▲02:58:23

Size: px
Start display at page:

Download "▲02:58:23"

Transcription

1 質 疑 応 答 司 会 : 内 田 さんの 方 から 順 番 に5 分 程 度 ずつ 簡 単 にほかの 皆 さんに 対 するコメントに 触 れ ましてお 話 をお 願 いしたいと 思 います シンポジスト コメンテーターの 発 言 に 対 して 内 田 :コメントでも 何 でもなくて 学 生 さんから 幅 広 い 人 がいらっしゃいますので もしか するとこういう 話 し 方 をこういうふうにするとこのフォーラムの 質 を 落 としてしまうのか もしれませんが 話 題 提 供 の 一 つにさせていただければと 思 っています 先 ほどの 南 方 部 長 の 途 中 で 話 された 事 例 の 件 です このままだと 損 害 賠 償 云 々です 面 会 禁 止 の 対 応 をしていた 人 です 私 も 実 は 成 年 後 見 人 を 15 人 程 対 応 しておりまして 保 佐 も 補 助 もやっています さらに 財 産 保 全 の 後 見 審 判 がおりるまで3ヶ 月 間 財 産 保 全 の 処 分 の 審 判 を 受 けて 銀 行 取 引 停 止 にしたり 明 日 で 抗 告 期 間 2 週 間 目 で 確 定 するという 前 の 日 に 即 時 抗 告 をされて 高 等 裁 判 所 の 審 判 まで 受 けたようなこともありまして バラ エティーに 富 んでいます その 高 裁 判 決 を 受 けたパターンが 実 は 先 ほど 南 方 部 長 がお 話 しされた 方 です それで 仙 台 市 は 15 人 の 中 の8 人 が 仙 台 市 をはじめとした 市 町 村 長 申 立 です ですので 本 当 に 最 初 のアプローチで 年 金 手 帳 から 通 帳 からさまざまなものを 虐 待 をしている 家 族 のとこ ろに 取 りに 行 きます 1 回 は 会 いに 行 かなければなりません そうすると 週 刊 誌 を 腹 に 巻 いていくぐらいでないと その 時 には 本 当 に 刺 されるのではないか と 思 ったりします おばあちゃんの 年 金 でこの 人 たちが 育 っているのよ と 乳 飲 み 子 をかかえた 孫 娘 みたい なところに 会 いに 行 くわけです 本 当 に 冗 談 ではなくてそんなことを 覚 悟 しながら 行 くこ とがあります 中 身 の 話 でいうと 南 方 部 長 のところでそのような 形 でやむを 得 ない 措 置 で 措 置 替 えを して 施 設 をAからBに 移 して そして 面 会 禁 止 の 措 置 を 取 った 施 設 側 からすると 夜 中 の 12 時 1 時 までその 息 子 は 面 会 していて 何 だかんだと 色 々と 要 望 をしています 行 政 側 としては やむをえない 措 置 をいつまでも 続 けるわけにはいかないので という ことで 市 町 申 立 をして 先 ほどの 柴 田 さんではないですが こういうのは 内 田 しかいな い と 有 無 を 言 わさず 宮 城 県 の 社 会 福 祉 士 会 ぱあとなあ 宮 城 から 担 当 という 話 で 僕 のところにきます 高 裁 判 決 までいきましたから 受 任 するまでには 若 干 時 間 がありましたが ある 段 階 で 正 式 に 決 まり 法 務 局 に 登 記 された 後 行 政 から 引 き 継 いだ 形 になります そうすると 成 年 後 見 人 が 正 式 に 決 まった 後 いつまでもやむを 得 ない 措 置 を 継 続 することは 好 ましく ない これが 法 律 上 の 決 まりでどうなのか 志 田 先 生 をはじめ 副 田 先 生 にも 教 えていた だきたいと 思 いますが 後 見 人 であるとの 契 約 になっています ですから 厳 密 に 言 えば 先 ほどの 後 見 人 との 契 約 になった 段 階 で 面 会 の 行 政 措 置 というのは 切 れています それ でも 結 局 亡 くなる2~3 週 間 前 まで そろそろ 甥 に 会 わせないというところで 判 断 をし て 会 う 段 階 になるまでは 結 局 は 一 度 も 会 わせませんでした それはいわば 後 見 人 の 総 合 的 な 判 断 に 基 づいて まだ 会 えないのではないか というところもありました この 辺 は 誰 の 権 利 をどう 守 るのか というところで 非 常 に 悩 ましいところではありました 成 年 後

2 見 制 度 とやむを 得 ない 措 置 の 関 係 性 とか 考 えていく 必 要 があるのかなと 思 いました 柴 田 : 私 からは 山 形 県 の 社 会 福 祉 士 会 弁 護 士 会 司 法 書 士 会 の 連 携 ということ 市 町 村 と 県 行 政 の 働 きについて 話 をさせていただきました 実 は 今 こういう 活 動 をしながら 悩 んでいるのが 市 町 村 に 非 常 に 格 差 があるということです 市 町 村 格 差 について 仙 台 市 宮 城 県 の 状 況 などもお 聞 きできればと 思 っています 非 常 に 積 極 的 に 取 り 組 んでいただく 市 町 村 と 成 年 後 見 の 市 町 村 申 立 て それ 何? という 感 覚 の 市 町 村 があります それ 何? という 市 町 村 は 比 較 的 小 さな 市 町 村 だった りもします また 小 さな 市 町 村 の 地 域 包 括 の 社 会 福 祉 士 からは 虐 待 などのケースの 相 談 ではなく 職 場 内 のシステムであったり 理 解 のない 上 司 のことであったり そういうふうな 相 談 を 受 けます 法 律 はこういうふうになっている こういうことをしなければいけない とい うにもかかわらず それは 前 例 がないから とか あるいは 分 かった と 言 われてずっ と 放 ったらかしにされることがある という 切 実 な 現 場 の 社 会 福 祉 士 からの 相 談 もありま す 本 日 参 加 の 皆 さんの 中 で そのような 実 際 のケースがあって こういうふうにして 変 えてきた という 事 例 があれば 逆 にお 聞 きしたいと 思 っています 先 ほど 独 立 型 社 会 福 祉 士 のお 話 をしましたが 全 国 的 にはまだまだ 少 ないと 思 っていま す 宮 城 県 内 でどれくらいの 方 が 独 立 型 の 社 会 福 祉 士 として 活 動 して どういう 影 響 があ るのか その 辺 も 内 田 さんの 方 からお 聞 きできればと 思 います よろしくお 願 いいたしま す 南 方 : 私 の 方 では 別 に 追 加 するようなことはございません シンポジストからの 補 足 司 会 :それでは シンポジストの 皆 さんに いろいろご 意 見 をいただいたことも 踏 まえま して 補 足 のお 話 をしていただいたところです これから 質 疑 応 答 に 入 りたいと 思 います それでは 最 初 に 南 方 部 長 さんから 複 数 の 方 々から 質 問 が 来 ておりますので 合 わせて 回 答 頂 いてよろしいかと 思 います よろしいでしょうか 南 方 : 一 番 の 質 問 は 福 祉 事 業 者 が 多 すぎるということですが 仙 台 市 の 特 養 ( 特 別 養 護 老 人 ホーム) 待 機 者 は 何 名 ぐらいでしょうか 二 つ 目 は 福 祉 サービスを 利 用 するため には 福 祉 サービスがあることを 知 っているのが 前 提 になりますが 仙 台 市 が 市 民 に 福 祉 サービスを 知 らせる 手 段 は 何 がありますか まず これにお 答 えをします 今 仙 台 市 の 特 養 は 36 カ 所 あります だいたい 2,400 ~2,500 人 ぐらいの 人 がすでに 特 養 に 入 っていますが 今 なお 3,600~3,700 人 ぐらいの 待 機 者 がいます ただし これは 特 養 に 申 し 込 んでいる 人 の 数 です われわれはこれを 待 機 者 とは 言 わずに 入 所 申 込 者 の 数 と 言 っています ちょっとへ 理 屈 なりますが 実 際 に われわれは 3 年 に1 回 の 事 業 計 画 を 立 てるため 向 こう3 年 間 でどのくらい 特 養 を 増 やすべきかという 調 査 をします つまりその 時 点 で 入 所 を 待 っている 3,700 人 に アンケート 調 査 をします 今 どういうご 状 態 ですか 要 介 護 度 はいくつですか ご 家 族 はいらっしゃいますか とか どこで 生 活 をしていますか というようなことを 伺 いま す

3 申 し 込 み 者 の 中 には 今 も 特 養 にいるんだけどほかに 移 りたい という 人 がいます 老 人 保 健 施 設 にいるが 特 養 に 行 ってください と 言 われている 人 もいます あるいは 将 来 不 安 だから 申 し 込 んでいるだけです という 人 もいます そういう 人 を 除 きますと だ いたい 何 らかの 支 援 をしていかなければいけない 人 は 3,700 人 のうちの 1,000 人 ぐらい です 残 りの 2,700 人 は 今 喫 緊 にという 話 ではありません このうち 500 人 ぐらいは す でに 建 設 中 の 特 養 で 吸 収 できるので したがって 私 どものほうでは3 年 間 で 500 人 の 特 養 をつくる 計 画 を 立 てたわけです 次 に 福 祉 サービスを 利 用 するためには もちろん 事 業 所 の 情 報 を 知 っていなければい けないんですが 高 齢 も 障 害 も 児 童 などの 福 祉 サービスはたくさんあります 仙 台 市 は もちろん 若 い 人 向 けに 得 意 な 人 にはホームページで 知 らせていますし 区 役 所 などに 案 内 のパンフレットなどを 置 いています 福 祉 サービスがどのくらいあるかというのは 実 際 に 市 民 がサービスの 必 要 性 を 感 じる 場 面 にならないと 関 心 が 出 てこないのですが 少 なく とも 困 った 時 にどこに 相 談 に 行 けばいいかということは だいたいご 存 じのようです 区 役 所 などの 役 場 窓 口 に 行 きますし あるいは 地 域 包 括 支 援 センターに 行 きます 地 域 包 括 支 援 センターは 名 称 が 分 かりにくいと 言 われながらも 最 近 では 包 括 という 愛 称 で 定 着 してきました そのほかに 仙 台 市 が 特 別 に 何 かをやっているものはありません これは 回 答 は 不 要 です と 書 いてあるのでいいですね これは 市 町 村 の 地 域 福 祉 計 画 のことのようです 県 下 の 策 定 状 況 はどうですか ということですが 正 直 言 って 県 全 体 のことは 私 には 分 りません 山 形 市 はどうですか とのご 質 問 ですが 柴 田 : 山 形 県 の 場 合 で 地 域 福 祉 計 画 は 市 町 村 で4 割 ~5 割 だと 思 います 山 形 市 ではま だ 策 定 してないと 私 も 認 識 しています なぜということについては 地 域 福 祉 計 画 その ものは 必 ず 作 らなければいけないということではまだないですね 司 会 : 今 回 のテーマとはちょっと 外 れますので 簡 単 で 構 いません 柴 田 :ちょっと 分 りかねます コメンテーターからの 補 足 司 会 :それでは ご 質 問 は 志 田 先 生 副 田 先 生 にも 来 ておりますので お 二 人 の 先 生 にも お 願 いいたします 志 田 :お 三 方 のご 報 告 に 少 しコメントしたいと 思 っていましたが 後 ほどにして 先 に 質 問 にお 答 えいたします 一 つ 目 は 私 が 答 えるところなのかどうか 分 からないのですが 例 えば 宮 城 県 や 仙 台 市 の 特 養 後 見 人 制 度 について は 私 よりも 南 方 さんですね 私 のところは 後 見 人 が 代 理 人 として 入 ってきたときに 虐 待 防 止 にどのような 効 果 が あるのでしょうか と 言 う 質 問 です これも 今 第 三 者 が 入 って 施 設 と 関 係 を 持 っていた だくという 意 味 では 当 然 それだけで 効 果 があるだろうと 思 います 最 終 的 には 施 設 の 中 で 虐 待 防 止 対 策 に 関 連 するサービスの 質 の 向 上 どういうふうに 変 化 してきたとか 内 部 のいろいろな 問 題 があろうかと 思 いますので そういった 施 設 の 側 が 対 応 しなければ という 前 向 きな 動 機 付 けにはなっていくでしょう そういう 意 味 で 第 三 者 が 入 るのはいい でしょう 成 年 後 見 ということであれば さらに 社 会 福 祉 関 係 になりますと 契 約 をする というだけではなくて どの 施 設 がよろしいか 施 設 の 中 のどのようなサービスがいいか

4 そういう 利 用 者 主 体 への 配 慮 をしますので そういうこともサービスの 向 上 になって 施 設 側 に 意 見 が 述 べやすくなります そういう 意 味 では 効 果 があるのではないかと 思 ってお ります もう 一 つは 臨 床 心 理 について 質 問 がありました 施 設 等 においては 心 理 学 とりわ け 臨 床 心 理 学 の 専 門 知 識 や 技 術 も 社 会 福 祉 援 助 職 に 必 要 な 知 識 あるいは 技 術 として 考 慮 されても 良 いのではないか と 私 は 考 えています これは 具 体 的 に 扱 ったケースで 感 じま した ここで 具 体 的 なケースをご 紹 介 するわけにはいきませんが 昨 今 の 施 設 での 苦 情 対 応 は 大 変 になってきています 苦 情 に 対 しては 一 般 的 にはどの 施 設 でもいろいろなこと が 起 こっており 事 例 集 に 載 っているような 内 容 などについては 通 常 の 対 応 としてだい たい 対 応 ができていると 思 います 実 際 は ケース バイ ケースですが 通 常 の 場 合 は 折 り 合 える 関 係 ですが 折 り 合 えない 方 も 多 くいらっしゃいます 苦 情 などに 係 わってい て 精 神 神 経 疾 患 関 係 の 傾 向 をたぶんに 持 つ 方 からのものが 増 えているように 感 じていま す 一 般 的 に 誰 でも 意 識 と 無 意 識 にはズレがあると 思 いますが それは 利 用 者 でも 家 族 の 方 でもいろいろ 様 々です 窓 口 相 談 や 苦 情 取 扱 などでは ケースによっては 施 設 の 職 員 が 疲 弊 してしまい 施 設 業 務 そのものに 影 響 が 出 て 他 の 利 用 者 にも 影 響 を 与 えかね ません そのような 事 態 になってきます 私 ところに 連 絡 にくる と 言 った 係 わりを 私 の 係 わっている 大 学 関 連 施 設 との 間 にはあります そういうような 臨 床 心 理 的 な 知 識 なり 技 術 を 直 接 社 会 福 祉 専 門 職 の 知 識 や 技 術 として 含 めていくかは 別 にしても 臨 床 心 理 の 専 門 職 を 社 会 資 源 として 活 用 する 優 先 順 位 を も う 少 し 上 げてほしいと 思 っております 専 門 職 間 の 役 割 分 担 支 援 対 策 の 構 築 は 具 体 的 にどのように 形 成 していくか という 質 問 ですが これは 相 手 のある 話 ですので 相 手 との 相 談 をしなければいけないのですが 私 が 感 じているのは 現 場 のサービスが 機 能 するようにすること 最 初 に 申 し 上 げましたが 現 場 の 一 番 の 関 心 はサービスを 適 切 に 提 供 できている 状 況 をどう 回 復 するかということに あります 精 神 神 経 疾 患 関 係 の 傾 向 を 多 分 に 持 つ 方 が 多 々 窓 口 に 来 られたときに 社 会 福 祉 士 の 専 門 職 が 適 切 に 対 応 できないことはあると 思 います むしろ 傾 聴 とか それをす ればするほど 混 乱 をしてしまう と 言 うこともあり 得 ると 思 います これは 社 会 福 祉 の 現 在 の 教 育 内 容 では 対 応 できないかも 知 れませんが 何 らかの 形 で 臨 床 心 理 をもう 少 し 反 映 されてもいいかなと 思 っています ちょっと 答 えにはなっていない のですが 臨 床 心 理 関 連 の 団 体 や 専 門 職 個 人 などと 話 し 合 ってみてどうするか と 言 うこ とになると 思 います すみません 答 えになっていませんが 司 会 :ありがとうございました それでは 副 田 先 生 にもご 質 問 が 来 ておりますので あ わせましてお 願 いいたします 副 田 :ご 質 問 というより 感 想 だと 思 います 専 門 職 間 で 感 覚 がズレるのは 通 常 利 用 者 のチェックシートがバラバラだから その 辺 はちゃんとしていく 必 要 があると 感 じまし た というご 感 想 をいただきました その 通 りだと 思 います ただ 専 門 職 はチェックシ ートだけに 頼 るのではない それはみんなのズレを 小 さくしていくための 必 要 な 道 具 でし かないので 虐 待 の 原 因 は 何 か 介 入 としてはどこからせめていったらよいのかと 考 え やはり 家 族 関 係 や 周 りのいろんな 環 境 を 考 えながら 全 体 像 を 見 て 判 断 していますので そ の 辺 はぜひご 理 解 いただきたいと 思 います そのためにもカンファランスなどを 通 した 多

