<4D F736F F D D38F8A92F990B A DC58F4994C5817A8EA58B DB88EC08E7B977697CC816988C4816A2E646F63>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D F736F F D D38F8A92F990B A DC58F4994C5817A8EA58B DB88EC08E7B977697CC816988C4816A2E646F63>"

Transcription

1 磁 気 探 査 実 施 要 領 ( 案 ) 平 成 24 年 10 月 沖 縄 総 合 事 務 局 開 発 建 設 部

2 目 次 1 総 則 目 的 適 用 範 囲 用 語 の 定 義 磁 気 探 査 不 発 弾 不 発 弾 等 不 発 弾 貫 入 深 度 磁 気 量 2 2 探 査 計 画 事 前 調 査 探 査 計 画 全 般 土 木 工 事 の 工 法 等 による 探 査 方 法 の 違 い 4 3 探 査 方 法 陸 上 水 平 探 査 鉛 直 探 査 経 層 探 査 確 認 探 査 その 他 の 探 査 方 法 15 4 解 析 及 び 成 果 等 の 整 理 陸 上 水 平 探 査 解 析 及 び 成 果 等 の 整 理 陸 上 水 平 探 査 の 解 析 作 業 フロー 鉛 直 探 査 解 析 及 び 成 果 等 の 整 理 鉛 直 探 査 の 解 析 作 業 フロー 経 層 探 査 解 析 及 び 成 果 等 の 整 理 19 5 探 査 機 器 の 精 度 管 理 探 査 機 器 の 精 度 管 理 20

3 1 総 則 1-1 目 的 本 要 領 ( 案 )は 不 発 弾 等 探 査 において 不 発 弾 等 の 有 無 埋 没 位 置 の 把 握 を 適 切 に 行 う 目 的 で 定 めるものであり 探 査 計 画 探 査 方 法 解 析 等 の 必 要 事 項 について 取 りまとめたものである 1-2 適 用 範 囲 本 要 領 ( 案 )は 沖 縄 総 合 事 務 局 開 発 建 設 部 が 発 注 する 工 事 ( 業 務 を 含 む)で 実 施 する 磁 気 探 査 に 適 用 する なお 本 要 領 ( 案 )の 第 3 章 以 降 は 沖 縄 県 内 において 最 も 多 く 使 用 されている 両 コ イル 型 磁 気 傾 度 計 を 対 象 に 取 りまとめたものである 1-3 用 語 の 定 義 本 要 領 ( 案 )で 定 める 用 語 の 定 義 は 以 下 のとおりとする 磁 気 探 査 磁 気 探 査 とは 不 発 弾 等 の 有 無 埋 没 位 置 の 把 握 を 目 的 として 不 発 弾 等 の 危 険 物 が 主 に 鉄 類 で 出 来 ていることを 利 用 して 磁 気 変 化 を 探 査 計 で 測 定 する 不 発 弾 等 探 査 をいう 磁 気 探 査 において 具 体 的 な 各 種 探 査 方 法 は 次 のとおり 1 陸 上 水 平 探 査 平 坦 地 などにおいて 平 面 的 に 探 査 を 実 施 した 後 解 析 を 行 い 不 発 弾 等 の 有 無 埋 没 位 置 の 把 握 を 行 う 方 法 2 鉛 直 探 査 ボーリング 孔 を 用 いて 鉛 直 方 向 に 探 査 を 実 施 した 後 解 析 を 行 い 不 発 弾 等 の 有 無 埋 没 位 置 の 把 握 を 行 う 方 法 3 経 層 探 査 陸 上 水 平 探 査 後 に 地 表 面 を 掘 削 し 掘 削 海 面 に 水 平 探 査 を 行 うかたちで 必 要 な 探 査 深 度 まで 層 毎 の 掘 削 と 水 平 探 査 を 繰 り 返 し 行 う 方 法 4 確 認 探 査 陸 上 水 平 探 査 等 より 明 らかとなった 磁 気 異 常 点 が 不 発 弾 か 他 の 鉄 類 かを 判 断 す るため 磁 気 異 常 点 まで 掘 削 しその 物 を 確 認 する 発 掘 確 認 作 業 撤 去 回 収 作 業 および 磁 気 異 常 物 が 撤 去 回 収 された 後 に 磁 気 反 応 の 有 無 を 確 認 する 一 連 の 方 法 不 発 弾 不 発 弾 等 不 発 弾 とは 火 砲 から 発 射 された 砲 弾 や 航 空 機 から 投 下 された 爆 弾 等 で 地 上 等 に 落 下 したが 発 火 せず 不 発 "となったもの あるいはその 疑 いのあるものをいう 不 発 弾 等 とは 不 発 弾 と 爆 弾 砲 弾 ( 艦 砲 弾 各 種 火 砲 弾 及 び 迫 撃 砲 弾 をいう ) ロケット 弾 地 雷 機 雷 手 榴 弾 等 の 未 使 用 の 爆 発 物 をいう 不 発 弾 貫 入 深 度 不 発 弾 貫 入 深 度 とは 投 下 された 爆 弾 や 砲 撃 された 砲 弾 等 が 爆 発 せずに 地 中 をつ らぬいて 到 達 した 深 度 をいう - 1 -

4 1-3-4 磁 気 量 磁 気 量 とは 探 査 で 得 られた 磁 気 異 常 波 形 の 解 析 から 算 出 した 磁 極 の 強 さをいう 磁 気 量 の 単 位 はWb(ウェーバー: 国 際 単 位 系 )とする 従 来 用 いていた 単 位 :gau ss(ガウス) cm2からは 次 式 を 用 い 換 算 する 0.7μWb=1gauss cm2-2 -

5 2 探 査 計 画 2-1 事 前 調 査 磁 気 探 査 の 実 施 については 次 の 調 査 を 行 い その 結 果 不 発 弾 等 が 埋 没 している 可 能 性 を 否 定 できない 地 域 ( 箇 所 )においては 磁 気 探 査 を 行 うものとする 調 査 は 沖 縄 不 発 弾 等 事 前 調 査 データベースシステム( 管 理 者 : 沖 縄 総 合 事 務 局 開 発 建 設 部 建 設 行 政 課 )を 利 用 し 下 記 項 目 について 確 認 作 業 を 行 うものとする シス テムで 確 認 できない 情 報 については 地 域 住 民 や 関 係 市 町 村 等 への 聞 き 取 り 調 査 等 を 実 施 し 補 足 するものとする (ア) 不 発 弾 等 の 発 見 状 況 磁 気 探 査 の 実 施 状 況 及 び 不 発 弾 等 の 投 棄 の 有 無 状 況 (イ) 戦 時 中 の 交 戦 状 況 (ウ) 戦 後 の 地 形 変 化 及 び 改 変 状 況 (エ) 既 存 資 料 に 基 づく 地 形 地 質 状 況 ( 不 発 弾 等 の 埋 没 状 況 または 貫 入 深 度 を 土 質 学 的 に 検 討 する) 2-2 探 査 計 画 全 般 事 前 調 査 の 結 果 に 基 づき 不 発 弾 等 が 埋 没 している 可 能 性 を 否 定 できない 地 域 ( 箇 所 )においては 磁 気 探 査 を 実 施 する 探 査 計 画 では 本 工 事 の 施 工 範 囲 における 探 査 範 囲 探 査 方 法 作 業 工 程 および 探 査 の 円 滑 な 実 施 に 必 要 な 項 目 を 検 討 する 探 査 の 目 的 は 工 事 の 安 全 を 確 保 する 目 的 で 実 施 することが 多 く 工 事 の 施 工 計 画 と 探 査 計 画 が 合 致 しないとこの 目 的 を 達 する ことができないことや 不 要 な 費 用 がかかること 等 があるので 合 理 的 な 計 画 を 立 案 す ることが 重 要 である (1) 基 本 的 な 考 え 1 探 査 区 域 が 戦 後 の 埋 立 地 や 盛 土 の 場 合 でも 土 中 から 不 発 弾 等 などが 発 見 された 事 例 があるので 埋 没 している 可 能 性 を 否 定 できない 地 域 においては 必 ず 磁 気 探 査 を 実 施 する 2 探 査 範 囲 が 面 的 に 広 く 浅 い 深 度 までの 探 査 の 場 合 ( 例 えば 道 路 改 良 工 事 )は 水 平 探 査 を 採 用 し 探 査 範 囲 が 面 的 に 狭 く 深 い 深 度 までの 探 査 の 場 合 ( 例 えば 杭 打 設 等 の 工 事 )は 鉛 直 探 査 を 採 用 する 探 査 方 法 の 選 定 の 際 には 安 価 な 方 法 を 採 用 する また 鉛 直 探 査 においては 土 質 を 考 慮 して 掘 進 方 法 を 検 討 し ジェットボーリン グまたはロータリーボーリングを 採 用 する 3 不 発 弾 の 貫 入 深 度 計 算 結 果 に 合 わせて 必 要 探 査 深 度 を 決 める 不 発 弾 を 探 知 できる 距 離 は 不 発 弾 の 大 きさに 概 ね 比 例 する 想 定 した 不 発 弾 の 種 類 が 複 数 の 場 合 は 最 も 小 さい 不 発 弾 の 探 知 距 離 より 測 線 間 隔 等 を 決 定 する なお 鉛 直 探 査 の 必 要 探 査 深 度 は 50kg 爆 弾 より250kg 爆 弾 の 貫 入 深 度 計 算 結 果 が 深 くなることを 考 慮 して 計 画 す る 4 隣 接 区 域 に 構 造 物 が 近 いと 磁 気 探 査 を 実 施 しても 構 造 物 の 磁 気 影 響 により 目 的 の 不 発 弾 等 を 探 査 出 来 ない 場 合 があるので 隣 接 構 造 物 の 有 無 について 留 意 した 探 査 計 画 を 作 成 する 5 矢 板 や 鋼 管 杭 の 磁 気 量 は 不 発 弾 等 に 比 べ 著 しく 大 きく その 影 響 範 囲 内 では 不 発 弾 等 の 異 常 が 検 出 出 来 ず 解 析 できない よって 予 め 矢 板 等 の 打 設 前 にその 影 響 範 囲 を 探 査 しておく 6 確 認 探 査 は 不 発 弾 等 の 可 能 性 があるもの 全 てについて 実 施 する 補 足 : 不 発 弾 等 の 可 能 性 がないものとしては 着 手 前 に 把 握 した 埋 設 物 と 長 さが 同 等 の 連 続 した 磁 気 異 常 点 ( 例 えば 延 長 の 長 い 埋 設 管 )が 考 えられる - 3 -

6 (2) 探 査 範 囲 の 検 討 1 将 来 計 画 を 踏 まえた 範 囲 探 査 範 囲 は 施 工 区 域 を 十 分 網 羅 して 計 画 するが 将 来 周 辺 での 工 事 を 行 う 場 合 も 考 慮 して 構 造 物 により 探 査 不 能 区 域 が 生 じないよう 探 査 区 域 を 広 げることも 検 討 する 2 探 査 孔 配 置 想 定 した 不 発 弾 の 大 きさにより 探 査 可 能 範 囲 や 貫 入 深 度 が 異 なる 想 定 した 不 発 弾 に 対 する 探 査 有 効 範 囲 を 考 慮 し 探 査 区 域 を 隙 間 なく 無 駄 なく 探 査 できるよう 探 査 孔 の 配 置 を 行 う (3) 探 査 深 度 の 検 討 1 想 定 される 不 発 弾 探 査 深 度 を 決 めるには 先 ず 事 前 調 査 等 ( 近 隣 での 探 査 実 績 を 含 む)を 参 考 に 想 定 される 不 発 弾 を 決 める 2 想 定 した 不 発 弾 の 貫 入 深 度 想 定 した 不 発 弾 の 種 類 は 複 数 の 場 合 もあるが 想 定 した 全 ての 不 発 弾 の 貫 入 深 度 計 算 を 行 う 探 査 区 域 が 戦 後 の 埋 立 地 や 盛 土 の 場 合 は 戦 時 中 の 地 盤 高 を 調 べ その 高 さから 貫 入 深 度 の 計 算 を 行 う 3 探 査 深 度 探 査 深 度 は 不 発 弾 の 貫 入 深 度 とするが 本 工 事 の 施 工 深 度 がこれより 浅 い 場 合 には 施 工 深 度 を 探 査 深 度 とする 小 さい 不 発 弾 が 貫 入 しない 深 度 に 達 した 場 合 には 大 型 の 不 発 弾 を 対 象 にして 探 査 深 度 を 検 討 する なお 想 定 した 不 発 弾 における 探 査 の 最 大 深 度 は 次 のとおりとする 5インチ 砲 弾 仕 様 : 最 大 深 度 3.5m 50kg 爆 弾 仕 様 : 最 大 深 度 5.5m 250kg 爆 弾 仕 様 : 最 大 深 度 10.0m ( 上 記 の 最 大 深 度 は 参 考 値 であり 実 際 のN 値 による 貫 入 深 度 計 算 結 果 を 考 慮 す ること ただし 5インチ 砲 弾 の 貫 入 深 度 計 算 については 知 見 等 の 蓄 積 が 必 要 であるため 当 面 は 最 大 深 度 を 参 考 に 探 査 深 度 を 設 定 するものとする ) 2-3 土 木 工 事 の 工 法 等 による 探 査 方 法 の 違 い 土 木 工 事 の 工 法 等 を 考 慮 し 必 要 な 磁 気 探 査 の 方 法 ( 水 平 探 査 鉛 直 探 査 等 )を 選 択 する 代 表 的 な 例 を 次 に 示 すが 個 々の 工 事 では 探 査 方 法 が 異 なる 場 合 があるので 留 意 されたい 1 ベタ 基 礎 : 工 事 による 掘 削 作 業 を 伴 うことから 段 階 的 に 施 工 深 度 まで 探 査 を 行 う 経 層 探 査 を 採 用 することが 多 い ただし 面 積 が 小 さい 場 合 には 鉛 直 探 査 の 方 が 工 事 の 待 ち 時 間 がなく 効 率 的 な 場 合 がある また 土 留 めに 鋼 矢 板 を 使 用 す る 場 合 には 打 設 前 に 矢 板 打 設 箇 所 及 び 矢 板 の 磁 気 影 響 範 囲 について 鉛 直 探 査 を 行 う 必 要 がある 矢 板 の 磁 気 影 響 範 囲 は 通 常 5~6mある 2 杭 基 礎 : 杭 基 礎 の 施 工 では 杭 打 設 の 安 全 確 認 が 目 的 となるが 杭 打 設 後 に 独 立 基 礎 を 構 築 するための 掘 削 が 伴 うので 基 礎 工 事 部 分 の 探 査 を 先 行 させる 必 要 がある 3 管 路 : 管 路 については 施 工 深 度 が 浅 いものは 水 平 探 査 深 いものは 土 留 め 矢 板 の 打 設 法 線 に 探 査 孔 を 配 置 する この 時 掘 削 幅 が 探 査 有 効 範 囲 内 の 場 合 は 両 側 の 矢 板 打 設 法 線 の 中 心 に 探 査 孔 を 設 置 する 矢 板 の 形 状 による 中 心 線 からの 出 幅 を 考 慮 して 探 査 孔 配 置 を 行 う - 4 -

