comment.dvi

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "comment.dvi"

Transcription

1 ( ) (sample1.c) (sample1.c) 2 2 Nearest Neighbor 1 (2D-class1.dat) 2 (2D-class2.dat) (2D-test.dat) 3 Nearest Neighbor Nearest Neighbor ( 1) 2 1: NN 1

2 (sample1.c) /* */ /* (2 2 ver.) */ /* */ /* Nearest Neighbor */ #include <stdio.h> #include <stdlib.h> #include <math.h> #define LDATA 20 // #define TDATA 40 // #define DIM 2 // double class1[ldata][dim]; double class2[ldata][dim]; // 1 // 2 double test[tdata][dim]; // ( ) int tans[tdata]; // int result[tdata]; // double met1[tdata]; // ( 1) double met2[tdata]; // ( 2) int main(int argc, char* argv[]){ /* */ int input(); // int nearest(); // Nearest Neighbor int output(); // /********** **********/ input(); /********** Nearest Neighbor **********/ nearest(); /********** **********/ output(); return(0); 2

3 /* */ /* */ /* */ int input(){ FILE *fin1, *fin2, *fin3; int i, j; // /* open */ fin1 = fopen("2d-class1.dat", "r"); if( fin1 == NULL){ fprintf(stderr, "file open error : 2D-class1.dat \n"); return -1; fin2 = fopen("2d-class2.dat", "r"); if( fin2 == NULL){ fprintf(stderr, "file open error : 2D-class2.dat \n"); return -1; fin3 = fopen("2d-test.dat", "r"); if( fin3 == NULL){ fprintf(stderr, "file open error : 2D-test.dat \n"); return -1; /* */ for(i=0;i<ldata;i++){ for(j=0;j<dim;j++){ fscanf(fin1, "%lf", &class1[i][j]); fscanf(fin2, "%lf", &class2[i][j]); for(i=0;i<tdata;i++){ for(j=0;j<dim;j++) fscanf(fin3, "%lf", &test[i][j]); fscanf(fin3, "%d", &tans[i]); /* close */ fclose(fin1); fclose(fin2); fclose(fin3); return 0; 3

4 /* */ /* Nearest Neighbor */ /* */ int nearest(){ double min1, min2, dist, tmp; /* min1 min2 */ /* */ int i, j, k; for(k=0;k<tdata;k++){ min1 = min2 = ; // for(i=0;i<ldata;i++){ /* */ tmp = 0; for(j=0;j<dim;j++) tmp += (test[k][j] - class1[i][j]) * (test[k][j] - class1[i][j]); dist = sqrt(tmp); if(min1 > dist) min1 = dist; /* min1 */ /* */ tmp = 0; for(j=0;j<dim;j++) tmp += (test[k][j] - class2[i][j]) * (test[k][j] - class2[i][j]); dist = sqrt(tmp); if(min2 > dist) min2 = dist; /* min2 */ met1[k] = min1; met2[k] = min2; /* */ if(min1 <= min2) result[k] = 1; else result[k] = 2; return 0; /* */ /* */ /* */ int output(){ 4

5 FILE *fout; int k; /* open */ fout = fopen("2d-result.dat", "w"); if( fout == NULL){ fprintf(stderr, "file open error : result.dat \n"); return -1; /* */ fprintf(fout, "NUM MIN1 MIN2 RES ANS o/x\n"); fprintf(fout, " \n"); for(k=0;k<tdata;k++){ fprintf(fout, "%3d %4.2lf %4.2lf %3d %3d ", k+1, met1[k], met2[k], result[k], tans[k]); if(result[k] == tans[k]) fprintf(fout, "o \n"); else fprintf(fout, "x \n"); /* close */ fclose(fout); return 0; 5

6 input() nearest() Nearest Neighbor output() /* */ int input(); // int nearest(); // Nearest Neighbor int output(); // 1 1 (x ) 2 1 (x ) 3 1 (x ). 1 2 (y ) 2 2 (y ) 3 2 (y ). i j class[i][j] #define LDATA 20 // #define TDATA 40 // #define DIM 2 // double class1[ldata][dim]; double class2[ldata][dim]; // 1 // 2 double test[tdata][dim]; // ( ) 6

7 3 /* */ for(i=0;i<ldata;i++){ for(j=0;j<dim;j++){ fscanf(fin1, "%lf", &class1[i][j]); fscanf(fin2, "%lf", &class2[i][j]); for(i=0;i<tdata;i++){ for(j=0;j<dim;j++) fscanf(fin3, "%lf", &test[i][j]); fscanf(fin3, "%d", &tans[i]); 7

8 1. URL sample1.c 2D-class1.dat 2D-class2.dat 2D-test.dat 2. % cc sample1.c -lm 3. % a.out 4. % less result.dat 8

