(Microsoft Word -

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "(Microsoft Word -"

Transcription

1 6 章 市 街 化 調 整 区 域 における 整 備 保 全 の 方 策 本 構 想 を 実 現 していくためには 地 域 別 構 想 で 定 めた 地 区 区 分 ごとにその 方 針 に 基 づく 具 体 的 な 整 備 及 び 保 全 手 法 を 展 開 していく 必 要 がある そこで 本 市 で 適 用 が 考 えられる 手 法 内 容 及 びその 適 用 の 方 針 について 以 下 に 整 理 を 行 う 6-1 整 備 手 法 (1) 開 発 許 可 の 枠 組 み 市 街 化 調 整 区 域 は 基 本 的 に 市 街 化 の 抑 制 を 目 的 として 区 域 指 定 されており 開 発 行 為 等 は 原 則 的 に 規 制 されている したがって 集 落 の 生 活 確 保 や 公 益 的 な 目 的 等 により 開 発 行 為 等 を 実 施 する 場 合 は 開 発 許 可 制 度 に 基 づく 手 続 きが 必 要 となり 都 市 計 画 法 第 34 条 の 規 定 に 基 づく 運 用 に よるものとなっている このなかで 環 境 担 保 措 置 を 伴 った 計 画 的 な 開 発 について 認 められており 市 街 化 調 整 区 域 においては 整 備 保 全 を 前 提 に 一 部 の 開 発 等 を 含 むまちづくりを 展 開 してい く 場 合 は 地 区 計 画 又 は 福 岡 県 都 市 計 画 法 に 基 づく 開 発 許 可 等 の 基 準 に 関 する 条 例 ( 以 下 この 構 想 で 県 開 発 許 可 条 例 という )の 適 用 を 検 討 していくことも 可 能 である 都 市 計 画 法 第 34 条 で 認 められている 開 発 行 為 市 街 化 調 整 区 域 における 開 発 許 可 の 枠 組 み (1) 日 常 物 品 販 売 加 工 修 理 (2) 市 街 化 調 整 区 域 の 資 源 利 用 (3) 温 度 湿 度 等 特 別 な 条 件 を 要 する 事 業 用 建 物 (4) 農 林 漁 業 用 施 設 (5) 農 林 業 等 活 性 化 基 盤 施 設 (6) 国 中 小 企 業 事 業 団 と 一 体 で 助 成 する 中 小 企 業 の 共 同 化 集 団 化 事 業 (7) 市 街 化 調 整 区 域 の 既 存 工 業 の 関 連 事 業 (8) 危 険 物 の 貯 蔵 処 理 施 設 で 市 街 化 区 域 での 建 設 が 不 適 当 (9) 市 街 化 区 域 での 建 設 が 困 難 不 適 当 (10) 地 区 計 画 又 は 集 落 地 区 計 画 (11) 市 街 化 区 域 と 一 体 的 生 活 圏 で 50 戸 以 上 の 建 物 が 連 たんする 地 域 での 県 条 例 で 定 める 開 発 (12) 市 街 化 促 進 のおそれがなく 市 街 化 区 域 で は 困 難 不 適 当 な 県 条 例 で 定 める 開 発 (13) 既 存 権 利 の 届 出 済 みの 開 発 (14) 開 発 審 査 会 を 経 た 以 下 の 行 為 市 街 化 促 進 のおそれがなく 市 街 化 区 域 では 困 難 不 適 当 な 開 発 公 益 的 公 共 的 な 目 的 必 要 性 などにかなう 一 部 の 例 外 的 な 開 発 地 区 計 画 に 基 づく 開 発 県 開 発 許 可 条 例 の 適 用 を 受 けた 開 発 権 利 の 生 じている 開 発 開 発 審 査 会 を 経 た 大 規 模 な 流 通 施 設 学 校 医 療 施 設 等 の 開 発 開 発 を 含 む 土 地 利 用 を 誘 導 す る 際 に 適 用 も 可 能

2 (2) 誘 導 的 手 法 市 街 化 調 整 区 域 において 周 辺 環 境 との 調 和 のもと 集 落 部 等 における 計 画 的 な 土 地 利 用 を 促 していく 上 では 次 の 誘 導 的 な 手 法 の 適 用 が 考 えられる 1 県 開 発 許 可 条 例 の 概 要 県 では 都 市 計 画 法 第 34 条 第 11 号 及 び 第 12 号 に 基 づき 市 街 化 調 整 区 域 の 開 発 許 可 の 基 準 について 県 開 発 許 可 条 例 で 規 定 しており その 概 要 は 次 のとおりである これらの 要 件 に 適 合 する 区 域 については 市 が 県 に 指 定 を 申 し 出 ることにより 条 例 に 定 める 一 定 の 基 準 に 基 づき 開 発 が 可 能 となる 県 開 発 許 可 条 例 の 概 要 目 的 制 度 の しくみ 条 例 第 4 条 法 34 条 第 11 号 市 街 化 区 域 近 傍 で 一 定 の 家 屋 の 集 積 がある 地 域 におい て 周 辺 環 境 の 保 全 に 支 障 が ない 開 発 行 為 を 許 容 する 条 例 第 6 条 第 1 項 第 1 号 法 34 条 第 12 号 ( 目 的 別 ) 周 辺 環 境 との 調 和 のもと 地 域 性 を 活 かし タイプ 別 の 地 域 の 活 力 創 出 を 目 的 とする 開 発 行 為 を 許 容 する 市 の 申 し 出 のもと 県 知 事 により 指 定 された 区 域 について 県 条 例 で 定 める 要 件 を 満 たす 開 発 行 為 を 許 可 条 例 第 6 条 第 1 項 第 2 号 法 34 条 第 12 号 ( 定 形 化 ) 開 発 許 可 のうち 開 発 審 査 会 に おいて 定 形 的 に 許 可 されてい るものを 条 例 化 し 事 務 処 理 の 効 率 化 を 図 る 条 例 基 準 に 適 合 する 開 発 につ いて 開 発 審 査 会 の 議 を 経 ずに 許 可 指 定 要 件 概 要 許 可 対 象 となる 建 築 物 市 街 化 区 域 から 500mの 範 囲 1 田 園 居 住 タイプ にあって 以 下 の 要 件 を 満 た 市 街 化 区 域 500m 圏 外 す 区 域 特 定 市 民 農 園 に 隣 接 近 接 イ)50 戸 以 上 の 建 物 が 連 たん 4m 以 上 の 道 路 に 接 道 ロ) 同 一 の 生 活 圏 を 構 成 区 域 規 模 0.5ha~2ha ハ) 新 たな 基 盤 整 備 不 要 2 集 落 活 性 化 タイプ ニ) 宅 地 率 が 一 定 規 模 以 上 市 街 化 区 域 500m 圏 外 6m 以 上 の 道 路 に 接 道 50 戸 以 上 の 建 物 が 連 たん 宅 地 率 50% 以 上 3 沿 道 利 用 タイプ( 利 便 施 設 型 流 通 業 務 産 業 振 興 型 ) 市 街 化 区 域 等 500m 圏 外 1 路 線 1 区 域 区 域 規 模 0.5ha~2ha 9m 以 上 国 道 等 接 道 4 車 線 以 上 インター 周 辺 ( 流 通 業 務 型 ) 戸 建 専 用 住 宅 ( 敷 地 200m2 以 上 ) 集 落 活 性 化 タイプ 戸 建 専 用 住 宅 (200 m2 以 上 ) 第 二 種 低 層 住 居 専 用 地 域 に 建 築 できるもの 田 園 居 住 タイプ 戸 建 専 用 住 宅 (300 m2 以 上 ) 沿 道 利 用 タイプ 利 便 施 設 型 沿 道 サービス 施 設 流 通 業 務 産 業 振 興 型 流 通 業 務 施 設 産 業 振 興 施 設 以 下 の 用 途 のうち 条 例 基 準 を 見 たす 開 発 イ) 分 家 住 宅 ロ) 自 己 用 住 宅 ハ) 収 用 対 象 事 業 による 自 己 用 住 宅

