<4D F736F F D A43976D899890F582CC8F8094F CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E F3816A2E646F63>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63>"

Transcription

1 海 洋 汚 染 の 準 備 対 応 に 関 する 国 家 防 除 基 本 計 画

2 目 次 Ⅰ. 総 則 1. 計 画 の 目 的 適 用 の 範 囲 その 他 の 計 画 と 関 係...1 Ⅱ. 油 汚 染 の 防 除 体 制 1. 防 除 体 制 等 防 除 対 策 本 部 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会 地 域 海 洋 汚 染 防 除 対 策 協 議 会 中 央 事 故 対 策 本 部 関 係 行 政 機 関 の 参 与 及 び 協 調...7 Ⅲ. 汚 染 事 故 の 準 備 に 関 する 事 項 1. 実 行 計 画 の 策 定 施 行 関 連 情 報 の 共 有 防 除 情 報 地 図 の 作 成 防 除 装 備 確 保 及 び 動 員 態 勢 維 持 防 除 教 育 訓 練 等 国 際 協 力 体 制 の 構 築 等 通 信 体 系 事 故 申 告 及 び 通 報

3 Ⅳ. 防 除 実 行 1. 保 護 対 象 に 対 する 考 慮 現 場 状 況 調 査 防 除 方 法 の 決 定 応 急 措 置 及 び 防 除 措 置 防 除 技 術 支 援 団 防 除 作 業 者 等 の 健 康 と 安 全 海 上 安 全 の 確 保 及 び 危 険 防 止 措 置 漁 場 養 殖 場 の 保 護 及 び 野 生 動 物 の 救 護 記 録 及 び 資 料 保 存 広 報...18 Ⅴ. 補 則 1. 事 後 管 理 調 査 研 究 及 び 技 術 開 発 計 画 の 制 定 改 正 手 続

4 Ⅰ. 総 則 1. 計 画 の 目 的 イ.この 計 画 は 1990 年 油 による 汚 染 に 係 わる 準 備 対 応 および 協 力 に 関 す る 国 際 条 約 (OPRC 協 約 ) 第 6 条 (1)(b)に 規 定 した 油 汚 染 準 備 対 応 に 関 する 国 家 緊 急 計 画 成 立 要 求 に 対 する 我 が 国 の 海 洋 油 汚 染 事 故 ( 以 下 汚 染 事 故 とする) 準 備 対 応 体 制 の 確 立 によって ロ. 大 型 汚 染 事 故 に 迅 速 効 率 的 に 準 備 対 応 する 為 に 関 係 行 政 機 関 は 参 画 して 相 互 協 力 する 凡 国 家 的 な 対 応 体 制 を 構 築 して 事 故 対 応 から 防 除 措 置 被 害 調 査 復 旧 まで 汚 染 事 故 処 理 の 関 連 業 務 を 体 系 化 して 汚 染 事 故 による 被 害 最 小 化 を 国 民 の 健 康 と 財 産 の 保 護 に 資 することを 目 的 とする 2. 適 法 範 囲 イ. 本 計 画 は 領 海 及 び 接 続 水 域 法 による 領 海 及 び 内 水 と 排 他 的 な 経 済 水 域 法 による 排 他 的 な 経 済 水 域 で 発 生 した 汚 染 事 故 に 対 して 適 用 する ロ. 本 計 画 は イ の 海 域 以 外 の 海 域 で 発 生 し イ の 海 域 の 海 洋 環 境 保 全 に 顕 著 な 被 害 が 発 生 するとか 顕 著 な 被 害 が 発 生 する 憂 慮 がある 汚 染 事 故 に 対 しても 適 用 する 3. その 他 の 計 画 との 関 係 イ. 本 計 画 は 民 防 衛 基 本 法 による 民 間 防 衛 計 画 災 難 管 理 法 による 国 家 災 難 管 理 計 画 国 際 協 約 による 国 際 次 元 の 緊 急 計 画 等 と 調 和 を 維 持 してこの 計 画 等 とともに 汚 染 事 故 に 迅 速 効 率 的 に 対 応 せねばならない 3

5 ロ. 大 型 汚 染 事 故 時 本 計 画 に 規 定 されていない 事 項 に 対 しては 災 難 管 理 法 の 国 家 災 難 管 理 計 画 を 適 用 する Ⅱ. 油 汚 染 の 防 除 体 制 1. 防 除 体 制 等 イ. 汚 染 事 故 で 海 洋 環 境 の 保 全 に 顕 著 な 被 害 を 受 けたり 被 害 を 及 ぼすことが 憂 慮 され 緊 急 防 除 等 必 要 な 措 置 を 講 じる 為 に 海 洋 汚 染 防 止 法 第 51 条 の 規 定 によって 海 洋 水 産 部 長 官 の 所 属 下 に 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会 を 海 洋 警 察 署 長 の 所 属 下 に 地 域 海 洋 汚 染 防 除 対 策 協 議 会 を 置 いて 海 洋 警 察 庁 長 の 所 属 下 に 防 除 対 策 本 部 を 設 置 することできる ロ. 大 型 汚 染 事 故 の 発 生 時 海 洋 警 察 庁 長 が 防 除 対 策 本 部 長 となり 動 員 さ れた 防 除 勢 力 を 指 揮 統 制 する ハ. 汚 染 事 故 による 人 命 と 財 産 の 被 害 程 度 が 深 刻 で その 影 響 が 広 範 に 渡 り 政 府 レベルの 総 合 的 な 対 応 が 必 要 とする あるいはこれらに 準 ずる 大 型 汚 染 事 故 が 発 生 した 場 合 に 海 洋 水 産 部 長 官 は 災 難 管 理 法 第 45 条 の 規 定 により 中 央 政 府 次 元 の 対 策 と 支 援 を 検 討 することが 必 要 である 2. 防 除 対 策 本 部 イ. 防 除 対 策 本 部 の 構 成 (1) 防 除 対 策 本 部 長 は 海 洋 警 察 庁 長 となり (2) 海 洋 警 察 庁 所 属 の 公 務 員 及 び 関 係 機 関 の 長 が 派 遣 した 公 務 員 で 構 成 4

6 ロ. 防 除 対 策 本 部 長 の 管 掌 業 務 (1) 防 除 作 業 対 策 の 策 定 執 行 (2) 防 除 作 業 の 動 員 された 人 員 装 備 の 指 揮 統 制 (3) 防 除 方 法 の 決 定 (4)その 他 の 防 除 措 置 に 必 要 な 事 項 ハ. 防 除 対 策 本 部 の 各 班 別 の 任 務 班 名 任 務 指 揮 統 制 班 防 除 状 況 班 補 給 支 援 班 広 報 行 政 支 援 班 現 場 調 査 班 防 除 作 業 に 動 員 された 人 員 装 備 の 指 揮 統 制 汚 染 状 況 の 把 握 防 除 作 業 の 優 先 順 位 の 決 定 防 除 人 員 装 備 資 機 材 の 動 員 及 び 配 置 の 決 定 防 除 対 策 本 部 及 び 対 策 協 議 会 の 運 営 発 生 及 び 措 置 状 況 の 把 握 分 析 状 況 報 告 及 び 伝 達 船 艇 防 除 艇 航 空 機 等 防 除 勢 力 の 現 場 出 動 措 置 関 係 機 関 団 体 業 者 に 対 する 防 除 人 力 装 備 の 協 助 要 請 防 除 人 力 装 備 輸 送 防 除 装 備 資 機 材 の 現 場 補 給 回 収 油 及 び 廃 棄 物 の 陸 上 輸 送 防 除 動 員 された 船 舶 航 空 機 車 両 に 対 する 補 給 支 援 報 道 案 の 作 成 及 び 広 報 報 道 内 容 の 記 録 及 び 保 管 記 者 室 の 運 営 等 取 材 便 宜 の 提 供 防 除 現 場 の 撮 影 及 び 関 連 資 料 の 収 集 防 除 作 業 要 員 の 宿 舎 食 事 及 び 厚 生 福 祉 に 関 する 事 項 事 故 原 因 の 調 査 及 び 流 出 量 の 算 定 汚 染 被 害 の 試 料 採 取 写 真 撮 影 等 証 拠 の 確 保 保 険 の 加 入 現 況 及 び 船 主 補 償 能 力 等 の 把 握 沿 岸 汚 染 の 被 害 調 査 及 び 住 民 動 向 の 把 握 5

7 ニ. 防 除 指 揮 の 体 系 図 防 除 対 策 本 部 長 海 洋 警 察 庁 長 ( 海 洋 警 察 庁 の 次 長 ) 総 括 統 制 官 海 洋 汚 染 管 理 局 長 防 除 技 術 支 援 団 専 門 家 グループ 本 庁 の 支 援 班 防 除 課 長 現 場 指 揮 官 海 洋 警 察 署 長 地 域 防 除 対 策 協 議 会 自 治 体 水 協 関 係 機 関 指 揮 統 制 班 防 除 状 況 班 補 給 支 援 班 広 報 行 政 支 援 班 現 場 調 査 班 関 係 機 関 の 支 援 チーム 海 上 陸 上 海 警 の 防 除 チーム 海 上 陸 上 民 間 の 防 除 チーム 防 除 組 合 防 除 業 者 6

8 3. 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会 イ. 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会 の 構 成 (1) 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会 ( 以 下 対 策 委 員 会 とする)の 委 員 長 は 海 洋 水 産 部 次 官 となり 副 委 員 長 は 海 洋 警 察 庁 長 となり (2) 委 員 は 財 政 経 済 部 行 政 自 治 部 国 防 部 産 業 資 材 部 環 境 部 科 学 技 術 部 海 洋 水 産 部 及 び 国 務 調 整 室 の 所 属 公 務 員 の 中 で 各 々その 機 関 の 長 が 指 名 する3 級 以 上 の 公 務 員 と 海 洋 汚 染 防 除 に 関 する 学 識 と 経 験 が 豊 富 な 者 の 中 で 海 洋 水 産 部 長 官 が 委 嘱 する 者 とし 委 員 長 副 委 員 長 を 含 む 15 人 以 内 で 構 成 ロ. 対 策 委 員 会 の 審 議 事 項 (1) 海 洋 汚 染 防 除 措 置 に 関 する 制 度 改 善 対 策 等 に 対 する 事 項 (2) 海 洋 汚 染 事 故 時 防 除 措 置 計 画 の 策 定 及 びその 施 行 に 必 要 な 人 員 予 算 物 資 装 備 処 理 施 設 等 の 支 援 の 為 に 中 央 行 政 機 関 の 業 務 調 整 に 関 する 事 項 (3) 地 域 海 洋 汚 染 防 除 対 策 協 議 会 の 業 務 協 力 に 関 する 事 項 (4) 海 洋 汚 染 事 故 時 に 準 備 する 為 に 緊 急 防 除 対 策 の 策 定 に 関 する 事 項 (5) 除 去 することが 困 難 な 遭 難 船 舶 の 認 定 可 否 に 関 する 事 項 (6)その 他 の 海 洋 汚 染 の 防 除 と 関 連 して 海 洋 水 産 部 長 官 又 は 委 員 長 が 提 案 する 事 項 4. 地 域 海 洋 汚 染 防 除 対 策 協 議 会 イ. 地 域 海 洋 汚 染 防 除 対 策 協 議 会 の 構 成 (1) 地 域 海 洋 汚 染 防 除 対 策 協 議 会 ( 以 下 地 域 対 策 協 議 会 とする)の 委 員 長 は 当 該 地 域 を 管 轄 する 海 洋 警 察 署 長 となり (2) 委 員 は 当 該 地 域 を 管 轄 する 環 境 管 理 庁 地 方 海 洋 水 産 庁 海 洋 警 察 署 海 軍 艦 隊 司 令 部 市 道 及 び 市 郡 区 の 所 属 公 務 員 の 中 で 各 々その 機 関 の 長 が 指 名 する 公 務 員 1 人 以 上 とその 地 区 別 水 産 業 協 同 組 合 の 職 員 海 洋 汚 染 事 故 の 関 連 船 舶 又 は 施 設 の 所 有 者 石 油 精 製 業 者 の 職 員 住 民 代 表 等 地 域 海 洋 汚 染 防 除 業 務 と 関 連 がある 者 の 中 で 委 員 長 が 委 嘱 した 7

