Japan Tax Newsletter

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Japan Tax Newsletter"

Transcription

1 Japan Tax Newsletter 税 理 士 法 人 トーマツ 2015 年 4 月 1 日 号 東 京 事 務 所 シニアマネジャー 大 野 久 子 ( 公 認 会 計 士 税 理 士 ) 法 人 事 業 税 住 民 税 に 係 る 平 成 27 年 度 税 制 改 正 平 成 27 年 度 税 制 改 正 により 法 人 事 業 税 の 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 のみでなく その 課 税 標 準 の 計 算 について 新 たな 措 置 を 設 けることとされた また 法 人 住 民 税 については 均 等 割 の 税 率 区 分 の 基 準 について 計 算 方 法 の 見 直 しが 行 われた それぞれの 税 額 は 高 額 でなくても 総 額 では 重 要 な 金 額 になることがあるため 内 容 を 確 認 しておく 必 要 があると 思 われる 1. 法 人 事 業 税 の 外 形 標 準 課 税 の 概 要 と 平 成 27 年 度 改 正 内 容 (1) 法 人 事 業 税 の 外 形 標 準 課 税 の 概 要 法 人 事 業 税 の 外 形 標 準 課 税 は 平 成 16 年 4 月 1 日 から 導 入 されており 法 人 の 資 本 金 等 の 外 観 から 判 断 で きる 基 準 を 課 税 標 準 とするものである 外 形 標 準 課 税 適 用 法 人 1 についての 法 人 事 業 税 は 所 得 を 基 準 とする 所 得 割 のほか 外 形 基 準 の 金 額 として 付 加 価 値 割 資 本 割 が 課 されることになっている 外 形 標 準 課 税 適 用 法 人 についての 法 人 事 業 税 の 概 要 は 次 のとおりである 事 業 税 の 区 分 課 税 標 準 基 本 的 な 算 定 方 法 所 得 割 付 加 価 値 割 資 本 割 各 事 業 年 度 の 所 得 ( 地 法 72 の 12 一 ハ) 各 事 業 年 度 の 付 加 価 値 額 ( 地 法 72 の 12 一 イ) 各 事 業 年 度 の 資 本 金 等 の 額 ( 地 法 72 の 12 一 ロ) 各 事 業 年 度 の 所 得 ( 連 結 申 告 法 人 については 個 別 所 得 )で あり 基 本 的 に 法 人 税 の 計 算 に 従 う( 地 法 72 の 231) 各 事 業 年 度 の 報 酬 給 与 額 + 純 支 払 利 子 + 純 支 払 賃 借 料 + 単 年 度 損 益 ( 地 法 72 の 14) 各 事 業 年 度 終 了 の 日 にける 法 人 税 法 上 の 資 本 金 等 の 額 ( 連 結 申 告 法 人 については 連 結 個 別 資 本 金 等 の 額 以 下 同 じ)( 地 法 72 の 211) (2) 法 人 事 業 税 の 税 率 の 改 正 ( 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 ) 平 成 27 年 度 税 制 改 正 ( 以 下 本 改 正 )では まず 法 人 事 業 税 全 体 に 占 める 外 形 標 準 課 税 の 割 合 が 拡 大 さ 1 外 形 標 準 課 税 の 適 用 対 象 となる 法 人 は 所 得 に 課 税 される 法 人 のうち 事 業 年 度 終 了 の 日 における 資 本 金 の 額 または 出 資 金 の 額 が 1 億 円 を 超 えている 法 人 とされている( 公 共 団 体 等 特 別 法 人 人 格 のない 社 団 等 みなし 課 税 法 人 投 資 法 人 特 定 目 的 会 社 一 般 社 団 法 人 および 一 般 財 団 法 人 は 除 く)( 地 法 72 の 2) 1

2 れた 具 体 的 には 次 の 表 のように 外 形 標 準 課 税 適 用 法 人 について 法 人 事 業 税 の 標 準 税 率 が 改 正 され 外 形 標 準 課 税 ( 資 本 割 付 加 価 値 割 )の 比 率 が 上 がり 所 得 割 の 比 率 が 下 がることとされた 現 行 平 成 27 年 度 改 正 案 平 成 28 年 度 ~ 付 加 価 値 割 0.48% 0.72% 0.96% 資 本 割 0.2% 0.3% 0.4% 所 得 割 年 400 万 円 以 下 の 所 得 年 400 万 円 超 800 万 円 以 下 の 所 得 年 800 万 円 超 の 所 得 3.8% 3.1% 2.5% (2.2%) (1.6%) (0.9%) 5.5% 4.6% 3.7% (3.2%) (2.3%) (1.4%) 7.2% 6.0% 4.8% (4.3%) (3.1%) (1.9%) 下 段 の( ): 地 方 法 人 特 別 税 等 に 関 する 暫 定 措 置 法 適 用 後 の 税 率 = 実 際 に 施 行 される 税 率 この 税 率 の 改 正 は 平 成 27 年 度 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までの 間 に 開 始 する 事 業 年 度 )および 平 成 28 年 度 以 降 ( 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 )にわたり 段 階 的 に 行 われる 現 行 で 事 業 税 全 体 の 2/8 程 度 であるものを 平 成 27 年 度 には 全 体 の 3/8 平 成 28 年 度 以 降 には 全 体 の 4/8 と 引 き 上 げられる なお 地 方 法 人 特 別 税 については 事 業 税 所 得 割 の 金 額 を 課 税 標 準 としているため 事 業 税 所 得 割 の 税 率 引 下 げに 応 じた 税 率 の 引 上 げが 行 われるが 実 質 的 な 税 率 の 改 正 はない (3) 法 人 事 業 税 資 本 割 の 課 税 標 準 の 見 直 し また 法 人 税 法 上 の 資 本 金 等 の 額 2 が 会 社 法 上 の 資 本 金 と 資 本 準 備 金 の 合 計 額 を 下 回 る 場 合 には 当 該 会 社 法 上 の 資 本 金 と 資 本 準 備 金 の 合 計 額 を 資 本 割 の 課 税 標 準 とする 改 正 が 行 われた 法 人 税 法 上 の 資 本 金 等 の 額 は 自 己 株 式 買 取 りや 組 織 再 編 成 等 によりマイナスされることがあり 場 合 によっ ては 負 の 数 値 になることもあり 得 るが 本 改 正 は 当 該 資 本 金 等 の 額 と 当 該 会 社 法 上 の 資 本 金 と 資 本 準 備 金 の 合 計 額 といずれか 高 い 方 を 課 税 標 準 とするものである 税 務 上 の 資 本 金 等 の 額 がマイナスされるケースについて 具 体 例 を 確 認 することにする 2 資 本 割 の 課 税 標 準 としては 法 人 税 法 上 の 資 本 金 等 の 額 に 無 償 増 減 資 を 加 減 算 する 措 置 ( 地 法 72 の 211)が 取 られて いるが これを 加 減 算 した 後 の 数 値 を 資 本 金 + 資 本 準 備 金 と 比 較 する なお この 後 特 定 子 会 社 の 株 式 等 に 係 る 控 除 措 置 ( 持 株 会 社 の 特 例 )( 地 法 72 の 216) 資 本 金 等 の 額 が 1,000 億 円 を 超 える 場 合 の 圧 縮 措 置 ( 地 法 72 の 217) 等 の 処 理 を 行 って 資 本 割 の 課 税 標 準 を 算 定 することになる 2

3 例 1 自 己 株 式 買 取 り A 社 の 税 務 上 の 純 資 産 の 構 成 は 次 のとおりとする 無 償 増 減 資 は 行 ったことがないものとする 税 務 上 の 純 資 産 資 本 金 500 資 本 準 備 金 500 資 本 金 等 合 計 1,000 利 益 積 立 金 1,500 純 資 産 合 計 2,500 ここで 発 行 済 み 株 式 50 株 のうち 10 株 を 相 対 取 引 により 対 価 500 で 購 入 した 資 本 金 等 からの 払 戻 しとされる 部 分 =1, 株 /50 株 =200 利 益 積 立 金 の 配 当 とされる 部 分 (みなし 配 当 )= =300 この 場 合 の A 社 としての 税 務 上 の 仕 訳 は 次 のようになる 借 方 貸 方 資 本 金 等 200 現 金 500 利 益 積 立 金 300 この 結 果 A 社 の 税 務 上 の 資 本 金 等 の 額 は 1, =800 となる 本 改 正 前 は 資 本 割 の 課 税 標 準 は 800 であったが 資 本 金 + 資 本 準 備 金 は 1,000 のままであるから この 場 合 は 税 務 上 の 資 本 金 等 の 額 (800)< 資 本 金 + 資 本 準 備 金 (1,000)となり 本 改 正 後 の 事 業 税 資 本 割 の 課 税 標 準 は 1,000 となる 例 2 子 会 社 吸 収 合 併 A 社 の 資 本 の 部 の 構 成 は 次 のとおりであり 税 務 上 の 資 本 金 等 の 額 も 一 致 しているものとする 無 償 増 減 資 は 行 ったことがないものとする 会 計 上 = 会 社 法 上 = 税 務 上 資 本 金 500 資 本 準 備 金 500 資 本 金 等 合 計 1,000 A 社 には 過 年 度 に 高 額 (700)で 買 収 した 100% 子 会 社 B 社 があるが この 度 B 社 を 吸 収 合 併 することにした B 社 の 貸 借 対 照 表 は 仮 に 次 のとおりとする( 連 結 財 務 諸 表 および 税 務 上 も 同 額 ) 資 産 負 債 資 本 諸 資 産 300 諸 負 債 100 資 本 金 100 利 益 剰 余 金

