< FAC8BE088E48E738FE18A518ED2959F8E83835A E815B814095F18D908F C4816A2E786C73>

Size: px
Start display at page:

Download "< FAC8BE088E48E738FE18A518ED2959F8E83835A E815B814095F18D908F C4816A2E786C73>"

Transcription

1 組 織 マネジメント: 知 的 障 害 者 通 所 授 産 施 設 Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 事 業 所 名 : 社 会 福 祉 法 人 まりも 会 小 金 井 市 障 害 者 福 祉 センター 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている サブカテゴリー1 項 目 1 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 ビジョン 基 本 方 針 など)を 明 示 している 2. 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 ビジョン 基 本 方 針 など)について 職 員 の 理 解 が 深 まるような 取 り 組 みを 行 っている 3. 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 ビジョン 基 本 方 針 など)について 利 用 者 本 人 や 家 族 等 の 理 解 が 深 まるような 取 り 組 みを 行 っている 4. 重 要 な 意 思 決 定 や 判 断 に 迷 ったときに 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 ビジョン 基 本 方 針 など)を 思 い 起 こすことができる 取 り 組 みを 行 っている( 会 議 中 に 確 認 できるなど) 項 目 2 経 営 層 ( 運 営 管 理 者 含 む)は 自 らの 役 割 と 責 任 を 職 員 に 対 して 表 明 し 事 業 所 をリードしている 1. 経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 を 職 員 に 伝 えている 2. 経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 に 基 づいて 行 動 している 1/14

2 項 目 3 重 要 な 案 件 について 経 営 層 ( 運 営 管 理 者 含 む)は 実 情 を 踏 まえて 意 思 決 定 し その 内 容 を 関 係 者 に 周 知 している 1. 重 要 な 案 件 を 検 討 し 決 定 する 手 順 があらかじめ 決 まっている 2. 重 要 な 意 思 決 定 に 関 し その 内 容 と 決 定 経 緯 について 職 員 に 周 知 している 3. 利 用 者 等 に 対 し 重 要 な 案 件 に 関 する 決 定 事 項 について 必 要 に 応 じてその 内 容 と 決 定 経 緯 を 伝 えて いる カテゴリー1の 講 評 理 念 の 実 践 に 向 け 身 体 障 害 者 通 所 授 産 事 業 を 生 活 介 護 事 業 に 移 行 小 金 井 市 障 害 者 福 祉 センターでは どんなに 重 い 障 害 があっても 希 望 する 人 は 受 け 入 れる というセンター 共 通 の 理 念 のもと 生 活 介 護 事 業 自 立 訓 練 ( 機 能 訓 練 ) 事 業 給 食 サービス 入 浴 サービス 送 迎 サービス 相 談 事 業 短 期 入 所 ( 緊 急 一 時 保 護 ) 事 業 地 域 生 活 支 援 事 業 など 多 様 なサービスを 提 供 している 平 成 21 年 4 月 より 身 体 障 害 者 通 所 授 産 事 業 を 生 活 介 護 事 業 に 移 行 した センターでは 具 体 的 な 運 営 の 利 用 者 支 援 方 針 を 定 めて 施 設 内 に 掲 示 やパンフレットに 記 載 し 職 員 や 利 用 者 家 族 には 会 議 や 懇 談 会 等 において 理 解 を 求 めている 経 営 層 の 役 割 は 明 確 になっており リーダーシップを 持 った 運 営 を 行 っている センターの 経 営 層 ( 所 長 主 任 副 主 任 )の 役 割 は 法 人 策 定 の 職 務 分 掌 及 び 事 案 決 裁 専 決 事 項 に 明 らかにされている センター 内 に おいては 各 事 業 の 責 任 者 が 集 まり センターの 運 営 事 項 の 決 定 機 関 である 事 業 間 会 議 を 所 長 が 主 催 している また 職 員 からの 起 案 制 度 が 所 長 の 専 決 事 項 の 範 囲 で 決 定 をしている 小 金 井 市 との 事 業 運 営 にかかる 定 例 の 諸 会 議 が 開 催 されており 経 営 層 が 中 心 に 対 応 しており 地 域 や 学 校 自 治 会 等 の 窓 口 としての 役 割 を 担 っている 小 金 井 市 法 人 センターごとの 会 議 で 重 要 事 項 や 案 件 が 連 携 を 持 って 決 定 されている 市 立 施 設 の 業 務 受 託 のため 運 営 に 関 する 重 要 な 事 項 は 運 営 会 議 ( 事 業 計 画 や 予 算 等 の 重 要 事 項 ) 連 絡 会 議 ( 事 業 計 画 予 算 執 行 状 況 等 ) 事 務 連 絡 会 議 ( 具 体 的 な 実 務 等 )で 市 役 所 との 定 期 的 な 会 議 が 開 催 され 事 業 運 営 に 関 する 重 要 な 事 項 の 決 定 や 進 捗 状 況 の 確 認 が 実 施 されている センターの 具 体 的 な 運 営 に 関 する 案 件 は 各 職 種 の 代 表 者 による 事 業 間 会 議 で 協 議 の 上 決 定 している これら の 決 定 された 内 容 は 各 職 種 の 会 議 で 職 員 に 報 告 がされている 利 用 者 等 には 家 族 または 利 用 者 との 懇 談 会 や 必 要 に 応 じで お 知 ら せ の 文 書 で 報 告 している 2/14

3 2 経 営 における 社 会 的 責 任 カテゴリー2 サブカテゴリー1 社 会 人 福 祉 サービス 事 業 者 として 守 るべきことを 明 確 にし その 達 成 に 取 り 組 んでいる 項 目 1 社 会 人 福 祉 サービスに 従 事 する 者 として 守 るべき 法 規 範 倫 理 などを 周 知 している 1. 福 祉 サービスに 従 事 する 者 として 守 るべき 法 規 範 倫 理 ( 個 人 の 尊 厳 )などを 明 示 している 2. 全 職 員 に 対 して 守 るべき 法 規 範 倫 理 ( 個 人 の 尊 厳 )などの 理 解 が 深 まるように 取 り 組 んでいる 項 目 2 第 三 者 による の 結 果 公 表 情 報 開 示 などにより 地 域 社 会 に 対 し 透 明 性 の 高 い 組 織 と なっている 1. 第 三 者 による の 結 果 公 表 情 報 開 示 など 外 部 の 導 入 を 図 り 開 かれた 組 織 となるように 取 り 組 ん でいる 2. 透 明 性 を 高 めるために 地 域 の 人 の 目 にふれやすい 方 法 ( 事 業 者 便 り 会 報 など)で 地 域 社 会 に 事 業 所 に 関 する 情 報 を 開 示 している 地 域 の 福 祉 に 役 立 つ 取 り 組 みを 行 っている サブカテゴリー2 項 目 1 事 業 所 の 機 能 や 福 祉 の 専 門 性 をいかした 取 り 組 みがある 評 点 ( A+ A+ ) 1. 事 業 所 の 機 能 や 専 門 性 は 利 用 者 に 支 障 のない 範 囲 で 地 域 の 人 に 還 元 している( 施 設 備 品 等 の 開 放 個 別 相 談 など) 2. 地 域 の 人 や 関 係 機 関 を 対 象 に 事 業 所 の 機 能 や 専 門 性 をいかした 企 画 啓 発 活 動 ( 研 修 会 の 開 催 講 師 派 遣 など)を 行 っている 地 域 の 自 治 会 障 害 者 団 体 等 に 集 会 室 等 の 開 放 と 備 品 の 貸 出 し 一 般 市 民 在 宅 障 害 者 向 けの 手 話 絵 画 レーザークラフト 等 多 くの 講 座 も 実 施 している 啓 蒙 活 動 として 職 員 が 地 域 の 中 高 等 学 校 で 講 演 を 行 い 障 害 者 理 解 を 求 めている また 自 前 で 調 理 が 難 しい 地 域 の 障 害 者 小 規 模 作 業 所 に 昼 食 の 配 食 サービス 施 設 内 で 喫 茶 コーナーを 営 業 し 曜 日 によっては 地 域 の 障 害 者 が 運 営 したり 近 隣 の 特 別 支 援 学 校 の 買 い 物 訓 練 の 場 としても 活 用 されている これらの 取 り 組 みで ボランティア 協 力 を 得 るなど 地 域 との 良 好 な 関 係 が 深 まっ てきている 3/14

4 項 目 2 ボランティア 受 け 入 れに 関 する 基 本 姿 勢 を 明 確 にし 体 制 を 確 立 している 1. ボランティアの 受 け 入 れに 対 する 基 本 姿 勢 を 明 示 している 2. ボランティアの 受 け 入 れ 体 制 を 整 備 している( 担 当 者 の 配 置 手 引 き 書 の 作 成 など) 3. ボランティアに 利 用 者 のプライバシーの 尊 重 やその 他 の 留 意 事 項 などを 伝 えている 項 目 3 地 域 の 関 係 機 関 との 連 携 を 図 っている 1. 地 域 の 関 係 機 関 のネットワーク( 事 業 者 連 絡 会 など)に 参 画 している 2. 地 域 ネットワーク 内 での 共 通 課 題 について 協 働 して 取 り 組 めるような 体 制 を 整 えている カテゴリー2の 講 評 法 人 及 びセンターの 倫 理 要 綱 と 具 体 的 な 職 員 の 行 動 指 針 が 定 められている 福 祉 サービスに 従 事 する 者 として 守 るべき 法 規 範 倫 理 については 法 人 として 職 員 倫 理 規 程 と 行 動 指 針 が 定 められており 職 員 の 順 守 すべき 行 動 が 義 務 づけられている また センターの 基 本 理 念 では 利 用 者 の 個 性 の 尊 重 と 誠 実 な 対 応 について 述 べており センターの 職 員 倫 理 要 綱 が 定 められている 職 員 の 行 動 規 範 として 所 長 の 責 務 職 員 の 責 務 禁 止 事 項 支 援 方 針 が 具 体 的 な 規 範 として 策 定 されて いる 職 員 への 周 知 は 各 職 種 の 会 議 等 で 徹 底 を 図 っている 新 任 職 員 は 入 職 時 の 職 員 研 修 プログラムにおいて 職 員 倫 理 要 綱 が 理 念 と ともに 徹 底 されている 地 域 との 連 携 強 化 と 開 かれた 施 設 として 積 極 的 な 取 り 組 みを 実 施 している センターの 活 動 報 告 や 運 営 に 関 する 意 見 交 換 の 場 として 運 営 協 議 会 ( 障 害 者 団 体 地 域 の 町 内 会 民 生 委 員 医 師 会 ボランティア 団 体 利 用 者 及 び 家 族 代 表 行 政 センター 所 長 等 で 構 成 )が 年 に3 回 開 催 されている 一 般 市 民 への 広 報 としては 市 報 を 活 用 して 活 動 等 を 定 期 的 に 伝 えている また 地 域 の 自 治 会 障 害 者 団 体 等 に 施 設 の 開 放 と 備 品 の 貸 出 し 一 般 市 民 及 び 在 宅 障 害 者 向 けの 手 話 絵 画 レーザークラフト 等 多 くの 講 座 をセンター 内 で 実 施 している 障 害 者 理 解 の 啓 蒙 活 動 として 地 域 の 中 学 校 高 等 学 校 でセンター 職 員 による 講 演 を 行 っている 地 域 との 良 好 な 関 係 に 支 えられ 多 くのボランティアが 日 中 活 動 中 心 に 携 わっている センターの 理 解 を 地 域 に 広 めていくため ボランティアの 受 け 入 れを 積 極 的 に 行 っている 呼 びかけは 地 域 の 民 生 委 員 の 口 コミやボラン ティア 市 民 活 動 センター 等 により 行 われ 日 常 の 生 活 介 護 機 能 訓 練 の 利 用 者 の 日 中 活 動 支 援 に 多 くのボランティアが 参 加 しており 生 活 介 護 での 授 産 作 業 や 機 能 訓 練 における 各 種 講 座 には 大 きく 貢 献 している ボランティアの 受 け 入 れ 体 制 としては ボランティアの 手 引 き (ボランティア 規 程 と 個 人 情 報 保 護 規 程 )により 説 明 して ボランティア 登 録 承 諾 書 に 署 名 を 受 けている また 懇 談 会 を 開 催 して 意 見 交 換 を 行 っている 4/14

