成 28 年 4 月 16 日 (10:20) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 ( 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 非 常 災 害 対 策 本 部 会 議 ( 第 5 回 ) 議 事 次 第 日 時 : 平 成 28 年 4 月 16 日 ( 土 )11:30~ 場 所 : 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 安 倍 内 閣 総 理 大 臣 挨 拶 2. 丸 川 大 臣 から 原 子 力 発 電 所 の 状 況 報 告

More information

第 節 ○○計画

第 節 ○○計画 第 40 節 ライフライン 応 急 対 策 (ガス) 本 所 災 害 対 策 班 都 市 施 設 班 庁 舎 総 務 企 画 班 建 設 班 実 施 主 体 鶴 岡 ガス( 株 ) 庄 内 中 部 ガス( 株 ) LPガス 充 てん 事 業 所 LPガス 販 売 事 業 者 一 般 社 団 法 人 山 形 県 LPガス 協 会 山 形 県 高 圧 ガス 地 域 防 災 協 議 会 関 係 機 関 県

More information

第3編地震津波対策編

第3編地震津波対策編 第 3 編 地 震 津 波 対 策 編 352 第 1 章 災 害 予 防 第 1 節 災 害 予 防 の 基 本 方 針 等 第 2 節 災 害 に 強 いまちづくり 第 3 節 災 害 に 強 い 人 づくり 第 4 節 迅 速 かつ 円 滑 な 災 害 応 急 対 策 のための 事 前 措 置 353 第 1 節 災 害 予 防 の 基 本 方 針 等 第 1 災 害 予 防 の 基 本 的

More information

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 地 震 津 波 対 策 編 第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 2014 年 3 月 31 日 の 74 年 間 のうち 稚 内 市 で

More information

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A>

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A> 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 災 害 復 旧 計 画 編 第 1 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 事 故 対 策 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2 第 4 災 害 対 策 本 部 1-4 第 2 節

More information

野 田 村 地 域 防 災 計 画 目 次 第 1 章 総 則 1 第 1 節 総 則 第 1 項 計 画 の 目 的 1 第 2 項 法 令 に 基 づく 他 の 計 画 との 関 係 1 第 3 項 村 民 の 責 務 1 第 4 項 防 災 関 係 機 関 の 責 務 及 び 業 務 の 大

野 田 村 地 域 防 災 計 画 目 次 第 1 章 総 則 1 第 1 節 総 則 第 1 項 計 画 の 目 的 1 第 2 項 法 令 に 基 づく 他 の 計 画 との 関 係 1 第 3 項 村 民 の 責 務 1 第 4 項 防 災 関 係 機 関 の 責 務 及 び 業 務 の 大 野 田 村 地 域 防 災 計 画 平 成 26 年 3 月 野 田 村 地 域 防 災 計 画 目 次 第 1 章 総 則 1 第 1 節 総 則 第 1 項 計 画 の 目 的 1 第 2 項 法 令 に 基 づく 他 の 計 画 との 関 係 1 第 3 項 村 民 の 責 務 1 第 4 項 防 災 関 係 機 関 の 責 務 及 び 業 務 の 大 綱 1 第 5 項 野 田 村 の 概

More information

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A>

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A> 戸 田 市 地 域 防 災 計 画 ( 素 案 ) 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 戸 田 市 防 災 会 議 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2

More information

第 2 章 災 害 予 防 計 画 第 1 節 第 2 節 第 3 節 災 害 に 強 い 組 織 ひとづくり 災 害 に 強 いまちづくり 応 急 活 動 体 制 の 整 備 本 章 では 災 害 が 発 生 する 前 ( 予 防 期 )の 対 策 として 災 害 に 強 い 組 織 ひとづくり 災 害 に 強 いまちづくり と 応 急 活 動 体 制 の 整 備 のための 施 策 を 体 系 化

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030365F816995C58F4390B3816A48323730333330817C82DD82C882D792AC3036816991E6338FCD8140899E8B7D814091E63395D2814093EC8A43836783898374926E906B95D2816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030365F816995C58F4390B3816A48323730333330817C82DD82C882D792AC3036816991E6338FCD8140899E8B7D814091E63395D2814093EC8A43836783898374926E906B95D2816A2E646F6378> 第 3 章 災 害 応 急 対 策 計 画 第 3 編 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 編 第 3 編 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 編 第 1 節 総 則 第 1 節 総 則 第 1 項 推 進 計 画 の 目 的 この 計 画 は 南 海 トラフ 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 の 推 進 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 平

