Microsoft Word docx

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 20130603050.docx"

Transcription

1 東 日 本 大 震 災 からの 住 宅 の 再 建 に 向 けた 取 組 国 土 交 通 委 員 会 調 査 室 廣 原 孝 一 1. はじめに 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 においては 津 波 により 東 北 地 方 沿 岸 部 を 中 心 に 甚 大 な 被 害 が 発 生 しており 建 築 物 の 被 害 は 全 国 で 全 壊 約 13 万 戸 半 壊 約 27 万 戸 に 上 っている とりわけ 岩 手 県 宮 城 県 福 島 県 の3 県 は 3 県 の 被 害 戸 数 の 合 計 が 全 体 の9 割 を 超 すなど 極 めて 大 きな 被 害 を 被 っている( 図 表 1) 津 波 により 広 範 にわた って 市 街 地 が 被 災 した 地 域 においては 防 災 集 団 移 転 促 進 事 業 や 土 地 区 画 整 理 事 業 など 市 街 地 や 居 住 地 の 復 興 のための 事 業 が 想 定 されている 地 区 も 多 く 単 に 自 宅 を 再 建 するに 止 まらず 移 転 や 地 盤 の 嵩 上 げが 必 要 とされる 被 災 者 も 多 数 に 上 っている ( 図 表 1) 東 日 本 大 震 災 における 建 築 物 の 被 害 状 況 建 築 被 害 全 壊 半 壊 戸 数 割 合 戸 数 割 合 岩 手 県 18,370 14% 6,558 2% 宮 城 県 85,260 66% 152,880 57% 福 島 県 21,149 16% 72,909 27% 3 県 計 124,779 97% 232,347 86% その 他 4,029 3% 37,524 14% 計 128, ,871 ( 出 所 ) 警 察 庁 資 料 ( 平 成 25 年 4 月 10 日 )より 作 成 発 災 後 2 年 を 経 過 し まちづくりを 始 めとする 復 興 事 業 はようやく 本 格 化 しようとして きているが 資 材 建 設 用 地 あるいは 人 員 の 不 足 等 の 理 由 により 復 興 事 業 の 進 捗 の 遅 れ が 懸 念 されている 被 災 地 域 は 高 齢 者 も 多 く 一 刻 も 早 い 住 居 の 再 建 が 望 まれているとこ ろであるが 例 えば 自 力 再 建 が 困 難 な 世 帯 に 対 し 賃 貸 される 災 害 公 営 住 宅 をとってみて も 整 備 に 着 手 ( 用 地 確 保 が 完 了 )した 割 合 が 計 画 戸 数 に 対 して 約 38% 1 ( 平 成 25 年 2 月 末 時 点 )に 止 まっている こうしたことから 安 倍 政 権 は 平 成 25 年 3 月 の 復 興 推 進 会 議 において 用 地 取 得 の 迅 速 化 や 生 コン 等 資 材 対 策 を 含 めた 住 宅 再 建 復 興 まちづくりの 加 速 化 に 向 けた 施 策 パッ ケージ を 公 表 した これに 基 づき 市 町 村 及 びその 地 区 ごとに 面 的 整 備 事 業 ( 防 災 集 団 移 転 促 進 事 業 等 )の 工 程 や 住 宅 宅 地 の 入 居 可 能 戸 数 を 年 度 別 に 明 示 した 住 まいの 復 興 工 程 表 を 公 表 し 住 宅 の 早 期 再 建 を 図 るとともに 被 災 者 が 生 活 再 建 に 向 けた 見 通 しを 持 てるようにしている 1 災 害 公 営 住 宅 の 全 体 計 画 が 未 定 の 福 島 県 を 除 く 50 ( 参 議 院 事 務 局 企 画 調 整 室 編 集 発 行 )

2 本 稿 では 被 害 の 大 きかった 岩 手 県 宮 城 県 福 島 県 ( 以 下 被 災 3 県 という )にお ける 住 居 の 復 興 について 災 害 公 営 住 宅 を 中 心 に 概 観 する 2. 住 宅 再 建 に 向 けた 取 組 及 び 復 興 の 現 状 東 日 本 大 震 災 により 住 宅 が 滅 失 した 被 災 者 の 居 住 の 再 建 については 自 力 での 住 宅 再 建 が 可 能 な 被 災 者 に 対 しては 被 災 者 生 活 再 建 支 援 法 に 基 づく 被 災 者 生 活 再 建 支 援 金 ( 自 宅 が 全 壊 し 再 建 した 場 合 等 に 最 高 300 万 円 )の 支 給 住 宅 金 融 支 援 機 構 による 災 害 復 興 住 宅 融 資 の 金 利 引 下 げ( 当 初 5 年 間 0% 等 ) 旧 住 宅 金 融 公 庫 や 住 宅 金 融 支 援 機 構 による 既 存 ロ ーンの 返 済 猶 予 等 の 返 済 方 法 の 変 更 等 住 宅 ローン 控 除 等 の 措 置 がとられている 一 方 自 力 による 再 建 が 困 難 な 被 災 者 に 対 しては 災 害 公 営 住 宅 の 整 備 の 促 進 を 図 ると ともに 収 入 基 準 等 により 継 続 的 に 災 害 公 営 住 宅 等 に 入 居 することが 困 難 な 被 災 者 に 対 し て 民 間 賃 貸 住 宅 の 整 備 を 促 進 することとしており 災 害 復 興 型 地 域 優 良 賃 貸 住 宅 制 度 ( 賃 貸 住 宅 整 備 費 用 補 助 の 拡 充 家 賃 低 廉 化 支 援 )の 創 設 被 災 者 向 け 優 良 賃 貸 住 宅 に 係 る 割 増 償 却 制 度 の 創 設 被 災 した 賃 貸 住 宅 所 有 者 の 再 建 費 用 に 対 する 融 資 の 金 利 引 下 げ( 当 初 5 年 間 0% 等 ) 等 の 措 置 がとられている (1) 応 急 仮 設 住 宅 入 居 者 の 状 況 全 国 での 避 難 者 の 数 ( 平 成 25 年 4 月 4 日 現 在 )は 約 30.9 万 人 となっており このうち 約 29.4 万 人 が 応 急 仮 設 住 宅 等 の 住 宅 等 に 入 居 している 2 被 災 3 県 における 応 急 仮 設 住 宅 の 入 居 状 況 は 岩 手 県 において 16,092 戸 (プレハブ 住 宅 12,612 戸 民 間 賃 貸 借 上 げ 2,600 戸 公 営 住 宅 等 880 戸 )に 37,948 人 が 宮 城 県 にお いて 41,721 戸 (プレハブ 住 宅 20,668 戸 民 間 賃 貸 借 上 げ 20,032 戸 公 営 住 宅 等 1,021 戸 )に 100,814 人 福 島 県 において 13,337 戸 ( 仮 設 住 宅 5,241 戸 借 上 げ 住 宅 7,828 戸 公 営 住 宅 268 戸 )に 32,962 人 が 入 居 している 3 さらに 福 島 県 においては 原 子 力 災 害 による 避 難 者 ( 警 戒 区 域 等 の 避 難 指 示 区 域 とされていた 地 域 に 居 住 していた 者 ) 向 けの 仮 設 住 宅 約 2.3 万 戸 に 約 5 万 人 が 入 居 している なお 応 急 仮 設 住 宅 の 提 供 期 間 については 平 成 24 年 4 月 に 被 災 地 における 恒 久 住 宅 の 整 備 になお 時 間 を 要 する 状 況 にあるため 原 則 として3 年 間 とされたが 被 災 地 の 復 興 状 況 が 異 なってきていることから 被 災 者 の 住 宅 の 需 要 に 応 ずるに 足 りる 適 当 な 住 宅 が 不 足 する 等 の 条 件 を 満 たした 場 合 地 方 公 共 団 体 の 判 断 で 延 長 が 可 能 とされている (2) 被 災 者 生 活 再 建 支 援 金 の 支 給 状 況 東 日 本 大 震 災 により 居 住 する 住 宅 が 全 壊 するなど 生 活 基 盤 に 著 しい 被 害 を 受 けた 世 帯 に 対 しては 被 災 者 生 活 再 建 支 援 法 に 基 づき 被 災 者 生 活 再 建 支 援 金 が 支 給 されている 支 援 金 は 住 宅 の 被 害 程 度 ( 全 壊 解 体 長 期 避 難 大 規 模 半 壊 )に 応 じて 支 給 される 基 礎 支 援 金 と 住 宅 を 再 建 した 場 合 にその 再 建 方 法 ( 建 設 購 入 補 修 賃 貸 )に 応 じて 支 給 され る 加 算 支 援 金 とから 構 成 されているが それぞれの 支 給 状 況 は 基 礎 支 援 金 が 被 災 3 県 で 2 その 外 親 類 知 人 宅 等 に 約 15,000 人 居 住 ( 復 興 庁 調 べ) 3 岩 手 県 は 平 成 25 年 4 月 5 日 現 在 宮 城 県 は 同 年 4 月 5 日 現 在 福 島 県 は 同 年 5 月 2 日 現 在 ( 福 島 県 におい ては その 外 に 雇 用 促 進 住 宅 国 家 公 務 員 宿 舎 等 の 活 用 がある ) 51

3 169,696 世 帯 加 算 支 援 金 が 84,779 世 帯 となり 4 自 宅 に 甚 大 な 被 害 を 受 けた 世 帯 のうち 約 5 割 が 居 住 の 再 建 を 果 たしている 加 算 支 援 金 の 申 請 件 数 を 地 域 別 にみると 仙 台 市 郡 山 市 等 で6 割 程 度 の 申 請 があり 岩 手 県 の 沿 岸 部 においては3 割 に 満 たない 地 域 も 多 い( 図 表 2) これは 岩 手 県 の 沿 岸 部 においては 宅 地 となる 高 台 が 少 なく また 防 災 集 団 移 転 促 進 事 業 等 の 面 的 整 備 事 業 の 着 手 が 本 格 化 していないこと 等 から 自 宅 の 再 建 ができていないことが 背 景 にあるものと 考 えられている 市 町 村 名 ( 図 表 2) 被 災 者 生 活 再 建 支 援 金 の 申 請 件 数 ( 平 成 25 年 1 月 31 日 現 在 ) 岩 手 県 宮 城 県 福 島 県 基 礎 支 援 金 A 3,992 2,916 3,805 4,059 3,141 3,598 加 算 支 援 金 B 1, B/A % 市 町 村 名 基 礎 支 援 金 A 加 算 支 援 金 B B/A % 市 町 村 名 基 礎 支 援 金 A 1,473 1,355 12,628 4,223 2,093 加 算 支 援 金 B ,608 2,637 1,240 宮 古 市 山 田 町 大 槌 町 釜 石 市 大 船 渡 市 陸 前 高 田 市 気 仙 沼 市 南 三 陸 町 石 巻 市 東 松 島 市 女 川 町 七 ヶ 浜 町 塩 竃 市 7,954 3,228 30,885 8,932 2,483 1,074 2,490 2, ,078 5, ,280 25, 相 馬 市 南 相 馬 市 いわき 市 郡 山 市 須 賀 川 市 多 賀 城 市 6,114 3, 仙 台 市 48,547 29, 名 取 市 2,885 1, 岩 沼 市 1, 亘 理 町 2,480 1, 山 元 町 2,809 1, 大 崎 市 1, 全 県 23,005 5, 全 県 126,031 64, 全 県 27,848 14, ( 注 ) 県 の 数 値 は 申 請 総 世 帯 数 市 町 村 は 基 礎 支 援 金 の 申 請 世 帯 数 1,000 以 上 の 市 町 村 ( 出 所 ) 河 北 新 報 ( 平 )より 作 成 (3) 被 災 3 県 における 住 宅 着 工 戸 数 の 推 移 被 災 3 県 における 平 成 24 年 度 の 持 家 の 着 工 戸 数 をみると 震 災 前 の 平 成 22 年 度 と 比 較 した 場 合 岩 手 県 で 約 38%の 増 加 宮 城 県 で 約 71%の 増 加 福 島 県 で 約 33%の 増 加 とな っており 特 に 宮 城 県 においては 住 宅 再 建 の 動 きを 強 く 反 映 して 持 家 の 伸 び 率 が 高 い ( 図 表 3) また 住 民 の 仮 住 まい 及 び 復 興 事 業 従 事 者 の 需 要 を 見 込 んだと 思 われる 動 きにより 貸 家 の 新 規 着 工 戸 数 の 伸 び 率 も 高 くなっており 平 成 22 年 度 と 24 年 度 とで 比 較 すると 岩 手 県 で 約 90%の 増 加 宮 城 県 で 約 65%の 増 加 福 島 県 で 約 51%の 増 加 となっている 被 災 3 県 における 今 後 の 動 向 については 持 家 及 び 貸 家 を 中 心 にしばらくは 回 復 基 調 で 推 移 す るとみられている 5 B/A % 4 内 閣 府 調 べ 平 成 25 年 2 月 28 日 現 在 5 建 設 経 済 モデルによる 建 設 投 資 の 見 通 し(2013 年 4 月 ) ( 平 ) 建 設 経 済 研 究 所 52

