Microsoft Word - nenkei.doc

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - nenkei.doc"

Transcription

1 コミュニケーション 英 語 Ⅰ Revised ENGLISH NOW English CommunicationⅠ 習 指 導 計 画 案. 到 達 目 標. 英 語 を 聞 いたり 読 んだりすることにより, 生 徒 にとって 身 近 な 話 題 や 生 徒 の 教 養 を 高 める 分 野 に 関 する 情 報 を 得 たり, 相 手 が 何 を えているのかを 理 解 したりする 力 をつけさせ. 基 礎 的 な 英 語 を 使 って, 習 したことについて 話 したり 書 いたりする 力 をつけさせこれにより, 情 報 や 自 分 の えを 伝 えたりするコミュニケーション 能 力 を 育 成 することが 可 能 とな. 習 計 画 および 評 価 方 法 () 年 習 計 画 等 習 内 容 と ね ら い ( 配 当 時 数 ) ( 注 ) 言 語 材 料 のうち,*は 高 校 で 初 めて 習 する 項 目 を 示 す 計 8 時 Let s Start (0.) アルファベットと 身 の 回 りの 英 語 Let s Start (0.) 英 語 らしく 発 音 しよう Let s Start () 備 ( 習 活 動 の 特 記 事 項 ) 英 語 の 文 字 を 確 認 すま た,いろいろな 単 語 の 発 音 に 慣 れ 発 音 やアクセントに 注 意 し て 聞 き 分 けたり, 言 ってみ たりす Classroom English を 積 極 的 範 囲 Classroom English に 使 用 し, 授 業 での 英 語 使 校 の 復 習 (0.) 用 を 高 められるようにす 4 日 付 や 曜 日 の 言 い 方 校 の 復 習 () 文 の 要 素 と 品 詞 辞 書 の 使 い 方 (0.) Lesson Hello, Everyone. (4) < 題 材 > 高 校 生 になった 春 香 が,クラスメートに 自 分 のことを 知 ってもら うために 自 己 紹 介 をす < 機 能 表 現 > 自 己 紹 介 の 表 現 ( 好 みや 趣 味 を 表 す 表 現 ) < 言 語 材 料 > be 動 詞 と 一 般 動 詞 助 動 詞 ( 肯 定 文 否 定 文 ) 英 語 の 基 本 的 な 語 順 に 慣 れ, 文 の 構 成 要 素 を 理 解 す 辞 書 の 使 い 方 に 慣 れい ろいろな 単 語 を 調 べ 自 分 の 好 きなことや 嫌 いな こと, 趣 味, 家 族 や 出 身 のことなどを 話 題 にし て, 英 語 で 自 己 紹 介 スピー チをす Lesson Text Messages () 友 だちを 何 かに 誘 うメール < 題 材 > 英 語 と 日 本 語 のメールに 使 われる 顔 文 字 の 違 いや 略 語 について 理 を 作 成 すペアやグルー 解 す プで 確 認 し 合 う また,そ < 機 能 表 現 > 説 明 や 描 写, 質 問 する 表 現 れぞれの 返 信 も 書 いてみ < 言 語 材 料 > 疑 問 文 (be 動 詞 や 助 動 詞 を 含 む 文 / 一 般 動 詞 の 文 ) 過 去 形 (be 動 詞 / 一 般 動 詞 ) Let s Communicate 電 話 をかけよう () 電 話 での 特 有 な 表 現 に 慣 れ 美 樹 がトムを 電 話 でテニスに 誘 う 設 定 で,ロールプレイを 行 う また, 設 定 を 変 えて,いろいろなパターンの 対 話 練 習 を 行 う 文 か 文 を 加 えて,オリ ジナルの 対 話 を 作

2 英 語 のしくみ 文 の 構 造 () 文 の 構 造 ( 主 語 + 動 詞 (SV)/ 主 語 + 動 詞 + 補 語 (SVC)/ 認 し, 身 の 回 りのことを 表 主 語 + 動 詞 + 目 的 語 (SVO))を 理 解 す 現 してみ Lesson What Are Good Snacks? () ペアまたはグループで,い < 題 材 > マイクとホストマザーの 対 話, 科 者 の 意 見 から, 健 康 によいお ろいろな 状 況 でよくする 事 やつについて 理 解 す を 紹 介 し 合 う また,お 互 < 機 能 表 現 > 説 明 や 報 告 をする 表 現 / 提 案 や 助 言 する 表 現 いにインタビューし 合 い, < 言 語 材 料 > 現 在 進 行 形 接 続 詞 ( 文 と 文 をつなぐとき/ 文 の グループで 報 告 す に 文 が 入 るとき) Lesson 4 A Friendly Hug (6) 身 の 回 りで, 文 化 の 違 いに 6 < 題 材 > 日 本 とアメリカのあいさつの 違 いを 理 解 すアメリカでホーム ステイをすることになった 翔 太 が, 空 港 での 出 迎 えのシーンで 驚 いたこ ととはどのようなことだったのかを 理 解 す < 機 能 表 現 > 描 写 する 表 現 / えや 気 持 ちを 伝 える 表 現 よる 行 動 や 表 現 の 異 なるも のを 確 認 すまた,それ らについてどのような 印 象 を 持 つか 意 見 を 交 換 す < 言 語 材 料 > 不 定 詞 to+ 動 詞 の 原 形 ( 名 詞 的 用 法, 副 詞 的 用 法, 形 容 詞 的 用 法 ) 動 名 詞 動 詞 +-ing 英 語 のしくみ 句 と 節 () 句 ( 単 語 のまとまり(S+V を 含 まないもの))と 節 ( 単 語 のまとまり(S +V を 含 むもの))の 違 いを 理 解 す 認 し, 身 の 回 りのことを 表 現 してみ Lesson Kawaii (6) 各 自 が カワイイ と 思 う < 題 材 > カワイイ という 日 本 語 が 海 外 で 広 く 浸 透 していることを 知 り, ものを 取 り 上 げ, 英 語 で 紹 7 日 本 文 化 についてのさまざまな 見 方 を 理 解 す < 機 能 表 現 > 説 明 したり, えや 意 図 を 伝 えたりする 表 現 < 言 語 材 料 > 比 較 ( 比 較 級, 最 上 級 ) 介 し 合 う また,いくつか の 特 徴 的 な 日 本 文 化 を 取 り 上 げ, 外 国 人 がどのように ~に を 作 る などの 言 い 方 (SVOO) 感 じるかを 推 測 す 次 のテーマについて 口 頭 で 発 表 させたり, スピーチ 原 稿 または 英 作 文 を 提 出 させたりす 自 己 紹 介 ( 自 分 の 好 きなもの 好 み, 趣 味, 得 意 不 得 意 科 目, 地 域, 家 族, 友 人 などについて) 友 だちを 誘 うメール カワイイ と 思 うもの の 評 価 方 法 定 のほかに, 課 題 ( 提 出 状 況 と 内 容 ), 授 業 への 意 欲, 授 業 の 発 言 や 発 表 の 状 況 などを 加 味 して 評 価 す 積 極 的 にコミュニケーションを 図 ろうとする 意 欲 や, 標 準 的 な 発 音 で 英 語 を 話 そうと 努 力 して いるかどうか( 発 表, 音 読 )も 評 価 の 観 点 とな Lesson 6 Sempai and Kohai (6) < 題 材 > 年 上 の 人 に 対 して 日 本 では 先 輩 ということばをよく 使 うが, 異 なる 文 化 によって 生 じる 表 現 や 行 動 の 違 いを 話 し 合 9 英 語 にも 同 じような 表 現 があるかどうかを 確 認 す 文 化 が 異 なれば 発 想 や 表 現 方 法 が 違 うこともあることを 理 解 す < 機 能 表 現 > 説 明 したり 描 写 したりする 表 現 / 話 題 を 発 展 させる 表 現 < 言 語 材 料 > ~を と 呼 ぶ などの 言 い 方 (SVOC) う また,いつもと 違 う 言 い 方 や 行 動 を 取 られると, どのように 思 うかを 発 表 し 合 う ( が) することは~です などの 言 い 方

3 9 Let s Communicate 買 い 物 をしよう () 買 い 物 でよく 使 う 慣 用 表 現 を ぶ 店 員 の 言 うことを 理 解 し, 自 分 の 意 思 を 適 切 に 伝 え 買 い 物 で 使 う 慣 用 表 現 を 用 いて,ロールプレイを 行 う 英 語 のしくみ 文 の 構 造 () 文 の 構 造 ( 主 語 + 動 詞 + 目 的 語 + 目 的 語 (SVOO)/ 主 語 + 動 詞 + 目 認 し, 英 語 の 基 本 的 な 語 順 的 語 + 補 語 (SVOC))を 理 解 すこれまで 習 してきた 基 本 的 な 文 の 構 に 慣 れ 造 をまとめ 0 Reading The Cracked Pot (6) 昔,インドに 一 人 の 水 汲 み 人 と つの 壺 がいた 片 方 の 壺 が 完 ぺきに 水 を 運 ぶのに 対 して,もう 一 方 の 壺 には 大 きなひびがあり, 半 分 しか 水 を 運 べないことを 恥 じていた 水 汲 み 人 に 対 して 申 し 訳 なく 感 じるひび 割 れ 壺 意 味 のまとまりを 意 識 しな がら, 英 語 の 語 順 で 文 を 理 解 し, 物 語 の 内 容 を 把 握 す るようにすまた, 登 場 に, 水 汲 み 人 は 優 しく 語 人 物 の 気 持 ちが 伝 わるよう に 音 読 す スラッシュリーディング () 意 味 のまとまりを 意 識 しな Reading The Cracked Pot の 一 節 を, 文 頭 から 英 語 の 語 順 で 理 解 できるよ がら 音 読 すまた, 物 語 うにし, 意 味 のまとまりごとに 区 切 って 読 む 練 習 をす の 内 容 が 伝 わるように 音 読 す Lesson 7 Mago-no-Mise (7) < 題 材 > 三 重 県 のある 高 校 では, 課 外 活 動 として 特 別 な 活 動 をしてい レストランの 特 徴, 運 営 に 携 わる 高 校 生 の 様 子, 地 域 に 与 える 影 響 など について 理 解 す < 機 能 表 現 > 報 告 や 理 由 を 述 べる 表 現 / 説 明 する 表 現 < 言 語 材 料 > 受 け 身 ( 受 動 態 ) 分 詞 の 後 置 修 飾 ( 現 在 分 詞 / 過 去 分 詞 ) 高 校 での 職 場 体 験 の 様 子 や,その 感 想 (うれし かったことなど)を 話 し 合 う また,どのような 職 場 体 験 をしてみたいか,その 理 由 を 含 めて 発 表 す Let s Communicate 道 案 内 をしよう () インフォメーション ギャ 道 案 内 の 場 面 でよく 使 う 基 本 表 現 を 理 解 す 道 をたずねる 側 と 道 を 教 ップを 用 いて, 目 的 地 を 捜 える 側 に 分 かれて 対 話 練 習 を 行 う す 活 動 を 行 う また, 身 近 な 場 所 を 設 定 して,ペアで 道 案 内 の 練 習 をす 次 のテーマについて, 口 頭 で 発 表 させたり スピーチ 原 稿 または 英 作 文 を 提 出 させたりす 架 空 商 品 の CM 買 い 物 での 会 話 (オリジナル ダイアログの 作 成 ) 職 場 体 験 (または,アルバイト)の 取 り 組 み 内 容, 体 験 したい 職 業 など の 評 価 方 法 定 のほかに, 課 題 ( 提 出 状 況 と 内 容 ), 授 業 への 意 欲, 授 業 の 発 言 や 発 表 の 状 況 などを 加 味 して 評 価 すペアでの 対 話 などで 積 極 的 にコミュニケーションを 図 ろうとする 意 欲 や, 標 準 的 な 発 音 で 英 語 を 話 そうと 努 力 しているかどうかも 評 価 の 観 点 となReading の 課 では, 物 語 の 感 想 や 登 場 人 物 の 気 持 ち を 表 現 しようとする 姿 勢 も 評 価 す

