<4D F736F F D2095BD90AC E D CA48B868C8B89CA95F18D908F B837D E703529>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D F736F F D2095BD90AC E D CA48B868C8B89CA95F18D908F B837D E703529>"

Transcription

1 調 査 研 究 報 告 書 マンションの 管 理 組 合 会 計 平 成 25 年 7 月

2 はじめに マンションの 管 理 組 合 の 会 計 処 理 については 企 業 会 計 と 異 なり 事 業 所 得 がほとんどないため 税 務 署 への 申 告 義 務 はありません したがって 管 理 組 合 毎 に 様 々な 会 計 処 理 が 行 われています 特 に 自 主 管 理 を 行 っている 管 理 組 合 では 基 本 的 な 会 計 処 理 が 行 われていない 管 理 組 合 も 見 られます この 報 告 書 では 管 理 組 合 業 務 を 管 理 会 社 に 委 託 している 場 合 の 会 計 処 理 の モデルを 検 証 し 会 計 処 理 にかかる 細 則 モデルを 紹 介 します 1 管 理 組 合 の 会 計 処 理 の 基 本 的 事 項 (1) 会 計 種 目 管 理 組 合 会 計 は 次 の4つに 区 分 経 理 することが 推 奨 されています 1 管 理 費 会 計 2 修 繕 積 立 金 会 計 3 駐 車 場 使 用 料 金 会 計 4 総 会 で 定 められたその 他 の 特 別 会 計 マンションの 状 況 によって 3および4のいわゆる 特 別 会 計 がない 場 合 は 駐 車 場 使 用 料 金 やその 他 の 使 用 料 金 を 管 理 費 会 計 又 は 修 繕 積 立 金 会 計 に 充 当 し 管 理 費 会 計 と 修 繕 積 立 金 会 計 の 二 つに 区 分 して 経 理 を 行 っている 管 理 組 合 が 多 くあります (2) 帳 票 作 成 の 原 則 管 理 会 社 の 会 計 担 当 者 又 は 管 理 組 合 の 会 計 を 担 当 する 理 事 は 正 規 の 簿 記 の 原 則 に 従 って 会 計 帳 簿 に 正 確 に 記 入 し 各 年 度 における 収 支 決 算 書 と 貸 借 対 照 表 を 作 成 することが 会 計 処 理 の 原 則 です ここで 正 規 の 簿 記 の 原 則 とは 複 式 簿 記 に 基 づき 会 計 書 類 を 作 成 することを 意 味 しています (3) 会 計 帳 簿 会 計 帳 簿 として 次 の 帳 簿 を 備 えることが 望 ましいところです 1 仕 訳 帳 2 総 勘 定 元 帳 3 現 金 出 納 帳 4 預 金 出 納 帳 5 什 器 備 品 台 帳 6 固 定 資 産 台 帳 7 敷 金 預 り 台 帳 8 積 立 金 台 帳 9 有 価 証 券 台 帳 10 理 事 会 で 必 要 と 認 めた 帳 簿 1

3 2 管 理 組 合 の 収 入 (1) 管 理 費 敷 地 および 共 用 部 分 等 のうち 組 合 管 理 部 分 の 通 常 の 管 理 に 要 する 費 用 で マンション 標 準 管 理 規 約 ( 以 下 標 準 管 理 規 約 という )によれば 駐 車 場 収 入 などの 専 用 使 用 料 も 充 当 できるとしています 管 理 費 の 負 担 割 合 は 専 有 部 分 の 床 面 積 また 登 記 面 積 ( 持 ち 分 比 率 )による 場 合 が 標 準 的 です 専 有 部 分 の 床 面 積 当 たりの 管 理 費 のm2 単 価 の 算 出 方 法 は 次 のとおりです A. 組 合 年 間 の 支 出 経 費 を 算 出 B. 駐 車 料 金 ( 月 額 年 間 収 入 )を 設 定 管 理 費 m2 単 価 = 実 経 費 (A-B) マンション 合 計 専 有 面 積 計 算 例 A.300 万 円 / 年 - B.60 万 円 / 年 = 240 万 円 / 年 合 計 専 有 面 積 が 2,000m2の 場 合 2,400,000 円 12ヶ 月 2,000m2 =100 円 /m2 専 有 面 積 が 70m2の 部 屋 は 70m2 100 円 /m2 = 7,000 円 / 月 なお マンション 管 理 新 聞 2013 年 7 月 5 日 号 によれば 八 王 子 市 のマン ションの1m2 当 たりの 管 理 費 は167 円 です (2) 修 繕 積 立 金 標 準 管 理 規 約 によれば 敷 地 および 共 用 部 分 等 にかかわる 次 の 各 項 の 費 用 と して 積 み 立 て 次 の 各 項 の 特 別 の 管 理 に 要 する 経 費 に 限 って 取 り 崩 すことがで きます 1 一 定 年 数 の 経 過 ごとに 定 期 的 かつ 計 画 的 に 行 う 修 繕 費 用 2 不 足 の 事 故 その 他 の 自 由 および 故 障 を 未 然 に 防 止 する 修 繕 費 用 3 敷 地 および 共 用 部 分 等 の 変 更 に 要 する 費 用 4 建 物 の 建 替 えに 係 る 合 意 形 成 に 必 要 となる 事 項 の 調 査 費 用 5 区 分 所 有 者 全 体 の 利 益 のため 特 別 に 要 する 費 用 3 管 理 会 社 に 全 部 委 託 した 場 合 の 一 般 会 計 の 支 出 (1) 定 額 管 理 費 1 管 理 員 業 務 費 2

4 2 事 務 管 理 業 務 費 3 管 理 手 数 料 (2) 設 備 管 理 業 務 費 1エレベーター 保 守 費 2 貯 水 槽 保 守 料 3 消 防 設 備 点 検 料 4 定 額 清 掃 業 務 費 5 給 水 システム 保 守 料 624 時 間 監 視 料 7 機 械 式 駐 車 場 保 守 料 8 建 築 設 備 定 期 検 査 料 9 簡 易 専 用 水 道 検 査 料 10 排 水 管 清 掃 費 ~など (3) 定 額 委 託 業 務 費 以 外 の 費 用 共 用 部 分 直 接 費 1 共 用 部 分 電 気 料 2 共 用 水 道 料 3 管 理 員 室 電 気 料 4 共 用 部 分 保 険 料 5 備 品 消 耗 品 費 6 小 規 模 修 繕 費 7 植 栽 保 守 費 8 組 合 運 営 費 9 口 座 振 替 手 数 料 10 理 事 会 総 会 資 料 コピー 郵 送 料 11 予 備 費 ~など (4) 消 費 税 4 委 託 業 務 費 の 各 支 出 内 訳 (1) 定 額 管 理 費 1 管 理 員 業 務 費 直 接 人 件 費 基 本 給 時 給 勤 務 時 間 勤 務 日 通 勤 手 当 週 勤 務 日 数 住 込 み 手 当 3

5 間 接 人 件 費 ( 会 社 負 担 分 ) 会 社 経 費 健 康 保 険 料 厚 生 年 金 保 険 料 雇 用 保 険 料 労 災 保 険 料 介 護 保 険 料 厚 生 年 金 基 金 児 童 手 当 拠 出 金 賞 与 引 当 金 退 職 金 引 当 金 福 利 厚 生 費 被 服 費 代 行 管 理 員 経 費 管 理 事 務 費 一 般 管 理 費 ( 直 接 人 件 費 + 賞 与 引 当 金 ) 43.0/1000 ( 直 接 人 件 費 + 賞 与 引 当 金 ) 62.56/1000 ( 直 接 人 件 費 + 賞 与 引 当 金 ) 9.5/1000 ( 直 接 人 件 費 + 賞 与 引 当 金 ) 5.19/1000 ( 直 接 人 件 費 + 賞 与 引 当 金 ) 8.0/1000 ( 直 接 人 件 費 + 賞 与 引 当 金 ) 34.0/1000 ( 直 接 人 件 費 + 賞 与 引 当 金 ) 1.3/1000 時 給 70 6ケ 月 30, 日 健 康 診 断 料 慶 弔 費 用 慰 労 金 夏 冬 制 服 2 着 冬 季 防 寒 着 帽 子 管 理 員 が 欠 勤 した 場 合 の 代 行 を 派 遣 管 理 員 室 の 電 話 代 事 務 消 耗 用 品 など 募 集 採 用 手 続 きなど 管 理 費 用 2 事 務 管 理 業 務 費 支 店 経 費 : 管 理 組 合 収 支 報 告 書 の 作 成 出 納 業 務 経 費 支 払 理 事 会 総 会 の 支 援 各 種 点 検 検 査 に 基 づく 報 告 届 出 助 言 口 座 振 替 手 数 料 用 紙 代 コピー 代 郵 送 料 などの 支 店 に 掛 かる 直 接 および 間 接 人 件 費 交 通 費 事 務 所 費 などの 固 定 費 3 管 理 手 数 料 本 社 経 費 :24 時 間 受 付 コールセンター 経 費 支 店 を 統 括 するための 間 接 人 件 費 本 社 の 事 務 所 費 などの 固 定 費 利 益 手 数 料 (2) 設 備 管 理 業 務 費 1エレベーター 保 守 料 メーカー 系 と 独 立 系 がある 法 定 年 1 回 FM 契 約 POG 契 約 乗 合 人 数 停 止 階 数 速 度 24 時 間 遠 隔 監 視 地 震 時 管 制 運 転 装 置 停 電 時 自 動 着 床 装 置 など 2 貯 水 槽 保 守 料 法 定 年 1 回 の 清 掃 水 質 検 査 有 効 水 量 10トンを 超 える 場 合 は 法 定 年 1 回 の 簡 易 専 用 水 道 検 査 が 必 要 定 水 位 弁 減 圧 弁 ボールタップなどの 点 検 3 消 防 設 備 点 検 料 法 定 年 2 回 機 器 総 合 点 検 を 行 う 警 報 設 備 避 難 ハッチ CO2 消 4

6 化 設 備 などの 点 検 4 定 期 清 掃 年 2~6 回 実 施 エントランスホール 開 放 廊 下 階 段 照 明 器 具 など 5 給 水 システム 保 守 料 年 2~4 回 実 施 揚 水 ポンプ 排 水 ポンプ 増 圧 給 水 ポンプなど 624 時 間 監 視 料 警 備 会 社 による 遠 隔 機 械 監 視 システム 火 災 満 減 水 ガス 漏 れ 居 室 内 非 常 警 報 の 監 視 7 機 械 式 駐 車 場 保 守 料 メーカー 系 と 独 立 系 がある 点 検 は 年 3~6 回 POG 方 式 で 横 行 昇 降 式 単 純 昇 降 式 タワー 式 ターンテーブル 式 の 昇 降 形 式 があり ピット 内 の 清 掃 排 水 ポンプの 作 動 確 認 も 実 施 8 建 築 設 備 定 期 検 査 料 建 築 基 準 法 第 12 条 第 3 項 に 規 定 する 特 殊 建 築 物 の 法 定 年 1 回 の 検 査 換 気 排 煙 設 備 非 常 用 照 明 装 置 給 排 水 設 備 を 実 施 9 簡 易 専 用 水 道 検 査 料 水 道 法 第 34 条 の2に 規 定 する 法 定 年 1 回 の 検 査 10 排 水 管 清 掃 費 年 1 回 又 は 隔 年 で 共 用 排 水 枡 専 有 共 有 部 排 水 管 高 圧 洗 浄 を 実 施 5 会 計 報 告 書 の 検 証 管 理 組 合 会 計 の 収 入 の 勘 定 科 目 は 自 主 管 理 の 管 理 組 合 と 管 理 会 社 に 業 務 委 託 している 管 理 組 合 で 違 いありません 自 主 管 理 の 管 理 組 合 と 管 理 会 社 に 業 務 委 託 している 管 理 組 合 の 支 出 の 勘 定 科 目 を 比 較 した 場 合 自 主 管 理 では 管 理 会 社 に 全 部 委 託 した 定 額 管 理 費 のうち 事 務 管 理 業 務 費 と 管 理 手 数 料 が 支 出 の 勘 定 科 目 からなくなります 管 理 員 は 管 理 組 合 が 直 接 雇 用 することになりますが 支 出 の 勘 定 科 目 からはなくなりませ ん 設 備 管 理 業 務 費 やその 他 の 業 務 費 の 科 目 も 自 主 管 理 であっても 業 務 委 託 し ていても 変 わりません 自 主 管 理 の 会 計 では 少 なくても 事 務 管 理 費 と 管 理 手 数 料 の 金 額 分 が 支 出 減 となります つぎに 実 際 に 管 理 会 社 に 業 務 委 託 し 毎 月 管 理 会 社 から 決 算 報 告 を 受 けてい る 某 マンション( 以 下 モデルという )の 平 成 24 年 8 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 の 会 計 報 告 書 を 掲 載 しますので これについて 検 証 してみましょう 5

