05JPOWER_p1-40PDF.p....

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "05JPOWER_p1-40PDF.p...."

Transcription

1 2005

2 目次 日本の電気事業の現状と J-POWER の位置付け 1 財務状況 1 日本の電気事業概要 1 1 連結財務ハイライト 15 2 当社の発電事業データ 3 2 連結財務諸表 17 3 当社と国内 海外電力会社との比較 5 3 連結収益 費用構成 21 4 単体財務ハイライト 単体財務諸表 23 卸電気事業 7 6 単体電気事業営業収益 費用の分析 29 (1)火力発電 8 当社の事業関連データ 1 (2)水力発電 会社データ 9 (3)送電 変電 会社概要 31 (4)今後の電源開発計画 11 2 役員 31 2 その他の電気事業 12 3 主なネットワーク 31 3 海外事業 14 4 主要グループ会社一覧 32 将来見通しに関する注意事項 本冊子に記載されている計画 戦略 見込みなどは 現在入手可能な情報に基づく当社の判断により作成されております 従って 今後生ずるさまざまな要素の変化により異なる 結果になり得る可能性があります 日本の電気事業の現状と J-POWER の位置付け 1 日本の電気事業概要 日本の電力供給システムの概要 送配電部門自身の公平性 透明 性の担保による市場参加者の信 頼の確保 一般電気事業者 発電 ネットワーク 小売 発 送 配 電 一 貫 の 電 力 会 社 2005 年 4 月現在 指標価格の形成 電力販売 調達手段の充実 事業者のリスクマネジメント機能の強化 卸電気事業者 1 J-POWER 卸供給事業者 2 系統アクセス 設備形成 系統 運用 情報開示等のルール策定 PPS 3 他電力 特定規模電気事業者 自家発電 特定電気事業者 4 卸電力取引所 私設 任意 他電力 情報の目的外利用の禁止 差別的取扱の禁止 会計分離 非自由化対象の需要家 供給約款 選択約款 PPS 託送 振替供給料金の廃止 自由化対象の需要家 原則交渉料金 例外 最終保障約款 段階的に範囲を拡大 全面自由化は2007年4月を目途に検討開始 卸電気事業者 200万kWを超える発電設備を所有し 一般電気事業者 10電力会社 に電気を供給する事業者 2 卸供給事業者 卸供給を行う事業者で 一般電気事業者および卸電気事 業者以外の事業者 1 需要家の速やかな範囲拡大への 要請と各制度間の整合性への配慮 3 4 中立機関 自家消費 特定地点の 需要家 実質的な需要家選択肢の拡大 事業者の投資環境を整備 効率的な電源の有効活用 PPS (Power Producer and Supplier) 特定規模電気事業者 自由化対象の需要家に 電力会社の送電ネット ワークを利用して電気を供給する事業者 特定電気事業者 限定された供給地点において 需要家に対して自ら所有する供給設備 により電気を供給する事業者 出典 電気事業の現状 2005 電気事業連合会 1

3 2

4 3

5 4

6 5

7 6

8 7

9 8

10 9

11 10

12 11

13 12

14 13

15 14

16 15

17 16

18 17

19 18

20 19

21 20

22 21

23 22

24 23

25 24

26 25

27 26

28 27

29 28

30 29

31 30

32 31

33 32

34

Microsoft Word - 報告書.doc

Microsoft Word - 報告書.doc 第 2 節 電力市場自由化の経緯 我が国における高コスト構造 内外格差の是正が政策課題となる中で 1993 年 ( 平成 5 年 )8 月に総務庁 ( 当時 ) が通商産業省 ( 当時 ) に対し エネルギーに関する行政監察に基づいて実施した勧告が契機となり 電気事業制度改革は開始された 勧告では エネルギー行政全般にわたる規制緩和が提言され 電力会社以外の電力を積極的に活用できる措置を取るよう指摘された

More information

i-1 電気事業制度についてー 1 自由化 2000 年 3 月から大口需要家に対する電力小売が自由化 その後 2004 年 4 月 2005 年 4 月と 自由化範囲が段階的に拡大 さらに 電力システム改革専門委員会での検討を踏まえ 2016 年 4 月から小売全面自由化が開始された (j-3 参

i-1 電気事業制度についてー 1 自由化 2000 年 3 月から大口需要家に対する電力小売が自由化 その後 2004 年 4 月 2005 年 4 月と 自由化範囲が段階的に拡大 さらに 電力システム改革専門委員会での検討を踏まえ 2016 年 4 月から小売全面自由化が開始された (j-3 参 FEPC INFOBASE i - 電気事業制度 i-1 電気事業制度についてー 1 自由化 2000 年 3 月から大口需要家に対する電力小売が自由化 その後 2004 年 4 月 2005 年 4 月と 自由化範囲が段階的に拡大 さらに 電力システム改革専門委員会での検討を踏まえ 2016 年 4 月から小売全面自由化が開始された (j-3 参照 ) (1) 自由化範囲の拡大小売の部分自由化は

More information

i-1 電力の自由化 平成 12 年 3 月から大口需要家に対する電力小売が自由化 さらに 電気事業分科会における検討の結果 平成 16 年 4 月 平成 17 年 4 月と 自由化範囲が段階的に拡大 小売の部分自由化 (1) 自由化範囲の拡大 小売の部分自由化は 平成 12 年 3 月より 特別高

i-1 電力の自由化 平成 12 年 3 月から大口需要家に対する電力小売が自由化 さらに 電気事業分科会における検討の結果 平成 16 年 4 月 平成 17 年 4 月と 自由化範囲が段階的に拡大 小売の部分自由化 (1) 自由化範囲の拡大 小売の部分自由化は 平成 12 年 3 月より 特別高 FEPC INFOBASE 2010 i - 電気事業制度 i-1 電力の自由化 平成 12 年 3 月から大口需要家に対する電力小売が自由化 さらに 電気事業分科会における検討の結果 平成 16 年 4 月 平成 17 年 4 月と 自由化範囲が段階的に拡大 小売の部分自由化 (1) 自由化範囲の拡大 小売の部分自由化は 平成 12 年 3 月より 特別高圧 (2 万 V 以上 ) で受電する使用規模が概ね

More information

FEPC INFOBASE i - 電気事業制度

FEPC INFOBASE i - 電気事業制度 FEPC INFOBASE i - 電気事業制度 i-1 電気事業制度についてー 1 自由化 2000 年 3 月から大口需要家に対する電力小売が自由化 その後 2004 年 4 月 2005 年 4 月と 自由化範囲が段階的に拡大 さらに 電力システム改革専門委員会での検討を踏まえ 2016 年 4 月から小売全面自由化が開始された (i-3 参照 ) (1) 自由化範囲の拡大小売の部分自由化は

More information

<4D F736F F F696E74202D F8D7793FC94CC E F181408E9197BF31312D32816A2E B8CDD8AB B83685D>

<4D F736F F F696E74202D F8D7793FC94CC E F181408E9197BF31312D32816A2E B8CDD8AB B83685D> 地帯間 他社 購入 販売電力料 平成 24 年 12 月 12 日九州電力株式会社 1 購入 販売電力料の算定概要 1 当社は 需要電力量の2 割程度を他の発電会社等から調達 購入電力料は 前回原価と比べ 118 億円の増加 販売電力料は 前回原価と比べ 12 億円の増加 今回原価 ( 平成 25~27 年度平均 ) 前回原価 ( 平成 20 年度 ) ( 億 kwh 億円 円/kWh) 差引 (

More information

Ⅱ 主な改革内容 上記の 3 つの目的からなる電力システム改革につき 以下の 3 つの柱を中心として 大胆な改革を現実的なスケジュールの下で着実に実行する 1. 広域系統運用の拡大 電力需給のひっ迫や出力変動のある再生可能エネルギーの導入拡大に対応するため 国の監督の下に 報告徴収等により系統利用者

Ⅱ 主な改革内容 上記の 3 つの目的からなる電力システム改革につき 以下の 3 つの柱を中心として 大胆な改革を現実的なスケジュールの下で着実に実行する 1. 広域系統運用の拡大 電力需給のひっ迫や出力変動のある再生可能エネルギーの導入拡大に対応するため 国の監督の下に 報告徴収等により系統利用者 電力システムに関する改革方針 平成 25 年 4 月 2 日閣議決定 低廉で安定的な電力供給は 国民生活を支える基盤である 東日本大震災とこれに伴う原子力事故を契機に 電気料金の値上げや 需給ひっ迫下での需給調整 多様な電源の活用の必要性が増すとともに 従来の電力システムの抱える様々な限界が明らかになった こうした現状にかんがみ 政府として エネルギーの安定供給とエネルギーコストの低減の観点も含め

More information

これは 平成 27 年 12 月現在の清掃一組の清掃工場等の施設配置図です 建替え中の杉並清掃工場を除く 20 工場でごみ焼却による熱エネルギーを利用した発電を行っています 施設全体の焼却能力の規模としては 1 日当たり 11,700 トンとなります また 全工場の発電能力規模の合計は約 28 万キ

これは 平成 27 年 12 月現在の清掃一組の清掃工場等の施設配置図です 建替え中の杉並清掃工場を除く 20 工場でごみ焼却による熱エネルギーを利用した発電を行っています 施設全体の焼却能力の規模としては 1 日当たり 11,700 トンとなります また 全工場の発電能力規模の合計は約 28 万キ 清掃一組のごみ発電による電力売却の取組について説明します 施設管理部技術課発電係長の下田です よろしくお願いいたします -1- これは 平成 27 年 12 月現在の清掃一組の清掃工場等の施設配置図です 建替え中の杉並清掃工場を除く 20 工場でごみ焼却による熱エネルギーを利用した発電を行っています 施設全体の焼却能力の規模としては 1 日当たり 11,700 トンとなります また 全工場の発電能力規模の合計は約

