<4D F736F F F696E74202D DE97C78CA78CA48F4389EF8E96914F C9A90DD8BC DF8F858EE7816A2E B8CDD8AB B83685D>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032343130323993DE97C78CA78CA48F4389EF8E96914F9197957481698C9A90DD8BC6964097DF8F858EE7816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>"

Transcription

1 建 設 業 法 令 遵 守 について 平 成 24 年 11 月 28 日 近 畿 地 方 整 備 局 建 政 部 建 設 産 業 課 1 建 設 業 法 の 目 的 と 建 設 業 許 可 について 2 1

2 の 効 請 仕 力 負 事 を は 生 の ずる 結 当 果 事 に 者 対 の してその 一 方 がある 報 酬 仕 を 事 支 を 払 完 うことを 成 することを 約 することによって その 約 し 相 手 方 がそ とは 民 法 第 632 条 相 効 売 手 力 買 方 を は 生 がこれに ずる 当 事 者 対 の してその 一 方 がある 代 金 財 を 産 支 権 払 を うことを 相 手 方 約 に することによって その 移 転 することを 約 し とは 民 法 第 555 条 請 負 契 約 と 売 買 契 約 の 違 い 3 の この 法 律 において 設 とは 土 木 建 築 に 関 する 工 事 で 別 表 第 一 とび 上 欄 に 掲 げるものをいう 建 設 土 業 管 木 工 一 事 土 式 事 建 築 一 式 工 事 大 工 事 左 官 工 事 第 タイル れんが ブロック コンクリート 工 事 石 屋 根 電 気 工 事 2 条 第 1 項 ガラス 鉄 機 筋 械 器 具 ほ 設 置 工 塗 事 装 しゅんせつ 熱 絶 縁 防 工 水 事 工 電 事 気 内 鋼 通 装 構 信 板 仕 造 工 金 上 物 事 造 消 園 防 工 施 事 設 さく 工 事 井 清 工 掃 事 施 設 工 建 事 具 工 事 水 道 施 設 工 事 建 設 工 事 とは 4 2

3 もってするかを この 法 律 において 問 わず 建 設 建 業 設 とは 工 事 の 元 完 請 成 を 下 請 け その 負 う 他 営 いかなる 業 をいう 名 義 を 建 設 業 第 2 条 第 2 項 建 設 業 とは 5 適 を の この 保 正 増 護 化 進 法 するとともに 等 に 律 寄 を は 図 与 ることによって することを 建 設 業 建 を 設 営 目 業 む 的 の 者 とする 建 健 の 設 全 資 工 な 質 事 発 の 達 向 適 を 上 促 正 進 な 建 施 し もって 設 工 を 事 確 の 保 公 請 し 共 負 の 契 発 福 約 注 祉 の者 建 設 業 第 1 条 建 設 業 法 の 目 的 つまり ルールを 守 る( 法 令 遵 守 )ことによって 下 請 負 人 が 保 護 される その 結 果 より 良 い 品 質 を 確 保 した 工 作 物 が 築 造 されることにより 発 注 者 が 保 護 される 6 3

4 が150m2に が500 の 法 場 令 合 に 又 基 は づき 相 手 方 一 に 般 限 的 ってその ( 誰 もが)に 禁 止 禁 を 止 解 されている 除 することを 行 為 意 について 味 する 特 定 許 可 とは なお 軽 法 ( 建 微 第 設 な 3 工 条 事 第 ( の 1 請 項 完 負 に 成 金 基 を 額 づき 請 け 許 負 可 う 万 営 を 円 受 業 未 けたものに )が 許 ( 建 される 築 一 対 式 して 工 事 の 場 合 は 設 業 は 許 制 である 建 みを 請 万 け 円 負 未 うのであれば 満 又 は 延 べ 許 面 可 積 無 くても 建 設 業 満 を たない 営 むことができる 木 造 住 宅 工 事 ))の そのルールが 設 業 を 営 むにあたっては ルールを 建 設 業 法 である 守 らなければならない 1,500 建 設 業 許 可 7 建 設 工 事 を 受 注 したら 8 4

5 工 事 の 流 れ( 業 者 から 見 たイメージ)1 1 注 文 者 から 工 事 を 受 注 契 約 建 設 業 法 第 24 条 2 技 術 者 の 配 置 建 設 業 法 第 26 条 3 施 工 計 画 の 作 成 建 設 業 法 第 26 条 の3 4 下 請 負 人 への 見 積 建 設 業 法 第 20 条 5 下 請 負 人 と 契 約 締 結 建 設 業 法 第 19 条 6 現 場 着 手 / 現 場 施 工 建 設 業 法 第 24 条 の7など 7 現 場 竣 工 / 完 成 検 査 建 設 業 法 第 24 条 の4 8 下 請 負 人 からの 請 求 9 下 請 負 人 への 支 払 建 設 業 法 第 24 条 の3など 9 発 注 1者 工 事 の 流 れ( 業 者 23 元 請 1 次 下 請 から 見 たイメージ)

6 1ー1 注 文 者 から 工 事 を 受 注 建 設 業 法 第 24 条 ( 請 負 契 約 とみなす 場 合 ) 委 託 その 他 何 らの 名 義 をもつてするを 問 わず 報 酬 を 得 て 建 設 工 事 の 完 成 を 目 的 として 締 結 する 契 約 は 建 設 工 事 の 請 負 契 約 とみなして この 法 律 の 規 定 を 適 用 する 11 1ー2 建 設 工 事 にあたらないもの 建 設 工 事 にあたらないもの 1 草 刈 り 除 雪 路 面 清 掃 などの 作 業 2 建 設 資 材 や 仮 設 材 などの 賃 貸 3 保 守 点 検 のみの 委 託 契 約 4 工 作 物 の 設 計 業 務 5 地 質 調 査 測 量 調 査 などの 業 務 6 警 備 業 務 ( 交 通 誘 導 員 ) 7 資 材 等 の 売 買 契 約 12 6

7 2ー1 技 術 者 の 配 置 義 務 1 建 設 業 法 第 26 条 ( 第 監 理 の 配 置 義 ( 発 務 注 者 から 直 接 建 設 工 事 を 請 け 主 任 及 び 監 理 技 術 者 の 設 置 等 ) 1 負 った 特 定 建 設 業 のみ) 1 2 項 建 主 任 技 術 者 監 理 技 術 者 専 任 制 2 1 監 設 理 業 ( 主 法 任 における ) 技 術 者 技 の 術 専 者 任 制 についてを 度 の 概 要 参 を 参 照 照 ー1 技 術 者 の 配 置 義 務 2 建 設 工 事 を 施 工 するときは 主 任 技 術 者 又 は 監 理 技 術 者 を 配 置 しなければならない なぜか? 事 ける それは 注 文 者 を 保 護 するためである 者 建 に という )を 建 設 関 設 業 し 第 工 者 7 事 は その 条 の 置 第 施 かなければならない 2 工 号 請 の イ ロ け 技 負 術 又 った 上 はハに の 建 管 設 理 工 該 をつかさどるもの( 事 当 を する 施 工 者 するときは で 当 該 以 工 下 事 当 現 主 該 場 任 建 にお 技 設 術 工 建 設 業 法 26 条 第 1 項 14 7

8 が3,000 請 の らない ( 建 に 技 設 関 術 業 係 上 建 なく の 設 許 管 業 可 理 又 法 を をつかさどる 受 第 負 けた 金 条 者 額 第 が に 1 者 建 項 関 として 設 ) 係 工 なく 事 主 を 工 任 施 事 技 工 現 術 する 場 者 における 場 を 配 合 置 には しなければな 工 事 元 の 請 施 下 工 主 任 技 術 者 と 監 理 技 術 者 の 違 い 主 任 技 術 者 万 契 主 ( 建 発 ) 約 任 円 設 注 の 技 以 業 者 請 術 上 法 から 負 者 第 となる 代 に 直 代 金 接 条 えて の 場 請 第 額 合 け 2 監 の には 26 項 負 理 合 ) った 技 計 特 術 建 定 者 設 建 を 工 配 設 事 万 置 業 を ( しなければならない 者 施 建 の 工 築 許 するために 一 可 式 が 工 必 事 要 の になるとともに 締 場 結 合 した 下 請 監 理 技 術 者 ( 発 注 者 から 直 接 請 け 負 った 元 請 負 人 のみ) は4, ー2 主 任 技 術 者 と 監 理 技 術 者 15 当 任 建 設 工 事 の 適 正 な 施 工 を 確 保 するため 主 任 技 術 者 や 監 理 技 術 者 は ことが また 該 の 建 監 必 設 理 特 要 業 技 に である 者 術 公 と 共 直 ( 工 主 接 事 監 任 的 において 理 技 かつ 技 術 術 者 恒 者 )については 3ヶ 常 発 制 的 注 度 な 者 運 雇 から 用 マニュアルより 関 直 係 接 が 月 請 必 以 け 要 上 負 とされている 雇 う 建 用 設 関 業 係 者 にある の 専 技 術 者 雇 用 関 係 以 1 2 下 一 在 のような つの 籍 出 工 向 技 事 者 術 の や 者 期 派 は 間 遣 のみ ( 直 接 短 的 かつ 期 な 雇 恒 用 常 ( 関 恒 的 係 常 な と 的 雇 言 な 用 えない) 雇 関 用 係 関 と 係 言 と えない 言 えない) 2ー3 主 任 ( 監 理 ) 技 術 者 の 雇 用 関 係 16 8

9 は5,000 るが さどるものであるため た 主 技 任 術 建 技 者 設 術 が 工 者 必 事 や 要 の 監 となる 適 理 正 技 な 工 術 施 事 者 工 の は を 規 確 建 模 保 設 や するため それなりの 工 難 事 易 の 度 施 等 工 によって の 技 術 資 的 格 な 技 要 管 術 件 理 力 は をつかを 持 異 っ な の 資 格 要 件 る ちから また 者 であって かつ 選 監 任 理 しなければならない 技 術 者 においては 監 理 技 術 者 監 講 建 理 習 設 技 を 業 術 過 法 者 去 第 資 5 年 格 条 以 者 第 内 証 4 に の 項 受 交 講 付 した を 受 者 けてい のう 26 2ー4 主 任 ( 監 理 ) 技 術 者 の 資 格 要 件 17 任 ない は 公 工 共 作 性 物 のある に 関 する 施 設 重 若 要 しくは な 建 設 作 物 で 又 政 は 令 多 で 数 定 の めるものについては 者 が 利 用 する 施 設 若 主 しく 専 簡 技 単 術 者 建 又 設 は 業 監 法 理 第 技 術 者 は 工 事 現 場 ごとに 専 任 の 者 でなければなら 任 条 第 3 項 制 表 現 度 すると 個 人 住 宅 を 除 くほとんどの 工 事 において 請 負 金 額 下 請 に 関 万 係 円 なく ( 建 築 主 一 任 式 技 工 術 事 者 の 又 場 は 合 監 理 技 術 者 万 は 円 専 ) 以 任 上 を 求 であれば められる 元 請 26 職 専 務 任 にのみ とは 従 他 事 の することを 工 事 現 場 意 に 味 係 する る 職 務 を 兼 務 せず 専 らその 工 事 に 係 る が2,500 2ー5 専 任 と 非 専 任 の 区 別 専 任

