<4D F736F F D D CE93FA8D AFA8BAD90A793AE88F594ED8A5192B28DB88B7982D18D918A4F8BAD90A793AE88F58B5D90B58ED293998E C98AD682B782E993C195CA96402E646F63>

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D2030312D30372091CE93FA8D5291888AFA8BAD90A793AE88F594ED8A5192B28DB88B7982D18D918A4F8BAD90A793AE88F58B5D90B58ED293998E78898782C98AD682B782E993C195CA96402E646F63>"

Transcription

1 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 調 査 及 び 国 外 強 制 動 員 犠 牲 者 等 支 援 に 関 する 特 別 法 ( 法 律 第 号 一 部 改 正 施 行 ) 仮 訳 第 1 条 ( 目 的 ) この 法 は 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 の 真 相 を 究 明 し 歴 史 の 真 実 を 明 らかにするとともに 1965 年 に 締 結 された 大 韓 民 国 と 日 本 国 間 の 財 産 及 び 請 求 権 に 関 する 問 題 の 解 決 と 経 済 協 力 に 関 する 協 定 と 関 連 し 国 家 が 太 平 洋 戦 争 前 後 の 国 外 強 制 動 員 犠 牲 者 とその 遺 族 等 に 人 道 的 見 地 から 慰 労 金 等 を 支 援 することによってその 苦 痛 を 治 癒 し 国 民 和 合 に 寄 与 するこ とを 目 的 とする 第 2 条 ( 定 義 ) この 法 に 使 用 する 用 語 の 意 義 は 次 の 通 りである 1 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 とは 満 州 事 変 以 後 太 平 洋 戦 争 に 及 ぶ 時 期 に 日 帝 により 強 制 動 員 され 軍 人 軍 務 員 労 務 者 又 は 慰 安 婦 等 の 生 活 を 強 要 された 者 が 被 った 生 命 身 体 及 び 財 産 等 の 被 害 をいう 2 被 害 者 とは 第 1 号 の 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 を 被 った 者 であって 第 8 条 第 3 項 により 被 害 者 として 認 定 された 者 をいう 3 国 外 強 制 動 員 犠 牲 者 とは 次 の 各 目 の 一 に 該 当 する 者 をいう ア 1938 年 4 月 1 日 から 1945 年 8 月 15 日 の 間 に 日 帝 により 軍 人 軍 務 員 又 は 労 務 者 等 として 国 外 に 強 制 動 員 され その 期 間 中 又 は 国 内 に 帰 還 する 過 程 で 死 亡 若 しくは 行 方 不 明 になった 者 又 は 大 統 領 令 に 定 める 負 傷 により 障 害 を 負 った 者 であって 第 8 条 6 項 により 国 外 強 制 動 員 被 害 者 として 認 定 を 受 けた 者 イ 日 帝 強 占 下 強 制 動 員 被 害 真 相 究 明 等 に 関 する 特 別 法 ( 本 法 により 廃 止 される 法 律 をいう 以 下 同 じ) 第 3 条 第 2 項 第 4 号 又 は 本 法 第 8 条 第 3 号 により 被 害 者 として 認 定 を 受 けた 者 であって 1938 年 4 月 1 日 から 1945 年 8 月 15 日 の 間 に 日 帝 により 軍 人 軍 務 員 又 は 労 務 者 等 として 国 外 に 強 制 動 員 され その 期 間 中 又 は 国 内 に 帰 還 する 過 程 で 死 亡 又 は 行 方 不 明 となった 者 ウ サハリン 地 域 強 制 動 員 被 害 者 の 場 合 は 1938 年 4 月 から 1990 年 9 月 30 日 までの 期 間 中 又 は 国 内 に 帰 還 する 過 程 で 死 亡 又 は 行 方 不 明 になった 者 4 国 外 強 制 動 員 生 還 者 とは 1938 年 4 月 1 日 から 1945 年 8 月 15 日 の 間 に 日 帝 によ り 軍 人 軍 務 員 又 は 労 務 者 等 として 国 外 に 強 制 動 員 され 国 内 に 帰 還 した 者 の 中 で 国 外 強 制 動 員 犠 牲 者 に 該 当 しない 者 であって 第 8 条 第 7 号 により 国 外 強 制 動 員 生 還 者 と して 認 定 を 受 けた 者 をいう 5 未 収 金 被 害 者 とは 1938 年 4 月 1 日 から 1945 年 8 月 15 日 の 間 に 日 帝 により 軍 人 軍 務 員 又 は 労 務 者 等 として 国 外 に 強 制 動 員 され 労 務 提 供 等 の 対 価 として 日 本 国 及 び 1 / 12

2 日 本 企 業 等 から 支 給 を 受 けるべきであった 給 料 各 種 手 当 弔 慰 金 又 は 扶 助 料 ( 以 下 未 収 金 という)の 支 給 を 受 けられなかった 者 であって 第 8 条 6 号 により 未 収 金 被 害 者 として 認 定 された 者 をいう 第 3 条 ( 遺 族 の 範 囲 等 ) 1 この 法 において 遺 族 とは 被 害 者 国 外 強 制 動 員 犠 牲 者 及 び 未 収 金 被 害 者 のう ち 死 亡 又 は 行 方 不 明 となった 者 の 親 族 中 次 の 各 号 に 該 当 する 者 であって 第 8 条 第 3 号 及 び 第 6 号 により 遺 族 として 認 定 を 受 けた 者 をいう 1 配 偶 者 及 び 子 2 父 母 3 孫 4 兄 弟 姉 妹 2 第 4 条 による 慰 労 金 及 び 第 5 条 による 未 収 金 の 支 給 を 受 ける 遺 族 の 順 位 は 第 1 項 各 号 の 順 位 による 3 第 1 項 各 号 の 順 位 により 遺 族 は 第 4 条 による 慰 労 金 及 び 第 5 条 による 未 収 金 支 援 金 の 支 給 を 受 ける 権 利 を 有 する 但 し 同 順 位 の 者 が 2 名 以 上 ある 場 合 には 等 しい 持 分 に より 慰 労 金 及 び 未 収 金 支 援 金 の 支 給 を 受 ける 権 利 を 共 有 する 4 強 制 動 員 被 害 死 亡 者 の 遺 骨 の 引 渡 を 受 ける 遺 族 については 第 1 号 各 号 の 該 当 者 が 無 い 場 合 には 死 亡 者 の 親 族 中 第 8 条 による 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 調 査 及 び 国 外 強 制 動 員 犠 牲 者 等 支 援 委 員 会 が 認 定 する 近 親 又 は 縁 故 者 の 順 とする 第 4 条 ( 慰 労 金 ) 国 家 は 国 外 強 制 動 員 犠 牲 者 又 はその 遺 族 に 次 の 各 号 の 区 分 に 従 い 慰 労 金 を 支 給 する 1 国 外 に 強 制 動 員 され 死 亡 又 は 行 方 不 明 になった 場 合 には 国 外 強 制 動 員 犠 牲 者 1 名 当 た り 2 千 万 ウォン[ 対 日 民 間 請 求 権 補 償 に 関 する 法 律 ( 法 律 第 2685 号 対 日 民 間 請 求 権 補 償 に 関 する 法 律 として 制 定 され 法 律 第 3615 号 対 日 民 間 請 求 権 保 障 に 関 する 法 律 を 廃 止 法 律 として 廃 止 された 法 律 をいう) 第 4 条 第 2 項 により 金 銭 の 支 給 を 受 けた 場 合 には 犠 牲 者 一 人 当 たり 234 万 ウォンを 控 除 した 金 額 とする] 2 国 外 に 強 制 動 員 され 負 傷 により 障 害 を 負 った 場 合 には 国 外 強 制 動 員 犠 牲 者 一 人 当 たり 2 千 万 ウォン 以 下 の 範 囲 で 障 害 の 程 度 を 考 慮 して 大 統 領 令 で 定 める 金 額 第 5 条 ( 未 収 金 支 援 金 ) 1 国 家 は 未 収 金 被 害 者 又 はその 遺 族 に 未 収 金 被 害 者 が 日 本 国 又 は 日 本 企 業 等 から 支 給 を 受 けるべきであった 未 収 金 を 当 時 の 日 本 国 通 貨 1 円 を 大 韓 民 国 通 貨 2000 ウォンに 換 算 して 支 給 する 2 第 1 項 の 場 合 に 未 収 金 の 金 額 が 日 本 国 通 貨 100 円 以 下 の 場 合 には 未 収 金 金 額 を 日 本 2 / 12