9 (u-eigen.c g-eigen.c) (u-eigen.c g-eigen.c) N CLAPACK u-eigen.c - Ax = λx g-eigen.c - Ax = λbx (u-eigen.c) /* Ax = x */ /* C interface example for dsyev hidehisa_2006/05/01 */ #include <stdio.h> #include <stdlib.h> #include <PRT.h> /* #define L (64) */ int main( void ){ FILE int *fp; ds; int N; // double A[L][L],E[L],V[L][L]; int i,j; /* */ fp=fopen( "NA4.dat", "r"); // if( fp==null ){ fprintf(stderr,"file open error\n"); return(-1); else{ fscanf(fp, "%d", &N ); // for(i=0;i<n;i++) for(j=0;j<n;j++) fscanf(fp,"%lf", &A[i][j] ); // fclose( fp ); 9

10 /* */ ds=dsyev(n,a,e,v); if( ds < 0 ){ perror("dsyev"); exit(2); /* */ fprintf(stderr,"*** Output ***\n\n"); for(i=0;i<n;i++) fprintf(stderr,"\t Eigenvalue"); for(i=0;i<n;i++) fprintf(stderr,"\t %9.6lf", E[i] ); fprintf(stderr,"\n\n"); for(i=0;i<n;i++) fprintf(stderr,"\t Eigenvector"); for(j=0;j<n;j++){ for(i=0;i<n;i++) fprintf(stderr,"\t %9.6lf", V[i][j] ); return( 0 ); (g-eigen.c) /* Ax = Bx */ /* C interface example for dsygv hidehisa_2006/05/01 */ #include <stdio.h> #include <stdlib.h> #include <PRT.h> /* #define L ( 64 ) */ int main( void ){ FILE int *fp; ds; int N; // double A[L][L],B[L][L],E[L],V[L][L]; int i,j; /* */ fp=fopen( "NAB4.dat", "r"); if( fp==null ){ fprintf(stderr,"file open error\n"); return(-1); else{ 10

11 fscanf(fp, "%d", &N ); // if( N > L ){ perror("input N"); exit(1); for(i=0;i<n;i++) for(j=0;j<n;j++) fscanf(fp,"%lf", &A[i][j] ); // A for(i=0;i<n;i++) for(j=0;j<n;j++) fscanf(fp,"%lf", &B[i][j] ); // B fclose( fp ); /* */ ds=dsygv(n,a,b,e,v); if( ds < 0 ){ perror("dsygv"); exit(2); /* */ fprintf(stderr,"*** Output ***\n\n"); for(i=0;i<n;i++) fprintf(stderr,"\t Eigenvalue"); for(i=0;i<n;i++) fprintf(stderr,"\t %9.6lf", E[i] ); fprintf(stderr,"\n\n"); for(i=0;i<n;i++) fprintf(stderr,"\t Eigenvector"); for(j=0;j<n;j++){ for(i=0;i<n;i++) fprintf(stderr,"\t %9.6lf", V[i][j] ); return( 0 ); 11

12 (NAB4.dat) 1 (g-eigen.c) )4 A = B = // // A // B (u-eigen.c) A 12

13 1. URL u-eigen.c g-eigen.c NA4.dat NAB4.dat 2. (LAPACK) "$PRTFLAG" % cc u-eigen.c $PRTFLAG % cc g-eigen.c $PRTFLAG 3. % a.out 13

実際の株価データを用いたオプション料の計算

実際の株価データを用いたオプション料の計算 2002 2 20 1 1 3 2 3 2.1 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 5 2.1.1 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 5 2.1.2 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 6 2.2 : : : : : : : : : :

More information

超初心者用

超初心者用 3 1999 10 13 1. 2. hello.c printf( Hello, world! n ); cc hello.c a.out./a.out Hello, world printf( Hello, world! n ); 2 Hello, world printf n printf 3. ( ) int num; num = 100; num 100 100 num int num num

More information

Microsoft Word - C.....u.K...doc

Microsoft Word - C.....u.K...doc C uwêííôöðöõ Ð C ÔÖÐÖÕ ÐÊÉÌÊ C ÔÖÐÖÕÊ C ÔÖÐÖÕÊ Ç Ê Æ ~ if eíè ~ for ÒÑÒ ÌÆÊÉÉÊ ~ switch ÉeÍÈ ~ while ÒÑÒ ÊÍÍÔÖÐÖÕÊ ~ 1 C ÔÖÐÖÕ ÐÊÉÌÊ uê~ ÏÒÏÑ Ð ÓÏÖ CUI Ô ÑÊ ÏÒÏÑ ÔÖÐÖÕÎ d ÈÍÉÇÊ ÆÒ Ö ÒÐÑÒ ÊÔÎÏÖÎ d ÉÇÍÊ

More information

1 C STL(1) C C C libc C C C++ STL(Standard Template Library ) libc libc C++ C STL libc STL iostream Algorithm libc STL string vector l

1 C STL(1) C C C libc C C C++ STL(Standard Template Library ) libc libc C++ C STL libc STL iostream Algorithm libc STL string vector l C/C++ 2007 6 18 1 C STL(1) 2 1.1............................................... 2 1.2 stdio................................................ 3 1.3.......................................... 10 2 11 2.1 sizeof......................................