4 A 社 における 会 計 上 の 受 入 仕 訳 は 仮 に 次 の 内 容 とする 借 方 貸 方 諸 資 産 300 諸 負 債 100 抱 合 せ 株 式 500 B 社 株 式 700 消 滅 差 損 この 場 合 の A 社 の 税 務 上 の 受 入 仕 訳 は 次 のようになる 借 方 貸 方 諸 資 産 300 諸 負 債 100 資 本 金 等 100 利 益 積 立 金 100 資 本 金 等 700 B 社 株 式 700 以 上 の 結 果 A 社 の 資 本 金 等 の 額 は 当 初 の 1,000 よりも 600 少 なくなり 400 となる このような 場 合 に 本 改 正 前 は 資 本 割 の 課 税 標 準 は 400 であったが 資 本 金 + 資 本 準 備 金 は 当 初 の 1,000 のままであり これが 資 本 金 等 の 額 400 より 大 きいため 本 改 正 後 の 資 本 割 の 課 税 標 準 は 1,000 となる (4) 法 人 事 業 税 付 加 価 値 割 における 所 得 拡 大 促 進 税 制 の 導 入 (2)により 法 人 事 業 税 付 加 価 値 割 の 税 率 が 引 き 上 げられることから 雇 用 者 給 与 等 支 給 額 が 増 加 している 法 人 に 対 し 負 担 が 増 加 しないよう 措 置 がとられた 具 体 的 には 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 30 年 3 月 31 日 までの 間 に 開 始 する 事 業 年 度 に 雇 用 者 給 与 等 支 給 増 加 額 が 基 準 雇 用 者 給 与 等 支 給 額 に 対 して 一 定 割 合 (3~5%) 以 上 である 法 人 については 一 定 の 要 件 を 満 たす 場 合 に 限 り その 雇 用 者 給 与 等 支 給 増 加 額 を 付 加 価 値 割 の 課 税 標 準 から 控 除 することができるこ ととされた 雇 用 者 給 与 等 支 給 額 等 の 計 算 の 概 要 は 次 のとおりであり 法 人 税 における 所 得 拡 大 促 進 税 制 における 計 算 に 準 じた 内 容 となっている(ただし 連 結 申 告 法 人 については 単 体 での 計 算 になる) 適 用 要 件 付 加 価 値 割 から 控 除 する 金 額 適 用 期 間 1~3のすべてを 満 たすこと 1 雇 用 者 給 与 等 支 給 増 加 額 ( 注 ) 増 加 促 進 割 合 ( 1) 基 準 雇 用 者 給 与 等 支 給 額 2 雇 用 者 給 与 等 支 給 額 比 較 雇 用 者 給 与 等 支 給 額 ( 2) 3 平 均 給 与 等 支 給 額 ( 1) > 比 較 平 均 給 与 等 支 給 額 ( 2) ( 注 ) 雇 用 者 給 与 等 支 給 増 加 額 = 雇 用 者 給 与 等 支 給 額 ( 2)- 基 準 雇 用 者 給 与 等 支 給 額 ( 2) 収 益 配 分 額 ( 3)- 雇 用 安 定 控 除 額 ( 4) 雇 用 者 給 与 等 支 給 増 加 額 収 益 配 分 額 ( 3) 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 30 年 3 月 31 日 までの 間 に 開 始 する 事 業 年 度 ( 1) 増 加 促 進 割 合 平 成 27 年 4 月 1 日 ~ 平 成 28 年 3 月 31 日 開 始 事 業 年 度 :3% 平 成 28 年 4 月 1 日 ~ 平 成 29 年 3 月 31 日 開 始 事 業 年 度 :4% 平 成 29 年 4 月 1 日 ~ 平 成 30 年 3 月 31 日 開 始 事 業 年 度 :5% ( 2) これらの 定 義 は 法 人 税 についての 所 得 拡 大 促 進 税 制 と 同 じである ( 3) 収 益 配 分 額 = 報 酬 給 与 額 + 純 支 払 利 子 + 純 支 払 賃 借 料 ( 4) 雇 用 安 定 控 除 額 = 報 酬 給 与 額 - 収 益 配 分 額 70% 4

5 (5) 法 人 事 業 税 の 税 率 の 改 正 に 伴 う 負 担 変 動 の 軽 減 措 置 平 成 27 年 度 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 の 間 に 開 始 する 事 業 年 度 )および 平 成 28 年 度 ( 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 29 年 3 月 31 日 の 間 に 開 始 する 事 業 年 度 )については (2)の 税 率 改 正 による 急 激 な 負 担 変 動 を 軽 減 するため 付 加 価 値 額 が 40 億 円 未 満 の 法 人 について 旧 税 率 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 の 税 率 または 平 成 28 年 3 月 31 日 現 在 の 税 率 )による 計 算 額 よりも 増 額 となる 場 合 には その 増 額 部 分 ( 超 過 額 )の 一 定 割 合 相 当 額 を 事 業 税 額 から 控 除 する 措 置 がとられることとされた 措 置 の 概 要 は 次 のとおりである 付 加 価 値 額 が 40 億 円 未 満 の 法 人 について 改 正 後 の 事 業 税 額 が 旧 税 率 により 計 算 した 金 額 を 超 過 する 場 合 平 成 27 年 度 については 改 正 後 の 事 業 税 額 が 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 の 税 率 により 計 算 した 金 額 を 超 過 する 場 合 平 成 28 年 度 については 改 正 後 の 事 業 税 額 が 平 成 28 年 3 月 31 日 現 在 の 税 率 により 計 算 した 金 額 を 超 過 する 場 合 付 加 価 値 額 事 業 税 額 から 控 除 する 金 額 30 億 円 以 下 超 過 額 30 億 円 超 40 円 億 円 未 満 超 過 額 億 円 - 付 加 価 値 額 20 億 円 2. 法 人 住 民 税 均 等 割 の 概 要 と 平 成 27 年 度 改 正 内 容 このほか 本 改 正 により 法 人 住 民 税 均 等 割 の 税 率 区 分 の 基 準 の 見 直 しが 行 われた (1) 法 人 住 民 税 の 概 要 本 改 正 の 内 容 を 見 る 前 に まず 法 人 住 民 税 の 概 要 を 確 認 しておくことにする 法 人 の 住 民 税 には 法 人 税 割 と 均 等 割 があり その 概 要 は 次 のとおりである 住 民 税 の 区 分 課 税 標 準 または 税 率 区 分 の 基 準 基 本 的 な 算 定 方 法 法 人 税 額 ( 連 結 申 告 法 人 については 個 別 帰 属 法 人 税 額 )( 地 法 三 ) 法 人 税 割 課 税 標 準 基 本 的 に 法 人 税 の 計 算 に 従 う ( 地 法 231 四 四 の 二 2921 四 四 の 二 ) 均 等 割 税 率 区 分 の 基 準 資 本 金 等 の 額 ( 地 法 ) 法 人 税 における 資 本 金 等 の 額 ( 連 結 申 告 法 人 については 連 結 個 別 資 本 金 等 の 額 )( 地 法 231 四 の 五 2921 四 の 五 ) 5

6 本 改 正 により 均 等 割 の 税 率 区 分 の 基 準 となる 資 本 金 等 の 額 について 以 下 の(2)および(3)の 改 正 が 行 わ れた (2) 資 本 金 等 の 額 に 無 償 増 減 資 等 の 金 額 を 加 減 算 する 措 置 の 創 設 1 つ 目 の 改 正 は 均 等 割 の 税 率 区 分 の 基 準 となる 資 本 金 等 の 額 について 無 償 増 減 資 等 の 金 額 を 加 減 算 す る 措 置 を 創 設 するものである これは 法 人 事 業 税 資 本 割 の 課 税 標 準 の 既 存 の 取 扱 いと 足 並 みを 揃 える 措 置 であり 以 下 のような 内 容 について 課 税 標 準 である 資 本 金 等 の 額 に 加 減 算 を 行 うこととされた 加 減 算 加 減 算 する 金 額 内 容 加 算 するもの 無 償 増 資 等 の 額 平 成 22 年 4 月 1 日 以 後 利 益 準 備 金 またはその 他 利 益 剰 余 金 によ る 無 償 増 資 を 行 った 場 合 の その 増 資 額 減 算 するもの 無 償 減 資 等 の 額 ( 資 本 金 準 備 金 取 り 崩 しによる 欠 損 填 補 額 ) 平 成 13 年 4 月 1 日 から 平 成 18 年 4 月 30 日 までの 間 に 減 資 ( 金 銭 その 他 の 資 産 を 交 付 したものを 除 く)による 欠 損 の 填 補 を 行 った 場 合 および 資 本 準 備 金 による 欠 損 の 填 補 を 行 った 場 合 の その 欠 損 の 填 補 に 充 てた 金 額 平 成 18 年 5 月 1 日 以 後 に 剰 余 金 による 損 失 の 填 補 を 行 った 場 合 の その 損 失 の 填 補 に 充 てた 金 額 ( 資 本 金 の 額 または 資 本 準 備 金 の 額 を 減 少 し その 他 資 本 剰 余 金 として 計 上 してから 1 年 以 内 に 損 失 の 填 補 に 充 てた 金 額 に 限 る ) (3) 資 本 金 等 の 額 が 資 本 金 と 資 本 準 備 金 の 合 計 額 を 下 回 る 場 合 の 措 置 の 創 設 2 つ 目 の 改 正 は 均 等 割 の 税 率 区 分 の 基 準 となる 資 本 金 等 の 額 3 について 会 社 法 上 の 資 本 金 と 資 本 準 備 金 の 合 計 額 を 下 回 る 場 合 には 当 該 会 社 法 上 の 資 本 金 と 資 本 準 備 金 の 合 計 額 を 税 率 区 分 の 基 準 として 取 り 扱 う 措 置 を 創 設 するものである 基 本 的 に 法 人 事 業 税 資 本 割 について 本 改 正 によりとられる 措 置 と 同 じであるた め 詳 細 は 1(3)をご 参 照 いただきたい この 措 置 により 過 年 度 の 組 織 再 編 等 により 資 本 金 等 の 額 が 大 幅 にマイナスされ 均 等 割 が 最 低 額 となって いるような 法 人 についても 資 本 金 と 資 本 準 備 金 の 合 計 額 により 均 等 割 が 決 定 されることになる 急 に 税 額 が 増 額 になる 可 能 性 もあるため 十 分 な 確 認 が 必 要 になると 思 われる 3 法 人 事 業 税 資 本 割 の 場 合 と 同 様 に 法 人 税 法 上 の 資 本 金 等 の 額 に 無 償 増 減 資 等 の 金 額 を 加 減 算 した 後 の 数 値 を 資 本 金 + 資 本 準 備 金 と 比 較 し いずれか 大 きい 方 が 均 等 割 の 税 率 区 分 の 基 準 となる 6