10 が5,000 が2,500 2ー5 専 任 と 非 専 任 の 区 別 専 任 2 専 任 期 間 ( 合 ことができる ただし 例 なお わせ )1 専 任 を 要 する 事 であったとしても 部 分 的 に 非 専 任 扱 いとする ( 監 理 技 術 者 制 度 運 用 マニュアルより) 元 請 の 2 発 注 者 と 建 設 業 者 の 間 で 設 計 図 書 若 しくは 打 ち 場 合 基 本 原 3 記 契 則 工 録 約 事 場 後 全 簿 等 の 書 面 で 明 確 となっていることが 必 要 である 製 面 現 場 施 工 に 着 手 するまでの 準 備 期 間 契 作 中 約 止 期 間 工 が 専 任 期 間 となる 4 後 片 付 けのみの 期 間 下 請 の 場 合 下 請 工 事 施 工 期 間 が 専 任 期 間 となる 19 を 専 任 を 要 する 工 事 条 件 前 ページで 解 説 したとおりであるが 専 任 建 要 築 する 一 式 工 工 事 事 以 以 の 外 場 外 の 合 の 工 は: 工 事 事 は : 非 請 専 負 任 金 扱 額 いとなる 万 円 未 満 非 専 任 ( 専 任 を 求 めない)の 工 事 2ー5 専 任 と 非 専 任 の 区 別 非 専 任 20 10

11 は4,500 工 術 事 者 現 場 に 置 くべき 技 設 業 監 法 における 術 者 技 術 者 制 度 の 概 要 技 元 請 術 請 合 者 工 計 の 事 金 資 における 額 格 要 件 下 ( 建 築 一 式 工 万 円 以 上 万 円 以 上 ) ( 建 築 一 式 主 工 事 任 万 技 円 術 未 者 満 万 円 未 満 ) 1 一 実 技 級 務 術 施 建 国 経 士 工 築 家 験 管 士 資 理 格 ( 指 技 者 定 士 7 業 種 は 除 く) す 者 主 のうち 任 技 術 者 としての 要 件 を 満 た 3,000 元 請 万 円 3,000 以 監 上 督 国 の 的 土 工 な 交 実 事 通 務 に 大 経 関 臣 験 し2 特 を 別 年 有 認 以 する 定 上 者 の 指 導 1 一 建 築 士 2 二 技 級 術 施 国 士 工 家 管 資 理 格 技 者 士 等 その 他 の 要 件 受 10 実 大 高 務 卒 年 経 後 以 験 35 上 年 者 の 以 実 上 務 の 経 実 験 務 経 公 物 注 共 に 関 者 性 する と のある 直 接 重 的 要 施 かつ な 設 工 若 事 恒 しくは で 常 的 工 請 な 作 負 雇 物 金 用 又 額 関 は 係 多 にある 数 者 利 用 する 施 設 又 験 は 工 作 として4,500 監 理 技 術 者 資 講 格 習 者 証 万 専 の 円 任 受 ) の 講 以 監 義 理 務 技 術 工 者 事 は は 現 携 登 場 帯 録 における 必 講 要 習 技 不 術 要 者 の 専 万 任 円 が ( 建 必 築 要 一 式 の 場 が2,500 上 事 4,500 合 5, いう で 現 とは 現 場 において 請 負 人 の 務 の 代 行 をする 者 のことを 契 定 場 約 められているため 代 理 人 は 建 設 業 法 で 定 められているものではなく 契 約 書 の 約 款 書 建 設 業 法 上 特 に 縛 りは 無 い 代 の 約 理 款 において 人 は 現 兼 場 務 代 が 理 可 人 能 は となっている 契 約 書 の 約 現 款 場 より 代 理 常 人 駐 と が 主 求 任 められている 技 術 者 又 は 監 理 技 術 者 と 2ー6 現 場 代 理 人 とは 22 11

12 せなど)がある ことを 常 駐 とは 現 場 施 工 稼 働 中 特 別 の 理 由 ( 例 えば 発 注 者 との 打 合 専 任 意 と 味 している 常 駐 場 は 合 を 言 除 葉 き の 意 常 味 時 が 継 違 続 うので 的 に 当 注 該 意 工 が 事 必 現 要 場! に 滞 在 している とは ることが 常 駐 の 出 考 来 え る 方 状 として 況 であれば 緊 急 時 常 に 駐 連 とみなす 絡 が 取 れる 体 制 で すぐに 駆 けつけ 2ー7 常 駐 とは 23 ればならず 専 任 の 監 理 他 の 工 事 に 主 従 任 事 技 することは 術 者 )は 専 建 らその 設 業 法 工 第 にのみ 条 第 従 項 事 に しなけ 違 反 す 特 る を 要 する 監 理 等 が 他 の 工 事 に 若 例 しくは 営 を 業 除 所 第 き 専 任 監 条 技 理 第 術 技 号 者 術 ( は 者 許 専 等 可 ら として 基 営 準 業 ) 従 及 所 事 び にて することは 第 業 務 条 に 第 従 項 建 事 に 設 する 違 業 反 必 法 する 要 第 がある 条 第 号 26 3 営 監 理 として 従 事 る 的 従 ルより) かつ 事 工 することは 事 恒 に 直 常 配 接 的 置 的 な される 監 かつ 雇 理 用 技 恒 監 関 術 常 理 係 者 的 技 が 等 な 術 必 の 雇 者 要 不 用 ( である( 主 設 関 任 置 係 技 となり に 監 術 無 理 者 い 技 )は 建 者 術 設 が 者 業 監 所 制 法 理 属 度 第 技 建 運 術 設 用 者 業 条 マニュア 等 者 違 としてと 反 直 とな 接 派 遣 や 協 力 業 者 の 人 を 監 理 術 等 として 配 置 26 2ー8 技 術 者 の 違 反 事 例 24 12

13 3 施 工 計 画 の 作 成 に 建 管 設 業 法 第 26 条 の3 ( 主 の 主 実 理 技 任 施 術 その 技 するため 上 術 他 の 者 の 及 び 理 技 術 者 は 工 事 現 場 における 建 設 工 を 適 正 指 技 当 該 建 設 工 事 の 施 工 計 画 の 作 成 程 管 理 品 質 者 導 術 監 上 及 督 び の 管 職 理 及 び 当 該 建 設 工 事 の 施 工 に 従 事 する 者 監 務 理 を 誠 技 実 に 術 行 者 わなければならない 職 務 等 ) 第 項 1 25 に かにして 応 建 じ 設 業 工 者 工 事 は 事 の の 種 建 別 設 ごとに 工 りを 事 の 行 材 請 うよう 料 負 費 契 努 労 約 めなければならない 務 を 費 締 その 結 するに 他 の 際 経 して 費 の 内 工 訳 事 を 内 明 容 ら 建 設 法 第 20 条 ( 建 設 工 事 の 見 積 り 等 ) 後 とが 本 々に 条 可 文 能 発 に になる 生 基 する づいて 可 能 見 性 積 のある り 作 成 金 を 額 行 の い 考 見 え 積 方 りを の 注 相 文 違 者 によるトラブルを に 提 出 することにより 回 避 するこ 第 項 1 4ー1 下 請 負 人 への 見 積

14 が500 が5,000 第 3 項 かつ 該 建 設 建 けなければならない 設 当 工 該 事 提 の 示 注 見 から 文 積 者 りをするために 当 は ( 該 契 約 略 の )できる 締 必 結 要 又 な 限 は 政 り 入 具 令 札 体 で までに 定 的 な める 内 建 一 容 設 定 を 業 提 の 者 示 期 が し 間 当 を 業 法 第 20 条 ( 建 設 工 事 の 見 積 り 等 ) 4ー1 下 請 負 人 への 見 積 2 27 (2) (1) 明 望 確 ましくは にすること の 下 額 請 に 応 契 じて 約 の 一 内 定 容 は 見 書 積 面 期 で 間 提 を 示 設 すること けることが 更 必 に 作 要 業 内 容 を 見 積 条 件 の 提 示 ( 第 20 条 第 3 項 ) 予 定 価 格 万 万 円 円 に 以 以 満 上 上 たない の 工 万 工 事 円 に 満 たない 工 事 上 (3) 限 (ただし 2 3の 見 り 短 積 縮 は することが 契 約 締 結 可 場 前 能 合 に ) にはやむを 依 頼 すること 得 ない 事 情 があるときは 5 日 以 内 に 1 が500 5, ー2 見 積 に 関 する 事 項 28 14

15 提 言 示 するよう 業 法 求 めている では 口 頭 工 では 事 内 具 容 体 などできる 的 な 内 容 を 限 伝 り えるには 具 体 的 な 十 内 分 容 とは を 間 い 難 く 書 面 にて 提 示 することが 望 ましい 見 積 り 依 頼 が 口 頭 などで 不 明 確 項 の に ( 見 建 違 積 設 反 期 工 業 する 間 事 法 を の 施 設 注 行 けないで 文 令 者 第 は 条 見 請 )を 積 負 設 りを 人 ける が 依 見 頼 必 積 することは 要 りを がある 行 うために 予 建 定 設 価 必 業 格 要 法 に な 第 応 一 じ 定 条 一 の 第 定 期 予 定 価 格 に 応 じ 一 定 の 見 期 間 を 設 けていない 第 条 20 第 項 3 4ー3 見 積 りに 関 する 違 反 事 例 29 5ー1 下 請 負 人 と 契 約 締 結 ( 当 初 契 約 ) 契 建 を 設 業 法 第 19 条 い 書 約 面 建 の に 設 締 記 工 結 載 事 に し の 際 請 して 署 負 名 次 契 又 に 約 は 掲 の 記 げる 当 名 押 事 者 印 項 は をして (5ー3 前 条 相 契 ( 互 法 約 に に 交 関 付 する しなければならな )の 事 趣 項 旨 を に 参 従 照 って ) ( 建 設 負 契 約 の 内 容 ) 本 人 けている 条 の 文 両 では 者 を 指 している また 建 設 工 事 の 請 建 負 設 契 業 約 者 の のみならず 当 事 者 は となっており 発 注 者 も 本 条 注 文 の 者 適 及 用 び を 請 受 負 第 項 1 第 条 18 本 条 文 を 遵 守 することにより 不 払 いは 回 避 できる! 30 15

16 5ー1 下 請 負 人 と 契 約 締 結 ( 変 更 契 約 ) 建 設 業 法 第 19 条 記 掲 載 げる 請 し 事 負 署 項 契 名 に 約 又 該 の は 当 記 するものを 事 名 者 押 は 印 をして 請 変 負 更 契 相 するときは その 約 互 の に 内 交 容 付 で しなければならない 前 項 変 ( 法 更 の 内 容 を 書 面 )にに ( 建 設 工 事 請 負 契 約 の ) う 本 義 条 務 文 づけている では 当 初 契 約 のみならず 変 更 契 約 においても 書 面 で 契 約 を 締 結 するよ 本 条 文 を 遵 守 することにより 不 払 いは 回 避 できる! 第 項 2 第 条 19 第 項 1 31 件 数 1 法 令 違 反 等 通 報 件 数 H19 H20 H21 H H H19 通 報 件 数 内 訳 駆 け 込 みホットラインに 寄 せられた 情 報 ホットライン 以 外 ( 電 話 郵 送 来 庁 等 )の 情 報 建 他 不 その 設 法 払 他 業 令 い法 違 反 H20 通 報 件 数 396 内 建 他 不 その 訳 設 法 払 他 業 令 い法 違 反 H21 通 報 件 381 数 内 建 他 不 その 訳 設 法 払 他 業 令 い法 違 反 H22 通 報 件 数 内 建 他 不 その 設 法 払 訳 他 業 令 い法 違 反 184 H23 通 報 件 195 数 内 建 他 不 その 設 法 払 訳 他 業 令 い法 違 反 法 令 違 反 等 通 報 件 数 ( 近 畿 地 方 整 備 局 ) 16