More information

電気事業分科会資料

電気事業分科会資料 17 3. 我が国の卸電力市場の状況 1 発電市場の構造 - 発電容量シェア 2 卸電力市場の構造 - 市場構造の推移 ( 平成 18 年度 ) -PPS の供給力 -IPP( 独立系発電事業者 ) の動向 3 卸電力取引所 - スポット取引実績 - 先渡取引実績 - 卸電力市場における取引所取引の比率 1 発電市場の構造 - 発電容量シェア - 小売部門における部分自由化の導入以降 自家発電の発電容量は伸びたものの

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 1 日本の電力系統の新時代 2016 年 3 月 9 日 電力広域的運営推進機関理事遠藤久仁 これまでの日本の電気事業制度 2 電気事業制度の経緯 1995 年の電気事業法改正により IPP( 独立系発電事業者 ) の参入が認められ卸電力分野が自由化 2000 年以降 小売分野の自由化を段階的に実施 2000 年 : 特別高圧部門を自由化 2004 年 : 高圧業務用 (500kW 以上 ) 高圧

More information

注 1: 要件の判断に係る算定に当たっては 複数の発電用の電気工作物が同一の接続地点に接続している場合は 一つの発電用の電気工作物とみなす 注 2: 特定発電用電気工作物に該当しない電気工作物は 発電事業の要件 ( 小売電気事業用等接続最大電力の合計が 1 万 kw 又は 10 万 kw を超えるも

注 1: 要件の判断に係る算定に当たっては 複数の発電用の電気工作物が同一の接続地点に接続している場合は 一つの発電用の電気工作物とみなす 注 2: 特定発電用電気工作物に該当しない電気工作物は 発電事業の要件 ( 小売電気事業用等接続最大電力の合計が 1 万 kw 又は 10 万 kw を超えるも 改訂箇所は下線部 平成 28 年度発電事業届出書等の記載要領 平成 2 8 年 3 月平成 2 8 年 4 月改訂資源エネルギー庁電力 ガス事業部電力基盤整備課 項目内容 1. 発電事業届出書 (1) 基本事項 発電事業を営もうとする者は 発電事業届出書を提出すること 平成 28 年 4 月 1 日において現に発電事業を営んでいる者は 同年 6 月 30 日までに届出を行うこと ( ただし みなし発電事業者

More information

スライド 1

スライド 1 内外における電力自由化 の到達点と課題 学習院大学矢島正之会津大学大藤建太電力中央研究所後藤美香 後藤久典 井上智弘 公益事業学会政策研究会 1 内容 内外における電力自由化の現状 米国 EU 日本 内外における電力自由化のパフォーマンス わが国における電力自由化の課題 公益事業学会政策研究会 2 内外における電力自由化の現状 EU 全面自由化と構造分離 米国 全面自由化と構造分離および規制と垂直統合の併存

More information

検討結果 電力小売事業の全面自由化時 (2016 年 /4 月 ) から使用される 需要家スイッチング支援システム を中心にした スイッチング関連業務に関するルール の建付けについて 検討した結果を報告します 1. スイッチング関係ルールを 広域機関ルール として以下のように策定する ( 対象のルー

検討結果 電力小売事業の全面自由化時 (2016 年 /4 月 ) から使用される 需要家スイッチング支援システム を中心にした スイッチング関連業務に関するルール の建付けについて 検討した結果を報告します 1. スイッチング関係ルールを 広域機関ルール として以下のように策定する ( 対象のルー ( スイッチング支援に関する実務者会議資料 ) 関係者外秘 資料 4 スイッチング に関するルールの 建付けついて 平成 27 年 5 月 28 日電力広域的運営推進機関事務局 検討結果 電力小売事業の全面自由化時 (2016 年 /4 月 ) から使用される 需要家スイッチング支援システム を中心にした スイッチング関連業務に関するルール の建付けについて 検討した結果を報告します 1. スイッチング関係ルールを

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 資料 2 機密性 2 ガス事業と法改正の概要について 平成 28 年 10 月電力 ガス事業部ガス市場整備室 調達 輸入 都市ガス事業の流れ LNG 基地受入れ ガス導管輸送 小売販売 機密性 2 ガス田 / 液化 タンカー ガス小売事業者 揚げ荷 / 貯蔵 7 割は発電用一部はローリー等で輸送 ガス製造事業者 ( 小規模基地についてはガス小売事業者 ) 一般ガス導管事業者又は特定ガス導管事業者 小口

More information

部分供給については 例えば 以下の3パターンが考えられる ( 別紙 1 参照 ) パターン1: 区域において一般電気事業者であった小売電気事業者 ( 又は他の小売電気事業者 ) が一定量のベース供給を行い 他の小売電気事業者 ( 又は区域において一般電気事業者であった小売電気事業者 ) がを行う供給

部分供給については 例えば 以下の3パターンが考えられる ( 別紙 1 参照 ) パターン1: 区域において一般電気事業者であった小売電気事業者 ( 又は他の小売電気事業者 ) が一定量のベース供給を行い 他の小売電気事業者 ( 又は区域において一般電気事業者であった小売電気事業者 ) がを行う供給 部分供給に関する指針 平成 24 年 12 月策定平成 28 年 3 月一部改訂資源エネルギー庁 1. 基本的な考え方 部分供給については 適正な電力取引についての指針 に規定されていたところ 実例が少なく 具体的な実施方法についての慣行が確立されてこなかった 平成 24 年 7 月に総合資源エネルギー調査会総合部会電力システム改革専門委員会が取りまとめた 電力システム改革の基本方針 において 部分供給に係る供給者間の役割分担や標準処理期間等についてガイドライン化するとされ

More information

図 2: 今後の主な市場整備等 2. ベースロード電源市場等 2.1. 契約見直しの必要性新電力がベースロード電源 ( 石炭火力 水力 原子力等 ) にアクセスすることを容易にし 小売競争を更に活性化させることを目的として ベースロード電源市場を創設するとともに ベースロード電源を保有する旧一般電気

図 2: 今後の主な市場整備等 2. ベースロード電源市場等 2.1. 契約見直しの必要性新電力がベースロード電源 ( 石炭火力 水力 原子力等 ) にアクセスすることを容易にし 小売競争を更に活性化させることを目的として ベースロード電源市場を創設するとともに ベースロード電源を保有する旧一般電気 資料 5-2 既存契約見直し指針 ( 案 ) 1. 本指針の目的今後市場等の整備を進めるにあたっては 電力システム改革の3つの目的 (1 安定供給の確保 2 電気料金の最大限の抑制 3 事業者の事業機会及び需要家の選択肢の拡大 ) に加えて 3E+Sを事業者の経済合理的な行動を通じて より効率的に達成する観点を踏まえて 行うことが重要である そのため 前述の考え方に基づき 電力システム改革貫徹のための政策小委員会

More information

下水道は私たちの安全で快適なくらしを支えています

下水道は私たちの安全で快適なくらしを支えています 特集電力の小売り自由化とは 平成 28 年 4 月から電力の小売りが自由化されます 皆さんも 新聞やテレビ等で見聞きしていて 準備に余念がないとい う方もいらっしゃるかと思いますが 多くの人たちは それで何が変わ るの? と思われているのではないでしょうか 電力の小売り自由化が始まると 様々な電気事業者が登場し 消費者は どの電気事業者と契約したらよいのか? と選択に迷ってしまう事態が起こることも考えられます

More information

第2回 制度設計専門会合 事務局提出資料

第2回 制度設計専門会合 事務局提出資料 資料 4 第 2 回制度設計専門会合事務局提出資料 ~ 電力の小売営業に関する指針 ( 仮称 ) について ~ 平成 27 年 11 月 4 日 ( 水 ) Ⅰ. 各種ガイドラインの関係について 小売分野に関連する各ガイドラインの位置付け 適正取引ガイドラインは 1 一般電気事業者が 100% 近い小売シェアを有していること 2 新規参入者は一般電気事業者の託送を利用せざるを得ないこと などの特徴を有する電力市場において

More information

整力を確保する一方 小売部門が GC までの自社需要の想定誤差に対する予備力を確保する対 応をしていることから 一部の旧一般電気事業者については 送配電部門と小売部門が確保し ている予備力の合計値が 調整力公募制度開始以前と比較して増加している ( 卸電力取引所活性化の必要性 ) 旧一般電気事業者の

整力を確保する一方 小売部門が GC までの自社需要の想定誤差に対する予備力を確保する対 応をしていることから 一部の旧一般電気事業者については 送配電部門と小売部門が確保し ている予備力の合計値が 調整力公募制度開始以前と比較して増加している ( 卸電力取引所活性化の必要性 ) 旧一般電気事業者の 卸電力市場の流動性向上の観点からの 旧一般電気事業者 ( 小売部門 ) の予備力確保の在り方について 平成 29 年 10 月 31 日電力 ガス取引監視等委員会資源エネルギー庁電力広域的運営推進機関 1. 問題の所在 ( 調整力公募開始制度以降に旧一般電気事業者が保有する予備力の状況 ) 偶発的需給変動 ( 電源の計画外停止 出力変動電源の出力変化 気温等の変動に伴う需要変動 ) に対応する供給能力については

More information

スライド 1

スライド 1 2015 年 1 月 30 日電気学会公開シンポジウム 電力自由化の方向性 東京大学 新領域創成科学研究科 先端エネルギー工学専攻 横山明彦 内容 電力システム改革をめぐるこれまでの動き 広域機関の役割 広域需給運用技術 供給力確保策 送電網の計画 建設 安定化制御 スマートメーター デマンドレスポンス まとめ 2005 年第 4 次電力自由化 制度改革 余剰電力等を市場に投入 卸電力取引市場の創設

