Microsoft Word docx

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 20130603050.docx"

Transcription

1 東 日 本 大 震 災 からの 住 宅 の 再 建 に 向 けた 取 組 国 土 交 通 委 員 会 調 査 室 廣 原 孝 一 1. はじめに 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 においては 津 波 により 東 北 地 方 沿 岸 部 を 中 心 に 甚 大 な 被 害 が 発 生 しており 建 築 物 の 被 害 は 全 国 で 全 壊 約 13 万 戸 半 壊 約 27 万 戸 に 上 っている とりわけ 岩 手 県 宮 城 県 福 島 県 の3 県 は 3 県 の 被 害 戸 数 の 合 計 が 全 体 の9 割 を 超 すなど 極 めて 大 きな 被 害 を 被 っている( 図 表 1) 津 波 により 広 範 にわた って 市 街 地 が 被 災 した 地 域 においては 防 災 集 団 移 転 促 進 事 業 や 土 地 区 画 整 理 事 業 など 市 街 地 や 居 住 地 の 復 興 のための 事 業 が 想 定 されている 地 区 も 多 く 単 に 自 宅 を 再 建 するに 止 まらず 移 転 や 地 盤 の 嵩 上 げが 必 要 とされる 被 災 者 も 多 数 に 上 っている ( 図 表 1) 東 日 本 大 震 災 における 建 築 物 の 被 害 状 況 建 築 被 害 全 壊 半 壊 戸 数 割 合 戸 数 割 合 岩 手 県 18,370 14% 6,558 2% 宮 城 県 85,260 66% 152,880 57% 福 島 県 21,149 16% 72,909 27% 3 県 計 124,779 97% 232,347 86% その 他 4,029 3% 37,524 14% 計 128, ,871 ( 出 所 ) 警 察 庁 資 料 ( 平 成 25 年 4 月 10 日 )より 作 成 発 災 後 2 年 を 経 過 し まちづくりを 始 めとする 復 興 事 業 はようやく 本 格 化 しようとして きているが 資 材 建 設 用 地 あるいは 人 員 の 不 足 等 の 理 由 により 復 興 事 業 の 進 捗 の 遅 れ が 懸 念 されている 被 災 地 域 は 高 齢 者 も 多 く 一 刻 も 早 い 住 居 の 再 建 が 望 まれているとこ ろであるが 例 えば 自 力 再 建 が 困 難 な 世 帯 に 対 し 賃 貸 される 災 害 公 営 住 宅 をとってみて も 整 備 に 着 手 ( 用 地 確 保 が 完 了 )した 割 合 が 計 画 戸 数 に 対 して 約 38% 1 ( 平 成 25 年 2 月 末 時 点 )に 止 まっている こうしたことから 安 倍 政 権 は 平 成 25 年 3 月 の 復 興 推 進 会 議 において 用 地 取 得 の 迅 速 化 や 生 コン 等 資 材 対 策 を 含 めた 住 宅 再 建 復 興 まちづくりの 加 速 化 に 向 けた 施 策 パッ ケージ を 公 表 した これに 基 づき 市 町 村 及 びその 地 区 ごとに 面 的 整 備 事 業 ( 防 災 集 団 移 転 促 進 事 業 等 )の 工 程 や 住 宅 宅 地 の 入 居 可 能 戸 数 を 年 度 別 に 明 示 した 住 まいの 復 興 工 程 表 を 公 表 し 住 宅 の 早 期 再 建 を 図 るとともに 被 災 者 が 生 活 再 建 に 向 けた 見 通 しを 持 てるようにしている 1 災 害 公 営 住 宅 の 全 体 計 画 が 未 定 の 福 島 県 を 除 く 50 ( 参 議 院 事 務 局 企 画 調 整 室 編 集 発 行 )

2 本 稿 では 被 害 の 大 きかった 岩 手 県 宮 城 県 福 島 県 ( 以 下 被 災 3 県 という )にお ける 住 居 の 復 興 について 災 害 公 営 住 宅 を 中 心 に 概 観 する 2. 住 宅 再 建 に 向 けた 取 組 及 び 復 興 の 現 状 東 日 本 大 震 災 により 住 宅 が 滅 失 した 被 災 者 の 居 住 の 再 建 については 自 力 での 住 宅 再 建 が 可 能 な 被 災 者 に 対 しては 被 災 者 生 活 再 建 支 援 法 に 基 づく 被 災 者 生 活 再 建 支 援 金 ( 自 宅 が 全 壊 し 再 建 した 場 合 等 に 最 高 300 万 円 )の 支 給 住 宅 金 融 支 援 機 構 による 災 害 復 興 住 宅 融 資 の 金 利 引 下 げ( 当 初 5 年 間 0% 等 ) 旧 住 宅 金 融 公 庫 や 住 宅 金 融 支 援 機 構 による 既 存 ロ ーンの 返 済 猶 予 等 の 返 済 方 法 の 変 更 等 住 宅 ローン 控 除 等 の 措 置 がとられている 一 方 自 力 による 再 建 が 困 難 な 被 災 者 に 対 しては 災 害 公 営 住 宅 の 整 備 の 促 進 を 図 ると ともに 収 入 基 準 等 により 継 続 的 に 災 害 公 営 住 宅 等 に 入 居 することが 困 難 な 被 災 者 に 対 し て 民 間 賃 貸 住 宅 の 整 備 を 促 進 することとしており 災 害 復 興 型 地 域 優 良 賃 貸 住 宅 制 度 ( 賃 貸 住 宅 整 備 費 用 補 助 の 拡 充 家 賃 低 廉 化 支 援 )の 創 設 被 災 者 向 け 優 良 賃 貸 住 宅 に 係 る 割 増 償 却 制 度 の 創 設 被 災 した 賃 貸 住 宅 所 有 者 の 再 建 費 用 に 対 する 融 資 の 金 利 引 下 げ( 当 初 5 年 間 0% 等 ) 等 の 措 置 がとられている (1) 応 急 仮 設 住 宅 入 居 者 の 状 況 全 国 での 避 難 者 の 数 ( 平 成 25 年 4 月 4 日 現 在 )は 約 30.9 万 人 となっており このうち 約 29.4 万 人 が 応 急 仮 設 住 宅 等 の 住 宅 等 に 入 居 している 2 被 災 3 県 における 応 急 仮 設 住 宅 の 入 居 状 況 は 岩 手 県 において 16,092 戸 (プレハブ 住 宅 12,612 戸 民 間 賃 貸 借 上 げ 2,600 戸 公 営 住 宅 等 880 戸 )に 37,948 人 が 宮 城 県 にお いて 41,721 戸 (プレハブ 住 宅 20,668 戸 民 間 賃 貸 借 上 げ 20,032 戸 公 営 住 宅 等 1,021 戸 )に 100,814 人 福 島 県 において 13,337 戸 ( 仮 設 住 宅 5,241 戸 借 上 げ 住 宅 7,828 戸 公 営 住 宅 268 戸 )に 32,962 人 が 入 居 している 3 さらに 福 島 県 においては 原 子 力 災 害 による 避 難 者 ( 警 戒 区 域 等 の 避 難 指 示 区 域 とされていた 地 域 に 居 住 していた 者 ) 向 けの 仮 設 住 宅 約 2.3 万 戸 に 約 5 万 人 が 入 居 している なお 応 急 仮 設 住 宅 の 提 供 期 間 については 平 成 24 年 4 月 に 被 災 地 における 恒 久 住 宅 の 整 備 になお 時 間 を 要 する 状 況 にあるため 原 則 として3 年 間 とされたが 被 災 地 の 復 興 状 況 が 異 なってきていることから 被 災 者 の 住 宅 の 需 要 に 応 ずるに 足 りる 適 当 な 住 宅 が 不 足 する 等 の 条 件 を 満 たした 場 合 地 方 公 共 団 体 の 判 断 で 延 長 が 可 能 とされている (2) 被 災 者 生 活 再 建 支 援 金 の 支 給 状 況 東 日 本 大 震 災 により 居 住 する 住 宅 が 全 壊 するなど 生 活 基 盤 に 著 しい 被 害 を 受 けた 世 帯 に 対 しては 被 災 者 生 活 再 建 支 援 法 に 基 づき 被 災 者 生 活 再 建 支 援 金 が 支 給 されている 支 援 金 は 住 宅 の 被 害 程 度 ( 全 壊 解 体 長 期 避 難 大 規 模 半 壊 )に 応 じて 支 給 される 基 礎 支 援 金 と 住 宅 を 再 建 した 場 合 にその 再 建 方 法 ( 建 設 購 入 補 修 賃 貸 )に 応 じて 支 給 され る 加 算 支 援 金 とから 構 成 されているが それぞれの 支 給 状 況 は 基 礎 支 援 金 が 被 災 3 県 で 2 その 外 親 類 知 人 宅 等 に 約 15,000 人 居 住 ( 復 興 庁 調 べ) 3 岩 手 県 は 平 成 25 年 4 月 5 日 現 在 宮 城 県 は 同 年 4 月 5 日 現 在 福 島 県 は 同 年 5 月 2 日 現 在 ( 福 島 県 におい ては その 外 に 雇 用 促 進 住 宅 国 家 公 務 員 宿 舎 等 の 活 用 がある ) 51

3 169,696 世 帯 加 算 支 援 金 が 84,779 世 帯 となり 4 自 宅 に 甚 大 な 被 害 を 受 けた 世 帯 のうち 約 5 割 が 居 住 の 再 建 を 果 たしている 加 算 支 援 金 の 申 請 件 数 を 地 域 別 にみると 仙 台 市 郡 山 市 等 で6 割 程 度 の 申 請 があり 岩 手 県 の 沿 岸 部 においては3 割 に 満 たない 地 域 も 多 い( 図 表 2) これは 岩 手 県 の 沿 岸 部 においては 宅 地 となる 高 台 が 少 なく また 防 災 集 団 移 転 促 進 事 業 等 の 面 的 整 備 事 業 の 着 手 が 本 格 化 していないこと 等 から 自 宅 の 再 建 ができていないことが 背 景 にあるものと 考 えられている 市 町 村 名 ( 図 表 2) 被 災 者 生 活 再 建 支 援 金 の 申 請 件 数 ( 平 成 25 年 1 月 31 日 現 在 ) 岩 手 県 宮 城 県 福 島 県 基 礎 支 援 金 A 3,992 2,916 3,805 4,059 3,141 3,598 加 算 支 援 金 B 1, B/A % 市 町 村 名 基 礎 支 援 金 A 加 算 支 援 金 B B/A % 市 町 村 名 基 礎 支 援 金 A 1,473 1,355 12,628 4,223 2,093 加 算 支 援 金 B ,608 2,637 1,240 宮 古 市 山 田 町 大 槌 町 釜 石 市 大 船 渡 市 陸 前 高 田 市 気 仙 沼 市 南 三 陸 町 石 巻 市 東 松 島 市 女 川 町 七 ヶ 浜 町 塩 竃 市 7,954 3,228 30,885 8,932 2,483 1,074 2,490 2, ,078 5, ,280 25, 相 馬 市 南 相 馬 市 いわき 市 郡 山 市 須 賀 川 市 多 賀 城 市 6,114 3, 仙 台 市 48,547 29, 名 取 市 2,885 1, 岩 沼 市 1, 亘 理 町 2,480 1, 山 元 町 2,809 1, 大 崎 市 1, 全 県 23,005 5, 全 県 126,031 64, 全 県 27,848 14, ( 注 ) 県 の 数 値 は 申 請 総 世 帯 数 市 町 村 は 基 礎 支 援 金 の 申 請 世 帯 数 1,000 以 上 の 市 町 村 ( 出 所 ) 河 北 新 報 ( 平 )より 作 成 (3) 被 災 3 県 における 住 宅 着 工 戸 数 の 推 移 被 災 3 県 における 平 成 24 年 度 の 持 家 の 着 工 戸 数 をみると 震 災 前 の 平 成 22 年 度 と 比 較 した 場 合 岩 手 県 で 約 38%の 増 加 宮 城 県 で 約 71%の 増 加 福 島 県 で 約 33%の 増 加 とな っており 特 に 宮 城 県 においては 住 宅 再 建 の 動 きを 強 く 反 映 して 持 家 の 伸 び 率 が 高 い ( 図 表 3) また 住 民 の 仮 住 まい 及 び 復 興 事 業 従 事 者 の 需 要 を 見 込 んだと 思 われる 動 きにより 貸 家 の 新 規 着 工 戸 数 の 伸 び 率 も 高 くなっており 平 成 22 年 度 と 24 年 度 とで 比 較 すると 岩 手 県 で 約 90%の 増 加 宮 城 県 で 約 65%の 増 加 福 島 県 で 約 51%の 増 加 となっている 被 災 3 県 における 今 後 の 動 向 については 持 家 及 び 貸 家 を 中 心 にしばらくは 回 復 基 調 で 推 移 す るとみられている 5 B/A % 4 内 閣 府 調 べ 平 成 25 年 2 月 28 日 現 在 5 建 設 経 済 モデルによる 建 設 投 資 の 見 通 し(2013 年 4 月 ) ( 平 ) 建 設 経 済 研 究 所 52

