<4D F736F F D EC08E7B967B95948BC696B1837D836A B>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D2030378EC08E7B967B95948BC696B1837D836A83858341838B>"

Transcription

1 実 施 本 部 業 務 マニュアル 平 成 26 年 3 月 被 災 宅 地 危 険 度 判 定 連 絡 協 議 会 このマニュアルでは 被 災 宅 地 危 険 度 判 定 制 度 を 迅 速 かつ 的 確 に 活 用 し その 目 的 であ る2 次 災 害 の 軽 減 防 止 住 民 の 安 全 確 保 を 確 実 に 行 うために 実 施 本 部 業 務 の 作 成 につ いて 具 体 的 に 手 順 等 を 示 している なお 実 際 の 判 定 実 施 にあたっては このマニュアルに 記 載 している 事 項 がその まま 該 当 しない 場 合 もあると 思 われるので このマニュアルを 参 考 に 臨 機 応 変 の 処 置 をとっていただきたい 0

2 目 次 1 目 的 判 定 実 施 組 織 と 連 絡 網 の 整 備 判 定 実 施 要 否 の 判 断 判 定 実 施 の 決 定 実 施 本 部 の 設 置 実 施 本 部 の 業 務 都 道 府 県 への 支 援 要 請 判 定 実 施 計 画 の 作 成 判 定 対 象 宅 地 数 用 途 及 び 規 模 等 判 定 実 施 区 域 及 び 判 定 優 先 順 位 判 定 実 施 ( 計 画 ) 期 間 必 要 な 宅 地 判 定 士 及 び 判 定 調 整 員 数 宅 地 判 定 士 及 び 判 定 調 整 員 の 参 集 場 所 宅 地 判 定 士 及 び 判 定 調 整 員 の 受 入 れ 条 件 輸 送 方 法 等 判 定 資 機 材 の 調 達 及 び 輸 送 計 画 実 施 本 部 の 位 置 責 任 者 連 絡 方 法 連 絡 先 必 要 判 定 士 等 の 連 絡 調 整 判 定 調 整 員 の 配 置 判 定 資 機 材 の 準 備 宅 地 判 定 士 等 の 輸 送 並 びに 宿 泊 所 等 の 手 配 宅 地 判 定 士 等 の 受 付 名 簿 の 作 成

3 14 判 定 実 施 チーム 及 び 班 の 編 成 判 定 資 機 材 等 の 配 布 判 定 調 査 方 法 等 のガイダンス 判 定 業 務 の 開 始 判 定 結 果 の 報 告 及 びその 活 用 住 民 への 広 報 等 判 定 を 受 けた 宅 地 の 所 有 者 等 への 対 応 実 施 本 部 業 務 の 終 了 資 料 -1 関 係 様 式 集 資 料 -2 関 係 様 式 集 ( 記 入 例 ) 資 料 -3 被 災 宅 地 判 定 資 機 材 備 蓄 台 帳 資 料 -4 被 災 宅 地 危 険 度 判 定 実 施 体 制 ( 例 ) 資 料 -5 被 災 宅 地 危 険 度 判 定 活 動 ( 例 )

4 1 目 的 (1) このマニュアルは 地 震 により 被 災 した 宅 地 の 余 震 等 によるニ 次 災 害 の 軽 減 防 止 住 民 の 安 全 を 確 保 するため 判 定 を 実 施 する 本 部 の 業 務 を 予 め 定 めることにより 被 災 宅 地 危 険 度 判 定 を 迅 速 かつ 的 確 に 実 施 することを 目 的 としている (2) このマニュアルは 業 務 実 施 マニュアルの 一 部 として 市 区 町 村 に 設 けられる 実 施 本 部 の 業 務 について 定 めたものである (1) 実 施 本 部 が 市 区 町 村 であることが 適 当 な 理 由 判 定 実 施 は 市 区 町 村 の 地 理 建 物 状 況 について 細 部 を 把 握 している 自 治 体 が 実 施 することが 望 ましく また 防 災 対 策 は 総 合 的 にあることが 最 適 であることから こ のマニュアルでは 市 区 町 村 が 実 施 本 部 とすることとしている さらに 判 定 実 施 が 被 災 者 の 精 神 的 安 定 に 大 きく 寄 与 することは 阪 神 淡 路 大 震 災 等 で 証 明 されたことである 判 定 実 施 をより 効 果 あるものとするためには 判 定 実 施 後 のフォローが 重 要 と なる 判 定 結 果 をもとに 被 災 度 区 分 判 定 実 施 への 誘 導 復 旧 復 興 へ 判 定 結 果 を 役 立 てる 等 のためにも 実 施 本 部 は 住 民 との 接 点 が 最 も 近 い 市 区 町 村 が 担 うこと が 適 当 であり 都 道 府 県 知 事 はこれを 支 援 していくことが 最 も 適 切 と 考 えられる (2) 災 害 発 生 から 実 施 本 部 設 置 現 地 判 定 及 び 実 施 本 部 解 散 までの 被 災 宅 地 危 険 度 判 定 業 務 全 体 の 流 れを 図 -1 に 示 す 被 災 宅 地 判 定 実 施 本 部 立 上 げ~ 判 定 士 受 け 入 れまでの 被 災 宅 地 判 定 実 施 本 部 の 詳 細 フロー1を 図 -2 に 示 す 判 定 士 受 け 入 れ~ 判 定 活 動 実 施 までの 詳 細 フロー2を 図 -3 に 示 す 判 定 活 動 の 詳 細 フロー3 を 図 -4 に 示 す (3) 災 害 発 生 から 被 災 宅 地 危 険 度 判 定 業 務 全 体 の 流 れの 中 にある 被 災 宅 地 実 施 本 部 ( 市 区 町 村 担 当 課 ) 及 び 被 災 宅 地 支 援 本 部 ( 県 担 当 課 )との 災 害 状 況 の 報 告 判 定 士 の 参 集 依 頼 都 道 府 県 への 支 援 要 請 など 情 報 の 伝 達 が 確 実 に 行 われるよう 伝 達 事 項 の 関 係 様 式 集 ( 様 式 1~13)を 資 料 -1 及 び 記 入 例 を 資 料 -2 に 示 した 更 に 被 災 宅 地 判 定 資 機 材 備 蓄 台 帳 を 資 料 -3 に 示 した 1

5 図 -1(1) 災 害 発 生 から 被 災 宅 地 危 険 度 判 定 業 務 全 体 の 流 れ 2

6 図 -1(2) 災 害 発 生 から 被 災 宅 地 危 険 度 判 定 業 務 全 体 の 流 れ 3

7 4

8 5

9 6

10 2 判 定 実 施 組 織 と 連 絡 網 の 整 備 判 定 実 施 組 織 及 び 実 施 本 部 の 設 置 については 被 災 状 況 等 から 被 災 市 区 町 村 と 都 道 府 県 の 協 議 により 柔 軟 な 対 応 が 可 能 となるようにする 判 定 活 動 を 円 滑 に 進 めるために 判 定 実 施 組 織 と 連 絡 網 などの 整 備 を 行 う 図 -5は 判 定 活 動 を 円 滑 に 進 めるための 判 定 実 施 組 織 と 連 絡 網 のフローである ( 都 道 府 県 ) ( 市 区 町 村 ) 災 害 対 策 本 部 災 害 対 策 本 部 連 絡 調 整 協 議 判 定 活 動 実 施 組 織 ( 本 部 長 : 市 区 町 村 長 など) 支 援 本 部 実 施 本 部 本 部 長 : 被 災 宅 地 危 険 度 判 定 制 度 所 管 課 長 など ( ) ( ) ( ) 判 定 拠 点 判 定 拠 点 判 定 拠 点 被 災 程 度 により 必 要 に 応 じて 適 宣 設 置 する 実 施 本 部 : 市 課 本 部 長 担 当 者 Tel 支 援 本 部 : 県 課 本 部 長 担 当 者 Tel 判 定 拠 点 : 分 庁 舎, 土 木 事 務 所, 出 張 所 など 図 -5 判 定 実 施 組 織 と 連 絡 網 (1) 災 害 対 策 本 部 : 都 道 府 県 および 市 区 町 村 に 設 置 される 道 路, 河 川, 下 水 や 建 築 物, 施 設 その 他 全 般 にわたる 災 害 に 対 する 対 策 本 部 ( 通 常 知 事, 市 区 町 村 長 などが 本 部 長 となる) (2) 支 援 本 部 : 市 区 町 村 の 実 施 本 部 が 行 う 被 災 宅 地 の 危 険 度 判 定 を 支 援 するため 都 道 府 県 災 害 対 策 本 部 に 設 置 する 支 援 本 部 ( 都 道 府 県 の 被 災 宅 地 危 険 度 判 定 制 度 所 管 課 長 等 が 本 部 長 となる) (3) 実 施 本 部 : 市 区 町 村 に 設 置 される 被 災 宅 地 危 険 度 判 定 ( 以 下 判 定 と 記 す)を 実 施 する 本 部 ( 災 害 対 策 本 部 長 の 命 を 受 け 被 災 宅 地 危 険 度 判 定 制 度 所 管 課 長 などが 本 部 長 となる) (4) 判 定 拠 点 : 被 災 程 度 に 応 じて 実 施 本 部 長 が 適 宣 設 置 する 被 災 宅 地 危 険 度 判 定 実 施 体 制 ( 例 )を 資 料 -4 に 示 す また 被 災 宅 地 危 険 度 判 定 活 動 ( 例 ) を 資 料 -5 に 示 す 7

11 3 判 定 実 施 要 否 の 判 断 (1) 市 区 町 村 の 被 災 宅 地 危 険 度 判 定 制 度 所 管 課 長 等 ( 以 下 本 章 において 所 管 課 長 という )は 管 内 に 相 当 程 度 の 被 害 があり 危 険 な 被 災 宅 地 が 発 生 していると 予 測 されるときは 判 定 の 要 否 判 断 に 必 要 な 被 害 情 報 を 収 集 する (2) 所 管 課 長 は 判 定 を 要 すると 認 めたときは 市 区 町 村 災 害 対 策 本 部 長 に 判 定 の 実 施 を 具 申 する 判 定 実 施 要 否 の 判 断 は 以 下 のように 行 う (1) 判 定 実 施 要 否 の 判 断 を 行 うため 地 震 等 が 発 生 した 場 合 市 区 町 村 の 所 管 課 長 等 は 一 刻 も 早 く 判 定 実 施 要 否 の 判 断 を 行 うため 次 の 被 害 情 報 を 様 式 1 を 用 いて 収 集 する 1 被 災 地 職 員 による 情 報 収 集 2 職 員 のパトロールによる 情 報 収 集 3 都 道 府 県 及 び 市 区 町 村 間 の 情 報 交 換 4 先 行 して 実 施 される 被 災 建 築 物 応 急 危 険 度 判 定 による 情 報 収 集 5 区 長, 町 内 会 長, 地 元 住 民 及 び 被 災 地 周 辺 の 宅 地 判 定 士 等 による 情 報 収 集 6 消 防 防 災 部 局, 警 察,マスコミからの 情 報 収 集 7その 他 (2) 上 記 による 情 報 を 総 合 的 に 考 慮 して 要 否 の 判 断 を 行 い 災 害 対 策 本 部 長 に 具 申 する ただし 同 一 の 県 内 の 市 区 町 村 で バラバラに 判 定 実 施 の 要 否 の 判 断 を 委 ねると 被 災 者 への 公 平 なサービスとはならないので 都 道 府 県 の 支 援 本 部 で 調 整 することもあり 得 る 判 定 実 施 要 否 の 判 断 の 目 安 を 表 -1 に 示 す キーワードの 評 価 が1 項 目 でも 重 大 であれば 判 定 を 実 施 する 必 要 がある 本 チェックリストの 項 目 を 参 考 に 判 定 の 是 非 について 検 討 する 震 度 階 級 の 目 安 は 原 則 として 震 度 5 弱 以 上 を 目 安 とし 震 度 6 弱 以 上 になれば 宅 地 に 何 らかの 被 害 が 発 生 している 可 能 性 が 高 いため 判 定 を 実 施 す る 震 度 階 級 の 目 安 を 震 度 5 弱 に 設 定 する 理 由 は 以 下 の 理 由 による 1 地 域 防 災 計 画 の 災 害 対 策 本 部 の 設 置 基 準 に 合 わせる 2 地 震 発 生 と 宅 地 の 応 急 危 険 度 の 実 施 必 要 性 を 考 えると 震 度 5 弱 がボーダーライン と 考 えられる 3 阪 神 淡 路 大 震 災 において 震 度 4の 余 震 が 発 生 したが 余 震 による 宅 地 擁 壁 の 倒 壊 や のり 面 の 崩 壊 等 の 拡 大 はなかった 8

12 調 査 の 意 義 表 -1 判 定 実 施 要 否 の 判 断 の 目 安 項 目 キーワード 地 震 震 度 6 弱 以 上 ( ) 震 度 5 弱 ( ) 人 的 被 害 死 者 行 方 不 明 者 有 ( ) 負 傷 者 多 数 ( ) 宅 地 擁 壁 被 害 擁 壁 の 崩 壊 倒 壊 傾 斜 ハラ ミ( ) クラック( ) 宅 地 のり 面 被 害 滑 落 崩 壊 ハラミ( ) クラ ック( ) 宅 地 地 盤 被 害 沈 下 段 差 隆 起 ( ) クラッ ク( ) 建 物 被 害 全 壊 半 壊 ( ) 一 部 損 壊 ( ) 経 済 社 会 的 影 響 被 害 規 模 大 ( ) 小 ( ) その 他 特 徴 的 事 項 注 1) 評 価 評 価 項 目 備 考 備 考 注 2) 判 定 判 定 実 施 実 施 しない 注 1) 評 価 方 法 は 重 大 軽 微 被 害 なし で 記 入 して 行 う 注 2) 判 定 は 判 定 実 施 または 実 施 しない のいずれかに をする 判 定 実 施 の 目 安 と しては が2つ 以 上 とし 宅 地 に 何 らかの 被 害 が 予 想 される 場 合 とする 4 判 定 実 施 の 決 定 (1) 市 区 町 村 災 害 対 策 本 部 長 は 判 定 を 要 すると 判 断 したときは ただちに 判 定 実 施 を 決 定 する (2) 市 区 町 村 災 害 対 策 本 部 長 は 判 定 実 施 を 決 定 したときは 都 道 府 県 災 害 対 策 本 部 長 に 連 絡 するとともに 報 道 機 関 防 災 無 線 広 報 車 ビラ 等 の 地 域 に 密 着 した 情 報 媒 体 を 活 用 して 市 区 町 村 民 に 判 定 実 施 の 周 知 を 努 める (1) 所 管 課 長 等 は 情 報 収 集 の 結 果 を 的 確 にまとめ 判 定 を 要 すると 認 めた 理 由 を 説 明 し 市 区 町 村 災 害 対 策 本 部 長 が 判 定 実 施 を 決 定 する (2) 市 区 町 村 災 害 対 策 本 部 長 は 判 定 実 施 の 決 定 を 都 道 府 県 災 害 対 策 本 部 長 に 連 絡 する とともに 被 災 建 築 物 応 急 危 険 判 定 実 施 本 部 にも 連 絡 する (3) 市 区 町 村 災 害 対 策 本 部 長 は 所 管 課 長 を 実 施 本 部 長 に 任 命 し 実 施 本 部 を 設 置 させる (4) 市 区 町 村 民 への 判 定 実 施 の 周 知 は 報 道 機 関 の 他 に 広 報 車 の 利 用 やビラの 配 布 なども 有 効 である 9