17 減 らない 不 払 い 相 談 年 々 不 払 い 相 談 の 割 合 が 増 加 通 報 内 容 の 半 分 以 上 は 不 払 い 相 談 不 払 い 案 件 のほとんどは 書 面 契 約 がなされていない ポイント ポイント 不 払 いを 受 けないためには 書 面 で 契 約 を 締 結 すること 書 面 による 契 約 未 締 結 は 建 設 業 法 第 19 条 違 反 33 1 (1) は 下 請 工 事 の 着 工 前 に 書 面 により 行 うことが 必 要 2 3 (2) 契 内 容 約 書 額 面 には 建 設 業 法 で 定 める 一 定 の 事 項 を 記 載 することが 必 要 当 初 契 約 ( 第 18 条 第 19 条 第 1 第 19 条 の3) 4 高 工 請 部 負 分 着 代 に 手 金 対 の する 全 部 完 支 又 成 払 は 一 時 定 部 期 めをするときは その の 前 払 金 又 は 出 来 9 5 支 期 出 当 払 若 があった 事 しくは 者 時 期 一 工 場 及 方 事 合 び から の における 方 全 設 法 部 計 若 変 しくは 工 更 期 又 の 一 は 変 部 工 更 の 事 中 着 請 止 手 負 の 代 申 延 10 設 機 械 その 他 に 機 使 械 用 を する 貸 与 資 するときは その 材 を 提 供 し 又 は 内 建 6 の 算 害 天 額 定 の 災 方 負 その 変 法 担 更 に 及 他 関 又 びその 不 する は 可 損 抗 定 額 害 力 めの による 算 負 定 担 工 方 及 期 法 びそれらの の に 変 関 更 する 又 定 額 は め 損 金 11 容 注 及 文 び 者 方 が 法 工 に 事 関 する 全 部 定 又 めは 一 部 完 成 を 確 認 す 12 るための 期 び 方 法 完 成 検 後 査 における 時 期 及 請 び 負 方 代 法 金 並 の びに 支 払 引 の 渡 時 しの 期 及 時 7 8 額 における 価 工 又 格 事 は 等 の 工 の 施 賠 事 変 工 償 内 動 により 金 容 若 の しくは 第 負 変 三 担 更 変 者 に 更 関 が に する 損 基 害 づく 定 を め受 請 けた 負 代 場 金 合 の13 該 締 その 工 責 結 事 内 任 その の 容 の 目 他 履 的 の 行 物 措 に の 置 関 瑕 に して 疵 関 を 講 する 担 ずべき 保 定 すべき めをするときは 保 証 責 保 任 険 又 契 は 約 当 14 場 各 契 合 当 約 における 事 に 関 者 する の 履 遅 紛 行 延 争 の 利 の 遅 息 解 滞 決 その 違 方 約 法 他 金 債 その 務 の 他 不 の 履 損 行 害 の金 ー2 契 約 に 関 する 事 項 17

18 し14 5ー3 下 請 負 人 と 契 約 締 結 建 設 業 法 第 18 条 ( 建 設 工 事 の 請 負 契 約 の 原 則 ) 全 建 ての 設 工 請 事 負 の 契 請 約 負 の 契 当 約 事 の 者 当 が 事 該 者 当 は なので もちろんのこと する 発 注 者 を 含 む 設 工 事 の 請 負 契 約 の 事 者 は 各 々の 対 等 な 立 場 に おける 合 意 に 基 いて 公 正 な 契 約 を 締 結 し 信 義 に 従 って 誠 実 にこれを 履 行 しなければならない 35 民 上 口 頭 も 有 効 となるが 建 設 工 事 の 請 負 契 約 においては 5ー4 契 約 に 関 する 違 反 事 例 1 にも 建 設 業 法 第 条 第 項 に 基 づき 書 面 による 契 約 を 締 結 しなければならな おいて あえて い 建 書 設 建 面 業 は 他 の 業 種 と 比 べると 不 払 い 等 のトラブルが 多 いことから 口 口 設 にて 業 法 で 定 められ 不 払 い 等 のトラブルに 巻 き 込 まれないため 頭 契 による 契 約 することが 重 要 である よって 建 設 工 事 の 請 負 契 約 に 契 約 は 建 設 業 法 第 条 第 項 違 反 である 19 1 第 注 項 文 で 書 定 と められている 注 文 請 書 のみで 契 約 契 書 約 記 を 締 載 結 したとしても 項 目 が 建 網 設 羅 業 されていない 法 第 条 19 1 項 注 事 よって に 文 前 違 書 に 反 基 注 している 本 文 契 書 請 約 注 書 で を 契 締 約 結 する 場 項 合 目 は を 網 基 羅 本 契 約 必 約 要 款 がある を 添 付 するか 又 は 可 文 能 請 性 書 が のみで 契 約 をすることは 建 設 業 法 第 条 第 書 非 のみの 常 に 高 い 交 付 19 1 すべき

19 5ー4 が に 関 する 違 反 事 例 2 していることは 契 1 約 不 個 約 足 別 していることが 款 契 )で 約 契 書 約 での 建 をしているにも 設 契 業 多 約 法 い 2 第 状 況 注 条 である 文 係 第 書 わらず 項 注 契 に 文 違 約 請 契 反 書 約 する に +( 書 記 に 基 載 記 本 すべき 載 契 約 項 書 目 又 が は 項 不 基 目 足 本 契 約 書 記 載 項 目 不 足 すべき 独 の て その ない これに 注 占 購 文 入 不 禁 者 先 当 止 注 は 法 を 文 指 な 第 違 請 した 定 反 負 し これを 契 約 の 締 結 後 自 己 の 取 引 上 の 地 位 を 不 当 に 利 用 し 使 用 条 建 することは 及 設 工 事 に 使 用 する 資 材 若 しくは 機 器 器 具 又 はこれら 資 び 材 第 請 負 等 条 建 人 に 購 入 させて その 利 益 を 害 してはなら の にも 設 業 購 違 法 反 第 条 の4に 違 反 するとともに 強 する 制 禁 止 ( 建 設 業 法 第 19 の4) ー4 契 約 に 関 する 違 反 事 例 3 は 工 負 条 注 事 代 にも 文 建 を 金 設 者 不 違 施 の 業 は 当 反 工 額 法 自 己 の 取 引 上 の 地 位 を 不 当 に 利 用 して その 注 文 した 建 設 に する するために とする 第 請 条 負 の3に 通 契 常 約 違 必 を 反 締 要 するとともに 結 と 認 してはならない これに められる 原 独 価 占 に 禁 満 止 たない 法 第 違 反 金 すること 条 額 及 を 請 低 い 請 負 代 金 の 禁 止 ( 業 法 第 19 条 の3) 値 指 び20 でなく 下 切 値 請 ることは 発 負 注 建 人 設 から 業 建 法 指 見 設 第 値 積 業 発 をもらっても 法 注 条 第 となる ( 建 設 条 工 の3に 事 下 の 違 請 反 負 人 する 契 と 約 協 可 の 議 能 原 することなく 性 則 が )に 非 常 違 に 反 一 高 する 方 いだけ 的 に 指 値 発 注

20 事 業 者 は 不 公 正 な 取 引 方 法 を 用 いてはならない 独 占 禁 止 法 第 20 条 ( 排 除 措 置 ) 私 的 独 占 の 禁 止 及 び 公 正 取 引 の 確 保 に 関 する 法 律 ( 独 占 禁 止 法 ) の 第 前 独 2 削 節 条 除 占 の その 手 規 禁 続 他 定 止 に 当 に 法 規 違 該 定 反 行 為 があるときは 公 正 取 引 委 員 会 は 第 8 章 第 行 する 為 19 を 手 排 条 続 除 きに ( するために 不 従 公 い 正 当 必 な 該 要 取 行 な 為 引 措 の 置 方 差 を 止 法 命 め ずることができ の 契 禁 約 止 条 項 ) る 39 5ー4 に 関 する 違 反 事 例 4 とは 契 要 当 約 がある 初 を 建 契 書 設 約 面 業 金 内 で 法 額 容 締 第 の から 結 増 する 変 減 条 更 が 第 必 無 が 要 項 く 生 がある 工 に じた 違 期 反 延 場 する 変 期 合 更 だけの は 契 変 約 更 変 を 契 書 更 約 面 であったとしても を で 書 締 面 結 で していないこ 契 約 する 変 更 必 変 更 契 約 未 締 結 約 か ついつい 前 着 工 で 取 契 り 約 返 ぐらい と しのつかなくなることもある 考 えてしまう 契 約 担 当 現 者 場 も で 多 一 いようですが 番 怖 いことは 契 事 19 2 時 故 また 期 考 であり もしも えたことはあるでしょうか? 契 約 書 に 未 記 契 載 約 の 状 況 で 項 工 目 安 事 で 易 工 に 着 事 考 手 着 えることは して 手 の 事 時 故 期 が 危 及 起 険 び きたらどうなる です 工 事 完 成 の 契 約 前 着 工 条 の 第 明 項 示 に を 違 求 反 めており する 着 手 後 に 契 約 を 締 結 することは 建 設 業 法 第 すべき

21 にA 5ー4 契 約 に 関 する 事 例 5 第 業 法 建 設 業 法 の 規 定 に 違 反 して 同 項 の 許 可 を 受 けないで 建 設 なお を 違 営 反 条 勿 む です 第 論 者 のことながら 項 と 無 下 第 許 請 号 可 契 に 業 約 基 者 を づき 無 締 と 下 許 結 請 可 ( 営 無 契 で 業 許 約 営 停 可 を 業 止 業 締 することは 等 者 結 の との した 処 分 契 建 となる 約 論 設 )することは 外 業 である 者 は 建 設 建 業 設 法 業 無 許 可 業 者 との 契 約 第 条 3 第 項 1 41 参 考 : ため 当 無 結 初 許 果 契 可 的 約 を 時 持 は500 可 業 社 と500 万 円 社 者 との 万 未 と 円 契 満 を 約 であったことから 軽 微 な 工 事 扱 いとなる 契 超 を える 締 結 約 契 した の 約 を 追 加 が 色 々 発 生 したた 事 締 結 例 してしまった 例 1) 変 更 で500 を 超 えてしまった 450 材 下 料 請 支 負 給 契 品 約 :100 :450 相 ( 手 当 間 ( 市 のみ) 場 価 格 ) たないA 例 2) 無 許 万 可 円 業 +100 者 を との 加 契 万 円 >500 万 円 となり 許 可 がいる 味 約 すると500 又 は 一 括 万 下 円 請 を 超 えていた 例 3) 下 請 が 一 式 工 事 業 しか 持 っていない 42 21

22 土 木 や 建 築 一 式 は 総 合 的 なマネジメントを 行 う 業 種 で もしも あり 一 式 工 事 の 許 可 で 専 門 工 事 を 行 うものではない トを よって 一 行 一 式 工 事 は 原 則 元 請 のみである 式 っていたとは 下 請 が 総 合 的 なマネジメントをしていたのであれば 元 請 としてマネジメン とは の 承 原 諾 則 があれば としているのは 一 言 括 えず 下 請 民 が 一 間 可 括 工 能 下 事 となるためである 請 ( 共 となる 同 住 宅 の 新 築 工 事 は 除 く)において 施 主 一 式 工 事 とは 43 6ー1 現 場 着 手 と 現 場 施 工 下 請 負 人 と 請 負 契 約 締 結 後 に 現 場 着 手 発 注 者 から 直 接 建 設 工 事 を 請 け 負 った 特 定 建 設 業 者 は 総 額 3,000 万 円 ( 建 築 一 式 は4,500 万 円 ) 以 上 の 下 請 負 契 約 を 行 った 場 合 は 施 工 体 制 台 帳 及 び 施 工 体 系 図 を 作 成 しなければならない 一 括 下 請 負 の 禁 止 下 請 負 人 に 対 する 特 定 建 設 業 者 の 指 導 等 44 22

23 は10 は5 6ー2 現 場 着 手 と 現 場 施 工 第 制 台 帳 の 作 成 及 び 現 場 への 備 え 付 け 建 設 業 法 第 24 条 の7 ( 工 施 工 体 系 図 の 作 成 等 ) 再 下 請 負 通 知 書 の 作 成 及 び 通 知 項 施 工 体 系 図 の 作 成 及 び 現 場 への 掲 示 施 工 体 制 系 台 図 帳 の 及 の 保 び 保 存 施 存 期 工 期 間 体 間 系 図 年 は 間 公 (( 建 共 設 民 業 間 法 問 施 わず 行 規 作 則 成 第 条 第 ) 項 ) 発 注 者 との 契 約 書 の 写 し 5 下 専 監 請 理 門 負 技 術 人 者 との の を 証 契 配 の 雇 約 置 用 写 書 した し関 の 係 場 写 を 合 し証 は 明 資 できるものの 格 を 証 明 できるものの 写 し 写 し 施 工 体 制 台 帳 等 の 添 付 資 料 公 再 共 下 工 請 事 負 においては 人 との 契 約 請 書 負 の 代 写 金 しの 額 が 記 載 されていなければならない 下 請 負 通 知 添 付 資 料 6ー3 現 場 着 手 と 現 場 施 工 46 23