4 ( 図 表 3) 被 災 3 県 における 月 別 住 宅 着 工 ( 持 家 ) 1,200 1, 戸 23/1 東 日 本 大 震 災 / 岩 手 県 宮 城 県 福 島 県 / 年 / 月 ( 出 所 ) 住 宅 着 工 統 計 より 作 成 3. 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金 による 支 援 東 日 本 大 震 災 の 被 災 地 域 においては 津 波 による 浸 水 地 盤 の 液 状 化 や 崩 落 等 により 市 街 地 や 農 地 に 広 範 囲 に 甚 大 な 被 害 が 生 じている 地 域 によっては 山 間 部 が 多 く 平 地 が 限 られているため 周 辺 の 農 地 や 森 林 等 を 含 め 土 地 利 用 の 再 編 を 図 りながら 復 興 に 向 け た 地 域 づくりを 進 めることが 必 要 とされている 住 宅 の 再 建 においても 防 災 集 団 移 転 促 進 事 業 や 漁 業 集 落 防 災 機 能 強 化 事 業 による 高 台 への 移 転 土 地 区 画 整 理 事 業 や 津 波 復 興 拠 点 整 備 事 業 による 地 盤 の 嵩 上 げを 行 った 上 での 現 地 再 建 等 が 必 要 とされる 場 合 も 多 く 住 宅 の 再 建 が 長 期 間 にわたることが 危 惧 されてい る こうした 東 日 本 大 震 災 の 被 害 状 況 を 踏 まえ 復 興 に 向 けた 取 組 を 支 援 するため 復 興 特 区 制 度 復 興 交 付 金 制 度 取 崩 し 型 復 興 基 金 が 設 けられている (1) 復 興 特 区 制 度 まちづくり 地 域 づくりに 向 けた 復 興 事 業 の 円 滑 な 推 進 を 図 るため 県 市 町 村 が 単 独 又 は 共 同 して 復 興 推 進 計 画 を 作 成 し 内 閣 総 理 大 臣 の 認 定 を 受 けることにより 住 宅 ま ちづくり 等 の 各 分 野 の 規 制 手 続 の 特 例 が 設 けられている 災 害 公 営 住 宅 に 関 しては 計 画 に 記 載 された 災 害 公 営 住 宅 の 建 設 が 完 了 するまでの 間 ( 最 大 10 年 間 ) 入 居 要 件 を 緩 和 で きることとされている また 公 営 住 宅 については 過 疎 地 等 定 住 等 が 特 に 必 要 とされる 地 域 においては 住 宅 の 耐 用 年 数 の1/4の 期 間 を 経 過 した 場 合 には 譲 受 けを 希 望 する 居 住 者 に 時 価 で 譲 渡 することができることとされているが 今 回 東 日 本 大 震 災 の 被 災 地 において 整 備 される 災 害 公 営 住 宅 については 耐 用 年 数 の1/6 経 過 後 譲 渡 を 可 能 として いる 6 (2) 復 興 交 付 金 制 度 あわせて 復 興 事 業 の 促 進 を 図 る 観 点 から 地 方 公 共 団 体 の 進 める 復 興 地 域 づくりに 必 6 この 特 例 により 木 造 が5 年 準 耐 火 構 造 が 7.5 年 耐 火 構 造 が 11.7 年 で 譲 渡 可 能 となる 53

5 要 なハード 事 業 を 幅 広 く 一 括 化 した 復 興 交 付 金 制 度 が 創 設 されている 主 な 事 業 の 中 で 住 宅 の 再 建 に 関 連 するものは 災 害 公 営 住 宅 整 備 事 業 災 害 公 営 住 宅 家 賃 低 廉 化 事 業 住 宅 地 区 改 良 事 業 津 波 復 興 拠 点 整 備 事 業 都 市 再 生 区 画 整 理 事 業 ( 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ) 防 災 集 団 移 転 促 進 事 業 漁 業 集 落 防 災 機 能 強 化 事 業 等 が 挙 げられる 7 災 害 公 営 住 宅 については 被 災 3 県 を 中 心 に2 万 戸 以 上 の 整 備 が 予 定 されているが 整 備 費 への 補 助 率 の 嵩 上 げが 行 われ さらに 通 常 補 助 の 対 象 とならない 土 地 取 得 造 成 費 に 対 する 補 助 が 設 けられるなど 被 災 地 方 公 共 団 体 の 負 担 の 軽 減 が 図 られている( 図 表 4) そ の 外 高 齢 化 が 進 んでいる 被 災 地 の 事 情 を 踏 まえ 災 害 公 営 住 宅 を 地 域 の 福 祉 拠 点 として 整 備 するため 民 間 事 業 者 社 会 福 祉 法 人 等 による 高 齢 者 生 活 支 援 施 設 等 (デイサービス 施 設 等 )の 併 設 を 支 援 する 制 度 が 創 設 されている ( 図 表 4) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金 に 係 る 国 の 負 担 の 特 例 措 置 の 概 要 東 日 本 大 震 災 財 特 法 の 特 定 被 災 区 域 である 市 町 村 等 補 助 率 一 般 災 害 激 甚 災 害 建 設 買 取 5/6(2/3+1/3( 地 方 分 ) 1/2) 7/8(3/4+1/4( 地 方 分 ) 1/2) 借 上 ( 共 同 施 設 整 備 ) 用 地 取 得 造 成 家 賃 低 廉 化 3/5(2/5+2/5( 地 方 分 ) 1/2) 7/10(3/5+1/5( 地 方 分 ) 1/2) 民 間 負 担 1/5 民 間 負 担 1/5 7/8(3/4+1/4( 地 方 分 ) 1/2) 補 助 期 間 :20 年 間 補 助 期 間 :20 年 間 5/6(2/3+1/3( 地 方 分 ) 1/2) 5/6(2/3+1/3( 地 方 分 ) 1/2) ただし 当 初 5 年 間 は 7/8(3/4+1/4( 地 方 分 ) 1/2) 低 所 得 者 の 負 担 軽 減 措 置 に 対 する 補 助 10 年 間 3/4(1/2+1/2( 地 方 分 ) 1/2) 災 害 により 滅 失 した 住 宅 に 居 住 し 災 害 により 滅 失 した 住 宅 に 居 住 していた 者 ていた( 住 宅 を 失 った) 者 低 額 所 得 者 ( 収 入 区 分 位 40% 以 下 ) 災 害 公 入 居 者 要 件 低 額 所 得 者 ( 収 入 区 分 位 40% 以 下 ) 営 住 宅 の 建 設 等 が 完 了 するまでの 間 ( 最 大 10 年 間 )は 入 居 者 収 入 基 準 を 不 適 用 地 方 財 政 措 置 震 災 特 別 交 付 税 : 借 上 家 賃 低 廉 化 特 別 家 賃 低 減 を 対 象 ( 注 1) 激 甚 災 害 法 の 適 用 地 域 は 住 宅 の 滅 失 が 1 市 町 村 で 100 戸 以 上 又 は 1 市 町 村 の 区 域 内 の 住 宅 戸 数 の 1 割 以 上 の 地 域 で 国 土 交 通 大 臣 が 告 示 した 地 域 ( 注 2) 補 助 対 象 費 用 の 限 度 額 は 住 宅 の 立 地 条 件 構 造 階 数 に 応 じ 毎 年 度 の 価 格 変 動 を 反 映 して 国 土 交 通 大 臣 が 定 める 標 準 建 設 費 等 により 算 定 ( 出 所 ) 国 土 交 通 省 資 料 等 より 作 成 災 害 公 営 住 宅 は 国 土 交 通 省 令 で 定 める 基 準 を 参 酌 して 地 方 公 共 団 体 が 条 例 で 定 める 整 備 基 準 に 従 って 整 備 することとされており 共 同 住 宅 長 屋 戸 建 て またその 構 造 階 数 等 に 制 約 がなく 地 域 の 実 情 に 応 じた 様 々なタイプの 整 備 が 可 能 となっている 福 島 県 相 馬 市 においては 相 馬 井 戸 端 長 屋 という 木 造 平 屋 の 共 同 住 宅 を 整 備 しており 宮 城 県 多 賀 城 市 においては 津 波 避 難 ビル 機 能 を 含 む 複 合 施 設 として 整 備 が 計 画 されている 岩 手 7 なお 平 成 25 年 3 月 8 日 現 在 で 具 体 の 事 業 着 手 の 前 提 となる 法 的 手 続 が 済 んだ 地 区 は 防 災 集 団 移 転 事 業 ( 大 臣 同 意 )で 同 事 業 の 実 施 が 想 定 される 224 地 区 の 内 216 地 区 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 都 市 計 画 決 定 )で 同 じく 59 地 区 の 内 40 地 区 となっている 54

6 県 においては 木 造 公 営 住 宅 の 整 備 を 岩 手 県 住 宅 復 興 の 基 本 方 針 の 柱 としている (3) 取 崩 し 型 復 興 基 金 被 災 地 方 公 共 団 体 が 地 域 の 実 情 に 応 じて 住 民 生 活 の 安 定 やコミュニティの 再 生 地 域 経 済 の 振 興 雇 用 維 持 等 について 単 年 度 予 算 の 枠 組 みに 縛 られずに 弾 力 的 かつきめ 細 か に 対 処 する 資 金 として 復 興 基 金 が 創 設 されている これらは 近 年 の 低 金 利 状 況 において は 運 用 益 により 事 業 費 を 捻 出 することは 困 難 であると 考 えられることから 基 金 を 取 り 崩 しながら 事 業 の 費 用 に 充 てる 形 となっている 平 成 23 年 度 第 2 次 補 正 予 算 において 国 が 1,960 億 円 ( 震 災 復 興 特 別 交 付 税 )を 拠 出 し 各 県 はそれを 元 手 に 基 金 を 設 けている 同 基 金 は 10 年 設 置 することが 想 定 されている 被 災 3 県 に 対 しては 岩 手 県 に 420 億 円 宮 城 県 に 660 億 円 福 島 県 に 570 億 円 が 交 付 され ている また 平 成 24 年 度 補 正 予 算 において 後 述 のとおり 津 波 被 災 地 域 の 住 民 の 定 着 促 進 のため 1,047 億 円 の 加 算 が 行 われている 4. 住 宅 の 再 建 に 関 連 する 地 方 公 共 団 体 の 支 援 国 により 様 々な 特 例 措 置 が 整 備 される 一 方 特 例 措 置 の 対 象 となる 被 災 者 と 対 象 となら ない 被 災 者 との 間 の 格 差 を 埋 めることが 課 題 となっている 例 えば 防 災 集 団 移 転 促 進 事 業 においては 住 民 の 居 住 に 適 当 でないと 認 められる 地 域 を 移 転 促 進 区 域 ( 災 害 危 険 区 域 )として 指 定 し 当 該 区 域 からの 移 転 者 については 宅 地 や 農 地 が 市 町 村 による 買 取 り の 対 象 となる その 外 移 転 費 用 ( 引 っ 越 し 費 用 及 び 従 前 建 物 取 壊 し 費 用 ) 新 たに 整 備 さ れる 住 宅 団 地 における 住 宅 宅 地 取 得 に 係 るローンの 利 子 補 給 ( 最 大 708 万 円 )も 受 けら れる 一 方 浸 水 による 被 害 地 域 であっても 地 域 指 定 から 外 れた 地 域 の 被 災 者 はこうした 支 援 を 受 けられないことから 被 災 者 間 で 不 公 平 感 も 強 いとされる こうした 事 情 にきめ 細 かく 対 応 するため 復 興 基 金 の 活 用 等 により 地 方 公 共 団 体 が 独 自 の 支 援 策 を 実 施 している 例 えば 岩 手 県 においては 市 町 村 の 実 施 する 独 自 支 援 の 外 県 が 市 町 村 と 共 同 して 被 災 者 生 活 再 建 支 援 金 の 受 給 者 を 対 象 に 自 宅 新 築 購 入 に 対 し 100 万 円 を 限 度 とする 補 助 制 度 ( 具 体 的 金 額 は 市 町 村 が 決 定 する ) 等 を 実 施 している 宮 城 県 では 名 取 市 が 津 波 浸 水 区 域 内 で 宅 地 の 嵩 上 げ 工 事 などの 浸 水 被 害 対 策 工 事 費 に 対 する 支 援 仙 台 市 が 移 転 促 進 区 域 ( 災 害 危 険 区 域 ) 外 の 浸 水 区 域 から 移 転 する 場 合 でも 集 団 移 転 促 進 事 業 と 同 様 に 住 宅 宅 地 取 得 に 係 るローンの 利 子 補 給 等 の 支 援 浸 水 区 域 での 宅 地 の 嵩 上 げに 対 する 支 援 ( 上 限 額 460 万 円 ) 擁 壁 被 害 程 度 が 危 険 又 は 要 注 意 と 確 認 された 宅 地 を 対 象 に 擁 壁 等 の 復 旧 工 事 のうち 100 万 円 を 超 える 部 分 の9 割 への 助 成 ( 上 限 額 1,000 万 円 ) 制 度 を 創 設 している 一 方 財 政 力 のある 仙 台 市 で 行 われているような 支 援 策 をとれない 市 町 村 も 多 く 被 災 者 の 支 援 における 地 方 公 共 団 体 間 の 格 差 解 消 も 課 題 とされてきた このような 事 情 に 鑑 み 平 成 24 年 度 補 正 予 算 において 震 災 復 興 特 別 交 付 税 1,047 億 円 の 加 算 が 行 われた これは 被 災 県 の 復 興 基 金 を 積 み 増 し 津 波 により 被 災 した 持 家 ( 防 災 集 団 移 転 促 進 事 業 等 の 対 象 とならないもの)の 住 宅 再 建 支 援 に 被 災 地 方 公 共 団 体 が 地 域 の 実 情 に 応 じて 弾 力 的 かつ きめ 細 かく 対 応 ができるようにするものである 55