13 5 実 施 本 部 の 設 置 (1) 所 管 課 長 は 市 区 町 村 災 害 対 策 本 部 長 が 判 定 実 施 を 決 定 したときは 市 区 町 村 災 害 対 策 本 部 長 の 命 を 受 け 市 区 町 村 災 害 対 策 本 部 の 下 に 実 施 本 部 を 設 置 し 実 施 本 部 長 として 判 定 業 務 にあたる (2) 実 施 本 部 長 は 必 要 に 応 じて 被 災 地 内 あるいはその 周 辺 に 判 定 拠 点 を 設 置 する (3) 実 施 本 部 長 は 被 災 地 域 の 住 民 の 理 解 を 得 るために 判 定 実 施 及 びこれに 関 する 情 報 の 周 知 に 努 める (4) 実 施 本 部 長 は 実 施 本 部 判 定 拠 点 の 所 在 地 責 任 者 業 務 体 制 支 援 要 請 の 有 無 等 について 支 援 本 部 長 に 速 やかに 連 絡 するものとする (1) 所 管 課 長 が 他 の 災 害 対 応 に 忙 殺 されると 思 われる 場 合 は その 代 務 者 を 必 ず 任 命 し ておくこと (2) 実 施 本 部 の 設 置 とともに 被 害 の 規 模 により 判 定 を 円 滑 かつ 効 率 的 に 行 うため 判 定 拠 点 の 設 置 をする 場 合 は 実 施 本 部 の 位 置 被 害 の 規 模 ( 判 定 実 施 区 域 ) 宅 地 判 定 士 等 を1 次 参 集 場 所 等 から 判 定 拠 点 への 輸 送 に 利 用 できる 道 路 網 交 通 機 関 判 定 拠 点 として 利 用 できる 市 区 町 村 等 の 耐 震 性 に 優 れる 建 物 の 位 置 利 用 できる 通 信 機 材 判 定 資 機 材 の 調 達 し 易 さ また 判 定 区 域 に 投 入 できる 宅 地 判 定 士 及 び 判 定 調 整 員 ( 以 下 宅 地 判 定 士 等 という )の 人 数 等 の 予 測 を 総 合 的 に 勘 案 しつつ 地 域 の 実 情 に より 計 画 する 6 実 施 本 部 の 業 務 (1) 実 施 本 部 の 業 務 は 以 下 のとおりである 1 宅 地 に 係 る 被 害 情 報 の 収 集 2 判 定 実 施 計 画 の 作 成 3 宅 地 判 定 士 判 定 調 整 員 の 受 入 れ 4 宅 地 判 定 士 判 定 調 整 員 の 組 織 編 成 5 判 定 の 実 施 及 び 判 定 結 果 の 現 地 表 示 6 判 定 結 果 の 調 整 及 び 集 計 並 びに 市 区 町 村 災 害 対 策 本 部 長 への 報 告 ただし 4~6の 業 務 は 被 害 が 軽 微 な 場 合 を 除 き 支 援 本 部 に 依 頼 ができる 7 判 定 結 果 に 対 する 住 民 等 からの 相 談 への 対 応 8その 他 (2) 実 施 本 部 長 は 被 災 の 全 般 的 な 状 況 判 定 を 必 要 とする 対 象 宅 地 の 想 定 数 動 員 出 来 る 職 員 数 や 宅 地 判 定 士 の 数 等 を 勘 案 して 実 施 本 部 を 組 織 する 実 施 本 部 の 組 織 は 次 に 例 示 する 業 務 や 担 当 を 参 考 に 決 める 10

14 1 情 報 の 収 集 関 係 機 関 上 下 の 組 織 との 連 絡 調 整 2 判 定 業 務 の 企 画 実 施 計 画 判 定 組 織 の 編 成 記 録 3 人 的 物 的 動 員 人 員 管 理 資 機 材 調 達 運 搬 搬 送 4 判 定 業 務 情 報 整 理 宅 地 判 定 士 の 掌 握 5 市 民 等 への 広 報 市 民 相 談 等 報 道 機 関 対 応 6 宿 舎 食 事 の 手 配 ( 支 援 本 部 )の 確 認 経 理 情 報 担 当 計 画 担 当 業 務 担 当 判 定 担 当 広 報 担 当 庶 務 担 当 (1) 地 震 等 の 発 生 後 余 震 の 発 生 や 通 行 不 能 道 路 の 開 通 による 被 災 情 報 の 増 加 などに 的 確 に 対 応 し 情 報 収 集 に 努 める (2) 判 定 実 施 計 画 は 実 施 本 部 の 業 務 を 円 滑 に 進 めるために 非 常 に 重 要 である 特 に 事 前 に 総 括 的 な 計 画 を 立 てておくと 地 震 等 発 生 後 に 実 施 本 部 が 設 置 され 実 際 の 判 定 実 施 計 画 を 作 成 する 場 合 の 参 考 となる (3) 新 潟 県 中 越 沖 地 震 の 際 には 被 災 市 区 町 村 ではほとんど 危 険 度 判 定 業 務 に 手 が 回 ら ず 支 援 本 部 である 県 で(1)4~6の 業 務 を 実 施 した 被 害 が 軽 微 な 場 合 は 案 のと おりで 問 題 ないが 甚 大 な 被 害 を 受 けた 場 合 は 4~6の 業 務 は 被 害 が 軽 微 な 場 合 を 除 き 支 援 本 部 に 依 頼 ができる とした (4) 判 定 結 果 や 判 定 を 受 けていない 被 害 についての 住 民 等 からの 相 談 への 対 応 は 行 政 の 一 環 として 大 切 な 事 である ( 新 潟 県 中 越 地 震 および 新 潟 県 中 越 沖 地 震 では 被 災 市 区 町 村 数 ヶ 所 に 被 災 宅 地 相 談 窓 口 が 開 設 された ) 7 都 道 府 県 への 支 援 要 請 (1) 実 施 本 部 長 は 次 の 内 容 を 具 体 化 して 支 援 本 部 長 に 対 し 支 援 要 請 を 行 う 1 宅 地 判 定 士 判 定 調 整 員 の 派 遣 2 判 定 資 機 材 の 提 供 3 実 施 本 部 又 は 判 定 拠 点 までの 輸 送 手 段 の 用 意 4 宅 地 判 定 士 判 定 調 整 員 の 宿 舎 食 事 の 確 保 5 車 駐 車 場 給 油 所 の 確 保 6その 他 (2) 実 施 本 部 長 は 宅 地 判 定 士 判 定 調 整 員 の 現 地 参 集 場 所 参 集 時 間 判 定 業 務 従 事 予 定 期 間 等 参 集 に 必 要 な 事 項 を 支 援 本 部 長 に 連 絡 する (3) 実 施 本 部 長 は 必 要 に 応 じて 実 施 状 況 報 告 を 支 援 本 部 長 に 行 う 11

15 (1) 都 道 府 県 は 地 震 発 生 後 判 定 実 施 計 画 により 想 定 される 被 害 状 況 を 基 に 判 定 士 判 定 調 整 員 の 派 遣 を 含 む 必 要 支 援 事 項 の 検 討 を 行 い 実 施 本 部 からの 要 請 に 備 える (2) 実 施 本 部 は 支 援 要 請 事 項 を 正 確 に 伝 達 するため 予 め 訓 練 等 において 確 認 された 様 式 2 を 用 いて 要 請 事 項 を 支 援 本 部 に 伝 える (3) 支 援 要 請 を 受 けた 都 道 府 県 知 事 は 速 やかに 支 援 本 部 を 設 置 する 1 支 援 内 容 の 確 認 支 援 本 部 長 は 支 援 内 容 により 第 1 次 支 援 第 2 次 支 援 というように 段 階 に 分 け て 対 応 する 必 要 の 生 じた 場 合 は その 内 容 を 速 やかに 実 施 本 部 長 に 連 絡 する 2 実 施 本 部 長 は 支 援 事 項 確 認 後 も 現 地 の 被 災 状 況 を 支 援 本 部 長 に 随 時 報 告 し 速 や かな 支 援 を 求 める 8 判 定 実 施 計 画 の 作 成 実 施 本 部 長 は 宅 地 被 害 状 況 被 災 地 の 状 況 等 に 基 づき 判 定 実 施 計 画 を 作 成 する とともに この 計 画 を 市 区 町 村 災 害 対 策 本 部 長 へ 報 告 する 判 定 実 施 計 画 の 内 容 は 以 下 の 事 項 を 具 体 化 するものとして 作 成 するが 被 災 の 範 囲 被 災 地 の 状 況 等 ( 火 災 の 発 生 状 況 大 規 模 な 地 すべり 崖 崩 れの 発 生 状 況 被 災 者 の 救 助 立 ち 入 り 禁 止 区 域 避 難 場 所 等 )や 判 定 作 業 の 進 行 に 応 じて 見 直 しを 行 う 1 判 定 対 象 宅 地 数 用 途 及 び 規 模 等 2 判 定 実 施 区 域 及 び 判 定 優 先 順 位 3 判 定 実 施 ( 計 画 ) 期 間 4 必 要 な 宅 地 判 定 士 及 び 必 要 判 定 調 整 員 数 5 宅 地 判 定 士 及 び 判 定 調 整 員 の 参 集 場 所 6 宅 地 判 定 士 及 び 判 定 調 整 員 の 受 入 れ 条 件 移 動 方 法 等 7 判 定 資 機 材 の 調 達 及 び 輸 送 計 画 8 実 施 本 部 の 位 置 責 任 者 連 絡 方 法 連 絡 先 ( 判 定 拠 点 があれば 同 様 ) 9その 他 判 定 作 業 計 画 等 の 項 目 は 地 震 の 種 類 毎 に 異 なるため それぞれの 場 合 に 応 じて 決 定 する (1) 地 震 発 生 後 余 震 等 の 発 生 などにより 被 災 の 範 囲 被 災 状 況 等 は 変 化 するので あ る 程 度 余 裕 を 持 って 様 式 3 を 用 い 判 定 実 施 計 画 を 作 成 すること 12

16 (2) 被 災 建 築 物 応 急 危 険 度 判 定 及 び 砂 防 ボランティアの 活 動 計 画 状 況 等 ( 活 動 範 囲 人 数 等 )を 参 考 にして 状 況 把 握 のために 先 発 パトロール 隊 ( 仮 称 )を 派 遣 して 初 動 計 画 を 立 てる (3) 判 定 実 施 計 画 をより 適 確 迅 速 に 作 成 するためおよび 最 大 の 判 定 活 動 を 想 定 した 事 前 計 画 (シミュレーション)を 立 てる (4) 調 査 箇 所 の 区 分 調 査 箇 所 の 区 分 は 図 -6のようにその 地 域 性 被 害 の 状 況 に 応 じて 臨 機 応 変 に 対 応 する 区 分 宅 地 数 (ヶ 所 ) 面 積 (km2) 密 集 度 (ヶ 所 /km2) 庁 舎 から 中 心 ま での 距 離 (km) (a) 宅 地 数 と 同 じにした 場 合 庁 舎 ( 又 は 集 合 場 所 ) 区 分 1 宅 地 数 ( 箇 所 ) 面 積 (km2) 密 集 度 ( 箇 所 /km2) 庁 舎 から 中 心 ま での 距 離 (km) (b) 面 積 を 同 じにした 場 合 庁 舎 ( 又 は 集 合 場 所 ) 図 -6 調 査 箇 所 の 区 分 (5) 被 災 確 率 が 高 い 箇 所 の 抽 出 1 現 地 盤 が 軟 弱 である 箇 所 2 造 成 中 又 は 造 成 後 間 もない 盛 土 箇 所 3 切 土 と 盛 土 の 境 界 部 4 盛 土 切 土 のり 面 5 旧 谷 部 旧 池 部 等 の 盛 土 箇 所 13

17 6 既 存 不 適 格 擁 壁 7その 他 (6) 各 区 分 の 派 遣 判 定 士 数 の 概 略 試 算 各 市 区 町 村 の 実 情 に 合 わせて 条 件 等 を 設 定 する ( 条 件 例 ) 1 判 定 士 3 名 を1チームとする 2 庁 舎 から 現 地 ( 区 分 1~10)までの 車 の 速 度 は 平 均 30km/hとする 31 宅 地 調 査 時 間 は 移 動 も 含 めて30 分 ~1 時 間 とする (ケーススタディする) 1 宅 地 とは あくまでも 戸 建 住 宅 一 軒 を 意 味 しており マンション 等 の 大 規 模 住 宅 を 想 定 していない したがって 実 際 の1 宅 地 といっても 規 模 はまちまちであり その 規 模 によって 現 地 確 認 に 要 する 時 間 必 要 になる 調 査 員 数 が 変 わってくるの で 現 場 の 状 況 に 応 じた 想 定 が 必 要 である 41 日 の 調 査 時 間 庁 舎 出 発 9:00 帰 着 17:00とする 5 昼 食 は1 時 間 とする (7) 調 査 優 先 順 位 の 決 定 1CASE1の 場 合 : 被 災 確 率 の 高 い 区 分 を 優 先 する 2CASE2の 場 合 : 宅 地 数 の 多 い 区 分 を 優 先 する 但 し 実 際 には 被 災 程 度 などにより 発 生 時 点 での 被 害 の 多 い 区 域 を 優 先 する 必 要 が ある また 被 害 の 多 い 造 成 団 地 については 団 地 全 体 を 判 定 すべきである 8-1 判 定 対 象 宅 地 数 用 途 及 び 規 模 等 実 施 可 能 な 調 査 体 制 は 判 定 対 象 宅 地 数 判 定 実 施 区 域 をもとに 選 択 し 以 下 の 点 を 勘 案 して 必 要 な 判 定 士 数 判 定 調 整 員 数 を 算 定 する 1 必 要 判 定 士 数 2 当 面 の 投 入 可 能 判 定 士 数 不 足 判 定 士 数 3 応 援 依 頼 判 定 士 数 4 調 査 体 制 変 更 の 要 否 5 判 定 実 施 区 域 の 変 更 の 要 否 6 判 定 対 象 となる 宅 地 規 模 等 の 変 更 の 要 否 7 被 災 地 の 状 況 ( 火 災 の 発 生 状 況 被 災 者 の 救 助 等 ) 8 判 定 活 動 の 被 害 者 等 への 影 響 9 優 先 順 位 設 定 の 要 否 調 査 体 制 のタイプ タイプ1: 市 区 町 村 等 の 要 請 に 応 じた 対 象 について 立 入 り 調 査 を 含 む 判 定 の 実 施 14