5 職 種 による 合 意 が 必 要 です それから 先 ほど 内 田 さんのおっしゃった 件 にお 答 えしてよろしいでしょうか 成 年 後 見 人 が 決 まると やむを 得 ない 措 置 は 困 ると 言 われたお 話 です 私 たちの 防 止 センター で 聞 いている 話 では 成 年 後 見 で 決 まったらできるだけ 速 やかに 措 置 から 介 護 保 険 による サービス 利 用 に 切 り 替 える そうやっていかないといつまでも 措 置 費 を 払 わなければいけ ないし 払 っていけませんので できるだけ 早 く 切 り 替 えるようにしている と 聞 いてい ます ただし 先 ほどのような 例 の 場 合 には 後 見 人 がいつやられるか 分 からないという 危 険 があるということですから そこは 行 政 が 盾 になって 後 見 人 が 誰 かは 絶 対 に 言 わない どこの 施 設 に 入 っているかなどは 言 わない ということは 絶 対 に 必 要 になってくると 思 い ます それから 養 護 者 のほうから 裁 判 を 起 こされることもあると 思 います 私 もその 辺 は 詳 しくはわからないのですが 裁 判 官 を 説 得 するためのデータをエビデンスとして 書 類 でき ちんと 提 出 する 説 得 力 のあるものを 出 すということが 必 要 です それがきちんと 説 得 材 料 になっていれば 裁 判 官 がさせないという 判 断 は 勝 手 ですが そうしないと 思 います アメリカなどの 児 童 虐 待 事 例 で 裁 判 所 に 出 す 記 録 をどうワーカーが 書 くか というのはも のすごく 大 事 なことだと 言 われます こういう 高 齢 者 の 場 合 でも これからそういうこと が 求 められるようになってくるかもしれない 裁 判 所 に 提 出 するような 公 的 な 記 録 を 書 く ためには 日 頃 から 公 的 な 記 録 としてとっていくことが 重 要 と 思 います しかも 時 間 をか けないで 簡 潔 に 大 事 なことを 書 く ということだと 思 います 少 しズレてしまうのですが だいぶ 前 に 九 州 の 弁 護 士 さんからご 連 絡 いただいて 介 護 殺 人 があった やむを 得 ない 状 況 でそういうことが 起 きた ということをどうやったら 裁 判 官 に 分 かってもらえるか そのための 資 料 で 何 を 出 せばいいのか というご 相 談 があり ました それで 私 たちは 家 族 介 護 者 によるバーンアウトというのがどういう 心 理 になる のか ということを 書 いた 文 献 を 集 めてお 送 りしました 結 果 は 残 念 ながら 聞 いていませ んが 弁 護 士 さんも 裁 判 官 をいかに 説 得 するかということで データを 求 めておられたこ とがありましたので 付 け 加 えさせていただきました 司 会 :ありがとうございました それでは ここでご 質 問 も 含 めまして 内 田 さんから 一 言 お 願 いいたします 内 田 : 今 副 田 先 生 からコメントをいただきました 仙 台 市 の 部 長 の 話 の 中 身 で 言 うと 市 と 私 はいい 連 携 を 取 りながら 最 終 的 にはやっていましたので 制 度 の 難 しさというとこ ろの 指 摘 のみにとどめさせていただきます 副 田 先 生 がお 答 えいただいていた 質 問 の 中 で 宮 城 県 山 形 県 仙 台 市 の 特 養 の 介 護 保 険 施 設 での 入 所 契 約 成 年 後 制 度 はどの 程 度 に 利 用 されているか というご 質 問 があります これについて 具 体 的 にどのぐらい 利 用 されて いるか という 実 数 は 分 かりません ただ 南 方 部 長 からいただいた 仙 台 市 の 市 長 申 立 の 状 況 を 見 ますと 20 年 度 が9 件 19 年 度 は 20 件 18 年 度 7 件 という 形 で 推 移 はしてお ります それから 宮 城 県 内 の 特 別 養 護 老 人 ホーム 等 で 入 所 要 件 に 家 族 も 親 族 も 含 めて 成 年 後 見 人 を 付 けなければ 入 所 させないという 条 件 にしているところは 今 のところないよ うに 聞 いています 全 国 的 に 見 ますと 入 所 するにあたってご 家 族 であったとしても き ちんと 後 見 人 としての 審 判 を 受 けてもらわないと 困 ると 言 っている 施 設 も 出 てきています 宮 城 県 内 では1ヶ 所 病 院 でそういうことを 言 ったところがありますが 福 祉 サービスのと

6 ころでは まだありません それから 後 見 人 が 施 設 入 所 の 代 理 人 として 入 ってくることが 施 設 入 所 者 の 権 利 擁 護 や 施 設 の 虐 待 防 止 にどのような 効 果 があるか という 質 問 があります 率 直 に 申 し 上 げま して 後 見 人 がどのような 立 場 なのかということを 後 見 制 度 そのものも 含 めてご 理 解 さ れている 施 設 は まだまだ 少 ないというのが 率 直 なところです 分 かっているところは すごく 分 かっていますが 分 かっていないところは 本 当 に 全 然 分 からない だから 昨 日 も 契 約 をしてきましたが 完 全 に 身 元 引 受 人 と 思 われていました 要 は 未 払 いの 債 権 の 保 証 人 です 第 三 者 である 僕 の 私 財 でこの 人 の 未 払 い 金 を 保 証 してくれるん ですよね というようなレベルのところもありました 契 約 書 なり 重 要 事 項 説 明 書 なりの 一 番 後 ろの 名 前 を 書 くところは 欄 がないからここに 書 いたとしても それは 身 元 引 受 人 という 趣 旨 ではなくて 本 来 であれば 入 居 者 契 約 者 本 人 のところに 成 年 後 見 人 内 田 幸 雄 という 名 前 で 書 いて 内 田 の 印 鑑 で 計 約 するものなんですよ という 話 をさ せていただきました そのような 形 で 草 の 根 かも 知 れませんが 後 見 人 が 入 ってくるとい うことで ご 利 用 者 の 権 利 は 何 なのか ということを 一 つひとつ 説 明 させていただいてい る 次 第 です その 一 方 で これも 法 律 の 不 備 なのか 限 界 なのか 分 りませんが 例 えば 成 年 後 見 人 には 医 療 行 為 の 代 理 権 が 認 められていません ですから 真 面 目 な 弁 護 士 さんや 司 法 書 士 さんが 後 見 人 になった 場 合 インフルエンザの 予 防 接 種 ですら 厳 密 に 言 えば 医 療 行 為 だ ということで 弁 護 士 さんや 司 法 書 士 さんが 後 見 人 になられたことによって 予 防 接 種 の 同 意 書 が 取 れずに インフルエンザの 予 防 接 種 はできずに 過 ごしている 入 所 者 も 発 生 して おります われわれ 社 会 福 祉 士 は 運 用 の 中 の 解 釈 で 法 律 に 抵 触 することになるかもし れませんが サインをすることがその 方 の 権 利 擁 護 だ という 思 いを 持 ち 署 名 しています 後 見 制 度 が 誰 のためにあるのかなど これからのさまざまな 課 題 をフォーラムなどを 通 して 啓 蒙 し 利 用 支 援 自 立 支 援 につなげていくことが 重 要 なのではないかなと 思 ってい ます 以 上 です 基 調 講 演 講 師 から 司 会 :ありがとうございました それではここまでシンポジスト コメンテーターの 方 の お 話 や 感 想 なども 含 めまして それからフロアからのご 質 問 もございました 井 上 先 生 に 5 分 程 度 お 願 いしたいと 思 います 井 上 : 一 つは こういう 質 問 をいただきました 要 するに 国 が 国 民 の 権 利 を 侵 害 しない ようにするという 憲 法 の 基 本 的 な 考 え 方 や 機 能 等 を 確 立 するにはどうしたらいいのか と いうことです 私 たちが 1980 年 頃 からずっと 言 い 続 けてきましたのは 裁 判 の 前 に 不 服 申 し 立 てをし よう 審 査 請 求 をしよう そして 裁 判 を 起 こしましょう ということです つまり 権 利 行 使 です 現 在 の 憲 法 法 律 で 認 められている 権 利 がいろいろあります しかし ほとん ど 行 使 されないという 状 況 です 日 本 人 の 権 利 嫌 い あるいは 裁 判 嫌 いのためでしょう 生 活 保 護 裁 判 を 90 年 代 からやっています それから 障 害 無 年 金 訴 訟 も 20 年 近 くやってき ました それでやはり 国 民 も 裁 判 所 も 政 府 も 変 わってきたと 思 います

7 いろいろな 運 動 や 活 動 にかかわっている 人 たちが 不 服 申 し 立 て 等 をすることが 特 に 難 しくないし 大 変 なことでもない 言 い 方 に 問 題 があるかもしれませんが 気 軽 にやれる ような 雰 囲 気 が 出 てきました 裁 判 でも 介 護 保 険 生 活 保 護 の 高 齢 者 加 算 母 子 加 算 を 争 う 生 存 権 裁 判 等 現 れています しかも 複 数 起 きるようになってきました ご 存 知 のように 朝 日 訴 訟 は 朝 日 さん 一 人 堀 木 訴 訟 だと 堀 木 さん 一 人 でした これも 私 たちは 複 数 起 こそう 全 国 あちこちで 起 こそうと 呼 びかけてきました もちろん 今 日 のフォ-ラムそして 皆 さんの 社 会 福 祉 発 展 のための 活 動 も 憲 法 の 人 権 保 障 確 立 のため あるいは 人 権 感 覚 を 研 ぎ 澄 ましていくという 重 要 な 活 動 だと 思 います 国 民 の 人 権 感 覚 を 高 めるということもありますが 実 はそういう 審 査 請 求 や 裁 判 により 行 政 それから 裁 判 所 が 何 よりも 変 わってきます 生 活 保 護 がいい 例 です 保 護 を 必 要 と する 人 の 勝 訴 判 決 が 90 年 代 以 降 次 々に 出 ています そういうことが 大 事 だなと 思 います それから 自 立 と 自 律 自 己 責 任 の 関 係 です 自 己 決 定 を 徹 底 し 突 き 詰 めていくと 一 番 問 題 になるのは 自 死 ないし 自 殺 です 人 間 が 自 己 決 定 できる 最 大 の 事 項 です 生 まれ るときは 自 己 決 定 できないのです 死 は 選 べる となると 自 己 決 定 をしたら 死 になさいね ということで 成 年 後 見 も 何 もいらないわけですね そうではなくて 自 分 の 生 き 方 の 根 底 に 自 己 決 定 を 置 くとするならば 最 大 の 選 択 はそ こにある ということから 始 まって いろいろなリスクを 犯 さなければならない あるい はリスクを 犯 したことについて 自 分 で 責 任 を 負 うという 覚 悟 がいる 時 代 になっているとい うことではないでしょうか その 意 味 では 自 己 決 定 は 厳 しいものでしょう 障 害 者 の 自 立 生 活 運 動 とは Independent Living Movement です Independent なの です なぜ これを 自 立 生 活 と 訳 したのか 私 はこだわっていて 独 立 生 活 運 動 と 言 えば いいのはないか Independence day は 独 立 記 念 日 でしょう 独 立 不 羈 が 大 事 だと 思 って います それから もう 一 つ 法 律 と 福 祉 の 架 け 橋 についてどのように 考 えているか というの は 志 田 さんに 答 えていただきましょうか これは 私 の 質 問 ですが 志 田 さんの 言 われて いることは 専 門 職 の 役 割 分 担 論 なのかなと 思 って 聞 きました 法 律 と 福 祉 の 架 け 橋 とい うと 福 祉 専 門 職 と 法 律 家 の 専 門 職 がどのようにお 互 いに 役 割 分 担 をするか だから 日 本 の 連 携 論 は 役 割 分 担 より 根 底 的 に 言 うと 民 主 主 義 的 な 人 間 関 係 あるいは 仕 事 におけ る 職 種 間 の 関 係 があまり 問 われないところで 言 われているように 思 います 厳 しく 言 うと みんなが 仕 事 をやらないために 相 談 をする 仕 事 を 押 し 付 けるための 連 携 論 になっているのではないかと 思 うのです 逆 だと 思 うのです 先 ほど 南 方 さんが 行 政 ができることは 限 られている と 言 いましたが やってみなければ 分 からないよ というのが 私 の 姿 勢 です お 互 いにやってみたところで 重 なり 合 う 部 分 がある そこは 役 割 分 担 ですよね やってみることが 役 割 分 担 で そのことで 問 題 を 解 決 していくのが 大 事 だと 思 います そういう 連 携 論 でなければいけない 日 本 の 連 携 論 は 資 源 の 質 と 量 が 乏 しいから 何 とかいろいろと 寄 せ 集 めて それで 少 し は 役 に 立 つようにしよう というような 連 携 論 ではないか それぞれのところにぶ 厚 いサ ービスやぶ 厚 い 職 員 が 配 置 されてこそ 本 当 は 連 携 が 活 かせるわけです そういう 意 味 で は 行 政 に 同 情 します 貧 しい 人 員 でやらされています もう 一 つ 独 居 老 人 の 老 人 と 言 うのはやめましょう 施 設 入 所 という 入 所 もやめ

8 て 入 居 にしましょう ホ-ム 家 なのですから 施 設 は 刑 務 所 ではないはずです 自 宅 には 本 人 がいたければずっと 住 み 続 けられるようにすればいいのではないですか ただし 生 活 保 護 でも 職 権 保 護 で 急 迫 した 場 合 は 保 護 ができます そういうことと 同 じように 緊 急 な 場 合 は 対 応 ができるようなシステムにして 本 人 がいたい 間 はできるだ けいる というのが 原 則 です ご 質 問 いただいように 人 権 を 考 えているといつ 施 設 に 入 れたらいいのかよく 分 から ない というのは 現 場 では 深 刻 な 問 題 でしょう しかし 人 権 保 障 自 己 決 定 の 原 則 か らいうと 本 人 が 住 みたいところで 住 めるようにサービスを 提 供 していくのが 社 会 福 祉 そ して 人 権 のにない 手 の 役 割 だろうとお 応 えしたいと 思 います 司 会 :ありがとうございました 志 田 先 生 お 願 いいたします 志 田 : 井 上 先 生 からのご 指 名 なのでお 話 しします 今 社 会 福 祉 と 法 律 の 関 係 について 社 会 福 祉 の 専 門 職 は 法 律 の 専 門 職 とどうつき 合 っていくのか 距 離 感 のことを 言 うなら ば 距 離 というのは 自 分 からの 距 離 でありますので 何 よりも 異 なった 業 の 専 門 職 と 付 き 合 う 以 上 は まず 社 会 福 祉 の 専 門 職 が 自 分 とは 何 か というところをはっきりしないと 距 離 はとれないと 思 います そういう 意 味 では 社 会 福 祉 士 の 専 門 職 の 本 分 を 法 律 の 専 門 職 と 付 き 合 うからには より 一 層 明 確 に 強 く 意 識 することではないかなと 思 います これは 言 葉 を 厳 しくしてしまうと 申 し 訳 ありませんが 社 会 福 祉 士 の 個 人 差 の 問 題 を どれだけ 詰 められるか それだけご 自 分 の 専 門 をどれだけしっかりと 自 信 をもって 自 分 の 中 に 絡 められるのか こういうのができればできるほど 他 者 との 距 離 が 取 れるわけです から そういう 意 味 で まず どうやっていくかよりも 自 分 の 専 門 性 でどれくらいかかわ っていくか というところを 頑 張 っていけば 私 はおのずと 距 離 感 が 見 えてくると 思 って おります それでよろしいでしょうか 私 事 ですが 東 北 大 学 大 学 院 の 授 業 を 持 っています これは 法 律 の 専 門 です 東 北 福 祉 大 学 大 学 院 の 社 会 福 祉 学 専 攻 でも 授 業 を 持 っています 法 律 では 社 会 福 祉 の 社 会 福 祉 では 法 律 の 理 解 を 進 めるためにはなかなか 資 料 などの 工 夫 が 必 要 なので 社 会 福 祉 と 法 律 との 距 離 感 というところではとても 勉 強 になっています そのへんのご 質 問 ではなかったと 思 いますが のちほどゆっくりご 質 問 いただければ ま たお 答 えしたいと 思 います 最 後 に シンポジスト コメンテーターから 司 会 :それでは フロアの 皆 さん 方 から どうしてもこれだけは 質 問 したいという 点 がご ざいましたら お 願 いしたいのですが ございませんか それでは シンポジストとコメンテーターの 皆 さんにできれば 簡 単 に 最 後 に 一 言 お 願 いしたいと 思 います 皆 さん 方 からの 発 表 コメントなどで きょうのこのテーマの 中 で も 重 要 なキーワードとなりますのは 福 祉 の 分 野 で 実 際 に 行 う 活 動 としての サービスの 利 用 支 援 さらに 自 立 支 援 の 目 標 と 言 うことになります この 自 立 支 援 は 井 上 先 生 に 言 わ せると 独 立 ということですが そうした 支 援 活 動 を 行 っていく 上 で これは 制 度 にもとづ く 公 のサービスを 導 入 していくということになりますので 当 事 者 間 であるいはサービス を 利 用 している 人 が 満 足 したならそれでいいのではないか ということではないだろう ということです 支 援 活 動 は 社 会 的 な 行 為 ですので 当 事 者 間 でよい ということだけで