7 過 去 のニュースレター 過 去 に 発 行 されたニュースレターは 下 記 のウェブサイトをご 覧 ください 問 い 合 わせ 税 理 士 法 人 トーマツ 東 京 事 務 所 所 在 地 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 三 丁 目 3 番 1 号 新 東 京 ビル 5 階 TEL ( 代 ) 会 社 概 要 税 務 サービス 本 資 料 に 記 載 されている 内 容 の 著 作 権 はすべてデロイト トゥシュ トーマツ リミテッド そのメンバーファームまたはこれらの 関 連 会 社 ( 税 理 士 法 人 トーマツを 含 むがこれに 限 らない 以 下 デロイトネットワーク と 総 称 します)に 帰 属 します 著 作 権 法 により デロイトネットワークに 無 断 で 転 載 複 製 等 をすることはできません 本 資 料 は 関 連 税 法 およびその 他 の 有 効 な 典 拠 に 従 い 例 示 の 事 例 についての 現 時 点 における 一 般 的 な 解 釈 について 述 べたものです デ ロイトネットワークは 本 資 料 により 専 門 的 アドバイスまたはサービスを 提 供 するものではありません 貴 社 の 財 務 または 事 業 に 影 響 を 及 ぼす 可 能 性 のある 一 切 の 決 定 または 行 為 を 行 う 前 に 必 ず 資 格 のある 専 門 家 のアドバイスを 受 ける 必 要 があります また 本 資 料 中 における 意 見 にわたる 部 分 は 筆 者 の 私 見 であり デロイトネットワークの 公 式 見 解 ではありません デロイトネットワークの 各 法 人 は 本 資 料 に 依 拠 するこ とにより 利 用 者 が 被 った 損 失 について 一 切 責 任 を 負 わないものとします デロイト トーマツ グループは 日 本 におけるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド( 英 国 の 法 令 に 基 づく 保 証 有 限 責 任 会 社 )のメンバーファー ムおよびそのグループ 法 人 ( 有 限 責 任 監 査 法 人 トーマツ デロイト トーマツ コンサルティング 合 同 会 社 デロイト トーマツ ファイナンシャル アドバイザリー 合 同 会 社 税 理 士 法 人 トーマツおよび DT 弁 護 士 法 人 を 含 む)の 総 称 です デロイト トーマツ グループは 日 本 で 最 大 級 のビジ ネスプロフェッショナルグループのひとつであり 各 法 人 がそれぞれの 適 用 法 令 に 従 い 監 査 税 務 法 務 コンサルティング ファイナンシャ ルアドバイザリー 等 を 提 供 しています また 国 内 約 40 都 市 に 約 7,900 名 の 専 門 家 ( 公 認 会 計 士 税 理 士 弁 護 士 コンサルタントなど)を 擁 し 多 国 籍 企 業 や 主 要 な 日 本 企 業 をクライアントとしています 詳 細 はデロイト トーマツ グループ Web サイト( 覧 く ださい Deloitte(デロイト)は 監 査 コンサルティング ファイナンシャル アドバイザリーサービス リスクマネジメント 税 務 およびこれらに 関 連 する サービスを さまざまな 業 種 にわたる 上 場 非 上 場 のクライアントに 提 供 しています 全 世 界 150 を 超 える 国 地 域 のメンバーファームのネット ワークを 通 じ デロイトは 高 度 に 複 合 化 されたビジネスに 取 り 組 むクライアントに 向 けて 深 い 洞 察 に 基 づき 世 界 最 高 水 準 の 陣 容 をもって 高 品 質 なサービスを 提 供 しています デロイトの 約 210,000 名 を 超 える 人 材 は standard of excellence となることを 目 指 しています Deloitte(デロイト)とは 英 国 の 法 令 に 基 づく 保 証 有 限 責 任 会 社 であるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド( DTTL )ならびにそのネットワ ーク 組 織 を 構 成 するメンバーファームおよびその 関 係 会 社 のひとつまたは 複 数 を 指 します DTTL および 各 メンバーファームはそれぞれ 法 的 に 独 立 した 別 個 の 組 織 体 です DTTL(または Deloitte Global )はクライアントへのサービス 提 供 を 行 いません DTTL およびそのメンバーフ ァームについての 詳 細 は をご 覧 ください For information, contact Deloitte Tohmatsu Tax Co. Member of Deloitte Touche Tohmatsu Limited 7

Japan Tax Newsletter

Japan Tax Newsletter Japan Tax Newsletter 税 理 士 法 人 トーマツ 2015 年 2 月 1 日 号 東 京 事 務 所 シニアマネジャー 中 島 礼 子 ( 税 理 士 ) 法 人 実 効 税 率 引 下 げ 欠 損 金 の 繰 越 期 限 の 延 長 について ~ 平 成 27 年 度 税 制 改 正 大 綱 を 受 けて~ 1 はじめに 平 成 27 年 1 月 14 日 平 成 27 年

More information

Japan Tax Newsletter

Japan Tax Newsletter Japan Tax Newsletter 税 理 士 法 人 トーマツ 2015 年 1 月 臨 時 号 平 成 27 年 度 税 制 改 正 大 綱 の 概 要 1 法 人 税 率 の 引 下 げ P. 2 2 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 等 P. 2 3 欠 損 金 の 繰 越 控 除 制 度 等 の 見 直 し P. 3 4 受 取 配 当 等 の 益 金 不 算 入

More information

Global Tax Update

Global Tax Update Global Tax Update ドイツ 税 理 士 法 人 トーマツ 2014 年 12 月 本 ニュースレターは 英 文 ニュースレターの 翻 訳 版 です 日 本 語 訳 と 原 文 ( 英 文 )に 差 異 が 生 じた 場 合 には 原 文 が 優 先 されます PE 帰 属 利 益 に 係 る 規 則 の 最 終 版 を 承 認 2015 年 1 月 1 日 以 後 開 始 事 業 年

More information

基礎からのM&A 講座 第9 回 M&A の論点 (2)ストラクチャー

基礎からのM&A 講座 第9 回 M&A の論点 (2)ストラクチャー 基 礎 からの M&A 講 座 第 9 回 M&A の 論 点 (2)ストラクチャー デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー 株 式 会 社 コーポレートファイナンシャルアドバイザリー 西 崎 祐 喜 はじめに 基 礎 からの M&A 講 座 第 8 回 から M&A の 個 別 論 点 について 解 説 しているが 今 回 は M&A で 論 点 となりやすいストラク チャーに 焦 点

More information

(1) 新 規 設 立 に 関 するもの 以 下 の 会 社 形 態 業 態 における 最 低 資 本 金 登 録 資 本 の 払 込 期 限 の 要 求 などが 撤 廃 されました 会 社 形 態 業 態 関 連 規 定 主 な 改 定 条 文 と 内 容 株 式 会 社 外 商 投 資 株 式

(1) 新 規 設 立 に 関 するもの 以 下 の 会 社 形 態 業 態 における 最 低 資 本 金 登 録 資 本 の 払 込 期 限 の 要 求 などが 撤 廃 されました 会 社 形 態 業 態 関 連 規 定 主 な 改 定 条 文 と 内 容 株 式 会 社 外 商 投 資 株 式 投 資 情 報 最 低 資 本 金 要 求 等 を 撤 廃 2015 年 10 月 28 日 商 務 部 は 一 部 の 規 定 および 規 範 性 文 書 の 改 正 に 関 する 決 定 ( 商 務 部 令 2015 年 第 2 号 以 下 2 号 令 と 表 記 )を 公 布 即 日 施 行 しました これにより 外 国 投 資 者 が 中 国 で 設 立 する 株 式 会 社 投 資 性 公

More information

株式買収価格の調整方法

株式買収価格の調整方法 株 式 買 収 価 格 の 調 整 方 法 : Completion Adjustment 方 式 対 Locked Box 方 式 デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー 合 同 会 社 パートナー 門 田 直 之 1. 株 式 譲 渡 価 格 の 調 整 方 法 国 内 国 外 を 問 わず M&A 取 引 では 対 象 会 社 の 財 務 情 報 を 利 用 した 価 値 評 価

More information

Slide 1

Slide 1 M&A 経 験 企 業 にみるM&A 実 態 調 査 (2013 年 ) デロイト トーマツ コンサルティング 株 式 会 社 M&A 経 験 企 業 にみるM&A 実 態 調 査 (2013 年 ) 実 施 概 要 本 サーベイの 概 要 調 査 期 間 2013 年 4 月 ~5 月 調 査 対 象 過 去 5 年 間 に 買 収 売 却 を 実 施 した 日 本 企 業 1,500 社 *1

More information

金 融 負 債 の 分 類 および 測 定 に 関 する IFRS 第 9 号 のガイダンスは 現 在 IAS 第 39 号 に 含 まれる 金 融 負 債 の 分 類 規 準 を 変 更 していない 言 い 換 えれば 金 融 負 債 は 引 き 続 き 全 部 または 一 部 が 償 却 原 価

金 融 負 債 の 分 類 および 測 定 に 関 する IFRS 第 9 号 のガイダンスは 現 在 IAS 第 39 号 に 含 まれる 金 融 負 債 の 分 類 規 準 を 変 更 していない 言 い 換 えれば 金 融 負 債 は 引 き 続 き 全 部 または 一 部 が 償 却 原 価 IFRS Global office 2010 年 11 月 IFRS in Focus IASB 金 融 負 債 の 会 計 に 関 する IFRS 第 9 号 の 改 訂 を 公 表 注 : 本 資 料 は Deloitte の IFRS Global Office が 作 成 し 有 限 責 任 監 査 法 人 トーマツ が 翻 訳 したものです この 日 本 語 版 は 読 者 のご 理 解

More information

FTA EPAの 戦 略 的 活 用 -それはグローバル 経 営 の 重 要 なテーマです- 注 目 が 高 まるTPP( 環 太 平 洋 戦 略 的 経 済 連 携 協 定 ) RCEP( 東 アジア 地 域 包 括 的 経 済 連 携 ) 日 欧 EPAをはじめ すでに 発 効 されているFTA

FTA EPAの 戦 略 的 活 用 -それはグローバル 経 営 の 重 要 なテーマです- 注 目 が 高 まるTPP( 環 太 平 洋 戦 略 的 経 済 連 携 協 定 ) RCEP( 東 アジア 地 域 包 括 的 経 済 連 携 ) 日 欧 EPAをはじめ すでに 発 効 されているFTA F TA E PA を 戦 略 的 に 活 用 する 通 商 Webサービス ~Trade Compass ~ 関 税 コスト 削 減 や 中 長 期 投 資 の 精 度 向 上 など 企 業 にFTA EPAを 活 用 した 通 商 の 航 路 を 開 きます FTA EPAの 戦 略 的 活 用 -それはグローバル 経 営 の 重 要 なテーマです- 注 目 が 高 まるTPP( 環 太 平 洋