4 Lesson 8 Marathon of Hope (7) ある 目 的 のために 挑 戦 し 続 けていることやこだわって いることなどについて,グ ループで 話 し 合 う < 題 材 > 病 気 で 片 脚 を 失 ったカナダ 人 青 年 の, 命 を 懸 けた 挑 戦 を 知 り,そ れをきっかけに,その 後 どのようなことが 世 界 に 広 まったかを 理 解 す < 機 能 表 現 > 説 明 したり 報 告 したりする 表 現 < 言 語 材 料 > 現 在 完 了 形 ( 継 続, 経 験, 完 了 結 果 ) 関 係 代 名 詞 ( 人 を 説 明 するとき,ものを 説 明 するとき) Lesson 9 Mottainai (6) < 題 材 > 日 本 語 の もったいない ということばが,ケニアの 元 環 境 副 大 臣 ワンガリ マータイさんによって 世 界 に 広 まった なぜ,どのように してこのことばが 広 まっていったのかを 理 解 す < 機 能 表 現 > 説 明 したり 理 由 を 述 べたりする 表 現 / えや 意 図 を 伝 える 表 現 < 言 語 材 料 > * 関 係 副 詞 ( 場 所 を 説 明 する where/ 時 を 説 明 する when) * 助 動 詞 (can, must, will)+be+ 過 去 分 詞 どのような 場 面 で もった いない ということばを 使 うかグループで 意 見 を 出 し 合 う また, 世 界 に 広 まっ ているほかの 日 本 語 につい て 確 認 す 年 英 語 のしくみ 4 名 詞 を 詳 しく 説 明 する () 名 詞 をうしろから 詳 しく 説 明 する 句 や 節 を 理 解 す 後 置 修 飾 を 使 った 練 習 問 題 で,これまでに 習 した 題 材 の 内 容 を 簡 単 に 復 習 す 身 の 回 りのことを 題 材 にし て, 名 詞 を 後 ろから 説 明 す る 句 節 を 含 んだ 英 文 を 作 Reading The Story of Wangari Maathai (7) 日 本 語 の もったいない を 世 界 に 広 めたケニアのワンガリ マータイ さんが, 母 国 での 緑 化 運 動 (グリーンベルト 運 動 )を 始 めるきっかけは 何 だったのかを 読 み 取 また,この 運 動 のあと,ケニアの 人 々の 生 活 の 変 化 と,マータイさんの 心 情 の 変 化 を 理 解 す 緑 化 運 動 の 前 後 の 人 々の 変 化 を 想 像 してみまた, 物 語 の 情 景 を 思 い 浮 かべて 音 読 す 本 文 を 要 約 す Let s Talk about Your Wishes. () 基 本 的 な 仮 定 法 過 去 の 文 の 意 味 と 用 法 を 理 解 し,それを 使 って 簡 単 な 自 己 表 現 をす 自 分 の 願 いや えなどにつ いて, 仮 定 法 過 去 の 文 を 使 って 発 表 し 合 う 次 のテーマについて, 写 真 を 使 って 発 表 させたり スピーチ 原 稿 または 英 作 文 を 提 出 させたりす 自 分 の 挑 戦 していることや 得 意 なこと(Show & Tell) 身 近 で 実 践 している もったいない 身 近 で 環 境 問 題 に 取 り 組 んでいることの 要 点 の 評 価 方 法 定 のほかに, 課 題 ( 提 出 状 況 と 内 容 ), 授 業 への 意 欲, 授 業 の 発 言 や 発 表 の 状 況 などを 加 味 して 評 価 す 積 極 的 にコミュニケーションを 図 ろうとする 意 欲 や, 標 準 的 な 発 音 で 英 語 を 話 そうと 努 力 して いるかどうかも 評 価 の 観 点 となReading の 課 では 自 分 の 感 想 を 表 現 しようとする 姿 勢 も 評 価 す 年 の 習 状 況 の 評 価 方 法 定 に 加 え, 授 業 の 英 語 習 に 対 する 関 心 意 欲 態 度, 英 語 を 理 解 し 表 現 しようとするコミュニケ ーションへの 姿 勢, 課 題 や 発 表 活 動 への 取 り 組 み, 標 準 的 な 発 音 で 英 語 を 話 そうとする 努 力 などを,,, を 通 して 総 合 的 に 評 価 す 4

5 指 導 の 観 点 など 確 かな 力 を 身 につけ させるための 指 導 の 観 点 授 業 を 受 けるに 当 たっ て 生 徒 に 守 らせたい 事 項 標 準 的 な 発 音 の 英 語 を 十 分 に 聞 かせて 練 習 させることで, 音 声 への 認 識 を 高 めさ せ 基 本 的 な 文 法 事 項 を 確 実 に 身 につけさせるために, 音 声 を 通 してくり 返 し 練 習 さ せ 身 の 回 りで 使 われる 単 語 を 与 え, 英 語 で 表 現 する 基 礎 的 な 力 を 身 につけさせ 英 語 で 発 表 する 機 会 を 多 く 与 え, 英 語 でコミュニケーションを 図 ろうとする 意 欲 を 育 て 英 語 習 の 基 本 的 習 慣 をつけ 課 題 や 提 出 物 を 提 出 す 恥 ずかしがらずに 積 極 的 に 英 語 を 発 音 す 基 本 的 な 文 法 事 項 や 基 礎 的 な 単 語 力 を 身 に 付 けるための 練 習 を 継 続 的 に 行 う 自 分 の 意 見 を 述 べるなど, 積 極 的 にコミュニケーションを 図 る 努 力 をす () 評 価 の 観 点, 内 容 および 評 価 方 法 評 価 の 観 点 および 内 容 英 語 に 興 味 関 心 を 持 ち, 積 極 的 に 授 業 に 関 心 意 欲 態 度 参 加 してコミュニケーションを 図 ろうと 努 力 しているか 評 価 方 法 習 活 動 への 参 加 状 況 と 意 欲 課 題 等 の 提 出 状 況 とその 内 容 外 国 語 表 現 の 能 力 外 国 語 理 解 の 能 力 言 語 や 文 化 についての 知 識 理 解 自 分 の 意 見 や 事 実 を 英 語 で 表 現 したり, 説 明 したりしようと 努 力 しているか 標 準 的 な 発 音 で 英 語 を 話 そうと 努 力 しているか 英 語 を 注 意 して 聞 いたり 読 んだりして, 相 手 の えや 文 章 の 内 容 を 的 確 に 理 解 しよう と 努 力 しているか 日 常 生 活 で 多 く 使 われる 表 現 を 習 得 してい るか 英 文 の 内 容 を 十 分 理 解 し, 知 識 を 広 げよう と 努 力 しているか スピーチや 英 作 文 授 業 の 発 言 や 活 動 への 取 り 組 み 英 語 で 自 分 の えなどを 簡 潔 に 表 現 内 容 理 解 ( 概 要 や 要 点 )の 程 度 ディスカッションへの 取 り 組 み 要 約 文 や 感 想 文 英 語 の 仕 組 みの 理 解 使 用 されていることばの 意 味 や 働 きの 理 解 英 作 文 ( 要 約 文 )の 内 容

平成24年度 英語科 3年 年間指導計画・評価計画

平成24年度 英語科 3年 年間指導計画・評価計画 平 成 7 年 度 英 語 科 年 年 間 指 導 計 画 評 価 計 画 教 科 の 目 標 外 国 語 を 通 じて 言 語 や 文 化 に 対 する 理 解 を 深 め 積 極 的 にコミュニケーションを 図 ろうとする 態 度 の 育 成 を 図 り 聞 くこと 話 すこと 読 むこと 書 くことなどのコミュニケーション 能 力 の 基 礎 を 養 う 各 学 年 各 分 野

More information

8 月 に 実 施 した 意 識 調 査 によると 英 語 学 習 に 対 して あまり 好 きではない または 好 きではない と 回 答 した 生 徒 が 全 体 の 約 66%であった その 理 由 としては 単 語 が 覚 えられないから 構 文 や 文 法 事 項 がたくさんあり 難 しい

8 月 に 実 施 した 意 識 調 査 によると 英 語 学 習 に 対 して あまり 好 きではない または 好 きではない と 回 答 した 生 徒 が 全 体 の 約 66%であった その 理 由 としては 単 語 が 覚 えられないから 構 文 や 文 法 事 項 がたくさんあり 難 しい 高 等 学 校 第 2 学 年 外 国 語 科 ( 英 語 ) 学 習 指 導 案 期 日 平 成 24 年 11 月 9 日 ( 金 ) 第 5 校 時 場 所 県 立 鹿 本 高 等 学 校 2 年 7 組 教 室 指 導 者 教 諭 内 田 貴 久 美 ALT Rochelle Odon 1 単 元 名 Lesson7 A Book That Changed Our Thinking (MAINSTREAM

More information

平成24年度 英語科 3年 年間指導計画・評価計画

平成24年度 英語科 3年 年間指導計画・評価計画 平 成 27 年 度 英 語 科 第 1 学 年 年 間 指 導 計 画 評 価 計 画 教 科 の 目 標 外 国 語 を 通 じて 言 語 や 文 化 に 対 する 理 解 を 深 め 積 極 的 にコミュニケーションを 図 ろうとする 態 度 の 育 成 を 図 り 聞 くこと 話 すこと 読 むこと 書 くことなどのコミュニケーション 能 力 の 基 礎 を 養 う 各 学

More information

英語科学習指導案

英語科学習指導案 英 語 科 学 習 指 導 案 綾 部 市 立 綾 部 中 学 校 指 導 者 高 橋 友 紀 1 対 象 第 1 学 年 1 組 31 名 2 日 時 平 成 27 年 11 月 12 日 ( 木 ) 第 5 校 時 3 場 所 第 1 学 年 1 組 教 室 4 単 元 Unit 7 サンフランシスコの 学 校 ( New Horizon English Course 1 ) 5 単 元 について

More information

コ1 344 Revised COMET English Communication 1

コ1 344 Revised COMET English Communication 1 10-1 編 修 趣 意 書 ( 教 育 基 本 法 との 対 照 表 ) 受 理 番 号 学 校 教 科 種 目 学 年 26-144 高 等 学 校 外 国 語 発 行 者 の 番 号 略 称 教 科 書 の 記 号 番 号 コミュニケー ション 英 語 Ⅰ 教 科 書 名 104 数 研 コⅠ 344 Revised COMET English Communication I 1. 編 修 の

More information

Microsoft Word - 09-  研究計画 シラバス 英語科

Microsoft Word - 09-  研究計画  シラバス 英語科 英 語 科 研 究 計 画 平 成 25 年 度 研 究 主 題 基 礎 基 本 の 定 着 と 習 習 慣 を 身 に 付 けさせるための 指 導 法 の 工 夫 (1) 研 究 テーマ 基 礎 基 本 を 身 につけ, 言 語 活 動 を 通 して 表 現 力 を 高 める 指 導 法 の 工 夫 (2) 研 究 テーマ 設 定 の 理 由 生 徒 に 基 礎 基 本 を 確 実 に 身 につけさせたいと

More information

平成24年度 英語科 3年 年間指導計画・評価計画

平成24年度 英語科 3年 年間指導計画・評価計画 平 成 25 年 度 英 語 科 3 年 年 間 指 導 計 画 評 価 計 画 教 科 の 目 標 外 国 語 を 通 じて 言 語 や 文 化 に 対 する 理 解 を 深 め 積 極 的 にコミュニケーションを 図 ろうとする 態 度 の 育 成 を 図 り 聞 くこと 話 すこと 読 むこと 書 くことなどのコミュニケーション 能 力 の 基 礎 を 養 う 各 学 年 各

More information

○○科 教科経営案

○○科 教科経営案 第 2 学 年 英 語 科 年 間 指 導 計 画 ( 全 140 時 間 ) Ⅰ.コミュニケーションへの 関 心 意 欲 態 度 Ⅱ. 外 国 語 表 現 の 能 力 Ⅲ. 外 国 語 理 解 の 能 力 Ⅳ. 言 語 や 文 化 についての 知 識 理 解 単 元 題 材 小 学 校 外 国 語 活 動 との 関 連 時 間 学 習 目 標 指 導 上 のポイント 学 習 指 導 要 領 との

