<4D F736F F F696E74202D F819A8DC495D290AE94F58C7689E681408DC58F4994C F990B38CE B E882C282D482B592BC82B5816A>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303134303131365F819A8DC495D290AE94F58C7689E681408DC58F4994C5816992F990B38CE350444697708349815B83678356834683438376936882E882C282D482B592BC82B5816A>"

Transcription

1 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 再 編 整 備 計 画 平 成 26 年 1 月

2

3 はじめに 東 京 都 住 宅 供 給 公 社 では 公 社 賃 貸 住 宅 ストック 活 用 に 重 点 を 置 いた 事 業 展 開 に 向 けて 建 替 え 等 によるストック 更 新 を 計 画 的 に 推 進 するため 平 成 15 年 5 月 に 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 再 編 整 備 計 画 を 策 定 し 公 表 した これまで こ 計 画 に 基 づき 建 替 事 業 等 を 推 進 してきたが 計 画 策 定 から10 年 が 経 過 する 中 で 事 業 進 捗 状 況 を 踏 まえた 計 画 へ 見 直 しを 行 うことが 必 要 となって きている また 人 々 価 値 観 やライフスタイル 世 帯 構 成 や 居 住 ニーズも 一 層 多 様 化 して きており これらにきめ 細 かく 応 えられる 住 宅 供 給 が 求 められている さらに 東 日 本 大 震 災 を 契 機 とした 防 災 対 策 必 要 性 少 子 高 齢 化 急 速 な 進 行 地 球 温 暖 化 をはじめとする 環 境 問 題 深 刻 化 など 公 社 事 業 を 取 り 巻 く 環 境 も 大 き く 変 化 している 今 後 公 社 賃 貸 住 宅 建 替 え 等 に 当 たっては こうした 社 会 状 況 変 化 に 的 確 に 対 応 していくことが 必 要 である 以 上 ことから これまで 建 替 事 業 等 実 績 を 整 理 した 上 で 社 会 状 況 変 化 や 事 業 課 題 を 踏 まえながら 今 後 取 組 方 針 具 体 的 な 進 め 方 など 再 編 整 備 計 画 ( 平 成 15 年 5 月 ) 改 定 を 行 うこととする 今 後 は こ 新 たな 再 編 整 備 計 画 に 基 づき お 住 まい 方 状 況 や 都 民 居 住 ニー ズに 一 層 対 応 した 安 全 安 心 で 魅 力 ある 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 供 給 を 計 画 的 に 推 進 す るとともに 高 度 防 災 都 市 づくり 少 子 高 齢 社 会 人 口 減 少 社 会 到 来 へ 対 応 環 境 負 荷 低 減 など 東 京 における 喫 緊 課 題 解 決 に 向 けて 取 組 を 推 進 していく

4

5 目 次 Ⅰ 再 編 整 備 計 画 目 的 等 1 1 再 編 整 備 計 画 目 的 1 2 再 編 整 備 計 画 位 置 づけ 1 3 再 編 整 備 計 画 対 象 計 画 期 間 1 Ⅱ 再 編 整 備 実 績 3 1 建 替 え 等 実 績 3 2 建 替 え 等 対 象 住 宅 状 況 4 Ⅲ 耐 震 化 へ 取 組 5 1 公 社 賃 貸 住 宅 耐 震 化 計 画 5 2 耐 震 化 実 績 及 び 今 後 見 込 み 5 Ⅳ 公 社 事 業 を 取 り 巻 く 環 境 6 1 東 京 人 口 6 2 少 子 高 齢 化 進 行 7 3 住 宅 ストック 状 況 8 4 まちづくり 課 題 11 Ⅴ 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 現 状 15 1 一 般 賃 貸 住 宅 状 況 15 2 お 住 まい 方 状 況 17 Ⅵ 再 編 整 備 計 画 方 針 取 組 18 1 取 組 方 針 18 2 建 設 年 代 別 整 備 方 向 性 20 3 計 画 期 間 ( 平 成 26 年 度 から40 年 度 まで) 取 組 (1) 再 編 整 備 進 め 方 (2) 事 業 推 進 に 当 たって 課 題 と 対 応 (3) 再 編 整 備 展 開 (4) 創 出 用 地 活 用 21

6 Ⅰ 再 編 整 備 計 画 目 的 等 1 再 編 整 備 計 画 目 的 現 在 公 社 賃 貸 住 宅 は 全 体 で 約 72,000 戸 あり こうち 一 般 賃 貸 住 宅 は 約 63,000 戸 公 社 施 行 型 都 民 住 宅 は 約 9,000 戸 となっている 一 般 賃 貸 住 宅 うち 昭 和 39 年 度 以 前 に 建 設 した 住 宅 は 約 14,500 戸 あり 公 社 賃 貸 住 宅 全 体 2 割 を 占 めている これら 建 設 年 代 が 古 く 更 新 時 期 を 迎 えている 住 宅 ストックについて 建 替 え 等 に より 更 新 を 推 進 するとともに 東 京 における 喫 緊 課 題 解 決 に 向 けて 取 組 を 推 進 し ていくことが 必 要 である 本 計 画 は 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 再 編 整 備 取 組 方 針 を 示 すとともに 再 編 整 備 手 法 を 建 替 え 集 約 型 建 替 え ストック 活 用 3つに 整 理 し 各 団 地 における 再 編 整 備 事 業 計 画 的 な 推 進 を 図 るもである 2 再 編 整 備 計 画 位 置 づけ 本 計 画 は 東 京 都 住 宅 政 策 一 翼 を 担 う 公 的 住 宅 事 業 者 公 社 として 東 京 都 住 宅 マスタープラン( 平 成 24 年 3 月 ) をはじめとする 都 各 種 計 画 に 示 された 政 策 実 現 を 目 指 すもである 本 計 画 は 長 期 的 な 展 望 に 立 って 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 ストック 活 用 方 向 性 を 示 し た 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 ストック 活 用 基 本 方 針 ( 平 成 22 年 4 月 ) を 踏 まえて 策 定 す るもである 3 再 編 整 備 計 画 対 象 計 画 期 間 本 計 画 は 昭 和 39 年 度 以 前 に 建 設 した 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 を 対 象 として 建 替 え 等 再 編 整 備 取 組 方 針 具 体 的 な 手 法 や 事 業 進 め 方 について 取 りまとめるもである 本 計 画 は 平 成 26 年 度 から40 年 度 まで15 年 間 再 編 整 備 を 視 野 に 入 れて 策 定 し 具 体 的 な 建 替 え 等 については 今 後 10 年 間 計 画 を 示 すもである 本 計 画 は 社 会 状 況 変 化 も 踏 まえて 概 ね5 年 ごとに 見 直 しを 行 う ー1ー

7 ( 再 編 整 備 計 画 位 置 づけ) 再 編 整 備 計 画 ( 平 成 15 年 5 月 ) 計 画 期 間 : 平 成 15 年 度 から37 年 度 まで22 年 間 対 象 戸 数 : 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 約 19,000 戸 ( 昭 和 39 年 度 以 前 建 設 ) 東 京 都 住 宅 マスタープラン 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 ストック 活 用 基 本 方 針 再 編 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 1 月 ) 計 画 期 間 : 平 成 26 年 度 から40 年 度 まで15 年 間 対 象 戸 数 : 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 約 14,500 戸 ( 昭 和 39 年 度 以 前 建 設 ) 取 組 方 針 : 社 会 状 況 住 宅 需 要 動 向 を 見 すえた 再 編 整 備 推 進 まちづくり 防 災 機 能 向 上 省 エネ 対 策 へ 対 応 本 格 的 な 少 子 高 齢 社 会 到 来 に 向 けた 事 業 推 進 多 様 な 居 住 ニーズに 対 応 した 魅 力 ある 住 宅 づくり ( 再 編 整 備 手 法 ) 建 替 え 集 約 型 建 替 え 全 面 建 替 え 団 地 内 一 部 住 棟 建 替 え 周 辺 団 地 建 替 住 宅 等 へ 住 替 えにより 集 約 ストック 活 用 建 物 外 構 維 持 修 繕 耐 用 年 数 や 劣 化 状 況 に 応 じた 計 画 修 繕 空 家 と なった 住 宅 空 家 修 繕 高 齢 者 や 身 体 障 がい 者 方 で 希 望 あった 住 戸 を 対 象 とした 手 摺 や 緊 急 用 ブザー 付 インターホン 設 置 など 高 齢 者 等 向 け 住 宅 設 備 改 善 公 園 緑 地 整 備 団 地 内 通 路 バリアフリー 化 等 耐 震 化 耐 震 改 修 実 施 ー2ー

8 Ⅱ 再 編 整 備 実 績 1 建 替 え 等 実 績 平 成 15 年 5 月 再 編 整 備 計 画 は 昭 和 39 年 度 以 前 に 建 設 した64 団 地 19,117 戸 を 対 象 とし こうち 10 年 以 内 に 建 替 え( 集 約 型 建 替 えを 含 む)を 予 定 する 住 宅 とし て 昭 和 34 年 度 以 前 に 建 設 した 45 団 地 10,520 戸 を 具 体 的 な 建 替 え 等 対 象 に 選 定 した こうち 平 成 25 年 度 に 事 業 に 着 手 した 住 宅 を 含 め 団 地 数 で 約 6 割 住 戸 数 で 約 4 割 に 当 たる29 団 地 4,625 戸 について 建 替 え 等 再 編 整 備 を 実 施 した 昭 和 35 年 度 以 降 に 建 設 した 住 宅 で 耐 震 診 断 結 果 耐 震 改 修 が 困 難 であることがわか った2 団 地 98 戸 については 他 建 替 住 宅 等 へ 住 替 えを 行 っている < 平 成 15 年 度 から25 年 度 までに 建 替 え 等 に 着 手 した 住 宅 > 事 業 年 度 ( 平 成 ) 団 地 ( 住 宅 名 ) 所 在 地 ( 区 ) 従 前 戸 数 ( 戸 ) 事 業 年 度 ( 平 成 ) 団 地 ( 住 宅 名 ) 所 在 地 ( 区 ) 従 前 戸 数 ( 戸 ) 駒 込 豊 島 74 丸 山 町 文 京 174 東 蒲 田 大 田 茗 荷 谷 文 京 32 仲 六 郷 大 田 72 千 住 橋 戸 足 立 68 千 早 町 豊 島 小 竹 町 練 馬 200 二 葉 町 品 川 80 烏 山 世 田 谷 広 町 杉 並 中 野 504 向 原 板 橋 840 千 住 旭 町 足 立 96 久 我 山 世 田 谷 264 千 住 日 之 出 町 足 立 旭 ビル 世 田 谷 56 太 子 堂 世 田 谷 204 昌 平 橋 千 代 田 42 大 山 板 橋 方 南 町 杉 並 144 東 大 久 保 新 宿 三 宿 世 田 谷 96 馬 込 西 大 田 十 条 板 橋 46 上 池 上 大 田 56 田 端 北 鷺 宮 中 野 192 千 歳 船 橋 世 田 谷 96 芦 花 公 園 前 世 田 谷 224 計 29 団 地 4,625 ー3ー

9 2 建 替 え 等 対 象 住 宅 状 況 平 成 25 年 12 月 末 時 点 における 昭 和 34 年 度 以 前 に 建 設 した 住 宅 は 19 団 地 6,087 戸 となっており いずれも 区 部 住 宅 である また 昭 和 35 年 度 から39 年 度 までに 建 設 した 住 宅 は 区 部 3 団 地 566 戸 市 部 13 団 地 7,840 戸 合 計 16 団 地 8,406 戸 となっている < 建 替 え 等 対 象 住 宅 状 況 > 区 部 市 部 合 計 昭 和 34 年 度 以 前 建 設 昭 和 35~ 39 年 度 建 設 19 団 地 6,087 戸 - 19 団 地 6,087 戸 3 団 地 566 戸 13 団 地 7,840 戸 16 団 地 8,406 戸 合 計 22 団 地 6,653 戸 13 団 地 7,840 戸 35 団 地 14,493 戸 平 成 21 年 度 に 集 会 室 から 住 宅 に 転 用 した 住 戸 (1 戸 )を 含 む ー4ー

10 Ⅲ 耐 震 化 へ 取 組 1 公 社 賃 貸 住 宅 耐 震 化 計 画 公 社 賃 貸 住 宅 耐 震 化 着 実 な 推 進 を 図 るため 平 成 20 年 3 月 に 公 社 賃 貸 住 宅 耐 震 化 整 備 プログラム を 策 定 し こ 計 画 に 基 づき 耐 震 化 へ 取 組 を 進 めてい る 全 公 社 賃 貸 住 宅 ( 都 民 住 宅 を 含 む )1,300 棟 72,000 戸 うち 新 耐 震 基 準 以 前 に 建 設 した1,070 棟 51,200 戸 を 対 象 として 平 成 19 年 度 から 順 次 耐 震 診 断 を 実 施 し 平 成 23 年 度 までに 全 て 住 棟 診 断 を 完 了 した こ 結 果 耐 震 化 が 必 要 な 住 棟 住 戸 は 350 棟 21,300 戸 であることがわかり こうち 平 成 24 年 7 月 までに110 棟 10,500 戸 耐 震 改 修 を 完 了 した 平 成 24 年 8 月 に 残 り240 棟 10,800 戸 を 対 象 として 公 社 賃 貸 住 宅 耐 震 化 整 備 プログラム 改 定 を 行 い 公 社 賃 貸 住 宅 全 72,000 戸 について 平 成 27 年 度 末 まで に 耐 震 化 率 90% 以 上 平 成 32 年 度 末 までに 耐 震 化 率 100% 達 成 を 目 標 として 耐 震 化 取 組 を 推 進 している < 耐 震 化 整 備 プログラムにおける 耐 震 化 年 次 計 画 > ( 棟 数 戸 数 は 概 数 ) 年 度 平 成 24 年 度 25 年 度 26 年 度 27 年 度 28~32 年 度 合 計 耐 震 化 80 棟 40 棟 40 棟 40 棟 40 棟 240 棟 竣 工 予 定 数 (4,000 戸 ) (1,700 戸 ) (1,700 戸 ) (1,700 戸 ) (1,700 戸 ) (10,800 戸 ) ( 注 ) 棟 数 戸 数 は 概 数 耐 震 化 率 目 標 平 成 27 年 度 90% 平 成 32 年 度 100% 2 耐 震 化 実 績 及 び 今 後 見 込 み 耐 震 化 整 備 プログラムにおいて 耐 震 化 対 象 とした240 棟 10,800 戸 うち 平 成 25 年 度 末 までに 耐 震 化 を 完 了 する 見 込 み 住 宅 は 120 棟 5,700 戸 であり こ 時 点 耐 震 化 率 は 約 93%となる 引 き 続 き 当 該 プログラムによる 年 次 計 画 に 基 づき 耐 震 化 取 組 を 推 進 し 平 成 32 年 度 までに 全 て 公 社 賃 貸 住 宅 耐 震 化 を 完 了 する ー5ー