3 国 通 貨 100 円 とみなす 第 6 条 ( 医 療 支 援 金 ) 1 国 家 は 国 外 強 制 動 員 犠 牲 者 中 の 生 存 者 又 は 国 外 強 制 動 員 生 存 者 中 の 生 存 者 が 老 齢 疾 病 又 は 障 害 等 により 治 療 又 は 補 助 装 具 使 用 が 必 要 な 場 合 には 治 療 又 は 補 助 装 具 の 購 入 に 使 用 される 費 用 の 一 部 を 支 援 する 2 第 1 項 による 支 援 金 の 支 給 額 支 給 方 法 及 びその 他 支 給 に 必 要 な 事 項 は 大 統 領 令 で 定 める 第 7 条 ( 慰 労 金 等 支 給 の 除 外 ) 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 場 合 には 第 4 条 による 慰 労 金 第 5 条 による 未 収 金 及 び 第 6 条 による 医 療 支 援 金 ( 以 下 慰 労 金 等 という)を 支 給 しないものとする 1 国 外 強 制 動 員 犠 牲 者 国 外 強 制 動 員 生 還 者 又 は 未 収 金 被 害 者 が 日 帝 強 占 下 反 民 族 行 為 真 相 究 明 に 関 する 特 別 法 第 2 条 に 定 める 親 日 反 民 族 行 為 をした 場 合 2 日 帝 下 日 本 軍 慰 安 婦 被 害 者 に 対 する 生 活 安 定 支 援 及 び 記 念 事 業 等 に 関 する 法 律 等 別 途 の 法 律 により 強 制 動 員 期 間 に 被 った 被 害 に 対 しすでに 一 定 の 支 援 を 受 け 若 しくは 現 在 受 けている 者 又 はその 遺 族 年 8 月 15 日 から 1965 年 6 月 22 日 まで 継 続 して 日 本 に 居 住 した 者 4 大 韓 民 国 の 国 籍 を 保 有 しない 者 第 8 条 ( 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 調 査 及 び 国 外 強 制 動 員 犠 牲 者 等 支 援 委 員 会 の 設 置 及 び 業 務 ) 次 の 各 号 の 事 項 を 審 議 及 び 決 定 するために 国 務 総 理 所 属 の 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 調 査 及 び 国 外 強 制 動 員 犠 牲 者 等 支 援 委 員 会 ( 以 下 " 委 員 会 "という)を 置 く 1 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 真 相 調 査 及 び 被 害 判 定 不 能 決 定 に 関 する 事 項 2 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 に 関 する 国 内 外 資 料 の 収 集 分 析 並 びに 遺 体 の 調 査 発 掘 収 集 及 び 奉 還 に 関 する 事 項 3 被 害 者 及 び 遺 族 の 審 査 及 び 認 定 に 関 する 事 項 4 資 料 館 及 び 追 悼 空 間 造 成 に 関 する 事 項 5 この 法 に 定 める 家 族 関 係 登 録 簿 の 作 成 に 関 する 事 項 6 国 外 強 制 動 員 犠 牲 者 及 びその 遺 族 又 は 未 収 金 被 害 者 及 びその 遺 族 の 認 定 に 関 する 事 項 7 国 外 強 制 動 員 生 還 者 の 認 定 に 関 する 事 項 8 国 外 強 制 動 員 犠 牲 者 の 負 傷 による 障 害 の 判 定 に 関 する 事 項 9 慰 労 金 等 の 支 給 に 関 する 事 項 10 結 果 報 告 書 作 成 等 に 関 する 事 項 11 その 他 大 統 領 令 に 定 める 事 項 3 / 12

4 第 9 条 ( 委 員 会 の 構 成 及 び 運 営 ) 1 委 員 会 は 常 任 委 員 である 委 員 長 1 名 を 含 む 11 名 以 内 の 委 員 で 構 成 し 委 員 は 関 係 公 務 員 及 び 学 識 と 経 験 が 豊 富 な 者 の 中 から 大 統 領 が 任 命 又 は 委 嘱 する 2 委 員 長 は 委 員 中 から 大 統 領 が 任 命 又 は 委 嘱 する 3 委 員 長 は 政 務 職 に 補 する 4 公 務 員 でない 委 員 の 任 期 は 2 年 とし 重 任 することができる 5 委 員 が 事 故 により 職 務 を 遂 行 することができず 又 は 欠 員 となった 場 合 には 遅 滞 なく 新 しい 委 員 を 任 命 又 は 委 嘱 しなければならない この 場 合 補 任 された 委 員 の 任 期 は 前 任 委 員 の 残 余 任 期 とする 6 その 他 委 員 会 の 組 織 及 び 運 営 等 に 必 要 な 事 項 は 大 統 領 令 で 定 める 第 10 条 ( 分 科 委 員 会 ) 1 委 員 会 の 業 務 を 効 率 的 に 遂 行 するため 委 員 会 に 分 科 委 員 会 を 置 くことができる 2 分 科 委 員 会 の 組 織 及 び 運 営 等 に 必 要 な 事 項 は 大 統 領 令 で 定 める 第 11 条 ( 委 員 の 保 護 等 ) 1 何 人 も 職 務 を 行 う 委 員 職 員 若 しくは 鑑 定 人 を 暴 行 若 しくは 脅 迫 し 又 は 委 員 若 しく は 職 員 に 業 務 上 の 行 為 を 強 要 若 しくは 阻 止 し 若 しくはその 職 を 辞 退 させる 目 的 で 暴 行 又 は 脅 迫 をしてはならない 2 何 人 も 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 の 調 査 に 関 して 情 報 を 提 供 し 又 は 提 供 しようとする ことを 理 由 として 解 雇 停 職 減 給 又 は 転 補 等 いかなる 不 利 益 も 受 けない 3 委 員 会 は 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 の 調 査 に 関 連 する 証 拠 及 び 資 料 等 の 確 保 又 は 隠 滅 の 防 止 に 必 要 な 対 策 を 講 じなければならない 4 委 員 会 は 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 の 実 態 を 明 らかにし 又 は 証 拠 及 び 資 料 等 を 発 見 若 しくは 提 出 した 者 に 必 要 な 補 償 又 は 支 援 をすることができる その 補 償 又 は 支 援 の 内 容 と 手 続 等 に 必 要 な 事 項 は 大 統 領 令 で 定 める 第 12 条 ( 委 員 会 等 の 責 任 免 除 ) 委 員 会 委 員 職 員 及 び 委 員 会 の 委 嘱 又 は 委 任 を 受 けて 業 務 を 遂 行 した 専 門 家 鑑 定 人 又 は 民 間 団 体 とその 関 係 者 は 委 員 会 の 議 決 により 作 成 公 開 された 報 告 書 又 は 公 表 内 容 に ついては 故 意 又 は 重 大 な 過 失 がない 限 り 民 事 又 は 刑 事 上 責 任 を 負 わない 第 13 条 ( 秘 密 遵 守 義 務 ) 委 員 又 は 委 員 であった 者 委 員 会 職 員 又 は 職 員 であった 者 鑑 定 人 又 は 鑑 定 人 であった 者 委 員 会 の 委 嘱 により 調 査 に 参 加 し 若 しくは 委 員 会 の 業 務 を 遂 行 した 専 門 家 又 は 民 間 団 体 とその 関 係 者 はその 職 務 遂 行 過 程 で 知 り 得 た 情 報 文 書 資 料 又 は 物 件 を 他 の 者 に 提 供 4 / 12

5 漏 洩 又 はその 他 委 員 会 の 業 務 遂 行 以 外 の 目 的 のために 利 用 してはならない 第 14 条 ( 不 利 益 の 禁 止 ) 何 人 もこの 法 により 委 員 会 対 して 行 った 申 請 申 告 陳 述 又 は 資 料 提 出 等 の 理 由 により 不 利 益 を 受 けない 第 15 条 ( 委 員 の 職 務 上 独 立 と 身 分 保 障 ) 1 委 員 は 外 部 のいかなる 指 示 や 干 渉 を 受 けることなく 独 立 してその 職 務 を 遂 行 する 2 委 員 は 身 体 上 又 は 精 神 上 の 障 害 で 業 務 遂 行 が 著 しく 困 難 又 は 不 可 能 になった 場 合 及 び 刑 の 宣 告 による 場 合 を 除 いてはその 意 思 に 反 して 免 職 されない 3 委 員 が 第 2 項 による 身 体 上 又 は 精 神 上 の 障 害 で 業 務 遂 行 が 著 しく 困 難 又 は 不 可 能 に なった 旨 の 認 定 については 在 籍 委 員 3 分 の 2 以 上 の 賛 成 で 議 決 する 第 16 条 ( 委 員 の 欠 格 事 由 ) 1 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 者 は 委 員 となることができない 1 大 韓 民 国 の 国 民 でない 者 2 国 家 公 務 員 法 第 33 条 各 号 の 一 に 該 当 する 者 3 政 党 の 党 員 4 公 職 選 挙 法 により 実 施 する 選 挙 に 候 補 者 ( 予 備 候 補 者 を 含 む)として 登 録 した 者 2 委 員 が 第 1 項 各 号 の 一 に 該 当 することとなる 場 合 には 当 然 に 退 職 する 3 委 嘱 委 員 が 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 場 合 には 解 嘱 することができる 1 心 身 障 害 によって 職 務 遂 行 が 不 可 能 又 は 著 しく 困 難 と 認 められる 場 合 2 職 務 怠 慢 品 位 損 傷 又 はその 他 の 理 由 によって 委 員 として 適 当 でないと 認 められる 場 合 第 17 条 ( 委 員 の 除 斥 忌 避 回 避 ) 1 委 員 は 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 場 合 には 当 該 審 議 及 び 決 定 から 除 斥 される 1 委 員 又 はその 配 偶 者 若 しくは 配 偶 者 であった 者 が 慰 労 金 等 の 支 給 申 請 をした 場 合 2 委 員 が 慰 労 金 等 の 支 給 申 請 人 と 親 族 又 は 親 族 であった 場 合 3 委 員 が 慰 労 金 等 支 給 申 請 に 関 して 当 事 者 の 代 理 者 として 関 与 又 は 関 与 した 場 合 2 慰 労 金 等 の 支 給 申 請 人 は 委 員 に 審 議 及 び 決 定 の 公 正 性 を 期 待 することが 困 難 な 事 情 がある 場 合 には 委 員 会 に 委 員 の 忌 避 を 申 立 てることができる 3 委 員 本 人 は 第 1 項 各 号 の 一 又 は 第 2 項 の 理 由 に 該 当 する 場 合 には 自 ら 委 員 会 の 審 議 及 び 決 定 を 回 避 することができる 第 18 条 ( 議 決 定 足 数 ) 5 / 12