9 者 とする ロ. 地 域 対 策 協 議 会 の 審 議 事 項 (1) 海 洋 汚 染 事 故 に 備 えた 防 除 措 置 計 画 (2) 海 洋 汚 染 事 故 時 防 除 質 に 必 要 な 人 員 物 資 装 備 処 理 施 設 の 支 援 に 関 する 関 係 地 方 行 政 機 関 との 業 務 調 整 (3) 海 洋 汚 染 防 除 に 関 する 技 術 的 な 諮 問 (4)その 他 の 海 洋 汚 染 の 防 除 と 関 連 して 海 洋 警 察 庁 長 又 は 委 員 長 が 提 案 す る 事 項 5. 中 央 事 故 対 策 本 部 イ. 中 央 事 故 対 策 本 部 の 構 成 中 央 事 故 対 策 本 部 長 は 海 洋 水 産 部 長 官 がなり 財 政 経 済 部 次 官 外 交 通 商 部 次 官 法 務 部 次 官 国 防 部 次 官 行 政 自 治 部 次 官 情 報 通 信 部 次 官 保 健 福 祉 部 次 官 環 境 部 次 官 労 働 部 次 官 建 設 交 通 部 次 官 企 画 予 算 所 次 官 で 構 成 する ロ. 中 央 事 故 対 策 本 部 長 の 権 限 (1) 汚 染 事 故 の 収 拾 が 効 率 的 に 行 われるように 汚 染 事 故 の 収 拾 に 関 して 関 係 中 央 行 政 機 関 の 長 が 行 う 業 務 を 総 括 (2) 関 係 中 央 行 政 機 関 の 長 に 対 する 行 政 及 び 財 政 上 の 措 置 やその 他 の 必 要 な 業 務 支 援 の 要 請 ハ. 中 央 事 故 対 策 本 部 の 審 議 事 項 (1) 被 害 施 設 に 対 する 復 旧 及 び 被 害 補 償 の 対 策 (2) 被 害 額 の 算 定 基 準 (3) 非 難 収 拾 及 び 復 旧 費 用 の 負 担 (4) 類 似 する 災 難 防 止 の 為 の 予 防 対 策 (5)その 他 の 災 難 の 収 拾 及 び 復 興 に 必 要 な 事 項 で 本 部 長 が 附 議 する 事 項 6. 関 係 行 政 機 関 の 参 画 及 び 協 調 8

10 イ. 中 央 行 政 機 関 の 協 調 関 係 行 政 機 関 の 長 は 所 管 業 務 及 び 関 係 法 令 によって 汚 染 事 故 に 対 し 被 害 最 小 化 の 対 策 を 策 定 施 行 して 対 策 委 員 会 の 参 画 等 相 互 協 力 体 制 の 維 持 に 努 力 をしなければならない ロ. 地 方 行 政 機 関 の 協 調 地 方 行 政 機 関 の 長 及 び 地 方 自 治 体 の 長 は 地 域 条 件 を 考 慮 して 汚 染 事 故 に 対 し 被 害 最 小 化 の 対 策 を 策 定 実 施 して 地 域 対 策 協 議 会 の 参 画 等 相 互 協 力 体 制 の 維 持 に 努 力 をしなければならない ハ. 関 係 行 政 機 関 の 協 調 海 洋 警 察 庁 長 が 迅 速 な 防 除 措 置 の 為 に 関 係 行 政 機 関 の 長 に 次 の 事 項 を 要 請 する 場 合 関 係 行 政 機 関 の 長 は 特 別 な 事 由 がない 限 り この 事 項 に 協 力 する (1) 行 政 自 治 部 : 警 察 消 防 官 署 及 び 民 防 衛 隊 等 防 除 人 力 動 員 (2) 国 防 部 : 軍 装 備 及 び 兵 力 支 援 (3) 情 報 通 信 部 : 防 除 作 業 に 必 要 な 通 信 技 術 及 び 電 気 通 信 事 業 者 による 有 無 線 の 通 信 設 備 の 支 援 (4) 山 林 庁 : 防 除 用 航 空 機 の 支 援 9

11 Ⅲ. 汚 染 事 故 の 準 備 に 関 する 事 項 1. 実 行 計 画 の 策 定 施 行 イ. 海 洋 警 察 庁 は 汚 染 事 故 の 準 備 対 応 の 為 に 海 域 の 実 情 に 合 った 地 域 防 除 実 行 計 画 を 策 定 施 行 しなければならない ロ. 地 域 防 除 実 行 計 画 は 次 の 事 項 を 含 めて 策 定 施 行 しなければならない (1) 管 轄 海 域 内 で 発 生 しうる 最 大 規 模 油 流 出 事 故 の 上 程 に 関 する 事 項 (2) 上 記 の 場 合 防 除 の 為 に 必 要 な 防 除 船 防 除 資 機 材 の 確 保 及 び 配 置 に 関 する 事 項 (3) 上 記 の 場 合 防 除 の 為 に 関 係 機 関 地 方 自 治 体 船 舶 及 び 海 洋 施 設 の 所 有 者 その 他 の 関 係 者 との 連 絡 及 び 情 報 の 交 換 に 関 する 事 項 (4) 上 記 の 場 合 油 の 防 除 とこれらに 伴 う 危 険 防 止 に 関 する 事 項 (5)その 他 の 地 域 防 除 実 行 に 必 要 な 事 項 ハ. 海 洋 汚 染 防 止 法 第 50 条 の 規 定 によって 海 岸 に 漂 着 した 油 に 対 してはそ の 海 岸 を 管 轄 する 市 長 郡 守 区 庁 長 が 必 要 な 措 置 計 画 を 策 定 施 行 す る しかし(2 個 以 上 市 郡 区 の 海 岸 が 汚 染 された 場 合 には 市 道 知 事 を 含 める 以 下 同 じ ) 港 湾 法 第 2 条 第 6 号 の 規 定 による 港 湾 施 設 ( 水 域 施 設 は 除 外 )が 設 置 された 海 岸 に 対 しては その 施 設 を 管 理 する 行 政 機 関 の 長 が 必 要 な 措 置 計 画 を 策 定 施 行 しなければならない ニ. 船 舶 所 有 者 は 海 洋 汚 染 防 止 法 第 10 条 の 規 定 によって 油 が 海 洋 に 排 出 さ れた 場 合 に 講 じる 措 置 に 関 する 船 舶 の 油 汚 染 緊 急 時 計 画 書 を 作 成 し 当 海 船 舶 に 備 えること ホ. 油 を 取 り 扱 う 海 洋 施 設 の 設 置 運 営 者 は 海 洋 汚 染 防 止 法 第 36 条 の 規 定 によって 油 が 海 洋 に 排 出 された 場 合 に 取 る 措 置 に 関 する 海 洋 施 設 の 油 汚 染 非 常 計 画 書 を 作 成 し 備 えなければならない ヘ. 市 長 郡 守 区 庁 長 と 施 設 を 管 理 する 行 政 機 関 の 長 が 策 定 する 海 岸 と 港 10

12 湾 施 設 に 漂 着 した 油 に 対 する 措 置 計 画 とが 矛 盾 しないように 策 定 する 2. 関 連 情 報 の 共 有 イ. 海 洋 警 察 庁 長 は 関 係 行 政 機 関 地 方 自 治 体 が 保 有 している 防 除 関 連 の 専 門 家 及 び 資 機 材 に 関 する 情 報 を 収 集 整 理 し 関 係 行 政 機 関 の 長 等 が 情 報 提 供 要 請 した 時 関 連 情 報 を 提 供 しなければならない ロ. 関 係 行 政 機 関 の 長 と 地 方 自 治 体 の 長 は 所 管 業 務 の 防 除 と 関 連 した 情 報 を 収 集 整 理 し 情 報 の 共 有 化 に 努 力 しなければならない ハ. 防 除 と 関 連 した 情 報 には 漁 場 養 殖 場 取 水 施 設 海 水 浴 場 干 潟 鳥 類 海 洋 哺 乳 類 の 棲 息 地 遺 跡 址 等 に 関 する 情 報 を 含 めなければなら ない 3. 防 除 情 報 地 図 の 作 成 イ. 海 洋 警 察 庁 長 は 防 除 と 関 連 した 情 報 が 明 示 された 防 除 情 報 地 図 を 作 成 して 油 汚 染 に 脆 弱 な 要 素 の 判 断 し 防 除 方 法 及 び 保 護 優 先 順 位 を 決 定 する 際 に 活 用 することで 油 汚 染 による 被 害 を 最 小 化 することに 努 力 し なければならない ロ. 関 係 行 政 機 関 の 長 地 方 自 治 体 の 長 関 連 研 究 機 関 及 び 公 共 団 体 の 長 は 防 除 と 関 連 した 資 料 を 提 供 する 等 防 除 情 報 地 図 の 作 成 に 積 極 的 に 協 力 しなければならない 4. 防 除 装 備 の 確 保 及 び 動 員 態 勢 の 維 持 イ. 海 洋 警 察 庁 長 海 洋 に 排 出 された 油 を 迅 速 効 率 的 に 防 除 する 為 に 必 要 な 防 除 艇 防 除 装 備 資 機 材 等 の 確 保 ロ. 地 方 海 洋 水 産 庁 長 と 沿 岸 市 長 郡 守 区 庁 長 11