More information

管 内 の 概 要 当 管 内 は 二 戸 市 一 戸 町 軽 米 町 九 戸 村 の 4 市 町 村 か らなり 北 東 北 ( 青 森 秋 田 岩 手 )3 県 の 中 央 部 に 位 置 してい ます 管 内 の 主 な 道 路 は 八 戸 自 動 車 道 国 道 4 号 340 号 及 び

管 内 の 概 要 当 管 内 は 二 戸 市 一 戸 町 軽 米 町 九 戸 村 の 4 市 町 村 か らなり 北 東 北 ( 青 森 秋 田 岩 手 )3 県 の 中 央 部 に 位 置 してい ます 管 内 の 主 な 道 路 は 八 戸 自 動 車 道 国 道 4 号 340 号 及 び 平 成 27 年 度 業 務 概 要 県 北 広 域 振 興 局 土 木 部 二 戸 土 木 センター 二 戸 市 浄 法 寺 町 天 台 寺 軽 米 町 フォリストパーク 二 戸 市 馬 仙 峡 九 戸 村 折 爪 五 滝 一 戸 町 御 所 野 縄 文 公 園 管 内 の 概 要 当 管 内 は 二 戸 市 一 戸 町 軽 米 町 九 戸 村 の 4 市 町 村 か らなり 北 東 北 ( 青

More information

第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 等 対 策 ) 第 1 章 第 1 節 応 急 活 動 体 制 の 確 立 活 動 体 制 の 確 立 市 県 NTT 西 日 本 山 口 支 店 災 害 応 急 対 策 を 迅 速 かつ 効 果 的 に 実 施 するため 本 防 災 計 画 に 定 める 組 織 所 掌 事 務 により 諸 活 動 を 実 施 するものとする このため

More information

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd 6 章 広 域 的 な 視 点 からの 応 急 対 応 力 の 強 化 基 本 方 針 予 防 対 策 1 節 初 動 対 応 体 制 の 整 備 2 節 事 業 継 続 体 制 の 確 保 3 節 消 火 救 助 救 急 活 動 体 制 の 整 備 4 節 応 急 活 動 拠 点 の 整 備 応 急 対 策 1 節 初 動 態 勢 2 節 消 火 救 助 救 急 活 動 3 節 応 援 協 力 派

More information

<31967B95D25F3031918D91A52E786477>

<31967B95D25F3031918D91A52E786477> 第 1 編 総 則 第 1 章 計 画 の 方 針 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 周 南 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であって 周 南 市 の 地 域 における 災 害 予 防 災 害 応 急 対 策 及 び 復 旧 復 興 に 関 し 市 県 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定

More information

国民の保護に関する業務計画

国民の保護に関する業務計画 国 民 の 保 護 に 関 する 業 務 計 画 平 成 26 年 12 月 中 部 電 力 株 式 会 社 1 2 目 次 第 1 章 総 則... 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的... 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針... 1 第 3 節 国 が 想 定 する 武 力 攻 撃 事 態 等 における 電 力 供 給 電

More information

25

25 目 総 則 第 1 節 目 的 等... 1 第 2 節 市 域 の 概 況... 2 第 3 節 災 害 の 想 定... 3 第 4 節 防 災 関 係 機 関 の 処 理 すべき 事 務 又 は 業 務 の 大 綱... 4 第 5 節 住 民 事 業 者 の 基 本 的 責 務... 11 第 6 節 計 画 の 修 正... 12 災 害 予 防 対 策 第 1 章 防 災 体 制 の 整

More information

予 防 対 策 1 章 自 助 共 助 を 育 む 対 策 の 推 進 1 章 自 助 共 助 を 育 む 対 策 の 推 進 1 節 市 民 や 地 域 離 島 の 防 災 対 策 の 促 進 1 項 防 災 重 点 目 標 現 在 の 状 態 家 庭 での 食 料 や 飲 料 水 の 備 蓄 家

