< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464>"

Transcription

1 国 住 街 第 64 号 平 成 19 年 6 月 20 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 建 築 基 準 法 道 路 関 係 規 定 運 用 指 針 の 策 定 について( 技 術 的 助 言 ) 建 築 基 準 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 19 年 国 土 交 通 省 令 第 66 号 以 下 改 正 省 令 という )は 平 成 19 年 6 月 19 日 に 公 布 され 改 正 省 令 中 指 定 道 路 に 関 する 情 報 管 理 の 適 正 化 に 係 る 部 分 については 平 成 22 年 4 月 1 日 から 施 行 される つ いては 改 正 省 令 の 指 定 道 路 に 関 する 情 報 管 理 の 適 正 化 に 係 る 技 術 的 助 言 及 びこれまで の 建 築 基 準 法 の 道 路 関 係 規 定 に 係 る 技 術 的 助 言 等 を 整 理 し 建 築 基 準 法 道 路 関 係 規 定 運 用 指 針 として 取 りまとめたので 別 添 のとおり 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 245 条 の4 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 技 術 的 助 言 として 通 知 する 貴 職 におかれては 貴 管 内 特 定 行 政 庁 及 び 貴 職 指 定 の 指 定 確 認 検 査 機 関 に 対 しても この 旨 周 知 方 お 願 いする なお 国 土 交 通 大 臣 及 び 地 方 整 備 局 長 指 定 の 指 定 確 認 検 査 機 関 に 対 しても この 旨 通 知 していることを 申 し 添 える

2 ( 別 添 ) 建 築 基 準 法 道 路 関 係 規 定 運 用 指 針 平 成 19 年 6 月 国 土 交 通 省

3 目 次 はじめに 1 Ⅰ. 建 築 基 準 法 上 の 道 路 について 2 Ⅱ. 道 路 の 定 義 ( 法 第 42 条 関 係 ) 3 1. 法 第 42 条 第 1 項 の 規 定 に 係 る 道 路 3 (1)1 号 道 路 (2)2 号 道 路 (3)3 号 道 路 (4)4 号 道 路 (5)5 号 道 路 2. 法 第 42 条 第 1 項 柱 書 の 道 路 の 幅 員 に 関 する 特 例 について 7 (1) 道 路 の 幅 員 基 準 の 特 例 制 度 の 活 用 について (2) 幅 員 6メートル 未 満 の 道 等 の 取 扱 いについて 3. 法 第 42 条 第 2 項 の 規 定 に 係 る 道 路 8 (1) 法 第 42 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づく 指 定 (2) 法 第 42 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づく 水 平 距 離 の 指 定 (3) 法 第 42 条 第 6 項 の 規 定 に 基 づく 指 定 (4)その 他 4. 道 路 情 報 の 適 正 管 理 10 (1) 指 定 道 路 の 定 義 (2) 指 定 道 路 の 指 定 取 消 しに 係 る 手 続 (3) 指 定 道 路 図 及 び 指 定 道 路 調 書 の 位 置 付 け (4) 指 定 道 路 図 の 作 成 (5) 指 定 道 路 調 書 の 作 成 (6) 指 定 道 路 図 及 び 指 定 道 路 調 書 の 閲 覧 (7)その 他 Ⅲ. 敷 地 等 と 道 路 との 関 係 ( 法 第 43 条 関 係 ) 接 道 義 務 の 特 例 等 の 許 可 について 15 (1) 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 の 規 定 に 基 づく 許 可 の 運 用 について (2)その 他 2. 接 道 義 務 の 強 化 17 Ⅳ. 道 路 内 の 建 築 制 限 ( 法 第 44 条 関 係 ) 法 第 44 条 第 1 項 第 2 号 の 規 定 に 基 づく 許 可 法 第 44 条 第 1 項 第 3 号 の 規 定 に 基 づく 認 定 法 第 44 条 第 1 項 第 4 号 の 規 定 に 基 づく 許 可 19

4 4.その 他 19 Ⅴ. 私 道 の 変 更 又 は 廃 止 の 制 限 ( 法 第 45 条 関 係 ) 20 Ⅵ. 予 定 道 路 ( 法 第 68 条 の7 関 係 ) 予 定 道 路 による 容 積 率 制 限 等 の 特 例 ( 法 第 68 条 の7 第 5 項 並 びに 令 第 131 条 の2 第 2 項 令 第 135 条 の3 第 1 項 第 3 号 及 び 令 第 135 条 の4 第 1 項 第 3 号 関 係 ) 21

5 はじめに 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 3 章 は 接 道 義 務 道 路 内 建 築 制 限 用 途 規 制 容 積 率 制 限 建 ぺい 率 制 限 など 集 団 としての 建 築 物 の 秩 序 に 関 する 制 限 を 定 め 建 築 物 が 集 団 で 存 している 都 市 の 機 能 や 市 街 地 環 境 の 確 保 を 図 ろうとするものである 道 路 は 建 築 物 との 関 係 において 単 に 通 行 の 場 というにとどまらず 建 築 物 の 利 用 災 害 時 の 避 難 路 消 防 活 動 の 場 建 築 物 等 の 日 照 採 光 通 風 等 の 確 保 など 安 全 で 良 好 な 環 境 の 市 街 地 を 形 成 する 上 で 極 めて 重 要 な 機 能 を 果 たしている この ため 法 上 の 道 路 の 指 定 等 の 適 確 な 運 用 は 同 章 の 適 正 な 施 行 に 不 可 欠 なものであ る もとより 法 における 道 路 の 指 定 等 は 自 治 事 務 として 各 特 定 行 政 庁 自 らの 責 任 と 判 断 によって 行 われるべきものであるが 建 築 基 準 法 制 度 に 責 任 を 持 つ 国 として 特 定 行 政 庁 の 制 度 の 趣 旨 に 則 った 適 確 な 運 用 を 支 援 していくため 道 路 に 係 る 各 規 定 の 原 則 的 な 考 え 方 を 技 術 的 助 言 として 示 すこととした 各 特 定 行 政 庁 は 本 指 針 を 参 考 にしつつ 法 の 適 正 な 施 行 に 努 められたい 1

6 Ⅰ. 建 築 基 準 法 上 の 道 路 について 市 街 地 における 道 路 は 建 築 物 との 関 係 において 単 に 通 行 の 場 であるのみならず 建 築 物 の 利 用 災 害 時 の 避 難 路 消 防 活 動 の 場 建 築 物 等 の 日 照 採 光 通 風 等 の 確 保 など 安 全 で 良 好 な 環 境 の 市 街 地 を 形 成 する 上 で 極 めて 重 要 な 機 能 を 果 たしている このため 法 においては 建 築 物 の 敷 地 構 造 設 備 及 び 用 途 に 関 する 最 低 の 基 準 を 定 めるに 当 たり 上 記 の 機 能 を 有 するものとして 法 第 42 条 に 法 上 の 道 路 を 定 義 す るとともに 道 路 と 建 築 物 との 関 係 を 基 本 として 種 々の 規 定 を 設 けているところであ る 主 なものを 挙 げれば 次 のとおりである 建 築 物 の 敷 地 は 法 上 の 道 路 に2メートル 以 上 接 しなければならないこととし こ れを 満 たさない 敷 地 には 原 則 として 建 築 物 の 建 築 を 認 めないこととしている( 法 第 43 条 ) 道 路 又 は 道 路 の 上 空 を 開 放 空 間 として 確 保 し 道 路 が 担 っている 種 々の 機 能 の 保 持 を 図 るため 法 上 の 道 路 内 における 建 築 制 限 を 課 している( 法 第 44 条 ) 接 道 義 務 を 満 たさない 敷 地 の 発 生 を 防 止 する 観 点 から 特 定 行 政 庁 は 私 道 の 変 更 又 は 廃 止 を 禁 止 し 又 は 制 限 することができることとしている( 法 第 45 条 ) 幅 員 の 狭 い 道 路 に 沿 って 高 密 度 に 建 築 物 が 建 築 されることによる 環 境 の 悪 化 を 防 止 する 観 点 から 前 面 道 路 の 幅 員 に 応 じた 容 積 率 制 限 を 課 している( 法 第 52 条 ) 道 路 上 空 を 開 放 空 間 として 確 保 するとともに 沿 道 の 建 築 物 の 日 照 採 光 通 風 等 を 確 保 するため 道 路 斜 線 制 限 を 課 している( 法 第 56 条 ) 以 上 のように 法 上 の 道 路 は 市 街 地 における 開 放 空 間 を 自 ら 提 供 するのみならず 当 該 道 路 に 接 する 敷 地 との 関 係 において 建 築 物 及 びその 敷 地 に 対 する 一 定 の 制 約 を 課 すことにより 安 全 で 良 好 な 市 街 地 環 境 を 確 保 する 役 割 を 果 たしているものである 2

7 Ⅱ. 道 路 の 定 義 ( 法 第 42 条 関 係 ) 法 第 42 条 においては 一 般 交 通 の 用 に 供 するものとしての 交 通 上 の 観 点 に 加 えて 建 築 物 又 はその 敷 地 に 安 全 上 防 火 上 及 び 衛 生 上 の 観 点 から 法 上 の 道 路 の 定 義 を 行 っている 法 上 の 道 路 には 一 般 交 通 の 用 に 供 する 駅 前 広 場 等 必 ずしも 道 路 の 形 状 をしていな いものも その 有 する 機 能 によっては 含 まれうる なお ここでいう 一 般 交 通 の 用 とはあらゆる 種 類 の 交 通 を 許 すという 意 味 ではなく 特 定 の 場 合 に 一 部 のものを 制 限 することを 妨 げるものではない ある 種 の 交 通 制 限 のなされた 道 路 が 法 上 の 道 路 であ るかどうかは その 道 路 の 位 置 する 環 境 等 によって 社 会 通 念 に 基 づき 判 断 されるべき である 1. 法 第 42 条 第 1 項 の 規 定 に 係 る 道 路 法 第 42 条 第 1 項 においては 原 則 道 路 の 幅 員 が4メートル 以 上 のものが 法 上 の 道 路 である 旨 を 定 めている ここでいう 道 路 の 幅 員 とは 一 般 交 通 の 用 に 供 される 部 分 をいい 側 溝 はこれに 含 まれるが 法 敷 は 含 まれない (1)1 号 道 路 道 路 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 180 号 )による 道 路 である 道 路 法 による 道 路 とは 一 般 交 通 の 用 に 供 する 道 で 高 速 自 動 車 国 道 一 般 国 道 都 道 府 県 道 及 び 市 町 村 道 をいう 一 方 法 上 の 道 路 は 一 般 交 通 上 の 効 用 だ けでなく 建 築 物 の 利 用 上 支 障 がないことや 非 常 時 における 防 火 避 難 等 安 全 上 支 障 がないことを 要 する したがって 法 上 の 道 路 としての 効 用 を 果 たし 得 る 程 度 の 実 態 を 備 えており 事 実 上 通 行 可 能 な 状 態 であることが 必 要 である また 道 路 法 による 道 路 のうち 高 速 自 動 車 国 道 は 自 動 車 専 用 道 路 であるので 法 第 4 4 条 の 関 係 を 除 き 法 上 の 道 路 として 規 定 が 適 用 されることはない 一 般 国 道 に ついては 一 般 国 道 の 路 線 を 指 定 する 政 令 ( 昭 和 40 年 政 令 第 58 号 )で 路 線 が 指 定 された 後 都 道 府 県 道 又 は 市 町 村 道 については それぞれ 都 道 府 県 知 事 又 は 市 町 村 長 が 路 線 を 認 定 し 公 示 した 後 道 路 管 理 者 が 道 路 の 区 域 を 決 定 公 示 し 工 事 を 行 い 供 用 を 開 始 することになるが 路 線 の 指 定 又 は 認 定 の 段 階 では 起 終 点 等 が 明 らかになるだけであり また 区 域 が 決 定 された 段 階 での 道 路 予 定 地 で 道 路 としての 実 態 を 備 えていないため このような 場 合 は 別 途 法 第 42 条 第 1 項 第 4 号 の 規 定 に 基 づく 指 定 を 受 ける 必 要 がある 法 上 の 道 路 と 言 い 得 るた めには 少 なくとも 道 路 区 域 の 決 定 がなされており かつ 建 築 物 の 利 用 上 支 障 がなく 非 常 時 に 避 難 が 可 能 な 程 度 に 道 路 としての 実 態 が 備 わっていなければな らず また それをもって 足 りると 考 えられるので 一 般 的 に 供 用 を 開 始 したもの である 必 要 はない なお 道 路 法 第 8 条 の 規 定 に 基 づいて 路 線 が 認 定 された 部 分 のうち 現 に 建 築 3