11 Ⅳ 公 社 事 業 を 取 り 巻 く 環 境 1 東 京 人 口 ( 人 口 推 移 ) 東 京 都 人 口 は 2020 年 ( 平 成 32 年 )1,336 万 人 をピークに 減 少 に 転 じ 2060 年 ( 平 成 72 年 )には1,036 万 人 となり 2010 年 ( 平 成 22 年 )に 比 べて 約 2 割 減 少 すると 推 計 されている 地 域 別 にみると 区 部 は2020 年 ( 平 成 32 年 )に 市 部 は 区 部 よりも 少 し 早 い 2015 年 ( 平 成 27 年 )に 人 口 ピークを 迎 えると 推 計 されている < 東 京 都 地 域 別 人 口 推 移 > 人 口 ( 万 人 ) 推 計 人 口 指 数 1, 都 全 体 1,400 1,316 1,336 1,327 1,280 1,333 1,308 1, ,202 1,156 1,200 1, , , 平 成 平 成 平 成 平 成 平 成 平 成 平 成 平 成 平 成 平 成 ( 年 ) 平 成 72 人 口 ( 区 部 ) 人 口 ( 市 町 村 部 ) 人 口 指 数 ( 区 部 ) 人 口 指 数 ( 市 町 村 部 ) 合 計 [ 資 料 ] 日 本 地 域 別 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 25 年 3 月 推 計 ) ( 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 ) 2015 年 以 降 は 東 京 都 知 事 本 局 による 推 計 ( 世 帯 数 推 移 ) 東 京 都 世 帯 数 は 単 独 世 帯 増 加 を 背 景 に2030 年 ( 平 成 42 年 )686 万 世 帯 まで 増 加 した 後 2060 年 ( 平 成 72 年 )には569 万 世 帯 に 減 少 すると 推 計 されてい る 家 族 類 型 別 世 帯 数 では 2060 年 ( 平 成 72 年 )には 単 独 世 帯 が 世 帯 数 50% 近 くに 達 する 一 方 夫 婦 と 子 供 から 成 る 世 帯 は 20% 以 下 に 減 少 すると 見 込 まれ ている ー6ー

12 ( 万 世 帯 ) < 東 京 都 家 族 類 型 別 世 帯 数 推 移 > 平 成 平 成 平 成 平 成 平 成 平 成 平 成 平 成 平 成 平 成 平 成 57 夫 婦 み 世 帯 夫 婦 と 子 供 から 成 る 世 帯 単 独 世 帯 そ 他 世 帯 [ 資 料 ] 国 勢 調 査 ( 総 務 省 ) 2015 年 以 降 は 東 京 都 知 事 本 局 による 推 計 2050 平 成 平 成 平 成 72 ( 年 ) 2 少 子 高 齢 化 進 行 ( 高 齢 者 人 口 推 移 ) 東 京 都 においては 今 後 高 齢 者 (65 歳 以 上 ) 人 口 が 急 速 に 増 加 していき 2040 年 ( 平 成 52 年 )には 3 人 に1 人 が 高 齢 者 となると 推 計 されている 高 齢 者 うち 後 期 高 齢 者 (75 歳 以 上 ) 占 める 割 合 は 漸 次 増 加 し 2020 年 ( 平 成 32 年 )には 前 期 高 齢 者 (65 歳 以 上 75 歳 未 満 ) 数 を 上 回 ると 推 計 されて いる < 東 京 都 前 期 後 期 高 齢 者 人 口 推 移 > ( 万 人 ) % 42.6% 45.9% 47.4% 52.0% 58.3% 56.3% ( 割 合 ) 60.0% 51.5% 51.9% 50.0% 40.0% % % % 0.0% ( 年 ) 平 成 12 平 成 17 平 成 22 平 成 27 平 成 32 平 成 37 平 成 42 平 成 47 平 成 歳 以 上 75 歳 以 上 高 齢 者 人 口 に 占 める 後 期 高 齢 者 割 合 [ 資 料 ] 2020 年 東 京 ( 東 京 都 福 祉 保 健 局 ) 日 本 地 域 別 将 来 推 計 人 口 ( 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 ) ー7ー

13 ( 出 生 数 推 移 ) 東 京 都 では 2006 年 ( 平 成 18 年 )から2010 年 ( 平 成 22 年 )5 年 間 における 出 生 数 が53 万 人 であったに 対 し 2055 年 ( 平 成 67 年 )から2060 年 ( 平 成 72 年 ) 5 年 間 における 出 生 数 は 半 分 以 下 23 万 人 に 減 少 すると 推 計 されている ( 万 人 ) 60 推 計 < 東 京 都 出 生 数 推 移 > ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~2060 ( 年 ) [ 資 料 ] 人 口 動 態 統 計 ( 厚 生 労 働 省 ) 東 京 都 男 女 年 齢 (5 歳 階 級 ) 別 人 口 予 測 ( 平 成 25 年 3 月 ) ( 東 京 都 総 務 局 ) 国 勢 調 査 ( 総 務 省 ) 等 により 作 成 2010 年 ~2015 年 以 降 は 東 京 都 知 事 本 局 による 推 計 出 生 数 は 推 計 した0~4 歳 人 口 を 各 期 間 における 出 生 数 とみなしたも 各 予 測 期 間 期 首 は10 月 1 日 期 末 は9 月 30 日 3 住 宅 ストック 状 況 ( 住 宅 ストック 所 有 状 況 ) 2008 年 ( 平 成 20 年 )における 東 京 都 住 宅 ストックは 約 678 万 戸 である 住 宅 ストックを 所 有 関 係 別 構 成 比 で 見 ると 持 家 が47.7% 7% 借 家 が52.3%となっ ている 全 国 と 比 較 すると 東 京 都 持 家 率 は 低 くなっているが 1993 年 ( 平 成 5 年 ) 以 降 増 加 傾 向 にある 一 方 借 家 については 民 営 借 家 が39.7% 公 営 借 家 が4.9% 都 市 再 生 機 構 公 社 が4.1%となっており いずれも 全 国 と 比 較 して 高 い 値 となっている ー8ー

14 < 東 京 都 所 有 関 係 別 住 宅 ストック 構 成 比 推 移 > 0% 20% 40% 60% 80% 100% 1988 昭 和 東 京 都 1993 平 成 平 成 平 成 平 成 (27.5 万 戸 ) (265.1 万 戸 ) (20.3 万 戸 )(22.6 万 戸 ) (220.6 万 戸 ) 全 国 2008 平 成 20 ( 年 ) 借 家 計 52.3%(290.9 万 戸 ) 持 家 給 与 住 宅 公 営 借 家 都 市 再 生 機 構 公 社 借 家 民 営 借 家 [ 資 料 ] 住 宅 土 地 統 計 調 査 ( 総 務 省 ) ( 住 宅 ストック 床 面 積 状 況 ) 東 京 都 における 持 家 床 面 積 は 1988 年 ( 昭 和 63 年 )93.2m2からほぼ 横 ばい である 一 方 借 家 面 積 は 増 加 傾 向 にあるが 2008 年 ( 平 成 20 年 ) 借 家 全 体 平 均 床 面 積 は38.0m2であり 持 家 に 比 べて 狭 小 となっている 民 営 借 家 は 30m2 台 前 半 床 面 積 であり 家 族 向 け 広 い 住 宅 が 十 分 に 供 給 されていない 状 況 がうかがわれる < 住 宅 ストック 平 均 床 面 積 推 移 > 140 (m2) 東 京 都 全 国 昭 和 平 成 平 成 平 成 平 成 20 持 家 全 体 借 家 全 体 持 家 ( 一 戸 建 ) 2008 平 成 20 ( 年 ) 民 営 借 家 持 家 ( 共 同 住 宅 ) 公 営 都 市 再 生 機 構 公 社 借 家 [ 資 料 ] 住 宅 土 地 統 計 調 査 ( 総 務 省 ) ー9ー

15 ( 耐 震 化 状 況 ) 東 京 都 住 宅 ストックにおける2010 年 度 ( 平 成 22 年 度 ) 末 耐 震 化 率 は 81.2 %となっている 建 替 え 等 自 然 更 新 により 2015 年 度 ( 平 成 27 年 度 )までに 87.1%まで 上 昇 するとされているが 東 京 都 耐 震 改 修 促 進 計 画 に 基 づく 目 標 90%に 達 する までには 19 万 戸 以 上 既 存 住 宅 耐 震 改 修 が 必 要 である 2020 年 度 ( 平 成 32 年 度 ) 目 標 である95%に 達 するためには さらに 約 23 万 戸 耐 震 改 修 が 必 要 とされている ( 百 万 戸 ) 8 < 東 京 都 住 宅 ストックにおける 耐 震 化 状 況 > ,157,900 戸 190,100 戸 (2.9%) 4,982,900 戸 (81.2%) 854,100 戸 664,000 戸 5,785,800 戸 (87.1%) 5,785,800 戸 (87.1%) 582,200 戸 357,000 戸 6,557,700 戸 (91.8%) 225,200 戸 (3.2%) 6,557,700 戸 (91.8%) 平 成 平 成 27 ( 自 然 更 新 ) 2015 平 成 27 ( 目 標 ) 2020 平 成 32 ( 自 然 更 新 ) 2020 平 成 32 ( 目 標 ) 耐 震 性 あり 目 標 を 達 成 するために 耐 震 化 を 図 る 必 要 がある 住 宅 戸 数 耐 震 性 不 十 分 [ 資 料 ] 東 京 都 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 東 京 都 都 市 整 備 局 ) 数 字 は 各 年 度 末 時 点 も ( 年 度 ) ( 年 ) ( 多 様 な 居 住 ニーズ) 都 民 が 住 まいに 求 める 重 点 項 目 うち 火 災 地 震 水 害 などに 対 する 安 全 治 安 犯 罪 発 生 防 止 が13.8%と 最 も 高 くなっており 安 全 性 確 保 が 強 く 求 められている 一 方 間 取 りや 利 便 性 など 重 要 度 も 高 いほか 生 活 支 援 サービスや 高 齢 者 へ 配 慮 など 多 様 な 居 住 ニーズがあることがわかる 15 (%) < 都 民 が 住 まいに 求 める 重 点 項 目 > 対 火 す 災 る 安 全 地 震 水 害 な ど に 治 安 犯 罪 発 生 防 止 全 地 性 震 台 風 時 住 宅 安 住 宅 広 さ や 間 取 り 施 日 設 常 文 買 化 い 施 物 設 な 医 ど 療 利 福 便 祉 通 勤 通 学 な ど 利 便 住 宅 防 犯 性 サ 福 ー 祉 ビ ス 介 護 状 等 況 生 活 支 援 高 齢 者 へ 配 慮 火 災 時 避 難 安 全 性 テ 近 ィ 隣 と 人 関 た わ ち りや コ ミ ュ ニ れ 緑 あ い水 辺 な ど 自 然 と ふ 子 育 て 支 援 サ ー ビ ス 状 況 す 住 さ 宅 維 持 や 管 理 し や [ 資 料 ] 平 成 20 年 住 生 活 総 合 調 査 調 査 報 告 書 ( 東 京 都 都 市 整 備 局 ) ー 10 ー

16 4 まちづくり 課 題 ( 木 造 住 宅 密 集 地 域 不 燃 化 推 進 ) 東 京 都 大 きな 課 題 である 木 造 住 宅 密 集 地 域 不 燃 化 については 木 密 地 域 ( 整 備 地 域 )における 主 要 な 都 市 計 画 道 路 整 備 率 を100% 延 焼 による 焼 失 ゼロ 不 燃 領 域 率 70%にすることが 目 標 とされている 公 社 住 宅 建 替 え 等 に 当 たっては 木 密 地 域 整 備 と 連 携 を 視 野 に 入 れて 事 業 を 進 めることが 必 要 である < 震 災 時 に 特 に 甚 大 な 被 害 が 想 定 される 木 密 地 域 > ( 整 備 地 域 約 7,000ha) [ 資 料 ] 木 密 地 域 不 燃 化 10 年 プロジェクト ( 東 京 都 都 市 整 備 局 ) ( 水 害 河 川 雨 水 対 策 ) 東 京 都 においては 近 年 集 中 豪 雨 による 被 害 が 増 加 しており 豪 雨 対 策 が 急 務 となっている 東 京 都 では 浸 水 予 想 区 域 図 を 作 成 するとともに 水 防 管 理 者 である 区 市 町 村 が 中 小 河 川 洪 水 ハザードマップ を 作 成 公 表 することについて 関 係 機 関 と 連 携 して 支 援 を 行 っている 公 社 住 宅 建 替 えに 当 たっては 団 地 内 通 路 や 広 場 等 に 透 水 性 舗 装 や 浸 透 ます 雨 水 貯 留 槽 等 設 置 を 行 い 雨 水 流 出 を 抑 制 するなど 対 応 を 図 ることが 必 要 で ある ー 11 ー

17 < 東 京 都 における 浸 水 予 想 区 域 ( 公 表 状 況 )> [ 資 料 ] 東 京 都 地 域 防 災 計 画 ( 東 京 都 建 設 局 ) < 東 京 都 における 平 成 18 年 から22 年 まで 浸 水 被 害 > ( 棟 数 ) 1,000 (ha) 平 成 平 成 平 成 平 成 ( 年 ) 平 成 22 浸 水 棟 数 浸 水 面 積 ( 緑 状 況 ) [ 資 料 ] 東 京 都 地 域 防 災 計 画 風 水 害 編 ( 東 京 都 総 務 局 )により 作 成 水 害 統 計 調 査 により 浸 水 棟 数 50 棟 以 上 をもたらした 災 害 抜 粋 東 京 都 みどり 率 は 1998 年 ( 平 成 10 年 ) 区 部 28.6% 多 摩 部 79.9%から 減 少 が 続 き 2008 年 ( 平 成 20 年 )には 区 部 19.6% 多 摩 部 67.4%となっており 区 部 多 摩 部 ともに 緑 保 全 や 創 出 が 重 要 となっている 公 社 住 宅 建 替 えに 当 たっては 敷 地 内 緑 化 推 進 既 存 樹 木 保 存 や 移 植 など 対 応 を 図 ることが 重 要 である ー 12 ー

