Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1 富 良 野 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 ~ 既 存 建 築 物 の 耐 震 化 に 向 けて~ 平 成 21 年 3 月 富 良 野 市

2

3 目 次 第 1 章 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 1. 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 1 2. 計 画 の 位 置 づけ 1 3. 計 画 期 間 1 第 2 章 富 良 野 市 の 概 況 1. 位 置 2 2. 地 勢 2 3. 気 象 2 4. 人 口 と 世 帯 数 3 第 3 章 富 良 野 市 で 想 定 される 地 震 による 被 害 状 況 1. 富 良 野 市 における 地 震 発 生 の 概 要 4 2. 富 良 野 市 における 地 震 の 想 定 5 3. 地 震 の 揺 れについて 8 4. 建 築 物 人 的 被 害 の 想 定 10 第 4 章 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 の 目 標 1. 住 宅 の 耐 震 化 の 状 況 住 宅 の 耐 震 化 目 標 と 実 施 棟 数 の 考 え 方 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 の 耐 震 化 の 状 況 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 の 耐 震 化 目 標 と 実 施 棟 数 の 考 え 方 地 震 時 に 通 行 を 確 保 すべき 道 路 に 隣 接 する 建 築 物 の 耐 震 化 公 共 建 築 物 の 耐 震 化 18 第 5 章 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 促 進 に 向 けた 取 り 組 み 方 針 1. 耐 震 化 促 進 に 向 けた 各 主 体 の 役 割 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 促 進 に 向 けた 施 策 の 方 向 19 第 6 章 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 促 進 に 向 けた 施 策 1. 安 心 して 耐 震 診 断 耐 震 改 修 が 行 える 環 境 の 整 備 住 宅 建 築 物 の 地 震 防 災 対 策 に 関 する 啓 発 知 識 の 普 及 地 震 時 の 総 合 的 な 安 全 対 策 の 推 進 耐 震 化 促 進 を 優 先 する 建 築 物 公 共 建 築 物 の 耐 震 診 断 実 施 状 況 実 施 結 果 の 公 表 23

4 第 7 章 耐 震 改 修 促 進 法 及 び 建 築 基 準 法 に 基 づく 指 導 等 について 1. 耐 震 改 修 促 進 法 に 基 づく 指 導 等 建 築 基 準 法 に 基 づく 勧 告 等 北 海 道 との 連 携 24 第 8 章 計 画 の 推 進 に 関 する 事 項 1. 北 海 道 及 び 関 係 団 体 との 連 携 について 庁 内 の 計 画 推 進 体 制 について 25

5 第 1 章 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 1. 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 平 成 7 年 1 月 に 発 生 した 兵 庫 県 南 部 地 震 いわゆる 阪 神 淡 路 大 震 災 の 教 訓 を 踏 まえ 同 年 10 月 に 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 以 下 耐 震 改 修 促 進 法 という ) が 制 定 されました さらに 近 年 の 大 地 震 の 発 生 と 被 害 状 況 を 受 けて 平 成 18 年 1 月 に 耐 震 改 修 促 進 法 の 改 正 法 が 施 行 され 国 及 び 地 方 公 共 団 体 による 計 画 的 な 耐 震 化 の 推 進 や 建 築 物 に 対 する 指 導 等 の 強 化 が 位 置 づけられました 北 海 道 においても 平 成 18 年 12 月 に 策 定 した 北 海 道 耐 震 改 修 促 進 計 画 において 平 成 27 年 度 までに 北 海 道 における 住 宅 及 び 多 数 の 者 が 利 用 する 一 定 規 模 以 上 の 建 築 物 の 耐 震 化 率 を9 割 にすることを 目 標 とし ています 富 良 野 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 以 下 本 計 画 という )は 地 震 による 建 築 物 の 倒 壊 被 害 から 市 民 の 生 命 及 び 財 産 に 対 する 被 害 を 抑 制 するため 既 存 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 を 促 進 することにより 富 良 野 市 内 における 建 築 物 の 耐 震 性 向 上 を 図 ることを 目 的 と します 2. 計 画 の 位 置 づけ 本 計 画 は 耐 震 改 修 促 進 法 のほか 国 の 定 める 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るための 基 本 的 な 方 針 及 び 北 海 道 耐 震 改 修 促 進 計 画 を 踏 まえ 富 良 野 市 総 合 計 画 等 の 上 位 関 連 計 画 との 整 合 を 図 ります 図 1 本 計 画 の 位 置 づけ 国 富 良 野 市 耐 震 改 修 促 進 法 ( 平 成 18 年 1 月 改 正 施 行 ) 富 良 野 市 総 合 計 画 ( 平 成 13 年 3 月 策 定 ) 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るための 基 本 的 な 方 針 ( 平 成 18 年 1 月 : 国 土 交 通 省 ) 北 海 道 北 海 道 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 平 成 18 年 12 月 策 定 ) 富 良 野 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 平 成 21 年 3 月 策 定 ) 富 良 野 市 地 域 防 災 計 画 [ 地 震 災 害 対 策 編 ] ( 平 成 13 年 12 月 改 訂 版 ) 3. 計 画 期 間 計 画 期 間 は 国 の 基 本 方 針 及 び 北 海 道 耐 震 改 修 促 進 計 画 との 整 合 を 図 り 平 成 21 年 度 か ら 平 成 27 年 度 までの7 年 間 とします なお 社 会 情 勢 が 大 きく 変 化 するなど 本 計 画 の 見 直 しの 必 要 性 が 生 じた 場 合 適 宜 見 直 しを 行 うこととします 1

6 第 2 章 富 良 野 市 の 概 況 1. 位 置 富 良 野 市 ( 以 下 本 市 という )は 上 川 支 庁 管 内 の 南 部 に 位 置 し 東 西 32.8km 南 北 27.3km 総 面 積 km2で 北 海 道 のほぼ 中 央 に 位 置 する 富 良 野 盆 地 の 中 心 都 市 であ り 東 南 は 南 富 良 野 町 西 は 夕 張 山 地 を 挟 んで 芦 別 市 北 は 中 富 良 野 町 上 富 良 野 町 と 接 しています 図 2 富 良 野 市 の 位 置 2. 地 勢 市 域 の 東 側 に 大 雪 山 系 十 勝 岳 西 側 に 夕 張 山 系 芦 別 岳 がそびえ 南 側 には 天 然 林 の 大 樹 海 ( 東 京 大 学 演 習 林 )があり 市 域 の 約 7 割 が 山 林 という 恵 まれた 自 然 条 件 にあります この2つの 山 並 みに 囲 まれて 南 北 に 伸 びたほぼ 長 円 形 の 盆 地 が 形 成 され その 中 央 部 を 十 勝 岳 の 南 東 部 に 源 を 発 する 石 狩 川 水 系 支 流 の 空 知 川 が 南 から 北 西 方 向 に 貫 流 していま す 3. 気 象 大 雪 山 系 と 夕 張 山 系 に 囲 まれた 典 型 的 な 内 陸 性 気 候 であり 気 温 の 日 較 差 や 年 較 差 が 大 きく 夏 季 には 集 中 豪 雨 の 傾 向 もみられます 降 雪 期 間 は 11 月 中 旬 から4 月 上 旬 までで あり 積 雪 深 は 山 間 部 では2~3mに 達 します 平 成 19 年 の 年 平 均 気 温 は6.8 で 最 高 気 温 33.8 最 低 気 温 年 間 日 照 時 間 1,585.1 時 間 年 間 降 水 量 706mmとなっていま す 2

7 4. 人 口 と 世 帯 数 人 口 は 昭 和 40 年 頃 をピークに 減 少 傾 向 にあり 平 成 17 年 には25,076 人 となっていま す また 世 帯 数 は 増 加 傾 向 にあり 平 成 17 年 には9,989 世 帯 となっています 図 3 人 口 の 推 移 ( 人 ) 45,000 40,000 35,000 36,516 36,627 30,000 25,000 30,876 29,155 28,499 27,876 26,665 26,046 26,112 25,076 20,000 15,000 10,000 5,000 図 4 0 S35 年 S40 年 S45 年 S50 年 S55 年 S60 年 H2 年 H7 年 H12 年 H17 年 資 料 : 国 勢 調 査 世 帯 数 の 推 移 ( 世 帯 ) 14,000 12,000 10,000 8,000 7,305 8,029 8,058 8,253 8,742 8,881 8,961 9,310 9,914 9,989 6,000 4,000 2,000 0 S35 年 S40 年 S45 年 S50 年 S55 年 S60 年 H2 年 H7 年 H12 年 H17 年 資 料 : 国 勢 調 査 3

8 第 3 章 富 良 野 市 で 想 定 される 地 震 による 被 害 状 況 1. 富 良 野 市 における 地 震 発 生 の 概 要 本 市 付 近 には 夕 張 山 地 に 沿 って 活 断 層 の 密 集 する 富 良 野 断 層 帯 が 存 在 します 海 岸 線 から 距 離 があるためプレート 型 地 震 による 被 害 は 少 ないものの 浅 い 地 中 を 震 源 とする 活 断 層 型 地 震 が 発 生 した 場 合 の 被 害 は 甚 大 なものが 予 想 されます なお 富 良 野 断 層 帯 では 歴 史 上 被 害 を 生 じた 地 震 の 記 録 はありませんが これは 明 治 以 降 しか 地 震 記 録 の 蓄 積 がな いためであり 次 の 地 震 がいつなのかは 予 測 がつかない 状 況 にあります 表 1 北 海 道 内 の 主 な 被 害 地 震 (190 年 以 降 ) 発 生 年 月 日 地 域 ( 地 震 名 称 ) マグニ チュード 家 屋 被 害 死 者 ( 不 明 ) 1915 年 3 月 18 日 広 尾 沖 M7.0 2 人 1933 年 3 月 3 日 ( 三 陸 地 震 ) M 戸 13 人 1938 年 5 月 29 日 屈 斜 路 湖 付 近 M6.1 7 戸 1 人 1940 年 8 月 2 日 神 威 岬 沖 M 戸 10 人 1952 年 3 月 4 日 ( 十 勝 沖 地 震 ) M 戸 33 人 1959 年 1 月 31 日 弟 子 屈 付 近 [2 回 発 生 ] M6.3 2 戸 1968 年 5 月 16 日 (1968 年 十 勝 沖 地 震 ) M 戸 2 人 1970 年 1 月 21 日 北 海 道 南 部 M 戸 1973 年 6 月 17 日 (1973 年 6 月 17 日 根 室 半 島 沖 地 震 ) M7.4 2 戸 1982 年 3 月 21 日 ( 昭 和 57 年 浦 河 沖 地 震 ) M 戸 1983 年 5 月 26 日 ( 昭 和 58 年 日 本 海 中 部 地 震 ) M7.7 9 戸 4 人 193 年 1 月 15 日 ( 平 成 5 年 釧 路 沖 地 震 ) M 戸 2 人 193 年 7 月 12 日 ( 平 成 5 年 北 海 道 南 西 沖 地 震 ) M 戸 229 人 194 年 10 月 4 日 ( 平 成 6 年 北 海 道 東 方 沖 地 震 ) M 戸 4

9 2. 富 良 野 市 における 地 震 の 想 定 本 市 における 地 震 の 想 定 として 北 海 道 地 域 防 災 計 画 や 中 央 防 災 会 議 のプレート 型 によ る 想 定 地 震 地 震 調 査 研 究 推 進 本 部 の 断 層 モデルによる 想 定 地 震 に 加 え 全 国 どこでも 起 こりうる 直 下 の 地 震 から 本 市 に 被 害 をもたらす 危 険 性 の 高 い 地 震 を 地 域 ごとに 選 択 し 最 大 震 度 を 想 定 します (1) 北 海 道 中 央 防 災 会 議 の 想 定 地 震 北 海 道 地 域 防 災 計 画 地 震 防 災 計 画 編 ( 平 成 14 年 3 月 )では 太 平 洋 側 日 本 海 側 及 び 内 陸 に6つの 地 震 を 想 定 しています また 中 央 防 災 会 議 による 日 本 海 溝 千 島 海 溝 周 辺 海 溝 型 地 震 に 関 する 専 門 調 査 会 で は 北 海 道 に 大 きな 影 響 を 及 ぼすと 考 えられる 地 震 として 根 室 沖 釧 路 沖 の 地 震 と 十 勝 沖 釧 路 沖 の2つの 地 震 を 想 定 しています 以 上 8つの 地 震 のなかから 本 市 に 大 きな 影 響 を 及 ぼす 地 震 として 十 勝 沖 釧 路 沖 の 地 震 (マグニチュード8.2)を 想 定 します 図 5 北 海 道 中 央 防 災 会 議 想 定 地 震 の 位 置 表 2 北 海 道 中 央 防 災 会 議 想 定 地 震 の 概 要 地 震 名 称 位 置 ( 旧 測 地 系 ) 規 模 1 石 狩 地 震 点 震 源 : 北 緯 度 東 経 度 M 北 海 道 東 部 地 震 点 震 源 : 北 緯 42.5 度 東 経 146 度 M 釧 路 北 部 地 震 点 震 源 : 北 緯 43.5 度 東 経 度 M6.5 4 日 高 中 部 地 震 点 震 源 : 北 緯 度 東 経 度 M 留 萌 沖 地 震 点 震 源 : 北 緯 44 度 東 経 141 度 M7.0 6 後 志 沖 地 震 点 震 源 : 北 緯 43 度 東 経 139 度 M 十 勝 沖 釧 路 沖 の 地 震 面 震 源 : 上 図 の 断 層 領 域 M8.2 8 根 室 沖 釧 路 沖 の 地 震 面 震 源 : 上 図 の 断 層 領 域 M8.3 5

