<4D F736F F D DE98BCA8CA7817A D8D E738CF092CA91CC8C6E92B28DB E738C7689E693B A8DE98BCA8CA AC89CA82CC8A A>

Save this PDF as:
Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D20303781798DE98BCA8CA7817A483234918D8D8793738E738CF092CA91CC8C6E92B28DB8816993738E738C7689E693B99848816A8DE98BCA8CA7817990AC89CA82CC8A549776817A>"

Transcription

1 1 調 査 名 称 : 総 合 都 市 交 通 体 系 調 査 ( 都 市 計 画 道 路 ) 2 調 査 主 体 : 埼 玉 県 3 調 査 圏 域 : 埼 玉 県 全 体 (さいたま 市 除 く) 4 調 査 期 間 : 平 成 24 年 度 5 調 査 費 :9,140 千 円 ( 総 合 都 市 交 通 体 系 調 査 ) 6 調 査 概 要 : 本 県 では 都 市 計 画 決 定 後 長 期 にわたり 未 整 備 となっている 都 市 計 画 道 路 について 平 成 16 年 度 に 長 期 未 整 備 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しガイドライン を 策 定 し 見 直 しを 図 ってきた そうした 中 本 県 においても 本 格 的 な 人 口 減 少 超 高 齢 社 会 の 到 来 が 迫 っ ており こうした 社 会 状 況 等 の 変 化 を 踏 まえ2 回 目 の 見 直 しを 行 うこととし 必 要 性 に 加 え 新 たに 構 造 の 適 正 さの 視 点 で 検 証 見 直 しを 行 う 本 調 査 は 都 市 計 画 道 路 の 検 証 見 直 しを 行 うために 複 数 の 将 来 道 路 網 に おける 交 通 量 推 計 を 行 い 見 直 すべき 路 線 の 候 補 を 抽 出 して 併 せてその 根 拠 となる 理 由 を 整 理 するものである

2 Ⅰ 調 査 概 要 1 調 査 名 : 総 合 都 市 交 通 体 系 調 査 ( 都 市 計 画 道 路 ) 2 報 告 書 目 次 第 1 章 概 要 1.1 業 務 概 要 1.2 実 施 方 針 1.3 検 討 結 果 概 要 第 2 章 前 提 条 件 等 の 整 理 2.1 資 料 収 集 整 理 2.2 路 線 別 評 価 シートの 作 成 第 3 章 交 通 量 推 計 3.1 交 通 量 配 分 の 手 法 配 分 手 法 モデル 式 及 びパラメータ QV 式 3.2 道 路 ネットワーク 及 びゾーニング 現 況 道 路 ネットワーク 将 来 道 路 ネットワーク ゾーニング 3.3 推 計 手 法 の 検 証 平 成 17 年 時 点 での 検 証 平 成 22 年 時 点 での 検 証 埼 玉 県 のODの 伸 び 率 ( 参 考 ) 3.4 現 況 交 通 量 配 分 結 果 3.5 将 来 交 通 量 配 分 結 果 平 成 42 年 フルネット 埼 玉 県 の 地 域 別 の 交 通 特 性 分 析 第 4 章 見 直 すべき 路 線 の 提 案 4.1 見 直 すべき 路 線 の 抽 出 提 案 方 針 道 路 管 理 者 へのニーズ 調 査 結 果 を 踏 まえた 見 直 すべき 路 線 の 抽 出 交 通 量 推 計 結 果 を 踏 まえた 見 直 すべき 路 線 の 抽 出 4.2 ケース 毎 の 交 通 量 推 計 4.3 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しに 関 する 評 価

3 3 調 査 体 制 なし 4 委 員 会 名 簿 等 なし

4 Ⅱ 調 査 成 果 1 調 査 目 的 都 市 計 画 道 路 の 検 証 見 直 しを 行 うため 都 市 計 画 道 路 の や 変 更 等 の 見 直 し 案 について 将 来 道 路 網 における 交 通 量 推 計 を 行 い 見 直 し 案 の 妥 当 性 を 検 証 する 交 通 量 推 計 に 当 たっては まず 現 況 道 路 ネットワークを 作 成 し 現 況 交 通 量 配 分 を 行 い 現 況 交 通 量 を 再 現 する 再 現 性 を 検 証 した 後 将 来 道 路 ネット ワークを 作 成 し 将 来 交 通 量 配 分 を 行 う その 後 や 変 更 等 を 反 映 した 将 来 交 通 量 配 分 による 検 証 を 行 い その 結 果 を 基 に 見 直 すべき 路 線 の 候 補 を 抽 出 し その 根 拠 を 整 理 する 2 調 査 フロー (1) 現 況 交 通 量 配 分 データの 作 成 現 況 道 路 ネットワークの 作 成 ゾーニング 現 況 配 分 OD 表 の 作 成 (2) 現 況 交 通 量 配 分 現 況 交 通 量 配 分 による 再 現 性 の 検 証 (3) 将 来 交 通 量 配 分 データの 作 成 将 来 道 路 ネットワークの 作 成 将 来 配 分 OD 表 の 作 成 (4) 将 来 交 通 量 配 分 将 来 交 通 量 配 分 や 変 更 等 を 反 映 した 将 来 交 通 量 配 分 による 検 証 (5) 見 直 すべき 路 線 の 抽 出 検 証 結 果 を 基 に 見 直 すべき 路 線 の 抽 出 見 直 すべき 根 拠 の 整 理

5 3 調 査 圏 域 図 さいたま 市

6 4 調 査 成 果 (1) 交 通 量 推 計 の 手 法 交 通 量 推 計 を 行 う 上 で 必 要 となる 人 口 交 通 量 等 のデータを 整 理 した 上 で 転 換 率 併 用 容 量 制 限 付 分 割 配 分 法 により 交 通 量 配 分 を 行 った この 配 分 手 法 は 最 短 経 路 で 走 る 利 用 者 特 性 及 び 交 通 量 の 増 加 によって 走 行 速 度 が 低 下 する 現 象 を 反 映 した 手 法 である OD 表 OD 表 の 分 割 (n 分 割 ) ( 繰 り 返 し) I=1,n I=1,n 高 速 の 最 短 経 路 現 道 の 最 短 経 路 道 路 ネ ッ ト ワ ー ク 分 割 OD の 高 速 への 配 分 分 割 OD の 現 道 への 配 分 転 換 率 式 ( 時 間 差, 料 金 ) QV 式 累 積 のリンク 交 通 量 配 分 交 通 量 ( 交 通 配 分 の 流 れ)

7 (2) 道 路 ネットワークとゾーニング 1) 現 況 道 路 ネットワーク (ⅰ) 一 般 県 道 以 上 の 路 線 全 て 埼 玉 県 内 における 平 成 17 年 道 路 交 通 センサス 対 象 路 線 の 全 てとし 県 内 の 交 通 量 推 計 値 に 影 響 を 及 ぼすと 考 えられる 範 囲 ( 埼 玉 県 近 傍 )に ついても 適 宜 路 線 を 追 加 した (ⅱ) 都 市 計 画 道 路 埼 玉 県 内 における 都 市 計 画 道 路 について 平 成 17 年 3 月 31 日 時 点 で 整 備 済 の 路 線 ( 区 間 )とした (ⅲ) 市 町 村 道 2 車 線 以 上 の 主 要 な 道 路 地 域 / 主 要 路 線 間 をつなぐ 道 路 都 市 計 画 道 路 とそれに 関 連 する 道 路 2) 将 来 道 路 ネットワーク 現 況 道 路 ネットワークに 推 計 年 次 ( 平 成 42 年 )までに 整 備 される 高 規 格 道 路 国 県 道 のバイパス 等 都 市 計 画 道 路 を 追 加 して 作 成 した 3)ゾーニング 平 成 17 年 度 道 路 交 通 センサス 関 東 地 方 整 備 局 管 内 OD 表 をベースとし 分 割 集 約 を 行 って 配 分 に 用 いるゾーンを 設 定 した 埼 玉 県 内 については 交 通 量 推 計 の 精 度 を 高 めるため 町 丁 目 別 人 口 を 用 いてBゾーンを 分 割 し Cゾーン 相 当 とした また 他 県 のゾーンにつ いては 埼 玉 県 に 隣 接 している 市 町 村 はBゾーンとし 埼 玉 県 から 離 れる につれて 市 町 村 単 位 生 活 圏 単 位 道 府 県 単 位 によりゾーンを 設 定 した 関 東 地 方 整 備 局 Bゾーン 数 今 回 設 定 した ゾーン 数 茨 城 県 栃 木 県 群 馬 県 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 神 奈 川 県 その 他 計 1, ( 設 定 したゾーン 数 )

8 (3) 推 計 手 法 の 検 証 交 通 量 推 計 に 用 いる 配 分 手 法 および 各 ゾーンの 発 生 点 位 置 と 道 路 ネット ワーク 密 度 の 関 係 等 が 妥 当 なものであるかどうか 検 証 を 行 った 交 通 量 配 分 結 果 と 実 測 結 果 とを 比 較 して 相 関 が 0.9 以 上 となるまで 修 正 した 検 証 の 結 果 実 測 交 通 量 と 配 分 交 通 量 の 相 関 係 数 0.958が 確 保 され 発 生 点 位 置 とネットワークの 密 度 等 が 適 切 に 設 定 されたものと 判 断 した 現 況 再 現 ( 万 台 / 日 ) y = x H17センサス( 万 台 / 日 ) ( 現 況 交 通 量 配 分 による 検 証 結 果 ( 相 関 係 数 0.958))