24 契 約 前 契 約 以 降 施 工 体 制 公 見 積 書 提 出 台 帳 施 共 工 体 系 図 工 の 作 成 事 民 ならない 間 すい 制 台 帳 の 現 場 へ 備 え 置 く 義 ( 下 線 場 部 所 分 へ による は への 施 入 工 掲 施 札 体 示 契 制 約 体 台 関 適 制 帳 係 正 の 者 化 点 法 写 及 検 による しの び を 公 拒 提 衆 んでは 出 が づけ) 見 や 施 工 体 制 台 への を 発 施 閲 注 工 覧 帳 掲 者 体 に 施 示 制 からの 系 供 台 図 する 帳 の 請 の 工 義 求 現 事 務 がある 場 現 へ 場 備 の 場 え 見 合 置 やすい く 施 義 工 務 場 体 所 制 工 体 系 図 の 作 成 義 務 なし 現 行 制 度 における 施 工 体 制 の 適 正 化 のための 仕 組 み 発 接 負 設 3,000 ( 注 工 った 業 事 者 特 から を で 定 請 総 建 直 500 建 築 一 万 式 円 は4, け の 締 下 結 請 した 万 契 円 者 約 ) 以 を上 額 上 事 記 以 外 の 工 47 はならない 者 は 建 設 工 事 を 一 括 して 他 人 に 請 け 負 わせて 建 設 業 法 第 22 条 ( 一 括 下 請 負 の 禁 止 ) 第 項 第 建 請 設 け 業 を ってはならない 営 む 者 は 業 から 建 設 工 事 を 一 括 して する 元 項 又 第 項 の が 多 数 の 者 が 利 用 する 施 設 又 は 工 作 2 らの 物 請 に 規 建 関 負 定 設 する 人 は 工 があらかじめ 重 適 事 要 用 ) 以 な しません 外 建 の 設 建 発 工 設 注 事 工 者 で 事 の 政 である 書 令 面 で 定 による 場 めるもの( 合 において 承 諾 を 共 得 同 たときは これ 当 住 該 宅 工 を 事 新 の築 第 項 1 6ー2 現 場 着 手 と 現 場 施 工 48 24

25 次 場 に 合 掲 一 げる け 括 負 った 場 下 った 合 請 建 で 負 設 に 元 該 請 当 負 全 人 一 がその 部 又 分 はその であって 下 請 主 工 たる 事 他 部 の 施 分 部 工 を 分 に 他 から 実 の 質 業 独 的 者 立 に してその 関 請 与 け していると 負 機 わせる 能 を 発 場 認 揮 合 められない する 一 括 禁 止 について 工 作 物 の 工 事 を 一 括 して 他 の 業 者 に 請 け 負 わせる 場 合 自 施 出 安 社 工 来 の 計 高 技 画 術 品 の 者 質 作 が 管 成 下 理 請 工 2 4 事 工 完 の程 成 管 検 理 査 全 下 管 請 理 工 事 への 実 質 6 的 下 な 請 関 負 与 業 とは への ては について 加 えて から 工 事 を 直 接 請 け 指 負 導 った 監 督 公 間 共 工 工 事 事 その 原 については 則 他 禁 の 止 禁 止 全 事 面 項 禁 止 民 等 9 7 について 発 官 注 公 者 庁 との 等 主 への 体 協 的 議 届 な 出 役 等 割 を 8 10 果 住 近 調 たすことが 民 隣 整 への 工 者 事 につい 請 一 負 括 者 下 も 請 対 負 象 の 責 任 は 注 文 者 も 説 との明 親 会 社 と 子 会 社 間 での 下 請 負 必 要 についても も 複 数 の 下 請 適 を 用 業 一 実 停 括 質 止 下 的 )による ) 請 関 負 与 には が 対 使 必 処 っていた 要 監 督 処 場 分 合 ( 営 で 49 ることが 必 要 主 体 的 な 役 割 を 現 場 で 果 たしてい 建 第 2 設 ( 業 法 3 二 一 十 括 下 条 請 負 建 設 禁 業 止 者 ) めるもの 括 ならない 建 前 して 設 二 業 他 項 を 人 の 営 建 に む 請 設 者 け 工 は 負 事 わせてはならない が 建 は その 多 設 数 業 の 者 請 から が け 利 当 負 用 該 った する 建 建 設 施 設 業 設 工 者 又 事 の は を いかなる 請 工 け 作 負 物 った に 関 建 方 する 設 法 工 をもってするかを 重 事 要 を な 一 建 括 設 して 工 事 請 問 で け わず 政 負 令 つては で 一 面 による 以 承 外 諾 を 得 建 たときは これらの 設 工 事 である 場 合 において 規 定 は 適 ( 当 以 用 該 下 しない 建 略 ) 工 事 の 元 請 負 人 があらかじめ 発 注 者 の 定 書 建 公 第 ( 事 ( 設 共 六 一 とする 業 工 条 括 法 事 の 下 施 の 三 請 行 負 入 法 令 の 札 第 禁 十 二 条 公 共 工 及 二 止 事 び 十 の については 契 二 対 ) 約 条 象 の 第 となる 適 三 正 項 多 化 の 数 建 政 の 設 促 令 者 業 進 法 で が に 第 定 利 用 する 施 設 又 は 作 物 に 関 する 重 要 な 建 設 工 事 ) 関 める 二 する 重 十 二 法 要 条 律 な 建 設 工 事 は 共 同 住 宅 を 新 築 する 建 設 工 第 三 項 の 規 定 は 適 用 しない 一 括 下 請 負 の 禁 止 ( 関 係 法 令 ) 50 25

26 参 考 : 一 括 下 請 の 落 とし 穴 建 設 業 法 第 22 条 第 3 項 により 一 括 下 請 が 可 能 となる 場 合 がある ただし 公 共 工 事 は 入 札 契 約 適 正 化 法 第 12 条 により 共 同 住 宅 を 新 築 する 建 設 工 事 は 建 設 業 法 施 行 令 第 6 条 の3 で 禁 止 されている 現 場 施 工 の 一 括 下 請 は 認 められることがあるが 技 術 者 の 一 括 下 請 は 認 められていない 51 事 例 : 一 括 下 請 の 落 とし 穴 民 間 工 事 ( 共 同 住 宅 を 新 築 する 建 設 工 事 以 外 )において 元 請 業 者 は 発 注 者 から 一 括 下 請 の 承 諾 書 を 書 面 でもらって いた よって 本 事 例 では 一 括 下 請 で 処 分 されることはない しかしながら 本 事 例 では 元 請 業 者 の 監 理 技 術 者 ( 専 任 ) が 別 工 事 に 従 事 していた これにより 元 請 業 者 は 監 理 技 術 者 の 専 任 義 務 違 反 となっ た 52 26

27 の6 建 設 業 法 第 24 条 の6 使 設 法 用 工 律 発 事 の に 注 関 の 規 者 する 下 定 から 請 又 法 負 は 直 令 建 人 接 の 設 が その 建 規 工 設 定 事 工 で の 下 事 政 施 請 を 令 工 請 負 で 若 け に 定 しくは 負 係 めるものに った る 建 特 設 定 工 建 違 事 設 反 に の 業 しないよう 従 施 者 事 工 する に は 関 労 し この 当 働 該 者 建 下 の ( 下 請 負 人 に 対 する 特 建 設 業 者 指 導 等 ) 注 ) 特 定 建 設 業 者 は 下 請 負 業 者 が 違 反 したことなので 知 らないでは 済 まされない 第 項 注 ) 請 負 人 の 指 導 に 努 めるものとする 1 6ー5 元 請 の 指 導 義 務 53 6ー6 施 工 体 制 関 する 違 反 事 例 1 いて 施 いる ケアレスミスであれば 工 場 理 体 合 解 制 もある しておく 台 帳 を 作 必 監 成 要 理 していれば 技 がある 特 術 に 者 問 等 題 の にはしないが 専 知 任 らないうちに 非 専 任 の 建 区 設 別 業 専 法 を 門 違 理 技 反 解 術 となって せずに 者 につ 施 工 体 制 台 帳 記 入 ミス 下 請 負 通 人 知 との 書 )に 契 約 添 書 付 の すべき 写 しを 資 添 料 付 が していないなど 不 足 している 事 例 施 が 工 多 体 い これは 制 台 帳 ( 再 この 業 建 また 者 設 と 業 契 法 下 約 違 請 していた 反 負 第 人 の 条 状 場 の7に 況 合 を などでも 把 違 握 反 していないことから する 指 導 することが 困 難 下 になってしまう 請 負 人 が 無 許 可 施 工 体 制 台 帳 等 添 付 資 料 の 不 足 がある 場 合 特 定 建 設 業 者 は 建 設 業 法 第 条 違 反 を 問 われる 可 能 性

28 とC とB の7 次 B とC 次 次 次 次 公 共 工 事 においては 発 注 者 が 監 督 員 を 配 置 してチェックをしているこ 6ー6 施 体 に 関 する 違 反 事 例 2 建 がら 施 とから 設 工 施 業 体 民 比 者 法 制 間 較 は 第 台 工 的 帳 事 施 では 工 体 発 制 注 台 者 帳 及 厳 び しくチェックしている 系 図 は 作 成 状 されている しかしな 況 でもないことから 体 制 建 や 条 設 施 工 体 系 図 が 不 作 成 となっている 事 例 がある これは 台 業 帳 法 違 第 反 となり 施 工 体 制 台 帳 等 を 作 成 しなかった 特 定 施 条 工 第 体 項 系 に 図 基 づき の 不 営 業 作 停 止 等 の 処 分 となる を 下 24 法 常 偽 請 第 識 造 負 では していた この 人 条 との に 考 違 えられないが 契 反 約 するとともに 書 を 事 偽 例 造 は するとともに 公 建 共 有 設 工 印 業 事 私 法 において 文 第 施 書 工 偽 条 体 造 及 制 の 一 び 台 疑 括 同 帳 いもある 下 法 及 請 第 び 負 施 を 工 条 隠 体 の7 すため 系 図 同 28 1 施 工 体 制 台 帳 等 の 虚 偽 報 告 実 際 の 契 約 の 流 れ 負 次 元 請 施 工 体 制 台 帳 等 の 虚 偽 報 告 の 事 例 社 下 自 は 治 主 体 任 に 技 提 術 次 出 者 社 下 を していた 配 請 社 置 社 していない は 社 親 子 体 系 図 社 関 及 との 係 であり び 間 現 で 場 下 元 の 請 に 無 理 矢 理 頼 まれて 一 括 下 請 負 契 約 が 系 締 結 されていた A 1 B 2 C 3 D 元 請 1 と2 C をしていた A 施 B 存 工 在 体 制 台 帳 社 及 び 社 体 間 系 の 図 契 約 書 社 が の 添 記 付 載 されていた は 無 く 施 工 体 制 台 帳 の 添 付 資 料 には A 1 C 2 D にはB しないA 56 6ー6 施 工 体 制 に 関 する 違 反 事 例 3 請 社 B 28

