Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1 C V C

2

3 NULL sizeof strlen strcat

4 1 6 C hoge C int hoge int hoge; hoge int hoge hoge 6.1 hoge hoge 100 p_piyo p_piyo hoge

5 : 6.: hoge p piyo

6 6 int int double double double int int p piyo int* p_piyo; int *p_piyo; int *p_hoge,*p_piyo p hoge p piyo int* p_hoge, p_piyo p hoge p piyo int 6. int hoge; int int hoge 100 int* p_piyo 6.3 p piyo 3

7 6. 6.3: int hoge; int* p_piyo; hoge = 10; p_piyo = &hoge; int hoge int( hoge hoge = 10; hoge 10 p_piyo p_piyo = hoge; 6.4 p_piyo int* int* (int ( 6.4: p_piyo hoge & p_piyo = &hoge 6.5 4

8 6 6.5: & &hoge hoge int main(void) 5 int hoge; 6 int* p_piyo; 7 8 hoge = 10; 9 p_piyo = &hoge; printf("hoge address :%p\n", &hoge); 1 printf("hoge :%d\n", hoge); 13 printf("p_piyo :%p\n", p_piyo); 14 printf("*p_piyo:%d\n", *p_piyo); 15 printf("p_piyo address :%p\n", &p_piyo); 16 } printf %p 6.6 5

9 : printf("hoge address :%p\n",&hoge); & hoge address : printf("hoge :%d\n",hoge); hoge printf("p_piyo :%p\n",p_piyo); p_piyo printf("*p_piyo:%d\n",*p_piyo); *p_piyo *p_piyo : 10 hoge *p_piyo p_piyo p_piyo hoge *p_piyo * * int* p_hoge; /* * */ OS hoge address :001F580 6

10 6 int piyo = 10; p_hoge = &piyo; /* p_hoge piyo * */ printf("%d", *p_hoge); * * printf("p_piyo address :%p\n", &p_piyo); hoge address : 100 hoge : 10 p_piyo : 100 *p_piyo : 10 p_piyo address : 150 C void* 1 int main(void) { 3 int hoge = 10; 4 void* p_piyo = &hoge; 5 6 /* bar = *p_piyo */ 7 int bar = *( (int*)p_piyo ); 8 9 return 0; 10 } int bar = *p_piyo; 7

11 6.4 NULL p piyo ( hoge) int* p_piyo hoge *p_piyo 6.7: 6.4 NULL int hoge; printf("%d",hoge); hoge int* p p p 8

12 6 p = NULL; p NULL p NULL NULL #define NULL 0 p = NULL p = 0 p = 0 #define NULL ( (void*)0 ) NULL int* p = NULL printf("%d",*p); p 3 int* int* p_piyo = 10; NULL 0 int* p_piyo = 0; C 0 0 NULL swap 1 void swap( int x, int y ) { 3 int tmp = x; NULL 3 Java NullPointerException 4 0 NULL JAVA null 9

13 6.5 4 x = y; 5 y = tmp; 6 } 3 void swap( int x, int y ) 5 int tmp = x; 6 x = y; 7 y = tmp; 8 } 9 10 int main(void) 11 { 1 int hoge = 10, piyo = 5; swap( hoge, piyo ); 15 printf("hoge : %d, piyo : %d\n",hoge, piyo); 16 return 0; 17 } hoge : 10, piyo : 5 swap.?? 6.8 x y hoge piyo 10

14 6 6.8: 3 void swap(int* x, int* y); /* */ 4 5 int main(void) 6 { 7 int hoge = 10, piyo = 5; 8 9 swap( &hoge, &piyo ); 10 printf("hoge : %d, piyo : %d\n",hoge,piyo); 11 return 0; 1 } void swap(int* x, int* y) 15 { 16 int tmp = *x; 17 *x = *y; 18 *y = tmp; 19 } 6.9 *x hoge *y piyo hoge : 5, piyo : 10 hoge piyo &hoge scanf 11

15 : & 6.6 int char double?? : short int long unsigned short unsigned int unsigned long char unsigned char float 3.4 * 10^ * 10^+38 double 1.7 * 10^ * 10^+308 1

16 6 int char char 1 int char char sizeof sizeof sizeof int return int main(void) 3 { 4 char hoge; 5 int piyo; 6 7 printf("char %d ", sizeof(hoge) ); 8 printf("int %d ", sizeof(piyo) ); 9 return 0; 10 }

17 6.6 char 1 int int main(void) 3 { 4 char* p_hoge; 5 int* p_piyo; 6 7 printf("char* %d \n", sizeof(p_hoge) ); 8 printf("int* %d \n", sizeof(p_piyo) ); 9 return 0; 10 } char* 4 int* int main(void) 3 { 4 int array[5] = {5,10,15,0,5}; 5 int* p; 8 int* char* 14

18 6 6 p = &array[0]; 7 8 printf("p[0] = %d\n",*p); 9 p++; 10 printf("p[1] = %d\n",*p); 11 } main : 6.11: 15

19 6.6 Array[0] 100 int 4 Array[1] 104 p++; p int p++; : 4 int* char* =101 p[0] = 5 p[1] = 10 16

20 int main(void) 5 int array[5] = { 1,, 3, 4, 5 }; 6 int* p; 7 8 p = &array[0]; 9 10 printf("*(p+0) : %d\n", *(p + 0) ); 11 printf("*(p+1) : %d\n", *(p + 1) ); 1 printf("*(p+3) : %d\n", *(p + 3) ); 13 return 0; 14 } int array[5] = { 1,, 3, 4, 5 }; int* p; p = &array[0]; 6.13 array[0] 100 int 4 array[1] 104 array array[0] array[4] 5 array array[4] 116 int* p p = array[0]; 17

21 : array[0] int p int* (int) int* array[0] p = &array[0]; & array[1] p p = &array[1]; printf("*(p+0) : %d\n", *(p+0) ); printf("*(p+1) : %d\n", *(p+1) ); printf("*(p+3) : %d\n", *(p+3) ); *p p 100 *p 100 array[0] *(p + 0) *(p) *p p

22 6 6.14: printf("*(p+0) : %d\n", *(p+0) ); array[0] 1 printf("*(p+0) : %d\n", *(p+1) ); p int size 4 p+1 int 4 p p+1 p 100 int *(p+0) *(100 ) *(p+1) *( ) *(104 ) array[1] printf("*(p+0) : %d\n", *(p+3) ); *(p+0) : 1 *(p+1) : *(p+3) : 4 19

23 6.7 *( p + 1 ); p int main(void) 5 int array[5] = { 1, 5, 10, 15, 0 }; 6 int* p; 7 8 p = &array[0]; 9 printf("array[0] : %d\n", *(p + 0) ); 10 printf("array[1] : %d\n", *(p + 1) ); 11 1 printf("*p+1 : %d\n", *p + 1 ); return 0; 15 } array[0] : 1 array[1] : 5 *p+1 : *(p + 1) *p * (3 + 5) 9 C *p + 1 * + * *p *p printf("*p+1 : %d\n", *p + 1 ); p 1 0