5 3 利 用 者 意 向 や 地 域 事 業 環 境 の 把 握 と 活 用 カテゴリー3 利 用 者 意 向 や 地 域 事 業 環 境 に 関 する 情 報 を 収 集 活 用 している サブカテゴリー1 項 目 1 利 用 者 一 人 ひとりの 意 向 ( 意 見 要 望 苦 情 )を 多 様 な 方 法 で 把 握 し 迅 速 に 対 応 している( 苦 情 解 決 制 度 を 含 む) 1. 苦 情 解 決 制 度 を 利 用 できることや 事 業 者 以 外 の 相 談 先 を 遠 慮 なく 利 用 できることを 利 用 者 に 伝 えてい る 2. 利 用 者 一 人 ひとりの 意 見 要 望 苦 情 に 対 する 解 決 に 取 り 組 んでいる 項 目 2 利 用 者 意 向 の 集 約 分 析 とサービス 向 上 への 活 用 に 取 り 組 んでいる 1. 利 用 者 アンケートなど 事 業 所 側 からの 働 きかけにより 利 用 者 の 意 向 を 把 握 することに 取 り 組 んでいる 2. 事 業 者 が 把 握 している 利 用 者 の 意 向 を 取 りまとめ 利 用 者 から 見 たサービスの 現 状 問 題 を 把 握 してい る 3. 利 用 者 の 意 向 をサービス 向 上 につなげることに 取 り 組 んでいる 項 目 3 地 域 事 業 環 境 に 関 する 情 報 を 収 集 し 状 況 を 把 握 分 析 している 1. 地 域 の 福 祉 ニーズの 収 集 ( 地 域 での 聞 き 取 り 地 域 懇 談 会 など)に 取 り 組 んでいる 2. 福 祉 事 業 全 体 の 動 向 ( 行 政 や 業 界 などの 動 き)の 収 集 に 取 り 組 んでいる 3. 事 業 所 としての 今 後 の 方 の 参 考 になるように 地 域 の 福 祉 ニーズや 福 祉 事 業 全 体 の 動 向 を 整 理 分 析 している 5/14

6 カテゴリー3の 講 評 オンブズパーソンによる 苦 情 や 要 望 意 見 の 受 付 と 相 談 の 体 制 が 確 立 されている 法 人 の 事 業 の 社 会 的 な 信 頼 向 上 を 目 的 とした 苦 情 対 応 規 程 が 定 められている センターの 取 組 みとして 重 要 事 項 説 明 書 でセンター の 苦 情 受 付 解 決 体 制 やオンブズマン 制 度 の 案 内 外 部 の 行 政 や 東 社 協 の 窓 口 が 記 載 されており 利 用 者 等 に 説 明 をしている 徹 底 を 図 るために 苦 情 解 決 のしくみとご 案 内 の 書 面 を 発 信 したり 施 設 入 口 に 掲 示 をしている 3 人 のオンブズパーソンによる 毎 月 の 相 談 日 が 設 けられて センターの 活 動 状 況 の 見 学 や 家 族 懇 談 会 に 出 席 して 意 見 交 換 (センター 職 員 は 離 席 )をしている 主 な 相 談 内 容 は 事 業 報 告 書 に 公 表 されている アンケートや 懇 談 会 等 で 意 向 を 把 握 毎 日 のプログラムは 希 望 を 取 り 入 れ 選 択 している 利 用 者 や 家 族 の 要 望 意 見 は 年 2 回 の 家 族 懇 談 会 ( 生 活 介 護 ) 3 回 の 利 用 者 懇 談 会 ( 自 立 訓 練 )を 開 催 して 把 握 している 本 年 度 は 利 用 者 アンケートにより 新 体 系 移 行 の 生 活 介 護 のプロクラム 等 について 意 見 や 要 望 を 把 握 して 事 業 計 画 に 生 かしている また 利 用 者 家 族 との 個 別 面 談 を 開 催 して 個 別 の 要 望 を 把 握 して 個 別 支 援 計 画 に 反 映 させている センターでは 活 動 の 運 営 を 利 用 者 の 特 性 により4つ のグループ 分 けをして 活 動 プログラムを 設 定 しているが 毎 日 利 用 者 の 希 望 を 確 認 してグループを 越 えたプログラムの 選 択 ができるよう にしている センター 運 営 協 議 会 の 設 定 障 害 者 施 設 連 絡 会 等 に 参 加 して 地 域 福 祉 情 報 を 入 手 している 地 域 の 福 祉 ニーズや 福 祉 事 業 の 動 向 については 地 域 町 内 会 地 域 の 障 害 者 団 体 学 識 経 験 者 等 によるセンター 運 営 協 議 会 で 活 発 な 要 望 や 意 見 が 出 されセンターの 運 営 に 生 かしている 市 が 中 心 となり センターが 企 画 編 集 を 行 った 障 害 者 や 高 齢 者 が 街 に 出 かける 時 の 参 考 となる 情 報 を 掲 載 した 冊 子 こころのマップ が 作 成 されている また 地 域 の 障 害 者 通 所 施 設 で 構 成 されている 障 害 者 施 設 連 絡 会 が 運 営 するNPO 法 人 が 就 労 支 援 や 相 談 支 援 自 治 会 館 内 の 授 産 製 品 販 売 店 舗 を 設 けており センター 職 員 が 役 員 として 積 極 的 に 活 動 している 6/14

7 4 計 画 の 策 定 と 着 実 な 実 行 実 践 的 な 課 題 計 画 策 定 に 取 り 組 んでいる カテゴリー4 サブカテゴリー1 項 目 1 取 り 組 み 期 間 に 応 じた 課 題 計 画 を 策 定 している 1. 理 念 ビジョンの 実 現 に 向 けた 中 長 期 計 画 を 策 定 している 2. 年 度 単 位 の 計 画 を 策 定 している 3. 短 期 の 活 動 についても 計 画 的 ( 担 当 者 スケジュールの 設 定 など)に 取 り 組 んでいる 項 目 2 多 角 的 な 視 点 から 課 題 を 把 握 し 計 画 を 策 定 している 1. 課 題 の 明 確 化 計 画 策 定 の 時 期 や 手 順 があらかじめ 決 まっている 2. 課 題 の 明 確 化 計 画 の 策 定 にあたり 現 場 の 意 向 を 反 映 できるようにしている 3. 計 画 は サービスの 現 状 ( 利 用 者 意 向 地 域 の 福 祉 ニーズや 事 業 環 境 など)を 踏 まえて 策 定 している 4. 計 画 は 想 定 されるリスク( 利 用 者 への 影 響 職 員 への 業 務 負 担 必 要 経 費 の 増 大 など)を 踏 まえて 策 定 している 7/14

8 項 目 3 着 実 な 計 画 の 実 行 に 取 り 組 んでいる 1. 計 画 推 進 の 方 法 ( 体 制 職 員 の 役 割 や 活 動 内 容 など)を 明 示 している 2. 計 画 推 進 にあたり より 高 い 成 果 が 得 られるように 事 業 所 内 外 の 先 進 事 例 失 敗 事 例 を 参 考 にするな どの 取 り 組 みを 行 っている 3. 計 画 推 進 にあたり 目 指 す 目 標 と 達 成 度 合 いを 図 る 指 標 を 明 示 している 4. 計 画 推 進 にあたり 進 捗 状 況 を 確 認 し( 半 期 月 単 位 など) 必 要 に 応 じて 見 直 しをしながら 取 り 組 んで いる 利 用 者 の 安 全 の 確 保 向 上 に 計 画 的 に 取 り 組 んでいる サブカテゴリー2 項 目 1 利 用 者 の 安 全 の 確 保 向 上 に 計 画 的 に 取 り 組 んでいる 1. 利 用 者 の 安 全 の 確 保 向 上 を 図 るため 関 係 機 関 との 連 携 や 事 業 所 内 の 役 割 分 担 を 明 示 している 2. 発 生 した 事 故 や 事 故 につながりやすい 事 例 などをもとに 再 発 防 止 予 防 対 策 を 策 定 している 3. 再 発 防 止 予 防 対 策 の 実 践 に 向 けて 職 員 利 用 者 関 係 機 関 などに 具 体 的 な 活 動 内 容 が 伝 わってい る カテゴリー4の 講 評 小 金 井 市 の 障 害 者 福 祉 計 画 に 基 づいたセンターの 中 長 期 計 画 が 策 定 されている 市 の 施 設 のため 市 の 中 長 期 視 点 の 方 向 を 定 めた 障 害 者 計 画 の 中 の 障 害 者 福 祉 計 画 ( 障 害 者 自 立 支 援 法 に 基 づく) を 策 定 してお り センターも 市 の 計 画 に 則 り 市 との 運 営 委 員 会 やセンターの 事 業 間 会 議 等 で 協 議 して 中 長 期 計 画 と 事 業 課 題 を 作 成 して 定 期 的 に 見 直 しを 図 っている 現 在 のセンターでは 平 成 22 年 度 までの 市 との 指 定 管 理 を 継 続 して 締 結 できる 体 制 づくりが 最 大 の 懸 案 事 項 となっ ている センターの 単 年 度 の 事 業 計 画 は 中 長 期 計 画 に 基 づいて 計 画 され 各 職 種 ごとの 具 体 的 な 行 事 等 の 実 施 計 画 が 計 画 的 に 進 めら れている 新 体 系 移 行 に 向 けて 運 営 協 議 会 利 用 者 家 族 の 意 向 を 反 映 した 事 業 計 画 が 策 定 されている センターの 事 業 計 画 は 市 の 障 害 者 福 祉 計 画 や 法 人 の 課 題 に 基 づいて 作 成 されている 本 年 度 は 新 体 系 に 移 行 する 年 度 のため セン ターの 利 用 者 支 援 の 基 本 理 念 利 用 者 アンケートの 結 果 利 用 者 家 族 懇 談 会 の 意 向 センターの 運 営 協 議 会 の 意 見 を 反 映 している セ ンター 内 の 手 順 としては 支 援 員 会 議 等 の 各 事 業 の 職 員 で 前 年 度 の 総 括 と 今 年 度 の 計 画 を 検 討 して 現 場 の 意 見 を 反 映 させ 事 業 間 会 議 で 事 業 計 画 案 が 作 成 され 最 終 的 には 市 との 運 営 会 議 等 で 決 定 している 計 画 の 進 捗 状 況 は 毎 月 の 事 業 間 会 議 や 市 との 連 絡 会 議 で 確 認 と 協 議 を 行 っている ヒヤリハットと 引 き 継 ぎノート( 気 づきノート)の 定 義 の 明 確 化 と 前 向 きな 活 用 に 期 待 センターの 基 本 理 念 である 重 度 障 害 者 の 受 け 入 れのために 医 務 体 制 が 充 実 している 通 所 施 設 であるが 2 名 の 看 護 師 と 機 能 訓 練 へ のOT PT STや 嘱 託 医 ( 内 科 整 形 外 科 精 神 科 )の 体 制 ができており 全 職 員 に 上 級 救 命 技 能 研 修 を 義 務 付 けている また ヒヤリ ハット 報 告 は 所 長 及 び 事 業 責 任 者 に 当 事 者 が 報 告 をし 事 故 発 生 については 所 長 を 中 心 に 各 事 業 責 任 者 等 の 事 故 検 証 会 議 を 招 集 対 策 と 再 発 防 止 策 を 検 討 して 全 職 員 に 徹 底 を 図 っている 今 後 は ヒヤリハットと 引 き 継 ぎノート( 気 づきノート)の 定 義 の 明 確 化 と 前 向 きな 活 用 に 期 待 したい 8/14

9 5 職 員 と 組 織 の 能 力 向 上 カテゴリー5 サブカテゴリー1 事 業 所 が 目 指 している 経 営 サービスを 実 現 する 人 材 の 確 保 育 成 に 取 り 組 んでいる 項 目 1 事 業 所 にとって 必 要 な 人 材 構 成 にしている 1. 事 業 所 の 人 事 制 度 に 関 する 方 針 ( 人 材 像 職 員 育 成 の 考 え 方 )を 明 示 している 2. 事 業 所 が 必 要 とする 人 材 を 踏 まえた 採 用 を 行 っている 3. 適 材 適 所 の 人 員 配 置 に 取 り 組 んでいる 項 目 2 職 員 の 質 の 向 上 に 取 り 組 んでいる 評 点 ( B ) 1. 職 員 一 人 ひとりの 能 力 向 上 に 関 する 希 望 を 把 握 している 2. 職 員 一 人 ひとりの 職 務 能 力 に 応 じた 個 人 別 の 育 成 ( 研 修 ) 計 画 を 策 定 している 3. 個 人 別 の 育 成 ( 研 修 ) 計 画 を 踏 まえ OJTや 研 修 を 行 っている 4. 職 員 が 研 修 に 参 加 しやすいように 勤 務 日 程 を 調 整 している 5. 職 員 の 研 修 成 果 を 確 認 し( 研 修 時 研 修 直 後 研 修 数 ヶ 月 後 など) 研 修 が 本 人 の 育 成 に 役 立 ったかを 確 認 している 9/14

