tls65_user.book

Size: px
Start display at page:

Download "tls65_user.book"

Transcription

1 登 録 商 標 2001 Turbolinux Japan, K.K. All rights reserved. Copyrights/Trademarks UNIX は The Open Group の 登 録 商 標 です 米 国 における Linux の 名 称 は Linus Torvalds の 登 録 商 標 です 日 本 国 内 における Linux の 名 称 は Linus Torvalds の 商 標 です Turbolinux の 名 称 及 びロゴは Turbolinux, Inc. の 商 標 です ターボリナックスは ターボリナックスジャパン 株 式 会 社 の 登 録 商 標 です RPM の 名 称 は Red Hat, Inc. の 商 標 です Intel Pentium は Intel Corporation の 登 録 商 標 または 商 標 です Aladdin Ghostscript の 著 作 権 は Aladdin Enterprises に 帰 属 します Netscape Communications Corporation のロゴ 及 び Netscape Communicator Netscape Navigator は 米 国 Netscape Communications Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 です Microsoft MS-DOS Windows は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 です Apple Macintosh は 米 国 Apple Computer, Inc. の 登 録 商 標 です その 他 記 載 された 会 社 名 及 びロゴ 製 品 名 などは 該 当 する 各 社 の 商 標 または 登 録 商 標 です 本 ガイドでは 文 書 中 の の 表 記 は 省 略 しています ご 了 承 ください

2 目 次 第 1 章 Turbolinux のセキュリティ セキュリティとは 家 のセキュリティ コンピュータのセキュリティ Linux のセキュリティ Turbolinux Server 6.5 の 方 針 Deny all アプローチ アカウント ログ root 権 限 アップデート 情 報 セキュリティ 関 連 組 織 セキュリティ 関 連 のホームページ 第 2 章 TurboTools turbonetcfg 設 定 を 表 示 基 本 設 定 ホスト 一 覧 ネットワークインターフェース ネットワーク 診 断 NFS Export Config PPP Config TCP/IP Routing Config turboportcfg turboservice turboprintcfg turbopkg メンテナンス 自 動 アップグレード turbohwdetect turbofscfg ファイルシステム ブートレコード グローバルオプション turbousercfg ユーザーの 設 定 Turbolinux Server 6.5

3 目 次 グループの 設 定 turbomkboot turbotimecfg turbolangsel turboxcfg Configure Keyboard Configure Mouse Configure Video Card Configure Monitor Configure Video Modes Configure Font Path Test X Configuration Change Login Method Write Configuration turbowmcfg 第 3 章 スーパーサーバー スーパーサーバーとは スーパーサーバー 概 要 スーパーサーバーモードとスタンドアローンモード スーパーサーバーの 機 能 と 役 割 スーパーサーバーのデメリット inetd inetd の 概 要 inetd の 起 動 と 停 止 inetd の 設 定 inetd のセキュリティポリシー inetd の 動 作 確 認 設 定 例 TCP Wrapper TCP Wrapper の 概 要 TCP Wrapper の 構 成 TCP Wrapper の 設 定 TCP Wrapper のセキュリティポリシー 設 定 例 TCP Wrapper の 確 認 xinetd xinetd の 概 要 xinetd の 構 成 ユーザーガイド

4 目 次 xinetd の 起 動 と 停 止 xinetd の 設 定 第 4 章 インターネットーサーバー DNS サーバー DNS サーバー 概 要 BIND 概 要 BIND の 構 成 BIND の 起 動 と 停 止 リゾルバの 設 定 DNS サーバーのタイプ プライマリサーバー セカンダリサーバー キャッシュオンリーサーバー メールサーバー メールサーバー 概 要 sendmail 概 要 (SMTP サーバー) sendmail の 構 成 sendmail の 起 動 と 停 止 sendmail の 設 定 sendmail コマンド sendmail の 動 作 テスト POP3/IMAP4 サーバー メールの 管 理 Web サーバー Web サーバー 概 要 Apache 概 要 Apache の 構 成 Apache の 起 動 と 停 止 apache の 設 定 ページ 公 開 制 御 設 定 例 SSL を 使 用 したセキュアサイトの 構 築 FTP サーバー FTP 概 要 ProFTPD 概 要 ProFTPD の 構 成 ProFTPD の 起 動 モード ProFTPD の 起 動 と 停 止 ProFTPD の 起 動 確 認 Turbolinux Server 6.5

5 目 次 ProFTPD の 設 定 匿 名 FTP サイトの 作 成 パケットフォワーディング パケットフォワーディング 概 要 ipchains 概 要 ipchains の 構 成 ipchains の 設 定 ipchains-save と ipchains-restore 第 5 章 イントラネットサーバー Samba Samba 概 要 Samba の 構 成 Samba の 起 動 モード Samba の 起 動 と 停 止 Samba の 設 定 ファイル/プリンタ 共 有 暗 号 化 パスワード 設 定 ファイルのテスト SWAT での 設 定 Windows と Macintosh の 共 存 Netatalk Netatalk 概 要 Netatalk の 構 成 Netatalk の 起 動 と 停 止 Netatalk の 設 定 PortMapper portmap の 起 動 と 停 止 アクセス 制 御 NFS NFS 概 要 NFS の 構 成 NFS の 起 動 と 停 止 NFS サーバーの 設 定 クライアント 側 の 設 定 セキュリティ NIS NIS 概 要 NIS の 構 成 ユーザーガイド

6 目 次 NIS サーバー/ NIS クライアント 共 通 の 設 定 NIS サーバーの 設 定 NIS クライアントの 設 定 新 規 ユーザー 設 定 NIS クライアントツール LDAP LDAP とは OpenLDAP の 概 要 OpenLDAP の 設 定 ファイル LDAP を Netscape で 利 用 する DHCP DHCP の 概 要 DHCP の 構 成 dhcpd の 起 動 と 停 止 DHCP の 設 定 quota quota の 概 要 quota の 設 定 SSH SSH の 起 動 と 停 止 サーバーの 設 定 接 続 方 法 第 6 章 その 他 の 機 能 LFS LFS とは LVM LVM とは LogicalVolume の 作 成 Ext Ext3(Third Extended Filesystem)とは Ext3 ファイルシステムの 作 成 ReiserFS ReiserFS とは ReiserFS ファイルシステムの 作 成 ReiserFS 用 コマンド 説 明 kparam kparam とは Oracle での 利 用 Turbolinux Server 6.5

7 目 次 第 7 章 基 本 コマンド ユーザー 管 理 ユーザーアカウントの 作 成 - useradd passwd ユーザーアカウントの 削 除 - userdel グループの 作 成 - groupadd グループの 削 除 - groupdel ログインユーザーの 切 り 替 え - su シャットダウン - shutdown ファイル 操 作 ファイル/ディレクトリの 情 報 確 認 - ls ディレクトリの 移 動 - cd ファイルのコピー - cp ファイルの 移 動 - mv ファイル 名 の 変 更 - mv ディレクトリの 作 成 - mkdir ファイル/ディレクトリの 削 除 - rm rmdir テキストファイルの 参 照 - cat more less ファイルの 検 索 - find 文 字 列 の 検 索 - grep ファイルの 圧 縮 / 伸 長 - gzip アーカイブの 作 成 / 展 開 - tar プロセス 管 理 プロセスの 状 態 確 認 - ps プロセスの 停 止 - kill デバイス パーティション 外 部 デバイス - mount ディスク 使 用 量 の 確 認 - df du パッケージ - rpm オンラインマニュアル - man エディタ - vi 第 8 章 付 録 サービス 起 動 スクリプト ランレベル ランレベルごとの 起 動 ランレベルの 変 更 ユーザーガイド

8 目 次 8-2 ネットワーク /etc/rc.d/init.d/network /etc/sysconfig/network /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-[dev_name] /etc/resolv.conf /etc/hostname /etc/hosts ifconfig コマンド プリント Ghostscript /etc/printcap lpr コマンド Turbolinux Server 6.5

9 Turbolinux Server 6.5 ユーザーガイド

10 第 1 章 Turbolinux のセキュリティ 第 1 章 Turbolinux のセキュリティ 従 来 のインターネットは 学 術 / 研 究 目 的 で 使 われることが 主 でした 最 新 の 技 術 情 報 の 通 信 メディアとして 使 われることはあったものの メディアとしてはまだまだマイナーな 存 在 で した また 通 信 速 度 や 処 理 能 力 等 のリソースの 制 約 もあったため セキュリティに 対 する 関 心 はそれほど 高 くありませんでした しかしながら 近 年 のネットワーク 技 術 の 進 歩 や ユーザー 層 の 広 がりにより インターネットは 電 子 商 取 引 のような 非 技 術 者 の 日 常 生 活 に 関 わるメディアにまで 成 長 して 来 ました そして その 中 で 最 も 注 目 されているオペレーティ ングシステムの 1 つが Linux です Linux の 運 用 においてセキュリティという 言 葉 を 無 視 す ることはもはや 不 可 能 と 言 えます インターネット 技 術 を 支 えて 来 たオペレーティングシステムは UNIX であり Linux もその 流 れをくんでいます その 特 徴 である 柔 軟 さはセキュリティにとっては 長 所 でもあり 短 所 で もあります 利 用 者 が 正 しい 知 識 のもとで 適 切 な 運 用 を 行 うことで 十 分 にセキュリティを 高 めることができます 本 章 ではセキュリティに 関 してみなさんに 考 えていただきたいこと 知 っておいていただき たいこと そして Turbolinux が 考 えるセキュリティについて 説 明 します 技 術 的 な 詳 細 は 次 章 以 降 を 参 考 にしてください 1-1 セキュリティとは 家 のセキュリティ セキュリティというと ファイアウォールや 暗 号 セキュリティホール 不 正 アクセスなど の 単 語 をすぐに 思 いつくことでしょう しかし これらはいずれも 手 段 や 事 象 に 過 ぎません 最 も 重 要 なことは あなた 自 身 が 何 を 守 りたいかということです コンピュータとか ネッ トワークとか 技 術 的 な 言 葉 は 一 旦 忘 れて もっと 身 近 なもので 考 えてみてください 例 え ば 家 の 戸 締 りをするのはなぜでしょう 鍵 があるから ではないはずです 家 の 中 に 大 切 なものがあるから 盗 まれたり 壊 されたりしないように 戸 締 りをするのではないでしょう か 家 のセキュリティを 次 のような 流 れで 考 えてみましょう 対 象 : 家 の 中 にある 資 産 人 脅 威 : 火 災 侵 入 窃 盗 誘 拐 手 段 : 施 錠 警 報 装 置 番 犬 ねずみ 捕 り これらの 要 素 がそろった 時 点 で 初 めて 対 策 を 検 討 できるようになります 鍵 をかけるという 1 つの 行 為 についても 家 に 人 がいる 場 合 といない 場 合 あるいは 子 供 しかいない 場 合 昼 2 Turbolinux Server 6.5

11 1-1 セキュリティとは と 夜 などいろいろな 状 況 について 考 えられます 対 策 とは 状 況 に 応 じて 最 適 な 方 法 を 適 用 することです 対 策 を 検 討 する 際 に 陥 りやすいのが 大 は 小 を 兼 ねる という 発 想 です 1 万 円 の 腕 時 計 を 守 るために 10 万 円 の 金 庫 を 買 う 人 はいないでしょう 過 剰 な 対 策 は 無 駄 なだけではなく 逆 にセキュリティを 弱 めることにもなりかねません 腕 時 計 をつけたり 外 したりするたびに 金 庫 を 開 けなければならないような 状 況 を 想 像 してみてください 鍵 をかけ 忘 れるかも 知 れま せんし 面 倒 だからといって 鍵 をかけなくなってしまうかも 知 れません 対 象 となるものの 価 値 をこえるコストを 投 じないこと 無 闇 に 利 便 性 を 犠 牲 にしないこと このようにして セキュアな 家 ができたとしましょう それで 安 心 してはいけません 錠 は 古 くなると 壊 れるかも 知 れませんし 鍵 を 紛 失 するかも 知 れません その 対 策 が 有 効 かどう かを 常 に 評 価 し 必 要 に 応 じて 更 新 したり 対 策 そのものを 見 直 す といった 日 々の 活 動 な くしてはセキュアな 家 は 維 持 できません コンピュータのセキュリティ 家 のセキュリティはみなさんが 日 常 的 に 判 断 したり 実 践 したりしていることばかりです コ ンピュータのセキュリティもそれほど 違 いはありません 家 の 場 合 はあまりにも 常 識 的 過 ぎ て 体 系 立 てて 考 える 必 要 もないでしょう でも コンピュータの 場 合 は 用 語 や 技 術 的 な 難 し さに 惑 わされて 一 貫 した 対 応 ができなくなることが 多 々あります そこで 会 社 や 学 校 など の 組 織 ではセキュリティについての 約 束 ごとを 明 文 化 しておくことが 大 切 です それがセ キュリティポリシーになるのです セキュリティポリシーでは 主 に 以 下 のような 項 目 に 着 目 してください 対 象 脅 威 手 段 対 象 はコンテンツデータとコンピュータリソースの 2 つに 大 分 されます 脅 威 には 故 意 か 物 理 的 かなどのいくつかの 分 類 方 法 があります 手 段 は 具 体 的 な 技 術 詳 細 を 含 まない 範 囲 で 定 めます 責 任 / 権 限 技 術 者 の 作 業 だけでも アカウントの 発 行 や 削 除 などの 日 常 的 なものから ログ 監 視 のよう な 特 殊 なものまでさまざまなものがあります 全 ての 作 業 についてその 権 限 や それにとも なう 責 任 の 所 在 を 明 確 にしておきます 法 律 メールの 検 閲 はもちろんですが ログ 監 視 もプライバシーの 侵 害 になることがあります 法 的 な 裏 付 けや 法 律 に 抵 触 しないための 制 約 などを 明 記 しておきます セキュリティポリシー セキュリティポリシーそのものの 管 理 方 法 やその 責 任 の 所 在 を 定 めておきます ユーザーガイド 3

12 第 1 章 Turbolinux のセキュリティ セキュリティポリシーは 約 束 ごとです 各 利 用 者 各 組 織 の 環 境 を 反 映 し 関 係 する 全 ての 人 が 納 得 できる 内 容 になっていなければなりません 汎 用 の あるいは 万 能 のセキュリティ ポリシーなどというものは 存 在 し 得 ないのです さらに セキュリティポリシーを 実 施 するには 実 際 の 作 業 方 法 を 定 義 したオペレーションマ ニュアルや 利 用 規 約 などが 必 要 になります Linux のセキュリティ Linux は UNIX の 一 種 ですから セキュリティについても UNIX で 培 われた 技 術 や 考 え 方 を ほとんどそのまま 適 用 できます ここでは Linux の 特 徴 的 な 部 分 に 注 目 してみます PC Linux がインストールされるのは 主 に PC です ハードウェアの 信 頼 性 についてはいろいろな 意 見 があると 思 いますが 一 般 的 な PC が 物 理 的 なアクセスに 弱 いことは 確 かです PC の 中 を 開 けられ ハードディスクを 抜 き 取 られたり PC ごと 盗 まれる 可 能 性 もあります サー バーマシンにはラックマウント 式 の PC を 購 入 するなど 用 途 に 応 じてハードウェア 構 成 の 選 定 から 始 める 必 要 があります オープンソース ソースが 公 開 されているとセキュリティホールが 悪 用 されやすいという 意 見 があります し かし 果 たしてそれは 正 しい 意 見 でしょうか 逆 に オープンソースがゆえに セキュリ ティホールの 発 見 も 早 く それに 対 応 するパッチプログラムなども 世 界 中 の 有 志 達 によって 迅 速 に 提 供 される というメリットもあります 最 近 発 見 されたり 問 題 になったりしている セキュリティホールの 多 数 がオープンソースではないオペレーティングシステムに 関 わる ものであることがその 真 偽 を 示 しているのではないでしょうか ユーザー 層 の 広 さ Linux のユーザー 数 はますます 増 え ユーザーの 層 も 広 がりつつあります ユーザー 層 が 広 まるとセキュリティ 対 策 を 徹 底 することが 難 しくなります また ユーザー 数 が 増 えると 悪 意 の 対 象 となりやすいのも 性 です 1-2 Turbolinux Server 6.5 の 方 針 Turbolinux Server 6.5 はサーバー 用 途 で 使 われることを 前 提 としたシステムです しかし サー バーと 一 言 で 言 ってもメールサーバーやファイルサーバー ネームサーバー データベース サーバーなどいろいろありますし Linux ですから ワークステーション 的 な 用 途 を 兼 ねる ことだってできます どのような 使 い 方 をするかを 定 め それに 応 じてセキュリティ 対 策 を 講 じていきましょう 4 Turbolinux Server 6.5