7 4 地 質 調 査 : 地 質 調 査 の 試 錐 作 業 では 貫 入 深 度 までの 下 方 安 全 確 認 ( 探 査 )が 必 要 で ある ( 下 方 安 全 確 認 ( 探 査 )とは 掘 進 時 における 安 全 確 保 のため 所 定 深 度 毎 にセンサーにより 孔 底 下 方 の 磁 気 反 応 を 確 認 する 安 全 確 認 作 業 をい う) - 5 -

8 3 探 査 方 法 3-1 陸 上 水 平 探 査 (1) 計 画 準 備 1) 業 務 計 画 書 を 作 成 する 作 成 にあたっては 次 の 点 を 考 慮 する 1 探 査 測 線 は 原 則 として 南 北 方 向 かつ 直 線 となるよう 計 画 し 測 線 間 隔 は 次 のとお りとする 5インチ 砲 弾 仕 様 :0.5m 間 隔 50kg 爆 弾 仕 様 : 1.0m 間 隔 250kg 爆 弾 仕 様 : 1.0m 間 隔 2 探 査 深 度 が 次 の 条 件 より 深 い 場 合 は 経 層 探 査 を 計 画 する 5インチ 砲 弾 仕 様 :0.5m 50kg 爆 弾 仕 様 : 1.0m 250kg 爆 弾 仕 様 : 2.0m 3 業 務 計 画 書 には 探 査 概 要 探 査 方 法 解 析 方 法 工 程 表 業 務 組 織 計 画 成 果 品 の 内 容 部 数 連 絡 体 制 ( 緊 急 時 含 む) 使 用 機 器 の 種 類 名 称 性 能 現 場 での 感 度 較 正 方 法 等 を 記 載 する 4 探 査 区 域 内 に 構 造 物 があると その 周 辺 では 探 査 不 能 になるので 事 前 に 探 査 区 域 から 除 去 するか 近 接 構 造 物 を 考 慮 した 探 査 計 画 を 作 成 する 5 探 査 区 域 が 広 い 場 合 には 探 査 区 域 を50m 50m 程 度 のブロックに 分 割 する 探 査 測 線 の 方 向 はブロックが 変 わっても 同 じ 方 向 に 設 定 する 6 確 認 探 査 の 内 容 についても 記 載 する 2) 業 務 計 画 書 を 基 に 探 査 方 法 作 業 に 支 障 のある 現 場 状 況 とその 対 策 等 について 監 督 職 員 と 打 合 せを 行 う また 使 用 する 探 査 機 器 の 検 定 書 類 を 提 出 する 3) 探 査 機 器 を 整 備 し 調 整 等 を 行 う 4) 着 手 前 に 探 査 区 域 における 地 下 埋 設 物 (ガス 水 道 等 )の 有 無 を 調 査 する 5) 必 要 に 応 じて 関 係 機 関 へ 作 業 許 可 の 申 請 等 を 行 う (2) 磁 気 探 査 1)センサーの 移 動 がスムーズに 行 えるよう 探 査 区 域 内 の 草 木 伐 採 や 異 物 の 撤 去 を 行 う 2) 工 事 との 位 置 を 関 連 付 けるため 工 事 と 同 一 基 準 点 を 用 いて 探 査 区 域 の 測 量 を 行 う また 探 査 区 域 の 外 周 や 各 ブロックの 四 隅 に 木 杭 を 設 け 探 査 記 録 と 測 線 図 を 関 連 づける 木 杭 には 座 標 を 与 える 3) 探 査 測 線 は 原 則 として 南 北 方 向 かつ 直 線 となるように 設 定 し 測 線 間 隔 は 所 定 の 間 隔 とする 4) 測 線 上 を 探 査 員 2 人 で1 組 のセンサーを 地 面 と 平 行 に 吊 り 下 げ 測 線 の 始 点 から 終 点 間 を 歩 行 して 測 定 する 測 定 中 の 歩 行 速 度 は1m/ 秒 程 度 とし 一 定 速 度 でスムー ズにセンサーを 移 動 させる 地 面 の 不 陸 を 出 来 るだけなくし 地 面 からセンサー 中 心 までの 高 さは 原 則 10cm 以 内 とし センサーは 地 面 から 磁 気 ノイズを 受 けない 範 囲 で 地 面 に 出 来 るだけ 近 づけて 探 査 する 5) 探 査 員 は 10m 毎 に 合 図 をし 記 録 員 は 記 録 紙 にマークを 入 れ 記 録 紙 と 現 地 を 対 比 できるようにする 6)センサーの 移 動 速 度 や 方 向 が 大 きく 変 化 した 時 や 記 録 計 の 停 止 ゼロ 点 の 移 動 または 記 録 にノイズが 発 生 した 場 合 記 録 は 不 採 用 とし 再 探 査 を 行 う 7) 探 査 記 録 は 測 定 レンジを2 種 類 以 上 設 定 し 波 形 を 記 録 する 8) 記 録 紙 には 現 場 で 日 時 ブロック 名 測 線 番 号 測 線 の 中 間 マーク( 始 点 からの 距 離 ) 感 度 などを 記 入 する また 地 表 に 露 出 している 異 常 物 について その 品 名 形 状 を 記 入 する 磁 気 探 査 の 記 録 紙 は 磁 気 異 常 波 形 の 振 幅 を 記 録 出 来 るものを 使 用 する( 一 般 的 に 多 く 使 用 されているのは 記 録 紙 有 効 幅 250mm) - 6 -

9 (3) 解 析 磁 気 記 録 の 解 析 により 異 常 点 の 磁 気 量 と 埋 没 深 度 を 計 算 し 測 線 配 置 図 に 異 常 点 を 記 入 して 異 常 点 分 布 図 を 作 成 する これらを 集 約 し 異 常 点 位 置 図 及 び 磁 気 測 定 値 一 覧 表 を 作 成 する (4) 陸 上 水 平 探 査 手 順 フロー 陸 上 水 平 探 査 の 手 順 フローは 次 のとおりとする 計 画 準 備 業 務 計 画 書 作 成 ( 計 画 測 線 図 作 成 ) 打 合 せ, 探 査 機 器 整 備, 埋 設 物 調 査, 関 係 機 関 手 続 き 水 平 探 査 区 域 測 量, 伐 採, 測 線 設 定 磁 気 測 定 磁 気 記 録 読 み 取 り, 解 析, 測 線 配 置 図 作 成 異 常 点 記 入, 異 常 点 分 布 図 作 成 異 常 点 集 約 異 常 点 位 置 図 作 成, 磁 気 異 常 測 定 値 一 覧 表 作 成 打 合 せ 異 常 点 なし 確 認 探 査 異 常 点 有 り 異 常 点 位 置 出 し 掘 削, 確 認, 撤 去 磁 気 異 常 あり 磁 気 測 定 ( 異 常 の 有 無 ) 報 告 書 作 成 全 ての 磁 気 異 常 なし 報 告 - 7 -

10 3-2 鉛 直 探 査 (1) 計 画 準 備 1) 業 務 計 画 書 を 作 成 する 作 成 にあたっては 次 の 点 を 考 慮 する 1 想 定 した 不 発 弾 の 大 きさにより 探 査 可 能 範 囲 や 貫 入 深 度 が 異 なる 想 定 した 不 発 弾 に 対 する 探 査 有 効 範 囲 を 考 慮 し 探 査 区 域 を 隙 間 なく 無 駄 なく 探 査 できるよう 探 査 孔 の 配 置 を 行 う 想 定 した 不 発 弾 に 対 する 探 査 有 効 範 囲 は 次 のとおりとする 5インチ 砲 弾 仕 様 : 探 査 有 効 範 囲 半 径 0.5m 50kg 爆 弾 仕 様 : 探 査 有 効 範 囲 半 径 1.0m 250kg 爆 弾 仕 様 : 探 査 有 効 範 囲 半 径 2.0m ( 探 査 有 効 範 囲 とは 想 定 した 不 発 弾 に 対 し センサーに 対 して 垂 直 方 向 にセン サーから 探 査 の 有 効 性 が 及 ぶ 範 囲 をいい センサーを 中 心 に 筒 状 の 範 囲 となる) また 探 査 孔 を 千 鳥 状 に 配 置 し 正 三 角 形 状 にする 場 合 次 の 探 査 孔 間 隔 を 参 考 とす るものとする 5インチ 砲 弾 仕 様 : 探 査 孔 間 隔 0.866m 50kg 爆 弾 仕 様 : 探 査 孔 間 隔 1.732m 250kg 爆 弾 仕 様 : 探 査 孔 間 隔 3.464m 2 探 査 区 域 内 に 構 造 物 があると その 周 辺 で 探 査 不 能 になるので 事 前 に 探 査 区 域 から 除 去 するか 近 接 構 造 物 を 考 慮 した 探 査 計 画 を 作 成 する 3 業 務 計 画 書 には 探 査 概 要 探 査 方 法 解 析 方 法 工 程 表 業 務 組 織 計 画 成 果 品 の 内 容 部 数 連 絡 体 制 ( 緊 急 時 含 む) 使 用 機 器 の 種 類 名 称 性 能 現 場 での 感 度 較 正 方 法 等 を 記 載 する 4 確 認 探 査 の 内 容 についても 記 載 する 2) 業 務 計 画 書 を 基 に 探 査 方 法 作 業 に 支 障 のある 現 場 状 況 とその 対 策 等 について 監 督 職 員 と 打 合 せを 行 う また 使 用 する 探 査 機 器 の 検 定 書 類 を 提 出 する 3) 探 査 機 器 を 整 備 し 調 整 等 を 行 う 4) 着 手 前 に 探 査 区 域 における 地 下 埋 設 物 (ガス 水 道 等 )の 有 無 を 調 査 する 5) 必 要 に 応 じて 関 係 機 関 への 作 業 許 可 の 申 請 等 を 行 う (2)ボーリング 1)ボーリング 機 械 の 設 置 の 前 に 機 械 設 置 の 安 全 確 認 および 掘 進 当 初 の 安 全 確 認 のた め 水 平 探 査 等 を 行 う 2) 探 査 孔 は 基 準 点 測 量 を 基 に 正 確 に 設 置 する また 孔 口 標 高 も 測 量 する 3) 工 事 との 位 置 を 関 連 付 けるため 工 事 と 同 一 基 準 点 を 用 いて 探 査 区 域 の 測 量 を 行 う 4) 探 査 孔 の 掘 進 は 軟 弱 地 盤 (N 値 が4 以 下 程 度 )の 場 合 ジェットボーリングで 掘 進 することを 原 則 とし これにより 難 い 時 はロータリーボーリングで 掘 進 する 5) 掘 進 に 伴 い 発 生 する 泥 水 の 処 理 は 確 実 に 行 う 6)ロータリーボーリングで 掘 進 を 行 う 場 合 は 一 定 深 度 毎 に 下 方 安 全 確 認 ( 探 査 )を 行 う 下 方 安 全 確 認 ( 探 査 )はセンサーを 孔 底 で30cm 程 度 上 下 させて 探 査 孔 下 方 の 磁 気 反 応 を 確 認 することによって 行 う その 時 一 定 振 幅 以 上 感 知 される 磁 気 異 常 がある 場 合 は 掘 進 を 直 ちに 中 止 する 5インチ 砲 弾 仕 様 : 下 方 安 全 確 認 ( 探 査 ) 時 の 有 効 距 離 0.3m 50kg 爆 弾 仕 様 : 下 方 安 全 確 認 ( 探 査 ) 時 の 有 効 距 離 0.5m 250kg 爆 弾 仕 様 : 下 方 安 全 確 認 ( 探 査 ) 時 の 有 効 距 離 1.0m ( 下 方 安 全 確 認 ( 探 査 ) 時 の 有 効 距 離 とは 下 方 安 全 確 認 ( 探 査 ) 時 において 想 定 した 不 発 弾 に 対 し センサーの 軸 方 向 にセンサーの 先 端 から 探 査 の 有 効 性 が 及 ぶ 距 離 をいう) 7) 下 方 安 全 確 認 を 行 い 現 場 で 磁 気 異 常 の 位 置 などについて 判 定 する 安 全 を 確 保 して 掘 進 する 判 定 が 出 来 ない 場 合 には 掘 進 を 中 止 し 近 傍 の 探 査 孔 に 移 動 して 探 査 孔 の 掘 進 探 査 を 行 い 異 常 点 位 置 の 確 定 作 業 を 行 う 必 要 な 場 合 は 追 加 探 査 孔 を 設 - 8 -

11 置 する (3) 磁 気 探 査 1) 規 定 深 度 までの 掘 進 終 了 後 探 査 孔 の 孔 口 から 孔 底 まで2 回 以 上 往 復 測 定 する センサーの 移 動 速 度 は1m/ 秒 程 度 とし 一 定 速 度 でスムーズにセンサーを 移 動 させる この 時 記 録 紙 上 に 磁 気 記 録 と 対 応 した 深 度 マークを1m 毎 につける 2)センサーの 移 動 がスムーズに 行 えるよう 探 査 孔 には 非 磁 性 のケーシング(ステンレス 真 鍮 アルミ 塩 化 ビニール 管 等 )を 用 いて 孔 壁 を 保 持 する 3)センサーの 移 動 速 度 が 大 きく 変 化 した 時 や 記 録 計 の 停 止 ゼロ 点 の 移 動 または 記 録 にノイズが 発 生 した 場 合 記 録 は 不 採 用 とし 再 探 査 を 行 う 4) 探 査 記 録 は 測 定 レンジを2 種 類 以 上 設 定 し 波 形 を 記 録 する 5) 記 録 紙 には 日 時 探 査 孔 番 号 深 度 感 度 などを 現 場 で 記 入 する また 地 表 に 露 出 している 異 常 物 について その 品 名 形 状 を 記 入 する 磁 気 探 査 の 記 録 紙 は 磁 気 異 常 波 形 の 振 幅 を 記 録 出 来 るものを 使 用 する( 一 般 的 に 多 く 使 用 されているのは 記 録 紙 有 効 幅 250mm) 6) 探 査 終 了 後 探 査 孔 の 埋 め 戻 しを 行 う ただし 磁 気 異 常 点 の 検 出 された 探 査 孔 は 磁 気 異 常 点 の 精 査 が 終 了 するまで 探 査 孔 の 埋 め 戻 しは 行 わない (4) 解 析 磁 気 記 録 の 解 析 により 異 常 点 の 磁 気 量 と 埋 没 深 度 を 計 算 し 探 査 孔 配 置 図 に 異 常 点 を 記 入 して 異 常 点 分 布 図 を 作 成 する これらを 集 約 し 異 常 点 位 置 図 ( 平 面 図 断 面 図 ) 及 び 磁 気 測 定 値 一 覧 表 を 作 成 する - 9 -