24 6 printf("*p+1 : %d\n", *(p + 1) ); 3 int main(void) 5 int array[5] = { 1,, 3, 4, 5 }; 6 int* p; 7 8 p = &array[0]; 9 10 printf("*(p+0) : %d\n", *(p+0) ); 11 printf("*(p+1) : %d\n", *(p+1) ); 1 printf("*(p+3) : %d\n", *(p+3) ); 13 return 0; 14 } p = &array[0]; p = array; 3 int main(void) 5 int array[5] = { 1,, 3, 4, 5 }; 6 int* p; 7 8 p = array; /* p array */ 9 10 printf("*(p+0) : %d\n", *(p+0) ); 11 printf("*(p+1) : %d\n", *(p+1) ); 1

25 6.7 1 printf("*(p+3) : %d\n", *(p+3) ); 13 return 0; 14 } array p int main(void) 5 int array[5] = { 1,, 3, 4, 5 }; 6 int* p; 7 8 p = array; /* p array */ 9 10 printf("p[0] : %d\n", p[0] ); 11 printf("p[1] : %d\n", p[1] ); 1 printf("*(p+1) : %d\n", *(p + 1) ); 13 return 0; 14 } p[0] : 1 p[1] : *(p+1) : p[0] p array p[0] *(p + 0) p[1] *(p + 1) *(p + 1) p[1]

26 6 3 int main(void) 5 int array[5] = { 1,, 3, 4, 5 }; 6 int* p; 7 8 p = &array[1]; /* array[1] */ 9 10 printf("p[0] : %d\n", p[0] ); 11 printf("p[1] : %d\n", p[1] ); 1 printf("p[-1]: %d\n", p[-1] ); 13 return 0; 14 } p[0] : p[1] : 3 p[-1]: 1 p[-1] array[-1] p[-1] *(p - 1) *(p + 1) *(1 + p) (3 + 5) (5 + 3) *(1 + p) 1[p] int i; 3 void myputs(char str[0]) 3

27 6.7 5 int i; 6 for( i = 0; str[i]!= \0 ; i++ ) { 7 putchar( str[i] ); 8 } 9 printf("\n"); 10 } 11 1 int main(void) 13 { 14 char str[0] = "Hello world"; 15 myputs( str ); 16 return 0; 17 } Hello world myputs str char str[0] char* str main int main(void) { char str[0]; char* str; } str str char str[0] char* str myput void myputs(char* str) { int i; for( i = 0; str[i]!= \0 ; i++ ) { putchar(str[i]); 4

28 6 } } printf("\n"); void myputs(char str[]) void myputs(char* str); void myputs(char str[0]); void myputs(char str[]); myputs( str ); myputs( &str[0] ) main char str[10000]; myputs int array[5] int 5 int* p[5] int* 5 5

29 6.7 3 int main(void) 5 int array[5] = {1,, 3, 4, 5}; 6 int* p[5]; 7 int i; 8 9 for(i = 0; i < 5 ; i++) { 10 p[i] = &array[i]; 11 printf("p[%d] : %p\n", i, p[i]); 1 } *p[0] += 10; for(i = 0; i < 5 ; i++) { 17 printf("*p[%d] : %d\n", i, *p[i]); 18 } 19 } for array[i] p[i] p[i] 6.15 for p[0] : 100 p[1] : 104 p[] : 108 p[3] : 11 p[4] : 116 *p[0] += 10 p[0] array[0] 10 for *p[i] p[i] 6

30 6 6.15: p[0] : 100 p[1] : 104 p[] : 108 p[3] : 11 p[4] : 116 *p[0] : 11 *p[1] : *p[] : 3 *p[3] : 4 *p[4] :

31 6.8 3 int main(void) 5 char* str = "Hello"; 6 printf("%s\n", str ); 7 8 return 0; 9 } Hello 6.16 str 6.16: char* str = "Hello" char str[10] = "Hello" 6.17 str char str 8

32 6 6.17: 3 int main(void) 5 char* str = "Hello"; 6 char str[10] = "Hello"; 7 8 str[0] = B ; /* */ 9 str[0] = B ; /* OK */ return 0; 1 } str[0] *(str + 0) str str[0] = B str 9

33 char int char* int* 3 int main(void) 5 int hoge = 10; 6 int* p_hoge; 7 int** p_p_hoge; 8 9 p_hoge = &hoge; 10 p_p_hoge = &p_hoge; 11 1 printf("hoge = %d\n", hoge); 13 printf("*p_hoge = %d\n", *p_hoge); 14 printf("p_hoge address = %p\n", &p_hoge); 15 printf("p_p_hoge = %p\n", p_p_hoge); 16 printf("**p_p_hoge = %d\n", **p_p_hoge); return 0; 19 } : 30

34 6 6.19: p hoge hoge p p hoge int* p p hoge p hoge hoge : **p p hoge *( *p p hoge ) *( p hoge ) hoge = 10 *p_hoge = 10 p_hoge address = 150 p_p_hoge = 150 **p_p_hoge = 10 31

35 strlen strlen my strlen my strlen 3 int my_strlen(const char* str) 5 int i = 0; 6 while( *str++ ) { 7 i++; 8 } 9 return i; 10 } 11 1 int main(void) 13 { 14 char str[0] = "Hello world"; 15 printf("%s %d \n", str, my_strlen(str)); 16 return 0; 17 } const char* str my strlen str[i] = E ; *(str + i) = E ; *str++; *(str++); NULL NULL \0 0. while( 0 ) 3

36 strcat strcpy my strcpy 3 void my_strcpy(char* dest, const char* src) 5 while( *dest++ = *src++ ) 6 ; 7 } 8 9 int main(void) 10 { 11 char str[0] = "Hello world"; 1 char copy[0]; my_strcpy(copy, str); 15 printf(" %s \n",copy); 16 return 0; 17 } int main(void) 5 int hoge = 30; 6 int* piyo = &hoge; 7 8 printf("out1 :%d\n",hoge); 9 printf("out :%d\n",*piyo); 33

37 return 0; 1 } 3 int main(void) 5 int x = 10; 6 int y = 0; 7 int* hoge = &x; 8 int* piyo = &y; 9 int* tmp; tmp = hoge; 1 hoge = piyo; 13 piyo = tmp; printf("out1 :%d\n",x); 16 printf("out :%d\n",*hoge); return 0; 19 } 3 3 int main(void) 5 int array[5] = {1,,3,4,5}; 6 int* p = &array[0]; 7 34

38 6 8 p += ; 9 printf("out1 :%d\n",*p); return 0; 1 } 4 3 int main(void) 5 int array[5] = { 1, 5, 10, 15, 0 }; 6 int* p; 7 8 p = &array[0]; 9 10 printf("%d %d %d %d %d\n",*(p+0), *(p+1), p[], 3[p], *p ); 11 p = array; 1 printf("%d %d %d %d %d\n",*(p+0), *(p+1), p[], 3[p], *p ); *p += 10; 15 printf("p[0] : %d\n",p[0]); (*p)++; 18 printf("*p : %d\n",*p); 19 0 *(p++); 1 printf("*p : %d\n",*p); } 5 35