9 (4) 将 来 交 通 量 推 計 に 基 づく 地 域 ごとの 交 通 特 性 将 来 交 通 量 推 計 結 果 より 地 域 ごとの 交 通 特 性 を 考 察 した 考 察 結 果 は 以 下 のとおり H42 将 来 交 通 量 推 計 結 果 より 推 察 される 埼 玉 県 の 地 域 ごとの 交 通 特 性 地 域 市 町 村 道 路 の 整 備 H42 将 来 交 通 量 推 計 結 果 より 推 察 される 交 通 特 性 県 南 ゾーン 東 部 地 域 春 日 部 市 草 加 市 越 谷 市 八 潮 市 三 郷 市 吉 川 市 松 伏 町 バイパスなどの 幹 線 道 路 の 整 備 ( 一 般 国 道 4 号 東 埼 玉 道 路 など) 鉄 道 と 道 路 の 立 体 交 差 化 道 路 の 拡 幅 や 歩 道 の 設 置 交 差 点 の 改 良 などの 推 進 外 環 が 延 伸 するため 高 速 道 路 の 混 雑 度 がやや 悪 化 する 国 道 4 号 東 埼 玉 道 路 の 整 備 により 南 北 方 向 の 交 通 容 量 が 拡 大 するため 周 辺 の 一 般 道 の 混 雑 度 が 改 善 する 地 域 内 の 混 雑 度 は1.1 程 度 となる 南 部 地 域 川 口 市 蕨 市 戸 田 市 鳩 ヶ 谷 市 道 路 の 拡 幅 や 歩 道 の 設 置 交 差 点 の 改 良 などの 推 進 新 たな 広 域 幹 線 道 路 の 整 備 予 定 がないため 混 雑 度 の 改 善 があまりみられない 外 環 の 内 側 ( 川 口 市 等 )では 混 雑 度 が 悪 化 する 路 線 も 多 くみられる 一 般 道 については 県 内 で 最 も 混 雑 度 が 大 きい 地 域 内 の 混 雑 度 は1.1 程 度 となる さいたま 地 域 さいたま 市 南 西 部 地 域 朝 霞 市 志 木 市 和 光 市 新 座 市 富 士 見 市 ふじみ 野 市 三 芳 町 バイパスなどの 幹 線 道 路 の 整 備 ( 一 般 国 道 254 号 和 光 富 士 見 バイパスな ど) 道 路 の 拡 幅 や 歩 道 の 設 置 交 差 点 の 改 良 などの 推 進 国 道 254 号 和 光 富 士 見 バイパスの 整 備 により 周 辺 の 一 般 道 で 混 雑 度 が 大 きく 改 善 する 地 域 内 の 混 雑 度 は1.1 程 度 となる 圏 央 道 ゾーン 利 根 地 域 行 田 市 加 須 市 羽 生 市 久 喜 市 蓮 田 市 幸 手 市 騎 西 町 北 川 辺 町 大 利 根 町 宮 代 町 白 岡 町 菖 蒲 町 栗 橋 町 鷲 宮 町 杉 戸 町 高 速 道 路 の 整 備 ( 圏 央 道 )やインターチェンジへのアクセス 道 路 の 整 備 ( 一 般 国 道 122 号 騎 西 菖 蒲 バイパス 一 般 国 道 125 号 加 須 羽 生 バイパス 及 び 栗 橋 圏 央 道 や 国 道 122 号 バイパス 国 道 125 号 バイパスの 整 備 により 高 速 道 路 や 一 大 利 根 バイパスなど) バイパスなどの 幹 線 道 路 の 整 備 ( 一 般 国 道 122 号 ( 昭 般 国 道 の 混 雑 度 が 大 きく 改 善 する 和 橋 )など) 鉄 道 と 道 路 の 立 体 交 差 化 道 路 の 拡 幅 や 歩 道 の 設 置 交 差 点 地 域 内 の 混 雑 度 は0.8 程 度 となる の 改 良 などの 推 進 県 央 地 域 鴻 巣 市 上 尾 市 桶 川 市 北 本 市 伊 奈 町 高 速 道 路 の 整 備 ( 圏 央 道 )やインターチェンジへのアクセス 道 路 の 整 備 バイ 圏 央 道 や 国 道 17 号 上 尾 道 路 の 整 備 により 周 辺 の 一 般 道 の 混 雑 度 が 大 きく 改 善 す パスなどの 幹 線 道 路 の 整 備 ( 一 般 国 道 17 号 上 尾 道 路 など) 鉄 道 と 道 路 の 立 る( 混 雑 度 の 改 善 幅 が 最 も 大 きい) 体 交 差 化 道 路 の 拡 幅 や 歩 道 の 設 置 交 差 点 の 改 良 などの 推 進 地 域 内 の 混 雑 度 は0.9 程 度 となる 川 越 比 企 地 域 川 越 市 東 松 山 市 坂 戸 市 鶴 ヶ 島 市 毛 呂 山 町 越 生 町 滑 川 町 嵐 山 町 小 川 町 川 島 町 吉 見 町 鳩 山 町 ときがわ 町 東 秩 父 村 圏 央 道 や 国 道 254 号 バイパスの 整 備 により 高 速 道 路 一 般 道 ともに 混 雑 度 が 改 高 速 道 路 の 整 備 ( 圏 央 道 )やインターチェンジへのアクセス 道 路 の 整 備 バイ 善 する パスなどの 幹 線 道 路 の 整 備 ( 一 般 国 道 254 号 など) 道 路 の 拡 幅 や 歩 道 の 設 圏 央 道 の 整 備 により 川 越 市 周 辺 の 一 般 道 を 通 過 していた 交 通 が 減 少 する 置 交 差 点 の 改 良 などの 推 進 地 域 内 の 混 雑 度 は0.9 程 度 となる 西 部 地 域 所 沢 市 飯 能 市 狭 山 市 入 間 市 日 高 市 インターチェンジへのアクセス 道 路 の 整 備 ( 一 般 国 道 407 号 日 高 バイパスな 圏 央 道 の 延 伸 ICへのアクセス 道 路 の 整 備 により 高 速 道 路 の 交 通 量 が 増 大 する ど) バイパスなどの 幹 線 道 路 の 整 備 ( 一 般 国 道 299 号 飯 能 日 高 バイパスな 他 地 域 と 比 較 すると 一 般 道 の 混 雑 度 の 改 善 幅 が 小 さい ど) 道 路 の 拡 幅 や 歩 道 の 設 置 交 差 点 の 改 良 中 山 間 地 域 の 生 活 を 支 える 地 域 内 の 混 雑 度 は1.1 程 度 となる 道 路 の 整 備 などの 推 進 県 北 ゾーン 北 部 地 域 熊 谷 市 本 庄 市 深 谷 市 美 里 町 神 川 町 上 里 町 寄 居 町 バイパスなどの 幹 線 道 路 の 整 備 ( 一 般 国 道 17 号 本 庄 道 路 一 般 国 道 254 号 国 道 17 号 本 庄 道 路 その 他 国 道 バイパスの 整 備 により 周 辺 の 一 般 道 の 混 雑 度 が 猪 俣 バイパスなど) 自 転 車 道 の 整 備 道 路 の 拡 幅 や 歩 道 の 設 置 ( 一 般 国 道 改 善 する 462 号 など) 交 差 点 の 改 良 中 山 間 地 域 の 生 活 を 支 える 道 路 の 整 備 などの 主 要 地 方 道 以 下 の 道 路 の 混 雑 度 が1より 小 さい 推 進 地 域 内 の 混 雑 度 は0.8 程 度 となる 秩 父 地 域 秩 父 市 横 瀬 町 皆 野 町 長 瀞 町 小 鹿 野 町 地 域 の 発 展 を 促 す 道 路 の 整 備 ( 西 関 東 連 絡 道 路 ) 道 路 の 拡 幅 や 歩 道 の 設 一 般 道 の 混 雑 度 が1より 小 さく 容 量 に 余 裕 がある 置 ( 一 般 国 道 140 号 ( 安 谷 橋 )など) 交 差 点 の 改 良 ( 一 般 国 道 299 号 など) 地 域 内 の 混 雑 度 は0.5 程 度 となる 中 山 間 地 域 の 生 活 を 支 える 道 路 の 整 備 の 推 進

10 (5) 交 通 量 推 計 の 評 価 方 法 1) 評 価 断 面 での 混 雑 度 の 評 価 評 価 路 線 が 結 んでいる 地 域 を 行 き 来 する 他 の 路 線 について 評 価 路 線 を 見 直 したことにより 交 通 量 が 変 化 する 路 線 を 評 価 断 面 として 設 定 する 評 価 路 線 を 見 直 した 際 交 通 量 が 変 化 する 路 線 ( 並 行 道 路 )が4 路 線 あ った 場 合 評 価 断 面 での 混 雑 度 は 下 記 の 式 により 算 出 する 評 価 断 面 での 混 雑 度 =( 評 価 路 線 および 路 線 1~4の 交 通 量 の 合 計 ) ( 評 価 路 線 および 路 線 1~4の 交 通 容 量 の 合 計 ) 混 雑 度 の 評 価 としては 道 路 の 交 通 容 量 ( 社 ) 日 本 道 路 協 会 を 参 考 と し 行 う 2) 交 差 点 需 要 率 による 評 価 交 差 構 造 が 変 更 ( 立 体 交 差 から 平 面 交 差 など)となる 路 線 の 評 価 は 下 記 の 手 順 で 交 差 点 需 要 率 計 算 結 果 により 評 価 する H42 将 来 交 通 量 推 計 により 当 該 交 差 点 の 方 向 別 交 通 量 を 算 出 当 該 路 線 の H22 センサス 調 査 結 果 ( 昼 夜 率 昼 間 12 時 間 ピーク 比 率 ) を 用 いて ピーク 時 の 方 向 別 交 通 量 を 算 出 上 記 算 出 結 果 を 用 いて 見 直 し 前 後 の 交 差 点 需 要 率 計 算 を 実 施 交 差 点 需 要 率 が 0.9 以 上 となった 場 合 には 交 通 処 理 が 不 能 と 判 断