9 はなくて そのサービスを 利 用 している 方 々を 周 囲 の 皆 さん 方 が 見 ていますので 社 会 的 に 見 てそれは 納 得 のいく 水 準 である 必 要 があります 公 のお 金 を 使 ってやっているわけで すから 社 会 的 に 見 てもやはり 大 部 分 が 納 得 がいく 支 援 活 動 になっていなければならない のではないかと 思 います そういう 観 点 から 考 えますと 社 会 福 祉 の 領 域 でこうした 関 係 の 活 動 を 行 う 際 には い ったい 何 を 目 標 とするのか これは 先 ほどの 発 表 の 中 で 南 方 さんから それぞれの 立 場 の 違 いがある ということもありました ここにはそれぞれの 立 場 の 皆 さん 方 がいらっし ゃいますので そういった 点 を 踏 まえながら 最 後 に 簡 単 にお 一 言 ずつお 話 をいただきたい と 思 います なお 内 田 さんには 先 ほど 独 立 型 社 会 福 祉 の 関 係 で 柴 田 さんからも 質 問 が ありましたので それも 含 めてちょっとお 話 しいただければと 思 います 内 田 : 最 初 に 発 言 させていただいた 時 にも 言 いましたが 目 標 というとゴールというイメ ージがあります でも 僕 たちがかかわるところのゴールとは 環 境 整 備 ということで ご 利 用 者 当 事 者 にとってはスタートラインにつくということにもつながるのではないか という 側 面 もあるというのが いろいろなかかわりを 通 して 思 うところであります その 延 長 線 上 にあるというのが 更 生 保 護 制 度 であり 現 在 私 は 東 北 地 方 更 生 保 護 委 員 会 の 委 員 をしています 社 会 福 祉 士 養 成 の 新 カリキュラムにもで 更 生 保 護 が 入 りました 全 国 で 60 以 上 ある 少 年 刑 務 所 以 外 には 全 て 社 会 福 祉 士 が 配 置 されたと 聞 いています 一 方 更 生 保 護 委 員 会 というのは 刑 務 所 の 仮 釈 放 の 面 接 をして 許 可 を 出 すという 役 割 を 持 つ 委 員 で 全 国 に 63 人 の 国 家 公 務 員 がおり 社 会 福 祉 士 は 私 一 人 だけです 刑 務 所 に 入 っている 人 たちの 人 権 とはどういうことなのか というのが 一 つの 話 題 にな るかと 思 います 刑 務 所 に 入 っている 人 たちはある 一 面 の 人 権 はあります しかし 自 分 を 仮 釈 放 の 申 請 をするという 権 利 はありません 仮 釈 放 は 刑 務 所 の 所 長 の 判 断 で 各 更 生 保 護 委 員 会 に 申 請 をしてくるものです そこでわれわれが 面 接 し 仮 釈 放 され 彼 らに 権 利 が 回 復 されてくる 第 一 歩 でもあります 今 後 この 学 会 のテーマの 中 でもぜひ 考 えていただきたいのは 今 話 題 になっている 刑 務 所 の 仮 釈 放 満 期 出 所 者 の 方 々の 福 祉 サービスの 利 用 そういったところにつなげる 地 域 生 活 定 着 支 援 センターの 働 きもあるかと 思 っています 刑 務 所 で 生 活 した 受 刑 者 は 自 分 の 自 立 ということを 考 えてはいけない 基 本 的 には 指 示 命 令 のもとに 従 うということが 大 事 です ですから 社 会 に 出 た 時 自 立 支 援 や 利 用 支 援 と 言 われても 何 もピンと 来 ない 長 くなれば 長 くなるほど 自 分 で 決 めるということが どういうことなのかわからない 人 間 になっているといった 実 態 も 出 てきています 面 接 をしているとIQで 言 えば 50 以 下 の 人 たちは 確 かにたくさんいらっしゃいます また ある 刑 務 所 の 中 では きざみ 食 ととろみ 食 がたくさん 出 ていますし 別 の 刑 務 所 の 刑 務 官 は 全 員 が 認 知 症 のサポーターの 訓 練 を 受 けています こういう 実 態 が 出 てきている 中 で 受 刑 者 の 人 権 や 権 利 擁 護 も 利 用 支 援 の 枠 組 みの 中 に 入 ってくるのかなと 思 っていま す 独 立 型 社 会 福 祉 士 をしていると こんなことも 含 めていろんなことに 目 を 向 けていかな いといけないというところです 生 活 をしていくという 現 実 を 考 えたときに 独 立 するの は 難 しい 側 面 もあったりするのかなと 思 いますが こういうことをしっかりととらえてい ることによって 独 立 型 社 会 福 祉 士 だからこそ 専 門 性 をフルに 活 用 し もつことができ

10 るのではないかと 思 います 司 会 :それでは 柴 田 さん お 願 いします 柴 田 : 私 からは 先 ほどから 話 になっている 福 祉 と 法 律 の 関 係 それから 専 門 職 間 の 関 係 について 感 じたことをお 話 しさせていただきたいと 思 います 私 ども 社 会 福 祉 士 会 は 今 非 常 に 弁 護 士 会 それから 司 法 書 士 会 とうまく 関 係 が 作 れてい ると 思 っています 今 日 はこのフォーラムに 参 加 しながら こういう 自 信 はどこからくる のかなと 考 えていました 一 つは 先 ほど 志 田 先 生 がおっしゃられた 固 有 の 専 門 性 は 何 なのかを 私 達 社 会 福 祉 士 が きちんと 理 解 をしてその 実 践 を 積 み 上 げてきているという 所 なのかと 思 っています 二 つ 目 に 弁 護 士 司 法 書 士 と 一 緒 に 仕 事 をしていく 上 で やはりお 互 いの 価 値 観 が 一 緒 に 持 てている そこからスタートしているのかなという 所 をつくづく 感 じました 高 齢 者 虐 待 の 問 題 でも 何 でもいいのですが 私 達 社 会 福 祉 士 と 弁 護 士 司 法 書 士 が 専 門 職 として の 価 値 観 倫 理 感 というものが 同 じ 根 っこで 繋 がっているから 今 いろいろな 活 動 をしな がらそれぞれの 専 門 職 として それぞれを 頼 りにしながら 仕 事 ができているのかなという 事 を 今 日 のフォーラムに 参 加 しながら 考 えていたところです 司 会 :それでは 南 方 さんお 願 いします 南 方 : 特 にまとめてないですが 名 簿 を 見 せていただいたら 学 生 さんがたくさんいらっし ゃるので 学 生 さん 向 けに 一 つだけお 話 をしたいと 思 います 本 当 に 最 近 あった 例 です 仙 台 市 にはシルバーセンターという 建 物 があります そこにはお 年 寄 りがたくさん 利 用 されているプールがあります そこには 研 究 室 や 会 議 室 みたいなものもあります ある 日 ある 映 画 監 督 がそこの 利 用 を 申 し 込 みました もちろん 映 画 をしていただくのは 構 いま せん しかし 使 用 許 可 を 与 えたその 映 画 監 督 は 次 の 日 から 市 内 の 街 路 樹 という 街 路 樹 に 天 皇 家 の 悪 口 を 書 いたビラを 張 って 上 映 をシルバーセンターで 行 うとの 宣 伝 をしました 今 度 は それを 見 た 右 翼 が 怒 りまして そんな 映 画 はやめさせろ という 話 になります お 互 いの 立 場 はそうです 実 は その 映 画 上 映 の 日 は 七 夕 祭 の 前 夜 祭 の 花 火 の 日 でした われわれは 困 ってしまい まして 内 部 でずいぶん 議 論 をしました これは 表 現 の 自 由 なのでやらせなければいけな いだろう しかし 七 夕 祭 の 前 夜 祭 に 年 寄 りが 大 勢 来 て そこに 右 翼 が 来 て 取 り 囲 んで もめごとになって 年 寄 りが 倒 れたらどうするんだ という 意 見 がでました 結 局 警 察 官 200 人 の 応 援 体 制 を 敷 いてしてもらう 予 定 にもかかわらず 最 後 は 市 長 の 年 寄 りを1 人 も 倒 れさせてはならん という 判 断 で それは 中 止 させるということにしました 相 手 方 にとっては 突 然 の 中 止 命 令 ですから 当 然 のごとく 慰 謝 料 や 損 害 賠 償 を 請 求 しま す 実 は われわれも 損 害 賠 償 を 請 求 されたら 裁 判 ではかなり 高 い 確 率 で 負 けるだろう と 覚 悟 した 上 で 中 止 命 令 を 出 したんですね 案 の 定 提 訴 されました あにはからんや 裁 判 官 は 表 現 の 自 由 ということで 仙 台 市 が 損 害 賠 償 金 を 払 いなさい という 判 決 を 最 近 出 ました これは 裁 判 官 にしてみれば 当 然 の 判 決 です 要 するに 法 律 に 基 づいて 表 現 の 自 由 を 犯 してはならん ということです まして それを 公 務 員 がやるとは 何 ごとだということで 負 けました その 裁 判 官 の 判 断 も 正 しいと 思 うし 多 分 われわれもあの 時 点 で 中 止 にした 判 断 はきっと 正 しいはずなんです 最 後 までやってみないと 分 りませんが きっと 正 しい

11 はずだと 思 っています われわれの 判 断 も 正 しいです ところが 一 方 で 皆 さんにいただ いた 税 金 で 損 害 賠 償 金 を 支 払 わなければいけない 納 税 者 はふざけるなと 怒 るでしょう 何 故 そんな 負 けと 分 かっている 裁 判 をやるのか 何 故 上 映 を 中 止 させたのかと これは これで 正 論 だと 思 います 問 題 は 置 かれている 立 場 と 考 え 方 守 るべきものとか 基 準 が 全 部 違 うからそういうふう になるのだと 思 います たぶん この 権 利 擁 護 の 話 もそうです 同 じ 事 象 でもかかわり 方 とか 見 方 とか 強 い 薄 いで 全 然 違 ってくると 思 います なかなかそこはどれが 正 解 という のは 言 えないのかなと 思 っています そういう 判 断 は 一 つひとつの 事 例 でことなり 非 常 に 難 しい 問 題 です 最 後 に 学 生 さんに 問 題 として 投 げかけます 先 ほど 申 し 上 げましたように 特 養 に 入 りたいと 3,700 人 が 申 し 込 んでいますが 実 はその9 割 強 は 家 族 が 申 し 込 んでいます 施 設 入 所 者 にアンケートを 取 りますと 8 割 5 分 の 方 は 施 設 にいたくない 先 ほどの 井 上 先 生 のお 話 ではないですが その 自 立 支 援 の 自 己 決 定 とこの 現 実 をどう 考 えていくか とい うことは ぜひこれからのお 勉 強 の 中 で 考 えていただけたらなと 思 います 以 上 です 司 会 :ありがとうございました それは 志 田 先 生 お 願 いいたします 志 田 :せっかくのご 質 問 もありました それも 含 めてお 話 をしたいと 思 います 内 田 さん のお 話 を 伺 っても 社 会 福 祉 の 専 門 職 としてはどこまでかかわるのか 社 会 福 祉 の 専 門 職 は どうしても 多 くの 社 会 資 源 とかかわりますので その 方 たちとの 距 離 のとり 方 というもの が 関 心 事 項 として 強 く 意 識 する 必 要 があるのではないかなと 思 います それから 先 ほどの 内 田 さんの 報 告 の 中 で 市 との 関 連 の 問 題 は 推 測 ですが 市 の 方 は 要 は 年 金 管 理 が 適 切 に 行 われればよろしいでしょう であれば あなたのところには 弁 護 士 さんもいるのだから 正 式 な 依 頼 を 受 けて 請 求 書 を 送 り 内 容 証 明 とかちょっと 怖 い 文 句 を 入 れて 払 ってくれればよろしいのではないですか ということかもしれません いずれにしても そこに 限 界 がある 興 味 を 持 っていても 同 じようなレベルで 情 報 を 共 有 してないということですから 情 報 を 同 じレベルまで 共 有 する 工 夫 が 必 要 ですし ま た 成 年 後 見 人 になっている 社 会 福 祉 士 の 方 はほとんどが 専 従 ではない 社 会 福 祉 の 仕 事 を 他 に 持 っていて 土 日 の 休 日 を 活 用 してやることになるわけですから さぞかし 大 変 なこ とだと 思 います ただ 最 高 裁 の 事 務 総 局 が 出 した 司 法 統 計 年 報 はご 承 知 だと 思 うのです が 2007 年 から 誰 が 法 定 後 見 人 に 選 ばれたのか これは 親 族 子 ども 兄 弟 姉 妹 配 偶 者 も 含 めた 親 族 が 71.2%ですし あと 法 律 の 専 門 職 弁 護 士 さんなり 司 法 書 士 さんが 18.2% 社 会 福 祉 士 さんが 5.3% その 他 が 4.2% 全 体 的 に 社 会 福 祉 士 の 数 が 多 いのかと いえば そうではない そうしますと 社 会 福 祉 士 の 仕 事 としては どこに 力 を 入 れていくのか です 社 会 福 祉 士 の 方 が 土 日 を 使 うということはよろしいことですが 専 念 義 務 などの 課 題 も 残 りま す 成 年 後 見 人 は 原 則 誰 がなってもよいと 思 いますが ただ 至 るところで 言 われる と 思 うのですが 審 判 手 続 きなどは 非 常 に 煩 わしいのです その 辺 のサポートをどうする とか あるいはリクルートなりスクーリングなり あるいは 後 見 人 の 活 動 サポート 体 制 な どといったことを 社 会 福 祉 士 さんがきちんとつくっていけば 一 般 市 民 の 後 見 人 への 参 加 意 欲 は 上 がっていって 全 体 をして 成 年 後 見 人 の 数 が 上 がるのではないか それは 社 協 や 社 会 資 源 の 整 備 の 問 題 になりますが 社 会 に 市 民 の 具 体 的 な 参 加 を 促 進 する という 活

12 動 につながっていくのではないかと 思 います ですから まさに 社 会 にいかに 福 祉 的 機 能 を 地 域 の 住 民 の 福 祉 的 機 能 をいかに 充 実 さ せていくか ということと 絡 んでまいります その 辺 に 力 を 入 れていただくと 司 法 書 士 さ んなり 弁 護 士 さんなりが 成 年 後 見 制 度 にかかわっていくこととは ちょっと 違 うことが 出 てくるのかなと 思 っております それから 法 律 と 福 祉 との 架 け 橋 という 質 問 ですが これは 内 田 さんや 柴 田 さんのところ の 組 織 の 中 でも 弁 護 士 さんや 司 法 書 士 さんなど 法 律 の 専 門 職 と 社 会 福 祉 の 専 門 職 がおられ ることと 思 います その 他 の 行 政 の 専 門 職 との 係 わりもあると 思 います まさにその 中 で それぞれがどのような 役 割 をお 互 いに 分 担 するかを 議 論 することによって 社 会 全 体 のそ れぞれの 専 門 職 の 役 割 分 担 論 につながると 思 いますので ぜひ その 辺 は 弁 護 士 さんと 社 会 福 祉 士 さん 医 療 関 係 者 なり 行 政 関 係 者 なりなどそれぞれ 役 割 分 担 というものをきち んと 話 していくということがよろしいのではないかと 思 っています 最 後 の 感 想 のところで 権 利 擁 護 のあり 方 に 非 常 にかかわってくると 思 いますが 苦 情 問 題 一 つをとっても 福 祉 サービス 利 用 者 事 業 者 そして 家 族 がおられる どうも 家 族 の 方 と 事 業 者 は 希 なのかも 知 れませんが 最 初 から 敵 対 する 関 係 であるというような 構 図 で 見 ることはないだろうか これは 憶 測 ですが 扶 養 義 務 関 係 があって 親 の 面 倒 を 見 な ければいけないのに 福 祉 施 設 さんに 預 けて 申 し 訳 ない という 負 い 目 の 気 持 ちを 窓 口 に ぶつける 子 として 親 を 大 事 にしている 心 配 している という 自 分 に 対 する 説 明 として です いずれにしても 福 祉 サービスの 利 用 者 の 方 の 生 活 をどのようにするか というこ とに 事 業 者 と 家 族 の 方 が 共 同 作 業 をとっていくわけです かって オーストラリアの 施 設 で 苦 情 関 係 の 調 査 を 行 った 際 に スタッフから 家 族 は 施 設 のスタッフです という 話 を 聞 きました 家 族 と 議 論 をすることはありますが 敵 対 関 係 になることはない 福 祉 サ ービスを 必 要 とする 方 に 対 してどうするかという 議 論 はすることはありますが それは 苦 情 というような 意 味 ではありません という 話 を 聞 いて はっとしたことがありました それがレジメにも 書 いておきましたが 福 祉 サービスの 利 用 者 の 生 活 に 向 けて 事 業 者 と 利 用 者 が 同 じ 方 向 に 向 いて 知 恵 を 出 し 合 うというような 関 係 づくりを 再 認 識 する 必 要 が あるのではないか ということです 司 会 :それでは 副 田 先 生 続 いてお 願 いいたします 副 田 :では 最 後 に 社 会 福 祉 援 助 に 関 連 して 言 いそびれたことを3 点 ぐらい 言 わせてい ただきます 一 つは 高 齢 者 が 安 心 安 全 に 暮 らせる 生 活 を 保 障 するということが 目 指 すと ころなのですが 福 祉 として 例 えば 分 離 して 施 設 利 用 をした で 終 わらないこともあ ります それで 終 わらなければならないこともありますが 分 離 したからこそ 家 族 にな れる 家 族 がいらっしゃいます ですから そういうご 家 族 に 対 しては 施 設 に 入 られた 後 も 家 族 関 係 が 続 くような 調 整 をしてあげる ということは 必 要 なのだと 思 います もう 一 つは 非 常 に 現 場 で 頭 を 抱 えている 養 護 者 支 援 のところです 養 護 者 支 援 のサ ービスはほとんど 何 もないです ところが 今 虐 待 者 として 多 いのは 単 身 の 息 子 娘 さんです その 方 たちの 何 割 かは 分 りませんが 精 神 疾 患 やそれに 近 い 状 態 の 方 もいらっ しゃって 仕 事 もない 本 当 に 親 御 さんがいなかったらその 生 活 はどうするんだろう とい うまさにその 方 たちの 独 立 支 援 をどうやっていくのか そこは 福 祉 として 高 齢 者 支 援 と 違 うからやらなくいい という 話 ではありません しかし そこに 対 するサービスもなけれ

