<4D F736F F D D8D878C768E5A96E291E88F E291E88250>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D2087408140918D8D878C768E5A96E291E88F57814596E291E88250>"

Transcription

1 税 理 士 試 験 相 続 税 法 の 計 算 は 相 続 税 全 般 に 関 する 理 解 度 を 測 定 するため 個 別 の 財 産 評 価 課 税 価 格 の 算 定 相 続 税 の 総 額 及 び 各 相 続 人 等 の 納 付 すべき 税 額 までの 算 出 を 求 め る 総 合 問 題 となっています 限 られた 制 限 時 間 の 中 で 合 格 点 をとるためには 総 合 問 題 に 習 熟 することが 必 須 条 件 とな ります そこで 計 算 力 だけでなく 合 格 力 を 身 に 付 けるために 総 合 計 算 問 題 集 を 活 用 頂 くことを オススメ 致 します 税 理 士 試 験 は 年 回 の 試 験 になります 年 にたった 回 の 試 験 だからこそ しっかりと した 学 習 計 画 により 本 試 験 を 迎 えて 頂 きたいと 思 います 年 間 の 学 習 にあたっては しっかりとした 地 力 を 養 う 期 間 と 本 試 験 に 向 けた 完 成 を 目 指 す 期 間 があります この 総 合 計 算 問 題 集 は しっかりとした 地 力 を 養 う 期 間 に 有 効 活 用 して 頂 くことを 主 体 としたものであり 本 試 験 に 向 けた 完 成 を 目 指 す 期 間 へ 繋 げる ための 学 習 効 果 として 単 に 問 題 解 答 だけでなく 各 論 点 の 理 解 力 の 向 上 にも 適 した 問 題 集 となっております この 総 合 計 算 問 題 集 により 学 習 内 容 の 理 解 力 のチェック 総 合 問 題 の 解 答 スタイルの 確 立 に 役 立 てていただければ 幸 いです なお 本 試 験 に 向 けた 完 成 を 目 指 す 期 間 の 問 題 は 4 月 下 旬 発 刊 予 定 の ラストスパ ート 模 試 をご 利 用 下 さい -ii-

2 難 易 度 と 標 準 時 間 の 掲 載 すべての 問 題 に 難 易 度 と 標 準 時 間 を 掲 載 しています 問 題 解 答 の 前 に 標 準 時 間 を 確 認 して 頂 くことで 制 限 時 間 を 設 定 して 問 題 解 答 ができます 問 題 の 難 易 度 は の 3 段 階 に 分 けています の 数 が 多 くなる と 問 題 の 難 易 度 も 高 くなっています 分 かりやすい 解 説 問 題 解 答 後 に 採 点 した 結 果 で 間 違 えた 箇 所 の 確 認 がスムーズにできます どうして 間 違 えたのか 理 解 力 に 問 題 があるのか 知 識 の 定 着 力 に 問 題 があるのかなどを 直 ぐ さま 確 認 できます 得 点 欄 と 時 間 欄 解 答 した 問 題 の 結 果 を 記 録 として 残 しておき 解 き 直 しの 際 の 目 安 に 役 立 てること ができます 時 間 を 計 って 問 題 の 解 答 を! 本 試 験 は 時 間 無 制 限 ではありません 制 限 時 間 を 設 けられています 本 書 の 全 問 題 にも 標 準 時 間 を 設 定 しています この 標 準 時 間 を 問 題 解 答 の 制 限 時 間 として 解 答 して 下 さい 総 合 問 題 の 出 題 パターン 及 び 出 題 論 点 をチェック! 相 続 税 の 本 試 験 問 題 は 同 じパターンで かつ 同 じ 論 点 が 繰 り 返 し 出 題 されます 本 書 は 過 去 の 本 試 験 問 題 を 徹 底 分 析 し 作 成 していますので 繰 り 返 し 解 答 するこ とにより 本 試 験 問 題 への 万 全 な 対 応 が 可 能 となります 可 能 な 限 り 解 き 直 しをするこ とをオススメ 致 します -iii-

3 番 号 問 題 解 答 解 説 タイトル 問 題 3 25 分 割 の 総 合 問 題 問 題 2 32 未 分 割 の 総 合 問 題 問 題 分 割 の 総 合 問 題 問 題 分 割 の 総 合 問 題 問 題 分 割 の 総 合 問 題 問 題 未 分 割 の 総 合 問 題 問 題 分 割 の 総 合 問 題 問 題 分 割 の 総 合 問 題 問 題 分 割 の 総 合 問 題 ( 純 資 産 価 額 あり) 問 題 分 割 の 総 合 問 題 問 題 未 分 割 の 総 合 問 題 問 題 2 29 分 割 の 総 合 問 題 ( 純 資 産 価 額 あり) 難 易 度 標 準 時 間 70 分 70 分 70 分 75 分 75 分 75 分 75 分 75 分 80 分 80 分 80 分 80 分 得 点 / 時 間 回 2 回 3 回 -vi-

4 相 続 税 法 出 題 論 点 表 問 題 分 割 未 分 割 出 題 論 点 問 題 分 割 上 場 株 式 利 付 公 社 債 ( 課 税 時 期 に 最 終 価 格 がない 場 合 ) 相 続 時 精 算 課 税 預 貯 金 一 般 動 産 生 命 保 険 金 等 ( 措 法 70の 非 課 税 ) 退 職 手 当 金 等 ( 弔 慰 金 の 判 定 ) 生 命 保 険 契 約 に 関 する 権 利 上 場 株 式 ( 株 式 の 割 当 てを 受 ける 権 利 ) 取 引 相 場 のない 株 式 ( 純 資 産 価 問 題 2 未 分 割 額 ) 転 換 社 債 退 職 手 当 金 等 ( 取 得 者 が 申 告 期 限 においても 未 確 定 ) 定 期 金 に 関 する 権 利 持 戻 し 免 除 がある 場 合 相 当 の 地 代 を 収 受 して 貸 付 けている 宅 地 上 場 株 式 ( 株 主 となる 権 利 ) 問 題 3 分 割 取 引 相 場 のない 株 式 ( 類 似 業 種 比 準 価 額 ) 住 宅 取 得 等 資 金 の 贈 与 を 受 け た 場 合 の 相 続 時 精 算 課 税 の 特 例 及 び 贈 与 税 の 非 課 税 問 題 4 分 割 上 場 株 式 ( 株 式 無 償 交 付 期 待 権 ) 取 引 相 場 のない 株 式 ( 配 当 還 元 方 式 ) 店 舗 兼 住 宅 等 の 持 分 贈 与 があった 場 合 の 居 住 用 部 分 の 判 定 退 職 手 当 金 等 ( 法 律 に 基 づく 弔 慰 金 等 ) 問 題 5 分 割 奥 行 長 大 となる 宅 地 不 整 形 地 ( 計 算 上 の 奥 行 距 離 ) 正 面 路 線 の 決 定 取 引 相 場 のない 株 式 ( 株 式 の 価 額 の 修 正 ) たな 卸 商 品 等 債 務 控 除 ( 相 続 人 の 責 めに 帰 すべき 事 由 ) 共 有 持 分 の 放 棄 宅 地 の 評 価 単 位 区 分 地 上 権 に 準 ずる 地 役 権 の 目 的 となっている 宅 地 問 題 6 未 分 割 一 般 定 期 借 地 権 の 目 的 となっている 宅 地 被 相 続 人 の 被 相 続 人 が 負 担 し た 保 険 料 保 証 期 間 付 定 期 金 に 関 する 権 利 不 整 形 地 ( 区 分 整 形 地 ) 土 地 の 無 償 返 還 届 出 書 が 提 出 されている 土 地 問 題 7 分 割 の 評 価 取 引 相 場 のない 株 式 ( 株 式 保 有 特 定 会 社 ) 生 命 保 険 金 等 ( 振 替 貸 付 けによる 保 険 料 等 の 払 込 みがあった 場 合 の 取 扱 い) 問 題 8 分 割 ビル 及 びビル 用 地 使 用 借 権 が 設 定 されている 貸 家 の 敷 地 2 以 上 の 地 目 からなる 一 団 の 土 地 取 引 相 場 のない 株 式 ( 業 種 目 の 判 定 ) 不 整 形 地 ( 旗 竿 地 ) 邦 貨 換 算 外 国 税 額 控 除 問 題 9 分 割 純 資 産 価 額 が 与 えられている 場 合 側 方 路 線 影 響 加 算 額 の 調 整 不 整 形 地 ( 無 道 路 地 ) 取 引 相 場 のない 株 式 ( 開 業 後 3 年 未 満 の 会 社 等 ) 障 害 者 控 除 ( 障 害 の 程 度 に 変 化 がある 場 合 扶 養 義 務 者 からの 控 除 ) 問 題 0 分 割 店 舗 兼 住 宅 の 持 分 贈 与 があった 場 合 の 小 規 模 宅 地 等 の 特 例 取 引 相 場 の ない 株 式 ( 比 準 要 素 数 0の 会 社 ) 不 整 形 地 ( 正 面 路 線 と 裏 面 路 線 で 採 用 すべ き 奥 行 距 離 が 異 なる 場 合 二 方 路 線 影 響 加 算 額 の 調 整 ) がけ 地 私 道 及 び 私 道 に 隣 接 する 宅 地 不 整 形 地 としての 評 価 を 行 わない 宅 地 問 題 未 分 割 取 引 相 場 のない 株 式 ( 比 準 要 素 数 の 会 社 ) 借 地 権 者 以 外 の 者 が 借 地 の 底 地 部 分 を 買 取 った 場 合 寄 与 分 がある 場 合 純 資 産 価 額 が 与 えられている 場 合 不 整 形 地 ( 河 川 を 隔 てて 道 路 がある 問 題 2 分 割 宅 地 ) 相 当 の 地 代 に 満 たない 地 代 により 貸 付 けられている 宅 地 非 上 場 株 式 等 の 相 続 税 の 納 税 猶 予 代 償 分 割

5 問 題 難 易 度 : 制 限 時 間 :70 分 分 割 の 総 合 問 題 解 説 配 点 :50 点 P25 被 相 続 人 甲 の 相 続 人 及 び 受 遺 者 の 納 付 すべき 相 続 税 額 に 関 する 資 料 及 び 資 料 2 に 基 づいて 次 の 問 に 答 えなさい なお 解 答 は 答 案 用 紙 の 所 定 の 箇 所 に 記 入 しなさい Ⅰ 相 続 人 及 び 受 遺 者 ( 以 下 相 続 人 等 という )の 相 続 税 の 課 税 価 格 に 関 する 次 の 金 額 を 計 算 の 過 程 を 示 して 求 めなさい. 遺 贈 財 産 価 額 の 計 算 2. 分 割 財 産 価 額 の 計 算 3. 課 税 価 格 の 計 算 のうち 小 規 模 宅 地 等 の 特 例 については 答 案 用 紙 のⅠの3 小 規 模 宅 地 等 の 特 例 の 計 算 欄 に 記 入 することとし その 特 例 の 適 用 を 受 ける 財 産 の 答 案 用 紙 の 金 額 欄 に は その 特 例 の 適 用 を 受 ける 前 の 評 価 額 を 記 入 する 4. 相 続 又 は 遺 贈 によるみなし 取 得 財 産 価 額 の 計 算 5. 相 続 時 精 算 課 税 加 算 額 の 計 算 6. 課 税 価 格 から 控 除 すべき 債 務 控 除 額 の 計 算 7. 課 税 価 格 に 加 算 する 贈 与 財 産 ( 暦 年 贈 与 財 産 )の 価 額 の 計 算 8. 各 人 の 相 続 税 の 課 税 価 格 の 計 算 なお 各 人 の 課 税 価 格 に 算 入 する 金 額 の 計 算 に 当 たって2 以 上 の 計 算 方 法 がある 場 合 には 各 人 の 課 税 価 格 が 最 も 少 なくなる 方 法 を 選 択 するものとする Ⅱ 相 続 税 の 総 額 の 計 算 を 求 めなさい Ⅲ 各 相 続 人 等 の 納 付 すべき 相 続 税 額 に 関 して 次 のことに 答 えなさい. 各 相 続 人 等 の 納 付 すべき 相 続 税 額 の 計 算 2. 税 額 控 除 等 の 計 算 3

6 資 料. 被 相 続 人 甲 は 平 成 26 年 4 月 20 日 東 京 都 K 区 の 自 宅 で 病 死 し 相 続 人 等 はすべて 同 日 その 事 実 を 知 った 2. 被 相 続 人 甲 の 相 続 人 等 の 状 況 は 次 に 図 示 するとおりである 子 A 孫 D 被 相 続 人 甲 妻 A 子 B( 死 亡 ) 孫 E(9 歳 0 月 ) 配 偶 者 乙 夫 B 孫 F(5 歳 5 月 )( 放 棄 ) 子 C ( 注 ). 被 相 続 人 甲 の 死 亡 時 において 相 続 人 等 はすべて 日 本 国 内 に 住 所 を 有 している 2. 配 偶 者 乙 並 びに 子 A 及 びその 家 族 は 被 相 続 人 甲 と 同 居 し 生 計 を 一 にしていたが 他 の 相 続 人 等 はそれぞれ 別 の 場 所 で 独 立 して 生 計 を 営 んでいた 3. 年 齢 は 被 相 続 人 甲 の 死 亡 時 のもので 年 齢 表 示 のない 者 はすべて20 歳 以 上 である 4. 孫 Fは 被 相 続 人 甲 の 相 続 について 家 庭 裁 判 所 に 申 述 し 適 法 に 相 続 の 放 棄 をしている 5. 子 Bは 被 相 続 人 甲 の 死 亡 前 に 既 に 死 亡 しているが 子 Bの 死 亡 についての 相 続 税 の 課 税 関 係 は 生 じていない 4