6 委 員 会 はこの 法 に 特 別 な 規 定 がある 場 合 を 除 き 在 籍 委 員 過 半 数 の 賛 成 で 議 決 する 第 19 条 ( 委 員 会 の 存 続 期 間 及 び 調 査 期 間 等 ) 1 委 員 会 は 2012 年 12 月 31 日 まで 存 続 する 但 し 期 間 内 に 委 員 会 の 業 務 を 完 了 するこ とが 困 難 な 場 合 には 国 会 の 同 意 を 受 けて 6 ヶ 月 以 内 の 範 囲 で 2 回 に 限 って 存 続 期 間 を 延 長 することができる < 改 正 > 2 委 員 会 は 慰 労 金 等 の 支 給 のために 2012 年 2 月 29 日 まで 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 の 調 査 ( 日 帝 強 制 占 領 下 強 制 動 員 被 害 真 相 究 明 等 に 関 する 特 別 法 第 12 条 により 被 害 申 告 又 は 真 相 調 査 の 申 請 を 受 けた 件 に 限 る 以 下 同 じ)を 完 了 しなければならない < 改 正 , > 3 委 員 会 は 第 1 項 及 び 第 2 項 による 期 間 内 に 業 務 を 完 了 するために 委 員 会 の 業 務 処 理 状 況 と 期 間 内 完 了 のための 計 画 又 は 対 策 を 毎 分 期 別 に 国 務 総 理 に 報 告 しなければなら ない 4 第 1 項 により 委 員 会 の 存 続 期 間 が 満 了 する 場 合 の 委 員 会 の 所 管 事 務 は 行 政 安 全 部 長 官 がこれを 継 承 する 第 20 条 ( 事 務 局 の 設 置 ) 1 委 員 会 の 事 務 を 処 理 するために 委 員 会 に 事 務 局 を 置 く 2 事 務 局 に 事 務 局 長 1 名 とその 他 の 必 要 な 職 員 を 置 く 3 事 務 局 長 は 委 員 会 の 議 決 を 経 て 委 員 長 の 提 請 により 大 統 領 が 任 命 する 4 所 属 職 員 のうち 5 級 以 上 公 務 員 又 は 高 位 公 務 員 団 に 属 する 一 般 職 公 務 員 は 委 員 長 の 提 請 により 大 統 領 が 任 命 し 6 級 以 下 公 務 員 は 委 員 長 が 任 命 する 5 事 務 局 長 は 委 員 長 の 指 揮 を 受 けて 事 務 局 の 事 務 を 管 掌 し 所 属 職 員 を 指 揮 監 督 す る 第 21 条 ( 職 員 の 身 分 保 障 ) 委 員 会 の 職 員 は 刑 の 宣 告 懲 戒 処 分 又 は 委 員 会 の 規 定 に 定 める 事 由 による 場 合 を 除 いて はその 意 思 に 反 して 退 職 休 職 降 任 又 は 免 職 されない 第 22 条 ( 申 告 及 び 申 請 の 却 下 ) 1 委 員 会 は 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 の 調 査 又 は 第 27 条 による 慰 労 金 等 の 支 給 申 請 が 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 場 合 にはこれを 調 査 することなく 却 下 することができる 1 申 告 又 は 申 請 が 委 員 会 の 調 査 対 象 に 属 しない 場 合 2 申 告 又 は 申 請 の 内 容 がそれ 自 体 として 明 確 に 虚 偽 又 は 理 由 がないと 認 められる 場 合 3 委 員 会 が 却 下 した 申 告 又 は 申 請 と 同 一 の 事 実 について 再 び 申 告 又 は 申 請 をした 場 合 6 / 12

7 但 し 申 告 人 又 は 申 請 人 が 従 来 の 申 告 又 は 申 請 において 提 出 しなかった 重 大 な 疎 明 資 料 を 提 出 した 場 合 を 除 く 2 委 員 会 は 調 査 を 開 始 した 後 にその 申 告 又 は 申 請 が 第 1 項 各 号 の 一 に 該 当 することと なった 場 合 にもその 申 告 又 は 申 請 を 却 下 することができる 第 23 条 ( 被 害 真 相 調 査 方 法 等 ) 1 委 員 会 は 被 害 真 相 調 査 及 び 慰 労 金 等 の 支 給 審 査 のために 次 の 各 号 の 措 置 をすること ができる 1 申 請 人 証 人 及 び 参 考 人 等 に 対 する 陳 述 書 提 出 要 求 出 席 要 求 及 び 証 言 又 は 陳 述 聴 取 2 関 係 人 関 係 機 関 施 設 又 は 団 体 等 に 対 する 関 連 資 料 又 は 物 件 提 出 要 求 3 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 が 発 生 した 場 所 等 に 対 する 実 地 調 査 4 死 亡 者 の 遺 族 ではない 者 であって 被 害 者 の 遺 体 を 保 管 し 又 は 遺 体 の 所 在 を 知 る 者 又 は 団 体 等 に 対 する 関 連 資 料 及 び 遺 体 の 提 出 要 求 5 行 政 機 関 及 びその 他 の 関 係 機 関 に 必 要 な 協 力 要 請 6 鑑 定 人 の 指 定 及 び 鑑 定 依 頼 2 委 員 会 は 必 要 と 認 める 場 合 には 委 員 又 は 所 属 職 員 に 第 1 項 各 号 の 措 置 をさせること ができる 3 第 1 項 第 2 号 から 第 5 号 までの 規 定 により 関 連 資 料 物 件 若 しくは 遺 体 の 提 出 又 は 必 要 な 協 力 を 要 求 された 関 係 機 関 等 の 長 は 大 統 領 令 に 定 める 特 別 な 事 由 がない 限 りこ れに 応 じなければならず 関 連 資 料 の 発 掘 及 び 閲 覧 並 びに 実 地 調 査 のために 必 要 な 便 宜 を 提 供 しなければならない 4 第 1 項 第 2 号 により 提 出 要 求 を 受 けた 関 係 機 関 等 の 長 は 当 該 資 料 が 外 国 で 保 管 され ている 場 合 には 当 該 国 家 の 政 府 と 誠 実 に 交 渉 し その 処 理 結 果 を 委 員 会 に 通 報 しなけ ればならない 5 委 員 会 は 関 係 機 関 を 通 じて 外 国 の 公 共 機 関 が 保 管 する 資 料 について 当 該 国 家 の 政 府 にその 公 開 を 要 請 することができる 6 委 員 会 は 被 害 者 の 遺 体 情 報 を 聚 合 管 理 し 被 害 者 の 遺 族 に 当 該 情 報 を 提 供 するこ とができる 第 24 条 ( 申 告 及 び 申 請 の 棄 却 ) 委 員 会 は 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 の 申 告 又 は 申 請 を 調 査 した 結 果 その 内 容 が 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 場 合 にはその 申 告 又 は 申 請 を 棄 却 しなければ ならない 1 申 告 若 しくは 申 請 内 容 が 事 実 でないことが 明 白 又 は 事 実 と 認 めるに 足 りる 客 観 的 な 証 拠 がない 場 合 2 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 に 該 当 しない 場 合 7 / 12