11 (6) 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しに 関 する 評 価 交 通 量 推 計 結 果 により 都 市 計 画 道 路 について 見 直 しを 評 価 した 結 果 下 記 のとおり 検 証 を 行 った31 路 線 中 19 路 線 が 交 通 量 の 観 点 では 見 直 し が 妥 当 と 評 価 された 今 後 道 路 機 能 等 についても 検 討 を 行 う 管 理 番 号 都 市 計 画 道 路 番 号 都 市 計 画 道 路 名 市 町 村 名 見 直 しの 方 向 性 断 面 混 雑 度 交 差 点 需 要 率 見 直 し 前 見 直 し 後 評 価 見 直 し 前 見 直 し 後 評 価 見 直 し 結 果 1 川 口 市 鳩 ヶ 谷 流 山 線 川 口 市 2 川 口 市 鳩 ヶ 谷 流 山 線 川 口 市 3 和 光 市 志 木 和 光 線 和 光 市 4 朝 霞 市 志 木 和 光 線 朝 霞 市 5 志 木 市 志 木 朝 霞 線 志 木 市 (4 車 線 相 当 2 車 線 ) 交 差 構 造 の 変 更 ( 立 体 平 面 ) NG OK 見 直 し 不 可 (4 車 線 相 当 2 車 線 ) NG OK 見 直 し 不 可 (8 車 線 相 当 4 車 線 ) OK 見 直 し 可 能 (8 車 線 相 当 4 車 線 ) OK 見 直 し 可 能 (8 車 線 相 当 4 車 線 ) OK 見 直 し 可 能 6 富 士 見 市 川 越 志 木 線 富 士 見 市 (8 車 線 相 当 4 車 線 ) OK 見 直 し 可 能 7 新 座 市 保 谷 朝 霞 線 新 座 市 (2 車 線 相 当 4 車 線 ) 改 善 見 直 し 可 能 8 上 尾 市 原 市 上 平 線 上 尾 市 交 差 構 造 の 変 更 ( 立 体 平 面 ) NG 見 直 し 不 可 9 上 尾 市 上 尾 久 喜 線 上 尾 市 (4 車 線 相 当 2 車 線 ) NG 見 直 し 不 可 10 鶴 ヶ 島 市 新 熊 谷 入 間 線 鶴 ヶ 島 市 11 毛 呂 山 町 毛 呂 本 郷 小 田 谷 線 毛 呂 山 町 12 東 松 山 市 野 本 高 坂 通 線 東 松 山 市 交 差 構 造 の 変 更 ( 立 体 平 面 ) 都 市 計 画 道 路 の 見 直 し( ) 交 差 構 造 の 変 更 ( 平 面 立 体 ) OK 見 直 し 可 能 OK 見 直 し 可 能 改 善 見 直 し 可 能 13 熊 谷 市 熊 谷 太 田 線 熊 谷 市 14 熊 谷 市 熊 谷 谷 郷 線 熊 谷 市 15 蕨 市 蕨 駅 前 通 り 西 口 線 蕨 市 (4 車 線 相 当 2 車 線 ) OK 見 直 し 可 能 (4 車 線 相 当 2 車 線 ) NG 見 直 し 不 可 (3 4 2 国 道 17 号 ~3 5 6 旭 町 丁 張 線 ) NG 見 直 し 不 可 16 鴻 巣 市 富 士 見 通 線 鴻 巣 市 ( 榛 名 通 線 ~ 終 点 ) NG 見 直 し 不 可 17 宮 代 町 国 納 橋 通 り 線 宮 代 町 18 鶴 ヶ 島 市 一 本 松 通 り 線 鶴 ヶ 島 市 交 差 形 式 の 変 更 ( 立 体 ( 跨 線 橋 ) 平 面 ( 踏 切 )) NG 見 直 し 不 可 ( 一 本 松 東 通 り 線 も 廃 止 ) NG 見 直 し 不 可 19 久 喜 市 杓 子 木 幸 手 線 久 喜 市 20 伊 奈 町 新 宿 内 宿 線 伊 奈 町 21 加 須 市 栗 橋 外 野 線 加 須 市 22 伊 奈 町 大 宮 菖 蒲 線 伊 奈 町 23 寄 居 町 東 伴 場 地 通 り 線 寄 居 町 24 杉 戸 町 新 橋 通 り 線 杉 戸 町 25 小 川 町 環 状 1 号 線 小 川 町 26 東 松 山 市 松 葉 町 通 線 東 松 山 市 27 上 里 町 古 新 田 四 ッ 谷 線 上 里 町 28 行 田 市 行 田 北 口 通 荒 木 線 行 田 市 29 三 郷 市 草 加 三 郷 線 三 郷 市 30 八 潮 市 八 潮 南 北 線 八 潮 市 31 越 谷 市 蒲 生 柿 木 川 戸 線 越 谷 市 ( 県 道 が 代 替 ) ( 一 )311 号 蓮 田 鴻 巣 線 まで 延 伸 国 道 4 号 以 南 のみ 整 備 OK 見 直 し 可 能 NG 見 直 し 不 可 OK 見 直 し 可 能 OK 見 直 し 可 能 OK 見 直 し 可 能 OK 見 直 し 可 能 OK 見 直 し 可 能 NG 見 直 し 不 可 NG 見 直 し 不 可 OK 見 直 し 可 能 OK 見 直 し 可 能 OK 見 直 し 可 能 OK 見 直 し 可 能

3 / 5 1

3 / 5 1 第 3 回 埼 玉 県 道 路 メンテナンス 会 議 日 時 : 平 成 27 年 1 月 13 日 ( 火 ) 13:30~15:30 場 所 : 国 土 交 通 省 関 東 地 方 整 備 局 5 階 大 研 修 室 5A 議 事 次 第 1. 開 会 2. 挨 拶 3. 議 事 (1)これまでの 動 き 資 料 -1 (2) 道 路 インフラの 老 朽 化 対 策 に 関 するアンケート 追

More information

全 日 制 普 通 科 2 減 期 越 谷 北 普 通 科 共 360 (3) 357 464 1.30 463 1 1.27 越 谷 西 普 通 科 共 320 (2) 318 412 1.30 410 2 1.23 越 谷 東 普 通 科 共 280 (2) 278 303 1.09 287 1

全 日 制 普 通 科 2 減 期 越 谷 北 普 通 科 共 360 (3) 357 464 1.30 463 1 1.27 越 谷 西 普 通 科 共 320 (2) 318 412 1.30 410 2 1.23 越 谷 東 普 通 科 共 280 (2) 278 303 1.09 287 1 平 成 28 年 度 埼 玉 県 公 立 高 等 学 校 における 入 学 志 願 確 定 者 数 全 日 制 普 通 科 1 減 期 上 尾 普 通 科 共 240 (2) 238 316 1.33 320-4 1.24 上 尾 鷹 の 台 普 通 科 共 240 (2) 238 248 1.04 243 5 1.17 上 尾 橘 普 通 科 共 120 (1) 119 133 1.12 127

More information

1 調査名称:太田市総合交通体系調査

1 調査名称:太田市総合交通体系調査 ( 様 式 -1 表 紙 ) 1 調 査 名 称 : 太 田 市 総 合 都 市 交 通 体 系 調 査 2 調 査 主 体 : 太 田 市 3 調 査 圏 域 : 群 馬 県 太 田 市 ( 両 毛 都 市 圏 ) 4 調 査 期 間 : 平 成 23 年 度 ~ 平 成 24 年 度 5 調 査 費 :7,980 千 円 ( 当 年 度 までの 合 計 :7,980 千 円 ) ( 総 合 都

More information

土 地 の 評 価 方 法 固 定 資 産 税 における 土 地 の 評 価 は 総 務 大 臣 が 定 める 固 定 資 産 評 価 基 準 に 基 づき 各 市 町 村 長 が 行 います 宅 地 については 地 価 公 示 価 格 又 は 不 動 産 鑑 定 士 等 による 鑑 定 評 価 額

土 地 の 評 価 方 法 固 定 資 産 税 における 土 地 の 評 価 は 総 務 大 臣 が 定 める 固 定 資 産 評 価 基 準 に 基 づき 各 市 町 村 長 が 行 います 宅 地 については 地 価 公 示 価 格 又 は 不 動 産 鑑 定 士 等 による 鑑 定 評 価 額 平 成 27 年 度 固 定 資 産 税 の 基 準 地 価 格 について 企 画 財 政 部 市 町 村 課 平 成 27 年 度 基 準 地 価 格 の 概 要 宅 地 平 成 24 年 度 の 前 回 評 価 替 え 時 には リーマンショック 以 後 の 地 価 の 下 落 を 受 けて 県 内 全 市 町 村 の 基 準 宅 地 の 路 線 価 等 が 下 落 し 県 の 平 均 変 動

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2034325F8253814490EC8DE88E7382CC8CF092CA8E968FEE81698251816A8341935393B9836C83628367838F815B834E2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2034325F8253814490EC8DE88E7382CC8CF092CA8E968FEE81698251816A8341935393B9836C83628367838F815B834E2E646F63> (2) 分 野 別 の 現 況 課 題 ア 鉄 道 ネットワーク (ア) 市 内 の 鉄 道 市 では 6 事 業 者 15 路 線 54 駅 で 運 行 を 行 っている 京 王 相 模 原 線 (イ) 駅 密 度 市 の 駅 密 度 は 政 令 指 定 都 市 19 都 市 中 3 番 目 の.37 駅 / 平 方 km であり おおよそ 半 径 9m の 円 内 に1 駅 ある 換 算 となる

More information

目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行 区 位 置 図 1 (3) 施 行 区 の 区 域 1 (4) 施

目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行 区 位 置 図 1 (3) 施 行 区 の 区 域 1 (4) 施 北 部 大 阪 都 市 画 事 業 JR 高 槻 駅 北 東 土 区 画 整 理 事 業 事 業 画 書 高 槻 市 JR 高 槻 駅 北 東 土 区 画 整 理 組 合 目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行

More information

Microsoft Word - H27概要版

Microsoft Word - H27概要版 本 市 は 大 正 14 年 4 月 の 都 市 計 画 法 の 適 用 を 受 け 大 正 15 年 4 月 30 日 に 都 市 計 画 区 域 の 決 定 をしました 昭 和 6 年 には 都 市 計 画 道 路 翌 昭 和 7 年 には 用 途 地 域 昭 和 10 年 には 風 致 地 区 が それぞれ 計 画 決 定 され 本 市 における 都 市 計 画 の 礎 が 定 められました

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF825181408CF092CA8F88979D82CC96CA82A982E782CC984890FC82CC90AE979D81698BC792B7837183418CE3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF825181408CF092CA8F88979D82CC96CA82A982E782CC984890FC82CC90AE979D81698BC792B7837183418CE3816A2E646F63> 資 料 2 交 通 処 理 の 面 からの 路 線 の 整 理 目 次 1. 検 討 ルートの 概 要 1 2. 各 道 路 の 現 状 2 3. 交 差 点 の 現 状 3 4. 関 連 する 事 業 4 5. 観 光 路 線 導 入 の 影 響 検 討 箇 所 5 6. 観 光 路 線 導 入 検 討 の 流 れ 6 7. 路 線 導 入 による 影 響 7 8. 箇 所 における 評 価 8

More information

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc 佐 野 市 生 活 排 水 処 理 構 想 ( 案 ) 平 成 27 年 12 月 佐 野 市 目 次 1. 生 活 排 水 処 理 構 想 について 1.1 生 活 排 水 処 理 構 想 とは P.1 1.2 生 活 排 水 処 理 施 設 の 種 類 P.1 2. 佐 野 市 の 現 状 と 課 題 2.1 整 備 状 況 P.2 2.2 主 な 汚 水 処 理 施 設 P.2 2.3 生 活

More information

平 成 28 年 価 公 示 概 要 ( 札 幌 市 価 動 向 ) 平 成 28 年 (2016 年 )3 月 担 当 : 札 幌 市 市 民 まちづくり 局 都 市 計 画 部 都 市 計 画 課 調 査 係 TEL:011 211 2506 価 公 示 制 度 の 概 要 1. 目 的 価 公 示 は 都 市 及 びその 周 辺 の 域 等 において 国 土 交 通 省 が 設 置 する 土

More information

川 越 市 川 口 市 行 田 市 所 沢 市 飯 能 市 加 須 市 8 % 1,457 人 6 % 越 谷 市 戸 田 市 入 間 市 三 郷 市 蓮 田 市 桶 川 市 坂 戸 市 8 % 12 人 5 % 春 日 部 市 鴻 巣 市 深 谷 市 上 尾 市 草 加 市 8 % 1,231 人

川 越 市 川 口 市 行 田 市 所 沢 市 飯 能 市 加 須 市 8 % 1,457 人 6 % 越 谷 市 戸 田 市 入 間 市 三 郷 市 蓮 田 市 桶 川 市 坂 戸 市 8 % 12 人 5 % 春 日 部 市 鴻 巣 市 深 谷 市 上 尾 市 草 加 市 8 % 1,231 人 4 の 手 当 の 状 況 (1) 期 末 手 当 勤 勉 手 当 埼 玉 県 1 人 当 た り 平 均 支 給 額 ( 平 成 26 年 度 決 算 ) ( 平 成 26 年 度 支 給 割 合 ) 期 末 手 当 ( 加 算 措 置 の 状 況 ) 勤 勉 手 当 2.6 月 分 1.5 月 分 ( 1.45 月 分 ) (.7) 月 分 職 制 上 の 段 階 職 務 の 級 等 に よ る

More information

目 次 1. 位 置 図 1 2. 事 業 の 目 的 と 計 画 の 概 要 2 3. 事 業 進 捗 の 状 況 5 4. 事 業 の 必 要 性 に 関 する 視 点 7 5. 費 用 対 効 果 11 6. 事 業 進 捗 の 見 込 みの 視 点 13 7. 今 後 の 対 応 方 針 (

目 次 1. 位 置 図 1 2. 事 業 の 目 的 と 計 画 の 概 要 2 3. 事 業 進 捗 の 状 況 5 4. 事 業 の 必 要 性 に 関 する 視 点 7 5. 費 用 対 効 果 11 6. 事 業 進 捗 の 見 込 みの 視 点 13 7. 今 後 の 対 応 方 針 ( 資 料 3-5-1 関 東 地 方 整 備 局 ( 再 評 価 ) 事 業 評 価 監 視 委 員 会 ( 平 成 25 年 度 第 6 回 ) 一 般 国 道 51 号 大 栄 拡 幅 平 成 25 年 10 月 17 日 国 土 交 通 省 関 東 地 方 整 備 局 目 次 1. 位 置 図 1 2. 事 業 の 目 的 と 計 画 の 概 要 2 3. 事 業 進 捗 の 状 況 5 4.