18 < 東 京 都 みどり 率 推 移 > 100% 80% 60% 62.5% 79.9% 69.8% 67.4% 52.4% 50.7% 40% 20% 28.6% 20.0% 19.6% 0% 1998 平 成 平 成 平 成 20 ( 年 ) 全 体 区 部 多 摩 部 [ 資 料 ] 東 京 都 環 境 白 書 2004 ( 東 京 都 環 境 局 ) 緑 施 策 新 展 開 ( 平 成 24 年 5 月 ) ( 東 京 都 環 境 局 ) (ヒートアイランド 進 行 ) 東 京 都 においては 地 球 温 暖 化 とヒートアイランド 現 象 進 行 により 過 去 100 年 間 に 平 均 気 温 が 約 3 上 昇 している 公 社 住 宅 建 替 えに 当 たっては 断 熱 性 向 上 や 敷 地 内 緑 化 保 水 性 舗 装 な ど 蓄 熱 しない 材 料 使 用 などに 取 り 組 むことが 必 要 である 17.0 ( ) < 東 京 都 平 均 気 温 推 移 > 年 年 明 治 33 大 正 9 昭 和 15 昭 和 35 年 昭 和 55 平 成 12 ( 年 ) [ 資 料 ] 気 象 庁 データにより 作 成 11 年 移 動 平 均 ー 13 ー

19 (CO2 排 出 量 推 移 ) 東 京 都 におけるCO2 排 出 量 推 移 をみると 1990 年 度 ( 平 成 2 年 度 )に 対 し て 2011 年 度 ( 平 成 23 年 度 )は 全 体 的 には 減 少 傾 向 にあるが 部 門 別 では 業 務 部 門 家 庭 部 門 で 増 加 している CO2 排 出 量 削 減 については 住 まいにおける 対 応 が 重 要 であり 公 社 住 宅 建 替 えに 当 たっては 次 世 代 省 エネルギー 基 準 に 適 合 した 断 熱 仕 様 ( 複 層 ガラ スを 含 む )や 高 効 率 型 設 備 機 器 LED 電 球 採 用 などにより 住 宅 省 エネ 性 能 向 上 を 図 ることが 重 要 である ( 百 万 t-co2) < 東 京 都 における 部 門 別 CO2 排 出 量 推 移 > 都 全 体 産 業 部 門 31.0% 業 務 部 門 20.6% 産 業 部 門 32.9% 業 務 部 門 5.3% 家 庭 部 門 10.2% 14.3 家 庭 部 門 3.3% 運 輸 部 門 18.9% 17.6 運 輸 部 門 34.0% 平 成 平 成 平 成 23 ( 年 度 ) 2002 年 度 以 降 原 子 力 発 電 所 長 期 停 止 影 響 を 除 いた 場 合 CO2 排 出 量 [ 資 料 ] 2011 年 度 都 内 温 室 効 果 ガス 排 出 量 及 びエネルギー 消 費 量 ( 速 報 値 ) ( 東 京 都 環 境 局 ) ー 14 ー

20 Ⅴ 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 現 状 1 一 般 賃 貸 住 宅 状 況 ( 建 設 年 代 別 ストック 状 況 ) 昭 和 34 年 度 以 前 に 建 設 した 住 宅 は 19 団 地 6,087 戸 で 全 て 区 部 にあり 1 団 地 当 たり 平 均 戸 数 は 約 320 戸 である 昭 和 35 年 度 から39 年 度 までに 建 設 した 住 宅 は 区 部 が3 団 地 566 戸 市 部 が 13 団 地 7,840 戸 全 体 で8,406 戸 である 市 部 団 地 が 多 くなっており 市 部 1 団 地 当 たり 平 均 戸 数 は 約 600 戸 で 大 規 模 な 団 地 が 多 い 一 般 賃 貸 住 宅 全 体 では 区 部 30,236 戸 市 部 32,576 戸 となっており 区 部 と 市 部 戸 数 はほぼ 同 じである < 建 設 年 代 別 一 般 賃 貸 住 宅 ストック 状 況 > 25,000 ( 戸 ) ( 平 成 25 年 12 月 末 時 点 ) 6,087 戸 8,406 戸 15,689 戸 13,117 戸 19,513 戸 計 62,812 戸 20,000 15,000 10,000 5, 戸 14,990 戸 566 戸 7,862 戸 14,958 戸 6,087 戸 7,840 戸 5,255 戸 4,523 戸 昭 和 34 年 度 昭 和 35~ 昭 和 40~ 昭 和 45~ 昭 和 50 年 度 以 前 建 設 39 年 度 建 設 44 年 度 建 設 49 年 度 建 設 以 降 建 設 区 部 市 部 ( 建 設 年 代 別 入 居 率 ) 平 成 25 年 9 月 末 入 居 率 を 建 設 年 代 別 にみると 昭 和 34 年 度 以 前 に 建 設 した 住 宅 で98.8% 8% 昭 和 35 年 度 から39 年 度 で97.8%と 他 年 代 と 比 較 して 入 居 率 が 高 く なっている 平 成 25 年 9 月 末 一 般 賃 貸 住 宅 全 体 入 居 率 は 96.6%である ー 15 ー

21 < 建 設 年 代 別 一 般 賃 貸 住 宅 入 居 率 > (%) ( 平 成 25 年 9 月 末 時 点 ) % 97.8 % 96.2 % 96.6 % 95.7 % 90 昭 和 34 年 度 以 前 建 設 昭 和 35~ 39 年 度 建 設 昭 和 40~ 44 年 度 建 設 昭 和 45~ 49 年 度 建 設 昭 和 50 年 度 以 降 建 設 ( 建 設 年 代 別 住 宅 面 積 ) 昭 和 34 年 度 以 前 に 建 設 した 住 宅 平 均 住 戸 面 積 は 30.29m2であり こうち 約 50%が30m2 未 満 住 宅 となっている 昭 和 35 年 度 から39 年 度 までに 建 設 した 住 宅 平 均 住 戸 面 積 は 35.31m2であり こうち 60% 以 上 が30m2から35m2まで 住 宅 となっている 昭 和 40 年 代 後 半 から 平 均 住 戸 面 積 が 大 きくなっており 昭 和 50 年 度 以 降 は 30m2 台 から70m2を 超 える 多 様 な 住 戸 面 積 住 宅 を 供 給 している < 建 設 年 代 別 平 均 住 戸 面 積 推 移 > (m2) ( 平 成 25 年 12 月 末 時 点 ) 55.17m m m m m 昭 和 34 年 度 以 前 建 設 昭 和 35~ 39 年 度 建 設 昭 和 40~ 44 年 度 建 設 昭 和 45~ 49 年 度 建 設 昭 和 50 年 度 以 降 建 設 ー 16 ー

22 2 お 住 まい 方 状 況 (お 住 まい 方 年 齢 ) 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 にお 住 まい 方 年 齢 をみると 全 体 平 均 は49.7 歳 65 歳 以 上 は28.9%となっている これを 建 設 年 代 別 にみると 建 設 年 代 古 い 住 宅 ほど 65 歳 以 上 割 合 が 高 く なっており 高 齢 化 が 進 んでいる < 建 設 年 代 別 でみたお 住 まい 方 年 齢 > 平 均 年 齢 年 齢 区 分 別 割 合 全 体 49.7 歳 5.4% 4.7% 15.5% 18.5% 9.8% 17.2% 28.9% 昭 和 34 年 度 以 前 58.2 歳 2.2% 1.5% 8.2% 18.2% 9.5% 13.0% 47.3% 建 設 年 代 別 内 訳 昭 和 35 年 度 ~39 年 度 昭 和 40 年 度 ~44 年 度 昭 和 45 年 度 ~49 年 度 52.8 歳 50.0 歳 49.5 歳 3.4% 3.8% 12.9% 5.0% 4.6% 15.0% 5.0% 4.0% 17.3% 19.0% 19.1% 17.9% 9.8% 8.9% 8.5% 15.5% 16.9% 20.6% 35.6% 30.5% 26.7% 昭 和 50 年 度 以 降 45.5 歳 7.6% 7.0% 17.9% 18.4% 11.4% 17.0% 20.6% 15 歳 未 満 15~24 歳 25~34 歳 35~44 歳 45~54 歳 55~64 歳 65 歳 以 上 ( 平 成 23 年 度 公 社 賃 貸 住 宅 居 住 者 実 態 調 査 ) ( 建 替 えに 関 する 意 向 ) お 住 まい 方 建 替 えに 関 する 意 向 としては 建 設 年 代 古 い 住 宅 ほど 建 替 え を 希 望 している 人 が 多 くなっている いずれ 建 設 年 代 においても 将 来 は 必 要 だと 思 うが 今 はまだよい と 意 向 が 建 替 えを 希 望 している 人 よりも 多 い < 建 設 年 代 別 でみたお 住 まい 方 建 替 え 等 に 関 する 意 向 > 平 均 年 齢 建 替 え 意 向 割 合 全 体 49.7 歳 17.1% 56.4% 14.2% 10.3% 0.6% 昭 和 34 年 度 以 前 58.2 歳 31.3% 42.9% 14.3% 8.8% 1.4% 建 設 年 代 別 内 訳 昭 和 35 年 度 ~39 年 度 昭 和 40 年 度 ~44 年 度 昭 和 45 年 度 ~49 年 度 52.8 歳 50.0 歳 49.5 歳 19.4% 15.2% 24.8% 54.9% 60.3% 50.3% 15.6% 14.9% 10.8% 8.0% 0.6% 9.5% 0.2% 11.6% 0.2% 昭 和 50 年 度 以 降 45.5 歳 10.2% 60.4% 15.2% 11.5% 1.1% すぐに 建 替 えてほしい 建 替 えなくてよい そ 他 ー 17 ー 将 来 は 必 要 だと 思 うが 今 はまだよい わからない 無 回 答 ( 平 成 23 年 度 公 社 賃 貸 住 宅 居 住 者 実 態 調 査 )

23 Ⅵ 再 編 整 備 計 画 方 針 取 組 1 取 組 方 針 今 後 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 再 編 整 備 については お 住 まい 方 状 況 や 都 民 居 住 ニーズに 一 層 対 応 した 安 全 安 心 で 魅 力 ある 住 宅 供 給 高 度 防 災 都 市 づくり 少 子 高 齢 社 会 人 口 減 少 社 会 到 来 へ 対 応 環 境 負 荷 低 減 など 東 京 における 喫 緊 課 題 解 決 に 向 けて 次 4つ 取 組 に 重 点 を 置 き 建 替 え 等 加 速 化 を 図 って 事 業 を 推 進 していく 取 組 1 社 会 状 況 住 宅 需 要 動 向 を 見 すえた 再 編 整 備 推 進 建 替 えによる 住 宅 更 新 に 当 たっては 少 子 高 齢 化 進 行 や 将 来 的 な 人 口 減 少 地 域 賃 貸 住 宅 需 要 動 向 等 を 見 すえながら 適 切 な 戸 数 を 供 給 していく 比 較 的 規 模 小 さい 団 地 で 不 整 形 な 敷 地 形 状 や 建 築 基 準 法 令 等 制 限 により 建 替 え 後 戸 数 が 既 存 住 宅 戸 数 よりも 減 少 し 戻 り 入 居 先 を 十 分 に 確 保 すること ができない 団 地 については 他 団 地 に 住 替 え 先 を 確 保 し 集 約 することにより 再 編 整 備 を 進 める 取 組 2 まちづくり 防 災 機 能 向 上 省 エネ 対 策 へ 対 応 建 替 えに 当 たっては 団 地 周 辺 市 街 地 特 性 を 踏 まえ 地 元 自 治 体 と 連 携 し 地 域 まちづくりに 寄 与 するとともに 広 場 確 保 や 緑 地 整 備 道 路 拡 幅 雨 水 流 出 抑 制 など 団 地 周 辺 防 災 機 能 向 上 を 目 指 す 団 地 内 に 防 災 倉 庫 を 整 備 するとともに 災 害 時 に 地 域 住 民 も 使 用 することができ る かまどベンチ 防 災 井 戸 マンホールトイレ 等 を 整 備 していく 次 世 代 省 エネルギー 基 準 に 基 づく 断 熱 仕 様 ( 複 層 ガラスを 含 む )や 高 効 率 型 設 備 機 器 採 用 などにより 環 境 負 荷 低 減 低 炭 素 社 会 実 現 に 向 けた 取 組 を 進 める ー 18 ー

24 省 エネ 対 策 再 生 可 能 エネルギー 活 用 として 共 用 灯 電 球 には 原 則 として LEDを 採 用 するとともに 建 替 え 後 各 住 棟 に 太 陽 光 発 電 設 備 を 設 置 する 既 存 樹 木 保 存 又 は 移 植 を 図 るなど 環 境 資 源 活 用 による 環 境 対 策 に 取 り 組 ん でいく 取 組 3 本 格 的 な 少 子 高 齢 社 会 到 来 に 向 けた 事 業 推 進 本 格 的 な 少 子 高 齢 社 会 到 来 を 踏 まえ 建 替 えに 当 たっては バリアフリー 化 推 進 を 図 っていく 再 編 整 備 を 推 進 する 中 で 用 地 を 創 出 し サービス 付 き 高 齢 者 向 け 住 宅 整 備 地 域 魅 力 向 上 や 活 性 化 に 資 する 施 設 整 備 など 東 京 都 政 策 を 踏 まえたまちづ くりに 取 り 組 んでいく 取 組 4 多 様 な 居 住 ニーズに 対 応 した 魅 力 ある 住 宅 づくり 建 替 えに 当 たっては 子 育 て 世 帯 向 け 住 宅 を 中 心 に 若 い 世 帯 や 高 齢 世 帯 など 多 様 な 世 帯 向 け 住 宅 を 供 給 する 建 替 え 後 住 宅 性 能 品 質 設 備 については 時 代 状 況 や 居 住 ニーズ 変 化 に 応 じて 的 確 な 企 画 設 計 を 行 い 魅 力 ある 住 宅 づくりを 目 指 す 建 替 えまでに 時 間 を 要 するため 引 き 続 き 活 用 する 住 宅 については お 住 まい 方 が 安 心 して 住 み 続 けられるよう できる 限 り 早 期 に 耐 震 化 を 図 るとともに 適 切 な 維 持 修 繕 を 実 施 していく ー 19 ー

25 2 建 設 年 代 別 整 備 方 向 性 昭 和 34 年 度 以 前 に 建 設 した 住 宅 については 引 き 続 き 建 替 えを 中 心 とした 再 編 整 備 を 推 進 する 昭 和 35 年 度 以 降 に 建 設 した 住 宅 で 建 替 えが 可 能 な 団 地 については 順 次 建 替 えを 実 施 する 昭 和 35 年 度 以 降 に 建 設 した 住 宅 で 建 替 え 等 による 再 編 整 備 に 時 間 を 要 す る 団 地 については 適 切 な 維 持 修 繕 を 実 施 するとともに 空 家 補 修 を 完 了 した 住 戸 に 高 齢 居 住 者 等 が 住 み 替 えられる 制 度 充 実 を 図 る ー 20 ー