13 海 洋 汚 染 防 止 法 第 50 条 の 規 定 による 管 轄 湾 岸 及 び 海 岸 に 漂 着 した 油 除 去 に 必 要 な 資 機 材 の 確 保 ハ. 韓 国 海 洋 汚 染 防 除 組 合 理 事 長 防 除 業 者 海 洋 警 察 庁 長 の 指 示 又 は 船 舶 所 有 者 海 洋 施 設 設 置 者 等 が 委 託 する 防 除 措 置 に 必 要 な 防 除 船 及 び 防 除 資 機 材 の 確 保 運 営 ニ. 船 舶 の 所 有 者 海 洋 施 設 設 置 者 等 海 洋 汚 染 防 止 法 第 49 条 及 び 第 49 条 2 の 規 定 により 排 出 した 油 の 防 除 措 置 に 必 要 な 資 機 材 を 保 有 して 備 蓄 ホ. 関 係 機 関 団 体 及 び 業 者 は 確 保 した 防 除 資 機 材 は 常 に 使 用 できる 状 態 に 維 持 しなければならない (1) 海 洋 警 察 庁 長 は 海 洋 警 察 庁 の 保 有 装 備 及 び 関 係 機 関 業 者 の 保 有 装 備 を 動 員 する 為 に 動 員 態 勢 の 維 持 (2) 防 除 装 備 の 保 有 者 は 装 備 を 常 に 使 用 できるように 補 修 維 持 管 理 に 努 力 5. 防 除 教 育 訓 練 等 イ. 海 洋 警 察 庁 長 は 汚 染 事 故 に 迅 速 効 果 的 な 対 応 ができるように 汚 染 事 故 の 形 態 規 模 気 象 海 上 の 状 況 油 の 特 性 等 の 多 様 な 条 件 を 設 定 して 関 係 機 関 業 者 との 有 機 的 な 協 調 に 重 点 をおいた 合 同 防 除 訓 練 を 実 施 し 訓 練 の 後 には 評 価 をし 問 題 点 を 補 完 対 応 体 制 等 を 改 善 しなければな らない ロ. 地 方 自 治 体 の 長 韓 国 海 洋 汚 染 防 除 組 合 の 理 事 長 等 は 海 洋 警 察 庁 長 が 実 施 する 防 除 訓 練 に 積 極 的 に 参 画 できるように 努 力 しなければならな い ハ. 海 洋 警 察 庁 長 は 所 属 公 務 員 に 対 して 汚 染 事 故 の 防 除 に 関 する 教 育 を 実 施 し 所 属 公 務 員 には 船 舶 海 洋 施 設 等 の 関 係 者 に 対 し 汚 染 事 故 の 防 止 12

14 及 び 対 応 に 関 する 指 導 を 実 施 させて 海 洋 環 境 保 全 に 関 する 意 識 及 び 防 除 技 術 の 普 及 に 努 力 をしなければならない ニ. 韓 国 海 洋 汚 染 防 除 組 合 理 事 長 は 防 除 に 関 する 教 育 訓 練 事 業 を 実 施 し て 防 除 人 力 の 育 成 に 努 力 しなければならない ホ. 船 舶 所 有 者 海 洋 施 設 設 置 者 防 除 業 及 びその 他 の 関 連 事 業 者 は 汚 染 事 故 に 迅 速 効 果 的 な 対 応 ができるように 関 連 従 事 者 に 対 する 積 極 的 な 教 育 訓 練 を 実 施 しなければならない 6. 国 際 協 力 体 制 の 構 築 等 イ. 外 交 通 商 部 長 官 は 国 際 協 力 が 必 要 な 大 型 汚 染 事 故 に 備 えて 海 洋 水 産 部 長 官 又 は 海 洋 警 察 庁 長 が 推 薦 する 国 際 協 力 体 制 構 築 が 円 滑 かつ 効 率 的 に 行 われる 為 に 協 力 しなければならない ロ. 法 務 部 長 官 保 健 福 祉 部 長 官 と 関 税 庁 長 は 迅 速 な 防 除 の 為 に 外 国 から 支 援 される 人 員 と 防 除 装 備 の 迅 速 な 出 入 国 検 疫 と 通 関 に 協 力 しなけれ ばならない ハ. 建 設 交 通 部 長 官 と 海 洋 水 産 部 長 官 は 海 外 から 支 援 される 防 除 用 航 空 機 と 船 舶 の 運 航 手 続 を 簡 素 化 して 空 港 湾 岸 施 設 が 利 用 できるよう 便 宜 を 計 らなければならない 7. 通 信 体 系 海 洋 警 察 庁 長 は 防 除 対 策 本 部 防 除 作 業 現 場 航 空 機 及 び 船 舶 間 等 に 使 用 できる 通 信 方 法 を 指 定 する 等 の 効 果 的 な 通 信 体 系 を 構 築 しなければ ならない 8. 事 故 申 告 及 び 通 報 イ. 油 を 海 洋 へ 排 出 させたあるいは 排 出 が 危 惧 される 船 舶 や 海 洋 施 設 の 船 13

15 長 又 は 管 理 者 船 舶 や 海 洋 施 設 の 従 事 者 外 の 者 として 油 の 海 洋 排 出 原 因 行 為 をした 者 又 は 海 洋 に 排 出 された 油 を 発 見 した 者 は 海 洋 警 察 庁 長 に 利 用 可 能 なものの 中 で 迅 速 な 通 信 手 段 を 使 用 して 遅 滞 なく 通 報 しなか ればならない ロ. 申 告 受 付 体 制 の 維 持 (1) 海 洋 警 察 庁 長 は 24 時 間 体 制 の 海 洋 汚 染 申 告 センターを 設 置 し (2) 迅 速 に 情 報 を 伝 達 する 為 に 非 常 連 絡 体 制 を 構 築 しなければならない ハ. 通 報 (1) 汚 染 事 故 の 通 報 を 受 けた 海 洋 警 察 庁 長 は 必 要 時 関 係 行 政 機 関 の 長 地 方 自 治 体 の 長 等 へ 関 連 情 報 の 通 報 し (2) 汚 染 事 故 の 通 報 を 受 けた 関 係 機 関 等 は 遅 滞 なく 通 報 内 容 を 海 洋 警 察 庁 長 に 通 報 しなければならない 14

16 Ⅳ. 防 除 実 行 1. 保 護 対 象 に 対 する 考 慮 汚 染 事 故 が 発 生 した 場 合 防 除 作 業 へ 参 画 する 関 係 行 政 機 関 の 長 と 地 方 自 治 体 の 長 は 事 故 現 場 の 地 理 的 な 特 性 気 象 海 上 の 状 態 及 び 季 節 的 な 要 因 等 によって 次 の 事 項 等 を 優 先 的 に 考 慮 し 被 害 を 最 小 化 する 為 の 効 果 的 な 措 置 を 講 じなければならない イ. 人 命 の 安 全 ロ. 事 故 の 悪 化 防 止 ハ. 国 民 の 財 産 の 保 護 及 び 環 境 の 保 護 2. 現 場 状 況 調 査 イ. 海 洋 警 察 庁 長 は 汚 染 事 故 の 発 生 通 報 を 受 けた 場 合 にはより 詳 細 な 現 場 情 報 を 得 る 為 に 汚 染 事 故 が 発 生 した 場 所 へ 船 舶 又 は 航 空 機 を 出 動 させ 迅 速 に 現 場 状 況 を 把 握 しなければならない ロ. 海 洋 警 察 庁 長 は 汚 染 事 故 の 規 模 油 流 出 及 び 拡 散 状 況 気 象 海 上 の 状 況 船 舶 航 行 状 況 等 を 考 慮 し 事 故 の 影 響 を 評 価 し これを 防 除 方 法 を 決 定 する 際 に 反 映 しなければならない ハ. 環 境 部 長 官 と 地 方 自 治 体 の 長 は 発 生 した 汚 染 事 故 が 野 生 動 物 に 及 ぼす 影 響 を 評 価 し 野 生 動 物 の 保 護 に 反 映 させなければならないし 海 洋 水 産 部 長 官 と 地 方 自 治 体 の 長 は 発 生 した 汚 染 事 故 が 漁 業 資 源 に 及 ぼす 影 響 を 評 価 して 漁 場 保 全 等 に 反 映 させなければならない 3. 防 除 方 法 の 決 定 15

17 イ. 海 洋 警 察 庁 長 は 入 手 したすべての 情 報 と 現 場 状 況 を 参 酌 して 排 出 防 止 措 置 排 出 減 少 措 置 排 出 された 油 の 拡 散 防 止 措 置 排 出 された 油 の 移 動 や 拡 散 の 監 視 回 収 及 び 防 除 措 置 油 処 理 剤 の 使 用 脆 弱 海 域 の 保 護 措 置 現 場 焼 却 等 の 多 様 な 対 応 方 法 等 を 活 用 した 最 善 の 防 除 方 法 を 選 択 し 防 除 方 法 を 選 択 する 為 に 必 要 であれば 地 域 防 除 対 策 協 議 会 及 び 防 除 技 術 支 援 団 の 意 見 を 取 り 入 れることができる ロ. 防 除 方 法 を 選 択 する 時 考 慮 すべき 事 項 (1) 可 能 な 限 り 排 出 源 からの 油 排 出 の 防 止 又 は 減 少 の 為 にバルブ 及 び 空 気 官 の 閉 鎖 船 体 の 傾 斜 措 定 損 傷 タンク 内 の 油 の 移 積 等 の 必 要 な 措 置 を 講 じる (2) 排 出 源 の 付 近 海 上 にオイルフェンスを 展 張 して 排 出 された 油 の 拡 散 を 防 止 する (3) 防 除 船 油 回 収 機 等 による 機 械 的 な 回 収 油 吸 着 剤 油 ゲル 化 剤 等 によ る 物 理 的 な 回 収 措 置 油 処 理 剤 による 分 散 処 理 等 の 状 況 に 応 じて 一 番 効 率 的 な 方 法 を 採 用 する (4) 油 処 理 剤 は 漁 場 養 殖 場 の 分 布 等 海 域 特 性 を 考 慮 して 外 海 の 拡 散 した 油 の 分 散 処 理 に 使 用 する (5) 海 洋 又 は 沿 岸 資 源 が 脅 威 を 受 ける 場 合 海 上 でオイルフェンスを 展 張 し た 脆 弱 海 域 の 保 護 措 置 を 講 じる (6) 海 洋 又 は 沿 岸 資 源 が 脅 威 を 受 けない あるいは 脅 威 を 受 けることが 危 惧 されない 場 合 浮 遊 油 の 移 動 及 び 変 化 過 程 を 持 続 的 に 監 視 する (7) 気 象 条 件 によって 海 上 で 防 除 及 び 沿 岸 保 護 が 困 難 であったり 沿 岸 資 源 がすでに 汚 染 された 場 合 は 海 岸 の 浄 化 措 置 を 講 じる 4. 応 急 措 置 及 び 防 除 措 置 イ. 汚 染 事 故 が 発 生 した 場 合 海 洋 汚 染 防 止 法 第 48 条 の 規 定 に 従 って 防 除 措 置 をする 者 は 継 続 的 な 油 の 継 続 排 出 防 止 と 排 出 された 油 の 拡 散 防 止 及 び 除 去 の 為 の 応 急 措 置 を 講 じなければならない また 排 出 された 油 を 迅 速 に 回 収 処 理 する 等 の 必 要 な 防 除 措 置 を 講 じなければならない 16