More information

外国語

外国語 外 国 語 科 英 語 表 現 Ⅰ 1. 習 の 到 達 目 標 習 の 到 達 目 標 単 位 数 2 単 位 科 普 通 科 年 級 1 年 特 別 進 コース 1. 英 語 を 通 じて, 積 極 的 にコミュニケーションを 図 ろうとする 態 度 を 育 成 す 2. 英 語 を 通 じて, 事 実 や 意 見 などを 多 様 な 観 点 から 察 し, 論 理 の 展 開 や 表 現 の

More information

(2) 評 価 基 準 と 評 価 方 法 評 価 の 観 点 及 び 内 容 評 価 方 法 1 コミュニケー ションへの 関 心 意 欲 態 度 コミュニケーションに 関 心 を 持 ち 積 極 的 に 言 語 活 動 を 行 い コミュニケーション を 図 ろうとする 授 業 態 度 2 英

(2) 評 価 基 準 と 評 価 方 法 評 価 の 観 点 及 び 内 容 評 価 方 法 1 コミュニケー ションへの 関 心 意 欲 態 度 コミュニケーションに 関 心 を 持 ち 積 極 的 に 言 語 活 動 を 行 い コミュニケーション を 図 ろうとする 授 業 態 度 2 英 様 式 4 外 国 語 科 コミュニケーション 英 語 Ⅰ シラバス 平 成 28 年 度 シラバス 単 位 数 前 単 位 後 1 単 位 学 科 年 次 ビジネス 創 造 科 1 年 次 1 学 習 の 到 達 目 標 学 習 の 到 達 目 標 英 語 を 通 じて 積 極 的 にコミュニケーションを 図 ろうとする 態 度 を 育 成 するとともに 情 報 や 考 えなどを 的 確 に 理

More information

12月サポートたより

12月サポートたより 平 成 27 年 度 新 潟 県 学 向 上 サポートたより No.4( 通 算 第 29 号 ) H27 第 2 回 を 配 信 しました 12 月 1 日 ( 火 ) に, 今 年 度 第 2 回 の を 配 信 し ま し た す で に 御 案 内 の よ う に, 今 年 度 か ら 新 潟 県 小 学 校 教 育 研 究 会, 新 潟 県 中 学 校 教 育 研 究 会 と の 連 携

More information

個王座授業事例集(高英語)

個王座授業事例集(高英語) 高 等 学 校 第 1 学 年 コミュニケーション 英 語 Ⅰ 学 習 指 導 案 日 時 平 成 27 年 10 月 30 日 ( 金 ) 第 2 限 授 業 者 教 育 センター 所 員 相 島 倫 子 1 単 元 名 Lesson 5 Teammates 2 教 材 教 科 書 PROMINENCE Communication English Ⅰ ( 東 京 書 籍 ) 3 教 材 観 黒 人

More information

[ 現 代 文 ]: 論 理 力 を 徹 底 的 に 鍛 える 1. 抽 象 と 具 体 の 関 係,イコールと 対 立 の 関 係 が 理 解 できる 2. 現 代 社 会 の 基 本 的 な 考 え 方 ( 近 代 化 情 報 化 ポストモダンなど)が 理 解 できる 3. 小 説 の 表 現

[ 現 代 文 ]: 論 理 力 を 徹 底 的 に 鍛 える 1. 抽 象 と 具 体 の 関 係,イコールと 対 立 の 関 係 が 理 解 できる 2. 現 代 社 会 の 基 本 的 な 考 え 方 ( 近 代 化 情 報 化 ポストモダンなど)が 理 解 できる 3. 小 説 の 表 現 5 教 科 CAN-DO リスト< 各 教 科 別 > 平 成 26 年 度 以 降 入 学 特 進 及 び 一 貫 平 成 26 年 度 以 降 入 学 グレス アス アスリート 国 語 科 中 1 1. 論 説 文 段 落 ごとの 要 約 とつながりを 中 心 にした 読 解 ができる 2. 小 説 きっかけ 心 情 行 動 という 読 解 パターンが 理 解 できる 3. 作 文 映 像 と

More information

Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果 課 題 を 検 証 し その 改 善 を 図 るもに 学 校 におけ

Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果 課 題 を 検 証 し その 改 善 を 図 るもに 学 校 におけ Ⅰ 調 査 の 概 要 Ⅱ 札 幌 の 子 どもの 学 力 学 習 意 欲 等 について Ⅲ 学 力 調 査 の 結 果 概 要 及 び 改 善 の 方 向 等 について Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果

More information

のままリピートする 日 本 語 の 意 味 を 聞 いて 英 語 を 言 う 英 語 を 言 ってもらい 日 本 語 の 意 味 を 言 う といった 活 動 を 自 分 で 選 択 してから 行 う 3 人 組 で 取 り 組 むことで 一 人 は 友 達 のペア 活 動 を 聞 く 機 会 を

のままリピートする 日 本 語 の 意 味 を 聞 いて 英 語 を 言 う 英 語 を 言 ってもらい 日 本 語 の 意 味 を 言 う といった 活 動 を 自 分 で 選 択 してから 行 う 3 人 組 で 取 り 組 むことで 一 人 は 友 達 のペア 活 動 を 聞 く 機 会 を 群 教 セ G09-02 平 26.254 集 英 語 - 中 聞 いたり 読 んだりして 得 た 情 報 に 対 して 質 問 や 応 答 ができる 生 徒 の 育 成 複 数 の 技 能 を 結 び 付 けた 指 導 を 通 して 特 別 研 修 員 福 田 守 宏 Ⅰ 研 究 テーマ 設 定 の 理 由 現 行 の 中 学 校 学 習 指 導 要 領 外 国 語 の 改 訂 の 趣 旨 に 聞

More information

○○科 教科経営案

○○科 教科経営案 第 3 年 英 語 科 年 間 指 導 計 画 ( 全 142 時 間 ) Ⅰ.コミュニケーションへの 関 心 意 欲 態 度 Ⅱ. 外 国 語 表 現 の 能 力 Ⅲ. 外 国 語 理 解 の 能 力 Ⅳ. 言 語 や 文 化 についての 知 識 理 解 単 元 題 材 小 校 外 国 語 活 動 との 関 連 時 間 習 目 標 指 導 上 のポイント 習 指 導 要 領 との 関 連 道 徳

More information

3, 年 間 学 習 内 容 (ど の よ うな こ と を 学 ぶ ので し ょ う ) 月 単 元 名 主 な 学 習 内 容 ど の よ う な 力 を 身 に つ け る の か 4 Hello, English! あ い さ つ 英 語 の 指 示 身 の ま わ り の 英 語 ア ル

3, 年 間 学 習 内 容 (ど の よ うな こ と を 学 ぶ ので し ょ う ) 月 単 元 名 主 な 学 習 内 容 ど の よ う な 力 を 身 に つ け る の か 4 Hello, English! あ い さ つ 英 語 の 指 示 身 の ま わ り の 英 語 ア ル 第 1 学 年 英 語 科 学 習 シ ラ バ ス 教 科 担 当 園 田 浩 一 朗 教 材 教 科 書 教 科 書 N E W H O R I Z O N English Course 1( 東 京 書 籍 ) 副 教 材 英 語 の 学 習 ( ワ ー ク ) ペ ン マ ン シ ッ プ ワ ー ク ノ ー ト ( 前 期 後 期 ) 周 西 中 学 校 の 英 語 学 習 を 1 学 年 で

More information

Microsoft Word - H27_Horizon(調査報告書).docx

Microsoft Word - H27_Horizon(調査報告書).docx New Horizon Unit Unit Unit Unit Daily Scene < 基 礎 的 基 本 的 な 知 識 技 能 を 習 得 させる 工 夫 > Unit Daily Scene < 思 考 力, 判 断 力, 現 力 等 を 育 成 する 工 夫 > Presentation Unit < 主 体 的 に 学 習 に 取 り 組 む 態 度 を 養 う 工 夫 > Unit

More information

山鹿市立山鹿中学校 第2学年 英語科 学習指導案

山鹿市立山鹿中学校 第2学年 英語科 学習指導案 中 学 校 第 2 学 年 英 語 科 学 習 指 導 案 期 日 平 成 24 年 10 月 26 日 ( 金 ) 第 5 校 時 場 所 山 鹿 市 立 山 鹿 中 学 校 2 年 1 組 教 室 指 導 者 教 諭 田 﨑 英 明 ALT Huy Tran 1 単 元 名 Program 6 A Work Experience Program (SUNSHINE ENGLISH COURSE

More information

1 研 究 主 題 今 後 の 国 際 社 会 を 生 きる 児 童 生 徒 のための 英 語 教 育 の 在 り 方 ~ 英 語 を 生 活 化 させ 豊 かに 伝 え 合 う 児 童 の 育 成 ~ 2 授 業 観 察 の 視 点 留 学 生 が 遊 びを 紹 介 するために 使 用 した 英

1 研 究 主 題 今 後 の 国 際 社 会 を 生 きる 児 童 生 徒 のための 英 語 教 育 の 在 り 方 ~ 英 語 を 生 活 化 させ 豊 かに 伝 え 合 う 児 童 の 育 成 ~ 2 授 業 観 察 の 視 点 留 学 生 が 遊 びを 紹 介 するために 使 用 した 英 高 学 年 部 会 学 習 指 導 案 第 5 学 年 英 語 科 留 学 生 に 日 本 の 遊 び を 紹 介 し よ う Hello. My name is Taro. I ll introduce DARUMASANGA KORONDA. It s a kind of playing tag. We need more than five members. It s fun and exciting.

More information

2年C組英語科学習指導案

2年C組英語科学習指導案 第 2 学 年 英 語 科 学 習 指 導 案 1 単 元 名 Lesson 職 業 体 験 Career Experience 学 習 指 導 要 領 との 関 連 2 内 容 (1) 言 語 活 動 ア 聞 くことの(イ) 自 然 な 口 調 で 話 されたり 読 まれたりする 英 語 を 聞 いて 情 報 を 正 確 に 聞 き 取 ること 及 びエ 書 くこと(イ) 語 と 語 のつながりなど

More information

Microsoft Word - 実践記録

Microsoft Word - 実践記録 平 成 26 年 度 教 科 リーダー 養 成 講 座 ( 高 等 学 校 ) 実 践 記 録 グループ ディスカッションによる 思 考 の 深 化 を 目 指 して ~ 小 説 羅 生 門 の 指 導 から~ 新 潟 県 立 柏 崎 工 業 高 等 学 校 授 業 者 教 諭 阪 本 寛 子 1 日 時 平 成 26 年 11 月 11 日 ( 火 ) 第 5 校 時 13:45~14:40 2

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208A4F8D918CEA89C881698E528DAA82DD82B382AB816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208A4F8D918CEA89C881698E528DAA82DD82B382AB816A2E646F6378> のcanと のwhenを 1 授 業 者 廿 日 市 市 立 大 野 東 中 校 2 日 学 時 年 平 第 成 1 学 28 年 31 組 月 14 ( 日 ( 木 ) 教 諭 山 崎 学 肖 外 男 国 子 15 語 名 科, 女 学 子 習 18 指 名, 導 計 案 34 場 所 名 廿 日 市 市 立 大 野 東 中 学 校 1 学 3 組 教 室 33 名 ) 5 単 元 観 について

More information

通知表サンプル

通知表サンプル 通 知 表 (Excel 形 式 版 ) 作 成 タイプとサンプル サンプル1 サンプル サンプル サンプル4 サンプル5 サンプル6 全 学 期 表 示 学 習 のようす 行 動 のようすの 評 価 を 記 号 で 表 示 学 期 別 表 示 学 習 のようす 行 動 のようすの 評 価 を 項 目 につけで 表 示 学 期 別 表 示 学 習 のようす 行 動 のようすの 評 価 を 項 目 につけで