26 3 計 画 期 間 ( 平 成 26 年 度 から40 年 度 まで) 取 組 将 来 的 な 賃 貸 住 宅 需 要 動 向 や 周 辺 環 境 等 立 地 条 件 敷 地 規 模 や 住 宅 戸 数 など 団 地 ごと 特 性 に 応 じて 建 替 え( 他 団 地 へ 集 約 を 含 む )を 中 心 とした 再 編 整 備 を 推 進 する (1) 再 編 整 備 進 め 方 これまで10 年 間 で 年 間 約 450 戸 再 編 整 備 を 行 ってきたが これを 加 速 し 平 成 26 年 度 から 年 間 約 600 戸 10 年 間 で 約 6,000 戸 再 編 整 備 に 着 手 する < 平 成 26 年 度 から35 年 度 まで10 年 間 再 編 整 備 > 平 成 26 年 度 ~30 年 度 平 成 31 年 度 ~35 年 度 合 計 再 編 整 備 戸 数 2,800 戸 3,200 戸 6,000 戸 平 成 26 年 度 から35 年 度 まで10 年 間 は 昭 和 34 年 度 以 前 に 建 設 した 区 部 住 宅 を 中 心 に 再 編 整 備 を 進 める 平 成 36 年 度 以 降 は 年 間 約 800 戸 と さらに 加 速 し 計 画 期 間 で 約 1 万 戸 再 編 整 備 に 着 手 し そ 後 も 引 き 続 き 再 編 整 備 を 推 進 していく 再 編 整 備 実 施 時 期 については 居 住 者 移 転 を 開 始 する 概 ね3 年 前 に 当 公 社 ア クションプランや 居 住 者 向 け 広 報 誌 (ジョイリブ)などに 掲 載 するとともに 該 当 住 宅 にお 住 まい 方 へ 周 知 を 行 う 建 替 えに 伴 う 居 住 者 移 転 に 当 たっては 移 転 先 住 宅 あっせんや 移 転 費 用 助 成 を 行 うとともに 建 替 え 後 住 宅 へ 戻 り 入 居 等 に 対 して 家 賃 減 額 等 制 度 運 用 を 図 る 事 業 進 行 管 理 を 的 確 に 行 いながら 社 会 状 況 変 化 も 踏 まえて 概 ね5 年 ご とに 計 画 見 直 しを 行 う ー 21 ー

27 (2) 事 業 推 進 に 当 たって 課 題 と 対 応 建 替 えに 当 たって 課 題 に 対 して 的 確 な 対 応 を 図 ることにより 計 画 に 沿 っ た 事 業 推 進 に 取 り 組 んでいく 建 替 え 後 戸 数 が 既 存 住 宅 戸 数 よりも 減 少 し 戻 り 入 居 先 が 十 分 に 確 保 でき ない 団 地 については 周 辺 大 規 模 団 地 と 連 携 や 他 団 地 建 替 住 宅 を 活 用 する など 住 替 え 先 を 確 保 し 円 滑 な 事 業 推 進 を 図 る 周 辺 市 街 地 と 連 携 した 再 開 発 や 一 団 地 住 宅 施 設 廃 止 に 伴 う 都 市 計 画 変 更 な ど まちづくりに 関 する 合 意 形 成 が 必 要 な 事 業 については まちづくりや 団 地 再 生 ノウハウを 蓄 積 するとともに 事 業 執 行 体 制 を 強 化 するなど 取 組 により 計 画 的 な 事 業 推 進 を 図 る 団 地 規 模 や 立 地 条 件 などにより 事 業 採 算 性 確 保 に 課 題 がある 団 地 につい ては 建 替 えにより 創 出 した 用 地 を 効 果 的 に 活 用 するなど 採 算 性 向 上 を 図 る 建 替 えに 至 るまで 空 家 については 定 期 借 家 契 約 を 活 用 しながら 入 居 促 進 を 図 り 団 地 内 コミュニティ 維 持 や 防 犯 性 確 保 を 図 っていく 課 題 対 応 建 替 え 効 率 が 悪 く 戻 り 入 居 戸 数 が 確 保 できない 集 約 を 含 め 他 団 地 と グルーピングを 行 い 対 応 一 団 地 住 宅 施 設 など 都 市 計 画 変 更 に 時 間 を 要 する 都 市 計 画 変 更 を 伴 う 団 地 再 生 に 関 するノウハウを 蓄 積 執 行 体 制 を 強 化 事 業 採 算 性 確 保 建 替 えにより 創 出 した 用 地 一 部 を 効 果 的 に 活 用 するなど 採 算 性 を 向 上 ー 22 ー

28 (3) 再 編 整 備 展 開 再 編 整 備 対 象 住 宅 ( 昭 和 39 年 度 以 前 建 設 )については 以 下 手 法 により 再 編 整 備 を 展 開 する ( 建 替 え) 都 市 計 画 法 による 一 団 地 住 宅 施 設 に 位 置 づけられている 団 地 については 都 市 計 画 変 更 が 必 要 となるため 団 地 再 生 計 画 検 討 を 進 めながら 関 係 機 関 と 協 議 を 行 い 条 件 が 整 い 次 第 順 次 建 替 えに 着 手 する 建 替 え 後 戸 数 が 既 存 住 宅 戸 数 よりも 減 少 する 団 地 で 戻 り 入 居 先 が 十 分 に 確 保 できない 団 地 については 周 辺 大 規 模 団 地 と 連 携 した 建 替 えを 計 画 するな ど お 住 まい 方 住 替 え 先 意 向 に 配 慮 しながら 建 替 えに 着 手 する 地 域 賃 貸 住 宅 需 要 動 向 や 建 設 時 期 規 模 など 団 地 ごと 特 性 を 踏 まえながら 一 部 住 棟 建 替 えを 行 うなど 再 編 整 備 を 進 める 団 地 ( 住 宅 名 ) 所 在 地 事 業 年 度 ( 昭 和 ) 管 理 戸 数 ( 戸 ) 中 野 中 野 区 26, 石 川 町 大 田 区 和 田 本 町 杉 並 区 経 堂 第 一 世 田 谷 区 弦 巻 世 田 谷 区 28, 松 木 杉 並 区 30, 祖 師 谷 世 田 谷 区 30,31 1,020 赤 堤 世 田 谷 区 江 古 田 中 野 区 32, 興 野 町 足 立 区 上 石 神 井 練 馬 区 33, 用 賀 世 田 谷 区 烏 山 松 葉 通 世 田 谷 区 34, 大 蔵 世 田 谷 区 34~38 1,264 鷺 宮 西 中 野 区 34~ 中 台 町 板 橋 区 35, 小 金 井 本 町 小 金 井 市 35, 森 野 町 田 市 36, 烏 山 北 世 田 谷 区 多 摩 川 調 布 市 狛 江 市 計 20 団 地 8,047 ー 23 ー

29 ( 集 約 型 建 替 え) 比 較 的 規 模 小 さい 団 地 で 不 整 形 な 敷 地 形 状 や 建 築 基 準 法 令 等 制 限 によ り 建 替 え 後 戸 数 が 既 存 住 宅 戸 数 よりも 減 少 し 戻 り 入 居 先 が 確 保 できない 団 地 については 他 団 地 建 替 住 宅 にお 住 まい 方 住 替 え 先 を 確 保 し 集 約 する ことにより 再 編 整 備 を 進 める 事 業 実 施 に 当 たっては 居 住 継 続 や 団 地 コミュニティ 維 持 に 配 慮 する 団 地 ( 住 宅 名 ) 所 在 地 事 業 年 度 ( 昭 和 ) 管 理 戸 数 ( 戸 ) 本 村 町 港 区 豪 徳 寺 世 田 谷 区 雑 色 中 野 区 本 田 川 端 町 葛 飾 区 31,32 94 野 沢 ビル 世 田 谷 区 計 5 団 地 358 野 沢 ビルは 区 分 所 有 建 物 になっており 他 建 物 所 有 者 と 協 議 により 具 体 的 な 計 画 を 作 成 する (ストック 活 用 ) 再 編 整 備 事 業 着 手 までに10 年 以 上 期 間 が 見 込 まれる 団 地 については 耐 震 化 や 計 画 修 繕 など 適 切 な 維 持 修 繕 を 実 施 する お 住 まい 方 が 空 家 補 修 後 住 宅 に 住 替 えを 行 う 制 度 充 実 により 居 住 性 向 上 を 図 るとともに 公 社 住 宅 ストック 有 効 活 用 を 進 める 団 地 ( 住 宅 名 ) 所 在 地 事 業 年 度 ( 昭 和 ) 管 理 戸 数 ( 戸 ) 高 ヶ 坂 町 田 市 35, 江 ノ 島 道 東 立 川 市 小 金 井 貫 井 小 金 井 市 田 無 西 原 西 東 京 市 熊 川 福 生 市 37, 木 曽 町 田 市 37, 田 無 南 芝 西 東 京 市 平 山 日 野 市 38, 本 町 田 町 田 市 38, 久 米 川 駅 東 東 村 山 市 計 10 団 地 6,087 ー 24 ー

30 (4) 創 出 用 地 活 用 再 編 整 備 推 進 により 用 地 を 創 出 し 高 度 防 災 都 市 づくり 少 子 高 齢 社 会 人 口 減 少 社 会 到 来 へ 対 応 環 境 負 荷 低 減 など 東 京 における 喫 緊 課 題 解 決 に 向 けて 有 効 に 活 用 していく ー 25 ー

31 平 成 26 年 1 月 発 行 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 再 編 整 備 計 画 編 集 発 行 東 京 都 住 宅 供 給 公 社 住 宅 計 画 部 住 宅 計 画 課 東 京 都 渋 谷 区 渋 谷 テラス 渋 谷 美 竹 TEL ( 代 ) URL

32

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 名 古 屋 市 アセットマネジメント 基 本 方 針 平 成 21 年 3 月 名 古 屋 市 目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 備 保

More information

大船渡市における

大船渡市における 陸 前 高 田 市 災 害 公 営 住 宅 供 給 基 本 方 針 平 成 24 年 6 月 岩 手 県 陸 前 高 田 市 目 次 第 1 章 市 内 の 状 況 の 整 理... 1 1-1 被 災 前 の 状 況... 1 (1) 市 の 概 要... 1 1-2 被 災 状 況... 3 (1) 住 宅 被 災 状 況... 3 (2) 復 興 計 画 における 住 宅 整 備 の 位 置

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088B089AE95F18D908F9120955C8E86814596DA8E9F283131323929>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088B089AE95F18D908F9120955C8E86814596DA8E9F283131323929> 芦 屋 町 町 営 住 宅 長 寿 命 化 計 画 ( 素 案 ) 平 成 24 年 月 芦 屋 町 目 次 1. 計 画 の 目 的 と 方 針 (1) 計 画 の 目 的 と 背 景 1 (2) 計 画 策 定 の 流 れ 1 (3) 計 画 の 位 置 づけ 2 (4) 計 画 期 間 2 2. 芦 屋 町 の 住 宅 事 情 (1) 人 口 世 帯 数 等 3 (2) 住 宅 事 情 5 3.

More information

1 資 料 5 平 成 19 年 (2007 年 )12 月 11 日 中 野 区 の 住 宅 住 環 境 の 動 向 目 次 1. 人 口 と 世 帯 -1-2. 世 帯 の 構 成 -2-3.5 歳 階 級 別 人 口 の 構 成 -3-4. 年 少 人 口 の 推 移 -4-5.65 歳 以 上 人 口 の 推 移 -5-6. 転 入 転 出 世 帯 の 状 況 1 単 身 世 帯 -6-7. 転

More information

Microsoft PowerPoint - 090908 ③検討会資料.ppt

Microsoft PowerPoint - 090908 ③検討会資料.ppt 県 営 住 宅 耐 震 性 確 保 策 等 検 討 委 員 会 ( 第 3 回 ) 1 前 回 宿 題 事 項 ( 土 地 の 利 用 状 況 の 追 加 説 明 等 ) 及 び 事 業 シミュレーションについて 2 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 の 策 定 について 3 高 齢 者 居 住 安 定 確 保 計 画 の 策 定 について 平 成 21 年 9 月 徳 島 県 県 土 整

More information

Microsoft Word - 修正_本文全体(最新20100209黒字).doc

Microsoft Word - 修正_本文全体(最新20100209黒字).doc 三 島 市 住 宅 マスタープラン 2 章 主 要 課 題 と 施 策 の 方 向 性 住 宅 に 関 する 現 況 データ 将 来 の 需 要 関 連 計 画 を 踏 まえて 住 生 活 に 関 する 主 要 課 題 を 以 下 の ように 整 理 した 2-1 人 口 世 帯 の 現 状 と 課 題 現 状 人 口 は 横 ばいから 減 少 傾 向 へ 移 る 一 方 核 家 族 化 により 平

More information

<4D F736F F D E9197BF A8F5A91EE8E968FEE8AD68C578E9197BF5F DC58F495F2E646F63>

<4D F736F F D E9197BF A8F5A91EE8E968FEE8AD68C578E9197BF5F DC58F495F2E646F63> 第 81 回 住 宅 審 議 会 資 料 7 参 考 資 料 住 宅 事 情 関 係 資 料 ( 案 ) - - 目 次 1. 人 口 世 帯 状 況 1 図 1-1 人 口 動 向 ( 大 阪 ) 図 1-2 一 般 世 帯 数 及 び 世 帯 人 員 推 移 ( 大 阪 ) 図 1-3 外 国 人 登 録 者 数 推 移 ( 大 阪 ) 図 1-4 出 生 数 及 び 合 計 特 殊 出 生 率

More information

annaka

annaka 序 章 計 画 のあらまし 1 計 画 の 目 的 と 位 置 づけ 1) 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 (1) 背 景 近 年 の 急 速 な 少 子 高 齢 化 の 進 展 人 口 減 少 社 会 の 到 来 を 踏 まえ 平 成 18 年 6 月 現 在 及 び 将 来 における 国 民 の 豊 かな 住 生 活 を 実 現 するため 住 生 活 基 本 法 が 制 定 され 同 年

More information

2. 住 宅 の 建 て 方 構 造 中 野 区 と 23 区 の 住 宅 の 建 て 方 構 造 階 級 別 の 住 宅 割 合 ( 平 成 15 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 ) 中 野 区 中 野 区 23 区 平 均 23 区 平 均 木 造 防 火 木 造 非 木 造 木 造 防 火