8 3 被 害 真 相 調 査 が 適 切 でない 場 合 として 大 統 領 令 に 定 める 場 合 第 25 条 ( 被 害 真 相 調 査 及 び 被 害 判 定 不 能 決 定 ) 1 委 員 会 は 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 の 真 相 を 明 らかにすることができない 場 合 には 調 査 不 能 である 旨 とその 事 由 を 記 載 した 決 定 をしなければならない 2 委 員 会 は 被 害 者 及 び 親 族 が 被 害 申 告 をした 場 合 に 被 害 の 真 相 を 明 らかにすることが できない 場 合 被 害 判 定 不 能 の 旨 とその 事 由 を 記 載 した 決 定 をすることができる 3 委 員 会 は 第 1 項 及 び 第 2 項 の 決 定 後 に 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 を 証 明 する 新 資 料 が 発 見 された 場 合 には 被 害 申 告 人 若 しくは 真 相 調 査 申 請 人 の 申 請 又 は 職 権 により 再 調 査 することができる 第 26 条 ( 決 定 等 ) 1 委 員 会 は 該 当 被 害 に 対 する 調 査 を 完 了 した 場 合 には 次 の 各 号 の 事 項 を 決 定 しなけれ ばならない 1 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 の 有 無 2 該 当 被 害 の 原 因 及 び 背 景 3 被 害 者 及 び 遺 族 2 委 員 会 は 第 1 項 の 決 定 をした 後 必 要 な 場 合 には 被 害 真 相 調 査 等 について 公 表 し 又 は 大 統 領 と 国 会 に 報 告 することができる 第 27 条 ( 慰 労 金 等 の 支 給 申 請 ) 1 慰 労 金 等 の 支 給 を 受 けようとする 者 は 大 統 領 令 に 定 める 証 拠 資 料 を 添 付 して 書 面 で 委 員 会 に 慰 労 金 等 の 支 給 を 申 請 しなければならない 2 第 1 項 による 慰 労 金 等 の 支 給 申 請 は 2012 年 6 月 30 日 までに 行 わなければならない 但 し 委 員 会 が 被 害 者 及 び 遺 族 について 調 査 中 である 場 合 には 第 29 条 による 決 定 書 正 本 を 受 領 した 日 から 60 日 以 内 に 慰 労 金 等 の 支 給 を 申 請 することができる < 改 正 , > 3 委 員 会 は 第 1 項 により 提 出 された 申 請 書 又 はその 他 の 関 連 証 拠 資 料 に 不 備 な 事 項 が あると 判 断 する 場 合 にはその 申 請 人 に 補 完 すべき 事 項 及 び 期 間 を 明 示 して 補 完 を 要 求 することができる この 場 合 補 完 期 間 は 60 日 以 内 とするが 補 完 に 関 する 事 項 を 徹 底 して 案 内 しなければならない 4 その 他 慰 労 金 等 の 支 給 申 請 に 必 要 な 事 項 は 大 統 領 令 で 定 める 第 28 条 ( 慰 労 金 等 支 給 申 請 の 審 議 と 決 定 ) 1 委 員 会 は 慰 労 金 等 の 支 給 申 請 を 受 けた 日 から 6 ヶ 月 以 内 に 支 援 の 可 否 とその 金 額 を 審 議 及 び 決 定 しなければならない 但 しその 期 間 内 に 決 定 することができない 正 当 な 8 / 12

9 事 由 がある 場 合 には 委 員 会 の 決 定 により 1 回 に 限 り 90 日 の 範 囲 内 で 審 議 及 び 決 定 期 間 を 延 長 することができ 被 害 者 及 び 遺 族 について 調 査 中 である 場 合 にはその 調 査 が 終 了 するまで 審 議 及 び 決 定 期 間 を 延 長 することができる 2 第 27 条 第 3 項 により 申 請 人 が 申 込 書 類 を 補 完 する 場 合 には 補 完 された 書 類 を 受 領 し た 日 を 支 給 申 請 日 とみなす 3 その 他 審 議 及 び 決 定 に 必 要 な 事 項 は 大 統 領 令 で 定 める 第 29 条 ( 決 定 書 送 達 及 び 再 審 議 ) 1 委 員 会 は 第 22 条 による 却 下 決 定 第 24 条 による 棄 却 決 定 第 25 条 による 被 害 真 相 調 査 及 び 被 害 判 定 不 能 決 定 第 26 条 による 被 害 者 及 び 遺 族 の 認 定 第 28 条 による 慰 労 金 等 の 支 給 の 可 否 の 決 定 をした 場 合 には 遅 滞 なくその 事 由 を 明 示 し その 決 定 書 正 本 を 申 告 人 又 は 申 請 人 に 送 達 しなければならない 2 第 1 項 の 送 達 に 関 しては 民 事 訴 訟 法 の 送 達 に 関 する 規 定 を 準 用 する 3 被 害 申 告 人 又 は 被 害 真 相 調 査 申 請 人 であった 者 が 死 亡 又 は 所 在 不 明 の 場 合 にはその 配 偶 者 又 は 直 系 尊 卑 属 に 送 達 しなければならない 4 委 員 会 は 第 1 項 及 び 第 3 項 による 送 達 をする 場 合 には 送 達 対 象 者 に 再 審 議 申 請 の 提 起 その 手 続 と 期 間 及 びその 他 の 必 要 な 事 項 を 告 知 しなければならない 5 第 1 項 及 び 第 3 項 により 決 定 書 を 受 領 した 者 はその 内 容 に 異 議 がある 場 合 には 決 定 書 を 受 領 した 日 から 60 日 以 内 に 委 員 会 に 書 面 で 再 審 議 申 請 することができる 6 第 5 項 による 委 員 会 の 再 審 議 決 定 は 60 日 以 内 に 行 わなければならない 但 しその 期 間 内 に 決 定 することができない 正 当 な 事 由 がある 場 合 には 委 員 会 の 決 定 により 1 回 に 限 り 30 日 の 範 囲 で 再 審 議 決 定 期 間 を 延 長 することができる 7 再 審 議 決 定 書 の 送 達 については 第 1 項 及 び 第 2 項 を 準 用 する 8 第 4 項 乃 至 第 6 項 の 規 定 による 再 審 議 申 請 の 手 続 に 必 要 な 事 項 は 大 統 領 令 で 定 める 第 30 条 ( 申 請 人 の 同 意 と 慰 労 金 等 の 支 給 ) 1 決 定 書 正 本 の 送 達 を 受 けた 申 請 人 が 慰 労 金 等 の 支 給 を 受 けようとする 場 合 にはその 決 定 に 対 する 同 意 書 を 添 付 して 委 員 会 に 慰 労 金 等 の 支 給 を 請 求 しなければならない 2 慰 労 金 等 の 支 給 に 関 する 手 続 等 に 必 要 な 事 項 は 大 統 領 令 で 定 める 第 31 条 ( 慰 労 金 等 の 支 給 を 受 ける 権 利 の 保 護 ) 慰 労 金 等 の 支 給 を 受 ける 権 利 は 譲 渡 若 しくは 担 保 として 提 供 し 又 は 差 し 押 さえることが できない 第 32 条 ( 租 税 免 除 ) 慰 労 金 等 には 租 税 特 例 制 限 法 に 定 めるところにより 国 税 及 び 地 方 税 を 賦 課 しない 9 / 12

10 第 33 条 ( 消 滅 時 効 等 ) 1 慰 労 金 及 び 未 収 金 支 援 金 の 支 給 を 受 ける 権 利 は 決 定 書 正 本 が 申 請 人 に 送 達 された 日 から 1 年 間 行 使 しない 場 合 には 時 効 の 完 成 により 消 滅 する 2 第 6 条 による 医 療 支 援 金 の 支 給 を 受 ける 権 利 は 第 27 条 第 1 項 による 支 給 申 請 をした 日 から 発 生 する 第 34 条 ( 還 収 等 ) 1 国 家 は 慰 労 金 等 の 支 給 を 受 けた 者 が 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 場 合 にはその 慰 労 金 等 の 全 部 又 は 一 部 を 還 収 することができる 1 虚 偽 又 はその 他 の 不 正 な 方 法 により 慰 労 金 等 の 支 給 を 受 けた 場 合 2 錯 誤 又 はその 他 の 事 由 により 過 って 支 給 を 受 けた 場 合 2 国 家 が 第 1 項 により 慰 労 金 等 を 還 収 する 場 合 には 国 税 徴 収 法 を 準 用 する 第 35 条 ( 結 果 報 告 書 作 成 等 ) 1 委 員 会 は 第 19 条 による 存 続 期 間 が 満 了 する 日 から 6 ヶ 月 以 内 に 委 員 会 の 活 動 に 関 す る 総 合 的 な 結 果 報 告 書 を 作 成 して 大 統 領 と 国 会 に 報 告 し これを 公 表 しなければなら ない 2 第 1 項 による 報 告 書 にはこの 法 施 行 前 の 日 帝 強 制 占 領 下 強 制 動 員 被 害 真 相 究 明 委 員 会 と 太 平 洋 戦 争 前 後 国 外 強 制 動 員 犠 牲 者 支 援 委 員 会 の 活 動 に 関 する 事 項 を 含 まなけれ ばならない 3 第 1 項 による 報 告 書 に 含 まれる 内 容 は 大 統 領 令 で 定 める 第 36 条 ( 類 似 名 称 の 使 用 禁 止 ) 委 員 会 ではない 者 は 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 調 査 及 び 国 外 強 制 動 員 犠 牲 者 等 支 援 委 員 会 又 はこれと 類 似 の 名 称 を 使 用 することができない 第 37 条 ( 被 害 者 関 連 財 団 支 援 等 ) 政 府 は 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 によって 死 亡 した 者 を 追 悼 し 歴 史 的 意 味 を 反 芻 し 平 和 と 人 権 を 伸 長 するため 次 の 各 号 の 事 業 を 施 行 し 又 はこの 事 業 を 遂 行 する 目 的 により 設 立 さ れる 財 団 に 必 要 な 費 用 を 予 算 の 範 囲 で 支 援 し 又 は 基 金 を 出 損 することができる < 改 正 > 1 追 悼 空 間 ( 追 悼 墓 地 追 悼 塔 追 悼 公 園 )の 造 成 等 の 慰 霊 事 業 2 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 資 料 館 及 び 博 物 館 の 建 設 3 日 帝 強 制 動 員 被 害 に 関 する 文 化 学 術 事 業 及 び 調 査 研 究 事 業 4 その 他 の 関 連 事 業 10 / 12