More information

図 表 若 手 中 堅 社 員 の 育 成 と 社 長 のリーダーシップ および 管 理 職 のマネジメント 力 との 相 関 社 長 のリーダーシップ 管 理 職 のマネジメント 力 能 力 向 上 相 関 なし 相 関 あり(r=.297, p<.0) 若 手 中 堅 社 員 期 待 通 りの

図 表 若 手 中 堅 社 員 の 育 成 と 社 長 のリーダーシップ および 管 理 職 のマネジメント 力 との 相 関 社 長 のリーダーシップ 管 理 職 のマネジメント 力 能 力 向 上 相 関 なし 相 関 あり(r=.297, p<.0) 若 手 中 堅 社 員 期 待 通 りの News Release 205 年 月 9 日 トーマツ イノベーション 株 式 会 社 中 小 企 業 の 人 材 育 成 に 関 する 調 査 研 究 の 結 果 を 発 表 日 本 初 となる 経 営 者 人 事 担 当 者 管 理 職 およびその 部 下 への 中 小 企 業 の 人 材 育 成 に 関 する 調 査 研 究 中 小 企 業 の 人 材 育 成 は 経 験 マネジメント がカギ

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション Deloitte Analytics PLSA( 確 率 的 潜 在 意 味 解 析 法 ) 行 と 列 を 同 時 にクラスタリングする 新 たな 知 識 発 見 手 法 複 雑 なビッグデータをシンプルに 解 釈 可 能 にする 新 しいクラスタリング 技 術 を 紹 介 する PLSAとは ビッグデータから 有 用 な 知 識 を 抽 出 する 技 術 として 人 工 知 能 の 分 野 でPLSAという

More information

基礎からのM&A講座 第10回 M&Aの論点(3) 契約の留意点

基礎からのM&A講座 第10回 M&Aの論点(3) 契約の留意点 基 礎 からの M& &A 講 座 第 10 回 M&A の 論 点 (3) 契 約 の 留 意 点 デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー 株 式 会 社 コー ーポレートファイナンシャルアドバイザリー 田 中 孝 学 はじめに 基 礎 からの M& &A 講 座 第 8回 から M&A の 個 別 論 点 について 解 説 しているが 今 回 は M&A 取 引 に 関 連 して 締

More information

Industry Eye 第14回 資源・エネルギー(電力市場)

Industry Eye  第14回 資源・エネルギー(電力市場) Industry Eye 第 14 回 資 源 エネルギー( 電 力 市 場 ): 電 力 自 由 化 に 係 るビジネスの 方 向 デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー 合 同 会 社 資 源 エネルギー 担 当 ヴァイスプレジデント 亀 田 尚 史 I. はじめに 2016 年 4 月 には 残 された 低 圧 部 門 が 自 由 化 されることにより 電 力 は 全 面 自 由

More information

基礎からのM&A 講座 第5 回 M&A プロセス(2)買収候補のスクリーニング

基礎からのM&A 講座 第5 回 M&A プロセス(2)買収候補のスクリーニング 基 礎 からの M&A 講 座 第 5 回 M&A プロセス(2) 買 収 候 補 のスクリーニング デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー 株 式 会 社 コーポレートファイナンシャルアドバイザリー 高 橋 優 斗 はじめに 基 礎 からの M&A 講 座 第 3 回 では 実 際 の M&A 案 件 のプロセスの 流 れ について 解 説 し 第 4 回 では 案 件 プロセスのス

More information

サービスパンフレットについて

サービスパンフレットについて 2014 年 版 グローバルアウトソーシング インソーシング サーベイ 結 果 概 要 ( 抄 訳 版 ) デロイト グローバル アウトソーシング インソーシング サーベイについて グローバル アウトソーシング インソーシング サーベイは グローバルレベルでのアウトソーシング インソーシングの 実 態 トレンド 把 握 を 目 的 に デロイトが 隔 年 で 実 施 しているサーベイである 調 査

More information

Keys to success in multi-channel marketing in Japan

Keys to success in multi-channel marketing in Japan オーファンビジネスにおける マーケティングモデル 要 旨 希 少 疾 患 では 初 期 症 状 による 受 診 から 確 定 診 断 までに 十 数 年 かかるケースも 少 なくない オーファンビジ ネスにおいては 製 薬 企 業 は 薬 剤 の 開 発 安 定 供 給 のみではなく 一 日 でも 早 い 確 定 診 断 投 薬 開 始 による 患 者 の 重 症 化 防 止 も 使 命 として 欲

More information

しかしながら IAS 第 31 号 からの 変 更 とし て 別 個 の 法 的 事 業 体 を 含 むジョイント ア レンジメントだからとい って ジョイント オペ レーション として 会 計 処 理 することを 妨 げな い IFRS 第 11 号 は ジョイント アレンジメントについて 法 的

しかしながら IAS 第 31 号 からの 変 更 とし て 別 個 の 法 的 事 業 体 を 含 むジョイント ア レンジメントだからとい って ジョイント オペ レーション として 会 計 処 理 することを 妨 げな い IFRS 第 11 号 は ジョイント アレンジメントについて 法 的 IFRS Global office 2011 年 6 月 注 : 本 資 料 は Deloitte の IFRS Global Office が 作 成 し 有 限 責 任 監 査 法 人 トーマツ が 翻 訳 したものです この 日 本 語 版 は 読 者 のご 理 解 の 参 考 までに 作 成 したものであり 原 文 については 英 語 版 ニュースレターをご 参 照 下 さい IFRS industry

More information

3

3 イノベーションの活用 デロイトトーマツグループは日本におけるデロイトトウシュトーマツリミテッド ( 英国の法令に基づく保証有限責任会社 ) のメンバーファームおよびそのグループ法人 ( 有限責任監査法人トーマツ デロイトトーマツコンサルティング合同会社 デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー合同会社 税理士法人トーマツおよび DT 弁護士法人を含む ) の総称です デロイトトーマツグループは日本で最大級のビジネスプロフェッショナルグループのひとつであり

More information

事 業 税 の 外 形 標 準 課 税 事 業 税 は 都 道 府 県 が 所 得 ( 利 益 )に 対 して 課 税 します 1. 個 人 事 業 税 業 種 区 分 税 率 ( 標 準 税 率 ) 第 1 種 事 業 ( 物 品 販 売 業 製 造 業 金 銭 貸 付 業 飲 食 店 業 不 動

事 業 税 の 外 形 標 準 課 税 事 業 税 は 都 道 府 県 が 所 得 ( 利 益 )に 対 して 課 税 します 1. 個 人 事 業 税 業 種 区 分 税 率 ( 標 準 税 率 ) 第 1 種 事 業 ( 物 品 販 売 業 製 造 業 金 銭 貸 付 業 飲 食 店 業 不 動 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 UP!Consulting Up Newsletter 事 業 税 の 外 形 標 準 課 税 減 資 による 欠 損 填 補 と 資 本 金 等 の 額 http://www.up-firm.com 1 事 業 税 の 外 形 標 準 課 税 事 業 税 は 都 道 府 県 が 所 得 ( 利 益 )に 対 して 課 税 します

More information

「Industry Eye」 第5 回プライベート・エクイティ・ファンド

「Industry Eye」 第5 回プライベート・エクイティ・ファンド Industry Eye 第 5 回 プライベート エクイティ ファンド 近 年 に おけるわが 国 の PE ファンドの 動 向 デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー 株 式 会 社 C&I プライベート エクイティ ファンド 担 当 シニアヴァイスプレジデント 永 松 博 幸 I. はじめに プライベート エクイティ ファンド( 以 下 PE ファンド )の 活 動 は いわゆるリーマンショックの

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

個人の税金 Q&A

個人の税金 Q&A 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除

More information

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

201312 6.4%222 20146 CFO F Peter F Drucker 1909 年 オーストリア 生 まれ アメリカの 経 営 学 者 現 代 経 営 学 の 祖 マ ネジメントの 発 明 者 と 呼 ばれ 20 世 紀 後 半 世 界 中 の 経 営 者 に 多 大 な 影 響 を

201312 6.4%222 20146 CFO F Peter F Drucker 1909 年 オーストリア 生 まれ アメリカの 経 営 学 者 現 代 経 営 学 の 祖 マ ネジメントの 発 明 者 と 呼 ばれ 20 世 紀 後 半 世 界 中 の 経 営 者 に 多 大 な 影 響 を CFO 経 営 学 者 ピ ー タ ー F ド ラ ッ カ ー 2014 ISSUE 07 Photo EPA Entrepreneurs focus on profits. But it comes last rather than first. Cash flow, capital and controls come much earlier. Without them, the profit

More information

企業結合ステップ2に関連するJICPA実務指針等の改正について③・資本連結実務指針(その2)

企業結合ステップ2に関連するJICPA実務指針等の改正について③・資本連結実務指針(その2) 会 計 監 査 企 業 結 合 ステップ2に 関 連 するJICPA 実 務 指 針 等 の 改 正 について3 資 本 連 結 実 務 指 針 (その2) 公 認 会 計 士 長 ながぬま 沼 ようすけ 洋 佑 1.はじめに 平 成 26 年 2 月 24 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 (JICPA)は 企 業 会 計 基 準 委 員 会 (ASBJ)によ り 平 成 25 年 9 月

More information

サービスパンフレットについて

サービスパンフレットについて シリーズ Predictions 2020-2030 第 1 回 未 来 の 医 療 /ライフサイエンス 企 業 はどのように 戦 うか? 要 旨 経 済 人 口 ともにアジア アフリカを 中 心 として 拡 大 し 続 ける 中 で 新 興 国 や 発 展 途 上 国 での 生 活 環 境 の 向 上 から 地 域 間 での 疾 患 構 造 の 差 が 縮 まり 多 くの 人 が 生 活 習 慣

More information

第一部【証券情報】

第一部【証券情報】 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 本 書 の 日 付 現 在 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 い( 本 投 資 法 人 が 上 場 することを 前 提 とします )は 以 下 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以

More information

スライド 1

スライド 1 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 地 方 公 営 企 業 とは 那 覇 市 上 下 水 道 局 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 な 考 え 方 地 方 公 営 企 業 の 会 計 制 度 は 地 方 公 営 企 業 法 及 び 関 係 政 省 令 の 改 正 に 伴 い 昭 和 41 年 以 来 約 半 世 紀 ぶりに