4 ( 図 表 3) 被 災 3 県 における 月 別 住 宅 着 工 ( 持 家 ) 1,200 1, 戸 23/1 東 日 本 大 震 災 / 岩 手 県 宮 城 県 福 島 県 / 年 / 月 ( 出 所 ) 住 宅 着 工 統 計 より 作 成 3. 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金 による 支 援 東 日 本 大 震 災 の 被 災 地 域 においては 津 波 による 浸 水 地 盤 の 液 状 化 や 崩 落 等 により 市 街 地 や 農 地 に 広 範 囲 に 甚 大 な 被 害 が 生 じている 地 域 によっては 山 間 部 が 多 く 平 地 が 限 られているため 周 辺 の 農 地 や 森 林 等 を 含 め 土 地 利 用 の 再 編 を 図 りながら 復 興 に 向 け た 地 域 づくりを 進 めることが 必 要 とされている 住 宅 の 再 建 においても 防 災 集 団 移 転 促 進 事 業 や 漁 業 集 落 防 災 機 能 強 化 事 業 による 高 台 への 移 転 土 地 区 画 整 理 事 業 や 津 波 復 興 拠 点 整 備 事 業 による 地 盤 の 嵩 上 げを 行 った 上 での 現 地 再 建 等 が 必 要 とされる 場 合 も 多 く 住 宅 の 再 建 が 長 期 間 にわたることが 危 惧 されてい る こうした 東 日 本 大 震 災 の 被 害 状 況 を 踏 まえ 復 興 に 向 けた 取 組 を 支 援 するため 復 興 特 区 制 度 復 興 交 付 金 制 度 取 崩 し 型 復 興 基 金 が 設 けられている (1) 復 興 特 区 制 度 まちづくり 地 域 づくりに 向 けた 復 興 事 業 の 円 滑 な 推 進 を 図 るため 県 市 町 村 が 単 独 又 は 共 同 して 復 興 推 進 計 画 を 作 成 し 内 閣 総 理 大 臣 の 認 定 を 受 けることにより 住 宅 ま ちづくり 等 の 各 分 野 の 規 制 手 続 の 特 例 が 設 けられている 災 害 公 営 住 宅 に 関 しては 計 画 に 記 載 された 災 害 公 営 住 宅 の 建 設 が 完 了 するまでの 間 ( 最 大 10 年 間 ) 入 居 要 件 を 緩 和 で きることとされている また 公 営 住 宅 については 過 疎 地 等 定 住 等 が 特 に 必 要 とされる 地 域 においては 住 宅 の 耐 用 年 数 の1/4の 期 間 を 経 過 した 場 合 には 譲 受 けを 希 望 する 居 住 者 に 時 価 で 譲 渡 することができることとされているが 今 回 東 日 本 大 震 災 の 被 災 地 において 整 備 される 災 害 公 営 住 宅 については 耐 用 年 数 の1/6 経 過 後 譲 渡 を 可 能 として いる 6 (2) 復 興 交 付 金 制 度 あわせて 復 興 事 業 の 促 進 を 図 る 観 点 から 地 方 公 共 団 体 の 進 める 復 興 地 域 づくりに 必 6 この 特 例 により 木 造 が5 年 準 耐 火 構 造 が 7.5 年 耐 火 構 造 が 11.7 年 で 譲 渡 可 能 となる 53

5 要 なハード 事 業 を 幅 広 く 一 括 化 した 復 興 交 付 金 制 度 が 創 設 されている 主 な 事 業 の 中 で 住 宅 の 再 建 に 関 連 するものは 災 害 公 営 住 宅 整 備 事 業 災 害 公 営 住 宅 家 賃 低 廉 化 事 業 住 宅 地 区 改 良 事 業 津 波 復 興 拠 点 整 備 事 業 都 市 再 生 区 画 整 理 事 業 ( 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ) 防 災 集 団 移 転 促 進 事 業 漁 業 集 落 防 災 機 能 強 化 事 業 等 が 挙 げられる 7 災 害 公 営 住 宅 については 被 災 3 県 を 中 心 に2 万 戸 以 上 の 整 備 が 予 定 されているが 整 備 費 への 補 助 率 の 嵩 上 げが 行 われ さらに 通 常 補 助 の 対 象 とならない 土 地 取 得 造 成 費 に 対 する 補 助 が 設 けられるなど 被 災 地 方 公 共 団 体 の 負 担 の 軽 減 が 図 られている( 図 表 4) そ の 外 高 齢 化 が 進 んでいる 被 災 地 の 事 情 を 踏 まえ 災 害 公 営 住 宅 を 地 域 の 福 祉 拠 点 として 整 備 するため 民 間 事 業 者 社 会 福 祉 法 人 等 による 高 齢 者 生 活 支 援 施 設 等 (デイサービス 施 設 等 )の 併 設 を 支 援 する 制 度 が 創 設 されている ( 図 表 4) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金 に 係 る 国 の 負 担 の 特 例 措 置 の 概 要 東 日 本 大 震 災 財 特 法 の 特 定 被 災 区 域 である 市 町 村 等 補 助 率 一 般 災 害 激 甚 災 害 建 設 買 取 5/6(2/3+1/3( 地 方 分 ) 1/2) 7/8(3/4+1/4( 地 方 分 ) 1/2) 借 上 ( 共 同 施 設 整 備 ) 用 地 取 得 造 成 家 賃 低 廉 化 3/5(2/5+2/5( 地 方 分 ) 1/2) 7/10(3/5+1/5( 地 方 分 ) 1/2) 民 間 負 担 1/5 民 間 負 担 1/5 7/8(3/4+1/4( 地 方 分 ) 1/2) 補 助 期 間 :20 年 間 補 助 期 間 :20 年 間 5/6(2/3+1/3( 地 方 分 ) 1/2) 5/6(2/3+1/3( 地 方 分 ) 1/2) ただし 当 初 5 年 間 は 7/8(3/4+1/4( 地 方 分 ) 1/2) 低 所 得 者 の 負 担 軽 減 措 置 に 対 する 補 助 10 年 間 3/4(1/2+1/2( 地 方 分 ) 1/2) 災 害 により 滅 失 した 住 宅 に 居 住 し 災 害 により 滅 失 した 住 宅 に 居 住 していた 者 ていた( 住 宅 を 失 った) 者 低 額 所 得 者 ( 収 入 区 分 位 40% 以 下 ) 災 害 公 入 居 者 要 件 低 額 所 得 者 ( 収 入 区 分 位 40% 以 下 ) 営 住 宅 の 建 設 等 が 完 了 するまでの 間 ( 最 大 10 年 間 )は 入 居 者 収 入 基 準 を 不 適 用 地 方 財 政 措 置 震 災 特 別 交 付 税 : 借 上 家 賃 低 廉 化 特 別 家 賃 低 減 を 対 象 ( 注 1) 激 甚 災 害 法 の 適 用 地 域 は 住 宅 の 滅 失 が 1 市 町 村 で 100 戸 以 上 又 は 1 市 町 村 の 区 域 内 の 住 宅 戸 数 の 1 割 以 上 の 地 域 で 国 土 交 通 大 臣 が 告 示 した 地 域 ( 注 2) 補 助 対 象 費 用 の 限 度 額 は 住 宅 の 立 地 条 件 構 造 階 数 に 応 じ 毎 年 度 の 価 格 変 動 を 反 映 して 国 土 交 通 大 臣 が 定 める 標 準 建 設 費 等 により 算 定 ( 出 所 ) 国 土 交 通 省 資 料 等 より 作 成 災 害 公 営 住 宅 は 国 土 交 通 省 令 で 定 める 基 準 を 参 酌 して 地 方 公 共 団 体 が 条 例 で 定 める 整 備 基 準 に 従 って 整 備 することとされており 共 同 住 宅 長 屋 戸 建 て またその 構 造 階 数 等 に 制 約 がなく 地 域 の 実 情 に 応 じた 様 々なタイプの 整 備 が 可 能 となっている 福 島 県 相 馬 市 においては 相 馬 井 戸 端 長 屋 という 木 造 平 屋 の 共 同 住 宅 を 整 備 しており 宮 城 県 多 賀 城 市 においては 津 波 避 難 ビル 機 能 を 含 む 複 合 施 設 として 整 備 が 計 画 されている 岩 手 7 なお 平 成 25 年 3 月 8 日 現 在 で 具 体 の 事 業 着 手 の 前 提 となる 法 的 手 続 が 済 んだ 地 区 は 防 災 集 団 移 転 事 業 ( 大 臣 同 意 )で 同 事 業 の 実 施 が 想 定 される 224 地 区 の 内 216 地 区 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 都 市 計 画 決 定 )で 同 じく 59 地 区 の 内 40 地 区 となっている 54