More information

一体的な制度改革による総合エネルギー市場の創出 1 1 光熱費 という言葉があるように 消費者にとってエネルギー市場は一体のもの 他方で 従来 我が国のエネルギー市場は 電力 ガス 熱等の業態ごとに制度的な 市場の垣根 が存在 ( ) 石油や LP ガスは既に参入規制なく 自由な市場 一体的な制度改

一体的な制度改革による総合エネルギー市場の創出 1 1 光熱費 という言葉があるように 消費者にとってエネルギー市場は一体のもの 他方で 従来 我が国のエネルギー市場は 電力 ガス 熱等の業態ごとに制度的な 市場の垣根 が存在 ( ) 石油や LP ガスは既に参入規制なく 自由な市場 一体的な制度改 総合資源エネルギー調査会基本政策分科会第 17 回会合資料 3 電力 ガス 熱システム改革について ( 報告 ) 平成 27 年 8 月 資源エネルギー庁 一体的な制度改革による総合エネルギー市場の創出 1 1 光熱費 という言葉があるように 消費者にとってエネルギー市場は一体のもの 他方で 従来 我が国のエネルギー市場は 電力 ガス 熱等の業態ごとに制度的な 市場の垣根 が存在 ( ) 石油や LP

More information

ホールディングカンパニー制の概要と一般担保付社債の取扱いについて

ホールディングカンパニー制の概要と一般担保付社債の取扱いについて ホールディングカンパニー制の概要と 一般担保付社債の取扱いについて 2015 年 5 月 1 日 2015 年 7 月 13 日更新東京電力株式会社 ~ 将来見通しについて ~ 東京電力株式会社の事業運営に関する以下のプレゼンテーションの中には 今後の見通し として定義する報告が含まれております それらの報告はこれまでの実績ではなく 本質的にリスクや不確実性を伴う将来に関する予想であり 実際の結果が

More information

3. 制度見直しの方向性 3-1. 送配電関連設備に係る費用の利用者間の負担 送配電網の利用者として 送配電網に接続している発電者と需要家が挙げられるが 現行制度上 送配電関連設備に係る費用は 発電側による電源接続時の初期費用負担を除き 需要側のみが負担 ( 小売電気事業者が託送料金を負担し それを

3. 制度見直しの方向性 3-1. 送配電関連設備に係る費用の利用者間の負担 送配電網の利用者として 送配電網に接続している発電者と需要家が挙げられるが 現行制度上 送配電関連設備に係る費用は 発電側による電源接続時の初期費用負担を除き 需要側のみが負担 ( 小売電気事業者が託送料金を負担し それを 資料 4 とりまとめ骨子 ( 案 ) 平成 30 年 3 月 28 日 本資料は これまで WG で御議論いただいた制度設計の方向性について文章化したものであるが 本日は その内容について 加筆 修正すべき点も含め 御確認いただきたい 1. 我が国の電力系統を取り巻く環境変化 近年 人口減少や省エネルギーの進展等により電力需要が伸び悩む一方で 再生可能エネルギー電源の連系ニーズの拡大 送配電網の高経年化に伴う修繕

More information

適正な電力取引についての指針 目次 第一部適正な電力取引についての指針の必要性と構成 1 第二部適正な電力取引についての指針 Ⅰ 小売分野における適正な電力取引の在り方 1 考え方 3 (1) 小売供給 (2) 経過措置料金による小売供給 2 公正かつ有効な競争の観点から望ましい行為及び問題となる行

適正な電力取引についての指針 目次 第一部適正な電力取引についての指針の必要性と構成 1 第二部適正な電力取引についての指針 Ⅰ 小売分野における適正な電力取引の在り方 1 考え方 3 (1) 小売供給 (2) 経過措置料金による小売供給 2 公正かつ有効な競争の観点から望ましい行為及び問題となる行 別紙 2 適正な電力取引についての指針 平成 28 年月日 公正取引委員会 経済産業省 適正な電力取引についての指針 目次 第一部適正な電力取引についての指針の必要性と構成 1 第二部適正な電力取引についての指針 Ⅰ 小売分野における適正な電力取引の在り方 1 考え方 3 (1) 小売供給 (2) 経過措置料金による小売供給 2 公正かつ有効な競争の観点から望ましい行為及び問題となる行為 (1) 小売供給

More information

再生可能エネルギー電気特定卸供給契約の申込み方法 2018 年 10 月 1 日東京電力パワーグリッド株式会社ネットワークサービスセンター TEPCO Power Grid Inc. All Rights Reserved. 無断複製 複製禁止東京電力パワーグリッド株式会社

再生可能エネルギー電気特定卸供給契約の申込み方法 2018 年 10 月 1 日東京電力パワーグリッド株式会社ネットワークサービスセンター TEPCO Power Grid Inc. All Rights Reserved. 無断複製 複製禁止東京電力パワーグリッド株式会社 再生可能エネルギー電気特定卸供給契約の申込み方法 208 年 0 月 日東京電力パワーグリッド株式会社ネットワークサービスセンター TEPCO Power Grid Inc. All Rights Reserved. 無断複製 複製禁止東京電力パワーグリッド株式会社 再エネ特定卸供給開始までの流れ 事前準備 電力広域的運営推進機関 以下 広域機関 へ発電バランシング グループコードおよび系統コードの取得が事前に必要となります

More information

Microsoft Word - 報告書.doc

Microsoft Word - 報告書.doc 第 4 節 電力市場自由化の先進地域の現状 PPS 事業者 オンサイト事業者などの新規参入者はターゲットとなる需要家が多い地域から優先的に事業展開を図る傾向があるため 参入状況は地域によって大きく異なる 図表 23 に示すとおり PPS 事業者の販売量シェアが高い地域のうち関東 近畿及び九州地域を先進地域と位置づけ 新規参入者の参入状況 その結果としての電力価格の推移等の情報を整理する 図表 24

More information

再生可能エネルギー電気特定卸供給契約の申込み方法 平成 29 年 4 月 21 日東京電力パワーグリッド株式会社ネットワークサービスセンター TEPCO Power Grid Inc. All Rights Reserved. 無断複製 複製禁止東京電力パワーグリッド株式会社

再生可能エネルギー電気特定卸供給契約の申込み方法 平成 29 年 4 月 21 日東京電力パワーグリッド株式会社ネットワークサービスセンター TEPCO Power Grid Inc. All Rights Reserved. 無断複製 複製禁止東京電力パワーグリッド株式会社 再生可能エネルギー電気特定卸供給契約の申込み方法 平成 29 年 4 月 21 日東京電力パワーグリッド株式会社ネットワークサービスセンター TEPCO Power Grid Inc. All Rights Reserved. 無断複製 複製禁止東京電力パワーグリッド株式会社 再エネ特定卸供給開始までの流れ 1 事前準備 電力広域的運営推進機関 以下 広域機関 へ発電バランシング グループコードおよび系統コードの取得が事前に必要となります

More information

エネルギー規制 制度改革アクションプラン (11 月 1 日 ) の概要 重点課題と詳細リスト 現時点で政府が取り組むこととしている又は検討中の事項を 実施 検討事項詳細リスト (77 項目 ) として取りまとめ その中から 3つの柱で計 26 項目の重点課題を特定 1 電力システムの改革 (9 項

エネルギー規制 制度改革アクションプラン (11 月 1 日 ) の概要 重点課題と詳細リスト 現時点で政府が取り組むこととしている又は検討中の事項を 実施 検討事項詳細リスト (77 項目 ) として取りまとめ その中から 3つの柱で計 26 項目の重点課題を特定 1 電力システムの改革 (9 項 資料 3-5 (12 月 21 日開催エネルギー 環境会議 ( 第 5 回 ) 資料 4-1) エネルギー規制 制度改革アクションプランの進捗状況 ( 概要 ) 平成 23 年 12 月 21 日 国家戦略室 エネルギー規制 制度改革アクションプラン (11 月 1 日 ) の概要 重点課題と詳細リスト 現時点で政府が取り組むこととしている又は検討中の事項を 実施 検討事項詳細リスト (77 項目

More information

Ⅰ. 震災により明らかになった電力供給システムの問題点 東日本大震災により我が国の電力供給システムに内在していた問題点が顕在化 その一端として 例えば以下のような事態が生じた 需要家が工夫できる度合いや 電気の必要性の大小にかかわらず 一律の計画停電や電力使用制限によらなければ需要抑制ができず 国民

Ⅰ. 震災により明らかになった電力供給システムの問題点 東日本大震災により我が国の電力供給システムに内在していた問題点が顕在化 その一端として 例えば以下のような事態が生じた 需要家が工夫できる度合いや 電気の必要性の大小にかかわらず 一律の計画停電や電力使用制限によらなければ需要抑制ができず 国民 ( 案 ) 電力システム改革に関するタスクフォース論点整理 資料 2 平成 23 年 12 月 27 日経済産業省 我が国の電力供給システムは 部分自由化 と呼ばれる日本型の漸進的な自由化市場を構築してきた すなわち 料金規制 供給義務が課された地域独占の 一般電気事業者 を電力供給システムの主体としつつ 大口需要については新規参入の電気事業者 (PPS) の電力供給を認める等 部分的な自由化を導入し

More information

スイッチングの状況 (2017 年 3 月時点 ) 本年 3 月末時点での新電力への契約先の切替え ( スイッチング ) 件数は約 4.7%( 約 295 万件 ) 大手電力 ( 旧一般電気事業者 ) の自社内の契約の切替件数 ( 規制 自由 ) は約 4.1% ( 約 258 万件 ) であり 合

スイッチングの状況 (2017 年 3 月時点 ) 本年 3 月末時点での新電力への契約先の切替え ( スイッチング ) 件数は約 4.7%( 約 295 万件 ) 大手電力 ( 旧一般電気事業者 ) の自社内の契約の切替件数 ( 規制 自由 ) は約 4.1% ( 約 258 万件 ) であり 合 資料 3 電力小売全面自由化の進捗状況 2017 年 7 月 7 日 資源エネルギー庁 スイッチングの状況 (2017 年 3 月時点 ) 本年 3 月末時点での新電力への契約先の切替え ( スイッチング ) 件数は約 4.7%( 約 295 万件 ) 大手電力 ( 旧一般電気事業者 ) の自社内の契約の切替件数 ( 規制 自由 ) は約 4.1% ( 約 258 万件 ) であり 合わせて約 8.8%(

