<4D F736F F D B AD8CBE97768E7C208CF68A4A94C5>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D2083528373815B20816020303594AD8CBE97768E7C208CF68A4A94C5>"

Transcription

1 平 成 25 度 第 1 回 移 動 教 育 委 員 会 懇 談 会 発 言 要 旨 開 催 日 平 成 25 年 5 月 22 日 ( 水 ) 会 場 静 岡 県 立 農 林 大 学 校 教 職 員 との 懇 談 会 14:40~15:30 参 加 者 静 岡 県 立 農 林 大 学 校 班 長 主 幹 主 査 担 当 職 員 静 岡 県 教 育 委 員 会 教 育 委 員 会 教 育 委 員 長 教 育 委 員 ( 教 育 長 含 む) オブザーバー 静 岡 県 教 育 委 員 会 教 育 次 長 高 校 教 育 室 長 農 林 大 学 校 に 入 学 してくる をみると 最 近 は 非 農 家 の が 約 6 割 いる 農 業 高 校 以 外 からも 農 林 大 学 校 に 入 学 する が 増 えており 潜 在 的 に 普 通 科 商 業 科 工 業 科 の 生 徒 の 中 にも 将 来 農 業 をやりたいと 考 える がいるのではないかと 考 えている 農 業 は6 次 産 業 化 を 目 指 しており 商 業 工 業 の 分 野 で 優 れた 人 材 が 将 来 の 農 業 の 担 い 手 に なるのではと 考 えている 最 近 の の 就 職 状 況 をみると 農 業 法 人 への 就 職 が 重 要 視 されており 年 々 増 えている 農 業 法 人 が 大 学 校 へ 求 める 人 材 は 農 場 の 責 任 者 になるような 管 理 能 力 のある 人 材 を 求 めて いる そう 考 えると 簿 記 などの 数 字 に 強 い 人 間 が 必 要 とされ 様 々な 高 校 から 農 林 大 学 校 を 目 指 してほしいし 就 職 先 の 選 択 肢 として 農 業 法 人 があることを 高 校 生 にもっと 紹 介 して ほしい しかし 県 内 の 農 業 法 人 のうちお 茶 野 菜 が 半 分 を 占 め 果 樹 が 少 ないため 果 樹 で 農 業 法 人 に 就 職 したい の 受 け 皿 が 少 ないこと 待 遇 面 で 賃 金 が 低 いなど 課 題 はある 農 業 法 人 協 会 に 加 盟 している 企 業 は 待 遇 面 でも 安 心 できるので 今 後 は 農 業 法 人 と 学 校 の パイプ 役 である 同 協 会 との 連 携 を 密 にしていくことが 今 後 の 課 題 である 平 成 26 年 度 に1 農 業 ビジネスに 特 化 した 教 育 2 企 業 的 経 営 管 理 (6 次 産 業 に 対 応 した 科 目 の 充 実 )3 実 践 力 を 習 得 する 科 目 を 充 実 させることを 目 的 に 再 編 され 農 業 法 人 で 中 核 を 担 う 企 業 的 経 営 を 目 指 す 新 規 就 農 者 ( 農 業 スペシャリスト)の 育 成 を 目 指 している 2 年 間 で 終 わるのではなく 養 成 部 から 研 究 部 に 入 り4 年 間 のコースを 念 頭 に 高 校 生 に 進 路 指 導 をしてほしい

2 入 学 してくる の 割 合 は 女 子 や 非 農 家 の が 増 加 している 大 学 校 の 講 義 は 高 校 までの 基 礎 学 力 が 土 台 となるので 今 後 も 高 校 教 育 の 充 実 を 期 待 する 基 礎 学 力 について 実 社 会 で 必 要 なものとそうでないものがある 日 本 の 義 務 教 育 は 知 識 の 延 長 で 考 えることをさせていない 一 つの 原 理 原 則 が 出 来 上 がる 過 程 を 勉 強 することが 基 礎 力 につながっていくのではないか 文 章 力 について 単 語 を 羅 列 するだけでは 言 葉 の 使 い 手 としては 未 熟 である 自 分 の 意 見 を 相 手 に 伝 え 相 手 の 意 見 を 聞 き 取 り 理 解 する そういう 基 本 的 な 言 葉 のやり 取 りができた 上 で 国 語 というものはある そのことは 県 教 育 委 員 も 感 じている 就 職 先 を 既 存 の 法 人 に 頼 るのでは 従 来 の 農 業 形 態 と 変 わらない 今 後 新 しい 農 業 を 作 って いくためには 子 どもたちのために 大 人 が 新 たな 働 く 場 や 農 業 の 仕 組 みを 考 え 作 り 上 げて いくべきで その 意 欲 の 有 無 の 問 題 であると 考 える 農 業 をやりたいという 夢 を 持 って 入 学 した 子 どもたちの 夢 を 実 現 させてあげることが 学 校 の 役 目 である しかし 主 な 就 職 先 としての 農 業 法 人 の 数 が 伸 びないという 課 題 がある 長 い 目 で 見 ると 日 本 の 産 業 は 製 造 業 が 海 外 へ 移 転 し 国 内 雇 用 が 減 少 している 中 で 医 療 福 祉 分 野 農 業 分 野 は 内 需 として 期 待 がされている その 人 材 募 集 を 大 学 校 が にサポートすること は 大 切 な 要 素 であり 他 の 4 年 制 大 学 の が 就 職 する 企 業 に どれだけ 肉 薄 できる 力 を つけた を 育 てるか 求 められている 農 業 をやりたいという 全 ての 子 どもたちに 夢 をあ たえるような 教 育 を 目 指 していきたい 農 林 大 学 校 は 資 格 取 得 でき 学 費 も 安 く 寮 も 完 備 されている 親 から 見 たら 大 変 魅 力 的 な 学 校 であるが その 存 在 が 世 間 に 周 知 されていない 情 報 の 出 し 方 によって 魅 力 を 最 大 限 に 引 き 出 せば さらに 良 い 人 材 が 集 まり 就 職 にも 連 動 するのではないか 農 林 大 学 校 は 他 の 4 年 制 大 学 に 負 けない 魅 力 ある 学 校 だと 思 っている 本 校 ならではの 教 育 として 種 まきから 収 穫 販 売 に 至 るまで 一 連 の 流 れを 経 験 させる 自 分 で 作 ったもの を 売 ることの 喜 びを 感 じ 客 のニーズをつかみ 新 たな 需 要 を 作 り 出 すことを 考 えさせること で は 大 きく 成 長 する 本 校 は 農 業 の 現 場 の 担 い 手 を 育 てることを 目 的 とし 卒 業 生 の 多 くは 静 岡 県 の 農 業 を 支 え ており 社 会 に 出 てから 応 援 してくれる 先 輩 が 県 内 にいることは 心 強 いことである 本 校 の 職 員 は 県 の 職 員 であるため 行 政 や 教 育 分 野 また 農 林 事 務 所 や 試 験 研 究 の 分 野 を 経 験 しており 様 々な 分 野 において の 求 める 現 場 体 験 等 を 調 整 することができる 今 の 農 業 は 非 農 家 の 人 でも 参 入 しやすい 現 状 にあるが 当 然 成 功 事 例 も 失 敗 事 例 もある

3 例 え 失 敗 しても 農 業 をあきらめず 成 功 にたどり 着 くために 明 確 な 夢 や 目 的 を 持 つことが 大 切 で その 気 持 ちを 持 って 農 林 大 学 校 の 門 をたたいてほしい 自 分 の 力 で 農 業 を 変 えるというもっと 大 きな 夢 を 持 ってほしい 我 々は 自 由 な 資 本 主 義 社 会 の 国 に 生 きているから 若 い 人 を 集 めるためには 夢 だけでは なく 経 済 的 対 価 を 見 せないと 人 は 集 まらない 農 業 を 何 も 知 らない が 農 林 大 学 校 に 入 学 し どのような 教 育 を 受 けて 農 業 をやった 結 果 こんなことができたという 事 例 をたく さん 広 めてほしいし 大 手 企 業 に 勤 めるより 物 質 的 にも 精 神 的 にも 良 かったというような すばらしい 事 例 を 作 ってくれたら 我 々 教 育 委 員 も 高 校 生 が 農 林 大 学 校 を 目 指 すよう 更 に 努 力 したい

4 との 懇 談 会 14:40~15:30 参 加 者 静 岡 県 立 農 林 大 学 校 担 当 職 員 静 岡 県 教 育 委 員 会 教 育 委 員 会 教 育 委 員 長 教 育 委 員 ( 教 育 長 含 む) 質 問 : 農 林 大 学 校 への 志 望 動 機 高 校 で 農 業 を 学 び 花 の 生 産 販 売 をしているところにインターンシップに 行 き 花 に 関 わる 仕 事 をしたいと 思 った 実 家 がいけばな 花 材 を 提 供 する 仕 事 をしており もともと 興 味 はあった 高 校 では 樹 木 につ いて 学 び 更 に 切 花 について 専 門 知 識 を 学 びたいと 考 えた 趣 味 の 園 芸 をやりたくて 入 学 した 高 校 の 近 くの 農 園 に 見 学 する 機 会 があった そこで 少 量 多 品 目 の 無 農 薬 有 機 栽 培 の 野 菜 作 りを 見 て その 職 につきたいと 思 い 希 望 した 高 校 で 化 学 を 学 び それを 農 業 に 生 かしたいと 思 い オープンスクールに 来 て 入 学 を 志 望 し た 進 路 を 決 める 際 に4 年 制 大 学 と 農 林 大 学 校 で 迷 ったが 祖 父 と 一 緒 に 仕 事 をしたいという 思 いが 強 く 2 年 でも 早 く 卒 業 して 祖 父 の 下 で 少 しでも 長 く 働 きたいと 考 え 入 学 を 決 めた 高 校 のときに 土 木 系 列 に 入 り 森 林 管 理 という 授 業 で 林 業 に 興 味 を 持 った 農 業 高 校 に 学 校 農 業 クラブという 組 織 があり 青 年 の 主 張 のような 大 会 がある その 大 会 に 出 席 し 他 校 の 生 徒 の 好 きなものを 作 りたい という 発 表 を 聞 き 農 林 大 学 校 で 果 樹 を 学 びたいと 思 った 質 問 : 学 校 生 活 はどうか 寮 生 活 は 慣 れてくると 同 室 の 仲 間 から 刺 激 を 受 けるから 励 みになる 質 問 : 将 来 のキャリアについて 営 農 指 導 員 になりたい 住 宅 地 に 市 民 農 園 を 作 り 自 分 の 自 宅 を 建 て 食 育 を 学 べる 場 を 作 りたい 農 業 指 導 者 として 働 きたい 質 問 : 学 校 サイドへの 要 望 等 食 育 の 時 間 をもっと 増 やしてほしい 生 産 者 が 丹 精 こめて 作 った 野 菜 を 食 べてもらえないの