6 県 においては 木 造 公 営 住 宅 の 整 備 を 岩 手 県 住 宅 復 興 の 基 本 方 針 の 柱 としている (3) 取 崩 し 型 復 興 基 金 被 災 地 方 公 共 団 体 が 地 域 の 実 情 に 応 じて 住 民 生 活 の 安 定 やコミュニティの 再 生 地 域 経 済 の 振 興 雇 用 維 持 等 について 単 年 度 予 算 の 枠 組 みに 縛 られずに 弾 力 的 かつきめ 細 か に 対 処 する 資 金 として 復 興 基 金 が 創 設 されている これらは 近 年 の 低 金 利 状 況 において は 運 用 益 により 事 業 費 を 捻 出 することは 困 難 であると 考 えられることから 基 金 を 取 り 崩 しながら 事 業 の 費 用 に 充 てる 形 となっている 平 成 23 年 度 第 2 次 補 正 予 算 において 国 が 1,960 億 円 ( 震 災 復 興 特 別 交 付 税 )を 拠 出 し 各 県 はそれを 元 手 に 基 金 を 設 けている 同 基 金 は 10 年 設 置 することが 想 定 されている 被 災 3 県 に 対 しては 岩 手 県 に 420 億 円 宮 城 県 に 660 億 円 福 島 県 に 570 億 円 が 交 付 され ている また 平 成 24 年 度 補 正 予 算 において 後 述 のとおり 津 波 被 災 地 域 の 住 民 の 定 着 促 進 のため 1,047 億 円 の 加 算 が 行 われている 4. 住 宅 の 再 建 に 関 連 する 地 方 公 共 団 体 の 支 援 国 により 様 々な 特 例 措 置 が 整 備 される 一 方 特 例 措 置 の 対 象 となる 被 災 者 と 対 象 となら ない 被 災 者 との 間 の 格 差 を 埋 めることが 課 題 となっている 例 えば 防 災 集 団 移 転 促 進 事 業 においては 住 民 の 居 住 に 適 当 でないと 認 められる 地 域 を 移 転 促 進 区 域 ( 災 害 危 険 区 域 )として 指 定 し 当 該 区 域 からの 移 転 者 については 宅 地 や 農 地 が 市 町 村 による 買 取 り の 対 象 となる その 外 移 転 費 用 ( 引 っ 越 し 費 用 及 び 従 前 建 物 取 壊 し 費 用 ) 新 たに 整 備 さ れる 住 宅 団 地 における 住 宅 宅 地 取 得 に 係 るローンの 利 子 補 給 ( 最 大 708 万 円 )も 受 けら れる 一 方 浸 水 による 被 害 地 域 であっても 地 域 指 定 から 外 れた 地 域 の 被 災 者 はこうした 支 援 を 受 けられないことから 被 災 者 間 で 不 公 平 感 も 強 いとされる こうした 事 情 にきめ 細 かく 対 応 するため 復 興 基 金 の 活 用 等 により 地 方 公 共 団 体 が 独 自 の 支 援 策 を 実 施 している 例 えば 岩 手 県 においては 市 町 村 の 実 施 する 独 自 支 援 の 外 県 が 市 町 村 と 共 同 して 被 災 者 生 活 再 建 支 援 金 の 受 給 者 を 対 象 に 自 宅 新 築 購 入 に 対 し 100 万 円 を 限 度 とする 補 助 制 度 ( 具 体 的 金 額 は 市 町 村 が 決 定 する ) 等 を 実 施 している 宮 城 県 では 名 取 市 が 津 波 浸 水 区 域 内 で 宅 地 の 嵩 上 げ 工 事 などの 浸 水 被 害 対 策 工 事 費 に 対 する 支 援 仙 台 市 が 移 転 促 進 区 域 ( 災 害 危 険 区 域 ) 外 の 浸 水 区 域 から 移 転 する 場 合 でも 集 団 移 転 促 進 事 業 と 同 様 に 住 宅 宅 地 取 得 に 係 るローンの 利 子 補 給 等 の 支 援 浸 水 区 域 での 宅 地 の 嵩 上 げに 対 する 支 援 ( 上 限 額 460 万 円 ) 擁 壁 被 害 程 度 が 危 険 又 は 要 注 意 と 確 認 された 宅 地 を 対 象 に 擁 壁 等 の 復 旧 工 事 のうち 100 万 円 を 超 える 部 分 の9 割 への 助 成 ( 上 限 額 1,000 万 円 ) 制 度 を 創 設 している 一 方 財 政 力 のある 仙 台 市 で 行 われているような 支 援 策 をとれない 市 町 村 も 多 く 被 災 者 の 支 援 における 地 方 公 共 団 体 間 の 格 差 解 消 も 課 題 とされてきた このような 事 情 に 鑑 み 平 成 24 年 度 補 正 予 算 において 震 災 復 興 特 別 交 付 税 1,047 億 円 の 加 算 が 行 われた これは 被 災 県 の 復 興 基 金 を 積 み 増 し 津 波 により 被 災 した 持 家 ( 防 災 集 団 移 転 促 進 事 業 等 の 対 象 とならないもの)の 住 宅 再 建 支 援 に 被 災 地 方 公 共 団 体 が 地 域 の 実 情 に 応 じて 弾 力 的 かつ きめ 細 かく 対 応 ができるようにするものである 55

7 宮 城 県 では 防 災 集 団 移 転 促 進 事 業 の 対 象 とならない 被 災 者 を 対 象 に 県 内 市 町 村 が 独 自 に 行 う 住 宅 土 地 取 得 に 際 する 借 入 れに 係 る 利 子 補 給 移 転 経 費 補 助 等 の 支 援 策 のた めの 費 用 として 728 億 円 ( 財 源 は 震 災 復 興 特 別 交 付 税 709 億 円 と 復 興 基 金 19 億 円 )を 被 災 市 町 村 に 配 分 している 同 様 に 岩 手 県 も 交 付 された 215 億 円 を 被 災 市 町 村 に 配 分 し ている これを 受 け 市 町 村 においては 利 子 補 給 等 の 支 援 策 の 拡 充 が 予 定 されている なお 福 島 県 には 103 億 円 が 交 付 されており 配 分 基 準 など 支 援 の 在 り 方 について 検 討 が 行 われている 5. 災 害 公 営 住 宅 等 の 進 捗 状 況 平 成 25 年 4 月 26 日 に, 復 興 庁 から 被 災 3 県 の 災 害 公 営 住 宅 及 び 防 災 集 団 移 転 促 進 事 業 土 地 区 画 整 理 事 業 等 の 面 的 整 備 事 業 による 民 間 住 宅 等 用 宅 地 の 供 給 時 期 を 示 した 住 まいの 復 興 工 程 表 が 公 表 されている( 図 表 5) ( 図 表 5) 災 害 公 営 住 宅 等 の 供 給 時 期 ( 単 位 : 戸 平 成 25 年 3 月 現 在 ) 24 年 度 25 年 度 26 年 度 27 年 度 28 年 度 以 降 調 整 中 計 岩 手 県 民 間 住 宅 等 用 宅 地 2 1, ,791 2,929 1,010 9,722 進 捗 率 0% 11% 20% 59% 90% 災 害 公 営 住 宅 ,981 1, ,972 15,694 進 捗 率 2% 15% 82% 99% 100% 宮 城 県 民 間 住 宅 等 用 宅 地 ,540 3,506 2,841 3,577 13,068 進 捗 率 1% 5% 24% 51% 73% 災 害 公 営 住 宅 50 2,230 5,545 3, ,823 15,381 28,449 進 捗 率 0% 15% 51% 75% 75% 福 島 県 民 間 住 宅 等 用 宅 地 , ,525 災 害 公 営 住 宅 , ,098 5,623 ( 注 ) 福 島 県 は 原 子 力 災 害 に 係 る 災 害 公 営 住 宅 の 計 画 戸 数 等 が 未 確 定 であるため 進 捗 率 は 示 していない ( 出 所 ) 復 興 庁 資 料 (1) 災 害 公 営 住 宅 の 整 備 に 係 る 進 捗 見 込 み 被 災 3 県 の 災 害 公 営 住 宅 の 整 備 見 通 しについては 平 成 25 年 3 月 現 在 で 岩 手 県 で 平 成 26 年 度 までに 概 ね 4,900 戸 分 ( 概 ね8 割 ) 平 成 27 年 度 までに 5,972 戸 分 全 ての 工 事 が 終 了 の 見 込 みとされ 宮 城 県 では 平 成 26 年 度 までに 概 ね 7,900 戸 分 ( 概 ね5 割 ) 平 成 27 年 度 までに 概 ね 11,500 戸 分 ( 概 ね7 割 )が 工 事 終 了 の 見 込 みとされている 福 島 県 に ついては 原 子 力 災 害 による 避 難 者 のための 災 害 公 営 住 宅 (あるいは 復 興 公 営 住 宅 )の 計 画 戸 数 等 が 未 確 定 であるが 平 成 27 年 度 までに 概 ね 2,900 戸 が 工 事 終 了 の 見 込 みとされてい る (2) 民 間 住 宅 等 用 宅 地 の 整 備 に 係 る 進 捗 見 込 み また 防 災 集 団 移 転 促 進 事 業 土 地 区 画 整 理 事 業 等 の 面 的 整 備 事 業 によって 供 給 される 民 間 住 宅 等 用 宅 地 については 岩 手 県 では 平 成 27 年 度 までに 概 ね 5,800 戸 分 ( 全 体 計 画 56

8 数 に 対 して 約 9 割 )が 供 給 される 見 込 みである 宮 城 県 では 平 成 27 年 度 までに 6,600 戸 分 ( 全 体 計 画 数 に 対 して 約 5 割 )が 供 給 される 見 込 みである 福 島 県 においては 現 段 階 として 平 成 27 年 度 までに 概 ね 800 戸 分 が 供 給 される 見 込 みとされている 6. 被 災 3 県 の 災 害 公 営 住 宅 整 備 状 況 (1) 岩 手 県 岩 手 県 においては 平 成 23 年 10 月 被 災 者 に 対 する 住 宅 の 供 給 について 岩 手 県 住 宅 復 興 の 基 本 方 針 を 定 めている その 後 被 災 市 町 村 との 協 議 を 経 て 平 成 24 年 9 月 に 災 害 公 営 住 宅 の 整 備 に 関 する 方 針 を 定 めている 整 備 方 針 においては 県 と 市 町 村 合 わせて 5,639 戸 ( 県 建 設 :2,818 戸 市 町 村 建 設 2,821 戸 )の 災 害 公 営 住 宅 の 整 備 を 行 うこととされている 8 この 整 備 に 当 たり 県 は 被 災 者 を 広 域 的 に 受 入 れ より 早 く 必 要 な 戸 数 を 建 設 することを 重 視 して 整 備 を 進 め 市 町 村 は 漁 村 集 落 等 に 対 応 した 小 規 模 団 地 の 建 設 など 地 域 の 個 別 のニーズを 重 視 して 建 設 を 進 める こととしている 現 在 の 進 捗 状 況 は 図 表 6のとおりである ( 図 表 6) 災 害 公 営 住 宅 の 整 備 状 況 ( 単 位 : 戸 平 成 25 年 3 月 31 日 現 在 ) 団 地 数 戸 数 (B) 進 捗 率 (B/A) 建 設 予 定 戸 数 5,972 戸 (A) 用 地 確 保 ( 内 諾 ) 済 90 3, % 用 地 測 量 発 注 済 76 3, % 用 地 取 得 済 設 計 中 47 2, % 工 事 中 % 工 事 完 成 % ( 出 所 ) 岩 手 県 資 料 より 作 成 地 域 別 にみると 被 災 者 の 少 ない 県 北 部 地 域 においては 計 画 戸 数 が 少 ないこともあっ て 用 地 確 保 が 順 調 に 進 んでいる 一 方 中 心 市 街 地 の 被 害 が 甚 大 であった6 市 町 ( 宮 古 市 山 田 町 大 槌 町 釜 石 市 大 船 渡 市 陸 前 高 田 市 )においては 災 害 公 営 住 宅 建 設 用 地 が 限 られており 用 地 確 保 が 大 きな 課 題 となっている これらの 地 域 においては 平 地 や 市 街 地 に 近 い 宅 地 の 多 くが 津 波 により 被 災 していること 被 災 しなかった 一 団 の 土 地 が 応 急 仮 設 住 宅 用 地 として 使 用 されていること 地 権 者 との 売 買 条 件 が 折 り 合 わないこと 所 有 者 不 明 や 相 続 手 続 未 了 の 土 地 があること 等 から 事 業 が 進 捗 しないとされている 9 こうした 状 況 のなか 災 害 公 営 住 宅 の 整 備 を 加 速 するため 通 常 の 場 合 県 や 市 町 村 が 用 地 を 確 保 した 上 で 公 営 住 宅 の 建 設 を 行 う 事 業 者 を 募 るが 今 回 民 間 事 業 者 が 災 害 公 営 8 平 成 24 年 12 月 25 日 公 表 のロードマップにおいては 住 民 の 意 向 調 査 を 踏 まえ 整 備 計 画 戸 数 を 333 戸 増 やし 5,972 戸 とされている 9 岩 手 県 においては 土 地 区 画 整 理 事 業 が7 市 町 村 (18 地 区 ) 津 波 復 興 拠 点 整 備 事 業 が6 市 町 (10 地 区 ) 防 災 集 団 移 転 促 進 事 業 が7 市 町 村 (55 地 区 ) 漁 業 集 落 防 災 機 能 強 化 事 業 が 11 市 町 村 (40 地 区 )で 予 定 さ れている この 内 工 事 が 着 工 された 地 域 は 15 地 区 ( 防 災 集 団 移 転 促 進 事 業 で6 地 区 漁 業 集 落 防 災 機 能 強 化 事 業 で7 地 区 )となっている 57