More information

1. 調整力公募について 本年 4 月に施行された第 2 弾の改正電事法により 新しいライセンス制度が導入されたことを受け 一般送配電事業者が電力供給区域の周波数制御 需給バランス調整を行うこととなっている そのために必要な調整力を調達するにあたって 一般送配電事業者は原則として公募の方法で調達する

1. 調整力公募について 本年 4 月に施行された第 2 弾の改正電事法により 新しいライセンス制度が導入されたことを受け 一般送配電事業者が電力供給区域の周波数制御 需給バランス調整を行うこととなっている そのために必要な調整力を調達するにあたって 一般送配電事業者は原則として公募の方法で調達する 資料 6 調整力公募について 平成 28 年 10 月 18 日 資源エネルギー庁 1. 調整力公募について 本年 4 月に施行された第 2 弾の改正電事法により 新しいライセンス制度が導入されたことを受け 一般送配電事業者が電力供給区域の周波数制御 需給バランス調整を行うこととなっている そのために必要な調整力を調達するにあたって 一般送配電事業者は原則として公募の方法で調達することとされている

More information

経営効率化計画について

経営効率化計画について 資料 5 ー 3 事業者間精算費 収益について 平成 28 年 9 月 29 日電力 ガス取引監視等委員会事務局ネットワーク事業監視課 目次 1. 事業者間精算費 収益の検討 1-1. 事業者間精算の概要 1-2. 事業者間精算費 収益の計算方法 2. 各事業者申請状況 2-1. 事業者間精算の状況 2-2. 事業者間精算費の算定 2-3. 事業者間精算収益の算定 2-4. 高圧供給取引について 3.

More information

資料 3 第 21 回制度設計専門会合事務局提出資料 ~ 卸電力市場活性化に係る事業者ヒアリング ~ 平成 29 年 8 月 28 日 ( 月 )

資料 3 第 21 回制度設計専門会合事務局提出資料 ~ 卸電力市場活性化に係る事業者ヒアリング ~ 平成 29 年 8 月 28 日 ( 月 ) 資料 3 第 21 回制度設計専門会合事務局提出資料 ~ 卸電力市場活性化に係る事業者ヒアリング ~ 平成 29 年 8 月 28 日 ( 月 ) 本日ご説明を頂く事業者 < 自主的取組の検討状況の確認 > 沖縄電力 < 新電力の調達状況に関するヒアリング > エネット イーレックス 1 自主的取組の検討状況の確認 : 沖縄電力からの回答 第 20 回制度設計専門会合における議論を踏まえ 定期的に沖縄電力における自主的取組の検討状況の進捗について確認していくこととしたい

More information

2 I. 電力小売自由化後の課題 II. 都市ガス自由化に向けての課題 III.LP ガスの課題 まとめ

2 I. 電力小売自由化後の課題 II. 都市ガス自由化に向けての課題 III.LP ガスの課題 まとめ 1 資料 1-1 電力 ガス小売自由化 ~ 消費者の立場からみた課題 消費者委員会公共料金等専門調査会 2017 年 2 月 13 日 日本生活協同組合連合会組織推進本部組合員活動部部長二村睦子 2 I. 電力小売自由化後の課題 II. 都市ガス自由化に向けての課題 III.LP ガスの課題 まとめ Ⅰ. 電力自由化後の課題 3 4 1. 家庭用電気のスイッチング状況 半年での新規参入者シェア約 2.6%

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 資料 4 第 6 回制度設計専門会合事務局提出資料 ~ 託送制度に関するこれまでの御議論と論点の整理 ~ 平成 28 年 4 月 26 日 ( 火 ) これまでの制度設計専門会合における発表者 1 各回の制度設計専門会合において 多様な事業者 業界団体から託送制度に関する発表を行っていただいたところ 新電力 石油 ガス供給会社 再エネ事業者 旧一般電気事業者 卸電気事業者 その他 第 1 回 (2015/10/9)

More information

スライド 1

スライド 1 日本のエネルギー問題と 電力システム改革 一橋大学大学院商学研究科教授山内弘隆 エネルギー基本計画 エネルギー基本計画の経緯 エネルギー基本計画は エネルギー政策基本法に基づき政府が策定するもので 安定供給の確保 環境への適合 市場原理の活用 というエネルギー政策の基本方針に則り エネルギー政策の基本的な方向性を示す 平成 15 年 10 月に策定後 平成 19 年 3 月に第一次改定 平成 22

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 電力小売事業の最新動向 ~ 新規参入と事業成功のポイント ~ 2016/1/27 eldesign 株式会社代表取締役社長エフィシエント株式会社代表取締役 坂越 健一 2016/2/8 1 本日の内容 1. 電力自由化と新規参入 2. 小売電気事業者とは 3. 小売電気事業者の業務のポイント 4. eldesign/efficientの支援サービス 5. eldesignのサービス 6. EFFICIENTのサービス

More information

整力を確保する一方 小売部門が GC までの自社需要の想定誤差に対する予備力を確保する対 応をしていることから 一部の旧一般電気事業者については 送配電部門と小売部門が確保し ている予備力の合計値が 調整力公募制度開始以前と比較して増加している ( 卸電力取引所活性化の必要性 ) 旧一般電気事業者の

整力を確保する一方 小売部門が GC までの自社需要の想定誤差に対する予備力を確保する対 応をしていることから 一部の旧一般電気事業者については 送配電部門と小売部門が確保し ている予備力の合計値が 調整力公募制度開始以前と比較して増加している ( 卸電力取引所活性化の必要性 ) 旧一般電気事業者の 資料 5 卸電力市場の流動性向上の観点からの旧一般電気事業者 ( 小売部門 ) の予備力確保の在り方について ( 案 ) 平成 29 年 10 月 31 日電力 ガス取引監視等委員会資源エネルギー庁電力広域的運営推進機関 1. 問題の所在 ( 調整力公募開始制度以降に旧一般電気事業者が保有する予備力の状況 ) 偶発的需給変動 ( 電源の計画外停止 出力変動電源の出力変化 気温等の変動に伴う需要変動

More information

4. 再生可能エネルギーの小規模な地域送配電ネットワークへの導入円滑化 分散型供給システムのあり方 (1) 基本的な考え方再生可能エネルギーの小規模な地域送配電ネットワークへの導入円滑化のため 電気事業分科会で示された3つの論点 24 を踏まえ 特定電気事業者及び特定供給について 送配電ネットワーク

4. 再生可能エネルギーの小規模な地域送配電ネットワークへの導入円滑化 分散型供給システムのあり方 (1) 基本的な考え方再生可能エネルギーの小規模な地域送配電ネットワークへの導入円滑化のため 電気事業分科会で示された3つの論点 24 を踏まえ 特定電気事業者及び特定供給について 送配電ネットワーク 模以上の電源で発電する者を追加するとともに 紛争の解決を送配電等業務支援機関の業務として制度的に担保することが必要である なお 紛争の解決が公正 中立に行われるようルール策定者と紛争の解決を行う者とを分けて各々のガバナンスを確保することが重要であると考えられる 3 一定規模未満の再生可能エネルギー電源の苦情 紛争処理一定規模未満の再生可能エネルギー電源の接続に関しては 既製品による接続が多いこと等から

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 資料 3 第 7 回制度設計専門会合事務局提出資料 ~ 託送制度に関するこれまでの御議論と論点の整理 ~ 平成 28 年 5 月 25 日 ( 水 ) 制度設計専門会合における発表者 1 各回の制度設計専門会合において 多様な事業者 業界団体から託送制度に関する発表を行っていただいたところ 新電力 石油 ガス供給会社 再エネ事業者 旧一般電気事業者 卸電気事業者 その他 第 1 回 (2015/10/9)

More information

1. 電気のスイッチングプロセス中の 取戻し営業 に係る指摘 需要家がスイッチングを新小売電気事業者 ( 以下 新事業者 という ) に申し込んだ場合 大部分の高圧契約 *1 については スイッチング支援システムを利用して 顧客の同一性の確認が現小売電気事業者 ( 以下 現事業者 という ) によっ

1. 電気のスイッチングプロセス中の 取戻し営業 に係る指摘 需要家がスイッチングを新小売電気事業者 ( 以下 新事業者 という ) に申し込んだ場合 大部分の高圧契約 *1 については スイッチング支援システムを利用して 顧客の同一性の確認が現小売電気事業者 ( 以下 現事業者 という ) によっ 資料 5 第 27 回制度設計専門会合事務局提出資料 ~ 電気の需要家がスイッチングを行う際の 取戻し営業 について ~ 平成 30 年 2 月 23 日 ( 金 ) 1. 電気のスイッチングプロセス中の 取戻し営業 に係る指摘 需要家がスイッチングを新小売電気事業者 ( 以下 新事業者 という ) に申し込んだ場合 大部分の高圧契約 *1 については スイッチング支援システムを利用して 顧客の同一性の確認が現小売電気事業者

More information

FIT/ 非 FIT 認定設備が併存する場合の逆潮流の扱いに関する検討状況 現在 一需要家内に FIT 認定設備と非 FIT 認定設備が併存する場合には FIT 制度に基づく買取量 ( 逆潮流量 ) を正確に計量するため 非 FIT 認定設備からの逆潮流は禁止されている (FIT 法施行規則第 5