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation ファイルの入出力 芝浦工業大学情報工学科 青木義満 今回の講義内容 ファイル入出力 ファイルからのデータ読込み ファイルと配列 2 1 ファイルへのデータ書き込み ( 復習 ) ソースファイル名 :fileio1.c データをファイルに書き込み #include int main(void) { ファイルポインタ宣言 int student_id = 100; char name[

More information

PC Windows 95, Windows 98, Windows NT, Windows 2000, MS-DOS, UNIX CPU

PC Windows 95, Windows 98, Windows NT, Windows 2000, MS-DOS, UNIX CPU 1. 1.1. 1.2. 1 PC Windows 95, Windows 98, Windows NT, Windows 2000, MS-DOS, UNIX CPU 2. 2.1. 2 1 2 C a b N: PC BC c 3C ac b 3 4 a F7 b Y c 6 5 a ctrl+f5) 4 2.2. main 2.3. main 2.4. 3 4 5 6 7 printf printf

More information

2 1,384,000 2,000,000 1,296,211 1,793,925 38,000 54,500 27,804 43,187 41,000 60,000 31,776 49,017 8,781 18,663 25,000 35,300 3 4 5 6 1,296,211 1,793,925 27,804 43,187 1,275,648 1,753,306 29,387 43,025

More information

Microsoft PowerPoint - 14th.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 14th.ppt [互換モード] 工学部 6 7 8 9 10 組 ( 奇数学籍番号 ) 担当 : 長谷川英之 情報処理演習 第 14 回 2011 年 1 月 20 日 1 今日のテーマ ファイル入出力 ですが, キーボード入力などもおさらいします 2 標準入力 キーボードで入力 : 標準入力という例 )scanf( %d,&i) 前回までの講義でファイルからデータを読み込む場合に使用した関数 : fscanf 例 )fscanf(fin,

More information

1.ppt

1.ppt /* * Program name: hello.c */ #include int main() { printf( hello, world\n ); return 0; /* * Program name: Hello.java */ import java.io.*; class Hello { public static void main(string[] arg)

More information

P06.ppt

P06.ppt p.130 p.198 p.208 2 1 double weight[num]; double min, max; min = max = weight[0]; for( i= 1; i < NUM; i++ ) if ( weight[i] > max ) max = weight[i]: if ( weight[i] < min ) min = weight[i]: weight 3 maxof(a,

More information

3 C 2 T C 2 T C 2 T < T (x + r) T (x) 2 > r 2/3 (1) t i V i T i Taylor s Hypothesis C 2 T = 1 n 1 n i=2 T i T i 1 2 {(t i t i 1 ) (V i + V i 1 )/2 2/3

3 C 2 T C 2 T C 2 T < T (x + r) T (x) 2 > r 2/3 (1) t i V i T i Taylor s Hypothesis C 2 T = 1 n 1 n i=2 T i T i 1 2 {(t i t i 1 ) (V i + V i 1 )/2 2/3 JARE54 2012/2/3 2012/2/20 1 Abstract C 2 T C2 T Applied Technologies, Inc. Sonic Anemometer/Thermometer Model #SATI-3SX RS232C Linux PC (Ubuntu 10.10, kernel 2.6) sonic C C 2 T sonic.awk sonic.sh #SATI-3SX

More information

1.3 ( ) ( ) C

1.3 ( ) ( ) C 1 1.1 (Data Base) (Container) C++ Java 1.2 1 1.3 ( ) ( ) 1. 2. 3. C++ 2 2.1 2.2 2.3 2 C Fortran C++ Java 3 3.1 (Vector) 1. 2. ( ) 3.2 3 3.3 C++ C++ STL C++ (Template) vector vector< > ; int arrayint vector

More information

Microsoft Word - Cプログラミング演習(12)

Microsoft Word - Cプログラミング演習(12) 第 12 回 (7/9) 4. いくつかのトピック (5)main 関数の引数を利用したファイル処理 main 関数は, 起動する環境から引数を受け取ることができる 例えば 次に示すように,main 関数に引数を用いたプログラムを作成する 01 /* sample */ 02 /* main 関数の引数 */ 03 #include 04 05 main(int argc, char

More information

2 P.S.P.T. P.S.P.T. wiki 26

2 P.S.P.T. P.S.P.T. wiki  26 P.S.P.T. C 2011 4 10 2 P.S.P.T. P.S.P.T. wiki p.s.p.t.since1982@gmail.com http://www23.atwiki.jp/pspt 26 3 2 1 C 8 1.1 C................................................ 8 1.1.1...........................................