13 ば ハローワークとかいろいろ 行 ってみましょう といってもそこをつないであげること ができない 地 域 包 括 も そこまではちょっとできません と 言 います また そういう 方 たちの 中 には コミュニケーションを 取 ることが 難 しい 方 や 拒 否 したりする 人 がいます 援 助 論 の 中 に 解 決 志 向 アプローチ(Solution Focused Approach)というのがあります 地 域 包 括 も 従 来 の 面 接 とは 違 った 面 接 技 術 を 持 って とにかく 環 境 を 作 ってそれをしかる べきところにつなぐということをやっていかないと 養 護 者 支 援 になりません その 辺 の プログラムを 開 発 中 です もう 一 点 は 高 齢 者 虐 待 事 例 には 成 年 後 見 を 必 要 とする 方 たちもいますが 虐 待 は 貧 困 低 所 得 者 層 に 圧 倒 的 に 多 い ということです ですから 本 来 だったら 大 変 なのでサービ スを 導 入 できれば 少 しは 介 護 ストレスが 収 まって ショートステイが 利 用 でき 虐 待 までい かないのですが サービスが 利 用 できない そのために 介 護 ストレスが 高 くなっている 今 介 護 保 険 の1 割 負 担 について 軽 減 措 置 がありますが これは 条 件 がかなり 厳 しいので 利 用 したくても 利 用 できない 層 がいる もう 少 しその 上 限 を 下 げると 何 とかサービスを 利 用 できる 人 たちも 相 当 いるのではないかと 思 います その 辺 も 制 度 が 変 わらないと 自 治 体 で 軽 減 措 置 の 上 限 を 下 げるとかやらないと 本 当 に 利 用 できない ケアマネージャーさん の 地 域 包 括 もサービスを 利 用 できればもう 少 しは 楽 になるのに そのお 金 が 払 えない と いう 事 例 で 困 っていることが 非 常 に 多 いです 成 年 後 見 も 使 えればいいんだけれども 報 酬 費 を 払 えない そこを 補 助 してくれる 自 治 体 もそんなに 多 くの 予 算 を 用 意 しているわけではない ですから これは 早 急 に 何 とか しないと 高 齢 者 虐 待 防 止 が 十 分 にやっていけないとも 考 えています 今 日 はディスカッションということで 少 しラディカルな 発 言 をしましたが お 許 しくだ さい まとめにかえて 司 会 :これまでシンポジウムということで3 人 の 方 からご 発 表 いただいて 2 人 の 方 から コメントをいただきながら そして 皆 さま 方 からご 質 問 をいただきながら 回 答 する とい う 形 で 進 めてまいりました 皆 さま 方 はそれぞれのお 立 場 から 何 を 目 指 すのか というところを 含 めましてお 話 をい ただいたと 思 います このシンポジウムは 2 年 前 に 政 策 理 論 フォーラムとして 社 会 福 祉 学 として 社 会 福 祉 の 立 場 から 政 策 理 論 をいろいろと 見 てきました 今 回 はそれを 受 け て 実 践 のフォーラムとして 政 策 を 具 体 化 するための 実 践 の 段 階 について 議 論 を 進 めまし た 実 践 のためにはさまざまな 制 度 をつくり となります その 核 となるものは シンポ ジストの 皆 さま 方 からご 発 言 いただき 井 上 先 生 からも 講 演 をいただきましたところの 人 権 であります これを 基 にいたしまして 権 利 保 障 の 取 り 組 みとして 志 田 先 生 から 援 助 技 術 としての 権 利 保 障 ということでお 話 をいただきました これは 具 体 的 に 現 場 の 実 践 活 動 の 中 でどのように 反 映 されているのか あるいは 今 後 の 取 り 組 みでどうなるのか とい うことをそれぞれの 話 の 中 から 発 表 していただきました ここまでお 話 しいただいて 大 変 私 からも 意 識 的 にお 話 しを 何 回 かお 願 いしましたのが 現 在 取 り 組 んでいる 内 容 のものはいったい 何 を 目 指 して 行 っているのか しかもそれは 社

14 会 福 祉 の 立 場 から 考 えると 具 体 的 にどの 範 囲 なのか こういったところを 特 にコメンテ ーターの 志 田 先 生 から 理 由 があれば 援 助 保 障 として 援 助 技 術 として 取 り 組 む 前 の 原 理 を お 話 しいただいたのではないかと 思 いました 3 人 のシンポジストの 方 からご 発 表 いただいた 点 に 関 しまして コメントいただいたこ とは 大 変 今 日 のフォーラムの 中 では 意 義 のあることではなかったかと 思 います また 実 際 それらの 支 援 活 動 を 展 開 していくためには それぞれの 関 係 機 関 が 協 力 し 合 って 井 上 先 生 の 言 葉 を 借 りますとそれぞれ 協 働 して 積 極 的 な 形 で 権 利 保 障 に 取 り 組 むと いうネットワークで 行 わなければならないということが 確 認 できました それぞれの 個 別 対 象 領 域 の 福 祉 には 枠 組 みがありますし 関 係 する 領 域 はそれぞれの 関 係 する 立 場 があり ます それぞれのネットワークに 参 加 し そして 発 言 し 役 割 を 果 たしていく ということ が 求 められます こういった 取 り 組 みを 首 都 大 学 東 京 の 副 田 先 生 から 意 義 のあるコメン トを 頂 戴 しました そしてまた 児 童 のネットワークと 比 べるとやや 不 十 分 さもあるのでは ないか という 指 摘 もいただきました こういった 点 では 今 後 さらにいろいろと 具 体 的 な 事 例 なども 踏 まえて 議 論 を 積 み 重 ねていきながら それぞれの 役 割 を 十 分 機 能 化 し 果 たしていくことができるようにしていく 必 要 があるということが お 二 方 のコメンテー ターの 先 生 からのお 話 ではないかと 思 います ところでシンポジストの 内 田 さんからのお 話 の 中 では 今 後 いろいろと 課 題 となるので はないかと 思 われる 犯 罪 者 の 事 例 等 の 紹 介 がありました まだまだこれから 議 論 されて いかなければならない 事 例 についてのお 話 もあったと 思 います また 山 形 県 の 柴 田 さん のお 話 の 中 では いろいろと 実 際 に 取 り 組 んでいるところで 山 形 県 は 地 方 のさまざまな 取 り 組 みに 関 しての 課 題 について 細 かいお 話 の 中 でしていただきました こうした 点 も 今 後 の 議 論 の 中 で 答 えを 導 き 出 していかなければならないと 思 います また 一 方 で 南 方 部 長 さんからは 行 政 の 立 場 として 現 実 の 問 題 解 決 というよりも 事 態 の 収 拾 を 図 るための 方 策 として 裁 判 に 負 けると 分 かっていても やらなければならな いという 現 実 これ 自 体 が 大 きな 検 討 を 要 する 現 実 の 課 題 として 話 題 提 供 いただいたと 思 われます 今 回 のこのフォーラムでは 現 時 点 でこの 課 題 をまとめる 形 でお 話 をするのはなかなか 難 しいとは 思 いますが ただ 今 後 社 会 福 祉 の 領 域 で 取 り 組 むべき 方 向 性 をいろいろきょう ご 発 表 いただいたシンポジストの 方 とお 二 人 のコメンテーターの 方 のコメントで 明 確 に 見 えてきのではないかと 思 います それぞれ 福 祉 に 取 り 組 んでいらっしゃる 中 で さらに ここで 法 律 も 視 野 に 入 れた 取 り 組 みではないかと 思 います 進 行 が 不 慣 れで 時 間 をオーバーしてしまいまして 申 し 訳 ございませんでした 以 上 を もちまして シンポジウムを 終 わりたいと 思 います 3 人 のシンポジストの 皆 さんとお 二 人 のコメンテーターの 皆 さんをどうぞ 拍 手 でお 送 りください ありがとうございました

セッション 2 Part.2 / ポスターセッション に 多 かったです 過 去 1 年 間 に 休 業 している 方 は 50 人 以 下 の 会 社 で はいませんでした ということで 501 人 以 上 の 会 社 だと1 年 間 に1 人 以 上 は 出 ますというお 答 えでした ポスター

セッション 2 Part.2 / ポスターセッション に 多 かったです 過 去 1 年 間 に 休 業 している 方 は 50 人 以 下 の 会 社 で はいませんでした ということで 501 人 以 上 の 会 社 だと1 年 間 に1 人 以 上 は 出 ますというお 答 えでした ポスター 平 成 22 年 度 一 般 公 募 演 題 がん 患 者 が 治 療 を 受 けながら 仕 事 を 継 続 するためのサポートと 再 就 職 のためのサポートについて 横 浜 市 立 大 学 医 学 部 社 会 予 防 医 学 特 任 講 師 川 上 ちひろ ポスター 1 がん 患 者 がすごく 増 えていること ポスター 1 と 20 歳 代 以 降 の 死 亡 原 因 は 第 1 位 ががん

More information

Microsoft Word - 【公開用】13 振り返り.doc

Microsoft Word - 【公開用】13 振り返り.doc 発 言 をそのまま 書 き 起 こしたデータを 基 に 個 人 情 報 に 関 する 部 分 を 削 除 し 文 意 が 通 るように 修 正 を 行 っています 振 り 返 り アンケート 記 入 ( 総 合 F) それでは アンケートをお 書 きください そして アンケートの 中 で ここが 一 番 重 要 だというところには 下 線 などを 引 いていただいて 結 構 です 最 後 にまた 30

More information

第1回兵庫県後期高齢者医療広域連合情報公開・個人情報保護審査会

第1回兵庫県後期高齢者医療広域連合情報公開・個人情報保護審査会 平 成 24 年 度 第 2 回 兵 庫 県 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 懇 話 会 議 事 録 1 日 時 平 成 24 年 12 月 20 日 ( 木 ) 午 後 2 時 30 分 ~ 午 後 3 時 30 分 2 場 所 兵 庫 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 会 議 室 3 出 席 者 (1) 兵 庫 県 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 懇 話 会 委 員 16

More information

Q4 被 災 した 家 の 代 わりに 住 宅 を 新 築 する 計 画 で 既 に 被 災 者 生 活 再 建 支 援 法 に 基 づく 加 算 支 援 金 150 万 円 ( 単 身 者 )を 受 給 しているが 会 社 を 退 職 するため 家 の 建 設 をやめることにした この 場 合 加

Q4 被 災 した 家 の 代 わりに 住 宅 を 新 築 する 計 画 で 既 に 被 災 者 生 活 再 建 支 援 法 に 基 づく 加 算 支 援 金 150 万 円 ( 単 身 者 )を 受 給 しているが 会 社 を 退 職 するため 家 の 建 設 をやめることにした この 場 合 加 生 活 を 再 建 する 被 災 者 生 活 再 建 支 援 法 Q1 被 災 者 生 活 再 建 支 援 法 では 住 宅 を 建 設 購 入 した 場 合 加 算 支 援 金 200 万 円 ( 単 身 者 は 150 万 円 )が 受 けられることになっています しかし 高 齢 のため ローンを 組 むことができません 加 算 支 援 金 200 万 円 ( 単 身 者 は 150 万 円 )を

More information

○大津の事案に学ぶこと

○大津の事案に学ぶこと 協 議 事 項 1 平 成 24 年 7 月 24 日 教 育 総 務 課 小 中 学 校 課 特 別 支 援 教 育 課 高 等 学 校 課 いじめ 問 題 への 対 応 について 資 料 1 大 津 市 の 事 案 から 学 ぶべきもの 資 料 2 福 岡 県 いじめ 問 題 総 合 対 策 ( 抜 粋 ) 資 料 3 定 例 記 者 会 見 における 大 津 市 のいじめ 自 殺 問 題 に

More information

( 委 員 3) 条 例 の 中 にこの 会 議 を 入 れていただいたということで たいへん 貴 重 な 場 だと 思 っ ています 我 々としては 意 見 を 出 して それをまとめてもらって 中 小 企 業 振 興 のた めのあるべき 姿 を 求 めていってほしいと 思 っています またポータ

( 委 員 3) 条 例 の 中 にこの 会 議 を 入 れていただいたということで たいへん 貴 重 な 場 だと 思 っ ています 我 々としては 意 見 を 出 して それをまとめてもらって 中 小 企 業 振 興 のた めのあるべき 姿 を 求 めていってほしいと 思 っています またポータ 平 成 28 年 度 中 小 企 業 振 興 会 議 第 1 回 会 議 議 事 要 旨 日 時 場 所 出 席 者 案 件 及 び 議 事 議 事 要 旨 平 成 28 年 6 月 7 日 ( 火 ) 午 後 2 時 から 午 後 3 時 20 分 館 林 市 役 所 502 会 議 室 振 興 会 議 委 員 : 笠 原 委 員 多 田 委 員 三 田 委 員 仁 田 委 員 伊 藤 委 員 藤

More information

かなというふうなことで 少 しよくその 辺 全 体 像 を 考 えながら 関 係 省 庁 と 協 力 して 検 討 してみてくださいということをお 願 いしたという そんなところです だから 今 はまだ 具 体 的 にどうするかという どうすべきなのかというところまでは まだ 申 し 上 げておりま

かなというふうなことで 少 しよくその 辺 全 体 像 を 考 えながら 関 係 省 庁 と 協 力 して 検 討 してみてくださいということをお 願 いしたという そんなところです だから 今 はまだ 具 体 的 にどうするかという どうすべきなのかというところまでは まだ 申 し 上 げておりま 原 子 力 規 制 委 員 会 記 者 会 見 録 日 時 : 平 成 27 年 11 月 25 日 ( 水 )14:30~ 場 所 : 原 子 力 規 制 委 員 会 庁 舎 記 者 会 見 室 対 応 : 田 中 委 員 長 < 質 疑 応 答 > 司 会 それでは 定 刻 になりましたので ただ 今 から 原 子 力 規 制 委 員 会 の 定 例 会 見 を 始 めたいと 思 います 早 速

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2033835A83628356838783933295F18D903181698D828E52816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2033835A83628356838783933295F18D903181698D828E52816A> 第 2 セッション 第 1 報 告 留 学 生 に 対 する 英 語 による 日 本 法 教 育 - 刑 事 法 を 中 心 に- 京 都 大 学 : 高 山 佳 奈 子 < 高 山 > 京 都 大 学 の 高 山 でございます 私 のほうもパワーポイントとかコンピュータとか 準 備 し ていなくて この3ページのレジュメだけで 発 表 をさせていただきます 後 の 櫻 田 先 生 の 資 料 が

More information

ことになっている 法 律 では 1 国 の 行 政 機 関 や 地 方 公 共 団 体 及 び 民 間 事 業 者 による 障 害 を 理 由 とする 差 別 を 禁 止 すること 2 差 別 を 解 消 するための 取 組 について 政 府 にどうするかとい う 基 本 方 針 を 作 ること 3

ことになっている 法 律 では 1 国 の 行 政 機 関 や 地 方 公 共 団 体 及 び 民 間 事 業 者 による 障 害 を 理 由 とする 差 別 を 禁 止 すること 2 差 別 を 解 消 するための 取 組 について 政 府 にどうするかとい う 基 本 方 針 を 作 ること 3 平 成 27 年 度 堺 市 障 害 者 自 立 支 援 協 議 会 第 4 回 障 害 当 事 者 部 会 日 時 場 所 出 席 者 欠 席 者 ゲスト 参 加 事 務 局 議 事 概 要 平 成 27 年 7 月 22 日 ( 水 ) 14:30~16:30 堺 市 総 合 福 祉 会 館 5 階 第 2 研 修 室 前 田 白 石 丸 野 茅 原 辻 本 乕 田 野 崎 川 渕 松 本 梅

More information

・日程第5 会議録署名委員の指名

・日程第5 会議録署名委員の指名 平 成 26 年 7 月 臨 時 会 議 平 成 26 年 度 第 2 回 みどり 市 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 26 年 7 月 22 日 みどり 市 教 育 委 員 会 平 成 26 年 度 第 2 回 みどり 市 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 招 集 日 時 : 平 成 26 年 7 月 22 日 ( 火 ) 午 後 1 時 30 分 から 招 集 場 所 :みどり

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3236944E937891E63189F1934A90818E7389EE8CEC95DB8CAF895E89638BA68B6389EF8B638E96985E>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3236944E937891E63189F1934A90818E7389EE8CEC95DB8CAF895E89638BA68B6389EF8B638E96985E> 平 成 26 年 度 第 1 回 笛 吹 市 介 護 保 険 運 営 協 議 会 会 議 録 開 催 日 時 : 平 成 26 年 6 月 16 日 ( 月 )13:30~15:00 出 席 者 : 委 員 13 名 欠 席 1 名 事 務 局 :11 名 ( 保 健 福 祉 部 長 介 護 保 険 課 高 齢 福 祉 課 ) 傍 聴 者 なし 1. 開 会 2. 委 嘱 状 交 付 3. 市 長

More information

3 認 定 こども 園 制 度 化 のメリット O 大 臣 政 務 官 ( 有 村 治 子 君 ) 今 般 の 認 定 こども 園 の 制 度 化 によっては ( 中 略 ) 保 護 者 が 就 労 の 有 無 によっても 子 供 が 施 設 を 変 わる 必 要 がない 一 貫 した 教 育 保

3 認 定 こども 園 制 度 化 のメリット O 大 臣 政 務 官 ( 有 村 治 子 君 ) 今 般 の 認 定 こども 園 の 制 度 化 によっては ( 中 略 ) 保 護 者 が 就 労 の 有 無 によっても 子 供 が 施 設 を 変 わる 必 要 がない 一 貫 した 教 育 保 就 学 前 の 子 どもに 関 する 教 育 保 育 等 の 総 合 的 な 提 供 の 推 進 に 関 する 法 律 国 会 会 議 録 抜 粋 圃 1 法 律 の 提 案 理 由 及 び 概 要 0 国 務 大 臣 ( 小 坂 憲 次 君 )このたび 政 府 から 提 出 いたしました 就 学 前 の 子 どもに 関 する 教 育 保 育 等 の 総 合 的 な 提 供 の 推 進 に 関 する