More information

/ 5 ページ 身 近 な 普 通 名 詞 を 覚 えさせ 絵 カードや 言 葉 絵 本 などを 使 い 身 近 な 生 活 に 関 わる 固 有 名 詞 をマッチングさせ 集 合 名 詞 の 概 念 を 身 に 付 けさせ 普 通 名 詞 の 絵 カードや 字 単 語 カードを 見 本 に 従 っ

/ 5 ページ 身 近 な 普 通 名 詞 を 覚 えさせ 絵 カードや 言 葉 絵 本 などを 使 い 身 近 な 生 活 に 関 わる 固 有 名 詞 をマッチングさせ 集 合 名 詞 の 概 念 を 身 に 付 けさせ 普 通 名 詞 の 絵 カードや 字 単 語 カードを 見 本 に 従 っ / 5 ページ 写 真 マークへの 興 味 を 持 たせ コミュニケーションの 補 助 手 段 として 日 課 生 活 習 慣 を 示 す 日 々の 活 動 カードなど を 見 せ 絵 写 真 を 用 いたコミュニケーションをはか 絵 本 の 絵 や 過 去 の 体 験 の 写 真 によってコミュニケーションを 楽 しませ カードによる 字 指 字 に 気 づかせ カードに 単 語 で 字 を 併

More information

指導案の形式について       2010

指導案の形式について       2010 Hi, friends! Lesson2 I m happy. ジェスチャーをつけてあいさつしよう 単 元 の 考 え 方 本 単 元 の 構 成 は, 音 声 を 聞 いて 誰 の 様 子 を 表 しているか 線 で 結 んだり,ジェスチャーについてどんなことを 表 しているかを 予 想 したり,ジェスチャーをつけてあいさつをするゲームを 経 験 させることを 通 して, 表 情 やジェ スチャーをつけて

More information

アドバイザー派遣事業実施レポート(改訂)

アドバイザー派遣事業実施レポート(改訂) アドバイザー 派 遣 事 業 実 施 レポート 研 究 団 体 : 鳥 取 県 東 部 中 学 校 英 語 研 究 会 実 施 期 日 : 平 成 27 年 7 月 7 日 及 び 平 成 27 年 11 月 13 日 実 施 場 所 : 八 頭 中 学 校 (7 月 ) 国 府 中 学 校 (11 月 ) アドバイザーの 所 属 氏 名 : 立 命 館 大 学 山 岡 憲 史 教 授 指 導 案

More information

徳島県鳴門市林崎小学校 学習指導案

徳島県鳴門市林崎小学校 学習指導案 外 国 語 活 動 指 導 案 鳴 門 市 林 崎 小 学 校 教 諭 中 妻 佳 代 1 日 時 平 成 24 年 6 月 25 日 ( 月 )~6 月 29 日 ( 金 ) 2 学 級 第 6 学 年 2 組 (37 名 ) 3 学 級 観 児 童 は, 今 年 度 8 時 間 の 外 国 語 活 動 を 経 験 し,5 月 実 施 の 外 国 語 活 動 の 授 業 等 に 関 するアン ケート

More information

Taro-B-SLIMの活用_高等学校 3.

Taro-B-SLIMの活用_高等学校 3. B-SLIMを 活 用 した 授 業 実 践 例 高 等 学 校 外 国 語 科 本 事 例 では 生 徒 が 教 科 書 本 文 で 学 習 する 言 語 材 料 を 生 かしたピクチャーカードを 基 に 物 語 の 構 成 を 考 え 英 語 で 発 表 する 活 動 を 位 置 付 けていま 本 時 は 2 時 間 を1まとまりで 構 成 し 生 徒 が 物 語 を 英 語 で 考 える 時

More information

Microsoft Word - 【熊野町】熊野町立熊野東中学校 英語 「大使になって熊野町をPRしよう!」(2年)

Microsoft Word - 【熊野町】熊野町立熊野東中学校 英語 「大使になって熊野町をPRしよう!」(2年) 英 語 第 2 学 年 熊 野 町 立 熊 野 東 中 学 校 単 元 名 大 使 になって 熊 野 町 を PR しよう! 指 導 者 安 村 由 美 子 篠 原 真 由 美 Jovine nikkol Antonio 本 単 元 で 育 成 する 資 質 能 力 先 を 見 通 す 力,,チャレンジ 精 神, 粘 り 強 さ, 単 元 について 本 単 元 は, 熊 野 町 の 研 究 テーマ

More information

H27 英語コミュニケーションⅠ(1年)シラバス

H27 英語コミュニケーションⅠ(1年)シラバス 科 目 名 コミュケーション 英 語 Ⅰ 単 位 数 3 対 象 学 年 学 科 1 年 生 全 クラス 使 用 教 科 書 Comet English Communication Ⅰ ( 数 研 出 版 ) 副 教 材 等 同 教 科 書 準 拠 ワークブック 学 習 の 到 達 目 標 日 常 的 な 話 題 について, 聞 いたことや 読 んだことを 理 解 し, 情 報 や 考 えなどを 英

More information

<5461726F2D8CA48B868365815B837D914F95B68251824F825082522E6A7464>

<5461726F2D8CA48B868365815B837D914F95B68251824F825082522E6A7464> 平 成 25 年 度 永 岩 小 学 校 研 究 テーマについて 1 学 校 の 教 育 目 標 自 学 感 謝 元 気 2 研 究 主 題 1および 研 究 仮 説 2について(3 年 次 ) 1 少 人 数 のよさを 生 かし ことばの 力 の 向 上 を 図 る 指 導 はどうあればよいか 2 国 語 科 における 授 業 の 組 み 立 てを 工 夫 したり 各 種 学 習 タイムを 活 用

More information

第5章:書く(概要)

第5章:書く(概要) (1) 目 的 では まとまった 文 ( )を 力 を 測 ります 力 は 教 科 学 習 言 語 能 力 の 大 きな 部 分 を 占 めるもので 考 える 力 と 文 字 にする 力 の 両 方 が 必 です 文 字 文 法 の 習 得 はもちろん 基 礎 作 文 力 の 大 切 な 素 ですが 文 字 化 する 前 の 考 える 力 にも 焦 点 をあてます では きたいことがあっても 文 字

More information

Microsoft Word - 第6学年外国語活動指導案 公開

Microsoft Word - 第6学年外国語活動指導案 公開 第 6 学 年 外 国 語 活 動 指 導 案 場 所 すずかけホール 児 童 6 年 2 組 35 名 ( 男 子 17 名 女 子 18 名 ) 指 導 者 T1 福 井 千 佳 子 T2 田 淵 由 紀 1 単 元 名 Let s go to Italy. 友 だちを 旅 行 に 誘 おう (Hi, friends! 2 Lesson5) 2 単 元 について (1) 教 材 について 世 界

More information

(3) 指 導 観 文 法 事 項 の 導 入 段 階 では, 実 物,ピクチャーカード,ジェスチャーなどを 使 用 し, 生 徒 の 視 覚 に 訴 えながら 興 味 関 心 を 引 き 付 ける 工 夫 をしていきたい 文 法 事 項 の 導 入 後 にペアによるコミュニケーション 活 動 を

(3) 指 導 観 文 法 事 項 の 導 入 段 階 では, 実 物,ピクチャーカード,ジェスチャーなどを 使 用 し, 生 徒 の 視 覚 に 訴 えながら 興 味 関 心 を 引 き 付 ける 工 夫 をしていきたい 文 法 事 項 の 導 入 後 にペアによるコミュニケーション 活 動 を 第 1 学 年 英 語 科 学 習 指 導 案 1 単 元 名 Unit 8 ナンシーに 会 いに (New Horizon English Course Ⅰ) 平 成 24 年 11 月 22 日 ( 木 )5 校 時 指 導 学 級 1 年 5 組 指 導 者 JTE 小 松 加 代 子 ALT Willem De Jager 場 所 1 年 5 組 教 室 2 単 元 の 目 標 自 分 の

More information

の 教 科 書 と 全 く 同 じ 対 話 文 を 導 入 することで 中 学 の 学 習 につなげていくねらいである したがって モデル 文 の 提 示 を 文 字 を 使 って 行 う 文 字 を 読 みとりながら 発 音 練 習 をする などの 活 動 を 設 定 し 5 年 生 までで 口

の 教 科 書 と 全 く 同 じ 対 話 文 を 導 入 することで 中 学 の 学 習 につなげていくねらいである したがって モデル 文 の 提 示 を 文 字 を 使 って 行 う 文 字 を 読 みとりながら 発 音 練 習 をする などの 活 動 を 設 定 し 5 年 生 までで 口 第 6 学 年 英 語 科 学 習 指 導 案 指 導 者 ( 所 属 ) ( 指 導 担 当 教 員 ) 1. 日 時 平 成 20 年 11 月 1 日 木 曜 第 5 校 時 (13:45~14:30) 2. 学 年 組 第 6 学 年 1 組 計 33 名 3. 場 所 第 6 学 年 1 組 教 室 4. 単 元 名 これは ですか と 聞 いたり 答 えたりしよう 5. 単 元 の 目

More information

ステップ2 日 中 の 高 校 の 異 同 自 分 の 学 校 の 魅 力 に 関 するプレゼンテーション 中 国 ルーツの 生 徒 には 日 本 の 高 校 に 来 て どんな 事 に 驚 いたのかまた 興 味 をもったのかパワーポイントにまとめ 発 表 して もらう また 日 本 人 生 徒 は

ステップ2 日 中 の 高 校 の 異 同 自 分 の 学 校 の 魅 力 に 関 するプレゼンテーション 中 国 ルーツの 生 徒 には 日 本 の 高 校 に 来 て どんな 事 に 驚 いたのかまた 興 味 をもったのかパワーポイントにまとめ 発 表 して もらう また 日 本 人 生 徒 は 学 習 レベル 日 本 人 生 徒 1 中 国 人 生 徒 4 中 国 語 ( 日 本 語 )の 表 現 力 の 向 上 テーマ 学 校 紹 介 PV を 作 ろう 複 眼 的 な 視 点 をもって 目 標 他 文 化 の 多 様 性 への 視 点 を 養 い 自 文 化 をふりかえる 力 を 身 につける 情 報 機 器 の 活 用 ( 活 動 の 効 率 化 生 徒 のモチベーションの 維 持

More information

(Microsoft Word - \202g27\224N\223x \202P\224N)

(Microsoft Word - \202g27\224N\223x \202P\224N) 授 業 科 目 名 国 語 総 合 単 位 数 単 位 年 級 別 漢 字 習 ~ 級 (とうほう) 使 用 明 解 国 語 総 合 ( 三 省 堂 ) 等 読 ん で 見 て 覚 え る 重 要 古 文 単 語 ( 桐 原 書 店 ) 完 全 傍 訳 やさしく 詳 しい 古 典 文 法 ( 尚 文 出 版 ) 習 の 到 達 目 標 国 語 を 的 確 に 理 解 し 適 切 に 表 現 する 基

More information

てる 力 であり 他 の 教 科 などの 教 育 課 程 全 体 とのかかわりからとらえる 認 識 は 少 なかった そこで 次 の2 点 から 国 語 力 に 対 する 認 識 の 深 化 を 図 り 実 践 研 究 の 方 向 性 を 確 認 し 合 った ア 文 化 審 議 会 答 申 これか

てる 力 であり 他 の 教 科 などの 教 育 課 程 全 体 とのかかわりからとらえる 認 識 は 少 なかった そこで 次 の2 点 から 国 語 力 に 対 する 認 識 の 深 化 を 図 り 実 践 研 究 の 方 向 性 を 確 認 し 合 った ア 文 化 審 議 会 答 申 これか 中 学 校 Ⅰ はじめに 中 学 校 における 校 内 研 修 は 学 校 や 生 徒 の 実 態 に 即 した 主 題 を 設 定 して 具 体 的 実 践 的 に 行 わ れている しかし 教 科 担 任 制 のため 指 導 分 野 が 限 定 されがちであり 小 学 校 と 比 べて 全 教 師 が 共 通 に 取 り 組 む 課 題 の 範 囲 が 狭 いという 問 題 点 がある そのため