12 (5) 鉛 直 探 査 手 順 フロー 鉛 直 探 査 の 手 順 フローは 次 のとおりとする 計 画 準 備 業 務 計 画 書 作 成 ( 探 査 孔 配 置 図 作 成, 貫 入 深 度 計 算 の 精 査 ) 打 合 せ, 探 査 機 器 整 備, 埋 設 物 調 査, 関 係 機 関 手 続 き 探 査 孔 等 位 量 測 量 水 平 探 査, 足 場 仮 設 ロ-タリ-ボ-リング ジェットボ-リング 異 常 点 付 近 に 追 加 探 査 計 画 ( 探 査 孔 の 追 加 ) 磁 気 異 常 あり 下 方 安 全 確 認 のため 所 定 の 深 度 毎 に 磁 気 探 査 磁 気 異 常 なし 探 査 孔 全 長 の 磁 気 探 査 磁 気 記 録 読 み 取 り, 解 析 異 常 点 記 入, 異 常 点 分 布 図 作 成 異 常 点 集 約 異 常 点 位 置 作 成, 磁 気 異 常 測 定 値 一 覧 表 作 成 打 合 せ 異 常 点 なし 異 常 点 有 り 確 認 探 査 異 常 点 位 置 出 し 掘 削, 確 認, 撤 去 磁 気 異 常 あり 磁 気 測 定 ( 異 常 の 有 無 ) 報 告 書 作 成 全 ての 磁 気 異 常 なし 報 告

13 3-3 経 層 探 査 (1) 計 画 準 備 1) 掘 削 工 事 との 工 程 の 調 整 を 十 分 行 い 業 務 計 画 書 を 作 成 する 作 成 にあたっては 次 の 点 を 考 慮 する 1 探 査 測 線 は 原 則 として 南 北 方 向 かつ 直 線 となるよう 計 画 し 測 線 間 隔 は 次 のとおり とする 5インチ 砲 弾 仕 様 :0.5m 間 隔 50kg 爆 弾 仕 様 :1.0m 間 隔 250kg 爆 弾 仕 様 :1.0m 間 隔 また 1 回 の 掘 り 下 げ 厚 は 次 のとおりとする 5インチ 砲 弾 仕 様 :0.5m 50kg 爆 弾 仕 様 :1.0m 250kg 爆 弾 仕 様 :2.0m 2 業 務 計 画 書 には 探 査 概 要 探 査 方 法 解 析 方 法 工 程 表 業 務 組 織 計 画 成 果 品 の 内 容 部 数 連 絡 体 制 ( 緊 急 時 含 む) 使 用 機 器 の 種 類 名 称 性 能 現 場 で の 感 度 較 正 方 法 等 を 記 載 する 3 周 囲 に 土 留 めとして 矢 板 を 使 用 する 場 合 には その 周 辺 が 矢 板 の 磁 気 影 響 (5~6m 以 内 )を 受 けて 探 査 が 不 可 能 となるので 予 め 矢 板 打 設 前 に 鉛 直 探 査 等 で 影 響 範 囲 を 探 査 しておく 4 探 査 区 域 内 に 構 造 物 があると その 周 辺 で 探 査 不 能 になるので 事 前 に 探 査 区 域 から 除 去 するか 近 接 構 造 物 を 考 慮 した 探 査 計 画 を 作 成 する 5 探 査 区 域 が 広 い 場 合 には 探 査 区 域 を 幾 つかのブロックに 分 割 し 掘 削 工 事 と 探 査 を 並 行 に 行 う 方 法 等 について 検 討 する 6 確 認 探 査 の 内 容 についても 記 載 する 2) 業 務 計 画 書 を 基 に 探 査 方 法 作 業 に 支 障 のある 現 場 状 況 とその 対 策 等 について 監 督 職 員 と 打 合 せを 行 う また 使 用 する 探 査 機 器 の 検 定 書 類 を 提 出 する 3) 探 査 機 器 を 整 備 し 調 整 等 を 行 う 4) 着 手 前 に 探 査 区 域 における 地 下 埋 設 物 (ガス 水 道 等 )の 有 無 を 調 査 する 5) 必 要 に 応 じて 関 係 機 関 への 作 業 許 可 の 申 請 等 を 行 う (2) 磁 気 探 査 1) 探 査 測 線 は 原 則 として 南 北 方 向 かつ 直 線 となるように 設 定 し 測 線 間 隔 は 所 定 の 間 隔 とする 2) 測 線 上 を 探 査 員 2 人 で1 組 の 探 査 計 を 地 面 と 平 行 に 吊 り 下 げ 測 線 の 始 点 から 終 点 間 を 歩 行 して 測 定 する 測 定 中 の 歩 行 速 度 は1m/ 秒 程 度 とし 一 定 速 度 でスムーズ にセンサーを 移 動 させる 地 面 の 不 陸 を 出 来 るだけなくし 地 面 からセンサー 中 心 までの 高 さは 原 則 10cm 以 内 とし センサーは 地 面 から 磁 気 ノイズを 受 けない 範 囲 で 地 面 に 出 来 るだけ 近 づけて 探 査 する 3) 探 査 員 は10m 毎 に 合 図 をし 記 録 員 は 記 録 紙 にマークを 入 れ 記 録 紙 と 現 地 を 対 比 できるようにする 4)センサーの 移 動 速 度 や 方 向 が 大 きく 変 化 した 時 や 記 録 計 の 停 止 ゼロ 点 の 移 動 または 記 録 にノイズが 発 生 した 場 合 記 録 は 不 採 用 とし 再 探 査 を 行 う 5) 探 査 記 録 は 測 定 レンジを2 種 類 以 上 設 定 し 波 形 を 記 録 する 6) 記 録 紙 には 現 場 で 日 時 ブロック 名 測 線 番 号 測 線 の 中 間 マーク( 始 点 からの 距 離 ) 感 度 などを 記 入 する 磁 気 探 査 の 記 録 紙 は 磁 気 異 常 波 形 の 振 幅 を 記 録 出 来 るものを 使 用 する( 一 般 的 に 多 く 使 用 されているのは 記 録 紙 有 効 幅 250mm) (3) 解 析 磁 気 記 録 の 解 析 により 異 常 点 の 磁 気 量 と 埋 没 深 度 を 計 算 し 測 線 配 置 図 に 異 常

14 点 を 記 入 して 異 常 点 分 布 図 を 作 成 する これらを 集 約 し 異 常 点 位 置 図 及 び 磁 気 測 定 値 一 覧 表 を 作 成 する (4) 経 層 探 査 手 順 フロー 経 層 探 査 の 手 順 フローは 次 のとおりとする 計 画 準 備 業 務 計 画 書 作 成 ( 計 画 測 線 図 作 成 ) 打 合 せ, 探 査 機 器 整 備, 埋 設 物 調 査, 関 係 機 関 手 続 き 水 平 探 査 経 層 探 査 区 域 測 量, 伐 採, 測 線 設 定 磁 気 測 定 磁 気 記 録 読 み 取 り, 解 析, 測 線 配 置 図 作 成 施 工 深 度 に 達 す る ま で 繰 り 返 し 確 認 探 査 異 常 点 記 入, 異 常 点 分 布 図 作 成 異 常 点 集 約 異 常 点 位 置 図 作 成, 磁 気 異 常 測 定 値 一 覧 表 作 成 打 合 せ 異 常 点 有 り 異 常 点 なし 異 常 点 位 置 出 し 掘 削, 確 認, 撤 去 磁 気 異 常 あり 磁 気 測 定 ( 異 常 の 有 無 ) 打 合 せ 全 ての 磁 気 異 常 なし 掘 削 工 事 報 告 書 作 成 報 告

15 3-4 確 認 探 査 (1) 計 画 準 備 1) 当 初 提 出 の 陸 上 水 平 探 査 等 の 業 務 計 画 書 に 確 認 探 査 の 内 容 を 記 載 しておくものとす る 作 成 にあたっては 次 の 点 を 考 慮 する 1 磁 気 異 常 点 の 深 度 が 深 い 場 合 は 土 留 めの 矢 板 設 置 が 必 要 になる 2 矢 板 の 磁 気 影 響 を 受 けて 矢 板 の 近 傍 は 探 査 が 不 可 能 となるため 矢 板 の 打 設 箇 所 からは5~6m 以 上 の 離 隔 が 必 要 となる 2) 探 査 機 器 を 整 備 し 調 整 等 を 行 う (2) 探 査 1) 磁 気 異 常 点 の 位 置 出 しを 行 い その 付 近 を 探 査 し 異 常 点 の 位 置 を 確 認 する 2) 磁 気 異 常 点 の 周 囲 を 人 力 や 機 械 で 少 量 ずつ 掘 削 する 機 械 掘 削 の 場 合 は 磁 気 反 応 のあった 真 上 を 掘 削 することなく 周 辺 から 掘 削 して 磁 気 異 常 物 に 接 触 する ことがないよう 十 分 注 意 を 払 う 異 常 点 の 深 度 が 浅 い 場 合 には 金 属 探 知 機 等 の 簡 易 探 知 機 を 用 い 磁 気 異 常 物 を 確 認 し 危 険 物 以 外 の 異 常 物 を 撒 去 する 3) 不 発 弾 等 の 危 険 物 が 確 認 された 場 合 には 危 険 物 は 移 動 しないようにし 周 囲 に 立 ち 入 り 禁 止 の 柵 等 を 設 け 直 ちに 発 注 者 に 報 告 する 発 注 者 から 警 察 等 関 係 機 関 に 連 絡 する 4) 異 常 物 を 除 去 した 後 に 基 本 的 に 水 平 探 査 と 同 一 の 探 査 機 器 および 方 法 で 磁 気 反 応 の 消 滅 の 記 録 を 取 得 する このとき 磁 気 反 応 がある 場 合 には 再 度 確 認 探 査 を 続 行 して 撤 去 後 に 消 滅 を 確 認 する (3) 取 りまとめ 磁 気 異 常 物 の 写 真 と 磁 気 異 常 物 の 形 状 等 について 整 理 した 磁 気 異 常 物 一 覧 表 を 作 成 するとともに 磁 気 異 常 の 原 因 を 整 理 する

16 (4) 確 認 探 査 手 順 フロー 確 認 探 査 の 手 順 フローは 次 のとおりとする 異 常 点 位 置 出 し 簡 易 探 査 機 械 掘 削, 人 力 掘 削 異 常 物 確 認 磁 気 異 常 有 り 確 認 探 査 全 ての 磁 気 異 常 なし 報 告 書 作 成 危 険 物 以 外 異 常 物 撤 去 危 険 物 標 識 を 立 て 立 ち 入 り 禁 止 発 注 者 に 報 告 ( 発 注 者 から 警 察 等 関 係 機 関 へ 連 絡 ) 報 告 不 発 弾 処 理

17 3-5 その 他 の 探 査 方 法 通 常 の 磁 気 探 査 では 有 効 な 探 査 の 実 施 が 困 難 な 場 合 ( 例 えば 構 造 物 の 近 傍 対 象 不 発 弾 等 が 小 さい 磁 性 岩 や 砂 鉄 がある 等 )においては 以 下 の 機 材 方 法 等 を 参 考 に 現 地 の 状 況 を 踏 まえて 検 討 し 監 督 職 員 と 協 議 の 上 探 査 等 を 実 施 する 1 簡 易 探 査 突 き 棒 または 簡 易 探 知 機 ( 記 録 を 取 得 しない)により 土 中 の 磁 気 異 常 点 を 探 査 し 磁 気 異 常 物 を 確 認 する 方 法 2 金 属 探 知 機 による 調 査 金 属 探 知 機 ( 全 ての 金 属 を 感 知 する 特 徴 がある)を 用 いて 土 中 の 金 属 物 を 探 査 し 金 属 反 応 があった 異 常 物 を 確 認 する 方 法 様 々な 機 種 があるが 市 販 されているもの は 探 査 可 能 な 深 度 が40cm 以 内 であることが 多 い 記 録 を 取 得 することが 可 能 な 機 種 も あるが 磁 気 量 の 算 出 や 埋 没 深 度 の 計 算 はできない 3 電 磁 探 査 電 気 探 査 と 同 様 に 地 下 の 比 抵 抗 を 測 定 する 手 法 で 探 査 効 率 がよい 探 査 深 度 が 深 いなどの 特 徴 があり 土 木 関 連 調 査 の 概 査 に 用 いられている 不 発 弾 等 探 査 で 利 用 す る 場 合 は 磁 化 率 や 導 電 率 のマッピングを 行 い 金 属 物 の 種 別 ( 磁 性 物 非 磁 性 物 )を 判 断 することも 可 能 である 4 地 中 レーダ 地 表 より 電 磁 波 を 発 振 受 振 するアンテナを 移 動 させながら 地 層 境 界 面 等 で 電 磁 波 が 反 射 する 伝 搬 時 間 を 計 測 して 地 質 構 造 や 埋 設 管 等 を 探 査 する 手 法 国 内 では 路 面 下 の 空 洞 調 査 に 利 用 されている 金 属 物 があると 強 い 反 射 データが 得 られる 特 徴 がある 5 ボアホールレーダ ボーリング 孔 内 でレーダ 探 査 を 実 施 する 手 法 6 3 次 元 磁 気 測 定 (3 軸 磁 気 センサー) 地 磁 気 の3 成 分 ( 水 平 成 分 偏 角 鉛 直 )の 連 続 測 定 が 可 能 な3 軸 フラックスゲー トを 利 用 し 構 造 物 近 傍 で 探 査 が 可 能 であることや 異 常 点 埋 没 方 向 を 確 定 すること ができる 手 法 と 言 われている 7 3 次 元 電 気 探 査 電 気 探 査 とは 地 表 に 設 置 した 直 線 状 等 間 隔 の 電 極 で 土 中 の 比 抵 抗 を 計 測 して1 次 元 2 次 元 比 抵 抗 断 面 を 作 成 し 岩 石 や 地 層 の 分 布 断 層 や 地 質 構 造 を 調 査 する 手 法 である 調 査 測 線 を 格 子 状 など 平 面 的 に 配 置 して 比 抵 抗 を3 次 元 でデータ 取 得 解 析 することにより 金 属 製 の 不 発 弾 を 発 見 した 事 例 がある