8 物 が 立 ち 並 んでいるが 道 路 としての 形 態 は 整 っておらず かつ 当 該 部 分 につい ては 同 法 第 18 条 第 2 項 の 規 定 による 公 示 がなされておらず 未 だ 供 用 開 始 されて いない 部 分 は 同 法 91 条 にいう 道 路 予 定 地 であり 現 幅 員 すなわち 現 に 供 用 さ れている 部 分 のみをもって 法 第 42 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 道 路 と 解 して 差 し 支 えない (2)2 号 道 路 都 市 計 画 法 ( 昭 和 43 年 法 律 第 100 号 ) 土 地 区 画 整 理 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 109 号 ) 旧 住 宅 地 造 成 事 業 に 関 する 法 律 ( 昭 和 39 年 法 律 第 160 号 ) 都 市 再 開 発 法 ( 昭 和 43 年 法 律 第 38 号 ) 新 都 市 基 盤 整 備 法 ( 昭 和 47 年 法 律 第 86 号 ) 大 都 市 地 域 における 住 宅 及 び 住 宅 地 の 供 給 の 促 進 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 67 号 ) 又 は 密 集 市 街 地 における 防 災 街 区 の 整 備 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 9 年 法 律 第 49 号 以 下 密 集 市 街 地 整 備 法 という )による 道 路 であ る 法 第 42 条 第 1 項 第 2 号 に 規 定 する 都 市 計 画 法 による 道 路 とは 都 市 計 画 法 第 11 条 第 1 項 第 1 号 に 掲 げられる 都 市 施 設 としての 道 路 で 同 法 第 59 条 以 下 に 定 める 手 続 に 従 って 都 市 計 画 事 業 として 整 備 されたもの 及 び 同 法 第 29 条 に 規 定 す る 許 可 を 受 けて 行 われる 開 発 行 為 によって 同 法 第 33 条 の 基 準 に 適 合 するものと して 整 備 されるもののことをいう なお 新 住 宅 市 街 地 開 発 法 ( 昭 和 38 年 法 律 第 134 号 )に 基 づく 新 住 宅 市 街 地 開 発 事 業 は 必 ず 市 街 地 開 発 事 業 として 都 市 計 画 決 定 が 行 われ 必 ず 都 市 計 画 事 業 として 行 われるものであり 都 市 計 画 事 業 の 事 業 認 可 について 同 法 の 中 に 都 市 計 画 法 の 特 例 を 定 めておらず 事 業 計 画 の 認 可 は 都 市 計 画 法 によりなされる ものであるため 新 住 宅 市 街 地 開 発 事 業 により 築 造 された 道 路 は 法 第 44 条 第 1 項 第 2 号 に 規 定 する 都 市 計 画 法 による 道 路 に 含 まれる (3)3 号 道 路 法 第 3 章 の 規 定 が 適 用 されるに 至 った 際 ( 以 下 基 準 時 という ) 現 に 存 在 す る 道 で 基 準 時 に 道 路 としての 効 用 を 果 たし 得 る 程 度 の 実 態 を 備 えており かつ 幅 員 が4メートル 以 上 であるものについては いわゆる 公 道 私 道 の 別 を 問 わず 法 上 の 道 路 として 取 り 扱 うこととしたものである なお ここでいう 道 とは 道 路 としての 効 用 を 果 たし 得 る 程 度 の 実 態 を 備 えて いることをもって 足 り 必 ずしも 側 溝 が 設 けられていたり 舗 装 が 施 されている 必 要 はない (4)4 号 道 路 道 路 法 都 市 計 画 法 土 地 区 画 整 理 法 都 市 再 開 発 法 新 都 市 基 盤 整 備 法 大 都 市 地 域 における 住 宅 及 び 住 宅 地 の 供 給 の 促 進 に 関 する 特 別 措 置 法 又 は 密 集 市 街 地 整 備 法 による 新 設 又 は 変 更 の 事 業 計 画 のある 道 路 で 2 年 以 内 にその 事 業 が 執 行 される 予 定 のものとして 特 定 行 政 庁 が 指 定 したもの ( 以 下 4 号 道 路 という ) 4

9 である 法 第 42 条 第 1 項 第 4 号 の 都 市 計 画 法 による 事 業 計 画 のある 道 路 は 必 ずしも 事 業 執 行 年 度 の 決 定 されたものには 限 定 されないが 指 定 に 当 たっては 都 市 計 画 審 議 会 等 と 協 議 し 十 分 確 実 性 のあるものについて 指 定 することが 望 ましい 法 第 42 条 第 1 項 第 4 号 の 規 定 に 基 づく 指 定 は 特 定 行 政 庁 が あくまで 予 定 のもの として 行 うものであるから 指 定 後 2 年 を 経 過 して なお 当 該 道 路 の 一 部 又 は 全 部 の 築 造 が 未 着 手 である 場 合 であっても 指 定 を 取 り 消 さない 限 り 効 力 を 有 する なお 当 該 道 路 の 計 画 の 変 更 等 で 近 く 執 行 される 見 通 しがなくなった 場 合 に は 指 定 を 取 り 消 すべきである 同 号 に 規 定 する 事 業 計 画 のある 道 路 とは 都 市 計 画 法 上 通 路 街 路 広 場 等 名 称 の 如 何 にかかわらず 事 業 計 画 のある 道 路 をいうのであって 都 市 計 画 法 上 通 例 使 用 される 道 路 の 定 義 より 広 義 に 解 釈 されたい (5)5 号 道 路 土 地 を 建 築 物 の 敷 地 として 利 用 するため 道 路 法 都 市 計 画 法 土 地 区 画 整 理 法 都 市 再 開 発 法 新 都 市 基 盤 整 備 法 大 都 市 地 域 における 住 宅 及 び 住 宅 地 の 供 給 の 促 進 に 関 する 特 別 措 置 法 又 は 密 集 市 街 地 整 備 法 によらないで 築 造 する 法 施 行 令 ( 昭 和 25 年 政 令 第 338 号 以 下 令 という )で 定 める 基 準 に 適 合 する 道 で これを 築 造 しようとする 者 が 特 定 行 政 庁 からその 位 置 の 指 定 を 受 けたもの ( 以 下 5 号 道 路 という )である 法 第 43 条 の 接 道 義 務 との 関 係 で 法 上 の 道 路 がない 未 開 発 地 あるいは 大 きな 敷 地 を 細 分 化 して 利 用 しようとする 場 合 等 には 新 たに 道 路 を 築 造 しなければ 建 築 物 の 敷 地 として 利 用 することはできない このような 場 合 には 私 人 等 の 負 担 において 幅 員 4メートル 以 上 の 道 を 築 造 する 以 外 にないが 築 造 しようとする 者 は その 位 置 について 特 定 行 政 庁 の 指 定 を 受 けなければならない この 位 置 の 指 定 がない 道 は 法 第 42 条 第 1 項 第 3 号 又 は 同 条 第 2 項 に 規 定 す る 道 路 に 該 当 する 場 合 でなければ いかに 実 態 が 道 路 の 形 態 を 備 えていても 法 上 の 道 路 とはいえない この 位 置 の 指 定 は 法 第 42 条 第 1 項 第 4 号 の 規 定 に 基 づく 指 定 が 特 定 行 政 庁 が 能 動 的 に 行 うべきものであるのと 異 なり 位 置 の 指 定 申 請 に 基 づいて 特 定 行 政 庁 が 行 うものである 1 法 第 42 条 第 1 項 第 5 号 の 規 定 に 基 づく 指 定 法 第 42 条 第 1 項 第 5 号 の 規 定 に 基 づく 指 定 は 道 路 の 築 造 前 に 指 定 をするこ とは 可 能 であるが 未 だ 築 造 されていない 道 の 位 置 を 指 定 した 場 合 には 築 造 が 完 了 されるまでに 種 々のトラブルが 発 生 したり 築 造 されぬまま 放 置 されたり することが 予 想 されるため 築 造 が 完 了 し 道 路 としての 形 態 が 整 ってから 指 定 するべきである また 同 号 の 指 定 については 令 第 144 条 の4に 規 定 する 基 準 を 適 正 に 運 用 し 都 市 計 画 法 による 開 発 許 可 制 度 の 運 用 と 併 せて 秩 序 ある 市 街 地 の 形 成 に 努 め 5

10 られたい 2 道 に 関 する 基 準 ( 令 第 144 条 の4) 令 第 144 条 の4に 規 定 する 道 に 関 する 基 準 を 運 用 するに 当 たっては 次 の 点 に 留 意 されたい イ 道 の 基 準 の 緩 和 ( 令 第 144 条 の4 第 2 項 ) 令 第 144 条 の4 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 条 例 で 道 の 基 準 を 強 化 又 は 緩 和 で きるが 特 に 緩 和 については 急 傾 斜 地 の 多 い 市 街 地 漁 村 など 特 殊 な 区 域 に ついて 適 用 する 趣 旨 のものであること ロ 道 の 基 準 の 強 化 と 経 過 規 定 ( 令 第 144 条 の4 第 2 項 ) 令 第 144 条 の4 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 条 例 で 基 準 を 強 化 する 場 合 当 該 条 例 の 施 行 の 際 現 に 条 例 の 施 行 前 の5 号 道 路 について 条 例 の 施 行 後 の 令 第 1 44 条 の4 第 1 項 各 号 に 掲 げる 基 準 に 適 合 するものとみなす 旨 の 経 過 規 定 を 盛 り 込 む 必 要 があること ハ 自 動 車 の 転 回 広 場 令 第 144 条 の4 第 1 項 第 1 号 ハに 規 定 する 区 間 の 算 定 については 他 の 道 路 との 接 続 点 又 は 自 動 車 の 転 回 広 場 の 中 心 点 を 起 算 点 とすること また 自 動 車 の 転 回 広 場 に 関 する 基 準 については 昭 和 45 年 建 設 省 告 示 第 1837 号 を 参 照 されたい 3 その 他 法 第 42 条 第 1 項 第 5 号 の 規 定 に 基 づく 指 定 の 申 請 手 続 については 法 施 行 規 則 ( 昭 和 25 年 建 設 省 令 第 40 号 以 下 施 行 規 則 という ) 第 9 条 に 定 められ ているとおり 申 請 書 の 他 添 付 書 類 として 付 近 見 取 図 地 籍 図 指 定 を 受 けよ うとする 道 路 の 敷 地 となる 土 地 の 所 有 者 及 びその 土 地 又 はその 土 地 にある 建 築 物 若 しくは 工 作 物 に 関 して 権 利 を 有 する 者 ( 以 下 土 地 所 有 者 等 という )の 承 諾 書 が 必 要 である 既 に 位 置 の 指 定 をした 道 路 に 接 続 して 位 置 の 指 定 をする 場 合 施 行 規 則 第 9 条 に 基 づく 土 地 所 有 者 等 の 承 諾 書 の 添 付 は 追 加 指 定 部 分 の 土 地 所 有 者 等 のみで 既 指 定 部 分 の 土 地 所 有 者 等 の 承 諾 書 は 新 たに 添 付 する 必 要 はない また 指 定 基 準 への 適 合 は 既 指 定 部 分 を 含 め 路 線 全 体 で 判 断 するものとする 国 税 徴 収 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 147 号 )に 基 づく 滞 納 処 分 により 差 押 えをし ている 土 地 の 一 部 について 施 行 規 則 第 9 条 により 道 路 の 位 置 の 指 定 を 受 けよう とする 者 から 承 諾 を 求 められた 場 合 差 押 債 権 者 は 同 条 に 規 定 する 権 利 を 有 する 者 に 該 当 する 法 第 42 条 第 1 項 第 5 号 の 規 定 に 基 づく 指 定 を 受 けようとする 敷 地 に 国 有 財 産 がある 場 合 当 該 国 有 財 産 の 管 理 者 の 承 諾 が 必 要 である なお 当 該 管 理 者 が 承 諾 をするに 当 たっては 当 該 国 有 財 産 の 存 する 市 町 村 の 長 と 協 議 することが 望 ま しい 施 行 規 則 第 9 条 に 基 づく 申 請 は 河 川 管 理 者 港 湾 管 理 者 等 の 国 や 都 道 府 県 等 による 申 請 も 可 能 であるので 申 し 添 える 6