39 int main(void) 5 char* p = "Hello world"; 6 7 printf("%s\n",p); 8 p[1] = a ; 9 printf("%s\n",p); return 0; 1 } 6 hoge 100 i 00 j 300 k int main(void) 5 int hoge = 10; 6 int* i = &hoge; 7 int** j = &i; 8 int*** k = &j; 9 10 printf("hoge = %d\n", hoge); 11 printf("&hoge= %p\n", &hoge); 1 printf("*i = %d\n", *i); 13 printf("&i = %p\n", &i); 14 printf("&j = %p\n", &j); 15 printf("*j = %p\n", *j); 16 printf("**j = %d\n", **j); 17 printf("k = %p\n", k); 18 printf("*k = %p\n", *k); 19 printf("**k = %p\n", **k); 0 printf("***k = %d\n", ***k); 1 return 0; 3 } 36

40 37 [1] Brian W. Kernighan, Dennis M. Ritchie, The C Programming Language Second Edition [] Peter van der Linden, Expert C Programming Deep C Secrets [3], C [4] Bjarne Stroustrup, C++ [5], [6], [7], C [8], C [9], C [10], C [11], 006, [1] Ryo Kawahara, C/C++, [13] TOMOJI, C, [14], C, [15], C,

Microsoft Word - no15.docx

Microsoft Word - no15.docx ex33.c /* */ #define IDLENGTH 7 /* */ #define MAX 100 /* */ /* */ struct student char idnumber[idlength + 1]; /* */ int math; /* () */ int english; /* () */ int japanese; /* () */ double average; /* */

More information

超初心者用

超初心者用 3 1999 10 13 1. 2. hello.c printf( Hello, world! n ); cc hello.c a.out./a.out Hello, world printf( Hello, world! n ); 2 Hello, world printf n printf 3. ( ) int num; num = 100; num 100 100 num int num num

More information

10

10 2: http://www7.bpe.es.osaka-u.ac.jp/~kota/classes/jse.html kota@fbs.osaka-u.ac.jp 10 : 0 1 2 n 2 n 0 1 1 0 1 0 0 1 (2) = 105 1 = 8 1 2 8 = 256 0 9 105 i 106 j 256 2 1 #include int main(void)

More information

Microsoft Word - no14.docx

Microsoft Word - no14.docx ex26.c #define MAX 20 int max(int n, int x[]); int num[max]; int i, x; printf(" "); scanf("%d", &x); if(x > MAX) printf("%d %d \n", MAX, MAX); x = MAX; for(i = 0; i < x; i++) printf("%3d : ", i + 1); scanf("%d",

More information

tuat2.dvi

tuat2.dvi ( 2 ) http://ist.ksc.kwansei.ac.jp/ tutimura/ 2012 7 7 ( 2 ) 1 / 54 (1) (2) (?) (1) (2) 2 ( 2 ) 2 / 54 1. 30 2. 2012 6 30 25 OS ( 2 ) 3 / 54 10 20 1993 1996 2000 2003 = 30 ( 2 ) 4 / 54 1 2 2 ( 2 ) 5 /

More information

1 C STL(1) C C C libc C C C++ STL(Standard Template Library ) libc libc C++ C STL libc STL iostream Algorithm libc STL string vector l

1 C STL(1) C C C libc C C C++ STL(Standard Template Library ) libc libc C++ C STL libc STL iostream Algorithm libc STL string vector l C/C++ 2007 6 18 1 C STL(1) 2 1.1............................................... 2 1.2 stdio................................................ 3 1.3.......................................... 10 2 11 2.1 sizeof......................................

More information

PC Windows 95, Windows 98, Windows NT, Windows 2000, MS-DOS, UNIX CPU

PC Windows 95, Windows 98, Windows NT, Windows 2000, MS-DOS, UNIX CPU 1. 1.1. 1.2. 1 PC Windows 95, Windows 98, Windows NT, Windows 2000, MS-DOS, UNIX CPU 2. 2.1. 2 1 2 C a b N: PC BC c 3C ac b 3 4 a F7 b Y c 6 5 a ctrl+f5) 4 2.2. main 2.3. main 2.4. 3 4 5 6 7 printf printf

More information

C Nishio, Quick http://karetta.jp/book-cover/c-for-beginners http://www.usamimi.info/ guiprog/ C 1972 AT&T Dennis M. Ritchie Brian Wilson Kernighan 1,2 80 90 C 90 Java Visual Basic 90 2000 Java GUI C

More information

2 P.S.P.T. P.S.P.T. wiki 26

2 P.S.P.T. P.S.P.T. wiki  26 P.S.P.T. C 2011 4 10 2 P.S.P.T. P.S.P.T. wiki p.s.p.t.since1982@gmail.com http://www23.atwiki.jp/pspt 26 3 2 1 C 8 1.1 C................................................ 8 1.1.1...........................................

More information

Microsoft Word - C.....u.K...doc

Microsoft Word - C.....u.K...doc C uwêííôöðöõ Ð C ÔÖÐÖÕ ÐÊÉÌÊ C ÔÖÐÖÕÊ C ÔÖÐÖÕÊ Ç Ê Æ ~ if eíè ~ for ÒÑÒ ÌÆÊÉÉÊ ~ switch ÉeÍÈ ~ while ÒÑÒ ÊÍÍÔÖÐÖÕÊ ~ 1 C ÔÖÐÖÕ ÐÊÉÌÊ uê~ ÏÒÏÑ Ð ÓÏÖ CUI Ô ÑÊ ÏÒÏÑ ÔÖÐÖÕÎ d ÈÍÉÇÊ ÆÒ Ö ÒÐÑÒ ÊÔÎÏÖÎ d ÉÇÍÊ

More information

ARM gcc Kunihiko IMAI 2009 1 11 ARM gcc 1 2 2 2 3 3 4 3 4.1................................. 3 4.2............................................ 4 4.3........................................

More information

C言語入門

C言語入門 1 C 言語入門 第 11 週 プログラミング言語 Ⅰ( 実習を含む ), 計算機言語 Ⅰ 計算機言語演習 Ⅰ, 情報処理言語 Ⅰ( 実習を含む ) 2 コンパイル時のエラーのパターン 復習 3 gcc のエラーメッセージ 環境変数 LANG を設定すると言語が変わる mintty + bash + GNU C $ LANG=C gcc error1.c error1.c: In function

More information

Microsoft Word - Cプログラミング演習(11)

Microsoft Word - Cプログラミング演習(11) 第 11 回 (7/2) 4. いくつかのトピック (1) ビットごとの演算子 C 言語には, 次のようなビット単位で演算を行う特別な演算子が用意されている & ビットごとの AND ビットごとの OR ^ ビットごとの XOR( 排他的論理和 ) ~ 1 の補数これらの演算子は文字型と整数型で機能し, 浮動小数点数型では使用できない AND, OR, XOR は, それぞれのオペランドの対応するビットを比較して結果を返す

More information

1-4 int a; std::cin >> a; std::cout << "a = " << a << std::endl; C++( 1-4 ) stdio.h iostream iostream.h C++ include.h 1-4 scanf() std::cin >>

1-4 int a; std::cin >> a; std::cout << a =  << a << std::endl; C++( 1-4 ) stdio.h iostream iostream.h C++ include.h 1-4 scanf() std::cin >> 1 C++ 1.1 C C++ C++ C C C++ 1.1.1 C printf() scanf() C++ C hello world printf() 1-1 #include printf( "hello world\n" ); C++ 1-2 std::cout

More information

1 1 2 2 2.1 Java......... 2 2.2................................. 3 2.3.................................. 3 3 4 3.1....................................