13 1-2 Turbolinux Server 6.5 の 方 針 これまで 説 明 してきたように セキュリティポリシーは 各 利 用 者 各 組 織 の 環 境 を 反 映 した ものでなければなりません まず Turbolinux の 設 計 方 針 を 理 解 していただくことで より 簡 単 かつ 安 全 にセキュリティポリシーにしたがったシステム 作 りができるようになります ここでは Turbolinux の 設 計 方 針 を 全 てカバーすることはできませんので セキュリティに 直 接 関 係 する 重 要 度 の 高 いものや これまで 問 い 合 わせの 多 かったものについて 紹 介 しま す Deny all アプローチ セキュリティ 対 策 を 実 施 する 際 のアプローチとして Allow all と Deny all の 2 つがあります Allow all はまず 全 てを 許 可 して 不 要 なものを 拒 否 していくアプローチで Deny all はまず 全 てを 拒 否 して 必 要 なものを 許 可 していくアプローチです 一 般 的 には Allow all は 簡 単 で Deny all はより 安 全 であると 言 われています Turbolinux ではインストール 直 後 の 状 態 では Deny all アプローチを 採 用 しています 例 えば 初 期 状 態 では inetd から 起 動 されるサービスは 全 て 停 止 されており hosts.allow や hosts.deny でもローカルホスト 以 外 からのアクセスを 拒 否 するように 設 定 されています( 詳 細 は 第 3 章 スーパーサーバー 参 照 ) アカウント アカウント 管 理 としては 発 行 / 廃 止 手 続 きや 有 効 期 限 などのルール 的 なものと パスワード の 暗 号 化 方 式 やログイン 方 式 などの 技 術 的 なものがあります Turbolinux では 標 準 でシャドウパスワードを 採 用 していますので 暗 号 化 されたパスワードは /etc/passwd ではなく /etc/shadow ファイルに 保 存 されています 従 来 シャドウパスワード を 使 う 場 合 は 画 面 ロックなどのプログラムが root 権 限 で 動 作 する(setuid されている) 必 要 がありましたが Turbolinux では PAM (Pluggable Authentication Modules)を 採 用 すること でそれを 回 避 しています アカウントに 対 する 有 効 期 限 の 設 定 や 時 間 制 限 などは 標 準 では 行 っていません これらは 組 織 のルールに 直 接 かかわる 設 定 ですので 標 準 で 行 うべきものではないと 考 えています chage コマンドにより 設 定 することは 可 能 ですので 詳 しくは man ページ chage(1) を 参 照 してくだ さい 過 度 のアカウント 記 録 はユーザーのプライバシーを 侵 害 する 可 能 性 があります Turbolinux の 標 準 では アカウント 記 録 はログイン 履 歴 のみです accton コマンドでプロセス 単 位 のア カウント 記 録 をとることができるようになります 詳 しくは man ページ accton(8) を 参 照 し てください ユーザーガイド 5

14 第 1 章 Turbolinux のセキュリティ ログ ログをどの 程 度 どのくらいの 期 間 残 すかはセキュリティ 対 策 として 重 要 です Turbolinux Server 6.5 ではログファイルを 1 週 間 ごとに 更 新 し 4 世 代 前 まで(5 週 間 分 ) 残 すように 設 定 されています また ログイン 履 歴 である wtmp については 1ヵ 月 ごとに 更 新 し 1 世 代 前 まで(2ヵ 月 分 ) 残 すように 設 定 されています 設 定 については man ページ logrotate(8) を 参 照 してください root 権 限 root 権 限 でのログインは 仮 想 コンソールのみに 制 限 されています telnet やセキュアシェル (SSH)を 使 って root アカウントで 直 接 リモートログインすることはできません 一 般 ユー ザーでログインし 必 要 に 応 じて su コマンドで root 権 限 を 得 る 必 要 があります なぜなら 外 部 から 悪 意 のあるユーザーがたまたま root のパスワードを 見 つけてしまうかもしれませ ん root 権 限 を 手 に 入 れてしまえば そのシステムを 自 由 に 操 ることができてしまいます 初 めから root でのログインを 許 していなければ パスワードを 盗 まれても root 権 限 を 与 える ことは 免 れます シリアルコンソールなどの 特 定 の 端 末 からのログインを 許 可 する 方 法 については man ペー ジ securetty(5) を 参 照 してください また 制 限 そのものをなくすには /etc/pam.d/login ファ イルから 以 下 の 1 行 の 先 頭 に # を 付 け コメントにします # auth required /lib/security/pam_securetty.so アップデート 機 能 強 化 やバグ 修 正 のためにソフトウェアをアップデートすることがあります その 際 には そのアップデートが 本 当 に 必 要 なものなのか また 信 頼 できる 入 手 方 法 は 何 かということ を 考 えるようにしましょう 特 にネットワーク 経 由 で 入 手 したパッケージについては 内 容 確 認 を 心 がけてください Turbolinux では 随 時 アップデート 情 報 を Web サイトで 公 開 してい ますので そちらも 参 考 にしてください 6 Turbolinux Server 6.5

15 1-3 情 報 1-3 情 報 セキュリティ 関 連 組 織 JPCERT/CC 不 正 アクセスのようなできごとはコンピュータセキュリティインシデントと 呼 ばれていま す インシデントが 発 生 した 場 合 に 情 報 を 提 供 したり 相 談 したりする 組 織 がコンピュータ セキュリティインシデント 対 応 チーム(CSIRT)です 世 界 的 には CERT/CC が 有 名 ですが CIAC CERTCC-KR AUSCERT など 各 国 あるいは 各 地 域 組 織 を 対 象 とした CSIRT が 世 界 中 にあります JPCERT/CC は 日 本 を 対 象 とした CSIRT です 警 察 庁 2000 年 2 月 13 日 より 不 正 アクセス 行 為 の 禁 止 等 に 関 する 法 律 が 施 行 されました 適 切 な 管 理 が 行 われていれば 不 正 アクセス 等 の 被 害 にあった 場 合 に 法 的 な 処 置 を 取 れるように なりました 情 報 処 理 振 興 事 業 協 会 (IPA) セキュリティセンターで 不 正 アクセスやコンピュータウイルスの 被 害 の 届 出 を 受 け 付 けて います セキュリティ 関 連 のホームページ FIRST は 世 界 中 の CSIRT のためのフォーラムです CSIRT 間 での 情 報 共 有 やインシデント 対 応 の 協 力 を 目 的 とした 組 織 です CERT/CC が 発 行 する CERT Advisory はセキュリティ 上 の 問 題 に 関 する 情 報 源 としては 最 も 正 統 なものの 1 つと 言 えるでしょう 不 正 アクセスの 届 出 状 況 をまとめた 報 告 や 緊 急 性 の 高 いセキュリティホールに 関 する 告 知 が 発 行 されています 不 正 アクセス 行 為 の 禁 止 等 に 関 する 法 律 に 関 する 情 報 は ハイテク 犯 罪 対 策 から 参 照 することができます ユーザーガイド 7

16 第 1 章 Turbolinux のセキュリティ セキュリティ 政 策 に 関 する 法 律 やガイドラインなどが 情 報 セキュリティ 政 策 関 連 のペー ジ から 参 照 することができます Internet RFC(Request for Comments)にもセキュリティに 関 する 文 章 が 多 数 あります 特 に RFC 2196(Site Security Handbook)や RFC 2504(Users' SecurityHandbook)はセキュアな 環 境 を 構 築 する 際 に 大 変 参 考 になります 情 報 セキュリティ 対 策 関 連 から セキュリティセンター のページへ 行 き RFC から 上 述 の RFC の 日 本 語 訳 を 参 照 することができます 8 Turbolinux Server 6.5

17 1-3 情 報 第 2 章 TurboTools Turbolinux Server 6.5 には TurboTools と 呼 ばれる Turbolinux 独 自 のツール 群 が 収 録 されて います これらのツールは Turbolinux Server 6.5 を 使 用 する 上 で 必 要 となる 設 定 を 支 援 するた めのプログラムです TurboTools は コンソールや X 上 の 仮 想 コンソールなどから 起 動 して 使 用 することができま す また GUI を 必 要 としませんので リモート 端 末 からも 利 用 可 能 です TurboTools には 以 下 のような 種 類 があります ツール 名 (コマンド 名 ) パッケージ 名 説 明 turbonetcfg netcfg ネットワークに 関 する 設 定 turboportcfg portcfg スーパーサーバー(inetd)と TCP_Wrapper の 設 定 turboservice serviceboard サービスの 起 動 / 停 止 の 設 定 turboprintcfg printconfig プリンタの 設 定 turbopkg zabom パッケージ 管 理 turbohwdetect hwdetect 使 用 しているハードウェア 機 器 の 検 出 turbofscfg fscfg ファイルシステム(/etc/fstab)の 設 定 turbousercfg usercfg ユーザー 管 理 turbomkboot mkbootdisk ブートディスクの 作 成 turbotimecfg timeconfig 時 間 の 設 定 turbolangsel tlanga 言 語 の 選 択 turboxcfg xconfig X Window System の 設 定 turbowmcfg wmanagercfg ウィンドウマネージャの 選 択 コンソールから TurboTools を 起 動 した 場 合 初 期 状 態 では 英 語 表 示 で 起 動 します 日 本 語 表 示 で 起 動 するには 以 下 のコマンドを 実 行 したあとに 各 TurboTools を 起 動 してください ( 従 来 の kon に 代 わるものです) # miniuni ユーザーガイド 9

18 第 2 章 TurboTools 2-1 turbonetcfg turbonetcfg とは ネットワーク 全 般 の 設 定 を 簡 単 に 行 うためのツールです 次 のコマンドを 実 行 します # turbonetcfg 上 記 の 画 面 が 起 動 します turbonetcfg は 以 下 の 9 つの 操 作 を 行 うことができます それぞれ 設 定 したい 項 目 を 選 択 し て 実 行 してください 設 定 を 表 示 基 本 設 定 ホスト 一 覧 ネットワークイン ターフェース ネットワーク 診 断 NFS Export Conifg PPP Config TCP/IP Routing Config 現 在 のネットワーク 設 定 を 参 照 します ホスト 名 DNS サーバー ゲートウェイなどの 設 定 を 参 照 / 編 集 します ホストの 一 覧 を 参 照 / 編 集 します ネットワークインターフェースごとに IP アドレス サブネットマスクな どの 設 定 を 参 照 / 編 集 します ネットワークが 正 しく 設 定 されているかどうかをチェックします NFS サーバーを 構 築 するために exports ファイルを 作 成 します ダイヤルアップ 接 続 に 関 する 設 定 を 行 います ルーティングに 関 する 設 定 を 行 います 10 Turbolinux Server 6.5

19 2-1 turbonetcfg turbonetcfg には プロファイルを 設 定 することができます 複 数 の 設 定 内 容 を 切 り 替 えて 使 う 場 合 などに 便 利 です 現 在 の 内 容 を 保 存 してプロファイルを 作 成 する 場 合 は[セーブ]を 選 択 します プロファイル 名 は 任 意 のわかりやすい 名 前 を 付 けてください また すでにあ るプロファイルを 切 り 替 える 場 合 は[ 読 み 込 み]を 選 択 してプロファイルを 指 定 します 初 期 状 態 では プロファイルの 設 定 はされていません この 状 態 のままプロファイルを 作 らず [セー ブして 終 了 ]を 選 択 すると プロファイルのセーブに 失 敗 しました というメッセージが 表 示 され ます これは プロファイルのセーブに 失 敗 しただけであって 変 更 した 設 定 内 容 は 反 映 されてい るので プロファイルを 作 らずひとつの 環 境 で 使 う 場 合 などは 問 題 ありません このエラー 表 示 を なくすには はじめに[セーブ]を 選 択 して プロファイルを 作 成 してください 設 定 を 表 示 現 在 のネットワークの 設 定 状 況 を 確 認 します 編 集 作 業 はできません 確 認 が 終 わったら [OK]を 押 します ユーザーガイド 11

20 第 2 章 TurboTools 基 本 設 定 ここでは 以 下 の 設 定 を 行 います ホスト 名 ドメイン 名 検 索 ドメイン 名 DNS ネームサーバー Gateway の IP Gateway の 機 器 コンピュータのホスト 名 を 設 定 します コンピュータが 置 かれているネットワークのドメイン 名 を 設 定 します 検 索 するドメイン 名 を 設 定 します( 通 常 は 上 記 ドメイン 名 と 同 じでかまいま せん) 追 加 する 場 合 は[ドメイン 追 加 ]を 削 除 する 場 合 は[ドメイン 削 除 ]を 選 択 して 設 定 します DNS サーバーの IP アドレスを 設 定 します 追 加 する 場 合 は[DNS 追 加 ]を 削 除 する 場 合 は[DNS 削 除 ]を 選 択 して 設 定 します デフォルトゲートウェイの IP アドレスを 設 定 します 上 記 デフォルトゲートウェイに 対 応 しているネットワークインターフェー スを 設 定 します 通 常 1 枚 のネットワークインターフェースしかない 場 合 は[eth0]と 設 定 します ここで 編 集 した 内 容 は /etc/hostname /etc/resolv.conf /etc/sysconfig/network ファイルに 反 映 されます 12 Turbolinux Server 6.5

21 2-1 turbonetcfg ホスト 一 覧 /etc/hosts ファイルの 内 容 を 参 照 しています ここから 追 加 変 更 削 除 を 行 うことができます ネットワークインターフェース ネットワークインターフェースごとの 設 定 を 行 います 通 常 1 枚 だけのネットワークインターフェースを 使 う 場 合 は lo(localhost) と eth0 の 2 つが 表 示 されています 2 枚 以 上 使 う 場 合 は eth1 eth2... となります ここで 編 集 した 内 容 は /etc/sysconfig/network-scripts/ 以 下 のインターフェースファイルに 反 映 されます 例 えば ネットワークインターフェースが eth0 の 場 合 は /etc/sysconfig/ network-scripts/ifcfg-eth0 です [ 起 動 ][ 停 止 ]を 選 択 することによって 選 択 したインターフェースをリアルタイムに 起 動 停 止 することができます ユーザーガイド 13

22 第 2 章 TurboTools カードを 追 加 する 場 合 は[ 追 加 ]を 削 除 する 場 合 は [ 削 除 ]を 押 します 選 択 したインターフェースの 設 定 を 変 更 する 場 合 は[ 編 集 ]を 押 します 次 の 画 面 が 表 示 さ れます 以 下 の 項 目 を 設 定 します IP アドレス ネットマスク ネットアドレス ブロードキャストアドレス また 以 下 のチェックリストがあります 該 当 するものにチェックしてください 起 動 時 に 使 用 BOOTP / DHCP を 利 用 しない BOOTP を 利 用 DHCP を 利 用 さらに ひとつのインターフェースに 複 数 の IP アドレスを 設 定 する 場 合 は 前 の 画 面 に 戻 っ て[エイリアス]から 設 定 します 14 Turbolinux Server 6.5

23 2-1 turbonetcfg ネットワーク 診 断 各 種 設 定 内 容 が 正 しいかどうか ここでテストします 上 記 結 果 が 表 示 されます はい という 結 果 は 正 常 に 動 作 しています いいえ という 結 果 は 問 題 があるところです N/A という 結 果 は 設 定 されていないところです ユーザーガイド 15

24 第 2 章 TurboTools NFS Export Config NFS サーバーを 構 築 するために /etc/exports ファイルを 作 成 します 新 しいエントリを 追 加 する 場 合 は[ 追 加 ]を 既 存 のエントリを 編 集 するには[ 編 集 ]を 押 します 以 下 の 2 つの 項 目 を 入 力 します エキスポートするパス NFS で 共 有 するディレクトリのフルパスを 入 力 します 許 可 するホスト 上 記 ディレクトリにアクセスを 許 可 するホストを 指 定 します ホスト 名 IP アドレスどちら でも 指 定 できます また * などのワイルドカードも 指 定 できます また 必 要 に 応 じて 以 下 の 2 つのオプションをチェックボックスから 選 択 できます 16 Turbolinux Server 6.5

25 2-1 turbonetcfg 読 み 書 きのエキスポート 読 み 書 き 権 限 (rw オプション)を 与 える 場 合 にチェックします 標 準 は 読 み 込 み 権 限 (ro オ プション)のみになっています Root Squash を 無 効 にする Root Squash とは root 権 限 でアクセスしようとするユーザーを nobody に 変 えるオプ ションです これは 初 めから root によるアクセスを 断 ち 不 正 なアクセスを 軽 減 する 意 味 を 持 ちます 通 常 はこれが 標 準 になっていますが 意 図 的 に root 権 限 のアクセスを 許 可 する 場 合 にチェックします(no_root_squash オプション) 設 定 が 終 了 したら[ 終 了 ]を 押 します 指 定 した 内 容 が /etc/exports ファイルに 書 き 込 まれ ます また 削 除 したいエントリがある 場 合 は そのエントリにカーソルをあわせ [ 消 去 ]を 押 します PPP Config モデムおよび TA を 使 用 しての PPP 接 続 (ダイアルアップ)に 関 する 設 定 をします 新 規 に 設 定 する 場 合 は まず PPP 設 定 画 面 で[ 追 加 ]を 選 択 します ユーザーガイド 17

26 第 2 章 TurboTools 上 記 画 面 に 変 わったら [ 編 集 ]を 押 します 上 記 画 面 が 表 示 されますので ここで 編 集 作 業 を 行 います 設 定 する 項 目 は 以 下 の 通 りです 説 明 電 話 番 号 ユーザ 名 (PAP) パスワード(PAP) モデム 初 期 化 コマン ド 前 画 面 のリストに 表 示 される 名 前 です 接 続 先 のプロバイダ 名 などわかりや すい 名 前 を 入 力 してください 接 続 先 の 電 話 番 号 を 入 力 します PAP 認 証 で PPP 接 続 する 際 のログイン 名 を 入 力 します PAP 認 証 で PPP 接 続 する 際 のパスワードを 入 力 します モデムの 初 期 化 コマンドを 入 力 します 大 半 のモデムは ATZ のままで 利 用 可 能 ですが うまくいかない 場 合 モデムのマニュアルを 参 照 して 入 力 し てください 18 Turbolinux Server 6.5