11 2. 法 第 42 条 第 1 項 柱 書 の 道 路 の 幅 員 に 関 する 特 例 について 法 においては 道 路 法 による 道 路 等 一 定 の 条 件 に 適 合 する 道 であって かつ 原 則 として 幅 員 が4メートル 以 上 のものを 道 路 として 取 り 扱 っている 一 方 地 域 の 特 殊 性 や 土 地 利 用 の 状 況 に 応 じて 道 路 の 幅 員 基 準 を 強 化 する 必 要 性 があること 等 にかんが み 特 定 行 政 庁 が その 地 方 の 気 候 若 しくは 風 土 の 特 殊 性 又 は 土 地 の 状 況 により 必 要 と 認 めて 都 市 計 画 地 方 審 議 会 の 議 を 経 て 指 定 する 区 域 内 においては 原 則 として 幅 員 6メートル 以 上 のものに 限 り 法 上 の 道 路 として 取 り 扱 うことが 可 能 である (1) 道 路 の 幅 員 基 準 の 特 例 制 度 の 活 用 について 1 特 定 行 政 庁 による 区 域 の 指 定 については 次 のような 特 性 を 有 する 区 域 に 対 し て 行 うことが 想 定 されるので 参 考 とされたい イ 積 雪 が 著 しい 地 域 であって 流 雪 溝 の 設 置 等 に 要 するスペースを 確 保 するた め 道 路 の 幅 員 の 基 準 を 強 化 することが 必 要 である 区 域 ロ 土 地 区 画 整 理 事 業 その 他 の 市 街 地 開 発 事 業 若 しくは 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 行 為 等 により 主 として6メートル 以 上 の 幅 員 を 有 する 道 路 により 適 切 な 道 路 網 が 整 備 されている 区 域 であって 当 該 区 域 内 において 二 次 的 な 開 発 が 行 われる 場 合 4メートル 程 度 の 幅 員 を 有 する 道 路 を 法 上 の 道 路 として 取 り 扱 うことに より 適 切 な 道 路 網 の 構 成 に 支 障 が 生 じるおそれがある 区 域 又 はいわゆるミニ 開 発 等 による 市 街 地 環 境 の 悪 化 のおそれがある 区 域 ハ 土 地 区 画 整 理 事 業 その 他 の 市 街 地 開 発 事 業 又 は 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 行 為 等 により 主 として6メートル 以 上 の 幅 員 を 有 する 道 路 により 適 切 な 道 路 網 が 整 備 されている 区 域 に 隣 接 する 区 域 であって 当 該 区 域 内 において4メートル 程 度 の 幅 員 を 有 する 道 路 を 法 上 の 道 路 として 取 り 扱 うことにより 既 に 整 備 され ている 適 切 な 道 路 網 の 機 能 を 阻 害 するおそれがある 区 域 ニ 現 に 市 街 化 しつつあり 又 は 市 街 化 することが 見 込 まれる 市 街 化 区 域 内 農 地 等 の 区 域 であって 道 路 網 の 整 備 が 不 十 分 であること 等 からミニ 開 発 等 による 市 街 地 環 境 の 劣 悪 な 街 区 が 形 成 されるおそれがある 区 域 2 計 画 的 な 道 路 の 築 造 を 誘 導 し 良 好 な 市 街 地 形 成 を 推 進 するためには 地 区 計 画 等 の 制 度 を 活 用 することが 極 めて 有 効 であるので 法 第 42 条 第 1 項 柱 書 の 規 定 に 基 づく 指 定 を 行 った 区 域 については 併 せて 地 区 計 画 等 を 策 定 することが 望 ましい 3 特 定 行 政 庁 は 法 第 42 条 第 1 項 柱 書 の 規 定 に 基 づく 指 定 に 当 たっては 道 路 管 理 者 と 密 接 な 連 絡 調 整 を 図 ること (2) 幅 員 6メートル 未 満 の 道 等 の 取 扱 いについて 1 法 第 42 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 区 域 が 指 定 された 区 域 内 における 同 条 第 2 項 ただし 書 の 規 定 の 適 用 については 2メートル とあるのは 3メートル と 4 メートル とあるのは 6メートル とそれぞれ 読 み 替 えるものである 7

12 2 法 第 42 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 区 域 が 指 定 された 区 域 内 における 同 条 第 3 項 の 規 定 の 適 用 については 2メートル とあるのは 3メートル と 4メートル とあるのは 6メートル とそれぞれ 読 み 替 えるものである 3 特 定 行 政 庁 は 法 第 42 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 区 域 を 指 定 する 場 合 には 当 該 区 域 内 の 敷 地 の 所 有 者 等 にとって 過 大 な 制 限 とならないよう 区 域 内 の 道 路 の 幅 員 等 の 現 況 を 十 分 に 調 査 の 上 必 要 に 応 じて 幅 員 6メートル 未 満 の 道 について 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づく 指 定 を 行 うこと 特 に 同 項 第 3 号 に 該 当 する 道 については 沿 道 の 建 築 物 と 一 体 として 既 に 街 区 を 形 成 していることが 一 般 的 であると 考 えられるので 原 則 として 同 項 に 基 づ く 指 定 を 行 うこと なお 同 条 第 2 項 及 び 第 4 項 第 1 号 中 周 囲 の 状 況 により 避 難 及 び 通 行 の 安 全 上 支 障 がない と 認 められる 道 路 とは 次 に 掲 げる 道 路 をいう イ 都 市 計 画 法 土 地 区 画 整 理 法 都 市 再 開 発 法 新 都 市 基 盤 整 備 法 大 都 市 地 域 における 住 宅 及 び 住 宅 地 の 供 給 の 促 進 に 関 する 特 別 措 置 法 又 は 密 集 市 街 地 整 備 法 による 道 路 ロ 次 のⅰからⅳまでに 掲 げる 条 件 に 適 合 する 道 路 ⅰ 幅 員 6メートル 以 上 の 他 の 道 路 に 接 続 し かつ さらに 延 長 される 見 込 み がないこと ⅱ 沿 道 敷 地 へのサービス 以 外 の 目 的 の 通 過 交 通 が 生 じない 形 状 のものである こと ⅲ 原 則 として 幹 線 道 路 に 直 接 接 続 していないこと ⅳ 周 辺 の 道 路 の 状 況 道 路 の 延 長 道 路 の 幅 員 及 び 構 造 等 から 判 断 して 避 難 及 び 通 行 の 安 全 上 支 障 がないこと 4 法 第 42 条 第 5 項 中 第 1 項 の 区 域 が 指 定 された 際 道 路 の 境 界 線 とみなされてい た 線 とは 同 条 第 2 項 ただし 書 の 場 合 にはがけ 地 等 の 道 の 側 の 境 界 線 及 びその 境 界 線 から 道 の 側 に 水 平 距 離 4メートルの 線 を 同 条 第 3 項 の 場 合 には 特 定 行 政 庁 が 指 定 した 範 囲 を その 他 の 場 合 は 道 路 の 中 心 線 から 水 平 距 離 2メートルの 線 を それぞれいう 5 法 第 42 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 道 路 の 中 心 線 から 水 平 距 離 3メートルを 道 路 境 界 線 とみなすこととされた 道 路 については 道 路 幅 員 を6メートルとみなして 道 路 斜 線 制 限 北 側 斜 線 制 限 前 面 道 路 による 容 積 率 制 限 等 の 適 用 を 行 うこと 3. 法 第 42 条 第 2 項 の 規 定 に 係 る 道 路 基 準 時 に 現 に 建 築 物 が 立 ち 並 んでいる 幅 員 4メートル 未 満 の 道 で 特 定 行 政 庁 が 指 定 したもの( 以 下 2 項 道 路 という )である (1) 法 第 42 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づく 指 定 法 第 42 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づく 指 定 は 基 準 時 に 建 築 物 が 立 ち 並 んでいるか 8

13 どうか 基 準 時 の 幅 員 が4メートル 未 満 であるかどうか 基 準 時 に 道 であるかど うかについて 次 に 掲 げる 事 項 に 留 意 の 上 個 別 実 態 をみて 判 断 すること 1 基 準 時 の 立 ち 並 び 少 なくとも 基 準 時 に 建 築 物 が 最 低 2 棟 以 上 立 ち 並 んでいる 道 であることが 必 要 であるが 個 別 実 態 をみて 判 断 すること 2 基 準 時 の 幅 員 基 準 時 の 道 の 幅 員 は 一 般 交 通 の 用 に 供 している 部 分 をもって 判 断 すること みなし 境 界 線 の 位 置 は 現 在 の 道 路 の 中 心 線 ではなく 基 準 時 の 道 の 中 心 線 から 振 り 分 けた 位 置 又 はがけ 地 等 の 道 の 側 の 境 界 線 及 びその 境 界 線 から 道 の 側 に 水 平 距 離 4メートルの 線 である 3 基 準 時 の 道 法 第 42 条 第 2 項 に 規 定 する 幅 員 4メートル 未 満 の 道 は 基 準 時 に 一 般 交 通 の 用 に 供 されている 道 でなければ 同 項 に 規 定 する 現 に 建 築 物 が 立 ち 並 んでいる 幅 員 4メートル 未 満 の 道 には 該 当 しない (2) 法 第 42 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づく 水 平 距 離 の 指 定 法 第 42 条 第 3 項 の 規 定 は がけ 地 河 川 等 に 沿 う 道 で 所 要 の 幅 員 を 確 保 でき ない 場 合 市 街 地 の 未 整 備 な 農 漁 村 が 都 市 計 画 区 域 内 に 編 入 された 場 合 等 につい て 法 上 の 道 路 の 幅 員 に 関 する 基 準 を 緩 和 しようとするのが 主 たる 意 図 であるが これらの 区 域 にあっても 火 災 発 生 時 の 延 焼 の 危 険 性 は 少 なくないと 予 想 されるこ とから 指 定 に 当 たっては 市 街 地 における 交 通 安 全 防 火 及 び 衛 生 との 関 連 を 十 分 検 討 し 次 に 掲 げる 事 項 に 留 意 されたい 1 指 定 基 準 指 定 に 際 しては 既 成 市 街 地 内 に 存 在 する 道 で 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 し 土 地 の 状 況 により 拡 幅 が 困 難 で 法 第 42 条 第 2 項 により 難 いもののうち 全 般 的 な 街 路 計 画 の 検 討 を 経 て 将 来 主 要 街 路 として 必 要 なものを 除 いたものを 指 定 の 基 準 として 考 慮 することが 望 ましい イ 傾 斜 地 に 発 達 した 市 街 地 内 の 道 その 他 物 理 的 に 拡 幅 が 困 難 であるもの ロ 線 路 敷 地 河 川 公 園 その 他 これらに 類 するものに 沿 う 道 で 安 全 上 防 火 上 及 び 避 難 上 支 障 がないもの ハ 街 区 の 整 った 地 区 内 の 補 助 道 路 で 原 則 として 次 のⅰからⅲまでに 該 当 するも の ⅰ 利 用 状 況 が 当 該 道 路 に 接 する 建 築 物 を 主 としたものであり かつ 通 常 自 動 車 交 通 に 利 用 されないもの ⅱ 通 り 抜 けできるもの ⅲ 道 路 延 長 が60メートルを 超 えないもの なお 法 第 42 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づく 指 定 の 対 象 となる 道 は 地 域 の 歴 史 文 化 を 継 承 し 路 地 や 細 街 路 の 美 しいたたずまいの 保 全 再 生 を 図 る 場 合 や 密 集 市 街 地 内 の 老 朽 化 した 木 造 建 築 物 の 建 替 えの 促 進 を 図 る 場 合 について 特 定 行 政 庁 がその 指 定 を 考 慮 することは 差 し 支 えない 9

14 2 法 第 43 条 の2の 規 定 に 基 づく 条 例 の 活 用 イ 法 第 42 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき 水 平 距 離 が 指 定 された 道 路 にのみ2メート ル 以 上 接 する 建 築 物 について 地 方 公 共 団 体 が 法 第 43 条 の2の 規 定 に 基 づ く 条 例 で 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 規 制 防 火 上 の 構 造 制 限 消 火 設 備 の 設 置 の 義 務 付 け 集 客 力 のある 用 途 の 制 限 等 その 敷 地 構 造 建 築 設 備 又 は 用 途 に 関 して 必 要 な 制 限 を 付 加 することができるため 必 要 に 応 じ 当 該 条 例 の 活 用 に ついて 考 慮 することが 望 ましい 3 水 平 距 離 を 指 定 する 際 の 留 意 事 項 イ 水 平 距 離 を 指 定 するに 際 しては これらの 措 置 のほか 地 域 の 状 況 に 応 じた 建 ぺい 率 の 指 定 や 容 積 率 の 算 定 に 当 たり 前 面 道 路 幅 員 に 乗 ずる 数 値 等 の 見 直 し 斜 線 制 限 における 制 限 勾 配 等 の 見 直 し 街 並 み 誘 導 型 地 区 計 画 その 他 の 建 築 規 制 の 特 例 措 置 の 活 用 木 造 のたたずまいを 活 かした 防 火 構 造 の 仕 様 の 活 用 等 に より 歴 史 的 たたずまいを 継 承 した 街 並 み まちづくりの 推 進 が 可 能 である ロ さらに 街 なみ 環 境 整 備 事 業 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 まちなみデザイン 推 進 事 業 まちづくり 交 付 金 地 域 住 宅 交 付 金 等 の 各 種 事 業 制 度 等 を 併 せて 活 用 することにより より 効 果 的 に 路 地 や 細 街 路 の 美 しいたたずまいを 活 かし た 地 区 の 整 備 が 可 能 である (3) 法 第 42 条 第 6 項 の 規 定 に 基 づく 指 定 幅 員 1.8メートル 未 満 の 道 を 指 定 する 場 合 は 法 第 42 条 第 6 項 の 規 定 に 基 づ き あらかじめ 建 築 審 査 会 の 同 意 を 得 なければならないが 道 路 の 連 続 性 を 確 保 するため 等 必 要 に 応 じて 2 項 道 路 に 指 定 することが 考 えられる (4)その 他 法 第 42 条 第 2 項 の 規 定 は 基 準 時 に 現 に 存 在 する 道 を 対 象 とした 経 過 的 措 置 として 定 められたものであるから この 措 置 は 原 則 として 基 準 時 において 特 定 行 政 庁 が 能 動 的 に 行 う 性 質 のものである したがって この 規 定 は 個 々の 申 請 に 基 づいて 行 う 私 道 の 位 置 の 指 定 の 場 合 と 異 なり 用 途 地 域 等 の 指 定 によって 生 ずる 制 限 に 準 ずる 集 団 規 定 の 一 種 とみなされ 所 有 権 の 制 限 はないが 使 用 権 の 制 限 のみが 生 ずるものであるから 私 権 の 侵 害 になるとは 解 されない また 法 第 42 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づく 指 定 により 道 路 とみなされる 私 有 地 は 特 定 行 政 庁 の 指 定 処 分 により 使 用 権 を 制 限 されるのであるが これは 公 共 の 福 祉 の 要 請 に 基 づく 制 約 すなわち 財 産 権 に 内 在 する 制 約 であって 補 償 の 対 象 とはな らない 4. 道 路 情 報 の 適 正 管 理 法 上 の 道 路 に 関 する 情 報 は 私 人 の 権 利 義 務 等 に 深 く 関 係 しており また 建 築 主 事 や 指 定 確 認 検 査 機 関 にとっても 建 築 確 認 申 請 の 審 査 等 を 適 切 に 行 う 上 で 必 要 10