More information

Microsoft Word - 小学校第6学年国語科「やまなし」

Microsoft Word - 小学校第6学年国語科「やまなし」 第 6 学 年 国 語 科 学 習 指 導 案 1 単 元 名 表 現 を 味 わい, 豊 かに 想 像 しよう( 教 材 やまなし イーハトーヴの 夢 ) 2 目 標 場 面 の 情 景 や 独 特 の 表 現 に 興 味 をもち, 想 像 豊 かに 読 もうとしたり, 宮 沢 賢 治 の 作 品 や 生 き 方 を 知 ろうと したりす ( 国 語 への 関 心 意 欲 態 度 ) 情 景 を

More information

Microsoft Word - 報告書 36 田邊.docx

Microsoft Word - 報告書 36 田邊.docx 群 教 セ G09-02 平 27.257 集 英 語 - 中 自 分 の 考 えや 気 持 ちをまとまりのある 英 文 で 表 現 できる 生 徒 の 育 成 伝 えたい! と 思 える 表 現 活 動 を 通 して 特 別 研 修 員 田 邊 陽 子 Ⅰ 研 究 テーマ 設 定 の 理 由 はばたく 群 馬 の 指 導 プラン の 中 で 示 されている 外 国 語 の 課 題 として 動 詞

More information

学 習 内 容 および 評 価 について 学 習 計 画 評 価 にあたって 学 期 月 単 元 計 画 試 験 評 価 観 点 評 価 の 場 面 方 法 4 LET'S START 英 語 であいさつしてみ 関 英 語 のコミュニケーション 英 語 の 練 習 活 動 よう 英 語 を 聞 いて

学 習 内 容 および 評 価 について 学 習 計 画 評 価 にあたって 学 期 月 単 元 計 画 試 験 評 価 観 点 評 価 の 場 面 方 法 4 LET'S START 英 語 であいさつしてみ 関 英 語 のコミュニケーション 英 語 の 練 習 活 動 よう 英 語 を 聞 いて 英 語 の 学 習 で めざす こと Let's Enjoy English. ( 第 1 学 年 英 語 ) 積 極 的 に 英 語 を 理 解 し Listening( 聞 くこと) Reading( 読 むこと) 用 いてコミュニケーション 初 歩 的 な 英 語 を 聞 いて 正 しく 基 本 的 な 英 文 を 正 しく 読 むこ をもつようになろう 聞 きとることができる とができる 基

More information

発 表 会 < 4 人 > <25 人 > 3 外 国 語 活 動 は 得 意 ですか 得 意 5 人 少 し 得 意 15 人 少 し 苦 手 13 人 苦 手 5 人 4 もっと 友 達 のことを 知 りた いですか はい 28 人 いいえ10 人 意 識 調 査 の 結 果 から 大 半 の

発 表 会 < 4 人 > <25 人 > 3 外 国 語 活 動 は 得 意 ですか 得 意 5 人 少 し 得 意 15 人 少 し 苦 手 13 人 苦 手 5 人 4 もっと 友 達 のことを 知 りた いですか はい 28 人 いいえ10 人 意 識 調 査 の 結 果 から 大 半 の 第 6 学 年 1 組 外 国 語 活 動 指 導 案 授 業 者 T1 教 諭 門 田 洋 之 T2 教 諭 大 内 純 子 児 童 数 男 22 名 女 16 名 計 38 名 1 単 元 名 一 日 の 生 活 を 紹 介 しよう~What time do you get up?~ ( Hi,friends!2 Lesson 6 2 単 元 について (1) 単 元 について 多 くの 児 童

More information

読解力向上プログラム

読解力向上プログラム 読 解 力 向 上 プログラム 平 成 17 年 12 月 文 部 科 学 省 はじめに 平 成 15 年 (2003 年 )7 月 に0ECD( 経 済 協 力 開 発 機 構 )が 実 施 したPISA 調 査 ( 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 )の 結 果 が, 昨 年 12 月 に 公 表 された それによれば,わ が 国 の 子 どもたちの 学 力 は, 数 学 的 リテラシー,

More information

第1学年1組 理科学習指導案

第1学年1組 理科学習指導案 検 印 第 3 学 年 1 組 理 科 学 習 指 導 案 平 成 23 年 12 月 9 日 ( 月 )5 校 時 活 動 場 所 第 2 理 科 室 (3 階 ) 指 導 者 教 諭 1 単 元 名 地 球 から 見 た 天 体 の 動 き 2 単 元 設 定 について この 単 元 では 天 体 の 日 周 運 動 の 観 察 を 行 い その 観 察 記 録 を 地 球 の 自 転 と 関

More information

動 作 動 詞 の have 食 べる 受 ける なら 現 在 進 行 形 になれる d We are having lunch in the classroom. [ 和 訳 ]( 私 たちは 今 教 室 で 昼 食 を 食 べている[ところだ]) e He is having the math

動 作 動 詞 の have 食 べる 受 ける なら 現 在 進 行 形 になれる d We are having lunch in the classroom. [ 和 訳 ]( 私 たちは 今 教 室 で 昼 食 を 食 べている[ところだ]) e He is having the math 1-25 現 在 進 行 形 (1) ~しているところだ が 現 在 進 行 形 be 動 詞 am, are, is と 現 在 分 詞 のセット 現 在 進 行 形 は 主 語 に 合 った 現 在 形 の be 動 詞 (am are is)と 現 在 分 詞 (ing 形 )をセットで 使 う 和 訳 は 現 在 進 行 形 なら ~している ~しているところだ ~しつつある にし 動 かす

More information

Taro-13、国語:大澤(最終:東

Taro-13、国語:大澤(最終:東 論 理 的 に 話 す 力 を 育 てる 国 語 科 指 導 の 工 夫 新 聞 を 取 り 入 れたコミュニケーション 活 動 を 通 して 研 究 員 東 中 学 校 大 澤 彰 仁 研 究 の 概 要 本 研 究 は 話 すこと 聞 くこと の 学 習 において 新 聞 を 取 り 入 れたコミュニケーション 活 動 を 行 うことにより 論 理 的 に 話 す 力 を 育 成 することができるように

More information

平成21年2月23日

平成21年2月23日 Ⅰ 平 成 21 年 度 由 布 市 連 携 型 中 高 一 貫 教 育 に 係 る 研 究 1 連 携 対 象 校 由 布 市 立 湯 布 院 中 学 校 由 布 市 立 庄 内 中 学 校 由 布 市 立 挾 間 中 学 校 大 分 県 立 由 布 高 等 学 校 2 連 携 校 のめざす 生 徒 像 確 かな 学 力 と 豊 かな 人 間 性 を 身 につけ 自 己 実 現 に 積 極 的 に

More information

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231>

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231> 教 科 指 導 等 を 通 じたPISA 型 読 解 力 の 育 成 に 関 する 研 究 - 読 解 力 グループ 研 究 の 概 要 - 研 究 の 概 要 本 研 究 は,これからの 国 際 社 会 を 生 きる 日 本 人 にとって 必 要 とされる 力 である PISA 型 読 解 力 を, 教 科 領 域 の 指 導 を 通 して 育 成 することを 目 指 すものである PISA 型

More information

6 言 語 材 料 Sentences Words How are you? I m ~. Good. / Me,too. / Are you OK? fine happy hungry sleepy tired sad 7 CAN-DO リスト の 位 置 づけ 本 時 の 学 習 は, 以 下

6 言 語 材 料 Sentences Words How are you? I m ~. Good. / Me,too. / Are you OK? fine happy hungry sleepy tired sad 7 CAN-DO リスト の 位 置 づけ 本 時 の 学 習 は, 以 下 外 国 語 活 動 学 習 指 導 案 指 導 者 森 川 修 平 (HRT) Shane Tummon(ALT) 1 日 時 平 成 27 年 6 月 4 日 ( 木 ) 5 校 時 2 場 所 English room 3 学 年 第 3 学 年 2 組 31 名 ( 男 子 13 名, 女 子 18 名 ) 4 単 元 名 調 子 はどう? 5 単 元 について 単 元 の 目 標 コミュニケーションへの

More information

【資料2-1】島根県の中学校拠点校における「CAN-DO リスト」の形での学習到達目標作成資料

【資料2-1】島根県の中学校拠点校における「CAN-DO リスト」の形での学習到達目標作成資料 平 成 25 年 度 英 語 によるコミュニケーション 能 力 論 理 的 思 考 力 を 強 化 する 指 導 改 善 の 取 組 島 根 県 の 中 学 校 拠 点 校 における CAN-DO リスト の 形 での 学 習 到 達 目 標 作 成 資 料 作 業 1 各 単 元 の 目 標 をピックアップする 作 業 1 第 1 学 年 単 元 単 元 目 標 ( ~する 形 の 語 尾 で 記

More information

(Microsoft Word - \214\244\213\206\215\\\221z.doc)

(Microsoft Word - \214\244\213\206\215\\\221z.doc) 研 究 主 題 対 話 的 コミュニケーション 能 力 を 育 む 教 育 活 動 - 聴 く 力 を 高 める 手 だての 工 夫 を 通 して- 1 主 題 設 定 の 理 由 (1) 現 代 教 育 の 動 向 から 国 際 化 情 報 化 科 学 技 術 の 進 展 環 境 問 題 等 めまぐるしく 変 化 し 先 行 き 不 透 明 な 時 代 が 到 来 しており その 流 れは 今 後

More information

きとる 力 の 向 上 3 英 語 で 書 くこと への 意 欲 と 力 の 向 上 を 挙 げられていまし た 自 己 紹 介 や 日 常 生 活 にかかわる 会 話 賛 否 分 かれる 問 題 に 対 して 自 分 の 立 場 を 決 めて 自 分 なりの 主 張 ができる 生 徒 を 育 てる

きとる 力 の 向 上 3 英 語 で 書 くこと への 意 欲 と 力 の 向 上 を 挙 げられていまし た 自 己 紹 介 や 日 常 生 活 にかかわる 会 話 賛 否 分 かれる 問 題 に 対 して 自 分 の 立 場 を 決 めて 自 分 なりの 主 張 ができる 生 徒 を 育 てる 実 践 発 表 1 英 語 でつなぐ 小 中 一 貫 教 育 ~ いつか 使 える 英 語 から 今 使 える 英 語 を 目 指 して~ 発 表 者 奈 良 市 立 富 雄 第 三 小 中 学 校 平 谷 百 合 子 先 生 大 田 清 美 先 生 友 田 由 妃 先 生 3 年 前 から 施 設 一 体 型 小 中 一 貫 教 育 校 として 歩 んでこられた 奈 良 市 立 富 雄 第 三 小

More information

写 真 3 日 本 語 教 室 の 開 催 について 1 講 座 名 共 生 のために 必 要 な 日 本 語 講 座 2 開 催 場 所 学 校 法 人 ムンド デ アレグリア 学 校 及 び 浜 松 市 内 学 習 目 標 1. 地 域 住 民 と 交 流 や 共 同 作 業 を 行 うことで

写 真 3 日 本 語 教 室 の 開 催 について 1 講 座 名 共 生 のために 必 要 な 日 本 語 講 座 2 開 催 場 所 学 校 法 人 ムンド デ アレグリア 学 校 及 び 浜 松 市 内 学 習 目 標 1. 地 域 住 民 と 交 流 や 共 同 作 業 を 行 うことで 委 託 事 業 実 施 内 容 報 告 書 平 成 2 3 年 度 生 活 者 と し て の 外 国 人 の た め の 日 本 語 教 育 事 業 日 本 語 教 室 の 設 置 運 営 受 託 団 体 名 学 校 法 人 ムンド デ アレグリア 学 校 1 事 業 の 趣 旨 目 的 外 国 人 集 住 都 市 である 浜 松 は 母 語 で 生 活 できる 環 境 があることから 日 本 語