2. 住 宅 の 建 て 方 構 造 中 野 区 と 23 区 の 住 宅 の 建 て 方 構 造 階 級 別 の 住 宅 割 合 ( 平 成 15 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 ) 中 野 区 中 野 区 23 区 平 均 23 区 平 均 木 造 防 火 木 造 非 木 造 木 造 防 火 1. 住 宅 数 居 住 世 帯 の 有 無 別 住 宅 数 ( 住 宅 土 地 統 計 調 査 ) 戸 200,000 150,000 171,990 21,230 (12.3%) 177,020 21,750 (12.3%) 179,620 20,820 (11.6%) 居 住 世 帯 なし 居 住 世 帯 あり 100,000 150,760 155,280 158,810 50,000 0

More information

1 岩手県における住宅及び住宅政策の現状と課題

1 岩手県における住宅及び住宅政策の現状と課題 第 1 章 の 住 環 境 を 取 り 巻 く 現 状 住 宅 政 策 基 本 計 画 1 の 位 置 づけ は 西 には 奥 羽 山 脈 東 には 北 上 山 系 が 相 対 し 北 上 川 と 和 賀 川 が 合 流 する 地 域 に 肥 よくな 土 地 に 美 しい 田 園 地 帯 が 広 がる 北 上 平 野 の 中 央 に 位 置 しています には 北 へ 約 45km 仙 台 市 には

More information

Microsoft Word - 20130603050.docx

Microsoft Word - 20130603050.docx 東 日 本 大 震 災 からの 住 宅 の 再 建 に 向 けた 取 組 国 土 交 通 委 員 会 調 査 室 廣 原 孝 一 1. はじめに 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 においては 津 波 により 東 北 地 方 沿 岸 部 を 中 心 に 甚 大 な 被 害 が 発 生 しており 建 築 物 の 被 害 は 全 国 で 全 壊 約 13 万 戸

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63> 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 < 概 要 版 > 平 成 22 年 3 月 北 海 道 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 の 背 景 国 では 公 的 直 接 供 給 やフローを 重 視 する 住 宅 建 設 計 画 法 を 廃 止 し 平 成 18 年 6 月 に 新 たな 時 代 の

More information

札幌市住宅マスタープラン2011概要版

札幌市住宅マスタープラン2011概要版 ( 仮 ) 市 政 等 資 料 番 号 1-A1-11-5 札 幌 市 住 宅 マスタープラン 211 概 要 版 住 宅 マスタープランの 目 的 と 見 直 しの 必 要 性 札 幌 市 では 本 市 の 住 宅 施 策 の 目 標 と 具 体 的 施 策 の 方 向 性 を 明 確 化 し 将 来 の 住 宅 住 環 境 のあり 方 を 展 望 しながら 総 合 的 な 住 宅 施 策 を 展

More information

Ⅲ. 低 炭 素 循 環 型 社 会 関 連 税 制 1. 省 エネ グリーン 化 の 推 進 1 認 定 省 エネ 住 宅 ( 仮 称 )の 普 及 促 進 のため 以 下 の 措 置 を 創 設 住 宅 ローン 減 税 制 度 の 控 除 対 象 借 入 限 度 額 の 引 き 上 げ(H24

Ⅲ. 低 炭 素 循 環 型 社 会 関 連 税 制 1. 省 エネ グリーン 化 の 推 進 1 認 定 省 エネ 住 宅 ( 仮 称 )の 普 及 促 進 のため 以 下 の 措 置 を 創 設 住 宅 ローン 減 税 制 度 の 控 除 対 象 借 入 限 度 額 の 引 き 上 げ(H24 平 成 24 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 の 概 要 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) Ⅰ. 暮 らしの 安 全 安 心 確 保 関 連 税 制 1. 住 まいの 質 の 向 上 無 理 のない 負 担 での 住 宅 の 確 保 等 1 新 築 住 宅 に 係 る 固 定 資 産 税 の 減 額 措 置 ( 戸 建 て3 年 間 マンション5 年 間 1/2)を2 年 間 延 長 2

More information

<8DC4837D83588A54977694C58A6D92E85F907D94928D953130303231322E78>

<8DC4837D83588A54977694C58A6D92E85F907D94928D953130303231322E78> 三 田 市 公 営 住 宅 再 生 マスタープラン 概 要 版 平 成 22 年 3 月 三 田 市 --------------------------------------------------------------------- 1 (1) 計 画 の 目 的 ----------------------------------------------------------------------------------------------------

More information

ビッグプロジェクト 直 轄 除 染 中 間 貯 蔵 施 設 整 備 / 環 境 省 双 葉 町 2 地 区 除 染 は27 年 度 完 了 中 間 貯 蔵 27 年 度 は 施 設 本 体 用 地 取 得 等 27 年 度 政 府 予 算 案 における 除 染 事 業 費 は4153 億 円 汚 染

ビッグプロジェクト 直 轄 除 染 中 間 貯 蔵 施 設 整 備 / 環 境 省 双 葉 町 2 地 区 除 染 は27 年 度 完 了 中 間 貯 蔵 27 年 度 は 施 設 本 体 用 地 取 得 等 27 年 度 政 府 予 算 案 における 除 染 事 業 費 は4153 億 円 汚 染 ビッグプロジェクト イノベーション コースト 構 想 / 国 県 等 共 同 研 究 施 設 と 一 体 化 した 無 人 航 空 陸 上 ロボットのテストフィールド 施 設 案 ロボット 実 証 拠 点 の 整 備 案 示 す 共 同 研 究 施 設 地 下 1 階 地 上 3 階 1 万 m2 想 定 イノベーション コースト 構 想 に 関 して 政 府 が 設 置 した1ロボット 研 究 実

More information

2 本 市 における 最 低 居 住 面 積 水 準 未 満 世 帯 の 割 合 は 6.1%です 借 家 では 13.7%となっ ており 高 い 割 合 を 占 めています 最 低 居 住 面 積 水 準 誘 導 居 住 面 積 水 準 状 況 別 主 世 帯 の 割 合 最 低 居 住 面 積

2 本 市 における 最 低 居 住 面 積 水 準 未 満 世 帯 の 割 合 は 6.1%です 借 家 では 13.7%となっ ており 高 い 割 合 を 占 めています 最 低 居 住 面 積 水 準 誘 導 居 住 面 積 水 準 状 況 別 主 世 帯 の 割 合 最 低 居 住 面 積 第 2 章 佐 賀 市 の 住 宅 の 現 状 と 課 題 1. 住 宅 住 環 境 の 現 状 (1) 人 口 世 帯 数 と 住 宅 事 情 1 本 市 の 人 口 は 7 年 の 246,674 人 をピークに 減 尐 に 転 じており 15 年 間 で 約 9,000 人 減 尐 しています 今 後 も 減 尐 傾 向 と 推 計 されています また 本 市 の 世 帯 数 は 27 年 まで

More information

用 語 解 説 75 都 市 計 画 区 域 市 街 化 区 域 用 途 地 域 の 指 定 の 変 遷 78 都 市 計 画 図 の 変 遷 80 都 市 計 画 マスタープランの 変 遷 82 参 考 資 料 用 語 解 説 あ 行 ITS NPO Intelligent Transport Systems の 略 で 高 度 道 路 交 通 システムのこと 最 先 端 の 情 報 通 信 技

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082A982D982AD8E738F5A91EE837D8358835E815B8376838983932E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082A982D982AD8E738F5A91EE837D8358835E815B8376838983932E646F63> 第 3 章 宅 環 境 をめぐる 課 題 整 理 1 現 況 特 性 まとめ 1 現 況 特 性 まとめ 項 目 現 況 まとめ 課 題 人 口 と 世 帯 数 人 口 世 帯 総 数 推 移 2005 年 国 勢 調 査 によるかほく 市 総 人 口 は 34,847 人 人 口 伸 び 悩 みが 見 られ 世 帯 数 は 増 加 傾 向 にあり 1 世 帯 当 たり 人 員 は 減 少 2005

More information

はじめに 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 では 学 校 施 設 が 子 どもの 命 を 守 っただ けでなく 多 くの 施 設 が 避 難 所 としても 機 能 しました 学 校 は 地 域 のコミュニティの 中 心 であり 防 災 拠 点 の 役 割

はじめに 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 では 学 校 施 設 が 子 どもの 命 を 守 っただ けでなく 多 くの 施 設 が 避 難 所 としても 機 能 しました 学 校 は 地 域 のコミュニティの 中 心 であり 防 災 拠 点 の 役 割 学 校 施 設 整 備 計 画 ( 第 3 次 ) 丹 波 市 立 新 井 小 学 校 完 成 予 想 図 丹 波 市 教 育 委 員 会 丹 波 市 建 設 部 はじめに 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 では 学 校 施 設 が 子 どもの 命 を 守 っただ けでなく 多 くの 施 設 が 避 難 所 としても 機 能 しました 学 校 は 地 域

More information

4 基 本 計 方 針 の 策 定 ⅰ 総 合 検 討 ⅱ 基 本 計 方 針 の 策 定 及 び 建 築 主 への 説 明 5 基 本 計 図 書 の 作 成 6 概 算 工 事 費 の 検 討 7 基 本 計 内 容 の 建 築 主 への 説 明 等 1 要 求 の 確 認 ⅰ 建 築 主 の

4 基 本 計 方 針 の 策 定 ⅰ 総 合 検 討 ⅱ 基 本 計 方 針 の 策 定 及 び 建 築 主 への 説 明 5 基 本 計 図 書 の 作 成 6 概 算 工 事 費 の 検 討 7 基 本 計 内 容 の 建 築 主 への 説 明 等 1 要 求 の 確 認 ⅰ 建 築 主 の 四 日 市 市 霞 ヶ 浦 緑 地 新 テニス 場 計 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 Ⅰ 業 務 概 要 1. 業 務 の 名 称 : 四 日 市 市 霞 ヶ 浦 緑 地 新 テニス 場 計 業 務 委 託 2. 業 務 の 場 所 : 四 日 市 市 大 字 羽 津 甲 地 内 3. 施 の 名 称 : 仮 称 四 日 市 市 霞 ヶ 浦 緑 地 新 テニス 場 4. 施 の 用 途 : 平

More information

<96E5905E92B78EF596BD89BB8C7689E6313030333330>

<96E5905E92B78EF596BD89BB8C7689E6313030333330> 門 真 営 住 宅 長 寿 命 化 計 画 平 成 22 年 3 月 門 真 はじめに 門 真 では 平 成 22 年 3 月 現 在 487 戸 の 営 住 宅 を 管 理 しており これらの 住 宅 ストックを 良 好 な 社 会 的 資 産 として 有 効 に 活 用 していくことは 極 めて 重 要 な 課 題 である 本 では 昭 和 20~30 年 代 に 建 設 された 木 造 営

More information

Microsoft Word - 中間報告書【平成26年9月】

Microsoft Word - 中間報告書【平成26年9月】 定 住 促 進 及 び 空 き 家 対 策 への 取 組 について ( 中 間 報 告 ) 平 成 26 年 9 月 あ き る 野 市 定 住 促 進 及 び 空 き 家 対 策 への 取 組 について( 中 間 報 告 ) 目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 中 間 報 告 1 定 住 促 進 について 1 (1) 今 後 の 人 口 推 移 について 1 図 1: 後 期 基 本 計 画 による 人

More information

我 が 国 経 済 はデフレからの 脱 却 に 向 けたアベノミクスにより 回 復 しつつあるも のの 個 人 消 費 や 民 間 投 資 は 力 強 さを 欠 き 新 興 国 の 成 長 鈍 化 や 英 国 のEU 離 脱 の 動 き 等 により 成 長 が 減 速 する 恐 れがある このような

我 が 国 経 済 はデフレからの 脱 却 に 向 けたアベノミクスにより 回 復 しつつあるも のの 個 人 消 費 や 民 間 投 資 は 力 強 さを 欠 き 新 興 国 の 成 長 鈍 化 や 英 国 のEU 離 脱 の 動 き 等 により 成 長 が 減 速 する 恐 れがある このような 平 成 29 年 度 住 宅 土 地 関 連 税 制 改 正 住 宅 関 連 予 算 要 望 平 成 28 年 8 月 一 般 社 団 法 人 住 宅 生 産 団 体 連 合 会 我 が 国 経 済 はデフレからの 脱 却 に 向 けたアベノミクスにより 回 復 しつつあるも のの 個 人 消 費 や 民 間 投 資 は 力 強 さを 欠 き 新 興 国 の 成 長 鈍 化 や 英 国 のEU 離

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

第 4 章 基 本 的 な 方 針 1 課 題 ⑴ 希 望 する 市 営 住 宅 に 入 居 できる 世 帯 は 限 られており 住 宅 困 窮 者 の 入 居 機 会 の 向 上 や 入 居 者 と 住 宅 困 窮 者 間 の 公 平 性 の 確 保 世 帯 人 員 数 と 住 戸 規 模 のミス

第 4 章 基 本 的 な 方 針 1 課 題 ⑴ 希 望 する 市 営 住 宅 に 入 居 できる 世 帯 は 限 られており 住 宅 困 窮 者 の 入 居 機 会 の 向 上 や 入 居 者 と 住 宅 困 窮 者 間 の 公 平 性 の 確 保 世 帯 人 員 数 と 住 戸 規 模 のミス 広 島 市 市 営 住 宅 マネジメント 計 画 基 本 方 針 編 ( 素 案 )< 概 要 版 > 平 成 26 年 8 月 広 島 市 住 宅 政 策 課 第 1 章 計 画 の 目 的 等 1 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 人 口 減 少 社 会 の 到 来 や 一 層 の 高 齢 化 の 進 展 が 見 込 まれること また 高 度 経 済 成 長 期 に 建 設 された 市 営

More information

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 27(2015) 年 4 月 立 川 市 はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378> UR 賃 貸 住 宅 ストック 再 生 再 編 方 針 に 基 づく 実 施 計 画 平 成 27 年 3 月 目 次 1. 実 施 計 画 を 策 定 する 背 景 目 的 1 2.ストック 再 生 再 編 方 針 ( 平 成 19 年 12 月 26 日 策 定 )の 概 要 2 (1) 団 地 の 類 型 化 及 び 団 地 別 整 備 方 針 の 策 定 2 (2) 居 住 の 安 定 の

More information

地区復興まちづくり計画のイメージ

地区復興まちづくり計画のイメージ 愛 宕 築 地 光 岸 地 地 区 復 興 まちづくり 計 画 ( 素 案 ) 1. 地 区 の 現 況 (1) 地 区 の 特 性 愛 宕 築 地 光 岸 地 地 区 は 中 心 市 街 地 と 鍬 ヶ 崎 地 区 の 間 に 位 置 し 国 道 45 号 が 東 西 に 通 っ ており 沿 道 には 商 業 業 務 施 設 等 が 立 地 し その 背 後 には 住 宅 地 が 形 成 されています

More information

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に

More information

犬山市公共施設マネジメント基本計画

犬山市公共施設マネジメント基本計画 犬 山 市 公 共 施 設 マネジメント 基 本 計 画 概 要 版 平 成 27 年 3 月 犬 山 市 企 画 財 政 部 財 政 課 - 0 - 目 次 第 1 章 はじめに... 1 1. 公 共 施 設 マネジメントの 必 要 性... 2. 公 共 施 設 の 定 義... 3. 公 共 施 設 マネジメント 計 画 の 手 順... 4. 本 基 本 計 画 の 位 置 づけ... 5.