27 2-1 turbonetcfg モデムダイアルコマ ンド 直 接 アナログモー ド ISDN PAP 認 証 パッシブモード LCP 自 動 的 に 再 接 続 起 動 時 に 接 続 固 定 IP アドレス 必 要 に 応 じて 接 続 (リモートIP が 必 要 ) シリアルポート モデムのダイアルコマンドを 入 力 します 電 話 回 線 がトーン(プッシュ 回 線 ) の 場 合 は ATDT パルス(ダイヤル 回 線 )では ATDP ISDN では ATD となります モデムによって 異 なる 場 合 もありますので 詳 しくはモデムの マニュアルを 参 照 してください モデムの 場 合 は アナログモード を TA の 場 合 は ISDN を 選 択 してく ださい PPP 接 続 の 認 証 形 式 に PAP 認 証 を 使 用 している 場 合 にチェックします ほと んどのサービスプロバイダでこの 認 証 形 式 が 採 用 されています 不 明 な 場 合 は お 使 いのプロバイダに 問 い 合 わせてください パッシブモードでの 接 続 を 行 います PPP 接 続 が 切 断 した 時 に 自 動 的 に 再 接 続 します システム 起 動 時 に PPP 接 続 を 行 います 毎 回 同 一 の IP アドレスを 使 用 して 接 続 する 場 合 にチェックします リモート IP アドレスが 割 り 振 られている 場 合 チェックします シリアルポートを 選 択 してモデムが 接 続 されているシリアルポートを 設 定 します モデムが 使 用 するシリアルポートを 選 択 し[このデバイスを /dev/ modem へリンクする]をチェックしてください [シリアルポート 速 度 ]で は PPP 接 続 で 使 用 するシリアルポートの 速 度 を 設 定 します モデムの 対 応 速 度 よりも 1 段 階 上 の 値 を 入 力 します 28.8kbps のモデムなら kbps なら ISDN(64K 同 期 通 信 )ならば を 入 力 してください TCP/IP Routing Config ルーティングに 関 する 設 定 を 行 います ユーザーガイド 19

28 第 2 章 TurboTools Options IPV4 フォワーディングを 有 効 にするかどうかを 指 定 します フォワーディングとは ネット ワークインターフェースが 複 数 ある 場 合 あるインターフェースから 送 られてきたパケット を 別 のインターフェースへ 流 すことを 指 します IP マスカレードなどを 使 用 する 場 合 にはこ れをチェックして 有 効 にしてください Static Routes スタティックルートの 設 定 を 行 います エントリを 新 しく 追 加 するには[ 追 加 ]を 既 存 の エントリを 編 集 するには[ 編 集 ]を 押 します 20 Turbolinux Server 6.5

29 2-1 turbonetcfg 以 下 の 4 つの 項 目 について 指 定 します 機 器 ネットワークアドレス ネットマスク Gateway ネットワークインターフェース 名 を 指 定 します (eth0 など) ネットワークアドレスを 指 定 します ( など) サブネットマスクを 指 定 します ( など) ゲートウェイの IP アドレスを 指 定 します ユーザーガイド 21

30 第 2 章 TurboTools 2-2 turboportcfg turboportcfg とは スーパーサーバーである inetd とサービスへのアクセスを 制 御 する TCP Wrapper の 設 定 を 行 うツールです(スーパーサーバー TCP Wrapper について 詳 細 は 第 3 章 スーパーサーバー を 参 照 してください) turboportcfg を 起 動 するには 以 下 のコマンドを 実 行 します # turboportcfg 上 記 画 面 が 起 動 します この 画 面 で 各 サービスの 有 効 / 無 効 を 設 定 します 一 覧 には inetd の 設 定 ファイルである /etc/inetd.conf に 記 述 されているサービスが 表 示 され ます 一 覧 から 対 象 のサービスにカーソルを 合 わせ[Enter]キーを 押 すことで サービスの 有 効 / 無 効 を 切 り 換 えることできます 次 に [アクセステーブルの 編 集 ]を 押 します 22 Turbolinux Server 6.5

31 2-2 turboportcfg ここでは どのホストにどのサービスを 許 可 するか または 拒 否 するかの 設 定 をします 画 面 には /etc/hosts.allow と /etc/hosts.deny の 内 容 が 表 示 されます 初 期 設 定 では ローカルホ ストへの 許 可 と ssh の 許 可 だけが 設 定 されています 許 可 の 設 定 をするには 上 段 の [hosts.allow]を 拒 否 の 設 定 をするは 下 段 の[hosts.deny]を 変 更 します [hosts.allow]の[ 追 加 ]を 押 します デーモン クライアント オプション 許 可 するデーモン 名 を 入 力 します すべての 場 合 は ALL と 入 力 します 許 可 するクライアントのホスト 名 または IP アドレスを 入 力 します すべて の 場 合 は ALL と 入 力 します デーモンを 起 動 する 際 のオプションを 入 力 します 設 定 が 終 わったら[テーブル 保 存 ]にカーソルを 合 わせ[Enter]キーを 押 します アクセス 制 御 ファイル(hosts.allow hosts.deny)の 上 書 きを 確 認 するメッセージが 表 示 され るので[Yes]を 押 します アクセス 制 御 テーブル の 画 面 に 戻 ります [ 戻 る]にカーソルを 合 わせ[Enter]キーを 押 して 初 期 画 面 に 戻 ります [hosts.deny]の 設 定 方 法 も 同 様 です 最 後 に /etc/inetd.conf の 設 定 を 反 映 させるために[inetd の 再 起 動 ]を 押 します このとき もとの inetd.conf ファイルは inetd.conf.bak というファイル 名 でバックアップされます すべての 設 定 が 終 わったら[ 終 了 ]を 押 して turboportcfg を 終 了 します ユーザーガイド 23

32 第 2 章 TurboTools 2-3 turboservice turboservice とは スタンドアローンモードで 起 動 している 個 々のサービスを 起 動 停 止 する ツールです また 各 ランレベル 毎 に 起 動 するサービスを 設 定 することもできます(サービ ス ランレベルなどについての 詳 細 は 8-1 サービス を 参 照 してください) turboservice を 起 動 するには 以 下 のコマンドを 実 行 します # turboservice 上 記 画 面 が 起 動 します 現 在 のランレベルでの 設 定 turboservice を 実 行 すると 画 面 中 央 にリストボックスが 表 示 されます これは 現 在 起 動 し ているランレベルでのサービスの 状 態 を 表 します リストボックスの 各 行 の 意 味 は 以 下 の 通 りです 実 行 中 * サービスが 実 行 していることを 表 します 空 白 サービスが 停 止 していることを 表 します? 設 定 が 終 わったらデーモン 化 しないプログラムです つまり 常 駐 しないサービスなので turboservice で 設 定 しなくても 正 常 に 稼 動 します 24 Turbolinux Server 6.5

33 2-3 turboservice サービス 名 /etc/rc.d/init.d/ ディレクトリにある サービスに 対 応 するスクリプト 名 です また それぞれのサービスにカーソルをあわせて[F1]キーを 押 すと そのサービスの 説 明 が 表 示 されます サービスを 開 始 するには 開 始 するサービスにカーソルを 合 わせて[ 開 始 [S]]を 押 します サービスを 終 了 するには 終 了 するサービスにカーソルを 合 わせて[ 終 了 [K]]を 押 します システムを 再 起 動 した 場 合 は もとの 設 定 に 戻 るので ここで 開 始 / 終 了 したサービスの 設 定 は 無 効 となりますので 注 意 してください すべてのランレベルの 設 定 初 期 画 面 で 開 始 終 了 したサービスは システムを 再 起 動 するともとの 設 定 に 戻 ってしまい ますが [ 詳 細 [A]]を 押 すと 各 ランレベルごとに 起 動 するサービスを 設 定 することがで きます この 画 面 で 設 定 した 内 容 は 再 起 動 後 でも 保 持 されます サービスの 起 動 / 停 止 を 設 定 するには 設 定 したいサービスにカーソルを 合 わせて ランレ ベルに 対 応 する 数 値 キーを 押 すことによって 起 動 / 停 止 を 切 り 換 えます 例 えば ランレベル 5 における[lpd]の 設 定 を 変 更 したい 場 合 は[lpd]にカーソルをあわ せ[5]キーを 押 します 戻 したいときは もう 一 度 [5]キーを 押 します ユーザーガイド 25

34 第 2 章 TurboTools 2-4 turboprintcfg turboprintcfg とは プリンタの 設 定 を 簡 単 に 行 うためのツールです 次 のコマンドを 実 行 します # turboprintcfg 上 記 画 面 が 起 動 します 新 しくプリンタを 追 加 する 場 合 は[ 追 加 ]を すでにあるプリンタの 設 定 を 変 更 する 場 合 は [ 変 更 ]を 既 存 の 設 定 を 削 除 する 場 合 は[ 削 除 ]を 押 します ここでは ローカルに 設 定 されたプリンタを 新 規 に 設 定 する 方 法 を 解 説 します [ 追 加 ]を 選 んだら まずプリンタの 接 続 形 式 を 選 択 します 26 Turbolinux Server 6.5

35 2-4 turboprintcfg ローカルプリンタ コンピュータに 直 接 接 続 されている 場 合 に 選 択 します リモート LPD キュー TCP/IP ネットワーク 上 に 接 続 されたプリンタを 使 用 する 場 合 に 選 択 します Samba/LAN Manager プリンタ Samba や LAN Manager Windows などを 使 った NETBIOS ネットワーク 上 のコンピュータに 接 続 されたプリンタを 使 用 する 場 合 に 選 択 します 設 定 するコンピュータにプリンタが 直 接 接 続 され プリントサーバーとして 設 定 する 場 合 は TCP/ IP 経 由 であろうと NETBIOS 経 由 であろうと [ローカルプリンタ]として 設 定 してください ここではローカルプリンタを 選 択 して[OK]を 押 します プリントの 際 に 使 用 するプリントキュー 名 を 設 定 します 通 常 は 初 期 設 定 の lp のままで 問 題 ありません Samba を 利 用 して Windows クライアントから 共 有 する 場 合 はこれが 共 有 名 になります 入 力 したら [ 続 行 ]を 押 します ユーザーガイド 27

36 第 2 章 TurboTools それぞれの 項 目 の < 変 更...> にカーソルをあわせ [Enter]キーを 押 します それらに 対 応 した 設 定 項 目 が 表 示 されますので 選 択 して 設 定 します プリンタデバイス プリンタが 接 続 されているパラレルポートを 指 定 します 通 常 は 初 期 設 定 の /dev/lp0 のま ま 設 定 します プリンタタイプ プリンタのタイプを 指 定 します 表 示 されたリストから 使 用 するプリンタにできるだけ 近 い ものを 選 んでください 解 像 度 出 力 の 際 の 解 像 度 を 指 定 します 用 紙 サイズ 出 力 の 際 の 用 紙 サイズを 指 定 します 色 深 度 出 力 の 際 の 色 深 度 を 指 定 します プリントヘッダー 印 刷 の 禁 止 プリントヘッダーの 出 力 を 禁 止 したい 場 合 は この 項 目 をチェックします すべての 設 定 が 終 わったら[OK] [ 保 存 および 終 了 ]を 押 して 終 了 です 28 Turbolinux Server 6.5

37 2-5 turbopkg 2-5 turbopkg turbopkg とは RPM パッケージ 管 理 ツールです パッケージのインストール アップグレー ド 削 除 など 豊 富 な 機 能 があります turbopkg を 起 動 するには 以 下 のコマンドを 実 行 します # turbopkg 上 記 画 面 が 起 動 します メンテナンス 自 動 アップデート 中 止 手 動 でパッケージの 削 除 インストール アップグレードをする 場 合 に 選 択 します 自 動 でパッケージのアップグレードをする 場 合 に 選 択 します turbopkg を 終 了 します ユーザーガイド 29

38 第 2 章 TurboTools メンテナンス 上 記 画 面 が 表 示 されます 一 覧 には 現 在 システムにインストールされているパッケージが 表 示 されます 画 面 操 作 は 以 下 の 通 りです [Space]キー [F2]キー [F3] [F4] [F5] [F6] [F7] [F8] パッケージの 選 択 / 解 除 ツリー 表 示 の 展 開 / 省 略 選 択 したパッケージの 情 報 を 表 示 選 択 したパッケージの 情 報 を 表 示 全 てのパッケージを 選 択 パッケージの 検 索 アップデート 対 象 のパッケージを 選 択 新 規 パッケージを 選 択 初 期 画 面 では 削 除 するパッケージを 選 択 します 削 除 したいパッケージを 選 択 し[Space] キーを 押 します チェックボックスの 印 の 意 味 は 以 下 の 通 りです グループのチェックボックス R グループ 内 のすべてのパッケージが 選 択 されています r グループ 内 の 一 部 のパッケージが 選 択 されています 30 Turbolinux Server 6.5

39 2-5 turbopkg 無 し パッケージは 選 択 されていません パッケージのチェックボックス R パッケージが 選 択 されています 無 し パッケージは 選 択 されていません 設 定 が 終 わったら[OK]を 押 します 削 除 するパッケージリストが 表 示 されますので 確 認 したら[ 続 行 ]を 押 します 選 択 したパッケージの 削 除 を 開 始 します インストールまたはアップグレードするパッケージを 手 動 で 選 択 するには 画 面 下 部 の[イ ンストール/アップグレード]を 押 します 上 記 画 面 が 表 示 されます インストールするパッケージが 存 在 するメディアを 選 択 して[OK]を 押 します 各 メディアに 存 在 するパッケージを 読 み 込 むと 以 下 の 画 面 が 表 示 されます ユーザーガイド 31

40 第 2 章 TurboTools インストール/アップグレードするパッケージを 選 択 し[Space]キーを 押 します チェックボックスの 印 の 意 味 は 以 下 の 通 りです グループのチェックボックス * グループ 内 のすべてのパッケージが 選 択 されています - グループ 内 の 一 部 のパッケージが 選 択 されています 無 し パッケージは 選 択 されていません パッケージのチェックボックス * パッケージが 選 択 されています 無 し パッケージは 選 択 されていません 一 覧 右 端 の 記 号 * 現 在 のシステムにインストールされていないパッケージ + 新 しいパッケージ - 古 いパッケージ = 同 じパッケージ 設 定 したら[OK]を 押 します インストールするパッケージリストが 表 示 されるので 確 認 し て[ 続 行 ]を 押 します 選 択 したパッケージのインストールを 開 始 します その 他 オプション 設 定 をするには[ 各 種 設 定 ]を 押 します 32 Turbolinux Server 6.5

41 2-5 turbopkg パッケージリストの 作 成 現 在 のシステムにインストールされているパッケージリストをファイルに 書 き 出 します こ のリストファイルはTurbolinux Server 6.5のインストール 時 に 読 み 込 ませて 同 じパッケージ 構 成 で Turbolinux Server 6.5 をインストールする 場 合 に 使 用 します オプション パッケージの 依 存 関 係 を 無 視 する ダウングレードを 可 能 にする 多 くのパッケージは 正 しく 動 作 するために 他 のパッケージやライブラリに 依 存 しています Turbolinux Server 6.5 はパッケージがインストールまたはア ンインストールされるたびにそれらのパッケージの 依 存 関 係 をチェックし ます あるパッケージをインストールする 際 にインストールされていない パッケージを 必 要 とする 場 合 未 解 決 の 依 存 が 存 在 することになります 標 準 ではこれを 解 決 しますが 選 択 すると 解 決 しません インストールするパッケージが すでにシステムにインストールされている パッケージのバージョンと 同 じか もしくは 古 い 場 合 通 常 の 設 定 ではパッ ケージを 選 択 することはできません この 項 目 をチェックするとパッケージ を 選 択 できるようになります 自 動 アップグレード 上 記 画 面 が 表 示 されます 自 動 アップグレードするパッケージが 存 在 するメディアを 選 択 して[OK]を 押 します 各 メディアに 存 在 するアップグレード 対 象 のパッケージを 読 み 込 むと 以 下 の 画 面 が 表 示 さ れます ユーザーガイド 33

42 第 2 章 TurboTools アップグレード 対 象 のパッケージ 一 覧 を 確 認 し よろしければ[ 続 行 ]を 押 します パッ ケージのアップグレードを 開 始 します 2-6 turbohwdetect turbohwdetect とは 現 在 利 用 している 環 境 の 機 器 について 調 べるツールです 1994 年 以 降 に 作 成 されたほとんどの 機 器 を 検 出 することができますが それ 以 前 に 作 成 された 機 器 の 検 索 を 行 った 場 合 は 検 索 結 果 の 信 頼 度 は 低 いものになります また PnP でない ISA 機 器 は 検 出 することはできません turbohwdetect を 起 動 するには 以 下 のコマンドを 実 行 します # turbohwdetect 上 記 画 面 が 起 動 しますので[OK]を 押 します 34 Turbolinux Server 6.5

43 2-6 turbohwdetect シリアル 機 器 の 検 索 に 対 する 警 告 が 表 示 されます システムに UPS やプリンタが 接 続 されている 場 合 にはシリアルポートの 検 索 はお 勧 めできません シリアルポートの 検 索 をすると UPS の 停 止 や 無 意 味 なキャラクタをプリンタに 出 力 してしまう 可 能 性 があります プリンタの 電 源 を 落 とすかシステムからはずすことで 回 避 する 必 要 があります ハードウェアの 検 索 をするには[はい]を 押 します 検 索 が 終 了 すると 結 果 が 一 覧 表 示 されます 任 意 の 機 器 の 詳 細 な 情 報 を 知 りたい 場 合 は 対 象 の 機 器 を 選 択 し[Enter]キーを 押 します [レポート 生 成 ]ボタンを 押 すことで 調 査 結 果 をテキストとして 保 存 することができます ユーザーガイド 35