More information

第19回規制改革会議 記者会見録

第19回規制改革会議 記者会見録 1. 日 時 : 平 成 25 年 10 月 31 日 ( 木 )18:55~19:17 2. 場 所 : 合 同 庁 舎 4 号 館 2 階 220 会 議 室 司 会 それでは 大 変 お 待 たせいたしました 規 制 改 革 会 議 の 模 様 につきまして 岡 議 長 から 御 説 明 いたします 質 疑 応 答 はまとめてお 願 いいたします それでは 議 長 よろしくお 願 いいたします

More information

中野区 教育委員会

中野区 教育委員会 中 野 区 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 24 年 第 15 回 定 例 会 開 会 日 平 成 24 年 5 月 11 日 ( 金 ) 場 所 中 野 区 教 育 委 員 会 室 開 会 午 前 10 時 01 分 閉 会 午 前 10 時 20 分 出 席 委 員 (3 名 ) 中 野 区 教 育 委 員 会 委 員 長 高 木 明 郎 中 野 区 教 育 委 員 会 委 員 長 職

More information

しては 一 般 職 員 の 期 末 勤 勉 手 当 を 今 年 度 国 の 人 事 院 勧 告 を 考 慮 して0.15 月 分 引 き 上 げる 議 案 を 出 す 予 定 です 今 回 の 諮 問 案 は 一 般 職 員 の 引 き 上 げを 考 慮 して 同 月 分 特 別 職 についても 引

しては 一 般 職 員 の 期 末 勤 勉 手 当 を 今 年 度 国 の 人 事 院 勧 告 を 考 慮 して0.15 月 分 引 き 上 げる 議 案 を 出 す 予 定 です 今 回 の 諮 問 案 は 一 般 職 員 の 引 き 上 げを 考 慮 して 同 月 分 特 別 職 についても 引 平 成 26 年 度 我 孫 子 市 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 概 要 1. 会 議 名 称 我 孫 子 市 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 2. 開 催 日 時 平 成 26 年 11 月 6 日 ( 木 ) 午 前 9 時 から 3. 場 所 議 事 堂 第 一 委 員 会 室 4. 出 席 者 委 員 米 澤 会 長 飯 田 委 員 中 尾 委 員 寺 本 委 員 石 﨑 委 員

More information

( 会 議 の 概 要 ) 皆 さまこんにちは 委 員 の 皆 様 におかれましてはお 忙 しいところ 茅 ヶ 崎 市 立 病 院 運 営 協 議 会 にご 出 席 いただき まして 誠 にありがとうございます また 本 年 もどうぞよろしくお 願 いいたします それでは ただいまから 平 成 27

( 会 議 の 概 要 ) 皆 さまこんにちは 委 員 の 皆 様 におかれましてはお 忙 しいところ 茅 ヶ 崎 市 立 病 院 運 営 協 議 会 にご 出 席 いただき まして 誠 にありがとうございます また 本 年 もどうぞよろしくお 願 いいたします それでは ただいまから 平 成 27 ( 第 6 号 様 式 ) 第 3 回 茅 ヶ 崎 市 立 病 院 運 営 協 議 会 会 議 録 1. 平 成 28 年 度 茅 ヶ 崎 市 病 院 事 業 会 計 予 算 ( 案 )について 議 題 2. 茅 ヶ 崎 市 立 病 院 中 期 経 営 計 画 の 進 捗 状 況 について 3.その 他 日 時 平 成 28 年 2 月 15 日 ( 月 )13:00から 場 所 茅 ヶ 崎 市 立

More information

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A 目 次 Q1 年 金 生 活 者 ですが 年 金 を 担 保 にお 金 を 借 りることができると 聞 きました 貸 付 制 度 の 内 容 について 教 えてください Q2 震 災 で 家 屋 が 倒 壊 損 傷 しました 家 屋 の 建 替 資 金 補 修 資 金 のための 支 援 や 新 規 融 資 を 受 けられ ないでしょうか Q3 恩 給 共 済 年 金 担 保 貸 付 の 内 容 について

More information

04siryou2.xdw

04siryou2.xdw 資 料 2 在 校 時 間 の 記 録 把 握 の 現 況 について 1 県 立 学 校 の 場 合 平 成 22 年 度 から 別 添 様 式 1により 各 教 員 に 記 録 するよう 通 知 している 自 己 申 告 制 2 公 立 小 中 学 校 の 場 合 上 記 の 県 の 通 知 文 を 参 考 として 市 町 村 教 育 委 員 会 に 周 知 するともに 適 正 な 在 校 時 間

More information

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ 2015 ことばの 森 教 室 第 1 回 優 秀 作 品 紹 介 < 中 学 校 1 年 生 > 作 文 課 題 中 学 生 になった 感 想 と 決 意 中 1 年 生 -1 今 からチャレンジ 勉 強 が 難 しくなるのかな 部 活 動 も6 時 頃 までやっていて 勉 強 する 時 間 はあるの かな 中 学 校 に 入 学 する 前 はそんな 不 安 でいっぱいだった 4 月 7 日 中

More information

6 月 1 日 に 日 本 年 金 機 構 の 年 金 の 個 人 情 報 を 管 理 しているシス テムが ウイルスメールによる 不 正 アクセスを 受 け 加 入 者 の 氏 名 や 年 金 番 号 など 約 125 万 件 に 上 る 個 人 情 報 が 流 失 しました ある 公 共 機 関

6 月 1 日 に 日 本 年 金 機 構 の 年 金 の 個 人 情 報 を 管 理 しているシス テムが ウイルスメールによる 不 正 アクセスを 受 け 加 入 者 の 氏 名 や 年 金 番 号 など 約 125 万 件 に 上 る 個 人 情 報 が 流 失 しました ある 公 共 機 関 マイナンバー 制 度 について 質 問 をします マイナンバー 社 会 保 障 税 番 号 制 度 は 今 年 10 月 赤 ちゃん からお 年 寄 りまで 住 民 登 録 をしているすべての 人 へ12 桁 法 人 へ は13 桁 の 番 号 が 通 知 され 2016 年 1 月 から 運 用 が 開 始 されます 政 府 はマイナンバーによって 国 民 一 人 ひとりの 社 会 保 障 の 利

More information

岩村委員長

岩村委員長 平 成 25 年 2 月 八 戸 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 1 開 催 日 時 平 成 25 年 2 月 25 日 ( 月 ) 午 後 1 時 30 分 2 場 所 市 庁 本 館 3 階 議 会 第 1 委 員 会 室 3 委 員 氏 名 委 員 長 岡 本 潤 子 委 員 長 職 務 代 行 者 小 柴 一 弘 委 員 武 輪 節 子 教 育 長 松 山 隆 豊 4 職 員

More information

平 成 27 年 駒 ヶ 根 市 教 育 委 員 会 第 10 回 臨 時 会 会 議 録 駒 ヶ 根 市 教 育 委 員 会 平 成 27 年 駒 ヶ 根 市 教 育 委 員 会 第 10 回 臨 時 会 議 事 日 程 告 示 年 月 日 平 成 27 年 7 月 22 日 開 催 年 月 日 平 成 27 年 7 月 29 日 ( 水 曜 日 ) 開 催 場 所 JA 上 伊 那 アイパルいなん4

More information

平成27年第08回会議記録(抜粋)

平成27年第08回会議記録(抜粋) 平 成 27 年 第 8 回 定 例 教 育 委 員 会 平 成 27 年 8 月 27 日 ( 木 曜 日 ) 開 会 午 前 10 時 00 分 閉 会 午 前 10 時 38 分 議 事 日 程 日 程 第 1 会 期 の 決 定 日 程 第 2 会 議 録 署 名 委 員 の 指 名 日 程 第 3 報 告 第 45 号 諸 般 の 報 告 日 程 第 4 報 告 第 46 号 浦 幌 町

More information

発 意 による 調 査 1 固 定 資 産 の 所 有 者 が 共 有 である 場 合 の 納 税 通 知 書 の 送 付 方 法 調 査 の 趣 旨 ( 要 約 ) 札 幌 市 オブズマ 相 澤 重 明 共 有 物 件 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 については 持 分 に 関

発 意 による 調 査 1 固 定 資 産 の 所 有 者 が 共 有 である 場 合 の 納 税 通 知 書 の 送 付 方 法 調 査 の 趣 旨 ( 要 約 ) 札 幌 市 オブズマ 相 澤 重 明 共 有 物 件 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 については 持 分 に 関 Ⅲ オブズマの 発 意 による 調 査 ( 平 成 25 年 度 ) 1 固 定 資 産 の 所 有 者 が 共 有 である 場 合 の 納 税 通 知 書 の 送 付 方 法 共 有 物 件 の 固 定 資 産 税 等 については 持 分 に 関 係 なく 共 有 者 全 員 が 連 帯 納 税 義 務 を 負 っていますが 札 幌 市 の 場 合 共 有 代 表 者 のみに 納 税 通 知 書

More information

富 田 林 市

富 田 林 市 ファミリー サポート センターを 上 手 に 活 用 するために 援 助 活 動 補 償 保 険 Q&A 富 田 林 市 ファミリー サポート センター 平 成 27 年 6 月 -1- 富 田 林 市 ファミリー サポート センター ファミリー サポート センターは 子 育 てを 援 助 したい 会 員 と 援 助 を 受 けたい 会 員 の 相 互 援 助 の 会 です ファミリー サポート センター

More information

なか

なか 民 生 福 祉 常 任 委 員 会 記 録 平 成 26 年 6 月 9 日 開 催 日 平 成 26 年 6 月 9 日 開 催 場 所 第 1 委 員 会 室 開 会 散 会 時 間 午 前 11 時 20 分 ~ 午 前 11 時 33 分 出 席 委 員 委 員 長 下 瀬 俊 夫 副 委 員 長 矢 田 松 夫 委 員 石 田 清 廉 委 員 岩 本 信 子 委 員 小 野 泰 委 員 三

More information

政井審議委員就任記者会見(6月30日)要旨

政井審議委員就任記者会見(6月30日)要旨 2016 年 7 月 1 日 日 本 銀 行 政 井 審 議 委 員 就 任 記 者 会 見 要 旨 2016 年 6 月 30 日 ( 木 ) 午 後 6 時 から 約 20 分 ( 問 ) 最 初 に 2 つ 質 問 をさせて 頂 きます 1 つ 目 が 経 済 政 策 の 重 要 な 舵 取 りを 担 う 日 銀 の 審 議 委 員 に 就 任 されるにあたっての 抱 負 と これまでの 民

More information

本 市 においては 言 語 特 区 ということでこれまでに 10 年 間 英 語 の 時 間 に 取 り 組 んできているが 成 果 の 検 証 はどのように 行 っているのか また 目 標 を 達 成 したかどうか 判 断 する 客 観 的 な 指 標 はあるのか ( 事 務 局 ) 数 値 的

本 市 においては 言 語 特 区 ということでこれまでに 10 年 間 英 語 の 時 間 に 取 り 組 んできているが 成 果 の 検 証 はどのように 行 っているのか また 目 標 を 達 成 したかどうか 判 断 する 客 観 的 な 指 標 はあるのか ( 事 務 局 ) 数 値 的 第 1 回 沼 津 市 総 合 教 育 会 議 議 事 録 〇 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 26 日 ( 木 曜 日 )15 時 00 分 ~16 時 00 分 〇 開 催 場 所 沼 津 市 立 第 四 小 学 校 多 目 的 ホール 〇 出 席 者 市 長 栗 原 裕 康 教 育 長 服 部 裕 美 子 教 育 委 員 三 好 勝 晴 教 育 委 員 土 屋 葉 子 教 育 委 員

More information

各 小 中 学 校 の 保 護 者 へのアンケート 調 査 等 をもとに 協 議 され 中 学 校 の 統 合 に 対 する 賛 成 意 見 が 多 かった 委 員 からは 小 学 校 よりも 中 学 校 の 統 合 を 早 くするべき もう 尐 し 保 護 者 の 意 見 を 吸 い 上 げてから

各 小 中 学 校 の 保 護 者 へのアンケート 調 査 等 をもとに 協 議 され 中 学 校 の 統 合 に 対 する 賛 成 意 見 が 多 かった 委 員 からは 小 学 校 よりも 中 学 校 の 統 合 を 早 くするべき もう 尐 し 保 護 者 の 意 見 を 吸 い 上 げてから 平 成 21 年 度 第 2 回 ( 第 9 回 ) 磯 辺 地 区 学 校 適 正 配 置 地 元 代 表 協 議 会 議 事 要 旨 1 日 時 平 成 21 年 9 月 7 日 ( 月 ) 10 時 ~12 時 2 場 所 磯 辺 地 域 ルーム( 磯 辺 第 一 中 学 校 内 ) 3 出 席 者 (1) 委 員 22 名 欠 席 : 高 橋 委 員 池 上 委 員 (2) 事 務 局 古

More information

議事内

議事内 新 名 寄 市 総 合 計 画 ( 第 1 次 ) 後 期 計 画 第 4 回 保 健 医 療 福 祉 部 会 議 案 日 時 平 成 23 年 6 月 30 日 ( 木 ) 午 後 6 時 30 分 ~ 場 所 市 役 所 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. あいさつ 3. 議 題 (1) 総 合 計 画 後 期 計 画 ( 素 案 )について Ⅱ-5 高 齢 者 福 祉 の 充 実 Ⅱ-6

More information

議 事 協 議 事 項 1 平 成 27 度 高 砂 市 議 会 9 月 定 例 会 提 出 議 案 に 係 る 意 見 の 聴 取

議 事 協 議 事 項 1 平 成 27 度 高 砂 市 議 会 9 月 定 例 会 提 出 議 案 に 係 る 意 見 の 聴 取 平 成 27 年 第 11 回 ( 臨 時 ) 高 砂 市 教 育 委 員 会 会 議 録 ( 要 旨 ) 日 時 平 成 27 年 9 月 3 日 午 後 2 時 30 分 場 所 高 砂 市 役 所 南 庁 舎 2 階 特 別 会 議 室 出 席 委 員 藤 井 委 員 長 衣 笠 委 員 山 名 委 員 吉 田 委 員 圓 尾 教 育 長 出 席 事 務 局 職 員 大 西 教 育 部 長 木

More information

( 岐 阜 商 業 高 等 学 校 ) (4) 報 第 5 号 岐 阜 市 立 学 校 等 の 体 育 施 設 の 開 放 に 関 する 規 則 の 一 部 を 改 正 する 規 則 の 制 定 について( 市 民 体 育 課 ) (5) 第 34 号 議 案 岐 阜 市 教 育 委 員 会 の 附

( 岐 阜 商 業 高 等 学 校 ) (4) 報 第 5 号 岐 阜 市 立 学 校 等 の 体 育 施 設 の 開 放 に 関 する 規 則 の 一 部 を 改 正 する 規 則 の 制 定 について( 市 民 体 育 課 ) (5) 第 34 号 議 案 岐 阜 市 教 育 委 員 会 の 附 平 成 26 年 第 6 回 岐 阜 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 1 日 時 平 成 26 年 4 月 25 日 ( 金 曜 日 ) 午 前 9 時 30 分 2 場 所 中 央 青 少 年 会 館 研 修 室 1 3 出 席 委 員 後 藤 委 員 長 矢 島 委 員 中 島 委 員 小 野 木 委 員 早 川 教 育 長 4 説 明 のために 出 席 した 事 務 局 の 職

More information

平 成 22 年 度 横 浜 市 児 童 相 談 所 の 児 童 虐 待 新 規 把 握 件 数 横 浜 市 の 児 童 相 談 所 において 平 成 22 年 度 新 たに 把 握 した 児 童 虐 待 件 数 は 626 件 でした また 虐 待 対 応 件 数 は 平 成 21 年 度 以 前

平 成 22 年 度 横 浜 市 児 童 相 談 所 の 児 童 虐 待 新 規 把 握 件 数 横 浜 市 の 児 童 相 談 所 において 平 成 22 年 度 新 たに 把 握 した 児 童 虐 待 件 数 は 626 件 でした また 虐 待 対 応 件 数 は 平 成 21 年 度 以 前 平 成 23 年 5 月 26 日 こども 青 少 年 教 育 委 員 会 資 料 こ ど も 青 少 年 局 児 童 虐 待 等 への 対 応 状 況 について 1 平 成 22 年 度 横 浜 市 児 童 相 談 所 の 児 童 虐 待 新 規 把 握 件 数 1 2 平 成 22 年 12 月 14 日 に 他 都 市 より 電 話 で 引 き 継 いだケースについて 3 3 最 近 の 事

More information

人権ポケットブックシリーズ④性的少数者と人権

人権ポケットブックシリーズ④性的少数者と人権 J 04 1 2 3 4 4 1 世 の 中 には 男 と 女 しか いない? 性 的 指 向 には いろいろな 形 があります 異 性 を 愛 す る 人 だけではなく 同 性 愛 や 両 性 愛 の 人 もいます また 性 の 自 己 認 識 こころの 性 と 生 物 学 的 な 性 か らだの 性 が 違 うと 感 じて さまざまな 葛 藤 が 生 じる 性 同 一 性 障 害 の 人 々もいます

More information

喜 地 区 と 鷲 宮 地 区 が 水 に 弱 い 傾 向 がありますので 一 級 河 川 の 整 備 等 を 含 めて 杉 戸 県 土 整 備 事 務 所 に 改 修 の 要 望 をしたいと 考 えています また 今 回 のような 雨 が 降 りますと 水 がはけきらずに 溜 まってしまう 傾 向