More information

資料1

資料1 資 料 1 平 成 28 年 5 月 19 日 国 税 庁 大 阪 国 税 局 平 成 26 27 年 度 民 間 競 争 入 札 実 施 事 業 大 阪 国 税 局 が 管 理 する 庁 舎 における 施 設 管 理 運 営 業 務 の 実 施 状 況 について Ⅰ 事 業 の 概 要 1 委 託 業 務 内 容 大 阪 国 税 局 が 管 理 する 大 阪 国 税 局 管 内 ( 滋 賀 県 京

More information

4. 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 特 例 の 延 長 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 以 下 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 ( 平 成 28 年 3 月 31 日 )を 延 長 する 1 登 録 免 許 税 の 特 例 ( 所 有 権 の 保 存 登 記 : 本 則 0.4%

4. 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 特 例 の 延 長 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 以 下 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 ( 平 成 28 年 3 月 31 日 )を 延 長 する 1 登 録 免 許 税 の 特 例 ( 所 有 権 の 保 存 登 記 : 本 則 0.4% 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 平 成 27 年 9 月 17 日 一 般 社 団 法 人 不 動 産 協 会 我 が 国 の 経 済 は 緩 やかな 回 復 を 続 けているが 少 子 化 高 齢 化 を 伴 う 人 口 減 少 社 会 の 到 来 や 産 業 構 造 の 転 換 グローバル 化 の 急 激 な 進 展 等 著 しい 構 造 変 化 に 直 面 している そのような

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20322E914F8BB48E738F5A90B68A888AEE967B8C7689E681698A54977694C5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20322E914F8BB48E738F5A90B68A888AEE967B8C7689E681698A54977694C5816A2E646F63> 前 橋 住 生 活 基 本 計 画 概 要 版 平 成 24 年 3 月 前 橋 序 -1 計 画 策 定 の 背 景 目 的 少 子 高 齢 化 が 進 み 価 値 観 やライフスタイルが 多 様 化 する 中 で 人 々が 安 全 に 安 心 して 暮 らし 真 の 豊 かさを 享 受 できる 社 会 を 築 いていくことが 求 められています そうした 中 で 住 宅 施 策 は 住 生 活

More information

はじめに 21 世 紀 の 文 京 区 の 新 しいま ち づ く り の 核 と な り 区 民 が 誇 り と 愛 着 を 持 つことができる 文 京 区 のシンボルとして 建 設 さ れ た シ ビ ッ ク セ ン タ ー は 区 民 サービス 活 動 の 一 大 拠 点 と し て ま た

はじめに 21 世 紀 の 文 京 区 の 新 しいま ち づ く り の 核 と な り 区 民 が 誇 り と 愛 着 を 持 つことができる 文 京 区 のシンボルとして 建 設 さ れ た シ ビ ッ ク セ ン タ ー は 区 民 サービス 活 動 の 一 大 拠 点 と し て ま た 文 京 シビックセンター 改 修 方 針 平 成 26 年 3 月 はじめに 21 世 紀 の 文 京 区 の 新 しいま ち づ く り の 核 と な り 区 民 が 誇 り と 愛 着 を 持 つことができる 文 京 区 のシンボルとして 建 設 さ れ た シ ビ ッ ク セ ン タ ー は 区 民 サービス 活 動 の 一 大 拠 点 と し て ま た 災 害 時 に お け る 防 災

More information

Ⅰ 松 阪 市 の 住 宅 の 状 況 20 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 ( 総 務 省 )によると 松 阪 市 内 の 住 宅 総 数 は 62,600 戸 で 持 ち 家 が 45,100 戸 (72%) 借 家 が 17,500 戸 (28%)となっています 借 家 のうち 市 営 県

Ⅰ 松 阪 市 の 住 宅 の 状 況 20 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 ( 総 務 省 )によると 松 阪 市 内 の 住 宅 総 数 は 62,600 戸 で 持 ち 家 が 45,100 戸 (72%) 借 家 が 17,500 戸 (28%)となっています 借 家 のうち 市 営 県 松 阪 市 における 市 営 住 宅 の 現 状 と 課 題 26 年 10 月 18 日 構 想 日 本 Ⅰ 松 阪 市 の 住 宅 の 状 況 20 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 ( 総 務 省 )によると 松 阪 市 内 の 住 宅 総 数 は 62,600 戸 で 持 ち 家 が 45,100 戸 (72%) 借 家 が 17,500 戸 (28%)となっています 借 家 のうち 市

More information

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光 長 期 計 画 起 草 委 員 会 配 付 資 料 一 覧 平 成 21 年 10 月 11 日 資 料 名 備 考 第 1 回 1 小 金 井 市 長 期 計 画 起 草 委 員 会 設 置 要 綱 (9 月 12 日 ) 2 素 案 の 骨 格 を 考 える 上 での 各 項 目 の 要 約 (キーワード) 三 橋 委 員 第 4 次 小 金 井 市 基 本 構 想 ( 素 案 ) 前 半 についての

More information

厳 しい 中 で そのメリット デメリットを 整 理 し 本 市 の 実 態 に 合 った 公 営 住 宅 の 供 給 手 法 を 検 討 する 必 要 があります 公 営 住 宅 入 居 者 は 高 齢 単 身 高 齢 夫 婦 も 増 加 しており 居 住 支 援 が 必 要 市 営 住 宅 はセ

厳 しい 中 で そのメリット デメリットを 整 理 し 本 市 の 実 態 に 合 った 公 営 住 宅 の 供 給 手 法 を 検 討 する 必 要 があります 公 営 住 宅 入 居 者 は 高 齢 単 身 高 齢 夫 婦 も 増 加 しており 居 住 支 援 が 必 要 市 営 住 宅 はセ 第 4 章 住 まいづくりに 関 する 主 要 課 題 の 整 理 4-1 主 要 課 題 国 県 の 計 画 本 市 の 概 況 や 住 宅 宅 地 の 現 況 整 理 アンケート 調 査 とヒアリング 調 査 からみた 市 民 事 業 者 等 のニーズから 本 市 の 住 まいづくりに 関 する 課 題 は 次 のよう に 整 理 することができます 主 要 課 題 1 安 全 で 安 心 して

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

目 次 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 1 趣 旨 1 2 基 本 目 標 1 3 運 用 方 針 2 第 2 用 語 の 定 義 2 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 6 1 共 通 事 項 6 第 2 種 類 別 要 件 6 1 市 街 地 住 宅 型 総

目 次 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 1 趣 旨 1 2 基 本 目 標 1 3 運 用 方 針 2 第 2 用 語 の 定 義 2 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 6 1 共 通 事 項 6 第 2 種 類 別 要 件 6 1 市 街 地 住 宅 型 総 千 代 田 区 総 合 設 計 許 可 要 綱 千 代 田 区 平 成 27 年 9 月 ( 平 成 28 年 1 月 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 1 趣 旨 1 2 基 本 目 標 1 3 運 用 方 針 2 第 2 用 語 の 定 義 2 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 6 1 共 通 事 項 6 第 2 種 類 別 要 件

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

Microsoft Word - 目次.doc

Microsoft Word - 目次.doc 宮 崎 県 の 住 宅 事 情 2010 年 宮 崎 県 県 土 整 備 部 建 築 住 宅 課 は じ め に 本 県 の 住 宅 事 情 は 量 的 には 概 ね 充 足 していますが 統 計 調 査 の 結 果 をみます と 様 々な 要 因 から 現 在 の 住 まいに 不 満 を 持 つ 世 帯 が28.1% 存 在 し バリアフリ ー 化 された 住 宅 の 割 合 が5.3% 新 耐

More information

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 25 年 4 月 狛 江 市 目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第

More information

市営住宅総合再生計画

市営住宅総合再生計画 第 3 章 公 営 住 宅 の 役 割 とめざす 方 向 3-1 公 営 住 宅 の 役 割 (1) 新 たな 住 宅 政 策 の 背 景 これまでの 住 宅 政 策 の 基 本 的 な 枠 組 みは 政 策 手 法 の 三 本 柱 である 公 営 住 宅 制 度 日 本 住 宅 公 団 ( 現 在 の 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 ) 住 宅 金 融 公 庫 ( 現 在 の 独

More information

1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 24 26 28 面 積 率 1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22

1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 24 26 28 面 積 率 1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 参 考 資 料 2 ヒートアイランド 現 象 の 要 因 変 化 の 推 定 方 法 本 マニュアルではヒートアイランド 現 象 が 顕 著 な 大 都 市 ( 東 京 都 区 部 名 古 屋 市 大 阪 市 福 岡 市 )を 対 象 に ヒートアイランド 現 象 の 主 な 要 因 である1 地 表 面 被 覆 の 人 工 化 2 都 市 形 態 の 高 密 度 化 3 人 工 排 熱 の 増 加

More information

2) 人 口 動 態 住 民 基 本 台 帳 より 人 口 動 態 をみると 転 出 は 減 少 傾 向 転 入 は 減 少 傾 向 から 横 ばいの 状 況 にあ るが 依 然 として 転 出 超 過 にある 年 齢 層 では 2 歳 代 の 人 口 が 定 着 していないと 考 えられる 一 方

2) 人 口 動 態 住 民 基 本 台 帳 より 人 口 動 態 をみると 転 出 は 減 少 傾 向 転 入 は 減 少 傾 向 から 横 ばいの 状 況 にあ るが 依 然 として 転 出 超 過 にある 年 齢 層 では 2 歳 代 の 人 口 が 定 着 していないと 考 えられる 一 方 参 考 資 料 -3 住 まいの 状 況 に 関 する 資 料 1) 人 口 世 帯 数 推 移 国 勢 調 査 より 本 市 の 人 口 推 移 をみると 昭 和 4 年 から 45 年 にかけて 人 口 がほぼ 倍 増 するなど 急 激 な 増 加 がみられる その 後 平 成 初 期 以 降 はその 増 加 率 は 鈍 化 し 平 成 12 年 の 約 24 万 人 を ピークに 平 成 17

More information

平塚市営住宅

平塚市営住宅 平 塚 市 営 住 宅 ストック 総 合 活 用 計 画 第 2 期 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 平 塚 市 目 次 第 1 章 計 画 の 目 的 と 位 置 付 け 1 計 画 の 目 的 ----------------------------------------------------- 1 2 計 画 の 位 置 づけ -------------------------------------------------

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2 表紙1.ppt

Microsoft PowerPoint - 資料2 表紙1.ppt 資 料 2 東 京 大 学 の 施 設 を 取 り 巻 く 現 状 と 課 題 平 成 21 年 3 月 2 日 国 立 大 学 法 人 東 京 大 学 総 長 特 任 補 佐 磯 部 雅 彦 目 次 Ⅰ. 東 京 大 学 における 第 2 次 緊 急 整 備 計 画 5か 年 計 画 の 達 成 状 況 1. 整 備 実 績 及 び 成 果 1 2.システム 改 革 の 実 績 及 び 成 果 施

More information

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 ---------------------------------------

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 --------------------------------------- 戸 田 都 市 計 画 ( 戸 田 市 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 25 年 11 月 22 日 から 平 成 25 年 12 月 6 日 まで 平 成 26 年 3 月 28 日 埼 玉 県 目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的

More information

第7章

第7章 4. 成 果 指 標 (1) 成 果 指 標 の 設 定 住 生 活 基 本 計 画 の 目 標 実 現 に 向 けた 基 本 方 針 について その 達 成 状 況 を 市 民 住 宅 関 連 事 業 者 行 政 等 が 評 価 できるよう 成 果 指 標 を 次 のように 定 めます 基 本 目 標 基 本 方 針 成 果 指 標 安 全 に 安 心 し て 生 活 で き る 住 まい まちづ

More information

平 成 2 3 年 度 行 政 監 査 報 告 書 松 江 市 監 査 委 員 監 第 1 2 7 号 平 成 23 年 9 月 5 日 松 江 市 長 松 浦 正 敬 様 松 江 市 議 会 議 長 林 干 城 様 各 行 政 委 員 会 委 員 長 様 松 江 市 監 査 委 員 小 松 原 操 松 江 市 監 査 委 員 児 玉 泰 州 松 江 市 監 査 委 員 加 藤 富 章 行 政 監

More information

佐 賀 市 建 築 計 特 記 仕 様 書 この 特 記 仕 様 書 は 佐 賀 市 が 発 注 する 委 託 のうち 建 築 計 に 係 る 特 記 仕 様 書 であり 発 注 方 法 によって 実 際 の 委 託 名 称 とは 異 なる 場 合 があります なお 佐 賀 市 は 佐 賀 県 建

佐 賀 市 建 築 計 特 記 仕 様 書 この 特 記 仕 様 書 は 佐 賀 市 が 発 注 する 委 託 のうち 建 築 計 に 係 る 特 記 仕 様 書 であり 発 注 方 法 によって 実 際 の 委 託 名 称 とは 異 なる 場 合 があります なお 佐 賀 市 は 佐 賀 県 建 計 委 託 特 記 仕 様 書 平 成 27 年 8 月 佐 賀 市 建 築 住 宅 課 佐 賀 市 建 築 計 特 記 仕 様 書 この 特 記 仕 様 書 は 佐 賀 市 が 発 注 する 委 託 のうち 建 築 計 に 係 る 特 記 仕 様 書 であり 発 注 方 法 によって 実 際 の 委 託 名 称 とは 異 なる 場 合 があります なお 佐 賀 市 は 佐 賀 県 建 築 計 工

More information

この 表 は の 住 宅 別 営 繕 工 事 の 予 定 です 掲 載 されている 案 件 が 発 注 されない 場 合 公 表 時 期 内 容 江 東 区 亀 戸 七 丁 目 アパート 耐 震 改 修 9~11 115 戸 第 4 四 半 期 亀 戸 七 丁 目 第 2アパート 屋 上 防 水 4

この 表 は の 住 宅 別 営 繕 工 事 の 予 定 です 掲 載 されている 案 件 が 発 注 されない 場 合 公 表 時 期 内 容 江 東 区 亀 戸 七 丁 目 アパート 耐 震 改 修 9~11 115 戸 第 4 四 半 期 亀 戸 七 丁 目 第 2アパート 屋 上 防 水 4 この 表 は の 住 宅 別 営 繕 工 事 の 予 定 です 掲 載 されている 案 件 が 発 注 されない 場 合 公 表 時 期 内 容 千 代 田 区 飯 田 橋 二 丁 目 アパート 消 火 器 取 替 2 113 戸 第 2 四 半 期 中 央 区 明 石 町 アパート 共 用 灯 改 修 ( 高 層 ) 4 82 戸 第 2 四 半 期 佃 二 丁 目 アパート 給 水 ポンプ8 年

