HGS-2908

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "HGS-2908"

Transcription

1 MICA(P)No. 205/06/2007 SINGAPORE - AREA Report 年 8 月 28 日 ベトナム北部開発最新情報 三菱東京 UFJ 銀行 アジア法人業務部 最近 ベトナムへの日系企業進出が加速しています 以下に 最近のベトナム北部における新しい開発の情報をお届けいたします 1.VSIP( ハイフォン ) の開発を発表 8 月 13 日 シンガポール政府系企業セムコープ インダストリーズ ( ) は ベトナム第 3 の都市である北部のハイフォン市に ベトナムで 4 つ目となる開発を行うと発表した 今回は に加え住宅地開発も行う 総開発面積は 1,200ha ハイフォンは 1 中国の南寧 ランソン ハノイ ハイフォン 2 中国の昆明 ラオカイ ハノイ ハイフォン の 2 つの中国 ベトナム間の経済回廊の起点となる要衝である セムコープ インダストリーズは 今年 7 月にベトナム北部のバクニン省に VSIP( バクニン ) の開発を発表しており VSIP( ハイフォン ) はベトナム北部における 2 つ目の開発となる VSIP(=Vietnam Singapore Industrial Park) は シンガポールのセムコープ インダストリーズ (SembCorp Industries) を主体とするコンソーシアム と ベトナムの国営企業ベカメックス によるプロジェクト ベトナム南部でも VSIPI と VSIPⅡの 2 つのを開発 運営している 2.VSIP( バクニン ) の販売状況 先に開発を発表した VSIP( バクニン ) については 6 カ国 10 社の入居が決定し総開発面積 500ha( うち第 1 期開発 300ha) のうち 96.5ha 総開発面積の 20% が予約済みとなった 本については第一期のインフラ整備が 2008 年 1 月から開始される予定である ベトナム北部における VSIP の開発状況は以下の通り ベトナム北部におけるVSIPの開発状況 距離 (km) 面積 (ha) ハノイ市販売価格 No 名残り入居備考中心部開発面積 (US$/ m2 ) 可能面積まで 1 VSIP( バクニン ) 年 1 月からインフラ整備予定 22 VSIP( ハナム ) 約 未定 2008 年以降に開発予定 27 VSIP( ハイフォン ) 未定 今回開発を決定 上記の合計 - 1, ( 出所 ) 各資料 ヒアリングより三菱東京 UFJ 銀行アジア法人業務部作成 Noは 添付の地図の番号に対応 Economic and Industry Reports 1

2 3. 北部の空き状況 価格 今回の VSIP のを含むベトナム北部の主要の空き状況と価格は以下の 通り ベトナム北部の空き状況 販売価格 距離 (km) 面積 (ha) ハノイ市販売価格 No 名残り入居備考中心部開発面積 (US$/ m2 ) 可能面積まで 1 VSIP( バクニン ) 年 1 月からインフラ整備予定 2 ダイドン ホアンソン ティエンソン クエボ ナムソン ハプリン 未定 2007 年 12 月販売開始予定 6 イエンフォン 期 100ha 2007 年 12 月販売開始予定 4 期 130ha 2008 年初め販売開始予定 7 クアンチョウ 期 200ha 2008 年後半販売開始予定 8 フォーノイA 第二タンロン 未定 2009 年販売開始予定 10 ミンクアン 未定 2007 年中に販売開始予定 11 フクディエン フクテ ィエン2( タンチュン ) ダイアン ナムサック 野村ハイフォン タクタット クッククアイ ( フンサー ) ホアラック ハイテクハ ーク フーニア フーシェン 未定 2007 年中に販売開始予定 20 ドンヴァン ホアマック 年中に販売開始予定 22 VSIP( ハナム ) 約 未定 2008 年以降に開発予定 23 タンロン ノイバイ 期 15ha 開発予定 25 ダイトゥー クアンミン 期 350ha 開発予定 27 VSIP( ハイフォン ) 未定 今回開発を決定 上記の合計 - 7,268 4, ( 出所 ) 各資料 ヒアリングより三菱東京 UFJ 銀行アジア法人業務部作成 開発面積は リース可能面積 リース可能面積不明の場合 総開発面積を記載 残り入居可能面積はヒアリングを基に一部推定 今後の販売予定分を含み開発予定分を含まない タンロンの第 3 期販売価格は未公表 数字は第 2 期の2004 年末時点の参考価格を記載 (2), (4), (7) は Saigon Investment Groupが運営 (3), (5), (6) は Vigracera Infrastructure Investment Development Companyが運営 (8), (21) は Hoa Phat Groupが運営 (10), (11), (12), (14), (16), (19), (20), (25), (26) は VIP Groupが運営 Economic and Industry Reports 2

3 4. 北部におけるの立地について北部ベトナムで エンジニアや経理担当者がハノイから通勤してくる場合は ハノイから工場へ車で 1 時間以内の距離にあることが人材確保上のメリットとなる タンロン I や VSIP( バクニン ) 第二タンロンなどがこの条件に当てはまる 今回の VSIP( ハイフォン ) は 上記の条件には当てはまらないが ベトナム北部においては ハイフォン港が船便による輸出 輸入のハブであることから ハイフォン港に近い立地には輸送上のメリットがある また 同様の理由で ハノイ ハイフォン間を結ぶ国道 18 号線もしくは国道 5 号線沿いに日系企業の進出がはじまっていることから部材調達上もハイフォン進出のメリットは増大している 北部立地とスタッフ エンジニア等確保の容易性のイメージ 国道 18 号線 ハノイ VSIP( ハイフォン ) ハイフォン 輸出入 ハノイから車で 1 時間の通勤圏 国道 5 号線 5. アジア各国の一般工の月額賃金比較 ベトナム北部の一般工の賃金コストは他のアジア地域比競争力があると言われている アジア各国の一般工のドル建て月額賃金比較 2,000 1,800 1,600 1,400 1,200 1, 上海 深セン シンガポール バ87ハ122 ホクアラルンプールジャカルタセブバンコクマニラーチミンタム島ノイ バンガロールニューデリー(US$/ 月 ) 1,978 1,691 1,573 1, 台香港ソウル北( 出所 ) JETRO 資料 (2006 年 11 月 ) より三菱東京 UFJ 銀行アジア法人業務部作成 Economic and Industry Reports 3