3 2 地 区 計 画 地 区 計 画 とは それぞれの 地 区 の 特 性 に 応 じて 住 民 合 意 のもと 良 好 な 都 市 環 境 の 整 備 と 保 全 を 図 るために 必 要 な 事 項 を 定 める 地 区 単 位 の 都 市 計 画 である 市 街 化 調 整 区 域 において 地 区 計 画 を 策 定 できる 区 域 は 都 市 計 画 法 第 12 条 の 5 第 1 項 第 2 号 において 定 められており 無 秩 序 な 市 街 化 の 進 展 が 懸 念 される 地 区 等 におい て 適 正 な 土 地 利 用 を 誘 導 する 上 で 適 用 が 考 えられる 地 区 計 画 においては 道 路 等 の 適 正 な 都 市 施 設 の 確 保 や 周 辺 環 境 に 配 慮 した 建 築 条 件 などのきめ 細 かな 誘 導 が 可 能 であり 今 後 より 重 要 性 を 増 すまちづくり 手 法 として 考 えられる ただし 一 方 で 地 区 計 画 による 無 秩 序 な 開 発 を 助 長 することのないよう 適 用 に あたっての 基 準 や 建 築 条 例 を 定 めるなど 適 正 な 運 用 に 努 めていく 必 要 がある 3 集 落 地 区 計 画 集 落 地 区 計 画 は 集 落 地 域 整 備 基 本 方 針 において 位 置 づけられる 集 落 地 域 において 営 農 条 件 と 調 和 のとれた 良 好 な 居 住 環 境 の 確 保 と 適 正 な 土 地 利 用 を 図 るため 公 共 施 設 建 築 に 関 する 一 体 的 かつ 総 合 的 な 計 画 を 定 める 制 度 である ただし 一 般 の 地 区 計 画 制 度 に 加 え 宅 地 造 成 に 伴 う 農 地 転 用 一 般 基 準 の 除 外 規 定 があり より 柔 軟 かつ 総 合 的 な 整 備 開 発 に 対 応 できるが 県 で 定 める 集 落 地 域 整 備 基 本 方 針 に 適 合 する 必 要 がある

4 (3)その 他 の 整 備 手 法 等 市 街 化 調 整 区 域 の 整 備 に 際 し 適 用 が 考 えられる 事 業 手 法 あるいは 補 助 事 業 として は 以 下 のものが 挙 げられる 1 面 的 整 備 事 業 面 的 な 整 備 事 業 としては 土 地 区 画 整 理 事 業 がある 事 業 に 際 しては 事 業 化 に 伴 う 利 益 ( 土 地 価 値 の 増 進 )に 見 合 った 用 地 分 を 地 権 者 が 供 出 することにより 道 路 や 公 園 等 の 基 盤 施 設 を 整 備 し 良 好 な 都 市 基 盤 を 有 する 面 的 な 市 街 地 の 形 成 を 図 る また 民 間 等 による 一 括 的 な 用 地 取 得 による 住 宅 団 地 等 の 面 的 開 発 も 考 えられる ただし いずれの 事 業 においても 成 立 のためには 新 たな 宅 地 として 利 用 可 能 な 土 地 を 面 的 に 確 保 し 法 第 34 条 の 規 定 に 基 づくことが 必 要 となる 2 優 良 田 園 住 宅 制 度 優 良 田 園 住 宅 とは 農 山 村 地 域 都 市 の 近 郊 等 に 良 好 な 自 然 的 環 境 を 形 成 している 地 域 に 所 在 する 以 下 の 要 件 を 満 たす 一 戸 建 住 宅 のことであり その 建 設 に 対 し 税 制 の 特 例 や 資 金 融 資 等 の 支 援 施 策 が 整 備 されている 市 町 村 が 優 良 田 園 住 宅 の 建 設 の 促 進 に 関 する 基 本 方 針 を 作 成 することが 前 提 であり 建 設 する 者 は 優 良 田 園 住 宅 建 設 計 画 を 作 成 し 市 町 村 に 提 出 し 認 定 を 受 ける 必 要 が ある 優 良 田 園 住 宅 の 建 設 においても 法 第 34 条 の 規 定 に 基 づくことが 必 要 となり また 周 辺 環 境 と 調 和 した 良 好 な 居 住 環 境 を 確 保 するため 地 区 計 画 制 度 を 活 用 することが 望 ましい 優 良 田 園 住 宅 の 要 件 敷 地 面 積 300 m2 以 上 建 ぺい 率 30% 以 下 容 積 率 50% 以 下 であること 階 数 は3 階 以 下 であること 優 良 田 園 住 宅 制 度 を 利 用 する 場 合 計 画 区 域 の 規 模 に 関 する 規 定 はない ただし 一 団 の 農 地 を 計 画 区 域 内 に 有 す る 場 合 は 農 林 水 産 省 との 協 議 が 必 要 となる

5 6-2 保 全 手 法 (1) 現 行 の 保 全 制 度 等 市 街 化 調 整 区 域 においては 法 第 34 条 の 開 発 許 可 の 運 用 により 集 落 の 生 活 確 保 や 公 益 的 な 目 的 等 の 一 部 例 外 を 除 き 基 本 的 には 開 発 を 抑 制 し 農 地 や 自 然 的 な 土 地 利 用 についての 保 全 が 図 られている また 農 地 や 山 林 については 以 下 の 法 制 度 に 基 づき 開 発 行 為 や 土 地 利 用 の 変 更 等 に ついて 規 制 が 図 られており 保 全 が 望 ましい 農 地 や 山 林 等 については 現 行 の 区 域 指 定 等 を 維 持 し 土 地 利 用 の 保 全 を 図 っていく 表 - 農 地 山 林 に 係 る 現 行 の 保 全 制 度 等 区 分 開 発 行 為 等 に 関 する 手 続 き 根 拠 法 市 街 化 調 整 区 域 全 域 開 発 行 為 に 際 する 県 の 許 可 ( 都 市 計 画 法 第 34 条 に 基 づく 規 制 ) 都 市 計 画 法 農 地 転 用 に 際 しての 県 への 許 可 申 請 ( 市 街 化 進 展 地 内 の 農 地 : 原 則 許 可 市 街 化 が 見 一 般 農 地 込 まれる 又 は 生 産 性 が 低 い 農 地 : 公 益 目 的 等 に 対 農 地 法 農 地 し 許 可 ) 開 発 をともなう 場 合 は 34 条 開 発 許 可 非 農 業 的 利 用 に 際 しての 区 域 除 外 要 件 農 業 振 興 地 域 の 農 業 振 興 地 域 ( 他 に 代 替 地 がない 土 地 利 用 の 混 在 等 農 用 地 の 整 備 に 関 する 法 農 用 地 利 用 に 支 障 をきたさない 等 ) 律 森 林 地 域 森 林 計 画 対 象 民 有 林 保 安 林 開 発 行 為 に 対 する 県 への 許 可 申 請 ( 許 可 要 件 : 防 災 水 源 涵 養 環 境 保 全 等 に 支 障 をきたさない ) 立 木 伐 採 や 土 地 形 質 の 変 更 に 対 する 県 へ の 許 可 申 請 森 林 法 森 林 法

6 (2) 農 地 の 保 全 整 備 手 法 農 業 振 興 地 域 農 用 地 に 指 定 される 農 地 については 農 業 振 興 地 域 整 備 計 画 に 基 づ き 農 業 基 盤 整 備 等 の 総 合 的 な 農 業 振 興 施 策 が 展 開 されているが 集 落 の 周 辺 部 に は 農 用 地 区 域 以 外 の 農 地 が 残 り これら 農 地 の 多 くは 基 盤 未 整 備 等 の 状 況 より 生 産 効 率 が 低 く 荒 廃 化 や 無 秩 序 な 開 発 等 を 招 いている これら 農 地 を 保 全 していく 上 では 営 農 を 維 持 するための 生 産 基 盤 の 向 上 に 努 め るほか 都 市 住 民 のレクリエーションの 場 として 活 用 するなど 多 面 的 な 保 全 施 策 の 展 開 が 必 要 であり その 手 法 として 次 のような 事 業 制 度 の 活 用 が 考 えられる 1 新 たな 保 全 地 区 の 指 定 特 に 良 好 な 環 境 や 景 観 を 形 成 する 農 地 集 落 においては 新 たな 保 全 系 の 地 区 指 定 を 検 討 していく 必 要 があり 都 市 計 画 法 に 基 づく 風 致 地 区 等 の 適 用 が 考 えら れる 2 総 合 的 な 集 落 地 域 整 備 事 業 県 集 落 地 域 整 備 基 本 方 針 に 位 置 づけられる 集 落 地 域 においては 集 落 地 域 整 備 法 に 基 づき 集 落 地 区 計 画 を 活 用 した 総 合 的 な 集 落 農 地 の 整 備 が 可 能 である 農 業 振 興 地 域 農 用 地 外 の 農 地 については 集 落 農 業 振 興 地 域 整 備 計 画 を 策 定 する ことにより 農 用 地 保 全 利 用 協 定 の 締 結 や 農 地 の 交 換 分 合 や 基 盤 整 備 等 の 各 種 補 助 事 業 の 導 入 が 可 能 となる 集 落 地 域 の 要 件 として 農 地 については 概 ね 10ha 以 上 の 規 模 が 必 要 とされている 3 農 業 基 盤 整 備 資 金 農 業 基 盤 整 備 資 金 は 農 業 生 産 力 の 増 大 生 産 性 の 向 上 を 図 るため 生 産 基 盤 の 整 備 や 農 村 環 境 基 盤 の 整 備 を 支 援 する 長 期 低 利 な 融 資 制 度 である 農 地 の 新 設 改 良 造 成 及 び 復 旧 の 事 業 に 係 る 地 元 負 担 分 を 融 資 対 象 とし 各 種 農 業 法 人 団 体 営 農 者 において 利 用 が 可 能 である 4 市 民 農 園 制 度 市 街 地 近 郊 の 農 地 の 保 全 法 としては 都 市 住 民 等 のレクリエーション 等 の 需 要 に 対 応 する 市 民 農 園 としての 利 用 も 効 果 的 な 手 法 といえる 市 民 農 園 の 開 設 に 関 しては 特 定 農 地 貸 付 法 及 び 市 民 農 園 整 備 促 進 法 によ り 各 種 要 件 が 定 められており 市 が 指 定 する 市 民 農 園 区 域 において 公 共 団 体 や 農 業 団 体 農 家 等 による 開 設 が 認 定 され また 開 設 に 伴 う 各 種 補 助 事 業 が 整 備 され ている