7 宮 城 県 では 防 災 集 団 移 転 促 進 事 業 の 対 象 とならない 被 災 者 を 対 象 に 県 内 市 町 村 が 独 自 に 行 う 住 宅 土 地 取 得 に 際 する 借 入 れに 係 る 利 子 補 給 移 転 経 費 補 助 等 の 支 援 策 のた めの 費 用 として 728 億 円 ( 財 源 は 震 災 復 興 特 別 交 付 税 709 億 円 と 復 興 基 金 19 億 円 )を 被 災 市 町 村 に 配 分 している 同 様 に 岩 手 県 も 交 付 された 215 億 円 を 被 災 市 町 村 に 配 分 し ている これを 受 け 市 町 村 においては 利 子 補 給 等 の 支 援 策 の 拡 充 が 予 定 されている なお 福 島 県 には 103 億 円 が 交 付 されており 配 分 基 準 など 支 援 の 在 り 方 について 検 討 が 行 われている 5. 災 害 公 営 住 宅 等 の 進 捗 状 況 平 成 25 年 4 月 26 日 に, 復 興 庁 から 被 災 3 県 の 災 害 公 営 住 宅 及 び 防 災 集 団 移 転 促 進 事 業 土 地 区 画 整 理 事 業 等 の 面 的 整 備 事 業 による 民 間 住 宅 等 用 宅 地 の 供 給 時 期 を 示 した 住 まいの 復 興 工 程 表 が 公 表 されている( 図 表 5) ( 図 表 5) 災 害 公 営 住 宅 等 の 供 給 時 期 ( 単 位 : 戸 平 成 25 年 3 月 現 在 ) 24 年 度 25 年 度 26 年 度 27 年 度 28 年 度 以 降 調 整 中 計 岩 手 県 民 間 住 宅 等 用 宅 地 2 1, ,791 2,929 1,010 9,722 進 捗 率 0% 11% 20% 59% 90% 災 害 公 営 住 宅 ,981 1, ,972 15,694 進 捗 率 2% 15% 82% 99% 100% 宮 城 県 民 間 住 宅 等 用 宅 地 ,540 3,506 2,841 3,577 13,068 進 捗 率 1% 5% 24% 51% 73% 災 害 公 営 住 宅 50 2,230 5,545 3, ,823 15,381 28,449 進 捗 率 0% 15% 51% 75% 75% 福 島 県 民 間 住 宅 等 用 宅 地 , ,525 災 害 公 営 住 宅 , ,098 5,623 ( 注 ) 福 島 県 は 原 子 力 災 害 に 係 る 災 害 公 営 住 宅 の 計 画 戸 数 等 が 未 確 定 であるため 進 捗 率 は 示 していない ( 出 所 ) 復 興 庁 資 料 (1) 災 害 公 営 住 宅 の 整 備 に 係 る 進 捗 見 込 み 被 災 3 県 の 災 害 公 営 住 宅 の 整 備 見 通 しについては 平 成 25 年 3 月 現 在 で 岩 手 県 で 平 成 26 年 度 までに 概 ね 4,900 戸 分 ( 概 ね8 割 ) 平 成 27 年 度 までに 5,972 戸 分 全 ての 工 事 が 終 了 の 見 込 みとされ 宮 城 県 では 平 成 26 年 度 までに 概 ね 7,900 戸 分 ( 概 ね5 割 ) 平 成 27 年 度 までに 概 ね 11,500 戸 分 ( 概 ね7 割 )が 工 事 終 了 の 見 込 みとされている 福 島 県 に ついては 原 子 力 災 害 による 避 難 者 のための 災 害 公 営 住 宅 (あるいは 復 興 公 営 住 宅 )の 計 画 戸 数 等 が 未 確 定 であるが 平 成 27 年 度 までに 概 ね 2,900 戸 が 工 事 終 了 の 見 込 みとされてい る (2) 民 間 住 宅 等 用 宅 地 の 整 備 に 係 る 進 捗 見 込 み また 防 災 集 団 移 転 促 進 事 業 土 地 区 画 整 理 事 業 等 の 面 的 整 備 事 業 によって 供 給 される 民 間 住 宅 等 用 宅 地 については 岩 手 県 では 平 成 27 年 度 までに 概 ね 5,800 戸 分 ( 全 体 計 画 56

8 数 に 対 して 約 9 割 )が 供 給 される 見 込 みである 宮 城 県 では 平 成 27 年 度 までに 6,600 戸 分 ( 全 体 計 画 数 に 対 して 約 5 割 )が 供 給 される 見 込 みである 福 島 県 においては 現 段 階 として 平 成 27 年 度 までに 概 ね 800 戸 分 が 供 給 される 見 込 みとされている 6. 被 災 3 県 の 災 害 公 営 住 宅 整 備 状 況 (1) 岩 手 県 岩 手 県 においては 平 成 23 年 10 月 被 災 者 に 対 する 住 宅 の 供 給 について 岩 手 県 住 宅 復 興 の 基 本 方 針 を 定 めている その 後 被 災 市 町 村 との 協 議 を 経 て 平 成 24 年 9 月 に 災 害 公 営 住 宅 の 整 備 に 関 する 方 針 を 定 めている 整 備 方 針 においては 県 と 市 町 村 合 わせて 5,639 戸 ( 県 建 設 :2,818 戸 市 町 村 建 設 2,821 戸 )の 災 害 公 営 住 宅 の 整 備 を 行 うこととされている 8 この 整 備 に 当 たり 県 は 被 災 者 を 広 域 的 に 受 入 れ より 早 く 必 要 な 戸 数 を 建 設 することを 重 視 して 整 備 を 進 め 市 町 村 は 漁 村 集 落 等 に 対 応 した 小 規 模 団 地 の 建 設 など 地 域 の 個 別 のニーズを 重 視 して 建 設 を 進 める こととしている 現 在 の 進 捗 状 況 は 図 表 6のとおりである ( 図 表 6) 災 害 公 営 住 宅 の 整 備 状 況 ( 単 位 : 戸 平 成 25 年 3 月 31 日 現 在 ) 団 地 数 戸 数 (B) 進 捗 率 (B/A) 建 設 予 定 戸 数 5,972 戸 (A) 用 地 確 保 ( 内 諾 ) 済 90 3, % 用 地 測 量 発 注 済 76 3, % 用 地 取 得 済 設 計 中 47 2, % 工 事 中 % 工 事 完 成 % ( 出 所 ) 岩 手 県 資 料 より 作 成 地 域 別 にみると 被 災 者 の 少 ない 県 北 部 地 域 においては 計 画 戸 数 が 少 ないこともあっ て 用 地 確 保 が 順 調 に 進 んでいる 一 方 中 心 市 街 地 の 被 害 が 甚 大 であった6 市 町 ( 宮 古 市 山 田 町 大 槌 町 釜 石 市 大 船 渡 市 陸 前 高 田 市 )においては 災 害 公 営 住 宅 建 設 用 地 が 限 られており 用 地 確 保 が 大 きな 課 題 となっている これらの 地 域 においては 平 地 や 市 街 地 に 近 い 宅 地 の 多 くが 津 波 により 被 災 していること 被 災 しなかった 一 団 の 土 地 が 応 急 仮 設 住 宅 用 地 として 使 用 されていること 地 権 者 との 売 買 条 件 が 折 り 合 わないこと 所 有 者 不 明 や 相 続 手 続 未 了 の 土 地 があること 等 から 事 業 が 進 捗 しないとされている 9 こうした 状 況 のなか 災 害 公 営 住 宅 の 整 備 を 加 速 するため 通 常 の 場 合 県 や 市 町 村 が 用 地 を 確 保 した 上 で 公 営 住 宅 の 建 設 を 行 う 事 業 者 を 募 るが 今 回 民 間 事 業 者 が 災 害 公 営 8 平 成 24 年 12 月 25 日 公 表 のロードマップにおいては 住 民 の 意 向 調 査 を 踏 まえ 整 備 計 画 戸 数 を 333 戸 増 やし 5,972 戸 とされている 9 岩 手 県 においては 土 地 区 画 整 理 事 業 が7 市 町 村 (18 地 区 ) 津 波 復 興 拠 点 整 備 事 業 が6 市 町 (10 地 区 ) 防 災 集 団 移 転 促 進 事 業 が7 市 町 村 (55 地 区 ) 漁 業 集 落 防 災 機 能 強 化 事 業 が 11 市 町 村 (40 地 区 )で 予 定 さ れている この 内 工 事 が 着 工 された 地 域 は 15 地 区 ( 防 災 集 団 移 転 促 進 事 業 で6 地 区 漁 業 集 落 防 災 機 能 強 化 事 業 で7 地 区 )となっている 57