29 JV( 甲 型 )A 社 社 社 B C がするためにはJVの 成 条 で 禁 じられている 社 と 契 約 出 することは 資 比 率 の 割 自 合 己 を 契 変 約 えれば となり 下 自 請 己 契 約 しなくても は 民 法 C がC 57 参 考 JV( 共 同 企 業 体 )の 施 工 体 制 JVの 構 成 員 に 下 請 で 出 すことは 出 来 ない 元 請 員 社 元 請 の 立 場 で 施 工 が 可 能 C 第 社 構 JV 108 C 1 次 下 請 は 下 請 負 人 からその 請 け 負 った 建 設 工 事 が 完 成 した 第 項 元 検 で かつ できる 旨 査 の 通 を 完 知 了 を 受 しなければならない けたときは 限 り 短 い 期 当 間 該 内 通 に その 知 を 受 けた 完 成 日 を から 確 認 二 するための 十 日 以 内 建 設 業 法 第 24 条 の4 ( 検 査 及 び 引 渡 し) 引 下 請 負 人 は が 申 前 し 項 出 の たときは 検 査 によって 直 ちに 建 設 当 工 該 事 建 の 設 完 工 成 事 を 確 目 認 的 した 物 後 日 られた でない 渡 に 引 しを 工 渡 受 事 しを けなければならない ただし 完 受 成 ける の 時 旨 期 の から 特 約 二 がされている 十 日 を 経 過 下 した 場 請 合 契 日 には この 約 以 において 前 の 一 定 限 のりめ 2 第 項 1 7ー1 現 場 竣 工 と 完 成 検 査 58 29

30 (4,000 成 元 後 請 における 負 人 は 支 請 払 負 を 代 受 金 けたときは の 出 来 形 部 分 対 する の 支 対 払 象 又 となった は 工 事 建 完 設 建 設 以 来 た 工 金 業 内 事 形 額 法 で かつ できる を 部 施 の 分 工 出 に した 来 相 形 応 下 に する 請 対 負 下 する 人 に 割 対 合 して 及 び 下 元 請 負 人 が 施 支 工 払 した を 受 出 け 第 24 条 の3 ( 限 請 り 短 代 下 い 金 を 当 該 を 受 けた 日 から 一 月 請 期 間 代 内 金 に 支 の 払 支 わなければならない 払 い) 第 項 1 9ー1 下 請 負 人 への 支 払 59 負 円 建 設 る 特 下 ) 人 以 定 業 請 が 上 建 法 代 特 の 設 第 金 定 法 業 の 建 人 者 24 支 設 である が 注 文 となった 請 契 約 ( 下 請 契 約 における 請 条 払 業 者 の5 日 又 者 は は を 資 除 前 本 く 条 金 以 ( 額 同 下 が 法 この 政 第 令 条 で において める 金 同 額 じ )におけ万 ( 特 定 建 設 の 下 請 代 の 支 払 期 等 ) つ できる 日 において ( 同 項 ただし 同 限 じ )から り 短 書 い きの 期 起 間 場 算 内 合 において にあっては その 日 を 定 経 められなければならない 過 する 一 条 日 定 の4) 以 の 前 日 第 において か 項 以 の 下 申 この 出 条 の 24 2 して50 第 項 1 9ー2 下 請 負 人 への 支 払 60 30

31 の5 の5 の5 9ー3 建 日 設 支 業 払 法 申 第 出 の 払 に 条 日 関 第 する 項 日 違 以 では 反 内 特 定 建 設 業 者 は 下 請 代 金 期 違 となる と 定 日 後 の 支 払 は 反 事 例 1 の 申 し 出 日 より60 日 後 の 支 払 引 1 場 元 合 を 請 受 には 負 けることが 人 建 が 設 手 業 形 法 困 期 第 難 間 である 条 日 手 を 第 形 超 の 項 える 交 に 付 長 違 と 期 反 手 する 認 形 められる を 交 付 した 場 合 場 があり その 合 は 割 から50 められており 手 形 サイトが120 以 上 第 条 赤 伝 処 理 とは 元 請 負 人 が 下 請 代 金 の 支 払 い 時 に 差 し 引 く( 相 殺 する) 9ー3 支 払 に 関 する 違 反 事 例 2 行 議 しかしながら 為 合 であり 意 が 必 赤 要 伝 である 処 理 を 行 う 場 合 は 元 請 負 人 と 下 請 負 人 の 双 方 の 協 赤 協 議 を 行 わず 一 方 的 に 相 殺 している 事 例 が 多 い 伝 処 理 現 場 事 務 所 電 駐 気 車 代 建 安 設 全 協 廃 棄 力 会 物 費 の 処 理 場 費 代 用 の 負 担 62 31

32 年 年 月 の3 年 月 る 法 律 が 平 処 成 理 及 び 清 掃 に 日 関 に する 改 正 法 公 律 布 ( され 廃 棄 物 発 処 注 理 者 法 から )の 直 一 接 部 建 を 設 改 工 正 事 す 参 考 : 赤 伝 処 理 する 違 反 事 例 棄 赤 ( 廃 請 物 伝 棄 け 建 の 処 物 負 設 処 理 った の 理 違 元 請 業 者 を 事 業 者 とした 廃 費 法 反 第 条 第 棄 用 事 が 例 項 ) 物 含 の まれているにも として 発 注 者 から 請 け 負 った 請 負 金 額 の 中 に 廃 処 理 費 用 係 の わらず 負 担 下 請 業 者 に 対 して 下 請 ることとなり 元 を 工 下 請 事 請 は で 代 発 発 金 生 注 から した 赤 者 伝 廃 相 及 棄 び 殺 物 下 している だから 請 業 者 事 処 から 例 理 があった 用 二 を 重 頂 で く との 廃 棄 物 理 処 由 理 で 費 廃 用 棄 を 物 徴 処 収 理 してい 費 用 21 処 理 となる 1 63 建 設 業 者 は 国 土 交 通 省 令 で 定 めるところにより( 施 工 規 則 通 る 項 事 ~ 項 第 項 国 及 土 び 交 第 通 省 条 令 で 第 定 めるもの( 条 ) その 施 工 規 則 ごとに その 第 条 第 項 営 )を 業 に 記 関 載 すし 業 法 40 の3 ( 帳 簿 の 備 付 け 等 ) た 帳 省 簿 令 を で 備 定 え かつ めるものを 当 保 該 存 帳 しなければならない 簿 及 びその 営 業 所 に 関 する 図 書 で 国 土 交 施 行 平 されている 成 月 法 律 により 改 正 され 平 成 日 から ー1 工 事 完 成 後 ( 帳 簿 の 整 備 ) 第 号 114 第 条 26 第

33 10ー 営 業 所 の 代 表 者 の 氏 名 及 びその 就 任 日 建 設 業 法 に 基 づく 帳 簿 の 記 載 事 項 1 (2) (1) 注 文 請 者 け 負 と 締 った との 結 建 した 契 設 約 建 工 日 設 事 工 の 事 名 の 称 請 工 負 事 契 現 約 場 に の 関 所 する 在 事 地 項 帳 簿 記 載 事 項 (4) (5) (3) 注 工 事 文 目 者 の 的 から 商 物 号 受 を けた 注 名 文 称 完 者 成 住 に 所 検 引 査 き 許 渡 の 可 した 年 番 月 号 年 日 月 日 発 注 者 と 締 結 した 住 宅 の 新 築 工 事 の 請 負 契 約 に 関 する 事 項 10ー2 建 設 業 法 に 基 づく 帳 簿 の 記 載 項 2 (3) (1) (2) 発 当 建 注 該 設 者 住 業 宅 者 交 の 付 建 床 している 設 面 積 瑕 疵 負 住 担 宅 割 瑕 合 疵 担 保 責 任 保 険 法 人 帳 簿 の 記 載 事 4. (2) (1) 下 請 契 約 に 関 に する 請 け 事 負 項 (3) 負 人 との 商 契 号 約 名 日 わせた 称 住 建 所 設 工 許 事 可 の 番 名 号 称 工 事 現 場 の 所 在 地 (4) (5) 年 下 月 請 日 工 事 の 完 目 成 的 を 物 確 について 認 するために 下 請 業 自 者 社 から が 行 引 った き 渡 検 しを 査 受 の けた 年 月 日 66 33

34 が4, なって 10ー2 設 法 に 基 づく 帳 簿 記 載 事 項 3 (1) 特 定 建 設 業 の 許 可 を 受 けている 者 が 注 文 者 ( 元 請 工 事 に 限 らない)と (2) 工 帳 支 事 一 を 般 下 建 請 設 負 業 した 者 場 ( 資 合 本 には 金 以 下 に 関 万 する 円 以 事 上 項 の も 法 必 人 要 企 業 を 除 く)に 建 簿 払 った の 手 形 下 請 代 金 の 額 支 払 った 年 月 日 及 び 支 払 手 段 記 載 交 付 事 したときは その 項 (3) 満 代 期 金 の 一 部 を 支 払 ったときは その 手 形 後 金 下 額 請 代 交 金 付 の 年 支 月 払 日 残 額 手 形 の (4) 帳 遅 簿 延 の 利 記 息 載 を 事 支 項 払 1.~5.については 遅 延 利 息 電 の 磁 額 的 支 記 払 録 日 でも 可 能 ー3 2. 契 約 書 又 はその 写 し 法 に 基 づく 帳 簿 の 添 付 書 類 1 年 なって に 特 建 月 定 設 日 建 工 及 設 一 事 び 業 般 を 支 の 建 下 払 許 設 請 手 可 業 負 段 を 者 した 受 を ( 資 証 けている 場 本 明 合 金 する には 者 書 が 類 下 注 ( 請 領 万 文 代 収 円 者 金 書 以 ( 元 の 等 上 請 支 ) の 又 工 払 法 は 事 済 人 写 に 額 企 し限 業 支 らない)と を 払 除 った く) 帳 簿 の 添 付 書 類 が4,

35 は4, 特 定 建 設 業 許 可 を 受 けている 者 が 注 文 者 ( 元 請 工 事 に 限 る)となっ 10ー3 法 に 基 づく 帳 簿 の 添 付 書 類 2 (1) の 事 下 現 請 場 代 に 備 金 万 え の 円 付 総 ( 建 ける 額 築 で 一 施 判 式 工 断 工 体 ) 以 事 制 上 の 台 の 場 帳 下 合 請 以 契 下 約 の を 部 万 締 分 円 結 を した 添 一 付 次 場 下 合 請 には 業 者 工 へ 帳 簿 の 添 書 類 (2) する 当 監 者 該 理 監 が 工 技 理 管 事 術 技 理 者 術 を 関 以 者 担 し 外 資 当 実 格 した 専 際 門 に 建 技 工 設 術 事 工 現 事 を 場 の 置 に 内 いたときは その 置 容 有 監 する 理 主 技 任 術 者 技 の 術 氏 者 名 そ 有 て 3,000 (6) (5) (3) (4) ( に 末 請 実 端 け 際 までの 負 に わせた 工 事 全 現 業 建 場 者 設 工 置 以 事 いた 下 の 同 主 内 じ )の 任 容 技 工 術 商 期 者 号 の 許 氏 可 名 番 資 号 術 の 下 者 氏 請 資 名 負 その 格 人 が 主 者 任 が 技 管 術 理 者 を 以 担 外 当 に した 専 門 建 技 設 術 工 者 事 を の 置 内 いたときは その 容 有 する 主 格 任 技 者 69 10ー4 発 建 設 業 法 に 基 づく 帳 簿 の 保 存 期 間 間 事 建 注 項 ) 保 設 者 を 存 記 業 と しなければならない 締 録 法 結 した 第 した 40 帳 条 住 簿 の3では 宅 を 備 を 新 え 5 築 する 建 年 設 間 建 業 ( 設 平 者 工 成 は 事 21 営 に 業 年 係 所 10 るものにあっては 10 ごとに 月 1 日 以 営 降 業 については に 関 する年 帳 簿 の 保 存 期 間 70 35