FIT/ 非 FIT 認定設備が併存する場合の逆潮流の扱いに関する検討状況 現在 一需要家内に FIT 認定設備と非 FIT 認定設備が併存する場合には FIT 制度に基づく買取量 ( 逆潮流量 ) を正確に計量するため 非 FIT 認定設備からの逆潮流は禁止されている (FIT 法施行規則第 5 資料 10 逆潮流に関する検討状況 ~FIT/ 非 FIT 認定設備が併存する場合の逆潮流の扱いに関する検討状況 ~ 平成 30 年 3 月 23 日 資源エネルギー庁新エネルギーシステム課 FIT/ 非 FIT 認定設備が併存する場合の逆潮流の扱いに関する検討状況 現在 一需要家内に FIT 認定設備と非 FIT 認定設備が併存する場合には FIT 制度に基づく買取量 ( 逆潮流量 ) を正確に計量するため

More information

表 1 小売電気事業者( 新電力とみなし小売電気事業者の総計 ) の平成 29 年 3 月分 販売電力量 ( エリア別 ) 販売電力量合計 ( 単位 :MWh) その他需要 合計 北海道 260,709 1,129,470 1,028, ,749 8,428 2,730,690 東北 1

表 1 小売電気事業者( 新電力とみなし小売電気事業者の総計 ) の平成 29 年 3 月分 販売電力量 ( エリア別 ) 販売電力量合計 ( 単位 :MWh) その他需要 合計 北海道 260,709 1,129,470 1,028, ,749 8,428 2,730,690 東北 1 平成 29 年 3 月分電力取引報結果 平成 29 年 6 月 1 5 日 電力 ガス取引監視等委員会 電力 ガス取引監視等委員会では 平成 28 年 4 月から 電力取引の監視に必要な情報について 電気事業者及び卸電力取引所から定期的に情報収集を行っています 本日 当委員会は 電気事業法第 106 条第 3 項に基づく報告徴収として収集した情報について 平成 29 年 3 月分結果を公表いたしましたのでお知らせいたします

More information

クッキー情報等について 株式会社グローアップでは ヤフー株式会社をはじめとする第三者から配信される広告が掲載される場合があり これに関連して 当該第三者が を訪問したユーザーのクッキー情報等を取得し 利用している場合があります 当該第三者によって取得された

クッキー情報等について 株式会社グローアップでは ヤフー株式会社をはじめとする第三者から配信される広告が掲載される場合があり これに関連して 当該第三者が   を訪問したユーザーのクッキー情報等を取得し 利用している場合があります 当該第三者によって取得された 個人情報の取り扱いについて 当社は 販売活動を通じて得たお客様の個人情報を最重要資産の一つとして認識すると共に 以下の方針に基づき個人情報の適切な取り扱いと保護に努めることを宣言いたします 個人情報保護に関する法令および規律の遵守 個人情報の保護に関する法令およびその他の規範を遵守し 個人情報を適正に取り扱います 個人情報の取得 個人情報の取得に際しては 利用目的を明確化するよう努力し 適法かつ公正な手段により行います

More information

スマートコミュニティと新しいビジネス ~エネルギー関連新規ビジネスを促進するために~

スマートコミュニティと新しいビジネス ~エネルギー関連新規ビジネスを促進するために~ 国際大学 GLOCOM FTM フォーラムスマートコミュニティと新しいビジネス ~ エネルギー関連新規ビジネスを促進するために ~ 2014/1/17 エネコープ常務取締役木暮明大 目次 スマートコミュニティとは? 日本のエネルギーマクロ環境 電力改革とビジネスチャンス 2 スマートコミュニティとは? 日本のエネルギーマクロ環境 電力改革とビジネスチャンス 3 スマートコミュニティ ~ 経済産業省のイメージ

More information

<4D F736F F F696E74202D C5817A936497CD8EA BB8CE382CC89CE97CD94AD A8E912E >

<4D F736F F F696E74202D C5817A936497CD8EA BB8CE382CC89CE97CD94AD A8E912E > 1. 火力発電投資を取り巻く環境 電力自由化後の火力発電投資 ~ メリットオーダー分析にみるリスクと課題 ~ 今月のトピックス No.235-1(215 年 6 月 18 日 ) 競争の促進による効率化やコスト低減等を目的に 215 年より電力システム改革が進められており 216 年には小売全面自由化 22 年には料金規制の撤廃と送配電部門の法的分離が予定されている ( 図表 1-1) これにより

More information

White Paper on Small and Medium Enterprises in Japan

White Paper on Small and Medium Enterprises in Japan 第2部 2013 White Paper on Small and Medium Enterprises in Japan 自己変革を遂げて躍動する 中小企業 小規模事業者 46 2013 White Paper on Small and Medium Enterprises in Japan 47 48 2013 White Paper on Small and Medium Enterprises

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 資料 5-1 平成 28 年 4 月から始まる 電力の小売全面自由化について 平成 27 年 11 月 18 日 電力取引監視等委員会事務局 総務課長岸敬也 来年 4 月 1 日から電力の小売自由化が始まります! 1 2 3 家庭や中小企業でも電力会社を選べるようになります 東北出身だから東北の電力会社から買いたい 今より安い電力会社に乗り換えたい 全国レベルで自由に電気を売れるようにすることで そんな声に応えます

More information

問 3. いつから小売の全面自由化が行われるのですか 答.2016 年 ( 平成 28 年 )4 月 1 日です 問 4. いつから小売電気事業者の変更申込みが可能となるのですか 答.2016 年 ( 平成 28 年 )1 月より小売電気事業者により変更申込みの事前受付が本格化し 来年 3 月以降

問 3. いつから小売の全面自由化が行われるのですか 答.2016 年 ( 平成 28 年 )4 月 1 日です 問 4. いつから小売電気事業者の変更申込みが可能となるのですか 答.2016 年 ( 平成 28 年 )1 月より小売電気事業者により変更申込みの事前受付が本格化し 来年 3 月以降 資料 2 電力小売全面自由化に関する消費者向けの Q&A について 1. 概要項目 (9 問 ) 以下の内容は詳細項目から主要なものを抜粋 小売の全面自由化により一般家庭にとって何が変わるのですか いつから小売の全面自由化が行われるのですか 小売電気事業者を切り替えるための手続( 現在の小売電気事業者に連絡する必要があるか等 ) とそれにかかる期間について教えてください 新しく参入した小売電気事業者から電気を買うと

More information

目次(001目次タイトル)

目次(001目次タイトル) 電気料金メニュー定義書 ずっとも電気 2 東京ガスエネルギー株式会社 平成 30 年 4 月 1 日実施 1 目次 1 実施期日... 3 2 定義... 3 3 単位および端数処理... 3 4 適用条件... 3 5 供給電気方式 供給電圧および周波数... 4 6 契約容量... 4 7 電気料金... 5 8 適用期間... 5 9 契約容量の変更... 6 10 ずっとも電気 2の定義書の変更および廃止...

More information

平成22年3月期 決算概要

平成22年3月期 決算概要 平成 22 年 3 月期 決算概要 目次 平成 21 年度決算 決算概要 1 販売電力量 2 発受電電力量 3 個別収支比較表 1 4 個別収支比較表 2 5 個別収支比較表 3 6 連結収支比較表 7 セグメント情報 8 連結財政状態の概要 9 連結キャッシュ フロー比較表 10 平成 22 年度見通し 業績見通しの概要 11 個別業績見通し 12 配当について ( 個別 ) 13 平成 21 年度決算

More information

スライド 1

スライド 1 資料 4-2 公租公課 平成 25 年 1 月 18 日関西電力株式会社 1. 公租公課の概要 1 公租公課とは 水利使用料 固定資産税 雑税 電源開発促進税 事業税 法人税等を総称したものであり それぞれ法人税法 地方税法およびその他税に関する法令の定めるところにより 第 12 回電気料金審査専門委員会 (H24.12.12) でご説明した 販売電力量や原子力発電所の稼動状況等の各種前提計画に基づいて算定

More information

< 目次 > 0. 全体像 1. 電気事業法の一部改正 2. ガス事業法の一部改正 3. 熱供給事業法の一部改正 4. 経済産業省設置法等の一部改正 ( 電力 ガス取引監視等委員会の設立 )

< 目次 > 0. 全体像 1. 電気事業法の一部改正 2. ガス事業法の一部改正 3. 熱供給事業法の一部改正 4. 経済産業省設置法等の一部改正 ( 電力 ガス取引監視等委員会の設立 ) 電気事業法等の一部を改正する等の法律について ( 概要 ) 経済産業省 < 目次 > 0. 全体像 1. 電気事業法の一部改正 2. ガス事業法の一部改正 3. 熱供給事業法の一部改正 4. 経済産業省設置法等の一部改正 ( 電力 ガス取引監視等委員会の設立 ) エネルギー分野のシステム改革関連法案の全体像 2 エネルギー基本計画 で示した 市場の垣根を外していく供給構造改革等 を推進するためには

More information

申込代行事業者さまへのお知らせについて

申込代行事業者さまへのお知らせについて 申込代行事業者さま ( 送付用 ) DM 表紙 新 / 指定ルール高圧 平成 29 年 3 月 31 日関西電力株式会社 申込代行事業者さまへのお知らせについて 拝啓ますますご清栄のこととおよろこび申しあげます 平素は格別のご厚情を賜り厚く御礼申しあげます さて 淡路島南部地域を含む四国エリアにおいては 再生可能エネルギー ( 以下 再エネ ) 発電設備の導入が急速に進んでおり 太陽光発電設備および風力発電設備の接続済み設備量の合計は

More information

UIプロジェクトX

UIプロジェクトX エネルギー分散管理と地方経済 原田達朗九州大学炭素資源国際教育研究センター http://cr.cm.kyushu-u.ac.jp/ https://www.facebook.com/carbonresources.kyushuuniv 2017.02.03 九州大学 1 1. 背景 2. 日本のエネルギー ( 電力 / ガス ) の状況 3. 地域経済 4. 地域でマネージメント 1. 背景 2