15 不 可 欠 な 情 報 であるため 特 定 行 政 庁 においては 下 記 の 事 項 に 留 意 し 指 定 道 路 に 関 する 図 面 ( 以 下 指 定 道 路 図 という ) 及 び 調 書 ( 以 下 指 定 道 路 調 書 とい う )を 作 成 保 存 し また これらを 閲 覧 に 供 することで 道 路 情 報 を 適 正 に 管 理 さ れたい (1) 指 定 道 路 の 定 義 法 第 42 条 第 1 項 第 4 号 若 しくは 第 5 号 第 2 項 若 しくは 第 4 項 又 は 法 第 68 条 の7 第 1 項 の 規 定 による 指 定 に 係 る 道 路 を 指 定 道 路 という 指 定 道 路 は 路 線 を 単 位 として 指 定 されるものであり 路 線 の 取 り 方 は 指 定 時 における 道 路 の 状 況 に 基 づき 起 終 点 を 明 確 にして 決 定 すること その 際 起 終 点 は 1 路 線 に 一 つずつとする なお ここでの 路 線 の 単 位 は 2 項 道 路 の 指 定 要 件 である 建 築 物 の 立 ち 並 びを 判 断 する 基 準 となるものではないので 念 のため 申 し 添 える (2) 指 定 道 路 の 指 定 取 消 しに 係 る 手 続 特 定 行 政 庁 は 指 定 道 路 を 指 定 した 場 合 においては 速 やかに 指 定 道 路 の 種 類 指 定 の 年 月 日 指 定 道 路 の 位 置 並 びに 指 定 道 路 の 延 長 及 び 幅 員 を 公 告 し 指 定 道 路 図 及 び 指 定 道 路 調 書 を 作 成 し これらを 保 存 しなければならない また 法 第 42 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づく 水 平 距 離 の 指 定 ( 以 下 水 平 距 離 指 定 という ) をした 場 合 においては 速 やかに 水 平 距 離 指 定 の 年 月 日 水 平 距 離 指 定 に 係 る 道 路 の 部 分 の 位 置 水 平 距 離 指 定 に 係 る 道 路 の 延 長 及 び 水 平 距 離 を 公 告 し 指 定 道 路 図 及 び 指 定 道 路 調 書 を 作 成 し これらを 保 存 しなければならない したがって 特 定 行 政 庁 は 一 定 の 区 域 を 限 り 指 定 要 件 を 示 して 一 括 指 定 を 行 うことはできず 指 定 道 路 の 位 置 を 特 定 した 上 で 指 定 を 行 わなければならな い 指 定 道 路 を 法 上 の 道 路 として 取 り 扱 う 必 要 がなくなった 場 合 等 で 当 該 道 路 を 廃 止 しようとするときは 法 令 に 指 定 の 取 消 しに 係 る 規 定 はないが その 全 部 又 は 一 部 の 取 消 しは 可 能 であり その 場 合 の 手 続 は 指 定 の 手 続 に 準 ずる また 5 号 道 路 は 申 請 に 基 づき 指 定 されたものであり その 取 消 しには 原 則 として 土 地 所 有 者 等 の 承 諾 が 必 要 であるが 道 の 形 態 を 有 しない 等 現 に 令 第 144 条 の4に 規 定 する 道 の 基 準 に 適 合 しておらず また 申 請 者 等 に 築 造 する 意 志 がないと 見 込 まれる 場 合 には 申 請 によらず 指 定 の 取 消 しが 可 能 である な お 取 消 しを 行 うに 際 しては 取 消 し 処 分 の 公 正 かつ 円 滑 な 実 施 の 観 点 から 法 施 行 細 則 等 に 規 定 を 設 けて 不 利 益 を 被 る 者 がいる 場 合 には 当 該 者 に 対 し 提 出 期 限 を 定 めて 意 見 書 の 提 出 等 による 意 見 陳 述 の 機 会 を 付 与 することが 望 ましい (3) 指 定 道 路 図 及 び 指 定 道 路 調 書 の 位 置 付 け 道 路 の 指 定 を 行 った 場 合 は 速 やかに 指 定 の 公 告 を 行 うとともに 指 定 道 路 図 への 指 定 道 路 の 記 載 及 び 指 定 道 路 調 書 の 作 成 を 行 うこと また 指 定 道 路 に 係 る 指 定 の 取 消 しが 行 われた 場 合 は 速 やかに 指 定 の 取 消 11

16 しの 公 告 を 行 うとともに 指 定 道 路 図 及 び 指 定 道 路 調 書 を 更 新 すること なお 指 定 道 路 の 指 定 が 行 政 処 分 に 当 たると 解 されるため 指 定 道 路 図 及 び 指 定 道 路 調 書 への 記 載 行 為 には 行 政 処 分 としての 処 分 性 はない しかしながら 指 定 道 路 図 及 び 指 定 道 路 調 書 の 作 成 保 存 が 適 切 に 行 われてい ない 指 定 道 路 については 指 定 道 路 でないと 認 識 されうるため これらの 作 成 に 当 たっては 留 意 されたい (4) 指 定 道 路 図 の 作 成 1 一 葉 の 図 面 の 考 え 方 指 定 道 路 図 は 一 覧 性 を 確 保 するため できる 限 り 一 葉 の 図 面 に 記 載 すること この 場 合 特 定 行 政 庁 の 所 管 区 域 を 複 数 の 図 面 に 区 切 って 記 載 しても 差 し 支 えな いが 指 定 道 路 の 種 類 ごとに 別 葉 にしないこととする 2 指 定 道 路 図 の 記 載 方 法 内 容 指 定 道 路 図 には すべての 指 定 道 路 の 種 類 及 び 位 置 を 記 載 すること さらに 指 定 道 路 以 外 の 道 路 等 の 表 示 の 義 務 はないが 法 上 の 道 路 情 報 の 適 正 管 理 が 望 ま れることから 指 定 道 路 以 外 の 道 路 等 についても 記 載 することが 望 ましい 限 定 特 定 行 政 庁 においては 4 号 道 路 の 指 定 に 係 る 事 務 は 委 譲 されていないた め 4 号 道 路 に 係 る 記 載 は 義 務 ではないが 限 定 特 定 行 政 庁 と 指 定 を 行 った 特 定 行 政 庁 とが 十 分 な 連 携 を 図 り 限 定 特 定 行 政 庁 が 備 える 指 定 道 路 図 にもこれを 記 載 することが 望 ましい また 法 上 の 道 路 に 該 当 しないものであっても 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 の 規 定 に 基 づく 許 可 に 関 し 特 定 行 政 庁 が 定 量 的 に 定 型 化 された 許 可 の 基 準 であっ て 建 築 審 査 会 の 了 承 を 得 た 上 で 事 前 明 示 したものを 定 めた 場 合 において 当 該 基 準 に 規 定 する 通 路 等 に 該 当 するもの( 以 下 特 定 通 路 という )として 指 定 道 路 図 に 記 載 するとともに 指 定 道 路 調 書 と 同 等 程 度 の 情 報 を 把 握 保 存 することが 望 ましい なお 定 型 化 された 許 可 基 準 は 少 なくとも 以 下 の 内 容 を 含 むものとするこ とが 望 ましい イ 施 行 規 則 第 10 条 の2 第 2 号 の 基 準 ロ 施 行 規 則 第 10 条 の2 第 3 号 の 基 準 に 関 する 以 下 の 基 準 ⅰ 通 路 等 の 幅 員 が4メートル 以 上 又 は 将 来 的 に4メートル 以 上 を 確 保 する ことが 担 保 されており かつ 建 築 物 の 利 用 上 支 障 がなく 非 常 時 に 避 難 が 可 能 な 通 路 等 としての 実 態 が 備 わっていること ⅱ 通 路 等 に 接 する 敷 地 内 の 建 築 物 の 用 途 規 模 密 度 が 用 途 地 域 等 に 応 じ 周 辺 の 市 街 地 環 境 を 著 しく 悪 化 させるものでないこと ⅲ 通 路 等 に 接 する 敷 地 内 の 建 築 物 の 構 造 が 市 街 地 の 状 況 に 応 じ 火 災 の 発 生 や 延 焼 の 恐 れのないものであること また 建 築 物 の 主 要 な 出 入 口 から 当 該 通 路 等 へ 支 障 なく 避 難 及 び 通 行 ができること ⅳ 通 路 等 及 びこれに 接 する 敷 地 内 の 排 水 に 必 要 な 側 溝 街 渠 その 他 の 施 設 を 設 けたものであること 12

17 なお 指 定 道 路 調 書 に 記 載 する 指 定 道 路 図 対 照 番 号 を 路 線 ごとに 記 入 すること 3 標 準 的 な 凡 例 ( 色 等 ) 指 定 道 路 図 は 道 路 等 の 種 類 ごとに 色 分 けして 記 載 することが 望 ましい 標 準 的 な 凡 例 における 色 分 けは 次 の 表 に 示 すとおりとする 各 凡 例 には 補 足 事 項 等 を 注 意 書 きとして 記 載 することが 望 ましい 道 路 等 の 種 類 標 準 的 な 色 (CMYK) 1 号 道 路 号 道 路 号 道 路 号 道 路 号 道 路 項 道 路 項 道 路 (3 項 に 基 づく 水 平 距 離 指 定 がされた 部 分 ) 4 項 道 路 予 定 道 路 特 定 通 路 CMYKとは シアン マゼンダ イエロー ブラックの4 色 の 配 合 比 率 を 数 値 で 示 すことにより 表 される 色 の 表 現 方 法 (5) 指 定 道 路 調 書 の 作 成 1 指 定 道 路 調 書 の 作 成 単 位 指 定 道 路 調 書 は 路 線 単 位 で 指 定 道 路 ごとに 作 成 すること 路 線 の 取 り 方 は Ⅱ.4.(1)を 参 照 なお 一 つの 路 線 に 複 数 の 指 定 道 路 ( 例 えば5 号 道 路 と2 項 道 路 )が 存 在 する 場 合 には 同 一 の 路 線 について 複 数 葉 の 指 定 道 路 調 書 を 作 成 することが 求 められ る 2 指 定 道 路 の 延 長 幅 員 の 取 り 方 指 定 道 路 の 延 長 は 当 該 指 定 道 路 の 中 心 線 の 延 長 を 測 るものとする 指 定 道 路 の 幅 員 は 幅 員 が 一 様 の 場 合 はその 数 値 を 記 載 し 一 様 でない 場 合 は 最 小 幅 員 と 最 大 幅 員 を 記 載 すること なお 2 項 道 路 の 幅 員 については みなし 境 界 線 間 が 法 上 の 幅 員 であるため 特 に 水 平 距 離 指 定 がされていなければ4メー トルと 記 載 すること 3 位 置 の 記 載 方 法 指 定 道 路 の 位 置 を 特 定 する 方 法 として 地 名 地 番 表 示 が 適 切 であることから 原 則 指 定 道 路 に 該 当 する 最 新 の 地 名 地 番 すべてを 記 載 すること また 指 定 道 路 調 書 作 成 後 地 名 地 番 が 変 更 された 場 合 は 変 更 後 の 位 置 を 特 定 できるように 原 則 新 しい 地 名 地 番 に 変 更 すること 13