9 住 宅 の 敷 地 と 基 本 計 画 を 提 案 し 県 が 提 案 内 容 により 事 業 者 を 選 定 した 後 事 業 者 が 設 計 施 工 を 併 せて 行 い 敷 地 と 完 成 後 の 住 宅 を 県 が 買 い 取 る 方 式 ( 敷 地 提 案 型 買 取 方 式 )が 検 討 されている 同 方 式 により 民 間 事 業 者 の 有 する 独 自 の 土 地 情 報 用 地 確 保 についての ノウハウを 活 用 できることが 期 待 されている この 方 式 により 平 成 25 年 3 月 に 宮 古 市 の3 地 区 250 戸 に 関 して 公 募 を 実 施 し これに 対 して 各 地 区 1 件 計 90 戸 の 提 案 があった なお 建 設 敷 地 の 確 保 に 係 る 業 務 としては 境 界 確 定 所 有 権 以 外 の 第 三 者 の 権 利 の 抹 消 を 含 め 土 地 の 譲 渡 等 に 必 要 な 業 務 などがある この 試 行 的 事 業 の 経 験 を 踏 まえて 課 題 の 解 決 事 業 手 法 の 整 理 等 を 行 い 市 町 村 でも 実 施 する 予 定 とされている (2) 宮 城 県 最 も 住 宅 被 害 の 大 きかった 宮 城 県 においては 建 築 住 宅 都 市 計 画 分 野 の 有 識 者 によ る 宮 城 県 復 興 住 宅 検 討 会 での 検 討 を 踏 まえて 平 成 23 年 12 月 に 宮 城 県 復 興 住 宅 計 画 が 策 定 され 同 計 画 により 平 成 32 年 度 までに 72,000 戸 の 住 宅 整 備 を 推 進 することとされ ている 災 害 公 営 住 宅 については 宮 城 県 復 興 住 宅 計 画 ( 平 成 23 年 12 月 )において 平 成 23 年 度 から 27 年 度 までの 間 に 約 15,000 戸 ( 内 県 営 住 宅 として 1,000 戸 程 度 整 備 ) の 災 害 公 営 住 宅 を 整 備 することとしている 現 在 事 業 に 着 手 された 戸 数 は 20 市 町 95 地 区 で 6,921 戸 であり 全 体 計 画 戸 数 の 約 45%となっている( 図 表 7) ( 図 表 7) 災 害 公 営 住 宅 整 備 状 況 ( 単 位 : 戸 平 成 25 年 4 月 30 日 現 在 ) 県 受 託 UR 買 取 市 町 建 設 民 間 買 取 民 間 借 上 計 割 合 事 業 候 補 者 決 定 1,381 1, % 建 設 要 請 受 諾 % 設 計 着 手 / 完 了 1, , % 工 事 着 手 , % 工 事 完 成 % 計 1,707 1,839 1,307 1, , % ( 注 ) 割 合 は 全 体 計 画 戸 数 に 対 する 割 合 ( 出 所 ) 宮 城 県 資 料 より 作 成 災 害 公 営 住 宅 の 整 備 は 防 災 集 団 移 転 促 進 事 業 や 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 など のまちづくり 事 業 と 一 体 的 に 進 める 必 要 があるが まちづくり 事 業 については 住 民 の 合 意 形 成 インフラ 整 備 造 成 に 時 間 を 要 することから 既 成 市 街 地 あるいは 津 波 被 害 の 少 な かった 地 域 において 災 害 公 営 住 宅 の 整 備 を 進 めることとしている なお 防 災 集 団 移 転 促 進 事 業 については 12 市 町 約 191 地 区 において 実 施 されることとされており 10 約 12,000 戸 の 住 宅 団 地 が 計 画 されている 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 は 10 市 町 の 約 34 区 域 において 津 波 復 興 拠 点 整 備 事 業 は8 市 町 の 約 10 地 区 において 実 施 が 予 定 されている 災 害 公 営 住 宅 の 整 備 状 況 を 地 域 別 にみると 津 波 により 市 街 地 に 甚 大 な 被 害 が 生 じた 石 巻 市 気 仙 沼 市 名 取 市 南 三 陸 町 女 川 町 等 においては 土 地 区 画 整 理 事 業 地 あるいは 防 災 集 団 移 転 促 進 事 業 による 移 転 住 宅 団 地 内 に 災 害 公 営 住 宅 を 整 備 する 計 画 となっており 10 県 全 体 での 造 成 工 事 着 手 地 区 数 は 47 地 区 ( 全 体 の 約 25%) 58

10 これらの 事 業 は 今 後 本 格 化 していくことから 現 時 点 での 災 害 公 営 住 宅 整 備 の 進 捗 は 遅 れ ている( 図 表 8) ( 図 表 8) 災 害 公 営 住 宅 の 計 画 戸 数 と 事 業 着 手 数 市 町 村 名 計 画 戸 数 事 業 着 手 数 割 合 計 画 戸 数 事 業 着 手 数 割 合 市 町 村 名 (A) (B) (B/A) (A) (B) (B/A) 仙 台 市 3,000 2,587 86% 亘 理 町 % 石 巻 市 4,000 1,119 28% 山 元 町 % 塩 竃 市 % 松 島 町 % 気 仙 沼 市 2, % 七 ヶ 浜 町 % 名 取 市 % 利 府 町 % 多 賀 城 市 % 大 郷 町 % 岩 沼 市 % 涌 谷 町 % 登 米 市 % 美 里 町 % 栗 原 市 % 女 川 町 % 東 松 島 市 % 南 三 陸 町 % 大 崎 市 % 計 15,381 6,921 45% ( 注 ) 完 成 戸 数 は 仙 台 市 12 戸 石 巻 市 20 戸 山 元 町 18 戸 計 50 戸 ( 出 所 ) 宮 城 県 資 料 より 作 成 ( 平 成 25 年 4 月 30 日 現 在 ) 宮 城 県 においても 津 波 被 害 地 域 が 災 害 危 険 区 域 等 とされ 居 住 等 に 制 限 が 課 されるなど 用 地 確 保 が 困 難 な 状 況 にあるが さらに 復 興 の 本 格 化 に 伴 う 地 価 の 上 昇 等 による 用 地 交 渉 の 難 航 が 生 じている 地 区 もある このため 防 災 集 団 移 転 促 進 事 業 地 内 での 整 備 について は 造 成 工 程 等 を 調 整 し 災 害 公 営 住 宅 用 地 を 先 行 して 造 成 を 行 うこと 都 市 再 生 機 構 (U R)により 整 備 された 住 宅 の 買 取 り 民 間 事 業 者 を 対 象 とした 公 募 買 取 り 借 上 げ 制 度 を 活 用 することとしている この 公 募 買 取 り 制 度 は 土 地 の 所 有 権 を 有 するあるいは 取 得 の 見 込 みのある 個 人 及 び 法 人 が 住 宅 を 建 設 し 市 町 村 が 土 地 建 物 共 同 施 設 ( 集 会 所 広 場 緑 地 駐 車 場 等 ) 及 び 附 帯 施 設 の 全 てを 買 い 取 る 方 式 と 複 数 地 権 者 が 共 同 建 替 を 行 い その 保 留 床 を 災 害 公 営 住 宅 として 買 い 取 る 方 式 があり 課 題 となっている 市 町 村 職 員 を 中 心 とするマンパワー 不 足 建 設 ノウハウ 不 足 への 対 応 にもなると 考 えられている (3) 福 島 県 福 島 県 では 平 成 23 年 12 月 に 被 災 者 や 被 災 地 の 実 情 を 踏 まえながら 被 災 市 町 村 や 関 係 機 関 が 連 携 協 力 して 住 まいの 自 力 再 建 や 災 害 公 営 住 宅 等 の 整 備 などを 着 実 に 促 進 で きるよう 福 島 県 住 まいの 復 興 に 向 けた 連 絡 調 整 会 議 を 設 置 している 災 害 公 営 住 宅 の 整 備 の 方 針 としては 地 震 及 び 津 波 による 被 災 者 のための 災 害 公 営 住 宅 については 住 民 に 身 近 な 行 政 主 体 である 市 町 村 が 主 体 となり 県 は 市 町 村 に 対 する 支 援 を 中 心 とした 役 割 を 担 うこととされている 一 方 原 子 力 災 害 に 関 しては 現 在 避 難 者 ( 警 戒 区 域 等 の 避 難 指 示 区 域 とされていた 地 域 に 居 住 していた 者 )のための 居 住 の 安 定 を 確 保 するため 住 民 が 避 難 を 余 儀 なくされた 市 町 村 ( 避 難 元 団 体 )が 住 民 意 向 調 査 等 により 避 難 者 の 意 向 を 確 認 しながら 復 興 公 営 住 宅 の 整 備 計 画 を 策 定 中 であるが 復 興 公 営 住 宅 の 整 備 については 避 難 者 の 意 向 避 難 元 団 59

11 体 避 難 者 の 受 入 団 体 賠 償 の 進 展 等 全 体 を 見 通 す 必 要 があり 全 体 計 画 を 策 定 するには 相 当 な 時 間 を 要 すると 予 想 される しかしながら 相 当 量 の 住 宅 が 必 要 であることは 確 実 に 見 込 まれることから 事 業 に 着 手 可 能 な 箇 所 から 先 行 的 に 整 備 することとされている このため モデル 的 に 500 戸 の 復 興 公 営 住 宅 を 避 難 元 自 治 体 と 受 入 団 体 との 協 議 が 整 った3 市 ( 郡 山 市 会 津 若 松 市 い わき 市 )の 既 成 市 街 地 において 整 備 することとしている( 図 表 9) これらには 主 に 仮 の 町 構 想 を 掲 げる 富 岡 大 熊 双 葉 浪 江 の4 町 の 住 民 の 入 居 を 想 定 している また 災 害 公 営 住 宅 整 備 等 避 難 受 入 団 体 における 長 期 避 難 者 の 生 活 拠 点 の 形 成 を 促 進 するため 平 成 25 年 度 予 算 に 長 期 避 難 者 生 活 拠 点 形 成 交 付 金 503 億 円 が 計 上 されている ( 図 表 9) 福 島 県 の 災 害 公 営 住 宅 整 備 計 画 戸 数 ( 単 位 : 戸 平 成 25 年 3 月 現 在 ) 災 害 公 営 住 宅 復 興 公 営 住 宅 いわき 市 1, 白 河 市 16 須 賀 川 市 40 南 相 馬 市 350 相 馬 市 405 桑 折 町 47 広 野 町 48 新 地 町 134 楢 葉 町 37 鏡 石 町 24 郡 山 市 160 会 津 若 松 市 90 計 2, ( 注 ) 桑 折 町 の 47 戸 の 内 25 戸 は 浪 江 町 分 完 成 戸 数 は 相 馬 市 80 戸 ( 出 所 ) 復 興 庁 資 料 等 より 作 成 なお 避 難 者 は 避 難 者 の 居 住 していた 住 宅 が 滅 失 していないため 災 害 公 営 住 宅 の 整 備 支 援 等 の 東 日 本 大 震 災 の 被 災 者 向 けの 支 援 策 の 対 象 外 とされていたが 平 成 24 年 に 成 立 した 福 島 復 興 再 生 特 別 措 置 法 において 避 難 者 についても 長 期 的 な 避 難 を 余 儀 なくされ ており 現 に 居 住 する 住 居 がない 点 で 住 居 が 滅 失 した 者 と 同 様 であることから 災 害 により 滅 失 した 住 宅 に 居 住 していた 者 とみなし 東 日 本 大 震 災 の 特 例 措 置 を 受 けることができる こととされた 結 語 発 災 後 2 年 を 経 過 した 被 災 地 においては 新 たなまちづくりに 向 けて 懸 命 な 努 力 が 続 け られており 多 くの 地 区 で 事 業 計 画 が 定 まり 今 後 復 興 が 本 格 化 することが 期 待 されてい る その 一 方 現 地 では 建 設 用 地 不 足 技 術 系 職 員 を 始 めとするマンパワー 不 足 という 11 福 島 県 では 防 災 集 団 移 転 促 進 事 業 が5 市 町 (44 地 区 ) 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 が2 市 町 (7 地 区 )で 計 画 されている 60