18 タイプ2: 宅 地 防 災 パトロールによる 宅 地 判 定 のもれを 補 完 する 調 査 を 中 心 とし て 判 定 を 実 施 タイプ3: 被 災 地 に 相 談 窓 口 を 設 け 宅 地 判 定 のもれを 補 完 する 調 査 を 中 心 として 判 定 を 実 施 (1)このマニュアルは タイプ1を 前 提 として 作 成 されているが 被 災 後 短 期 間 に 判 定 活 動 に 従 事 できると 推 定 される 判 定 士 及 び 判 定 に 必 要 な 資 機 材 の 量 と 宅 地 の 被 害 状 況 との 関 係 等 から タイプを 判 断 することになる (2) 実 施 本 部 長 は 住 民 への 広 報 のリアクションにより 得 た 情 報 をもとに 必 要 な 場 合 は 判 定 実 施 区 域 の 見 直 しを 行 う 8-2 判 定 実 施 区 域 及 び 判 定 優 先 順 位 被 災 地 の 状 況 ( 火 災 の 発 生 状 況 大 規 模 な 地 すべり 崖 崩 れの 発 生 状 況 被 災 者 の 救 援 状 況 立 入 禁 止 区 域 避 難 場 所 の 状 況 等 )を 考 慮 し 判 定 実 施 区 域 のゾーニングと 優 先 順 位 づけを 行 う なお 優 先 順 位 づけに 当 たっては 被 災 の 全 般 的 状 況 人 的 被 害 の 発 生 状 況 二 次 災 害 の 可 能 性 災 害 復 旧 に 対 する 影 響 度 等 を 考 慮 する 判 定 実 施 区 域 及 び 判 定 実 施 順 位 等 の 検 討 決 定 は 以 下 のように 行 う (1) 判 定 実 施 区 域 の 決 定 は 災 害 情 報 により 行 うが 必 要 があれば 地 元 宅 地 判 定 士 等 に よる 調 査 からなる 被 害 状 況 の 確 認 をもとに 行 う しかし この 時 点 では 未 だ 地 元 宅 地 判 定 士 等 に 参 集 要 請 していないこともあり 場 合 によっては 判 定 所 管 課 員 あるいは 他 の 市 区 町 村 の 職 員 のみで 調 査 することになら ざるを 得 ないことが 生 じる したがって 地 元 民 間 宅 地 判 定 士 の 情 報 あるいは 地 元 宅 地 判 定 士 の 自 主 参 集 の 際 に 得 た 情 報 を 収 集 する (2) 市 区 町 村 によっては 災 害 対 策 本 部 や 判 定 拠 点 となる 施 設 及 び 避 難 所 等 の 被 害 宅 地 危 険 度 判 定 も 実 施 しなければならない 場 合 もあり これらを 含 め, 病 院 等 判 定 実 施 の 優 先 度 を 決 めておく (3) 被 害 の 大 きな 区 域 を 優 先 すべきであり 被 害 の 多 い 造 成 団 地 については 団 地 全 体 を 判 定 すべきである (4) 区 域 決 定 には 地 盤 等 による 地 域 の 特 性 の 把 握 も 参 考 になる 15

19 8-3 判 定 実 施 ( 計 画 ) 期 間 判 定 実 施 期 間 は 原 則 として 10 日 間 以 内 とする 判 定 は 早 く 完 了 することが 必 要 であり このマニュアルでは 判 定 実 施 期 間 を 10 日 間 以 内 として 必 要 宅 地 判 定 士 数 を 算 定 することとしている ただし 大 地 震 が 発 生 し 現 地 への 出 入 りが 困 難 である 場 合 は 実 情 に 応 じて 臨 機 応 変 に 対 応 しなければならない 8-4 必 要 な 宅 地 判 定 士 及 び 判 定 調 整 員 数 (1) 必 要 宅 地 判 定 士 数 は 次 による 宅 地 判 定 士 3 名 でチームを 編 成 し 判 定 数 は 10 宅 地 程 度 /チーム 日 宅 地 判 定 士 の 稼 働 日 数 を3 日 間 程 度 とする (2) 必 要 判 定 調 整 員 数 は 宅 地 判 定 士 3 班 ( 宅 地 判 定 士 5チームを1 班 とするため 宅 地 判 定 士 45 人 )に1 人 配 置 するよう 算 定 する 必 要 宅 地 判 定 士 及 び 必 要 判 定 調 整 員 数 は 以 下 のように 算 出 する (1) 必 要 宅 地 判 定 士 の 延 べ 人 数 は 判 定 対 象 宅 地 数 を 1チーム 1 日 当 たり 判 定 可 能 宅 地 数 と1チームの 稼 働 日 数 で 除 し その 数 を3 倍 して 算 定 する ここで 宅 地 判 定 士 による 判 定 数 を 10 宅 地 程 度 /チーム 日 としたのは これまでの 実 績 により 実 労 働 時 間 を6 時 間 とし 時 間 当 りの 判 定 数 を 1.5~2 宅 地 とすると 実 労 働 6h (1.5~2) 宅 地 /h=(9~12) 宅 地 となるため 10 宅 地 とした 東 日 本 大 震 災 では 6.5h 1.5 宅 地 /h 10 宅 地 程 度 しかできなかった 特 に 宅 地 判 定 当 初 は 不 慣 れなため 10 宅 地 程 度 を 目 標 とし 判 定 士 の 移 送 手 段 確 保 の 状 態 や 判 定 区 域 における 判 定 対 象 宅 地 の 規 模 構 造 により 1 日 当 たりの 調 査 可 能 判 定 宅 地 数 が 変 わるため 補 正 して 算 定 することになる (2) 延 べ 人 数 を 判 定 実 施 期 間 で 除 すと 1 日 当 たりの 必 要 宅 地 判 定 士 数 になるが 判 定 資 機 材 の 調 達 確 保 できる 宿 泊 施 設 の 調 達 などの 状 況 により 判 定 区 域 へ 投 入 できる 宅 地 判 定 士 数 が 制 限 されるため やむを 得 ず 判 定 実 施 期 間 を 変 更 せざるを 得 ない 場 合 も 予 測 される このため 発 災 時 のいろいろな 状 況 に 対 応 できるよう 条 件 を 変 えて 判 定 作 業 計 画 を 作 成 することが 望 ましい (3) 判 定 調 整 員 は 班 長 副 班 長 を 任 命 することから 本 計 画 作 成 時 にもこれを 明 記 す る 16

20 (4) 市 区 町 村 内 の 宅 地 判 定 士 に 貸 与 又 は 支 給 する 判 定 資 機 材 は 必 要 判 定 資 機 材 全 てを 被 災 市 区 町 村 が 備 蓄 しているとは 限 らない また 周 辺 市 区 町 村 等 と 分 担 して 備 蓄 して いることや 備 蓄 判 定 資 機 材 が 被 災 していることが 考 えられ 市 区 町 村 で 調 達 できる ものを 除 き 判 定 資 機 材 の 調 達 及 び 実 施 本 部 等 への 輸 送 も 支 援 本 部 に 依 頼 する 計 画 と なるのが 一 般 的 と 考 えられる (5) 実 施 本 部 の 職 員 が 不 足 すると 考 えられる 場 合 も 支 援 本 部 に 職 員 等 の 派 遣 を 依 頼 す る (6) 判 定 作 業 計 画 は 都 道 府 県 が 策 定 する 支 援 作 業 計 画 との 調 整 を 図 るものとする 8-5 宅 地 判 定 士 及 び 判 定 調 整 員 の 参 集 場 所 宅 地 判 定 士 及 び 判 定 調 整 委 員 の 参 集 は 以 下 の 点 に 留 意 して 行 う 1 実 施 本 部 長 による 必 要 宅 地 判 定 士 等 参 集 に 必 要 な 事 項 の 支 援 本 部 長 への 連 絡 調 整 2 必 要 に 応 じ 災 害 対 策 本 部 長 による 都 道 府 県 への 支 援 要 請 3 支 援 本 部 長 による 支 援 に 関 する 速 やかな 連 絡 (1) 宅 地 判 定 士 の 参 集 1) 判 定 士 の 招 集 派 遣 について 被 災 宅 地 危 険 度 判 定 業 務 実 施 マニュアル では 実 施 本 部 で 被 害 状 況 に 応 じた 必 要 人 数 を 様 式 4 を 用 いて 算 出 して 支 援 本 部 への 支 援 要 請 を 行 い 支 援 本 部 にて 判 定 士 への 協 力 要 請 招 集 派 遣 先 の 連 絡 を 行 うことになっ ている ここでは 地 元 の 地 域 情 報 に 詳 しい 地 元 判 定 士 と 他 の 都 道 府 県 市 区 町 村 からの 支 援 要 請 する 応 援 判 定 士 に 分 けて 記 載 する 判 定 を 行 う 場 合 実 施 本 部 は 被 害 規 模 から 宅 地 判 定 士 等 の 必 要 数 を 一 刻 も 早 く 算 定 するとともに 参 集 できる 地 元 宅 地 判 定 士 等 の 人 数 を 把 握 しなければならない また 参 集 場 所 における 電 気 水 道 トイレ 自 動 車 燃 料 (ガソリン) 供 給 などの 状 況 について 配 慮 が 必 要 である 地 元 宅 地 判 定 士 等 が 必 要 数 に 達 しない 場 合 都 道 府 県 知 事 に 支 援 を 要 請 すること になる このため 都 道 府 県 への 支 援 要 請 を 行 う 場 合 宅 地 判 定 士 等 の 計 画 数 全 体 を 伝 え 地 元 宅 地 判 定 士 等 の 参 集 数 が 確 定 し 次 第 必 要 な 応 援 宅 地 判 定 士 等 の 要 請 人 数 を 随 時 補 正 する 実 施 計 画 とするなど 計 画 変 更 を 行 いながら 実 施 することになる したがって 判 定 作 業 計 画 の 作 成 に 際 しては これらのことを 勘 案 しながら 行 う 2) 地 元 宅 地 判 定 士 等 の 参 集 方 法 は 連 絡 網 により 集 合 時 間 判 定 業 務 従 事 予 定 期 間 等 参 集 に 必 要 な 事 項 を 連 絡 し 直 接 本 人 に 参 集 要 請 したものと 同 一 ルートにより 諾 否 の 回 答 を 得 る 計 画 とする (2) 判 定 調 整 員 の 参 集 1) 判 定 調 整 員 の1 次 参 集 場 所 を 判 定 調 整 員 に 周 知 しておく 17

21 2) 行 政 職 員 の 判 定 調 整 員 は 宅 地 判 定 士 からの 報 告 に 基 づき 実 施 本 部 長 や 災 害 対 策 本 部 長 に 立 入 禁 止 などの 検 討 を 要 する 宅 地 の 報 告 や 場 合 によっては 行 政 職 員 や 消 防 職 員 による 必 要 な 措 置 をとるための 補 助 をする 業 務 など 多 岐 に 亘 る 行 政 職 員 の 応 援 判 定 士 チームについては 極 力 判 定 資 機 材 や 車 両 の 確 保 も 合 わせて 依 頼 す ることも 考 慮 されたい このため 市 区 町 村 の 災 害 対 策 本 部 への 迅 速 確 実 な 報 告 また 宅 地 判 定 士 の 安 全 を 確 保 するための 被 害 情 報 の 伝 達 など 判 定 活 動 全 体 を 熟 知 しておくと 共 に 冷 静 沈 着 に 行 えるよう 日 頃 の 訓 練 が 必 要 である 8-6 宅 地 判 定 士 及 び 判 定 調 整 員 の 受 入 れ 条 件 移 動 方 法 等 実 施 本 部 長 は 宅 地 判 定 士 及 び 判 定 調 整 員 の 参 集 場 所 参 集 時 間 判 定 業 務 従 事 予 定 期 間 等 判 定 士 の 受 入 れ 条 件 移 動 方 法 等 の 必 要 な 事 項 の 連 絡 を 行 う (1) 実 施 本 部 支 援 本 部 の 立 ち 上 がり 時 間 を 用 い 判 定 士 の 参 集 を 行 い 参 集 可 能 判 定 士 数 を 早 急 につかむことを 優 先 して 考 え [ 方 法 2]によることも 考 えられるが 都 道 府 県 それぞれに 地 域 性 があり いずれを 選 択 するかは 各 都 道 府 県 の 判 断 に 委 ねたい 1) 地 震 発 生 当 初 まず 地 元 判 定 士 の 参 集 を 呼 びかける 2) 判 定 士 の 参 集 方 法 については 以 下 の 方 法 が 考 えられる [ 方 法 1] [ 要 請 参 集 ] 実 施 本 部 あるいは 支 援 本 部 より 参 集 要 請 があった 後 に 参 集 する 方 法 [ 方 法 2] [ 自 主 参 集 ] 連 絡 責 任 者 への 自 主 連 絡 1 判 定 士 は 予 め 決 められた 基 準 以 上 の 地 震 が 発 生 した 場 合 に 予 め 定 められた 連 絡 網 等 をもとに 各 連 絡 網 リーダー( 以 下 リーダー という )へ 判 定 業 務 参 加 可 能 不 可 能 を 連 絡 する 2リーダーは 各 グループに 業 務 参 加 可 能 判 定 士 のリストを 作 成 する 3リーダーは 業 務 参 加 可 能 判 定 士 リストを 各 地 区 代 表 者 に 連 絡 する (リーダー 及 び 各 地 区 代 表 者 は 予 め 選 任 しておく) 4 各 地 区 代 表 者 は 支 援 本 部 又 は 実 施 本 部 からの 指 示 内 容 ( 判 定 従 事 期 間 参 集 場 所 参 集 方 法 参 集 日 時 及 び 持 参 品 等 )をリーダーに 伝 える 5リーダーは 判 定 業 務 参 加 可 能 者 に 参 集 場 所 参 集 方 法 参 集 日 時 及 び 持 参 品 等 を 伝 えなるべくグループ 毎 の 移 動 に 心 掛 ける 3) 連 絡 網 ( 連 絡 責 任 者 等 )は 各 都 道 府 県 等 によりシステムが 異 なるため 方 法 に ついては 各 都 道 府 県 の 検 討 に 委 ねる (2) 実 施 本 部 長 は 参 集 可 能 な 地 元 判 定 士 の 受 付 を 行 い 名 簿 を 作 成 する 18