予 防 対 策 1 章 自 助 共 助 を 育 む 対 策 の 推 進 1 章 自 助 共 助 を 育 む 対 策 の 推 進 1 節 市 民 や 地 域 離 島 の 防 災 対 策 の 促 進 1 項 防 災 重 点 目 標 現 在 の 状 態 家 庭 での 食 料 や 飲 料 水 の 備 蓄 家 予 防 対 策 予 防 対 策 1 章 自 助 共 助 を 育 む 対 策 の 推 進 1 章 自 助 共 助 を 育 む 対 策 の 推 進 1 節 市 民 や 地 域 離 島 の 防 災 対 策 の 促 進 1 項 防 災 重 点 目 標 現 在 の 状 態 家 庭 での 食 料 や 飲 料 水 の 備 蓄 家 屋 の 耐 震 化 や 家 具 固 定 発 災 時 の 家 族 間 の 連 絡 方

More information

第 節 ○○計画

第 節 ○○計画 第 40 節 ライフライン 応 急 対 策 (ガス) 本 所 災 害 対 策 班 都 市 施 設 班 庁 舎 総 務 企 画 班 建 設 班 実 施 主 体 鶴 岡 ガス( 株 ) 庄 内 中 部 ガス( 株 ) LPガス 充 てん 事 業 所 計 画 の 目 的 鶴 岡 ガス 株 式 会 社 及 び 庄 内 中 部 ガス 株 式 会 社 並 びにその 他 ガス 事 業 者 は 災 害 発 生 後

More information

災 害 の 種 類災 害 担 当 課震災対策 風水害対策 火山災害対策 雪害対策 林野火災対策 危険物施設災害対策石油コ

災 害 の 種 類災 害 担 当 課震災対策 風水害対策 火山災害対策 雪害対策 林野火災対策 危険物施設災害対策石油コ 消 防 庁 防 災 業 務 計 画 平 成 28 年 7 月 消 防 庁 消 防 庁 防 災 業 務 計 画 作 成 昭 和 38 年 12 月 修 正 昭 和 44 年 8 月 昭 和 46 年 11 月 昭 和 47 年 5 月 昭 和 52 年 3 月 昭 和 53 年 4 月 昭 和 54 年 12 月 昭 和 55 年 10 月 平 成 8 年 5 月 平 成 13 年 1 月 平 成 13

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 西 尾 市 地 域 防 災 計 画 風 水 害 等 災 害 対 策 編 ( 平 成 26 年 度 修 正 ) 西 尾 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 方 針 1 第 2 節 基 本 理 念 及 び 重 点 を 置 くべき 事 項 3 第 3 節 本 市 の 特 質 と 災 害 要 因 5 第 4 節 災 害 の 想 定 7 第 5 節 各 機 関 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208370837583528381977081403030817A4832358B7B8CC393878E73926E88E696688DD08C7689E65F8175955C8E8682C696DA8E9F81765F3133313031312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208370837583528381977081403030817A4832358B7B8CC393878E73926E88E696688DD08C7689E65F8175955C8E8682C696DA8E9F81765F3133313031312E646F63> 宮 古 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 素 案 ) ( 平 成 25 年 度 修 正 ) 宮 古 島 市 防 災 会 議 目 次 第 1 部 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的... 1 第 2 節 用 語... 2 第 3 節 市 の 概 況... 3 第 4 節 災 害 の 想 定... 6 第 5 節 防 災 機 関 の 処 理 すべき 事 務 又 は 業 務 の 大 綱...

More information

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や 1 平 成 25 年 度 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 平 成 25 年 12 月 水 産 庁 総 額 556 億 円 1 漁 業 コストの 低 減 対 策 230 億 円 漁 業 コスト 構 造 改 革 緊 急 対 策 事 業 228 億 円 1 省 燃 油 活 動 推 進 事 業 80 億 円 燃 油 消 費 量 を 削 減 するために 漁 業 者 グループが 行 う 省 燃 油

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

目  次

目  次 11. 震 災 害 シナリオの 作 成 11.1 シナリオ 作 成 の 目 的 震 被 害 結 果 に 基 づき 内 市 町 村 におけ 災 害 応 急 の 内 容 あ いは 量 的 な 備 えが 十 分 であかどうかを 検 討 すための 資 料 として 今 回 の3つの 震 が 発 生 した 場 合 に そぞの 被 害 応 状 況 がどのように 推 移 していく かという 震 災 害 シナリオ を