More information

<4D F736F F D EF8ED EF8C768AEE8F8082C C90C E A837E B312E646F63>

<4D F736F F D EF8ED EF8C768AEE8F8082C C90C E A837E B312E646F63> 3 税 務 上 金 等 額 会 社 法 会 計 基 準 と 法 人 税 法 1. います 税 資 務 本 上 金 の 等 株 の 主 額 資 の 本 増 の 減 (1) 発 行 または 部 の 自 増 己 減 株 は 式 の 譲 人 渡 税 法 施 行 令 8 条 9 条 にそのすべてが 記 載 されて の 付 交 自 付 己 とされます( 株 式 の 譲 渡 は 計 規 会 計 36) では 会

More information

目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった 事 例 1 事 例 3 持 株 奨 励 金 を

目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった 事 例 1 事 例 3 持 株 奨 励 金 を 外 形 標 準 課 税 に 関 する 申 告 誤 り 事 例 ( 調 査 で 判 明 した 事 例 ) 平 成 28 年 3 月 福 井 県 税 事 務 所 目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった

More information

IFRS(IAS第19号)適用に関する論点─シリーズ③_退職給付債務の評価─死亡率

IFRS(IAS第19号)適用に関する論点─シリーズ③_退職給付債務の評価─死亡率 会 計 監 査 IFRS(IAS 第 19 号 ) 適 用 に 関 する 論 点 シリーズ3 退 職 給 付 債 務 の 評 価 死 亡 率 年 金 数 理 人 植 うえむら 村 ともかず 朋 和 今 回 のIFRS(IAS 第 19 号 ) 適 用 に 関 する 論 点 シ リーズでは 退 職 給 付 債 務 の 計 算 基 礎 の 一 つである 死 亡 率 を 取 り 上 げ 今 回 も 割 引

More information

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す 9 退 職 金 事 務 に 関 する 注 意 事 項 1 労 務 管 理 の 観 点 から( 労 働 契 約 法 労 働 基 準 法 関 係 ) そもそも 退 職 金 の 支 給 は 法 人 の 任 意 で 必 ず 支 払 わなくてはならないものではありませんが 賃 金 の 後 払 いとして あるいは 長 年 の 功 労 への 報 償 や 退 職 後 の 生 活 保 障 として 制 度 を 設 ける

More information

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと Tax news letter www.kotaka-tax.com tax.com 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 の 主 な 改 正 点 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されました 本 ニュースレターでは 特 に 個 人 富 裕 層 中 小 企 業 オーナー 並 びに 中 小 企 業 に 関 する 主 な 改 正 点 についてご 紹 介 いたします

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

2

2 モバイルナレッジ ご 利 用 ガイド 管 理 者 用 Ver.20160920 トーマツ イノベーション 株 式 会 社 2 目 次 I. 初 期 設 定 1. ログイン 5 2. ユーザー 登 録 (1) 個 別 登 録 6 (2) 一 括 登 録 8 (3) ユーザー 修 正 11 (4) ユーザー 削 除 12 3. 管 理 者 登 録 (1) マスター 管 理 者 登 録 14 (2) 一

More information

Microsoft Word sozei-sample1.doc

Microsoft Word sozei-sample1.doc 第 1 章 受 取 配 当 等 の 益 金 不 算 入 Ⅱ 第 1 節 受 取 配 当 等 の 益 金 不 算 入 の 趣 旨 (A) 法 人 が, 他 の 内 国 法 人 から 利 益 の 配 当 等 を 受 けた 場 合 には, 企 業 会 計 上, 営 業 外 収 益 に 計 上 されるため, 収 益 の 額 を 構 成 する しかし, 法 人 税 法 上 は, 別 段 の 定 めにより, 原

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

会計制度委員会研究資料第4号「時価の算定に関する研究資料~非金融商品の時価算定~」の概要(会計情報2013年9月号)  

会計制度委員会研究資料第4号「時価の算定に関する研究資料~非金融商品の時価算定~」の概要(会計情報2013年9月号)   会 計 監 査 会 計 制 度 委 員 会 研 究 資 料 第 4 号 時 価 の 算 定 に 関 す る 研 究 資 料 非 金 融 商 品 の 時 価 算 定 の 概 要 公 認 会 計 士 こ 小 ぼり 堀 かずひで 一 英 はじめに 日 本 公 認 会 計 士 協 会 (JICPA)は 平 成 25 年 7 月 9 日 付 けで 会 計 制 度 委 員 会 研 究 資 料 第 4 号 時 価

More information

Microsoft Word - 外貨建取引.docx

Microsoft Word - 外貨建取引.docx 外 貨 建 取 引 第 1 回 : 外 貨 建 取 引 と 在 外 支 店 の 換 算 2010.09.02 新 日 本 有 限 責 任 監 査 法 人 公 認 会 計 士 山 岸 聡 はじめに 外 貨 建 取 引 等 会 計 処 理 基 準 ( 以 下 会 計 基 準 )および 会 計 制 度 委 員 会 報 告 第 4 号 外 貨 建 取 引 等 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 指 針

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

Microsoft PowerPoint - 税制上の特例.pptx

Microsoft PowerPoint - 税制上の特例.pptx (1) 被 災 地 の 雇 用 機 会 の 確 保 のための 税 制 上 の 特 例 措 置 (~28 年 3 月 末 ) 復 興 産 業 集 積 区 域 内 において 雇 用 に 大 きな 被 害 が 生 じた 地 域 の 雇 用 機 会 の 確 保 に 寄 与 する 事 業 を 行 う 個 人 事 業 者 又 は 法 人 ( 新 規 立 地 促 進 税 制 は 法 人 のみ)を 対 象 として

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Ⅱ 国 地 方 公 共 団 体 公 共 公 益 法 人 等 の 消 費 税 Q&A ( 問 1) 免 税 期 間 における 起 債 の 償 還 元 金 に 充 てるための 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 Q 地 方 公 共 団 体 の 特 別 会 計 が 消 費 税 の 納 税 義 務 が 免 除 される 課 税 期 間

More information

損 益 計 算 書 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 から 平 成 24 年 3 月 31 日 まで) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 鉄 道 事 業 営 業 収 益 99,036 営 業 費 75,997 営 業 利 益 23,039 そ の 他 の 事 業 営 業 収 益 7

損 益 計 算 書 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 から 平 成 24 年 3 月 31 日 まで) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 鉄 道 事 業 営 業 収 益 99,036 営 業 費 75,997 営 業 利 益 23,039 そ の 他 の 事 業 営 業 収 益 7 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 69,417 流 動 負 債 91,626 現 金 及 び 預 金 1,528 短 期 借 入 金 33,638 未 収 運 賃 4,523 リ ー ス 債 務 471 未 収 金 13,533 未 払

More information

1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご 活 用 ください

1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご 活 用 ください ~ 平 成 25 年 度 税 制 改 正 ~ 新 しい 事 業 承 継 税 制 の 概 要 平 成 25 年 6 月 1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご

More information

c. 投 資 口 の 譲 渡 に 係 る 税 務 個 人 投 資 主 が 投 資 口 を 譲 渡 した 際 の 譲 渡 益 は 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 として 原 則 20%( 所 得 税 15% 住 民 税 5%)の 税 率 による 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となりま

c. 投 資 口 の 譲 渡 に 係 る 税 務 個 人 投 資 主 が 投 資 口 を 譲 渡 した 際 の 譲 渡 益 は 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 として 原 則 20%( 所 得 税 15% 住 民 税 5%)の 税 率 による 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となりま (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 以 下 のとおりです な お 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

投資法人に関する制度改正による税務上の影響

投資法人に関する制度改正による税務上の影響 KPMG Insight Vol. 7 / Jul. 2014 1 投 資 法 人 に 関 する 制 度 改 正 による 税 務 上 の 影 響 KPMG 税 理 士 法 人 トランザクションアドバイザリーグループ パートナー 竹 宮 裕 二 シニアマネジャー 半 田 太 一 J-REIT( 日 本 版 不 動 産 投 資 信 託 )は 発 足 より10 年 以 上 の 年 月 が 経 過 し 安

More information

基礎からのM&A 講座 第7 回

基礎からのM&A 講座 第7 回 基 礎 からの M&A 講 座 第 7 回 M&A プロセス(4) 統 合 (クロージング PMI) デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー 株 式 会 社 松 浦 康 夫 はじめに 基 礎 からの M&A 講 座 の 第 4 回 ~6 回 で M&A 戦 略 策 定 から 買 収 候 補 を 選 定 し 交 渉 の 入 り 口 としてのデューデリジェン スを 行 うところまでの M&A

More information

平 成 21 年 度 税 制 改 正 における 事 業 承 継 税 制 のポイント 事 業 承 継 が 厳 しい 状 況 となっている 中 小 企 業 に 対 し 株 式 の 相 続 のみならず 生 前 贈 与 に 伴 う 後 継 者 の 納 税 を 猶 予 し 事 業 承 継 の 一 層 の 円

平 成 21 年 度 税 制 改 正 における 事 業 承 継 税 制 のポイント 事 業 承 継 が 厳 しい 状 況 となっている 中 小 企 業 に 対 し 株 式 の 相 続 のみならず 生 前 贈 与 に 伴 う 後 継 者 の 納 税 を 猶 予 し 事 業 承 継 の 一 層 の 円 2009 年 2 月 新 日 本 アーンスト アンド ヤング 税 理 士 法 人 日 本 Newsletter 平 成 21 年 度 税 制 改 正 における 事 業 承 継 税 制 のポイント 新 たな 公 益 法 人 制 度 と 税 制 ( 上 ) Contents 平 成 21 年 度 税 制 改 正 における 事 業 承 継 税 制 のポイント Ⅰ. 非 上 場 株 式 等 に 係 る 相

More information

2016年3月期用 3月末改訂版 公表済みであるが未適用のIFRSs

2016年3月期用 3月末改訂版 公表済みであるが未適用のIFRSs 東 京 都 千 代 田 区 内 幸 町 二 丁 目 2 番 3 号 日 比 谷 国 際 ビル 100-0011 Tel:+81 3 3503 1100( 代 表 ) www.shinnihon.or.jp :2016 年 4 月 1 日 2016 年 3 月 期 用 公 表 されているが 未 だ 適 用 されていない IFRSs の 一 覧 (2016 年 3 月 31 日 現 在 ) 1. 本 資