10 (2) 地 震 調 査 研 究 推 進 本 部 の 想 定 地 震 地 震 調 査 研 究 推 進 本 部 では 全 国 の 主 な 地 震 について 長 期 的 な 地 震 の 発 生 確 率 の 評 価 など 全 国 を 概 観 した 地 震 動 予 測 地 図 の 作 成 を 行 っています そのなかで 道 内 の 主 要 な 活 断 層 として8つの 断 層 帯 (12の 断 層 モデル)が 想 定 されています この12の 断 層 モデルのなかから 本 市 に 大 きな 影 響 を 及 ぼす 地 震 として 富 良 野 断 層 帯 西 部 の 地 震 (マグニチュード7.2) 及 び 富 良 野 断 層 帯 東 部 の 地 震 (マグニチュード7.2)を 想 定 します 図 6 地 震 調 査 研 究 推 進 本 部 想 定 地 震 の 位 置 表 3 地 震 調 査 研 究 推 進 本 部 想 定 地 震 の 概 要 断 層 の 名 称 断 層 モデル 規 模 断 層 長 さ 断 層 幅 傾 斜 角 1 標 津 断 層 帯 標 津 断 層 帯 M7.7 53km 14km 北 西 60 度 2 十 勝 平 野 断 層 帯 十 勝 平 野 断 層 帯 主 部 M8.0 84km 20km 東 60 度 光 地 園 断 層 M7.2 27km 20km 東 60 度 3 富 良 野 断 層 帯 富 良 野 断 層 帯 西 部 M7.2 29km 14km 西 60 度 富 良 野 断 層 帯 東 部 M7.2 27km 14km 東 60 度 4 増 毛 山 地 東 縁 断 層 帯 増 毛 山 地 東 縁 断 層 帯 M7.8 58km 20km 西 60 度 沼 田 - 砂 川 付 近 の 断 層 帯 M7.5 37km 20km 東 60 度 5 当 別 断 層 当 別 断 層 M7.0 19km 19km 西 40 度 6 石 狩 低 地 東 縁 断 層 帯 石 狩 低 地 東 縁 断 層 帯 主 部 M km 24km 東 45 度 石 狩 低 地 東 縁 断 層 帯 南 部 M7.1 24km 24km 東 45 度 7 黒 松 内 低 地 断 層 帯 黒 松 内 低 地 断 層 帯 M7.3 32km 32km 西 60 度 8 函 館 平 野 西 縁 断 層 帯 函 館 平 野 西 縁 断 層 帯 M7.3 22km 22km 西 60 度 6

11 (3) 全 国 どこでも 起 こりうる 直 下 の 地 震 中 央 防 災 会 議 では 地 震 に 対 応 する 活 断 層 が 地 表 で 認 められていない 地 震 を 想 定 し そ の 地 震 規 模 の 上 限 を 次 のような 考 えで 想 定 しています 過 去 の 事 例 から マグニチュード6.5 以 下 の 地 震 ではほとんど 活 断 層 が 地 表 で 認 められ ていなく マグニチュード6.8の 地 震 の 場 合 では 活 断 層 が 地 表 で 認 められるものと 認 め られないものがあること 全 ての 地 域 で 何 時 地 震 が 発 生 するか 分 からないとして 防 災 対 策 上 の 備 えが 必 要 である こと これらのことから 全 国 どこでも 起 こりうる 直 下 の 地 震 として マグニチュード6 台 の 最 大 である6.9の 地 震 を 想 定 しています 本 市 においても 全 国 どこでも 起 こりうる 直 下 の 地 震 の 規 模 として マグニチュード6.9 の 地 震 を 想 定 します 7

12 3. 地 震 の 揺 れについて 地 震 の 揺 れは 震 源 断 層 からの 距 離 に 応 じて 減 衰 し 表 層 地 盤 が 軟 らかければ 増 幅 しや すく 硬 ければ 増 幅 しにくい 傾 向 にあります 本 計 画 では 想 定 する3つの 地 震 から 地 区 別 の 震 度 を 算 定 し 最 大 震 度 を 次 に 示 します 表 4 想 定 地 震 の 地 区 別 最 大 震 度 地 区 名 震 度 地 区 名 震 度 1 花 園 町 南 大 沼 錦 町 西 鳥 沼 住 吉 町 東 鳥 沼 新 光 町 北 扇 山 瑞 穂 町 西 扇 山 春 日 町 南 扇 山 西 麻 町 布 部 市 街 地 北 麻 町 布 部 東 麻 町 上 五 区 南 麻 町 中 五 区 東 町 下 五 区 桂 木 町 学 田 三 区 新 富 町 下 御 料 弥 生 町 中 御 料 若 松 町 上 御 料 本 町 八 幡 丘 朝 日 町 富 丘 日 の 出 町 布 礼 別 幸 町 麓 郷 市 街 地 末 広 町 北 麓 郷 栄 町 東 麓 郷 若 葉 町 南 麓 郷 緑 町 西 麓 郷 扇 町 山 部 市 街 地 南 町 山 部 北 星 北 の 峰 町 山 部 桜 丘 西 町 山 部 中 央 北 斗 町 山 部 共 進 島 の 下 山 部 南 陽 清 水 山 東 山 西 学 田 二 区 西 達 布 東 学 田 二 区 老 節 布 北 大 沼 平 沢

13 揺 れやすさマップ( 全 域 ) 9

14 4. 建 築 物 人 的 被 害 の 想 定 本 市 において 想 定 する3つの 地 震 から 地 区 別 の 最 大 震 度 をもとに 建 築 物 人 的 被 害 を 算 定 した 場 合 市 全 体 で 建 築 物 の 全 壊 棟 数 は 約 580 棟 半 壊 棟 数 は 約 2,630 棟 死 者 数 は 約 6 人 負 傷 者 数 は 約 380 人 と 想 定 されます 表 5 想 定 地 震 による 地 区 別 建 物 全 壊 率 地 区 名 全 壊 率 地 区 名 全 壊 率 1 花 園 町 2.59% 34 南 大 沼 5.13% 2 錦 町 3.97% 35 西 鳥 沼 5.77% 3 住 吉 町 3.31% 36 東 鳥 沼 5.71% 4 新 光 町 2.99% 37 北 扇 山 6.63% 5 瑞 穂 町 3.89% 38 西 扇 山 5.82% 6 春 日 町 4.65% 39 南 扇 山 4.62% 7 西 麻 町 4.64% 40 布 部 市 街 地 5.22% 8 北 麻 町 3.55% 41 布 部 6.42% 9 東 麻 町 3.39% 42 上 五 区 4.50% 10 南 麻 町 4.10% 43 中 五 区 5.14% 11 東 町 3.71% 44 下 五 区 7.32% 12 桂 木 町 3.63% 45 学 田 三 区 4.19% 13 新 富 町 1.99% 46 下 御 料 3.67% 14 弥 生 町 2.65% 47 中 御 料 4.05% 15 若 松 町 5.12% 48 上 御 料 3.59% 16 本 町 6.10% 49 八 幡 丘 1.47% 17 朝 日 町 5.28% 50 富 丘 2.92% 18 日 の 出 町 6.81% 51 布 礼 別 2.63% 19 幸 町 5.21% 52 麓 郷 市 街 地 1.99% 20 末 広 町 5.03% 53 北 麓 郷 2.25% 21 栄 町 5.57% 54 東 麓 郷 0.53% 22 若 葉 町 4.73% 55 南 麓 郷 0.46% 23 緑 町 4.26% 56 西 麓 郷 2.15% 24 扇 町 4.56% 57 山 部 市 街 地 1.69% 25 南 町 1.09% 58 山 部 北 星 4.86% 26 北 の 峰 町 3.26% 59 山 部 桜 丘 4.14% 27 西 町 2.94% 60 山 部 中 央 4.34% 28 北 斗 町 1.74% 61 山 部 共 進 4.50% 29 島 の 下 2.98% 62 山 部 南 陽 4.51% 30 清 水 山 2.01% 63 東 山 4.12% 31 西 学 田 二 区 8.01% 64 西 達 布 3.38% 32 東 学 田 二 区 8.28% 65 老 節 布 4.87% 33 北 大 沼 8.44% 66 平 沢 4.45% 10

15 建 物 被 害 想 定 マップ( 全 域 ) 11

16 建 物 被 害 想 定 マップ( 市 街 地 ) 12

17 第 4 章 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 の 目 標 1. 住 宅 の 耐 震 化 の 状 況 市 内 の 住 宅 は 約 8,310 棟 あり 昭 和 56 年 以 前 に 建 設 された 住 宅 は 約 4,130 棟 昭 和 57 年 以 降 に 建 設 された 住 宅 は 約 4,180 棟 となっています 昭 和 56 年 以 前 に 建 設 された 住 宅 のうち 約 1,690 棟 が 耐 震 性 のある 住 宅 と 推 計 され 昭 和 57 年 以 降 建 設 された 約 4,180 棟 と 合 わせて 約 5,870 棟 が 昭 和 56 年 に 改 正 された 建 築 基 準 法 に 基 づく 新 耐 震 基 準 に 適 合 する 耐 震 性 を 有 していると 推 計 されます 表 6 住 宅 の 耐 震 化 の 現 状 推 計 S57 年 区 分 総 数 以 降 の 建 築 S56 年 以 前 の 建 築 耐 震 性 を 有 する 耐 震 性 が 不 十 分 耐 震 性 を 有 する 住 宅 計 ( 棟 ) 耐 震 化 率 戸 建 て 7,430 3,580 3,850 1,440 2,410 5, % 共 同 住 宅 等 % 合 計 8,310 4,180 4,130 1,690 2,440 5, % 図 10 住 宅 の 耐 震 化 の 現 状 推 計 昭 和 57 年 以 降 4,180 棟 (50.3%) 耐 震 性 を 有 する 5,870 棟 (70.6%) 戸 建 て 共 同 住 宅 3,580 棟 600 棟 戸 建 て 共 同 住 宅 5,020 棟 850 棟 昭 和 56 年 以 前 4,130 棟 (49.7%) 耐 震 性 有 り 戸 建 て 1,440 棟 (37%) 共 同 住 宅 250 棟 (89%) 戸 建 て 共 同 住 宅 3,850 棟 280 棟 耐 震 性 不 十 分 戸 建 て 2,410 棟 (63%) 共 同 住 宅 30 棟 (11%) 耐 震 性 が 不 十 分 2,440 棟 (29.4%) 戸 建 て 共 同 住 宅 2,410 棟 30 棟 13

18 2. 住 宅 の 耐 震 化 目 標 と 実 施 棟 数 の 考 え 方 本 市 においては 前 述 した 想 定 地 震 による 建 築 物 被 害 を 半 減 させるため 住 宅 の 耐 震 化 率 について 平 成 27 年 度 までに90%にすることを 目 標 とします 耐 震 化 率 を90%とするためには 平 成 27 年 度 末 に 想 定 される 住 宅 総 数 約 8,170 棟 に 対 して 耐 震 性 を 有 する 住 宅 棟 数 を 約 7,350 棟 にする 必 要 があり 耐 震 改 修 が 必 要 な 棟 数 は 約 1,130 棟 となります なお 本 市 では 平 成 18 年 をピークに 世 帯 数 が 頭 打 ちとなっており 人 口 の 減 少 を 鑑 みる と 今 後 の 世 帯 数 は 減 少 すると 考 えられます 最 近 の 動 向 から 住 宅 の 増 加 は1 年 に 約 100 棟 除 却 は1 年 に 約 120 棟 行 われる 想 定 で 計 算 を 行 っています 図 11 住 宅 の 耐 震 化 目 標 平 成 20 年 度 の 現 況 平 成 27 年 度 の 目 標 総 数 8,310 棟 総 数 8,170 棟 昭 和 56 年 以 前 建 設 耐 震 性 が 不 十 分 2,440 棟 耐 震 性 を 有 する 1,690 棟 耐 震 性 が 不 十 分 820 棟 耐 震 化 を 進 める 1,130 棟 耐 震 性 を 有 する 1,340 棟 耐 震 化 の 目 標 実 施 棟 数 昭 和 57 年 以 降 建 設 耐 震 性 を 有 する 4,180 棟 耐 震 性 を 有 する 4,880 棟 14