10 職 員 一 人 ひとりと 組 織 力 の 発 揮 に 取 り 組 んでいる サブカテゴリー2 項 目 1 職 員 一 人 ひとりの 主 体 的 な 判 断 行 動 と 組 織 としての 学 びに 取 り 組 んでいる 1. 職 員 の 判 断 で 実 施 可 能 な 範 囲 と それを 超 えた 場 合 の 対 応 方 法 を 明 示 している 2. 職 員 一 人 ひとりの 日 頃 の 気 づきや 工 夫 について 互 いに 学 ぶことに 取 り 組 んでいる 3. 職 員 一 人 ひとりの 研 修 成 果 を レポートや 発 表 等 で 共 有 化 に 取 り 組 んでいる 項 目 2 職 員 のやる 気 向 上 に 取 り 組 んでいる 評 点 ( B ) 1. 事 業 所 の 特 性 を 踏 まえ 職 員 の 育 成 報 酬 ( 賃 金 昇 進 昇 格 賞 賛 など)が 連 動 した 人 材 マネジ メントを 行 っている 2. 就 業 状 況 ( 勤 務 時 間 や 休 暇 取 得 疲 労 ストレスなど)を 把 握 し 改 善 に 取 り 組 んでいる 3. 職 員 の 意 識 を 把 握 し やる 気 と 働 きがいの 向 上 に 取 り 組 んでいる 4. 福 利 厚 生 制 度 の 充 実 に 取 り 組 んでいる カテゴリー5の 講 評 ウェイトが 高 い 非 常 勤 職 員 の 弾 力 的 な 運 用 と 処 遇 改 善 を 実 施 している 職 員 の 要 員 配 置 基 準 や 処 遇 は 市 との 取 り 決 めで 決 まっており 必 要 に 応 じて 変 更 がある 場 合 には 協 議 して 決 めている 採 用 については 常 勤 職 員 は 法 人 の 理 事 長 非 常 勤 職 員 はセンター 所 長 の 権 限 で 実 施 している 昼 食 時 の 食 事 介 助 に6 名 の 非 常 勤 職 員 を 配 置 する 等 弾 力 的 なセンター 運 営 のために 非 常 勤 職 員 のウェイトが 高 くなっている センター 内 の 公 募 により 非 常 勤 から 常 勤 職 員 への 登 用 の 道 が 開 かれている 本 年 度 より 課 題 となっていた 非 常 勤 職 員 の 給 与 の 改 定 を 決 定 することができ 常 勤 職 員 の 給 与 規 程 の 改 定 についても 市 と の 協 議 を 進 めている 外 部 研 修 には 積 極 的 に 参 加 しているが 職 員 の 個 別 研 修 計 画 作 成 への 取 り 組 みを 望 む センターでは AED 酸 素 吸 入 等 の 医 療 的 ケアに 関 する 研 修 を 繰 り 返 し 実 施 し 本 年 度 は 再 度 徹 底 を 図 るために 個 人 情 報 保 護 に 関 する 研 修 を 実 施 している また 外 部 研 修 には 三 多 摩 地 区 の 市 立 施 設 協 議 会 都 の 通 所 施 設 連 絡 会 航 空 会 社 のサービスマナー 向 上 研 修 等 に 全 職 員 の 希 望 を 基 に 積 極 的 に 参 加 して 研 修 報 告 書 の 回 覧 や 支 援 員 会 議 等 で 報 告 をしている 一 方 法 人 では 法 人 内 施 設 の3 日 間 程 度 の 短 期 交 流 研 修 が 行 われ 職 員 の 階 層 別 研 修 等 の 個 別 研 修 計 画 は 作 成 されていないことから 今 後 の 取 り 組 みに 期 待 したい 就 業 は 適 正 に 運 営 されているが 職 員 の 育 成 計 画 と 連 動 した 人 事 制 度 の 導 入 の 検 討 を センターでは 短 時 間 の 非 常 勤 職 員 ( 食 事 介 助 送 迎 添 乗 等 )や 地 域 の 多 くの 日 中 活 動 支 援 のボランティアが 配 置 され 適 正 に 運 営 がで きている また 多 くの 福 祉 施 設 にがちな 人 材 不 足 は 少 なく 職 員 の 定 着 率 も 高 く 年 齢 的 なバランスも 取 れ 休 憩 時 間 や 年 次 有 給 休 暇 が 取 得 できている 所 長 との 個 別 面 接 が 非 常 勤 職 員 の 契 約 更 新 時 (1 年 間 ) 実 施 され 常 勤 職 員 の 個 別 シートによる 目 標 管 理 の 実 施 を 年 度 内 に 予 定 している 法 人 では 現 在 人 事 制 度 は 導 入 していないが 体 系 的 な 育 成 計 画 と 連 動 した 制 度 の 検 討 に 期 待 した い 10/14

11 7 情 報 の 保 護 共 有 情 報 の 保 護 共 有 に 取 り 組 んでいる カテゴリー7 サブカテゴリー1 項 目 1 事 業 所 が 蓄 積 している 経 営 に 関 する 情 報 の 保 護 共 有 に 取 り 組 んでいる 1. 情 報 の 重 要 性 や 機 密 性 を 踏 まえ アクセス 権 限 を 設 定 している 2. 収 集 した 情 報 は 必 要 な 人 が 必 要 なときに 活 用 できるように 整 理 保 管 している 3. 保 管 している 情 報 の 状 況 を 把 握 し 使 いやすいように 更 新 している 項 目 2 個 人 情 報 は 個 人 情 報 保 護 法 の 趣 旨 を 踏 まえて 保 護 共 有 している 1. 事 業 所 で 扱 っている 個 人 情 報 の 利 用 目 的 を 明 示 している 2. 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 規 定 を 明 示 している 3. 開 示 請 求 に 対 する 対 応 方 法 を 明 示 している 4. 個 人 情 報 の 保 護 について 職 員 ( 実 習 生 やボランティアを 含 む)が 理 解 し 行 動 できるための 取 り 組 みを 行 っている 11/14

12 カテゴリー7の 講 評 必 要 に 応 じて 全 職 員 に 情 報 の 共 有 を 図 っている 法 人 全 体 のコンピューターによる 情 報 の 管 理 共 有 のシステムについては 現 在 研 究 中 である センターとしては コンピューター 情 報 シ ステム 運 用 管 理 規 程 を 定 めて システム 管 理 責 任 者 を 置 き 情 報 のパスワードによるアクセス 権 を 設 定 し 個 人 情 報 に 関 わるデーターの 持 ち 出 しは 禁 止 している 最 新 の 情 報 は 必 要 に 応 じて 非 常 勤 やパート 職 員 にも 情 報 の 共 有 を 図 っており 介 助 支 援 に 役 に 立 てている 規 程 や 個 人 情 報 に 関 わる 情 報 はケース 会 議 事 業 間 会 議 等 で 定 期 的 に 見 直 しして 更 新 している 個 人 情 報 保 護 については 職 員 の 研 修 で 実 習 生 ボランティアは 受 け 入 れ 時 に 徹 底 個 人 情 報 の 保 護 に 関 しては 法 人 の 個 人 情 報 保 護 に 対 する 基 本 方 針 に 則 り センターの 個 人 情 報 保 護 規 程 と 保 有 する 個 人 情 報 の 利 用 目 的 が 定 められ 契 約 時 に 利 用 者 家 族 の 同 意 を 得 ている 規 程 されている 利 用 目 的 以 外 の 写 真 を 活 用 した 利 用 者 向 けの 活 動 報 告 や 施 設 内 に 活 動 記 録 写 真 を 掲 示 する 時 は 個 別 に 利 用 者 家 族 の 了 解 を 得 ている 職 員 へは 新 任 研 修 時 センター 内 での 内 部 研 修 で 徹 底 が 図 られており 遵 守 の 誓 約 書 を 取 り 交 わしている 実 習 生 ボランティアについても 受 け 入 れのオリエンテーション 時 に 説 明 して 同 意 の 署 名 を 受 けている 12/14

13 8 カテゴリー1 7に 関 する 活 動 成 果 カテゴリー8 サブカテゴリー1 前 年 度 と 比 べ 事 業 所 の 方 向 性 の 明 確 化 や 関 係 者 への 周 知 地 域 社 会 への 責 任 の 面 で 向 上 している 項 目 1 前 年 度 ( 比 較 困 難 な 場 合 は 可 能 な 期 間 で)と 比 べて 以 下 のカテゴリーで される 部 分 につい て 改 善 を 行 い 成 果 が 上 がっている カテゴリー1: リーダーシップと 意 思 決 定 カテゴリー2: 経 営 における 社 会 的 責 任 カテゴリー4: 計 画 の 策 定 と 着 実 な 実 行 A+ A B C 改 善 の 成 果 新 体 系 移 行 により センターの 理 念 に 基 づいた 支 援 の 方 向 性 が 明 確 になった センターの 基 本 理 念 に 基 づいた 重 度 障 害 者 を 受 け 入 れる 方 向 性 を 明 確 にして 医 療 的 ケアの 体 制 を 整 えて 通 所 授 産 から 新 体 系 の 生 活 介 護 に 移 行 して 地 域 福 祉 ニーズに 応 えるために 定 員 を 拡 大 している 自 立 訓 練 ( 機 能 訓 練 )の 利 用 期 間 が1 年 半 となっていたが 利 用 者 の 強 い 要 望 により 所 長 をはじめとする 経 営 層 による 行 政 への 働 きか けにより 1 年 更 新 が 可 能 となり 65 歳 未 満 で 該 当 疾 患 がなく 介 護 保 険 の 適 用 できない 利 用 者 にも 再 申 請 が 可 能 となった 地 域 の 障 害 者 福 祉 の 中 心 的 な 役 割 を 担 っており センターが 企 画 編 集 を 行 った 障 害 者 や 高 齢 者 が 街 に 出 かける 時 の 参 考 となる 情 報 を 掲 載 した 冊 子 こころのマップ( 本 年 度 版 ) が 作 成 されている 本 年 度 の 事 業 計 画 は 新 体 系 に 移 行 する 年 度 のため 事 業 プログラムについて 利 用 者 家 族 アンケートを 実 施 利 用 者 家 族 懇 談 会 の 意 向 センターの 運 営 協 議 会 の 意 見 等 を 反 映 している 前 年 度 と 比 べ 職 員 と 組 織 の 能 力 の 面 で 向 上 している サブカテゴリー2 項 目 1 前 年 度 ( 比 較 困 難 な 場 合 は 可 能 な 期 間 で)と 比 べて 以 下 のカテゴリーで される 部 分 につい て 改 善 を 行 い 成 果 が 上 がっている カテゴリー5: 職 員 と 組 織 の 能 力 向 上 A+ A B C 改 善 の 成 果 医 療 的 ケアにおける 医 療 職 と 支 援 職 員 との 連 携 強 化 医 療 的 ケアの 充 実 を 図 るために 看 護 師 やPT 嘱 託 医 等 の 医 療 職 による 医 療 的 ケアに 関 する 研 修 を 繰 り 返 し 実 施 しており 医 療 職 と 経 営 層 支 援 職 員 との 連 携 が 強 化 されている 非 常 勤 職 員 の 給 与 改 定 により 月 給 の 見 直 しが 図 られて 処 遇 向 上 につながっている 常 勤 職 員 の 資 格 手 当 等 の 給 与 規 程 の 改 定 につ いても 市 との 協 議 を 進 めている サブカテゴリー3 前 年 度 と 比 べ 福 祉 サービス 提 供 プロセスや 情 報 保 護 共 有 の 面 において 向 上 している 項 目 1 前 年 度 ( 比 較 困 難 な 場 合 は 可 能 な 期 間 で)と 比 べて 以 下 のカテゴリーで される 部 分 につい て 改 善 を 行 い 成 果 が 上 がっている カテゴリー6: サービス 提 供 のプロセス カテゴリー7: 情 報 の 保 護 共 有 A+ A B C 改 善 の 成 果 医 療 的 ケア 受 け 入 れ 検 討 委 員 会 の 設 置 開 催 で ターミナルケアの 利 用 者 の 受 け 入 れも 実 現 した 生 活 介 護 では 利 用 者 家 族 の 希 望 に 合 わせて 4つのグループに 分 けて 日 中 の 活 動 を 行 っている また グループの 月 の 目 標 年 間 目 標 なども 決 めている 医 療 的 ケア 受 け 入 れ 検 討 委 員 会 の 設 置 開 催 で センターの 理 念 に 対 する 職 員 の 意 識 も 上 がり ターミナルケアの 利 用 者 の 受 け 入 れも 実 現 した 自 立 訓 練 事 業 は 利 用 期 限 が 定 められているため 終 了 後 の 機 能 訓 練 の 場 所 が 課 題 になる このため 訓 練 延 長 希 望 者 の 再 申 請 を 行 政 に 働 きかけたり 介 護 保 険 施 設 への 移 行 支 援 ( 他 の 受 け 入 れ 先 等 を 紹 介 し 見 学 などに 同 行 )を 行 うとともに 毎 週 土 曜 日 を 自 主 訓 練 事 業 と 位 置 付 け 療 法 士 を 配 置 した 受 け 皿 を 作 った 13/14

14 事 業 所 の 財 政 等 において 向 上 している サブカテゴリー4 項 目 1 財 政 状 態 や 収 支 バランスの 改 善 へ 向 けた 計 画 的 かつ 主 体 的 な 取 り 組 みにより 成 果 が 上 がって いる A+ A B C 改 善 の 成 果 利 用 者 負 担 額 の 請 求 業 務 を 通 じて 収 入 に 対 する 意 識 が 高 まってきている 前 年 度 までの 事 業 収 入 の 利 用 者 負 担 額 の 徴 収 は 市 で 行 っていたが 本 年 度 からセンターより 直 接 国 保 連 に 請 求 しており 利 用 者 の 稼 働 率 向 上 等 の 収 入 に 関 する 意 識 が 高 まってきている 毎 月 の 事 業 間 会 議 で 月 次 実 績 報 告 がされ 各 事 業 の 稼 働 人 員 の 把 握 に 努 めている 市 との 連 絡 会 議 ( 原 則 年 4 回 )で 予 算 執 行 の 進 捗 状 況 等 の 協 議 を 行 っている サブカテゴリー5 前 年 度 と 比 べ 利 用 者 満 足 や 利 用 者 意 向 の 把 握 等 の 面 で 向 上 している 項 目 1 前 年 度 ( 比 較 困 難 な 場 合 は 可 能 な 期 間 で)と 比 べて 利 用 者 満 足 や 以 下 のカテゴリーで さ れる 部 分 において 改 善 傾 向 を 示 している カテゴリー3: 利 用 者 意 向 や 地 域 事 業 環 境 などの 把 握 と 活 用 A+ A B C 改 善 の 成 果 生 活 介 護 の 支 援 において 利 用 者 意 向 の 把 握 による 個 別 支 援 が 充 実 新 体 系 の 移 行 に 向 けて 事 業 プログラムの 希 望 について 利 用 者 家 族 アンケートを 実 施 して 新 しい 事 業 運 営 に 生 かすことができた 生 活 介 護 を 利 用 者 の 特 性 別 に 活 動 グループを4つに 分 けて 更 に 支 援 職 員 による 利 用 者 担 当 制 により 個 別 支 援 の 充 実 化 を 図 ることが できた 週 3 日 送 迎 車 が 終 日 利 用 可 能 となり 利 用 者 の 要 望 に 応 えるために 買 い 物 や 通 院 などに 活 用 できている 医 療 的 ケア 受 け 入 れ 検 討 委 員 会 を 開 催 して 常 に 医 療 的 なケアが 必 要 な 利 用 者 の 受 け 入 れに 対 して 市 嘱 託 医 所 長 主 任 看 護 師 等 で 検 討 して 受 け 入 れている 14/14