18 4 解 析 及 び 成 果 等 の 整 理 4-1 陸 上 水 平 探 査 解 析 及 び 成 果 等 の 整 理 1 監 督 職 員 と 調 整 し 見 やすい 適 度 な 縮 尺 の 測 線 配 置 図 を 作 成 する 2 磁 気 記 録 を 整 理 して 測 線 配 置 図 と 照 合 する 3 磁 気 記 録 を 確 認 して 磁 気 異 常 を 抽 出 する このときに 各 異 常 波 形 についてノイズか 異 常 かの 判 別 を 行 う(センサーの 動 揺 の 影 響 等 を 考 慮 する) 磁 気 異 常 の 判 別 後 各 磁 気 異 常 に 異 常 点 番 号 をつける 4 磁 気 記 録 の 周 期 振 幅 を 読 み 取 り 読 み 取 り 点 を 記 録 紙 上 に 書 き 込 む 5 解 析 簿 等 に 異 常 点 番 号 移 動 速 度 測 線 上 の 位 置 周 期 振 幅 を 記 入 し 磁 気 量 と 埋 没 深 度 を 計 算 して 記 入 する 6 測 線 配 置 図 に 異 常 点 番 号 と 異 常 点 を 記 入 する このとき 異 常 点 は 磁 気 量 の 区 分 に 応 じて 記 号 で 表 示 する 7 測 線 配 置 図 上 で 磁 気 異 常 点 の 集 約 を 行 う 異 常 点 の 解 析 データについて 確 認 を 行 い 集 約 した 異 常 点 の 磁 気 量 埋 没 深 度 を 決 定 する 8 磁 気 異 常 点 に 異 常 点 番 号 をつけ 磁 気 量 埋 没 深 度 位 置 を 記 入 した 磁 気 異 常 測 定 値 一 覧 表 を 作 成 する 9 異 常 点 位 置 図 は 測 線 配 置 図 と 同 一 の 縮 尺 で 作 成 し 異 常 点 は 磁 気 量 の 区 分 に 応 じ て 記 号 で 表 示 する 磁 気 異 常 が 連 続 していたりして 個 々の 異 常 の 解 析 が 困 難 な 点 は 異 常 密 集 区 域 とし 斜 線 などの 表 現 で 他 の 異 常 点 と 区 別 して 表 現 する なお 異 常 点 位 置 図 は 本 工 事 との 位 置 関 係 が 分 かるようにする 10 報 告 書 では 以 下 の 項 目 について 整 理 し 説 明 を 行 う 1) 探 査 の 目 的 数 量 作 業 責 任 者 氏 名 等 2) 探 査 位 置 図 探 査 区 域 図 3) 使 用 機 器 リスト 4) 探 査 機 器 5) 測 量 方 法 6) 解 析 方 法 7) 探 査 結 果 8) 磁 気 異 常 測 定 値 一 覧 表 9) 測 線 配 置 図 10) 異 常 点 分 布 図 11) 異 常 点 位 置 図 12) 現 場 写 真 この 他 に 測 定 記 録 測 量 野 帳 等 を 提 出 する

19 4-1-2 陸 上 水 平 探 査 の 解 析 作 業 フロー 陸 上 水 平 探 査 の 解 析 の 作 業 フローは 次 のとおりとする 磁 気 記 録 読 み 取 り 磁 気 量 埋 没 深 度 の 算 出 測 線 配 置 図 に 異 常 点 の 記 入 異 常 点 分 布 図 作 成 散 在 異 常 点 が 同 一 か 否 かの 判 別 を 行 い 異 常 点 を 集 約 集 約 した 異 常 点 の 磁 気 量 と 埋 没 深 度 の 決 定 異 常 点 位 置 図 作 成, 磁 気 異 常 測 定 値 一 覧 表 作 成

20 4-2 鉛 直 探 査 解 析 及 び 成 果 等 の 整 理 1 探 査 孔 配 置 図 は 監 督 職 員 と 調 整 し 見 やすい 適 度 な 縮 尺 とし 本 工 事 の 施 工 平 面 図 に 探 査 孔 と 探 査 孔 番 号 をつけ 作 成 する 2 磁 気 記 録 を 整 理 して 探 査 孔 配 置 図 と 照 合 する 3 磁 気 記 録 を 整 理 して 磁 気 異 常 を 抽 出 する このとき 各 異 常 波 形 についてノイズか 異 常 かの 判 別 を 行 う(センサーの 動 揺 の 影 響 等 を 考 慮 する) 磁 気 異 常 の 判 別 後 各 磁 気 異 常 に 異 常 点 番 号 をつける 4 波 形 の 読 み 取 り 点 を 記 録 紙 上 に 書 き 込 み 周 期 振 幅 を 読 み 取 り 数 値 を 書 き 込 む 5 解 析 簿 等 に 異 常 点 番 号 移 動 速 度 孔 口 からの 位 置 周 期 振 幅 を 記 入 し 磁 気 量 埋 没 深 度 及 び 探 査 孔 からの 距 離 を 計 算 して 記 入 する 6 探 査 孔 配 置 図 断 面 図 に 異 常 点 番 号 と 異 常 点 を 記 入 する 7 探 査 孔 配 置 図 断 面 図 上 で 磁 気 異 常 点 の 集 約 を 行 う 異 常 点 の 解 析 データについて 確 認 を 行 い 集 約 した 異 常 点 の 磁 気 量 埋 没 深 度 を 決 定 する 8 磁 気 異 常 点 に 異 常 点 番 号 をつけ 磁 気 量 埋 没 深 度 位 置 を 記 入 した 磁 気 異 常 測 定 値 一 覧 表 を 作 成 する 9 異 常 点 位 置 図 の 作 成 においては 磁 気 異 常 が 連 続 していたりして 個 々の 異 常 の 解 析 が 困 難 な 点 は 異 常 密 集 区 域 とし 斜 線 などの 表 現 で 他 の 異 常 点 と 区 別 して 表 現 す る なお 異 常 点 位 置 図 は 本 工 事 との 位 置 関 係 が 分 かるようにする 10 報 告 書 では 以 下 の 項 目 について 整 理 し 説 明 を 行 う 1) 探 査 の 目 的 数 量 作 業 責 任 者 氏 名 等 2) 探 査 位 置 図 探 査 区 域 図 3) 使 用 機 器 リスト 4) 探 査 機 器 5) 測 量 方 法 6) 解 折 方 法 7) 探 査 結 果 8) 磁 気 異 常 測 定 値 一 覧 表 9) 探 査 孔 配 置 図 10) 異 常 点 位 置 図 ( 平 面 図 断 面 図 ) 11) 現 場 写 真 この 他 に 測 定 記 録 測 点 計 算 簿 等 を 提 出 する

21 4-2-2 鉛 直 探 査 の 解 析 作 業 フロー 鉛 直 探 査 の 解 析 の 作 業 フローは 次 のとおりとする 磁 気 記 録 読 み 取 り 磁 気 量 埋 没 深 度 探 査 孔 からの 距 離 の 算 出 探 査 孔 配 置 図 に 異 常 点 の 記 入 異 常 点 分 布 図 作 成 散 在 異 常 点 が 同 一 か 否 かの 判 別 を 行 い 異 常 点 を 集 約 集 約 した 異 常 点 の 磁 気 量 と 埋 没 深 度 の 決 定 異 常 点 位 置 図 作 成, 磁 気 異 常 測 定 値 一 覧 表 作 成 4-3 経 層 探 査 解 析 及 び 成 果 等 の 整 理 解 析 法 は 陸 上 水 平 探 査 に 準 拠 する

22 5 探 査 機 器 の 精 度 管 理 5-1 探 査 機 器 の 精 度 管 理 探 査 機 器 には 両 コイル 型 磁 気 傾 度 計 のほか フラックスゲート 型 磁 力 計 等 がある これら 各 種 探 査 機 器 の 性 能 の 確 保 に 関 し 機 器 の 精 度 管 理 の 観 点 から 第 三 者 機 関 等 による 年 1 回 以 上 の 検 定 または 検 定 相 当 の 較 正 を 受 けた 機 器 を 用 いるものとする また 各 現 場 における 日 々の 高 い 測 定 精 度 の 確 保 の 観 点 から 各 現 場 において 使 用 前 に 感 度 較 正 を 行 うとともに 1 回 以 上 / 週 の 頻 度 で 感 度 較 正 を 行 うものとする ただし 較 正 が 行 えない 機 器 等 上 記 対 応 が 難 しい 機 器 については 製 作 したメー カーによる 定 期 的 な 検 定 を 受 けるものとする もしくは 性 能 テストを 実 施 するもの とする 注 ) 較 正 : 測 定 機 器 などが 正 しい 結 果 を 示 すよう 調 整 すること

Microsoft Word - 141110-2報告書 案 後半 .doc

Microsoft Word - 141110-2報告書 案 後半 .doc 旧 嘉 手 納 飛 行 場 (26) 土 壌 等 確 認 調 査 報 告 書 平 成 26 年 10 月 日 本 物 理 探 鑛 株 式 会 社 - 1 - 目 次 1. 業 務 概 要 1 1-1 概 要 1 1-2 調 査 数 量 1 1-3 業 務 履 行 場 所 2 1-4 参 考 法 規 等 2 2. 準 備 工 3 2-1 施 工 手 順 3 2-2 防 塵 ネット 4 2-3 ミスト

More information

工 事 の 施 工 のための 詳 細 図 等 をいう (17) JIS とは, 工 業 標 準 化 法 ( 昭 和 24 年 法 律 第 185 号 ) に 基 づく 日 本 工 業 規 格 をいう (18) JAS とは, 農 林 物 資 の 規 格 化 及 び 品 質 表 示 の 適 正 化 に

工 事 の 施 工 のための 詳 細 図 等 をいう (17) JIS とは, 工 業 標 準 化 法 ( 昭 和 24 年 法 律 第 185 号 ) に 基 づく 日 本 工 業 規 格 をいう (18) JAS とは, 農 林 物 資 の 規 格 化 及 び 品 質 表 示 の 適 正 化 に 資 料 -3 公 共 建 築 工 事 標 準 仕 様 書 ( 建 築 工 事 編 ) 平 成 22 年 版 公 共 建 築 工 事 標 準 仕 様 書 ( 建 築 工 事 編 ) 平 成 25 年 版 ( 案 ) 備 考 1 章 一 般 共 通 事 項 1 章 一 般 共 通 事 項 1 節 一 般 事 項 1.1.1 適 用 範 囲 (a) 公 共 建 築 工 事 標 準 仕 様 書 ( 建 築

More information

A最終報告書表紙・目次

A最終報告書表紙・目次 高 槻 市 学 校 工 事 施 工 調 査 報 告 書 平 成 26 年 3 月 高 槻 市 目 次 1 はじめに 1 2 施 工 不 良 の 判 明 と 施 工 中 の 耐 震 改 修 工 事 への 対 応 1 3 高 槻 市 学 校 工 事 施 工 調 査 委 員 会 の 設 置 (1) 設 置 目 的 と 検 討 事 項 2 (2) 施 工 中 の 工 事 契 約 について 3 4 資 料 調

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

改 造 費 の 一 部 : 切 取 面 補 修 工 事 費 補 足 材 費 を 含 む + 残 存 部 の 一 部 増 改 築 費 補 足 材 費 を 含 む 2- 従 前 建 物 の 切 取 部 分 の 推 定 再 建 築 費 1 1 改 造 のために 必 要 となる 全 ての 切 取 部 分 を

改 造 費 の 一 部 : 切 取 面 補 修 工 事 費 補 足 材 費 を 含 む + 残 存 部 の 一 部 増 改 築 費 補 足 材 費 を 含 む 2- 従 前 建 物 の 切 取 部 分 の 推 定 再 建 築 費 1 1 改 造 のために 必 要 となる 全 ての 切 取 部 分 を 別 記 8 (その4) 非 木 造 建 物 Ⅰ 移 転 料 積 算 基 準 ( 通 則 ) 第 1 本 基 準 は 非 木 造 建 物 Ⅰ ( 以 下 非 木 造 建 物 という )の 移 転 料 を 積 算 するための 方 法 を 示 すものである なお 非 木 造 建 物 Ⅱ の 移 転 料 積 算 についても これを 準 用 するものとする ( 移 転 料 ) 第 2 非 木 造 建 物 の

More information

01

01 業 務 契 約 書 ( 案 ) 1 業 務 名 国 有 財 産 分 筆 測 量 業 務 ( 釧 路 市 千 歳 町 ほか) 2 業 務 場 所 釧 路 市 千 歳 町 58-1 58-8 川 上 郡 弟 子 屈 町 泉 1 丁 目 51 3 履 行 期 間 平 成 28 年 月 日 から ( 契 約 締 結 の 翌 日 から) 平 成 28 年 3 月 16 日 まで 4 契 約 金 額 円 (うち

More information

Microsoft Word - 特記仕様書

Microsoft Word - 特記仕様書 樹 木 健 全 度 緊 急 調 査 業 務 特 記 仕 様 書 1. 業 務 概 要 本 業 務 は 今 後 の 維 持 管 理 を 見 据 えて 本 市 が 管 理 する 樹 木 の 一 部 について 街 路 樹 の 倒 伏 対 策 の 手 引 き( 国 土 交 通 省 国 土 技 術 政 策 総 合 研 究 所 ) に 基 づく 樹 木 健 全 度 調 査 を 行 うものである 2. 業 務 目

More information

Ⅱ 工 事 一 時 中 止 に 係 る 手 続 き 1 工 事 の 一 時 中 止 に 係 る 手 続 きフロー 発 注 者 受 注 者 工 事 発 注 工 事 施 工 不 可 要 因 ( 受 注 者 の 責 めに 帰 すことができないものにより 工 事 目 的 物 等 に 損 害 を 生 じ 若

Ⅱ 工 事 一 時 中 止 に 係 る 手 続 き 1 工 事 の 一 時 中 止 に 係 る 手 続 きフロー 発 注 者 受 注 者 工 事 発 注 工 事 施 工 不 可 要 因 ( 受 注 者 の 責 めに 帰 すことができないものにより 工 事 目 的 物 等 に 損 害 を 生 じ 若 別 紙 2 工 事 一 時 中 止 ガイドライン Ⅰ 策 定 の 目 的 森 林 整 備 保 全 事 業 の 工 事 の 実 施 において 自 然 的 人 為 的 な 事 象 や 地 元 調 整 各 種 協 議 の 状 況 等 により 準 備 工 本 体 工 事 に 着 手 できない 事 態 や 工 事 の 施 工 途 中 で 中 断 を 余 儀 なくされる 事 態 が 生 じることがある このような

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203133935393B995748BDF82C582CC8D488E968169503139378160323033816A8169938C966B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203133935393B995748BDF82C582CC8D488E968169503139378160323033816A8169938C966B816A2E646F63> 第 13 章 鉄 道 付 近 での 工 事 第 1 節 事 前 協 議 及 び 事 前 調 査 1. 適 用 線 路 に 近 接 して 列 車 運 転 に 影 響 を 及 ぼすおそれのある 土 木 工 事 に 適 用 する なお 鉄 道 の 線 路 内 で 土 木 工 事 を 施 工 する 場 合 は 鉄 道 事 業 者 と 十 分 協 議 のうえ その 指 示 に 従 うこと 2. 事 前 協 議

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

Taro-04_sabo_04.jtd

Taro-04_sabo_04.jtd 第 4 編 砂 防 及 び 地 すべり 対 策 編 第 4 章 地 すべり 対 策 調 査 計 画 設 計 第 1 節 総 則 第 4401 条 総 則 1. 趣 旨 この 仕 様 書 は 岡 山 県 土 木 部 の 発 注 する 地 すべり 対 策 事 業 機 構 調 査 ( 以 下 調 査 とい う )の 適 正 な 施 行 を 図 るために 受 託 者 が 履 行 しなければならない 調 査