7 3. 被 相 続 人 甲 の 遺 産 等 に 関 して 判 明 している 事 項 は 次 のとおりである ⑴ 被 相 続 人 甲 は 適 法 な 手 続 を 経 て 作 成 した 公 正 証 書 による 遺 言 書 により 相 続 人 等 にそれぞ れ 次 のとおり 遺 産 の 一 部 を 遺 贈 している なお 受 遺 者 は いずれも 遺 贈 の 放 棄 をしていない ( 注 ). 宅 地 及 び 家 屋 は すべて 普 通 住 宅 地 区 で 借 地 権 割 合 が60% 借 家 権 割 合 が30%で ある 地 域 に 所 在 するものとする 2. 既 経 過 利 子 等 の 額 から 源 泉 徴 収 されるべき 税 額 を 計 算 する 必 要 がある 場 合 の 率 は 20.35%とする 配 偶 者 乙 が 取 得 した 財 産 イ K 区 所 在 の 宅 地 240m2 この 宅 地 は 路 線 価 地 域 に 所 在 し その 地 形 等 は 次 のとおりである 路 線 価 400 千 円 2m 20m 路 線 価 350 千 円 ロ K 区 所 在 の 家 屋 80m2 固 定 資 産 税 評 価 額 35,000,000 円 この 家 屋 は イの 宅 地 の 上 に 建 てられているものであり 被 相 続 人 甲 の 居 住 の 用 に 供 さ れていた ハ L 社 株 式 0,000 株 この 株 式 は 東 京 証 券 取 引 所 の 一 部 に 上 場 されている 株 式 で その 株 価 等 の 状 況 は 次 のとおりである (イ) 課 税 時 期 前 後 の 最 終 価 格 平 成 26 年 4 月 8 日 平 成 26 年 4 月 9 日 平 成 26 年 4 月 20 日 平 成 26 年 4 月 2 日 2,650 円 取 引 なし 取 引 なし 2,770 円 (ロ) 毎 日 の 最 終 価 格 の 月 平 均 額 平 成 26 年 4 月 の 毎 日 の 最 終 価 格 の 月 平 均 額 平 成 26 年 3 月 の 毎 日 の 最 終 価 格 の 月 平 均 額 2,850 円 2,860 円 5

8 平 成 26 年 2 月 の 毎 日 の 最 終 価 格 の 月 平 均 額 2,870 円 ニ 家 庭 用 財 産 8,000,000 円 ( 仏 壇 の 価 額,000,000 円 を 含 む ) 2 子 Aの 取 得 した 財 産 イ M 区 所 在 の 宅 地 32.5m2 この 宅 地 は 路 線 価 地 域 に 所 在 し その 地 形 等 は 次 のとおりである 路 線 価 500 千 円 2.5m 路 線 価 400 千 円 25m ロ M 区 所 在 の 家 屋 250m2 固 定 資 産 税 評 価 額 28,500,000 円 この 家 屋 は 上 記 イの 宅 地 の 上 に 建 てられているものであり 子 Aの 営 む 貴 金 属 店 の 店 舗 の 用 に 供 されていたものであり 子 Aから 被 相 続 人 甲 への 家 賃 等 の 支 払 いは 行 われてい ない なお 申 告 書 の 提 出 期 限 において 上 記 宅 地 が 譲 渡 されている 事 実 はない ハ 利 付 社 債 券 面 額 20,000,000 円 この 利 付 社 債 は 東 京 証 券 取 引 所 に 上 場 及 び 日 本 証 券 業 協 会 において 売 買 参 考 統 計 値 が 公 表 される 銘 柄 であり その 内 容 は 次 のとおりである (イ) 発 行 価 額 券 面 額 00 円 当 たり 00 円 (ロ) 利 率 年 0.50% (ハ) 直 前 利 払 日 からの 既 経 過 日 数 46 日 (ニ) 課 税 時 期 前 後 の 最 終 価 格 4 月 8 日 0.30 円 4 月 9 日 取 引 なし 4 月 20 日 取 引 なし 4 月 2 日 0.28 円 (ホ) 課 税 時 期 前 後 の 平 均 値 4 月 8 日 0.27 円 4 月 9 日 取 引 なし 4 月 20 日 取 引 なし 4 月 2 日 0.25 円 6

9 3 子 Cが 取 得 した 財 産 イ N 町 所 在 の 宅 地 20m2 固 定 資 産 税 評 価 額 24,500,000 円 この 宅 地 は 倍 率 方 式 で 評 価 することとされており その 倍 率 は.2 倍 である ロ 構 築 物 この 構 築 物 は 上 記 イの 宅 地 をアスファルト 舗 装 したものであり 被 相 続 人 甲 が 月 極 駐 車 場 として 第 三 者 に 賃 貸 していた この 構 築 物 の 評 価 に 必 要 な 資 料 は 次 のとおりである (イ) 再 建 築 価 額 (ロ) 償 却 費 の 額 5,000,000 円 2,000,000 円 4 孫 Dが 取 得 した 財 産 イ Oゴルフ 会 員 権 口 このゴルフ 会 員 権 は 取 引 相 場 のある 会 員 権 であり 課 税 時 期 における 通 常 の 取 引 価 格 は 8,000,000 円 である ロ P 銀 行 の 定 期 預 金 ( 年 もの) 預 入 額 20,000,000 円 この 定 期 預 金 の 内 容 は 次 のとおりである (イ) 利 率 満 期 の 約 定 利 率 年 0.25% 相 続 開 始 日 における 解 約 利 率 年 0.20% (ロ) 既 経 過 日 数 29 日 5 孫 Eが 取 得 した 財 産 イ 一 般 動 産 この 動 産 の 評 価 に 関 する 資 料 は 次 のとおりである (イ) 調 達 価 額 不 明 (ロ) 同 種 同 規 格 の 新 品 の 課 税 時 期 における 小 売 価 額 4,200,000 円 (ハ) 取 得 価 額 3,500,000 円 (ニ) 取 得 時 から 課 税 時 期 までの 減 価 の 額 の 合 計 額 定 額 法 950,000 円 定 率 法,500,000 円 ロ 立 木 0ha この 立 木 の 評 価 に 関 する 資 料 は 次 のとおりである (イ) 標 準 価 額 2,200,000 円 (ロ) 地 味 級.3 (ハ) 立 木 度.0 (ニ) 地 利 級. (ホ) 総 合 等 級.4 7

10 6 孫 Fが 取 得 した 財 産 山 林 0ha 固 定 資 産 税 評 価 額 850,000 円 倍 率 2.0 倍 ⑵ 上 記 ⑴の 遺 贈 財 産 以 外 の 被 相 続 人 甲 の 遺 産 ( 預 貯 金 等 の 金 融 資 産 であり すべて 日 本 国 内 に ある )は 総 額 で80,000,000 円 である この 遺 産 については 平 成 26 年 0 月 20 日 に 共 同 相 続 人 間 で 分 割 の 協 議 が 行 われ 各 相 続 人 は 民 法 第 900 条 [ 法 定 相 続 分 ] 及 び 第 90 条 [ 代 襲 相 続 分 ]の 規 定 による 相 続 分 に 応 じて 取 得 した ⑶ 被 相 続 人 甲 の 相 続 開 始 時 における 債 務 は 次 のとおりで これらはすべて 子 Aが 負 担 した 平 成 26 年 分 所 得 税 の 準 確 定 申 告 分 2 平 成 26 年 度 住 民 税 3 銀 行 借 入 金 4 保 証 債 務,500,000 円,000,000 円 30,000,000 円 5,000,000 円 4. 被 相 続 人 甲 の 葬 式 等 に 要 した 費 用 は 次 のとおりで これらは 香 典 5,000,000 円 を 取 得 した 配 偶 者 乙 が 負 担 した ⑴ 本 葬 式 費 用 ⑵ 仮 葬 式 費 用 ⑶ 法 会 に 要 した 費 用 ⑷ 戒 名 料 ⑸ 納 骨 費 用 ⑹ 香 典 返 戻 費 用 3,500,000 円,000,000 円 800,000 円 300,000 円 200,000 円 2,500,000 円 5. 上 記 のほか 相 続 税 の 申 告 書 の 提 出 期 限 までに 次 の 事 項 が 判 明 している ⑴ 被 相 続 人 甲 の 死 亡 を 保 険 事 故 として 相 続 人 等 が 取 得 した 生 命 保 険 金 は 次 のとおりである なお 保 険 契 約 者 は すべて 被 相 続 人 甲 であり いわゆる 掛 け 捨 て 保 険 に 該 当 するものはない 保 険 金 受 取 人 契 約 保 険 金 額 払 込 済 保 険 料 保 険 料 の 負 担 者 及 び 負 担 状 況 ( 注 ) 配 偶 者 乙 00,000,000 円 30,000,000 円 被 相 続 人 甲 が 全 額 負 担 孫 E 0,000,000 円,500,000 円 被 相 続 人 甲 が/2 子 Bが/2 負 担 孫 F 25,000,000 円 0,000,000 円 被 相 続 人 甲 が 全 額 負 担 2 ( 注 ) 配 偶 者 乙 は この 生 命 保 険 金 から 宗 教 法 人 Q 寺 に300 万 円 日 本 赤 十 字 社 に,000 万 円 を 寄 附 し いずれも 平 成 26 年 0 月 3 日 までに 正 式 にその 受 入 れが 行 われている 2 契 約 者 貸 付 金 5,000,000 円 を 控 除 した 残 額 が 支 払 われている なお 契 約 者 貸 付 金 の 未 払 利 息 はないものとする 8

11 ⑵ 被 相 続 人 甲 の 相 続 開 始 時 において 被 相 続 人 甲 が 保 険 料 の 全 額 又 は 一 部 を 負 担 していた 生 命 保 険 契 約 で 保 険 事 故 の 発 生 していないものは 次 のとおりである 保 険 契 約 者 被 保 険 者 保 険 金 受 取 人 契 約 保 険 金 額 払 込 済 保 険 料 ( 注 ) 配 偶 者 乙 配 偶 者 乙 子 A 20,000,000 円 3,000,000 円 子 C 配 偶 者 乙 子 C 30,000,000 円 4,000,000 円 2 ( 注 ) 課 税 時 期 における 解 約 返 戻 金 の 額 は,520,000 円 であり 被 相 続 人 甲 が 保 険 料 の 全 額 を 負 担 していた 2 課 税 時 期 における 解 約 返 戻 金 の 額 は,50,000 円 であり 被 相 続 人 甲 と 子 Cが 保 険 料 の2 分 のずつを 負 担 していた ⑶ 被 相 続 人 甲 の 生 前 の 勤 務 会 社 であるR 社 から 同 社 の 退 職 功 労 金 等 支 給 規 程 に 基 づき 被 相 続 人 甲 に 対 する 弔 慰 金 8,000,000 円 及 び 退 職 功 労 金 30,000,000 円 が 配 偶 者 乙 に 支 給 された なお 被 相 続 人 甲 の 普 通 給 与 は 月 額,000,000 円 であり 被 相 続 人 甲 の 死 亡 は 業 務 上 の 死 亡 ではない ⑷ 被 相 続 人 甲 の 相 続 人 等 は 相 続 開 始 前 に 被 相 続 人 甲 から 次 の 財 産 の 贈 与 を 受 けている なお 各 受 贈 者 は 被 相 続 人 甲 から 財 産 の 贈 与 を 受 けた 年 において 被 相 続 人 甲 以 外 の 者 からの 贈 与 を 受 けていない 贈 与 年 月 受 贈 者 受 贈 財 産 贈 与 時 の 価 額 相 続 開 始 時 の 価 額 ( 注 ) 平 成 23 年 2 月 子 C 現 金 3,000,000 円 3,000,000 円 平 成 23 年 8 月 子 A 株 式 6,000,000 円 5,500,000 円 平 成 23 年 2 月 子 C 現 金 4,000,000 円 4,000,000 円 平 成 24 年 6 月 子 A 株 式 50,000,000 円 60,000,000 円 平 成 25 年 2 月 孫 F 株 式 5,000,000 円 4,500,000 円 2 ( 注 ) 子 Aは 平 成 24 年 分 の 贈 与 につき 相 続 時 精 算 課 税 選 択 届 出 書 を 提 出 している 2 孫 Fは 平 成 25 年 分 の 贈 与 税 の 申 告 を 失 念 している 9

12 資 料 2 宅 地 の 価 額 を 求 める 場 合 の 普 通 住 宅 地 区 における 奥 行 価 格 補 正 率 等 ⑴ 奥 行 価 格 補 正 率 0m 以 上 24m 未 満.00 24m 以 上 28m 未 満 0.99 ⑵ 側 方 路 線 影 響 加 算 率 角 地 0.03 準 角 地 0.02 ⑶ 二 方 路 線 影 響 加 算 率 0.02 ⑷ 奥 行 長 大 補 正 率 2 以 上 3 未 満 0.98 ( 参 考 ) 相 続 税 の 速 算 表 ( 平 成 5 年 月 日 以 降 適 用 ) 各 法 定 相 続 人 の 取 得 金 額 率 (%) 控 除 額 各 法 定 相 続 人 の 取 得 金 額 率 (%) 控 除 額 0,000 千 円 以 下 0 0 千 円 00,000 千 円 以 下 30 7,000 千 円 30,000 千 円 以 下 千 円 300,000 千 円 以 下 40 7,000 千 円 50,000 千 円 以 下 20 2,000 千 円 300,000 千 円 超 50 47,000 千 円 ( 参 考 ) 贈 与 税 の 速 算 表 ( 平 成 5 年 月 日 以 降 適 用 ) 課 税 価 格 率 (%) 控 除 額 課 税 価 格 率 (%) 控 除 額 2,000 千 円 以 下 0 0 千 円 6,000 千 円 以 下 千 円 3,000 千 円 以 下 5 00 千 円 0,000 千 円 以 下 40,250 千 円 4,000 千 円 以 下 千 円 0,000 千 円 超 50 2,250 千 円 0