18 なお 地 名 地 番 が 変 更 されても 改 めて 変 更 された 地 名 地 番 で 指 定 公 告 す る 必 要 はない 4 その 他 欄 の 記 載 事 項 その 他 欄 には 公 道 私 道 の 別 公 道 の 認 定 番 号 指 定 道 路 調 書 の 作 成 年 月 日 等 の 指 定 道 路 に 係 る 情 報 を 記 載 することが 考 えられる 5 位 置 図 の 記 載 方 法 位 置 図 の 縮 尺 については 特 に 定 めはないが 位 置 図 は 指 定 道 路 の 詳 細 な 位 置 を 特 定 するために 作 成 するものであるため 少 なくとも 道 路 境 界 線 の 位 置 の 明 示 が 可 能 な 縮 尺 で 作 成 すること 位 置 図 には 指 定 道 路 の 形 状 に 合 わせて 延 長 幅 員 を 記 載 すること また 2 項 道 路 の 場 合 は みなし 境 界 線 の 位 置 を 水 平 距 離 指 定 がある 場 合 は 水 平 距 離 指 定 部 分 の 延 長 及 び 水 平 距 離 を 記 載 すること さらに2 項 道 路 の 場 合 は 両 側 振 り 分 け 後 退 一 方 後 退 の 別 についても 記 載 することが 望 ましい (6) 指 定 道 路 図 及 び 指 定 道 路 調 書 の 閲 覧 特 定 行 政 庁 は 指 定 道 路 図 及 び 指 定 道 路 調 書 の 閲 覧 場 所 及 び 閲 覧 に 関 する 規 程 を 定 めてこれを 告 示 しなければならない また 指 定 道 路 図 及 び 指 定 道 路 調 書 は 電 子 ファイルによる 記 録 を 行 い イン ターネットによる 公 開 を 行 うことが 望 ましい (7)その 他 指 定 道 路 図 及 び 指 定 道 路 調 書 の 作 成 に 当 たり 市 道 等 の 情 報 を 有 する 市 町 村 の 協 力 が 不 可 欠 であるため 都 道 府 県 と 市 町 村 が 十 分 に 連 携 を 図 り 市 町 村 は 特 定 行 政 庁 である 都 道 府 県 に 対 し 必 要 な 協 力 を 行 うことが 望 ましい また 権 限 委 譲 等 により 指 定 時 の 特 定 行 政 庁 と 指 定 道 路 図 及 び 指 定 道 路 調 書 を 作 成 する 特 定 行 政 庁 が 異 なる 場 合 については これらの 特 定 行 政 庁 は 十 分 な 連 携 を 図 り 特 に 指 定 時 の 特 定 行 政 庁 は 求 めがあれば 指 定 当 時 の 資 料 の 提 供 その 他 必 要 な 協 力 を 行 う ことが 望 ましい さらに 指 定 道 路 図 及 び 指 定 道 路 調 書 の 円 滑 な 作 成 及 び 精 度 の 向 上 地 籍 調 査 の 実 施 の 促 進 の 観 点 から 道 路 部 局 都 市 計 画 部 局 地 籍 調 査 担 当 部 局 法 務 部 局 等 との 連 携 を 図 り 効 率 的 かつ 効 果 的 に 作 成 業 務 を 実 施 するこ とが 望 ましい 14

19 Ⅲ. 敷 地 等 と 道 路 との 関 係 ( 法 第 43 条 関 係 ) 市 街 地 における 道 路 は 単 に 通 行 の 場 というにとどまらず 建 築 物 の 利 用 災 害 時 の 避 難 路 消 防 活 動 の 場 建 築 物 等 の 日 照 採 光 通 風 等 の 確 保 など 安 全 で 良 好 な 環 境 の 市 街 地 を 形 成 する 上 で 極 めて 重 要 な 機 能 を 果 たしている 道 路 の 整 備 がなされて いない 土 地 において 建 築 物 が 相 当 の 密 度 で 立 ち 並 ぶことは 平 時 の 利 用 に 不 便 なばかり でなく 災 害 時 の 避 難 や 消 防 活 動 にも 大 きな 支 障 を 来 す このため 法 第 43 条 第 1 項 は 建 築 物 の 敷 地 は 法 第 42 条 に 規 定 する 法 上 の 道 路 に2メートル 以 上 接 していなければならないこととし これを 満 たさない 敷 地 には 原 則 として 建 築 物 の 建 築 を 認 めないこととしている 1. 接 道 義 務 の 特 例 等 の 許 可 について (1) 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 の 規 定 に 基 づく 許 可 の 運 用 について 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 の 規 定 に 基 づく 許 可 は 処 分 の 判 断 基 準 の 事 前 明 示 性 を 図 るため 施 行 規 則 により 基 準 を 定 めているところであるが その 運 用 につ いては 下 記 のとおり 定 めたので これを 踏 まえ 適 切 な 運 用 を 図 られたい 1 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 の 規 定 に 基 づく 許 可 は 接 道 義 務 の 特 例 許 可 であ ることから 避 難 及 び 通 行 の 安 全 性 道 路 に 接 することを 前 提 とした 建 築 規 制 である 前 面 道 路 幅 員 容 積 率 制 限 や 道 路 斜 線 制 限 が 適 用 されないことに 伴 う 総 合 的 な 市 街 地 の 環 境 への 影 響 について 建 築 物 の 用 途 規 模 位 置 構 造 等 を 勘 案 し 交 通 上 安 全 上 防 火 上 及 び 衛 生 上 支 障 がないかどうかを 審 査 する 必 要 があるものであること 2 当 該 許 可 に 当 たっては 建 築 物 又 はその 敷 地 が 交 通 上 安 全 上 防 火 上 及 び 衛 生 上 支 障 がないものとするための 条 件 その 他 必 要 な 条 件 を 付 することができ ること 3 建 築 物 の 敷 地 は 法 上 の 道 路 に2メートル 以 上 接 することが 原 則 であり 当 該 許 可 はあくまでも 例 外 的 に 適 用 されるべきものであること 4 当 該 許 可 に 当 たっては 建 築 審 査 会 の 同 意 を 得 ることが 必 要 であるが 建 築 審 査 会 の 効 率 的 な 運 営 や 開 催 回 数 の 増 加 等 を 行 うことにより 迅 速 な 事 務 処 理 に 努 めること 5 施 行 規 則 第 10 条 の2の 許 可 基 準 は 許 可 の 審 査 の 前 提 要 件 として 法 第 4 3 条 第 1 項 本 文 に 適 合 することにより 確 保 されている 市 街 地 の 環 境 と 同 等 の 水 準 が 確 保 されていることを 基 本 として 定 めたものである 具 体 的 には 法 上 の 道 路 に 代 えて 将 来 にわたって 安 定 的 に 利 用 することができる 空 地 に 接 すること また 2メートル 以 上 接 する ことに 代 えて 建 築 物 の 用 途 規 模 位 置 構 造 等 に 応 じ 有 効 に 接 することとして これを 類 型 化 して 規 定 するものであり 各 基 準 ごとの 考 え 方 は 以 下 のとおりである 15

20 イ その 敷 地 の 周 囲 に 公 園 緑 地 広 場 等 広 い 空 地 を 有 すること 建 築 物 の 敷 地 の 周 囲 に 公 園 緑 地 広 場 等 広 い 空 地 があるものについては 法 上 の 道 路 に 直 接 接 しない 場 合 であっても 当 該 空 地 が 避 難 及 び 通 行 の 安 全 延 焼 の 防 止 等 の 防 火 日 照 採 光 通 風 等 の 衛 生 等 の 確 保 の 観 点 から 法 上 の 道 路 と 同 等 の 機 能 を 有 することに 鑑 み 基 準 とするものである この 場 合 当 該 空 地 は 安 定 的 日 常 的 に 利 用 可 能 な 状 況 にある 空 地 をいい 建 築 物 の 敷 地 が 少 なくとも2メートル 以 上 の 長 さをもって 当 該 空 地 に 接 するものとする ロ その 敷 地 が 農 道 その 他 これに 類 する 公 共 の 用 に 供 する 道 ( 幅 員 4メートル 以 上 のものに 限 る )に2メートル 以 上 接 すること 農 道 港 湾 道 路 等 は 一 般 住 民 の 通 行 等 の 用 に 供 することを 目 的 とされてい るものではないが その 状 況 から 法 上 の 道 路 と 同 等 の 機 能 を 有 するものについ ては 接 道 義 務 の 特 例 許 可 の 対 象 として 扱 うことができることに 鑑 み 基 準 とす るものである ハ その 敷 地 が その 建 築 物 の 用 途 規 模 位 置 及 び 構 造 に 応 じ 避 難 及 び 通 行 の 安 全 等 の 目 的 を 達 するために 十 分 な 幅 員 を 有 する 通 路 であって 道 路 に 通 ずるものに 有 効 に 接 すること 当 該 基 準 は イ 及 びロの 定 型 的 類 型 に 該 当 しないものについて 一 般 的 にそ の 性 能 を 規 定 し 基 準 とするものであり 交 通 上 安 全 上 防 火 上 及 び 衛 生 上 支 障 がないことを 個 別 に 総 合 的 な 観 点 から 審 査 判 断 するものとする なお 具 体 的 には ロに 該 当 しない 農 道 等 の 通 路 がある 場 合 のほか 法 上 の 道 路 と 敷 地 との 間 にある 河 川 等 に 橋 などが 設 けられている 場 合 などを 含 み 得 るものとする この 場 合 建 築 物 と 法 上 の 道 路 の 間 には 道 路 に 代 わる 空 地 である 通 路 が 確 保 されることが 必 要 となるが 審 査 に 当 たっては 以 下 の 点 に 留 意 されたい ⅰ 当 該 通 路 が 現 状 のみならず 将 来 にわたって 安 定 的 に 利 用 できるものか どうかについて 土 地 の 所 有 状 況 占 用 許 可 等 を 勘 案 して 総 合 的 に 判 断 す ること ⅱ 通 路 の 幅 員 は4メートル 以 上 また 敷 地 は2メートル 以 上 の 長 さで 通 路 に 接 することを 原 則 とするが 建 築 物 の 用 途 規 模 位 置 構 造 等 建 築 計 画 の 内 容 や 周 囲 の 状 況 を 審 査 した 上 で 同 項 本 文 の 規 定 に 適 合 することにより 確 保 されている 市 街 地 の 環 境 と 同 等 の 水 準 が 確 保 されると 認 められる 場 合 に は これによらないことができること ⅲ なお 当 該 基 準 の 適 用 については 法 第 86 条 第 1 項 若 しくは 第 2 項 又 は 法 第 86 条 の2 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 認 定 における 建 築 物 と 道 路 に 関 する 審 査 の 際 の 考 え 方 との 整 合 性 をもって 適 切 に 運 用 すること 6 通 路 の 幅 員 を 確 保 するため 許 可 の 条 件 として 建 築 物 及 びその 敷 地 のセット バックが 義 務 付 けられている 場 合 には 当 該 セットバック 部 分 について 通 路 として 使 用 されることを 担 保 するため セットバック 部 分 を 表 示 するための 措 置 を 行 う(くい 打 ち 表 示 板 の 設 置 等 )ことが 望 ましい また 密 集 市 街 地 整 備 法 第 8 章 に 規 定 する 避 難 経 路 協 定 制 度 の 活 用 等 により 当 該 セットバック 部 分 の 通 路 としての 使 用 を 担 保 するための 措 置 が 講 じられていることを 許 可 の 条 件 16

21 とすることも 考 えられる (2)その 他 建 築 主 事 及 び 指 定 確 認 検 査 機 関 は 完 了 検 査 及 び 中 間 検 査 の 厳 正 な 実 施 に 努 め ること 特 定 行 政 庁 は 違 反 建 築 パトロールの 徹 底 等 により セットバックを 行 わない 建 築 主 等 に 対 する 違 反 是 正 を 適 確 に 行 うべきである 2. 接 道 義 務 の 強 化 法 第 43 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 特 殊 建 築 物 や 大 規 模 な 建 築 物 等 については その 敷 地 が 接 するべき 法 上 の 道 路 の 幅 員 に 係 る 基 準 等 について 地 方 公 共 団 体 の 条 例 により 強 化 することが 可 能 であり 本 制 度 の 適 切 な 活 用 を 図 られたい 17

22 Ⅳ. 道 路 内 の 建 築 制 限 ( 法 第 44 条 関 係 ) 良 好 な 市 街 地 環 境 の 確 保 をする 上 で 極 めて 重 要 な 役 割 を 果 たしている 道 路 又 は 道 路 の 上 空 を 開 放 空 間 として 確 保 し 道 路 が 担 っている 種 々の 機 能 の 保 持 を 図 るため 法 第 44 条 において 道 路 内 における 建 築 制 限 を 課 すこととしている 1. 法 第 44 条 第 1 項 第 2 号 の 規 定 に 基 づく 許 可 バス 停 留 所 若 しくは 自 転 車 駐 車 場 の 上 家 又 はアーケードについては 法 第 44 条 第 1 項 第 2 号 に 規 定 する 公 衆 便 所 巡 査 派 出 所 その 他 これらに 類 する 公 益 上 必 要 な 建 築 物 に 含 まれるものと 解 する ただし 公 衆 便 所 巡 査 派 出 所 その 他 これ らに 類 する 公 益 上 必 要 な 建 築 物 に 含 まれるものとしても 通 行 上 支 障 がある 場 合 には 道 路 内 に 建 築 することはできない なお 自 転 車 駐 車 場 の 位 置 が 図 1 及 び 図 2に 該 当 するものについては 道 路 内 の 建 築 物 として 取 り 扱 って 差 し 支 えないが 図 3 及 び 図 4に 該 当 するものについて は 道 路 法 第 18 条 に 規 定 する 道 路 の 区 域 に 含 まれるものであっても 法 の 規 定 の 適 用 に 当 たっては 一 般 の 建 築 敷 地 と 同 様 に 取 り 扱 われたい 18