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

資 料 -6 平 成 20 年 度 第 2 回 北 陸 地 方 整 備 局 事 業 評 価 監 視 委 員 会 特 定 構 造 物 改 築 事 業 事 後 評 価 説 明 資 料 平 成 20 年 11 月 北 陸 地 方 整 備 局 -0-

資 料 -6 平 成 20 年 度 第 2 回 北 陸 地 方 整 備 局 事 業 評 価 監 視 委 員 会 特 定 構 造 物 改 築 事 業 事 後 評 価 説 明 資 料 平 成 20 年 11 月 北 陸 地 方 整 備 局 -0- 平 成 20 年 度 事 後 評 価 対 象 事 業 の 概 要 事 業 名 特 定 構 造 物 改 築 事 業 ( ) 事 業 区 分 河 川 事 業 事 業 箇 所 新 潟 県 三 条 市 須 頃 地 先 事 業 採 択 平 成 9 年 度 都 市 計 画 決 定 - 用 地 着 手 - 工 事 着 手 平 成 9 年 度 完 成 に 至 る 経 緯 平 成 9 年 度 特 定 構 造 物 改

More information

資 料 1 衆 議 院 議 員 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 の 概 要 都 道 府 県 別 定 数 の 異 動 (1) 定 数 1 増 埼 玉 県 (14 15) 千 葉 県 (12 13) 神 奈 川 県 (17 18) 滋 賀 県 (3 4) 沖 縄 県 (3

資 料 1 衆 議 院 議 員 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 の 概 要 都 道 府 県 別 定 数 の 異 動 (1) 定 数 1 増 埼 玉 県 (14 15) 千 葉 県 (12 13) 神 奈 川 県 (17 18) 滋 賀 県 (3 4) 沖 縄 県 (3 平 成 13 年 12 月 19 日 衆 議 院 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 についての 勧 告 参 考 資 料 資 料 1 資 料 2 資 料 3 資 料 4 資 料 5 衆 議 院 議 員 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 の 概 要 区 割 りの 改 定 案 により 変 更 される 選 挙 区 の 数 都 道 府 県 別 区 割

More information

(2) 国 道 196 号 自 転 車 走 行 空 間 社 会 実 験 ( 平 成 21 年 度 ) 概 要 松 山 市 内 の 国 道 196 号 において 自 転 車 レーンを 設 置 する 社 会 実 験 を 実 施 し 歩 行 者 と 自 転 車 の 分 離 による 走 行 空 間 の 安

(2) 国 道 196 号 自 転 車 走 行 空 間 社 会 実 験 ( 平 成 21 年 度 ) 概 要 松 山 市 内 の 国 道 196 号 において 自 転 車 レーンを 設 置 する 社 会 実 験 を 実 施 し 歩 行 者 と 自 転 車 の 分 離 による 走 行 空 間 の 安 2.2 自 転 車 ネットワーク 構 築 に 向 けたこれまでの 取 組 み (1) 概 要 自 転 車 ネットワーク 構 築 に 向 け これまで 様 々な 手 法 による 社 会 実 験 を 行 い 自 転 車 走 行 空 間 について 検 討 を 重 ねている 2 社 会 実 験 の 実 施 箇 所 4 1 1 ロープウェイ 街 (H15 トラン ジ ッ ト モ ー ル 社 会 実 験 ) L=500m

More information

<93B9984890AE94F5>

<93B9984890AE94F5> 7. 道 路 整 備 7.1. 広 域 的 な 道 路 網 状 況 三 好 町 は 愛 知 県 のほぼ 中 央 部 に 位 置 し 東 名 高 速 道 路 ( 東 名 三 好 IC) 等 を 介 し 名 古 屋 市 中 心 部 や 空 港 港 湾 他 県 等 広 域 的 に 繋 がれている 近 隣 の 名 古 屋 市 や 豊 田 市 へは 東 西 に 走 る 国 道 153 号 により 結 ばれ 東

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FE3927291DC926E8BE6926E8BE68C7689E681408C7689E68F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FE3927291DC926E8BE6926E8BE68C7689E681408C7689E68F912E646F63> 東 京 都 市 計 画 地 区 計 画 の 決 定 ( 豊 島 区 決 定 ) 都 市 計 画 上 池 袋 二 三 四 丁 目 地 区 地 区 計 画 を 次 のように 決 定 する 名 称 上 池 袋 二 三 四 丁 目 地 区 地 区 計 画 位 置 豊 島 区 上 池 袋 二 丁 目 上 池 袋 三 丁 目 上 池 袋 四 丁 目 及 び 池 袋 本 町 一 丁 目 各 地 内 面 積 約 46.5ha

More information

( の 復 旧 ) 3. 南 相 馬 市 エリアの 避 難 指 示 解 除 準 備 区 域 及 び 居 住 制 限 区 域 内 の 路 線 数 ( ) 10 路 線 うち 被 災 した 路 線 ( 工 区 ) 数 10 路 線 52 箇 所 うち 応 急 対 策 を 実 施 した 路 線 ( 工 区

( の 復 旧 ) 3. 南 相 馬 市 エリアの 避 難 指 示 解 除 準 備 区 域 及 び 居 住 制 限 区 域 内 の 路 線 数 ( ) 10 路 線 うち 被 災 した 路 線 ( 工 区 ) 数 10 路 線 52 箇 所 うち 応 急 対 策 を 実 施 した 路 線 ( 工 区 道 路 ( 高 速 道 路 の 復 旧 整 備 ) 1. 常 磐 自 動 車 道 1 箇 所 名 : 常 磐 自 動 車 道 の 供 用 中 区 間 の 被 災 箇 所 及 び 整 備 区 間 2 供 用 中 区 間 の 被 災 箇 所 については 応 急 復 旧 により 平 成 23 年 4 月 28 日 までに 旧 警 戒 区 域 にかかる 区 間 ( 常 磐 道 広 野 IC~ 常 磐 富 岡

More information

目 次 第 1 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 1. 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 2. 施 行 者 の 名 称 1 第 2 施 行 地 区 1 1. 施 行 地 区 の 位 置 1 2. 施 行 地 区 位 置 図 1 3. 施 行 地 区 の 区 域 1 4

目 次 第 1 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 1. 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 2. 施 行 者 の 名 称 1 第 2 施 行 地 区 1 1. 施 行 地 区 の 位 置 1 2. 施 行 地 区 位 置 図 1 3. 施 行 地 区 の 区 域 1 4 資 料 1 土 地 区 画 整 理 事 業 画 書 ( 案 ) ( 仮 称 ) 箕 面 市 船 場 東 地 区 土 地 区 画 整 理 組 合 目 次 第 1 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 1. 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 2. 施 行 者 の 名 称 1 第 2 施 行 地 区 1 1. 施 行 地 区 の 位 置 1 2. 施 行 地 区 位 置 図 1

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク 太 田 市 都 市 計 画 道 路 見 直 し 案 平 成 28 年 3 月 太 田 市 目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワークの 検 証

More information

(2) 都 市 計 画 区 域 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 の 変 遷 1 都 市 計 画 区 域 の 変 遷 2 市 街 化 区 域 及 び 市 街 化 調 整 区 域 の 変 遷 旧 石 巻 市 ( 単 位 :ha) ( 単 位 :ha) 変 更 都 市 計 画 区 域 行

(2) 都 市 計 画 区 域 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 の 変 遷 1 都 市 計 画 区 域 の 変 遷 2 市 街 化 区 域 及 び 市 街 化 調 整 区 域 の 変 遷 旧 石 巻 市 ( 単 位 :ha) ( 単 位 :ha) 変 更 都 市 計 画 区 域 行 1. 都 市 計 画 区 域 等 について (1) 全 体 総 括 表 (H27.3.31 現 在 ) 行 政 区 域 都 市 計 画 区 域 石 巻 市 (A) (B) 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 B/A (C) C/A C/B (D) D/A D/B ha ha % ha % % ha % % 旧 石 巻 市 11,765.0 21.2 3,001.2 5.4 25.5 8,763.8

More information

Ⅰ 平成14年度の状況

Ⅰ 平成14年度の状況 資 料 3-2 平 成 23 度 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 23 度 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 数 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平

More information

中根・金田台地区 平成23年度補償説明業務

中根・金田台地区 平成23年度補償説明業務 簡 易 公 募 型 競 争 入 札 方 式 に 準 じた 手 続 による 手 続 開 始 掲 示 次 とおり 指 名 競 争 入 札 参 加 者 選 定 手 続 を 開 始 します 平 成 23 年 6 月 1 日 中 根 金 田 台 開 発 事 務 所 長 関 根 宣 由 1 務 概 要 (1) 務 名 中 根 金 田 台 地 区 平 成 23 年 度 補 償 説 明 務 (2) 務 内 容 研

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63> 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 < 概 要 版 > 平 成 22 年 3 月 北 海 道 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 の 背 景 国 では 公 的 直 接 供 給 やフローを 重 視 する 住 宅 建 設 計 画 法 を 廃 止 し 平 成 18 年 6 月 に 新 たな 時 代 の

More information

Microsoft Word - 目次.doc

Microsoft Word - 目次.doc 長 寿 医 療 制 度 と 国 民 健 康 保 険 一 体 化 に 関 する 舛 添 大 臣 私 案 イメージ < 現 行 > < 見 直 し 後 > 75 歳 長 寿 医 療 制 度 ( 県 単 位 広 域 連 合 ) 長 寿 医 療 ( 都 道 府 県 ) 1 両 者 を 一 体 化 し 都 道 府 県 が 運 営 75 歳 65 歳 被 用 者 保 険 から 財 政 調 整 国 保 国 保 被