7 第 期 管 理 費 会 計 収 支 報 告 書 ( 例 ) ( 自 平 成 24 年 8 月 1 日 ~ 至 平 成 25 年 3 月 31 日 ) 項 目 予 算 決 算 差 異 摘 要 収 入 の 部 前 期 繰 越 金 5,449,397 5,489,297 39,900 当 期 収 入 管 理 費 13,851,600 9,234,400-4,617,200 駐 車 場 使 用 料 489, , ,500 専 用 庭 使 用 料 71,040 47,360-23,680 ルーフバルコニー 使 用 料 19,200 12,800-6,400 自 動 二 輪 使 用 料 120, ,000 6,000 原 付 置 場 使 用 料 144,000 84,000-60,000 受 取 保 険 料 0 2,104,100 2,104,100 受 取 利 息 雑 収 入 0 291, ,740 当 期 収 入 合 計 14,695,440 12,227,301-2,468,139 収 入 の 部 合 計 支 出 の 部 20,144,837 17,716,598-2,428,239 定 額 管 理 費 管 理 員 業 務 費 3,548,400 2,365,600-1,182,800 事 務 管 理 業 務 費 840, , ,000 小 計 4,388,400 2,925,600-1,462,800 設 備 管 理 業 務 費 エレベータ 保 守 料 1,200, , ,000 法 定 フルメンテ 貯 水 槽 保 守 料 80, ,000 法 定 年 1 回 建 築 設 備 定 期 検 査 料 72, ,000 法 定 年 1 回 消 防 設 備 点 検 料 300, , ,000 法 定 年 2 回 給 水 システム 保 守 料 20,000 10,000-10,000 年 2 回 排 水 管 清 掃 費 300, ,000 0 年 1 回 汚 水 管 清 掃 費 100, ,00 年 1 回 定 期 清 掃 業 務 費 540, , ,000 年 6 回 設 備 遠 隔 監 視 費 204, ,000-68,000 簡 易 専 用 水 道 検 査 費 18, ,000 法 定 年 1 回 機 械 式 駐 車 設 備 点 検 費 1,440, , ,000 年 6 回 排 水 ポンプ 点 検 費 90,000 45,000-45,000 年 2 回 宅 配 ボックス 点 検 費 60,000 40,000-20,000 年 12 回 自 動 ドア 点 検 費 20, ,000 年 1 回 小 計 4,444,000 2,801,000-1,643,000 支 払 消 費 税 441, , ,290 6

8 共 用 部 分 直 接 費 共 用 電 気 料 2,100,000 1,535, ,577 共 用 ガス 料 12,000 8,124-3,876 共 用 水 道 料 60,000 31,818-28,182 消 耗 品 費 150,000 51,873-98,127 組 合 運 営 費 600, ,727-9,273 小 規 模 修 繕 費 1,000,000 1,833, ,300 植 栽 維 持 管 理 費 300,000 26, ,750 防 犯 カメラレンタル 料 189, ,000-63,000 ブレーカーレンタル 料 126, ,500 73,500 管 理 規 約 細 則 発 行 100, ,000 26,000 雑 費 200,000 8, ,200 予 備 費 300,000 39, ,471 振 込 手 数 料 6,000 8,100 2,100 小 計 5,143,000 4,585, ,556 当 期 支 出 合 計 14,417,020 10,598,374-3,818,646 修 繕 積 立 金 へ 繰 入 2,570,000 2,570,000 0 支 出 の 部 合 計 16,987,020 13,168,374-3,818,646 次 期 繰 越 金 3,157,817 4,548,224 1,390,407 第 期 管 理 費 会 計 貸 借 対 照 表 ( 例 ) ( 平 成 25 年 3 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 資 産 の 部 普 通 預 金 1 2,011,322 未 払 金 214,200 普 通 預 金 4 60,240 普 通 預 金 6 3,881,748 預 り 金 1,388,136 仮 受 金 86,050 未 収 金 349,100 前 受 金 65,800 次 期 繰 越 金 4,548,224 合 計 6,302,410 合 計 6,302,410 7

9 第 期 修 繕 積 立 金 会 計 収 支 報 告 書 ( 例 ) ( 自 平 成 24 年 8 月 1 日 ~ 至 平 成 25 年 3 月 31 日 ) 項 目 予 算 決 算 差 異 摘 要 収 入 の 部 前 期 繰 越 金 159,098, ,098,121 0 当 期 収 入 修 繕 積 立 金 10,081,200 6,720,800-3,360,400 駐 車 場 使 用 料 8,508,000 5,685,050-2,822,950 受 取 利 息 0 2,976 2,976 当 期 収 入 合 計 18,589,200 12,408,826-6,180,374 管 理 費 会 計 より 繰 入 2,570,000 2,570,000 0 収 入 の 部 合 計 180,257, ,076,947-6,180,374 支 出 の 部 当 期 支 出 設 備 点 検 不 具 合 対 応 1,600,000 1,155, ,000 自 動 ドア 部 品 交 換 700, ,000 電 動 アシスト 補 修 500, , ,500 予 備 費 0 735, ,000 計 画 小 修 繕 工 事 2,562,000 1,654, ,200 当 期 支 出 合 計 5,362,000 4,164,300-1,197,700 支 出 の 部 合 計 5,362,000 4,164,300-1,197,700 次 期 繰 越 金 174,895, ,912,647-4,982,674 第 期 修 繕 積 立 金 会 計 貸 借 対 照 表 ( 例 ) ( 平 成 25 年 3 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 資 産 の 部 普 通 預 金 1 1,492,830 普 通 預 金 4 95,073 8

10 普 通 預 金 普 通 預 金 6 19,244,299 未 払 金 1,155,000 普 通 預 金 7 5 普 通 預 金 8 5 普 通 預 金 9 5 普 通 預 金 10 0 普 通 預 金 12 5 前 受 金 43,340 定 期 預 金 1 10,000,000 定 期 預 金 2 10,000,000 定 期 預 金 3 10,000,000 定 期 預 金 4 10,000,000 定 期 預 金 5 10,000,000 定 期 預 金 6 10,000,000 定 期 預 金 7 10,000,000 定 期 預 金 8 10,000,000 定 期 預 金 9 10,000,000 定 期 預 金 10 10,000,000 定 期 預 金 11 10,000,000 定 期 預 金 12 10,000,000 定 期 預 金 13 10,000,000 定 期 預 金 14 10,000,000 積 立 保 険 9,753,700 未 収 金 479,810 電 話 加 入 権 45,000 次 期 繰 越 金 169,912,647 合 計 171,110,987 合 計 171,110,987 9

11 (1) 収 入 の 検 証 モデルは 築 12 年 戸 数 100 戸 各 戸 の 専 有 面 積 は 概 ね70m2です 管 理 費 会 計 に 含 まれる 使 用 料 収 入 の 予 算 額 合 計 は 843,840 円 で 当 期 収 入 予 算 額 14,695,440 円 に 対 し 約 5.75%です 駐 車 場 使 用 料 が 当 期 収 入 含 まれている 場 合 使 用 料 収 入 への 依 存 率 が4 割 以 上 の 場 合 駐 車 場 使 用 率 が 低 下 すると 管 理 費 会 計 の 収 入 も 大 きく 減 り 管 理 費 の 見 直 し 迫 られること になります しかし モデルは 駐 車 場 収 入 を 修 繕 積 立 金 として 積 み 立 ててい るので 5.75%の 依 存 率 で 健 全 であり 仮 に 使 用 率 が50% 以 下 になって も 繰 越 金 や 支 出 の 調 整 で 賄 うことができます 修 繕 積 立 金 会 計 に 積 み 立 てられている 駐 車 場 使 用 料 収 入 の 予 算 額 (8,50 8,000 円 )は 当 期 収 入 合 計 (18,589,200 円 )の45%を 超 え る 依 存 率 となっています モデルは 駐 車 形 式 が 機 械 式 で 機 械 式 駐 車 場 には 定 期 点 検 及 び 整 備 費 用 毎 月 の 電 気 代 等 の 通 常 の 維 持 費 と 定 期 的 に 行 う 計 画 修 繕 工 事 費 及 び 取 替 え 工 事 費 がかかります その 費 用 は 多 額 で 駐 車 形 式 が 機 械 式 の 場 合 駐 車 場 使 用 料 会 計 を 区 分 し 経 理 することが 国 土 交 通 省 発 行 のマンシ ョン 管 理 標 準 指 針 で 望 ましいとしていますが モデルの 場 合 維 持 費 は 管 理 費 会 計 から 拠 出 し 修 繕 工 事 費 と 取 替 え 工 事 費 は 修 繕 積 立 金 から 拠 出 する 方 法 を 取 っていて 区 分 経 理 されていません この 方 法 は 駐 車 場 の 空 車 率 が 高 く なり 駐 車 場 使 用 料 収 入 が 減 っても 通 常 の 維 持 費 は 管 理 費 会 計 から 拠 出 するた め 空 車 率 に 影 響 されません 一 方 修 繕 積 立 金 は 空 車 率 に 影 響 を 受 け 駐 車 場 収 入 が 減 ると 計 画 修 繕 費 又 は 取 替 え 工 事 費 が 不 足 してしまい 修 繕 積 立 金 不 足 を 引 き 起 こします 全 区 分 所 有 者 が 駐 車 場 を 使 用 しているときは トラブルにはなりませんが 空 車 率 が 高 くなり 駐 車 場 使 用 収 入 が 減 ってしまうと 使 用 してない 区 分 所 有 者 も 平 等 に 点 検 費 用 と 電 気 代 を 負 担 することに 不 満 を 訴 える 区 分 所 有 者 が 出 てく ることがあります 時 期 を 見 て 区 分 経 理 に 切 り 替 えることを 提 案 します (2) 支 出 の 検 証 1 管 理 員 業 務 費 モデルでは 管 理 員 業 務 態 様 は 通 勤 方 式 1 名 で 第 2 第 4 土 曜 日 および 日 曜 日 ならびに 祝 日 および 国 が 定 める 休 日 を 除 く 日 の 午 前 8 時 30 分 ~ 午 後 5 時 30 分 ( 内 1 時 間 を 休 憩 )を 管 理 事 務 所 に 勤 務 としています 時 給 900 円 の 月 間 25 日 勤 務 で 計 算 すると 内 訳 は 直 接 人 件 費 が180,000 円 と 交 通 費 6,000 円 間 接 人 件 費 及 び 諸 経 費 107,900 円 となります 間 接 人 件 費 は 主 に 管 理 会 社 負 担 の 各 種 保 険 等 です 諸 経 費 に 管 理 会 社 の 利 益 も 含 まれ ます 管 理 員 の 業 務 については 管 理 会 社 と 委 託 契 約 よりますが モデルでは 受 10