22 8-7 判 定 資 機 材 の 調 達 及 び 輸 送 計 画 判 定 資 機 材 の 調 達 及 び 輸 送 計 画 は 以 下 の 点 に 留 意 して 行 う 1 実 施 本 部 長 による 地 元 調 達 判 定 資 機 材 の 調 達 状 況 調 査 と 不 足 判 定 資 機 材 の 支 援 本 部 への 連 絡 2 実 施 本 部 長 と 支 援 本 部 による 判 定 資 機 材 の 輸 送 方 法 の 確 保 (1) 実 施 本 部 が 支 援 本 部 から 判 定 資 機 材 の 提 供 を 受 ける 場 合 は 応 援 市 区 町 村 から 応 援 判 定 士 等 が 持 参 する 判 定 資 機 材 と 数 量 リスト( 以 下 判 定 資 機 材 リスト という ) を 照 合 して 様 式 5 を 用 いて 不 足 判 定 資 機 材 を 支 援 要 請 する (2) 判 定 資 機 材 の 過 不 足 も 含 め 受 領 した 旨 を 支 援 本 部 へ 通 知 することも 必 ず 行 わなけ ればならない (3) 実 施 本 部 は 判 定 資 機 材 等 の 保 管 場 所 が 被 災 した 場 合 あるいは 交 通 途 絶 等 によ り 判 定 資 機 材 が 使 用 不 可 能 となる 場 合 もあり 備 蓄 数 量 から 使 用 不 可 能 数 量 を 減 じる などしてリストを 作 成 する (4) 地 震 の 規 模 等 により 不 足 判 定 資 機 材 が 生 じた 場 合 は 不 足 判 定 資 機 材 の 種 類 数 量 必 要 時 期 等 を 支 援 本 部 長 に 連 絡 する (5) 実 施 本 部 と 支 援 本 部 は 相 互 に 連 絡 を 取 り 合 い 実 施 本 部 および 判 定 拠 点 が 必 要 と する 数 量 の 判 定 資 機 材 の 配 備 をするために これらを 輸 送 する 手 段 ルート 等 を 確 保 する 8-8 実 施 本 部 の 位 置 責 任 者 連 絡 方 法 連 絡 先 実 施 本 部 の 位 置 がわかるように 案 内 図 を 作 成 し その 各 実 施 本 部 の 組 織 の 業 務 や 担 当 責 任 者 及 び 連 絡 方 法 連 絡 先 を 明 らかにする (1) 実 施 本 部 長 は 実 施 本 部 の 位 置 がわかるように 案 内 図 を 作 成 し 外 部 からでもアク セスできるようにする (2) 実 施 本 部 の 組 織 は 情 報 計 画 業 務 判 定 広 報 庶 務 担 当 など 各 業 務 担 当 を 責 任 者 及 び 連 絡 方 法 連 絡 先 を 明 らかにしておく 必 要 がある 19

23 9 必 要 判 定 士 等 の 連 絡 調 整 実 施 本 部 長 は 必 要 判 定 士 数 ( 地 元 判 定 士 数 を 含 む) 及 び 判 定 調 整 員 等 現 地 参 集 場 所 現 地 参 集 時 間 判 定 業 務 従 事 予 定 期 間 等 判 定 士 の 参 集 に 必 要 な 事 項 を 支 援 本 部 長 に 連 絡 し 支 援 本 部 から 派 遣 できる 必 要 判 定 士 数 等 について 過 不 足 を 調 整 する (1) 参 集 判 定 士 数 が 把 握 できないため 地 元 判 定 士 等 の 数 は 必 要 判 定 士 等 の 数 の 内 数 と して 支 援 本 部 等 に 参 集 要 請 する (2) 実 施 本 部 長 は 地 元 判 定 士 等 の 実 参 集 数 を 把 握 した 後 支 援 本 部 からの 様 式 6 及 び 様 式 7 を 用 いて 必 要 判 定 士 についての 過 不 足 を 調 整 する 10 判 定 調 整 員 の 配 置 実 施 本 部 長 は 実 施 本 部 ( 判 定 拠 点 の 場 合 は 判 定 拠 点 )に 判 定 調 整 員 を 配 置 し 判 定 実 施 計 画 の 具 体 化 及 び 宅 地 判 定 士 の 指 導 等 にあたらせる (1) 実 施 本 部 長 は 様 式 8 を 用 いて 判 定 調 整 員 に 対 して 判 定 実 施 計 画 及 び 以 下 の 事 前 説 明 を 行 うとともに 日 々 当 日 の 状 況 について 説 明 を 行 う なお 説 明 内 容 は 文 書 等 により 的 確 に 伝 達 する (2) 避 難 所 などの 防 災 重 要 施 設 等 は 地 域 防 災 計 画 担 当 部 局 より 予 め 情 報 を 得 判 定 調 整 員 に 周 知 しておく (3) 判 定 調 整 員 の 業 務 内 容 については 判 定 調 整 員 業 務 マニュアル による 11 判 定 資 機 材 の 準 備 (1) 実 施 本 部 長 は 実 施 本 部 および 判 定 拠 点 における 判 定 資 機 材 の 調 達 状 況 を 調 査 し 支 援 本 部 に 連 絡 し 必 要 判 定 資 機 材 の 確 保 を 図 る (2) 実 施 本 部 長 は 支 援 本 部 と 連 絡 の 上 判 定 資 機 材 の 輸 送 方 法 を 確 保 する (1) 判 定 資 機 材 の 過 不 足 も 含 め 様 式 9 を 用 いた 資 機 材 支 援 ( 貸 与 ) 回 答 書 の 内 容 から 必 要 判 定 資 機 材 の 確 保 を 図 る (2) 支 援 本 部 からの 判 定 資 機 材 の 借 受 については 様 式 10 を 用 いて 宅 地 判 定 士 に 配 布 する ためのリストを 作 成 する 20

24 12 宅 地 判 定 士 等 の 移 動 並 びに 宿 泊 所 等 の 手 配 宅 地 判 定 士 等 の 移 動 並 びに 宿 泊 所 等 の 手 配 は 以 下 の 点 に 留 意 して 行 う 1 実 施 本 部 長 による 宅 地 判 定 士 等 の 輸 送 に 係 る 支 援 本 部 への 依 頼 2 実 施 本 部 長 による 宅 地 判 定 士 等 の 宿 泊 場 所 の 確 保 食 料 の 準 備 状 況 の 確 認 と 支 援 本 部 への 連 絡 (1) 地 元 宅 地 判 定 士 等 は 徒 歩 あるいは 自 転 車 等 で 参 集 すると 思 われる また 応 援 宅 地 判 定 士 等 が 判 定 拠 点 や 宿 舎 から 判 定 地 区 へ 移 動 するための 手 段 の 確 保 も 重 要 であ り 自 動 車 バイク 等 の 利 用 が 最 善 と 思 われる (2) 応 援 宅 地 判 定 士 等 の 実 施 本 部 等 への 移 動 は 支 援 本 部 が 決 定 した 移 送 計 画 による 1 次 参 集 場 所 から 実 施 本 部 等 までの 宅 地 判 定 士 等 の 移 動 は 支 援 本 部 または 支 援 本 部 から 応 援 を 依 頼 された 被 災 都 道 府 県 内 市 区 町 村 や 他 の 都 道 府 県 が 宅 地 判 定 士 等 の 移 送 を 行 うことになるため 宅 地 判 定 士 等 の 移 動 に 利 用 できる 道 路 網 交 通 機 関 を 予 測 して 移 動 手 段 を 計 画 しておく この 為 支 援 本 部 は 他 の 公 共 団 体 に 対 して 最 善 の 方 策 を 助 言 できるよう 情 報 収 集 に 努 める (3) 被 災 市 区 町 村 内 であっても 判 定 実 施 地 区 から 離 れた1 次 参 集 場 所 が 設 定 される 場 合 地 元 宅 地 判 定 士 等 の 輸 送 計 画 も 支 援 本 部 に 依 頼 する 場 合 もある (4) 弁 当 の 手 配 宿 舎 の 確 保 は 必 要 不 可 欠 なものであり 防 災 所 管 部 局 と 十 分 な 協 議 を 行 い 手 配 先 のリスト 等 を 判 定 作 業 計 画 に 記 載 しておくとともに 記 載 事 項 を 常 に 更 新 しておく 必 要 がある 手 配 確 保 ができない 場 合 は 支 援 本 部 に 依 頼 する 計 画 とす る 13 宅 地 判 定 士 等 の 受 け 付 け 名 簿 の 作 成 宅 地 判 定 士 等 の 受 け 付 け 名 簿 の 作 成 は 以 下 の 点 に 留 意 して 行 う 1 実 施 本 部 による 応 援 宅 地 判 定 士 等 の 名 簿 及 び 判 定 資 機 材 の 確 認 2 実 施 本 部 による1の 確 認 状 況 及 び 参 集 できる 宅 地 判 定 士 の 名 簿 を 支 援 本 部 へ 通 知 (1) 実 施 本 部 は 様 式 13 を 用 いて 地 元 宅 地 判 定 士 等 の 受 付 及 び 名 簿 作 成 を 行 うとともに その 後 順 次 到 着 する 応 援 宅 地 判 定 士 等 について 応 援 宅 地 判 定 士 等 の 代 表 者 が 持 参 す る 派 遣 元 作 成 の 名 簿 を 受 け 取 り 到 着 した 宅 地 判 定 士 等 と 照 合 し 確 認 する これら の 名 簿 により 全 ての 参 集 できる 宅 地 判 定 士 等 の 名 簿 を 作 成 する 21

25 これらの 名 簿 作 成 は 行 政 職 員 と 民 間 宅 地 判 定 士 等 とに 分 類 して 作 成 することを 原 則 とする (2)この 参 集 できる 宅 地 判 定 士 等 の 名 簿 は 様 式 14 を 用 いて 災 害 補 償 手 続 き 等 を 行 う 必 要 があるため 支 援 本 部 に 通 知 する 14 判 定 実 施 チーム 及 び 班 の 編 成 実 施 本 部 長 は 判 定 調 整 員 に 指 示 し 判 定 実 施 計 画 に 基 づき 参 集 した 宅 地 判 定 士 のチ ーム 編 成 を 以 下 の 点 に 留 意 して 行 う 1 健 康 状 態 の 確 認 2 被 災 地 の 土 地 や 交 通 事 情 等 に 詳 しい 者 の 適 当 な 配 置 3 判 定 の 経 験 のある 者 の 適 当 な 配 置 4 宅 地 判 定 士 以 外 の 誘 導 員 等 の 配 置 5その 他 (1) 判 定 実 施 の 際 実 施 本 部 判 定 調 整 員 班 長 副 班 長 との 連 絡 調 整 を 迅 速 に 行 う ため 判 定 資 機 材 の 受 け 渡 し 判 定 の 為 の 情 報 の 種 類 連 絡 方 法 連 絡 場 所 等 を 検 討 しておく (2) 宅 地 判 定 士 の 班 編 成 は 判 定 調 整 員 業 務 マニュアル により 計 画 を 立 てることにな るが 宅 地 判 定 士 の 登 録 内 容 やチームを 組 む3 名 の 宅 地 判 定 士 同 士 の 判 定 活 動 のしやす さ 等 を 判 定 調 整 員 が 様 式 11 を 用 いて 検 討 して 行 う (3) 宅 地 判 定 士 と 実 施 本 部 等 との 緊 急 の 連 絡 は 通 常 電 話 で 連 絡 する 場 合 電 話 回 線 の 混 乱 により 宅 地 判 定 士 から 実 施 本 部 等 や 支 援 本 部 への 連 絡 がつきにくかったことが 兵 庫 県 南 部 地 震 で 報 告 されている 定 時 の 連 絡 は このような 状 況 の 場 合 を 想 定 し 各 チームまたは 各 班 が 判 定 調 整 員 に 連 絡 する 15 判 定 資 機 材 等 の 配 布 実 施 本 部 長 は 判 定 調 整 員 に 指 示 し 以 下 の 判 定 資 機 材 等 を 班 長 副 班 長 に 配 布 する ための 業 務 窓 口 を 設 置 する 1 連 絡 用 機 器 ( 携 帯 電 話 等 ) 及 び 連 絡 部 署 一 覧 2 担 当 判 定 区 域 全 体 の 地 図 3 担 当 区 域 の 住 宅 地 図 4 判 定 調 査 票 判 定 ステッカー 等 の 判 定 資 機 材 5 宅 地 関 係 データ 22

26 6 被 災 地 情 報 ( 避 難 所 の 位 置 火 災 発 生 地 区 被 災 者 への 情 報 等 ) 7 判 定 実 施 留 保 区 域 の 地 図 8その 他 (1) 担 当 判 定 区 域 全 体 の 地 図 は 判 定 チームが 判 定 街 区 への 移 動 の 際 に 使 用 するもので あり 簡 単 な 案 内 図 程 度 ( 明 細 地 図 の 全 体 図 程 度 )でよいと 思 われる (2) 判 定 実 施 留 保 区 域 とは 被 災 地 内 において 判 定 士 が 判 定 業 務 を 実 施 するのに 危 険 で ある 次 のような 区 域 を 想 定 している 1 二 次 災 害 を 起 こす 可 能 性 がある 施 設 がある 区 域 化 学 工 場 等 危 険 物 貯 蔵 庫 等 動 物 園 等 2がけの 崩 壊 の 可 能 性 があり 二 次 災 害 の 危 険 性 が 高 い 区 域 3 周 辺 に 火 災 が 発 生 しており 延 焼 の 可 能 性 が 高 い 区 域 4その 他 (3) 判 定 調 整 員 は 判 定 の 実 施 にあたって 住 民 へ 周 知 するためのパンフレット 等 の 資 料 があれば あわせて 配 付 する (4) 判 定 調 整 員 は 実 施 本 部 で 用 意 した 判 定 資 機 材 を 様 式 12 を 用 いて 配 布 する 16 判 定 調 査 方 法 等 のガイダンス 実 施 本 部 長 は 判 定 調 整 員 に 指 示 し 判 定 活 動 の 開 始 に 先 立 ち 判 定 士 に 対 して 判 定 調 査 方 法 等 についてのガイダンスを 行 う (1) 判 定 活 動 は 判 定 士 にとっても 日 常 の 業 務 とは 異 なるので 判 定 レベルの 統 一 化 を 図 るために 判 定 活 動 に 先 立 ち 判 定 士 に 対 し 具 体 的 な 判 定 方 法 判 定 調 査 表 の 記 入 方 法 等 についてガイダンスを 行 う (2)ガイダンスに 当 たっては チームの1 日 の 判 定 軒 数 チーム 人 数 被 災 地 情 報 等 被 災 宅 地 判 定 との 連 携 のほか1 日 の 判 定 業 務 の 結 果 の 集 計 方 法 などについても 説 明 し ておく 必 要 がある (3) 宅 地 判 定 士 に 対 しては 判 定 調 整 員 班 長 を 通 じて 以 下 の 必 要 な 情 報 について 伝 え 23