More information

(3) 指 導 観 身 の 回 りの 人 物 や 物 をより 具 体 的 に 説 明 するために ひと 手 間 付 け 加 えた 表 現 を 作 れるように なることを 第 一 目 標 におく ゲーム 性 を 持 たせて 楽 しく 考 えさせることで 自 然 に 後 置 修 飾 に 慣 れるようにす

(3) 指 導 観 身 の 回 りの 人 物 や 物 をより 具 体 的 に 説 明 するために ひと 手 間 付 け 加 えた 表 現 を 作 れるように なることを 第 一 目 標 におく ゲーム 性 を 持 たせて 楽 しく 考 えさせることで 自 然 に 後 置 修 飾 に 慣 れるようにす 第 3 学 年 2 組 英 語 科 学 習 指 導 案 平 成 22 年 10 月 2 9 日 ( 金 ) 第 4 校 時 授 業 者 教 諭 (T1) 佐 野 芳 美 LT(T2)Joanna Maclean 生 徒 数 37 名 1 単 元 名 Program6 Okinawan Music( 開 隆 堂 SUNSHINE ENGLISH OURSE 3 ) 2 単 元 について (1) 題 材

More information

3年表紙

3年表紙 外 国 語 英 語 コミュニケーションⅢ 第 3 学 年 普 通 科 理 数 科 (4 単 位 ) 英 語 を 通 じて 積 極 的 にコミュニケーションを 図 ろうとする 態 度 を 育 成 するとともに 情 報 や 考 えなどを 的 確 に 理 解 したり 適 切 に 伝 えたりする 能 力 を 更 に 伸 ばし 社 会 生 活 において 活 用 できるようにする ELEMENT English

More information

<5461726F2D8EC09148985F95B6816990AF96EC816A82512E6A7464>

<5461726F2D8EC09148985F95B6816990AF96EC816A82512E6A7464> 問 題 解 決 学 習 を 通 して 科 学 的 思 考 力 と 表 現 力 の 育 成 を 図 る 理 科 授 業 ~ 言 語 活 動 を 充 実 させる 授 業 ~ 新 発 田 市 立 第 一 中 学 校 教 諭 星 野 勝 紀 Ⅰ 主 題 設 定 の 理 由 今 までの 実 践 から 私 自 身 のこれまでの 授 業 を 振 り 返 ると 教 師 側 である 程 度 筋 道 を 立 て 発 達

More information

1 テーマ名 

1 テーマ名  第 4 学 年 キャリア 教 育 展 開 計 画 ( 学 年 複 ) 1 テマ 名 1/2 成 人 式 ~みんなで 夢 を 語 り おう~ 千 葉 市 立 打 瀬 小 学 校 指 導 者 平 林 かおる 2 テマについて 大 人 になることや 成 長 について 興 味 はあるが 積 極 的 に 考 えようという 態 度 はあまりみられない 協 力 的 に 活 動 できるが 自 分 で 決 めることが

More information

3 英 語 を 使 ったゲームな どに 楽 しく 参 加 してい ますか? 4 3の 質 問 でそう 答 えた 理 由 は? 5 英 語 の 時 間 にできるよ うになりたいと 思 って いることは 何 ですか? とても 楽 しく 参 加 している 楽 しく 参 加 している あまり 楽 しく 参

3 英 語 を 使 ったゲームな どに 楽 しく 参 加 してい ますか? 4 3の 質 問 でそう 答 えた 理 由 は? 5 英 語 の 時 間 にできるよ うになりたいと 思 って いることは 何 ですか? とても 楽 しく 参 加 している 楽 しく 参 加 している あまり 楽 しく 参 検 印 第 6 学 年 3 組 外 国 語 活 動 学 習 指 導 案 平 成 24 年 6 月 15 日 ( 金 ) 第 3 校 時 第 6 学 年 3 組 27 名 活 動 場 所 スタジオ 指 導 者 教 諭 竹 内 知 子 ALT James Fishel 1 単 元 名 Hi,friends!2 Lesson2 友 だちの 誕 生 日 を 調 べよう 2 単 元 について 日 常 生 活

More information

本 時 の 学 習 指 導 案 教 科 商 業 科 目 ビジネス 基 礎 担 当 教 諭 単 位 数 3 単 位 実 施 学 級 1 年 組 名 使 用 教 科 書 及 び 副 教 材 ( 男 子 : 名 女 子 : 名 ) 学 習 指 導 案 1 北 海 道 小 樽 商 業 高 等 学 校 教 諭

本 時 の 学 習 指 導 案 教 科 商 業 科 目 ビジネス 基 礎 担 当 教 諭 単 位 数 3 単 位 実 施 学 級 1 年 組 名 使 用 教 科 書 及 び 副 教 材 ( 男 子 : 名 女 子 : 名 ) 学 習 指 導 案 1 北 海 道 小 樽 商 業 高 等 学 校 教 諭 平 成 26~27 年 度 国 立 教 育 政 策 研 究 所 教 育 課 程 研 究 センター 関 係 指 定 事 業 (5) 企 業 活 動 の 基 礎 ウ 雇 用 配 布 資 料 : 教 師 用 1 学 習 指 導 案 1~4 2 2 指 導 と 評 価 の 計 画 6 3 観 察 シート 10 4 ティーチングノート 11 北 海 道 小 樽 商 業 高 等 学 校 (5)- ウ - 教 -

More information

1年 program10 2/7

1年 program10 2/7 1 学 年 2 組 英 語 科 学 習 指 導 案 日 平 成 27 年 1 月 20 日 ( 火 ) 5 校 在 籍 数 男 子 18 名 女 子 22 名 計 40 名 場 所 総 合 室 1 指 導 者 教 諭 吉 田 由 紀 恵 指 導 補 助 員 飯 川 由 梨 1 単 元 名 Program 10 Mike's Visit to Washington, D.C. (SUNSHINE ENGLISH

More information

のことをできるようになるために これからも 聞 くこと を 大 切 にした 授 業 を 展 開 していきたい 英 語 の 授 業 がどちらかといえばきらい と 答 えた 児 童 は 4 月 の 時 点 では 英 語 の 授 業 がきらい と 答 えていた 少 しずつ 授 業 内 容 を 理 解 しは

のことをできるようになるために これからも 聞 くこと を 大 切 にした 授 業 を 展 開 していきたい 英 語 の 授 業 がどちらかといえばきらい と 答 えた 児 童 は 4 月 の 時 点 では 英 語 の 授 業 がきらい と 答 えていた 少 しずつ 授 業 内 容 を 理 解 しは 第 6 学 年 英 語 科 学 習 指 導 案 平 成 27 年 11 月 11 日 ( 金 ) 第 5 校 時 1 単 元 名 Lesson6 { plays~.} 2 単 元 について これまでの 学 習 では ことばを 使 って 互 いを 知 ることの 楽 しさを 感 じさせることでコミュニケーションへの 意 欲 が 高 められると 考 え これらの 表 現 を 使 って 自 分 のことを 伝

More information

1 アプローチカリキュラム 作 成 のポイント 2 活 動 の 工 夫 アプローチカリキュラムとは 就 学 前 の 幼 児 がスムーズに 小 学 校 の 生 活 や 学 習 に 適 応 できるようにすると ともに 幼 児 期 の 学 びを 小 学 校 教 育 につなげるために 作 成 する 幼 児

1 アプローチカリキュラム 作 成 のポイント 2 活 動 の 工 夫 アプローチカリキュラムとは 就 学 前 の 幼 児 がスムーズに 小 学 校 の 生 活 や 学 習 に 適 応 できるようにすると ともに 幼 児 期 の 学 びを 小 学 校 教 育 につなげるために 作 成 する 幼 児 11 1 アプローチカリキュラム 作 成 のポイント 2 活 動 の 工 夫 アプローチカリキュラムとは 就 学 前 の 幼 児 がスムーズに 小 学 校 の 生 活 や 学 習 に 適 応 できるようにすると ともに 幼 児 期 の 学 びを 小 学 校 教 育 につなげるために 作 成 する 幼 児 期 の 教 育 終 了 前 (5 歳 児 の10 月 ~3 月 ) のカリキュラムです 小 学

More information

<5461726F2D8252944E8E5A909489C88E7793B188C42E6A7464>

<5461726F2D8252944E8E5A909489C88E7793B188C42E6A7464> 小 学 校 第 3 学 年 算 数 学 習 指 導 案 1 単 元 名 見 やすく 整 理 しよう ( 東 京 書 籍 ) 期 日 平 成 22 年 12 月 8 日 ( 水 ) 公 開 授 業 Ⅱ 場 所 大 村 市 立 大 村 小 学 校 3 年 1 組 教 室 指 導 者 教 諭 春 田 潔 2 単 元 について (1) 児 童 はこれまでも, 簡 単 な 事 柄 を 分 類 整 理 したり

More information

番 号 名 学 年 コース 単 位 数 2-2 現 代 文 B 2 P 4 必 修 1 年 次 の 国 語 総 合 の 学 習 成 果 をもとに 近 代 以 降 の 評 論 小 説 随 想 詩 歌 を 学 んでいく 説 明 的 な 文 章 である 評 論 随 想 と 文 学 的 文 章 である 小

番 号 名 学 年 コース 単 位 数 2-2 現 代 文 B 2 P 4 必 修 1 年 次 の 国 語 総 合 の 学 習 成 果 をもとに 近 代 以 降 の 評 論 小 説 随 想 詩 歌 を 学 んでいく 説 明 的 な 文 章 である 評 論 随 想 と 文 学 的 文 章 である 小 番 号 2-1 名 現 代 文 B 学 年 コース 単 位 数 2 S A 3 必 修 1 年 次 の 国 語 総 合 の 学 習 成 果 をもとに 近 代 以 降 の 評 論 小 説 随 想 詩 歌 を 学 んでいく 説 明 的 な 文 章 である 評 論 随 想 と 文 学 的 文 章 である 小 説 や 詩 歌 を 交 互 に 学 習 する 鑑 賞 文 や 意 見 文 の 作 成 要 約 課

More information

部年()「      」学習指導案

部年()「      」学習指導案 中 学 部 生 活 単 元 学 習 ( 学 年 ) 学 習 指 導 案 日 時 平 成 27 年 月 28 日 ( 土 ) 2 3 校 時 (9:50~:5) 場 所 中 教 室 対 象 中 学 部 年 (6 名 ) 指 導 者 齋 藤 貴 子 (T) 高 橋 円 (T2) 小 田 島 美 咲 (T3) Ⅰ 単 元 名 シューズキーパーを 作 ってプレゼントしよう Ⅱ 授 業 づくりの 視 点 単

More information

研究主題設定の理由

研究主題設定の理由 < 平 成 27 年 度 > 英 語 科 学 習 指 導 案 平 成 27 年 10 月 29 日 ( 木 ) 第 4 学 年 Urashima Taro (1) 英 語 学 習 で 育 てたい 力 4 年 生 英 語 に 慣 れ 親 しみ 楽 しく 表 現 する 第 4 学 年 2 組 30 名 指 導 者 HRT 永 友 栞 JTE 友 達 と 一 緒 に 発 音 したり 動 作 を 付 けたりして

More information

Microsoft Word - H21高原町教育研究所 研究紀要 _修正済み_.doc

Microsoft Word - H21高原町教育研究所 研究紀要 _修正済み_.doc Ⅰ Ⅱ 研 究 主 題 主 題 設 定 理 由 1 社 会 要 請 教 育 的 課 題 から 表 現 力 向 上 を 目 指 した 学 習 指 導 研 究 ~ 言 語 力 を 高 める 指 導 実 践 を 通 して~ 21 世 紀 は 新 しい 知 識 情 報 技 術 が 政 治 経 済 文 化 をはじめ 社 会 あらゆる 領 域 で 活 動 基 盤 として 飛 躍 的 に 重 要 性 を 増 す

More information

保 護 者 のみなさまへ エビングハウスの 忘 却 曲 線 というものがあります 一 度 学 習 して 覚 えたこと でも 1 時 間 後 には 56% 忘 れ 1 日 たつと 74% 忘 れてしまうというものです 学 校 で 習 ったときにわかったつもりでも 1 日 たつと4 分 の1しか 覚 え