1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること

1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること 第 三 者 の 道 具 箱 訪 問 調 査 表 ( 組 織 マネジメント) 訪 問 調 査 日 訪 問 先 評 価 者 1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 1-1-1 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目

More information

< E95F18D908F918C6888A4837A815B D836C E786C7378>

< E95F18D908F918C6888A4837A815B D836C E786C7378> # Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 #REF! 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている サブカテゴリー1 項 目 1 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること(

More information

評価結果報告書

評価結果報告書 組 織 マネジメント: 就 労 継 続 支 援 B 型 平 成 27 年 度 Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 事 業 所 名 : 武 蔵 村 山 市 立 のぞみ 福 祉 園 サブカテゴリー1(1-1) 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 項 目 1 事

More information

経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 を 職 員 に 伝 えて 経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 に 基 づいて 行 動 して 平 成 20 年 度 組 織 マネジメント 分 析 シート( 経 営 層 合 議 用 ) カテゴリー1 リーダーシップと 意 思 決 定 サブカテゴリー

経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 を 職 員 に 伝 えて 経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 に 基 づいて 行 動 して 平 成 20 年 度 組 織 マネジメント 分 析 シート( 経 営 層 合 議 用 ) カテゴリー1 リーダーシップと 意 思 決 定 サブカテゴリー 平 成 20 年 度 組 織 マネジメント 分 析 シート 自 己 評 価 用 経 営 層 合 議 用 作 成 日 ( 完 成 日 ) 施 設 事 業 所 名 厚 生 館 保 育 園 平 成 21 年 1 月 21 日 ( 役 職 名 ) ( 氏 名 ) 作 成 関 係 者 園 長 瀬 端 真 弓 カテゴリー 1.リーダーシップと 意 思 決 定 2. 経 営 における 社 会 的 責 任 3. 利

More information

3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 2 経 営 における 社 会 的 責 任 カテゴリー2 サブカテゴリー1(2-1) 社 会 人 福 祉 サービス 事 業 者 として 守 るべきことを 明 確 にし その 達 成 に 取 り 組 んでいる 項 目

3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 2 経 営 における 社 会 的 責 任 カテゴリー2 サブカテゴリー1(2-1) 社 会 人 福 祉 サービス 事 業 者 として 守 るべきことを 明 確 にし その 達 成 に 取 り 組 んでいる 項 目 3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 サブカテゴリー1(1-1) 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 項 目 1 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 して いる 1. 事 業 所 が

More information

自 己 評 価 シ ー ト(福祉用具貸与用)

自 己 評 価 シ ー ト(福祉用具貸与用) 自 己 評 価 シ ー ト( 福 祉 用 具 貸 与 用 ) Ⅰ 組 織 体 制 平 成 26 年 3 月 1 日 1 運 営 方 針 等 判 断 した 理 由 や 根 拠 1 事 業 の 目 的 や 運 営 の 方 針 を 職 員 に 周 知 し 2サービスの 質 の 向 上 に 向 けた 業 務 改 善 に 取 り 組 んでいる A 会 議 や 研 修 などを 通 じて 事 業 の 目 的 や

More information

平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 を 策 定 しまし た この 方

平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 を 策 定 しまし た この 方 夢 まちづくりはひとづくりから 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 改 訂 版 平 成 16 年 12 月 策 定 平 成 25 年 10 月 改 訂 平 塚 市 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚

More information

特別養護老人ホーム麻布慶福苑・事業計画

特別養護老人ホーム麻布慶福苑・事業計画 特 別 養 護 老 人 ホーム 麻 布 慶 福 苑 事 業 計 画 特 別 養 護 老 人 ホーム 麻 布 慶 福 苑 ( 以 下 慶 福 苑 という )は 利 用 定 100 床 の 指 定 介 護 老 人 福 祉 施 設 及 び 利 用 定 4 床 の 短 期 入 所 生 活 介 護 事 業 所 としての 認 可 を 受 け 施 設 運 営 を 行 っています 平 成 27 年 度 国 の 介

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

平成14年度財団法人武蔵野市福祉公社事業報告

平成14年度財団法人武蔵野市福祉公社事業報告 平 成 6 年 度 事 業 計 画 書 公 益 財 団 法 人 武 蔵 野 市 福 祉 公 社 目 次 Ⅰ 平 成 6 年 度 運 営 方 針 ( 重 点 項 目 ) 1 中 長 期 事 業 計 画 及 び 財 政 健 全 化 計 画 の 策 定 有 償 在 宅 福 祉 サ ー ビ ス と 権 利 擁 護 事 業 の 事 業 変 更 及 び 体 制 整 備 Ⅱ 本 部 事 業 有 償 在 宅 福 祉

More information

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気 別 添 2 て 電 気 事 業 法 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 の 設 立 の 認 可 の 基 準 につい 電 気 事 業 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 170 号 ) 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 推 進 機 関 という )の 設 立 の 認 可 に 係 る 審 査 基 準 については

More information

人 財 の 確 保 と 育 成 14 有 用 な 人 財 確 保 と 人 財 育 成 戦 略 の 実 行 効 果 的 な 採 用 活 動 により 有 用 な 人 財 を 確 保 する 住 宅 事 業 のプロフェッショナル として 高 い 専 門 性 と 実 践 力 を 持 った 人 財 を 育 成

人 財 の 確 保 と 育 成 14 有 用 な 人 財 確 保 と 人 財 育 成 戦 略 の 実 行 効 果 的 な 採 用 活 動 により 有 用 な 人 財 を 確 保 する 住 宅 事 業 のプロフェッショナル として 高 い 専 門 性 と 実 践 力 を 持 った 人 財 を 育 成 財 務 基 盤 の 強 化 Ⅳ 経 営 基 盤 の 強 化 13 長 期 的 安 定 経 営 の 実 現 に 向 けた 財 務 基 盤 の 強 化 賃 貸 事 業 の 収 益 性 確 保 財 務 管 理 の 強 化 及 び 借 入 金 残 高 の 圧 縮 により 経 営 環 境 の 変 化 にも 耐 えうる 強 固 な 財 務 基 盤 を 構 築 する 金 融 市 場 動 向 等 の 把 握 やIR(

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

平 成 26 年 度 大 学 機 関 別 認 証 評 価 評 価 報 告 書 平 成 27 年 3 月 公 益 財 団 法 人 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 SBI 大 学 院 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 判 定 評 価 の 結 果 SBI 大 学 院 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 に 適 合 し ていると 認 定 する

More information

ヒアリング事項について

ヒアリング事項について 資 料 3-1 介 護 労 働 者 の 確 保 定 着 等 に 関 する 研 究 会 における 質 問 項 目 日 本 介 護 福 祉 士 会 1 基 本 情 報 1 貴 団 体 の 概 要 設 立 年 月 日 平 成 12 年 6 月 26 日 ( 任 意 団 体 設 立 : 平 成 6 年 2 月 12 日 ) 定 款 に 定 める 目 的 本 会 は 介 護 福 祉 士 の 職 業 倫 理 及

More information

Taro-△H28仕様書(案)

Taro-△H28仕様書(案) 仕 様 書 ( 案 ) 1 業 務 の 名 称 岡 山 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 ( 自 立 相 談 支 援 等 業 務 ) 委 託 2 業 務 の 目 的 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )に 基 づき 生 活 困 窮 者 を 早 期 に 把 握 し 多 様 で 複 合 的 な 課 題 を 解 きほぐしながら

More information

3. 利 用 者 への 支 援 3-1 個 別 支 援 計 画 利 用 者 の 自 立 支 援 を 促 進 するために 個 別 支 援 計 画 の 見 直 し 推 進 強 化 を 図 り 日 常 生 活 の 中 に 可 能 な 限 り 自 己 選 択 できるシステムを 取 り 入 れ その 人 らし

3. 利 用 者 への 支 援 3-1 個 別 支 援 計 画 利 用 者 の 自 立 支 援 を 促 進 するために 個 別 支 援 計 画 の 見 直 し 推 進 強 化 を 図 り 日 常 生 活 の 中 に 可 能 な 限 り 自 己 選 択 できるシステムを 取 り 入 れ その 人 らし 平 成 26 年 度 救 護 施 設 りんくうみなと 事 業 計 画 書 社 会 福 祉 法 人 みなと 寮 1. 目 的 りんくうみなとは 生 活 保 護 法 第 38 条 第 2 項 に 定 められた 救 護 施 設 であり 保 護 の 実 施 機 関 より 依 頼 された 身 体 や 精 神 に 障 がいがあり 経 済 的 な 課 題 も 含 めて 日 常 生 活 を 送 ることが 困 難 な

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 社 会 福 祉 法 人 の 適 正 な 運 営 について 社 会 福 祉 法 人 制 度 改 正 を 踏 まえて 平 成 28 年 1 月 14 日 東 京 都 福 祉 保 健 局 指 導 監 査 部 指 導 調 整 課 社 会 福 祉 法 人 係 1 東 京 都 における 社 会 福 祉 法 人 の 状 況 1 所 轄 庁 別 所 轄 庁 平 成 26 年 3 月 31 日 平 成 27 年 3

More information

設 広 報 誌 や 法 人 ホームページを 利 用 し 開 示 に 行 う 事 業 所 運 営 状 況 や 事 故 苦 情 情 報 についても 開 示 を 行 っている (5) 特 定 計 画 相 談 支 援 事 業 障 害 者 総 合 支 援 法 の 理 念 に 基 づき 障 害 者 特 定 相

設 広 報 誌 や 法 人 ホームページを 利 用 し 開 示 に 行 う 事 業 所 運 営 状 況 や 事 故 苦 情 情 報 についても 開 示 を 行 っている (5) 特 定 計 画 相 談 支 援 事 業 障 害 者 総 合 支 援 法 の 理 念 に 基 づき 障 害 者 特 定 相 1. 施 設 運 営 支 援 方 針 予 算 計 画 平 成 26 年 度 東 堀 切 くすのき 園 事 業 計 画 書 (1) 施 設 運 営 法 人 理 念 自 分 を 愛 するように あなたの 隣 人 を 愛 せよ の 具 現 化 のため 事 業 運 営 のさらなる 安 定 と 法 人 及 び 事 業 所 が 定 めた 経 営 目 標 に 従 い 利 用 者 支 援 サービスの 質 的 な 向

More information

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd 6 章 広 域 的 な 視 点 からの 応 急 対 応 力 の 強 化 基 本 方 針 予 防 対 策 1 節 初 動 対 応 体 制 の 整 備 2 節 事 業 継 続 体 制 の 確 保 3 節 消 火 救 助 救 急 活 動 体 制 の 整 備 4 節 応 急 活 動 拠 点 の 整 備 応 急 対 策 1 節 初 動 態 勢 2 節 消 火 救 助 救 急 活 動 3 節 応 援 協 力 派

More information

2 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 1. 概 況 総 務 省 の 人 口 推 計 並 びに 厚 生 労 働 省 の 人 口 動 態 統 計 によると 2007 年 以 降 人 口 減 少 社 会 となっていますが その 中 でも 65 歳 から 74 歳 までの 前 期 高 齢 者 の 比 率 と 75 歳 以 上 の 後 期 高 齢 者 の 絶 対 数 がまもなく 入 れ 替 わる 更 なる

More information

Microsoft Word - 東京都北区有料老人ホーム等設置指導要綱

Microsoft Word - 東京都北区有料老人ホーム等設置指導要綱 東 京 都 北 区 有 料 老 人 ホーム 設 置 指 導 要 綱 1 8 北 福 健 第 2 1 4 号 平 成 18 年 7 月 20 日 区 長 決 裁 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 北 区 内 において 有 料 老 人 ホームの 事 業 を 計 画 する 者 等 に 対 し 遵 守 すべき 事 項 を 定 め 必 要 な 指 導 及 び 協 力 要 請 を 行 うことにより

More information

特 別 養 護 老 人 ホーム 東 神 田 の 里 事 業 計 画 開 設 年 月 日 事 業 所 名 事 業 内 容 平 成 26 年 10 月 1 日 特 別 養 護 老 人 ホーム 東 神 田 の 里 特 別 養 護 老 人 ホーム/ 短 期 入 所 生 活 介 護 (ショートステイ) 併 設