More information

第 5 章 配 管 工 事 第 節 配 管 基 準 事 1 給 水 管 及 給 水 用 具 最 終 水 機 構 流 出 側 設 置 給 水 用 具 耐 圧 性 能 有 用 い 省 第 条 第 2 減 圧 弁 逃 弁 逆 弁 空 気 弁 及 電 磁 弁 耐 久 性 能 有 用 い 省 第 条 3 家 屋 主 配 管 配 管 経 路 い 構 物 通 過 避 等 漏 水 時 修 理 容 易 行 う う

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303135303930337A31343093FA92B29841814631348FF08DEC8BC68B4B92F689FC92E8969482CD8DF492E882CC9776935F89F090E043>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303135303930337A31343093FA92B29841814631348FF08DEC8BC68B4B92F689FC92E8969482CD8DF492E882CC9776935F89F090E043> 全 公 連 発 第 1 4 0 号 平 成 2 7 年 9 月 3 日 各 公 共 嘱 託 登 記 土 地 家 屋 調 査 士 協 会 理 事 長 殿 全 国 公 共 嘱 託 登 記 土 地 家 屋 調 査 士 協 会 連 絡 協 議 会 会 長 倉 富 雄 志 法 務 省 不 動 産 登 記 法 第 14 条 第 1 項 地 図 作 成 作 業 規 程 ( 基 準 点 測 量 を 除 く) 等 の

More information

目  次

目  次 都 市 計 画 法 の 規 定 に 基 づく 開 発 行 為 許 可 申 請 の 手 引 き 平 成 28 年 1 月 台 東 区 都 市 計 画 法 の 規 定 に 基 づく 開 発 行 為 許 可 申 請 の 手 引 目 次 1 開 発 許 可 制 度 の 概 要 について 1 開 発 許 可 制 度 とは? 3 2 開 発 行 為 とは? 3 3 開 発 許 可 申 請 に 係 わる 手 続

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089CE96F297DE905C90BF8EE891B1939982CC8EE888F882AB32322E332E3330>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089CE96F297DE905C90BF8EE891B1939982CC8EE888F882AB32322E332E3330> 火 薬 類 申 請 手 続 等 の 手 引 ( 平 成 22 年 3 月 30 日 一 部 改 正 ) 鳥 取 県 目 次 第 1 使 用 するに 当 たって 1 第 2 用 語 1 第 3 申 請 書 等 の 提 出 先 等 1 第 4 火 薬 類 譲 渡 又 は 譲 受 許 可 を 受 ける 場 合 2 第 5 火 薬 類 譲 受 消 費 の 許 可 を 受 ける 場 合 4 第 6 煙 火 消

More information

Ⅱ 土 地 所 有 者 情 報 調 査 の 手 順 及 び 概 要 1. 土 地 所 有 者 情 報 調 査 の 手 順 復 興 計 画 の 作 成 や 復 興 事 業 の 実 施 に 際 し 復 興 予 定 区 域 や 事 業 実 施 予 定 区 域 の 土 地 について その 土 地 の 測 量

Ⅱ 土 地 所 有 者 情 報 調 査 の 手 順 及 び 概 要 1. 土 地 所 有 者 情 報 調 査 の 手 順 復 興 計 画 の 作 成 や 復 興 事 業 の 実 施 に 際 し 復 興 予 定 区 域 や 事 業 実 施 予 定 区 域 の 土 地 について その 土 地 の 測 量 Ⅰ 土 地 所 有 者 情 報 調 査 マニュアルの 目 的 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 の 各 自 治 体 においてこれからの 本 格 的 な 復 興 を 円 滑 に 実 現 するために は 復 興 計 画 の 作 成 や 復 興 事 業 の 実 施 にあたり その 計 画 予 定 区 域 や 事 業 実 施 予 定 区 域 の 調 査 測 量 や 用 地 取 得 等 のため その

More information

. 曖 昧 な 表 現 は 評 価 しません ません 原 則 として するように 努 める 必 要 に 応 じ する 出 来 る 限 り する などの 表 現 は 記 載 内 容 について 履 行 するのかしないのか 不 明 確 ですので 評 価 しません 解 体 工 事 にあたっては 振 動 の

. 曖 昧 な 表 現 は 評 価 しません ません 原 則 として するように 努 める 必 要 に 応 じ する 出 来 る 限 り する などの 表 現 は 記 載 内 容 について 履 行 するのかしないのか 不 明 確 ですので 評 価 しません 解 体 工 事 にあたっては 振 動 の ( 別 紙 ) 簡 易 型 総 合 評 価 落 札 方 式 における 施 工 計 画 評 価 に 関 する 留 意 事 項 について 施 工 計 画 型 では 技 術 的 な 工 夫 の 余 地 の 小 さい 工 事 において 工 事 の 条 件 や 現 場 条 件 等 を 踏 まえて 目 標 を 達 成 するための 施 工 上 の 配 慮 を 評 価 します 施 工 計 画 を 作 成 する 場

More information

11使用済燃料輸送安対書(案)

11使用済燃料輸送安対書(案) 平 成 26 年 度 伊 方 発 電 所 放 射 性 固 体 廃 棄 物 輸 送 安 全 対 策 書 ( 要 約 ) 平 成 26 年 12 月 愛 媛 県 目 次 1 概 要 1 2 輸 送 物 件 2 3 輸 送 物 の 安 全 対 策 3 4 事 故 発 生 の 未 然 防 止 対 策 5 5 法 令 に 基 づく 輸 送 時 の 安 全 確 認 10 6 安 全 評 価 11 7 結 論 13

More information

2. 予 測 2.1. 予 測 項 目 予 測 項 目 は 以 下 のとおりとした 1 埋 設 廃 棄 物 の 掘 削 除 去 に 伴 う 廃 棄 物 2 造 成 等 の 施 工 の 一 時 的 な 影 響 による 建 設 工 事 に 伴 う 副 産 物 ( 建 設 発 生 土 建 設 廃 棄 物

2. 予 測 2.1. 予 測 項 目 予 測 項 目 は 以 下 のとおりとした 1 埋 設 廃 棄 物 の 掘 削 除 去 に 伴 う 廃 棄 物 2 造 成 等 の 施 工 の 一 時 的 な 影 響 による 建 設 工 事 に 伴 う 副 産 物 ( 建 設 発 生 土 建 設 廃 棄 物 第 12 節 廃 棄 物 等 1. 調 査 1.1. 調 査 する 情 報 調 査 する 情 報 は 以 下 のとおりとする 1 埋 設 廃 棄 物 の 状 況 1.2. 調 査 手 法 (1) 埋 設 廃 棄 物 の 状 況 埋 設 廃 棄 物 の 状 況 については 現 在 業 務 実 施 中 である 今 治 市 新 ごみ 処 理 施 設 に 係 る 環 境 影 響 評 価 および 施 設 発

More information

高松市水道局工事写真撮影要綱

高松市水道局工事写真撮影要綱 事 写 真 管 理 および 撮 影 基 準 ( 案 ) [ 高 松 市 上 下 水 道 局 ] ( 本 仕 様 書 は, 上 水 道 事 に 適 用 する) 第 1 回 平 成 20 年 4 月 1 日 発 行 第 2 回 平 成 22 年 6 月 1 日 改 訂 第 3 回 平 成 23 年 5 月 1 日 部 分 改 訂 目 次 1. 事 写 真 管 理 および 撮 影 基 準... 3 1-1.

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

<32342D945F2D313597A2907B936393C18B4C8E64976C8F91816948323481443481443189FC90B3816A2E786C73>

<32342D945F2D313597A2907B936393C18B4C8E64976C8F91816948323481443481443189FC90B3816A2E786C73> 特 記 仕 様 書 工 事 番 号 工 事 名 24- 農 -15 里 須 田 取 水 施 設 整 備 工 事 施 工 箇 所 木 津 川 市 加 茂 町 里 地 内 工 期 平 成 25 年 1 月 11 日 ~ 平 成 25 年 3 月 29 日 第 1 章 総 則 1-1 ( 総 則 ) 1 本 工 事 は 土 木 工 事 共 通 仕 様 書 ( 平 成 24 年 3 月 農 林 水 産 省

More information

対 ( 136,340 ) (1) 指 定 職 (3 泊 4 日 ) 2 人 8 136,360 182 2, ( 181 2, ) ( 120,040 ) (2) 指 定 職 (2 泊 3 日 ) 2 人 4 120,060 960 ( 960 ) (3)10 級 ~7 級 (3

対 ( 136,340 ) (1) 指 定 職 (3 泊 4 日 ) 2 人 8 136,360 182 2, ( 181 2, ) ( 120,040 ) (2) 指 定 職 (2 泊 3 日 ) 2 人 4 120,060 960 ( 960 ) (3)10 級 ~7 級 (3 平 成 歳 出 明 細 表 要 求 19 内 閣 府 所 管 ( 沖 縄 振 興 局 ) 対 ( 単 位 : 千 円 ) 010 内 閣 本 府 189, 647 239, 682, 941 214, 506, 706 24, 010 内 閣 本 府 共 通 費 832 76, 342 77, 510 1 01-95 内 閣 本 府 一 般 行 政 に 必 要 な 経 費 176 沖 縄 振 興 局

More information

平成19年9月改定

平成19年9月改定 参 考 建 設 工 事 に 係 る 資 源 の 再 資 源 化 等 に 関 する 法 律 ( 建 設 リサイクル 法 )に 基 づく 通 知 及 び 契 約 書 の 記 載 事 項 等 に 関 する 取 扱 要 領 技 術 計 画 課 作 成 平 成 14 年 5 月 30 日 改 正 平 成 15 年 5 月 30 日 1. 建 設 リサイクル 法 の 目 的 特 定 の 建 設 資 材 について

More information

して TS を 函 体 の 外 ( 吐 き 口 側 または 呑 み 口 側 )に 設 置 し 鋲 を 直 接 視 準 する 方 法 がある しかし 連 結 している 函 体 では 撓 みや 継 手 部 のゴムが 大 きく 変 形 し ている 場 合 があるなど 鋲 を TS で 直 接 視 準 する

して TS を 函 体 の 外 ( 吐 き 口 側 または 呑 み 口 側 )に 設 置 し 鋲 を 直 接 視 準 する 方 法 がある しかし 連 結 している 函 体 では 撓 みや 継 手 部 のゴムが 大 きく 変 形 し ている 場 合 があるなど 鋲 を TS で 直 接 視 準 する 平 成 23 年 度 自 走 装 置 を 用 いた 樋 門 函 体 の 3 次 元 変 位 技 術 の 開 発 ( 独 ) 土 木 研 究 所 寒 地 土 木 研 究 所 寒 地 機 械 技 術 チーム 小 宮 山 一 重 牧 野 正 敏 山 﨑 貴 志 北 海 道 には 泥 炭 性 軟 弱 地 盤 が 広 く 分 布 しており 長 期 にわたり 沈 下 する 特 性 を 有 している 河 川 堤

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 10 月 大 分 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 想 定 する 事 態 2 第 2 編 平

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E591BA8E7393B9984888CA92758E7792E8905C90BF8EE891B182AB82CC8EE888F882AB>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E591BA8E7393B9984888CA92758E7792E8905C90BF8EE891B182AB82CC8EE888F882AB> 大 村 市 位 置 指 定 申 請 手 続 きの 手 引 き 平 成 23 年 4 月 1 日 大 村 市 建 築 住 宅 課 目 次 1. 適 用 1 2. 事 前 協 議 及 び 取 扱 基 準 について (1) 事 前 協 議 1 (2) 取 扱 基 準 1 1) の 位 置 指 定 から 指 定 を 延 長 する 場 合 の 取 り 扱 い 1 2) 関 係 規 定 の 適 用 における 指

More information

<30325F9574985E2D315F91B98F9D955D89BF8AEE8F80816988C4816A5F48323289FC92F994C5>

<30325F9574985E2D315F91B98F9D955D89BF8AEE8F80816988C4816A5F48323289FC92F994C5> 付 録 1 損 傷 評 価 基 準 目 次 1 1 腐 食...1 2 2 亀 裂...3 3 3ゆるみ 脱 落...8 4 4 破 断... 10 5 5ひび 割 れ 漏 水 遊 離 石 灰... 11 6 6 剥 離 鉄 筋 露 出... 15 7 7 床 版 ひび 割 れ 遊 離 石 灰... 16 8 8 床 版 抜 け 落 ち... 18 9 9コンクリート 補 強 材 の 損 傷...

More information

図面審査指導基準

図面審査指導基準 ビル 衛 生 管 理 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 基 準 第 1 目 的 この 基 準 は 特 定 建 築 物 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 について 必 要 な 事 項 を 定 め 適 正 かつ 統 一 性 のある 指 導 を 行 うことにより 特 定 建 築 物 の 良 好 な 衛 生 的 環 境 を 確 保 し もって 町 田 市

More information

Microsoft Word - 01_むつ小川原港BCP160302-1(公表用).docx

Microsoft Word - 01_むつ小川原港BCP160302-1(公表用).docx むつ 小 川 原 港 BCP 平 成 28 年 3 月 むつ 小 川 原 港 港 湾 機 能 継 続 協 議 会 改 訂 履 歴 改 訂 年 月 改 訂 ページ 改 訂 内 容 H28.3.2 新 規 策 定 目 次 1. 港 湾 機 能 継 続 計 画 策 定 の 必 要 性 1 2. 想 定 地 震 津 波 の 規 模 及 び 回 復 目 標 の 設 定 4 2-1 想 定 地 震 津 波 の

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

<90DD8C768F91955C8E868169967B92AC93EC9594816A2D32>

<90DD8C768F91955C8E868169967B92AC93EC9594816A2D32> ( 建 設 リサイクル 法 に 関 する 条 件 明 示 等 ) 1. 本 工 事 は 建 設 工 事 に 係 る 資 材 の 再 資 源 化 等 に 関 する 法 律 (( 平 成 12 年 法 律 第 104 号 ) 以 下 建 設 リサイクル 法 という )に 基 づき 特 定 建 設 資 材 の 分 別 解 体 等 及 び 再 資 源 化 等 の 実 施 について 適 正 な 措 置 を 講

More information

施 工 の 合 理 化 記 述 例 1( 工 程 短 縮 による 施 工 の 合 理 化 ) 問 題 あなたが 経 験 した 建 築 工 事 のうち, 施 工 の 合 理 化 を 行 った 工 事 を1つ 選 び, 工 事 概 要 を 記 入 した 上 で, 次 の 問 いに 答 えなさい なお, 建 築 工 事 とは, 建 築 基 準 法 に 定 める 建 築 物 に 係 る 工 事 とする ただし,

More information

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 沖 縄 県 土 木 建 築 部 平 成 25 年 7 月 1 日 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 第 101 条 適 用 範 囲 1. 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 ( 以 下 共 通 仕 様 書 という )は 沖 縄 県 土 木 建 築 部 の 発 注 する 現 場 技 術 業 務 に 係 る 土 木 設 計 業 務 等 請