More information

種類以上 再生可能エネルギー 100% のメニューだけでも 5~60 種類あり 新規参入が低調になりやすい家庭部 門においても 豊富な選択肢が確保されている 表 1: 米国の全面自由化実施州における新規参入状況 自由化中断 廃止州 : 7 州 ( カリフォルニア ネバダ アリゾナ ニューメキシコ モ

種類以上 再生可能エネルギー 100% のメニューだけでも 5~60 種類あり 新規参入が低調になりやすい家庭部 門においても 豊富な選択肢が確保されている 表 1: 米国の全面自由化実施州における新規参入状況 自由化中断 廃止州 : 7 州 ( カリフォルニア ネバダ アリゾナ ニューメキシコ モ 評価が分かれるテキサス州の電力自由化 - 新規参入は活発だが 価格は上昇 最近は輪番停電も 2012/05/21 電力システム改革論を斬る! 電力改革研究会 Policy study group for electric power industry reform 米国における電力自由化の失敗例としては 電力危機を引き起こしたカリフォルニアの事例が有名である 他 方 成功例としてテキサス州があげられることがある

More information

スライド 1

スライド 1 資料 4 10 北海道エリアにおける売り入札の状況について 平成 29 年 11 月 28 日 北海道電力株式会社 1 1. 小売電気事業として必要な予備力について 2 最大機相当給予備力供給力需要3 1. 小売電気事業として必要な予備力供 供給力 需要等の概要は以下のとおりであり 安定供給上必要な供給力 については 従来は旧一般電気事業における供給義務に基づき 弊社最大機相当の予備力の確保に努めておりました

More information

電力システム改革に関する意見 <ポイント>

電力システム改革に関する意見 <ポイント> 電力システム改革に関する意見 - 電力システム改革貫徹のための政策小委員会中間とりまとめ を中心に < ポイント > 2017 年 1 月 17 日 一般社団法人日本経済団体連合会 Ⅰ. 総論 (1) 政府 電力システム改革貫徹のための政策小委員会 (2016 年 9 月に設置 ) において 小売分野における競争の一層の活性化や 自由化の下での公益的課題への対応 1F 事故対応について精力的に議論

More information

別添 表 1 供給力確保に向けた緊急設置電源 ( その 1) 設置場所 定格出力 2 発電開始 2 運転開始 公表日 3 姉崎火力発電所 約 0.6 万 kw (0.14 万 kw 4 台 ) 平成 23 年 4 月 24 日平成 23 年 4 月 27 日 平成 23 年 4 月 15 日 袖ケ浦

別添 表 1 供給力確保に向けた緊急設置電源 ( その 1) 設置場所 定格出力 2 発電開始 2 運転開始 公表日 3 姉崎火力発電所 約 0.6 万 kw (0.14 万 kw 4 台 ) 平成 23 年 4 月 24 日平成 23 年 4 月 27 日 平成 23 年 4 月 15 日 袖ケ浦 東日本大震災における発電設備に関する復旧計画 被災を受けた火力発電設備の早期復旧津波等の影響を受けた太平洋沿岸の鹿島火力 1~6 号機 常陸那珂火力 1 号機 広野火力 1~5 号機等損傷を受けた火力発電設備については 今春から今夏の供給力となるよう復旧を目指す 復旧にあたっては 出来るだけ早期の発電開始を目指し 各方面の協力のもと一丸となって進める 火力発電所等の敷地内における火力発電設備の新規設置今夏の電源あるいは今冬

More information

問 3. いつから小売の全面自由化が行われるのですか 答.2016 年 ( 平成 28 年 )4 月 1 日です 問 4. いつから小売電気事業者の変更申込みが可能となるのですか 答.2016 年 ( 平成 28 年 )4 月から 小売全面自由化が始まっており 既に申込みは可能です 問 5. 小売電

問 3. いつから小売の全面自由化が行われるのですか 答.2016 年 ( 平成 28 年 )4 月 1 日です 問 4. いつから小売電気事業者の変更申込みが可能となるのですか 答.2016 年 ( 平成 28 年 )4 月から 小売全面自由化が始まっており 既に申込みは可能です 問 5. 小売電 電力小売全面自由化に関する消費者向けの Q&A について 1. 概要項目 (10 問 ) 以下の内容は詳細項目から主要なものを抜粋 小売の全面自由化により一般家庭にとって何が変わるのですか いつから小売の全面自由化が行われるのですか 小売電気事業者を切り替えるための手続( 現在契約を結んでいる電力会社に連絡する必要があるか等 ) とそれにかかる期間について教えてください 小売の全面自由化が行われる

More information

整力を確保する一方 小売部門が GC までの自社需要の想定誤差に対する予備力を確保する対 応をしていることから 一部の旧一般電気事業者については 送配電部門と小売部門が確保し ている予備力の合計値が 調整力公募制度開始以前と比較して増加している ( 卸電力取引所活性化の必要性 ) 旧一般電気事業者の

整力を確保する一方 小売部門が GC までの自社需要の想定誤差に対する予備力を確保する対 応をしていることから 一部の旧一般電気事業者については 送配電部門と小売部門が確保し ている予備力の合計値が 調整力公募制度開始以前と比較して増加している ( 卸電力取引所活性化の必要性 ) 旧一般電気事業者の 卸電力市場の流動性向上の観点からの 旧一般電気事業者 ( 小売部門 ) の予備力確保の在り方について 平成 29 年 10 月 31 日電力 ガス取引監視等委員会資源エネルギー庁電力広域的運営推進機関 1. 問題の所在 ( 調整力公募開始制度以降に旧一般電気事業者が保有する予備力の状況 ) 偶発的需給変動 ( 電源の計画外停止 出力変動電源の出力変化 気温等の変動に伴う需要変動 ) に対応する供給能力については

More information

資料 2 接続可能量 (2017 年度算定値 ) の算定について 平成 29 年 9 月資源エネルギー庁

資料 2 接続可能量 (2017 年度算定値 ) の算定について 平成 29 年 9 月資源エネルギー庁 資料 2 接続可能量 (2017 年度算定値 ) の算定について 平成 29 年 9 月資源エネルギー庁 1. 再生可能エネルギーの 接続可能量 の算定について 2. 出力制御の見通しについて 1. 再生可能エネルギーの 接続可能量 の算定について 系統 WG のこれまでの経緯 4 2014 年 9 月太陽光発電の大量申し込みにより接続保留問題が発生 10 月 接続可能量 (2014 年度算定値 )

More information

2014年7月30日 東京電力株式会社

2014年7月30日 東京電力株式会社 資料 5 第 2 段階において分社化した場合の 制度面に関わる課題について 2014 年 7 月 30 日東京電力株式会社 1 1. ホールディング (HD) カンパニー制の導入 - 新 総合特別事業計画 (2014 年 1 月 15 日 ) より抜粋 新 総合特別事業計画 (p61) より 賠償 廃炉 復興推進等に全力で取り組み福島原子力事故の責任を貫徹するとともに 低廉で安定的な電力供給を持続していくため

More information

スライド 1

スライド 1 系統接続制約問題の影響度を判断するための 出力制御シミュレーション について -FIT が開く太陽光発電 普及の新しい扉 - 2015 年 4 月 14 日一般社団法人太陽光発電協会 1 出力制御シミュレーション の考え方 1 本シミュレーションは 以下の三つの要素情報をもとに 試算されています 1 電力需要実績各電力会社より公表されている 2013 年の時間毎 (24 時間 365 日 =8,760

More information

2018年度第1四半期 決算説明資料

2018年度第1四半期 決算説明資料 2018 年度第 1 四半期 決算説明資料 2018 年 7 月 31 日 目次 01 2018 年度第 1 四半期決算概要 < スライド番号 > 決算概要販売電力量発受電電力量および燃料諸元 ( 参考 ) 燃料費調整制度の期ずれ影響のイメージ ( 実績 ) 2018 年度業績見通しの概要 ( 参考 ) 燃料費調整制度の期ずれ影響のイメージ ( 年度見通し ) 01 04 05 06 07 09 02

More information

北東アジア石油市場自由化の進展とその影響に関する調査¨

北東アジア石油市場自由化の進展とその影響に関する調査¨ 電力自由化と信頼度維持 - 制度移行期における日米の取り組み - * IPP PPS 2003 NERC(National Electric Reliability Council: ) 1 1-1 3 IPP PPS * ( ) 1 1-1 20 1990 1-1 アメリカ 設備投資 ( 実質 ) と最大需用電力の推移 mil. $ MW 20,000 1,000,000 18,000 900,000

More information

電力システム改革の検討状況

電力システム改革の検討状況 電力システム改革について 平成 25 年 11 月 19 日 経済産業省資源エネルギー庁 電力改革推進室 日置純子 目次 1 我が国における電気事業制度 2 これまでの電気事業制度改革の概要 3 東日本大震災の経験 4 電力システム改革専門委員会 5 電力システムに関する改革方針 ( 平成 25 年 4 月 2 日閣議決定 ) 6 改革を行う 3 つの目的 7 改革の柱 1 広域系統運用の拡大 8

More information

成 29 年には小売の地域独占が撤廃され 料金規制が原則廃止される 小売全面自由化を機に 課税の公平性 を担保することは 新規参入を促進すると同時に 競争の活性化による料金抑制 更なる天然ガス利用拡大に寄与し ガスシステム改革の目的達成に資することから 抜本的な現行課税方式の見直しが必要である 2