More information

Taro-01 議案概要.jtd

Taro-01 議案概要.jtd 資 料 1 平 成 28 年 第 1 回 志 木 市 議 会 定 例 会 市 長 提 出 議 案 等 概 要 1 2 第 1 号 議 案 企 画 部 政 策 推 進 課 志 木 市 将 来 ビジョン( 第 五 次 志 木 市 総 合 振 興 計 画 将 来 構 想 )の 策 定 について ( 政 策 推 進 課 ) 1 将 来 ビジョンとは? 2 志 木 市 がおかれている 状 況 3 まちづくりの

More information

Ⅰ 平成14年度の状況

Ⅰ 平成14年度の状況 平 成 22 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 22 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 数 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平 成 22 の 保 険

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

表紙(第1巻)

表紙(第1巻) 神 奈 川 県 県 土 整 備 部 住 宅 課 平 成 20 年 度 住 宅 団 地 立 地 調 査 結 果 報 告 書 < 第 1 巻 > 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 巻 第 1 調 査 方 法 について 1 調 査 結 果 報 告 利 用 上 の 注 意 2 2 平 成 20 年 度 住 宅 団 地 立 地 調 査 実 施 要 領 3 3 調 書 の 記 載 方 法 5 第 2 調

More information

守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学 校 づくりについて 2 第 4 東 小

守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学 校 づくりについて 2 第 4 東 小 守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 平 成 27 年 2 月 守 口 市 教 育 委 員 会 守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学

More information

記者発表資料

記者発表資料 平 成 27 年 地 価 公 示 の 概 要 地 価 公 示 は 国 土 交 通 省 土 地 鑑 定 委 員 会 が 実 施 した 価 格 判 定 結 果 であり 本 資 料 は その 中 から 愛 媛 県 に 該 当 する 箇 所 を 抽 出 したものである 国 土 交 通 省 土 地 鑑 定 委 員 会 では 全 国 の 都 市 計 画 区 域 等 に 設 定 した 標 準 地 23,380 地

More information

Microsoft Word - 国民年金の加入納付状況H25

Microsoft Word - 国民年金の加入納付状況H25 平 成 25 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 25 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平 成 25 の 保 険 料

More information

佐渡市都市計画区域の見直し

佐渡市都市計画区域の見直し 都 市 計 画 区 域 の 拡 大 について 佐 渡 市 建 設 課 都 市 計 画 とは 土 地 の 使 い 方 や 建 物 の 建 て 方 についての ルールをはじめ まちづくりに 必 要 なことがら について 総 合 的 一 体 的 に 定 め まちづく り 全 体 を 秩 序 だてて 進 めていくことを 目 的 と した 都 市 計 画 法 という 法 律 で 定 められた 計 画 です 住

More information

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案)

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案) 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 に お け る 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 ( 案 ) 平 成 2 4 年 12 月 三 郷 市 ま ち づ く り 推 進 部 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 における 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 開 発 行 為

More information

Microsoft Word - A都市マス本編.doc

Microsoft Word - A都市マス本編.doc 5-3 交 通 体 系 の 方 針 1) 現 状 と 課 題 (1) 道 路 交 通 1 幹 線 道 路 幹 線 道 路 網 は 周 辺 市 町 との 広 域 連 携 を 担 う 一 般 国 道 11 号 32 号 438 号 さぬき 浜 街 道 を 中 心 に 市 内 各 地 の 連 絡 を 担 う 主 要 地 方 道 一 般 県 道 及 び 主 要 な 市 道 により 概 ね 格 子 状 に 道

More information

市街化区域と市街化調整区域との区分

市街化区域と市街化調整区域との区分 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 平 成 27 年 9 月 埼 玉 県 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 趣 旨 本 県 では 昭 和 45 年 に 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )を 都 市 計

More information

検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 簡 易 収 支 の 世 帯 からサンプリング 世 帯 名 作 成 事 務 の 廃 止 4 5 必 要 な 世 帯 数 の 確 保 が 可 能 か 簡 易 収 支 を 実 施 している 民 間 事 業 者 との 連 絡 等 に 伴 う 事 務 の 複 雑

検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 簡 易 収 支 の 世 帯 からサンプリング 世 帯 名 作 成 事 務 の 廃 止 4 5 必 要 な 世 帯 数 の 確 保 が 可 能 か 簡 易 収 支 を 実 施 している 民 間 事 業 者 との 連 絡 等 に 伴 う 事 務 の 複 雑 等 の 当 初 見 直 し 案 の 検 討 状 況 について 資 料 1-1 項 目 名 検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 都 道 府 県 担 当 者 との 意 見 交 換 では 結 果 精 度 の 低 下 に 伴 い 結 果 が 活 用 されなくなった 場 合 の 員 のモチベーション 低 下 の 可 能 性 や 員 の 配 置 換 え 等 についての 考 慮 が 必 要 との 意

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477>

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477> Ⅳ 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 考 え 方 総 務 省 では 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 今 後 のあり 方 等 について 検 討 を 行 うため 平 成 年 6 月 8 日 から 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 等 研 究 会 を 開 催 し その 研 究 会 で 報 告 書 が 取 り まとめられました

More information

主要生活道路について

主要生活道路について 議 題 2 資 料 1. 本 日 の 検 討 テーマ 主 要 生 活 道 路 について 基 本 構 想 ( 平 成 23 年 3 月 の 中 間 報 告 資 料 )では 主 要 生 活 道 路 A~C 主 要 生 活 道 路 D~G の2 種 類 の 主 要 生 活 道 路 整 備 を 提 言 しています 各 路 線 の 具 体 的 な 整 備 手 法 については 地 区 計 画 制 度 の 適 用

More information

<819A955D89BF92B28F91816989638BC690ED97AA8EBA81418FA48BC682CC8A8890AB89BB816A32322E786C7378>

<819A955D89BF92B28F91816989638BC690ED97AA8EBA81418FA48BC682CC8A8890AB89BB816A32322E786C7378> 平 成 27 年 度 施 策 評 価 調 書 施 策 の 名 称 等 整 理 番 号 22 評 価 担 当 課 営 業 戦 略 課 職 氏 名 施 策 名 ( 基 本 事 業 ) 商 業 の 活 性 化 総 合 計 画 の 位 置 づけ 基 本 目 主 要 施 策 4 想 像 力 と 活 力 にあふれたまちづくり 商 業 の 振 興 2 施 策 の 現 状 分 析 と 意 図 施 策 の 対 象 意

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 清 瀬 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) 25 年 度 千 74,247 27,195,534 A 768,602 千 4,616,550 B 千 17.0 B/A 昨 年 度 の 件 費 率 17.3

More information

「東武東上線 vs 西武池袋線」

「東武東上線 vs 西武池袋線」 埼 玉 県 東 松 山 市 で 不 動 産 鑑 定 事 務 所 を 開 業 し ており, 地 価 公 示 地 価 調 査 で 埼 玉 第 12 分 科 会 ( 秩 父 飯 能 東 松 山 エリ ア) に 所 属 し ている 関 係 で, こ の 2 路 線 について 詳 し く 分 析 する. なお, 本 件 においては, 次 の 前 提 条 件 を おく. 1 都 心 から の 距 離 と は,

More information

<5461726F2D30362D955C8E8648313681699286955C8E86816A2E6A7464>

<5461726F2D30362D955C8E8648313681699286955C8E86816A2E6A7464> 参 考 人 権 教 育 のための 国 連 10 年 に 係 る 各 都 道 府 県 の 取 組 状 況 について 人 権 教 育 のための 国 連 10 年 に 係 る 各 都 道 府 県 の 取 組 状 況 について 人 権 教 育 のための 国 連 10 年 推 進 本 部 は, 平 成 9 年 7 月 に 人 権 教 育 のた めの 国 連 10 年 に 関 する 国 内 行 動 計 画 を

More information

資料2 利用者負担(保育費用)

資料2 利用者負担(保育費用) 新 制 度 の 保 育 料 ( 利 用 者 負 担 額 )について 資 料 2 新 制 度 における 保 育 料 については 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づき 現 行 の 保 育 制 度 と 同 様 世 帯 の 所 得 の 状 況 その 他 の 事 情 を 勘 案 し 国 が 定 める 水 準 を 上 限 として 市 町 村 が 定 めることになりま す 国 が 定 める 水 準 については

More information

<5461726F2D91E6343089F18BDF91E389BB955C8E86208169979D8E9689EF2E>

<5461726F2D91E6343089F18BDF91E389BB955C8E86208169979D8E9689EF2E> 平 成 28 年 度 ( 第 40 回 ) 奈 良 県 近 代 化 基 金 融 資 推 薦 申 込 み 公 募 要 綱 公 募 期 間 融 資 公 募 枠 総 枠 3 億 円 平 成 28 年 6 月 15 日 ( 水 )~ 平 成 28 年 9 月 30 日 ( 金 ) 融 資 対 象 事 業 近 代 化 基 金 1.トラックターミナル 配 送 センター 等 の 物 流 施 設 の 整 備 に 要

More information

6 構 造 等 コンクリートブロック 造 平 屋 建 て4 戸 長 屋 16 棟 64 戸 建 築 年 1 戸 当 床 面 積 棟 数 住 戸 改 善 後 床 面 積 昭 和 42 年 36.00m2 4 50.40m2 昭 和 43 年 36.50m2 3 50.90m2 昭 和 44 年 36.

6 構 造 等 コンクリートブロック 造 平 屋 建 て4 戸 長 屋 16 棟 64 戸 建 築 年 1 戸 当 床 面 積 棟 数 住 戸 改 善 後 床 面 積 昭 和 42 年 36.00m2 4 50.40m2 昭 和 43 年 36.50m2 3 50.90m2 昭 和 44 年 36. 市 営 住 宅 建 替 えPFI 等 導 入 可 能 性 調 査 業 務 委 託 仕 様 書 1. 適 用 範 囲 本 仕 様 書 は 十 和 田 市 ( 以 下 発 注 者 という )が 実 施 する 市 営 住 宅 建 替 えPFI 等 導 入 可 能 性 調 査 業 務 委 託 ( 以 下 本 業 務 委 託 という )に 適 用 するものとする 2. 業 務 目 的 十 和 田 市 営 住

More information

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている.