11 [ 題 目 改 正 ] 第 38 条 ( 家 族 関 係 登 録 簿 の 作 成 ) 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 によって 家 族 関 係 登 録 簿 が 作 成 されず 又 は 家 族 関 係 登 録 簿 に 記 載 された 内 容 が 事 実 と 異 なる 場 合 には 他 の 法 令 の 規 定 にかかわらず 委 員 会 の 決 定 により 大 法 院 規 則 に 定 める 手 続 により 家 族 関 係 登 録 簿 の 作 成 又 は 記 録 の 訂 正 をすることができる 第 39 条 ( 公 務 員 の 派 遣 等 ) 1 委 員 長 は 委 員 会 の 業 務 遂 行 のために 必 要 と 認 める 場 合 には 国 家 機 関 又 は 地 方 自 治 体 の 長 に 所 属 公 務 員 の 派 遣 勤 務 及 びこれに 対 し 必 要 な 支 援 を 要 請 することができる こ の 場 合 派 遣 要 請 等 を 受 けた 国 家 機 関 又 は 地 方 自 治 体 の 長 は 業 務 遂 行 に 重 大 な 支 障 のな い 限 りこれに 従 わなければならない 2 第 1 項 により 公 務 員 を 派 遣 した 国 家 機 関 又 は 地 方 自 治 体 の 長 は 委 員 会 に 派 遣 された 者 に 人 事 上 不 利 な 措 置 をしてはならない 第 40 条 ( 権 限 の 委 任 委 託 ) 1 委 員 会 は 業 務 を 処 理 するにあたり 必 要 と 認 める 場 合 には 大 統 領 令 に 定 めるところに よりその 業 務 の 一 部 を 特 別 市 長 広 域 市 長 道 知 事 特 別 自 治 道 知 事 又 は 市 長 郡 守 区 庁 長 ( 自 治 区 の 区 庁 長 をいう)に 委 任 することができる 2 委 員 会 は 大 統 領 令 の 定 めるところにより 慰 労 金 等 の 支 給 に 関 する 事 務 を 金 融 会 社 等 に 委 託 することができる 第 41 条 ( 罰 則 適 用 における 公 務 員 擬 制 ) 公 務 員 でない 委 員 会 の 委 員 又 は 職 員 は 刑 法 第 129 条 乃 至 第 132 条 の 規 定 による 罰 則 の 適 用 においては 公 務 員 とみなす 第 42 条 ( 罰 則 ) 1 第 11 条 第 1 項 に 違 反 し 職 務 を 行 う 委 員 職 員 若 しくは 鑑 定 人 を 暴 行 若 しくは 脅 迫 し 又 は 委 員 職 員 若 しくは 鑑 定 人 に 対 しその 業 務 上 の 行 為 を 強 要 阻 止 若 しくは 職 を 辞 退 するようにする 目 的 で 暴 行 若 しくは 脅 迫 した 者 は 5 年 以 下 の 懲 役 又 は 2 千 万 ウ ォン 以 下 の 罰 金 に 処 する 2 虚 偽 その 他 の 不 正 な 方 法 により 慰 労 金 等 の 支 給 を 受 け 又 は 受 けさせた 者 は 5 年 以 下 の 懲 役 又 は 2 千 万 ウォン 以 下 の 罰 金 に 処 する 3 第 2 項 の 未 遂 犯 は 処 罰 する 4 第 13 条 に 違 反 した 者 は 2 年 以 下 の 懲 役 又 は 1 千 万 ウォン 以 下 の 罰 金 に 処 する 11 / 12

12 第 43 条 ( 過 怠 金 ) 1 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 者 には 1 千 万 ウォン 以 下 の 過 怠 金 を 賦 課 する 1 正 当 な 事 由 なく 第 23 条 第 1 項 第 3 号 による 実 地 調 査 を 拒 否 又 は 忌 避 した 者 2 正 当 な 事 由 なく 第 23 条 第 1 項 第 4 号 による 遺 体 及 び 関 連 資 料 の 提 出 を 拒 否 した 者 3 第 36 条 に 違 反 して 類 似 名 称 を 使 用 した 者 2 第 1 項 による 過 怠 金 は 大 統 領 令 の 定 めるところにより 委 員 長 が 賦 課 及 び 徴 収 する 付 則 < 第 号 > この 法 は 公 布 した 日 から 施 行 する 12 / 12

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4)

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4) 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 施 行 ) ( 平 成 19 年 3 月 1 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 5 月 31 日 改 正 ) ( 目 的 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構

More information

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 法 発 令 : 平 成 14 年 12 月 13 日 号 外 法 律 第 171 号 最 終 改 正 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 改 正 内 容 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 [ 平 成 28 年 4 月 1 日 ] 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 安

More information

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換 就 業 規 則 平 成 22 年 2 月 23 日 改 正 ( 個 人 情 報 保 護 に 関 する 規 定 を 追 加 ) コンピュータ レスキュー 株 式 会 社 就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤

More information

会 社 規 程 PAGE 2 (5) 卒 業 証 明 書, 健 康 診 断 書 1 通 (6)その 他 会 社 が 必 要 と 認 めた 書 類 2. 既 労 働 者 で 選 考 に 合 格 した 者 は 前 項 の 他 に 次 の 書 類 を 提 出 する (1) 源 泉 徴 収 票 ( 給 与,

会 社 規 程 PAGE 2 (5) 卒 業 証 明 書, 健 康 診 断 書 1 通 (6)その 他 会 社 が 必 要 と 認 めた 書 類 2. 既 労 働 者 で 選 考 に 合 格 した 者 は 前 項 の 他 に 次 の 書 類 を 提 出 する (1) 源 泉 徴 収 票 ( 給 与, 会 社 規 程 就 業 規 則 PAGE 1of 11 第 1 条 第 2 条 第 3 条 第 4 条 第 5 条 第 1 章 総 則 目 的 この 規 程 は 会 社 が 営 業 する 事 業 所 に 於 ける 従 業 員 の 就 業 に 関 する 事 項 を 定 める 適 用 範 囲 会 社 が 指 定 する 事 業 所 に 於 いて 勤 務 する 従 業 員 について 適 用 する 但 し 従

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

KT6 定年制職員就業規程

KT6 定年制職員就業規程 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 第 2 条 適 用 範 囲 第 2 章 勤 務 第 1 節 勤 務 心 得 第 3 条 職 務 の 遂 行 第 4 条 禁 止 事 項 第 5 条 許 可 及 び 届 出 事 項 第 2 節 勤 務 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 6

More information

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 改 案 旧 照 文 昭 和 1 0 自 治 昭 和 54 安 昭 和 55 昭 和 56 労 働 昭 和 6 昭 和 6 警 察 昭 和 66 運 昭 和 68 大 期 7 併 7 1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 根

More information

( 勤 務 時 間 の 報 告 ) 第 5 条 派 遣 社 員 は 勤 務 した 日 時 間 について 派 遣 先 において 所 定 の 用 紙 またはシステム にて 出 勤 日 および 勤 務 時 間 の 確 認 を 受 け 所 定 の 期 日 までに 会 社 に 提 出 または 報 告 し なけ

( 勤 務 時 間 の 報 告 ) 第 5 条 派 遣 社 員 は 勤 務 した 日 時 間 について 派 遣 先 において 所 定 の 用 紙 またはシステム にて 出 勤 日 および 勤 務 時 間 の 確 認 を 受 け 所 定 の 期 日 までに 会 社 に 提 出 または 報 告 し なけ 派 遣 ( 契 約 ) 社 員 就 業 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 株 式 会 社 アクト テクニカルサポート( 以 下 会 社 という )の 派 遣 または 契 約 社 員 の 服 務 規 律 労 働 条 件 その 他 の 就 業 に 関 する 事 項 を 定 めたものである 2 派 遣 社 員 は この 規 則 において 明 示 する 就 業 条 件 などを 遵 守 し

More information

当 が 支 払 われない 場 合 において 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは 機 構 は 当 該 遺 族 に 対 し 第 2 項 に 規 定 する 事 情 を 勘 案 して 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 措 置 を 行 うことができる 5

当 が 支 払 われない 場 合 において 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは 機 構 は 当 該 遺 族 に 対 し 第 2 項 に 規 定 する 事 情 を 勘 案 して 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 措 置 を 行 うことができる 5 職 員 退 職 金 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 平 成 15 年 規 程 第 10 号 ) 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 19 年 規 程 第 7 号 平 成 20 年 5 月 20 日 平 成 20 年 規 程 第 12 号 平 成 22 年 6 月 23 日 平 成 22 年 規 程 第 15 号 平 成 25 年 9 月 30 日 平 成 25

More information

平成23年12月13日

平成23年12月13日 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 11 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 に 基 づき 地 方 独 立 行 政 法 人 大

More information

第 3 章 異 動 第 7 条 ( 異 動 ) 業 務 の 都 合 により 必 要 がある 場 合 は 社 員 に 異 動 ( 配 置 転 換 転 勤 出 向 )を 命 じ または 担 当 業 務 以 外 の 業 務 を 行 わせることがある 第 4 章 就 業 時 間 休 憩 時 間 休 日 およ