成 29 年には小売の地域独占が撤廃され 料金規制が原則廃止される 小売全面自由化を機に 課税の公平性 を担保することは 新規参入を促進すると同時に 競争の活性化による料金抑制 更なる天然ガス利用拡大に寄与し ガスシステム改革の目的達成に資することから 抜本的な現行課税方式の見直しが必要である 2 1 政策評価の対象とした租税特別措置等の名称 租税特別措置等に係る政策の事前評価書 ガス供給業に係る法人事業税の課税方式の変更 2 対象税目 ( 地方税 1)( 法人事業税 : 義 ) 新設 拡充 延長 3 租税特別措置等の内容 内容 ガス供給業の課税方式を 現行の収入金額を課税標準とする方式から 所得が課税標準となる その他事業 と同一の扱いとする ( 新設 新たな課税標準導入に伴う所要の税率の変更を含む

More information

2017(平成29)年度第1四半期 決算説明資料

2017(平成29)年度第1四半期 決算説明資料 2017( 平成 29) 年度第 1 四半期 決算説明資料 2017 年 7 月 28 日 目次 01 2017 年度第 1 四半期決算概要決算概要販売電力量発受電電力量 ( 参考 ) 燃料費と燃料費調整額の期ずれ影響のイメージ ( 実績 ) 2017 年度業績見通しの概要 ( 参考 ) 燃料費と燃料費調整額の期ずれ影響のイメージ ( 年度見通し ) 01 04 05 06 07

More information

<4D F736F F F696E74202D A836F A936497CD8FAC94848E738FEA82C982A882AF82E98EA BB82C982C282A282C BD90AC E31308C8E816A2E B8CDD8AB B83685D>

<4D F736F F F696E74202D A836F A936497CD8FAC94848E738FEA82C982A882AF82E98EA BB82C982C282A282C BD90AC E31308C8E816A2E B8CDD8AB B83685D> 電力小売市場の自由化について 経済産業省資源エネルギー庁電力 ガス事業部電力市場整備課 平成 25 年 10 月 本資料は 資源エネルギー庁のホームページからもダウンロードできます http://www.enecho.meti.go.jp/denkihp/index.html http://www.enecho.meti.go.jp/denkihp/genjo/seido.pdf 1. 本資料の趣旨

More information

NISSIN REPORT 2015 17 18 19 20 21 22 23 1 2 3 5 7 9 10 11 12 13 15 1,500 1,000 500 0 1,033 2012 1,099 1,071 2013 2014 150 100 50 0 71 2012 95 90 2013 2014 44.2% 18.3% 22.4% 15.1% 49.5% 1.1% 28.4% 17.5%

More information

Q 切り替えする手続きが面倒じゃないの? A 新しく契約する電力会社へ申し込みをするだけで 今の電力会社へ連絡はせずに切り替えができます また Web でも簡単に申し込み手続きができるようになります Q 停電が増えたり 電気が不安定になったりしないの? A 新電力と契約した場合でも 電気を送る電線や

Q 切り替えする手続きが面倒じゃないの? A 新しく契約する電力会社へ申し込みをするだけで 今の電力会社へ連絡はせずに切り替えができます また Web でも簡単に申し込み手続きができるようになります Q 停電が増えたり 電気が不安定になったりしないの? A 新電力と契約した場合でも 電気を送る電線や 電力自由化とは? 電力会社を自由に選べるようになります 2016 年 4 月から始まる 電力自由化 これまで地域の大手電力会社が独占的に販売し 電力をどこで買うのか選ぶことはできませんでした 2016 年 4 月からは 大手電力会社による独占体制が崩れ 電気の契約先を自由に選べるようになります Q 切り替えする手続きが面倒じゃないの? A 新しく契約する電力会社へ申し込みをするだけで 今の電力会社へ連絡はせずに切り替えができます

More information

1. はじめに 1 需要曲線の考え方については 第 8 回検討会 (2/1) 第 9 回検討会 (3/5) において 事務局案を提示してご議論いただいている 本日は これまでの議論を踏まえて 需要曲線の設計に必要となる考え方について整理を行う 具体的には 需要曲線の設計にあたり 目標調達量 目標調達

1. はじめに 1 需要曲線の考え方については 第 8 回検討会 (2/1) 第 9 回検討会 (3/5) において 事務局案を提示してご議論いただいている 本日は これまでの議論を踏まえて 需要曲線の設計に必要となる考え方について整理を行う 具体的には 需要曲線の設計にあたり 目標調達量 目標調達 第 14 回容量市場の在り方等に関する検討会資料 3 需要曲線作成の考え方について 平成 30 年 8 月 9 日 容量市場の在り方等に関する検討会事務局 本検討会は 資源エネルギー庁と電力広域的運営推進機関の共同事務局により開催している 1. はじめに 1 需要曲線の考え方については 第 8 回検討会 (2/1) 第 9 回検討会 (3/5) において 事務局案を提示してご議論いただいている 本日は

More information

2

2 2 ... 2... 3... 5... 6 1... 7 1-1... 8 1-1-1... 8 1-1-2... 9 1-2... 10 1-3... 11 1-4... 11... 16 2-1PPS... 17 2-1-1PPS... 17 2-1-2... 20 2-2... 23 2-2-1... 23 2-2-2... 25... 29 3-1... 30 3-1-1... 30 3-1-2...

More information

目 次 1 はじめに P1 2 プロジェクトチームの構成等 P2 3 検討状況と今後の方向性 (1) 公営電気事業の意義 役割について P4 (2) 電力システム改革に対応した売電方法や料金算定等について P7

目 次 1 はじめに P1 2 プロジェクトチームの構成等 P2 3 検討状況と今後の方向性 (1) 公営電気事業の意義 役割について P4 (2) 電力システム改革に対応した売電方法や料金算定等について P7 電力システム改革に対応した今後の電気事業のあり方等に関する報告書 平成 27 年 12 月 山口県企業局 電力システム改革対策プロジェクトチーム 目 次 1 はじめに P1 2 プロジェクトチームの構成等 P2 3 検討状況と今後の方向性 (1) 公営電気事業の意義 役割について P4 (2) 電力システム改革に対応した売電方法や料金算定等について P7 1 はじめに 山口県企業局 ( 以下 企業局

More information

RIETI Highlight Vol.66

RIETI Highlight Vol.66 2 0 1 7 F A L L 66 1 RIETI HIGHLIGHT 2017 FALL RIETI HIGHLIGHT 2017 FALL 3 Interviewer 4 RIETI HIGHLIGHT 2017 FALL DPNo No. 17-E-082-0 http://www.rieti.go.jp/jp/publications/dp/17e082.pdf RIETI HIGHLIGHT

More information

はじめに 現在 産業界においては 産業の情報化の進展に伴い 業務の迅速化 高精度化 低コスト化を実現するために広く認められた標準を使用して 関係する企業及び業界間でデータの電子的な相互交換を行う EDI(Electronic Data Interchange) が行なわれており 各業界内だけでなく業

はじめに 現在 産業界においては 産業の情報化の進展に伴い 業務の迅速化 高精度化 低コスト化を実現するために広く認められた標準を使用して 関係する企業及び業界間でデータの電子的な相互交換を行う EDI(Electronic Data Interchange) が行なわれており 各業界内だけでなく業 30 分電力量提供業務 ビジネスプロトコル標準規格 (Ver.3A) 2017 年 3 月電力広域的運営推進機関 はじめに 現在 産業界においては 産業の情報化の進展に伴い 業務の迅速化 高精度化 低コスト化を実現するために広く認められた標準を使用して 関係する企業及び業界間でデータの電子的な相互交換を行う EDI(Electronic Data Interchange) が行なわれており 各業界内だけでなく業際横断でもその推進活動が活発化してきている

More information

Ⅰ. 認定制度 1. 認定制度 の現状 2. 認定時期について 3. 認定案件の適正な事業実施に向けて 4. 調達価格の決定時期

Ⅰ. 認定制度 1. 認定制度 の現状 2. 認定時期について 3. 認定案件の適正な事業実施に向けて 4. 調達価格の決定時期 資料 2 固定価格買取制度の 手続の流れについて 資源エネルギー庁平成 27 年 9 月 25 日 Ⅰ. 認定制度 1. 認定制度 の現状 2. 認定時期について 3. 認定案件の適正な事業実施に向けて 4. 調達価格の決定時期 1. 認定制度 の現状 2 現行の固定価格買取制度においては 太陽光発電の場合 国の認定を受け 系統への接続申込みを行った時点で 買取価格が決定し (H26 年度まで )

More information

人文社会科学研究 第 17 号 ( 沖縄復帰により 10 社 ) の電力会社及びその関連会社と 卸電気事業者である電源開発 ( 現在の J-POWER) 及び 原子力発電の開始と共に設立された日本原子力発電 ( 原電 ) が 国内における電力供給をほぼ独占する体制が確立された 2 しかし 電力供給の

人文社会科学研究 第 17 号 ( 沖縄復帰により 10 社 ) の電力会社及びその関連会社と 卸電気事業者である電源開発 ( 現在の J-POWER) 及び 原子力発電の開始と共に設立された日本原子力発電 ( 原電 ) が 国内における電力供給をほぼ独占する体制が確立された 2 しかし 電力供給の 電力供給における石炭化の進行 電力自由化後の国内石炭火力発電の動向 Progress of the coal use in the power supply 馬上 丈司 MAGAMI Takeshi 要旨本研究は 近年の国内電力供給における石炭火力発電の割合が大きく増加したことに対し その要因や影響について考察したものである 二度のオイルショックを契機として電源の分散化が進み 1980 年代後半以降にその目標が達成される中で

More information

電力卸供給入札募集要綱案からの変更点について

電力卸供給入札募集要綱案からの変更点について 電力卸供給入札募集要綱案からの変更点について 平成 26 年 8 月 11 日 東京電力株式会社 要綱案からの変更点について 1 1 RFCを通じていただいた多数のご意見等については できるだけ反映することとし 以下の通り要綱 標準契約書に反映 修正をいたしました ご意見と当社回答については当社ホームページにてご覧ください 項目 第 1 章入札実施のスケジュール 要綱案 ( 見直し前 ) 入札募集受付期間平成