More information

Baud Rate 9600 Parity NONE Number of Data Bits 8 Number of Stop Bits 1 Flow Control NONE 1 RS232C 200mm 2,000mm DIMM ( ) Telescope East/West LX200 * 1

Baud Rate 9600 Parity NONE Number of Data Bits 8 Number of Stop Bits 1 Flow Control NONE 1 RS232C 200mm 2,000mm DIMM ( ) Telescope East/West LX200 * 1 JARE54 LX200ACF 2012/2/18 2012/6/14 1 Abstract 8 LX200-ACF Linux PC meade Auto Align PC Zero Star Alignment Auto Align Zero Star Alignment 1 1 0.3 Zero Star Alignment 1 0.3 Auto Align 2 54 (2012 11 2013

More information

Microsoft PowerPoint - H22プログラミング第一(E)#12

Microsoft PowerPoint - H22プログラミング第一(E)#12 平成 22 年 7 月 20 日 ( 火 ) 担当 : 秋山 泰 7 月 20 日 修正 プログラミング第一 (E) 第 12 回 メモリの動的割り当て - malloc( ), calloc( ), realloc( ) - free ( ), メモリリーク データ構造の動的割当て - 要素 1 つごとの動的割当て - 大きな単位でまとめた動的割当て 補足補足 main( ) の引数 : argc,

More information

1 ( ) 1.1 (convert.sh) (18GHz 26GHz) C (convert.c, convert1.c) mesure-ryudai convert.sh #!/bin/sh # file1 file1= ls -1 $1 # file1 data for data in $fi

1 ( ) 1.1 (convert.sh) (18GHz 26GHz) C (convert.c, convert1.c) mesure-ryudai convert.sh #!/bin/sh # file1 file1= ls -1 $1 # file1 data for data in $fi I 065712D : 4 1 ( ) 1.1 (convert.sh) (18GHz 26GHz) C (convert.c, convert1.c) mesure-ryudai convert.sh #!/bin/sh # file1 file1= ls -1 $1 # file1 data for data in $file1 do mkdir $data echo " $data " # file2

More information

Microsoft PowerPoint - lecture201509c_1.pptx

Microsoft PowerPoint - lecture201509c_1.pptx 2015/9/7-8 1 大 島 聡 史 情 報 基 盤 センター 助 教 2015/9/7-8 2 目 標 (C 言 語 を 全 く 知 らない 状 態 から) C 言 語 をある 程 度 使 えるようになる C 言 語 の 基 本 的 な 知 識 を 得 る ベクトルや 行 列 を 使 った 計 算 を 行 うプログラムを 作 れるよ うになる 2015/9/7-8 3 C 言 語 とは? 手

More information

main main Makefile Makefile C.5 Makefile Makefile Makefile A Mech (TA ) 1. Web (http://www.jsk.t.u-tokyo.ac.jp/ iku

main main Makefile Makefile C.5 Makefile Makefile Makefile A Mech (TA ) 1. Web (http://www.jsk.t.u-tokyo.ac.jp/ iku 2008 (mizuuchi@i.u-tokyo.ac.jp) http://www.jsk.t.u-tokyo.ac.jp/ http://www.jsk.t.u-tokyo.ac.jp/ ikuo/enshu/keisanki/ 2008 5 19 6 24 1 2 2.1 my_sound.c, my_sounc.h, play.c, record.c 2 2. 2.2 2.2.1 main

More information

Prog1_14th

Prog1_14th 2012 年 7 月 19 日 ( 木 ) 実 施 構 造 体 レコードと 構 造 体 前 々 回 の 教 材 で 触 れたように, 複 数 の 項 目 に 渡 るデータを 一 まとめにしたものをレコードとい う 例 えば, 次 のように 学 籍 番 号, 氏 名, 履 修 科 目 コード, 点 数, 評 価 といった 項 目 による 1 人 分 のデータを 一 まとめにしたものは 1 件 分 のレコードである

More information

273? C

273? C TSG Theoretical Science Group 273? C 2-1.................................. 2 -1. Windows Mac Mac UNIX CUI bash >_ Finder TSG No.273? 2 3 pwd ls cd ( ) change directory 3 TSG No.273? cd hoge cd hoge cd....../

More information

ープのロープ長以下であれば実現可能である ケース 3: 3 本のロープの杭の位置を点 P 1 = (x 1, y 1, 0), 点 P 2 = (x 2, y 2, 0), 点 P 3 = (x 3, y 3, 0) とする 点 P 1 = (x 1, y 1, 0), 点 P 2 = (x 2,

ープのロープ長以下であれば実現可能である ケース 3: 3 本のロープの杭の位置を点 P 1 = (x 1, y 1, 0), 点 P 2 = (x 2, y 2, 0), 点 P 3 = (x 3, y 3, 0) とする 点 P 1 = (x 1, y 1, 0), 点 P 2 = (x 2, ACM ICPC2013 国内予選問題 E つながれた風船 風船が最も高くあがるケースとして 1. 一本のロープが垂直に延びて他の2 本は緩んでいる 2. 二本のロープがピンと張っており残りの1 本は緩んでいる 3. 三本のロープともピンとはっているの三つのケースが考えられる ロープの本数は高々 10 本なので ケース1 は高々 10 9C2=360 通り ケース2も高々 10C2 8=360 通り