7 (3) 山 林 の 保 全 整 備 手 法 山 林 については 土 地 利 用 の 保 全 施 策 のほか 林 業 の 衰 退 等 に 伴 う 森 林 の 荒 廃 化 が 大 きな 問 題 となっている いかに 維 持 管 理 の 担 い 手 を 確 保 し 良 好 な 環 境 を 維 持 してい くかが 大 きな 課 題 であり 以 下 のような 施 策 の 展 開 を 検 討 していく 必 要 がある 1 新 たな 保 全 地 区 等 の 指 定 市 では 現 在 水 源 保 護 条 例 及 び 緑 地 保 全 区 域 内 土 地 購 入 要 綱 を 定 め 緑 地 保 全 区 域 について 土 地 の 購 入 を 進 めており 同 条 例 等 を 活 用 しながら 良 好 な 森 林 の 公 有 地 化 を 図 る 施 策 を 実 施 している そこで 今 後 は 市 街 化 調 整 区 域 においても 特 に 良 好 な 環 境 を 有 する 森 林 等 について は 保 安 林 の 指 定 など 現 行 の 保 全 地 区 の 指 定 を 拡 大 するほか 都 市 緑 地 保 全 法 に 基 づく 緑 地 保 全 地 区 や 都 市 計 画 法 に 基 づく 風 致 地 区 など 新 たな 保 全 地 区 の 指 定 森 林 の 保 全 に 関 する 新 たな 市 条 例 の 制 定 等 を 検 討 していく 必 要 がある 2 地 域 で 山 林 を 守 るしくみづくり 現 在 各 地 で 市 民 参 加 型 の 山 林 維 持 活 動 等 が 行 われつつあり 本 市 においても 筑 紫 野 市 みどりの 街 づくり 推 進 委 員 会 を 組 織 し 様 々な 緑 化 事 業 やボランティア 団 体 の 育 成 等 を 図 っている このような 市 民 参 加 型 の 山 林 保 全 活 動 をさらに 拡 大 していく 公 報 や イベントの 実 施 等 に 取 り 組 むほか 地 権 者 を 支 援 し 活 動 の 場 の 提 供 を 促 すなど 新 たな 条 例 等 の 制 度 を 検 討 していく 必 要 がある (4) 河 川 の 保 全 整 備 手 法 河 川 整 備 については 平 成 9 年 の 河 川 法 の 改 正 により 河 川 環 境 の 整 備 と 保 全 及 び 地 域 の 意 見 を 導 入 した 河 川 整 備 の 視 点 が 追 加 された 本 構 想 において 水 辺 環 境 軸 として 位 置 づける 宝 満 川 及 び 山 口 川 については 特 に 上 記 視 点 への 配 慮 が 重 要 であり 今 後 積 極 的 な 住 民 参 加 のもと 多 自 然 型 の 河 川 整 備 に 取 り 組 んでいく 必 要 がある

8 6-3 整 備 保 全 手 法 の 適 用 方 針 市 街 化 調 整 区 域 の 土 地 の 整 備 保 全 の 具 体 化 に 際 しては 地 域 別 構 想 に 基 づく 地 区 区 分 (8 区 分 )ごとに その 方 針 を 踏 まえた 上 で 詳 細 計 画 を 策 定 し 具 体 的 な 区 域 にお ける 整 備 及 び 保 全 の 位 置 づけを 明 確 化 するとともに 適 正 な 整 備 保 全 手 法 を 適 用 し ていく 必 要 がある 本 構 想 では ふるさと 地 区 みどり 交 流 地 区 田 園 地 区 やま 地 区 が 保 全 系 土 地 利 用 に 分 類 され まち 形 成 地 区 まち 検 討 地 区 が 整 備 系 土 地 利 用 に 分 類 される また さと まち 地 区 は 双 方 が 考 えられ みち 交 流 地 区 がスポ ット 的 かつ 双 方 が 考 えられる 以 下 に 基 本 的 な 整 備 保 全 手 法 の 適 用 の 枠 組 みを 下 図 のように 整 理 する 地 域 別 構 想 地 区 区 分 地 区 別 詳 細 計 画 地 区 別 方 針 に 基 づく 具 体 的 な 保 全 系 整 備 系 土 地 利 用 の 明 確 化 立 地 条 件 整 備 保 全 手 法 保 全 系 土 地 利 用 市 街 化 調 整 区 域 のみの 指 定 農 用 地 等 その 他 区 域 指 定 がある 法 34 条 開 発 許 可 及 び 森 林 法 農 地 法 の 適 用 現 行 の 保 全 制 度 の 運 用 特 に 優 良 な 環 境 景 観 等 を 有 する 農 地 山 林 がある 新 たな 保 全 地 区 条 例 等 の 指 定 整 備 系 土 地 利 用 面 的 な 整 備 が 有 効 面 的 な 整 備 が 困 難 面 的 整 備 事 業 の 導 入 ( 地 区 計 画 の 併 用 も 含 む) 地 区 計 画 の 導 入 県 開 発 許 可 条 例 の 適 用 主 要 な 整 備 保 全 手 法 の 適 用 の 枠 組 みを 示 すものであり 実 際 には 個 々の 立 地 条 件 や 住 民 意 向 等 を 踏 まえ 具 体 的 な 適 用 を 検 討 する 必 要 がある 一 方 整 備 系 土 地 利 用 においては 調 整 区 域 の 位 置 づけ 等 を 踏 まえ より 慎 重 な 検 討 が 必 要 である また 相 互 補 完 的 に 複 数 の 手 法 を 併 用 するケースも 考 えられる

9 - 46 -

目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 村 の 都 市 計 画 マスタープランが 目 指 す 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 の 基

目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 村 の 都 市 計 画 マスタープランが 目 指 す 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 の 基 千 早 赤 阪 村 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 28 年 6 月 千 早 赤 阪 村 目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 村 の 都 市 計 画 マスタープランが 目 指 す 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方

More information

スライド 1

スライド 1 資 料 2 参 考 資 料 ( 都 市 農 地 に 係 る 土 地 利 用 計 画 制 度 について) 平 成 2 4 年 4 月 1. 土 地 利 用 計 画 制 度 における 都 市 農 地 の 位 置 付 けの 変 化 (1) 新 都 市 計 画 法 の 制 定 現 行 の 新 都 市 計 画 法 は 昭 和 43 年 高 度 経 済 成 長 に 伴 い 都 市 への 急 激 な 人 口 流

More information

hennkouzenngo.doc

hennkouzenngo.doc 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン( 改 定 案 前 後 対 照 表 ) 改 定 後 改 定 前 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 平 成 23 年 3 月 に 策 定 した 北 部 大 阪 東 部 大 阪 南

More information

目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 --------------------------------------------------

目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 -------------------------------------------------- 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 及 び 地 区 計 画 運 用 基 準 平 成 28 年 1 月 大 網 白 里 市 目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 ------------------------------------------------------------------

More information

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378>

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378> 東 近 江 市 市 街 化 調 整 区 域 等 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 の 解 説 東 近 江 市 都 市 整 備 部 都 市 計 画 課 策 定 の 背 景 昭 和 43 年 に 制 定 された 新 都 市 計 画 法 ( 昭 和 43 年 法 律 第 100 号 以 下 法 という )で 都 市 計 画 区 域 を 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域

More information

【1

【1 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 19 年 11 月 大 阪 府 都 市 整 備 部 総 合 計 画 課 目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 大 阪 府 が 目 指 す 都 市 の 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方

More information

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン 参 考 資 料 2 第 2 回 懇 談 会 (H27.8.10) 能 勢 町 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 25 年 8 月 大 阪 府 豊 能 郡 能 勢 町 目 次 1.ガイドラインの 趣 旨 1 2. 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 3. 地 区 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 策 定 にあたっての

More information

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 )

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 ) 加 古 川 市 域 の 市 街 化 調 整 区 域 では 加 古 川 市 都 市 計 画 マスター プラン( 土 地 利 用 方 針 )に 基 づき 地 域 の 皆 さんが 主 体 となっ て 定 める 地 区 計 画 制 度 により 周 辺 環 境 と 調 和 した 適 切 な 建 築 開 発 行 為 が 容 認 されます この 地 区 計 画 制 度 を 有 効 に 活 用 し 市 街 化 調

More information

<837083758352838194C55F8E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E786477>

<837083758352838194C55F8E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E786477> 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 運 用 基 準 平 成 28 年 3 月 富 津 市 目 次 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 運 用 基 準 1. 運 用 基 準 策 定 の 趣 旨... 1 1 都 市 計 画 制 度 変 更 への 対 応 2 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 の 実 現 に 向 けた 運 用 基 準 策 定