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている. 別 紙 高 山 村 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 月 日 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 年 度 千 千 千 2,9 2,64,628 6,8 467,928 8. 2.4 (2) 職 員 給 与 費

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 例 ) 15 15 1 1 95 95 9 9 ( 例 ) 15 (H2) (H2) (H24) (H24) (H25.4.1) (H25.4.1) (H24) 94.4 95. 1. (H24) 12.1 1.2

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 例 ) 15 15 1 1 95 95 9 9 ( 例 ) 15 (H2) (H2) (H24) (H24) (H25.4.1) (H25.4.1) (H24) 94.4 95. 1. (H24) 12.1 1.2 平 成 25 年 度 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 24 年 度 末 ) A B B/A 平 成 2 年 度 の 件 費 率 平 成 24 年 度 千 千 千 5,594,744,222 164,19 62,94

More information

事 業 概 要 利 用 時 間 休 館 日 使 用 方 法 使 用 料 施 設 を 取 り 巻 く 状 況 や 課 題 < 松 山 駅 前 駐 輪 場 > JR 松 山 駅 を 利 用 する 人 の 自 転 車 原 付 を 収 容 する 施 設 として 設 置 され 有 料 駐 輪 場 の 利 用

事 業 概 要 利 用 時 間 休 館 日 使 用 方 法 使 用 料 施 設 を 取 り 巻 く 状 況 や 課 題 < 松 山 駅 前 駐 輪 場 > JR 松 山 駅 を 利 用 する 人 の 自 転 車 原 付 を 収 容 する 施 設 として 設 置 され 有 料 駐 輪 場 の 利 用 駐 輪 場 ( 都 市 整 備 部 総 合 交 通 課 所 管 ) 市 が 設 置 している 有 料 駐 輪 場 は 市 内 に 2か 所 あります 松 山 駅 前 駐 輪 場 基 本 情 報 施 設 名 所 在 地 敷 地 面 積 構 造 階 層 延 べ 面 積 建 築 年 管 理 形 態 敷 地 の 状 態 松 山 駅 前 駐 輪 場 三 番 町 八 丁 目 364-6 681.25 m2 軽

More information

参 -1 平 成 27 年 度 完 成 予 定 区 間 < 完 成 予 定 区 間 > 路 線 名 道 路 名 区 間 延 長 (km) 備 考 高 速 自 動 車 国 道 ほこた いばらきくうこうきた 東 関 東 自 動 車 道 水 戸 線 東 関 東 自 動 車 道 鉾 田 IC~ 茨 城 空

参 -1 平 成 27 年 度 完 成 予 定 区 間 < 完 成 予 定 区 間 > 路 線 名 道 路 名 区 間 延 長 (km) 備 考 高 速 自 動 車 国 道 ほこた いばらきくうこうきた 東 関 東 自 動 車 道 水 戸 線 東 関 東 自 動 車 道 鉾 田 IC~ 茨 城 空 参 考 資 料 参 -1 平 成 27 年 度 完 成 予 定 区 間 ( 箇 所 ) 参 -2 平 成 27 年 度 完 成 予 定 区 間 の 概 要 首 都 圏 中 央 連 絡 自 動 車 道 神 崎 IC~ 大 栄 JCT 首 都 圏 中 央 連 絡 自 動 車 道 桶 川 北 本 IC~ 白 岡 菖 蒲 IC 首 都 圏 中 央 連 絡 自 動 車 道 境 古 河 IC~つくば 中 央 IC

More information

<5461726F2D8179835A8362836794C5817A313230333039817988C495B6817A>

<5461726F2D8179835A8362836794C5817A313230333039817988C495B6817A> - 1 - 省 百 七 旅 客 部 改 省 令 平 成 省 令 伴 並 平 成 省 令 並 ま づ 並 令 づ く 領 平 成 月 大 臣 前 田 武 志 づ く 領 語 お 使 語 監 督 針 平 成 省 千 百 お 使 語 - 2 - 務 名 簿 款 寄 附 為 登 記 証 明 組 織 図 保 制 証 機 器 機 器 設 設 備 記 載 決 算 報 足 経 的 礎 証 績 分 証 程 七 イ 概

More information

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環 資 料 2-2 容 積 率 規 制 等 について Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保

More information

(3) 善 通 寺 市 の 状 況 善 通 寺 市 においては 固 定 資 産 税 の 納 期 前 前 納 に 対 する 報 奨 金 について 善 通 寺 市 税 条 例 の 規 定 ( 交 付 率 :0.1% 限 度 額 :2 万 円 )に 基 づき 交 付 を 行 っています 参 考 善 通 寺

(3) 善 通 寺 市 の 状 況 善 通 寺 市 においては 固 定 資 産 税 の 納 期 前 前 納 に 対 する 報 奨 金 について 善 通 寺 市 税 条 例 の 規 定 ( 交 付 率 :0.1% 限 度 額 :2 万 円 )に 基 づき 交 付 を 行 っています 参 考 善 通 寺 平 成 26 年 12 月 パブリックコメント 資 料 固 定 資 産 税 前 納 報 奨 金 の 廃 止 について 1. 前 納 報 奨 金 制 度 とは (1) 制 度 の 目 的 前 納 報 奨 金 制 度 は シャウプ 勧 告 ( GHQが 派 遣 した 米 国 の 税 制 使 節 団 から 出 された 日 本 の 新 税 制 に 対 する 勧 告 のこと)に 基 づき 昭 和 25 年 の

More information

個人住民税徴収対策会議

個人住民税徴収対策会議 個 人 住 民 税 徴 収 対 策 会 議 平 成 26 年 8 月 7 日 税 収 に 占 める 個 人 住 民 税 の 割 合 個 人 住 民 税 は 県 市 町 村 いずれも 税 収 の 約 3 割 を 占 めており 重 要 な 財 源 となっている 岡 山 県 現 年 繰 越 合 計 市 町 村 その 他 18.5% 自 動 車 税 13.1% 個 人 県 民 税 29.6% その 他 15.0%

More information

その 他 事 業 推 進 体 制 平 成 20 年 3 月 26 日 に 石 垣 島 国 営 土 地 改 良 事 業 推 進 協 議 会 を 設 立 し 事 業 を 推 進 ( 構 成 : 石 垣 市 石 垣 市 議 会 石 垣 島 土 地 改 良 区 石 垣 市 農 業 委 員 会 沖 縄 県 農

その 他 事 業 推 進 体 制 平 成 20 年 3 月 26 日 に 石 垣 島 国 営 土 地 改 良 事 業 推 進 協 議 会 を 設 立 し 事 業 を 推 進 ( 構 成 : 石 垣 市 石 垣 市 議 会 石 垣 島 土 地 改 良 区 石 垣 市 農 業 委 員 会 沖 縄 県 農 国 営 かんがい 排 水 事 業 石 垣 島 地 区 事 業 の 概 要 本 事 業 は 沖 縄 本 島 から 南 西 約 400kmにある 石 垣 島 に 位 置 する 石 垣 市 の4,338haの 農 業 地 帯 において 農 業 用 水 の 安 定 供 給 を 図 るため 農 業 水 利 施 設 の 改 修 整 備 を 行 うものである 事 業 の 目 的 必 要 性 本 地 区 は さとうきびを

More information

Microsoft Word - 資料3(用途)

Microsoft Word - 資料3(用途) 姶 良 用 途 地 域 見 直 し 方 針 について 資 料 4 1 用 途 地 域 現 状 都 計 画 区 域 内 に 地 域 地 区 として 用 途 地 域 を 定 めることができます 用 途 地 域 は 地 域 地 区 制 うち 最 も 基 本 的 なもで 建 築 物 用 途 形 態 高 さなどに 制 限 を 加 えることにより 都 機 能 維 持 増 進 居 住 環 境 保 護 商 工 業

More information

している 5. これに 対 して 親 会 社 の 持 分 変 動 による 差 額 を 資 本 剰 余 金 として 処 理 した 結 果 資 本 剰 余 金 残 高 が 負 の 値 となるような 場 合 の 取 扱 いの 明 確 化 を 求 めるコメントが 複 数 寄 せられた 6. コメントでは 親

している 5. これに 対 して 親 会 社 の 持 分 変 動 による 差 額 を 資 本 剰 余 金 として 処 理 した 結 果 資 本 剰 余 金 残 高 が 負 の 値 となるような 場 合 の 取 扱 いの 明 確 化 を 求 めるコメントが 複 数 寄 せられた 6. コメントでは 親 第 265 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 資 料 番 号 日 付 審 議 事 項 (3) 2013 年 5 月 29 日 プロジェクト 項 目 企 業 結 合 (ステップ2) 公 開 草 案 に 対 するコメントへの 対 応 I. 検 討 の 経 緯 1. 平 成 25 年 1 月 に 企 業 会 計 基 準 公 開 草 案 第 49 号 企 業 結 合 に 関 する 会 計 基 準 (

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

第2章 施設の実態(用途別)

第2章 施設の実態(用途別) 9. 公 営 住 宅 (1) 施 設 の 概 要 設 置 の 目 的 市 営 住 宅 は 住 宅 に 困 窮 する 低 額 所 得 者 に 低 廉 な 家 賃 で 賃 貸 し 健 康 で 文 化 的 な 生 活 を 営 める ことを 目 的 に 設 置 されている 施 設 です 保 有 施 設 市 営 住 宅 として 24 1 住 宅 が 設 置 されており 合 計 1, 戸 延 床 面 積 58,42

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6 様 式 租 税 特 別 措 置 等 に 係 る 政 策 の 事 前 評 価 書 1 政 策 評 価 の 対 象 とした 産 業 活 力 の 再 生 及 び 産 業 活 動 の 革 新 に 関 する 特 別 措 置 法 に 基 づく 登 録 免 租 税 特 別 措 置 等 の 名 称 許 税 の 特 例 措 置 の 延 長 ( 国 税 32)( 登 録 免 許 税 : 外 ) 2 要 望 の 内 容

More information

01.活性化計画(上大久保)

01.活性化計画(上大久保) 別 記 様 式 第 1 号 ( 第 四 関 係 ) か み お お く ぼ 上 大 久 保 ち く 地 区 か っ せ い か 活 性 化 け い か く 計 画 栃 木 県 鹿 沼 市 平 成 26 年 2 月 1 活 性 化 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 計 画 の 名 称 上 大 久 保 地 区 活 性 化 計 画 都 道 府 県 名 栃 木 県 市 町 村 名 鹿 沼 市 地

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817932382E322E32328F4390B3817A977691CE8DF489D38F8A88EA9797955C5F8CF68A4A9770816A5F2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817932382E322E32328F4390B3817A977691CE8DF489D38F8A88EA9797955C5F8CF68A4A9770816A5F2E646F6378> < 番 西 条 小 学 地 校 区 > 通 学 路 安 全 対 策 一 覧 表 (H28.2 月 改 訂 版 ) 12 号 路 線 名 ( 位 置 ) カメラのキタムラ 箇 所 名 住 所 南 学 路 の 状 況 危 険 の 内 容 対 策 内 容 事 業 主 体 対 策 状 況 3 市 道 土 吉 与 行 丸 泉 御 線 薗 宇 線 福 美 賀 人 茂 酒 自 造 動 ~ 車 学 上 校 市 北