44 第 2 章 TurboTools 2-7 turbofscfg turbofscfg とは ファイルシステムの 管 理 ( 作 成 マウント アンマウント)や LILO と 呼 ばれるブートローダーの 設 定 をするツールです turbofscfg を 起 動 するには 以 下 のコマンドを 実 行 します # turbofscfg 上 記 画 面 が 起 動 します [ファイルシステム] [ブートレコーダ] ファイルシステムの 設 定 をする 場 合 に 押 します LILO の 設 定 をする 場 合 に 押 します [ 記 憶 装 置 情 報 ] 記 憶 装 置 情 報 を 参 照 する 場 合 に 押 します [ 終 了 ] turbofscfg を 終 了 する 場 合 に 押 します ファイルシステム 初 期 画 面 で[ファイルシステム]を 押 すと 以 下 の 画 面 が 表 示 されます 一 覧 には /etc/fstab の 内 容 が 表 示 されています 36 Turbolinux Server 6.5

45 2-7 turbofscfg 一 覧 表 示 されているテーブルの 各 列 の 意 味 は 左 から 順 に 以 下 の 通 りです ファイルシステムのマウン トの 状 態 * ファイルシステムがマウントされている X ファイルシステムはマウントできない 空 白 機 器 はマウント 可 能 なものであるが 現 在 マウントされていない デバイスファイル 名 マウントポイント ファイルシステムのタイプ マウントオプション デバイスファイル 名 を 表 示 します マウントポイントを 表 示 します ファイルシステムのタイプを 表 示 します RO 読 み 込 み 専 用 RW 書 き 込 み 可 能 N 起 動 時 または mount -a でマウントしない Q クォータが 有 効 になっている ダンプの 頻 度 詳 しくは dump コマンドのオンラインマニュアルを 参 照 してくださ い ユーザーガイド 37

46 第 2 章 TurboTools fsck パス 番 号 この 番 号 によって システムの 起 動 時 に fsck が 実 行 される 順 序 が 決 定 されます ほとんどの 場 合 この 設 定 を 変 更 する 必 要 ありません 画 面 下 部 には ファイルシステムを 操 作 するためのボタンがあります 操 作 対 象 のファイル システムにカーソルを 合 わせた 状 態 で これらのボタンを 押 すことでそれぞれの 機 能 を 利 用 することができます (アン)マウント ファイルシステムをマウント(またはアンマウント)することができます もし ファイル システムがすでにマウントされていれば そのファイルシステムはアンマウントされます チェック チェックするファイルシステムにカーソルを 合 わせ[チェック]を 押 すと 上 記 画 面 が 表 示 さ れます この 画 面 では ファイルシステムのチェックを 行 います また チェック 方 法 のオ プションを 設 定 することもできます オプションには 以 下 のものがあります ファイルシステムがクリー ンでもチェックする 不 良 ブロックのチェック 自 動 モード エラー 修 復 をす る ファイルシステムのフラグを 無 視 してチェックを 強 要 します 空 き 領 域 を 含 めてディスク 全 てのブロックをスキャンして 問 題 を 発 見 します これには 長 い 時 間 がかかることがあります 問 題 の 修 正 を 自 動 的 に 行 います これはもっとも 一 般 的 なチェック の 方 法 ですので デフォルトで 設 定 されています 一 般 的 に この 設 定 を 使 用 しないのは 損 傷 のあるディスク 上 に 重 要 なデータがあ り 修 復 を 手 動 で 行 いたいときなどです 38 Turbolinux Server 6.5

47 2-7 turbofscfg 自 動 モード エラー 修 復 をし ない 詳 細 表 示 モード 自 動 でチェックを 行 いますが 問 題 の 修 正 は 行 いません チェックの 詳 細 を 表 示 します これによりスキャン 中 の 進 行 がより 詳 細 に 表 示 されます 編 集 編 集 したいファイルシステムにカーソルを 合 わせ[ 編 集 ]を 押 すと 上 記 画 面 が 表 示 されます ここでは 以 下 の 項 目 を 編 集 することができます デバイス 名 マウントポイント マウント 時 に 使 用 するデバイスファイル 名 です ローカルハード ディスクの 場 合 は /dev/hda2 のようにデバイスファイル 名 を 絶 対 パ スで 指 定 します ファイルシステムがどこにマウントされるかを 指 定 します マウン トポイントそのものは 空 ディレクトリです インストール 時 に / mnt ディレクトリ 内 にCD-ROMとフロッピー 用 にそれぞれ 一 つづつ マウントポイントが 用 意 されます ファイルシステムタイプ ファイルシステムのフォーマットを 指 定 します Turbolinux Server 6.5 は 多 くのフォーマットをサポートしています システムがサポート するフォーマットを 確 認 するには 画 面 下 部 の[ファイルシステム のタイプを 表 示 ]ボタンを 押 します 1 日 のダンプ 回 数 この 数 値 は 何 日 おきにファイルシステムが ダンプ されるべきか を 指 定 します この 設 定 は dump プログラム(man 8 dump を 参 照 ) によって 使 用 され システムの 自 動 バックアップを 可 能 にします 0 を 指 定 することによってこの 機 能 を 停 止 できます ユーザーガイド 39

48 第 2 章 TurboTools FSCK Order マウント 読 み / 書 き SETUID を 許 可 しない オートマウントを 許 可 しな い 実 行 を 許 可 しない ディバイスファイルを 許 可 しない 非 rootユーザーにマウントを 許 す 使 用 限 度 (クォータ)を 有 効 にする グループで 使 用 限 度 (クォー タ)を 有 効 にする 同 期 モードでマウント この 番 号 はシステムの 優 先 順 位 を 決 定 し それによってシステム 起 動 時 にファイルシステムがチェック(fsck)される 順 番 を 決 定 します これが 指 定 されると ファイルシステムは 読 み/ 書 きモードでマウ ントされます その 他 の 場 合 はファイルシステムは 読 み 出 しのみ モードでマウントされます ファイルシステム 内 のプログラムを 他 のユーザーID で 起 動 すること を 禁 止 する 上 級 設 定 です Turbolinux Server 6.5 起 動 時 の 自 動 マウントを 停 止 します CD-ROM やフロッピーディスクの 使 用 に 便 利 です ファイルシステム 中 のバイナリファイルの 実 行 を 禁 止 します ファイルシステム 上 にあるスペシャルデバイスファイルを 使 用 でき ないようにします これを 指 定 すると root 以 外 のユーザーがファイルシステムをマウン トできるようになります CD-ROM を 一 般 ユーザーが 扱 う 場 合 など に 便 利 です これを 指 定 すると ファイルシステム 内 にユーザーが 利 用 できる 領 域 の 大 きさを 制 限 できます(クォータについては 5-8 quota を 参 照 してください) これを 指 定 すると ファイルシステム 内 にグループが 利 用 できる 領 域 の 大 きさを 制 限 できます(クォータについては 5-8 quota を 参 照 してください) これを 指 定 すると Turbolinux Server 6.5 が 機 器 と 同 期 を 取 りながら 通 信 することを 強 要 します これによってシステムは 機 器 が 読 み 書 きをした 際 にその 操 作 が 終 了 するまで 待 ってから 作 業 を 再 開 しま す これは 一 般 に 速 度 の 遅 い 通 信 方 法 ですが 記 憶 媒 体 の 信 頼 性 が 低 いときなどに 有 効 です 他 にも 画 面 下 部 には[パーティションの 表 示 ]と[ファイルシステムタイプ 表 示 ]ボタンが あり 準 備 されたパーティションがどこにあるのか 忘 れた 場 合 やその 機 器 名 を 確 認 する 場 合 などに 確 認 することができます 40 Turbolinux Server 6.5

49 2-7 turbofscfg 追 加 ファイルシステムの 種 類 を 選 択 します ローカルファイルシステム NFS ファイルシステム SMB ファイルシステム ローカルファイルシステムの 情 報 を /etc/fstab に 追 加 する 場 合 に 選 択 します ネットワークファイルシステム(NFS)の 情 報 を /etc/fstab に 追 加 する 場 合 に 選 択 します Windows の 共 有 ディレクトリをマウントする 場 合 に 選 択 します 設 定 情 報 は /etc/sysconfig/filesystem に 書 き 出 されます ローカルファイルシステム 設 定 項 目 は 編 集 画 面 と 同 じです 上 述 の 編 集 を 参 照 してください ユーザーガイド 41

50 第 2 章 TurboTools NFS ファイルシステム ここでは NFS サーバーによってエクスポートされているディレクトリをマウントするため の 記 述 を /etc/fstab に 書 きこむことができます 以 下 の 項 目 を 入 力 します ホスト 名 または IP アドレス マウントポイント NFS サーバーのホスト 名 または IP アドレスを 入 力 します ファイルシステムをマウントするディレクトリを 入 力 します その 他 のオプション 設 定 については man ページで mount を 参 照 してください マウントオ プションの 詳 細 を 確 認 することができます 入 力 したら[NFS エクスポート]を 押 します 上 記 画 面 が 表 示 されます リストには NFS サーバーでエクスポートされているディレクト リが 表 示 されます 42 Turbolinux Server 6.5

51 2-7 turbofscfg マウントするディレクトリを 選 択 して[OK]を 押 します ファイルシステム 構 成 画 面 に 戻 り 設 定 した 内 容 がリストに 追 加 されています 実 際 に 設 定 したファイルシステムをマウントするには[(アン)マウント]を 押 します SMB ファイルシステム ここでは Windows で 共 有 されているディレクトリをマウントするための 設 定 をすることが できます 以 下 の 項 目 を 指 定 します サーバーの NetBIOS 名 ホスト 名 または IP アドレス クライアントの NetBIOS 名 リモートパス 名 マウントポイント ユーザー 名 パスワード ディレクトリを 共 有 にしているWindowsのNetBIOS 名 を 入 力 します ホスト 名 が NetBIOS 名 と 違 う 場 合 に 入 力 します クライアントの NetBIOS 名 を 入 力 します Windows の 共 有 ディレクトリの 共 有 名 を 入 力 します マウントするディレクトリを 入 力 します ユーザー 名 を 入 力 します 共 有 ディレクトリのパスワードを 入 力 します 設 定 したら[OK]を 押 します ファイルシステム 構 成 画 面 に 戻 り 設 定 した 内 容 がリス トに 追 加 されています 実 際 に 設 定 したファイルシステムをマウントするには[(アン)マウント]を 押 します ユーザーガイド 43

52 第 2 章 TurboTools 削 除 ファイルシステムを 削 除 します マウントされているファイルシステムは 削 除 できないので アンマウントする 必 要 があります この 機 能 の 使 用 には 細 心 の 注 意 を 払 ってください ブートレコード 初 期 画 面 で[ブートレコード]を 押 すと 以 下 の 画 面 が 表 示 されます ここでは LILO(LInux LOader)の 設 定 とインストールを 行 います Linux 起 動 時 にカーネ ルへパラメータを 渡 すことによって ハードウェアの 設 定 やシングルユーザーモードなどの 起 動 方 法 を 制 御 することも 可 能 です さらに LILO はマルチブートローダーなので コン ピュータ 起 動 時 にどの OS を 起 動 するかを 選 択 することができます 画 面 の 中 央 には LILO が 現 在 認 識 しているブートイメージの 一 覧 が 表 示 されます これら は /etc/lilo.conf の 内 容 を 参 照 しています ここからブートイメージの 編 集 追 加 削 除 などの 機 能 を 利 用 できます また LILO そのものの 挙 動 を 制 御 する 広 域 設 定 もするこ とができます 編 集 テーブル 内 で 選 択 されているブートイメージを 編 集 します 設 定 は 追 加 の 項 で 説 明 しま す 44 Turbolinux Server 6.5

53 2-7 turbofscfg 追 加 上 記 画 面 が 表 示 されます LILO は 任 意 の OS を 起 動 できますので どのようなブートエン トリを 作 成 するのかを 指 定 します Linux イメージ [Linux イメージ]を 選 択 して[OK]を 押 した 場 合 は 上 記 画 面 が 表 示 されます ここでは ブートしたいカーネルのイメージ( 例 : /boot/vmlinuz)や LILO 起 動 時 のブートラベル( 例 : Turbolinux) ルートファイルシステムがどこに 存 在 しているか 初 期 RAM ディスク(SCSI ディスクからの 起 動 の 際 に 必 要 )へのパスなどを 指 定 します さらに [オプション]ボタンからイメージを 起 動 するためのパスワードや RAM の 大 きさ 自 動 的 に 認 識 されないハードウェアを 指 定 するための 起 動 パラメータを 指 定 することがで きます ユーザーガイド 45

54 第 2 章 TurboTools Linux 以 外 のイメージ [Linux 以 外 のイメージ]を 選 択 して[OK]を 押 した 場 合 は 上 記 画 面 が 表 示 されます こ こでは 起 動 するパーティション ブートラベル どの 機 器 にそのパーティションが 存 在 す るかを 指 定 します ここでも[オプション]ボタンからいくつかの 起 動 オプションを 指 定 できます 削 除 テーブル 内 で 選 択 されているブートイメージを 起 動 する LILO の 設 定 (/etc/lilo.conf)の 記 述 を 削 除 します グローバルオプション 46 Turbolinux Server 6.5

55 2-7 turbofscfg ここでは 以 下 に 説 明 された 多 数 の LILO オプションを 設 定 できます LILO には 多 くのオプ ションがあり その 多 くは 一 般 的 にも 使 用 されるものです グローバルオプションは それ ぞれのブートイメージ 設 定 のデフォルトになります これらのオプションを 使 う 場 合 は コ ンピュータの 起 動 について 十 分 な 理 解 を 得 てからにして 下 さい また /usr/doc/packages/lilo / 以 下 に LILO の README がありますので こちらも 参 考 にしてください ブートデバイス ブートマップ インストール メッセージファイル パスワード タイムアウト 詳 細 表 示 Append VGA コンパクトにする Corrupt Tables を 無 視 す る デフォルトの 起 動 機 器 です マップファイルの 位 置 を 指 定 します これが 省 略 された 場 合 は /boot/map が 使 用 されます マップファイルには 起 動 するカーネルの 名 前 と 位 置 が 列 挙 されます 指 定 されたファイルを 新 しいブートセクタとしてインストールします こ れが 省 略 された 場 合 は /boot/boot.b がデフォルトとして 使 用 されます 良 好 であることが 確 認 されているブートセクタがあると 緊 急 時 に 便 利 で す ブートセクタは 壊 れたり ウィルスに 汚 染 されたりすることがありま す ブートプロンプトの 前 に 表 示 されるメッセージを 記 述 したファイルを 指 定 します メッセージの 中 で FF キャラクター([Ctrl]+[L]) は 画 面 を 消 去 します メッセージファイルの 大 きさは バイトに 制 限 されま す メッセージファイルが 変 更 されたり 移 動 されたりしたときは マップ ファイルを 作 り 直 さなければなりません デフォルトパスワードです デフォルトブートイメージを 起 動 するまでに LILO が 何 秒 入 力 を 待 つかを 指 定 します 実 行 中 の 詳 細 が 表 示 されます 数 字 が 大 きければ 大 きい 程 より 詳 細 な 情 報 が 表 示 されます LILO コマンドラインで -v が 指 定 された 場 合 と 同 じよ うにレベルを 設 定 できます 最 大 値 は 5 です カーネルパラメータを 追 加 します このオプションは 一 般 的 に 自 動 認 識 できないハードウェアや 自 動 認 識 を 試 みることが 危 険 なハードウェアの ためのものです 起 動 時 のデフォルト VGA モードを 指 定 します 隣 り 合 うセクタの 読 み 込 みリクエストを 同 時 に 行 い 読 み 込 みを 高 速 化 し てマップファイルも 小 さくします 特 にフロッピーからの 起 動 の 際 に 有 効 です 壊 れたパーティションテーブルを 無 視 します このオプションの 使 用 法 が わからない 場 合 は 使 用 しないでください このオプションを 間 違 って 使 用 すると 危 険 です このオプションは 普 通 に 起 動 できないシステムに 対 し て 有 効 なことがあります ユーザーガイド 47

56 第 2 章 TurboTools ロックコマンドライン 読 み / 書 きモード LBA32 fix-tablefix アドレス リニアモード 制 限 される プロンプト 表 示 起 動 コマンドの 記 録 を 有 効 にします これは ルートファイルシステムが 読 み / 書 きモードでマウントされるこ とを 意 味 します 最 近 の 8GB 以 上 の 大 容 量 ディスクは シリンダ 数 が LBA モードで 1024 を 超 えるものが 多 くなりました 通 常 は LILO やカーネルは 1023 シリン ダ 以 内 におかないと 起 動 どころか LILO のインストールすらできない ケースがほとんどです インストールするパーティションの 位 置 が 1024 シリンダを 超 える 場 合 はこれをチェックします これは LILO にパーティションテーブルの 三 次 元 座 標 を 修 正 することを 許 可 します それぞれのパーティションは 三 次 元 座 標 セクタ / ヘッド / シ リンダーで 指 定 されており 最 初 と 最 後 のセクタの 位 置 は 一 次 元 で 表 現 さ れています パーティションの 境 界 がトラックに 揃 えられておらず 他 の OS が 同 じディスクを 使 用 する 場 合 その OS が 三 次 元 座 標 を 変 更 してしま う 可 能 性 があります LILO は ブートセクタを 両 方 の 座 標 がそろった 部 分 だけに 保 存 することができます このオプションが 指 定 されている 場 合 LILO は 間 違 った 三 次 元 座 標 を 修 正 します 三 次 元 座 標 ではなく 一 次 元 のセクタアドレスを 作 成 します 一 次 元 のア ドレスは 動 的 に 変 換 されますので ディスクのジオメトリに 依 存 しませ ん ただし リニアモードの 起 動 ディスクは 他 のシステムで 使 用 できな くなる 可 能 性 があります これは BIOS のディスクジオメトリを 決 定 す る 機 能 は フロッピーでは 信 頼 性 が 落 ちるためです このオプションを 大 きなディスクで 使 用 すると LILO はアクセスできないディスク 領 域 への 参 照 を 作 成 するかもしれません これは 三 次 元 座 標 は 実 際 の 起 動 時 まで わからないからです コマンドラインでパラメータ( 例 : single)が 指 定 された 場 合 にパスワード を 要 求 します このオプションで LILO が 起 動 時 にプロンプトを 表 示 するかを 制 御 できま す [fix-tablefix アドレス]オプションを 使 っても 他 の OS が 後 から 座 標 を 書 き 換 えてしまう 事 がありま す また この 操 作 が 他 の 予 期 せぬ 事 態 を 引 き 起 こす 可 能 性 もあります 正 しい 問 題 の 修 正 方 法 は パーティションの 境 界 をトラックにあわせて 作 成 するようなプログラムを 利 用 することです ただ し パーティションテーブル 内 の 矛 盾 が 避 けられないようなことがあるディスクも 存 在 します(ア ドレス 変 換 が 有 効 になっている 大 容 量 E-IDE など) 48 Turbolinux Server 6.5