More information

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 *

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 * 市 街 化 調 整 区 域 における 計 画 開 発 ( 地 区 計 画 )の 取 扱 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 別 表 に 掲 げるものに 限 る 以 下 対 象 開 発 行 為 という )が 見 込 まれる 地 区 計 画 の 決 定 又 は 変 更 ( 以 下 決 定 等 という )については 土

More information

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定)

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定) 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 知 事 同 意 又 は 協 議 にあたっての 判 断 指 針 平 成 24 年 2 月 茨 城 県 土 木 部 都 市 局 都 市 計 画 課 目 次 1 判 断 指 針 策 定 の 趣 旨 1 2 本 判 断 指 針 が 対 象 とする 地 区 計 画 1 3 県 が 判 断 するにあたっての 基 本 方 針 2 4 地 区 計 画 の 対

More information

岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開

岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 24 年 11 月 岸 和 田 市 岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案)

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案) 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 27 年 4 月 大 阪 狭 山 市 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 10 年 5 月 の 都 市 計 画 法 の 改 正 により 市 街 化 調 整 区 域 においても 市 町 村 が 定 める 地 区 計 画 の 内 容 に 適 合

More information

1 目的

1 目的 第 5 回 区 域 区 分 定 期 見 直 し 基 本 方 針 1 目 的 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )は 無 秩 序 な 市 街 地 の 拡 大 による 環 境 悪 化 の 防 止 計 画 的 な 公 共 施 設 整 備 による 良 好 な 市 街 地 の 形 成 都 市 近 郊 の 優 良 な 農 地 との 健 全 な

More information

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備 松 原 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 地 区 計 画 は 市 街 化 調 整 区 域 における 大 規 模 な 開 発 や 広 域 的 な 都 市 機 能 の 立 地 などを 可 能 とするものであり その 内 容 によっては 都 市 機 能 の 拡 散 により 都 市 施 設 の 維 持 管 理 福 祉 施 設 等 の 行 政 コストの 増 大 自

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

2. 住 環 境 の 現 状 と 課 題 町 の 住 環 境 の 実 態 に 即 した 計 画 の 策 定 を 図 るため 町 内 の 市 街 化 区 域 25 ゾーンについて 都 市 計 画 基 礎 調 査 の 指 標 データ 整 理 や 現 地 調 査 を 実 施 し 住 環 境 カルテを 作

2. 住 環 境 の 現 状 と 課 題 町 の 住 環 境 の 実 態 に 即 した 計 画 の 策 定 を 図 るため 町 内 の 市 街 化 区 域 25 ゾーンについて 都 市 計 画 基 礎 調 査 の 指 標 データ 整 理 や 現 地 調 査 を 実 施 し 住 環 境 カルテを 作 開 成 町 住 環 境 整 備 マスタープラン( 概 要 版 ) 1.はじめに 1-1 計 画 の 目 的 開 成 町 では これまで 土 地 区 画 整 理 事 業 等 による 面 的 な 住 環 境 整 備 に 取 り 組 み 主 に 開 成 駅 周 辺 において 都 市 基 盤 の 充 実 を 図 ってきた 平 成 27 年 に 南 部 地 区 土 地 区 画 整 理 事 業 が 完 了 の

More information

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 27(2015) 年 4 月 立 川 市 はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施

More information

用 途 地 域 等 に 関 す る 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 4 月 昭 島 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 地 域 の 自 主 性 及 び 自 立 性 を 高 めるための 改 革 の 推 進 を 図 る ための 関 係 法 律 の 整 備 に 関 する 法 律 ( 分 権 一 括 法 ) の 公 布 に 伴 い 都 市 計 画 法 が 一 部 改 正

More information

目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街 化 調 整 区 域 の 現 状 と 課 題 2 3-1 現 状 2 3-2 課 題 2 4 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 3

目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街 化 調 整 区 域 の 現 状 と 課 題 2 3-1 現 状 2 3-2 課 題 2 4 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 3 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 ~ 自 然 環 境 等 や 景 観 の 保 全 と 適 切 な 都 市 的 土 地 利 用 の 誘 導 に 向 けて~ 平 成 16 年 3 月 ( 平 成 24 年 3 月 改 正 ) 函 館 市 目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街

More information

用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 村 山 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 に 住 民 に 身 近 な 行 政 は 地 方 公 共 団 体 が 自 主 的 かつ 総 合 的 に 広 く 担 うとともに 地 域 住 民 が 自 らの 判 断 と 責 任 において 地 域 の 諸 課 題 に 取 り 組 むことができるようにする

More information

公 共 公 益 的 施 設 用 地 の 負 担 がほとんど 生 じないと 認 められる 土 地 ( 例 ) 道 路 に 面 しており 間 口 が 広 く 奥 行 がそれほどではない 土 地 ( 道 路 が 二 方 三 方 四 方 にある 場 合 も 同 様 ) ⑶ マンション 適 地 の 判 定 評

公 共 公 益 的 施 設 用 地 の 負 担 がほとんど 生 じないと 認 められる 土 地 ( 例 ) 道 路 に 面 しており 間 口 が 広 く 奥 行 がそれほどではない 土 地 ( 道 路 が 二 方 三 方 四 方 にある 場 合 も 同 様 ) ⑶ マンション 適 地 の 判 定 評 別 紙 広 大 地 の 判 定 に 当 たり 留 意 すべき 事 項 広 大 地 については 平 成 16 年 6 月 4 日 付 課 評 2-7 ほか2 課 共 同 財 産 評 価 基 本 通 達 の 一 部 改 正 に ついて( 法 令 解 釈 通 達 ) により その 評 価 方 法 を 改 正 し その 改 正 の 趣 旨 等 については 平 成 16 年 6 月 29 日 付 資 産 評

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt 資 料 5 土 地 利 用 計 画 と 農 業 振 興 地 域 制 度 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 平 成 19 年 3 月 農 林 水 産 省 目 次 1 土 地 基 本 法 国 土 利 用 計 画 1 2 農 業 振 興 地 域 制 度 及 び 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 4 3 農 業 振 興 地 域 制 度 5 4 農 地 転 用 許 可 制 度 12 5 都

More information

市街化区域と市街化調整区域との区分

市街化区域と市街化調整区域との区分 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 平 成 27 年 9 月 埼 玉 県 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 趣 旨 本 県 では 昭 和 45 年 に 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )を 都 市 計

More information

概要版

概要版 あま 市 都 市 計 画 マスタープラン( 平 成 24 年 度 策 定 ) 概 要 版 都 市 計 画 マスタープランとは 策 定 の 趣 旨 目 的 都 市 計 画 マスタープラン とは 都 市 計 画 法 第 18 条 の 2 に 規 定 される 市 町 村 の 都 市 計 画 に 関 する 基 本 方 針 を 指 します 都 市 計 画 マスタープラン は 概 ね 次 に 示 す 基 本 的

More information

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477>

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477> 開 発 許 可 審 査 基 準 平 成 24 年 8 月 春 日 部 市 目 次 総 則 第 01 目 的 1 第 02 法 令 の 略 称 規 定 1 第 03 開 発 行 為 の 定 義 1 都 市 計 画 法 第 29 条 開 発 行 為 の 許 可 3 都 市 計 画 法 第 33 条 開 発 許 可 の 基 準 5 都 市 計 画 法 第 34 条 市 街 化 調 整 区 域 の 許 可

More information

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 平 成 27 年 8 月 佐 世 保 市 目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章

More information

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号 市 街 化 調 整 区 域 に お け る 区 域 指 定 の 許 可 基 準 等 に つ い て 1 背 景 取 手 市 では 都 市 計 画 法 ( 1) の 規 定 に 基 づき 昭 和 45 年 から 市 内 を 市 街 化 区 域 ( 2) と 市 街 化 調 整 区 域 ( 3) に 区 分 ( 線 引 き)し 市 街 化 調 整 区 域 では 原 則 市 街 化 を 抑 制 する 区

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63> 千 葉 県 用 途 地 域 指 定 基 準 千 葉 県 県 土 整 備 部 都 市 計 画 課 平 成 22 年 4 月 - 目 次 - 1. 用 途 地 域 指 定 の 目 的 1 2. 用 途 地 域 指 定 の 基 本 方 針 1 3. 土 地 利 用 と 用 途 地 域 の 指 定 方 針 2 (1) 住 宅 地 (2) 商 業 地 (3) 工 業 地 (4) 幹 線 道 路 の 沿 道 等

More information

序 章 ガイドラインの 目 的 等 1 第 1 章 市 街 化 調 整 区 域 等 の 概 況 7 第 2 章 類 型 別 の 土 地 利 用 の 制 度 や 事 業 16 第 3 章 土 地 利 用 に 関 する 制 度 や 事 業 の 詳 細 36 < 参 考 資 料 > 79