More information

愛 知 県 地 域 防 災 計 画 - 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 - ( 平 成 28 年 5 月 修 正 ) 愛 知 県 防 災 会 議 愛 知 県 地 域 防 災 計 画 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 目 次 第 1 編 総 則 第 1 章 計 画 の 目 的 1 第 1 節 計 画 の 目 的 第 2 節 計 画 の 性 格 第 3 節 計 画 の 構 成 第 4 節

More information

ーテーション250 組 簡 易 トイレ テント10 組 を 購 入 しました 佐 世 保 市 地 域 防 災 計 画 に 避 難 行 動 要 支 援 者 名 簿 に 掲 載 する 者 の 要 件 等 の 規 定 を 行 いまし た 更 なる 防 災 意 識 の 高 揚 と 防 災 知 識 を 普 及

ーテーション250 組 簡 易 トイレ テント10 組 を 購 入 しました 佐 世 保 市 地 域 防 災 計 画 に 避 難 行 動 要 支 援 者 名 簿 に 掲 載 する 者 の 要 件 等 の 規 定 を 行 いまし た 更 なる 防 災 意 識 の 高 揚 と 防 災 知 識 を 普 及 (2) 安 全 安 心 なまちト 目 的 (めざす 姿 ) あらゆる 災 害 事 故 等 から 市 民 の 貴 重 な 人 命 と 財 産 を 守 ります 戦 略 的 視 点 と 目 標 東 日 本 大 震 災 の 教 訓 を 踏 まえ 災 害 や 緊 急 事 態 を 想 定 したハード ソフト 両 面 の 防 災 緊 急 対 策 を 講 じるとともに 日 々の 暮 らしにおける 安 全 と 市 民

More information

第 1 章 総 則 第 3 節 各 機 関 の 処 理 すべき 事 務 又 は 業 務 の 大 綱 第 1 章 総 則 第 3 節 各 機 関 の 処 理 すべき 事 務 又 は 業 務 の 大 綱 1 8 第 1 第 2 指 定 地 方 行 政 機 関 東 海 農 政 局 1~9 10 米 穀 乾

第 1 章 総 則 第 3 節 各 機 関 の 処 理 すべき 事 務 又 は 業 務 の 大 綱 第 1 章 総 則 第 3 節 各 機 関 の 処 理 すべき 事 務 又 は 業 務 の 大 綱 1 8 第 1 第 2 指 定 地 方 行 政 機 関 東 海 農 政 局 1~9 10 米 穀 乾 名 古 屋 市 地 域 防 災 計 画 風 水 害 等 災 害 対 策 編 < 平 成 22 年 度 修 正 案 > 名 古 屋 市 防 災 会 議 第 1 章 総 則 第 3 節 各 機 関 の 処 理 すべき 事 務 又 は 業 務 の 大 綱 第 1 章 総 則 第 3 節 各 機 関 の 処 理 すべき 事 務 又 は 業 務 の 大 綱 1 8 第 1 第 2 指 定 地 方 行 政 機

More information

Microsoft Word - 02_地震対策編.doc

Microsoft Word - 02_地震対策編.doc 下 田 市 地 域 防 災 計 画 地 震 対 策 編 平 成 26 年 2 月 下 田 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 則... 1 第 1 節 計 画 の 主 旨... 1 第 2 節 過 去 の 顕 著 な 災 害... 2 第 3 節 予 想 される 災 害... 2 第 4 節 防 災 関 係 機 関 の 処 理 すべき 事 務 又 は 業 務 の 大 綱... 4 第 2

More information

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報 災 害 発 生 時 には 職 員 及 び 関 係 機 関 との 間 で 1 現 状 がどうなっているか 2 今 後 の 見 通 しはどうか 3 今 後 何 をするべきか について 状 況 認 識 の 統 一 を 図 ることが 最 も 重 要 である このことを 常 に 心 掛 ければ ほとんどの 課 題 は 解 決 できる 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 1 章 災 害 応 急 活 動 組