18 また 防 除 対 策 本 部 に 参 画 し 防 除 作 業 計 画 に 関 する 意 見 を 提 示 する 等 関 係 機 関 と 有 機 的 な 協 力 をしなければならない ロ. 防 除 措 置 の 責 任 がある 者 が 適 切 な 防 除 措 置 を 講 じないと 認 定 した 場 合 海 洋 警 察 庁 長 は 海 洋 汚 染 防 止 法 第 48 条 第 3 項 の 規 定 によって 該 当 防 除 措 置 の 責 任 がある 者 に 防 除 措 置 を 命 じてその 者 が 防 除 措 置 をしない 場 合 又 はその 者 の 措 置 だけには 汚 染 の 防 止 が 困 難 だと 認 定 する 場 合 又 は 緊 急 な 防 除 措 置 が 必 要 だと 認 定 する 場 合 には 海 洋 警 察 庁 長 は 海 洋 汚 染 防 止 法 第 50 条 第 1 項 の 規 定 に 従 って 関 係 機 関 の 協 調 を 得 て 必 要 な 措 置 を 講 じなければならない ハ. 海 洋 警 察 庁 長 は 汚 染 事 故 が 発 生 して 防 除 のための 資 源 の 動 員 が 必 要 な 場 合 資 料 化 された 資 源 に 関 する 情 報 を 活 用 して 人 員 装 備 資 機 材 等 の 資 源 を 動 員 する ニ. 地 方 自 治 体 の 長 は 管 轄 地 域 内 で 汚 染 事 故 の 防 除 作 業 に 参 加 するボラン ティアの 活 動 を 支 援 しなければならない ホ. 回 収 した 油 等 の 廃 棄 物 の 処 理 (1) 環 境 部 長 官 は 回 収 した 油 等 の 廃 棄 物 の 保 管 運 搬 及 び 最 終 処 理 に 対 して 指 導 と 監 督 (2) 海 洋 警 察 庁 長 は 回 収 した 油 等 の 保 管 運 搬 が 可 能 なタンカー 附 船 陸 上 の 貯 蔵 タンク 等 の 収 容 容 量 廃 油 処 理 施 設 の 処 理 容 量 等 に 関 する 資 料 化 された 情 報 を 活 用 して 防 除 作 業 の 円 滑 化 を 図 る (3) 地 方 自 治 体 の 長 は 回 収 した 油 等 の 廃 棄 物 の 臨 時 保 管 に 必 要 な 場 所 を 提 供 ヘ. 船 舶 の 所 有 者 又 は 船 長 海 洋 施 設 の 設 置 者 又 は 管 理 者 は 座 礁 衝 突 沈 没 火 災 等 の 事 故 で 油 排 流 出 が 懸 念 される 場 合 には 海 洋 汚 染 防 止 法 第 48 条 の 2 規 定 に 従 って 排 流 出 防 止 措 置 を 講 じなければならない 5. 防 除 技 術 支 援 団 17

19 イ. 海 洋 警 察 庁 長 は 科 学 的 で 効 率 的 な 防 除 業 務 を 遂 行 する 為 に 関 係 研 究 機 関 等 の 専 門 家 による 汚 染 防 除 に 関 する 研 究 と 技 術 的 な 諮 問 を 行 う 防 除 技 術 支 援 団 を 構 成 運 営 しなければならない ロ. 防 除 技 術 支 援 団 は 汚 染 事 故 が 発 生 して 海 洋 警 察 庁 長 に 要 請 された 場 合 には 流 出 量 の 算 定 事 故 船 舶 の 処 理 方 法 排 出 された 油 の 拡 散 予 測 防 除 方 法 の 選 択 等 の 科 学 的 技 術 的 な 事 項 に 関 して 諮 問 し 支 援 する 努 力 し なければならない ハ. 海 洋 警 察 庁 長 は 防 除 技 術 支 援 団 の 現 場 防 除 技 術 支 援 活 動 を 効 率 的 にす すめる 為 に 宿 舎 食 事 提 供 諮 問 料 の 支 給 等 の 必 要 な 措 置 ができる 6. 防 除 作 業 者 等 の 健 康 と 安 全 イ. 労 働 部 長 官 は 汚 染 事 故 現 場 の 防 除 作 業 者 の 健 康 と 安 全 を 考 慮 して 安 全 保 健 に 関 する 資 料 指 針 等 の 情 報 を 海 洋 警 察 庁 長 及 び 地 方 自 治 体 の 長 に 提 供 し 防 除 作 業 現 場 で 安 全 指 導 等 に 協 力 しなければならない ロ. 汚 染 事 故 現 場 を 管 轄 する 市 道 知 事 又 は 市 郡 区 庁 長 は 防 除 作 業 を 実 施 する 際 に 必 要 な 防 除 作 業 現 場 の 医 療 支 援 及 び 死 傷 者 の 後 送 業 務 等 を 支 援 しなければならない 7. 海 上 安 全 の 確 保 及 び 危 険 防 止 措 置 イ. 海 洋 水 産 部 長 官 と 海 洋 警 察 庁 長 は 次 の 各 号 に 該 当 する 場 合 海 上 安 全 を 確 保 する 為 に 船 舶 の 移 動 航 行 制 限 又 は 操 業 中 止 等 の 危 険 防 止 措 置 を 取 らなければならない (1) 汚 染 事 故 の 発 生 により 二 次 的 な 海 難 事 故 が 発 生 する 危 険 があると 判 断 される 場 合 (2) 防 除 作 業 の 円 滑 な 実 施 に 妨 害 になると 判 断 される 場 合 ロ. 海 洋 水 産 部 長 官 と 海 洋 警 察 庁 長 は 船 舶 の 火 災 衝 突 等 の 事 故 に 伴 う 汚 染 18

20 事 故 の 発 生 時 にも 安 全 措 置 を 取 らなければならない 8. 漁 場 養 殖 場 の 保 護 及 び 野 生 動 物 の 救 護 イ. 海 洋 水 産 部 長 官 と 地 方 自 治 体 の 長 は 海 洋 に 排 出 された 油 によって 養 殖 場 等 がすでに 汚 染 されたか 汚 染 が 危 惧 される 場 合 漁 場 養 殖 場 等 の 保 護 及 び 回 復 の 為 の 適 切 な 措 置 を 講 じなければならない ロ. 環 境 部 長 官 と 地 方 自 治 体 の 長 は 海 洋 に 排 出 された 油 によって 野 生 動 物 の 被 害 が 発 生 した 場 合 次 のように 野 生 動 物 の 救 護 の 為 の 適 切 な 措 置 を 講 じなければならない (1) 油 が 付 着 した 野 生 動 物 の 洗 浄 (2) 油 付 着 による 疾 病 の 予 防 (3) 回 復 までの 飼 育 等 9. 記 録 及 び 資 料 の 保 存 イ. 防 除 に 関 わる 関 係 行 政 機 関 の 長 及 び 地 方 自 治 体 の 長 等 は 防 除 費 用 の 請 求 等 に 次 のような 防 除 に 関 係 する 事 項 及 び 資 料 を 記 録 保 存 しなければ ならない (1) 防 除 作 業 の 位 置 動 員 された 防 除 人 員 及 び 装 備 使 用 された 消 耗 品 の 資 機 材 に 関 する 記 録 (2) 試 料 の 採 取 保 管 分 析 観 測 された 環 境 被 害 に 関 連 した 資 料 保 存 (3) 犠 牲 となった 野 生 動 物 等 に 関 する 物 的 証 拠 写 真 現 場 報 告 書 等 の 保 存 及 び 維 持 (4)その 他 の 防 除 作 業 に 関 する 事 項 の 記 録 及 び 関 係 書 類 の 保 存 19

21 ロ. 防 除 に 参 画 した 関 係 行 政 機 関 の 長 及 び 地 方 自 治 体 の 長 は 同 一 な 汚 染 事 故 の 再 発 を 防 止 し 一 般 的 な 汚 染 事 故 の 発 生 時 の 対 応 に 関 する 経 験 を 蓄 積 する 資 料 として 活 用 する 為 に 該 当 事 故 の 原 因 汚 染 状 況 講 じた 対 策 等 に 関 する 事 項 を 記 録 保 存 しなければならない 10. 広 報 イ. 防 除 対 策 本 部 が 設 置 された 場 合 防 除 対 策 本 部 長 は 広 報 担 当 者 を 指 定 し て 報 道 機 関 の 為 に 別 途 の 空 間 と 交 通 手 段 を 提 供 せねばならない ロ. 広 報 担 当 者 は 船 舶 交 通 安 全 近 隣 住 民 の 安 全 確 保 及 び 防 除 作 業 が 円 滑 に 行 われるように 事 故 状 況 及 び 実 行 されつつある 措 置 等 の 防 除 関 連 情 報 を 周 期 的 に 報 道 機 関 に 提 供 し 効 率 的 な 防 除 作 業 が 行 われるような 措 置 を 講 じなければならない 20

22 Ⅴ. 補 則 1. 事 後 管 理 イ. 水 産 部 長 官 は 防 除 措 置 の 終 了 後 必 要 だと 認 定 された 場 合 は 海 洋 生 態 系 漁 場 環 境 及 び 水 質 等 の 海 洋 環 境 に 対 する 影 響 と 被 害 調 査 を 段 階 持 続 的 に 実 施 して 変 化 の 経 過 を 監 視 し その 結 果 に 従 って 保 管 対 策 を 講 じ なければならない ロ. 環 境 部 長 官 と 地 方 自 治 体 の 長 は 防 除 措 置 の 終 了 後 必 要 な 場 合 は 野 生 動 物 に 対 する 影 響 と 被 害 調 査 を 段 階 的 持 続 的 に 実 施 し 変 化 の 過 程 を 監 視 し その 結 果 に 従 って 保 護 管 理 のための 補 完 対 策 を 講 じなければなら ない 2. 調 査 研 究 及 び 技 術 開 発 海 洋 水 産 部 長 官 海 洋 警 察 庁 長 は 関 連 研 究 機 関 の 長 関 連 業 界 の 関 係 者 等 と 協 力 して 汚 染 事 故 の 防 止 排 出 された 油 の 防 除 と 海 洋 環 境 保 護 に 関 する 調 査 研 究 と 技 術 開 発 を 推 進 しなければならない 3. 計 画 の 制 定 改 正 の 手 続 イ. 国 家 防 除 基 本 計 画 の 策 定 は 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会 の 審 議 議 決 を 経 て 国 務 会 議 に 報 告 した 後 確 定 し この 計 画 の 改 定 は 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会 の 審 議 議 決 を 経 ていなければならない ロ. 国 家 はこの 計 画 の 内 容 について 随 時 検 討 し 必 要 だと 認 定 された 場 合 改 定 しなければならない 21

23 < 議 案 所 観 部 署 名 > 海 洋 警 察 庁 海 洋 汚 染 管 理 局 防 除 課 連 絡 先 (032)

24 60 議 案 番 号 接 受 年 月 日 第 5 号 ( 第 2 回 ) 報 告 事 項 海 洋 油 汚 染 準 備 対 応 に 関 する 国 家 防 除 基 本 計 画 提 出 者 国 務 委 員 Jung Sang Chun ( 海 洋 水 産 部 長 官 ) 提 出 年 月 日 海 洋 警 察 庁 公 告 第 号 官 報 (14408 号 ) 掲 載 - 23