1 1 2 2 2.1 Java......... 2 2.2................................. 3 2.3.................................. 3 3 4 3.1.................................... 06H082 1 1 2 2 2.1 Java......... 2 2.2................................. 3 2.3.................................. 3 3 4 3.1..................................... 4 3.2 GP.....................................

More information

Microsoft Word - Cプログラミング演習(7)

Microsoft Word - Cプログラミング演習(7) 第 7 回 (6/4) 2. 構造体 構造体とは, 同じ型に限定されない複数の関連するデータメンバの集合である 構造体の宣言構造体指定子 struct を用いて struct 構造体タグ名 { メンバ 1 の宣言 ; メンバ 2 の宣言 ; メンバ n の宣言 ; }; 注 ) 構造体タグ名は構造体の型名で, 内容を定義するものでオブジェクトではなく, 論理的なテンプレートである 構造体の変数の宣言実際の記憶領域を占める物理的実体を確保する

More information

Microsoft Word - Cプログラミング演習(12)

Microsoft Word - Cプログラミング演習(12) 第 12 回 (7/9) 4. いくつかのトピック (5)main 関数の引数を利用したファイル処理 main 関数は, 起動する環境から引数を受け取ることができる 例えば 次に示すように,main 関数に引数を用いたプログラムを作成する 01 /* sample */ 02 /* main 関数の引数 */ 03 #include 04 05 main(int argc, char

More information

1.1 1 C IIA $ cd comp3a %endminipage ~/comp3a mkdir $ mkdir comp3a $ cd comp3a C.c Emacs Cntrol x Control s 2 Emacs Control-x Control-f Control-

1.1 1 C IIA $ cd comp3a %endminipage ~/comp3a mkdir $ mkdir comp3a $ cd comp3a C.c Emacs Cntrol x Control s 2 Emacs Control-x Control-f Control- 1 C IIA 1 C IIA IIA 1.1 Mac OS X 1.1.1 Mac OS X Unicode(UTF-8) UTF-8 Jedit X( ) Emacs( ) Emacs Emacs Emacs [Finder] [] Emacs dock Jedit X C 1. Jedit X Dock drag & drop Jedit X [Finder] [] Jedit X Folder

More information

1.ppt

1.ppt /* * Program name: hello.c */ #include int main() { printf( hello, world\n ); return 0; /* * Program name: Hello.java */ import java.io.*; class Hello { public static void main(string[] arg)

More information

P06.ppt

P06.ppt p.130 p.198 p.208 2 1 double weight[num]; double min, max; min = max = weight[0]; for( i= 1; i < NUM; i++ ) if ( weight[i] > max ) max = weight[i]: if ( weight[i] < min ) min = weight[i]: weight 3 maxof(a,

More information

ディジタル信号処理

ディジタル信号処理 http://www.cfme.chiba-u.jp/~yama// C 言 語 におけるファイル 入 出 力 テキスト バイナリの 取 り 扱 い ( )..[4]% gcc Wall o hoge hoge.c..[5]%./hoge 1 : 1 2 : 2 3 : 3 4 : 0 6..[6]% (! )..[4]% gcc Wall o hoge hoge.c..[5]%!g gcc Wall

More information

2004

2004 2008 3 20 400 1 1,222 7 1 2 3 55.8 54.8 3 35.8 6 64.0 50.5 93.5 1 1,222 1 1,428 1 1,077 6 64.0 52.5 80.5 56.6 81.5 30.2 1 2 3 7 70.5 1 65.6 2 61.3 3 51.1 1 54.0 2 49.8 3 32.0 68.8 37.0 34.3 2008 3 2 93.5

More information

Microsoft PowerPoint - lecture201509c_1.pptx

Microsoft PowerPoint - lecture201509c_1.pptx 2015/9/7-8 1 大 島 聡 史 情 報 基 盤 センター 助 教 2015/9/7-8 2 目 標 (C 言 語 を 全 く 知 らない 状 態 から) C 言 語 をある 程 度 使 えるようになる C 言 語 の 基 本 的 な 知 識 を 得 る ベクトルや 行 列 を 使 った 計 算 を 行 うプログラムを 作 れるよ うになる 2015/9/7-8 3 C 言 語 とは? 手

More information

Prog1_14th

Prog1_14th 2012 年 7 月 19 日 ( 木 ) 実 施 構 造 体 レコードと 構 造 体 前 々 回 の 教 材 で 触 れたように, 複 数 の 項 目 に 渡 るデータを 一 まとめにしたものをレコードとい う 例 えば, 次 のように 学 籍 番 号, 氏 名, 履 修 科 目 コード, 点 数, 評 価 といった 項 目 による 1 人 分 のデータを 一 まとめにしたものは 1 件 分 のレコードである

More information

±é½¬£²¡§£Í£Ð£É½éÊâ

±é½¬£²¡§£Í£Ð£É½éÊâ 2012 8 7 1 / 52 MPI Hello World I ( ) Hello World II ( ) I ( ) II ( ) ( sendrecv) π ( ) MPI fortran C wget http://www.na.scitec.kobe-u.ac.jp/ yaguchi/riken2012/enshu2.zip unzip enshu2.zip 2 / 52 FORTRAN

More information

やさしいJavaプログラミング -Great Ideas for Java Programming サンプルPDF

やさしいJavaプログラミング -Great Ideas for Java Programming サンプルPDF pref : 2004/6/5 (11:8) pref : 2004/6/5 (11:8) pref : 2004/6/5 (11:8) 3 5 14 18 21 23 23 24 28 29 29 31 32 34 35 35 36 38 40 44 44 45 46 49 49 50 pref : 2004/6/5 (11:8) 50 51 52 54 55 56 57 58 59 60 61

More information

<4D F736F F D20438CBE8CEA8D758DC03389F0939A82C282AB2E646F63>

<4D F736F F D20438CBE8CEA8D758DC03389F0939A82C282AB2E646F63> C 言語講座第 3 回 キャスト ( 型変換 ) 強制的に式の型を変換する ( 変換したい型名 ) 変換元で記述する int num_a = 10, num_b = 3; float result1, result2; // 結果格納用 // 計算用 result1 = num_a / num_b; // 通常のint/int 割り算 result2 = (float)num_a / num_b;//

More information

untitled

untitled H8/300,H8S,H8SX [H8S,H8/300 Tool Chain Ver6.2.0.0] #define Inline static inline //************************************************** Inline char sil_and_mem(char *mem,char and) return (*((volatile

More information

program.dvi

program.dvi 2001.06.19 1 programming semi ver.1.0 2001.06.19 1 GA SA 2 A 2.1 valuename = value value name = valuename # ; Fig. 1 #-----GA parameter popsize = 200 mutation rate = 0.01 crossover rate = 1.0 generation

More information

1 ( )

1 ( ) I : :155727B : :2015 7 30 1 ( ) 2 2 18 2.1............................................ 18 2.1.1....................................... 18 2.1.2...................................... 19 2.1.3...................................