保 護 者 のみなさまへ エビングハウスの 忘 却 曲 線 というものがあります 一 度 学 習 して 覚 えたこと でも 1 時 間 後 には 56% 忘 れ 1 日 たつと 74% 忘 れてしまうというものです 学 校 で 習 ったときにわかったつもりでも 1 日 たつと4 分 の1しか 覚 え 卒 業 まで 大 切 に 使 おう ご 家 庭 の 皆 様 もご 一 読 ください 川 場 村 立 川 場 中 学 校 保 護 者 のみなさまへ エビングハウスの 忘 却 曲 線 というものがあります 一 度 学 習 して 覚 えたこと でも 1 時 間 後 には 56% 忘 れ 1 日 たつと 74% 忘 れてしまうというものです 学 校 で 習 ったときにわかったつもりでも 1 日 たつと4 分

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093C195CA8E7889878A778D5A814590B68A8892508CB38A778F4B81698FC08C4793C18E78816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093C195CA8E7889878A778D5A814590B68A8892508CB38A778F4B81698FC08C4793C18E78816A2E646F63> 特 別 支 援 学 校 : 知 的 障 害 生 活 単 元 学 習 学 習 指 導 案 県 立 沼 隈 特 別 支 援 学 校 指 導 者 村 上 大 樹 (T1) 高 橋 美 紀 子 (T2) 1 日 時 平 成 22 年 10 月 15 日 ( 金 ) 第 2 校 時 (10:20~11:05) 2 学 部 学 年 小 学 部 第 1 2 学 年 ( 計 4 名 ) 3 場 所 小 学 部 第

More information

「生徒アンケートを中心とした学校改善のための学校評価システムの開発」

「生徒アンケートを中心とした学校改善のための学校評価システムの開発」 1 平 成 22 年 度 学 校 評 価 推 進 協 議 会 生 徒 アンケートを 中 心 とした 学 校 改 善 のための 学 校 評 価 システムの 開 発 大 分 県 立 大 分 舞 鶴 高 等 学 校 大 分 舞 鶴 高 校 について 強 い 絆 舞 鶴 魂 (Maizuru Spirit) 勉 学 と 部 活 動 の 両 立 SSH(スーパーサイエンスハイスクール) 2 今 年 創 立 60

More information

言 語 学 習 ポートフォリオとはどのようなものか 世 界 で 活 躍 できる 人 材 ための 英 語 教 育 といったスローガンを, 最 近 よく 耳 にします しかし, 学 校 の 授 業 の 現 状 はいかがでしょうか 学 習 者 にとっては 定 期 試 験 や 受 験 のため の 一 教 科

言 語 学 習 ポートフォリオとはどのようなものか 世 界 で 活 躍 できる 人 材 ための 英 語 教 育 といったスローガンを, 最 近 よく 耳 にします しかし, 学 校 の 授 業 の 現 状 はいかがでしょうか 学 習 者 にとっては 定 期 試 験 や 受 験 のため の 一 教 科 My Learning Mate 活 用 の 手 引 き 言 語 学 習 ポートフォリオとはどのようなものか 世 界 で 活 躍 できる 人 材 ための 英 語 教 育 といったスローガンを, 最 近 よく 耳 にします しかし, 学 校 の 授 業 の 現 状 はいかがでしょうか 学 習 者 にとっては 定 期 試 験 や 受 験 のため の 一 教 科 で, 自 分 のニーズに 合 ったコミュニケーション

More information

1 単 元 名 英 語 ノート 2 Lesson9 将 来 夢 を 紹 介 しよう 2 単 元 目 標 (1) 様 々な 職 業 言 い 方 に 興 味 を 持 つ (2) 積 極 的 に 自 分 将 来 夢 について, 理 由 を 含 めて 紹 介 したり, 友 だち 夢 を 聞 き 取 ったりす

1 単 元 名 英 語 ノート 2 Lesson9 将 来 夢 を 紹 介 しよう 2 単 元 目 標 (1) 様 々な 職 業 言 い 方 に 興 味 を 持 つ (2) 積 極 的 に 自 分 将 来 夢 について, 理 由 を 含 めて 紹 介 したり, 友 だち 夢 を 聞 き 取 ったりす 英 語 ノート 2 Lesson9 将 来 夢 を 紹 介 しよう 授 業 案 例 英 語 ノート 2 Lesson9-1- 1 単 元 名 英 語 ノート 2 Lesson9 将 来 夢 を 紹 介 しよう 2 単 元 目 標 (1) 様 々な 職 業 言 い 方 に 興 味 を 持 つ (2) 積 極 的 に 自 分 将 来 夢 について, 理 由 を 含 めて 紹 介 したり, 友 だち 夢

More information

学級経営講座-7月 ④通知票(表)・通信簿の作成

学級経営講座-7月 ④通知票(表)・通信簿の作成 若 い 先 生 のための 学 級 経 営 講 座 月 別 編 7 月 4 通 知 表 ( 票 ) 通 信 簿 の 作 成 ~ 学 期 の 学 校 生 活 の 様 子 を 伝 える 連 絡 簿 ~ 埼 玉 県 教 育 局 東 部 教 育 事 務 所 学 期 末 になれば 担 任 教 師 は 当 該 学 期 の 児 童 生 徒 一 人 一 人 の 学 習 や 生 活 の 状 況 をま とめ 通 知 表

More information

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案 平 成 28 年 度 大 津 市 立 打 出 中 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに 生 徒 が 一 人 の 人 格 として 尊 重 され 夢 と 希 望 を 持 って 心 身 ともに 健 やかに 成 長 して くれることを 願 い いじめ は いじめを 受 けた 生 徒 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し その 心 身 の 健 全 な 成 長 および 人 格

More information

○○科 教科経営案

○○科 教科経営案 平 成 26 年 度 音 楽 科 教 科 経 営 案 1 教 科 の 目 標 表 現 及 び 鑑 賞 の 幅 広 い 活 動 を 通 して 音 楽 を 愛 好 する 心 情 を 育 てるとともに 音 楽 に 対 する 感 性 を 豊 かにし 音 楽 活 動 の 基 礎 的 な 能 力 を 伸 ばし 音 楽 文 化 についての 理 解 を 深 め 豊 かな 情 操 を 養 う 2 経 営 方 針 多

More information

< C7983BF814092CA944E EA F8E9E8AFA5F F985E8DCF816A2E786C73>

< C7983BF814092CA944E EA F8E9E8AFA5F F985E8DCF816A2E786C73> Replyα 通 年 用 コンテンツ 一 覧 ( 中 学 英 語 ) 中 学 1 年 英 語 1. Alphabet 単 語 あいさつ 2. I am ~. You are ~. 3. This is ~. That is ~. 4. 形 容 詞 冠 詞 5. Is this ~?/What is ~? 6. He She is ~. Who is ~? 7. 一 般 動 詞 (1) 8. 名 詞

More information

はじめにお読みください

はじめにお読みください START 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 @ 33 34 35 36 37 38 39 40 41 & @ 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 & 60 61 62 63 64 65 66 67 68

More information

スライド 1

スライド 1 2016.6 ベネッセコーポレーション 初 等 中 等 教 育 事 業 本 部 楽 しく 学 ぶ 英 語 からアカデミックな 英 語 へ 発 達 の 段 階 に 応 じた 実 践 的 な 英 語 力 を 涵 養 北 海 道 登 別 明 日 中 等 教 育 学 校 GTEC 通 信 vol.102 2007 年 に 開 校 開 校 以 来 郷 土 愛 と 国 際 性 を 身 につけた 生 徒 の 育

More information

Ⅰ 学級概要

Ⅰ 学級概要 平 成 28 年 度 コミュニケーションの 教 室 辰 沼 学 級 案 内 足 立 区 立 辰 沼 小 学 校 コミュニケーションの 教 室 辰 沼 足 立 区 谷 中 5-12-1 電 話 03(3629)2421 学 級 電 話 03(3629)2413 Ⅰ 学 級 概 要 1 学 校 名 足 立 区 立 辰 沼 小 学 校 2 所 在 地 120 0006 東 京 都 足 立 区 谷 中 5-12-1

More information

Microsoft Word - 13-品詞(be動詞)edited(11-07-09 桐生了承).doc

Microsoft Word - 13-品詞(be動詞)edited(11-07-09 桐生了承).doc be 動 詞 / きるべきか 死 ぬべきかそれが 問 題 だ To be or not to be, that is the question. 基 本 的 な 動 詞 ですが be 動 詞 はいろいろな 使 い をするのでしっかりと 理 解 しておきましょう be 動 詞 は 格 変 化 をします つまり 主 語 の 格 や 時 制 によって 形 が 変 化 するのです そのため 変 化 形 を

More information

実 との 関 連 付 け を 参 考 にした 限 られた 授 業 時 間 に 集 中 して 取 り 組 めるように 連 想 ゲーム には 制 限 時 間 を 設 ける 時 間 制 限 があることで 短 時 間 に 単 語 を 連 想 する 必 要 が 出 てくる 短 時 間 にできるだけ 多 く 連

実 との 関 連 付 け を 参 考 にした 限 られた 授 業 時 間 に 集 中 して 取 り 組 めるように 連 想 ゲーム には 制 限 時 間 を 設 ける 時 間 制 限 があることで 短 時 間 に 単 語 を 連 想 する 必 要 が 出 てくる 短 時 間 にできるだけ 多 く 連 実 践 報 告 英 語 の 瞬 発 力 を 上 げるために キーワード: 英 語 の 瞬 発 力 コミュニケーション 能 力 協 同 学 習 堀 内 ちとせ 1.はじめに 英 語 に 対 して 学 習 意 欲 が 見 られなくても 英 語 でコミュニケーションを 取 る ことには 興 味 がある 学 生 がいる とは 言 え 日 常 生 活 の 中 では 英 語 を 話 す 機 会 は 皆 無 である

More information

手 洗 い 期 Ⅰ 期 ( 月 ) Ⅱ 期 (6 7 8 月 ) Ⅲ 期 (9 10 月 ) Ⅳ 期 (11 12 月 ) Ⅴ 期 (1 2 月 ) 手 洗 いの 大 切 さを 知 り 手 を 洗 お 手 の 洗 い 方 を 再 確 認 し 手 を 洗 う うとす なぜ 手 を 洗 うのかを 知 洗

手 洗 い 期 Ⅰ 期 ( 月 ) Ⅱ 期 (6 7 8 月 ) Ⅲ 期 (9 10 月 ) Ⅳ 期 (11 12 月 ) Ⅴ 期 (1 2 月 ) 手 洗 いの 大 切 さを 知 り 手 を 洗 お 手 の 洗 い 方 を 再 確 認 し 手 を 洗 う うとす なぜ 手 を 洗 うのかを 知 洗 保 健 指 導 = 年 間 指 導 計 画 = 手 洗 い うがい 歯 口 の 健 康 生 活 リズム 食 生 活 排 泄 その 他 の 保 健 指 導 健 康 診 断 時 の 保 健 指 導 については 進 級 のと を 記 載 してい ます の 新 入 園 については のと を 参 考 にしてください 健 康 診 断 の 各 査 の 実 施 については 各 幼 稚 園 で 異 なり ます - 79

More information

りすることによって, 外 国 語 のもつ 音 声 やリズムに 慣 れ 親 しませる 活 動 や, 日 本 と 外 国 の 文 化 等 について 比 較 する 活 動 を 丁 寧 に 行 っていく 必 要 があまた,TT で 授 業 を 行 うような 場 合 には, 教 師 が 日 本 人 として,