13 問 題 解 答 解 説 分 割 の 総 合 問 題 解 答 Ⅰ 相 続 人 及 び 受 遺 者 の 相 続 税 の 課 税 価 格 の 計 算. 遺 贈 財 産 価 額 の 計 算 ( 単 位 : 円 ) 取 得 者 財 産 の 種 類 計 算 過 程 金 額 配 偶 者 乙 K 区 宅 地 400, , =40,500 98,520,000➊ 40,500 20m 2m=98,520,000 K 区 家 屋 35,000,000.0=35,000,000 35,000,000 L 社 株 式 ⑴ 2,770 ⑵ 2,850 ⑶ 2,860 ⑷ 2,870 2,770 27,700,000➊ 2,770 0,000 株 =27,700,000 家 庭 用 財 産 8,000,000-,000,000=7,000,000 仏 壇 は 相 続 税 の 非 課 税 7,000,000➊ (68,220,000) 子 A M 区 宅 地 (500, , ) 0.98=492, ,86 54,09,062➋ m 25m=54,09, ,09,062 25m = m M 区 家 屋 28,500,000.0=28,500,000 28,500,000 利 付 社 債 0.30> ,285,874➋ % 46 日 (-20.35%)= 日 ,000, =20,285,874 (202,804,936) 子 C N 町 宅 地 24,500,000.2=29,400,000 29,400,000➊ 構 築 物 (5,000,000-2,000,000) 70 =2,00,000 2,00,000➊ 00 (3,500,000) 孫 D Oゴルフ 会 員 権 8,000, =5,600,000 5,600,000➊ 00 P 定 期 預 金 20,000,000+20,000, % 29 日 (-20.35%)=20,09, 日 20,09,25➊ (25,69,25) 孫 E 一 般 動 産 4,200,000-,500,000=2,700,000 2,700,000➊ 立 木 2,200, ha 85 =26,80,000 26,80,000➊ 00 (28,880,000) 孫 F 山 林 850,000 2=0,200,000 0,200,000➊ 25 (0,200,000)

14 2. 分 割 財 産 価 額 の 計 算 ( 単 位 : 円 ) 計 算 過 程 配 偶 者 乙 2 =90,000,000 子 子 A C 80,000, =30,000, =30,000,000 孫 E 2 3 =30,000,000 ➊ (5 点 ) 3 小 規 模 宅 地 等 の 特 例 の 計 算 ( 単 位 : 円 ) 計 算 過 程 ⑴ 減 額 単 価 ( 特 例 対 象 宅 地 等 と 減 額 割 合 が 合 っていて➊) 乙 ( 居 ) 40,500 (240m2) 328,400(0.8) A ( 事 ) 492,86 (32.5m2) 394,288.8(0.8) C ( 貸 ) 29,400,000 20m2 ⑵ 選 択 =245,000 22,500(0.5) 子 Aが 取 得 した 特 定 事 業 用 宅 地 等 から32.5m2 配 偶 者 乙 が 取 得 した 特 定 居 住 用 宅 地 等 から 52.5m2を 小 規 模 宅 地 等 として 選 択 240m2-32.5m =52.5m2 特 例 適 用 対 象 財 産 取 得 者 課 税 価 格 から 減 額 される 金 額 M 区 宅 地 394, m2=23,25,250 子 A 23,25,250➋ K 区 宅 地 328, m2=7,24,000 配 偶 者 乙 7,24,000➋ (5 点 ) 4. 相 続 又 は 遺 贈 によるみなし 財 産 価 額 の 計 算 ( 単 位 : 円 ) 財 産 の 種 類 取 得 者 計 算 過 程 金 額 生 命 保 険 金 等 配 偶 者 乙 00,000,000-0,000,000=90,000,000➊ 67,500,000 措 法 70の 非 課 税 宗 教 法 人 への 贈 与 は 措 法 70の 非 課 税 適 用 なし 90,000,000- ( 注 ) 22,500,000=67,500,000 孫 E 0,000,000 ( 2 + )=0,000,000 7,500, ,000,000- ( 注 ) 2,500,000=7,500,000 孫 F 25,000,000-5,000,000=20,000,000 20,000,000 ( 注 ) 同 上 の 非 課 税 金 額 ⑴ 5,000,000 5 人 ( 法 定 相 続 人 の 数 )=25,000,000 ⑵ 90,000,000+0,000,000=00,000,000 ⑶ ⑴<⑵ 25,000,000 配 偶 者 乙 孫 E 25,000,000 90,000,000 00,000,000 =22,500,000 0,000,000 00,000,000 = 2,500,000 孫 Fは 相 続 人 でないため 適 用 なし 26

15 退 職 手 当 金 等 配 偶 者 乙 30,000,000+8,000,000- ( 注 ) 6,000,000=32,000,000 7,000,000 32,000,000- ( 注 )2 25,000,000=7,000,000 ( 注 ) 弔 慰 金 の 判 定,000,000 6カ 月 =6,000,000<8,000,000 6,000,000➊ ( 注 )2 同 上 の 非 課 税 金 額 生 命 保 険 契 約 に 関 する 権 利 5,000,000 5 人 ( 法 定 相 続 人 の 数 )=25,000,000<32,000,000 25,000,000 配 偶 者 乙,520,000 子 C,50,000 =575, , 相 続 時 精 算 課 税 加 算 額 の 計 算 ( 単 位 : 円 ) 贈 与 年 分 受 贈 者 計 算 過 程 加 算 額 平 成 24 年 子 A 50,000, 課 税 価 格 から 控 除 すべき 債 務 控 除 額 の 計 算 ( 単 位 : 円 ) 債 務 及 び 葬 式 費 用 負 担 者 計 算 過 程 金 額 債 務 子 A,500,000+,000,000+30,000,000=32,500,000 32,500,000 保 証 債 務 は 控 除 できない 葬 式 費 用 配 偶 者 乙 3,500,000+,000, , ,000=5,000,000 5,000,000 法 会 に 要 した 費 用 香 典 返 戻 費 用 は 控 除 できない 香 典 収 入 は 贈 与 税 の 非 課 税 7. 課 税 価 格 に 加 算 する 贈 与 財 産 ( 暦 年 贈 与 財 産 )の 価 額 の 計 算 ( 単 位 : 円 ) 贈 与 年 分 受 贈 者 計 算 過 程 加 算 額 平 成 23 年 子 A 6,000,000 平 成 23 年 子 C 4,000,000 平 成 25 年 孫 F 5,000, 各 人 の 相 続 税 の 課 税 価 格 の 計 算 ( 単 位 : 円 ) 区 分 相 続 人 等 配 偶 者 乙 子 A 子 C 孫 E 孫 F 孫 D 計 遺 贈 による 取 得 財 産 50,979,000 79,589,686 3,500,000 28,880,000 0,200,000 25,69,25 分 割 による 取 得 財 産 90,000,000 30,000,000 30,000,000 30,000,000 み な し 財 産 生 命 保 険 金 等 67,500,000➋ 7,500,000➋ 20,000,000➊ 退 職 手 当 金 等 7,000,000➊ 生 命 保 険 契 約 に 関 す る 権 利 相 続 時 精 算 課 税 加 算 額,520,000➊ 575,000➊ 50,000,000➋ (2 点 ) 債 控 務 除 債 務 32,500,000➊ 葬 式 費 用 5,000,000➊ 生 前 贈 与 加 算 額 6,000,000➊ 4,000,000➊ 5,000,000➊ 課 税 価 格 (,000 円 未 満 切 捨 ) 3,999,000 33,089,000 66,075,000 66,380,000 35,200,000 25,69, ,362,000 (5 点 ) 27

16 Ⅱ 相 続 税 の 総 額 の 計 算 課 税 価 格 の 合 計 額 遺 産 に 係 る 基 礎 控 除 額 課 税 遺 産 額 638,362 ➊ 千 円 50,000+0,000 5 人 ( 法 定 相 続 人 の 数 )=00,000 ➊ 千 円 538,362 千 円 法 定 相 続 人 法 定 相 続 分 法 定 相 続 分 に 応 ず る 取 得 金 額 相 続 税 の 総 額 の 基 と な る 税 額 千 円 円 配 偶 者 乙 子 A 子 C 孫 E 孫 F ,8 90,672,400 89,727 9,98,00 89,727 9,98,00 44,863 6,972,600 44,863 6,972,600 ➊ 合 計 5 人 (00 円 未 満 切 捨 ) 44,453,800 円 Ⅲ 各 相 続 人 等 の 納 付 すべき 相 続 税 額 (3 点 ). 各 相 続 人 等 の 納 付 すべき 相 続 税 額 の 計 算 ( 単 位 : 円 ) 区 分 相 続 人 等 配 偶 者 乙 子 A 子 C 孫 E 孫 F 孫 D 計 あ ん 分 割 合 算 出 税 額 70,782,362 30,335,298 4,445,380 4,445,380 8,667,228 5,778,52 44,453,800 加 算 又 は 減 算 相 続 税 額 の 加 算 額,733,445,55,630 贈 与 税 額 控 除 額 ( 暦 年 課 税 分 ) 配 偶 者 の 税 額 軽 減 額 70,60, ,000➊ 640,000➊ 530,000➊ 未 成 年 者 控 除 額 60,000➊ 300,000➊ 贈 与 税 額 控 除 額 ( 相 続 時 精 算 課 税 分 ) 5,000,000➊ 納 付 税 額 (00 円 未 満 切 捨 ) 80,600 24,55,200 3,805,300 4,385,300 9,570,600 6,933,700 納 付 税 額 まで 求 めていたら➊ 2. 税 額 控 除 等 の 計 算 ( 単 位 : 円 ) 控 除 等 の 項 目 対 象 者 計 算 過 程 金 額 相 続 税 額 の 加 算 孫 F 8,667, =,733,445,733, 贈 与 税 額 控 除 ( 暦 年 課 税 分 ) 孫 D 5,778, =,55,630 対 象 者 及 び 算 式 ➊,55,630 子 C (3,000,000+4,000,000-,00,000) 30%-650,000=,20,000 4,000,000,20,000 =640, ,000 3,000,000+4,000,000 子 A (6,000,000-,00,000) 30%-650,000=820, ,000 孫 F (5,000,000-,00,000) 20%-250,000=530, ,000 28

17 配 偶 者 の 税 額 軽 減 配 偶 者 乙 ⑴ 70,782,362 70,60,698 ⑵ 638,362,000 2 =39,8,000 60,000,000 39,8,000 算 式 ➊ 2 3,999,000 3 >2 3,999, ,453, ,362,000 =70,60,698 算 式 ➊ ⑶ ⑴>⑵4 70,60,698 未 成 年 者 控 除 孫 E 60,000 (20 歳 -9 歳 )=60,000 60,000 孫 F 60,000 (20 歳 -5 歳 )=300, ,000 贈 与 税 額 控 除 ( 相 続 時 精 算 課 税 分 ) 子 A (50,000,000-25,000,000) 20%=5,000,000 5,000,000 50,000,000>25,000,000 25,000,000 (0 点 ) 採 点 基 準 ➋ 点 7 個 = 4 点 ➊ 点 36 個 = 36 点 計 50 点 29

18 解 説. 相 続 人 及 び 法 定 相 続 人 の 判 定 ⑴ 相 続 人 配 偶 者 乙 子 A 子 C 孫 E ⑵ 法 定 相 続 人 (の 数 ) 相 続 人 の4 人 に 孫 Fを 加 えた5 人 2. 財 産 評 価 ⑴ 小 規 模 宅 地 等 の 判 定 配 偶 者 乙 が 取 得 した 宅 地 被 相 続 人 甲 の 居 住 の 用 に 供 されていた 宅 地 を 配 偶 者 乙 が 取 得 していることより 特 定 居 住 用 宅 地 等 に 該 当 します 2 子 Aが 取 得 した 宅 地 生 計 を 一 にしていた 子 Aの 事 業 の 用 に 供 されていた 宅 地 を 子 Aが 取 得 していることより 特 定 事 業 用 宅 地 等 に 該 当 します 3 子 Cが 取 得 した 宅 地 駐 車 場 用 地 であることより 貸 付 事 業 用 宅 地 等 に 該 当 します ⑵ 上 場 株 式 原 則 次 のうち 最 も 低 い 価 額 ( 株 当 たりの 評 価 額 ) 取 得 株 式 数 イ 課 税 時 期 の 最 終 価 格 ロ 課 税 時 期 の 属 する 月 の 毎 日 の 最 終 価 格 の 月 平 均 額 ハ 課 税 時 期 の 属 する 月 の 前 月 の 毎 日 の 最 終 価 格 の 月 平 均 額 ニ 課 税 時 期 の 属 する 月 の 前 々 月 の 毎 日 の 最 終 価 格 の 月 平 均 額 2 課 税 時 期 に 最 終 価 格 がない 場 合 課 税 時 期 の 前 日 以 前 又 は 翌 日 以 後 の 最 終 価 格 のうち 課 税 時 期 に 最 も 近 い 日 の 最 終 価 格 を 課 税 時 期 の 最 終 価 格 とします なお 日 数 差 が 同 じ 場 合 には その 平 均 額 ( 円 未 満 切 捨 )とし ます ⑶ 利 付 公 社 債 証 券 取 引 所 において 上 場 されている 利 付 公 社 債 課 税 時 期 の 最 終 価 格 +( 源 泉 所 得 税 額 控 除 後 の 既 経 過 利 息 の 額 ) ( 注 ) 日 本 証 券 業 協 会 において 売 買 参 考 統 計 値 が 公 表 される 銘 柄 として 選 定 された 公 社 債 イ 証 券 取 引 所 の 公 表 する 課 税 時 期 の 最 終 価 格 ロ 日 本 証 券 業 協 会 の 公 表 する 課 税 時 期 の 平 均 値 ハ イとロのうちいずれか 少 ない 金 額 2 課 税 時 期 に 最 終 価 格 がない 場 合. 課 税 時 期 前 の 最 終 価 格 のうち 課 税 時 期 に 最 も 近 い 日 の 最 終 価 格 とします ⑷ 預 貯 金 の 評 価 ( 評 通 203) 預 入 高 + 既 経 過 利 子 の 額 ( 円 未 満 切 捨 ) - 既 経 過 利 子 の 額 につき 源 泉 徴 収 されるべき 所 得 税 等 の 額 ( 円 未 満 切 捨 ) 30