25 1. 報 告 主 文 海 洋 油 汚 染 の 準 備 対 応 に 関 する 国 家 防 除 基 本 計 画 を 別 紙 の 通 り 報 告 する 2. 報 告 理 由 イ. 海 洋 油 汚 染 事 故 の 発 生 時 汎 国 家 的 な 次 元 から 迅 速 かつ 効 果 的 に 対 応 し て 国 民 の 健 康 と 財 産 及 び 海 洋 環 境 を 保 護 する ロ 我 が 国 に 発 効 する 油 汚 染 の 準 備 対 応 及 び 協 力 に 関 する 国 際 協 約 (OPRC 協 約 ) 義 務 事 項 を 履 行 する 3. 主 要 骨 子 イ. 大 型 汚 染 事 故 の 発 生 時 には 海 洋 警 察 庁 長 が 防 除 対 策 本 部 長 となり 防 除 勢 力 を 指 揮 統 制 して 政 府 次 元 の 総 合 対 処 が 必 要 な 大 型 汚 染 事 故 災 害 の 発 生 時 は 海 洋 水 産 部 長 官 が 中 央 事 故 対 策 本 部 を 設 置 して 中 央 政 府 次 元 の 対 策 と 支 援 を 講 じなければならない ( 案 第 2 章 1 節 ) ロ. 関 係 行 政 関 係 の 長 は 所 管 業 務 及 び 関 係 法 令 によって 油 汚 染 事 故 に 対 す る 被 害 最 小 化 の 対 策 を 樹 立 実 施 して 海 洋 警 察 庁 長 の 防 除 措 置 の 為 の 協 助 要 請 に 協 助 をせねばならない ( 案 第 2 章 6 節 ) ハ. 海 洋 警 察 庁 長 は 油 汚 染 事 故 の 準 備 対 応 の 為 の 地 域 防 除 実 行 計 画 を 策 定 施 行 し 地 方 自 治 体 の 長 と 港 湾 施 設 管 理 を 行 う 行 政 機 関 の 長 は 海 岸 と 港 湾 施 設 に 漂 着 した 油 に 対 する 措 置 計 画 を 策 定 施 行 しなければな らない ( 案 第 3 章 1 節 ) ニ. 海 洋 警 察 庁 長 は 関 係 行 政 機 関 等 が 保 有 している 防 除 と 関 連 した 情 報 を 収 集 し 情 報 が 明 示 された 防 除 情 報 地 図 を 作 成 して 防 除 方 法 の 選 択 と 防 除 優 先 順 位 の 決 定 に 活 用 できるようにする ( 案 第 3 章 3 節 ) ホ. 関 係 行 政 機 関 の 長 は 大 型 汚 染 事 故 の 準 備 と 対 応 に 関 する 国 際 協 力 に 努 24

26 力 しなければならない ( 案 第 4 章 3 節 ) ヘ. 海 洋 警 察 庁 長 は 入 手 されたすべての 情 報 と 現 場 状 況 を 参 酌 して 排 出 防 止 措 置 拡 散 防 止 措 置 回 収 及 び 防 除 措 置 等 の 最 善 の 防 除 方 法 を 選 択 で きるようにする ( 案 第 4 章 3 節 ) ト. 海 洋 警 察 庁 長 は 科 学 的 で 効 率 的 な 防 除 業 務 の 遂 行 の 為 に 関 連 専 門 家 が 防 除 技 術 支 援 団 を 構 成 運 営 し 油 拡 散 の 予 測 防 除 方 法 の 選 択 事 故 船 舶 の 措 置 流 出 油 の 算 定 等 に 対 する 技 術 的 諮 問 を 受 けるようにする ( 案 第 4 章 5 節 ) チ. 労 働 部 長 官 は 防 除 作 業 者 の 安 全 と 健 康 に 関 する 指 針 提 供 と 現 場 の 安 全 指 導 に 協 力 し 地 方 自 治 体 の 長 は 医 療 支 援 ができるようにする ( 案 第 4 章 6 節 ) リ. 海 洋 水 産 部 長 官 と 地 方 自 治 体 の 長 は 漁 場 養 殖 場 の 保 護 と 回 復 措 置 を 講 じて 環 境 部 長 官 と 地 方 自 治 体 の 長 は 野 生 動 物 の 救 護 措 置 を 講 じな ければならない ( 案 第 4 章 8 節 ) ヌ. 防 除 終 了 後 必 要 であれば 海 洋 水 産 部 長 官 は 海 洋 生 態 系 漁 場 環 境 及 び 水 質 等 の 海 洋 環 境 に 対 する 事 後 監 視 を 実 施 する それから 環 境 部 長 官 は 野 生 動 物 に 対 する 事 後 監 視 を 実 施 して 補 完 対 策 を 講 じなければならな い ( 案 第 5 章 1 節 ) 4. 主 要 討 議 課 題 なし 25

27 5. 国 会 同 意 可 否 必 要 なし 6. 参 考 事 項 イ. 関 係 法 令 : 省 略 ロ. 予 算 措 置 : 別 途 措 置 必 要 なし ハ. 合 議 : 財 政 経 済 部 外 交 通 商 部 法 務 部 国 防 部 行 政 自 治 部 科 学 技 術 部 産 業 資 源 部 情 報 通 信 部 保 健 福 祉 部 環 境 部 労 働 部 及 び 建 設 交 通 部 と 合 議 された ニ. 推 進 経 緯 (1)99.5~11 関 係 部 署 の 協 議 及 び 関 連 研 究 機 関 団 体 の 意 見 の 収 斂 (2) 油 による 汚 染 に 係 わる 準 備 対 応 および 協 力 に 関 する 国 際 協 約 に 加 入 ( 国 内 発 効 ) (3) 海 洋 汚 染 防 止 法 第 51 条 の 規 定 に 基 づいて 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会 の 審 議 議 決 ホ.その 他 海 洋 油 汚 染 対 の 準 備 対 応 に 関 する 国 家 防 除 基 本 計 画 案 添 付 26

洲本市地域防災計画

洲本市地域防災計画 第 1 節 基 本 方 針 総 務 部 消 防 防 災 課 健 康 福 祉 部 健 康 増 進 課 サービス 事 業 所 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 海 上 災 害 が 発 生 した 場 合 における 人 命 救 助 消 火 活 動 流 出 した 重 油 等 への 対 応 付 近 の 船 舶 の 航 行 安 全 措 置 沿 岸 住 民 の 安 全 及 び 漁 業 等 への 被 害

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置.

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置. 明 石 市 地 域 防 災 計 画 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 4 編 災 害 復 旧 復 興 計 画 第 5 編 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 資 料 編 様 式 編 ( 平 成 27 年 度 修 正 ) 明 石 市 防 災 会 議 目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組

More information

第 5 編 大 規 模 事 故 対 策 編 第 1 章 計 画 の 前 提 5-1 5-2 第 1 節 計 画 の 目 的 本 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 大 網 白 里 市 防 災 会 議 ( 以 下 防 災 会 議 という )が 策 定 する 計 画 であり 大 網 白 里 市 の 地 域 に

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業 第 4 部 災 害 種 別 対 策 計 画 第 1 章 海 上 災 害 対 策 第 1 節 周 辺 海 域 の 状 況 及 び 海 上 災 害 の 態 様 1 本 市 周 辺 海 域 の 状 況 本 市 の 海 岸 及 び 周 辺 海 域 は 本 市 港 湾 区 域 を 含 む 東 京 湾 側 と 5 つの 漁 港 区 域 を 含 む 相 模 湾 側 に 分 かれる 東 京 湾 側 は その 正 面

More information

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc 第 1 章 総 則 広 尾 町 地 域 防 災 計 画 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 及 び 広 尾 町 防 災 会 議 条 例 ( 昭 和 38 年 条 例 第 5 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 に 基 づき 広 尾 町 防 災 会 議 が 作 成

More information

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月 青 警 組 8 5 4 8 月 3 0 属 長 殿 青 森 警 察 本 長 布 4 53 180 回 本 8 月 1 別 添 1 新 旧 照 文 別 添 布 ろ 概 遺 憾 1 運 留 意 別 途 示 市 民 活 危 険 整 備 1 抗 争 危 険 措 置 1 抗 争 発 抗 争 凶 器 身 体 危 害 加 方 抗 争 更 様 危 害 加 3 月 期 間 警 戒 域 抗 争 抗 争 15 抗 争 警

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 富 里 市 地 域 防 災 計 画 大 規 模 事 故 編 平 成 26 年 修 正 富 里 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 論 第 1 節 計 画 の 方 針 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 対 象 1 第 3 計 画 の 修 正 1 第 2 節 対 策 の 基 本 方 針 2 第 1 対 策 の 実 施 者 及 び 役 割 2 第 2 市 の 配 備 体 制

More information

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令 岡 山 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 ( 平 成 6 年 3 月 22 日 警 察 訓 令 第 9 号 ) 改 正 平 成 6 年 12 月 22 日 警 察 訓 令 第 26 号 平 成 12 年 3 月 14 日 警 察 訓 令 第 8 号 平 成 13 年 7 月 2 日 警 察 訓 令 第 19 号 平 成 21 年 3 月 19 日 警 察 訓 令 第

More information

<5461726F2D926E88E6895E977089DB81608E528CFB8CA78C788E4082CC8D71>

<5461726F2D926E88E6895E977089DB81608E528CFB8CA78C788E4082CC8D71> 山 口 県 警 察 の 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 平 成 6 年 9 月 1 日 本 部 訓 令 第 26 号 山 口 県 警 察 の 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 航 空 隊 ( 第 3 条 - 第 13 条 ) 第 3 章 運 用 ( 第 14- 第 25

More information

羅臼町地域防災計画

羅臼町地域防災計画 第 1 章 総 第 1 節 計 画 策 定 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 羅 臼 町 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 羅 臼 町 の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 し 予 防 応 急 及 び 復 旧 等 の 災 害 対 策 を 実 施 するに 当 たり 防 災

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 策 定 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 以 下 基 本 法 という ) 第 4 2 条 の 規 定 に 基 づき 鹿 部 町 ( 以 下 本 町 という )の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 し 災 害 予 防 災 害 応 急 対 策 及 び 災 害 復 旧 等 の 災 害 対 策 を

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94 平 成 26 年 2 月 19 日 海 上 保 安 庁 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 取 締 りの 状 況 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 の 送 致 件 数 は, 対 前 年 比 247 件 (3.3%) 減 の 7,21 件 でした 各 種 法 令 別 の 送 致 件 数 については 前 年 と 比 べ 大 きな 状 況 変 化 はありませんが 近 年 増 加 傾 向 にある 漁

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

<31967B95D25F3031918D91A52E786477>

<31967B95D25F3031918D91A52E786477> 第 1 編 総 則 第 1 章 計 画 の 方 針 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 周 南 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であって 周 南 市 の 地 域 における 災 害 予 防 災 害 応 急 対 策 及 び 復 旧 復 興 に 関 し 市 県 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208370836C838A835883678DB289EA8CA781458D5D938789DB92B7707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208370836C838A835883678DB289EA8CA781458D5D938789DB92B7707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 佐 賀 県 の 災 害 廃 棄 物 対 策 平 成 27 年 11 月 6 日 循 環 型 社 会 推 進 課 県 内 の 有 感 地 震 ( 震 度 1 以 上 ) 回 数 佐 賀 地 方 気 象 台 資 料 提 供 ( 単 位 : 回 ) 震 度 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 1 3 85 5 3 3 7 1 6 5 4 2

More information

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A>

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A> 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 災 害 復 旧 計 画 編 第 1 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 事 故 対 策 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2 第 4 災 害 対 策 本 部 1-4 第 2 節

More information

( 決 定 の 通 知 ) 第 9 条 市 長 は 前 条 第 1 項 の 規 定 により 補 助 金 の 交 付 の 決 定 をしたときは 速 やかにその 決 定 の 内 容 及 びこれに 条 件 を 付 した 場 合 にはその 条 件 を 補 助 金 交 付 ( 変 更 ) 決 定 通 知 書