19 3. 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 の 耐 震 化 の 状 況 本 市 における 耐 震 改 修 促 進 法 第 6 条 第 1 号 に 掲 げる 一 定 規 模 以 上 の 学 校 病 院 社 会 福 祉 施 設 店 舗 など( 以 下 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 という )については 53 棟 のう ち39 棟 (73.6%)の 建 築 物 が 耐 震 性 を 有 しているものと 推 計 されます 表 7 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 の 耐 震 化 の 現 状 推 計 ( 公 共 建 築 物 を 含 む) ( 棟 ) S57 年 区 分 総 数 以 降 の 建 築 S56 年 以 前 の 建 築 耐 震 性 を 有 する 耐 震 性 が 未 確 認 耐 震 性 を 有 する 建 築 計 耐 震 化 率 市 内 全 数 % 表 8 耐 震 改 修 促 進 法 第 6 条 第 1 号 に 規 定 する 特 定 建 築 物 ( 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 ) 規 模 用 途 2 階 以 上 かつ50m2 以 上 2 階 以 上 かつ1,000m2 以 上 階 数 に 関 係 なく 1,00m2 以 上 3 階 以 上 かつ1,000m2 以 上 1 幼 稚 園 保 育 所 2 小 学 校 中 学 校 中 等 教 育 学 校 の 前 期 課 程 盲 学 校 聾 学 校 養 護 学 校 3 老 人 ホーム 老 人 短 期 入 所 施 設 身 体 障 害 者 福 祉 ホームその 他 これら に 類 するもの 4 老 人 福 祉 センター 児 童 厚 生 施 設 身 体 障 害 者 福 祉 センターその 他 こ れらに 類 するもの 5 体 育 館 ( 一 般 公 共 の 用 に 供 されるもの) 6 小 学 校 中 学 校 中 等 教 育 学 校 の 前 期 課 程 盲 学 校 聾 学 校 養 護 学 校 以 外 の 学 校 7 ボーリング 場 スケート 場 水 泳 場 その 他 これらに 類 する 運 動 施 設 8 病 院 診 療 所 9 劇 場 観 覧 場 映 画 館 演 芸 場 10 集 会 場 公 会 堂 11 展 示 場 12 卸 売 市 場 百 貨 店 マーケットその 他 の 物 品 販 売 業 を 営 む 店 舗 13 ホテル 旅 館 14 賃 貸 住 宅 ( 共 同 住 宅 に 限 る ) 寄 宿 舎 下 宿 15 事 務 所 16 博 物 館 美 術 館 図 書 館 17 遊 技 場 18 公 衆 浴 場 19 飲 食 店 キャバレー 料 理 店 ナイトクラブ ダンスホールその 他 こ れらに 類 するもの 20 理 髪 店 質 屋 貸 衣 装 屋 銀 行 その 他 これらに 類 するサービス 業 を 営 む 店 舗 21 工 場 ( 危 険 物 の 貯 蔵 庫 又 は 処 理 場 の 用 途 に 供 する 建 築 物 を 除 く) 22 車 両 の 停 車 場 又 は 船 舶 若 しくは 航 空 機 の 発 着 場 を 構 成 する 建 築 物 で 旅 客 の 乗 降 又 は 待 合 の 用 に 供 するもの 23 自 動 車 車 庫 その 他 の 自 動 車 又 は 自 転 車 の 停 留 又 は 駐 車 のための 施 設 24 郵 便 局 保 健 所 税 務 署 その 他 これらに 類 する 公 益 上 必 要 な 建 築 物 15

20 4. 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 の 耐 震 化 目 標 と 実 施 棟 数 の 考 え 方 本 市 においては 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 の 耐 震 化 率 について 平 成 27 年 度 までに 90%にすることを 目 標 とします 耐 震 化 率 を90%とするためには 総 数 53 棟 に 対 して 耐 震 性 を 有 する 棟 数 を48 棟 にする 必 要 があり 耐 震 改 修 及 び 建 て 替 えが 必 要 な 棟 数 は9 棟 となります 図 12 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 の 耐 震 化 目 標 ( 公 共 建 築 物 を 含 む) 平 成 20 年 度 の 現 況 平 成 27 年 度 の 目 標 総 数 53 棟 総 数 53 棟 昭 和 56 年 以 前 建 設 耐 震 性 が 不 十 分 14 棟 耐 震 性 が 不 十 分 5 棟 耐 震 化 を 進 める 9 棟 耐 震 化 の 目 標 実 施 棟 数 耐 震 性 を 有 する 1 棟 耐 震 性 を 有 する 1 棟 昭 和 57 年 以 降 建 設 耐 震 性 を 有 する 38 棟 耐 震 性 を 有 する 38 棟 16

21 5. 地 震 時 に 通 行 を 確 保 すべき 道 路 に 隣 接 する 建 築 物 の 耐 震 化 本 市 には 地 震 時 に 通 行 を 確 保 すべき 道 路 として 北 海 道 緊 急 輸 送 道 路 ネットワーク 計 画 に 指 定 する 道 路 の 沿 道 にあって 昭 和 56 年 以 前 に 建 てられ 地 震 時 の 倒 壊 により 避 難 を 困 難 にするおそれのある 建 物 が2 棟 あります これらの 建 物 は 耐 震 改 修 促 進 法 第 6 条 第 3 号 に 規 定 する 特 定 建 築 物 として 耐 震 化 を 図 る 必 要 があります 図 13 耐 震 改 修 促 進 法 第 6 条 第 3 号 に 規 定 する 特 定 建 築 物 の 考 え 方 L 12mの 場 合 L>12mの 場 合 3 号 特 定 建 築 物 は 地 震 時 に 通 行 を 確 保 すべき 道 路 の 境 界 線 までの 水 平 距 離 に 当 該 全 面 道 路 の 幅 員 に 応 じ それぞれ 定 める 距 離 を 加 えたものを 超 える 建 築 物 となります 幅 員 12m 以 下 の 場 合 6m+ 全 面 道 路 までの 水 平 距 離 幅 員 12mを 超 える 場 合 全 面 道 路 の 幅 員 の 2 分 の 1に 相 当 する 距 離 + 全 面 道 路 までの 水 平 距 離 17

22 6. 公 共 建 築 物 の 耐 震 化 (1) 特 定 公 共 建 築 物 の 耐 震 化 本 市 には 市 が 所 有 する 公 共 建 築 物 で 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 ( 以 下 特 定 公 共 建 築 物 という )が31 棟 あり このうち 昭 和 56 年 以 前 に 建 設 され 耐 震 性 が 確 認 されてい ないものは 以 下 の9 棟 です 表 9 特 定 公 共 建 築 物 のうち 耐 震 性 を 有 することが 確 認 できていないもの 施 設 名 所 在 地 建 築 年 構 造 階 数 延 床 面 積 富 良 野 市 役 所 本 庁 舎 弥 生 町 1 番 昭 和 44 年 鉄 筋 コンクリート 造 地 上 3 階 地 下 1 階 5,263m2 文 化 会 館 弥 生 町 1 番 昭 和 46 年 鉄 筋 コンクリート 造 地 上 3 階 3,784m2 老 人 福 祉 センター 春 日 町 12 番 昭 和 56 年 鉄 筋 コンクリート 造 地 上 2 階 1559m2 富 良 野 スポーツセ ンター 桂 木 町 5 番 昭 和 49 年 鉄 骨 鉄 筋 コンクリ ート 造 地 上 2 階 3357m2 東 小 学 校 北 麻 町 8 番 昭 和 47 年 鉄 筋 コンクリート 造 地 上 2 階 3,275m2 樹 海 小 学 校 老 節 布 市 街 地 昭 和 55 年 鉄 筋 コンクリート 造 地 上 2 階 1,866m2 富 良 野 東 中 学 校 瑞 穂 町 1 番 昭 和 53 年 鉄 筋 コンクリート 造 地 上 3 階 4,198m2 山 部 中 学 校 山 部 13 町 内 昭 和 54 年 鉄 筋 コンクリート 造 地 上 2 階 2,606m2 樹 海 中 学 校 東 山 共 栄 昭 和 56 年 鉄 筋 コンクリート 造 地 上 3 階 1,947m2 以 上 の9 棟 は 速 やかに 耐 震 診 断 を 実 施 する 必 要 性 があると 位 置 付 けられます 耐 震 化 が 必 要 な 場 合 建 て 替 えや 耐 震 補 強 の 検 討 を 行 うこととします 富 良 野 市 役 所 本 庁 舎 に 関 しては 耐 震 診 断 を 実 施 しており 現 行 基 準 による 耐 震 性 が 確 保 されていないことが 確 認 されております (2) 避 難 所 の 耐 震 化 災 害 時 に 学 校 や 会 館 などは 避 難 所 等 として 活 用 されるため 平 常 時 の 利 用 者 の 安 全 確 保 のほか 災 害 時 の 拠 点 施 設 としての 機 能 確 保 の 観 点 から 耐 震 化 に 努 める 必 要 がありま す 富 良 野 市 地 域 防 災 計 画 で 指 定 されている 避 難 所 のうち 地 震 災 害 対 策 編 で 指 定 される 建 物 は 耐 震 性 が 要 求 されるべきもので 昭 和 56 年 以 前 に 建 設 された 施 設 については 耐 震 診 断 の 実 現 に 努 め 必 要 に 応 じて 耐 震 化 に 努 めるものとします 18

23 第 5 章 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 促 進 に 向 けた 取 り 組 み 方 針 1. 耐 震 化 促 進 に 向 けた 各 主 体 の 役 割 (1) 所 有 者 の 役 割 住 宅 建 築 物 の 所 有 者 は 地 震 防 災 対 策 が 自 らの 生 命 や 財 産 の 保 全 につながるととも に 隣 接 する 建 築 物 や 道 路 へ 及 ぼす 被 害 の 抑 制 にもつながることを 認 識 し 自 らの 問 題 の みならず 地 域 の 問 題 といった 意 識 を 持 って 主 体 的 に 住 宅 建 築 物 の 地 震 に 対 する 安 全 性 を 確 保 するとともに その 向 上 を 図 るよう 努 めます (2) 建 築 関 連 事 業 者 の 役 割 建 築 関 連 事 業 者 は 住 宅 建 築 物 の 耐 震 性 が 人 命 や 財 産 に 関 わる 重 要 な 責 任 を 負 ってい ることを 認 識 し 住 宅 建 築 物 の 所 有 者 や 地 域 社 会 との 信 頼 関 係 の 構 築 を 図 り 地 震 に 対 する 安 全 性 を 確 保 した 良 質 な 住 宅 建 築 物 ストックの 形 成 に 努 めます (3) 市 の 役 割 市 民 の 安 全 安 心 を 確 保 することは 市 の 重 要 な 責 務 であり 相 談 体 制 の 整 備 や 適 切 な 情 報 提 供 など 安 心 して 耐 震 診 断 耐 震 改 修 が 行 える 環 境 整 備 や 住 宅 建 築 物 の 安 全 性 の 向 上 に 関 する 啓 発 及 び 知 識 の 普 及 などに 努 めます また 市 は 自 ら 所 有 管 理 する 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 に 率 先 して 取 り 組 みます さらに 北 海 道 及 び 関 係 機 関 建 築 関 連 団 体 などと 連 携 し 耐 震 化 に 関 する 技 術 の 研 究 開 発 の 成 果 や 最 新 の 情 報 知 識 の 普 及 啓 発 に 努 めます 2. 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 促 進 に 向 けた 施 策 の 方 向 本 市 は 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 の 目 標 達 成 に 向 けて 住 宅 建 築 物 の 所 有 者 が 自 らの 問 題 地 域 の 問 題 という 意 識 のもと 地 震 防 災 対 策 に 取 り 組 んでいけるよう 努 めます 施 策 の 展 開 にあたっては 次 の3つを 基 本 的 な 柱 として 国 や 北 海 道 の 補 助 金 や 交 付 金 等 の 活 用 を 図 りながら 効 果 的 効 率 的 に 実 施 します 基 本 的 な 柱 1 安 心 して 耐 震 診 断 耐 震 改 修 が 行 える 環 境 の 整 備 2 住 宅 建 築 物 の 地 震 防 災 対 策 に 関 する 啓 発 知 識 の 普 及 3 地 震 時 の 総 合 的 な 安 全 対 策 の 推 進 19