5 は 悲 しいこと 子 どもだけではなく 大 人 にも 野 菜 がどのように 作 られているか 知 ってほし い 義 務 教 育 でマナーやモラルの 教 育 をもっと 増 やしてほしい 子 どもに 農 作 物 を 作 る 体 験 を 経 験 させ 自 分 で 作 ったものをおいしいと 感 じ それを 子 ども の 言 葉 で 親 に 伝 えてほしい 商 品 を 価 格 だけでなく 安 全 性 などを 考 え 選 ぶ 知 識 を 持 ってほし い 高 校 の 実 習 は 生 徒 主 体 でやりたかった 農 家 の 話 を 直 接 聞 くような 機 会 を 設 けてほしい 進 路 を 決 めるときに 農 林 大 学 校 の 情 報 が 高 校 側 に 不 足 している 勉 強 する 意 味 を 早 いうちに 教 えるような 教 育 をしてほしかった 生 徒 個 々の 良 さを 引 き 出 せるような 教 育 を 望 む 現 代 は 情 報 があふれているが その 中 で 何 が 正 しくそうでないのか 見 分 ける 力 と 情 報 を 選 ぶ 知 識 を 身 につける 教 育 を 望 む 教 育 委 員 等 県 内 には 全 国 に 誇 れる 農 産 物 がたくさんあり 農 芸 品 として 付 加 価 値 をつけて 売 ることをも っと PR する 政 策 を 進 めている また 県 内 の 農 芸 品 を 使 った 食 を PR する 食 の 都 づくり も 推 進 している そうした 動 きの 中 で 県 知 事 が 農 業 に 注 目 しており6 次 産 業 を 進 めていこう という 動 きがあるので 今 後 の 皆 さんの 活 躍 に 期 待 している 勉 強 は 一 生 続 けるもので その 面 白 さを 伝 えることが 学 校 の 仕 事 であると 現 場 の 教 員 に 伝 え ている 知 識 の 詰 め 込 みだけでは 勉 強 がつまらないと 感 じ 社 会 に 出 てから 勉 強 しなくなる それではいけない お 仕 着 せの 勉 強 ではなく 自 分 が 勉 強 したことを 相 手 に 伝 え 一 緒 に 何 かをやりたい そのために みんなから 話 を 聞 き 知 識 を 増 やす これも 勉 強 である 嫌 なこ とをやらされていると 思 うから 勉 強 は 何 のために 役 立 つのかと 思 うのであり 興 味 があるこ とに 集 中 して 徹 底 して 勉 強 したらどうか そうしたらその 勉 強 はきっと 役 立 つ また 一 人 では 大 きな 仕 事 はできないし 会 社 も 一 人 では 成 り 立 たない 農 業 も 同 じで 一 人 で はできない 相 手 を 説 得 して 仲 間 を 作 れば 大 きな 仕 事 ができる 自 分 が 何 をしたいのか 相 手 に 何 をしてあげられ 相 手 の 気 持 ちにどう 答 えられるのか 常 に 考 え 人 と 接 すれば 大 きな 仕 事 ができる インターネットは 有 益 であるが 信 頼 性 に 乏 しいこともあるため 中 くらいから 情 報 教 育 として 取 り 入 れることを 今 後 は 検 討 していくべきかもしれない 今 日 一 日 学 校 を 見 学 し 多 くの 方 々と 話 をして 感 じたことは 学 校 そのものはすばらしい のに が 集 まらないのは 大 学 のアピールがまだ 十 分 といえない また 高 校 サイドも 情 報 を 収 集 し 生 徒 にしっかり 提 供 しなければならない 今 日 出 た 意 見 を 持 ち 帰 り 今 後 の 検 討 課 題 としたい

6 質 問 : 農 業 のリーダーとしてやりたいことは 何 か 個 人 で 農 業 を 行 うには 限 界 があり 農 業 を 組 織 化 する 必 要 がある しかし 現 在 は 個 々がばら ばらで 農 業 のリーダーになるという 以 前 に こうしたばらばらな 状 況 を 組 織 化 することを 広 めることが 必 要 だと 思 う 教 育 委 員 農 業 の 組 織 化 という 点 から 考 えると 農 業 生 産 法 人 がある 私 は 皆 さんに この 法 人 の 中 で リーダーとなるような 人 材 となり 今 後 法 人 の 数 を 増 やし 将 来 的 には 民 間 企 業 が 法 人 に 参 入 することを 目 指 してほしい 民 間 企 業 が 法 人 参 入 するのは 規 制 がある 今 の 農 地 制 度 は 法 律 により 規 制 がかけられ 企 業 が 参 入 できない 状 況 がある よって 行 政 は 何 が 必 要 な 規 制 で そうでないかを 理 解 していく 必 要 があると 思 う 教 育 現 場 で 取 り 組 むことは 中 学 校 高 等 学 校 で 規 制 がかけられている 理 由 を 考 える 力 を 身 につけるような 教 育 が 必 要 なのではないか

本 校 の 沿 革 昭 和 21 年 昭 和 49 年 昭 和 54 年 昭 和 60 年 平 成 9 年 平 成 11 年 平 成 18 年 北 海 道 庁 立 農 業 講 習 所 として 発 足 北 海 道 立 農 業 大 学 校 に 改 組 修 業 年 限 を1 年 制 から2 年 制 に 改

本 校 の 沿 革 昭 和 21 年 昭 和 49 年 昭 和 54 年 昭 和 60 年 平 成 9 年 平 成 11 年 平 成 18 年 北 海 道 庁 立 農 業 講 習 所 として 発 足 北 海 道 立 農 業 大 学 校 に 改 組 修 業 年 限 を1 年 制 から2 年 制 に 改 平 成 2 9 年 度 ( 学 生 募 集 要 項 ) 畜 産 経 営 学 科 畑 作 園 芸 経 営 学 科 農 業 経 営 研 究 科 稲 作 経 営 専 攻 コ ー ス 本 校 の 沿 革 昭 和 21 年 昭 和 49 年 昭 和 54 年 昭 和 60 年 平 成 9 年 平 成 11 年 平 成 18 年 北 海 道 庁 立 農 業 講 習 所 として 発 足 北 海 道 立 農 業 大

More information

平成23年度学校評価アンケートの分析

平成23年度学校評価アンケートの分析 平 成 24 年 2 月 17 日 平 成 23 年 度 東 京 都 立 保 谷 高 等 学 校 学 校 運 営 連 絡 協 議 会 学 校 評 価 アンケートの 分 析 評 価 基 準 について A:そう 思 う B:ややそう 思 う C:あまりそう 思 わない D そう 思 わない E:わからない A 及 び Bを 肯 定 的 な 意 見 として 全 体 における 割 合 を%で 表 示 した

More information

ヒアリング事項について

ヒアリング事項について 資 料 3-1 介 護 労 働 者 の 確 保 定 着 等 に 関 する 研 究 会 における 質 問 項 目 日 本 介 護 福 祉 士 会 1 基 本 情 報 1 貴 団 体 の 概 要 設 立 年 月 日 平 成 12 年 6 月 26 日 ( 任 意 団 体 設 立 : 平 成 6 年 2 月 12 日 ) 定 款 に 定 める 目 的 本 会 は 介 護 福 祉 士 の 職 業 倫 理 及

More information

女 性 が 活 躍 する 未 来 に 向 けてスピードアップ! ~ 地 域 をけん 引 する 指 定 都 市 の 提 言 ~ 平 成 26 年 11 月 指 定 都 市 市 長 会 提 言 の 趣 旨 人 口 急 減 超 高 齢 化 への 対 応 が 国 を 挙 げての 喫 緊 の 課 題 となる 中 社 会 の 活 力 を 維 持 していくためには あらゆる 人 が 意 欲 を 持 ち 活 動

More information

第1部 総 説

第1部 総 説 第 9 次 山 梨 県 職 業 能 力 開 発 計 画 ~ やまなしの 産 業 を 担 う 人 材 の 育 成 ~ 平 成 23 年 10 月 山 梨 県 目 次 第 1 部 総 説 1 計 画 のねらい 1 2 計 画 の 期 間 1 第 2 部 職 業 能 力 開 発 をめぐる 社 会 経 済 の 変 化 1 労 働 力 需 給 構 造 の 変 化 2 2 労 働 力 供 給 面 の 変 化

More information

19

19 資 料 編 18 19 1) 村 民 アンケート 調 査 結 果 ( 結 婚 出 産 子 育 て 定 住 移 住 に 関 するアンケート 調 査 ) ( 定 住 移 住 に 関 するアンケート 調 査 ) 1アンケート 概 要 アンケート 実 施 期 間 : 平 成 27 年 11 月 26 日 ~ 平 成 28 年 1 月 15 日 配 布 部 数 800 部 回 答 部 数 :79 部 回 収

More information

人材育成基本方針

人材育成基本方針 吹 田 市 人 材 育 成 基 本 方 針 社 会 の 変 革 に 対 応 できる 人 材 づくり 平 成 24 年 (2012 年 ) 公 務 制 度 改 革 -1- -2- 新 たな 人 材 育 成 基 本 方 針 の 策 定 にあたって 今 日 本 社 会 は 大 きな 転 換 期 にあります 市 場 や 情 報 がグローバル 化 し 少 子 化 や 人 口 減 少 は 歯 止 めがかからず

More information

経 営 戦 略 プ ラ ン

経 営 戦 略 プ ラ ン 経 営 戦 略 プ ラ ン ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) 平 成 26 年 3 月 職 業 訓 練 法 人 青 森 情 報 処 理 開 発 財 団 目 次 第 1 はじめに... P 1 1 経 営 戦 略 プラン 策 定 の 趣 旨... P 1 2 計 画 期 間... P 1 第 2 経 営 理 念 等... P 2 1 法 人 の 設 立 目 的 とこれまでの 取

More information

この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこ

この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこ 第 章 調 査 票 - - この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこの 調 査 票 に 直 接 記 入 してください 選 択 肢 で その 他

More information

平成21年度成果報告書

平成21年度成果報告書 平 成 21 年 度 専 修 学 校 を 活 用 した 就 業 能 力 向 上 支 援 事 業 成 果 報 告 書 コ ー ス 名 若 者 対 象 コース 事 業 名 若 年 層 非 正 規 労 働 者 を 対 象 にした 事 務 販 売 系 社 員 養 成 事 業 法 人 名 学 校 法 人 日 本 中 央 学 園 学 校 名 日 本 総 合 ビジネス 専 門 学 校 代 表 者 理 事 長 志

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303594AD8CBE97768E7C81698CF68A4A94C5816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303594AD8CBE97768E7C81698CF68A4A94C5816A> 平 成 25 年 度 第 2 回 教 育 関 係 者 懇 談 会 発 言 要 旨 ( 教 員 ) 開 催 日 時 : 平 成 25 年 10 月 16 日 ( 水 )10:00~14:50 場 所 : 藤 枝 市 立 西 益 津 小 学 校 参 加 者 藤 枝 市 立 西 益 津 小 学 校 教 職 員 ( 外 国 語 指 導 助 手 ) 藤 枝 市 教 育 会 指 導 主 事 県 教 育 会 教