( 決 定 の 通 知 ) 第 9 条 市 長 は 前 条 第 1 項 の 規 定 により 補 助 金 の 交 付 の 決 定 をしたときは 速 やかにその 決 定 の 内 容 及 びこれに 条 件 を 付 した 場 合 にはその 条 件 を 補 助 金 交 付 ( 変 更 ) 決 定 通 知 書 弥 富 市 自 主 防 災 組 織 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 15 年 3 月 31 日 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 自 主 防 災 組 織 の 結 成 を 推 進 するため 当 該 組 織 が 行 う 活 動 及 び 防 災 資 機 材 等 の 整 備 に 要 する 経 費 について 予 算 の 範 囲 内 において 交 付 する 補 助 金 に 関 し 必 要

More information

第3章 災害応急対策計画                     第1節 活動体制計画   

第3章 災害応急対策計画                         第1節 活動体制計画    第 1 節 活 動 体 制 計 画 第 1 節 活 動 体 制 計 画 計 画 の 方 針 地 震 が 発 生 し 又 は 発 生 するおそれのある 場 合 において 災 害 の 予 防 及 び 災 害 応 急 対 策 等 の 防 災 活 動 を 強 力 に 推 進 するために 災 害 対 策 本 部 等 の 設 置 応 援 要 請 応 急 公 用 負 担 等 の 活 動 体 制 を 確 立 する

More information

あわら市地域防災計画資料編

あわら市地域防災計画資料編 あわら 市 地 域 防 災 計 画 資 料 編 あわら 市 地 域 防 災 計 画 資 料 編 目 次 1 条 例 規 則 要 綱 等... 1 (1) あわら 市 防 災 会 議 条 例... 1 (2) あわら 市 災 害 対 策 本 部 条 例... 3 (3) あわら 市 災 害 対 策 本 部 運 営 要 綱... 4 (4) 嶺 北 消 防 組 合 警 防 規 定... 16 (5)

More information

第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 等 対 策 ) 第 1 章 第 1 節 応 急 活 動 体 制 の 確 立 活 動 体 制 の 確 立 市 県 NTT 西 日 本 山 口 支 店 災 害 応 急 対 策 を 迅 速 かつ 効 果 的 に 実 施 するため 本 防 災 計 画 に 定 める 組 織 所 掌 事 務 により 諸 活 動 を 実 施 するものとする このため

More information

第1編

第1編 平 成 27 年 6 月 9 日 糸 島 市 防 災 会 議 資 料 -4 糸 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 ) 修 正 ( 新 旧 対 照 表 ) 抜 粋 記 述 の 凡 例 下 線 : 災 害 対 策 基 本 法 改 正 防 災 基 本 計 画 改 正 による 福 岡 県 地 域 防 災 計 画 の 見 直 しに 基 づく 修 正 部 分 二

More information

1青森県防災ヘリコプター運航管理要綱

1青森県防災ヘリコプター運航管理要綱 ( 昭 和 二 十 七 年 七 月 十 五 日 法 律 第 二 百 三 十 一 号 ) E-1 航 空 法 ( 抜 粋 ) 最 終 改 正 : 平 成 二 六 年 六 月 一 三 日 法 律 第 七 〇 号 (この 法 律 の 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 国 際 民 間 航 空 条 約 の 規 定 並 びに 同 条 約 の 附 属 書 として 採 択 された 標 準 方 式 及 び 手

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

<30358E9197BF95D2816932816A2E786264>

<30358E9197BF95D2816932816A2E786264> 南 三 陸 町 地 域 防 災 計 画 資 料 編 平 成 26 年 3 月 南 三 陸 町 防 災 会 議 資 料 編 資 料 編 目 次 1 南 三 陸 町 防 災 会 議 条 例 1 2 南 三 陸 町 災 害 対 策 本 部 条 例 3 3 南 三 陸 町 災 害 対 策 本 部 運 営 規 程 4 4 指 定 避 難 所 避 難 場 所 一 覧 12 5 急 傾 斜 地 崩 壊 危 険

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 防 災 業 務 計 画 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 25 年 3 月 8 日 修 正 平 成 26 年 6 月 19 日 修 正 平 成 27 年 12 月 1 日 修 正 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力

More information

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc 様 式 編 様 式 目 次 様 式 番 号 名 称 様 式 ページ 様 式 第 1 非 常 配 備 日 誌 1 様 式 第 2 災 害 情 報 2 様 式 第 3(a) 第 1 報 3 様 式 第 3(b) 災 害 発 生 直 後 の 状 況 4 様 式 第 3(c) 災 害 発 生 状 況 等 ( 速 報 確 定 報 告 ) 5 様 式 第 4 人 的 被 害 6 様 式 第 5 避 難 状 況

More information

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計 山 口 県 港 湾 施 設 維 持 管 理 点 検 マニュアル( 案 ) 平 成 25 年 8 月 山 口 県 土 木 建 築 部 港 湾 課 目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書

More information

南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 章 総 則 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 章 総 則 実 施 担 当 全 部 班. 推 進 計 画 の 目 的 この 計 画 は 南 海 トラフ 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 の 推 進 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 平 成 年 法 律 9 号 以 下 南 海 トラフ 法 という ) 条 項 の

More information

P 1~14

P 1~14 平 成 26 年 度 中 津 川 市 防 災 会 議 目 次 風 水 害 等 対 策 編 第 1 章 災 害 応 急 対 策 1 第 1 節 市 本 部 活 動 体 制 1 第 1 項 市 災 害 対 策 本 部 運 用 計 画 1 第 2 項 動 員 計 画 5 第 2 節 災 害 労 務 対 策 9 第 1 項 奉 仕 団 の 編 成 活 動 計 画 9 第 2 項 技 術 者 等 雇 上 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303131F7DCF2C5D0E5DCF5F0A4D3F8E9A9E5B3>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303131F7DCF2C5D0E5DCF5F0A4D3F8E9A9E5B3> Shinsong Bldg. Rm.902,9Fl. 25-4Yeouido-dong,Yeongdeungpo-gu Seoul,150-010, Korea TEL : +82-2-3215-1300 FAX : +82-2-761-6640 退 職 給 付 制 度 (1) 勤 労 者 退 職 給 付 保 障 法 の 制 定 施 行 韓 国 政 府 は 2005 年 1 月 27 日 付 で 従

More information

Ordinance for Enforcement of the Civil Aeronautics Act

Ordinance for Enforcement of the Civil Aeronautics Act 航 空 法 施 行 規 則 ( 昭 和 二 十 七 年 七 月 三 十 一 日 運 輸 省 令 第 五 十 六 号 ) 第 一 章 総 則 ( 航 空 保 安 施 設 ) 第 一 条 航 空 法 ( 昭 和 二 十 七 年 法 律 第 二 百 三 十 一 号 以 下 法 という ) 第 二 条 第 五 項 の 規 定 による 航 空 保 安 施 設 は 次 のとおりとする 一 航 空 保 安 無 線

More information

(新)瀬戸内海環境保全特別措置法(一部改正後).xlsx

(新)瀬戸内海環境保全特別措置法(一部改正後).xlsx 瀬 戸 内 海 環 境 保 全 特 別 措 置 法 ( 昭 和 四 十 八 年 十 月 二 日 法 律 第 百 十 号 ) 第 章 総 則 ( 第 条 - 第 二 条 の 二 ) 第 二 章 瀬 戸 内 海 の 環 境 の 保 全 に 関 する 計 画 ( 第 三 条 - 第 四 条 の 二 ) 第 三 章 瀬 戸 内 海 の 環 境 の 保 全 に 関 する 特 別 の 措 置 第 節 特 定 施

More information

<8E518D6C8E9197BF2E786477>

<8E518D6C8E9197BF2E786477> 参 考 1 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 123 2 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 施 行 令 ( 抄 ) 140 3 愛 知 県 石 油 コンビナート 等 防 災 本 部 条 例 154 4 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 第 28 条 第 5 項 第 6 号 の 規 定 に 基 づく 市 町 村 の 指 定 155 5 愛 知 県 石 油 コンビナート

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd 6 章 広 域 的 な 視 点 からの 応 急 対 応 力 の 強 化 基 本 方 針 予 防 対 策 1 節 初 動 対 応 体 制 の 整 備 2 節 事 業 継 続 体 制 の 確 保 3 節 消 火 救 助 救 急 活 動 体 制 の 整 備 4 節 応 急 活 動 拠 点 の 整 備 応 急 対 策 1 節 初 動 態 勢 2 節 消 火 救 助 救 急 活 動 3 節 応 援 協 力 派

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

航空隊等の内部組織に関する達

航空隊等の内部組織に関する達 平 成 10 年 12 月 2 日 海 上 自 衛 隊 達 第 32 号 航 空 隊 及 び 教 育 航 空 隊 の 編 制 に 関 する 訓 令 ( 昭 和 40 年 海 上 自 衛 隊 訓 令 第 10 号 ) 第 32 条 整 備 補 給 隊 の 編 制 に 関 する 訓 令 ( 平 成 10 年 海 上 自 衛 隊 訓 令 第 28 号 ) 第 11 条 及 び 航 空 基 地 隊 の 編

More information

untitled

untitled 常 滑 市 地 域 防 災 計 画 ( 制 定 年 月 日 昭 和 38 年 8 月 1 日 ) 目 次 第 1 編 総 則 常 滑 市 地 域 防 災 計 画 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 1 計 画 の 構 成 1 第 2 計 画 の 修 正 1 第 3 計 画 の 運 用 1 第 3 節 防 災 関 係 機 関 等 の 処 理 すべき 事 務 又

More information

加茂商工会議所・定款(H12.5改正)

加茂商工会議所・定款(H12.5改正) 加 茂 商 工 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もってわが 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名 称

More information

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 特 定 秘 密 保 護 法 ) 概 説 Cubic Argument 代 表 平 成 26 年 2 月 9 日 大 江 弘 之 1.はじめに 法 律 の 構 造 について 法 律 用 語 ( 及 び, 並 びに,ものとする) 2. 特 定 秘 密 保 護 法 の 概 観 法 律 としての 特 徴 他 の 法 律 との 関 係 3. 各 章 概 説

More information

LGWAN(エルジーワン) 総 合 行 政 ネットワーク( Local Government )の Wide 略 称 Area Network 地 方 公 共 団 体 の 組 織 内 ネットワークを 相 互 に 接 続 し 地 方 公 共 団 体 間 のコミュニケーションの 円 滑 化 情 報 共

LGWAN(エルジーワン) 総 合 行 政 ネットワーク( Local Government )の Wide 略 称 Area Network 地 方 公 共 団 体 の 組 織 内 ネットワークを 相 互 に 接 続 し 地 方 公 共 団 体 間 のコミュニケーションの 円 滑 化 情 報 共 参 考 茂 原 市 国 民 保 護 計 画 用 語 集 あ 行 安 定 ヨウ 素 剤 原 子 力 施 設 等 の 事 故 に 備 えて 服 用 するために 調 合 した 放 射 能 をもたないヨウ 素 をいう 被 ばく 前 に 安 定 ヨウ 素 剤 を 服 用 することにより 甲 状 腺 (ヨウ 素 が 濃 集 しやすい )をヨウ 素 で 飽 和 して おくと 被 ばくしても 放 射 性 ヨウ 素

More information

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information

実施状況(市ヶ谷地区(防衛省)に係る施設の管理・運営業務)