9 住 宅 の 敷 地 と 基 本 計 画 を 提 案 し 県 が 提 案 内 容 により 事 業 者 を 選 定 した 後 事 業 者 が 設 計 施 工 を 併 せて 行 い 敷 地 と 完 成 後 の 住 宅 を 県 が 買 い 取 る 方 式 ( 敷 地 提 案 型 買 取 方 式 )が 検 討 されている 同 方 式 により 民 間 事 業 者 の 有 する 独 自 の 土 地 情 報 用 地 確 保 についての ノウハウを 活 用 できることが 期 待 されている この 方 式 により 平 成 25 年 3 月 に 宮 古 市 の3 地 区 250 戸 に 関 して 公 募 を 実 施 し これに 対 して 各 地 区 1 件 計 90 戸 の 提 案 があった なお 建 設 敷 地 の 確 保 に 係 る 業 務 としては 境 界 確 定 所 有 権 以 外 の 第 三 者 の 権 利 の 抹 消 を 含 め 土 地 の 譲 渡 等 に 必 要 な 業 務 などがある この 試 行 的 事 業 の 経 験 を 踏 まえて 課 題 の 解 決 事 業 手 法 の 整 理 等 を 行 い 市 町 村 でも 実 施 する 予 定 とされている (2) 宮 城 県 最 も 住 宅 被 害 の 大 きかった 宮 城 県 においては 建 築 住 宅 都 市 計 画 分 野 の 有 識 者 によ る 宮 城 県 復 興 住 宅 検 討 会 での 検 討 を 踏 まえて 平 成 23 年 12 月 に 宮 城 県 復 興 住 宅 計 画 が 策 定 され 同 計 画 により 平 成 32 年 度 までに 72,000 戸 の 住 宅 整 備 を 推 進 することとされ ている 災 害 公 営 住 宅 については 宮 城 県 復 興 住 宅 計 画 ( 平 成 23 年 12 月 )において 平 成 23 年 度 から 27 年 度 までの 間 に 約 15,000 戸 ( 内 県 営 住 宅 として 1,000 戸 程 度 整 備 ) の 災 害 公 営 住 宅 を 整 備 することとしている 現 在 事 業 に 着 手 された 戸 数 は 20 市 町 95 地 区 で 6,921 戸 であり 全 体 計 画 戸 数 の 約 45%となっている( 図 表 7) ( 図 表 7) 災 害 公 営 住 宅 整 備 状 況 ( 単 位 : 戸 平 成 25 年 4 月 30 日 現 在 ) 県 受 託 UR 買 取 市 町 建 設 民 間 買 取 民 間 借 上 計 割 合 事 業 候 補 者 決 定 1,381 1, % 建 設 要 請 受 諾 % 設 計 着 手 / 完 了 1, , % 工 事 着 手 , % 工 事 完 成 % 計 1,707 1,839 1,307 1, , % ( 注 ) 割 合 は 全 体 計 画 戸 数 に 対 する 割 合 ( 出 所 ) 宮 城 県 資 料 より 作 成 災 害 公 営 住 宅 の 整 備 は 防 災 集 団 移 転 促 進 事 業 や 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 など のまちづくり 事 業 と 一 体 的 に 進 める 必 要 があるが まちづくり 事 業 については 住 民 の 合 意 形 成 インフラ 整 備 造 成 に 時 間 を 要 することから 既 成 市 街 地 あるいは 津 波 被 害 の 少 な かった 地 域 において 災 害 公 営 住 宅 の 整 備 を 進 めることとしている なお 防 災 集 団 移 転 促 進 事 業 については 12 市 町 約 191 地 区 において 実 施 されることとされており 10 約 12,000 戸 の 住 宅 団 地 が 計 画 されている 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 は 10 市 町 の 約 34 区 域 において 津 波 復 興 拠 点 整 備 事 業 は8 市 町 の 約 10 地 区 において 実 施 が 予 定 されている 災 害 公 営 住 宅 の 整 備 状 況 を 地 域 別 にみると 津 波 により 市 街 地 に 甚 大 な 被 害 が 生 じた 石 巻 市 気 仙 沼 市 名 取 市 南 三 陸 町 女 川 町 等 においては 土 地 区 画 整 理 事 業 地 あるいは 防 災 集 団 移 転 促 進 事 業 による 移 転 住 宅 団 地 内 に 災 害 公 営 住 宅 を 整 備 する 計 画 となっており 10 県 全 体 での 造 成 工 事 着 手 地 区 数 は 47 地 区 ( 全 体 の 約 25%) 58

10 これらの 事 業 は 今 後 本 格 化 していくことから 現 時 点 での 災 害 公 営 住 宅 整 備 の 進 捗 は 遅 れ ている( 図 表 8) ( 図 表 8) 災 害 公 営 住 宅 の 計 画 戸 数 と 事 業 着 手 数 市 町 村 名 計 画 戸 数 事 業 着 手 数 割 合 計 画 戸 数 事 業 着 手 数 割 合 市 町 村 名 (A) (B) (B/A) (A) (B) (B/A) 仙 台 市 3,000 2,587 86% 亘 理 町 % 石 巻 市 4,000 1,119 28% 山 元 町 % 塩 竃 市 % 松 島 町 % 気 仙 沼 市 2, % 七 ヶ 浜 町 % 名 取 市 % 利 府 町 % 多 賀 城 市 % 大 郷 町 % 岩 沼 市 % 涌 谷 町 % 登 米 市 % 美 里 町 % 栗 原 市 % 女 川 町 % 東 松 島 市 % 南 三 陸 町 % 大 崎 市 % 計 15,381 6,921 45% ( 注 ) 完 成 戸 数 は 仙 台 市 12 戸 石 巻 市 20 戸 山 元 町 18 戸 計 50 戸 ( 出 所 ) 宮 城 県 資 料 より 作 成 ( 平 成 25 年 4 月 30 日 現 在 ) 宮 城 県 においても 津 波 被 害 地 域 が 災 害 危 険 区 域 等 とされ 居 住 等 に 制 限 が 課 されるなど 用 地 確 保 が 困 難 な 状 況 にあるが さらに 復 興 の 本 格 化 に 伴 う 地 価 の 上 昇 等 による 用 地 交 渉 の 難 航 が 生 じている 地 区 もある このため 防 災 集 団 移 転 促 進 事 業 地 内 での 整 備 について は 造 成 工 程 等 を 調 整 し 災 害 公 営 住 宅 用 地 を 先 行 して 造 成 を 行 うこと 都 市 再 生 機 構 (U R)により 整 備 された 住 宅 の 買 取 り 民 間 事 業 者 を 対 象 とした 公 募 買 取 り 借 上 げ 制 度 を 活 用 することとしている この 公 募 買 取 り 制 度 は 土 地 の 所 有 権 を 有 するあるいは 取 得 の 見 込 みのある 個 人 及 び 法 人 が 住 宅 を 建 設 し 市 町 村 が 土 地 建 物 共 同 施 設 ( 集 会 所 広 場 緑 地 駐 車 場 等 ) 及 び 附 帯 施 設 の 全 てを 買 い 取 る 方 式 と 複 数 地 権 者 が 共 同 建 替 を 行 い その 保 留 床 を 災 害 公 営 住 宅 として 買 い 取 る 方 式 があり 課 題 となっている 市 町 村 職 員 を 中 心 とするマンパワー 不 足 建 設 ノウハウ 不 足 への 対 応 にもなると 考 えられている (3) 福 島 県 福 島 県 では 平 成 23 年 12 月 に 被 災 者 や 被 災 地 の 実 情 を 踏 まえながら 被 災 市 町 村 や 関 係 機 関 が 連 携 協 力 して 住 まいの 自 力 再 建 や 災 害 公 営 住 宅 等 の 整 備 などを 着 実 に 促 進 で きるよう 福 島 県 住 まいの 復 興 に 向 けた 連 絡 調 整 会 議 を 設 置 している 災 害 公 営 住 宅 の 整 備 の 方 針 としては 地 震 及 び 津 波 による 被 災 者 のための 災 害 公 営 住 宅 については 住 民 に 身 近 な 行 政 主 体 である 市 町 村 が 主 体 となり 県 は 市 町 村 に 対 する 支 援 を 中 心 とした 役 割 を 担 うこととされている 一 方 原 子 力 災 害 に 関 しては 現 在 避 難 者 ( 警 戒 区 域 等 の 避 難 指 示 区 域 とされていた 地 域 に 居 住 していた 者 )のための 居 住 の 安 定 を 確 保 するため 住 民 が 避 難 を 余 儀 なくされた 市 町 村 ( 避 難 元 団 体 )が 住 民 意 向 調 査 等 により 避 難 者 の 意 向 を 確 認 しながら 復 興 公 営 住 宅 の 整 備 計 画 を 策 定 中 であるが 復 興 公 営 住 宅 の 整 備 については 避 難 者 の 意 向 避 難 元 団 59

11 体 避 難 者 の 受 入 団 体 賠 償 の 進 展 等 全 体 を 見 通 す 必 要 があり 全 体 計 画 を 策 定 するには 相 当 な 時 間 を 要 すると 予 想 される しかしながら 相 当 量 の 住 宅 が 必 要 であることは 確 実 に 見 込 まれることから 事 業 に 着 手 可 能 な 箇 所 から 先 行 的 に 整 備 することとされている このため モデル 的 に 500 戸 の 復 興 公 営 住 宅 を 避 難 元 自 治 体 と 受 入 団 体 との 協 議 が 整 った3 市 ( 郡 山 市 会 津 若 松 市 い わき 市 )の 既 成 市 街 地 において 整 備 することとしている( 図 表 9) これらには 主 に 仮 の 町 構 想 を 掲 げる 富 岡 大 熊 双 葉 浪 江 の4 町 の 住 民 の 入 居 を 想 定 している また 災 害 公 営 住 宅 整 備 等 避 難 受 入 団 体 における 長 期 避 難 者 の 生 活 拠 点 の 形 成 を 促 進 するため 平 成 25 年 度 予 算 に 長 期 避 難 者 生 活 拠 点 形 成 交 付 金 503 億 円 が 計 上 されている ( 図 表 9) 福 島 県 の 災 害 公 営 住 宅 整 備 計 画 戸 数 ( 単 位 : 戸 平 成 25 年 3 月 現 在 ) 災 害 公 営 住 宅 復 興 公 営 住 宅 いわき 市 1, 白 河 市 16 須 賀 川 市 40 南 相 馬 市 350 相 馬 市 405 桑 折 町 47 広 野 町 48 新 地 町 134 楢 葉 町 37 鏡 石 町 24 郡 山 市 160 会 津 若 松 市 90 計 2, ( 注 ) 桑 折 町 の 47 戸 の 内 25 戸 は 浪 江 町 分 完 成 戸 数 は 相 馬 市 80 戸 ( 出 所 ) 復 興 庁 資 料 等 より 作 成 なお 避 難 者 は 避 難 者 の 居 住 していた 住 宅 が 滅 失 していないため 災 害 公 営 住 宅 の 整 備 支 援 等 の 東 日 本 大 震 災 の 被 災 者 向 けの 支 援 策 の 対 象 外 とされていたが 平 成 24 年 に 成 立 した 福 島 復 興 再 生 特 別 措 置 法 において 避 難 者 についても 長 期 的 な 避 難 を 余 儀 なくされ ており 現 に 居 住 する 住 居 がない 点 で 住 居 が 滅 失 した 者 と 同 様 であることから 災 害 により 滅 失 した 住 宅 に 居 住 していた 者 とみなし 東 日 本 大 震 災 の 特 例 措 置 を 受 けることができる こととされた 結 語 発 災 後 2 年 を 経 過 した 被 災 地 においては 新 たなまちづくりに 向 けて 懸 命 な 努 力 が 続 け られており 多 くの 地 区 で 事 業 計 画 が 定 まり 今 後 復 興 が 本 格 化 することが 期 待 されてい る その 一 方 現 地 では 建 設 用 地 不 足 技 術 系 職 員 を 始 めとするマンパワー 不 足 という 11 福 島 県 では 防 災 集 団 移 転 促 進 事 業 が5 市 町 (44 地 区 ) 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 が2 市 町 (7 地 区 )で 計 画 されている 60