24 第 6 章 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 促 進 に 向 けた 施 策 1. 安 心 して 耐 震 診 断 耐 震 改 修 が 行 える 環 境 の 整 備 (1) 耐 震 診 断 耐 震 改 修 等 に 係 る 相 談 体 制 の 継 続 既 に 開 設 している 耐 震 診 断 耐 震 改 修 の 相 談 窓 口 において 対 応 を 図 り 引 き 続 き 耐 震 診 断 耐 震 改 修 の 方 法 や 支 援 制 度 の 説 明 などを 行 います (2) 耐 震 診 断 耐 震 改 修 等 に 係 る 情 報 提 供 の 充 実 市 のホームページや 広 報 ふらのを 活 用 し 地 震 防 災 対 策 に 関 する 普 及 啓 発 や 税 制 優 遇 措 置 の 紹 介 など 耐 震 診 断 耐 震 改 修 に 係 る 情 報 提 供 の 充 実 に 努 めます また 耐 震 診 断 耐 震 改 修 は 専 門 知 識 が 必 要 なため 北 海 道 が 開 催 する 技 術 者 講 習 会 な どの 案 内 紹 介 を 行 い 積 極 的 な 参 加 を 促 します (3) 専 門 技 術 者 育 成 のための 講 習 会 の 開 催 専 門 技 術 者 に 対 する 講 習 会 において 耐 震 診 断 耐 震 改 修 に 関 する 知 識 の 普 及 を 図 り 専 門 技 術 者 の 技 術 の 向 上 を 目 指 します (4) 耐 震 診 断 耐 震 改 修 促 進 のための 所 有 者 への 支 援 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 は 所 有 者 が 責 務 として 実 施 することが 基 本 ですが 住 宅 につい ては 市 民 生 活 の 基 盤 としてストック 数 が 多 いこと また 耐 震 化 のための 改 修 費 用 が 経 済 的 に 負 担 となることが 考 えられ 耐 震 診 断 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るための 所 有 者 への 支 援 を 行 います 支 援 策 としては 国 や 道 の 支 援 制 度 である 耐 震 改 修 促 進 事 業 や 地 域 住 宅 交 付 金 を 活 用 し 富 良 野 市 が 創 設 する 補 助 制 度 による 補 助 を 行 います なお 耐 震 改 修 促 進 法 で 規 定 される 特 定 建 築 物 や 住 宅 以 外 の 用 途 の 建 築 物 の 所 有 者 に 対 しては 耐 震 診 断 耐 震 改 修 の 普 及 啓 発 を 行 い その 支 援 についても 検 討 を 行 います (5) 地 震 時 に 通 行 を 確 保 すべき 道 路 の 指 定 北 海 道 緊 急 輸 送 道 路 ネットワーク 計 画 に 指 定 する 緊 急 輸 送 道 路 のほか 避 難 路 等 として 重 要 な 道 路 を 地 震 時 に 通 行 を 確 保 すべき 道 路 として 指 定 します 地 震 時 に 通 行 を 確 保 すべき 道 路 沿 道 の 昭 和 56 年 以 前 に 建 設 された 旧 耐 震 基 準 の 建 築 物 で 前 面 道 路 幅 員 に 対 し 一 定 の 高 さを 有 するものは 地 震 による 倒 壊 で 道 路 を 閉 塞 させ 避 難 を 困 難 にするおそれがあることから 耐 震 改 修 促 進 法 第 6 条 第 3 号 に 規 定 する 特 定 建 築 物 として 耐 震 診 断 耐 震 改 修 に 向 けて 普 及 啓 発 に 努 めます 20

25 21

26 2. 住 宅 建 築 物 の 地 震 防 災 対 策 に 関 する 啓 発 知 識 の 普 及 (1) 地 震 防 災 マップの 作 成 公 表 市 民 の 地 震 に 対 する 心 構 えと 防 災 意 識 の 向 上 を 図 るため 本 市 で 想 定 される 地 震 による 地 区 ごとの 揺 れやすさの 度 合 いや 建 築 物 の 倒 壊 する 危 険 性 を 地 震 防 災 マップとして 作 成 し 市 のホームページなどで 公 表 します (2) 住 宅 建 築 物 の 地 震 防 災 対 策 普 及 のためのパンフレットの 作 成 配 布 地 震 防 災 マップの 公 表 とあわせて 住 宅 建 築 物 の 耐 震 診 断 や 耐 震 改 修 などの 必 要 性 や 効 果 について 普 及 啓 発 を 図 る 必 要 があります このため ( 財 ) 日 本 建 築 防 災 協 会 が 編 集 す る 誰 でもできるわが 家 の 耐 震 診 断 のパンフレットを 活 用 するほか 耐 震 化 促 進 支 援 に 関 する 内 容 を 記 載 した 普 及 啓 発 用 パンフレット 等 を 作 成 し 配 布 を 行 います (3) 市 民 向 けセミナー 等 の 開 催 建 築 物 防 災 週 間 (3 月 1 日 ~7 日 8 月 30 日 ~9 月 5 日 )やイベントなどの 機 会 を 活 用 し 必 要 に 応 じて 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 重 要 性 について 普 及 啓 発 を 図 ります (4) 町 内 会 自 主 防 災 組 織 等 との 連 携 地 震 防 災 対 策 は 地 域 が 連 携 して 地 震 対 策 を 講 じることが 重 要 です このため 町 内 会 自 主 防 災 組 織 等 に 対 して 普 及 啓 発 用 パンフレットの 配 布 を 行 うなど 耐 震 診 断 や 耐 震 改 修 の 普 及 啓 発 を 行 います 22

27 3. 地 震 時 の 総 合 的 な 安 全 対 策 の 推 進 (1) 総 合 的 な 建 築 物 の 安 全 対 策 促 進 これまでの 建 築 物 に 起 因 する 地 震 被 害 では 住 宅 建 築 物 の 倒 壊 のほか 非 構 造 部 材 等 の 落 下 などによる 人 的 被 害 が 多 く 発 生 しています このため 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 と 併 せて ブロック 塀 の 倒 壊 防 止 窓 ガラス 等 の 落 下 対 策 大 規 模 空 間 の 天 井 崩 落 対 策 エレ ベーターの 閉 じ 込 め 対 策 家 具 の 転 倒 防 止 対 策 など 地 震 時 の 総 合 的 な 建 築 物 の 安 全 対 策 を 促 進 していきます (2) 狭 隘 道 路 等 の 調 査 地 震 時 に 建 築 物 やブロック 塀 の 倒 壊 等 によって 道 路 が 閉 鎖 するおそれがある 幅 員 4m 未 満 の 狭 隘 道 路 の 調 査 を 行 い 台 帳 の 整 備 を 行 います 同 様 に 私 道 についても 台 帳 の 整 備 を 行 います (3) 富 良 野 市 地 域 防 災 計 画 ( 地 震 災 害 対 策 編 )への 反 映 地 震 災 害 の 被 害 を 最 小 限 に 食 い 止 めることを 目 的 に 策 定 されている 富 良 野 市 地 域 防 災 計 画 ( 地 震 災 害 対 策 編 )を 新 たな 情 報 を 加 味 した 計 画 とするよう 改 訂 を 行 います 4. 耐 震 化 を 優 先 する 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 法 第 6 条 第 1 号 に 規 定 する 震 災 時 に 救 護 拠 点 となる 病 院 や 災 害 時 要 援 護 者 が 利 用 する 施 設 などの 防 災 対 策 上 重 要 施 設 など 多 数 の 者 が 利 用 する 特 定 建 築 物 同 法 2 号 に 規 定 する 危 険 物 を 取 り 扱 う 特 定 建 築 物 同 法 3 号 に 規 定 する 地 震 時 に 通 行 を 確 保 すべ き 道 路 に 指 定 された 沿 道 の 特 定 建 築 物 地 域 防 災 計 画 に 規 定 する 避 難 所 の 民 間 建 築 物 所 有 者 などに 対 し 耐 震 診 断 耐 震 改 修 の 必 要 性 について 普 及 啓 発 を 行 います 5. 公 共 建 築 物 の 耐 震 診 断 実 施 状 況 実 施 結 果 の 公 表 市 が 所 有 する 特 定 公 共 建 築 物 災 害 時 要 援 護 者 が 利 用 する 防 災 対 策 上 重 要 な 公 共 建 築 物 などについて 耐 震 診 断 や 耐 震 改 修 を 実 施 した 場 合 その 都 度 結 果 を 公 表 します 23

28 第 7 章 耐 震 改 修 促 進 法 及 び 建 築 基 準 法 に 基 づく 指 導 等 について 1. 耐 震 改 修 促 進 法 に 基 づく 指 導 等 学 校 病 院 店 舗 など 多 数 の 者 が 利 用 する 一 定 規 模 以 上 の 建 築 物 危 険 物 の 貯 蔵 場 処 理 場 の 用 途 に 供 する 建 築 物 地 震 時 に 道 路 を 閉 塞 させる 建 築 物 は その 所 有 者 が 適 切 に 耐 震 診 断 を 行 い 必 要 に 応 じて 耐 震 改 修 を 行 うよう 努 めなければならないと 規 定 されている 特 定 建 築 物 であり 必 要 な 場 合 には 耐 震 性 能 の 向 上 について 適 切 な 措 置 をとるように 指 導 助 言 指 示 をする 必 要 性 が 高 いものです 耐 震 改 修 促 進 法 第 2 条 第 3 項 に 定 める 所 管 行 政 庁 は 耐 震 性 能 の 向 上 について 適 切 な 措 置 を 講 じることができるよう あらかじめ 特 定 建 築 物 台 帳 を 整 備 し 特 定 建 築 物 の 耐 震 診 断 耐 震 改 修 の 的 確 な 実 施 を 確 保 するために 必 要 があると 認 められるときは 所 有 者 に 対 し 自 主 的 に 適 切 な 措 置 が 講 じられるよう 指 導 及 び 助 言 を 行 います 本 市 における 指 導 及 び 助 言 は 耐 震 化 促 進 リーフレットを 送 付 するなどの 啓 発 や 耐 震 化 の 実 施 に 関 する 相 談 に 応 じる 方 法 で 行 い 対 象 建 築 物 は 特 に 病 院 など 災 害 時 に 要 援 護 者 が 利 用 する 施 設 や 不 特 定 多 数 の 市 民 が 利 用 する 施 設 災 害 時 の 拠 点 施 設 など 被 災 時 の 影 響 を 勘 案 して 優 先 的 に 選 定 します また 必 要 な 耐 震 診 断 耐 震 改 修 が 行 われていないと 認 められるような 場 合 で 指 導 に 従 わないものに 対 しては 指 示 を 行 い 所 有 者 が 正 当 な 理 由 なく 指 示 に 従 わなかったとき は 特 定 建 築 物 の 危 険 性 や 所 有 者 の 社 会 的 責 任 などを 十 分 に 勘 案 して 道 との 連 携 をとり ながら 耐 震 改 修 促 進 法 に 基 づき 対 応 していきます 2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 勧 告 等 耐 震 改 修 促 進 法 に 基 づく 指 導 助 言 指 示 等 を 行 ったにもかかわらず 特 定 建 築 物 の 所 有 者 が 必 要 な 対 策 を 取 らなかった 場 合 には 所 管 行 政 庁 は 構 造 耐 力 上 主 要 な 部 分 の 地 震 に 対 する 安 全 性 について 著 しく 保 安 上 危 険 であると 認 められる 建 築 物 については 建 築 基 準 法 第 10 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づく 命 令 を 損 傷 腐 食 その 他 劣 化 が 進 み そのまま 放 置 すれば 著 しく 保 安 上 危 険 となるおそれがあると 認 められる 建 築 物 については 同 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 勧 告 や 同 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づく 命 令 を 行 うことができます 本 市 においても 建 築 物 の 損 傷 腐 食 その 他 劣 化 等 を 勘 案 し そのまま 放 置 すれば 大 き な 被 害 が 想 定 される 場 合 には 必 要 な 勧 告 等 を 行 うことにより 安 全 性 の 確 保 に 努 めてい きます 3. 北 海 道 との 連 携 今 後 北 海 道 と 連 携 しながら 勧 告 是 正 命 令 等 の 書 式 整 備 具 体 的 な 取 組 方 針 を 定 め 更 に 他 の 市 町 村 と 連 携 を 図 って 指 導 等 を 進 めていきます 24

29 第 8 章 計 画 の 推 進 に 関 する 事 項 1. 北 海 道 及 び 関 係 団 体 との 連 携 について 北 海 道 では 市 町 村 及 び 建 築 関 係 団 体 で 構 成 する ( 仮 称 ) 全 道 建 築 物 等 地 震 対 策 推 進 協 議 会 を 設 置 し 建 築 物 の 耐 震 化 の 推 進 を 図 ることとしています 本 市 においては 耐 震 化 への 施 策 に 対 する 連 携 方 策 市 町 村 や 建 築 関 係 団 体 等 の 取 組 み の 情 報 交 換 の 場 等 として 上 記 協 議 会 を 活 用 し 本 計 画 の 着 実 な 推 進 を 図 ります 2. 庁 内 の 計 画 推 進 体 制 について 今 後 の 庁 内 体 制 として 関 係 部 局 による( 仮 称 ) 耐 震 改 修 促 進 会 議 を 開 催 し 計 画 の 推 進 に 向 けて 所 管 する 公 共 建 築 物 及 び 民 間 建 築 物 の 耐 震 化 について 取 り 組 んでいきます 25