More information

(2) 実 務 上 の 取 扱 い 減 価 償 却 の 方 法 は 会 計 方 針 にあたるため その 変 更 は 本 来 会 計 方 針 の 変 更 として 遡 及 適 用 の 対 象 と なります しかしながら 減 価 償 却 方 法 の 変 更 については 会 計 方 針 の 変 更 を 会

(2) 実 務 上 の 取 扱 い 減 価 償 却 の 方 法 は 会 計 方 針 にあたるため その 変 更 は 本 来 会 計 方 針 の 変 更 として 遡 及 適 用 の 対 象 と なります しかしながら 減 価 償 却 方 法 の 変 更 については 会 計 方 針 の 変 更 を 会 平 成 24 年 3 月 期 から 会 計 上 の 変 更 及 び 誤 謬 の 訂 正 に 関 する 会 計 基 準 ( 以 下 過 年 度 遡 及 会 計 基 準 ) ( 企 業 会 計 基 準 第 24 号 平 成 21 年 12 月 4 日 )が 新 たに 適 用 されます また 平 成 23 年 3 月 期 から 導 入 された 資 産 除 去 債 務 に 関 する 会 計 基 準 ( 企

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

Microsoft Word - 平27答申.doc

Microsoft Word - 平27答申.doc 平 成 28 年 3 月 17 日 中 小 法 人 の 範 囲 と 税 制 のあり 方 について - 平 成 27 年 度 諮 問 に 対 する 答 申 - 日 本 税 理 士 会 連 合 会 税 制 審 議 会 税 制 審 議 会 委 員 名 簿 本 答 申 の 審 議 に 参 加 した 特 別 委 員 及 び 専 門 委 員 は 次 のとおりである 特 別 委 員 ( 会 長 ) 金 子 宏

More information

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期 (12) 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 36 4 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 は 法 第 36 条 第 3 項 に 規 定 するもの を 除 き それぞれ 次 に 掲 げる 日 によるものとする ⑴ 剰 余 金 の 配 当 利 益 の 配 当 剰 余 金 の 分 配 又 は 基 金 利 息 ( 以 下 この 項 におい て 剰 余

More information

Ⅰ 中 小 企 業 の 事 業 承 継 に 関 する 問 題 を 解 決 する 経 営 承 継 円 滑 化 法 1 オーナー 経 営 者 に 生 じるさまざまな 問 題 オーナー 経 営 者 の 場 合 自 社 株 式 の 大 部 分 を 所 有 しているケースがほとんどです その ようなオーナー

Ⅰ 中 小 企 業 の 事 業 承 継 に 関 する 問 題 を 解 決 する 経 営 承 継 円 滑 化 法 1 オーナー 経 営 者 に 生 じるさまざまな 問 題 オーナー 経 営 者 の 場 合 自 社 株 式 の 大 部 分 を 所 有 しているケースがほとんどです その ようなオーナー 経 営 承 継 円 滑 化 法 の 事 業 承 継 対 策 Ⅰ 中 小 企 業 の 事 業 承 継 に 関 する 問 題 を 解 決 する 経 営 承 継 円 滑 化 法 1.オーナー 経 営 者 に 生 じるさまざまな 問 題 2. 納 税 資 金 確 保 の 必 要 性 3. 円 滑 な 事 業 承 継 を 行 うための 経 営 承 継 円 滑 化 法 Ⅱ 納 税 資 金 の 確 保 対 策 1.

More information

結 論 の 背 景 26 検 討 の 経 緯 26 自 己 株 式 の 会 計 処 理 及 び 表 示 29 自 己 株 式 の 取 得 及 び 保 有 29 自 己 株 式 の 処 分 34 自 己 株 式 の 消 却 44 自 己 株 式 の 処 分 及 び 消 却 時 の 帳 簿 価 額 の

結 論 の 背 景 26 検 討 の 経 緯 26 自 己 株 式 の 会 計 処 理 及 び 表 示 29 自 己 株 式 の 取 得 及 び 保 有 29 自 己 株 式 の 処 分 34 自 己 株 式 の 消 却 44 自 己 株 式 の 処 分 及 び 消 却 時 の 帳 簿 価 額 の 企 業 会 計 基 準 第 1 号 自 己 株 式 及 び 準 備 金 の 額 の 減 少 等 に 関 する 会 計 基 準 平 成 14 年 2 月 21 日 改 正 平 成 17 年 12 月 27 日 改 正 平 成 18 年 8 月 11 日 最 終 改 正 平 成 2 7 年 3 月 2 6 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 会 計 基 準 3 範 囲 3 用

More information

改 訂 履 歴 項 番 日 付 訂 版 ページ 番 号 改 訂 者 改 訂 内 容 1 2016/03/26 1.0 - トーマツイノベーション 新 規 作 成 2 2016/07/04 2.0 P.13~17 P.22~27 トーマツイノベーション 代 理 予 約 の 方 法 をセミナー 一 覧

改 訂 履 歴 項 番 日 付 訂 版 ページ 番 号 改 訂 者 改 訂 内 容 1 2016/03/26 1.0 - トーマツイノベーション 新 規 作 成 2 2016/07/04 2.0 P.13~17 P.22~27 トーマツイノベーション 代 理 予 約 の 方 法 をセミナー 一 覧 トーマツ イノベーション 株 式 会 社 セミナー 予 約 システム ユーザーマニュアル( 受 講 管 理 者 編 ) Ver.2.0 改 訂 履 歴 項 番 日 付 訂 版 ページ 番 号 改 訂 者 改 訂 内 容 1 2016/03/26 1.0 - トーマツイノベーション 新 規 作 成 2 2016/07/04 2.0 P.13~17 P.22~27 トーマツイノベーション 代 理 予 約

More information

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法 平 成 28 年 度 特 別 区 民 税 ( 住 民 税 )の 算 出 方 法 平 成 28 年 1 月 1 日 現 在 渋 谷 区 内 に 住 所 がある 人 に 対 して 平 成 27 年 の 1 月 から 12 月 までの 1 年 間 の 所 得 を 基 礎 に 税 額 を 算 出 します 住 民 税 の 算 出 方 法 は 次 のとおりです なお 区 内 に 住 所 がなく 区 内 に 事

More information

<323031358DE096B1838C837C815B83673237313030398ECA905E93FC2E786C7378>

<323031358DE096B1838C837C815B83673237313030398ECA905E93FC2E786C7378> 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 財 務 レポート ( 平 成 27 年 10 月 ) 事 業 年 度 2014 年 4 月 1 日 ー2015 年 3 月 31 日 は じ め に 平 成 26 事 業 年 度 の 財 務 諸 表 について 平 成 27 年 8 月 31 日 付 で 東 京 都 知 事 の 承 認 を 受 けましたので ここに 公 表 します 加 えて 今 回 発

More information

目 次 1. 中 国 - 日 本 二 国 間 の 取 引 に 対 する 課 税 に 関 する 問 題... 1 1.1 日 本 親 会 社 からの 技 術 指 導 料 に 対 する 課 税 問 題... 1 1.2 長 期 に 渡 り 未 払 状 態 である 債 務 の 処 理... 3 1.3 中

目 次 1. 中 国 - 日 本 二 国 間 の 取 引 に 対 する 課 税 に 関 する 問 題... 1 1.1 日 本 親 会 社 からの 技 術 指 導 料 に 対 する 課 税 問 題... 1 1.2 長 期 に 渡 り 未 払 状 態 である 債 務 の 処 理... 3 1.3 中 < 中 国 税 務 会 計 情 報 > 中 国 内 の 日 系 企 業 に 散 見 される 税 務 上 の 問 題 等 についての 考 察 2013 年 3 月 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 目 次 1. 中 国 - 日 本 二 国 間 の 取 引 に 対 する 課 税 に 関 する 問 題... 1 1.1 日 本 親 会 社 からの 技 術 指 導 料 に

More information

平成25年度決算への新会計基準の影響

平成25年度決算への新会計基準の影響 平 成 25 年 度 決 算 への 新 会 計 基 準 の 影 響 枚 方 市 上 下 水 道 局 2015/03/31 新 会 計 基 準 適 用 による 決 算 への 影 響 解 説 目 次 平 成 25 年 度 決 算 の 概 況... 1 地 方 公 営 企 業 会 計 の 特 徴... 1 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 見 直 しの 概 要... 3 借 入 賅 本 金 制 度

More information

別 紙 平 成 2 7 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上

別 紙 平 成 2 7 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 別 紙 平 成 2 7 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 継 続 し 借 入 申 込 日 において 貯 蓄 残 高 が50 万 円 以 上 ある 者 2 融

More information

1. 相 続 税 (1) 基 礎 控 除 額 の 引 き 下 げ 1) 改 正 の 趣 旨 現 在 の 相 続 税 の 仕 組 みは 下 図 の 通 りです すなわち 合 計 課 税 価 格 から 基 礎 控 除 額 を 除 いた 課 税 遺 産 総 額 が 相 続 税 の 計 算 の 対 象 とな

1. 相 続 税 (1) 基 礎 控 除 額 の 引 き 下 げ 1) 改 正 の 趣 旨 現 在 の 相 続 税 の 仕 組 みは 下 図 の 通 りです すなわち 合 計 課 税 価 格 から 基 礎 控 除 額 を 除 いた 課 税 遺 産 総 額 が 相 続 税 の 計 算 の 対 象 とな www.pwc.com/jp/tax 資 産 税 ニュース 2013 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 資 産 税 ) Issue 10, January 2013 2013 年 1 月 24 日 に 政 権 与 党 である 自 由 民 主 党 および 公 明 党 は 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 を 発 表 し 税 制 改 正 大 綱 は1 月 29 日 に 閣 議 決 定 されま

More information

<4D F736F F D B AD6938C81408E968BC695F18D908F AFA2E646F63>

<4D F736F F D B AD6938C81408E968BC695F18D908F AFA2E646F63> 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 8 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 そ の 他 固 定 資 産 有 形 固 定 資 産 建 物 構 築 物 機 械 装 置

More information

2 2.グループ 法 人 税 制 (とは?) 100%グループ 法 人 その 他 100% 未 満 備 考 H26.01.01 H22.08.07 ( 事 業 部 門 分 社 化 子 会 社 化 ) 経 営 責 任 の 明 確 化 迅 速 な 経 営 判 断 戦 略 立 案 効 率 的 な 資 源