12 課 題 に 加 え 復 興 工 事 の 本 格 化 に 伴 う 資 材 の 高 騰 調 達 難 が 生 じており これらによる 工 事 遅 延 工 事 費 の 高 騰 が 懸 念 されている 例 えば 被 災 3 県 における 木 造 住 宅 新 築 工 事 期 間 が 震 災 前 に 比 べ 平 均 1.9 箇 月 の 遅 れが 生 じており 住 宅 着 工 戸 数 の 増 加 している 宮 城 県 では 2.6 箇 月 の 遅 れが 生 じているとも 報 道 されている 12 マンパワー 不 足 に 対 して 被 災 市 町 村 からの 要 請 に 基 づき URによる 復 興 市 街 地 整 備 事 業 13 や 災 害 公 営 住 宅 整 備 が 進 められている URは 平 成 26 年 度 の 事 業 のピークに 向 け CM 方 式 14 による 工 事 発 注 区 画 整 理 補 償 工 事 調 整 等 のスキルを 有 する 民 間 人 の 配 置 により 民 間 の 人 材 ノウハウを 活 用 して 復 興 の 加 速 化 に 取 り 組 むこととしている 復 興 事 業 の 本 格 化 に 向 けて 官 民 の 人 材 ノウハウを 総 動 員 した 被 災 地 方 公 共 団 体 への 支 援 が 求 められるところである 災 害 公 営 住 宅 の 整 備 に 当 たっては 被 災 地 では 発 災 以 前 より 高 齢 化 が 進 んでおり LS A(ライフサポートアドバイザー)を 配 置 したシルバーハウジング 等 の 高 齢 者 対 応 の 住 宅 の 整 備 将 来 の 在 宅 での 介 護 等 にも 対 応 可 能 な 設 計 等 ハードとソフト 対 策 を 併 せた 対 応 が 従 来 にも 増 して 重 要 となっている また 応 急 仮 設 住 宅 から 災 害 公 営 住 宅 への 移 転 の 際 従 前 地 域 又 は 応 急 仮 設 住 宅 で 培 われたコミュニティに 配 慮 するとともに 災 害 公 営 住 宅 に 多 様 な 世 代 が 居 住 すること 等 により 地 域 の 担 っていた 見 守 りなどの 機 能 を 維 持 することが 課 題 となっている その 外 将 来 における 人 口 減 少 等 に 伴 う 空 き 家 の 増 加 新 規 整 備 に 伴 う 管 理 コストの 増 大 が 懸 念 されるため 他 用 途 への 転 換 払 下 げ 既 存 老 朽 公 営 住 宅 からの 移 転 等 を 視 野 に 入 れた 計 画 も 必 要 とされており 地 域 の 特 性 を 踏 まえた 長 期 的 な 展 望 に 基 づく 整 備 計 画 が 求 められている さらに 沿 岸 被 災 地 を 中 心 として 震 災 を 契 機 に 人 口 減 少 が 加 速 することが 懸 念 されて いる 今 後 の 課 題 は いかに 被 災 した 住 民 や 産 業 商 業 施 設 を 市 街 地 に 戻 すかということ であり このためには 住 民 の 合 意 の 整 った 地 域 から 段 階 的 にまちづくり 事 業 を 実 施 し 宅 地 完 成 のスケジュールを 早 め 早 期 に 住 宅 再 建 等 を 開 始 させること 各 種 復 興 事 業 によ り 商 業 や 産 業 の 活 動 の 場 を 早 期 に 提 供 していくことにより 具 体 的 な 復 興 の 絵 姿 を 示 し 人 口 の 流 出 をとどめることを 優 先 すべきであるとも 指 摘 されている 15 被 災 者 の 生 活 復 興 の 基 本 は 住 生 活 の 復 興 であるともいえる 住 まいの 復 興 工 程 表 が 公 表 され 被 災 者 が 展 望 を 持 つことができるようになっているが 官 民 一 体 となった 取 組 が 更 に 加 速 され 一 刻 も 早 く 復 興 を 実 感 できるようになることを 期 待 したい (ひろはら こういち) 12 河 北 新 報 ( 平 ) 13 具 体 的 には 土 地 区 画 整 理 事 業 防 災 集 団 移 転 促 進 事 業 津 波 復 興 拠 点 整 備 事 業 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 漁 業 集 落 防 災 機 能 強 化 事 業 漁 港 施 設 機 能 強 化 事 業 14 プロジェクトの 工 期 遅 延 予 算 超 過 などを 防 止 するため マネジメントを 専 門 に 行 うCMR(コンストラ クションマネジャー)が 発 注 者 設 計 者 と 一 体 となってプロジェクトの 全 般 を 運 営 管 理 する 方 式 15 国 土 交 通 省 都 市 局 市 街 地 整 備 課 都 市 安 全 課 被 災 地 における 市 街 地 整 備 の 取 組 について 新 都 市 第 67 巻 第 3 号 ( 平 25.3)11-15 頁 61

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について 参 考 資 料 7 災 害 時 の 賃 貸 住 宅 居 住 者 の 居 住 の 安 定 確 保 について 平 成 24 年 11 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 1. 東 日 本 大 震 災 で 住 居 を 失 われた 方 への 居 住 の 安 定 の 確 保 震 災 発 生 復 旧 期 復 興 期 東 日 本 大 震 災 住 宅 が 滅 失 避 難 所 等 2012.3.11 17:00 時

More information

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A>

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A> 平 成 25 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 事 項 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) 平 成 25 年 5 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 平 成 25 年 度 住 宅 関 連 税 制 の 改 正 概 要 ( 主 要 事 項 目 次 ) 1. 消 費 税 率 引 上 げを 踏 まえた 住 宅 取 得 対 策 P2 1 住 宅 ローン 減 税 P2 2 投 資 型 減 税 ( 現 金

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798E9197BF825381A68DC48DB782B591D682A694C5817A938C93FA967B91E5906B8DD082F08F8482E991CE899E82C982C282A282C48169826F82528DB782B591D682A6816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798E9197BF825381A68DC48DB782B591D682A694C5817A938C93FA967B91E5906B8DD082F08F8482E991CE899E82C982C282A282C48169826F82528DB782B591D682A6816A> 資 料 4 東 日 本 大 震 災 を 巡 る 対 応 について Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 1. 東 日 本 大 震 災 で 住 居 を 失 われた 方 への 居 住 の 安 定 の 確 保 震 災 発 生 復 旧 期 復 興 期 東 日 本 大 震 災 住 宅 が 滅 失 避 難 所 等 公 営 住 宅 等 (

More information

<3034204832358EE597768E968BC688EA97972D372E786477>

<3034204832358EE597768E968BC688EA97972D372E786477> (2) 生 活 再 建 支 援 プロジェクト 全 県 民 が 将 来 の 生 活 設 計 を 描 くことができ 生 活 再 建 を 進 めることができるようにするため 早 期 に 帰 還 する 避 難 者 長 期 避 難 者 など 被 災 者 それぞれのおかれた 状 況 に 応 じた よりきめ 細 かな 支 援 を 行 う 取 組 を 進 め 1 県 内 避 難 者 支 援 一 新 1 里 山 いきいき

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

スライド 1

スライド 1 本 資 料 は 学 会 代 議 員 との 意 見 交 換 を 踏 まえて 多 数 意 見 をまとめたものです しかし 学 術 団 体 として 多 様 な 意 見 があります これを 契 機 に 議 論 が 活 性 化 することを 期 待 します マンション 建 替 えに 関 する 意 見 ( 第 2 版 ) 当 日 の 口 頭 説 明 を 一 部 加 筆 千 葉 大 学 小 林 秀 樹 < 一 般

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

平成24年度税制改正要望 公募結果 153. 不動産取得税

平成24年度税制改正要望 公募結果 153. 不動産取得税 項 目 : 153. 不 動 産 取 得 税 岩 手 県 ( 商 工 労 働 観 光 部 企 業 立 地 推 進 課 ) 被 災 地 域 の 企 業 が 投 資 する 再 生 可 能 エネルギー 設 備 に 対 する 課 税 免 除 大 震 災 津 波 において 被 災 地 域 では 電 気 水 道 ガスなどのインフラ 機 能 が 喪 失 し 工 場 では 稼 働 再 開 まで 長 期 間 を 要

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 平 成 2 年 度 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 の 結 果 会 計 検 査 院 1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 及 び

More information

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A>

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A> 恵 庭 市 教 員 住 宅 のあり 方 基 本 方 針 平 成 25 年 2 月 恵 庭 市 教 育 委 員 会 目 次 1. 教 員 住 宅 の 現 状 (1) 教 員 住 宅 の 役 割 1 (2) 教 員 住 宅 の 実 態 1 (3) 環 境 の 変 化 1 (4) 教 員 の 住 宅 事 情 1 2 2. 基 本 方 針 の 目 的 2 3.あり 方 検 討 会 議 の 答 申 内 容

More information

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平 個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 1 消 費 税 率 10%の 引 上 げ 時 期 が 平 成 29 年 4 月 1 日 へ 変 更 されたことに 伴 い 消 費 税 率 の 引 上 げによる 住 宅 投 資 への 影 響 の 平 準 化 及 び 緩 和 の 推 進 のため 次 に 掲 げる 住 宅 取 得 等 に 係 る 措 置 について 適

More information

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 )

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 ) 加 古 川 市 域 の 市 街 化 調 整 区 域 では 加 古 川 市 都 市 計 画 マスター プラン( 土 地 利 用 方 針 )に 基 づき 地 域 の 皆 さんが 主 体 となっ て 定 める 地 区 計 画 制 度 により 周 辺 環 境 と 調 和 した 適 切 な 建 築 開 発 行 為 が 容 認 されます この 地 区 計 画 制 度 を 有 効 に 活 用 し 市 街 化 調

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

1 はじめに 計 画 の 目 的 国 は 平 成 18 年 度 に 住 生 活 基 本 法 を 制 定 し 住 まいに 関 する 基 本 的 な 計 画 となる 住 生 活 基 本 計 画 ( 全 国 計 画 )を 策 定 し 住 宅 セーフティネットの 確 保 や 住 生 活 の 質 の 向 上

1 はじめに 計 画 の 目 的 国 は 平 成 18 年 度 に 住 生 活 基 本 法 を 制 定 し 住 まいに 関 する 基 本 的 な 計 画 となる 住 生 活 基 本 計 画 ( 全 国 計 画 )を 策 定 し 住 宅 セーフティネットの 確 保 や 住 生 活 の 質 の 向 上 上 士 幌 町 住 生 活 基 本 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 27 年 2 月 上 士 幌 町 1 はじめに 計 画 の 目 的 国 は 平 成 18 年 度 に 住 生 活 基 本 法 を 制 定 し 住 まいに 関 する 基 本 的 な 計 画 となる 住 生 活 基 本 計 画 ( 全 国 計 画 )を 策 定 し 住 宅 セーフティネットの 確 保 や 住 生 活 の 質 の 向

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関 所 得 税 確 定 申 告 等 ( 平 成 23 年 分 ) 手 続 名 所 得 税 申 告 帳 票 名 平 成 年 分 の 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 B( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 分 離 課 税 用 )( 第 三 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税

More information

5

5 社 会 保 障 審 議 会 介 護 保 険 部 会 ( 第 55 回 ) 資 料 5 平 成 28 年 2 月 17 日 介 護 保 険 制 度 における 所 得 指 標 の 見 直 しについて 介 護 保 険 制 度 における 所 得 指 標 の 見 直 しについて 現 状 課 題 介 護 保 険 制 度 では 所 得 の 状 況 に 応 じて 保 険 料 や 利 用 者 負 担 額 等 を 負

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め 総 税 企 第 168 号 平 成 23 年 12 月 14 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 係 る 地 方 税 の 取 扱 い 等 について 地 方 税 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 23 年 法 律 第 120 号 以 下 改 正 法 という ) 地 方 税 法 施 行 令 の 一

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

税制面での支援

税制面での支援 税 制 面 での 支 援 平 成 28 年 熊 本 地 震 によって 直 接 間 接 的 に 被 害 を 受 けた 中 小 企 業 個 人 に 対 しては さ まざまな 税 制 面 での 支 援 が 行 われています ( 確 定 申 告 などの 期 間 延 長 については その 他 手 続 きなどの 支 援 ( 特 例 措 置 ) をご 参 照 ください) 1. 災 害 に 関 するおもな 税 務

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 12 章 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 1 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ( 都 市 計 画 法 第 42 条 ) 法 律 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 第 四 十 二 条 何 人 も 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 内 においては 第 三 十

More information

<87433137323130378146926E88E68F5A91EE8C7689E68F912E786C73>

<87433137323130378146926E88E68F5A91EE8C7689E68F912E786C73> 地 域 住 宅 計 画 ひ だ し 平 成 22 年 3 月 地 域 住 宅 計 画 計 画 の 名 称 地 域 住 宅 計 画 都 道 府 県 名 岐 阜 県 作 成 主 体 名 計 画 期 間 平 成 17 年 度 ~ 22 年 度 1. 地 域 の 住 宅 政 策 の 経 緯 及 び 現 況 本 市 は 岐 阜 県 の 北 部 に 位 置 し 人 口 約 3 万 人 世 帯 数 約 9200

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63> 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 < 概 要 版 > 平 成 22 年 3 月 北 海 道 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 の 背 景 国 では 公 的 直 接 供 給 やフローを 重 視 する 住 宅 建 設 計 画 法 を 廃 止 し 平 成 18 年 6 月 に 新 たな 時 代 の

More information

●幼児教育振興法案

●幼児教育振興法案 第 一 九 〇 回 衆 第 五 〇 号 幼 児 教 育 振 興 法 案 目 次 前 文 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 八 条 ) 第 二 章 幼 児 教 育 振 興 基 本 方 針 等 ( 第 九 条 第 十 条 ) 第 三 章 基 本 的 施 策 ( 第 十 一 条 - 第 十 七 条 ) 附 則 幼 児 期 において 人 は その 保 護 者 や 周 囲 の 大 人 との 愛 情