4 ご参考 ベトナム関連レポート: AREA Report 84 ベトナム事情 ~ 南部 : ドンナイ ビンズオン編 ~ 2004 年 10 月 6 日 AREA Report 87 ベトナム事情 ~ 北部 : ハノイ ハイフォン編 ~ 2005 年 1 月 17 日 AREA Report 90 ベトナム事情 ~ 中部 : ダナン編 ~ 2005 年 6 月 7 日 AREA Report 96 ベトナム事情 ~ 南部編 : パート2~ 2005 年 9 月 1 日 AREA Report 105 ベトナム事情 ~ 北部編 : パート2~ 2006 年 3 月 23 日 AREA Report 114 ベトナム事情 ~ 南部編 : パート3~ 2006 年 7 月 26 日 AREA Report 117 ベトナム : 第二タンロン設立について 2006 年 10 月 20 日 AREA Report 134 ベトナム事情 ~ 北部編 : パート3~ 2007 年 7 月 5 日 ご参考 ベトナム関連レポート: AREA Report 121 ベトナム :WTO 加盟のインパクト 2006 年 11 月 15 日 三菱東京 UFJ 銀行のベトナム拠点のご紹介 ホーチミン支店 : 8th Floor, The Landmark, 5B Ton Duc Thang Street, District 1, Ho Chi Minh City, Socialist Republic of Vietnam TEL: ハノイ支店 : 6 th Floor, Pacific Place, 83 B Ly Thuong Kiet St., Hanoi, Socialist Republic of Vietnam TEL: ハノイ駅 Le Duan Pham Boi Chau St. ハイ ハ チュン通り Hai Ba Trung St. メリア ホテル Melia Hanoi リー トゥオン キエト通り Ly Thong Kiet St ハ シフィック フ レース (6F) 三菱東京 UFJ 銀行ハノイ支店 トラン フン タ オ通り Tran Hung Dao St Quang Trung 日航ホテル Hotel Nikko Hanoi ティエンクアン湖 統一公園バイマウ湖 ( アジア法人業務部北村広明 ) TEL: ( シンガポール ) 本レポートは情報の提供を目的に作成しておりますが お取引の最終判断はお客様ご自身で行っていただきますようお 願いいたします 資料は信頼できると思われるソースを基に作成しておりますが完全性を保証するものではありません Economic and Industry Reports 4

5 国道 32 号線 国道 23 号線 国道 21 号線 ホアラック (17) ハイテクパーク ( 帝国通信工業 ) 国道 3 号線ビンフック省ノイバイ (24) Vinh Phuc (118 万人 ) ノイバイ国際空港クアンミン (26) タンロン I (23) 国道 6 号線 ホアビン省 Hoa Binh (82 万人 ) 国道 2 号線 ハタイ省 Ha Tay (254 万人 ) 距離 時間 ( トラック ) : タンロンーハイフォン港 130km 3 時間 タンロンーカイラン港 161km 4 時間 野村ハイフォンーハイフォン港 16km Thai Nguyen ( トヨタ ホンダ ) ( ヤマハ ) タクタット クッククアイ [ フンサー ] ( メイコー )(16) タイグエン省 (113 万人 ) ハノイ市 (322 万人 ) (25) ダイトゥー フーニア (18) サイドンB (8) 国道 6 号線 国道 21 号線 フーシェン (19) (20) イエンフォン (6) フンイェン省 Hung Yen (114 万人 ) ティエンソン ( キヤノン第 3 工場 ) (7) クアンチョウクエボ ( キャノン第 2 工場 ) (3) (2) (5) (1) ダイドン VSIP ホアンソン ( バクニン ) フォーノイA (9) (10) 第二タンロン ドンヴァン 2 ハナム省 (83 万人 ) Ha Nam (4) (21) ホアマック バクニン省 Bac Nihn (101 万人 ) 国道 38 号線 ((22)VSIP( ハナム ) ) ニンビン省 Ninh Binh (92 万人 ) ホーチミンへ ナムソン ハプリン (14) ミンクアン (11) (12) (13) 中国 : 南寧へ バクザン省 Bac Giang (159 万人 ) ナムサック 国道 5 号線 ハイズン省 Hai Duong (172 万人 ) 国道 31 号線 国道 10 号線タイビン省 Thai Bihn (187 万人 ) 国道 18 号線 ベトナム北部主要 三菱東京 UFJ 銀行アジア法人業務部作成 2007 年 8 月現在 三菱東京 UFJ 銀行禁転載 (15) 野村ハイフォン (27) VSIP ( ハイフォン ) (180 万人 ) ハイフォン港 ダイアン ( 住友電工 ) カットビー国内空港フクディエン2[ タンチュン ] ( ユニデン ) フクディエン ( ブラザー ) ハイフォン市 Hai Phong 0km クアンニン省 Quang Nihn (109 万人 ) ディンブー トンキン湾 約 20km ハイイエンドンマイ N AREA Report 141 付録 カイラン港 約 40km