More information

<5461726F2D3238303330315F97D18BC690EA977093B98DEC90DD8E77906A>

<5461726F2D3238303330315F97D18BC690EA977093B98DEC90DD8E77906A> 16 林 業 専 用 道 作 設 指 針 北 海 道 スタンダ-ド 平 成 23 年 3 月 31 日 各 振 興 局 長 あて 森 林 第 1280 号 水 産 林 務 部 長 [ 沿 革 ] 平 成 26 年 3 月 28 日 森 整 第 1331 号 改 正 平 成 27 年 1 月 13 日 森 整 第 915 号 改 正 平 成 27 年 3 月 30 日 森 整 第 1201 号 改 正

More information

第 1 章 総 括 事 項 第 1 節 一 般 事 項 1 仕 様 書 の 適 用 この 仕 様 書 は 山 形 県 企 業 局 酒 田 水 道 事 務 所 発 注 の 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び 酒 田 工 業 用 水 道 天 日 乾 燥 床 管 理 業 務 委 託 に 適

第 1 章 総 括 事 項 第 1 節 一 般 事 項 1 仕 様 書 の 適 用 この 仕 様 書 は 山 形 県 企 業 局 酒 田 水 道 事 務 所 発 注 の 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び 酒 田 工 業 用 水 道 天 日 乾 燥 床 管 理 業 務 委 託 に 適 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び 酒 田 工 業 用 水 道 天 日 乾 燥 床 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 平 成 28 年 3 月 山 形 県 企 業 局 第 1 章 総 括 事 項 第 1 節 一 般 事 項 1 仕 様 書 の 適 用 この 仕 様 書 は 山 形 県 企 業 局 酒 田 水 道 事 務 所 発 注 の 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び

More information

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地 仕 様 書 1 業 務 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 における 土 壌 汚 染 調 査 にかかる 土 地 履 歴 調 査 業 務 委 託 2 業 務 期 間 契 約 日 ~ 平 成 27 年 3 月 20 日 3 実 施 場 所 ( 対 象 地 ) (1) 用 地 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 (2) 地 番 大 阪 市 浪 速 区 恵 美 須 西 3 丁 目 13 番 5 (3) 面 積

More information

目 次 第 1 編 共 通 編 第 1 章 総 則 第 1 節 総 則 1-1 1-1-1-1 適 用 1-1 1-1-1-2 用 語 の 定 義 1-1 1-1-1-3 設 計 図 書 の 照 査 等 1-6 1-1-1-4 施 工 計 画 書 1-6 1-1-1-5 コリンズ(CORINS)への

目 次 第 1 編 共 通 編 第 1 章 総 則 第 1 節 総 則 1-1 1-1-1-1 適 用 1-1 1-1-1-2 用 語 の 定 義 1-1 1-1-1-3 設 計 図 書 の 照 査 等 1-6 1-1-1-4 施 工 計 画 書 1-6 1-1-1-5 コリンズ(CORINS)への 電 気 通 信 設 備 工 事 共 通 仕 様 書 平 成 27 年 3 月 国 土 交 通 省 大 臣 官 房 技 術 調 査 課 電 気 通 信 室 目 次 第 1 編 共 通 編 第 1 章 総 則 第 1 節 総 則 1-1 1-1-1-1 適 用 1-1 1-1-1-2 用 語 の 定 義 1-1 1-1-1-3 設 計 図 書 の 照 査 等 1-6 1-1-1-4 施 工 計 画 書

More information

八街市耐震改修促進計画

八街市耐震改修促進計画 八 街 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 22 年 3 月 八 街 市 目 次 はじめに -------------------------------------------------- 1 第 1. 計 画 策 定 の 主 旨 -------------------------------------- 3 第 2. 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F918B8CFB97705F93B9984888CA92758E7792E88AD68C57964097DF8F5720323030382E30342E30312E444F43>

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F918B8CFB97705F93B9984888CA92758E7792E88AD68C57964097DF8F5720323030382E30342E30312E444F43> 一 般 配 布 用 鎌 ケ 谷 市 道 路 位 置 指 定 関 係 法 令 集 平 成 15 年 4 月 1 日 ( 平 成 20 年 4 月 1 日 一 部 改 訂 ) 鎌 ケ 谷 市 都 市 建 設 部 建 築 住 宅 課 Tel.047(445)1141( 内 )496 Fax.047(445)1400 目 次 1. 手 続 きの 流 れ 1 2. 添 付 書 類 2 3. 建 築 基 準 法

More information

Microsoft PowerPoint - 熊本地震被災調査(増田).pptx

Microsoft PowerPoint - 熊本地震被災調査(増田).pptx 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 公 共 土 木 施 設 の 被 災 状 況 と 斜 面 被 害 愛 媛 県 技 術 士 会 増 田 信 ( 愛 媛 建 設 コンサルタント) 1 被 災 調 査 員 : 愛 媛 県 技 術 士 会 会 長 須 賀 幸 一 ( 芙 蓉 コンサルタント) 副 会 長 増 田 信 ( 愛 媛 建 設 コンサルタント) 副 会 長 米 虫 聡 ( アースコンサルタント)

More information

<4D F736F F D C835894AD955C8E9197BF81698F4390B394C5816A2E646F63>

<4D F736F F D C835894AD955C8E9197BF81698F4390B394C5816A2E646F63> ドライクリーニング 工 場 に 係 る 調 査 状 況 並 びに 引 火 性 溶 剤 を 用 いるドライクリーニング 工 場 に 係 る 建 築 基 準 法 用 途 規 制 違 反 への 対 応 及 び 同 法 第 48 条 の 規 定 に 基 づく 許 可 の 運 用 に 関 する 技 術 的 助 言 について 平 成 22 年 9 月 10 日 国 土 交 通 省 引 火 性 溶 剤 を 用 いるドライクリーニング

More information

<3038937996D894EF>

<3038937996D894EF> 土 木 総 務 費 建 設 課 1. 各 種 申 請 状 況 (1) 道 路 占 用 掘 削 に 関 する 申 請 状 況 道 路 法 第 32 条 に 基 づき 道 路 工 作 物 物 件 又 は 施 設 を 設 け 継 続 して 道 路 を 使 用 する 場 合 においては 道 路 管 理 者 の 許 可 を 得 なければならない 平 成 25 年 度 における 申 請 件 数 は 次 のとおりである

More information

youshiki a(茨城県)_20140708

youshiki a(茨城県)_20140708 申 請 資 料 (1/5) 表 紙 ( 概 要 ) 登 録 No. a-14047 A-1 の 区 分 名 称 キャッチコヒ ー 1. 工 法 2. 機 械 3. 材 料 4. 製 品 5.その 他 1 現 場 仮 設 ソーラーシステムハウス( 災 害 対 応 型 ) 電 気 工 事 が 不 要 で 設 置 後 すぐに 使 用 可 能 安 全 迅 速 のシンプルハウス エコ&クリーンシステムで 環

More information

2 設 計 の 進 め 方 2.1 設 計 の 進 め 方 ( 全 般 ) (1) 受 託 者 は 建 築 基 準 法 及 び 建 築 士 法 等 の 法 令 上 の 設 計 者 となるので その 責 任 を 全 うしなければな らない (2) 設 計 は 建 築 基 準 法 及 び 関 係 法 令

2 設 計 の 進 め 方 2.1 設 計 の 進 め 方 ( 全 般 ) (1) 受 託 者 は 建 築 基 準 法 及 び 建 築 士 法 等 の 法 令 上 の 設 計 者 となるので その 責 任 を 全 うしなければな らない (2) 設 計 は 建 築 基 準 法 及 び 関 係 法 令 新 居 浜 市 防 災 拠 点 施 設 建 設 設 計 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 この 仕 様 書 は 新 居 浜 市 ( 以 下 発 注 者 という )が 発 注 する 下 記 の 業 務 に 関 して 受 注 者 が 当 該 業 務 を 履 行 するために 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 1 業 務 概 要 1.1 委 託 業 務 名 新 居 浜 市 防 災 拠 点 施 設

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

整 理 番 号 設 計 担 当 課 建 築 局 公 共 建 築 部 施 設 整 備 課 秋 葉 中 学 校 外 壁 改 修 その 他 工 事 に 伴 う 設 計 業 務 委 託 設 計 図 書 ( 金 額 入 り 金 抜 き ) 1 設 計 書 3 ページ 2 特 記 共 通 仕 様 書 一 式 3

整 理 番 号 設 計 担 当 課 建 築 局 公 共 建 築 部 施 設 整 備 課 秋 葉 中 学 校 外 壁 改 修 その 他 工 事 に 伴 う 設 計 業 務 委 託 設 計 図 書 ( 金 額 入 り 金 抜 き ) 1 設 計 書 3 ページ 2 特 記 共 通 仕 様 書 一 式 3 委 託 業 務 内 容 1 委 託 名 称 秋 葉 中 学 校 外 壁 改 修 その 他 工 事 に 伴 う 設 計 業 務 委 託 2 業 務 内 容 学 校 の 校 舎 は 経 年 劣 化 による 老 朽 化 等 により 不 具 合 が 生 じているため 安 全 性 の 確 保 及 び 適 正 な 維 持 保 全 施 設 の 長 寿 命 化 を 目 的 とした 外 壁 改 修 工 事 に 伴 う

More information

奈良市固定資産評価システム

奈良市固定資産評価システム 奈 良 市 固 定 資 産 評 価 システム 業 務 委 託 業 務 委 託 仕 様 書 平 成 27 年 5 月 奈 良 市 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 適 用 範 囲 ) 本 仕 様 書 は 奈 良 市 ( 以 下 発 注 者 という )が 受 託 者 に 業 務 委 託 する 奈 良 市 固 定 資 産 評 価 システム 業 務 委 託 ( 以 下 本 業 務 という )について 適

More information

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当 四 日 市 港 ポートビル 自 家 用 電 気 工 作 物 保 安 管 理 業 務 仕 様 書 1 目 的 本 仕 様 書 は 委 託 者 ( 以 下 甲 という )が 設 置 した 自 家 用 電 気 工 作 物 の 保 安 管 理 業 務 に 係 わる 委 託 契 約 の 内 容 について 当 該 業 務 のみを 内 容 とし 統 一 的 な 解 釈 及 び 運 用 を 図 るととも に その

More information

平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務 単 価 という )は 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交

平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務 単 価 という )は 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交 平 成 2 8 年 2 月 か ら 適 用 す る 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 表 平 成 2 8 年 1 月 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務

More information

公共建築設備数量積算基準 平成15年版

公共建築設備数量積算基準 平成15年版 公 共 建 築 設 備 数 量 積 算 基 準 平 成 15 年 版 平 成 15 年 3 月 31 日 国 営 計 第 196 号 この 基 準 は 国 土 交 通 省 官 庁 営 繕 部 及 び 地 方 整 備 局 等 営 繕 部 が 官 庁 施 設 の 営 繕 を 実 施 するための 基 準 として 制 定 したものです また この 基 準 は 官 庁 営 繕 関 係 基 準 類 等 の 統

More information

(2) 設 計 図 書 の 作 成 別 表 1 成 果 品 一 覧 による Ⅱ. 一 般 事 項 1. 本 仕 様 書 に 記 載 されていない 事 項 は 公 共 建 築 設 計 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 ( 平 成 21 年 版 ) ( 国 土 交 通 省 大 臣 官 房 官 庁 営

(2) 設 計 図 書 の 作 成 別 表 1 成 果 品 一 覧 による Ⅱ. 一 般 事 項 1. 本 仕 様 書 に 記 載 されていない 事 項 は 公 共 建 築 設 計 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 ( 平 成 21 年 版 ) ( 国 土 交 通 省 大 臣 官 房 官 庁 営 設 計 業 務 仕 様 書 平 成 27 年 度 1. 件 名 中 部 中 学 校 ほか14 校 武 道 場 ほか 吊 天 井 崩 落 対 策 工 事 設 計 業 務 委 託 2. 設 計 対 象 施 設 (1) 場 所 四 日 市 市 西 浦 二 丁 目 ほか14 町 地 内 (2) 既 存 施 設 概 要 記 号 施 設 名 称 構 造 規 模 等 RC 造 4 階 建 ( 対 象 部 分 3

More information

1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 について 決 定 した 都 道 府 県 別 職 種 別 の 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 一 覧 を 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 に 示 す

1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 について 決 定 した 都 道 府 県 別 職 種 別 の 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 一 覧 を 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 に 示 す 平 成 28 年 1 月 20 日 土 地 建 設 産 業 局 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 について 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交 通 省 が 平 成 27 年 10 月 に 実 施 した 公 共 事 業 労 務 費 調 査 に 基 づき 平 成 28 年 2 月 からの 公 共 工 事 の 工 事 費 の 積 算 に 用 いるための

More information

航空自衛官の体力測定実施基準について(通達)

航空自衛官の体力測定実施基準について(通達) 1 空 幕 教 第 129 号 例 規 20. 3.31 一 部 変 更 空 幕 教 第 84 号 (21.3.18) 一 部 変 更 空 幕 教 第 247 号 (21.8. 3) 一 部 変 更 空 幕 教 第 112 号 (23.3.31) 全 部 隊 長 全 機 関 の 長 殿 航 空 幕 僚 長 航 空 自 衛 官 の 体 力 測 定 実 施 基 準 について( 通 達 )( 登 録 報

More information

Untitled

Untitled 2 27 2 3601-1 28 2 26 R( 2 248 514 2514 建 築 設 計 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 第 1 章 業 務 概 要 1 業 務 名 称 : 南 方 熊 楠 記 念 館 ( 旧 館 ) 耐 震 改 修 工 事 設 計 業 務 2 計 画 施 設 概 要 本 業 務 の 対 象 となる 施 設 ( 以 下 対 象 施 設 という )の 概 要 は 次 のとおりとする

More information

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 要 望 事 項 の 内 容 及 び 説 明 - 15 - 1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 還 等 の 促 進 > ア 基 地 の 整

More information

常磐新線沿線開発地区周辺井戸水位及び地下水調査業務

常磐新線沿線開発地区周辺井戸水位及び地下水調査業務 H25.10.15 版 田 町 駅 東 口 北 地 区 公 園 引 継 図 書 作 成 その 他 設 計 業 務 特 記 仕 様 書 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 東 日 本 都 市 再 生 本 部 基 盤 整 備 部 緑 環 境 チーム チームリータ ー 担 当 1 田 町 駅 東 口 北 地 区 公 園 引 継 図 書 作 成 その 他 設 計 業 務 特 記 仕 様 書 第

More information

第 1 節 実 験 装 置 設 備 の 確 認 1.1 実 験 装 置 本 実 験 では 業 務 用 ガスコンロ(FUJIMAK 製 ガスローレンジ PGTL6-75A 14kw) 業 務 用 IH クッキングヒーター(FUJIMAK 製 電 磁 ローレンジ FICL5A 5kw) および IH 対