23 アーケードの 取 扱 いについては 昭 和 30 年 2 月 1 日 国 消 発 72 号 発 住 5 号 警 察 庁 発 備 2 号 を 参 照 されたい 2. 法 第 44 条 第 1 項 第 3 号 の 規 定 に 基 づく 認 定 立 体 道 路 制 度 の 運 用 については 平 成 元 年 12 月 20 日 道 政 発 第 82 号 平 成 元 年 12 月 20 日 都 計 発 第 117 号 都 再 発 第 103 号 道 政 発 第 84 号 住 街 発 第 154 号 及 び 平 成 17 年 4 月 8 日 国 都 計 第 2-2 号 国 道 政 第 4 号 国 住 街 第 14 号 を 参 照 されたい 3. 法 第 44 条 第 1 項 第 4 号 の 規 定 に 基 づく 許 可 道 路 の 上 空 に 設 ける 通 路 の 取 扱 い 等 については 昭 和 32 年 7 月 15 日 発 住 第 3 7 号 国 消 発 第 860 号 警 視 庁 乙 備 発 第 14 号 及 び 平 成 8 年 3 月 19 日 警 視 庁 丁 規 発 第 32 号 道 政 発 第 44 号 住 指 発 第 90 号 住 街 発 第 30 号 消 防 予 第 39 号 を 参 照 されたい 4.その 他 建 築 物 に 付 属 する 門 又 は 塀 は 当 然 に 建 築 物 として 道 路 内 の 建 築 制 限 が 課 されるも のである 法 第 44 条 第 1 項 の 規 定 は 建 築 物 を 建 築 する 場 合 であっても 擁 壁 に 関 して 何 らの 築 造 行 為 を 伴 うことがないときは 当 該 擁 壁 に 対 しては 適 用 されない いわゆる 道 路 法 の 道 路 であっても 一 般 的 な 道 の 機 能 を 有 しないものについては 法 上 の 道 路 として 取 り 扱 わないこととしているところであるが 道 路 法 第 33 条 第 2 項 に 規 定 する 高 速 自 動 車 国 道 又 は 自 動 車 専 用 道 路 の 連 結 路 附 属 地 ( 以 下 単 に 連 結 路 附 属 地 という )についても 法 上 の 道 路 として 取 り 扱 わないものであり 例 え ば 連 結 路 附 属 地 に 設 けられる 道 路 の 通 行 者 の 利 便 の 増 進 に 資 する 施 設 については 道 路 内 の 建 築 制 限 が 課 されないものであること なお 2 項 道 路 に 接 する 敷 地 におけるセットバック 部 分 が 道 路 として 使 用 される ことを 担 保 するため セットバック 部 分 を 表 示 するための 措 置 を 行 う(くい 打 ち 表 示 板 の 設 置 等 )ことや 密 集 市 街 地 整 備 法 第 8 章 に 規 定 する 避 難 経 路 協 定 制 度 を 活 用 することが 望 ましい また 建 築 主 事 及 び 指 定 確 認 検 査 機 関 は 完 了 検 査 及 び 中 間 検 査 の 厳 正 な 実 施 に 努 めること 特 定 行 政 庁 は 違 反 建 築 パトロールの 徹 底 等 により セットバックを 行 わない 建 築 主 等 に 対 する 違 反 是 正 を 適 確 に 行 うべきである 19

24 Ⅴ. 私 道 の 変 更 又 は 廃 止 の 制 限 ( 法 第 45 条 関 係 ) 私 道 の 変 更 又 は 廃 止 は 原 則 として 自 由 であるが 当 該 私 道 によって 法 第 43 条 の 接 道 義 務 を 果 たしている 第 三 者 の 建 築 物 の 敷 地 がある 場 合 は 当 該 私 道 の 変 更 又 は 廃 止 によってその 第 三 者 の 建 築 物 が 一 方 的 に 違 反 状 態 となり 不 合 理 が 生 じる このた め 法 第 45 条 において 私 道 の 変 更 又 は 廃 止 によってその 道 路 に 接 する 敷 地 が 法 第 43 条 の 接 道 義 務 に 抵 触 することとなる 場 合 は 特 定 行 政 庁 は 法 第 9 条 に 基 づく 一 般 の 違 反 是 正 命 令 に 準 じた 手 続 で 私 道 の 変 更 又 は 廃 止 を 禁 止 し 又 は 制 限 できることと されている また 条 例 に 規 定 を 設 けることにより 私 道 の 変 更 又 は 廃 止 を 行 う 者 から 特 定 行 政 庁 に 対 しあらかじめその 旨 を 届 出 させることができる 当 該 届 出 を 活 用 することによ り 特 定 行 政 庁 は 私 道 の 履 歴 情 報 を 適 切 に 管 理 することが 望 ましい 工 作 物 の 設 置 であっても 接 道 義 務 違 反 となる 建 築 物 を 生 じさせる 場 合 には 私 道 の 変 更 又 は 廃 止 にあたることから 当 該 行 為 を 制 限 又 は 禁 止 することができる 特 定 行 政 庁 は 違 反 建 築 パトロールの 徹 底 等 により 接 道 義 務 違 反 となる 建 築 物 を 生 じさせる 私 道 の 変 更 又 は 廃 止 を 行 う 土 地 所 有 者 等 に 対 する 是 正 指 導 を 適 確 に 行 うべ きである 20

25 Ⅵ. 予 定 道 路 ( 法 第 68 条 の7 関 係 ) 地 区 計 画 等 に 配 置 と 規 模 が 定 められた 道 は 主 として 都 市 計 画 法 による 許 可 を 受 け た 開 発 行 為 法 第 42 条 第 1 項 第 5 号 の 規 定 に 基 づく 指 定 による 築 造 等 を 通 じて 現 実 のものとして 整 備 されていくものであるが 法 第 42 条 第 1 項 第 5 号 の 規 定 に 基 づく 指 定 は 築 造 者 の 申 請 があって 初 めて 行 われるものであるため 地 区 計 画 等 で 定 められ た 細 街 路 網 の 実 現 を 図 る 上 では 特 定 行 政 庁 が 自 ら 能 動 的 に 道 路 の 位 置 を 指 定 し そ の 指 定 された 道 路 の 区 域 について 建 築 物 の 建 築 を 制 限 し 道 路 の 位 置 を 確 保 しておく 必 要 性 が 高 い 場 合 が 少 なくない このため 法 第 68 条 の7 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 特 定 行 政 庁 は 地 区 計 画 等 に 道 の 配 置 及 び 規 模 又 はその 区 域 が 定 められている 場 合 で 一 定 の 要 件 に 該 当 するときは 地 区 計 画 等 に 定 められた 道 の 配 置 及 び 規 模 又 はその 区 域 に 即 して 予 定 道 路 の 指 定 を 行 うことができる 1. 予 定 道 路 による 容 積 率 制 限 等 の 特 例 ( 法 第 68 条 の7 第 5 項 並 びに 令 第 131 条 の2 第 2 項 令 第 135 条 の3 第 1 項 第 3 号 及 び 令 第 135 条 の4 第 1 項 第 3 号 関 係 ) 建 築 物 の 敷 地 が 予 定 道 路 に 接 する 場 合 又 は 敷 地 内 に 予 定 道 路 がある 場 合 において 特 定 行 政 庁 が 交 通 上 安 全 上 防 火 上 及 び 衛 生 上 支 障 がないと 認 めて 許 可 した 建 築 物 については 予 定 道 路 を 前 面 道 路 とみなして 容 積 率 制 限 を 適 用 することが 可 能 と なり また 特 定 行 政 庁 が 交 通 上 安 全 上 防 火 上 及 び 衛 生 上 支 障 がないと 認 めた 建 築 物 については 予 定 道 路 を 前 面 道 路 とみなして 道 路 斜 線 制 限 及 び 北 側 斜 線 制 限 を 適 用 することが 可 能 であるので 既 成 市 街 地 等 の 整 備 改 善 を 行 う 場 合 には 本 制 度 の 活 用 を 図 られたい 21

26 ( 参 考 ) アーケードの 取 扱 について( 昭 和 30 年 2 月 1 日 国 消 発 72 号 発 住 5 号 警 察 庁 発 備 2 号 ) 1 道 路 の 上 空 に 設 ける 通 路 の 取 扱 等 について( 昭 和 32 年 7 月 15 日 発 住 第 37 号 国 消 発 第 860 号 警 視 庁 乙 備 発 第 14 号 ) 7 道 路 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 等 の 施 行 について( 平 成 元 年 12 月 20 日 道 政 発 第 8 2 号 ) 10 道 路 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 等 の 施 行 について( 平 成 元 年 12 月 20 日 都 計 発 第 1 17 号 都 再 発 第 103 号 道 政 発 第 84 号 住 街 発 第 154 号 ) 14 道 路 の 上 空 に 設 ける 通 路 の 取 扱 い 等 について( 平 成 8 年 3 月 19 日 警 視 庁 丁 規 発 第 3 2 号 道 政 発 第 44 号 住 指 発 第 90 号 住 街 発 第 30 号 消 防 予 第 39 号 ) 31 ( 立 体 道 路 制 度 の 運 用 について 平 成 17 年 4 月 8 日 国 都 計 第 2-2 号 国 道 政 第 4 号 国 住 街 第 14 号 ) 33

27

28

29

30

31

32

33

34

35

36

37

38

39

40

41

42

43

44

45

46

47

48

49

50

51

52

53

54

55

56

57

58

59

60

都計法等講習会における説明メモ

都計法等講習会における説明メモ 国 住 街 第 1 4 5 号 平 成 2 6 年 12 月 5 日 各 都 道 府 県 建 築 行 政 主 務 部 長 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 市 街 地 建 築 課 長 マンションの 建 替 え 等 の 円 滑 化 に 関 する 法 律 第 105 条 の 規 定 の 運 用 について 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 ) 第 59 条 の2に 基 づくいわゆる

More information

1 道 路 位 置 指 定 申 請 の 手 引 き 平 成 28 年 4 月 横 須 賀 市 都 市 部 目 次 位 置 指 定 編 道 路 の 位 置 の 指 定 とは 1 目 的 1 道 路 位 置 指 定 申 請 と 関 係 手 続 きの 流 れ 2 道 路 位 置 指 定 の 手 続 き 事 前 審 査 3 道 路 位 置 指 定 の 手 続 き 本 申 請 5 道 路 の 位 置 の 表 示

More information

建築基準法第43条第1項ただし書き許可

建築基準法第43条第1項ただし書き許可 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 許 可 申 請 マニュアル 平 成 17 年 4 月 作 成 ( 平 成 23 年 8 月 改 正 ) 特 定 行 政 庁 桑 名 市 目 次 許 可 制 度 と 手 続 き P. 1 許 可 手 続 きフロー P. 3 道 路 判 断 の 流 れ P. 4 建 築 審 査 会 における 取 り 扱 い P. 5 建 築 審 査 会 包 括

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A817989FC90B388C4817A88CA92758E7792E882CC82B582A882E881693133303531338F4390B3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A817989FC90B388C4817A88CA92758E7792E882CC82B582A882E881693133303531338F4390B3816A2E646F63> 横 浜 市 位 置 指 定 申 請 のしおり 平 成 25 年 5 月 横 浜 市 建 築 局 本 しおりで 引 用 した 主 な 法 令 名 は 次 のような 略 称 名 を 用 いました 法 : 建 築 基 準 法 令 : 建 築 基 準 法 施 行 令 条 例 : 横 浜 市 建 築 基 準 条 例 細 則 : 横 浜 市 建 築 基 準 法 施 行 細 則 目 次 第 1 章 位 置 指 定

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 12 章 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 1 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ( 都 市 計 画 法 第 42 条 ) 法 律 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 第 四 十 二 条 何 人 も 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 内 においては 第 三 十

More information

<303034205F8CBB8D735F93DF94658E73918D8D8790DD8C768B9689C28EE681453F>

<303034205F8CBB8D735F93DF94658E73918D8D8790DD8C768B9689C28EE681453F> 那 覇 市 総 合 設 計 許 可 取 扱 要 綱 平 成 8 年 4 月 目 次 第 1 総 合 設 計 制 度 1. 総 合 設 計 制 度 の 目 的 2. 許 可 取 扱 要 綱 の 制 定 第 2 総 合 設 計 許 可 取 扱 要 綱 1. 基 本 目 標 2. 運 用 に 当 たっての 基 本 姿 勢 第 3 技 術 基 準 1. 用 語 の 定 義 2. 基 本 要 件 (1) 法