More information

低炭素社会をリードするエネットの事業展開

低炭素社会をリードするエネットの事業展開 エ エ 株式会社 取締役営業本部長 中村 公雄 2 年に始まった規制緩和による電力小売自由化は 1 年を迎え 日本が 低炭素社会 に向け大きく舵を切る 中 エネルギー事業は新たなビジネスチャンスの到来と課題に直面しつつある ここでは 1 年の事 業の歩みと新たなビジネス創造への取組みについて紹介する 28年自由化検討 自由化見送り 理由 需要家から見て選択肢が十分でない PPSが十分に成長していない

More information

なに電力を送り届ける部門である 2 法的分離 3 部門 送電部門を別会社として分離するが 子会社 持株方 電力会社の送電ネットワークに電力を託送して 自由 式 でも可とする形態であり 持株会社などを通じ 資 化対象となっているに調達した電力を供給する部 本関係を保ちながら送電部門と部門を分社化すると

なに電力を送り届ける部門である 2 法的分離 3 部門 送電部門を別会社として分離するが 子会社 持株方 電力会社の送電ネットワークに電力を託送して 自由 式 でも可とする形態であり 持株会社などを通じ 資 化対象となっているに調達した電力を供給する部 本関係を保ちながら送電部門と部門を分社化すると 電力自由化の動向と 新たな電力供給ビジネス展開 山 根 宏 三 野 正 人 EHS&S 研究センター上級研究員 兼 エネルギー技術部担当部長 エネルギー技術部長 Keyword 送配電分離 電力全面自由化 米国 欧米 電力料金 再生可能エネルギー 1 部門 1. はじめに 電気エネルギーを発生して送り出すところが所で 電力自由化の先進国である諸外国の事例について紹介 あり ①水力 ②石炭 石油 天然ガス等による火

More information

はじめに 本調査の目的 電力システム改革の全体像については 平成 25 年 4 月 2 日に 電力システムに関する改革方針 が閣議決定されました これを踏まえて 平成 25 年 11 月に成立した第 1 段階の電気事業法の一部を改正する法律 ( 平成 25 年法律第 74 号 ) において 平成 2

はじめに 本調査の目的 電力システム改革の全体像については 平成 25 年 4 月 2 日に 電力システムに関する改革方針 が閣議決定されました これを踏まえて 平成 25 年 11 月に成立した第 1 段階の電気事業法の一部を改正する法律 ( 平成 25 年法律第 74 号 ) において 平成 2 資源エネルギー庁御中 電力システム改革がもたらす電力会社の会計への影響に関するディスカッション 最終報告書 2015 年 3 月 31 日 有限責任監査法人トーマツ はじめに 本調査の目的 電力システム改革の全体像については 平成 25 年 4 月 2 日に 電力システムに関する改革方針 が閣議決定されました これを踏まえて 平成 25 年 11 月に成立した第 1 段階の電気事業法の一部を改正する法律

More information

Microsoft PowerPoint - 3rdQuarterPresentations2013_J03.ppt

Microsoft PowerPoint - 3rdQuarterPresentations2013_J03.ppt 1 NSG グループ 213 年 3 月期第 3 四半期決算報告 (212 年 4 月 1 日 ~ 12 月 31 日 ) 日本板硝子株式会社 213 年 1 月 31 日 2 ( ブランクページ ) 3 213 年 3 月期第 3 四半期決算報告 (212 年 4 月 1 日 ~12 月 31 日 ) アジェンダ要点決算概要事業状況リストラクチャリング施策の進捗リファイナンス進捗まとめ 4 要点

More information

操作マニュアル

操作マニュアル 広域機関システム 操作マニュアル マスタ管理 ( 発電事業者 小売電気事業者等用 ) 2016-01-03 前書き 広域機関システム System for Organization for Cross-regional Coordination of Transmission Operators(OCCTO) 2016-01-03 商標類 Windows Office Excel Internet

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 1 自己託送事業者におけるエリア間取引の間接オークション対応について 平成 30 年 6 月 15 日地域間連系線及び地内送電系統の利用ルール等に関する検討会事務局 電力広域的運営推進機関日本卸電力取引所 目次 2 1. 概要 2. 申請内容 3. 申請期日 4. 特定紐付コードの発行 5. 特定紐付コードの発電販売計画 需要調達計画への記載方法 6. 特定紐付コードの整合性チェックについて 1.

More information

※ 1 資料 4 スイッチング支援システム等の検討に関する作業会 からのご報告 平成 26 年 12 月 24 日 広域的運営推進機関設立準備組合 1. スイッチング支援システム等の検討に関する作業会の開催状況 2 作業会の開催状況は次のとおり 開催日程 開催回日程主な内容 第 22 回 10/31( 火 ) 第 23 回 11/13( 木 ) 第 24 回 11/27( 木 ) 第 25 回 12/4(

More information

前回の御議論 2 1) 第 6 回連系線利用検討会において 下記のような御意見があった 経過措置の転売を禁止することで効率性を低下させているため 転売を可能とすることについても 改めて検討すべき 経過措置が 10 年という長期であるにもかかわらず 経過措置を転売不可とすると 非効率性が増す側面もある

前回の御議論 2 1) 第 6 回連系線利用検討会において 下記のような御意見があった 経過措置の転売を禁止することで効率性を低下させているため 転売を可能とすることについても 改めて検討すべき 経過措置が 10 年という長期であるにもかかわらず 経過措置を転売不可とすると 非効率性が増す側面もある 1 第 7 回地域間連系線の利用ルール等に関する検討会資料 2 間接オークション導入に伴う詳細設計について 3 平成 29 年 3 月 2 日 地域間連系線の利用ルール等に関する検討会事務局 電力広域的運営推進機関日本卸電力取引所 前回の御議論 2 1) 第 6 回連系線利用検討会において 下記のような御意見があった 経過措置の転売を禁止することで効率性を低下させているため 転売を可能とすることについても

More information

スライド 1

スライド 1 国内外の電力構造改革の 動向と課題 電力中央研究所 社会経済研究所 上席研究員後藤美香 2012 年 8 月 3 日 1 目次 欧米における電力構造改革の流れ 欧米における電力構造改革の評価 国内外の電気事業費用構造分析の動向 まとめ 2 目次 欧米における電力構造改革の流れ 欧米における電力構造改革の評価 国内外の電気事業費用構造分析の動向 まとめ 3 欧米における電力構造改革の流れ 規制された電気事業国営

More information

はじめに 11 年 3 月 11 日に発生した東日本大震災によって戦後最大の 電力危機 が引き 起こされた 福島第一原子力発電所が被災し 放射性物質の漏洩 飛散が起きた結果 原 発の安全性に疑問符が突きつけられ 新設や増設はおろか運転再開すら難しくなっている もし 今後原発が停止することになれば日本

はじめに 11 年 3 月 11 日に発生した東日本大震災によって戦後最大の 電力危機 が引き 起こされた 福島第一原子力発電所が被災し 放射性物質の漏洩 飛散が起きた結果 原 発の安全性に疑問符が突きつけられ 新設や増設はおろか運転再開すら難しくなっている もし 今後原発が停止することになれば日本 ( テーマ ) 日本の電力問題 ( サブテーマ ) 電力自由化によって電力問題は解決できるのか 分科会番号 1-2 福岡大学経済学研究部 永星勇輝 柳田俊介 福地沙希 松本将太郎 上村秀夫 平尾香奈 福田晃司 出口遥平 藤浦慶太 はじめに 11 年 3 月 11 日に発生した東日本大震災によって戦後最大の 電力危機 が引き 起こされた 福島第一原子力発電所が被災し 放射性物質の漏洩 飛散が起きた結果

More information

例えば 全国に工場や店舗を持つ企業などは 地域に関係なく電力を調達できるようになるため 工場や店舗で使用する電力を一括して購入することが容易になる その場合 一括購入により 調達コストを削減したり 管理がしやすくなったりというメリットを享受できる あるいは 夜間に集中して電力を使用する企業などは 自

例えば 全国に工場や店舗を持つ企業などは 地域に関係なく電力を調達できるようになるため 工場や店舗で使用する電力を一括して購入することが容易になる その場合 一括購入により 調達コストを削減したり 管理がしやすくなったりというメリットを享受できる あるいは 夜間に集中して電力を使用する企業などは 自 例えば 全国に工場や店舗を持つ企業などは 地域に関係なく電力を調達できるようになるため 工場や店舗で使用する電力を一括して購入することが容易になる その場合 一括購入により 調達コストを削減したり 管理がしやすくなったりというメリットを享受できる あるいは 夜間に集中して電力を使用する企業などは 自社の電力使用形態に対して より有利な条件で電力を提供する会社を選択することもできる また 一般家庭や個人の場合は

More information

接続検討回答書【別添(特別高圧)】

接続検討回答書【別添(特別高圧)】 別添 接続検討回答書 様式 AK7-20181001 回答日年月日 1. 申込者等の概要 申込者 検討者 2. 接続検討の申込内容発電者の名称発電場所 ( 住所 ) 最大受電電力アクセス設備の運用開始希望日 3. 接続検討結果 (1) 希望受電電力に対する連系可否 (a) 連系可否 : 可 否 ( 但し (5) 申込者に必要な対策 が必要となります ) (b)( 連系否の場合 ) 否とする理由 :

More information

特別企画コンファレンス

特別企画コンファレンス 3.11 後の電力システム改革 ~ 電力産業の水平分業化 ~ 2013 年 1 月 24 日富士通総研経済研究所主任研究員高橋洋 1 電力産業の水平分業化 電力システム改革専門委員会 インターネットのアナロジー 発送電分離による電力産業の再編 1 電力システム改革委 : 基本方針 (2012 年 7 月 ) - 国民に開かれた電力システムを目指して - 1: 小売全面自由化 参入規制撤廃 : 新電力なども小口市場に

More information