序 章 ガイドラインの 目 的 等 1 第 1 章 市 街 化 調 整 区 域 等 の 概 況 7 第 2 章 類 型 別 の 土 地 利 用 の 制 度 や 事 業 16 第 3 章 土 地 利 用 に 関 する 制 度 や 事 業 の 詳 細 36 < 参 考 資 料 > 79 静 岡 市 中 山 間 地 域 ( 市 街 化 調 整 区 域 等 ) 土 地 利 用 ガイドライン 平 成 21 年 10 月 静 岡 市 序 章 ガイドラインの 目 的 等 1 第 1 章 市 街 化 調 整 区 域 等 の 概 況 7 第 2 章 類 型 別 の 土 地 利 用 の 制 度 や 事 業 16 第 3 章 土 地 利 用 に 関 する 制 度 や 事 業 の 詳 細 36 < 参

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63> 調 布 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 26 年 9 月 調 布 市 は じ め に 本 市 は, 平 成 10 年 に 策 定 した 調 布 市 都 市 計 画 マスタープラン で 示 されたまちづく りの 目 標 を 実 現 するため, 各 種 の 取 組 を 進 めてきた この 中 で, 用 途 地 域 の 指 定 見 直 しは, 土 地

More information

Microsoft Word - ★1013[最終版]地区MP本編.doc

Microsoft Word - ★1013[最終版]地区MP本編.doc Ⅳ. 実 現 方 策 ここでは まちづくり 基 本 方 針 に 基 づき 地 区 計 画 の 導 入 を 前 提 に 分 野 別 方 針 を 実 現 し ていくための 方 策 を 明 らかにするとともに 住 民 と 行 政 の 協 働 で 取 り 組 むまちづくりの 進 め 方 と 都 市 計 画 の 見 直 しの 考 え 方 を 示 して います Ⅳ-1 分 野 別 の 実 現 方 策 ここでは

More information

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 25 年 4 月 狛 江 市 目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第

More information

第1章 開発許可の立地基準(法第34条)

第1章 開発許可の立地基準(法第34条) 第 8 章 市 街 化 調 整 区 域 の 立 地 基 準 ( 法 第 34 条 ) 法 第 34 条 前 条 の 規 定 にかかわらず 市 街 化 調 整 区 域 に 係 る 開 発 行 為 ( 主 として 第 二 種 特 定 工 作 物 の 建 設 の 用 に 供 する 目 的 で 行 う 開 発 行 為 を 除 く )については 当 該 申 請 に 係 る 開 発 行 為 及 びその 申 請

More information

はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基 礎 的 な 制 度 と

はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基 礎 的 な 制 度 と 三 鷹 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 25 年 12 月 三 鷹 市 はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基

More information

2 次 に 掲 げ 区 域 を 含 もうとす 場 合 は 各 々の 区 域 が 指 定 された 主 旨 を 尊 重 し その 意 義 が 失 われないよう 留 意 すものとす (1) 農 村 地 域 工 業 等 導 入 促 進 法 に 規 定 す 工 業 等 導 入 地 区 (2) 鳥 獣 の 保

2 次 に 掲 げ 区 域 を 含 もうとす 場 合 は 各 々の 区 域 が 指 定 された 主 旨 を 尊 重 し その 意 義 が 失 われないよう 留 意 すものとす (1) 農 村 地 域 工 業 等 導 入 促 進 法 に 規 定 す 工 業 等 導 入 地 区 (2) 鳥 獣 の 保 延 岡 市 市 街 化 調 整 区 域 におけ 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 平 成 17 年 3 月 28 日 策 定 平 成 18 年 8 月 12 日 改 正 平 成 22 年 3 月 31 日 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 この 地 区 計 画 の 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 内 におけ 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 当 該

More information

越谷の都市計画2012.indd

越谷の都市計画2012.indd LAND USE それぞれの 地 域 に 見 合 った 土 地 の 使 い 方 や 建 物 の 建 て 方 な どのルールを 定 めていくことが 都 市 で 生 活 する 私 たちに は 必 要 なのです 都 市 計 画 区 域 City Planning Areas 区 域 区 分 ( 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ) Urbanization Promotion

More information

市街化調整区域の保全と活用の方針

市街化調整区域の保全と活用の方針 市 街 化 調 整 区 域 の 保 全 と 活 用 の 方 針 ( 平 成 18 年 3 月 29 日 市 長 決 裁 ) ( 平 成 22 年 11 月 22 日 最 終 改 正 ) Ⅰ 方 針 策 定 にあたって 2 1 方 針 策 定 の 背 景 2 2 目 的 と 位 置 づけ 4 Ⅱ 札 幌 市 都 市 計 画 マスタープランにおける 基 本 方 針 5 1 市 街 地 の 範 囲 5 2

More information

土師地区地区計画

土師地区地区計画 資 料 1-2 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 に 関 する 運 用 基 準 ( 案 ) 平 成 27 年 月 堺 市 目 次 第 1 章 背 景 目 的... 2 第 2 章 対 象 外 区 域... 3 第 3 章 運 用 の 考 え 方... 4 第 4 章 運 用 の 基 準... 5 第 5 章 提 案 の 審 査... 7 1 第 1 章 背 景 目 的 市 街 化

More information

Microsoft Word - ...S.. .y.n...p.v...doc

Microsoft Word - ...S.. .y.n...p.v...doc 第 4 章 土 地 利 用 計 画 第 4 章 土 地 利 用 計 画 4-1 都 市 計 画 区 域 の 設 定 現 在 本 市 には 松 阪 都 市 計 画 嬉 野 都 市 計 画 三 雲 都 市 計 画 の3つの 都 市 計 画 があ るが 新 市 としての 一 体 的 な 都 市 づくりに 向 けて 本 市 の 都 市 計 画 区 域 を 以 下 のように 設 定 されることを 前 提 に

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 ---------------------------------------

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 --------------------------------------- 戸 田 都 市 計 画 ( 戸 田 市 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 25 年 11 月 22 日 から 平 成 25 年 12 月 6 日 まで 平 成 26 年 3 月 28 日 埼 玉 県 目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

4. 基 本 な 事 項 (1) 地 区 計 画 の 区 域 は 原 則 として 道 路 その 他 の 施 設 河 川 その 他 の 地 形 地 物 等 土 地 の 範 囲 を 明 示 するのに 適 切 なものにより 定 めることとし できるだけ 整 形 なものにするものとする また 必 要 以 上

4. 基 本 な 事 項 (1) 地 区 計 画 の 区 域 は 原 則 として 道 路 その 他 の 施 設 河 川 その 他 の 地 形 地 物 等 土 地 の 範 囲 を 明 示 するのに 適 切 なものにより 定 めることとし できるだけ 整 形 なものにするものとする また 必 要 以 上 会 津 若 松 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 ( 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 )の 運 用 基 準 1. 背 景 地 方 都 市 においては 高 度 成 長 期 に 都 市 部 への 人 口 都 市 機 能 の 集 中 が 進 み 都 市 の 外 延 化 の 進 行 に 伴 うモータリゼーションの 進 展 を 背 景 に 住 宅 や 公 共 公 益 施

More information

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に

More information

用途地域等に関する指定方針

用途地域等に関する指定方針 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 大 和 市 は じ め に これまで 東 京 都 においては 東 京 の 新 しい 都 市 づくりビジョン 及 び 東 京 におけ る 土 地 利 用 に 関 する 基 本 方 針 について を 踏 まえ 政 策 誘 導 型 の 都 市 づくりを 進 めるた め 平 成 14 年 7 月 に

More information

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案)

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案) 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 に お け る 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 ( 案 ) 平 成 2 4 年 12 月 三 郷 市 ま ち づ く り 推 進 部 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 における 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 開 発 行 為

More information

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環 資 料 2-2 容 積 率 規 制 等 について Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保

More information

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第 伊 達 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 地 区 計 画 の 原 案 を 作 成 するための 案 ( 以 下 地 区 計 画 の 素 案 という )の 作 成 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより

More information

天 然 記 念 物 の 指 定 区 域 (9) 鳥 獣 の 保 護 及 び 狩 猟 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 88 号 ) 第 28 条 第 1 項 の 規 定 による 鳥 獣 保 護 区 (10) 急 傾 斜 地 の 崩 壊 による 災 害 の 防 止

天 然 記 念 物 の 指 定 区 域 (9) 鳥 獣 の 保 護 及 び 狩 猟 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 88 号 ) 第 28 条 第 1 項 の 規 定 による 鳥 獣 保 護 区 (10) 急 傾 斜 地 の 崩 壊 による 災 害 の 防 止 長 浜 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 地 区 計 画 の 原 案 を 作 成 するための 案 ( 以 下 地 区 計 画 の 素 案 という )の 作 成 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるこ

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 11 章 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 法 律 ( 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ) 第 四 十 一 条 都 道 府 県 知 事 は 用 途 地 域 の 定 められていない 土 地 の 区 域 における 開 発 行 為 につい て 開

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B8C49938C8E738E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E690A7937882CC895E97708AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B8C49938C8E738E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E690A7937882CC895E97708AEE8F802E646F63> 栗 東 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより 市 街 化 調 整 区 域 における 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 形 成 並 びに 適 正