19 ( 注 ) 既 経 過 利 子 の 額 及 び 源 泉 徴 収 所 得 税 額 等 でそれぞれ 円 未 満 切 捨 てであることより それぞ れ 別 々に 計 算 するのが 原 則 ですが 本 試 験 での 制 限 時 間 を 考 慮 し 源 泉 徴 収 税 率 控 除 後 の 率 を 既 経 過 利 子 の 額 に 乗 じても 問 題 ないと 思 われます 既 経 過 日 数 預 入 高 + 預 入 高 解 約 利 率 ( 既 経 過 利 子 の 額 )- 既 経 過 利 子 の 額 20.35% 365 日 既 経 過 日 数 預 入 高 + 預 入 高 解 約 利 率 (-20.35%)(79.685%) 365 日 本 問 の 場 合 に 源 泉 徴 収 税 率 控 除 後 の 率 を 既 経 過 利 子 の 額 に 乗 じて 計 算 すると 20,09,24 円 となります ⑸ 一 般 動 産 原 則 調 達 価 額 2 調 達 価 額 が 不 明 の 場 合 同 種 の 動 産 の 新 品 の 課 税 償 却 費 の 額 の 合 計 額 - 時 期 における 小 売 価 額 又 は 減 価 の 額 償 却 方 法 は 定 率 法 によります 3.みなし 取 得 財 産 ⑴ 生 命 保 険 金 等 ( 措 法 70の 非 課 税 ) 宗 教 法 人 Q 寺 への 贈 与 は 措 法 70の 非 課 税 の 対 象 となりません ⑵ 退 職 手 当 金 等 ( 弔 慰 金 の 判 定 ) 被 相 続 人 の 死 亡 が 非 業 務 上 の 死 亡 であることより 普 通 給 与 の6ヵ 月 分 は 課 税 されません 4. 相 続 時 精 算 課 税 ⑴ 相 続 時 精 算 課 税 を 選 択 した 場 合 の 贈 与 税 額 の 計 算 課 税 価 格 特 定 贈 与 者 からの 贈 与 財 産 のみを 合 計 ( 非 課 税 控 除 後 の 価 額 ) 特 別 控 除 額 2,500 万 円 ( 限 度 額 に 達 するまで 複 数 年 にわたり 控 除 可 能 ) 税 率 特 別 控 除 額 を 超 える 価 額 に 対 して 一 律 20%の 税 率 税 額 控 除 贈 与 税 の 外 国 税 額 控 除 ( 注 ) 相 続 開 始 年 分 の 贈 与 は 申 告 不 要 です ⑵ 課 税 価 格 加 算 額 及 び 贈 与 税 額 控 除 額 加 算 対 象 財 産 相 続 時 精 算 課 税 の 適 用 を 受 けたすべての 財 産 ( 非 課 税 控 除 後 特 別 控 除 前 ) 加 算 対 象 価 額 贈 与 時 の 価 額 控 除 額 課 せられた 贈 与 税 額 を 控 除 ( 贈 与 税 の 外 国 税 額 控 除 前 附 帯 税 を 除 きます ) 控 除 箇 所 相 続 税 の 外 国 税 額 控 除 後 3

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

確 定 申 告 書 を 提 出 することができるが 居 住 者 が 年 の 中 途 で 出 国 する 場 合 において その 年 分 の 所 得 税 につ いてその 申 告 書 を 提 出 することができる 場 合 に 該 当 するときは 税 務 署 長 に 対 し 確 定 申 告 書 を 提 出

確 定 申 告 書 を 提 出 することができるが 居 住 者 が 年 の 中 途 で 出 国 する 場 合 において その 年 分 の 所 得 税 につ いてその 申 告 書 を 提 出 することができる 場 合 に 該 当 するときは 税 務 署 長 に 対 し 確 定 申 告 書 を 提 出 036-8900-1090-19 税 16 第 6 6 回 税 理 士 試 験 所 得 税 法 はじめに 第 一 問 の 理 論 については いずれも 本 年 度 の 予 想 出 題 論 点 として 注 目 され 対 策 していた 論 点 からの 出 題 であったため ある 程 度 の 解 答 を 作 成 できた 受 験 生 が 多 かったと 思 われる 第 二 問 の 計 算 については

More information

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 の 記 載 方 法 等 平 成 19 年 1 月 1 日 以 降 用 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 は 相 続 遺 贈 又 は 贈 与 により 取 得 した 取 引 相 場 のない 株 式 及 び 持 分 会 社 の 出 資 等 並 びにこれらに 関 する 権 利 の 価 額 を 評 価 するために

More information

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個 別 紙 新 旧 対 照 表 改 正 後 改 正 前 ( 注 )アンダーラインを 付 した 部 分 は 改 正 部 分 である 目 次 目 次 第 1 編 総 則 第 1 編 総 則 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208199935995748F9196CA8DEC90AC8AEE8F805F8E77906A5F5F95BD32312E30342E303190A792E85F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208199935995748F9196CA8DEC90AC8AEE8F805F8E77906A5F5F95BD32312E30342E303190A792E85F2E646F63> 添 付 書 面 作 成 基 準 ( 指 針 ) 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 日 本 税 理 士 会 連 合 会 一 はじめに 税 理 士 の 使 命 は 税 理 士 法 第 1 条 に 規 定 する 独 立 した 公 正 な 立 場 において 国 民 の 納 税 義 務 の 適 正 な 実 現 を 図 ることであり この 使 命 に 沿 って 税 理 士 業 務 を 遂 行 することで

More information

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A>

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A> 平 成 23 年 平 成 24 年 改 正 等 に 伴 う 理 論 マスタ-の 改 訂 ( 理 論 マスターに 貼 付 可 能 ) 平 成 23 年 改 正 等 2ー4 給 与 所 得 者 の 特 定 支 出 控 除 の 特 例 Ⅲ 申 告 要 件 ( 法 57の23) この 規 定 は 確 定 申 告 書 修 正 申 告 書 又 は 更 正 請 求 書 にこの 規 定 の 適 用 を 受 け る

More information

Z-65-F 第 一 問 解 答 問 1-35 点 - (1)について 1 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 意 義 (1) 課 税 資 産 の 譲 渡 等 ( 法 21 九 )3 資 産 の 譲 渡 等 のうち 国 内 取 引 の 非 課 税 の 規 定 により 消 費 税 を 課 さないことと

Z-65-F 第 一 問 解 答 問 1-35 点 - (1)について 1 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 意 義 (1) 課 税 資 産 の 譲 渡 等 ( 法 21 九 )3 資 産 の 譲 渡 等 のうち 国 内 取 引 の 非 課 税 の 規 定 により 消 費 税 を 課 さないことと 035-8900-1094-16 税 15 第 6 5 回 税 理 士 試 験 消 費 税 法 はじめに 第 一 問 第 二 問 ともに2 題 形 式 での 出 題 であり それぞれ 問 1 問 2の 配 点 の 内 訳 が 明 らかにされてい なかった 今 回 の 本 試 験 は 資 料 や 問 題 文 の 読 み 取 りが 厳 しい 内 容 もあったが 基 本 的 な 事 項 を 確

More information

ファイナンシャル プランニング 技 能 検 定 (2) 国 民 年 金 (3) 厚 生 年 金 保 険 (4) 共 済 年 金 (5) 老 齢 給 付 (6) 障 害 給 付 (7) 遺 族 給 付 (8) 併 給 調 整 (9) 離 婚 時 年 金 分 割 (10) 請 求 手 続 6. 企 業

ファイナンシャル プランニング 技 能 検 定 (2) 国 民 年 金 (3) 厚 生 年 金 保 険 (4) 共 済 年 金 (5) 老 齢 給 付 (6) 障 害 給 付 (7) 遺 族 給 付 (8) 併 給 調 整 (9) 離 婚 時 年 金 分 割 (10) 請 求 手 続 6. 企 業 ファイナンシャル プランニング 技 能 検 定 ファイナンシャル プランニング3 級 学 科 試 験 A ライフプランニングと 資 金 計 画 1. ファイナンシャル プランニングと 倫 理 2. ファイナンシャル プランニングと 関 連 法 規 3. ライフプランニングの 考 え 方 手 法 ファイナンシャル プランニングと 倫 理 に 関 し 次 に 掲 げる 事 項 について 詳 細 な 知

More information

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出 所 得 税 法 等 ( 国 外 転 出 時 の 特 例 の 創 設 )の 改 正 目 次 一 制 度 創 設 の 趣 旨 81 二 制 度 の 内 容 82 一 制 度 創 設 の 趣 旨 株 式 等 のキャピタルゲインについては 株 式 等 の 売 却 等 により 実 現 した 時 点 で 株 式 を 売 却 した 納 税 者 が 居 住 している 国 において 課 税 されること が 原 則 となっています

More information

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税 相 続 税 法 の 改 正 目 一 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 の 創 設 に 伴 う 相 続 税 及 び 贈 与 税 の 納 税 義 務 等 の 見 直 し 536 次 二 保 険 に 関 する 調 書 の 見 直 し 541 三 その 他 の 見 直 し 543 はじめに 本 稿 では 平 成 27 年 度 税 制 改 正 に 盛 り 込 まれた 事 項

More information

< 問 3> 正 解 2 教 育 資 金 や 老 後 資 金 住 宅 ローンの 返 済 などのライフイベントについて 資 金 計 画 を 立 て る 際 積 立 目 標 額 や 元 利 合 計 額 年 金 額 やローン 返 済 額 などを 計 算 することは 重 要 である これらの 金 額 を 複

< 問 3> 正 解 2 教 育 資 金 や 老 後 資 金 住 宅 ローンの 返 済 などのライフイベントについて 資 金 計 画 を 立 て る 際 積 立 目 標 額 や 元 利 合 計 額 年 金 額 やローン 返 済 額 などを 計 算 することは 重 要 である これらの 金 額 を 複 平 成 28 年 5 月 3 級 FP 技 能 検 定 / 実 技 試 験 < 個 人 資 産 相 談 業 務 > 解 答 と 解 説 第 1 問 番 号 問 1 問 2 問 3 正 解 3 2 2 < 問 1> 正 解 3 3)の 語 句 の 組 み 合 わせが 適 切 長 女 Cさんは 大 学 生 であるが 大 学 生 であっても 20 歳 に 達 した 日 から 国 民 年 金 に 第 1 号

More information

1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご 活 用 ください

1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご 活 用 ください ~ 平 成 25 年 度 税 制 改 正 ~ 新 しい 事 業 承 継 税 制 の 概 要 平 成 25 年 6 月 1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご

More information

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法 平 成 28 年 度 特 別 区 民 税 ( 住 民 税 )の 算 出 方 法 平 成 28 年 1 月 1 日 現 在 渋 谷 区 内 に 住 所 がある 人 に 対 して 平 成 27 年 の 1 月 から 12 月 までの 1 年 間 の 所 得 を 基 礎 に 税 額 を 算 出 します 住 民 税 の 算 出 方 法 は 次 のとおりです なお 区 内 に 住 所 がなく 区 内 に 事

More information

2 国 名 2. 事 業 承 継 税 制 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 ( 改 正 後 ) 世 界 の 事 業 承 継 税 制 のしくみ 下 記 の 国 以 外 は 相 続 税 ( 無 税 又 は 所 得 税 対 応 )はない 相 続 税 の 基 礎 控 除 非 上 場 株 式 の 評

2 国 名 2. 事 業 承 継 税 制 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 ( 改 正 後 ) 世 界 の 事 業 承 継 税 制 のしくみ 下 記 の 国 以 外 は 相 続 税 ( 無 税 又 は 所 得 税 対 応 )はない 相 続 税 の 基 礎 控 除 非 上 場 株 式 の 評 1 第 2 回 事 業 経 営 と 相 続 贈 与 税 ( 相 続 税 評 価 と 取 引 価 格 ) 会 計 と 経 営 のブラッシュアップ 平 成 26 年 4 月 7 日 山 内 公 認 会 計 士 事 務 所 本 レジュメは 相 続 税 法 とその 通 達 及 び 次 の 各 書 を 参 考 にさせていただいて 作 成 した ( 取 引 相 場 のない 株 式 の 税 務 森 富 幸 著 2008.10

More information

科 目 予 算 額 決 算 額 差 異 Ⅱ 投 資 活 動 収 支 の 部 1. 投 資 活 動 収 入 特 定 資 産 取 崩 収 入 13,811,848 62,532,864 48,721,016 退 職 給 付 引 当 資 産 取 崩 収 入 2,811,848 54,237,864 51,

科 目 予 算 額 決 算 額 差 異 Ⅱ 投 資 活 動 収 支 の 部 1. 投 資 活 動 収 入 特 定 資 産 取 崩 収 入 13,811,848 62,532,864 48,721,016 退 職 給 付 引 当 資 産 取 崩 収 入 2,811,848 54,237,864 51, 平 成 2 3 年 度 収 支 決 算 書 1. 収 支 計 算 書 自 平 成 23 年 4 月 1 日 至 平 成 24 年 3 月 31 日 科 目 予 算 額 決 算 額 差 異 Ⅰ 事 業 活 動 収 支 の 部 1. 事 業 活 動 収 入 特 定 資 産 運 用 収 入 174,685 120,519 54,166 特 定 資 産 受 取 利 息 収 入 174,685 120,519

More information

個人の税金 Q&A

個人の税金 Q&A 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除

More information

45,000 50 4,150 45,000 超 55 6,400 (ロ)(イ) 以 外 の 一 般 贈 与 課 税 価 格 税 率 控 除 額 2,000 千 円 以 下 10% - 千 円 3,000 15 100 4,000 20 250 6,000 30 650 10,000 40 1,25