第 3 章 異 動 第 7 条 ( 異 動 ) 業 務 の 都 合 により 必 要 がある 場 合 は 社 員 に 異 動 ( 配 置 転 換 転 勤 出 向 )を 命 じ または 担 当 業 務 以 外 の 業 務 を 行 わせることがある 第 4 章 就 業 時 間 休 憩 時 間 休 日 およ 就 業 規 則 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は ( 以 下 会 社 という)の 秩 序 を 維 持 し 業 務 の 円 滑 な 運 営 を 期 すため 社 員 の 就 業 に 関 する 労 働 条 件 および 服 務 規 律 を 定 めたものである 第 2 条 ( 社 員 の 定 義 ) 1. 社 員 とは 会 社 と 雇 用 契 約 を 締 結 した 者 のうち

More information

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 本 部 等 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 3 月 24 日 法 人 規 則 第 7 号 改 正 平 成 18 年 法 人 規 則 第 8 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 45 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 53 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 56 号 平 成 20 年

More information

就 業 規 則

就 業 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 国 語 研 究 所 契 約 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 平 成 18 年 4 月 1 日 国 語 研 規 則 第 7 号 改 正 平 成 20 年 2 月 12 日 改 正 平 成 21 年 3 月 10 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 独 立 行 政 法 人 国 立 国 語 研 究 所 ( 以 下 研 究 所 という )の 業 務

More information

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 16 年 7 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 総 則 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 については この 規 程 の 定 めるところによる

More information

国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 4 9 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 教 育 研 究 の 特 性 に 留 意 して 国 立

More information

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の 期 間 制 及 び 短 時 間 勤 労 者 保 護 等 に 関 する 法 律 ( 制 定 2006.12.21) ( 法 律 第 12469 号 2014.3.18, 一 部 改 正 ) 翻 訳 : 新 谷 眞 人 日 本 大 学 法 学 部 教 授 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 法 律 は 期 間 制 勤 労 者 及 び 短 時 間 勤 労 者 に 対 する 不 合 理 な

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及 規 約 等 目 次 1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 66 2. 同 保 険 給 付 規 程 77 3. 同 保 険 料 賦 課 徴 収 規 程 78 4. 同 保 険 料 減 免 規 程 79 5. 同 常 務 理 事 専 決 規 程 79 6. 同 支 部 規 程 80 7. 同 職 員 事 務 分 掌 規 程 81 8. 同 会 計 事 務 規 程 82 9.

More information

横断学習①

横断学習① 社 会 保 険 労 務 士 2013 年 横 断 学 習 第 1 章 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 第 7 章 総 則 適 用 事 業 等 被 保 険 者 保 険 給 付 の 通 則 賃 金 報 酬 保 険 給 付 不 服 申 立 雑 則 2013 年 度 版 日 建 学 院 社 労 士 過 去 問 横 断 学 習 用 小 冊 子 株 式 会 社 建 築 資 料 研 究

More information

第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 試 用 期 間 ( 採 用 の 方 法 ) 第 3 条 職 員 の 採 用 は 公 募 により 行 うものとし 公 募 に 応 じた 採 用 希 望 者 の 中 から 試 験 又 は 選 考 に 合 格 し 所 定 の 手 続 きを 経 たものを 職 員 とし

第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 試 用 期 間 ( 採 用 の 方 法 ) 第 3 条 職 員 の 採 用 は 公 募 により 行 うものとし 公 募 に 応 じた 採 用 希 望 者 の 中 から 試 験 又 は 選 考 に 合 格 し 所 定 の 手 続 きを 経 たものを 職 員 とし 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 2 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 15 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 36 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 3 号 平 成 20 年 12 月 25 日 20 規 程

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定)

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定) 公 立 大 学 法 人 兵 庫 県 立 大 学 教 職 員 就 業 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 評 価 ( 第 11 条 ) 第 3 節 昇 任 および 降 任 ( 第 12 条 - 第 14 条 ) 第 4 節 休 職 及 び 復 職 ( 第 15 条 - 第 19

More information

独立行政法人勤労者退職金共済機構職員退職手当規程

独立行政法人勤労者退職金共済機構職員退職手当規程 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 ) 改 正 平 成 18 年 10 月 2 日 改 正 平 成 21 年 12 月 1 日 改 正 平 成 23 年 10 月 1 日 改 正 平 成 26 年 3 月 1 日 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は

More information

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活 西 宮 市 外 国 人 等 高 齢 者 特 別 給 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 制 度 上 国 籍 要 件 があったために 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできなかった 外 国 人 ( 外 国 人 登 録 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 125 号 )に 規 定 する 外 国 人 で 本 市 を 居 住 地

More information

shokuin-taisyoku

shokuin-taisyoku 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 19 号 ) ( 総 則 ) 第 1 条 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 医 療 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 ( 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 第 2 条 に 規

More information

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正)

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正) 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 38 号 最 終 改 正 平 成 26 年 12 月 18 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 任 免 ( 第 5 条 第 29 条 ) 第 1 節 採 用 ( 第 5 条 第 9 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 等

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

(3) 勤 続 期 間 が 10 年 以 上 であって 定 年 により 退 職 したとき (4) 勤 続 期 間 が 15 年 以 上 であって 職 務 上 特 に 功 労 があった 者 が 退 職 したとき (5) 前 各 号 に 準 ずる 理 由 により 増 額 する 必 要 があると 理 事

(3) 勤 続 期 間 が 10 年 以 上 であって 定 年 により 退 職 したとき (4) 勤 続 期 間 が 15 年 以 上 であって 職 務 上 特 に 功 労 があった 者 が 退 職 したとき (5) 前 各 号 に 準 ずる 理 由 により 増 額 する 必 要 があると 理 事 独 立 行 政 法 人 国 際 観 光 振 興 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 改 正 平 成 18 年 3 月 23 日 規 程 第 6 号 平 成 19 年 8 月 10 日 規 程 第 19 号 平 成 20 年 3 月 31 日 規 程 第 22 号 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 3 号 平 成 25

More information

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則 公 立 大 学 法 人 京 都 市 立 芸 術 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 理 事 長 決 定 ) ( 平 成 25 年 3 月 26 日 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 7 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 11 条, 第

More information

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 特 定 秘 密 保 護 法 ) 概 説 Cubic Argument 代 表 平 成 26 年 2 月 9 日 大 江 弘 之 1.はじめに 法 律 の 構 造 について 法 律 用 語 ( 及 び, 並 びに,ものとする) 2. 特 定 秘 密 保 護 法 の 概 観 法 律 としての 特 徴 他 の 法 律 との 関 係 3. 各 章 概 説

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

静岡県公立大学法人職員就業規則

静岡県公立大学法人職員就業規則 平 成 21 年 4 月 1 日 規 程 第 7 号 地 方 独 立 行 政 法 人 静 岡 県 立 病 院 機 構 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 9 条 ) 第 2 節 評 定 ( 第 10 条 ) 第 3 節 昇 任 及 び 降 任 等 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第

More information

大 阪 府 における 公 益 通 報 制 度 に 関 する 取 組 について 大 阪 府 総 務 部 法 務 課 コンプライアンス 推 進 グループ 1 通 報 窓 口 体 制 について 2 コンプライアンス 委 員 について 3 通 報 処 理 の 流 れについて 4 処 理 件 数 について 5 その 他 ( 資 料 ) 大 阪 府 職 員 等 のコンプライアンスの 推 進 に 関 する 要 綱

More information

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 33 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 21 号 以 下 教 職 員 就 業 規 則 という ) 第 44 条 の 規 定 に 基

More information

2 会 長 は 前 項 の 申 込 みを 承 諾 したときは 共 済 事 業 制 度 加 入 承 諾 書 と 本 退 職 共 済 規 程 を 共 済 契 約 者 に 送 付 するものとする 3 事 業 主 が 施 設 を 新 設 し 新 たにその 施 設 の 職 員 を 加 入 者 としようとする

2 会 長 は 前 項 の 申 込 みを 承 諾 したときは 共 済 事 業 制 度 加 入 承 諾 書 と 本 退 職 共 済 規 程 を 共 済 契 約 者 に 送 付 するものとする 3 事 業 主 が 施 設 を 新 設 し 新 たにその 施 設 の 職 員 を 加 入 者 としようとする 公 益 社 団 法 人 千 葉 県 社 会 福 祉 事 業 共 助 会 退 職 共 済 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 益 社 団 法 人 千 葉 県 社 会 福 祉 事 業 共 助 会 ( 以 下 共 助 会 という ) 定 款 第 4 条 に 規 定 する 事 業 ( 以 下 共 済 事 業 という )の 運 営 に 必 要 な 事 項 を 定 めるこ

More information

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329>

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 1 0 号 最 新 改 正 平 成 24 年 12 月 28 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 管 理 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月 青 警 組 8 5 4 8 月 3 0 属 長 殿 青 森 警 察 本 長 布 4 53 180 回 本 8 月 1 別 添 1 新 旧 照 文 別 添 布 ろ 概 遺 憾 1 運 留 意 別 途 示 市 民 活 危 険 整 備 1 抗 争 危 険 措 置 1 抗 争 発 抗 争 凶 器 身 体 危 害 加 方 抗 争 更 様 危 害 加 3 月 期 間 警 戒 域 抗 争 抗 争 15 抗 争 警