More information

1 CUI CUI CUI 1.1 cout cin 1.1.1 redirect.cpp #i n c l u d e <s t r i n g > 3 using namespace std ; 5 6 i n t main ( void ) 7 { 8 s t r i n g s ; 10 c

1 CUI CUI CUI 1.1 cout cin 1.1.1 redirect.cpp #i n c l u d e <s t r i n g > 3 using namespace std ; 5 6 i n t main ( void ) 7 { 8 s t r i n g s ; 10 c C/C++ 007 6 11 1 CUI 1.1....................................... 1................................ 3 1.3 argc argv................................. 5.1.............................................. 5...............................................

More information

Blackfin(ADSP-BF533)活用ハンドブック

Blackfin(ADSP-BF533)活用ハンドブック () 103 Column 5-A C: Program Files Analog Devices VisualDSP 3.5 16-Bit C: Program Files Analog Devices VisualDSP 4.0 104 ( ) ( ) ( ) Column 5-B () () 105 ( ) ( ) 106 ( ).vdu () http://www.analog.com/processors/processors/blackfin/crosscore/toolsupgrades/

More information

1 1 2 2 2.1................................................ 2 2.2......................................... 2 3 Battle Ship 3 3.1......................

1 1 2 2 2.1................................................ 2 2.2......................................... 2 3 Battle Ship 3 3.1...................... 2013 10H071 1 1 2 2 2.1................................................ 2 2.2......................................... 2 3 Battle Ship 3 3.1............................................ 3 3.2............................................

More information

double 2 std::cin, std::cout 1.2 C fopen() fclose() C++ std::fstream 1-3 #include <fstream> std::fstream fout; int a = 123; fout.open( "data.t

double 2 std::cin, std::cout 1.2 C fopen() fclose() C++ std::fstream 1-3 #include <fstream> std::fstream fout; int a = 123; fout.open( data.t C++ 1 C C++ C++ C C C++ 1.1 C printf() scanf() C++ C 1-1 #include int a; scanf( "%d", &a ); printf( "a = %d\n", a ); C++ 1-2 int a; std::cin >> a; std::cout

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 0 1 2 3 4 5 6 1964 1978 7 0.0015+0.013 8 1 π 2 2 2 1 2 2 ( r 1 + r3 ) + π ( r2 + r3 ) 2 = +1,2100 9 10 11 1.9m 3 0.64m 3 12 13 14 15 16 17 () 0.095% 0.019% 1.29% (0.348%) 0.024% 0.0048% 0.32% (0.0864%)

More information

design_pattern.key

design_pattern.key #include void init(int* ary, int size) for (int i = 0; i < size; ++i) ary[i] = i; void mul10(int* ary, int size) for (int i = 0; i < size; ++i) ary[i] *= 10; void dispary(int* ary, int size)

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation ファイルの入出力 芝浦工業大学情報工学科 青木義満 今回の講義内容 ファイル入出力 ファイルからのデータ読込み ファイルと配列 2 1 ファイルへのデータ書き込み ( 復習 ) ソースファイル名 :fileio1.c データをファイルに書き込み #include int main(void) { ファイルポインタ宣言 int student_id = 100; char name[

More information

58 7 MPI 7 : main(int argc, char *argv[]) 8 : { 9 : int num_procs, myrank; 10 : double a, b; 11 : int tag = 0; 12 : MPI_Status status; 13 : 1 MPI_Init

58 7 MPI 7 : main(int argc, char *argv[]) 8 : { 9 : int num_procs, myrank; 10 : double a, b; 11 : int tag = 0; 12 : MPI_Status status; 13 : 1 MPI_Init 57 7 MPI MPI 1 1 7.1 Bcast( ) allocate Bcast a=1 PE0 a=1 PE1 a=1 PE2 a=1 PE3 7.1: Bcast 58 7 MPI 7 : main(int argc, char *argv[]) 8 : { 9 : int num_procs, myrank; 10 : double a, b; 11 : int tag = 0; 12

More information

() () (parse tree) ( (( ) * 50) ) ( ( NUM 10 + NUM 30 ) * NUM 50 ) ( * ) ( + ) NUM 50 NUM NUM (abstract syntax tree, AST) ( (( ) * 5

() () (parse tree) ( (( ) * 50) ) ( ( NUM 10 + NUM 30 ) * NUM 50 ) ( * ) ( + ) NUM 50 NUM NUM (abstract syntax tree, AST) ( (( ) * 5 3 lex yacc http://www.cs.info.mie-u.ac.jp/~toshi/lectures/compiler/ 2018 6 1 () () (parse tree) ( ((10 + 30) * 50) ) ( ( NUM 10 + NUM 30 ) * NUM 50 ) ( * ) ( + ) NUM 50 NUM NUM 10 30 (abstract syntax tree,

More information

Java演習(2) -- 簡単なプログラム --

Java演習(2)   -- 簡単なプログラム -- Java public class Hello Hello (class) (field)... (method)... Java main Hello World(Hello.java) public class Hello { public static void main(string[ ] args) { public() (package) Hello World(Hello.java)

More information

Microsoft Word - CodingStyle.doc

Microsoft Word - CodingStyle.doc コーディングスタイルについて コーディングスタイルとはソースコードのレイアウトのことです 空 白 やカッコをどこにいくつ 入 れるか どこで 改 行 するか コメントはどこにつけるか といったこともろもろを 全 部 まとめてコーディングスタイルと 言 います Cはフリーフォーマットな 言 語 です Web で The International Obfuscated C Code Contest(

More information

今までの復習 プログラムで最低限必要なもの 入力 ( キーボードから ファイルから ) 出力 ( 画面へ ファイルへ ) 条件分岐 : 条件の成立 不成立により 異なる動作をする 繰り返し : 一定の回数の繰返し 条件成立の間の繰返し 関数の定義 関数の呼び出し C ではそれ以外に ポインタ データ

今までの復習 プログラムで最低限必要なもの 入力 ( キーボードから ファイルから ) 出力 ( 画面へ ファイルへ ) 条件分岐 : 条件の成立 不成立により 異なる動作をする 繰り返し : 一定の回数の繰返し 条件成立の間の繰返し 関数の定義 関数の呼び出し C ではそれ以外に ポインタ データ C プログラミング演習 1( 再 ) 7 講義では C プログラミングの基本を学び演習では 実践的なプログラミングを通して学ぶ 今までの復習 プログラムで最低限必要なもの 入力 ( キーボードから ファイルから ) 出力 ( 画面へ ファイルへ ) 条件分岐 : 条件の成立 不成立により 異なる動作をする 繰り返し : 一定の回数の繰返し 条件成立の間の繰返し 関数の定義 関数の呼び出し C ではそれ以外に

More information

MB-LCD1 標準入出力関数による表示

MB-LCD1 標準入出力関数による表示 アプリケーションノート MB-LCD1_3 2005/9 液晶表示ユニット MB-LCD1 標準入出力関数による表示 概要 本アプリケーションノートは 液晶表示ユニット MB-LCD1 を オリジナル ライブラリ (STD_LCD_LIB.lib) と コンパイラ NC30WA 付属の標準ライブラリ (r8clib.lib) の標準入出力関数を使用して表示する方法を説明するものです オリジナル ライブラリ