45,000 50 4,150 45,000 超 55 6,400 (ロ)(イ) 以 外 の 一 般 贈 与 課 税 価 格 税 率 控 除 額 2,000 千 円 以 下 10% - 千 円 3,000 15 100 4,000 20 250 6,000 30 650 10,000 40 1,25 贈 与 税 1. 贈 与 税 とは 贈 与 税 は 個 人 が 個 人 から 財 産 の 贈 与 ( 贈 与 者 の 死 亡 によって 効 力 が 生 ずる 死 因 贈 与 は 相 続 税 の 適 用 となり 除 かれます)を 受 けたときに 課 される 税 金 です 法 人 からの 贈 与 は 贈 与 税 ではなく 所 得 税 ( 一 時 所 得 等 )として 課 税 されます 2. 贈 与 税

More information

配 当 所 得 は 他 の 所 得 と 総 合 し 累 進 税 率 を 適 用 して 税 額 を 計 算 し ますが 一 定 の 上 場 株 式 等 の 配 当 等 については 他 の 所 得 と 分 離 して 税 額 を 計 算 する 申 告 分 離 課 税 を 選 択 することができます ただし

配 当 所 得 は 他 の 所 得 と 総 合 し 累 進 税 率 を 適 用 して 税 額 を 計 算 し ますが 一 定 の 上 場 株 式 等 の 配 当 等 については 他 の 所 得 と 分 離 して 税 額 を 計 算 する 申 告 分 離 課 税 を 選 択 することができます ただし 各 所 得 の 内 容 と 計 算 P26~P55 10 種 類 に 区 分 される 所 得 がどのようなものか また 所 得 金 額 はどのよ うにして 計 算 されるのかを 簡 単 にみてみましょう 1 利 子 所 得 P27 利 子 所 得 とは 預 貯 金 や 公 社 債 の 利 子 合 同 運 用 信 託 公 社 債 投 資 信 託 及 び 公 募 公 社 債 等 運 用 投 資 信 託

More information

問 題 1 ファイナンシャル プランナーの 顧 客 に 対 する 行 為 に 関 する 次 の 記 述 のうち 職 業 倫 理 や 関 連 法 規 に 照 らし 最 も 不 適 切 なものはどれか 1. 投 資 信 託 の 購 入 について 相 談 を 受 けたファイナンシャル プランナーのAさんは

問 題 1 ファイナンシャル プランナーの 顧 客 に 対 する 行 為 に 関 する 次 の 記 述 のうち 職 業 倫 理 や 関 連 法 規 に 照 らし 最 も 不 適 切 なものはどれか 1. 投 資 信 託 の 購 入 について 相 談 を 受 けたファイナンシャル プランナーのAさんは 学 科 学 科 試 験 解 答 に 当 たっての 注 意 事 項 試 験 問 題 については 特 に 指 示 のない 限 り 平 成 27 年 10 月 1 日 現 在 施 行 の 法 令 等 に 基 づいて 解 答 してください なお 東 日 本 大 震 災 の 被 災 者 等 に 対 する 各 種 特 例 については 考 慮 しないものとします 次 の 各 問 について 答 えを1つ 選 び その

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要 相 続 人 様 へ の お 願 い 相 続 税 の 申 告 にあたり 以 下 の 各 項 目 についてのご 確 認 をお 願 い 致 します Ⅰ 被 相 続 人 に 関 する 確 認 事 項 1 被 相 続 人 について 有 被 相 続 人 の 戸 籍 ( 除 本 籍 地 の 市 区 町 村 要 月 日 籍 ) 謄 本 ( 出 生 から 役 所 ( 場 ) 否 ( 通 ) 相 続 開 始 まで) 被

More information

国民年金基金は国民年金の第1号被保険者(自営業の方やフリーで働く方、およびその配偶者の方)の保険料を納めている方で、20歳以上60歳未満の方が加入することができます

国民年金基金は国民年金の第1号被保険者(自営業の方やフリーで働く方、およびその配偶者の方)の保険料を納めている方で、20歳以上60歳未満の方が加入することができます 平 成 27 年 5 月 2 級 FP 技 能 検 定 / 実 技 試 験 < 個 人 資 産 相 談 業 務 > 解 答 と 解 説 第 1 問 問 1 判 定 問 2 記 号 ロ ホ チ 問 3 11.0510 22,733( 万 円 ) 30.0554 4151( 万 円 ) 第 2 問 問 4 問 5 問 6 5.32(%) 第 3 問 問 7 記 号 ロ ホ ト 問 8 720( 万 円

More information

40 総 論 41 法 人 課 税 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 02 税 制 の 動 向 ( 4002 ) 91 事 例 研 究 ( 4091 ) 99 その 他 ( 4099 ) 01 法 人 税 ( 4101 ) 3. 税 務 官 庁 の 組 織 4. 不 服 申 立 て 税 務

40 総 論 41 法 人 課 税 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 02 税 制 の 動 向 ( 4002 ) 91 事 例 研 究 ( 4091 ) 99 その 他 ( 4099 ) 01 法 人 税 ( 4101 ) 3. 税 務 官 庁 の 組 織 4. 不 服 申 立 て 税 務 平 成 28 年 度 版 CPE カリキュラム 一 覧 表 4. 税 務 40 総 論 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 租 税 法 入 門 税 法 総 論 1. 租 税 の 意 義 種 類 とその 役 割 2. 租 税 法 の 法 体 系 及 び 仕 組 み 3. 憲 法 との 関 係 国 家 と 税 制 1. 財 政 法 2. 会 計 法 3. 国 家 と 税 の 仕 組 み 4. 国

More information

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財 1. 平 成 24 年 度 正 味 財 産 増 減 計 算 書 平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 科 目 当 年 度 前 年 度 増 減 Ⅰ. 一 般 正 味 財 産 増 減 の 部 1. 経 常 増 減 の 部 (1) 経 常 収 益 弁 済 業 務 保 証 金 運 用 益 869,730,392 846,525,434 23,204,958 弁 済

More information

<8F8A93BE96CD94CD89F0939A>

<8F8A93BE96CD94CD89F0939A> 第 66 回 税 理 士 試 験 解 答 速 報 所 得 税 法 合 ついて 本 があります また 解 答 保 の は 証 著 平 するものではありません 作 成 権 28 は 年 学 本 8 校 解 月 法 答 12 人 は 日 大 学 原 校 15 学 法 時 園 人 30 に 大 分 帰 原 に 属 学 学 します 園 校 が 法 独 人 自 無 大 の 断 原 見 転 学 解 用 園 で 転

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと Tax news letter www.kotaka-tax.com tax.com 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 の 主 な 改 正 点 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されました 本 ニュースレターでは 特 に 個 人 富 裕 層 中 小 企 業 オーナー 並 びに 中 小 企 業 に 関 する 主 な 改 正 点 についてご 紹 介 いたします

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874> 平 成 22 年 度 税 制 改 正 [ 詳 細 ] 法 人 税 関 連 の 改 正 グループ 内 取 引 等 に 係 る 税 制 対 象 となる 100%グループ 内 法 人 とは 完 全 支 配 関 係 ( 原 則 として 発 行 済 株 式 の 全 部 を 直 接 又 は 間 接 に 保 有 する 関 係 )のある 法 人 をいいます (1)100%グループ 内 の 法 人 間 の 資 産 の

More information

( 問 題 2) ( 設 問 B) 平 成 26 年 6 月 末 に 杉 野 さんに 相 続 が 開 始 した 場 合 杉 野 さんの 相 続 に 係 る 相 続 税 の 総 額 等 を 計 算 するうえでの 弟 の 法 定 相 続 分 ( 代 襲 相 続 分 を 含 む)として 正 しいものはどれ

( 問 題 2) ( 設 問 B) 平 成 26 年 6 月 末 に 杉 野 さんに 相 続 が 開 始 した 場 合 杉 野 さんの 相 続 に 係 る 相 続 税 の 総 額 等 を 計 算 するうえでの 弟 の 法 定 相 続 分 ( 代 襲 相 続 分 を 含 む)として 正 しいものはどれ 問 1 次 の 設 例 に 基 づき 相 続 の 概 要 に 関 する 以 下 の 設 問 A~Jについて それぞれの 答 えを1~4の 中 か ら1つ 選 んでください < 設 例 > 東 京 都 内 で 飲 食 店 を 営 んでいる 杉 野 和 弘 さん( 以 下 杉 野 さん という)は 将 来 の 相 続 対 策 につ いて 検 討 している 平 成 26 年 6 月 末 の 杉 野 さんの

More information

2 居 住 者 乙 の 取 扱 い ⑴ 住 宅 について 受 けた 損 害 の 取 扱 い 1 雑 損 控 除 居 住 者 又 はその 者 と 生 計 を 一 にする 配 偶 者 その 他 の 親 族 でその 年 分 の 課 税 標 準 の 合 計 額 が 基 礎 控 除 の 額 に 相 当 する

2 居 住 者 乙 の 取 扱 い ⑴ 住 宅 について 受 けた 損 害 の 取 扱 い 1 雑 損 控 除 居 住 者 又 はその 者 と 生 計 を 一 にする 配 偶 者 その 他 の 親 族 でその 年 分 の 課 税 標 準 の 合 計 額 が 基 礎 控 除 の 額 に 相 当 する 第 63 回 税 理 士 試 験 所 得 税 法 第 一 問 50 点 問 1(30 点 ) 居 住 者 甲 の 取 扱 い ⑴ 受 取 損 害 賠 償 金 の 取 扱 い 1 非 課 税 所 得 とされる 場 合 次 に 掲 げる 所 得 については 所 得 税 を 課 さない イ 心 身 に 加 えられた 損 害 につき 支 払 を 受 ける 慰 謝 料 その 他 の 損 害 賠 償 金 (その

More information

<5461726F31332D30318EE888F8967B95B68169826F825082A982E7826F8256>

<5461726F31332D30318EE888F8967B95B68169826F825082A982E7826F8256> 法 人 県 民 税 事 業 税 申 告 書 の 記 載 の 手 引 等 埼 玉 県 県 税 事 務 所 目 次 法 人 県 民 税 均 等 割 の 税 率 について p 1 法 人 県 民 税 法 人 税 割 の 税 率 について p 2 法 人 事 業 税 の 税 率 について p 3 添 付 書 類 について p 6 利 子 割 額 の 控 除 還 付 制 度 について p 7 第 6 号 様

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

目 次 ページ テーマ1 所 得 税 の 概 要 と 試 験 傾 向 2~3 テーマ2 所 得 税 の 計 算 の 仕 組 み 4 テーマ3 10 種 類 の 各 種 所 得 の 内 容 5 テーマ4 課 税 標 準 の 計 算 6 テーマ5 税 額 計 算 7~8 テーマ6 税 額 控 除 9 テ

目 次 ページ テーマ1 所 得 税 の 概 要 と 試 験 傾 向 2~3 テーマ2 所 得 税 の 計 算 の 仕 組 み 4 テーマ3 10 種 類 の 各 種 所 得 の 内 容 5 テーマ4 課 税 標 準 の 計 算 6 テーマ5 税 額 計 算 7~8 テーマ6 税 額 控 除 9 テ 036-0979-1012-15 無 断 複 写 複 製 を 禁 じます 2016 夏 税 理 士 オープンフェス 税 法 科 目 攻 略 セミナー - 所 得 税 法 - 知 って 得 する 所 得 税 各 コース 初 回 講 義 を 無 料 で 体 験 受 講 できます 開 講 日 に 各 校 受 付 へ 直 接 お 越 しください( 予 約 不 要 ) コースの 開 講 日 につきましては

More information

 

  法 令 及 び 定 款 に 基 づ く インターネット 開 示 事 項 1 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 2 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 平 成 25 年 度 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 ~ 平 成 26 年 3 月 31 日 ) 三 菱 食 品 株 式 会 社 法 令 及 び 当 社 定 款 第 16 条 の 規 定 に 基 づき 当 社 ホームページ (http://www.mitsubishi-shokuhin.com/)に

More information

例 えば 一 般 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 はもとより 貨 物 利 用 運 送 事 業 倉 庫 業 港 湾 運 送 事 業 等 の ように 経 営 するすべての 事 業 をその 種 類 ごとに 記 載 する 8 従 業 員 数 の 欄 は 期 中 の 平 均 従 業 員 を 記 載 する

例 えば 一 般 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 はもとより 貨 物 利 用 運 送 事 業 倉 庫 業 港 湾 運 送 事 業 等 の ように 経 営 するすべての 事 業 をその 種 類 ごとに 記 載 する 8 従 業 員 数 の 欄 は 期 中 の 平 均 従 業 員 を 記 載 する (1) 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 報 告 規 則 では 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 の 様 式 及 び 勘 定 科 目 については 定 められていない が この 趣 旨 は 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 法 が 事 業 規 制 の 緩 和 を 目 的 としたことにかんがみ 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 についても 一 般 に 公 開

More information

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の 別 表 五 別 ( 表 一 五 )( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 金 等 等 の 額 の 額 計 の 算 計 に 算 関 に する 関 明 する 細 書 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に

More information

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額 国 民 年 金 法 目 次 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 1 1 目 的 2 2 管 掌 等 2 3 権 限 の 委 任 等 3 4 用 語 の 定 義 4 5 被 保 険 者 7 6 資 格 の 取 得 12 7 資 格 の 喪 失 14 8 被 保 険 者 期 間 の 計 算 と 種 別 の 変 更 16 9 国 民 年 金 原 簿 等 18 第 2 章 費 用 21 1 国 庫

More information

所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 予 定 納 税 額 の 減 額 申 請 ( 平 成 19 年 以 降 用 ) ( 平 成 24 年 以 降 用 ) 平 成 年 分 公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 票 ( 平 成 25 年 以 降 用 ) 平 成 年 分 公 的 年 金 等