57 2-8 turbousercfg 2-8 turbousercfg turbousercfg とは ユーザー/グループを 追 加 編 集 削 除 するためのツールです turbousercfg を 起 動 するには 以 下 のコマンドを 実 行 します # turbousercfg 上 記 画 面 が 起 動 します [ユーザー] [グループ] ユーザーの 編 集 追 加 削 除 をする 場 合 に 押 します グループの 編 集 追 加 削 除 をする 場 合 に 押 します [ 終 了 ] turbousercfg を 終 了 する 場 合 に 押 します ユーザーの 設 定 初 期 画 面 で[ユーザー]を 押 すと 以 下 の 画 面 が 表 示 されます 一 覧 には /etc/passwd の 内 容 が 表 示 されています ユーザーガイド 49

58 第 2 章 TurboTools [ 設 定 ] 既 存 のユーザー 設 定 を 変 更 する 場 合 に 押 します [ 追 加 ] 新 しいユーザーを 追 加 する 場 合 に 押 します [ 削 除 ] 既 存 のユーザーを 削 除 する 場 合 に 押 します [オプション] クォータの 設 定 が 有 効 な 場 合 のみ 設 定 できます [ 終 了 ] 設 定 を 反 映 して 初 期 画 面 に 戻 ります [ 取 り 消 し] 設 定 を 破 棄 して 初 期 画 面 に 戻 ります 設 定 設 定 を 変 更 するユーザーにカーソルを 合 わせ[ 設 定 ]を 押 すと 上 記 画 面 が 表 示 されます こ の 画 面 では 以 下 の 項 目 を 変 更 することができます 50 Turbolinux Server 6.5

59 2-8 turbousercfg パスワード ユーザーのパスワードを 変 更 するには 画 面 下 の[パスワード]を 押 します UID ユーザー ID を 入 力 します(デフォルト 値 推 奨 ) GID 氏 名 会 社 名 仕 事 先 電 話 番 号 自 宅 電 話 番 号 ホーム シェル 所 属 させるグループの ID を 入 力 します 必 要 に 応 じて 入 力 します 必 要 に 応 じて 入 力 します 必 要 に 応 じて 入 力 します 必 要 に 応 じて 入 力 します 対 象 ユーザーのホームディレクトリを 入 力 します ユーザーのログインシェルを 変 更 するには 画 面 下 の[シェル]を 押 します 設 定 が 終 了 したら[OK]を 押 して ユーザー 選 択 画 面 に 戻 ります [ 終 了 ]を 押 すと /etc/passwd ファイルに 設 定 した 内 容 が 反 映 されます 追 加 この 画 面 では 新 規 ユーザーを 追 加 します ユーザー 名 を 入 力 し[OK]を 押 します ユーザーガイド 51

60 第 2 章 TurboTools 上 記 画 面 が 表 示 されますので ホームディレクトリのパスを 確 認 し[OK]を 押 します ユーザーオプション 画 面 が 表 示 されます パスワードやその 他 の 項 目 を 設 定 して[OK] を 押 します ホームディレクトリ 作 成 の 有 無 を 確 認 するメッセージが 表 示 されますので[はい]を 押 しま す ユーザー 選 択 画 面 に 戻 ります [ 終 了 ]を 押 すと /etc/passwd ファイルに 設 定 した 内 容 が 反 映 されます 削 除 削 除 するユーザーにカーソルを 合 わせ[ 削 除 ]を 押 すと 上 記 画 面 が 表 示 されます ユーザーを 削 除 する 場 合 は[はい]を 押 します ホームディレクトリも 削 除 するかどうかを 確 認 するメッセージが 表 示 されますので 削 除 す る 場 合 は[はい]を 押 します ユーザー 選 択 画 面 に 戻 ります 52 Turbolinux Server 6.5

61 2-8 turbousercfg [ 終 了 ]を 押 すと /etc/passwd ファイルに 設 定 した 内 容 が 反 映 されます オプション クォータの 設 定 が 有 効 な 場 合 は ユーザーに 対 するクォータの 猶 予 期 間 を 設 定 すること ができます クォータについての 詳 細 は 5-8 quota を 参 照 してください グループの 設 定 初 期 画 面 で[グループ]を 押 すと 以 下 の 画 面 が 表 示 されます 一 覧 には /etc/group の 内 容 が 表 示 されています [ 設 定 ] 既 存 のグループ 設 定 を 変 更 する 場 合 に 押 します [ 追 加 ] 新 しいグループを 追 加 する 場 合 に 押 します [ 削 除 ] 既 存 のグループを 削 除 する 場 合 に 押 します [ 終 了 ] 設 定 を 反 映 して 初 期 画 面 に 戻 ります [ 取 り 消 し] 設 定 を 破 棄 して 初 期 画 面 に 戻 ります ユーザーガイド 53

3G Watcher の 終 了 3G Watcher を 終 了 するには 次 の 手 順 に 従 ってください 1. 3G Watcher ツールバーから [3G Watcher] > [3G Watcher を 終 了 ] を 選 択 します 3G Watcherに 表 示 されるアイコン と

3G Watcher の 終 了 3G Watcher を 終 了 するには 次 の 手 順 に 従 ってください 1. 3G Watcher ツールバーから [3G Watcher] > [3G Watcher を 終 了 ] を 選 択 します 3G Watcherに 表 示 されるアイコン と SoftBank 3G Watcherのヘルプ (Mac OS X 用 ) 3G Watcher は 以 下 のような C01SW USB モデムとネット ワーク 間 の 接 続 状 態 を 確 認 できます 電 波 の 強 さ ローミングサービス 3G 無 線 通 信 サービス その 他 のネットワークサービスの 状 態 ネットワークへの 接 続 および 切 断 3G Watcher のアンインストール

More information

管 理 画 面 へのアクセス 方 法 1. RAIDar を 実 行 し ストレージを 検 知 します ( 尚 既 に IP アドレスがわかっている 場 合 にはこのステップはスキップして 頂 いても 構 いません ) 対 象 のストレージを 選 択 し 管 理 者 ページ をクリックします MAC

管 理 画 面 へのアクセス 方 法 1. RAIDar を 実 行 し ストレージを 検 知 します ( 尚 既 に IP アドレスがわかっている 場 合 にはこのステップはスキップして 頂 いても 構 いません ) 対 象 のストレージを 選 択 し 管 理 者 ページ をクリックします MAC ReadyNAS OS6(6.x.x) 簡 易 使 用 方 法 前 提 条 件 : 初 期 設 定 (RAIDar インストール NAS 管 理 画 面 へのアクセス)が 完 了 していること 完 了 していない 方 はこちらを 参 照 願 います Windows での 操 作 方 法 となります ブラウザアクセス 以 降 は 他 の OS でも 共 通 です データ 保 存 方 法 ( 最 も 簡

More information

SystemSelector2.book

SystemSelector2.book 2.2 パーティションマネージャ ここでは System Selector 2 のパーティション 操 作 の 方 法 をご 説 明 いたします 実 際 にパーティション 編 集 の 事 例 を 交 え 各 機 能 をご 説 明 いたしますので よくお 読 み 頂 き 十 分 ご 理 解 の 上 慎 重 に 操 作 を 行 ってください 2.2.1 パーティションを 操 作 しよう 事 例 :C ドライブを

More information

0000

0000 詳 しい 操 作 方 法 はオンラインマニュアルでご 案 内 しています オンラインマニュアルには 詳 しい 操 作 方 法 ソフトの 画 面 各 部 の 説 明 よくあるお 問 い 合 わせ を 掲 載 しておりますので 本 書 とあわせてご 覧 ください シリアルナンバーは 大 切 に 保 管 してください IRT0389 ソフトインストール 時 や 最 新 版 アップデートの 際 に 必 要

More information

SUSE Linux Enterprise Serverマニュアル

SUSE Linux Enterprise Serverマニュアル クイックスタートのインストール SUSE Linux Enterprise Server 11 NOVELL クイックスタートカード SUSE Linux Enterprise 11の 新 バージョンをインストールするには 次 の 手 順 に 従 います このマニュアルで は SUSE Linux Enterprise Serverのデフォルトのインストールを 通 して 実 行 方 法 の 概 要

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20836E8393835983498393835A837E8369815B5F8E9197BF5F32303038303232395F8F4390B38DCF82DD2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20836E8393835983498393835A837E8369815B5F8E9197BF5F32303038303232395F8F4390B38DCF82DD2E646F63> 2008/2/29 2008 年 2 月 29 日 開 催 オープンソースカンファレンス 2008 Tokyo/Spring Linux ハンズオンセミナー NFS よるファイルサーバを 構 築 しよう! 日 本 電 子 専 門 学 校 杉 松 秀 利 藤 江 広 隆 sugimatsu@mail.pcmarks.jp fujie@jec.ac.jp Copyright(c) : Japan Electronics

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332D375F6F6E746865487562979897708ED2837D836A83858341838B32303136303833305F8D8296D882A282EB82A282EB8F4390B32E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332D375F6F6E746865487562979897708ED2837D836A83858341838B32303136303833305F8D8296D882A282EB82A282EB8F4390B32E646F6378> 学 向 け onthehub 利 者 マニュアル 次 概 要 利 条 件 3 2 近 畿 学 学 向 け 専 サイトでのアカウント 登 録 について 3 3 プロダクトキーの 発 について 4 4 インストール 5 4. 事 前 確 認 5 4.2 インストールメディア 作 成 6 4.2. 7 4.2.2 8 4.2.3

More information

F-Secure Anti-Virus for Mac 2014

F-Secure Anti-Virus for Mac 2014 F-Secure Anti-Virus for Mac 2014 目 次 2 目 次 第 1 章 : 製 品 を 使 用 するには...3 1.1 インストールした 後 に...4 1.1.1 ライセンスの 管 理...4 1.1.2 本 製 品 を 起 動 する...4 1.2 コンピュータの 保 護 状 況 を 確 認 するには...4 1.2.1 全 体 の 保 護 ステータスを 表 示 する...4

More information

管理者ガイド

管理者ガイド 用 紙 とお 気 に 入 り バージョン 5.1 管 理 者 ガイド 2016 年 7 月 www.lexmark.com 内 容 2 内 容 変 更 履 歴... 3 概 要... 4 アプリケーションの 設 定... 5 内 蔵 Web サーバーにアクセスする... 5 ブックマークの 設 定... 5 アプリケーションアイコンをカスタマイズする... 5 設 定 ファイルをインポートまたはエクスポートする...

More information

(Microsoft Word - AADS\212\307\227\235\203T\201[\203o\201[\211^\227p\203}\203j\203\205\203A\203\213v1.3.docx)

(Microsoft Word - AADS\212\307\227\235\203T\201[\203o\201[\211^\227p\203}\203j\203\205\203A\203\213v1.3.docx) Ahkun AutoDaily Server AADS 管 理 サーバー 運 マニュアル 株 式 会 社 アークン 目 次 1. Ahkun AutoDaily Server の 特 徴... 2 2. AutoDaily Server の 設 置... 2 3. クライアント PC へ AutoDaily をインストールする... 2 4. AutoDaily Manager( 管 理 コンソール)へのログイン...

More information

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 又 は

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 又 は 書 類 閲 覧 用 端 末 要 件 平 成 28 年 3 月 金 融 庁 総 務 企 画 局 企 業 開 示 課 Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商

More information

SUSE Linux Enterprise Serverマニュアル

SUSE Linux Enterprise Serverマニュアル クイックスタートのインストール SUSE Linux Enterprise Server 11 SP1 クイックスタートのインストール SUSE Linux Enterprise Server 11 SP1 NOVELL クイックスタートカード SUSE Linux Enterprise Server 11 SP1の 新 バージョンをインストールするには 次 の 手 順 に 従 います このマ ニュアルでは

More information

安否確認サービスユーザーマニュアル

安否確認サービスユーザーマニュアル ユーザーマニュアル Ver.6.6.1 目 次 1 章 はじめに... 1 1.1 本 書 の 利 用 について... 1 1.2 ユーザーの 役 割 別 名 称 について... 1 1.3 ユーザーが 利 用 できる 機 能 について... 1 1.4 WEB ブラウザーについて... 2 1.4.1 Internet Explorer のセキュリティ 設 定 について... 2 1.5 携 帯

More information

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 Active! mail 6.52 ユーザーズマニュアル(スマートフォン 版 ) Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 権 の 侵 害 とな

More information

1.Web 履 修 登 録 とは 大 学 では 同 じ 学 科 の 学 生 であっても 全 員 が 同 じ 科 目 を 受 けるわけではなく 各 自 が 選 択 した 科 目 を 履 修 しますので 学 生 ごとに 履 修 科 目 が 異 なります 学 生 は 毎 学 期 の 始 めに その 学 期

1.Web 履 修 登 録 とは 大 学 では 同 じ 学 科 の 学 生 であっても 全 員 が 同 じ 科 目 を 受 けるわけではなく 各 自 が 選 択 した 科 目 を 履 修 しますので 学 生 ごとに 履 修 科 目 が 異 なります 学 生 は 毎 学 期 の 始 めに その 学 期 東 北 工 業 大 学 ( 注 ) 各 種 問 い 合 わせ 窓 口 統 合 認 証 システムのパスワードを 忘 れた 場 合 の 再 発 行 について 情 報 サービスセンター 演 習 システム 管 理 室 八 木 山 ( 八 木 山 キャンパス8 号 館 1 階 ) 長 町 ( 長 町 キャンパス2 号 館 3 階 ) 統 合 認 証 システムのユーザID パスワードとは 本 学 情 報 サービスセンターが

More information

(Microsoft PowerPoint - D-SPA_NTML\224F\217\330\202\311\202\302\202\242\202\30420120621.pptx)

(Microsoft PowerPoint - D-SPA_NTML\224F\217\330\202\311\202\302\202\242\202\30420120621.pptx) option i-filter for D-SPA NTLM 認 証 - 基 本 設 定 説 明 資 料 デジタルアーツ 株 式 会 社 営 業 部 セールスエンジニア 課 NTLM 認 証 のメリット シングルサインオンによるWebアクセス 管 理 を 実 現! 認 証 サーバー 上 のグループ 情 報 を 用 いたルール 振 り 分 けも 可 能 ユーザー 追 加 削 除 時 などの 運 用 管

More information

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 Active! mail 6.54 ユーザーズマニュアル(スマートフォン 版 ) Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 権 の 侵 害 とな

More information

Untitled

Untitled Linux のインストール この 章 の 内 容 は 次 のとおりです 内 蔵 ドライブへの Linux のインストール, 1 ページ ブート 可 能 SAN LUN への Linux のインストール, 3 ページ PXE ネットワーク 環 境 を 使 用 した Linux のインストール, 5 ページ 内 蔵 ドライブへの Linux のインストール この 手 順 では CIMC GUI と KVM

More information

サイボウズ Office 8 ファイル管理マニュアル

サイボウズ Office 8 ファイル管理マニュアル ファイル 管 理 マニュアル Copyright (C) 20 10 Cybozu, Inc. 目 次 管 理 者 マニュアル はじめに 1 ファイル 管 理 のシステム 管 理 について 2 システム 管 理 の 設 定 ファイル 管 理 の 一 般 設 定 を 変 更 する 3 フォルダにアクセス 権 を 設 定 する 5 ファイルサイズの 制 限 を 設 定 する 6 ファイルを 一 括 削

More information

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 又 は

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 又 は 書 類 閲 覧 用 端 末 要 件 平 成 25 年 4 月 金 融 庁 総 務 企 画 局 企 業 開 示 課 Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商

More information

2012 FileMaker, Inc. All rights reserved. FileMaker ファイルメーカー 及 びファイルフォルダロゴは 米 国 及 び その 他 の 国 において 登 録 された FileMaker, Inc. の 商 標 です その 他 の 商 標 はすべて それぞ

2012 FileMaker, Inc. All rights reserved. FileMaker ファイルメーカー 及 びファイルフォルダロゴは 米 国 及 び その 他 の 国 において 登 録 された FileMaker, Inc. の 商 標 です その 他 の 商 標 はすべて それぞ FileMaker Pro 10 以 前 の バージョンから FileMaker Pro 11 に バージョンアップするときの 注 意 点 FileMaker Customer Support 2012 FileMaker, Inc. All rights reserved. FileMaker ファイルメーカー 及 びファイルフォルダロゴは 米 国 及 び その 他 の 国 において 登 録 された

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation オフィス 宅 ふぁいる 便 パッケージ 版 のご 紹 介 株 式 会 社 オージス 総 研 企 業 間 のファイル 交 換 における 課 題 セキュリティ 責 任 者 のニーズ 重 要 情 報 ファイルの 取 扱 いには 十 分 な 対 策 を 行 いたい 現 状 社 内 メールサーバで 転 送 ファイルの 容 量 制 限 は 実 施 しているものの 現 状 業 務 では 制 限 サイズを 超 えるファイルを