More information

目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ (1) 策 定 の 目 的 (2) 方 針 の 位 置 づけ (3) 対 象 区 域 2. 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 (1) 基 本 的 な 考 え 方 (2) 土 地 利 用 方 針 3. 市 街 化 調 整

目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ (1) 策 定 の 目 的 (2) 方 針 の 位 置 づけ (3) 対 象 区 域 2. 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 (1) 基 本 的 な 考 え 方 (2) 土 地 利 用 方 針 3. 市 街 化 調 整 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 及 び 地 区 計 画 ガイドライン 酒 々 井 町 平 成 28 年 4 月 策 定 目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ (1) 策 定 の 目 的 (2) 方 針 の 位 置 づけ (3) 対 象 区 域 2. 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 (1) 基 本 的 な 考 え 方 (2) 土

More information

Ⅰ Ⅰ. 石 川 県 開 発 審 査 会 附 議 基 準 この 基 準 は 開 発 審 査 会 へ 附 議 する 基 準 であり 許 可 基 準 ではありません 平 成 26 年 8 月 1 日 石 川 県 土 木 部 建 築 住 宅 課 目 次 石 川 県 開 発 審 査 会 附 議 基 準 1 法 第 34 条 第 14 号 の 規 定 により 附 議 することが 妥 当 と 考 える 開 発 行

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378> UR 賃 貸 住 宅 ストック 再 生 再 編 方 針 に 基 づく 実 施 計 画 平 成 27 年 3 月 目 次 1. 実 施 計 画 を 策 定 する 背 景 目 的 1 2.ストック 再 生 再 編 方 針 ( 平 成 19 年 12 月 26 日 策 定 )の 概 要 2 (1) 団 地 の 類 型 化 及 び 団 地 別 整 備 方 針 の 策 定 2 (2) 居 住 の 安 定 の

More information

市街化調整区域における地区計画の

市街化調整区域における地区計画の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 運 用 方 針 平 成 23 年 8 月 日 野 市 1. 背 景 及 び 目 的 平 成 18 年 の 都 市 計 画 法 の 改 正 により 市 街 化 調 整 区 域 における 開 発 行 為 については 大 規 模 な 開 発 計 画 などを 開 発 許 可 制 度 により 認 める 制 度 が 廃 止 され 改 正 後 地 区 計

More information

Microsoft Word - 10第1編第9章(201~210).doc

Microsoft Word - 10第1編第9章(201~210).doc 第 9 章 市 街 化 調 整 区 域 内 における 建 築 等 の 制 限 第 1 節 建 築 行 為 建 設 行 為 の 許 可 法 第 43 条 第 2 節 許 可 の 条 件 令 第 36 条 第 3 節 既 存 宅 地 における 建 築 物 に 係 る 暫 定 措 置 法 第 43 条 - 201 - 第 9 章 市 街 化 調 整 区 域 内 における 建 築 等 の 制 限 第 1 節

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

変 更 理 由 書 佐 久 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 は 平 成 16 年 3 月 に 策 定 後 旧 佐 久 市 旧 臼 田 町 旧 浅 科 村 旧 望 月 町 の4 市 町 村 が 合 併 したことに 伴 い 都 市 計 画 区 域 の 拡 大 を

変 更 理 由 書 佐 久 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 は 平 成 16 年 3 月 に 策 定 後 旧 佐 久 市 旧 臼 田 町 旧 浅 科 村 旧 望 月 町 の4 市 町 村 が 合 併 したことに 伴 い 都 市 計 画 区 域 の 拡 大 を 佐 久 都 市 計 画 ( 佐 久 市 御 代 田 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 長 野 県 変 更 理 由 書 佐 久 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 は 平 成 16 年 3 月 に 策 定 後 旧 佐 久 市 旧 臼 田 町 旧 浅 科 村 旧 望 月 町 の4 市 町 村 が 合 併 したことに 伴 い

More information

準 工 業 工 業 環 境 の 悪 化 をもたらすおそれのない 工 業 の 利 便 の 増 進 を 図 る 工 業 の 利 便 の 増 進 を 図 る 計 画 書 ( 平 成 19 年 11 月 13 日 第 583 号 ) 種 類 面 積 建 築 物 の 容 積 率 建 築 物 の 建 ぺい 率

準 工 業 工 業 環 境 の 悪 化 をもたらすおそれのない 工 業 の 利 便 の 増 進 を 図 る 工 業 の 利 便 の 増 進 を 図 る 計 画 書 ( 平 成 19 年 11 月 13 日 第 583 号 ) 種 類 面 積 建 築 物 の 容 積 率 建 築 物 の 建 ぺい 率 (1) 区 区 分 市 街 化 区 及 び 市 街 化 調 整 区 都 市 計 画 区 のうち すでに 市 街 化 を 形 成 している 区 及 びおおむね10 年 以 内 に 優 先 的 かつ 計 画 的 に 市 街 化 を 図 るべき 区 として 市 街 化 区 を また 市 街 化 を 抑 制 すべき 区 として 市 街 化 調 整 区 をそれぞれ 決 定 しています 計 画 書 ( 平 成

More information

( 危 険 物 等 の 範 囲 ) 令 第 29 条 の6 第 8 号 ( 法 第 35 条 の2 第 4 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む 次 項 において 同 じ )の 政 令 で 定 める 危 険 物 は 火 薬 類 取 締 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十

( 危 険 物 等 の 範 囲 ) 令 第 29 条 の6 第 8 号 ( 法 第 35 条 の2 第 4 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む 次 項 において 同 じ )の 政 令 で 定 める 危 険 物 は 火 薬 類 取 締 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 第 6 章 市 街 化 調 整 区 域 の 立 地 基 準 ( 開 発 許 可 の 基 準 その2)( ) 第 1 節 立 地 基 準 の 構 成 ( 目 的 ) 前 条 の 規 定 にかかわらず 市 街 化 調 整 区 域 に 係 る 開 発 行 為 ( 主 として 第 二 種 特 定 工 作 物 の 建 設 の 用 に 供 す る 目 的 で 行 う 開 発 行 為 を 除 く )については 当

More information

都計法等講習会における説明メモ

都計法等講習会における説明メモ 国 住 街 第 1 4 5 号 平 成 2 6 年 12 月 5 日 各 都 道 府 県 建 築 行 政 主 務 部 長 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 市 街 地 建 築 課 長 マンションの 建 替 え 等 の 円 滑 化 に 関 する 法 律 第 105 条 の 規 定 の 運 用 について 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 ) 第 59 条 の2に 基 づくいわゆる

More information

1号店舗運用基準

1号店舗運用基準 市 街 化 調 整 区 域 における 都 市 計 画 法 第 3 4 条 第 1 2 号 の 規 定 に よ る 開 発 許 可 等 の 基 準 を 定 める について 法 第 34 条 第 12 号 及 び 令 第 36 条 第 1 項 第 3 号 ハ でいう 開 発 区 域 の 周 辺 にお ける 市 街 化 区 域 を 促 進 するおそれがないと 認 められ かつ 市 街 化 区 域 内 にお

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63> 田 方 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 2 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E646F6378> 東 広 島 市 街 化 調 における 運 用 基 準 の 1 作 目 的 成 この に 関 運 し 用 必 基 要 準 な は 事 項 本 を 市 定 の めることにより 市 街 化 調 整 区 域 内 市 における 街 化 調 整 地 区 区 域 計 における 画 制 度 の 良 運 好 用 な 及 環 び 境 地 の 区 維 計 持 画 及 の び 素 形 案 成 に 寄 与 することを 目 的

More information

目 次 1 国 民 健 康 と 国 民 健 康 保 険 税 ------------------------------------------------------ 1 2 基 準 政 令 と 共 通 基 準 -------------------------------------------

目 次 1 国 民 健 康 と 国 民 健 康 保 険 税 ------------------------------------------------------ 1 2 基 準 政 令 と 共 通 基 準 ------------------------------------------- 参 考 1 国 民 健 康 ( 統 一 方 式 )について 平 成 23 年 8 月 26 日 練 馬 区 区 民 部 国 保 年 金 課 目 次 1 国 民 健 康 と 国 民 健 康 保 険 税 ------------------------------------------------------ 1 2 基 準 政 令 と 共 通 基 準 ------------------------------------------------------

More information

<3234313132328179939D8D8794C5817A82708195826091E682509265816091E6825492652E786C7378>

<3234313132328179939D8D8794C5817A82708195826091E682509265816091E6825492652E786C7378> 東 日 本 大 震 災 復 興 特 別 区 域 法 のQ&A 目 次 計 画 作 成 手 続 き () 協 議 会 ア 国 と 地 方 の 協 議 会 P イ 地 域 協 議 会 P () 国 の 柔 軟 な 対 応 地 方 の 負 担 軽 減 (3)その 他 P P 計 画 作 成 に 対 する 国 の 支 援 P 3 計 画 記 載 事 項 () 復 興 産 業 集 積 区 域 () 税 制 上