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

豊岡市地域防災計画案

豊岡市地域防災計画案 豊 岡 市 地 域 防 災 計 画 ~みんなの 力 で 命 と 暮 らしを 守 る~ 平 成 27 年 4 月 豊 岡 市 防 災 会 議 豊 岡 市 地 域 防 災 計 画 修 正 経 緯 平 成 18 年 9 月 作 成 平 成 20 年 1 月 一 部 修 正 平 成 21 年 1 月 一 部 修 正 平 成 24 年 1 月 一 部 修 正 平 成 27 年 3 月 全 面 改 定 (4 月

More information

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾 少 子 高 齢 化 社 会 に 向 けての 地 震 防 災 分 野 の 課 題 1. 地 震 防 災 で 少 子 化 が 問 題 になってくると 考 えられる 段 階 2. 都 市 密 集 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 3. 中 山 間 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 4. 海 岸 における 津 波 による 被 災 および 対 応 に 関 して 東 京 電

More information

2. 県 (1) 県 は 県 の 地 域 並 びに 県 の 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 地 震 災 害 から 保 護 するため 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定 地 方 公 共 機 関 及 び 他 の 地 方 公 共 団 体 等 の 協 力 を 得

2. 県 (1) 県 は 県 の 地 域 並 びに 県 の 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 地 震 災 害 から 保 護 するため 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定 地 方 公 共 機 関 及 び 他 の 地 方 公 共 団 体 等 の 協 力 を 得 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 五 戸 町 の 地 域 に 係 る 地 震 防 災 対 策 に 関 し 必 要 な 体 制 を 確 立 するとともに 関 係 機 関 の 総 合 的 かつ 計 画 的 な 対 策 の 整 備 推 進 を 図 り 住

More information

Microsoft Word - HP掲載用_表紙・目次.docx

Microsoft Word - HP掲載用_表紙・目次.docx 宇 和 島 市 地 域 防 災 計 画 第 2 編 風 水 害 等 対 策 編 平 成 26 年 度 修 正 宇 和 島 市 防 災 会 議 宇 和 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 2 編 風 水 害 等 対 策 編 ) 目 次 第 1 章 災 害 予 防 計 画... 1 第 1 節 気 象 予 警 報 等 の 伝 達 1 第 1 主 旨... 1 第 2 警 報 等 の 定 義...

More information

平成17年度 静岡県地域防災計画

平成17年度 静岡県地域防災計画 資 料 2 平 成 17 年 度 静 岡 県 地 域 防 災 計 画 新 旧 対 照 表 一 般 対 策 編 1ページ-23ページ 地 震 対 策 編 24ページ-62ページ 原 子 力 対 策 編 63ページ-66ページ 平 成 17 年 4 月 静 岡 県 地 域 防 災 計 画 ( 一 般 対 策 編 ) 修 正 新 旧 対 照 表 第 1 章 総 論 第 1 章 総 論 1 1 2 3 3

More information

実施状況(市ヶ谷地区(防衛省)に係る施設の管理・運営業務)

実施状況(市ヶ谷地区(防衛省)に係る施設の管理・運営業務) 資 料 2 28.6.16 防 衛 省 民 間 競 争 入 札 実 施 事 業 防 衛 省 市 ヶ 谷 地 区 における 施 設 管 理 業 務 の 実 施 状 況 について ( 平 成 26 年 度 及 び27 年 度 ) Ⅰ 事 業 の 概 要 1. 委 託 業 務 内 容 防 衛 省 市 ヶ 谷 地 区 の 施 設 管 理 業 務 建 築 設 備 点 検 保 守 業 務 電 気 設 備 点 検

More information

<92C3946794F093EF8C7689E681698A6D92E894C5816A>

<92C3946794F093EF8C7689E681698A6D92E894C5816A> 浦 河 町 津 波 避 難 計 画 平 成 26 年 2 月 第 1 章 総 則 1 目 的 この 計 画 は 津 波 が 発 生 した 場 合 または 発 生 する 恐 れがある 場 合 の 津 波 災 害 に 対 し 住 民 の 命 を 守 る ことを 最 優 先 した ソフト 面 の 対 策 を 充 実 させるため 地 震 津 波 発 生 直 後 か ら 津 波 が 終 息 するまでの 概 ね