12 付 等 の 業 務 点 検 業 務 立 会 業 務 報 告 連 絡 業 務 日 常 清 掃 業 務 が 仕 様 内 容 で す 一 般 的 に 各 業 務 の 詳 細 については 仕 様 書 に 記 載 されますが マンション の 事 情 にあった 内 容 を 理 事 会 と 管 理 会 社 で 協 議 検 討 うえ 定 めることが 望 まし い 対 応 です 2 事 務 管 理 業 務 モデルは 基 幹 事 務 ( 管 理 組 合 の 会 計 の 収 入 及 び 支 出 の 調 定 出 納 本 マン ション( 専 有 部 分 を 除 く 以 下 同 じ )の 維 持 又 は 修 繕 に 関 する 企 画 又 は 実 施 の 調 整 ) 及 び 基 幹 事 務 以 外 の 事 務 管 理 業 務 ( 理 事 会 支 援 業 務 総 会 支 援 業 務 そ の 他 )どのように 委 託 しているのか 明 白 ではありません 基 幹 事 務 及 び 基 幹 事 務 以 外 の 事 務 管 理 業 務 が840,000 円 ですが 特 別 なサービスが 付 加 され ていないようなので 適 切 な 金 額 と 考 えられます 3 設 備 管 理 業 務 費 及 び 共 用 部 分 直 接 費 このモデルも 最 近 の 傾 向 に 違 えず 法 定 外 の 設 備 点 検 費 用 が 増 加 傾 向 にあ ります また 24 時 間 設 備 遠 隔 監 視 システムや 防 犯 カメラ 等 の 新 たな 設 備 を 付 加 していることもあり 設 備 管 理 業 務 費 及 び 共 用 部 分 直 接 費 が 割 高 です 居 住 者 の 安 全 安 心 の 確 保 のために 致 し 方 ありませんが かなり 年 数 が 経 過 した ときの 状 況 も 考 慮 して 設 備 関 係 の 維 持 管 理 費 の 見 直 しを 検 討 することも 必 要 と 考 えます 4 積 立 型 共 用 部 分 損 害 保 険 料 の 経 理 処 理 の 留 意 点 モデルの 管 理 費 会 計 の 項 目 にないのが 共 用 部 分 の 損 害 保 険 料 です 組 合 運 営 費 又 は 雑 費 に 含 まれているのではないかと 推 測 します 修 繕 積 立 金 会 計 の 貸 借 対 照 表 の 資 産 の 部 に 積 立 保 険 1と 計 上 されているので これは 長 期 積 立 型 共 用 部 分 損 害 保 険 に 加 入 しているようです 長 期 支 払 いの 積 立 型 共 用 部 分 損 害 保 険 料 の 経 理 処 理 で 留 意 しなければならな いことは 保 険 料 を 前 もって 一 括 支 払 いした 場 合 積 立 部 分 は 修 繕 積 立 金 会 計 において 資 産 計 上 し 損 害 保 険 料 は 管 理 費 会 計 において 経 費 計 上 をすること です 次 に 計 算 例 を 示 しますので 参 考 にしてください 計 算 例 ) 5 年 間 の 保 険 料 を 修 繕 積 立 金 から 一 括 払 いし 500 万 円 のうち 積 立 部 分 450 万 円 掛 捨 て 保 険 料 50 万 円 とした 場 合 修 繕 積 立 金 会 計 管 理 費 会 計 積 立 保 険 450 万 円 支 払 保 険 料 50 万 円 支 払 合 計 500 万 円 11

13 管 理 費 会 計 経 費 管 理 費 会 計 貸 借 対 照 表 ( 資 産 の 部 ) 1 年 目 10 万 円 前 払 保 険 料 40 万 円 2 年 目 10 万 円 前 払 保 険 料 30 万 円 3 年 目 10 万 円 前 払 保 険 料 20 万 円 4 年 目 10 万 円 前 払 保 険 料 10 万 円 5 年 目 10 万 円 0 円 1 年 目 の 管 理 費 会 計 の 収 支 報 告 書 で 共 用 部 分 直 接 費 の 中 で 支 払 保 険 料 10 万 円 が 経 費 計 上 され 管 理 費 会 計 の 貸 借 対 照 表 で 前 払 保 険 料 40 万 円 が 資 産 計 上 されます 2 年 目 以 降 も 収 支 報 告 書 は 同 様 ですが 貸 借 対 照 表 の 前 払 保 険 料 は 毎 年 10 万 円 ずつ 減 ってゆき 5 年 目 に0 円 となります 4 会 計 処 理 細 則 モデルの 紹 介 最 後 に 単 棟 型 マンションの 一 般 的 な 会 計 処 理 細 則 モデルを 紹 介 しますので 参 考 にしてください 会 計 処 理 細 則 モデル 第 1 章 総 則 ( 総 則 ) 第 1 条 この 細 則 は マンション 管 理 組 合 規 約 ( 以 下 規 約 とい う ) 第 70 条 の 規 定 に 基 づき 会 計 処 理 に 関 する 必 要 な 事 項 を 定 めるものと する ( 定 義 ) 第 2 条 この 細 則 において 次 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は それぞれ 当 該 各 号 に 定 め るところによる 一 管 理 費 規 約 第 27 条 ( 管 理 費 )に 規 定 する 管 理 費 をいう 二 修 繕 積 立 金 規 約 第 28 条 ( 修 繕 積 立 金 )に 規 定 する 修 繕 積 立 金 をいう 三 使 用 料 規 約 第 29 条 ( 使 用 料 )に 規 定 する 使 用 料 をいう 四 理 事 長 規 約 第 35 条 ( 役 員 )に 規 定 する 理 事 長 をいう 五 副 理 事 長 規 約 第 35 条 ( 役 員 )に 規 定 する 副 理 事 長 をいう 六 会 計 担 当 理 事 規 約 第 35 条 ( 役 員 )に 規 定 する 会 計 担 当 理 事 をいう 七 監 事 規 約 第 35 条 ( 役 員 )に 規 定 する 監 事 をいう ( 目 的 ) 第 3 条 マンション 管 理 組 合 ( 以 下 管 理 組 合 とする )の 会 計 に 係 わる 事 項 は 規 約 に 定 めるほか この 細 則 により 処 理 するものとする ( 会 計 種 目 ) 第 4 条 組 合 の 会 計 は 次 のとおり 設 定 するものとする 一 管 理 費 会 計 12

14 二 修 繕 積 立 金 会 計 三 駐 車 場 使 用 料 金 会 計 四 総 会 で 定 められたその 他 の 特 別 会 計 ( 会 計 処 理 の 原 則 ) 第 5 条 管 理 組 合 の 会 計 は 各 会 計 の 経 理 状 況 を 明 らかにするため 公 正 妥 当 な 会 計 処 理 の 基 準 に 従 って 行 わなければならない ( 会 計 担 当 理 事 の 指 定 ) 第 6 条 理 事 会 は 理 事 の 互 選 により 会 計 担 当 理 事 を 選 任 するものとする ( 会 計 上 の 職 務 分 担 ) 第 7 条 管 理 組 合 の 業 務 を 適 正 に 運 営 するため 会 計 上 の 職 務 分 担 は 次 のとお りとする 一 理 事 長 は 収 入 及 び 支 出 を 伴 う 契 約 の 締 結 承 認 を 行 う 二 副 理 事 長 は 収 入 及 び 支 出 を 伴 う 承 認 事 項 の 確 認 を 行 う 三 会 計 担 当 理 事 は 次 に 掲 げる 事 項 を 行 う 1 予 算 案 の 作 成 2 予 算 執 行 状 況 の 確 認 調 整 3 収 入 支 出 に 伴 う 契 約 発 注 支 払 に 関 する 確 認 4 剰 余 金 運 用 に 関 する 企 画 5 決 算 に 関 する 報 告 書 の 作 成 四 その 他 の 担 当 理 事 は 当 該 理 事 が 担 当 する 事 項 に 関 する 契 約 についての 企 画 実 行 の 確 認 を 行 う 五 管 理 組 合 の 管 理 窓 口 担 当 者 ( 以 下 管 理 員 という )は 次 の 業 務 を 行 う 1 金 銭 出 納 業 務 2 日 常 経 費 の 支 払 に 関 する 承 認 起 案 及 び 支 払 業 務 3 理 事 長 及 び 理 事 の 補 佐 六 管 理 組 合 業 務 を 委 託 されている 者 ( 以 下 受 託 者 という )は 次 の 業 務 を 行 う 1 受 託 している 収 納 支 払 に 関 する 会 計 業 務 2 管 理 組 合 会 計 業 務 の 援 助 第 2 章 帳 票 及 び 勘 定 科 目 ( 帳 票 作 成 の 原 則 ) 第 8 条 会 計 担 当 理 事 は 正 規 の 簿 記 の 原 則 に 従 って 会 計 帳 簿 に 正 確 に 記 入 し 各 年 度 における 収 支 決 算 書 と 貸 借 対 照 表 を 作 成 しなければならない ( 会 計 証 拠 書 類 ) 第 9 条 支 出 の 伴 う 会 計 証 拠 書 類 は 管 理 組 合 が 定 める 承 認 書 及 び 請 求 書 領 収 書 等 とする 13

15 ( 会 計 帳 簿 ) 第 10 条 管 理 組 合 は 会 計 帳 簿 として 次 の 帳 簿 を 備 えるものとする 一 仕 訳 帳 二 総 勘 定 元 帳 三 現 金 出 納 帳 四 預 金 出 納 帳 五 什 器 備 品 台 帳 六 固 定 資 産 台 帳 七 敷 金 預 かり 台 帳 八 積 立 預 金 台 帳 九 有 価 証 券 台 帳 十 理 事 会 で 必 要 と 認 めた 帳 簿 ( 帳 簿 への 記 入 ) 第 11 条 理 事 は 取 引 が 発 生 した 都 度 伝 票 を 起 票 し 証 拠 書 類 を 添 付 して 理 事 長 の 決 裁 を 得 たうえ 関 係 帳 簿 へ 記 帳 しなければならない ただし 受 託 者 が 行 うものについては 別 に 定 めるものとする 第 3 章 預 金 口 座 の 設 定 保 管 ( 取 扱 金 融 機 関 ) 第 12 条 管 理 組 合 の 預 金 口 座 を 設 ける 金 融 機 関 は 理 事 会 の 議 決 を 経 て 理 事 長 が 指 定 するものとする ( 預 金 通 帳 等 の 保 管 ) 第 13 条 普 通 預 金 及 び 定 期 預 金 は 組 合 名 会 計 名 を 冠 して 理 事 長 名 義 で 約 定 するものとする 2 理 事 長 は 印 鑑 を 保 管 し 通 帳 は 会 計 担 当 理 事 又 は 受 託 者 が 保 管 するものと する 3 理 事 長 に 事 故 又 は 欠 員 がある 場 合 は 副 理 事 長 が 印 鑑 を 保 管 するものとす る 4 会 計 担 当 理 事 に 事 故 等 がある 場 合 は 理 事 会 の 決 議 により 指 名 された 理 事 が 通 帳 を 保 管 するものとする 5 有 価 証 券 は 組 合 名 にて 約 定 し その 証 券 又 は 証 券 預 り 証 は 理 事 会 の 議 決 を 経 て 銀 行 貸 金 庫 に 保 管 することとする 第 4 章 出 納 ( 支 払 の 決 裁 ) 第 14 条 総 会 で 承 認 された 予 算 に 基 づく 定 期 的 な 支 払 及 び 1 件 万 円 未 満 の 支 払 は 理 事 長 及 び 会 計 担 当 理 事 が 決 済 することができる 2 前 項 の 金 額 を 超 える 支 出 は 理 事 会 の 決 議 を 得 なければならない 14