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F955C8E86814596DA8E9F5F945F8BC683728357838783932E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F955C8E86814596DA8E9F5F945F8BC683728357838783932E646F63> 鷹 栖 町 農 業 ビジョン 平 成 28 年 度 ~ 平 成 29 年 度 ( 第 1 期 ) 平 成 28 年 3 月 北 海 道 鷹 栖 町 目 次 第 1 章 ビジョンの 策 定 にあたって 1 ビジョン 策 定 の 目 的 1 2 ビジョンの 性 格 1 3 ビジョンの 計 画 期 間 2 4 鷹 栖 町 未 来 づくり 構 想 ( 一 部 抜 粋 ) 3 第 2 章 鷹 栖 町 の 現

More information

第 1 章 経 験 者 採 用 試 験 の 概 要 1 経 験 者 採 用 とは 広 い 視 野 や 優 れたコスト 意 識 など, 民 間 企 業 等 で 培 ったその 知 識 と 経 験 を 行 政 に 活 かしていくことを 目 的 とする 採 用 試 験 である 採 用 後 すぐ, 中 堅 職

第 1 章 経 験 者 採 用 試 験 の 概 要 1 経 験 者 採 用 とは 広 い 視 野 や 優 れたコスト 意 識 など, 民 間 企 業 等 で 培 ったその 知 識 と 経 験 を 行 政 に 活 かしていくことを 目 的 とする 採 用 試 験 である 採 用 後 すぐ, 中 堅 職 講 座 名 転 職 するなら 公 務 員! 試 験 種 地 上 国 家 一 般 職 編 回 数 1 回 講 師 名 丸 尾 旭 科 目 テープ C-241-005 講 師 配 布 / 回 収 物 品 目 コード 名 称 配 布 クラス 数 1 40C241005 板 書 ( 本 紙 ) 全 クラス 共 通 1 回 収 進 行 予 定 種 別 実 施 時 間 収 録 講 義 1:26 最 新 情 報

More information

目 次 2 このレポート( 冊 子 )は 中 学 校 選 択 に 関 する 調 査 から 東 京 調 査 の 結 果 を 中 心 に 報 告 をするものです 全 国 調 査 の 結 果 を 知 りたい 方 は 同 調 査 の 報 告 書 をご 覧 下 さい 調 査 概 要 学 校 選 択 制 保 護

目 次 2 このレポート( 冊 子 )は 中 学 校 選 択 に 関 する 調 査 から 東 京 調 査 の 結 果 を 中 心 に 報 告 をするものです 全 国 調 査 の 結 果 を 知 りたい 方 は 同 調 査 の 報 告 書 をご 覧 下 さい 調 査 概 要 学 校 選 択 制 保 護 中 学 校 選 択 に 関 する 調 査 88 年 07 年 東 京 調 査 の 結 果 目 次 2 このレポート( 冊 子 )は 中 学 校 選 択 に 関 する 調 査 から 東 京 調 査 の 結 果 を 中 心 に 報 告 をするものです 全 国 調 査 の 結 果 を 知 りたい 方 は 同 調 査 の 報 告 書 をご 覧 下 さい 調 査 概 要 学 校 選 択 制 保 護 者 選 択

More information

3 節 農 業 経 営 体 と 農 業 就 業 者 の 動 向 農 業 就 業 人 口 の 平 均 年 齢 は 多 くの 地 域 において 65 歳 を 超 えていますが 都 道 府 県 別 にみると その 様 相 は 異 なります 広 島 県 (70.4 歳 ) 山 口 県 (70.3 歳 ) 島

3 節 農 業 経 営 体 と 農 業 就 業 者 の 動 向 農 業 就 業 人 口 の 平 均 年 齢 は 多 くの 地 域 において 65 歳 を 超 えていますが 都 道 府 県 別 にみると その 様 相 は 異 なります 広 島 県 (70.4 歳 ) 山 口 県 (70.3 歳 ) 島 () 農 業 就 業 者 の 動 向 ( 農 業 就 業 人 口 は 引 き 続 き 減 少 高 齢 化 ) 農 業 就 業 人 口 は 平 成 (010) 年 には 61 万 人 となり 平 成 1(000) 年 と 比 べ 33% 平 成 17(005) 年 と 比 べ % 減 少 しています 1 この 減 少 の 要 因 は 高 齢 化 による 離 農 のほか 小 規 模 農 家 の 農 業

More information

別 添 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 ( 平 成 25 年 度 ) 資 料 1 国 家 公 務 員 採 用 試 験 からの 採 用 者 に 占 める 女 性 の 割 合 は26.8% ( 平 成 17 年 のフォ

別 添 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 ( 平 成 25 年 度 ) 資 料 1 国 家 公 務 員 採 用 試 験 からの 採 用 者 に 占 める 女 性 の 割 合 は26.8% ( 平 成 17 年 のフォ 平 成 25 年 9 月 10 日 人 事 院 総 務 省 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 公 表 の 趣 旨 国 の 政 策 方 針 決 定 過 程 への 女 性 の 参 画 の 拡 大 に 資 するため 第 3 次 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 平 成 22 年 12 月 17 日 閣 議 決 定 ) 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 登

More information

第3章 健康づくりの課題と取組み

第3章 健康づくりの課題と取組み 第 2 編 第 3 章 具 体 的 な 取 組 みの 展 開 第 3 章 具 体 的 な 取 組 みの 展 開 1 食 育 で 人 づくり 南 魚 沼 市 の 取 組 み 食 で 命 と 心 を 育 もう 食 を 通 して 人 とつながろう 食 事 は 動 物 や 植 物 の 命 をいただき 自 分 の 命 の 糧 とします 何 気 なく 食 べるの ではなく 食 材 を 大 切 に 思 い 生 産

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988CF322D33817A95DB8CEC8ED292B28DB881698A6D816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988CF322D33817A95DB8CEC8ED292B28DB881698A6D816A2E646F63> 資 料 2-3 塾 生 保 護 者 に 関 する 実 態 調 査 結 果 ( 消 費 者 WEBアンケート 調 査 結 果 ) Ⅰ 調 査 実 施 要 領 1. 調 査 対 象 学 習 塾 に 通 う 小 中 学 生 の 子 供 を 持 つ 保 護 者 ( 約 2,000 人 ) 2. 調 査 方 法 インターネットモニターを 活 用 し 学 習 塾 に 通 う 生 徒 を 持 つ 保 護 者 を

More information

Microsoft PowerPoint - E科4月

Microsoft PowerPoint - E科4月 平 成 26 年 度 キャリア 教 育 職 業 教 育 推 進 事 業 スキルアップウインターキャンプ 平 成 27 年 1 月 6 日 ( 火 )~7 日 ( 水 )の2 日 間 会 場 : 酪 農 学 園 大 学 ( 江 別 市 ) 資 源 植 物 学 研 究 室 : 教 授 我 妻 尚 広 氏 を 講 師 に 道 内 の 農 業 高 校 生 に 在 籍 している 生 徒 を 対 象 に スキルアップウインターキャンプが

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

目 次 1 事 業 運 営 計 画 ------------------------------------------------- P 1 2 目 指 すべき 施 設 像 --------------------------------------------- P 2 3 課 題 解 決 に

目 次 1 事 業 運 営 計 画 ------------------------------------------------- P 1 2 目 指 すべき 施 設 像 --------------------------------------------- P 2 3 課 題 解 決 に 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 しらとり 保 育 所 目 次 1 事 業 運 営 計 画 ------------------------------------------------- P 1 2 目 指 すべき 施 設 像 --------------------------------------------- P 2 3 課 題 解 決 に 向 けた 取 組 -----------------------------------------

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203291CC918081798E9696B18BC78F4390B3817A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203291CC918081798E9696B18BC78F4390B3817A2E646F6378> 新 体 操 競 技 の 普 及 及 び 競 技 力 向 上 のための 一 考 察 体 操 専 門 部 山 形 城 北 高 等 学 校 大 倉 めぐみ 1. はじめに 新 体 操 とは 13 メートル 四 方 の 演 技 面 の 中 で 徒 手 またはロープ フープ ボール クラブ リボンの 5 種 目 の 手 具 を 使 いながら 音 楽 の 特 性 に 合 った 華 麗 な 動 きと 巧 みな 技

More information

02【発出】280328福島県警察職員男女共同参画推進行動計画(公表版)

02【発出】280328福島県警察職員男女共同参画推進行動計画(公表版) 福 島 県 警 察 職 員 男 女 共 同 参 画 推 進 行 動 計 画 ( 平 成 28 年 4 月 改 定 ) 福 島 県 警 察 目 次 第 1 総 論 1 計 画 改 定 の 趣 旨 2 計 画 期 間 第 2 具 体 的 取 組 Ⅰ 意 識 改 革 幹 部 を 始 めとした 全 職 員 の 意 識 改 革 の 徹 底 Ⅱ 女 性 警 察 官 の 採 用 拡 大 1 女 性 警 察 官 の

More information

1 氏 名 石 川 瑞 穂 入 会 年 度 平 成 26 年 度 明 治 大 学 農 学 部 生 命 科 学 科 所 属 部 署 農 業 対 策 部 地 元 である 栃 木 県 で 就 職 したいと 考 えていました それまで 農 業 に 直 接 携 わったことは 無 かったのですが 実 家 の 周 りの 美 しい 田 園 風 景 が 大 好 き だったことと TPP 等 の 問 題 で 農 業 を 取

More information

目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2 課 題 6

目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2 課 題 6 豊 橋 市 女 性 職 員 の 活 躍 推 進 のための 取 組 指 針 平 成 27 年 3 月 豊 橋 市 目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2

More information

(1) 1 (2) 11 (3) 17 (4) 20 (5) 22 (1) 23 (2) 34 (3) 39 (1) 41 (2) 46 (3) 49 (1) 52 (2) 57 (3) 59 (1) 61 (2) 63 (3) 65 2

(1) 1 (2) 11 (3) 17 (4) 20 (5) 22 (1) 23 (2) 34 (3) 39 (1) 41 (2) 46 (3) 49 (1) 52 (2) 57 (3) 59 (1) 61 (2) 63 (3) 65 2 (1) 1 (2) 11 (3) 17 (4) 20 (5) 22 (1) 23 (2) 34 (3) 39 (1) 41 (2) 46 (3) 49 (1) 52 (2) 57 (3) 59 (1) 61 (2) 63 (3) 65 2 (1) 66 (2) 68 (3) 69 (1) 70 (2) 74 (3) 76 (1) 77 (2) 79 (3) 80 (1) 81 (2) 82 (3)

More information

<91E63489F18E9197BF332E786477>

<91E63489F18E9197BF332E786477> 第 4 回 大 隅 地 域 の 公 立 高 校 の 在 り 方 検 討 委 員 会 ( 資 料 ) 目 次 日 程 1 当 該 高 校 の 在 り 方 案 に 対 する 検 討 委 員 会 意 見 2 各 地 区 検 討 会 からの 当 該 高 校 の 在 り 方 ( 案 ) 鹿 屋 地 区 ( 鹿 屋 市 内 5 校 ) 3 肝 付 地 区 ( 高 山 高 校 ) 4 南 大 隅 錦 江 地 区