More information

class IntCell { private int value ; int getvalue() {return value; private IntCell next; IntCell next() {return next; IntCell(int value) {this.value =

class IntCell { private int value ; int getvalue() {return value; private IntCell next; IntCell next() {return next; IntCell(int value) {this.value = Part2-1-3 Java (*) (*).class Java public static final 1 class IntCell { private int value ; int getvalue() {return value; private IntCell next; IntCell next() {return next; IntCell(int value) {this.value

More information

実際の株価データを用いたオプション料の計算

実際の株価データを用いたオプション料の計算 2002 2 20 1 1 3 2 3 2.1 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 5 2.1.1 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 5 2.1.2 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 6 2.2 : : : : : : : : : :

More information

t 2 2 t 2 t F ( ) p- 2 2 F 2 G F ( ) 2 2 F 2 G F ( ) 2 2 2

t 2 2 t 2 t F ( ) p- 2 2 F 2 G F ( ) 2 2 F 2 G F ( ) 2 2 2 1 2 2 0 1 2 2 2 2 2 2 2 2.1 2 2 F={f ij }, G {g ij } t f ij t g ij = 1 f ij < t g ij = 0 t p- p S 0 S p = S 0 /S t p 2 t 1 t 2 2 t 2 t 2 2 3 3 1 2 F ( ) p- 2 2 F 2 G 3 2 2 F ( ) 2 2 F 2 G 3 3 2 F ( ) 2

More information

2) TA Hercules CAA 5 [6], [7] CAA BOSS [8] 2. C II C. ( 1 ) C. ( 2 ). ( 3 ) 100. ( 4 ) () HTML NFS Hercules ( )

2) TA Hercules CAA 5 [6], [7] CAA BOSS [8] 2. C II C. ( 1 ) C. ( 2 ). ( 3 ) 100. ( 4 ) () HTML NFS Hercules ( ) 1,a) 2 4 WC C WC C Grading Student programs for visualizing progress in classroom Naito Hiroshi 1,a) Saito Takashi 2 Abstract: To grade student programs in Computer-Aided Assessment system, we propose

More information

橡matufw

橡matufw 3 10 25 3 18 42 1 2 6 2001 8 22 3 03 36 3 4 A 2002 2001 1 1 2014 28 26 5 9 1990 2000 2000 12 2000 12 12 12 1999 88 5 2014 60 57 1996 30 25 205 0 4 120 1,5 A 1995 3 1990 30 6 2000 2004 2000 6 7 2001 5 2002

More information

O

O 11 2 1 2 1 1 2 1 80 2 160 3 4 17 257 1 2 1 2 3 3 1 2 138 1 1 170 O 3 5 1 5 6 139 1 A 5 2.5 A 1 A 1 1 3 20 5 A 81 87 67 A 140 11 12 2 1 1 1 12 22 1 10 1 13 A 2 3 2 6 1 B 2 B B B 1 2 B 100 B 10 B 3 3 B 1

More information

JavaプログラミングⅠ

JavaプログラミングⅠ Java プログラミング Ⅰ 3 回目変数 今日の講義で学ぶ内容 変数とは 変数の使い方 キーボード入力の仕方 変 数 変 数 一時的に値を記憶させておく機能です 変数は 型 ( データ型ともいいます ) と識別子をもちます 2 型 変数に記憶できる値の種類です型は 値の種類に応じて次の 8 種類があり これを基本型といいます 基本型値の種類値の範囲または例 boolean 真偽値 true または

More information

C のコード例 (Z80 と同機能 ) int main(void) { int i,sum=0; for (i=1; i<=10; i++) sum=sum + i; printf ("sum=%d n",sum); 2

C のコード例 (Z80 と同機能 ) int main(void) { int i,sum=0; for (i=1; i<=10; i++) sum=sum + i; printf (sum=%d n,sum); 2 アセンブラ (Z80) の例 ORG 100H LD B,10 SUB A LOOP: ADD A,B DEC B JR NZ,LOOP LD (SUM),A HALT ORG 200H SUM: DEFS 1 END 1 C のコード例 (Z80 と同機能 ) int main(void) { int i,sum=0; for (i=1; i

More information

1/8 ページ Java 基礎文法最速マスター Java Javaの文法一覧です 他の言語をある程度知っている人はこれを読めばJavaの基礎をマスターしてJavaを書くことができるようになっています 簡易リファレンスとしても利用できると思いますので これは足りないと思うものがあれば教えてください 1. 基礎 class の作成プログラムはclassに記述します たとえばSampleという名前のclassを作る場合

More information

comment.dvi

comment.dvi ( ) (sample1.c) (sample1.c) 2 2 Nearest Neighbor 1 (2D-class1.dat) 2 (2D-class2.dat) (2D-test.dat) 3 Nearest Neighbor Nearest Neighbor ( 1) 2 1: NN 1 (sample1.c) /* -----------------------------------------------------------------

More information

目次 1. DB 更新情報受信 SW 仕様書 構成および機能 全体の構成 DB 更新情報受信 SW の機能 ソフトウェアの設計仕様 DB 更新情報受信 SW の仕様 資料編... 5

目次 1. DB 更新情報受信 SW 仕様書 構成および機能 全体の構成 DB 更新情報受信 SW の機能 ソフトウェアの設計仕様 DB 更新情報受信 SW の仕様 資料編... 5 書類トレースシステム DigiTANAlog メインサーバマシン DB 更新情報受信 SW 仕様書 Create on 良知洋志 (RACHI, Hiroshi) Date: 2006/02/08 Last Update: 2006/02/15 目次 1. DB 更新情報受信 SW 仕様書... 2 1-1. 構成および機能...2 1-1-1. 全体の構成...2 1-1-2. DB 更新情報受信

More information

lexex.dvi

lexex.dvi (2018, c ) http://istksckwanseiacjp/ ishiura/cpl/ 4 41 1 mini-c lexc,, 2 testlexc, lexc mini-c 1 ( ) mini-c ( ) (int, char, if, else, while, return 6 ) ( ) (+, -, *, /, %, &, =, ==,!=, >, >=,

More information

2.1 programming09 programming /******************************** 2 3 ********************************/ 4 5 #include <stdio.h> 6 7 int sum(int x

2.1 programming09 programming /******************************** 2 3 ********************************/ 4 5 #include <stdio.h> 6 7 int sum(int x 1 C [1] 2 (,,...) : int f(float a, double b); 1 1 ( int ) 2.2 7 ( ) 24 30 x,y 29 return ( ); 18 x,y sum return z ( ) 1 24 1 2.1 programming09 programming09 2.2 1 /******************************** 2 3 ********************************/

More information

02: 変数と標準入出力

02: 変数と標準入出力 C プログラミング入門 総機 1 ( 月 1) 11: 動的メモリ確保 Linux にログインし 以下の講義ページを開いておくこと http://www-it.sci.waseda.ac.jp/ teachers/w483692/cpr1/ 2015-06-22 1 まとめ : ポインタを使った処理 内容 説明 呼び出し元の変数を書き換える第 9 回 文字列を渡す 配列を渡す 第 10 回 ファイルポインタ