特 別 養 護 老 人 ホーム 東 神 田 の 里 事 業 計 画 開 設 年 月 日 事 業 所 名 事 業 内 容 平 成 26 年 10 月 1 日 特 別 養 護 老 人 ホーム 東 神 田 の 里 特 別 養 護 老 人 ホーム/ 短 期 入 所 生 活 介 護 (ショートステイ) 併 設 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 社 会 福 祉 法 人 いわき 会 特 別 養 護 老 人 ホーム 東 神 田 の 里 短 期 入 所 生 活 介 護 (ショートステイ) 特 別 養 護 老 人 ホーム 東 神 田 の 里 事 業 計 画 開 設 年 月 日 事 業 所 名 事 業 内 容 平 成 26 年 10 月 1 日 特 別 養 護 老 人 ホーム 東 神 田 の 里 特 別 養

More information

(1) 自 立 相 談 支 援 事 業 生 活 困 窮 者 に 対 して 広 く 相 談 を 行 うとともに 生 活 困 窮 者 が 抱 えている 課 題 を 多 面 的 に 把 握 し 本 人 の 状 況 や 意 思 を 十 分 に 確 認 ( 以 下 アセスメント という )した 上 で 対 象

(1) 自 立 相 談 支 援 事 業 生 活 困 窮 者 に 対 して 広 く 相 談 を 行 うとともに 生 活 困 窮 者 が 抱 えている 課 題 を 多 面 的 に 把 握 し 本 人 の 状 況 や 意 思 を 十 分 に 確 認 ( 以 下 アセスメント という )した 上 で 対 象 平 成 27 年 度 名 護 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 委 託 仕 様 書 1. 事 業 名 名 護 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 2. 事 業 の 目 的 本 事 業 は 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 105 号 )に 基 づき 生 活 困 窮 者 が 困 窮 状 態 から 早 期 に 脱 却 することを 支 援

More information

目 次 Ⅰ 基 本 方 針 1 Ⅱ 事 業 体 系 図 2 Ⅲ 重 点 目 標 3 Ⅳ 実 施 計 画 < 1 > 法 人 運 営 7 < 2 > 地 域 福 祉 活 動 推 進 事 業 8 < 3 > 福 祉 サービス 利 用 支 援 事 業 13 < 4 > 在 宅 福 祉 サービス 事 業 1

目 次 Ⅰ 基 本 方 針 1 Ⅱ 事 業 体 系 図 2 Ⅲ 重 点 目 標 3 Ⅳ 実 施 計 画 < 1 > 法 人 運 営 7 < 2 > 地 域 福 祉 活 動 推 進 事 業 8 < 3 > 福 祉 サービス 利 用 支 援 事 業 13 < 4 > 在 宅 福 祉 サービス 事 業 1 平 成 26 年 度 事 業 計 画 書 社 会 福 祉 法 人 浜 松 市 社 会 福 祉 協 議 会 目 次 Ⅰ 基 本 方 針 1 Ⅱ 事 業 体 系 図 2 Ⅲ 重 点 目 標 3 Ⅳ 実 施 計 画 < 1 > 法 人 運 営 7 < 2 > 地 域 福 祉 活 動 推 進 事 業 8 < 3 > 福 祉 サービス 利 用 支 援 事 業 13 < 4 > 在 宅 福 祉 サービス 事 業

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

28年1定.xdw

28年1定.xdw 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 総 務 委 員 会 委 員 長 報 告 資 料 平 成 28 年 3 月 18 日 総 務 委 員 長 吉 沢 章 子 議 案 第 1 号 川 崎 市 職 員 の 退 職 管 理 に 関 する 条 例 の 制 定 について * 過 去 の 再 就 職 者 状 況 の 公 表 対 象 年 数 及 び 公 表 開 始 時 期 について 過 去 の 再 就 職 者

More information

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について 精 神 障 害 者 の 地 域 移 行 について 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 精 神 保 健 医 療 福 祉 の 現 状 について 2 精 神 疾 患 の 患 者 数 ( 医 療 機 関 にかかっている 患 者 ) ( 万 人 ) 350 300 250 200 218.1 204.1 258.4 302.8 323.3 320.1

More information

01医政局:医療介護総合確保概要(医療部分)

01医政局:医療介護総合確保概要(医療部分) 具 体 的 な 報 告 項 目 報 告 方 法 時 期 等 について 今 年 度 一 般 病 床 療 養 病 床 を 有 する 病 院 診 療 所 は 以 下 の 項 目 を 平 成 26 年 11 月 14 日 ( 金 )までに 報 告 することとする(10 月 1 日 ( 水 ) 受 付 開 始 ) 報 告 項 目 1 平 成 26 年 7 月 1 日 時 点 における 医 療 機 能 ( 病

More information

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外 2016 年 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 自 2016 年 ( 平 成 28 年 )4 月 1 日 至 2017 年 ( 平 成 29 年 )3 月 31 日 公 益 財 団 法 人 国 際 研 修 協 力 機 構 2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

○○県看護協会の報告

○○県看護協会の報告 2 72 470 27 7 1 14 466 352 26 394 46 3 25 18 16 2 1 13 12 2 3 4 4 25 448 21 4 73 25 11 25 12 26 1 ~3 1 4 5 5 26 4 27 3 2 6 74 7 8 75 4 9 30 10 76 11 11 5 2 26 9 10 1 1 12 77 13 14 78 15 16 79 ( ) 2 80

More information

応 募 書 類 5-1(2/6) (3) 送 迎 サービス 及 び 入 浴 サービス(5 点 ) 市 より 貸 与 される 車 両 と 法 人 車 両 の 計 4 台 体 制 で 送 迎 を 実 施 し 乗 車 時 間 を 短 縮 しご 利 用 者 ご 家 族 への 負 担 を 軽 減 し 安 全

応 募 書 類 5-1(2/6) (3) 送 迎 サービス 及 び 入 浴 サービス(5 点 ) 市 より 貸 与 される 車 両 と 法 人 車 両 の 計 4 台 体 制 で 送 迎 を 実 施 し 乗 車 時 間 を 短 縮 しご 利 用 者 ご 家 族 への 負 担 を 軽 減 し 安 全 社 会 福 祉 法 人 千 葉 県 福 祉 援 護 会 応 募 書 類 5-1(1/6) 船 橋 市 西 老 人 デイサービスセンター 事 業 計 画 書 ( 朋 松 苑 デイサービスセンター 除 く) 以 下 の 項 目 について 指 定 期 間 全 体 の 計 画 を 記 載 して 下 さい 記 載 漏 れの 無 いよう 枠 内 の 着 眼 点 を 参 考 に 全 ての 項 目 について 記 載

More information

(Microsoft Word - \216\221\227\277\202S \213\217\216x\216\221\227\277.doc)

(Microsoft Word - \216\221\227\277\202S \213\217\216x\216\221\227\277.doc) 資 料 4 平 成 24 年 度 介 護 サービス 事 業 所 集 団 指 導 ~ 居 宅 介 護 支 援 ~ 香 川 県 健 康 福 祉 部 長 寿 社 会 対 策 課 在 宅 サービスグループ 高 松 市 健 康 福 祉 局 介 護 保 険 課 平 成 25 年 3 月 18 日 - 0 - 1 平 成 24 年 度 介 護 サービス 事 業 所 実 地 指 導 等 における 主 な 指 導 内

More information

【報告】組合要求書回答(総務部).xls

【報告】組合要求書回答(総務部).xls 1 全 職 場 で 共 通 する 要 求 について (1) 15 人 勧 での 地 域 手 当 偏 重 では 私 たちの 生 活 は 実 質 的 に 賃 下 げです 政 府 に 地 域 手 当 廃 止 を 求 め るとともに 生 計 費 ( 地 公 法 第 24 条 第 3 項 ( 均 衡 の 原 則 ))に 考 慮 し 給 与 の 改 善 に 努 めるこ (2) 県 に 準 拠 し 新 幹 線 利

More information

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 に 関 する 報 告 書 平 成 24 年 6 月 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 検 討 委 員 会 目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採

More information

豊中市立特別養護老人ホームほづみ

豊中市立特別養護老人ホームほづみ 豊 中 市 立 介 護 老 人 保 健 施 設 指 定 管 理 者 提 案 要 項 平 成 27 年 (2015 年 )5 月 豊 中 市 健 康 福 祉 部 保 健 所 保 健 医 療 課 1. 基 本 的 事 項... 1 (1) 指 定 管 理 者 選 定 の 趣 旨... 1 (2) 基 本 条 件 運 営 方 針... 2 (3) 施 設 の 概 要... 3 2. 管 理 運 営 業 務

More information

1 趣 旨 目 的 尾 道 市 しまなみ 海 道 レンタサイクル 貸 出 事 業 ( 以 下 事 業 という )は サイクリン グを 通 じた 地 域 間 交 流 の 促 進 及 び 観 光 誘 客 による 地 域 振 興 を 目 的 とした 公 的 事 業 として 平 成 19 年 4 月 1 日

1 趣 旨 目 的 尾 道 市 しまなみ 海 道 レンタサイクル 貸 出 事 業 ( 以 下 事 業 という )は サイクリン グを 通 じた 地 域 間 交 流 の 促 進 及 び 観 光 誘 客 による 地 域 振 興 を 目 的 とした 公 的 事 業 として 平 成 19 年 4 月 1 日 尾 道 市 しまなみ 海 道 レンタサイクル 貸 出 事 業 運 営 事 業 者 公 募 要 項 平 成 28 年 2 月 10 日 尾 道 市 1 趣 旨 目 的 尾 道 市 しまなみ 海 道 レンタサイクル 貸 出 事 業 ( 以 下 事 業 という )は サイクリン グを 通 じた 地 域 間 交 流 の 促 進 及 び 観 光 誘 客 による 地 域 振 興 を 目 的 とした 公 的 事

More information

平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 一 般 社 団 法 人 地 方 税 電 子 化 協 議 会 は じ め に 一 般 社 団 法 人 地 方 税 電 子 化 協 議 会 ( 以 下 協 議 会 という )は 地 方 公 共 団 体 の 相 互 協 力 を 基 本 理 念 とし 納 税 者 の 利 便 性 の 向 上 と 地 方 税 務 行 政 の 高 度 化 及 び 効 率 化 に 寄 与

More information

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 仕 様 書 1 委 託 業 務 概 要 (1) 委 託 業 務 名 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 (2) 担 当 課 保 健 福 祉 部 保 護 課 (3) 契 約 期 間 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで (4) 支 払 条 件

More information

洲本市地域防災計画

洲本市地域防災計画 第 1 節 基 本 方 針 総 務 部 消 防 防 災 課 健 康 福 祉 部 健 康 増 進 課 サービス 事 業 所 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 海 上 災 害 が 発 生 した 場 合 における 人 命 救 助 消 火 活 動 流 出 した 重 油 等 への 対 応 付 近 の 船 舶 の 航 行 安 全 措 置 沿 岸 住 民 の 安 全 及 び 漁 業 等 への 被 害

More information

3. 太 田 福 祉 記 念 会 地 域 貢 献 事 業 継 続 地 域 密 着 支 援 事 業 法 人 理 念 の 一 つ 地 域 福 祉 の 向 上 に 貢 献 するため 特 に 法 人 施 設 が 立 地 する 地 域 ( 熱 海 町 湖 南 町 深 沢 )の 求 めるニーズを 洗 い 出 し

3. 太 田 福 祉 記 念 会 地 域 貢 献 事 業 継 続 地 域 密 着 支 援 事 業 法 人 理 念 の 一 つ 地 域 福 祉 の 向 上 に 貢 献 するため 特 に 法 人 施 設 が 立 地 する 地 域 ( 熱 海 町 湖 南 町 深 沢 )の 求 めるニーズを 洗 い 出 し 社 会 福 祉 法 人 太 田 福 祉 記 念 会 平 成 25 年 度 事 業 計 画 理 念 一 私 たちは 利 用 者 の 人 権 を 尊 び 安 らぎと 生 きがいづくりに 努 めます 一 私 たちは 地 域 福 祉 の 向 上 を 目 指 し 保 健 医 療 福 祉 の 連 携 をすすめます 一 私 たちは 常 に 専 門 職 として 愛 の 心 と 技 術 の 向 上 に 努 めます 平

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C8EA98CC8935F8C9F955D89BF81699640906C8E9696B18BC78DC58F498A6D944694C5816A313030322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C8EA98CC8935F8C9F955D89BF81699640906C8E9696B18BC78DC58F498A6D944694C5816A313030322E646F63> 学 校 自 己 評 価 報 告 書 ( 平 成 24 年 度 ) 平 成 25 年 7 月 学 校 法 人 電 波 学 園 あいち 情 報 専 門 学 校 学 校 評 価 委 員 会 委 員 長 加 藤 仁 志 ( 校 長 ) 総 括 責 任 者 渡 邉 栄 二 ( 教 務 科 長 ) 目 次 ( 点 検 中 項 目 一 覧 ) 基 準 1 教 育 理 念 目 的 育 成 人 材 像 等 1-1 理