12 課 題 に 加 え 復 興 工 事 の 本 格 化 に 伴 う 資 材 の 高 騰 調 達 難 が 生 じており これらによる 工 事 遅 延 工 事 費 の 高 騰 が 懸 念 されている 例 えば 被 災 3 県 における 木 造 住 宅 新 築 工 事 期 間 が 震 災 前 に 比 べ 平 均 1.9 箇 月 の 遅 れが 生 じており 住 宅 着 工 戸 数 の 増 加 している 宮 城 県 では 2.6 箇 月 の 遅 れが 生 じているとも 報 道 されている 12 マンパワー 不 足 に 対 して 被 災 市 町 村 からの 要 請 に 基 づき URによる 復 興 市 街 地 整 備 事 業 13 や 災 害 公 営 住 宅 整 備 が 進 められている URは 平 成 26 年 度 の 事 業 のピークに 向 け CM 方 式 14 による 工 事 発 注 区 画 整 理 補 償 工 事 調 整 等 のスキルを 有 する 民 間 人 の 配 置 により 民 間 の 人 材 ノウハウを 活 用 して 復 興 の 加 速 化 に 取 り 組 むこととしている 復 興 事 業 の 本 格 化 に 向 けて 官 民 の 人 材 ノウハウを 総 動 員 した 被 災 地 方 公 共 団 体 への 支 援 が 求 められるところである 災 害 公 営 住 宅 の 整 備 に 当 たっては 被 災 地 では 発 災 以 前 より 高 齢 化 が 進 んでおり LS A(ライフサポートアドバイザー)を 配 置 したシルバーハウジング 等 の 高 齢 者 対 応 の 住 宅 の 整 備 将 来 の 在 宅 での 介 護 等 にも 対 応 可 能 な 設 計 等 ハードとソフト 対 策 を 併 せた 対 応 が 従 来 にも 増 して 重 要 となっている また 応 急 仮 設 住 宅 から 災 害 公 営 住 宅 への 移 転 の 際 従 前 地 域 又 は 応 急 仮 設 住 宅 で 培 われたコミュニティに 配 慮 するとともに 災 害 公 営 住 宅 に 多 様 な 世 代 が 居 住 すること 等 により 地 域 の 担 っていた 見 守 りなどの 機 能 を 維 持 することが 課 題 となっている その 外 将 来 における 人 口 減 少 等 に 伴 う 空 き 家 の 増 加 新 規 整 備 に 伴 う 管 理 コストの 増 大 が 懸 念 されるため 他 用 途 への 転 換 払 下 げ 既 存 老 朽 公 営 住 宅 からの 移 転 等 を 視 野 に 入 れた 計 画 も 必 要 とされており 地 域 の 特 性 を 踏 まえた 長 期 的 な 展 望 に 基 づく 整 備 計 画 が 求 められている さらに 沿 岸 被 災 地 を 中 心 として 震 災 を 契 機 に 人 口 減 少 が 加 速 することが 懸 念 されて いる 今 後 の 課 題 は いかに 被 災 した 住 民 や 産 業 商 業 施 設 を 市 街 地 に 戻 すかということ であり このためには 住 民 の 合 意 の 整 った 地 域 から 段 階 的 にまちづくり 事 業 を 実 施 し 宅 地 完 成 のスケジュールを 早 め 早 期 に 住 宅 再 建 等 を 開 始 させること 各 種 復 興 事 業 によ り 商 業 や 産 業 の 活 動 の 場 を 早 期 に 提 供 していくことにより 具 体 的 な 復 興 の 絵 姿 を 示 し 人 口 の 流 出 をとどめることを 優 先 すべきであるとも 指 摘 されている 15 被 災 者 の 生 活 復 興 の 基 本 は 住 生 活 の 復 興 であるともいえる 住 まいの 復 興 工 程 表 が 公 表 され 被 災 者 が 展 望 を 持 つことができるようになっているが 官 民 一 体 となった 取 組 が 更 に 加 速 され 一 刻 も 早 く 復 興 を 実 感 できるようになることを 期 待 したい (ひろはら こういち) 12 河 北 新 報 ( 平 ) 13 具 体 的 には 土 地 区 画 整 理 事 業 防 災 集 団 移 転 促 進 事 業 津 波 復 興 拠 点 整 備 事 業 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 漁 業 集 落 防 災 機 能 強 化 事 業 漁 港 施 設 機 能 強 化 事 業 14 プロジェクトの 工 期 遅 延 予 算 超 過 などを 防 止 するため マネジメントを 専 門 に 行 うCMR(コンストラ クションマネジャー)が 発 注 者 設 計 者 と 一 体 となってプロジェクトの 全 般 を 運 営 管 理 する 方 式 15 国 土 交 通 省 都 市 局 市 街 地 整 備 課 都 市 安 全 課 被 災 地 における 市 街 地 整 備 の 取 組 について 新 都 市 第 67 巻 第 3 号 ( 平 25.3)11-15 頁 61

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について 参 考 資 料 7 災 害 時 の 賃 貸 住 宅 居 住 者 の 居 住 の 安 定 確 保 について 平 成 24 年 11 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 1. 東 日 本 大 震 災 で 住 居 を 失 われた 方 への 居 住 の 安 定 の 確 保 震 災 発 生 復 旧 期 復 興 期 東 日 本 大 震 災 住 宅 が 滅 失 避 難 所 等 2012.3.11 17:00 時

More information

スライド 1

スライド 1 資 料 2-5 災 害 公 営 住 宅 の 発 注 の 円 滑 化 に 向 けた 取 組 みについて ~ 多 様 な 発 注 方 式 工 法 に 係 る 情 報 ~ 平 成 26 年 4 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 1 災 害 公 営 住 宅 の 供 給 円 滑 化 に 向 けた 更 なる 取 組 み 趣 旨 これまでの 災 害 公 営 住 宅 整 備 は 早 期 発 注 早 期 供 給 の

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金 5,918(2,868) 災 害 復 旧 事 業 6,611(2,605) 災 害 廃 棄 物 の 処 理 1,266(3,442) 福 島 の 復 興 再 生 に 向 けた 平 成 25 年 度 予 算 ( 政 府 予 算 案 )のポイント 福 島 復

東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金 5,918(2,868) 災 害 復 旧 事 業 6,611(2,605) 災 害 廃 棄 物 の 処 理 1,266(3,442) 福 島 の 復 興 再 生 に 向 けた 平 成 25 年 度 予 算 ( 政 府 予 算 案 )のポイント 福 島 復 資 料 2 平 成 25 年 2 月 17 日 復 興 庁 福 島 の 復 興 再 生 に 向 けた 主 な 予 算 について ( 平 成 24 年 度 補 正 予 算 平 成 25 年 度 予 算 案 ) 復 興 庁 が 司 令 塔 となって 原 子 力 災 害 からの 福 島 の 復 興 及 び 再 生 を 加 速 的 に 推 進 する さらに 福 島 の 深 刻 な 諸 問 題 に 対 応 できるよう

More information

新しい賠償基準について

新しい賠償基準について 新 しい 賠 償 基 準 について 避 難 指 示 区 域 内 から 避 難 されている 方 々へのご 説 明 資 料 2013 年 3 月 経 済 産 業 省 1 新 しい 賠 償 基 準 に 関 する 説 明 資 料 ( 避 難 指 示 区 域 用 ) 目 次 Ⅰ. 新 しい 賠 償 基 準 の 方 針 Ⅱ. 新 しい 賠 償 基 準 の 全 体 像 Ⅲ. 財 物 賠 償 Ⅳ. 営 業 損 害

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378> UR 賃 貸 住 宅 ストック 再 生 再 編 方 針 に 基 づく 実 施 計 画 平 成 27 年 3 月 目 次 1. 実 施 計 画 を 策 定 する 背 景 目 的 1 2.ストック 再 生 再 編 方 針 ( 平 成 19 年 12 月 26 日 策 定 )の 概 要 2 (1) 団 地 の 類 型 化 及 び 団 地 別 整 備 方 針 の 策 定 2 (2) 居 住 の 安 定 の

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 平 成 2 年 度 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 の 結 果 会 計 検 査 院 1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 及 び

More information

Microsoft PowerPoint - 01-1 津波法説明資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 01-1 津波法説明資料.pptx 資 料 1-1 第 2 回 津 波 避 難 対 策 推 進 マニュアル 検 討 会 津 波 防 災 地 域 づくりに 関 する 法 律 について 平 成 24 年 8 月 22 日 ( 水 ) Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 津 波 防 災 地 域 づくりに 関 する 法 律 の 制 定 経 緯 平 成 23 年 3 月

More information

平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 愛 知 県 監 査 委 員 27 監 査 第 71 号 平 成 27 年 9 月 7 日 愛 知 県 知 事 大 村 秀 章 殿 愛 知 県 監 査 委 員 西 川 洋 二 同 青 山 學 同 後 藤 貞 明 同 中 野 治 美 同 神 戸 洋 美 平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 の 決

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 出 資 金 の 運 用 益 を 事 業 費 としており 出 資 金 の 利 払 いの 一 部 を 地 方 交 付 税 措 置 している ことから 復 興 基 金 の 事 業 費 を 地 方 交 付 税 で 支 える 仕 組 みということができる なお 図 表 6-3 にあるように 事 業 費 の 一 部 だけを 交 付 税 措 置 するのは 公 的 資 金 を 被 災 者 の 住 宅 再 建 や 個

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

大船渡市における

大船渡市における 陸 前 高 田 市 災 害 公 営 住 宅 供 給 基 本 方 針 平 成 24 年 6 月 岩 手 県 陸 前 高 田 市 目 次 第 1 章 市 内 の 状 況 の 整 理... 1 1-1 被 災 前 の 状 況... 1 (1) 市 の 概 要... 1 1-2 被 災 状 況... 3 (1) 住 宅 被 災 状 況... 3 (2) 復 興 計 画 における 住 宅 整 備 の 位 置

More information

被 災 企 業 等 への 支 援 策 の 充 実 について 被 災 企 業 の 支 援 策 について 復 興 計 画 の 遅 れや 人 件 費 資 材 不 足 等 の 現 状 に 配 慮 し グループ 補 助 金 制 度 の 継 続 や 運 用 の 改 善 等 を 国 に 強 く 求 めると 共 に

被 災 企 業 等 への 支 援 策 の 充 実 について 被 災 企 業 の 支 援 策 について 復 興 計 画 の 遅 れや 人 件 費 資 材 不 足 等 の 現 状 に 配 慮 し グループ 補 助 金 制 度 の 継 続 や 運 用 の 改 善 等 を 国 に 強 く 求 めると 共 に 被 災 したJR 各 線 の 復 旧 について 被 災 したJR 山 田 線 大 船 渡 線 の 復 旧 については あくまでも 鉄 路 での 復 旧 が 果 たされるよう 関 係 自 治 体 と 共 に 国 やJR 東 日 本 に 対 して 強 く 働 き 掛 けること 復 興 計 画 が 完 了 するまでの 復 興 予 算 の 確 保 について 被 災 自 治 体 が 安 心 して 復 興 に

More information

犬山市公共施設マネジメント基本計画

犬山市公共施設マネジメント基本計画 犬 山 市 公 共 施 設 マネジメント 基 本 計 画 概 要 版 平 成 27 年 3 月 犬 山 市 企 画 財 政 部 財 政 課 - 0 - 目 次 第 1 章 はじめに... 1 1. 公 共 施 設 マネジメントの 必 要 性... 2. 公 共 施 設 の 定 義... 3. 公 共 施 設 マネジメント 計 画 の 手 順... 4. 本 基 本 計 画 の 位 置 づけ... 5.