所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 予 定 納 税 額 の 減 額 申 請 ( 平 成 19 年 以 降 用 ) ( 平 成 24 年 以 降 用 ) 平 成 年 分 公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 票 ( 平 成 25 年 以 降 用 ) 平 成 年 分 公 的 年 金 等 被 相 続 人 の 国 税 に 関 する 書 類 の 受 領 に 係 る 相 続 人 代 表 者 の 指 死 亡 した 者 の 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 付 表 ( 兼 相 続 人 の 代 表 者 指 定 の 届 出 定 届 出 書 ) 被 相 続 人 の 国 税 に 関 する 書 類 の 受 領 に 係 る 相 続 人 代 表 者

More information

申告書の書き方HP.indd

申告書の書き方HP.indd 平 成 6 年 度 市 民 税 府 民 税 申 告 の 手 引 き 申 告 書 の 提 出 は 3 日 までです 平 素 は 市 税 務 行 政 につきまして ご 理 解 とご 協 力 をいただき 厚 くお 礼 申 し 上 げます 市 民 税 府 民 税 は 前 年 の 所 得 に 対 して 課 税 されますので 前 年 ( 日 ~ 3 )の 所 得 等 について 申 告 してください 申 告 書

More information

平 成 18 年 度 決 算 のお 知 らせ < 目 次 > 1. 主 要 業 績 1 頁 2. 平 成 18 年 度 末 保 障 機 能 別 保 有 契 約 高 3 頁 3. 平 成 18 年 度 決 算 に 基 づく 契 約 者 配 当 金 例 示 4 頁 4. 平 成 18 年 度 の 一 般

平 成 18 年 度 決 算 のお 知 らせ < 目 次 > 1. 主 要 業 績 1 頁 2. 平 成 18 年 度 末 保 障 機 能 別 保 有 契 約 高 3 頁 3. 平 成 18 年 度 決 算 に 基 づく 契 約 者 配 当 金 例 示 4 頁 4. 平 成 18 年 度 の 一 般 2007 年 5 月 18 日 平 成 18 年 度 決 算 のお 知 らせ 平 成 18 年 度 決 算 の 概 要 は 次 のとおりです なお 金 額 は 記 載 単 位 未 満 の 端 数 を 切 り 捨 てており 諸 比 率 は 四 捨 五 入 によって 表 示 しています 平 成 18 年 度 トピックス 1. 保 険 料 等 収 入 は 5.5%の 増 加 2. 総 資 産 は 16.2%の

More information

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いFAQ 平 成 23 年 4 月 国 税 庁 この 度 の 東 日 本 大 震 災 の 発 生 に 伴 い 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いについて よくある 質 問 を 取 りまとめましたので 参 考 にしてください ( 注 )このFAQは 平 成 23

More information

00_改正税法の概要_白表紙

00_改正税法の概要_白表紙 所 得 税 法 等 ( 扶 養 控 除 関 係 )の 改 正 1 年 少 扶 養 親 族 に 対 する 扶 養 控 除 の 廃 止 ⑴ 年 少 扶 養 親 族 ( 扶 養 親 族 のうち 年 齢 16 歳 未 満 の 者 をいいます )に 対 す る 扶 養 控 除 が 廃 止 されました ( 平 成 23 年 分 以 降 適 用 ) ⑵ 上 記 ⑴の 改 正 にあわせて 扶 養 控 除 の 対 象

More information

<8DE096B18F94955C816996BE8DD78ADC82DE816A81798F4390B394C5817A8169959F89AA8BB388E791E58A77816A2E786C73>

<8DE096B18F94955C816996BE8DD78ADC82DE816A81798F4390B394C5817A8169959F89AA8BB388E791E58A77816A2E786C73> 平 成 16 事 業 年 度 ( 第 1 期 事 業 年 度 ) 財 務 諸 表 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 ~ 平 成 17 年 3 月 31 日 ) 国 立 大 学 法 人 福 岡 教 育 大 学 資 産 の 部 Ⅰ 固 定 資 産 1 有 形 固 定 資 産 土 地 24,078,450 建 物 1,416,003 減 価 償 却 累 計 額 53,476 1,362,527 構

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 用 語 意 義 所 得 税 法 ( 所 法 ) 所 得 税 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 33 号 )をいいます 所 得 税 法 施 行 令 ( 所 令 ) 所 得 税 法 施 行 令 ( 昭

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 用 語 意 義 所 得 税 法 ( 所 法 ) 所 得 税 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 33 号 )をいいます 所 得 税 法 施 行 令 ( 所 令 ) 所 得 税 法 施 行 令 ( 昭 国 外 転 出 時 課 税 制 度 (FAQ) 平 成 27 年 4 月 国 税 庁 平 成 27 年 度 税 制 改 正 において 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 及 び 贈 与 等 により 非 居 住 者 に 資 産 が 移 転 した 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 が 創 設 され 平 成 27 年 7 月 1 日 から 施 行 されます このFAQは

More information

第 1 問 問 1 正 解 (ア) (イ) (ウ) (エ) 難 易 度 A (ア) 不 適 切 税 理 士 資 格 を 有 していないFPは 無 償 有 償 を 問 わず 顧 客 からの 依 頼 に より 確 定 申 告 書 を 作 成 することは 税 理 士 法 に 抵 触 する (イ) 適 切

第 1 問 問 1 正 解 (ア) (イ) (ウ) (エ) 難 易 度 A (ア) 不 適 切 税 理 士 資 格 を 有 していないFPは 無 償 有 償 を 問 わず 顧 客 からの 依 頼 に より 確 定 申 告 書 を 作 成 することは 税 理 士 法 に 抵 触 する (イ) 適 切 平 成 28 年 5 月 2 級 FP 技 能 検 定 / 実 技 試 験 < 資 産 設 計 提 案 業 務 > 解 答 と 解 説 < 正 解 > 第 1 問 問 20 2 問 1 (ア) (イ) (ウ) (エ) 第 7 問 問 2 3 問 21 155( 万 円 ) 第 2 問 問 22 1,082( 万 円 ) 問 3 2 問 23 1 問 4 (ア)2 (イ)4 (ウ)8 第 8 問 問

More information

Microsoft Word - 事業報告_監査法人用_FINAL.doc

Microsoft Word - 事業報告_監査法人用_FINAL.doc 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 2 月 28 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 そ の 他 貸 倒 引 当 金 固 定 資 産 有 形 固 定 資 産 建 物 構 築

More information

世 帯 預 貯 金 総 額 そ 他 資 産 ( 具 体 的 に) 負 債 負 債 総 額 毎 月 返 済 額 備 考 ( 滞 納 猶 予 減 免 有 無 等 ) 資 産 負 債 1 住 宅 ローン 2 公 的 融 資 ( 生 活 福 祉 資 金 以 外 ) 3 消 費 者 ローン カードローン 等

世 帯 預 貯 金 総 額 そ 他 資 産 ( 具 体 的 に) 負 債 負 債 総 額 毎 月 返 済 額 備 考 ( 滞 納 猶 予 減 免 有 無 等 ) 資 産 負 債 1 住 宅 ローン 2 公 的 融 資 ( 生 活 福 祉 資 金 以 外 ) 3 消 費 者 ローン カードローン 等 生 活 復 興 支 援 資 金 ( 東 日 本 大 震 災 特 例 ) 借 入 申 込 書 借 申 込 入 者 氏 名 男 女 生 年 月 日 市 区 町 村 社 協 受 付 福 島 県 社 協 受 付 民 児 協 コード 決 定 日 昭 和 平 成 年 西 暦 西 暦 貸 付 送 金 日 月 日 生 歳 世 帯 及 び 被 災 現 在 住 所 / 居 所 - 現 在 連 絡 先 電 話 番 号 固

More information

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業 平 成 28 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 案 ) 速 報 ( 平 成 27 年 12 月 10 日 現 在 ) 0 1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 1-1 23.9% 平 成 28 年 4 月 1 日 以

More information

務 署 処 理 欄 原 則 として 記 載 する 必 要 はありません ただし 売 上 金 欄 については 損 益 書 売 上 ( 収 入 ) 金 合 ( 雑 収 入 営 業 外 収 益 及 び 特 別 損 益 を 除 きます )を 100 万 円 単 位 (100 万 円 未 満 端 数 は 切

務 署 処 理 欄 原 則 として 記 載 する 必 要 はありません ただし 売 上 金 欄 については 損 益 書 売 上 ( 収 入 ) 金 合 ( 雑 収 入 営 業 外 収 益 及 び 特 別 損 益 を 除 きます )を 100 万 円 単 位 (100 万 円 未 満 端 数 は 切 別 表 一 ( 一 ) 及 び 別 表 一 ( 一 ) 次 葉 普 通 ( 特 定 医 療 を 除 く ) 一 般 社 団 等 及 び 格 ない 社 団 等 分 申 告 書 ( 平 成 26 年 10 月 1 日 以 後 開 始 事 業 年 度 等 用 ) 1 こ 表 用 途 こ 表 は 普 通 ( 措 置 第 67 条 2 第 1 項 ( 特 定 医 療 率 特 例 )) 規 定 により 承 認

More information

期 の1 株 当 たりの 利 益 をマイナスすることによって 求 めることができる 下 期 (2014 年 10 月 ~2015 年 3 月 )の1 株 当 たりの 利 益 52 円 (98.5 円 -46.5 円 =52 円 ) よって 下 期 の 利 益 が 多 い 問 5 3 ユーロ 定 期

期 の1 株 当 たりの 利 益 をマイナスすることによって 求 めることができる 下 期 (2014 年 10 月 ~2015 年 3 月 )の1 株 当 たりの 利 益 52 円 (98.5 円 -46.5 円 =52 円 ) よって 下 期 の 利 益 が 多 い 問 5 3 ユーロ 定 期 一 発 合 格!FP 技 能 士 2 級 AFP 完 全 攻 略 実 戦 問 題 集 16-17 年 版 別 冊 FP 技 能 士 2 級 AFP 2016 年 1 月 実 施 試 験 解 答 & 解 説 実 技 試 験 資 産 設 計 提 案 業 務 ( 日 本 FP 協 会 ) 問 題 解 答 解 説 第 1 問 問 1 (ア) (イ) (ウ) (エ) (ア) 適 切 弁 護 士 資 格 を 有

More information

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 の 運 用 方 針 昭 和 60 年 4 月 30 日 総 人 第 261 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 19 日 閣 人 人 第 67 号 第 二 条 関 係 一 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 施 行 令 ( 昭 和 二 十 八 年 政 令 第 二 百 十 五 号 以 下 施 行 令 という ) 第 一 条 第 一 項 第 二 号

More information

一 時 払 いの 終 身 保 険 を 掛 ける 人 のデータ 一 時 払 いの 終 身 保 険 を 掛 ける 前 の 相 続 財 産 のデータから 課 税 される 相 続 税 をシミュレーションします 被 相 続 人 と 相 続 人 相 続 財 産 債 務 と 葬 式 費 用 のデータ 法 定 相

一 時 払 いの 終 身 保 険 を 掛 ける 人 のデータ 一 時 払 いの 終 身 保 険 を 掛 ける 前 の 相 続 財 産 のデータから 課 税 される 相 続 税 をシミュレーションします 被 相 続 人 と 相 続 人 相 続 財 産 債 務 と 葬 式 費 用 のデータ 法 定 相 一 時 払 い 終 身 保 険 を 掛 ける 人 の 相 続 税 シミュレーション 相 続 財 産 のうちで 被 相 続 人 が 亡 くなったことにより 受 け 取 った 生 命 保 険 金 は 法 定 相 続 人 1 人 あたり 500 万 円 まで 非 課 税 となり 相 続 税 が 課 税 されません このため 法 定 相 続 人 が 3 人 で 相 続 財 産 として 生 命 保 険 金 を

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

敷 金 保 証 金 投 資 有 価 証 券 子 会 社 株 式 関 連 会 社 株 式 ( 負 債 の 部 ) 科 目 大 科 目 中 科 目 流 動 負 債 固 定 負 債 ( 正 味 財 産 の 部 ) 基 金 科 支 払 手 形 未 払 金 前 受 金 預 り 金 短 期 借 入 金 1 年

敷 金 保 証 金 投 資 有 価 証 券 子 会 社 株 式 関 連 会 社 株 式 ( 負 債 の 部 ) 科 目 大 科 目 中 科 目 流 動 負 債 固 定 負 債 ( 正 味 財 産 の 部 ) 基 金 科 支 払 手 形 未 払 金 前 受 金 預 り 金 短 期 借 入 金 1 年 公 益 法 人 会 計 基 準 の 運 用 指 針 ( 平 成 20 年 4 月 平 成 21 年 10 月 改 正 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 ) 抜 粋 12. 財 務 諸 表 の 科 目 ここに 示 した 財 務 諸 表 を 作 成 する 際 の 科 目 は 一 般 的 標 準 的 なものであり 事 業 の 種 類 規 模 等 に 応 じて 科 目 を 追 加 することができる

More information

Ⅴ 個 別 評 価 貸 倒 引 当 金 ( 法 51)3 不 動 産 所 得 を 生 ずべき 業 務 を 事 業 と 称 するに 至 らない 業 務 として 行 う 者 は その 業 務 の 遂 行 上 生 じた 未 収 家 賃 等 の 貸 倒 による 損 失 の 見 込 額 について 貸 倒 引

Ⅴ 個 別 評 価 貸 倒 引 当 金 ( 法 51)3 不 動 産 所 得 を 生 ずべき 業 務 を 事 業 と 称 するに 至 らない 業 務 として 行 う 者 は その 業 務 の 遂 行 上 生 じた 未 収 家 賃 等 の 貸 倒 による 損 失 の 見 込 額 について 貸 倒 引 035-8900-1091-19 税 15 第 6 5 回 税 理 士 試 験 所 得 税 法 はじめに 第 一 問 の 理 論 については いずれも 本 年 度 の 予 想 出 題 論 点 として 注 目 され 対 策 していた 論 点 からの 出 題 であったため ある 程 度 の 解 答 を 作 成 できた 受 験 生 が 多 かったと 思 われる 第 二 問 の 計 算 については