More information

Microsoft PowerPoint - 税制上の特例.pptx

Microsoft PowerPoint - 税制上の特例.pptx (1) 被 災 地 の 雇 用 機 会 の 確 保 のための 税 制 上 の 特 例 措 置 (~28 年 3 月 末 ) 復 興 産 業 集 積 区 域 内 において 雇 用 に 大 きな 被 害 が 生 じた 地 域 の 雇 用 機 会 の 確 保 に 寄 与 する 事 業 を 行 う 個 人 事 業 者 又 は 法 人 ( 新 規 立 地 促 進 税 制 は 法 人 のみ)を 対 象 として

More information

< 圧 縮 記 帳 の 効 果 > 圧 縮 記 帳 を 適 用 した 場 合 に 得 られる 税 務 上 の 効 果 はどのようなものでしょうか 前 述 のように 圧 縮 記 帳 の 制 度 目 的 は 補 助 金 等 の 受 贈 益 に 対 して 直 ちに 課 税 しないことにより 補 助 目 的

< 圧 縮 記 帳 の 効 果 > 圧 縮 記 帳 を 適 用 した 場 合 に 得 られる 税 務 上 の 効 果 はどのようなものでしょうか 前 述 のように 圧 縮 記 帳 の 制 度 目 的 は 補 助 金 等 の 受 贈 益 に 対 して 直 ちに 課 税 しないことにより 補 助 目 的 税 務 東 日 本 大 震 災 における 税 務 上 の 取 扱 い YAC 税 理 士 法 人 代 表 社 員 清 水 川 浩 司 ( 税 理 士 ) Ⅰ.はじめに 東 日 本 大 震 災 に 関 する 税 務 上 の 取 扱 いについては 昨 年 より 既 に 東 日 本 大 震 災 の 被 災 者 等 に 係 る 国 税 関 係 法 律 の 臨 時 特 例 に 関 する 法 律 ( 以 下 震

More information

ÿþr‰!nn0.z^Ÿ

ÿþr‰!nn0.z^Ÿ 1 住 宅 ローン 控 除 (1) 居 住 用 の 建 物 及 び 上 地 等 を 取 得 等 ( 新 築 を 含 む) 又 は 居 住 用 建 物 の 増 改 築 をし 平 成 16 年 1 月 1 日 から 平 成 20 年 12 月 31 日 までの 間 に 居 住 の 用 に 供 した 場 合 には 10 年 間 所 得 税 が 軽 減 されます 但 し 居 住 年 が 平 成 17 年 から

More information

<926E88E68F5A91EE8C7689E6816990E591E48E7381408356815B8367825081608253816A816993C192E88C7689E6816A2E786C73>

<926E88E68F5A91EE8C7689E6816990E591E48E7381408356815B8367825081608253816A816993C192E88C7689E6816A2E786C73> 社 会 資 本 総 合 整 備 計 画 ( 特 定 計 画 ) 地 域 住 宅 計 画 ( 第 11 回 変 更 ) せ ん だ い ち い き 仙 台 地 域 せんだい 平 成 24 年 1 月 地 域 住 宅 計 画 計 画 の 名 称 仙 台 地 域 都 道 府 県 名 宮 城 県 作 成 主 体 名 計 画 期 間 平 成 17 年 度 ~ 24 年 度 1. 地 域 の 住 宅 政 策 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc 佐 野 市 生 活 排 水 処 理 構 想 ( 案 ) 平 成 27 年 12 月 佐 野 市 目 次 1. 生 活 排 水 処 理 構 想 について 1.1 生 活 排 水 処 理 構 想 とは P.1 1.2 生 活 排 水 処 理 施 設 の 種 類 P.1 2. 佐 野 市 の 現 状 と 課 題 2.1 整 備 状 況 P.2 2.2 主 な 汚 水 処 理 施 設 P.2 2.3 生 活

More information

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号 市 街 化 調 整 区 域 に お け る 区 域 指 定 の 許 可 基 準 等 に つ い て 1 背 景 取 手 市 では 都 市 計 画 法 ( 1) の 規 定 に 基 づき 昭 和 45 年 から 市 内 を 市 街 化 区 域 ( 2) と 市 街 化 調 整 区 域 ( 3) に 区 分 ( 線 引 き)し 市 街 化 調 整 区 域 では 原 則 市 街 化 を 抑 制 する 区

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169303332318DA188E48F4390B3816A89FC92E85F956990EC8BE691CF906B8C7689E65F8A54977694C581798AAE90AC94C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169303332318DA188E48F4390B3816A89FC92E85F956990EC8BE691CF906B8C7689E65F8A54977694C581798AAE90AC94C5817A2E646F63> 品 川 区 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 25 年 3 月 改 定 地 震 により 想 定 される 被 害 の 半 減 を 目 指 し 住 宅 建 築 物 の 耐 震 診 断 および 耐 震 改 修 を 計 画 的 かつ 総 合 的 に 推 進 し 災 害 に 強 いまちづくりを 実 現 するため 平 成 19 年 12 月 に 品 川 区 耐 震 改 修 促 進 計

More information

所令要綱

所令要綱 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 要 旨 一 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 の 一 部 改 正 ( 第 1 条 関 係 ) 1 個 人 所 得 課 税 ⑴ 次 に 掲 げる 書 類 等 については それぞれ 次 に 定 める 個 人 番 号 の 記 載 を 要 しな いこととする ( 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 第 3

More information

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 美 作 市 防 犯 カメラ 設 置 支 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 地 域 の 防 犯 活 動 を 推 進 し 安 全 安 心 のまちづくりの 実 現 を 図 るため 犯 罪 等 の 防 止 を 目 的 に 防 犯 カメラの 設 置 を 行 う 住 民 団 体 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において その 設 置 に 要 する 経 費

More information

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は 加 西 市 賃 貸 共 同 住 宅 等 建 設 促 進 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 賃 貸 共 同 住 宅 等 を 新 築 した 者 に 対 して 補 助 金 を 交 付 することにより 賃 貸 共 同 住 宅 等 の 建 設 を 促 進 し 人 口 の 増 加 に 資 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次

More information

3 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 概 要 (1) 価 格 カルテル 山 形 県 の 庄 内 地 区 に 所 在 する5 農 協 が, 特 定 主 食 用 米 の 販 売 手 数 料 について, 平 成 23 年 1 月 13 日 に 山 形 県 酒 田 市 所 在 の 全 国 農 業 協

3 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 概 要 (1) 価 格 カルテル 山 形 県 の 庄 内 地 区 に 所 在 する5 農 協 が, 特 定 主 食 用 米 の 販 売 手 数 料 について, 平 成 23 年 1 月 13 日 に 山 形 県 酒 田 市 所 在 の 全 国 農 業 協 平 成 26 年 度 における 東 北 地 区 の 独 占 禁 止 法 の 運 用 状 況 等 について 平 成 27 年 6 月 10 日 公 正 取 引 委 員 会 事 務 総 局 東 北 事 務 所 第 1 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 処 理 状 況 1 公 正 取 引 委 員 会 は, 迅 速 かつ 実 効 性 のある 事 件 審 査 を 行 うとの 基 本 方 針 の 下, 国

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第 伊 達 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 地 区 計 画 の 原 案 を 作 成 するための 案 ( 以 下 地 区 計 画 の 素 案 という )の 作 成 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより

More information

大 田 区 保 育 従 事 職 員 宿 舎 借 り 上 げ 支 援 事 業 Q&A 目 次 Ⅰ 補 助 事 業 全 般 について P3~P4 Ⅱ 補 助 対 象 施 設 について P5 Ⅲ 補 助 対 象 職 員 について P6~P10 Ⅳ 補 助 対 象 経 費 について P11~P13 2

大 田 区 保 育 従 事 職 員 宿 舎 借 り 上 げ 支 援 事 業 Q&A 目 次 Ⅰ 補 助 事 業 全 般 について P3~P4 Ⅱ 補 助 対 象 施 設 について P5 Ⅲ 補 助 対 象 職 員 について P6~P10 Ⅳ 補 助 対 象 経 費 について P11~P13 2 待 機 児 解 消 に 向 けた 保 育 施 設 の 新 規 開 設 ラッシュにより 都 内 及 び 隣 接 県 の 自 治 体 での 保 育 士 の 需 要 が 急 増 しております これを 受 け 大 田 区 では 保 育 人 材 の 確 保 定 着 及 び 離 職 防 止 を 図 り 安 定 的 な 保 育 所 の 運 営 を 可 能 にするため 平 成 27 年 4 月 より 大 田 区 保

More information

市街化区域と市街化調整区域との区分

市街化区域と市街化調整区域との区分 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 平 成 27 年 9 月 埼 玉 県 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 趣 旨 本 県 では 昭 和 45 年 に 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )を 都 市 計

More information

控 除 を 受 けるための 要 件 と 必 要 な 添 付 書 類 (マイホームの 新 築 や 購 入 増 改 築 等 をして 平 成 28 年 中 に 居 住 の 用 に 供 した 場 合 ) 1 新 築 住 宅 2 中 古 住 宅 増 改 築 等 要 件 イ 住 宅 取 得 後 6か 月 以 内 に 入 居 し 引 き 続 き 居 住 していること ロ 家 屋 の 床 面 積 ( 登 記 面 積

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

文化政策情報システムの運用等

文化政策情報システムの運用等 名 開 始 終 了 ( 予 定 ) 年 度 番 号 0406 平 成 25 年 行 政 レビューシート ( 文 部 科 学 省 ) 文 化 政 策 情 報 システム 運 用 等 担 当 部 局 庁 文 化 庁 作 成 責 任 者 平 成 8 年 度 なし 担 当 課 室 長 官 官 房 政 策 課 政 策 課 長 清 水 明 会 計 区 分 一 般 会 計 政 策 施 策 名 根 拠 法 令 ( 具

More information

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73>

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73> 株 式 会 社 国 際 協 力 銀 行 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 国 会 で 認 められた 予 算 に 従 い 国 家 公 務 員 指 定 職 に 準 じた 水 準 としている なお 役 員

More information

(Microsoft Word - \213\213\227^\201E\222\350\210\365\212\307\227\235\214\366\225\\\201iH27.03.01\)\201iHP\227p\201j.doc)

(Microsoft Word - \213\213\227^\201E\222\350\210\365\212\307\227\235\214\366\225\\\201iH27.03.01\)\201iHP\227p\201j.doc) 津 島 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 市 職 員 の 給 与 は 地 方 自 治 法 地 方 公 務 員 法 等 の 定 めに 基 づき 市 の 条 例 規 則 により 定 められてい ます 今 回 はその 状 況 を 公 表 します 平 成 26 年 4 月 1 日 の 数 値 は 平 成 26 年 の 地 方 公 務 員 給 与 実 態 調 査 地 方 公 共 団 体 定 員 管

More information

<4D F736F F D2091E F18CB48D C481698E7B90DD8F9590AC89DB816A2E646F63>

<4D F736F F D2091E F18CB48D C481698E7B90DD8F9590AC89DB816A2E646F63> 平 成 18 年 7 月 独 立 行 政 法 人 国 立 大 学 財 務 経 営 センター 国 立 大 学 法 人 等 による 国 立 大 学 財 務 経 営 センターへの 土 地 譲 渡 収 入 の 一 部 納 付 の 仕 組 みについて 国 立 大 学 法 人 等 が 国 から 出 資 された 土 地 を 譲 渡 した 場 合 文 部 科 学 大 臣 が 定 める 基 準 に より 算 定 した

More information

<819A955D89BF92B28F91816989638BC690ED97AA8EBA81418FA48BC682CC8A8890AB89BB816A32322E786C7378>

<819A955D89BF92B28F91816989638BC690ED97AA8EBA81418FA48BC682CC8A8890AB89BB816A32322E786C7378> 平 成 27 年 度 施 策 評 価 調 書 施 策 の 名 称 等 整 理 番 号 22 評 価 担 当 課 営 業 戦 略 課 職 氏 名 施 策 名 ( 基 本 事 業 ) 商 業 の 活 性 化 総 合 計 画 の 位 置 づけ 基 本 目 主 要 施 策 4 想 像 力 と 活 力 にあふれたまちづくり 商 業 の 振 興 2 施 策 の 現 状 分 析 と 意 図 施 策 の 対 象 意