16 ( 金 銭 出 納 ) 第 15 条 金 銭 出 納 保 管 は 適 正 かつ 確 実 に 行 うものとし その 残 高 は 常 に 確 認 されねばならない 出 納 については 次 のとおり 行 うものとする 一 組 合 会 計 業 務 を 受 託 している 会 計 の 金 銭 出 納 は 受 託 者 が 行 い 所 定 の 手 続 きにより 報 告 を 行 う 二 業 務 委 託 をしている 会 計 支 出 は 受 託 者 の 収 納 口 座 から 支 払 うことを 原 則 とする 三 会 計 業 務 委 託 外 の 会 計 支 出 は 組 合 で 管 理 する 預 金 口 座 から 支 払 うこと とする 四 管 理 窓 口 における 金 銭 出 納 は 会 計 担 当 理 事 又 は 管 理 員 が 行 う ( 仮 払 金 ) 第 16 条 管 理 組 合 運 営 における 小 口 支 払 を 円 滑 に 行 うために 理 事 及 び 管 理 員 は 仮 払 いを 受 けることができるものとする 2 仮 払 いの 限 度 額 は 1 回 万 円 以 下 とする 3 仮 払 いは 正 当 な 理 由 がない 限 り1か 月 以 内 に 支 払 を 証 明 する 証 拠 書 類 を 付 して 精 算 しなければならない 4 仮 払 いは 決 算 期 末 までにすべて 精 算 されていなければならない ( 預 金 の 運 用 ) 第 17 条 各 会 計 の 剰 余 金 及 び 修 繕 積 立 金 は 総 会 の 承 認 のもとに 定 期 預 金 又 は 有 価 証 券 等 に 運 用 するものとする 第 5 章 予 算 ( 予 算 編 成 ) 第 18 条 会 計 の 収 入 支 出 の 予 算 編 成 は 各 会 計 別 に 行 うものとする ( 予 算 編 成 基 準 ) 第 19 条 予 算 編 成 は 次 の 基 準 によるものとする 一 管 理 費 会 計 規 約 第 27 条 の 規 定 に 基 づくもの ( 管 理 組 合 業 務 の 運 営 管 理 対 象 物 の 日 常 的 な 維 持 管 理 ) 二 修 繕 積 立 金 会 計 規 約 第 28 条 の 規 定 に 基 づくもの ( 管 理 対 象 物 の 多 額 な 補 修 修 繕 等 ) 三 駐 車 場 使 用 料 会 計 駐 車 場 の 運 営 及 び 付 属 する 資 産 の 補 修 修 繕 を 目 的 とするもの 四 特 別 会 計 総 会 において 目 的 範 囲 について 定 められたもの ( 予 算 の 限 定 ) 第 20 条 前 条 による 各 会 計 の 支 出 予 算 編 成 に 当 たり それぞれの 収 入 原 資 は 規 約 第 57 条 の 規 定 によるものとし 次 のとおりとする 15

17 一 管 理 費 会 計 管 理 費 収 入 預 金 利 息 収 入 雑 収 入 総 会 において 承 認 された 他 会 計 の 施 設 賃 貸 料 等 とする 二 修 繕 積 立 金 会 計 修 繕 積 立 金 預 金 利 息 収 入 投 資 利 息 収 入 総 会 で 承 認 された 他 会 計 の 施 設 賃 貸 料 等 とする 三 駐 車 場 使 用 料 会 計 各 施 設 の 使 用 料 収 入 預 金 利 息 収 入 投 資 利 息 収 入 とする 四 特 別 会 計 総 会 において 承 認 された 原 資 とする ( 原 資 の 移 行 ) 第 21 条 各 会 計 間 の 原 資 の 移 行 はできないものとする ( 借 入 金 ) 第 22 条 借 入 金 は 規 約 第 48 条 の 規 定 に 従 い 総 会 の 決 議 を 得 なければなら ないものとする ( 予 算 の 承 認 ) 第 23 条 予 算 案 は 規 約 第 58 条 の 規 定 に 従 い 総 会 の 決 議 を 得 なければならな い ( 暫 定 予 算 ) 第 24 条 予 算 の 成 立 をみないときは 理 事 長 は 暫 定 予 算 をもって 組 合 運 営 を 行 うことができるものとする ただし 本 予 算 が 成 立 したときは 暫 定 予 算 により 行 った 会 計 行 為 及 び 債 権 債 務 は 本 予 算 に 基 づき 行 ったものとみなすも のとする 2 前 項 の 暫 定 予 算 は か 月 ( 例 えば3ヶ 月 など)を 越 えてはならない 第 6 章 決 算 ( 決 算 ) 第 25 条 理 事 長 は 毎 会 計 年 度 の 決 算 報 告 書 を 作 成 して 監 事 の 監 査 を 受 け ねばならない ( 承 認 ) 第 26 条 理 事 長 は 毎 会 計 年 度 決 算 報 告 書 は 規 約 第 59 条 に 従 い 総 会 の 承 認 を 得 なければならない ( 決 算 報 告 ) 第 27 条 決 算 報 告 には 次 の 報 告 書 を 作 成 するものとする 一 各 会 計 収 支 計 算 書 二 各 会 計 貸 借 対 照 表 三 預 金 等 残 高 明 細 書 四 未 収 入 金 明 細 書 16

18 五 財 産 目 録 ( 法 人 のみ) 第 7 章 監 査 ( 会 計 監 査 ) 第 28 条 監 事 は 規 約 第 41 条 に 基 づいて 定 期 的 に 行 う 監 査 のほか 随 時 監 査 を 行 うことができるものとする 2 監 事 は 規 約 第 41 条 の 規 定 する 年 度 決 算 報 告 の 監 査 結 果 を 書 面 により 行 わなければならない ( 会 計 監 査 事 項 ) 第 29 条 会 計 監 査 は 次 の 事 項 についてこれを 行 うものとする 一 予 算 執 行 の 適 否 二 物 品 購 入 工 事 の 価 格 数 量 契 約 方 法 の 適 否 三 会 計 処 理 の 適 否 四 現 金 預 金 及 び 公 社 債 等 の 有 価 証 券 の 確 認 五 その 他 必 要 と 認 めた 事 項 第 8 章 引 継 ( 財 務 引 継 ) 第 30 条 財 務 引 継 は 次 の 場 合 に 行 うものとする 一 理 事 の 定 員 の 半 数 以 上 の 理 事 が 交 替 するとき 二 理 事 長 又 は 会 計 担 当 理 事 が 交 替 するとき ( 監 事 の 立 合 ) 第 31 条 財 務 引 継 は 監 事 が 立 ち 合 わなければならない ( 引 継 書 類 ) 第 32 条 財 務 引 継 は 決 算 報 告 における 報 告 書 一 式 と 預 金 通 帳 有 価 証 券 台 帳 その 他 必 要 と 認 められた 書 類 一 式 の 諸 表 を 添 付 するものとする ( 実 査 確 認 ) 第 33 条 財 務 引 継 に 際 しては 次 のものを 実 査 の 上 確 認 するものとする 一 現 金 預 金 有 価 証 券 二 債 権 債 務 確 認 書 三 権 利 書 契 約 書 四 その 他 必 要 と 認 めたもの ( 確 認 印 ) 第 34 条 新 旧 の 理 事 長 及 び 会 計 担 当 理 事 は 財 務 引 継 書 に 記 名 押 印 しなけ ればならない ( 会 計 書 類 の 保 存 期 間 ) 第 35 条 会 計 書 類 の 保 存 期 間 は 別 表 のとおりとする 17

19 ( 事 務 の 委 託 ) 第 36 条 理 事 長 は この 細 則 に 定 める 事 務 の 全 部 又 は 一 部 を 第 三 者 に 委 託 することができる ( 細 則 外 事 項 ) 第 37 条 この 細 則 に 定 めのない 事 項 については 規 約 及 び 総 会 の 決 議 で 定 め られたところによる ( 細 則 の 改 廃 ) 第 38 条 この 細 則 の 変 更 又 は 廃 止 は 総 会 の 決 議 を 経 なければならない た だし この 細 則 の 変 更 が 規 約 の 変 更 を 必 要 とする 事 項 であるときは 規 約 の 変 更 を 経 なければ することができない ( 改 正 細 則 原 本 ) 第 39 条 この 細 則 を 証 するため 理 事 長 及 び 理 事 長 の 指 名 する 2 名 の 区 分 所 有 者 が 記 名 押 印 した 細 則 を 1 通 作 成 し これを 細 則 原 本 とする 2 細 則 原 本 は 理 事 長 が 保 管 し 区 分 所 有 者 又 は 利 害 関 係 人 の 書 面 による 請 求 があったときは これを 閲 覧 させなければならない この 場 合 において 閲 覧 につき 相 当 の 日 時 場 所 等 を 指 定 することができる 3 理 事 長 は 所 定 の 掲 示 場 所 に 細 則 原 本 の 保 管 場 所 を 掲 示 しなければなら ない 附 則 この 細 則 は 平 成 〇 〇 年 〇 月 〇 日 から 効 力 を 発 する 18

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC82518254944E9378837D83938356838783938CA48B868C8B89CA95F18D908F918365815B837D82502870317E703529>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC82518254944E9378837D83938356838783938CA48B868C8B89CA95F18D908F918365815B837D82502870317E703529> 調 査 研 究 報 告 書 マンションの 管 理 組 合 会 計 平 成 25 年 7 月 はじめに マンションの 管 理 組 合 の 会 計 処 理 については 企 業 会 計 と 異 なり 事 業 所 得 がほとんどないため 税 務 署 への 申 告 義 務 はありません したがって 管 理 組 合 毎 に 様 々な 会 計 処 理 が 行 われています 特 に 自 主 管 理 を 行 っている

More information

福岡マンション管理基礎セミナー

福岡マンション管理基礎セミナー 福 岡 マンション 管 基 礎 セミナー 管 組 合 と 管 会 社 が 行 う 業 務 と 役 割 課 題 について ~ 管 会 社 上 手 な 使 い 方 ~ 中 島 法 律 事 務 所 弁 護 士 中 島 繁 樹 1.マンション 管 規 約 国 土 交 通 省 作 成 マンション 標 準 管 規 約 第 32 条 管 組 合 業 務 第 33 条 業 務 委 託 ( 業 務 ) 第 32 条

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63> Ⅱ マンション 標 準 管 理 委 託 契 約 書 コメント 1 全 般 関 係 1 この 契 約 書 は マンションの 管 理 組 合 ( 以 下 管 理 組 合 という )とマンショ ン 管 理 業 者 の 間 で 協 議 がととのった 事 項 を 記 載 した 管 理 委 託 契 約 書 を マンション の 管 理 の 適 正 化 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 12 年 法 律

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A8CB48D655F4832378DE096B15F303489C896DA90E096BE>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A8CB48D655F4832378DE096B15F303489C896DA90E096BE> Ⅱ 会 計 科 目 の 説 明 (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 区 分 大 科 目 小 科 目 内 容 収 入 学 生 生 徒 等 納 学 則 に 記 載 されている 納 付 金 をいう( 在 学 条 件 として 義 務 的 に の 部 付 金 収 入 又 一 律 に 納 付 すべきものをいう ) 授 業 料 収 入 聴 講 料 補 講 料 教 職 課 程 履 修 費 を 含 む 入 学

More information

役 員 選 挙 規 程 第 1 章 総 則 第 1 条 役 員 の 選 出 は 定 款 第 22 条 に 基 づき この 規 程 によって 行 う 第 2 章 選 挙 管 理 委 員 会 第 2 条 役 員 を 選 出 するために 理 事 会 の 承 認 を 得 て 選 挙 管 理 委 員 会 を

役 員 選 挙 規 程 第 1 章 総 則 第 1 条 役 員 の 選 出 は 定 款 第 22 条 に 基 づき この 規 程 によって 行 う 第 2 章 選 挙 管 理 委 員 会 第 2 条 役 員 を 選 出 するために 理 事 会 の 承 認 を 得 て 選 挙 管 理 委 員 会 を 一 般 社 団 法 人 長 崎 県 診 療 放 射 線 技 師 会 規 程 役 員 選 挙 規 程 第 1 章 総 則 第 1 条 役 員 の 選 出 は 定 款 第 22 条 に 基 づき この 規 程 によって 行 う 第 2 章 選 挙 管 理 委 員 会 第 2 条 役 員 を 選 出 するために 理 事 会 の 承 認 を 得 て 選 挙 管 理 委 員 会 を 設 ける 第 3 条 選

More information

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金 別 表 第 二 ( 第 17 条 関 係 ) 水 道 用 水 供 給 事 業 勘 定 科 目 表 収 益 の 部 款 項 目 節 説 明 細 節 事 業 収 益 すべての 収 益 的 収 入 を 記 載 し 営 業 収 益 営 業 外 収 益 及 び 特 別 利 益 に 区 分 する 営 業 収 益 営 業 外 収 益 給 水 収 益 受 託 工 事 収 益 その 他 の 営 業 収 益 受 取 利

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

01 管 理 組 合 の 会 計 処 理 は 発 生 主 義 と 聞 き ましたが 現 金 主 義 とどこが 違 う の でしょうか? 現 金 主 義 で は 未 払 い 金 等 の 将 来 支 払 わ な け れ ば な ら な い 負 債 勘 定 が 帳 簿 上 に 明 確 に 表 記 さ れ