More information

第 2 節 建 築 物 等 災 害 予 防 計 画 地 震 による 建 築 物 等 の 被 害 を 防 止 し 住 民 の 生 命 財 産 等 を 保 護 するため 公 共 建 築 物 の 耐 震 性 を 確 保 するとともに 一 般 建 築 物 の 防 災 指 導 等 を 行 い 建 築 物 等

第 2 節 建 築 物 等 災 害 予 防 計 画 地 震 による 建 築 物 等 の 被 害 を 防 止 し 住 民 の 生 命 財 産 等 を 保 護 するため 公 共 建 築 物 の 耐 震 性 を 確 保 するとともに 一 般 建 築 物 の 防 災 指 導 等 を 行 い 建 築 物 等 第 2 章 災 害 予 防 計 画 第 1 節 都 市 防 災 対 策 計 画 都 市 における 災 害 防 止 のため 適 正 で 秩 序 ある 土 地 利 用 を 図 り 防 災 面 に 配 慮 した 都 市 施 設 の 整 備 や 各 種 都 市 防 災 対 策 を 積 極 的 に 推 進 する 主 な 実 施 機 関 県 ( 都 市 計 画 課 建 築 指 導 課 住 宅 課 ) 市 町 1

More information

近 年 発 生 状 況 我 国 国 であり 近 年 日 本 全 国 お 発 生 ( 気 象 庁 ホームページり) ( 平 成 8 年 ~ 平 成 17 年 ) ( 平 成 18 年 ~ 平 成 25 年 4 月 ) 将 来 予 測 将 来 予 測 お 日 本 全 国 で き 発 生 可 能 性 あ

近 年 発 生 状 況 我 国 国 であり 近 年 日 本 全 国 お 発 生 ( 気 象 庁 ホームページり) ( 平 成 8 年 ~ 平 成 17 年 ) ( 平 成 18 年 ~ 平 成 25 年 4 月 ) 将 来 予 測 将 来 予 測 お 日 本 全 国 で き 発 生 可 能 性 あ 1. 促 進 正 概 要 1 近 年 発 生 状 況 我 国 国 であり 近 年 日 本 全 国 お 発 生 ( 気 象 庁 ホームページり) ( 平 成 8 年 ~ 平 成 17 年 ) ( 平 成 18 年 ~ 平 成 25 年 4 月 ) 将 来 予 測 将 来 予 測 お 日 本 全 国 で き 発 生 可 能 性 あ 主 海 溝 型 評 価 結 果 主 要 活 層 評 価 結 果 文 部

More information

目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 315 第 2 節 計 画 の 性 格 315 第 2 節 の2 災 害 時 における 個 人 情 報 の 取 扱 い 315 第 3 節 防 災 関 係 機 関 の 責 務 及 び 業 務 の 大 綱 316 第 4 節 地 震 の 想

目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 315 第 2 節 計 画 の 性 格 315 第 2 節 の2 災 害 時 における 個 人 情 報 の 取 扱 い 315 第 3 節 防 災 関 係 機 関 の 責 務 及 び 業 務 の 大 綱 316 第 4 節 地 震 の 想 北 上 市 地 域 防 災 計 画 震 災 対 策 編 北 上 市 防 災 会 議 - 310 - 目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 315 第 2 節 計 画 の 性 格 315 第 2 節 の2 災 害 時 における 個 人 情 報 の 取 扱 い 315 第 3 節 防 災 関 係 機 関 の 責 務 及 び 業 務 の 大 綱 316 第 4 節 地 震 の 想 定

More information

untitled

untitled 3-1 基 本 理 念 第 3 章 防 災 街 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 本 指 針 の 基 本 理 念 は 以 下 のとおりです ~みんなでつくろう 災 害 に 強 く 安 全 安 心 な 生 活 都 心 ~ 3-2 防 災 街 づくりの 方 針 基 本 理 念 に 基 づく 取 組 の 方 向 性 をより 具 体 的 に 示 すために 以 下 の3つの 視 点 から 防 災 街 づくりの