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082A982D982AD8E738F5A91EE837D8358835E815B8376838983932E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082A982D982AD8E738F5A91EE837D8358835E815B8376838983932E646F63> 第 3 章 宅 環 境 をめぐる 課 題 整 理 1 現 況 特 性 まとめ 1 現 況 特 性 まとめ 項 目 現 況 まとめ 課 題 人 口 と 世 帯 数 人 口 世 帯 総 数 推 移 2005 年 国 勢 調 査 によるかほく 市 総 人 口 は 34,847 人 人 口 伸 び 悩 みが 見 られ 世 帯 数 は 増 加 傾 向 にあり 1 世 帯 当 たり 人 員 は 減 少 2005

More information

あきる野市土地利用方針(案)

あきる野市土地利用方針(案) あきる 野 土 利 用 方 針 平 成 24 年 11 月 あきる 野 あ き る 野 土 利 用 方 針 1 策 定 の 趣 旨 目 的 P2 2 土 利 用 の 現 状 と 課 題 P2 (1) 域 の 特 性 P2 (2) 化 区 域 及 び 化 調 整 区 域 の 現 状 と 課 題 P7 (3) 域 の 土 利 用 の 課 題 P10 3 域 における 適 正 な 土 利 用 の 形 成

More information

第29回税制調査会 総29-2

第29回税制調査会 総29-2 平 28. 1.28 総 29-2 説 明 資 料 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 について( 地 方 税 ) 平 成 28 年 1 月 28 日 ( 木 ) 法 人 税 改 革 1 2 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 引 下 げと 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 ( 案 ) 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 を 引 き 下 げ 外 形 標 準 課 税 を5/8に

More information

Taro-04日南(2.19).jtd

Taro-04日南(2.19).jtd 日 南 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 都 市 計 画 区 域 マスタープラン) 平 成 23 年 4 月 宮 崎 県 目 次 第 1 章 基 本 的 事 項 第 1 節 本 県 の 目 指 す 都 市 づくり 1 第 2 節 圏 域 の 設 定 と 将 来 都 市 構 造 3 1. 圏 域 の 設 定 2. 本 県 の 将 来 都 市 構

More information

東日本大震災の被災地における不動産の価格等調査のための運用指針(No1)(案)

東日本大震災の被災地における不動産の価格等調査のための運用指針(No1)(案) 平 成 28 年 5 月 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガ イドライン に 対 応 する 不 動 産 の 価 格 等 調 査 の ための 運 用 指 針 ( 研 究 報 告 ) 個 人 債 務 者 の 債 務 整 理 における 不 動 産 の 評 価 公 益 社 団 法 人 日 本 不 動 産 鑑 定 士 協 会 連 合 会 実 務 指 針 不 動 産 鑑 定

More information

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪 平 成 28 年 6 月 13 日 都 市 局 都 市 計 画 課 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 に 係 る 通 知 を 発 出 本 年 3 月 30 日 に 策 定 された 明 日 の 日 本 を 支 える 観 光 ビジョン において 観 光 立 国 の 推 進 に 寄 与 する 宿 泊 施 設 の 整 備 促 進 に 向 けた 取 組 として

More information

Microsoft Word - 20150512ガイドライン構成11(最終).docx

Microsoft Word - 20150512ガイドライン構成11(最終).docx はじめに 1 Ⅰ. 地 区 計 画 の 概 要 2 Ⅱ. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 概 要 3 Ⅲ. 地 区 計 画 案 申 し 出 までの 流 れ( 地 元 の 取 り 組 み) 8 Ⅳ. 地 区 計 画 案 申 し 出 後 の 流 れ( 地 元 市 の 続 き) 29 Ⅴ. 地 区 計 画 原 案 の 作 成 法 と 留 意 点 ( 市 の 続 き) 31 参 考

More information

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464>

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464> 国 住 街 第 64 号 平 成 19 年 6 月 20 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 建 築 基 準 法 道 路 関 係 規 定 運 用 指 針 の 策 定 について( 技 術 的 助 言 ) 建 築 基 準 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 19 年 国 土 交 通 省 令 第 66 号 以 下 改 正 省 令 という

More information

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 -----------------------------------------

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 ----------------------------------------- 富 士 見 都 市 計 画 ( 富 士 見 市 ふじみ 野 市 三 芳 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 24 年 9 月 14 日 から 平 成 24 年 10 月 1 日 まで 平 成 25 年 2 月 5 日 埼 玉 県 目 次 1 都 市 計 画

More information

開 発 事 業 の 内 容 研 究 施 設 研 究 開 発 型 施 設 又 は 研 修 施 設 の 建 設 教 育 施 設 又 は 文 化 施 設 の 建 設 開 発 事 業 の 区 域 の 面 積 の 基 準 1 5ヘクタール 以 上 2 研 修 施 設 は 20ヘクタール 未 満 ただし 研 究

開 発 事 業 の 内 容 研 究 施 設 研 究 開 発 型 施 設 又 は 研 修 施 設 の 建 設 教 育 施 設 又 は 文 化 施 設 の 建 設 開 発 事 業 の 区 域 の 面 積 の 基 準 1 5ヘクタール 以 上 2 研 修 施 設 は 20ヘクタール 未 満 ただし 研 究 第 3 節 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 利 用 行 為 の 基 準 ( 開 発 事 業 の 遵 守 基 準 ) 第 30 条 市 街 化 調 整 区 域 内 において 開 発 事 業 ( 区 域 の 面 積 が 3,000 平 方 メートル 以 上 の 建 築 物 系 の 開 発 事 業 又 は 非 建 築 物 系 の 開 発 事 業 に 限 る 以 下 この 条 において 同 じ

More information

第 4 章 基 本 的 な 方 針 1 課 題 ⑴ 希 望 する 市 営 住 宅 に 入 居 できる 世 帯 は 限 られており 住 宅 困 窮 者 の 入 居 機 会 の 向 上 や 入 居 者 と 住 宅 困 窮 者 間 の 公 平 性 の 確 保 世 帯 人 員 数 と 住 戸 規 模 のミス

第 4 章 基 本 的 な 方 針 1 課 題 ⑴ 希 望 する 市 営 住 宅 に 入 居 できる 世 帯 は 限 られており 住 宅 困 窮 者 の 入 居 機 会 の 向 上 や 入 居 者 と 住 宅 困 窮 者 間 の 公 平 性 の 確 保 世 帯 人 員 数 と 住 戸 規 模 のミス 広 島 市 市 営 住 宅 マネジメント 計 画 基 本 方 針 編 ( 素 案 )< 概 要 版 > 平 成 26 年 8 月 広 島 市 住 宅 政 策 課 第 1 章 計 画 の 目 的 等 1 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 人 口 減 少 社 会 の 到 来 や 一 層 の 高 齢 化 の 進 展 が 見 込 まれること また 高 度 経 済 成 長 期 に 建 設 された 市 営

More information

区 分 地 区 名 構 成 町 内 会 行 政 区 都 市 計 画 区 域 都 市 計 画 区 域 外 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 旧 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 新 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 浜 田 地 区 ( 市 街

区 分 地 区 名 構 成 町 内 会 行 政 区 都 市 計 画 区 域 都 市 計 画 区 域 外 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 旧 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 新 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 浜 田 地 区 ( 市 街 第 4 章 地 区 別 構 想 地 区 別 構 想 は 市 民 による 地 区 まちづくり 会 議 を 開 催 し 望 ましい 将 来 の 姿 にするための 話 し 合 いの 中 で 出 された 地 区 の 課 題 や 必 要 な 提 案 等 をもとに きめ 細 かなまちづくりの 将 来 像 を 描 いていま 1. 地 区 区 分 区 分 については 地 区 の 形 成 過 程 特 性 や 課 題

More information

<819C95F18D908F E6358FCD816A>

<819C95F18D908F E6358FCD816A> 第 5 章 宇 城 市 の 都 市 計 画 の 基 本 方 針 本 章 においては 前 章 で 整 理 した 問 題 や 課 題 を 踏 まえつつ 第 1 次 宇 城 市 総 合 計 画 を 念 頭 に 置 いて まちづくりの 理 念 や 将 来 の 市 街 地 の 規 模 や 都 市 基 盤 整 備 の 必 要 量 の 見 通 しの 前 提 とな る 基 本 目 標 ( 将 来 人 口 フレーム)

More information

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮)

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮) 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 平 成 25 年 12 月 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 研 究 会 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン はじめに 1. 目 的 2. 経 営 者 保 証 の 準 則 3. ガイドラインの 適 用 対 象 となり 得 る 保 証 契 約 4. 経 営 者 保 証 に 依 存 しない 融 資 の 一 層 の 促 進 (1) 主 たる

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

Microsoft Word - 220401 要綱.doc

Microsoft Word - 220401 要綱.doc 国 立 市 開 発 行 為 等 指 導 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 立 市 における 開 発 行 為 等 によって 無 秩 序 な 市 街 化 が 行 われる ことを 規 制 し 良 好 な 市 街 地 の 造 成 並 びに 快 適 な 生 活 環 境 を 保 持 するとともに 人 間 を 大 切 にするまちづくり の 実 現 をはかることを 目 的