36 は4,500 営 10ー5その 間 他 (10 年 間 保 存 義 務 があるもの) (1) 発 業 保 注 に 存 者 から 直 接 建 設 工 事 を 請 け 負 った 場 合 は 営 業 所 ごとに 以 下 み) 完 関 しなければならないとされている 成 する 図 ( 図 建 書 設 を 業 当 者 該 が 建 作 設 成 工 した 事 場 の 目 又 的 は 物 発 の 注 引 者 渡 をしたときから10 受 領 場 合 年 の 営 業 に 関 する 図 書 の 保 存 期 間 (2) (3) 万 限 工 施 円 る) 事 工 ( 内 体 建 容 系 築 に 図 一 関 ( 式 発 する 工 注 事 者 発 の から 注 場 者 直 合 との 接 打 け 合 負 せ 万 った 記 円 録 建 ( 一 設 相 次 工 互 下 事 に 請 交 負 付 人 したものに への 下 請 電 合 代 磁 のみ) 金 的 の 記 総 録 額 も で 可 判 能 断 ) 以 上 の 下 請 契 約 を 締 結 した 特 定 建 設 業 者 の 場 について 3, 重 大 違 反 事 項 一 括 下 請 け 主 任 技 術 者 監 理 技 術 者 の 不 設 置 施 工 体 制 台 帳 体 系 図 の 不 作 成 無 許 可 業 者 との 契 約 営 違 業 虚 偽 申 請 ( 許 可 となるよ 反 停 すると 止 処 分 経 審 発 注 者 に 提 出 する 書 類 など) 72 36

37 23 100% 指 摘 を 受 けた 業 者 割 合 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 90% 主 な 法 令 違 反 1 62% 55% 48% 見 積 契 約 施 工 体 制 技 11% 術 者 支 平 8% 払 成 いその 年 度 年 5% 度 他 11% 15% 近 畿 地 方 指 整 備 摘 局 無 立 し 入 調 発 査 結 注 果 者 より 問 題 主 な 法 令 違 反 2 技 術 者, 5% 支 払 い, 4%その 他, 2% 平 成 年 度 度 近 畿 地 方 整 備 局 立 入 調 査 結 果 より 施 工 体 制, 26% 見 積, 31% 22 契 約, 32% 指 摘 事 項 内 容 の 比 率 年

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

(8) 入 札 参 加 者 資 格 者 が 関 係 法 令 等 を 遵 守 しないなど 請 負 者 として 不 適 当 であると 認 め られるときは 指 名 業 者 として 選 定 することを 制 限 する 2. 労 働 者 の 福 祉 向 上 について 労 働 者 の 福 祉 向 上 のため 各

(8) 入 札 参 加 者 資 格 者 が 関 係 法 令 等 を 遵 守 しないなど 請 負 者 として 不 適 当 であると 認 め られるときは 指 名 業 者 として 選 定 することを 制 限 する 2. 労 働 者 の 福 祉 向 上 について 労 働 者 の 福 祉 向 上 のため 各 入 札 参 加 時 の 遵 守 事 項 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 決 裁 ) 羽 生 市 発 注 工 事 及 び 委 託 の 入 札 及 び 施 工 等 に 当 たっては 下 記 の 事 項 を 遵 守 してください なお 請 け 負 った 工 事 等 の 一 部 を 下 請 させるときは 下 請 負 者 に 対 し この 遵 守 事 項 について 周 知 し また これらの 従 事 する

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

○○施設指定管理者募集要項(例)

○○施設指定管理者募集要項(例) 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 教 育 委 員 会 - 0 - 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 大 分 市 情 報 学 習 センターは 本 市 の 情 報 学 習 の 支 援 及 び 生 涯 学 習 の 振 興 を 図 るため 設 置 されました 今 般 大 分 市 情 報 学

More information

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251>

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251> 入 札 公 告 ( 建 築 のためのサービスその 他 の 技 術 的 サービス( 建 設 工 事 を 除 く)) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 する なお 本 業 務 に 係 る 落 札 及 び 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 25 年 度 本 予 算 が 成 立 し 予 算 示 達 がなされることを 条 件 とするものである 今 回 の 業 務 に 参 加

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

01

01 業 務 契 約 書 ( 案 ) 1 業 務 名 国 有 財 産 分 筆 測 量 業 務 ( 釧 路 市 千 歳 町 ほか) 2 業 務 場 所 釧 路 市 千 歳 町 58-1 58-8 川 上 郡 弟 子 屈 町 泉 1 丁 目 51 3 履 行 期 間 平 成 28 年 月 日 から ( 契 約 締 結 の 翌 日 から) 平 成 28 年 3 月 16 日 まで 4 契 約 金 額 円 (うち

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 コンパルホール 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 営 管 理

More information

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第 定 款 沿 革 昭 和 29 年 11 月 1 日 制 定 昭 和 30 年 3 月 28 日 改 正 昭 和 31 年 3 月 17 日 改 正 昭 和 32 年 3 月 13 日 改 正 昭 和 33 年 5 月 16 日 改 正 昭 和 34 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 35 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 39 年 3 月 29 日 改 正 昭 和 42 年 5 月 25 日

More information

<5461726F2D838F839383588367836283768354815B83728358288B9689C229>

<5461726F2D838F839383588367836283768354815B83728358288B9689C229> 建 設 業 許 可 ( 建 設 業 法 第 3 条 ) (1) 建 設 業 の 許 可 ア 建 設 業 を 営 もうとする 者 は 軽 微 な 建 設 工 事 のみを 請 け 負 う 場 合 を 除 き 建 設 業 法 第 3 条 の 規 定 に 基 づき 建 設 業 の 許 可 を 受 けなければなりません イ 軽 微 な 建 設 工 事 とは 工 事 1 件 の 請 負 代 金 の 額 が 建

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

1 入 札 後 資 格 確 認 型 一 般 競 争 入 札 の 競 争 入 札 参 加 資 格 について (1) 入 札 参 加 者 は 競 争 入 札 参 加 資 格 [7] から[12]までに 定 める 競 争 入 札 参 加 資 格 を 満 たすほか 次 に 掲 げる 資 格 をすべて 満 た

1 入 札 後 資 格 確 認 型 一 般 競 争 入 札 の 競 争 入 札 参 加 資 格 について (1) 入 札 参 加 者 は 競 争 入 札 参 加 資 格 [7] から[12]までに 定 める 競 争 入 札 参 加 資 格 を 満 たすほか 次 に 掲 げる 資 格 をすべて 満 た 入 札 公 告 次 のとおり 入 札 後 資 格 確 認 型 一 般 競 争 入 札 ( 電 子 入 札 )に 付 します 平 成 28 年 9 月 30 日 [1] 工 事 名 西 築 地 小 埋 設 給 排 水 管 改 修 工 事 契 約 事 務 受 任 者 名 古 屋 市 財 政 局 契 約 監 理 監 柴 田 真 吾 入 札 に 付 す る 事 項 [2] 工 事 場 所 [3] 工 事 内

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

<93FC8E448CF68D B43816A2E786477>

<93FC8E448CF68D B43816A2E786477> 入 札 公 告 次 のとおり 総 合 評 価 ( 特 別 簡 易 型 事 後 確 認 ) 一 般 競 争 入 札 ( 電 子 入 札 )に 付 します 平 成 28 年 10 月 6 日 名 古 屋 市 病 院 局 長 大 原 弘 隆 [1] 工 事 名 東 部 医 療 センター 新 病 棟 改 築 電 気 工 事 入 札 に 付 す る 事 項 [2] 工 事 場 所 [3] 工 事 内 容 [4]

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 沖 縄 県 土 木 建 築 部 平 成 25 年 7 月 1 日 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 第 101 条 適 用 範 囲 1. 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 ( 以 下 共 通 仕 様 書 という )は 沖 縄 県 土 木 建 築 部 の 発 注 する 現 場 技 術 業 務 に 係 る 土 木 設 計 業 務 等 請

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BA3918893FC8E448E5189C18E918A6990528DB88B7982D18C5F96F18E9696B18EE688B597768D6A81699056816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BA3918893FC8E448E5189C18E918A6990528DB88B7982D18C5F96F18E9696B18EE688B597768D6A81699056816A2E646F63> 目 平 成 17 年 10 月 1 日 次 21 総 資 則 格 ( の 第 審 1 査 条 ( 第 第 32 条 条 ) 34 工 事 等 の 施 契 行 約 手 の 続 手 ( 続 第 ( 9 14 8 条 ) 第 13 第 条 21 条 )) 65 建 設 工 締 事 結 及 ( び 第 監 24 理 条 の 委 第 託 33 契 条 約 ) の 手 続 ( 第 22 条 第 23 条 ) 第

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

神栖市児童館指定管理業務仕様書

神栖市児童館指定管理業務仕様書 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 平 成 28 年 8 月 茨 城 県 神 栖 市 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 児 童 館 等 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 びその 範 囲 は, 募 集 要 項 のほかこの 仕 様 書 による 第 1 管 理 運 営 の 基 本 方 針 児 童 館 は, 地 域 児 童 の 健

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 25 号 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 を 次 のとおり 定 める 平 成 18 年 11 月 9 日 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 文 雄 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 改 正 平 成 20 年 5 月 22 日 中 日 本 高 速

More information

建築士事務所登録と変更等のご案内

建築士事務所登録と変更等のご案内 建 築 士 事 務 所 登 録 と 変 更 等 の 手 引 き 1 建 築 士 事 務 所 の 登 録 とは( 建 築 士 法 第 23 条 ) 平 成 23 年 4 月 2 登 録 ( 新 規 及 び 更 新 )の 申 請 手 続 き (1) 法 人 の 場 合 (2) 個 人 の 場 合 3 変 更 の 届 出 ( 建 築 士 法 第 23 条 の5) 4 廃 業 等 の 届 出 ( 建 築 士

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

キ 短 時 間 労 働 者 の 雇 用 管 理 の 改 善 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 5 年 法 律 第 76 号 ) ク 労 働 契 約 法 ( 平 成 19 年 法 律 第 128 号 ) ケ 健 康 保 険 法 ( 大 正 11 年 法 律 第 70 号 ) コ 厚 生 年 金 保

キ 短 時 間 労 働 者 の 雇 用 管 理 の 改 善 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 5 年 法 律 第 76 号 ) ク 労 働 契 約 法 ( 平 成 19 年 法 律 第 128 号 ) ケ 健 康 保 険 法 ( 大 正 11 年 法 律 第 70 号 ) コ 厚 生 年 金 保 県 契 約 における 適 正 な 労 働 条 件 の 確 保 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 県 契 約 において 当 該 県 契 約 に 基 づく 業 務 に 関 わる 労 働 者 の 適 正 な 労 働 条 件 を 確 保 し もって 労 働 者 の 生 活 の 安 定 を 図 り 公 共 工 事 及 び 公 共 サービス の 質 の 向 上 に 資 するために

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

浦 市 奈 良 輪 雨 水 ポンプ 場 整 備 工 事 ( 電 気 ) を 受 注 していない 者 ⑶ 資 格 者 名 簿 における 建 築 一 式 工 事 の 格 付 がA 等 級 である 者 ⑷ 千 葉 県 内 に 本 店 又 は 建 設 業 法 に 基 づく 許 可 を 得 た 営 業 所 が

浦 市 奈 良 輪 雨 水 ポンプ 場 整 備 工 事 ( 電 気 ) を 受 注 していない 者 ⑶ 資 格 者 名 簿 における 建 築 一 式 工 事 の 格 付 がA 等 級 である 者 ⑷ 千 葉 県 内 に 本 店 又 は 建 設 業 法 に 基 づく 許 可 を 得 た 営 業 所 が 公 益 財 団 法 人 千 葉 県 下 水 道 公 社 建 設 工 事 一 般 競 争 入 札 公 告 第 11 号 袖 ケ 浦 市 奈 良 輪 雨 水 ポンプ 場 整 備 工 事 ( 建 築 )の 一 般 競 争 入 札 の 実 施 について 一 般 競 争 入 札 を 次 のとおり 実 施 する 平 成 25 年 10 月 2 日 公 益 財 団 法 人 千 葉 県 下 水 道 公 社 理 事