More information

Netcommunity SYSTEM X7000 IPコードレス電話機 取扱説明書

Netcommunity SYSTEM X7000 IPコードレス電話機 取扱説明書 4 5 6 7 8 9 . 4 DS 0 4 5 4 4 4 5 5 6 7 8 9 0 4 5 6 7 8 9 4 5 6 4 0 4 4 4 4 5 6 7 8 9 40 4 4 4 4 44 45 4 6 7 5 46 47 4 5 6 48 49 50 5 4 5 4 5 6 5 5 6 4 54 4 5 6 7 55 5 6 4 56 4 5 6 57 4 5 6 7 58 4

More information

.A. D.S

.A. D.S 1999-1- .A. D.S 1996 2001 1999-2- -3- 1 p.16 17 18 19 2-4- 1-5- 1~2 1~2 2 5 1 34 2 10 3 2.6 2.85 3.05 2.9 2.9 3.16 4 7 9 9 17 9 25 10 3 10 8 10 17 10 18 10 22 11 29-6- 1 p.1-7- p.5-8- p.9 10 12 13-9- 2

More information

ARM gcc Kunihiko IMAI 2009 1 11 ARM gcc 1 2 2 2 3 3 4 3 4.1................................. 3 4.2............................................ 4 4.3........................................

More information

プログラミング及び演習 第1回 講義概容・実行制御

プログラミング及び演習 第1回 講義概容・実行制御 プログラミング及び演習 第 12 回大規模プログラミング (2015/07/11) 講義担当情報連携統轄本部情報戦略室大学院情報科学研究科メディア科学専攻教授森健策 本日の講義 演習の内容 大きなプログラムを作る 教科書第 12 章 make の解説 プログラミングプロジェクト どんどんと進めてください 講義 演習ホームページ http://www.newves.org/~mori/15programming

More information

Microsoft Word - 06

Microsoft Word - 06 平成 24 年度講義 アルゴリズムとデータ構造 第 6 回ファイル入出力 担当 : 富井尚志 (tommy@ynu.ac.jp) 第 6 回 ファイル入出力 前回 ( 第 5 回 ) 配列を扱うアルゴリズム (2) とポインタ の復習 集合を扱う 集合の表現, 配列を使った表現, 要素の列 を 集合 にする, 要素, 積, 和, 差 文字列 C 言語における文字列, 文字列を扱うプログラム 計算機の記憶とポインタ

More information

2009 1. 2. 3. 4. 5. 2 2009 CONTENTS 4 6 8 TOPIC 01 10 TOPIC 02 11 TOPIC 03 12 TOPIC 04 14 TOPIC 05 15 TOPIC 06 15 TOPIC 07 16 18 18 19 20 21 22 22 22 23 24 25 26 27 27 27 28 29 30 TOPIC 08 16 TOPIC 09

More information

/*p7-1-1*/

/*p7-1-1*/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 /* e8.c Copyright (c) 2003 by T. HAYASHI and

More information

MPI usage

MPI usage MPI (Version 0.99 2006 11 8 ) 1 1 MPI ( Message Passing Interface ) 1 1.1 MPI................................. 1 1.2............................... 2 1.2.1 MPI GATHER.......................... 2 1.2.2

More information

¥Ñ¥Ã¥±¡¼¥¸ Rhpc ¤Î¾õ¶·

¥Ñ¥Ã¥±¡¼¥¸ Rhpc ¤Î¾õ¶· Rhpc COM-ONE 2015 R 27 12 5 1 / 29 1 2 Rhpc 3 forign MPI 4 Windows 5 2 / 29 1 2 Rhpc 3 forign MPI 4 Windows 5 3 / 29 Rhpc, R HPC Rhpc, ( ), snow..., Rhpc worker call Rhpc lapply 4 / 29 1 2 Rhpc 3 forign

More information

div: 3 span: 4 h1,..., h6: (heading) h1 h2 table: table tr (table row) tr td (table data) ol, ul: (ordered) (unordered) 1: HTML

div: 3 span: 4 h1,..., h6: (heading) h1 h2 </tag1> table: table tr (table row) tr td (table data) ol, ul: (ordered) (unordered) </tag4> 1: HTML HTML CSS JavaScript CGI 1 Web HTML (Hyper-Text Markup Language)[1] CSS (Cascading Style Sheets)[2, 3] JavaScript ([4]) CGI (Common Gateway Interface)[5] HTML Web Web 2 Web GUI CUI 1 GUI OS GUI GUI Web

More information

untitled

untitled RPC (( Remote Procedure Call (RPC: Message-Oriented Middleware (MOM) data-streaming =(protocol) A B A B Connection protocol = connection oriented protocol TCP (Transmission Control Protocol) connectionless