01 管 理 組 合 の 会 計 処 理 は 発 生 主 義 と 聞 き ましたが 現 金 主 義 とどこが 違 う の でしょうか? 現 金 主 義 で は 未 払 い 金 等 の 将 来 支 払 わ な け れ ば な ら な い 負 債 勘 定 が 帳 簿 上 に 明 確 に 表 記 さ れ よくある 質 問 管 理 組 合 会 計 一 覧 表 01 発 生 主 義 31 修 繕 積 立 金 が 不 足 02 区 分 経 理 32 予 算 の 作 成 03 修 繕 積 立 基 金 と は 33 管 理 費 の 使 い 道 04 自 治 会 費 の 徴 収 34 滞 納 管 理 費 等 の 督 促 方 法 05 決 算 報 告 書 35 内 容 証 明 郵 便 06 管 理 費 の 余 剰

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

山口県PTA連合会の運営に関する細則(案)

山口県PTA連合会の運営に関する細則(案) 山 口 県 PTA 連 合 会 の 運 営 に 関 する 細 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 細 則 は 山 口 県 PTA 連 合 会 規 約 ( 以 下 規 約 という ) 第 37 条 により 山 口 県 PTA 連 合 会 ( 以 下 本 会 という )の 運 営 に 関 する 細 則 を 定 めるものとする 第 2 章 役 員 選 考 ( 総 則 ) 第 2 条

More information

<30333662816991E633368D86816A95CA955C816D91DD8ED891CE8FC6955C89C896DA816E816D91B989768C768E5A8F9189C896DA816E3232303333312E786C73>

<30333662816991E633368D86816A95CA955C816D91DD8ED891CE8FC6955C89C896DA816E816D91B989768C768E5A8F9189C896DA816E3232303333312E786C73> [ 経 常 費 用 ] 業 務 費 教 育 研 究 経 費 消 耗 品 費 備 品 費 印 刷 製 本 費 水 道 光 熱 費 機 構 の 業 務 として 学 生 等 に 対 し 行 われる 教 育 に 要 する 経 費 及 び 教 員 等 の 研 究 に 要 する 経 費 を 対 象 とする ただし, 教 育 研 究 支 援 経 費, 受 託 研 究 費, 受 託 事 業 費, 教 員, 職 員,

More information

(6) 明 渡 し 請 求 から 組 合 解 散 までの 手 続 きに 関 わる 書 式 等 書 式 6-1 施 行 マンション 等 の 明 渡 し 通 知 F... 資 38 書 式 6-2 マンション 建 替 組 合 解 散 認 可 申 請 書 F... 資 39 書 式 6-3 決 算 報 告

(6) 明 渡 し 請 求 から 組 合 解 散 までの 手 続 きに 関 わる 書 式 等 書 式 6-1 施 行 マンション 等 の 明 渡 し 通 知 F... 資 38 書 式 6-2 マンション 建 替 組 合 解 散 認 可 申 請 書 F... 資 39 書 式 6-3 決 算 報 告 資 料 1 建 替 え 関 連 書 式 1. 参 考 様 式 (1) 建 替 え 決 議 の 手 続 きに 関 わる 書 式 書 式 1-1 建 替 え 決 議 集 会 招 集 通 知 書 ( 説 明 会 開 催 通 知 書 と 併 せた 場 合 ) A... 資 1~3 書 式 1-2 議 決 権 行 使 書 ( 建 替 え 決 議 ) A... 資 4 書 式 1-3 議 決 権 行 使 者 選

More information

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引 資 料 3 横 手 市 上 下 水 道 部 料 金 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1. 目 的 この 仕 様 書 は 横 手 市 ( 以 下 委 託 者 という )の 委 託 する 業 務 等 ( 以 下 委 託 業 務 とい う )について 必 要 な 事 項 を 定 める 2. 法 令 の 遵 守 受 託 者 は 委 託 業 務 の 施 行 に 当 たり 委 託 業 務

More information

税務証明事務取扱要綱

税務証明事務取扱要綱 税 務 証 明 及 び 閲 覧 事 務 取 扱 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 証 明 交 付 及 び 閲 覧 事 務 ( 第 2 条 ~ 第 5 条 ) 第 3 章 証 明 閲 覧 申 請 者 及 びその 確 認 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 4 章 手 数 料 ( 第 18 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 証 明 書 の 様 式 ( 第 20

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F9120967B95B6814395CA8E8631814395CA8E8632816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F9120967B95B6814395CA8E8631814395CA8E8632816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63> Ⅰ マンション 標 準 管 理 委 託 契 約 書 マンション 管 理 委 託 契 約 書 マンション 管 理 組 合 ( 以 下 甲 という )と マンション 管 理 会 社 ( 以 下 乙 という )とは マンション( 以 下 本 マンション という )の 管 理 に 関 し 次 の とおり 管 理 委 託 契 約 ( 以 下 本 契 約 という )を 締 結 する ( 総 則 ) 第 1 条

More information

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を 学 校 法 人 会 計 の 特 徴 や 企 業 会 計 との 違 い 学 校 法 人 は 学 校 を 運 営 し 教 育 研 究 を 遂 行 することを 目 的 としており 企 業 のよう に 利 益 を 追 求 する 経 済 活 動 そのものを 事 業 目 的 とすることはできません 学 校 法 人 会 計 では 文 部 科 学 省 令 により 定 められた 学 校 法 人 会 計 基 準 に 基

More information

250912資料.xdw

250912資料.xdw 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 について ~ 会 計 基 準 の 概 要 運 用 指 針 ~ 平 成 25 年 9 月 12 日 ( 木 ) 小 野 瀬 木 下 税 理 士 法 人 小 野 瀬 公 認 会 計 士 事 務 所 大 木 芳 則 本 日 の 研 修 の 目 的 1. 新 会 計 基 準 の 構 成 について 理 解 しましょう! > 基 準 本 文 > 基 準 注 解 > 運 用

More information

○○省共済組合貸付事業運営規則運用方針(案)

○○省共済組合貸付事業運営規則運用方針(案) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 貸 付 規 程 運 用 方 針 第 1 条 関 係 貸 付 けの 対 象 となる 組 合 員 は 定 款 第 13 条 第 1 号 及 び 第 3 号 に 掲 げる 者 とする 第 6 条 関 係 1 第 一 号 ロ( 物 資 貸 付 ) 第 二 号 ( 特 別 貸 付 ) 第 三 号 ( 住 宅 貸 付 ) 及 び 第 四 号 ( 特 別 住 宅 貸 付 )の

More information

例 えば 一 般 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 はもとより 貨 物 利 用 運 送 事 業 倉 庫 業 港 湾 運 送 事 業 等 の ように 経 営 するすべての 事 業 をその 種 類 ごとに 記 載 する 8 従 業 員 数 の 欄 は 期 中 の 平 均 従 業 員 を 記 載 する

例 えば 一 般 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 はもとより 貨 物 利 用 運 送 事 業 倉 庫 業 港 湾 運 送 事 業 等 の ように 経 営 するすべての 事 業 をその 種 類 ごとに 記 載 する 8 従 業 員 数 の 欄 は 期 中 の 平 均 従 業 員 を 記 載 する (1) 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 報 告 規 則 では 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 の 様 式 及 び 勘 定 科 目 については 定 められていない が この 趣 旨 は 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 法 が 事 業 規 制 の 緩 和 を 目 的 としたことにかんがみ 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 についても 一 般 に 公 開

More information

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交 常 陸 大 宮 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は, 常 陸 大 宮 市 ( 以 下 甲 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 委 託 業 務 という )について 必 要 な 事 項 を 定 め, 受 託 者 ( 以 下 乙 という )は,この 仕 様 書 に 基 づき,

More information

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 無 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 新 規 - 社 除 外 - 社 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 無 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 新 規 - 社 除 外 - 社 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 平 成 28 年 10 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 9 月 14 日 上 場 会 社 名 株 式 会 社 オハラ 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 5218 URL http://www.ohara-inc.co.jp 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 執 行 役 員 ( 氏 名 ) 齋 藤 弘 和

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc 様 式 編 様 式 目 次 様 式 番 号 名 称 様 式 ページ 様 式 第 1 非 常 配 備 日 誌 1 様 式 第 2 災 害 情 報 2 様 式 第 3(a) 第 1 報 3 様 式 第 3(b) 災 害 発 生 直 後 の 状 況 4 様 式 第 3(c) 災 害 発 生 状 況 等 ( 速 報 確 定 報 告 ) 5 様 式 第 4 人 的 被 害 6 様 式 第 5 避 難 状 況

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

借 入 希 望 条 件 借 入 希 望 時 期 希 望 利 率 償 還 期 間 ( 据 置 期 間 ) 特 養 等 整 備 支 援 融 資 資 金 平 成 年 月 年 ( 年 ) 融 資 取 扱 金 融 機 関 既 往 借 入 金 の 有 無 と 借 入 残 高 融 資 取 扱 金 融 機 関 借

借 入 希 望 条 件 借 入 希 望 時 期 希 望 利 率 償 還 期 間 ( 据 置 期 間 ) 特 養 等 整 備 支 援 融 資 資 金 平 成 年 月 年 ( 年 ) 融 資 取 扱 金 融 機 関 既 往 借 入 金 の 有 無 と 借 入 残 高 融 資 取 扱 金 融 機 関 借 様 式 第 1 号 埼 玉 県 特 別 養 護 老 人 ホーム 等 整 備 支 援 融 資 資 金 借 入 申 込 書 融 資 取 扱 金 融 機 関 [ フ リ ガ ナ ] 住 所 様 都 道 府 県 等 提 出 日 融 資 取 扱 金 融 機 関 提 出 日 TEL 年 月 日 年 月 日 [ フ リ ガ ナ ] 法 人 の 名 称 [ フ リ ガ ナ ] 氏 名 ( 法 人 の 場 合 は 代

More information

一 定 額 委 託 業 務 費 の 額 月 額 円 ( 消 費 税 額 及 び 地 方 消 費 税 ( 以 下 本 契 約 において 消 費 税 額 等 という )を 含 む ) 内 訳 は 別 紙 1のとおりとする 二 支 払 期 日 及 び 支 払 方 法 毎 月 日 までにその 月 分 を 乙

一 定 額 委 託 業 務 費 の 額 月 額 円 ( 消 費 税 額 及 び 地 方 消 費 税 ( 以 下 本 契 約 において 消 費 税 額 等 という )を 含 む ) 内 訳 は 別 紙 1のとおりとする 二 支 払 期 日 及 び 支 払 方 法 毎 月 日 までにその 月 分 を 乙 マンション 標 準 管 理 委 託 契 約 書 ( 国 総 動 第 3 号 平 成 15 年 4 月 9 日 国 土 交 通 省 総 合 政 策 局 長 通 達 ) マンション 管 理 委 託 契 約 書 マンション 管 理 組 合 ( 以 下 甲 という )と マンション 管 理 会 社 ( 以 下 乙 という )とは マンション( 以 下 本 マンション という )の 管 理 に 関 し 次 のとおり

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホーム(A 型 及 びB 型 ) 運 営 費 補 助 要 綱 14 福 高 施 第 8 号 平 成 14 年 4 月 19 日 15 福 高 施 第 924 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 578 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 1007 号 平 成 1 8 年 3 月 3 日 17 福 保 高 施 第 1141 号 平

More information

第 3の3の 具 体 的 な 事 情 について, 借 金 の 時 期 やその 使 途 等 について 過 不 足 なく 記 載 しているか 第 3の7の 差 押 え, 訴 訟 の 有 無 について, 記 載 漏 れ,チェック 漏 れがないか 第 4についてチェック 漏 れ, 記 載 漏 れがないか,

第 3の3の 具 体 的 な 事 情 について, 借 金 の 時 期 やその 使 途 等 について 過 不 足 なく 記 載 しているか 第 3の7の 差 押 え, 訴 訟 の 有 無 について, 記 載 漏 れ,チェック 漏 れがないか 第 4についてチェック 漏 れ, 記 載 漏 れがないか, 個 人 再 生 手 続 申 立 てチェックリスト ver4,0 このチェックリストは, 申 立 書 の 作 成 にあたり, 各 項 目 をチェック( 確 認 調 査 検 討 )していくことにより, 申 立 書 を 正 確 に 作 成 するためのものです 各 チェック 項 目 は, 添 付 書 類 一 覧 表 で 提 出 すべき 資 料 としているにもかかわらず, これまで 提 出 忘 れが 多 かったものや,