More information

応募企画書のまとめ方

応募企画書のまとめ方 応 募 企 画 書 のまとめ 方 各 項 目 の 検 討 ポイントに 従 って アイデアをまとめて 書 いてみましょう ただし 各 項 目 を 書 いていくと 前 の 項 目 や 他 の 項 目 をもっと 良 くできると 思 うことも 多 いで しょう 先 ず 一 度 全 体 をまとめてみて 自 分 で 見 直 したり 仲 間 と 検 討 したり 何 度 もバージョンアップすることによって よりよい

More information

Ⅰはじめに

Ⅰはじめに 日 本 人 は 幸 福 か ~ 幸 福 度 先 進 国 との 比 較 と 日 本 人 の 幸 福 感 について~ 群 馬 県 立 前 橋 女 子 高 等 学 校 2 年 吉 川 綾 乃 Ⅰ はじめに 日 本 人 は 幸 福 か 高 校 生 の 私 にとって 非 常 に 大 きなテーマである 幸 福 かどうか というのは 非 常 に 個 人 的 な 感 覚 であり 年 齢 も 性 別 も 環 境 も

More information

平 成 27 年 度 町 政 報 告 会 アンケート 集 計 結 果 ( 住 吉 区 ) 1 40 代 50 代 割 合 81% 5% 5% 81% わかり わかり は え

平 成 27 年 度 町 政 報 告 会 アンケート 集 計 結 果 ( 住 吉 区 ) 1 40 代 50 代 割 合 81% 5% 5% 81% わかり わかり は え 平 成 27 年 度 町 政 報 告 会 アンケート 集 計 結 果 ( 全 体 ) 1 40 代 50 代 82 18 15 13 9 69 23 75 0 12 18 115 114 105 割 合 71% 16% 13% 8% 61% 2 71% 2 3 4 わかり わかり は え 46 44 15 3 93 14 55 49 5 2 108 107 111 割 合 43% 41% 3% 87%

More information

はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済 寺 跡 惟 喬 親 王

はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済 寺 跡 惟 喬 親 王 資 料 10 枚 方 市 生 涯 学 習 ビジョン 出 会 い 学 びあって 創 る 感 動 できるまち 枚 方 枚 方 市 はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済

More information

スライド 1

スライド 1 東 京 労 働 局 正 社 員 化 集 中 支 援 キャンペーン( 第 二 弾 ) 平 成 27 年 7 月 ~12 月 東 京 労 働 局 都 内 ハローワーク 東 京 労 働 局 正 社 員 化 集 中 支 援 キャンペーン( 第 二 弾 ) 概 要 実 施 期 間 : 平 成 27 年 7 月 から12 月 までの6か 月 間 実 施 主 体 : 東 京 労 働 局 都 内 ハローワーク 経

More information

Microsoft Word ヒヤリング結果.doc

Microsoft Word ヒヤリング結果.doc 自 動 車 整 備 士 へのヒヤリング 結 果 1. 対 象 者 所 属 性 別 役 職 整 備 士 資 格 勤 続 年 数 ディーラ 女 性 主 任 2 級 ガソリン 2 級 ジーゼル 19 年 男 性 主 任 検 査 員 2 級 ガソリン 2 級 ジーゼル 14 年 専 業 A 女 性 2 級 ガソリン 20 年 男 性 2 級 ガソリン 9 年 専 業 B 女 性 2 級 ガソリン 3 年 男

More information

Microsoft Word - sennsyuu mennkyojyou 1.doc

Microsoft Word - sennsyuu mennkyojyou 1.doc 私 たち 養 護 教 諭 の 職 務 は 時 代 と 共 にかたちを 変 え,そのニーズに 応 えようと 学 ぶべき 研 修 内 容 も 変 化 してきました 県 内 には, 幅 広 い 年 齢 層 の 養 護 教 諭 が 勤 務 していますが,その 職 務 への 期 待 は 年 齢 に 関 係 ありません 静 岡 県 内 には, 与 えられた 研 修 だけでなく 自 ら 進 んで 資 質 向 上

More information

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 産 業 競 争 力 会 議 実 行 実 現 点 検 会 合 ( 女 性 の 活 躍 推 進 ) 資 料 2-2 平 成 27 年 5 月 26 日 厚 生 労 働 省 提 出 資 料 待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 待 機 児 童 解 消 加 速 化 プラン 2 平 成 25 26 年 度 の2か 年 の 保 育 拡 大 量 は 約 19.1 万 人 となり

More information

町 長 元 気 な 子 どもたちがこの 町 から 育 って 甘 楽 町 に 戻 ってこられるような また 自 分 の 町 に 誇 りを 持 てるような 子 ども 達 を 育 ててほしいと 常 々 願 っている 本 日 は ぜひ 活 発 なご 意 見 をいただき 今 後 の 学 校 教 育 地 域 の

町 長 元 気 な 子 どもたちがこの 町 から 育 って 甘 楽 町 に 戻 ってこられるような また 自 分 の 町 に 誇 りを 持 てるような 子 ども 達 を 育 ててほしいと 常 々 願 っている 本 日 は ぜひ 活 発 なご 意 見 をいただき 今 後 の 学 校 教 育 地 域 の 平 成 28 年 度 甘 楽 町 総 合 教 育 会 議 議 事 録 1 日 時 平 成 28 年 5 月 24 日 ( 火 ) 2 場 所 甘 楽 町 公 民 館 2 階 大 会 議 室 3 開 会 午 後 1 時 30 分 4 閉 会 午 後 3 時 10 分 5 出 席 者 町 長 茂 原 荘 一 齊 藤 満 智 子 松 井 勉 下 山 明 美 浅 香 朝 雄 柴 山 豊 6 事 務 局 学

More information

配 布 資 料 一 覧 1 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 次 第 (1 枚 もの 両 面 ) 2 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 資 料 ( 左 上 ホチキスとめ) 3 平 成 28 年 度 和 歌 山 県 職 員 採 用 試 験 総 合 案 内 ( 桜 色 リーフレット)

配 布 資 料 一 覧 1 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 次 第 (1 枚 もの 両 面 ) 2 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 資 料 ( 左 上 ホチキスとめ) 3 平 成 28 年 度 和 歌 山 県 職 員 採 用 試 験 総 合 案 内 ( 桜 色 リーフレット) 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 資 料 あなたが 和 歌 山 の 未 来 を 創 る! 平 成 28 年 3 月 和 歌 山 県 人 事 委 員 会 事 務 局 和 歌 山 県 PRキャラクター きいちゃん 配 布 資 料 一 覧 1 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 次 第 (1 枚 もの 両 面 ) 2 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 資 料 ( 左 上 ホチキスとめ)

More information

「70歳まで働ける企業」の実現に向けた提言(概要)

「70歳まで働ける企業」の実現に向けた提言(概要) 7. 企 業 事 例 ( 奈 良 県 における 先 進 事 例 集 平 成 23 年 度 作 成 から 抜 粋 ) -65 まで 希 望 者 全 員 の 継 続 雇 用 制 から 65 定 年 制 へ 向 け 移 行 を 検 討 中 - 金 陽 製 薬 株 式 会 社 1 企 業 概 要 事 業 内 容 医 薬 品 医 薬 部 外 品 栄 養 飲 料 健 康 食 品 の 製 造 販 売 年 齢 階

More information

実 行 計 画 人 材 育 成 基 本 方 針 に 基 づく 各 具 体 的 取 り 組 みについて 前 期 計 画 の 取 組 状 況 を 踏 まえ 日 光 市 総 合 計 画 の 後 期 基 本 計 画 の 期 間 に 合 わせ 平 成 27 年 度 までの4 年 間 について 実 行 計 画

実 行 計 画 人 材 育 成 基 本 方 針 に 基 づく 各 具 体 的 取 り 組 みについて 前 期 計 画 の 取 組 状 況 を 踏 まえ 日 光 市 総 合 計 画 の 後 期 基 本 計 画 の 期 間 に 合 わせ 平 成 27 年 度 までの4 年 間 について 実 行 計 画 日 光 市 人 材 育 成 基 本 方 針 実 行 計 画 ( 平 成 24 年 度 ~ 平 成 27 年 度 ) ~ 市 民 と 共 に 考 え 行 動 する 職 員 を 目 指 して~ 平 成 24 年 3 月 日 光 市 実 行 計 画 人 材 育 成 基 本 方 針 に 基 づく 各 具 体 的 取 り 組 みについて 前 期 計 画 の 取 組 状 況 を 踏 まえ 日 光 市 総 合 計

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション しまっちんぐ 中 間 報 告 資 料 2-2 〇 平 成 28 年 2 月 13 日 ( 土 )に しまっちんぐワークショップ を 開 催 ( 参 加 者 : 約 40 名 ) 〇 ワークショップでは 民 間 企 業 の 目 線 により 離 島 のビジョンや 活 性 化 プロジェクトを 議 論 自 己 紹 介 ワークショップ 討 議 結 果 の 発 表 意 見 交 換 1 しまっちんぐワークショップ

More information

尾道福祉専門学校 平成26年度 自己評価報告書

尾道福祉専門学校 平成26年度 自己評価報告書 平 成 26 年 度 自 己 評 価 報 告 書 平 成 27 年 8 月 社 会 福 祉 法 人 尾 道 さつき 会 尾 道 福 祉 専 門 学 校 目 次 1. 学 校 の 現 況 P1 2. 評 価 の 基 本 方 針 P2 3. 本 年 度 に 定 めた 重 点 目 標 P2 4. の 達 成 及 び 取 組 状 況 (1) 教 育 理 念 目 標 P3 (2) 学 校 運 営 P5 (3)

More information

ントロールが 難 しく 政 策 的 機 動 的 に 人 材 を 確 保 したいという 場 面 では 足 枷 となる ( 情 報 が 伝 播 しない) 東 京 五 輪 の 二 大 人 材 ニーズ 産 業 は 建 設 業 とサービス 業 ( 観 光 飲 食 )である この 両 産 業 は 東 京 五 輪

ントロールが 難 しく 政 策 的 機 動 的 に 人 材 を 確 保 したいという 場 面 では 足 枷 となる ( 情 報 が 伝 播 しない) 東 京 五 輪 の 二 大 人 材 ニーズ 産 業 は 建 設 業 とサービス 業 ( 観 光 飲 食 )である この 両 産 業 は 東 京 五 輪 国 土 交 通 政 策 研 究 所 第 173 回 政 策 課 題 勉 強 会 概 要 日 時 : 平 成 27 年 3 月 18 日 ( 水 )12 時 30 分 ~14 時 00 分 講 師 : リクルートワークス 研 究 所 主 任 研 究 員 中 村 天 江 氏 テーマ : これからの 労 働 市 場 と 建 設 人 材 の 獲 得 (1) 建 設 人 材 不 足 の 背 景 東 日 本 大