More information

目 次 1.はじめに 学 校 施 設 の 現 状 (1) 学 校 施 設 の 現 状 (2)これまでの 学 校 施 設 の 改 築 改 修 の 経 過 木 造 校 舎 の 不 燃 化 事 業 創 意 ある 教

目 次 1.はじめに 学 校 施 設 の 現 状 (1) 学 校 施 設 の 現 状 (2)これまでの 学 校 施 設 の 改 築 改 修 の 経 過 木 造 校 舎 の 不 燃 化 事 業 創 意 ある 教 中 野 区 立 小 中 学 校 施 設 整 備 計 画 平 成 26 年 10 月 中 野 区 教 育 委 員 会 目 次 1.はじめに... - 1-2. 学 校 施 設 の 現 状... - 1 - (1) 学 校 施 設 の 現 状... - 1 - (2)これまでの 学 校 施 設 の 改 築 改 修 の 経 過... - 2-1 木 造 校 舎 の 不 燃 化 事 業... - 2-2 創

More information

Microsoft Word - 0300第3章中表紙.doc

Microsoft Word - 0300第3章中表紙.doc 第 3 章 公 共 建 築 物 維 持 保 全 計 画 第 3 章 公 共 建 築 物 維 持 保 全 計 画 1 計 画 の 目 的 と 位 置 付 け 本 計 画 は, 公 共 建 築 物 の 現 状 と 維 持 保 全 の 課 題 を 踏 まえ, 公 共 建 築 物 の 長 寿 命 化 や ライフサイクルコストの 縮 減 を 基 本 に, 安 全 かつ 良 好 な 状 態 で 維 持 保 全

More information

用 途 地 域 等 に 関 す る 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 4 月 昭 島 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 地 域 の 自 主 性 及 び 自 立 性 を 高 めるための 改 革 の 推 進 を 図 る ための 関 係 法 律 の 整 備 に 関 する 法 律 ( 分 権 一 括 法 ) の 公 布 に 伴 い 都 市 計 画 法 が 一 部 改 正

More information

豊 島 区 のマンションの 状 況 豊 島 区 の 分 譲 マンションは 937 件 41,733 戸 21 年 1 月 現 在 分 譲 マンションの 建 築 数 は 937 件 41,733 戸 となっています 近 年 は 竣 工 件 数 に 比 べ 竣 工 が 大 きく 伸 びており 大 規 模

豊 島 区 のマンションの 状 況 豊 島 区 の 分 譲 マンションは 937 件 41,733 戸 21 年 1 月 現 在 分 譲 マンションの 建 築 数 は 937 件 41,733 戸 となっています 近 年 は 竣 工 件 数 に 比 べ 竣 工 が 大 きく 伸 びており 大 規 模 豊 島 区 分 譲 マンション 実 態 調 査 報 告 書 概 要 版 調 査 の 目 的 豊 島 区 の 住 宅 は 約 8 割 が 分 譲 マンションを 含 む 共 同 住 宅 であり 一 般 的 な 居 住 形 態 として 定 着 しています 共 同 住 宅 の 適 切 な 維 持 管 理 は 居 住 者 が 快 適 に 住 み 続 けることが 出 来 るだけでなく 良 好 な 住 宅 ストックの

More information

Microsoft PowerPoint - 130130_JFMA講演資料

Microsoft PowerPoint - 130130_JFMA講演資料 JFMA FORUM 2013 BCP 策 定 状 況 が 東 京 23 区 オフィスマーケットに 与 える 影 響 と 森 ビルの 取 り 組 み 1.オフィスマーケットの 供 給 動 向 2.オフィスマーケットの 需 要 動 向 3. 企 業 の 事 業 継 続 計 画 (BCP)について 4. 今 後 の 見 通 し 5. 当 社 の 震 災 への 取 り 組 みと 最 新 プロジェクト 森

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

船橋市地域住宅計画(第1回変更)様式変更

船橋市地域住宅計画(第1回変更)様式変更 地 域 ( 第 三 期 ) 地 域 住 宅 計 画 ふ な ば し し 平 成 28 年 3 月 ( 第 1 回 変 更 ) 地 域 住 宅 計 画 計 画 の 名 称 地 域 ( 第 三 期 ) 地 域 住 宅 計 画 都 道 府 県 名 千 葉 県 作 成 主 体 名 計 画 期 間 1. 地 域 の 住 宅 政 策 の 経 緯 及 び 現 況 平 成 27 年 度 ~ 31 年 度 は 東 京

More information

【行革委】資料5 アセットマネジメント

【行革委】資料5 アセットマネジメント アセットマネジメントの 推 進 について 資 料 公 共 土 木 施 設 本 県 における 主 な 社 会 インフラ 高 度 経 済 成 長 期 に 集 中 的 に 整 備 された 橋 梁 やトンネル 河 川 砂 防 港 湾 施 設 など 社 会 インフラの 老 朽 化 が 進 行 橋 梁 トンネルの 老 朽 化 の 現 状 県 管 理 の 橋 梁,39 橋 のうち 建 設 後 年 を 経 過 したものが

More information

第 3 章 住 生 活 基 本 計 画 1. 町 民 への 住 まい 住 環 境 に 関 する 意 向 把 握 2. 住 まい 住 環 境 に 関 する 現 況 と 課 題 展 開 方 向 3. 住 宅 施 策 の 体 系 と 推 進 施 策 1. 町 民 への 住 まい 住 環 境 に 関 する 意 向 把 握 (1) 一 般 世 帯 向 けアンケート 調 査 結 果 住 まい 住 環 境 に

More information

目 次 第 1 章 計 画 の 背 景 目 的 1-1 計 画 の 背 景... 1 1-2 計 画 の 目 的... 1 1-3 計 画 の 位 置 づけ... 1 1-4 計 画 の 期 間... 1 第 2 章 高 齢 者 をとりまく 状 況 と 課 題 2-1 高 齢 者 数 と 高 齢 者

目 次 第 1 章 計 画 の 背 景 目 的 1-1 計 画 の 背 景... 1 1-2 計 画 の 目 的... 1 1-3 計 画 の 位 置 づけ... 1 1-4 計 画 の 期 間... 1 第 2 章 高 齢 者 をとりまく 状 況 と 課 題 2-1 高 齢 者 数 と 高 齢 者 秋 田 県 高 齢 者 居 住 安 定 確 保 計 画 平 成 27 年 10 月 秋 田 県 目 次 第 1 章 計 画 の 背 景 目 的 1-1 計 画 の 背 景... 1 1-2 計 画 の 目 的... 1 1-3 計 画 の 位 置 づけ... 1 1-4 計 画 の 期 間... 1 第 2 章 高 齢 者 をとりまく 状 況 と 課 題 2-1 高 齢 者 数 と 高 齢 者 世

More information

用途地域等に関する指定方針

用途地域等に関する指定方針 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 大 和 市 は じ め に これまで 東 京 都 においては 東 京 の 新 しい 都 市 づくりビジョン 及 び 東 京 におけ る 土 地 利 用 に 関 する 基 本 方 針 について を 踏 まえ 政 策 誘 導 型 の 都 市 づくりを 進 めるた め 平 成 14 年 7 月 に

More information

関連データ及び参考資料(1)

関連データ及び参考資料(1) 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 71 72 目 次 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 公 共 施 設 における 学 校 施 設 の 割 合... 74 学 校 数 幼 児 児 童 生 徒 数 の 推 移... 74 小 中 学 校 数 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 一 校 当 たりの 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 公

More information

目 次 はじめに 1 Ⅰ 概 況 1 県 が 保 有 又 は 管 理 借 用 する 財 産 の 現 状 と 課 題 3 (1) 財 産 の 現 状 (2) 課 題 2 これまでの 取 組 み 12 (1) 県 有 施 設 の 長 寿 命 化 (2) 県 有 財 産 の 有 効 活 用 (3) 県 有

目 次 はじめに 1 Ⅰ 概 況 1 県 が 保 有 又 は 管 理 借 用 する 財 産 の 現 状 と 課 題 3 (1) 財 産 の 現 状 (2) 課 題 2 これまでの 取 組 み 12 (1) 県 有 施 設 の 長 寿 命 化 (2) 県 有 財 産 の 有 効 活 用 (3) 県 有 山 形 県 県 有 財 産 総 合 管 理 (ファシリティマネジメント) 基 本 方 針 平 成 26 年 12 月 山 形 県 目 次 はじめに 1 Ⅰ 概 況 1 県 が 保 有 又 は 管 理 借 用 する 財 産 の 現 状 と 課 題 3 (1) 財 産 の 現 状 (2) 課 題 2 これまでの 取 組 み 12 (1) 県 有 施 設 の 長 寿 命 化 (2) 県 有 財 産 の 有

More information

1.2 計 画 の 位 置 づけ 本 計 画 は 本 市 の 第 6 次 東 海 市 総 合 計 画 を 上 位 計 画 とした 住 宅 政 策 部 門 の 基 本 計 画 という 位 置 付 けとし 国 及 び の 住 生 活 基 本 計 画 や 他 の 本 市 の 関 連 する 諸 計 画 とも

1.2 計 画 の 位 置 づけ 本 計 画 は 本 市 の 第 6 次 東 海 市 総 合 計 画 を 上 位 計 画 とした 住 宅 政 策 部 門 の 基 本 計 画 という 位 置 付 けとし 国 及 び の 住 生 活 基 本 計 画 や 他 の 本 市 の 関 連 する 諸 計 画 とも 審 議 事 項 (4) 東 海 市 の 住 宅 住 環 境 をめぐる 現 状 報 告 1. 計 画 の 概 要 1.1 計 画 の 背 景 と 目 的 本 市 では 平 成 18 年 度 に 東 海 市 住 宅 マスタープラン~ 定 住 から 活 力 へのシナリオ~( 以 下 第 一 次 計 画 という) を 策 定 し 誰 もが 住 み 続 けたくなる 魅 力 と 元 気 あふれる と うかい の

More information

目 次 第 1 章 業 務 概 要 1 業 務 名 称 1 2 計 画 施 設 概 要 1 3 特 記 仕 様 書 の 適 用 1 4 業 務 区 分 1 5 履 行 期 間 1 6 設 計 与 条 件 1 7 設 計 概 要 2 第 2 章 業 務 仕 様 1 設 計 業 務 の 内 容 及 び

目 次 第 1 章 業 務 概 要 1 業 務 名 称 1 2 計 画 施 設 概 要 1 3 特 記 仕 様 書 の 適 用 1 4 業 務 区 分 1 5 履 行 期 間 1 6 設 計 与 条 件 1 7 設 計 概 要 2 第 2 章 業 務 仕 様 1 設 計 業 務 の 内 容 及 び 建 築 設 計 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 平 成 28 年 5 月 那 智 勝 浦 町 目 次 第 1 章 業 務 概 要 1 業 務 名 称 1 2 計 画 施 設 概 要 1 3 特 記 仕 様 書 の 適 用 1 4 業 務 区 分 1 5 履 行 期 間 1 6 設 計 与 条 件 1 7 設 計 概 要 2 第 2 章 業 務 仕 様 1 設 計 業 務 の 内 容 及 び 範

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

(1) 再 々 開 発 を 行 う 際 の 施 行 区 域 要 件 ( 都 市 再 開 発 法 第 3 条 第 3 号 要 件 )について 再 開 発 ビルは 1 権 利 者 ( 区 分 所 有 者 )が 多 数 存 在 することや 2 複 合 用 途 で 構 成 されていること また 3 地 上

(1) 再 々 開 発 を 行 う 際 の 施 行 区 域 要 件 ( 都 市 再 開 発 法 第 3 条 第 3 号 要 件 )について 再 開 発 ビルは 1 権 利 者 ( 区 分 所 有 者 )が 多 数 存 在 することや 2 複 合 用 途 で 構 成 されていること また 3 地 上 市 街 地 再 開 発 事 業 の 今 後 の 展 開 に 関 する 検 討 会 ワーキンググループにおける 検 討 概 要 目 的 再 開 発 ビルの 再 生 ( 建 替 え リニューアル 等 )について 具 体 地 区 における 課 題 を 洗 い 出 し 必 要 な 方 策 等 について 検 討 を 行 うとともに 必 要 に 応 じて 国 に 制 度 提 案 等 を 行 う 検 討 地 区

More information

再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 の 概 要 ) 計 画 の 名 称 京 都 府 地 球 温 暖 化 対 策 等 推 進 基 金 計 画 の 期 間 交 付 対 象 京 都 府 府 内 市 町 村 民 間

再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 の 概 要 ) 計 画 の 名 称 京 都 府 地 球 温 暖 化 対 策 等 推 進 基 金 計 画 の 期 間 交 付 対 象 京 都 府 府 内 市 町 村 民 間 様 式 第 2 号 ( 第 5の6(1)2 関 係 ) 再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 書 作 成 担 当 者 ) 都 道 府 県 等 の 名 称 所 在 地 事 業 計 画 作 成 担 当 者 京 都 府 京 都 市 上 京 区 下 立 売 通 新 町 西 入 薮 ノ 内 町 氏 名 所 属 部 局 役

More information

建 築 設 備 設 計 監 理 業 務 委 託 料 算 定 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 福 島 県 土 木 部 が 所 掌 する 建 築 物 及 びその 附 帯 施 設 ( 以 下 県 有 建 築 物 とい う )に 係 る 設 計 等 の 業 務 ( 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業

More information

(2) 設 計 図 書 の 作 成 別 表 1 成 果 品 一 覧 による Ⅱ. 一 般 事 項 1. 本 仕 様 書 に 記 載 されていない 事 項 は 公 共 建 築 設 計 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 ( 平 成 21 年 版 ) ( 国 土 交 通 省 大 臣 官 房 官 庁 営

(2) 設 計 図 書 の 作 成 別 表 1 成 果 品 一 覧 による Ⅱ. 一 般 事 項 1. 本 仕 様 書 に 記 載 されていない 事 項 は 公 共 建 築 設 計 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 ( 平 成 21 年 版 ) ( 国 土 交 通 省 大 臣 官 房 官 庁 営 設 計 業 務 仕 様 書 平 成 27 年 度 1. 件 名 中 部 中 学 校 ほか14 校 武 道 場 ほか 吊 天 井 崩 落 対 策 工 事 設 計 業 務 委 託 2. 設 計 対 象 施 設 (1) 場 所 四 日 市 市 西 浦 二 丁 目 ほか14 町 地 内 (2) 既 存 施 設 概 要 記 号 施 設 名 称 構 造 規 模 等 RC 造 4 階 建 ( 対 象 部 分 3