More information

所令要綱

所令要綱 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 要 旨 一 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 の 一 部 改 正 ( 第 1 条 関 係 ) 1 個 人 所 得 課 税 ⑴ 次 に 掲 げる 書 類 等 については それぞれ 次 に 定 める 個 人 番 号 の 記 載 を 要 しな いこととする ( 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 第 3

More information

2 税 計 算 方 法 均 割 市 民 税 3,500 円 県 民 税 1,800 円 ( 県 民 税 は 超 過 課 税 ( 水 源 環 境 保 全 税 )による 上 乗 せ 分 を 含 む ) 東 日 本 大 震 災 から 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防 災 た

2 税 計 算 方 法 均 割 市 民 税 3,500 円 県 民 税 1,800 円 ( 県 民 税 は 超 過 課 税 ( 水 源 環 境 保 全 税 )による 上 乗 せ 分 を 含 む ) 東 日 本 大 震 災 から 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防 災 た 3 市 民 税 県 民 税 市 民 税 は 一 般 に 県 民 税 と 合 わせて 住 民 税 ( 市 民 税 県 民 税 )と 呼 ばれ 地 域 社 会 会 費 として 住 民 がそ 能 力 に 応 じて 広 く 負 担 を 分 かち 合 うという 性 格 を 有 する 税 です 市 民 税 には 個 人 が 負 担 する 個 人 市 民 税 と 会 社 などが 負 担 する 法 人 市 民 税

More information

平成22年分 給与所得の源泉徴収票等の法定調書の作成と提出の手引

平成22年分 給与所得の源泉徴収票等の法定調書の作成と提出の手引 第 1 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 票 ( 給 与 支 払 報 告 書 ) 1 提 出 する 必 要 がある 者 平 成 22 年 中 に 俸 給 給 料 賃 金 歳 費 賞 与 その 他 これらの 性 質 を 有 する 給 与 ( 以 下 給 与 等 といいます ) を 支 払 った 者 です 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 提 出 範 囲 年 末 調 整 を し た も の 年 末

More information

<83528373815B4832338E918E598C888E5A8F912E786C73>

<83528373815B4832338E918E598C888E5A8F912E786C73> 山 形 県 公 営 企 業 資 産 運 用 事 業 会 決 算 書 目 次 1 決 算 書 1 決 算 報 告 書 1 2 損 益 算 書 5 3 剰 余 金 算 書 8 4 剰 余 金 処 分 算 書 ( 案 ) 9 5 貸 借 対 照 表 11 2 事 業 報 告 書 1 概 況 13 2 業 務 13 3 会 14 3 決 算 附 属 書 1 収 益 費 用 明 細 書 15 2 固 定 資

More information

賦課の根拠となった法律及び条例(その2)

賦課の根拠となった法律及び条例(その2) 平 成 26 年 度 税 額 の 算 出 方 法 等 ( 賦 課 の 根 拠 となった 法 律 及 び 条 例 ) [ 凡 例 ] 法 : 地 方 税 法 都 : 東 京 都 都 税 条 例 区 : 新 宿 区 特 別 区 税 条 例 条 :1 2 3 項 :1 2 3 号 :Ⅰ Ⅱ Ⅲ 東 日 本 : 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防

More information

H28市・県民税申告書手引き(簡易)-色替

H28市・県民税申告書手引き(簡易)-色替 成 28 年 度 県 民 税 申 告 の 手 引 き( 簡 易 申 告 書 ) 仙 台 市 素 は, 本 市 の 税 務 行 政 につきましてご 理 解 とご 協 力 いただき, 誠 にありがとうございます この 申 告 の 手 引 き は 成 28 年 度 申 告 書 の 記 載 方 法 等 について 説 明 しています 申 告 書 の 該 当 欄 に 必 要 事 項 を 記 載 したうえで, 仙

More information

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ 県 民 税 利 子 割 に 係 る 事 務 取 扱 いについて 昭 和 63 年 4 月 30 日 税 第 36 号 総 務 部 長 このことについて 別 紙 のとおり 定 めたので 事 務 処 理 に 遺 憾 のないようされたい 別 紙 ( 非 課 税 の 範 囲 等 ) 1 (1) 非 課 税 に 該 当 するか 否 かの 判 定 は 利 子 等 の 支 払 の 時 点 の 現 況 によつて 行

More information

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か 別 表 五 ( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 等 の 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に 規 定 する 利 益 積 立 金 額 を 計 算 するために 使 用

More information

有 価 証 券 に 関 する 事 項 3 有 価 証 券 の 種 類 別 の 平 均 残 高 4 貯 証 率 の 期 末 値 及 び 期 中 平 均 値 ニ 組 合 の 業 務 の 運 営 に 関 する 次 に 掲 げる 事 項 (1) リスク 管 理 の 体 制 (2) 法 令 遵 守 の 体 制

有 価 証 券 に 関 する 事 項 3 有 価 証 券 の 種 類 別 の 平 均 残 高 4 貯 証 率 の 期 末 値 及 び 期 中 平 均 値 ニ 組 合 の 業 務 の 運 営 に 関 する 次 に 掲 げる 事 項 (1) リスク 管 理 の 体 制 (2) 法 令 遵 守 の 体 制 テ ィスクローシ ャー 誌 の 記 載 項 目 について このディスクロージャー 資 料 は 農 業 協 同 組 合 法 施 行 規 則 並 びに 金 融 庁 告 示 農 林 水 産 省 告 示 の 規 定 に 基 づいて 作 成 しています なお 同 規 則 告 示 に 規 定 する 開 示 項 目 は 次 のとおりです 単 体 農 業 協 同 組 合 法 施 行 規 則 第 204 条 第 1

More information

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期 (12) 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 36 4 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 は 法 第 36 条 第 3 項 に 規 定 するもの を 除 き それぞれ 次 に 掲 げる 日 によるものとする ⑴ 剰 余 金 の 配 当 利 益 の 配 当 剰 余 金 の 分 配 又 は 基 金 利 息 ( 以 下 この 項 におい て 剰 余

More information

手 続 方 法 要 件 の 確 認 1 換 価 の 猶 予 (3ページ) 税 金 を 一 時 に 納 付 することにより 事 業 の 継 続 又 は 生 活 の 維 持 を 困 難 にするおそれ があり かつ 納 税 に 対 する 誠 実 な 意 思 を 有 すると 認 められる 場 合 は 猶 予

手 続 方 法 要 件 の 確 認 1 換 価 の 猶 予 (3ページ) 税 金 を 一 時 に 納 付 することにより 事 業 の 継 続 又 は 生 活 の 維 持 を 困 難 にするおそれ があり かつ 納 税 に 対 する 誠 実 な 意 思 を 有 すると 認 められる 場 合 は 猶 予 猶 予 申 請 の 手 引 き 猶 予 制 度 とは 税 金 を 滞 納 すると 納 付 するまで 延 滞 金 がかかります また 督 促 状 を 受 けて 10 日 を 経 過 してもなお 納 付 されない 場 合 は 財 産 を 調 査 し 差 押 えなどの 滞 納 処 分 を 受 ける ことがあります ただし 税 金 を 一 時 に 納 付 することが 困 難 な 理 由 があり 納 税 について

More information

目 次 1 相 続 事 業 承 継... 3 (1) 1 贈 与 と 法 律 贈 与 と 税 金 相 続 と 法 律 相 続 と 税 金 相 続 財 産 の 評 価 ( 不 動 産 以 外 )

目 次 1 相 続 事 業 承 継... 3 (1) 1 贈 与 と 法 律 贈 与 と 税 金 相 続 と 法 律 相 続 と 税 金 相 続 財 産 の 評 価 ( 不 動 産 以 外 ) 2 級 FP 技 能 検 定 過 去 問 題 & 解 説 集 著 者 杉 山 明 目 次 1 相 続 事 業 承 継... 3 (1) 1 贈 与 と 法 律... 3 1.2 2 贈 与 と 税 金... 3 1.3 2 相 続 と 法 律... 8 1.4 4 相 続 と 税 金... 11 1.5 2 相 続 財 産 の 評 価 ( 不 動 産 以 外 )... 22 1.6 1 相 続 財

More information

います 以 下 の 説 明 の 中 で 所 得 税 率 には この 復 興 特 別 所 得 税 を 含 めておりませんので 注 意 してください 平 成 25 年 1 月 からは 所 得 税 率 に 102.1%を 乗 じた 税 率 ( 合 計 税 率 )が 適 用 となります 所 得 税 率 に

います 以 下 の 説 明 の 中 で 所 得 税 率 には この 復 興 特 別 所 得 税 を 含 めておりませんので 注 意 してください 平 成 25 年 1 月 からは 所 得 税 率 に 102.1%を 乗 じた 税 率 ( 合 計 税 率 )が 適 用 となります 所 得 税 率 に 所 得 税 所 得 税 とは 個 人 ( 個 人 事 業 者 を 含 む)が 歴 年 単 位 (1 月 1 日 から 12 月 31 日 までの 1 年 間 )で 得 た 収 入 等 ( 正 確 には 所 得 )に 対 して 課 される 税 金 です 1. 一 般 的 な 所 得 税 計 算 のしくみ 収 入 金 額 所 得 金 額 (10 種 類 ) 必 要 経 費 等 課 税 区 分 ( 総 合

More information

申 立 て の 趣 旨 等 1 申 立 人 に つ い て, 給 与 所 得 者 等 小 規 模 個 人 再 生 に よ る 再 生 手 続 を 開 始 す る と の 決 定 を 求 め る 2 ( 1 ) ( 給 与 所 得 者 等 再 生 を 行 う こ と を 求 め る 場 合 の み )

申 立 て の 趣 旨 等 1 申 立 人 に つ い て, 給 与 所 得 者 等 小 規 模 個 人 再 生 に よ る 再 生 手 続 を 開 始 す る と の 決 定 を 求 め る 2 ( 1 ) ( 給 与 所 得 者 等 再 生 を 行 う こ と を 求 め る 場 合 の み ) 小 規 模 個 人 再 生 給 与 所 得 者 等 再 生 再 生 手 続 開 始 申 立 書 印 紙 10,000 [ 該 当 す る に を 付 す る か, の よ う に 黒 く 塗 り つ ぶ し て く だ さ い ] 鹿 児 島 地 方 裁 判 所 支 部 御 中 平 成 年 月 日 ふりがな 氏 名 : 申 立 人 生 年 月 日 : 昭 和 平 成 年 月 日 年 齢 : 歳 住

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 85,772 流 動 負 債 22,025 現 金 及 び 預 金 49,232 営 業 未 払 金 1,392 営 業 未 収 入 金 6,597 未 払 金 1,173 前 払 費 用 313 未

More information

目 次 市 民 税 県 民 税 国 民 健 康 保 険 税 の 申 告 をしなければならない 人 1 市 民 税 県 民 税 国 民 健 康 保 険 税 の 申 告 をしなくてよい 人 1 申 告 に 必 要 なもの 1 非 課 税 の 範 囲 2 お 問 い 合 わせ 先 2 市 民 税 県 民

目 次 市 民 税 県 民 税 国 民 健 康 保 険 税 の 申 告 をしなければならない 人 1 市 民 税 県 民 税 国 民 健 康 保 険 税 の 申 告 をしなくてよい 人 1 申 告 に 必 要 なもの 1 非 課 税 の 範 囲 2 お 問 い 合 わせ 先 2 市 民 税 県 民 平 成 28 年 度 市 民 税 県 民 税 国 民 健 康 保 険 税 の 申 告 手 引 き 平 成 28 年 1 月 佐 世 保 市 市 民 税 課 目 次 市 民 税 県 民 税 国 民 健 康 保 険 税 の 申 告 をしなければならない 人 1 市 民 税 県 民 税 国 民 健 康 保 険 税 の 申 告 をしなくてよい 人 1 申 告 に 必 要 なもの 1 非 課 税 の 範 囲

More information

母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金

母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 の 貸 付 対 象 が 家 庭 にも 拡 大 され 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 となりました この

More information

Microsoft Word - H27市・府民税のしくみ原稿(白黒)

Microsoft Word - H27市・府民税のしくみ原稿(白黒) 市 府 民 税 ( 住 民 税 )の 課 税 のしくみ( 平 成 27 年 度 ) 平 成 27 年 度 の 市 府 民 税 の 課 税 は 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 住 所 地 の 市 町 村 で 課 税 されます 平 成 27 年 1 月 2 日 以 降 亀 岡 市 に 在 住 しなくなった 場 合 ( 転 出 した 場 合 または 死 亡 した 場 合 )に ついても 平

More information

学校事務の手引原稿

学校事務の手引原稿 異 動 事 手 続 ( 市 町 村 立 学 校 以 外 ) 島 大 学 小 学 校 への 転 出 事 処 理 手 続 事 項 時 期 先 手 続 内 容 採 3 ⑴ 履 歴 書 1 部 月 で き る 小 又 は 1 学 校 保 管 の 写 しで 長 の 奥 書 証 明 必 要 ⑵ 卒 業 証 明 書 1 高 校 大 学 卒 業 者 高 校 及 び 大 学 の 卒 業 証 明 書 2 大 学 院 修

More information

賦課の根拠となった法律及び条例(その2)

賦課の根拠となった法律及び条例(その2) 平 成 28 年 度 税 額 の 算 出 方 法 等 ( 賦 課 の 根 拠 となった 法 律 及 び 条 例 ) [ 凡 例 ] 法 : 地 方 税 法 都 : 東 京 都 都 税 条 例 区 : 新 宿 区 特 別 区 税 条 例 条 :1 2 3 項 :1 2 3 号 :Ⅰ Ⅱ Ⅲ 東 日 本 : 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防

More information

第 2 問 問 4 問 5 1ロ 2チ 3ヲ 4ホ ⅰ)Aさんは 今 年 の 誕 生 日 で 40 歳 となるので 公 的 介 護 保 険 の(1 第 2 号 ) 被 保 険 者 資 格 を 取 得 し 介 護 保 険 料 を 負 担 することになる 40 歳 以 上 65 歳 未 満 の 医 療