More information

国保匝瑳市民病院改革プラン

国保匝瑳市民病院改革プラン 国 保 匝 瑳 市 民 病 院 改 革 プラン 平 成 23 年 度 進 捗 状 況 等 の 評 価 書 平 成 25 年 3 月 1 評 価 にあたって 国 保 匝 瑳 市 民 病 院 改 革 プランは 平 成 21 年 度 から 平 成 23 年 度 までの3か 年 を 計 画 期 間 として 経 営 効 率 化 経 営 形 態 の 見 直 し 及 び 再 編 ネットワーク 化 の3つの 視 点

More information

<503993AD82AB82A982AF82F08EF382AF82BD8FEA8D8782CC93CD8F6F8B9E93738E738DC48F ED288CB978A939993CD8F6F8F B4B91A591E631338FF08AD68C57816A2D322E786477>

<503993AD82AB82A982AF82F08EF382AF82BD8FEA8D8782CC93CD8F6F8B9E93738E738DC48F ED288CB978A939993CD8F6F8F B4B91A591E631338FF08AD68C57816A2D322E786477> 平 成 28 年 3 月 行 財 政 局 人 事 部 人 事 課 京 都 市 職 員 の 再 就 職 等 に 関 する 規 制 の 概 要... 2 改 正 地 方 公 務 員 法 及 び 京 都 市 職 員 の 退 職 管 理 に 関 する 条 例 の 概 要... 1 再 就 職 者 による 働 きかけの 規 制... 2 再 就 職 情 報 の 届 出 及 び 罰 則... 3 再 就 職 状

More information

01 H27労働審議会資料ver3

01 H27労働審議会資料ver3 長 時 間 労 働 の 是 正 に 向 けた 取 組 について 平 成 27 年 12 月 21 日 新 潟 県 労 働 審 議 会 資 料 資 料 目 次 1 新 潟 県 の 労 働 時 間 の 現 状.1 2 新 潟 県 の 年 次 有 給 休 暇 取 得 の 現 状.2 3 長 時 間 労 働 の 是 正 が 求 められる 背 景..3 4 所 定 外 労 働 の 発 生 理 由.8 5 労

More information

H27 資料2

H27 資料2 指 導 監 査 における 主 な 指 導 事 項 について 資 料 2 ~ 目 次 ~ Ⅰ 実 地 指 導 における 主 な 指 摘 事 項 の 内 訳 ( 平 成 26 度 ) Ⅱ 運 営 に 関 する 事 項 1 運 営 規 程 及 び 重 要 事 項 説 明 書 2 各 種 規 則 や 規 程 3 衛 生 管 理 等 4 虐 待 苦 情 事 故 5 非 常 災 害 対 策 6 個 別 支 援

More information

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 25(2013) 年 3 月 31 日 までとする 条 件 特 になし Ⅱ 総 評 建 学 の 精

More information

賛 助 会 員 名 称

賛 助 会 員 名 称 東 京 都 社 会 保 険 労 務 士 会 会 昭 和 53 年 11 月 2 日 昭 和 53 年 11 月 30 日 認 可 昭 和 54 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 54 年 6 月 26 日 認 可 昭 和 55 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 55 年 6 月 10 日 認 可 昭 和 57 年 3 月 5 日 改 正 昭 和 57 年 3 月 31 日 認 可 昭 和 57

More information

震災予防計画

震災予防計画 第 5 編 第 1 節 概 要 第 5 編 広 域 応 援 編 第 1 節 概 要 1 都 6 県 と 県 境 を 接 する 本 県 は 関 東 の 中 央 に 位 置 し さいたま 新 都 心 には 国 の 行 政 機 関 等 が 集 積 してい5つの 高 速 道 路 と 主 要 国 道 が 縦 横 に 設 けられ 東 北 や 上 信 越 から 首 都 への 玄 関 口 でもあ 首 都 圏 同 時

More information

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する 資 料 4 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 に 関 する 論 点 等 ( 第 1 回 意 見 交 換 会 資 料 3) 平 成 24 年 3 月 22 日 国 家 公 務 員 制 度 改 革 推 進 本 部 事 務 局 論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平

More information

我 が 国 の 人 口 は 世 界 でも 例 を 見 ない 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しており 平 成 22 年 (2010 年 )から 平 成 32 年 (2020 年 )までの 10 年 間 においては 15~59 歳 の 者 が 約 492 万 人 減 少 するのに 対 し

我 が 国 の 人 口 は 世 界 でも 例 を 見 ない 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しており 平 成 22 年 (2010 年 )から 平 成 32 年 (2020 年 )までの 10 年 間 においては 15~59 歳 の 者 が 約 492 万 人 減 少 するのに 対 し 高 年 齢 者 等 職 業 安 定 対 策 基 本 方 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 559 号 はじめに 1 方 針 のねらい 少 子 高 齢 化 の 急 速 な 進 行 により 今 後 労 働 力 人 口 の 減 少 が 見 込 まれる 中 で 我 が 国 経 済 の 活 力 を 維 持 していくためには 若 者 女 性 高 年 齢 者 障 害 者 など

More information

Microsoft Word - 1地域経営.doc

Microsoft Word - 1地域経営.doc (1) 協 働 のまちづくりの 推 進 (2) 広 報 広 聴 活 動 の 充 実 (1) 行 政 サービスの 向 上 (2) 健 全 な 行 財 政 経 営 の 推 進 (1) 協 働 のまちづくりの 推 進 1 協 働 への 意 識 改 革 市 民 の 要 望 に 行 政 が 応 えるこれまでのまちづくり は 行 政 の 肥 大 化 を 招 き 多 様 化 複 雑 化 した 市 民 ニ ーズに

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです SAYLOR ADVERTISING INC. 最 終 更 新 日 :2015 年 6 月 30 日 セーラー 広 告 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 村 上 義 憲 問 合 せ 先 : 執 行 役 員 総 務 本 部 長 青 木 均 証 券 コード:2156

More information

平 成 28 年 度 放 課 後 等 デイサービス 事 業 所 みらい 事 業 計 画 1. 基 本 方 針 利 用 者 のニーズに 応 じた 個 別 支 援 計 画 を 作 成 し その 計 画 に 基 づきながら 在 宅 の 利 用 者 が 住 み 慣 れた 地 域 での 生 活 が 送 れるよ

平 成 28 年 度 放 課 後 等 デイサービス 事 業 所 みらい 事 業 計 画 1. 基 本 方 針 利 用 者 のニーズに 応 じた 個 別 支 援 計 画 を 作 成 し その 計 画 に 基 づきながら 在 宅 の 利 用 者 が 住 み 慣 れた 地 域 での 生 活 が 送 れるよ 平 成 28 年 度 事 業 計 画 社 会 福 祉 法 人 福 角 会 放 課 後 等 デイサービス 事 業 所 み ら い 平 成 28 年 度 放 課 後 等 デイサービス 事 業 所 みらい 事 業 計 画 1. 基 本 方 針 利 用 者 のニーズに 応 じた 個 別 支 援 計 画 を 作 成 し その 計 画 に 基 づきながら 在 宅 の 利 用 者 が 住 み 慣 れた 地 域 での

More information

目 次 はじめに 2 第 1 章 計 画 の 策 定 にあたって 3 第 2 章 犯 罪 及 び 交 通 事 故 等 の 現 状 1 犯 罪 件 数 3 2 不 審 者 情 報 件 数 4 3 交 通 事 故 件 数 4 4 振 り 込 め 詐 欺 被 害 件 数 5 5 消 費 生 活 相 談 件

目 次 はじめに 2 第 1 章 計 画 の 策 定 にあたって 3 第 2 章 犯 罪 及 び 交 通 事 故 等 の 現 状 1 犯 罪 件 数 3 2 不 審 者 情 報 件 数 4 3 交 通 事 故 件 数 4 4 振 り 込 め 詐 欺 被 害 件 数 5 5 消 費 生 活 相 談 件 恵 庭 市 安 全 で 安 心 なまちづくり 推 進 計 画 計 画 期 間 平 成 23 年 度 ~ 平 成 27 年 度 平 成 23 年 4 月 恵 庭 市 恵 庭 市 安 全 で 安 心 なまちづくり 実 行 委 員 会 目 次 はじめに 2 第 1 章 計 画 の 策 定 にあたって 3 第 2 章 犯 罪 及 び 交 通 事 故 等 の 現 状 1 犯 罪 件 数 3 2 不 審 者 情

More information

も くじ 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 基 本 的 な 方 針 1 第 3 計 画 期 間 及 び 目 標 2 第 4 連 携 協 働 による 施 策 の 推 進 のための 役 割 2 第 5 山 梨 県 の 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 の 現 況 1 犬 の 飼 養 数

も くじ 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 基 本 的 な 方 針 1 第 3 計 画 期 間 及 び 目 標 2 第 4 連 携 協 働 による 施 策 の 推 進 のための 役 割 2 第 5 山 梨 県 の 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 の 現 況 1 犬 の 飼 養 数 山 梨 県 動 物 愛 護 管 理 推 進 計 画 ( 素 案 ) 平 成 26 年 月 山 梨 県 平 成 20 年 3 月 策 定 平 成 26 年 月 改 正 も くじ 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 基 本 的 な 方 針 1 第 3 計 画 期 間 及 び 目 標 2 第 4 連 携 協 働 による 施 策 の 推 進 のための 役 割 2 第 5 山 梨 県 の 動 物

More information

職員研修業務委託仕様書

職員研修業務委託仕様書 Ⅰ 基 本 的 事 項 流 山 市 職 員 業 務 一 括 委 託 仕 様 書 1 事 業 名 流 山 市 職 員 業 務 一 括 委 託 2 委 託 期 間 契 約 の 日 から 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 3 履 行 場 所 流 山 市 平 和 台 1 丁 目 1 番 地 の1ほか 流 山 市 指 定 場 所 4 業 務 の 目 的 本 業 務 委 託 は 民 間 事 業 者 (

More information

情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 事 業 情 報 開 示 までの 日 数 10 日 9.5 9 8.5 8 7.5 7 9.6 9.4 7.1 6.6 6.4 7 平 成 25 年 度 大 量 請 求 のため 開 示 期 間 延 長 をした 場 合 を 除 く 市 政 情 報 を 迅 速 に

情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 事 業 情 報 開 示 までの 日 数 10 日 9.5 9 8.5 8 7.5 7 9.6 9.4 7.1 6.6 6.4 7 平 成 25 年 度 大 量 請 求 のため 開 示 期 間 延 長 をした 場 合 を 除 く 市 政 情 報 を 迅 速 に 平 成 25 年 6 月 平 成 24 年 度 情 報 公 開 制 度 及 び 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 適 正 な 運 営 計 画 の 推 進 に 当 たって 1 市 民 との 協 働 によるまちづくり 101 適 切 で 効 果 的 な 情 報 の 公 開 政 策 総 務 部 広 報 課 一 般 会 計 市 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 事 業 51010100 府 中

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

極 的 に 参 画 し 自 分 の 人 生 を 自 分 自 身 で 創 っていくこと 1 と 定 義 付 けること ができる つまり 何 らかの 援 助 を 受 けながらも 自 分 らしく 生 きていく ことが 自 立 において 何 より 重 要 な 要 素 であり そのための 支 援 が 自 立

極 的 に 参 画 し 自 分 の 人 生 を 自 分 自 身 で 創 っていくこと 1 と 定 義 付 けること ができる つまり 何 らかの 援 助 を 受 けながらも 自 分 らしく 生 きていく ことが 自 立 において 何 より 重 要 な 要 素 であり そのための 支 援 が 自 立 第 2 章 東 京 都 における 地 域 ケア 会 議 の 効 果 的 な 運 営 に 向 けた 視 点 について 1 東 京 都 における 地 域 ケア 会 議 の 望 ましい 姿 について (1) 国 における 地 域 ケア 会 議 の 定 義 について 地 域 ケア 会 議 の 定 義 は 地 域 ケア 会 議 運 営 マニュアル ( 平 成 25 年 3 月 一 般 社 団 法 人 長 寿

More information

独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 いに 関 する 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 運 営 管 理 責 任 体 制 ( 第 3 条 第 7 条 ) 第 3 章 適 正 な 運

独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 いに 関 する 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 運 営 管 理 責 任 体 制 ( 第 3 条 第 7 条 ) 第 3 章 適 正 な 運 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 い 関 する 行 動 規 範 平 成 27 月 6 月 1 日 制 定 国 立 病 院 機 構 における 研 究 活 動 とり 分 け 公 的 研 究 費 等 ( 注 )は 国 民 の 信 頼 と 負 託 によって 支 えられているものであり その 不 正 使 用 はこれを 大 きく 損

More information

88

88 第 4 章 高 齢 者 福 祉 施 策 の 推 進 87 88 第 4 章 高 齢 者 福 祉 施 策 の 推 進 1 自 立 支 援 と 生 活 の 質 の 向 上 (1) 高 齢 者 の 生 活 支 援 施 設 等 の 活 用 生 活 に 関 する 不 安 の 解 消 や 寝 たきりにならないための 予 防 事 業 を 推 進 する 場 として 高 齢 者 の 生 活 支 援 施 設 等 の 活