More information

現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必 要 な 電 気 ガス 燃 料 を 供 給 東 日 本 大 震 災

現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必 要 な 電 気 ガス 燃 料 を 供 給 東 日 本 大 震 災 資 料 5 平 成 28 年 熊 本 地 震 における 緊 急 石 油 供 給 について 平 成 28 年 5 月 17 日 資 源 エネルギー 庁 資 源 燃 料 部 現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必

More information

新 宿 区 施 設 白 書 新宿区施設白書 平成 28 年 3 月 新 宿 区 宿 区 平 成 二 十 八 年 三 月 新 目 次 序 章 施 設 白 書 について 第 1 節 施 設 白 書 作 成 の 背 景 3 第 2 節 新 宿 区 基 本 構 想 総 合 計 画 実 行 計 画 4 第 3 節 施 設 白 書 の 内 容 と 構 成 6 第 1 章 新 宿 区 の 概 要 第 1 節 区

More information

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477>

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477> 平 成 26 年 度 (2014 年 度 ) 豊 島 区 当 初 予 算 の 概 要 平 成 26 年 3 月 豊 島 区 - 目 次 - 1 編 成 方 針 1 2 財 政 規 模 2 3 26 年 度 予 算 の 特 徴 3 4 歳 入 の 概 要 4 5 歳 出 の 概 要 6 6 消 費 税 率 引 き 上 げに 伴 う 区 財 政 への 影 響 12 7 基 金 と 起 債 の 残 高 15

More information

法第34条第1号から9号に係る基準

法第34条第1号から9号に係る基準 * 印 は 運 用 又 は 注 を 表 す 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 等 の 許 可 基 準 第 1 章 総 則 第 1 目 的 この 基 準 は 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 の 許 可 の 範 囲 を 明 確 化 することによって 法 律 の 運 用 を 円 滑 に 行 い 開 発 許 可 権 限 の 公 平 な 行 使 に 資

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

Microsoft Word - 第1章 県有建築物等の設計業務等積算基準

Microsoft Word - 第1章 県有建築物等の設計業務等積算基準 建 築 設 計 業 務 等 積 算 基 準 平 成 28 年 4 月 1 日 沖 縄 県 土 木 建 築 部 目 次 第 1 章 県 有 建 築 物 等 の 設 計 業 務 等 積 算 基 準 1 第 2 章 県 有 建 築 物 等 の 設 計 業 務 等 積 算 要 領 3 第 1 節 総 則 3 第 2 節 業 務 人 時 間 数 の 算 定 方 法 5 第 3 節 対 象 外 業 務 率 の

More information

Microsoft Word - 090512通常版.doc

Microsoft Word - 090512通常版.doc ~ 都 市 計 画 見 直 し 方 針 について~ 都 市 計 画 とは? 都 市 計 画 は 人 や 自 動 車 交 通 など 移 動 を 支 える 交 通 機 能 をはじめ 都 市 構 造 や 街 区 形 成 等 を 担 う 市 街 地 形 成 機 能 さらには 都 市 防 災 性 向 上 や 上 下 水 道 施 設 共 同 溝 等 ライフライン 収 容 等 を 担 う 空 間 機 能 など 多

More information

<8169826732362D3133816A8D9D8D5D8E738CF68BA48E7B90DD90DD94F58F4391558C7689E62E786477>

<8169826732362D3133816A8D9D8D5D8E738CF68BA48E7B90DD90DD94F58F4391558C7689E62E786477> 狛 江 市 公 共 施 設 設 備 修 繕 計 画 平 成 26 年 6 月 目 次 Ⅰ 狛 江 市 公 共 施 設 設 備 修 繕 計 画 策 定 にあたって 1) 背 景 と 目 的 1 2) 計 画 期 間 及 び 見 直 し 時 期 2 3) 計 画 の 対 象 範 囲 2 Ⅱ 公 共 施 設 の 現 状 1) 公 共 建 築 物 の 概 要 3 2) 公 共 建 築 物 の 推 移 4

More information

<3237944E9378328C8E95E290B3>

<3237944E9378328C8E95E290B3> 農 林 水 1 人 件 費 ( 農 業 委 員 会 費 ) 236,244 13,634 222,610 産 業 費 県 農 業 委 員 会 費 補 助 金 13,499 0 13,499 一 般 財 源 222,745 13,634 209,111 (1) 職 員 178,232 12,547 165,685 (2) 再 任 用 短 時 間 勤 務 職 員 10,767 1,087 9,680 2

More information

1 平 成 26 年 3 月 日 野 市 目 次 1. 計 画 の 背 景 目 的 等 の 整 理 1 (1) 計 画 の 背 景 1 (2) 計 画 の 目 的 1 (3) 計 画 の 位 置 づけ 2 (4) 計 画 期 間 2 (5) 対 象 住 宅 2 (6) 計 画 策 定 の 流 れ 3 2. 市 内 における 住 宅 ストック 等 の 状 況 と 課 題 の 整 理 4 (1) 人 口

More information

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

施 策 ( 凡 例 継 続 事 業 ) 暮 らしサポート <サービス> 高 齢 者 障 害 者 へのタクシー 券 の 助 成 障 害 者 の 移 動 支 援 高 齢 者 の 見 守 り( 配 食 サービス 友 愛 訪 問 福 祉 電 話 ) 高 齢 者 の 交 流 の 場 の 運 営 支 援 ( 老

施 策 ( 凡 例 継 続 事 業 ) 暮 らしサポート <サービス> 高 齢 者 障 害 者 へのタクシー 券 の 助 成 障 害 者 の 移 動 支 援 高 齢 者 の 見 守 り( 配 食 サービス 友 愛 訪 問 福 祉 電 話 ) 高 齢 者 の 交 流 の 場 の 運 営 支 援 ( 老 第 6 章 施 策 の 展 開 方 向 基 本 目 標 ごとに 設 定 した 基 本 方 針 に 沿 って 施 策 の 展 開 方 向 を 設 定 します 6-1 基 本 目 標 1 安 全 安 心 に 暮 らせる 住 まいづくり (1) 高 齢 者 障 害 者 向 けの 住 宅 確 保 誰 もが 自 立 し 安 心 して 暮 らせる 社 会 を 実 現 するため 高 齢 者 や 障 害 者 の 生

More information

運用状況予想

運用状況予想 各 位 平 成 19 年 7 月 31 日 不 動 産 投 資 信 託 証 券 発 行 者 名 野 村 不 動 産 レ ジ デ ン シ ャ ル 投 資 法 人 代 表 者 名 執 行 役 員 濵 田 信 幸 (コード 番 号 :3240) 投 資 信 託 委 託 業 者 名 野 村 不 動 産 投 信 株 式 会 社 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 井 上 辰 夫 問 合 せ 先 取 締

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

: 1 () () () () 5013,000 () 55 14,300 () 95 152,000 70 () 35 () 17,965 () () () 75 72,100 30 () 55,558 2 () () 33,630 35,780 () 1/240,253 ()75% 85,200 50 () 75% 7,000 ()1,531 () 21,340 () 3 () () 100%190,000

More information

目 次 第 1 章 第 1 節 総 則 総 則 第 1 款 趣 旨 ( 第 1 条 ) 2 第 2 款 基 本 目 標 ( 第 2 条 ) 2 第 3 款 運 用 方 針 ( 第 3 条 ) 2 第 2 節 用 語 の 定 義 ( 第 4 条 ) 3 第 2 章 計 画 要 件 第 1 節 計 画

目 次 第 1 章 第 1 節 総 則 総 則 第 1 款 趣 旨 ( 第 1 条 ) 2 第 2 款 基 本 目 標 ( 第 2 条 ) 2 第 3 款 運 用 方 針 ( 第 3 条 ) 2 第 2 節 用 語 の 定 義 ( 第 4 条 ) 3 第 2 章 計 画 要 件 第 1 節 計 画 世 田 谷 区 マンション 建 替 法 容 積 率 許 可 要 綱 (マンションの 建 替 え 等 の 円 滑 化 に 関 する 法 律 第 105 号 ) 世 田 谷 区 平 成 28 年 4 月 目 次 第 1 章 第 1 節 総 則 総 則 第 1 款 趣 旨 ( 第 1 条 ) 2 第 2 款 基 本 目 標 ( 第 2 条 ) 2 第 3 款 運 用 方 針 ( 第 3 条 ) 2 第 2

More information

NO. 46 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-17-3 総 交 付 対 象 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 全 体 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目

NO. 46 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-17-3 総 交 付 対 象 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 全 体 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目 NO. 40 道 路 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-2-1 総 交 付 対 象 事 業 費 14,247,860( 千 円 ) 全 体 事 業 費 14,247,860( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目 標 である 防 災 減 災 によるまちづくり の 柱 として 集 団 移 転 事 業 を 掲 げている 今 次 津 波 により 被 災 した 沿 岸

More information

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温 平 成 24 平 年 成 度 23 年 環 度 境 環 省 境 税 省 制 税 改 制 正 改 要 正 望 要 の 望 結 の 果 概 について 要 平 成 23 年 12 月 1 地 球 温 暖 化 対 策 ( 低 炭 素 化 促 進 )のための 税 制 全 体 のグリーン 化 (1) 地 球 温 暖 化 対 策 のための 税 の 導 入 平 成 24 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成

More information

<87433137323130378146926E88E68F5A91EE8C7689E68F912E786C73>

<87433137323130378146926E88E68F5A91EE8C7689E68F912E786C73> 地 域 住 宅 計 画 ひ だ し 平 成 22 年 3 月 地 域 住 宅 計 画 計 画 の 名 称 地 域 住 宅 計 画 都 道 府 県 名 岐 阜 県 作 成 主 体 名 計 画 期 間 平 成 17 年 度 ~ 22 年 度 1. 地 域 の 住 宅 政 策 の 経 緯 及 び 現 況 本 市 は 岐 阜 県 の 北 部 に 位 置 し 人 口 約 3 万 人 世 帯 数 約 9200

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798E9197BF825381A68DC48DB782B591D682A694C5817A938C93FA967B91E5906B8DD082F08F8482E991CE899E82C982C282A282C48169826F82528DB782B591D682A6816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798E9197BF825381A68DC48DB782B591D682A694C5817A938C93FA967B91E5906B8DD082F08F8482E991CE899E82C982C282A282C48169826F82528DB782B591D682A6816A> 資 料 4 東 日 本 大 震 災 を 巡 る 対 応 について Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 1. 東 日 本 大 震 災 で 住 居 を 失 われた 方 への 居 住 の 安 定 の 確 保 震 災 発 生 復 旧 期 復 興 期 東 日 本 大 震 災 住 宅 が 滅 失 避 難 所 等 公 営 住 宅 等 (

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F5A91EE837D8358835E815B83768389839381698DC58F4994C530333234816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F5A91EE837D8358835E815B83768389839381698DC58F4994C530333234816A2E646F6378> 目 次 第 1 章 計 画 の 策 定 にあたって -------------------------------------------------------- 1 (1) 背 景 と 目 的 ----------------------------------------------------------------- 2 (2) 計 画 の 位 置 づけと 構 成 -------------------------------------------------------

More information

目 次 はじめに... 1 1. 背 景 と 目 的... 1 2. 計 画 の 位 置 づけ... 1 3. 計 画 期 間... 1 4. 計 画 の 対 象... 2 Ⅰ 公 共 施 設 等 の 現 状 と 課 題... 3 1. 本 市 の 現 状... 3 2. 公 共 施 設 の 現 状

目 次 はじめに... 1 1. 背 景 と 目 的... 1 2. 計 画 の 位 置 づけ... 1 3. 計 画 期 間... 1 4. 計 画 の 対 象... 2 Ⅰ 公 共 施 設 等 の 現 状 と 課 題... 3 1. 本 市 の 現 状... 3 2. 公 共 施 設 の 現 状 志 木 市 公 共 施 設 等 マネジメント 戦 略 ( 志 木 市 公 共 施 設 等 総 合 管 理 計 画 ) 平 成 27 年 8 月 志 木 市 目 次 はじめに... 1 1. 背 景 と 目 的... 1 2. 計 画 の 位 置 づけ... 1 3. 計 画 期 間... 1 4. 計 画 の 対 象... 2 Ⅰ 公 共 施 設 等 の 現 状 と 課 題... 3 1. 本 市

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63> 調 布 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 26 年 9 月 調 布 市 は じ め に 本 市 は, 平 成 10 年 に 策 定 した 調 布 市 都 市 計 画 マスタープラン で 示 されたまちづく りの 目 標 を 実 現 するため, 各 種 の 取 組 を 進 めてきた この 中 で, 用 途 地 域 の 指 定 見 直 しは, 土 地

More information

鹿 児 島 県 住 生 活 基 本 計 画 平 成 23~32 年 度 平 成 24 年 3 月 鹿 児 島 県 18 6 鹿 児 島 県 の 総 人 口 一 般 世 帯 数 と 高 齢 化 率 の 推 移 千 人 2,500 鹿 児 島 県 の 総 人 口 鹿 児 島 県 の 一 般 世 帯 数 鹿 児 島 県 の 高 齢 化 率 全 国 平 均 の 高 齢 化 率 40% 2,000 1,500

More information

Microsoft Word - 設計委託特記仕様書20130201.doc

Microsoft Word - 設計委託特記仕様書20130201.doc 川 崎 病 院 ナースコールシステム 改 修 設 計 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 担 当 係 長 課 長 建 築 電 気 機 械 平 成 25 年 5 月 1 日 まちづくり 局 施 設 整 備 部 Ⅰ 業 務 概 要 1 業 務 名 称 ( 川 崎 病 院 ナースコールシステム 改 修 設 計 業 務 委 託 ) 2 計 画 施 設 概 要 本 業 務 の 対 象 となる 施 設 ( 以

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 広 域 巨 大 災 害 に 備 えた 仮 設 期 の 住 まいづくりガイドライン ~ 概 要 版 ~ 平 成 25 年 2 月 国 土 交 通 省 中 部 地 方 整 備 局 建 政 部 住 宅 整 備 課 ガイドラインの 背 景 問 題 意 識 等 背 景 問 題 意 識 東 日 本 大 震 災 の 教 訓 (P21) 迅 速 な 対 応 と 同 時 に 長 期 化 に 備 えたきめ 細 かい 配

More information

港区住宅型総合設計許可要綱(改正案)

港区住宅型総合設計許可要綱(改正案) 港 区 マンション 建 替 法 容 積 率 許 可 要 綱 平 成 27 年 6 月 1 日 27 港 街 計 第 791 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は マンションの 建 替 え 等 の 円 滑 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 78 号 以 下 法 という ) 第 105 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 容 積 率 の 許

More information