More information

(3) 人 口 の 減 少 と 地 域 活 力 の 減 退 国 勢 調 査 の 結 果 における 本 村 の 人 口 については 昭 和 30 年 の9,044 人 をピークに その 後 鉱 山 の 閉 山 や 高 度 経 済 成 長 に 起 因 し 過 疎 化 が 急 激 に 進 み 平 成 22

(3) 人 口 の 減 少 と 地 域 活 力 の 減 退 国 勢 調 査 の 結 果 における 本 村 の 人 口 については 昭 和 30 年 の9,044 人 をピークに その 後 鉱 山 の 閉 山 や 高 度 経 済 成 長 に 起 因 し 過 疎 化 が 急 激 に 進 み 平 成 22 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 1 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 山 形 県 最 上 郡 大 蔵 村 2 構 造 改 革 特 別 区 域 の 名 称 心 のふるさと おおくら 観 光 交 流 特 区 3 構 造 改 革 特 別 区 域 の 範 囲 山 形 県 最 上 郡 大 蔵 村 の 全 域 4 構 造 改 革 特 別 区 域 の 特 性 (1)

More information

大阪の子どもの貧困対策

大阪の子どもの貧困対策 参 考 資 料 1 大 阪 府 における 子 どもの 貧 困 対 策 について 11/18/2014 1 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 の 位 置 づけ 都 道 府 県 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 について 都 道 府 県 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 は 子 どもの 貧 困 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 第 9 条 において 国 の 大 綱 を 勘 案 し 当 該

More information

長期失業者の求職活動と就業意識

長期失業者の求職活動と就業意識 第 1 章 調 査 研 究 の 目 的 方 法 と 分 析 結 果 の 概 要 第 1 節 調 査 研 究 の 目 的 バブル 経 済 崩 壊 後 の 長 期 不 況 は 労 働 市 場 の 様 相 を 一 変 させた 長 期 雇 用 慣 行 が 定 着 して いたわが 国 の 労 働 市 場 は 1980 年 代 まで 完 全 失 業 率 が 1~2%という 低 い 水 準 を 維 持 し 若 年

More information

目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題 4 (1) 人 口 出 生 数 合 計 特

目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題 4 (1) 人 口 出 生 数 合 計 特 長 野 市 公 立 保 育 所 の 適 正 規 模 及 び 民 営 化 等 基 本 計 画 ( 素 案 ) 平 成 24 年 9 月 長 野 市 目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題

More information

これまでの 取 組 から 見 えてきた 課 題 課 題 1 性 的 リテラシー( 知 識 及 び 活 用 能 力 )について 子 どもたちにどこまで 身 につけさせるか 関 係 者 の 共 通 認 識 が 十 分 でない 専 門 家 からの 意 見 市 町 村 ごとに 性 教 育 の 取 組 みに

これまでの 取 組 から 見 えてきた 課 題 課 題 1 性 的 リテラシー( 知 識 及 び 活 用 能 力 )について 子 どもたちにどこまで 身 につけさせるか 関 係 者 の 共 通 認 識 が 十 分 でない 専 門 家 からの 意 見 市 町 村 ごとに 性 教 育 の 取 組 みに 子 どもを 性 被 害 から 守 るための 教 育 委 員 会 の 取 組 とその 課 題 資 料 2-1 教 育 委 員 会 学 校 等 の 責 務 子 どもを 性 被 害 から 守 るための 条 例 第 7 条 学 校 等 の 責 務 を 規 定 子 どもを 性 被 害 から 守 るための 人 権 教 育 性 教 育 及 び 情 報 モラルに 関 する 教 育 を 行 うよう 努 めるもの とする

More information

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県 平 成 27 年 (2015 年 )2 月 6 日 企 画 振 興 部 総 合 政 策 課 ( 課 長 ) 関 昇 一 郎 ( 担 当 ) 小 池 広 益 平 澤 忍 電 話 :026-235-7014( 直 通 ) 026-232-0111( 代 表 ) 内 線 3718 FAX:026-235-7471 e-mail:seisaku@pref.nagano.lg.jp 人 口 定 着 確 かな

More information

Ⅰ 総論

Ⅰ 総論 女 性 活 躍 推 進 特 定 事 業 主 行 動 計 画 せき きらめき 女 子 のアクティブプラン み ん な ~ 男 女 がいきいきと 働 く 職 場 をめざして~ 平 成 28 年 3 月 関 市 はじめに 我 が 国 において 女 性 の 就 業 率 は 着 実 に 上 昇 してきているものの 育 児 介 護 等 を 理 由 に 働 けない 女 性 や 出 産 を 機 に 離 職 する 女

More information

群馬県多文化共生推進指針

群馬県多文化共生推進指針 < 資 料 2> 定 住 外 国 人 実 態 調 査 結 果 概 要 1 調 査 目 的 経 済 状 況 の 悪 化 後 における 県 内 の 外 国 人 集 住 地 域 に 住 む 外 国 人 の 就 労 状 況 や 生 活 実 態 子 供 の 就 学 状 況 等 と 受 け 入 れ 側 日 本 人 の 意 識 を 調 査 し その 結 果 を 分 析 研 究 することに より 県 の 支 援 施

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平 成 27 年 1 14 日 資 料 2 第 31 次 地 方 制 度 調 査 会 第 12 回 専 門 小 委 員 会 資 料 三 原 市 三 原 やっさ 祭 府 中 町 水 分 峡 森 林 公 園 安 芸 高 田 市 神 楽 熊 野 町 筆 まつり 東 酒 蔵 通 り 岩 国 市 錦 帯 橋 広 島 広 域 都 市 圏 の 取 組 まつい かずみ 長 松 井 一 實 竹 原 市 重 要 伝 統

More information

平成25年度 いじめ対策等生徒指導推進事業

平成25年度 いじめ対策等生徒指導推進事業 平 成 25 年 度 いじめ 対 策 等 生 徒 指 導 推 進 事 業 自 発 的 主 体 的 な 成 長 発 達 を 促 す 組 織 的 取 組 の 研 究 ~ 不 登 校 児 童 生 徒 不 登 校 経 験 者 を 対 象 に~ お 問 い 合 わ せ は こ ち ら ま で 医 療 法 人 静 光 園 カウンセリングルーム フリースクール サポート 校 ソフィア 836-0862 福 岡 県

More information

保 護 者 からの 意 見 要 望 については 実 現 に 努 めるとともに 実 現 の 可 否 にかかわらず 説 明 を 行 う 職 員 は 意 見 要 望 を 伝 えられる 場 ( 懇 談 会 個 人 面 談 アンケート)を 定 期 的 に 設 けるよ うにする 3 地 域 の 子 育 て 支

保 護 者 からの 意 見 要 望 については 実 現 に 努 めるとともに 実 現 の 可 否 にかかわらず 説 明 を 行 う 職 員 は 意 見 要 望 を 伝 えられる 場 ( 懇 談 会 個 人 面 談 アンケート)を 定 期 的 に 設 けるよ うにする 3 地 域 の 子 育 て 支 20160119 版 2016 年 度 メリーポピンズ 稲 城 ルーム 事 業 計 画 書 1 基 本 方 針 保 育 理 念 にんげん 力 を 育 てる にんげん 力 を 身 につけるために 必 要 なあそび 野 外 体 験 を 提 案 実 践 し 自 分 で 考 え 行 動 し てみる 思 考 を 育 みます 二 大 保 育 方 針 1センスオブワンダー 自 然 の 中 に 沢 山 足 を 運

More information

34 県 立 鶴 岡 工 業 高 等 校 ( 全 日 制 ) 工 業 科 ( 機 械 科 電 気 電 子 科 情 報 通 信 科 建 築 科 環 境 化 科 ) 次 のいずれかに 該 当 する 1 文 化 的 活 動 や 体 育 的 活 動 において 地 区 大 会 を 経 て 県 大 会 に 出

34 県 立 鶴 岡 工 業 高 等 校 ( 全 日 制 ) 工 業 科 ( 機 械 科 電 気 電 子 科 情 報 通 信 科 建 築 科 環 境 化 科 ) 次 のいずれかに 該 当 する 1 文 化 的 活 動 や 体 育 的 活 動 において 地 区 大 会 を 経 て 県 大 会 に 出 32 県 立 鶴 岡 南 高 等 校 ( 全 日 制 ) 理 数 科 規 準 (A 調 査 書 習 の 記 録 :B 調 査 書 習 の 記 録 以 外 :C 面 接 : D 作 文 :E 基 礎 力 検 査 ) 基 礎 力 検 査 34 県 立 鶴 岡 工 業 高 等 校 ( 全 日 制 ) 工 業 科 ( 機 械 科 電 気 電 子 科 情 報 通 信 科 建 築 科 環 境 化 科 ) 次 のいずれかに

More information

平成22年度 事業計画

平成22年度 事業計画 平 成 28 年 度 学 校 法 人 創 志 学 園 事 業 計 画 書 ( 平 成 28 年 4 月 1 日 ~ 平 成 29 年 3 月 31 日 ) 高 等 教 育 部 門 1. 環 太 平 洋 大 学 < 事 業 計 画 概 要 > 就 職 採 用 試 験 で 役 立 つ 一 般 教 養 及 び 専 門 知 識 を 身 に 付 けさせるため 各 学 部 学 科 における 教 養 教 育 及

More information

<4D F736F F F696E74202D A F418A88835A837E B5F8E9197BF88EA959494B E B8CDD8AB B83685D>

<4D F736F F F696E74202D A F418A88835A837E B5F8E9197BF88EA959494B E B8CDD8AB B83685D> 法 科 大 院 修 了 生 向 け 就 活 セミナー ジュリナビ 運 営 事 務 局 2012 年 Copyright c 2012 Juristix Co.,Ltd. All Rights Reserved. はじめに 法 科 大 学 院 生 の 就 職 支 援 サイト ジュリナビ は 2008 年 文 部 科 学 省 からの 助 成 を 受 け 立 上 げた 機 関 です 全 国 70 校 の

More information

5. 職 務 代 理 者 の 選 出 6. 議 題 (1) 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 の 概 要 及 び 中 央 区 の 現 状 について (2) 中 央 区 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 進 捗 状 況 の 管 理 について (3) 報 告 事 項 1 保 育

5. 職 務 代 理 者 の 選 出 6. 議 題 (1) 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 の 概 要 及 び 中 央 区 の 現 状 について (2) 中 央 区 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 進 捗 状 況 の 管 理 について (3) 報 告 事 項 1 保 育 名 称 開 催 年 月 日 場 所 出 席 者 会 議 記 録 平 成 27 年 度 第 2 回 中 央 区 子 ども 子 育 て 会 議 平 成 27 年 12 月 15 日 ( 火 )18:30~ 中 央 区 役 所 8 階 大 会 議 室 委 員 区 側 出 席 者 西 郷 泰 之 ( 会 長 ) 山 本 真 実 ( 職 務 代 理 者 ) 小 森 信 政 塙 佳 生 佐 久 間 貴 子 山