More information

JavaプログラミングⅠ

JavaプログラミングⅠ Java プログラミング Ⅰ 12 回目クラス 今日の講義で学ぶ内容 クラスとは クラスの宣言と利用 クラスの応用 クラス クラスとは 異なる複数の型の変数を内部にもつ型です 直観的に表現すると int 型や double 型は 1 1 つの値を管理できます int 型の変数 配列型は 2 5 8 6 3 7 同じ型の複数の変数を管理できます 配列型の変数 ( 配列変数 ) クラスは double

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 記 号 実 行 を 用 いた テストデータ 自 動 生 成 の 試 行 評 価 株 式 会 社 デンソー 電 子 技 術 3 部 榎 本 秀 美 e-mail:hidemi_enomoto@denso.co.jp 目 次 1 / 19 1. 背 景 2. 単 体 テストの 問 題 点 3. 対 策 案 の 検 討 4. 評 価 内 容 5. 評 価 結 果 6. まとめ [ 参 考 ]CREST デンソーの

More information

Microsoft PowerPoint - 12Chap16.ppt

Microsoft PowerPoint - 12Chap16.ppt 今日のポイント 第 16 章構造体 構造体の定義と宣言のしかた タグとは何か メンバーとは何か 構造体変数の宣言と理解 メンバーの理解と使い方 構造体配列とその使い方 Structures 16.1 構造体の定義 セミコロンを忘れないこと! タグ名 struct point ; メンバーの宣言 x 座標 y 座標 左の表記で構造体の構成を決めている. この例では 2 つの double 型をパックした詰め合わせセットを定義した.

More information

273? C

273? C TSG Theoretical Science Group 273? C 2-1.................................. 2 -1. Windows Mac Mac UNIX CUI bash >_ Finder TSG No.273? 2 3 pwd ls cd ( ) change directory 3 TSG No.273? cd hoge cd hoge cd....../

More information

02: 変数と標準入出力

02: 変数と標準入出力 C プログラミング入門 基幹 7 ( 水 5) 11: 動的メモリ確保 Linux にログインし 以下の講義ページを開いておくこと http://www-it.sci.waseda.ac.jp/ teachers/w483692/cpr1/ 2016-06-22 1 まとめ : ポインタを使った処理 内容呼び出し元の変数を書き換える文字列を渡す 配列を渡すファイルポインタ複数の値を返す大きな領域を確保する

More information

,…I…y…„†[…e…B…fi…O…V…X…e…•‡Ì…J†[…l…‰fi®“ì‡Ì›Â”‰›»pdfauthor

,…I…y…„†[…e…B…fi…O…V…X…e…•‡Ì…J†[…l…‰fi®“ì‡Ì›Â”‰›»pdfauthor OS 1 1 4 1.1........................................... 4 1.2........................................... 4 2 5 2.1..................................... 5 2.2 OS................................... 5 3 7

More information

Networking Semester 802.3

Networking Semester 802.3 Networking Semester 802.3 2 ) ( Computer Hardware () () () () () () () () ()- () () () () () BIOS () Computer Software Operating Systems Windows, Linux Linux Windows OS I 1.C 2. 3. 3-1.main 3-2.printf

More information

次に示す数値の並びを昇順にソートするものとする このソートでは配列の末尾側から操作を行っていく まず 末尾の数値 9 と 8 に着目する 昇順にソートするので この値を交換すると以下の数値の並びになる 次に末尾側から 2 番目と 3 番目の 1

次に示す数値の並びを昇順にソートするものとする このソートでは配列の末尾側から操作を行っていく まず 末尾の数値 9 と 8 に着目する 昇順にソートするので この値を交換すると以下の数値の並びになる 次に末尾側から 2 番目と 3 番目の 1 4. ソート ( 教科書 p.205-p.273) 整列すなわちソートは アプリケーションを作成する際には良く使われる基本的な操作であり 今までに数多くのソートのアルゴリズムが考えられてきた 今回はこれらソートのアルゴリズムについて学習していく ソートとはソートとは与えられたデータの集合をキーとなる項目の値の大小関係に基づき 一定の順序で並べ替える操作である ソートには図 1 に示すように キーの値の小さいデータを先頭に並べる

More information

Google Appsでつくる仕事便利ツール

Google Appsでつくる仕事便利ツール 2. スクリプト 作 成 の 基 本 操 作 ここでは スクリプト 作 成 に 関 する 基 本 操 作 方 法 について 説 明 します 2.1. スクリプトエディタの 起 動 Google Apps Script のスクリプトは スクリプトエディタ と 呼 ばれる 専 用 のツールを 使 って 入 力 しま す まずはスクリプトエディタを 起 動 する 事 から 始 めましょう Gmail にログインします

More information

t1_company-profile_omote

t1_company-profile_omote greeting from the president TNT? TNT 1 1 1 TNT TNT clients IP Infusion, Inc. NTT FXC KDDI KDDI history 1990 11 ( ) ( ) 1997 8 ( ) 1998 12 1730 1999 5 9 4423 35 2000 4 2000 4 2000 5 10 7367 331 2001 5 11

More information

演算増幅器

演算増幅器 スペースインベーダーもどき 1000 行プログラムの参考として スペースインベーダーもどきのプログラムを配布する いくつか習って いないものもあるので 補足の説明を加えていく 文字列の描画 文字の描画は glutbitmapcharacter() を用いる これは以下のようにして利用する int i; char *str = "Display String"; glcolor3f(0.0, 0.0,

More information

64bit SSE2 SSE2 FPU Visual C++ 64bit Inline Assembler 4 FPU SSE2 4.1 FPU Control Word FPU 16bit R R R IC RC(2) PC(2) R R PM UM OM ZM DM IM R: reserved

64bit SSE2 SSE2 FPU Visual C++ 64bit Inline Assembler 4 FPU SSE2 4.1 FPU Control Word FPU 16bit R R R IC RC(2) PC(2) R R PM UM OM ZM DM IM R: reserved (Version: 2013/5/16) Intel CPU (kashi@waseda.jp) 1 Intel CPU( AMD CPU) 64bit SIMD Inline Assemler Windows Visual C++ Linux gcc 2 FPU SSE2 Intel CPU double 8087 FPU (floating point number processing unit)

More information

1.3 ( ) ( ) C

1.3 ( ) ( ) C 1 1.1 (Data Base) (Container) C++ Java 1.2 1 1.3 ( ) ( ) 1. 2. 3. C++ 2 2.1 2.2 2.3 2 C Fortran C++ Java 3 3.1 (Vector) 1. 2. ( ) 3.2 3 3.3 C++ C++ STL C++ (Template) vector vector< > ; int arrayint vector

More information

Microsoft Word - 06

Microsoft Word - 06 平成 24 年度講義 アルゴリズムとデータ構造 第 6 回ファイル入出力 担当 : 富井尚志 (tommy@ynu.ac.jp) 第 6 回 ファイル入出力 前回 ( 第 5 回 ) 配列を扱うアルゴリズム (2) とポインタ の復習 集合を扱う 集合の表現, 配列を使った表現, 要素の列 を 集合 にする, 要素, 積, 和, 差 文字列 C 言語における文字列, 文字列を扱うプログラム 計算機の記憶とポインタ