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ( 以 下 中 小 機 構 といいます )は 中 小 企 業 倒 産 防 止 共 済 の 各 種 事 務 手 続 きを 団 体 および 金 融 機 関 に 委 託 しています 共 済 契 約 者 が 共 済 金 の 貸 付 請 求 をす

独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ( 以 下 中 小 機 構 といいます )は 中 小 企 業 倒 産 防 止 共 済 の 各 種 事 務 手 続 きを 団 体 および 金 融 機 関 に 委 託 しています 共 済 契 約 者 が 共 済 金 の 貸 付 請 求 をす 平 成 23 年 10 月 第 1 版 中 小 企 業 倒 産 防 止 共 済 金 貸 付 請 求 及 び 受 領 に 係 る 記 入 要 領 ( 貸 付 請 求 者 用 ) 共 済 金 貸 付 請 求 をするときは この 手 続 領 をよく お 読 みのうえ 請 求 および 受 領 の 手 続 きをしてください 1. 共 済 金 の 貸 付 請 求 手 続 きについて 1 ページ 2. 共 済 金

More information

目 次 1 定 款 1 定 款 (S44.3.1) 1 2 組 織 関 係 1 会 員 規 程 (S44.4.1) 11 2 部 会 規 程 (S44.4.1) 12 3 組 織 財 政 検 討 委 員 会 規 程 (S ) 14 4 福 祉 だより 編 集 委 員 会 規 程 (S60

目 次 1 定 款 1 定 款 (S44.3.1) 1 2 組 織 関 係 1 会 員 規 程 (S44.4.1) 11 2 部 会 規 程 (S44.4.1) 12 3 組 織 財 政 検 討 委 員 会 規 程 (S ) 14 4 福 祉 だより 編 集 委 員 会 規 程 (S60 規 程 集 ( 平 成 21 年 10 月 1 日 ) 社 会 福 祉 法 人 東 村 山 市 社 会 福 祉 協 議 会 目 次 1 定 款 1 定 款 (S44.3.1) 1 2 組 織 関 係 1 会 員 規 程 (S44.4.1) 11 2 部 会 規 程 (S44.4.1) 12 3 組 織 財 政 検 討 委 員 会 規 程 (S60.7.30) 14 4 福 祉 だより 編 集 委 員

More information

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2 個 人 市 民 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 平 成 25 年 5 月 23 日 平 成 25 年 8 月 30 日 改 正 平 成 26 年 1 月 27 日 改 正 平 成 27 年 3 月 12 日 改 正 財 政 局 税 務 部 課 税 課 ( 個 人 課 税 G) 内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨...

More information

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について 平 成 28 年 3 月 定 例 会 議 案 概 要 議 案 第 45 号 専 決 処 分 の 報 告 及 び 承 認 について ( 松 戸 市 市 税 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 制 定 について) 税 制 課 提 案 理 由 市 税 に 係 る 手 続 における 個 人 番 号 の 利 用 の 取 扱 いを 見 直 すことにより 納 税

More information

申 立 て の 趣 旨 等 1 申 立 人 に つ い て, 給 与 所 得 者 等 小 規 模 個 人 再 生 に よ る 再 生 手 続 を 開 始 す る と の 決 定 を 求 め る 2 ( 1 ) ( 給 与 所 得 者 等 再 生 を 行 う こ と を 求 め る 場 合 の み )

申 立 て の 趣 旨 等 1 申 立 人 に つ い て, 給 与 所 得 者 等 小 規 模 個 人 再 生 に よ る 再 生 手 続 を 開 始 す る と の 決 定 を 求 め る 2 ( 1 ) ( 給 与 所 得 者 等 再 生 を 行 う こ と を 求 め る 場 合 の み ) 小 規 模 個 人 再 生 給 与 所 得 者 等 再 生 再 生 手 続 開 始 申 立 書 印 紙 10,000 [ 該 当 す る に を 付 す る か, の よ う に 黒 く 塗 り つ ぶ し て く だ さ い ] 鹿 児 島 地 方 裁 判 所 支 部 御 中 平 成 年 月 日 ふりがな 氏 名 : 申 立 人 生 年 月 日 : 昭 和 平 成 年 月 日 年 齢 : 歳 住

More information

議 事 録 署 名 人 : 平 野 理 事 長 奥 村 副 理 事 長 本 元 副 理 事 長 書 記 : 安 西 第 1 号 議 案 : 第 2 期 事 業 報 告 及 び 決 算 報 告 承 認 の 件 奥 村 副 理 事 長 より 議 案 に 基 づきながら 第 2 期 事 業 報 告 を 行

議 事 録 署 名 人 : 平 野 理 事 長 奥 村 副 理 事 長 本 元 副 理 事 長 書 記 : 安 西 第 1 号 議 案 : 第 2 期 事 業 報 告 及 び 決 算 報 告 承 認 の 件 奥 村 副 理 事 長 より 議 案 に 基 づきながら 第 2 期 事 業 報 告 を 行 グロス ヴュー スクエア 管 理 組 合 第 2 期 定 期 団 地 総 会 議 事 録 1. 日 時 平 成 17 年 10 月 30 日 ( 日 ) 10:00 ~ 12:30 2. 開 催 場 所 グロス ヴュー スクエア 集 会 室 3. 組 合 員 総 数 及 び 議 決 権 総 数 組 合 員 総 数 :601 名 ( 公 社 分 1 人 含 む) 議 決 権 総 数 :608( 公 社

More information

マンション管理組合の業務と理事会の運営

マンション管理組合の業務と理事会の運営 マ ン シ ョ ン 管 理 組 合 の 業 務 と 理 事 会 の 運 営 1 マンション 管 理 組 合 の 組 織 と 業 務 はどうなっているの? 組 織 マンション 管 理 士 荻 原 健 業 務 (マンション 標 準 管 理 規 約 第 32 条 ) 1 管 理 組 合 が 管 理 する 敷 地 及 び 共 用 部 分 等 ( 組 合 管 理 部 分 ) の 保 安 保 全 保 守 清 掃

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

千葉市認可保育所

千葉市認可保育所 認 可 保 育 所 整 備 手 引 き 平 成 28 年 1 月 千 葉 市 こども 未 来 局 こども 未 来 部 保 育 支 援 課 目 次 はじめに... 2 1 施 設 概 要 について... 2 (1) 保 育 所 とは... 2 2 認 可 保 育 所 整 備 について... 4 (1) 募 集 形 態 について... 4 (2) 募 集 地 域... 4 (3) 運 営 主 体...

More information

) 1. 2. [ ] [ ] 個 別 決 算 4 貸 借 対 照 表 平 成 25 年 3 月 31 日 資 産 の 部 本 州 四 国 連 絡 高 速 道 路 株 式 会 社 ( 単 位 : 百 万 円 ) 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 10,721 高 速 道 路 事 業 営 業 未 収 入 金 5,882 未 収 入 金 144 未 収 還

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

目 次 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 事 務 手 続 きの 標 準 的 な 流 れ 1 2 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 について 2-1 法 人 設 立 認 可 申 請 提 出 書 類 の 作 成 要 領 2 はじめに 書 類 作 成 上 の 留 意 点 1

目 次 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 事 務 手 続 きの 標 準 的 な 流 れ 1 2 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 について 2-1 法 人 設 立 認 可 申 請 提 出 書 類 の 作 成 要 領 2 はじめに 書 類 作 成 上 の 留 意 点 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 の 手 引 き 横 浜 市 健 康 福 祉 局 監 査 課 電 話 045(671)4195 FAX 045(662)1658 E- mail kf-kansa-shomu@city.yokohama.jp 平 成 25 年 7 月 改 訂 目 次 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 事 務 手 続 きの 標 準 的 な 流 れ 1 2

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

ア 改 正 法 の 施 行 日 以 後 に 設 立 された 医 療 法 人 (ただし 改 正 法 の 施 行 日 以 後 に 設 立 の 申 請 を 行 った 医 療 法 人 に 限 る ) 又 は 改 正 法 の 施 行 日 前 に 設 立 された 医 療 法 人 で 施 行 日 以 降 に 法

ア 改 正 法 の 施 行 日 以 後 に 設 立 された 医 療 法 人 (ただし 改 正 法 の 施 行 日 以 後 に 設 立 の 申 請 を 行 った 医 療 法 人 に 限 る ) 又 は 改 正 法 の 施 行 日 前 に 設 立 された 医 療 法 人 で 施 行 日 以 降 に 法 改 正 後 全 文 医 政 指 発 第 0330003 号 平 成 1 9 年 3 月 30 日 最 終 改 正 医 政 指 発 0809 第 3 号 平 成 25 年 8 月 9 日 各 都 道 府 県 医 政 主 管 部 ( 局 ) 長 各 地 方 厚 生 局 健 康 福 祉 部 長 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 指 導 課 長 医 療 法 人 における 事 業 報 告 書 等 の 様 式

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

Microsoft PowerPoint - 基金制度

Microsoft PowerPoint - 基金制度 基 金 制 度 の 創 設 ( 医 療 法 施 行 規 則 第 30 条 の37 第 30 条 の38) 医 療 法 人 の 非 営 利 性 の 徹 底 に 伴 い 持 分 の 定 めのない 社 団 医 療 法 人 の 活 動 の 原 資 となる 資 金 の 調 達 手 段 として 定 款 の 定 めるところにより 基 金 の 制 度 を 採 用 することができるものとする ( 社 会 医 療 法

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

Taro-弁護士報酬の目安暫定例 (

Taro-弁護士報酬の目安暫定例 ( 法 律 相 談 (1) 一 般 市 民 からの 法 律 相 談 で 40 分 を 要 し 法 律 相 談 だけで 完 結 した 場 合 法 律 相 談 料 5,400 円 法 律 相 談 (2) 一 般 市 民 からの 法 律 相 談 で 1 時 間 を 要 し 法 律 相 談 だけで 完 結 した 場 合 法 律 相 談 料 10,800 円 契 約 書 作 成 製 造 メーカーとして 卸 業 者

More information

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 指 針 ( 平 成 20 年 版 ) と 旧 指 針 との 新 旧 対 照 表 平 成 20 年 5 月 1 日 総 論 改 正 指 針 ( 平 成 20 年 5 月 1 日 ) 旧 指 針 ( 平 成 19 年 4 月 27 日 ) 対 象 要 点 対 象 要 点 本 指 針 の 適 用 対 象 は 以 下 を 除 く 株 式 会 社 とする (1) 金

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BA3918893FC8E448E5189C18E918A6990528DB88B7982D18C5F96F18E9696B18EE688B597768D6A81699056816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BA3918893FC8E448E5189C18E918A6990528DB88B7982D18C5F96F18E9696B18EE688B597768D6A81699056816A2E646F63> 目 平 成 17 年 10 月 1 日 次 21 総 資 則 格 ( の 第 審 1 査 条 ( 第 第 32 条 条 ) 34 工 事 等 の 施 契 行 約 手 の 続 手 ( 続 第 ( 9 14 8 条 ) 第 13 第 条 21 条 )) 65 建 設 工 締 事 結 及 ( び 第 監 24 理 条 の 委 第 託 33 契 条 約 ) の 手 続 ( 第 22 条 第 23 条 ) 第

More information

2.☆河住弁護士マンション管理基礎セミナー140202

2.☆河住弁護士マンション管理基礎セミナー140202 マンション 管 理 基 礎 セミナー 2014/02/02 管 理 会 社 との 紛 争 とその 対 処 法 弁 護 士 河 住 志 保 第 1 管 理 会 社 に 対 する 規 制 1 管 理 会 社 との 紛 争 が 生 まれる 背 景 マンション 分 譲 の 実 態 と 管 理 委 託 契 約 2 マンション 管 理 適 正 化 法 ( 以 下, 適 正 化 法 ) (1) 管 理 会 社 に