第 2 問 問 4 問 5 1ロ 2チ 3ヲ 4ホ ⅰ)Aさんは 今 年 の 誕 生 日 で 40 歳 となるので 公 的 介 護 保 険 の(1 第 2 号 ) 被 保 険 者 資 格 を 取 得 し 介 護 保 険 料 を 負 担 することになる 40 歳 以 上 65 歳 未 満 の 医 療 一 発 合 格!FP 技 能 士 2 級 AFP 完 全 攻 略 実 戦 問 題 集 14-15 年 版 別 冊 FP 技 能 士 2 級 AFP 2014 年 1 月 実 施 試 験 解 答 & 解 説 実 技 試 験 生 保 顧 客 資 産 相 談 業 務 ( 金 融 財 政 事 情 研 究 会 ) 問 題 解 答 解 説 第 1 問 問 1 1ハ 2ニ 3ト 国 民 年 金 の 毎 月 の 保

More information

1 2 3 4 1 2 3 4 5 1 2 3 4 5

1 2 3 4 1 2 3 4 5 1 2 3 4 5 ROKIN DISCLOSURE 2016 1 2 3 4 1 2 3 4 5 1 2 3 4 5 ROKIN 2016 DISCLOSURE 1 2 貸 借 対 照 表 注 記 1. 記 載 金 額 は 百 万 円 未 満 を 切 り 捨 てて 表 示 しております 2. 有 価 証 券 の 評 価 基 準 および 評 価 方 法 有 価 証 券 の 評 価 は 子 会 社 株 式 については 移

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最 平 成 25 年 度 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 58 条 の 2 及 び 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 世 羅 町 条 例 第 3 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 平 成 25 年 度 の

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

平成27年度市税のしおり

平成27年度市税のしおり 枚 方 市 平 成 27 年 度 市 税 のしおり 市 民 税 課 版 平 成 27 年 度 市 税 のしおり 市 民 税 課 版 目 次 個 人 の 市 民 税 均 等 割 と 所 得 割 ---------------------------------------- 2 市 民 税 と 府 民 税 所 得 税 と 個 人 市 府 民 税 個 人 市 府 民 税 を 納 める 人 ( 納 税 義

More information

平成28年度市・県民税申告の手引き作成中罫線

平成28年度市・県民税申告の手引き作成中罫線 平 成 28 年 度 ( 平 成 27 年 分 ) 市 県 民 税 申 告 の 手 引 き 渋 川 市 市 民 税 県 民 税 につきましては 日 ごろからご 協 力 をいただき 厚 くお 礼 申 し 上 げます 市 県 民 税 の 申 告 は 皆 様 からの 申 告 に 基 づいて 税 額 を 決 定 するために 必 要 な 手 続 きです 今 回 申 告 していただく 所 得 は 平 成 27

More information

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 株 主 資 本 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 百 万 円 百 万 円 百 万 円 百 万 円 百 万 円 当

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 株 主 資 本 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 百 万 円 百 万 円 百 万 円 百 万 円 百 万 円 当 第 102 回 定 時 株 主 総 会 招 集 ご 通 知 に 際 しての インターネット 開 示 事 項 連 結 計 算 書 類 の 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 1 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 2 計 算 書 類 の 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 9 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 10 上 記 事 項 につきましては 法 令 および 当 社 定

More information

⑷ 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 [Q8] 評 価 損 を 計 上 した 資 産 について 支 出 した 修 繕 等 の 費 用 は 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とすることはできないのでしょうか 8 [Q9] 災 害 損 失 の 繰 入 額 の 算 定 に 当 たり 被 災 資 産 に

⑷ 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 [Q8] 評 価 損 を 計 上 した 資 産 について 支 出 した 修 繕 等 の 費 用 は 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とすることはできないのでしょうか 8 [Q9] 災 害 損 失 の 繰 入 額 の 算 定 に 当 たり 被 災 資 産 に 平 成 28 年 熊 本 地 震 関 係 諸 費 用 ( 災 害 損 失 など) に 関 す る 法 人 税 の 取 扱 い に 係 る 質 疑 応 答 事 例 平 成 28 年 6 月 国 税 庁 平 成 28 年 熊 本 地 震 関 係 諸 費 用 については 平 成 28 年 6 月 16 日 付 課 法 2-5ほか2 課 共 同 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 諸 費 用 の

More information

側 方 2, 裏 ), 38 正 面 路 線 ( 路 線 価 NO, 路 線 価 下 落 率 第 1 年 度 1, 路 線 価 下 落 率 第 2 年 度 1, 路 線 価 下 落 率 第 3 年 度 1, 正 面 非 道 路 サイン, 現 基 準 年 度 路 線 価, 奥 行 率, 補 正 1,

側 方 2, 裏 ), 38 正 面 路 線 ( 路 線 価 NO, 路 線 価 下 落 率 第 1 年 度 1, 路 線 価 下 落 率 第 2 年 度 1, 路 線 価 下 落 率 第 3 年 度 1, 正 面 非 道 路 サイン, 現 基 準 年 度 路 線 価, 奥 行 率, 補 正 1, ( 別 添 2) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 宛 名 情 報 1 レコードキー, 2 宛 名 番 号, 3 履 歴 番 号, 4 個 人 法 人 区 分, 5 宛 名 種 別, 6 住 所 コード, 7 市 外 識 別 サイン, 8 市 町 村 コード, 9 住 所 文 字 数, 10 住 所, 11 方 書, 12 個 人 法 人 名, 13 個 人 本 名, 14 個 人

More information

<4D F736F F D B AD6938C81408E968BC695F18D908F AFA2E646F63>

<4D F736F F D B AD6938C81408E968BC695F18D908F AFA2E646F63> 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 8 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 そ の 他 固 定 資 産 有 形 固 定 資 産 建 物 構 築 物 機 械 装 置

More information

申 告 書 の 作 成 手 順 ( 特 定 課 税 仕 入 れがない 場 合 ) 申 告 書 の 作 成 は 次 の 手 順 で 行 います 課 税 標 準 額 及 び 消 費 税 額 の 計 算 控 除 対 象 仕 入 税 額 等 の 計 算 付 表 2 の 作 成 納 付 ( 還 付 ) 税 額

申 告 書 の 作 成 手 順 ( 特 定 課 税 仕 入 れがない 場 合 ) 申 告 書 の 作 成 は 次 の 手 順 で 行 います 課 税 標 準 額 及 び 消 費 税 額 の 計 算 控 除 対 象 仕 入 税 額 等 の 計 算 付 表 2 の 作 成 納 付 ( 還 付 ) 税 額 法 人 用 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 申 告 書 ( 一 般 用 )の 書 き 方 税 務 署 この 書 き 方 では 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 申 告 書 ( 一 般 用 ) 及 び 別 表 特 定 課 税 仕 入 れがある 場 合 の 課 税 標 準 額 等 の 内 訳 書 と こ れ に 添 付 す る 付 表 2 課 税 売 上 割 合 控 除 対 象 仕

More information

寄 附 税 額 控 除 申 告 書 裏 面 (8)に 記 入 してください あなたが 平 成 27 年 中 に 都 道 府 県 市 町 村 特 別 区 和 歌 山 県 共 同 募 会 日 本 赤 十 字 社 和 歌 山 県 支 部 又 は 和 歌 山 県 及 び 田 辺 市 が 条 例 で 指 定

寄 附 税 額 控 除 申 告 書 裏 面 (8)に 記 入 してください あなたが 平 成 27 年 中 に 都 道 府 県 市 町 村 特 別 区 和 歌 山 県 共 同 募 会 日 本 赤 十 字 社 和 歌 山 県 支 部 又 は 和 歌 山 県 及 び 田 辺 市 が 条 例 で 指 定 申 告 書 の 書 き 方 申 告 書 の 各 項 目 に 記 入 してください 給 与 公 的 年 等 の 収 入 があった 人 事 業 や 不 動 産 による 収 入 があった 人 平 成 27 年 中 に 収 入 がなかった 人 申 告 書 表 面 カキ 67 10~21 申 告 書 表 面 アイウ 123 10~21 申 告 書 裏 面 (1)(2)(3) 申 告 書 表 面 16~21 申

More information

公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債

公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債 金 融 証 券 税 制 公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債 の 投 資 信 託 の 受 益 権 3 証 券 投 資 信 託 以 外 の 公

More information

0300072008520000E001.xls

0300072008520000E001.xls ( 平 成 年 度 調 査 ) 道 府 県 税 の 課 税 状 況 等 に 関 する 調 調 査 表 一 覧 表 頁 番 号 表 番 号 調 査 表 類 法 人 の 道 府 県 民 税 等 に 関 する 調 P () 道 府 県 民 税 額 等 に 関 する 調 法 人 県 民 税 5P 7 () 業 種 別 及 び 割 基 準 別 に 関 する 調 法 人 県 民 税 7P 9 () 資 本 金

More information

別添資料

別添資料 貸 借 対 照 表 ( 平 成 18 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 520,174 流 動 負 債 543,802 現 金 及 び 預 金 割 賦 債 権 営 業 貸 付 金 その 他 の 営 業 貸 付 債 権 賃 貸 料 等 未 収 入 金 カ ー ド 未 収 入 金 営 業 投 資 有

More information

大阪府生活福祉資金のごあんない

大阪府生活福祉資金のごあんない 大 阪 府 生 活 福 祉 資 金 福 祉 資 金 貸 付 のごあんない この 貸 付 制 度 は 低 所 得 者 障 がい 者 または 高 齢 者 の 世 帯 に 対 し 資 金 の 貸 付 けと 必 要 な 相 談 支 援 を 行 うこ とにより その 経 済 的 自 立 および 生 活 意 欲 の 助 長 促 進 ならびに 在 宅 福 祉 および 社 会 参 加 の 促 進 を 図 り 安 定

More information

平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平 成 22 年 12 月 16 日 に 閣 議 決 定 され 公 表 されました 平 成 23 年 度 税 制 改 正 の 主 要 項 目 は 以 下 の 通 りです 以 下 のうち 平 成 23 年 6 月 3

平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平 成 22 年 12 月 16 日 に 閣 議 決 定 され 公 表 されました 平 成 23 年 度 税 制 改 正 の 主 要 項 目 は 以 下 の 通 りです 以 下 のうち 平 成 23 年 6 月 3 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 UP!Consulting Up Newsletter 平 成 23 年 度 税 制 改 正 平 成 22 年 度 税 制 改 正 により 平 成 23 年 度 から 適 用 される 措 置 http://www.up-firm.com 1 平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平

More information

<57696E4C A20966B8E D91F5816A F E747874>

<57696E4C A20966B8E D91F5816A F E747874> 信 託 編 第 1 信 託 の 意 味 を 理 解 してしまおう 1 信 託 の 思 想 を 理 解 するところからはじまります 2 登 場 人 物 を 理 解 してください 3 委 任 と 信 託 の 違 い 4 信 託 の 成 立 原 因 5 受 託 種 には 誰 がなれるのだろうか 第 2 信 託 の 課 税 の 原 則 第 3 受 益 者 等 課 税 信 託 の 基 本 的 な 課 税 関

More information

学校事務の手引原稿

学校事務の手引原稿 概 要 子 を 養 する 職 員 継 続 的 な 勤 を 促 進 し 職 員 祉 増 進 を 図 るため 男 女 労 働 者 権 として 保 障 す るととも 行 政 円 滑 な 運 営 を 図 るため 一 定 期 間 職 従 せず 専 念 できる 制 度 である 関 係 法 方 公 員 共 済 組 合 法 第 42 53 54 70 70 条 2 114 条 2 ⑵ 公 立 共 済 組 合 定 款

More information

わたしは 市 県 民 税 等 の 申 告 が 必 要? ~ かんたん! 申 告 チェックフローチャート ~ 市 県 民 税 等 の 申 告 が 必 要 となるか 参 考 にしてください ( 公 的 年 金 収 入 家 屋 敷 課 税 は 除 く) 確 定 申 告 を 提 出 された 方 は 市 県

わたしは 市 県 民 税 等 の 申 告 が 必 要? ~ かんたん! 申 告 チェックフローチャート ~ 市 県 民 税 等 の 申 告 が 必 要 となるか 参 考 にしてください ( 公 的 年 金 収 入 家 屋 敷 課 税 は 除 く) 確 定 申 告 を 提 出 された 方 は 市 県 平 成 27 年 2 月 16 日 ( 月 )から 平 成 27 年 3 月 16 日 ( 月 )まで 平 成 27 年 度 ( 平 成 26 年 分 )の 確 定 申 告 市 県 民 税 国 民 健 康 保 険 税 の 申 告 相 談 を 行 います 申 告 が 必 要 な 方 は 申 告 相 談 期 間 内 に 申 告 ください なお 申 告 が 必 要 かどうかは1~3ページにあります かんたん!

More information

Microsoft Word - 第5編 学校教育 第2章 授業料 全文 201412

Microsoft Word - 第5編 学校教育 第2章 授業料 全文 201412 第 5 編 学 校 教 育 / 第 2 章 /1 収 入 学 校 事 務 提 要 > 第 5 編 学 校 教 育 > 第 2 章 > 1 収 入 (1) 収 入 の 意 義 収 入 とは, 県 の 各 般 の 需 要 を 充 たすための 支 払 の 財 源 となるべき 現 金 ( 現 金 に 代 えて 納 付 される 証 券 を 含 む )の 収 納 をいい, 法 令 又 は 公 権 力 に 基 づくもの,あるいは

More information

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc 18 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 給 与 規 程 27.4.24 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 勤 務

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 自 営 業 ( 個 人 事 業 者 ) 決 算 説 明 会 はじめて 決 算 書 を 作 成 される 方 ( 不 動 産 所 得 編 ) 平 成 27 年 1 月 31 日 横 浜 中 青 色 申 告 会 (ご 案 内 ) 税 理 士 飯 田 真 之 自 営 業 者 ( 個 人 事 業 者 ) 決 算 説 明 会 ( 不 動 産 所 得 編 ) 目 次 1.はじめに 確 定 申 告 書 と 決 算

More information