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

発 表 集 本 文 構 成 構 成 印 刷 色 頁 枚 数 備 考 局 長 挨 拶 3 両 面 モノクロ 目 次 5 (ページ 番 号 はつけない) 発 表 会 写 真 両 面 6 (ページ 番 号 はつけない)3 枚 目 の 裏 白 紙 Ⅰ 森 林 技 術 部 門 片 面 2 (ページ 番 号 は

発 表 集 本 文 構 成 構 成 印 刷 色 頁 枚 数 備 考 局 長 挨 拶 3 両 面 モノクロ 目 次 5 (ページ 番 号 はつけない) 発 表 会 写 真 両 面 6 (ページ 番 号 はつけない)3 枚 目 の 裏 白 紙 Ⅰ 森 林 技 術 部 門 片 面 2 (ページ 番 号 は 仕 様 書 1, 件 名 平 成 27 年 度 北 の 国 森 林 づくり 技 術 交 流 発 表 集 印 刷 2, 規 格 A4 版 簡 易 製 本 無 線 綴 じ 300 部 表 紙 :モノクロ 印 刷 表 表 紙 2 頁 裏 表 紙 2 頁 計 4 頁 本 文 :モノクロ 14 頁 ( 白 紙 片 面 印 刷 の 裏 面 1 頁 ) カラー 232 頁 ( 白 紙 片 面 印 刷 の 裏 面

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 改 案 旧 照 文 昭 和 1 0 自 治 昭 和 54 安 昭 和 55 昭 和 56 労 働 昭 和 6 昭 和 6 警 察 昭 和 66 運 昭 和 68 大 期 7 併 7 1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 根

More information

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に 法 制 WG19-2-4 参 考 資 料 平 成 19 年 10 月 31 日 金 融 庁 目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 における 課

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015 居 宅 介 護 サービス 事 業 等 の 手 引 き Ⅴ 居 宅 療 養 管 理 指 導 平 成 27 年 6 月 島 根 県 高 齢 者 福 祉 課 平 成 27 年 度 報 酬 改 定 反 映 版 [ 注 意 事 項 ] 介 護 予 防 サービスについては 居 宅 介 護 サービスと 同 趣 旨 の 場 合 記 載 を 省 略 した 事 項 があります 掲 載 した Q&A は 一 部 ですので

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63> Ⅱ マンション 標 準 管 理 委 託 契 約 書 コメント 1 全 般 関 係 1 この 契 約 書 は マンションの 管 理 組 合 ( 以 下 管 理 組 合 という )とマンショ ン 管 理 業 者 の 間 で 協 議 がととのった 事 項 を 記 載 した 管 理 委 託 契 約 書 を マンション の 管 理 の 適 正 化 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 12 年 法 律

More information

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引 資 料 3 横 手 市 上 下 水 道 部 料 金 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1. 目 的 この 仕 様 書 は 横 手 市 ( 以 下 委 託 者 という )の 委 託 する 業 務 等 ( 以 下 委 託 業 務 とい う )について 必 要 な 事 項 を 定 める 2. 法 令 の 遵 守 受 託 者 は 委 託 業 務 の 施 行 に 当 たり 委 託 業 務

More information

<817992B78DE88253825882568D868BB497C095E28F438D488E96817A48323820874093FC8E448CF68D9081698E7B8D48945C97CD955D89BF8C5E816A3136303830312E786C7378>

<817992B78DE88253825882568D868BB497C095E28F438D488E96817A48323820874093FC8E448CF68D9081698E7B8D48945C97CD955D89BF8C5E816A3136303830312E786C7378> 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します 平 成 8 年 9 月 6 日 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 九 州 地 方 整 備 局 長 崎 河 川 国 道 事 務 所 長 垣 原 清 次 工 事 概 要 () () 工 事 名 工 事 場 所 長 崎 497 号 橋 梁 補 修 工 事 長 崎 県 佐 世 保 市 塩 浜 町 地 先

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

 この業務仕様書は、指定管理者が行う下関市勤労青少年ホーム(以下「ホーム」という

 この業務仕様書は、指定管理者が行う下関市勤労青少年ホーム(以下「ホーム」という 下 関 市 デイサービスセンター ほのぼの 指 定 管 理 者 の 指 定 に 係 る 申 込 要 項 平 成 27 年 10 月 下 関 市 目 次 1 施 設 の 概 要 1 2 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 2 3 今 後 のスケジュール 2 4 指 定 期 間 3 5 申 込 資 格 3 6 申 込 条 件 3 7 申 込 書 類 申 込 方 法 等 4 8 選 定 ( 審 査 )の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) の 公 表 について 平 成 27 年 1 月 8 日 本 規 定 案 ( 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) )は 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 す るための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 27 号 )に 基 づき 特 定 個 人 情 報 の 適

More information

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地 仕 様 書 1 業 務 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 における 土 壌 汚 染 調 査 にかかる 土 地 履 歴 調 査 業 務 委 託 2 業 務 期 間 契 約 日 ~ 平 成 27 年 3 月 20 日 3 実 施 場 所 ( 対 象 地 ) (1) 用 地 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 (2) 地 番 大 阪 市 浪 速 区 恵 美 須 西 3 丁 目 13 番 5 (3) 面 積

More information

パソコン賃貸借契約

パソコン賃貸借契約 委 託 契 約 書 ( 案 ) 公 立 大 学 法 人 福 井 県 立 大 学 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という ) とは 福 井 県 立 大 学 の 情 報 ネットワーク 管 理 補 助 業 務 に 関 し 次 の 各 条 項 により 委 託 契 約 を 締 結 し 信 義 に 従 って 誠 実 にこれを 履 行 するものとする ( 総 則 ) 第 1 条 甲 は 情 報 ネットワーク

More information

ロ 経 過 措 置 期 間 中 は ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 変 更 の 届 出 については 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 の 新 設 の 届 出 を 除 く 事 項 の 変 更 の 届 出 を 行 うことができる ( 旧 ) 特 定 労 働

ロ 経 過 措 置 期 間 中 は ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 変 更 の 届 出 については 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 の 新 設 の 届 出 を 除 く 事 項 の 変 更 の 届 出 を 行 うことができる ( 旧 ) 特 定 労 働 第 4 ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 経 過 措 置 1 経 過 措 置 に 関 する 概 要 (1) ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 経 過 措 置 イ 平 成 27 年 9 月 30 日 から( 旧 ) 一 般 労 働 者 派 遣 事 業 及 び( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 は 廃 止 と なり 労 働 者 派 遣 事

More information

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc)

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc) 定 款 平 成 19 年 6 月 全 国 商 工 会 連 合 会 全 国 商 工 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 連 合 会 ( 以 下 本 連 合 会 という )は 商 工 会 及 び 都 道 府 県 商 工 会 連 合 会 の 健 全 な 発 達 を 図 り もって 商 工 業 の 振 興 に 寄 与 することを 目 的 と する ( 名

More information

< E95E CC BE689E6817A8CF695E A6D92E894C52E786477>

< E95E CC BE689E6817A8CF695E A6D92E894C52E786477> 市 有 財 産 公 売 ( 一 般 競 争 入 札 ) 応 募 要 領 [ 平 成 28 年 度 ] 宇 都 宮 市 経 済 部 商 工 振 興 課 028-632-2433 公 売 物 件 一 覧 表 1 物 件 及 び 現 地 説 明 日 時 物 件 番 号 物 件 の 所 在 実 測 面 積 現 況 地 目 最 低 入 札 価 格 現 地 説 明 日 時 1 宇 都 宮 市 ゆいの 杜 8 丁

More information

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす 全 国 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 制 定 昭 和 29 年 11 月 15 日 改 正 平 成 14 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 8 月 18 日 改 正 平 成 19 年 3 月 29 日 改 正 平 成 20 年 3 月 27 日 改 正 平 成 22 年 3 月 29 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条

More information

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 法 発 令 : 平 成 14 年 12 月 13 日 号 外 法 律 第 171 号 最 終 改 正 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 改 正 内 容 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 [ 平 成 28 年 4 月 1 日 ] 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 安

More information

H27 資料2

H27 資料2 指 導 監 査 における 主 な 指 導 事 項 について 資 料 2 ~ 目 次 ~ Ⅰ 実 地 指 導 における 主 な 指 摘 事 項 の 内 訳 ( 平 成 26 度 ) Ⅱ 運 営 に 関 する 事 項 1 運 営 規 程 及 び 重 要 事 項 説 明 書 2 各 種 規 則 や 規 程 3 衛 生 管 理 等 4 虐 待 苦 情 事 故 5 非 常 災 害 対 策 6 個 別 支 援

More information

Taro-一般社団定款(H25.11.26)

Taro-一般社団定款(H25.11.26) 定 款 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 1 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 第 5 条 - 第 7 条 ) 1 第 3 章 会 員 及 び 特 別 会 員 ( 第 8 条 - 第 18 条 ) 2 第 4 章 会 員

More information

( 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )の 遵 守 ) 第 1 条 乙 は 別 紙 1の 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )に 従 って 委 託 業 務 を 実 施 しなければならな い 2 甲 は 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 ) 記 載 の 支 出 計 画 により 委 託 業 務 の 実 施 に 必 要 な 経 費 を 負 担 するものとする ( 納 入 物 の 提 出 ) 第 2

More information

方 式 の 試 行 工 事 である 2 本 工 事 は 一 定 の 条 件 に 該 当 する 低 入 札 価 格 調 査 対 象 工 事 業 者 の 入 札 への 参 加 を 制 限 する 等 の 試 行 工 事 である 3 以 下 に 掲 げる 条 件 を 全 て 満 たすことを 求 める 主 任

方 式 の 試 行 工 事 である 2 本 工 事 は 一 定 の 条 件 に 該 当 する 低 入 札 価 格 調 査 対 象 工 事 業 者 の 入 札 への 参 加 を 制 限 する 等 の 試 行 工 事 である 3 以 下 に 掲 げる 条 件 を 全 て 満 たすことを 求 める 主 任 詳 細 条 件 審 査 型 一 般 競 争 入 札 (フレックス 工 期 による 契 約 方 式 )の 実 施 に 係 る 掲 示 電 子 入 札 対 象 案 件 標 記 について 参 加 を 希 望 する 者 は 下 記 により 競 争 参 加 資 格 確 認 申 請 書 等 を 提 出 されたく 掲 示 する 1 掲 示 日 平 成 28 年 9 月 30 日 ( 金 ) 2 掲 示 責 任 者

More information

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に

More information

東京土建国民健康保険組合

東京土建国民健康保険組合 東 京 土 建 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 4 5 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 46 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 47 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 48 年 2 月 20 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 2 月 25 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 7 月 24 日 一 部 改 正 昭 和 50 年 2 月 19 日 一 部

More information

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業 安 来 運 動 公 園 管 理 業 務 仕 様 書 る 安 来 運 動 公 園 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び そ の 範 囲 等 は こ の 仕 様 書 に よ ( 有 料 公 園 施 設 に 関 す る 事 項 ) 1 施 設 の 概 要 1 所 在 地 安 来 市 吉 岡 町 450 番 地 2 面 積 46,614m2 3 概 要 区 分 面 積 等 区 分

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx ( 別 添 ) 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7>

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7> 薬 事 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 145 号 ) ( 抄 ) ( 医 薬 品 等 の 製 造 販 売 の 承 認 ) 第 十 四 条 医 薬 品 ( 厚 生 労 働 大 臣 が 基 準 を 定 めて 指 定 する 医 薬 品 及 び 第 二 十 三 条 の 二 第 一 項 の 規 定 により 指 定 する 体 外 診 断 用 医 薬 品 を 除 く ) 医 薬 部 外 品 ( 厚 生 労

More information

2

2 東 村 山 市 民 スポーツセンター 指 定 管 理 者 公 募 要 項 平 成 23 年 10 月 東 村 山 市 教 育 委 員 会 2 目 次 東 村 山 市 民 スポーツセンター 指 定 管 理 者 公 募 要 項 1 指 定 管 理 者 制 度 導 入 の 目 的 7 2 公 募 の 概 要 7 (1) 対 象 施 設 7 (2) 主 催 者 7 (3) 指 定 期 間 7 (4) 指 定