27 るとともに 掲 示 板 等 の 簡 便 な 方 法 により 周 知 を 図 る 1 被 災 地 の 状 況 ( 危 険 区 域 火 災 発 生 区 域 救 助 活 動 区 域 等 ) 被 災 地 情 報 ( 避 難 所 の 位 置 被 災 者 への 情 報 等 ) 2 気 象 情 報 ( 気 温 風 速 降 雨 等 ) 余 震 情 報 ( 余 震 の 震 度 頻 度 区 域 等 ) 3 判 定 方 針 及 び 判 定 区 域 4 判 定 資 機 材 の 受 取 方 法 判 定 結 果 の 表 示 の 方 法 等 5 出 発 時 間 現 地 への 移 動 手 段 現 地 における 集 合 時 間 集 合 場 所 緊 急 連 絡 方 法 6 被 災 建 築 物 応 急 危 険 度 判 定 及 び 砂 防 ボランティアとの 関 係 7 道 路 等 の 公 共 施 設 管 理 者 の 調 査 状 況 8その 他 17 判 定 業 務 の 開 始 実 施 本 部 長 は 判 定 調 整 員 に 対 して 判 定 業 務 を 開 始 するように 指 示 する (1) 移 動 手 段 には 徒 歩 自 転 車 ヘリコプター 等 を 含 む (2) 実 施 本 部 は 判 定 業 務 開 始 後 も 余 震 等 により 新 たに 発 生 した 被 害 を 含 む 被 害 増 大 に 対 応 した 判 定 区 域 の 見 直 し 判 定 実 施 済 区 域 の 再 判 定 等 の 検 討 を 行 う 18 判 定 結 果 の 報 告 及 びその 活 用 (1) 実 施 本 部 長 は 判 定 調 整 員 から 判 定 結 果 の 報 告 を 受 け その 結 果 の 中 で 特 に 注 意 を 要 する 被 災 宅 地 等 の 有 無 及 び 被 災 宅 地 状 況 によっては 現 地 を 再 調 査 するなど 必 要 な 措 置 をとる (2) 実 施 本 部 長 は 宅 地 の 判 定 のみでは 対 処 が 困 難 な 事 案 については 市 区 町 村 災 害 対 策 本 部 長 と 協 議 し 適 切 な 措 置 をとるものとする また 複 合 的 な 被 災 状 況 にあり 判 定 が 困 難 な 状 況 にある 等 の 場 合 は 学 識 経 験 者 等 の 適 切 な 助 言 を 受 けるものとする (1) 実 施 本 部 において 必 要 な 措 置 を 講 じるために 行 政 職 員 が 不 足 する 場 合 支 援 本 部 に 対 して 支 援 を 要 請 する (2) 判 定 に 併 せて 判 定 士 または 専 門 家 等 が 周 辺 地 盤 調 査 を 実 施 した 場 合 は その 調 査 結 果 を 被 災 宅 地 判 定 実 施 本 部 へ 報 告 する (3) 実 施 本 部 長 は 再 調 査 等 の 結 果 を 受 け 特 に 必 要 と 認 めた 被 災 宅 地 に 対 しては 災 害 対 策 本 部 長 と 協 議 し 措 置 について 了 解 の 上 行 政 職 員 あるいは 消 防 職 員 を 同 行 し 24

28 災 害 対 策 基 本 法 または 建 築 基 準 法 等 に 基 づく 措 置 ( 立 入 禁 止 ロープの 設 置 使 用 禁 止 の 標 識 設 置 等 )を 行 うことを 行 政 職 員 の 判 定 調 整 員 に 指 示 する 阪 神 淡 路 大 震 災 において 必 要 な 措 置 を 講 ずるべきであった 事 例 (その1) 地 震 により 大 きく 傾 斜 した 斜 面 が 震 災 直 後 の 余 震 により 幹 線 道 路 を 塞 ぐよ うに 崩 壊 した 通 行 車 両 もなく 人 災 もなかった (その2) 擁 壁 が 被 災 後 数 日 間 を 経 過 し 降 雨 等 によりバランスが 崩 れ 道 路 側 に 倒 壊 した 付 近 の 道 路 の 交 通 整 理 をしていた 管 理 者 が 危 険 を 感 知 し 倒 壊 直 前 に 道 路 を 封 鎖 したこともあり 被 害 者 はなかった (4) 実 施 本 部 長 は 余 震 等 の 危 険 性 判 定 活 動 中 の 著 しい 雷 雨 その 他 判 定 活 動 をやむ を 得 ず 中 止 すべきと 考 えられる 事 由 発 生 等 の 際 は すみやかに 判 定 活 動 中 止 の 旨 を 班 長 を 通 じ 連 絡 するものとする 19 住 民 への 広 報 等 実 施 本 部 長 は 被 災 地 の 住 民 に 対 して 判 定 実 施 の 理 解 を 得 るために 以 下 の 判 定 の 実 施 状 況 等 について 広 報 する 1 住 民 への 判 定 実 施 及 び 状 況 の 広 報 2 相 談 窓 口 等 の 対 応 (1) 判 定 実 施 地 区 及 び 被 災 地 の 住 民 にとって 避 難 活 動 の 一 助 となる 判 定 は 重 要 な 意 味 を 持 つ それだけに 実 施 本 部 長 は 個 人 の 土 地 に 立 ち 入 るために 事 前 に 判 定 実 施 に ついて 住 民 に 理 解 を 得 なければならない 従 って 判 定 実 施 開 始 時 期 に 必 要 な 広 報 を 行 うのは 当 然 であるだけでなく 実 施 中 も 必 要 に 応 じて 広 報 活 動 を 行 わなければなら ない 広 報 の 手 段 としては 報 道 機 関 防 災 無 線 広 報 車 ビラ 掲 示 板 への 掲 載 な どがあり 地 域 の 実 情 に 合 わせて 適 切 なものを 採 用 する 判 定 実 施 に 関 する 情 報 等 は 以 下 の 内 容 を 基 本 とする また 併 せてり 災 証 明 のための 調 査 は 別 途 行 われることを 周 知 する 1 判 定 の 開 始 日 時 2 判 定 の 実 施 予 定 期 間 3 判 定 の 実 施 予 定 区 域 4 判 定 に 関 する 問 い 合 わせ 窓 口 5その 他 また 広 報 の 際 には 避 難 を 完 了 している 被 災 者 への 連 絡 も 行 うこととする (2) 特 に 被 災 宅 地 危 険 度 判 定 の 調 査 は 建 築 の 応 急 危 険 度 判 定 やり 災 証 明 のための 住 宅 調 査 と 混 同 されることが 多 いので これらの 違 いについての 広 報 は 重 要 であり 判 25

29 定 士 も 判 定 中 における 住 民 の 理 解 を 得 るために 判 定 業 務 を 説 明 したパンフレットを 持 参 し 必 要 に 応 じて 配 付 することなどを 行 わなければならない (3) 判 定 士 は この 地 区 の 判 定 はいつまで 行 うのか あるいはどの 地 区 を いつ 実 施 す るといったような 質 問 もしくは 実 施 状 況 等 に 答 えられるようにしておかなければな らない そのためにも 実 施 本 部 は 判 定 士 の 判 定 実 施 に 対 する 住 民 対 応 に 十 分 留 意 しなければならない (4) 上 記 業 務 の 体 制 整 備 やその 他 相 談 窓 口 の 開 設 の 業 務 を 行 うための 体 制 を 確 立 する ( 参 考 :り 災 証 明 ) り 災 証 明 は 家 屋 の 財 産 的 被 害 程 度 の 認 定 のためのもので 被 災 者 生 活 再 建 支 援 法 等 による 被 災 者 への 各 種 の 支 援 施 策 や 税 の 減 免 等 を 被 災 者 が 申 請 するにあたって 必 要 とさ れる 家 屋 の 被 害 程 度 を 市 区 町 村 長 が 証 明 するもの り 災 証 明 のための 被 災 家 屋 の 被 害 程 度 の 調 査 は 被 災 した 家 屋 の 損 害 割 合 を 算 出 する ことによって 資 産 価 値 的 観 点 からの 被 害 程 度 ( 全 壊 半 壊 等 )を 明 らかにするもの 20 判 定 を 受 けた 宅 地 の 所 有 者 等 への 対 応 実 施 本 部 長 は 判 定 実 施 期 間 中 以 下 の 内 容 についての 適 切 な 対 応 を 行 う 1 被 災 宅 地 の 所 有 者 等 に 対 する 危 険 度 判 定 結 果 の 説 明 相 談 等 2 報 道 機 関 等 からの 問 合 せ 実 施 本 部 長 は 以 下 について 関 係 団 体 等 へ 協 力 要 請 し 災 害 対 策 本 部 長 等 と 協 議 して 必 要 な 措 置 を 取 るため 窓 口 を 設 けるなどを 行 う 1 被 災 度 区 分 判 定 実 施 の 指 導 2 応 急 措 置 の 相 談 3 応 急 復 旧 の 相 談 4その 他 ( 参 考 : 関 係 団 体 等 ) 新 潟 県 中 越 地 震 新 潟 県 中 越 沖 地 震 東 日 本 大 震 災 では ( 公 社 ) 全 国 宅 地 擁 壁 技 術 協 会 が 現 地 で 相 談 窓 口 を 設 けて 住 民 対 応 を 行 った 事 例 がある 21 実 施 本 部 業 務 の 終 了 (1) 実 施 本 部 の 業 務 は 以 下 のすべての 業 務 が 終 了 した 時 点 をもって 完 了 とする 1 判 定 の 実 施 2 判 定 結 果 の 集 計 資 料 整 理 26

30 3 判 定 結 果 の 市 区 町 村 災 害 対 策 本 部 長 への 報 告 4 支 援 本 部 との 調 整 業 務 及 び 支 援 本 部 への 判 定 活 動 報 告 (2) 実 施 本 部 長 は 判 定 業 務 終 了 後 災 害 対 策 本 部 長 と 協 議 し 判 定 結 果 を 集 計 整 理 し 担 当 部 局 に 引 き 継 ぐと 共 に 実 施 本 部 を 解 散 する (3) 災 害 対 策 本 部 長 等 は 必 要 に 応 じ 相 談 所 を 設 置 する 等 適 切 な 措 置 をとる (4) 実 施 本 部 解 散 後 においても 判 定 所 管 課 長 等 は 判 定 結 果 を 災 害 復 興 等 に 役 立 てる べく 災 害 対 策 本 部 長 等 に 協 力 する (5) 判 定 結 果 等 の 関 連 資 料 の 保 存 期 間 は 所 管 課 長 が 市 区 町 村 災 害 対 策 本 部 長 と 協 議 し て 定 める (6) 所 管 課 長 は 災 害 対 策 本 部 解 散 後 においても 従 事 判 定 士 へのアフター ケアーに 心 がける (1) 判 定 実 施 の 終 了 実 施 本 部 は 判 定 実 施 計 画 に 基 づく 区 域 の 判 定 を 終 えた 時 点 で 判 定 実 施 の 終 了 とな る 予 め 実 施 本 部 業 務 の 終 了 時 期 を 住 民 に 広 報 しておく 必 要 がある なお 判 定 実 施 計 画 は 住 民 からの 判 定 実 施 区 域 の 追 加 要 望 や 余 震 等 の 発 生 など により 判 定 実 施 区 域 や 実 施 期 間 などが 変 更 されることが 多 く この 場 合 も 前 期 の 場 合 と 同 様 であることに 留 意 が 必 要 である 判 定 結 果 は 判 定 実 施 日 毎 に 集 計 され 災 害 対 策 本 部 長 に 報 告 されるが 判 定 実 施 の 終 了 時 点 においては 全 体 を 集 計 し 以 下 の 資 料 を 作 成 して 災 害 対 策 本 部 長 に 提 出 する 1 判 定 実 施 区 域 図 ( 全 体 区 域 図 住 宅 地 図 ) 2 判 定 結 果 集 計 表 3 判 定 調 査 表 4その 他 資 料 (2) 実 施 本 部 の 解 散 時 期 判 定 は 余 震 等 による2 次 災 害 防 止 のために 実 施 されることを 考 えると 余 震 の 発 生 がなくなることを 確 認 して 解 散 することも 考 えられるが 判 定 士 の 確 保 の 困 難 さ 等 を 考 慮 し 判 定 実 施 終 了 後 業 務 引 き 継 ぎを 終 えた 時 点 を 実 施 本 部 の 解 散 とする 実 施 本 部 解 散 後 においても 余 震 等 により 必 要 が 生 じた 場 合 は 適 切 な 措 置 を 執 る (3) 災 害 対 策 本 部 長 等 は 判 定 結 果 への 問 い 合 わせ 等 住 民 からの 相 談 に 応 じる 窓 口 設 置 等 の 判 定 結 果 のフォローに 必 要 な 措 置 をとるものとする 宅 地 の 専 門 家 ができるだけ 早 い 時 点 で 住 民 の 相 談 等 に 乗 ることができれば 被 災 者 の 精 神 的 安 定 に 大 きく 寄 与 する ため 関 係 団 体 等 と 調 整 しすみやかに 相 談 所 の 設 置 等 について 検 討 する 必 要 がある 27

31 (4) 判 定 結 果 を 災 害 復 興 等 に 役 立 てるためには 予 め 判 定 実 施 結 果 の 集 計 方 法 について も 検 討 しておく 必 要 がある (5) 判 定 結 果 等 の 関 連 資 料 等 の 保 存 期 間 は 各 市 区 町 村 の 保 存 年 限 を 基 本 に 災 害 対 策 本 部 長 が 定 める 例 保 存 年 限 実 施 本 部 解 散 後 5 年 間 (6) 判 定 終 了 後 ボランティア 活 動 に 従 事 したものへのメンタル ヘルスケアの 必 要 性 が 報 告 されており 防 災 担 当 所 管 部 署 と 協 議 し 判 定 実 施 後 の 体 制 整 備 も 合 わせて 検 討 しておく 28

<4D F736F F D BB92E892B290AE88F58BC696B1837D836A B>

<4D F736F F D BB92E892B290AE88F58BC696B1837D836A B> 判 定 調 整 員 業 務 マニュアル 平 成 26 年 3 月 被 災 宅 地 危 険 度 判 定 連 絡 協 議 会 このマニュアルでは 被 災 宅 地 危 険 度 判 定 制 度 を 迅 速 かつ 的 確 に 活 用 し その 目 的 であ る2 次 災 害 の 軽 減 防 止 住 民 の 安 全 確 保 を 確 実 に 行 うために 判 定 調 整 員 が 行 うべきこ とについて 具 体

More information

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63>

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63> 防 災 業 務 計 画 平 成 27 年 4 月 西 部 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 章 総 則 1 第 1 節 防 災 業 務 計 画 の 目 的 第 2 節 防 災 業 務 計 画 の 基 本 構 想 第 3 節 防 災 業 務 計 画 の 運 用 第 2 章 防 災 体 制 の 確 立 2 第 1 節 防 災 体 制 第 2 節 対 策 組 織 の 運 営 第 3 節 災 害 対

More information

愛 媛 県 地 震 被 災 建 築 物 応 急 危 険 度 判 定 業 務 マニュアル( 抜 粋 ) ( 目 次 ) (ページ) 目 的 2 判 定 業 務 の 位 置 付 け 実 施 体 制 について( 想 定 Ⅰ Ⅱ Ⅲ) 3 実 施 のフロー( 概 要 ) ( 省 略 ) Ⅳ 判 定 コーディ

愛 媛 県 地 震 被 災 建 築 物 応 急 危 険 度 判 定 業 務 マニュアル( 抜 粋 ) ( 目 次 ) (ページ) 目 的 2 判 定 業 務 の 位 置 付 け 実 施 体 制 について( 想 定 Ⅰ Ⅱ Ⅲ) 3 実 施 のフロー( 概 要 ) ( 省 略 ) Ⅳ 判 定 コーディ 愛 媛 県 地 震 被 災 建 築 物 応 急 危 険 度 判 定 業 務 マニュアル( 抜 粋 ) ( 判 定 士 用 ) 愛 媛 県 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 連 絡 協 議 会 平 成 17 年 11 月 愛 媛 県 地 震 被 災 建 築 物 応 急 危 険 度 判 定 業 務 マニュアル( 抜 粋 ) ( 目 次 ) (ページ) 目 的 2 判 定 業 務 の 位 置 付 け 実