More information

-- 平 成 6 年 度 市 県 申 告 手 引 き 市 県 計 算 しくみについて 市 県 には, 住 方 に 均 に 負 担 していただく 均 割 と, 所 に 応 じて 負 担 していただく 所 割 ( 前 年 所 金 を 基 礎 として 計 算 します )とがあり, 市 と 県 をそれぞれ

-- 平 成 6 年 度 市 県 申 告 手 引 き 市 県 計 算 しくみについて 市 県 には, 住 方 に 均 に 負 担 していただく 均 割 と, 所 に 応 じて 負 担 していただく 所 割 ( 前 年 所 金 を 基 礎 として 計 算 します )とがあり, 市 と 県 をそれぞれ -- 4 配 当 所 がある 方 で 次 に 該 当 する 場 合 5 平 成 8 年 度 市 県 申 告 手 引 き 平 素 から, 当 市 務 行 政 に 格 別 ご 理 解 とご 協 力 をいただき 厚 くお 礼 申 し 上 げます さて, 平 成 8 年 度 市 県 申 告 期 間 は, 平 成 8 年 月 6 日 ( 火 )から3 月 5 日 ( 火 )までです 申 告 書 に 平 成 7

More information

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 3 条 ) 第 2 章 共 済 契 約 ( 第 4 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 運 営 委 員 会 ( 第 11 条 ~ 第 13 条 ) 第 4 章 運 営 資 金 及 び 会 計 ( 第 14 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 掛

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

出 張 報 告 書 A4 Excel 出 張 旅 費 精 算 書 A4 Excel 身 元 保 証 書 等 書 式 誓 約 保 証 書 A4 Word 身 元 保 証 書 A4 Word 誓 約 並 びに 身 元 保 証 書 A4 Word 身 元 保 証 契 約 書 A4 Word 雇 用 契 約

出 張 報 告 書 A4 Excel 出 張 旅 費 精 算 書 A4 Excel 身 元 保 証 書 等 書 式 誓 約 保 証 書 A4 Word 身 元 保 証 書 A4 Word 誓 約 並 びに 身 元 保 証 書 A4 Word 身 元 保 証 契 約 書 A4 Word 雇 用 契 約 2015 改 訂 版 税 理 士 業 務 書 式 文 例 集 収 録 書 式 一 覧 修 正 新 規 削 除 印 のある 書 式 は 解 説 が 付 いています 大 分 類 中 分 類 書 式 名 サイズ 種 類 挨 拶 通 知 文 例 編 案 内 挨 拶 文 例 事 務 所 移 転 のご 案 内 A4 Word 事 務 所 移 転 並 びに 電 話 番 号 変 更 のお 知 らせ A4 Word

More information

<4D F736F F D B AD6938C81408E968BC695F18D908F AFA2E646F63>

<4D F736F F D B AD6938C81408E968BC695F18D908F AFA2E646F63> 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 8 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 そ の 他 固 定 資 産 有 形 固 定 資 産 建 物 構 築 物 機 械 装 置

More information

<89EF88F5954B8C C8E86>

<89EF88F5954B8C C8E86> 会 員 必 携 ( 平 成 25 年 10 月 1 日 現 在 ) 関 東 信 越 税 理 士 会 朝 霞 支 部 351-0015 朝 霞 市 幸 町 1 丁 目 3 番 6 号 石 川 ビル2F TEL 048-465-0025 FAX 048-468-1043 http://www.asaka-zeirishikai.gr.jp/ 目 次 ( 関 連 規 則 等 対 応 表 示 ) 関 東 信

More information

平 成 1 3 年 度

平 成 1 3 年 度 27 豊 建 維 第 33-3 号 平 成 27 年 7 月 31 日 豊 前 市 監 査 委 員 初 山 吉 治 様 豊 前 市 監 査 委 員 鈴 木 正 博 様 豊 前 市 長 後 藤 ( 建 設 課 ) 元 秀 定 期 監 査 等 の 結 果 について( 回 答 ) 平 成 27 年 5 月 に 実 施 されました 定 期 監 査 等 においてご 指 摘 いただきました 事 項 について 下

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

<4D F736F F D E591E48E7397A D8D B BC696B18E64976C8F912E646F63>

<4D F736F F D E591E48E7397A D8D B BC696B18E64976C8F912E646F63> 仙 台 市 立 病 院 総 合 ビルメンテナンス 業 務 仕 様 書 1 目 的 この 仕 様 書 は, 仙 台 市 立 病 院 ( 以 下 当 院 という )の 利 用 者 の 利 便 性 快 適 性 安 全 性 を 良 好 な 状 態 に 保 つため, 施 設 を 常 時 適 正 な 状 態 に 維 持 するとともに,その 運 営 が 円 滑 かつ 経 済 的 となるよう, 必 要 な 事 項

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

大阪府生活福祉資金のごあんない

大阪府生活福祉資金のごあんない 大 阪 府 生 活 福 祉 資 金 福 祉 資 金 貸 付 のごあんない この 貸 付 制 度 は 低 所 得 者 障 がい 者 または 高 齢 者 の 世 帯 に 対 し 資 金 の 貸 付 けと 必 要 な 相 談 支 援 を 行 うこ とにより その 経 済 的 自 立 および 生 活 意 欲 の 助 長 促 進 ならびに 在 宅 福 祉 および 社 会 参 加 の 促 進 を 図 り 安 定

More information

申 請 に 必 要 なもの 罹 災 証 明 書 印 鑑 預 金 通 帳 の 写 し( 金 融 機 関 支 店 種 別 口 座 番 号 名 義 (フリガナ)の 記 載 があるもの) 市 町 村 発 行 解 体 証 明 書 又 は 滅 失 登 記 簿 謄 本 解 体 前 写 真 解 体 理 由 書 (

申 請 に 必 要 なもの 罹 災 証 明 書 印 鑑 預 金 通 帳 の 写 し( 金 融 機 関 支 店 種 別 口 座 番 号 名 義 (フリガナ)の 記 載 があるもの) 市 町 村 発 行 解 体 証 明 書 又 は 滅 失 登 記 簿 謄 本 解 体 前 写 真 解 体 理 由 書 ( 平 成 28 年 熊 本 地 震 被 災 者 支 援 制 度 等 のお 知 らせ 平 成 28 年 5 月 20 日 現 在 この 度 の 地 震 で 被 災 された 方 に 心 よりお 見 舞 い 申 し 上 げます 住 まいのことや 各 種 支 援 制 度 に 関 する 内 容 を 紹 介 しています 新 たな 支 援 制 度 が 決 まったり 今 の 支 援 制 度 の 基 準 が 緩 和 されたりしたときには

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832363130208CF68BA48C9A927A8D488E9694EF90CF8E5A8AEE8F802E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832363130208CF68BA48C9A927A8D488E9694EF90CF8E5A8AEE8F802E646F6378> 公 共 建 築 工 事 費 積 算 基 準 平 成 26 年 10 月 愛 知 県 建 設 部 目 次 第 1 工 事 費 の 積 算 ( 一 般 )... 1 1-1 工 事 費 の 種 別 及 び 区 分 1-2 工 事 費 の 構 成 1-3 工 事 費 の 積 算 に 係 る 適 用 基 準 等 第 2 工 事 費 の 積 算 ( 直 接 工 事 費 )... 2 2-1 直 接 工 事 費

More information

Taro-職員給与規程(最終改正20141

Taro-職員給与規程(最終改正20141 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づ き 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 (

More information

2 国 名 2. 事 業 承 継 税 制 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 ( 改 正 後 ) 世 界 の 事 業 承 継 税 制 のしくみ 下 記 の 国 以 外 は 相 続 税 ( 無 税 又 は 所 得 税 対 応 )はない 相 続 税 の 基 礎 控 除 非 上 場 株 式 の 評

2 国 名 2. 事 業 承 継 税 制 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 ( 改 正 後 ) 世 界 の 事 業 承 継 税 制 のしくみ 下 記 の 国 以 外 は 相 続 税 ( 無 税 又 は 所 得 税 対 応 )はない 相 続 税 の 基 礎 控 除 非 上 場 株 式 の 評 1 第 2 回 事 業 経 営 と 相 続 贈 与 税 ( 相 続 税 評 価 と 取 引 価 格 ) 会 計 と 経 営 のブラッシュアップ 平 成 26 年 4 月 7 日 山 内 公 認 会 計 士 事 務 所 本 レジュメは 相 続 税 法 とその 通 達 及 び 次 の 各 書 を 参 考 にさせていただいて 作 成 した ( 取 引 相 場 のない 株 式 の 税 務 森 富 幸 著 2008.10

More information

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月 青 警 組 8 5 4 8 月 3 0 属 長 殿 青 森 警 察 本 長 布 4 53 180 回 本 8 月 1 別 添 1 新 旧 照 文 別 添 布 ろ 概 遺 憾 1 運 留 意 別 途 示 市 民 活 危 険 整 備 1 抗 争 危 険 措 置 1 抗 争 発 抗 争 凶 器 身 体 危 害 加 方 抗 争 更 様 危 害 加 3 月 期 間 警 戒 域 抗 争 抗 争 15 抗 争 警

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E58B4B96CD8F43915589FC8F438169837D83938AC7835A8393835E815B8145899C90BC959492B7816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E58B4B96CD8F43915589FC8F438169837D83938AC7835A8393835E815B8145899C90BC959492B7816A> 大 規 模 修 繕 を 成 功 させる 5つのポイント 平 成 21 年 10 月 ( 財 ) マンション 管 理 センター 1 分 譲 マンションのストック 数 ( 平 成 20 年 末 推 計 ) 2 分 譲 マンションへの 永 住 意 識 ( 平 成 20 年 度 マンション 総 合 調 査 結 果 ) 3 管 理 組 合 が 行 う 維 持 管 理 に 関 する 業 務 1 長 期 修 繕

More information

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 一 般 社 団 法 人 全 国 農 業 経 営 コンサルタント 協 会 公 益 社 団 法 人 日 本 農 業 法 人 協 会 1 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が

More information

Microsoft Word - 事業報告_監査法人用_FINAL.doc

Microsoft Word - 事業報告_監査法人用_FINAL.doc 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 2 月 28 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 そ の 他 貸 倒 引 当 金 固 定 資 産 有 形 固 定 資 産 建 物 構 築

More information

<8356815B839395CA8E6496F3817989FC817A8267323589FC90B37665722E786C73>

<8356815B839395CA8E6496F3817989FC817A8267323589FC90B37665722E786C73> 顧 問 料 不 要 の(@システム)の 三 輪 会 計 事 務 所 541-0051 大 阪 市 中 央 区 備 後 町 2-4-6 森 田 ビル1F TEL06-6209-7191 FAX06-6209-8145 < 目 次 > 収 入 項 目 1 2 3 預 金 に 利 息 がついたとき お 金 を 借 りたとき 売 掛 金 を 回 収 したとき 1 ページ 2 ページ 3 ページ 支 出 項

More information

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個 別 紙 新 旧 対 照 表 改 正 後 改 正 前 ( 注 )アンダーラインを 付 した 部 分 は 改 正 部 分 である 目 次 目 次 第 1 編 総 則 第 1 編 総 則 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第

More information

目 次 会 員 規 程 2 会 費 規 程 4 選 挙 管 理 規 程 5 代 議 員 選 出 規 程 6 役 員 候 補 者 選 出 規 程 8 社 員 総 会 運 営 規 程 10 基 金 取 扱 規 程 14 理 事 会 運 営 規 則 19 理 事 の 職 務 権 限 規 程 23 役 員

目 次 会 員 規 程 2 会 費 規 程 4 選 挙 管 理 規 程 5 代 議 員 選 出 規 程 6 役 員 候 補 者 選 出 規 程 8 社 員 総 会 運 営 規 程 10 基 金 取 扱 規 程 14 理 事 会 運 営 規 則 19 理 事 の 職 務 権 限 規 程 23 役 員 公 益 社 団 法 人 日 本 臨 床 工 学 技 士 会 規 程 規 則 平 成 25 年 5 月 目 次 会 員 規 程 2 会 費 規 程 4 選 挙 管 理 規 程 5 代 議 員 選 出 規 程 6 役 員 候 補 者 選 出 規 程 8 社 員 総 会 運 営 規 程 10 基 金 取 扱 規 程 14 理 事 会 運 営 規 則 19 理 事 の 職 務 権 限 規 程 23 役 員