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63> 釜 石 市 復 興 推 進 計 画 平 成 25 年 3 月 12 日 平 成 28 年 3 月 4 日 変 更 岩 手 県 釜 石 市 1 計 画 の 区 域 岩 手 県 釜 石 市 2 計 画 の 目 標 東 日 本 大 震 災 により 沿 岸 部 の 全 域 にわたり 壊 滅 的 な 被 害 を 受 け 店 舗 事 業 所 住 宅 などが 津 波 により 流 出 した また 震 災 の 被 害

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303134303131365F819A8DC495D290AE94F58C7689E681408DC58F4994C5816992F990B38CE350444697708349815B83678356834683438376936882E882C282D482B592BC82B5816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303134303131365F819A8DC495D290AE94F58C7689E681408DC58F4994C5816992F990B38CE350444697708349815B83678356834683438376936882E882C282D482B592BC82B5816A> 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 再 編 整 備 計 画 平 成 26 年 1 月 はじめに 東 京 都 住 宅 供 給 公 社 では 公 社 賃 貸 住 宅 ストック 活 用 に 重 点 を 置 いた 事 業 展 開 に 向 けて 建 替 え 等 によるストック 更 新 を 計 画 的 に 推 進 するため 平 成 15 年 5 月 に 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 再 編 整 備 計 画 を

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798E9197BF825381A68DC48DB782B591D682A694C5817A938C93FA967B91E5906B8DD082F08F8482E991CE899E82C982C282A282C48169826F82528DB782B591D682A6816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798E9197BF825381A68DC48DB782B591D682A694C5817A938C93FA967B91E5906B8DD082F08F8482E991CE899E82C982C282A282C48169826F82528DB782B591D682A6816A> 資 料 4 東 日 本 大 震 災 を 巡 る 対 応 について Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 1. 東 日 本 大 震 災 で 住 居 を 失 われた 方 への 居 住 の 安 定 の 確 保 震 災 発 生 復 旧 期 復 興 期 東 日 本 大 震 災 住 宅 が 滅 失 避 難 所 等 公 営 住 宅 等 (

More information

< 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地 方 公 務 員 活

< 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地 方 公 務 員 活 資 料 21 公 務 員 部 関 係 資 料 平 成 28 年 1 月 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 < 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地

More information

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A>

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A> 平 成 25 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 事 項 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) 平 成 25 年 5 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 平 成 25 年 度 住 宅 関 連 税 制 の 改 正 概 要 ( 主 要 事 項 目 次 ) 1. 消 費 税 率 引 上 げを 踏 まえた 住 宅 取 得 対 策 P2 1 住 宅 ローン 減 税 P2 2 投 資 型 減 税 ( 現 金

More information

Microsoft PowerPoint - 要旨.pptx

Microsoft PowerPoint - 要旨.pptx 東 日 本 大 震 災 の 被 災 状 況 と 復 興 への 課 題 ~ 分 野 別 エリア 別 分 析 ~ 目 次 サマリー P. 2 1. 総 括 P. 9 2. 生 活 社 会 インフラ P.11 3. 住 宅 P.19 4. 医 療 福 祉 P. 27 5. 製 造 業 P.35 6. 非 製 造 業 P.43 7. 農 林 水 産 業 P.51 補 論 被 害 額 の 推 定 プロセスの

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 広 域 巨 大 災 害 に 備 えた 仮 設 期 の 住 まいづくりガイドライン ~ 概 要 版 ~ 平 成 25 年 2 月 国 土 交 通 省 中 部 地 方 整 備 局 建 政 部 住 宅 整 備 課 ガイドラインの 背 景 問 題 意 識 等 背 景 問 題 意 識 東 日 本 大 震 災 の 教 訓 (P21) 迅 速 な 対 応 と 同 時 に 長 期 化 に 備 えたきめ 細 かい 配

More information

国 有 財 産 とは 国 有 財 産 の 現 在 額 など 国 は 不 動 産 動 産 債 券 など 多 種 多 様 な 財 産 を 所 有 していますが 国 が 国 有 財 産 というときは 国 有 財 産 法 に 定 められている 財 産 例 えば 土 地 や 建 物 などの 不 動 産 船 舶

国 有 財 産 とは 国 有 財 産 の 現 在 額 など 国 は 不 動 産 動 産 債 券 など 多 種 多 様 な 財 産 を 所 有 していますが 国 が 国 有 財 産 というときは 国 有 財 産 法 に 定 められている 財 産 例 えば 土 地 や 建 物 などの 不 動 産 船 舶 私 たちの 国 有 財 産 ご 存 知 ですか? 国 有 財 産 わが 国 には 国 の 行 政 機 関 や 国 会 などの 庁 舎 や 国 道 港 湾 公 園 さらには 国 有 林 など 多 くの 国 有 財 産 があり そのひとつひとつが 私 たちの 生 活 に 関 係 する 大 切 なものになっていま 財 務 省 では 国 民 共 有 の 財 産 である 国 有 財 産 が 有 効 に 活 用

More information

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc 参 考 4 平 成 23 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 3ページ 下 段 に 記 載 した 指 摘 の 主 な 内 容 を 表 しています 指 摘 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理 の 不 備 庁 舎 保 全 関 係 の 不 備 異 なる 間 の 有

More information

(3) 災 害 廃 棄 物 の 処 理 について 階 上 地 区 小 泉 地 区 二 次 仮 置 き 場 について, 県 による 業 務 受 託 者 が 決 定 平 成 26 年 3 月 完 了 を 目 途 に 処 理 を 実 施 (4) 放 射 能 対 策 について 大 気 中 の 放 射 線 量

(3) 災 害 廃 棄 物 の 処 理 について 階 上 地 区 小 泉 地 区 二 次 仮 置 き 場 について, 県 による 業 務 受 託 者 が 決 定 平 成 26 年 3 月 完 了 を 目 途 に 処 理 を 実 施 (4) 放 射 能 対 策 について 大 気 中 の 放 射 線 量 ( 案 ) 第 2 回 気 仙 沼 市 震 災 復 興 推 進 会 議 説 明 資 料 復 旧 復 興 事 業 の 進 捗 状 況 について (1) 市 土 基 盤 の 整 備 と 住 まいの 再 建 について 1 災 害 危 険 区 域 の 指 定 2 防 災 集 団 移 転 の 状 況 3 災 害 公 営 住 宅 の 状 況 4 土 地 区 画 整 理 事 業 の 状 況 市 議 会 6 月 定

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

NO. 46 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-17-3 総 交 付 対 象 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 全 体 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目

NO. 46 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-17-3 総 交 付 対 象 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 全 体 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目 NO. 40 道 路 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-2-1 総 交 付 対 象 事 業 費 14,247,860( 千 円 ) 全 体 事 業 費 14,247,860( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目 標 である 防 災 減 災 によるまちづくり の 柱 として 集 団 移 転 事 業 を 掲 げている 今 次 津 波 により 被 災 した 沿 岸

More information

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FEE95F1814583568358836583808CA48B868B408D5C9640906C95B68F918AC7979D8B4B92F6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FEE95F1814583568358836583808CA48B868B408D5C9640906C95B68F918AC7979D8B4B92F6> 情 報 システム 研 究 機 構 法 人 文 書 管 理 規 程 平 成 2 4 月 1 日 制 定 目 次 第 1 章 総 則 第 2 章 管 理 体 制 第 3 章 作 成 第 4 章 整 理 第 5 章 保 存 第 6 章 法 人 文 書 ファイル 管 理 簿 第 7 章 移 管, または 保 存 期 間 の 延 長 第 8 章 点 検 監 査 及 び 管 理 状 況 の 報 告 等 第 9

More information

高速道路の計画的更新と料金徴収期間の延長

高速道路の計画的更新と料金徴収期間の延長 高 速 道 路 の 計 画 的 更 新 と 料 金 徴 収 期 間 の 延 長 道 路 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 国 土 交 通 委 員 会 調 査 室 村 田 和 彦 1.はじめに 我 が 国 においては 昭 和 30 年 代 に 入 ると 経 済 規 模 の 拡 大 に 伴 い 自 動 車 交 通 が 激 増 し 高 速 交 通 のための 高 規 格 の 道 路 に 対

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082A982D982AD8E738F5A91EE837D8358835E815B8376838983932E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082A982D982AD8E738F5A91EE837D8358835E815B8376838983932E646F63> 第 3 章 宅 環 境 をめぐる 課 題 整 理 1 現 況 特 性 まとめ 1 現 況 特 性 まとめ 項 目 現 況 まとめ 課 題 人 口 と 世 帯 数 人 口 世 帯 総 数 推 移 2005 年 国 勢 調 査 によるかほく 市 総 人 口 は 34,847 人 人 口 伸 び 悩 みが 見 られ 世 帯 数 は 増 加 傾 向 にあり 1 世 帯 当 たり 人 員 は 減 少 2005

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

⑷ 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 [Q8] 評 価 損 を 計 上 した 資 産 について 支 出 した 修 繕 等 の 費 用 は 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とすることはできないのでしょうか 8 [Q9] 災 害 損 失 の 繰 入 額 の 算 定 に 当 たり 被 災 資 産 に

⑷ 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 [Q8] 評 価 損 を 計 上 した 資 産 について 支 出 した 修 繕 等 の 費 用 は 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とすることはできないのでしょうか 8 [Q9] 災 害 損 失 の 繰 入 額 の 算 定 に 当 たり 被 災 資 産 に 平 成 28 年 熊 本 地 震 関 係 諸 費 用 ( 災 害 損 失 など) に 関 す る 法 人 税 の 取 扱 い に 係 る 質 疑 応 答 事 例 平 成 28 年 6 月 国 税 庁 平 成 28 年 熊 本 地 震 関 係 諸 費 用 については 平 成 28 年 6 月 16 日 付 課 法 2-5ほか2 課 共 同 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 諸 費 用 の

More information

計 19,931

計 19,931 事 業 番 号 復 興 庁 :94 農 林 水 産 省 :0423 平 成 24 年 行 政 事 業 レビューシート ( 復 興 庁 農 林 水 産 省 ) 事 業 名 農 地 農 業 用 施 設 等 の 復 興 関 連 事 業 担 当 部 局 庁 作 成 責 任 者 事 業 開 始 終 了 ( 予 定 ) 年 度 平 成 23 年 度 ~ 担 当 課 室 会 計 区 分 一 般 会 計 東 日 本

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 要 望 事 項 の 内 容 及 び 説 明 - 15 - 1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 還 等 の 促 進 > ア 基 地 の 整

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323388A295908C4790EC814596C290A390EC8145966B8FE390EC82CC94ED8A512E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323388A295908C4790EC814596C290A390EC8145966B8FE390EC82CC94ED8A512E646F63> 阿 武 隈 川 鳴 瀬 川 北 上 川 の 被 害 株 式 会 社 エイト 日 本 技 術 開 発 保 全 耐 震 防 災 事 業 部 東 京 支 社 保 全 耐 震 防 災 部 土 谷 基 大 岩 田 克 司 藤 本 哲 生 1.はじめに 2011 年 3 月 11 日 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 (Mw=9.0)が 発 生 し 宮 城 県 栗 原 市 築 館 で 最 大 震 度

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc 様 式 編 様 式 目 次 様 式 番 号 名 称 様 式 ページ 様 式 第 1 非 常 配 備 日 誌 1 様 式 第 2 災 害 情 報 2 様 式 第 3(a) 第 1 報 3 様 式 第 3(b) 災 害 発 生 直 後 の 状 況 4 様 式 第 3(c) 災 害 発 生 状 況 等 ( 速 報 確 定 報 告 ) 5 様 式 第 4 人 的 被 害 6 様 式 第 5 避 難 状 況

More information

都計法等講習会における説明メモ

都計法等講習会における説明メモ 国 住 街 第 1 4 5 号 平 成 2 6 年 12 月 5 日 各 都 道 府 県 建 築 行 政 主 務 部 長 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 市 街 地 建 築 課 長 マンションの 建 替 え 等 の 円 滑 化 に 関 する 法 律 第 105 条 の 規 定 の 運 用 について 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 ) 第 59 条 の2に 基 づくいわゆる

More information

県 内 の 事 業 者 で 組 織 する 建 築 士 事 務 所 協 会 建 設 業 協 会 全 建 総 連 などさまざまな 関 係 団 体 があるが それらを 構 成 団 体 とする 福 島 県 地 域 型 復 興 住 宅 推 進 協 議 会 を 立 ち 上 げ 連 携 して 対 応 することとし

県 内 の 事 業 者 で 組 織 する 建 築 士 事 務 所 協 会 建 設 業 協 会 全 建 総 連 などさまざまな 関 係 団 体 があるが それらを 構 成 団 体 とする 福 島 県 地 域 型 復 興 住 宅 推 進 協 議 会 を 立 ち 上 げ 連 携 して 対 応 することとし 平 成 26 年 12 月 定 例 会 常 任 委 員 会 土 木 委 員 会 委 員 長 名 吉 田 栄 光 委 員 会 開 催 日 平 成 26 年 12 月 15 日 ( 月 ) 所 属 委 員 副 委 員 長 遊 佐 久 男 委 員 鈴 木 智 佐 久 間 俊 男 斎 藤 勝 利 神 山 悦 子 甚 野 源 次 郎 川 田 昌 成 渡 部 譲 青 木 稔 吉 田 栄 光 委 員 長 (1)