30 富 良 野 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 21 年 3 月 富 良 野 市 建 設 水 道 部 都 市 建 築 課 富 良 野 市 弥 生 町 1 番 1 号 tel fax

長崎市民間建築物耐震化推進事業の概要

長崎市民間建築物耐震化推進事業の概要 平 成 27 年 度 版 お 問 合 せ 先 長 崎 市 建 築 指 導 課 指 導 係 電 話 095-829-74 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 に 対 する 助 成 事 業 の 概 要 平 成 25 年 月 25 日 に 施 行 された 改 正 耐 震 改 修 促 進 法 により 一 定 規 模 以 上 の 大 規 模 建 築 物 について 耐 震 診 断 の 実 施 と

More information

福井県耐震改修促進計画

福井県耐震改修促進計画 福 井 県 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 18 年 12 月 策 定 平 成 24 年 3 月 改 定 平 成 28 年 3 月 改 定 福 井 県 福 井 県 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 目 次 はじめに (1) 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 の 必 要 性 1 (2) 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律

More information

湯沢町耐震改修促進計画

湯沢町耐震改修促進計画 2 耐 震 化 の 現 状 (1) 建 築 基 準 法 における 構 造 基 準 の 改 正 昭 和 53 年 の 宮 城 県 沖 地 震 等 の 被 害 状 況 を 受 け 昭 和 56 年 に 建 築 基 準 法 の 耐 震 関 係 規 定 が 見 直 されました( 昭 和 56 年 6 月 1 日 施 行 新 耐 震 基 準 ) その 後 発 生 した 阪 神 淡 路 大 震 災 において 昭

More information

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第 伊 達 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 地 区 計 画 の 原 案 を 作 成 するための 案 ( 以 下 地 区 計 画 の 素 案 という )の 作 成 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより

More information

守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学 校 づくりについて 2 第 4 東 小

守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学 校 づくりについて 2 第 4 東 小 守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 平 成 27 年 2 月 守 口 市 教 育 委 員 会 守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学

More information

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について 参 考 資 料 7 災 害 時 の 賃 貸 住 宅 居 住 者 の 居 住 の 安 定 確 保 について 平 成 24 年 11 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 1. 東 日 本 大 震 災 で 住 居 を 失 われた 方 への 居 住 の 安 定 の 確 保 震 災 発 生 復 旧 期 復 興 期 東 日 本 大 震 災 住 宅 が 滅 失 避 難 所 等 2012.3.11 17:00 時

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169303332318DA188E48F4390B3816A89FC92E85F956990EC8BE691CF906B8C7689E65F8A54977694C581798AAE90AC94C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169303332318DA188E48F4390B3816A89FC92E85F956990EC8BE691CF906B8C7689E65F8A54977694C581798AAE90AC94C5817A2E646F63> 品 川 区 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 25 年 3 月 改 定 地 震 により 想 定 される 被 害 の 半 減 を 目 指 し 住 宅 建 築 物 の 耐 震 診 断 および 耐 震 改 修 を 計 画 的 かつ 総 合 的 に 推 進 し 災 害 に 強 いまちづくりを 実 現 するため 平 成 19 年 12 月 に 品 川 区 耐 震 改 修 促 進 計

More information

七 の 二 自 然 公 園 法 ( 昭 和 三 十 二 年 法 律 第 百 六 十 一 号 ) 第 二 十 条 第 一 項 に 規 定 する 国 立 公 園 又 は 国 定 公 園 の 特 別 地 域 のうち 同 法 第 二 十 一 条 第 一 項 に 規 定 する 特 別 保 護 地 区 その 他

七 の 二 自 然 公 園 法 ( 昭 和 三 十 二 年 法 律 第 百 六 十 一 号 ) 第 二 十 条 第 一 項 に 規 定 する 国 立 公 園 又 は 国 定 公 園 の 特 別 地 域 のうち 同 法 第 二 十 一 条 第 一 項 に 規 定 する 特 別 保 護 地 区 その 他 地 方 税 法 ( 固 定 資 産 税 の 非 課 税 の 範 囲 ) 第 三 百 四 十 八 条 市 町 村 は 国 並 びに 都 道 府 県 市 町 村 特 別 区 これらの 組 合 財 産 区 及 び 合 併 特 例 区 に 対 しては 固 定 資 産 税 を 課 することができない 2 固 定 資 産 税 は 次 に 掲 げる 固 定 資 産 に 対 しては 課 することができない ただし

More information

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱 千 葉 市 耐 震 改 修 費 補 助 事 業 要 綱 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 震 による 住 宅 の 倒 壊 等 の 被 害 から 市 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 するため 住 宅 の 耐 震 改 修 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め 耐 震 改 修 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 することにより

More information

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の 消 防 法 施 行 令 別 表 第 1(6) 項 ロに 掲 げる 施 設 の 概 要 ( 細 目 欄 の 印 は275m2 未 満 の 施 設 が 想 定 されるものを 示 す ) 細 目 根 拠 法 令 規 定 規 模 要 件 根 拠 規 定 構 造 要 件 根 拠 規 定 参 考 資 料 10 老 短 期 入 所 施 設 ( ) (ショートステイ) 第 20 条 の3 ( 老 短 期 入 所 施

More information

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号 市 街 化 調 整 区 域 に お け る 区 域 指 定 の 許 可 基 準 等 に つ い て 1 背 景 取 手 市 では 都 市 計 画 法 ( 1) の 規 定 に 基 づき 昭 和 45 年 から 市 内 を 市 街 化 区 域 ( 2) と 市 街 化 調 整 区 域 ( 3) に 区 分 ( 線 引 き)し 市 街 化 調 整 区 域 では 原 則 市 街 化 を 抑 制 する 区

More information

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備 松 原 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 地 区 計 画 は 市 街 化 調 整 区 域 における 大 規 模 な 開 発 や 広 域 的 な 都 市 機 能 の 立 地 などを 可 能 とするものであり その 内 容 によっては 都 市 機 能 の 拡 散 により 都 市 施 設 の 維 持 管 理 福 祉 施 設 等 の 行 政 コストの 増 大 自

More information

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 )

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 ) 加 古 川 市 域 の 市 街 化 調 整 区 域 では 加 古 川 市 都 市 計 画 マスター プラン( 土 地 利 用 方 針 )に 基 づき 地 域 の 皆 さんが 主 体 となっ て 定 める 地 区 計 画 制 度 により 周 辺 環 境 と 調 和 した 適 切 な 建 築 開 発 行 為 が 容 認 されます この 地 区 計 画 制 度 を 有 効 に 活 用 し 市 街 化 調

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

男鹿市耐震改修促進計画

男鹿市耐震改修促進計画 男 鹿 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 第 2 期 計 画 ) 平 成 28 年 3 月 男 鹿 市 男 鹿 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 目 次 男 鹿 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 1 1 計 画 策 定 の 背 景 1 2 計 画 の 目 的 2 3 計 画 の 位 置 づけ 2 第 1 章 想 定 される 地 震 の 規 模 及 び 被 害 の 状 況 3 1 男 鹿 市

More information

●幼児教育振興法案

●幼児教育振興法案 第 一 九 〇 回 衆 第 五 〇 号 幼 児 教 育 振 興 法 案 目 次 前 文 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 八 条 ) 第 二 章 幼 児 教 育 振 興 基 本 方 針 等 ( 第 九 条 第 十 条 ) 第 三 章 基 本 的 施 策 ( 第 十 一 条 - 第 十 七 条 ) 附 則 幼 児 期 において 人 は その 保 護 者 や 周 囲 の 大 人 との 愛 情

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FE3927291DC926E8BE6926E8BE68C7689E681408C7689E68F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FE3927291DC926E8BE6926E8BE68C7689E681408C7689E68F912E646F63> 東 京 都 市 計 画 地 区 計 画 の 決 定 ( 豊 島 区 決 定 ) 都 市 計 画 上 池 袋 二 三 四 丁 目 地 区 地 区 計 画 を 次 のように 決 定 する 名 称 上 池 袋 二 三 四 丁 目 地 区 地 区 計 画 位 置 豊 島 区 上 池 袋 二 丁 目 上 池 袋 三 丁 目 上 池 袋 四 丁 目 及 び 池 袋 本 町 一 丁 目 各 地 内 面 積 約 46.5ha

More information

別 表 1 土 地 建 物 提 案 型 の 供 給 計 画 に 関 する 評 価 項 目 と 評 価 点 数 表 項 目 区 分 評 価 内 容 と 点 数 一 般 評 価 項 目 100 1 立 地 条 件 (1) 交 通 利 便 性 ( 徒 歩 =80m/1 分 ) 25 (2) 生 活 利 便

別 表 1 土 地 建 物 提 案 型 の 供 給 計 画 に 関 する 評 価 項 目 と 評 価 点 数 表 項 目 区 分 評 価 内 容 と 点 数 一 般 評 価 項 目 100 1 立 地 条 件 (1) 交 通 利 便 性 ( 徒 歩 =80m/1 分 ) 25 (2) 生 活 利 便 石 巻 市 公 募 型 買 取 市 営 住 宅 の 供 給 計 画 に 関 する 選 定 基 準 制 定 平 成 24 年 10 月 10 日 改 正 平 成 25 年 5 月 1 日 改 正 平 成 26 年 7 月 8 日 改 正 平 成 27 年 12 月 4 日 改 正 平 成 28 年 6 月 27 日 第 1 目 的 この 基 準 は 石 巻 市 公 募 型 買 取 市 営 住 宅 制

More information

目 次 第 1 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 1. 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 2. 施 行 者 の 名 称 1 第 2 施 行 地 区 1 1. 施 行 地 区 の 位 置 1 2. 施 行 地 区 位 置 図 1 3. 施 行 地 区 の 区 域 1 4

目 次 第 1 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 1. 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 2. 施 行 者 の 名 称 1 第 2 施 行 地 区 1 1. 施 行 地 区 の 位 置 1 2. 施 行 地 区 位 置 図 1 3. 施 行 地 区 の 区 域 1 4 資 料 1 土 地 区 画 整 理 事 業 画 書 ( 案 ) ( 仮 称 ) 箕 面 市 船 場 東 地 区 土 地 区 画 整 理 組 合 目 次 第 1 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 1. 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 2. 施 行 者 の 名 称 1 第 2 施 行 地 区 1 1. 施 行 地 区 の 位 置 1 2. 施 行 地 区 位 置 図 1

More information

Taro-資料編2

Taro-資料編2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るための 基 本 的 な 方 針 平 成 25 年 10 月 29 日 告 示 1055 号 平 成 七 年 一 月 の 阪 神 淡 路 大 震 災 では 地 震 により 六 千 四 百 三 十 四 人 の 尊 い 命 が 奪 われ た このうち 地 震 による 直 接 的 な 死 者 数 は 五 千 五 百 二 人 であり

More information

新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 ページ 変 更 後 変 更 前 表 紙 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 平 成 27 年 3 月 変 更 安 中 市 6 2. 計 画 策 定 の 方 針 (3) 計

新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 ページ 変 更 後 変 更 前 表 紙 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 平 成 27 年 3 月 変 更 安 中 市 6 2. 計 画 策 定 の 方 針 (3) 計 新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 安 中 市 新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 ページ 変 更 後 変 更 前 表 紙 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 平 成 27 年 3 月 変 更 安 中 市 6 2. 計 画 策 定 の 方 針 (3) 計 画 の 期 間 本 計

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63> 千 葉 県 用 途 地 域 指 定 基 準 千 葉 県 県 土 整 備 部 都 市 計 画 課 平 成 22 年 4 月 - 目 次 - 1. 用 途 地 域 指 定 の 目 的 1 2. 用 途 地 域 指 定 の 基 本 方 針 1 3. 土 地 利 用 と 用 途 地 域 の 指 定 方 針 2 (1) 住 宅 地 (2) 商 業 地 (3) 工 業 地 (4) 幹 線 道 路 の 沿 道 等

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

<5461726F2D82508251817C88EF96D88E7381402E6A7464>

<5461726F2D82508251817C88EF96D88E7381402E6A7464> 1. 本 市 の 区 域 内 において 行 われる 開 発 行 為 等 ただし 都 市 計 画 法 第 29 条 第 4 号 から 第 9 号 までに 規 定 される 開 発 行 為 は 除 く 2. 建 築 基 準 法 第 6 条 第 1 項 又 は 第 18 条 第 1 項 に 規 定 する 建 築 物 を 建 築 し 若 しくは 工 作 物 を 設 置 する 行 為 3. 建 築 基 準 法

More information

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン 参 考 資 料 2 第 2 回 懇 談 会 (H27.8.10) 能 勢 町 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 25 年 8 月 大 阪 府 豊 能 郡 能 勢 町 目 次 1.ガイドラインの 趣 旨 1 2. 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 3. 地 区 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 策 定 にあたっての