More information

北 海 道 十 勝 清 水 町 補 助 金 等 ハンドブック 北 海 道 清 水 町 平 成 26 年 11 月 目 次 保 健 医 療 福 祉 分 野 (1) 乳 幼 児 等 医 療 費 助 成 制 度 P1 (2)ひとり 親 家 庭 等 医 療 費 助 成 制 度 P1 (3) 重 度 心 身 障 害 者 医 療 費 助 成 制 度 P2 (4) 国 民 健 康 保 険 出 産 育 児 一 時

More information

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ 2015 ことばの 森 教 室 第 1 回 優 秀 作 品 紹 介 < 中 学 校 1 年 生 > 作 文 課 題 中 学 生 になった 感 想 と 決 意 中 1 年 生 -1 今 からチャレンジ 勉 強 が 難 しくなるのかな 部 活 動 も6 時 頃 までやっていて 勉 強 する 時 間 はあるの かな 中 学 校 に 入 学 する 前 はそんな 不 安 でいっぱいだった 4 月 7 日 中

More information

彼 と 彼 女 バランスご 飯 づくり 料 理 教 室 協 働 相 手 食 生 活 改 善 推 進 員 協 議 会 平 成 23 年 6 月 18 日 ~11 月 12 日 (3 回 開 催 ) 健 康 推 進 課 双 方 同 等 後 援 日 本 料 理 を 中 心 に 旬 地 場 産 食 材 を

彼 と 彼 女 バランスご 飯 づくり 料 理 教 室 協 働 相 手 食 生 活 改 善 推 進 員 協 議 会 平 成 23 年 6 月 18 日 ~11 月 12 日 (3 回 開 催 ) 健 康 推 進 課 双 方 同 等 後 援 日 本 料 理 を 中 心 に 旬 地 場 産 食 材 を 健 診 栄 養 運 動 教 室 協 働 相 手 食 生 活 改 善 推 進 員 協 議 会 健 康 づくり 推 進 員 会 行 政 主 体 平 成 23 年 7 月 8 日 ~11 月 26 日 (8 回 開 催 ) 健 康 推 進 課 事 業 協 力 協 定 1 日 うちに 健 診 受 診 から 肥 満 や 生 活 習 慣 病 予 防 すべてが 学 べる 教 室 で 栄 養 バランスを 考 えた

More information

山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] 母 子 健 康 手 帳 の 交 付 妊 娠 出 産 育 児 期 の 母 子 の 健 康 管 理 を 図 るため 母 子 健 康 手 帳 を 交 付 しま 健 康 課 妊 婦 健 康 診 査 事

山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] 母 子 健 康 手 帳 の 交 付 妊 娠 出 産 育 児 期 の 母 子 の 健 康 管 理 を 図 るため 母 子 健 康 手 帳 を 交 付 しま 健 康 課 妊 婦 健 康 診 査 事 基 本 目 標 1 十 分 な 保 育 設 等 の 数 量 を 確 保 するとともに 保 育 環 境 の 改 善 及 び 充 実 を 図 り ま 山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] の 内 容 ( 区 分 ) 事 業 名 事 業 内 容 根 拠 法 令 等 関 連 計 画 担 当 課 (1) 設 型 給 付 地 域 型 保 育 給

More information

Microsoft Word - 【概要版】伊勢原市子ども・若者育成支援指針_最終確・

Microsoft Word - 【概要版】伊勢原市子ども・若者育成支援指針_最終確・ 伊 勢 原 市 子 ども 若 者 育 成 支 援 指 針 < 概 要 版 > ~ 子 ども 若 者 が 夢 に 向 かって 自 立 しながら 成 長 するまち いせはら~ 平 成 27 年 4 月 伊 勢 原 市 1 指 針 策 定 の 経 緯 近 年 少 子 化 核 家 族 化 情 報 化 経 済 情 勢 などの 影 響 を 受 け 子 ども 若 者 を 取 り 巻 く 環 境 は 大 きく 様

More information

別添2(表紙・目次)

別添2(表紙・目次) 別 添 2 配 偶 者 を 対 象 とした 手 当 に 関 する 見 直 しが 実 施 検 討 された 事 例 等 目 次 配 偶 者 を 対 象 とした 手 当 に 関 する 見 直 しが 実 施 検 討 された 事 例 35 全 体 概 要 36 企 業 事 例 一 覧 38 賃 金 制 度 の 見 直 しに 当 たって 従 業 員 の 納 得 性 を 高 めるための 取 組 事 例 57 中

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF825081408E7392B790B6936B82CC8DA7926B89EF8B638E96985E2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF825081408E7392B790B6936B82CC8DA7926B89EF8B638E96985E2E646F6378> 資 料 1 大 津 市 教 育 振 興 基 本 計 画 策 定 関 連 事 業 ( 市 長 と 生 徒 との 意 見 交 換 会 ) 2015 年 1 月 29 日 青 山 中 学 校 での 市 長 と 生 徒 との 意 見 交 換 1. 市 長 あいさつ 2. 生 徒 あいさつ 自 己 紹 介 3. 意 見 交 換 校 内 での 生 徒 の 委 員 会 活 動 等 について 校 内 活 動 ( 委

More information

空 間 について 建 物 内 に 一 休 みできる 場 所 も 欲 しい 2 層 程 度 を 想 定 とあるが 吹 き 抜 けの 空 間 や 屋 上 なら 屋 上 庭 園 など 心 地 よい 空 間 をつくってほしい 地 元 の 木 材 なども 使 ってほしい 長 居 できる 居 心 地 の 良 い

空 間 について 建 物 内 に 一 休 みできる 場 所 も 欲 しい 2 層 程 度 を 想 定 とあるが 吹 き 抜 けの 空 間 や 屋 上 なら 屋 上 庭 園 など 心 地 よい 空 間 をつくってほしい 地 元 の 木 材 なども 使 ってほしい 長 居 できる 居 心 地 の 良 い 豊 橋 市 まちなか 図 書 館 ( 仮 称 )について 語 ろう 意 見 交 換 会 1. 意 見 交 換 会 概 要 開 催 日 時 場 所 参 加 人 数 平 成 26 年 6 月 21 日 ( 土 ) 10:00~11:30 豊 橋 市 市 役 所 121 会 議 室 21 名 平 成 26 年 6 月 24 日 ( 火 ) 19:00~21:00 職 員 会 館 5 階 21 名 平 成

More information

どこから 何 をすればいいか 迷 います 豊 かさスクールではマーケティング 全 般 を 抑 えながらホームページを 中 心 とした ネットマーケティングをメインに 勉 強 します 実 際 に 私 がサポートした 人 は 全 員 がホームページを 使 った 集 客 です なぜなら 時 代 の 流 れ

どこから 何 をすればいいか 迷 います 豊 かさスクールではマーケティング 全 般 を 抑 えながらホームページを 中 心 とした ネットマーケティングをメインに 勉 強 します 実 際 に 私 がサポートした 人 は 全 員 がホームページを 使 った 集 客 です なぜなら 時 代 の 流 れ メール 説 明 会 5 回 目 ネットマーケティング こんにちは 一 人 治 療 家 豊 かさ 集 客 スクール 代 表 の 吉 田 しょういちです 第 5 回 は ネットマーケティング です その 前 にこのメルマガの 登 録 特 典 2のプレゼント 吉 田 しょういち 北 野 哲 正 特 別 対 談 動 画 https://www.youtube.com/watch?v=5d4xdo3azeq

More information

第1回「女性就労促進に関するアンケート」 報 告 書

第1回「女性就労促進に関するアンケート」 報 告 書 女 性 の 就 業 機 会 拡 大 に 関 する 調 査 報 告 書 女 性 の 就 業 機 会 拡 大 プロジェクトチーム ( 調 査 監 修 ) 大 阪 産 業 経 済 リサーチセンター 目 次 2 調 査 結 果 ( 要 旨 ) 3 1 女 性 を 取 り 巻 く 就 業 環 境 15 1-1 女 性 を 取 り 巻 く 就 業 環 境 16 1-2 女 性 就 業 における M 字 カーブ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20328FCD5F8F5A82DC82A282DC82BF82C382AD82E882CC89DB91E8>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20328FCD5F8F5A82DC82A282DC82BF82C382AD82E882CC89DB91E8> 第 2 章 住 まい まちづくりの 課 題 これまで 整 理 した 能 代 市 の 住 宅 住 環 境 の 現 況 及 び 住 民 意 向 調 査 結 果 上 位 関 連 計 画 等 を 考 慮 すると 1. 高 齢 化 の 進 展 2. 社 会 ニーズの 多 様 化 3. 住 宅 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 4. 能 代 市 独 自 の 地 域 性 5. 市 営 住 宅 ストックの 質

More information

Microsoft Word - seitan-group.doc

Microsoft Word - seitan-group.doc 平 成 26 年 度 Ⅰ 研 究 テーマ 生 単 グループ 研 究 のまとめ 五 十 嵐 曜 三 橋 道 順 松 本 成 男 野 本 篤 美 茶 谷 泰 久 河 野 真 貴 五 十 嵐 友 澤 岡 麻 衣 子 満 田 任 昭 北 村 淳 中 島 秀 樹 千 葉 久 幸 山 崎 英 哉 キャリア 教 育 の 視 点 による 教 育 課 程 の 改 善 と 授 業 づくりの 実 践 研 究 今 既 にある

More information

目 次 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 計 画 策 定 の 背 景 3 3 区 の 現 状 把 握 分 析 とそこから 見 えてくる 課 題 4 4 計 画 の 目 標 10 5 目 標 を 達 成 するための 取 組 12 1

目 次 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 計 画 策 定 の 背 景 3 3 区 の 現 状 把 握 分 析 とそこから 見 えてくる 課 題 4 4 計 画 の 目 標 10 5 目 標 を 達 成 するための 取 組 12 1 墨 田 区 女 性 の 活 躍 推 進 のための 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ( 平 成 28 年 度 ~ 平 成 32 年 度 ) 平 成 28 年 4 月 墨 田 区 目 次 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 計 画 策 定 の 背 景 3 3 区 の 現 状 把 握 分 析 とそこから 見 えてくる 課 題 4 4 計 画 の 目 標 10 5 目 標 を 達

More information

平 成 24 年 度 における 助 成 金 の 動 向 1 キーワードは 震 災 対 策 成 長 分 野 への 補 助 高 齢 化 と 少 子 化 の 進 展 によって このままでは 就 業 者 人 口 が 大 幅 に 減 少 していくことが 予 想 されています このような 状 況 の 中 で 就

平 成 24 年 度 における 助 成 金 の 動 向 1 キーワードは 震 災 対 策 成 長 分 野 への 補 助 高 齢 化 と 少 子 化 の 進 展 によって このままでは 就 業 者 人 口 が 大 幅 に 減 少 していくことが 予 想 されています このような 状 況 の 中 で 就 森 田 務 公 認 会 計 士 事 務 所 第 95 号 平 成 24 年 度 助 成 金 の 活 用 ポイントを 徹 底 解 説 最 新 助 成 金 の 活 用 法 1 平 成 24 年 度 における 助 成 金 の 動 向 2 求 職 者 支 援 制 度 に 関 する 助 成 金 5 3 4 成 長 分 野 に 関 する 助 成 金 新 規 採 用 に 関 する 助 成 金 正 職 員 登 用