More information

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 機 構 規 程 第 28 号 ) 改 正 平 20.3 機 構 規 程 51 平 21.3 機 構 規 程 111 平 23.3 機 構 規 程 93 平 25.8 機 構 規 程 014 平 27.8 機 構 規 程 22 平 28.3 機

More information

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12 東 京 建 設 職 能 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 45 年 7 月 23 日 制 定 昭 和 55 年 5 月 26 日 一 部 改 正 平 成 4 年 3 月 4 日 一 部 改 正 平 成 15 年 3 月 5 日 一 部 改 正 昭 和 46 年 2 月 27 日 一 部 改 正 昭 和 56 年 2 月 26 日 一 部 改 正 平 成 5 年 3 月 4 日 一 部

More information

職員退職手当規程

職員退職手当規程 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 高 エネルギー 加 速 器 研 究 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 1 5 号 改 正 平 成 17 年 3 月 29 日 規 程 第 36 号 改 正 平 成 18 年 3 月 30 日 規 程 第 49 号 改 正 平 成 20 年 3 月 31 日 規 程 第 9 号 改 正 平 成 21 年 3 月

More information

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 1 5 年 法 律 第 112 号 ) 第 3 5 条 の 規 定 及 び 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう

More information

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 3 月 30 日 平 成 18 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 30 日 平 成 20 年 3 月 31 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 5 月 29 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 (

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 平 成 26 年 3 月 25 日 ) 改 正 平 26 規 程 第 16 号 平 成 26 年 11 月 28 日 平 26 規 程 第 41 号 平 成 27 年 1 月 28 日 平 26 規 程 第 67 号 平 成 27 年 3 月 31 日 平 27 規 程 第 28 号 平 成 28 年 3 月

More information

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 12 号 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 24 年 12 月 7 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 3 月 13 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

Microsoft Word - 教職員退職手当規程( ).doc

Microsoft Word - 教職員退職手当規程( ).doc 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 - 1-27.4.1 最 終 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき 就 業 規 則 第 2 条 に 規 定 する 教 職 員 ( 以 下 教

More information

日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 2 8 年 5 月 31 日 現 在 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 4 年 9 月 21 日 厚 生 省 収 年 第 6 3 4 0 号 認 可 変 更 平 成 5 年 3 月 31 日 ( 認 可 ) 平 成 5 年 5 月 17 日 ( 認 可 )

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 資 料 2 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 概 要 基 本 理 念 個 人 番 号 及 び 法 人 番 号 の 利 用 に 関 する 施 策 の 推 進 は 個 人 情 報 の 保 護 に 十 分 に 配 慮 しつつ 社 会 保 障 制 度 税 制 災 害 対 策 に 関 する 分 野 に おける 利 用 の 促 進 を 図 るとともに 他 の

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 す る 職 員 の 就 業 について 必 要 な

第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 す る 職 員 の 就 業 について 必 要 な 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 10 月 11 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 21 年 4 月 1 日 平 成 22 年 8 月 1 日 平 成 23 年 7 月 20 日 平 成 25 年 3 月 22 日 平 成 26 年 3 月 25 日 平 成 26

More information

(5) 最 終 学 校 卒 業 証 明 書 ( 又 は 同 見 込 証 明 書 ) (6) 連 帯 保 証 人 の 同 意 書 ( 市 内 在 住 者 及 び 近 隣 の 者 2 名 ) (7)その 他 協 会 が 指 定 するもの( 資 格 証 等 ) 2 前 項 の 提 出 書 類 の 記 載

(5) 最 終 学 校 卒 業 証 明 書 ( 又 は 同 見 込 証 明 書 ) (6) 連 帯 保 証 人 の 同 意 書 ( 市 内 在 住 者 及 び 近 隣 の 者 2 名 ) (7)その 他 協 会 が 指 定 するもの( 資 格 証 等 ) 2 前 項 の 提 出 書 類 の 記 載 公 益 財 団 法 人 黒 石 市 体 育 協 会 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 益 財 団 法 人 黒 石 市 体 育 協 会 ( 以 下 協 会 という ) 定 款 第 3 3 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき 協 会 職 員 ( 以 下 職 員 という ) の 就 業 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目

More information

( 問 題 2) ( 設 問 B) 平 成 26 年 6 月 末 に 杉 野 さんに 相 続 が 開 始 した 場 合 杉 野 さんの 相 続 に 係 る 相 続 税 の 総 額 等 を 計 算 するうえでの 弟 の 法 定 相 続 分 ( 代 襲 相 続 分 を 含 む)として 正 しいものはどれ

( 問 題 2) ( 設 問 B) 平 成 26 年 6 月 末 に 杉 野 さんに 相 続 が 開 始 した 場 合 杉 野 さんの 相 続 に 係 る 相 続 税 の 総 額 等 を 計 算 するうえでの 弟 の 法 定 相 続 分 ( 代 襲 相 続 分 を 含 む)として 正 しいものはどれ 問 1 次 の 設 例 に 基 づき 相 続 の 概 要 に 関 する 以 下 の 設 問 A~Jについて それぞれの 答 えを1~4の 中 か ら1つ 選 んでください < 設 例 > 東 京 都 内 で 飲 食 店 を 営 んでいる 杉 野 和 弘 さん( 以 下 杉 野 さん という)は 将 来 の 相 続 対 策 につ いて 検 討 している 平 成 26 年 6 月 末 の 杉 野 さんの

More information

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 和 医 大 規 程 第 53 号 最 終 改 正 平 成 26 年 5 月 27 日 和 医 大 規 程 第 14 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 18

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

就業規則

就業規則 特 定 非 営 利 活 動 法 人 サイバー キャンパス コンソーシアム TIES 職 員 就 業 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 特 定 非 営 利 活 動 法 人 サイバー キャンパス コンソーシアムTI ES( 以 下 本 法 人 という ) 事 務 局 に 勤 務 する 職 員 の 労 働 条 件 服 務 規 律 その 他 の 就 業 に 関 する

More information

独立行政法人物質・材料研究機構定年制職員退職手当規程

独立行政法人物質・材料研究機構定年制職員退職手当規程 独 立 行 政 法 人 物 質 材 料 研 究 機 構 定 年 制 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 31 日 18 規 程 第 7 号 改 正 : 平 成 19 年 5 月 8 日 19 規 程 第 33 号 改 正 : 平 成 20 年 2 月 18 日 20 規 程 第 7 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 29 日 22 規 程 第 22 号 ( 目 的 )

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63> 東 京 芸 術 大 学 教 育 研 究 等 非 常 勤 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 12 月 15 日 制 定 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 平 成 18 年 6 月 15 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 20 年 1 月 29 日 平 成 20 年 3 月 21 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 12 月 1 日 平 成 22 年

More information

Microsoft Word 職員退職手当規程.doc

Microsoft Word 職員退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 する 職 員 が 退 職 ( 死 亡 を

More information

本 給 月 額 という )に,その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して, 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする ただし, 大 学 教 員 基 準 日 後 に 退 職 した 大 学 教 員 に 対 する 勤 続 期 間 は,そ

本 給 月 額 という )に,その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して, 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする ただし, 大 学 教 員 基 準 日 後 に 退 職 した 大 学 教 員 に 対 する 勤 続 期 間 は,そ 国 立 大 学 法 人 三 重 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 三 重 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 80 条 の 規 定 に 基 づき, 国 立 大 学 法 人 三 重 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 勤 務 する 職 員 ( 国 立 大 学 法 人 三 重 大

More information

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の 準 職 員 就 業 規 則 及 び 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 麦 の 子 会 ( 以 下 法 人 という ) 就 業 規 則 第 3 条 の 規 定 に 基 づいて 雇 用 する 準 職 員 の 労 働 条 件 服 務 規 律 その 他 の 就 業 に 関 する 事 項 を 定 めるものである 2 この 規 則 に 定

More information

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 20 年 3 月 26 日 規 程 第 80 号 改 正 平 成 20 年 12 月 10 日 規 程 第 99 号 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 164 号 改 正 平 成 25 年 3 月 27

More information

4 第 1 項 第 1 号 の 規 定 は, 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 にいう 配 偶 者 の 意 義 について( 大 蔵 省 主 計 局 長 照 会 昭 和 38 年 9 月 28 日 決 裁 )の 見 解 による 5 職 員 の 死 亡 当 時, 第 1 項 に 規 定 する 遺

4 第 1 項 第 1 号 の 規 定 は, 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 にいう 配 偶 者 の 意 義 について( 大 蔵 省 主 計 局 長 照 会 昭 和 38 年 9 月 28 日 決 裁 )の 見 解 による 5 職 員 の 死 亡 当 時, 第 1 項 に 規 定 する 遺 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 改 正 平 成 20 年 7 月 8 日 改 正 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 改 正 平 成 23 年 1 月 1 日 改 正 平 成 24 年 10 月 1 日