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303381409578924A92AC8140959790858A5193998DD08A5191CE8DF495D281698F4390B388C4816A323031353031323889EF8B63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303381409578924A92AC8140959790858A5193998DD08A5191CE8DF495D281698F4390B388C4816A323031353031323889EF8B63> 富 谷 町 地 域 防 災 計 画 ( 案 ) 風 水 害 等 災 害 対 策 編 平 成 27 年 1 月 富 谷 町 防 災 会 議 目 次 風 水 害 等 災 害 対 策 編 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 と 構 成 1 第 1 計 画 の 目 的 第 2 計 画 の 性 格 第 3 計 画 の 修 正 第 4 計 画 の 構 成 第 5 基 本 方 針 第 2 節

More information

通 信 訓 練 救 援 物 資 情 報 伝 達 訓 練 (11 月 から12 月 上 旬 のうち1 日 ) 新 規 県 災 害 対 策 本 部 市 町 村 防 災 関 係 機 関 が 連 携 し 通 信 用 資 器 材 やシステムを 用 いた 情 報 伝 達 訓 練 を 併 せて 救 援 物 資 の

通 信 訓 練 救 援 物 資 情 報 伝 達 訓 練 (11 月 から12 月 上 旬 のうち1 日 ) 新 規 県 災 害 対 策 本 部 市 町 村 防 災 関 係 機 関 が 連 携 し 通 信 用 資 器 材 やシステムを 用 いた 情 報 伝 達 訓 練 を 併 せて 救 援 物 資 の 平 成 26 年 7 月 29 日 記 者 発 表 平 成 26 年 度 防 災 訓 練 について 災 害 対 応 力 の 強 化 に 資 するため 防 災 訓 練 の 更 なる 充 実 を 図 るとともに 実 践 的 な 訓 練 を します 訓 練 計 画 方 針 訓 練 計 画 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 上 旬 中 旬 下 旬 上 旬 中 旬 下 旬 上 旬 中 旬 下

More information

地震対策編

地震対策編 ( 案 ) 松 崎 町 地 域 防 災 計 画 地 震 対 策 の 巻 平 成 28 年 3 月 修 正 松 崎 町 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 則... 1 第 1 節 計 画 の 主 旨... 1 第 2 節 過 去 の 顕 著 な 災 害... 2 第 3 節 予 想 される 災 害... 3 第 4 節 防 災 関 係 機 関 の 処 理 すべき 事 務 又 は 業 務 の 大

More information

<303493EC8A43836783898374926E906B96688DD091CE8DF4908490698C7689E695D22E786477>

<303493EC8A43836783898374926E906B96688DD091CE8DF4908490698C7689E695D22E786477> 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 編 目 次 第 1 章 総 則 1 第 1 推 進 計 画 の 目 的 1 第 2 防 災 関 係 機 関 が 地 震 発 生 時 の 災 害 応 急 対 策 として 行 う の 大 綱 1 第 2 章 関 係 者 との 連 携 協 力 の 確 保 11 第 1 資 機 材 人 員 等 の 配 備 手 配 11 第 2 他 機 関 に 対 する

More information

(4) 活 動 部 隊 のオペレーション 関 係 機 関 と 連 携 を 図 るため 現 場 指 揮 本 部 や 合 同 指 揮 本 部 の 体 制 を 早 期 に 築 くことが 必 要 である 天 候 不 順 時 水 難 救 助 登 山 中 に 急 病 を 発 症 した 要 救 助 者 の 救 助

(4) 活 動 部 隊 のオペレーション 関 係 機 関 と 連 携 を 図 るため 現 場 指 揮 本 部 や 合 同 指 揮 本 部 の 体 制 を 早 期 に 築 くことが 必 要 である 天 候 不 順 時 水 難 救 助 登 山 中 に 急 病 を 発 症 した 要 救 助 者 の 救 助 救 助 活 動 要 領 において 踏 まえるべき 視 点 ( 案 ) 1 現 場 指 揮 本 部 の 運 営 (1) 情 報 収 集 初 期 に 収 集 する 情 報 は 通 報 者 や 関 係 機 関 等 から 様 々な 情 報 が 入 ってくるが 今 後 の 活 動 方 針 を 検 討 するためにも 必 要 な 簡 潔 な 情 報 を 迅 速 に 聞 き 取 り 把 握 できること が 必 要

More information