More information

第3章 災害応急対策計画                     第1節 活動体制計画   

第3章 災害応急対策計画                         第1節 活動体制計画    第 1 節 活 動 体 制 計 画 第 1 節 活 動 体 制 計 画 計 画 の 方 針 地 震 が 発 生 し 又 は 発 生 するおそれのある 場 合 において 災 害 の 予 防 及 び 災 害 応 急 対 策 等 の 防 災 活 動 を 強 力 に 推 進 するために 災 害 対 策 本 部 等 の 設 置 応 援 要 請 応 急 公 用 負 担 等 の 活 動 体 制 を 確 立 する

More information

洲本市地域防災計画

洲本市地域防災計画 第 1 節 基 本 方 針 総 務 部 消 防 防 災 課 健 康 福 祉 部 健 康 増 進 課 サービス 事 業 所 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 海 上 災 害 が 発 生 した 場 合 における 人 命 救 助 消 火 活 動 流 出 した 重 油 等 への 対 応 付 近 の 船 舶 の 航 行 安 全 措 置 沿 岸 住 民 の 安 全 及 び 漁 業 等 への 被 害

More information

第1編

第1編 平 成 27 年 6 月 9 日 糸 島 市 防 災 会 議 資 料 -4 糸 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 ) 修 正 ( 新 旧 対 照 表 ) 抜 粋 記 述 の 凡 例 下 線 : 災 害 対 策 基 本 法 改 正 防 災 基 本 計 画 改 正 による 福 岡 県 地 域 防 災 計 画 の 見 直 しに 基 づく 修 正 部 分 二

More information

目  次(秦野市地域防災計画)

目  次(秦野市地域防災計画) 目 次 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 第 1 章 総 則 風 -1 第 1 節 計 画 の 目 的 風 -1 第 2 節 構 成 風 -2 1 災 害 予 防 計 画 風 -2 2 災 害 応 急 対 策 計 画 風 -2 3 災 害 復 旧 復 興 計 画 風 -2 4 特 殊 災 害 対 策 風 -2 第 3 節 防 災 関 係 機 関 の 実 施 責 任 及 び 処 理 すべき 事

More information

第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 等 対 策 ) 第 1 章 第 1 節 応 急 活 動 体 制 の 確 立 活 動 体 制 の 確 立 市 県 NTT 西 日 本 山 口 支 店 災 害 応 急 対 策 を 迅 速 かつ 効 果 的 に 実 施 するため 本 防 災 計 画 に 定 める 組 織 所 掌 事 務 により 諸 活 動 を 実 施 するものとする このため

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 10 月 大 分 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 想 定 する 事 態 2 第 2 編 平

More information

年間行事

年間行事 第 1 章 自 主 防 災 組 織 とは 1. 自 主 防 災 組 織 の 必 要 性 東 海 地 震 を 含 む 南 海 トラフの 巨 大 地 震 等 から 自 分 や 家 族 の 命 を 守 るためには さまざまな 被 害 の 発 生 に 備 え 普 段 から 十 分 な 対 策 を 講 じておかなくてはなりません しかし ひとた び 大 地 震 が 発 生 すると 災 害 の 拡 大 を 防

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074> 東 海 地 震 対 策 について 東 海 地 震 の 切 迫 性 について 九 州 四 国 紀 伊 半 島 南 海 トラフ 東 海 地 震 東 海 地 震 の 想 定 震 源 域 では 概 ね100~150 年 の 間 隔 で 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しているが 東 南 海 地 震 (1944)でひず みが 解 放 されず 安 政 東 海 地 震 (1854)から157 年 間 大 地

More information

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc 第 1 章 総 則 広 尾 町 地 域 防 災 計 画 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 及 び 広 尾 町 防 災 会 議 条 例 ( 昭 和 38 年 条 例 第 5 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 に 基 づき 広 尾 町 防 災 会 議 が 作 成

More information

H27 資料2

H27 資料2 指 導 監 査 における 主 な 指 導 事 項 について 資 料 2 ~ 目 次 ~ Ⅰ 実 地 指 導 における 主 な 指 摘 事 項 の 内 訳 ( 平 成 26 度 ) Ⅱ 運 営 に 関 する 事 項 1 運 営 規 程 及 び 重 要 事 項 説 明 書 2 各 種 規 則 や 規 程 3 衛 生 管 理 等 4 虐 待 苦 情 事 故 5 非 常 災 害 対 策 6 個 別 支 援

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定 大 分 県 警 察 継 続 計 画 策 定 について 平 成 2 4 年 1 1 月 1 日 大 通 達 甲 ( 備 ) 第 10 号 大 通 達 甲 ( 警 ) 第 16 号 大 通 達 甲 ( 生 ) 第 13 号 大 通 達 甲 ( 刑 ) 第 15 号 大 通 達 甲 ( 交 ) 第 9 号 大 分 県 警 察 本 部 長 から 本 部 各 課 所 隊 室 長 警 察 学 校 長 各 警 察

More information

- 目 次 - 第 1 章 はじめに 第 2 章 県 立 相 模 湖 公 園 の 位 置 づけ 2-1 各 種 計 画 での 位 置 づけ (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 (2) 相 模 原 市 地 域 防 災 計 画 2-2 関 係 者 の 役 割 (1) 神 奈 川 県 地 域

- 目 次 - 第 1 章 はじめに 第 2 章 県 立 相 模 湖 公 園 の 位 置 づけ 2-1 各 種 計 画 での 位 置 づけ (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 (2) 相 模 原 市 地 域 防 災 計 画 2-2 関 係 者 の 役 割 (1) 神 奈 川 県 地 域 相 模 湖 公 園 の 震 災 時 対 応 の 考 え 方 参 考 資 料 1 - 目 次 - 第 1 章 はじめに 第 2 章 県 立 相 模 湖 公 園 の 位 置 づけ 2-1 各 種 計 画 での 位 置 づけ (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 (2) 相 模 原 市 地 域 防 災 計 画 2-2 関 係 者 の 役 割 (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 における

More information

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令 岡 山 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 ( 平 成 6 年 3 月 22 日 警 察 訓 令 第 9 号 ) 改 正 平 成 6 年 12 月 22 日 警 察 訓 令 第 26 号 平 成 12 年 3 月 14 日 警 察 訓 令 第 8 号 平 成 13 年 7 月 2 日 警 察 訓 令 第 19 号 平 成 21 年 3 月 19 日 警 察 訓 令 第

More information

伊勢市地域防災計画

伊勢市地域防災計画 伊 勢 市 地 震 防 災 強 化 計 画 平 成 28 年 3 月 伊 勢 市 防 災 会 議 目 次 第 1 節 総 則...1 第 2 節 地 震 災 害 警 戒 本 部 の 設 置 等...6 第 3 節 情 報 伝 達 計 画...8 第 4 節 広 報 計 画...9 第 5 節 自 主 防 災 活 動... 11 第 6 節 避 難 対 策 計 画... 13 第 7 節 緊 急 輸

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

あわら市地域防災計画資料編

あわら市地域防災計画資料編 あわら 市 地 域 防 災 計 画 資 料 編 あわら 市 地 域 防 災 計 画 資 料 編 目 次 1 条 例 規 則 要 綱 等... 1 (1) あわら 市 防 災 会 議 条 例... 1 (2) あわら 市 災 害 対 策 本 部 条 例... 3 (3) あわら 市 災 害 対 策 本 部 運 営 要 綱... 4 (4) 嶺 北 消 防 組 合 警 防 規 定... 16 (5)

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 違 反 是 正 の 推 進 について 平 成 27 年 7 月 10 日 ( 金 ) 消 防 庁 予 防 課 目 次 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 2 違 反 対 象 物 の 公 表 制 度 3 査 察 規 程 の 作 成 例 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 重 大 な 消 防 法 令

More information

はじめに < 概 要 > 事 業 継 続 計 画 (BCP) 策 定 事 例 ( 以 下 本 資 料 )は 実 際 に 事 業 継 続 計 画 ( 以 下 BCP)を 策 定 された 企 業 の 事 例 を 提 示 するものです 本 資 料 は 企 業 の 皆 様 にとりまして まず 事 業 継 続

はじめに < 概 要 > 事 業 継 続 計 画 (BCP) 策 定 事 例 ( 以 下 本 資 料 )は 実 際 に 事 業 継 続 計 画 ( 以 下 BCP)を 策 定 された 企 業 の 事 例 を 提 示 するものです 本 資 料 は 企 業 の 皆 様 にとりまして まず 事 業 継 続 企 業 の 事 業 継 続 計 画 (BCP) 策 定 事 例 業 種 : 高 速 道 路 の 整 備 運 用 に 関 する 事 業 内 閣 府 防 災 担 当 はじめに < 概 要 > 事 業 継 続 計 画 (BCP) 策 定 事 例 ( 以 下 本 資 料 )は 実 際 に 事 業 継 続 計 画 ( 以 下 BCP)を 策 定 された 企 業 の 事 例 を 提 示 するものです 本 資 料

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業 第 4 部 災 害 種 別 対 策 計 画 第 1 章 海 上 災 害 対 策 第 1 節 周 辺 海 域 の 状 況 及 び 海 上 災 害 の 態 様 1 本 市 周 辺 海 域 の 状 況 本 市 の 海 岸 及 び 周 辺 海 域 は 本 市 港 湾 区 域 を 含 む 東 京 湾 側 と 5 つの 漁 港 区 域 を 含 む 相 模 湾 側 に 分 かれる 東 京 湾 側 は その 正 面

More information

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報 災 害 発 生 時 には 職 員 及 び 関 係 機 関 との 間 で 1 現 状 がどうなっているか 2 今 後 の 見 通 しはどうか 3 今 後 何 をするべきか について 状 況 認 識 の 統 一 を 図 ることが 最 も 重 要 である このことを 常 に 心 掛 ければ ほとんどの 課 題 は 解 決 できる 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 1 章 災 害 応 急 活 動 組

More information

Taro-資料編2

Taro-資料編2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るための 基 本 的 な 方 針 平 成 25 年 10 月 29 日 告 示 1055 号 平 成 七 年 一 月 の 阪 神 淡 路 大 震 災 では 地 震 により 六 千 四 百 三 十 四 人 の 尊 い 命 が 奪 われ た このうち 地 震 による 直 接 的 な 死 者 数 は 五 千 五 百 二 人 であり

More information

国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 防 災 業 務 計 画 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 25 年 3 月 8 日 修 正 平 成 26 年 6 月 19 日 修 正 平 成 27 年 12 月 1 日 修 正 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力

More information

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震 Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 東 海 地 震 注 意 情 報 発 表 時 (1) 医 務 課 衛 生 薬 務 課 Ⅶ-1 Ⅶ-1 Ⅶ-2 2 病 院 診 療 所 の 対 応 (1) 院 内 の 安 全 確 保 等 (2) 医 療 救 護 活 動 の 準 備 Ⅶ-3 Ⅶ-4 Ⅶ-4 3 基 幹 災 害 拠 点 病 院 基

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 富 里 市 地 域 防 災 計 画 大 規 模 事 故 編 平 成 26 年 修 正 富 里 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 論 第 1 節 計 画 の 方 針 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 対 象 1 第 3 計 画 の 修 正 1 第 2 節 対 策 の 基 本 方 針 2 第 1 対 策 の 実 施 者 及 び 役 割 2 第 2 市 の 配 備 体 制

More information

消 防 庁 第 1 編 第 3 章 第 1 節 災 害 対 策 本 部 の 組 織 運 営 対 策 3 災 害 対 策 本 部 の 組 織 編 成 災 害 対 策 本 部 の 組 織 運 営 及 び 事 務 分 掌 は 柏 崎 市 災 害 対 策 本 部 条 例 に 基 づき 市 の 行 政 組 織

消 防 庁 第 1 編 第 3 章 第 1 節 災 害 対 策 本 部 の 組 織 運 営 対 策 3 災 害 対 策 本 部 の 組 織 編 成 災 害 対 策 本 部 の 組 織 運 営 及 び 事 務 分 掌 は 柏 崎 市 災 害 対 策 本 部 条 例 に 基 づき 市 の 行 政 組 織 第 1 編 第 3 章 第 1 節 災 害 対 策 本 部 の 組 織 運 営 対 策 第 1 編 ( ) 第 3 章 災 害 応 急 対 策 第 1 節 災 害 対 策 本 部 の 組 織 運 営 対 策 1 災 害 対 策 本 部 の 設 置 市 内 に 地 震 災 害 が 発 生 し 又 は 津 波 が 発 生 するおそれのある 場 合 で 市 長 が 必 要 と 認 めたとき は 災 害 対

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 策 定 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 以 下 基 本 法 という ) 第 4 2 条 の 規 定 に 基 づき 鹿 部 町 ( 以 下 本 町 という )の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 し 災 害 予 防 災 害 応 急 対 策 及 び 災 害 復 旧 等 の 災 害 対 策 を

More information

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd 6 章 広 域 的 な 視 点 からの 応 急 対 応 力 の 強 化 基 本 方 針 予 防 対 策 1 節 初 動 対 応 体 制 の 整 備 2 節 事 業 継 続 体 制 の 確 保 3 節 消 火 救 助 救 急 活 動 体 制 の 整 備 4 節 応 急 活 動 拠 点 の 整 備 応 急 対 策 1 節 初 動 態 勢 2 節 消 火 救 助 救 急 活 動 3 節 応 援 協 力 派

More information

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 沖 縄 県 土 木 建 築 部 平 成 25 年 7 月 1 日 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 第 101 条 適 用 範 囲 1. 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 ( 以 下 共 通 仕 様 書 という )は 沖 縄 県 土 木 建 築 部 の 発 注 する 現 場 技 術 業 務 に 係 る 土 木 設 計 業 務 等 請

More information

団 体 と 連 携 して 十 分 な 検 討 を 行 うとともに 情 報 共 有 を 図 ること (2) 再 点 検 及 び 再 構 築 に 係 る 実 施 事 項 ア 検 討 すべき 事 項 災 害 に 係 る 危 機 管 理 体 制 の 再 点 検 及 び 再 構 築 に 当 たっては 別 添

団 体 と 連 携 して 十 分 な 検 討 を 行 うとともに 情 報 共 有 を 図 ること (2) 再 点 検 及 び 再 構 築 に 係 る 実 施 事 項 ア 検 討 すべき 事 項 災 害 に 係 る 危 機 管 理 体 制 の 再 点 検 及 び 再 構 築 に 当 たっては 別 添 原 議 保 存 期 間 10 年 ( 平 成 34 年 3 月 31 日 まで) 各 附 属 機 関 の 長 警 察 庁 乙 備 発 第 10 号 乙 官 発 第 16 号 各 地 方 機 関 の 長 殿 乙 生 発 第 9 号 乙 刑 発 第 9 号 各 都 道 府 県 警 察 の 長 乙 交 発 第 9 号 乙 情 発 第 9 号 ( 参 考 送 付 先 ) 平 成 23 年 11 月 30 日

More information

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引 資 料 3 横 手 市 上 下 水 道 部 料 金 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1. 目 的 この 仕 様 書 は 横 手 市 ( 以 下 委 託 者 という )の 委 託 する 業 務 等 ( 以 下 委 託 業 務 とい う )について 必 要 な 事 項 を 定 める 2. 法 令 の 遵 守 受 託 者 は 委 託 業 務 の 施 行 に 当 たり 委 託 業 務

More information

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置.