More information

国立大学法人上越教育大学職員就業規則

国立大学法人上越教育大学職員就業規則 国 立 大 学 法 人 上 越 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 10 号 ) 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 4 日 規 則 第 1 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 に 基

More information

<4D F736F F D E8D9197A791E58A C986189CC8E5291E58A778BB F591DE90458EE893968B4B92F62E646F63>

<4D F736F F D E8D9197A791E58A C986189CC8E5291E58A778BB F591DE90458EE893968B4B92F62E646F63> 国 立 大 学 法 人 和 歌 山 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 法 人 和 歌 山 大 学 規 程 第 37 号 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 19 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 15 年 法 律 第 112 号 以 下 法 人 法 という ) 附 則 第 4 条 の

More information

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 )

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 ) 任 期 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 16 規 程 第 10 号 平 成 16 年 4 月 1 日 ) 改 正 平 17 規 程 第 4 号 平 成 17 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 57 号 平 成 19 年 3 月 13 日 平 18 規 程 第 101 号 平 成 19 年 3 月 30 日 平 19 規 程 第 20 号 平 成 19 年 8 月 23 日 平 19 規

More information

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 と 称 し 英 文 では Type II Financial Instruments Firms Associationと 表 示 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 本 協

More information

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱 防 府 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 齢 者 のうち 国 民 年 金 制 度 上 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできない 在 日 外 国 人 及 び 帰 国 者 等 に 対 し 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 ( 以 下 給 付 金 という )を

More information

加茂商工会議所・定款(H12.5改正)

加茂商工会議所・定款(H12.5改正) 加 茂 商 工 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もってわが 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名 称

More information

(2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 平 成 22 年 度 決 算 ) 職 員 給 与 費 とは 職 員 に 支 給 する 給 与 の 総 額 をいいます 職 員 数 給 与 費 1 人 当 たりの 給 与 費 (B/A) (A) 給 料 職 員 手 当 期 末 勤 勉 手 当 計 (B) 6

(2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 平 成 22 年 度 決 算 ) 職 員 給 与 費 とは 職 員 に 支 給 する 給 与 の 総 額 をいいます 職 員 数 給 与 費 1 人 当 たりの 給 与 費 (B/A) (A) 給 料 職 員 手 当 期 末 勤 勉 手 当 計 (B) 6 広 域 大 和 斎 場 組 合 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 地 方 公 務 員 法 及 び 広 域 大 和 斎 場 組 合 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 の 規 定 により 広 域 大 和 斎 場 組 合 の 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 を 次 のとおり 公 表 します 1 職 員 の 任 免 及 び 職 員

More information

27-042職員退職手当規程270401

27-042職員退職手当規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 10 月 1 日 18 規 程 第 39 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 42 号 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則

More information

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 30 日 規 則 第 156 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 73 条 の 規 定

More information

職員退職手当規則【 】

職員退職手当規則【 】 広 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 100 号 広 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 広 島 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 78 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 4 条 及 び 広 島 大 学 船 員 就 業 規

More information

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 1 部 改 案 旧 照 文 昭 和 百 傍 線 部 改 部 改 案 現 服 服 管 研 修 研 修 罰 罰 附 附 総 総 休 懲 戒 服 管 研 休 懲 戒 服 研 修 修 福 祉 益 保 護 福 祉 益 保 護 根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監

More information

学校法人盛岡大学就業規則

学校法人盛岡大学就業規則 学 校 法 人 盛 岡 大 学 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 学 校 法 人 盛 岡 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 の 就 業 に 関 し 基 本 的 な 事 項 を 定 めるものである 2 この 規 則 及 びこの 規 則 において 別 に 定 めることとされている 制 度 は すべて 一 体 として 常 に 法

More information

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 非 常 勤 職 員 ( 研 修 医 ) 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 制 定 平 成 27 年 4 月 1 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 とい う ) 第 2 条 第 2 項

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 5 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 50 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

< F2D87542D F591DE90458EE893968E788B8B8B4B>

< F2D87542D F591DE90458EE893968E788B8B8B4B> 独 立 行 政 法 人 自 動 車 事 故 対 策 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 機 構 規 程 第 7 号 改 正 平 成 16 年 3 月 24 日 平 成 16 年 機 構 規 程 第 4 号 改 正 平 成 18 年 3 月 27 日 平 成 18 年 機 構 規 程 ( 総 務 ) 第 4 号 改 正 平 成 21 年 3 月 27 日

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 4 月 1 日 最 終 改 正 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 以 下 就 業 規 則 という ) 第 54 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 3 条 ) 第 2 章 共 済 契 約 ( 第 4 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 運 営 委 員 会 ( 第 11 条 ~ 第 13 条 ) 第 4 章 運 営 資 金 及 び 会 計 ( 第 14 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 掛

More information

奈良商工会議所定款

奈良商工会議所定款 奈 良 商 工 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もって 我 が 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット... 2 (4) 認 定 の 基 準... 3 (

目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット... 2 (4) 認 定 の 基 準... 3 ( 認 定 ( 仮 認 定 )NPO 法 人 制 度 申 請 の 手 引 き ( 改 訂 版 ) 平 成 28 年 5 月 神 奈 川 県 NPO 協 働 推 進 課 目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット...

More information

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の Page 1 of 5 伊 東 市 個 人 情 報 保 護 条 例 平 成 9 年 4 月 1 日 伊 東 市 条 例 第 14 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 個 人 情 報 の 管 理 等 ( 第 6 条 第 12 条 ) 第 3 章 自 己 情 報 の 開 示 等 ( 第 13 条 第 20 条 ) 第 4 章 救 済 手 続 及 び 救 済 機 関

More information

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 73 号 ) 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 10 規 程 第 74 号 改 正 平 成 25 年 2 月 19 日 12 規 程 第 44 号 改 正 平 成 26 年 6 月 3 日 14 規 程 第 01 号 改 正

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63> 第 1 章 医 療 関 連 の 法 令 遵 守 及 び 職 業 倫 理 1. 医 師 歯 科 医 師 のプロフェショナリズム 我 が 国 では 医 学 の 進 歩 に 伴 い 平 均 寿 命 は 男 性 78 歳 女 性 85 歳 に 達 し 乳 児 死 亡 率 新 生 児 死 亡 率 周 産 期 死 亡 率 の 低 下 妊 産 婦 死 亡 率 の 低 下 心 疾 患 による 年 齢 調 整 死 亡

More information

定款

定款 定 款 豊 田 商 工 会 議 所 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もってわが 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名 称

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

○ 町 村 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 改 正 平 成 9 年 8 月 5 日 条 例 第 6 号 平 成 13 年 1 月 16 日 条 例 第 1 号 平 成 13 年 8 月 1 日 条 例 第 9 号 平 成 8 年 4 月 1 日 条 例 第 11 号 平 成 9 年 10 月 16 日 条 例 第 8 号 平 成 13 年 3 月 28 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年

More information

2 国 名 2. 事 業 承 継 税 制 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 ( 改 正 後 ) 世 界 の 事 業 承 継 税 制 のしくみ 下 記 の 国 以 外 は 相 続 税 ( 無 税 又 は 所 得 税 対 応 )はない 相 続 税 の 基 礎 控 除 非 上 場 株 式 の 評

2 国 名 2. 事 業 承 継 税 制 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 ( 改 正 後 ) 世 界 の 事 業 承 継 税 制 のしくみ 下 記 の 国 以 外 は 相 続 税 ( 無 税 又 は 所 得 税 対 応 )はない 相 続 税 の 基 礎 控 除 非 上 場 株 式 の 評 1 第 2 回 事 業 経 営 と 相 続 贈 与 税 ( 相 続 税 評 価 と 取 引 価 格 ) 会 計 と 経 営 のブラッシュアップ 平 成 26 年 4 月 7 日 山 内 公 認 会 計 士 事 務 所 本 レジュメは 相 続 税 法 とその 通 達 及 び 次 の 各 書 を 参 考 にさせていただいて 作 成 した ( 取 引 相 場 のない 株 式 の 税 務 森 富 幸 著 2008.10

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

(セクシュアルハラスメントの 禁 止 ) 第 条 性 的 言 動 により 他 の 労 働 者 に 不 利 益 や 不 快 感 を 与 えることや 就 業 環 境 を 害 するようなことをしてはならない 1 職 場 におけるセクシュアルハラスメントを 防 止 するため 事 業 主 は 雇 用 管 理

(セクシュアルハラスメントの 禁 止 ) 第 条 性 的 言 動 により 他 の 労 働 者 に 不 利 益 や 不 快 感 を 与 えることや 就 業 環 境 を 害 するようなことをしてはならない 1 職 場 におけるセクシュアルハラスメントを 防 止 するため 事 業 主 は 雇 用 管 理 5 就 業 規 則 ( 服 務 休 暇 福 利 厚 生 等 ) 関 係 介 護 サービス 事 業 所 施 設 の 事 業 規 模 にかかわらず 職 員 が 安 心 して 働 け る 明 るい 職 場 を 作 ることは すべての 事 業 所 施 設 にとって 重 要 なことです そのためには あらかじめ 就 業 規 則 等 で 労 働 時 間 や 賃 金 をはじめ 人 事 服 務 規 律 など 職 員

More information