More information

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンターエネルギー 回 収 推 進 施 設 等 長 期 包 括 的 運 転 維 持 管 理 業 務 委 託 に 係 る 発 注 支 援 業 務 公 募 型 プロポ-ザル 実 施 要 領 1 プロポーザルの 目 的 この 要 領 は 平 成 30 年 4 月 から 運 転 を 予 定 している 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンター エネルギー 回 収 推 進 施

More information

1. 事 業 概 要 起 終 点 こ き むらなか いぬや ごろうる : 愛 知 県 ~ 犬 山 延 長 等 :7.km(6 車 線 設 計 速 度 6km/h 事 業 費 : 約 9 億 円 計 画 交 通 量 : 約 4,3 台 / 日 乗 用 車 型 貨 物 大 型 貨 物 3 8,8 台 /

1. 事 業 概 要 起 終 点 こ き むらなか いぬや ごろうる : 愛 知 県 ~ 犬 山 延 長 等 :7.km(6 車 線 設 計 速 度 6km/h 事 業 費 : 約 9 億 円 計 画 交 通 量 : 約 4,3 台 / 日 乗 用 車 型 貨 物 大 型 貨 物 3 8,8 台 / 資 料 社 会 資 本 整 備 審 議 会 道 路 分 科 会 部 地 方 委 員 会 ( 平 成 年 度 第 1 回 平 成 年 度 規 事 業 候 補 箇 所 1 一 般 国 道 号 バイパス に 係 る 規 事 業 採 択 時 評 価 国 土 交 通 省 部 地 方 整 備 局 Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism Chubu

More information

1 平 成 27 年 度 土 地 評 価 の 概 要 について 1 固 定 資 産 税 の 評 価 替 えとは 地 価 等 の 変 動 に 伴 う 固 定 資 産 の 資 産 価 値 の 変 動 に 応 じ その 価 格 を 適 正 で 均 衡 のとれたものに 見 直 す 制 度 である 3 年 ご

1 平 成 27 年 度 土 地 評 価 の 概 要 について 1 固 定 資 産 税 の 評 価 替 えとは 地 価 等 の 変 動 に 伴 う 固 定 資 産 の 資 産 価 値 の 変 動 に 応 じ その 価 格 を 適 正 で 均 衡 のとれたものに 見 直 す 制 度 である 3 年 ご 平 成 27 年 度 固 定 資 産 ( 土 地 ) 評 価 替 えについて - 県 内 市 町 の 基 準 宅 地 の 評 価 額 - 市 町 名 区 分 所 在 地 ( 参 考 ) 27 年 度 27 年 度 24 年 度 修 正 率 評 価 額 評 価 額 評 価 額 変 動 率 H26.1.1~ H26.1.1 基 準 H26.7.1 修 正 H23.7.1 修 正 B/C-1 H26.7.1

More information

Microsoft Word - 概況(確定版).doc

Microsoft Word - 概況(確定版).doc 平 成 25 年 2 月 28 日 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 小 野 暁 史 課 長 補 佐 關 雅 夫 ( 内 線 7471) 計 析 第 一 係 ( 内 線 7470) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2812 ( F A X ) 03(3595)1670 平 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095CA8E863136816A90DA91B18C9F93A289F1939A8F9181698D8288B3816A5F4150382E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095CA8E863136816A90DA91B18C9F93A289F1939A8F9181698D8288B3816A5F4150382E646F63> 接 続 検 討 回 答 書 ( 高 圧 版 ) 別 添 様 式 AP8-20160401 回 答 日 年 月 日 1. 申 込 者 等 の 概 要 申 込 者 検 討 者 2. 接 続 検 討 の 申 込 内 容 発 電 者 の 名 称 発 電 場 所 ( 住 所 ) 最 大 受 電 電 力 アクセス の 運 用 開 始 希 望 日 3. 接 続 検 討 結 果 (1) 希 望 受 電 電 力 に

More information

スライド 1

スライド 1 資 料 2 参 考 資 料 ( 都 市 農 地 に 係 る 土 地 利 用 計 画 制 度 について) 平 成 2 4 年 4 月 1. 土 地 利 用 計 画 制 度 における 都 市 農 地 の 位 置 付 けの 変 化 (1) 新 都 市 計 画 法 の 制 定 現 行 の 新 都 市 計 画 法 は 昭 和 43 年 高 度 経 済 成 長 に 伴 い 都 市 への 急 激 な 人 口 流

More information

目 次 本 編. 地 価 公 示 価 格 一 覧 表 ページ. 地 価 公 示 価 格 選 定 替 廃 止 等 一 覧 7ページ 3. 地 価 公 示 地 価 調 査 共 通 地 点 の 価 格 一 覧 表 8ページ 資 料 編 4. 宇 都 宮 市 ( 用 途 地 域 別 ) 均 価 格 変 動

目 次 本 編. 地 価 公 示 価 格 一 覧 表 ページ. 地 価 公 示 価 格 選 定 替 廃 止 等 一 覧 7ページ 3. 地 価 公 示 地 価 調 査 共 通 地 点 の 価 格 一 覧 表 8ページ 資 料 編 4. 宇 都 宮 市 ( 用 途 地 域 別 ) 均 価 格 変 動 8 地 価 公 示 価 格 一 覧 表 価 格 時 点 8 月 日 国 土 交 通 省 8 3 月 3 日 地 価 公 示 調 査 価 格 一 覧 表 (ポイント) 地 価 調 査 地 との 共 通 地 点 (7ポイント) 3 資 料 編 用 途 地 域 別 均 価 格 変 動 率 一 覧 表 およびグラフ 住 宅 地 及 び 商 業 地 地 価 公 示 地 価 調 査 の 価 格 及 び 変 動

More information

<81798C6898568F6A8BE0817A8D8297EE2048508CF6955C9770>

<81798C6898568F6A8BE0817A8D8297EE2048508CF6955C9770> 平 成 24 年 度 薩 摩 川 内 市 事 務 事 業 評 価 表 1 事 務 事 業 の 位 置 付 け(Plan) 事 務 事 業 名 薩 摩 川 内 市 敬 老 金 支 給 事 業 担 当 者 齊 藤 夏 美 所 管 部 課 名 事 業 の 種 類 市 民 福 祉 部 高 齢 介 護 福 祉 課 事 業 の 根 拠 ( 根 拠 法 令 ) ソフト 事 業 建 設 整 備 事 業 施 設 管

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63> 千 葉 県 用 途 地 域 指 定 基 準 千 葉 県 県 土 整 備 部 都 市 計 画 課 平 成 22 年 4 月 - 目 次 - 1. 用 途 地 域 指 定 の 目 的 1 2. 用 途 地 域 指 定 の 基 本 方 針 1 3. 土 地 利 用 と 用 途 地 域 の 指 定 方 針 2 (1) 住 宅 地 (2) 商 業 地 (3) 工 業 地 (4) 幹 線 道 路 の 沿 道 等

More information

6 月 21 日 前 橋 中 央 ボーイズ 6 1 5 3 年 生 A 6 月 21 日 前 橋 中 央 ボーイズ 9 6 3 3 年 生 A 6 月 15 日 横 浜 青 葉 ボーイズ 2 3-1 3 年 生 A 6 月 15 日 横 浜 青 葉 ボーイズ 11 2 9 3 年 生 B 6 月 1

6 月 21 日 前 橋 中 央 ボーイズ 6 1 5 3 年 生 A 6 月 21 日 前 橋 中 央 ボーイズ 9 6 3 3 年 生 A 6 月 15 日 横 浜 青 葉 ボーイズ 2 3-1 3 年 生 A 6 月 15 日 横 浜 青 葉 ボーイズ 11 2 9 3 年 生 B 6 月 1 13 期 生 ( 公 式 戦 ) 計 5.3 2.7 2.6 9 5 0 64.3% 9 月 20 日 桐 生 ボーイズ 3 4-1 上 毛 新 聞 社 杯 3 回 戦 9 月 20 日 宇 都 宮 リトルシニア 7 2 5 上 毛 新 聞 社 杯 2 回 戦 9 月 15 日 小 山 ボーイズ 8 6 2 上 毛 新 聞 社 杯 1 回 戦 8 月 10 日 土 浦 霞 ヶ 浦 ボーイズ 9 1

More information

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 程 平 成 19 年 3 月 30 日 制 定 改 正 平 成 19 年 9 月 10 日 平 成 20 年 3 月 25 日 平 成 21 年 1 月 29 日 平 成 21 年 9 月 3 日 平 成 21 年 11 月 27 日 平 成 23 年 3 月 30 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

untitled

untitled 別 紙 2 事 業 実 施 基 準 適 合 検 証 調 書 地 区 名 さいたま 市 北 袋 町 一 丁 目 地 区 地 区 の 概 要 所 在 埼 玉 県 さいたま 市 大 宮 区 北 袋 町 一 丁 目 事 業 手 法 防 災 公 園 街 区 整 備 事 業 土 地 区 画 整 理 事 業 地 区 面 積 約 13ha 採 択 年 度 平 成 26 年 度 位 置 JR 京 浜 東 北 線 高

More information

コスト縮減を考慮した整備計画案について

コスト縮減を考慮した整備計画案について 第 1 回 委 員 会 H20.9.3. 資 料 -3 事 業 費 縮 減 を 考 慮 した 整 備 計 画 案 について (1) 目 的 昨 年 度 の 関 係 者 連 絡 会 議 で 事 業 費 縮 減 に 向 けて 提 案 された 乗 り 換 え 案 等 について 現 計 画 の 高 架 案 半 数 乗 り 入 れ 案 をベースに 概 略 の 比 較 検 討 を 行 う (2) 必 要 輸 送

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 11 章 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 法 律 ( 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ) 第 四 十 一 条 都 道 府 県 知 事 は 用 途 地 域 の 定 められていない 土 地 の 区 域 における 開 発 行 為 につい て 開

More information

Microsoft Word - ★HP版平成27年度検査の結果

Microsoft Word - ★HP版平成27年度検査の結果 平 成 7 年 度 検 査 結 果 について () 検 査 体 制 等 農 政 部 農 地 整 備 課 の 検 査 員 名 以 上 により 土 地 改 良 区 等 あたり 日 間 から 日 間 実 施 しました 農 業 振 興 事 務 所 の 土 地 改 良 区 指 導 担 当 職 員 及 び 関 係 市 町 職 員 が 立 会 いました () 検 査 件 数 定 期 検 査 8( 土 地 改 良

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

表紙

表紙 現 況 の 指 定 容 積 率 をすべて 使 い 切 った 場 合 に 現 況 容 積 率 の 2.25 倍 以 上 になるかどうかを 確 認 する 現 況 の 街 区 面 積 は 3,569,759m2 延 べ 床 面 積 は 3,569,759m2であるから 目 標 とする 延 べ 床 面 積 はその 2.25 倍 の 8,031,958m2である 一 方 指 定 容 積 率 をすべて 使 い

More information

1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )の 構 成 構 成 記 載 内 容 第 1 章 はじめに 本 マニュアルの 目 的 記 載 内 容 について 説 明 しています 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 林 地