More information

守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学 校 づくりについて 2 第 4 東 小

守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学 校 づくりについて 2 第 4 東 小 守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 平 成 27 年 2 月 守 口 市 教 育 委 員 会 守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169959F93878CA797708F4390B3816A819A95CA8B4C976C8EAE91E682538B4C8DDA97E12E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169959F93878CA797708F4390B3816A819A95CA8B4C976C8EAE91E682538B4C8DDA97E12E646F6378> ( 別 様 式 第 4の1-1/3-) 復 興 産 業 集 積 区 域 における 研 究 開 発 税 制 の 特 例 等 ( 法 第 39 条 ) 指 定 を 行 った 認 定 地 方 公 共 法 人 の 場 合 事 業 年 度 又 は 連 結 事 業 年 度 終 了 後 団 体 の 長 の 氏 名 を 載 してく 1か 月 以 内 に 提 出 し ださい 個 人 の 場 合 事 業 年 度 ( 暦

More information

Microsoft Word - H25普通会計決算状況 .docx

Microsoft Word - H25普通会計決算状況 .docx 平 成 25 年 度 佐 倉 市 決 算 ( 普 通 会 計 )の 概 要 各 地 方 公 共 団 体 は 毎 年 度 決 算 状 況 を 1 枚 のカード( 決 算 カード)にまとめて 公 表 していま す この 決 算 状 況 のまとめは 総 務 省 が 行 う 地 方 財 政 状 況 調 査 の 会 計 区 分 である 普 通 会 計 に より 算 定 されます これは 一 般 会 計 及 び

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 25 年 度 税 制 改 正 について ( 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 税 制 ) 平 成 25 年 2 月 中 小 企 業 庁 1. 事 業 承 継 税 制 の 拡 充 1 ( 相 続 税 贈 与 税 ) 拡 充 中 小 企 業 経 営 者 の 平 均 年 齢 が 約 60 歳 となっており 事 業 承 継 の 円 滑 化 は 喫 緊 の 課 題 事 業 承 継 税 制

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について 資 料 5 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し( 案 )について 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 ( 現 行 制 度 )の 概 要 目 的 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 昭 和 36 年

More information

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議 第 6 回 税 理 士 試 験 固 定 資 産 税 はじめに 第 一 問 については 個 別 理 論 題 の 出 題 であった 1については 固 定 資 産 評 価 員 及 び 固 定 資 産 評 価 補 助 員 に 関 する 出 題 であったが 個 別 理 論 での 出 題 であり 判 断 に 迷 う 点 もなく 高 得 点 を 取 ることが 可 能 な 問 題 であった については 区 分 所

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

第 40 回 中 央 近 代 化 基 金 補 完 融 資 推 薦 申 込 み 公 募 要 綱 1 公 募 推 薦 総 枠 30 億 円 一 般 物 流 効 率 化 促 進 中 小 企 業 高 度 化 資 金 貸 付 対 象 事 業 の 合 計 枠 2 公 募 期 間 平 成 28 年 6 月 20

第 40 回 中 央 近 代 化 基 金 補 完 融 資 推 薦 申 込 み 公 募 要 綱 1 公 募 推 薦 総 枠 30 億 円 一 般 物 流 効 率 化 促 進 中 小 企 業 高 度 化 資 金 貸 付 対 象 事 業 の 合 計 枠 2 公 募 期 間 平 成 28 年 6 月 20 利 子 補 給 つき 低 利 の 融 資 でトラック 業 界 の 近 代 化 を 第 40 回 ( 平 成 28 年 度 ) 中 央 近 代 化 基 金 補 完 融 資 推 薦 申 込 み 公 募 のしおり この 融 資 の 目 的 この 融 資 は 全 日 本 トラック 協 会 からの 利 子 補 給 により 長 期 低 利 の 融 資 を 推 進 し トラック 運 送 事 業 者 の 近 代 化

More information

別 表 1 土 地 建 物 提 案 型 の 供 給 計 画 に 関 する 評 価 項 目 と 評 価 点 数 表 項 目 区 分 評 価 内 容 と 点 数 一 般 評 価 項 目 100 1 立 地 条 件 (1) 交 通 利 便 性 ( 徒 歩 =80m/1 分 ) 25 (2) 生 活 利 便

別 表 1 土 地 建 物 提 案 型 の 供 給 計 画 に 関 する 評 価 項 目 と 評 価 点 数 表 項 目 区 分 評 価 内 容 と 点 数 一 般 評 価 項 目 100 1 立 地 条 件 (1) 交 通 利 便 性 ( 徒 歩 =80m/1 分 ) 25 (2) 生 活 利 便 石 巻 市 公 募 型 買 取 市 営 住 宅 の 供 給 計 画 に 関 する 選 定 基 準 制 定 平 成 24 年 10 月 10 日 改 正 平 成 25 年 5 月 1 日 改 正 平 成 26 年 7 月 8 日 改 正 平 成 27 年 12 月 4 日 改 正 平 成 28 年 6 月 27 日 第 1 目 的 この 基 準 は 石 巻 市 公 募 型 買 取 市 営 住 宅 制

More information

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備 松 原 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 地 区 計 画 は 市 街 化 調 整 区 域 における 大 規 模 な 開 発 や 広 域 的 な 都 市 機 能 の 立 地 などを 可 能 とするものであり その 内 容 によっては 都 市 機 能 の 拡 散 により 都 市 施 設 の 維 持 管 理 福 祉 施 設 等 の 行 政 コストの 増 大 自

More information

市 町 村 税 の 概 況 市 町 村 税 の 概 況 は 平 成 25 年 度 地 方 財 政 状 況 調 査 平 成 26 年 度 市 町 村 税 の 課 税 状 況 等 の 調 及 び 平 成 26 年 度 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 等 報 告 書 等 の 資 料 に

市 町 村 税 の 概 況 市 町 村 税 の 概 況 は 平 成 25 年 度 地 方 財 政 状 況 調 査 平 成 26 年 度 市 町 村 税 の 課 税 状 況 等 の 調 及 び 平 成 26 年 度 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 等 報 告 書 等 の 資 料 に 第 3 市 町 村 税 関 係 市 町 村 税 の 概 況 市 町 村 税 の 概 況 は 平 成 25 年 度 地 方 財 政 状 況 調 査 平 成 26 年 度 市 町 村 税 の 課 税 状 況 等 の 調 及 び 平 成 26 年 度 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 等 報 告 書 等 の 資 料 に 基 づいてとりまとめた 一 平 成 25 年 度 決 算 状 況 1

More information

4. 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 特 例 の 延 長 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 以 下 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 ( 平 成 28 年 3 月 31 日 )を 延 長 する 1 登 録 免 許 税 の 特 例 ( 所 有 権 の 保 存 登 記 : 本 則 0.4%

4. 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 特 例 の 延 長 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 以 下 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 ( 平 成 28 年 3 月 31 日 )を 延 長 する 1 登 録 免 許 税 の 特 例 ( 所 有 権 の 保 存 登 記 : 本 則 0.4% 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 平 成 27 年 9 月 17 日 一 般 社 団 法 人 不 動 産 協 会 我 が 国 の 経 済 は 緩 やかな 回 復 を 続 けているが 少 子 化 高 齢 化 を 伴 う 人 口 減 少 社 会 の 到 来 や 産 業 構 造 の 転 換 グローバル 化 の 急 激 な 進 展 等 著 しい 構 造 変 化 に 直 面 している そのような

More information

4 調 査 の 対 話 内 容 (1) 調 査 対 象 財 産 の 土 地 建 物 等 を 活 用 して 展 開 できる 事 業 のアイディアをお 聞 かせく ださい 事 業 アイディアには, 次 の 可 能 性 も 含 めて 提 案 をお 願 いします ア 地 域 の 活 性 化 と 様 々な 世

4 調 査 の 対 話 内 容 (1) 調 査 対 象 財 産 の 土 地 建 物 等 を 活 用 して 展 開 できる 事 業 のアイディアをお 聞 かせく ださい 事 業 アイディアには, 次 の 可 能 性 も 含 めて 提 案 をお 願 いします ア 地 域 の 活 性 化 と 様 々な 世 呉 市 有 財 産 事 業 者 提 案 型 (サウンディング 型 ) 市 場 調 査 実 施 要 項 1 調 査 の 名 称 呉 市 有 財 産 事 業 者 提 案 型 (サウンディング 型 ) 市 場 調 査 ( 以 下 市 場 調 査 という ) 2 調 査 の 目 的 等 (1) 背 景 目 的 呉 市 では, 行 政 目 的 のない 財 産 ( 土 地 建 物 )については 売 却 を 原

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

七 の 二 自 然 公 園 法 ( 昭 和 三 十 二 年 法 律 第 百 六 十 一 号 ) 第 二 十 条 第 一 項 に 規 定 する 国 立 公 園 又 は 国 定 公 園 の 特 別 地 域 のうち 同 法 第 二 十 一 条 第 一 項 に 規 定 する 特 別 保 護 地 区 その 他

七 の 二 自 然 公 園 法 ( 昭 和 三 十 二 年 法 律 第 百 六 十 一 号 ) 第 二 十 条 第 一 項 に 規 定 する 国 立 公 園 又 は 国 定 公 園 の 特 別 地 域 のうち 同 法 第 二 十 一 条 第 一 項 に 規 定 する 特 別 保 護 地 区 その 他 地 方 税 法 ( 固 定 資 産 税 の 非 課 税 の 範 囲 ) 第 三 百 四 十 八 条 市 町 村 は 国 並 びに 都 道 府 県 市 町 村 特 別 区 これらの 組 合 財 産 区 及 び 合 併 特 例 区 に 対 しては 固 定 資 産 税 を 課 することができない 2 固 定 資 産 税 は 次 に 掲 げる 固 定 資 産 に 対 しては 課 することができない ただし

More information

存 しておくべきこと (2) 知 事 の 承 認 を 受 けて 財 産 を 処 分 することにより 収 入 があった 場 には その 収 入 の 全 部 又 は 一 部 を 県 に 納 付 すべきこと (3) 補 助 事 業 により 取 得 し 又 は 効 用 の 増 加 した 財 産 については

存 しておくべきこと (2) 知 事 の 承 認 を 受 けて 財 産 を 処 分 することにより 収 入 があった 場 には その 収 入 の 全 部 又 は 一 部 を 県 に 納 付 すべきこと (3) 補 助 事 業 により 取 得 し 又 は 効 用 の 増 加 した 財 産 については 宮 崎 県 まちなか 商 業 再 生 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 21 年 4 月 1 日 商 工 観 光 労 働 部 商 工 政 策 課 ( 趣 旨 ) 第 1 条 県 は 商 店 街 等 と 多 様 な 主 体 が 連 携 して 行 う 新 たな 振 興 策 や 起 業 への 取 組 及 び 商 店 街 の 活 性 化 への 取 組 を 促 進 するため 予 算 で

More information

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 幼 児 教 育 の 無 償 化 について 資 料 3-1 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 (

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63> 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 ( 新 しい 公 共 の 場 づくりのためのモデル 事 業 ( 県 対 象 )) の 平 成 23 年 度 募 集 について 第 1 目 的 本 事 業 は 愛 知 県 が 定 める 愛 知 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 実 施 要 領 ( 平 成 23 年 6 月 以 下 実 施 要 領 という ) に 基

More information

新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 ページ 変 更 後 変 更 前 表 紙 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 平 成 27 年 3 月 変 更 安 中 市 6 2. 計 画 策 定 の 方 針 (3) 計

新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 ページ 変 更 後 変 更 前 表 紙 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 平 成 27 年 3 月 変 更 安 中 市 6 2. 計 画 策 定 の 方 針 (3) 計 新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 安 中 市 新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 ページ 変 更 後 変 更 前 表 紙 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 平 成 27 年 3 月 変 更 安 中 市 6 2. 計 画 策 定 の 方 針 (3) 計 画 の 期 間 本 計

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン 参 考 資 料 2 第 2 回 懇 談 会 (H27.8.10) 能 勢 町 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 25 年 8 月 大 阪 府 豊 能 郡 能 勢 町 目 次 1.ガイドラインの 趣 旨 1 2. 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 3. 地 区 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 策 定 にあたっての