More information

Microsoft Word - 430_15_Developing_Stored_Procedure.doc

Microsoft Word - 430_15_Developing_Stored_Procedure.doc Java Oracle 1998 11 Java 3 Java Web GUI Java Java Java Oracle Java Oracle8i Oracle / Oracle Java Virtual Machine VM CORBA Enterprise JavaBeans Oracle Java Java Java Oracle Oracle Java Virtual Machine Oracle

More information

3 Java 3.1 Hello World! Hello World public class HelloWorld { public static void main(string[] args) { System.out.println("Hello World");

3 Java 3.1 Hello World! Hello World public class HelloWorld { public static void main(string[] args) { System.out.println(Hello World); (Basic Theory of Information Processing) Java (eclipse ) Hello World! eclipse Java 1 3 Java 3.1 Hello World! Hello World public class HelloWorld { public static void main(string[] args) { System.out.println("Hello

More information

Microsoft PowerPoint - 演習2:MPI初歩.pptx

Microsoft PowerPoint - 演習2:MPI初歩.pptx 演習 2:MPI 初歩 - 並列に計算する - 2013 年 8 月 6 日 神戸大学大学院システム情報学研究科計算科学専攻横川三津夫 MPI( メッセージ パッシング インターフェース ) を使おう! [ 演習 2 の内容 ] はじめの一歩課題 1: Hello, world を並列に出力する. 課題 2: プロセス 0 からのメッセージを受け取る (1 対 1 通信 ). 部分に分けて計算しよう課題

More information

プログラミング演習 土曜日(Q組)

プログラミング演習 土曜日(Q組) プログラミング演習 土曜日 (Q 組 ) 主なテーマ 標準入出力とファイル処理 (8 章 ) 1 ストリームの概念 8.1 標準入出力 (C++) C++ では データの入出力を ストリーム という概念で操作する ストリームはデータを入出力処理し また 入出力に伴う 状態 を設定 / 保持する 例 : 現在 ファイルの何文字目を読み書きしているか などの情報 論理デバイス 物理デバイス 入力ストリーム

More information

10/8 Finder,, 1 1. Finder MAC OS X 2. ( ) MAC OS X Java ( ) 3. MAC OS X Java ( ) / 10

10/8 Finder,, 1 1. Finder MAC OS X 2. ( ) MAC OS X Java ( ) 3. MAC OS X Java ( ) / 10 10/8 2015-10-08 URL : http://webct.kyushu-u.ac.jp, 10/8 1 / 10 10/8 Finder,, 1 1. Finder MAC OS X 2. ( ) MAC OS X Java ( ) 3. MAC OS X Java ( ) 1. 30 2 / 10 10/8 Finder 1 Figure : : Apple.com 2, 3 / 10

More information

スライド 1

スライド 1 目次 2.MPI プログラミング入門 この資料は, スーパーコン 10 で使用したものである. ごく基本的な内容なので, 現在でも十分利用できると思われるものなので, ここに紹介させて頂く. ただし, 古い情報も含まれているので注意が必要である. 今年度版の解説は, 本選の初日に配布する予定である. 1/20 2.MPI プログラミング入門 (1) 基本 説明 MPI (message passing

More information

第3章 OpenGL の基礎

第3章 OpenGL の基礎 3 OpenGL April 11, 2017 1 / 28 3.1 ( ) OpenGL OpenGL 2 / 28 3.2 OpenGL OpenGL OpenGL (Open Graphics Library) Silicon Graphics, Inc. 2 3 API (Application Program Interface) [4] UNIX OS Windows Macintosh

More information

Microsoft PowerPoint - 14th.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 14th.ppt [互換モード] 工学部 6 7 8 9 10 組 ( 奇数学籍番号 ) 担当 : 長谷川英之 情報処理演習 第 14 回 2011 年 1 月 20 日 1 今日のテーマ ファイル入出力 ですが, キーボード入力などもおさらいします 2 標準入力 キーボードで入力 : 標準入力という例 )scanf( %d,&i) 前回までの講義でファイルからデータを読み込む場合に使用した関数 : fscanf 例 )fscanf(fin,

More information

<4D F736F F D D834F E F8E9197BF2E646F6378>

<4D F736F F D D834F E F8E9197BF2E646F6378> 航空宇宙プログラミング 1 授業の内容 ( 予定 ) 内容 1 10/03 EasyIDEC の使い方 2 10/10 標準出力 printf 3 10/17 定数と変数の型 4 10/24 演算子 5 10/31 標準入力 scanf 6 11/07 まとめと課題プログラムの作成 1 7 11/14 条件によって処理を変える if 8 11/21 9 11/28 処理を繰り返す for 10 12/05

More information

Microsoft PowerPoint - H22プログラミング第一(E)#12

Microsoft PowerPoint - H22プログラミング第一(E)#12 平成 22 年 7 月 20 日 ( 火 ) 担当 : 秋山 泰 7 月 20 日 修正 プログラミング第一 (E) 第 12 回 メモリの動的割り当て - malloc( ), calloc( ), realloc( ) - free ( ), メモリリーク データ構造の動的割当て - 要素 1 つごとの動的割当て - 大きな単位でまとめた動的割当て 補足補足 main( ) の引数 : argc,

More information

$ ls -l $ ls -l -a $ ls -la $ ls -F $ ls <dirname> <dirname> $ cd <dirname> <dirname> $ cd $ pwd $ cat <filename> <filename> $ less <filename> <filena

$ ls -l $ ls -l -a $ ls -la $ ls -F $ ls <dirname> <dirname> $ cd <dirname> <dirname> $ cd $ pwd $ cat <filename> <filename> $ less <filename> <filena $ pwd /home1/t0/t0903 / / /home1/t0/t0903 / / /home1/t0/t0903 / /... ~ $ ls $ ls -a $ ls -l $ ls -l -a $ ls -la $ ls -F $ ls $ cd $ cd $ pwd $ cat

More information

Microsoft PowerPoint ppt

Microsoft PowerPoint ppt 基礎演習 3 C 言語の基礎 (5) 第 05 回 (20 年 07 月 07 日 ) メモリとポインタの概念 ビットとバイト 計算機内部では データは2 進数で保存している 計算機は メモリにデータを蓄えている bit 1bit 0 もしくは 1 のどちらかを保存 byte 1byte 1bitが8つ集まっている byte が メモリの基本単位として使用される メモリとアドレス メモリは 1byte

More information

Microsoft Word - CHAP2.DOC

Microsoft Word - CHAP2.DOC 11 生物生産工学特論 Ⅰ 2. 言語 (2) 関数, 構造体, 配列とポインタ 2.1. 関数 言語のプログラムは関数を基本として構成されています 関数にはユーザが作成する関数とコンパイラがライブラリとして提供する関数とがありますが, 基本的な使い方は同じです 言い換えると, ユーザが作成する関数もライブラリで提供される関数と同様に使えるように設計する必要があります ユーザが関数を定義する場合,

More information