More information

.o...EPDF.p.indd

.o...EPDF.p.indd Social and Environmental report 28 1 2 3 5 7 9 11 12 17 18 19 22 24 25 26 27 28 29 3 2 3 4 5 6 7 4 1 2 5 3 6 8 9 1 1 2 3 4 11 12 1 2 3 4 13 14 1 2 3 4 5 6 7 8 15 16 17 1 2 3 18 19 1 2 3 4 2 21 1 2 3 4

More information

±é½¬£²¡§£Í£Ð£É½éÊâ

±é½¬£²¡§£Í£Ð£É½éÊâ 2012 8 7 1 / 52 MPI Hello World I ( ) Hello World II ( ) I ( ) II ( ) ( sendrecv) π ( ) MPI fortran C wget http://www.na.scitec.kobe-u.ac.jp/ yaguchi/riken2012/enshu2.zip unzip enshu2.zip 2 / 52 FORTRAN

More information

橡matufw

橡matufw 3 10 25 3 18 42 1 2 6 2001 8 22 3 03 36 3 4 A 2002 2001 1 1 2014 28 26 5 9 1990 2000 2000 12 2000 12 12 12 1999 88 5 2014 60 57 1996 30 25 205 0 4 120 1,5 A 1995 3 1990 30 6 2000 2004 2000 6 7 2001 5 2002

More information

O

O 11 2 1 2 1 1 2 1 80 2 160 3 4 17 257 1 2 1 2 3 3 1 2 138 1 1 170 O 3 5 1 5 6 139 1 A 5 2.5 A 1 A 1 1 3 20 5 A 81 87 67 A 140 11 12 2 1 1 1 12 22 1 10 1 13 A 2 3 2 6 1 B 2 B B B 1 2 B 100 B 10 B 3 3 B 1

More information

第3章 OpenGL の基礎

第3章 OpenGL の基礎 3 OpenGL April 11, 2017 1 / 28 3.1 ( ) OpenGL OpenGL 2 / 28 3.2 OpenGL OpenGL OpenGL (Open Graphics Library) Silicon Graphics, Inc. 2 3 API (Application Program Interface) [4] UNIX OS Windows Macintosh

More information

1 CUI CUI CUI 1.1 cout cin 1.1.1 redirect.cpp #i n c l u d e 3 using namespace std ; 5 6 i n t main ( void ) 7 { 8 s t r i n g s ; 10 c

1 CUI CUI CUI 1.1 cout cin 1.1.1 redirect.cpp #i n c l u d e <s t r i n g > 3 using namespace std ; 5 6 i n t main ( void ) 7 { 8 s t r i n g s ; 10 c C/C++ 007 6 11 1 CUI 1.1....................................... 1................................ 3 1.3 argc argv................................. 5.1.............................................. 5...............................................

More information

やさしいJavaプログラミング -Great Ideas for Java Programming サンプルPDF

やさしいJavaプログラミング -Great Ideas for Java Programming サンプルPDF pref : 2004/6/5 (11:8) pref : 2004/6/5 (11:8) pref : 2004/6/5 (11:8) 3 5 14 18 21 23 23 24 28 29 29 31 32 34 35 35 36 38 40 44 44 45 46 49 49 50 pref : 2004/6/5 (11:8) 50 51 52 54 55 56 57 58 59 60 61

More information

スライド 1

スライド 1 目次 2.MPI プログラミング入門 この資料は, スーパーコン 10 で使用したものである. ごく基本的な内容なので, 現在でも十分利用できると思われるものなので, ここに紹介させて頂く. ただし, 古い情報も含まれているので注意が必要である. 今年度版の解説は, 本選の初日に配布する予定である. 1/20 2.MPI プログラミング入門 (1) 基本 説明 MPI (message passing

More information

ディジタル信号処理

ディジタル信号処理 http://www.cfme.chiba-u.jp/~yama// C 言 語 におけるファイル 入 出 力 テキスト バイナリの 取 り 扱 い ( )..[4]% gcc Wall o hoge hoge.c..[5]%./hoge 1 : 1 2 : 2 3 : 3 4 : 0 6..[6]% (! )..[4]% gcc Wall o hoge hoge.c..[5]%!g gcc Wall

More information

北米アジャイル界デビュー fkinoからは 何も聞いてませんでした これまでに書いたもの Web 2.0 ビギナーズバイブル エンジニアマインド vol.5 開発の現場 vol.011 Dave 達人 Thomasも云ってたよ http://jp.rubyist.net/rubykaigi2007/?c=plugin;plugin=attach_download;p=program0610;file_name=the_island_of_ruby_j.pdf