喜 地 区 と 鷲 宮 地 区 が 水 に 弱 い 傾 向 がありますので 一 級 河 川 の 整 備 等 を 含 めて 杉 戸 県 土 整 備 事 務 所 に 改 修 の 要 望 をしたいと 考 えています また 今 回 のような 雨 が 降 りますと 水 がはけきらずに 溜 まってしまう 傾 向 市 民 懇 談 会 市 民 との 懇 談 概 要 開 催 場 所 久 喜 総 合 文 化 会 館 平 成 23 年 7 月 3 日 ( 日 ) 開 催 日 時 午 後 2 時 00 分 から 午 後 4 時 12 分 まで 参 加 者 数 42 人 発 言 者 数 9 人 質 問 書 受 理 件 数 7 件 出 席 者 田 中 市 長 牧 副 市 長 吉 田 教 育 長 早 野 総 務 部 長 井

More information

た 方 が 良 いと 思 います そのモチベーションが 色 々なところに 活 きてくること もありますので ( 他 の 生 徒 を 指 して) 将 来 どんな 職 業 に 就 きたいですか 学 生 : 法 曹 三 者 になりたいです 室 谷 先 生 :それは 何 でですか? 学 生 : 何 となくで

た 方 が 良 いと 思 います そのモチベーションが 色 々なところに 活 きてくること もありますので ( 他 の 生 徒 を 指 して) 将 来 どんな 職 業 に 就 きたいですか 学 生 : 法 曹 三 者 になりたいです 室 谷 先 生 :それは 何 でですか? 学 生 : 何 となくで 2011 年 10 月 20 日 ロイヤリング 講 義 講 師 : 弁 護 士 室 谷 光 一 郎 先 生 文 責 須 藤 勇 人 ジェンダー セクシュアリティの 法 律 問 題 世 の 中 は 法 律 だけで 動 いている 訳 ではないので 色 々なものに 目 を 向 けなけれ ばいけないと 考 えています 法 律 馬 鹿 になってしまうと 経 済 や 社 会 の 状 況 が 読 めなくなってしまいます

More information

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定)

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定) 5 月 定 例 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 20 日 ( 金 ) 午 後 3 時 15 分 ~ 午 後 4 時 50 分 開 催 場 所 県 教 育 委 員 会 室 出 席 委 員 教 育 長 青 木 洋 委 員 ( 教 育 長 職 務 代 理 者 ) 藤 田 義 嗣 委 員 河 上 ひとみ 委 員 宇 野 正 章 委 員 土 井 真 一 1 開 会 教

More information

議 事 件 名 議 の 経 過 及 び 結 果 審 議 案 件 (1) 平 成 27 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 特 別 計 補 正 予 算 ( 第 3 号 )( 案 )について (2) 平 成 28 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 事 業 運 営 方 針 及 び 事 業

議 事 件 名 議 の 経 過 及 び 結 果 審 議 案 件 (1) 平 成 27 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 特 別 計 補 正 予 算 ( 第 3 号 )( 案 )について (2) 平 成 28 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 事 業 運 営 方 針 及 び 事 業 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 運 営 協 議 議 事 録 招 集 期 日 平 成 28 年 2 月 12 日 ( 金 ) 場 所 市 役 所 7 階 第 5 室 開 2 月 12 日 午 後 2 時 00 分 遠 藤 英 樹 閉 2 月 12 日 午 後 3 時 25 分 遠 藤 英 樹 遠 藤 英 樹 代 理 早 舩 直 彦 出 席 状 況 駒 﨑 繁 夫 出 欠 石 塚 京 子 出 欠 谷

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

苦情・相談

苦情・相談 苦 情 相 談 報 告 (かなおか 保 育 園 ) 平 成 25 年 度 時 期 申 出 人 苦 情 相 談 の 内 容 対 応 及 び 結 果 医 師 の 指 示 により 薬 を 不 十 分 な 説 明 で 不 快 にさせた 事 につ 預 けていたが 年 度 が 替 わ いて 主 任 が 謝 罪 する る 為 に 一 度 返 された 薬 の 乳 幼 児 期 は 成 長 が 著 しく 体 調 も 変

More information

厚 生 年 金 加 入 記 録 のお 知 らせ の 手 続 き 解 説 等 について 問 4 何 か 手 続 きが 必 要 になりますか うぐいす 色 の 封 筒 が 届 きました 方 お 知 らせをご 確 認 いただき もれ や 誤 り がある 場 合 は 同 封 してお ります 年 金 記 録

厚 生 年 金 加 入 記 録 のお 知 らせ の 手 続 き 解 説 等 について 問 4 何 か 手 続 きが 必 要 になりますか うぐいす 色 の 封 筒 が 届 きました 方 お 知 らせをご 確 認 いただき もれ や 誤 り がある 場 合 は 同 封 してお ります 年 金 記 録 厚 生 年 金 加 入 記 録 のお 知 らせ の 概 要 について 問 1 厚 生 年 金 加 入 記 録 のお 知 らせ とは 何 ですか 厚 生 年 金 加 入 記 録 のお 知 らせ は 保 険 料 の 計 算 の 基 となる 標 準 報 酬 月 額 が 事 実 と 異 なっている 場 合 があるとのご 指 摘 があり 現 役 加 入 者 の 方 には ねんきん 定 期 便 でご 確 認 いただいているところですが

More information

市町村長申立ての手引き改訂版.indd

市町村長申立ての手引き改訂版.indd 第 6 章 Q&A 集 第 6 章 Q&A 集 市 町 村 長 申 立 てに 関 する 研 修 会 大 阪 後 見 支 援 センターが 行 う 専 門 相 談 等 における Q&A をベ ースとして 作 成 しています 1 市 町 村 長 申 立 てについて Q1 できる か 義 務 か Q2 老 人 福 祉 法 の 対 象 Q3 住 民 票 と 現 住 所 が 異 なる Q4 緊 急 性 の 判

More information

本 日 は 委 員 の 皆 様 におかれましては 大 変 お 忙 しい 中 ご 出 席 を 賜 りまして 誠 にありがとうございます 定 刻 となりましたので 只 今 より 平 成 22 年 度 市 原 市 防 災 会 議 を 開 会 させていただきます 本 日 の 進 行 を 務 めさせて 頂 き

本 日 は 委 員 の 皆 様 におかれましては 大 変 お 忙 しい 中 ご 出 席 を 賜 りまして 誠 にありがとうございます 定 刻 となりましたので 只 今 より 平 成 22 年 度 市 原 市 防 災 会 議 を 開 会 させていただきます 本 日 の 進 行 を 務 めさせて 頂 き 平 成 22 年 度 市 原 市 防 災 会 議 会 議 録 1 日 時 平 成 22 年 8 月 2 日 ( 月 )15 時 00 分 から16 時 10 分 2 場 所 市 原 市 市 民 会 館 3 階 大 会 議 室 3 主 席 者 ( 委 員 ) 市 原 市 長 千 葉 海 上 保 安 部 長 職 務 代 理 警 備 救 護 課 長 千 葉 測 候 所 長 関 東 農 政 局 千 葉 農

More information

Microsoft Word  第35回地裁委員会議事概要_確定版)

Microsoft Word  第35回地裁委員会議事概要_確定版) 広 島 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 35 回 ) 議 事 概 要 第 1 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 16 日 ( 月 ) 午 前 9 時 45 分 第 2 開 催 場 所 広 島 地 方 裁 判 所 第 一 会 議 室 第 3 出 席 者 [ 委 員 ] 江 種 則 貴, 大 久 保 隆 志, 後 藤 友 之, 小 西 洋, 佐 々 木 和 宏, 髙 尾 ひとみ, 平 岡

More information

( 別 紙 ) 発 言 要 旨 ( 委 員 長, 学 識 経 験 者 委 員, 弁 護 士 委 員, 検 察 官 委 員, 裁 判 官 委 員, 事 務 担 当 者 ) 少 年 事 件 の 手 続 と 保 護 的 措 置 について, 感 想,ご 意 見 などを 伺 いたい 家 裁 に 来 る 前 の

( 別 紙 ) 発 言 要 旨 ( 委 員 長, 学 識 経 験 者 委 員, 弁 護 士 委 員, 検 察 官 委 員, 裁 判 官 委 員, 事 務 担 当 者 ) 少 年 事 件 の 手 続 と 保 護 的 措 置 について, 感 想,ご 意 見 などを 伺 いたい 家 裁 に 来 る 前 の 大 津 家 庭 裁 判 所 委 員 会 議 事 録 1 日 時 平 成 20 年 10 月 17 日 ( 金 ) 午 後 2 時 00 分 から 午 後 4 時 30 分 まで 2 場 所 大 津 家 庭 裁 判 所 本 館 大 会 議 室 3 出 席 者 ( 委 員 ) 五 十 音 順 敬 称 略 飯 田 喜 信, 小 川 素 子, 國 松 完 二, 甲 津 貴 央, 酒 井 康 夫, 十 倉 良

More information

Microsoft Word - 記者会見要旨

Microsoft Word - 記者会見要旨 会 見 要 旨 大 学 病 院 の 建 設 に 関 する 協 定 調 印 式 1 日 時 平 成 26 年 5 月 29 日 ( 木 曜 日 ) 午 前 11 時 ~ 2 場 所 市 役 所 東 庁 舎 2 階 大 会 議 室 3 内 容 大 学 病 院 の 建 設 に 関 する 協 定 調 印 式 4 調 印 5 出 席 者 岡 崎 市 長 内 田 康 宏 学 校 法 人 藤 田 学 園 理 事

More information

Microsoft Word - 第4回会議録(公開用)

Microsoft Word - 第4回会議録(公開用) 平 成 26 年 度 第 4 回 鳴 門 市 児 童 福 祉 審 議 会 会 議 概 要 日 時 平 成 26 年 10 月 30 日 ( 木 ) 午 後 2 時 ~ 場 所 本 庁 舎 3 階 会 議 室 出 席 者 委 員 14 名 関 係 課 事 務 局 職 員 12 名 欠 席 委 員 2 名 議 事 1 開 会 2 議 事 (1) 利 用 調 整 の 取 り 扱 いについて 利 用 調 整

More information

2 宅 建 業 法 難 易 度 としては やはり 昨 年 に 比 べて Aランクの 問 題 が 13 問 から 11 問 に 減 り 逆 にCラ ンクの 問 題 が2 問 から4 問 に 増 えました(この4 問 とも 個 数 問 題 であり 個 数 問 題 対 策 が 決 定 的 に 重 要 とい

2 宅 建 業 法 難 易 度 としては やはり 昨 年 に 比 べて Aランクの 問 題 が 13 問 から 11 問 に 減 り 逆 にCラ ンクの 問 題 が2 問 から4 問 に 増 えました(この4 問 とも 個 数 問 題 であり 個 数 問 題 対 策 が 決 定 的 に 重 要 とい 宅 建 士 初 年 度 試 験 から 見 えた 傾 向 と 平 成 28 年 度 宅 建 士 試 験 の 効 果 的 な 対 策 TAC 宅 建 士 講 座 主 任 講 師 木 曽 計 行 Ⅰ 平 成 27 年 度 宅 建 士 本 試 験 の 傾 向 分 析 と 今 後 の 方 向 性 1. 数 字 で 見 る 本 試 験 ( 最 近 5 年 間 の 本 試 験 の 受 験 者 数 合 格 率 合

More information

はじめに 皆 様 は 相 続 について 考 えたことはあるでしょうか? 相 続 というと まだまだ 先 の 話 だし 相 続 税 がかかるほどの 財 産 はないし うちは 兄 弟 みんな 仲 がいいから と なかなか 本 腰 を 入 れて 考 えていないのが 実 情 ではないでしょうか しかし 相

はじめに 皆 様 は 相 続 について 考 えたことはあるでしょうか? 相 続 というと まだまだ 先 の 話 だし 相 続 税 がかかるほどの 財 産 はないし うちは 兄 弟 みんな 仲 がいいから と なかなか 本 腰 を 入 れて 考 えていないのが 実 情 ではないでしょうか しかし 相 & 相 続 税 の はじめに 皆 様 は 相 続 について 考 えたことはあるでしょうか? 相 続 というと まだまだ 先 の 話 だし 相 続 税 がかかるほどの 財 産 はないし うちは 兄 弟 みんな 仲 がいいから と なかなか 本 腰 を 入 れて 考 えていないのが 実 情 ではないでしょうか しかし 相 続 が 実 際 に 起 こってみると 思 わぬトラブルが 発 生 するものです そんなとき

More information

者 で 行 うこととしているので 処 遇 改 善 計 画 もその 申 請 単 位 で 作 成 し 処 遇 改 善 に 取 り 組 むこととなります ( 問 7) 短 時 間 勤 務 者 には 支 給 しないこととしてよいか また 支 給 額 は 職 員 毎 差 をつけてもよいか 職 員 毎 の 支

者 で 行 うこととしているので 処 遇 改 善 計 画 もその 申 請 単 位 で 作 成 し 処 遇 改 善 に 取 り 組 むこととなります ( 問 7) 短 時 間 勤 務 者 には 支 給 しないこととしてよいか また 支 給 額 は 職 員 毎 差 をつけてもよいか 職 員 毎 の 支 介 護 職 員 処 遇 改 善 交 付 金 について に 関 する Q&A 山 梨 県 1 賃 金 改 善 の 方 法 等 ( 問 1) 事 業 者 がロング ショート デイとあった 場 合 は それぞれの 職 員 に 対 して 交 付 率 の 区 分 毎 に 支 払 ってもよいのか または 交 付 金 を 合 計 して 職 員 数 で 割 って 一 律 で 支 払 うのがよいか? 国 は 全 職

More information

各種申請手続及び届出の手引きQ&A

各種申請手続及び届出の手引きQ&A 各 種 申 請 手 続 及 び 届 出 に 関 するQ&A 1 研 修 事 業 者 指 定 申 請 研 修 事 業 指 定 申 請 (Q1-1) 通 学 形 式 の 事 業 者 として 指 定 を 受 けましたが 新 たに 通 信 形 式 での 研 修 を 計 画 した 場 合 研 修 事 業 の 指 定 申 請 のみを 行 えばよいですか (A1-1) 違 います 事 業 者 指 定 された 形

More information

Microsoft Word - 文書1.doc

Microsoft Word - 文書1.doc 有 給 休 暇 労 働 基 準 法 第 39 条 子 どもの 学 校 の 都 合 で 休 むことがあるのですが その 時 はお 給 料 が 出 ません パートには 有 給 休 暇 はな い と 会 社 からは 言 われています パートタイム 労 働 者 にも 有 給 休 暇 はあります (ただし とれない 場 合 もあります ) パートタイム 労 働 者 にも フルタイム 労 働 者 と 同 じように

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B638E9697768E7C8267826F9770816982518251944E93788C928D4E82CC90589841978D89EF8B63816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B638E9697768E7C8267826F9770816982518251944E93788C928D4E82CC90589841978D89EF8B63816A2E646F63> あいち 健 康 の 森 連 絡 会 議 議 事 要 旨 開 催 日 時 : 平 成 22 年 7 月 14 日 ( 水 ) 午 後 3 時 から 午 後 4 時 30 分 まで 開 催 場 所 :あいち 健 康 プラザ 健 康 宿 泊 館 プラザホール < 主 な 意 見 > 喫 煙 対 策 特 別 事 業 について 最 近 地 域 で 話 題 になっているが 健 康 プラザ と 長 寿 医 療 研

More information

7. 報 告 事 項 (1) 地 域 公 共 交 通 会 議 規 約 等 について 8. 議 題 (1) 役 員 選 出 について (2) 平 成 27 年 度 予 算 について (3) 地 域 公 共 交 通 網 形 成 計 画 策 定 支 援 業 務 委 託 に 係 る 公 募 型 プロポーザ

7. 報 告 事 項 (1) 地 域 公 共 交 通 会 議 規 約 等 について 8. 議 題 (1) 役 員 選 出 について (2) 平 成 27 年 度 予 算 について (3) 地 域 公 共 交 通 網 形 成 計 画 策 定 支 援 業 務 委 託 に 係 る 公 募 型 プロポーザ 平 成 27 年 度 第 1 回 周 南 市 地 域 公 共 交 通 会 議 議 事 録 1. 日 時 平 成 27 年 6 月 18 日 10 時 00 分 ~10 時 55 分 2. 場 所 周 南 市 文 化 会 館 3 階 展 示 室 3. 出 席 委 員 :16 名 団 体 名 周 南 市 環 境 生 活 部 長 中 国 運 輸 局 山 口 運 輸 支 局 防 長 交 通 株 式 会 社

More information

2-3 現 在 もハローワークに 求 人 票 を 提 出 していますが 本 事 業 を 受 託 するにあたり 改 めて 求 人 票 を 出 し 直 す 必 要 はあ るのか 必 ず 改 めて 求 人 票 を 出 していただき 求 人 票 の 備 考 欄 に 起 業 支 援 型 地 域 雇 用 創 造

2-3 現 在 もハローワークに 求 人 票 を 提 出 していますが 本 事 業 を 受 託 するにあたり 改 めて 求 人 票 を 出 し 直 す 必 要 はあ るのか 必 ず 改 めて 求 人 票 を 出 していただき 求 人 票 の 備 考 欄 に 起 業 支 援 型 地 域 雇 用 創 造 平 成 25-26 年 度 起 業 支 援 型 地 域 雇 用 創 造 事 業 介 護 雇 用 プログラム 委 託 業 務 ( 平 成 25 年 度 募 集 分 )Q&A ( 別 紙 4) ( 平 成 25.12) 番 号 質 問 回 答 1 応 募 資 格 について 1-1 応 募 は 法 人 名 と 施 設 名 どちらで 行 えばいいですか 県 内 に 複 数 施 設 を 有 している 場 合

More information

おそらくこれを 読 んでいるあなたなら もしかすると 既 にご 承 知 のことだったかもしれません これからお 伝 えする 私 のメッセージは あなたに 最 適 な 税 理 士 を 探 すもっとも 適 切 な 答 えを 導 き 出 せるかもしれません 5 分 だけ 私 に 時 間 を 下 さいますか