More information

Microsoft Word 印刷ver 本編最終no1(黒字化) .doc

Microsoft Word 印刷ver 本編最終no1(黒字化) .doc 3 目 標 使 用 年 数 の 設 定 3-1. 耐 用 年 数 と 目 標 使 用 年 数 の 考 え 方 1. 目 標 使 用 年 数 の 考 え 方 (1) 台 東 区 施 設 白 書 ( 平 成 26 年 7 月 ) における 使 用 年 数 ( 更 新 周 期 ) 台 東 区 施 設 白 書 ( 平 成 26 年 7 月 ) においては 国 が 示 す 試 算 基 準 ( 地 方 公 共

More information

目 次 は じ め に 1 地 計 画 について 2 地 計 画 の 運 用 基 準 5 1 建 築 物 に 関 する 制 限 について 5 (1) 建 築 物 等 の 用 途 の 制 限 5 (2) 壁 面 の 位 置 の 制 限 9 (3) 建 築 物 の 高 さの 最 高 限 度 10 (4)

目 次 は じ め に 1 地 計 画 について 2 地 計 画 の 運 用 基 準 5 1 建 築 物 に 関 する 制 限 について 5 (1) 建 築 物 等 の 用 途 の 制 限 5 (2) 壁 面 の 位 置 の 制 限 9 (3) 建 築 物 の 高 さの 最 高 限 度 10 (4) 千 葉 大 学 西 千 葉 キャンパス 地 地 計 画 の 手 引 き 千 葉 市 目 次 は じ め に 1 地 計 画 について 2 地 計 画 の 運 用 基 準 5 1 建 築 物 に 関 する 制 限 について 5 (1) 建 築 物 等 の 用 途 の 制 限 5 (2) 壁 面 の 位 置 の 制 限 9 (3) 建 築 物 の 高 さの 最 高 限 度 10 (4) 建 築 物 等

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

目 次 整 備 方 針 の 策 定 目 的 P1 公 民 館 の 現 状 P2~P4 1 公 民 館 の 施 設 概 要 P2~P3 2 施 設 の 老 朽 化 について P3 3 公 民 館 の 耐 震 化 について P3 4 施 設 の 利 便 性 について P3~P4 公 民 館 整 備 の

目 次 整 備 方 針 の 策 定 目 的 P1 公 民 館 の 現 状 P2~P4 1 公 民 館 の 施 設 概 要 P2~P3 2 施 設 の 老 朽 化 について P3 3 公 民 館 の 耐 震 化 について P3 4 施 設 の 利 便 性 について P3~P4 公 民 館 整 備 の 津 山 市 公 民 館 整 備 方 針 平 成 25 年 4 月 津 山 市 津 山 市 教 育 委 員 会 目 次 整 備 方 針 の 策 定 目 的 P1 公 民 館 の 現 状 P2~P4 1 公 民 館 の 施 設 概 要 P2~P3 2 施 設 の 老 朽 化 について P3 3 公 民 館 の 耐 震 化 について P3 4 施 設 の 利 便 性 について P3~P4 公 民 館 整

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

3 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 概 要 (1) 価 格 カルテル 山 形 県 の 庄 内 地 区 に 所 在 する5 農 協 が, 特 定 主 食 用 米 の 販 売 手 数 料 について, 平 成 23 年 1 月 13 日 に 山 形 県 酒 田 市 所 在 の 全 国 農 業 協

3 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 概 要 (1) 価 格 カルテル 山 形 県 の 庄 内 地 区 に 所 在 する5 農 協 が, 特 定 主 食 用 米 の 販 売 手 数 料 について, 平 成 23 年 1 月 13 日 に 山 形 県 酒 田 市 所 在 の 全 国 農 業 協 平 成 26 年 度 における 東 北 地 区 の 独 占 禁 止 法 の 運 用 状 況 等 について 平 成 27 年 6 月 10 日 公 正 取 引 委 員 会 事 務 総 局 東 北 事 務 所 第 1 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 処 理 状 況 1 公 正 取 引 委 員 会 は, 迅 速 かつ 実 効 性 のある 事 件 審 査 を 行 うとの 基 本 方 針 の 下, 国

More information

★計画書(石江地区計画).doc

★計画書(石江地区計画).doc 名 称 新 城 地 区 計 画 位 置 青 森 市 大 字 新 城 字 山 田 一 部 区 域 計 画 図 表 示 とおり 面 積 約 2.6ha 区 域 整 備 開 発 及 び 保 全 方 針 地 区 計 画 目 標 土 地 利 用 方 針 建 築 物 等 整 備 方 針 本 地 区 は 本 市 中 心 部 から 約 6.5km 西 部 市 街 地 縁 辺 部 に 位 置 し 工 業 及 び 流

More information

秋田県耐震改修促進計画(素案)

秋田県耐震改修促進計画(素案) 湯 沢 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 21 年 3 月 湯 沢 市 湯 沢 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 目 次 湯 沢 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 1 第 1 湯 沢 市 で 想 定 される 地 震 の 規 模 及 び 被 害 の 状 況 2 1 湯 沢 市 で 想 定 される 地 震 2 2 被 害 想 定 結 果 4 第 2 住 宅 公 共 建 築 物 の 耐 震

More information

資料2 利用者負担(保育費用)

資料2 利用者負担(保育費用) 新 制 度 の 保 育 料 ( 利 用 者 負 担 額 )について 資 料 2 新 制 度 における 保 育 料 については 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づき 現 行 の 保 育 制 度 と 同 様 世 帯 の 所 得 の 状 況 その 他 の 事 情 を 勘 案 し 国 が 定 める 水 準 を 上 限 として 市 町 村 が 定 めることになりま す 国 が 定 める 水 準 については

More information

国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 防 災 業 務 計 画 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 25 年 3 月 8 日 修 正 平 成 26 年 6 月 19 日 修 正 平 成 27 年 12 月 1 日 修 正 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力

More information

目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行 区 位 置 図 1 (3) 施 行 区 の 区 域 1 (4) 施

目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行 区 位 置 図 1 (3) 施 行 区 の 区 域 1 (4) 施 北 部 大 阪 都 市 画 事 業 JR 高 槻 駅 北 東 土 区 画 整 理 事 業 事 業 画 書 高 槻 市 JR 高 槻 駅 北 東 土 区 画 整 理 組 合 目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震 Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 東 海 地 震 注 意 情 報 発 表 時 (1) 医 務 課 衛 生 薬 務 課 Ⅶ-1 Ⅶ-1 Ⅶ-2 2 病 院 診 療 所 の 対 応 (1) 院 内 の 安 全 確 保 等 (2) 医 療 救 護 活 動 の 準 備 Ⅶ-3 Ⅶ-4 Ⅶ-4 3 基 幹 災 害 拠 点 病 院 基

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798E9197BF825381A68DC48DB782B591D682A694C5817A938C93FA967B91E5906B8DD082F08F8482E991CE899E82C982C282A282C48169826F82528DB782B591D682A6816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798E9197BF825381A68DC48DB782B591D682A694C5817A938C93FA967B91E5906B8DD082F08F8482E991CE899E82C982C282A282C48169826F82528DB782B591D682A6816A> 資 料 4 東 日 本 大 震 災 を 巡 る 対 応 について Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 1. 東 日 本 大 震 災 で 住 居 を 失 われた 方 への 居 住 の 安 定 の 確 保 震 災 発 生 復 旧 期 復 興 期 東 日 本 大 震 災 住 宅 が 滅 失 避 難 所 等 公 営 住 宅 等 (

More information

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 幼 児 教 育 の 無 償 化 について 資 料 3-1 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 (

More information

1 はじめに 計 画 の 目 的 国 は 平 成 18 年 度 に 住 生 活 基 本 法 を 制 定 し 住 まいに 関 する 基 本 的 な 計 画 となる 住 生 活 基 本 計 画 ( 全 国 計 画 )を 策 定 し 住 宅 セーフティネットの 確 保 や 住 生 活 の 質 の 向 上

1 はじめに 計 画 の 目 的 国 は 平 成 18 年 度 に 住 生 活 基 本 法 を 制 定 し 住 まいに 関 する 基 本 的 な 計 画 となる 住 生 活 基 本 計 画 ( 全 国 計 画 )を 策 定 し 住 宅 セーフティネットの 確 保 や 住 生 活 の 質 の 向 上 上 士 幌 町 住 生 活 基 本 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 27 年 2 月 上 士 幌 町 1 はじめに 計 画 の 目 的 国 は 平 成 18 年 度 に 住 生 活 基 本 法 を 制 定 し 住 まいに 関 する 基 本 的 な 計 画 となる 住 生 活 基 本 計 画 ( 全 国 計 画 )を 策 定 し 住 宅 セーフティネットの 確 保 や 住 生 活 の 質 の 向

More information

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め 総 税 企 第 168 号 平 成 23 年 12 月 14 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 係 る 地 方 税 の 取 扱 い 等 について 地 方 税 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 23 年 法 律 第 120 号 以 下 改 正 法 という ) 地 方 税 法 施 行 令 の 一

More information

(2) 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 保 育 の 必 要 な 子 どものいる 家 庭 だけでなく 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 のために 利 用 者 支 援 事 業 や 地 域 子 育 て 支 援 事 業 な

(2) 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 保 育 の 必 要 な 子 どものいる 家 庭 だけでなく 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 のために 利 用 者 支 援 事 業 や 地 域 子 育 て 支 援 事 業 な 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 に 係 る 基 準 ( 案 )の 概 要 1. 子 ども 子 育 て 新 制 度 について 平 成 24 年 8 月 幼 児 期 の 学 校 教 育 保 育 の 総 合 的 な 提 供 保 育 の 量 的 拡 大 確 保 地 域 の 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 などを 目 的 に 子 ども 子 育 て3 法 (1 子 ども 子 育 て 支 援

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 12 章 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 1 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ( 都 市 計 画 法 第 42 条 ) 法 律 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 第 四 十 二 条 何 人 も 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 内 においては 第 三 十

More information

スライド 1

スライド 1 本 資 料 は 学 会 代 議 員 との 意 見 交 換 を 踏 まえて 多 数 意 見 をまとめたものです しかし 学 術 団 体 として 多 様 な 意 見 があります これを 契 機 に 議 論 が 活 性 化 することを 期 待 します マンション 建 替 えに 関 する 意 見 ( 第 2 版 ) 当 日 の 口 頭 説 明 を 一 部 加 筆 千 葉 大 学 小 林 秀 樹 < 一 般

More information

市街化区域と市街化調整区域との区分

市街化区域と市街化調整区域との区分 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 平 成 27 年 9 月 埼 玉 県 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 趣 旨 本 県 では 昭 和 45 年 に 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )を 都 市 計

More information

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎 重 要 事 項 調 査 シート( 法 令 に 基 づく 限 の 調 べ 方 ) 尾 張 旭 市 版 1. 都 市 計 画 法 に 基 づく 限 項 目 市 内 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 区 都 市 計 画 区 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計 画 道 路 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計

More information

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477>

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477> Ⅳ 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 考 え 方 総 務 省 では 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 今 後 のあり 方 等 について 検 討 を 行 うため 平 成 年 6 月 8 日 から 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 等 研 究 会 を 開 催 し その 研 究 会 で 報 告 書 が 取 り まとめられました

More information

H28【滋賀県】滋賀県地域住宅計画(第3期)

H28【滋賀県】滋賀県地域住宅計画(第3期) し が け ん ち い き 地 域 じ ゅ う た く 住 宅 け い か く 計 画 し が け ん ち い き 地 域 だ い ( 第 き 3 期 ) し が け ん 平 成 28 年 3 月 社 会 資 本 総 合 整 備 計 画 計 画 の 名 称 地 域 住 宅 計 画 ( 第 3 期 ) 都 道 府 県 名 作 成 主 体 名 計 画 期 間 1. 地 域 の 住 宅 政 策 の 経 緯

More information

退職手当とは

退職手当とは 第 3 退 職 手 当 について 1 退 職 手 当 とは 退 職 手 当 は 教 職 員 が 退 職 ( 又 は 死 亡 )した 場 合 に その 者 又 は 遺 族 に 一 時 金 として 支 給 される 給 与 で 給 料 の 補 充 的 な 性 格 をもつ 他 の 手 当 とは 異 なり 勤 続 報 償 的 な 性 格 を 有 する 手 当 であ って その 取 扱 いは 教 職 員 及 び

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73>

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73> 株 式 会 社 国 際 協 力 銀 行 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 国 会 で 認 められた 予 算 に 従 い 国 家 公 務 員 指 定 職 に 準 じた 水 準 としている なお 役 員

More information

Taro-01 議案概要.jtd

Taro-01 議案概要.jtd 資 料 1 平 成 28 年 第 1 回 志 木 市 議 会 定 例 会 市 長 提 出 議 案 等 概 要 1 2 第 1 号 議 案 企 画 部 政 策 推 進 課 志 木 市 将 来 ビジョン( 第 五 次 志 木 市 総 合 振 興 計 画 将 来 構 想 )の 策 定 について ( 政 策 推 進 課 ) 1 将 来 ビジョンとは? 2 志 木 市 がおかれている 状 況 3 まちづくりの