More information

( ) ver.2015_01 2

( ) ver.2015_01 2 1 1.1 1.2 1.3 2 ( ) 2.1 2.2 2.3 2.4 3 4 4.1 4.2 4.3 4.4 4.5 4.6 4.7 4.8 4.9 5 5.1 5.2 5.3 5.4 6 6.1 6.2 6.3 7 7.1 7.2 7.3 8 ver.2015_01 2 1 1.1 1.2 1.3 ver.2015_01 3 2 2.1 2.2 2.3 ver.2015_01 4 2.4 ver.2015_01

More information

第9回 配列(array)型の変数

第9回 配列(array)型の変数 第 12 回 配列型の変数 情報処理演習 ( テキスト : 第 4 章, 第 8 章 ) 今日の内容 1. 配列の必要性 2. 配列の宣言 3. 配列変数のイメージ 4. 配列変数を使用した例 5. 範囲を超えた添字を使うと? 6. 多次元配列変数 7. 多次元配列変数を使用した例 8. データのソーティング 9. 今日の練習問題 多数のデータ処理 1. 配列の必要性 ( テキスト 31 ページ )

More information

プログラミング及び演習 第1回 講義概容・実行制御

プログラミング及び演習 第1回 講義概容・実行制御 プログラミング及び演習 第 12 回大規模プログラミング (2017/07/15) 講義担当大学院情報学研究科知能システム学専攻教授森健策大学院情報学研究科知能システム科学専攻助教小田昌宏 本日の講義 演習の内容 大きなプログラムを作る 教科書第 12 章 make の解説 プログラミングプロジェクト どんどんと進めてください 講義 演習ホームページ http://www.newves.org/~mori/17programming

More information

AquesTalk Win Manual

AquesTalk Win Manual AquesTalk Win マニュアル 株式会社アクエスト http://www.a-quest.com/ 1. 概要 本文書は 規則音声合成ライブラリ AquesTalk をアプリケーションに組み込んで使用するためのプログラミングに関して 方法および注意点を示したものです AquesTalk には 2 種類のライブラリがあります 音声データをメモリ上に生成するものと サウンドデバイスに出力する 2

More information

Microsoft Word - no15.docx

Microsoft Word - no15.docx ex33.c /* */ #define IDLENGTH 7 /* */ #define MAX 100 /* */ /* */ struct student char idnumber[idlength + 1]; /* */ int math; /* () */ int english; /* () */ int japanese; /* () */ double average; /* */

More information

58 7 MPI 7 : main(int argc, char *argv[]) 8 : { 9 : int num_procs, myrank; 10 : double a, b; 11 : int tag = 0; 12 : MPI_Status status; 13 : 1 MPI_Init

58 7 MPI 7 : main(int argc, char *argv[]) 8 : { 9 : int num_procs, myrank; 10 : double a, b; 11 : int tag = 0; 12 : MPI_Status status; 13 : 1 MPI_Init 57 7 MPI MPI 1 1 7.1 Bcast( ) allocate Bcast a=1 PE0 a=1 PE1 a=1 PE2 a=1 PE3 7.1: Bcast 58 7 MPI 7 : main(int argc, char *argv[]) 8 : { 9 : int num_procs, myrank; 10 : double a, b; 11 : int tag = 0; 12

More information

5980_2666JA.qxd

5980_2666JA.qxd Agilent Application Note 1408-13 2 3 http://na.tm.agilent.com/pna/dcomsecurity.html 4 5 6 \\\ 7 8 9 10 11 C:\Program Files\Agilent\Network Analyzer\Automation \\ \\ http://na.tm.agilent.com/pna/ DCOMSecurity.html

More information

C言語におけるファイル入出力の高速化

C言語におけるファイル入出力の高速化 C 言語におけるファイル入出力の高速化 東京大学情報基盤センター 黒田久泰 不連続なメモリ上のデータをファイルに保存する場合 内部バッファサイズを大きくすると実行時間が短縮できます また メモリ上に連続して配置されている大規模なデータをファイルに保存する場合には できるだけ大きなデータサイズでファイル入出力を行うことで実行時間が短縮できます ここでは これらの方法や性能について紹介します 1. 内部バッファサイズの変更方法高水準入出力関数

More information

Microsoft Word - CodingStyle.doc

Microsoft Word - CodingStyle.doc コーディングスタイルについて コーディングスタイルとはソースコードのレイアウトのことです 空 白 やカッコをどこにいくつ 入 れるか どこで 改 行 するか コメントはどこにつけるか といったこともろもろを 全 部 まとめてコーディングスタイルと 言 います Cはフリーフォーマットな 言 語 です Web で The International Obfuscated C Code Contest(

More information

ip-leda-homepage.dvi

ip-leda-homepage.dvi LEDA:,,,, Kurt Mehlhorn LEDA LEDA 1 [2] LEDA Library for Efficient Data types and Algorithms LEDA LEDA C++ 1 LEDA LEDA Dijkstra( ) LEDA 2 : LEDA LEDA VORONOI() 1, LEDA voronoi demo.c LEDA 2 1: LEDA LEDA