More information

1. 全 体 的 事 項 Q1 オンラインで 申 請 書 等 を 受 付 けてもらえるのでしょうか? A1 DWAPを 利 用 して 作 成 した 申 請 書 は 従 来 どおり 代 表 者 印 を 押 して 書 面 により 提 出 していただく 必 要 があります DWAP 上 の 提 出 ボタン

1. 全 体 的 事 項 Q1 オンラインで 申 請 書 等 を 受 付 けてもらえるのでしょうか? A1 DWAPを 利 用 して 作 成 した 申 請 書 は 従 来 どおり 代 表 者 印 を 押 して 書 面 により 提 出 していただく 必 要 があります DWAP 上 の 提 出 ボタン 医 療 機 器 WEB 申 請 プラットフォーム(DWAP)に 関 する 質 疑 応 答 集 (Q&A) Ver.7 更 新 履 歴 2011/06/15 業 界 説 明 会 等 で 質 問 のあった 事 項 を 追 加 2011/07/21 A51 に なお 書 き を 追 記 QA52 を 追 加 2013/03/18 改 修 に 伴 う 変 更 箇 所 の 修 正 2014/11/14 法 改

More information

ファイルサーバー(NFS) 構築ガイド

ファイルサーバー(NFS) 構築ガイド CLUSTERPRO D for Linux ファイルサーバー(NFS) 構 築 ガイド 改 版 履 歴 版 数 改 版 日 付 内 容 1 2016/04/20 新 規 作 成 i 目 次 第 1 章 はじめに... 1 1.1 対 象 読 者 と 目 的...2 1.2 適 用 範 囲...2 1.3 表 記 規 則...2 1.4 免 責 事 項...2 1.5 商 標 情 報...3 1.6

More information

改 版 履 歴 版 発 行 年 月 日 改 版 内 容 作 成 者 1.0 2014/04/15 初 版 ビッグローブ - 2 -

改 版 履 歴 版 発 行 年 月 日 改 版 内 容 作 成 者 1.0 2014/04/15 初 版 ビッグローブ - 2 - BIGLOBE クラウドストレージ ios アプリ 操 作 マニュアル 2014 年 4 月 15 日 ビッグローブ 株 式 会 社 - 1 - 改 版 履 歴 版 発 行 年 月 日 改 版 内 容 作 成 者 1.0 2014/04/15 初 版 ビッグローブ - 2 - 目 次 目 次... 3 はじめに... 4 1. ログイン... 5 1.1 新 規 ログイン( 初 めて ios アプリをご

More information

UNIX とは? 1969 年 米国のベル研究所で開発されたオペレーティングシステム特徴 文字ベースの対話型 OS マルチユーザ 複数のユーザが同時に利用できる マルチタスク マルチプロセス 複数の処理を平行して行える タイムシェアリング 一定の時間に区切って処理を行う 複数の処理を平行しているよう

UNIX とは? 1969 年 米国のベル研究所で開発されたオペレーティングシステム特徴 文字ベースの対話型 OS マルチユーザ 複数のユーザが同時に利用できる マルチタスク マルチプロセス 複数の処理を平行して行える タイムシェアリング 一定の時間に区切って処理を行う 複数の処理を平行しているよう Linux の基礎とインストール 技術部第 2 技術グループ加藤慶尚 UNIX とは? 1969 年 米国のベル研究所で開発されたオペレーティングシステム特徴 文字ベースの対話型 OS マルチユーザ 複数のユーザが同時に利用できる マルチタスク マルチプロセス 複数の処理を平行して行える タイムシェアリング 一定の時間に区切って処理を行う 複数の処理を平行しているように見える UNIX のシステム

More information

XTM ログ&レポート設定ガイド

XTM ログ&レポート設定ガイド WatchGuard XTM ログ&レポート 設 定 ガイド Ver. 11.7 11.9 ウォッチガード テクノロジー ジャパン 株 式 会 社 2014 年 8 月 Rev-01 目 次 ログサーバーおよびレポートサーバーについて... 3 ログサーバー... 3 レポートサーバー... 3 注 意 点... 3 ログサーバーおよびレポートサーバーのインストール... 4 ログサーバーの 構 成...

More information

目 次 1 はじめに... 2 1.1 概 要... 2 1.2 利 用 環 境... 2 2 リモート PC の 利 用... 3 2.1 利 用 手 順... 3 2.2 Firefox での 利 用 手 順... 11 2.3 注 意 事 項... 11 3 利 用 環 境 の 確 認...

目 次 1 はじめに... 2 1.1 概 要... 2 1.2 利 用 環 境... 2 2 リモート PC の 利 用... 3 2.1 利 用 手 順... 3 2.2 Firefox での 利 用 手 順... 11 2.3 注 意 事 項... 11 3 利 用 環 境 の 確 認... 関 西 学 院 大 学 教 育 研 究 システム リモート PC 利 用 マニュアル (Windows 版 ) 2.1 版 2016 年 6 月 1 日 目 次 1 はじめに... 2 1.1 概 要... 2 1.2 利 用 環 境... 2 2 リモート PC の 利 用... 3 2.1 利 用 手 順... 3 2.2 Firefox での 利 用 手 順... 11 2.3 注 意 事 項...

More information

が 互 いに 関 連 付 けられます VLSC の [アクセス 権 限 詳 細 ] ページに 登 録 されたお 客 様 の 勤 務 先 電 子 メール アドレスが 表 示 されます お 客 様 自 身 が 管 理 者 であり 登 録 時 にエラー メッセージが 表 示 された 場 合 は 署 名 済

が 互 いに 関 連 付 けられます VLSC の [アクセス 権 限 詳 細 ] ページに 登 録 されたお 客 様 の 勤 務 先 電 子 メール アドレスが 表 示 されます お 客 様 自 身 が 管 理 者 であり 登 録 時 にエラー メッセージが 表 示 された 場 合 は 署 名 済 ボリューム ライセンス サービス センター シナリオ 形 式 よくある 質 問 ボリューム ライセンス サービス センターについて ボリューム ライセンス サービス センターは 管 理 機 能 の 強 化 登 録 手 続 きの 簡 素 化 アクセス 権 限 管 理 の 簡 素 化 により 優 れた 柔 軟 性 とセルフサービス 機 能 を 提 供 いたします マイクロソフトは ご 購 入 いただいたソフトウェアとサービスのライセンスの

More information

8 顧 問 料 管 理 支 援 ソフト 報 酬 名 人 操 作 マニュアル 第 1 版 報 酬 名 人 操 作 の 流 れ 報 酬 名 人 では 煩 雑 になりがちな 顧 問 料 の 請 求 処 理 入 金 処 理 を 一 括 管 理 顧 問 先 の 様 々な 請 求 形 態 ( 毎 月 請 求 各 月 請 求 等 )にも 対 応 しています 請 求 書 領 収 書 はもちろん 支 払 調 書 や 所

More information

untitled

untitled b アクセス Ver.2 for Mac OS X インストール 使 用 説 明 書 (C) Copyright 2007 Japan Communications Inc. All rights reserved. 目 次 はじめに...2 おことわり...2 動 作 環 境...2 1.インストール 手 順...3 2.bアクセスの 起 動...8 3.bアクセスの 使 用 方 法...9 3-1

More information



 スタートアップガイド Ver. 3.0 管 理 者 編 株 式 会 社 アバンセシステム クラウド コンピューティング 事 業 部 JECC E-mail jecc_support@avancesys.co.jp URL http://www.avancesys.co.jp/ ANPIC スタートアップガイド 管 理 者 編 2 ごあいさつ このたびは 安 否 情 報 システム ANPIC をご 導

More information

はじめに このたびは フリーウェイマイナンバー をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 では フリーウェイマイナンバーの 操 作 方 法 について 説 明 しています マイナンバー 管 理 者 の 方 は 1 マイナンバー 管 理 者 用 を 従 業 員 の 方 は 2 従 業

はじめに このたびは フリーウェイマイナンバー をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 では フリーウェイマイナンバーの 操 作 方 法 について 説 明 しています マイナンバー 管 理 者 の 方 は 1 マイナンバー 管 理 者 用 を 従 業 員 の 方 は 2 従 業 フリーウェイマイナンバー 操 作 マニュアル はじめに このたびは フリーウェイマイナンバー をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 では フリーウェイマイナンバーの 操 作 方 法 について 説 明 しています マイナンバー 管 理 者 の 方 は 1 マイナンバー 管 理 者 用 を 従 業 員 の 方 は 2 従 業 員 用 を 参 照 してください 改 訂 履 歴 版 数

More information

目 次 1 インストール 1.1 インストーラのダウンロード 1.2 セットアップ ウィザードの 起 動 1.3 CloudDisk のインストール 1.4 CloudDisk の 起 動 と 設 定 2 機 能 2.1 ファイル 転 送 (アップロード/ダウンロード) 2.2 操 作 中 ファイル

目 次 1 インストール 1.1 インストーラのダウンロード 1.2 セットアップ ウィザードの 起 動 1.3 CloudDisk のインストール 1.4 CloudDisk の 起 動 と 設 定 2 機 能 2.1 ファイル 転 送 (アップロード/ダウンロード) 2.2 操 作 中 ファイル CloudDisk 操 作 マニュアル ver.2.3 PC クライアント 版 株 式 会 社 目 次 1 インストール 1.1 インストーラのダウンロード 1.2 セットアップ ウィザードの 起 動 1.3 CloudDisk のインストール 1.4 CloudDisk の 起 動 と 設 定 2 機 能 2.1 ファイル 転 送 (アップロード/ダウンロード) 2.2 操 作 中 ファイルの 一

More information

1 パソコン 周 辺 機 器 のドライバ 2 業 務 用 システムのソフトウェア 1 オンラインソフト 及 びオフラインソフトの 両 方 が 存 在 している 2 業 務 用 システムによって JAVA のバージョンが 異 なるソフトウェアが 混 在 してい る 3 USB 接 続 機 器 をユーザ

1 パソコン 周 辺 機 器 のドライバ 2 業 務 用 システムのソフトウェア 1 オンラインソフト 及 びオフラインソフトの 両 方 が 存 在 している 2 業 務 用 システムによって JAVA のバージョンが 異 なるソフトウェアが 混 在 してい る 3 USB 接 続 機 器 をユーザ ファイル 共 有 システムの 構 築 に 関 する 情 報 提 供 依 頼 RFI(Request For Information) 現 在 市 川 市 では 職 員 が 日 々の 業 務 で 作 成 する 電 子 文 書 の 情 報 改 ざんや 情 報 漏 洩 を 未 然 に 防 止 するた め アクセス 管 理 によるセキュリティ 面 が 強 化 できるファイル 共 有 システムの 構 築 を

More information

(6)パスワード 正 当 な 利 用 者 であることを 識 別 認 証 するために 使 用 される 文 字 列 情 報 をいう (7)アクセス コンピュータ ネットワーク 及 び 情 報 システムを 通 じて データの 検 索 入 力 更 新 消 去 等 を 行 うことをいう (8) 不 正 アクセ

(6)パスワード 正 当 な 利 用 者 であることを 識 別 認 証 するために 使 用 される 文 字 列 情 報 をいう (7)アクセス コンピュータ ネットワーク 及 び 情 報 システムを 通 じて データの 検 索 入 力 更 新 消 去 等 を 行 うことをいう (8) 不 正 アクセ 情 報 セキュリティ 対 策 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 草 加 市 の 情 報 資 産 に 関 するセキュリティ 対 策 の 考 え 方 を 示 した 草 加 市 情 報 セキュリティ 基 本 方 針 ( 平 成 27 年 3 月 25 日 制 定 以 下 基 本 方 針 という )に 基 づき 当 該 セキュリティ 対 策 の 有 効 性 効 率 性 の 確 保 を 目 的 として

More information

沖縄科学技術研究基盤整備機構

沖縄科学技術研究基盤整備機構 第 3 章 Microsoft Outlook 利 用 マニュアル ( 利 用 者 向 け)/Windows 版 第 1.2 版 作 成 日 :2011/10/21 株 式 会 社 オーシーシー. 更 新 履 歴 日 付 版 更 新 内 容 2011/05/31 1.0 初 版 の 作 成 2011/10/14 1.1 文 言 修 正 by 尾 崎 @OIST 2011/10/21 1.2 文 言

More information

ITF Finder ヘルプ

ITF Finder ヘルプ もくじ 1.はじめに 1-1.ITF Finder について 1-2. 動 作 環 境 2.ITF Finder の 起 動 と 終 了 2-1.ITF Finder を 起 動 する 2-2.ITF Finder を 終 了 する 3.ITF Finder の 画 面 概 要 4.ITFファイルを 閲 覧 する 5.ITFファイルを 印 刷 する 6.ITFファイルをメールに 添 付 する 7.NETセキュリティのセキュリティ

More information

ファイルシステム管理とLVM

ファイルシステム管理とLVM 2007 年 2 月 9 日 ( 金 ) LPIC スタートアップ 無 料 セミナー@ 東 京 ファイルシステム 管 理 とLVM リナックスアカデミー 学 校 長 濱 野 賢 一 朗 hamano@linuxacademy.ne.jp 本 ドキュメントは Linuxを 中 心 とするオープンソースコミュニティの 成 果 をもとに 作 成 されています 開 発 者 をはじめとする コミュニティの 皆

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817989E6919C8EE68D9E817A979897708ED2837D836A83858341838B2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817989E6919C8EE68D9E817A979897708ED2837D836A83858341838B2E646F63> 住 My Note お 客 様 マ ニ ュ ア ル ID パスワード 情 報 お 名 前 お 客 様 I D パスワード1 パスワード2 更 新 日 ID パスワード 情 報 を 忘 れないよう システム 利 用 時 に 記 入 してください ID パスワード 情 報 は 紛 失 しないよう 管 理 してください 平 成 27 年 6 月 住 宅 金 融 支 援 機 構 目 次 1.ご 利 用 案

More information

変 更 (C)... ボタンをクリックする コンピュータ 名 の 変 更 ウィンドウが 新 規 に 開 く (5-1) コンピュータ 名 の 変 更 コンピュータ 名 の 変 更 ウィンドウで コンピュータ 名 (C): 1 グループの 学 生 s070?? (??は 学 生 番 号 の 下 2 桁

変 更 (C)... ボタンをクリックする コンピュータ 名 の 変 更 ウィンドウが 新 規 に 開 く (5-1) コンピュータ 名 の 変 更 コンピュータ 名 の 変 更 ウィンドウで コンピュータ 名 (C): 1 グループの 学 生 s070?? (??は 学 生 番 号 の 下 2 桁 2007 WinVista08 (2007-04-17 版 ) Microsoft Windows Vista でのネットワークの 設 定 エクスプローラ 関 連 の 設 定 の 続 き < 主 な 設 定 値 > ホスト 名 : s07 ( 1) 1 1 グループの 学 生 s070?? (??は 学 生 番 号 の 下 2 桁 の 数 字 ) 2 グループの 学 生 s071?? (??は 学

More information

教 務 Webシステム( 学 生 用 ) 操 作 説 明 書 目 次. 概 要 2 2. 注 意 事 項 3 2-. 利 用 全 般 の 注 意 事 項 3 2-2. 学 習 申 告 上 の 注 意 事 項 4 3. 日 程 について 5 4. ログイン 6 5. トップページ 7 6. 学 部 -

教 務 Webシステム( 学 生 用 ) 操 作 説 明 書 目 次. 概 要 2 2. 注 意 事 項 3 2-. 利 用 全 般 の 注 意 事 項 3 2-2. 学 習 申 告 上 の 注 意 事 項 4 3. 日 程 について 5 4. ログイン 6 5. トップページ 7 6. 学 部 - 教 務 Webシステム ( 学 生 用 ) 操 作 説 明 書 修 正 版 更 新 日 :204//07 表 紙 国 立 大 学 法 人 東 京 工 業 大 学 204 年 月 教 務 Webシステム( 学 生 用 ) 操 作 説 明 書 目 次. 概 要 2 2. 注 意 事 項 3 2-. 利 用 全 般 の 注 意 事 項 3 2-2. 学 習 申 告 上 の 注 意 事 項 4 3. 日 程

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 10 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 課 税 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 徳 島 市 は 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 課 税 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイルの

More information

改 版 履 歴 版 数 改 版 日 改 版 内 容 初 版 1

改 版 履 歴 版 数 改 版 日 改 版 内 容 初 版 1 山 梨 県 立 大 学 学 内 無 線 LAN 利 用 マニュアル 改 版 履 歴 版 数 改 版 日 改 版 内 容 1.0 2016.9.1 初 版 1 学 内 無 線 LAN 利 用 マニュアル はじめに 本 マニュアルでは 山 梨 県 立 大 学 の 学 内 無 線 LAN 利 用 方 法 をご 案 内 いたします 無 線 LAN を 利 用 するときは 本 学 ネットワークの 利 用 心

More information

サーバセキュリティサービス 導入手順書 Deep Security 9.5SP1 (Linux) プロキシ非経由編

サーバセキュリティサービス 導入手順書 Deep Security 9.5SP1 (Linux) プロキシ非経由編 サーバセキュリティサービス 導 入 手 順 書 Deep Security 9.5SP1 (Linux) プロキシ 非 経 由 編 NEC 第 2 版 2016/01/22 本 資 料 に 関 して 本 資 料 はサーバセキュリティサービス with Trend Micro Deep Security をご 利 用 中 のお 客 様 向 けの 資 料 になります Linux かつ プロキシを 利 用

More information

目 次 1. ログインについて... 3 1-1 パスワードを 忘 れました どうしたらいいでしょう?... 3 1-2 パスワードを 変 更 したいのですが... 4 1-3 アカウントを 変 更 したいのですが... 4 1-4 個 人 情 報 は 入 力 しなくてはいけませんか?... 5 2

目 次 1. ログインについて... 3 1-1 パスワードを 忘 れました どうしたらいいでしょう?... 3 1-2 パスワードを 変 更 したいのですが... 4 1-3 アカウントを 変 更 したいのですが... 4 1-4 個 人 情 報 は 入 力 しなくてはいけませんか?... 5 2 イーデスク3 利 用 マニュアル1 ログイン する http://edesk.jp/ イーデスク3 利 用 環 境 パソコンで 利 用 する 場 合 OS Microsoft Windows 2000, XP, Vista Mac OS 10.1.x, 10.2.x 以 降 ブラウザ Microsoft Windows の 場 合 Microsoft Internet Explorer 5.5 SP2

More information

(Microsoft PowerPoint - \213{\214\264\216\201\202\314\216\221\227\277.ppt)

(Microsoft PowerPoint - \213{\214\264\216\201\202\314\216\221\227\277.ppt) ゼロからのLinux 基 礎 技 術 を 学 ぶ 株 式 会 社 びぎねっと 代 表 取 締 役 社 長 兼 CEO 宮 原 徹 tmiyahar@begi.net 講 師 プロフィール 株 式 会 社 びぎねっと 代 表 取 締 役 社 長 兼 CEO 日 本 仮 想 化 技 術 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 兼 CEOでもある Linux オープンソースに 関 するIT 技 術 者

More information

Microsoft Word - Webメール ユーザーマニュアル0414.doc

Microsoft Word - Webメール ユーザーマニュアル0414.doc 兵 庫 大 学 Web メール ユーザーマニュアル Contents 1. はじめに...4 1.1. Outlook Web Access (Web メール)とは... 4 2. ログオン ログオフ...5 2.1. ログオン... 5 2.2. ログオフ... 7 3. TOP 画 面...8 3.1. TOP 画 面 (Internet Explorer のみ)... 8 3.2. TOP 画

More information

PDFとは 【Portable Document Format】 ─ 意味・解説 : IT用語辞典 e-Words

PDFとは 【Portable Document Format】 ─ 意味・解説 : IT用語辞典 e-Words 1 / 18 NAA 福 岡 WEBマニュアル インターネット 不 在 応 札 サービス インターネット 不 在 応 札 サービスに 入 会 することで 次 のようなサービスを 利 用 することがで きます 1.インターネットからの 不 在 応 札 受 付 インターネットを 利 用 して 不 在 応 札 を 登 録 することができます 出 品 車 輌 を 検 索 し 指 値 を 入 力 することで

More information

System i をファイルサーバー、プリントサーバーとして使ってみよう!