実施状況(市ヶ谷地区(防衛省)に係る施設の管理・運営業務) 資 料 2 28.6.16 防 衛 省 民 間 競 争 入 札 実 施 事 業 防 衛 省 市 ヶ 谷 地 区 における 施 設 管 理 業 務 の 実 施 状 況 について ( 平 成 26 年 度 及 び27 年 度 ) Ⅰ 事 業 の 概 要 1. 委 託 業 務 内 容 防 衛 省 市 ヶ 谷 地 区 の 施 設 管 理 業 務 建 築 設 備 点 検 保 守 業 務 電 気 設 備 点 検

More information

Microsoft Word - 01_むつ小川原港BCP160302-1(公表用).docx

Microsoft Word - 01_むつ小川原港BCP160302-1(公表用).docx むつ 小 川 原 港 BCP 平 成 28 年 3 月 むつ 小 川 原 港 港 湾 機 能 継 続 協 議 会 改 訂 履 歴 改 訂 年 月 改 訂 ページ 改 訂 内 容 H28.3.2 新 規 策 定 目 次 1. 港 湾 機 能 継 続 計 画 策 定 の 必 要 性 1 2. 想 定 地 震 津 波 の 規 模 及 び 回 復 目 標 の 設 定 4 2-1 想 定 地 震 津 波 の

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 山 武 市 地 域 防 災 計 画 大 規 模 事 故 編 目 次 第 1 章 大 規 模 事 故 体 制 第 1 防 災 体 制 の 確 立 大 規 模 -1 第 2 情 報 収 集 報 告 大 規 模 -2 第 3 災 害 救 助 法 の 適 用 大 規 模 -2 第 2 章 大 規 模 事 故 対 策 計 画 第 1 節 大 規 模 火 災 対 策 大 規 模 -5 第 1 基 本 方 針

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 10 月 大 分 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 想 定 する 事 態 2 第 2 編 平

More information

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定 大 分 県 警 察 継 続 計 画 策 定 について 平 成 2 4 年 1 1 月 1 日 大 通 達 甲 ( 備 ) 第 10 号 大 通 達 甲 ( 警 ) 第 16 号 大 通 達 甲 ( 生 ) 第 13 号 大 通 達 甲 ( 刑 ) 第 15 号 大 通 達 甲 ( 交 ) 第 9 号 大 分 県 警 察 本 部 長 から 本 部 各 課 所 隊 室 長 警 察 学 校 長 各 警 察

More information

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報 災 害 発 生 時 には 職 員 及 び 関 係 機 関 との 間 で 1 現 状 がどうなっているか 2 今 後 の 見 通 しはどうか 3 今 後 何 をするべきか について 状 況 認 識 の 統 一 を 図 ることが 最 も 重 要 である このことを 常 に 心 掛 ければ ほとんどの 課 題 は 解 決 できる 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 1 章 災 害 応 急 活 動 組

More information

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A>

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A> 戸 田 市 地 域 防 災 計 画 ( 素 案 ) 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 戸 田 市 防 災 会 議 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2

More information

行政機関ガイドブック(平成26年度版)・関東管区行政評価局/防衛省の機関

行政機関ガイドブック(平成26年度版)・関東管区行政評価局/防衛省の機関 北 関 東 防 衛 局 330-9721 埼 玉 県 さいたま 市 中 央 区 新 都 心 2-1 さいたま 新 都 心 合 同 庁 舎 2 号 館 TEL(048)600-1800 FAX(048)600-1831 http://www.mod.go.jp/rdb/n-kanto/ 防 衛 局 防 衛 省 設 置 法 第 33 条 防 衛 省 組 織 令 第 211 条 防 衛 事 務 所 防 衛

More information

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 要 望 事 項 の 内 容 及 び 説 明 - 15 - 1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 還 等 の 促 進 > ア 基 地 の 整

More information

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5>

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5> 佐 賀 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 等 規 則 ( 平 成 15 年 2 月 12 日 佐 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 法 律 法 律 に 基 づく 命 令 条 例 等 に 基 づく 佐 賀 県 公 安 委 員 会 ( 以 下 公 安 委 員 会 という )の 権 限 に 属 する 事 務 ( 知 事 の 権 限 に

More information

5 運 航 経 費 に 係 る 負 担 の 考 え 方 (1)ドクターヘリ 事 業 に 係 る 経 費 厚 生 労 働 省 における ドクターヘリ 導 入 促 進 事 業 の 基 準 額 を 参 考 にすると 1 機 当 たり 約 2 億 円 の 経 費 が 必 要 となる 平 成 23 年 度 ド

5 運 航 経 費 に 係 る 負 担 の 考 え 方 (1)ドクターヘリ 事 業 に 係 る 経 費 厚 生 労 働 省 における ドクターヘリ 導 入 促 進 事 業 の 基 準 額 を 参 考 にすると 1 機 当 たり 約 2 億 円 の 経 費 が 必 要 となる 平 成 23 年 度 ド 将 来 の 配 置 構 想 ( 案 ) 関 西 全 体 において 未 整 備 地 域 の 解 消 を 図 るため まず 兵 庫 県 南 部 ( 播 磨 地 域 ) への 追 加 配 備 を 行 う また 既 に 運 航 範 囲 となっている 地 域 のうち 30 分 以 内 での 救 急 搬 送 体 制 の 確 立 及 び 補 完 体 制 の 充 実 を 図 るため 滋 賀 県 全 域 及 び 京

More information

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 衛 生 管 理 センター 適 正 管 理 計 画 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 アルミニウム 及 びその 化 合 物 TKフロック 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の

More information

目    次

目    次 目 次 一 般 対 策 編... 23 第 1 章 総 則... 23 第 1 節 目 的... 23 1 計 画 の 構 成... 23 2 災 害 の 想 定 と 計 画 作 成 の 基 礎 資 料... 23 3 用 語... 23 4 他 の 計 画 との 関 係... 23 5 市 計 画 の 修 正... 23 6 市 計 画 の 周 知 徹 底... 24 7 市 民 運 動 の 展

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 大 規 模 事 故 編 目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 大 規 模 事 故 への 体 制 1 第 1 防 災 体 制 の 確 立 1 第 2 報 告 2 第 3 災 害 救 助 法 の 適 用 3 第 2 章 大 規 模 事 故 対 策 計 画 第 1 節 航 空 機 災 害 対 策 5 第 1 基 本 方 針 5 第 2 予 防 計 画 5 第 3 応 急 対 策 計 画 6 第 2 節

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合

第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合 第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合 には 当 初 その 被 害 の 原 因 が 明

More information

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し) 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 Ⅰ. 防 衛 協 力 と 指 針 の 目 的 平 時 から 緊 急 事 態 までのいかなる 状 況 においても 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 確 保 するため また アジア 太 平 洋 地 域 及 びこれを 越 えた 地 域 が 安 定 し 平 和 で 繁 栄 したものとなるよう 日 米 両 国 間 の 安 全 保

More information

Microsoft Word - (28.7)騒音・振動.doc

Microsoft Word - (28.7)騒音・振動.doc 騒 音 振 動 関 係 法 令 の 概 要 H28.7 ( 工 場 事 業 場 の 規 制 基 準 ) 騒 音 規 制 法 p1~p5 振 動 規 制 法 p6~p7 特 定 工 場 における 公 害 防 止 組 織 の 整 備 に 関 する 法 律 p8~p9 福 岡 県 公 害 防 止 等 生 活 環 境 の 保 全 に 関 する 条 例 p10~p11 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 p12

More information

山口県PTA連合会の運営に関する細則(案)

山口県PTA連合会の運営に関する細則(案) 山 口 県 PTA 連 合 会 の 運 営 に 関 する 細 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 細 則 は 山 口 県 PTA 連 合 会 規 約 ( 以 下 規 約 という ) 第 37 条 により 山 口 県 PTA 連 合 会 ( 以 下 本 会 という )の 運 営 に 関 する 細 則 を 定 めるものとする 第 2 章 役 員 選 考 ( 総 則 ) 第 2 条

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

対 ( 136,340 ) (1) 指 定 職 (3 泊 4 日 ) 2 人 8 136,360 182 2, ( 181 2, ) ( 120,040 ) (2) 指 定 職 (2 泊 3 日 ) 2 人 4 120,060 960 ( 960 ) (3)10 級 ~7 級 (3

対 ( 136,340 ) (1) 指 定 職 (3 泊 4 日 ) 2 人 8 136,360 182 2, ( 181 2, ) ( 120,040 ) (2) 指 定 職 (2 泊 3 日 ) 2 人 4 120,060 960 ( 960 ) (3)10 級 ~7 級 (3 平 成 歳 出 明 細 表 要 求 19 内 閣 府 所 管 ( 沖 縄 振 興 局 ) 対 ( 単 位 : 千 円 ) 010 内 閣 本 府 189, 647 239, 682, 941 214, 506, 706 24, 010 内 閣 本 府 共 通 費 832 76, 342 77, 510 1 01-95 内 閣 本 府 一 般 行 政 に 必 要 な 経 費 176 沖 縄 振 興 局

More information

Taro-18警察用航空機の運用等に関

Taro-18警察用航空機の運用等に関 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 最 終 改 正 平 成 24.3.13 京 都 府 警 察 本 部 訓 令 第 5 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 8 条 ) 第 2 章 運 用 ( 第 9 条 - 第 22 条 ) 第 3 章 ヘリコプター テレビシステム( 第 23 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 整 備 ( 第 26 条 第 27 条

More information

建 築 設 備 設 計 監 理 業 務 委 託 料 算 定 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 福 島 県 土 木 部 が 所 掌 する 建 築 物 及 びその 附 帯 施 設 ( 以 下 県 有 建 築 物 とい う )に 係 る 設 計 等 の 業 務 ( 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業

More information

honbu-38H06_kunrei31

honbu-38H06_kunrei31 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 ( 平 成 6 年 12 月 27 日 本 部 訓 令 第 31 号 ) 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 を 次 のように 定 める 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 徳 島 県 警 察 航 空 機 使 用 管 理 規 程 ( 平 成 2 年 徳

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074> 東 海 地 震 対 策 について 東 海 地 震 の 切 迫 性 について 九 州 四 国 紀 伊 半 島 南 海 トラフ 東 海 地 震 東 海 地 震 の 想 定 震 源 域 では 概 ね100~150 年 の 間 隔 で 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しているが 東 南 海 地 震 (1944)でひず みが 解 放 されず 安 政 東 海 地 震 (1854)から157 年 間 大 地

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

大学病院治験受託手順書

大学病院治験受託手順書 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 治 験 審 査 委 員 会 運 営 手 順 書 第 1 条 目 的 本 手 順 書 は 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 各 種 委 員 会 規 程 の 定 めるところにより 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 治 験 審 査 委 員 会 ( 以 下 委 員 会 という )の 運 営 方 法 を 定 め 医 薬 品 等 の 治 験 製 造

More information

例 えば 一 般 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 はもとより 貨 物 利 用 運 送 事 業 倉 庫 業 港 湾 運 送 事 業 等 の ように 経 営 するすべての 事 業 をその 種 類 ごとに 記 載 する 8 従 業 員 数 の 欄 は 期 中 の 平 均 従 業 員 を 記 載 する

例 えば 一 般 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 はもとより 貨 物 利 用 運 送 事 業 倉 庫 業 港 湾 運 送 事 業 等 の ように 経 営 するすべての 事 業 をその 種 類 ごとに 記 載 する 8 従 業 員 数 の 欄 は 期 中 の 平 均 従 業 員 を 記 載 する (1) 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 報 告 規 則 では 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 の 様 式 及 び 勘 定 科 目 については 定 められていない が この 趣 旨 は 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 法 が 事 業 規 制 の 緩 和 を 目 的 としたことにかんがみ 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 についても 一 般 に 公 開