More information

C言語演習 基本構造

C言語演習 基本構造 1 手続き型言語 問題解決の手続きを 順次記述 していく 数字を入力してください 入力された数字を 3 倍にしてください 結果をディスプレイに表示してください 主な用途 システムソフトウェア (OS コンパイラなど ) 科学技術計算 ( 高速な計算を行わせたいもの ) 電化製品などの組み込みシステム (Nintendo DS) 2 1. テキストエディタでソースコードを書く emacs や vi などのテキストエディタ

More information

Microsoft Word - Cプログラミング演習(7)

Microsoft Word - Cプログラミング演習(7) 第 7 回 (6/4) 2. 構造体 構造体とは, 同じ型に限定されない複数の関連するデータメンバの集合である 構造体の宣言構造体指定子 struct を用いて struct 構造体タグ名 { メンバ 1 の宣言 ; メンバ 2 の宣言 ; メンバ n の宣言 ; }; 注 ) 構造体タグ名は構造体の型名で, 内容を定義するものでオブジェクトではなく, 論理的なテンプレートである 構造体の変数の宣言実際の記憶領域を占める物理的実体を確保する

More information

untitled

untitled 0120-888-089 0120-919-498 160-83381-26-1TEL. 03-3349-3111 URL http://www.sjnk.co.jp/ 160-83381-26-1 TEL. 03-3349-3111 URL http://www.sompo-japan.co.jp/ 100-89653-7-3 TEL. 0120-919-498 URL http://www.nipponkoa.co.jp/

More information

表紙.PDF

表紙.PDF 2 3 4 2001 2010 33 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 H18 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 300 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 410-8601 055-934-4747 Fax 055-933-1412

More information

農林金融2015年5月号

農林金融2015年5月号 4 5 4 4 4 4 2014 5 14 7 2050 1412 15 3 19 1800 1 1 2 2 2 126 2 3 1 2 1 2 3 4 1 1 2 2 1 1 2014 3 2 126 2 2 3 1 40 30 20 10 0 2014 26 287 339 393 399 361 2 2 11 1 3 25 4 4 5 5 19898993 96 3 2000 1 1 1 5

More information

AquesTalk2 Win マニュアル

AquesTalk2 Win マニュアル 株式会社 AQUEST http://www.a-quest.com/ AquesTalk2 Win Manual 1. 概要 本文書は 規則音声合成ライブラリ AquesTalk2 Win をアプリケーションに組み込んで使用するためのプログラミングに関しての方法および注意点を示したものです AquesTalk2 は 簡単に小型機器への組み込みが出来る音声合成ミドルウェアです このライブラリを用いることで

More information

Microsoft Word - no14.docx

Microsoft Word - no14.docx ex26.c #define MAX 20 int max(int n, int x[]); int num[max]; int i, x; printf(" "); scanf("%d", &x); if(x > MAX) printf("%d %d \n", MAX, MAX); x = MAX; for(i = 0; i < x; i++) printf("%3d : ", i + 1); scanf("%d",

More information

.......p...{..P01-48(TF)

.......p...{..P01-48(TF) 1 2 3 5 6 7 8 9 10 Act Plan Check Act Do Plan Check Do 11 12 13 14 INPUT OUTPUT 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 30 33 32 33 34 35 36 37 36 37 38 33 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 1. 2. 3.

More information

会社概要 株式会社富士通コンピュータテクノロジーズ 設立 1983 年 事業所川崎本社 豊橋事業所 長野事業所 事業内容 サーバ ストレージ モバイル端末 車載 /FA 機器 画像認識 ハードウェア ネットワーク 検証ソリューション 従業員数 536 名 組込みソフトウェア開発 組込みハードウェア開

会社概要 株式会社富士通コンピュータテクノロジーズ 設立 1983 年 事業所川崎本社 豊橋事業所 長野事業所 事業内容 サーバ ストレージ モバイル端末 車載 /FA 機器 画像認識 ハードウェア ネットワーク 検証ソリューション 従業員数 536 名 組込みソフトウェア開発 組込みハードウェア開 組込みシステム開発技術展 (ESEC) 2014 年 5 月 14 日 ~16 日 静的解析ツールの効果的活用方法 株式会社富士通コンピュータテクノロジーズ TMP 事業部検証ソリューション部土屋 (14 15 日 ) 馬渕 (16 日 ) 1275kc1 会社概要 株式会社富士通コンピュータテクノロジーズ 設立 1983 年 事業所川崎本社 豊橋事業所 長野事業所 事業内容 サーバ ストレージ モバイル端末

More information

1 1 2 2 2.1 Java......... 2 2.2................................. 3 2.3.................................. 3 3 4 3.1....................................

1 1 2 2 2.1 Java......... 2 2.2................................. 3 2.3.................................. 3 3 4 3.1.................................... 06H082 1 1 2 2 2.1 Java......... 2 2.2................................. 3 2.3.................................. 3 3 4 3.1..................................... 4 3.2 GP.....................................

More information