第 1 節 実 験 装 置 設 備 の 確 認 1.1 実 験 装 置 本 実 験 では 業 務 用 ガスコンロ(FUJIMAK 製 ガスローレンジ PGTL6-75A 14kw) 業 務 用 IH クッキングヒーター(FUJIMAK 製 電 磁 ローレンジ FICL5A 5kw) および IH 対 第 二 章 IH 加 熱 時 の 伝 熱 特 性 調 理 は 単 に 食 材 を 加 熱 するだけではなく 食 材 出 来 上 がりのこげ 加 減 など 視 覚 的 に 食 欲 を 促 進 させるためには 加 熱 性 能 も 重 要 な 要 素 になる IH とガス 加 熱 で 調 理 した 場 合 に 味 が 変 わると 言 われているが IH とガス 加 熱 で 直 接 味 に 影 響 す ることは

More information

<5461726F2D90DD8C7695CF8D58834B83438368838983438393814590DD8C76>

<5461726F2D90DD8C7695CF8D58834B83438368838983438393814590DD8C76> 設 計 変 更 ガイドライン 設 計 変 更 集 Q&A 平 成 24 年 3 月 北 海 道 建 設 部 建 設 管 理 局 技 術 管 理 課 16-1 設 計 変 更 ガイドライン 1 本 ガイドライン 策 定 の 背 景 1) 土 木 請 負 工 事 の 特 徴 土 木 工 事 では 個 別 に 設 計 された 極 めて 多 岐 にわたる 目 的 物 を 多 種 多 様 な 現 場 の 自

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63> 第 1 編 総 論 第 1 章 市 の 責 務 計 画 の 位 置 づけ 構 成 等 廿 日 市 市 ( 市 長 及 びその 他 の 執 行 機 関 をいう 以 下 市 という )は 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 する 責 務 にかんがみ 国 民 の 保 護 のための 措 置 を 的 確 かつ 迅 速 に 実 施 するため 以 下 のとおり 市 の 責 務 を 明 らかにするとともに

More information

2 3 4 5 6 7 8 1m 1 ( ) () ( ) 2 JIS 1 24 2 [L5,L50,L95] () 1.2m 1 24 10 第 5 章 参 考 資 料 < 参 考 資 料 > 第 5 章 線 形 設 計 に 係 わる 設 計 計 算 要 領 及

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030378EC08E7B967B95948BC696B1837D836A83858341838B>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030378EC08E7B967B95948BC696B1837D836A83858341838B> 実 施 本 部 業 務 マニュアル 平 成 26 年 3 月 被 災 宅 地 危 険 度 判 定 連 絡 協 議 会 このマニュアルでは 被 災 宅 地 危 険 度 判 定 制 度 を 迅 速 かつ 的 確 に 活 用 し その 目 的 であ る2 次 災 害 の 軽 減 防 止 住 民 の 安 全 確 保 を 確 実 に 行 うために 実 施 本 部 業 務 の 作 成 につ いて 具 体 的 に

More information

1.施工パッケージ型積算方式の概要

1.施工パッケージ型積算方式の概要 施 工 パッケージ 型 積 算 方 式 に 関 する 説 明 会 千 葉 県 県 土 整 備 部 技 術 管 理 課 平 成 26 年 8 月 27 日 施 工 パッケージ 型 積 算 方 式 とは 国 が 平 成 24 年 10 月 から 試 行 導 入 を 開 始 した 新 たな 積 算 方 式 直 接 工 事 費 の 算 出 従 来 の 積 上 げ 方 式 : 歩 掛 施 工 パッケージ 型

More information

<819D967B95D25F91E D25F8CF08DB7935F82CC90DD8C762E786477>

<819D967B95D25F91E D25F8CF08DB7935F82CC90DD8C762E786477> 第 3 編 第 3 編 交 差 点 の 設 計 交 差 点 の 設 計 63 64 第 3 編 交 差 点 の 設 計 目 次 1. 適 用... 3-1 2. 交 差 点 の 計 画 基 準... 3-2 2.1 計 画 基 準... 3-2 3. 平 面 交 差 点 の 計 画 と 設 計 手 順... 3-3 3.1 計 画 と 設 計 の 手 順... 3-3 3.2 計 画 交 差 点 の

More information

別 添 1 中 間 検 査 実 施 基 準 ( 目 的 ) 第 1 この 基 準 は 静 岡 県 建 設 工 事 検 査 要 領 に 基 づく 中 間 検 査 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め るものとする ( 中 間 検 査 の 指 定 ) 第 2 中 間 検 査 の 対 象

別 添 1 中 間 検 査 実 施 基 準 ( 目 的 ) 第 1 この 基 準 は 静 岡 県 建 設 工 事 検 査 要 領 に 基 づく 中 間 検 査 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め るものとする ( 中 間 検 査 の 指 定 ) 第 2 中 間 検 査 の 対 象 静 岡 県 建 設 工 事 検 査 要 領 の 運 用 について 1 中 間 検 査 について( 第 3 条 ) 中 間 検 査 の 実 施 は 別 添 1 中 間 検 査 実 施 基 準 によるものとする 2 検 査 の 対 象 について( 第 4 条 ) (1) 本 庁 検 査 の 対 象 となる 検 査 は 知 事 部 局 に 係 る 建 設 工 事 の 検 査 であるが 教 育 委 員 会

More information

18 18 18 18 18 18 18 図 又 は 完 成 図 の 作 成 のため 以 外 に 使 用 してはならない 図 又 は 完 成 図 の 作 成 のため 以 外 に 使 用 してはならない 図 又 は 完 成 図 の 作 成 のため 以 外 に 使 用 してはならない 図 又 は 完 成 図 の 作 成 のため 以 外 に 使 用 してはならない 図 又 は 完 成 図 の 作 成 のため

More information

Taro-zyorei.jtd

Taro-zyorei.jtd 沖 縄 県 港 湾 管 理 条 例 - 抄 - ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 条 例 は 港 湾 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 218 号 以 下 法 という )の 規 定 により 県 が 管 理 する 港 湾 の 利 用 及 び 管 理 に 関 して 必 要 な 事 項 を 定 めるもの とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 条 例 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語

More information

別 紙 ー12 [ 記 入 方 法 ] 該 当 する 項 目 のにレマークを 記 入 する なお 工 事 規 模 工 事 内 容 等 により 評 価 の 対 象 としない 項 目 は を 空 白 とし 評 価 対 象 項 目 に 取 り 消 し 線 を 付 ける ( 監 督 員 ) 考 査 項 目

別 紙 ー12 [ 記 入 方 法 ] 該 当 する 項 目 のにレマークを 記 入 する なお 工 事 規 模 工 事 内 容 等 により 評 価 の 対 象 としない 項 目 は を 空 白 とし 評 価 対 象 項 目 に 取 り 消 し 線 を 付 ける ( 監 督 員 ) 考 査 項 目 別 紙 -11 [ 記 入 方 法 ] 該 当 する 項 目 のにレマークを 記 入 する なお 工 事 規 模 工 事 内 容 等 により 評 価 の 対 象 としない 項 目 は を 空 白 とし 評 価 対 象 項 目 に 取 り 消 し 線 を 付 ける ( 監 督 員 ) 考 査 項 目 細 別 1. 施 工 体 制 Ⅰ. 施 工 体 制 一 般 施 工 体 制 が 適 切 である 他 の

More information

Microsoft Word - 05編_建築物被害.doc

Microsoft Word - 05編_建築物被害.doc 第 5 編 建 築 物 被 害 の 想 定 5-1 5.1 被 害 基 準 5-1 5.2 現 況 データ 5-5 5.3 揺 れによる 被 害 5-13 5.3.1 予 測 方 針 5-13 5.3.2 予 測 手 法 5-14 5.3.3 予 測 結 果 5-16 5.4 液 状 化 による 被 害 5-20 5.4.1 予 測 方 針 5-20 5.4.2 予 測 手 法 5-21 5.4.3

More information

古賀市土地対策指導要綱に関する公共・公益施設整備の手引き

古賀市土地対策指導要綱に関する公共・公益施設整備の手引き 古 賀 市 土 地 対 策 指 導 要 綱 に 関 する 公 共 公 益 施 設 整 備 の 手 引 き ( 平 成 25 年 4 月 1 日 ) 本 書 は 古 賀 市 土 地 対 策 指 導 要 綱 に 定 められた 公 共 公 益 施 設 の 各 整 備 指 導 基 準 を 要 約 したものです この 他 各 基 準 の 詳 細 については 各 担 当 課 にお 尋 ねください 1. 道 路

More information

平成12年11月5日

平成12年11月5日 平 成 28 年 度 千 葉 幸 町 団 地 エレベーター 設 置 土 質 調 査 業 務 仕 様 書 業 務 名 称 : 平 成 28 年 度 千 葉 幸 町 団 地 エレベーター 設 置 土 質 調 査 業 務 調 査 地 : 千 葉 県 千 葉 市 美 浜 区 幸 町 2 調 査 期 間 : 契 約 締 結 日 の 翌 日 ~ 平 成 28 年 8 月 22 日 ( 最 短 90 日 間 )

More information

改 訂 事 項 改 訂 事 項 P313 ⑵ 同 時 使 用 水 量 P313 ⑵ 同 時 使 用 水 量 ~18 給 水 用 具 が 多 い 建 物 等 で 同 時 使 用 水 量 により 必 要 とする 給 水 管 の 口 径 ( 管 内 流 速 は 毎 秒 2.0メートル 以 ~18 直 結

改 訂 事 項 改 訂 事 項 P313 ⑵ 同 時 使 用 水 量 P313 ⑵ 同 時 使 用 水 量 ~18 給 水 用 具 が 多 い 建 物 等 で 同 時 使 用 水 量 により 必 要 とする 給 水 管 の 口 径 ( 管 内 流 速 は 毎 秒 2.0メートル 以 ~18 直 結 改 訂 事 項 改 訂 事 項 P11 1.2 用 語 の 定 義 P11 1.2 用 語 の 定 義 ~2 この 施 行 要 領 において 用 いられる 主 な 用 語 の 定 義 は 次 のとおりとする ~2 この 施 行 要 領 において 用 いられる 主 な 用 語 の 定 義 は 次 のとおりとする 1~16 1~16 17 直 結 給 水 システム 設 計 施 工 基 準 とは さいたま

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323388A295908C4790EC814596C290A390EC8145966B8FE390EC82CC94ED8A512E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323388A295908C4790EC814596C290A390EC8145966B8FE390EC82CC94ED8A512E646F63> 阿 武 隈 川 鳴 瀬 川 北 上 川 の 被 害 株 式 会 社 エイト 日 本 技 術 開 発 保 全 耐 震 防 災 事 業 部 東 京 支 社 保 全 耐 震 防 災 部 土 谷 基 大 岩 田 克 司 藤 本 哲 生 1.はじめに 2011 年 3 月 11 日 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 (Mw=9.0)が 発 生 し 宮 城 県 栗 原 市 築 館 で 最 大 震 度

More information

<874681408E9197BF34814088DB8E9D8AC7979D8C7689E68F9181602E786477>

<874681408E9197BF34814088DB8E9D8AC7979D8C7689E68F9181602E786477> 土 地 改 良 区 の 維 持 管 理 計 画 の 変 更 について 1 土 地 改 良 区 の 維 持 管 理 計 画 とは 平 成 28 年 2 月 4 日 ( 木 ) 熊 本 県 農 村 計 画 課 土 地 改 良 指 導 班 土 地 改 良 法 の 中 には 実 は 維 持 管 理 計 画 という 表 記 はありません 土 地 改 良 法 第 7 条 第 1 項 などに 登 場 する 土 地

More information

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に 宮 城 県 警 察 組 織 犯 罪 対 策 要 綱 第 1 要 綱 の 目 的 この 要 綱 は 組 織 犯 罪 が 治 安 に 重 大 な 影 響 を 与 えるものであることに 鑑 み 本 県 警 察 が 一 体 的 に 犯 罪 組 織 の 実 態 を 的 確 に 把 握 し 所 要 の 対 策 を 講 じ 効 果 的 な 打 撃 を 与 えることにより 犯 罪 組 織 の 弱 体 化 及 び 壊

More information

別 紙 共 通 仮 設 費 算 定 基 準 1. 総 則 この 算 定 基 準 は, 間 接 工 事 費 のうち 共 通 仮 設 費 の 算 定 に 係 る 必 要 な 事 項 を 定 めたものである 共 通 仮 設 費 の 構 成 は, 下 記 のとおりとする 運 搬 費 準 備 費 事 業 損

別 紙 共 通 仮 設 費 算 定 基 準 1. 総 則 この 算 定 基 準 は, 間 接 工 事 費 のうち 共 通 仮 設 費 の 算 定 に 係 る 必 要 な 事 項 を 定 めたものである 共 通 仮 設 費 の 構 成 は, 下 記 のとおりとする 運 搬 費 準 備 費 事 業 損 5. 土 木 請 負 工 事 の 共 通 仮 設 費 算 定 基 準 各 地 方 整 備 局 長 北 海 道 開 発 局 長 あて 国 土 技 術 政 策 総 合 研 究 所 長 最 終 改 正 国 官 技 第 276 号 平 成 26 年 3 月 14 日 国 土 交 通 省 大 臣 官 房 技 術 審 議 官 土 木 請 負 工 事 の 共 通 仮 設 費 算 定 基 準 の 一 部 改 定 について

More information

調査表・実績表

調査表・実績表 様 式 -3 新 技 術 調 査 表 (1) 登 録 番 号 1301013 名 称 ドリリングプレス 工 法 作 成 年 月 日 2014 年 1 月 8 日 更 新 年 月 日 2015 年 11 月 25 日 副 題 鋼 管 矢 板 中 掘 圧 入 工 法 (パイラー 式 ) 開 発 年 月 日 2002 年 9 月 1 日 分 開 発 者 野 開 発 会 社 提 案 会 社 兼 問 い 合

More information

E2B81DD7E532767549256B5A000445C

E2B81DD7E532767549256B5A000445C 主 文 1 原 告 と 被 告 との 間 において, 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 各 土 地 が 原 告 の 所 有 であることを 確 認 する 2 訴 訟 費 用 は 被 告 の 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 請 求 主 文 と 同 旨 第 2 事 案 の 概 要 本 件 は, 原 告 が 被 告 に 対 し, 静 岡 県 志 太 郡 A 町 に 存 在 する 大 井 川

More information

4 基 本 計 方 針 の 策 定 ⅰ 総 合 検 討 ⅱ 基 本 計 方 針 の 策 定 及 び 建 築 主 への 説 明 5 基 本 計 図 書 の 作 成 6 概 算 工 事 費 の 検 討 7 基 本 計 内 容 の 建 築 主 への 説 明 等 1 要 求 の 確 認 ⅰ 建 築 主 の