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置. 明 石 市 地 域 防 災 計 画 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 4 編 災 害 復 旧 復 興 計 画 第 5 編 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 資 料 編 様 式 編 ( 平 成 27 年 度 修 正 ) 明 石 市 防 災 会 議 目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組

More information

八街市耐震改修促進計画

八街市耐震改修促進計画 八 街 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 22 年 3 月 八 街 市 目 次 はじめに -------------------------------------------------- 1 第 1. 計 画 策 定 の 主 旨 -------------------------------------- 3 第 2. 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する

More information

第3編 震災対策

第3編  震災対策 嬉 野 市 地 域 防 災 計 画 5 編 佐 賀 県 嬉 野 市 平 成 28 年 2 月 第 5 編 その 他 の 災 害 対 策... 1 第 1 章 総 則... 1 第 2 章 大 規 模 火 事 災 害 対 策... 2 第 1 節 災 害 予 防 対 策 計 画... 2 第 2 節 災 害 応 急 対 策 計 画... 10 第 3 節 災 害 復 旧 復 興 計 画... 27 第

More information

5 運 航 経 費 に 係 る 負 担 の 考 え 方 (1)ドクターヘリ 事 業 に 係 る 経 費 厚 生 労 働 省 における ドクターヘリ 導 入 促 進 事 業 の 基 準 額 を 参 考 にすると 1 機 当 たり 約 2 億 円 の 経 費 が 必 要 となる 平 成 23 年 度 ド

5 運 航 経 費 に 係 る 負 担 の 考 え 方 (1)ドクターヘリ 事 業 に 係 る 経 費 厚 生 労 働 省 における ドクターヘリ 導 入 促 進 事 業 の 基 準 額 を 参 考 にすると 1 機 当 たり 約 2 億 円 の 経 費 が 必 要 となる 平 成 23 年 度 ド 将 来 の 配 置 構 想 ( 案 ) 関 西 全 体 において 未 整 備 地 域 の 解 消 を 図 るため まず 兵 庫 県 南 部 ( 播 磨 地 域 ) への 追 加 配 備 を 行 う また 既 に 運 航 範 囲 となっている 地 域 のうち 30 分 以 内 での 救 急 搬 送 体 制 の 確 立 及 び 補 完 体 制 の 充 実 を 図 るため 滋 賀 県 全 域 及 び 京

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information

震災予防計画

震災予防計画 第 5 編 第 1 節 概 要 第 5 編 広 域 応 援 編 第 1 節 概 要 1 都 6 県 と 県 境 を 接 する 本 県 は 関 東 の 中 央 に 位 置 し さいたま 新 都 心 には 国 の 行 政 機 関 等 が 集 積 してい5つの 高 速 道 路 と 主 要 国 道 が 縦 横 に 設 けられ 東 北 や 上 信 越 から 首 都 への 玄 関 口 でもあ 首 都 圏 同 時

More information

具 体 的 な 取 組 内 容 第 1 節 市 の 活 動 体 制 災 害 応 急 対 策 を 円 滑 に 展 開 するため 次 の 事 項 を 中 心 に マニュアル 性 も 考 慮 しつつ 対 策 内 容 を 点 検 整 備 の 上 明 示 する なお 災 害 応 急 活 動 の 実 施 に 当

具 体 的 な 取 組 内 容 第 1 節 市 の 活 動 体 制 災 害 応 急 対 策 を 円 滑 に 展 開 するため 次 の 事 項 を 中 心 に マニュアル 性 も 考 慮 しつつ 対 策 内 容 を 点 検 整 備 の 上 明 示 する なお 災 害 応 急 活 動 の 実 施 に 当 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 Ⅰ 風 水 害 等 対 策 編 第 1 章 応 急 活 動 計 画 基 本 的 な 考 え 方 市 の 地 域 に 災 害 が 発 生 し 又 は 発 生 のおそれがある 場 合 は 市 県 国 防 災 関 係 機 関 及 び 市 民 は 一 致 協 力 して 災 害 応 急 対 策 に 従 事 する 者 の 安 全 の 確 保 を 図 るよう 十 分 配

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

P 1~14

P 1~14 平 成 26 年 度 中 津 川 市 防 災 会 議 目 次 風 水 害 等 対 策 編 第 1 章 災 害 応 急 対 策 1 第 1 節 市 本 部 活 動 体 制 1 第 1 項 市 災 害 対 策 本 部 運 用 計 画 1 第 2 項 動 員 計 画 5 第 2 節 災 害 労 務 対 策 9 第 1 項 奉 仕 団 の 編 成 活 動 計 画 9 第 2 項 技 術 者 等 雇 上 の

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

第1章 総  論

第1章 総  論 下 水 道 地 震 対 策 緊 急 整 備 計 画 策 定 の 手 引 き( 案 ) 平 成 18 年 4 月 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 下 水 道 部 社 団 法 人 日 本 下 水 道 協 会 下 水 道 施 設 の 耐 震 対 策 指 針 等 改 定 調 査 専 門 委 員 会 マニュアル 計 画 小 委 員 会 緊 急 整 備 計 画 策 定 作 業 部 会 委 員 名

More information

羅臼町地域防災計画

羅臼町地域防災計画 第 1 章 総 第 1 節 計 画 策 定 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 羅 臼 町 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 羅 臼 町 の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 し 予 防 応 急 及 び 復 旧 等 の 災 害 対 策 を 実 施 するに 当 たり 防 災

More information

地震対応マニュアル(防災計画・避難計画などを含む)の見直しについて

地震対応マニュアル(防災計画・避難計画などを含む)の見直しについて 学 校 防 災 マニュアル ( 修 正 版 ) 本 マニュアルは 平 成 24 年 3 月 に 全 面 改 定 した 学 校 防 災 マニュアルを 平 成 25 年 3 月 に 修 正 された 目 黒 区 地 域 防 災 計 画 と 整 合 性 を 図 るため 平 成 25 年 6 月 に 一 部 修 正 したものである 平 成 25 年 6 月 目 黒 区 教 育 委 員 会 目 次 災 害 時

More information

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A>

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A> 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 災 害 復 旧 計 画 編 第 1 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 事 故 対 策 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2 第 4 災 害 対 策 本 部 1-4 第 2 節

More information

昭 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 平 成 25 年 修 正 ) 昭 島 市 防 災 会 議 凡 例 本 計 画 で 使 用 する 用 語 等 は 次 によるものとする (1) 市 昭 島 市 (2) 市 防 災 会 議 昭 島 市 防 災 会 議 (3) 市 本 部 昭 島 市 災 害 対 策 本 部 (4) 本 部 長 又 は 市 長 昭 島 市 災 害 対 策 本 部 長 又 は 昭 島

More information

目  次(風水害等編)

目  次(風水害等編) 大 規 模 事 故 等 編 目 次 ( 大 規 模 事 故 等 編 ) 第 1 章 総 則 第 1 節 基 本 方 針 -------------------------------------------------------1 1 計 画 の 目 的 -----------------------------------------------------1 2 火 災 及 び 交 通 の 主

More information

<81A18E518D6C395F8E518D6C8E9197BF81698EE582C891CE8DF497E182CC8EE5977682C88EC08E7B8EE591CC816A2E786C73>

<81A18E518D6C395F8E518D6C8E9197BF81698EE582C891CE8DF497E182CC8EE5977682C88EC08E7B8EE591CC816A2E786C73> 主 な 対 策 例 主 要 な 実 施 主 体 は 報 告 書 中 に 記 載 された 主 な 対 策 一 次 的 な 実 施 主 体 を 示 す 行 政 から 働 きかけを 受 けて 住 民 や 企 業 が 直 接 的 な 行 動 をとるといった ように 対 策 最 終 的 な 実 施 主 体 が 別 場 合 がある 例 えば 住 宅 建 築 物 等 耐 震 化 不 燃 化 等 推 進 場 合 一

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 土 佐 市 住 宅 耐 震 改 修 費 等 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 28 年 5 月 13 日 平 成 28 年 要 綱 第 44 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 既 存 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 り 地 震 発 生 時 の 住 宅 の 倒 壊 等 によ る 被 害 を 軽 減 することを 目 的 とし 土 佐 市 にある 既 存 住 宅 の 耐

More information

1 応 急 活 動 体 制 の 基 本 事 項 (1) 応 急 活 動 の 基 本 1 応 急 活 動 の 種 類 災 害 応 急 対 策 は 次 の5 種 の 活 動 からなる ア 人 命 救 助 活 動 イ 消 火 活 動 ウ 情 報 活 動 エ 救 急 医 療 活 動 オ 避 難 活 動 2

1 応 急 活 動 体 制 の 基 本 事 項 (1) 応 急 活 動 の 基 本 1 応 急 活 動 の 種 類 災 害 応 急 対 策 は 次 の5 種 の 活 動 からなる ア 人 命 救 助 活 動 イ 消 火 活 動 ウ 情 報 活 動 エ 救 急 医 療 活 動 オ 避 難 活 動 2 活 動 体 制 を 速 やかに 確 立 するために 第 1 節 災 害 対 策 本 部 の 組 織 運 営 計 画 の 方 針 大 規 模 な 地 震 が 発 生 したときは 速 やかに 市 災 害 対 策 本 部 を 設 置 し 全 市 を 挙 げて 災 害 対 策 活 動 に 従 事 する 必 要 がある 従 って 適 切 な 災 害 応 急 活 動 を 実 施 するに 当 たり 役 割 分 担

More information

第 節 ○○計画

第 節 ○○計画 第 40 節 ライフライン 応 急 対 策 (ガス) 本 所 災 害 対 策 班 都 市 施 設 班 庁 舎 総 務 企 画 班 建 設 班 実 施 主 体 鶴 岡 ガス( 株 ) 庄 内 中 部 ガス( 株 ) LPガス 充 てん 事 業 所 計 画 の 目 的 鶴 岡 ガス 株 式 会 社 及 び 庄 内 中 部 ガス 株 式 会 社 並 びにその 他 ガス 事 業 者 は 災 害 発 生 後

More information

(Microsoft Word - \216Q\215l\227l\216\256\202\331\202\251.doc)

(Microsoft Word - \216Q\215l\227l\216\256\202\331\202\251.doc) Ⅱ チェックシート 1 平 常 時 のチェックシート 地 震 風 水 害 等 に 対 する 備 えが 十 分 かどうかを 定 期 的 に 少 なくとも 防 災 訓 練 時 にチェックして 万 全 の 体 制 を 整 える (その1) 立 地 条 件 と 災 害 予 測 地 盤 地 形 などの 立 地 環 境 と 起 こりうる 災 害 予 測 の 確 認 1 1 1 情 報 伝 達 強 化 館 内 一

More information

福井県耐震改修促進計画

福井県耐震改修促進計画 福 井 県 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 18 年 12 月 策 定 平 成 24 年 3 月 改 定 平 成 28 年 3 月 改 定 福 井 県 福 井 県 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 目 次 はじめに (1) 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 の 必 要 性 1 (2) 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律

More information

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の 伊 勢 原 市 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 仕 様 書 1 件 名 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 2 業 務 に 関 する 基 本 方 針 (1) 市 役 所 において 日 常 特 に 多 くの 市 民 が 訪 れる 窓 口 であり 様 々な 権 利 義 務 を 伴 う 手 続 きにあたって 必 要 となる 重 要 な 業 務 であることを 認 識 し 適 正

More information

ま え が き このたび 平 成 25 年 度 中 及 び 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 における 状 況 について 実 施 し た 消 防 防 災 震 災 対 策 現 況 調 査 の 結 果 がまとまり 地 方 防 災 行 政 の 現 況 として 刊 行 することになりました この 調

ま え が き このたび 平 成 25 年 度 中 及 び 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 における 状 況 について 実 施 し た 消 防 防 災 震 災 対 策 現 況 調 査 の 結 果 がまとまり 地 方 防 災 行 政 の 現 況 として 刊 行 することになりました この 調 地 方 防 災 行 政 の 現 況 ( 付 平 成 25 年 災 害 年 報 ) 平 成 27 年 1 月 消 防 庁 防 災 課 地 域 防 災 室 応 急 対 策 室 防 災 情 報 室 ま え が き このたび 平 成 25 年 度 中 及 び 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 における 状 況 について 実 施 し た 消 防 防 災 震 災 対 策 現 況 調 査 の 結 果 がまとまり

More information

第 5 編 大 規 模 事 故 対 策 編 第 1 章 計 画 の 前 提 5-1 5-2 第 1 節 計 画 の 目 的 本 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 大 網 白 里 市 防 災 会 議 ( 以 下 防 災 会 議 という )が 策 定 する 計 画 であり 大 網 白 里 市 の 地 域 に

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

( 決 定 の 通 知 ) 第 9 条 市 長 は 前 条 第 1 項 の 規 定 により 補 助 金 の 交 付 の 決 定 をしたときは 速 やかにその 決 定 の 内 容 及 びこれに 条 件 を 付 した 場 合 にはその 条 件 を 補 助 金 交 付 ( 変 更 ) 決 定 通 知 書

( 決 定 の 通 知 ) 第 9 条 市 長 は 前 条 第 1 項 の 規 定 により 補 助 金 の 交 付 の 決 定 をしたときは 速 やかにその 決 定 の 内 容 及 びこれに 条 件 を 付 した 場 合 にはその 条 件 を 補 助 金 交 付 ( 変 更 ) 決 定 通 知 書 弥 富 市 自 主 防 災 組 織 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 15 年 3 月 31 日 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 自 主 防 災 組 織 の 結 成 を 推 進 するため 当 該 組 織 が 行 う 活 動 及 び 防 災 資 機 材 等 の 整 備 に 要 する 経 費 について 予 算 の 範 囲 内 において 交 付 する 補 助 金 に 関 し 必 要

More information

委 員 会 行 政 視 察 報 告 書 平 成 25 年 11 月 29 日 提 出 井 原 市 議 会 議 長 宮 地 俊 則 様 報 告 者 議 会 運 営 委 員 会 西 田 久 志 期 間 平 成 25 年 11 月 14 日 ( 木 )~ 平 成 25 年 11 月 15 日 ( 金 ) 出 張 先 及 び 担 当 職 員 職 名 氏 名 愛 知 県 大 府 市 議 会 静 岡 県 湖 西

More information

Microsoft Word - ③24年度震災対策編第3章(P401~P432).doc

Microsoft Word - ③24年度震災対策編第3章(P401~P432).doc 第 3 章 地 震 防 災 応 急 対 策 第 3 章 地 震 防 災 応 急 対 策 第 1 節 総 則 第 1 項 地 震 防 災 応 急 対 策 の 目 的 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 昭 和 53 年 法 律 第 73 号 以 下 大 震 法 という)は 大 規 模 地 震 発 生 前 の 事 前 措 置 を 行 って 地 震 災 害 を 防 止 軽 減 することを