おそらくこれを 読 んでいるあなたなら もしかすると 既 にご 承 知 のことだったかもしれません これからお 伝 えする 私 のメッセージは あなたに 最 適 な 税 理 士 を 探 すもっとも 適 切 な 答 えを 導 き 出 せるかもしれません 5 分 だけ 私 に 時 間 を 下 さいますか 失 敗 しない 税 理 士 の 見 つけ 方 を 知 りたい 人 は 他 にいませんか? 副 業 で 稼 いでいるサラリーマン 個 人 事 業 主 が 安 心 してインターネットに 強 い 税 理 士 を 探 す 最 適 な 方 法 を 今 からあなたにすべてお 話 しします あなたにひとつだけ 重 要 な 質 問 をします もしあなたがサラリーマンあるいは 個 人 事 業 主 で 事 業 を 始

More information

Microsoft Word - ★250822【発出版】子ども虐待対応の手引き

Microsoft Word - ★250822【発出版】子ども虐待対応の手引き 第 6 章 1. 各 種 診 断 はどのように 行 うか 児 童 相 談 所 における 子 ども 虐 待 対 応 は 専 門 的 な 科 学 的 知 見 に 基 づき 問 題 の 本 質 背 景 を 分 析 す ることにより 合 理 的 客 観 的 見 地 から 個 々の 事 例 につ の 過 程 が 診 断 であり 診 断 には 児 童 福 祉 司 による 社 会 診 断 児 童 心 理 司 による

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C48323330343037816982BB82CC91BC82CC8B4C8F7194B282AB816A968795FB8E7382D082C682E8906589C692EB93998EA997A791A390698C7689E68DF492E882CC82BD82DF82CC834183938350815B83678C8B89CA95F18D908F91816988C4816A2E646F6

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C48323330343037816982BB82CC91BC82CC8B4C8F7194B282AB816A968795FB8E7382D082C682E8906589C692EB93998EA997A791A390698C7689E68DF492E882CC82BD82DF82CC834183938350815B83678C8B89CA95F18D908F91816988C4816A2E646F6 第 2 次 枚 方 市 ひとり 親 家 庭 等 自 立 促 進 計 画 策 定 のための アンケート 結 果 報 告 書 平 成 23 年 3 月 目 次 1. 実 施 概 要 1 2. 実 施 結 果 3 2-1. 母 子 世 帯 3 2-2. 父 子 世 帯 18 2-3. 寡 婦 32 2-4.アンケートの 自 由 記 述 ( 抜 粋 ) 40 参 考 資 料 (アンケート 調 査 票 )

More information

第 1 号

第 1 号 日 程 第 3 議 案 第 47 号 開 成 町 家 庭 的 保 育 事 業 等 の 設 備 及 び 運 営 に 関 する 基 準 を 定 める 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 制 定 することについてを 議 題 といたします 提 案 理 由 を 町 長 に 求 めます 町 長 町 長 ( 府 川 裕 一 ) 提 案 理 由 児 童 福 祉 施 設 最 低 基 準 の 一 部 を

More information

県 道 桜 峠 平 田 線 の 現 道 が 無 くなるが どうなるのか? 平 田 地 区 は 面 的 に 皆 さんの 土 地 を 区 画 整 理 事 業 の 換 地 で 少 しづつ 動 いていた だき 道 路 用 地 等 を 作 ります 道 路 事 業 の 場 合 直 接 道 路 用 地 を 買 収

県 道 桜 峠 平 田 線 の 現 道 が 無 くなるが どうなるのか? 平 田 地 区 は 面 的 に 皆 さんの 土 地 を 区 画 整 理 事 業 の 換 地 で 少 しづつ 動 いていた だき 道 路 用 地 等 を 作 ります 道 路 事 業 の 場 合 直 接 道 路 用 地 を 買 収 釜 石 市 復 興 推 進 本 部 平 田 地 区 復 興 まちづくり 協 議 会 地 権 者 連 絡 会 議 事 要 旨 記 日 時 平 成 26 年 5 月 30 日 ( 金 )18 時 30 分 ~20 時 00 分 場 所 平 田 集 会 所 次 第 1. 市 長 からの 挨 拶 ( 南 ブロック 工 事 業 者 紹 介 ) 2. これからの 工 事 計 画 等 の 流 れについて 3. 板

More information

議 会 運 営 委 員 会 会 議 録 1 調 査 事 件 (1)JR 只 見 線 の 早 期 全 線 復 旧 を 求 める 意 見 書 の 提 出 について (2) 平 成 25 年 第 4 回 魚 沼 市 議 会 定 例 会 について (3) 閉 会 中 の 所 管 事 務 調 査 について (

議 会 運 営 委 員 会 会 議 録 1 調 査 事 件 (1)JR 只 見 線 の 早 期 全 線 復 旧 を 求 める 意 見 書 の 提 出 について (2) 平 成 25 年 第 4 回 魚 沼 市 議 会 定 例 会 について (3) 閉 会 中 の 所 管 事 務 調 査 について ( 平 成 25 年 11 月 28 日 魚 沼 市 議 会 議 長 浅 井 守 雄 様 議 会 運 営 委 員 会 委 員 長 遠 藤 徳 一 議 会 運 営 委 員 会 調 査 報 告 書 本 委 員 会 は 所 管 事 務 について 下 記 のとおり 調 査 したので 魚 沼 市 議 会 会 議 規 則 第 110 条 の 規 定 により 報 告 します 記 1 調 査 事 件 名 (1) JR

More information

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 Q&A ( 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 関 係 ) 1. 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 Q1 1: 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 においては 事 業 主 が 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 として 継 続 雇 用 制 度 を 導 入 する 場 合 には 希 望 者 全 員 を 対 象 とするものに しなければならないのですか

More information

あかね みどり 学 童 保 育 所 に3 月 までそれぞれ 勤 務 していた 職 員 がいるの で 必 要 に 応 じて 施 設 長 と 打 ち 合 わせをしており 特 段 問 題 はないと 思 う あかね 学 童 保 育 所 については 4 月 当 初 出 欠 カードというものを 取 り 入 れた

あかね みどり 学 童 保 育 所 に3 月 までそれぞれ 勤 務 していた 職 員 がいるの で 必 要 に 応 じて 施 設 長 と 打 ち 合 わせをしており 特 段 問 題 はないと 思 う あかね 学 童 保 育 所 については 4 月 当 初 出 欠 カードというものを 取 り 入 れた 会 議 録 会 議 名 事 務 局 ( 担 当 課 ) 開 催 日 時 開 催 場 所 出 席 者 平 成 27 年 度 第 1 回 小 金 井 市 学 童 保 育 所 運 営 協 議 会 児 童 青 少 年 課 平 成 27 年 4 月 27 日 ( 月 ) 19 時 00 分 ~21 時 30 分 802 会 議 室 委 員 飯 田 委 員 長 小 澤 副 委 員 長 岩 野 委 員 小 倉 委

More information

7 8 9 10 従 業 員 は 家 族 だけなので 特 別 徴 収 しなくていいで 従 業 員 数 の 少 ない 事 業 所 で も 特 別 徴 収 しなければなりま せんか? 毎 月 納 めるのが 面 倒 なのですが 納 期 の 特 例 を 利 用 すれ ば 住 民 税 の 毎 月 の 給 与

7 8 9 10 従 業 員 は 家 族 だけなので 特 別 徴 収 しなくていいで 従 業 員 数 の 少 ない 事 業 所 で も 特 別 徴 収 しなければなりま せんか? 毎 月 納 めるのが 面 倒 なのですが 納 期 の 特 例 を 利 用 すれ ば 住 民 税 の 毎 月 の 給 与 個 人 住 民 税 の 特 別 徴 収 に 関 するQ&A 問 質 問 回 答 1 2 3 4 5 特 別 徴 収 とはどのよう な 制 度 で 特 別 徴 収 以 外 にどのよ うな 徴 収 方 法 があるのです か? アルバイト パートの 従 業 員 を 特 別 徴 収 しなければなら ない 理 由 は 何 で アルバイト パートの 従 業 員 は 特 別 徴 収 が 困 難 なのです が? (

More information

どの 混 合 診 療 の 場 合 です 基 本 的 には 自 由 診 療 と 保 険 診 療 を 併 合 した 混 合 診 療 は 認 められていませんが 一 部 認 められているものもあります 訪 問 看 護 療 養 費 は 訪 問 看 護 師 に 自 宅 で 看 護 を 提 供 してもらった 場

どの 混 合 診 療 の 場 合 です 基 本 的 には 自 由 診 療 と 保 険 診 療 を 併 合 した 混 合 診 療 は 認 められていませんが 一 部 認 められているものもあります 訪 問 看 護 療 養 費 は 訪 問 看 護 師 に 自 宅 で 看 護 を 提 供 してもらった 場 4.ピアサポーターに 知 ってほしい 医 療 費 や 介 護 保 険 等 の 基 礎 知 識 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 名 古 屋 医 療 センター 相 談 支 援 センター 主 任 医 療 社 会 事 業 専 門 職 山 田 悦 子 講 義 の 狙 い 医 療 保 険 制 度 介 護 保 険 制 度 の 役 割 を 理 解 する 医 療 費 負 担 軽 減 策 や 利 用 者

More information

平成16年度 北広島市水道事業再評価審議委員会

平成16年度 北広島市水道事業再評価審議委員会 平 成 23 年 度 第 5 回 北 広 島 市 水 道 事 業 経 営 審 議 会 日 時 平 成 24 年 2 月 3 日 ( 金 ) 午 後 6 時 00 分 場 所 本 庁 舎 2 階 会 議 室 審 議 会 出 席 者 審 議 委 員 伊 藤 委 員 秋 穂 委 員 野 部 委 員 橋 本 委 員 三 好 委 員 和 田 委 員 金 子 委 員 10 名 中 8 名 出 席 事 務 局 深

More information

 

  平 成 26 年 第 4 回 吉 富 町 議 会 臨 時 会 会 議 録 ( 第 1 号 ) 平 成 26 年 7 月 11 日 ( 金 ) 午 前 10 時 00 分 開 議 日 程 第 1 会 議 録 署 名 議 員 の 指 名 について 日 程 第 2 会 期 の 決 定 について 日 程 第 3 議 案 第 37 号 京 築 広 域 市 町 村 圏 事 務 組 合 規 約 の 変 更 について

More information

Taro-【確定版】H25第3回分科会

Taro-【確定版】H25第3回分科会 平 成 25 年 度 第 3 回 秋 田 市 社 会 福 祉 審 議 会 児 童 専 門 分 科 会 ( 第 2 回 秋 田 市 子 ども 子 育 て 会 議 ) 会 議 録 1 日 時 平 成 25 年 11 月 25 日 ( 月 ) 午 後 3 時 ~ 午 後 4 時 30 分 2 場 所 サンパル 秋 田 学 習 室 1 3 出 席 者 (1) 委 員 (14 人 ) 柴 田 誠 会 長 佐

More information

Microsoft Word - しおり_修正.doc

Microsoft Word - しおり_修正.doc あなたの 職 場 のトラブル 社 労 士 会 労 働 紛 争 解 決 センター 徳 島 に あっせん 申 立 てしてみませんか? 法 務 大 臣 認 証 厚 生 労 働 大 臣 指 定 社 労 士 会 労 働 紛 争 解 決 センター 徳 島 徳 島 市 南 末 広 町 5 番 8-8 号 徳 島 経 済 産 業 会 館 ( KIZUNAプラザ ) 2 階 徳 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会

More information

セッション 2 / ポスターセッション ると 主 権 免 責 という 歴 史 があり ポスター 3 ます これは King can do no wrong( 王 は 不 法 をなさない) ということです イギリスは 王 様 のいる 国 ですので 王 様 は 悪 いことはしないのだ 王 様 に 対 し

セッション 2 / ポスターセッション ると 主 権 免 責 という 歴 史 があり ポスター 3 ます これは King can do no wrong( 王 は 不 法 をなさない) ということです イギリスは 王 様 のいる 国 ですので 王 様 は 悪 いことはしないのだ 王 様 に 対 し 助 成 研 究 演 題 - 平 成 23 年 度 国 内 共 同 研 究 (39 歳 以 下 ) 医 薬 品 の 審 査 承 認 行 為 に 対 する 国 の 賠 償 責 任 に 関 する 国 際 比 較 首 都 大 学 東 京 都 市 教 養 学 部 法 学 系 助 教 ( 助 成 時 : 東 京 大 学 政 策 ビジョン 研 究 センター 特 任 研 究 員 ) 畑 中 綾 子 ポスター -1

More information

<5461726F2D90528DB889EF8B638E96985E8DC58F49284832332D32292E6A74>

<5461726F2D90528DB889EF8B638E96985E8DC58F49284832332D32292E6A74> 平 成 23 年 度 第 2 回 宮 城 県 建 築 審 査 会 議 議 事 録 開 催 日 時 : 平 成 23 年 11 月 15 日 ( 火 ) 午 後 4 時 30 分 開 催 場 所 : 宮 城 県 庁 11 階 第 二 会 議 室 出 席 者 等 宮 城 県 建 築 審 査 会 委 員 会 長 石 坂 公 一 委 員 高 澤 雅 之 ( 議 事 録 署 名 委 員 ) 委 員 伊 藤 恒

More information

7 会 議 録 ( 要 約 ) ⑴ 開 会 ( 行 政 管 理 課 長 ) ⑵ 総 務 部 長 あいさつ ( 総 務 部 長 ) 総 務 部 長 昨 年 策 定 された 第 7 次 松 本 市 行 政 改 革 大 綱 に 対 する 取 組 みについて 委 員 の 皆 様 からご 意 見 をいただくた

7 会 議 録 ( 要 約 ) ⑴ 開 会 ( 行 政 管 理 課 長 ) ⑵ 総 務 部 長 あいさつ ( 総 務 部 長 ) 総 務 部 長 昨 年 策 定 された 第 7 次 松 本 市 行 政 改 革 大 綱 に 対 する 取 組 みについて 委 員 の 皆 様 からご 意 見 をいただくた 平 成 27 年 度 松 本 市 行 政 改 革 推 進 委 員 会 会 議 録 1 開 催 日 時 平 成 28 年 1 月 26 日 ( 火 ) 15 時 30 分 ~16 時 50 分 2 会 場 松 本 市 役 所 第 一 応 接 室 3 出 席 委 員 稲 葉 憲 一 委 員 上 田 順 子 委 員 太 田 克 彦 委 員 太 田 勉 委 員 大 月 清 光 委 員 草 間 秀 委 員 丹

More information

(Microsoft Word - 01_\201\233\225\\\216\206\225\224\225\252\202P.doc)

(Microsoft Word - 01_\201\233\225\\\216\206\225\224\225\252\202P.doc) 筑 西 市 議 会 経 済 土 木 委 員 会 会 議 録 ( 平 成 27 年 第 2 回 定 例 会 ) 筑 西 市 議 会 経 済 土 木 委 員 会 会 議 録 1 日 時 平 成 27 年 6 月 16 日 ( 火 ) 開 会 : 午 前 10 時 00 分 閉 会 : 午 前 10 時 21 分 2 場 所 全 員 協 議 会 室 3 審 査 案 件 議 案 第 52 号 筑 西 市 営

More information

20100701 日本年金機構 年金相談マニュアル(相談事例編) 平成22年7月版

20100701 日本年金機構 年金相談マニュアル(相談事例編) 平成22年7月版 年 金 相 談 マニュアル 相 談 事 例 編 2010.07 - 目 次 - 1. 資 格 記 録 1 受 給 要 件 10 厚 生 年 金 の 適 用 関 係 10 2. 国 民 年 金 保 険 料 納 付 還 付 15 納 付 17 任 意 加 入 期 間 の 保 険 料 還 付 23 3. 過 去 記 録 整 備 27 4.ユーザID パスワード 39 5. ねんきん 定 期 便 ( 平 成

More information

調 査 票 の 記 入 Q23 調 査 票 への 記 入 のしかたが 分 からないので どのようにすればよいのですか Q24 病 気 や 怪 我 などで 調 査 票 に 記 入 できないときは どのようにすればよいのですか Q25 住 民 基 本 台 帳 の 情 報 や 税 情 報 があるので 調

調 査 票 の 記 入 Q23 調 査 票 への 記 入 のしかたが 分 からないので どのようにすればよいのですか Q24 病 気 や 怪 我 などで 調 査 票 に 記 入 できないときは どのようにすればよいのですか Q25 住 民 基 本 台 帳 の 情 報 や 税 情 報 があるので 調 国 民 生 活 基 礎 調 査 とは Q1 Q2 Q3 国 民 生 活 基 礎 調 査 は どのような 調 査 なのですか 調 査 を 行 う 必 要 があるのですか どうしても 答 えなければいけないのですか 調 査 の 方 法 Q4 Q5 Q6 国 民 生 活 基 礎 調 査 は どのように 行 われるのですか 調 査 票 はどのように 提 出 するのですか 忙 しいので 郵 送 で 回 答 したいのですが

More information

平成13年度桶川市教育委員会第4回定例会進行表

平成13年度桶川市教育委員会第4回定例会進行表 会 議 録 (1) 会 議 の 名 称 開 催 日 時 平 成 26 年 桶 川 市 教 育 会 第 10 回 定 例 会 平 成 26 年 10 月 28 日 ( 火 ) ( 開 会 ) 午 後 2 時 00 分 ( 閉 会 ) 午 後 4 時 30 分 開 催 場 所 地 域 福 祉 活 動 センター 会 議 室 1 2 出 席 者 欠 席 者 6 名 なし 議 長 長 傍 聴 なし 職 員 職