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し 平 常 時 からの

More information

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc)

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc) 定 款 平 成 19 年 6 月 全 国 商 工 会 連 合 会 全 国 商 工 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 連 合 会 ( 以 下 本 連 合 会 という )は 商 工 会 及 び 都 道 府 県 商 工 会 連 合 会 の 健 全 な 発 達 を 図 り もって 商 工 業 の 振 興 に 寄 与 することを 目 的 と する ( 名

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

航空隊及び教育航空隊の編制に関する訓令

航空隊及び教育航空隊の編制に関する訓令 海 上 自 衛 隊 訓 令 第 10 号 自 衛 隊 法 施 行 令 ( 昭 和 29 年 政 令 第 179 号 ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 航 空 隊 の 編 制 に 関 する 訓 令 ( 昭 和 36 年 海 上 自 衛 隊 訓 令 第 48 号 )の 全 部 を 次 のように 改 正 する 昭 和 40 年 3 月 20 日 防 衛 庁 長 官 小 泉 純 也 航 空 隊 及

More information

資 料 編

資   料   編 第 1.1 深 谷 市 防 災 会 議 条 例 ( 平 成 18 年 1 月 1 日 条 例 第 23 号 ) 深 谷 市 防 災 会 議 条 例 平 成 18 年 1 月 1 日 条 例 第 23 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 条 例 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 16 条 第 6 項 の 規 定 に 基 づき 深 谷 市 防 災 会

More information

目 次 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 1 2 広 域 的 ドクターヘリの 配 置 運 航 2 3 東 日 本 大 震 災 における 医 療 支 援 活 動 4

目 次 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 1 2 広 域 的 ドクターヘリの 配 置 運 航 2 3 東 日 本 大 震 災 における 医 療 支 援 活 動 4 資 料 2 広 域 医 療 の 推 進 について 平 成 23 年 12 月 10 日 広 域 医 療 局 目 次 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 1 2 広 域 的 ドクターヘリの 配 置 運 航 2 3 東 日 本 大 震 災 における 医 療 支 援 活 動 4 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 (1)

More information

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73>

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73> 行 政 文 書 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 大 臣 官 房 文 書 課 文 書 管 理 第 二 電 話 03-3501-3719 FAX 03-3502-7150 開 示 の 実 施 の 申 出 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 保 有 個 人 情 報 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の

More information

<4D F736F F D E591E48E7397A D8D B BC696B18E64976C8F912E646F63>

<4D F736F F D E591E48E7397A D8D B BC696B18E64976C8F912E646F63> 仙 台 市 立 病 院 総 合 ビルメンテナンス 業 務 仕 様 書 1 目 的 この 仕 様 書 は, 仙 台 市 立 病 院 ( 以 下 当 院 という )の 利 用 者 の 利 便 性 快 適 性 安 全 性 を 良 好 な 状 態 に 保 つため, 施 設 を 常 時 適 正 な 状 態 に 維 持 するとともに,その 運 営 が 円 滑 かつ 経 済 的 となるよう, 必 要 な 事 項

More information

: 種 別 応 計 画 種 別 応 計 画 1 大 規 模 火 この は 地 下 街 高 層 建 築 物 等 の 火 等 に する 防 火 及 び 消 火 活 動 計 画 等 につい て 定 め による 被 の 軽 減 を 図 ることを 目 的 とする 1 節 想 定 本 における 想 定 の 種 別 は 次 による 総 務 局 ( 危 機 管 理 室 ) 想 定 の 種 別 1 地 下 街 火

More information

こ の 計 画 は 万 一 の テ 亘 や 武 力 攻 撃 があ っ 彪 場 合 に 水 俣 市 に い る す べ て の 人 々 を 保 護 す る 短 め に 作 成 し 起 も の で す こ の 計 画 の 策 定 に よ っ て 戦 争 行 為 を 行 う こ と な ど を 肯 定 す

こ の 計 画 は 万 一 の テ 亘 や 武 力 攻 撃 があ っ 彪 場 合 に 水 俣 市 に い る す べ て の 人 々 を 保 護 す る 短 め に 作 成 し 起 も の で す こ の 計 画 の 策 定 に よ っ て 戦 争 行 為 を 行 う こ と な ど を 肯 定 す 平 成 2 2 年 度 水 俣 市 国 民 保 護 計 画 水 俣 市 こ の 計 画 は 万 一 の テ 亘 や 武 力 攻 撃 があ っ 彪 場 合 に 水 俣 市 に い る す べ て の 人 々 を 保 護 す る 短 め に 作 成 し 起 も の で す こ の 計 画 の 策 定 に よ っ て 戦 争 行 為 を 行 う こ と な ど を 肯 定 す る 壱 の で は あ り

More information

Microsoft Word - 19年度(行情)答申第411号.doc

Microsoft Word - 19年度(行情)答申第411号.doc 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 17 年 10 月 13 日 ( 平 成 17 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 498 号 ) 答 申 日 : 平 成 20 年 1 月 31 日 ( 平 成 19 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 411 号 ) 事 件 名 : 昭 和 52 年 度 兵 術 年 報 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第 1 審 査

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63> Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整

More information

目  次(秦野市地域防災計画)

目  次(秦野市地域防災計画) 目 次 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 第 1 章 総 則 風 -1 第 1 節 計 画 の 目 的 風 -1 第 2 節 構 成 風 -2 1 災 害 予 防 計 画 風 -2 2 災 害 応 急 対 策 計 画 風 -2 3 災 害 復 旧 復 興 計 画 風 -2 4 特 殊 災 害 対 策 風 -2 第 3 節 防 災 関 係 機 関 の 実 施 責 任 及 び 処 理 すべき 事

More information

○地震、津波の想定見直し

○地震、津波の想定見直し 第 1 節 活 動 体 制 計 画 第 1 節 活 動 体 制 計 画 第 1 基 本 方 針 1 市 及 び 防 災 関 係 機 関 は 地 震 による 災 害 が 発 生 し 又 は 発 生 するおそ れがある 場 合 において 複 合 災 害 ( 同 時 又 は 連 続 して 2 以 上 の 災 害 が 発 生 し 災 害 応 急 対 応 が 困 難 になる 事 象 をいう )の 発 生 可

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092E88ABCA58B4B96F1816988F38DFC9770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092E88ABCA58B4B96F1816988F38DFC9770816A2E646F63> 定 款 規 約 日 本 機 械 輸 出 組 合 沿 革 昭 和 27 年 12 月 26 日 成 立 昭 和 28 年 4 月 27 日 一 部 変 更 昭 和 28 年 9 月 5 日 一 部 変 更 昭 和 29 年 5 月 21 日 全 文 変 更 昭 和 29 年 9 月 16 日 一 部 変 更 昭 和 30 年 8 月 11 日 一 部 変 更 昭 和 31 年 1 月 19 日 一 部

More information

岡山県公安委員会事務決裁規程

岡山県公安委員会事務決裁規程 岡 山 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 規 程 ( 平 成 11 年 3 月 23 日 公 安 委 員 会 規 程 第 1 号 ) 改 正 平 成 12 年 11 月 24 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 13 年 10 月 4 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 14 年 3 月 29 日 公 安 委 員 会 規 程 第 5 号 平 成 15 年 10

More information

平成17年度 静岡県地域防災計画

平成17年度 静岡県地域防災計画 資 料 2 平 成 17 年 度 静 岡 県 地 域 防 災 計 画 新 旧 対 照 表 一 般 対 策 編 1ページ-23ページ 地 震 対 策 編 24ページ-62ページ 原 子 力 対 策 編 63ページ-66ページ 平 成 17 年 4 月 静 岡 県 地 域 防 災 計 画 ( 一 般 対 策 編 ) 修 正 新 旧 対 照 表 第 1 章 総 論 第 1 章 総 論 1 1 2 3 3

More information

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63>

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63> 防 災 業 務 計 画 平 成 27 年 4 月 西 部 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 章 総 則 1 第 1 節 防 災 業 務 計 画 の 目 的 第 2 節 防 災 業 務 計 画 の 基 本 構 想 第 3 節 防 災 業 務 計 画 の 運 用 第 2 章 防 災 体 制 の 確 立 2 第 1 節 防 災 体 制 第 2 節 対 策 組 織 の 運 営 第 3 節 災 害 対

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

第1 防 災 計 画

第1 防 災 計 画 第 5 章 消 防 計 画 消 防 計 画 は 下 記 のとおり 定 める 1. 消 防 組 織 及 び 編 成 (1) 有 明 広 域 行 政 事 務 組 合 の 組 織 理 事 会 議 会 消 防 本 部 事 務 局 会 計 管 理 者 監 査 委 員 玉 名 消 防 署 荒 尾 消 防 署 第 一 衛 生 セ ン タ ー 第 二 衛 生 セ ン タ ー 第 一 清 掃 セ ン タ ー 第 二

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

- 1 - 総 控 負 傷 疾 病 療 養 産 産 女 性 責 帰 べ 由 試 ~ 8 契 約 契 約 完 了 ほ 契 約 超 締 結 専 門 的 知 識 技 術 験 専 門 的 知 識 高 大 臣 専 門 的 知 識 高 専 門 的 知 識 締 結 契 約 満 歳 締 結 契 約 契 約 係 始

- 1 - 総 控 負 傷 疾 病 療 養 産 産 女 性 責 帰 べ 由 試 ~ 8 契 約 契 約 完 了 ほ 契 約 超 締 結 専 門 的 知 識 技 術 験 専 門 的 知 識 高 大 臣 専 門 的 知 識 高 専 門 的 知 識 締 結 契 約 満 歳 締 結 契 約 契 約 係 始 部 案 参 照 文 目 1 1 持 可 能 療 険 制 構 築 国 民 険 部 9 部 11 1 5 特 別 15 6 17 7 運 確 18 8 0 9 独 立 10 - 1 - 総 控 負 傷 疾 病 療 養 産 産 女 性 責 帰 べ 由 試 ~ 8 契 約 契 約 完 了 ほ 契 約 超 締 結 専 門 的 知 識 技 術 験 専 門 的 知 識 高 大 臣 専 門 的 知 識 高 専 門

More information

例 を 適 用 した 上 で, 平 成 22 年 4 月 26 日 付 け 防 官 文 第 5676 号 によ り 表 紙 部 分 を 全 部 開 示 し, 同 年 12 月 22 日 付 け 防 官 文 第 15726 号 により, 本 件 対 象 文 書 について, 法 5 条 1 号 ないし4

例 を 適 用 した 上 で, 平 成 22 年 4 月 26 日 付 け 防 官 文 第 5676 号 によ り 表 紙 部 分 を 全 部 開 示 し, 同 年 12 月 22 日 付 け 防 官 文 第 15726 号 により, 本 件 対 象 文 書 について, 法 5 条 1 号 ないし4 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 23 年 3 月 31 日 ( 平 成 23 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 153 号 ) 答 申 日 : 平 成 24 年 1 月 17 日 ( 平 成 23 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 422 号 ) 事 件 名 : 陸 上 自 衛 隊 史 ( 平 成 19 年 度 )の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information