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208370836C838A835883678DB289EA8CA781458D5D938789DB92B7707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208370836C838A835883678DB289EA8CA781458D5D938789DB92B7707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 佐 賀 県 の 災 害 廃 棄 物 対 策 平 成 27 年 11 月 6 日 循 環 型 社 会 推 進 課 県 内 の 有 感 地 震 ( 震 度 1 以 上 ) 回 数 佐 賀 地 方 気 象 台 資 料 提 供 ( 単 位 : 回 ) 震 度 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 1 3 85 5 3 3 7 1 6 5 4 2

More information

資 料 編

資   料   編 第 1.1 深 谷 市 防 災 会 議 条 例 ( 平 成 18 年 1 月 1 日 条 例 第 23 号 ) 深 谷 市 防 災 会 議 条 例 平 成 18 年 1 月 1 日 条 例 第 23 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 条 例 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 16 条 第 6 項 の 規 定 に 基 づき 深 谷 市 防 災 会

More information

第 節 ○○計画

第 節 ○○計画 第 40 節 ライフライン 応 急 対 策 (ガス) 本 所 災 害 対 策 班 都 市 施 設 班 庁 舎 総 務 企 画 班 建 設 班 実 施 主 体 鶴 岡 ガス( 株 ) 庄 内 中 部 ガス( 株 ) LPガス 充 てん 事 業 所 LPガス 販 売 事 業 者 一 般 社 団 法 人 山 形 県 LPガス 協 会 山 形 県 高 圧 ガス 地 域 防 災 協 議 会 関 係 機 関 県

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

目 次 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 1 2 広 域 的 ドクターヘリの 配 置 運 航 2 3 東 日 本 大 震 災 における 医 療 支 援 活 動 4

目 次 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 1 2 広 域 的 ドクターヘリの 配 置 運 航 2 3 東 日 本 大 震 災 における 医 療 支 援 活 動 4 資 料 2 広 域 医 療 の 推 進 について 平 成 23 年 12 月 10 日 広 域 医 療 局 目 次 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 1 2 広 域 的 ドクターヘリの 配 置 運 航 2 3 東 日 本 大 震 災 における 医 療 支 援 活 動 4 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 (1)

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当 四 日 市 港 ポートビル 自 家 用 電 気 工 作 物 保 安 管 理 業 務 仕 様 書 1 目 的 本 仕 様 書 は 委 託 者 ( 以 下 甲 という )が 設 置 した 自 家 用 電 気 工 作 物 の 保 安 管 理 業 務 に 係 わる 委 託 契 約 の 内 容 について 当 該 業 務 のみを 内 容 とし 統 一 的 な 解 釈 及 び 運 用 を 図 るととも に その

More information

第 28 節 学 校 等 における 応 急 対 策 -------------------------------------------- 349 第 29 節 文 化 財 応 急 対 策 ---------------------------------------------------- 3

第 28 節 学 校 等 における 応 急 対 策 -------------------------------------------- 349 第 29 節 文 化 財 応 急 対 策 ---------------------------------------------------- 3 第 1 編 震 災 等 共 通 対 策 第 3 章 災 害 応 急 対 策 災 害 応 急 対 策 タイムスケジュール ------------------------------------------------- 156 第 1 節 災 害 対 策 本 部 の 組 織 運 営 計 画 -------------------------------------- 163 第 2 節 地 震 津

More information

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を 学 校 法 人 会 計 の 特 徴 や 企 業 会 計 との 違 い 学 校 法 人 は 学 校 を 運 営 し 教 育 研 究 を 遂 行 することを 目 的 としており 企 業 のよう に 利 益 を 追 求 する 経 済 活 動 そのものを 事 業 目 的 とすることはできません 学 校 法 人 会 計 では 文 部 科 学 省 令 により 定 められた 学 校 法 人 会 計 基 準 に 基

More information

目    次

目    次 目 次 一 般 対 策 編... 23 第 1 章 総 則... 23 第 1 節 目 的... 23 1 計 画 の 構 成... 23 2 災 害 の 想 定 と 計 画 作 成 の 基 礎 資 料... 23 3 用 語... 23 4 他 の 計 画 との 関 係... 23 5 市 計 画 の 修 正... 23 6 市 計 画 の 周 知 徹 底... 24 7 市 民 運 動 の 展

More information

建 築 設 備 設 計 監 理 業 務 委 託 料 算 定 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 福 島 県 土 木 部 が 所 掌 する 建 築 物 及 びその 附 帯 施 設 ( 以 下 県 有 建 築 物 とい う )に 係 る 設 計 等 の 業 務 ( 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業

More information

Microsoft Word - (印刷用)市川町地域防災計画本編第3篇

Microsoft Word - (印刷用)市川町地域防災計画本編第3篇 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 基 本 方 針 第 1 章 基 本 方 針 災 害 応 急 対 策 計 画 は 次 の 考 え 方 のもとに 作 成 する 第 1 迅 速 な 災 害 応 急 活 動 体 制 の 確 立 災 害 応 急 対 策 を 迅 速 に 展 開 するため 県 町 及 びその 他 の 防 災 関 係 機 関 の

More information

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A>

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A> 戸 田 市 地 域 防 災 計 画 ( 素 案 ) 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 戸 田 市 防 災 会 議 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2

More information

ーテーション250 組 簡 易 トイレ テント10 組 を 購 入 しました 佐 世 保 市 地 域 防 災 計 画 に 避 難 行 動 要 支 援 者 名 簿 に 掲 載 する 者 の 要 件 等 の 規 定 を 行 いまし た 更 なる 防 災 意 識 の 高 揚 と 防 災 知 識 を 普 及

ーテーション250 組 簡 易 トイレ テント10 組 を 購 入 しました 佐 世 保 市 地 域 防 災 計 画 に 避 難 行 動 要 支 援 者 名 簿 に 掲 載 する 者 の 要 件 等 の 規 定 を 行 いまし た 更 なる 防 災 意 識 の 高 揚 と 防 災 知 識 を 普 及 (2) 安 全 安 心 なまちト 目 的 (めざす 姿 ) あらゆる 災 害 事 故 等 から 市 民 の 貴 重 な 人 命 と 財 産 を 守 ります 戦 略 的 視 点 と 目 標 東 日 本 大 震 災 の 教 訓 を 踏 まえ 災 害 や 緊 急 事 態 を 想 定 したハード ソフト 両 面 の 防 災 緊 急 対 策 を 講 じるとともに 日 々の 暮 らしにおける 安 全 と 市 民

More information

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に

More information

進 する また 山 地 災 害 の 発 生 を 防 止 するため 森 林 の 造 成 を 図 る d 治 山 治 水 急 傾 斜 地 崩 壊 対 策 農 地 防 災 等 の 事 業 による 風 水 害 対 策 を 実 施 する 場 合 は 環 境 や 景 観 へも 配 慮 する (オ) 老 朽 化

進 する また 山 地 災 害 の 発 生 を 防 止 するため 森 林 の 造 成 を 図 る d 治 山 治 水 急 傾 斜 地 崩 壊 対 策 農 地 防 災 等 の 事 業 による 風 水 害 対 策 を 実 施 する 場 合 は 環 境 や 景 観 へも 配 慮 する (オ) 老 朽 化 第 1 節 風 水 害 に 強 い 市 づくり 第 1 基 本 方 針 当 市 は 全 国 的 にも 少 雨 地 帯 となっているが 梅 雨 前 線 秋 雨 前 線 の 停 滞 期 には その 影 響 を 受 けやすく また 台 風 期 にあってはその 進 路 となり 局 地 的 に 大 雨 をもたらす 特 異 な 気 象 条 件 にあ る これらの 地 域 性 に 配 慮 しつつ 総 合 的 風

More information

目 次 第 1 はじめに 1. 策 定 の 目 的 1 2. 計 画 策 定 の 背 景 1 3. 計 画 の 位 置 づけ 2 4. 計 画 の 期 間 3 5. 対 象 となる 区 域 及 び 建 築 物 3 第 2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 す

目 次 第 1 はじめに 1. 策 定 の 目 的 1 2. 計 画 策 定 の 背 景 1 3. 計 画 の 位 置 づけ 2 4. 計 画 の 期 間 3 5. 対 象 となる 区 域 及 び 建 築 物 3 第 2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 す 深 谷 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 28 年 3 月 深 谷 市 目 次 第 1 はじめに 1. 策 定 の 目 的 1 2. 計 画 策 定 の 背 景 1 3. 計 画 の 位 置 づけ 2 4. 計 画 の 期 間 3 5. 対 象 となる 区 域 及 び 建 築 物 3 第 2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目

More information

甲府市中央卸売市場清掃業務委託

甲府市中央卸売市場清掃業務委託 市 立 甲 府 病 院 警 備 等 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 1. 目 的 本 業 務 は 市 立 甲 府 病 院 の 建 物 内 及 び 敷 地 内 の 秩 序 維 持 火 災 等 の 事 故 防 止 に 努 め 施 設 財 産 と 利 用 者 等 の 安 全 と 快 適 な 医 療 環 境 を 確 保 することを 目 的 とする 2. 業 務 名 市 立 甲 府 病 院 警 備 等

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 本 計 画 の 目 的 及 び 構 成 1 第 2 章 実 施 方 針 2 第 2 編 地 震 災 害 対 策 3 第 1 章 国 家 公 安 委 員 会 及 び 警 察 庁 がとるべき 措 置 3 第 1 節 災 害 に 備 えての 措 置 3 第 1

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 本 計 画 の 目 的 及 び 構 成 1 第 2 章 実 施 方 針 2 第 2 編 地 震 災 害 対 策 3 第 1 章 国 家 公 安 委 員 会 及 び 警 察 庁 がとるべき 措 置 3 第 1 節 災 害 に 備 えての 措 置 3 第 1 国 家 公 安 委 員 会 警 察 庁 防 災 業 務 計 画 平 成 26 年 3 月 作 成 修 正 昭 和 3 8 年 6 月 昭 和 4 2 年 8 月 昭 和 4 5 年 3 月 昭 和 5 2 年 9 月 昭 和 5 5 年 2 月 平 成 7 年 9 月 平 成 9 年 1 1 月 平 成 1 2 年 7 月 平 成 1 5 年 2 月 平 成 1 6 年 3 月 平 成 1 9 年

More information

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交 常 陸 大 宮 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は, 常 陸 大 宮 市 ( 以 下 甲 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 委 託 業 務 という )について 必 要 な 事 項 を 定 め, 受 託 者 ( 以 下 乙 という )は,この 仕 様 書 に 基 づき,

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 地 震 津 波 対 策 編 第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 2014 年 3 月 31 日 の 74 年 間 のうち 稚 内 市 で

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63> 海 洋 汚 染 の 準 備 対 応 に 関 する 国 家 防 除 基 本 計 画 目 次 Ⅰ. 総 則 1. 計 画 の 目 的...1 2. 適 用 の 範 囲...1 3.その 他 の 計 画 と 関 係...1 Ⅱ. 油 汚 染 の 防 除 体 制 1. 防 除 体 制 等...2 2. 防 除 対 策 本 部...2 3. 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会...5 4. 地 域 海

More information

地域防災計画

地域防災計画 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 等 対 策 ) 第 1 章 応 急 活 動 計 画 第 1 節 市 の 活 動 体 制 市 長 は 市 内 に 災 害 が 発 生 し 又 は 発 生 するおそれがある 場 合 法 令 及 び 本 計 画 の 定 めるところにより 県 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定 地 方 公 共 機 関 及 びその 他 の

More information

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378>

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378> 東 近 江 市 市 街 化 調 整 区 域 等 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 の 解 説 東 近 江 市 都 市 整 備 部 都 市 計 画 課 策 定 の 背 景 昭 和 43 年 に 制 定 された 新 都 市 計 画 法 ( 昭 和 43 年 法 律 第 100 号 以 下 法 という )で 都 市 計 画 区 域 を 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域

More information

Microsoft Word - koukankisoku(28.9

Microsoft Word - koukankisoku(28.9 大 阪 手 形 交 換 所 規 則 ( 昭 和 47 年 2 月 7 日 総 会 決 議 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 大 阪 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 2 号 の 規 定 にもとづき 協 会 が 設 置 運 営 する 大 阪 手 形 交 換 所 ( 以 下

More information

○地震、津波の想定見直し

○地震、津波の想定見直し 第 1 節 活 動 体 制 計 画 第 1 節 活 動 体 制 計 画 第 1 基 本 方 針 1 市 及 び 防 災 関 係 機 関 は 地 震 による 災 害 が 発 生 し 又 は 発 生 するおそ れがある 場 合 において 複 合 災 害 ( 同 時 又 は 連 続 して 2 以 上 の 災 害 が 発 生 し 災 害 応 急 対 応 が 困 難 になる 事 象 をいう )の 発 生 可

More information

Microsoft Word - HP掲載用_表紙・目次.docx

Microsoft Word - HP掲載用_表紙・目次.docx 宇 和 島 市 地 域 防 災 計 画 第 2 編 風 水 害 等 対 策 編 平 成 26 年 度 修 正 宇 和 島 市 防 災 会 議 宇 和 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 2 編 風 水 害 等 対 策 編 ) 目 次 第 1 章 災 害 予 防 計 画... 1 第 1 節 気 象 予 警 報 等 の 伝 達 1 第 1 主 旨... 1 第 2 警 報 等 の 定 義...

More information

第 1 節 災 害 対 策 本 部 の 組 織 運 営 廃 止 基 準 1 災 害 発 生 のおそれが 解 消 したとき 2 災 害 警 戒 本 部 を 設 置 したとき 注 ) 気 象 警 報 等 とは 大 雨 警 報 洪 水 警 報 高 潮 警 報 暴 風 警 報 暴 風 雪 警 報 大 雪 警

第 1 節 災 害 対 策 本 部 の 組 織 運 営 廃 止 基 準 1 災 害 発 生 のおそれが 解 消 したとき 2 災 害 警 戒 本 部 を 設 置 したとき 注 ) 気 象 警 報 等 とは 大 雨 警 報 洪 水 警 報 高 潮 警 報 暴 風 警 報 暴 風 雪 警 報 大 雪 警 第 1 節 災 害 対 策 本 部 の 組 織 運 営 第 3 章 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 節 災 害 対 策 本 部 の 組 織 運 営 担 当 : 情 報 収 集 統 括 班 すべての 班 1 計 画 の 方 針 市 域 に 大 規 模 な 風 水 害 等 が 発 生 するおそれ 又 は 発 生 した 場 合 市 及 び 防 災 関 係 機 関 は 災 害 規 模 に 応 じた

More information

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378>

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378> 香 川 県 立 丸 亀 病 院 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 目 的 病 院 給 食 関 係 法 令 に 基 づき 医 療 の 一 環 として 入 院 患 者 等 の 病 態 に 応 じた 適 切 な 食 事 を 提 供 し 治 療 又 は 回 復 を 図 るとともに その 生 活 の 質 の 向 上 に 資 することを 目 的 とする 2 基 本 的 運 営 方 針 患 者 給 食 は

More information