More information

会議録

会議録 第 4 回 秦 野 市 公 立 幼 稚 園 あり 方 検 討 委 員 会 1 日 時 平 成 24 年 2 月 7 日 ( 火 ) 午 前 10 時 ~ 正 午 2 場 所 秦 野 市 役 所 本 庁 舎 3 階 3A 会 議 室 3 出 席 委 員 逢 坂 委 員 小 林 委 員 佐 藤 委 員 佐 々 木 委 員 桐 山 委 員 横 尾 委 員 大 澤 委 員 梅 原 委 員 野 々 山 委 員

More information

Microsoft Word - 伊丹市民意識調査報告書概要版_140210.doc

Microsoft Word - 伊丹市民意識調査報告書概要版_140210.doc 平 成 25 年 度 伊 丹 市 民 意 識 調 査 報 告 書 - 概 要 版 - 伊 丹 市 はじめに 伊 丹 市 では 平 成 23 年 に みんなの 夢 まちの 魅 力 ともにつくる 伊 丹 を 本 市 の 将 来 像 に 掲 げ 平 成 23 年 度 から 平 成 32 年 度 までの 10 年 間 のまちづくりの 指 針 となる 第 5 次 総 合 計 画 を 策 定 いたしました 総

More information

Microsoft PowerPoint - 071130 SS研講演.ppt

Microsoft PowerPoint - 071130 SS研講演.ppt 人 材 育 成 企 業 から 大 学 への 期 待 7..3 リクルートワークス 研 究 所 所 長 大 久 保 幸 夫 ICT 企 業 が 学 生 に 求 める 能 力 [ 新 卒 時 ] ICT 専 門 知 識 技 術 [ 専 門 力 ] 3 [ 基 礎 力 ] 思 考 問 題 解 決 能 力 人 間 関 係 感 情 能 力 企 業 が 求 めているのは 高 度 な 基 礎 力 ITスキルと 収

More information

4 月 2 日 例 の 記 事 が 出 た 日 です ある 空 港 では 大 変 だったそうです A 大 学 別 科 ( 実 際 は 実 名 )のベトナム 人 留 学 生 百 数 十 名 とB 日 本 語 学 校 ( 同 )のベ トナム 人 留 学 生 7 80 人 が1 階 の 出 口 でひしめき

4 月 2 日 例 の 記 事 が 出 た 日 です ある 空 港 では 大 変 だったそうです A 大 学 別 科 ( 実 際 は 実 名 )のベトナム 人 留 学 生 百 数 十 名 とB 日 本 語 学 校 ( 同 )のベ トナム 人 留 学 生 7 80 人 が1 階 の 出 口 でひしめき 留 学 生 通 信 53 号 一 般 社 団 法 人 全 国 日 本 語 学 校 連 合 会 2015 年 4 月 8 日 慎 重 さ 求 められる 日 本 語 学 校 設 置 基 準 の 緩 和 文 部 科 学 省 法 務 省 とも 基 準 緩 和 を 否 定 官 民 協 力 してこそ 留 学 生 30 万 人 計 画 は 立 派 に 達 成 できる 波 紋 呼 んだ 産 経 新 聞 の 一 本

More information

支 給 申 請 期 間 助 成 金 の 支 給 申 請 期 間 は 申 請 が 可 能 となった 日 から2か 月 以 内 とします 中 小 企 業 事 業 主 の 範 囲 雇 用 関 係 助 成 金 における 中 小 企 業 事 業 主 の 範 囲 は 以 下 のとおりとします 小 売 業 ( 飲

支 給 申 請 期 間 助 成 金 の 支 給 申 請 期 間 は 申 請 が 可 能 となった 日 から2か 月 以 内 とします 中 小 企 業 事 業 主 の 範 囲 雇 用 関 係 助 成 金 における 中 小 企 業 事 業 主 の 範 囲 は 以 下 のとおりとします 小 売 業 ( 飲 ( 事 業 主 の 方 へ) このパンフレットの 内 容 は 平 成 28 年 4 月 1 日 現 在 のものです 平 成 28 年 度 雇 用 関 係 助 成 金 のご 案 内 ( 簡 略 版 ) 平 成 28 年 度 の 雇 用 関 係 の 助 成 金 についてご 紹 介 します 雇 用 の 安 定 職 場 環 境 の 改 善 仕 事 と 家 庭 の 両 立 支 援 従 業 員 の 能 力 向

More information

001.pwd

001.pwd ( 22(21) 2 3 ) エ 参 加 者 の 状 況 利 用 者 は,4 代 が 大 半 を 占 め, 男 性 の 参 加 が 多 い( 図 1) また, 民 間 が 37%, 公 務 員 が 34%を 占 めている( 図 2) また,3 ヶ 月 終 了 する 頃 には 表 情 も 安 定 し 元 気 になったことを 実 感 する 人 が 多 いが, 復 職 するにはまだ 十 分 回 復 しておらず,69%が

More information

子 どもへの 思 い ~ 子 どもたちに 対 して 思 うこと 感 じること~ 高 滝 小 学 校 に 寄 付 ( 町 会 全 体 で) 挨 拶 がよくできる 元 気 ハキハキしていて 子 どもらしい すれていない 加 茂 中 学 校 後 援 会 で 寄 付 をしている 学 校 便 りを 町 会 全

子 どもへの 思 い ~ 子 どもたちに 対 して 思 うこと 感 じること~ 高 滝 小 学 校 に 寄 付 ( 町 会 全 体 で) 挨 拶 がよくできる 元 気 ハキハキしていて 子 どもらしい すれていない 加 茂 中 学 校 後 援 会 で 寄 付 をしている 学 校 便 りを 町 会 全 ( 仮 称 ) 次 世 代 育 成 支 援 推 進 条 例 ( 子 ども 条 例 ) 制 定 に 向 けた 地 区 別 懇 話 会 (タウンミーティング) 加 茂 地 区 意 見 等 一 覧 開 催 日 : 平 成 23 年 7 月 22 日 ( 金 ) 会 場 : 加 茂 支 所 会 議 室 子 どもへの 思 い ~ 子 どもたちに 対 して 思 うこと 感 じること~ 高 滝 小 学 校 に 寄

More information

<95F18D908F912E786477>

<95F18D908F912E786477> 参 考 鹿 児 島 県 民 の 生 活 意 識 実 態 調 査 等 の 結 果 平 成 23 年 3 月 28 日 目 次 I. 世 代 別 にみた 特 徴 と 課 題... 2 1. 20 歳 代... 2 2. 30 歳 代... 3 3. 40 歳 代... 5 4. 50 歳 代... 7 5. 60 歳 代... 8 6. 70 歳 以 上... 10 II. 就 業 形 態 別 にみた

More information

別 紙 A インターンシップ 事 前 計 画 書 項 目 期 日 指 導 内 容 備 考 担 当 者 履 歴 書 日 下 書 き 正 書 自 己 分 析 シート 日 下 書 き 正 書 アルバイトとインタ ーンシップの 違 い 日 アルバイトとは 何 か インターンシップの 意 義 と 内 容 科

別 紙 A インターンシップ 事 前 計 画 書 項 目 期 日 指 導 内 容 備 考 担 当 者 履 歴 書 日 下 書 き 正 書 自 己 分 析 シート 日 下 書 き 正 書 アルバイトとインタ ーンシップの 違 い 日 アルバイトとは 何 か インターンシップの 意 義 と 内 容 科 4キャリア 教 育 実 践 的 職 業 教 育 キャリア 教 育 就 職 支 援 等 への 取 組 状 況 特 別 講 義 としてキャリア 講 座 を 開 講 し 自 己 分 析 履 歴 書 エントリーシートの 書 き 方 から 面 接 指 導 まで 行 う さらにマナー 講 座 会 社 説 明 会 会 社 訪 問 等 のマナー 作 文 一 般 常 識 試 験 S PI 等 の 対 策 内 定 後

More information

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成 益 田 市 社 会 教 育 推 進 計 画 益 田 市 教 育 委 員 会 平 成 26 年 2 月 策 定 目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進

More information

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年 第 3 章 就 労 促 進 に 向 けた 労 働 市 場 の 需 給 面 及 び 質 面 の 課 題 には 解 雇 などの 在 職 者 に 対 する 雇 用 調 整 ではなく 所 定 外 労 働 時 間 の 削 減 とともに 新 規 採 用 をは じめとする 入 職 抑 制 を 選 択 する 傾 向 にあり この 傾 向 は 基 本 的 には 変 わっていないと 考 えられる こ のため バブル 崩

More information

蟷ウ謌撰シ托シ募ケエ・匁怦螟ァ轢ャ謌ク逕コ隴ー莨壼ョ壻セ倶シ

蟷ウ謌撰シ托シ募ケエ・匁怦螟ァ轢ャ謌ク逕コ隴ー莨壼ョ壻セ倶シ 平 成 25 年 第 1 回 西 海 市 議 会 定 例 会 市 政 一 般 に 対 する 質 問 一 覧 月 日 通 告 順 登 壇 順 氏 名 頁 1 1 平 井 満 洋 議 員 1 2 2 岩 本 利 雄 議 員 1 3 月 4 日 ( 月 ) 3 3 田 川 正 毅 議 員 1 4 4 朝 長 隆 洋 議 員 2 5 5 浅 田 幸 夫 議 員 3 西 海 市 議 会 1. 平 井 満 洋

More information

玉 城 町 まち ひと しごと 創 生 に 関 するアンケート 調 査 結 果 報 告 書 平 成 28 年 2 月 三 重 県 玉 城 町 目 次 1 調 査 結 果 報 告 書 の 概 要 1 (1) 調 査 実 施 の 概 要 1 ア 調 査 概 要 1 イ 調 査 の 目 的 1 (2) 調 査 対 象 者 と 配 布 数 及 び 回 収 結 果 1 ア 調 査 対 象 と 抽 出 方 法

More information

(記載例2)仕事太郎(評価シート入)

(記載例2)仕事太郎(評価シート入) 記 載 例 (2 回 目 ) ジョブ カード 様 式 1 履 歴 シート 1 E-mail アドレス 昭 和 平 成 57 年 10 月 15 日 生 ( 27 歳 ) 男 女 現 住 所 職 務 経 歴 とうきょうとちよだくかすみがせき 100-8916 - 同 上 ( 電 話 ) 印 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 1-2-2 ( 電 話 ) しごと たろう 氏 名 仕 事 太 郎 連

More information

スライド 1

スライド 1 調 査 方 法 :インターネットアンケート 調 査 期 間 :2009 年 1 月 23 日 ~2 月 5 日 調 査 対 象 :ぱど 読 者 モニター ぱどめいと 回 答 人 数 614 人 神 奈 川 県 在 住 の 高 校 生 以 下 のお 子 さまをお 持 ちの 20~50 代 の 女 性 未 入 園 ~ 小 学 生 以 下 の 習 い 事 通 塾 幼 稚 園 小 学 校 受 験 などなど