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E591BA8E7393B9984888CA92758E7792E8905C90BF8EE891B182AB82CC8EE888F882AB>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E591BA8E7393B9984888CA92758E7792E8905C90BF8EE891B182AB82CC8EE888F882AB> 大 村 市 位 置 指 定 申 請 手 続 きの 手 引 き 平 成 23 年 4 月 1 日 大 村 市 建 築 住 宅 課 目 次 1. 適 用 1 2. 事 前 協 議 及 び 取 扱 基 準 について (1) 事 前 協 議 1 (2) 取 扱 基 準 1 1) の 位 置 指 定 から 指 定 を 延 長 する 場 合 の 取 り 扱 い 1 2) 関 係 規 定 の 適 用 における 指

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63> Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整

More information

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

港区住宅型総合設計許可要綱(改正案)

港区住宅型総合設計許可要綱(改正案) 港 区 マンション 建 替 法 容 積 率 許 可 要 綱 平 成 27 年 6 月 1 日 27 港 街 計 第 791 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は マンションの 建 替 え 等 の 円 滑 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 78 号 以 下 法 という ) 第 105 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 容 積 率 の 許

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015 居 宅 介 護 サービス 事 業 等 の 手 引 き Ⅴ 居 宅 療 養 管 理 指 導 平 成 27 年 6 月 島 根 県 高 齢 者 福 祉 課 平 成 27 年 度 報 酬 改 定 反 映 版 [ 注 意 事 項 ] 介 護 予 防 サービスについては 居 宅 介 護 サービスと 同 趣 旨 の 場 合 記 載 を 省 略 した 事 項 があります 掲 載 した Q&A は 一 部 ですので

More information

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定)

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定) 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 知 事 同 意 又 は 協 議 にあたっての 判 断 指 針 平 成 24 年 2 月 茨 城 県 土 木 部 都 市 局 都 市 計 画 課 目 次 1 判 断 指 針 策 定 の 趣 旨 1 2 本 判 断 指 針 が 対 象 とする 地 区 計 画 1 3 県 が 判 断 するにあたっての 基 本 方 針 2 4 地 区 計 画 の 対

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F918B8CFB97705F93B9984888CA92758E7792E88AD68C57964097DF8F5720323030382E30342E30312E444F43>

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F918B8CFB97705F93B9984888CA92758E7792E88AD68C57964097DF8F5720323030382E30342E30312E444F43> 一 般 配 布 用 鎌 ケ 谷 市 道 路 位 置 指 定 関 係 法 令 集 平 成 15 年 4 月 1 日 ( 平 成 20 年 4 月 1 日 一 部 改 訂 ) 鎌 ケ 谷 市 都 市 建 設 部 建 築 住 宅 課 Tel.047(445)1141( 内 )496 Fax.047(445)1400 目 次 1. 手 続 きの 流 れ 1 2. 添 付 書 類 2 3. 建 築 基 準 法

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

目 次 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 1 趣 旨 1 2 基 本 目 標 1 3 運 用 方 針 2 第 2 用 語 の 定 義 2 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 6 1 共 通 事 項 6 第 2 種 類 別 要 件 6 1 市 街 地 住 宅 型 総

目 次 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 1 趣 旨 1 2 基 本 目 標 1 3 運 用 方 針 2 第 2 用 語 の 定 義 2 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 6 1 共 通 事 項 6 第 2 種 類 別 要 件 6 1 市 街 地 住 宅 型 総 千 代 田 区 総 合 設 計 許 可 要 綱 千 代 田 区 平 成 27 年 9 月 ( 平 成 28 年 1 月 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 1 趣 旨 1 2 基 本 目 標 1 3 運 用 方 針 2 第 2 用 語 の 定 義 2 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 6 1 共 通 事 項 6 第 2 種 類 別 要 件

More information

路 位 置 指 定 の 変 更 申 請 書 ( 様 式 第 2 号 ) 又 は 廃 止 申 請 書 ( 様 式 第 3 号 )に 申 請 手 数 料 を 添 えて 特 定 行 政 庁 に 提 出 しなければならない 2 位 置 指 定 道 路 の 変 更 又 は 廃 止 に 係 る 取 扱 いについ

路 位 置 指 定 の 変 更 申 請 書 ( 様 式 第 2 号 ) 又 は 廃 止 申 請 書 ( 様 式 第 3 号 )に 申 請 手 数 料 を 添 えて 特 定 行 政 庁 に 提 出 しなければならない 2 位 置 指 定 道 路 の 変 更 又 は 廃 止 に 係 る 取 扱 いについ 熊 本 市 道 路 位 置 指 定 取 扱 い 基 準 制 定 平 成 5 年 5 月 5 日 制 定 改 正 平 成 17 年 4 月 8 日 改 正 平 成 21 年 7 月 1 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 平 成 24 年 11 月 1 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 平 成 25 年 8 月 30 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378>

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378> 東 近 江 市 市 街 化 調 整 区 域 等 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 の 解 説 東 近 江 市 都 市 整 備 部 都 市 計 画 課 策 定 の 背 景 昭 和 43 年 に 制 定 された 新 都 市 計 画 法 ( 昭 和 43 年 法 律 第 100 号 以 下 法 という )で 都 市 計 画 区 域 を 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63> Ⅱ マンション 標 準 管 理 委 託 契 約 書 コメント 1 全 般 関 係 1 この 契 約 書 は マンションの 管 理 組 合 ( 以 下 管 理 組 合 という )とマンショ ン 管 理 業 者 の 間 で 協 議 がととのった 事 項 を 記 載 した 管 理 委 託 契 約 書 を マンション の 管 理 の 適 正 化 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 12 年 法 律

More information

○道路位置指定申請と関係手続きの流れ

○道路位置指定申請と関係手続きの流れ 豊 中 市 道 路 位 置 指 定 申 請 のしおり 平 成 20 年 4 月 都 市 計 画 推 進 部 開 発 審 査 課 はじめに 建 築 物 の 敷 地 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 ) 第 43 条 の 規 定 により 同 法 第 42 条 に 定 められる 道 路 に 接 しなければなりません その 道 路 として 認 められるものの 一 つとして

More information

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 27(2015) 年 4 月 立 川 市 はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

Microsoft Word - 10第1編第9章(201~210).doc

Microsoft Word - 10第1編第9章(201~210).doc 第 9 章 市 街 化 調 整 区 域 内 における 建 築 等 の 制 限 第 1 節 建 築 行 為 建 設 行 為 の 許 可 法 第 43 条 第 2 節 許 可 の 条 件 令 第 36 条 第 3 節 既 存 宅 地 における 建 築 物 に 係 る 暫 定 措 置 法 第 43 条 - 201 - 第 9 章 市 街 化 調 整 区 域 内 における 建 築 等 の 制 限 第 1 節

More information

<964C93878BE68D E8BE68E7792E895FB906A8B7982D18E7792E88AEE8F BD90AC E31308C8E817A2E786477>

<964C93878BE68D E8BE68E7792E895FB906A8B7982D18E7792E88AEE8F BD90AC E31308C8E817A2E786477> 豊 島 区 高 度 利 用 地 区 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 豊 島 区 都 市 整 備 部 平 成 25 年 10 月 目 次 指 定 方 針 1 指 定 基 準 4 第 1 用 語 の 定 義 4 第 2 高 度 利 用 地 区 の 指 定 対 象 区 域 7 第 3 高 度 利 用 地 区 の 指 定 要 件 8 1 地 区 の 最 低 規 模 2 地 区 の 境 界 3 幹 線

More information

用 途 地 域 等 に 関 す る 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 4 月 昭 島 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 地 域 の 自 主 性 及 び 自 立 性 を 高 めるための 改 革 の 推 進 を 図 る ための 関 係 法 律 の 整 備 に 関 する 法 律 ( 分 権 一 括 法 ) の 公 布 に 伴 い 都 市 計 画 法 が 一 部 改 正

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪 平 成 28 年 6 月 13 日 都 市 局 都 市 計 画 課 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 に 係 る 通 知 を 発 出 本 年 3 月 30 日 に 策 定 された 明 日 の 日 本 を 支 える 観 光 ビジョン において 観 光 立 国 の 推 進 に 寄 与 する 宿 泊 施 設 の 整 備 促 進 に 向 けた 取 組 として

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

神戸市確認審査基準

神戸市確認審査基準 ⅲ. 集 団 規 定 ⅲ-01 道 路 内 の 建 築 制 限 法 第 44 条 第 1 項 に 規 定 する 建 築 制 限 のかかる 道 路 の 範 囲 は 法 第 42 条 第 1 項 に 規 定 され た 法 令 によって 道 路 区 域 に 位 置 づけられる 道 路 敷 も 含 まれ 道 路 の 上 下 空 間 も 対 象 となる 関 連 法 令 等 法 第 42 条 第 44 条, 令

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

年金通信25-30厚年基金見直し(法改正概要)

年金通信25-30厚年基金見直し(法改正概要) 25-30 第 17 号 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しについて( 法 改 正 の 概 要 ) 平 成 25 年 6 月 19 日 団 体 年 金 事 業 部 平 成 25 年 6 月 19 日 の 参 議 院 本 会 議 にて 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 し 法 案 ( 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮)

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮) 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 平 成 25 年 12 月 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 研 究 会 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン はじめに 1. 目 的 2. 経 営 者 保 証 の 準 則 3. ガイドラインの 適 用 対 象 となり 得 る 保 証 契 約 4. 経 営 者 保 証 に 依 存 しない 融 資 の 一 層 の 促 進 (1) 主 たる

More information

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この 公 益 認 定 等 に 関 する 運 用 について ( 公 益 認 定 等 ガイドライン) 平 成 20 年 4 月 ( 平 成 25 年 1 月 改 定 ) 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法

More information

第25回税制調査会 総25-2

第25回税制調査会 総25-2 主 要 税 目 ( 地 方 税 )の 税 収 ( 決 算 額 地 方 財 政 計 画 ベース)の 推 移 10 11 固 定 資 産 税 の 性 格 1 わが 国 税 制 の 現 状 と 課 題 -21 世 紀 に 向 けた 国 民 の 参 加 と 選 択 -( 抄 )( 平 成 12 年 7 月 税 制 調 査 会 ) 第 一 基 本 的 考 え 方 四 税 制 の 検 討 の 視 点 4. 地

More information

広島駅新幹線口周辺地区における用途地域及び容積率の見直し等の都市計画に関する運用方針

広島駅新幹線口周辺地区における用途地域及び容積率の見直し等の都市計画に関する運用方針 広 島 駅 新 幹 線 口 周 辺 地 区 における 用 途 地 域 及 び 容 積 率 の 見 直 し 等 の 都 市 計 画 に 関 する 運 用 方 針 平 成 21 年 (2009 年 )12 月 広 島 市 都 市 整 備 局 都 市 計 画 課 目 次 第 1 総 則 1 1 目 的 1 2 本 運 用 方 針 の 位 置 づけ 1 3 本 運 用 方 針 の 適 用 範 囲 1 4 用

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63> 3 月 決 算 法 人 の 決 算 申 告 のポイント 平 成 23 年 4 月 7 日 九 州 北 部 税 理 士 会 福 岡 支 部 夜 間 研 修 税 理 士 有 田 義 博 目 次 平 成 22 年 度 税 制 改 正 から... 1 いわゆる 自 販 機 節 税 封 じ( 消 費 税 )... 1 1. 平 成 22 年 度 改 正 の 内 容... 1 2. 適 用 時 期 ( 改 正

More information

守口市総合設計制度許可実施基準

守口市総合設計制度許可実施基準 守 口 市 総 合 設 計 制 度 許 可 取 扱 要 綱 実 施 基 準 平 成 26 年 12 月 改 正 守 口 市 総 合 設 計 制 度 許 可 取 扱 要 綱 実 施 基 準 目 次 第 1 条 趣 旨 1 第 2 条 計 画 の 基 本 要 件 1 第 3 条 敷 地 の 条 件 等 1 第 4 条 配 置 計 画 2 第 5 条 その 他 所 要 施 設 3 第 6 条 住 宅 等

More information

Microsoft Word - 04 兵庫県耐震改修促進計画(H28

Microsoft Word - 04 兵庫県耐震改修促進計画(H28 兵 庫 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 資 料 編 ) ( 平 成 28 年 3 月 改 定 ) 兵 庫 県 目 次 1 関 係 法 令 (1) 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 (2) 基 本 方 針 2 地 震 動 予 測 結 果 による 震 度 分 布 図 3 耐 震 化 率 関 係 データ (1) 住 宅 (2) 多 数 利 用 建 築 物 4 これまでの

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

59501-59800 育児休業給付【25.12】

59501-59800 育児休業給付【25.12】 業 務 取 扱 要 領 59501-59800 雇 用 継 続 給 付 関 係 ( 育 児 休 業 給 付 ) 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 保 険 課 目 次 59501- 第 1 制 度 の 概 要 等 1 59520 59501-1 制 度 の 概 要 1 59510 59501 (1) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 1 59502 (2) 給 付 の 種 類