More information

Microsoft Word - result1402042

Microsoft Word - result1402042 評 価 細 目 の ( 別 紙 ) 評 価 対 象 Ⅰ 保 育 の 理 念 1 子 どもの 最 善 の 利 益 の 考 慮 Ⅰ-1 理 念 が 明 文 化 されてい Ⅰ-2 理 念 に 基 づく 基 本 方 針 が 明 文 化 されてい Ⅰ-3 理 念 や 基 本 方 針 が 職 員 に 周 知 されてい Ⅰ-4 理 念 や 基 本 方 針 が 保 護 者 や 地 域 の 住 民 関 係 機 関 等

More information

自衛官俸給表の1等陸佐、1等海佐及び1等空佐の(一)欄又は(二)欄に定める額の俸給の支給を受ける職員の占める官職を定める訓令

自衛官俸給表の1等陸佐、1等海佐及び1等空佐の(一)欄又は(二)欄に定める額の俸給の支給を受ける職員の占める官職を定める訓令 防 衛 省 訓 令 第 2 9 号 自 衛 隊 法 ( 昭 和 2 9 年 法 律 第 1 6 5 号 ) 第 3 0 条 の 2 第 1 項 第 5 号 の 規 定 に 基 づ き 自 衛 官 以 外 の 隊 員 の 標 準 職 務 遂 行 能 力 を 定 め る 訓 令 を 次 の よ う に 定 め る 平 成 2 6 年 5 月 3 0 日 防 衛 大 臣 小 野 寺 五 典 自 衛 官 以

More information

02【発出】280328福島県警察職員男女共同参画推進行動計画(公表版)

02【発出】280328福島県警察職員男女共同参画推進行動計画(公表版) 福 島 県 警 察 職 員 男 女 共 同 参 画 推 進 行 動 計 画 ( 平 成 28 年 4 月 改 定 ) 福 島 県 警 察 目 次 第 1 総 論 1 計 画 改 定 の 趣 旨 2 計 画 期 間 第 2 具 体 的 取 組 Ⅰ 意 識 改 革 幹 部 を 始 めとした 全 職 員 の 意 識 改 革 の 徹 底 Ⅱ 女 性 警 察 官 の 採 用 拡 大 1 女 性 警 察 官 の

More information

本 計 画 では 体 系 的 に 施 策 を 推 進 する 中 で(50 51ページ 参 照 ) 施 策 を 複 合 的 に 捉 え 重 点 的 な 取 組 を3つ 掲 げ 中 長 期 的 な 見 通 しを 踏 まえ 取 り 組 んでいきます これらの 取 組 は 地 域 包 括 ケアシステム 構

本 計 画 では 体 系 的 に 施 策 を 推 進 する 中 で(50 51ページ 参 照 ) 施 策 を 複 合 的 に 捉 え 重 点 的 な 取 組 を3つ 掲 げ 中 長 期 的 な 見 通 しを 踏 まえ 取 り 組 んでいきます これらの 取 組 は 地 域 包 括 ケアシステム 構 第 4 章 重 点 的 な 取 組 - 57 - 本 計 画 では 体 系 的 に 施 策 を 推 進 する 中 で(50 51ページ 参 照 ) 施 策 を 複 合 的 に 捉 え 重 点 的 な 取 組 を3つ 掲 げ 中 長 期 的 な 見 通 しを 踏 まえ 取 り 組 んでいきます これらの 取 組 は 地 域 包 括 ケアシステム 構 築 のために 市 町 村 が 重 点 的 に 取 り

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2096D891BA8CF5975989898F4B875481698F4390B3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2096D891BA8CF5975989898F4B875481698F4390B3816A2E646F63> 職 業 とコンピテンシー ~ 求 められる 人 間 力 ~ 目 次 1. プロジェクト 選 定 理 由 と 目 的 手 段... 2 2. 関 東 学 園 大 学 におけるコンピテンシー... 3 3. 群 馬 県 太 田 警 察 署... 5 (1) 警 察 組 織 の 概 要... 5 (2) 警 察 署 設 置 の 根 拠 規 定... 6 ア 警 察 組 織 の 設 置 Ⅰ( 警 察 本 部

More information

Ⅱ 本 年 度 の 業 務 における 主 要 課 題 1 いわて 県 民 計 画 アクションプラン 地 域 編 ( 県 南 広 域 振 興 圏 ) に 係 る 9 地 域 医 療 健 康 危 機 管 理 体 制 の 構 築 地 域 の 医 療 機 関 において 住 民 が 切 れ 目 のない 医 療

Ⅱ 本 年 度 の 業 務 における 主 要 課 題 1 いわて 県 民 計 画 アクションプラン 地 域 編 ( 県 南 広 域 振 興 圏 ) に 係 る 9 地 域 医 療 健 康 危 機 管 理 体 制 の 構 築 地 域 の 医 療 機 関 において 住 民 が 切 れ 目 のない 医 療 平 成 26 年 度 県 南 広 域 振 興 局 保 健 福 祉 環 境 部 業 務 方 針 組 織 スローガン キャッチフレーズ など ~つながり ともに つくる~ 岩 手 県 職 員 憲 章 の 定 着 や 行 動 の 実 践 につながる 創 意 工 夫 アイディア 1 幹 部 職 員 と 若 手 職 員 とが 自 由 にコミニュケーションできる 場 を 設 定 し 職 員 のモチベーションを

More information

1304_jyuusetu_riturin.xls

1304_jyuusetu_riturin.xls 別 紙 様 式 重 要 事 項 説 明 書 記 入 者 名 武 田 博 文 記 入 年 月 日 所 属 職 名 平 成 25 年 4 月 4 日 マネジメント 本 部 長 1. 事 業 主 体 概 要 事 業 主 体 の 名 称 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 及 び 電 話 番 号 その 他 の 連 絡 先 事 業 主 体 の 名 称 法 人 等 の 種 類 営 利 法 人 名 称 (ふりがな)

More information

 この業務仕様書は、指定管理者が行う下関市勤労青少年ホーム(以下「ホーム」という

 この業務仕様書は、指定管理者が行う下関市勤労青少年ホーム(以下「ホーム」という 下 関 市 デイサービスセンター ほのぼの 指 定 管 理 者 の 指 定 に 係 る 申 込 要 項 平 成 27 年 10 月 下 関 市 目 次 1 施 設 の 概 要 1 2 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 2 3 今 後 のスケジュール 2 4 指 定 期 間 3 5 申 込 資 格 3 6 申 込 条 件 3 7 申 込 書 類 申 込 方 法 等 4 8 選 定 ( 審 査 )の

More information

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20826E8269827382CC82C282C882AC8169955C8E868160703235816A8DC58F498C8892E894C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20826E8269827382CC82C282C882AC8169955C8E868160703235816A8DC58F498C8892E894C52E646F63> 1 2 教 求 育 め 指 ら 導 れ に て お い い る て こ と 生 き る 力 の 育 成 確 かな 学 力 豊 かな 人 間 性 健 康 体 力 基 礎 基 本 の 確 実 な 定 着 道 徳 教 育 の 充 実 キャリア 教 育 の 充 実 規 範 意 識 の 醸 成 学 習 指 導 生 活 指 導 進 路 指 導 学 学 開 求 校 校 か め の づ れ ら 在 く た れ り

More information

資 料 5 地 方 公 務 員 法 等 一 部 を 改 正 する 法 律 に 関 する 説 明 会 (H26.6.9) 地 方 公 共 団 体 における 人 事 評 価 制 度 導 入 等 について 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 < 目 次 > 人 事 評 価 ねらい 人 事 評 価 制 度 構 築 1 勤 務 評 定 と 人 事 評 価 比 較 人

More information

早 期 に 発 送 するとともに 株 主 総 会 招 集 通 知 発 送 前 に 電 子 的 方 法 により 開 示 3 株 主 総 会 の 開 催 日 をいわゆる 集 中 日 を 避 けて 設 定 4 機 関 投 資 家 や 外 国 人 株 主 の 権 利 行 使 を 容 易 にするため 電 子

早 期 に 発 送 するとともに 株 主 総 会 招 集 通 知 発 送 前 に 電 子 的 方 法 により 開 示 3 株 主 総 会 の 開 催 日 をいわゆる 集 中 日 を 避 けて 設 定 4 機 関 投 資 家 や 外 国 人 株 主 の 権 利 行 使 を 容 易 にするため 電 子 NTTドコモ コーポレート ガバナンス 基 本 方 針 平 成 27 年 10 月 30 日 制 定 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 当 社 は 株 主 やお 客 さまをはじめとするステークホルダーから 高 い 信 頼 と 評 価 を 得 られるよう 当 社 グループの 持 続 的 な 成 長 と 中 長 期 的 な 企 業 価 値 の 向 上 を 目 的 として 本 基 本 方 針

More information

2. 現 状 の 要 改 善 事 項 等 当 社 における 現 状 の 問 題 点 は 東 証 からの 平 成 27 年 5 月 13 日 付 の 特 設 注 意 市 場 銘 柄 の 指 定 を 継 続 する 旨 の 通 知 に 記 載 されておりますが 当 社 といたしましては 隠 ぺいに 関 わ

2. 現 状 の 要 改 善 事 項 等 当 社 における 現 状 の 問 題 点 は 東 証 からの 平 成 27 年 5 月 13 日 付 の 特 設 注 意 市 場 銘 柄 の 指 定 を 継 続 する 旨 の 通 知 に 記 載 されておりますが 当 社 といたしましては 隠 ぺいに 関 わ 平 成 27 年 5 月 20 日 各 位 会 社 名 株 式 会 社 マツヤ 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 小 磯 恵 司 (J A S D A Q コード 7452) 問 合 せ 先 執 行 役 員 財 務 本 部 長 北 川 正 一 (TEL (026)241-1314) 当 社 株 式 の 特 設 注 意 市 場 銘 柄 の 指 定 継 続 における 当 社 のこれまでの 状

More information

4. 本 年 度 の 重 点 施 策 (1) 経 営 基 盤 及 び 経 営 組 織 の 強 化 1 法 人 本 部 及 び 施 設 運 営 機 能 の 充 実 と 組 織 の 見 直 し 課 長 職 等 の 配 置 医 務 室 の 設 置 2 経 営 陣 としての 理 事 会 活 動 の 充 実

4. 本 年 度 の 重 点 施 策 (1) 経 営 基 盤 及 び 経 営 組 織 の 強 化 1 法 人 本 部 及 び 施 設 運 営 機 能 の 充 実 と 組 織 の 見 直 し 課 長 職 等 の 配 置 医 務 室 の 設 置 2 経 営 陣 としての 理 事 会 活 動 の 充 実 社 会 福 祉 法 人 やまゆり 福 祉 会 平 成 25 年 度 事 業 計 画 書 1. 法 人 経 営 の 原 則 の 遵 守 当 法 人 は 平 成 25 年 度 事 業 を 執 行 するに 際 し 法 人 定 款 第 3 条 に 規 定 する 法 人 経 営 の 原 則 を 遵 守 する 法 人 定 款 ( 経 営 の 原 則 ) 第 3 条 当 法 人 は 社 会 福 祉 事 業 の 主

More information

honbu-38H06_kunrei31

honbu-38H06_kunrei31 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 ( 平 成 6 年 12 月 27 日 本 部 訓 令 第 31 号 ) 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 を 次 のように 定 める 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 徳 島 県 警 察 航 空 機 使 用 管 理 規 程 ( 平 成 2 年 徳

More information

第 2 章 ステークホルダーとの 関 係 1. 株 主 の 権 利 平 等 性 の 確 保 すべての 株 主 に 対 し 対 話 と 情 報 開 示 を 通 じて 平 等 性 が 実 質 的 に 確 保 されるよう 努 める とともに 株 主 利 益 に 影 響 を 与 える 可 能 性 のある 事

第 2 章 ステークホルダーとの 関 係 1. 株 主 の 権 利 平 等 性 の 確 保 すべての 株 主 に 対 し 対 話 と 情 報 開 示 を 通 じて 平 等 性 が 実 質 的 に 確 保 されるよう 努 める とともに 株 主 利 益 に 影 響 を 与 える 可 能 性 のある 事 ヤマトホールディングス コーポレートガバナンス ガイドライン 第 1 章 総 則 1. 目 的 ヤマトホールディングス( 以 下 当 社 という)およびヤマトグループにおけるコーポレ ートガバナンス ガイドライン( 以 下 当 ガイドラインという)を 制 定 し 経 営 の 健 全 性 の 確 保 および 迅 速 かつ 適 正 な 意 思 決 定 と 事 業 遂 行 の 実 現 に 向 け 実 効

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

1. 対 象 サービス 種 類 サービスの 名 称 内 容 訪 問 系 居 宅 介 護 重 度 訪 問 介 護 同 行 援 護 居 宅 での 入 浴 排 せつ 又 は 食 事 の 介 護 または 調 理 洗 濯 掃 除 などを 行 う ( 身 体 介 護 家 事 援 助 通 院 介 助 通 院 等

1. 対 象 サービス 種 類 サービスの 名 称 内 容 訪 問 系 居 宅 介 護 重 度 訪 問 介 護 同 行 援 護 居 宅 での 入 浴 排 せつ 又 は 食 事 の 介 護 または 調 理 洗 濯 掃 除 などを 行 う ( 身 体 介 護 家 事 援 助 通 院 介 助 通 院 等 北 見 市 障 害 福 祉 サービス 請 求 等 ( 地 域 生 活 支 援 事 業 除 く)の 手 引 き - 目 次 - 1. 対 象 サービス -2-2. 障 害 福 祉 サービスの 流 れ( 概 要 ) -3-3. 契 約 -4- 受 給 者 証 への 記 載 契 約 内 容 報 告 書 についてはこちら 4. サービス 提 供 -5- 計 画 サービス 提 供 の 確 認 についてはこちら