More information

Taro-H27果振計画3.30

Taro-H27果振計画3.30 計 画 期 間 平 成 28 年 度 ~ 平 成 32 年 度 栃 木 県 果 樹 農 業 振 興 計 画 平 成 28 年 3 月 栃 木 県 目 次 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 2 本 県 果 樹 農 業 の 現 状 と 課 題 2 (1) 果 樹 経 営 (2) 果 実 の 生 産 販 売 (3) 担 い 手 (4) 加 工 (5) 輸 出 の 取 組 3 果 樹 農 業 の 振 興

More information

<96E5905E92B78EF596BD89BB8C7689E6313030333330>

<96E5905E92B78EF596BD89BB8C7689E6313030333330> 門 真 営 住 宅 長 寿 命 化 計 画 平 成 22 年 3 月 門 真 はじめに 門 真 では 平 成 22 年 3 月 現 在 487 戸 の 営 住 宅 を 管 理 しており これらの 住 宅 ストックを 良 好 な 社 会 的 資 産 として 有 効 に 活 用 していくことは 極 めて 重 要 な 課 題 である 本 では 昭 和 20~30 年 代 に 建 設 された 木 造 営

More information

次 に 企 業 から 課 された 課 題 や 研 修 の 内 容 について 尋 ねた 最 も 多 いのは 通 信 教 育 (e-learning 含 む) 55.1%で 1 位 となった 遠 方 の 学 生 からは 卒 論 で 忙 しい 時 期 に 本 社 へ 出 向 くのは 負 担 だっ た とい

次 に 企 業 から 課 された 課 題 や 研 修 の 内 容 について 尋 ねた 最 も 多 いのは 通 信 教 育 (e-learning 含 む) 55.1%で 1 位 となった 遠 方 の 学 生 からは 卒 論 で 忙 しい 時 期 に 本 社 へ 出 向 くのは 負 担 だっ た とい 2015 年 度 調 査 データで 見 る 内 定 者 フォロー キャリアリサーチ 2014 年 9 月 発 行 景 気 回 復 で 企 業 の 採 用 意 欲 は 拡 大 し モニター 学 生 の 内 定 率 は 79.3%(7 月 1 日 現 在 )と 前 年 同 期 より 3.3 ポイント 上 昇 した 倫 理 憲 章 で 定 められた 正 式 内 定 日 である 10 月 1 日 を 控 え

More information

(Microsoft Word - \217A\220E\212\210\223\256\203A\203h\203o\203C\203X)

(Microsoft Word - \217A\220E\212\210\223\256\203A\203h\203o\203C\203X) ここで 紹 介 する 就 職 活 動 アドバイスは 一 般 的 な 就 職 活 動 に 加 えて 行 うと 良 いものを 掲 載 してお ております 基 本 的 な 就 職 活 動 の 準 備 が 出 来 ていなければ 効 果 は 出 ません 一 般 的 な 就 職 活 動 は 行 っているけど 内 定 がもらえ らえない 良 い 結 果 が 出 ない 方 へ 是 非 参 考 にしてもらい らいたい

More information

事 例 4 1 受 講 生 の 就 職 支 援 ニーズの 把 握 受 講 生 の 人 物 像 ( 特 徴 や 特 性 ) 就 職 支 援 のニーズを 把 握 し 効 果 的 な 就 職 支 援 の 働 きかけを 実 施 す 入 校 時 に 受 講 生 のプロフィール 訓 練 就 職 に 対 する 希

事 例 4 1 受 講 生 の 就 職 支 援 ニーズの 把 握 受 講 生 の 人 物 像 ( 特 徴 や 特 性 ) 就 職 支 援 のニーズを 把 握 し 効 果 的 な 就 職 支 援 の 働 きかけを 実 施 す 入 校 時 に 受 講 生 のプロフィール 訓 練 就 職 に 対 する 希 ~ 就 職 率 アップを 目 指 して~ 就 職 支 援 取 組 事 例 集 平 成 27 年 3 月 本 事 例 集 には 様 々な 民 間 委 託 訓 練 機 関 において 実 際 に 取 り 組 まれ 成 果 の 上 がった 就 職 支 援 の 事 例 を 掲 載 しています 職 業 訓 練 サービスの 質 向 上 のため 就 職 支 援 カリキュラムを 作 成 する 際 等 の 一 助 としてご

More information

資 料 1 相 談 事 例 事 例 1 支 店 長 から 恒 常 的 にセクハラを 受 け 出 勤 が 辛 くなった 事 案 相 談 内 容 支 店 長 から 臀 部 脚 手 などに 触 られたり 下 着 を 脱 いでおけ 上 半 身 は 細 いの に 太 腿 は 太 いな など 言 われたりしていた 最 初 は 人 間 関 係 を 壊 したくないと 我 慢 したが セクハラが 恒 常 的 にあるので

More information

<30325F8A778D5A8FD089EE8E9197BF816989BA966B89EF8FEA816A2E786C7378>

<30325F8A778D5A8FD089EE8E9197BF816989BA966B89EF8FEA816A2E786C7378> 平 成 26 年 度 あおもり 教 育 フォーラム 下 北 会 場 (H26.10.25) 学 校 紹 介 資 料 県 立 田 名 部 高 等 学 校 P1 県 立 大 湊 高 等 学 校 P2 県 立 大 湊 高 等 学 校 川 内 校 舎 P3 県 立 むつ 工 業 高 等 学 校 P4 県 立 大 間 高 等 学 校 P5 各 県 立 高 校 の 概 要 及 び について 県 立 田 名 部

More information

Microsoft Word - 2013政経済史学会 共通論題報告 学会HP用(大場).doc

Microsoft Word - 2013政経済史学会 共通論題報告 学会HP用(大場).doc 2013 年 度 政 治 経 済 学 経 済 史 学 会 秋 季 学 術 大 会 共 通 論 題 報 告 2 札 幌 学 院 大 学 経 済 学 部 大 場 隆 広 養 成 工 と 高 校 卒 ブルーカラーの 代 替 と 補 完 戦 後 日 本 の 高 度 成 長 期 を 中 心 に 発 表 内 容 : 1. 問 題 関 心 2. 高 度 成 長 期 の 新 規 学 卒 の 労 働 市 場 (1)

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

( 記 入 方 法 ) 様 式 -1 未 来 農 業 のフロンティア 育 成 研 修 受 講 申 請 書 1 申 請 ( 本 人 が 提 出 する) 年 月 日 住 所 ( 番 地 記 入 ) 氏 名 を 記 入 し 捺 印 する 2 研 修 コース 募 集 7コースの 作 物 野 菜 花 き 酪

( 記 入 方 法 ) 様 式 -1 未 来 農 業 のフロンティア 育 成 研 修 受 講 申 請 書 1 申 請 ( 本 人 が 提 出 する) 年 月 日 住 所 ( 番 地 記 入 ) 氏 名 を 記 入 し 捺 印 する 2 研 修 コース 募 集 7コースの 作 物 野 菜 花 き 酪 様 式 集 等 ページ 記 入 方 法 5 様 式 -1 未 来 農 業 のフロンティア 育 成 研 修 受 講 申 請 書 7 ( 受 講 希 望 者 ) 様 式 -2 未 来 農 業 のフロンティア 育 成 研 修 希 望 者 カード 8 ( 受 講 希 望 者 ) 様 式 -3 健 康 診 断 書 10 ( 受 講 希 望 者 が 医 療 機 関 へ 依 頼 して 作 成 ) 様 式 -4 作

More information

1 件 名 平 成 27 年 度 滝 沢 市 青 少 年 問 題 協 議 会 2 日 時 平 成 28 年 2 月 29 日 ( 月 )14:00~16:00 3 場 所 滝 沢 市 公 民 館 2 階 視 聴 覚 室 4 委 員 会 長 柳 村 典 秀 滝 沢 市 長 ( 青 少 年 問 題 協

1 件 名 平 成 27 年 度 滝 沢 市 青 少 年 問 題 協 議 会 2 日 時 平 成 28 年 2 月 29 日 ( 月 )14:00~16:00 3 場 所 滝 沢 市 公 民 館 2 階 視 聴 覚 室 4 委 員 会 長 柳 村 典 秀 滝 沢 市 長 ( 青 少 年 問 題 協 平 成 27 年 度 滝 沢 市 青 少 年 問 題 協 議 会 会 議 録 目 次 会 議 概 要 2P 会 議 内 容 4P 会 議 録 署 名 人 署 名 9P 滝 沢 市 生 涯 学 習 文 化 課 平 成 27 年 度 滝 沢 市 青 少 年 問 題 協 議 会 1 1 件 名 平 成 27 年 度 滝 沢 市 青 少 年 問 題 協 議 会 2 日 時 平 成 28 年 2 月 29 日

More information

調 査 結 果 結 婚 に 対 する 意 識 について 未 婚 男 女 結 婚 したい 8 割 結 婚 したくない 2 割 未 婚 30 代 女 性 では すぐにでも 結 婚 したい 3 割 弱 40 代 女 性 は1 割 すぐにでも 結 婚 したい は 正 規 労 働 者 では23.0% 非 正

調 査 結 果 結 婚 に 対 する 意 識 について 未 婚 男 女 結 婚 したい 8 割 結 婚 したくない 2 割 未 婚 30 代 女 性 では すぐにでも 結 婚 したい 3 割 弱 40 代 女 性 は1 割 すぐにでも 結 婚 したい は 正 規 労 働 者 では23.0% 非 正 報 道 関 係 各 位 子 ども 子 育 てに 関 する 調 査 2013 年 6 月 21 日 結 婚 に 対 する 意 識 について 未 婚 男 女 結 婚 したい 8 割 結 婚 したくない 2 割 結 婚 したくない 理 由 半 数 が 結 婚 することが 幸 せだと 思 わない 結 婚 できないと 思 う 理 由 出 会 いがない 7 割 強 20 代 では 異 性 と 上 手 くつきあえない

More information

受 験 期 は 子 どものストレスが 増 す 95.3% 受 験 期 の 子 どもとの 接 し 方 に 不 安 68.6% 保 護 者 の 93.が 受 験 期 は 金 銭 的 な 負 担 が 増 える と 不 安 視 小 学 生 または 中 学 生 の 子 どもを 持 つ 20 代 ~50 代 の

受 験 期 は 子 どものストレスが 増 す 95.3% 受 験 期 の 子 どもとの 接 し 方 に 不 安 68.6% 保 護 者 の 93.が 受 験 期 は 金 銭 的 な 負 担 が 増 える と 不 安 視 小 学 生 または 中 学 生 の 子 どもを 持 つ 20 代 ~50 代 の 報 道 関 係 者 各 位 2016 年 1 月 20 日 英 会 話 のGaba 子 どもの 受 験 と 英 語 教 育 に 関 する 調 査 ~ 小 中 学 生 の 保 護 者 1,000 名 に 調 査 ~ 英 会 話 のGabaでは 子 どもの 受 験 や 英 語 教 育 に 対 する 保 護 者 の 意 識 を 探 るため 小 学 生 または 中 学 生 の 子 ど もを 持 つ20 代

More information