More information

( の 復 旧 ) 3. 南 相 馬 市 エリアの 避 難 指 示 解 除 準 備 区 域 及 び 居 住 制 限 区 域 内 の 路 線 数 ( ) 10 路 線 うち 被 災 した 路 線 ( 工 区 ) 数 10 路 線 52 箇 所 うち 応 急 対 策 を 実 施 した 路 線 ( 工 区

( の 復 旧 ) 3. 南 相 馬 市 エリアの 避 難 指 示 解 除 準 備 区 域 及 び 居 住 制 限 区 域 内 の 路 線 数 ( ) 10 路 線 うち 被 災 した 路 線 ( 工 区 ) 数 10 路 線 52 箇 所 うち 応 急 対 策 を 実 施 した 路 線 ( 工 区 道 路 ( 高 速 道 路 の 復 旧 整 備 ) 1. 常 磐 自 動 車 道 1 箇 所 名 : 常 磐 自 動 車 道 の 供 用 中 区 間 の 被 災 箇 所 及 び 整 備 区 間 2 供 用 中 区 間 の 被 災 箇 所 については 応 急 復 旧 により 平 成 23 年 4 月 28 日 までに 旧 警 戒 区 域 にかかる 区 間 ( 常 磐 道 広 野 IC~ 常 磐 富 岡

More information

置 を 講 ずること 2 資 本 金 等 の 額 が 資 本 金 + 資 本 準 備 金 を 下 回 る 場 合 には 資 本 金 + 資 本 準 備 金 をもとに 判 断 すること とされたことにより 関 係 条 例 を 改 正 するもの (2) 住 宅 借 入 金 等 特 別 税 額 控 除 (

置 を 講 ずること 2 資 本 金 等 の 額 が 資 本 金 + 資 本 準 備 金 を 下 回 る 場 合 には 資 本 金 + 資 本 準 備 金 をもとに 判 断 すること とされたことにより 関 係 条 例 を 改 正 するもの (2) 住 宅 借 入 金 等 特 別 税 額 控 除 ( 第 3 回 南 相 馬 市 議 会 臨 時 会 市 長 提 出 議 案 の 要 旨 平 成 27 年 5 月 12 日 提 出 1. 件 数 8 件 内 訳 議 案 8 件 ( 専 決 処 分 の 報 告 及 びその 承 認 ( 条 例 関 係 ) 3 件 一 般 会 計 補 正 予 算 1 件 工 事 請 負 契 約 の 締 結 1 件 財 産 の 取 得 1 件 専 決 処 分 の 報 告 及

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

Taro-01 議案概要.jtd

Taro-01 議案概要.jtd 資 料 1 平 成 28 年 第 1 回 志 木 市 議 会 定 例 会 市 長 提 出 議 案 等 概 要 1 2 第 1 号 議 案 企 画 部 政 策 推 進 課 志 木 市 将 来 ビジョン( 第 五 次 志 木 市 総 合 振 興 計 画 将 来 構 想 )の 策 定 について ( 政 策 推 進 課 ) 1 将 来 ビジョンとは? 2 志 木 市 がおかれている 状 況 3 まちづくりの

More information

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼 高 浜 市 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援 事 業 実 施 要 綱 平 成 27 年 9 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 1 05 号 以 下 法 という ) 第 6 条 第 1 項 第 3 号 の 規 定 に 基 づ き 市 が 実 施 する 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B8C49938C8E738E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E690A7937882CC895E97708AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B8C49938C8E738E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E690A7937882CC895E97708AEE8F802E646F63> 栗 東 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより 市 街 化 調 整 区 域 における 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 形 成 並 びに 適 正

More information

第5回法人課税ディスカッショングループ 法D5-4

第5回法人課税ディスカッショングループ 法D5-4 平 2 6. 5. 9 法 D 5-4 税 制 調 査 会 ( 法 人 課 税 DG5) 中 小 法 人 公 益 法 人 等 ( 地 方 税 ) 平 成 26 年 5 月 9 日 ( 金 ) 総 務 省 目 次 中 小 企 業 に 対 する 特 別 な 取 扱 い( 主 なもの) 地 方 税 1 中 小 法 人 と 個 人 事 業 主 との 税 負 担 率 の 比 較 ( 国 税 地 方 税 ) 2

More information

事 業 概 要 利 用 時 間 休 館 日 使 用 方 法 使 用 料 施 設 を 取 り 巻 く 状 況 や 課 題 < 松 山 駅 前 駐 輪 場 > JR 松 山 駅 を 利 用 する 人 の 自 転 車 原 付 を 収 容 する 施 設 として 設 置 され 有 料 駐 輪 場 の 利 用

事 業 概 要 利 用 時 間 休 館 日 使 用 方 法 使 用 料 施 設 を 取 り 巻 く 状 況 や 課 題 < 松 山 駅 前 駐 輪 場 > JR 松 山 駅 を 利 用 する 人 の 自 転 車 原 付 を 収 容 する 施 設 として 設 置 され 有 料 駐 輪 場 の 利 用 駐 輪 場 ( 都 市 整 備 部 総 合 交 通 課 所 管 ) 市 が 設 置 している 有 料 駐 輪 場 は 市 内 に 2か 所 あります 松 山 駅 前 駐 輪 場 基 本 情 報 施 設 名 所 在 地 敷 地 面 積 構 造 階 層 延 べ 面 積 建 築 年 管 理 形 態 敷 地 の 状 態 松 山 駅 前 駐 輪 場 三 番 町 八 丁 目 364-6 681.25 m2 軽

More information

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定 資 料 10 減 損 損 失 及 び 資 本 金 の 変 動 に 関 する 調 査 記 載 上 の 注 意 事 項 当 調 査 は 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 資 本 金 の の 変 動 等 を 把 握 するために 調 査 する ものである 調 査 対 象 は 地 方 公 営 企 業 状 況 調 査 の 対 象 となっている 法 適 用 企 業 とする Ⅰ 提 出 物 について

More information

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱 新 ひだか 町 住 宅 新 築 リフォーム 耐 震 等 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 26 年 6 月 27 日 要 綱 第 15 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 の 新 築 工 事 増 改 築 工 事 リフォーム 工 事 又 は 耐 震 補 強 工 事 ( 以 下 新 築 リフォーム 等 工 事 という ) を 行 う 者 に 対 し その 工 事 費 の

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

<4D F736F F D F8D828D5A939982CC8EF68BC697BF96B38F9E89BB82CC8A6791E52E646F63>

<4D F736F F D F8D828D5A939982CC8EF68BC697BF96B38F9E89BB82CC8A6791E52E646F63> 平 成 22 年 11 月 9 日 高 校 等 の 授 業 料 無 償 化 の 拡 大 検 討 案 以 下 は 大 阪 府 の 検 討 案 の 概 要 であり 最 終 的 には 平 成 23 年 2 月 議 会 での 予 算 の 議 決 を 経 て 方 針 を 確 定 する 予 定 です Ⅰ. 検 討 案 の 骨 子 平 成 23 年 度 から 大 阪 の 子 どもたちが 中 学 校 卒 業 時 の

More information

18 国立高等専門学校機構

18 国立高等専門学校機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 当 機 構 役 員 給 与 規 則 で 文 部 科

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

03《G》資料1-2当初予算【H28】280207

03《G》資料1-2当初予算【H28】280207 平 成 28 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) ( 計 数 資 料 編 ) 平 成 28 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 計 数 資 料 編 1 歳 入 歳 出 予 算 の 概 要 1 (1) 歳 入 予 算 の 概 要 2 (2) 歳 出 予 算 の 概 要 5 2 計 数 に よ る 予 算 の 概 要 8 ( 参 考 ) 予 算 の 推 移 等 12 3 特 別 会 計 予 算 の 概

More information

安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 1 議 会 学 校 適 正 配 置 調 査 特 別 委 員 会 調 査 報 告 書 について 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 が 平 成 25 年 10 月 30 日 に 決 定 した 安 芸 太 田

安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 1 議 会 学 校 適 正 配 置 調 査 特 別 委 員 会 調 査 報 告 書 について 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 が 平 成 25 年 10 月 30 日 に 決 定 した 安 芸 太 田 安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 安 芸 太 田 町 平 成 26 年 10 月 12 日 安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 1 議 会 学 校 適 正 配 置 調 査 特 別 委 員 会 調 査 報 告 書 について 安 芸 太 田 町 教 育 委

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6 様 式 租 税 特 別 措 置 等 に 係 る 政 策 の 事 前 評 価 書 1 政 策 評 価 の 対 象 とした 産 業 活 力 の 再 生 及 び 産 業 活 動 の 革 新 に 関 する 特 別 措 置 法 に 基 づく 登 録 免 租 税 特 別 措 置 等 の 名 称 許 税 の 特 例 措 置 の 延 長 ( 国 税 32)( 登 録 免 許 税 : 外 ) 2 要 望 の 内 容

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A188EA8B7B8E7391CF906B89FC8F4391A390698C7689E63038303931322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A188EA8B7B8E7391CF906B89FC8F4391A390698C7689E63038303931322E646F63> 第 4 章 住 宅 の 耐 震 化 促 進 4-1 普 及 啓 発 1. ホームページ 広 報 誌 回 覧 板 での 広 報 活 動 本 市 は 常 時 市 ホームペ ージおいて さらに 定 期 的 に 広 報 いちのみや や 町 内 回 覧 チラシ 等 おいて 耐 震 診 断 耐 震 改 修 につい ての 広 報 活 動 を 行 っていま す 今 後 は これらの 内 容 の 充 実 等 を 図

More information

Microsoft Word - 目次.doc

Microsoft Word - 目次.doc 長 寿 医 療 制 度 と 国 民 健 康 保 険 一 体 化 に 関 する 舛 添 大 臣 私 案 イメージ < 現 行 > < 見 直 し 後 > 75 歳 長 寿 医 療 制 度 ( 県 単 位 広 域 連 合 ) 長 寿 医 療 ( 都 道 府 県 ) 1 両 者 を 一 体 化 し 都 道 府 県 が 運 営 75 歳 65 歳 被 用 者 保 険 から 財 政 調 整 国 保 国 保 被

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FE3927291DC926E8BE6926E8BE68C7689E681408C7689E68F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FE3927291DC926E8BE6926E8BE68C7689E681408C7689E68F912E646F63> 東 京 都 市 計 画 地 区 計 画 の 決 定 ( 豊 島 区 決 定 ) 都 市 計 画 上 池 袋 二 三 四 丁 目 地 区 地 区 計 画 を 次 のように 決 定 する 名 称 上 池 袋 二 三 四 丁 目 地 区 地 区 計 画 位 置 豊 島 区 上 池 袋 二 丁 目 上 池 袋 三 丁 目 上 池 袋 四 丁 目 及 び 池 袋 本 町 一 丁 目 各 地 内 面 積 約 46.5ha

More information

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 3 月 29 日 告 示 第 98 号 改 正 平 成 25 年 9 月 27 日 告 示 第 297 号 平 成 27 年 4 月 1 日 告 示 第 155 号 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 空 き 家 の 有 効 活 用 による

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

目 次 1. 方 針 1 2. 市 庁 舎 の 耐 震 化 事 業 計 画 2 [ 参 考 ] 建 物 の 現 状 5

目 次 1. 方 針 1 2. 市 庁 舎 の 耐 震 化 事 業 計 画 2 [ 参 考 ] 建 物 の 現 状 5 朝 霞 市 庁 舎 等 の 耐 震 化 方 針 平 成 26 年 1 月 朝 霞 市 目 次 1. 方 針 1 2. 市 庁 舎 の 耐 震 化 事 業 計 画 2 [ 参 考 ] 建 物 の 現 状 5 1. 方 針 市 庁 舎 および 市 民 会 館 の 耐 震 化 対 応 について 朝 霞 市 庁 舎 等 整 備 方 針 検 討 委 員 会 により 提 言 がなさ れた 市 としては この 提

More information

人事行政の運営状況の報告について

人事行政の運営状況の報告について 市 職 員 の 給 与 などの 状 況 目 次 給 与 決 定 の 仕 組 み 2 給 与 や 報 酬 の 削 減 2 退 職 手 当 制 度 の 見 直 し 4 給 与 制 度 の 見 直 し 5 人 件 費 の 抑 制 5 給 与 水 準 (ラスパイレス 指 数 ) 6 職 員 数 の 推 移 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) 7 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況

More information