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 令 等 の 司 法 審 査 8 (4) 特 定 独 立 行 政 法 人 等 に 係 る 不 当 労

More information

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 73 号 ) 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 10 規 程 第 74 号 改 正 平 成 25 年 2 月 19 日 12 規 程 第 44 号 改 正 平 成 26 年 6 月 3 日 14 規 程 第 01 号 改 正

More information

はじめに

はじめに 第 3 版 町 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 適 正 な 土 地 利 用 の 調 整 に 関 する 条 例 の 手 引 き 町 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 適 正 な 土 地 利 用 の 調 整 に 関 する 条 例 施 行 規 則 を 一 部 改 正 し2011 年 4 月 1 日 に 施 行 しました (2012 年 7 月 17 日 付 庁 舎 移 転 等 に

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 村 山 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 に 住 民 に 身 近 な 行 政 は 地 方 公 共 団 体 が 自 主 的 かつ 総 合 的 に 広 く 担 うとともに 地 域 住 民 が 自 らの 判 断 と 責 任 において 地 域 の 諸 課 題 に 取 り 組 むことができるようにする

More information

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 に 基 づく 利 用 請 求 に 対 する 処 分 に 係 る 審 査 基 準 平 成 27 年 2 月 18 日 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 ( 平 成 25 年 香 川 県 条 例 第 5 号 以 下 条 例 という )に 基 づく 特 定 歴 史 公 文 書 等 の 利 用 の 請 求 に 対 する

More information

1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 土 地 の 高 度 利 用 については 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 横 須 賀 市 条 例 第 72 号 以 下 条 例 という ) 同 条 例 施 行 規 則 ( 平 成

1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 土 地 の 高 度 利 用 については 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 横 須 賀 市 条 例 第 72 号 以 下 条 例 という ) 同 条 例 施 行 規 則 ( 平 成 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 都 市 計 画 及 び 総 合 設 計 等 運 用 基 準 目 次 1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 ------------------- 1 第 2 本 基 準 の 構 成 ------------------- 1 2 章 土 地 の 高 度 利 用 に 係 る 適 用 評 価 について 第 1 適 用

More information

27-042職員退職手当規程270401

27-042職員退職手当規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 10 月 1 日 18 規 程 第 39 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 42 号 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 11 章 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 法 律 ( 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ) 第 四 十 一 条 都 道 府 県 知 事 は 用 途 地 域 の 定 められていない 土 地 の 区 域 における 開 発 行 為 につい て 開

More information

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251>

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251> 入 札 公 告 ( 建 築 のためのサービスその 他 の 技 術 的 サービス( 建 設 工 事 を 除 く)) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 する なお 本 業 務 に 係 る 落 札 及 び 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 25 年 度 本 予 算 が 成 立 し 予 算 示 達 がなされることを 条 件 とするものである 今 回 の 業 務 に 参 加

More information

Taro11-第5章.jtd

Taro11-第5章.jtd 第 5 章 法 第 43 条 令 第 34 条 令 第 35 条 令 第 36 条 規 則 第 34 条 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 以 外 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 法 第 四 十 三 条 何 人 も 市 街 化 調 整 区 域 のうち 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 以 外 の 区 域 内 においては 都 道 府 県 知 事 の 許 可 を 受

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

職員退職手当規程

職員退職手当規程 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 高 エネルギー 加 速 器 研 究 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 1 5 号 改 正 平 成 17 年 3 月 29 日 規 程 第 36 号 改 正 平 成 18 年 3 月 30 日 規 程 第 49 号 改 正 平 成 20 年 3 月 31 日 規 程 第 9 号 改 正 平 成 21 年 3 月

More information

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案)

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案) 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 27 年 4 月 大 阪 狭 山 市 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 10 年 5 月 の 都 市 計 画 法 の 改 正 により 市 街 化 調 整 区 域 においても 市 町 村 が 定 める 地 区 計 画 の 内 容 に 適 合

More information

01表紙

01表紙 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 平 成 28 年 4 月 経 営 管 理 部 行 政 改 革 推 進 室 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 目 次 1 指 定 管 理 者 制 度 の 概 要 1 (1) 指 定 管 理 者 制 度 1 (2) 指 定 管 理 者 の 権 限 の 範 囲 1 (3) 公 の 施 設 に

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 Q&A ( 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 関 係 ) 1. 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 Q1 1: 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 においては 事 業 主 が 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 として 継 続 雇 用 制 度 を 導 入 する 場 合 には 希 望 者 全 員 を 対 象 とするものに しなければならないのですか

More information

様式第5 法第48条第1項第6号関係(地域森林計画区域の変更関係)

様式第5 法第48条第1項第6号関係(地域森林計画区域の変更関係) 様 式 第 17 法 第 49 条 第 4 項 第 8 号 関 係 ( 特 別 地 域 内 工 作 物 の 新 ( 改 増 ) 築 の 許 可 等 ) 目 場 行 為 地 及 びその 付 近 の 状 況 自 然 公 園 法 第 20 条 第 3 項 の 許 可 等 に 関 する 事 項 的 工 作 物 の 種 類 施 行 方 法 敷 地 面 積 規 構 行 為 者 住 所 宮 城 県 牡 鹿 郡 女

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案)

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案) 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 に お け る 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 ( 案 ) 平 成 2 4 年 12 月 三 郷 市 ま ち づ く り 推 進 部 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 における 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 開 発 行 為

More information

建 築 設 備 設 計 監 理 業 務 委 託 料 算 定 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 福 島 県 土 木 部 が 所 掌 する 建 築 物 及 びその 附 帯 施 設 ( 以 下 県 有 建 築 物 とい う )に 係 る 設 計 等 の 業 務 ( 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

大 阪 府 における 公 益 通 報 制 度 に 関 する 取 組 について 大 阪 府 総 務 部 法 務 課 コンプライアンス 推 進 グループ 1 通 報 窓 口 体 制 について 2 コンプライアンス 委 員 について 3 通 報 処 理 の 流 れについて 4 処 理 件 数 について 5 その 他 ( 資 料 ) 大 阪 府 職 員 等 のコンプライアンスの 推 進 に 関 する 要 綱

More information

<3234313132328179939D8D8794C5817A82708195826091E682509265816091E6825492652E786C7378>

<3234313132328179939D8D8794C5817A82708195826091E682509265816091E6825492652E786C7378> 東 日 本 大 震 災 復 興 特 別 区 域 法 のQ&A 目 次 計 画 作 成 手 続 き () 協 議 会 ア 国 と 地 方 の 協 議 会 P イ 地 域 協 議 会 P () 国 の 柔 軟 な 対 応 地 方 の 負 担 軽 減 (3)その 他 P P 計 画 作 成 に 対 する 国 の 支 援 P 3 計 画 記 載 事 項 () 復 興 産 業 集 積 区 域 () 税 制 上

More information

柏 市 総 合 設 計 制 度 許 可 取 扱 基 準 柏 市 平 成 10 年 10 月 制 定 平 成 24 年 4 月 改 正 目 次 第 1 総 則.........1 1 趣 旨...1 2 運 用 方 針...1 3 用 語 の 定 義...2 第 2 基 本 要 件.........3 1 一 般 総 合 設 計...3 2 市 街 地 住 宅 総 合 設 計...7 3 環 境 配

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477>

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477> 開 発 許 可 審 査 基 準 平 成 24 年 8 月 春 日 部 市 目 次 総 則 第 01 目 的 1 第 02 法 令 の 略 称 規 定 1 第 03 開 発 行 為 の 定 義 1 都 市 計 画 法 第 29 条 開 発 行 為 の 許 可 3 都 市 計 画 法 第 33 条 開 発 許 可 の 基 準 5 都 市 計 画 法 第 34 条 市 街 化 調 整 区 域 の 許 可

More information

開発許可審査基準

開発許可審査基準 開 発 許 可 審 査 基 準 大 田 区 平 成 27 年 8 月 使 用 上 の 注 意 この 審 査 基 準 は 都 市 計 画 法 第 29 条 第 34 条 の2 第 35 条 の2 第 37 条 及 び 第 45 条 の 規 定 により 申 請 された 開 発 行 為 の 許 可 等 に 関 して 法 令 の 定 めに 従 って 判 断 するための 基 準 を 定 めたもの である 以

More information

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 1 5 年 法 律 第 112 号 ) 第 3 5 条 の 規 定 及 び 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう

More information

Microsoft Word - 監査結果 H24.9.27 最終.doc

Microsoft Word - 監査結果 H24.9.27 最終.doc 広 監 第 100027 号 平 成 24 年 9 月 27 日 請 求 人 ( 略 ) 広 島 市 監 査 委 員 南 部 盛 一 同 井 上 周 子 同 谷 口 修 同 平 木 典 道 広 島 市 職 員 に 関 する 措 置 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について( 通 知 ) 平 成 24 年 8 月 13 日 付 けで 受 け 付 けた 広 島 市 職 員 に 関 する 措 置 請

More information

Taro-匿名組合 151009 栄

Taro-匿名組合 151009 栄 匿 名 組 合 の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 匿 名 組 合 とは 匿 名 組 合 契 約 とは 当 事 者 の 一 方 が 相 手 方 の 営 業 のために 出 資 をし その 営 業 から 生 ず る 利 益 を 分 配 することを 約 する 各 当 事 者 が 出 資 をして 共 同 の 事 業 を 営 むことを 約 する 契 約 である( 商 法 535) 出 資 は 財 産 出 資 のみ

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E646F6378> 東 広 島 市 街 化 調 における 運 用 基 準 の 1 作 目 的 成 この に 関 運 し 用 必 基 要 準 な は 事 項 本 を 市 定 の めることにより 市 街 化 調 整 区 域 内 市 における 街 化 調 整 地 区 区 域 計 における 画 制 度 の 良 運 好 用 な 及 環 び 境 地 の 区 維 計 持 画 及 の び 素 形 案 成 に 寄 与 することを 目 的

More information

( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 6 8 条 の2 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 地 区 計 画 の 区 域 内 における 建 築 物 の 用 途 敷 地 及 び 構 造 に 関 する

( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 6 8 条 の2 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 地 区 計 画 の 区 域 内 における 建 築 物 の 用 途 敷 地 及 び 構 造 に 関 する 平 塚 市 地 区 計 画 建 築 物 条 例 及 び 同 解 説 平 成 20 年 7 月 1 日 作 成 平 成 27 年 10 月 1 日 改 訂 平 塚 市 まちづくり 政 策 部 建 築 指 導 課 ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 6 8 条 の2 第 1 項 の 規 定 に 基 づき

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

職員退職手当支給条例

職員退職手当支給条例 小 樽 市 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 全 部 改 正 昭 和 36 年 10 月 18 日 条 例 第 31 号 最 近 改 正 平 成 28 年 3 月 23 日 条 例 第 3 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 2 条 の2) 第 2 章 一 般 の 退 職 手 当 ( 第 2 条 の3- 第 9 条 ) 第 3 章 特 別 の 退 職 手 当 ( 第 10

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規 会 員 等 の 外 務 員 の 登 録 等 に 関 する 規 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 は 商 品 先 物 取 引 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 239 号 以 下 法 という ) 第 206 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 主 務 大 臣 から 委 任 を 受 けた 外 務 員 の 登 録 事 務 に 関 し 外 務 員 の 登 録 申 請 手 続 き 登 録 の 拒

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 30 日 規 則 第 156 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 73 条 の 規 定

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 和 医 大 規 程 第 53 号 最 終 改 正 平 成 26 年 5 月 27 日 和 医 大 規 程 第 14 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 18

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

4 第 1 項 第 1 号 の 規 定 は, 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 にいう 配 偶 者 の 意 義 について( 大 蔵 省 主 計 局 長 照 会 昭 和 38 年 9 月 28 日 決 裁 )の 見 解 による 5 職 員 の 死 亡 当 時, 第 1 項 に 規 定 する 遺

4 第 1 項 第 1 号 の 規 定 は, 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 にいう 配 偶 者 の 意 義 について( 大 蔵 省 主 計 局 長 照 会 昭 和 38 年 9 月 28 日 決 裁 )の 見 解 による 5 職 員 の 死 亡 当 時, 第 1 項 に 規 定 する 遺 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 改 正 平 成 20 年 7 月 8 日 改 正 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 改 正 平 成 23 年 1 月 1 日 改 正 平 成 24 年 10 月 1 日

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 5 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 50 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 4 月 1 日 最 終 改 正 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 以 下 就 業 規 則 という ) 第 54 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 25 年 4 月 狛 江 市 目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第

More information

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 33 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 21 号 以 下 教 職 員 就 業 規 則 という ) 第 44 条 の 規 定 に 基

More information

ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た 当 協 議 会 は こ れ ら の 諮 問 事 項 の 検

ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た 当 協 議 会 は こ れ ら の 諮 問 事 項 の 検 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 のあり 方 について ( 答 申 ) 平 成 24 年 7 月 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た

More information