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと Tax news letter www.kotaka-tax.com tax.com 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 の 主 な 改 正 点 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されました 本 ニュースレターでは 特 に 個 人 富 裕 層 中 小 企 業 オーナー 並 びに 中 小 企 業 に 関 する 主 な 改 正 点 についてご 紹 介 いたします

More information

公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債

公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債 金 融 証 券 税 制 公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債 の 投 資 信 託 の 受 益 権 3 証 券 投 資 信 託 以 外 の 公

More information

県 土 整 備 年 報 13 岩 手 県 県 土 整 備 部 目 次 1 行 政 組 織 関 係 1 県 土 整 備 部 行 政 機 関 位 置 略 図 2 2 県 土 整 備 部 の 沿 革 3 3 県 土 整 備 部 行 政 組 織 図 11 4 出 先 機 関 の 名 称 位 置 等 13 5 県 土 整 備 部 の 分 掌 事 務 15 6 県 土 整 備 部 の 職 員 数 21 7 県

More information

<4D F736F F D BD90AC E937890C590A789FC90B D>

<4D F736F F D BD90AC E937890C590A789FC90B D> 平 成 27 年 11 月 5 日 一 般 社 団 法 人 全 国 住 宅 産 業 協 会 会 長 神 山 和 郎 平 成 28 年 度 住 宅 土 地 税 制 改 正 要 望 わが 国 経 済 は 雇 用 所 得 環 境 の 改 善 傾 向 が 続 くなかで 政 府 の 経 済 対 策 等 の 下 支 えもあり 景 気 は 穏 やかな 回 復 基 調 が 続 くことが 期 待 されていますが 消

More information

(審42)資料2 地方公共団体等からの主な要望事項について

(審42)資料2 地方公共団体等からの主な要望事項について ( 審 42) 資 料 2 地 方 公 共 団 体 等 からの 主 な 要 望 事 項 について 平 成 28 年 1 月 本 資 料 は 第 40 回 審 査 会 ( 平 成 27 年 1 月 28 日 ) 以 降 現 時 点 までに 文 部 科 学 省 に 寄 せられた 要 望 のうち 主 な 項 目 をまとめたものである 1. 精 神 的 損 害 に 係 る 賠 償 被 害 者 が 被 った

More information

Microsoft Word - 04 兵庫県耐震改修促進計画(H28

Microsoft Word - 04 兵庫県耐震改修促進計画(H28 兵 庫 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 資 料 編 ) ( 平 成 28 年 3 月 改 定 ) 兵 庫 県 目 次 1 関 係 法 令 (1) 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 (2) 基 本 方 針 2 地 震 動 予 測 結 果 による 震 度 分 布 図 3 耐 震 化 率 関 係 データ (1) 住 宅 (2) 多 数 利 用 建 築 物 4 これまでの

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 第 5 章 地 震 保 険 の 実 務 的 な 課 題 株 式 会 社 損 害 保 険 ジャパン 個 人 商 品 業 務 部 個 人 火 災 グループ 吉 田 彰 要 旨 地 震 保 険 制 度 は 1966 年 の 地 震 保 険 に 関 する 法 律 の 制 定 を 受 けて 政 府 と 民 間 の 損 害 保 険 会 社 が 共 同 で 運 営 する 制 度 として 発 足 した 地 震 保

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知)

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知) 保 保 発 0116 第 3 号 平 成 27 年 1 月 16 日 健 康 保 険 組 合 理 事 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 保 険 課 長 ( 公 印 省 略 ) 健 康 保 険 組 合 の 平 成 27 年 度 予 算 の 編 成 について 平 成 27 年 度 の 予 算 については 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )の 実 情 や 以 下 に 掲 げる 事

More information

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法 平 成 28 年 度 特 別 区 民 税 ( 住 民 税 )の 算 出 方 法 平 成 28 年 1 月 1 日 現 在 渋 谷 区 内 に 住 所 がある 人 に 対 して 平 成 27 年 の 1 月 から 12 月 までの 1 年 間 の 所 得 を 基 礎 に 税 額 を 算 出 します 住 民 税 の 算 出 方 法 は 次 のとおりです なお 区 内 に 住 所 がなく 区 内 に 事

More information

社団法人 青森県宅地建物取引業協会

社団法人 青森県宅地建物取引業協会 公 益 社 団 法 人 青 森 県 宅 地 建 物 取 引 業 協 会 平 成 28 年 度 事 業 計 画 書 自 : 平 成 28 年 4 月 1 日 至 : 平 成 29 年 3 月 31 日 昨 年 の 日 本 経 済 は 2014 年 4 月 の 消 費 税 率 引 上 げや 輸 入 物 価 の 上 昇 等 の 影 響 を 受 けて 景 気 の 回 復 力 に 弱 さがみられた 局 面 もありましたが

More information

第 4 章 基 本 的 な 方 針 1 課 題 ⑴ 希 望 する 市 営 住 宅 に 入 居 できる 世 帯 は 限 られており 住 宅 困 窮 者 の 入 居 機 会 の 向 上 や 入 居 者 と 住 宅 困 窮 者 間 の 公 平 性 の 確 保 世 帯 人 員 数 と 住 戸 規 模 のミス

第 4 章 基 本 的 な 方 針 1 課 題 ⑴ 希 望 する 市 営 住 宅 に 入 居 できる 世 帯 は 限 られており 住 宅 困 窮 者 の 入 居 機 会 の 向 上 や 入 居 者 と 住 宅 困 窮 者 間 の 公 平 性 の 確 保 世 帯 人 員 数 と 住 戸 規 模 のミス 広 島 市 市 営 住 宅 マネジメント 計 画 基 本 方 針 編 ( 素 案 )< 概 要 版 > 平 成 26 年 8 月 広 島 市 住 宅 政 策 課 第 1 章 計 画 の 目 的 等 1 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 人 口 減 少 社 会 の 到 来 や 一 層 の 高 齢 化 の 進 展 が 見 込 まれること また 高 度 経 済 成 長 期 に 建 設 された 市 営

More information

Microsoft Word - hisaisya_.doc

Microsoft Word - hisaisya_.doc 総 務 省 埼 玉 県 におられる 東 日 本 大 震 災 の 被 災 者 の 皆 様 へ 平 成 23 年 4 月 6 日 時 点 東 日 本 大 震 災 で 被 災 された 皆 様 には 心 よりお 見 舞 い 申 し 上 げます 総 務 省 関 東 管 区 行 政 評 価 局 では 震 災 行 政 相 談 専 用 フリーダイヤル を 開 設 し いろいろな 問 い 合 わせや 要 望 などを

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

< F2D E31322E313889FC90B3817A926E88E68CF68BA4>

< F2D E31322E313889FC90B3817A926E88E68CF68BA4> 改 正 国 自 旅 第 161 号 平 成 18 年 9 月 15 日 平 成 21 年 12 月 18 日 各 地 方 運 輸 局 長 沖 縄 総 合 事 務 局 長 殿 殿 自 動 車 交 通 局 長 地 域 公 共 交 通 会 議 に 関 する 国 土 交 通 省 としての 考 え 方 について 今 般 の 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法

More information

はじめに

はじめに 固 定 資 産 税 固 定 資 産 税 は 毎 年 1 月 1 日 ( 賦 課 期 日 といいます ) 現 在 で 土 地 家 屋 償 却 資 産 (これらを 総 称 して 固 定 資 産 といいます)を 所 有 している 人 が その 固 定 資 産 の 価 格 をもとに 算 定 された 税 額 をその 固 定 資 産 の 所 在 する 市 町 村 に 納 める 税 金 です 1 課 税 の 対

More information

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表 法 人 単 位 連 結 財 務 諸 表 -1- ( 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ) ( 単 位 : 円 ) 連 結 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 資 産 の 部 Ⅰ 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 383,930,868,159 代 理 店 勘 定 50,479,456,400 有 価 証 券 759,499,383,243

More information

<3034204832358EE597768E968BC688EA97972D372E786477>

<3034204832358EE597768E968BC688EA97972D372E786477> (2) 生 活 再 建 支 援 プロジェクト 全 県 民 が 将 来 の 生 活 設 計 を 描 くことができ 生 活 再 建 を 進 めることができるようにするため 早 期 に 帰 還 する 避 難 者 長 期 避 難 者 など 被 災 者 それぞれのおかれた 状 況 に 応 じた よりきめ 細 かな 支 援 を 行 う 取 組 を 進 め 1 県 内 避 難 者 支 援 一 新 1 里 山 いきいき

More information

○○省共済組合貸付事業運営規則運用方針(案)

○○省共済組合貸付事業運営規則運用方針(案) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 貸 付 規 程 運 用 方 針 第 1 条 関 係 貸 付 けの 対 象 となる 組 合 員 は 定 款 第 13 条 第 1 号 及 び 第 3 号 に 掲 げる 者 とする 第 6 条 関 係 1 第 一 号 ロ( 物 資 貸 付 ) 第 二 号 ( 特 別 貸 付 ) 第 三 号 ( 住 宅 貸 付 ) 及 び 第 四 号 ( 特 別 住 宅 貸 付 )の

More information

Microsoft PowerPoint - ④まちづくりにおける福祉施設について

Microsoft PowerPoint - ④まちづくりにおける福祉施設について まちづくりにおける 福 祉 施 設 について 都 市 再 生 特 別 措 置 法 と 建 築 基 準 法 厚 生 労 働 省 老 健 局 高 齢 者 支 援 課 振 興 課 課 長 補 佐 ( 高 齢 者 居 住 福 祉 担 当 ) 山 口 義 敬 都 市 再 生 特 別 措 置 法 建 築 基 準 法 の 改 正 について( 情 報 提 供 ) 都 市 再 生 特 別 措 置 法 等 の 改 正

More information

東 大 震 災 から 復 旧 復 興 を 支 援 しています は 全 国 支 店 に 特 別 相 談 窓 口 を 設 置 すると ともに 東 大 震 災 復 興 特 別 貸 付 及 び 震 災 特 例 資 な ど 各 種 支 援 を 実 施 し 皆 さま 資 相 談 返 済 相 談 に 迅 速 かつ

東 大 震 災 から 復 旧 復 興 を 支 援 しています は 全 国 支 店 に 特 別 相 談 窓 口 を 設 置 すると ともに 東 大 震 災 復 興 特 別 貸 付 及 び 震 災 特 例 資 な ど 各 種 支 援 を 実 施 し 皆 さま 資 相 談 返 済 相 談 に 迅 速 かつ 9 取 組 み 震 災 へ 対 応 実 施 総 合 力 を 発 揮 したお 客 さまサービス 向 上 取 組 み 3 平 成 3 年 度 業 務 概 況 及 び 決 算 概 要 5 資 調 達 7 JFC 東 大 震 災 から 復 旧 復 興 を 支 援 しています は 全 国 支 店 に 特 別 相 談 窓 口 を 設 置 すると ともに 東 大 震 災 復 興 特 別 貸 付 及 び 震 災 特

More information

平成23年度税制改正について

平成23年度税制改正について 日 医 発 第 896 号 ( 年 税 48) 平 成 2 2 年 1 2 月 2 2 日 都 道 府 県 医 師 会 長 殿 日 本 医 師 会 長 原 中 勝 征 平 成 23 年 度 税 制 改 正 について 去 る12 月 16 日 平 成 23 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されまし た の で 平 成 23 年 度 税 制 改 正 についてご 報 告 申 し 上 げます

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や 1 平 成 25 年 度 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 平 成 25 年 12 月 水 産 庁 総 額 556 億 円 1 漁 業 コストの 低 減 対 策 230 億 円 漁 業 コスト 構 造 改 革 緊 急 対 策 事 業 228 億 円 1 省 燃 油 活 動 推 進 事 業 80 億 円 燃 油 消 費 量 を 削 減 するために 漁 業 者 グループが 行 う 省 燃 油