2 2.グループ 法 人 税 制 (とは?) 100%グループ 法 人 その 他 100% 未 満 備 考 H26.01.01 H22.08.07 ( 事 業 部 門 分 社 化 子 会 社 化 ) 経 営 責 任 の 明 確 化 迅 速 な 経 営 判 断 戦 略 立 案 効 率 的 な 資 源 1 第 4 回 グループ 法 人 の 税 務 と 会 計 ( 完 全 支 配 関 係 と 課 税 ) 会 計 と 経 営 のブラッシュアップ 平 成 26 年 1 月 20 日 山 内 公 認 会 計 士 事 務 所 本 レジュメは 企 業 会 計 基 準 税 法 及 び 次 の 各 書 を 参 考 にさせていただいて 作 成 した ( 日 本 公 認 会 計 士 協 会 全 国 研 修 会 グループ

More information

NY-11-0129 Word Proposal Template New

NY-11-0129 Word Proposal Template New 2015 年 度 税 制 改 正 Issue 110, April 2015 In brief 2015 年 3 月 31 日 2015 年 度 税 制 改 正 法 ( 所 得 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 及 び 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ) 及 び 関 連 する 政 省 令 が 公 布 され 法 人 税 については 一 部 の 規 定 を 除

More information

1. 中 小 企 業 関 係 税 制 (1) 中 小 企 業 等 に 対 する 軽 減 税 率 の 時 限 的 引 下 げ 中 小 法 人 ( 普 通 法 人 のうち 各 事 業 年 度 終 了 の 時 において 資 本 金 の 額 若 しくは 出 資 金 の 額 が1 億 円 以 下 であるもの)

1. 中 小 企 業 関 係 税 制 (1) 中 小 企 業 等 に 対 する 軽 減 税 率 の 時 限 的 引 下 げ 中 小 法 人 ( 普 通 法 人 のうち 各 事 業 年 度 終 了 の 時 において 資 本 金 の 額 若 しくは 出 資 金 の 額 が1 億 円 以 下 であるもの) 旬 刊 経 理 情 報 No.1216 平 成 21 年 6 月 1 日 発 行 不 況 下 で 企 業 再 生 関 係 税 制 は 必 見! 法 人 関 係 税 制 のポイント ディレクター 税 理 士 山 本 恭 司 Contents 1. 中 小 企 業 関 係 税 制 2. 平 成 21 年 及 び 平 成 22 年 に 土 地 を 取 得 した 場 合 の 特 例 制 度 3. 省 エネ

More information

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 の 記 載 方 法 等 平 成 19 年 1 月 1 日 以 降 用 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 は 相 続 遺 贈 又 は 贈 与 により 取 得 した 取 引 相 場 のない 株 式 及 び 持 分 会 社 の 出 資 等 並 びにこれらに 関 する 権 利 の 価 額 を 評 価 するために

More information

別 紙 平 成 2 8 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上

別 紙 平 成 2 8 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 別 紙 平 成 2 8 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 継 続 し 借 入 申 込 日 において 貯 蓄 残 高 が50 万 円 以 上 ある 者 2 融

More information

9 キャッシュ フロー 計 算 書 の 導 入 10 勘 定 科 目 等 の 見 直 し 11 組 入 資 本 金 制 度 の 廃 止 ( 資 本 制 度 の 見 直 しの 積 み 残 し) 財 務 諸 表 趣 旨 見 直 し 項 目 1 貸 借 対 照 表 財 産 状 態 の 適 切 な 反 映

9 キャッシュ フロー 計 算 書 の 導 入 10 勘 定 科 目 等 の 見 直 し 11 組 入 資 本 金 制 度 の 廃 止 ( 資 本 制 度 の 見 直 しの 積 み 残 し) 財 務 諸 表 趣 旨 見 直 し 項 目 1 貸 借 対 照 表 財 産 状 態 の 適 切 な 反 映 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 改 正 概 要 について < 趣 旨 > 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 改 正 については 総 務 省 資 料 では4つの 背 景 を 掲 げ ているが その 趣 旨 は 公 営 企 業 が 経 営 の 実 態 をより 正 確 に 把 握 し それに 基 づいた 経 営 戦 略 を 立 てることができるようにするとともに その 戦 略 を 主 体

More information

Microsoft Word - AMT Capital Markets Legal Update _February 2013_.doc

Microsoft Word - AMT Capital Markets Legal Update _February 2013_.doc CAPITAL MARKETS LEGAL UPDATE 2013 年 2 月 C ONTENTS 1 見 直 しの 背 景 2 資 金 調 達 資 本 政 策 手 段 の 多 様 化 3 ガバナンスの 向 上 に 向 けた 仕 組 みの 導 入 4 インサイダー 取 引 規 制 の 導 入 5 その 他 の 提 言 6 改 正 時 期 投 資 法 人 法 制 の 見 直 しの 動 向 弁 護 士

More information

(2) JPX 日 経 インデックス400の 発 表 日 本 取 引 所 グループと 東 証 および 日 本 経 済 新 聞 社 は2014 年 1 月 株 価 指 数 JPX 日 経 インデッ クス400 の 算 出 を 開 始 した これは 投 資 者 にとって 投 資 魅 力 の 高 い 会

(2) JPX 日 経 インデックス400の 発 表 日 本 取 引 所 グループと 東 証 および 日 本 経 済 新 聞 社 は2014 年 1 月 株 価 指 数 JPX 日 経 インデッ クス400 の 算 出 を 開 始 した これは 投 資 者 にとって 投 資 魅 力 の 高 い 会 EY Institute 12 May 2015 ~ 社 外 取 締 役 そして 企 業 価 値 向 上 が 問 われる 対 話 型 の 総 会 対 応 へ~ 藤 島 裕 三 執 筆 者 EY 総 合 研 究 所 株 式 会 社 ビジネス 調 査 部 主 席 研 究 員 < 専 門 分 野 > コーポレートガバナンス IR 敵 対 的 買 収 対 応 はじめに 2014 年 においても6 月 の 株

More information

法 人 税 ~ 法 人 実 効 税 率 の 引 下 げ2 法 人 税 等 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 率 中 小 法 人 一 般 社 団 法 人 等 及 び 人 格 のない 社 団 等 のうち 年 間 所 得 800 万 円 超 の 金 額

法 人 税 ~ 法 人 実 効 税 率 の 引 下 げ2 法 人 税 等 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 率 中 小 法 人 一 般 社 団 法 人 等 及 び 人 格 のない 社 団 等 のうち 年 間 所 得 800 万 円 超 の 金 額 法 人 税 ~ 法 人 実 効 税 率 の 引 下 げ1 1. 改 正 の 概 要 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 について 法 人 税 の 税 率 が 段 階 的 に 引 下 げられます 平 成 28 及 び29 :23.9%( 改 正 前 ) 23.4 23.4%( ) 平 成 30 :23.9%( 改 正 前 ) 23.2 23.2%( ) 法 人 税 の

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

⑷ 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 [Q8] 評 価 損 を 計 上 した 資 産 について 支 出 した 修 繕 等 の 費 用 は 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とすることはできないのでしょうか 8 [Q9] 災 害 損 失 の 繰 入 額 の 算 定 に 当 たり 被 災 資 産 に

⑷ 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 [Q8] 評 価 損 を 計 上 した 資 産 について 支 出 した 修 繕 等 の 費 用 は 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とすることはできないのでしょうか 8 [Q9] 災 害 損 失 の 繰 入 額 の 算 定 に 当 たり 被 災 資 産 に 平 成 28 年 熊 本 地 震 関 係 諸 費 用 ( 災 害 損 失 など) に 関 す る 法 人 税 の 取 扱 い に 係 る 質 疑 応 答 事 例 平 成 28 年 6 月 国 税 庁 平 成 28 年 熊 本 地 震 関 係 諸 費 用 については 平 成 28 年 6 月 16 日 付 課 法 2-5ほか2 課 共 同 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 諸 費 用 の

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

Microsoft PowerPoint - 基金制度

Microsoft PowerPoint - 基金制度 基 金 制 度 の 創 設 ( 医 療 法 施 行 規 則 第 30 条 の37 第 30 条 の38) 医 療 法 人 の 非 営 利 性 の 徹 底 に 伴 い 持 分 の 定 めのない 社 団 医 療 法 人 の 活 動 の 原 資 となる 資 金 の 調 達 手 段 として 定 款 の 定 めるところにより 基 金 の 制 度 を 採 用 することができるものとする ( 社 会 医 療 法

More information

厚生年金基金の制度改正201404

厚生年金基金の制度改正201404 厚 生 年 金 基 金 の 制 度 改 正 に 係 る 解 説 ~ 政 省 令 告 示 の 公 布 および 通 知 の 発 出 を 受 けて~ 2014 年 4 月 AD908- 年 14-01 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. はじめに 2013( 平 成 25) 年 6 月 19 日 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しおよび

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

Q7 従 業 員 に 対 する 現 物 給 付 は 報 酬 給 与 額 に 含 まれます A7 法 人 が 役 員 又 は 使 用 人 のために 給 付 する 金 銭 以 外 の 物 又 は 権 利 その 他 経 済 的 利 益 (いわ ゆる 現 物 給 与 )については 所 得 税 において 給

Q7 従 業 員 に 対 する 現 物 給 付 は 報 酬 給 与 額 に 含 まれます A7 法 人 が 役 員 又 は 使 用 人 のために 給 付 する 金 銭 以 外 の 物 又 は 権 利 その 他 経 済 的 利 益 (いわ ゆる 現 物 給 与 )については 所 得 税 において 給 外 形 標 準 課 税 に 関 するQ&A 平 成 26 年 3 月 福 島 県 1 付 加 価 値 割 総 論 Q1 期 首 では 資 本 金 1 億 5 千 万 円 だったが 減 資 をしたため 期 末 では 資 本 金 9 千 万 円 にな りました 外 形 標 準 課 税 の 対 象 となります A1 外 形 標 準 課 税 の 対 象 となるか 否 かは 各 事 業 年 度 終 了 の 日

More information

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表 法 人 単 位 連 結 財 務 諸 表 -1- ( 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ) ( 単 位 : 円 ) 連 結 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 資 産 の 部 Ⅰ 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 383,930,868,159 代 理 店 勘 定 50,479,456,400 有 価 証 券 759,499,383,243