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

精神保健福祉相談業務

精神保健福祉相談業務 精 神 保 健 福 祉 基 礎 研 修 ( 基 礎 知 識 編 ) ~ 精 神 保 健 福 祉 の 法 体 系 施 策 と 社 会 資 源 ~ 平 成 25 年 4 月 25 日 こころの 健 康 センター 技 術 指 導 課 三 上 政 和 1 今 日 お 話 させていただく 内 容 1 精 神 保 健 福 祉 の 法 体 系 (1) 精 神 保 健 及 び 精 神 障 害 者 福 祉 に 関 する

More information

池 田 市 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 ( 平 成 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 人 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 前 年 度 の 人 件 費 率 101,638 人 363 億

池 田 市 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 ( 平 成 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 人 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 前 年 度 の 人 件 費 率 101,638 人 363 億 池 田 市 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 目 次 1 総 括 1 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 3 3 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 職 員 の 手 当 の 状 況 56 5 特 別 職 の 報 酬 等 の 状 況 7 6 職 員 数 採 用 試 験 の 状 況 811 7 勤 務 時 間 その 他 の 勤 務 条

More information

目 次 第 1 章 人 材 育 成 計 画 の 概 要... 2 1 計 画 の 目 的 方 向 性... 2 2 計 画 の 期 間... 2 3 計 画 の 推 進 体 制... 2 第 2 章 施 策 体 系 と 取 組 事 項... 4 1 職 場 力 の 強 化... 5 (1) 職 場

目 次 第 1 章 人 材 育 成 計 画 の 概 要... 2 1 計 画 の 目 的 方 向 性... 2 2 計 画 の 期 間... 2 3 計 画 の 推 進 体 制... 2 第 2 章 施 策 体 系 と 取 組 事 項... 4 1 職 場 力 の 強 化... 5 (1) 職 場 立 川 市 第 3 次 職 員 人 材 育 成 計 画 平 成 27(2015) 年 5 月 立 川 市 目 次 第 1 章 人 材 育 成 計 画 の 概 要... 2 1 計 画 の 目 的 方 向 性... 2 2 計 画 の 期 間... 2 3 計 画 の 推 進 体 制... 2 第 2 章 施 策 体 系 と 取 組 事 項... 4 1 職 場 力 の 強 化... 5 (1) 職

More information

(セクシュアルハラスメントの 禁 止 ) 第 条 性 的 言 動 により 他 の 労 働 者 に 不 利 益 や 不 快 感 を 与 えることや 就 業 環 境 を 害 するようなことをしてはならない 1 職 場 におけるセクシュアルハラスメントを 防 止 するため 事 業 主 は 雇 用 管 理

(セクシュアルハラスメントの 禁 止 ) 第 条 性 的 言 動 により 他 の 労 働 者 に 不 利 益 や 不 快 感 を 与 えることや 就 業 環 境 を 害 するようなことをしてはならない 1 職 場 におけるセクシュアルハラスメントを 防 止 するため 事 業 主 は 雇 用 管 理 5 就 業 規 則 ( 服 務 休 暇 福 利 厚 生 等 ) 関 係 介 護 サービス 事 業 所 施 設 の 事 業 規 模 にかかわらず 職 員 が 安 心 して 働 け る 明 るい 職 場 を 作 ることは すべての 事 業 所 施 設 にとって 重 要 なことです そのためには あらかじめ 就 業 規 則 等 で 労 働 時 間 や 賃 金 をはじめ 人 事 服 務 規 律 など 職 員

More information

行 役 員 等 の 意 思 決 定 機 関 及 び 意 思 決 定 者 が 行 使 しうる 決 裁 審 議 承 認 等 に 関 する 権 限 を 明 確 に 定 めております 原 則 4-8 独 立 社 外 取 締 役 の 有 効 な 活 用 当 社 には 社 外 取 締 役 1 名 社 外 監 査

行 役 員 等 の 意 思 決 定 機 関 及 び 意 思 決 定 者 が 行 使 しうる 決 裁 審 議 承 認 等 に 関 する 権 限 を 明 確 に 定 めております 原 則 4-8 独 立 社 外 取 締 役 の 有 効 な 活 用 当 社 には 社 外 取 締 役 1 名 社 外 監 査 コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです All About,Inc. 最 終 更 新 日 :2016 年 6 月 30 日 株 式 会 社 オールアバウト 代 表 取 締 役 社 長 江 幡 哲 也 問 合 せ 先 :03-6362-1300 証 券 コード:2454 http://corp.allabout.co.jp/

More information

Microsoft PowerPoint - 1.ppt

Microsoft PowerPoint - 1.ppt 精 神 保 健 医 療 福 祉 施 策 の 現 状 と 退 院 促 進 精 神 保 健 医 療 福 祉 の 改 革 ビジョン 精 神 保 健 医 療 福 祉 の 改 革 ビジョン(H16.9)の 枠 組 み 精 神 保 健 福 祉 施 策 について について 入 院 医 療 中 心 から から 地 域 生 活 中 心 へ へ 改 革 を 進 めるため めるため 1 国 民 の 理 解 の 深 化 2

More information

目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現 状 の 把 握 2 ⑵ 目 標 の 設 定 4 ⑶ 具 体 的

目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現 状 の 把 握 2 ⑵ 目 標 の 設 定 4 ⑶ 具 体 的 会 津 若 松 市 における 女 性 職 員 の 活 躍 の 推 進 に 関 する 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 28 年 5 月 会 津 若 松 市 目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現

More information

平 成 27 年 度 同 愛 会 事 業 計 画 Ⅰ 法 人 の 理 念 人 生 ( 存 在 )への 支 援 援 助 Ⅱ 法 人 の 使 命 1 法 人 は 利 用 する 人 たちのQOL( 人 生 の 質 )を 高 める 仕 事 を 創 る 2 法 人 は 利 用 者 に 関 わる 人 たちのニー

平 成 27 年 度 同 愛 会 事 業 計 画 Ⅰ 法 人 の 理 念 人 生 ( 存 在 )への 支 援 援 助 Ⅱ 法 人 の 使 命 1 法 人 は 利 用 する 人 たちのQOL( 人 生 の 質 )を 高 める 仕 事 を 創 る 2 法 人 は 利 用 者 に 関 わる 人 たちのニー 平 成 27 年 度 総 合 事 業 計 画 書 社 会 福 祉 法 人 同 愛 会 東 京 事 業 本 部 1 平 成 27 年 度 同 愛 会 事 業 計 画 Ⅰ 法 人 の 理 念 人 生 ( 存 在 )への 支 援 援 助 Ⅱ 法 人 の 使 命 1 法 人 は 利 用 する 人 たちのQOL( 人 生 の 質 )を 高 める 仕 事 を 創 る 2 法 人 は 利 用 者 に 関 わる 人

More information

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 非 常 勤 職 員 ( 研 修 医 ) 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 制 定 平 成 27 年 4 月 1 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 とい う ) 第 2 条 第 2 項

More information

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉 第 3 期 障 がい 者 就 労 支 援 推 進 計 画 北 海 道 働 く 障 がい 者 応 援 プラン 第 Ⅲ 章 の 概 要 第 1 計 画 の 基 本 事 項 1 計 画 策 定 の 趣 旨 北 海 道 障 がい 者 及 び 障 がい 児 の 権 利 擁 護 並 びに 障 がい 者 及 び 障 がい 児 が 暮 ら しやすい 地 域 づくりの 推 進 に 関 する 条 例 ( 以 下 北 海

More information

計 画 書 は4 章 立 てで 第 1 章 が 計 画 策 定 にあたって 第 2 章 が 障 がい 者 を 取 り 巻 く 環 境 第 3 章 が 障 がい 者 計 画 第 4 章 が 障 がい 福 祉 計 画 です 第 1 章 計 画 策 定 にあたってについて 説 明 します まず 計 画 策

計 画 書 は4 章 立 てで 第 1 章 が 計 画 策 定 にあたって 第 2 章 が 障 がい 者 を 取 り 巻 く 環 境 第 3 章 が 障 がい 者 計 画 第 4 章 が 障 がい 福 祉 計 画 です 第 1 章 計 画 策 定 にあたってについて 説 明 します まず 計 画 策 日 置 市 障 がい 者 計 画 及 び 障 がい 福 祉 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 24 年 3 月 鹿 児 島 県 日 置 市 0 計 画 書 は4 章 立 てで 第 1 章 が 計 画 策 定 にあたって 第 2 章 が 障 がい 者 を 取 り 巻 く 環 境 第 3 章 が 障 がい 者 計 画 第 4 章 が 障 がい 福 祉 計 画 です 第 1 章 計 画 策 定 にあたってについて

More information

産業医学振興財団委託研究

産業医学振興財団委託研究 過 重 労 働 メンタルヘルス 対 策 マニュアル 産 業 医 学 振 興 財 団 委 託 研 究 中 小 規 模 事 業 場 におけるメンタルヘルス 対 策 の 進 め 方 に 関 する 研 究 過 重 労 働 メンタルヘルス 対 策 マニュアル 目 次 1. 過 重 労 働 で 引 き 起 こされる 健 康 障 害 と 労 災 認 定 P 1 2. 過 重 労 働 対 策 に 関 係 する 法

More information

南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 平 成 23 年 度 ) 平 成 24 年 3 月 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) 目 次 1. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 の 検 討 の 目 的 と 経 過 1 (1) 広 域 連 携 の 検 討 趣 旨 (2) 南

More information

目 次 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 計 画 策 定 の 背 景 3 3 区 の 現 状 把 握 分 析 とそこから 見 えてくる 課 題 4 4 計 画 の 目 標 10 5 目 標 を 達 成 するための 取 組 12 1

目 次 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 計 画 策 定 の 背 景 3 3 区 の 現 状 把 握 分 析 とそこから 見 えてくる 課 題 4 4 計 画 の 目 標 10 5 目 標 を 達 成 するための 取 組 12 1 墨 田 区 女 性 の 活 躍 推 進 のための 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ( 平 成 28 年 度 ~ 平 成 32 年 度 ) 平 成 28 年 4 月 墨 田 区 目 次 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 計 画 策 定 の 背 景 3 3 区 の 現 状 把 握 分 析 とそこから 見 えてくる 課 題 4 4 計 画 の 目 標 10 5 目 標 を 達

More information

による 共 同 作 業 を 行 い 同 時 に 分 科 会 幹 事 会 を 組 織 して 幹 事 会 による 分 科 会 間 の 広 域 的 かつ 継 続 的 な 価 格 形 成 要 因 の 分 析 検 討 を 行 うことで 均 衡 のとれた 成 果 を 確 保 する (2) 市 町 村 の 固 定

による 共 同 作 業 を 行 い 同 時 に 分 科 会 幹 事 会 を 組 織 して 幹 事 会 による 分 科 会 間 の 広 域 的 かつ 継 続 的 な 価 格 形 成 要 因 の 分 析 検 討 を 行 うことで 均 衡 のとれた 成 果 を 確 保 する (2) 市 町 村 の 固 定 公 益 社 団 法 人 京 都 府 不 動 産 鑑 定 士 協 会 平 成 27 年 度 事 業 計 画 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 1 不 動 産 鑑 定 評 価 に 関 する 普 及 啓 発 不 動 産 及 び 不 動 産 の 鑑 定 評 価 に 関 する 社 会 一 般 の 理 解 と 信 頼 を 高 めるため 次 の 事 業 を 行 う (1) 講 演 会 の 開 催 時 期 : 年 1 回

More information

東 海 大 学 福 岡 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 学 校 法 人 東 海 大 学 理 事 長 名 松 前 達 郎 学 長 名 高 橋 守 人 ALO 真 下 仁 開 設 年 月 日 平 成 2 年 4 月 1 日 所 在 地 福 岡 県 宗 像 市 田 久 1-9-1 設 置 学 科

東 海 大 学 福 岡 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 学 校 法 人 東 海 大 学 理 事 長 名 松 前 達 郎 学 長 名 高 橋 守 人 ALO 真 下 仁 開 設 年 月 日 平 成 2 年 4 月 1 日 所 在 地 福 岡 県 宗 像 市 田 久 1-9-1 設 置 学 科 学 校 法 人 東 海 大 学 東 海 大 学 福 岡 短 期 大 学 機 関 別 評 価 結 果 平 成 22 年 3 月 18 日 財 団 法 人 短 期 大 学 基 準 協 会 東 海 大 学 福 岡 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 学 校 法 人 東 海 大 学 理 事 長 名 松 前 達 郎 学 長 名 高 橋 守 人 ALO 真 下 仁 開 設 年 月 日 平 成 2 年 4 月

More information

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報 災 害 発 生 時 には 職 員 及 び 関 係 機 関 との 間 で 1 現 状 がどうなっているか 2 今 後 の 見 通 しはどうか 3 今 後 何 をするべきか について 状 況 認 識 の 統 一 を 図 ることが 最 も 重 要 である このことを 常 に 心 掛 ければ ほとんどの 課 題 は 解 決 できる 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 1 章 災 害 応 急 活 動 組

More information