System i をファイルサーバー、プリントサーバーとして使ってみよう! System i をファイルサーバー プリントサーバーとして 使 ってみよう! Windows 用 ファイル/プリントサーバー 機 能 を 使 ってみよう = Net サーバー Net サーバーは System i(as/400 iseries i5)を Windows サーバーと 同 様 のファイルサー バー プリントサーバーとして 使 用 することを 可 能 にします Net サーバーは OS/400

More information

出退勤の登録方法

出退勤の登録方法 タイムカード メーカー for サイボウズ Office 管 理 者 マニュアル 2014/12/18 版 ファイブクリック 合 同 会 社 目 次 はじめに 商 標 について 前 準 備 1.サイボウズ Office のシステム 管 理 者 設 定 について 2.インストール 直 後 の 設 定 画 面 について 各 種 設 定 1. 設 定 方 法 と 設 定 画 面 2. 通 信 関 連 の

More information

たよれーる どこでもキャビネット ご利用の手引き(Windows版アプリ)

たよれーる どこでもキャビネット ご利用の手引き(Windows版アプリ) Windows 版 アプリ 操 作 マニュアル 2016 年 7 月 版 目 次 目 次 サービス 内 容... 2 どこでもキャビネットとは... 2 Windows 版 アプリの 概 要... 2 お 問 い 合 わせ 窓 口... 2 インストール/アンインストール... 3 インストールする... 3 アカウントを 設 定 する... 6 アンインストールする... 8 基 本 操 作...

More information

ExpressMail Professional

ExpressMail Professional ExpressMail Professional ご 紹 介 NEC 日 本 電 気 株 式 会 社 ExpressMail Professional とは NEC 独 自 開 発 メールサーバ 標 準 プロトコル 採 用 高 性 能 高 信 頼 性 高 可 用 性 拡 張 性 セキュリティ 機 能 Webブラウザによる 設 定 の 一 元 管 理 数 千 名 ~ 数 万 人 までの 大 規 模 な

More information

品 名 が 表 示 されている サイズが 発 注 できるサイズ です これ 以 外 のサイズをご 利 用 される 場 合 は 弊 社 セール スまでご 連 絡 ください F-LinkNEO の 注 文 画 面 の 初 期 設 定 サイズを 変 更 する 場 合 は サイズの チャンネル(CH) 番

品 名 が 表 示 されている サイズが 発 注 できるサイズ です これ 以 外 のサイズをご 利 用 される 場 合 は 弊 社 セール スまでご 連 絡 ください F-LinkNEO の 注 文 画 面 の 初 期 設 定 サイズを 変 更 する 場 合 は サイズの チャンネル(CH) 番 F-LinkNEO 操 作 マニュアル Ver 9.500 管 理 画 面 の 設 定 問 題 なくインストールが 完 了 した 場 合 右 のような 画 面 が 表 示 されます メインメニューの 管 理 画 面 をクリックすると 各 種 設 定 メニューが 表 示 されます 設 定 が 完 了 したら 必 ず 一 度 プログラムを 終 了 してください 1 サーバー 接 続 設 定 最 初 にサーバー

More information

<『みずほ e-ビジネスサイト』操作マニュアル>

<『みずほ e-ビジネスサイト』操作マニュアル> みずほ e-ビジネスサイト 操 作 マニュアル 個 人 住 民 税 一 括 納 付 編 Copyright 2016 Mizuho Bank, Ltd. この 操 作 マニュアルについて 表 記 について このマニュアルでは 操 作 方 法 を 説 明 するために 以 下 の 表 記 を 使 用 しています メニュー 名 アイコン 名 ボタン 名 項 目 名 は[ ]で 囲 んでいます ( 例 )[OK]ボタンをクリックしてください

More information

スライド 1

スライド 1 Hos-CanR 3.0 運 用 マニュアル Hos-CanR 3.0 運 用 マニュアル 登 録 作 業 者 用 Ver. 2 バージョン 改 訂 日 付 改 訂 内 容 Ver. 1 2010/3/15 初 版 Ver. 2 2010/8/9 ファイル 取 り 込 み 時 の 同 一 レコードの 判 定 についての 記 載 を 追 記 Hos-CanR 3.0 運 用 マニュアル 目 次 1.

More information

注 意 事 項 Windows XP SP1a へのダウングレードは リカバリ 操 作 を 伴 います リカバリを 実 行 するドライブのデータ は 削 除 されますので ハードディスク 内 の 必 要 なデータはあらかじめバックアップを 行 ってください Windows XP Service Pa

注 意 事 項 Windows XP SP1a へのダウングレードは リカバリ 操 作 を 伴 います リカバリを 実 行 するドライブのデータ は 削 除 されますので ハードディスク 内 の 必 要 なデータはあらかじめバックアップを 行 ってください Windows XP Service Pa Windows XP SP2 から Windows XP SP1a へのダウングレード 手 順 書 対 象 機 種 FMV-830NU/L FMV-830NU/LX 必 要 なもの リカバリディスク ドライバーズディスク Windows XP Service Pack 1a Windows XP Service Pack 1a ( 以 降 Windows XP SP1aと 記 載 します)をお 持

More information

IBM SPSS Statistics for Mac OS のインストール手順 (シングル ユーザー)

IBM SPSS Statistics for Mac OS のインストール手順 (シングル ユーザー) IBMSPSSStatisticsforMacOSの インストール 手 順 (シングル ユー ザー) 以 下 に 示 すのは シングル ユーザー ライセンス を 使 用 した IBM SPSS Statistics バージョン 20 のインストール 手 順 です シングルユーザー ライセンス を 使 用 すると 最 大 2 台 のコンピュータに SPSS Statistics をインストールできま

More information

Microsoft Word - 仕様書

Microsoft Word - 仕様書 住 まいの 情 報 一 元 化 ホームページ 制 作 等 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 名 住 まいの 情 報 一 元 化 ホームページ 制 作 等 業 務 2 期 間 契 約 締 結 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで 3 ホームページ 公 開 時 期 平 成 28 年 1 月 予 定 4 目 的 北 陸 新 幹 線 の 金 沢 開 業 により 交 流 人 口 が 増 え

More information

Parallels Remote Application Server

Parallels Remote Application Server Parallels Remote Application Server Chrome 用 Parallels Client ユーザーガイド v15 Copyright 1999-2016 Parallels IP Holdings GmbH and its affiliates.all rights reserved. Parallels IP Holdings GmbH Vordergasse 59

More information

はじめに このたびは フリーウェイ 確 定 申 告 をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 は フリーウェイ 確 定 申 告 の 操 作 方 法 について 説 明 しています 本 システムをご 使 用 になる 前 また 必 要 に 応 じて 本 書 を 参 照 してください なお

はじめに このたびは フリーウェイ 確 定 申 告 をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 は フリーウェイ 確 定 申 告 の 操 作 方 法 について 説 明 しています 本 システムをご 使 用 になる 前 また 必 要 に 応 じて 本 書 を 参 照 してください なお フリーウェイ 確 定 申 告 操 作 マニュアル はじめに このたびは フリーウェイ 確 定 申 告 をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 は フリーウェイ 確 定 申 告 の 操 作 方 法 について 説 明 しています 本 システムをご 使 用 になる 前 また 必 要 に 応 じて 本 書 を 参 照 してください なお 本 書 の 内 容 は 本 システムの 操 作 に

More information

Microsoft Word - Gmailユーザ向け利用マニュアル_20131105v6.docx

Microsoft Word - Gmailユーザ向け利用マニュアル_20131105v6.docx 目 次 1. Gmail のログイン ログアウト 方 法... 1 1.1. ログイン 方 法... 1 1.2. ログアウト 方 法... 4 2. Gmail 作 成 方 法... 5 2.1. 新 規 メールの 作 成... 5 3. メールデータの 移 行... 8 3.1. GraceMail のデータをバックアップ( 保 存 )する... 8 3.2. Thunderbird の 入 手

More information

-Web会議のスタンダード-

-Web会議のスタンダード- -Web 会 議 のスタンダード- MeetingPlaza Version7.1 (ミーティングプラザ Version7.1) リファレンスマニュアル 補 足 主 催 者 講 演 者 マニュアル (ASP サービス システム 販 売 共 通 ) NTTアイティ 株 式 会 社 2014 年 4 月 MeetingPlaza は NTTアイティ 株 式 会 社 の 登 録 商 標 です 本 書 に

More information

ms_install_windows7.xlsx

ms_install_windows7.xlsx Windows7 アップグレードマニュアル 2013 年 8 月 1 日 神 戸 大 学 情 報 基 盤 センター このマニュアルは 九 州 大 学 情 報 統 括 本 部 より 提 供 いただいたマニュアルをもとに 作 成 いたしました This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike

More information

Microsoft Word - 学生向け取扱説明書1.0_簡易版_20121011.docx

Microsoft Word - 学生向け取扱説明書1.0_簡易版_20121011.docx 学 校 法 人 関 西 大 学 ODLE システム 運 用 編 学 生 向 け 取 扱 説 明 書 ( 簡 易 版 ) 平 成 24 年 10 月 11 日 1.0 版 改 訂 履 歴 版 数 章 番 号 区 分 改 訂 内 容 改 定 日 1.0 初 版 2012/10/11 目 次 1. ODECS システムと ODLE システムとの 違 い...... 1 2. 新 機 能 について.........

More information

e-Gov電子申請システムを利用した

e-Gov電子申請システムを利用した e-gov 電 子 申 請 システムを 利 用 した RPS 法 に 係 る 申 請 書 提 出 マニュアル -ITEM2000 形 式 のファイルを 利 用 した 申 請 方 法 について- 平 成 22 年 4 月 資 源 エネルギー 庁 省 エネルギー 新 エネルギー 部 新 エネルギー 等 電 気 利 用 推 進 室 電 子 政 府 の 実 現 に 向 けた 政 府 全 体 の 取 組 みの

More information

本 資 料 に 関 する 詳 細 な 内 容 は 以 下 のページのPDF 資 料 をご 確 認 ください 本 資 料 は 要 約 です 情 報 セキュリティ10 大 脅 威 2015 https://www.ipa.go.jp/security/vuln/10threats2015.html Co

本 資 料 に 関 する 詳 細 な 内 容 は 以 下 のページのPDF 資 料 をご 確 認 ください 本 資 料 は 要 約 です 情 報 セキュリティ10 大 脅 威 2015 https://www.ipa.go.jp/security/vuln/10threats2015.html Co 情 報 セキュリティ10 大 脅 威 2015 ~ 被 害 に 遭 わないために 実 施 すべき 対 策 は?~ Copyright 2015 独 立 行 政 法 人 情 報 処 理 推 進 機 構 独 立 行 政 法 人 情 報 処 理 推 進 機 構 (IPA) 技 術 本 部 セキュリティセンター 2015 年 3 月 本 資 料 に 関 する 詳 細 な 内 容 は 以 下 のページのPDF

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション サーバセキュリティ/サーバ 共 通 基 盤 ソリューション esector Protector Plus 製 品 機 能 のご 紹 介 株 式 会 社 イーセクター プロダクトソリューション 部 esector Protector Plus とは サーバOSのセキュリティを 強 化 するドライバ 型 モジュール 守 りたいサーバに 追 加 導 入 するだけで OSレベルでのセキュリティ 強 化 を

More information

e-class

e-class e-class ユーザマニュアル v10.01(jun. 2016) 簡 易 マニュアル 目 次 ようこそ e-class へ 3 e-class を 利 用 する 前 に 3 e-class にログインする 3 表 示 する 言 語 を 切 り 替 える 4 スマートフォンからログインする 5 e-class をログアウトする 5 科 目 に 参 加 する 6 科 目 選 択 について 6 利 用

More information

目 次 1. はじめに... 3 1.1. はじめに... 3 1.2. 使 用 環 境 について... 3 1.3. 入 力 制 限 について... 3 1.4. 登 録 システムについて... 4 2. アカウント 登 録... 6 2.1. アカウント 登 録 機 能 (パスワードを 発 行

目 次 1. はじめに... 3 1.1. はじめに... 3 1.2. 使 用 環 境 について... 3 1.3. 入 力 制 限 について... 3 1.4. 登 録 システムについて... 4 2. アカウント 登 録... 6 2.1. アカウント 登 録 機 能 (パスワードを 発 行 サービス 付 き 高 齢 者 向 け 住 宅 登 録 システム 操 作 マニュアル 旧 様 式 対 応 2015 年 5 月 8 日 版 サービス 付 き 高 齢 者 向 け 住 宅 登 録 事 務 局 1 目 次 1. はじめに... 3 1.1. はじめに... 3 1.2. 使 用 環 境 について... 3 1.3. 入 力 制 限 について... 3 1.4. 登 録 システムについて...

More information

NetAttest EPS設定例

NetAttest EPS設定例 認 証 連 携 設 定 例 連 携 機 器 WAB-S1167-PS, WAB-I1750-PS Case IEEE802.1x EAP-TLS,EAP-TTLS(PAP),EAP-PEAP(MS-CHAPv2) 認 証 Rev1.0 株 式 会 社 ソリトンシステムズ - 1-2014/03/26 はじめに 本 書 について 本 書 は CA 内 蔵 RADIUS サーバーアプライアンス NetAttest

More information

Bizメール&ウェブ エコノミー メール設定ガイド

Bizメール&ウェブ エコノミー メール設定ガイド Bizメール&ウェブ エコノミー メール 設 定 ガイド 第 1.0 版 2016 年 9 月 1 日 更 新 履 歴 更 新 日 版 数 主 な 更 新 内 容 2016/9/1 1.0 版 初 版 作 成 1 はじめに はじめに Bizメール&ウェブ エコノミー メール 設 定 ガイド のご 利 用 にあたり 以 下 をご 覧 ください 本 書 では Bizメール&ウェブ エコノミー( 以 下

More information

1.はじめに 本 手 順 書 は インテリジェントウェイブ 社 ( 以 下 IWI 社 )の 株 主 のお 客 様 が IWI 社 から 株 主 優 待 として 配 布 された Doctor Web 社 のアンチウイルス 製 品 ( 以 下 Dr.Web Anti-Virus)のバージョン 7 もし

1.はじめに 本 手 順 書 は インテリジェントウェイブ 社 ( 以 下 IWI 社 )の 株 主 のお 客 様 が IWI 社 から 株 主 優 待 として 配 布 された Doctor Web 社 のアンチウイルス 製 品 ( 以 下 Dr.Web Anti-Virus)のバージョン 7 もし Dr.Web Anti-Virus for Windows バージョン 9 アップグレード 手 順 書 株 式 会 社 Doctor Web Pacific 2014 年 10 月 ( 改 版 ) 目 次 1.はじめに... 2 2. 前 提 条 件... 2 3. 利 用 中 の Dr.Web Anti-Virus のアンインストール... 3 アンインストール 手 順 : 共 通 の 手 順...