More information

< F2D E31322E313889FC90B3817A926E88E68CF68BA4>

< F2D E31322E313889FC90B3817A926E88E68CF68BA4> 改 正 国 自 旅 第 161 号 平 成 18 年 9 月 15 日 平 成 21 年 12 月 18 日 各 地 方 運 輸 局 長 沖 縄 総 合 事 務 局 長 殿 殿 自 動 車 交 通 局 長 地 域 公 共 交 通 会 議 に 関 する 国 土 交 通 省 としての 考 え 方 について 今 般 の 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法

More information

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

2. 検 討 の 視 点 と 対 象 とする 住 宅 団 地 について 住 宅 団 地 の 再 生 とは 住 民 活 動 や 管 理 といったソフトによる 対 応 策 から 建 替 えによ る 更 新 まで 幅 広 い 概 念 を 含 みうるものであるが 本 検 討 会 では 地 域 の 拠 点 と

2. 検 討 の 視 点 と 対 象 とする 住 宅 団 地 について 住 宅 団 地 の 再 生 とは 住 民 活 動 や 管 理 といったソフトによる 対 応 策 から 建 替 えによ る 更 新 まで 幅 広 い 概 念 を 含 みうるものであるが 本 検 討 会 では 地 域 の 拠 点 と 住 宅 団 地 の 再 生 のあり 方 について 取 りまとめ 1. 趣 旨 我 が 国 では 高 度 経 済 成 長 期 以 降 に 都 市 近 郊 を 中 心 に 大 規 模 な 住 宅 団 地 が 供 給 された これらの 中 には 既 に 建 物 や 設 備 の 老 朽 化 が 進 み 建 替 え 改 修 を 含 めた 再 生 を 図 る 必 要 に 迫 られているものも 多 くなっている

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

飯能市の都市計画

飯能市の都市計画 平 成 26 年 4 月 版 飯 能 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 Ⅰ 市 の 概 要 1 市 の 位 置 1 2 市 の 沿 革 1 3 人 口 1 Ⅱ 都 市 計 画 1 都 市 計 画 の 意 義 3 2 都 市 計 画 マスタープラン 3 3 都 市 計 画 の 決 定 3 4 都 市 計 画 の 決 定 手 続 4 5 都 市 計 画 提 案 制 度 5 Ⅲ 土 地 利 用

More information

Microsoft PowerPoint - 20150615_【HP用】綱島SST素案説明会.pptx

Microsoft PowerPoint - 20150615_【HP用】綱島SST素案説明会.pptx 綱 島 サスティナブル スマートタウン 地 区 地 区 計 画 都 市 計 画 市 素 案 説 明 会 平 成 27 年 6 月 12 日 横 浜 市 ~ 本 日 の 説 明 内 容 ~ 地 区 の 概 要 と 上 位 計 画 経 緯 地 区 計 画 の 都 市 計 画 市 素 案 今 後 の 都 市 計 画 手 続 地区の概要 港北区 日吉駅 綱島サスティナブル スマートタウン地区 面積 約4.4ha

More information

目 次 番 号 案 件 頁 1 分 家 住 宅 ( 包 括 承 認 ) 4 2 収 用 対 象 事 業 による 移 転 ( 包 括 承 認 ) 6 3 既 存 建 築 物 の 建 替 え( 包 括 承 認 ) 7 4 用 途 ( 使 用 主 体 の 属 性 )の 変 更 ( 包 括 承 認 ) 11

目 次 番 号 案 件 頁 1 分 家 住 宅 ( 包 括 承 認 ) 4 2 収 用 対 象 事 業 による 移 転 ( 包 括 承 認 ) 6 3 既 存 建 築 物 の 建 替 え( 包 括 承 認 ) 7 4 用 途 ( 使 用 主 体 の 属 性 )の 変 更 ( 包 括 承 認 ) 11 市 街 化 調 整 区 域 における 開 発 行 為 等 の 審 査 基 準 ( 都 市 計 画 法 第 34 条 第 14 号 編 ) 平 成 26 年 11 月 1 日 沼 津 市 都 市 計 画 部 まちづくり 指 導 課 目 次 番 号 案 件 頁 1 分 家 住 宅 ( 包 括 承 認 ) 4 2 収 用 対 象 事 業 による 移 転 ( 包 括 承 認 ) 6 3 既 存 建 築 物

More information

法第34条第1号から9号に係る基準

法第34条第1号から9号に係る基準 * 印 は 運 用 又 は 注 を 表 す 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 等 の 許 可 基 準 第 1 章 総 則 第 1 目 的 この 基 準 は 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 の 許 可 の 範 囲 を 明 確 化 することによって 法 律 の 運 用 を 円 滑 に 行 い 開 発 許 可 権 限 の 公 平 な 行 使 に 資

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208175837D839383568387839382CC8AC7979D82CC934B90B389BB82C98AD682B782E98E77906A81768B7982D18175837D839383568387839395578F808AC7979D8B4B96F1817682CC89FC90B3816988C4816A82C98AD682B782E988D38CA9>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208175837D839383568387839382CC8AC7979D82CC934B90B389BB82C98AD682B782E98E77906A81768B7982D18175837D839383568387839395578F808AC7979D8B4B96F1817682CC89FC90B3816988C4816A82C98AD682B782E988D38CA9> マンションの 管 理 の 適 正 化 に 関 する 指 針 及 び マンション 標 準 管 理 規 約 の 改 正 ( 案 )に 関 する 意 見 一 般 社 団 法 人 マンションライフ 継 続 支 援 協 会 (MALCA)は 災 害 時 にマンション 生 活 者 が できるだけマンション 内 にとどまる 在 宅 避 難 の 推 進 と 在 宅 避 難 ができる 防 災 力 を 備 え たマンションの

More information

目 次 はじめに 1 1 府 中 基 地 跡 地 の 概 要 と 経 過 2 2 府 中 基 地 跡 地 留 保 地 の 現 状 4 3 府 中 基 地 跡 地 留 保 地 の 課 題 8 4 府 中 基 地 跡 地 留 保 地 活 用 の 基 本 理 念 と 基 本 原 則 9 5 府 中 基 地

目 次 はじめに 1 1 府 中 基 地 跡 地 の 概 要 と 経 過 2 2 府 中 基 地 跡 地 留 保 地 の 現 状 4 3 府 中 基 地 跡 地 留 保 地 の 課 題 8 4 府 中 基 地 跡 地 留 保 地 活 用 の 基 本 理 念 と 基 本 原 則 9 5 府 中 基 地 府 中 基 地 跡 地 留 保 地 活 用 基 本 方 針 平 成 28 年 2 月 府 中 市 目 次 はじめに 1 1 府 中 基 地 跡 地 の 概 要 と 経 過 2 2 府 中 基 地 跡 地 留 保 地 の 現 状 4 3 府 中 基 地 跡 地 留 保 地 の 課 題 8 4 府 中 基 地 跡 地 留 保 地 活 用 の 基 本 理 念 と 基 本 原 則 9 5 府 中 基 地 跡

More information

大 阪 市 エリアマネジメント 活 動 促 進 制 度 活 用 ガイドライン 平 成 27 年 4 月 大 阪 市 都 市 計 画 局 本 ガイドラインについて エリアマネジメントとは 地 域 (エリア)における 公 共 的 な 空 間 などのまちの 質 を 高 め それを 持 続 的 に 維 持 発 展 させていくための 地 域 の 市 民 民 間 事 業 者 等 の 主 体 的 な 取 組 みを

More information

Microsoft Word - 20130603050.docx

Microsoft Word - 20130603050.docx 東 日 本 大 震 災 からの 住 宅 の 再 建 に 向 けた 取 組 国 土 交 通 委 員 会 調 査 室 廣 原 孝 一 1. はじめに 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 においては 津 波 により 東 北 地 方 沿 岸 部 を 中 心 に 甚 大 な 被 害 が 発 生 しており 建 築 物 の 被 害 は 全 国 で 全 壊 約 13 万 戸

More information

1 推 進 構 想 の 目 的 ねりま 未 来 プロジェクト 推 進 構 想 ( 以 下 推 進 構 想 という )は 練 馬 区 基 本 構 想 ( 平 成 21 年 12 月 ) および 練 馬 区 長 期 計 画 ( 平 成 22 年 3 月 ) におい て 定 めた ねりま 未 来 プロジェ

1 推 進 構 想 の 目 的 ねりま 未 来 プロジェクト 推 進 構 想 ( 以 下 推 進 構 想 という )は 練 馬 区 基 本 構 想 ( 平 成 21 年 12 月 ) および 練 馬 区 長 期 計 画 ( 平 成 22 年 3 月 ) におい て 定 めた ねりま 未 来 プロジェ ねりま 未 来 プロジェクト 推 進 構 想 にかかる 平 成 23 年 度 検 討 のまとめ ~ 練 馬 城 址 公 園 の 整 備 にかかる 考 え 方 ~ 1 推 進 構 想 の 目 的 2 頁 2 検 討 の 経 緯 3 頁 3 検 討 にあたっての 基 本 的 考 え 方 6 頁 4 平 成 22 年 度 に 検 討 した 内 容 とその 検 証 9 頁 5 整 備 が 考 えられる 施

More information