りすることによって, 外 国 語 のもつ 音 声 やリズムに 慣 れ 親 しませる 活 動 や, 日 本 と 外 国 の 文 化 等 について 比 較 する 活 動 を 丁 寧 に 行 っていく 必 要 があまた,TT で 授 業 を 行 うような 場 合 には, 教 師 が 日 本 人 として, 外 国 語 活 動 Ⅰ 言 語 活 動 の 充 実 を 通 して 思 考 力 判 断 力 表 現 力 等 を 育 むポイント 1 学 習 指 導 要 領 とコミュニケーション 能 力 の 重 視 外 国 語 活 動 においては,コミュニケーション 能 力 の 素 地 である 言 語 や 文 化 についての 体 験 的 な 理 解, 積 極 的 にコミュニケーションを 図 ろうとする 態 度 が,すべてコミュニケーションの

More information

Hi, friends!1 Lesson5

Hi, friends!1 Lesson5 1-Lesson 5 What do you like? 単 元 目 標 好 きなものについて, 積 極 的 に 尋 ねたり 答 えたりしようと 色 や 形, 好 きなものは 何 かを 尋 ねる 表 現 に 慣 れ 親 しむ 日 本 語 と 英 語 の 音 の 違 いに 気 付 く 単 元 好 きなものについて, 積 極 的 に 尋 ねたり 答 えたりしている 色 や 形 を 聞 いたり 言 ったりしている

More information

2 中 期 目 標 の 達 成 に 向 けた 年 度 目 標 視 点 学 力 の 基 礎 の 向 上 1 毎 月 の 誕 生 会 の 年 度 末 の 保 護 者 アンケート 調 査 で 幼 児 のすすんで 話 を 聞 こうとする 態 度 があ る について そう 思 う(だいたいそう 思 う) の

2 中 期 目 標 の 達 成 に 向 けた 年 度 目 標 視 点 学 力 の 基 礎 の 向 上 1 毎 月 の 誕 生 会 の 年 度 末 の 保 護 者 アンケート 調 査 で 幼 児 のすすんで 話 を 聞 こうとする 態 度 があ る について そう 思 う(だいたいそう 思 う) の 大 阪 市 立 菅 南 幼 稚 園 平 成 26 年 度 運 営 に 関 する 計 画 自 己 評 価 ( 総 括 シート) 1 学 校 運 営 の 中 期 目 標 現 状 と 課 題 思 いを 相 手 に 伝 えたい 気 持 ちはあるが うまく 伝 えられなかったり に 応 じた 言 葉 の 使 い 方 がわからなかったりする 子 どもの 実 態 から 様 々な 人 の 話 を 聞 く 力 の 育

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303594AD8CBE97768E7C81698CF68A4A94C5816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303594AD8CBE97768E7C81698CF68A4A94C5816A> 平 成 25 年 度 第 2 回 教 育 関 係 者 懇 談 会 発 言 要 旨 ( 教 員 ) 開 催 日 時 : 平 成 25 年 10 月 16 日 ( 水 )10:00~14:50 場 所 : 藤 枝 市 立 西 益 津 小 学 校 参 加 者 藤 枝 市 立 西 益 津 小 学 校 教 職 員 ( 外 国 語 指 導 助 手 ) 藤 枝 市 教 育 会 指 導 主 事 県 教 育 会 教

More information

Taro-指導案(修正版)

Taro-指導案(修正版) 小 学 校 第 3 学 年 国 語 科 学 習 指 導 案 日 時 平 成 26 年 6 月 24 日 ( 火 )2 校 時 指 導 者 教 育 センター 所 員 吉 田 奈 美 1 単 元 名 調 べたことをほうこくする 文 章 を 書 こう 2 参 考 教 材 名 気 になる 記 号 ( 光 村 図 書 3 年 上 ) 調 べたことを 整 理 して 書 こう ( 東 京 書 籍 3 年 下 )

More information

仕事が楽しい人File

仕事が楽しい人File 仕 事 が 楽 しい 人 File.60: 山 﨑 弘 さん( 画 家 ) モノを 感 覚 的 に 見 るのではなく 技 術 的 に 観 る 目 を 鍛 えよ 第 60 番 目 の 仕 事 が 楽 しい 人 は 画 家 の 山 﨑 弘 さんです みなさんは 画 家 ( 芸 術 家 )にどんなイメージを 持 っているでしょうか 私 は ベレー 帽 をかぶっている( 手 塚 治 虫 さんからの 印 象

More information

Microsoft Word - 卒研 稲田和奈.docx

Microsoft Word - 卒研 稲田和奈.docx ネイティブが 使 う 英 語 表 現 3 年 A 組 23 番 稲 田 和 奈 目 次 1. 研 究 の 動 機 2. 研 究 方 法 3. 研 究 結 果 4. 考 察 5. 感 想 6. 参 考 文 献 I have been interested in English when I talked with Taiwanese and Chinese students. But I couldn

More information

< F2D F18D908F B497A28FAC >

< F2D F18D908F B497A28FAC > 外 国 語 実 践 小 学 校 6 年 修 学 旅 行 を 紹 介 しよう 積 極 的 にコミュニケーションを 図 るための 指 導 の 工 夫 前 橋 市 立 清 里 小 学 校 島 田 修 孝 Ⅰ 実 践 のポイント 積 極 的 にコミュニケーションを 図 らせるた めに 1 英 語 ノートを 基 に 児 童 が 他 教 科 等 で 学 習 したことや 経 験 を 生 かした 2 学 習 の 手

More information

小学校第5学年家庭科学習指導案

小学校第5学年家庭科学習指導案 小 学 校 第 5 学 年 家 庭 科 学 習 指 導 案 日 時 平 成 24 年 9 月 28 日 ( 金 ) 指 導 者 5 年 担 任 教 諭 宮 本 ルミ 1 題 材 名 針 と 糸 を 使 ってみよう ~ 見 つめよう 家 庭 生 活 ~ 2 題 材 について (1)ねらいについて 本 題 材 は 小 学 校 学 習 指 導 要 領 家 庭 科 の 内 容 (3) 生 活 に 役 立 つ

More information

資料3 幼児期の終わりまでに育ってほしい姿の明確化について(仮案・調整中)

資料3 幼児期の終わりまでに育ってほしい姿の明確化について(仮案・調整中) 幼 児 期 の 終 わりまでに 育 ってほしい 姿 の 明 確 化 について( 仮 案 調 整 中 ) 平 成 2 7 年 1 2 月 2 4 日 教 育 課 程 部 会 幼 児 教 育 部 会 資 料 3 項 目 ( 例 )については 幼 児 期 の 教 育 と 小 学 校 教 育 の 円 滑 な 接 続 の 在 り 方 について ( 報 告 )( 平 成 22 年 11 月 11 日 )における

More information

20 50 600 ~ 800 優 しさと 厳 しさ 船 橋 芝 山 21 50 600 ~ 800 大 切 な 人 との 出 会 い 22 50 600 ~ 800 私 の 一 字 ( 中 学 校 生 活 を 振 り 返 って 漢 字 一 字 で 表 し, 具 体 的 な 理 由 と 将 来 に

20 50 600 ~ 800 優 しさと 厳 しさ 船 橋 芝 山 21 50 600 ~ 800 大 切 な 人 との 出 会 い 22 50 600 ~ 800 私 の 一 字 ( 中 学 校 生 活 を 振 り 返 って 漢 字 一 字 で 表 し, 具 体 的 な 理 由 と 将 来 に 学 校 名 年 度 時 間 ( 分 ) 字 数 作 文 課 題 千 葉 千 葉 商 業 京 葉 工 業 検 見 川 若 松 生 浜 泉 幕 張 総 合 幕 張 総 合 ( 看 護 科 ) 柏 井 土 気 23 60 600 ~ 800 よりよい 人 間 関 係 を 築 くためにどのようなことが 必 要 か 今 までに 経 験 したことなどを 挙 げながらあな たの 考 えを 述 べなさい 24 60

More information

<5461726F31332D8B49977681698EF68BC68CA48B86908490699594816A2E6A>

<5461726F31332D8B49977681698EF68BC68CA48B86908490699594816A2E6A> Ⅱ 研 究 の 実 際 1 授 業 研 究 推 進 部 の 取 組 (1) 体 系 的 カリキュラムの 作 成 1 環 境 教 育 の 進 め 方 について 学 校 教 育 における 環 境 教 育 ガイドライン の 環 境 教 育 を 進 める 上 で の 留 意 点 には (ア) 総 合 的 であること (イ) 目 的 を 明 確 にすること (ウ) 体 験 を 重 視 すること (エ) 地 域

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20826E8269827382CC82C282C882AC8169955C8E868160703235816A8DC58F498C8892E894C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20826E8269827382CC82C282C882AC8169955C8E868160703235816A8DC58F498C8892E894C52E646F63> 1 2 教 求 育 め 指 ら 導 れ に て お い い る て こ と 生 き る 力 の 育 成 確 かな 学 力 豊 かな 人 間 性 健 康 体 力 基 礎 基 本 の 確 実 な 定 着 道 徳 教 育 の 充 実 キャリア 教 育 の 充 実 規 範 意 識 の 醸 成 学 習 指 導 生 活 指 導 進 路 指 導 学 学 開 求 校 校 か め の づ れ ら 在 く た れ り

More information

Taro-第1学年 数学科学習指導案.

Taro-第1学年 数学科学習指導案. 第 1 学 年 1 単 元 名 資 料 の 散 らばりと 代 表 値 数 学 科 学 習 指 導 案 平 成 24 年 9 月 25 日 ( 火 )2 校 時 指 導 者 教 諭 佐 々 木 一 夫 場 所 コンピュータ 室 2 単 元 の 目 標 資 料 を 目 的 に 応 じて 収 集 し,それを 表 やグラフに 整 理 し, 資 料 の 散 らばりや 代 表 値 に 着 目 して 資 料 の

More information

<4D F736F F D EF68BC697CD8CFC8FE38CA48F EC091488B4C985E816992C393EC DF990EC816A8DC58F >

<4D F736F F D EF68BC697CD8CFC8FE38CA48F EC091488B4C985E816992C393EC DF990EC816A8DC58F > 平 成 22 年 度 高 等 学 校 授 業 力 向 上 研 修 実 践 記 録 長 文 読 解 力 の 向 上 を 目 指 した 取 り 組 み - 英 語 Ⅰ 音 読 と 多 読 の 指 導 を 通 して- 県 立 津 南 中 等 教 育 学 校 笹 川 孝 志 Ⅰ 指 導 構 想 本 単 元 における 研 究 テーマ に 迫 るための 視 点 1) 課 題 解 決 のための 指 導 方 針 授

More information

\...ec6

\...ec6 鳴 門 教 育 大 学 小 学 校 英 語 教 育 センター 紀 要 第 4 号, 39 49, 2013 熊 取 町 の 外 国 語 活 動 ( 英 語 )の 取 り 組 み - 大 阪 府 使 える 英 語 プロジェクト 事 業 を 通 して- 齊 藤 貴 英 (SAITO Takahide) 大 阪 府 泉 南 郡 熊 取 町 教 育 委 員 会 要 約 熊 取 町 においては, 以 前 より

More information

本 校 の 研 究 主 題 根 拠 を 示 して 説 明 をする 力 を 育 てる 授 業 づくり~ 坂 中 学 びのサイクル の 活 用 を 通 して~ に 対 する 生 徒 アンケート 私 は 授 業 で 根 拠 を 示 して 説 明 することができる という 設 問 に 対 する3 年 生 肯

本 校 の 研 究 主 題 根 拠 を 示 して 説 明 をする 力 を 育 てる 授 業 づくり~ 坂 中 学 びのサイクル の 活 用 を 通 して~ に 対 する 生 徒 アンケート 私 は 授 業 で 根 拠 を 示 して 説 明 することができる という 設 問 に 対 する3 年 生 肯 保 健 体 育 科 学 習 指 導 案 1 評 価 問 題 坂 町 立 坂 中 学 校 指 導 者 横 山 寿 一 (T1) 池 田 裕 一 (T2) バドミントンのハイクリア(コートの 奥 に 打 つ)のポイントを3つ 答 えなさい 2 日 時 平 成 26 年 11 月 12 日 ( 水 ) 第 5 校 時 3 場 所 坂 町 立 坂 中 学 校 体 育 館 4 学 年 学 級 第 3 学 年

More information