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63> 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 < 概 要 版 > 平 成 22 年 3 月 北 海 道 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 の 背 景 国 では 公 的 直 接 供 給 やフローを 重 視 する 住 宅 建 設 計 画 法 を 廃 止 し 平 成 18 年 6 月 に 新 たな 時 代 の

More information

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令 岡 山 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 ( 平 成 6 年 3 月 22 日 警 察 訓 令 第 9 号 ) 改 正 平 成 6 年 12 月 22 日 警 察 訓 令 第 26 号 平 成 12 年 3 月 14 日 警 察 訓 令 第 8 号 平 成 13 年 7 月 2 日 警 察 訓 令 第 19 号 平 成 21 年 3 月 19 日 警 察 訓 令 第

More information

市街化調整区域における地区計画の

市街化調整区域における地区計画の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 運 用 方 針 平 成 23 年 8 月 日 野 市 1. 背 景 及 び 目 的 平 成 18 年 の 都 市 計 画 法 の 改 正 により 市 街 化 調 整 区 域 における 開 発 行 為 については 大 規 模 な 開 発 計 画 などを 開 発 許 可 制 度 により 認 める 制 度 が 廃 止 され 改 正 後 地 区 計

More information

通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら) 作 成 交 付 主 な 記 載 事 項 全 国 ( 外 国 人 含 む)に 郵 送 で 配 布 希 望 者 に 交

通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら) 作 成 交 付 主 な 記 載 事 項 全 国 ( 外 国 人 含 む)に 郵 送 で 配 布 希 望 者 に 交 1 マイナンバー 制 度 の 導 について( 案 ) 平 成 27 年 7 22 日 部 会 議 資 料 総 務 部 ( 政 管 理 課 情 報 政 策 課 庶 務 課 ) 市 活 部 ( 市 窓 課 籍 住 記 録 課 ) 通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら)

More information

2. 普 及 啓 発 (1)パンフレット CATV ホームページを 活 用 した 普 及 啓 発 (2) 耐 震 関 連 イベントの 開 催 (3) 地 域 危 険 度 マップの 公 表 (4) 不 動 産 取 引 に 伴 う 耐 震 診 断 に 関 する 説 明 義 務 の 周 知 (5) 耐 震

2. 普 及 啓 発 (1)パンフレット CATV ホームページを 活 用 した 普 及 啓 発 (2) 耐 震 関 連 イベントの 開 催 (3) 地 域 危 険 度 マップの 公 表 (4) 不 動 産 取 引 に 伴 う 耐 震 診 断 に 関 する 説 明 義 務 の 周 知 (5) 耐 震 第 3 章 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るための 施 策 1. 基 本 的 な 取 組 方 針 建 築 物 の 耐 震 化 は 自 助 共 助 公 助 の 原 則 を 踏 まえ その 所 有 者 ( 以 下 建 物 所 有 者 という )によって 行 われることを 基 本 とします 区 は 耐 震 化 について 幅 広 い 情 報 提 供 を 行 うとともに 国 や

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20365F335F8FF08C8F90DD92E8816989FC92F994C5382D32816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20365F335F8FF08C8F90DD92E8816989FC92F994C5382D32816A> X 県 の 防 災 体 制 現 況 体 制 県 庁 は 東 川 市 中 央 部 の 市 街 地 にある 庁 舎 は1 号 庁 舎 ( 平 成 5 年 建 築 のRC11 階 建 ) 2 号 庁 舎 ( 平 成 10 年 建 築 のRC8 階 建 )に 分 かれている 1 号 庁 舎 1 階 に 災 害 対 策 本 部 室 を 常 設 災 害 対 策 本 部 は 災 害 対 策 本 部 室 に 設 置

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

十 日 町 市 上 水 道 耐 震 化 計 画 の 概 要 平 成 18 年 10 月 十 日 町 市 上 水 道 耐 震 化 計 画 は 平 成 16 年 6 月 から 調 査 を 開 始 しましたが 同 年 10 月 23 日 に 発 生 した 新 潟 県 中 越 地 震 のため 一 時 中 断

十 日 町 市 上 水 道 耐 震 化 計 画 の 概 要 平 成 18 年 10 月 十 日 町 市 上 水 道 耐 震 化 計 画 は 平 成 16 年 6 月 から 調 査 を 開 始 しましたが 同 年 10 月 23 日 に 発 生 した 新 潟 県 中 越 地 震 のため 一 時 中 断 十 日 町 市 上 水 道 耐 震 化 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 18 年 10 月 新 潟 県 十 日 町 市 十 日 町 市 上 水 道 耐 震 化 計 画 の 概 要 平 成 18 年 10 月 十 日 町 市 上 水 道 耐 震 化 計 画 は 平 成 16 年 6 月 から 調 査 を 開 始 しましたが 同 年 10 月 23 日 に 発 生 した 新 潟 県 中 越 地 震

More information

1

1 第 3 章 大 規 模 修 繕 及 び 建 替 えにかかる 将 来 用 3. 大 規 模 修 繕 及 び 建 替 えにかかる 将 来 用 1 将 来 用 試 算 のための 条 件 現 在 市 が 保 有 している 建 物 借 用 物 件 は 除 くについて 将 来 もそのまま 保 有 し 続 け るために 必 要 となる 用 を 試 算 します ア 建 替 えコストの 考 え 方 1 建 替 え

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

平成25年教育施策の概要091 教育環境整備課

平成25年教育施策の概要091 教育環境整備課 県 立 学 校 関 係 1 県 立 学 校 施 設 設 備 の 整 備 充 実 校 舎 体 育 施 設 産 業 教 育 施 設 等 の 新 増 改 築 等 を 進 めるとともに 既 存 施 設 の 延 命 化 を 図 る ための 大 規 模 改 修 及 び 情 報 教 育 機 器 等 設 備 の 充 実 を 計 画 的 に 進 める 校 地 等 整 備 事 業 (411,771 千 円 ) 教 :1-14

More information

目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件

目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件 熊 谷 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 8 月 熊 谷 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件 6 第 3

More information

現 行 工 業 地 域 準 工 業 地 域 商 業 地 域 近 隣 商 業 地 域 改 正 後 準 工 業 地 域 ( 特 別 業 務 地 区 ( 第 2 種 ) 及 び 指 定 集 積 区 域 を 除 く) 近 隣 商 業 地 域 2 / 7

現 行 工 業 地 域 準 工 業 地 域 商 業 地 域 近 隣 商 業 地 域 改 正 後 準 工 業 地 域 ( 特 別 業 務 地 区 ( 第 2 種 ) 及 び 指 定 集 積 区 域 を 除 く) 近 隣 商 業 地 域 2 / 7 岸 和 田 市 環 境 保 全 条 例 の 一 部 改 正 について 1. 改 正 の 背 景 岸 和 田 市 環 境 保 全 条 例 ( 以 下 条 例 という )では 日 照 障 害 により 近 隣 の 生 活 環 境 に 支 障 を 及 ぼさないことを 目 的 に 建 物 高 さに 対 して 規 制 を 定 めております この 規 制 は 建 築 基 準 法 に 定 める 日 影 規 制 より

More information

する ( 評 定 の 時 期 ) 第 条 成 績 評 定 の 時 期 は 第 3 次 評 定 者 にあっては 完 成 検 査 及 び 部 分 引 渡 しに 伴 う 検 査 の 時 とし 第 次 評 定 者 及 び 第 次 評 定 者 にあっては 工 事 の 完 成 の 時 とする ( 成 績 評 定

する ( 評 定 の 時 期 ) 第 条 成 績 評 定 の 時 期 は 第 3 次 評 定 者 にあっては 完 成 検 査 及 び 部 分 引 渡 しに 伴 う 検 査 の 時 とし 第 次 評 定 者 及 び 第 次 評 定 者 にあっては 工 事 の 完 成 の 時 とする ( 成 績 評 定 射 水 市 建 設 工 事 施 行 に 関 する 工 事 成 績 評 定 要 領 平 成 8 年 3 月 7 告 示 第 44 号 ( 目 的 ) 第 条 この 要 領 は 射 水 市 が 所 掌 する 工 事 の 成 績 評 定 ( 以 下 評 定 という )に 必 要 な 事 項 を 定 め 公 正 かつ 的 確 な 評 定 を 行 うことにより もって 請 負 業 者 の 選 定 及 び 指

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A188EA8B7B8E7391CF906B89FC8F4391A390698C7689E63038303931322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A188EA8B7B8E7391CF906B89FC8F4391A390698C7689E63038303931322E646F63> 第 4 章 住 宅 の 耐 震 化 促 進 4-1 普 及 啓 発 1. ホームページ 広 報 誌 回 覧 板 での 広 報 活 動 本 市 は 常 時 市 ホームペ ージおいて さらに 定 期 的 に 広 報 いちのみや や 町 内 回 覧 チラシ 等 おいて 耐 震 診 断 耐 震 改 修 につい ての 広 報 活 動 を 行 っていま す 今 後 は これらの 内 容 の 充 実 等 を 図

More information

再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 の 概 要 ) 計 画 の 名 称 京 都 府 地 球 温 暖 化 対 策 等 推 進 基 金 計 画 の 期 間 交 付 対 象 京 都 府 府 内 市 町 村 民 間

再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 の 概 要 ) 計 画 の 名 称 京 都 府 地 球 温 暖 化 対 策 等 推 進 基 金 計 画 の 期 間 交 付 対 象 京 都 府 府 内 市 町 村 民 間 様 式 第 2 号 ( 第 5の6(1)2 関 係 ) 再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 書 作 成 担 当 者 ) 都 道 府 県 等 の 名 称 所 在 地 事 業 計 画 作 成 担 当 者 京 都 府 京 都 市 上 京 区 下 立 売 通 新 町 西 入 薮 ノ 内 町 氏 名 所 属 部 局 役

More information

目 次 1. 方 針 1 2. 市 庁 舎 の 耐 震 化 事 業 計 画 2 [ 参 考 ] 建 物 の 現 状 5

目 次 1. 方 針 1 2. 市 庁 舎 の 耐 震 化 事 業 計 画 2 [ 参 考 ] 建 物 の 現 状 5 朝 霞 市 庁 舎 等 の 耐 震 化 方 針 平 成 26 年 1 月 朝 霞 市 目 次 1. 方 針 1 2. 市 庁 舎 の 耐 震 化 事 業 計 画 2 [ 参 考 ] 建 物 の 現 状 5 1. 方 針 市 庁 舎 および 市 民 会 館 の 耐 震 化 対 応 について 朝 霞 市 庁 舎 等 整 備 方 針 検 討 委 員 会 により 提 言 がなさ れた 市 としては この 提

More information

安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 1 議 会 学 校 適 正 配 置 調 査 特 別 委 員 会 調 査 報 告 書 について 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 が 平 成 25 年 10 月 30 日 に 決 定 した 安 芸 太 田

安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 1 議 会 学 校 適 正 配 置 調 査 特 別 委 員 会 調 査 報 告 書 について 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 が 平 成 25 年 10 月 30 日 に 決 定 した 安 芸 太 田 安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 安 芸 太 田 町 平 成 26 年 10 月 12 日 安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 1 議 会 学 校 適 正 配 置 調 査 特 別 委 員 会 調 査 報 告 書 について 安 芸 太 田 町 教 育 委

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63> 飛 鳥 交 通 株 式 会 社 安 全 管 理 規 程 平 成 23 年 11 月 10 日 改 定 目 次 第 一 章 総 則 第 二 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 運 営 の 方 針 等 第 三 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実 施 及 びその 管 理 の 体 制 第 四 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 11 章 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 法 律 ( 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ) 第 四 十 一 条 都 道 府 県 知 事 は 用 途 地 域 の 定 められていない 土 地 の 区 域 における 開 発 行 為 につい て 開

More information

学校安全の推進に関する計画の取組事例

学校安全の推進に関する計画の取組事例 学 校 安 全 の 推 進 に 関 する 計 画 と Ⅱ 学 校 安 全 を 推 進 するための 方 策 項 目 1. 安 全 に 関 する 教 育 の 充 実 方 策 (1) 安 全 教 育 にお ける 主 体 的 に 行 動 する 態 度 や 共 助 公 助 の 視 点 (2) 教 育 手 法 の 改 善 被 災 地 へのボランティア 活 動 を 行 う 学 校 等 の 生 きる 力 をはぐくむ

More information

Microsoft Word - 220401 要綱.doc

Microsoft Word - 220401 要綱.doc 国 立 市 開 発 行 為 等 指 導 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 立 市 における 開 発 行 為 等 によって 無 秩 序 な 市 街 化 が 行 われる ことを 規 制 し 良 好 な 市 街 地 の 造 成 並 びに 快 適 な 生 活 環 境 を 保 持 するとともに 人 間 を 大 切 にするまちづくり の 実 現 をはかることを 目 的