More information

第5回法人課税ディスカッショングループ 法D5-4

第5回法人課税ディスカッショングループ 法D5-4 平 2 6. 5. 9 法 D 5-4 税 制 調 査 会 ( 法 人 課 税 DG5) 中 小 法 人 公 益 法 人 等 ( 地 方 税 ) 平 成 26 年 5 月 9 日 ( 金 ) 総 務 省 目 次 中 小 企 業 に 対 する 特 別 な 取 扱 い( 主 なもの) 地 方 税 1 中 小 法 人 と 個 人 事 業 主 との 税 負 担 率 の 比 較 ( 国 税 地 方 税 ) 2

More information

1. はじめに サブプライム 問 題 後 の 急 激 な 円 高 に 伴 い 外 貨 建 資 産 の 価 値 が 大 きく 低 下 したとして 税 務 申 告 で 認 識 した 評 価 損 を 国 税 局 が 認 めず 追 徴 課 税 された 事 例 がある そこで 本 稿 では 外 貨 建 資 産

1. はじめに サブプライム 問 題 後 の 急 激 な 円 高 に 伴 い 外 貨 建 資 産 の 価 値 が 大 きく 低 下 したとして 税 務 申 告 で 認 識 した 評 価 損 を 国 税 局 が 認 めず 追 徴 課 税 された 事 例 がある そこで 本 稿 では 外 貨 建 資 産 旬 刊 経 理 情 報 No.1231 平 成 21 年 11 月 10 日 発 行 会 計 との 相 違 点 に 注 意! 外 貨 建 資 産 等 の 換 算 の 税 務 上 のポイント 税 理 士 蝦 名 和 博 税 理 士 大 友 みどり Contents 1. はじめに 2. 外 貨 建 資 産 等 の 換 算 3. 期 末 時 の 換 算 方 法 と 届 出 書 (1) 換 算 方 法 の

More information

<8DE096B18F94955C816996BE8DD78ADC82DE816A81798F4390B394C5817A8169959F89AA8BB388E791E58A77816A2E786C73>

<8DE096B18F94955C816996BE8DD78ADC82DE816A81798F4390B394C5817A8169959F89AA8BB388E791E58A77816A2E786C73> 平 成 16 事 業 年 度 ( 第 1 期 事 業 年 度 ) 財 務 諸 表 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 ~ 平 成 17 年 3 月 31 日 ) 国 立 大 学 法 人 福 岡 教 育 大 学 資 産 の 部 Ⅰ 固 定 資 産 1 有 形 固 定 資 産 土 地 24,078,450 建 物 1,416,003 減 価 償 却 累 計 額 53,476 1,362,527 構

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状 横 市 浜 の 財 状 政 況 25 年 度 決 算 財 政 状 況 1 - 横 浜 市 - - 財 政 局 - 平 成 26 年 11 月 横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成

More information

Microsoft Word - 連結納税のメリット_2011_09.docx

Microsoft Word - 連結納税のメリット_2011_09.docx www.pwc.com/jp/tax 連 結 納 税 のメリット- 連 結 所 得 計 算 連 結 納 税 から 最 大 限 の ベネフィットを 享 受 するた めには 連 結 納 税 の 通 算 効 果 を 十 分 に 活 用 する 必 要 があります 連 結 納 税 の 導 入 を 検 討 す るにあたり そのエッセン スである 連 結 所 得 計 算 のメカニズムをよく 理 解 し ましょう

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平 成 28 年 度 大 阪 府 特 別 養 護 老 人 ホーム 経 営 診 断 ( 第 2 回 特 養 実 態 調 査 )の 実 施 にあたって 調 査 票 回 答 時 の 手 引 き 川 原 経 営 グループ ( 株 ) 川 原 経 営 総 合 センター 経 営 コンサルティング 部 門 1. 実 施 にあたって 1 会 員 施 設 個 々の 経 営 管 理 により 一 層 役 立 てていただくことに

More information

<83528373815B4832338E918E598C888E5A8F912E786C73>

<83528373815B4832338E918E598C888E5A8F912E786C73> 山 形 県 公 営 企 業 資 産 運 用 事 業 会 決 算 書 目 次 1 決 算 書 1 決 算 報 告 書 1 2 損 益 算 書 5 3 剰 余 金 算 書 8 4 剰 余 金 処 分 算 書 ( 案 ) 9 5 貸 借 対 照 表 11 2 事 業 報 告 書 1 概 況 13 2 業 務 13 3 会 14 3 決 算 附 属 書 1 収 益 費 用 明 細 書 15 2 固 定 資

More information

ある なお, 中 国 政 府 は 増 値 税 と 営 業 税 の 統 合 を 目 指 しており, 一 部 取 引 に 関 して, 営 業 税 から 増 値 税 への 移 行 を 上 海 市 にて 2012 年 に 試 行 開 始 し, 順 次 その 地 域 を 拡 大 している 対 象 企 業 個

ある なお, 中 国 政 府 は 増 値 税 と 営 業 税 の 統 合 を 目 指 しており, 一 部 取 引 に 関 して, 営 業 税 から 増 値 税 への 移 行 を 上 海 市 にて 2012 年 に 試 行 開 始 し, 順 次 その 地 域 を 拡 大 している 対 象 企 業 個 国 際 税 務 研 究 会 国 際 税 務 2012 年 12 月 号 掲 載 中 国 PE 課 税 の 申 告 納 税 実 務 と 対 応 ポイント 税 理 士 法 人 プライスウォーターハウスクーパース 中 国 ビジネスグループ 公 認 会 計 士 税 理 士 簗 瀬 正 人 中 国 では 現 在, 徴 税 強 化 の 一 環 として 外 国 企 業 に 対 する PE(Permanent Establishment;

More information

制 度 の 概 要 H16.3.31 以 前 H16.4.1 以 降 H20.10.1 以 降 H26.10.1 以 降 に よる 課 9.6% 7.2% 0.48% 0.2% 2 1 4.3% 0.48% 0.2% 4.3% 0.48% 0.2% 3 1 3 1 3 1 基 準 : 外 形 基 準

制 度 の 概 要 H16.3.31 以 前 H16.4.1 以 降 H20.10.1 以 降 H26.10.1 以 降 に よる 課 9.6% 7.2% 0.48% 0.2% 2 1 4.3% 0.48% 0.2% 4.3% 0.48% 0.2% 3 1 3 1 3 1 基 準 : 外 形 基 準 の 事 業 納 める ( 第 72 条 の 2) 県 内 に 事 務 事 業 ( 店 支 店 工 場 など)を 設 けて 事 業 を 行 っている でない 社 団 又 は 財 団 で 代 表 者 又 は 管 理 者 の 定 めがあり かつ 収 益 事 業 又 は 課 信 託 の 引 受 けを 行 うもの 課 信 託 の 引 受 けを 行 う 個 非 課 ( 第 72 条 の 4 72 条 の 5)

More information

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個 別 紙 新 旧 対 照 表 改 正 後 改 正 前 ( 注 )アンダーラインを 付 した 部 分 は 改 正 部 分 である 目 次 目 次 第 1 編 総 則 第 1 編 総 則 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第

More information

54 第 3 章 各 種 所 得 きことは 当 然 のことであるから この 枠 組 みが 設 定 されていることが 無 料 法 律 相 談 所 で 弁 護 士 の 行 う 法 律 相 談 業 務 の 事 業 性 を 損 なうものとはいえない などとして 当 該 日 当 は 事 業 所 得 に 該 当

54 第 3 章 各 種 所 得 きことは 当 然 のことであるから この 枠 組 みが 設 定 されていることが 無 料 法 律 相 談 所 で 弁 護 士 の 行 う 法 律 相 談 業 務 の 事 業 性 を 損 なうものとはいえない などとして 当 該 日 当 は 事 業 所 得 に 該 当 第 3 章 各 種 所 得 53 20 無 料 相 談 会 での 業 務 収 入 ( 事 業 所 得 ) Q 私 の 事 務 所 の 地 域 では 士 業 の7 業 種 が 合 同 して 市 民 のための 無 料 相 談 会 を 実 施 しています 私 も 所 属 する 同 業 団 体 から 依 頼 され 市 の 施 設 で1 日 無 料 相 談 に 従 事 することになりました 所 属 する 同

More information

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙 平 成 22 事 業 年 度 財 務 諸 表 自 : 平 成 22 年 4 月 1 日 至 : 平 成 23 年 3 月 31 日 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項

More information

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 中 間 連 結 財 務 諸 表 作 成 に 係 る 会 計 処 理 の 原 則 手 続 表 示 方 法 等 の 変 更 ( 中 間

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 中 間 連 結 財 務 諸 表 作 成 に 係 る 会 計 処 理 の 原 則 手 続 表 示 方 法 等 の 変 更 ( 中 間 平 成 20 年 3 月 期 中 間 決 算 短 信 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 証 一 部 平 成 19 年 11 月 14 日 コ ー ド 番 号 1 8 1 0 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役

More information

四半期報告書

四半期報告書 四 半 期 報 告 書 ( 第 44 期 第 3 四 半 期 ) 自 平 成 27 年 10 月 1 日 至 平 成 27 年 12 月 31 日 目 次 表 紙 1 頁 第 一 部 企 業 情 報 2 第 1 企 業 の 概 況 2 1 主 要 な 経 営 指 標 等 の 推 移 2 2 事 業 の 内 容 2 第 2 事 業 の 状 況 3 1 事 業 等 のリスク 3 2 経 営 上 の 重

More information

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= 平 成 21 年 3 月 期 平 成 20 年 7 月 31 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 ) 管 理 本 部 経 理 部 長 (

More information

2. 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 TAX LAW NEWSLETTER 復 興 特 別 法 人 税 は 1 年 前 倒 しで 廃 止 されることになり 本 年 4 月 1 日 以 降 に 開 始 す る 事 業 年 度 については 復 興 特 別 法 人 税 は 課 されない

2. 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 TAX LAW NEWSLETTER 復 興 特 別 法 人 税 は 1 年 前 倒 しで 廃 止 されることになり 本 年 4 月 1 日 以 降 に 開 始 す る 事 業 年 度 については 復 興 特 別 法 人 税 は 課 されない 2014 年 3 月 号 (Vol.5) 4 月 以 降 に 施 行 される 税 制 改 正 の 内 容 及 び 実 務 上 の 留 意 点 Ⅰ. はじめに Ⅱ. 施 行 直 前 の 平 成 26 年 度 税 制 改 正 の 内 容 Ⅲ. 消 費 税 法 改 正 に 伴 う 平 成 26 年 4 月 以 降 の 経 過 措 置 について Ⅳ.その 他 に 注 目 される 平 成 26 年 度 税 制

More information