1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )の 構 成 構 成 記 載 内 容 第 1 章 はじめに 本 マニュアルの 目 的 記 載 内 容 について 説 明 しています 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 林 地 ( 資 料 3) 林 地 台 帳 及 び 地 図 整 備 マニュアル( 案 ) 概 要 本 資 料 は 現 時 点 での 検 討 状 況 を 基 に 作 成 したものであり 今 後 事 務 レベルの 検 討 会 等 を 経 て 成 案 を 得 ることとしてい ます 平 成 28 年 7 月 林 野 庁 計 画 課 1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル(

More information

<5461726F2D83528373815B208160208179308E9197BF817A955C8E868145>

<5461726F2D83528373815B208160208179308E9197BF817A955C8E868145> 資 料 2 平 成 21 年 地 価 公 示 に 基 づく 地 価 動 向 について 平 成 21 年 地 価 公 示 に 基 づく 地 価 動 向 について( 概 括 ) 平 成 21 年 3 月 24 日 国 土 交 通 省 土 地 水 資 源 局 平 成 21 年 1 月 1 日 時 点 の 地 価 公 示 によると 平 成 20 年 1 月 以 降 の1 年 間 の 地 価 は 全 国 平

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088BB90A38E73918D8D8793738E738CF092CA8C7689E68169967B95D2816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088BB90A38E73918D8D8793738E738CF092CA8C7689E68169967B95D2816A2E646F63> 第 2 章 都 市 交 通 の 現 状 と 課 題 1. 道 路 交 通 の 状 況 (1) 現 況 の 骨 格 道 路 県 道 を 中 心 に 骨 格 道 路 を 形 成 ( 都 ) 寺 尾 上 土 棚 線 が 新 たな 背 骨 として 機 能 市 内 は 県 道 を 中 心 に 骨 格 道 路 が 形 成 されており 県 央 地 域 における 広 域 的 な 交 通 を 受 け 流 しています

More information

目 次 都 市 づくりの 全 体 構 想 偏 1. 都 市 づくりの 理 念 と 目 標 1 1. 都 市 づくりの 理 念 と 将 来 像 1 2. 都 市 づくりの 目 標 とテーマ 2 3. 計 画 期 間 3 4. 将 来 人 口 フレーム 3 2. 将 来 都 市 構 造 4 1. 将 来

目 次 都 市 づくりの 全 体 構 想 偏 1. 都 市 づくりの 理 念 と 目 標 1 1. 都 市 づくりの 理 念 と 将 来 像 1 2. 都 市 づくりの 目 標 とテーマ 2 3. 計 画 期 間 3 4. 将 来 人 口 フレーム 3 2. 将 来 都 市 構 造 4 1. 将 来 とうおん まちづくりプラ プラン 東 温 市 の 都 市 計 画 に 関 する 基 本 的 な 方 針 都 市 づくりの 全 体 構 想 編 愛 媛 県 東 温 市 目 次 都 市 づくりの 全 体 構 想 偏 1. 都 市 づくりの 理 念 と 目 標 1 1. 都 市 づくりの 理 念 と 将 来 像 1 2. 都 市 づくりの 目 標 とテーマ 2 3. 計 画 期 間 3 4. 将 来 人

More information

〔自 衛 隊〕

〔自 衛 隊〕 基 交 付 金 及 び 調 整 交 付 金 等 総 務 省 所 管 (1) 基 交 付 金 ( 趣 旨 ) 基 交 付 金 は 国 有 提 供 施 設 等 所 在 市 町 村 助 成 交 付 金 に 関 する 法 律 ( 昭 和 32 年 法 律 104 号 ) の 定 めるところにより 国 が 所 有 する 固 定 資 産 のうち 米 軍 等 に 使 用 させている 固 定 資 産 並 びに 自

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

Microsoft Word - M075029_檜山_表紙.docx

Microsoft Word - M075029_檜山_表紙.docx 2011 1 25 075029 4 61 29 1 1 2 1.1 2 1.2 3 1.3 5 1.4 6 2 12 2.1 12 2.2 13 3 15 3.1 15 3.2 17 3.3 19 20 21 web 21 はじめに 研 究 概 要 2 研 究 方 法 CSV ArcGIS 21 1 第 1 章 新 聞 業 界 の 現 状 1.1 全 体 の 売 上 1 図 1: 業 界 全 体

More information

1. 料 金 水 準 について 料 金 水 準 引 き 下 げの 対 象 はETC 車 に 限 定 し 期 間 は 当 面 10 年 間 とする 注 : 料 金 水 準 については 普 通 車 の 場 合 関 門 橋 広 島 岩 国 路 普 通 区 間 高 速 自 動 車 国 陸 上 部 本 四 高

1. 料 金 水 準 について 料 金 水 準 引 き 下 げの 対 象 はETC 車 に 限 定 し 期 間 は 当 面 10 年 間 とする 注 : 料 金 水 準 については 普 通 車 の 場 合 関 門 橋 広 島 岩 国 路 普 通 区 間 高 速 自 動 車 国 陸 上 部 本 四 高 新 たな 高 速 路 料 金 について 別 紙 1 1. 料 金 水 準 について 料 金 水 準 引 き 下 げの 対 象 はETC 車 に 限 定 し 期 間 は 当 面 10 年 間 とする 注 : 料 金 水 準 については 普 通 車 の 場 合 関 門 橋 広 島 岩 国 路 普 通 区 間 高 速 自 動 車 国 陸 上 部 本 四 高 速 明 石 海 峡 本 四 高 速 海 峡 部

More information

耐 震 診 断 受 付 期 間 4 月 16 日 ( 月 )~1 月 31 日 ( 木 ) 予 定 戸 数 100 戸 1 補 助 の 条 件 次 のすべての 要 件 に 該 当 すること (1) 市 民 自 らが 所 有 し 居 住 していること (2) 昭 和 56 年 5 月 31 日 以 前

耐 震 診 断 受 付 期 間 4 月 16 日 ( 月 )~1 月 31 日 ( 木 ) 予 定 戸 数 100 戸 1 補 助 の 条 件 次 のすべての 要 件 に 該 当 すること (1) 市 民 自 らが 所 有 し 居 住 していること (2) 昭 和 56 年 5 月 31 日 以 前 平 成 24 年 度 地 震 に 備 えて 補 強 し 住 み 慣 れた 家 に 住 み 続 けよう 旧 耐 震 基 準 ( 昭 和 56 年 5 月 31 日 以 前 )によって 建 設 された 木 造 住 宅 の 耐 震 診 断 費 耐 震 改 修 費 の 一 部 を 補 助 します 必 ず 事 前 に 申 請 してください 事 前 に 着 手 した 場 合 には 補 助 対 象 になりませんのでご

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

一般入学試験選抜自己推薦入学試験帰国生入学試験選抜帰国生自己推薦入学試験全入学試験共通事項

一般入学試験選抜自己推薦入学試験帰国生入学試験選抜帰国生自己推薦入学試験全入学試験共通事項 試験概要 一般入学試験選抜自己推薦入学試験帰国生入学試験選抜帰国生自己推薦入学試験全入学試験共通事項 験帰国生入学試. 帰国生入学試験 16 帰国生入学試験 17 18 帰国生入学試験 全入学試験共通事項全入学試験共通事項 25 全入学試験共通事項 26 全入学試験共通事項 記入例 27 9 2 0 0 3 全入学試験共通事項 28 全入学試験共通事項 29 30 全入学試験共通事項 31 全入学試験共通事項

More information

<4D F736F F D2091E F18CB48D C481698E7B90DD8F9590AC89DB816A2E646F63>

<4D F736F F D2091E F18CB48D C481698E7B90DD8F9590AC89DB816A2E646F63> 平 成 18 年 7 月 独 立 行 政 法 人 国 立 大 学 財 務 経 営 センター 国 立 大 学 法 人 等 による 国 立 大 学 財 務 経 営 センターへの 土 地 譲 渡 収 入 の 一 部 納 付 の 仕 組 みについて 国 立 大 学 法 人 等 が 国 から 出 資 された 土 地 を 譲 渡 した 場 合 文 部 科 学 大 臣 が 定 める 基 準 に より 算 定 した

More information

自転車等の利用と駐輪対策に関する総合計画 中間見直し

自転車等の利用と駐輪対策に関する総合計画 中間見直し 自 転 車 等 の 利 用 と 駐 輪 対 策 に 関 する 総 合 計 画 中 間 見 直 し 自 転 車 等 駐 輪 対 策 協 議 会 第 1 回 計 画 概 要 計 画 の 目 的 利 用 者 が 自 由 に 利 用 できる 利 用 者 は ルールを 守 り マナーに 気 を 付 ける ( 新 宿 区 関 係 者 ) 自 転 車 等 の 利 用 環 境 の 整 備 自 転 車 等 利 用 者

More information

3 今 後 の 活 動 ( 実 現 に 向 けた 調 査 研 究 ) 区 部 周 辺 部 における 環 状 公 共 交 通 の 整 備 について エイトライナー 促 進 協 議 会 及 び 東 京 都 メトロセブン 促 進 協 議 会 で 構 成 する 都 区 連 絡 会 におい て 次 期 交 通

3 今 後 の 活 動 ( 実 現 に 向 けた 調 査 研 究 ) 区 部 周 辺 部 における 環 状 公 共 交 通 の 整 備 について エイトライナー 促 進 協 議 会 及 び 東 京 都 メトロセブン 促 進 協 議 会 で 構 成 する 都 区 連 絡 会 におい て 次 期 交 通 都 市 建 設 委 員 会 資 料 平 成 26 年 9 月 30 日 都 市 整 備 部 都 市 計 画 課 エイトライナー 促 進 協 議 会 の 実 施 結 果 について 1 これまでの 協 議 会 の 活 動 平 成 6 年 度 エイトライナー 促 進 協 議 会 設 立 平 成 10~16 年 度 エイトライナー メトロセブン 合 同 促 進 大 会 を 実 施 平 成 11 年 度 運

More information

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン 参 考 資 料 2 第 2 回 懇 談 会 (H27.8.10) 能 勢 町 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 25 年 8 月 大 阪 府 豊 能 郡 能 勢 町 目 次 1.ガイドラインの 趣 旨 1 2. 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 3. 地 区 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 策 定 にあたっての

More information

募集新株予約権(有償ストック・オプション)の発行に関するお知らせ

募集新株予約権(有償ストック・オプション)の発行に関するお知らせ 各 位 平 成 28 年 6 月 24 日 会 社 名 株 式 会 社 モバイルファクトリー 代 表 者 名 代 表 取 締 役 宮 嶌 裕 二 (コード 番 号 3912 東 証 マザーズ) 問 合 せ 先 執 行 役 員 計 数 管 理 部 長 谷 本 洋 (TEL. 03-3447-1181) 募 集 新 株 予 約 権 ( 有 償 ストック オプション)の 発 行 に 関 するお 知 らせ

More information