More information

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の 伊 勢 原 市 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 仕 様 書 1 件 名 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 2 業 務 に 関 する 基 本 方 針 (1) 市 役 所 において 日 常 特 に 多 くの 市 民 が 訪 れる 窓 口 であり 様 々な 権 利 義 務 を 伴 う 手 続 きにあたって 必 要 となる 重 要 な 業 務 であることを 認 識 し 適 正

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

【発出版】H26年度 街頭防犯カメラ等補助金交付要綱

【発出版】H26年度 街頭防犯カメラ等補助金交付要綱 高 知 県 街 頭 防 犯 カメラ 等 設 置 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 知 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 43 年 高 知 県 規 則 第 7 号 以 下 規 則 という ) 第 24 条 の 規 定 に 基 づき 高 知 県 街 頭 防 犯 カメラ 等 設 置 支 援 事 業 費 補 助 金 ( 以 下 補

More information

優 先 度 順 手 続 フロー 最 初 に 行 う 手 続 罹 災 見 舞 金 の 交 付 ( 草 津 市 ) (P4) 弔 慰 金 および 罹 災 見 舞 金 の 交 付 (P4) 罹 災 証 明 書 の 発 行 (P4) 住 民 票 の 発 行 (P5) 生 活 つなぎ 資 金 の 貸 付 (P

優 先 度 順 手 続 フロー 最 初 に 行 う 手 続 罹 災 見 舞 金 の 交 付 ( 草 津 市 ) (P4) 弔 慰 金 および 罹 災 見 舞 金 の 交 付 (P4) 罹 災 証 明 書 の 発 行 (P4) 住 民 票 の 発 行 (P5) 生 活 つなぎ 資 金 の 貸 付 (P 火 災 に 遭 われた 方 へ り さ い 火 災 罹 災 後 の 諸 手 続 について( 参 考 資 料 ) このたびは 思 いがけない 災 難 で 御 心 痛 いかばかりかと 心 から お 見 舞 い 申 しあげます どうか この 災 難 にお 力 落 しのありませんよう 一 日 も 早 い 御 回 復 をお 祈 り 申 しあげます この 冊 子 は 当 面 の 諸 手 続 に 関 しまして 概

More information

羽村市各会計決算書及び基金運用状況審査意見書

羽村市各会計決算書及び基金運用状況審査意見書 平 成 20 年 度 羽 村 市 各 会 計 決 算 及 び 基 金 運 用 状 況 審 査 意 見 書 羽 村 市 監 査 委 員 文 中 及 び 各 表 中 の 金 額 を 千 円 単 位 で 表 示 した 場 合 は 単 位 未 満 は 原 則 として 四 捨 五 入 した パーセンテージ 間 又 は 指 数 間 の 単 純 差 引 はポイントで 表 した 比 率 (%)は 原 則 として 小

More information

個人の税金 Q&A

個人の税金 Q&A 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除

More information

受 託 工 事 費 一 般 管 理 費 何 地 区 給 料 手 当 賞 与 引 当 金 繰 入 額 賃 金 報 酬 法 定 福 利 費 退 職 給 付 費 備 消 品 費 厚 生 福 利 費 報 償 費 旅 費 被 服 費 光 熱 水 費 燃 料 費 食 糧 費 印 刷 製 本 費 測 量 調 査

受 託 工 事 費 一 般 管 理 費 何 地 区 給 料 手 当 賞 与 引 当 金 繰 入 額 賃 金 報 酬 法 定 福 利 費 退 職 給 付 費 備 消 品 費 厚 生 福 利 費 報 償 費 旅 費 被 服 費 光 熱 水 費 燃 料 費 食 糧 費 印 刷 製 本 費 測 量 調 査 別 紙 1 簡 易 水 道 事 業 勘 定 科 目 は 規 則 別 表 第 一 号 に 定 める 水 道 事 業 の 勘 定 科 目 を 考 慮 して 区 分 すること 港 湾 整 備 事 業 ( 埋 立 ) 収 益 埋 立 事 業 収 益 営 業 収 益 土 地 売 却 収 益 受 託 工 事 収 益 その 他 営 業 収 益 営 業 外 収 益 受 取 利 息 及 び 配 当 金 預 金 利 息

More information

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度 取 引 先 の 突 然 の 倒 産 もしものときの 資 金 調 達 しっかりサポートします 経 営 セーフティ 共 済 ( 中 小 企 業 倒 産 防 止 共 済 ) 制 度 のしおり 平 成 23 年 10 月 経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため

More information

敷 金 保 証 金 投 資 有 価 証 券 子 会 社 株 式 関 連 会 社 株 式 ( 負 債 の 部 ) 科 目 大 科 目 中 科 目 流 動 負 債 固 定 負 債 ( 正 味 財 産 の 部 ) 基 金 科 支 払 手 形 未 払 金 前 受 金 預 り 金 短 期 借 入 金 1 年

敷 金 保 証 金 投 資 有 価 証 券 子 会 社 株 式 関 連 会 社 株 式 ( 負 債 の 部 ) 科 目 大 科 目 中 科 目 流 動 負 債 固 定 負 債 ( 正 味 財 産 の 部 ) 基 金 科 支 払 手 形 未 払 金 前 受 金 預 り 金 短 期 借 入 金 1 年 公 益 法 人 会 計 基 準 の 運 用 指 針 ( 平 成 20 年 4 月 平 成 21 年 10 月 改 正 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 ) 抜 粋 12. 財 務 諸 表 の 科 目 ここに 示 した 財 務 諸 表 を 作 成 する 際 の 科 目 は 一 般 的 標 準 的 なものであり 事 業 の 種 類 規 模 等 に 応 じて 科 目 を 追 加 することができる

More information

広報みなと2月1日特集号

広報みなと2月1日特集号 金 特 集 号 平 成 26 年 2014 年 2.1 3578-2111 FAX 3578-2634 務 課 http://www.city.minato.tokyo.jp 個 住 民 特 別 区 民 都 民 の 仕 組 み 均 等 割, 割 住 民 と の 主 な 違 い 住 民 均 等 割 あり なし にかかる 率 10% 分 離 課 を 除 く 特 別 区 民 6% 都 民 4% 率 5%~40%

More information

スター報酬規定

スター報酬規定 第 1 章 総 則 スター 綜 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 程 平 成 27 年 1 月 1 日 施 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 当 事 務 所 所 属 の 弁 護 士 が,その 職 務 に 関 して 受 ける 弁 護 士 の 受 託 業 務 の 対 価 等 に 関 する 基 準 を 示 すことを 目 的 とする ( 個 別 契 約 による 修 正 ) 第

More information

記 載 要 領 1.シートの 選 択 方 法 選 択 項 目 が の 場 合 は 該 当 項 目 1 つを 選 択 し をつけてください ( 複 数 回 答 不 可 ) 選 択 項 目 が の 場 合 は 複 数 選 択 が 可 能 ですので 該 当 する 項 目 すべてに をつけてください 例 の

記 載 要 領 1.シートの 選 択 方 法 選 択 項 目 が の 場 合 は 該 当 項 目 1 つを 選 択 し をつけてください ( 複 数 回 答 不 可 ) 選 択 項 目 が の 場 合 は 複 数 選 択 が 可 能 ですので 該 当 する 項 目 すべてに をつけてください 例 の ( 財 マンション 管 理 センター 記 入 欄 マンション 名 申 込 受 付 番 号 登 録 番 号 マンションみらいネット マンション 履 歴 システム 新 築 マンション 情 報 登 録 シート 単 棟 このシートは 単 棟 型 ( 住 居 以 外 の 用 途 が 含 まれている 場 合 で 一 部 共 用 部 分 がないマンションを 含 む ) 専 用 です 単 棟 型 で 複 合 用 途

More information

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減 平 成 22 年 度 健 保 組 合 決 算 見 込 の 概 要 平 成 23 年 9 月 8 日 健 康 保 険 組 合 連 合 会 問 い 合 わせ 先 : 健 保 連 企 画 部 調 査 分 析 グループ :03-3403-0926 本 概 要 は 平 成 23 年 3 月 末 に 存 在 した 1,458 組 合 の 22 年 度 決 算 見 込 状 況 を 集 計 した 結 果 をまとめたものである

More information

目 次 1. 中 国 - 日 本 二 国 間 の 取 引 に 対 する 課 税 に 関 する 問 題... 1 1.1 日 本 親 会 社 からの 技 術 指 導 料 に 対 する 課 税 問 題... 1 1.2 長 期 に 渡 り 未 払 状 態 である 債 務 の 処 理... 3 1.3 中

目 次 1. 中 国 - 日 本 二 国 間 の 取 引 に 対 する 課 税 に 関 する 問 題... 1 1.1 日 本 親 会 社 からの 技 術 指 導 料 に 対 する 課 税 問 題... 1 1.2 長 期 に 渡 り 未 払 状 態 である 債 務 の 処 理... 3 1.3 中 < 中 国 税 務 会 計 情 報 > 中 国 内 の 日 系 企 業 に 散 見 される 税 務 上 の 問 題 等 についての 考 察 2013 年 3 月 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 目 次 1. 中 国 - 日 本 二 国 間 の 取 引 に 対 する 課 税 に 関 する 問 題... 1 1.1 日 本 親 会 社 からの 技 術 指 導 料 に

More information

1526452.dsz

1526452.dsz 平 成 28 年 度 特 別 区 民 税 都 民 税 申 告 の 手 引 申 告 書 の 提 出 期 限 は 平 成 28 年 3 月 15 日 ( 火 )です 特 別 区 民 税 都 民 税 ( 住 民 税 )の 申 告 につきましては 毎 年 ご 協 力 をいただきありがとうございます 平 成 28 年 度 の 申 告 書 を 提 出 していただく 時 期 になりましたので 申 告 書 をお 送

More information

神栖市児童館指定管理業務仕様書

神栖市児童館指定管理業務仕様書 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 平 成 28 年 8 月 茨 城 県 神 栖 市 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 児 童 館 等 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 びその 範 囲 は, 募 集 要 項 のほかこの 仕 様 書 による 第 1 管 理 運 営 の 基 本 方 針 児 童 館 は, 地 域 児 童 の 健

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6> 東 京 大 学 固 定 資 産 管 理 規 程 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 東 大 規 則 第 178 号 ) 改 正 : 平 成 17 年 2 月 8 日 東 大 規 則 第 289 号 改 正 : 平 成 18 年 9 月 26 日 東 大 規 則 第 33 号 改 正 : 平 成 19 年 7 月 1 日 東 大 規 則 第 15 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 30 日

More information

Microsoft Word )40期決算公開用.doc

Microsoft Word )40期決算公開用.doc 貸 借 対 照 表 [ 株 式 会 社 ニラク] ( 平 成 21 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 有 価 証 券 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 貸 倒 引 当 金 固 定

More information

<5461726F2D31313034323720938C93FA967B91E5906B8DD082CC94ED8DD0>

<5461726F2D31313034323720938C93FA967B91E5906B8DD082CC94ED8DD0> 総 税 市 第 2 4 号 平 成 23 年 4 月 27 日 各 道 府 県 総 務 部 長 東 京 都 総 務 主 税 局 長 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 市 町 村 税 課 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 の 被 災 者 に 対 する 勤 労 者 財 産 形 成 住 宅 ( 年 金 ) 貯 蓄 の 不 適 格 払 出 し に 係 る 還 付 の 取 り 扱 いについて

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D839383568387839395578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F9182CC89FC90B382CC837C8343839383672E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D839383568387839395578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F9182CC89FC90B382CC837C8343839383672E646F63> マンション 標 準 管 理 委 託 契 約 書 の 改 正 ポイント 平 成 22 年 7 月 1 マンションの 管 理 業 務 の 委 託 マンションの 管 理 組 合 の 管 理 業 務 には 管 理 費 等 の 収 支 の 調 定 出 納 建 物 設 備 の 維 持 又 は 修 繕 に 関 する 企 画 又 は 実 施 等 標 準 的 にはマンション 標 準 管 理 規 約 ( 単 棟 型 )(

More information