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

Microsoft Word - ◆最新00定款140213認可

Microsoft Word - ◆最新00定款140213認可 日 本 ブランド 農 業 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称

More information

定 款

定 款 ダイヤモンド 工 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第

More information

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2 全 国 天 然 木 化 粧 合 単 板 工 業 協 同 組 合 連 合 会 定 款 昭 和 47 年 4 月 10 日 設 立 認 可 昭 和 47 年 4 月 21 日 成 立 昭 和 49 年 10 月 3 日 定 款 変 更 昭 和 51 年 6 月 17 日 定 款 変 更 昭 和 53 年 6 月 19 日 定 款 変 更 昭 和 57 年 7 月 1 日 定 款 変 更 昭 和 62 年

More information

業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は 網 走 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 事 業 という )の 委 託 する 水 道 メーター の 検 針 及 び 水 道 料 金 簡 易 水 道 料 金 並 びに 下 水 道 使 用 料 ( 以 下 水

業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は 網 走 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 事 業 という )の 委 託 する 水 道 メーター の 検 針 及 び 水 道 料 金 簡 易 水 道 料 金 並 びに 下 水 道 使 用 料 ( 以 下 水 網 走 市 水 道 事 業 検 針 収 納 等 業 務 委 託 業 務 仕 様 書 網 走 市 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は 網 走 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 事 業 という )の 委 託 する 水 道 メーター の 検 針 及 び 水 道 料 金 簡 易 水 道 料 金 並 びに 下 水 道 使 用 料 ( 以 下 水 道

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健 1 第 1 章 関 係 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン( 平 成 4 年 7 月 4 日 ) 国 土 交 通 省 土 地 建 設 産 業 局 建 設 市 場 整 備 課 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない

More information

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の 伊 勢 原 市 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 仕 様 書 1 件 名 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 2 業 務 に 関 する 基 本 方 針 (1) 市 役 所 において 日 常 特 に 多 くの 市 民 が 訪 れる 窓 口 であり 様 々な 権 利 義 務 を 伴 う 手 続 きにあたって 必 要 となる 重 要 な 業 務 であることを 認 識 し 適 正

More information

11 12 13 JVの 場 合 の 請 負 金 額 及 びその 確 認 方 法 につい て 教 えてください 確 認 書 類 として 注 文 書 請 書 のどちらか 一 方 しか ないときの 取 扱 いについて 教 えてください 確 認 書 類 として 注 文 書 請 書 を 電 子 データでやり

11 12 13 JVの 場 合 の 請 負 金 額 及 びその 確 認 方 法 につい て 教 えてください 確 認 書 類 として 注 文 書 請 書 のどちらか 一 方 しか ないときの 取 扱 いについて 教 えてください 確 認 書 類 として 注 文 書 請 書 を 電 子 データでやり 1 全 般 経 営 事 項 審 査 の 有 効 期 間 について 教 えてくださ い 公 共 工 事 の 請 負 契 約 を 締 結 する 日 の1 年 7 月 前 の 日 の 直 後 の 事 業 年 度 終 了 の 日 以 降 に 経 営 事 項 審 査 を 受 けていなければならないことになって いま つまり 毎 決 算 期 後 7ヶ 月 の 間 に 受 審 しておかなければ いわゆる 経 審

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6> 東 京 大 学 固 定 資 産 管 理 規 程 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 東 大 規 則 第 178 号 ) 改 正 : 平 成 17 年 2 月 8 日 東 大 規 則 第 289 号 改 正 : 平 成 18 年 9 月 26 日 東 大 規 則 第 33 号 改 正 : 平 成 19 年 7 月 1 日 東 大 規 則 第 15 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 30 日

More information

第 4 条 会 員 登 録 1. CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 は 無 審 査 で 会 員 登 録 されます 2. 会 員 登 録 ができるのは CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 および CNCP サポーターと CNCP か

第 4 条 会 員 登 録 1. CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 は 無 審 査 で 会 員 登 録 されます 2. 会 員 登 録 ができるのは CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 および CNCP サポーターと CNCP か CNCP マッチングサイト 利 用 規 約 (2016.7.27) 第 1 条 総 則 1. 本 利 用 規 約 は 特 定 非 営 利 活 動 法 人 シビル NPO 連 携 プラットフォーム( 以 下 CNCP と 称 する)が 提 供 する インターネットサイトで 業 務 委 託 者 ( 以 下 クライアントと 称 する)と 業 務 受 託 者 ( 以 下 メンバーと 称 する)の マッチングを

More information

豊中市立特別養護老人ホームほづみ

豊中市立特別養護老人ホームほづみ 豊 中 市 立 介 護 老 人 保 健 施 設 指 定 管 理 者 提 案 要 項 平 成 27 年 (2015 年 )5 月 豊 中 市 健 康 福 祉 部 保 健 所 保 健 医 療 課 1. 基 本 的 事 項... 1 (1) 指 定 管 理 者 選 定 の 趣 旨... 1 (2) 基 本 条 件 運 営 方 針... 2 (3) 施 設 の 概 要... 3 2. 管 理 運 営 業 務

More information

第 2 章 サービス (サービスの 内 容 及 び 提 供 ) 第 6 条 本 サービスは ホームページの 制 作 改 変 等 の 代 行 を 行 うサービス 及 びサービス 提 供 に 必 要 な 機 能 を 第 7 種 ホスティングサービス 契 約 とともに 提 供 します 2 本 サービスに

第 2 章 サービス (サービスの 内 容 及 び 提 供 ) 第 6 条 本 サービスは ホームページの 制 作 改 変 等 の 代 行 を 行 うサービス 及 びサービス 提 供 に 必 要 な 機 能 を 第 7 種 ホスティングサービス 契 約 とともに 提 供 します 2 本 サービスに おまかせ!ホームページ 制 作 更 新 パック 利 用 規 約 第 1 章 総 則 ( 本 規 約 の 目 的 ) 第 1 条 エヌ ティ ティ コミュニケーションズ 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )は この おまかせ!ホームページ 制 作 更 新 パック 利 用 規 約 ( 料 金 表 を 含 みます 以 下 本 規 約 といいます )を 定 め おまかせ!ホームページ 制 作

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事 常 呂 川 FC 簡 易 水 洗 トイレ 賃 貸 借 (レンタル) 仕 様 書 1. 賃 貸 借 物 件 仕 様 表 区 分 型 式 仕 様 簡 易 水 洗 ポンプ 式 用 途 大 小 兼 用 ホ ンフ 吐 出 CC) 量 ( 水 タンク 容 量 (リットル) 便 タンク 容 量 (リットル) 250 以 上 / 回 100 以 上 450 以 上 2. 設 置 期 間 平 成 22 年 5 月 17

More information

( 共 済 金 の 決 定 についての 異 議 の 申 出 ) 第 9 条 共 済 金 の 決 定 について 不 服 のある 共 済 契 約 者 は 本 組 合 に 対 して 異 議 の 申 出 をし 再 審 査 を 請 求 することができる 2 理 事 長 は 前 項 の 申 出 があったときは

( 共 済 金 の 決 定 についての 異 議 の 申 出 ) 第 9 条 共 済 金 の 決 定 について 不 服 のある 共 済 契 約 者 は 本 組 合 に 対 して 異 議 の 申 出 をし 再 審 査 を 請 求 することができる 2 理 事 長 は 前 項 の 申 出 があったときは 神 奈 川 県 タクシー 厚 生 共 済 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする (

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

平成■■年■■月■■日

平成■■年■■月■■日 入 札 公 告 事 後 審 査 型 制 限 付 き 一 般 競 争 入 札 を 行 うので 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の6の 規 定 及 び 西 宮 市 上 下 水 道 局 契 約 規 程 ( 昭 和 42 年 西 宮 市 水 道 局 管 理 規 程 第 13 号 )において 準 用 する 西 宮 市 契 約 規 則 ( 昭 和

More information

Microsoft Word - ③改正後全文(交付要綱).docx

Microsoft Word - ③改正後全文(交付要綱).docx 参 考 ( 改 正 後 全 文 ) 厚 生 労 働 省 発 老 0717 第 2 号 平 成 2 4 年 7 月 1 7 日 最 終 改 正 厚 生 労 働 省 発 老 0309 第 2 号 平 成 2 8 年 3 月 9 日 指 定 都 市 市 長 各 中 核 市 市 長 殿 市 区 町 村 長 厚 生 労 働 事 務 次 官 ( 公 印 省 略 ) 地 域 介 護 福 祉 空 間 整 備 等 施

More information

解 体 等 の 方 法 解 体 工 事 に 要 する 費 用 再 資 源 化 等 をするための 施 設 の 名 称 及 び 所 在 地 再 資 源 化 等 に 要 する 費 用 を 契 約 書 に 記 載 する 必 要 があることから 設 計 図 書 に 記 載 された 処 理 方 法 等 を 参

解 体 等 の 方 法 解 体 工 事 に 要 する 費 用 再 資 源 化 等 をするための 施 設 の 名 称 及 び 所 在 地 再 資 源 化 等 に 要 する 費 用 を 契 約 書 に 記 載 する 必 要 があることから 設 計 図 書 に 記 載 された 処 理 方 法 等 を 参 公 告 注 意 事 項 愛 知 県 が 発 注 する 工 事 であっても 担 当 する 部 局 により 参 加 要 件 等 が 異 なる 場 合 があるので 本 入 札 に 参 加 を 希 望 する 者 は 本 公 告 を 熟 読 して 申 込 をすること 本 公 告 の 記 載 内 容 に 不 明 な 点 がある 場 合 には 必 ず 企 業 庁 総 務 課 契 約 グループまで 問 合 わせること

More information

務 組 合 としての 業 務 (9) 組 合 員 の 事 業 に 関 する 経 営 及 び 技 術 の 改 善 向 上 又 は 組 合 事 業 に 関 する 知 識 の 普 及 を 図 るための 教 育 及 び 情 報 の 提 供 (10) 組 合 員 のためにする 司 法 書 士 業 務 の 受

務 組 合 としての 業 務 (9) 組 合 員 の 事 業 に 関 する 経 営 及 び 技 術 の 改 善 向 上 又 は 組 合 事 業 に 関 する 知 識 の 普 及 を 図 るための 教 育 及 び 情 報 の 提 供 (10) 組 合 員 のためにする 司 法 書 士 業 務 の 受 神 奈 川 県 司 法 書 士 協 同 組 合 定 款 平 成 7 年 4 月 24 日 神 奈 川 県 指 令 商 総 第 1-1 号 認 可 平 成 10 年 6 月 18 日 神 奈 川 県 指 令 商 総 第 57-4 号 認 可 平 成 14 年 6 月 27 日 神 奈 川 県 指 令 新 産 第 10040 号 認 可 平 成 20 年 7 月 2 日 神 奈 川 県 指 令 金 第

More information

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター 建 築 物 調 査 業 務 約 款 ( 趣 旨 ) 第 1 条 建 築 物 調 査 申 請 者 ( 以 下 甲 という ) 及 び 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター( 以 下 乙 という )は エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 54 年 法 律 第 49 号 以 下 法 という ) 第 76

More information

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号)

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号) 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 静 岡 県 静 岡 市 清 水 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 を 経 て 必 要

More information

Microsoft Word - 説明資料

Microsoft Word - 説明資料 資 料 1 1 障 害 福 祉 サービス 等 の 指 定 基 準 及 び 加 算 制 度 について 1 運 営 上 の 留 意 事 項 について 1 共 通 部 分 従 業 員 の 勤 務 体 制 を 月 ごとに 作 成 しているか 基 準 上 の 職 員 数 を 満 たしているか 毎 月 確 認 すること 複 数 サービスを 行 なっている 場 合 は,サービスごとに 作 成 すること ( 訪 問

More information