More information

目 次 基 本 知 識 について ~ 管 理 サ イ ト 編 ~ Q1. フィーチャーフォンとはなんですか? P3 メールアドレスについて Q2. 携 帯 電 話 のショートメールアドレスは 登 録 できますか? P3 Q3. 一 般 ユーザーに NPIC からのメールが 届 きません P3 メール

目 次 基 本 知 識 について ~ 管 理 サ イ ト 編 ~ Q1. フィーチャーフォンとはなんですか? P3 メールアドレスについて Q2. 携 帯 電 話 のショートメールアドレスは 登 録 できますか? P3 Q3. 一 般 ユーザーに NPIC からのメールが 届 きません P3 メール こまったときはこちらから & ブック ver 2.2 学 校 向 け 管 理 者 編 2014.12 目 次 基 本 知 識 について ~ 管 理 サ イ ト 編 ~ Q1. フィーチャーフォンとはなんですか? P3 メールアドレスについて Q2. 携 帯 電 話 のショートメールアドレスは 登 録 できますか? P3 Q3. 一 般 ユーザーに NPIC からのメールが 届 きません P3 メールについて

More information

Android開発 インストールマニュアル

Android開発 インストールマニュアル Android 開 発 ARM CPU BOARD Install Manual Rev 1.0 ダイジェスト 版 ALPHAPROJECT Copyright 2012 ALPHAPROJECT Co.,LTD. All right reserved ご 使 用 になる 前 に 本 製 品 をお 役 立 て 頂 くために このマニュアルを 十 分 お 読 みいただき 正 しくお 使 い 下 さい

More information

XenServerシステム運用ガイド

XenServerシステム運用ガイド Citrix XenServer 5.5 システム 運 用 ガイド - メンテナンス 編 - 第 1 版 はじめに 本 ガイドは Citrix XenServer 5.5におけるシステム 運 用 について 記 載 します 本 ガイドの 内 容 は 限 定 されたシステム 環 境 における 結 果 を 基 に 作 成 しており 全 ての 環 境 で 同 一 の 結 果 になることを 保 証 するものではありません

More information

マカフィー・マルチアクセス(MMA) McAfee Internet Security for Mac 説明書

マカフィー・マルチアクセス(MMA) McAfee Internet Security for Mac 説明書 マカフィー マルチアクセス マカフィー インターネットセキュリティー for Mac 説 明 書 1 初 めに この 資 料 は マカフィー インターネットセキュリティー for Mac の 製 品 仕 様 やサポート 情 報 について 解 説 しています [ 補 足 ] 当 資 料 は 2014 年 2 月 7 日 当 時 の 最 新 バージョンの 製 品 およびWebサイトを 基 に 資 料 を

More information

システム設計書

システム設計書 二 松 學 舍 大 学 二 松 メール(Gmail) 利 用 マニュアル バージョン 2.00 発 効 日 改 訂 日 2016 年 04 月 06 日 二 松 学 舎 大 学 情 報 センター i 目 次 1. はじめに...1 2. 二 松 メール(Gmail)ログイン ログアウト 方 法...1 2.1. 二 松 メール(Gmail)ログイン 方 法... 1 2.2. 二 松 メール(Gmail)ログアウト

More information

Microsoft Word - manual_cpi.doc

Microsoft Word - manual_cpi.doc 独 自 メール 配 信 NEO インストールマニュアル CPI バージョン http://www.cpi.ad.jp/index.html このマニュアルでは 2 つのステップで NEO のインストール~ 基 本 的 な 設 定 を 行 います ステップ 1: ソフトをインストール インストールする ステップ 2: 全 体 の 設 定 をする (ご 注 意!!) 既 にご 利 用 中 のサーバーにインストール

More information

IBM SPSS Statistics for Linux のインストール手順 (ネットワーク ライセンス)

IBM SPSS Statistics for Linux のインストール手順 (ネットワーク ライセンス) IBM SPSS Statistics for Linux のイ ンストール 手 順 (ネットワーク ライ センス) 以 下 に 示 すのは ネットワーク ライセンス を 使 用 したIBM SPSS Statistics バー ジョン 21 のインストール 手 順 です この 文 書 は デスクトップ コンピュータに SPSS Statistics をインストールするエンド ユーザーが 対 象 です

More information

対 応 機 種 本 ガイドは 次 のモデルを 対 象 としています MFC-J6570CDW MFC-J6770CDW MFC-J6970CDW MFC-J6975CDW マークについて 本 文 中 では マークについて 次 のように 表 記 しています 操 作 手 順 に 関 する 情 報 を 説

対 応 機 種 本 ガイドは 次 のモデルを 対 象 としています MFC-J6570CDW MFC-J6770CDW MFC-J6970CDW MFC-J6975CDW マークについて 本 文 中 では マークについて 次 のように 表 記 しています 操 作 手 順 に 関 する 情 報 を 説 Wi-Fi Direct ガイ ド 対 応 機 種 本 ガイドは 次 のモデルを 対 象 としています MFC-J6570CDW MFC-J6770CDW MFC-J6970CDW MFC-J6975CDW マークについて 本 文 中 では マークについて 次 のように 表 記 しています 操 作 手 順 に 関 する 情 報 を 説 明 しています 商 標 について brother のロゴマークは

More information

主催者または特権ユーザー・講演者マニュアル

主催者または特権ユーザー・講演者マニュアル -Web 会 議 のスタンダード- MeetingPlaza Version 8.0 (ミーティングプラザ Version 8.0) リファレンスマニュアル 補 足 主 催 者 または 特 権 ユーザー 講 演 者 マニュアル (ASP サービス システム 販 売 共 通 ) NTTアイティ 株 式 会 社 2016 年 03 月 MeetingPlaza は NTTアイティ 株 式 会 社 の 登

More information

甲南大学 Office365卒業生メールの使い方

甲南大学 Office365卒業生メールの使い方 甲 南 大 学 Office365 卒 業 生 メールの 使 い 方 2016/3/25 情 報 システム 室 (Version 1.0) このマニュアルは Windows 7/Internet Explorer の 環 境 を 基 に 作 成 しています OS やブラウザが 異 なる 場 合 は 環 境 にあわせて 操 作 してください マニュアル 内 では Office365 卒 業 生 メールを

More information

ICTシミュレータインストール方法

ICTシミュレータインストール方法 伸 ばそう ICT メディアリテラシー 教 材 用 インターネット 補 助 教 材 セットアップについて (Windows 用 の 解 説 を 中 心 に) 本 書 で 説 明 する 伸 ばそう ICT メディアリテラシー 教 材 用 インターネット 補 助 教 材 は, 平 成 18 年 度 総 務 省 事 業 として 開 発 されました 本 書 では,XAMPP for Windows を 利

More information

CEAS/Sakai 困ったときのヘルプ集20150401

CEAS/Sakai 困ったときのヘルプ集20150401 CEAS/Sakai 連 携 システム 困 ったときのヘルプ 集 (version 1.1) 2015.4.1. 本 書 では 問 い 合 わせ 口 に 寄 せられる 問 い 合 わせの 内 頻 度 の 高 い 物 を 中 心 にリスト アップし 主 な 対 処 法 をまとめて 掲 載 しています エラー 画 面 が 表 示 されたり 問 題 が 発 生 した 際 に 参 考 にしてください なお

More information

Associate Guide to Secure Messaging

Associate Guide to Secure Messaging セキュア 電 子 メール 受 信 者 ガイド 目 次 初 めての 暗 号 化 されたメッセージを 開 封 する... 3 初 めてのエンベロープを 開 く 為 の 手 順... 3 手 順 1:... 3 手 順 2:... 3 手 順 3:... 4 手 順 4:... 4 手 順 5:... 5 セキュアな 返 信 をする... 6 手 順 1:... 6 手 順 2:... 6 手 順 3:...

More information

目 次 1 はじめに...4 1.1 本 マニュアルで 記 載 する 内 容...4 1.2 システム 要 件...4 1.2.1 対 応 OS(オペレーティングシステム) 要 件...4 1.2.2 対 応 Web ブラウザ 要 件...7 1.2.3 ディスプレイ 解 像 度 要 件...9 1

目 次 1 はじめに...4 1.1 本 マニュアルで 記 載 する 内 容...4 1.2 システム 要 件...4 1.2.1 対 応 OS(オペレーティングシステム) 要 件...4 1.2.2 対 応 Web ブラウザ 要 件...7 1.2.3 ディスプレイ 解 像 度 要 件...9 1 商 工 中 金 外 為 Web 為 替 予 約 サービス ご 利 用 マニュアル 1ログイン 編 Ver.1.2 2015 年 3 月 - 1 - 目 次 1 はじめに...4 1.1 本 マニュアルで 記 載 する 内 容...4 1.2 システム 要 件...4 1.2.1 対 応 OS(オペレーティングシステム) 要 件...4 1.2.2 対 応 Web ブラウザ 要 件...7 1.2.3

More information

Microsoft Word - Active.doc

Microsoft Word - Active.doc 利 マニュアル 梅 校 メールサーバをご 利 されていた 教 員 の 皆 さまへ 2009 年 1 7 のメールサーバ 移 に 伴 い 学 外 からの 電 メールの 送 受 信 はウェブメール(Active!mail) からのみ 可 能 となりました Active!mail の 利 法 については 本 マニュアルをご 確 認 ください 次 Active!mail にログインする...2 Active!mail

More information

Microsoft Word - セキュアMyNUMBER_詳細マニュアル_20151208.docx

Microsoft Word - セキュアMyNUMBER_詳細マニュアル_20151208.docx 管 理 者 向 け 詳 細 マニュアル Ver.1.0 目 次 1. 管 理 画 面... - 3-1.1. ご 利 用 環 境 について... - 3-1.2. ログイン... - 4-1.3. ログアウト... - 4-1.4. 管 理 画 面 について... - 5-1.4.1. 管 理 画 面 の 表 示 項 目... - 5-1.5. 始 めにご 確 認 頂 く 事 項 と 初 期 設 定

More information

MFX-2875 取扱説明書 プリンター編

MFX-2875 取扱説明書 プリンター編 Windows 環 境 にインストールする ここでは Windows オペレーティングシステムにドライバーをインストールする 方 法 を 説 明 します 本 製 品 をネットワークに 接 続 してお 使 いになるときは システム 要 件 をお 読 みください 本 製 品 とコンピューターを USB ケーブルで 接 続 してお 使 いになる ときは ローカル 接 続 する 場 合 をお 読 みください

More information

目 次 WEB 登 録 システムの 概 要 3 システム 要 件 3 1. 事 前 準 備 4 2. 施 設 長 ( 責 任 者 )による 初 期 登 録 2-1. 初 期 登 録 画 面 へのログイン( 初 期 登 録 時 のみ) 6 2-2. 施 設 長 ( 責 任 者 )ID とパスワードの

目 次 WEB 登 録 システムの 概 要 3 システム 要 件 3 1. 事 前 準 備 4 2. 施 設 長 ( 責 任 者 )による 初 期 登 録 2-1. 初 期 登 録 画 面 へのログイン( 初 期 登 録 時 のみ) 6 2-2. 施 設 長 ( 責 任 者 )ID とパスワードの 日 本 総 合 健 診 医 学 会 精 度 管 理 事 業 WEB 登 録 システム マニュアル( 初 期 登 録 編 ) 一 般 社 団 法 人 日 本 総 合 健 診 医 学 会 精 度 管 理 委 員 会 2014 年 7 月 - 1 - 目 次 WEB 登 録 システムの 概 要 3 システム 要 件 3 1. 事 前 準 備 4 2. 施 設 長 ( 責 任 者 )による 初 期 登 録

More information

staff_man

staff_man Webポータルシステム 学 務 部 教 務 課 学 生 課 平 成 8 年 4 月 日 目 次 はじめに ページ.ログイン ~4 ページ 接 続 方 法 ログイン ポータルトップ 画 面 4 アカウントについて.Webシステムの 構 成 5 ページ.シラバス シラバス 登 録 6 ページ 他 授 業 科 目 のコピー 8 ページ 4. 授 業 関 連 シラバス 照 会 8 ページ 担 当 科 目 時

More information

教員用

教員用 高 知 大 学 教 員 用 moodle2 1.1.moodle を 利 用 するためには 1.2.コースの 保 全 1.3.moodle へのログイン 1.4.ログアウト 2.1.コースの 説 明 2.2.ブロック 一 覧 2.3.HTML テキストエディタを 利 用 する 2.4.アイコン 編 集 アイコンの 説 明 3.1.ユーザを 登 録 する 3.2.ユーザを 削 除 する 4.1.ファイルのアップロード

More information

目 次 1.システムの 動 作 環 境 2.セットアップ 手 順 3.マクロのセキュリティレベルについて 4.システムの 操 作 説 明 5.システムの 基 本 構 成 6. 基 本 情 報 設 定 7.マスタ 設 定 8.バックアップ 復 元 9.データ 削 除 エラーリセット 10. 需 要 数

目 次 1.システムの 動 作 環 境 2.セットアップ 手 順 3.マクロのセキュリティレベルについて 4.システムの 操 作 説 明 5.システムの 基 本 構 成 6. 基 本 情 報 設 定 7.マスタ 設 定 8.バックアップ 復 元 9.データ 削 除 エラーリセット 10. 需 要 数 教 科 書 事 務 執 行 管 理 システム( 学 校 用 ) システム 操 作 マニュアル Ver.1.6.1 平 成 28 年 5 月 11 日 1 / 232 目 次 1.システムの 動 作 環 境 2.セットアップ 手 順 3.マクロのセキュリティレベルについて 4.システムの 操 作 説 明 5.システムの 基 本 構 成 6. 基 本 情 報 設 定 7.マスタ 設 定 8.バックアップ

More information

PCSK2のご紹介

PCSK2のご紹介 学 校 内 PCのセキュリティと 環 境 維 持 管 理 に ご 紹 介 資 料 Copyright 2011 Zetta Technology Inc. All rights Reserved. 本 資 料 の 無 断 転 載 複 写 を 禁 じます. 学 校 内 PCの 管 理 ポイント 教 育 の 情 報 化 に 伴 う 情 報 セキュリティ 製 品 概 要 ウィルス 対 策 情 報 漏 洩

More information

改 定 履 歴 改 定 番 号 改 定 日 改 定 内 容 理 由 備 考 01 2012/12/14 資 材 EDIシステムのリプレースに 伴 う 制 定 02 2015/04/30 電 子 証 明 書 によるログインの 終 了 に 伴 う 改 定 03 2016/04/01 ホールディングカンパ

改 定 履 歴 改 定 番 号 改 定 日 改 定 内 容 理 由 備 考 01 2012/12/14 資 材 EDIシステムのリプレースに 伴 う 制 定 02 2015/04/30 電 子 証 明 書 によるログインの 終 了 に 伴 う 改 定 03 2016/04/01 ホールディングカンパ よくあるお 問 い 合 わせ (FAQ) 一 覧 東 京 電 力 ホールディングス 株 式 会 社 ビジネスソリューション カンパニー 調 達 システムグループ 2016 年 4 月 1 目 的 外 利 用 転 載 禁 止 東 京 電 力 ホールディングス 株 式 会 社 改 定 履 歴 改 定 番 号 改 定 日 改 定 内 容 理 由 備 考 01 2012/12/14 資 材 EDIシステムのリプレースに

More information

返還金同意書作成支援ツール_操作説明書

返還金同意書作成支援ツール_操作説明書 20131101_ 東 北 厚 生 局 返 還 金 同 意 書 等 作 成 支 援 ツール 操 作 説 明 書 平 成 25 年 12 月 東 北 厚 生 局 1. はじめに 返 還 金 同 意 書 作 成 支 援 ツールは 保 険 医 療 機 関 及 び 保 険 薬 局 において 診 療 報 酬 を 誤 って 請 求 したこと 等 により 保 険 者 に 診 療 報 酬 を 返 還 する 場 合

More information

Microsoft PowerPoint - 20120622.pptx

Microsoft PowerPoint - 20120622.pptx 情 報 セキュリティ 第 10 回 2012 年 6 月 22 日 ( 金 ) 1/25 本 日 学 ぶこと 本 日 の 授 業 を 通 じて インターネットにおける 通 信 を 暗 号 化 するソフトウェアについて 学 びます. HTTPSほかの 暗 号 化 を 支 える SSL について,その 構 成 や 運 用 方 法 などを 理 解 します. 安 全 なリモートログインを 実 現 する SSH

More information

迷惑メールフィルタリングコントロールパネル利用者マニュアル

迷惑メールフィルタリングコントロールパネル利用者マニュアル 迷 惑 メールフィルタリングサービス コントロールパネル 利 用 者 マニュアル( 一 般 ユーザ 向 け) 第 1.6 版 目 次 1. 本 マニュアルについて... 1 2. はじめに... 1 3. 使 用 方 法... 2 3.1. ご 使 用 の 前 に... 2 3.2. ログイン / ログアウト 操 作... 2 3.2.1. ログイン 操 作... 2 3.2.2. ログアウト 操

More information

はじめに でんでん 記 録 Win10/8.1/8/7( 以 下 でんでん 記 録 とする)をご 利 用 いただきまして 誠 にありがとうございます 本 マニュアルを 参 照 して インストールを 行 ってください セキュリティについて 本 システムのデータを 保 存 する 共 有 データファイルは

はじめに でんでん 記 録 Win10/8.1/8/7( 以 下 でんでん 記 録 とする)をご 利 用 いただきまして 誠 にありがとうございます 本 マニュアルを 参 照 して インストールを 行 ってください セキュリティについて 本 システムのデータを 保 存 する 共 有 データファイルは でんでん 記 録 Win10/8.1/8/7 インストールマニュアル 第 4 版 2016/8/16 はじめに でんでん 記 録 Win10/8.1/8/7( 以 下 でんでん 記 録 とする)をご 利 用 いただきまして 誠 にありがとうございます 本 マニュアルを 参 照 して インストールを 行 ってください セキュリティについて 本 システムのデータを 保 存 する 共 有 データファイルは

More information