More information

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について 平 成 28 年 3 月 定 例 会 議 案 概 要 議 案 第 45 号 専 決 処 分 の 報 告 及 び 承 認 について ( 松 戸 市 市 税 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 制 定 について) 税 制 課 提 案 理 由 市 税 に 係 る 手 続 における 個 人 番 号 の 利 用 の 取 扱 いを 見 直 すことにより 納 税

More information

Microsoft Word - 東京都北区有料老人ホーム等設置指導要綱

Microsoft Word - 東京都北区有料老人ホーム等設置指導要綱 東 京 都 北 区 有 料 老 人 ホーム 設 置 指 導 要 綱 1 8 北 福 健 第 2 1 4 号 平 成 18 年 7 月 20 日 区 長 決 裁 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 北 区 内 において 有 料 老 人 ホームの 事 業 を 計 画 する 者 等 に 対 し 遵 守 すべき 事 項 を 定 め 必 要 な 指 導 及 び 協 力 要 請 を 行 うことにより

More information

関連データ及び参考資料(1)

関連データ及び参考資料(1) 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 71 72 目 次 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 公 共 施 設 における 学 校 施 設 の 割 合... 74 学 校 数 幼 児 児 童 生 徒 数 の 推 移... 74 小 中 学 校 数 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 一 校 当 たりの 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 公

More information

要 望 事 項 (1) 緊 急 の 経 済 対 策 としての 住 宅 政 策 の 実 施 について 1 省 エネ 住 宅 ポイントの 再 実 施 この 場 合 長 期 優 良 住 宅 等 の 場 合 はポイント 加 算 を 実 施 2 フラット 35S 拡 充 による 優 良 等 住 宅 取 得 の

要 望 事 項 (1) 緊 急 の 経 済 対 策 としての 住 宅 政 策 の 実 施 について 1 省 エネ 住 宅 ポイントの 再 実 施 この 場 合 長 期 優 良 住 宅 等 の 場 合 はポイント 加 算 を 実 施 2 フラット 35S 拡 充 による 優 良 等 住 宅 取 得 の 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 平 成 28 年 7 月 26 日 一 般 社 団 法 人 プレハブ 建 築 協 会 会 長 樋 口 武 男 平 成 28 年 度 補 正 予 算 並 びに 平 成 29 年 度 住 宅 関 連 税 制 及 び 予 算 制 度 改 正 要 望 昨 年 政 府 は 新 三 本 の 矢 として 希 望 を 生 み 出 す 経 済 夢 をつなぐ 子 育 て 支

More information

り 知 事 の 承 認 を 受 けること (2) 補 助 事 業 を 中 止 し, 又 は 廃 止 する 場 合 においては, 様 式 第 5 号 により 知 事 の 承 認 を 受 けること (3) 補 助 事 業 が 予 定 の 期 間 内 に 完 了 しない 場 合 又 は 補 助 事 業 の

り 知 事 の 承 認 を 受 けること (2) 補 助 事 業 を 中 止 し, 又 は 廃 止 する 場 合 においては, 様 式 第 5 号 により 知 事 の 承 認 を 受 けること (3) 補 助 事 業 が 予 定 の 期 間 内 に 完 了 しない 場 合 又 は 補 助 事 業 の 観 光 施 設 再 生 立 地 支 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 東 日 本 大 震 災 により 被 災 した 県 内 の 観 光 施 設 の 早 期 の 再 生 を 支 援 することにより, 多 くの 観 光 客 が 訪 れ, 交 流 人 口 が 増 加 し, 地 域 経 済 及 び 地 域 社 会 が 活 性 化 される 観 光 王 国 み やぎ の 実 現

More information

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

<8DC4837D83588A54977694C58A6D92E85F907D94928D953130303231322E78>

<8DC4837D83588A54977694C58A6D92E85F907D94928D953130303231322E78> 三 田 市 公 営 住 宅 再 生 マスタープラン 概 要 版 平 成 22 年 3 月 三 田 市 --------------------------------------------------------------------- 1 (1) 計 画 の 目 的 ----------------------------------------------------------------------------------------------------

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

平成25年住宅・土地統計調査(速報集計) 結果の概要

平成25年住宅・土地統計調査(速報集計) 結果の概要 平 成 25 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 速 報 集 計 結 果 の 概 要 平 成 26 年 7 月 29 日 総 務 省 統 計 局 目 次 結 果 の 概 要 第 1 章 住 宅 世 帯 の 概 況 1 総 住 宅 数 と 総 世 帯 数 1 2 居 住 世 帯 の 有 無 2 第 2 章 住 宅 の 状 況 1 住 宅 の 種 類 3 2 建 て 方, 構 造 4 3 建 築 の 時

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

(3) 評 価 替 え 土 地 と 家 屋 については, 原 則 として, 基 準 年 度 (3 年 ごと)に 評 価 替 えを 行 い, 賦 課 期 日 (1 月 1 日 ) 現 在 の 価 格 を 固 定 資 産 課 税 台 帳 に 登 録 します 第 2 年 度 と 第 3 年 度 は, 新

(3) 評 価 替 え 土 地 と 家 屋 については, 原 則 として, 基 準 年 度 (3 年 ごと)に 評 価 替 えを 行 い, 賦 課 期 日 (1 月 1 日 ) 現 在 の 価 格 を 固 定 資 産 課 税 台 帳 に 登 録 します 第 2 年 度 と 第 3 年 度 は, 新 固 定 資 産 税 固 定 資 産 税 は, 毎 年 1 月 1 日 ( 賦 課 期 日 という )に 土 地, 家 屋, 償 却 資 産 (これらを 総 称 して 固 定 資 産 という )の 所 有 者 がその 固 定 資 産 の 価 格 をも とに 算 定 される 税 額 をその 固 定 資 産 の 所 在 する 市 区 町 村 に 納 める 税 金 です 1. 課 税 の 対 象 となる 資

More information

Taro-資料編2

Taro-資料編2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るための 基 本 的 な 方 針 平 成 25 年 10 月 29 日 告 示 1055 号 平 成 七 年 一 月 の 阪 神 淡 路 大 震 災 では 地 震 により 六 千 四 百 三 十 四 人 の 尊 い 命 が 奪 われ た このうち 地 震 による 直 接 的 な 死 者 数 は 五 千 五 百 二 人 であり

More information

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 )

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 5 事 業 認 定 の 概 要 6 事 業 認 定 とは 何 か 6 都 市 計 画 事 業 の 取

More information

★01 表紙

★01 表紙 第 1 回 定 例 会 平 成 24 年 度 予 算 案 関 係 資 料 ( 補 正 ) 茨 城 県 目 次 Ⅰ 平 成 25 年 第 1 回 県 議 会 定 例 会 提 出 議 案 等 一 覧 ( 1) Ⅱ 平 成 24 年 度 補 正 予 算 案 の 概 要 1 今 回 補 正 額 ( 2) 2 今 回 補 正 の 主 なもの ( 2) 3 繰 越 明 許 費 ( 3) 4 一 般 会 計 補

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

<926E88E68F5A91EE8C7689E6816990E591E48E7381408356815B8367825081608253816A816993C192E88C7689E6816A2E786C73>

<926E88E68F5A91EE8C7689E6816990E591E48E7381408356815B8367825081608253816A816993C192E88C7689E6816A2E786C73> 社 会 資 本 総 合 整 備 計 画 ( 特 定 計 画 ) 地 域 住 宅 計 画 ( 第 11 回 変 更 ) せ ん だ い ち い き 仙 台 地 域 せんだい 平 成 24 年 1 月 地 域 住 宅 計 画 計 画 の 名 称 仙 台 地 域 都 道 府 県 名 宮 城 県 作 成 主 体 名 計 画 期 間 平 成 17 年 度 ~ 24 年 度 1. 地 域 の 住 宅 政 策 の

More information

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金 別 表 第 二 ( 第 17 条 関 係 ) 水 道 用 水 供 給 事 業 勘 定 科 目 表 収 益 の 部 款 項 目 節 説 明 細 節 事 業 収 益 すべての 収 益 的 収 入 を 記 載 し 営 業 収 益 営 業 外 収 益 及 び 特 別 利 益 に 区 分 する 営 業 収 益 営 業 外 収 益 給 水 収 益 受 託 工 事 収 益 その 他 の 営 業 収 益 受 取 利

More information

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関 所 得 税 確 定 申 告 等 ( 平 成 23 年 分 ) 手 続 名 所 得 税 申 告 帳 票 名 平 成 年 分 の 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 B( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 分 離 課 税 用 )( 第 三 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税

More information

Microsoft Word - 20120601003.docx

Microsoft Word - 20120601003.docx 18 兆 円 に 達 した 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 経 費 求 められる 震 災 からの 復 旧 復 興 と 財 政 規 律 の 維 持 予 算 委 員 会 調 査 室 さきやま 﨑 山 たてき 建 樹 甚 大 な 被 害 をもたらした 東 日 本 大 震 災 から1 年 余 りが 経 ち これまでの 間 被 災 地 の 復 旧 復 興 に 向 けて 累 次 の 補 正 予 算

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

団 体 名 ( 財 ) 宮 城 県 伊 豆 沼 内 沼 環 境 保 全 財 団 団 体 運 営 の 健 全 化 に 向 けた 経 費 節 減 による 経 営 改 善 を 行 う 必 清 掃, 保 守 業 務 等 の 委 託 は 原 則 として 競 争 入 札 とする H4~ 徹 底 した 管 理 運

団 体 名 ( 財 ) 宮 城 県 伊 豆 沼 内 沼 環 境 保 全 財 団 団 体 運 営 の 健 全 化 に 向 けた 経 費 節 減 による 経 営 改 善 を 行 う 必 清 掃, 保 守 業 務 等 の 委 託 は 原 則 として 競 争 入 札 とする H4~ 徹 底 した 管 理 運 ( 別 添 ) 公 社 等 外 郭 団 体 の 見 直 し 実 施 計 画 ( 特 ) 宮 城 県 土 地 開 発 公 社 団 体 名 多 額 の 借 入 金 と 保 有 土 地 があることから, 経 営 安 定 化 に 向 けて の 経 営 健 全 化 計 画 を 策 定 するとともに, 将 来 的 な 視 点 としては, 類 似 の 団 体 との 統 合 を 検 討 する 必 県 としては, 業

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B8C49938C8E738E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E690A7937882CC895E97708AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B8C49938C8E738E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E690A7937882CC895E97708AEE8F802E646F63> 栗 東 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより 市 街 化 調 整 区 域 における 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 形 成 並 びに 適 正

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状 横 市 浜 の 財 状 政 況 25 年 度 決 算 財 政 状 況 1 - 横 浜 市 - - 財 政 局 - 平 成 26 年 11 月 横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037208DE096B18FC8816993C18BE691E631368E9F208DC48C9F93A2977690BF89F1939A208CC2955B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037208DE096B18FC8816993C18BE691E631368E9F208DC48C9F93A2977690BF89F1939A208CC2955B816A2E646F63> 07 財 務 省 特 区 第 16 次 再 検 討 要 請 回 答 管 理 コード 070010 プロジェクト 名 要 望 事 項 土 地 区 画 整 理 事 業 における 公 共 施 設 充 当 用 地 につ 都 道 府 県 愛 媛 県 ( 事 項 名 ) 提 案 主 体 名 いての 事 業 施 行 者 の 証 明 書 の 発 行 要 件 の 見 直 し 提 案 事 項 管 理 番 号 1006010

More information

Microsoft PowerPoint - 090908 ③検討会資料.ppt

Microsoft PowerPoint - 090908 ③検討会資料.ppt 県 営 住 宅 耐 震 性 確 保 策 等 検 討 委 員 会 ( 第 3 回 ) 1 前 回 宿 題 事 項 ( 土 地 の 利 用 状 況 の 追 加 説 明 等 ) 及 び 事 業 シミュレーションについて 2 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 の 策 定 について 3 高 齢 者 居 住 安 定 確 保 計 画 の 策 定 について 平 成 21 年 9 月 徳 島 県 県 土 整

More information

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業 平 成 28 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 案 ) 速 報 ( 平 成 27 年 12 月 10 日 現 在 ) 0 1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 1-1 23.9% 平 成 28 年 4 月 1 日 以

More information