More information

地 震 はいつ 発 生 するの? 栃 木 県 の 過 去 の 地 震 被 害 を 見 ると 内 陸 部 の 活 断 層 を 震 源 とする 直 下 型 地 震 による 被 害 が 大 きく なっています しかし 平 成 20 年 6 月 の 岩 手 宮 城 内 陸 地 震 は これまで 活 断 層

地 震 はいつ 発 生 するの? 栃 木 県 の 過 去 の 地 震 被 害 を 見 ると 内 陸 部 の 活 断 層 を 震 源 とする 直 下 型 地 震 による 被 害 が 大 きく なっています しかし 平 成 20 年 6 月 の 岩 手 宮 城 内 陸 地 震 は これまで 活 断 層 下 野 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 概 要 版 耐 震 改 修 促 進 計 画 ってなに?? 計 画 の 背 景 と 目 的 平 成 7 年 1 月 に 発 生 した 阪 神 淡 路 大 震 災 では 6,400 人 余 の 命 が 失 われました このうち 約 5,000 人 が 倒 壊 した 建 物 に 巻 き 込 まれて 亡 くなっています 倒 壊 した 建 築 物 の 多

More information

(11) 建 築 物 特 定 施 設 等 本 許 可 基 準 により 容 積 率 緩 和 対 象 とした 施 設 2. 運 用 方 針 この 許 可 基 準 は, 市 街 地 環 境 の 保 護 を 図 りつつ, 地 域 の 安 定 的 な 医 療 福 祉 環 境 の 確 保 を 図 ることを 目

(11) 建 築 物 特 定 施 設 等 本 許 可 基 準 により 容 積 率 緩 和 対 象 とした 施 設 2. 運 用 方 針 この 許 可 基 準 は, 市 街 地 環 境 の 保 護 を 図 りつつ, 地 域 の 安 定 的 な 医 療 福 祉 環 境 の 確 保 を 図 ることを 目 福 岡 市 バリアフリー 容 積 率 緩 和 許 可 基 準 ( 福 岡 市 : 高 齢 者, 障 害 者 等 の 移 動 等 の 円 滑 化 の 促 進 に 関 する 法 律 第 24 条 の 規 定 による 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 許 可 基 準 ) 平 成 20 年 8 月 福 岡 市 住 宅 都 市 局 建 築 指 導 部 1. 用 語 の 定 義 この

More information

Microsoft Word - 保育園管理規程(決定案)

Microsoft Word - 保育園管理規程(決定案) 社 会 福 祉 法 人 渋 谷 区 社 会 福 祉 事 業 団 認 可 保 育 所 管 理 規 程 ( 総 則 ) 第 1 条 社 会 福 祉 法 人 渋 谷 区 社 会 福 祉 事 業 団 ( 以 下 事 業 団 という )が 設 置 経 営 する 認 可 保 育 所 ( 以 下 園 という )の 運 営 管 理 については 法 令 に 定 めるものの ほか この 規 程 に 定 めるところによる

More information

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案)

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案) 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 に お け る 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 ( 案 ) 平 成 2 4 年 12 月 三 郷 市 ま ち づ く り 推 進 部 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 における 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 開 発 行 為

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A819A819A819A92808FF089F090E05F95FA92758EA9935D8ED48FF097E15F32352E31302E38>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A819A819A819A92808FF089F090E05F95FA92758EA9935D8ED48FF097E15F32352E31302E38> 富 士 市 自 転 車 等 の 放 置 の 防 止 に 関 する 条 例 の 解 説 ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 公 共 の 場 所 における 自 転 車 等 の 放 置 を 防 止 することにより 歩 行 者 等 の 安 全 な 通 行 を 確 保 するとともに 良 好 な 都 市 景 観 を 保 全 し もって 安 全 で 快 適 な 市 民 生 活 の 実 現 を 図 ることを

More information

<926E88E68F5A91EE8C7689E6816990E591E48E7381408356815B8367825081608253816A816993C192E88C7689E6816A2E786C73>

<926E88E68F5A91EE8C7689E6816990E591E48E7381408356815B8367825081608253816A816993C192E88C7689E6816A2E786C73> 社 会 資 本 総 合 整 備 計 画 ( 特 定 計 画 ) 地 域 住 宅 計 画 ( 第 11 回 変 更 ) せ ん だ い ち い き 仙 台 地 域 せんだい 平 成 24 年 1 月 地 域 住 宅 計 画 計 画 の 名 称 仙 台 地 域 都 道 府 県 名 宮 城 県 作 成 主 体 名 計 画 期 間 平 成 17 年 度 ~ 24 年 度 1. 地 域 の 住 宅 政 策 の

More information

17 外 国 人 看 護 師 候 補 者 就 労 研 修 支 援 18 看 護 職 員 の 就 労 環 境 改 善 19 8020 運 動 推 進 特 別 20 歯 科 医 療 安 全 管 理 体 制 推 進 特 別 21 在 宅 歯 科 医 療 連 携 室 整 備 22 地 域 災 害 拠 点 病

17 外 国 人 看 護 師 候 補 者 就 労 研 修 支 援 18 看 護 職 員 の 就 労 環 境 改 善 19 8020 運 動 推 進 特 別 20 歯 科 医 療 安 全 管 理 体 制 推 進 特 別 21 在 宅 歯 科 医 療 連 携 室 整 備 22 地 域 災 害 拠 点 病 資 料 22 ( 別 紙 第 1 2 号 様 式 ) 平 成 24 年 度 医 療 提 供 体 制 推 進 費 補 助 金 における 計 画 評 価 シート 1 の 概 要 神 奈 川 県 ( 金 額 の 単 位 は 千 円 ) 補 助 金 等 名 称 医 療 提 供 体 制 推 進 費 補 助 金 補 助 年 度 平 成 24 年 度 担 当 課 神 奈 川 県 保 健 福 祉 局 保 健 医 療

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B8C49938C8E738E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E690A7937882CC895E97708AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B8C49938C8E738E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E690A7937882CC895E97708AEE8F802E646F63> 栗 東 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより 市 街 化 調 整 区 域 における 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 形 成 並 びに 適 正

More information

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 土 佐 市 住 宅 耐 震 改 修 費 等 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 28 年 5 月 13 日 平 成 28 年 要 綱 第 44 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 既 存 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 り 地 震 発 生 時 の 住 宅 の 倒 壊 等 によ る 被 害 を 軽 減 することを 目 的 とし 土 佐 市 にある 既 存 住 宅 の 耐

More information

平成24年度税制改正要望 公募結果 153. 不動産取得税

平成24年度税制改正要望 公募結果 153. 不動産取得税 項 目 : 153. 不 動 産 取 得 税 岩 手 県 ( 商 工 労 働 観 光 部 企 業 立 地 推 進 課 ) 被 災 地 域 の 企 業 が 投 資 する 再 生 可 能 エネルギー 設 備 に 対 する 課 税 免 除 大 震 災 津 波 において 被 災 地 域 では 電 気 水 道 ガスなどのインフラ 機 能 が 喪 失 し 工 場 では 稼 働 再 開 まで 長 期 間 を 要

More information

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A>

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A> 恵 庭 市 教 員 住 宅 のあり 方 基 本 方 針 平 成 25 年 2 月 恵 庭 市 教 育 委 員 会 目 次 1. 教 員 住 宅 の 現 状 (1) 教 員 住 宅 の 役 割 1 (2) 教 員 住 宅 の 実 態 1 (3) 環 境 の 変 化 1 (4) 教 員 の 住 宅 事 情 1 2 2. 基 本 方 針 の 目 的 2 3.あり 方 検 討 会 議 の 答 申 内 容

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

<817993FA967B8E E A E815B817A B F976C8EAE82502D322E786C73>

<817993FA967B8E E A E815B817A B F976C8EAE82502D322E786C73> 日 本 司 法 支 援 センター( 法 人 番 号 2011205001573)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 センターの 主 要 事 業 は 総 合 法 律 支 援 に 関 する 事 業 である 役

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

Microsoft PowerPoint 資料4-1(真間川【印刷用】).ppt

Microsoft PowerPoint 資料4-1(真間川【印刷用】).ppt 真 間 総 合 治 水 対 策 特 定 河 事 業 ( 千 葉 県 ) 大 柏 都 市 基 盤 整 備 事 業 ( 市 市 ) 事 業 再 評 価 社 会 情 勢 と 公 共 事 業 のこれまで 我 が 国 の 経 済 状 況 S30~48 高 度 成 長 期 S48~H1 安 定 成 長 期 円 高 不 況 S58~60 バブル 景 気 S61~H3 真 間 の 治 水 事 業 31 年 経 過

More information

天 然 記 念 物 の 指 定 区 域 (9) 鳥 獣 の 保 護 及 び 狩 猟 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 88 号 ) 第 28 条 第 1 項 の 規 定 による 鳥 獣 保 護 区 (10) 急 傾 斜 地 の 崩 壊 による 災 害 の 防 止

天 然 記 念 物 の 指 定 区 域 (9) 鳥 獣 の 保 護 及 び 狩 猟 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 88 号 ) 第 28 条 第 1 項 の 規 定 による 鳥 獣 保 護 区 (10) 急 傾 斜 地 の 崩 壊 による 災 害 の 防 止 長 浜 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 地 区 計 画 の 原 案 を 作 成 するための 案 ( 以 下 地 区 計 画 の 素 案 という )の 作 成 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるこ

More information

は じ め に 新 蛇 田 区 は 災 害 危 険 区 域 等 にお 住 まい 皆 様 方 に 対 し 移 転 していた だくため 宅 供 給 を 目 的 とした 土 区 画 整 理 事 業 により 周 辺 環 と 調 和 し たまちづくりを 進 めています こような 中 区 計 画 を 導 入 す

は じ め に 新 蛇 田 区 は 災 害 危 険 区 域 等 にお 住 まい 皆 様 方 に 対 し 移 転 していた だくため 宅 供 給 を 目 的 とした 土 区 画 整 理 事 業 により 周 辺 環 と 調 和 し たまちづくりを 進 めています こような 中 区 計 画 を 導 入 す 区 計 画 ガイド 新 蛇 田 区 平 成 27 年 2 月 石 巻 市 改 訂 版 は じ め に 新 蛇 田 区 は 災 害 危 険 区 域 等 にお 住 まい 皆 様 方 に 対 し 移 転 していた だくため 宅 供 給 を 目 的 とした 土 区 画 整 理 事 業 により 周 辺 環 と 調 和 し たまちづくりを 進 めています こような 中 区 計 画 を 導 入 することにより 低

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

参 考 改 正 災 害 対 策 基 本 法 1 ( 災 害 時 における 車 両 の 移 動 等 ) 第 七 十 六 条 の 六 道 路 管 理 者 は その 管 理 する 道 路 の 存 する 都 道 府 県 又 はこれに 隣 接 し 若 しくは 近 接 する 都 道 府 県 の 地 域 に 係

参 考 改 正 災 害 対 策 基 本 法 1 ( 災 害 時 における 車 両 の 移 動 等 ) 第 七 十 六 条 の 六 道 路 管 理 者 は その 管 理 する 道 路 の 存 する 都 道 府 県 又 はこれに 隣 接 し 若 しくは 近 接 する 都 道 府 県 の 地 域 に 係 22 災 害 時 の 臨 港 道 路 における 放 置 車 両 対 策 の 充 実 強 化 東 京 都 現 在 提 案 実 現 後 災 害 時 における 放 置 車 両 の 移 動 権 限 の 付 与 等 大 規 模 災 害 発 生 時 の 放 置 車 両 対 策 ( 平 成 26 年 11 月 災 害 対 策 基 本 法 改 正 ) 管 理 者 管 理 対 象 放 置 車 両 の 移 動 権 限

More information

母 子 医 療 対 策 費 462 (313,289) 国 4,479 1 不 妊 治 療 助 成 事 業 8,600 不 妊 治 療 費 用 の 一 部 を 助 成 し 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 る 230,008 238,608 不 妊 治 療 費 の 増 加 による 増 額 分

母 子 医 療 対 策 費 462 (313,289) 国 4,479 1 不 妊 治 療 助 成 事 業 8,600 不 妊 治 療 費 用 の 一 部 を 助 成 し 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 る 230,008 238,608 不 妊 治 療 費 の 増 加 による 増 額 分 健 康 福 祉 政 策 課 低 所 得 者 自 立 更 生 融 資 対 策 費 659,521 (1,516,423) 国 328,209 財 656 1 生 活 福 祉 資 金 貸 付 金 補 助 414,400 滋 賀 県 社 会 福 祉 協 議 会 が 実 施 する 低 所 得 者 等 が 必 要 とする 生 活 福 祉 資 金 の 貸 付 けに 要 する 原 資 を 助 成 する 660,000

More information