More information

促 進 質 問 意 見 いかがでしょうか リフォーム 等 の 補 助 を 出 すというのは 効 果 があるのか 疑 問 で 発 生 抑 制 については,セカンドハウス 化 を 優 遇 して 推 進 するなど, 一 歩 踏 み 込 んでいかな いとうまくいかないと 思 いま まず 施 策 Ⅳの 良 質

促 進 質 問 意 見 いかがでしょうか リフォーム 等 の 補 助 を 出 すというのは 効 果 があるのか 疑 問 で 発 生 抑 制 については,セカンドハウス 化 を 優 遇 して 推 進 するなど, 一 歩 踏 み 込 んでいかな いとうまくいかないと 思 いま まず 施 策 Ⅳの 良 質 平 成 28 年 6 月 20 日 平 成 28 年 度 第 1 回 空 家 等 対 策 協 議 会 議 事 録 < 建 築 部 長 挨 拶 > < 委 員 紹 介 > < 事 務 局 挨 拶 > < 議 題 の 協 議 > 早 速 ですけど 議 題 の 方 に 入 っていきたいと 思 いままず 一 番 目 ですけど 空 家 等 対 策 計 画 についてということで,(1) 基 本 方 針 について,

More information

<91E6323089F18B638E96985E88C42848509770292D322E786477>

<91E6323089F18B638E96985E88C42848509770292D322E786477> 第 20 回 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 平 成 21 年 11 月 24 日 開 催 ) 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 20 回 ) 議 事 概 要 ( 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 事 務 局 ) 第 1 日 時 平 成 21 年 11 月 24 日 ( 火 )15:00~17:00 第 2 場 所 東 京 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874490C590A792B28DB889EF82C982A882A282C48A6588CF88F582A982E78F6F82B382EA82BD8EE582C888D38CA92E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874490C590A792B28DB889EF82C982A882A282C48A6588CF88F582A982E78F6F82B382EA82BD8EE582C888D38CA92E646F63> 税 制 調 査 会 において 各 委 員 から 出 された 主 な 意 見 資 料 3 6 月 10 日 税 制 調 査 会 提 出 資 料 個 人 所 得 課 税 法 人 課 税 法 人 課 税 について 新 成 長 戦 略 も 踏 まえて 日 本 に 立 地 する 企 業 の 競 争 力 強 化 外 資 系 企 業 の 立 地 促 進 のために 法 人 実 効 税 率 を 主 要 国 並 みへ

More information

平成17年第5回 吉川市教育委員会会議録

平成17年第5回 吉川市教育委員会会議録 副 本 平 成 28 年 第 7 回 吉 川 市 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 28 年 7 月 28 日 ( 木 ) 吉 川 市 教 委 告 示 第 7 号 平 成 28 年 第 7 回 吉 川 市 教 育 委 員 会 会 議 を 次 のとおり 招 集 する 平 成 28 年 7 月 25 日 吉 川 市 教 育 委 員 会 教 育 長 染 谷 行 宏 1 日 時 平 成 28 年 7

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 全 国 介 護 保 険 高 齢 者 保 健 福 祉 担 当 課 長 会 議 資 料 につ いてのQ&A 6 月 29 日 版 の 送 付 について 計 33 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.486 平 成 27

More information

議 案 1 件 につきましては 個 人 情 報 を 審 議 するため 非 公 開 といたしたいと 存 じます 御 異 議 はございませんか ( 異 議 なし の 声 あり) 竹 花 会 長 それでは 議 案 1 件 につきましては 非 公 開 といたします 議 案 第 10 号 は 非 公 開 竹

議 案 1 件 につきましては 個 人 情 報 を 審 議 するため 非 公 開 といたしたいと 存 じます 御 異 議 はございませんか ( 異 議 なし の 声 あり) 竹 花 会 長 それでは 議 案 1 件 につきましては 非 公 開 といたします 議 案 第 10 号 は 非 公 開 竹 平 成 27 年 度 第 6 回 茅 ヶ 崎 市 建 築 審 査 会 会 議 録 議 題 議 案 第 10 号 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 の 同 意 について 報 告 第 8 号 茅 ヶ 崎 市 総 合 設 計 許 可 基 準 の 一 部 改 正 について 日 時 平 成 28 年 2 月 18 日 ( 木 )15 時 00 分 から16 時 05 分 まで 場 所

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838F815B834E838F834E836C836283679770814620926D82C182C482A882AB82BD82A291DE90458BE081408AE98BC6944E8BE090A793782E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838F815B834E838F834E836C836283679770814620926D82C182C482A882AB82BD82A291DE90458BE081408AE98BC6944E8BE090A793782E646F63> は67.9%と に15,933 退 職 金 制 度 改 革 の 動 向 株 式 会 社 広 島 企 業 年 金 設 計 代 表 取 締 役 石 井 孝 治 知 っておきたい 退 職 金 企 業 年 金 制 度 移 年 以 降, 退 職 一 時 金 制 度 の 改 定 を 行 っている 企 業 が 約 半 分 あります そのうち,ポイント 制 に 率 送 行 を りしているようです した 掛 けます

More information

Microsoft Word - 配付資料

Microsoft Word - 配付資料 認 知 症 の 人 の 精 神 科 入 院 医 療 と 在 宅 支 援 のあり 方 に 関 する 研 究 会 配 付 資 料 海 上 寮 療 養 所 上 野 秀 樹 (1) 当 院 で 在 宅 生 活 を 送 られている 認 知 症 の 人 に 対 し 実 践 している 精 神 科 医 療 の 具 体 的 な 支 援 内 容 や 実 績 等 当 院 では 平 成 21 年 11 月 から 認 知 症

More information

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午 第 6 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 参 考 資 料 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 の 議 事 概 要 平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係

More information

Ⅰ 1 整 理 解 雇 の 判 断 と 問 題 点 整 理 解 雇 の 効 果 過 剰 雇 用 が 発 生 し しかも 経 営 の 先 行 きが 不 透 明 であるときは 会 社 としては 過 剰 雇 用 を 速 やかに 解 消 することが 求 められます 過 剰 雇 用 の 状 態 を 放 置 し

Ⅰ 1 整 理 解 雇 の 判 断 と 問 題 点 整 理 解 雇 の 効 果 過 剰 雇 用 が 発 生 し しかも 経 営 の 先 行 きが 不 透 明 であるときは 会 社 としては 過 剰 雇 用 を 速 やかに 解 消 することが 求 められます 過 剰 雇 用 の 状 態 を 放 置 し 整 理 解 雇 の 実 務 労 務 管 理 Ⅰ 整 理 解 雇 の 判 断 と 問 題 点 1. 整 理 解 雇 の 効 果 2. 整 理 解 雇 の 問 題 点 Ⅱ 整 理 解 雇 の 実 施 手 順 1. 解 雇 基 準 の 決 定 2. 解 雇 実 施 の 発 表 3. 解 雇 者 の 人 選 4. 解 雇 の 予 告 5. 解 雇 辞 令 の 交 付 Ⅲ 労 働 組 合 との 関 係 1.

More information

平成27年度健康保険委員研修 知っておきたい健康保険のポイント

平成27年度健康保険委員研修  知っておきたい健康保険のポイント 1 目 次 1. 健 康 保 険 証 について(4~6ページ) 2. 交 通 事 故 について(7~9ページ) 3. 出 産 に 関 する 健 康 保 険 の 給 付 について(10~19ページ) 4. 健 康 保 険 の 給 付 に 関 わるよくある 相 談 Q&A(20~23ページ) 5. 退 職 後 の 健 康 保 険 について(24~28ページ) 6. 今 後 の 制 度 改 正 について(29ページ)

More information

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指 学 校 事 務 職 員 の 資 質 向 上 - 研 修 プログラムの 工 夫 - 事 務 指 導 員 西 田 邦 子 Nishida kuniko 要 旨 学 校 運 営 の 重 要 な 一 翼 を 担 っている 学 校 事 務 職 員 としての 重 要 性 を 認 識 し 教 育 行 政 の 専 門 家 として 学 校 経 営 に 主 体 的 にかかわるためには 学 校 事 務 職 員 の 資 質

More information

具 体 的 には 救 急 医 療 の 充 実 など 喫 緊 の 課 題 に 対 応 するため 急 性 期 を 中 心 とする 入 院 医 療 に 優 先 的 かつ 重 点 的 に 配 分 するとともに 急 性 期 後 の 受 け 皿 としての 後 方 病 床 在 宅 療 養 の 機 能 を 強 化

具 体 的 には 救 急 医 療 の 充 実 など 喫 緊 の 課 題 に 対 応 するため 急 性 期 を 中 心 とする 入 院 医 療 に 優 先 的 かつ 重 点 的 に 配 分 するとともに 急 性 期 後 の 受 け 皿 としての 後 方 病 床 在 宅 療 養 の 機 能 を 強 化 報 告 1 診 療 報 酬 改 定 と 国 保 問 題 小 澤 勇 治 ( 栃 木 県 民 主 医 療 機 関 連 合 会 ) はじめに 栃 木 県 民 主 医 療 機 関 連 合 会 事 務 局 長 の 小 澤 でございます 略 称 で 言 いますと 民 医 連 という 言 葉 をお 聞 きなったこともあろうかと 思 います 栃 木 県 では 医 療 生 協 法 人 の 診 療 所 や 介 護 事

More information

Microsoft Word - NPOて何?(pdf用).doc

Microsoft Word - NPOて何?(pdf用).doc NPOって 何? 平 成 25 年 10 月 浜 松 市 市 民 部 市 民 協 働 地 域 政 策 課 目 次 Q 1 NPOって 何? 2 Q 2 非 営 利 とはどういうことですか? 2 Q 3 NGOとの 違 いは? 3 Q 4 NPOとボランティアとの 違 いは? 3 Q 5 NPOで 働 いて 給 料 をもらえますか? 4 Q 6 町 内 会 や 自 治 会 との 違 いは? 4 Q 7

More information

平 成 9 年

平 成 9 年 平 成 2 8 年 高 松 市 教 育 委 員 会 6 月 定 例 会 会 議 録 ( 抄 本 ) 6 月 22 日 ( 水 ) 開 会 6 月 22 日 ( 水 ) 閉 会 出 席 し た 教 育 長 及 び 委 員 教 育 長 藤 本 泰 雄 神 内 仁 委 員 木 場 巳 男 藤 本 英 子 葛 西 優 子 欠 席 し た 教 育 長 及 び 委 員 説 明 のため 会 議 に 出 席 した

More information

具 体 的 な 交 渉 内 容 1 6 月 期 期 末 手 当 及 び 勤 勉 手 当 について 協 議 の 要 旨 6 月 期 期 末 勤 勉 手 当 について 算 定 基 礎 月 収 額 の 2.30か 月 分 プラス2 万 円 の 組 合 から の 要 求 に 対 して 当 局 は 給 与 条

具 体 的 な 交 渉 内 容 1 6 月 期 期 末 手 当 及 び 勤 勉 手 当 について 協 議 の 要 旨 6 月 期 期 末 勤 勉 手 当 について 算 定 基 礎 月 収 額 の 2.30か 月 分 プラス2 万 円 の 組 合 から の 要 求 に 対 して 当 局 は 給 与 条 = 尼 崎 市 職 員 労 働 組 合 との 交 渉 状 況 = 平 成 27 年 度 第 1 号 通 算 第 540 号 平 成 27 年 6 月 17 日 尼 崎 市 役 所 総 務 局 人 事 管 理 部 給 与 課 6 月 期 期 末 勤 勉 手 当 及 び 平 成 27 年 度 の 欠 員 等 について 6 月 8 日 午 後 3 時 から 午 後 5 時 まで 中 央 公 民 館 小 ホールにおいて

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6323689F190528B6389EF81408B638E96985E817948508CF68A4A9770817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6323689F190528B6389EF81408B638E96985E817948508CF68A4A9770817A2E646F63> 第 26 回 明 石 市 放 置 自 転 車 対 策 審 議 会 議 事 録 開 会 午 後 2:30 それでは さっそく 議 事 に 入 ります 本 日 の 議 題 は お 手 元 の 会 議 次 第 にありますように 報 告 事 項 3 件 です 審 議 事 項 はありません それでは 事 務 局 から 報 告 事 項 1について 説 明 願 います 事 務 局 A 報 告 事 項 の1 駅 別

More information

2015 年 よりはじまった 相 続 税 の 改 正 は 基 礎 控 除 が 40% 引 下 げられ 上 図 の とおり 新 たに 課 税 対 象 が 広 がる 世 帯 が 大 幅 増 になる 見 込 みです 特 に 東 京 で 一 戸 建 をご 所 有 の 方 の 多 くが 相 続 税 の 支 払

2015 年 よりはじまった 相 続 税 の 改 正 は 基 礎 控 除 が 40% 引 下 げられ 上 図 の とおり 新 たに 課 税 対 象 が 広 がる 世 帯 が 大 幅 増 になる 見 込 みです 特 に 東 京 で 一 戸 建 をご 所 有 の 方 の 多 くが 相 続 税 の 支 払 基 礎 控 除 40% 減! 相 続 大 増 税 時 代 突 入 へ あなたの 大 切 な マイホーム このままでは えっ!? 小 規 模 宅 地 等 の 特 例 適 用 で 大 きく 節 税 できるって? こんにちは! 不 動 産 仲 介 のイエステーション 籾 山 (もみやま) 淳 です 突 然 ビックリさせて 申 し 訳 ありません でも 今 日 は あなたにとても 大 事 なお 知 らせがあって

More information

Microsoft Word - 3.16.doc

Microsoft Word - 3.16.doc 平 成 24 年 3 月 甲 良 町 議 会 定 例 会 会 議 録 平 成 24 年 3 月 16 日 ( 金 曜 日 ) 本 日 の 会 議 に 付 した 事 件 ( 議 事 日 程 ) 第 1 会 議 録 署 名 議 員 の 指 名 第 2 宮 嵜 議 員 の 議 員 辞 職 願 いについて 会 議 に 出 席 した 議 員 (10 名 ) 1 番 阪 東 佐 智 男 2 番 野 瀬 欣 廣

More information

平成18年深谷市教育委員会第4回定例会会議録

平成18年深谷市教育委員会第4回定例会会議録 平 成 28 年 深 谷 市 教 育 委 員 会 第 7 回 定 例 会 会 議 録 深 谷 市 教 育 委 員 会 平 成 28 年 深 谷 市 教 育 委 員 会 第 7 回 定 例 会 日 時 平 成 28 年 7 月 12 日 ( 火 ) 開 会 午 後 3 時 00 分 閉 会 午 後 3 時 55 分 場 所 教 育 庁 舎 3 階 大 会 議 室 出 席 委 員 教 育 長 小 栁 光

More information

拘 束 だから 当 然 に 議 決 無 効 を 主 張 する それが 訴 訟 になる 場 合 がある ということですね 現 在 業 界 の 注 目 を 集 めている 事 例 があります 5 月 19 日 付 けの 信 濃 毎 日 新 聞 のウェブ 版 から 引 用 しましょう 県 建 設 業 厚 生

拘 束 だから 当 然 に 議 決 無 効 を 主 張 する それが 訴 訟 になる 場 合 がある ということですね 現 在 業 界 の 注 目 を 集 めている 事 例 があります 5 月 19 日 付 けの 信 濃 毎 日 新 聞 のウェブ 版 から 引 用 しましょう 県 建 設 業 厚 生 2012 年 6 月 14 日 森 本 紀 行 資 産 運 用 コラム 厚 生 年 金 基 金 の 脱 退 と 解 散 をめぐる 社 会 問 題 前 回 は 総 合 型 厚 生 年 金 基 金 について 解 散 と 任 意 脱 退 をめぐる 解 き 得 ない 難 問 が 検 討 さ れたのでした 今 回 は 続 編 として その 難 問 が 具 体 的 な 社 会 問 題 化 していることについて

More information

会議録

会議録 第 4 回 秦 野 市 公 立 幼 稚 園 あり 方 検 討 委 員 会 1 日 時 平 成 24 年 2 月 7 日 ( 火 ) 午 前 10 時 ~ 正 午 2 場 所 秦 野 市 役 所 本 庁 舎 3 階 3A 会 議 室 3 出 席 委 員 逢 坂 委 員 小 林 委 員 佐 藤 委 員 佐 々 木 委 員 桐 山 委 員 横 尾 委 員 大 澤 委 員 梅 原 委 員 野 々 山 委 員

More information

具 体 的 には 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 は 所 得 税 の 源 泉 徴 収 の 際 に 併 せて 行 うこととされ ているため 源 泉 徴 収 の 対 象 となる 支 払 金 額 等 に 対 して 源 泉 徴 収 税 率 ( 合 計 税 率 )を 乗 じ て 計 算 した

具 体 的 には 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 は 所 得 税 の 源 泉 徴 収 の 際 に 併 せて 行 うこととされ ているため 源 泉 徴 収 の 対 象 となる 支 払 金 額 等 に 対 して 源 泉 徴 収 税 率 ( 合 計 税 率 )を 乗 じ て 計 算 した 年 金 Q&A( 年 金 と 税 金 ) < 日 本 年 金 機 構 の HP より> Q. 申 告 書 を 提 出 した 場 合 の 源 泉 徴 収 税 額 は どのように 計 算 するのですか 日 本 年 金 機 構 よりお 支 払 いしている 厚 生 年 金 等 にかかる 所 得 税 および 復 興 特 別 所 得 税 につ きましては 申 告 書 を 提 出 された 場 合 以 下 の 計

More information

会  議  録

会  議  録 会 議 録 会 議 名 開 催 日 時 開 催 場 所 出 席 者 協 議 案 件 平 成 27 年 度 第 1 回 丸 亀 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 協 議 会 平 成 27 年 5 月 22 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 丸 亀 市 立 中 央 図 書 館 会 議 室 出 席 山 本 茂 喜 溝 渕 由 美 子 山 中 洋 子 田 瀬 成 和 篠 原 美 喜 深 井

More information