4 基 本 計 方 針 の 策 定 ⅰ 総 合 検 討 ⅱ 基 本 計 方 針 の 策 定 及 び 建 築 主 への 説 明 5 基 本 計 図 書 の 作 成 6 概 算 工 事 費 の 検 討 7 基 本 計 内 容 の 建 築 主 への 説 明 等 1 要 求 の 確 認 ⅰ 建 築 主 の 四 日 市 市 霞 ヶ 浦 緑 地 新 テニス 場 計 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 Ⅰ 業 務 概 要 1. 業 務 の 名 称 : 四 日 市 市 霞 ヶ 浦 緑 地 新 テニス 場 計 業 務 委 託 2. 業 務 の 場 所 : 四 日 市 市 大 字 羽 津 甲 地 内 3. 施 の 名 称 : 仮 称 四 日 市 市 霞 ヶ 浦 緑 地 新 テニス 場 4. 施 の 用 途 : 平

More information

親 族 には 限 られないが 同 居 とは 法 第 5 条 第 5 項 の 同 居 の 親 族 と 同 じ 概 念 で ある 具 体 的 には 同 一 の 家 屋 であっても 中 が 壁 等 で 仕 切 られており 家 計 炊 事 等 を 一 切 別 個 にしていて 全 くの 別 世 帯 とみなされ

親 族 には 限 られないが 同 居 とは 法 第 5 条 第 5 項 の 同 居 の 親 族 と 同 じ 概 念 で ある 具 体 的 には 同 一 の 家 屋 であっても 中 が 壁 等 で 仕 切 られており 家 計 炊 事 等 を 一 切 別 個 にしていて 全 くの 別 世 帯 とみなされ 大 通 達 甲 ( 生 企 ) 第 4 号 平 成 2 1 年 5 月 2 9 日 本 部 例 規 (1 年 ) 簿 冊 名 学 校 署 例 規 本 部 1 年 保 存 期 間 学 校 署 常 用 本 部 各 課 所 隊 室 長 警 察 学 校 長 殿 各 警 察 署 長 生 活 安 全 部 長 銃 砲 刀 剣 類 所 持 等 取 締 法 第 29 条 の 規 定 による 公 安 委 員 会 に 対

More information

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc 様 式 編 様 式 目 次 様 式 番 号 名 称 様 式 ページ 様 式 第 1 非 常 配 備 日 誌 1 様 式 第 2 災 害 情 報 2 様 式 第 3(a) 第 1 報 3 様 式 第 3(b) 災 害 発 生 直 後 の 状 況 4 様 式 第 3(c) 災 害 発 生 状 況 等 ( 速 報 確 定 報 告 ) 5 様 式 第 4 人 的 被 害 6 様 式 第 5 避 難 状 況

More information

第 節 ○○計画

第 節 ○○計画 第 40 節 ライフライン 応 急 対 策 (ガス) 本 所 災 害 対 策 班 都 市 施 設 班 庁 舎 総 務 企 画 班 建 設 班 実 施 主 体 鶴 岡 ガス( 株 ) 庄 内 中 部 ガス( 株 ) LPガス 充 てん 事 業 所 計 画 の 目 的 鶴 岡 ガス 株 式 会 社 及 び 庄 内 中 部 ガス 株 式 会 社 並 びにその 他 ガス 事 業 者 は 災 害 発 生 後

More information

<92A0955B>

<92A0955B> 設 内 訳 書 舗 装 工 事 名 下 関 北 バイパス 富 任 地 区 安 全 施 設 設 置 工 事 ( 当 初 ) 事 業 区 分 道 路 新 設 改 築 工 事 区 分 舗 装 工 事 区 分 工 種 種 別 細 別 増 減 増 減 防 護 柵 工 作 業 土 工 床 掘 り 無 し 埋 戻 し 基 面 整 正 路 側 防 護 柵 工 式 1 86,815,805 式 1 84,275,048

More information

Taro-①【各種基準】建設副産物の

Taro-①【各種基準】建設副産物の 建 設 副 産 物 の 処 理 基 準 及 び 再 生 資 材 の 利 用 基 準 平 成 22 年 4 月 改 正 千 葉 県 目 次 建 設 副 産 物 について 1 建 設 副 産 物 とは 1 2 建 設 副 産 物 と 再 生 資 源 廃 棄 物 との 関 係 1 建 設 副 産 物 の 処 理 基 準 及 び 再 生 資 材 の 利 用 基 準 1 目 的 3 2 対 象 事 業 3 3

More information

目 次 第 1 基 本 的 考 え 方 1. 計 画 の 背 景 と 目 的 1 2. 計 画 の 対 象 等 3 3. 計 画 のフォローアップ 5 第 2 具 体 的 施 策 の 概 要 1. 建 設 リサイクル 推 進 にあたっての 課 題 6 2. 個 別 課 題 に 対 する 取 り 組

目 次 第 1 基 本 的 考 え 方 1. 計 画 の 背 景 と 目 的 1 2. 計 画 の 対 象 等 3 3. 計 画 のフォローアップ 5 第 2 具 体 的 施 策 の 概 要 1. 建 設 リサイクル 推 進 にあたっての 課 題 6 2. 個 別 課 題 に 対 する 取 り 組 栃 木 県 建 設 リサイクル 推 進 計 画 2012 平 成 24 年 4 月 栃 木 県 建 設 副 産 物 対 策 協 議 会 目 次 第 1 基 本 的 考 え 方 1. 計 画 の 背 景 と 目 的 1 2. 計 画 の 対 象 等 3 3. 計 画 のフォローアップ 5 第 2 具 体 的 施 策 の 概 要 1. 建 設 リサイクル 推 進 にあたっての 課 題 6 2. 個 別

More information

白 紙

白 紙 橋 梁 設 計 の 手 引 き 平 成 2 7 年 4 月 石 川 県 土 木 部 白 紙 白 紙 橋 梁 設 計 の 手 引 き 第 3 回 改 訂 の 主 な 内 容 章 改 訂 内 容 全 般 単 位 用 語 等 を 道 路 橋 示 方 書 と 統 一 第 1 章 総 則 各 社 名 称 の 修 正 第 2 章 橋 梁 計 画 長 大 橋 の 路 肩 縮 小 規 定 について 追 記 ライフサイクルコスト

More information

1. 総 説 1.1 背 景 橋 梁 コンクリート 床 版 の 防 水 層 として 2010 年 より 技 術 基 準 化 された 床 版 防 水 層 グレ ードⅡ 上 の 舗 装 に 対 して 従 前 のものより 施 工 性 を 向 上 させることが 求 められたことを 背 景 に,NEXCO 総

1. 総 説 1.1 背 景 橋 梁 コンクリート 床 版 の 防 水 層 として 2010 年 より 技 術 基 準 化 された 床 版 防 水 層 グレ ードⅡ 上 の 舗 装 に 対 して 従 前 のものより 施 工 性 を 向 上 させることが 求 められたことを 背 景 に,NEXCO 総 高 性 能 床 版 防 水 に 適 合 した 新 たな 橋 梁 レベリング 層 用 アスファルト 混 合 物 設 計 施 工 暫 定 要 領 平 成 26 年 12 月 東 日 本 高 速 道 路 1. 総 説 1.1 背 景 橋 梁 コンクリート 床 版 の 防 水 層 として 2010 年 より 技 術 基 準 化 された 床 版 防 水 層 グレ ードⅡ 上 の 舗 装 に 対 して 従 前

More information

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業 第 4 部 災 害 種 別 対 策 計 画 第 1 章 海 上 災 害 対 策 第 1 節 周 辺 海 域 の 状 況 及 び 海 上 災 害 の 態 様 1 本 市 周 辺 海 域 の 状 況 本 市 の 海 岸 及 び 周 辺 海 域 は 本 市 港 湾 区 域 を 含 む 東 京 湾 側 と 5 つの 漁 港 区 域 を 含 む 相 模 湾 側 に 分 かれる 東 京 湾 側 は その 正 面

More information

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク 太 田 市 都 市 計 画 道 路 見 直 し 案 平 成 28 年 3 月 太 田 市 目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワークの 検 証

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20874431313036323490E591E489968A988D60816990E591E48D608BE6819589968A988D608BE6816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20874431313036323490E591E489968A988D60816990E591E48D608BE6819589968A988D608BE6816A> 1 5. 仙 台 塩 釜 港 ( 仙 台 港 区 ) 6. 仙 台 塩 釜 港 ( 塩 釜 港 区 ) 調 査 団 メンバー 小 黒 章 二 八 谷 好 高 菅 野 真 弘 亀 井 重 信 建 設 マネジメント 研 究 所 主 任 研 究 員 理 事 兼 建 設 マネジメント 研 究 所 副 所 長 調 査 部 調 査 役 仙 台 支 部 調 査 役 仙 台 塩 釜 港 調 査 行 程 塩 釜 港

More information

計画書

計画書 第 5 章 騒 音 振 動 1 概 要 騒 音 とは やかましい 音 好 ましくない 音 の 総 称 である 騒 音 であるか 否 かは 聞 く 人 の 主 観 に よって 決 まるため 個 人 差 があり その 人 の 心 理 状 態 や 健 康 状 態 などによっても 左 右 される 騒 音 振 動 発 生 源 のうち 工 場 事 業 場 特 定 建 設 作 業 道 路 交 通 については それぞれ

More information

浜 3 4 号 機 の 審 査 状 況 について 1 新 規 制 基 準 施 に 伴 う 審 査 状 況 T3 4 (H25.7.8) 申 請 T3 4 T3 4 (H25.7.8)(H25.8.5) 追 加 申 申 請 請 1 原 炉 設 置 変 更 許 可 申 請 の 審 査 補 正 1 1:H

浜 3 4 号 機 の 審 査 状 況 について 1 新 規 制 基 準 施 に 伴 う 審 査 状 況 T3 4 (H25.7.8) 申 請 T3 4 T3 4 (H25.7.8)(H25.8.5) 追 加 申 申 請 請 1 原 炉 設 置 変 更 許 可 申 請 の 審 査 補 正 1 1:H 資 料 No.1-1 高 浜 発 電 所 3 4 号 機 工 事 計 画 の 概 要 について 平 成 27 年 9 月 3 日 関 西 電 力 株 式 会 社 浜 3 4 号 機 の 審 査 状 況 について 1 新 規 制 基 準 施 に 伴 う 審 査 状 況 T3 4 (H25.7.8) 申 請 T3 4 T3 4 (H25.7.8)(H25.8.5) 追 加 申 申 請 請 1 原 炉 設

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

路 位 置 指 定 の 変 更 申 請 書 ( 様 式 第 2 号 ) 又 は 廃 止 申 請 書 ( 様 式 第 3 号 )に 申 請 手 数 料 を 添 えて 特 定 行 政 庁 に 提 出 しなければならない 2 位 置 指 定 道 路 の 変 更 又 は 廃 止 に 係 る 取 扱 いについ

路 位 置 指 定 の 変 更 申 請 書 ( 様 式 第 2 号 ) 又 は 廃 止 申 請 書 ( 様 式 第 3 号 )に 申 請 手 数 料 を 添 えて 特 定 行 政 庁 に 提 出 しなければならない 2 位 置 指 定 道 路 の 変 更 又 は 廃 止 に 係 る 取 扱 いについ 熊 本 市 道 路 位 置 指 定 取 扱 い 基 準 制 定 平 成 5 年 5 月 5 日 制 定 改 正 平 成 17 年 4 月 8 日 改 正 平 成 21 年 7 月 1 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 平 成 24 年 11 月 1 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 平 成 25 年 8 月 30 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032343130323993DE97C78CA78CA48F4389EF8E96914F9197957481698C9A90DD8BC6964097DF8F858EE7816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032343130323993DE97C78CA78CA48F4389EF8E96914F9197957481698C9A90DD8BC6964097DF8F858EE7816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 建 設 業 法 令 遵 守 について 平 成 24 年 11 月 28 日 近 畿 地 方 整 備 局 建 政 部 建 設 産 業 課 1 建 設 業 法 の 目 的 と 建 設 業 許 可 について 2 1 の 効 請 仕 力 負 事 を は 生 の ずる 結 当 果 事 に 者 対 の してその 一 方 がある 報 酬 仕 を 事 支 を 払 完 うことを 成 することを 約 することによって

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B8C49938C8E738E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E690A7937882CC895E97708AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B8C49938C8E738E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E690A7937882CC895E97708AEE8F802E646F63> 栗 東 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより 市 街 化 調 整 区 域 における 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 形 成 並 びに 適 正

More information

静 岡 県 三 島 市 一 番 町 5 番 0 号 静 岡 県 三 島 市 一 番 町 5 番 0 号 静 岡 県 三 島 市 一 番 町 5 番 0 号 静 岡 県 三 島 市 一 番 町 5 番 0 号 静 岡 県 三 島 市 一 番 町 5 番 0 号 静 岡 県 三 島 市 一 番 町 5

静 岡 県 三 島 市 一 番 町 5 番 0 号 静 岡 県 三 島 市 一 番 町 5 番 0 号 静 岡 県 三 島 市 一 番 町 5 番 0 号 静 岡 県 三 島 市 一 番 町 5 番 0 号 静 岡 県 三 島 市 一 番 町 5 番 0 号 静 岡 県 三 島 市 一 番 町 5 平 成 年 度 県 営 住 宅 原 団 地 外 壁 補 (,D 号 棟 ) 集 会 所 図 面 目 録 設 計 図 図 面 番 号 称 図 面 番 号 称 共 通 図 表 紙 図 面 目 録 NON SLE 集 会 所 - 前 平 面 詳 細 図 / S - 特 仕 様 書 ( ) NON SLE 意 匠 図 - 0 平 面 詳 細 図 / S - 特 仕 様 書 ( ) NON SLE - 展 開

More information

<4D F736F F D E B782AB82DE82E782F182C78BC696B18E64976C8F F4390B38DCF82DD816A2E646F63>

<4D F736F F D E B782AB82DE82E782F182C78BC696B18E64976C8F F4390B38DCF82DD816A2E646F63> すきむらんど 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 ( 平 成 29 年 4 月 1 日 ~ 平 成 34 年 3 月 31 日 分 ) 小 林 市 須 木 庁 舎 地 域 振 興 課 1 すきむらんど 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 すきむらんどの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 びその 範 囲 等 は この 仕 様 書 ( 以 下 本 仕 様 書 と いう)による

More information

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477>

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477> 開 発 許 可 審 査 基 準 平 成 24 年 8 月 春 日 部 市 目 次 総 則 第 01 目 的 1 第 02 法 令 の 略 称 規 定 1 第 03 開 発 行 為 の 定 義 1 都 市 計 画 法 第 29 条 開 発 行 為 の 許 可 3 都 市 計 画 法 第 33 条 開 発 許 可 の 基 準 5 都 市 計 画 法 第 34 条 市 街 化 調 整 区 域 の 許 可

More information

給水装置工事施行要領

給水装置工事施行要領 5 図 面 作 成 5.1 図 面 作 成 図 面 は 給 水 装 置 計 画 の 技 術 的 表 現 であり 工 事 施 行 の 際 の 基 礎 であるとともに 給 水 装 置 の 適 切 な 維 持 管 理 のための 必 須 の 資 料 であるので 明 確 かつ 容 易 に 理 解 できるもの であること 1 図 面 は 設 計 図 と 給 水 装 置 しゅん 工 図 ( 以 下 しゅん 工 図

More information